5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

高橋源一郎スレPart4 自分語りはいいかしら

1 :吾輩は名無しである:04/01/30 21:03
前前前スレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1001562108/
前前スレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1035861204/
前スレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062592168/

高橋源一郎の話題で、盛り上がりましょう
荒らしコテハンTeeDeeのカキコは放置でおねがいします(事例は前スレを参照)

2 :吾輩は名無しである:04/01/30 21:04
なんばんだー

3 :吾輩は名無しである:04/01/30 21:05
乙。
前スレの最後見てみるともう来ないっぽいけど、
いつまた戻ってくるかわかんないからね。

4 :吾輩は名無しである:04/01/30 21:06
セックスを題材にする作家は腐る程いるが、AVを題材にする作家は珍しい。

5 :吾輩は名無しである:04/01/30 21:39
阿部和重と源ちゃんって関係あるんですか?仲いいんですか?

6 :吾輩は名無しである:04/01/30 22:06
TeeDeeさんにお別れの挨拶をいおうと思ったら、ハスミニストと思われる人に、
ヤラレちゃった・・。「その人」が、ハスミンだったら、すごい!
名無しと看板ありでは、全然読む姿勢が違ってくる。
そんな、こっちゃ、いかんとです、ばってん。
「その人」は、教育者だとは思う、まちがいない!
つーことで乙!



7 :吾輩は名無しである:04/01/30 22:08
「あだると」は現代文学の白眉

8 ::04/01/30 22:16
982さんって、俺がしってる人?だったら面白いのに。

9 :吾輩は名無しである:04/01/30 22:38
凄くわかりやすく、馬鹿丁寧に言わないとわかんない自己陶酔コテだったのか・・・・・・
982は本当辛抱強く接したもんだよ、あんなクズに。できた人に違いない。

10 :吾輩は名無しである:04/01/30 23:08
源一郎の作品は文庫化しないね。

11 :吾輩は名無しである:04/01/30 23:46
過去に文庫化されたものみても
解説が無いのばっかりなのは何故?

12 :吾輩は名無しである:04/01/31 00:04
>>11
本人の希望でしょう。
読解の範囲を狭めてしまうと思ってるんじゃないのかな。
講談社文芸文庫の「ギャング」が出たとき
どうなっているか見たら解説があったのでびっくりした。
そういえば村上春樹も解説がないね。

13 :吾輩は名無しである:04/01/31 00:09
源ちゃんと阿部重と保坂和志は仲がいい。

14 :吾輩は名無しである:04/01/31 00:47
>源ちゃんと阿部重と保坂和志は仲がいい。

癒着みたいな印象あるな。
互いに誉めあってる姿見ていると、なんか悲しい。
それぞれいい作家だとは思うけど…

15 :吾輩は名無しである:04/01/31 00:57
>>14
保坂氏が講演会で話してたんだ。2人は彼が認めてる数少ない作家なんだって。

16 :鳥インフルエンザ ◆c0RZqMDFxs :04/01/31 11:51
>>1-3,(>>6),>>9

お前(ら)そんなこと言ってると今度はおれが常駐するぞwww
おれと彼とどっちがいいか考えてみろ!

前スレはまれにみる名スレになってるよ
消える前に保存しとかないとな
愛読者を失望させただと?あれで失望するんなら
最初からお前(ら)は源なんて愛読してなかったんだよ!
お前(ら)の下らない自意識のために
おれから読みたい数少ないスレを奪わないでくれ!

それから、な、言いたいことはひとりで言え!
こそこそ「みんな」の影に隠れるな(ガイドラインの「頭のおかしい人」嫁)!



17 :鳥インフルエンザ ◆c0RZqMDFxs :04/01/31 12:01
これな!
 ↓
※参考リンク:「2chおやくそく。頭のおかしな人には気をつけましょう」
http://info.2ch.net/before.html



18 :鳥インフルエンザ ◆c0RZqMDFxs :04/01/31 12:14
TeeDee=鶏インフルとか言う奴が出てくる前に言っとくが
おれは良コテ支援コテ(今だけ)だ
でも逆に迷惑になるかもしれないからとりあえず消える

ここも嫁!
 ↓
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1075515360/

19 :赤西仁の乳輪がでか過ぎてたまらない&rlo;スャシレプ&lro;:04/01/31 12:21
古本で100円で売ってたの買ってきた。

20 :吾輩は名無しである:04/01/31 19:13
つまんないよ、そのキャラ。面白いと思ってんのおまえだけだろ

21 :吾輩は名無しである:04/02/01 00:09
>>16-18
コテ叩きは削除対象ですが、マジレスつけると、依頼は、はねられるようです。
そういう意味では、TeeDee叩きを巧妙に支援してまつね。
特にスレをクリックすると常に表示される>>1にTeeDee叩きが含まれていて、
それが、あぼーん、されなくなったとなると、効果は絶大です。

そういうわけで、
ともあれ>>1、スレ立て、乙っす!

22 :吾輩は名無しである:04/02/01 05:36
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeT
eeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeee
DeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeおおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

23 :吾輩は名無しである:04/02/01 05:38
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeT
eeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeT
eeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeee
おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。 おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。 おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。 おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。 おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。 おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。
おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。 おおお〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

24 :吾輩は名無しである:04/02/01 09:57
378,396,
402,408,411,415,417,432,434,476,477,485,494,498,
502,517,530,535,536,536,544,586,587,588,597,
601,603,604,611,617,618,638,639,649,662,673-675,682,688,689,691,693,694,699,
733,734,783,744,746,748-751,760-762,767,768,770-772,774-780,783,788,786,792-793,795,798,799,
802-804,809-811,813,817,823,832,839,847,848,852,853,857,860,864,865,870,872-874,881,885,888,895,
900,919,924,925,925,929,940
んじゃ。


25 :吾輩は名無しである:04/02/01 20:46
age

26 :吾輩は名無しである:04/02/01 21:03
オサレかんけいしゅつえn

27 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:10

TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeT


28 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:11
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee

TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeT




29 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:13
室井卯月の旦那ですよね?

30 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:14

TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
Tsi

eDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee

TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeT
si


31 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:15
誰かうっってください。

32 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:16
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTee氏
ウオーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

33 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:19
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeeDee
TeeDeeTeeDeeTeeDeeTeeDee

ブお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!
ブお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!
ブお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!
ブお〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!

34 :吾輩は名無しである:04/02/02 03:00
室井祐月がおしゃれ関係で源一郎のこと大嫌いだって言ってたね。
古館がその発言に大喜びしてた。


35 :鶏インフル ◆c0RZqMDFxs :04/02/02 03:09
>>34
反応としてズレるけど、それにひきかえ男って哀しいねー
死にそうな病気とかしたり、文学史を小説にしたり・・・




36 :鶏インフル ◆c0RZqMDFxs :04/02/02 03:24
あと『すばる』の「ミヤザワケンジ全集」は、
激怒してる賢治研究家がいるらしいね
まあ真面目に怒ってくれるのは、この場合いいことだと思うけど

たとえば「祭の晩」は、賢治作品の方は、素朴な少年と
不器用な山男との心温まる交流っていう受け止め方がされてるけど
高橋氏のでは、その少年が老人になってボケて何もわかんなくなって
昔の女性とのいろいろを断片的に思い出している時に、不意に、
子供の頃、祭りの晩に感じた風景が、体を過ぎるってことになってる
それで、まあ単純に言えるのは、ぜんぜん異質な情景と繋げることで
賢治の作品を、自己完結した美しい世界として消費する人達に対する
批評を試みてるってことになるのかなあ
としたら、怒った研究家は、美しい世界を汚された気がしたのかな


37 :鶏インフル ◆c0RZqMDFxs :04/02/02 03:40
あとやっぱ、こういう少年が大人になって
しかも現代に生きることになったらどうなるか考えてみろよ!
てこともあるのかな?〈少年=純粋〉の表象に酔うことと
いまの時代、子供の世界もふくめて、「性」的なものに
溢れてるような環境と、折り合いをどう付けるんだ?とか、
そんな〈純粋〉は、ある意味、「ボケ」の中でしか得られないんじゃないのか?
とか賢治を〈読む〉ことの意味が、この作品では問われてるのかもしれないとも思う。



38 :鶏インフル ◆c0RZqMDFxs :04/02/02 03:41
まあ賢治を読んでくと、絶対、賢治を読むことと
今の身の回りの現実への対応との関係っていう問題に突き当たるんだよな。
で多くの場合、世知辛い現実からの、つかのまの逃避、いやしとして
賢治を使うってとこに落ち着くんじゃないかな
だからこの作品では、そういう〈美しい世界〉を求める人に
強烈な違和感を与え、間接外しをし、外に目を向けさせるってのは
その限りではいちおう有効な戦略かもしれないなあ。


39 :鶏インフル ◆c0RZqMDFxs :04/02/02 03:56
ただあえて言うなら、そういう戦略を取ることによって
高橋氏のこの作品自体が、いわゆる「賢治ファン」的な読みと同じ
賢治=〈美しい世界〉っていう枠組みを、引き受けてしまって、
そういう次元でしか、作品の意義を主張できなくなってしまっている、
ていう面もあるのかもしれない。これはただ、賢治にはもっと
多様な可能性があるぞってことだけじゃなく、なんかこう
ミイラ取りがミイラになるみたいな共犯関係を、「賢治ファン」との
間に結んじゃってるんではないかな、という気がしなくもないんだなあ。
だから、いわゆる「ズラシ」みたいなのは、どこまで有効なんだろうって思ったりもするんだよなあ

・・・とこれからもずっと続ける力はおれにはありません。
みなさんの力で復興してください。スレ上ってのは、複数の話題が
同時進行しててもいいわけだから、TeeDeeさん的なものと、そうでないものが
どちらも自己完結せず、併行してくのも可能なわけで。そういう複数性ってのこそ、
あえていえば「源一郎的」なものなのかもしれません。まあ俺には
高橋氏を語る力も意欲もそんなにないですけど。



40 :吾輩は名無しである:04/02/02 16:34
高橋源一郎を読もうと思ってるんですが
これは読め!っつうのと、読まないほうがいいのを教えてくれ

41 :吾輩は名無しである:04/02/02 16:48
まず、「坊ちゃん」。それから「雁」だな。

42 :吾輩は名無しである:04/02/02 20:14
この荒らしはTeeDeeの工作だな。たぶん
示し合わせたように「TeeDeeがいたほうがよかった」ってカキコが出てくるよ。

43 :吾輩は名無しである:04/02/02 22:52
TeeDeeがいたほうがよかった

44 :吾輩は名無しである:04/02/02 23:02
TeeDeeがいないとやっぱり盛り上がらないよね!

45 :吾輩は名無しである:04/02/02 23:03
teeDeeこそこのスレの目玉!
TeeDeeがいたときの源チャンスレはほんとに輝いてた!

46 :吾輩は名無しである:04/02/02 23:11
TeeDeeのレスで実際オナりまくってた!

47 :吾輩は名無しである:04/02/02 23:20
TeeDeeがいると、不愉快だが、実際面白い。
・変体オナニー見せ付けられるのは、気持ち悪いが、
 笑わせてもくれるので、見てる分には面白い。


48 :吾輩は名無しである:04/02/02 23:26
やっぱり源一郎スレはTeeDeeの糞まみれじゃないとつまんないよ!

49 :吾輩は名無しである:04/02/02 23:31
ていうか、まともな人は頼むからteedeeって言葉をつかわないで。

50 :吾輩は名無しである:04/02/03 00:01
>>34
室井は実力的には本を印刷する紙が勿体ない位なんだけど、本人は実力派作家だと勝手に思い込んでるらしいから。その室井が文壇を眺めてみて、
春樹(信者が恐い)
慎太郎、龍(政治力が恐い)
詠美(ズタボロに負かされそうで恐い)
綿矢(若さが恐い)
笙野(恐い)
近年の芥川賞作家(賞も獲ってない自分は大きなことを言えないし、知名度が低い)
源一郎(勝てる)

51 :吾輩は名無しである:04/02/03 00:05
でも源ちゃんは今の文壇で結構重要な立ち位置だと
思うんだけれど、そうでもないのかな。

52 :吾輩は名無しである:04/02/03 00:20
たぶん源一郎は今の作家の中では、かなり良い人の部類に属するのだろう。
女流相手に何か言おうにも、自分一人の妄想で勝手にキレる笙野や、ネット上でキレる柳美里などは相手にしたくもないはず。

53 :吾輩は名無しである:04/02/03 01:01
鶏インフルさん、乙。
あんたが、ここまでやるとは思わなかったわ。
そうか、宮沢賢治の実際の作品との比較をくそまじめにやって、その差異を、
「感想」として書くってゆーのは、ありかもしんまい。

室井が14で医者に頼んでやってもらったって、彼女の著作にあったけ。
「官能・・」まんまじゃん。
猪瀬の「ピカレスク」で太宰はアレンジの天才、真逆にいうとタネ本がないとなにもできんという
印象をもったが、室井傷ついただろうなあと思う。
自分のコト書かれて。
小説書きというのは色んな人を傷つける因果な商売だと思いました。

あと、源ちゃんは、ゲンちゃんでも、大槻ゲンヂかよー、みたいな

んじゃ!


54 :吾輩は名無しである:04/02/03 01:04
室井はどんなことであれ、自分の事を書いて!書いて!ってタイプに見えるが
じゃなきゃあんなべらべらしゃべらないだろ

55 :吾輩は名無しである:04/02/03 01:31
わしもそう思う。

56 :吾輩は名無しである:04/02/03 08:41
ゴーストバスターズって面白いんですか?

57 :吾輩は名無しである:04/02/03 08:49
>>56
自分は他の作品の方が好き。

58 :吾輩は名無しである:04/02/03 08:53
>>56
自分は他の作品の方が好き。

59 :吾輩は名無しである:04/02/03 18:38
>>54
でもさぁ、
作中で、桃水と夏子が二人三脚で一葉を作り上げていくわけだけど、
これを描いちゃうのってどうかと思うんだ。
結局夏子は桃水捨てて作家として独り立ちしていくにしても、ね。


>>53
話題と関係ないですが、前スレでは面白い意見を色々拝見しました。
引き続き今スレでも頑張って下さいね。
と、無責任に期待してますんで。

60 :吾輩は名無しである:04/02/03 18:40
>>56
時間と手間は凄いかかってる作品。

61 :吾輩は名無しである:04/02/03 22:18
>>56
悪いことはいわない。
ゴースト・バスターズだけはやめとけ。


62 :吾輩は名無しである:04/02/03 22:31
失敗してないからね、ゴーストは。
源の小説は、破綻しひび割れた部分から世界が広がっていく感じが、よいのに。


63 :62:04/02/03 22:34
ところで、
源が選んだ吉本隆明の詩集がでるってホント?

64 :吾輩は名無しである:04/02/03 23:08
>>62
でも、昔の作品ってああ見えて、かなり推敲を重ねられてるらしい。

65 :吾輩は名無しである:04/02/03 23:45
室井は、田中の「ぺろぐり・・」や永井の「断腸亭・・」などの日記文学についての批評でMとして登場してるよね。
あと、「退屈な読書」で龍絶賛の「熱帯・・」を書評で取り上げている。
あれ噂真の前だから、書評で取り上げて、誰かが仲介して、できちゃったというのが、
私の想像なんだ。
「官能・・」にでてくる、夏目、森、樋口の居酒屋シーンね。

そういうこと想像するの、「走れメロス」が、宿代の人質になった壇だったという具合に、
面白いんだけどなぁ。

まあ、小説作品と、事実を比較(想像)するなんで下司ねぇ

といわれればそれまでなんだけど。


66 :吾輩は名無しである:04/02/03 23:47
ゴーストバスターズって何やりたかったのかさっぱりなんですが
誰か教えてください。
細かい所ではペンギン村とかドン・キホーテ以降の作家の決意表明とか
いろいろあってわかるんだけど、
作品全体としての目的とかは、ぜんぜんわかりません。

67 :吾輩は名無しである:04/02/04 00:27
>>54 室井は自虐的というか、自己破滅的なところがあると思う、それが真逆に出ているだけで、やっぱ、
爆弾かかえてると思う。祐歌くんの写真見てると、その爆弾は当分爆発しそうになさそうだけど・・。

スバルの朗読会の2度目に源ちゃんは、ゲロの短編を朗読したんだけど、もでるは室井の友達で、
それは「官能・・」のイオナのような気もするけど、つーか、そのゲロを食べるビデオを私は観てないが、
室井は、私の友達をネタにするのぉ?って顔してた(あなたの作品ぜんぜんわかんなーいって顔じゃなかった
(ような気がする))。

小説を書くってのは、無から書くなんてとうてい、できっこない技だし、
やっぱ「罪つくり」だと、私、思うわ。

>>59 せっくす!じゃない、さんくす!

68 ::04/02/04 00:35
え?それは君が代のことかな?
あれって室井の友達なの?
卯月妙子がモデルだと思ってたんだけど。
てか、卯月を読め!

69 :吾輩は名無しである:04/02/04 00:43
>>68
誰それ?面白いの?

70 ::04/02/04 00:46
ボーダーの漫画家。エロティクスとかに書いてるよ。
源も書評してるよ。
悲しくて切なくて可笑しくて。もう!わらうしかないって感じ。
でも、ちょっとあとずさりするような。

71 :吾輩は名無しである:04/02/04 01:29
ボーダーと聞いて、狩撫麻礼がエロティクスに!?と思ってしまいました。

72 :吾輩は名無しである:04/02/04 03:14
この装丁は・・・買いにくい・・・

ttp://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-7976-7114-9&mode=1

73 :吾輩は名無しである:04/02/04 14:44
>>72
いまは誰と結婚してるの?
もう直子さんとは戻らないんだろうか・・・悲しい

74 :吾輩は名無しである:04/02/04 15:29
室井のエセーによると資産家の娘だと


75 :吾輩は名無しである:04/02/04 19:08
源ちゃんの作品のワーストはなんですか?

76 :吾輩は名無しである:04/02/04 19:56
>>75
取り敢えず、ペンギン村

77 :伝説をもつ男・山本が出てきた :04/02/04 21:30
http://uno.law.seikei.ac.jp/~tomita/whatsnew.html
http://homepage2.nifty.com/ikariwoutae/starthp/subpage04.html
http://zenkyoto68.tripod.com/todaiz00.htm
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/eijitkn/mondai/Q03.html
山本義隆は、どこの党派にも所属していなかった。
ただ、大学管理法反対闘争の時に安田講堂前で一人テントを張って抗議したという伝説をもつ男であり、
全共闘以前は「東大ベトナム反戦会議」で地道な反戦運動を続けていた。
当時、教養学部の生物学教室の助手として闘争に参加した最首悟は語る。
「あいつはとにかくとてつもなくできる男なんだということで、山本にはみんな一目置いていました。
このままいけば、東大の理論物理をしょって立つ男なんだろうなということは、
僕たちだけでなく教授たちも同じ認識だったと思います。
それが闘争に飛び込んでくるとなれば、これは将来を捨てることになる。
これが大きな衝撃でねえ。
山本が出てきたというので、
『これは職業的革命家が指導する学生運動じゃないんだ』
ということになってきたわけです」


78 :吾輩は名無しである:04/02/04 22:52
66>>「ゴースト・・」なにをしようとしたかは、源ちゃんが単行本の帯に書いているよ!
あの、児童文学のような、みずみずしい書き出しがいいよね!
まず「ゴースト」とは何かってことだけど、私的に、今のところ、「繰り返すこと」がゴーストじゃないかな、と
思う。繰り返すと、ほら、作業で小説書けるじゃない。
機械のようにカタカナでしゃべるようになるしさ!(←ほんとかよ)
「ゴースト・・」は、やっぱ、軽さ、速さ、正確さ、視覚性、多様性だよね。
うけうりだけど。
そこんとこ加藤典洋とか、傑作だというんだったら、詳細な評論を書いてほしいな。
小森陽一のような歴史的に女子高生にむけて書くってのも、あり!


79 :吾輩は名無しである:04/02/04 23:22
ゴーストバスターズって小説内世界が閉じていく感覚を強く覚えたのは記憶してるけど、
他はあんま覚えてなかったりするんだよなぁ。
最後に転生みたいな事があったような気がしないでもないけど(そうしないと源ちゃん自身やってられんだろうし)
あんまり印象に残ってなかったり。
源ちゃんの行き詰まっている状況がよく伝わるなぁ、と勝手に思ってました。


80 :吾輩は名無しである:04/02/04 23:48
「官能・・」は私小説なのでしょうか?どこまでが本当で、どこまでが嘘なんでしょう。
一葉に手ほどきする桃水は、あのミステリー作家のことなんでしょうか?源ちゃんなら、あの「秘密」も源ちゃんのことなのでしょうか・・。
ゲイであるということ。

源ちゃんは伝言ダイヤルにはまって、実際、援助交際をしたのでしょうか?
啄木のどうしようもない性癖は源ちゃんのものなのでしょうか?
そうしたら、それはとてもすごい「告白」です。

援助交際において、源ちゃんは、そこにはなにもないと書きます。たぶん、そうかもしれません。
文学が音をたてて崩れてゆく現場(ラブホのベットの上)から、源ちゃんは言葉を使って帰還したとも読めます。
私にとっては、最近、源ちゃんが書いている風俗ものの単なる報告でしか、ないともいえなくもないですけど・・。

でも、今日、「・・セクスアリス」の章が、私小説のように読めて、少し、せつなくなりました。

んじゃ

81 :吾輩は名無しである:04/02/04 23:53
>>79 最後は、中上の「軽蔑」に似てたよね。警察がガザ入れにはいる冒頭のシーン
にを「繰り返す」んだけど、前と違う、みたいな・・。

炎に向かう少年は、「ナイス」なものに向かう、「さよなら・・」にも似てたけど・・。


82 :吾輩は名無しである:04/02/05 00:42
>>80
ワタシは、源ちゃんの分裂した心理を桃水と鴎外に投影していているのかなぁ、と思ったり。
源ちゃんの小説は大抵私小説的要素が強いけど、そのものではないという微妙な感じですね。
「君が代は・・・」の素数でちょろっと出てきた15歳のヒモのヤクザも実在の人物らしいし。
だからといってイコールで結べるはずは当然ないですがね。

>>81
あのラストは、いかにも「とってつけた」ようなラストだなぁ、と感じました。
ギャングたちのラストはカッコイイ!と痺れたものですが・・・。

83 :吾輩は名無しである:04/02/05 15:28
「ゴースト〜」の、くるっと一周して閉じて、
でもなんとか前進している…とゆう感じがスキデス。


84 :吾輩は名無しである:04/02/05 18:20
ペンギン村に陽は落ちて、ってどういう話ですか?
面白いですか?

85 :吾輩は名無しである:04/02/05 18:27
>>84
わたしはそんなにきらいじゃない

86 :吾輩は名無しである:04/02/05 18:30
ペンギン村はいかにもコンセプチュアル・アート丸出しすぎて、嫌いだなあ。
ワン・アイデアつーか。
刊行された頃の時代はありだったのかもしらんが。

87 :吾輩は名無しである:04/02/05 18:41
ペンギン、惑星P13、ゴーストが、ワースト3かな。
あの時期のは、読むのが辛かった。
あの時期の私生活も気になるね。緊張感のない生活をおくっていたに、
まーちがいない!

88 :吾輩は名無しである:04/02/05 19:04
ペンギン村ってどういうストーリー?
ドクタースランプと関係あるの?

89 :吾輩は名無しである:04/02/05 19:05
>>84
愛と哀しみのサザエさん、連続テレビ小説ドラえもんなど。

90 :吾輩は名無しである:04/02/05 19:34
でも「追憶の〜」はおもしろい

91 :吾輩は名無しである:04/02/06 12:49
ある程度野球に通じているなら
「優雅で感傷的な日本野球」(河出書房)
は面白く読めると思うよ。
楽しみが半減するかもしれないので
詳しくは書かないけど、
野球への愛と文学への愛が
コインの裏表になっていてうまくできている。

92 :吾輩は名無しである:04/02/06 16:16
「あ・だ・る・と」はどうですか?

93 :吾輩は名無しである:04/02/06 22:24
>>87
ゴーストはそうでもないと思うが。

94 :87:04/02/06 22:53
たしかに、ゴーストはペンギンやP13に比べれば「同情」できるかな。
ペンギンとP13は、日本野球の物語解体路線の延長で、
解体しすぎて中身がなくなってしまったような空虚さを感じた。
ゴーストは煮つまった感じで、つらいんだよね。

あだるとはいいと思うよ。


95 :吾輩は名無しである:04/02/06 23:00
げげっ!素数のヤクザって実在してたの?数学の部分は、みかさんのHPで誰かかいてたけど、
(名前忘れて、すまそ、どかべそ)、まんま本の写しだということだった。
源ちゃんは、「ベンヤミンの「複製技術時代の芸術」の悲劇を一身に体現しているのだ」
筒美京平みたく。
ところで、「官能・・」で、「ギンギラギン・・」が「愛のコリーダ」とかいう指摘の羅列は、
源ちゃんオリジナルなんだろうか?だとしたら源ちゃんは、POPに精通している?
どうよ、そのへん!


96 :吾輩は名無しである:04/02/06 23:39
「ペンギン村・・」は、ハスミンの「小説から・・」を受けて書かれたのだから、それ相応の読みがあったもいいと思う。
物語の解体=小説?
それから、「ペンギン村」は、皆が夢の中を生き始めるという事件が起こる。
これは大江の「同時代ゲーム」でも起こった事件で、大江の「さや」=「懐かしい場所」が、
中上の「路地」、島田の「間」と同様、源ちゃんの「ペンギン村」というのも、ありかな。
最初は「波」の「ゴヂラ」に所有されて、後に「ゴースト・・」に引越ししたスッパマンとはるばあさんの愛と死は、
「ペンギン村」だからこそ起こった事件かもしんまい。
「ペンギン村」=「石神井」という読みもできて、すると「追憶の・・」は1989年の石神井公園付近を
「懐かしい時」とする何度でも書く手紙かもしんまいという読みも出来る。
いや、またもや、妄想か。


97 :吾輩は名無しである:04/02/07 01:22
源ちゃんの本出たよ!
「この4年間のあいだに2回のケコーンと離婚をした。
死ぬかと思った」
みたいな文が帯にあった。
私生活ってタイトル。
あんまりもろには書いてなかったけどな……。



98 :吾輩は名無しである:04/02/07 09:30
最近、ふと思ったんです。
高橋の小説は、建築でいう、トラス架構の大屋根のようだと。
自由な接合と軽さにより、世界を包みこんでいくような。
でも、その接合部がはずれてしまっていたり、
がちがちに固まってしまうと、面白くなくなってしまう。

99 :吾輩は名無しである:04/02/07 11:50
おお、「私生活」。朝日新聞の新聞広告で見ました!集英社?「すばる」関係の書き下ろし?
これはこれは。つーか、「プレイボーイ」じゃんねえ。あの鎌倉とか沼袋とが、午前3時とかいうやつじゃ。
連載全部フォローしてないけど。
「私生活」・・、キャッチ-なタイトルだけど・・。
1700円・・高い。
「月刊プレイボーイ」のそれだったら赤裸々さはないわな。
小遣い前借で、買いにいこ!


100 :吾輩は名無しである:04/02/07 12:43
立ち読みでほとんど読んだけど、赤裸々さはなかった
売れるためにああいった帯にしたんじゃねーかと。集英社必死だなw
1700円で出すんだったら文庫で安く出した方が売れるんじゃねーの

101 :吾輩は名無しである:04/02/07 14:16
僕がしまうま語をしゃべった頃が彼の最高傑作だべ。
特に失語症のリハビリテーションなんかもうすごすぎ!!


102 :吾輩は名無しである:04/02/07 18:39
ゴーストバスターズ読んでたらニコチャン大王が釣りとかし始めました
僕の頭は混乱してます

103 :吾輩は名無しである:04/02/08 15:52
うわああい、小遣い前借して、三軒目の本屋で「私生活」買って来たぞい。
あ!あった、と思ったら、岩井志麻子の「私小説」だったり、新刊で、立てかけてあったんだけど、
隣が常盤貴子で、少し迷った・・。今から、読む!


104 :吾輩は名無しである:04/02/08 16:26
そろそろ読み終えたか?

105 :吾輩は名無しである:04/02/09 23:32
>>あれから、またビール飲んだら、寝てしまいますた。
モノクロームの写真に、赤字で私生活、高橋源一郎。
書いている間に結婚2回に離婚2回?結婚は1回じゃないの、とつっこみを入れ。
で黒い帯をびらっとめくると、きゃあ、源ちゃんの乳首が、さらに腋毛も!
ついに脱ぎました!


106 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/09 23:40
そいうや、げんちゃんって春樹と友達っぽいね。
なんかの春樹訳でげんちゃんに本借りたって書いてあって、お礼してたから。
どうなんだろ

107 :吾輩は名無しである:04/02/09 23:40
筒美京平や素数の元の「フェルマーの定理」や、「日本文学・・」の花の名前羅列や、
「官能・・」の私は「断腸亭・・」のネタだとおもったら、父君の実話だったりとか、「退屈な・」で登場した丸山健二がでてきたり、
さらに「唯物論・・」の動物園・・。そういう意味で、私生活というか、「メイキング・オブ」を感じさせました。
ひとまず。


108 :吾輩は名無しである:04/02/09 23:43
「わきげ」って腋毛じゃなく脇毛が正しいのですか?
おさむさん、本当のことは誰にもわからんらしいですよ、メイビー。



109 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

110 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

111 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

112 :吾輩は名無しである:04/02/10 22:05
これを読んでしばらく思考が停止していた。これというの上のカキコではなく今月の「すばる」、なんだけど。
上のようなカキコの人はむしろこの小説の登場人物のようだった、けど。
まともなのは、ぶくぶくに太ったピーターパンだけだった。アトムもスーパーヒーローの皆さんもみんな壊れていた。
つーか、あの看護婦、ものすごく怖い。
谷川俊太郎が作詞した歌を歌ってる、早く死ね、ジジィの内心よりも怖えええ。
で、ペンギン村に似てるんだけど、どこかが違う。狂ってる?救いがない?

