5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

なぜ女作家の小説はつまらないのか

1 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 18:51:07
次元の低いジョーク。
低次元な恋愛の悩み。
無意味なクドい情景描写。
超絶的につまらないオチ。
テンポの遅いクソ展開。

なぜ女の小説はつまらないのか

2 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 18:51:53
子宮で書いてるから

3 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 18:53:15
ワンパターン

4 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 18:58:06
またクソスレだな。
ったく夏休みがおわったというのに厨房があとをたたない。

5 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:06:10
読んでる君が男だからじゃない?
女を分かろうとしない男だからじゃない?

6 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:08:34
高村薫

7 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:15:14
>>5のような、男性による理解を跳ね付ける様なスタンスで書くから。

なのですか?

8 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:16:46
そうだな1は高村薫を読めばいいじゃん

9 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:21:15

5だけど、あたし女ですからぁ〜!!
女から言わせてもらうと、女流作家の作品は全部が全部じゃないけど共感する所は結構あるのね。だから、展開が遅い文体も、低次元なジョークも、女を現してるんだと思う。


10 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:25:14
女作家でも男作家でもつまらない小説書く人なんて同様に腐るほどいる。

11 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:26:27
つまり「女=トロくて笑いのセンス無し」ってワケですね

12 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:27:47
>>9
>>5のような(女が)、男性による理解を跳ね付ける様なスタンスで書くから。


13 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:28:17
ダメ男作家の主人公は不自然すぎ。
オタキャラ主人公が学校で女と仲良くしゃべってるとか。
まあそれが作者の理想なんだろうが。

14 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:29:12
>>1はただ、
高村薫や有吉佐和子なんかを読んだことがないだけ〜
1の教養の浅さが知れますねw

15 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:30:27
読んだ上で言ってたとしたら、反論の余地がなくなるなw
女弱スwww

16 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:31:42
>>15
読んでないくせにww

17 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:32:23
村上春樹なんて糞作家は男ですが、その件についてはどうでしょうか?

18 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:33:56
「コロッケは熱く、黄色い紙の袋にてんてんと油がしみてくる」
みたいな描写イラネ。蛇足。

19 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:34:15
>>17
同じく村上龍も糞作家ですねw

20 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:37:05
女の小説なんて表紙とタイトル見ただけで結末がわかる。
はいはい、感動させたいのね。すごいすごい。

21 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:37:20
福井晴敏もつまらないと思うのであります!隊長!

22 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:38:20
恋愛ネタしか書けないのがバカ肉便器の小説。
小学校の手紙交換から進化してねーんだなw

23 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:39:48
ばなな、綿矢、金原、群ようこ、サガンぐらいしか読んだことないけど、やっぱり女の書いた小説はつまらない。
この中でおもしろいと思ったのは「蛇にピアス」のみ。
どれも描写が大雑把過ぎてよく分からない。
たぶん女性はその行間にこめられている意味を読み取れるのだろうが、男の私はちょっと分からないです。
ちなみに少女マンガでおもしろいと思ったのは「ちびまるこ」のみ。

24 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:39:50
>>22
ブサイク童貞のくせにずいぶん生意気じゃないw??
ついでに包茎だったら生きている価値無いねw

25 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:42:33
>>23
つまらないじゃなくて、交際経験がないもしくは少ないくて自分の
知識が及ばないだけじゃない?
だいたい、サガン以外はうんこみたいな作家しか選んでいないあなたのセレクト能力も
疑問視したいけどね。

ちびまるこなんて女が読んでも面白くないでしょ。あんなくだらないマンガ。

26 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:47:19
>25
別に粘着するわけではないけど、誰を読めばいいわけ?
高村薫?

27 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 19:51:08
のだめカンタービレ面白かった。今まで少女マンガをなめてた。

28 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 20:08:34
>>26
山崎豊子もおもしろいにょ。
おすすめだにょ。

29 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 20:11:04
マンガなら、多田かおるでしょ?

30 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 20:53:54
女は漫画を描かせてもつまらんよなw
バカのひとつ覚えみてーに恋愛しかテーマにしねーしw
おまえら単細胞のバカ女どもは恋愛でしか脳みそが動かないのか?
飢えてるなあw

31 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 21:05:44
全部がつまらないとは言えないが、
底が浅いのが多い。
もちろんつまらないのも多い。

32 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 21:12:15
まぁしかし、世界をまたにかけ、動かし、神童と言われ、巨万の富を手に入れる男たちでさえ、
ほれた女ひとつに頭さえ上がらなかったり、女に人生振り回されたりする。

ましてや、俺って頭がいいかもと思ってる2chネラーごときの男が
「女は〜」と言ってみたところで、うまく立ち回る女には勝てませんぜ。

33 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 21:17:05
SF作家のティプトリーjrがブレイクした時、某SF作家は
「この世には男にしか書けない小説というものがあり
彼の作品はまさにそれである」と彼女の作品を絶賛した。

34 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 21:17:30
日本の作家か?英国の女流作家は結構、すごいのでは。
Austen, Woolf, George Eliot, Bronte sisters,
Gaskel...

35 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 21:58:45
>>32
何言ってんのこのブス

36 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 22:00:32
そこで外見の話になっちゃうのはコンプレックスですか?

37 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 22:03:19
>>35
童貞君、現実を叩きつけられて、腹の虫がおさまらんようですなw

38 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 22:04:53
>>34
英国の作家まで読んでるような男がこんなスレ立てないよね。
だって読んでる本が>>23だよw

39 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 22:07:58
とりあえずウルフはネ申

40 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 22:17:05
>>39
ウルフの写真をみたことがなくて
作品だけよんだとしても
ネ申だといえるのか君はw

41 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 22:17:41
文章が神なら神ですよ。

42 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 22:18:47
あ、ごめん。逆か。
いやしかし見かけは神にはほど遠いと思うんだが。。。
どっちにしろ内容が神。

43 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 22:34:27
>42
みかけも文章も神だろう。貴公は文章の審美眼はもっているようだが、
女の容姿をみる眼がfusianaだ

44 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 22:57:07
す、すみません
ウルフって誰ですか?

45 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 22:59:50
>>34にも書いてあるが、ヴァージニア=ウルフ、じゃね?

46 :34:2005/08/31(水) 23:11:22
ウルフはお世辞にもいい女とはいえんだろ。
イギリスで買ったウルフグッズ持ってるけど。

47 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:13:45
清少納言とか紫式部もだめかい?

48 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:15:49
アガサ・クリスティはどうですか。

49 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:18:05
この写真のウルフは綺麗
http://www.tkinter.smig.net/QueenMarie/VirginiaWoolf/images/VirginiaWoolf.jpg

50 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:22:04
毒男と毒女の対決が見られるスレはここですか?

51 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:22:39
>>48
中学生の頃、アガサ・クリスティたくさん読んだけど全然面白いとおもわなかったなぁ。
なんでこんなに評価されているんだろうと思った。
今読み直すと違うのかなぁ。

イギリスはどうして優秀な女流作家が多いんでしょうか?
おしえてエロい人!

52 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:26:40
>>49
微妙な写真を見つけてきたな。

53 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:27:36
毒男<女の書く小説なんてツマンネ!女作家はクズ!
毒女<女の感性を理解できないヒキヲタはクズ!

…接点まったくなし。以下永久にループ



池男<女の書く小説にもいいのあるよね!
池女<男の書く小説は素晴らしいわね!

池男&池女<良かったら語り合いませんか?

…以下楽しく会話弾む。

54 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:31:33
>>イギリスはどうして優秀な女流作家が多いんでしょうか?

優れた男性作家もそれ以上に多いよ。

55 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:32:29
>>53
結論がでましたね。

56 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:35:12
>>54
誰も、イギリスにはどうして優秀な女流作家しかいないのでしょうか?なんて言ってないじゃん・・・
なんでそんなに偏屈なの?

57 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:36:52
女だけど女性作家は読まないなぁ
ぐだぐだして読むのやめちゃう

58 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:42:24
>>56
まあまあ、そんなにとんがらずに。
いい作家が沢山いればその中に女性作家が
何人も入ってても不思議はないだろ。



59 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:43:18
小説家だけでなく、殆どの分野において男性が優れているのは何故なの?

60 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:44:40
>>53
池男、池女は別にして
ほんとうに本を幅広く沢山読んでいる人ってそうだよね。

61 :58:2005/08/31(水) 23:44:53
女性を擁護するわけではないが、海女と同時通訳は

女>男

62 :吾輩は名無しである:2005/08/31(水) 23:45:33
>>59
>>32

63 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 00:13:32
大抵 村上龍って糞作家だよね とかいう女は

64 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 00:15:01
いいセックスをしていない(龍)

冗談だから気にすんな

65 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 00:47:10
アメリカにはいい女流作家いっぱいいるじゃなぁ〜い。
別に男とか女とかどうでもいいけどなぁ〜。
気にしないで読んでるな。

66 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 02:11:09
>>64
確かに。
セックスとかで浮かれてないと、(言葉の上で)
体裁つくろったり嘘ついたりするのめんどくなるから。

67 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 03:00:51
個人の好みもあるんじゃないの?
うちの旦那は女流作家を好んで読んでいるよ。
一度「女流はだめだ!」っていう先入観ができてしまうと
素直に良さを認められなくなりそうで、なんか可哀想。

68 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 04:36:51
>>32
ブスが言っても説得力ないワケだがw
美人の世界妄想肉便器カワイソス

69 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 07:05:05
>32はスレタイとは何の関係もない。
男と女を入れ替えても同じことが言える。お互い様。

70 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 07:19:09
でも事実という現実

71 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 07:25:04
>>70

よちよち

72 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 07:37:42
女流作家で、文学史に残るような作家はいない。

しいて上げるなら、エミリーブロンテくらい。あれは偉大。

73 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 07:40:18
>なぜ女作家の小説はつまらないのか

そんなこっちゃーねんじゃねの。そりゃ抜群だとか、名作だ
とは言えんが。最近、女流の作を何本か読んだ。
由起しげ子「本の話」。題名通りの作だが誠実に丁寧に書いている。
樹のぶ子「その細き道」。司法受験生ふたりの男と短大に入学した
ばかりの女子学生をめぐる一年間の物語。よかったよ。
林京子「祭りの場」。長崎原爆投下後の破壊尽くされた、人と街を冷静な
筆致で描かれている。恐さがピンピン伝わる。
津村節子「玩具」。ここでもダメ亭主(吉村昭がモデルだろう)がでてきた。
津村文学のマグマはダンナか。



74 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 08:44:21
なぜ女作家の小説はつまらないのか、じゃなくて
たまたまセレクトした小説がつまらなくてその作者が女性だったというだけのこと。
男作家だってつまらん香具師はいくらでもいる。

75 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 10:41:38
>>66
単にもともと幸せじゃないだけだろw

76 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 10:55:40
篠田節子とかましじゃね?弥勒しか読んだ事ないけど

77 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 11:09:53
松浦なんとかさんも良いよ

78 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 11:20:15
安倍麻美大先生

79 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 11:26:58
>>66
人の話を読めないやつだ。



80 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 11:38:36
というか、最近は女の作家しか面白くない。
リーマンがわりに作家やってる男の小説はやっぱり駄目だ。

81 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 12:18:41
女は恋愛以外の小説を書くと超つまんない。
なぜなら女作家は恋愛ネタしか書けないワンパターンなアホばっかだから。
恋愛の歌ばっか歌ってるなバカアーティストと同類。
まあそれでもマンセーするバカ女がたくさんいるから
うまくバランスが成り立ってるワケだがな。

82 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 12:49:25
女にとって恋愛小説というのは、男にとってエロ本みたいなものじゃないの。
ワンパターンでもいいから体が欲する、みたいな。

83 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 15:09:15
独断だが、男の作品は原色をベタベタぬりたくって女の作品は水で薄めた淡い感じがする。いままで読んだ本は男のやつばっかだったからこの前江國読んだら新鮮だったよ。確かに壁は感じるがさて…

84 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 15:10:09
>>82
シルエットロマンス、ハーレクインロマンスを読んだことあるかい?
わたしは・・・・・・・・ない。

85 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 15:25:55
82
禿同

86 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 15:26:00
男は男らしい作品を好む。
女作家でも男らしい女の書いた作品はおもしろい。

87 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 15:39:56
向田邦子は素晴らしいね

88 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 17:53:32
河野たえ子なんかは恋愛じゃなくてもおもしろいと思うのだが。

89 :吾輩は名無しである:2005/09/01(木) 20:34:29
ジュンパ・ラヒリも素晴らしいね

90 :吾輩は名無しである :2005/09/02(金) 01:16:54
普通の女性が小説を書く必要がない。
変な人が書いた小説は目新しいが結局つまらないからなぁ。
理屈っぽくてねぇ...。

91 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 01:27:53
面白いとかつまらないって判断じゃなくて、その作品の持つ芸術性の内容で評価しようよ。
そうすれば、女作家の小説は芸術性を持たないものが多いって結論なんてすぐ出せるから。
>>1はあまりにも実存的なんじゃないのかい?

92 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 01:34:45
>>91
でも、>>1の主張はただしいよなぁと感じるが...


93 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 01:48:17
江國はすっげーつまんなかった。ひでーよあの作者は。
どんな話だったか覚えてないくらいに記憶に残らない。
どんな理由にしろ小説家として失格ですね。

94 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 01:58:05
男で恋愛絡ましたらつまらん香具師の方が問題のような。
村上春樹なんて
「メンヘルっぽい女の子になぜか好かれてセックスまでしたけど
その後彼女はやはりなぜか僕のもとから去ってしまった」みたいな話ばっかじゃん。

95 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 02:13:57
残念ながら女の作家は才能がないようだねえ
ただし日本文学史上最高の才能は紫式部というのは認める
つまり紫式部以降ろくな女作家が出ていない

96 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 02:19:35
樋口一葉や有吉佐和子や向田邦子も駄目なのかのう

97 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 04:34:39
とりあえず、複数の作家が寄稿したアンソロジーを読むことをオススメする。
性別だけで論評すること自体にあまり意味がないと分かるから。

98 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 04:54:06
たまたま買った1冊とたまたま借りた1冊(別作家)の短編集の両方に、
仕事で成功した私のところに元彼が尋ねてきた、金目当てで、
みたいな話があって、なんかなーと思った。

99 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 06:06:09
男作家だと
「平凡な女と結婚した中高年の男だが
過去の美人で小悪魔的な女が忘れられない」系の短編が多いような。
(読者の目で見ると小悪魔というより自意識過剰なデムパだったりする。)

100 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 06:18:55
登場人物に言わせるのはともかく
地の文で「男(女)には〜ができない」みたいな書き方する作家は
男女に関らず何だかなぁと思う。

101 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 02:15:08
紫式部って、今で言うと休み時間に妄想書いてるジャニオタのおかめ納豆でしょ。
あんな点マユゲのアホ女が書いたヤリチン物語が日本文学史上最高ってほんとバカかよ。
マンセーしすぎなんだよ。
あさきゆめみし超つまんねーし。
しかもあだち充のヒロイン以上に見分けがつかねえ。

102 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 03:04:26
あさきゆめみしってwバカか
それで源氏物語読んだ気になってんじゃねーよ、中学生じゃあるまいし
まず「もののあはれ」ってもんを理解しろクズ
性描写が多いのは文化的背景だろ

103 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 16:53:53
島本理生はまぢつまんねえな。
きらきら光る透明な文体?ハッ、すかすかなだけじゃねえか。
恩田陸とかはいいと思うが

104 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 16:59:33
>>103
同意。
落ちと中間点だけ決めておけば行き当たりばったりで書ける。

105 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 17:04:25
ブロンテとサガンは好き。

106 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 17:10:13
向田邦子はくだらないと思う
一部の男達の自分語りに利用されただけで、内容はないと思う

107 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 17:58:37
紫式部はどう見てもクズ

108 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 18:02:41
ルグインはすばらしい

109 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 18:23:54
源氏物語て藤原氏の摂関政治全盛期に書かれた物語としては
かなり異色な宮廷世界を描いているんだが。
更衣腹に生まれて臣籍にくだった光源氏(=『源』姓を名乗る人物)が権勢をふるって
太上天皇にまで出世するわけで。
光源氏のモデルは道長だと当時もよく噂されていたようだが
晩年の光源氏は必ずしも肯定的に描写されていない。
つまりあの物語にはかなり政治的に危険な要素があるし
作中の人物の口を借りて芸術論も織り込まれている。

子供向けに分かりやすく描かれたマンガだけ読んで
勝手に作品の価値を矮小化するのは愚か。

110 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 18:30:04
>>103
温田は赤川次郎的炉利なレズのにおいがする。
そこが男受けするのだろうと思うが。


111 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 19:45:57
加藤幸子の「夢の壁」を読んだとき、衝撃を受けた。
女にも関わらず、こんないい文学が書けるとは。

112 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 23:07:15
源氏物語を熱く語ってる奴って、昔のファミコン熱く語ってるよーな奴と同類だろ。
まあ源氏がバカにされるとそれに陶酔してる自分が否定されたみたいでムカつくんだろうが。

113 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 23:11:16
紫式部は男だよ

114 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 23:15:00
モーツァルトが女の漫画があったな。

115 :吾輩は名無しである:2005/09/04(日) 00:14:19
>>112

んで、君は誰と同類なの?

116 :吾輩は名無しである:2005/09/04(日) 00:53:19
女作家に求めるものは何?
柳美里は自分の三面記事ばかりだと思うがこれはアリ?
草間弥生なんか結構好きだが…いかに?

117 :吾輩は名無しである:2005/09/04(日) 02:16:43
「瑞々しい感性〜」だの「身体性を余すところなく表現した〜」だのはもうマジ勘弁。
何百年前から同じことばかりやってるんだお前らは水戸黄門か。黄門様だって役者が変わるぞ。
もっと頭でっかちな女流作家の小説が読みたいよ。

ウルフやデュラス、サロートは素晴らしいのにな。

118 :吾輩は名無しである:2005/09/06(火) 03:01:56
まあそれだけ女は空気読めないバカが多いってこった。

119 :吾輩は名無しである:2005/09/06(火) 03:06:44
>>117
清水博子とかどうよ

120 :吾輩は名無しである:2005/09/06(火) 15:35:22
バカ女
肉便器
寄生虫
金取虫
自己虫
浮気性なくせに自己正当化
たいしたことでもないのに大げさに悲劇のヒロイン気取り

121 :吾輩は名無しである:2005/09/06(火) 21:54:05
そんな女たちに相手にしてもらえないおまえ。

122 :吾輩は名無しである:2005/09/06(火) 23:30:08
>117 余り女作家をよんでいないので、読みたいと思います。
お薦めの、作者名(フルネーム)、出版社、ぜひ教えてくれませんか?

123 :吾輩は名無しである:2005/09/06(火) 23:38:19
>>122
ハーパー=リー(Harper Lee)
『ものまね鳥を殺すこと(To kill a mocking-bird)』

ピューリッツァー賞受賞作品
とても感動した。自信を持ってお勧めする(原文で読んだ
ので訳はどれがいいかわからない)。

124 :122です:2005/09/06(火) 23:49:52
ありがとう、出版社もわかんないですか?必ず読みます。

125 :吾輩は名無しである:2005/09/06(火) 23:52:53
>>122 デュラスとサロートはガリマールかエディシオン・ド・ミニュイだな出版社は

126 :吾輩は名無しである:2005/09/06(火) 23:59:49
『アラバマ物語』のタイトルで暮らしの手帳社から
出版されているようだ。上記タイトルでもどこかから
出ていたはず。
映画もアカデミー賞の作品賞を受賞しているが、
本のほうが遥かに素晴らしい。

127 :124です:2005/09/07(水) 00:52:52
今アマゾンで見つけてきました。ものまね鳥は訳されてないようなのですが…
>123
デゥラスとサロートはそのような作品ですか?日本語訳で読みたいのですが…
おねがいします

128 :123:2005/09/07(水) 01:26:36
ヴァージニア・ウルフもいいけど、ストーリー性はあまりないからなあ。

一応、書名は挙げておく。
『灯台へ』『ダロウェイ夫人』『波』(同様の理由で訳の良し悪しについてはわからない)

あとは『嵐が丘』だな。

短編ではキャサリン・マンスフィールド(園遊会等)を勧めたい。





129 :吾輩は名無しである:2005/09/07(水) 01:29:21
大顔首なしカズエの妄信者w

130 :123:2005/09/07(水) 01:29:55
>>127
『アラバマ物語』が『ものまね鳥』のこと。ハーパー・リーは作品を
1作しか発表していない。

131 :吾輩は名無しである:2005/09/07(水) 01:32:28
カズエ頑張れ!

132 :123:2005/09/07(水) 01:35:07
カズエって誰だよ?

133 :吾輩は名無しである:2005/09/07(水) 06:04:57
すいません、リア中の頃山田詠美で抜きました

134 :吾輩は名無しである:2005/09/07(水) 07:26:53
山田詠美で?山田詠美の本で?

135 :吾輩は名無しである:2005/09/07(水) 15:02:24
>>134
ダブルで

136 :124です:2005/09/07(水) 23:10:20
やっぱ、アラバマとものまねは同じものだったか…。週末には来るし、読みます。に
日本の作家ではろくなのはいないということですね。村山由佳で嫌になってから、
女流作家読んでません。草間弥生は原色しててお勧めですよ。読んだあとブルーに
なるので、落ち込んで今にも死にたいっと思うときに読んでみてください。
草間弥生は女流作家には入りませんか?彼女はアーティストですかね?123さん
ありがとうございました。また読んだ感想言いますね。

137 :吾輩は名無しである:2005/09/08(木) 00:14:54
女作家、確かにあまり読まないし面白くないかも。
作者の名前が思い出せないけど「夏の庭」は好きだった。あと樋口一葉。
女性って、恋愛の発展する段階で話が終わっちゃうような。

138 :123:2005/09/08(木) 01:06:43
>>136
感想を聞かせてくださいね!

139 :吾輩は名無しである:2005/09/08(木) 13:49:42
>>136
     ∧_∧ 
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉



140 :124です:2005/09/08(木) 22:58:21
読んだら必ず感想言います。草間弥生の自伝も買いましたが…。

141 :吾輩は名無しである:2005/09/09(金) 11:44:25
わかってないなー、
女作家の小説がつまんないんじゃなくて、
つまんない小説しか書けなくても、
女というだけでデビューできてしまう場合が多いからだよ。



142 :吾輩は名無しである:2005/09/09(金) 11:46:06
現役女子高生とかキャバ嬢なんて経歴がないと受けが悪いけどな

143 :123:2005/09/09(金) 16:26:53
結局、『カズエ』って誰なんだ?あー気になる。
誰か教えてくれ!

