5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【重力】vs【反重力】part2

1 :吾輩は名無しである:04/06/22 22:00
瓦礫の時空をくつがえす重力スレッド、再創設!

2 :吾輩は名無しである:04/06/22 22:06
終わろうよ
もういいでしょ


終了

3 :吾輩は名無しである:04/06/22 22:07
まあいいじゃん。荒らされない程度にやっとくれ

4 :吾輩は名無しである:04/06/22 23:36
じゃ、重要資料からね。まず読書人でのオマイラ批判。

多分彼は、「重力02」や地域通貨QのWEB上で僕が書いた文章
(「京都オフライン会議議事録・西部柄谷論争の公開」)を読んで
いて、柄谷(行人)批判やNAM批判はやめろ、と言いたかったんじゃ
ないですか。でも、僕は相手の発言や行動に異議を述べているだけで、
人格については元から当てにしていません。もちろん、他人を傷つけ
る大騒動を起こした以上、公開の場でそれを総括する義務を免除は
できないですが、僕が書く前にNAM会員が自主的にやる勇気があれば、
それが一番よかったんです。


5 :吾輩は名無しである:04/06/22 23:38
もう少し言うと、僕が本当の標的にしているのは、物書きとその
消費者、一般的には知識人と大衆がもたれ合っている相互依存的
構造です。柄谷さんでも誰でも、大衆批判をやる人はたくさんい
ますが、それだけで自分が読者と癒着していない証拠にはならない。
ゴダールや柄谷が好きで、自分も大衆批判者だと錯覚している連中
こそ、今日の典型的な「大衆」だからです。デマを広めたり、扇動を
やる時に彼らに頼るなら、結局自分が一番大衆に色目を使っている
ことになる。

6 :吾輩は名無しである:04/06/22 23:38
周辺にいた文化人も相変わらずで、浅田(彰)さんが典型ですが、
状況を打開する義務がある人が都合よく傍観者を気取ってゆく。
相手が誰でも、暴走する連中がどんなに多くても、ここ一番で自分の
勉強を無意味にする黙認は僕にはできません。だから、知里を直接
扱って感傷的になるより、今の自分の文章の方が、彼や大西さんの
仕事を本当の意味で生かせていると思います。

7 :吾輩は名無しである:04/06/23 00:00
島田の『天国が降ってくる』を「三文小説」と言い切った批評家が、
阿部の『インディヴィジュアル・プロジェクション』を
「すばらしい小説」と評するとは意外。
鎌田氏の目取真評は没になったらしいが、
各文芸誌はその手の没原稿(あまりに掲載不可な!)
だけ並べれば、
現状のような読みどころのないものにならずにすむ。

8 :吾輩は名無しである:04/06/23 00:36
>>4
>じゃ、重要資料からね。まず読書人でのオマイラ批判。

コイツは白痴だな(w


9 :吾輩は名無しである:04/06/23 07:20

いやありがたいよ。
スレの一番上にバカどもの屍骸がころがっとる感じ。

>ゴダールや柄谷が好きで、自分も大衆批判者だと錯覚している連中
こそ、今日の典型的な「大衆」だからです。

10 :吾輩は名無しである:04/06/23 10:22

この過剰に臭う関西弁の田舎親父
いったい何物なんだ?(爆

誰かこのキモイ田舎モンをなんとかしてくれ

11 :吾輩は名無しである:04/06/23 14:36

おや、NAMはおろかチンケな同人誌にもきられた
ピエさんかい
哀しいのお
じんせいいろいろ

12 :吾輩は名無しである:04/06/23 17:41
いいから田吾作 過剰反応だけはやめろ
おまえの身のためだ

よく聞けよ。誰もが億劫で直接云えない事をあえて教えてやってるんだから
おまえは存在自体が臭いんだよ モードーしよーもなくな
これは言葉で説明したり医者の治療で臭いの元を取れるとかいうシロモンでもない
田吾作の宿命のようなもんだよ。
元から臭い奴が過剰な化学反応を引き起こしたらどうなる
密室の中でおまえが屁をこいたらドーなる?皆が死んでしまうだろう
川の中に砒素がまかれたら
魚たちが大量に腹を上にして水の上に浮き上がってる・・・
よく想像してみろ
ジョンレノンに倣ってそれをイマジンと呼んでやってもいいだろう

13 :吾輩は名無しである:04/06/23 18:46
>ピエはん重力に何投稿したん?

これホント?
もしそうなら三ツ野以下か・・・・・・・・
この人達は本当に哀れだね。

14 :吾輩は名無しである:04/06/23 18:48
つまりな、 :04/06/22 19:02
重力で有名になろうとしたが投稿ボツになり、
そんこと怨んでNAMと重力は変らん説を出したんが
栗原はんなんよ。

NAMに切られ、同人誌にも無視され・・・・・・
悲惨やね。

15 :吾輩は名無しである:04/06/23 18:54
このスレはこれから田吾作とフマのダブルパンチスレッドになりますた(w

16 :吾輩は名無しである:04/06/23 19:09
                \ │ /
                 / ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< ばんばんばんばん!
                 \_/  \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∩∧ ∧∩\( ゚∀゚)< 万万!万万!万万!万万!
ばんばん〜〜〜〜! >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /
                    ̄



17 :吾輩は名無しである:04/06/23 19:17
わいはフマさんほどひどくはないで。
まあ人生いろいろ、関西弁親父もいろいろや。
ピエはん、くじけたらあかん。
明日に向かってがんばりいや。

18 :吾輩は名無しである:04/06/23 20:55
はっははは

19 :吾輩は名無しである:04/06/23 21:14
関西親父けっこーいいとこあるやんか
気にいったで。

20 :吾輩は名無しである:04/06/23 21:22
おらもきにいったで、関西親父

21 :吾輩は名無しである:04/06/23 21:52
ピエは文章ながいし、余裕が欠けてるんだよね。
親父さん、今後も楽しく読ませてもらいます。

22 :吾輩は名無しである:04/06/24 09:56
道民おれは同情せんぞ
いままでおまえが他人に対してやってたことト同じこと
やられてるだけなんやから

 が ん ば れ よ w

23 :吾輩は名無しである:04/06/24 12:58
>19
同意

24 :吾輩は名無しである:04/06/24 13:40
みんなおおきに。
これからも全日本プロレスみたいに、
明るく!楽しく!激しい!投稿をみせたるで!


25 :吾輩は名無しである:04/06/24 13:45
なんで業界ゴロみたいな香具師って、知識はあるのにデビューできないの?
2ちゃんを見ているとほとんどの批評家が駄目なことになるじゃん。
ならさっさと批評書いてクズを蹴散らせばいいのに。

26 :吾輩は名無しである:04/06/24 13:56
>>25
2chで数行の文章を書いて誰かを批評する能力<<<<そこそこのレベルでもまとまった文章を書いて何かの主張を打ち出す能力
だからだと思うよ。
しかし2chには、この大前提を分かってないやつが多すぎるような気がする

27 :吾輩は名無しである:04/06/24 13:59
そして重力読者には特にそういう人が多いように見受けられるね。

28 :吾輩は名無しである:04/06/24 14:37
ピエのボツが話題だが、重力WEBでは三ツ野ともうひとり杉田がNAM会員だろう。
確率三分の二は高すぎる。しかも年齢とか働いてるかどうかで決めてる感じ。
大杉も批判してたけど、鎌田はしつこくNAMの悪口を言う割りに最後は
救済しちゃうんだよね。そこが甘くて歯がゆい。

29 :吾輩は名無しである:04/06/24 14:49

鎌やん友達おらんせいかな
さびしー

30 :吾輩は名無しである:04/06/24 19:21
鎌田だますのカンタン
おめめウルウルでひたみきに生きてるふり
あと自己批評ズキだからうジブンらの世代批判でも一席ぶってみ
オレこれで酒オゴテもらた

31 :吾輩は名無しである:04/06/24 20:15
ズルイ奴ほどよく流通する。
これが文壇の歴史的伝統なんだよ。

32 :吾輩は名無しである:04/06/24 20:23
あんたはあんたでひがまんでええがな
ボツにされた位でなw

33 :吾輩は名無しである:04/06/24 20:42

これわいのニセモンやで。誰や?
あんたらピエはんひとりに辛くあたったらあかんで。
ともあれ30オモロイ。
鎌やん手玉にとられたとこ目に浮かんでくる。

34 :吾輩は名無しである:04/06/24 20:58
すがはいいよね

35 :吾輩は名無しである:04/06/24 21:00
フマとかヤバイのがいっぱいいるからね。。。w


36 :吾輩は名無しである:04/06/24 21:03
>>30みたいな構造的性質
構造的欺瞞のことを指して、真に
「大衆とのもたれ合い構造」
に至る根源的ダメダメ性といえるな

37 :吾輩は名無しである:04/06/24 21:57
30やるね。
ぴえはそこまでもいけなかった。。。w

38 :吾輩は名無しである:04/06/24 22:08
>30
これホント?
ピエも哀れだけど、鎌田も鎌田でお人よしすぎるんじゃ。

39 :吾輩は名無しである:04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね

40 :吾輩は名無しである:04/06/25 01:36
あくまで噂だが、鎌田の性格の弱さは昔西部を許した経緯にも現れていると
いえるな。二人がケンカし続けてれば、NAMに大迷惑はかからなかったはず。

41 :吾輩は名無しである:04/07/04 02:58
■ 【鎌田哲哉氏ティーチイン】
 「すまん。若くなくて、ごめん」

泣けました。弱さがはみ出てるのが好きでした。

以下 めもらんだむに

「本に読まれたくない。」「日曜は競馬してたい。」

西野氏のアチェリーとスーフリの関係性に足をすくわれた思いになりました。

他者をいいはなった瞬間に、自分の組織のうちっかわの責任解除になった気に
なるアリバイ工作。

       精神の習慣性 同質性の膨張

       テンションが張り詰める議論、そのものについては保留。


42 :吾輩は名無しである:04/07/04 04:23
↑これは何のレポ?

43 :吾輩は名無しである:04/07/04 18:47
>そこそこのレベルでもまとまった文章を書いて何かの主張を打ち出す能力

こんなものは現在必要とされていない。
WEB重力の文章最後まで読めますか?
確かに無理矢理「まとまった文章を書いて何かの主張を打ち出」したような形式だけの中身のない文章を
苦痛を厭わず綴ってしまって恥ずかしげもなく公表するのはある種の「能力」が必要かもしれませんが。
その主張っていうのは自己主張以外の何ものでもないじゃないですか。
それ以外のものがあるならぜひ教えてほしいですね。

44 :吾輩は名無しである:04/07/04 18:53
>>43
何をたて突いているのか良く分からんが
自己主張ならだめなのか?
どんなに客観性を装った文章でも、署名入りの
まとまった文というのは何らかの「自己主張」がないと
論文にならない。小説とかフィクションは別だが。
自己主張は俺には強すぎる言葉に思えるが、まぁ、
メッセージということだよな。
それから2chと対比されているのは
web上の文とかではなくて、活字になった文章
のことだろう?

45 :吾輩は名無しである:04/07/04 19:14
なんか自演くさいなw

46 :44:04/07/04 19:16
ちがうよ

47 :吾輩は名無しである:04/07/04 19:17
そうなの?だったらいいが

48 :吾輩は名無しである:04/07/04 21:30
「自己主張」というのは、「まとまった文章を書いて何かの主張を打ち出す能力」の「何か」が「自己」でしかないことを指している。

その「自己」が「主張」に足る器量を備えているなら特に文句はない。
が、現状は主張をすることに酔う「自己」以上のものを表現していない。

それなら主張をすることに酔いようのない署名なき2ちゃん的な言説の方がマシということ。

それに従来の出版資本主義上のフォーマットで「主張」に足る「何か」があるのか?

要するにゴッコ遊びにしか見えないわけ。

49 :44:04/07/04 22:22
>>48
>が、現状は主張をすることに酔う「自己」以上のものを表現してい
>ない。

了解。矮小なナルシス的な自己を吐露するにすぎない「自己主張」を
断罪したいわけね。まあ、世の中にはその種のクズ出版物が溢れかえっ
ているので、そういうものに比べれば、2ch的な落書きを読み飛ばして
いた方が気晴らしになる、というのは分かるよ。

でもまぁ、しかしナルシス的な自己吐露以上の「主張」もまた
世の中にはあると思うし、そういうものは2chやweb上に皆無とは
言えないだろうが、基本的には商業ベースに乗った出版物のうちに
見いだされる確率の方が圧倒的に高いのではないか。
というのは、少なくとも編集者等々の様々な関門を掻い潜って
商品として世に送り出されるわけだからさ。

そういう意味ではとくに2chがマシとは思えない。
常識的な意見だとは思うが。

50 :吾輩は名無しである:04/07/04 22:39
>ナルシス的な自己吐露以上の「主張」もまた
>...
>基本的には商業ベースに乗った出版物のうちに
>見いだされる確率の方が圧倒的に高いのではないか。

俺はそれが崩れてきていると思う。
『重力』がまさにその崩壊の一現象だし、「商業ベースに乗った出版物」にもそれを見い出しにくくなってきている。

ナルシス的な自己吐露以上の「主張」が必ずしも「編集者等々の様々な関門を掻い潜って商品として世に送り出される」必要がなくなっているから。

ただ、ネットの膨大なアーカイヴの中からそれを探すのは困難なことは頷けるけどね。

51 :吾輩は名無しである:04/07/05 21:37
>42
ttp://d.hatena.ne.jp/kitekiseru/20040702

オレも行った。
コイツ信頼できると素直に思った。

52 :吾輩は名無しである:04/07/07 02:11
大隈行動の話だな

53 :吾輩は名無しである:04/07/19 05:46
鎌田さん、なんかこっそり早稲田で教えてるし…。
だれか、講義受けてないの?


54 :吾輩は名無しである:04/07/21 05:35
まじでどういうこと?早稲田で勉強会みたいのしてるの?

55 :吾輩は名無しである:04/07/21 09:22
文芸選択演習 2 A
副題 批評の持続について
担当教員名 鎌田 哲哉
学部 第一文学部 系列種別 選択演習科目
単位数 4 配当年次 2年以上
学期・曜日・時限 通年 土5時限
講義内容 近代批評の基礎文献を読む。詳細は未定だが、都合の悪い過去
を平然とリセットするエートスに、持続的に敵対しうる批評活動の検証
を目標とする。授業は担当者の報告と討論を中心に進行するが、人数
次第で講義中心に切換える場合がある。やる気のある者だけが来てくれ。
現代文学おたくや批評おたく、特に「過去」のお勉強をむやみに好んで
「現在」の自己のあり方を再審に付す勇気を欠く者は、絶対に当演習
をとるべきではない。

56 :吾輩は名無しである:04/07/21 10:05
↑完璧な悪文だと思うな
この自己照会文は

57 :吾輩は名無しである:04/07/21 10:08
柄谷行人のネガティブなスタイルだけそのまま踏襲したのが
鎌田のスタイルだと思われ。
しかしこれには決して中味は伴わないですよ。
何故ならば彼の場合は本を知らないし
読んでもいないし、教養的にも凝り固まっているのだと思う。

58 :吾輩は名無しである:04/07/21 10:17
まず「68年の中ではアルチュセールが一番好きだ」とかいう風な発言を
本当に言ってるのが鎌田なのだとすれば、単にこの人は無教養で
ニューアカブームなどのときも殆ど実質的な本の情報には触れず仕舞で
(触れることができないで)そのまますごしてきてしまった人なのでは
ないかと思う。だから今でも、有島武郎がなんだとか小林秀雄のドストエフスキー論が
どうしたとか、時代遅れとでもしか言いようの無いパラダイムの中でしか
語れないでいる。これは「本に読まれたくないからどうした」とかいう事態では
全くなくて単に個人の不器用さと偏屈さとフットワークの悪さ。そして
偏見主義的な絶対的な他者性のなさ、欠如性に基づくものだ。しかし何故
彼のようなタイプが遅咲きとはいえ、かくも目立つようなところに出てきた
のかといえば、理由は偏屈さとは裏腹に彼が反応する、営業的な振舞い方の
行為傾向による。単に営業的に器用で愛嬌が振りまけるから(まさに松山千春影響系であるが)
このひとはそうでなくても暗く不器用な精神障害者の巣窟になっているところの
文壇で最初に一定のチヤホヤというされ方をしたのだろう。

59 :吾輩は名無しである:04/07/21 10:20
鎌田って期待してたのに、どうも頭でっかち、自意識でっかちに
なっちゃったねえ。上の文章も自分の趣味や感情を攻撃的に
ぶつけてるだけで、そんなの教育や学問と何も関係ねえっての。

60 :吾輩は名無しである:04/07/21 10:21
>>57 そして何故彼が情報について偏ったものしか知らないかといえば、
単に普段、日常生活に過った信条から、労働なんかに供していることが
多いからです。彼の仕事(予備校の労働だが)の中に、彼が信仰して
手放さないような本質的な意味など、明らかにないです。しかし、彼は
そこにある種の稚拙な自己防衛心から気が付くことができないのだと
思います。おそらく・・・。

61 :吾輩は名無しである:04/07/21 12:18
単純に批評対象が狭すぎるよ。ただでさえ文学が衰退してるとかいわれてんのに。
こいつの書いたものって現代文学を対象にしたものないんじゃないの?
過去のもの掘り起こしつづけてて長続きするわけがない

>批評おたく、特に「過去」のお勉強をむやみに好んで

んのはおまえだろ、と。で、講義どうなのよ、学生相手に
怒鳴り散らしてるわけ?W


62 :吾輩は名無しである:04/07/21 21:04
>>58
「進行中の批評」(早稲田文学)で、柄谷、スガ、東、松本圭二、福田、浅田
といった現役を、その全仕事に目を通したうえで、はげしく叩いたじゃん?
「有島武郎がなんだとか小林秀雄のドストエフスキー論が
どうしたとか、時代遅れとでもしか言いようの無いパラダイムの中でしか
語れないでいる。」って、なんなの?
「個人の不器用さと偏屈さとフットワークの悪さ」を悪くいう貴殿は、
浅田信者か。そもそも鎌田は、かなり動き回るタイプ。
「かくも目立つようなところに出てきた 」って、目立ってないし……。

>>61「こいつの書いたものって現代文学を対象にしたものないんじゃないの?」
松本、星野智幸、島田の「天国が降ってくる」、大澤信亮(議論)、
そして大西巨人とあれだけからんでるのに、なぜ? 
「過去のもの掘り起こしつづけてて長続きするわけがない 」って、
現代もののほとんどより古典のほうがはるかにスゲェし、新しいのでは?

63 :吾輩は名無しである:04/07/21 21:58
>都合の悪い過去を平然とリセットするエートスに、持続的に敵対しうる批評活動の検証
を目標とする。

面白そうね。
NAM会員批判や柄谷批判を日本社会全般に拡大したものと思われ。

64 :吾輩は名無しである:04/07/21 22:46
学部学生とはけっこう仲いいみたいよ。
しかしコイツNAMの人には本とに嫌われてるねー。
三十前後の人のうらみは特にすさまじいものがある。イチニ時間悪口聞かされ閉口シタ。
早稲田の文学部はあかねも近いし、本拠地にのり込むよなもん。
鎌やんらしいといえばそうだが・・・・・
夜道に気をつけた方がいい。マジで。


65 :吾輩は名無しである:04/07/21 23:48
>>62
>「進行中の批評」(早稲田文学)で、柄谷、スガ、東、松本圭二、福田、浅田
>といった現役を、その全仕事に目を通したうえで、はげしく叩いたじゃん?
「有島武郎がなんだとか小林秀雄のドストエフスキー論が
どうしたとか、時代遅れとでもしか言いようの無いパラダイムの中でしか
>語れないでいる。」って、なんなの?
「こいつの書いたものって現代文学を対象にしたものないんじゃないの?」
>松本、星野智幸、島田の「天国が降ってくる」、大澤信亮(議論)、
>そして大西巨人とあれだけからんでるのに、なぜ? 
「過去のもの掘り起こしつづけてて長続きするわけがない 」って、
>現代もののほとんどより古典のほうがはるかにスゲェし、新しいのでは?


要するに謂わんとされてることは、鎌田の批評の性質というのが
ドメスティックなものに過ぎない、故の退屈さゆえに苛立つということだろ。
別に外国の批評的枠組をそのままもってきて語ればこの手のドメスティックな
閉域を超える文章を書けるというわけでもない。ドメスティックで閉域でそして
その実の自己防衛的というのは、この人がその都度出し続ける退屈で独り善がりな
結論の出し方そのものに見られるまさにその通りのものだろう。


66 :吾輩は名無しである:04/07/21 23:48
>>62
>そもそも鎌田は、かなり動き回るタイプ。
>「かくも目立つようなところに出てきた 」って、目立ってないし……。

動き回り方の質の問題が問われてるんだよ。それは足でよく動き回れるという
ことを必ずしも意味しているわけでもなくて、要するに情報への反応の的確性のことを
いうだろう。これは別に一定の形式ばった反応の仕方をすればよいというものではない。
東浩紀や浅田彰にも見られるような情報への多様な反応の素早さ、柔軟性というのは
確実に鎌田の前では失速して失われている。単に北海道系の田舎者だからという生い立ちで
もって、この問題を片付けてしまってよいものかとは疑われるだろう。

そして文壇のような閉塞的なオタク主導型の村ではこの名前の流通の仕方が
奇妙な現象だとは思われるな。それは少し前のユリイカで渡部直巳の謂って
いたように、まだ本を一冊も出していないのに妙に持て囃されているといった
レベルの話では全くなくて、本を出そうが出しまいが、このような営業系、社長系の
キャラであるだけで、思想的な中味には確実に欠ける、道徳漢のナルシスティックで
詐欺的な演技派の立ち回りに、文壇の情けない体質というのがどうしようもなく
依存してしまうという悲しいサガ、体質の問題なんだろう。

67 :吾輩は名無しである:04/07/22 03:44
>>66
「東と浅田にも見られる情報への多様な反応の素早さ、柔軟性」
これって具体的にどういうこと?
サブカルへの目配せとは違うんだよね?
煽りじゃなくて、マジで教えて欲しい。

68 :吾輩は名無しである:04/07/22 04:21
>しかしコイツNAMの人には本とに嫌われてるねー。
>三十前後の人のうらみは特にすさまじいものがある。イチニ時間悪口聞かされ閉口シタ。

これはNAM会員に限ったことじゃない。
親がかりのだめ連系もみんなコイツを嫌ってる。
66もどっちかのはず。
だめ連+NAM連合で鎌田をリンチ殲滅しちゃえばいいんだよ。

69 :吾輩は名無しである:04/07/22 05:28
>>67

単に情報の処理能力、理解力、スピードってことだろう。
鎌田が68年系の中でアルチュセールしか読めないというのならば(本当かよしかしこの情報?w)
単にドゥルーズ読んでもフーコー読んでも彼には意味がわからないということに
過ぎないんだよ。
(彼の書いてる文章のレベルをみてれば、このひと全然わかってないだけだと
いうのは一部の人間ならば明瞭に見て取れるはずだが)

つまり自分が意味のわからなかったものに対して不当な怒りを突きつけてるだけ
なんだよ。あの時代遅れの批評まがい文の内容というのは。

70 :吾輩は名無しである:04/07/22 05:55
>>65-66
何も指摘できていないんじゃ?
何が「ドメスティック」なのか「的確性」なのか重要な部分は誤魔化されてる。
それ以外もぼんやりした言葉しか使ってないし。
結局62に対して何も答えていないと思う。

71 :吾輩は名無しである:04/07/22 06:03
論理的な認識のキー形式が「ドメスティック」
「的確性」で情報を捉えることができる能力というのは
そのようなドメスティックな論理構造に自己認識を発見して与えて
転倒させうる、超越しうる、脱構築させうる、エッセンスの取り出し方
といった意味だね。
基本的に、凡庸で道徳漢的な睨みや凄みを文章に刷り込むことで、何物かを
書いた積りになってるのは、勘違いです。私怨だろうが公怨だろうが
道徳的ロジックの凡庸さにそのような攻撃感情が加わって、碌な認識が
生まれて出た試しは、歴史的にも(いわば「過去」を振り返っても)何処にも
ないでしょうね。

72 :吾輩は名無しである:04/07/22 06:27
>>69
そういや東に対する罵倒も、
デリダのことを全然わかっていない感じだった。

73 :吾輩は名無しである:04/07/22 06:43
>>69
説明どうも。
言葉が指しているものは分かりました。
でもアルチュセールしか読めない云々の話はちょっと違うと思う。
本人が「読めない」といった(のか?)言葉を額面どおりに受け取って
アルチュセール、ドゥルーズ、フーコーへの客観的理解度に持っていく
のは乱暴な気がする。
そうなると本人の文章を見ろってことになるんだが、
鎌田の情報の処理能力や理解力、スピードがどうなのかは私には分かりません。
一部の人間じゃあないんで。

あと、情報処理能力や理解力の問題を「わからなかったものへの不当な
怒り」に直結させるのもちょっと違うのでは。

こだわる部分ではないかもしれないけど、
「わからないもの」ではなくて「わからなかったもの」というのが気になる。

74 :吾輩は名無しである:04/07/22 09:06
鎌田が「○○がデリダの言う○○だし〜」とか言ってるのを
どっかで読んだ記憶があるが…
「読めない」ってそのままの意味なわけないじゃん。
否定的な意味で言ってるだけでしょ。

75 :吾輩は名無しである:04/07/22 10:09
2ちゃんねら〜だってよくそれはデリダの言う○○だ!とかいつも平然として
言ってのけるでしょ。デリダの言う○○だし〜が必ずしもデリダを理解した
ことの十分条件にならないのは余りにも・・・明らかでしょ?
誰がどの作家について本当にはどの程度まで理解しているのかを云々しだしたら
もうもはやそれはここ2ちゃんねるで云々する話のレベルではなくなっているだろう。
鎌田がどの程度に読めていて読めていないのかは、ここでどんなに論議しようが
真相にはいつも届かないのかもしれないが、しかし鎌田の今打ち出してきている
ある種の硬直した論調については、抵抗の芽生えというのを一定こういう場所で
ランダムに無鉄砲に先に提出しまっておくというのも、戦略の一つだとは思うな。

76 :吾輩は名無しである:04/07/22 13:23
>>55については、
「 「現在」の自己のあり方を再審に付す勇気」が凛々してる人が少なくて、多くはかっこつけてスカしてて、薄すぎ……ってことでは?
自分の弱点をスキャンして、バンバン改善する。大物も新鋭もねらーも、それができるかどうか。
「時代遅れ」とか盛んに書いてる人いるけど、その人の考える
「新しさ」はたんなるイメージにすぎない。
新しさの真偽を見極めるのはムズい。
冷静に自分を叩いてないと、すぐノリノリになり、見誤る。
リセットか、あるいは恥辱をともなう洗顔か。

77 :吾輩は名無しである:04/07/22 13:48
2ちゃんねる上での名無しさんの発言と、
批評家としての発言を同列に並べちゃいけないでしょ。





78 :吾輩は名無しである:04/07/22 13:52
77は75について。
わかりにくくてごめんなさい。

79 :吾輩は名無しである:04/07/22 22:14
重力の3号って
でないんですか?

80 :吾輩は名無しである:04/07/22 22:43
>>71
群像でそういうことについて自分で書いてなかったっけ?
新人賞とった時の審査員(確か中沢けい)の「そんなにけんか腰にならなくてもいいのに」
とかいうコメントに反論、という形で。
それは読んだのかな?
今検索してきたけど、群像の1999年9月号。「訂正その他」という題。

81 :吾輩は名無しである:04/07/22 22:51
鎌田がダメなのはやる気のない所。
青山真治のユリイカ批判は確かにバツグンによかった。
今となっては宮台や浅田の賞讃がショボくみえる。
でもコイツ、青山をその後全く論じてない。
星野の場合もそう。ファンタジスタの書評は鋭かったけど、
その後何か言ってたっけ?
この辺がイマイチ信用できん。もっと現場と寝てもらいたい。
批評の持続とは笑止千万で、一番あきっぽいのはテメエだろ。って話。

82 :吾輩は名無しである:04/07/22 22:53
問題意識自体はずっと同じものが続いているのでは?
つまり金太郎飴…?

83 :吾輩は名無しである:04/07/22 22:58
↑編集者同士の内輪話?

84 :吾輩は名無しである:04/07/23 01:08
>>81 映画は、自分に語る資格はないと考えているから(ユリイカ論のラスト?)。星野にはそろそろまた厳しく言うはず。
NAM・柄谷批判のしつこさは尋常じゃないし、大西からはかなりいろいろ引き出してる(週刊読書人)。
「批評の持続とは笑止千万で、一番あきっぽいのはテメエだろ。」
……? なんに対する怒りなのか、コレは。自分?

85 :吾輩は名無しである:04/07/23 01:12
批評の持続と粘着は違うと思うぞ
俺も鎌田からは「批評」の一貫性を感じない。
フォークナーとジョイスが好きなだけの
大正昭和日本文芸マニアにしか見えない。

86 :吾輩は名無しである:04/07/23 01:26
鎌田さんは通院歴を隠してます。
大学休学してるはずです。


87 :吾輩は名無しである:04/07/23 01:46
橋川やら丸山やら東大法学部をヒイキするのが気にイラネ

88 :吾輩は名無しである:04/07/23 01:52
>87
オマイがひがんでるだけなんじゃ?

89 :吾輩は名無しである:04/07/23 02:00
02読んだけど、松本圭二って凄い。

90 :吾輩は名無しである:04/07/23 06:39
>NAM・柄谷批判のしつこさは尋常じゃないし

これが鎌田の真骨頂。相手が失敗を認めるまで続けると思う。
(あくまで鎌田側からの判断だが)この粘着ぶりは稀有だと思う。

91 :吾輩は名無しである:04/07/23 06:40
>>90
君はそこが奴の良さだと思っているわけですね。


92 :吾輩は名無しである:04/07/23 09:29
批判すればするほど
以前NAM・柄谷に転移していたことを自分で証明してるようなもの。
たぶん今でも転移してる証しだろう。

93 :吾輩は名無しである:04/07/23 09:46
それだけ論じるに現在的にいって面白みがあるということなんだから
全然いいんじゃねえか。
オッケー、オッケー、オッケー牧場

94 :吾輩は名無しである:04/07/23 11:55
92=自分への批判をゴマカスために使う紋切型
NAM会員決定ね。
くれぐれも、だめ連+NAM連合で鎌田をリンチ殲滅しちゃだめよ。


95 :吾輩は名無しである:04/07/23 12:00
NAMの話は、部外者にとっては何がなんだか全然わからない
総括した本を出版して欲しいよ
内ゲバみたいなのが起こったのは何となく知ってるけど。

96 :吾輩は名無しである:04/07/23 13:44
クンニだなんだ書いて喜んでるバカがよくいうよ。
今度偉そうなこといったらヤッチャウヨマジデ。

97 :吾輩は名無しである:04/07/23 17:25
ヤッチャウヨってあんた。。。。
NAMコワイ。

98 :吾輩は名無しである:04/07/23 22:44
>>65
お前、頭悪すぎ。なんだそのあさっての方向に向かってのレスは。
コミュニケーションちゃんととれや。馬鹿がゴマかそうとしてんじゃねぇぞ。

99 :吾輩は名無しである:04/07/24 00:23
>柄谷、スガ、東、松本圭二、福田、浅田
>といった現役を
>松本、星野智幸、島田の「天国が降ってくる」、大澤信亮(議論)、
>そして大西巨人とあれだけからんでるのに、なぜ?

批評してる対象がみなドメスティックであるばかりでなく、批評の際のロジック
こそが保守的で凡庸で過去のもので詰まらんといっているのだろう。
この論理構造の保守性と官僚制と支配欲的なところと、更に言えば田舎者性まで
あわせて鎌田の特徴だといって過言ではないだろう。実際、鎌田の読者として
集まっている人間の特徴はものの見事に田吾作系か姑息に田吾作依存の田吾作搾取
系、田吾作利用者系の人間たちだった。

>>98言いたい事、癇癪?の内容がさっぱり他人に伝わりません。
もう一度小学校で学んでこいよ。コミュニケーションw

100 :吾輩は名無しである:04/07/24 00:35
>>99
つまり落ちぶれた東大法学部のコンプレックスと悔しさの凝縮した
為せるわざという感じかな。

101 :吾輩は名無しである:04/07/24 01:18
その鎌田を東大コンプのゴローや祐人が憎悪と怨恨の対象にする。
スゴイ暗い戦いね。
立命館いいじゃん。オイラ、祐人にも生きる権利はあると思うな。

102 :ゴロー:04/07/24 01:26
>立命館いいじゃん。オイラ、祐人にも生きる権利はあると思うな。

いやないやろ立命館なんて。
おいさんは早稲田やけん一緒にせんといて。

103 :吾輩は名無しである:04/07/24 01:37
国産物を対象とした批評を自分でもその理由をわからずに嫌う99は、
鎌田の批評の「ロジック」を「保守的」「凡庸」といい、特徴として
「論理構造の保守性、官僚制」「支配欲」「田舎者性」などを挙げる。
鎌田の文は、大学所属の多くの諸先生方の一律の文とちがい、特異で、
書くのに時間を要するものだ。99の指摘は、ずいぶん幻想的だ。
田舎者の指摘から強引に「田吾作」の話に続くが、それは宮台真司が
最近よく使う(彼はこーゆーの好きなんでしょうが)挑発語ないし
侮蔑語で、物真似では? ドメステ99が、98に向かって
言いたいことが伝わらないと書く不条理劇
……99、きみはそんな言語能力で
普段どうやって美人を口説き落としているのか

104 :吾輩は名無しである:04/07/24 02:36
>鎌田の文は、大学所属の多くの諸先生方の一律の文とちがい、特異で、
>書くのに時間を要するものだ。

単に教養が低いからあの程度のこというのに時間かかるんじゃないのかな?
少なくとも特異であるということは、あれでは在り得ないと思う。
あれで特異とか思えるヤシの方が不思議だ。
むしろ彼の文体の中に今では珍しくなった懐かしい日本の凡庸さを見いだすが
故に、彼は103のような一定の読者(数)を得たのだろう。

「田吾作」概念は元は宮台が使っていたのをヒントにしたものだろう。
しかしこの言葉の凡庸さに関わらず実はこの概念は普遍的だ・・・とまでは
いえないかもしれないが、やはり相当に使える。
何故NAMのような組織が失敗するのか?それはこの田吾作概念の分析が
なされていなかったから、といっても決して過言ではないだろう。
それくらいに、改めてこの田吾作存在論というのが、思想上、実践上の課題と
なってあがってきたのだ。実践上の課題として「オタク」的なものの超克、
あるいは排除論というのが今まではあったのだろう。しかしオタクという問題の立て方に
も増してリアルであり目の前の具体的な実在というのは、この「田吾作」概念なのだな。
本当は。・・・


105 :吾輩は名無しである:04/07/24 02:42
ぶっちゃけて言えば、カマテツの基準であり故郷=起源になっているものとは
松山千春と中島みゆきのオールナイトニッポン(世代)だという気がしているのよね。

しかしあれらのオールナイトニッポンってまだやってるのか?続いてるものなのか?
それは知らんのだがな。

ある種の(ネオ白樺派な)日本文学のスタイル、基準性として
松山千春と中島みゆきが、こうして復活してきたというのは、成る程と合点はいく
のと同時に、それでもやっぱり絶対的な退屈の時間の経過を再びもたらすものと
考えてもいいのかもしれないとは思う。
松山千春と鈴木宗男の存在とはそこでは、
鎌田てつやと多過ぎ重男なのか?
あるいはそれはスガ秀美のことなのか??
つー感じかな。

106 :吾輩は名無しである:04/07/24 03:58
つまりな、
重力で有名になろうとしたが投稿ボツになり、
そんこと怨んでNAMと重力は変らん説を出したんが
栗原はんなんよ。

NAMに切られ、同人誌にも無視され・・・・・・
悲惨やね。

107 :吾輩は名無しである:04/07/24 05:07
上の書きこみ全部栗原ってこと?