正義とはイデオロギーなのだ?

うーん、うまくいえない。

113 :吾輩は名無しである:04/02/10 22:45
122>>んにゃ、だいたい見当はついている。
「ペンギン村・・」は湾岸戦争以前で、この小説は、以後だ。
以前では、ニューアカとよばれる人が、知の遊戯をしていた、そして空回り。
源ちゃんの同じ年(でなんで東大に入れたんだ、都立大だったけ?)の中沢新一が、
「リアル」といいはじめた。ハスミンは唯物論といい、行人は、政治的な戦争であるという視点が、
欠けているといいはじめた。
だから、「ミヤザワ・・」は「リアル」なのだ。

こんな感想は、見当はずれで、現場まで降りていってないし、
サーチライトにもならんかも、だけど。


114 :吾輩は名無しである:04/02/10 23:39
「私生活」よみますた。
つまり、「原宿」時代は、浮かれてて、「沼袋」時代は、スカスカで
(さんまの結婚時代のように、最近、面白ないよ、みたいな)。
「鎌倉」時代は、一気に枯れる。
いやはや、保坂への書評が納得できる。
で、「鎌倉」時代が、やっぱ、好き。
「鎌倉の蛍」で、いい!存分に戦ってくれい!と思い、「猫と墓のある風景」で、
古井由吉みたい、もう一歩で!と叫んでしまた私でした。
心の中でだけど。


115 :吾輩は名無しである:04/02/11 09:36
ゴーストバスターズって、読んだけど完全に他の作品の焼き直しで成り立ってる作品じゃん。
そら福田和也に「自己模倣への後退」「恥知らず」とかボロクソ書かれるわ。

116 :吾輩は名無しである:04/02/11 11:57
なんで何度も結婚するんだろう。

117 :吾輩は名無しである:04/02/11 13:01
高橋源一郎公式サイト
http://www.funk.ne.jp/~gen1rou/index.html/

118 :吾輩は名無しである:04/02/11 15:43
知らなかった。

ttp://www.funk.ne.jp/~gen1rou/index.html/

119 :吾輩は名無しである:04/02/11 20:13
朝日の書評。加藤典洋が「小説の未来」であげた作家12名って誰なんだろう。
源ちゃんは言う。
「小説家は苦しんでいる。(中略)もっと苦しいのは、誰も「現場」に降りて来ないからだ・・。
そうして、現場に下りてきた批評家として江藤淳を挙げる。
福田も江藤の弟子なんだから、現場におりてくる批評家に違いない。
ハスミンはかつて、「高橋源一郎は、(中略)富岡多恵子を除いて、まだ理想的な読書を獲得するにいたってない」と述べている。

「官能・・」が、半ば自分で自分を誉めてあげたいみたいな終わり方だったなのは、
批評家に出会っていない源ちゃんの不運さかもしれん。

と意味ありげなことつぶやいてみたり。


120 :吾輩は名無しである:04/02/11 20:21
>>119
http://d.hatena.ne.jp/solar/20040208


121 :吾輩は名無しである:04/02/11 21:03
朝日の書評によると、
「遠くから、ざわざわと「小説の噂話」をしている声が聞こえてくる。バカみたい。」
ほんと、バカみたいだ。
117>>さんきゅう!
毎日の手慰みに、カキコしてたけど、そんな暇ないみたいだ。
これからは、日記を読みまーす。

それでは、ばいちゃ!


122 :吾輩は名無しである:04/02/11 21:43
>>117
本人だったりして?それとも代理人(キャラウェイ)?

123 :吾輩は名無しである:04/02/11 22:04
字が小さくて読みにくい。>ホームページの日記


124 :吾輩は名無しである:04/02/11 22:04
字が小さくて読みにくい。>ホームページの日記


125 :吾輩は名無しである:04/02/11 22:14
初心者です(著作は競馬もの以外読んでいます)
私生活読みました。追憶の〜よりもどきどきしました(僕が引越前だからかな

質問なんですが、原宿、沼袋、鎌倉とそれぞれ別のお相手なんでしょうか?
直子さん、室井さんはどの頃になるんでしょうか。時系列で教えてください

126 :吾輩は名無しである:04/02/11 22:49
原宿は直子&室井、沼袋は室井、鎌倉は資産家の娘、てな感じか?
源ちゃん、タフだね・・


127 :吾輩は名無しである:04/02/11 23:09
>>126
直子は石神井じゃないの?
原宿が室井

そこまでは知ってる。

沼袋は別の女性じゃない?


128 :吾輩は名無しである:04/02/11 23:15
源チャンと結婚してたころの室井のエッセイで沼袋に住んでるって読んだことがあるよ


129 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

130 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

131 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

132 :sage:04/02/11 23:25
TeeDeeはもういいよ
うぜーーーーーーーーーーーーー

133 :吾輩は名無しである:04/02/11 23:27
>>132
『sage』はE-mail欄に入れろっつうの

134 :吾輩は名無しである:04/02/12 00:58
公式HPおめ 
おせーけどw

135 :吾輩は名無しである:04/02/12 03:26
>>159
遅レスだが、ウンコの大部分は大腸菌の死骸だとか。
もちろん活動中の菌もあるから、衛生的に大変危険。
尿は新鮮なら問題ないんだけどね。大便は腹の中にある時点でばっちい。
だから事故った時とかに、腹怪我して腸が破れたりすると
あちこちに菌がばら撒かれて腹膜炎を起こすとか言うね。

んで、結論としては、スカトロの人も食ったあとちゃんと全部吐くそうだ。
いや、俺自身は全くその趣味無いからなんとも言えんけど、
そっち系の人の手記とか見るとそうらしい。
あらかじめ牛乳飲んで胃に膜をつくり、それからプレイ。
終わったら全部吐く。薬品だかアルコールだかで胃洗浄。当然のマナーとか。
素人が興味でただ食ったりすると(そんな素人いないと思うが)絶対に体壊すんだと。
曰く「だってウンコだよ?食って平気なわけないじゃん。当たり前でしょ。ちゃんと吐かないと」だそうな…。

136 :吾輩は名無しである:04/02/12 07:25
このスレ信者ばっかでキモ

137 :吾輩は名無しである:04/02/12 07:56
高橋源一郎は僕と彼女と彼女の生きる道を自分に重ねて見てるんだな

138 :単なる1ファン:04/02/12 13:42
びっくり!週間朝日にのってたけど、源ちゃんのhpだよ!
http://www.plays.jp/diary/gen1rou/index.html
うまくでなかったら、ヤフーで「gen1rou」って
入れてみて!キャー!日記(はあと)
ドキドキ。今から拝読させていただきまーす!





139 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

140 :吾輩は名無しである:04/02/12 17:47
>>138
残念、遅かった
もう過去レスに!

141 :吾輩は名無しである:04/02/12 22:09
バケモノアゴ男にファンなんているのか。

142 :吾輩は名無しである:04/02/13 22:24
>>125
原宿:室井(不倫時代)
沼袋:室井(入籍時代)
鎌倉:資産家の娘
のはず。

143 :吾輩は名無しである:04/02/13 23:41
>>141 わかった、わかった、あんたは、ファンがたくさんいる、素晴らしい
色男で色女ってことね、わかった、あい、しー、あい、しー。
>>136 信者ばかりじゃないってこと、過去ログとか読めばわかるのになあ。
それとも、TeeDeeの連呼みたいに自動配信されるシステムになってるのかなあ。
連呼するなら、「ソークテーンキョーシ、ソークテーンキョーシ!」とか、
ヨリないすデハナイノカ?


144 :吾輩は名無しである:04/02/13 23:43
日記の更新が楽しみ

145 :吾輩は名無しである:04/02/14 00:10
忙しいのに毎日書いてるんだね
『追憶の〜』みたいに一年限定なのかな?

146 :吾輩は名無しである:04/02/14 00:30
うう、源ちゃんの日記更新遅すぎ。
パソコンが暗い画面になってフリーズするのは、
ハードディスクのビットがクラッシュか何かでとんでるからですよ。
パソコン、引越しのさいに落としてないかな。ヘッドとディスクの間は、いまや100nm以下なんだから・・。
それが、システムに関する.dilファイルだったら、ハードディスクごと初期化するか、新しいのを買う!
そんなんで、やっぱり、カキコします、手慰みに。バカみたいでもいいから・・。

んじゃ!




147 :おさむ軍曹 ◆UvGJoaFDw6 :04/02/14 00:45
げんちゃん芥川賞ほめすぎ!!!

たまには喧嘩して欲しいね!

148 :吾輩は名無しである:04/02/14 23:34
え〜、突然ですが失礼します。
雑誌「BURST」や「文藝」などで小説やエッセイなどを
手掛けているアイカワタケシという人物をご存じでしょうか?
好意を抱いている方、反感を抱いている方、またどちらでもないけれど
何か意見のあるお方、暇なようでしたらこちらのスレを覗いて見て下さい。

アイカワタケシを語るスレ  アウトロー板
http://human.2ch.net/test/read.cgi/4649/1076278990/l50

気が向いたら書き込みのひとつでもしてやって下さい。

149 :吾輩は名無しである:04/02/15 14:35
私生活、途中まで読んだ。
9.11のとき、動物園へ行きたくなったというところ。
高橋にとって、動物園へいくことは、平和の暗喩なのかな。
と思った。
僕も、動物園へ行きたくなった。
猿と人間で一杯の。

150 :吾輩は名無しである:04/02/15 16:02
俺は今日、ソープへ行ってきた。

151 :◆7sqafLs07s :04/02/15 18:38
で、結局、室井があそこまで嫌うようになった理由は何なの?

152 :吾輩は名無しである:04/02/15 19:49
室井と結婚前から付き合っている女がいて、
室井に対しては源ちゃんは無関心だったと
後で気づいたから。

153 :吾輩は名無しである:04/02/15 21:06
「群像」は、教師が、ブルマーで、跳び箱のある体育館に呼び出されてしまったら・・(これ以上は恐ろしくてかけません)。
という、処世術というか護身術を教えてくれる、お話だった。
そのAV女優は、学校の先生をして、性交を教えるという。
その、教室の壁に関する理論は、すごい偏見だけど、フーコーの「監獄の誕生」みたいだった、
読んでないけど。
私は、量子力学の試験監督をしていたので、そこんところが、一番印象に残った。
なんでみんな、こんな下らんテストを従順に受けてるんだろうね、と思いながら、
私は、権力者の僕のように振舞っていた。

タカハシさんに、タカハシさんがいう、テロリズムの映像とは、被害者と加害者の映像しかないんだと・・。
続く。

んじゃ。


154 :吾輩は名無しである:04/02/15 22:57
「すばる」と「群像」を読んで私は眩暈がした、何故なら、それは私の実生活に繋がっていかないから。
むしろ、支障をきたしている。
「狂っている」
私は、源ちゃんの私生活を、勝手に思う、狂っているのではないか、と。
しかしHPの日記は、坦々とした日常が描かれているだけだ。

現代詩手帖の保坂との対談
「保坂さんはほとんど「小説性」のほうにいったきり、帰ってこれない恐れがある(笑)。
ぼくのほうはまだ、日常の言葉も好きで、いつでも戻れる気がするんですけど。」

んじゃ。



155 :吾輩は名無しである:04/02/17 01:39
「私生活」に「それと逆に、当然、出回るべき事実で、出回らないものものもあった。
それから、完全に秘匿された事実もあった。
それらの中には、いつか、書くことがあるかもしれないものがある。
そして、絶対に、書くことがないにちがいないものもある。」

とある。それが、私にとって関係ないことで、そういう意味で、とるにたらないものでも、
秘匿され、意味シンに書かれるととても気になり、引っ張られてしまう。

そういえば、意味ありげに振舞うのは源ちゃんの専売特許だっけ、それとも村上春樹?

ほんとうのことを書こうとして、書かれたものを読むと、ほんとうじゃなくなる。
相手には、相手のほんとうがある。

よくわかる話です。


156 :◆7sqafLs07s :04/02/17 05:09
>>152
なるほど。子供絡みのことなのかと思っていた。
室井みたいなキャラでもやっぱそういうのあるんだね。
サンクス。


157 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:41
「書いて、考えて、そのままソファで眠り、また起きて(中略)
他の小説のプランをどんどん思いつき(中略)
小説を書くというより、現場に泊り込み、突貫工事をしている
建設作業員のような生活だった。」
そんな沼袋時代の描写、家庭も仕事も順風万歩の描写の後に続くセンテンスが・・
「そんな時期に、恋をした。」
・・・・・・・
目が点、鼻が丸、あそこが、四角。



158 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:43





源一郎はもう古い! これが新しい文学!羽田圭介君17歳の『黒冷水』も買ってね!




159 :吾輩は名無しである:04/02/18 23:51
>>源ちゃんは、もう古いのだろうか?そりゃ、「さよなら・・」や「ジョン・・」
のような作品は書けないとしても・・。
今、書いている作品が、正直、私には、わからない。
「わからない」ということは、新しさを含んでいる可能性がないのだろうか?
森健や、村田沙耶香や、脇坂綾などの希望あふれるポラを見る時、
「中には新人に「説教」したり、中略、苦労話をしてイヤがられたり、中略、酔っ払って意味もなく泣き出す」
「旧人」も「新人」も、「あとは机の上の孤独な作業が待っている」ことに、
変わりはないと源ちゃんは宣言する。
なにか悲哀を感じる。
若い「孤独」と年老いた「孤独」は、全く違う「孤独」だとしても・・。


160 :吾輩は名無しである:04/02/19 00:35
保坂の「カンバセーション・ピース」を立ち斜め読みした。
読む前までは、源ちゃんの書評のせいで、
年とってからの恋愛は、1、2ヶ月は熱狂するけど、夫婦のほとんど何も起こらない
日常で熟成される味を描いた小説だと思っていた。
びっくり!
「野球観戦小説」じゃん!一部しか読んでないけど。
私も野球を熱狂的に観戦するが、観戦すればするほど、同じような場面の繰り返しで、
記憶の容量もオーバーし、はては、居眠りしてしまうようになってしまった。
小説と本当の野球は相性が悪いような気がしていた・・。
保坂は、試合を見ないで熱狂するファンや、やたら選手の情報に詳しく監督の起用法まで批判するファンなどの
典型的な人物を仲間として登場させている。その中で、主人公だけが異常なのだ。
何故なら、野球を描写しようとしているから・・。

保坂が描写したのは、横浜対中日・・。そう、「虹の・・」に出てくるのも、
大洋対中日。関内駅も出てくる。

まあ、意味ないけど・・。


161 :吾輩は名無しである:04/02/19 02:27
そう、高橋も保坂も意味なさそうなとこが良いのだ。
芥川賞とかの選評で「人間が深く描かれている」「人生とは何か考えさせられる」など見るたび吐き気がしてくる

162 :吾輩は名無しである:04/02/19 09:35
>>160
カンバセーション・ピースは、「関係」小説です。
プロ野球と私
猫と私
家族(親戚)と私
幽霊と私
昔の私と私
今の私と私

163 :吾輩は名無しである:04/02/19 12:32
>>199
富岡多恵子がどの様に源ちゃんの小説を評価してるのか
教えてもらえませんか?
かなり興味があるので。


164 :吾輩は名無しである:04/02/20 23:27
>>161 いや、意味はありますよ!たぶん。ただ、源ちゃんも、保坂も横浜のファンだという指摘は、
意味がないということです。まあ、源ちゃんは、常に多数はのファンなんだけど。
ヤクルトがトレンドならヤクルト!みたいな。
>>いや、それをガイシュツの「優雅で・・」を富岡が、6月の文芸時評で(いつの六月だ?)
「この手の、良くいえば「親密な」サークルだけに通じる符号性アテにした言葉で書かれる文章は、
いかに自由な口語体に見えはしても、音声、意味ともに周縁にひろがろうとする言葉の機能を自閉させる。
言葉を傷つけるほどに言葉との情交もないまま気軽にどんどん喋っていけるのだ。」
というー古い話ですわ。知ってると思うけど。
で、私は富岡の文を、「文学がこんなに・・」の源ちゃんの反論から孫引きしているわけで・・。



165 :吾輩は名無しである:04/02/21 00:05
>>164
ありがとうございます。
今さっき現代詩手帖の源一郎特集を読み直してたら、
秋田淳子が、富岡多恵子が1988年の6月にした批判を取り上げてました。


166 :吾輩は名無しである:04/02/21 11:29
公式サイトのプロフィールにある、
身長173センチってのはサバ読んでると思う。
生で見た感じ、170切るぐらいだろう。

167 :吾輩は名無しである:04/02/21 17:31
日記読んでると、なんか読書量多いなあって思う。
執筆の途中に2冊くらい読んだりしてるし。
読むの速いのかな?

168 :吾輩は名無しである:04/02/21 20:18
>>167
太宰の「斜陽」を五冊持ってるような男だぞ。半端じゃないだろう。

169 :吾輩は名無しである:04/02/22 00:11
読むの早いのと、斜陽を5冊は関係ないと思うが。w

源の活字中毒は有名。
そこに文字があると、なんでも、読んでしまう。
3行広告だって。

170 :吾輩は名無しである:04/02/22 00:25
>>165 そうでした。秋田淳子の評論を読んだにもかかわらず、忘れて、
「文学が・・」を、探して引用する、ああ、この痴呆ぶり。
>>167 綾秀美だったけかが、批評空間WEBで、俺の本を読んでないのに、書評かきやがって、
なんて、からんでいたが、源ちゃんは、ほんとうに読んでいるんだろうか?
かつて、冒頭の1行を読めば全てわかると豪語してたけど。
ハシモトちんにいたっては、読まずに批評するとか、源ちゃんがどっかに書いてた。
>>日記、「トリッパー」のキムラサクヤ=スズキイチロー、完成したんだろうか?


171 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:22
>>170
読んでないのに、つーか明らかに自分の天皇性に関わる漱石理解に不利になるところを触れていない、
しかもそれが「帝国の文学」の一番のポイントなのに、と。
さらに、そのスガに対しての源一郎のレスが、スガがその本に書いてることを、
あたかも自分が発見したかのように言っちゃってること。
これについての源ちゃんのレスは無い。
んでその後、大杉、浅田、渡部、佐藤泉など、豪華な面々(最後の人知らんけど…)が加わって
おー久々におもろい論争がキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! と思ってたのに結局放置。
源ちゃんはプチ悪人なんだから、もうちょっと粘ってほしかったなあ。
女関係と一緒だね。すぐ逃げちゃう。別に悪いと思わんけど。
小説家は悪人の方がおもろいけど、真の悪人には成れんかったんだなあ。


172 :吾輩は名無しである:04/02/22 01:25
>ハシモトちんにいたっては、読まずに批評するとか、源ちゃんがどっかに書いてた。
「文学なんかこわくない」の失楽園のくだりだった・・・ような。

秀実との論戦は源ちゃん分が悪かったね。
確かに源ちゃんの話、不自然だったもの。
ワタシの中では盛衰史の価値は全然変わらなかったけど。

173 :吾輩は名無しである:04/02/22 13:52
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1932234055/249-8534474-0089150
ギャングのアメリカ版がもうすぐ出るんだね。既出かもしれないけど。

174 :吾輩は名無しである:04/02/22 14:06
"Sayonara, Gangsters"なのか。
"Goodbye,Gangsters"じゃなくて。
『さようなら、ギャングたち』って
"Goodbye, Columbus"からきたタイトルだと思ってたんだけど違うの?

175 :吾輩は名無しである:04/02/22 17:36
>>174
Goodbyeだけじゃなく、うしろの「ギャング」も、
同じフィリップ・ロスのOur Gang (1971)からの引用だと思う。
だから、Goodbye,Gangじゃないとダメなはずなんだけど。

スシなんとかってアンソロジーに「虹の彼方に」の
一部が収録された際には、著者紹介欄に
Goodbye,Gangと正しく?表記されてたんじゃなかったかなあ?

176 :吾輩は名無しである:04/02/22 18:05
Sayonaraっていう日本語ぐらいまともなメリケンだったら知ってるんだし、
いいんじゃないの?

とはいうものの、売れるかな?



177 :吾輩は名無しである:04/02/22 18:32
売れるわけない。こんな退屈なやつの本が。

178 :吾輩は名無しである:04/02/22 18:42
最近はメジャーでも「サヨナラホームラン」っていうらしい。
なぜメジャーでも定着したかというとメジャーでは実は
サヨナラホームランに対応する表現がなかったから。

179 :吾輩は名無しである:04/02/22 22:49
>>175
へえ、そうなんだ。
ありがとう。


180 :吾輩は名無しである:04/02/25 12:54
>綿矢りさ 金原ひとみ 綿矢りさ 江國香織に 京極夏彦
すばらしい短歌だ・・・・
綿矢だけが2回でて、露出度の高さを表現しているのか・・・
きゃわいさゆえのただのヒイキか・・・

181 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/02/25 15:03
『ビリイ・ザ・キッドの新しい夜明け』のときには、

"Goodbye, Gangs"

だったんだけどね>>174-175

ロスの『われらのギャング』は、ニクソン=トリッキー個人を
めぐっての物語だから単数形。源ちゃんのは「ギャングたち」
でしょ?

そーいや、『われらのギャング』→『さようなら、ギャングたち』
ってあまり語られてないよね。どちらも冒頭から「大統領演説」
なのに。

182 :吾輩は名無しである:04/02/25 22:46
>>180
5文字だから以外ない。

183 :吾輩は名無しである:04/02/25 23:34
日記の微妙なタイムラグ、なにかの検閲をうけてるみたい・・。
でも朝日で宣伝もしたから、カウンターもうなぎのぼり?
アフガニスタンじゃなかったイラクの人の日記(しかも英語)は、戦時下の「断腸亭日乗」のようなもんかな。
源ちゃんの日記は、OOはいい人だったのオンパレードで、ほんとー源ちゃんは、
世渡りがうまい!じゃなかった、いい人だ!


184 :吾輩は名無しである:04/02/26 00:06
検閲なのかなあ・・・・
ただ、自分でアップできないだけだと思っていたけど、
でも、確かにそれにしては、微妙なタイムラグですね。
検閲だとすると、たまったら、本にするのかなあ。

185 :吾輩は名無しである:04/02/26 00:58
>>184
「追憶の1989年」ぐらい面白いものにしてもらわないと、
本になっても買わないなあ、と思った。
あ、本には現在の連れ合いさんの日記も当然入れていただきたい。
で、それをきっかけとして連れ合いさんがモノ書きデビューされたら、
源ちゃんのモノ書きプロデュース能力(女性限定)を評価したい。


186 :吾輩は名無しである:04/02/26 01:54
マイケル訳はどうなんだろう?「現代詩手帖」に載ってた一部で判断すると、
とても平易な文章と語彙で、源ちゃんの小説にあっていると思うけど・・。
さすが、ばななの翻訳者。
これを機に、色んな言語に翻訳されるといいな。
イタリアいった時、ばなな、なんか普通に本屋においてあったもん。
読めもしんのに「キッチン」買ってしまった。ブコウスキーもあった。
「ペンギン・・」なんか、ドイツで受けそう!だって、あられちゃんあったし!
「たぐ!(んちゃ!)」



187 :吾輩は名無しである:04/02/26 18:34
>>181
Gangは集合名詞(っていうんだっけ)だから
sは不要だと思う。

↓エキサイトの和英から
1 [集合的に]
a (労働者・奴隷・囚人などの)一群,一隊
《★【用法】 集合体と考える時には単数,構成要素を考える時には複数扱い》.→
b (悪者・犯罪者などの)一団,一味; 暴力団,ギャング団
《★【比較】 日本語の「暴力団」, 「ギャング」の 1 人をいう場合は gangster;
★【用法】 1a と同じ》.→

高源のタイトルはだいたいパクリ。
『ビリイ・ザ・キッドの新しい夜明け』にしたって
ボブ・ディランのアルバム名を繋ぎ合わせてる。

188 :吾輩は名無しである:04/02/26 20:48
『さようなら女達』は関係ない?

189 :吾輩は名無しである:04/02/26 21:19
さて、「私生活」から、私生活を推理すると、まあ、ある日突然恋をしたわけだ。
イタリアで知り合った子とメールを交換して、熱海で会って・・。それで、「LIES/嘘」を見にいって、
「男51、女31」で、正月に家族でイタリアに行った、と。
まあ「私に起こったことを想像しても、たぶん無駄ではないかと思います。その想像は、たぶん間違っている。たぶん、だけれど。」
とは思いますけど

190 :吾輩は名無しである:04/02/26 22:04
「カンバセー・・・」半分まで読みますた。なんか、「ゴースト・・」に通じるものがあった。
でも、「ゴースト・・」と違い、さくさく、いかん。
「ゴースト・・」も「カンバセー・・」も、色々な語り口が詰まっている。
古井由吉のような認識とか、金井美恵子のようか地の文とか、春樹のような猫とか、あまりに保坂的なまだろっこしい、思わず樫村と、
語りかけずにいられない思考とか・・。でも「ゴースト・・」と違うのは、「ゴースト・・」が、ゴールを夢見て、迂回し続けるのに対して、
迂回するために迂回しているのだ、だから、読者をひっぱっていけない。読むのが遅くなる。
帯に関川夏央の、小津のようなと書評の引用があるが、
源ちゃんは、似ているけど、違う、その差異に注目するべしと、やはり書評で書いていた。
それは「文学的」か「小説的」かの違いだと思た。



191 :吾輩は名無しである:04/02/27 21:55
葉山から、ホームレスが暮らしてる、沢づたいに降りると、ホモ岬。
で、ホットドッグ屋(イエローサブマリンだったかな?)
今では、小説の構想を練りながらふらふら歩いている源ちゃんにも会える!
日記より



192 :吾輩は名無しである:04/02/27 23:02
てーゆーか、もうすぐ「すばる」と「群像」発売じゃん!
いつも、ぎりぎりなんだな。ぎりぎりが好きなんだと思う。
日記より。

193 :吾輩は名無しである:04/02/27 23:07
締め切りがある業界は、どこもそんなもんだよ。w

194 :吾輩は名無しである:04/02/29 23:53
締め切りギリギリにしか原稿あげられないなんて
高橋は本当は文学なんて愛していないに違いない。

195 :吾輩は名無しである:04/03/01 18:57
おいおいゴーストバスターズ(文庫)とペンギン村と日本野球絶版になってるやん
どーにかしてよー

196 :吾輩は名無しである:04/03/02 02:39
「カンバセー・・」ローズが引退してからの迫力がすごいと思った。特に360頁。
すごいよ保坂さん!
中原も天才なんだから、頑張れー
日記より

197 :吾輩は名無しである:04/03/02 03:10
朝日の書評が、誰かが数冊本持ってきて、手を挙げて、それをとる。
基準は難だろうか?
というのはわかった。
でも源ちゃんの「・・ゴーゴー・・・」の書評とか大西中日じゃない巨人の
書評も読みたかったよぉ


198 :吾輩は名無しである:04/03/03 00:58
「カンバセ・・」ようやく読了!途中から、風呂場の影をめぐる話がおおくなり、
ばななの「アムリタ」読んでた時のように気持ち悪くなったが、終盤怒涛の快進撃!最後の感じは、
大江の「懐かしい時への・・」に似ていた。風呂場の影は、ドッペルゲンガーみたく、ドッペルゲンガーを
扱っている作品として春樹の「スプートニク・・」や、古井の最近の連作を想起したが、
源ちゃんも、「ゴヂラ」で悪の総帥として描いてたり、連載小説「君が代は・・」で発表された、結局、
「ゴヂラ」にはいった「秘密」という短編では、神=著者だった。
保坂は、しゅみらーくるで、影は影という答えを用意。
それが人間と動物をわかつところ、なんだかニーチェみたい・・。


199 :吾輩は名無しである:04/03/03 03:00
>>198
保坂スレじゃないからどうかと思うけど、一応。
あれはシミュラークルじゃないでしょ。少なくとも主人公(=作者)にとっては違う。
それに保坂は「答えを用意」するタイプの作家ではないと思いますが。
(もう少し丁寧に読んだ方がいいのでは・・・)

200 :吾輩は名無しである:04/03/03 13:51
「ジョン・レノン対火星人」、講談社文芸文庫から出るらしいけど、いつになるか知ってますか?
内田樹さんが、もう解説を上げたっていうから、もう少しだと思いつつ、検索しても何にも無し。
早く読みたい。

201 :吾輩は名無しである:04/03/03 16:02
ゴーストバスターズの文庫版の装丁好きです

202 :吾輩は名無しである:04/03/03 23:06
>>199 影は影なんて、まあ「答えになってない」「答えを用意」しているって
ことなんだけど。ちなみにしゅみらーくるっていているのは、浩介に洗脳された、山中だから・・。
まあ、ここは保坂レスじゃないから、「現代詩手帖」の保坂との対談よみなおそっと。


203 :吾輩は名無しである:04/03/04 15:28
>>197
今週号の週刊朝日読んだ。
「ゴーゴーバーの・・・」は確かに源ちゃんが書評したら面白そう。
こういうマイナーっぽい本ほど書評ってありがたいよね。
どうせならどこか他のところでやってくれたらいいのに。

204 :吾輩は名無しである:04/03/04 20:49
「ジョン・レノン」と「P-13」、ブクオフでゲト!二冊で315円!「P-13」イイ!
ブクオフさいたま桶川店サイコー!