144 :吾輩は名無しである:2005/09/09(金) 17:00:02
137壁│艸`)ププ『夏の庭』?このファンシー野郎が★

145 :吾輩は名無しである:2005/09/09(金) 19:45:21
フランスは優秀な女流作家が多いと思う。
デュラスとかサガンとか。
デュラスは映画も実験的で見るべき作品が多い。
王朝文学の代表人物ラファイエット夫人の
「クレーヴの奥方」は心理小説の先駆け。
読んでみると明晰な構成と感傷を廃した展開に驚く。
ラ=ロシュフコー伯爵と友人関係だったことからして
彼女個人もかなり聡明な女性だったと推察される。


146 :吾輩は名無しである:2005/09/09(金) 20:17:23
ユルスナールもね

147 :吾輩は名無しである:2005/09/09(金) 21:20:36
山崎豊子ってどうよ?
大地の子とかおもしろかったけど

148 :吾輩は名無しである:2005/09/09(金) 21:44:35
>>147
この人の場合、作品の世界がどうとかいうより
盗作の方が問題にされることが多い。
でもそれはそれとして作品は面白いと思う。

149 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 00:41:31
正直、女はヒーヒー喘いでりゃいいわ ブスはイラネ

150 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 00:47:24
マーガレット・アトウッドもおもしろいよ
「くらき(変換できない)目の暗殺者」
「侍女の物語」とか。

151 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 13:03:34
このスレの、佐藤ユヤ臭はなんなんだろう…
大江、中上読んでりゃいいじゃねえか。>>1

152 :吾輩は名無しである:2005/09/12(月) 01:11:17
女作家に詳しい奴は負け。
センスある奴は女の小説なんて時間の無駄だと即座に見切れる。

153 :吾輩は名無しである:2005/09/12(月) 02:35:58
そんなセンスはイラネ。「一人勝ち」してれば?

154 :吾輩は名無しである:2005/09/12(月) 02:42:17
両方詳しい分には問題ねえだろ。

155 :吾輩は名無しである:2005/09/12(月) 14:15:45
有吉佐和子

156 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 03:16:21
有吉佐和子は「非色」と「恍惚の人」が
おすすめです。

157 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 04:02:43
荻野アンナとかキモくないよん
あと川上弘美も
生理的にまったくダメなのは林真理子とか


158 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 04:14:58
女性作家で嫌なのは話のテーマに沿わせるため都合いいように人物を不自然に行動させるのと、
偶然を入れたりする所かな。
少女漫画や手塚治虫などに近い。
あと主人公万歳な展開とか。
酷い場合、ヒステリックな所や読者への偏見の押しつけとかむしろ一般的良識から見て蒙昧な時さえある。

159 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 10:53:57
ムーミン作者のトーベヤンソンさんは
俺の尊敬する作家。

160 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 11:07:04
こんなことを議論しているヴァカどもの顔をひきずりまわしてやりたいわ 樋口一葉とか恩田陸とか面白いだろ〜

161 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 11:50:38
158 それそのまま男性作家について 女性のほうが現実的で冷静 無理な設定をするのは男性作家のが絶対多いなに読んで言ってるのか教えてほし

162 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 12:45:57
ダンテ、ゲーテ、シェークスピアは女だったらしいよ。

163 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 14:38:08
奇跡の1発「嵐が丘」があるからね。
むしろ、なぜ「音楽」「絵画」のジャンルに
卓越した古典がないのかを探るべきかと。

164 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 15:29:00
ジャネット・ウィンターソンとかイサベル・アジェンデの妄想は好き。
山尾悠子も良い感じ。
林真理子はその存在自体が不浄を象徴する空想上の怪物だって
幻獣辞典に載ってたよ。

165 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 15:35:36
ブロンテ姉妹なんて凄いと思うがなあ

166 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 18:11:51
最近思ったこと。
変わった作品を見なくなった。
何かの焼き直しだとわかる作品が多い。
女作家に限らないが。

167 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 18:33:39
私も女性作家の本はあまり読まないのだが、笙野頼子だけは別。
誰も真似できないし、したくもない(?)ものを書く。とにかくおもしろい!
特に「母の発達」はおすすめ。

168 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 19:26:44
有吉佐和子などと比べると地味だけど芝木好子はどうでしょう?
日本的な情念と仕事を持つ女性の誇りがうまく組み合わされた話が多い。
いかにもフェミぽい押し付けがましい感じも無いし
情念は表現されてるけど基本的に読後感は暗くないです。
男性も女性も公平な書かれ方をしているから不快になる事も少ないと思う。

169 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 23:49:52
女は恋愛ばっかりワンパターンでツマンネ

170 :吾輩は名無しである:2005/09/13(火) 23:52:21
>>1
現代女流作家の小説はつまらない物が多い

というスレタイにでもしておけば、もう少し同意を得られただろうに。

171 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 00:15:13
高村薫は男より全然面白いぞ。

172 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 00:28:35
高村薫VS人類の中の全男子かよ
すげえな
やっぱ女は頭が良いねえw

173 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 00:37:14
>>172
少なくとも揚げ足取りの君の万倍以上面白い

174 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 03:44:09
女にもいい作家はいるが、売れている女流作家はクズばかりだ。
女流作家に罪はない。クズ作家を需要するエセ文学少女を絶滅させるべきだ。

本当はただ少女マンガを読みたいだけなんだろ。
見栄だけで小説読むなよ。
中身は少女マンガと同レベルの小説をよ。
おい、そこの女。お前に言っているんだよ。吉本ばななを読んでいるお前に。

175 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 04:17:04
綿矢りさとか金原なんとかモナー。

176 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 06:09:48
処女じゃないから、書くものがつまらないのです。

177 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 17:19:23
ジョルジュ・サンドやコレットなど
フランスの女性作家は恋愛小説でも充分面白いのに
日本の女性作家が恋愛テーマに書くとどこか陳腐で平坦な
感じがするのは何故でしょうか?
私の偏見ではないと思うが。。。。。

178 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 18:00:41
まともな女性が育たないという現象があって、その結果としてまともな小説を書く女性が
いないのではないだろうか。人口の半分が女性であることを考えると、女性がまともに
育たないというのは人的資源の無駄づかいですよ。

179 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 21:07:56
>>176
アナル処女の僕は面白いものを書けますか?

180 :吾輩は名無しである:2005/09/14(水) 22:04:53
>>178
たしかに女って恋愛が人生って感じで頭の中は・・・・って感じだし

181 :吾輩は名無しである:2005/09/15(木) 00:38:26
女性作家の小説を読んでない人が集まってるスレは
ここですね。
あと女性作家の書いた物を受け止める感受性に欠けていることを
自己申告してる人が集ってるのもここですね。


哀れですね。




182 :吾輩は名無しである:2005/09/15(木) 00:44:41
>>177
コレットもサンドもさんざん男を食いまくった婆ぁ。
日本の女性作家は最近じゃU15デビュー。
道程の恋愛小説を想像してみろ。
面白いわけがない。

183 :吾輩は名無しである:2005/09/15(木) 01:09:51
>>182
オースティン、E=ブロンテ、樋口一葉は生涯独身で恐らく処女か
非処女でもかなり性経験は少ない女性だったと考えられるが
彼女らの小説は面白いよ。
(オースティンというと、
上流階級のお嬢様の恋愛物語くらいのイメージしか一般的にはないようだが、
漱石は構成の上でオースティンの影響を受けている。)
宮沢賢治も一生涯童貞だったようだし。
男女問わず経験が多ければ面白いものが書けるというわけじゃない。
ヤリまくってる割にはツマンネー作品しか書けない香具師の方が多い。

184 :吾輩は名無しである:2005/09/15(木) 01:51:02
オースティンスレで見たけどレズだったらしいよ。
しかも姉妹でもやってたらしい。

185 :吾輩は名無しである:2005/09/15(木) 02:02:15
>>184
オースティンの小説に同性愛、近親相姦を扱ったものはないよ。
描かれたのは婚姻関係を結びうる関係にあるストレートの男女の恋愛。

186 :吾輩は名無しである:2005/09/15(木) 03:01:05
>>185 俺はそういう書き込みがオースティンのスレにあった事を言っただけ。
見てくれば?俺自身はどっちでもいい。

> 97 名前:吾輩は名無しである[] 投稿日:03/09/29(月) 20:34
> ジェーン・オースティンって何で結婚しなかったんだろう?ダーシーみたいな完璧な男はこの世に存在しないからか。
>
> たいていの女はシャーロットルーカスのように性格が合わなくてもコリンズ氏みたいな条件がいい男と妥協して結婚しているじゃないか。
>
>
> 98 名前:吾輩は名無しである[] 投稿日:03/09/29(月) 23:25
> たぶん 彼女はロマンティストだったんじゃないでしょうか。何度か、恋愛はしてるみたいだし。
> 一度は、婚約したことだってある。
> 愛のない結婚よりは、一生独身でいる方がまし。それがオースティンの本当の結婚観ではないのかな。
>
>
> 99 名前:吾輩は名無しである[sage] 投稿日:03/09/30(火) 20:59
> 「説きふせられて」のクロフト提督夫妻がうらやましい。
>
> 100 名前:吾輩は名無しである[sage] 投稿日:03/10/01(水) 23:11
> >>97
> それはもう数年前に結論出たでしょ。
> たしかレズだったからだよ。
> 手紙や他の証言なんかでほぼ証明された。
>
> 101 名前:吾輩は名無しである[sage] 投稿日:03/10/05(日) 13:34
> >>100
> オースティンはレズビアンか。
> ・・・そうかも知れない。可能性はある。
>
> 102 名前:吾輩は名無しである[] 投稿日:03/10/06(月) 15:03
> >>101
> 可能性じゃなくてもはや定説かと。

187 :吾輩は名無しである:2005/09/15(木) 09:57:05
なぜ、女作家の小説はつまらないのか?

・女は矛盾に気がつかない哀れな奴が多い 精神的な嫌らしさを外面でフォローしたりする
・特に無駄に意志を持ち出してから、手に負えなくなった
・別に差別意識してないのに過剰に意識して性(檻)に逃げ場を求める
・ワンパターンなのも理由がある 同じことしか考えられないから
 結局は自分のことばかり 人に対しての会話だってそう 必ず自分が満足するように持っていく
・満足を得たい だから、彼女達は恋愛ばかり考えて そしてその満足を創作として表すのだ
・面白いことにワンパターンは、ワンパターン創作物を愛す 究極の不  思議バカ 他の人の気持ちを共感できることを奇跡だと誤解する 
 さらに、そうやって作家を敬愛することで自分も敬愛できる
 この点でも女は間接的にも自分を愛さなくてはいけない
・愛を頂点だと考えるから短絡的だからマスコミの手玉に乗りやすい
・もともと友情意識がないのに男がいるときだけ女の友情をアピールする
でも、お互いがそれを暗黙でしているため、ずっとナッシュ均衡のままでいる


188 :吾輩は名無しである:2005/09/16(金) 11:53:29
幸田文の「おとうと」はどうでしょう。
恋愛小説ではないし人物描写が素晴らしいし日本文学の傑作だと思いますが。

189 :吾輩は名無しである:2005/09/16(金) 11:58:27
倉橋さん書かないのかな。

190 :吾輩は名無しである:2005/09/16(金) 12:29:06
金と肩書きを重視するくせして夫に浮気されたら「最低!」ってか。
自分だって何人もの男を好きになって遊んできたくせにねえ…
都合の良い時だけ悲劇のヒロイン気取りのバカは困ったもんだ。
だから女の小説は中身がねえんだよ。無駄な情景描写がネチネチくどいんだ。
そんなんでカバーできると思ってんの?センスねえなあほんとに。
だから漫画にしろ小説にしろ、男には勝てないんだよ。

191 :吾輩は名無しである:2005/09/16(金) 12:59:59
幸田文っていいかねえ
文章も良いと言えば良いのかもしれんがどうにも退屈だ
ある種の女性にとっての、知的なファッションとして根強いだけな気がする

192 :吾輩は名無しである:2005/09/16(金) 15:43:01
はやしなみこはおもしろいのかい?

193 :吾輩は名無しである:2005/09/16(金) 17:05:52
男なのに変に女々しい文章もいかがなものかと。

194 :吾輩は名無しである:2005/09/16(金) 17:07:50
長嶋有の悪口!!??

195 :吾輩は名無しである:2005/09/16(金) 17:18:53
マンガの挿絵入りエロ文庫本かいてる女作家はキモイ。てか作家っていえるのか?
よく中坊の頃、クラスの真面目女子が教科書で隠しながら読んでた。

196 :吾輩は名無しである:2005/09/16(金) 17:44:37
隠しながら読んでいる本の内容を良く把握できたな

197 :吾輩は名無しである:2005/09/16(金) 22:27:18
村上春樹や渡辺淳一の恋愛小説もワンパターンでつまらないと思うが。
ここで列挙されてる「女作家の小説がつまらない理由」て
単に「下手な作家の小説がつまらない理由」であって
男女は関係ないでしょう。

198 :吾輩は名無しである:2005/09/16(金) 22:50:46
出版社の方も女をなめて基準を甘くしてるのかもしれない。
男だったら到底出版されないような酷いレベルのものが売り出されてる。
女だからあまり高い水準は望めない、このぐらいのものでも出してやろうみたいな。

199 :吾輩は名無しである:2005/09/16(金) 23:17:07
倉橋由美子は死にました。

200 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 00:37:11
>>198
Yoshiは男ですがあんな低レベルな作品でも
随分大々的に売り出されて映像化までされてますよ。
あれこそ到底出版できないような酷いレベルだと思うが。

201 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 00:55:18
自分が今までに出くわした中で最も酷かった作家
(というか作家と認めたくないレベルの物書き)

男だとYoshi
女だと横森理香

横森の作品読んで「酷いもんだ。こんなの作家じゃない」と思っていたら
それより更に低レベルなものにぶつかった感じ>Yoshi

優秀だと感じた作品、個人的にかなり影響された作品の著者は
男女で半々というところ。
同じ女性が書いたものなら無条件に共感したり高評価を下したりするわけじゃないし
男性が書いたものなら一様に点数を辛くするわけでもない。

202 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 11:37:20
結局>>201あたりがだいたい男女問わず共有されている認識かな…文学好きの間では。

203 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 11:39:13
男女で半々てかなり偏ってないか?

204 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 17:01:29
>>203
本人の興味のある分野及び性差に関する意識による。
男尊女卑的傾向の強い男なら男性作家ばかりになるだろうし
女尊男卑的傾向の強い女なら女性作家ばかりになるだろう。
文学といったってジャンルは色々だしな。

205 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 17:27:14
女の小説って無駄な描写多杉。
漫画はコマ割りがひどくて読みにくいし。
まあそれにマンセーしてる馬鹿女がいるから
低次元な女世界が成り立ってるわけだな。

206 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 17:39:35
漫画では女でも安野モヨコなんかはテンポ最高だけど。

207 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 18:33:23
少女漫画と少年(青年、その他一般)漫画では
コマ割りの意味が違うということは常識なんだが。


208 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 18:33:53
女性漫画家の作品で面白いものねえ・・・
高橋留美子の『人魚シリーズ』は好きだな。
あとは『ガラスの仮面』かな。

209 :吾輩は名無しである:2005/09/17(土) 18:37:17
作品受容の喜びが
感覚拡大の喜びであることを知らない気の毒な人発見。

210 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 03:21:37
女の漫画はコマ割りっていうか、
おかしなコマの構造になってて読者無視というか。
まあ女なんて恋愛ネタしか描けないから見る価値ないけど。

211 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 03:40:35
「つまらない」場合

読者の感受性の低さも大きな要因の一つと考えられる。

それにすら気づかずただ作品を、いや作品に付随する

ジェンダーをのみ叩こうとするのであれば

それは作品を読んでいるのではなくジェンダーを

嗅いでいるいるにすぎない。

212 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 03:43:14
「女は恋愛しか興味がない」という言説に
もてない男の屈折した思いを嗅ぎ取ってしまうのは僕だけでしょうか。

213 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 05:16:46
女は恋愛だけじゃないよ。
食べものにも興味がある。

214 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 09:23:14
>>212
真理だ。

215 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 09:44:18
>>212
なんで女なのに「僕」とか書くの?

216 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 09:52:24
樋口一葉なんか紙幣になっちゃうくらいおもしろかったよ。

217 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 10:38:18
ユルスナールは、そこいらの男作家より
遥かに偉大だが・・・

218 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 10:56:42
>>216
紙幣になる、ならないなんて大臣のさじ加減じゃん
慶応閥が続いてるから諭吉だけ変わらなかったしバカみたい

219 :吾輩は名無しである:2005/09/18(日) 14:59:19
女作家でおもしろいのは日本人は戦前までだね
特に明治時代は男性と女性の立場にいくぶん格差があったわけだけど
そのおかげで女性に前を向けるひた向きで控えめな心情をもたらして名作を生んだ
戦後は男性に対しての反発心、そして己の満足を癒すように低俗化していった

220 :吾輩は名無しである:2005/09/24(土) 03:12:11
>>216
漱石も紙幣になってるので、あんまりうまい皮肉ではない。

221 :吾輩は名無しである:2005/09/25(日) 00:25:52
>>219
戦後だけど、有吉佐和子はすごい!
『非色』を今日読了。ますます有吉ファンになった。

現在の女流作家は低俗なのが多いのには同意。
誇れるのは、高村薫と山崎豊子ぐらいか?

吉本ばなななんかあんな薄っぺらいのの何がいいだろうねぇ。

222 :吾輩は名無しである:2005/09/25(日) 16:25:18
エミリー・ブロンテ、アイザック・ディーネセン、フラナリー・オコーナー、
カースン・マッカラーズ
結構好きな作家多いなあ。

ミステリーでは、P.D.ジェームズ、ルース・レンデル、サラ・パレツキー
等々枚挙に暇が無い。

日本の小説はあんまり読まないけど、森茉莉、草間弥生は悪くない。
幸田文は幸田露伴よりいいと思う。円地文子は一冊しか読んだことないけれど
面白かった。これから期待できそうなのは岩井志摩子。


223 :吾輩は名無しである:2005/09/25(日) 16:31:16
小説家に必要なのは社会や人間に対する恨みつらみが基本だけど、
やっぱ女はどうしても感情的になってしまうから男のように冷静
に物語としてまとめることができないんだろうな。

書く奴はそれなりに多いのだろうけど、結局は独りよがりに書き
散らしてしまうから、ひとつの作品までには昇華させられないの
だろう。

224 :吾輩は名無しである:2005/09/25(日) 16:48:23
>>222
幸田文って頭悪いだけだと思うけどね・・・・
対談か何かを読んだら死ぬほど頭が悪くてビックリした
なんで人気なのかわからない

225 :吾輩は名無しである:2005/09/25(日) 16:51:53
>やっぱ女はどうしても感情的になってしまうから

そんなことない
その根拠は?
そんなことないよー
キーーーーーーー!

226 :吾輩は名無しである:2005/09/25(日) 16:59:44
>キーーーーーーー!

ワロスw

227 :吾輩は名無しである:2005/09/25(日) 22:12:50
高村薫と山崎豊子
何の才能も知性もなく、ただ筆圧でごりごり書くだけの代表格かと
冨岡多恵子か誰かが「ちょっとは省略とかできないのか」とか批評してたけど
その通りだと思う
悪い意味で娯楽小説的(しかも大して楽しめない)

228 :吾輩は名無しである:2005/09/25(日) 22:46:08
コンビニでコンドーム買えば全て解決するからな。女は。

229 :吾輩は名無しである:2005/09/26(月) 00:11:28
小説なんて所詮オナニー
射精もできない女に真の文学が書けてたまるものか

230 :吾輩は名無しである:2005/09/26(月) 01:20:06
射精というの一瞬の快楽しかない男がナンボノモンジャイ

231 :吾輩は名無しである:2005/09/26(月) 03:18:38
高村が妙にマンセーされてるな。
かくいう俺も嫌いじゃないが、>>227には同意。
全部書かなきゃ気が済まんのか。ちったぁ行間読ませろと思ってしまう。
そういう意味では宮部みゆきあたりのほうが物書きとしてのセンスを感じる。

あとこのスレ的には嫌われそうだが、ひところの江国香織の文章も雰囲気があって良かった。
向田邦子はしょせんテレビ向けの脚本家という感じ。扱うテーマが俗っぽい。

232 :吾輩は名無しである:2005/09/26(月) 06:05:13
まあ俗を書くのも難しいとおもうぜよ

233 :吾輩は名無しである:2005/09/26(月) 09:26:34
ていうか俗じゃない小説書いている女小説家いるか
これは男にも言えるがね

234 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 03:53:11
>>172みたいな奴を見ると悲しくなるな。哀れで。


235 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 04:57:55
やっぱ文章書かせちゃうと頭の中がわかっちゃうね。
結局自分の身の回りの事と欲ばかりだもんな女の書く事って。

236 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 05:35:06
女性作家で面白いと思った作品は殆どない。
強いて言えば「女たちのジハード」かなあ……。

音楽も女のはつまらない。

237 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 17:01:03
>>236
ネタですか?

238 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 18:12:24
唯一挙げるのが「女たちのジハード」とは・・・

239 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 18:46:10
有吉佐和子の「非色」がおすすめだなぁ

240 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 18:48:15
彼はまだ『アラバマ物語』読破してないのか?

241 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 19:46:15
>>236
エンヤ、シンニード・オコナー、ケイト・ブッシュ
みんなすごいよ。

242 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 20:51:37 0
まあ女性作家の場合、「女」という視点を売りにしてる作風が多いことは言えるな。
男性作家が「人間とは」という視点で物を捉えているのに対すると捉え方が狭いのかもしれん。
ただ小説の場合は視野の狭さが逆に面白さにつながるケースもあるわけで、
それはそれで悪くないと思ってはいる。

243 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 21:13:18 0
まあ男は自分の意見を普遍的な意見だと思い込みたがる習性があるからな。

244 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 21:26:23 ID:0
ユルスナールだけはガチ

245 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 21:51:42 ID:0
江国は凄いと思う
天才といって差し支えない(好き嫌いは別として)

246 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 22:45:37
>>243
それってむしろ女じゃない?
主語を「私は」じゃなくて「女性は」にするなど、
自分が世間一般代表であるかのような語り方する人多いし。

247 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 22:55:24
女の小説でおかしく感じるのはやはり地の文のせいじゃないか。
「〜ではないだろうか」と書かれるだけで小生意気に感じる時がある。
「〜じゃないかしら」とか書かれた方がなんか引き込まれやすいかも。
萌え〜〜〜〜〜〜

248 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 23:28:38
江國香織⇒なんか文が洒落てる。神様のボートとか。しっとりとしてる
唯川恵⇒女性という立場をしっかりと把握してあるかんじ。女性なら結構読みやすいのでは?激しいかんじかも
個人的に江國香織さんが大好き

249 :吾輩は名無しである:2005/09/27(火) 23:58:57
神様のボートつまらなすぎ。
あれは読んだ時間を返して欲しかった。

250 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 00:09:39
>>247
実際その語尾って男しか使わないのが興味深い。

251 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 01:52:37
>>249
自分に合うか合わないかなんて冒頭の数ページ読めばわかるだろ。
つまらんと感じたものにグダグダ時間かけてるなんてアホか。

252 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 01:59:23
>>251
つうか江國読んでる時点でアホ。

253 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 11:20:23
岩井しまこ、ダメ?

