5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

一発屋な作家

1 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 15:49:48
こんにちわ。
突然ですが、皆さんが思い浮かぶ
一発屋な作家さんってどんな人がいますか?

2 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 15:50:44
選考委員と一発やった唯川恵

3 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 15:53:25
平野啓一郎

4 :吾輩は名無しである:2005/09/02(金) 16:14:36
吉田兼好

5 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 20:55:42
エミリー・ブロンテ

6 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 21:13:03
マーガレット・ミッチェル

7 :吾輩は名無しである:2005/09/03(土) 21:43:04
プルースト

8 :吾輩は名無しである:2005/09/04(日) 02:05:02
平野啓一郎ですかね。。。

9 :吾輩は名無しである:2005/09/04(日) 02:13:14
竹山道雄
島田清次郎


10 :吾輩は名無しである:2005/09/04(日) 02:50:37
村上春樹じゃね?

11 :吾輩は名無しである:2005/09/04(日) 02:51:59
ダンテ

12 :吾輩は名無しである:2005/09/04(日) 03:02:11
平野は一発目も駄作じゃんw

13 :吾輩は名無しである:2005/09/04(日) 03:23:04
たすかに

14 :吾輩は名無しである:2005/09/04(日) 05:40:13
プルースト『失われた時を求めて』1作で文学史に踊り出た一発屋

15 :吾輩は名無しである:2005/09/04(日) 11:00:21
羽田圭介
黒冷水とかいって、センスなさすぎ・・・。
タイトルださい。自分で意味説明してんじゃねえよ。
青の炎のほうがまだましだった。

16 :吾輩は名無しである:2005/09/05(月) 02:51:07
平野の作品は読む気にもならん…
羽田圭介は思い浮かばんかった。
なるほど。。。

17 :吾輩は名無しである:2005/09/05(月) 03:04:23
Harper Lee, Margarette Mitchel, Emily Bronte(詩が若干)

女が多いな。

18 :吾輩は名無しである:2005/09/05(月) 03:48:58
山崎ナオコーラは続けそうだけど白岩玄は難しそう。
あの人の場合新たに画期的なストーリーを考えなくちゃいけないからね。
一発屋で終わる度40%・・・。

羽田圭介は・・・60%かな。
綿矢りさも最近ちょいアブなくね?どうしたんだろう

19 :吾輩は名無しである:2005/09/05(月) 04:43:05
平野啓一郎

20 :吾輩は名無しである:2005/09/05(月) 05:07:56
>>17
マーガレット・ミッチェルはあれしか書かなかったし書く気もなかったから。
>>18
綿矢は「一発屋」ではないと思う。

21 :吾輩は名無しである:2005/09/05(月) 05:12:12
田中英光「オリュンポスの果実」

22 :吾輩は名無しである:2005/09/05(月) 05:18:51
島田清次郎「地上」
中川与一「天の夕顔」
伊藤左千夫「野菊の墓」(この人は本来歌人だったしな)

23 :吾輩は名無しである:2005/09/05(月) 06:51:06
一発やらせて欲しい作家は?

24 :吾輩は名無しである:2005/09/05(月) 07:54:04
>>20
綿矢は今のところ「二発屋」ですかね。

25 :吾輩は名無しである:2005/09/05(月) 09:23:43
綿谷は確実に商売になるからな。
あと1,2作はそこそこ売れるだろうし。

26 :吾輩は名無しである:2005/09/05(月) 09:36:14
古い人だと、
幸田露伴とか住井すゑ
厳密には一発屋じゃないんだろうけど
イメージとしてそんな気がする。

27 :吾輩は名無しである:2005/09/06(火) 01:11:00
山崎ナオコーラ。。。
久々に聞いた(笑)

28 :吾輩は名無しである:2005/09/08(木) 12:40:35
ここに名前が出てる日本人はどうやって
生計立ててるんだろう
地道にバイトとかしてるのかな