広告じゃないよ

205 :吾輩は名無しである:04/03/07 21:55
先月号の「群像」で、ぴちぴちのタカハシさんの悩みに、団塊世代のタカハシさんが、答えるということで終わった。それはいかにも苦しげな終わり方だったけど・・。
で、今月は、いままでのことが、全て間違っていて180度逆の方向に全力疾走していたと、言い出すシマツ。
しかし、なにもしないより、した方がいいと開き直りににた弁には「文学の向こう側」で、そう書いてあったことを思い出した。
そういえば「走れ!イチロー」じゃない「走れ!タカハシ」とゆー小説もあったな。
で、主人公は、ぴちぴちのタカハシさんから、団塊世代のタカハシさんに移り、
家に帰ると、自分の分身である「善いタカハシさん」が(←「終わってる!」)が、待っていて、
「悪いタカハシ」さんにお願いがあるというくだりで終わった。
たぶん、素直に、「そこ」からは続かないだろうなと思わせつつ・・。


206 :吾輩は名無しである:04/03/08 21:49
あと「おまんこ」というビデオ見ながら(たぶん昼下がり)「のどかだねえ」
と自分の性の解放がされていない青春時代を鑑みつつ、なにごとにも、全てにおいて、
真面目になってはいけないと諭す。
真面目に、エロ本売り場がテロの対象となる某国を念頭におきながら?



207 :吾輩は名無しである:04/03/09 19:10
ジョン・レノン対火星人
4月9日 講談社文芸文庫 1155円
http://www.honya-town.co.jp/P3/CM/html/bookclip/

208 :吾輩は名無しである:04/03/09 21:56
3月4日の日記読んでると、
あーこんな生活送ってるんだーすげーなーと思う。
俺も仕事で忙しくて読書できねーとか言ってらんねーなあ
まあ好きな仕事してるからかな。リーマンよりは楽しそうだし逆玉だし、ということか。
>>197
そういえば、以前吉本隆明の対談集で、対談相手の大西に吉本が『ギャング』を薦めてて、
「今度読んでみます」みたいな事言ってたんだけど、大西の『ギャング』についての発言とかなんか知ってます?

209 :吾輩は名無しである:04/03/09 23:11
惑星P13を読みましたが中身を何一つ覚えてません

210 :吾輩は名無しである:04/03/09 23:38
>>209 やっぱ、門田がいる、おお、そればかりか、香川までいる、短すぎる人生
でしょ、うる覚えだけど。


211 :吾輩は名無しである:04/03/09 23:48
>>208 知りません。誰か教えて!えらい人!
「すばる」は、「ガドルフ」が出てきた。ああ、ヒットラーね、手塚治虫の、
あれは「アドルフに告ぐ」か。佳作です。夢から抜け出せなくなった、
みんながグルなんだ!結託してオレをはめようよしているていう話。
JoJoの冒険の杜王町のラストとか、舞城の「九十九十九」とかを思い出した。
なぜか、「罪と罰」も階段上がって、人が殺されていて、ひょっとして主人公が、
犯人かなあ、と思わせるくだりが・・。
そうか、先月の「すばる」は、谷川俊太郎の「夜のミッキーマウス」の「百三歳になったアトム」
だったんだ。


212 :吾輩は名無しである:04/03/11 01:25
十年近くも工場労働やドカタやってて
疲れて酒飲んで寝て本を読むのも書くのも困難な状況だったら
絶対に知識はボロボロこぼれ落ちていって
もはや英語も数学も忘れてるはずだが。

213 :吾輩は名無しである:04/03/13 19:14
今、日テレに出てるね。

214 :吾輩は名無しである:04/03/13 19:38
出てるね。

215 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/13 19:39
何やってんだ高橋源一郎(笑)<日テレ

ちょっと面白いぞ。

216 :吾輩は名無しである:04/03/13 19:41
やっぱり作家はすごいね。
こんなクイズ番組でも先生ってよばれるんだよ?


217 :吾輩は名無しである:04/03/13 20:00
文学系物知りタレント<高橋源一郎

218 :吾輩は名無しである:04/03/13 20:08
ガリバー旅行記よみてえーーーーーーーーー

219 :吾輩は名無しである:04/03/13 20:10
スウィフトってさ、カニバリズムの小説書いてるよね。
食糧不足を、幼児を食うことによって補っていきましょうという風刺。
この人って、皮肉やだよね。


220 :吾輩は名無しである:04/03/13 20:12
>>219
ますます読みたくなった。。さんきゅ

221 :吾輩は名無しである:04/03/13 20:20
中尾彬は三島の「金閣寺」が好き。

222 :吾輩は名無しである:04/03/13 20:50
高橋先生は、私の一冊に何の本あげてた?最初の方見られんかった!


223 :吾輩は名無しである:04/03/13 20:54
>>222
太宰の女学生

224 :吾輩は名無しである:04/03/13 20:56
「竜馬が行く」は読んでないようだ。

225 :吾輩は名無しである:04/03/13 20:59
>>223
さんきゅ!やっぱりって感じだな。
ゲンちゃんは司馬と川端は嫌いでしょ。


226 :吾輩は名無しである:04/03/13 21:02
「ガリバー」初版が出てたね

227 :吾輩は名無しである:04/03/13 21:07
雪国の書きなおし前の出だしを当てる問題、
外したよね。笑った。
あそこにいた芸能人、高橋源一郎って誰?
って感じだったんだろうな。

228 :吾輩は名無しである:04/03/13 21:07
川端に比べたら、わたやりさなんて、、、、、、、、、

229 :吾輩は名無しである:04/03/14 00:55
司馬も外したね。まあ当然か。
なんか結構勝俣や田中のボケに笑ったけど。

230 :ファロスマン ◆FTa/HQEoL2 :04/03/14 01:41
文学界にエッセイ書いてましたね。姪の話。
エンジェル・ブルーとか、ピチ・レモンとか・・・
今の子供は本当にみんな、そういう世界に染まってるのか?
それとも、高橋じしんの感受性が、そういうものに反応しやすいのか?

231 :吾輩は名無しである:04/03/14 11:18
しかし芸能人でさえ正解してるのに、雪国の問題を間違うのは酷いなw
これで文学評論の本を偉そうに書いてるとは…

232 :吾輩は名無しである:04/03/14 12:21
いや、あれは深読みしすぎたんだよ。と思いたい。
しかし確かに川端の雪国の出だしは名文かもしれないが、
名文って何か腑に落ちない言葉だなぁ。
名文にならないように書いていると思われる源ちゃん。
あえて名文をあげるとしたら何かしら?


233 :吾輩は名無しである:04/03/14 12:34
「ペンギン村にもいつか日は登るんだから」とかなんとか。

234 :吾輩は名無しである:04/03/14 15:42
川端の評論は書いてないんだから間違ってもいいだろ。
なんだ、じゃあお前は嫌いな作家のこと全部知ってなくちゃ、作家になっちゃ駄目なのか

235 :吾輩は名無しである:04/03/14 15:42
http://2.pro.tok2.com/~mg7/cm/benri.htm

236 :吾輩は名無しである:04/03/14 18:09
>>234
作家になっちゃ駄目とは言わんが、まあ「プロの先生」としては赤っ恥だよなw 
俺は源ちゃんは絶対に全問正解だと思ってたし、二問も間違った時は失望したよ。

237 :吾輩は名無しである:04/03/14 19:22
俺はむしろ好きになった。
川端にしろ司馬にしろ高橋好きとはかぶらないんじゃないの?
龍馬がいくなんて知ってたらヤだよ。


238 :吾輩は名無しである:04/03/14 19:57
僕はちょうど司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読んでるw
エッセイだか小説だかよくわからない文章。
よくいえばクンデラっぽい?w
でも、なかなか面白いよ。

239 :吾輩は名無しである:04/03/17 23:07
>>236 でも家に帰って反省し、落ち込んで、横になってるうちに朝になっちゃったって、
なんか、かわいいよ。私も「おーい、竜馬」は読んだんだけどなぁ。
「坂の・・・」か、ブクオフで揃えてみようかな。
なにせ、ある漫画の影響で、竜馬はどぶ川で前のめりになって死んだと思ってたくらいだから・・。


240 :吾輩は名無しである:04/03/17 23:31
あと、英会話の先生が(若かりし時のブコウスキーに似ている)、「我輩・・」英訳を読んでいたので、
ぽろりと、最後をいったら(ああ、最後、猫が・・になる話ね)、うそー、やめてくれー、読む気
なくしたとか言われた。ストーリーらしいものもなく、寒月君がレンズ磨いていたり、だれだっか忘れたけど、
蕎麦は喉で楽しみもんだとかいって噛まずに釣り糸みたいに開いた口に垂らしてみたりするだけだから、最後を言ってもいいと思ったのに。
それとも、英訳は、我輩の三毛子をめぐるラブストーリーに編集されていたりして・・。
そうしたら、お前の言ってた最後と違うって・・。
がーん。




241 :吾輩は名無しである:04/03/19 22:29
それは、奥泉の「「我輩・・」殺人事件」だったとかいうオチでなく、上巻だったとゆー。
しかし、2日ごしで繋げてしまうとは。
「トリッパー」読んだ。なんと、まともにマツシマナナミだった!とゆーことは、
次回は、キムラサクヤとマツシマナナミが出会って怒涛の性交でもするんかな。
キムラサクヤも、マツシマナナミも、ヤやコと違ってドラマの主人公になれないくらい冴えない。
とゆーか小説の主人公にすら。二人は、マスコミつーか、雑誌つーか、その他に躍らせれている。
みんなでっちあげなんだ!と叫びたい。
でも、次号でさえない二人が救われますよーに。


242 :吾輩は名無しである:04/03/20 23:10
俺肉体労働経験あるけどありゃマジで文学から遠ざかるね。
工場はまあ大丈夫。

243 :吾輩は名無しである:04/03/21 18:31
>>242
同意。本当に肉体労働に従事してたのか疑わしいよな。虚偽?

244 :吾輩は名無しである:04/03/21 23:05
243>>「私生活」に、鎌倉の土方の親方との思い出が語られてるよ。佐伯一麦とかも、
そうだったし、中上健次だって羽田で働いていたんだから・・。
一度、文学を捨てて、肉体労働なんで、シルベスター・スターローンじゃないランボ-みたくて、
かっこよくない?


245 :242 :04/03/21 23:37
>>244
中上はかなりサボってたらしいよ>ビートたけし談
隠れて読書したりとかしてたみたい。中上は基本的にパフォーマーだしね。ボンボンだし。
まあ時代的にもオッケーだったのでしょう。
俺一時期ドカタと引越し屋やったけど、周りは3、4時間睡眠で働きまくって
ギャンブルだ女だ車だって感じ。そのための金は貯める。
結構仕事自体はガンガン真面目にやるんだよ、そういう人って。
んで文学からは絶対に遠ざかる。
俺はそんなにずっとやりまくってたわけではないが、肉体労働が特別カッコイイとかはないね。
要するに肉体的にメチャメチャ辛い仕事、ってだけ。

246 :吾輩は名無しである:04/03/22 23:44
そういえば、わたし、「さようなら、ギャングたち」をいつの頃からか、
「さよなら、ギャングたち」と覚え間違えしていた気がする。
マイケルくんもsayonaraになっている。


247 :吾輩は名無しである:04/03/25 22:13
あれ?「お気に入り」でアクセスすると、そんな板ないとかいわれる


248 :吾輩は名無しである:04/03/26 07:09
>>247
移転したから

249 :吾輩は名無しである:04/03/26 23:51
源ちゃんの出たしゃべり場ってもしかして先週放送だったのかしら。

250 :吾輩は名無しである:04/03/27 00:03
248>>そうなんだ、勝手に引越ししちゃうんだ。


251 :吾輩は名無しである:04/03/27 01:00
朝のワイドショーとか、ストカーとか、幼児虐待とか、凄惨なことが多い。
今、古井の「仮往生ー」を読んでいる。あわせて、伊藤比呂美の「日本ノ霊異ナ話」を読んでいる。
中上の「千年の愉楽」みたい。
今、起こっている世事を源ちゃんは、ドライに描くけど、こういう説話みたいに、語ってほしい、なんて
不図、思った。
源一郎法師・・。


252 :吾輩は名無しである:04/03/27 17:30
説話みたいに書かなくていいよ。権威主義?

253 :吾輩は名無しである:04/03/28 18:24
>>252
説話形式は同時代性というやっかいなフィルターを抜けて俯瞰視点を持たせて呉れもする。


254 :吾輩は名無しである:04/03/28 19:52
説話って、権威なの?伊藤比呂美にも、古井由吉にも、「それ」は感じなかったけどな。


255 :吾輩は名無しである:04/03/28 21:35
源ちゃん、「殿様」書き上げたのかなあ・・。
今ごろ、アメリカかぁ・・。
カナダだっけ?


256 :カテハン ◆2tajBL3Q4s :04/03/28 21:41
>>251
ああ、説話形式って面白いと思う。
現代を昔のことのように語る事だと思うけど
視点が未来にあるわけだよね。
違う角度から「今ここ」を見れるのは新鮮。

257 :吾輩は名無しである:04/03/29 23:09
最近の源ちゃんの小説は、着地点が用意されてないつーか、読後感が、失語症なんだよね。
説話って世の中批評も含んでっから、なんか、そうなんだ、はい次。仏様はいいかげんなんだ、はい、
次!なんだよね。
まあ、それが「物語」(文学)と「小説」の違いだけどね。
まあ、文学的といえば、権威主義だけど・・。
252はそういいたかったわけだろ。



258 :ガディワッツ:04/03/30 01:02
説話形式でもなかなか面白いのがありますですよ。
「もっとほんとうのこと」ってのをインド人が書いてます。
わくわくですよ。


259 :吾輩は名無しである:04/03/31 00:15
もうすぐで古井の「楽天記」が読み終わる。
おつぎは、河合・中沢の「仏教が・・」を読もうかな。
だいぶ前だけど、週ポで、「私生活」とりあげられてたね。
それから源ちゃんの矢沢の明治の文壇の大喧嘩書いたやつの書評載ってたね。
途中まで、わからなかったよ、あれ源ちゃん(の日記)と同じこと、書いてるなあと。
ところで、「メフィスト」って発売されてんの?


260 :吾輩は名無しである:04/04/02 22:37
中途採用面談で小田原に行ってきた。源ちゃんの鎌倉の近くだ、勤務先が・・。
落ちました・・。
帰りの名古屋へ向かう新幹線の駅で、「13歳のハローワーク」を買った。
プイグについてのエッセイで涙し、リストラの段階を説明するくだりで、
こりゃ、13歳が読む本じゃねーだろうと思った。
最終的に指名解雇に至るって、おい。


261 :吾輩は名無しである:04/04/04 00:06
ENGLISH TEACHER とHANAMIした。彼は play boyで、フィリピン、ブラジル、ジャパニーズ、ロシア、たくさんの
ガールフレンドの写真を見せてもらった。源ちゃんの日記によると、アメリカでも原稿を書いているという。
でも SEX LIFEが隠蔽されている。PG


262 :吾輩は名無しである:04/04/06 00:02
柄谷行人もいたのか・・・。水村美苗も・・。しかし源ちゃんが柄谷を書くときはその話した内容とかの
批評じゃなく、癖とか、印象だなあ、いつも。


263 :吾輩は名無しである:04/04/06 09:31
>>262
源ちゃんの批評全体もそうかもね

264 :吾輩は名無しである:04/04/07 00:11
>>263 そうじゃないと思う。たとえば、「凡庸なる芸術家の肖像」とか、「チャンバラ読本」とか、「失楽園」とか・・・。
ところで、私は、神代辰巳の助監督が、監督やった、「かたせりな」が妖艶な演技を魅せた「身も心も」の原作本を読んでいる。
しっぽりといい感じ・・。鈴木貞美・・。なるほど、隠れた名作かもしれん。


265 :吾輩は名無しである:04/04/07 00:20
つーか、ねっとすかいなんとかして!職場のメールが、1日300件以上なんてくれーじ-。
源ちゃんのパソコン(買ったばかり)もやられたみたい。でも、ちがう症状。
鳴り続けるビープ音、締め切りに追われて、異国で、耳栓をしながら、キーを叩く、作家(親指シフトなのか?)
大変な職業です。


266 :吾輩は名無しである:04/04/07 22:26
昨日、源一郎の汚い乳首を見せられて、嘔吐しそうになりました。

本当に馬鹿だね、こいつは。最低……。

267 :吾輩は名無しである:04/04/08 00:51
266>>男の人はそう感じるかもしんまい。私にはセクシーに思えた。源ちゃんは、尻込みしてたけど、ってどこかに書いてあった。
これからテロに行くから・・。うーん。日記読んでたら、ようやく、群像の原稿あげたのかあ、と思っていたら、7日もラグがあるじゃんねえ。
つーことで、今日立ち読みしました。


268 :吾輩は名無しである:04/04/08 12:36
あれセクシーなの?女ですけど、あんまり見たくないなあ。乳首は。汚いきれいに関わらず。
見せたくてしょうがない、とかいうんだったらまあしょうがないとも思うけど
尻込みしてたなんて聞くとますます見たくない。なんか自分の殻を破ります。乳首。みたいなさ。
かっこわるいじゃん。そんで、かっこわるいのが良いとおもってるんでしょ。嫌。

269 :吾輩は名無しである:04/04/08 14:09
女ですけどで肯定されると思ってる馬鹿↑

270 :吾輩は名無しである:04/04/08 14:34
ネカマにたやすく釣られる馬鹿↑

271 :吾輩は名無しである:04/04/08 14:38
とにかくお前等は川端やら三島を読んどけってーの。悪いこといわないから。

272 :吾輩は名無しである:04/04/08 14:46
そういうこと言われると
さらに読む気なくなる

273 :吾輩は名無しである:04/04/08 18:57
267と268の両方がほんとの女性と仮定として、
綿矢に対する女性の反応の違いに似てると思った。

274 :吾輩は名無しである:04/04/08 19:53
>自分の殻を破ります。乳首。みたいなさ。

ワラタ

275 :吾輩は名無しである:04/04/09 00:45
わああ、すごいレスついた。ここんとこ一人でカキコしてたから寂しかったよー。
>>273 用心深い御仁ですね。そのくらいじゃなきゃね!
たやすく罠にはかからないっと。
ところで、日記で、「すばる」の方は、早かったなあと思ったら、先月の使いまわし。
最初、先月号?NETSKYじゃなくて、実篤!って思ったもん。
でも、そのリフレインが、中島みゆきのよおに、違ってきて、迫力がある。
来月で最終回かなあ。頑張れ、ガドルフ!永劫回帰を打ち破れ-。


276 :吾輩は名無しである:04/04/09 00:50
>>268 でも、あの乳首は集英社の人が勝手にやったんだとか、そういうイメージなんだよ。
安野モヨコの「花とミツバチ」の小橋さんみたいな、さえない土方のおっさんが、
超モテモテみたいな。
まあ、新刊で、ときわたかこの横だったからなあ、思わず、ときわを手にしたって、
友達がいってた。


277 :吾輩は名無しである:04/04/10 14:57
講談社文芸文庫で「ジョンレノン対火星人」発売らしいですよ。
http://www.taiyosha.co.jp/bunko/bunko0404_han1.html
講談社に向かって万歳三唱しましょう。

278 :吾輩は名無しである:04/04/10 21:22
ば、ばんざーい、ばんざーい、ばんざーい

279 :吾輩は名無しである:04/04/10 22:46
>集英社の人が勝手にやったんだとか、そういうイメージ

それがイヤなのさ。

280 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:07
菅野美穂とか藤田朋子の写真集みたいね。
げんちゃんも泣きながら会見すりゃいいのよ。

281 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:35
ヌードじゃないんです! ヌーディティーなんです!
とか急に英語でしゃべりだしたりすんの?
ヘイ!ちくーび!


282 :吾輩は名無しである :04/04/11 23:35
「ジョン・レノン対火星人」、新潮文庫版のあとがきでは「筒所」とあって、
この誤植はネタだろうと思っていたら、文藝文庫では「箇所」と直ってましたね。
本気の誤植だったんですかね。

283 :吾輩は名無しである:04/04/13 00:53
「殿様」読んだー。もう、どんな話か、忘れてしまってた。
「あらすじ」をよんで、びびっときた。これは、「ゴースト」とは?「ゴヂラ」とは?
に続く第三段「殿様」とは?小説なんじゃあ?(今さらで、すんません)
で今回は、呼び鈴、押すの、押さないので、むちゃくちゃページを使って、指輪物語まで出る
シマツ。
そうか「白い巨塔」と「黒い・・・」なんだっけ?か。
源ちゃんにも、そういう悪魔と正義の味方があるんだな、私生活を想像すると。
しかし、この2元論、最近、源ちゃんの小説で、よく出てくるんですけど。


284 :吾輩は名無しである:04/04/13 00:55
>>282 細(こま)けー!


285 :吾輩は名無しである :04/04/14 19:17
公式ページの日記
日本人3人拘束されてから更新されていないの?
それとも他に何かあったの?

286 :吾輩は名無しである:04/04/14 21:42
いや、そんなこともある、前にもあった(と思う)。
それより、タイトルがつくようになったね。
えっ、本当になんかあったの?


287 :吾輩は名無しである:04/04/14 23:08
最近は毎日更新してるっぽいけど。

288 :吾輩は名無しである:04/04/15 20:14
古本屋で「ペンギン」買ってよんだけど・・・・
面白かったのは序章だけだった

289 :吾輩は名無しである:04/04/16 12:16
高源ていつまでたっても
あんまり文学のことがわかってないひとみたいで
それでも必死で適合しようとしてるっぽくみえるとこが
逆説的に好き。

290 :吾輩は名無しである:04/04/16 22:17
288>>確かに、宮本輝好き!ってゆー事務の女の子が序章はいいと言っていた。
アラーマ、ホントニ、ソーケーの駄洒落に爆笑の筒井とか新井素子とかフランス書院を読みこんでる同僚は、
菊池桃子のマスターベーションに、声をあげて笑っていたけどねぇ。
とゆーことで、間口が広いってことじゃないっすか?


291 :吾輩は名無しである:04/04/16 22:21
268>>乳首乳輪ねたで恐縮です、「退屈な読書」でも、しりあがり寿画のタカハシさん、
乳首見えていなかったけ?あれは。NG?
そういえば、わきげまでは、描写されてなかったな。

292 :吾輩は名無しである:04/04/16 23:26
289>>「殿様」読んでいて、この書き方は、狂っているように思えた。楽天的に狂ってる。
「文学」というのは、批評みたいのを含んでいるけど、着地点がはじめからみえていて、終わりの一行にむかって書くところがある?
「殿様」は、いきあたりばったり(のようで)、読んでいてどこにつれていかれるか、わからない。
たぶん、書いてる本人もわかってない。
それは、まるで、一昔前の現代詩のようだ、とひとりごちてみる。
以上、怒涛の3連チャンでした。


293 :吾輩は名無しである:04/04/19 04:31
突発性小林秀雄地獄(笑)

294 :吾輩は名無しである:04/04/19 22:35
今日の源一郎は、まずまず良いことを言っていたので、
乳首の件は不問に付してやろう。

295 :吾輩は名無しである:04/04/19 22:40
火星人読んだけど、ひどいね。
80年代で止まってる。もちろん当たり前だけど、だったら今出す必要あるか?
福田の指摘はあってるよ。ギャングだけ、このひと。

296 :弧高の鬼才 ◆W7fyJoqOQ. :04/04/19 22:42
オーバーザレインボーは良いよ。


297 :弧高の鬼才 ◆W7fyJoqOQ. :04/04/19 22:46
本編より解説のほうをじっくり読んでしまいましたね。
「火星人対ジョンレノン」
要するに、本編からはなんのカタルシスも得られないと言うことです。
じゃあ何を得たかと言うと、知的好奇心を満たすための虚飾でしょうか。

298 :吾輩は名無しである:04/04/19 22:53
今日の朝日にイラク人質事件について書いてたね。
はげしくうざいオッサンだと思った。

299 :吾輩は名無しである:04/04/19 23:21
ついに壊れたね。
月並みなことしか書けないのもハゲしく痛い。

300 :吾輩は名無しである:04/04/20 00:16
ああ、私「朝日」なのに読んでない。スポーツ欄と将棋しか読んでなかったから。
日記には、もしも、なにかあったら・・だったのに、やっぱり書いたんだ。
>>299 媒体が、朝日だからしょうがない。と読んでないのに書く。
読んでないのに、書けてしまうのもスゴイが・・・。



301 :吾輩は名無しである:04/04/20 01:19
源一郎よくやった。感動した!
ギャングだけじゃなく、日本野球もよいと思うぞ。デブの言うことなんか信じるなよ。

302 :吾輩は名無しである:04/04/20 01:22
高橋源一郎氏の著作を1冊も読んだことの無いタワケな私なのですが、
朝日新聞の《人生相談》を読んでどうにもモヤモヤが晴れません。
あの文章は自らの思想を大マジメに語っているのか、それとも
いわゆる左的な思想の方々を揶揄しているのかが判然としないんです。
最後の一文に傍点が打ってあるあたりが特に。
高橋氏は思想的にはどのような方なんでしょうか?
また、今回の文章は上記のどちらの意味で解釈すればいいのでしょうか?
長文失礼しました。ファンの方々、是非教えてくだされ。

303 :吾輩は名無しである:04/04/20 01:32
自らの思想を大マジメに語っている

304 :吾輩は名無しである:04/04/20 01:43
経歴的にはバリバリの左翼でしょこの人。活動中タイーホ〜投獄経験もあるはず。
小説の中にもその体験が私小説的に記述されていた箇所があったと思うが…。
朝日の文章は自らの思想を大真面目に、ちょっと皮肉っぽく書いたって感じだと思います。

305 :OB ◆UvGJoaFDw6 :04/04/20 01:51
こいつがダメなのって、やっぱアホだからなんだと思った。しね

306 :吾輩は名無しである:04/04/20 02:15
Sayonara, Gangstersにカスタマーレビューがつき始めてるな。
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/1932234055/qid=1082392172/sr=1-1/ref=sr_1_1/103-0161161-5783064?v=glance&s=books

307 :吾輩は名無しである:04/04/20 02:33
>>298
内容希望


308 :吾輩は名無しである:04/04/20 02:51
>307
このスレの844以降に断続的にupされてる。
 ↓
浅田彰と星野智幸にラヴコールを!
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1081584176/l50

309 :吾輩は名無しである:04/04/20 03:01
マスコミ板の朝日スレでもズタボロに叩かれてるな。
http://society.2ch.net/test/read.cgi/mass/1081426900/720-

310 :307:04/04/20 03:42
>>308
アリガトン!

メタクソにたたかれてるけど
たたき方が一定方向からっつーのはやはり
朝日の読者は朝日なわけで
そのなかでも叩きたいやつが
板にくるわけで。

みんな!深呼吸をしてから!

311 :吾輩は名無しである:04/04/20 08:16
よくいった

312 :吾輩は名無しである:04/04/20 11:22
>>295
福田だってw
あの顔でパンクとかいわれてもな。
デッドケネディーズにくっついてたことは隠しといた方がいいんじゃねーのw

313 :吾輩は名無しである:04/04/20 13:22
例の朝日の記事読んでからマスコミ板の朝日スレみたけど、酷いな。
実際の記事を読まずに批判したりとか。


314 :吾輩は名無しである:04/04/20 14:03
朝日の記事
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1082432540.png

315 :吾輩は名無しである:04/04/20 14:04
>313
叩かれるのが嫌ならファンスレらしく話題ごと無視するべきだと思うよ

316 :吾輩は名無しである:04/04/20 14:27
ファンスレらしくほめたたえます。よくやった源一郎!

317 :吾輩は名無しである:04/04/20 14:39
>私は、私の国の政府が信じられないぐらい無能で嘘つきの集団だと思っていますが、
私もそう思う。
日本政府が人質になった日本人を全力で救出しようとするのは当然のこと。
税金で飯食ってるくせに国民に対する態度が横柄すぎる。
でもこれは改まるわけがない。今までずっとそうだったんだから。絶望的。

318 :吾輩は名無しである:04/04/20 14:54
選挙に行って変えようよ

319 :吾輩は名無しである:04/04/20 15:00
30年生きてきて、一回も選挙に行った事ない。

320 :吾輩は名無しである:04/04/20 15:08
池よ!

321 :吾輩は名無しである:04/04/20 15:28
なんのためにさ。俺は傍観者なんだ。

322 :吾輩は名無しである:04/04/20 15:34
>>318
今までずっと選挙には行ってるけど。
情緒に流されやすく、反動的な世論はどうしようもないって気がする。
自民党を支持することで甘い汁すってる奴らもいっぱいいるだろうし。
みんな思考停止しちゃってるみたいだ。その代表がコイズミってのも納得できる。
源ちゃんは今まで政治に関するコメントを抑圧してたように思うけど
こうゆう形で書いてくれたことはうれしい。

323 :吾輩は名無しである:04/04/20 17:27
だれだったかな、選挙に行かない、てのも権利のうちだって言ってた。
もしくは候補全員に○をつけるとか。

324 :吾輩は名無しである:04/04/20 19:39
裁判官には全員×付けるよ。
判断のしようが無いもん。

325 :吾輩は名無しである:04/04/20 20:35
こういうこと言ってるやつに限って選挙行ってないんだよな

326 :吾輩は名無しである:04/04/20 20:39
選挙って何歳から行っていいの?