108 :吾輩は名無しである:04/07/24 07:26
なんだかまた強烈に卑劣な事やる奴が荒らしにきてるな・・・(w
          ,  -‐- 、             
   ♪    /,ィ形斗‐''' ォ  ̄`''‐- 、
       //ミ/           ヽ   ♪
     , - 、!({ミ/             ヽ   
    / 、ヽ⊂!ォ/ ''''''    ''''''     「i「i}i、
  /冫┐ i'ォ.l (●),   、(●)  ,{  ノ     フマチマ〜ン!イエ〜イ
   ̄  l  l l    ,,ノ(、_, )ヽ、,,    ーゝ 'ヽ、   ♪
        !  l ',    `-=ニ=- '     /ヽ \
       l  ヾ,、    `ニニォ    / -‐、‐ヽ  >
      t     /` ー- 、___,ォュ'ォ   ヽ、  /
         ` ー-!    、`ーi 「ォ     , -‐'ォ
          ` ー- 、l  l」     <




109 :吾輩は名無しである:04/07/24 14:00
鎌田の書いてることってさ、要するに根性論だろ。
がまんしろってことだけだもんな、資本主義に対するこいつの戦略は、よく読むと
あれで本人は理論家(苦笑)のつもりなんだよな...。

110 :吾輩は名無しである:04/07/24 15:42
>>99
おいおい論理展開おかしいぞ65はよ。気付かない?ああ、馬鹿だから仕方ないか。
お前さ、頭悪いからってアホな分析2ちゃんでかまして何か言った気になってニヤついてるんじゃないぞ?
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw


111 :吾輩は名無しである:04/07/24 15:44
柄谷の犬のNAMの馬鹿ども、2ちゃんでそんなルサンチマン垂れ流してないで、親孝行でもすることだ。

112 :吾輩は名無しである:04/07/24 15:59
NAMの馬鹿どもや栗原の書いてることってさ、要するにルサンチマンだろ。
社会が悪いってことだけだもんな、自分の無能に対するこいつらの言い訳は、よく読むと
あれでこいつらは活動家(苦笑)のつもりなんだよな...。

113 :吾輩は名無しである:04/07/24 16:33
「ドメスティック」だの「凡庸」だの、
今時脱構築とか言って喜んでる奴が言うなよ・・・。

114 :吾輩は名無しである:04/07/24 17:52
>NAMの馬鹿どもや栗原の書いてることってさ、要するにルサンチマンだろ。
>社会が悪いってことだけだもんな、自分の無能に対するこいつらの言い訳は、よく読むと

ムカツク。なんでここまで言われなきゃいけないんだ。鎌田のせいだろ全部。

96に乗った。実行犯希望。マジヤッチャオウヨ。

115 :吾輩は名無しである:04/07/24 22:34
104、懲りねェな。「凡庸」「のだろう」「だろう」「過言ではないだろう」
「のだろう」
それと「改めてこの田吾作存在論というのが、思想上、実践上の課題となってあがってきたのだ。」とか「オタクという問題の立て方にも増してリアルであり目の前の具体的な実在というのは、この「田吾作」概念なのだ」とか、仮になにかの雑誌でキミの嫌いな誰かが、
もっともらしく書いてたとしたら、「このバカは…」とキミでも思うだろ

116 :吾輩は名無しである:04/07/25 01:04
なんかかまたの本人くさいと感じるのは私だけでしょうか?

117 :吾輩は名無しである:04/07/25 01:23
そうだろ。だからヤッチャオウって言ってるわけだよ。

118 :吾輩は名無しである:04/07/25 02:37
>104、懲りねェな。

鎌田さん、無理に俗語を使わなくてもいいです。

119 :吾輩は名無しである:04/07/25 03:19
>>110
それは君がそう思い込んでいるだけだよ
(そう思い込みたいつまり君の願望であり)
つまり君の得意なジャンルのある種の妄想性であり
独善主義だ。。。

悔しかったらちゃんと指摘してみなさいw

120 :吾輩は名無しである:04/07/25 14:43
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね
39 :吾輩は名無しである :04/06/25 00:18
30=三ツ野クン?まさかね


121 :吾輩は名無しである:04/07/25 17:59
119のレス、99に向けてのものかと思ってたら
アンカーの番号違ってた。
私怨ウザい。
鎌田に直接言えよ。
すでに言い負かされたのかもしらんが。

03の話題がほとんど出ないのがすごいな、このスレ。


122 :吾輩は名無しである:04/07/25 19:57
>>121 おまえ馬鹿か?(w

123 :祐人&ゴロー:04/07/25 20:44
悪いのは鎌田。俺達はいつも正しい。

124 :吾輩は名無しである:04/07/25 23:58
自分に批評オタク以外の読者がいると思っているのだろうか。
狭い。狭すぎる。

125 :吾輩は名無しである:04/07/26 07:38
>鎌田に直接言えよ。

直接いってんじゃんww

126 :吾輩は名無しである:04/07/26 12:45
打倒釜だ!

127 :吾輩は名無しである:04/07/26 14:23
>柄谷の犬のNAMの馬鹿ども、2ちゃんでそんなルサンチマン垂れ流してないで、親孝行でもすることだ。

ルサンチマンで結構。負け犬で結構。
鎌田の言動はそれほどムカツクということだ。

128 :吾輩は名無しである:04/07/26 18:46
ムカツクというか、自覚の決してなされないただの馬鹿です。あれは
それでいて他人には自覚の無自覚説いて回ってるんだから
こういうのを文学=文壇のパラドックスで悪循環というのではないかな。

129 :吾輩は名無しである:04/07/26 22:28
127のが128より正直な気がします。。。。。

130 :吾輩は名無しである:04/07/27 00:17
鎌田の面白さって2ちゃんねるとそう変わらん。
作品が面白くなると言うよりは、
作家の品性がいろいろ問われるから。
これって本人的にOKなの?
「俗情」そのものだと思うんだけど。

131 :吾輩は名無しである:04/07/27 02:56
そもそも私怨に外部はないでしょう?w
むしろ自分では主観的に私怨ではなくて公的な怨念だと思い込んでいて疑わない
その実の私怨のほうが、はるかに悪質。恐ろしいね。

むしろすべての怒りは私怨であるということを認めて前提にしたところからの
ほうが、「怒りと響き」についての正確な実践過程を生じさせることができる
のではないかな?

132 :吾輩は名無しである:04/07/27 02:58
>むしろ自分では主観的に私怨ではなくて公的な怨念だと思い込んでいて疑わない
>その実の私怨のほうが、はるかに悪質。恐ろしいね。

こういうパラドキシカルな馬鹿さ加減がカマタ批評と言われてるものの
本質だと思われ。
要するに裸の王様の一種だね。


133 :吾輩は名無しである:04/07/27 03:03
>しかしコイツNAMの人には本とに嫌われてるねー。
>三十前後の人のうらみは特にすさまじいものがある。イチニ時間悪口聞かされ閉口シタ。
>夜道に気をつけた方がいい。マジで。

↑を裏付けるような展開になってきた


134 :吾輩は名無しである:04/07/27 03:05
ウザイ。
「ルサンチマンで結構。負け犬で結構。」とすでに書いたはず。


135 :吾輩は名無しである:04/07/27 07:30
>>134
ご本人様?

136 :吾輩は名無しである:04/07/27 13:54
いやほとんど本人が書いてるんじゃないのか?

137 :吾輩は名無しである:04/07/27 17:10
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw



138 :吾輩は名無しである:04/07/27 17:12
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw
半笑いでお前みたいなヤツは見られてるってことに自覚的になろうぜw


139 :吾輩は名無しである:04/07/27 17:27
早くオレタチに謝罪しろ!

140 :吾輩は名無しである:04/07/28 15:31
>139
やればやるほどみじめ。
ケッキョク柄谷の犬たちがルサンチマン垂れ流してるよにしかみえん。


141 :吾輩は名無しである:04/08/21 17:21
鎌田なんか書けよ。

142 :吾輩は名無しである:04/09/02 18:15
鎌田の神聖喜劇論てどこにのってるの?

143 :吾輩は名無しである:04/09/10 10:38
age

144 :吾輩は名無しである:04/09/27 23:01:18
鎌田、『重力』早く出せ。20才前後の学生に「弱さがはみ出るのが好き」
と泣かれている場合じゃないだろ。おまえの売りは「怒りと響き」じゃなかったのか?
あと日曜日競馬やるよりQのHPの西部・柄谷論争の導入文はやく完成させろ。なぜ「終わりに」が書けない?
もう1年になる。はやく完全勝利宣言しろよ。
【鎌田哲哉氏ティーチイン】
「すまん。若くなくて、ごめん」
泣けました。弱さがはみ出てるのが好きでした。
以下 めもらんだむに
「本に読まれたくない。」「日曜は競馬してたい。」
http://d.hatena.ne.jp/kitekiseru/20040702


145 :吾輩は名無しである:04/09/28 01:27:53
>>211
そのティーチインとかいうのを主催してる学生達と、このあいだ某飲み屋で
会ったんだが、鎌田の言ってる主張なんかとは全然関係ない連中、
明らかに全然違う生き方をして異なる志向性をもった連中だったぞ。(笑)
なんのことはない。大昔におれも出入りしていたことのあるサークル系の企画だった。
彼らは一方では鎌田なんか呼びつつも、実際には平井玄や酒井隆史なんかと
一緒に行動する連中だ。そもそも原理的にいって水と油のように
鎌田なんかと剃りがあうわけもない。たまたま早稲田の近所で
適当に名前があって安く来てくれる賓客が鎌田だったから、
鎌田を呼んだというだけの出来事だろうて。

146 :吾輩は名無しである:04/09/28 01:29:51
145→>>144

147 :吾輩は名無しである:04/09/28 07:54:42
つーか、鎌田は何を具体的に主張したり、やりたかったりしているんだ?
鎌田の柄谷やNAMへのスタンスというのわかったから、世間一般へのスタンスは
何なんだ?今のままだと逆説的に鎌田こそ柄谷に依存しているということにならないか?
だって柄谷批判しか売り物ないだろ?またあそこまでエラソーにできる
根拠はなによ?ダメ連批判しているけど、自分も所詮フリーターで、そんなに
ダメ連の人達と収入格差があるわけでもないと思うよ。目くそ鼻くそを笑うというか。


148 :吾輩は名無しである:04/09/28 09:12:19
鎌田は東大法学部なんだろう。
だったら「対抗エリート」としての自覚と責任を持たなきゃダメだよ。
せっかくの高学歴を低レベルの文学主義に捨てるなんてホントもったいない。

149 :吾輩は名無しである:04/09/28 12:45:55
学歴や収入は2ちゃん世界の大切な物差しだが、
現実にはその目盛りはなかなか信用しにくい
さえない東大卒なんかどこにでもいるだろ
鎌田は自分ができることを全力でやっている
それだけでじゅうぶんじゃないか。2ちゃんねらーも。

150 :吾輩は名無しである:04/09/28 12:57:02
>鎌田は自分ができることを全力でやっている

だから具体的にはそれは何よ。こういう散文性のない曖昧な表現はいかんよ。
これを文学趣味といって、鎌田は他人には非難しまくってきたものなんじゃないの?
最も鎌田は高橋和巳や石川啄木に心酔することからわかるように
非常に文は叙情的なんだけど。

151 :吾輩は名無しである:04/09/28 13:31:06
鎌田って初めからものすごいナルシスティックでトロトロ叙情的でしょ?
過剰な厳密さとそれらが同居してるのがオモロイ。
プロレスラーのキャラみたい。
蓮實が吉本隆明を評価してるのと似た感じでオモロイ。
あと早く本一冊出して欲しい。
就職してからデカイ図書館行って雑誌のバックナンバー探したりする暇が無ので。

152 :吾輩は名無しである:04/09/28 14:50:28
>プロレスラーのキャラみたい。
>蓮實が吉本隆明を評価してるのと似た感じでオモロイ。

それは馬鹿は馬鹿なりに面白いといっているのと同じだと思うんだが



153 :吾輩は名無しである:04/09/28 15:43:54
>第一に、「自分はいいことをしているから、何をやっても赦される」というおめでたい連中全てを清掃すること。
>第二に、やる気のなさを延々と正当化するおしゃべり全てを清掃すること。
>言葉を使えず実行行為に訴えるごみくずには永久に敵対すべきだが、逆に言葉しか使えず口先で何とでも言い逃れする猿をも除去する必要がある。
>標的の所在は内外を問わない。

言ってることとやってることがこおまで違う人間もめずらしいなw
自分を除去しればw
お猿さんw

154 :吾輩は名無しである:04/09/28 16:08:23
>>153

それ以前に文章が比喩・形容詞に頼りすぎているんだよ。
つまりこれを英訳できないでしょ。ロジックそのものは単純。
まあ鎌田の真骨頂は、これらの比喩・形容詞の一つ一つに自分の全情念
を本当に傾注しているところが想像できるところだと、好意的にはいえる。
悪意を持ってみれば、鎌田は、20世紀の文学や文学研究の流れなど
全然踏まえていない、勉強していないというか、指示対象と言語の切断を発見した
ボードレール以前と言うか。しかしその極度にアナクロなところが面白いとも
いえるわけで。

155 :吾輩は名無しである:04/09/28 16:13:34
>>149
東大法学部ということは、それなりの社会科学的思考の訓練を受けてるハズ。
なのに思考法がウェーバー=デュルケーム以前の文学的倫理主義では困る!

156 :吾輩は名無しである:04/09/28 16:13:43
比喩・形容詞に頼るということは、人を情念的に
説得しようとしているということで、それこそ、鎌田が嫌う「共同体」を
形成するものでしょ。
つまり鎌田は自らの思想を自らの言説で裏切り続けているともいえる。

157 :吾輩は名無しである:04/09/28 18:23:56
>>154
勉強はしてるでしょ。知識はあるけど使ってないだけでは?

158 :吾輩は名無しである:04/09/28 18:42:48
そうかな。
デビュー作『丸山真男論』は東大法学部出身だから。
次の『真知保』論=アイヌ学者は北海道出身だから。
あとの『有島論』のパラダイムは、柄谷の福本和夫=内村鑑三の『切断』論
の焼き直し。有島=鎌田だけがその『切断』を反復したが、後の連中は内面化して教会化していった
という論。けどこのモチーフもすでに柄谷の『近代日本の批評』にあったもの。オリジナリティ
の面では乏しい。

あとは、石川啄木・高橋和巳の過剰な叙情で味付けして、おしまい、というものでは。
けど公平に見て『丸山真男論』は面白かったよ。あの時は期待したな。

159 :吾輩は名無しである:04/09/28 18:56:15
そうかな。
デビュー作『丸山真男論』は東大法学部出身だから。
次の『真知保』論=アイヌ学者は北海道出身だから。
あとの『有島論』のパラダイムは、柄谷の福本和夫=内村鑑三の『切断』論
の焼き直し。有島=鎌田だけがその『切断』を反復したが、後の連中は内面化して教会化していった
という論。けどこのモチーフもすでに柄谷の『近代日本の批評』にあったもの。オリジナリティ
の面では乏しい。

あとは、石川啄木・高橋和巳の過剰な叙情で味付けして、おしまい、というものでは。
けど公平に見て『丸山真男論』は面白かったよ。あの時は期待したな。

160 :吾輩は名無しである:04/09/28 19:18:17
鎌田の主テーマ:福本=内村的「切断」の「反復」という主題こそ、柄谷のエピゴーネン
に他ならないと言っているに等しいのに、なんであそこまで
俺こそ真に反復した「単独者」と叙情できるかがわからん。

柄谷の『探求』を実存主義化させて、啄木的に叙情させたら鎌田ができあがる
といっていんじゃないの?その意味でもっとも柄谷に忠実なのが鎌田だといえる
と思うんだが。


161 :吾輩は名無しである:04/09/28 21:16:03
鎌田って実質的には柄谷周辺の人脈のものしか読んでないとおもふ。
蓮見すらろくに目を通してないんじゃないか?
映画も絵画も音楽も科学もなにもかも文学でさえも興味もないし勉強してなさそう。
この二十年本当に柄谷しか読んでないんじゃなかろうか?


162 :吾輩は名無しである:04/09/28 21:33:49
>>161
で、ここで思うわけだ。結局鎌田って何をしたいの?って。柄谷に
からみたいということ以外に。

163 :吾輩は名無しである:04/09/28 23:13:33
いいねえ、久々に出てきた実質的な批判だ。


164 :吾輩は名無しである:04/09/29 07:39:37
>151 名前:吾輩は名無しである :04/09/29 01:06:54
>>スーパーダイアローグは鎌田哲哉が最高。
>>東浩紀も呼んで三つ巴が見たかったっす。
>
>今日読んだっす。同意っす。

まだこんな信者がいるから呆れるw

165 :吾輩は名無しである:04/09/29 10:44:12
鎌田は興奮しないと書けないからそれが
今疲れちゃってる原因なんじゃないの。
文体の特徴にちょっと触れてるみたいだけど、彼は
誰に影響を受けてるわけ?一見したところ漢字がゴロゴロ
してて異様だよね、ドス利かせるというか迫力はある。
あと意外だったんだけど高橋和己が好きってのは何情報?

166 :吾輩は名無しである:04/09/29 14:01:54
高橋和巳好きが今は石川啄木好きになったと思われ。

「土壇場」から「重力」へ   西部忠 VOICE 2001年5月

鎌田に出会ったのは大学一年のときだ。80年代初め、学生運動の余熱がかすかに残っていた
キャンパスで、ぼくたちは「資本論」の読書会をやったり、「土壇場」というノンセクトの
連絡会議を組織したりした。遅れてきたものの負い目によって、自らに巣くうシラケを
かろうじて押さえ込める臨界点にいたのだろう。かれは酔っ払うと、高橋和巳「悲しみの器」
の最後の数ページを完全に暗唱したあとに、よく言い放ったものだ。
「自分は早熟の天才として夭折する」と。

その後のニューアカブームは、知と戯れつつ闘争するポストモダンな感性と
懐疑を蔓延させ、バブルを生んだ。鎌田は、この「時代の慣性」に一貫して
抵抗し、群像新人賞を受けるまで試練の日々を耐え抜いてきた。かれの批評に
見られる誠実な論理と苛烈な精神は、持ち前の強靭な記憶力と持続力によって
支えられている。
鎌田と僕は他の同人たちとともに今年雑誌『重力』を創刊する。これはかっての事業を
未来へ向けて再開することである。かれの碇(=怒り)が深く遠くへ投ぜられることに
期待したい。


167 :吾輩は名無しである:04/09/29 14:09:06
鎌田がバブル期に苦汁をなめたのって、単に不細工だったからだろ?
オタが非処女中古とか言っているのとどう質的に違うのか?

168 :吾輩は名無しである:04/09/29 14:10:11
『重力VOL1』で、スガインタビューをやっていたけど、スガが編集者として
勤めていた『日本読書新聞』を「総会屋雑誌」といっていたのには唖然とした。
『日本読書新聞』は1930年代から発行、戸坂潤のブックレビューをもって
はじまった伝統ある新聞だったわけよ。スガはやんわりスルーしていたけど、
あれだとスガの立ち位置がわからなくなると思う。まさに「柄谷人脈の中
のスガ」というイメージしかあれだとわからない。

・・・ちょっと図書館行って調べればわかるだろ。週刊誌の記者でもそれぐらい一瞬で
調べるよ。しかもこのIT時代に。で、思ったのはもしかして調べ方が分か
らないんじゃないか、ってこと。鎌田はこういうことが多い。思いこみで裁断
するところが。もう少し勉強しろよ。


169 :吾輩は名無しである:04/09/29 14:16:23
>>167
浅田を怨んでいるのは、この辺に原因があると思う。だから啄木にならって(笑)
ローマ字でアキラ批判をやったのは、かれにとって胸のすく会心の出来事なのだろう。

170 :167:04/09/29 14:31:37
すかしたバブル野郎に怒りがわくのは良いんだけど、
鎌田って時々臭いじゃん。
それって「バブル期にだけ痛い目を見た真面目な人間」じゃなくて、
「どんな時代でも嫌がられる汚い香具師」にすぎない。


171 :吾輩は名無しである:04/09/29 14:34:26
>>165
興奮しないと書けないものなんていらねぇーよ。それだとブルーハーツとか
尾崎豊と同じレヴェルだろ。インスピレーションや霊感で作品を書くという発想は
カンベンしてほしい。
もっとも、これ読んで、今風に言うと鎌田って青春パンクだったんだなと思った。

かれは酔っ払うと、高橋和巳「悲しみの器」
の最後の数ページを完全に暗唱したあとに、よく言い放ったものだ。
「自分は早熟の天才として夭折する」と。


172 :吾輩は名無しである:04/09/29 18:47:58
俺、鎌田を死ぬまで怨んでやる

173 :吾輩は名無しである:04/09/29 20:19:53
>>172

怨むなよ。同レヴェルに落ち込むぞ。このパターンは荒れるので
やめてもらいたい。

174 :吾輩は名無しである:04/09/29 20:37:01
いやNAM会員の蒲田への怨みは止められないね

175 :吾輩は名無しである:04/09/29 21:07:42
>よく言い放ったものだ。
「自分は早熟の天才として夭折する」と。

おれこういうのって中学生の時ですらすでに恥ずかしいと感じてたよ。。。

176 :吾輩は名無しである:04/09/29 21:09:12
この人がアカポスを得ることはなさそうだね


177 :吾輩は名無しである:04/09/29 21:25:57
中学生ですら恥かしいと思うことを平気でできるのが鎌田の真骨頂。
いまでも、それは変わらない。ある意味天然エンターティナーとしての素質
を備えている。マタ-リ観察しようぜ。

178 :吾輩は名無しである:04/09/29 21:32:50
でもそれでまっとうな批評テクストを残すのは無理なのでは…

179 :吾輩は名無しである:04/09/30 00:32:57
重力廃刊でFA?

180 :吾輩は名無しである:04/09/30 00:34:07
だいたい年刊の本なんか保つわけないよ

181 :吾輩は名無しである:04/09/30 01:06:30
年刊でも、内容が良ければ買うやつは買う。

高橋和巳って、スガ秀実が『革あ革』で赤塚ふじお『天才バカボン』と対比させて
馬鹿にしてた奴だよね。
深刻ぶってるだけの消費財、って感じで。

重力で、スガと鎌田が組んだのって、実は奇跡的、というか、パラサイトに関しては
天才的なスガが自分で雑誌作るのメンドイから寄生したってことだと思う。
スガは鎌田のこと、本当は認めてないハズ。

182 :吾輩は名無しである:04/09/30 01:11:44
大杉重男はどうよお前ら。それと尾崎とブルハ一緒にすんなコラ。

183 :吾輩は名無しである:04/09/30 01:12:51
ブルハはいいんだよ。その違いもわからねーのかエセインテリが

184 :吾輩は名無しである:04/09/30 01:22:09
ブルハ→ハイロウズは、
たしかに尾崎よりは上質だが、
しょせんは「ビートパンク」。
こんなキモイ名称のジャンルの始祖なのが駄目すぎ。



185 :吾輩は名無しである:04/09/30 01:22:18
ものすごーく狭い領域で馴れ合ったり叩き合ったりで大変ですねえ
鎌田さんも糸圭さんも大杉さんも

186 :吾輩は名無しである:04/09/30 01:24:57
アンチ漱石って300部くらいは売れたのだろうか

187 :吾輩は名無しである:04/09/30 01:51:19
ところで早熟の天才として夭折するためには何歳までにくたばればいいのでしょうか?

188 :吾輩は名無しである:04/09/30 08:30:50
>>181
「学生コミュニストの理想と逡巡・挫折を描いて、「苦悩教」を自称した高橋
の深刻さは、赤塚不二夫のマンが「天才バカボン」に比べれば、はるかに通俗的
な代物として受け取られていたと断言できる。」

早稲田文芸科講義要綱の「「現在」の自己のあり方を再審に付す勇気を欠く者」
なんて言い方もろ高橋和己を受け継いでいるのでしょう。
・・・今鎌田の講義を受けている学生は想像してみろ、大学1年のとき
「自分は早熟の天才として夭折する」と酔っ払っていうやつが自分の
周りにいたときどんな態度をとった?というかありえなくないか?

・・・レポートキボン

189 :吾輩は名無しである:04/09/30 08:57:08
スガが言いたいのは、『天才バカボン』はウォーホールのようにPOP
だが、高橋和巳は「近代的自我の悩み」を勝手に反復して、通俗化
させた代物だ、ということでしょ。

190 :吾輩は名無しである:04/09/30 11:29:23
でもスガの考えだって柄谷の高橋論の通俗化だろう。
そこがナサケナイ。

191 :吾輩は名無しである:04/09/30 11:30:41
ああナサケナヤ。

192 :吾輩は名無しである:04/09/30 13:01:47
恥ずかしがりやとまじめな学生の集まりかココは! 
おもしろみのない同級生にはうんざりだったはずじゃないか!
若いころ笑われていたヤツのほうが笑われていなかったヤツより相対的に
健康でアグレッシヴで有望だったんじゃないか
年少世代を応援する時、笑われていない平均値を応援できるか

193 :吾輩は名無しである:04/09/30 13:09:49
鎌田って気合いだけじゃん

194 :吾輩は名無しである:04/09/30 13:19:52
>193
いえてる・・・

195 :吾輩は名無しである:04/09/30 13:25:09
気合いだけだと本にはならないんだよ
だから著作が出ない


196 :吾輩は名無しである:04/09/30 14:12:27
そうだが俺達はその気合いに負けたわけだろう。
祐○後○、柳○浅○蛭○、言い返せよ。

ハズイ。元会員としてなさけない。

197 :吾輩は名無しである:04/09/30 14:18:57
俺はただの一読者だからそういうのどうでもいい
とにかく本を書けない評論家は価値が数段劣ると、
ただそれだけがいいたい。

198 :吾輩は名無しである:04/09/30 15:26:14
そういや鎌田は浅田彰のことを「書かないでおしゃべりを蔓延させるスノッブ」
みたいな調子で口汚く罵っていなかったか?「人間としてまともに生きよ」
だっけか?

199 :吾輩は名無しである:04/09/30 15:27:30
ところが浅田彰の方が書いているんですねえ
なぜでしょうか??

200 :吾輩は名無しである:04/09/30 15:31:25
>>192
つまり鎌田は有望だと、いいたいわけだね。
俺は思うに、もう大学は鎌田的人生論おしえるより、情報工学と人文科学
をいかに接続させて生き残るかとか、NPO的なことやるにしてもマネージメント
が大事だとか、サバイバルする技術を教えるべきだと思うよ。根性論を
高い金だして教わるのは可愛そうだよ。

201 :吾輩は名無しである:04/09/30 15:33:35
だからこそアカポス得ていないんだろ
山城むつみは職を得てから書くペースが落ちた気がするが
鎌田の場合、全く書いていないんだから判断のしようもない。

202 :吾輩は名無しである:04/09/30 15:38:18
鎌田に教わっていい小説がかけるようになるとは思えないしな

203 :吾輩は名無しである:04/09/30 15:40:10
だから、鎌田、はやくなんか書け。
俺の希望では、柄谷サークルだけに通じるのではなく、世間一般に向かって
書いてもらいたい。

204 :吾輩は名無しである:04/09/30 16:20:14
『重力』出すのか出さないのかはっきりしろよ、WEB上に告知くらいできるだろ。
それこそ鎌田の言う「都合の悪い過去を平然とリセットするエートス」
なんじゃないのか?いっていることとやっていることが違いすぎるのに
なんであれだけ他人に説教できるのかがわからないわけよ。
東にしろ浅田にしろ細かい過去の言説ほじくり返して、批判してただろ。
だが自分もいまや『重力VOL1』の言説とは相当やっていること違うだろ

205 :吾輩は名無しである:04/09/30 16:23:46
反-鎌田オンリーの一発キャラが、
同じ手法を使い、気合いで奴を一喝するべき
過去に書いたテクストを全て暴き出して。
それこそ最良のデコンになる。

ここでやるのもいいんじゃない?

しかしそもそも鎌田の書き物のリストってあるの?

206 :吾輩は名無しである:04/09/30 16:24:46
>>202
小説は誰かに教わって書くもんじゃない、本来。
まちがえるな

207 :吾輩は名無しである:04/09/30 16:25:45
>>206
文壇というものが有していた教育機能をお忘れか
文化がわかっておらんようですな

208 :吾輩は名無しである:04/09/30 16:36:11
皆この調子で鎌田を叩いてよ。
反-鎌田連合の結成に賛成デス。
俺達のかたきをぜひとってほしい。


209 :吾輩は名無しである:04/09/30 16:39:17
じゃあビブリオグラフィー作ってくれ
ここで

210 :吾輩は名無しである:04/09/30 17:20:41
かたきをとるつもりはないが、まず一席。
まず「重力」年一回の発行という鎌田君自作の「規約」が守れていないな。会計報告もない。
どんな精神論よりまずこれだな。納期の厳守は「精神的かつ経済的自立」の第一条件だよ。鎌田君。5月にだせないなら、君の規約に従ってせめてその理由ぐらい、発表すべきじゃないかね。
おっと「私の理念をわかならい、ゴミ、くず、カスどもが私から離反した」、というのは無しだよ。
あんまり興奮しないでくれたまえ。大西巨人先生が泣くよ。それこそ「俗情との結託」ではないかね。
あまり情念的にならず論理的にお願いするよ。

・・・俺、鎌田みたいにあそこまで情念的になれないな、だれか別のひとお願い。

「重力の前提」
@参加者は年一回の発行ごとに同額の出資金を拠出し、出版により生じた回収金を平等に負う。
(・・・)各号の編集後記で会計報告を行う。


211 :吾輩は名無しである:04/09/30 17:21:57
重力VOL1」「重力の前提」pp63
鎌田君、「真の勝負は内容」以前に、何も書かないのはいかがなものか?君の言説は、やはりすべて興奮して気合で書いたものなのかね。

「重力」は現実に存続する桎梏への敗北を拒否すべきだが、それと同程度に
空想上の勝利=自己欺瞞におちいることをも絶対に拒否する。(・・・)
「重力」の真の危機。(…)「経済的自立が精神的自立の必要条件」である
のは確かだが、それは結局必要条件であって十分条件とは違う。水路の整備は、
それ自体で湧出する水量の増大を意味しない。真の勝負は内容なのだ。


212 :吾輩は名無しである:04/09/30 17:43:28
NAMや柄谷の批判をするのは全くけっこうだが、その場合の、君のいう基準となる「真理」
とは何かね。それを明言すべきなのではないかね。山形浩生が例えば、資本主義に変わるものはないというスタンスから、柄谷を徹底的に侮蔑している。それは一理あるだろう。が、君の罵倒は違う。
私はこう推測している。君の言う君が服従している「真理」とは、君が思い描いた「真の柄谷」なのではないかね。
そしてその態度こそ柄谷のエピゴーネンあるいは柄谷教なのではないかね。そしてその態度は
なんらテクノロジカルなもの・現実で得た実務的なものを含んでいないがうえに、一番楽ちんで
、なんら生産性もないのではないかね。人を怒鳴れば言いからね「君は真の柄谷ではない!」と。
そうでないというならば、世間一般に(決して柄谷サークルにではなく)君が服従しているという「真理」=普遍性を明示したまえ。

すが秀美インタビュー
僕自身NAMや柄谷さんの言動を今後も徹底的に批判するつもりです。そのことがすべてについて
そっぽを向く自分を正当化するだけなら、僕はそういうわがままも絶対いやだ。それ以前に真理に
服従しないといけない。



213 :吾輩は名無しである:04/09/30 17:49:23
みんな拙速ですよ
鎌田の全著作を調べた上で、徹底的にその内的矛盾を突く
「批評」を行う必要があります。


214 :吾輩は名無しである:04/09/30 18:05:49
拙速いいじゃん、こっちも気合いでやろうぜ
打倒鎌田!打倒鎌田!

215 :吾輩は名無しである:04/09/30 18:45:48
打倒するほど大きいのかなあ・・・

216 :吾輩は名無しである:04/09/30 19:51:28
空想上の勝利=自己欺瞞に自ら陥っているおめでたい鎌田の言説のごみくずの数々
を徹頭徹尾粉砕し、永久に敵対し、除去することが、必要なのである。

だめか?鎌田の真似。

217 :吾輩は名無しである:04/09/30 20:34:12
鎌田も清掃すべきとか一掃すべきとかいうけど、
一体何・どこからから、清掃すべきなんだ?そこらへんがあいまいだよな。
脳内カマタワールドからか?