254 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 22:03:50
>>246
女性は、自分の意見を通したがるが、それの普遍性は問わない。
普遍性うんぬんというより男は権威を重視すると言った方がいいかもしれない。

「とにかく私が言う事が正しい」
というのが女性
「とにかく私が言う事が普遍的である、支持を得ている、一般的である」
というのが男性

男性は権威ばっかり気にしてるから、逆に「反権威」みたいなことを言いたがる。

255 :吾輩は名無しである:2005/09/28(水) 22:47:11
江國サンの本は結末がないかんじ。ちゃんとあるのが好きな人は神様のボート向かないかもね↓あれもあるっちゃあるけど

256 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 01:53:48
江国はなかなか良いと思うけど。
まあ最近はアレだが。

257 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 07:18:54
どの世界でも活躍できないよな女って。セックスぐらいか。

258 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 15:56:37
僕は全然本を読まないけど蛇にピアスと蹴りたい背中はとても
面白かったと思いますよ!

259 :吾輩は名無しである:2005/09/29(木) 22:59:06
今の女ものばかり読むからではないですか?
漏れも基本的には女はあまり読まないけど、
 例えば、
 「悲しき酒場の唄」(マッカラーズ)とか
 「残菊」(林芙美子)とか
 「大つごもり」(樋口一葉)とか やはり
 唸らされますよ。

 昔、あるいは古いものにウーーン凄いという
 のがね。川上とか小川とか「蹴りたいーー」
 とかばかり読むからじゃあないですか。

260 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 02:09:47
>>257
ひさびさにワロタwwww

261 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 02:27:56
男からみれば女は男のことをよくわかってないからつまらんのだろ
特にチンカス丸めて食ってるブサ系からしたら話があわんということだな

262 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 15:34:08
幸田文が頭が悪いっていう人は武田百合子も頭が悪いっていうんだろうなあ。
どっちも非凡な才能だけどね。

263 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 15:45:31
武田百合子はすごいよね
でも人にすすめても「?」ていう顔されることが多い

264 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 16:23:26
感性や、みてくれが男っぽい女性作家だと面白いのありそう。
作者のルックスみて男と間違えるくらいだと外れないかと思う。

265 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 16:44:51
男と間違えるかは別として、
女と思えないようなルックスの作家は多いわけだが。

266 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 20:12:29
江國香織は、やたら髪かきあげたり、しゃべり方もスローにあえて作ってるような
感じで女性っぽい仕種が鼻についたけど、顔立ちそのものはまぎれもなく男顔だ。

267 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 20:29:42
違う気もするけど、高村薫は勝手に男だと思い込んでた。

268 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 20:45:30
男顔というより
背の高いひとにありがちな
馬面のような気がする。

269 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 21:00:22
女の作家ってつまんねーな
単純すぎんだよ
女性ラッパーみてえ

270 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 21:06:52
>>260引用だからw

271 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 21:09:12
>女性ラッパーみてえ
ハゲワロス!!!

272 :吾輩は名無しである:2005/10/02(日) 21:16:10
江國香織、男顔で馬面を髪型や厚化粧で隠してるのがキモイ。

273 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 20:43:56
男流だってつまんないのが多いし、そんなにイバれないと思うけど。

274 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 22:08:57
江國はいいと思うけど女流にはやたら威張ったのが多いよな
あと人をバカにしたりするのも女流に多い希ガス
威張ってるだけで読む気なくす
かといって女ならそうかというわけでもなくてちゃんといい人もいるんだけど数人の女流がなぜか世間に認められてて威張り散らすから目立つだけではないだろうか

275 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 22:32:59
室井とかいうラッキョ鼻がいい例だ
なんだあの自己中心的な発言。
勘違いした正義感を持っている感じがウザ。
ほんと視野が狭いんだよな


276 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 22:37:45
江國は作者はどうでもいいが、作品はいいと思うな
でも読んでることを人に言いたくない、不思議

277 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 22:52:36
結局日本の作家の話しか出ないんだな。

278 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 23:03:00
佐藤亜紀の名前が出てこないのが不思議。

279 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 23:40:50
女の作家に文豪と言うイメージの人がいないんだが

280 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 23:41:15
樋口一葉

281 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 23:45:30
樋口一葉は札にはなったが文豪って感じがしない、何故だろね?


282 :吾輩は名無しである:2005/10/04(火) 23:57:59
まずビジュアルの問題だよ。
やっぱり文豪にはヒゲ貯えてて欲しいしさ。
ヒゲが生えない時点で女はダメなんだ。

283 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 00:43:35
野口英世も文豪スか?

284 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 00:49:38
いやいや、ヒゲはnecessaryなんであって、それでsufficientってわけじゃないから。

285 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 01:05:21

  文豪VS閨秀作家 ・・・なんかえろい漢字だなぁ…w


286 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 01:07:50
いまどき閨秀作家なんていわないだろ、、、

287 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 01:11:15
高村薫を初めて読んだ時は衝撃的だったな。
女でここまで取材力があり、重厚な作風の人がいるのかと。
今読むと、ディフォルメをしない写実がみたいで微妙なんだがな・・。

288 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 17:03:56
村山由佳スレって無いんですか?探してもみつからない

289 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 17:49:19
>>278
佐藤亜紀はいわゆる「女流作家」の欠点は無いも同然だが、
「文章の流れが流暢でない」っていう別の欠点がある。
(普通の女流作家は「流暢過ぎる」くらいだし)

290 :289:2005/10/05(水) 17:50:16
>次元の低いジョーク。
>低次元な恋愛の悩み。
>無意味なクドい情景描写。
>超絶的につまらないオチ。
>テンポの遅いクソ展開。

少なくとも、ここに書いてることは佐藤にはあてはまらないよ。


291 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 18:12:11
>>278 w自分で言ってんじゃんw 佐藤亜紀自演激情!

>>289-290 w自分で書いてんじゃんw 佐藤亜紀オバハンは自演魔w



292 :吾輩は名無しである:2005/10/05(水) 18:14:00
>>291
ハア?

佐藤スレの泥仕合をここに持ち越さないでくれ。

293 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 10:54:37
高村薫佐藤亜紀とも、腐女史という欠陥がある

294 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 14:42:24
紫式部男性説

295 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 14:59:00
>>294
それは無いと思うな。
男だと仮定して
*モテない男はあんなイケメンがもてる話は書かない
(スタンダールを見よ)
*モテ男はあんなにブスの心理は分からない。


296 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 16:45:05
源氏物語は呪術本として読むとまた違った面白さがある

297 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 22:46:37
女作家に「面白さがある」とか感じてんのは女だけだよ
ちなみに彼氏とつながってると思ってるのも女だけ
男は浮気する動物ですから

298 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 23:26:06
あ、わかる
女流の読者は女が圧倒的に多いよな

299 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 23:28:05
鈴木いづみなんかは男性が読んでも楽しめると思うけど。

300 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 23:38:22
男が女に成りきって書いた日本史上初の小説(?)って何だったっけ?

301 :吾輩は名無しである:2005/10/06(木) 23:48:40
土佐日記じゃないのか。

302 :吾輩は名無しである:2005/10/07(金) 00:26:58
>>301
ソレダ!!
サンクス。

303 :吾輩は名無しである:2005/10/07(金) 12:52:58
アガサ・クリスティーとか、サラ・パレツキーとか、も女性ファンが中心か?
結局、性差より環境の差が大きいような気がする。


304 :吾輩は名無しである:2005/10/07(金) 13:38:52
小説を読む際に読者側がなにを求めて読むかで、感じ方は違ってくるでしょう。
オレは結構、恩田陸とか好きだし。
女流には女流の楽しみ方ってのがあるわけで、同じ土俵で考えてはダメなんでない?
そもそも女と男の作家が書いてるもの自体全然違うじゃん、
どんな糞でも楽しんだほうが勝ち組。

305 :吾輩は名無しである:2005/10/07(金) 14:56:50
私も>>304さんの考えと同じ。
本はその人その人の本質によってとらえ方も変わってくると思いますね。
あと…女性と男性じゃ脳の発達が微妙に違うんでしょ?どっちの脳が優れてるとかじゃなくて
それで、考え方とかも違ってくるし…
女作家じゃないと書けような、いい作品もあったりするんじゃないでしょうか?

306 :吾輩は名無しである:2005/10/07(金) 15:34:30
わざわざ視野を狭くして楽しみを減らす道理はないからね

307 :吾輩は名無しである:2005/10/08(土) 10:01:18
経験上はずれ引く割合が高いからな
よっぽど評判が良くなきゃ手に取らないな

308 :吾輩は名無しである:2005/10/08(土) 11:31:32
うん、書いてるものが違う。
だから読まないだけ。

309 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 00:41:51
女流って身体感覚や感情の描写が少ないのが多い。

310 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 01:32:39
ジュンパ・ラヒリは良いぞ。

311 :吾輩は名無しである:2005/10/09(日) 11:26:48
島本理生よ。この世には一体何個の究極の恋があるんだ?(w
毎回毎回究極究極言ってんじゃねえよ
お前の作品が究極なら認めてやるが

312 :吾輩は名無しである:2005/10/12(水) 18:34:49
紫式部のヒドさとオタの始末の悪さと言ったらもう。
実存しねーのにマンセーですか?北朝鮮よりタチ悪w

313 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 08:56:23
プロスポーツはほとんどが男性の競技だよね。まあ女子プロレスとかゴルフもあるけど。
男性が他人と競争して一番になりたいという主体性があるのに対し、
女性は主体性あるものを見守りたいという受動性の生き物であるということが作用してる。
政治家、経営者、企業の総合職、科学者、技術者などの知識集約を要する仕事に
女性が少ないのと名女性小説家がいないのと連関がある。競争を避けて男性にすがる本能に支配されてる。
まあ性行為でも女性は男性に支配されて快感を得るので、深層心理的なものだろう。





314 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 09:07:10
だから、女性が社会との軋轢・他者との葛藤を避ける幼児性を放擲しない限り、
男性作家との競争に勝てる作品も生まれない。狭い恋愛空間での自慰行為を越えられない。
女性の社会進出と女性作家の質的向上は、ヤヌスの鏡のような双務性があるので
今の女性のように男性との競争に怯え、女子大などの逃避空間に固執するのは
ジェンダーの肯定でかつ平等の自己否定である。
マーガレットサッチャーを生んだ英国にジェンダーを超越した女流作家が多いのは偶然じゃない。
また、1920年代のドイツに女性映画監督が活躍してたこととアンゲラ・メルケルの
首相就任も相関性がある。それは、女性達が必死で男性社会と戦ったからだ。
日本女性は競争を否定し、男性支配に依存するマゾヒズム的存在。
自由を恐れる卑怯者は自由になれない。




315 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 11:11:40
なるほど、見解としては的を得ている。
その受動性的女性像の枠組みを逸した、ごく稀に支配権を得ようとする女性が
極めて反骨心の固まりを作品に通して表すのもそこに由来があるのかもしれない。

316 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 11:16:19
ただ、そこには中庸的価値観は存在せず、
個人としての願望による対抗心、
いわゆる競争意識とは違った、達成よりも満足を望んだ欲望と言えよう。

317 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 12:15:17
女の頭がアッケラカンのティオティワカンだからいけないんだな。

318 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 18:53:57
恋愛、失恋、結婚、出産、育児、不倫。
女流作家ってこんなのばっか。
日本の女はセックスのことしか考えていない。

319 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 19:06:22
>>315
見解としては的を得ている

偉そうに知ったかする前に日本語の勉強をすべきかと

320 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 19:31:55
男性社会と真正面から戦わないかぎり、
ジェンダーを超越することは出来ないのかってことですよ。

321 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 20:56:33
超越する必要が無いというのがフェミニズムの主流じゃないの??

322 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 21:31:43
まあ>>313,314みたいな「主体性」っていうのが、そもそも虚像なんだけどな。
社会に流されやすいのはむしろ男性だったりするんだよね。サラリーマンとか。

323 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 22:51:36
尾崎翠はどー思う?
少女小説に分類されても否定出来ない感があるけど
好きなんですが。



324 :吾輩は名無しである:2005/10/13(木) 23:00:46
倉橋由美子や松浦理恵子はどうでしょう?
恋愛や性愛そのものを寓話的に客観視した作品。
性別や世代が同じでも全く違う作風の場合もあるし
性別は異なっても傾向の似た作家もいる。
例えば江藤淳と石原慎太郎では全然違うけど
稲垣足穂と松浦理恵子では相通ずるものがある。
性別で分けるやり方はあまり意味が無い。

325 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 01:17:37
>>319
まさか「的を得る」だからイケナイって? 言葉が日々進化してるのに?
まして文学板で?
オオ〜あなた正しい正確な日本語知ってるんですネって誉められたいの?

326 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 01:28:14
言葉が日々変化しているのは確かだが、
それが良い事か悪い事かはまた別の話だろう。

327 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 10:30:16
誤用した自分を正当化するな。

328 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 11:43:09
同意。みっともない。
>>324
稲垣足穂と松浦理恵子ってあまりにも特殊なような。
その二人だと実質的に性差もないような気がしてしまう。

329 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 11:46:29
誤用だが、それをいちいち指摘してまわるのはオツムが弱そうに見えるな
役不足とか確信犯とか汚名挽回とか大好きだろ?

330 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 13:38:34
2chは誤字誤用で揚げ足とる奴が多いから

331 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 15:31:37
一回指摘しただけで、『指摘してまわ』っているかどうかわからんだろ。
おれが指摘したんじゃないが、間違いを認めて次から間違えなければいいと思うが。

332 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 15:37:49
指摘しなくていいよ
うざいから
利口とでも言われたいのか?

333 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 16:04:13
女を描いた、男の書いた小説はたいへん面白いです。

334 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 16:05:27
女は自分の幸せがすべてだからね。
そういう狭い了見から描いたお話は退屈です。

335 :吾輩は名無しである:2005/10/14(金) 23:02:55
>>332

何がそんなに気に障ったの?スルーすりゃいいのに。
小学生じゃないんだから。。。

336 :吾輩は名無しである:2005/10/15(土) 01:11:04
まあ「正しい正確な日本語」ってのもおかしいんだがな。
単純に日本語が不自由なんだろう。

337 :吾輩は名無しである:2005/10/15(土) 02:23:23
いや、↑こいつ大丈夫か ・・・
例えば「キュートでプリティーな〜」と言っても
今みたいに必死に食いついていきそう
びっくりだな、これは日本語以前の問題

338 :吾輩は名無しである:2005/10/15(土) 03:29:00
>>337
頭痛が痛そうだな、お前w

339 :吾輩は名無しである:2005/10/15(土) 04:09:24
>>337が律儀にレスつけてくれるからってあんまり遊ぶなよ

340 :吾輩は名無しである:2005/10/15(土) 05:49:46
>>339=338=自演=指摘廚クオリティ?

>オオ〜あなた正しい正確な日本語知ってるんですネ

え?何がおかしいの。つか、こんなのはフツーに使われる強調法だろうが、
別に形式的な文法なんかコミュニケーションで必要とは思わんが、
「正しい」と「正確」は類語で、類語を反復するレトリックもちゃんと存在する

>>338の論理だと→「犯罪を犯す」 これも間違い?
これなんか日常でフツーに使用される言葉なんだがね
「IT技術」なんかも、「情報技術技術」になるわけだが,
おかしいなあ〜(w




341 :吾輩は名無しである:2005/10/15(土) 06:19:01
これをドイツ語でPleonasmusという。

342 :吾輩は名無しである:2005/10/15(土) 22:49:32
大介といい、このスレの日本語が不自由な奴といい、
どうしてキチガイは自分の相手が一人だと思いたがるのだろう。

実に不思議だ。

343 :吾輩は名無しである:2005/10/15(土) 23:14:14
多数派好きなんだろ。ようするに自分に自信がない。
自信がないから、延々反論を続ける。
自信があれば、スルーできるからね。

344 :吾輩は名無しである:2005/10/15(土) 23:15:06
負け惜しみ乙

345 :吾輩は名無しである:2005/10/15(土) 23:18:07
>>335
>>343
ちょw
自分のことは棚にあげてwww

346 :吾輩は名無しである:2005/10/15(土) 23:42:22
スルーといえばこの前のウクライナのFWもったいないことしてたな

347 :吾輩は名無しである:2005/10/15(土) 23:52:10
どうでもいいけどスレタイ通りの話に戻ろうぜ

348 :吾輩は名無しである:2005/10/16(日) 15:37:43
>>1
やっぱ女は肉便器になってるのがお似合いだぜ!

349 :吾輩は名無しである:2005/10/16(日) 18:31:33
今の女はユーモアのセンス無さ杉だ!!

という私も女。

350 :吾輩は名無しである:2005/10/16(日) 19:08:44
女のユーモアってマツタケ臭いんだよね。いらねー!
「ふふん、私って毒舌的な笑い取れるでしょ」な感じ。
はぁ、って思うだけで(この人巧いこと言ったつもりかね?
晴れ晴れと笑ったことなんか一度もないなあ。
まあ、筒井、ドストエフスキーの小説で数回笑ったぐらいなんだけどね。
ドストはギャグ狙ってるのかわからんけどww

351 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 00:30:36
女は話もつまんない。
だいたい恋愛の話ばっかり。
バカで苦労知らずだから。
女って人生の大半顔だけで生きてきたでしょ。
そーゆー世間知らずで苦労なんかしてない人生だから、女の小説は中身スカスカ、
ましてブスは皮肉タラタラな粘着妄想モノになるのだ。

ゆえにつまらんのだ。わかったか。

352 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 00:36:02
女の小説なんて立ち読みする価値すらない ねちっこいんだよ

353 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 00:58:18
女が書く小説はすべてつまらない。
なぜなら、もし面白い小説があってもそれは例外だからである。

354 :吾輩は名無しである:2005/10/17(月) 19:20:14
とりあえずアゴタ・クリストフが出てこないのが理解できない

355 :吾輩は名無しである:2005/10/21(金) 16:54:27
>>338
??

356 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 17:14:15
女作家(笑)

357 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 17:15:23
紫式部(笑)

358 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 23:49:31
1はアゴスタ・クリストフもフラナリー・オコーナーもディーネセンもオースティンも
あれもこれも読んでないことは確かだな(笑)。

359 :吾輩は名無しである:2005/11/06(日) 00:09:31
>>358
アゴタなんちゃらは、名誉男的な面白さだと思う。
高村薫的といっちゃ失礼かもしれないが。

360 :吾輩は名無しである:2005/11/06(日) 00:56:08
女の小説は資源の無駄。
女の結婚は女優先の男女不平等条約。
離婚はすべて女性優先。
慰謝料、子供の養育費はすべて男が負担。

女と関わるのはエッチや遊びの時だけにしましょう 

ご利用は計画的に。

361 :吾輩は名無しである:2005/11/06(日) 01:06:04
覚醒剤の売人・覚醒剤に溺れる人達・警察賄賂・未公開株詐欺の手口・・すべて実話です。
人気webランキング3位
http://gduy.cure.to/
私は、この時の出来事を、綾瀬署の捜査の方、捜査課長と高橋さんに
確認しました。
捜査課長は、Yに連絡した刑事がいるという事を知らなかったようでした
が、高橋さんは、確かに、誰か、Yに連絡した事実はあると、言っていま
した。
警察(綾瀬署)は、Yに、前もって家宅捜査の情報を、流していたのです。
・・・詳細、覚醒剤を売る人達
事実かどうかは、わかりませんが、Yは、わたしが逮捕された時、自分が
逮捕される事をふせぐ為に、
ある刑事Tさんに100万円のお金を渡したそうです。
Yから聞きました。その証拠に、Yが話した事(T刑事に100万円のお金を渡したという内容。)、
すべてテープに録音してあります。
・・・詳細、嘆願書

362 :吾輩は名無しである:2005/11/06(日) 11:44:56
>>360
まあ、消費者金融の広告が気になるような奴は
そうしてくれた方が女のためだからなあ。

363 :吾輩は名無しである:2005/11/11(金) 00:20:31
ブランド品とかで充たされるようなヤツラが小説を書くな。

364 :吾輩は名無しである:2005/11/15(火) 11:46:33
>>363
中村うさぎのことかー!

