5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文明の】平野啓一郎 第5部【憂鬱】

1 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/31(火) 22:26:36
公式サイト
HIRANO_KEIICHIRO_Official_Website
http://www.k-hirano.com/
前スレ
【三島論】平野啓一郎 第4部【ジャズ論】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1133861563/l50
『ドストエフスキー的』平野啓一郎 3『新作待ち』
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1129712338/
【パリ修行】 平野啓一郎 第二部 【東京進出】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1127358534/
【平野啓一郎掲示板@2ch補助用】
http://jbbs.livedoor.jp/movie/6904/



2 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/01/31(火) 22:28:25
まだ「日蝕」スレが終ってませんが
アンチによるスレが立ったので間違わないように
立てときました

3 :誘導:2006/01/31(火) 23:29:31
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1138544083/l50
に誘導します てかいくつ立てたら気がすむのかね?

4 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 07:30:42
>>3

お前いいかげんにしろ
アンチスレに誘導するな



5 :村山早記:2006/02/01(水) 07:38:35
「ウンコの都」

私、村山は友人の榎本あほと一緒に、ウンコを食べながら、ゴミ捨て場に住んでいました。
しかし、住民からの立ち退き要求を受け、日本のどこかにあるというウンコの都を2人で探そうと、旅に出ることにしました。
めでたし、めでたし。


6 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 08:05:03
>>5

お前いいかげんにしろ

7 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 11:48:37
これが本スレですよ

8 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 12:20:07
エッセイを読んだらこの人の「素」が垣間見えるのではないかと思ったのだけど。
甘かった。
いや、これがこの人の「素」なんやろなぁ。
頭がものすごく良くて、書くことばも難しくって、でもちゃんと社会と繋がって軽快に生きている。
それがこの本を読んで感じた平野啓一郎の印象。

オレは一般人とは違うんだよって無闇に難しく書いたり、
逆に軽薄なことばで面白おかしく(でもつまんない)書いたり、
そういうことしないで1個1個誠実に書かれてて、私のようなものでも興味を持って読めた。
こないだまで読んでた新書は何だったんだろう・・

・・・って、持ち上げ過ぎ?
権力に弱いので、「芥川賞受賞」の肩書きに負けてるのかなぁ?
でも、賞取ってようが取ってなかろうが、ええ大学出てようが出てなかろうが、読みたい文章と読みたくない文章はあるもの。
平野啓一郎の書くものは読みたい文章だもの。
というわけで、自分のつまんない感性を信じてみてもええかなと思うのです。


9 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 13:05:08
うんこ美香
氏ね

10 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 17:57:08
はあ?

11 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 18:00:20
>>10
何でそんなに必死なの?
何でスルーできないの?

12 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/01(水) 19:38:41
さびしいから

13 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/02(木) 12:46:34
これが本スレですよ



14 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/02(木) 19:07:39
どっちも同じに見える。

15 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 08:46:00
そうではない

16 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 10:31:25
これが本スレですよ


17 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 10:43:28
    彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■


18 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 12:31:24
これが本スレですよ



19 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 12:37:16
    彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■



20 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 13:03:09
 私は平野啓一郎の『葬送』を読み始めた直後、シェンキェヴィッチの『クォ・
ヴァディス』とシュテファン・ツワイクの『マリー・アントワネット』を思い出
した。
どちらも歴史のダイナミズムと物語りの醍醐味を見事に操った傑作であるが、
『葬送』にもそういうものと同じ意図を感じたのである。
大きな構図があり、できればそれは史実であり、後の運命を知っている者にと
ってこそ興味深い交錯があったとしたい。
だがこうした試みの成否は専ら、史実の収集にかける労力と「因果律で語りた
い」という密かな欲望に対する自制心にかかっているのではないか。
実はこの神西清・作『ジェイン・グレイ遺文』は、こうした大きな語りだしが
似つかわしくない小品である。
神西は冒頭の引用に用いた文体で物語を語り尽くすことができない。
残念ながら、大抵の人にはそういうことはできないのだ。
有名な直木賞作家の時代物を手にとって、よくこんな時代をこんな分厚い本
に描くことができたものだと感心して開くと、途中は何の細工も無い、むしろ迂
闊な現代風会話文で薄められていることにがっかりすることがある。
そういう意味でも 『日蝕』や『葬送』は大したものだ。
『日蝕』に対して宮本輝が「若き膂力」と評したのは、実に意味深い。
少しでも書き物を経験した者なら理解してもらえると思うが、書き物は頭を
前に倒し、腕を前に出しての作業なので、長時間書くと背中が疲れる。
書き物には「膂力」が必要なのだ。
神西にはこの「膂力」が恐ろしく乏しい。
谷崎と芥川の体力論争の中に神西が加われば、「やっぱり」という結論が出か
ねない。