327 :302:04/04/20 22:30
>>303,304
レスさんくすです。大マジメだったんですか・・・
人並み程度にしか政治に関心がなく、思想的に右でも左でもない(と思っている)
私が読んでも論理が穴だらけだったんで、
「は!これは読者にツッコミを入れさせながら読ませて、
 最後にガツーンとひっくり返すってスタイルか!なかなか凝ったことするのう〜」
とか思いながら読んでたんで、最後の一文は「どこにでも行ってしまえ!」
って事を皮肉たっぷりに書いているものだとばかり思ってました。
読解力足りないなあ自分。「ないたあかおに」あたりからやり直してきます・・・

328 :吾輩は名無しである:04/04/20 22:35
>>327
「論理が穴だらけ」な箇所を
全部指摘してもらえるとありがたいです。

329 :吾輩は名無しである:04/04/20 22:52
>>314 ありがとうございます!朝刊穴の開くほど探したけど、載ってなかったんだよねえ。
まだ、途中までしか読んでないけど、「匿名希望さん」は、限りなく、タカハシさんに近いな、
文体が・・・。


330 :吾輩は名無しである:04/04/20 23:12
つーか、源ちゃんの自作自演だったんだんね(汗)、最後まで読みました。
これ、変換ボタンを押すと過激派のアジ演説じゃん!と思った。
「穏健な生活保守主義者」と宣言するところは、変節ぶりが伺える。
朝日の文って、右いって、左いって、どちらにも理があり、無理があり、
さあ、皆で考えましょうって印象があるけど、これは、断定口調じゃないけど、
直球ど真中の「怒り」みたいなものを感じました。



331 :吾輩は名無しである:04/04/20 23:14
私も鼻毛を抜いているクチか・・・。


332 :吾輩は名無しである:04/04/20 23:17
きもちわるいよね。顔も声も。文学オタの典型。なんでいつも髪が長いの? 不細工をまぎらすため?

333 :吾輩は名無しである:04/04/20 23:25
>>332
お前の面晒せや

334 :吾輩は名無しである:04/04/21 00:06
マジメな話、件の人生相談、たぶん、
皮肉がわかり難いかな、と思いました。
人は、自分に都合よく読み勝ちなので。
僕が読めた(同感した)主張は、
国より個人が大事ということです。
ま、僕の都合よく、読んでなのですが。

335 :吾輩は名無しである:04/04/21 00:21
結局「国家」なんてほっておけばよいということ。
今こそ19世紀型のNationStateの終焉の時と思う。選挙なんて行きたくなきゃいかなきゃよいのだ。遅かれはやかはれ国民国家は崩壊する。
そうした時に果たして何が?我々はどうすべきなのか?

336 :吾輩は名無しである:04/04/21 00:35
>>335
>我々はどうすべきなのか?
死ねば?
それまでおまえらブサヨクが生きていられればの話だが。(w

337 :その1:04/04/21 00:41
>>328
レスありがとうございます。それでは私が「穴」であると思った所を
つらつら書いていこうと思います。
しかしコラムの内容を180度真逆に取ってしまうようなポンチな私ですので、
無駄に長く、その割に解りづらいところが多々あるかとは思いますが、
その点はご容赦くださいませ。

>そして、やっと解放された。よかったよかった。そしたら、その後、
>政府のエラい人が「『寝食を忘れて』救出活動をした人」のことを
>考えろとか文句を言い出したんですよ。

この「政府のエラい人」ってのは小泉某国首相のことを指すんだと思うんですが、
彼は解放後も「イラクで活動を続けたい」と言った被害者の方の発言に対して
上記のようなコメントをしたのだと記憶してます。ミスリード、とまでは言いませんが、
この部分を書くかどうかで読む人の感じ方は大きく変わってくると思います。
(続く)

338 :その2:04/04/21 00:41
>それから「迷惑をかけた」と怒ってる人もいました。ヘンですね。
>その人はいったいどんな迷惑をかけられたんでしょう。わからない。
>少なくともわたしはぜんぜん迷惑をかけられていません。
>でも、人質の人たちのしたことが「迷惑」なら、そういう「迷惑」は
>どんどんかけてもらいたい。

迷惑をかけられて怒っている人々を「ヘンだ」「わからない」と言い、
「少なくともわたしはぜんぜん迷惑をかけられていない」と続く。
他の人々の怒る理由がわからないから、「少なくともわたしは」と前置きして
私論に突入したにもかかわらず、そういう「迷惑」はどんどんかけてもらいたいと言う。
その「迷惑」は高橋氏個人だけにかかるのではなく、他の人々にもかかるのに。
他の人々の怒る理由がわからない以上、「迷惑」をどんどんかけろ、と主張するのは
いかがなものかと・・・

>それから、「金がかかったから払ってもらえ」といってる人もいましたが、
>この人もヘンですねえ。

これも、「国は退避勧告を何度もしているにもかかわらず、
あなたたちはあえてイラクに残った(入った)のだから」という言葉が
「金払え!」という言葉の前についていると認識しています。
これを書かないと「金払え!」って血も涙もない取り立て屋の台詞みたいになっちゃいますし。
(続く)

339 :その3:04/04/21 00:42
>そしたら、彼らの力を超えたものに拉致された。あのね、そういう時のために、
>わたしたちは政府とか役人とかを雇っているわけです。

これは高橋氏と私の見解の違いなだけかもしれませんが、私はそういう時のために
政府とか役人とかを雇っているんだ、とは思えません。前の指摘点からの
続きでもあるんですが「危険であることを承知で行って危険な目にあった」人の
ためにわたしの「血税」が使われてしまうのはちょっと・・・

>そんな国の軍隊がのこのこ出かけてイラクの人たちの反感を買い、日本へのテロ攻撃の
>危険を増やしてしまったのを、民間のボランティアが(政府の勧告に反して)民衆に
>向けて活動することで、その危険を減らしてくれたのです。

これは確かに自衛隊のイラク派遣によって現地の人々の反感を買ったかもしれません。
ただ、その一方で自衛隊に感謝している現地の人々もいる可能性も否定はできません。
また、ボランティアがテロの危険を減らした、というのもあくまでも予想でしかありません。
つまり、これらは統計やらアンケートやらでぴっちり数字で表すことができないものである以上、
「自衛隊が反感を買っているのをボランティアが頑張って危険を減らした」というのは
結局仮定から仮定を導き出しているだけで、論理としてはあまり有効でないように思います。
(続く)

340 :その4:04/04/21 00:42
>ブッシュに気に入られることばかり考えているコイズミのような人間だけではなく、
>いい人間もいることを、イラクの人たちに証明してくれたからです。
>つまり、バカな政府の犯した過ちを、人質の人たちが償ってくれたのです。
>10万人軍隊を送るより、彼らの果たした役割の方が大きかった。

これこそ、普通に考えればこんな断定口調で語れる類の話では無いように思います。
何をもってして「彼らの果たした役割の方が大きかった」と言っているのでしょうか・・・

本当に長文失礼しました。
>>330氏の発言にもありますけど、物事をひとつの側面からしか見ようとしない
過激派のアジ演説のような雰囲気が文章全体に漂っているように感じてしまって・・・
あ、縦読みとかではないので変にひねって読まないでくださいw
それでは「ぐりとぐら」あたりからやり直してきます。


341 :吾輩は名無しである:04/04/21 01:40
もう、国をわけたら? 

342 :吾輩は名無しである:04/04/21 01:45

うーん、高橋源。書評とかは切れ味あって好きなんですが。
今回の記事を読んでもなにかもやもやしてしまう・・
もやもやする自分が間違ってるのだろうか・・
このひとも絶賛してるしなあ・・。↓
ttp://6519.teacup.com/kenmogi/bbs

うーむ


343 :吾輩は名無しである:04/04/21 01:59
>>341
左翼には北方領土と竹島をくれてやる。
とっとと移住しろ。

344 :吾輩は名無しである:04/04/21 02:04
>>343
じゃあ右翼には尖閣諸島をくれてやる。
とっとと移住してくださいな。

345 :吾輩は名無しである:04/04/21 02:06
なんかスガさんっぽい文章だな。。
スガさんは今回の件に関して何かコメントしてるんですか?

346 :吾輩は名無しである:04/04/21 02:11
>>344
日本国民の多数派を右翼呼ばわりか。
おまえら左翼が民主主義を標榜するのは自分に都合のいい時だけだな。

347 :吾輩は名無しである:04/04/21 02:13
>>346
日本国民の多数派ってなに?

348 :吾輩は名無しである:04/04/21 02:17
>>347
自衛隊撤退を拒否した政府の方針支持派。

撤退撤退と騒いでいたおまえらはノイジーマイノリティ。

349 :吾輩は名無しである:04/04/21 02:30
つーかほんとに政府の人間は寝ないでがんばったんじゃないの。
それに関してきちんと礼をいうのは筋だろうに。
あの三人とその家族はそれしてないじゃん。最初からそういう姿勢。
思想云々じゃなくて、ふつうに反感買うだろと思う。

350 :吾輩は名無しである:04/04/21 02:33
>>348
たしかそん時の調査ではアメリカ(ブッシュ)のイラク政策には
反対の意見が多かったように思うけど。
日本政府はどうすればいいの?

351 :吾輩は名無しである:04/04/21 02:34
めちゃめちゃ頭さげて礼を言ってんじゃん。
テレビ観てないの?

352 :吾輩は名無しである:04/04/21 02:40
>>351
直接はっきりと政府には言ってなくない?
自分達に協力してデモしてくれた人らだとか
そういう人々に向けて彼らは言ってるんだと思うが。

353 :吾輩は名無しである:04/04/21 02:47
安田さんって人は、ハッキリ礼も言えば
隠れることもなく当時の状況をきちんと説明してる。
弁護士連れてくようなこともしないし、
先に3人のことがあったからかもしれないが、家族も過剰に出てこなかった。
何よりも話がとても客観的。こういう人ならなんか納得できるのに。

354 :吾輩は名無しである:04/04/21 02:47
>>350
アメリカのイラク政策には反対、日本がイラク支援のため自衛隊を
派遣することには賛成ということで何か?
サヨはこの2つを何が何でもリンクさせたいようだが。


355 :吾輩は名無しである:04/04/21 03:33
>>353
そういうくだらない理由で叩くんだなと

356 :吾輩は名無しである:04/04/21 03:41
くだらないか?大事なことだと思うけど。
あの人たちをみて「なんかおかしい」って感じるのは
すごく自然なことだと思う。
過剰に擁護する人は何かしら狙いがあるんだろうなと思います

357 :吾輩は名無しである:04/04/21 03:42
人としての常識をわきまえているかどうかは大事だよ。
まあおまえらサヨにとってはくだらないことなんだろうけど。

358 :吾輩は名無しである:04/04/21 04:25
>>355
そんなもんだよ

359 :吾輩は名無しである:04/04/21 09:45
しきりに叩いてる人にこそ何か狙いがあるんだろうなって思っちゃうけど。

360 :吾輩は名無しである:04/04/21 10:52
3人が叩かれるのはわかるが、家族が叩かれるのがわからないなあ

361 :吾輩は名無しである:04/04/21 11:06
>>377-340
レスありがとうございます。

>>337
>この部分を書くかどうかで読む人の感じ方は大きく変わってくると思います。

マスメディアが多かれ少なかれ情報を取捨選択している以上、
その受け手である視聴者や読者が考えなければならない問題ですが、
あなたの指摘からすると、その被害者の発言の時の状況(解放の直後で
あることや日本の状況を知らされていない等)も同じく「書くかどうかで
読む人の感じ方は大きく変わってくると思います」。

>>338
前半部分は、「人質の人たちのしたことが『迷惑』なら」という部分をあなたは
意図的に読み飛ばしているみたいです。
私個人的にですが、具体的な「迷惑」の中身を聞いたことがないので
どなたかそれを教えてくださいませんか。

後半部分ですが、「国は退避勧告を何度もしているにもかかわらず」被害者たちが
「あえてイラクに残った(入った)」としても、高橋氏がいう「政府の役人や政治家たち」の
「義務」は変わらないと思われますがどうでしょう。


362 :続き:04/04/21 11:06
>>339
前半部分ですが、あなたは「政府とか役人とか」が国民よりエラいと思ってらっしゃるのですか?
被害者の方たちはたんに「危険であることを承知で行って危険な目にあった」のではなく、
記事には「いいことをしようと思って」「行った」と書かれていますが、この部分にはあえて触れないんでしょうか。

後半部分 「自衛隊が反感を買っている」のを「仮定」というのは
「論理としてはあまり有効でないように思います」。
「ボランティアが頑張って危険を減らした」可能性も否定はできません。

>>340
>何をもってして「彼らの果たした役割の方が大きかった」と言っているのでしょうか」

直前の文章を読んでください。

あなたの書き込みを読むと、与党の支持者のような雰囲気が文章全体に漂っているように
感じてしまいました。
おかしいところがあればご指摘願います。
あと最後の2行は余計ですね。

363 :361:04/04/21 11:08
>>337-340の間違いでした。

364 :吾輩は名無しである:04/04/21 14:18
俺何冊か読んだインテリゲンチャンのエッセイでは感心させられることが多かったけど
(小説は全く読まない)正直342みたくあの時評はなんか変だと思った。
イマイチ思考が練られて無いように思える。感性の赴くままに書いて推敲しなかったって感じ

365 :吾輩は名無しである:04/04/21 14:42
あれで縦読みだったらすごかったのに。
ぜひアカピーでやってほしかった。

366 :吾輩は名無しである:04/04/22 00:33
きわめてあたりまえのことをそのまま書いただけ。でもこれが少数派とは。今の日本の異常さ。

367 :吾輩は名無しである:04/04/22 00:42
ま、匿名という絶対無責任で書き込んでいるやつらが「自己責任」などとは言えないだろう。

368 :吾輩は名無しである:04/04/22 00:58
「あたりまえ」のことが、源ファンにとっては、物足りないのかなー。
「いいこと」に対して慎重な作家であるし、その作品でも、実生活でも(笑)、
それを実践している作家だと思うので。
「いいこと」とあえて言っているのは、そこに、少し、毒が混じってんじゃないか、
とか、かんぐってしまうんですね。
まっすぐに読んでいいのかって。

369 :吾輩は名無しである:04/04/22 01:21
その「当たり前」が言えない、もしくは気付いてない文学者がどれだけいるか。
紙面に発表したってことが、重要。
遅すぎって意見もあるだろうが、これは人質が無事に解放されるのを待ってから、とも受け取れる。


370 :美香 ◆LXvYr.MegY :04/04/22 01:40
うんこ

371 :吾輩は名無しである:04/04/22 01:49
小説もひどいけど、政治について語らせたら目も当てられないからな。
どうしてここまで左巻きなんだろう。
森巣博あたりの極左仲間と負け犬政談をしているのはある意味微笑ましいが、
極力、人目に触れないところでやったほうがいいと思うんだよね。
競馬のコラムでブッシュ批判はやめてくれ。馬鹿丸出しだから。

372 :吾輩は名無しである:04/04/22 03:10
>>366
ま、自分が左端に立っていたら真ん中にあるものが右に見えるってこった。
異常なのは今の日本じゃなくて、おまえや高橋の方かもしれんよ。(w

373 :吾輩は名無しである:04/04/22 03:15
>>366
なにかを無邪気に「あたりまえ」と考えてしまう人間の哀しさよ。
世の中の不条理でも考えてみたらどう?(ワラ

374 :吾輩は名無しである:04/04/22 04:05
まあ、ここでわざわざ(ワラとか書いてるやつも
自分が右か左の彼方にいるってことを考えてみたことがあるのかね


375 :吾輩は名無しである:04/04/22 05:42
源一郎は、湾岸戦争当時から、(まあ勿論それ以前からも)作家の政治的発言についてはある程度考え抜いていると思う。多少米国帰りの時差ぼけがあるにしろ、これが彼の結論であろう。そういえば、最近(今年はじめだったか)の朝日紙面のコイズミ批判と相似の文体のような。


376 :吾輩は名無しである:04/04/22 12:04
>374

ある(ワラ。

377 :吾輩は名無しである:04/04/22 12:41
左にすがりつく作家。
文学にすがりつくファン。

滅び行く美しさですね。

378 :吾輩は名無しである:04/04/22 13:57
>>374

意味がよくわかりません
とりあえず「右」も「左」もどうでもよい。そういう考え方自体古い

379 :吾輩は名無しである:04/04/22 15:22
ここ読んでたら「プライベート・ライアン」という映画を連想しました。
戦地で自分たちが救う相手がへなちょこだったのでみんな白けるの。
でもそれは同姓同名の別人で、本物のライアンはかっこよかった。
それでみんな救うことに喜びを覚えるの。
高遠が綿矢みたいだったらアンチ高橋派の意見も違っていたと思うよ。


380 :ひゃ:04/04/22 16:16
362では無いが、362のフォロー。

「自衛隊が反感を買っている」ってのは事実でしょう。
何せアメリカ軍人を運んでるんですからNE!
むしろ、ボランティアが日本国内のテロの危険性を減らしているでしょう。
なぜなら、彼らこそ、彼らの意思で活動を行っているのだから。
自衛隊は、国の命令に従っているに過ぎない。

しかしアンチすれ、ひどいことになってるなー。
何か論理も糞も無く、私生活の罵倒で同調する始末。
見てて気持ち悪い、気分悪い。

>>337サンには、真っ当に反論してもらいたいもんだ。

話は逸れて自分が考えるに、自己責任論は、

洪水の川に誤って落ちた人、を助けに入った人、が溺れた。
結果的に消防隊員に救出された。
そこで「助けに入った人」が洪水した川に入ったのは
自己責任、消防隊員の費用は自分で払え!
って言ってる様なものか。

ここで消防隊員は自分のやっていることが「迷惑」だと感じるのだろうか?
それに、川に助けに入った人は、自分がやったことが(結果的に)
消防隊員の「迷惑」になった、申し訳ないと思わないことはあるか?
そして、それに対して「自己責任だ!」と言われてどう感じるだろうか?
そして、「自己責任だ!」と同調する社会は正常だろうか?

正直、すれ違いかも知れんが、他にまともな議論が成り立ちそうに無かった
から、ここに書いてみる。

381 :戦う源一郎と服従することを拒む今井君の世代:04/04/22 17:19
http://www.egawashoko.com/menu4/contents/02_1_data_28.html
http://www.angelfire.com/journal2/esashi/ir30.htm
イラク市民の平和のために身を挺してバグダッドに向かった三人を救ったのは、
日本のあらゆる場所から反戦に立ちあがった膨大な人たちの世論だった。
17日付の仏紙ルモンドは評論欄の1ページを割き、イラクの邦人人質事件に関する
フィリップ・ポンス東京支局長の論評を掲載した。
「事件は、外国まで人助けに行こうという世代が日本に育っていることを
世界に示した」として、「無謀で無責任」と批判されている元人質を弁護している。
http://www.asyura2.com/0403/war53/msg/646.html


382 :吾輩は名無しである:04/04/22 17:30
作家が政府の肩を持って、一般人をバッシングするようなことをしたら、
それこそ終わりだよ。作家としてね。まるで慎太郎になってしまう。

383 :吾輩は名無しである:04/04/22 17:37
>>373
あの〜、現在の「当たり前」は、むしろ元人質バッシングに回るほうなんですけど。
とくに2ちゃんねる上では。
あんただって、単に周りの意見に流されてるだけじゃないの?

384 :吾輩は名無しである:04/04/22 17:41
女にもてもてで羨ましいのう。
借金も全部肩代わりしてもらっていいのう。

385 :吾輩は名無しである:04/04/22 17:42
>>382
安っぽい反政府的な発言をするのも、作家としては終わりだと思うけどね。

386 :吾輩は名無しである:04/04/22 17:46
>>383
所詮「当たり前」は人によって違うことは自明なんだから、こういうところで
不用意に「当たり前」なんて言葉を使うなって言ってるだけなんじゃないか?

387 :吾輩は名無しである:04/04/22 17:53
>>385
そうですかね?発言はすべきだと思いますよ。たとえ稚拙でも。
一般人と違って、それが出来る立場にあるわけだから。
私が言ってる終わりって言うのは、体制側になったらおしまいって意味ですよ。

388 :吾輩は名無しである:04/04/22 21:20
きもちわるいよね。顔も声も。文学オタの典型。なんでいつも髪が長いの? 不細工をまぎらすため?
中学のときいたよ、こういういじめられっこ。キレるとやばいやつ。意外と力強かったりする奴。

389 :吾輩は名無しである:04/04/22 21:53
このスレそのまま作品に使いそうだな


390 :吾輩は名無しである:04/04/22 22:11
まるで筒井康隆だ

391 :吾輩は名無しである:04/04/23 00:08
>>387
体制=悪、反体制=善、ですか……?
もうそろそろやめましょうよ、そういう団塊サヨク的思考は。

392 :吾輩は名無しである:04/04/23 00:11
まあ、上には大江というキチガイの大物がいるけどな。

393 :吾輩は名無しである:04/04/23 01:32
ネットの日記では人質事件にまったく触れないものだから源一郎に幻滅しかけていた。
が、やっぱり小説家は新聞等のメディアに発表すべきだな。
ネットの浮ついた文章とは重みが違う、重みが。

394 :吾輩は名無しである:04/04/23 12:17
経産相が年金保険料支払わず 先週2年分支払い
【10:09】 中川昭一経済産業相は23日の閣議後会見で、1983年に日本興業銀行を
退職して以降、国民年金の保険料を支払っておらず先週、2年分の保険料を支払ったこと
を明らかにした。
ttp://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=FLASH
ちなみに石破も麻生も同様らしい。
こんな奴らが自己責任とか言ってたんだからな。


395 :吾輩は名無しである:04/04/23 12:18
お金もらってるからな

>>391
反権力がカッコいいと思ってる人間は山ほどいるし(特に反(非)政府組織)
そういう人間がいなくなることもないと思う

396 :吾輩は名無しである:04/04/23 12:44
お前みたいに「カッコいい」かどうかを基準に考えるゴミもいなくなることはないな。

397 :吾輩は名無しである:04/04/23 14:15
はあ?客観的な見解を述べただけでお前呼ばわりのゴミ扱いかよ。何様のつもりだてめえは
オレがいつカッコいいよくないを基準にした
してるのは反権力を気取ってる奴らだと書いたんだ
文章もろくに読めんのか。勝手に決めきめつけるなボケナスが


ところでゲンチャンの時評改めて読むと、(どんな人間でも)保護する義務が政府にあるって
いうところは核心をついてると思った。
病院も事故った珍走団や自殺未遂の人間に対して治療を拒否する権利はないし。
「保険」ってそういうものじゃん。

398 :吾輩は名無しである:04/04/23 14:22
というかそもそも396は何をイラついてるんだ?
対人関係を全て憎悪からしかはじめられないという例の現代病にかかってるのか

399 :吾輩は名無しである:04/04/23 15:07
源一郎先生は年金払ってるの?

400 :吾輩は名無しである:04/04/23 18:35
それより愛人にどれくらいお手当を出しているかのほうが気になる。
あ、出してもらってるのかな。
ヒモ?

401 :吾輩は名無しである:04/04/23 19:03
この人は室井ゆづきに利用されたのかなあと
朝日の文章を読んでなんとなく思った。
ずっと逆だと思ってたけど。

402 :吾輩は名無しである:04/04/23 19:18
お前等偽日記見てみろ

403 :吾輩は名無しである:04/04/23 20:27
>>402
どしたの?

404 :そのまま転載:04/04/23 21:06
<注意>
今週になってからだと思いますが、高橋源一郎名義でワープロで印字された政治的な内容の手紙(宛名は手書き)があちこちに郵送されているようです。
高橋源一郎本人とはまったく関係ありませんのでご注意下さい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

405 :吾輩は名無しである:04/04/23 21:44
>>404
日記の方ばっかりみてて気づかなかった。ありがとう。

406 :吾輩は名無しである:04/04/24 12:48
馬鹿みたい
前時代的な嫌がらせをする人がいるんですねw

407 :吾輩は名無しである:04/04/24 14:48
で、>>337は逃亡か。

408 :吾輩は名無しである:04/04/25 00:07
政治的な内容、ってどんな内容なのさ。

409 :吾輩は名無しである:04/04/25 00:20
イスラエルとパレスチナの最近を見ると、不謹慎ながら、「さようなら、ギャンウたち」
みたいと思う。
英語ではじめそれを読むアメリカ人の、幾人かが、それを思うかも、と想像する。
そういえば、「野生時代」に掲載されるファンタジー小説はどんなだろ?


410 :吾輩は名無しである:04/04/25 00:23
それから、朝日の記事は、特定の人に宛てられた、励ましの手紙だとしたら、
それは、Aでもなく、Bでもないという小説的態度に私たちを誘うものでもなく、
一面的な文学的態度なんだと、納得する。
ここが戦場ですよ!


411 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/04/25 02:28
>>401>>404の関連性が気になります。


412 :吾輩は名無しである:04/04/25 02:55
>>388とか,,
自分の気に入らない奴にはこういう「批判」をするんだな。ほんと気持ち悪い。


413 :吾輩は名無しである:04/04/25 03:00
ずいぶん前の話だが、阪神大震災のときの市民の政府への怒りを
ニュースでみていて、知り合いのドイツ人が「水くらい自分で用意しとけ」
って言ってたの、思い出したよ。

自分のことは自分でしろって意味だったと思うけど、
日本人は税金を払って政府を雇っており、しかも政府は、防災費として
国家予算を組んでいる。それを今回の地震のインフラに使えというのは、
利に叶っている。

>政府は国民を保護する義務がある

という源一郎さんがいった「義務」を、どこまでと解釈するかでも、今回の
人質事件は意見が分かれると思う。

自分は、どこまでが義務か、というのがハッキリまだわからない。政府に
助けを求めたくなるような地震や災難をまだ体験していないからだろう。

ただ、これだけはいえるが、仏のル・モンド紙やパウエル国務長官の意見を
みる限りでは、3人の無償の活躍は、日本人のイメージ(特に若者)を
大いにあげたということだ。

「いい人」「気持ちのよい若者」のいる国、というのを宣伝するのは凄く
難しいことだよ。連呼してもしらじらしくみえるだけだし。それをやってくれた
のだから、対費用効果(安全+好感度)を考えたら、これ以上のスポークスマンは
いまい。








414 :つづき:04/04/25 03:01
……と、まあ、以上は理屈。人質バッシングが起こったのは、金云々ではなくて、
ご家族の映像が晒されたことにある。自分の子供が人質にされたら、なりふり
かまわず騒ぐのは、もう親ならしょうがない。その見苦しい映像を、テレビは
あそこまで垂れ流す必要があったんだろうか。
ただ、人質にしました情報そのものも、テレビで流されたわけだしね。ご家族
だって、テレビに出たからこそ、どんな情報も欲しいと自宅の連絡先を公開し
えたわけだしね(それがどれくらい解放に効果があったのかわからないが)。

21世紀の戦争は、メディアをどう上手く使うかの「情報戦」になるって、
だれが言ってたけど、それをつくづく実感した事件でした。

415 :吾輩は名無しである:04/04/25 03:13
イラクスレから
388 :吾輩は名無しである :04/04/23 23:43
>>377
高橋源一郎は良かった。
俺は泣いた。ボロボロと涙が出た。
しばらく、シャックリがとまらなかった。

これから源一郎様と呼びます。


416 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/04/25 09:40
つーか、政府ってのはパブリックな存在なんだから、
国民がそれぞれ自己責任を考えて「欲しい」なんて
言葉は機能しない。それをいちいちマスコミの取材
に「困りますね〜」とか言っちゃうのがおかしいわけだ。
でもどーせ日本ってそういう国じゃん、公的精神に
乏しい…源一郎が批判するのも分かるわ。

国民総「内/私」化したワイドショー国家。

ま、いいや。

源一郎"Sayonara, Gangsters"の装丁、なかなか
カッコいい。本体にはアルファベットが縦横に等間隔
で並んでいて、カバーをかけるとSAYONARA,
GANGSTERSという文字だけがカバーに開いた穴
から抜き出されて見える。

翻訳も良いです。

"It really sucks when it sucks."