365 :吾輩は名無しである:2005/11/16(水) 04:31:18
女流作家は甘やかされてるからだろ
ほとんど小説以外の部分で評価されてるし
今のとこ女流作家でベストみたいに言われてる
宮部みゆきとか高村薫とか
どっか甘さがあるんだよなぁ

その点、漫画は違うような気がする
見てくれなんか関係なしに漫画で勝負させられてっから
柴門フミとか、高橋留美子とか、クオリティ高い作家が出てくる

366 :吾輩は名無しである:2005/11/16(水) 04:34:15
>>365
高村薫の気合の入るようには狂気すら感じるがな
もっともそれがいいとは言わんが
ベタ塗り写実みたいで

367 :吾輩は名無しである:2005/11/16(水) 04:49:29
高村、気合入ってんのか・・
どっかチグハグな感じが拭い切れないんだが・・


368 :吾輩は名無しである:2005/11/16(水) 04:59:32
マークスやジョーカーは読んだか?
他のはあんま面白くないけど

369 :吾輩は名無しである:2005/11/16(水) 05:00:32
文章がたがただったな

気合いに入りようには狂気すら

だな

370 :吾輩は名無しである:2005/11/16(水) 18:34:11
女流だと文学賞の敷居が低いからだろう。
同様に若者の作家もつまらないのが多い。


371 :吾輩は名無しである:2005/11/19(土) 10:15:53
国内の現代の作家だけ読んでないで
内外の小説を古典を含めて幅広く読めとしか言いようがない。
書き手の性別より書かれた時代背景や社会情況の方が
作品に与える影響はよほど大きい。
男作家、女作家と単純に二項分立させてる時点で
ろくな読み方をしてないのがバレバレ。

372 :吾輩は名無しである:2005/11/19(土) 23:48:40
まあほら、あれですよ。ルサンチなんとかですよ。

373 :吾輩は名無しである:2005/11/20(日) 00:32:31
過去ログで作者が女性(とされている)ってだけで
源氏物語を小バカにしてる香具師がいたが、
源氏物語を否定するってことは
近代以前の日本の文化を否定するのに等しい様な。

四大亜流(狭衣物語、とりかえばや、夜の寝覚め、浜松中納言物語)の他、
鎌倉・室町時代には源氏物語をパクった擬古物語が大量に生産された。
能には源氏物語の場面から作った「源氏能」がジャンルとして存在している。
江戸時代の戯作にも源氏物語の影響は大きく
西鶴の「好色一代男」は源氏物語からのインスパイア。
柳亭種彦による「偽紫田舎源氏」は当時の大ベストセラー。

374 :吾輩は名無しである:2005/11/20(日) 00:43:54
ちなみに源氏物語については
最初は紫式部の父・藤原為時(当時の著名な漢学者)が書いていて
娘の式部が書き次いだ、
あるいは複数の作者による物語、という説もあり、
男作家の手が加わった可能性も高い。

375 :吾輩は名無しである:2005/11/20(日) 02:27:37
また源氏厨か
いつまでたっても古い思考が抜けないんだな。
だからおまえらモテないんだよ。

376 :吾輩は名無しである:2005/11/20(日) 18:37:01
現代作家の批判が、何故歴史的作家の批判に変わるんだ。
この議論は、現在の女性作家の作品に満足しない人の意見から始まったのでは。


377 :吾輩は名無しである:2005/11/21(月) 22:26:52
はいはいブスブス

378 :吾輩は名無しである:2005/11/23(水) 03:21:18
どっちかというとモテる人は女性をほめる。
モテない人に言わせれば媚びているだけ、ということになるんだろうけど。

379 :吾輩は名無しである:2005/11/25(金) 10:31:05
どっちかというとモテる女は2chにこない。
「ブス」という言葉に過敏に反応してしまう人に対して失礼ではあるけど。

380 :吾輩は名無しである:2005/11/25(金) 11:45:49
女の政治家が「女性の権利獲得」しか言わないのと一緒。

381 :吾輩は名無しである:2005/11/25(金) 14:34:12
女なら女の小説が全部好きとは限らないしフェミ支持とも限らない。
自分女だけど山田詠美とか江国香織とか
あの辺りの恋する自分に酔ってるみたいな小説は好きじゃない。
男だと辻仁成とか片山恭一も同様の理由で嫌い。
林真理子も俗悪な覗き趣味だから嫌い。
田嶋陽子や上野千鶴子も自己顕示欲が強いだけのオバサンとしか
思えない。田嶋陽子を本気で支持する人なんか女性でもほとんどいないと思う。

最近の女作家で面白いと思うのは篠田節子、桐野夏生。

382 :吾輩は名無しである:2005/11/25(金) 17:21:39
クリスティはおれのなかでは例外

383 :吾輩は名無しである:2005/11/25(金) 17:50:46
恩田陸は腐敗臭がするがそこが良い。
詠美に関しては風葬の教室のみ例外。

384 :吾輩は名無しである:2005/11/25(金) 19:49:58
現代の女流作家には幻滅だな。
野上弥生子や林芙美子を見習えよ。

385 :吾輩は名無しである:2005/11/26(土) 20:54:33
江国香織はセンスも語彙力もないくせにダラダラオナニー文ばかり書いてやがるから、
必然的に中身スカスカの駄作ばっかりになってる。
質の低い妄想日記。
まあ低レベルなバカにはチヤホヤされてるみたいだが。
間違って江国を読んでしまった一般人にはいい迷惑。

386 :吾輩は名無しである:2005/11/26(土) 23:00:16
河野多恵子読んでからほざけ。馬鹿共が。

387 :吾輩は名無しである:2005/11/26(土) 23:03:13
>>386
倉橋由美子も追加しといて。

388 :吾輩は名無しである:2005/11/26(土) 23:10:01
まぁ、OK。チューボーの頃愛読してたわ。

389 :吾輩は名無しである:2005/11/26(土) 23:12:29
じゃあせっかくだから富岡多恵子も。・・・小説はつまらないけど。

390 :吾輩は名無しである:2005/11/27(日) 14:38:58
1に「無知の知」という言葉をおくります。

391 :吾輩は名無しである:2005/11/28(月) 20:15:18
男の小説=簡潔テンポ良いおもしろい →読み終わったあと爽やかスッキリドキドキ感

女の小説=知能のなさを字数稼ぎと嫌味で埋める →読み終わったあとイヤーな気分&時間の無駄

392 :吾輩は名無しである:2005/11/28(月) 21:10:34
俺専ら楽器板の住人だけど、アート系のスレってホントこういう馬鹿多い。
なんとかちょっとでも理由みつけて、芥子粒みたいな己の肥大した自我を
満足させたいって奴。いじましいね。

大半の女は確かに馬鹿だが、大半の男は馬鹿の上に屑でもある。

393 :吾輩は名無しである:2005/11/28(月) 22:27:39
己のコンプレックスをさらけ出すスレ。だな。

394 :吾輩は名無しである:2005/11/28(月) 22:52:01
>>392
わかったからブスでモテないからって板間違えるなよ
おとなしく喪女板逝け
あと男が悪いんじゃなくて、おまえの顔と体型が悪いの。真実言ってごめんね

395 :吾輩は名無しである:2005/11/28(月) 23:06:19
文学の話だったはずなのに、モテの話になってるところがなんともね。

396 :吾輩は名無しである:2005/11/28(月) 23:58:35
さすが文学板www

397 :吾輩は名無しである:2005/11/29(火) 00:24:24
俺って言ってるだろ。男だよ。ちなみに>>386も俺な。
当たり前だが、いい仕事してりゃあ男も女も無いよ。
男に対して更に評価キツイのは、俺がストレートだからだよw

398 :吾輩は名無しである:2005/11/29(火) 00:31:57
俺は、江国香織はなんだこりゃって感じだけど、三浦綾子はおもろいし、泣ける
女性作家でも全然違う

399 :吾輩は名無しである:2005/11/29(火) 00:42:35
三浦綾子こそキリスト教徒でないと読むのがつらい。

400 :吾輩は名無しである:2005/11/29(火) 14:35:27
そうかな?
キリスト教徒じゃなくても普通に読めるとおもうが


401 :吾輩は名無しである:2005/11/29(火) 14:43:52
江国香織は三浦なんかより遙かに才能があるだろ
三浦は生真面目だけど、なんのセンスも感じられない
江国は好き嫌いで言えば俺は好きじゃないけど、独特の文才がある

402 :吾輩は名無しである:2005/11/29(火) 15:11:56
>>401
いや、どっちもセンスない。

403 :吾輩は名無しである:2005/11/30(水) 04:18:40
桐野夏生が微妙だな。なんか引きこもりや被害妄想気味の人に受けがよさそうで。
小説自体よりも信者が痛すぎる。ちょっとでも内容に批判的なことをいうと過剰
に叩かれるし。新興宗教みたい。
桐野の小説自体も、金持ち・高学歴層の人間の描写が一昔前のドラマかと思う
ぐらい紋切り型で薄っぺらいし。よく評価対象にされるドロドロ描写もデフォルメ過剰で
つまらんギャグにしか見えない。悪意やドロドロ描写がうまいんじゃなくて、それしか描
けないだけじゃないのかと思う。何でリアルだとか彼女こそ本物の作家だとか言われて
もてはやされてるのか分からん。少なくとも自分の周囲で桐野夏生好きって言う人は男女問わず
あったことない。個人的に、文学界の過大評価女王だと思う。


404 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 12:53:39
そんなことは聞いてない

405 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 17:16:12
山本文緒が出てこないネ。OL層には人気高いけれど。

彼女と共通の話題にイイかもヨ。

406 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 02:00:34
山本文緒、嫌いではない といった感じ

407 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 02:02:45
江國さんと山田えいみ両方とも好きになれない

408 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 06:48:07
女作家苦手というか恋愛小説が苦手
とくに日本の女作家って恋愛もの書く人が殆どだし

萩尾望都の漫画読んだほうがいい

409 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 11:30:36
フラナリー・オコナー好きだ
なんというかかっこいい文章を書く人だと思う

410 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 11:50:14
>>409

>>409、とまで打ってしばし絶句。
俺がどうオコナーを好きなのか、うまく言葉に出来ないや。
キリスト教抜きでは語れないが、宗教に融解しなかった人と思う。
あの強さは何なのだろうか。

411 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 12:08:26
そんなことは聞いてない

412 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 12:59:26
そうだよな、ちんちんついてない女の書く小説なんて駄目に決まってるよな。
 
 

 


 
 

 

 

 

 

とでも言って欲しいってか、坊や。
誰が立てたスレだろうと、一度立ったらそれは共有物。

413 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 18:02:36
>>1
泉鏡花を読んでみろ。
自分の発言が恥ずかしくて首吊りたくなるから。

414 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 18:10:08
いやん、鏡太郎オカマじゃないわん

415 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 18:12:21
山本文緒は読ませる作家だと思う。
どれを読んでも大きくハズれることはない。

416 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 23:15:01
そんなことは聞いてない

417 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 23:23:23
>>1はまだ中学生か。はよ寝。

418 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 23:51:59
女性は俗世から逃れられないような気がする。
あまり深い精神世界まで突っ込んでいったような小説を見ない。
ほとんどが恋愛や枯れてゆく花の悩みで終わってしまってるような。


419 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 00:01:51
>>1

端的に 頭わるいからじゃね?

420 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 00:17:24
女性作家には、児童文学が上手い人が多い。
あくまで個人的な印象だが。

421 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 00:30:08
既出だが、フラナリー・オコナーや河野多恵子読んでみ。
女性作家批判なんて、恥ずかしくて出来無くなるから。

422 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 01:35:05
女性作家といわゆる「女流作家」って、なんか違う気がするんだよな。

423 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 10:46:18
女どもが必死だな
才能ないから叩かれてるのに逆恨みかw

424 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 11:23:45
吉本ばなな
つまらん、、、、、

で?

っていう話多すぎ

425 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 11:47:45
つまらないっていうのは自分のせいだよな。

426 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 12:24:52
大きな理由としては女の学力、知能が低いこと。
京大出身者の作品はすごいよ。
小松左京、綾辻、貴志の作品は高度な知識、博覧強記ぶりが。
彼らが入った京大並の高度な知的訓練を受けている日本女性はごくわずか。
女流作家は基本的に広範な知識がない。

427 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 12:29:44
周りの女性見渡しても、ファッションと恋愛とスパゲティのことしか頭にない。
非常に低俗で世界の時勢や社会の動向に無関心だろ。
そんな日本女性に高度な哲学や人間性追求の熱情あるわけない。
外国に比べると日本の女は知性低く、幼稚で向上心がない。
ドイツじゃ1920年代に女性映画監督が大活躍していたけど
日本にはいまだ『一人も』いない。80年以上遅れてるんだよ。

428 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 12:40:07
要は童貞クンの(ry

429 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 13:32:34
>>427
脱構築って聞いたこと無いよね?

430 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 15:45:19
>>422
どう違うの?

431 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 15:58:34
女はキャーキャー言うから鬱陶しい

432 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 15:59:59
俺が通り過ぎただけでキャーキャー言うから鬱陶しい。

433 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 16:09:33
>>430
http://www.night-0423.com/top.php

434 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 16:11:23
屁こいただけでギャーギャーわめくから鬱陶しい

435 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 16:13:15
触っただけでセクハラセクハラいうから鬱陶しい

436 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 16:14:34
ぽこちん見せただけで怒るから鬱陶しい。

437 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 16:15:51
そのくせベッドの中じゃヒーヒーいうから鬱陶しい。

438 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 16:16:34
ちょっと優しい言葉かけただけで濡れるから鬱陶しい。

439 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 16:16:58
>>433はブラクラだろ。

440 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 16:22:55
>>433を踏んだけど文字化けしてよくわからなかったよ。
エロサイトに登録されましたので何万円か払ってくださいだってさ。
肝心の口座番号が文字化けしちゃ意味ないな。
それともそういうイタズラかな。

441 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 16:29:31
実に正鵠を射ている。

442 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 19:11:02
イタズラはダメだよ。

443 :吾輩は名無しである:2005/12/11(日) 04:23:27
要はアレだ、回りの女に相手にされない馬鹿でブ男でそのうえ足も臭い>>1
の恥かきスレか。

>>1よ。師ね(ニッコリニコニコ

444 :吾輩は名無しである:2005/12/11(日) 23:53:20
宇野千代なんか面白いけどな。
女の妄執もあそこまで極めたら芸術。

445 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 17:06:57
>>1
よしもとばなな、山本文緒を読め。
あと有吉佐和子と山崎豊子も加えておこう。

446 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 18:59:51
>>445
十代。ハタチこえてりゃドキュン。

447 :家出猫:2005/12/13(火) 20:46:33
体温が変わりやすいからだろ

448 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 21:45:54
子宮で考えてるからだよ。やっぱチンポで考えたほうが小説は面白いわけ。
攻撃的になれるから。

449 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:13:25
というわけで、
今一番攻撃的なのは女のペニス/クリトリスみたいだよ。

450 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:15:58
本気で死ぬ、なんて考えられないから真剣になれない。
いや真剣には書いてるつもりなんだけど、一段階下なんだろう。

で、脳的にそもそも男より劣ってるとか悲しい報告もある

451 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:16:54
クリトリスいじられるのと膣にチンポ入れられるのってどっちが気持ちいいのかね。
ぶっちゃけ。

452 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:17:35
まだやってるのか。ソープでもいってすっきりしてこいよ。

453 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:21:59
おまえはウザキモイ。しつこいぞ粘着

454 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:27:03
>>450
正直、本気で死ぬと考えながら書いているような作家の作品は、
男女問わず面白くない。

455 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:27:50
粘着に粘着いわれちったぜ(ry

456 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:35:42
>>454
今の時代じゃ医学とか発達したから死ぬなんてこと自体少なくなったが、
昔は男女ともにそんなことはないだろう。

・文学は大好き。でも疲れたから今日は休んで、明日でもいいや。明日書けるし。
・明日にはもう書けないかもしれない。出来る限り本気になる。(体調的に持続しないが、睡眠にも恐怖がある)

昔に近い下の概念持ってる方がいい内容書き易いんじゃないの
女でも重病患者とか不治の病ならこの境地にいけるし
面白いかどうかはともかく、少しはブンガクチックなこと書けるだろう。

457 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:42:32
それが「本気で死ぬ気」なのかという疑問。
普通の日常の心がけでは。

458 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:44:43
まあでも死んだことがある人なんていないからな。そういう意味では
死ぬ気ってのは全部うそっぱちではある。

459 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:49:29
嘘なのに「死ぬ気だ」といえるほどの厚かましさがある
男の書いたもののほうが面白い
ということはいえるかもしれない。

460 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:50:48
行動が制限されると、小説を書くこと自体に必至になり易いからね。
例えば物書きなら、辞書で語彙を増やしたり、小説を読んだり、書くことだけに
没頭したりする。
全てを小説だけに捧げられるってこと。(こういう奴は、普通から見れば当然つまんない人間だけど)

携帯とかPCとか遊びだとかが第一優先じゃなくなる。今の自分みたいに2chで
リアルに差を付けられることが無くなるって点じゃ有利だね

461 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:52:10
>>459
その通りだけど、死にかけた経験とかは参考に、つまり
死んだことのない人間が死を描くことよりリアルにはなるかもw

462 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:52:52
ここで語られている様な次元で読まれちゃもったいないが、
その上でやっぱりフラナリー・オコナー読め。できればバイオグラフィー
なんか知る前に読め。

463 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:54:22
そういう状況かどうかについて、
男女というくくりで差を考えるのは無理があるような気が。

464 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:56:13
>>460
つーか、君って、議論で優位を保つ姿勢を崩したくないのが強すぎて、
最初の議題を忘れて平気でいるタイプじゃない?


465 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:57:32
>>463
なんだかんだで、今の女だと逃げ道が多いからじゃね。男じゃ無理なような逃げ道
あと無意識に女には女コンプが出るから(どうせ広告塔扱いだろ、とかうを本人も思う)
同等には扱われないと、本人が抱えそうだけど

466 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 22:59:33
男にはちんけなプライドがあるから、その世界での競争心とかが出やすい

467 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:00:36
一般に言語脳は女のほうが優れているらしいから文が変でも
しょうがないね、といってほしいのだろうか。>>465のレス


468 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:03:10
つまり現代作家が大抵全滅なんであって、他はそうでもないらしいな

実際読んでてそう思うけど

469 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:03:56
つーかチンポは飛躍を表していて、マンコは安定を表している。
チンポは外を、マンコは内を。

470 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:04:36
>>467
横レスなんだが、それならなんで文学界って男性社会になってるんだろ
こんなスレまで立てられてるし…

471 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:11:48
言語脳で優れてるなら、スポーツだの球技だので男子と比べたら振るわない分
女がこの業界ぐらい支配しててもいいような気はする・・。
実力で勝ってるのに人口比とか実績とかいまいちなのはなんなんだ。

まあ、大学の文学部の人数なら圧倒的に女子が勝ってたりするけどさw

472 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:16:59
>>470
まわりの女子にかまってもらえない>>1が立てたんだろ。
まぁ犯罪に走るよりはマシだから大目に見てやろうよ。クズだけど。

473 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:17:20
文学部とか金にならんから男子は寄り付かんし。
この風潮は男女ともに、ちゃんと文学を勉強する志のやつには
迷惑かもしれんが合格できないレベルは淘汰されるべきか

474 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:19:19
だから日本語変だってば。

475 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:20:40
でも実際、男の作品の方が上っぽく思われてるんだよな。
代表文豪とか男が多いし。なんでだろう。
宮部みゆきが五十年後お札になったりするかな。大衆小説家だから難しいかね。

476 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:22:58
地位 純文>>一般小説
売上 一般小説>>純文

理解できるけど、納得できない

477 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:24:34
純文に金を出すのが男、エンタテインメントにしか金を出さないのが女。
そんだけでしょ。

478 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:25:48
>>475
今って大成してもお札に載るレベルになれない雰囲気はある。
でも、その流れで行くと春樹辺りが選ばれるぜ。

479 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:27:31
龍よりは春樹でいいやと思う自分がいる

480 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:36:36
見る世界が少ないからじゃないかねー

男は行動の範囲がほんの少し広がる分、書く内容が補われる。
その差が小説に現れる。ずっと上で挙げられてるようなワンパターン小説って、
作家同士で人生経験が重なるから言われるんだし。

逆に女しか知らないような世界は男には一生書けないって利点もあるけどさ

481 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:43:07
いわゆる女流作家はセックスのことばかり書く。

482 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:43:59
まあ男は男っぽいものが好きなんだよ。
女っぽいものを好きな奴は女々しいからな。

483 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:47:46
まあ、スポーツの記録のように男女比べるより(100メートル走の女子世界クラスでも
高校男子レベルとかの争い)明確に異性差が出るのはいいことだ。


なぜか世間とか比べたがるけど。

484 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:49:49
世間比べる→実際に男女で試合することもある→2ch「比べるなよ」って実況などで言う→でもこういうスレとかも立つ→ry

485 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:51:49
サッカー女子代表とか、中2男子相手にチンチンにされることを思うと
練習相手にはいいような気がする

エロイ話じゃないお

486 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:54:44
どうせ小学校全国大会レベルなんだよな・・・
とか思って、テレビの女子サッカー見るのは虚しい
そう考えると、小説とか素敵やん

487 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:54:59
チンチンでエロイ話じゃないは通らんな。

488 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:55:51
でもバレーボールは女子の方が素敵やん

489 :吾輩は名無しである:2005/12/13(火) 23:58:12
俗に言うフェミニストも、結局はそういう観点でしか女を見れない、扱えないんじゃないかとは思うな

490 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 00:00:46
うむ、テニスとかも女子の方が面白い。女向けスポーツってやつか?
けど、バレーもテニスも卓球も勝負したら球の速度とか男子の圧勝だし…

491 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 00:03:06
小説でもスポーツでもなんにでも言えるが、弱いのを
公共に(試合を)流すのは勘弁して欲しい

男子バレーとかだって東洋の魔王とか言われるぐらい
強かったら大人気なんじゃね? 大人気かな、たぶん。

492 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 00:07:30
バレーは上目使いだから表情がかわいい。サッカーは下向きだから不機嫌で無骨な感じ。

493 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 00:09:46
最近一時期流行になった文学賞とかも、書き手が超絶的に上手ければ
年齢とか容姿とかを疑問視されることなく、
「あんな若造が?」
とかもいい方に思われたんだろうな
そう考えれば周囲の妬みとはいえ、あんまり実力なくて良かったな。作家志望にはさ

494 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 00:13:28
バレーはレシーブするためだし、サッカーはボールを見るためだぜ<顔の向き

まあ顔面偏差値は置いておこう

495 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 00:17:47
女だとその顔面偏差値がある程度、重要視される宿命ではあるな。

美人◎ 美男   ○
ブス× ブサイク △

こんな感じ。まあ、こんなの日常で既にそうか

496 :◆MpILAamTVQ :2005/12/14(水) 00:20:32
                                               〜@   〜@
                                           〜@   〜@   〜@
                __( "''''''::::.              〜@   〜@   〜@   〜@
     --;;;; ______,,,,,,---'''''''"""" ヽ   ゛゛:ヽ.      〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
    ●::::::::""""  ・       . \::.   丿 〜@   〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
     :::::::         ..........::::::::::::彡''ヘ::::....ノ       〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
          ::::::::::;;;;;,,---""" ̄   ^``             〜@   〜@   〜@   〜@
 /        ̄ ̄ \                             〜@   〜@   〜@
/::::::::     :      ヽ                                 〜@   〜@
|:::::      ::      ヘ                                     〜@
ヽ::::::     :::..     ノ            ドク ドク ピュッ ピュッ  ドヴァ
 \:::::::  /\:::;;;;;;__ ノ


497 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 00:20:59
※顔とか愛嬌は残念ながら重要なファクターです

498 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 00:24:18
何処行っても俗物的に扱われるなら、女流作家がそういうものに長けててもいいんじゃね?
でも俗っぽい小説はあんま男にはお気にめされない諸刃の剣だけど

499 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 00:27:04
でも現役学生が、俗っぽい小説書くと今なら大人気だよ!!
募集 13〜18歳ぐらい。

500 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 00:31:15
俗っぽい小説ブームはそろそろ終わりじゃないのか?
それともまだ続くのか。今度はなんと小学生とか低年齢化

月日だけは二度と帰ってこないもんだけど、ついやってしまう2ちゃん

501 :紳助 ◆IBQwfLz8Tk :2005/12/14(水) 00:31:53
                                           〜@   〜@   〜@
                __( "''''''::::.              〜@   〜@   〜@   〜@
     --;;;; ______,,,,,,---'''''''"""" ヽ   ゛゛:ヽ.      〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
    ●::::::::""""  ・       . \::.   丿 〜@   〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
     :::::::         ..........::::::::::::彡''ヘ::::....ノ       〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
          ::::::::::;;;;;,,---""" ̄   ^``             〜@   〜@   〜@   〜@
 /        ̄ ̄ \                             〜@   〜@   〜@
/::::::::     :      ヽ                                 〜@   〜@
|:::::      ::      ヘ                                     〜@
ヽ::::::     :::..     ノ 

502 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 00:32:31
>>499
まんこ限定

503 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 00:35:39
○ 貴重なまん(ry
× 貴重なちん(ry

下だってショタだったりするとたまに実現するよ

504 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 00:36:45
ああいうのが浸透していると、いかにも2chって男の溜まり場っぽくて和む

505 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 00:52:45
例えば、一番尊敬している作家、目標としている作家、言われて真っ先に思い浮かべる作家。
ってのが女流作家なら、その人にとって女流作家こそ面白いと思うんだけど。

女流作家の中で好きなのは〜ではなく、むしろ男性作家で好きなのは〜と言える勢い。
男女問わず、書き手が無意識に女流作家を下に置いてる可能性もある。

506 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 01:07:27
たしかに「○○(女作家)さんの作品は面白いよ」という意見は、女作家全体を認めたことにはならんな
エロゲーで「○○(会社)の作品はエロゲーだけど面白いよ」って言ってるのと同じレベル

507 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 01:21:10
思ったんだけど、女作家の本がつまんなければ男作家の小説読めばよくね?