21 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 13:12:12
    彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■



22 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 13:27:54
いいかげんにしろ




23 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 13:32:28
重複スレ・削除


24 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 13:32:32
ここが本スレです
アンチの基地外が荒らしています
誰かなんとかしてください

25 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 13:37:20
ここが本スレです
アンチの基地外が荒らしています
誰かなんとかしてください


26 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 14:46:23
34 1 New! 06/02/03 14:20 HOST:ntkyto069081.kyto.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
削除対象アドレス:
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1138713996/l50

削除理由・詳細・その他:
アンチが立てたものです
このアンチは以前平野スレを削除させて
迷惑させた人間でもあります
荒らしもひどいです
何とかしてください



35 名無し sage New! 2006/02/03(金) 14:25:05 HOST:ZT019236.ppp.dion.ne.jp
>>34
お疲れ様です。

削除理由・詳細・その他は、削除ガイドライン(http://info.2ch.net/guide/adv.html#saku_guide
もしくは、ローカルルールからの引用でお願いします。


27 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 14:51:39
読後感「高瀬川」 平野啓一郎 後半。「追憶」  「氷塊」 の2編についての感想。
まず。「追憶」。これは新しい試みですねぇ。音楽だよね。これは。文学じゃなくて。
一編の詩がいろんな旋律だとして、それをバラバラに分解して演奏してみたというか。
でもこれ、最初、ひとつの詩のいろんな部分だということに気づかなくて、
これは、以前書いた作品とか、べつの物語のなかから、
部分部分を取り出して、詩的に抽出したんだと思ったの。最初。勝手に。
だから、もう一つ別の物語が隠されている期待をもってしまったので、それはちょっと肩透かし。まあ、斬新でござんした。
で、「氷塊」。これもすごいよ。ある中1の男の子と30すぎの不倫中の女、ふたりの物語が上下段で
同時に語られる。それぞれが別の思いをかかえ、違うことを思いながら
ときおりクロスする。段落の切り替わりまで揃えてある。なんか筒井康隆がこれに似たようなことやってた気がする。
挑戦的な作品。文学に対しても。でもなー。よくできてたけど、不倫のほうのストーリ−はなんだか
無理やり行を揃えた感があるし、最後の、男の子が女とようやく
会って、声をきいた「その刹那、何かがはっきりと少年に終わりをつげた」
の「何か」が私には全くわかんない。文芸評論家なら、ここでまたご立派な解釈がつくんだろうけど。
会って、話して、お互いの疑念をぶつけて、問題を「氷解」させちゃえば
よかったのに?なんて(笑)。結局氷解しないお話だったからこそ
この「氷塊」とかかってるんですかね。まあ氷塊がらみで終わるんですけれども最後。上下とも。




28 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 14:57:35
なに?

29 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 14:59:56
これも本スレですよ。

30 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 15:30:53
荒れてるから、普通に議論するのやりにくいのは分かるんだけど
信者のひとは引用しかしないのね・・・

31 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 16:27:03
これでいきますよ

32 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 16:37:49


平野啓一郎の「文明の憂鬱」(新潮文庫)を読んでおります。

後半にいくほど文章が平易になっていくのは

内容が日常的になるからか?