29 :イラストに騙された名無しさん:2005/09/24(土) 11:49:45
バラバラ

30 :吾輩は名無しである:2005/09/24(土) 12:18:36
露伴も一発やとは恐れ入ったぞ

31 :吾輩は名無しである:2005/09/24(土) 15:36:14
アベ・プレヴォー、ラファイエット夫人

32 :無名草子さん:2005/10/14(金) 11:44:10
r5

33 :山田詠美:2005/10/14(金) 13:39:05
ベッドなんとかしか有名じゃないから

34 :引間 徹:2005/10/15(土) 00:11:00
>>33
そんなこと言ったら一発屋だらけだぞw
一つでも有名な作品がある奴の方が珍しい。
それに山田は他にもいろいろ有名なのがあるし。

平野はよく名前が出るが、デビュー時の騒がれ方が異常なだけで、全然消えてないだろ。

35 :21歳女子大生:2005/10/29(土) 02:41:53
>>33直木賞、平林たい子賞、女流文学賞、谷崎賞を取っているのを知らんのか...


36 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 02:45:28
知らんもん、元SMプレイの女王様役やって男を鞭でしばいて
よろこばせてたって聞いた

37 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 11:43:12
>>14
韻文詩に限ればボードレールも一発屋同然かも。
実際は評論で活躍したのだが。

38 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 11:51:45
>>36
複数の男に掘られた三島はどうなる...

39 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 11:54:58
司馬遷・・史記しかないから

40 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 11:56:14
それはプルーストを「一発屋」って呼ぶのに等しいと思うが...

41 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 12:05:05
田中芳樹

42 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 14:48:51
芝浦健介。芥川取ったくせにカスだった

43 :吾輩は名無しである:2005/10/29(土) 15:48:44
清少納言

44 :21歳女子大生:2005/10/30(日) 03:08:50
じゃあ紫式部も一発屋ってことになるなw

45 :吾輩は名無しである:2005/10/30(日) 09:01:53
21歳女子大生さん、一発やらせて下さい

46 :吾輩は名無しである:2005/10/30(日) 22:45:43
瀬名秀明

47 :吾輩は名無しである:2005/10/30(日) 23:21:53
田中康夫

48 :ルージュ 磊:2005/10/30(日) 23:28:03
いいですね

49 :吾輩は名無しである:2005/10/30(日) 23:44:27
綿谷=散髪屋

50 :吾輩は名無しである:2005/11/02(水) 14:30:00
>>44
紫式部日記は?

51 :吾輩は名無しである:2005/11/02(水) 15:08:43
一発屋じゃないが、一冊で収まってしまう梶井基次郎

52 :吾輩は名無しである:2005/11/04(金) 22:20:58
臭いちんぼのついてる、21歳女子大生w

53 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 11:28:14
一発屋らせて

54 :吾輩は名無しである:2005/11/05(土) 19:02:41
石原慎太郎

55 :吾輩は名無しである:2005/11/11(金) 23:53:38
蛇にピアスしてそうな女

56 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 07:41:04
>>51
それなら、ボードレールやランボーも挙げていいか?

57 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 07:48:57
聖書書いた人

58 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 07:55:34
竹取物語

59 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 08:06:20
>>57
あれは複数人いるからこのスレでは無理。
大体、新約と旧約ですでに時代が違うし。

60 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 08:07:14
まあ福音書を書いた聖マタイや聖マルコを「一発屋」っていうのはありかもしれんが。

61 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 09:06:05
ドストに言わせると、聖書のようなものはもはや誰にも書けなうくらい偉大な書だそうだ。
福音書はオレもそうおもたぞ。

62 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 10:12:26
その通り。

63 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 13:19:26
なんとなく、田中康夫

64 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 13:38:30
偉大な気がしてるだけ

65 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 13:47:15
>>63
あ〜あ、いまだに田中康夫を「なんとなく」しか知らない人って多いんだね。
文学板ならもっと知っててもいいのにw
今でも文庫で読める名品は『昔みたい』くらいだが、80年代から90年代にかけて評価高かった随筆に勝るとも劣らない小説いろいろ書いてるんだよね。


66 :吾輩は名無しである:2005/12/03(土) 14:49:18
でも小説家としては取るに足らない。

67 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 02:59:46
ひき  るな

68 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 03:18:57
>>66
読んでねーからしらねーだけだろw
玄人筋の評価は高い。
「なんとなく」なんかは、画期的ではあったが、小説としてはつまらん部類。
80年代後半から90年代のものが良いのだよ。

69 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 03:20:35
加えて言うと、田中康夫は文壇的なものと徹底して対峙していたから、文壇的な評価の場がなかったのさ。

