5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新田次郎ってどうなん?

1 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 00:31:47
読んだことないけど、おもろいの?

2 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 00:55:17
ニタニタしてんじゃねぇよこの野郎

3 :吾輩は名無しである:2005/12/04(日) 05:06:04
3だったら1が八甲田山で雪中行軍してくる

4 :吾輩は名無しである:2005/12/05(月) 22:09:53
4だったら1が富士山頂で気象観測

5 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 04:52:31
読みゃーいいだろ読みゃあ。
気象学の第一人者だっただけに、天候と結びつけて山岳を舞台にした
小説には特に定評がある。
(本人は”山岳小説”と呼ばれるのを非常に嫌っていたそうなので、
そう言わないが)
強力伝、八甲田山死の彷徨などは必読。
武田信玄は信玄マンセーが過ぎて少々鼻白む面はあるものの、やっぱり小説としては面白い。
再来年の大河は井上靖の風林火山だし、読んどけば。

6 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 16:04:19
孤高の人 はすごく良かった 是非呼んでみてください

7 ::2005/12/06(火) 19:00:23
新田次郎いいですよ。筒井康隆をして新田作品を読んだあとに「負けた、これが本当のプロだ」と思わせたのも頷ける。僕は凡人だから金や誰かの優しさなんかを必要とするけど新田作品の主人公ってそうじゃない。といっても虚無主義ってんでもない。

8 ::2005/12/06(火) 19:06:31
孤高で折れない魂ってかんじ。だから新田を読むと自分とは全く異質なものに出会うような。読んでるうちに身じろぎもできないほど引き込まれる。
>>6『孤高の人』いいですよねえ。

9 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 20:00:40
読めばわかるって人。
山岳描写では全く他を寄せ付けない。

10 :1:2005/12/06(火) 21:02:55
おまいら、とんくす。
よさそうなので読んでみるよ(・∀・)ニタニタ
この前、誓いの丘に行ってきた、というか寄ったのでちょっと興味をもったんだよ。
曇ってて富士山見えないけど、そんときの写真でつよ(・∀・)ニタニタ
http://puka-world.com/upload/img-box/1133869864580.jpg

11 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 22:56:55
俺が小説読むようになったのは新田次郎だからな〜。
歴史の短編ものなんかおもしろいよ。もち、武田信玄やアラスカ物語も好き。

12 :吾輩は名無しである:2005/12/06(火) 23:00:26
誓いの丘。足柄か。
あの辺りは新田義貞と足利尊氏の古戦場だな。
新田次郎が「新田義貞」を書いてる。
正直そういいデキとは思わないが、読んで見れば。

13 :吾輩は名無しである:2005/12/07(水) 07:06:33
「新田義貞」は面白く読めた。あの当時の史実をよく知らなかったからね。
足利尊氏が鎌倉と京を往復し、途中京を落ちのびて九州まで流れ、そこで
軍をととのえてから、京奪還へ攻め上る。尊氏がこんなに日本の端から端
まで駆けずり回っていたなんて、実はこの作品で初めて知った。

14 :吾輩は名無しである:2005/12/07(水) 23:30:59
小説家として、これを書かせたら絶対負けない!という物を持ってる人は、
やっぱりいいと思う。新田さんの場合は勿論、山岳。
「岩壁の掟」なんて構成も伏線もてんでバラバラなんだけど、
緊迫感が物凄くリアルに伝わってくる登山の描写が全てをチャラにしてくれる。
この人の小説は読んでて手に汗握ってしまう。

15 :吾輩は名無しである:2005/12/07(水) 23:33:45
アラスカ物語と強力伝はかなりいいよ。

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)