よくこれだけの文章や考察がさらっとできるなと感心しっぱなし。

1コラムが見開き2〜3ページなので、ちょっとした時間に読むのが◎。


33 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 17:44:38
平野 啓一郎
一月物語

高野聖(泉鏡花)みたいな話なんだけど。

高野聖と言えば、蛇を気持ち悪く描写できるって何か凄い。

蛇の描写ってあれなんだ、書いてて気分が悪くなるというか。




34 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/03(金) 21:41:53
■2月

「新潮」(三月号)に短編小説「クロニクル」掲載。




「群像」(三月号)に青山真治氏との対談掲載。




「エンジン01文化戦略会議〜オープンカレッジ in あいづ」(2月10日〜13日)に参加。時間割等、詳細はこちら→ http://www.minyu.co.jp/enjin01/enjin.html



35 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 02:12:17
  彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■



36 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 07:42:37
■2月

「新潮」(三月号)に短編小説「クロニクル」掲載。




「群像」(三月号)に青山真治氏との対談掲載。

楽しみだね


37 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 09:43:46
■2月

「読売新聞」(2月5日朝刊)の「空想書店」欄にて本の紹介。




「モノマガジン」(2月16日号)にエッセイ「個性あるメディア(媒介)としてのオーディオ」掲載。




「京都新聞」(2月3日朝刊)に「粉飾『清算』」(連載「現代考」4回目)掲載。




「遠近」(No.9)にエッセイ「毛質と腕前」掲載。









38 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 09:49:17
こいつのスレもういらねえだろ

39 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 10:47:36
「読売新聞」(2月5日朝刊)の「空想書店」欄にて本の紹介。
明日だね

>>38

なぜ?

40 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 11:50:36
絶対読むよ

41 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 13:19:38
僕も読みますよ

42 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 13:21:31
読まねえよ。
他に読むべき本あるだろw

43 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 13:46:06
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
日本の平和は左翼が支えている。日本は主権を捨てればより平和に成る。
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
日本の平和は左翼が支えている。日本は主権を捨てればより平和に成る。
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
日本の平和は左翼が支えている。日本は主権を捨てればより平和に成る。
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
日本の平和は左翼が支えている。日本は主権を捨てればより平和に成る。
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
日本の平和は左翼が支えている。日本は主権を捨てればより平和に成る。
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
日本の平和は左翼が支えている。日本は主権を捨てればより平和に成る。
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
日本の平和は左翼が支えている。日本は主権を捨てればより平和に成る。
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1136970946/l50
日本の平和は左翼が支えている。日本は主権を捨てればより平和に成る。


44 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 13:55:32
彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■


45 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 14:10:19
「読売新聞」(2月5日朝刊)の「空想書店」欄にて本の紹介。
明日だね


46 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 14:42:42
楽しみだね


47 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 14:56:14
読まねえよ。
他に読むべき本あるだろw





48 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 15:36:59
なにがあるの?

49 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 15:40:05
なにがあるの?

50 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 16:39:07
誰だよ

51 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 17:51:26
読売だと「ランボー詩集」以来かな

52 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 18:01:02
そうだね

53 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 18:42:20
で、平野ってどんな作家?一つも読んだことない。

何でスレ三つも立ってんの?
低脳な読者がつくような低脳向け作家ってことでOK?
これはマジな質問です。

54 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 18:47:04

ちなみに小川さんは「マイルス・デイヴィスの真実」平凡社刊など多数の著作がお
ありですが新刊「TALKIN’ジャズX文学」平凡社は気鋭の芥川賞作家の平野
啓一郎さんとの対談で、お正月に読みましたがべらぼうにJAZZに造詣の深い二
人のトークセッションで★五つの面白さでした。


55 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 18:51:56
>>54
まだ前スレ大分残ってるんだろ?
ていうか二つもスレ立てて両方ともage続けてんじゃねえよ。