218 :吾輩は名無しである:04/09/30 22:10:50
蒲田の福田の批判よんでて、「放蕩」とか「衝動」とかでてくるんだけど
この人定義が全部我流だから、これって享楽のことかな快楽かな?とか
欲動かな反復脅迫かなとか?いちいち脳内で翻訳せねばならなかったから
凄く疲れた。で何がいいたいのかはよくわかんなかった
自分が善で福田は悪っていいたいということはわかった

219 :吾輩は名無しである:04/09/30 22:31:38
鎌田は全てを自分から書いてwebに発表した方がいいぞ。
いずれ、全てばれるんだから。
そのうち大西にも伝わるぜ。その前に全部書いて謝罪しな。


220 :吾輩は名無しである:04/09/30 22:35:47
鎌田哲哉仕事一覧

●論文
・「丸山真男論」(群像1998年6月号)
・「知里真志保の闘争」(群像?年?月号)
・「「ドストエフスキー・ノート」の諸問題」(批評空間第二期24号)
・「有島武郎のグリンプスA」(批評空間第三期1号)
・「有島武郎のグリンプスB」(批評空間第三期3号)
・「進行中の批評1〜7」(早稲田文学2001年1、3、7、9月号、2002年1、5、11月号)
・「統制的理念の不可能性と不可避性」(批評空間第二期21号)
・「闇斎学と闇斎学派」について(新現実vol.2)
・「日米安保破棄をプログラムするために 憲法第9条のグローバリゼーション」(季刊理線68号)

●エッセイ・書評等
・色川武大・阿佐田哲也『エッセイズ〈1〉放浪』解説
・柄谷行人『<戦前>の思考』解説
・星野智幸『ファンタジスタ』書評(新潮」2003年6月号)
・山城むつみ『転形期の思考』書評(すばる1999年10月号)
・「内藤祐治への感謝」(新潮2002年8月号)


221 :吾輩は名無しである:04/09/30 22:36:50
●シンポジウム・対談等
・「共同討議 いま批評の場所はどこにあるのか」東浩紀、福田和也、浅田彰、柄谷行人(批評空間第二期21号)
・「共同討議 批評と運動」山城むつみ、浅田彰、柄谷行人(批評空間第二期25号)
・「江藤淳と私たち」福田和也(福田和也著『スーパーダイアローグ』収録)
・「2000年の中上健次 秋幸三部作を読み直す」青山真治、浅田彰、糸圭秀実、高澤秀治、星野智幸(早稲田文学2000年11月号)

●インタビュー
「大西巨人氏に聞く<全46回>」(週間読書人2004年9月3日号にて完結。第一回の号数は不明)
・「柄谷行人ロングインタビュー 飛躍と転回 二一〇〇年に向かって」高澤秀次(文学界2001年2月号)

●Web上のもの
・『柄谷行人初期論文集』書評(Critical Space)
・「lets_thinkメーリングリストの公開形式とリンクについて」(Q-project.)
・「監査委員の募集の一時延期について」(Q-project.)
・重力関係全般

●その他
・「文学は紙を離れられるか? ―Waseda Bungaku on CD」朗読(早稲田文学2001年5月号)

一応鎌田の主たる仕事をまとめてみました。
かなり抜けがあると思うので、訂正してもらえると助かります。
ふう、疲れた・・・。

222 :吾輩は名無しである:04/09/30 22:52:13
なんだか凄い転回になってきたな
これは面白い

223 :吾輩は名無しである:04/09/30 23:00:15
・・・これじゃ本にできんな。


224 :吾輩は名無しである:04/09/30 23:06:52
週刊読書人9月24日号
鎌田哲哉=連載「大西巨人氏に聞く」インタビューを終えて
     「求めし所」求める/対等な土俵の上に立ち考えたこと

だれも話題にしてくれないところが痛いな。
大西は、大西・宮本論争のあと30年かかって、『神聖喜劇』書いたから
人は話を聞くんだよ。毎年出すとかいって、2号で休刊させているヤツの
怒号はしらけるだけ。「孤立」といいつつ大西巨人に寄らば大樹の陰だろ、
今事実上。作品で人を納得させろよ。知的かつ論理的にあざやかな認識
を示してくれれば何も言われないんだよ。


225 :吾輩は名無しである:04/09/30 23:11:06
なんだかタイトルからしてどれも読む気せんなあ。。。
あえていえば「丸山真男論」と知里マシホというのを読んでみたいが
(まだ読んでない)しかし探すのが面倒で億劫だなあ。。。

NAMを始めた頃の文学界の柄谷インタビューは読んで面白かったのだが、
しかし単にそれは柄谷行人がNAMを始めるにあたって如何に発狂して
狂っていたか、アホ丸出しのバカ殿発言を傲慢に繰り返していたかという
立証的証拠資料として、これは使えるだろうなと思った程度だから。。。。。。

・・・・やっぱこのひと批評家としても相当辛いひとだとは思うよね。。

226 :吾輩は名無しである:04/09/30 23:12:24
このすれ面白いな。
山崎行太郎なみの鎌田の嫌われぶりにワロタ.

227 :吾輩は名無しである:04/09/30 23:12:28
俺はQ−PROJECTの西部・柄谷論争の導入文がいまだ未完なのが気になるな。
なにを逡巡しているのかな。何も仕事Qでしてなさそうだしな。

228 :吾輩は名無しである:04/09/30 23:24:39
書き込むのは結構だがageるなよ
南無関連の話題で盛り上がれる奴なんてごく少数なんだからよ

229 :吾輩は名無しである:04/09/30 23:25:42
>>224
大西巨人をこれから日本で流行らそうなんていうのは絶対無理だよw
そもそも過剰評価を自己の方の鏡のようにして投影してる以外に
大西巨人になんか語るべき実体があると思うかい?
全くないよw
知らない人は大西巨人はなんとしっかりと自分のwebサイトをもって掲示板まで
設けて活動してるんだから、そこで彼のテキストにあたってみればよい。
文学左翼オタクでも相当屈折したヤシらじゃなかったら、
(つまり鎌田やスガのような人種じゃなかったら)
まず大西巨人なんていう記号を使うすべもない。

230 :吾輩は名無しである:04/09/30 23:26:04
個人的には鎌田って仲正昌樹(社会哲学)や小谷野敦と
似てる気がする。
人の言動の一貫性を過度に求める童貞臭さという点で。
その点、柄谷・福田・宮台真司といった面々は自分の立場を
ころころ変えてる。
こういう香具師の方が人気が出るのだな。

231 :吾輩は名無しである:04/09/30 23:29:42
大西巨人なんかを考古学者がなんか発掘するようなポーズを作っては
宣伝しようなんていう空しい試みを立てるよりも、それなら素直に
アメリカの左派都市社会学でも輸入してトレンド作ってやるような連中の
ほうが、実際的には実践としてもはるかに中味があって手応えがある。
実際に成功もしてるだろう。

なんだか売れない演歌歌手が無謀な企画出して父さん間違いないw
という感じだな

232 :吾輩は名無しである:04/09/30 23:33:45
俺もそろそろなんか鎌田哲哉論でも書こうかな?

タイトルは『ナルシズム−−としての怒り』

で決まりかな?



233 :吾輩は名無しである:04/09/30 23:37:25
>その点、柄谷・福田・宮台真司といった面々は自分の立場を
>ころころ変えてる。

真剣に考える、正確に考えるというのは、態度や意見が考えの進化に
伴って変更するのは必然的なんでしょう?

もっとも上の人達がそうだとは言いませんがね


234 :鎌田哲哉:04/09/30 23:45:37
これら2ちゃんねらーの自分・鎌田を論じているだだけの理由で、何者でもないにも
かかわらず自分が何物かであると勘違いしている、これらゴミくずどもの打算
と忘却と増長その他全てを、不信と嫌悪で粉砕する!

235 :吾輩は名無しである:04/10/01 00:31:10
>山崎行太郎なみの鎌田の嫌われぶりにワロタ.

そんなこというなよ。まーた、鎌田自身は、誰に対しても、一人になっても
素直に言うべきことを言いつづける勇気の結果だと、勘違いするからよ。


236 :吾輩は名無しである:04/10/01 00:44:44
大西て充分流行ったんじゃ?
なんかジュニアノベル?みたいの書いてるオネーチャンブックレビュアーが普通に読んでたよ。


237 :吾輩は名無しである:04/10/01 00:52:15
「思想」として意味があるかどうか?ということだろうw
<大西順子

238 :吾輩は名無しである:04/10/01 01:03:41
今にして思えば、浅田と東がちょっと論争したぐらいでここまで
粘着して批判するのは異常だよな。しかも理論批判じゃなく人格批判だよ。
もっと道徳的になれという。そのくせ他人の人格批判は容赦しないからなあ。
また、理論的なことについては論じないというのもこのころから一貫している
。そのくせそれを「回避」だと思っていない。
相手について歪んだイメージを作り出すのは鎌田の常套かつ唯一の手段だと思うんだが。
 


239 :吾輩は名無しである:04/10/01 01:08:22
この一年、東浩紀は多くの雑文で直接間接に特定の他人(主に浅田彰)への攻撃
を続けた。しかもその急所で、東は人間としての不潔さと汚さを示した。1度だけ
ではなかった。
(1)相手についての歪んだイメージを作り出す単語の選択
(2)真にフェアである代わりに自分がフェアだと周囲に認めさせたい欲望
のちらつき
(3)応酬のなかでまさに論ずるべき論点を回避し、それには決して答えない態度
(4)その場しのぎの論理構成が生む前後の矛盾への頬被り。
進行中の批評「東浩紀的なもの」の問題

240 :吾輩は名無しである:04/10/01 01:11:53
党派性を使って巧妙にイジメを機能させて自分のポジションを築いた挙句に
最後はその党派性によって自分が滅んで行くというパターンなんじゃないのかな?
鎌田の場合も。

241 :吾輩は名無しである:04/10/01 02:21:28
>>239
しかしこれは本当に鎌田が雑誌に載せた文章なのか?
はじめて見たが、見れば見るほど酷い文章だな。唖然

242 :吾輩は名無しである:04/10/01 04:09:59
>>239
2001.2.8
ある雑誌の編集者からメールが届く。
次号に某文芸評論家による僕に対する批判文が載るので、その事前告知らしい。
このような告知は異例で、「内容についてはここであらためて触れませんが、
(……)(まったく逆の論の立て方も可能だとも思うし、
愛憎いりまじる言説ゆえの過剰さもあると思いながらも)、
一部のあまり穏当でなく見える表現についての協議のみを経て掲載しました」
という回りくどい文章から察するに、
かなり攻撃的な内容なので事前に根回しをしなければいけないと感じたようだ。
反論の場は用意するのでいつでもどうぞ、とのこと。

反論するかしないかはのち考えるとして、この手の根回しには疑問を覚える。
批判そのものは読ませてもらうが、あまりに「愛憎いりまじる言説ゆえの過剰さ」
に満ちたものならば、そんなものに付き合っていられないので無視すると思う。
それに対してこの事前の根回しを根拠に、
「いや、こちらは反論の場は用意したんです。でも東さんが出てこないんですよねえ」
などと言われたのではたまらない。

243 :吾輩は名無しである:04/10/01 04:12:28
こんな心配をするのは、最近あるシンポジウムへの出席を断ったところ、
当の出席者のひとり(彼はまさに上記の某誌にも登場している)から
「東さんが出てこないのは困ったもんだ、やっぱりオタクで怒られるのがいやだからか」
と攻撃されることがあったからだ。
しかし、出席して議論のなかで批判されるならともかく、こんな批判は公正だろうか?
これじゃあ、依頼の電話を受けたときから批判されるのが決まっているようなものじゃないか?
僕は単純に、そのシンポでは議論は絶対に盛り上がらないと思ったから、というか、
率直に言えば、出席者たちの人間関係に気をつかって疲れるのは嫌だと思ったから出席を断っただけだ。
それに対してこんな批判をされても、「やっぱり出席しなくてよかった」と思うだけである。

まあ、こんなのはどうでもいいといえばどうでもいい。
もしかしてここにこんなふうに書いてしまったせいで、某誌の批評文を探しだし、
さらに反論掲載を楽しみにしてしまう読者もいるのかもしれない。
しかし反論の可能性は少ない。僕の悪口を言いたい人間が何人かいるのは知っているが、
その党派的な背景があまりにはっきりしているのでほとんど興味がないのだ。
僕の関心はむしろ『ユリイカ』や『トリッパー』にある。
「過視的なものたち」次号はついに実践編で、エヴァやでじこや清涼院流水に触れる。
「誤状況論」次号はポストモダン的な批評のあり方が主題で、
あとグレッグ・イーガンの話が少し。こういう話をしていたほうが、はるかに頭がスッキリする。
しかし、僕の批判をするという上記評論家氏は、
はたしてこのような最近の僕の動きを知っているのだろうか? 
まさか、まだ「ソルジェニーツィン試論」の話じゃないだろうな。


244 :吾輩は名無しである:04/10/01 04:34:11
どうでもいいが、鎌田の映画論が抜けてるような。。。
ユリイカ批判はいいが井土論の出店がわからんのよ。
もともとないの?
どなたか教えてちょ。


245 :吾輩は名無しである:04/10/01 04:56:12
>244
青山批判は「ユリイカ」にあるはず。井土論は聞いたことない。
デマじゃ?あとNAM関連でいちばんおもろいのがないデス。

●Web上のもの
・「京都オフライン会議議事録・西部柄谷論争の公開」(Q-project.)

246 :吾輩は名無しである:04/10/01 05:15:15
追加です。
鎌田の井土論ありました。
sagi timesという雑誌に掲載されてます。

●論文
・『EUREKA』と紀州ツアー(ユリイカ2001年2月号)
・井土紀州の映画について―井土紀州(sagi times2・1/2号)

247 :吾輩は名無しである:04/10/01 07:13:53
●Web上のもの
・「京都オフライン会議議事録・西部柄谷論争の公開」(Q-project.)


これ一年以上たっても未完なんだよ。はやく終わらせろ!

248 :吾輩は名無しである:04/10/01 08:06:03
東・浅田論争は、東の村上隆「スーパーフラット」評価の枠組みをめぐって
行われた。平たく言うと、東はデリダの脱構築とラカン-ジジェクの精神分析ラインをくっつける
傾向にあるのだが、浅田は明確にその間には断絶があり、それをくっつけるのは
いけない、というもの。

・・今にして思えば、ラカンとデリダは明瞭に違うだろうが、ジジェクは最近
デリダ的否定神学に陥っていたと反省している論を書いているので、東的な解釈
ができるよりがなくもない。

・・・それがなんで、こうまで東の人格が汚いという話になるんだ?



249 :吾輩は名無しである:04/10/01 08:17:20
鎌田君、君の東「批判」(?)はそのまま君にあてはまるんじゃないかね?
というか、なんでいい年した大人が他人に人生論ぶっているんだね?
そんなことしてカタルシスをえるのはやめたらどうかね?

馬脚と品性のなさを暴露した似非君子に、人生が完全無欠なものでなく、
すべてが自分の思い通りになるわけではないことをわからせること、
より正確には、分かっていないのにわかったふりをする神経が無意味だと
分からせることである。

250 :吾輩は名無しである:04/10/01 09:16:23
>>175
>よく言い放ったものだ。
「自分は早熟の天才として夭折する」と。


40過ぎて北九州予備校の講師だよ
田舎で受験英語を教えてます

251 :吾輩は名無しである:04/10/01 10:31:19
ageんなボケ

252 :吾輩は名無しである:04/10/01 10:37:56
へー北九州にいるんだ。
松本と近いね。

253 :吾輩は名無しである:04/10/01 11:00:22
>247
下に出てくる裏切り者って誰?

>だが、柳原=朽木氏は別に少数派だったわけではない。高山大祐氏と
>私は非NAMの最初の監査委員であり、それ以後も、NAM事務局長を兼任
>する浅輪剛博氏のように、不正取引の三人を表彰しろ、と主張する者
>さえ当委員会には出現したことがある。自分の主張の正当性に自信は
>あっても、私自身がいくつかの案件で連敗?を重ねた。情報公開の件
>についても気がかりがある。私の主張が僅差で通ったのは、あるNAM
>会員の監査委員が投票を棄権した事実によっている。彼の動機を忖度
>する資格はないが、「理性を公的に使用せよ」と言いながら、実際に
>はNAMや柄谷行人氏の私的利害にかなうよう踏絵を迫る雰囲気が横行
>する中で、「棄権」自体にかなりのエネルギーが必要だったはずだ。
>その監査委員に深く感謝すると同時に、彼の決断が生活的にも学問的
>にも、不当な不利益をひきおこしていないことを祈らずにはいられない。

254 :吾輩は名無しである:04/10/01 11:27:26
オレも知らん。
浅輪=カラヤンのためなら何でもやるバカ
それだけわかりゃいんじゃね?

255 :吾輩は名無しである:04/10/01 13:03:32
実名記入と、非実名の基準が曖昧だな。鎌田は自分が憎い相手に報復目的なんだろうな。
憎くて憎くてたまらないんだろう





256 :吾輩は名無しである:04/10/01 13:07:40
実名記入と、非実名の基準が曖昧だな。鎌田は自分が憎い相手に報復目的なんだろうな。
憎くて憎くてたまらないんだろう





257 :吾輩は名無しである:04/10/01 13:35:02
鎌田、上のビブリオみるかぎり、この3文小説って、阿佐田哲也=色川のことか。
・・・あまりに傲慢じゃねぇ?
おまえは他人に3文小説家といえるだけのことを、なにかやってきたのか?
またこれからやるのか?つまりおまえに人格批判できるほどのなにかがあるのか?
才能があるのか?あるなら見せてくれ。いいかげんデビューして6年ほどになるだろ。
柄谷批判以外のものを何か見せてくれ。

大体私は極端に遅筆だ。以前ある三文小説の文庫解説を書いていて、おそらく
自分は作者が本文にかけた以上の時間を費やしている
「進行中の批評」重力の前提


258 :吾輩は名無しである:04/10/01 13:37:25
>『柄谷行人初期論文集』書評(Critical Space)
を今読むにはどうすれば?

259 :吾輩は名無しである:04/10/01 14:06:40
220氏に追加、他

・「知里真志保の闘争」(群像1999年4月号)
・講談社文芸文庫 島田雅彦「天国が降って来る」解説←多分こっち、三文小説

>『柄谷行人初期論文集』書評(Critical Space)
を今読むにはどうすれば?

鎌田哲哉 でヤフー検索(でなくてもいいと思うけど)で、検索かければ
それらしいのが見つかると思います。

260 :吾輩は名無しである:04/10/01 14:23:45
>浅輪剛博氏のように、不正取引の三人を表彰しろ、と主張する

表彰しろ、が何でダメ?わかってないのは鎌田。
俺達は運動やったんであってさ。
Qを潰すためには不正でも破壊でも何でもやる。もっと過激でもよかった。
浅輪が正しい。

261 :吾輩は名無しである:04/10/01 14:36:30
ああ、冗長な文を書いてしまった。
で、自分が分かる範囲ではこれが最後です。

・定説の破壊 糸圭秀実「帝国の文学」書評(群像2001年11月号)


262 :吾輩は名無しである:04/10/01 15:38:07
>表彰しろ、が何でダメ?わかってないのは鎌田。
>俺達は運動やったんであってさ。
>Qを潰すためには不正でも破壊でも何でもやる。もっと過激でもよかった。
>浅輪が正しい。

Qの人間は情報操作やめろよ。ここはあくまで鎌田のスレであって、
Q(やNAM)を叩いたりするスレではない。
QはQで人のせいにせず、がんばればいいじゃん。
Qに魅力があれば、人はほっとかないよ。




263 :吾輩は名無しである:04/10/01 15:54:31
エンタクシー読んだら、匿名時評のとこで福田が大杉とか永江とか
若手の評論家叩いてたんだけど、そこに鎌田の名前がなかったのにワロタw

264 :吾輩は名無しである:04/10/01 16:00:13
>262
これはQの情報操作じゃなくて一部NAM側の本音
残念けど事実です
ほとんどの人は今は反省してる
これから左翼暴力主義の流れを変えていきたい

265 :吾輩は名無しである:04/10/01 16:05:23
>・講談社文芸文庫 島田雅彦「天国が降って来る」解説←多分こっち、三文小説

島田のなら確かに三文小説だわな。
257の負けね。


266 :吾輩は名無しである:04/10/01 16:12:05
>ほとんどの人は今は反省してる

んなわけないだろw
少なくともオレは反省しないw

267 :吾輩は名無しである:04/10/01 16:53:29
批評は反省しない。

― 糸圭秀実『花田清輝 砂のペルソナ』

268 :吾輩は名無しである:04/10/01 18:56:41
>>263
なんかいったら、それこそ粘着する口実を与えるだけだからな。

それかもう、鎌田は文芸評論家じゃないからかもしれんな。じゃあ
アクティビストか?それも違うよな。何もしている様子は見えないし
鎌田にオーガナイズする才能はない。
じゃあ、何?鎌田って一体何なの?何をやりたいわけ?

269 :吾輩は名無しである:04/10/01 19:38:20
だから予備校のサラリーマン講師
土曜日に早稲田の二文で非常勤のコマもってる
月に2、3万のギャラだろうな
そこで小説論やってるがやっぱり大西巨人の話してるw

270 :吾輩は名無しである:04/10/01 20:17:49
>253
これはカラヤンの弟子のハズ
棄権しただけで即破門されまわりにも白い眼で見られた

思えばNAMには色んなヤツがいたな。
ワケ浅輪のようにあからさまに就職活動で入ったのもいれば。。。

271 :吾輩は名無しである:04/10/01 21:27:03
>これはカラヤンの弟子のハズ
棄権しただけで即破門されまわりにも白い眼で見られた

そうなのか?活発に今論文書いているし、MODULEサイトにも書いているし
、ある意味、柄谷対反柄谷 なんて枠組みからぬけだせて、幸せ
だと思うがな。


272 :吾輩は名無しである:04/10/01 22:34:58
>そこで小説論やってるがやっぱり大西巨人の話してる

大西巨人再評価は柄谷がはじめたものだし、鎌田の大西評価は、批評空間
の、武井インタビューと大西インタビューそのままだ。自分で調べたものはない。。

なんて言ってもむなしいな。もう文学や文学研究や批評に若者が向かうなんてことは
これからありえないな。向かってもせいぜい鎌田の身分じゃ夢ないな。

ま、柄谷も1989年以降の状況で、ひとりよくがんばったんじゃないの?
大きく見ればそういことだと思うけどな。


273 :吾輩は名無しである:04/10/02 00:30:04
浅輪、そうムキになるなよw

274 :吾輩は名無しである:04/10/02 00:58:12
いや鎌やんに投稿却下された人達でしょ

275 :吾輩は名無しである:04/10/02 01:08:00
著作リスト見た。
やっぱ、最近の若手じゃコイツの書くもんが断トツでおもろいわ。
もっと書かんかい!

276 :吾輩は名無しである:04/10/02 04:02:28
●論文・エッセイ
・「カンナカムイの翼」についてのノート(情況2001年5月号)
・「橋川文三」(文學界2002年2月号)

●インタビュー
・「柄谷行人ロングインタビュー 文学と運動・2001年と1960年の間で」高澤秀次(文學界2001年1月号)

277 :吾輩は名無しである:04/10/02 08:15:00
大西巨人は、いくら宮本けんじと論争したといっても
マルクス・レーニン主義の枠組みのなかのことであり、
当時の新日本文学は、日本共産党の穏健・ごまかし路線じゃなく、
スターリンのいう通り、もっと左翼暴力革命主義というのを
ごまかさず、はっきり標榜せんか、ゴラア!という立場だった。
つまり大西のほうが政治的には過激なんだよ。
大西はいまでもレーニン主義者だろ。なんかおかしくないか?
柄谷の再評価をきっかけして、大西が聖人あつかいされているけど、
鎌田は歴史をきちんと検証するべきじゃないか?


278 :吾輩は名無しである:04/10/02 08:39:44
柄谷・西部論争を最近見て大変面白く思いました。
実名2chオフ会やるとあんな感じになるんでしょうか。
昔の共産党や新左翼の内ゲバがなんでおこったのか
なんとなくわかりました。

279 :吾輩は名無しである:04/10/02 09:20:04
内ゲバってのは本当に殺し合いをしたわけ。
鎌田は逆にウチゲバが念頭にあって、それに沿うように
あれを書いている。ほーら、過去と同じだ、といいたいわけ。
それが鎌田の芸風。

むしろ企業ベースの労働をボランティアでやろうとしてストレスたまって
内輪もめとなったというほうが実体にちかい。ボランティアを解消する
ツールだったはずの地域通貨も、そういう風には機能しなかったというのも大きい。
マネージメントもネット含むテクノロジーの吟味も不充分だった。
まだ実験室段階のものを世間に出してしまったつけが回ったというこ
とだと思う。お互い罵り合うより、次につなげる制度設計を考える方向に向かった方が
いいと思うけどね。




280 :吾輩は名無しである:04/10/02 09:30:52
NAMは元中核の蛭田が幅をきかせた組織
内ゲバにもなるわな

281 :吾輩は名無しである:04/10/02 09:33:03
<第四一回群像新人文学賞受賞の言葉>
長い間、明晰化に不可欠な条件は勇気である、という格率は私を苦しめた。この批評がそれを実行した

とは到底思えない。本質的な主題を直前で回避したまま、怯えや疲れや結局は怠惰で私は小さく凍えか

けている。だが、悪習に背いてなお不自然な試みを促す個人的な現実を示せば、それは「精神のバブル

」への侮蔑、―自らの汚れた手を忘れ、善意と感傷によって執拗に和解をささやく声への侮蔑以外の何

ものでもなかった。この場を借りて改めて問う。裁かれねばならないのは僕の不信か、ちぎれた過去の

苦痛につけいる君の言葉の蜜か。君達の中で、嘘や裏切りや陰湿な打算への加担を心に刻める者が一人

でもいたか。口にする願いや祈りは、その資格を自問し生の改変を迫る失語を真に通過したものなのか

。受賞を知った今、私は水に落ちた犬どもをさらに徹底的に叩く必然を感じる。それだけが何かを新し

く始める条件だと思う。

282 :吾輩は名無しである:04/10/02 10:02:42
鎌田はこんど僕が殴りますw

283 :吾輩は名無しである:04/10/02 10:32:57
>>281
これを読んで、ただの電波じゃなくて、
うまくいけばジャン=ジャック・ルソーになるかと思ったんだが…


284 :吾輩は名無しである:04/10/02 11:46:50
鎌田テツヤ論のタイトルはこういうのがいいんでないのかな・・・・

『鎌田という名前の新しいファシスト=同時に時代遅れのファシスト
−−−−言葉の正確な意味における−−−−』

285 :吾輩は名無しである:04/10/02 12:54:25
NAM(爆笑)とQ(笑)と柄谷行人(苦笑)

286 :吾輩は名無しである:04/10/02 14:04:01
>>281

こいつはこういうとこだけかっこつけんだよ。人の見てるとこだけ。
で、裏では怠けきって好き放題やってるの。
いるだろ「こういうことやる」って周りに宣伝しることで満足しちゃって、
結局何もやらないやつ。

287 :吾輩は名無しである:04/10/02 14:05:24
>鎌やんに投稿却下された人達

おい鎌田、こいつらも実名公開しろ。不公平だぞ。

288 :吾輩は名無しである:04/10/02 16:04:05
そんな君たちに僕から100Qを贈ろう

289 :吾輩は名無しである:04/10/02 18:25:56
爽やかに笑える話だったなNAMとQ
左の人は組織論や実践について退歩してるんじゃないか?

290 :吾輩は名無しである:04/10/02 18:44:47
まあね。鎌田の煽りに乗ってるくらいだから笑
あれだな、内ゲバを雛型にしてなむ騒動
を論じながら自らも内ゲバを煽ってしまったところ、あるかな?

291 :名探偵 ◆oTUwZbBfO2 :04/10/02 21:17:59
>>279
同意します。

292 :吾輩は名無しである:04/10/02 22:34:42
わたしにとってのNAMとは、Q管理運営委員会が2002年8月29日に開催した
オフ会に象徴されている。蒸し暑し夏の京都の夜、吉田神社の裏山にあった
南無庵の薄暗い裸電球のしたで車座になり開かれた「会議」。そしてその後、
おこった一連の紛争と混乱。あの夜以降、「やつらは敵だ。敵は排除せよ。
殲滅せよ」という論理に基づく様々な紛争と混乱がQ管理運営委員会と
QユーザMLにおいて展開された。一番標的にされたのは、当時Q管理運営委員会
代表だった西部忠氏である。西部氏の人格や学問的な理論は、根拠らしい根拠
も示されないままNAMのMLで不当に貶められ、なおかつDMでも様々な
嫌がらせを受けられた。あの当時の紛争を振り返って「死者がでなかった
ことが唯一の救いだ」と言った人がいる。この言葉は、わたしにとって心身
の奥底にまで沁みこむようなリアリティをもって感じられた。

293 :吾輩は名無しである:04/10/02 22:35:20
確かに、肉体的な暴力は行使されていなくても、そこで行われていたのは、
言葉の暴力、ハッキング的な暴力であり、それらの行為を支えていたのが
「やつらは敵だ。敵は排除せよ」という内ゲバやテロの論理と同様のもの
だったからだ。これを大袈裟な突飛な被害妄想だと笑うものは、自らがな
にを行ったか(あるいは行わなかったか)を自覚できないものである。
あるいは、あれらの行為は「柄谷行人」の指示によっておこなっただけ
であると弁明する者もいるだろう。しかしそれらは「柄谷行人」を教祖
とする信者の信仰告白でしかない。

294 :吾輩は名無しである:04/10/02 22:43:00
しかしNAMって具体的には何をやってた団体だったのかね
どういう経緯でQみたいな地域通貨を拙速に必要としたのか
理念や崩壊過程はある程度公開されてるがそのへんが全然わからんね

295 :吾輩は名無しである:04/10/02 22:49:11
柄谷行人を神に崇める為にヨイショする団体
柄谷行人を歴史の教科書に載せてやるためのボランティア団体
柄谷行人個人の人格障害を慰めてやるための慈善団体

麻原になれなかった麻原もどきを社会の中で復活させる為の組織−団体だったな。
あの組織と柄谷本人に批判も糞もなくいまだにノウノウトやってる奴らは
要するに最初から自立性もあるわけもなく、持てる可能さえもなく
人間の出来損ないのような哀れな羊達だったな。
一様に。
今でも

296 :吾輩は名無しである:04/10/02 22:56:31
>292

これ鎌田の文章じゃないんじゃ。。。
誰かどこにあるか教えて下さい。

297 :名探偵 ◆oTUwZbBfO2 :04/10/02 22:59:31
>>296
宮地剛さんだよ。
http://www.after-that.net/myjg-1/hajimeni.html

298 :吾輩は名無しである:04/10/02 23:07:50
しかし重力って具体的には何をやってた団体だったのかね
どういう経緯でQみたいな地域通貨を拙速に必要としたのか
理念や崩壊過程はある程度公開されてるがそのへんが全然わからんね


299 :吾輩は名無しである:04/10/02 23:09:42
鎌田哲哉を神に崇める為にヨイショする団体
鎌田哲哉を歴史の教科書に載せてやるためのボランティア団体
鎌田哲哉個人の人格障害を慰めてやるための慈善団体

麻原になれなかった麻原もどきを社会の中で復活させる為の組織−団体だったな。
あの組織と鎌田本人に批判も糞もなくいまだにノウノウトやってる奴らは
要するに最初から自立性もあるわけもなく、持てる可能さえもなく
人間の出来損ないのような哀れな羊達だったな。
一様に。
今でも

300 :吾輩は名無しである:04/10/02 23:51:34
あれ、なんかデジャヴが

301 :吾輩は名無しである:04/10/03 00:00:41
Qに関わらなければNAMはまだ存続していたのかな?

302 :吾輩は名無しである:04/10/03 00:44:57
柄谷は最初っからNAMじゃなくってLETS(=Q)だけ立ち上げれば
よかったんじゃないのかな?
もしLETSが成功したらおまけでNAMもはじめるという順番のほうが
まず間違わなかったはずだ。
単純にLETSの間違いに途中で気づけば被害も最小限度で食い止める
ことができたはず。

303 :吾輩は名無しである:04/10/03 00:52:41
>>299
鎌田の場合は柄谷ほど極端に自己への思い入れが屈折してるということは
ないだろう。自分を天才と思い込むためにはあまりにも能力が凡庸すぎる。
彼のプライドの根拠というのは東大法学部入れたことくらいのものだ。
文壇のデビューも35歳だし。
ゆえに柄谷ほど屈折した、人格障害のバイアスもかかって増幅された
自己への没入も鎌田にはないんだよ。
鎌田はもっと凡庸な人であるし、同時に柄谷のような極度の病的な人格障害も
ない。鎌田なら銀行や商社の営業マンをやっていても成功できたはずだ。
むしろそっちのほうが出世していて幸せになれた可能性は強い。
柄谷にあってはそのようなサラリーマン出世というのは不可能な世界だ。

ゆえに>>299は論理的にいって有り得ない事情だなw

304 :吾輩は名無しである:04/10/03 00:58:38
鎌田はむしろ官僚系でしょう?
文部省とか厚生省みたいなのが一番出世しやすかったんじゃないの?
あるいは北海道庁とかさ(苦笑

305 :吾輩は名無しである:04/10/03 01:23:29
宮地さんという人の文章読みました。
NAM、やっぱりこわいです。

306 :吾輩は名無しである:04/10/03 01:36:09
チミは経験がたりんよ。
こんなの全然たいしたことないって。
Q潰すためには何でもあり、って言っただろ。

307 :吾輩は名無しである:04/10/03 01:49:00
>304
同意。
官僚面してノーパンしゃぶしゃぶにでも行ってくれた方が
俺達は助かった。

308 :吾輩は名無しである:04/10/03 02:27:30
鎌田ってほんとムカツクよな。なんでだろ。

309 :吾輩は名無しである:04/10/03 02:39:00
狡賢いのがわかるから、見て取れるからじゃないの?

310 :吾輩は名無しである:04/10/03 02:48:03
ぼくらの情けない下衆ぶりを執拗に追及するからじゃない?

いわば自分がやってもないことで
警察に白状しろと追及されて抵抗するのに疲れて外に出たくて
ついやりましたと
答えてしまうような弱さを追及-暴露-糾弾するわけだからさ、
気にしなくていいんじゃ?硬質の美は鎌田君にまかせる、と。
上にコピペされてるあずまんの対応がいいと思うな。

311 :吾輩は名無しである:04/10/03 03:01:40
>>263

柄谷がヨイショしてやって政治的に利用する「優秀な批評家」の内実なんて
所詮その程度のものでしょw

とにかく徹底的に卑怯でズルイんだよ。
しかも自分でもそれにはよく気がついているからこそ「倫理」だとかいいはじめて
更なる倒錯性が増すわけ。
本当に柄谷周辺の政治ってそういうデカダンに執り憑かれてるんだよなあ。

312 :306:04/10/03 03:15:14
>いわば自分がやってもないことで
>警察に白状しろと追及されて抵抗するのに疲れて外に出たくて
>ついやりましたと
>答えてしまう

いや俺は実際にやったわけ。
鎌田に何言われようがこれからもやる。
言われたら何が悪い、と答えればいい。
その代りむかついてはないな。
あんたらまだいい子になりたいわけだよ。

313 :吾輩は名無しである:04/10/03 03:22:10
>あんたらまだいい子になりたいわけだよ。

いや、君には何ら関係ないつもりだが。
だいたい、そこまで開き直ってる人に向けて
一体何が言えると思う?
何もないよ。馬鹿につける薬はないんだからさ、
まあ、それでも、鎌田は最後まで相手にしてくれそうだけど。

314 :吾輩は名無しである:04/10/03 03:41:00
おいおい内ゲバはやめようよ。
それこそ鎌田の思う壺。

315 :吾輩は名無しである:04/10/03 03:46:34
じゃ鎌田がノーパンしゃぶしゃぶに行くかどうかでも話す?