70 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 04:19:17
一発屋=綿矢りさ。


71 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 04:38:11
綿矢は既に二発当ててるけど

72 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 04:41:13
>>71
処女作の方はとるにたらん。
小説として当たりなのは2作目のみ。

73 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 04:52:19
綿矢りさは今後が問題だよなあ。
未成年で芥川賞に届いてしまったのが、今後の人生にどう影響するか心配になる。
作家としての感受性を退化させることにならないかと。

74 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 05:03:40
岩崎恭子が14歳で金メダル取って、その後はその時の自分の記録をついに抜くことができなかった・・・・というのが綿矢りさの今後を示しているようにも思うな。

75 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 05:29:07
>>74
男と違って女のスポーツのピークはその頃なんだよ。
綿矢は大丈夫だろ。

76 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 05:45:31
>未成年で芥川賞に届いてしまったのが

芥川賞ってただの新人賞だぞ。

77 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 07:31:51
>>75
はあ?
女のスポーツのピークが14歳?
競技によって十代がピークということはあるが、「女のスポーツのピークが14歳」?
というか、そこにこだわっても話ずれるので話戻すけど。
小説の場合、十代で認められる才能と、20代以降で名作書く才能はけっこう違う。
綿矢は現在大学優先にするなど身の処し方は正解だと思うけど、今後については「?」かも。
小説とは違う「自分の好きな方向」に行くような気もするけどね。

78 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 09:11:31
根拠もなく推定で語っても仕方ない。

79 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 11:25:01
このスレで本気の長文とは・・・。しかも綿矢ネタで。

80 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 11:58:47
>>79
いや、岩崎恭子ネタにくいついて長くなっただけw

81 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 17:29:22
ほとんどの芥川賞作家
『赤頭巾ちゃん気をつけて』庄司薫だと思うけど、この人才能あったらしいが一発だよね。

82 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 23:58:18
なんとなく、田中康夫

83 :吾輩は名無しである:2005/12/07(水) 00:58:55
竜騎士07

84 :吾輩は名無しである:2005/12/26(月) 13:44:41
ああ一発あてたいね

85 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 15:25:09
今、1308に居るというのが分からんのか!

86 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 15:57:06
綿矢りさは知らんが
もう一人(金原だっけ?)は一発屋になりそうだな

87 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 16:10:49
ジェイ・マキナニー
ベストセラー『ブライト・ライツ、ビッグ・シティ』だけでオワタ

88 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 16:11:47
ジョーズの原作者

89 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 16:32:23
>>81
中央公論新人賞、芥川賞を受賞。そして芥川受賞作を筆頭に薫ちゃんシリーズ
で人気を博す。
そして今は小説をかかずに書道をやっているらしい。

90 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 19:31:52
篠原一

91 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 21:50:34
すばる新人賞や新潮新人賞受賞者は、ほとんど一発屋なんだよなあ。

92 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 21:55:08
高橋源一郎は何回でてきたんだ?

93 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 14:30:17
ロートレアモン伯爵。
『マルドロールの歌』だけで文学史上に残った。

94 :クラコス:2006/02/22(水) 03:16:57
やっぱ羽田圭介っしょ。黒冷水しか出版されてないし。
最年少とか謳われて、ある程度売れたのかもしんないけど
次作を今さら出してもねぇ

95 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 08:16:43
>>94
私はまだ彼の新作を待ってますが何か

96 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 19:27:58
>77
>綿矢は現在大学優先にするなど身の処し方は正解だと思うけど、


ttp://www.waseda.jp/student/weekly/contents/2005b/083c.html
「これからは、勉強との両立を考えないでいいから、ラク」と、屈託なく笑う。


『文藝賞受賞』を売りに推薦で入っといてそりゃ無いだろう、って言い草。


97 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 21:58:10
一発屋で、しかもその一発が口述筆記だったという凄いのがいるぞ。稗田阿礼。

98 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 22:13:50
>>97
あれほど長けりゃ、一発屋どころか人生捧げたにひとしい。

99 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 22:28:14
その基準なら最強は出口王仁三郎

100 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 03:58:42
ギヨーム・ド・ロリスなんか一発屋ですらないな。半発屋。