>>54
平野のスレに張り付いてる馬鹿はせいぜい3、4人。

56 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 19:25:40
キチガイ引き取って下さい。

57 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 19:42:07
「読売新聞」(2月5日朝刊)の「空想書店」欄にて本の紹介。
明日だね



58 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 19:44:46
>>57
くどいんだよ。
消えろ、ゴミが。

59 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 20:16:26
■2月

「読売新聞」(2月5日朝刊)の「空想書店」欄にて本の紹介。




「モノマガジン」(2月16日号)にエッセイ「個性あるメディア(媒介)としてのオーディオ」掲載。




「京都新聞」(2月3日朝刊)に「粉飾『清算』」(連載「現代考」4回目)掲載。




「遠近」(No.9)にエッセイ「毛質と腕前」掲載。




60 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 20:28:50
彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■
 ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■


61 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 20:32:01
■2月

「読売新聞」(2月5日朝刊)の「空想書店」欄にて本の紹介。




「モノマガジン」(2月16日号)にエッセイ「個性あるメディア(媒介)としてのオーディオ」掲載。




「京都新聞」(2月3日朝刊)に「粉飾『清算』」(連載「現代考」4回目)掲載。




「遠近」(No.9)にエッセイ「毛質と腕前」掲載。




62 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 21:43:29
『文明の憂鬱』

『文明の憂鬱』 平野啓一郎/新潮文庫

単行本として出たのはもう3年くらい前。
それが会社を代え、さらにいろいろなところで書いたエッセイを加えて文庫化。
京都新聞とかで書かれてたエッセイは読めなくてちょっとヤキモキしてた。
だから、そういうのごそっとまとめてもらえて嬉しい。

ただ、今日買ったばかりでこれから読むんだけど…。




63 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 21:47:51
昨年の秋からせっせと読んでいる本。著者は史上最年少で芥川賞を受賞しているんだとか…。
二部上下巻構成で、現在は二部の下巻の後半部に差し掛かった辺りを読んでいます。
ロマン主義全盛の19世紀のパリの社交界に現われたポーランドの音楽家、フレデリック・ショパン。
現代美術に大きな影響を与えたウジェーヌ・ドラクロワ(「民衆を導く自由の女神」を描いた画家)。
彼らの友情やショパンの孤独感、愛人との関係などを綴った純文学作品。
しっかし、難しい内容だな〜。
純文学なんて読んだこと無いから、1日十数ページづつしか読めない…。


『民衆を導く自由の女神』




2006-02-02 23:40  nice!(0) コメント(0) トラックバック(0)
共通テーマ: 本・雑誌


nice! 0




コメント 0
トラックバック 0
この記事のトラックバックURL:
http://blog.so-net.ne.jp/omronroom/2006-02-02/trackback
関連記事
ちょっと気が早いけど… | 耳から離れない… ブログトップ




64 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 23:10:08
彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■


65 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 23:19:48
昨年の秋からせっせと読んでいる本。著者は史上最年少で芥川賞を受賞しているんだとか…。
二部上下巻構成で、現在は二部の下巻の後半部に差し掛かった辺りを読んでいます。
ロマン主義全盛の19世紀のパリの社交界に現われたポーランドの音楽家、フレデリック・ショパン。
現代美術に大きな影響を与えたウジェーヌ・ドラクロワ(「民衆を導く自由の女神」を描いた画家)。
彼らの友情やショパンの孤独感、愛人との関係などを綴った純文学作品。
しっかし、難しい内容だな〜。
純文学なんて読んだこと無いから、1日十数ページづつしか読めない…。


『民衆を導く自由の女神』




66 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 23:25:29
彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■