316 :吾輩は名無しである:04/10/03 08:32:20
NAM=柄谷行人を囲む会=柄谷が書いた原理とやらを現実展開する会
つまりは柄谷教の宗教団体だった
NAMの理念を実現するには何百年もかかると
それこそ永久革命論や宗教がかったこと言いながら
柄谷が現実と自分の考えの落差にイヤけがさして拙速に結果をもとめて自壊
集まってたのは柄谷と柄谷周辺と社会不適応の柄谷ファンだから
宗教チックな左翼コミューンのどうしようもなさに柄谷本人も困ってただろう
対抗しようとする国家と資本のほうがまだマシだというお馴染みの教訓しか残さなかった

317 :吾輩は名無しである:04/10/03 15:15:53

宮地はあまりに妄想だよ。ちょっとすごいな。はじめて読んでびっくりした。
うつ病らしいが、どうやら本当だな。
宮地はそのオフ会の事実上の主役、Q管理運営委員会のフラットな組織を
、専従に立候補していて、組織を根本的に変えようととしていた。当然
裏には西部のプッシュがある。西部を盲信し、西部論文を感激・崇拝していたのは
宮地のみだから。また宮地は当時副代表だったというのもある。
それに対して、反発があるのは当然。
そもそも『重力』も規約で、『重力』は組織の自己目的化をさけるため
輪番体制をとり、専従制をとらない、って書いているだろ。そこが鎌田の
自己矛盾。

 譲って、マネ-ジメントの見地から、ボランティア体制が無理だと西部ー宮地
ラインが直接判断したとして、それが妥当だったとしても、十分議論を尽くすべきだった。
ところが宮地は、そのオフ会を(明日仕事だからと)途中退席。決定的な時点で、これをやったのが宮地の
信用をゼロにした。
そもそも宮地は、家庭の事情もあり、あまりQの業務はやっておらず、また事務ミス
のボケも多かった。なんで宮地が専従に?という声が上がるのは当然。また専従に
するにあたっての事業計画もなにもなかった。せめてそんなものがなければ、議論
もできないのが大人じゃないか?またオフ会を開いたのは京都班がせっぱつまっていた
というのがある。初代登記人がすでにボランティア過剰から、自分の仕事をやめて、鬱っていた。
そこまでの価値がQにあったのか?専従にしてそれを解決といっても、事業計画もなく
専従に突入して、おなじ羽目におちいらない保証がどこにある?



318 :吾輩は名無しである:04/10/03 15:16:33
>>292
また宮地、40すぎて、「言葉の暴力」も何もないだろ。今アメリカ大統領選の両者の
論説をみてみろよ。あの程度の言説があっただけだろ。ケリーがブッシュの業績を全否定して、
たとえば、ブッシュが「言葉の暴力」に傷ついていくか?宮地、おまえはQの権力をにぎろう
としていたんだよ。その程度で傷ついて、リーダーとしての舵取りができるのか?

Qにやつらは、たとえば蛭田が中核(ほんとか?)とかいって、旧左翼イメージ
に貶めるのが戦略だが、そんなこといったらNAMから切れた後の
Qのこの間まで代表だったやつも35才ぐらいまで、某マルクスレーニン主義セクト
の専従だった。非合法だろ。大宣伝を俺たちがしたか?Qを純粋に攻撃するために。
こんなこと叩き合ってなんになる?そもそもQ代表は宮地たちがあまりに党派的・セクト的になり
なりこんな発言をしだしたからやめたんだろ?彼は偉い。沈黙を守っている。

319 :吾輩は名無しである:04/10/03 15:18:09
>>292
おれはQに忠告するが、宮地や鎌田のやり方はQの首をしめているとしか思えない。
鎌田よ、おまえこそ「俗情の結託」に陥っていないか、鎌田のスタンスはわからないが
、が、うまくいかないならうまくいかないなりに、今はそれをなぜそうだった
かを知的に分析し、実力を個々人でつけるべきときなんじゃないか。

おまえが「重力」でインタビューした、今はなき内藤氏もこういっていたじゃないか
。おれたちは簡単にいってこの「現実との闘争」に本格的にぶつかっていただけだ。鎌田の「俺たち
は正しかったが裏切られた」という言説は、内藤が悲しむよ。それこそ旧左翼のだめだったところ
じゃないか?
p108重力
「ある一定の人があつまって何か商品をつくるとすると、必ず給与の支払い、経営の
問題がはっせいしちゃうんですよね。青空文庫だって結局片手間ではできないから
、専従の問題が発生しているし、NAMだって今後は同じ問題にぶつかるかもしれない
。非資本主義的に始めても、結局経営のことにぶつからざるを得ない。現実との
闘争がそこから始まる」



320 :吾輩は名無しである:04/10/03 17:42:57
西部(Q)対柄谷(NAM)が鎌田対柄谷になったのね

321 :吾輩は名無しである:04/10/03 20:47:42
317以下の内容、本当?
鎌田の文章と全然中身が違うような。。。




322 :吾輩は名無しである:04/10/03 21:14:33
デマ流すのは西部叩き以来のNAMの上等戦略なの。
デマからこそ筆者名はだせないの。
だから317は2ちゃんでムキになってるの。
306は正直な方。

323 :吾輩は名無しである:04/10/03 21:52:48
>デマからこそ筆者名はだせないの。

確かにこれは痛いな
Q側はみんな自分の名前でやってるからなw


324 :吾輩は名無しである:04/10/03 22:01:36
Qが公開してる資料の中で
317の内容を反証する記事があればいいわけだ。

325 :吾輩は名無しである:04/10/03 22:07:46
NAMとQの騒動って笑えるな
誰かこの騒動を題材に小説買いて群像におくれよ

326 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:07:07
>324
逆逆。NAM側の法律家が言ってたけど、こういう場合217や君みたいな
弁解側が資料を出して反証すべきなんだとさ。
そいつもやる気満々だった。でもQの資料がはっきりしてて勝ち目がない
からいつのまか立ち消えになった。

327 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:15:30
>Q側はみんな自分の名前でやってるからなw

NAM会員にできるわけないだろう。
俺だって後藤や祐人みたいバカかばうために
実名知られたくない。
悪いがトンズラさせてもらいます。

328 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:18:48
>蛭田が中核(ほんとか?)

ホントは革○よんよんよん。

329 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:22:34
317の言い分のうちで
どこが事実と異なるの?
どこが事実と同じなの?

330 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:26:30

もともと、NAMの弁解ではなく、
鎌田の総括がとても間違ってる、自己矛盾してる、
宮地の言い分が権力を執ろうって時に情けないって内容でしょ、317。
>>326はあたらないかもね。

331 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:34:59
>鎌田の総括がとても間違ってる、自己矛盾してる、
>宮地の言い分が権力を執ろうって時に情けないって内容でしょ、317。

それが弁解だっての。
オマイが本名明らかにしてWEBで公開すればいいだけよ。

332 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:37:08
いいねえ

333 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:37:10
そもそも、今のQはそれほどの仕事量はありません。
/気のきいた会社の事務員ならば週に半日、午前中だけで作業すれば
ぜ〜んぶ綺麗に片付く程度のことです。/
この件に関して、**さん、**さん、**さんらは失礼ですけれども
事務作業に慣れていらっしゃらないがゆえに登記作業をおおげさに
考えすぎです。/
なにより、事務作業に慣れていらっしゃらないのでその作業に喜び
を見出せないでいらっしゃったというのが一番いけないことです。

334 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:40:40
>それが弁解だっての。

ぜんぜん、関係ないよ

>オマイが本名明らかにしてWEBで公開すればいいだけよ。

やれやれ。

335 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:41:51
言い訳派はダメですね。
306や312のように居直った武闘派に期待したいです。

336 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:42:17
鎌田にはもう正当性無いのさ。
殺人事件のそうさする警官が快楽殺人してたんだからさ。
なむときゅうのどちらが正しかろうとさ。


337 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:42:20
いつものQの血祭りが始まったみたい。笑

338 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:43:42
>言い訳派はダメですね。

全然だめじゃないよ。これでいい。
むしろ
>306や312のように居直った武闘派 に下手なまねさせて
手玉にとろうって魂胆が丸見えでうんざり。

339 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:45:19
>NAM会員にできるわけないだろう。
>俺だって後藤や祐人みたいバカかばうために
>実名知られたくない。
>悪いがトンズラさせてもらいます。

オイオイ俺達見捨てんのかよ。
NAMのために必死にがんばったんだぜ。
あんただってもうQはやめたはず。
後藤も祐人もさっぱりしたいい奴らだよ。


340 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:49:30
>後藤も祐人もさっぱりしたいい奴らだよ。

それはない(苦笑

341 :吾輩は名無しである:04/10/03 23:55:43
どうも鎌田の文章だけ反論しても旗色が悪いな。
こっちは実名も証拠も出せないからね。
あらためて鎌田個人を集中攻撃しないか。
俺思うに、こいつ本当に快楽殺人やってるかも。

342 :吾輩は名無しである:04/10/04 00:06:21
>どうも鎌田の文章だけ反論しても旗色が悪いな。

これがすでにおかしいって。
柄谷さんと俺達が間違うわけないの。
鎌田が馬鹿な総括をやっただけ。


343 :吾輩は名無しである:04/10/04 00:12:29
NAM弁解側は匿名発言・トンズラで問題ない。
旗色わるくてもいいんだ。
>柄谷さんと俺達が間違うわけないの。
鎌田が馬鹿な総括をやっただけ。 と繰り返し述べておけばよい。
ギャラリーにはおもしろくても
もともと取るに足らないことなんだから。
Qと鎌田およびシンパどもの狙いが内ゲバの深刻化で
ある以上、そんなものにまじめに付き合う必要など
どこにもない。何故人びとは、あたかも自分たちが
救われるためであるかのように、みずからすすんで
内ゲバの論理に
隷属するためにかくも執拗に戦うのか。
東のように情念の煮こごりなんかに関わる必要なし
とうっちゃっておこう。

344 :吾輩は名無しである:04/10/04 00:40:21
>柄谷さんと俺達が間違うわけない

これは違うでしょう。あんまりだと思います。
これでは宗教団体と呼ばれて仕方ありません。

私はNAMにいました。
自分の力も足りなかったと率直に思っています。
残念です。

345 :吾輩は名無しである:04/10/04 00:42:59
>狙いが内ゲバの深刻化である以上

自意識過剰。みなしゃん解散したんでしょ?

346 :吾輩は名無しである:04/10/04 01:26:40
>自意識過剰

確かに。こういうの多いからNAMは鎌田になめられる。

347 :吾輩は名無しである:04/10/04 01:32:25
>>自意識過剰
>自意識過剰。みなしゃん解散したんでしょ?
>確かに。こういうの多いからNAMは鎌田になめられる。

ゆうに事欠いて苦しい。だいたい、鎌田みたいのに
なめられてもいいんだって話。
むしろ、なめられないようにすればするほどあほなことに
陥るんだって事、主張してるんだからさ。よく読んでね(はぁと

348 :吾輩は名無しである:04/10/04 02:03:02
347みたいな居直り派はごく一部です
ほとんどの会員は344みたいに思っています
鎌田さんにはそれを理解してもらいたいものです(はぁと

349 :吾輩は名無しである:04/10/04 02:11:15
別に居直ってはいないだろ。
なめられないようにすればするほどあほなことになる、
だからスルーしろ、といってるわけだろう。
頭にくるなこいつ。ばかか。

350 :吾輩は名無しである:04/10/04 02:13:33
やれやれ(はぁと

351 :吾輩は名無しである:04/10/04 02:14:18
>頭にくるなこいつ。ばかか。

↑これでスルーしたことになるのか?あほか。

352 :吾輩は名無しである:04/10/04 02:16:53
> だからスルーしろ、といってるわけだろう。

まぁ、そうなんだが。thx(あんまり熱くならないでちょ)
だが、ひまつぶしにこんなスレを見てるのもまた事実。
スルーできないような、できないようなで
フワフワってワケ(はぁと

353 :吾輩は名無しである:04/10/04 02:18:13
訂正しまーす

スルーできるような、できるようなで
フワフワってワケ(はぁと

354 :吾輩は名無しである:04/10/04 02:21:02
(はぁと
のかげに顔引きつらせた祐人の顔が。。。。

355 :吾輩は名無しである:04/10/04 02:24:18
本題に戻りたいんだが。。。
333読むと確かに京都グループの旗色が悪いね。
どう反論してこうか?

356 :吾輩は名無しである:04/10/04 02:24:50
それでもかまわないよ。
あなたそれで元気?
ならば今夜はぐっすりできるんじゃなくて?

357 :吾輩は名無しである:04/10/04 02:28:15
ばかだなぁ(はぁと
こんなところでそんな相談してどうするの。
やるならお仲間内でメールでやりなさいな。
手の内みせて茶々入れられてどうするの。
それともあなたQのシンパでわざとネタ振り?
ごくろうさま。

358 :吾輩は名無しである:04/10/04 03:21:46
>355
契約解除は脈あるが高額取引は弁護無理
規約の壁
京都は見捨てよう


359 :吾輩は名無しである:04/10/04 03:26:03
とっくに見捨てられてるって。
あれがなきゃQは潰せたんだからさ。

360 :吾輩は名無しである:04/10/04 03:41:51
>358
そうかな。
あの取引ってホントに不正?別にいいじゃん。
でないと柄谷さんと俺達が間違うわけない、といえなくなる。
弁護士の知恵かりたいね。
鎌田に言い負かされるやつじゃだめけどね。

361 :吾輩は名無しである:04/10/04 03:52:47
だからNAM再建にあたっては
一応京都を批判し
内ゲバ体質・会費流用体質からの脱却を
宣言するのが上策と思われ

362 :吾輩は名無しである:04/10/04 12:43:57
>あの取引ってホントに不正?

ばかだなぁ(はぁと
不正でもいいの。運動に犠牲はつきものなの。
もっとやってもよかったくらい。いなおって
>柄谷さんと俺達が間違うわけないの。
と言えばいい、ていったでしょ。
ごくろうさま。

363 :吾輩は名無しである:04/10/04 13:24:33
NAMは柄谷の宗教団体、Qは西部の人体実験場だった。
どっちも駄目だったが、NAMは解散してうやむや、Qは存続して情報公開
これでは勝負にならないよ

364 :吾輩は名無しである:04/10/04 14:35:40
>これでは勝負にならないよ

ばかだなぁ(はぁと
勝負にならないのなら、相手にできないでしょ
相手にならない連中について、なぜこうして
いつまでも相手にしてる笑
いったいどっちなんだ?相手にしたいのか、
相手にしたくないのか。勝負したいのか、勝負したくないのか。
内ゲバを深め合いたいのか、深め合いたくないのか。
ごくろうさま。

365 :吾輩は名無しである:04/10/04 20:09:18
重力のほうもなかなか03がでないな

366 :吾輩は名無しである:04/10/04 20:20:55
>>京都は見捨てよう
>とっくに見捨てられてるって。

ワロタ。

367 :吾輩は名無しである:04/10/04 21:04:05
>362>364
これが宗教団体の本音だとしたら怖い話だな




368 :吾輩は名無しである:04/10/04 21:22:35
Qは情報公開を別にしていない。それにNAMは外部に全面的に情報公開
するとは一言も創設当初からいっていない。企業創設のノウハウは公開する
とはいってけどな。そしていかにQの理論も実務もだめかは情報公開したじゃん。

Qは全面情報公開というなら当時の管理運営委員会ログを全面公開すべきだな。
いかにまぬけな実務体制だったかがわかる。宮地とか西部のヒステリー状態は
ほんとにすごかった。

ところでこれは根本的な疑問だが、西部は柄谷に近大四谷の講師を切られたから
ぶちきれてヒステリー状態になり、Qの混乱がはじまったわけだが、たかだか客員講師だろ?
それこそ月2〜3万の。
なぜ、あんなにヒステリックになったんだ。ほんとすごかった。ここにさらしてもいいが。
Qの存続を思えば、冷静に処理して、NAMからの独立をはかったらよかったんだよ。別に
不可能じゃなかった。
 
あと重力がなぜでないかを鎌田も情報公開しろ!

369 :吾輩は名無しである:04/10/04 21:25:23
証拠というなら、Qのログ全面公開だな。本当に

370 :吾輩は名無しである:04/10/04 21:29:17
あと、今のQの事務は楽だというが、当たり前だろ。
今会員60名で、ろくに取引もないじゃん。最盛期400人でしょ。いま総取引額
いくらなんだよ。多分月額二万Qとかそこらでしょ。
Q商品掲示板見ても、こばさとことかの少女マンガ古本
とか、それこそブックオフで買えばいいようなものばかりじゃん。


371 :吾輩は名無しである:04/10/04 21:40:08
つーか結構ここにかきこんでいるの、こばさとこだろ。こばの電波も
むごかった。


372 :吾輩は名無しである:04/10/04 21:41:27
浅田や岡崎や山城とかのNAMの同伴知識人はどうなったん?
何事もなかったかのように日々を送ってるのかね?

373 :うレ"き つよレ:04/10/04 22:23:53
カルト、Q!

374 :吾輩は名無しである:04/10/04 22:44:22
情報公開いいねいいねー。
NAM京都=柄谷の喜び組状態がよくわかる。
後藤のコンプ丸出しバカメールも必読。
おっと、Qに入れば今すぐ読めます。


375 :吾輩は名無しである:04/10/04 22:47:52
>そもそも、今のQはそれほどの仕事量はありません。
>/気のきいた会社の事務員ならば週に半日、午前中だけで作業すれば
>ぜ〜んぶ綺麗に片付く程度のことです。/
>この件に関して、**さん、**さん、**さんらは失礼ですけれども
>事務作業に慣れていらっしゃらないがゆえに登記作業をおおげさに
>考えすぎです。/

ワロタ。出典はどこ?

376 :吾輩は名無しである:04/10/04 22:49:21
こんな笑劇がリアルタイムで見られるんだったら
NAMとQにはいっておけば良かったな
あっ、でも実名登録かそりゃ勘弁だな
NAMとQのMLが見たいな

377 :吾輩は名無しである:04/10/04 22:50:36
>だからNAM再建にあたっては
>一応京都を批判し
>内ゲバ体質・会費流用体質からの脱却を
>宣言するのが上策と思われ

金使いこんだのはAKでしょ。
京都は関係ないんじゃ?



378 :吾輩は名無しである:04/10/04 22:58:13
>375
鎌田が引用してるよ。これ読むとさ、NAM会員って
使えないバイト君そっくりなのよ。
ま、370はそれを承知で京都グループがしかけた謀略です。
ご注意!

379 :吾輩は名無しである:04/10/04 23:03:24
>金使いこんだのはAKでしょ。
>京都は関係ないんじゃ?

後藤さん、こんにちは。

念のため、確認しておくと、
下記は、旧神戸準備会のオフ会であり、
旧神戸準備会として、割り当てられる旧NAM大阪の財産をどうするか?
という話し合いだったわけですよね?(1562)
つまり、その当時、旧NAM大阪がすでに解散した後だったことは
確認しておきたい。

さて、旧準備会として機関決定されていたことは、
それはそれで結構だと思います。
それで、その後、METAMOがどのように運営されているか、
後藤さんは、なにかご存知でしょうか。

伝聞の飲食費云々の話を書いてしまいましたが、
一定の時期に会計報告が必要ではありませんか?

380 :ひゃっほう:04/10/04 23:07:46
こういう運動をやるときは、呉越同舟であると、内ゲバっちゃうから要注意。
事細かに、思想信条方針を根掘り葉掘り聞いてからやるべきさ。
大きく違うようなら、最初っから、腕組んじゃ駄目なのよ。
「お互い、考え方が異なるので、別々に行動しましょう」
って初めに宣言しておけば、内ゲバなぞ、起きやせぬ。

浅田彰も、柄谷さんと西部忠では、考え方のレベルが違うって、
晒されたメールで主張してたし。

381 :吾輩は名無しである:04/10/04 23:17:04
>380
確かにNAM復活を目指す者としてもメンバーを絞りたい。
だから358は正しいと思う。
Qは問題外として、京都も失策が多すぎるのよ。特に使いこみはまずい。
もうちょっとクールにやれないかな。


382 :ひゃっほう ◆wg3PxHsSAM :04/10/04 23:38:31
>>381
NAM復活させたら、サイト作ってくださいよ。

僕は作曲をする人間なので、曲を提供できるかもしれません。
http://www.dotcom-studio.com/tmp/381325786.wav (15秒の曲)
http://www.dotcom-studio.com/tmp/5291517003.aiff (7秒の曲)
以上のようなエレクトロニック・ミュージックを作ってます。

383 :吾輩は名無しである:04/10/04 23:39:01
使いこみ、悪くない。
なかでも後藤はNAM柄谷のために必死にがんばった。
いうなれば特攻隊よ、特攻隊。
だからパーッとやらせてよ。

384 :吾輩は名無しである:04/10/04 23:42:37
>382
応援サンクス。
待っててね。

385 :吾輩は名無しである:04/10/04 23:51:28
>NAMは外部に全面的に情報公開するとは一言も創設当初からいっていない。

んなことは知っちょるよ。
連赤中核カク○も外部に全面的に情報公開するとは一言もいっとらんのよ。
だからNAMも左翼陰謀集団になったじゃねえか。バーカ。


386 :吾輩は名無しである:04/10/04 23:55:23
385に賛成します。

387 :吾輩は名無しである:04/10/05 02:18:35
>情報公開いいねいいねー。
>NAM京都=柄谷の喜び組状態がよくわかる。
>後藤のコンプ丸出しバカメールも必読。

あまりいじめなさんなっつーの。その通りけど
(はぁと君がカキコ読んでブルっちゃったよ。
今頃おかんの胸でワンワン泣いてるよ。。。。
おつかれさま。

388 :吾輩は名無しである:04/10/05 02:35:19
というわけで楽しかった。

あしたもがんばって!
おつかれさま。

389 :吾輩は名無しである:04/10/05 03:24:00
>>情報公開いいねいいねー。
>>NAM京都=柄谷の喜び組状態がよくわかる。
>>後藤のコンプ丸出しバカメールも必読。
>あまりいじめなさんなっつーの。その通りけど
>(はぁと君がカキコ読んでブルっちゃったよ。
>今頃おかんの胸でワンワン泣いてるよ。。。。

やれやれ。妄想するしかないってか(はぁと
実名でやることもできず、情報公開することもできない、
だいたいそんな根性もなければ根性論も支持してない連中に
いったい何いってんだ笑
原理をよく読んでくださいな。どこにもそのような
無謀な情報公開や無意味な根性論はでてこない。
むしろそのようなご立派な意志がなくても
生きてるだけで運動になるおめでたいシステムを歌ってる。
それを支持した連中に君らのごもっともなお説なんか無意味だね。
君らは誤解してるんだよ。ぼくらは君らの要求するほど
まともじゃない。
君らほどに敬虔(まじめ)じゃないんだ。
(もし「まとも」なら、すでに君らのいうとおりになってるはずじゃないか?)
問題なのはつねに、まじめさ でも ふまじめさ でもなく
現実 なんだよ笑(ああ、教祖はやっぱりいいこというなぁW
もっとも、君らの叫びだってまだまだ捨てたもんじゃない。
あと一歩、もうひと踏ん張りかもしれんよ(W
ともあれ、ごくろうさま。助言には感謝。

390 :吾輩は名無しである:04/10/05 03:33:06
教祖が一番、地に足がついていないわけだが…。
そっか、最初から浮遊してたわけね、麻馬鹿焼香なみにw

391 :吾輩は名無しである:04/10/05 03:36:13
問題なのはつねに、まじめさ でも ふまじめさ でもなく
現実 なんだよ笑
(ああ、わりぃわりぃ、君らにとっては2chこそ現実だったなW
たしかに君らは2chに足がついてるよ。そこはどう見ても認めざるを得ないW
ともあれ、ごくろうさま。助言には感謝。

392 :吾輩は名無しである:04/10/05 03:53:51
教祖が一番、現実から眼を逸らし続けていたわけだが…。
まじめさでも不真面目さでもなく、
現実の怯懦さで問題視されていたわけだが笑
(ああ、わりぃわりぃ、キャラかぶりにとっては2chこそ舞台だったなw
たしかに芝居振りが板についてるよ。そこはどう見ても認めざるを得ないw
ともあれ、ごくろうさま。助言には深謝。はよ寝れやw


393 :吾輩は名無しである:04/10/05 22:51:18

つーかさ、Qも鎌田に擁護されている時点で相当痛いと思うんだが、どーよ。


394 :吾輩は名無しである:04/10/05 22:51:58
Qの人間にとって、鎌田はやっぱり聖人なわけ?

395 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:12:42
で、始めに戻ってなんで『重力』はでないわけ?

西部の、俺が目指しているのは、「現実のLETS」ではなく「可能性のLETS」
だという『重力』での宣言は、どうなっちゃったの?なにか具体的に彼は
策があるの?

今のQはただのone of them だよねえ。会員60人で、会員は増える見こみはまったく
ないし、魅力的な商品も、何もないし、別にQでの取引がさかんにおこなわれているわけでもない
。ならなんでQにこだわるわけ?他の地域通貨でいいじゃん。それとも他のLETSと何か違う特性があるの?
あるなら教えて欲しいんですが。
なにせ「可能性のLETS」ですからねえ。

396 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:23:40
つまり、Qの人達には、西部がいう「理論と想像力、構想力と実践力」は
あるわけ?いや「まじめ」なのは認めるよ。なんというか西部と鎌田とQのひとたち
かわいそうと君等が思う気持ちはよくわかる。おっと、こういうこというと
まーた論理を飛躍させて中核のやつらにわからない、というのはなしよ(笑)

+++++++++++++++++++++++++++
だが、まじめならいいといえるだろうか。ことにその人が社会運動の担い手であるならば
、理論と想像力、そしてそれらに裏づけられた構想力と実践力が欠けていれば
致命的なことではないか?

397 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:31:10
NAM会員には豊かな犯罪力と内ゲバ力がありました。
これは致命的なことではないか?


398 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:32:01
おまいら、ばか?hh

399 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:34:08
>395>396

長くてツマラン。Q側のように短くて鋭いツッコミきぼん。

400 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:34:55
>>397
>理論と想像力、そしてそれらに裏づけられた構想力と実践力が欠けていれば

…それじゃあ何ひとつできるわけがないw

401 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:36:59
>399
これは仕方ないんよ。
NAM粘着系の怨みはそれだけ深いってこと。

それより後藤、はよ俺の金返さんかい。

402 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:43:37
というか、なんで答えられないの?Qの人はかんじんなところな
さしかかるといつも話をさらすよねえ。そして僕らはまじめなんだ
と言い出す。
こたえりゃいいじゃん。
+++++++++++++++++++++++++++++++
今のQはただのone of them だよねえ。会員60人で、会員は増える見こみはまったく
ないし、魅力的な商品も、何もないし、別にQでの取引がさかんにおこなわれているわけでもない
。ならなんでQにこだわるわけ?他の地域通貨でいいじゃん。それとも他のLETSと何か違う特性があるの?


403 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:49:32
というか、なんで答えられないの?NAMの人はかんじんなところに
さしかかるといつも話をさらすよねえ。そして僕らは不まじめだから
内ゲバも使いこみも自由だと言い出す。
こたえりゃいいじゃん。


404 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:56:32
こたえようか。
内ゲバ=鎌田のレッテル。上のスレ参照。おまえ等のQ代表は、暴力革命主義セクト
だったろ?そっちの方が致命的。
『言葉の暴力』おまえら傷つきやすい、高校生か。40過ぎて何言ってるんだ?
使い込み=後藤個人に聞け。

さあ、Qの人答えてよ。

405 :吾輩は名無しである:04/10/05 23:58:13
内ゲバの定義をはっきりさせろよ。ゲバルト=暴力だろ。
物理的暴力はなんら行われていない。

406 :吾輩は名無しである:04/10/06 00:00:32
>NAM会員には豊かな犯罪力と内ゲバ力がありました。
>これは致命的なことではないか?

全然。やる気のあるのがもう10人いれば
中核のやつらもめじゃなかった。
後藤も絶対に謝罪するなよ。
はしたがねの件で、ヒヨリミ片田に批判されてもどってことない。
君達の破壊活動は大成功だったよ。
これからもよろしく頼む。

407 :吾輩は名無しである:04/10/06 00:01:57
わかったわかった。そう他人の「可能性」の話で
興奮するなよ。それより、Qの「可能性」について話したら
どうだ?なんで答えられない?

408 :吾輩は名無しである:04/10/06 00:05:59
もう一回書くな。

今のQはただのone of them だよねえ。会員60人で、会員は増える見こみはまったく
ないし、魅力的な商品も、何もないし、別にQでの取引がさかんにおこなわれているわけでもない
。ならなんでQにこだわるわけ?他の地域通貨でいいじゃん。それとも他のLETSと何か違う特性があるの?


409 :吾輩は名無しである:04/10/06 00:06:31
後藤に貸した金が戻ってこないんだよっ

410 :吾輩は名無しである:04/10/06 00:11:12
魅力あるQの「可能性」について聞きたいなあ〜
きっと次の『重力』で鎌田が雄弁に語ってくれるんだろうね。

411 :吾輩は名無しである:04/10/06 00:11:53
>>409

だからそれは後藤に言え

412 :吾輩は名無しである:04/10/06 00:17:00
Qの人、別に答えなくていいからね。
NAM京都の喜び組(爆笑)の怨恨は全部ムシムシ。
彼らがしたの件やそのほかで謝罪するまではさ。
(Qの人はまじめそうなので一言したしだいですです。。。。)

>そもそも、今のQはそれほどの仕事量はありません。
>/気のきいた会社の事務員ならば週に半日、午前中だけで作業すれば
>ぜ〜んぶ綺麗に片付く程度のことです。/
>この件に関して、**さん、**さん、**さんらは失礼ですけれども
>事務作業に慣れていらっしゃらないがゆえに登記作業をおおげさに
>考えすぎです。/

413 :吾輩は名無しである:04/10/06 00:27:42
いや、書きこんでるのはTCXの連中でっしょ。
浅○は表彰発言で赤っ恥かいてQを憎みまくってるから。
かれ、ゴマすりの天才やがまともな批判は受け入れられないタイプなの。
おーい、みんなーだいじょーぶかー。
ちゃんとこの人たちの名前覚えとけよー。
あとがコワイぞー。


414 :吾輩は名無しである:04/10/06 00:30:07
やれやれ

415 :吾輩は名無しである:04/10/06 00:42:51
>411
ばかだなあ(はぁと
だってNAMの金っしょ。
あの掲示板読む限り、問題は超表面化してるよね。
後藤にきけ、じゃすまねんじゃ?何か後ろ暗い所でも?

さあ、NAMの人答えてよ。
おつかれさま。

416 :感想:04/10/06 00:52:17
スレ読みました。
Qの方がいつも資料がそろっている気がします。
お金の問題もですが、ヴォランティアだってこれはコンビニなら
とっくに切られています。
NAMの方は反証を公開すべきだと思います。

417 :吾輩は名無しである:04/10/06 01:02:19
>使いこみ、悪くない。
>なかでも後藤はNAM柄谷のために必死にがんばった。
>いうなれば特攻隊よ、特攻隊。
>だからパーッとやらせてよ。

これ言う時点で終わりの気がする。
左翼てかヤクザ?

418 :これが破壊工作だ!:04/10/06 01:19:25
喜び組とその付き人を特攻隊に使ってQの信用を落とす
→→関井に裁判を要求させてもう一度Qの信用を落とす
→→柳原が攝津をだまして三度目Qの信用を落とす
→→以上、思いっきり人数を減らさせて皆へとへとの時に
得意そうに聞く。
「会員60人で、なんでQにこだわるわけ?他の地域通貨でいいじゃん。」

と、ある人が内ゲバ集団NAMの論法を伝えましたとさ。

419 :吾輩は名無しである:04/10/06 01:37:59
>喜び組とその付き人

爆笑しやした。でもそんなに美人いなかったよ。


420 :吾輩は名無しである:04/10/06 01:46:09
NAMのひとのこと見聞きしているうちに
鎌田と西部がとてもリッパにみえてきた。
てか気の毒な感じ。

421 :吾輩は名無しである:04/10/06 03:04:12
今日もごくろうさま。
みんな、ばかだなぁ(はぁと
でも、そんなみんながとても輝いてる。
NAMでもQでも灰色だったみんなが!

おやすみなさい。ぐっすりね!

422 :吾輩は名無しである:04/10/06 07:44:12
後藤に貸した金が戻ってこないんだよっ


423 :吾輩は名無しである:04/10/06 08:03:17
なんで答えられないの?つまりさ、君等いつもそのパターンじゃん。
なんで反証しないの?いや。俺らは絶対、うまく行く!とかいえばいいじゃん。


今のQはただのone of them だよねえ。会員60人で、会員は増える見こみはまったく
ないし、魅力的な商品も、何もないし、別にQでの取引がさかんにおこなわれているわけでもない
。ならなんでQにこだわるわけ?他の地域通貨でいいじゃん。それとも他のLETSと何か違う特性があるの?





424 :吾輩は名無しである:04/10/06 08:06:46
>>415
NAM京都の金だろ?そんなの後藤のまわりのヤツら
が問題にすればいいじゃん。つーかオメーもNAM関西
に所属してたんなら、追求すればいいじゃん。


425 :吾輩は名無しである:04/10/06 08:08:36
きみらさあ、自分たちがうまくいかない理由を他人に
おしつけていないか?40過ぎて。

426 :吾輩は名無しである:04/10/06 08:11:53
なるほど、君たちは、君等が自称する「攻撃」によって
あっさりダメダメになるほど、貧弱なものなのかな。
それ以外に原因はないと。すこしは自立したら?

427 :吾輩は名無しである:04/10/06 08:17:42
つまり君たちはQにはなんら問題はない。すばらしいシステムだ。
すべてNAMが悪いんだよ〜くやしいよ〜、
今冴えないのも全部NAMのせい、といいたいわけな。つまり俺らは
正しいけど裏切られた。あるいは負けたが正しいんだと。


それは 負 け 犬 の発想じゃないのか? 

428 :吾輩は名無しである、:04/10/06 09:22:18
…なんか、醜悪な争いだなあ。みないい歳こいてんだろうに…

NAMの内実って、こんなんだったのか… 幻滅w

429 :吾輩は名無しである:04/10/06 14:37:13
鎌田、いつか俺がなぐってやるからなw

430 :吾輩は名無しである:04/10/06 19:27:53
NAMはイデオロギー集団で解散しちまったけど
Qは単なる経済システムだからな、
会員5人くらいでも実質取引がなくなっても存続だけなら
いくらでもできる

431 :吾輩は名無しである:04/10/06 22:19:07
つまり君たちはNAMにはなんら問題はない。すばらしい内ゲバ集団だ。
すべてQが悪いんだよ〜くやしいよ〜、
今冴えないのも全部Qのせい、といいたいわけな。つまり俺らは
正しいけど裏切られた。あるいは負けたが正しいんだと。


それは 負 け 犬 の発想じゃないのか? 

432 :吾輩は名無しである:04/10/07 01:14:48
>浅○は表彰発言で赤っ恥かいてQを憎みまくってるから。
>かれ、ゴマすりの天才やがまともな批判は受け入れられないタイプなの。
>おーい、みんなーだいじょーぶかー。
>ちゃんとこの人たちの名前覚えとけよー。

ほとんど覚えられそうにないっす(苦笑
ただ中から見てもさ、
NAMはうまくいってない人達の救済団体になってたよ。
浅○なんかカラヤンの下で右大臣、左大臣を夢見てたと思うよ。
彼だけじゃないよ。ゴローもせっつもみんなそう。
それでこれまでのウン十年のダメダメさを一気にばんかいする、みたいな。。。
だから自分らつぶれて冴えない。
また昨日までの、もとのダメダメな自分に逆戻り。それがくやしいんよ。
Qにワケわからず当たり散らすワケは結局そこだと思うよ。

でもオイラもNAMにいたからよういわん。
じっさい西部と鎌田の言うことだいたい正しいし。
で、オイラがこの二人にいいたいのは、そういう負け犬の気持ちをもっとくんでやれよ、
ということかな。
色々あってもさ、お前ら注目されてるだろ。
鎌田なんかいつも言いたい放題。
うらやましんだぞ。ホントは。みんなそういう風に生きたいんだよ。
でもできない。
わかってやれよ。

433 :吾輩は名無しである:04/10/07 05:08:53
今さらだが、文学板でやる話なのか・・・?
上がってるので何だろうと思って見てみると
「重力」についてじゃなしに
南無とかキューとかぢくぢくやっててしょんぼりする。
深夜だと特にしょんぼりする。
せめてサゲてください。

434 :吾輩は名無しである:04/10/07 19:06:14
まったくだ、つまらない。


435 :吾輩は名無しである:04/10/07 19:51:10
お互い、つまらないやりあいや近親憎悪
を見せるより、結果を見せてくれよ。

436 :吾輩は名無しである:04/10/07 22:26:01
で、話を元に戻して、『重力』はど〜してなんも話題がないんだ?