508 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 01:30:04
@つまんない
Aじゃあ男の本読めば
B仮にもプロなんだから面白くしろよ
C選択権は読者にあって、読まれない作家は自然と消えます^^
D馬鹿な本が氾濫してるだろ。OL層とかに支持されてるやつ
E↑キモイ。自己満足したいなら、脳内小説にしておいて
F結局、女の作品って低レベルだな
G現実に売れてしまったら、後は価値観の違いです。ニーズとか考えてますか?
Hいや、女作家にだって面白い作品はあるよ!(色々凄さを語る)
I1〜9を繰り返す

509 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 01:39:09
仮にもプロなんだから面白くしてください!!

510 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 01:46:23
Jどちらかが戦術的撤退
Kこっそりスレを見る。エロスレになってる
L女の作品が下手な理由を挙げてみる
Mマジレスの嵐(でも価値観がどうたらで対立して、和解とかしない)
Nワロスwww とか介入が入る
O馬鹿らしくなって、議論終了
Pだったらグダグダ言ってないでお前が本書けよ! といきなり突っ込まれる
Q精神的に向上心のないやつは馬鹿だ、商売目的で本を書くやつは馬鹿だ!
Rお前もかブルータス
S11〜19を繰り返す

511 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 05:50:46
要約がへた。

512 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 07:48:40
>>511
おまえもへた。

馬鹿が

でいいじゃん。

513 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 08:43:31
Many people complain that Japanese stories nowadays are all alike in being boring.

514 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 12:51:37
要約するんなら、
誤字誤用日本語が違う→大した文章書けないのに、そういう指摘だけは一人前ですね
→開き直りかっこ悪い!
を入れないと。

515 :美香 ◆ZZCSMBerSM :2005/12/14(水) 12:52:11
                                           〜@   〜@   〜@
                __( "''''''::::.              〜@   〜@   〜@   〜@
     --;;;; ______,,,,,,---'''''''"""" ヽ   ゛゛:ヽ.      〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
    ●::::::::""""  ・       . \::.   丿 〜@   〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
     :::::::         ..........::::::::::::彡''ヘ::::....ノ       〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
          ::::::::::;;;;;,,---""" ̄   ^``             〜@   〜@   〜@   〜@
 /        ̄ ̄ \                             〜@   〜@   〜@
/::::::::     :      ヽ                                 〜@   〜@
|:::::      ::      ヘ                                     〜@
ヽ::::::     :::..     ノ 



516 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 12:58:19
過去ログで作者が女性(とされている)ってだけで
源氏物語を小バカにしてる香具師がいたが、
源氏物語を否定するってことは
近代以前の日本の文化を否定するのに等しい様な。

           i::::::::/'" ̄ ̄ヾi
           |:::::::| ,,,,,_  ,,,,,,| 
           |r-==( -);(ー)   
           ( ヽ  :::__)..:: }
        ,____/ヽ  ー== ;  Zzzzz,,,,,,,
     r'"ヽ   t、   \___ !
    / 、、i    ヽ__,,/
    / ヽノ  j ,   j |ヽ 
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /
    |      "'ー‐‐---''

517 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 12:59:40
四大亜流(狭衣物語、とりかえばや、夜の寝覚め、浜松中納言物語)の他、
鎌倉・室町時代には源氏物語をパクった擬古物語が大量に生産された。
能には源氏物語の場面から作った「源氏能」がジャンルとして存在している。
江戸時代の戯作にも源氏物語の影響は大きく
西鶴の「好色一代男」は源氏物語からのインスパイア。
柳亭種彦による「偽紫田舎源氏」は当時の大ベストセラー。


           i::::::::/'" ̄ ̄ヾi
           |:::::::| ,,,,,_  ,,,,,,| 
           |r-==( -);(ー)   
           ( ヽ  :::__)..:: }
        ,____/ヽ  ー== ;  Zzzzz,,,,,,,
     r'"ヽ   t、   \___ !
    / 、、i    ヽ__,,/
    / ヽノ  j ,   j |ヽ 
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /
    |      "'ー‐‐---''

518 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 13:00:20
ちなみに源氏物語については
最初は紫式部の父・藤原為時(当時の著名な漢学者)が書いていて
娘の式部が書き次いだ、
あるいは複数の作者による物語、という説もあり、
男作家の手が加わった可能性も高い。



           i::/' ̄ ̄ ̄ヾi::l
           |::| ,,,,,_  ,,,,,,|::|
           |r-( ・ );( ・ )-|  
           ( ヽ :::(__)..::  }
        ,____/ヽ  -==- /  すごく感動したよ
     r'"ヽ   t、  ヽ___/
    / 、、i    ヽ__,,/
    / ヽノ  j ,   j |ヽ 
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /
         "'ー‐‐---''

519 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 13:06:31
チンコ出して読書すれば外国文学は原文で読んで理解が深まる

520 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 13:14:13
ブラジルとの死闘を終えた試合後、スタジアムの外で(´・ω・`)ショボーンしてるブラジルの
子供を見つけた加地。
子供好きの性分ゆえに、いてもたってもいられない彼は子供に走り寄り、呟く。

加地「ごめんな。ロベカルがいたらブラジルの勝ちだったと思うよ。」
たまたま傍にいた三都主が訳して伝える。
俯いていたその子供は顔を上げ、加地をじっと見つめた。
それから早口で何事か言った後、親指を立てて、その場から走り去った。
わけが分からずキョトンとする加地。
三都主は笑いながら加地の肩をポンと叩き、言った。
「次に闘う時までサイドは預けておいてやるよ、だってさ。」
加地は思わず少年の去った方向を振り返ったが、既に影も見えなかった。
しばらく無言でたたずむ加地。三都主も何も言おうとはしなかった。
やがて三都主の方に向き直った加地の表情は、苦笑を浮かべながらも、
どこか晴れやかだった。

「なら当分は負けられないな。他の国に渡したら、あの子に怒られるからね。」


521 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 13:14:56
アレから12年後、ワールドカップのピッチに立つ加地の姿があった。
もう年齢的にはピークを過ぎていた。しかし加地は不動の右サイドとして
日本代表に君臨していた。昼夜を惜しむ研鑽のたまものだった。

相手は、忘れもしない2005年6月22日ケルンにて、まさかの
引き分けを日本にプレゼントされたブラジルだった。

最強カナリヤ軍団。受けた屈辱は晴らさねばならなかった。
試合開始直前、10番を背負ったセレソンが加地にゆっくりと近付いてくる。

「…加地」その声に驚き、ふと顔をあげる加地。
「お前は・・・」あの少年だった。
「あの時の約束を果たしに来たよ」逞しくなったセレソンはそう言って笑った。
「・・・望むところだ」加地の笑顔が弾ける。

日本側の応援スタンドで、その光景を涙ぐみながら見つめる柳沢。
その手に持った三都主の遺影が優しく微笑んでいた・・・。

522 :美香 ◆ZZCSMBerSM :2005/12/14(水) 13:19:37
                                           〜@   〜@   〜@
                __( "''''''::::.              〜@   〜@   〜@   〜@
     --;;;; ______,,,,,,---'''''''"""" ヽ   ゛゛:ヽ.      〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
    ●::::::::""""  ・       . \::.   丿 〜@   〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
     :::::::         ..........::::::::::::彡''ヘ::::....ノ       〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
          ::::::::::;;;;;,,---""" ̄   ^``             〜@   〜@   〜@   〜@
 /        ̄ ̄ \                             〜@   〜@   〜@
/::::::::     :      ヽ                                 〜@   〜@
|:::::      ::      ヘ                                     〜@
ヽ::::::     :::..     ノ 



523 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 13:24:02
のぞみはひかりより速い

524 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 13:29:30
(一般的に)女は 政治、哲学、科学、 etc.の話になると、興味なくなるし、分かろうと努力もしない。
捉え方が 表面的で、虚飾を好む。
女で 哲学的な 話ができる人は、(たまにいるけど)少ないな。。

そして、なぜあんなに恋愛話、他人の噂話を好むのか?
浅はかで、うるさすぎる女には 殺意を抱く時もある。
ヤル時以外は、側にいられると ウザイ。。。
女の くだらない話を まともに聴いてると、頭おかしくなりそうだ。。

もちろん、 賢い 女性もいる のは確かだけど。



525 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 13:51:42
ちょっと目標のある男は女を一番には出来ないから。
性対象には見れても仕事や才能が開花するなら、そっちを選ぶ。
そっちが成功すればよりよい女が自然と付くとさえ思ってる。

だから、より貪欲な作品が仕上がる。あと周囲の環境もある。
男は物書きの道に嵌った時に、もう後戻りできない年齢になってるだろうから。

526 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:03:48
マジレスすると社会なんて全部そうだが、男はがむしゃらになるからからだよね。
「駄目だった時は結婚でもして、相手の資産に頼るか…」なんて考えはプライドが許さない。

文学部に男が少ないのも同じ。文学部じゃ、もし作家になれなかった時の就職先が難しい。
別にどの学部だって小説なら書けるし、だったら他を背後につけた方が
経済や法律の専門的な知識を手に入れられて、将来の金集めも楽になるって考える。

女は恋愛に打算的っていうけど、男だって仕事に打算的。だから上手いんだよ。

527 :美香 ◆ZZCSMBerSM :2005/12/14(水) 14:06:50
>>526
そういう考えの男は一生画商どまりだなw



528 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:10:52
>男だって仕事に打算的

これに尽きる。この世がそういう成り立ちなんだよな

529 :美香 ◆ZZCSMBerSM :2005/12/14(水) 14:12:43
                                           〜@   〜@   〜@
                __( "''''''::::.              〜@   〜@   〜@   〜@
     --;;;; ______,,,,,,---'''''''"""" ヽ   ゛゛:ヽ.      〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
    ●::::::::""""  ・       . \::.   丿 〜@   〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
     :::::::         ..........::::::::::::彡''ヘ::::....ノ       〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
          ::::::::::;;;;;,,---""" ̄   ^``             〜@   〜@   〜@   〜@
 /        ̄ ̄ \                             〜@   〜@   〜@
/::::::::     :      ヽ                                 〜@   〜@
|:::::      ::      ヘ                                     〜@
ヽ::::::     :::..     ノ 



530 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:14:07
男女ともに90〜100点ぐらいの作品はあるけど、平均点で女子を上回るのは
>>526みたいな気概のせいじゃないの

自分みたいな消費者はともかく、生産者ってあれだね。
無駄な時間をネットでよく過ごせるね、とは思う。
その時間を生産にあてればいいのに、って無責任に。

531 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:17:11
ネットで無駄な時間を費やすから、本物が生まれないんだろ

本物がネットや2chを見るパターンは多いが、そういうのは純粋な2ちゃんねらーではない

532 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:20:36
ほんとに生産者になってる人間は、忙しく無駄な時間なんて使いようがなかったりする。
生産者予備軍は無駄な時間多い。

533 :美香 ◆B624niJ3Sc :2005/12/14(水) 14:21:25
アートにおける消費者側の評価は無視してもいい

534 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:28:09
昔はいたけどな。
樋口一葉とか野上弥生子とか幸田文とか
ヒステリックじゃない作家も。

535 :美香 ◆ob60wHXQlc :2005/12/14(水) 14:30:47
あっそうですか。
だから何?



536 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:32:39
運良く生産者になったとして、2chで育ったこととか(無駄にした時間とか)公表するかな
デビュー出来たら黒歴史にしようなんて考えてるんじゃないの

ま、そう考えると電車男のような、掲示板から誕生の方が現代のやり方には即してる

537 :美香 ◆VNeKzYD7dU :2005/12/14(水) 14:34:45
だからなに?
男がそんなに偉いわけ?
馬鹿じゃない?
しんだら?

538 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:35:34
2chで育つような奴は、元々デビュー出来る才能はあるんじゃないかと思うけどw

あ、でもネタ文とか瞬発力だけは凄いと思うよ。300ページを書く作家のような
持続力はないが、1〜3ページくらいなら確実にプロよりも面白いとか。

539 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:36:34
>>537
男が偉いんじゃないよ
男が結果出してるだけ

540 :美香 ◆FADrac2JQU :2005/12/14(水) 14:40:49
>>539
社会の上層部がほとんど男で、そいつらが
後世に残る作品を選んでいったわけだから、
例えば評論家だってほぼ全員男だった。
そいつらが大衆に向けてこれこれは優れた小説ですと。
だから当然、残っていくものは男のものだったわけ。

541 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:42:52
神様というのはきっと完全無欠に立派で公平な人格者で、 強いものにも
弱いものにも、お金持ちにも貧乏人にも、ただ平等に見守るだけで決して
どちらかをえこひいきして手を差しのべるなんてことはしないのだ。
なんてありがたいんだろう、死んじゃえ。


女作家の純文に関しちゃラノベとそう差がない。理由、ワンパターンだから。
その他のジャンルは色々と面白いよ。

542 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:43:27
>>540
お前馬鹿じゃないの。しんだら

543 :美香 ◆tvt48eox9A :2005/12/14(水) 14:50:38
上層部の恣意性を見抜けないようではだめね。

544 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:51:25
女作家の小説はつまらないけど、>>540の理由で納得してください

545 :美香 ◆6G9uQocgY6 :2005/12/14(水) 14:56:53
                                           〜@   〜@   〜@
                __( "''''''::::.              〜@   〜@   〜@   〜@
     --;;;; ______,,,,,,---'''''''"""" ヽ   ゛゛:ヽ.      〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
    ●::::::::""""  ・       . \::.   丿 〜@   〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
     :::::::         ..........::::::::::::彡''ヘ::::....ノ       〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
          ::::::::::;;;;;,,---""" ̄   ^``             〜@   〜@   〜@   〜@
 /        ̄ ̄ \                             〜@   〜@   〜@
/::::::::     :      ヽ                                 〜@   〜@
|:::::      ::      ヘ                                     〜@
ヽ::::::     :::..     ノ 



546 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:57:52
また美香が馬鹿言って人をむかつかせてるよ

547 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 14:58:56
美香が馬鹿なのは例のAAとかでも仕様だから、他の話しようよ…
例えばスポーツでも上で、学問でも男が上だから笑えると思うんだけどw

548 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:03:46
>>546
てめえのどの面さげてそんなこと言ってんだよ。
むかつく?逃げ腰になってんじゃないよ、ばーか。

>>547
てめえの面が笑えるんだよw
てめえのような男はどうせ、14歳まで母親と風呂入ってただろw
笑えるw


549 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:05:23
変な話だが体力で上だからこそ、学問でも上になると思うんだが

所詮ってそういう意味だろ。

550 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:09:07
>>546-547
スレを埋めた方が便利なんだからそういうこと言うなよ

551 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:16:05
プロレスとかで、女子プロが素人芸人に負けそうになってると
悲しくなるけど、あれはプロレスだから何処まで本気だか分からない。

サッカーとかガチ試合になると明確に答えがでる。文学はガチじゃなくて良かった。

552 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:22:39
あほか

553 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:24:24
女作家とかつまんなくねーよ
女枠とかあるんだから。シード権だよシード権。

554 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:24:41
>>551
>サッカーとかガチ試合になると明確に答えがでる。

男子中学生 > 女子日本代表 だからな。

持久力は女の方が上だという意見もあるけどね。
ただ、男はぶっ倒れて死んでしまうまで力を出し切ることもあるが、
女の場合はそれは絶対にないらしい、という話も聞いたことがある。

極論ではあるが。

555 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:25:01
>>548
実に正鵠を射ている。

556 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:26:54
どれだけ上手いか面白いかより、どれだけ(;´Д`)ハアハア出来るかの方が重要だよ

557 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:29:50
>>554
それは間違い。
オリンピックのマラソンでフラフラになってゴールしたフィンランドの選手知らないのか?

そういう俗説で物事を語っているようじゃ、3流の男のままだね。
一流の人は男女の差異などはなから問題にしないのだよ。

558 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:30:29
一流とかどうでもいいよ。男と女じゃ需要が違うんだからw

559 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:33:26
>一流の人は男女の差異などはなから問題にしないのだよ。

同意。男女の差異を強調し、男子の優位性を説くこと自体が、
コンプレックス丸出しだね。マザコンw

案外>>548のいうような奴らだよ。

560 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:34:44
Mが書いてくれると1/1000だから上手くのせてくれよ…

561 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:35:28
ノルマ50は達成してるのな。

562 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:37:05
文学板は過疎地だから難しいんだよ

563 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:37:16
マザコンの集積回路スレッド

564 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:38:45
>>563
実に正鵠を射ている。

565 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:39:49
でもさ。この手の男(ということに推定している)をマザコンに
結びつけるのって変じゃね? 母親自体が劣ってるんだから。

566 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:41:27
>>565
コンプレックスの裏返しは男根主義なわけね。

567 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:41:30
劣ってないよ。まんこ器官は果たしてるんだから

それを利用しない、できない男女より充分役に立ってるよ
一人っ子政策じゃあるまいし

568 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:42:50
>>567
じゃあ女でマンコ器官すら利用できてない美香は最悪ってことだな

569 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:42:55
腐れまんこでも利用している男のほうがまし。
 
童貞はしんでください。

570 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:44:03
>>566
実に正鵠を射ている。

571 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:44:20
>>569
馬鹿だなお前は。童貞と処女は貴重なちんたまんただろ
使ってから死ぬべきだろ。使うまで死ぬなよ

572 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:45:16
100いけば10日、今なら5日ですが行きますかな

573 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:47:01
美香さんの文書の続きが読みたいです!

574 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 15:50:07
104 名前:美香 ◆FADrac2JQU :2005/12/14(水) 14:49:55
                                           〜@   〜@   〜@
                __( "''''''::::.              〜@   〜@   〜@   〜@
     --;;;; ______,,,,,,---'''''''"""" ヽ   ゛゛:ヽ.      〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
    ●::::::::""""  ・       . \::.   丿 〜@   〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
     :::::::         ..........::::::::::::彡''ヘ::::....ノ       〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
          ::::::::::;;;;;,,---""" ̄   ^``             〜@   〜@   〜@   〜@
 /        ̄ ̄ \                             〜@   〜@   〜@
/::::::::     :      ヽ                                 〜@   〜@
|:::::      ::      ヘ                                     〜@
ヽ::::::     :::..     ノ 



575 :美香 ◆tsjmxQsHNM :2005/12/14(水) 15:55:24
気円斬信者は本当痴呆

気円斬みたいなトロくさい技、その威力を知らないナッパ以外には効果なし
しかもフリーザは、追尾機能つきの気円斬だが、悟空に稚技扱いされてる
フリーザが技巧派という描写もないので
気円斬自体はそこまで難しい技ではないだろう
ただし、太陽拳等とは違い使い勝手が悪いので誰も使わないだけ
当たれば威力はあるだろう。だから、クリリンも絶望的な実力差がある中で気円斬を使っているのある

576 :美香 ◆8/rROXNFk2 :2005/12/14(水) 15:56:26
はいはい誤爆

577 :美香 ◆7LS/pMmzY. :2005/12/14(水) 15:59:21
>>14
やっぱ一行目に共感を呼ぶような言葉や
「あれっ?」って思うような言葉が必要なんだよなあ・・・
前のめりな感じで書いてみるのも良いかもしれない
キッチン了解

>15
学校辞めると言って一ヶ月以上休んでしまい。
行き始めた今も勉強やる気無く、ほぼ学年最下層です。
うん、頑張ろう。
んー、キッチンキッチン・・・


578 :美香 ◆7LS/pMmzY. :2005/12/14(水) 16:00:37
ああー超マターリ

書き出しだけど、
後の展開を予想させるような意味ありげな文章で始めるのと
いきなり主人公やその周辺についての描写から始めるのとか
あると想うんだけど
どっちの方が好きですか!?俺は後者かな、書くときは五分だけど
世論かもーん


579 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 16:00:42
ドラゴンボールGTは邪道

580 :美香 ◆0F7jQ8ywUc :2005/12/14(水) 16:02:39
>>577-578
は?
なに勝手にコテ使ってるの?
まじ怒るんだけど

581 :美香 ◆NTh50CB6kk :2005/12/14(水) 16:03:13
マンションがああいう有様だけれども、やっぱり家賃払い続けるよりは
マンションが欲しい。
子供おらんで、共稼ぎだから、マンションのローンを払い終わる頃には無事定年の目算。
そこまでレールを敷いて、投稿用小説をちまちま書いている。

んだけども、正直なところ、退職金ってどう使っていいかわかんねぇ。
二人暮らしだから一戸建てなんかいらねぇし、子供に遺産を残す必要もねぇ。
老後の医療費うんぬんだとしても、ちと額が大きすぎる。

仮に出版できても作家では食えないからと仕事を続けているけれど、続けた先の成果の使い道が
わからねぇってのもなんか奇妙だ。


582 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 16:03:58
この偽美香はおさむかw

583 :美香 ◆PO5/bMvGHA :2005/12/14(水) 16:05:07
のっとり、うざい。よく見ればこのスレにも結構あるし

584 :美香 ◆5CKmomcoLM :2005/12/14(水) 16:05:41
                                           〜@   〜@   〜@
                __( "''''''::::.              〜@   〜@   〜@   〜@
     --;;;; ______,,,,,,---'''''''"""" ヽ   ゛゛:ヽ.      〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
    ●::::::::""""  ・       . \::.   丿 〜@   〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
     :::::::         ..........::::::::::::彡''ヘ::::....ノ       〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
          ::::::::::;;;;;,,---""" ̄   ^``             〜@   〜@   〜@   〜@
 /        ̄ ̄ \                             〜@   〜@   〜@
/::::::::     :      ヽ                                 〜@   〜@
|:::::      ::      ヘ                                     〜@
ヽ::::::     :::..     ノ 




585 :美香 ◆HQBeq6idiw :2005/12/14(水) 16:07:05
                                           〜@   〜@   〜@
                __( "''''''::::.              〜@   〜@   〜@   〜@
     --;;;; ______,,,,,,---'''''''"""" ヽ   ゛゛:ヽ.      〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
    ●::::::::""""  ・       . \::.   丿 〜@   〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
     :::::::         ..........::::::::::::彡''ヘ::::....ノ       〜@   〜@   〜@   〜@   〜@
          ::::::::::;;;;;,,---""" ̄   ^``             〜@   〜@   〜@   〜@
 /        ̄ ̄ \                             〜@   〜@   〜@
/::::::::     :      ヽ                                 〜@   〜@
|:::::      ::      ヘ                                     〜@
ヽ::::::     :::..     ノ 



586 :美香 ◆0F7jQ8ywUc :2005/12/14(水) 16:07:15
まあ、ほんとにディベートする気があるやつだけ掛かってくれば。
この板の2流3流程度の男の相手ならつとまるよ。

587 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 16:08:48
いつの間にか、美香が議論の中心に!