67 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/04(土) 23:44:13
昨年の秋からせっせと読んでいる本。著者は史上最年少で芥川賞を受賞しているんだとか…。
二部上下巻構成で、現在は二部の下巻の後半部に差し掛かった辺りを読んでいます。
ロマン主義全盛の19世紀のパリの社交界に現われたポーランドの音楽家、フレデリック・ショパン。
現代美術に大きな影響を与えたウジェーヌ・ドラクロワ(「民衆を導く自由の女神」を描いた画家)。
彼らの友情やショパンの孤独感、愛人との関係などを綴った純文学作品。
しっかし、難しい内容だな〜。
純文学なんて読んだこと無いから、1日十数ページづつしか読めない…。


『民衆を導く自由の女神』





68 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/05(日) 02:37:52
彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■
 ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■

69 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/05(日) 08:41:10
葬送(下) / 平野啓一郎


いることを確かめるのは容易い。彼は見られ、触れられるであろう。しかし、いないことを理解するのは難しかった。



 ショパン (Frédéric François Chopin) 

 ドラクロワ(Ferdinand Victor Eugène Delacroix)

 ジョルジュ・サンド(George Sand)

 

 ――(wikipedia)




どうも、読み終えるまでに時間がかかりすぎた。もう一度上巻から通して読み直してみたいところ。

ショパンの音楽が聴きたくなった。



70 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/05(日) 12:28:00
彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■
 ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■


71 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/05(日) 14:28:39
彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■
 ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■


72 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/05(日) 15:04:45
 休日といってもどう過ごせばいいのかわかりません。本日(前日かな?)は
電車で一駅となりの小鶴新田のヨークタウンをぶらぶらして文庫本を二冊買っ
て帰りました。平野啓一郎の「文明の憂鬱」と綿矢りさの「インストール」で
す。いったいどんな読書趣味だと思われるかもしれませんがこの二冊のどっち
も面白いと思うのです。あまり立ち読みが得意ではないので本屋で気に入った本
を見つけると衝動買いしてしまうのですが大抵の本は面白いです。中には全部
読み終わってつまらなくてゴミ箱に投げ捨てた本もありますが貧乏性なのでそ
んな本も最後まで読みます。仕事をしだしてから家でテレビをぜんぜん見なく
なりました。それで、以前よりも読書量が増えている気がします

73 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/05(日) 19:13:53
読売読んだよ

74 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/05(日) 20:24:15
彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■
 ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))

75 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 01:58:27
さあいよいよ待ちに待った明日はもうすぐで明日ですから楽しみで待てません。

76 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 02:37:23
読売で三島と並べて自著を推薦する平野の厚顔

77 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 06:21:15
ドスト=平野

78 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 06:24:28
どっちがどっちでもいいから、さっさと前スレ埋めろ

79 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 09:17:06
ゴンという基地外があらしてるんだよな
死ねよ

80 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 09:28:59
彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■


81 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 09:30:40
>>79-80
おまえがゴンか? 死ねよ

82 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 09:33:05
ゴン=平野

死ねよ

83 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 09:42:55
>>80

これはゴンだよ
荒らしの基地外

84 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 09:51:16
>>83

これはゴンだよ
荒らしの基地外


85 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 09:52:23
ゴンという基地外があらしてるんだよな
死ねよ




86 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 11:38:05
平野の昨日の読売読んだ人いますか?

87 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 11:39:39
>>86

これはゴンだよ
荒らしの基地外


88 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 12:56:40
>>87

お前いいかげんにしろ
お前がゴンだよ
消えろよ

89 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 13:14:04
いよいよ明日です!

90 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 13:16:19
まったくだ

91 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 13:49:59
大量の削除依頼が出てますね。

92 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 14:25:08
ゴンという基地外がアンチスレたててるからな

93 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 14:32:55
ゴンってなぜここまで平野に粘着してるんだろう?
それとも相手にされて喜んでるのかな?

94 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 14:48:15
平野の昨日の読売読んだ人いますか?