あと鎌田、早くなにか書け

437 :吾輩は名無しである:04/10/07 22:30:07
>432

しんみりした

438 :sage:04/10/07 22:36:41
だから、いい加減、お互いクソつまらない

 近 親 憎 悪

をここに書きこむな。どちらも実力は結果でみせろ

せめてさげろ、あほ

439 :吾輩は名無しである:04/10/07 22:39:23
本当だな
過疎板のさらに隔離スレだというのに、住人は何故か傲慢
NAMがどうこう言っている奴らはこんなスレに常駐していることが恥だと気づかないのかねw

440 :sage:04/10/07 22:41:32
隔離スレということに

気がつけ!!!

441 :吾輩は名無しである:04/10/07 22:58:30
age

442 :吾輩は名無しである:04/10/08 00:22:00
>しかし、ファンクラブというのは実は互いに仲がわるいうえに、
>僕に対して別に従順ではなくて、むしろ
>柄谷批判をすることが真のファンだと思っているから、その中で軋轢が生じる。
>実力のある人、自立した人たちが、そういう雰囲気の中だとイヤになって、
>こういう形では集まりたくないと考えたと思います。
>僕もイヤになった。


443 :吾輩は名無しである:04/10/08 00:26:21
ところで鎌田の論文・重力03は結局どうなるの?ってことについて
色んな意見を伺いたいんだが、どのスレにいけばいい?

444 :吾輩は名無しである:04/10/08 00:53:07
ただ中から見てもさ、
NAMはうまくいってない人達の救済団体になってたよ。
浅わなんかカラヤンの下で右大臣、左大臣を夢見てたと思うよ。
彼だけじゃないよ。ゴローもせっつもみんなそう。
それでこれまでのウン十年のダメダメさを一気にばんかいする、みたいな。。。
だから自分らつぶれて冴えない。
また昨日までの、もとのダメダメな自分に逆戻り。それがくやしいんよ。
Qにワケわからず当たり散らすワケは結局そこだと思うよ。

445 :吾輩は名無しである:04/10/08 08:14:10
ど っ ち も い い 加 減 う ざ い !!!!

根 に も ち す ぎ

近 親 憎 悪

結 果 を み せ ろ

文 学 板 で 語 る こ と か

せ め て さ げ ろ
 


446 :吾輩は名無しである:04/10/08 08:18:29
金にもならない、地位にもならない、名誉にもならない
そんなことで、どうしてお互い、いつまでもいつまでも粘着しあえるのかね。
口けんかに勝ってお互い嬉しいかね。うれしかろう。おまえら一体何歳だ?

言葉で争っても無意味で、世間の人は結果で判断するというのがどうして
わからないのかね。

お ま え 等 お 互 い 馬 鹿 じ ゃ ね ぇ ー の


447 :吾輩は名無しである:04/10/08 11:05:31
あげられると困ることでも?

448 :吾輩は名無しである:04/10/08 11:34:07
Q側の住人はばかばかり。

449 :吾輩は名無しである:04/10/08 13:06:35
お互い悪い(どっちもどっち)、結果を出せ論法はNAM側の発信だね。
彼らの結果=負け犬。もうでちゃったからね。
QにQへの粘着やめたのは、
下の内部告発にびびったからと思われ。
こぴぺしま〜す。

>ただ中から見てもさ、
>NAMはうまくいってない人達の救済団体になってたよ。
>浅わなんかカラヤンの下で右大臣、左大臣を夢見てたと思うよ。
>彼だけじゃないよ。ゴローもせっつもみんなそう。
>それでこれまでのウン十年のダメダメさを一気にばんかいする、みたいな。。。
>だから自分らつぶれて冴えない。
>また昨日までの、もとのダメダメな自分に逆戻り。それがくやしいんよ。
>Qにワケわからず当たり散らすワケは結局そこだと思うよ。

450 :吾輩は名無しである:04/10/08 18:15:50
真っ昼間からageカキコしている馬鹿は惨めだね
社会のゴミ
ほんとうに向上心のない奴は死ねばいいのにねえ

451 :吾輩は名無しである:04/10/08 18:28:37
このスレが重力03ですので悪しからず

452 :吾輩は名無しである:04/10/08 18:59:21
>450
そう口惜しがるなっての。
チミは使いこんだ金早く返そうね。

453 :吾輩は名無しである:04/10/08 20:03:09
>450
同意です。
まあ、匿名掲示板に書き込むことしか出来ない無職どもを、上から観察するのも一興ですからね。
彼らが今後、どのような醜態を晒していくのか引き続き見守っていきましょう藁

454 :吾輩は名無しである:04/10/08 20:13:56
Qって、駄洒落だったんだね…
最近はじめて知った

455 :吾輩は名無しである:04/10/08 23:08:34
と言うか、南無に関わっていたなんて実生活ではばらせないから、2ちゃんぐらいしか鬱憤のはけ口がないんだよ

456 :吾輩は名無しである:04/10/08 23:26:00
南無会員って無職が多いんよまたこれが

457 :吾輩は名無しである:04/10/08 23:51:33
はたか見るみると

お 前 ら 似 た も の 同 士

どこがどうちがうわけだ?

458 :吾輩は名無しである:04/10/09 01:28:07
あげ

459 :吾輩は名無しである:04/10/09 02:54:16
相変わらずキモ悪さ全快だな。ゴローは




460 :名探偵:04/10/09 21:25:23
重力03号を読んで、瓦礫の時空をくつがえしたいなぁ・・・
早く、瓦礫の時空をくつがえしたいなぁ・・・
いつになったら重力03号って出るんだろうなぁ・・・

「経済的自立は精神的自立の必要条件である」というテーゼを掲げつつ、
日曜日に競馬を楽しみ、そして、浅田彰san kara okane wo karitai naaaaaaa!

461 :吾輩は名無しである:04/10/09 22:30:12
あー鎌田ムカツク。殴ってやりたい。

462 :吾輩は名無しである:04/10/09 22:46:04
だね。スルーしたいけどもう我慢の限度。

463 :吾輩は名無しである:04/10/10 00:49:21
まあ、匿名掲示板に書き込むことしか出来ない無職どもを、上から観察するのも一興ですからね。


464 :吾輩は名無しである:04/10/10 00:55:56
鎌田もはよ死ねや

465 :吾輩は名無しである:04/10/10 01:23:44
NAMに関わっていた人たちって弔カワイソウw
2ちゃんねるでしか憂さ晴らし出来ないんだもんねww
柄谷さんは相変わらず国際的な仕事してるのにねwww

466 :吾輩は名無しである:04/10/10 02:45:25
>と言うか、南無に関わっていたなんて実生活ではばらせないから、

カフェダスのご主人にもとNAMの人ですか、ってきいたら
カオ引きつらせてました

467 :吾輩は名無しである:04/10/10 02:56:13
>鎌田もはよ死ねや

同意です。
彼が死んだらいろいろと弔すっきりする。
いまちょうどそんな気分です。
大切なひとたちは先に亡くなるのに。。。


468 :吾輩は名無しである:04/10/10 21:10:12
NAMが如何に低レベルの集だったという事実を競ってもしょうがないとは
思うんだがな。それはあまりにも自明の事実なんだから。
逆に家来のレベルが低いほど、彼らの脳髄が白紙である度合いが強ければ
強いほどに、柄谷の立場からは支配しやすく使いやすくなるという逆説があるのだろう。

ちなみにRAMのグループ構造というのはこんな感じだな。

田口 → 丁稚
摂津 → パシリ


469 :対米自爆攻撃<fm@music.e.ne.jp>:04/10/10 21:14:42
    /\___/ヽ   
   /,,,,,,,,ノiヽ,,,,,,,,::::::\   
  .| (●),ン < 、(●)、.:|.  愛してぇ〜ねぇ〜も〜っと〜
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::|  愛してぇ〜ねぇ〜も〜っと〜
  .|  r、_,ィェ、_,ゝ  .:::::|.  愛してぇ〜よぉ〜ねぇ〜えぇ〜〜〜
   \  `ー'´  .::::/  
   /`ー‐--‐‐―´\


470 :吾輩は名無しである:04/10/10 21:28:58
飛騨にしろ関本にしろヒルタにしろNAMに残党でしがみ付いてる
奴らなんぞというのは、皆が一様に絶対に自立できない、だめで
出来損ないの連中が、自分では自立的に何もはじめることができないから
惰性で柄谷の言いなりとして従属し続けてるだけのことだろう。

471 :吾輩は名無しである:04/10/10 21:29:38
本当に情けのない愚民の集である。
NAMしがみ付き連だが。
しかしこんな愚民たちの集団的になったときの凶暴なるムラビト意識のゆえに
まさに悪貨が良貨を駆逐するような感じで、柄谷の鶴のバカ殿指令と
ともに、いいものを破壊して回ったあの姿、あの勢いというのが
もう拭い様のない染み付きであるはずなのだがな。歴史的な痕跡としても、すでに。

472 :吾輩は名無しである:04/10/10 21:29:49
夫馬さんが血迷って荒らしに入ってるみたいですが、
みんなで無視しましょう(w

473 :吾輩は名無しである:04/10/10 21:31:44
夫馬の脳内対話怖すぎ(藁

474 :吾輩は名無しである:04/10/10 21:36:05
これじゃ鎌田のいうまんまだ

475 :吾輩は名無しである:04/10/10 21:45:10
夫馬については論外。
というか計算にまったく入ってないけどな。
言う論じる以前の強烈なキチガイ。明らかな知的障害者だから

つーか皆、いちいち
言わなくってもわかるよねw

476 :吾輩は名無しである:04/10/10 21:46:26
>>460

おお名探偵!懐かしい何してた?君は鎌田フアンなんだよね

477 :吾輩は名無しである:04/10/10 21:47:47
早く、瓦礫の時空をくつがえしたいなぁ・・・


478 :460 ◆oTUwZbBfO2 :04/10/10 22:39:45
>>476
「ファン」ってほどでは無かったんだけどね。
若手批評家の中では、活発に動いている人ではあったから、そこは高く評価してた。
ってぐらいで。

今まで何してたかというと、『ジョジョの奇妙な冒険』を読んでましたね。
鎌田にはスタンド使いになって貰いたい。
鎌田には地面の中を時速500km以上の速さで移動して貰いたい。
鎌田には浅田彰からの借金をスタンドで帳消しにしようとしてバレて逆に彰のスタンド攻撃を受けて時空の中で瓦礫になる才能があると思う。

479 :吾輩は名無しである:04/10/10 22:39:53
>476
アリガト。
今年も就職できませんでした。。。


480 :吾輩は名無しである:04/10/10 22:43:04
/\___/ヽ   
   /,,,,,,,,ノiヽ,,,,,,,,::::::\   
  .| (●),ン < 、(●)、.:|.  愛してぇ〜ねぇ〜も〜っと〜
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::|  愛してぇ〜ねぇ〜も〜っと〜
  .|  r、_,ィェ、_,ゝ  .:::::|.  愛してぇ〜よぉ〜ねぇ〜えぇ〜〜〜
   \  `ー'´  .::::/  
   /`ー‐--‐‐―´\


481 :吾輩は名無しである:04/10/11 01:17:46
誰も就職できるなんてオモットらんよ
働いてたらこんなとここない


482 :吾輩は名無しである:04/10/11 07:29:46
重力が如何に低レベルの集だったという事実を競ってもしょうがないとは
思うんだがな。それはあまりにも自明の事実なんだから。
逆に家来のレベルが低いほど、彼らの脳髄が白紙である度合いが強ければ
強いほどに、鎌田の立場からは支配しやすく使いやすくなるという逆説があるのだろう。
ちなみに重力のグループ構造というのはこんな感じだな。
大澤  → 丁稚
三ツ野 → パシリ


483 :吾輩は名無しである:04/10/11 13:40:42
一番最悪だったのはNAMにピエが在籍していた事実だがな…

484 :吾輩は名無しである:04/10/12 07:46:06
>今年も就職できませんでした。。。

プッ。。。こりゃ名探偵もNAMいりだな

485 :吾輩は名無しである:04/10/14 15:25:22
残党的に今でも柄谷教が捨てられずに居残っている人達は
現実には一様に人間の出来損ないで、自立性が全くもてず
これからも持てることがないのがわかりきっている人達なので
今でもそのようなポジションにいる人達です。


486 :吾輩は名無しである:04/10/14 15:28:26
飛騨にしろ関本にしろヒルタにしろNAMに残党でしがみ付いてる
奴らなんぞというのは、皆が一様に絶対に自立できない、だめで
出来損ないの連中が、自分では自立的に何もはじめることができないから
惰性で柄谷の言いなりとして従属し続けてるだけのことだろう。

487 :吾輩は名無しである:04/10/27 16:51:43
http://www.geocities.jp/mozi1129/flash/ogino-l.html
鎌田と荻野の授業どっちが面白い

488 :吾輩は名無しである:04/10/27 19:36:02
マジな話、鎌田先生は数学大好きで教え方もめっちゃうまかったです
あと現代文がちょっとダメ。。。
全国模試でユリイカ論がとりあげられた時、
先生に解いてもらったら全然こたえちがってた。
自分で自分のいってることわからないんじゃねー

489 :吾輩は名無しである:04/10/28 00:50:15
>全国模試でユリイカ論がとりあげられた時
 これ何? ホント?
 けど、現代文の全国模試の模範解答なんて、まったくのインチキだしデタラメだし
 ところで、「自分で自分のいってることわからない」のが主体とか人間とかじゃ? 
 本質的に。

490 :吾輩は名無しである:04/10/28 20:44:28
>>489の言うとおりであるが、
ま、鎌田は元から自分で自分のいってることわからないのが売りの人だから、と言うことも
できます

491 :吾輩は名無しである:04/10/29 01:15:13
ユリイカ論ってなに?

492 :吾輩は名無しである:04/10/30 23:13:25
先週の日曜鎌田を競馬場で見た。
本当にやってるんだな。

493 :吾輩は名無しである:04/10/30 23:22:28
競馬場なにしにいくんだか知らんが
(Qのこととか考えてんのか?あるいは競馬が通貨運動のヒントにでもなるとでも
思ったのか?)
ほんとは鎌田はライブドアの堀江とかが羨ましいんとちゃうか?

やっぱ同じ東大でもあいいう人生にしときゃよかったとか
なんでも卒業すりゃあいいってもんじゃなかった
なんでも賃労働就いてアリバイ持てばいいってもんじゃなかった
とか??


494 :吾輩は名無しである:04/10/30 23:25:27
俺はホリエモンがうらやましいぞ!

495 :kmd tty:04/10/30 23:33:50
競馬場にはね、偶発性があるから。
カラタニの「籤引き」に対抗してるの。 

496 :吾輩は名無しである:04/11/02 22:21:00
age

497 :吾輩は名無しである:04/11/02 22:25:26
こっちでやっても盛り上がらないんだよ

498 :吾輩は名無しである:04/11/02 22:26:34
なんで? みんな、異なる主題のスレッドを荒らす方が好きなの?

499 :吾輩は名無しである:04/11/02 22:27:06
それが、結局鎌田は、柄谷のカップリングという状況を抜けていないと
いうことだろう

500 :吾輩は名無しである:04/11/02 22:28:33
↓柄谷のことなんか殆ど出てこないやんけ。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1081169777/l50

501 :吾輩は名無しである:04/11/02 22:42:18
関係無い、読者の知らない個人名ばっか挙げて話してるなよな。
内輪揉めなんかどうでもいいんだよ。


502 :吾輩は名無しである:04/11/02 22:44:22
面白ければなんでもいいんよ。

<殊に2ちゃんねる

503 :吾輩は名無しである:04/11/02 22:46:01
イヤ、ちっとも面白くないから。楽屋落ちなんざ最低のギャグ。

504 :吾輩は名無しである:04/11/02 22:55:03
だいたい、地域通貨とか、本気で成功すると思ってたのかね。馬鹿らしい。

505 :吾輩は名無しである:04/11/02 23:13:32
わたしがわたしの悪魔を見たとき、悪魔はきまじめで、徹底的で、深く、荘重であった。それは重力の魔であった。――かれによって、一切の物は落ちる。怒っても殺せないときは、笑えば殺すことができる。さあ、この重力の魔を笑殺しようではないか!
――フリードリッヒ・ニーチェ『ツァラトゥストラはこう言った』(氷上英廣訳、岩波文庫)

506 :吾輩は名無しである:04/11/02 23:18:02
鎌田って確かに悪魔かもしれんな

507 :吾輩は名無しである:04/11/02 23:32:56
知識は重力の魔に憑かれている。……いま必要なのは、知識をそのような重力から解き放つことだ。知識を軽くポータブルなものにすること、その時その時での生産に役立つものにすることだ。それをわれわれは「たのしい知識」と呼ぶ。
……「ニュー・アカデミズム」などという愚劣なレッテルのもとに悪しき「知のポップ化」が進行しつつあるなかで、われわれは以上のような反時代的ポップ性にあえてこだわろうとした。……
――(浅田彰) 『GS』創刊号「編集後記」(1984.6)

508 :吾輩は名無しである:04/11/02 23:42:46
00『重力』は2CHより新しいか?00
http://mentai.2ch.net/book/kako/1016/10160/1016041199.html
「響きと怒り」としての唯物論-鎌田哲哉
http://mentai.2ch.net/book/kako/1011/10118/1011873164.html
早稲田文学3月号の鎌田の下劣な東批判
http://mentai.2ch.net/book/kako/981/981527253.html

509 :吾輩は名無しである:04/11/03 01:51:54
今日読書人の「大西巨人インタビューを終えて」とかいう雑文
読んだけど、文体変わってきてるね。「〜と思った。」なんて
いうシンプルな言い回し使わなかった人だよね。文章自体は
どっかの評伝作家叩きながら自分のインタビューの仕方を
反省するみたいな内容だったけど、以前になかった弱気な態度
が目についた。デビュー直後から飛ばしまくり、それに加えての
NAM騒動で疲れてんじゃねーの?

510 :吾輩は名無しである:04/11/03 02:13:55
たんに仕事で疲れてるのだろう。
薄給激務だしなあ

511 :吾輩は名無しである:04/11/03 02:28:39
東大卒だったら、予備校教師って稼げるでしょ。
人気が無かったら無理だけどさ。
予備校業界は偏差値高い人材を基本的には厚遇する筈。

512 :吾輩は名無しである:04/11/03 03:19:15
鎌田先生は人前でもすごく弱気な感じでした。ひごろは生徒の質問にも
優しいし気のつかい方も細かい。相談にも親切にのってくれました。で
も何かあるとぶち切れて宅間なみの暴走を始める。その何かがいつくる
かわからないんですよね。他の先生は、鎌田先生がまた壊れたといって
笑っていたけど。

先生本当に評論家だったんだな。また会いたいな。

513 :吾輩は名無しである:04/11/03 03:26:30
>>512
鎌田先生はお金は稼いでいそうでした?
服装は貧乏そうですが、高い買い物をした話とか、海外旅行に言った話とか、
そんな話はされていました?


514 :吾輩は名無しである:04/11/03 03:50:35
>>513
ナムハケーン

515 :吾輩は名無しである:04/11/03 14:11:02
誰か早稲田の演習レポしてくれないかな。

516 :吾輩は名無しである:04/11/03 17:38:00
早稲田文芸演習は、長らくスガ・渡部が交代でやっていた。
それが大杉になり鎌田となったが、その次の展望がないな。
ワセブンで「近代文学の終焉」宣言されたのは、けっこう重みがあると思うよ。
鎌田で、もうおしまい。

517 :吾輩は名無しである:04/11/03 17:52:27
>>509

もともと疲れている人だった。自分のこと、「水面にかろうじて口だけ出して
息をなんとかしている状態が続いている」とか表現していた。
今は、完全水没か?それとも、もうこういう表現はやめたか?

518 :吾輩は名無しである:04/11/03 17:58:51
確か『読書人』の2001年印象に残った本特集

■印象に残った本■ 鎌田哲哉
@アルチュセール『マキャヴェリの孤独』
A『増補橋川文三著作集』
B柄谷行人『トランスクリティーク』
溺れかけてつま先立ちで辛くも息つぎをしている感覚がいつまでも消えない。駄文の
読み書きに疲れると、大昔熱中した論文の再録本ばかり眺めていた。中では@Aが断然
面白く、よい復習にもなったが、品切れ本をまとめただけのA増補巻の安直な作り
や、妙にでしゃばりな@の訳注/訳者あとがき(この詩?は最悪)には閉口した。
  だがそれは結局後ろ向きの態度の正当な報いだろう。かじかんだ心を裂いて何かに熱中し
その直後に視線をさらに前方にだけ注ぐには、仕事自体が本質的であることが絶対不可欠なのだろう。
今年出た本で、その種の「仕事」と呼ぶべき書物はおそらくBしかない。だがそれが
自らの目的に必要な強度でそうであるか否かは確言できない。
私は、この批評家=思想家の作品を正月に徹底的に検討するつもりだ

519 :吾輩は名無しである:04/11/03 18:18:28
雀鬼・桜井章一の麻雀の譬喩みたいだな。
早くエラ呼吸をおぼえませう。>>517-518

520 :吾輩は名無しである:04/11/03 18:42:22
そうか。519のレスで、長年の謎が解けた。
鎌田ってノワール/ハードボイルド主役のナルシシズムを持っているんだな。
実話系の質感に近い主観性だ。

521 :吾輩は名無しである:04/11/03 18:48:52
鎌田がモッブという罵倒語を使うたびに、モブ・ノリオが思い浮かぶ。

522 :吾輩は名無しである:04/11/03 18:55:23
うすぎたねえ村上春樹

523 :吾輩は名無しである:04/11/03 19:52:03
>>522
うまいこというな

524 :吾輩は名無しである:04/11/03 22:02:39
鎌田の演習面白そう。
もくり可なの?

525 :吾輩は名無しである:04/11/03 22:04:13
何曜の何限目?

526 :吾輩は名無しである:04/11/03 22:05:24
可だろう。出席率もどうだろうな?
今の学生は批評空間?鎌田?誰それ?って感じだろうな

527 :吾輩は名無しである:04/11/03 22:47:06
演習行くのやめろよ。なんであいつこんな人気あるの?
悔しいしわけわかんない。
俺は柄谷信者でいいよ。鎌田への怨みを消す気はないね。

528 :吾輩は名無しである:04/11/03 22:57:14
>>527
おめえウザイ。俺が正面からつぶしてやるよ
数年待ってろ

529 :吾輩は名無しである:04/11/03 23:05:46
>>527

演習いって正面から疑問ぶつけろ。

530 :吾輩は名無しである:04/11/03 23:06:34
>>525

土曜にやってる。このスレ内で検索してみ

531 :吾輩は名無しである:04/11/03 23:06:43
>527
気持ちはわかるが鎌田はもう無視できない存在

532 :吾輩は名無しである:04/11/03 23:08:50
・・・・それはないだろう。批評家としては終わっただろう。
Q推進者として無視できないということか?

533 :吾輩は名無しである:04/11/03 23:12:06
NAM信者批判者として、無視できないというのほど社会的には不毛な
ものはないぞ。


534 :吾輩は名無しである:04/11/03 23:13:39
俺もそう思う。
無視できなかったのは90年代終わりからNAMの活動期まで。
批評空間と群像の狭間で注目を集めたが、
早稲田文学と重力はしょせん同人誌の延長でしかなかった。

535 :吾輩は名無しである:04/11/03 23:14:51
そ。一般読者からすればNAMとかQとか、ナニソレ?です。
蝸牛角上の何とやら。どうでもいいやね。

536 :吾輩は名無しである:04/11/03 23:23:46
NAMを批判したヤツはダメだね。
みんな鎌田のようになるってこと。

537 :吾輩は名無しである:04/11/03 23:25:36
>>536
そうあからさまに柄谷信者として2ちゃんで開き直れるキミはある意味すごい。



538 :吾輩は名無しである:04/11/03 23:32:43
>>536
そんなお手軽に鎌田みたいになれるなら、NAMって奴を批判してみてもいいな。

539 :吾輩は名無しである:04/11/03 23:44:44
群像も大したこと無いよ。
文学ファンなら早稲文まあまあ面白いのを何年も作ってたと思うよ。
重力は2号の現代詩特集は価値があったと思う。

540 :吾輩は名無しである:04/11/03 23:54:10
詩なんか興味無いからなあ……。もっと散文精神を!

541 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:00:40
俺はやっぱり鎌田ほどNAMを愛した男はいないと思うな。
だって自分の批評家生命をかけて、終わらせてまで、批判・罵倒するか?

柄谷がたとえばそこまでNAMを愛したか?冗談、さっさとスルーだよ。


542 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:03:45
批判したから批評家生命終ったの? そんな阿呆な。

543 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:09:35
だから鎌田なんか支持するなよ。
負け犬のこわさをわからせてやろうぜ。



544 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:11:55
>>543

どうやってわからせるんだよ。君具体的には2ちゃんで悪口書きこむくらいしか
してないだろ?


545 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:12:18
>>543 負け犬って何のこと? あなた、何かに負けた人なんですか。

546 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:12:51
いや、鎌田はほとんど終わったも同然ですよ。
残念ながら、一般読者は柄谷じゃなくて、
鎌田をカルト野郎と判断している。
著作を出さない事はこれほど致命的なのです。

柄谷行人は、英語著作の翻訳というコンセプトで、
岩波からあのタイミングで本が出せた。
これは強い。

鎌田も今頃は文芸批評集とNAM総括本の二冊を出しているべきだった。
それができていれば、強力な批評家として力を持ったのに、
実際には弱小blog批評家のようなことしかしていません。

547 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:15:40
>残念ながら、一般読者は柄谷じゃなくて、
>鎌田をカルト野郎と判断している。

そしてこの傾向は、加速していくだろう。鎌田がよほどのウルトラCでも
本業の著述業でしない限り。
だから、負け犬君ももうやめろ

548 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:16:59
一般読者にとっては、終ったも何も、始まってすらないでしょ。>>546
まあこれからの精進次第かな。

549 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:24:13
俺は結局鎌田は、柄谷が岩波から著作を出すための
いいかませ犬というか、きっかけづくりをしてしまった
としかオモエン。結果として

550 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:25:54
>>548
終わっています。
一般文芸誌の読者に読まれる可能性がほとんどなくなりました。

でも山城むつみなら大丈夫です。
鎌田は悪しき政治屋としての色が付きすぎているからです。
本来なら昔のテクストに対して響きと怒りを発動すべきだったのに。

551 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:26:16
>543 鎌田って人気があるというより
他人の怨みを買いまくっているだけじゃない?

552 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:27:48
物書きは
publish, or perish !
だよ。

553 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:35:13
>552
それは当然だろーが
俺達をモッブと呼ぶからにはこっちも遠慮する必要はない

554 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:37:16
鎌田が笑止なのは
自分をモッブに数えていない事だな。

555 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:37:28
>>553

だから、君、具体的には2ちゃんで悪口書きこむくらいしか
してないだろ?


556 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:38:34
ジャコバン派とか、宗教系原理主義者のレトリックを使いますよね。

557 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:38:44
>>550
ああ、なんだ。一般文藝誌に寄稿できるかできないかを言ってたのか。
鎌田哲哉はいざこざを嫌った文藝誌から註文が来ないってわけ?
でも大杉重男だって秋聲論の連載了ってからも長らく本にしてくれるところがなかったでしょ。
単に出版不況ですよ。いざとなれば自費出版でもすればいいさ。

558 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:40:36
>>557
それは悲しすぎないか?

559 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:44:09
>>557
出版不況以上にキャラクターの問題が大きいです。
斉藤環とか小泉義之のような門外漢以上に使われないのは、
書評仕事ができないと考えられているからで、
それにしては本格的評論を書く気配がいっこうにありません。
純粋に鎌田の怠慢でしょう。

それにしても自費出版って、それはさすがに冗談でしょう?
自費出版本がたいてい電波と判断される事はご存じですよね。

560 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:44:19
『重力』みたいな同人誌だって、畢竟、一種の自費出版でないの? >>558

561 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:45:12
だから電波本扱いなんだよ。


562 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:45:26
>だから、君、具体的には2ちゃんで悪口書きこむくらいしか
>してないだろ?

確かにNAM側から鎌田への公開の反論はないよね。
結局何もいえないってことかなあ。
553がやればいいのに。

563 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:48:31
>562
バカ、言えないからここで憂さ晴らししてるんだろ
それは553の勝手だろーが


564 :吾輩は名無しである:04/11/04 00:52:48
>>553は結局何をやりたいんだ?
ここで聞いてやるぞ。

565 :吾輩は名無しである:04/11/04 01:01:01
厳密さを必要とする割には自分語りが異常に多いな。
そのへん自分ではどう考えてるのかな?


566 :吾輩は名無しである:04/11/04 01:09:09
気付いているよ。
だからちょっと躁鬱気味。

567 :吾輩は名無しである:04/11/04 01:16:03
でも鎌田の文章はオモロイ
どうしようもなくオモロイよ
Qの文だってあの文体がいい
はまるとやめられまへん
鎌やんファイト!

568 :吾輩は名無しである:04/11/04 01:17:44
自分の面白さを話芸にまで高めていない。
もっと露出するべきですね。


569 :吾輩は名無しである:04/11/04 01:22:59
鎌田の面白さ=「響きと怒り」は、自分に普遍性があるという
思いこみがあってのもの。しかし、さすがに自分でも政治屋的
ふるまいだと気が付いているでしょう。そうするともう書けない。
事実Qの文も「終わりに」という一番大事な結末が未だに書けていません。
もう一年になるのに。そこにせめてもの鎌田の良心をみるべきだと思います。

570 :吾輩は名無しである:04/11/04 01:35:41
それにしても鎌田はなぜ本を出さないのだ。
出したくても出せないのか?
真相はどうなんだ?

571 :吾輩は名無しである:04/11/04 01:45:07
そんな卑小な良心こそ、「モッブ」の唾棄すべき属性ではないか?

572 :吾輩は名無しである:04/11/04 01:45:45
>>570 
本にするほどまとまったもの、書いてたっけか?
自分の書いた本はQでないと購入できない形で出すつもりだったりして。
これぞ自費出版中の自費出版てか。

573 :吾輩は名無しである:04/11/04 01:47:22
有島武郎論が見かけ倒しでがっかりしたファンは多いよ。


574 :吾輩は名無しである:04/11/04 01:49:27
評論集を一冊だせるほどの量はすでに書いてるだろうに。

575 :吾輩は名無しである:04/11/04 01:51:49
>>574 量でなくてさ、一巻の書物としてまとまりをもつ内容で書いてたかってこと。
アレコレ論じたかも知れないが、それを統一した書名でまとめられるかい。

576 :吾輩は名無しである:04/11/04 01:58:47
>>575
柄谷みたいに「畏怖する人間」とか「意味という病」とか
それなりのタイトルをつけ、それなりの序文を書けば
なんとか一冊にはなるんでないの?

鎌田哲哉はもう無名じゃないのだし。

577 :吾輩は名無しである:04/11/04 02:04:27
そんな、「それなり」の本が出てほしいかい? 鎌田本人だって望まないでしょ。
しかしまあ、柄谷はタイトルはうまかったね。『探究』以降冴えないけど。

578 :吾輩は名無しである:04/11/04 02:08:39
「それなり」になるかどうかは本人次第。
いい加減、勝負しなきゃ駄目でしょ。

579 :吾輩は名無しである:04/11/04 02:09:29
こういうスレでいじられてるうちはまだいいけど
このままじゃ、そのうち誰も相手しなくなるよ。

580 :吾輩は名無しである:04/11/04 02:15:03
鎌田が本を出さないのは確かに不思議だが
その不思議をここで論じるとヤツを偉くしてしまう気がするんだな。
本人も調子に乗ってるよきっと。
とにかく
こいつの全てにムカツクのみ。


581 :吾輩は名無しである:04/11/04 02:23:01
鎌田の文が未完なのでNAM側もやりにくいという事情はある。
何か書けば最後のとこで言い返してきそうで怖い。

582 :吾輩は名無しである:04/11/04 02:50:47
そんな大した文が書けるわけないって。
最初からネタはあがっている。

583 :吾輩は名無しである:04/11/04 03:10:32
うん。
でもやっぱり鎌田に反論はしにくいんだよ。
だれでも宅間はいやだろさすがに(藁


584 :吾輩は名無しである:04/11/04 03:49:52
でも編集も出版社も嫌がっている現状では、
鎌田本人もどうにもならないよな。

585 :吾輩は名無しである:04/11/04 09:54:56
だからさ、『重力02』を出した作品社から、Q商品として出すんだろ。(笑)

586 :吾輩は名無しである:04/11/04 12:55:14
>584
鎌田を買っている編集者はたくさんいますよ。
むしろ「モノが違う」という評価でしょうか。
問題はご本人に書くことへの執着がないことです。
それがない限りこの人はダメですね。

587 :吾輩は名無しである:04/11/08 01:37:12
これまでの様々な態度から判断して鎌田さんを
「ネオ吉本主義者」と命名させていただきます。

588 :吾輩は名無しである:04/11/08 02:12:20
どの辺が吉本隆明に似とるの? それとも吉本興業?

589 :吾輩は名無しである:04/11/08 07:01:55
吉本興業だったら、まだマシw

590 :吾輩は名無しである:04/11/08 07:03:18
鎌田の文体ってユーモアがまったくないからね

591 :吾輩は名無しである:04/11/09 01:40:57
でも存在自体ユーモアだろ。

592 :吾輩は名無しである:04/11/09 01:55:43
ドン・キホーテだろ
面白いじゃん

593 :吾輩は名無しである:04/11/09 02:02:55
いや全然。
迷惑でしょ

594 :吾輩は名無しである:04/11/09 02:45:01
で、どんな所が吉本隆明っぽいわけ? >>587

595 :吾輩は名無しである:04/11/09 02:58:42
実は論理性が稀薄なのに勝利宣言するところ
ex.東攻撃

あれはどうみても鎌田に東のような理論構築能力がないのが明らかで、
痛々しかった。

596 :吾輩は名無しである:04/11/09 03:03:43
>実は論理性が稀薄なのに勝利宣言するところ
それって、吉本隆明と花田清輝との論争を念頭に置いてるの?
それとも他に吉本が身勝手な勝利宣言した例ってあった?