101 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 11:18:48
梶井基次郎

102 :吾輩は名無しである:2006/03/03(金) 19:05:00
45万部のベストセラー『嫌韓流』の第2弾

『嫌韓流2』発売中

駄作か傑作かは、買って自分で確かめよう

103 :吾輩は名無しである:2006/03/07(火) 15:22:50
高見広春「バトルロワイヤル」
ホラー大賞の受賞者って一発屋多くね?
バトロワは候補作だけど

104 :吾輩は名無しである:2006/03/07(火) 15:29:24
赤川次郎

105 :吾輩は名無しである:2006/03/07(火) 15:35:42
平野啓一郎

106 :吾輩は名無しである:2006/03/07(火) 18:19:55
宣伝や映画化等で売り出した作家は、一発屋になる可能性が大きい。


107 :吾輩は名無しである:2006/03/08(水) 14:55:40
「世界の中心でホニャララ…」のおっさん

108 :吾輩は名無しである:2006/03/08(水) 16:39:58
yoshiは?あれも作家に入るよね、いちおw
アイコ16歳の人は?

109 :吾輩は名無しである:2006/03/08(水) 21:44:32
わたやりさ
あいつなんで本出さないの???

110 :吾輩は名無しである:2006/03/08(水) 22:04:44
「世界の中心でホニャララ…」のおっさん
って意外と実力派なんじゃねーの?
読みたいとも思わないけど

111 :吾輩は名無しである:2006/03/08(水) 22:20:57
大して面白くもないもんで芥川賞もらってそれっきりかと思ってたら
忘れた頃に大当たりを出した小川洋子もそのうち一発屋に分類されるんだろうか。


112 :吾輩は名無しである:2006/03/08(水) 23:02:13
Yoshiが催眠術を覚えたら最強だよね。

113 : ◆Wzq4qGxl5Y :2006/03/08(水) 23:13:40
そうそう

114 :吾輩は名無しである:2006/03/08(水) 23:40:04
何で?

115 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 00:01:44
いまだ一発も出せない島田雅彦はどう分類するの。w

116 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 00:11:05
シマダンでさえ1発がないと判定するなら高橋バカ一郎はどうなる。
文藝でマシンガンのネェーちゃんと対談してるの読んだけど、
もう○○してやりてぇよ、コイツ。どうしてここまで自分を殺せるんだろ?
高橋より星野ちゃんの方が面白い作家かもしれないな。

117 :吾輩は名無しである:2006/03/10(金) 16:06:03
>>99
量では劣るが質では負けない中山みき。
「みかぐらうた」で作曲も振り付けもしたワーグナーやニジンスキーも顔負けの存在。

118 :117:2006/03/10(金) 16:30:40
中山の場合、「三原典」だから正確には「三発屋」か。


119 :吾輩は名無しである:2006/03/10(金) 18:21:53
一発屋を減らしたかったら、もっとまともな作家の作品を宣伝するんだね。
作家デビューさせるのも、何冊か本を書けると見込んでからにするとか。

120 :吾輩は名無しである:2006/03/11(土) 10:29:18
>作家デビューさせるのも、何冊か本を書けると見込んでからにするとか。


昔の作家は何編も書いてからデビューしたんだろうに。
(例えば)春樹が処女作でデビューしたあたりから事情が変わった?

121 :吾輩は名無しである:2006/03/11(土) 22:28:53
出版社にもう作家を育てるだけの体力がないみたい。

122 :吾輩は名無しである:2006/03/12(日) 13:39:47
学識のある編集者なんて、山口瞳や宮脇俊三の世代で絶滅したんだろうな。

123 :吾輩は名無しである:2006/04/12(水) 17:27:49
わたしにとって庄野は「静物」、三島は「橋づくし」、一穂は「白鳥」、
鮎川は「繋船ホテルの朝の歌」の一発屋。

124 :吾輩は名無しである:2006/04/23(日) 23:03:59
世間では一発屋扱いされているけどそうじゃないと思う作家は?