95 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 15:27:11
ゴンという基地外があらしてるんだよな
死ねよ




96 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 15:28:39
  ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■

97 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 15:31:42
34 1 New! 06/02/03 14:20 HOST:ntkyto069081.kyto.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
削除対象アドレス:
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1138713996/l50

削除理由・詳細・その他:
アンチが立てたものです
このアンチは以前平野スレを削除させて
迷惑させた人間でもあります
荒らしもひどいです
何とかしてください



35 名無し sage New! 2006/02/03(金) 14:25:05 HOST:ZT019236.ppp.dion.ne.jp
>>34
お疲れ様です。

削除理由・詳細・その他は、削除ガイドライン(http://info.2ch.net/guide/adv.html#saku_guide
もしくは、ローカルルールからの引用でお願いします。



98 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 15:34:04
お前いいかげんにしろ
お前がゴンだよ
消えろよ




99 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 15:49:20
>>98

自演はやめろゴン

100 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 15:52:31
ゴン自演乙。




101 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 15:53:19
ゴンってなぜここまで平野に粘着してるんだろう?
それとも相手にされて喜んでるのかな?


102 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 15:54:07
>>101

お前がゴンだ
コピペするな

103 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 15:54:54
>>102

自演はやめろゴン


104 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 15:55:49
 ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■

ゴンは続けようとします
次に書くのがゴンです




105 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 16:05:19
>>104

コピペしてますな
いいかげんにしろ

106 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 16:12:17
今日の読売新聞の「空想書店」は平野啓一郎だけど、
6冊の中に「鏡子の家」選んでるね。


107 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 17:23:33
「モノマガジン」(2月16日号)にエッセイ「個性あるメディア(媒介)としてのオーディオ」掲載。




「京都新聞」(2月3日朝刊)に「粉飾『清算』」(連載「現代考」4回目)掲載。




「遠近」(No.9)にエッセイ「毛質と腕前」掲載。




108 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 17:30:16
明日楽しみ〜っ。

109 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 20:11:08


私がこの本を買ったとき、本に帯がついてたんだけど、そこに平野啓一郎さん推薦本!!って書かれて、後ろに推薦の言葉が載ってるの。

この言葉もいいよー。。まさにそうだ。

よかったら「おとなの時間」フェアの帯見てみてください!!




110 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 21:52:27
デビュー作の「日蝕」だけ読んでいるけど、今ひとつ物足りなかった。
中世の錬金術をモチーフにしているが、作中に出て来る錬金術書は本邦でも
訳の出ているものばかりだったし、錬金術というものについても誤解している
としか思えない部分があった。
ミルチャ・エリアーデがどうこう、とインタビューの中にあったので、中世の
思想に深い関心を持っている人なのかと思いきや、そうでもなさそうだし。
きっと、勉強の得意な優等生なんだろうな。
あの時の芥川は、阿部和重にあげた方が良かったのでは。
確かに話題性では平野の方が上だったけど…。

111 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 21:55:37
そんなことないよ
現在の日本の作家のなかで平野以上の教養を持ってる作家はいないね

112 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/06(月) 22:06:05
平野啓一郎のスレってバイトがあげてるのかな

113 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 00:02:38

「HOME」特別編集No.6

特集目次 平野啓一郎責任編集 PUBLIC SPACE


今日は月初めの会議の日。
昼過ぎにスーツに着替え現場を離れ支店へ。
で、会議自体は1時間ほどで終わってしまったので、1週間ほど前にマンションの駐輪場でおかしくされていた前輪ブレーキの修理に。
ところが、オフィス街のせいか全然自転車屋がない。
ということで、自分の家の方まで戻って修理。
自転車屋のおじさんも、「コレはひどいねぇ。」と。
自分も、最初観た時。どうやって倒したらこんな痛めつけ方出来るのかなと目を疑ったもん。
およそ自転車の修理とはほど遠い力仕事でなんとか修理してもらって一件落着。
ホントはそのまま家に帰ろうかと思ってたんですが、自分携帯、現場携帯共に現場に置き忘れていたので、現場に帰還。
その途中で紀伊國屋書店に寄ったら見つけたのがコレ。(前置き長くてゴメンナサイ。)
なんかそそられました。
でも、2520円。迷うなぁ。