417 :吾輩は名無しである:04/04/25 11:02
文学板住人はイラク人質事件どう思う? Part2
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1082092389

哲学板から
自己責任という似非「論理」part3
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1082733932

418 :吾輩は名無しである:04/04/25 12:57
浅田彰
イラク人質問題をめぐる緊急発言
ttp://dw.diamond.ne.jp/yukoku_hodan/20040410/index.html

星野智幸
イラク人質問題をめぐる発言
ttp://www.hoshinot.jp/diary.html

419 :418:04/04/25 14:08
訂正
浅田彰
「イラク人質問題をめぐる緊急発言」update版
http://dw.diamond.ne.jp/yukoku_hodan/20040416/index.html

420 :吾輩は名無しである:04/04/25 17:49
人質事件について高橋源一郎が言っていることには納得できるけど、
あの文体と偽の悩み相談という体裁は気に入らない。
もっと愚直に自分の意見を披瀝するための文体をもつべきだよ。

421 :吾輩は名無しである:04/04/25 20:28
自分は逆に、あの朝日の記事で悩み相談の体裁をとったのは、作家として最低限の工夫をしてる、と受け取ったんだけど。
まあ工夫としてはあんまり上手い部類じゃないけど、そこが無視されてベタな意見として読まれてるのは、かなり可哀想だなーと思った。

422 :吾輩は名無しである:04/04/25 22:47
自分はああいう皮肉っぽい体裁で、政府や批判に興じている人たちをチクリとやりながら、
その回答でストレートに自分の思いをぶつけた文章は高橋氏らしいと思ったし、すごいと思った。
あの文章はベタな人質擁護ではなかったと思う。
ベタな意見として読まれるかなあ?
いずれにせよ反芻して読む価値のある文章だと思った。

423 :吾輩は名無しである:04/04/25 22:59
万が一のことが起こったら、記事を書くという(日記より)、文章も読んでみたい、
気がした・・・。


424 :418:04/04/25 23:09
>>423
万が一のことが起こらなくて本当によかったと思うし、かりにそれが起きたとしても
高橋氏の文章の趣旨は変わらなかったのではないかと思う。


425 :吾輩は名無しである:04/04/25 23:10

レス番消し忘れました。

426 :吾輩は名無しである:04/04/25 23:36
スガタカ論争の自己責任を…なんちゃって。

427 :吾輩は名無しである:04/04/26 12:34
スガの高橋批判はかなり説得力あったよ。
高橋の小説以外の文章は、大逆事件や湾岸戦争に対するコメントに限らず、
>>420の感じたようなもどかしさが常につきまとうな。

428 :吾輩は名無しである:04/04/26 17:44
中学生にも読めるように……って配慮を自分は感じている。
実際、「文学論」よりも「文学がこんなにわかっていいかしら」、
「人質事件について思う」よりも「悩み相談」のほうが、
気が惹いて読んでみようかな、という気になるし。

しかし、そのせいで微妙にツボが外れているのも事実(悲)


429 :吾輩は名無しである:04/04/26 17:46
メディアが違うが、
小林よりのりのほうが、噛み砕く才能はあると思われる。
言いたいことと、表現されたことがぴたっと合っている感じ。

430 :吾輩は名無しである:04/04/26 18:29
政治少年から失語症を経てきた人だから、核心を回避する文章になるのも無理ないだろう

431 :吾輩は名無しである:04/04/26 18:31
>>428
配慮というか、『ギャング』から一貫してあの主の幼稚さ(つっても別に悪い意味じゃないよ)っつースタイルだと思う。
マトモに言うんじゃなくて、ちょっと幼稚に斜に構えてみる、みたいな。
あるいは「迂回」すると言ってもいいけど。そういうことどっかで言ってたよね。
蓮實と柄谷の批評についてだったっけ? その「迂回」を高橋の場合は「幼稚」にやる。
『ペンギン村』とか『惑星なんちゃら』もろそうだし。
でも実は、その裏に鋭い批評性があるんだぜ!
というスタイルは一貫しておる。

432 :吾輩は名無しである:04/04/26 19:02
ポストモダンの功罪。
一時は効果的だった文体だが、源一郎・春樹ともに、そろそろ限界に行き当たりつつある。
もっとも、春樹は物語の深みに逃げ込んだ感もある。
それでは源一郎は?

433 :吾輩は名無しである:04/04/26 23:54
あの、核心のまわりをぐるぐる回っている文体みたいなのは
「ポストモダン」というのか。

たしかに、今は春樹も源一郎さんもまだるっこしい感じはするが。
昭和軽薄体(椎名誠とかねじめ正一とか)の次に出てきたのが
「ポストモダン」なのかな。

434 :吾輩は名無しである:04/04/27 21:16
なんで、朝日の記事でこんなにレスがつくのに、彼の連載小説にはレスがつかんのだろう。
やっぱ、書きやすいものと、書きにくいものがあるんだろうか。
やっぱ、書き直してんだなあというのと、スエイ式であることが分かりました。
最初、SWAYかと思ったよ。


435 :吾輩は名無しである:04/04/27 21:18
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1083053956/
> 546 :名無しさん@4周年 :04/04/27 20:56 ID:PoEDjynY
> なんだかんだいって、
>
> 小林の「戦争論」
>
> 2ch
>
> の影響は大きいよな。
>
> おれは、戦争論でショックを受け、自分の頭で考えることができるようになった。
> 2chで幅の広い物の見方。学校では教わらないものの見方、事実を教わった。

436 :吾輩は名無しである:04/04/27 21:18
はっきり言うけどさあ、スガとのことは、相手にしないほうがいい論争があるという撤退だと思うよ。
スガは、ただただ漱石と大逆事件だとか(詳細忘れた)の関係を発見したのは自分の手柄だと言い募るだけで、漱石研究者の女性にもイチャモンつけてあきれられている始末。
辻仁成に関することも曲解を通り越して狂解して騒ぎ立てている。あれ以上相手をしても馬鹿負けするだけと思っての無視だろう。
もう一度かれらの論争よく読んでみて。

437 :吾輩は名無しである:04/04/27 21:19
スエイ式ってなに?

438 :吾輩は名無しである:04/04/27 21:21
源一郎の小説は単行本にまとまってから一気に読まないと理解できない。
『同時多発エロ』なんて、ふと「群像」を立ち読みしただけでは、
こいつアホじゃなかろうか、と思ってしまうような内容だし。

439 :436:04/04/27 22:03
そのスガにのった渡辺直己とやらもあんな馬鹿とは思わなかった。

440 :吾輩は名無しである:04/04/27 22:12
そうは言っても、実際にはあの論争で傷を負ったのは高源ということになってるんだから。

441 :436:04/04/27 22:20
>>440
ほんとに?誰が言っているの?源一郎自身がそんなこと一度でも言った?

442 :吾輩は名無しである:04/04/27 22:31
だって、高源を擁護する奴なんていなかったもの。
「批評空間」界隈の連中も、全面的にではないにしろスガ側につく者ばかりだし。
せめて加藤典洋の『テクストから遠く離れて』がもう少し早く出ていれば、
多少は情勢も変わったかもしれないけど。

443 :436:04/04/27 22:42
だって、君たちや僕と違って、名前と顔をさらしてものを言っているのだ。あんなことで傷ついたなどと言ってたら、飯が食えないよ。今回のことも同じ。藤原新也の日記参照。
http://www.fujiwarashinya.com/talk/2004_0427.html

444 :吾輩は名無しである:04/04/27 22:55
「傷を負った」というのは比喩表現で、要はスガの方に分があった、ということです。
敗因は、やっぱり「大逆事件」を安易に内面化してしまったことだね。
それは漱石をおとしめることにも繋がってしまうし。

445 :436:04/04/27 23:27
あれで漱石を貶めたとは思わないが、漱石を貶めることが絶対悪と思っているのがあほ。それでは結局旧態然をくりかえすだけだよ。

446 :吾輩は名無しである:04/04/28 01:45
>445
お前、柄谷以後の漱石批評を学びなおせよ。
何か勘違いしているぞ。

447 :吾輩は名無しである:04/04/28 09:25
>>445
横レスごめん。
憶測だけど、444が言ってるのは、漱石を誤読によって「貶める」ってことじゃないのかな。
きちんと読んだ上で漱石の歴史的価値が落ちるのまで駄目なんて言ってないと思う。
「あほ」とか、あんまり喧嘩腰になんないで論してくれると嬉しいっす。

個人的には高橋はすがに論破されきった印象持ったけど、いまだ高橋ファン。

448 :吾輩は名無しである:04/04/28 14:00
そうだよ。
スガ・高橋論争の際の源ちゃんの身振りには疑問を感じるけど、
文学者として重要なのはあきらかに高橋源一郎なんだよ。
左翼としての根拠を見失ったニューレフトほど醜いものはないんだぜ。

449 :吾輩は名無しである:04/04/28 21:40
昔は源とスガ・渡部って仲良かったのにね
人間ってさみしいねえ

450 :吾輩は名無しである:04/04/29 00:17
「さようなら」にイタリア、オランダから翻訳オファーあり。俺、マジで源一郎ノーベル賞とると思うよ。

451 :436:04/04/29 00:26
柄谷が絶対だと思っているのかよ。つくづくあほな奴め。源一郎が、何?「柄谷以後の」?、「漱石批評」?「学びなおす」? んなこと知らないで書いていると思うのか。かびの生えた茶碗でも洗ってろ。

452 :436:04/04/29 00:38
>>447 源一郎が漱石をいつ誤読した?誤読ってなに。文学ってひとつの読み方しかなくて他は誤読なのかい?
日本文学盛衰史はまさにそんな硬直しきった文学観、だからこそ衰と言わざるを得ない日本文学と漱石(これは献辞にあるね)にささげられた現在ただいまの小説なのだ。
君こそ盛衰史を誤読しないでね。


453 :吾輩は名無しである:04/04/29 00:39
>>346
>ただただ漱石と大逆事件だとか(詳細忘れた)の関係を発見したのは自分の手柄だと言い募るだけで
どう読んだらそうなるんだ? 
スガの説をそのまま高橋が自分の説のようにして、スガにレスしたとスガは言ってるんだろ?

>>448もなんか話しをごまかしてる感じがする。というか別の話でしょう。
高橋の方がスガより重要なのは当たり前だけど。スガはもともと根拠無くて騒ぎ立てたいだけでしょ?
>>449
たぶん渡部とはまだ仲良いよ。「仲が良い」というのがよくわからんけど。


454 :447:04/04/29 02:18
誤読は言い過ぎたかな。
ようは「大逆事件を安易に内面化」すること(こっちが硬直しきった文学感なんじゃないのかな)
による貶めをすがに責められ、高橋は全く反論出来なかった、ってとこがポイントで、
高橋はきちんともう1レスすべきだったんじゃないかな。
あの逃げ方がちょっと負け犬めいてたのは確かだと思う。

455 :436:04/04/29 06:15
>>447 ま、たしかに。

456 :436:04/04/29 06:23
しかし、「漱石」や「大逆事件」は「安易」に「内面化」しちゃいけないものかね。それをしたら小説としての価値がないものかね。
むしろ、そうすることによって小説を成り立たせている源一郎にはあれ以上なにも言うことがなかったということじゃない?

457 :吾輩は名無しである:04/04/29 11:48
某氏が奥さんに
「今日は高橋君のところに泊まるから」といって別のところに行った。
それをしらない私は「もしもし、某君いますか」と奥さんのところに電話してしまった。
それ以来、某氏は、私の作品をけなすのだ。逆恨みはやめて欲しい。

というような内容の文章をを以前に読んだ記憶があるけど、これって糸圭氏?

458 :吾輩は名無しである:04/04/29 13:41
ほんとうは源ちゃんも正面から傀儡政府に切り込むドスのような文体を持ってるんだよね
ただ、あまりに切れ味が鋭すぎることを経験的に知っているからそれを封印しているのさ

459 :吾輩は名無しである:04/04/29 18:30
文体をこれまでとめちゃめちゃ変えちゃうっつー選択肢はないもんかね?
どうも今のままだと限界がある気がする…

460 :447:04/04/30 01:32
>>456
文壇盛衰史は「漱石の安易な内面化」にはなってないし、高橋の力作だと思う。
それは確か。
すがに噛み付かれたのは、別の読み方をしたすがの著作への書評(なんか適当に
やっつけ仕事気味に書いちゃったっぽいし)がまずかったんだろーな。

それにしても、>>458とか>>459読むと、本気出した高橋も読みたい。
こないだの朝日の文なんかも、もっと厳密で気合入った文書く力くらい
余裕でありそうだし。

461 :吾輩は名無しである:04/04/30 02:08
この人、子供っぽいほど潔癖な部分を持っていて、
だから政治を語らせると陳腐になる。

462 :吾輩は名無しである:04/04/30 23:07
ブコウスキーの「ホット・ウォター・・」を読んだよ。
なるほど彼自身がいうように新しい文体を彼は獲得したように思ったよ。
短編は、酔っ払いが、妻(恋人)がいるにもかかわらず、他の女とファックしたり、
暴力ふるったり、詩を読んだり、ワンパターンだけど、あの文体が、飽きを感じさせなかった。

源ちゃんの最近の文体のひとつは、ブコウスキー調だけど、誰かがどこかでカキコしてたよおに、
彼みたく、はじけてないし、そこが灘高卒のおぼっちゃんの限界と思ったけど、
ブコウスキーの文体に、少しインテリジェンスのはいった源ちゃんの文体のひとつがあると、
思えば、思えなくもないと、思ったよ。


463 :吾輩は名無しである:04/04/30 23:11
461>>春樹の「約束された場所・・」のオウム真理教に関する論文も、幼さがあって、それが限界を感じさせるかも、
だけど、あの世代の人は、妙に、幼さにこだわっているように感じる。
中沢新一にしたって、一人称は「僕」なんて使ってるし。


464 :459:04/04/30 23:19
>>462
そういや現代詩の影響は免れられないから描写はしない云々…とか渡部との対談で逝ってたし
そんなに文体は大きく動かんだろうね…
明治文学やその文体についても深く扱ってるのに現代詩の影響の強い文体、というのもヘンな感じだが。



465 :吾輩は名無しである:04/04/30 23:41
>>461
とりあえず「文学の向こう側T・U」を読んだ上でそういうのなら
ああそうですかとしか言いようがない。
「潔癖」で「陳腐」ねえ。

466 :吾輩は名無しである:04/05/01 00:50
腑に落ちない点があるのは、本当は国家が国民を守るために
存在してるわけではないって思ってるからでしょう。
浅田彰もそうだけど、この人も一時NAMに入ってたと思ったし。
>>302みたいな感想が出るのも、無理ないんじゃないの。

467 :吾輩は名無しである:04/05/01 00:54
浅田も高橋もNAMなんて入ってないでしょ?
特に浅田は絶対入ってないよ。

468 :吾輩は名無しである:04/05/01 01:23
>>467
浅田は入ってた。入って無くても、マルクス主義者でドゥルージアンなら
そう考えて当然だけど。

源ちゃんも確か、NAMのホームページの
名誉会員みたいなところに村上龍とか坂本龍一とともに
名前があった。

469 :吾輩は名無しである:04/05/01 06:54
サンスポの競馬コラム、内容が間違ってるぞ。
カブラヤオーの前年のダービーが何でハイセイコーの負けたダービーなんだ?
74年のコーネルランサーが抜けてるぞ。

470 :吾輩は名無しである:04/05/01 10:38
浅田は、柄谷にお付き合いしてたよ。
高橋は入ってなかったと思うけど、村上龍は入っていたと思うけど。

471 :吾輩は名無しである:04/05/01 15:12
Amazonでゴーストの文庫が「在庫切れ」から「2日間以内に発送」になってる。
なんだ?バグか?それとも再販されたのか?

472 :吾輩は名無しである:04/05/01 18:47
全然みかけないな、源ちゃん元気?

473 :吾輩は名無しである:04/05/01 23:39
日記の更新遅れてない?GW休み?
人質記事の影響?



474 :吾輩は名無しである:04/05/02 20:25
人質記事の影響?
人質記事の影響?
人質記事の影響?
人質記事の影響?
人質記事の影響?
人質記事の影響?

475 :吾輩は名無しである:04/05/02 21:40
どこかの国の人質問題w
ttp://alicia.zive.net/weblog/t-ohya/000056.html



476 :吾輩は名無しである:04/05/02 21:46
あんまし町田康のことなんか誉めないで欲しいね
高橋の現代口語賞賛病もだんだんひどくなってくるなぁ

477 :吾輩は名無しである:04/05/03 01:53
475の読んだけど、ひどい文章だね。
理屈穴だらけでめちゃくちゃだし、(突っ込む気にもならない)
パロディとしての制約とか、私個人の主張に一致してるわけじゃないとか、
だったら、うんなことかかなきゃいけないのに。
チキン体質だな。


478 :436:04/05/03 10:00
>>477
ま、こんな程度のコメントは粗雑な頭の誰でも書けるわな。

479 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/05/03 14:09
>>476
文体に対する賞賛というより、「ロックが流行する江戸時代」という
世界観設定の面白さが気に入ってるみたいです。
そこら辺、TG自身が連載中の『殿様』への影響もあるかもしれません。

それに文体面においても、町田作品は自ら書いた地の文に対するつっこみがあったりしていて
かなりポストモダンを感じさせる部分がありますから、そこも気に入っているのではないでしょうか?
ただ、関西人的センスを用いた文体実験、という点では筒井康隆に酷似しているようにも思えますが。

480 :吾輩は名無しである:04/05/03 15:05
>>475
高橋みたいに政治に通暁してないキモオタの文学者へのルサンチマンがすごいね。

481 :436:04/05/03 20:39
>>480
なんじゃらほい。

482 :436:04/05/03 20:41
>>480
なんじゃらほい。自分の言っている意味わかっているのか。

483 :吾輩は名無しである:04/05/03 20:43
タイムラグ二分の連続カキコ…

484 :吾輩は名無しである:04/05/03 21:05
しかも、「なんじゃらほい」だって・・・

485 :吾輩は名無しである:04/05/04 17:39
なんじゃら村のホイ

486 :吾輩は名無しである:04/05/04 21:54
文学より、政治(や法律)がエライと思っている人、
「敗戦後論」読んでみそ。

487 :吾輩は名無しである:04/05/05 09:55
「パンク侍、斬られて候」町田康著の書評
ttp://book.asahi.com/review/index.php?info=d&no=5716

488 :吾輩は名無しである:04/05/06 13:41
なんか書評もだめだなこの人。
もう文芸誌の対談くらいしか能力ないのじゃないか。

489 :吾輩は名無しである:04/05/07 11:01
ジョンレノン対火星人
高橋源一郎初めて読んだ。
体験から来るインスピレーションの洪水。
とてもよかったです!


490 ::04/05/07 12:32
TGが朝日に人質記事書いてから、その晩の筑紫哲也も多事争論で、
ほとんどまんまパクッてたし、朝日の社説も、人質擁護の論理が明確に
なってた。世論をグィィィッと曲げたTG。すげえ膂力。

491 :吾輩は名無しである:04/05/07 16:46
加藤と仲良くしないでホスィ


492 :吾輩は名無しである:04/05/07 23:50
>490
アホ

493 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:28
「すばる」を読んだ。日記にある意味一番書きたかったこと、とあるから、
ガドルフが、いよいよ・・、と思ったら、どんぐりと山猫の話だった。
にしても、少数決とは、山猫さんの「裁判」は、すごい!
と思った。
「群像」は、まだ読んでない。


494 :吾輩は名無しである:04/05/12 10:57
ねえ、この前の人質記事と今朝の朝日のコラムって書き方が酷似してるんだけど、
天声人語ってゲンちゃんが書いてるの?
相変わらずアタマ悪そうだったよ。

495 :吾輩は名無しである:04/05/12 14:40
日本文学盛衰史が来月文庫化。
http://www.honya-town.co.jp/P3/CM/html/bookclip/new/bunko/02_b.html

496 :吾輩は名無しである:04/05/12 15:41
>相変わらずアタマ悪そうだったよ。

お前ほどではないと思うよ。

497 :吾輩は名無しである:04/05/12 21:23
この人の本のなかで、何がいいの?

498 :吾輩は名無しである:04/05/13 16:51
『さようなら、ギャングたち』とか『ジョンレノン対火星人』は良いと思うけど、
なんか読んでて気恥ずかしいような印象も受けちゃうな。時代を感じさせるというのかな。

499 :吾輩は名無しである:04/05/13 18:00
今から読む人にとっては、初期の作品はもう賞味期限切れかもしれないね
新鮮さは無くても美味しくいただけるとは思いますが
源ちゃんまず何読めばいいの?って聞かれるととりあえずギャングを推してます

500 :吾輩は名無しである :04/05/13 21:14
>>499
去年初めて初期三部作読んだけど、俺もギャングがいいと思う。

501 :吾輩は名無しである:04/05/13 22:08
4月29日の日記で「非寛容」という言葉を使ってましたが、高橋さんが、
『追憶の1989年』で「不当な行いを追求されて逆に居直り法律的手段
に訴えると脅かした」JICC出版局に対して書いた文章を思い出しました。

502 :吾輩は名無しである:04/05/13 22:12
火星人、売ってないよね。
図書館にもないし。
すごく読みたい。

503 :吾輩は名無しである:04/05/13 22:18
>>502
講談社文芸文庫でこないだ出たばかりだよ。

504 :吾輩は名無しである:04/05/13 22:51
俺もギャングが一番好きかな。
主人公の詩の学校にギャングが押し入る瞬間がいいんだよね。
繋がった!って感じで。
あとは、登場人物の名前が古びてないというか。

505 :吾輩は名無しである:04/05/14 14:03
公式HPのプロフィールと連載小説って、
ちゃんと表示される?

506 :吾輩は名無しである:04/05/14 18:29
TGがB型、66キロってのは驚いたなあ。。。
>>505
されないね。

507 :吾輩は名無しである:04/05/18 12:33
浅田彰が朝日に書いたヤツを褒めてた

508 :吾輩は名無しである:04/05/18 22:03
>>507
どこで褒めて他の?

509 :吾輩は名無しである:04/05/18 22:04
age

510 :吾輩は名無しである:04/05/18 22:13
>>508
浅田彰と星野智幸にラヴコールを!Part3
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1084792193/l50

26 名前:吾輩は名無しである 本日のレス 投稿日:04/05/18 22:07
浅田 「朝日」は「讀賣」や「産経」に対してどういうスタンスを取るべきだか考えればいい。
理念の問題以前に商品差別化の問題だよ。なのに妙に自社の記事内で左右のバランス
をとろうとしている。ムダだよ、いまさらどんなに頑張ったってすでに「非国民」と思われて
るんだから(笑)。 
田中 そう、あえて非国民新聞でいい、というかそれでいくべきでしょ。反政府的であるこ
とが非国民だというならね。真の民主主義国というのは、そういう部分が多いほど誇りう
るわけだから。
浅田 そんななかでは高橋源一郎が四月一九日の朝日夕刊に書いた「どこかの国の人
質問題」という文章はよかった。「バカな政府の犯した過ちを、人質の人たちが償ってくれ
た」んだから「政府や一部マスコミは、まず彼らに感謝状を送るべき」なのに、それが非
難の嵐とは「こんな恩知らずの国のことなんかもうほうっておきなさい」と(笑)。正しいよ。
社説や論説でそれを言えないのが悲惨だけど。
田中 確かに、久かたぶりに源一郎で感動を覚えた(笑)。コピーして部長会議の際に読
ませたよ。結局、阪神大震災や地下鉄サリン事件同様に、国家なんてものは信じられな
い、イザってときには自分や家族や友人しかいない、ってことだね。


27 名前:26 本日のレス 投稿日:04/05/18 22:08
週刊ダイヤモンド5月22日号
田中康夫と浅田彰の続憂国呆談(23)より

511 :Rem:04/05/21 22:42
おっ、久しぶり!家のPCじゃ、カキコ出来なくなっていた、なぜかサーバーのwebにとんじゃうんだよねぇ。
新潮の対談読んだよ。
途中で携帯鳴って職場にもどらなきゃ、だったけど。
源ちゃんは、古井、島田を相手に、書くというモチベーションの低下について話題にしたがっていたみたいだよ。
それから、ビレバンで広告批評の阿部との対談を読んだ。
来年から、「シンセミア」に触発された小説を新潮に連載するんだってね!



512 :Rem:04/05/21 22:50
群像を読んだ。「同時多発エロ」じゃなくて「同時多発タカハシ」さんだった。
ヒッキ−タカハシ、ネコタカハシ、オヤジタカハシ、オヤジがテロリストだった頃のタカハシ。
今回は、主人公のテンションが低すぎるのでテコ入れするためにテロリストタカハシが主人公・・。
なのに、こいつは内省する、どんどん、どんどん。
もし、これが一筋縄でいかない源ちゃんで、私が源ちゃんの友達だったら、深夜でも電話をかけて、飲んで、
由比が浜に散歩につれていってやりたい、
そんな今にも自殺しそうな絶望感ただよう今月の一品でした。


513 :吾輩は名無しである:04/05/21 23:58
新潮の対談で、綿矢より金原を褒めてる感じが意外だった


514 :吾輩は名無しである:04/05/22 00:41
『ジョン・レノンVS火星人』>>昔の写真わらたぞ!
『さよなら〜』>>ベリベリナイスベリナイス≠ニかって、
もろヴォネガットのパクリジャン化よ!

515 :吾輩は名無しである:04/05/23 18:40
高橋源一郎は何から読み始めたらいいの?

516 :吾輩は名無しである:04/05/23 19:19
『さようなら、ギャングたち』

517 :吾輩は名無しである:04/05/23 19:31
>>514
>>『ジョン・レノンVS火星人』>>昔の写真わらたぞ!
昔の写真って今とそんなに違ったっけ?


518 :吾輩は名無しである:04/05/23 20:13
詩手帖特集の人民服みたいなの着てる写真も笑ったよ

519 :吾輩は名無しである:04/05/24 07:26
>>518
あの顔おたくそのものだったな・・・

520 :吾輩は名無しである:04/05/26 16:15
そのあとの英隆の投稿で
ブンガクを語るときのゲンイチロウの目の奥が狂気で光っていた
みたいな文章を読んで、スゴイ納得した。


521 :よしおか:04/05/30 20:31
源一郎はダービー当てたのかな
ぼくは当てたよ!

522 :Rem:04/06/03 00:40
さようなら、2チャンネラー(の私)たち。
トリッパー、私たちと等身大のキムラサクヤ(スズキイチロー)とマツシマは、幸せな出会いをするのだろうか?
たぶん、しない。それを編集の人が書き直せと、日記から邪推するのは楽しいなあ。
「ブコウスキー・ノート」を読んだ。私とブコウスキーは、最高だといったら、それに同意してくれたブコウスキー似の英会話の先生は、
でも希望がないと言ってた(それが、へミングウエイだったか、ミラーだったと違う(酔っ払いだが))。「パルプ」とか「町でみかけた・・」とか「ホット・・」しか知らない私は、嘘ーと言ったが、なるほど、「・・ノート」は、
希望がないや・・(部分もある)。
引越し先が見つかったので、引っ越します。


523 :吾輩は名無しである:04/06/06 22:13
源一郎と闇カジノで逢ったって友人がいってた。
ギャンブラーなんだね。
けっこう有名みたいっす、カジノ界隈で。

524 :吾輩は名無しである:04/06/06 23:04
じゃあ森巣博ともつながりある?

525 :吾輩は名無しである:04/06/06 23:40
エッセイかなんかで森巣の事書いて滝がする

526 :吾輩は名無しである:04/06/06 23:53
違うな、森巣の本の帯書いたんだっけ?
忘れちまった。

527 :吾輩は名無しである:04/06/06 23:53
>>523=知ったかぶり

528 :吾輩は名無しである:04/06/07 13:51
「メフィスト」に掲載された「名探偵小林秀雄」ってどんな作品だったのですか。
「メフィスト」といえばほのかに耽美系なミステリ小説誌で、全国の乙一やらが好きな腐女子だちの愛読誌でしょう。これには多少偏見があるかもしれませんが、それほど間違った認識ではないと思います。
その読者たちにとっては「ハァ?小林秀雄って誰だよ?」という反応だったと思うのですが、いったいどんな作品だったのでしょうか。また、いつか単行本として刊行されることはあるのでしょうか。

529 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/06/09 19:23
>>528
『名探偵小林秀雄』は図書館で読みました。
史実と虚構が入り混じったメタ文壇史的なテイストから、
『日本文学盛衰史』の番外編というような位置づけの作品と思われます。

小林秀雄が学生時代の大岡昇平の家庭教師をしていた頃の話で、
『ホームズ』のワトソンさながらの語り口で大岡が小林の名探偵ぶりを
伝えるという作品です。作中、「実は最近、ミステリ小説も読んでいるのだ」
という意外な告白をしてみせた小林は「どんな小説も全てミステリなのではないか」
という奇妙な持論のもと、「『ハムレット』の犯人は誰だと思う?」と大岡に問うのです。
「『ハムレット』が推理小説なはずはない」との大岡の反論を小林は見事に覆し、
最後には大岡もすっかり考えを改めてしまうのです。

発表されたのはちょうど舞城王太郎が『群像』に寄稿し始めた頃で、
TGが舞城を評価したにも関わらず『メフィスト』読者からは
「高橋って誰よ?」という不当な反響を得てしまったことから、
TGの知名度をアピールしようという意義もあったのかもしれません。
結局、舞城はTGから始まった三島賞の後継者の地位に納まり、
TGは『メフィスト』で連載を持つこととなって両者の関係はかなり深まったわけです。

慥かに『メフィスト』にはキャラ萌えのライトノベル的傾向の読者も多いでしょうけれど、
それと同時に博覧強記の権化ともいえる京極夏彦等の本格派も寄稿していますから、
必ずしも子供向けの雑誌というわけではないでしょう。小林秀雄は教科書にも載っているし、
高校生以上の国語の好きな読者なら何となくは知っているだろうと思われます。

530 :吾輩は名無しである:04/06/14 20:07
今日ブクオフで100円コーナーを何気なく見てたら
新潮文庫「ジョンレノン対火星人」が・・・
あなどれねぇ・・・>ブクオフ愛知県O市支店

531 :吾輩は名無しである:04/06/14 20:24
>>530
つーか結構あるよ。ジョンレノンてブクオフ100円に

532 :吾輩は名無しである:04/06/14 22:50
100円が妥当な値段でしょ。

533 :吾輩は名無しである:04/06/15 10:19
メフィストは、全国の乙一やらが好きな腐女子だちを切り離すためかどうか
知らないが、それ系の作家集めて姉妹紙「ファウスト」を出し始めたよね。

534 :吾輩は名無しである:04/06/15 11:53
去年まで大学生だったが
俺の周りでメフィストだのファウストだの読んでる奴いなかったけど…
ミステリ好きやオタクはいたけど…

535 :吾輩は名無しである:04/06/15 12:43
去年まで25だったけど、
生きてきた中で文芸雑誌読んでる人
は周りにはいなかった。

536 :吾輩は名無しである:04/06/15 13:56
ジョンレノン、結構読み返したんでボロボロになってんだよな。
ブックオフで探してみるかな。

537 :吾輩は名無しである:04/06/15 19:11
講談社文庫になってた日本文学盛衰史、今日買った。

538 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/06/16 03:31
>>533
『ファウスト』は『メフィスト』の編集者・太田忠史氏が一人で作った雑誌だそうです。
太田氏は『メフィスト』編集者として京極夏彦や舞城王太郎、佐藤友哉、西尾維新など
数々のベストセラー作家を見出した手腕が見込まれて、自由な立場を許されているそうです。

それにしても文芸誌の編集者である太田氏の人気ぶりは流石なもので、
2ちゃんのミステリ板には彼の個人スレまであるのですから恐れ入谷の鬼子母神です。

しかも太田氏は小説家としても活躍しており、
その筆名は「舞城王太郎」(オオタという文字が入っている)



――という説もありますが、どうやらそれはネタのようです。

539 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/06/16 03:46
>>538の誤字のお詫びです。

誤)太田忠史
正)太田克史

ところでこの太田氏、『ファウスト』の編集方針や
舞城王太郎の三島賞受賞までの過程等から鑑みるに
もしや文学板に降臨していた「遠吠えパトス」氏では?
と思える節があるのですが、如何なものでしょうか。

ちなみにこの『ファウスト』は
広告費を含まない売上高のみでの黒字という
文芸誌としては異例の偉業を成し遂げたんだそうです。

あと、『メフィスト』とTGといえば京極夏彦が引き合わせているようにも思えます。
TGは『絡新婦の理』が出た1996年に京極夏彦にハマリ、以降、愛読しているのです。
最初にTGのエッセイに京極夏彦の名前が出てくるのは
『退屈な読書』で、そこに読み始めた経緯が書かれてからというもの、
最近出た『人に言えない習慣、罪深い愉しみ』でも触れられています。

そう考えてみると舞城王太郎のデビューより前から
TGは『メフィスト』に興味があったということになります。

540 :吾輩は名無しである:04/06/16 12:07
駆動もBARに恋よ

541 :吾輩は名無しである:04/06/16 12:08
うざいからいい

542 :吾輩は名無しである:04/06/16 12:08
補足:駆動はうざいって意味w

543 :吾輩は名無しである:04/06/16 23:46
>>540
BARってなに?