588 :美香 ◆GOZItAWJOQ :2005/12/14(水) 16:08:51
>>58
貴方のことを思うとこの胸張り裂けそうなほど、痛みを伝えてくる。
嗚呼でも>>1-57の事も忘れることが出来ない私を許しておくれ。
もちろん、>>58のことを一番に愛しているよ。


589 :美香 ◆0F7jQ8ywUc :2005/12/14(水) 16:10:37
じゃあこのトリップで固定にしてやる。
>>584-585
AAうざいから、もう来ないでいいよ


590 :美香 ◆GOZItAWJOQ :2005/12/14(水) 16:10:46
私がこんなに愛しても、あなたはいつも違う方を見ているのですね。
あなたの視線はいつだって前に向けられていて、
あなたの背中を追いかける私の存在になんてきっと気付いても居ないのでしょう。
でも、それでもいいのです。私はただずっと、あなただけを………。

591 :美香 ◆0F7jQ8ywUc :2005/12/14(水) 16:12:04
>>587
他に相当者がいないから、あたりまえの結果でしょ

592 :美香 ◆GOZItAWJOQ :2005/12/14(水) 16:12:15
>>61
貴方の昂ぶった欲望の一塊
私の蜜壼に下さらないかしら




593 :美香 ◆0F7jQ8ywUc :2005/12/14(水) 16:16:09
>>590
単なるストーカー理論だね。男も女もそれは困るね。

急に元気がなくなったけど、こんなもんか

594 :美香 ◆GOZItAWJOQ :2005/12/14(水) 16:17:47
私は>>61の大きすぎるあれがほしいだけ。

595 :美香 ◆GOZItAWJOQ :2005/12/14(水) 16:19:10
偽美香でもなんでもいいわ、かかってらっしゃい。


596 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 16:20:29
>>593
禿同。
元々相手にされない>>1が立てたスレだからね。
この板の男は口ばっかで全般的にレベルが低いけど。

597 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 16:22:24
>>591
ありがとうございます。
励ましてもらうと沸いて出たたくさんの赤点も
意味あるような気がしてくるから不思議

>>593
自分は物書きとしては全然読書数が足りないと思う。
キッチンも読んだことありません。
どんな感じの書き出しか、良ければ教えてください。

一番好きな本の角田光代の「対岸の彼女」があるんですが、
この書き出しは
 私って、いったいいつまで私のまんまなんだろう。
 ぼんやりしながらくりかえしそう考えていたことに気付いて小夜子は苦笑する。
何ですが、一行目は>>591の前者っぽいのですが、
二行合わせると後者のような気がします。どう思いますか?

598 :美香 ◆0F7jQ8ywUc :2005/12/14(水) 16:27:19
>>597
キッチンなんて知りません
>>577も偽美香だし。まあ、わたしが見たところあなたは馬鹿だから
余計なこと考えないで寝た方がいいんじゃないかと思います


599 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 16:34:32
599

600 :美香 ◆q8flUfBIEw :2005/12/14(水) 16:44:51
ならないの?
じゃなくて、なれないんだろ?プ
って聞いてるのが丸分かり。もちろん当人のも自覚はある。

そんな中、小説家になりそうな美香はほかの志望者から
見れば恐ろしい存在なんだよ。


601 :美香 ◆0F7jQ8ywUc :2005/12/14(水) 16:46:19
他人のコピペぐらいしか手段がないなんて、本当に可哀想な存在かと思いますが、
あなたの人生です。精々時間を浪費してください。

602 :美香 ◆PbTUR1SdB. :2005/12/14(水) 16:47:43
諸事情により、トリップ変えました。
これからはこのトリでお願い。

何だか、偽者が湧きすぎて混乱中。
まあ、
気をとりなおしていこう♪

こほん♪
くいーん♪

603 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 16:48:49
舌戦が強そうな美香がモノホンってことでいいのか
まあかき回せる方が面白いからな

604 :美香 ◆PbTUR1SdB. :2005/12/14(水) 16:51:01
>>106
業界の思うツボだな。騒げば騒ぐほど「話題作」とのPR効果。
いっそのこと関連スレを全部閉鎖して音なしの構えにしたほうが
よさそうだな。


605 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 17:00:33
もうすぐ100。頑張ったよお前ら

606 :美香 ◆MqgTgiD81M :2005/12/14(水) 17:00:53
>>601
私も、11月の超短編小説大賞で17人のなかのさらに五人に選ばれました。
私のところには勧誘は来ず、執筆依頼とノベル倶楽部のパンフだけがきましたよ。
出版社のひとに電話できいたら、超短編小説のほうは募集が1000以上きたそうです。
すべてのジャンルの賞あわせたなかで執筆依頼をしたのは20人ほどだといっていましたよ。

これで勝ち組の仲間入り間違いなし♪

607 :美香 ◆0F7jQ8ywUc :2005/12/14(水) 17:02:38
小説を読んだ方がマシなので四行目まで読んでません。

608 :美香 ◆0F7jQ8ywUc :2005/12/14(水) 17:03:23
>>606
えーと勝ち組らしいですね
おめでとうございます!

609 :美香 ◆GTr5SASYV2 :2005/12/14(水) 17:04:31
みんな美香の美貌に寄ってたかって・・・
そんなに私が欲しい?

全財産かけてみろ。
そうすれば考えてやる。

610 :美香 ◆0F7jQ8ywUc :2005/12/14(水) 17:07:50
>>609
全財産かけるほど美貌なら、当にお呼びが掛かってるんじゃないでしょうか
全財産が2万円ぐらいなら妥当と思われる発言です

611 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 17:08:00
609 名前:美香 ◆GTr5SASYV2 :2005/12/14(水) 17:04:31
みんな美香の美貌に寄ってたかって・・・
そんなに私が欲しい?

全財産かけてみろ。
そうすれば考えてやる。


612 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 17:09:14
はるか高み=美香

613 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 17:12:16
ソースは?

614 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 17:14:53
338 :吾輩は名無しである :2005/12/14(水) 02:46:14
  私は一編集者として、美香とはるか高みの対談を実現させたい。

342 名前:はるか高み :2005/12/14(水) 02:39:59
  >>338
それは論理的に不可能です。

上記の三島由紀夫スレでの会話より、論理的に判定しました。

615 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 17:15:43
「となりのトトロ」や「ハウルの動く城」などを製作してきたスタジオジブリが、宮崎駿監督
(64)の長男吾朗さん(38)を監督に起用し、米ファンタジーの名作「ゲド戦記」を長編アニ
メ化する。13日、東宝が発表した。すでに製作に入っており、公開は来年7月の予定。

 吾朗さんは「三鷹の森ジブリ美術館」(東京都三鷹市)の館長を01年10月の開館時から
今年6月まで務めていたが、アニメ製作に携わるのは初めて。

 「ゲド戦記」は米国の女性作家アーシュラ・K・ル=グウィンが、大魔法使いゲドを主人公
に68年から始めたシリーズ。岩波書店から全6巻が翻訳出版されている。映画は第3巻
を基に、災いに覆われた世界を救おうとするゲドと、彼と共に旅する王子の成長を描く。


616 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 17:26:47
長男はロリなのかどうなのか

617 :おさむ ◆14MywG8L22 :2005/12/14(水) 17:30:26
まあ、これで美香は2ちゃんねらー生命を失ったわけだが。

618 :美香 ◆djO/mKbW/. :2005/12/14(水) 17:32:34
は?


619 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 17:33:12
>>617
は?

620 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 17:37:48
長男はロリなのか、どうか…

621 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 19:01:26
フジテレビ女子アナ事件簿
・安藤優子…不倫、略奪(常習)
・中村江里子…差別発言(電車なんかに乗る人の気持ちが分からないと発言)
・小島奈津子…転落事故を見て爆笑、差別発言(パートの女性に対し、可哀相と発言)
・西山喜久恵…死亡事故の原稿を読みながら爆笑
・大坪千夏…キャイーン天野を売名行為に利用
・高木広子…暴力団幹部と不倫、略奪(常習)。タバコのヤニで歯が真っ黒
・佐々木恭子…不倫、本番中にゲロ、レッドソックスをレッドセックスと発言
・宇田麻衣子+桜井堅一郎…殺人するも笹川の圧力で不起訴。桜井は画面に復帰
・相川梨絵…差別発言(貧乏人は嫌いと発言)。性体験を暴露
・政井マヤ…会社員と婚約中にフジ西岡アナと不倫、結婚は破綻
・島田彩夏…不倫、生放送中に逆上、政党批判、東条英機を中傷
・荒瀬詩織…本番中に居眠り、不倫、略奪、中出し婚。学歴詐称
・大橋マキ…番組ドタキャン結婚退社。その後、なぜか復帰
・梅津弥英子…不倫、中出し婚
・内田恭子…ヤリマン
・高島彩…高校時代に乱交パーティー
・戸部洋子…売春強要、自殺教唆疑惑
・中野美奈子…麻薬中毒者の伊藤英明と交際。原稿もろくに読めない
・菊間千乃…未成年と飲酒乱交、虚偽報告


622 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 20:06:18
なんか誰かさんが出てきてから一気につまらなくなった。
もとからつまらなかったけど。

ところで女作家のなかでももっともつまんねー作家ってだれ?

623 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 20:21:43
女作家はみんな面白いよ
なんたってシード枠だからね

624 :622:2005/12/14(水) 20:39:47
おまえばか?

625 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 20:54:39
>>623
実に正鵠を射ている。

626 :ルージュ磊 ◆LlspKw1cuY :2005/12/14(水) 21:00:15
江國香織の何がいいのか、すごいのかがわからない。豊崎由美の言う通り、ヤマなし、イミなし、オチなしだと思ってしまいます。
詩的だとかなんとか言われてるけど、そういうのを小説で表現するのがそんなに評価できることなんでしょうか。

627 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 21:01:09
糞して寝れば答えが分かるんじゃないかな

628 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 21:51:25
・西山喜久恵…死亡事故の原稿を読みながら爆笑

コピペにマジレスするのもアレだが
不倫よりこういう方がイヤだな。

629 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 22:18:18
>>626
俺にしてみれば、他に褒めようがないから「詩的」と言って
誤摩化してるようにしか聞こえん>江國の評価

630 :吾輩は名無しである:2005/12/14(水) 23:33:07
英語の授業に20代前半のアメリカ人教師が来た。
先生には生徒の名前をローマ字に直したプリントを渡してた。
片言の日本語で挨拶をする先生に女子連中はキャーキャー言って
それを結構厳しい口調で注意するような真面目な先生。
授業は順調に進み、人気のあった女子の「新保(しんぽ)さん」の番になった。
「ツギノヒトネ。ンーーアー・・・ちんぽ!ちんぽサン!」
生徒は一瞬凍りついた。
「シンポ」と言っているんだろうけど、どう聞いても日本語の「ちんぽ」
新保さん以外の全員が爆笑。新保さんは顔を真っ赤にしてうつむいていた。
先生は状況が飲み込ていないようなのだが、
生徒の一人がみんなの笑いものになっている状況だけは理解できたのだろう
その爆笑をかき消すかのような大声で「シャァァラッップッ!」
その表情とテンションの凄さに、水を打ったように静まり返った。
「ナンデ?ナンデワラウ?ちんぽガナニカシタ?」
先生はやさしい口調でうつむいて座っている彼女に語りかけた。
「ちんぽゲンキダシテ。マエニキテクダサイ。ちんぽスタンドアップ!」
新保さんも笑った。


631 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 03:00:21
江國は雰囲気作家だから
浅野忠信が凄い凄い言われてるのと同じ理屈

632 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 14:11:28
こんなこと言われてるので、2chの女諸君が頑張るしかないな

633 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 14:15:05
文句を付けるほどデビューから遠い、才能がない人間だってことで安心しないか?
既に作家になった人間が自演してる可能性もあるが。

634 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 14:21:14
ウンベルト・エーコはいかが?

635 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 14:28:22
いくらなんでもこんな>>1はありえないな。

ていうか今まで散々作品から離れたところで作家を罵倒してきた奴ら
そろそろ止めろよ。これ以上見るに耐えない。
お前らがやってる事は既にユーモアでも愛嬌でも無いぞ。
人の感情を微塵も考えない、陰惨で下卑た誹謗中傷でしかない。
何が文学板だよ。
これのどこが文学を考える人間がすることかよ。

636 ::2005/12/15(木) 14:50:10
江國香織か〜。
福田和也がやたら 褒めてたな。
「間宮兄弟」は良かったけど。他はね・・・

637 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 15:11:00
どっかーん→キラキラが降ってくる→イントロ→マツケンサンバ開始→
倒れたはずの郎党達もどこからともなく集合→持仏堂の中から義経が満面の笑みで登場

ここまでやったら許す

638 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 16:43:48
>>1
そんなことないよ

639 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 17:29:02
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1134629518/

640 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 17:36:14
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1134633643/

641 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 19:25:41
641

642 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 20:00:07
>>1
泉鏡花を超える男性作家はそうはいない。

643 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 20:14:15
>>642
釣り?
泉鏡花は男。

まあ、自分は1の意見には反対する者だがな。
どうせ民放ドラマの原作みたいな
現代の通俗小説しか読んでないんだろう。

644 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 21:26:46
さよならアミーゴ

645 :吾輩は名無しである:2005/12/15(木) 21:36:12
誰がつまんないだ誰がつまんないんだ

646 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 13:20:04
age

647 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 18:28:47
大作家>女性のクソ作家>>>(超えられない壁)>>>ヌリカベ>>>春日部>>>男性のクソ作家

女流作家は絶対数が圧倒的に小さいわけだから、
いわゆる大作家というものが女性が少ないのはしょうがないだろ。
女性に限らず、最近すごい作家が出てきたか?
どっちもクソ。
でも女性が書いたものは、言葉が柔らかいので、なんつーか癒されるんだよね。
だから山本文緒、山田詠美、・・などは、作品はクソだけれど好きだ。
その点、男性のクソ作家は救いようがない。

648 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 18:31:55
たっきーって視聴率も良くないしCDなんて悲惨なのになんであんなに歓声あるんだろう
不思議だなぁ

649 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 18:33:55
>>678
実に正鵠を射ている。

650 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 18:39:04
まあそれもある

なんていうか捉え方の問題なんだよな
プレ値スニと思って買えばいい
どーせ3万とかなんだから金なくて大事にはきたいやつは
裏張りして防水スプレーかけて定期的に靴を休めてやればいいし
どーでもいいってやつは気にしないでスニ感覚で履きつぶせばいい

要は革靴じゃないんだよバニは
一番いいのは大事に履いて1・2シーズンでうっぱらって新しいの買えばいい

651 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 18:39:16
678が楽しみだね

652 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 19:28:43
女友達と飲みに行ったときにエロ話になって、そのときに
「彼氏のアレがなかなか入らない」という話になった。
俺は「そんなに大きいの?」と言うと、
「私のが狭いみたい」と返ってきた。「どれくらい?w」と冗談で聞くと
「指一本入れただけで少しきつい。ちくわくらい?」と彼女は照れながら言った。


俺はそのあと、速攻でちくわを買って来てちんこを突っ込んだ。すごく興奮した。
でもちくわはすぐ裂けた。そして「俺は何やってるんだ」と我に返って大声で泣いた。ちくわは食った。

653 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 19:42:35
>>652
なんか短編小説みたいだw

654 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 19:43:54
男が下ネタにはしってもウケるのに
女がやると下品に感じてしらけるね。

655 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 19:47:05
それは単に文化的な問題かと。

656 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 21:01:40
小学生男子がうんち好きなのと同じようなもん

657 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 21:41:58
あげ

658 :吾輩は名無しである:2005/12/16(金) 22:10:48
ワロス

659 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 07:51:28
山田詠美のケツの穴の臭いを嗅ぎたい。

660 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 15:01:42
同意

661 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 17:24:35
詠美は香ばしい臭いがしそうだ。
江國香織は無臭だな。

やばい、おちんぽが立ってきた・・。

662 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 19:28:43
香ばしい

663 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 20:58:30
中学生3人が廃院になっていた病院に行った。それは大和川沿いにあるリバーサイド病院。そこでその内の一人の少年が、地下に会ったある部屋から行ったことを証明する為にカルテを持ち出した。
 そして、何事も無く3人は帰途についた。

 しかし、その日の深夜。

 カルテを持ちかえった少年の家で鳴る電話。

 とってみると、

「こちらリバーサイド病院ですが、カルテを返してください。今から、取りに行きます。」

664 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 21:25:54
電話が切れた直後、再びベルが鳴りだす。

先ほどの少年が電話を取る。

ガチャっ、「もしもし」

「何度も済みません。自分に足が無いことを忘れていました。
出来ればそちらから出向いて頂けませんでしょうか?」

665 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 21:49:51
丁度その頃、別の少年さとるは、ライオンの夢を見ていた。

666 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 22:07:07
指示じゃないですか

667 :吾輩は名無しである:2005/12/17(土) 22:53:50
女性作家は子宮で書くというが男性作家もチンコで書いてるよね
結婚すると作風がガラッと変わるやつ多いし

668 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 07:49:27
結婚してはじめてヤルなんて奴きょうびイネーってw

669 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 14:01:03
なんとなくサザエさんを見てたら、タラオの間違った日本語や、
花沢の押しの強さにムカツいてきてたんだよ。
そんで、その中でも最上級にムカツイたのが、マスオの
「エー」
誰かが何かボケをかますと「エー」とか言いやがんの。
アニメを見てない奴に勘違いして貰いたくないのは、
決して工エエェ(´д`)ェエエ工なんてニュアンスではない。
どっちかと言うと( ´_ゝ`)エー
お前は何だよと。言いたい!ちったぁやる気を出せよと。
そりゃ和のテイスト。日本のワビサビをかもし出すのに、
製作者は苦渋の選択として( ´_ゝ`)エーになったのかもしれない。
だが一度気になりだすと「どうせ次も( ´_ゝ`)エーだろ?」と思い、
そんで予想通りの( ´_ゝ`)エー。もうね。興ざめ。
ここでハタと気がついたわけよ。サザエさん症候群。
サザエさんを見ていると「明日からまた仕事だ」と思い、鬱になってく症状。
なぜこんな事がと思っていたが、全てはサブリミナルのように
チョイチョイ出てくるやる気の無い( ´_ゝ`)エー。何だよ。
つまり日本の不況の現況はサザエさんにある訳だ。糞が!


670 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 16:27:09
たしかに、不自然に女性出す傾向があるね。
刑事モノとか警察モノとかも。
女が喜ぶと思ってるのかねえ…

671 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 16:32:38
あれは男性サービスなんだと思ってた。

672 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 16:36:33
あーそれ知りたい

673 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 20:13:16
ダイナモ

674 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 20:16:01
おれ、男女平等反対。
無理なもんは無理ってこと結構見つかるよ。
よく意識して生活してみてごらん。

675 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 20:24:58
被害に遭うのはいつも女性…

676 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 20:37:45
ロスタイムってロスの時間のこと?

677 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 21:14:52
オフサイドこれだけ活躍したら欧州のチームに呼ばれそうだな…

678 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 21:30:32
つうか、女作家の小説の面白さの話なのに
>>674みたいな書き込みがなんでくるのかねえ。

679 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 21:52:19
>>678
馬鹿?
女の小説=つまらん、ってのは男女差別だろ。
674が言ってるのはそのことだと思われ。
お前、それにしても、文学板にあるまじき読解力だぞ。
もっと本を読め。

680 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 22:16:27
>>678
>>1をよく読め。

ここは回りの女学生に相手にされないいじけた>>1が、その鬱憤を
はらすがために立てたスレだw

681 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 22:22:33
なんで>>679はそんなに激烈な反応を見せるのかねえ。

682 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 22:27:04
ね。

683 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 23:18:07
女作家の小説は
自意識を前面に押し出した小説→クソ
自意識を排除・ひた隠しにした小説→結構(・∀・)イイ!!
って感じかな。

なんか作者自身の願望が投影されてたり
「アタシってこんなにすごいのよ!」が感じられると萎える。

684 :吾輩は名無しである:2005/12/18(日) 23:53:47
あのね、読者が小説を選ぶんじゃなくて、作品が読者を選んでんのよ。
女流がつまんないって言ってるヒトは、結局作品から拒絶されてるってこと。
こんなとこで恥晒してないで、もっとオ・ト・ナになりなさいね。

685 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 00:09:10
ネカマはネカマと名乗ってほしい。口調を真に受ける
中学生もいると思うので。

686 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 00:11:21
>>683
それって男性の小説家についても同じだと思うんですが。

687 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 00:14:59
>>685
女ですが。

688 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 00:30:59
現実の女は
しゃべり言葉も書き言葉もそんな口調じゃありませんよ('A`)


689 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 00:36:00
呼んだ?