597 :吾輩は名無しである:04/11/09 08:48:22
たくさんある。最終的に「転向ファシスト」とかいって人格罵倒で
おしまい。

598 :吾輩は名無しである:04/11/09 13:10:21
ってことは、『重力』は新しい『試行』だったのか。

599 :吾輩は名無しである:04/11/09 13:37:34
ごく単純に、柄谷蓮實文脈に対して
それを踏まえつつ、しかしなんかやらかしてやるぜ( ゚Д゚)ゴルァ!オラオラァア!
というのは好きだよ。
ただ持続はしてほしいなあ。
ラノベが持ち上げられるような時代だけは勘been!!だし

600 :吾輩は名無しである:04/11/09 14:50:09
柄谷=「近代文学の終焉」という文脈に、それはありえない、
となんかやらかすほどの体力は鎌田にはないだろう。実際『重力』
もなんか、とんがった思潮・作品があったわけではない。

すると何もやることがない。

601 :吾輩は名無しである:04/11/09 16:35:20
>ただ持続はしてほしいなあ。
どうでもいいじゃん。
俺達は鎌田にムカツクだけよ。

602 :吾輩は名無しである:04/11/09 16:42:53
>>601
お前どうせオーディエンスだろ?
数年後に漏れが潰すから待てや

603 :吾輩は名無しである:04/11/13 13:16:16
251 名前:吾輩は名無しである 投稿日:04/11/13 12:50:21
鎌田はデビュー時に一発、
NAM批判で一発と、
二度もスーパーノヴァを使った。
あと一回使うと死ぬ。ドクターストップ。マジヤバイ。

604 :吾輩は名無しである:04/11/13 13:21:12
>>598 「進行中の批評」は「情況への発言」ってわけか。

605 :吾輩は名無しである:04/11/13 14:00:32
鎌田はよ何か書けや



606 :吾輩は名無しである:04/11/14 03:50:07
鎌田だけはガチ。プロレスばっかの批評家の中で総合ルールで
マジド突きしてるのはコイツだけ。反撃がこないのはプロレス
やってる奴らが一人だけルール違うやつが飛び込んできて困惑
してるから。


607 :吾輩は名無しである:04/11/14 03:51:12
でも腕力ないんだよな

608 :吾輩は名無しである:04/11/14 03:57:21
東はガチだよ。
浅田との決裂。柄谷との決裂。笠井潔との決裂。
全部まじ。やらせ一切なし。

609 :吾輩は名無しである:04/11/14 03:58:13
東は年々筋力が落ちている。
でも鎌田よりは高い。

610 :吾輩は名無しである:04/11/14 04:13:44
東はガチとかじゃなくてただの人間関係うまくいかない子。
「なんかあの人と付き合うのやんなってきちゃった。」って
感じで、あとから当てこすりみたいなくだらない嫌味かいたりするだけ。
鎌田みたいにゴング鳴ったらいきなりド突き合い始めて
まず力比すんじゃねーのかよ、っていうプロレス側の言い分を
聞かないヴァーリトゥードマンとは違う。


611 :吾輩は名無しである:04/11/14 04:51:56
「ヴァーリトゥードマン」ってわりには重力サイトの掲示板を閉めちゃったよね。
あれは、何故?
引き篭もりしたくなっちゃったのかな。

612 :吾輩は名無しである:04/11/14 08:40:04
雑魚を相手にするほど暇じゃないってことよ

613 :↑↑↑:04/11/14 08:57:45
雑魚のタワゴト?

614 :吾輩は名無しである:04/11/14 23:11:46
>>606
挌闘技の比喩でうまく当て嵌まらないのは、対戦相手との一対一の勝負ではないこと。
観客(読者)を味方につけるって意味では、やはりプロレスでなくてはならない。
評論(批評)であって「研究」ではない以上は。

615 :吾輩は名無しである:04/11/15 03:15:01
>観客(読者)を味方につけるって意味では、やはりプロレスでなくてはならない。

同意
あくまで俺達読者が神様であってさ、それを批判した時点で鎌田は終りってこと


616 :吾輩は名無しである:04/11/15 03:27:26
鎌田の批評って、福本イズムのシミュラクルだろう?
全く違う社会情勢下なのに、
戦前の共産党政治に範を求めるのだから。


617 :吾輩は名無しである:04/11/15 19:37:36
>>615
いや、橋本と抗争中の小川がやったみたいに、
「新日本ファンのみなさん、目を醒ましてクダサーイ」てな読者批判ならアリだろ。

618 :吾輩は名無しである:04/11/17 22:35:55
鎌田君、ダメで無能なNAM会員がいなくなったのに、なぜ、
Qは取引が活発にならずに、停滞しているのかね。いまさら人のせいにしちゃダメだよ。
鎌田君が主張しているように、はやく言葉によって説明すべきなんじゃないかね。
はやく、鎌田君が主張しまくる倫理にのっとらないとダメだよ。だって「言葉が強いる
反証可能性=社会性に不断に身を置く者」なんだろ。君は。それが君がエラソーにできる
唯一の存在理由なのに。自分に甘く他人に怒ってたらどうしようもないよ。それが
鎌田君のいう「神聖喜劇」流の闘争なのかね。


http://www.q-project.org/q_hive.html#kaihatu00
Qは、この11月で活動を開始して3年たとうとしています。
現在のQの会員数は、個人会員が73名、団体会員が3団体です。
Winds_qでご確認いただければすぐにわかりますが、
取引も今年に入っては少なくなっています。こういった状況を変えていき、
Qがより活発な地域通貨コミュニティとなるには、どのようにすればいい
のでしょうか。


619 :吾輩は名無しである:04/11/18 01:39:40
そもそも地域通貨みたいなもんで何とかなると期待した時点で、NAMもQも同じ穴の貉。

620 :吾輩は名無しである:04/11/18 01:44:51
「やつらは敵だ。敵は排除せよ。 殲滅せよ」という内ゲバ゙の論理に陥っているのは
まさに鎌田哲哉だろ。だって憲法改正まで持ち出して、焼き尽くし、絶滅させたい、
とパブリックに書いているんだから。人殺しの宣言だろ、これ。これをどうして
異常と思えないかがわからない。なあ、どうしてなの?不思議でしょうがない。

「本当は、憲法が、数を頼みに自分の不平と怨恨を通そうとするモッブを焼き尽くし、
彼らを絶滅させる武器であってほしい(9条や国民主権だけでは無理です。それらは
モッブを増長させずにいない)」(早稲田文学5月号「文学者は派兵と改憲について
どう考えるのか」アンケート)

621 :吾輩は名無しである:04/11/18 01:49:26
所詮「文学者」が政治について何を語っても、ポーズでしかあるまい。
政治家として語るなら話は別だが、それも大抵は文壇政治や学内政治のレベルだし。

622 :吾輩は名無しである:04/11/18 02:28:13
>数を頼みに自分の不平と怨恨を通そうとするモッブ

ワロタ
事実だが、鎌田は身を守るってことを知らないんだなー
これじゃいつかヤられちゃうよ

623 :吾輩は名無しである:04/11/18 02:37:35
Qマジキモイ。
ヨウジとシダがいるうちは入りたくない。

624 :吾輩は名無しである:04/11/18 02:55:42
>622
鎌田は殺されても仕方ない。
上読めば奴の根性が宅間と同じだってわかるじゃねーか。
出刃包丁持って皆殺し始める前にこちらからヤっちゃうべきだよ。
その辺ブッシュに学ぶべきだな。

625 :吾輩は名無しである:04/11/18 03:30:23
元NAMうぜえんだよ。テメーの失敗追求されんのがそんなにこえーのか

626 :吾輩は名無しである:04/11/18 03:51:24
>623
その通りだけどさ、
ウインズの再開発とか案外活発にやってるじゃねーか。
文書いてる宮地ってイラクの人質みたいに匿名のNAMから
ボロカスに中傷された奴だろ。あれだけやられてよくやるよ。
俺とっくに死んだと思ってた(爆

手の内スナオにみせる分、Qのがマシかな。
元NAMもアラ探さず自分の道をさがすべきだろーな。

627 :吾輩は名無しである:04/11/18 06:26:52
▲05▼ 元龍貴★2ちゃんねる武道板プロ固定 全レス 最新50件  リロード トップ ▲05▼

1  元龍貴という2chプロ固定  2004/11/02(Tue) 18:46

元龍貴プロフィール

★弱いにも関わらず、無謀にも奈良で吉野愛氣塾という道場を開く。
★生徒が集まらず予想どおり閉鎖。
★後に何を血迷ったのか、またもや名前を買えて大阪市内に道場を
 立ち上げるが、もうすぐ閉鎖予定。道場の電話は、すでに切られている。
★2chが影で運営していた、飛騨ちゃんねるの元武道板管理人
★失業中、ネットの掲示板で誹謗中傷のカキコをしていたところを、西村博之から
 他人を誹謗中傷するテクニックを買われ、2chプロ固定にスカウトされる。
★飛騨ちゃんねる武道板という2chの影で運営するサイト管理人をしていたが、
 人が訪問しないので閉鎖。現在は2ch武道板合気道スレのプロ固定をしている。
★嘘がうまいので、2ch住人の比較的馬鹿そうな引きこもりを洗脳し、
 自分の道場生に、ひっぱりこむが、大抵の場合1週間もすれば、すべての自慢話が
 嘘であることがばれるため、道場経営は成り立たず。本業は2chの書き込み係り
 なので、それでなんとか生計をたてている。
★2ch武道板内の他流派への誹謗中傷の9割以上は、名前を変えた元龍貴の仕業なので、
 むかついた方は、フクロにしてしまいましょう。
 
★現在Masterというコテハンを使用しているが、他にも10個以上のコテハンを持ちながら
 いくつものトリップとIDを変えて、気に入らない流派の誹謗中傷をしている。
 

628 :吾輩は名無しである:04/11/18 06:28:51
<金土日のHP>
珍走団とお呼び ttp://chinsou.hp.infoseek.co.jp/
東郷ちゃんねる ttp://jbbs.shitaraba.com/school/983/
プロ固定の真実 ttp://www.geocities.com/kotehan1/

<金土日らの中傷HP>
http://www.geocities.jp/kusokeke/
http://amateur.elitecities.com/pubtakeda/
http://navy.kakiko.com/tinkousya/
http://win530.at.infoseek.co.jp/

<金土日が自殺に追いやったナコさん>
http://qb.2ch.net/accuse/kako/1029/10299/1029918742.html

629 :吾輩は名無しである:04/11/18 18:36:55
>手の内スナオにみせる分、Qのがマシかな。

別に風通しがよくなったことは否定しない。
鎌田のしたことで唯一よかったのがこの対外公開方針だろう。
外からも批判しやすいし助かるよ。
NAM再建の時はぜひ採用してもらいたいね。

俺らが言ってるのは、それでもうまくいかないじゃないか、
鎌やんどうするよ、ということ。

630 :吾輩は名無しである:04/11/19 01:40:21
だってあんな電波が仕切ってる団体嫌じゃん
カラタニならまだよその人とつながっていると思えたが

631 :吾輩は名無しである:04/11/19 01:58:02
でました元NAM執念の揚足取り(藁

632 :吾輩は名無しである:04/11/20 20:15:13
Qがうまくいっていないということはない。72人で取引が停滞している
というのは、いわばLETSではフツーなんだよ。かなり意識的に取引しようと
思わなければ、LETSは取引されないから。だから、Qは今の2次産業を包摂
する、Q市場形成、とかの大目標を捨て、フツーのLETSだと認めてしまえば
いいわけなんだな、単純に。その点まだヨウジのほうが現実的だろ。
http://plaza.rakuten.co.jp/yojiseki/diary/200409260000/#comment
大目標すぎるからカリカリきて、敵を外部に設定しちゃうんだよ。・・・そんな
ムゴイ誹謗中傷の議論しているか?これ。

633 :吾輩は名無しである:04/11/20 23:25:51
なんだ。
要するにQは貨幣にはなれなかったと、それじゃあ告白してるもんじゃないかw

>72人で取引が停滞している
>というのは、いわばLETSではフツーなんだよ。かなり意識的に取引しようと
>思わなければ、LETSは取引されないから。

要するにQは貨幣にはなれないで失敗したのだ。
はやくその事実を見つめたほうがいいな。
その事実抜きに次の展開もありえないのだろうし。
しかも根本的に通貨妄想の上で社会運動について模索してる以上は
柄谷によってやられた妄想体系の外には出れないのだということにも
気づくべき。それは所詮柄谷の手のひらの上で転がされ続けるにすぎんな

634 :吾輩は名無しである:04/11/21 00:05:22
>>632-3のまとめに賛成。

635 :吾輩は名無しである:04/11/22 09:31:44
なんでスガの新しいスレは立たないの?

636 :吾輩は名無しである:04/11/22 20:03:56
立ててよ。

637 :吾輩は名無しである:04/11/22 20:35:59
いらねえだろう。あれは
どうせ四谷村の受講生=mixi一味たちの自作自演板になるだけだしなw

638 :吾輩は名無しである:04/11/22 20:37:48
と思ったら、立ってマスタw
さすが四谷村一派w

639 :吾輩は名無しである:04/11/22 21:50:10
ふと疑問に思ったんだが
メシを食うためにくだらん作品やエッセイとか書くくらいだったら
他の職業で経済的に自立しろというが
井土なんかは、本当に書きたいものとは別にメシを食うためのシナリオってのを
山ほど書いてメシを食ってる気がするのだが、それはいいのかね?

640 :吾輩は名無しである:04/11/23 00:17:46
最近QのHPよく更新してるね。
みんな再入会のお知らせ読んだ?
今思うと声の大きな人たちに引きずられてやめたの失敗だった。
もう一度入ってみようかな。
NAMの方何もないからさびしくてさ。

641 :吾輩は名無しである:04/11/23 14:39:48
引きずられてやめるとは、君は「自立」していないな(w。
鎌田が一番嫌うやつなんじゃないの?


642 :吾輩は名無しである:04/11/23 16:51:07
http://www.q-project.org/q_hive.html#kaihatu031
これで、事実上、Qの「可能性」とされた規約上の特色はすべて棚上げされてしまったな。。。
このまま、なしくずしに、>>632-3の方向に向かうだろう。新システムWINDSも
今やどこにでもあるサーバーLETSとなってしまった。Qの「特色」はすべて失われた。
予言するが次に邪魔になるのが鎌田だろう。LETSの特色である、スローでふれあいを求め
る、というのに最も程遠いのが鎌田だから。
たかだかLETSに加入して、本当にささやかなものを交換するのに、あれだけ声高に「自立」
と「倫理」を要求されてはたまらないだろう。

あるいは監査委員・Qユーザーの代表として、このほとんどすべてのQ規約の棚上げに異議を鎌田は
表明しないのかね。規約という「契約」で結ばれた諸個人のアソシエーションなんだろ。
契約違反じゃないのかね





643 :吾輩は名無しである:04/11/23 17:51:08
『重力01』2002.2
『重力02』2003.4
『重力03』……出るの? 一年以上間が空いたけど。

644 :吾輩は名無しである:04/11/23 17:54:41
去年の今ごろの大西巨人インタビューでは、出す、同人が若返ると
言っていた。それが出ないのは何らかの内輪もめがあったんだろうな。

645 :吾輩は名無しである:04/11/23 17:57:12
いまのままでは三号雑誌ですらないわけで。
「若返る」って、若手で同人になる可能性がある人なんて、誰だろ? >>644

646 :吾輩は名無しである:04/11/23 18:06:36
3号雑誌=カストリか。長く続けていくと言っていたのにな。

>「若返る」って、若手で同人になる可能性がある人なんて、誰だろ?

わからん。『重力』ホムぺの投稿者じゃないか?
まあQの問題が絡んでいるのが間違いないだろう。『重力』での批判・大言壮語
とはもっともかけ離れた展開になっているかなら。

647 :吾輩は名無しである:04/11/23 18:13:24
>>646
NAMとかQとかLETSとか、どうでもいいや。そこは興味無いので飛ばし読みしてた。

648 :吾輩は名無しである:04/11/23 18:16:34
なるほど、それはそうだな。しかし鎌田はそれしか関心がないだろう。

649 :吾輩は名無しである:04/11/23 18:35:57
年刊でしょ? いっそ三号を休刊にして四号から出すってのはどうだ。
で、そのあと幻の第三号を密かにQ商品として出す。
稀少価値に眩惑された読者が、高値で買ってくれるかも。

650 :吾輩は名無しである:04/11/23 20:35:48
>
ただし、旧姓使用の申請については以下の要件を満たしていただく必要があります。

・旧姓が記載された本人証明書(古い免許証やパスポート、戸籍抄本など)の写しを Q管理運営委員会事務所まで送付する。

以上、お知らせします。

キモ杉。こんな団体に戸籍情報握られるのか。

651 :吾輩は名無しである:04/11/23 21:04:07
>>650
それは言い杉。
ただこの厳格さと現実の交換履歴のギャップが激しすぎるとは
いえるんじゃないの。

652 :吾輩は名無しである:04/11/23 21:35:22
NAMもQ も、
個人情報管理されるのが駄目な原因だろ?


653 :吾輩は名無しである:04/11/24 00:54:30
>予言するが次に邪魔になるのが鎌田だろう。LETSの特色である、スローでふれあいを求め
>る、というのに最も程遠いのが鎌田だから。

だから本当はNAMよりQ会員の方が依存心が強いし村人的なのが実情なんだよ。
柄谷批判や信者批判したQ会員も鎌田以外ほんの一握りだったはず。
彼らに個人の自立や勇気を求めるのは見当違いもはなはだしいね。
足元みればモッブというならQ会員こそモッブだろーが。
彼らが鎌田を集団攻撃してQが最終的に崩壊する。。。といった展開に期待したいな。


654 :吾輩は名無しである:04/11/24 01:22:41
>彼らが鎌田を集団攻撃してQが最終的に崩壊する。。。といった展開に期待したいな。

それはないだろう。。。なしくずしにうやむやにするな。理由はいくらでも作れるだろう。
事実上の規約の棚上げも「保留」とか言えるしな。そして将来現実を見て変更。これで書式上の
対面はたつわけだ。

つーか、どうみてもヨージのほうが、活動的だろ。地域通貨本来の活動だよ。これ。
http://homepage2.nifty.com/houganet/cc/index.html
一方、Qはホムペで意味なく旧姓使用とかの厳密な議論をする一方、交換行為はなくなっている。
な〜んで足元をみる議論をしないのかなあ。

655 :吾輩は名無しである:04/11/24 02:21:34
だって鎌田は結局文芸批評家だから、
人生より作品に興味があるんだもの。

656 :吾輩は名無しである:04/11/24 05:37:13
ヨージみたいなのは活動とはいわない。ハクチという

657 :吾輩は名無しである:04/11/24 07:35:18
ヨージは鎌田と年が変らないからな。
自己顕示欲にかられるのも無理ない。

658 :吾輩は名無しである:04/11/24 07:38:16
それは誤認だな。
ヨージのほうがけっこー下だよ

659 :吾輩は名無しである:04/11/24 07:44:26
朝っぱらから、誰だかわからん個人名を出して内輪の話をしてんな。

660 :吾輩は名無しである:04/11/24 08:20:33
有名人だろ
知らなかったら漏まえが素人w

661 :吾輩は名無しである:04/11/24 08:27:07
大海を知らぬ蛙にとっては、井の中の狭いサークルの一員すら有名人であるらしい。

662 :吾輩は名無しである:04/11/24 09:49:26
本当に人生のほうが大切と思ってる人は
初めからワザワザそういうことを言わないだろう。
と思うと本人はどっちの面も持ってるのだろう。


663 :吾輩は名無しである:04/11/24 12:11:32
なんかすげえバカがいるがもう相手にしないでいいと思うw

664 :吾輩は名無しである:04/11/24 14:36:03
NAM批判したやつは鎌田はじめみんなばか

665 :吾輩は名無しである:04/11/24 17:35:49
ぼくのしってるひとはみんながしってるゆうめいじん。
ぼくのすきなものにもんくつけるやつはみんなばか。

666 :吾輩は名無しである:04/11/24 18:04:18
だからいまどき関本洋司も知らんヤシは絶対ダメだと言われてるんだろうw

667 :吾輩は名無しである:04/11/24 18:06:30
ぜんぜん文学と関係ないね。


668 :吾輩は名無しである:04/11/24 18:08:47
知らんなあ、そんな奴は。
なんか文藝評論でも活字にしてるならともかく(ここは文学板だよ)。
どうせNAMとかQとかどうでもいいコップの中のイザコザに関係する人でしょ。

669 :吾輩は名無しである:04/11/24 18:48:16
関本とピエ、どちらがよりガイキチ?

670 :吾輩は名無しである:04/11/24 18:54:15
知らんなあ、そんな奴は。

671 :吾輩は名無しである:04/11/24 19:04:01
そりゃ鎌田が一番宅間に近い狂い方してるだろ。
重力仲間にも殺人者寸前て言われてるんだからさ。
本物はこわいわ。よくもあしくも。

672 :吾輩は名無しである:04/11/24 19:27:36
>>667>ぜんぜん文学と関係ないね。

コイツは今まで重力が文学と関係あると思い込んでいたんだとしたら
モノホンの馬鹿だな


673 :吾輩は名無しである:04/11/24 19:30:13
小説や詩や文藝批評を載せる雑誌であれば、文学と関係はあらあな。

674 :吾輩は名無しである:04/11/24 19:31:16
要するに関本洋司のほうが文学より凄いということが言われてるんだろw

675 :吾輩は名無しである:04/11/24 19:32:12
311 :考える名無しさん :04/11/24 19:12:09
>関本がmixi内サークルでNAMやってるのを発見した。
>ワロタよw
洋司君をなめるなよ
カラヤンの密命でQの内部破壊に専念するスーパー諜報部員だぞっ
312 :考える名無しさん :04/11/24 19:21:39
実はmixiの中にはサークル「関本洋司」まであることをいったいどれだけの
人数が知ることだろうか?


676 :吾輩は名無しである:04/11/24 19:32:17
無名の個人名挙げて、内輪受け狙って、たのしい? >>674

677 :吾輩は名無しである:04/11/24 19:36:22
ヨージ本人が自己顕示欲でカキコしてるんだから。。。仕方ないヤツ
namスレでやってくれよ


678 :吾輩は名無しである:04/11/24 19:38:55
「ヨージ」とか言って、仲間内の呼び名で書き込む奴も同罪。お前らの世間は狭いな。

679 :吾輩は名無しである:04/11/24 19:42:24
QとNAMとの関係修復を考える会
http://www.startingweb.com/bbs.cgi?job=bbsidx&bbsid=5364

巣でやれよ

680 :吾輩は名無しである:04/11/24 19:44:10
↑678
全員注目!ヨージ君逃げに入りますた

681 :吾輩は名無しである:04/11/24 19:51:15
2ちゃんねる自体がちっとは大き目の内輪サークルにすぎないからねえw

682 :吾輩は名無しである:04/11/24 19:53:40
といういい訳もヨージ君得意の詭弁で〜すっ

683 :吾輩は名無しである:04/11/24 19:56:10
>>680-681 ここはお前らの内輪のサークルではないぞ。

684 :吾輩は名無しである:04/11/24 20:29:08
683 ここが内輪であることに気がつかないのは蚊帳の外のおまえだけだよw

685 :吾輩は名無しである:04/11/24 21:26:28
>>672
いやあの、普通にキモイけど…

686 :吾輩は名無しである:04/11/27 17:44:04
とうとうQ-project、サーバー移転に伴い、サービスが停止されたしまったよ。。。
あれほど、「運営とは何か」の理念は百万言文章を綴るくせに、具体的なことが
何一つ対応できない、そういう体質が、「ダメだ、こりゃ、話にならない」、
とあきれられたんだ、ということを、さすがに体でわかったかというと、、、
まだわからないだろうな。。。


687 :吾輩は名無しである:04/11/27 18:04:49
>今回の更新はQのビジョンや理論、規約との「再契約」とお考えください。
>つまり、Qが掲げているビジョンや、その理論、それに基づいて書かれた
>規約と下記の今後の運営方針を是認し、これからもQ会員として「
>非資本制市場の形成」という目的のため、活発なQコミュニティ建設の
>ために活動しようというお考えをお持ちの方だけに残っていただきたいのです

残った「72人」は純粋にQのために活動しようとしているのに、なぜ取引が活発にならないか?
「再契約」した「規約」をこんな簡単に棚上げとかしていいのか?
いい加減に足元みつめた議論したほうがいいと思うんだが。。。

688 :吾輩は名無しである:04/11/27 22:20:23
2004.11.27 新規会員募集の停止について(04/11/27UP)NEW!

今回のサーバー移転以降(つまり11月27日以降)より
新決済システム稼動まで
新規の会員登録を停止いたします。

停止の理由は
旧システムから新システムへの移行を円滑に進めるためです。

さらに新システムへの移行時期が近づきましたら
取引につきましても停止させていただきます。
(残高や口座情報の確認はできます)

新決済システムの稼動は来年1月中を目指しています。



689 :吾輩は名無しである:04/11/27 22:26:05
11月20日に「再入会について」を知らせたと思ったら、1週間でこのありさま。
なんら、「ビジョン」どころか「短期的目標」も視野にいれずに、
その場その場でやりくりしているだけ、、、といわれてもしかたないだろう。



690 :吾輩は名無しである:04/11/27 23:49:06
NAM京都の皆さん、反Q活動がんばって下さい。

691 :吾輩は名無しである:04/11/27 23:53:18
反Qといわれても構わないよ。
NAM批判したやつはみんなばか、ってのがホントだね

692 :吾輩は名無しである:04/11/27 23:59:39
反Qというか事実を述べているだけだろう。。。
WINDS開発もあれだけ人がいたのに、みんな離れてしまっているのは
どういうこと?プログラマの元Q代表は?熱心な穂積擁護者たちは?
なんでこの難局に協力しないの?




693 :吾輩は名無しである:04/11/28 00:01:38
そもそもWINDS開発部は昨年の秋には次世代WINDS作ると宣言する
HP作ってたじゃん。
いつのまにか削除されてなかったことになっているいるのは、どういうこと?
鎌田君はこういうことは得意の「記憶」をしないの?

694 :吾輩は名無しである:04/11/28 00:03:53
理論・学問的なところじゃなく、政治屋的ふるまいしかしないから
こういうことになるんじゃないの?

695 :吾輩は名無しである:04/11/28 00:56:51
>政治屋的ふるまいしかしない
にーさんにーさん、あのこれって。。。
バカボンさんみたいに人脅迫することでっか?
後藤さんみたいに使いこみすることでっか?
柳原さんみたいにデマメール流すことでっか?
せっつさんみたいにサイバーテロることでっか?
浅輪さんみたいにそれ表彰しろ発言することでっか?
バカボン親父さんみたいに圧力かけて西部先生の首切ろうとすることでっか?
あー
人が死ななくてよかったよかったでちゅ。

696 :吾輩は名無しである:04/11/28 01:07:58
>695
そういうなよ。
反Q側にも意地があるのでは?
Qは情報公開でやってるから叩かれるのが当たり前。
今Q憎んで怨んでるのはLもGも放棄してばっくれてる身の程知らずのゴキブリだろ?
Qを支持してる人は外部にもたくさんいるよ。
雑音無視してがんばってほしいな。

697 :吾輩は名無しである:04/11/28 01:15:30
>今Q憎んで怨んでるのはLもGも放棄してばっくれてる身の程知らずのゴキブリだろ?そうなんだよね。

たしかにこれ言われるとイタイ
LとかGってどうなった?消滅?
オレもよく知らんわけ
同じ元NAMとして恥ずかしい
でもオレの責任じゃないよ
ただの一般会員だったんだから

698 :吾輩は名無しである:04/11/28 03:59:07
NAMだっただけで十分恥かしい。地域通貨なんてマジにやってるだけで恥かしい。

699 :吾輩は名無しである:04/11/28 06:00:57
>695
悪いことはできないもんだね。。。教訓

700 :吾輩は名無しである:04/11/28 17:50:29
ま、たしかに雑音無視してがんばってがんばって欲しいな。
これからどうがんばるのか知らんが(・∀・)ニヤニヤ

701 :吾輩は名無しである:04/12/02 22:43:40
一年に一冊刊行じゃ盆と正月ですよ、
みたいなことを言われていたが
オリンピックになりそうだな・・・

書くものがよければ(自信あるなら)他で仕事しないで
執筆一本に専念してもいいとおもうんだが。



702 :吾輩は名無しである:04/12/09 11:19:11
【重力】 (990)
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1049531494/

703 :吾輩は名無しである:04/12/09 12:57:04
>私達は、一冊本を買っただけで自分を神様だと思いこむ消費者
の増長を赦す気は絶対にありません。

・・・はやく2冊目の本買わせろや


704 :吾輩は名無しである:04/12/11 04:25:06
まずはプログラマーの養成から始めたら?
プログラマー足りてないんでしょ?
そんなに難しいことではないと思うのだけど。

教える際に教師役を引き受ける人の労賃は取り合えず円でもいいし。
ぜひQにしたいんなら、Qにすればいいし。
選べるようにしとけば良い。

705 :吾輩は名無しである:04/12/16 22:16:24
大澤さんてエヴァとかバンプとか好きなんだよね…
うーん、鎌田さんも高橋和己とか好きだったというし、
なんつーか、まあ良いけど…
まあ鎌田はいいや、キャラクターだし
大澤さんてエヴァとかバンプとか好きなのか、うーん

706 :吾輩は名無しである:04/12/19 06:22:35
おぉ。ホームページ更新されてる。


707 :吾輩は名無しである:04/12/23 15:11:24
鎌田哲哉(かまだ てつや)

1963年、北海道生まれ。批評家。『LEFT ALONE』関係の論文に、
「_秀実は探している」(「進行中の批評」第三回、『早稲田文学』01年5月)、
「西部忠への返信」(『重力02』03年3月)、
「京都オフライン会議議事録・西部柄谷論争の公開」(http://www.q-project.org/、03年11月)など。
現在、『重力03』(Q-NAM問題特集)を西部忠、松本圭二と準備中。


708 :吾輩は名無しである:04/12/25 20:05:58
早稲田文学の選評で杉田についての評を読んだが
ありゃ選考委員の本音は
なんでこんなの最終まで通したの?
という感じだろう

709 :吾輩は名無しである:04/12/30 19:29:45
age

710 :吾輩は名無しである:04/12/30 20:07:18
今日、デパートの古書市に行ったら『重力01』が千円で出てた。ほぼ半額。
内容を見て、それにしては高いので購入を止めた。他に欲しい本があったし。

711 :吾輩は名無しである:04/12/30 20:21:41
[批評的世界]のひと?杉田って。


712 :吾輩は名無しである:04/12/31 00:06:58
「西部忠グループ(=QPROJECTのことか?)」が
荒のBUND集会に出没しているらしいが、これは『重力』的にはいいのか?

「【煽り厳禁】各党派の動員力・組織力を検証せよ!!」より

812 名前:革命的名無しさん :04/12/21 21:05:35
日向動員力 600(数日前のグラン・ワークショップ参加者実数)
ただし、参加者の半数はもろもろだった。
西部忠グループだとか、パレスチナ連帯だとか、たんぽぽ舎だとか。
だから、もし純粋に政治集会だったら三分の一の200くらいか。


713 :吾輩は名無しである:04/12/31 13:16:34
「重力」は馬鹿だからいいんだよw
しょせん「重力」グループの行き着く先なんてそんなもの
はやく気づけよな

714 :吾輩は名無しである:05/01/01 00:03:07
いくらなんでも荒BUNDとつながらなくても良さそうなもんだが。

906 名前:革命的名無しさん :04/12/31 23:00:08
>>>888
グランワークショップで、西部忠グループがブースを設けて
「Q」の宣伝をするビラを配布していたのは事実。
「発言者」の廃刊が決定した、負け犬の西部邁とは無関係。




715 :吾輩は名無しである:05/01/03 12:38:41
661 名前:考える名無しさん :05/01/03 10:49:22
>>652
ノンポリじゃないつったってな。。。
荒ブンドはマルクスもレーニンも捨てたっていっても、その組織手法は昔と変わっていない。
活動家は給料5万〜10万以上は組織に上納で、集団生活を営んでいる。 揶揄や政治的攻撃
じゃなく、本当に、具体的に物理的乱闘騒ぎとかある。
今までのQの主張を全部ひっくり返しているようなもんだよ。
662 名前:考える名無しさん :05/01/03 10:55:10
>活動家は給料5万〜10万以上は組織に上納で、集団生活を営んでいる。
しかも、組織内部で、会計未公開だしな。末端には会計がわからない。
もっともQの言っている事とかけ離れているだろ。


716 :吾輩は名無しである:05/01/04 04:31:22
666 :考える名無しさん :05/01/03 23:10:14
どうやら、散髪屋がまぎれこんでいるようだな。
この際きいとく。
NAM大阪の資金は50万円ほどあったはずだが、何に使ったんだ。

あの金で、なにが買えたのか

717 :吾輩は名無しである:05/01/04 08:47:19
無限ループだな。ネタは他にないのか。現在進行形が欲しいところだ。

718 :吾輩は名無しである:05/01/04 08:52:25
どうやら、パン屋がまぎれこんでいるようだな。
この際聞いとく。
Qは経済システムで、右翼でも入れると豪語し、NAMの左翼性を薄めようとしていたのに
、結局オルグ対象が、80年代手製ミサイル打ちこんでいたところ(W
というのはどういうことだ(W
自己破綻も甚だしいだろ。商売を知らない世間知らずを馬鹿にしていたのにな。

719 :吾輩は名無しである:05/01/04 08:57:32
この聞いとく。
オルグ対象が、5万以上給料上納で、集団生活を営み、しかも会計報告なしで、
ボスはその金つかってポルシェ乗っているところというのはどういうことだ(W

論理的自己破綻も甚だしいだろ。結局、ためにする議論しかしていないというのがこれで
明らかになった

720 :吾輩は名無しである:05/01/04 09:05:35
これ杉田のことか?