544 :吾輩は名無しである:04/06/17 22:24
ファウストは文芸誌じゃなくてライトノベル誌、
売れてる理由は「魔法少女りすか」西尾維新。
佐藤にも注目が集まって良いと思うんだが。ってスレ違いだな。

545 :吾輩は名無しである:04/06/21 10:05
ファウストは文芸誌だよ
群像に定期的に小説載せてる舞城がファウストの看板だろうが

546 :吾輩は名無しである :04/06/21 18:18
おうたろう、だよ。

547 :吾輩は名無しである:04/06/24 07:50
最近どうかしたのかな

548 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/07/02 06:23
>>545
12日発売の3号掲載の舞城作品は傑作だそうです。
>>546
そうですかね?
リアオウ、よりリアオオのほうが一般的だと思うんですけれども。

ところで『メイキング・オブ・同時多発エロ』がもうすぐ最終回だそうです。
僕は最初の2話くらいしか読んでいないもので、単行本が出たらまとめて読もうかと思っています。

549 :吾輩は名無しである:04/07/04 13:10
源ちゃんヤフオクやってんですか。idなんだろ。

550 :吾輩は名無しである:04/07/04 14:19
『日本文学盛衰史』読み終わった。
柄谷の「日本近代文学の起源」を小説化したようなくだりが印象に残っている。
風景を眺め描いてゆくうちに内面を発見してしまう瞬間はとてもドラマティックだ。
田山花袋のAV撮影とか、石川啄木の援助交際は、ネタとして少々古い気もするが、
全体的にはごちゃごちゃしていてとてもユニークな小説だと思う。

551 :吾輩は名無しである:04/07/04 20:07
高校生でカールシュミットですか・・・。

552 :吾輩は名無しである:04/07/04 21:45
そういう時代だったんだろ


553 :吾輩は名無しである:04/07/06 22:44
tasikani

554 :吾輩は名無しである:04/07/07 06:12
サイトの日記と追憶の1989年を比べると、勤勉になったもんだなぁと思った。
奥さんの話あんまり出てこないのは、年のせいだろうか。

555 :吾輩は名無しである:04/07/07 11:17
でしょう。

556 :吾輩は名無しである:04/07/07 21:28
まあ、あんなにインパクトのある奥さんじゃないのかもしれませんが。

そういや、「ワイフ」って言わなくなりましたね。
これも年のせいかも……。

557 :吾輩は名無しである:04/07/08 02:10
>>545
ファウストはライトノベル誌だよ。
そこにラノベ上がりの舞城が出てるだけ。

ラノベファンは急に自分らまで文学読んでると
おもってしまうのかな。


558 :吾輩は名無しである :04/07/08 21:39
「ファウストは文芸誌」衝撃発言ですね。

559 :吾輩は名無しである:04/07/08 22:19
でも「文芸誌」の定義っつうのもなんなんなん。

ここで言及してるのは、
「ファウスト」は「文學界」「群像」「新潮」「すばる」
あたりの純文学系の一般雑誌ではないということ。

各世代の流行語で表現すると
1,秀樹、カンゲキ!
2,DAYONE
3,だっちゅーの
4,間違いない

560 :吾輩は名無しである:04/07/10 17:04
僕のいまの文学的関心は、芥川賞などよりも『ファウスト』の動向に向いています。
西尾維新や佐藤友哉は今回の受賞作家と同年代です。
マスコミは、かつて平野啓一郎を天才と呼んだように、
今度は彼らをもちあげているわけですが、
僕は、西尾や佐藤、それに年がちょっと離れますが
舞城王太郎を加えた『ファウスト』のコアメンバーのほうが、
未来の文学を担う作家として有望だと思います。
純文学とエンターテインメントの違いなど関係ありません。
そして実際、ここ1、2年、佐藤や舞城は文芸誌にも掲載されるようになりました。
ようやく才能ある作家が正当に評価される時代が来たのかと思ったものです。

561 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 12:44
>>560
どっかのコピペ?
イタイ文章だなあ。

562 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 13:33
>>561
案外、560の意見だったりして

563 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 15:25
>>560
キミがそう思うのはわかったが、
文学とはなんぞやと、考え、多くの作品に触れた方が
よいと思う。小説だけでなく批評やエッセイなども。
そうすると、「ボクはそう思う」というコメント自体
簡単にだせなくなるから。
※ちなみにこーゆーの「印象批評」といいます。
 コレが許されるのは小林秀雄だけといわれています。

いろんな分野から文学の世界へ新人として
入ってくることは非常に良いことだと思うし、
それは、才能のある作家が自分の進む道を決めて
いるだけのこと。
批評され対談し、俗に言う文壇への参加が大きな
大きな財産になるでしょう。

なんだか、ラノベやミステリやキミが文学を担ったような
気分になっているのなら、それはまだ零に等しい。



564 :560:04/07/11 15:55
釣れた釣れたw

ちなみに>>560は東浩紀ウェブサイトからの転載でしたww
ttp://www.hirokiazuma.com/archives/000098.html

565 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 16:13
>>564
転載だから何だというのだ? このチンカス野郎!

566 :560:04/07/11 16:23
>>565
だって初めから東浩紀の書いた文章だと知ってたら、
>>563のようなレスが返ってくることはなかったでしょw

567 :565≠563:04/07/11 16:32
>>566
東浩紀にむけての文章だとしても
あながち的外れではないんじゃないの?


568 :560:04/07/11 16:40
>>567
そう思うなら東浩紀のブログにトラックバックしてみな

569 :565≠563:04/07/11 16:46
>>568
なんでそんなことしなきゃなんないんだよ
やりたきゃおまえがやれよw

570 :560:04/07/11 16:59
>>569
俺は東浩紀の意見に賛成の立場だからそんなことをする気はない。
ちなみに>>545も俺の書き込み。

571 :565≠563:04/07/11 17:05
>>570
だったら、>>563 の文はお前自身にも向けられていることになる。
釣りとか言って騒いでないで反論しろや 


572 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 17:13
東もう完全に死んでるな
生き返ることはあるんだろーか

573 :545=560:04/07/11 17:27
>>563は「ブンガク」はいっぱい読んだことがあるんだろうけど、
ファウストや舞城や西尾や佐藤友哉は読んだこともないのに
印象で語っている気がする(違ったらスマソ)。

>>572は何の根拠も示さずに東の考えを頭ごなしに否定している。
ただこういう客観性を欠いた「印象批評」こそ匿名の2chの醍醐味でもある。

574 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 17:38
お前の書き込みこそただの印象だ
舞城と佐藤が未来の文学である根拠を書けよ、無理だろうけどさ
他人の発言コピーして威張ってるようなクソには

575 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 17:51
ようするに、春厨と釣られおちんぽ

576 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 17:52
じゃない、もう夏厨だ。
夏厨と釣られまんこ

577 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 17:57
いいよ、訂正しなくて

578 :557=563:04/07/11 20:55
>>573
私のラノベ・ミステリ歴を下記します。
舞城は文芸誌連載も含めて全て読んでる。
佐藤友哉はクリスマステロルだけ。
西尾維新はヒトクイマジカルまで読んで今その途中。
あとファウスト。
単純に舞城がおもしろかったので読み始め、
今ではちょっとしたラノベファンといったとこか。

コレほんとはスレ違いなんだけど、
「ライトノベルは文学だ!」スレをのぞいて
コメントしてみても、みんなただのラノベ好きで、
答えが返ってこない;;;

ラノベがまんま文学になるとは思えないが、
彼らの作家としての活動には興味がありますね。




579 :吾輩は名無しである:04/07/11 21:37
こういうやつが東を支えてるんだな
早く死ねばいいのに


580 :吾輩は名無しである:04/07/11 21:40
東ってdデモ本に認定されちゃった人でしょ
dデモは相手にしないほうが吉

581 :吾輩は名無しである:04/07/11 23:43
いやあ、金井美恵子が東のことをバカだバカだと
繰り返して書くだけはあるね。
思わぬところで思わぬものを読ませてもらいましたw

582 :吾輩は名無しである :04/07/12 00:43
560さんありがとうございましたw

583 :吾輩は名無しである:04/07/12 00:51
もともと560vs563だったのだが。
流れがおかしくなってきているね

584 :吾輩は名無しである:04/07/12 02:02
ていうか、高橋源一郎スレだよね?

585 :吾輩は名無しである:04/07/12 02:38
もともと自分語りスレですが何か?

586 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/07/12 03:39
>>584
つまり舞城王太郎スレということです。

587 :吾輩は名無しである:04/07/12 12:36
(w

588 :吾輩は名無しである:04/07/12 15:07
ところでさあ、
現代詩手帖特集版「高橋源一郎」って
もうでてるの?

書店で見かけないんだよね。

589 :吾輩は名無しである :04/07/12 20:57
どんな田舎だ

590 :吾輩は名無しである:04/07/12 21:12
すいません。
室井は源ちゃんの、元女房でよかったでしたっけ。


591 :吾輩は名無しである :04/07/12 21:36
よかったでした。

592 :吾輩は名無しである:04/07/13 05:02
>588
とっくにでてるやろ!
あの雑誌で半年は楽しめますよ

593 :吾輩は名無しである:04/07/13 16:30
室井さんが、インテリゲンチャンが養育費払ってくれない
糞サイテー男だと言ってましたけど、そんなに儲かってないの?

594 :吾輩は名無しである:04/07/15 01:33
全部馬券

595 :吾輩は名無しである:04/07/15 03:40
>>593
3000万だか5000万くらいは稼いでるみたいだよ。
もっとも小説がそんなに売れてるとも思えないから、
ほとんどテレビ出演のギャラだろうけど。

596 :吾輩は名無しである:04/07/15 04:41
あと対談とか、雑文だな。

597 :吾輩は名無しである:04/07/15 21:43
日記更新されないね
芥川賞についてのコメントが読みたいよ

598 :吾輩は名無しである:04/07/15 22:16
>>595
>ほとんどテレビ出演のギャラだろうけど。
高橋源一郎がそんなにギャラが高いとは思えないが

599 :吾輩は名無しである:04/07/16 00:44
>>550
石川啄木が援助交際するところはなんだかとってハマっていて良かった。


600 :吾輩は名無しである:04/07/16 19:02
>>597
あの日記、10日ぐらい遅れてるよね。俺だけ?

601 :吾輩は名無しである:04/07/16 19:06
>>595>>598
競馬関係の文章がスゴイらしいですよ。
業界紙みたいのかな? よくわからんが。
島田の2000万は貰いすぎだと思うが。
大学の先生と文学賞の審査員で半分くらいか?
それ以外は? 詐欺か?

602 :吾輩は名無しである:04/07/20 08:27
室井氏ねや

603 :吾輩は名無しである:04/07/20 08:40
源一郎氏は二番目の奥さんに向かって「ゴミ」とかって口汚く罵ったんじゃなかった?
おとなしそうなカオしたDV男なんだろうか。
室井のほうが正直な分,好感持てるよ。

604 :吾輩は名無しである:04/07/20 20:39
二番目の奥さんって高橋直子氏だっけ?
なんか手記書いたんだっけ、そういえば。

605 :吾輩は名無しである:04/07/20 23:17
>>604
2番目じゃなくて3番目の奥方>直子さん
書いたのは手記じゃなくて小説。『アイ・ラヴ・エース!』(朝日新聞社刊)。
離婚のごたごたで精神状態が常軌を逸し、隔離入院までしていた
彼女が次第に立ち直っていく過程は『お洋服のちから』(朝日新聞社刊)で
読める。

ところで今年も夏の小倉競馬中継で、源一郎がキャスターを務めている。
競馬関連の収入で、これもなかなか大きいのではないかと。
番組スポンサーのJRAはとんでもない金持ちだしなあ。





606 :吾輩は名無しである:04/07/25 10:17
あれだけの才能のある男のオンナになるのは
たいへんだと思うよ。
源ちゃんはなんでも文学に見えてしまうってんでしょ。
まあ、源ちゃんのオンナだったことをネタに
二人もオンナが渡世できるんだから
大した男だと思うよ。すなおに。

607 :吾輩は名無しである:04/07/25 13:41
>>606
直子さんは確か元編集者で源一郎の小説を読んでほれこみ、
ねじめ正一に源一郎を紹介してもらって結婚したんではなかったかな。

608 :吾輩は名無しである:04/07/25 13:56
ねじめに付いてた編集者で、源一郎が勝手に手をつけた。
と、ねじめが書いてた。

609 :吾輩は名無しである:04/07/25 14:08
今の奥さんは何番目? 4番目? 5番目?

610 :吾輩は名無しである:04/07/25 14:08
メディアへの露出とか
女出入りとかがチョコマカしてるんだよな。
もう少し格好良く立ち回ってくれ。


611 :吾輩は名無しである:04/07/25 14:57
だからファウストは文芸誌だってば
http://www.apple.co.jp/pro/design/koudansha/

612 :吾輩は名無しである:04/07/25 15:33
>>609
5人目

1人目がキャロウェイの母親で、
2人目が「中島みゆきSONGBOOK」ってことかな?
3人目が高橋直子で、4人目室井。
で、今の奥さん。

613 :吾輩は名無しである:04/07/25 15:34
これだけ私生活を小説のネタにもしているということは、
源一郎は私小説作家でもあると言えるのかな。

614 :吾輩は名無しである:04/07/25 15:38
>>610
源ちゃんじゃなく、元恋人だの元女房だのが
ウロチョロしてるだけだろ

615 :吾輩は名無しである:04/07/25 15:57
源ちゃんは子供何人いるんだっけ。
室井との間にも子供1人いるし養育費大変だろうな。
さすがに今度の奥さんとの間には子供作らないと思うけどどうだろう。

616 :吾輩は名無しである:04/07/25 16:18
>>614
くっつき方がチマチマしているだろう?
いちいち籍を入れたり、
卒論のインタビュー名目で近づいてきたメス
に安易に篭絡されて
ネット上で笑いものにされたりと。
源さんは芸の肥やしじゃなくて、
負荷を背負い込んでいるだけね。

617 :吾輩は名無しである:04/07/25 16:42
負荷と思うのは、貧乏庶民の浅ましさw

618 :吾輩は名無しである:04/07/25 19:11
結婚5回とも、相手の女性は20代の時でしょう?
すごいね。

619 :吾輩は名無しである:04/07/25 19:29
すごくは無いさ。
小説家というのは元々そんなものだし。
慰謝料や養育費なんか払わないで
女に「独りで育てます」と言わさなきゃ。
そもそも籍なんか入れるなよ。

620 :吾輩は名無しである:04/07/25 19:31
要するに若い女としかセックルしないということか

621 :我が輩は名無しである:04/07/25 20:02
>620 それはどうかな。きっとロリータから老女まで
こなしてると思うよ。ただ、みんな賢いから、ああいう
複雑な男を夫にしようなんて思わないのさ。
結婚とか入籍とかにこだわるのは、やっぱ
それなりのマネジメント戦略をもってる女だと思う。

622 :吾輩は名無しである:04/07/26 05:04
誰とどれだけ付き合おうと勝手だけど,
いちいち籍を入れるのはどうかねえ。

623 :吾輩は名無しである:04/07/26 06:04
室井佑月のエッセイを読んだが、
付き合ってるときから結婚生活に到るまで
高橋源一郎は一円も金を入れなかったそうだ。
それどころか室井から金をもらっては遊びに行ってたそうだ。
慰謝料など一円も貰っていないし、養育費も全く受け取っていない。
なぜなら高橋に金がなく、借金ばかりだからだそうな。
借金もごく親しい人達からむしりとったお金であって、金融機関が貸してくれるわけがない。
高橋源一郎は自分の稼ぎなど一日で使ってしまう。
うらやましい男がいたものだ。

624 :吾輩は名無しである:04/07/26 11:28
文学を勘違いしているとしかおもえん源一郎

625 :吾輩は名無しである:04/07/26 15:33
↑自分の低脳具合に気づかない勘違いオメコ

626 :吾輩は名無しである:04/07/26 16:46
源一郎は自称文学者なので、死んでも広辞苑に名前が載ることはないだろ。


627 :吾輩は名無しである:04/07/26 16:55
テレビにでてくるブンガクシャ。
まあゲージツカのくまさんと同じ種類だな。

628 :吾輩は名無しである:04/07/26 17:56
626は他称キモヲタ
プゲラwwwwwwwwwwww

629 :吾輩は名無しである:04/07/26 18:22
>>628
( ´,_ゝ`) プッ

630 :吾輩は名無しである:04/07/26 19:21
>629
オマエ馬鹿ダロ?
パーーーーーーーーゲパゲ
ゲヴォオオオオオオオオオオオオオオオオ

631 :吾輩は名無しである:04/07/26 19:25
629はマグロ
629のチムポは象の鼻
手に入れろチンポコボール
プゲラッチョ☆

632 :吾輩は名無しである:04/07/26 20:08
>>628
>>630
>>631
はボキャブラリーが貧困すぎて恥かしい。

633 :吾輩は名無しである:04/07/26 20:31
>632
てめぇはボキャブラリ語るほど
文字数書いてねえだろ
いちいちくららねぇ煽りに反応スンナヴォケ

634 :吾輩は名無しである:04/07/27 04:53
>630 の煽りって馬鹿過ぎてむしろ笑える

635 :吾輩は名無しである :04/07/27 13:41
これだから夏は愉しい。

636 :吾輩は名無しである:04/07/27 14:11
死ぬまでにしたい10のこと、という本に室井さんが書いていらっしゃるのですが
爆笑しました。

637 :吾輩は名無しである:04/07/27 18:47
>>635
そんなことでしか愉しめないみじめな大人デス根

>>636
爆笑なのはテメーだYOミ


638 :吾輩は名無しである:04/07/27 22:35
源ちゃんのことが好きだったらもさんが逝っちゃったね・・・

639 :吾輩は名無しである:04/07/28 21:03
好きな作品ベスト3
1、さようならギャングたち
2、ジョン・レノン対火星人
3、優雅で感傷的な日本野球

みなさんはどうですか?

640 :吾輩は名無しである:04/07/28 21:39
上の1と2が逆です


641 :吾輩は名無しである:04/07/30 22:34




文学はここに、ちゃんとあるじゃないか。






642 :吾輩は名無しである:04/07/31 00:14
夏は暑いな、いや本当に暑いや。

643 :吾輩は名無しである:04/07/31 00:38

>>641
それが無いから、問題なんだや

644 :吾輩は名無しである:04/07/31 20:53
>>639
そのうち新しく文学全集が編まれるとしたら、
収録されるのはたぶん「ギャングたち」だと思う。
結局、残るのはあれだけじゃないかな?

645 :吾輩は名無しである:04/07/31 21:41
>>644
日本文学盛衰史は?
ある意味一番文学全集向きの作品だし。

646 :吾輩は名無しである:04/07/31 22:39
60年代3部作で十分

647 :吾輩は名無しである :04/08/01 02:02
虹の彼方にだけ、どうしても読み通せない。

648 :吾輩は名無しである:04/08/01 03:16
私も、なんか途中で分けわかんなくなっちゃう。
ほかの二作は文句無く名作だと思うのに。

649 :吾輩は名無しである:04/08/01 19:45
恐らく後世に残るのは
優雅で感傷的な日本野球を講談社文芸文庫に入れてくれ

650 :吾輩は名無しである:04/08/01 23:57
>>649
……何寝ぼけたこと言ってんの?
入ってるじゃん、とっくの昔に。

651 :吾輩は名無しである:04/08/02 00:07
台風が来ているから、今日は競馬はないと思って家で
マターリしかけていたのに、小倉までやってきた源さん
お疲れ様

お馬も人も大変だ



652 :吾輩は名無しである:04/08/02 13:10
>>647
あれ一番読みやすくない? 短いし。
俺立ち読みで全部読んだよ。

653 :吾輩は名無しである :04/08/02 18:44
>>650 河出文庫のことか?
>>652 647にとっては読みやすくないんだろうよ。

654 :吾輩は名無しである:04/08/02 22:44
寝ぼけていたどころか、両方のメンタマあけて
何も見ていなかったのは俺のほうだ。
>>649
申し訳ない。失礼しました。
>>653
俺の馬鹿に気付かせてくれた御指摘ありがとう。


655 :吾輩は名無しである:04/08/03 04:05
基本姿勢である
シマウマ語、
文学じゃないかも〜の「正義について」
文学なんかこわくないの「文学の向こう側1,2」
あたりについては誰も興味もたないのかな?

656 :吾輩は名無しである :04/08/03 19:14
>誰も興味もたないのかな?

何だその書き方は。
自分で話題を振れば良いじゃないか。

657 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/08/06 16:14
公式サイトの日記は更新されていませんが、
先週と今週の『週刊アスキー』に近況が書かれています。

現在、『ギャング』英語版の発売ツアーのため、渡米中なんですね。
読者の反響が気になって「アマゾン」の英語サイトでレビューを読みまくっているそうです。

世界文学のレベルに達している数少ない現代日本文学の最高峰のひとつとして絶賛した
『ギャング』だけに、これまで英訳されていなかったのが不思議なくらいですが、
けっこう売れているみたいですし、絶賛する読者も多いということでファンとしても嬉しいです。

658 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/08/06 16:26
>>657の修正

誤)世界文学のレベルに達している数少ない現代日本文学の最高峰のひとつとして絶賛した
正)福田和也が世界文学のレベルに達している数少ない現代日本文学の最高峰のひとつとして絶賛した

ところで『こんな日本でよかったら』は長らく絶版のままみたいですが、
先日、古本で見つけて読んでみたところ、TGは飄々とした文人のようでいて
実は社会のあり方についても実に深く考えている人だったという側面がよくわかり
目からウロコという感じでした。これならイラク問題についての論説も納得がいきます。
やはり学生時代に運動に参加していただけのことはあるわけですね。

659 :吾輩は名無しである:04/08/06 23:53
子供生まれた!? ↓源一郎氏の日記
http://www.funk.ne.jp/~gen1rou/index.html/

660 :吾輩は名無しである:04/08/07 00:10
7月18日生まれた、安産。男児。

661 :吾輩は名無しである:04/08/07 07:28
源一郎って今誰と結婚してるの?

662 :吾輩は名無しである:04/08/07 16:45
何人目の子供だ?
すげーな。

663 :吾輩は名無しである:04/08/07 23:06
そうやって漢を気取ってるんだろ。
テレビでみるかぎりヘタレ以外のなにものでもないのにな。

664 :吾輩は名無しである:04/08/08 12:11
>>662
四人目かな? 最初の奥さんとの息子、2番目の奥さんとの娘、
室井との息子、今の奥さんとの息子、だと思ったが
教えてエロイ人

>>663
漢というより、種牡馬なのではw
立派な繁殖力だな

665 :吾輩は名無しである:04/08/08 14:41
664さんの数で正解。しかし子供がかわいそうだね。みんな母親が違うなんて。
2番目の女性は確か編集者(物書き?)で3人目が佑歌くんで4人目が今回の
子供だったはず。長男はなにをやってるのかな?教えて物知りな人。

666 :吾輩は名無しである:04/08/11 13:38
宝塚に来てる(来てた?)のか…
何しに来たんだろ

667 :吾輩は名無しである:04/08/11 13:54
こいつ最近引退したんだろ。
新聞にでてたよ。








……あ、ハルウララだった。
顔が似てるからまちがえちゃったよ。


668 :吾輩は名無しである:04/08/11 15:50
↑オモシロくもなんとなねぇ
あんたアフォ?意味不明人降臨だな
つまんねえんだからくんなよ
ヴァーカヴァーカパーゲパーゲ
プゲラッキョコンドームセインポコチンポコチンポコチン(ry


669 :吾輩は名無しである:04/08/11 19:18
どうでもいいがハルウララはまだ引退してないぞ

670 :吾輩は名無しである:04/08/12 14:51
結論は667は
どうしよもねぇってことだなぁ
神経まともですか、667さん?

671 :吾輩は名無しである:04/08/12 17:18
ガイシュツかもしれんが

広告批評8月号
特集 高橋源一郎と若手作家たち
中原昌也、平野啓一郎、佐藤友哉、吉田修一、星野智幸
それぞれの対談と最後にまとめのエッセイ

672 :吾輩は名無しである:04/08/12 17:52
馬ヅラを指摘されて爆発した香具師がいますな。ゲラゲラ

673 :吾輩は名無しである:04/08/12 17:54
っていうかもうおじいちゃんでしょ。よく子供なんてつくって恥かしくないな。

674 :吾輩は名無しである :04/08/12 21:39
673みたいな思想の人って多いんでしょうか?気持ち悪いですね。

675 :吾輩は名無しである:04/08/15 20:10
>>671
中原と平野と佐藤が混ざってるのがすごいな…

源ちゃんは商売上手だねー。ポジション取りが上手い。
ちょーアタマ良いインテリだけどアホなこともしてテレビも出まっせ的な。

676 :吾輩は名無しである:04/08/16 10:20
源ちゃんに興味を感じて古本屋を少々廻ったがあまりなかった。
仕方なしに新刊書買いに書店を少々廻ったがやはりあまりなかった。
流行作家は、書店の本棚を占拠できてナンボやというのを実感した。
それを源ちゃんは長年やってきたんだろう。
たぶん自分で何軒か本屋を決めて、自分の本がどれくらいスペースを
占拠しているか、定点観測してきたんだろう。
疲れてしまったのか、市場とつきあうことに。

純文学に戻ってもいいよ、源ちゃん。そろそろね。

677 :吾輩は名無しである:04/08/16 13:03
676の陰気ぶりには恐れ入る。ベストセラー読んでろよ。
ネット古書店でチャチャッとやれ。

678 :吾輩は名無しである:04/08/16 13:09
源一郎が選んだ若手6人、てな感じで広告批評特集されてないですか?
でも日記みたら、まず佐藤のインタビューがあってから彼の本読んでないか


679 ::04/08/18 13:30
671に書いてあるよ
ちょっと上のカキコくらい読みなよ

680 ::04/08/19 17:04
なにか勘違いしているようだな。

681 ::04/08/20 00:52
くだらない指摘でレスうめるな

682 :吾輩は名無しである:04/08/20 10:15
>>664
>四人目かな? 最初の奥さんとの息子、2番目の奥さんとの娘、
>室井との息子、今の奥さんとの息子、だと思ったが

最初の奥さんとの間に息子なんていた?
娘じゃないの?

そんで、2番目の奥さんとの間には子供はいない。
3番目(高橋直子)との間にもいない。
4番目が室井で息子あり。
で、今回また息子?

計3人か。

683 :678:04/08/20 11:07
>>679
勘違いしてるのはあきらかにそちらですが、私の書き方も悪かったかな?
高橋が期待する若手作家、というように広告批評の記事ではそんな印象が感じられるのです。
しかし、日記を見るかぎり、あくまで編集者側が決めた作家達に、高橋が対談しただけなんじゃないかと。
だから平野や佐藤なんてのが、ほんとに未来を担う作家だと高橋は思ってるのか?ということです


684 :吾輩は名無しである:04/08/20 12:27
>>678さんは広告批評読みました?
一応、広告批評編集側から企画があがって、源ちゃんにインタビュアーを依頼したと言う事になってますよ。
インタビューした作家達に以前から興味があったのか、本当に興味があるのかはわかりませんが、
少なくとも言及された二人以外の作家の名前は、何かと話題に上げている気がします。
ともあれ、やっぱりこの人の小説読む技術には感心しましたよ。
「トリックを文学で割る」とか、いかにも源ちゃんらしい物言いでニヤリ。

685 :吾輩は名無しである:04/08/20 20:15
>>682
キャラウェイの前に息子あり。
自分の母親に、面倒見てくれと息子を押しつけたらしいことを
どっかで読んだ覚えが。

日記で生まれたばかりの息子の子育てをかいがいしくしている
ような感じを受けるが、
室井氏がこれを読んだら、あたしの息子には養育費すら送って
来ないくせに、と、ますます憎悪をたぎらせているだろうなと
想像せざるをえない。
源一郎、確信犯か? 子どもが生まれてから「家人」が「妻」という
表記になったこととか、作家の日記は表記一つにつけても
なかなか興味深いものだ。
いやいや、これも、源一郎の「サーヴィス」なのだろうな。


686 :吾輩は名無しである:04/08/20 20:31
>>685
その類のことはゲスの勘繰りもいいとこで、テクストを読めよ!
……と本来言うべきかもしれんが、源一郎の場合はなんか確信犯的な感じもする…
今の日記は室井への復習だったりして。
追憶のなんたらっつー日記の本も出してるし、今回の日記もそう。
読んでないけど官能小説家って室井がモデルのキャラも出てるんでしょ?
ギャングも私小説的な面も強いし、日本文学盛衰史のラストは室井との間に生まれた息子だよね。
「無頼」を本気ではできないが、ひねくれた形であえて小出しにしてるのかも…

687 :我が愛は名無しである:04/08/20 22:48
源ちゃん・・・・頼むから
緩慢な自殺はしないでね。
醜く生き長らえてみせてね。
そこにある源ちゃんの文学を読ませてね。
私も死なないで待ってるから。

688 :吾輩は名無しである:04/08/20 23:14
テクスト、テクスト、テクスト。

689 :吾輩は名無しである:04/08/20 23:22
この人は長生きしそうだよ。
恥を忍んで生きのびそう。

690 :吾輩は名無しである:04/08/20 23:23
源一郎って灘高校の生徒会長だったの?