690 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 00:46:47
690

691 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 00:48:33
さてさて

692 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 00:51:29
世界1位の真央の出ない五輪などやっても意味ないでしょ
日本は出場しなくていいよ
どうせ真央以外はメダルは無理だし


693 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 00:52:20
>>692
氏ね(笑

694 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 00:52:46
東京の人達って岡山人のマネばかりしてるよね?

695 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 00:54:18
綿谷りさの小説は面白いよ^^

696 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 00:56:46
それよかさ、

  真央が同じスケート仲間に苛められないように気をつけろよ、関係者

日本のアイドルっつか、世界のアイドルになれる存在なんだから。
安藤とかとは違って、日本ローカルじゃない世界に通用する清潔なイメージを持ってるし。
ヌーボーとしたマイペースさも可愛い。

トリノオリンピック関係者も、浅田に出場してほしいんじゃないかな。
大会の象徴となるアイドルになれる逸材だし。

697 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 01:04:30
http://bubble4.2ch.net/test/read.cgi/cafe50/1105003924/

698 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 01:07:52
>>697
この板いいね。なんで文学板が長文不可なんだろう?

699 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 01:16:17
長文大好きっ子が長文を書いて、1000行く前に容量オーバーするのを防ぐためだよきっと

700 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 01:43:24
I see.

701 :山田詠美:2005/12/19(月) 10:37:04
>>683
私はどちらに当てはまるかしら?

702 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 10:49:39
>>701
板違いだから氏ねばいいと思う、おまえが。

703 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 11:05:46
>>701
自意識を主張に置き換えると前者じゃないかな。
あからさまな主張が前面に出された本は、
読む側としてはうざったく感じるもんだ。
主張も女作家の場合大抵ヒステリックに聞こえる。

704 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 22:20:48
女のバカさが露呈されてるスレだな

705 :吾輩は名無しである:2005/12/19(月) 22:24:27
プププ

706 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 14:56:35
てすと

707 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 15:06:19

◇決定力トップ10◇ (更新:2005/09/09)


      出場時間  ゴール数    決定率
永井       78     1     1.154
久保      833     8     0.864
大黒      522     5     0.862
田中達     113     1     0.796
柳沢     1267     8     0.567
玉田     2012     7     0.313
中村     2684     9     0.302
鈴木     2169     7     0.290
高原     1513     4     0.238
小野     1153     3     0.234

708 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 15:26:53
どんな女作家も嫌いなら、好きな男作家って誰ですか?

709 :吾輩は名無しである:2005/12/20(火) 17:14:58
やっぱ大黒じゃないか?

710 :吾輩は名無しである:2005/12/21(水) 20:46:18
>>708
遠藤周作
三島由紀夫
村上春樹
中上健次
筒井康隆

711 :吾輩は名無しである:2005/12/21(水) 20:56:12
>>710
いやなんかね。
個々の作家に文句はつけないけど、その5人をまとめて挙げられると
やっぱ厨房かい!って気が。ハタチこえてたら『ぷ。』


712 :710:2005/12/21(水) 21:04:13
>>711
君の好きな女性作家は?
いないなら男性作家をあげてみ
ちなみに俺はもうすぐ29

713 :吾輩は名無しである:2005/12/21(水) 21:08:58
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1125837113/109

714 :710:2005/12/21(水) 21:11:26
>>713
恥ずかしいかどうかで、読む本を決めてるわけ?
それならつまらん人間だよね
本読む資格ないよ
世間体を気にせずに、本物を嗜めばそれでいい

715 :713:2005/12/21(水) 21:13:09
まぁ>>713はスレタイに合わせてのチョイスなので。
実際は安部公房とか他に幾らもいるがね。

ここで語らないだけで、漫画もラノベも嫌いじゃないよ。


716 :吾輩は名無しである:2005/12/22(木) 01:35:36
>>714
別人だけど
「恥ずかしいかどうかで決めてる」
わけじゃない。
その五人組を「好き」と並べられると、
見た方がわりと恥ずかしい。それだけだと。


717 :吾輩は名無しである:2005/12/22(木) 13:53:18
作家志望じゃなくて、ただの批評家の意見なら参考になるよね。
作家志望だったらあまりにスレタイとの説得力がなくなる。

718 :吾輩は名無しである:2005/12/22(木) 18:50:04
てか>>710は女性差別的な作家をあえて挙げてあるんじゃねーの。
スレタイに沿わせるために。

719 :吾輩は名無しである:2005/12/22(木) 21:02:56
冨岡多恵子の良さがちっとも分からない
大仏賞記念上げ

720 :吾輩は名無しである:2005/12/22(木) 21:05:51
>1
きまってる、頭が悪いから。

721 :吾輩は名無しである:2005/12/23(金) 22:10:55
721

722 :吾輩は名無しである:2005/12/23(金) 22:14:46
>>717って特定なレスじゃなくて全体的にね

723 :吾輩は名無しである:2005/12/24(土) 01:04:49
1は、ジェーン・オースティンでも読んだら?

724 :吾輩は名無しである:2005/12/24(土) 14:25:42
724

725 :吾輩は名無しである:2005/12/24(土) 17:52:35
山本文緒は才能あると思うけどな。
誰かが代わりにストーリを考えてあげて
文緒が文章化すれば、結構売れると思う。

726 :吾輩は名無しである:2005/12/24(土) 19:15:11
女作家の作品がつまらないと思うのは、男だけだろ。
女はそれなりに面白いと思って読んでるよ。
逆に、カミュの『異邦人』などは男にはやたらウケルが、女にはさっぱりだよ。
男と女じゃ、やっぱ求めるロマンが違うのだろうな。

727 :吾輩は名無しである:2005/12/24(土) 19:24:17
『老人と海』が女性受けしている件について

728 :吾輩は名無しである:2005/12/24(土) 20:33:20
>>726
「女作家」として考えているであろう例が山田詠美とか? だとしたら
それとカミュを比較するのはめちゃくちゃだろw
その三行目は北方圏ぞーとか重松清とかにしてくれ。


729 :吾輩は名無しである:2005/12/24(土) 22:18:17
>>728
別に山田詠美なんて名前出してないし、それとカミュを比較もしてないだろ。
お前ら文学版の住人として想像力豊かなのはいいが、完全に想像力超えて妄想の域に達してるぞ。
気をつけないと、それ病気スレスレだw

730 :吾輩は名無しである:2005/12/24(土) 22:20:05
>>727
老人が女性受けするのは、ただ単純に学校で推薦されることが多いからだろ。
女ってのは学校推薦みたいなのに弱いというか、そもそも権威に弱い生き物
だからな。
女に「老人」の良さなどわかるはずはない。

731 :吾輩は名無しである:2005/12/24(土) 22:35:25
男の方が権威に弱いって聞くけど。女はそんな男に平伏してるから、弱く見られがちなんじゃない?ま、実質、縦社会には男の方が身を置いてるよね。

732 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 00:21:30
男作家であれ、女作家であれ、なんで嫌いなものを語りたがるんだ?
黙殺できんのか?

733 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 01:15:45
そもそも、自身の性器を「女陰」呼ばわりされていることに反応しようしない。
この鈍感さが拙い。
いくら頑張っても、「女陰」を持ってるようじゃマズイだろ。

この一点のみを挙げても、女が鈍感であり、ツマラン生き物であることが
了解されるであろう。



734 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 01:44:03
とクリスマスに語りたい俺。



735 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 12:59:06
んで、女陰に自分のを突っ込むつまらん鈍感な男がいるわけだな。

736 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 13:23:11
>>735
モテないからって嫉妬すんなよw

737 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 13:29:55
>>731
文学板の住人にしては洞察が浅いねw
男は権威に弱いどころか、反権威こそが男の本質だろ?
矢沢永吉や松田優作、ビートルズやローリングストーンズなどがウケルのは
あの反体制的な生き様のためじゃないか。

しかし、それでは生きていけない男がほとんどだから、みんな権威に服従し
ているだけだ。ホリエモンが東大出身&金持ちにもかかわらず、ある程度の
支持を得られたのは、やはり既成の権威に向かっていった姿勢が共感を得た
からだろう。

738 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 14:35:13
反権威という権威じゃんw
「矢沢永吉や松田優作、ビートルズやローリングストーンズなどが」って
乱暴だと思うけど
(というかお坊ちゃん育ちで反権威気取ったストーンズと、チンピラが坊ちゃん気取った
 ビートルズは全く反対の方向性なんだけど)
それらを(既成の権威では弾かれてしまう低学歴や低所得者層の)男達が
祭り上げてネガティブな権威化を図ってるんじゃないの?

反権威を権威に、アンチロマンをロマンにせずにはいられないのが「男の本質」だとするなら
ある種の女性作家の作品を楽しめないのも至極当然といえるだろう。

739 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 15:04:14
>>738
>反権威という権威じゃんw

ばかか?
反権威を権威をいうなら、すべてが権威じゃねえかよw
そーゆーのを「言葉遊び」というのだよ。

「揚げ足取り」と「反論」
「言葉遊び」と「議論」
これらを履き違えてやたら威勢よく捲し立てるバカがいるから困るんだよね。
いいから、ママのおっぱいでもしゃぶってなw


740 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 15:05:38
>1

頭が悪いからだろう。

741 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 15:08:14
>>739
「反」と「非」の違いも分からないのかい?

742 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 15:15:47
>>741
ごまかすなって。
反権威という権威も権威だ。権威とは大衆を動かすもの。

743 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 15:37:56
反権威で頑張ると権威に認めてもらえる
運がいいと跡継ぎになれるというなれ合いこそ
男の子マンガの王道。


744 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 15:42:07
権威が権威というただそれだけで悪いわけではない。
権威が権威に胡坐をかき、また権威の傘下に入って甘い汁を吸おうと企む輩こそが、悪なのだ。


745 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 15:43:09
違うね、反権威で健気に頑張っていると、権威の中の人がそれを利用して
権力向上や大衆の操作にする。跡継ぎなんかになるはずないよ。漫画でも
そんなのないし。男の子漫画読んだことあるのかねきみは。

746 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 15:46:45
権威を勝ち取った者が、「反権威」の精神を持ったまま権威者であるならば、
彼は英雄であるが、たいていは権威者となった途端に、暴君と成り果てる。


747 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 15:50:31
かわいそうだが反権威のひとは利用されてなんぼです。
利用もされない反権威に大衆は見向きもしない。
本当の意味で世の中を動かしている人たちは反権威も余裕を持ってみている。
泳がせておいて、利用価値が出てきたらさっとすくい上げる。
実に巧妙な手口だ。だから反権威のひとは大衆の目の前で反権威のパフォーマンスを
ある程度やっているうちに気付くわけ。あれ?おれもしかして利用されてないか?
時すでに遅しだよね。反権威や反骨精神という響きは確かにかっこいいけれど、本当の意味で
そうであるひとびとの生活って、まあ大体終わってるもんだよ。金持ちの生まれなら別だけど。

748 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 15:57:43
>>747
何をもって生活が終わってると見るかによるな。
金持ちだけが人生の成功じゃない。反権威や反骨を生涯貫いてそれで
満足ならば、その人は十分価値ある人生を歩いたことになる。

アメリカ式の「経済的な豊かさ=人のしあわせ」という価値観だけが
人間のしあわせではない、ということにまだ縛られてる奴がいるんだな。

749 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 16:21:16
他人を醜い争いをして地位や金を得るよりは、
豊かではなくても穏やかな生活をしたい、という人は多いんじゃないかな。
幸せに対する価値観はいろいろだろ。

750 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 16:24:49
マジレスすれば俺もそう思うけどね。
ただ生まれの悪い人はアメリカ式の価値観が一番ぴったりくるんじゃないかな。
こんな時代だから本物の反骨精神はむつかしいよ。

751 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 17:49:58
金や社会的地位に執着する人間って、そうなってしまうだけの大きなトラウマを背負っているんだろな。
矢沢永吉の金への執着は凄いし、ホリエモンもかなり執着してる。
でも、もちろん、それが悪いとは思わない。日本人は「金」とか言うとすぐに醜いって罵倒はじめるけど、
金が欲しくない人間はいないと思う。
ただ、金だけが人間の幸せではないと思う。

752 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 17:52:06
で、結論としては、
権威が好きなのは女で、
反権威が男、
ということでよろしいでしょうか?

753 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 18:07:57
自分が反権威だと思いたがるのが男
かな、どっちかというと。

754 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 18:11:57
偏見かもしれないけど、日本人で反骨精神旺盛な女ってButhのイメージが。



755 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 18:16:24
男社会の批判してる女学者ってみんなButhだよな

756 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 18:19:16
男は反権威
女は非権威(無権威)
でいいんじゃね?

具体的にいうと、川上弘美とかは優れてるけど非権威的というかんじ。

757 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 18:22:28
女自身は権威を持とうなんて野心はないのよ。
ただ権威に弱い。権威を前にすると卑屈になったり、権威を持った男に惹かれたり・・・。
そういうことだろ言ってるのは。

758 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 18:29:23
男は反権威だが、自分が権威になるぶんにはOK。
女は権威に弱いが、権威を欲しない。

ということか。

759 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 18:29:47
雄の場合はできるだけたくさん遺伝子を残したい。ほとんど無限に放出できる。
だから上を目指す。あらゆる意味での<権威>を持とうとする。出発点が反権威でも
結果多くの雌に射精できれば<権威>になる。

雌の場合は生涯出産回数は有限。出産時は一人では難しい。
だから上下ではなく縦横につながりを重視する。


760 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 18:32:24
動物の社会にもいろいろある。サルに限っても色々あるので
必ずしも>>759みたいな説明は妥当とは思えんが。

761 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 18:45:26
>>758
それでOKとして、ではなぜ男は反権威なのか、そして権威になれば反権威的にはならないのか。
反権威志向はさっきもいったように既存の権威を打ち壊して自分がなりたいから。そして自分が
それ以上に上がない権威になってしまえば、今度は自分を壊さない限り、権威的であることは不可能。
たいていのひとは、ここで横暴になる。もしそこで英雄になるとすれば、横暴になるまえに死んだり暗殺されたり。
ではないか。
女が権威を欲しないのも子孫を残すにも数の限界があるから。ただ生活の安定はもとめないといけないので、
男のように苦労して生活力向上を目指すよりは、目の前に権威が近づけば楽に手に入る。

762 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 18:48:40
訂正
3行目>権威的であることは不可能
→反権威的であることは不可能

763 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 18:57:07
勿論これは今の男性優位の社会だからであって、これがもし逆転すればどうなるか。
また逆転させるにはどうすればいいかを考える。


764 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 19:00:18
いやいや文学板的にはやっぱり逆転とかじゃなくて
Man/Womanの二項対立そのものを突き崩すという
方向で行かないと。

765 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 19:04:16
いや、しかし5000年以上女性は辛酸をなめてきたわけだから、
同じ年数女性に上がってほしいのだがね。

766 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 19:08:22
うーんでもそれだと、あなたの子孫の半分は辛酸をなめる
という事には変わりなくなりますけど。

767 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 19:12:50
雄なので、基本的には子孫であろうと自分以外の男が辛酸をなめるのに問題はないです。


768 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 19:18:20
>>767
それも男優位の立場で考えてるね。
女が辛酸をなめてきたのならむしろ、女性優位の立場で考える必要があるのでは。

769 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 19:19:53
女が辛酸をなめてきた、という思想そのものが
男優位の立(ry

770 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 19:52:03
では女の立場で考えると、
権威志向がないから女性は過去辛酸をなめていようがいないが関係なく、
問題はこれから人間が辛酸をなめずにはどうすればいいかになる。これが二項対立の脱構築?。
で、生まれた子供が男でも女でも育てなければいけない。育てた子供が男として必然反権威的
になるので、それを食い止めるために息子をどうにかしなければならない。
どうすればいいかをさらに深く考える。

771 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 21:23:50
あのさ、まず「脱構築」とかもうやめようよw

772 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 21:26:07
世のお母さん方に告ぐ

近親相姦で息子を脱構築しろ

773 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 21:30:29
まずさ、脱構築はまだ未完なんだよw
君はお母さんに脱構築されたのかね?
しかし世の男性の大半は未完なんだよw

774 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 21:30:50
女は権威を欲しないとか言うけど
文学における権威というのが、文壇的地位の確立とか、自らの知的優越の
誇示だとするならば、
金井美恵子とか倉橋由美子なんかは、男性作家以上に(かつ実際の能力以上に)
威張りんぼかつひけらかしに固執してるとおもうよ

775 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 21:33:53
男も女も権威に弱く、権威を欲しがるってことか。
普通の結論に戻ってしまったな。

776 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 21:34:41
飽くまで集客用の一般論的沈殿物を論じたまでであってね。
脱構築は未完ではあるが多少は進んできたので、世の女性が少し変化することはあるだろう。

777 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 21:39:51
ところで金井はなんであんなに偉そうなの??

778 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 21:41:31
脱構築とかもうやめようよwとか言ってる奴って
ほんとに理解してんのか?

779 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 21:43:03
理解する必要あるのw

とか思ってるんじゃね。

780 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 21:44:42
それは問題だな。てか俺も実はよく勉強したことがないからあまり偉そうなことはいえないけども。

781 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 22:13:08
金井が偉そうなのは、偉くないから。つまりルサンチマン。
同系統は、平野啓一郎を盗作者呼ばわりした某電波おばさん。

権威的といえば蓮実だろうし、権威主義的といえば阿部和重あたり。
男と女で明暗は分かれるもんだな。女は永遠に這い上がれない。

782 :吾輩は名無しである:2005/12/25(日) 22:25:45
河野は最初に「半所有者」読んじゃったからなー……。
いずれ「後日の話」を読んでみて、認識を新たにできるか問いたい。

783 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 06:48:33
1以下に挙げられてる「女性作家の欠点」て
男性作家にも該当する人は多いと思うが。
現在日経新聞に小説を連載中の某御大とか。
あんなのが大家面できる時点で男作家だからレベルが高いなんて
とても言えないと思うが。

権威に弱い人なんて男でも女でもいっぱいいるし
ほとんどどの業界にも見られるでしょう。
若い頃反権威を標榜していた人が
年食ったらゴリゴリの権威主義者に変身する例も掃いて捨てるほどあるしね。
某都知事様とか。

784 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 08:18:22
反権威もファッション。
若者の古着や崩し着流し着と同様のもの。
TPOに合わせて変幻自在。
それが凡人。
年寄りになっても貫ける人は非凡。
大衆はそこを見抜けない。

785 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 09:22:22
渡辺淳一ポジションは、女だと高樹のぶ子でいいの?

786 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 09:23:44
綿谷りさを愚論できんのか?あんたは?

787 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 11:26:59
愚論(ぐろん)じゃなくて
愚弄(ぐろう)だお

788 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 11:31:21
大衆が馬鹿なら壇上に上がるのも選ばれし馬鹿。


789 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 11:46:59
>>788
そしてお前は壇上にも上がれなければ大衆にも混ざれない馬鹿。

790 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 11:48:56
そうだよ。しかし馬鹿を有難がる奴はうんこだな。

791 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 11:52:04
>>790
大衆には仮面をかぶってちゃんと混ざってるよ。


792 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 11:54:46
ウンコ以下ですよ。大衆リンチに参加してるからね。

793 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 11:59:05
大衆のどこが馬鹿なんだ?
石原慎太郎のどこが選ばれしばかなのか?
頭いいじゃねえかよ。

794 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 12:03:10
どこが頭いいのか先に言ってくれないか。

795 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 12:07:30
大衆の先導と扇動力に長けた人材派遣力

796 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 12:29:48
大衆は馬鹿ですよ。ヒトラーが言ってました。
「大衆は理解力は小さいが、忘却力は大きい。単純なことを、繰り返し繰り返すことが重要。」
このことが分かっていたヒトラーは馬鹿じゃないです。
小泉もそれを知って実行したので、馬鹿じゃないです。
石原は、何いってるかよく分かりませんので、不明です。


797 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 12:44:05
    /:: ヽ,, ,, ,,/;;.: ヽ
   /;;::..       \
  /;;;::::.. シ-ー、,-─ツ ヽ
  |;;;;:::.   ─ i、─   |
  ヽ;;;::.   / ー-' ヽ  /
   ヽ;;::.   ー─  ノ <チャーハン作るよ…
   /;;::.""''''    '''"ヽ
   /;;;:::..        |;.|
   |;;\;::\.      |;.|
   .|;;::. \::\     |;.\
   |;;;::.  \::\   |\ ヽ         _。_⌒゚。・
   |;;;::..   ヽ_二二二っJ━━━←< ̄。・∵。・、_
   |;;;::..        |         `ヽ`ー---─''",'
   |;;;:::   ∧;;;:..  |          `ー---─´
   ヽ;;::.  / ヽ;;::  |
    |;;:.  /  |;;::  |
    |;;:  )  |;;:.  )
.    |;;: /  .|;;.: /
    |;;: |   |;;: |
    |;:. |   |;;: |
    L,,___ヽ  L,,_ヽ


798 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 16:01:58
ありがとう

799 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 16:09:50
さてさて

800 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 17:13:59
男子体操団体
アナ「さあ、日本最後の鉄棒の演技です。これで8.0以上出れば金メダル確定」
アナ「決まった!コールマン!!!」
アナ「着地も綺麗だ!勝った!採点を待つまでもありません。日本金メダル!」
客「小日本!!クソ野郎!!!尖閣諸島は中国の領土だ!!!」
観衆「Booo!Booooo!BOOOOOOOO!」
アナ「採点出ました!・・・え?7.98?」
日本選手一堂「(゚д゚)ハァ?」

801 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 18:15:27
801

802 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 19:26:30


803 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 19:40:44


804 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 19:57:09


805 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 20:51:38


806 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 21:00:04
うんこ

807 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 21:35:03
おんなは花びらつまらない花びらなの。
そのつまらないものに星の光雫の恩恵をも授与されていないと
おとこなら誰が言えよう?