891 :吾輩は名無しである :05/01/03 23:58:56
早稲田文学の選考会でボロクソに言われた
『ムラカミハルキ、レター』の作者が
HPで事実誤認、妄言等に反論するってよ。
どうするニブヤ君。


892 :吾輩は名無しである :05/01/04 00:22:53
どうもしない。


893 :吾輩は名無しである :05/01/04 01:26:15
公募に出しといてその選考委員にけなされてホムペで喧嘩売る
『ムラカミハルキ、レター』
春樹オタは変な自意識持ってるな



721 :吾輩は名無しである:05/01/04 15:30:06
ひき逃げ、元カノへの妄言は消しといて言うだけ言う言う。

722 :吾輩は名無しである:05/01/04 15:42:58
690 名前:ブントメンバー :05/01/04 15:41:01
>荒ブントの、活動家は給料5万円以上は上納、集団生活、
これ20年前ね。
リベラリズムの悪影響でさ、おいら達みんな嫁さんもって子供いる。
集団生活ってさ、あんた元カクマル蛭田某のアパートでハイパーヤマギシズム
やってた人?
宗教は阿片だ。やめた方がいいな。

723 :吾輩は名無しである:05/01/04 16:13:15
>無限ループだな。ネタは他にないのか。現在進行形が欲しいところだ。
お前が500万の会計報告するまでは現在進行形でずっと続くよ。

724 :吾輩は名無しである:05/01/04 16:24:55
>リベラリズムの悪影響でさ、おいら達みんな嫁さんもって子供いる。

おいらたちって、やっぱり「Q」と荒BUNDは公然と結びついているわけね。。。

725 :吾輩は名無しである:05/01/04 16:28:30
691 名前:考える名無しさん :05/01/04 16:08:32
>それにそもそも、「理戦」への西部の寄稿は荒ブントのQ批判への反論だったけどな。

???これ本当???
ブントが自雑誌に自分らへの反論載せてるの?
昔思うとありえない!といいたいが。。。本当ならいいことじゃね?
歩ムペにQ側の反論載せなかったNAMよりかずっとまし。

726 :吾輩は名無しである:05/01/04 16:32:50
ありえない!ことはない。荒は理論好きで、昔から「理戦」はそれぐらい普通だよ。


727 :吾輩は名無しである:05/01/04 16:36:01
そういう意味ではブントはリベラリズムが体質的にわかってるんだよね

728 :吾輩は名無しである:05/01/04 16:52:09
>リベラリズムの悪影響でさ、おいら達みんな嫁さんもって子供いる。

そうなのか?未だに続けているというのがホントだろ?
ブント(BUND)について その2
304 :名無しさん@3周年 :03/05/17 01:55
 あのー横ヤリいれてなんですが、ブントのカルト性って共同生活をいまだ続けていることに
あるのじゃないでしょうかね?
 共産主義を目指していたときならともかく、今ブントが共同生活をしている理由をあえて
上げるとしたら

「党の密集力の維持」

もっと具体的にいえば

「集金(上納)体制の維持」

これだけの理由でしょ?
ある意味オウムと同じじゃん
311 :名無しさん@3周年 :03/05/17 11:15
>308
部屋は別ですが一軒家で男女一緒に共同生活していたりします。
できちゃう男女もいて、体調が悪くて仕事を早退してアジトに帰ったらセックスの真っ最中だったということもありますね。
もちろん、レイプとかじゃなくて自由恋愛ですけど



729 :吾輩は名無しである:05/01/04 16:53:47
このブンド自慢をどうしてあらゆる党派性を脱却して、無教会派=単独者たれ
と説く鎌田は容認できるわけ?

730 :吾輩は名無しである:05/01/04 16:56:49
698 名前:考える名無しさん :05/01/04 16:44:17
しかし、荒ブントもよくワークショップへの参加を認めたね。
少なくともQは一度はNAMとくっついてたんだろ。
ってことは、後藤や祐人みたいなガイキチがいたわけだ。
そんな団体にビラまき認めるなんて
。。。ブントだいじょうぶ???

731 :吾輩は名無しである:05/01/04 16:59:34
いやだからさ、すりかえないでさ、728と729に答えてもらいたい。

732 :吾輩は名無しである:05/01/04 17:14:08
Qには鎌田なんかいらない。
これからは関本とブントの時代。


733 :吾輩は名無しである:05/01/04 17:18:28
>>732

なあ、冗談でいっているんだよなあ。。。

734 :吾輩は名無しである:05/01/05 01:23:09
本気だよw

735 :吾輩は名無しである:05/01/05 02:45:46
>>nobodyさんへ 名前: masao [2004/12/23,18:04:45]
急に気になったこと
批評家の鎌田哲哉ご存知無いですか?
彼クリスチャンですか?
いまキリスト教に興味をもっていて

736 :吾輩は名無しである:05/01/05 08:43:16
「我々は本当に未来の新しいユーザーと出会えるのだろうか」
(2003年12月5日 鎌田哲哉)

737 :吾輩は名無しである:05/01/05 09:00:52
我々(俺)

738 :吾輩は名無しである:05/01/05 11:44:20
会えるわけねえだろうってw

耶蘇教だとしても似非クリスチャンだろうな

739 :吾輩は名無しである:05/01/05 12:47:31
>>734
君、「Q」の中では特定されたに等しい。
これから弾圧されるだろう。


740 :吾輩は名無しである:05/01/05 13:00:52
いや、弾圧されるのは鎌田だろう。
君達の分までがんばるよ。

741 :吾輩は名無しである:05/01/05 13:07:31
>>740

ネタだろう?

742 :吾輩は名無しである:05/01/12 00:13:05
 新年に入りましたし、自分を縛る意味も含め、この「無事の記」でまず優先的にやりぬくことを確認。特に【3】はいまだに「書き方」のスタイルも未知数だしすごく時間も手間もかかると思うけれど、とにかく最後まで書こう。自分には必要だって思った。

 【1】過去ログの整理と公開。
 【2】早稲田文学新人賞選考会(『早稲田文学』2005年1月号)の事実誤認・関係妄想的言いがかりに対する反論。
 【3】2002年10月〜現在に至るいくつかの(文学・社会運動的)集団をめぐる諸経験の、反省的吟味と今後へ向けて。


743 :吾輩は名無しである:05/01/12 08:31:42
なぜ、人は自己表現したがるのか?傷つかない枠の中で。

744 :吾輩は名無しである:05/01/12 17:50:39
大西巨人『五里霧』の鎌田の解説読んだか? スタンスが微妙に変わっている。漏れは好感を
持つが、あれだけ自信満万に自らの絶対的正当性を宣言しておいてそりゃねえだろ、という印象ももつな。
+++++++++++++++++++++++
強姦か和姦かをめぐる背反した言い分によって沈黙を迫られるのは、老作家の高宮である。
ここでは、若者達ばかりか彼らに打撃を与える熟練した作家達の側にも、認識上の深淵
が不意にひらけうることがはっきり示されている。だが、より重要なのは、高宮が自らの「五里霧」
を決してとり繕わなかったことだ。よく読めば、「糸票富士」や「老母草」の若者達にも同じことが
言える。言葉を失うことが直ちに滑稽なのではない。真に滑稽なのは、言葉を失うべきときに失いえないこと
、何事にも躓けず、既得の言葉の延長上に事態を塗りつぶしそれを黙殺することなのだ。いかに饒舌で活発な
やり取りをしようとも、自らの先入観や期待に背いた事態を回避し、そこから遁走するかぎり、
すべての言葉が実際には死んでいる。それらは、他人を操作し支配する道具ではあるかもしれないが
、もはやあの多様で唯一的な諸事象からなる「世界」を開示してくれない。だが、大西の短編の
主人公にはこの饒舌がない。躓くべきときに躓きうることこそ彼らの輝きであり、何かが彼らをいつも
促している。(・・・)
彼らは「ひとりで」全力で考えようとする。にもかかわらず、彼らにも集団的な先入観や歴史の偽造
によって無意識に考えさせられる場合があるだろう。その時、この命法は確実に「沈黙せよ」と促さず
にはいない。それは敗北主義ではない。心をつくし、力をつくし、思いをつくして、「ひとりでたつ」
言葉を再発見する条件なのだ。



745 :吾輩は名無しである:05/01/12 18:05:56
これが一年半前の、大西「三位一体の神話」の鎌田解説
+++++++++++++++++++++++++
だが、大西巨人を本質的に批判したければ、彼らの採るべき道は一つしかなかった。
それは、大西の「憤怒ないし憎悪」に「普遍性」が存在せず、それが「私的・個人的怨恨」
にとどまることを、作品の具体的な分析を通して普遍的=社会的に(それ自体私怨からではなく)
反証してゆくことだ。(・・・)だがそうした批評は一つもなかった。なぜか。できないからだ。
言葉の社会的な検証を欠く思考がどんな末路を辿るか。そのことを本書の読む誰もが、それ自体
普遍的=社会的にわからされていくほかないからだ。

746 :吾輩は名無しである:05/01/12 20:01:58
>心をつくし、力をつくし、思いをつくして、

こういうフレーズがオナニズムだな
こういう書き方から解脱できないのか?
文学的な表現というとこのような書き方のことがいわれることは多いのだが
こういう実のキモサを前にしては、ただ反文学と唱えるしかないね。

747 :吾輩は名無しである:05/01/12 20:05:47
>心をつくし、力をつくし、思いをつくして、「ひとりでたつ」 言葉を再発見する条件なのだ。

何か単独性的なものを言語化したがっているのだろうが
本当にシングルなものというのは、上のような妙な感情移入や
「思い入れ」をすべて廃棄して削ぎ切ったところに発見される
という意味で、純粋な実在だろうね

748 :吾輩は名無しである:05/01/12 20:15:29
>上のような妙な感情移入

一時期に比べたら少ない方だろ。

749 :吾輩は名無しである:05/01/12 20:23:22
それにこのひとの「沈黙」の解釈って、変に狡くねえか?

750 :吾輩は名無しである:05/01/12 20:24:46
鎌田〜杉田の共通するライン=オナニズムだな

751 :吾輩は名無しである:05/01/12 20:27:34
みんな厳しいな、厳しすぎるよ。。。

752 :『五里霧』解説引用:05/01/12 20:35:03
「大西の短編には言葉をみいだす過程だけではなく、言葉を失う事態が
再三書き込まれるほかない。新しい状況が出現することは、新しい言葉を促す
ことでありながら、同時にすりきれて習慣化した既得の認識を破壊することでも
あるからだ}

753 :吾輩は名無しである:05/01/12 22:44:06
まず
>普遍的=社会的
とかいう言い回しからしてやめてほしい。
ダサすぎ。
というかちょっとレベル低すぎだろうw

754 :吾輩は名無しである:05/01/12 22:46:22
法学部出身なんですけどねえ

755 :吾輩は名無しである:05/01/13 01:29:44
>みんな厳しいな、厳しすぎるよ。。
そりゃそうじゃん。NAM会員の怨みをなめんなよっつーのw


756 :吾輩は名無しである:05/01/13 03:56:49
こういう文章って今どき、否定神学の一言で片付けられるだけの
内容の乏しさなんじゃないの?

757 :ゆうと:05/01/13 07:03:22
ウチのパパの方が文章うまいよ。

758 :吾輩は名無しである:05/01/13 09:24:58
鎌田は、文芸批評の領域で「自分」を語るときは、自己に忠実だ。
それは評価すべき。もう「文芸批評」というジャンルはない
のかもしれないけど。
「言葉を失っている」「躓いている」と暗黙に思っている、と
書くだけでそれはすごいことだと思うけどね。凝り固まっていない。
中野重治の「甲乙丙丁」みたい。政治的に貶すのはやめよう。



759 :吾輩は名無しである:05/01/13 14:42:31
またなんかバカっぽい文章が入ってるな

>鎌田は、文芸批評の領域で「自分」を語るときは、自己に忠実だ。

そのように「忠実に」語られるときの自己が欺瞞によって成り立っているときは
人はいったいどうすればよいのさ?
それが問題でしょう?


760 :吾輩は名無しである:05/01/13 15:29:12
けどまあ一時期よりは緩和しているわけじゃん。

761 :吾輩は名無しである:05/01/13 15:38:19
まあ、言動の一貫性を他人に激しく求めるのが鎌田の持ち味だったからなあ。
まあ、他者には寛容になろうぜ


762 :吾輩は名無しである:05/01/13 17:30:45
つーかみんな甘い甘すぎる
↓は〈饒舌〉な柄谷やNAM取り巻きへの勝利宣言と思われ
お前らは死んだ
自分の言葉だけ沈黙によって生きているとオレには読めた
直接触れてないだけに今回のが許しがたい
これが政治的な貶しいうヤツはよっぽど鈍感なの

>真に滑稽なのは、言葉を失うべきときに失いえないこと、何事にも躓けず、既得の言葉の
>延長上に事態を塗りつぶしそれを黙殺することなのだ。いかに饒舌で活発なやり取りを
>しようとも、自らの先入観や期待に背いた事態を回避し、そこから遁走するかぎり、
>すべての言葉が実際には死んでいる。それらは、他人を操作し支配する道具ではある
>かもしれないが、もはやあの多様で唯一的な諸事象からなる「世界」を開示してくれ
>ない。だが、大西の短編の主人公にはこの饒舌がない。躓くべきときに躓きうること
>こそ彼らの輝きであり、何かが彼らをいつも促している。

763 :吾輩は名無しである:05/01/13 17:36:35
んなことねぇーだろ。今言葉を失ってしまったら鎌田本当にだめじゃん。
いままで、どんな大言壮語をしてきたか。だれかUPしてみ。

764 :吾輩は名無しである:05/01/13 18:10:57
「不意にひらけ」た「認識上の深淵 」によって「沈黙を迫られ」ている、
「躓いた」俺。しかしそれをけっして「とり繕わ」ない。それこそが
「言葉を再発見する」条件である、と。

しかし「認識上の深淵」に、いまごろ気がつくのは遅すぎますから!残念!

ってところなわけ、みなさん?

765 :吾輩は名無しである:05/01/13 20:38:49
カラヤン浅田が饒舌なんてのは誰でも知ってることだろう。

766 :吾輩は名無しである:05/01/14 00:15:19
文庫の解説一つで大騒ぎするのやめろよ。
それこそ鎌田の思う壺。所詮本一冊も出してない評論家だろう?
柄谷に逆らったヤツは皆消されるだけ。

767 :吾輩は名無しである:05/01/14 04:53:16
http://d.hatena.ne.jp/sugitasyunsuke/

正直、もう「誰が本当の被害者だ」「君達は本当の被害者じゃない」的な議論にはうんざりしている。
ぼく自身がその弱者競争の消耗戦に加担した(している)事実も含め、足のひっぱりあい、悪循環を根元から断ち切りたい。
弱者がより弱い弱者を叩くという泥沼の消耗戦は、やりたい人がやってほしい。
ぼくは単純に別のやり方でいきたいのだけれども。その逃れがたさは身をもって知っているけれども。
でもやっぱり、それだけじゃ、いやだって感じる。


768 :吾輩は名無しである:05/01/14 05:10:49
つーかこれって2ちゃんねるのこと言ってるんじゃないの?
あるいはそれは深読みすぎでやっぱりただNAMの経験のことに過ぎないのかも
しれないけど。
これだけだと2ちゃんねることにも読めてしまうところが妙におもろい

>真に滑稽なのは、言葉を失うべきときに失いえないこと、何事にも躓けず、既得の言葉の
>延長上に事態を塗りつぶしそれを黙殺することなのだ。いかに饒舌で活発なやり取りを
>しようとも、自らの先入観や期待に背いた事態を回避し、そこから遁走するかぎり、
>すべての言葉が実際には死んでいる。それらは、他人を操作し支配する道具ではある
>かもしれないが、もはやあの多様で唯一的な諸事象からなる「世界」を開示してくれ
>ない。だが、大西の短編の主人公にはこの饒舌がない。躓くべきときに躓きうること
>こそ彼らの輝きであり、何かが彼らをいつも促している。


769 :吾輩は名無しである:05/01/14 05:17:13
しかしいずれにしろ、鎌田の強いてくるような種類の沈黙、
命法として強いてくるような沈黙というのは、ある種悪質な系譜の匂いは
感じるな。
このような沈黙によって頷けるような関係、暗黙の了解関係というのは
そこで文学の共同体を作ってきたことはあるにしても、結果的には
悪質な優越感、あるいは優越感の裏返しの敗北主義のようなものしか
作ってこなかったようにも見えるな。要するにこういう種類の人というのは
自らの不器用さを棚にあげては他人たちを差別したがっているのね。
それで慢性的なる欲求不満を抱え込んでは病的に震えている。
というタイプだな。
いうずれにしろ時代遅れなのは当然のことだが、救えるような余地はないね。

770 :吾輩は名無しである:05/01/14 08:09:02
>>769
そういう歪曲であなたが救われるならそれでいいのでは。

771 :吾輩は名無しである:05/01/14 08:12:53
>>769
[不器用]という単語にとても負荷が掛かってるね。

772 :吾輩は名無しである:05/01/14 08:49:25
ようはさあ、賃労働しか出来ないやつが鎌田にかみついてるんだろ?
いくら考えても結局貧乏なのがいけないんだ的な思考から抜け出せない
奴なんじゃないの?もうそれはあなた自身の問題でしょう。

773 :吾輩は名無しである:05/01/14 10:25:30
>>769
S木 、乙

774 :吾輩は名無しである:05/01/14 10:28:42
>>768
言葉を失うべきときってのは思考の臨界においてってことだろ。
にちゃんはただのシステムだもん。頭わるいんちゃいますか?
解説書読むタイプだろw

775 :吾輩は名無しである:05/01/14 10:31:29
>>768
あなたはハイデガーのいう「近さ」「遠さ」が理解できていない。
解説書ばっか読んでるからだよw

776 :吾輩は名無しである:05/01/14 10:33:02
解説文ひとつでここまで盛り上げることができる鎌田はやはりたいしたもの。
鎌田の素直さには好感を持つ

777 :吾輩は名無しである:05/01/14 10:36:56
よし。いってよろしい。

778 :吾輩は名無しである:05/01/14 10:41:46
どこへ?

779 :吾輩は名無しである:05/01/14 10:47:16
物凄い頭の悪いレスが朝から立て続けに並んでるw

780 :吾輩は名無しである:05/01/14 10:48:53
よし、いってよろしい。

781 :吾輩は名無しである:05/01/14 10:49:58
だからどこへ?

782 :吾輩は名無しである:05/01/14 10:50:25
だからどこへ?























783 :吾輩は名無しである:05/01/14 10:52:10
よし、いってよろしい。

784 :吾輩は名無しである:05/01/14 10:53:13
行き先は自分で見つけてください。

785 :吾輩は名無しである:05/01/14 10:56:07
本当に行っていいのか?さびしくなるだろ?



786 :吾輩は名無しである:05/01/14 11:00:15
いいよ、ぼくはひとりで立てるもん。

787 :吾輩は名無しである:05/01/14 11:03:28
ADIEU

788 :吾輩は名無しである:05/01/14 11:04:12
うい

789 :吾輩は名無しである:05/01/14 11:10:37
この人まじめに書きすぎなんじゃない
文庫の解説ぐらい手を抜いてほしい

790 :吾輩は名無しである:05/01/14 12:16:40
鎌田の「言葉を失うべきだ」との論は、その実では単に狡いだけでしょう。
ちゃんとやるべきところではやるもんだよ。
言葉を失うべきだとか開き直るところに、
(しかも鎌田はそれを他人に向かって命令までできるもんだと思い込んでいるわけだが)
単独性というのがその実の妄想であり自己満足であり
本当は存在しなかった、ということまで逆に証明されてしまうね。

791 :吾輩は名無しである:05/01/14 12:21:58
しかしやっぱ某TCXみたいにいまだに平気で恥かしげもなく
「対抗運動」とかいっちゃうベタでいく馬鹿丸出しには
いい加減もう黙ったら?という軽蔑の視線と命令は、やっぱ有効
なのではないか、とも思えてしまう。w


792 :吾輩は名無しである:05/01/14 12:24:11
摂津のはじめたNAM債権にも全く同じだな。
もういい加減きみ、言葉失ったらどうなの?
という感じ。
まだなむとかいうかね?

793 :吾輩は名無しである:05/01/14 12:25:55
>>791
だからタイコーウンコーでしょう?w

794 :吾輩は名無しである:05/01/14 13:04:29
>>790
だからさあ、いい加減おまえにセンスがないんだってことに気がつけよ。
気がつく必要がない生き方をしてきたんなら鎌田なんて読む必要ないよ。
まあ、言っても分からないだろうけど。
鎌田、鎌田いってるけど、鎌田が語っている場所はぼくたちの場所でもある
ということが分からなければいつまでもキミはそのままだお。

795 :吾輩は名無しである:05/01/14 15:00:24
なんかまたズルイレスだなあw
沈黙はセンスの問題。
それはあるだろう。認めうるとしても、表現というのはまた別のはけ口をもった
方法である。一方で沈黙を強いられたエネルギーがあるなら、その同じものに
別のやり方で表出させる方法を編み出すのが、表現の問題であるはずだ。
文学の根本的な存在理由はそこにある。
別の表出は必ずしも言葉である必要はない。絵画でも映像でも音楽でもいい。」
しかしそれが言葉であってはならないという掟もない。言葉で上等である。
むしろそこに屈折を経たパフォーマティブが実現された言葉の流出を見るなら
それが文学の本質である。もうちょっと明晰に語れるようならば批評の真髄でもあるだろうな。

まあ、そういうこったな・・・>>794
坊主w

796 :吾輩は名無しである:05/01/14 15:52:14
そもそも鎌田のセンスがもうどうしようもない
時代遅れもちろんだけど、とち狂ってるというのが問題じゃなかったの?

797 :吾輩は名無しである:05/01/14 19:18:18
単独性にそのまま宗教的な意味を転移させたままでいると、要するに
鎌田みたいなそのまんまの文学的=宗教的な主観のナルシズム投影になるわけだ。
そうではなくて
(すなわち柄谷がドゥルーズから誤解して転用してきた系譜ではなくて)
singularite 特異性を見る思考、
及びその特異点について主体的に関係する方法論を見る=単独性を見る方法
というのが見出されなければならないわけだ。
そしてそのような宗教的なる余計な過剰をうまく削ぎ落とせた純粋化されたものこそが
認識論的にも科学的にも、ゆえに実践的にも正確に活用しうる単独性の見方となるはずだな。

ぶっちゃけていえば、サドのようにやる方法にもニーチェのようにやるやり方にも
そこには特異性に向かいあう自己−主体という意味では単独的なものはあるわけだ。
ドゥルーズが見たがっているのはむしろそのような意味での単独性 シングルである。
なにもキルケゴールや遠藤周作のような間抜けなナルシズムを過剰投影した自己抑制=道徳の意識を
さして単独性というわけではないのだな。

798 :吾輩は名無しである:05/01/14 20:29:47
TCX>摂津>>>>>>>>>>>>>>>>鎌田


799 :吾輩は名無しである:05/01/14 20:35:48
tcxとか攝津を対象にしていないだろ。鎌田は。対象にしてどーする。
もの書き連中・表現活動している連中でいろいろいるわけだろ。

800 :吾輩は名無しである:05/01/14 20:52:49
>768
NAMも2ちゃんねるも匿名の暴力なんだから同じなの

801 :吾輩は名無しである:05/01/15 00:53:10
くらいな。
鎌田のものの見方感じ方どうしょーもなくくらい。

802 :坊主:05/01/15 04:07:00
>>795
わかりましたw

803 :吾輩は名無しである:05/01/15 09:53:19
文章からここまで明らかになって来ると
やっぱ鎌田って根っこから腐りきった人間であることがわかるな

804 :吾輩は名無しである:05/01/15 11:42:11
結局NAM批判が鎌田の命取りってことだな

805 :吾輩は名無しである:05/01/15 12:09:01
摂津は病人だし病んでいるから沈黙できない。沈黙できたら摂津じゃなくなる。
TCXにしても劣等感の強さでは摂津を肥えている。
彼らに命法を促したって土台無理なんで鎌田が何言っても無駄だと思われ。

806 :吾輩は名無しである:05/01/16 00:51:03
http://shop.kodansha.jp/bc/bunko/pocket/200501/005.html

たとえば、「ひとりで立つ」ことをモチーフにする本書の短編「雪の日」を読むと、
今日の日本が「『ひとりで立つ』ということの滅亡」と言うべき感覚麻痺にあることを
私は逆に痛感する。もう何年も、ムラの掟を破った個人が、権力ばかりか草の根からも
制裁を受ける光景が止まない。馬鹿な政府しかもてない馬鹿な国民に見合った、
匿名に逃げこむ集団的暴力とコンフォーミズムの実例がいつまでも後を絶たない。


807 :吾輩は名無しである:05/01/16 00:51:51
やっぱり鎌田が指していたのは2ちゃんねるだったみたいだな

808 :吾輩は名無しである:05/01/16 01:00:28
しかしこういうコピーを平気で書ける恥ずかしさと
馬鹿馬鹿しさには、もう絶句するしかないんじゃないんだろうか
(文字通り言葉を失うw)

>大西巨人はいつも、現存の秩序や権力に徹底的に反逆し、しかもその時に決して
ずるをしない人、自分のあり方をも同時に変えようと志す人のために文章を書く。
何かをやる時に、「やったことにした」でお茶を濁さない人達のために書いている。
自称すれっからしのリアリストどもはまだまだ青い。
熟慮の末に選んだ激しい純潔な初心、それが大西を真の大人にする。


809 :吾輩は名無しである:05/01/16 01:29:49
>809
柄谷&NAMのパン屋いじめを念頭においてるんじゃないの?

810 :吾輩は名無しである:05/01/16 01:40:34
わしはまた去年のイラク人質とか想像してしまったよ

しかしもしあんな三馬鹿はじめとした人質擁護論調を
鎌田が押し出せるのだとしたら、それもまた鎌田的には矛盾に
陥るだろうなとは思った。
まあしかしいくら鎌田でもそれはないだろうとは思いたいなw

811 :吾輩は名無しである:05/01/16 02:18:22
鎌田のちょこまかした作文なんか引用するな。
何度も言わせんなよ。


812 :吾輩は名無しである:05/01/16 02:27:26
鎌田には花田清輝のモラリスト批判を読んで欲しい。

813 :吾輩は名無しである:05/01/16 02:40:30
鎌田人気は文章の力ね
東大法卒だけあって短文は簡潔でわかりやすい
でもこれホントに中身があるの???????

814 :吾輩は名無しである:05/01/16 02:50:03
あんなキモイ文章に反応する「読者」のほうのレベルが問題。
中身というか紋切り型の文法に従ってるだけだろう。
あの文体は。

815 :吾輩は名無しである:05/01/16 04:20:01
>>813
全然逆だな。
東大法卒だけあって、文章が無意味にわかりずらい。
無意味に不明瞭である。
ゆえに読者のレベルで
何もそこには内容がないのに何かを読まされたような錯覚が生じてしまうことがある。


816 :吾輩は名無しである:05/01/16 06:23:38
のび太君、現実と闘わなきゃ!

817 :吾輩は名無しである:05/01/16 08:04:04
鎌田=現実のシュミラクル

818 :吾輩は名無しである:05/01/16 09:40:42
まさに子供騙しの文体というんじゃないw

819 :吾輩は名無しである:05/01/16 10:01:34
鎌田って世の中のことなめてるよね〜w

820 :吾輩は名無しである:05/01/16 11:08:13
ほんと。まさに紋切り型とは鎌田型文体のことだな

821 :吾輩は名無しである:05/01/16 11:08:57
のび太くんは鎌田を否定し、かたつむりの中に幼児退行するのだった。

822 :吾輩は名無しである:05/01/16 11:11:18
鎌田はある種の人々には不快であるように書いているのだから
もしあなたが不快感を表明するのであれば、それはあなたが鎌田の
記述対象であったということでしょう?
鎌田の文章に「ムカつく」という事自体どうなんですかねぇ。

823 :吾輩は名無しである:05/01/16 11:19:33
全然違うよw
もし鎌田を批判しないでよいということならば
この世のあらゆる文壇的なものから批判という行為が消滅してよいということこと等価だな
そもそものび太くんって誰よ?
古田か?w

824 :吾輩は名無しである:05/01/16 12:41:37
>鎌田の文章に「ムカつく」という事自体どうなんですかねぇ。

半分はNAM会員のルサンチマン、残りは重力に投稿してボツになった人

825 :吾輩は名無しである:05/01/16 12:44:54
勘違いしないでね
鎌田はそんなルサンチマン抱かれるほど偉くないってw

826 :吾輩は名無しである:05/01/16 12:51:56
↑同意。
ルサンチマン抱いてるのは床屋と祐人ぐらいだろう。

827 :吾輩は名無しである:05/01/16 13:03:37
のび太はドラえもんがいるせいで現実と闘わなくてすんでいる
じゃないか。鎌田はお前らからドラえもんを剥奪しようとしている
のだろう。

828 :吾輩は名無しである:05/01/16 13:17:22
>826
いやTCX周辺にもたくさんいるだろーが。弁護士とか。


829 :吾輩は名無しである:05/01/16 13:25:21
鎌田の言ってる中野の文章ってどこにある?誰か教えて。

>だが、それとは別の気がかりがある。それは、「読者」の問題である。
>そもそも今日の日本社会が、その強度と硬度において大西の文学に値する
>のか、という決定的な問題である。かつて中野重治が「悲しみという
>ことの滅亡」について述べた時、中野は明晰な状況分析と失われた
>可能性への痛みを伴う石川啄木の「悲しみ」が、高度成長時代の文学ファン
>によって陳腐な感傷へと切り縮められる事態を的確に伝えた。だが大西巨人
>を囲む状況ははるかに悪い。

830 :吾輩は名無しである:05/01/16 20:56:08
「沈黙の命法」とか平気言っちゃうときに孕まれる危険性の認識について
まず鎌田は真っ先に気づくべきだろうな

831 :吾輩は名無しである:05/01/16 21:01:38
【記事番号:845】 恨みの念・呪いの念

投稿者: 源五郎丸
投稿日時: 05/01/16 00:02:14

他人からの恨みに念・呪いの念を避ける方法はありませんでしょうか。



832 :吾輩は名無しである:05/01/16 21:04:50
恨まれてないって。事実を捏造するなw
単に批判点が提出されてるだけ

833 :吾輩は名無しである:05/01/16 22:42:03
>恨まれてないって。事実を捏造するなw
>単に批判点が提出されてるだけ
体面面保ちたいんだろうけどさ、批判は鎌田がやったことだろ。NAMの人は別に提出してない
お前らが俺らに聞えるように鎌田に言い返せてないのがイタイわけ
カラヤントンズラ、祐人は学歴些少疑惑持ち出して恥の上塗り
TCXははなからNAM過去にふれるつもりない
それで重力スレで過剰反応起こすんだから当然ルサンチマン

834 :吾輩は名無しである:05/01/16 22:48:11
あーあ。だから鎌田を論じるなってあんだけ言っただろ。
いくら恨んでも批判しても術中にはまるだけ。

835 :吾輩は名無しである:05/01/16 22:49:43
833-834 自作自演と見たな

836 :吾輩は名無しである:05/01/16 22:52:39
>体面面保ちたいんだろうけどさ、批判は鎌田がやったことだろ。
>NAMの人は別に提出してない
>お前らが俺らに聞えるように鎌田に言い返せてないのがイタイわけ

オマエはパーフェクトなアキメクラだなw
全然スレも読んでないし読む能力さえ欠片もない
スレを辿っていけば幾らでも批判は出てるよ


837 :834:05/01/16 22:57:25
オレ766=811だけど833じゃないぞ


838 :吾輩は名無しである:05/01/16 23:01:34
だからせっちゃんみたいに本名でやってよ。
2ちゃんでやるからバカにされんのよ。

839 :吾輩は名無しである:05/01/16 23:02:53
どうでもいいんだがw
恨まれてるという認識が最初からしてまず病んでるな。
単に言われてることがバカげているから批判がひとつひとつポイントで
出てるだけだよ。
ルサンチマンなんていう余分な代物はどこにも見当たらない。
そういう疚しい心に還元して決め付ける手先のほうが全く怪しいな

840 :吾輩は名無しである:05/01/16 23:05:55
【いじめ】小山田圭吾不買運動【カッコ悪い】
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/musicj/1098779752/l50
「ロッキンオン・ジャパン」平成8年1月号(1996年)、小山田圭吾2万字インタビューより引用

「あとやっぱりうちはいじめがほんとすごかったなあ」
●でも、いじめた方だって言ったじゃん。
「うん。いじめてた。けっこう今考えるとほんとすっごいヒドイことしてたわ。この場を借りてお詫びします(笑)だって、けっこうほんとキツイことしてたよ」
●やっちゃいけないことを。
「うん。もう人の道に反してること。だってもうほんとに全裸にしてグルグルに紐を巻いてオナニーさしてさ。ウンコを食わしたりさ。ウンコ食わした上にバックドロップしたりさ」
●(大笑)いや、こないだカエルの死体云々っつってたけど「こんなもんじゃねえだろうなあ」と俺は思ってたよ。
「だけど僕が直接やるわけじゃないんだよ、僕はアイディアを提供するだけで(笑)」
●アイディア提供して横で見てて、冷や汗かいて興奮だけ味わってるという?(笑)
「そうそうそう!『こうやったら面白いじゃないの?』って(笑)」
●ドキドキして見てる、みたいな?
「そうそうそう!(笑)」
●いちばんタチ悪いじゃん。
「うん。いま考えるとほんとにヒドイわ」




841 :吾輩は名無しである:05/01/16 23:09:19
また絶句するバカが荒らしにきたみたいだなw

842 :吾輩は名無しである:05/01/16 23:10:00
みなさんしばらくのあいだ、言葉を失いましょう!w

843 :吾輩は名無しである:05/01/16 23:11:01
それじゃ鎌田が正しいことを認めることになる。
俺は絶対沈黙しないよ。

844 :吾輩は名無しである:05/01/16 23:12:55
絶句するバカw

845 :吾輩は名無しである:05/01/16 23:13:33
>838
実名で批判はできないだろうね。できないからNAMでくすぶってたわけでね。

846 :吾輩は名無しである:05/01/16 23:18:38
>それじゃ鎌田が正しいことを認めることになる。
>俺は絶対沈黙しないよ。


怨恨の典型です

847 :吾輩は名無しである:05/01/16 23:20:01
みんなああああ
こんな肥溜めみたいな場所で絶対に実名なんか出しちゃだめだぞ〜w



848 :吾輩は名無しである:05/01/16 23:24:16
>【いじめ】小山田圭吾不買運動【カッコ悪い】


絶句するバカ荒らしの典型ですw

849 :吾輩は名無しである:05/01/16 23:27:05
という口実で匿名の誹謗を続ける今日この頃でした

850 :吾輩は名無しである:05/01/17 00:00:18
↑なし崩しバカ典型w

851 :吾輩は名無しである:05/01/17 00:01:37
みなさんしばらくのあいだ、言葉を失いましょう!w


852 :吾輩は名無しである:05/01/17 00:11:20
だから俺は絶対だまらない
しゃべってしゃべってしゃべりまくるのだ

853 :蛆虫:05/01/17 00:12:42
    /\___/ヽ
   /,,,,,,,,r 、,,,,,,,,::::::\ 
  .| -・=-,ン < 、-・=-、.:| 
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:::::|  ケッ
  .|   _,ィェエヲ`  .::::::|   
   \  `ー'´  .::::/
   /`ー‐--‐‐―´\
  │          │


854 :吾輩は名無しである:05/01/17 00:13:43
ほんとキモチ悪い
あーはなりたくなわよねw

855 :吾輩は名無しである:05/01/17 22:30:25
しかし思ったんだが。
インターネット以後の社会、特に2ちゃんねる以後の新現実というのは
鎌田がいうところの「沈黙の命法」というのが全く機能できなくなる
機能不全になるという状況になるのではないかと考えられるな。
沈黙していても、匿名の情報のスピードの前では、もはや一方的に
やられるしかなくなってしまうだろう。沈黙によって慣習的な社会道徳を
機能させるということがますます不可能になっていくだろう。
沈黙するものはただマシンを前にして敗北していくしかないのか?