691 :吾輩は名無しである:04/08/21 10:53
>>685
ふーん。じゃあ、ギャングたちでも息子の件にはまったく触れてなかったわけか。

それにも関連する面白い記事が「スタジオヴォイス」昭和59年6月号(源一郎特集)
に載ってる。
スガが源一郎にインタビューしてんだけど、去年(昭和58年)の年収は250万って
答えてるな。で、養育費が月45000円、子供のために入ってる生面保険とかが
6140円。子供が成人するまで、あと11年半続くと言ってる。

692 :吾輩は名無しである:04/08/21 21:28
今はスガと仲悪いんでしょ
↑のSVの時は普通だったんだ

693 :吾輩は名無しである:04/08/22 19:43
源ちゃん、げんき?

694 :吾輩は名無しである:04/08/24 19:21
おととい競馬の番組で見たよ。

695 :吾輩は名無しである:04/08/24 19:50
もうこの人はいらない

696 :吾輩は名無しである:04/08/24 21:10
『広告批評』のインタビュー面白かった。
こういう企画を文芸誌でもやってほしいな。
まあ、インタビューとは名ばかりで、源一郎の自分語りの部分も多くあるけどさ。

697 :吾輩は名無しである:04/08/25 11:59
ブックオフにあったのをいくつか買って読んだが、
源一郎には小説が書けないというのがはっきりわかった。
だから、ちょっとメタフィクションっぽいスタイルでごまかしてるんだな。
評論家と呼ばれるよりも、作家と言われたってなもんだな。
でも、このままじゃあ、ただの便利屋で終わってしまうな。

698 :吾輩は名無しである:04/08/25 15:57
メタフィクションっぽいスタイル……
そうかなあ。
俺はちゃんと小説として読んでるけど、
697にとっては小説ではないのか。
それに「ただの便利屋」にしちゃ息が長いよ、
高橋は。

699 :吾輩は名無しである:04/08/25 20:12
697のいう「小説」は、通俗的イメージとしてのってことだろ
天童あらたとかユーミリとか浅田痔ろうとかが書くような新味のない…
でも世間一般的にはそーいうのがザ・小説、これぞ小説なわけで
でも批評を意識する書き手読み手は、「なんだコリャ、読んだことない」とか「ここが新しい」とか思わせるものを、「小説」と呼ぶんじゃない?
novelを新しい、珍しい(読み物)の意味にとれるかどうか

700 :697:04/08/25 20:33
ちょっとマジレス。
あそこでいった「小説」というのは、当然古典ももちろん、
ヌーボーロマンや中南米の小説も現代の欧米文学も含んでるよ。
>699があげたものはほとんど読んでないけど。
以上。

701 :吾輩は名無しである:04/08/26 07:10
>675

今は週間朝日で津原泰水(桃水のモデル?)をマンセーしてる。
若手を仕切ろうとしているのは確かだろう。

702 :吾輩は名無しである:04/08/26 08:04
あのインタビューは高橋の処世術が。
次々と女を乗りこなしたように、文壇を乗ry

703 :吾輩は名無しである:04/08/26 11:56
マンセーしたにもかかわらず、村上龍からはけちょんけちょんにこき下ろされた過去があるからね。
慎重だよ。

704 :吾輩は名無しである:04/08/26 13:41
その「広告批評」で、平野啓一郎が、
「一応、日本にも文学史というのがあって、たとえば『さようなら、ギャングたち』
という作品があるわけですよ。そういうのを踏まえて書いてもらわないと困るんです、
と浅田彰に怒られた」とか言ってたな。

>源一郎には小説が書けないというのがはっきりわかった
というより、小説が書きにくい時代だってことを奴はちゃんと認識してて、
それでも苦労して小説を書いてて、逆にそういう悩みのない作家のほうがバカって感じ。


705 :吾輩は名無しである:04/08/26 14:09
浅田もバカだよ。ヌーポーロマンとか持ち出すならまだしも、
何が日本の文学史だよ。
評論家とか、それもどきってのは、ちょっと名が売れるとすぐ調子に乗るんだから。
メッタ切りが好評だったからって、すぐに調子こいて、木に登ってしまうようなのと、
浅田も変わらんってことだよ。
からなあ。

706 :吾輩は名無しである:04/08/26 14:43
いまさら新しい形式とかいってる時点で
もう時代錯誤、シンでくれって感じなんだけどね

707 :吾輩は名無しである:04/08/26 14:46
べつにいいよ。好き嫌いがあって、平野に凄いと感じる奴は高橋には嘲笑しか感じないだろ


708 :吾輩は名無しである:04/08/26 14:53
当方、ただいま別れ話で彼女がキレて困っています。
どうすればうまく別れられるでしょうか?

709 :吾輩は名無しである:04/08/26 15:08
ろくな仕事をしてない小汚い駄馬のところに
そんな相談もちこむなって。w

710 :吾輩は名無しである:04/08/26 21:09
あげ

711 :吾輩は名無しである:04/08/26 21:11
>709
いくら自分を振った男だからって
そんな酷い言い方はない、
一度は親しかった仲じゃないか…





                     ナンチッテ


712 :吾輩は名無しである:04/08/26 21:24
ズコッ

713 :吾輩は名無しである:04/08/26 22:39
>>703
龍と源一郎は対談したらしいけど、何話したか知ってる人いない?
龍の大丈夫マイフレンド(?)で源一郎が絶賛してたのと、教授との
対談集で龍が吉本に源一郎みたいなのじゃ違うんじゃないか、と
言ってたのは覚えてるけど。


714 :吾輩は名無しである:04/08/26 22:47
「小説を書くのは肉体労働だ、それに比べてありゃ言葉遊びだ、コンピューター小説だ(こりゃせいこうに対してか…)」
と言っても現実には源一郎が最も、というかそれ専門でずっと肉体労働してた。
中上は羽田で実体に肉体労働者として勤めたことが執筆に生きてるなんて言ってるが
ビートたけしは「中上はほとんどサボっていた」と言ってたぞ。
隠れて読書とかしてたらしい。
だからどうだというわけではないが、ちょっと思ったので。

715 :吾輩は名無しである:04/08/26 22:55
>>713
龍と対談したの? 源一郎も見境ないな。
ポップを勘違いしてるバカとか、源ちゃんのこといってるのにw

716 :吾輩は名無しである:04/08/27 00:33
ドラが大人になった瞬間かぁ
激しく見てみたい・・・

717 :吾輩は名無しである:04/08/28 09:17
龍と源一郎、どっちもどっちw
お互い勘違いしまくりw

718 :吾輩は名無しである:04/08/28 09:58
ポップ化=アメリカ化と定義する龍はバカ。
ピーター・ゲイでも読めって感じだけどな。

719 :吾輩は名無しである:04/08/29 13:14
>>714
20代半ばまで中上は親の仕送りで遊んで暮らしてたんだよね。
早稲田に通ってるとか親をだまして。親は土建屋で金持ちだから。

720 :吾輩は名無しである:04/08/29 15:43
>>701
そうなの?
源ちゃんは津原から室井を寝取ったんだよね

721 :吾輩は名無しである:04/08/29 17:28
源一郎と龍は龍が司会してたテレビ番組「RYU’S BAR」で対談してる。
この番組は本にもなっていて、ブックオフとかの古本屋ではたまに見かける。

722 :吾輩は名無しである:04/08/29 22:27
いろいろ対談してるのは、まとめて本になったりしないのかな。
>>721
その番組見たかったなあ。柄谷まで出たらしいし。

723 :吾輩は名無しである:04/08/30 00:56
龍「やっぱりね、観念が先行するんですよ」
泉谷「うんうん」
 
・・・数分後・・・

龍「意味なんか後づけです」
泉谷「あんた、さっきは先だって言ってただろっ!」

こういう痛い事ばっかり毎回言っている番組。
まともな神経の持ち主なら10分以上は観られない。

724 :吾輩は名無しである:04/08/30 10:25
作家なんてそんなもの
まともに相手するもんじゃない

725 :吾輩は名無しである:04/08/31 10:25
そのTVの話だったり
対談だったりの話
もっと聞きたいです

726 :吾輩は名無しである:04/09/01 19:11
今日「ryu's bar」借りてきたが源ちゃんが載ってない・・・orz

727 :吾輩は名無しである:04/09/02 15:50
itou性交はのってるのかな

728 :吾輩は名無しである:04/09/08 14:21
日記になぜ息子のことをいちいち書くのか
気色悪い

729 :吾輩は名無しである:04/09/09 15:05
保守

730 :吾輩は名無しである:04/09/15 23:49:48
「大人にはわからない日本文学史」楽しみだなぁ。

731 :吾輩は名無しである:04/09/26 01:28:46
あげ

732 :吾輩は名無しである:04/09/28 23:47:33
朝日で柳美里の書評。すなおに感動が伝わる。それでいい。

733 :吾輩は名無しである:04/09/29 13:01:04
高橋、京大で集中講義。
若島正先生の授業で。

734 :吾輩は名無しである:04/09/29 17:27:16
>>733
知らなかった。行きたかった。京大理系院生だけど。


735 :吾輩は名無しである:04/09/29 18:03:36
若島先生の持論は

@小説とは読者を暴力的に拉致する力のことだ。
A絶対に読まなければならない本などこの世の中に存在しない。
B本当に読める人間ならなんでも読める、あるいは
なんでも読める人間でないと本当にひとつのものを読めはしない。

先生の読書関連本は楽しく読める。『乱視読者の帰還』(みすず書房)
『乱視読者の英米短篇講義』(研究社)オススメ。


736 :吾輩は名無しである:04/10/01 16:18:00
瀬石とか、忘れてきた講義用資料とか
わざわざ書かなくてもいいんじゃないかと…

737 :吾輩は名無しである:04/10/01 20:39:11
サブカル論壇スレッド
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/subcal/1096630229/

738 :吾輩は名無しである:04/10/06 11:30:49
いや、それよりもガキの話ヤメろと言いたい。

739 :吾輩は名無しである:04/10/06 15:38:16
源一郎って子供好きなの?室井の話ではひどい父親だったって言ってるけど…

740 :吾輩は名無しである:04/10/06 17:01:06
この人結構まじめなのね。
「文学なんて恐くない!」読んでて思った。

741 :吾輩は名無しである:04/10/07 16:28:08
日記が一週間くらい遅れているのはなぜ?
やっぱりセキュリティ的な問題?それとも見直してからの公開?

742 :吾輩は名無しである:04/10/09 18:15:27
日記に出てくる家人ってだれ?室井?
息子ってのはなにさ?

743 :吾輩は名無しである:04/10/10 05:32:00
ペンギン村に日は落ちてが一番すきです
つぎは日本文学盛衰記

744 :吾輩は名無しである:04/10/10 10:47:46
>>742
今の奥さんだろ。
室井とは離婚してる

745 :吾輩は名無しである:04/10/10 19:28:52
おれはギャングと日本文学が好き。

746 :吾輩は名無しである:04/10/11 11:00:30
ジョンレノン〜好きなんだけどなあ

747 :吾輩は名無しである:04/10/15 21:51:15
優雅で感傷的な日本野球。めずらしくわかりやすい。


748 :吾輩は名無しである:04/10/16 21:01:37
「文学史」はどうなってるん?

749 :吾輩は名無しである:04/10/17 07:04:40
今夜11時過ぎから、加藤典洋と高橋源一郎がNHKラジオ第一に出演。
大江に唾を引っかけられた加藤典洋と対談するのか。高源も確かに
節操がないような…。

750 :吾輩は名無しである:04/10/17 11:22:12
文章下手ですよねえ。げんいちろうって。いけぬま?

751 :吾輩は名無しである:04/10/17 12:02:38
下手なんじゃなくて、会話体が好きなんだよ。

752 :吾輩は名無しである:04/10/17 12:53:28
サイトいじりを趣味にしてる人は別にして
自分でページ更新してる有名作家なんているの?

753 :吾輩は名無しである:04/10/17 16:50:27
火星人ってホモっ気がないと楽しめない
投げ捨てた

754 :吾輩は名無しである:04/10/17 22:11:59
べつにみんなホモシーンを楽しんでるわけではないだろ

755 :吾輩は名無しである :04/10/17 22:28:29
>>753
想像力がないんですね。

756 :吾輩は名無しである:04/10/17 23:31:10
NHKラジオ第一出演中

757 :吾輩は名無しである:04/10/18 00:36:55
今聞いてるよ

758 :吾輩は名無しである:04/10/18 07:23:38
放送中、ミステリーだけど純文学だって言ってた作家って誰のことですか?
教えてくらはい。

759 :吾輩は名無しである:04/10/18 08:46:16
>>758
ラジオ聞いてなかったけど舞城王太郎のことじゃないの?
でももう芥川賞候補にもなってるし、それじゃ当たり前すぎだから違うかな。

760 :吾輩は名無しである:04/10/18 09:14:23
桐野夏生じゃないの?

761 :吾輩は名無しである:04/10/18 10:29:59
上田晋也蘊蓄やらせ
芸人板へ

762 :吾輩は名無しである:04/10/18 10:38:11
>>759
そうそう、・・・・・太郎ってのだけは聞き取れたんだけど、わかんなかったんだよね。
ありがとう。

763 :吾輩は名無しである:04/10/18 11:39:09
だいぶ評価高いから阿修羅と土と煙(ryの二つだけ読んだ。
面白いけど最近掲載しているのは失速気味な気が

764 :吾輩は名無しである:04/10/18 17:28:43
聞き損ねた・・・
誰か録音された方、アップしてくれるとうれしいです


765 :吾輩は名無しである :04/10/18 22:42:12
ミステリーだけど純文学っていうのは、奥泉光じゃないの?

766 :吾輩は名無しである:04/10/18 23:36:51
>>765
奥泉光は純文学だけどミステリーっていう気がしなくもない。

767 :吾輩は名無しである:04/10/19 02:55:21
>>765
ラジオでは舞城の話。>>766の言ってるように純文学よりだろ。


768 :吾輩は名無しである:04/10/19 09:13:16
舞城もミステリーと純文学は完全に描き分けてる気がするんだが。
奈津川家サーガは純文学ではないでしょう。

769 :吾輩は名無しである:04/10/19 18:02:48
「虹の彼方へ」読んだ。おもしろい

770 :吾輩は名無しである:04/10/19 19:27:52
舞城ってあの芥川賞に色目使って文芸誌に書きまくってるエンタメ作家だな。

771 :吾輩は名無しである:04/10/19 20:18:53
高橋って舞城評価してたっけ。
佐藤友哉じゃないか?



772 :吾輩は名無しである:04/10/19 20:54:48
佑月があんなにあけすけに悪口言っているのに、少なくとも知る限り源一郎は佑月について何も言っていない。だが、最近の日記での執拗な息子に関するコメント。なにか、佑月がむりやり息子を取り上げたというような怨念があるんじゃなかろうか、と妄想する。

773 :吾輩は名無しである:04/10/20 10:43:46
>>771
どっちも評価してる、
つーか高橋はとりあえず新しくてちょっと通好みで受けてるものは何でも評価する。
でも裏を読め、褒めてるフリして実はバカにしてるなーということが多い。
でも世間的にはバレてないから、とにかく仕事が増える増える…

774 :吾輩は名無しである:04/10/20 12:39:30
淀川長治方式ですな。
ほめる要素がないときは作品とはちょっとズレたところをほめる。

775 :吾輩は名無しである:04/10/20 17:28:50
2ちゃんねるをこんなに荒らしていいかしら

776 :吾輩は名無しである:04/10/20 19:04:35
息子いるの?じゃあ火星人みたいにあんたの息子といい関係になっても許すんですよね

777 :吾輩は名無しである:04/10/20 19:19:53
>772
妄想、妄想。
DQNは相手にしない。

778 :吾輩は名無しである:04/10/20 21:53:20
>>753
>>776
いいかげん落ち着け。
文句言う前に全部読んでくれ。そして自分のレスを読み返してみるんだ。

779 :吾輩は名無しである:04/10/20 23:24:51
舞城は「こんなにわかって」とか読んでそうな希ガス。

いかにも高橋源一郎以降の作家という感じなんで
高橋源一郎自身が褒めるとなんだかなあと思っちゃう。

780 :吾輩は名無しである:04/10/20 23:39:57
この人貶すことあんの?

781 :吾輩は名無しである:04/10/21 00:23:34
>>780
今月の一番は太宰治の『トントコトン』ですとか言ってたあたりは
凄みのある批評だった。メッタ切りで。

782 :吾輩は名無しである:04/10/21 00:29:43
半ページ読んで「サービス精神がない」みたいなことは言わなくなったね。

あの頃の批評を時々読み返さないと、
今の総誉め寸評をうっかり真に受けてしまいそうになる。

783 :吾輩は名無しである:04/10/21 00:29:59
『トカトントン』だった。失敬。
『文学がこんなにわかっていいかしら』にはいってる
「今月は太宰君が一番面白かった」ね。

784 :吾輩は名無しである:04/10/21 00:30:33
>>781
いまざっと目を通したがメッタ切りじゃないだろ。荻野アンナほめてるし。
>>779もだが「こんなに(ry」ブームなのか? 

785 :吾輩は名無しである:04/10/21 00:43:45
小説とは逆で昔の高橋の批評はいろんな意味でわかりやすかったから
どうしても「こんなに(ry」の話になるよ。

しかし、ジョイスで小説は大体終わっちったつー認識と
今の「全ては小説」的スタンスとは表裏一体のような。

786 :吾輩は名無しである:04/10/21 01:04:19
>>780
貶すというのとは違うけど、だいぶ前にどこかの書評で柳美里の小説を激しく批判してたのを読んだ。

787 :吾輩は名無しである:04/10/21 01:16:48
事実を異化せずに書くのはルポであって
小説ではないとか書いてたよね。

あと外出だけど『失楽園』は文章そのものを詳細に分析して
こっぱみじんに粉砕。(小説トリッパーだっけ)
でも、今だったら何か褒めそうだなあ(苦藁

788 :吾輩は名無しである:04/10/22 19:21:39
老人文学だけはやめてけれ。

みんながキャベツ作ったらキャベツの価格は暴落するって
書いたのあんただろー。

789 :吾輩は名無しである:04/10/22 21:26:01
新刊「大人にはわからない日本文学史」は小説なのか知らん?
小説教室のにおいがするが・・・。

790 :吾輩は名無しである:04/10/24 01:00:42
さあ、大人なのでわかりませぬ。

791 :吾輩は名無しである:04/10/24 02:04:12
日記では書かれていない時間に、
新しい彼女がいるかと思っちゃうんだよね。

792 :吾輩は名無しである:04/10/24 13:06:18
上田晋也薀蓄やらせ
芸人板へ

793 :吾輩は名無しである:04/10/24 14:12:32
>しかし、ジョイスで小説は大体終わっちったつー認識と
>今の「全ては小説」的スタンスとは表裏一体のような。

うけた。
ジョイスコンプレックスでしょうかね

794 :吾輩は名無しである:04/10/28 11:51:55
最近の明治回帰はこのパラドックスへの一つの回答、
なんてとこなのかな。

795 :吾輩は名無しである:04/10/29 23:00:55
「ジョン・レノン対火星人」大好きなんだけど、講談社文芸文庫では
タイトルをもとの「すばらしい日本の戦争」で出してほしかったな。
あと巻末の「著者から読者へ」の「『文学』など一かけらもない」ってのはちょっと引っかかる。
たんなる記号(として?)とはいえ文学的な固有名が頻出するし。

796 :吾輩は名無しである :04/10/30 00:37:30
>>795
もっと美味しい餌を付けてくれなきゃ釣られてやらない

797 :吾輩は名無しである:04/10/30 01:28:01
今回の5人目の奥さんはナニモノでしょうか。一般人?
室井との離婚はこの女性が原因なのかしらん。
教えてエロエロなシト

798 :吾輩は名無しである:04/10/30 17:47:32
倫理 オブ ジョイトイ

799 :吾輩は名無しである:04/11/04 19:13:16
ある種のヴィルトゥオーゾ根性――書くたびにハードルを上げていかないと気
が済まない、というタイプの作家がいるものだが、つまりこれはそうした精神
的傾向のことだ――もないのに新しいものを書こうと足掻く作家もないではな
いが、超絶技巧なしに「形」の革新はない。どんなに「心」を入れ替えても、
題材に振り回され、五十近くなってコギャル万歳だのAV万歳だのをタブー破
りの大胆な試みと勘違いし、形式的な緩みとマンネリを格好のいいことだと強
弁する情けない羽目に陥るのがおちである。大人しくポルノでも書いてりゃい
いのに。


これって源ちゃんのことだよね、やっぱ

800 :吾輩は名無しである:04/11/04 20:20:08
>>799
どこに誰が書いた文章なの?

801 :吾輩は名無しである:04/11/06 14:07:35
(1) 『政治的ロマン主義』を書いた、近代ドイツの碩学カール・シュミット
(2) 『現代政治の思想と行動』を書いた、現代政事学の祖・丸山真男
(3) 『チャンチキおけさ』を唄った、三波春夫

802 :吾輩は名無しである:04/11/06 15:25:17
>>799
ソース、ソースをくれ

803 :吾輩は名無しである:04/11/12 02:09:22
ゲンちゃんじゃなくてM上Rじゃないの、と言ってみる

804 :吾輩は名無しである:04/11/19 18:16:21
村上龍。
でもドラゴンさん経済畑にいっちゃったじゃない。

805 :吾輩は名無しである:04/11/19 18:50:58
ゲンイチロウの読書量ってスゴイんだってね

806 :吾輩は名無しである:04/11/19 18:54:45
荒俣宏にこそ敵わんが、なかなかのもんだ

ただ、その分読みが若干粗雑で、思想系とかは
ホントに分かってんのかなと心配になることも時々。

807 :吾輩は名無しである:04/11/19 18:58:50
高山宏にはかなわないだろ

808 :吾輩は名無しである:04/11/19 21:07:14
>>799
むむ。本質を突いた鋭い文章だな。
しかし一体だれが?

809 :吾輩は名無しである:04/11/21 16:33:28
クソ、むかつくほど美味しい餌だな

810 :吾輩は名無しである:04/11/26 10:10:32
「小説を書くために古典を読む必要はない」と言い切る
源ちゃんは勇気がある。
筒井でも古典に帰れを提唱してるのに。

811 :吾輩は名無しである:04/11/26 11:17:33
高山宏は頭がいい
日本一頭がいい文学者若島正より自分が下だって認めてた
荒俣は馬鹿

812 :吾輩は名無しである:04/11/26 12:13:44
荒俣・高山と、源一郎の知識は種類がちがう

813 :吾輩は名無しである:04/11/26 17:00:26
しかしなんだかんだで源一郎本人は読書家なわけだが。
でも荒俣・高山ほどではないとおもうけど

814 :吾輩は名無しである:04/11/26 23:19:18
>>811
高山先生は若島先生より自分が下だって認めてたの?
やっぱり日本一頭がいい文学者は若島先生なんだ。
源一郎とも仲良しだもんね。


815 :吾輩は名無しである:04/11/26 23:24:50
高山、荒俣はべつに頭がいいでは売ってない。
知識の量と質で商売しているのだよ。
君たちは、そんなこともしらないのか

816 :吾輩は名無しである:04/11/27 12:21:34
高山は若島さんに「乱視読者の帰還」でからかわれてんだか、誉められてんだか
分らないこと書かれてから、「英文学研究を引っ張っている・・・・若島正さん
・・・」みたいな文章を書いて、完敗をさわやかに認めてた

817 :吾輩は名無しである:04/11/27 18:45:06
嫌みだろ。行間嫁

818 :吾輩は名無しである:04/11/28 08:05:19
いやまじだよ
仲いいしね二人

819 :吾輩は名無しである:04/11/28 15:45:09
今日の朝日でよくわからねえ書評
書いてるな<源一郎

820 :吾輩は名無しである:04/11/28 15:49:20
桑詩句

821 :吾輩は名無しである:04/11/28 17:24:20
古典読め、と若者に苦言するのが生き甲斐の爺さんには
源ちゃんは驚異か。源ちゃんのほうが何倍も読書量あるだろうし。

822 :吾輩は名無しである:04/11/28 18:23:13
源ちゃんは、実のところ小説だって読まなくていいんだと思ってるフシがあるし
自分の小説もその例外ではないと認識しているようだ。

濫読・濫レビューもその裏返しだな。

823 :吾輩は名無しである:04/11/28 18:30:51
↑すごく分かる。

824 :吾輩は名無しである:04/11/28 18:54:44
>>819
うむ。「電車男」のレビューなんだけど前半源さんらしからぬ紋切り型。
他で見ないような切り口を見せてくれるかと期待したけど、むしろ
こう冷ややかなものを感じたな。特に後半の舞台の裏側についての記述。
2ch、「電車男」、出版社の手の入れ方、なんかどこかに対して距離を
取って、しょうがなくレビューしてるっていうか。やる気ナッシング。

825 :吾輩は名無しである:04/11/28 19:01:00
まあ、ああいうのは東浩紀あたりに任せておけばいいんでね。

826 :吾輩は名無しである:04/11/28 20:36:11
>>824
いまレビューみたよ。正直つまらなかった。
今回は題材自体がアレだが、最近コメントが無難になってるような希ガス

827 :吾輩は名無しである :04/11/28 21:52:21
電車男ごときにまともなコメントする方がヤダ。

828 :吾輩は名無しである:04/11/28 22:43:14
紋切り駄作には、紋切り書評で対応してるんじゃないの?

829 :吾輩は名無しである:04/11/28 23:13:23
2chには時々住んでるスレの総レスを試みるコテハンがいるが、
源ちゃんってそれに近いかも。

そんなレス/本スルー汁!と言いたくなる

830 :吾輩は名無しである :04/11/28 23:30:32
頼まれたら書かなきゃしょうがないでう

831 :吾輩は名無しである:04/11/28 23:46:13
近作で掲示板なんぞを小道具に使ったバチが当たったか(笑)

832 :吾輩は名無しである:04/11/29 00:02:35
源ちゃん、マチャ彦は、ここ数年書いて書いて書きまくってるからな。
そろそろ休めばいいのに。文豪=執筆量だっておもってんだろ?

833 :吾輩は名無しである:04/11/29 00:13:58
いや、書き続けんと書店の棚を確保出来んという超即物的な理由だと
当人たちが何度となく明言しちょる

834 :吾輩は名無しである:04/11/29 02:21:00
じゃあ、あのペースであと10年くらいはいくつもりか?
難儀な商売じゃのう・・・・・

835 :吾輩は名無しである:04/11/29 18:24:40
「電車男」で冷ややかな態度っていうのは意外だな。

836 :吾輩は名無しである :04/11/29 22:47:07
源一郎でなくともうんざりするだろう。

837 :吾輩は名無しである:04/11/30 19:04:19
電車男は後日談があるからこそリアルなんだよな。
って「本」の評だからあれでいいのか。

838 :吾輩は名無しである:04/12/01 22:14:43
やっと図書館で書評見て来たけど、これ無難か?
この書評見て、この本買うというヤシがいたら左巻きだぜ

839 :吾輩は名無しである:04/12/01 22:23:26
と思たら丁度.comに転載されたとこだた
ttp://book.asahi.com/review/index.php?info=d&no=7125

840 :吾輩は名無しである:04/12/01 22:53:18
なかなか面白い書評でないの。と思ってしまった。
一番肝心なことをカットすることで、売れる物語になったのだという指摘だよね。
確かに売れゆきに貢献する書評ではないけど、電車男と言う現象に
対する批評としてはいいんではないかと。

841 :吾輩は名無しである :04/12/01 22:59:33
もう売れている物の売れ行きに貢献する必要はなかろう。

842 :吾輩は名無しである:04/12/01 23:14:50
原則として貶すことの許されない日本の書評で
これが精一杯のやり方というところだろう。淀川長治方式。

ぶっちゃけ、「これなら本(ほん)より元のスレの方が遥かに面白い」
と書いてるわけだもん。

843 :吾輩は名無しである:04/12/01 23:18:01
電車男とかセカチューとかDeep Loveとか(一緒にしちゃいかんのだろうが)
を本屋で見ると、日本文学盛衰史の「ラップで暮らした我らが先祖」の章をなんとなく思い出す。

844 :吾輩は名無しである:04/12/02 03:51:51
香山リカあたりだったらもっと嫌味ったらしい書き方してるだろうな。

845 :吾輩は名無しである:04/12/02 07:43:09
ひねった書評だ。
前面マンセーなら恋愛部分を重点に置くはずが
“その後”に含みを持たせてる。

846 :吾輩は名無しである:04/12/03 22:10:32
ブンガクから見たこの本の評価は大体このあたりが落とし所、
ということになるんだろうな。

実に妥当な評価だとは思うが、我らが源ちゃんが
文壇装置の一部としてしっかり組み込まれて動作しているのを
目の当たりにするようでちょっと複雑でもありますた。

847 :吾輩は名無しである:04/12/04 07:17:34
選考委員やってるし文壇装置としては今までも機能してたでしょ。

848 :吾輩は名無しである:04/12/04 10:31:24
もちろんそうだけど,こういうのがあるとはっきりと目に見える.