125 :ポセイドン1号:2006/04/29(土) 14:59:29
 新人賞はダメでも一発屋でもデビューしたいです。一冊は
本が出したい。(作品はそこそこあるけど)自費出版じゃないとダメかな? 
きっと庶民は一発屋になるのも難しいんだろうな。その点、
芸能人やいいですよね。向こうから話が来るし、一冊出せば、
すぐに作家とかの肩書きが付くこともある。編集者から書いてとか
お願いされるような業界にいれば庶民より楽。今なら
演劇人なんかがいいかも。

126 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 16:03:27
一発屋という単語の意味を誤解しておられるようですね。

127 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 18:01:59
このスレタイ見てすぐにプルーストが浮かんだ

128 :吾輩は名無しである:2006/04/29(土) 19:03:55
このスレ、最高ですね☆楽しいです!
よかったら私のブログも読んで下さい☆↓↓
http://ime.st/www.trasher.ru/foto/trasher/trasher.jpg

129 :吾輩は名無しである:2006/05/01(月) 23:27:24
ラーゲルレーヴ

ニルス一発メンタンピン三色ドラ5でノーベル賞ゲト、以後鳴かず飛ばず

130 :吾輩は名無しである:2006/05/24(水) 13:56:44
アイコ16才書いた人
今は一般人?

131 :吾輩は名無しである:2006/05/24(水) 20:44:11
>>130
中日新聞で時々コラム書いてるよ。まあ地元だから。
結婚して子持ちになって大学の非常勤講師になってそれなりに幸せに
暮らしてるみたい。でも、作家と言えるかどうかは分からん。

132 :吾輩は名無しである:2006/05/25(木) 09:42:28
羽田圭介

133 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 17:46:43
プルースト一発屋説濃厚!!

134 :吾輩は名無しである:2006/05/27(土) 17:54:55
村上龍

135 :吾輩は名無しである:2006/06/06(火) 21:05:19
一発屋か。
・・・多すぎてどうも。
逆を求めた方が早いだろうけどなあ。

136 :吾輩は名無しである:2006/06/06(火) 22:17:59
読み捨てられるベストセラーが一冊だけというのはあまりに寂しいが
歴史に一冊残るならそれで充分だろうちう気もするけどね

137 :吾輩は名無しである:2006/06/06(火) 22:27:51
高山和彦

文學界新人賞一次通過(一回)

138 :吾輩は名無しである:2006/06/06(火) 22:40:47
そりは一発ですらなかろう

その一作だけはどんな一般人でも知ってるというのでなきゃ

139 :吾輩は名無しである:2006/06/06(火) 23:13:50
椎名桜子

140 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 14:49:38
高橋源一郎

141 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 15:12:51
ほとんどの芥川賞作家は一発屋でしょう

142 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 16:14:22
訂正

ほとんどの芥川賞作家は一発屋でしょう

芥川賞作家のほとんどは一発屋でしょう


143 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 18:04:09
田中康夫

144 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 18:14:25
この板的には不適切かもしれないが

中井英夫

145 :144:2006/08/01(火) 18:17:14
あ、あと竹本健治

146 :吾輩は名無しである:2006/08/01(火) 18:32:55
ドストエフスキー

147 :吾輩は名無しである:2006/08/06(日) 21:44:09
源氏物語 紫式部
枕草子  清少納言


148 :吾輩は名無しである:2006/08/06(日) 21:58:03
>>140
>高橋源一郎

と書いてやろうと思ったけど、
いつか酔ったとき、俺はもう書いてたんだな。

149 :吾輩は名無しである:2006/08/07(月) 21:54:04
「かもめのジョナサン」書いた人

150 :吾輩は名無しである:2006/08/07(月) 22:33:46
カレンコルシップ

151 :吾輩は名無しである:2006/08/11(金) 23:03:21
> 高橋
それぞれ独立した三部作があるのに一発屋とはこれいかに

152 :吾輩は名無しである:2006/08/14(月) 12:05:21
「シリーズ」が一作品扱いになるなら、児童文学なんて凄いことになるな。

153 :吾輩は名無しである:2006/08/14(月) 21:46:54
一発屋(ただし100冊突破)とかw


脱線だが、栗本某は例のシリーズ以外の現代ものの短篇なんかを読むと
物書きとしての才能に乏しいのが痛いほどよくわかるyo
出て来る人物がもう揃いも揃ってステロタイプ

154 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 16:38:11
一発屋どころか不発野郎としか思えない有名作家ってだれかな。

155 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 16:51:26
古井由吉かな
良く言えば職人芸、悪く言えば永遠の不発作家

156 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 09:43:37
ファンには悪いが、小林信彦も『唐獅子株式会社』一発屋だと思う。
他の作品はどれも中途半端。

157 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 10:13:58
小林信彦w 古い作家読んでるだね。

158 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 10:19:43
この板で小林を「古い」って言われてもな...