808 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 22:13:19


809 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 22:44:45


810 :吾輩は名無しである:2005/12/27(火) 22:51:38
うんこ

811 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 00:18:58


812 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 00:23:07
うんこ

813 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 04:05:55
じゃあうんこ味のカレーがあったとしてだ・・・・・
俺が常々この文面で疑問に思うんだが、これを食べたとしてこのカレーが
「あっ!うんこ味だ!」ってわかるということはそれ以前にうんこを食べてその味を知ってなきゃ判らないことだよな?
食べたことが無い人にとっては「へ〜これがうんこの味なのか〜」てなものでただの際物料理としか認識されないのでは?
逆に言うとその味が意外と自分の味覚にあっていたという人もいる可能性も出てくる・・・。

うん・・・意外と深い意味が込められてるよこの命題は・・

814 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 05:38:25
>>813
お前、うんこ臭い。あっちいけ。

815 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 10:19:39
数のほうはわからんけど
自分は
今日の日本で前衛文学の重鎮かつ最前線といえば笙野頼子

最高峰の小説職人といえば佐藤亜紀
という認識なんで女作家がつまらんとは思えない。


816 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 10:37:09
現代女流作家の中にゃ、ろくなのいないな。
2chの女性専用掲示板レベル。

817 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 11:18:51
>日本で前衛文学の重鎮かつ最前線といえば笙野頼子

頭がおかしいとしか思えないけど…
好きなら好きでいいけど、なんていうか。

818 :815:2005/12/28(水) 11:33:18
もちろん自分の主観で上げたわけだけど、
前衛の代表って他に誰かいるか単純に聞いてみたい。
文学以外に逃げ場のない腰の入りようと
私小説に真っ正面から向き合う姿勢、
言語への耽溺具合と貪欲さから、
今の人で「前衛」で「文学」つうと笙野頼子が最初に浮かぶんだが。

819 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 17:57:50


820 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 18:45:40


821 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 20:19:39
>>1
谷崎賞作家、川上弘美を御忘れでないかい?

822 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 20:28:30


823 :まきな ◆I2rWVFDN2M :2005/12/28(水) 20:32:55
>>821
嗤わせるなボケ。
角田、川上、なんてどこが文学なんだよw テラクサス

824 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 20:33:24


825 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 20:44:01
うんこ

826 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 21:37:02
〜味というのは、味を完全再現しているわけではない。
たとえば、抹茶味のアイスを考えてみろ。あれのどこが抹茶だ?
よって、カレー味のウンコはカレー風味が加えてあるだけで、基本的にはウンコ味であると推測される。
カレーっぽいウンコってわけだ

827 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 22:58:57


828 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 23:11:39
今や、男性においては、オナニー発射文化、大流行の時代である。

町を歩けば、イメクラ、泡、ランハブ等の発射産業。
ネットに接続すれば、キレイなナオンが、お尻を突き出し、PCモニターから
レーザー目線を発してくる時代である。
3分間インスタント発射文明、盛隆の時代である。

生身の女性は、デフレ化したのである。

女性のために、金・時間を投下することの動機付けが失われてきているのである。

数年後には、オバタリアン、鬼婆、フェミ女化するであろう
女性には、こちらから願いさげである。かかあ天下は、御免蒙りたいのである。
誰も、オバタリアンのために企業戦士になりたくないのである。
冴えないナオンが、いきなり、キャリアウーマソになりたいなどと、一家言ぶつのである。降参である。ダウトである。

男性にとって、女性のために、金・時間を投下することの動機付けが急速に失われてきているのである。

当然、男の生身を知らず、男に相手にされない女性が、大量に供給され、
右往左往である。インフレである。
これら右往左往、キョッドった女性たちに、現実を忘却されるツールとして、提供される情報が、現代、女流作家小説の空疎な意匠であるといえよう。

でなければ、
→就寝中に、竹内豊とSEX。
→起床。
→夢であることに気づく。
→頬を濡らす涙に気づく。
→微かに残る体温。
→フェードアウト。
→了。

のようなインスタントパッケージコンビニ小説が売れるはずがないのである。

829 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 23:12:07


830 :吾輩は名無しである:2005/12/28(水) 23:18:23
超美人100人だって、いずれババァ100人だ。旬は逃すな。

831 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/28(水) 23:45:56


832 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 00:28:10


833 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 16:53:50


834 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 17:20:06
>>830
わかった。

835 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 17:21:32
とっかえひっかえするのが極上ということなの?

836 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 17:23:37
やっぱ、人間は自分の力で生きるからこそ、生きることの難しさ、無常さ、
残酷さが骨身に浸みるわけで、男に依存して生きている女には、それを理
解することはできない。

古来、女の芸術家が育たってこなかったのは、そのためだ。

837 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 17:24:33
>>835
少なくとも男の夢ではある

838 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 17:26:32
そうかもね、でもいまは男が男であることを維持することすらムズカシから。

839 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 17:28:10
>>835
とっかえひっかえしあわないと
カラダの相性はわかりえない。

840 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 17:29:24
おれ高校・大学とめちゃくちゃいい女と毎日のようにセックスしてたから
もうオナニーのほうがラクでいいw

841 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 17:59:45
ほらほら

842 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 18:25:17


843 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 18:41:27
>>840
童貞は消えろ

844 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/29(木) 18:42:20
>>839
カラダの相性があわないとお互いに不幸だす

845 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 00:09:02


846 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 00:47:29


847 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 08:07:19
>>1
厨房で悪いが、犬夜叉もそんな感じだ。

848 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 13:12:46


849 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 15:07:44


850 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 16:36:19
グラウンド

851 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 16:41:18
俺はむしろ江国や川上の小説を面白いと思うのだが。
代替の効かない、独自の世界を確立している。
金井や倉橋みたいに、半端にお勉強したことを、恥ずかしげもなく曝け出す
作家のほうが、退屈だし、女性作家ならではのつまらなさだと思う。
(あの程度で「どう!あたしって賢いでしょ!?」と顕示するのも
 それが受容されちゃうのも「女だから」でしかないと思う)

852 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 16:55:02
グラウンド

853 :まきな ◆I2rWVFDN2M :2005/12/30(金) 17:01:15
こんなダメなオレでもイイって言ってくれるヒトがいるんだ、ぼくは明日もセカイを
信じて生きていける!


カタハライタスwww

854 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 17:26:35
まきな、メールフレンドにならないか?

855 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 17:32:22
>>851
それなら江国も川上も一緒だよ。私小説は日本の伝統だけど
あの程度で独自の世界を確立と言われるのも女だから。
そんな一人称のヴァカ小説のせいで一人語り大好き女が増えた。
ウザー


856 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 17:46:15
グラウンド

857 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 17:51:08
川上は男女関係なく、余人を持って代え難い才能だと思うけどな

858 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 17:58:13
>>857 買い被り杉wwwwwwwwww

859 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 18:00:27
グラウンド…

860 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 18:04:04
>>858
なんで「w」がつくのか分からん。

861 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 18:17:34
>>857
余人をもって換えがたいというのは否定するつもりもないが、
だからといって、いてくれないとだめだとも思わない。

862 :まきな ◆I2rWVFDN2M :2005/12/30(金) 19:21:13
ああいうのは才能とは言わない。
妥協の反復でしかない。
妥協で生きている奴が心ノササエにしたがるのは理解できる。

863 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 20:29:26
飛べ

864 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/30(金) 22:51:36
わたしもお前の中にいさせろよ!

865 :めーた:2005/12/31(土) 02:20:46
みんな おかあさんから うまれてきたよー

866 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/31(土) 08:04:39
で?

867 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2005/12/31(土) 19:25:15
やっぱり女性の書く文章は感情的で主観的。
一方、男性の書く文章は論理的で客観的。
個人的には女性の文章はすらすら読めるので面白い。
でも男性の文章は色々考えさせられるから好きだけどね。
小説を芸術としてみると女性の方が優位で、
小説を芸術以上の思想としてみると男性の方が優位だと思う。


868 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/01(日) 02:51:55
なんつーか、あなたの持っている
「スラスラ読める」=芸術、芸術以上=思想
っていう分類が、男女の差をどうこういう以前にどうかと。

869 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/01(日) 05:06:41
うっわ、すげーバカw

870 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/01(日) 05:55:13
>>868
日本語読めないのか?

871 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/01(日) 12:19:56
なにゆえ思想の方が芸術より上なのか。
解説よろ。

872 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/01(日) 14:49:42
そんなに反感買うこと書いたかなw
絶対に逆、というんじゃなく、
それが当たり前の共通認識と思ってるのはおかしいんじゃないの
ってだけ。

873 :867:2006/01/01(日) 19:25:01
すいませんでした。あくまでも自分の解釈ですので。
芸術とは美を追究するものだと思います。
その一方で、もちろん美も追究しますが、そういうものよりも
人間の本質を探求するものを思想と述べたのです。
そうした思想作品は男性作家の方が多いような気がします。
思うに、女性は主観の強い文章を書きますのでそうなりますし、
男性は客観的に文章を書くのでそうなるのではないでしょうか。
それと、どちらが優れているかとは言ってません。
それに女性でも男性的な作品を書く人もいますし
男性でも女性的な作品を書く人もいます。

874 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/01(日) 19:30:02
上に書いたのは自分のあくまでも意見です。
なんか目くじら立てて怒ってる人もいますが、
ただの意見として受け止めてください。
それでも怒りが治まらないのでしたら、
その人は感情的で芸術家に向いてる素晴らしい人と思います。

875 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/01(日) 21:43:09
気がします? 思うに?
おまえは女か。男ならもっと論理的になれ。
女は駄目という当り前の主張も
お前みたいな釜野郎のせいでわやになるんだよ。

876 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/01(日) 22:26:22
おまえもなw

877 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/01(日) 22:27:16
>>876
俺のどこをいってるんだ?

878 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/01(日) 22:28:33
>>877
>お前みたいな釜野郎のせいでわやになるんだよ。

やわ、だろ?
論理的な思考以前の問題w

879 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/01(日) 22:29:31
>>878
ほんとだ
逝ってくる

880 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/01(日) 22:58:13
>>878
「わや」は「わや」だ。
辞書くらい引け、肉便器。

881 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/01(日) 23:01:35
わや?名・形動?〔俗〕

@すじが通らないこと。むちゃくちゃ。「─な話」
Aだめなこと。台なしにすること。「せっかくの催しが─になる」
◆「わやく」の転。多く関西地方で使う。


これのことか・・・
ごめんなさい
ちなみに>>876>>879は自演です

882 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/02(月) 00:23:16
女を題材に男同士が言い合う図の不毛は
内容が批判でもエロ話でも同じだと思った。

883 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/02(月) 23:32:14
まず一

884 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/02(月) 23:33:52
>>881
気にするなよ。4レス消費したんだぞ
4/1000だ

885 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/02(月) 23:37:43
男がどうやったら女

886 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/02(月) 23:38:33
男がどうやったら女を理解できるか?

887 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/02(月) 23:48:03
887

888 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 15:02:30
男が理解しようとしているうちは絶対に理解できない次元に、女はいる。
そんな努力は放棄せよ。

889 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 18:38:50
>>888
同意。

「海辺のカフカ」は女性受けするが、男性にはさっぱりらしい。
俺も駄作だと思ったが、女性に好かれるのも分かる気がする。
これも感性の違いだろうな。

890 :まきな ◆I2rWVFDN2M :2006/01/03(火) 18:44:54
それはバカっていうことだよ。

891 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 19:31:20
まきなはどうでもいいから美香カモン

892 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 20:19:46
892

893 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/03(火) 23:57:06


894 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 00:49:53


895 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 00:56:04


896 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 01:20:51


897 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 01:58:50


898 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 02:01:58


899 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 03:30:09
まきな来たなら来たと言ってくれ。
待ちくたびれたよ。

まきなあいかわらずかわいいよ。

900 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 03:32:42


901 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 05:49:48


902 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 06:09:27


903 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 10:44:18
>>886
寝ればいい

904 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 17:20:40


905 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/04(水) 17:28:16
上等上等!
ここに書き込みした全員の指詰めて、それで
男女共同参加型社会風味にちょうど薄まるからサイコーなんじゃないですか?

だってそうだもん。
高校で『源氏物語』習わない学校程度なんですか?
自国の文化も知らないなんて、地球人として最低じゃないの。
 つまんない文学が1000年も残ったなんて
日本はよっぽどヒマなんですね[癒し系の真鍋かをりさんblogばりの言い方で

906 :就職戦線異状名無しさん:2006/01/04(水) 17:28:19
山本文緒は面白いよ。
物語をきちんと書こうとする姿勢が見られるし、
文章も結構うまいので、良い暇つぶしになる。

907 :就職戦線異状名無しさん:2006/01/04(水) 17:32:20
>>905
もちろん原文を読んだんだろうな?
谷崎訳を読んだくらいで源氏を語るなよ。
谷崎以外の訳を読んだんなら、もうこの板に来るのは止めにして、就活を頑張りたまえ。

谷崎が偉大なのは間違いないが、あの訳文だけは解せない。
文章の流麗さを追求するあまり、日本語のもつニュアンスと云うものを疎かにしている。
つまり語彙の選択が不適切。川端が訳せば最強だったのにな。

908 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/04(水) 17:36:08
>>907
君がね。

909 :就職戦線異状名無しさん:2006/01/04(水) 17:41:12
>>908
お前は源氏なんて読まないで、エロ本で連載されているスカトロ小説でも読んどけ。

910 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/01/04(水) 17:49:10
>>909
いいんじゃないですか?
大甘で。男女共同参加型風味の社会を政府主導でつくりたい国民度みたいだしw

いいじゃないの。エロスの楽園で、誰が困るんですか?
筒井さんだけじゃないですか。
 筒井さんくらいしか批判しません。
もういいんじゃないですか?
女性は恋愛小説専門で。もうプロじゃないの?
少女マンガも全部それなんじゃなかったと誰が言えます?

最強ですよ。
誰も女性には勝てないですよ。
どうせ全部恋愛絡みじゃあないんですか?
 最強じゃないですか女性群。誰も追いつく必要ないでしょ。それがgender(性差)だし。
楽しめばいいじゃないですか?『姫ちゃんのボイン』『花より男根』あとは『NANAやらせろよ』だっけ?
まあ全部内容はオナニーじゃないの?知らないけどさ。

911 :就職戦線異状名無しさん:2006/01/04(水) 18:05:37
>>910
要するに「ノアの方舟」ということですね。
結構じゃないですか。あそこはエロスの楽園で あ る べ き なのです。
男性ばかりが乗っても仕方がないじゃないですか。誰が威厳を担うのですか?
威厳なしの小国家。想像がつきませんね。
権威で恋愛小説が書けますか?無理ですね。恋愛小説は女性の専売特許なのです。

おっしゃる通り最強です。
女性と話をしてご覧なさい。ほとんどが恋話ですよ。

gender?
用法が間違っていますね。「海辺のカフカ」をご参照ください。

『白い巨根』。
結構じゃないですか。極端な巨根の場合、包茎という概念は意味をなすのでしょうか?
ただ内容はオナニーですよね。だって量が無駄に多いですからね。

912 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 18:18:03


913 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 18:19:56


914 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 18:23:57


915 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 18:33:20


916 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 19:19:04


917 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 19:40:11
三浦綾子嫁。基督臭いことを除けば素晴らしい作家である

918 :917:2006/01/04(水) 19:42:15
とは家、最強なのは春樹だがな。

919 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 19:50:34


920 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 19:51:20
>>1
知能指数が低すぎるから。

921 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 19:52:57
論理的思考には不向きだからだろう。子宮でものを考える。

922 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 20:02:58
妻の上を通り過ぎて行った幾人もの男たち。
太いチ○ポを入れられ、男の背中に手を廻し悶えていた。
アナルまで見せながら尻を掴まれバックで犯されていた。そうは思いませんか?
あなたがキスをした奥さんの口唇・舌は他のチ○ポを舐め回していた汚れた口唇。
奥さんにセックスを仕込んだ男たちのことを考えると
胸が熱くなりませんか?興奮しませんか?

あなたの奥さんは、あなたと出会った時に既に中古品でした。
これは、あなたの奥さんの処女膜を破った男のみならず、
あなたが奥さんに出会う前にあなたの奥さんを抱いた他の男たちのすべてが
あなたが、あなたの奥さんを初めて抱いた時よりも良い状態の奥さんの肉体を
弄んでいたのです。
あなたと出会う前より若かった時の状態の良い肉体を他の男達が弄んでいたのです。
あなたは、その何人もの男たちに調教され、その男たちの唾液や汗や精液を体細胞に浸透させられ、
しかも老化が既に進行してしまっていた中古女を奥さんに貰ったのです。
ひょっとしたら、中絶も経験しているかもしれません。
あなたの奥さんは、他の男の子供を体内に宿していたのかもしれないのです。
あなたは、一人の男として、悔しくありませんか?
一生の伴侶である妻が中古女であった事を。
悔しさで胸が張り裂けそうになりませんか?

923 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 22:59:18


924 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:01:15


925 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:05:53


926 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:07:02


927 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:08:37


928 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:09:26


929 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:11:06


930 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:11:53
↑が単純だからでしょ。>>1


931 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:29:30


932 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:29:59


933 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:32:44


934 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:33:48


935 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:34:29


936 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:34:34


937 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:35:20


938 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:36:30


939 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:37:22


940 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:37:31


941 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:38:29


942 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:39:37


943 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:40:44


944 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:42:04


945 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:42:21


946 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:45:24


947 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:48:02
とは家、最強なのは春樹だがな。

948 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:48:42
三浦綾子嫁。基督臭いことを除けば素晴らしい作家である

949 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:49:34


950 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/04(水) 23:58:14


951 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 01:43:45


952 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 14:40:37


953 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 15:23:58
女は本当にバカばっかりだな。
まあ俺が言ってる意味も理解できず、再び文句ばっかり垂れるんだろうが。

954 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 17:16:00


955 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 18:09:11


956 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 19:55:34


957 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 19:58:27


958 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 21:29:30


959 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 22:01:27


960 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/05(木) 23:01:06


961 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 00:09:00


962 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 00:11:01


963 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 00:12:39


964 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 00:15:26


965 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 00:26:15


966 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 01:30:02


967 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 01:41:06


968 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 03:54:39


969 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 12:10:26
>>1
男性が単純だからでしょ

970 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 12:17:39


971 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 14:11:40
男は女を理解しようとしないからな。

972 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:02:24
女性の心理は理解出来ない。
意中の相手に「かっこいい」、「やさしい」、「賢い」など色々な褒め言葉を
言ってもらえるが、いざ手を出そうとすると冷たくあしらわれてしまう。
僕をおちょくっているのか?いい加減にしてくれ。気が変になりそうだ。

973 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:02:45


974 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:04:45
僕は東大を出て一流企業に勤めているのに、
どうしてあのような鈍臭い男の方になびくんだ?

975 :はるか高み:2006/01/06(金) 21:05:47
>>972
単なる勘違いだよそれは。最初から冷たいのさw
キニスンナ。

976 :はるか高み:2006/01/06(金) 21:07:39
どうして女はチャットだけで濡れるのかね。不思議だ。
ちょっと優しくしただけで濡れるし。

977 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:07:47
どうせ出世しても付き合ってくれないんだろ。
性格も普通だと思うので、一体どうすればいいのか教えてよ。
本当に辛い。明日からの三連休はひとりで喫茶店で過ごすことになりそうだ。

978 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:10:05
ペニスはそんなに臭くないのに何故ワギナはあんなに臭いの?
女の人教えて〜

979 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:10:10
>>975
自分のどこが悪いのか分からないので、その点だけでも教えて欲しいです。
納得の行く回答だったらこちらも諦めがつくのに・・。

980 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:13:22
ジメジメしてるからだよ。臭いのは当然だ。
ペニスは清潔だからね。

981 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:13:37
>>979
その粘着質で、空気読めない性格。
ってかネタだろ、他所でやれバカチン。

982 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:17:18
女にふられたぐらいでめそめそすんにだ!
といいたいところだが、女に振られるときしか落ち込めないのも若いコロだ。
自殺しない程度に悩ましい青春を送ってね。

983 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:18:07
>>981
ネタじゃないです。
でもその人に「神経質」といわれたので、
あなたのおっしゃるとおり粘着質なのがやばいかも知れません。
でも女を落とす時は徹底的に責めろと言うじゃないですか。
こちらから連絡を絶つと、おそらくはそのまま縁が切れてしまうと思います。
だから相手に多少迷惑だなと感じながらも、こちらからせっせとアクションをしかけているわけです。
本当に女性は何を考えているんでしょうね?理解に苦しみます。

984 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:19:24
>>983
もう29なので青春とは程遠いです・・。
とりあえず相手が結婚するまではこちらも全力を尽くします。

985 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:20:14
真性包茎だけど、すごい臭いよ?
セックスできないすごい痛い。

986 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:22:28
もう少し気楽に行こうと思います。
本当に欲しいものは諦めた時に手に入るって言いますしね。
でもたまにはメールが欲しいです。年賀状も来なかったし・・。

987 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:23:14
真性包茎は治した方がいいよ。癌になる可能性が高くなる。
俺はクンニ嫌いだからね。ワギナほど臭いものはそうそうないし。
あんな汚い穴にペニスを突っ込む奴の気が知れない。
まだアナルのほうがまし。

988 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:24:49
ブンガクバンいちドーテーくさいスレはココでつか?

989 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:25:13
もう万策尽きた感があるので、心理学を勉強してみようと思います。

990 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:26:09
僕は童貞です。
彼女がいた時期もありましたが、やらせてもらえませんでした。

991 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:26:23
まんこなんて臭すぎー。
きったねえ。よほど好きにならないとセックスしたいとは思わないね。
あんな生臭いもの

992 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:27:49
煽ってみたが、大した反応がないことから察するに、女はいないようだな。
女のユーザーって何人ぐらいおんの?

993 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:28:47
でもペッティングの経験はあります。
臭いはあまりしませんでした。
セックスより長時間抱き合っている方が気持ち良さそうでいいです。

994 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:29:48
女って何だかんだ言いつつ、でかいペニス突っ込まれたら身動きできないものなのかね?



995 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:30:04
今の自分に出来ることって一体何なんだろう?
人間、失格。私は無駄の多い人生を送ってきました。

996 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:33:39
無駄だと思うならしねよ

997 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:34:54
どんなに気が強い女でも、ペニスだけは恐がってるよね。


998 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:36:07
でも僕が死んだら社会的な損失になると思います。
こう見えても学生時代は秀才で通っていました。

999 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:36:32
あ〜たまらん

1000 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/06(金) 21:36:38
もう釣りは飽きました。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

203 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)