貯金もせないかんし、小説・雑誌・CDとかは自分が思うままに買いたいし。


114 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 00:16:53
>>112
>平野啓一郎のスレってバイトがあげてるのかな

それはモリケンスレだ。

115 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 00:42:39
平野の作品で面白かったのはバベルのコンピューターだけ。加藤典洋への皮肉もよかった。

116 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 07:07:48
ゴンがまたあげてるぜ

117 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 16:02:31
2006年2月7日 読売新聞 空想書店 2月の店主は平野啓一郎さんです
ttp://www.yomiuri.co.jp/book/column/pickup/20060207bk04.htm

118 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 17:53:47
「新潮」また新境地だな
「群像」対談面白い

119 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 18:38:07
ここ使うの前スレ埋めてからにして。

平野の読者に常識はないのか?

120 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/07(火) 20:20:42
評論家の田中和生をぼろくそ言ってて面白かったな

121 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 06:46:44
これで長編に突入か

122 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 10:46:36
サルトル読み込んでるんだな
大江論書いてほしいね

123 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 14:34:11
いずれ書くだろう

124 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 17:12:10
新作いいね

125 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 20:29:45
>>120

創作合評してるから読むだろう

126 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 22:07:53
平野の葬送って文壇に完全に黙殺されたよね
あれを評価してる人いるの?

127 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 22:25:18
葬送の評はまだお目にかかってない。
作家評は浅田に二行くらいでかたずけられてるのは見た。
あと作家の値打ちくらいか。

128 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 23:09:39
いやいっぱい評価してるけど
どこの評価だい?

129 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 04:35:22
確かに

130 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 13:00:01
東京に住む友だちから薦めてもらって読みました。本薦めてくれた彼は、別に音
楽大学を出たわけではないけど、とてもクラシック好きで今もよくメールで音楽
談義をしています。非常に難解な語彙が多くて、辞書を引きながら読んでいまし
た。東大出の彼でも頭が疲れていない時に読まないと意味がわからなくなると言
っていましたが、ペーペーの私は4冊を読破するのに、3ヶ月もかかってしまっ
た。ただ音楽の歴史が大好きな私には、堪らない4冊となりました。

作者は平野啓一郎さん。1975年生まれ・・ということは昭和50年生まれ
。う〜ん!若い。私が小学校2年の時に生まれたという計算になります。まだ
30歳くらいでしょうか。若いけど頭のきれる本を書いている。それもそのは
ず、京都大学を出て芥川賞も受賞している作家。この人の文体は、もの凄く一
字一句に力があり人をひきつけるものをもっていて、私も彼の全ての書を読んで
います。「一月物語」(新潮文庫)もおすすめ。

この葬送は、音楽家ショパンと近代絵画を確立したドラクロワの交流を軸に、
華麗な芸術論が描かれています。時代は音楽の時間に習いませんでしたか?ロマ
ン主義の全盛期、19世紀パリが舞台。
当時のショパンの華麗な調べは高貴な婦人達の注目を集めた。その中で女流作家
ジョルジュ・サンドが彼の心を射止めます。彼の繊細すぎる精神は、ある孤高の
画家をその支えとしていました。それがドラクロワ。人間の愛憎、芸術的思念、
哲学的思索がこの小説全体に刷り込まれています。

一度読書にいかが・・・


131 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 13:29:41
126 名前:名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中 :2006/02/08(水) 22:07:53
平野の葬送って文壇に完全に黙殺されたよね
あれを評価してる人いるの?

132 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 14:43:15
いっぱいいるみたいね

133 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 16:09:56
文明の憂鬱

平野啓一郎
新潮文庫

文章が好き。
「日蝕」読もうかな。



134 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 18:47:52
フェカンにて、読みたいんだけれど、次の短編集いつかなぁ

135 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 19:11:31
長編書いたあとだろうね

136 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 19:34:16
えー、まちきれないなー。でもまつ♪

137 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 23:07:40
本屋さんといえば平野啓一郎の『文明の憂鬱』の文庫版がどこへいっても見つからない。んもー!