実際、鎌田にしてもネットの政治においてまっやく沈黙しているというわけでは
決してない。彼は重力のウェッブサイトから必要に応じて対抗的な情報を発することが
できるだろう。

ドゥルーズはこのような情報ファシズムというかコントロール社会の
出現を確かに予期していて、それに抵抗する術とは、対抗情報の発信によって戦うことだ
と述べているな。

856 :吾輩は名無しである:05/01/17 22:33:50
やっぱ突破口とはドゥルーズだな

857 :吾輩は名無しである:05/01/18 14:01:11
2ちゃんはピエさんに制圧された

858 :吾輩は名無しである:05/01/19 17:01:29
今日の夕方、日テレの汐留スタイルを見ていたらゲストが相田翔子だった。
相田翔子といえば元WINKである。
しかし相田はこのように今でもテレビ業界で生き残っているがWINKの片割れのほうは
もう消えている。相田が生き残ってる理由とは、彼女があのように御しとやかな顔を
外見でしながら、実は話をさせたら変態であったという理由によるものだろう。
ああいう顔でも根はお笑い的で変態度が高いという相田のキャラクターが今でも彼女を
テレビ的なタレントとして価値のあるものにしている。WINKのもう片割れのほうは
たぶん話をさせてもそんなに面白くはなかったのだろう。だからテレビから消えた。
WINKの芸風を思い起こしてみれば、あれは沈黙をベースにした言葉にならない女性的なる訴えかけ、
そういう目つきや仕草をまさにベースにしていたといえるだろう。
美女の友人二人とその美女を取り巻く沈黙、及び命法の存在論というのが、まさにWINKのキャラクターポイントであったのだ。

859 :吾輩は名無しである:05/01/19 18:40:01
>>855
対抗情報の発信……。そんなの「自由ラジオ」(ガタリ)が精々だったやんけ。

860 :吾輩は名無しである:05/01/19 19:38:15
今はネットでHPが持てるな。
そしてあくまでも重要なのはHPの概念であって、
決して2ちゃんねる的なネットではない。

861 :吾輩は名無しである:05/01/19 19:52:16
ヒット・ポイントの概念? LVが上がったりするわけかな。

862 :吾輩は名無しである:05/01/19 19:57:05
LVってなによ?わからんのだがw

863 :吾輩は名無しである:05/01/19 20:00:44
まあ何もやらないでいるよりは自由ラジオ(パンク)でもやって
遊んでいたほうがまだましなのではないかな。
当時、地域通貨運動ができるような前提が
まだあったわけではないんだし。

864 :吾輩は名無しである:05/01/19 20:06:37
うわ、地域通貨運動で対抗できると思ってるのか……。
その辺がNAMもQも理解できん。外野にはRPG程度のお遊びに見えるよ。

865 :吾輩は名無しである:05/01/20 14:35:48
相田翔子はバリバリの草加よ。

866 :東京工業大学:05/01/21 04:16:40
工学部系の人間がほとんどいないのに、どうやって生産を賄う気なの?
namとかQとか。
文系ばっか集めたって、何もすることないでしょ。
喧嘩ぐらいでしょ、出来ることっつったら。

工学部系が多数参加すれば、まだ地域通貨にも可能性があるけど。

867 :吾輩は名無しである:05/01/21 14:07:00
喧嘩は物理学部系の首領の後継者が先頭に立っていたのだが

868 :吾輩は名無しである:05/01/22 17:21:37
西部はバブルの気分が強い、というか、バブル時代的信用貨幣の延長として
ネットを使ったコミュニケーション通貨を構想した。言い換えれば80年代
ニューアカのメディア現象を、ネット通貨を使ってやりなおそうという発想。
現実の地味な地域通貨運動とは別。現実に外国にあるやつは明確に
反グローバリゼーションの一つの手段。西部はむしろ、それを自説のきっかけとして利用しよ
うとしていた。鈴木健はいまだそれをやっている。しかし鈴木健のいう
「価値が人から人へと伝播していくという興味深い性質をもった新しい貨幣システム」というのは
それだけでは2ちゃんのようなネットムラ社会を形成するだけだろう。
もっとも鈴木は、PISCYの技術的限界はわきまえていて「このソフトはデモンスト
レーション用のソフトなので、パフォーマンスはまったく考慮されていません。
運用ベースのシステムは別に開発が必要です。」と慎重。ここが西部と違う。

・・・ここでパラドックスが生じる。
新しい貨幣を作るのに、その運営開発に億単位以上の資本が必要とされるなら、
その貨幣とは一体なんだろう?そしてその「貨幣」が実は流通しないとしたら?



869 :吾輩は名無しである:05/01/22 17:27:29
http://www006.upp.so-net.ne.jp/leekantoku/z01.10.diary/01.10.04.html
西部が最後に討議の論点として提出したのが、「資本論」は既存の経済学批判
として書かれた側面もあるが資本そのものが批判的ではないのか、という点。
あるいは価値形態論を極めた上での「貨幣の形而上学」なのだから、今さら
労働価値説は必要なのか、の主に2点。
 突然浅田が乱入する。資本主義そのものが批判的な存在ではないのか、
などという論点は70〜80年代のバブル全盛時代の話。西部が「そんな時代
に私は柄谷さんや浅田さんの影響を・・・」と言いかけたら、浅田怒る
「あなたが影響を受けようとどうしようと私には関係ない」と一喝。
「当時のソ連との関係で資本主義が批判となり得ていた時代もあったが、
それは決して本質的ではない。実際ソ連崩壊とバブル崩壊によって、
資本主義は逆に閉じたものになっているのです。それを超えようという
のがトランスクリティークではないのか」。ぐははははは。浅田センセ
も意外と大人げない。というか、レフェリーとしての役割ではなく、
レスラーとして乱入した、ということだろう。「70年代の気分は縦軸
を無視して、水平的な面が強かったですね。つまり、<生産ではなく消
費>という先ほどの誤訳と同じことになっていました。しかし、
本来は<生産のみならず消費>です。これがカントの論議と繋がっ
ていくことになります」と、さらに追い打ちをかける。

 西部は、やられっ放しではレスラーとしてのプライドが許さな
いのだろう。労働価値説の必要性に対する疑問を再度提出。それに
対して「わかってないなあ、お前」とばかりエース柄谷が重い腰を
上げる。「私はそれほど言ってないですけど。労働価値説は事実上
、資本に押しつけられるものです。そして、労働価値説を押しつけ
ているのは労働時間制を否定する立場にある側なのです」。何だか
興奮している。それが現代的な「搾取」の構図だと言いたいのだろうか。


870 :吾輩は名無しである:05/01/22 19:44:23
このシンポジウムももう随分昔の話だな。
01年なんだが。
古きよき時代・・・という感じなんじゃない?

871 :吾輩は名無しである:05/01/22 21:15:54
知っているか。2001年のAERAの特集「各ジャンルの21世紀期待できる人物」
に文学部門では鎌田が選ばれてたんだぞ。

なんというかプロレスではなくPRIDEになったら、切なく、わびしい現実
を見せつけられるようになったという感じだな。


872 :吾輩は名無しである:05/01/22 21:52:31
AERAなんてテキトーな雑誌だしね。
以前編集やってた朝日新聞の記者とか知ってるけど
なんにも知らない人だったよ

873 :吾輩は名無しである:05/01/22 22:10:48
西部忠のHP見たら、元気に論文発表しているし、「本格化する地域通貨」
(河北新報,2004.1.3)読むと言っていることが変わっていない(W
地方の自治体にも商工会にも注目されている。講演「統合型コミュ・メディア
としてのコミュニティ・マネー―その社会的・思想的意義と制度設計的応用可能性」
,フォーラム報告「オンライン・コミュニティ・マネーの実際」
(計測自動制御学会(SICE)主催 第10回創発シンポジウム(2004年8月20日〜22日))
なんてのもやっている。

それでいいじゃないか。みんな、なんの不満がある?




874 :吾輩は名無しである:05/01/22 22:32:29
西部がダメなタイプの学者だというのは
別に柄谷に後から指摘されなくても
ちょっとしたひとが見れば最初からわかることだったでしょう。
むしろ柄谷の立場からは根はダメだなというのがわかるから
こいつなら反発しないでうまく使えると思えた。
それでNAMの時のメンバーブッキングが成立したんだからさ。

875 :吾輩は名無しである:05/01/22 22:44:08
>西部がダメなタイプの学者だと

いや、研究者という枠の中ではとても誠実で進歩的な人だと思う。
なんで批評空間グループに関わろうと思ったんだか(W
そこが間違いのもとなんじゃないかと。


876 :吾輩は名無しである:05/01/23 01:50:26
柄谷のブッキングなんだが
山城にしろ、王寺にしろ、西部にしろ、
全部相手の足元読んでやってるんだろうな
こいつらのレベルなら俺に絶対逆らわないだろう、
といった資質のものしか使わない。
そういう人を値踏みするときの疚しさみたいなのが露骨な組織だったな

877 :吾輩は名無しである:05/01/23 02:02:30
じゃあ浅田は?岡崎は?

878 :吾輩は名無しである:05/01/23 02:16:11
浅田は実質上やった仕事皆無w
岡崎は、まあどちらかとういえばやはり足元を見られてるタイプなんじゃないの?
岡崎の臆病な性質をわざと利用して柄谷は釣ってたわけだよな

879 :吾輩は名無しである:05/01/23 21:46:28
>>838
いやそれは論点のすりかえ。鎌田自らの「倫理」の実行の不完全さをあらわす。

大西巨人は匿名批評にも細かく、反論していたと言う。しかも「エラソーなこといっても
生活保護うけてんだろ?」という揶揄に。(スガ秀美『JUNKの逆襲』より)

だとすると、大西巨人を神とあがめる鎌田も、同じ挙措が必要なんじゃないの?

880 :吾輩は名無しである:05/01/24 08:01:18
すると、それ以前に大西を模範とする糸圭も、匿名批評にいちいち反論しなくっちゃ。

881 :吾輩は名無しである:05/01/24 08:39:30
大西ヨイショの陣営自体が最初から虚構 ネタでしょう?

882 :吾輩は名無しである:05/01/24 08:39:46
JUNKを自称する糸圭が、大西を模範としているわけないだろ。



883 :吾輩は名無しである:05/01/24 09:48:05
>879
同意。匿名カキコがクズなのは当然。


884 :吾輩は名無しである:05/01/24 09:49:45
↑屑

885 :吾輩は名無しである:05/01/24 21:20:20
>山城にしろ、王寺にしろ、西部にしろ、
>全部相手の足元読んでやってるんだろうな
>こいつらのレベルなら俺に絶対逆らわないだろう、
>といった資質のものしか使わない。

それは違うな。そう外部に思われてしまうがゆえに、逆に過剰に反発した。
西部が典型だろ。今は柄谷にヘーコラしていても、力つけたら、誰にも文句言わさない
形で、Qを独立させてやる、と行動するのが普通だろ。


886 :吾輩は名無しである:05/01/24 22:38:17
168 Res 総括は必要だよね 杉原正浩 2005/01/24 01:55
New 219.127.28.155
 当方の名前を知っている少数の方に対しては、ごぶさた、といっときます。
 さて、NAMの総括は各自もっと明示的かつ愚直にやったほうがいいと思う。俺も今年中に完了できればいいなと思ってる。
 鈴木健太郎さん、はじめまして。いくつかの文章を拝見しました。納得がいくようなよくわからないような(笑)。
以前と違って私はもはやNAM『原理』を絶えず参照する場にはないんだが、NAMで有意な発言をしていた人たちは今でも好きです。
鎌田哲哉が示唆するようにもう少し根性があればいいのにとは思うんだけどね。
 総括が一段落したらまた告知します。柄谷行人や西部忠が無能か私が無能かのどっちかです(笑)。


887 :吾輩は名無しである:05/01/25 18:17:25
>さて、NAMの総括は各自もっと明示的かつ愚直にやったほうがいいと思う。
>総括が一段落したらまた告知します。柄谷行人や西部忠が無能か私が無能かのどっちかです(笑)。
>鎌田哲哉が示唆するようにもう少し根性があればいいのにとは思うんだけどね。

意味わからんね。

888 :吾輩は名無しである:05/01/25 18:22:26
杉原が無能なことは良く伝わってきた

889 :吾輩は名無しである:05/01/27 01:05:31
本当に下らない時代に突入したよね。
一気にという感じで
いったい、だれのせい?

890 :モダニスト兼ポストモダニスト:05/01/27 01:14:05
ポストモダニストのせい。>>889

作品社『1968』の蓮實の発言は、興味深いよ。
内ゲバってのは、ポストモダン的な現象なんだってさ。
ハスミは、良いよ。
分析が冴えてる。読んでて面白い。

891 :吾輩は名無しである:05/01/27 02:25:17
そういや蓮實は常々ポストモダンを否定していたね。


892 :吾輩は名無しである:05/01/27 02:30:14
すべてをポストモダンのせいにする香具師は、
実のところたいていそいつ自身がポモ

893 :吾輩は名無しである:05/01/27 08:36:45
>>891

upしてください、みんなUPしているじゃないですか

894 :吾輩は名無しである:05/01/27 23:20:53
ポモな青春をおくった現在30代後半、40代前半世代は
人前ではポモ批判するものの、実は未練たらたらでありますね。
いまぼくは20代ですが、口でなんといおうと、上記の世代のおさーんどもの
根底にはポモ願望が根強く息づいていると思われます。


895 :吾輩は名無しである:05/01/27 23:23:25
そうだね。

896 :890:05/01/28 00:20:43
私は、ただモダニストであるだけではなくポストモダニストでもあります。
なにせ、ハンドルが「モダニスト兼ポストモダニスト」ですから。

897 :吾輩は名無しである:05/01/28 00:28:33
日本を駄目にしたのはまちがいなくポモ幻想を生きていた
上記おさーん世代。いまの若い奴に殴り殺されても文句言えないな。

898 :吾輩は名無しである:05/01/28 00:30:26
しかも彼らはバブル期に築き上げた立ち位置を守ることに必死で
今の若い世代に多大な迷惑をかけているという事実。
夜道で刺されても文句言えないな。

899 :吾輩は名無しである:05/01/28 00:33:10
おれくらいの世代だと親父がバブル期に恩恵を受けていたから
そうひどいことはする気にならないが、もっと下の世代は憎悪しか
抱いていないだろうし、分別ないぶんコワイね。気をつけてなw

900 :吾輩は名無しである:05/01/28 00:54:50
たしかにそういわれると、Q幹部を批判した祐人や攝津らも分別のない世代的な
憎悪しか抱いていない感じがするよな。


901 :吾輩は名無しである:05/01/28 00:59:07
そもそも鎌田のバブル呪詛からして、典型的な世代的憎悪ですよ

902 :吾輩は名無しである:05/01/28 01:10:07
バブル経済、ポスト・モダン、素晴しいよね。
あれがもっと続いて破綻してなければ、怨まれなかったのに。
おこぼれにあづかりそこなった遅れてきた青年どもに妬まれて困るぜ。

903 :吾輩は名無しである:05/01/28 01:10:35
まあ、当然だけどな。>バブル呪詛

904 :吾輩は名無しである:05/01/28 01:12:30
鎌田の場合、キモオタが中古女を呪詛するようなものだ

905 :吾輩は名無しである:05/01/28 01:36:41
わたしがわたしの悪魔を見たとき、悪魔はきまじめで、徹底的で、深く、荘重であった。それは重力の魔であった。――かれによって、一切の物は落ちる。怒っても殺せないときは、笑えば殺すことができる。さあ、この重力の魔を笑殺しようではないか!
フリードリッヒ・ニーチェ『ツァラトゥストラはこう言った』(氷上英廣訳、岩波文庫)

知識は重力の魔に憑かれている。〔…中略…〕いま必要なのは、知識をそのような重力から解き放つことだ。知識を軽くポータブルなものにすること、その時その時での生産(ヽヽ)に役立つものにすることだ。それをわれわれは「たのしい知識」と呼ぶ。
浅田彰「編集後記」『GS[たのしい知識] la gaya scienza』創刊号

906 :吾輩は名無しである:05/01/28 02:49:25
>鎌田哲哉が示唆するようにもう少し根性があればいいのにとは思うんだけどね。

こういう評価はどうかね。鎌田みたいに根性ありすぎる奴と、床屋やせっちゃんの
ような根性なしと。日本人なんだからさ。小ズルくても床屋さんたちとお友達に
なりたいわあ。

907 :吾輩は名無しである:05/01/28 02:58:17
鎌田〜〜
はよ日本から出て行けやあ〜〜

908 :吾輩は名無しである:05/01/28 03:01:01
>>906
鎌田って「根性ありすぎる」かぁぁ?

重力第二号を出してから、もう、丸一年以上経過してるけど、第三号出せてない。
あんま根性は無いだろ。
彼は、勝ち気な文章を書くのが上手いだけであって、根性があるわけではないでしょ。
通貨Qだって、普及させられてないし。
NAMと袂を分かって、「バカ(鎌田にとっての)」とは離れられたんだから、普及させられるはずなんじゃないの。
彼に根性があるんだったら。

909 :吾輩は名無しである:05/01/28 03:11:56
鎌田やQに根性なんかあるわけない。
祐人やLがヘタレすぎただけ。


910 :吾輩は名無しである:05/01/28 06:25:54
ヘタレと並ぶと根性ありすぎにみえるって、
ブスと並ぶと美人にみえるのとおんなじや。

911 :吾輩は名無しである:05/01/29 21:09:44
鎌田さんは柄谷さんが元気なくなれば一緒に消沈してしまうのでしょうか。

912 :吾輩は名無しである:05/01/30 09:43:36
01号が
2002年2月28日発売
02号が
2003年3月31日発売

03号は、04年4月末日には出てなきゃ駄目だったんだよ。

で、もし、そのタイミングで出せないんなら、きちんとその理由を示すべき。
まったく、アカウンタビリティはどうなってんだ?
このままズルズルと誤魔化す気なのか?

913 :吾輩は名無しである:05/02/05 10:55:55
http://www.eurospace.co.jp/detail.cgi?idreq=dtl1104145982
2月10日(木)上映後 トークショー
ゲスト:鎌田哲哉さん

だれか言ってきて質問してみ。



914 :吾輩は名無しである:05/02/05 11:11:33
age

915 :吾輩は名無しである:05/02/05 14:01:19
4月から早稲田の講義にもぐるつもりです。

916 :吾輩は名無しである:05/02/05 23:25:15
普通にばれるだろ。

917 :吾輩は名無しである:05/02/06 00:38:02
もぐったら「別にいいけど発表も分担しろよ」て言われたぞ。

918 :吾輩は名無しである:05/02/06 09:29:20
発表って?大西論でもやらせるわけか?

919 :吾輩は名無しである:05/02/08 00:25:45
LEFTALONE見た。
鎌田ってホントはすごくいい人なの?

920 :吾輩は名無しである:05/02/08 00:44:26
んなわけない。
ぶち切れたところはカットされたはず。だまされないようにね。

921 :吾輩は名無しである:05/02/08 10:05:43
512 :吾輩は名無しである :04/11/03 03:19:15
鎌田先生は人前でもすごく弱気な感じでした。ひごろは生徒の質問にも
優しいし気のつかい方も細かい。相談にも親切にのってくれました。で
も何かあるとぶち切れて宅間なみの暴走を始める。その何かがいつくる
かわからないんですよね。他の先生は、鎌田先生がまた壊れたといって
笑っていたけど。


922 :吾輩は名無しである:05/02/10 11:28:24
誰か今日のトークショーいかないの?

923 :吾輩は名無しである:05/02/10 11:40:28
で『重力03』はいつ出るかと聞いて、ぶち切れですよ(鎌田が)。>>922

924 :吾輩は名無しである:05/02/10 13:05:31
いや、以外ともうすぐ出す!とか言ったりして

925 :吾輩は名無しである:05/02/10 13:08:55
全然、売れてませんよね。なおかつ、内輪ネタばっか。

926 :吾輩は名無しである:05/02/10 13:10:10
1000部ぐらいは売れているんでしょ。ここに書きこんでいるやつは
その1000人の1人。

927 :吾輩は名無しである:05/02/10 13:39:59
今日行きます。生鎌田みたい。

928 :吾輩は名無しである:05/02/10 13:42:28
九州地方には全部で三部ほど出荷があったそうです(マジ)

929 :吾輩は名無しである:05/02/10 17:38:43
>>927
レポートよろ。

930 :吾輩は名無しである:05/02/11 00:11:48
まもなく出るそうです

931 :吾輩は名無しである:05/02/11 01:39:53
出前の遅い店はいつもそんな風に返答するもんさ。あてにならん。>>930

932 :吾輩は名無しである:05/02/11 02:49:49
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1107310385/164

164 :吾輩は名無しである :05/02/11 02:47:20
http://www.akashi.co.jp/Asp/details.asp?isbnFLD=4-7503-2045-5

明石書店のページ 最終更新日:2005年2月9日
http://www.akashi.co.jp/menue/books/2045/main.htm
>「68年革命」とは何か。批評家・すが秀実が、松田政男、西部邁、柄谷行人、津村喬、花咲政之輔と対話を重ねる『LEFT ALONE(レフト・アローン)』刊行!

同じページの2005年1月19日 23:34:25 GMTに保存されたキャッシュ
http://216.239.63.104/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2004-20,GGLD:ja&q=cache:http%3A%2F%2Fwww.akashi.co.jp%2Fmenue%2Fbooks%2F2045%2Fmain.htm
>「68年革命」とは何か。批評家・すが秀実が、松田政男、西部邁、柄谷行人、津村喬、花咲政之輔、鎌田哲哉と対話を重ねる『LEFT ALONE(レフト・アローン)』刊行間近!

あれれ鎌田哲哉はどこ行った? 書籍版への収録を拒否したのか。何があったのやら。

933 :まいぺーす:05/02/11 03:03:27
 鎌田哲哉編『ブックレット重力NO.1/LEFTALONE 構想と批判』(「重力」編集会議)
2月26日緊急出版だそうです。内容は、鎌田哲哉「途中退場者の感想−−LEFTALONE批判」
井土紀州「末吉」、穂積一平「「途中退場者の感想」を読んで」、すが秀実・鎌田哲哉
「〈対談〉小ブル急進主義は原理たりうるか」ほか。「途中退場者の感想」は、『LEFTALONE
−−持続するニューレフトの「68年革命」』(明石書店)用に執筆されながら、出版社側が
「他の書き手、特に柄谷行人の意向に遠慮して掲載を却下した」もの。すが秀実との対談は、
そのため、逆に鎌田の方から、掲載を拒否したそうです。上記の情報は、2月10日の
『LEFTALONE』終了後、配布されたチラシによります。

934 :吾輩は名無しである:05/02/11 03:07:46
な、なんだって!
まあ、そのチラシ、見たいなあ。

935 :吾輩は名無しである:05/02/11 03:17:45
それで刊行が少し遅れてたのか。やっぱ明石書店はダメ出版社だな。

936 :吾輩は名無しである:05/02/11 05:20:37
>>934
俺はそのチラシ受け取るの拒否しました。もう、きもすぎ

937 :吾輩は名無しである:05/02/11 06:18:59
まあ、鎌田がこのスガ的なレフトアローン企画に乗っかってるのは
ずっとオカシイナ、明らかな矛盾だな、というのは、わかるひとが見れば
わかてった話なんだけど。ずうっと。今までも。

しかしちょっと気にかかるのは、鎌田が降りた理由を、スガ及び井土の企画の
下らなさ、という理由ではなく、明石書店の編集のせいにされてることかな?
それってもしかして責任微妙にすりかえてるんじゃなういかという疑惑も
あるんだけれども。しかし真相はその2月26日の本を見てみないと、まあ
ちょっと不明だね。。。


938 :吾輩は名無しである:05/02/11 06:21:31
しかし最初からママゴトだとわかってるゲームだとしても
ここまでいろいろお膳立てしてもらえると、なかなか面白いかもね

939 :吾輩は名無しである:05/02/11 06:23:33
さすが鎌田。

940 :吾輩は名無しである:05/02/11 07:06:45
>責任微妙にすりかえてるんじゃなういかという

これって鎌田の特徴でしょう?
可能了介との絡みなんかも、この微妙なすり替えの一環だったと
今では見ることもできるんじゃないのかな。

まあもともと柄谷の政治もそのようなものにすぎなかったとは
今では明らかにいえるんだけどね。
すり替えと誤魔化しのテクニックの種類としては

941 :吾輩は名無しである:05/02/11 08:20:14
ちらし、ウプすてほしい。
http://www.gazo-box.com/

942 :吾輩は名無しである:05/02/11 08:29:34
鎌田はハッキリと、馬鹿なのはスガと井土だと叫べばいいのにな

943 :吾輩は名無しである:05/02/11 08:36:51
最終編集権は出版社にあるのか?
本音の攻防はどうであれ、建前は違うだろ。
>>942は正しい。

944 :吾輩は名無しである:05/02/11 13:16:39
>>937
>まあ、鎌田がこのスガ的なレフトアローン企画に乗っかってるのは
それ言ったら『重力02』が既に、鎌田哲哉と相容れなくならないか。
鎌田は糸圭に何を期待してるんだか。
糸圭への批判でもいいけど、外から見てると大差無い内部分裂にしか見えない。

945 :吾輩は名無しである:05/02/11 13:23:26
それを言ったら『重力1』からだろう
そもそも可能了介を鎌田が拾ってきてそれで利用してから捨てただけだ。
今更になってスガに反旗をひるがえすように見えるとしても
いつも最初から結論のわかりきっていたものを、ひと仕事終えてから
利用価値を食い潰したところで、叩きにかかるというパターンは、今回も
鎌田は同じことをしている。

しかし今回ので微妙なのは、どうやら鎌田は悪い原因を「明石書店」の編集
にしているみたいで、それと面と向かってはっきりと、スガが馬鹿だ、あるいは井土が
馬鹿だとマニフェストまだしてない点にあるな。
しかし今回もまた本当の理由は立ち位置系の問題なんだろう?

946 :吾輩は名無しである:05/02/11 13:32:33
鎌田って、作品の内在的読解ができないから、
批判点を担い手の倫理性に転嫁しているのだと思う。

今回の経緯で言えば、
本来ならLEFT ALONEに即して言うべき話題を、
シンポジウムの編集問題にすり替えている。

最悪のお座敷芸人。


947 :吾輩は名無しである:05/02/11 13:44:58
>鎌田って、作品の内在的読解ができないから、
>批判点を担い手の倫理性に転嫁しているのだと思う。

この指摘はその通りだね。
お見事という感じ。(苦笑


948 :吾輩は名無しである:05/02/11 13:45:53
チラシの情報だけで、よくそこまで悪意を込めた読み方ができるな。
こえー。


949 :吾輩は名無しである:05/02/11 13:47:28
そのチラシを読ませてくれないと何ともナ。

950 :吾輩は名無しである:05/02/11 13:49:15
違うな

チラシの大以前からわかりきっていたことを
やっと今頃出せるようになってきたという感じでしょう

951 :吾輩は名無しである:05/02/11 13:51:03
「大以前」? 意味わからん。

952 :吾輩は名無しである:05/02/11 13:52:05
気がつかない人は単に馬鹿ですね

重力1号から完璧に胡散臭かったということを

953 :吾輩は名無しである:05/02/11 13:53:14
「大以前」って「ずっと前から」のつもりなのかな。どこの言葉?

954 :吾輩は名無しである:05/02/11 14:00:41
ものすごく頭の悪い人が入ってきてるみたいですが
皆さんスルーしていきましょうw

955 :吾輩は名無しである:05/02/11 14:02:13
チラシに大小の二種類があったのかと思ったよ。とにかく引用してくれ。

956 :吾輩は名無しである:05/02/11 14:03:29
坊主憎けりゃ・・・


957 :北島差bu労:05/02/11 14:04:09
ちぃ〜らしー♪♪

958 :吾輩は名無しである:05/02/11 14:05:00
>>954
さげろ

959 :吾輩は名無しである:05/02/11 14:42:03
で、昨日の鎌田トークショーはどうだったの?

960 :吾輩は名無しである:05/02/11 15:52:50
トークショーっつうほどでもなかったけど、
自分の演技というか、あれは一人やらせだ、
って言ってた。

961 :吾輩は名無しである:05/02/11 15:55:31
鎌田があのインタビューでどんな演技をしたっての?

962 :吾輩は名無しである:05/02/11 15:55:55
さげろ。鎌田が目立つとかなり困る。

963 :吾輩は名無しである:05/02/11 16:00:22
『LEFT ALONE』買っちゃったよ。
確かにこういう本にあるはずの「〇〇編」というのがどこにもないな。
著者がパラレルに並んでいる。
井土の「あとがきにかえて」だと、明石書店編集部が編集したことになっている。
むろん井土は感謝しているよ。

964 :吾輩は名無しである:05/02/11 16:02:03
あと予想外に人が多かった。

965 :吾輩は名無しである:05/02/11 16:05:34
つまりトークショーというよりは鎌田の映画公開記念の舞台挨拶だったわけだ

966 :963:05/02/11 16:28:27
目次のあとこういう文があった
+++++++++++++++++++++
本書は主として、映画『LEFT ALONE』を構成すべく、2000年から
2004年夏にかけて断続的に行われたインタビュー・対談の記録である。
映画で採用されなかった部分も含め、ほぼすべての記録を語り手ごとに
編集しなおした。しかし鎌田哲哉氏の対談については収録を断念した。
これは、氏が編集部の依頼に応じて書いた追記が他の対談者を批判する内容を
含むため、編集部が本書掲載は不適当と最終的に判断したところ、
鎌田氏が対談の収録自体を辞退する、という申し出があったからである。

967 :吾輩は名無しである:05/02/11 16:34:49
論壇プロレスかよ…

968 :吾輩は名無しである:05/02/11 16:48:44
>編集部の依頼に応じて書いた追記が他の対談者を批判する内容を
>含むため、編集部が本書掲載は不適当と最終的に判断したところ、
鎌田氏が対談の収録自体を辞退する、という申し出があった

>「他の書き手、特に柄谷行人の意向に遠慮して掲載を却下した」もの。
すが秀実との対談は、そのため、逆に鎌田の方から、掲載を拒否した

このまま、まもなく出るという『重力03Q−NAM特集号』というメインイベント
にまで流れ込むな。
興行師としては鎌田は見事なのではないかな?

969 :吾輩は名無しである:05/02/11 16:50:34
>>968 え、まぁだQだのNAMだのやるつもりなんだ? よそでやってほしい……。

970 :吾輩は名無しである:05/02/11 16:52:23
やるつもりなのが、鎌田の真骨頂。これしか考えていないだろ。

971 :吾輩は名無しである:05/02/11 16:53:49
鎌田のこういう所業って、文学の批評とどう関係があるの?
マジ疑問。

972 :吾輩は名無しである:05/02/11 16:54:49
鎌田哲哉(かまだ てつや)

1963年、北海道生まれ。批評家。『LEFT ALONE』関係の論文に、
「_秀実は探している」(「進行中の批評」第三回、『早稲田文学』
01年5月)、「西部忠への返信」(『重力02』03年3月)、
「京都オフライン会議議事録・西部柄谷論争の公開」
http://www.q-project.org/、03年11月)など。
現在、『重力03』(Q-NAM問題特集)を西部忠、松本圭二と準備中。

973 :吾輩は名無しである:05/02/11 16:55:51
>>970
だから俺たち困ってるんだよ。このスレ下げて。頼む!

974 :吾輩は名無しである:05/02/11 17:01:40
困るな。受け入れろ。

975 :吾輩は名無しである:05/02/11 17:03:15
鎌田スレ立てて鎌田の話は個別にやろうよ。
おれ立てられなかったから誰か立ててよ。

976 :吾輩は名無しである:05/02/11 17:05:14
これこそが文芸批評なんだ。
どう関係あるのか、じゃなく、
これをしない言い訳こそが文芸批評なのだと
いうのが誤解。
(空谷らによって中断されていたけれども)
やっと文芸批評が開始するのだ、くらいなわけで。
あっぱれおみごと。


977 :吾輩は名無しである:05/02/11 17:08:22
「近代文学の終焉=批評の死」を宣告した柄谷
、そして、「これこそが文芸批評」と再開しようとする鎌田

どうなるかは、時間がたつのを待つしかないな

978 :吾輩は名無しである:05/02/11 17:20:24
>>976
それ絶対嘘だから。

979 :吾輩は名無しである:05/02/11 17:21:36
次スレ
【五里霧】鎌田哲哉【沈黙せよという命法】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1108109880/l50#tag3

980 :吾輩は名無しである:05/02/11 17:23:00
そんなことをやる時間があったら、何か他の生産的なことに
使えなかったのかね?といわれないとでも?
いや、空谷にしてもくだらないよ。
だけど、三時のおやつ程度には
耐え難い空腹を癒すわけ。そう、癒しグッズなんだ。
だけど他の連中はそんな癒しグッズすら生産できずにいるわけ。

981 :吾輩は名無しである:05/02/11 17:25:42
鎌田にとっては、それこそ生産的なことなんだよ。。。


982 :吾輩は名無しである:05/02/11 17:31:25
生産的?あ、そう。本当に?
だとしたらさ、鎌田の生産概念はだめだね。
せいぜい傷のなめあい止まりなんだってことだから。
論争の、一方と他方を乗り越える地平を示唆する力が
彼にあると思う?重力03にあると思う?

983 :吾輩は名無しである:05/02/11 17:57:17
次スレでやろうよ

984 :吾輩は名無しである:05/02/11 20:14:21
>>968
>このまま、まもなく出るという『重力03Q−NAM特集号』というメインイベント
>にまで流れ込むな。

完璧なガセw
デマです


985 :吾輩は名無しである:05/02/11 22:27:36
そもそも今現在、重力3号を出せるような予定の段階にあるのなら
緊急ブックレット重力?なんていう冊子までを急遽作成して、
そんなに急いでまで出す必要はないっしょ

986 :吾輩は名無しである:05/02/12 00:57:32
埋め

987 :吾輩は名無しである:05/02/12 05:05:24
鎌田もスガも柄谷も松田政男も実はどうでもよく、
井土紀州の新作を観るためにユーロに行った者としては、
「レフト・アローン」は井土の苛立ちばかりが痛々しく思えた。
結局、撮影時の緊張感の欠如がすべてだったのではないか。
事後の編集作業で何とかなると考えていたのだろう。
映画をなめているからこうなる。
終盤の、唐突なベンヤミンの引用も、言い訳以上ではなかった。
鎌田ってのは途中でちょっと出てきた学生みたいなやつか。
なんか嬉々としていたな。
映画に出るのがそんなに嬉しいのかな。


988 :吾輩は名無しである:05/02/12 10:51:00
井土紀州の新作を観るためにユーロに行った者がいるとはねえ。



989 :吾輩は名無しである:05/02/12 11:32:39
それは奇特な人ですね 

         合掌・・・・・

990 :吾輩は名無しである:05/02/13 02:59:32
観といた方がいいと思うよ。
突っ込み所の多い映画だからよ。


991 :吾輩は名無しである:05/02/13 10:33:13
実は12月の試写会のただ券を友人から譲り受けてもっていたのだが
長くてたるそうで面倒くさいからいきそびれたのだ。。。
有楽町の試写ルームまで

しかしやっぱり突っ込むためにはあえて
これから金払って見に行くかのお。。。

992 :吾輩は名無しである:05/02/13 10:46:45
だってだいたい一部と二部に分かれていて
それが別々の日にやるとかいう試写会だったんだぜ
両方一挙上映の日が一回あったと思うけど
それだと3時間だからねえ

993 :吾輩は名無しである:05/02/13 15:23:19
書籍版でいいでしょ、映画見なくても。

250 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)