159 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 10:24:36
庄司薫 ピアニストのだんなさんをしているのは知っているが、
ここ30年ほど何をしてるのかネット上でも皆目不明。

160 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 11:21:56
ずっと中村紘子著の本を書いてる

161 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 11:27:45
俺は座敷牢で飼われているのではないかと疑っている。

162 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 22:19:17
スレタイみた瞬間田中康夫が浮かんだ


163 :(o^v^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/08/30(水) 22:46:32
わたや



がんばれがんばれ

164 :吾輩は名無しである:2006/08/30(水) 23:25:00
うわさのベーコンの人。
高橋源一郎の小説の書き方の本を読んだら引用されてたので
久々に思い出したぞ。

165 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 00:31:09
モブ

166 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 01:31:52
>>164
あれはスゴス
確かに1冊しか売れまい

しかし、一発屋というほど売れたのかアレ?
私は成仏できそうです。

167 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 02:11:30
>>155
ぬかせ。今の日本で古井を除いて他に日本語の正当な書き手がおるか?

最初から翻訳向きの文章しか書けん春樹系統、
一方に言葉そのものが激しくストリップしてとどまるところを知らない高橋源一郎と
その下手なエピゴーネンの一派、
そしてロリコン高源の絶望に取り入った商業出版が
雲霞ならぬウンコのごとく輩出するちょと可愛いがバカで幼痴なねーちゃんの群れ…
嘆かわしいかぎりやないか。

いまや古井由吉は、袱紗に載せて床の間に飾っておきたいような
人間国宝的存在である。

168 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 02:13:00
と、不発屋の信者が作家同様に繰り言を述べております

169 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 02:54:39
ロートレアモン

170 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 03:29:27
>>167
春樹や源一郎やタレントもどきみたいなのは好かないけど
古井由吉氏の文章がそこまでの評価に値するとはどうしても思えない。
拙いものを感じるのですが。

171 :吾輩は名無しである:2006/08/31(木) 04:03:45
167なんか典型だが、古井信者はやたら他の作家を貶したがるのでどこでも煙たがられる。
他を否定することでしか自分のアイデンティティを保てないみたいな。
古井を読むとああいうメンタリティになっちまうんだろうか?

172 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 09:54:51
>>169
じゃあ沼正三

173 :吾輩は名無しである:2006/09/02(土) 09:56:28
> 他を否定することでしか自分のアイデンティティを保てないみたいな。
それは文学板住人の9割5分に該当するような。。。
(ト鏡を見る)

174 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 12:27:54
>>159
庄司薫は「赤頭巾ちゃん気をつけて」だけでなく、その続編をいくつか書いていて、
文庫本にもなっているから、「一発屋」とは言えないだろう。


175 :吾輩は名無しである:2006/09/14(木) 12:29:51
>>130
堀田あけみ。



176 :吾輩は名無しである:2006/10/06(金) 13:53:53
やっぱりモブ・ノリオ
今何やってんだか。

177 :吾輩は名無しである:2006/10/06(金) 21:06:41
age

178 :吾輩は名無しである:2006/10/06(金) 22:00:29
>>144
スレチを承知で書かせてもらうが
函+ウロボロス×3で4発ある

179 :吾輩は名無しである:2006/10/20(金) 22:27:36
嵐山光三郎が伝記に書いた人

180 :吾輩は名無しである:2006/10/20(金) 23:43:46
>>65 >>69
本人?とツッコミたくなる

181 :吾輩は名無しである:2006/10/20(金) 23:59:52
ここまでざっと見て思ったんだが、
最近は意外と一発屋らしい一発屋がいないんだな

若いのに新人賞取らせて促成栽培、水準作を書いてますって感じの作家が多い一方で
とにかく作品が凄い!って作家がいない

とにかく作品が凄い!けど一冊だけ!ってのが一発屋だよね

182 :吾輩は名無しである:2006/10/21(土) 00:01:59
>>179
山田美妙

183 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 23:13:25
うえのたいら

184 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 23:15:54
セルバンテス

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)