849 :吾輩は名無しである:04/12/06 01:30:03
初期3作は、想像力がないと読めませんよ。下等レベルの人間は手を出さないほうが懸命。

850 :吾輩は名無しである:04/12/06 01:37:54
舞城や中原なんか、ただのフォロアーだもんね。
こいうい系の人で、この人を超える人ってなかなか出てこないよね。

851 :吾輩は名無しである:04/12/06 01:52:35
これからはやっぱこいうい系だよな

852 :吾輩は名無しである:04/12/06 02:19:06
源ちゃんは意識的なフォロワーを
頭ごなしに否定するようなことはしないと思うよ。

みんな通って来た道と涼しく微笑んでそうだ。

853 :弧高の鬼才 ◆auSqARo302 :04/12/06 02:33:16
軽いようで重く、スカスカのようで緊密。中心と周縁が逆転したような発想。
初期三作で行き詰った後、いきなりカリスマ性が消えた。

854 :吾輩は名無しである:04/12/06 02:35:59
おっ、弧高の鬼才 ◆auSqARo302 だ
弧高の鬼才 ◆auSqARo302 =じゃに=基地外だよね

855 :弧高の鬼才 ◆auSqARo302 :04/12/06 02:38:44
基地外です、ジャニーズ系ではありません。高橋源一郎を超えます。数年後に。

856 :吾輩は名無しである:04/12/06 03:26:15
というか、「電車男」は自ら選んだんだろうか。
それとも目ぼしいのを先にとられてしまって、回ってきただけ?
……あまり関係ないかな。

857 :吾輩は名無しである:04/12/06 03:53:08
自ら選んだ、に一票。

境界領域は食わず嫌いせず自分の目で確かめるのが
源ちゃんの一貫したポリシーだし、
めったに貶さない源ちゃんが敢えて貶す時は大抵意識的にやってるからね。

858 :吾輩は名無しである:04/12/06 04:21:02

電車男なんか斬新でもなんでもない。貶すことすら不本意なほどの安易で幼稚な、

859 :吾輩は名無しである:04/12/06 06:43:49
でもそれは読んでみなきゃわからない。
それが源ちゃんの一貫したスタンス。

860 :吾輩は名無しである:04/12/06 17:22:05
筒井康隆と源ちゃんは対談したことあるの?
そもそも筒井は、源ちゃんのことをどう思ってるの?

861 :吾輩は名無しである:04/12/07 18:49:57
http://www.mammo.tv/column/TakahashiG/
既出?電車男について書いてるけど

862 :吾輩は名無しである:04/12/07 19:09:41
> それ故にこそ、「ウソ」だとしたら許せない、という「気持ち」も
> 強いようなのだけれとば。

をを、何と斬新な語尾。
源一郎5x歳にして新たなる日本語の領域への挑戦とば?

863 :吾輩は名無しである:04/12/07 19:11:23
しかしこれに限らず最近の源ちゃんは小ネタの使い回しが目立つね。
>>832-834な事情もあるんかいな、やっぱ。

864 :吾輩は名無しである:04/12/08 23:34:04
群像読んだ?

865 :吾輩は名無しである :04/12/08 23:49:02
群像買った。詠美との対談は面白そうだね。

866 :吾輩は名無しである :04/12/11 00:20:05
ジョン・レノン対火星人
http://music.yahoo.co.jp/rock/music_news/barks/20041210/lauent002.html

867 :吾輩は名無しである:04/12/11 11:27:36
ジョン・レノン、宇宙人と遭遇していた?

英国の有名なサイキック、ユリ・ゲラーが、70年代、ジョン・レノンから宇宙人に遭遇した
との話を聞かされていたと明かした。レノンは'75年、NYのアパートメントで寝ていたときに
宇宙人の訪問を受け、あるお土産をもらったという。

『Sunday Telegraph』紙によると、レノンはこの出来事をゲラーにこう説明したという。
「ヨーコとダコタ(レノンのNYのアパートメント)の寝室で寝てたら、突然目が覚めたんだ。
まぶしい光がドアの鍵穴から差し込んでるのが見えてさ。誰かがサーチライトを照らしてい
るか、アパートメントが燃えてるって思って。だから急いでベッドから飛び起きてドアを開
けたんだ。そしたら、そこに4つの生物がいたんだよ。小さくて昆虫みたいな生き物だった。
虫みたいな目と口を持ってて、ゴキブリみたいな動きで俺に近づいて来たんだ」

レノンはその時、ドラッグを使用しておらず、それらは間違いなくエイリアンだったと断言
したという。「薬でハイになってたわけじゃない。ハイになったことは何度もあるけど、あん
な変なもの見たことない。それに夢を見てたわけでもない」

レノンは、この生き物から卵の形をした物体をもらったが「こんな物は取っておきたくない」
と、ゲラーにそれを手渡したという。同紙は、その金色をした小さな物体の写真を掲載してい
る。レノンは、「これが他の惑星へ行くためのチケットだとしても、俺はそんなところへは行
きたくない」と話したという。

ユリ・ゲラーは、レノンが暗殺された時このことを思い出し、もしかしてレノンは自分に話して
くれた以上にこの物体が残された意味を理解していたのじゃないかと考えたという。

http://music.yahoo.co.jp/rock/music_news/barks/20041210/lauent002.html

868 :吾輩は名無しである:04/12/11 17:17:28
火星人だったのか?

869 :吾輩は名無しである:04/12/12 00:08:49
ジョン・レノン対奥田民夫

870 :吾輩は名無しである:04/12/12 16:47:53
SIGHT増刊で綿矢凄い、金原普通って言ってるんだけど。
以前新潮か何かの対談(島田と古井の)では金原のほうを評価してたと思うんだけど…

871 :吾輩は名無しである:04/12/12 17:32:03
綿矢はべつに好きじゃあないが
実際金原はいくらでも出てきそうだよな

872 :吾輩は名無しである:04/12/12 18:11:54
SIGHTの方が正しいだろう
金原はマジに救いようがない

873 :吾輩は名無しである:04/12/13 01:36:07
金原の二作目は通むけだよ。

874 :吾輩は名無しである:04/12/13 10:18:22
通ってどんなやつだよ

875 :吾輩は名無しである:04/12/13 12:25:08
とおる君

876 :吾輩は名無しである:04/12/13 21:48:17
源一郎氏、今週金曜PM10:〜のTBSラジオ「アクセス」に出るね。
90分オールバトルだそうだ。
どんなテーマでやるんだか。

877 :吾輩は名無しである:04/12/13 21:52:05
ナイス告知

878 :吾輩は名無しである:04/12/13 22:00:02
情報thx

879 :吾輩は名無しである:04/12/14 09:56:14
>>876
イラクに行った若者

880 :吾輩は名無しである:04/12/14 15:14:11
昔の源ちゃんなら
「そういう難しいことはわからないから大江健三郎さんに聞いてください」
とでも言って済ませたんだろうけど。

881 :吾輩は名無しである:04/12/14 15:38:38
週間アスキーに出てたよ。
競馬ソフト(!)の紹介してた
なんか老け込んだような・・・。

882 :吾輩は名無しである:04/12/14 22:19:45
(!)つーか、競馬関係が最大の収入源なんじゃなかったっけ

883 :吾輩は名無しである:04/12/14 23:52:53
いや、競馬ソフトつーもんがあることに驚いたんですけど・・・。

884 :吾輩は名無しである:04/12/15 00:19:32
龍スレより

 SIGHT別冊
 『日本一怖いブック・オブ・ザ・イヤー2005』
 ――日本を代表する辛口批評家が厳選したジャンル別「読み得」XX冊!
 『13歳のハローワーク』について高橋源一郎と斉藤美奈子の対談がある。
 方向としては批判的。

 http://www.rock-net.jp/book/book2005.html
 (対談の内容が書かれているわけではない)

885 :吾輩は名無しである:04/12/15 02:16:49
17(金)は、作家の高橋源一郎さん。
         恒例の「90分オールバトル!」です。
         イラク人質事件をきっかけに、日本がどう変ったのか
         みなさんとバトルトークします。お楽しみに。
ttp://www.tbs.co.jp/ac/info/main.html

ナビは麻木久仁子と藤井誠二なんだよね……。

886 :吾輩は名無しである:04/12/15 08:37:20
源ちゃんも政治、語っちゃうのかあ。

887 :吾輩は名無しである:04/12/15 11:39:14
13ハロワ批判は読まずとも何を言いそうか大体わかるな。

電車男と同じで、「それでも」ちゃんと論評するのが
源ちゃんの流儀つーところか

888 :吾輩は名無しである:04/12/15 20:13:11
文学界のニッポンの小説第一回結構面白い。

なんか語り口にだまされたようなきもするけど

889 :吾輩は名無しである :04/12/15 22:25:00
あれ英語で喋ったのかね。凄いね。

890 :吾輩は名無しである:04/12/16 00:37:38
誰だって政治を語るべきなんだよ。自分のスタンスで。政治を語らないところに逃げ込むべきだと言いたいのかね。

891 :吾輩は名無しである:04/12/16 00:52:40
それはちょっと違うな。

誰もかれもが政治を語る状況というのは誰も政治を語らない状況に限りなく近い。
そのことを源ちゃんはちゃんと知っているはずだし、
源ちゃんをある程度読んだ人間なら彼がそういう考えなのも知っているはずだ。

それでもこんなやり方で語らねばならぬ状況というのは
他ならぬ文学全体の衰弱であることも源ちゃんは間違いなく知っている。
苦虫を噛み潰したような表情をしていることだろう。

892 :吾輩は名無しである:04/12/16 08:28:22
日記に
「明治学院大学に来年からお世話になる」
とあった。
教員になるってこと?

893 :吾輩は名無しである:04/12/16 09:21:41
客賓教授か非常勤講師でしょう。

894 :吾輩は名無しである:04/12/16 10:30:05
この人、大学卒業してるんだっけ。


895 :吾輩は名無しである:04/12/16 10:39:23
横国中退じゃなかったけ?

896 :吾輩は名無しである:04/12/16 15:48:48
女席

897 :吾輩は名無しである:04/12/17 22:05:24
アクセス出てるぞ

898 :吾輩は名無しである:04/12/17 22:12:10
http://live15.2ch.net/test/read.cgi/liveradio/1103223742/l50

899 :吾輩は名無しである:04/12/21 01:40:09
「群像」での高橋との対談で、詠美が「文学界新人賞に応募して何度も落とされた人が、
デビューして、それから大きな賞も取ったんだけど、そしたら文学界で落とされた作品に
手を入れただけで発表している、そういういい加減さ、許せない」って言ってたけど、
その作家って誰だろう?モブ?

900 :吾輩は名無しである:04/12/21 02:44:21
正確に思い出せないけど、「習作」という言葉を使って
899とほぼ同内容のことを書いた文章に最近当たったな。

特に誰ということのない一般論なんじゃないの。

901 :吾輩は名無しである:04/12/21 03:52:14
>899

ハニロウたんが、金城一紀だ、と言ってたよ。

902 :吾輩は名無しである:04/12/22 00:01:44
>>900
いや、なんか、「名が知られてますから」とかいって、サングラスで顔隠してやってきたり、
とか、特定の誰かを言ってる様子だったよ。

>>901
そうなの?

903 :901:04/12/22 09:54:18
>902
ハニロウたんに訊いてくれ。
ヤツは創作文芸板の純文学賞関係のスレでウロチョロしてる。

904 :吾輩は名無しである:04/12/22 16:33:23
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1045291511/
このスレにその事欠いてあった気がするけど


905 :渡部直己:04/12/23 17:33:30
辻のコソドロ小説を紹介するのに原稿用紙6枚もつかいおって
この池沼がw



906 :吾輩は名無しである:04/12/26 00:56:49
既出かもしれんが、こんなの見つけた。
http://www.mammo.tv/interview/158_TakahashiG/

907 :吾輩は名無しである:04/12/26 08:53:14
昔は熱心な信者もとい読者だけが知ってたよーなことも
最近は本人様がべらべら喋っちゃうからなんかちょっとつまんない。

908 :吾輩は名無しである:04/12/26 08:54:45
(単にメディア露出の機会が増えたというだけかな)

909 :吾輩は名無しである:04/12/27 09:32:07
ジョンレノンの前に小説一本書いてるんだねえ。
今まで聞いた話だとラジオで発奮していきなり書き上げたのがレノンって
いうことだったけど。

910 :吾輩は名無しである:04/12/27 09:45:24
> 高橋源一郎スレPart4 自分語りはいいかしら
敢えて「ダメー」と言ってみる

911 :吾輩は名無しである:04/12/27 22:27:51
トリッパーで言ってたね。
幻の処女作『夏の最後の光』だっけ。

912 :吾輩は名無しである:04/12/28 00:33:25
『夏の最後の光』
1969年4月、一人の青年が桜の花が散る長い丘を登っていく。頂上の固く閉ざされ
たバリケードからは、夢の囁きのようにシュプレヒコールの声が聞こえていた。炎の季節
に彷徨する青年たちの愛と苦悩のドラマはやがて、悲劇的なクライマックスを迎えるのだ
った。「全共闘」世代が書いたもっともロマンチックな恋愛小説として、同時に幻の小説
としても有名(?)な作品である。幻のわけですか?それは、僕の処女小説だからです、
はい。こんな感動的な作品はもうかけませんな。この六百枚(!)の長編は、今もどこ
かの出版社の倉庫に「なんとか新人賞の落選作品」として保管されている(かもしくは破
棄されている)のではないでしょうか。こんなのが見つかった日には街を歩けませんぜ。

初出はおそらく、マリ・クレール。
以前角川文庫から出ていた『恋愛小説の快楽』に再録。

913 :吾輩は名無しである:05/01/01 18:36:16
小説を書くために川端康成や三島由紀夫を読む必要は
ありません。古典を読む必要はないのです。

源ちゃん、三島は古典じゃないような・・・。

914 :吾輩は名無しである:05/01/01 20:43:34
今の時代の忘却のペースを考えれば、
死後10年経って一応残ってれば立派な古典つーことだぃね

915 : 【凶】 :05/01/01 20:44:01
源ちゃんの今年を占っておこう

916 :吾輩は名無しである:05/01/01 20:49:40
ありゃ、源ちゃんスマソ

917 :吾輩は名無しである:05/01/03 13:57:52
こいつクサチュー文字を見て「新しい文学の誕生」みてーなこと言ってたぞ。大丈夫か。

918 :吾輩は名無しである:05/01/03 16:30:29
文字?

919 :吾輩は名無しである:05/01/03 23:16:35
「さようならギャングたち」のどこに詩が詰まってるの?
本人自ら、そういってたんだけど。勝手に詩だと思い込んじゃったのかな?
相田みつをの方がまだ、ポエジーあるよね。

920 :吾輩は名無しである :05/01/03 23:39:28
久々に2chで噴いた

921 :吾輩は名無しである:05/01/03 23:39:36
噂のベーコンってどうなったよ?

922 :吾輩は名無しである:05/01/05 07:27:04
『恋愛と性交に関する』出ますね。

923 :吾輩は名無しである:05/01/05 11:24:54
この人信用しないほうがいいよ
小説は全く面白くないしね

924 :吾輩は名無しである:05/01/05 11:36:02
信用する信用しないの問題じゃないだろ文学ゎ!

925 :吾輩は名無しである:05/01/05 11:40:02
そー十こ”ょ そー十こ”ょ

926 :吾輩は名無しである:05/01/05 12:10:21
なんで岩波と仲いいの?

927 :吾輩は名無しである:05/01/05 22:48:48
最近の源一郎と加藤典洋って、なんか凄く胡散臭いよ。
やヴぁい、なんかやヴぁい。
他に声のでかい作家・批評家が出てこないと、ほんとうにやヴぁいと俺は思うんだよ。

928 :吾輩は名無しである:05/01/05 23:07:58
何でも褒めちゃうから淀川センセ的に褒めてるフリして貶してるだけだと思ってたら
本当に加藤と仲良いし、中沢褒めちゃうし、うーん

929 :吾輩は名無しである:05/01/06 06:15:02
>>927
同意。

930 :吾輩は名無しである:05/01/06 14:27:56
村上龍・柄谷行人コンビが死んで久しいからな

931 :吾輩は名無しである:05/01/06 17:49:15
…なんだそれは

932 :吾輩は名無しである:05/01/06 17:49:54
スガ・渡部が中年性退行病で68年にトンだまま帰ってこないから、彼らの天下なんでしょう。
でも、源一郎先生も、対談しまくったり若手作家の取り込みを計ったりする前に、
創作のほうをもう少しどうにかしないとまずいのではないかしら。
『同時多発エロ』は、毎回読んでいたわけではないけど、非常に危険な匂いがしていました。
『性交と恋愛にまつわる〜』は連載時にスルーしたいたので、単行本が出たら買いますけどね。
まあ、どんなもんでしょ。

933 :吾輩は名無しである:05/01/06 21:48:34
性交と恋愛って「唯物論者の恋」でしょ。あれ、お薦めできない。
同時多発エロのほうがはるかに良作だと思うよ。

934 :吾輩は名無しである:05/01/07 01:58:45
加藤典洋は、確かにいい加藤のときと悪い加藤のときがあるけど、
「ギャング」の文芸文庫版解説は、本当に見事だったと思うよ。
あれのためだけに、文芸文庫版を買い直しても損はないと思うくらい。
少なくとも、加藤典洋は高橋源一郎の最大の理解者だと思うけれどもなぁ。

ただ、加藤が竹田青嗣を褒めるのはどうにかして欲しいと思うけど。

935 :吾輩は名無しである:05/01/08 00:54:48
今日ブクオフで講談社文庫版の「さようなら、ギャングたち」発見。
文芸文庫版持ってるけど買っちゃった。

936 :吾輩は名無しである:05/01/08 19:28:38
俺は竹田が加藤を褒めるのをどうにかしてほしいよ。

937 :934:05/01/08 21:05:04
>>936
え?
竹田青嗣には、加藤を褒めること以上に
どうにかして欲しいことが多すぎるような気がするのですが。
って、スレ違いだからこの話は置いといて、

同時多発エロの第2部って、
ひょっとしてジャンプの第1部完と同じで、
待っていても、永遠に来ないのでしょうか?

938 :吾輩は名無しである:05/01/09 22:02:47
ペンギン村に陽は落ちて
っていう作品は、キャラクターの二次使用料とか払ったの?


939 :吾輩は名無しである:05/01/09 22:55:33
韓国版ジョンレノン!!!!!!

940 :吾輩は名無しである:05/01/09 23:05:38
ペンギン村に陽は落ちて
っていう作品は、キャラクターの二次使用料とか払ったの?



941 :吾輩は名無しである:05/01/09 23:21:42
ペンギン村に陽は落ちて
っていう作品は、キャラクターの二次使用料とか払ったの?
ペンギン村に陽は落ちて
っていう作品は、キャラクターの二次使用料とか払ったの?

ペンギン村に陽は落ちて
っていう作品は、キャラクターの二次使用料とか払ったの?













942 :吾輩は名無しである:05/01/10 01:05:08
あげ

943 :934:05/01/10 01:07:12
>>937
言ってるそばから、本人の日記によると、第2部の打ち合わせを群像の編集者としたようです。
具体的な日付は出ていないけれども、4月頃に再開か?

944 :吾輩は名無しである:05/01/10 01:39:22
>>943
ペンギン村に陽は落ちて
っていう作品は、キャラクターの二次使用料とか払ったの?


945 :吾輩は名無しである:05/01/10 02:24:34
>>944
俺が変わりに払った。

946 :吾輩は名無しである:05/01/10 06:23:49
オレが変わりにもらった。

947 :吾輩は名無しである:05/01/10 11:46:52
ほんとつまんないよな。こいつ。
存在理由がよくわからんよ。

948 :吾輩は名無しである:05/01/10 13:29:38
【二次使用料】高橋源一郎Part5【払った?】



949 :吾輩は名無しである:05/01/10 15:18:04
990くらいまで新スレはイランだろ

950 :吾輩は名無しである:05/01/10 20:43:34
書評は一番多く読んだヤシが一番プレザンスも大きくなるのが当然。
声だけ大きい不読書評子なんぞ(゚ ゚)イラネ

951 :吾輩は名無しである:05/01/18 20:37:04
この人失語症だったとき
本読んでたの?

952 :吾輩は名無しである:05/01/18 22:06:27
新作面白いぞ。誰も読んでないの?

953 :吾輩は名無しである:05/01/18 22:57:15
おもしろくもなんともない。

954 :吾輩は名無しである :05/01/19 00:41:48
書名を教えてください

955 :吾輩は名無しである:05/01/19 02:42:44
>>954
『性交と恋愛にまつわるいくつかの物語』

956 :吾輩は名無しである:05/01/22 19:57:29
(・∀・)今日は詩のボクシングでつよ。

ttp://www.nhk.or.jp/etv21c/index2.html

957 :吾輩は名無しである:05/01/23 10:17:38
死のボクシング、チョーツマラン

958 :吾輩は名無しである:05/01/23 11:51:21
詩なんか書けないじゃん。この人。無駄に長いし。はやく消えてくれないかね。

959 :吾輩は名無しである:05/01/23 13:44:56
市のボクシングは谷川vsねじめ10回戦とかの方がいいな。
あれじゃキャラ立ちコンテストだ。

源ちゃんがほとんど映ってないのが笑えた。内心「失敗だー」と思ってるな

960 :吾輩は名無しである:05/01/23 14:25:42
詩のボクシングって見たこと無いけどなんかすごく寒そう・・

961 :吾輩は名無しである:05/01/23 18:45:29
チャンネルをポチポチ替えてるときに少し見たことあるけど、逃げ出したくなるような寒さだった。
あれは詩とは言えないでしょう。>>959の谷川vsねじめ10回戦なんかだったら洩れもハゲシク見たい。

962 :吾輩は名無しである:05/01/23 18:55:31
昔、ねじめと谷川対決があったよね。
掟破りの、谷川の「うんこ」で、谷川の勝利だったような。

絶対無理だけど、ガチンコに、荒川洋治vs平出隆、
あるいは荒川洋治vs稲川方人なんて、面白いかも。

詩と言えば、現代詩手帖の高橋源一郎特集に載ってた詩、どうだった?
なんか買う気がしないので読んでないのだけれども、
近所の本屋にあったから、面白いならば買うんだけれども。

963 :吾輩は名無しである:05/01/23 21:11:28
『日本文学盛衰史』読んでいて、「改行すると何でも詩に見える」というくだりを目にしたときは、
このおっさん、胃潰瘍ではなくて何か別の病気に罹ってしまったのではないか、と本気で心配になった。
「現代詩手帖」の詩や『同時多発エロ』は、ポストモダン小説家としての倫理観の表れと読めないこともないが、
そういうふうに読むのはよほど高橋に好意的な人だけなのではないか。

964 :吾輩は名無しである:05/01/23 21:18:38
>>962
現代詩手帖は買うことないと思う。持ってるけど。
しりあがりのまんがだけ立ち読みして来ればいいんじゃあないか

965 :吾輩は名無しである:05/01/23 21:32:32
現代詩振興のために源一郎が役立つなら利用してくれればいいんじゃない、
というくらいかな。
本人は自分が詩人じゃないっつー認識はかなり強く持ってると思う。
「改行すると。。。」というのはその裏返しだな。

手帖は確かに大したこと書いてないけど、
書誌が便利だし後になると手に入りにくくなるだろうから
読者なら買っといてもいいと思うよ。

966 :吾輩は名無しである:05/01/24 19:17:35
ひどいよう、ひどいよう「性交と恋愛にまつわるいくつかの物語」読み始めた
けど、なんだか「ゴヂラ」「君が代は千代に八千代に」と同じニオイがするよ。

きっと駄目だとわかりながら買ってしまったのに、やっぱり駄目さを確認する
結果になっちゃったよお

もう書評以外は駄目なのかなぁ…

967 :吾輩は名無しである:05/01/25 01:01:20
>>966
ラストがちょっと面白いぞ。
人称を効果的に使っていいかんじ。

968 :吾輩は名無しである:05/01/25 01:04:12
>>963
いや私はあなたのほうが心配だよ。
それは「詩」とか何かを考えすぎた果てにそんなことすら思ってしまったっていう文脈だろうに。

969 :吾輩は名無しである:05/01/25 01:09:50
源ちゃんの「裏返し」のやり方については手帖で誰かが巧妙に論じてたな。

970 :我輩は名無しである:05/01/25 11:03:10
源ちゃんの日記、ここずっと更新されていないけど、体調でも悪いのですか。
年末から風邪だの歯痛だのひどい捻挫で松葉杖だの、ヨレヨレだったので
子育てて、疲れているみたいだし、どうなったんでしょう。

971 :吾輩は名無しである:05/01/25 15:57:28
高橋はやはり量産体制をとり始めてから一気に落ちたな

972 :吾輩は名無しである:05/01/25 16:07:06
971はゴースト>>聖水史とでも言いたいのだろうか

973 :吾輩は名無しである:05/01/25 21:50:16
「ゴースト」も「盛衰史」もともに糞だろ?
それでもゴーストのほうが「書けないかもしれない」という切迫感がエクリチュールに反映されているぶんまだしもましかもね。
「盛衰史」の最悪の感傷性、ほんとうに「ギャング」「火星人」と同じ作家の手によるものとは思えない。

974 :吾輩は名無しである:05/01/25 22:25:13
量産体制っていつ頃からはじまったの?
それまでは寡作だったんでしょ。
高橋さんみたいにやたら本読んでいる人でも書けなくなる事あるの?
それとも読みすぎるから書けなくなるのかな。

975 :吾輩は名無しである:05/01/25 22:36:29
そこらへんの事情も手帖に書いてあったと思うぞ。

大したこと書いてないと言ったが、
作品はほとんど読んでるちう人以外にとってはそうでもなかったかも。

976 :吾輩は名無しである:05/01/25 22:43:35
「感傷性」を言うならギャングなんてその最たるものだろーに。
それとも良い感傷性と悪い感傷性があると言いたいのかしらん?

977 :吾輩は名無しである:05/01/25 23:11:02
『日本文学盛衰史』の業界での評判はどうなんだろ。
加藤典洋ぐらいしか取り上げている人見たことないや。

978 :吾輩は名無しである:05/01/25 23:40:34
福田「最低」
スガ「俗情との結託」
蓮實「責任とる気あんの?」

979 :吾輩は名無しである:05/01/25 23:56:47
批評の領域に踏み込まれるのを嫌った、縄張り意識的な反応が多かったね。
「こっちに来るなら話は別よ」みたいな。

980 :吾輩は名無しである:05/01/26 07:41:42
でも、浅田は誉めてた。

981 :吾輩は名無しである:05/01/26 07:49:32
this room "ghost in shell"?

982 :吾輩は名無しである:05/01/26 07:50:34
or earnest education?

983 :吾輩は名無しである:05/01/26 08:05:41
now Im working today^^ understand? and its to free^^
chara chara chara..................

984 :吾輩は名無しである:05/01/26 13:23:13
四月から明学の教授

985 :吾輩は名無しである:05/01/26 13:29:14
>>984まじで?
大学は小説家・批評家の救済装置でんな。

986 :吾輩は名無しである:05/01/26 13:45:04
>>934
まじすか? 関東ならまぎれこめうわなにをする亜wせdrftgyふじこlp;@

987 :吾輩は名無しである:05/01/26 15:54:16
あれって、非常勤講師じゃなくて本式の教授だったの?

988 :吾輩は名無しである:05/01/26 23:28:50
というか、文学の研究者がだらしないんだよ。
源一郎のほうがずっと勉強はしてるよ、勉強は。

989 :文学評論家:05/01/27 00:53:46
だって文学は終わったのだから、
今更小説なんて読めないよw

990 :吾輩は名無しである:05/01/27 01:05:25
そこで笙野さんの登場ですよ

991 :吾輩は名無しである:05/01/27 10:04:11
まあタケシと同じ暗い胡散臭いな

992 :吾輩は名無しである:05/01/27 14:23:01
たけし、永井ごう、に比べて、なんとしょぼいんだろう。

993 :吾輩は名無しである:05/01/27 17:48:33
そろそろ次スレを立ててくれー。
スレタイは新作をもじって、

高橋源一郎と著作にまつわるいくつかのレス Part5

が、いいんじゃなかろうか。そいでもって、

高橋源一郎の公式HP
http://www.funk.ne.jp/~gen1rou/index.html/

を、初心者のためにもテンプレにリンクしといてー。

994 :吾輩は名無しである:05/01/27 20:28:32
【明大教授】をスレタイに入れて波瀾のスレにするのもまた一興

995 :吾輩は名無しである:05/01/27 21:54:08
大学教授かあ。
なんか源ちゃんも権威の人になっちまったな。

996 :吾輩は名無しである:05/01/27 21:58:16
教授になって小説が良くなった作家ってあまり思い付かないんだよなあ。
例外になってくれるといいんだけど。

997 :吾輩は名無しである:05/01/27 22:58:49
次スレたてました。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1106834140/


998 :吾輩は名無しである:05/01/27 22:59:52
>>997

999 :吾輩は名無しである:05/01/27 23:17:06
このスレの後半は異様に平和だったなあ

1000 :吾輩は名無しである:05/01/27 23:17:47
最近の2ちゃんはdat落ちスレの>>1>>1000だけ表示するようになったので
1000には役に立つことを書こう。

次スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1106834140/

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

224 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)