そして平野さんといえばいつの間にかHPがリニューアルされていて、プロフィールの最後に現在東京都在住って書いてあったのにびびった。いつのまに東京へ…?

あー、なんかちょっと寂しい…。うぅ。



138 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 23:18:24
>>956
どこが「本屋さんといえば」なの?

139 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 08:38:33
どういう意味?

140 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 09:58:16
彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■
 ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■

141 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 10:09:32
いいかげんにしろゴン

142 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 12:39:54
基地外ゴンはだれのファンなんだろう

143 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 18:58:01
この板に基地外がいるのか
いやだな

144 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 00:32:07
彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■
 ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■


145 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 00:34:12
彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■
 ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■


146 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 00:37:16
いいかげんにしろゴン


147 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 01:18:09
文明の憂鬱買ったぞ

キャプテン翼の名前をなんで隠すんだ、このバカは
漫画をバカにしやがって

148 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 03:21:44
面白かっただろ

149 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 09:55:13
>>147

ちゃんと読んだらおもしろいだろ?

150 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 11:20:04
いや、全然。

151 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 12:15:41
ウソ付け

152 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 07:20:03
また味噌スレかw

153 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 19:18:23
なにそれ?

154 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 20:33:38
彡ミミミヽ ノ彡ミミ)
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■
 ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < このスレはよく頑張った。感動した! 終了!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/
■■■■■■■■■■ここはアンチスレです終了■■■■■■■■■■


155 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 21:31:46
いいかげんにしろ

ゴンよ

156 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 21:57:13
>>155
やめてください 怖いです
殺害予告なんてしないでください
夜道も歩けなくなりました
どうしてくれるんですか?

157 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 22:49:36
ゴンよ
ふざけるんじゃないよ
荒らすな

158 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 23:04:20
文明の憂鬱読んだ
趣味の悪い奴としか印象無いな

159 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 23:16:03
無理するな
怯えるな

160 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 23:45:14
試しに読んだらすっげー面白かったよ。
何か次のオススメってある?

161 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 23:51:29
最初からよむといい

162 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/12(日) 23:53:46
殺害予告されたってここか?

163 :吾輩は名無しである:2006/02/13(月) 05:16:59
なんだ?なんだ?
どうしたんだ? 

164 :吾輩は名無しである:2006/02/13(月) 11:22:50
エンジンの会議に出てたようだね

165 :吾輩は名無しである:2006/02/13(月) 12:55:43
レポートありますか?

166 :吾輩は名無しである:2006/02/13(月) 18:48:17
そのうち出るんじゃまいか

167 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 02:35:08
■平野啓一郎「クロニクル」(『新潮』2006年3月号)
 父Pと子Jについての一側面が、Pに関わった女性とJに関わった女性の口から
それぞれ語られる。女性の語り口調から聞き手がいることがわかるけれども、女
性の反応からしか聞き手の存在というのは感じられない、そんな文章となってる。

 別に平野啓一郎のファンじゃない人は読んでも面白くないんじゃないかと。結
局、物語があるというよりはその語り口、書き方のほうに軸があると思うんで。
まぁ、もっとちゃんと読み込めば、父についてと子についての反復的なものとか
ずれとかが見えてくるのかもしれないけど。



168 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 06:37:06
ビックリドンキーってチョン企業じゃないの?

169 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 12:03:01
はあ?

170 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 17:02:47
   ( ゚Д゚)   
  ノ/\ )/\    
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
       ヽヽヽ
         
         ( ゚Д゚ )   
        ノ/\ )/\    
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
             ヽヽヽ
         
               ( ゚Д゚)     
              ノ/\ )/\   
                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 

171 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 20:08:24
そういえば 成田メロと平野って似てるなwww

172 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 22:51:58
似てるか?

173 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 00:10:31
「葬送 第2部 八」まで読了しました。

 二月革命とそれに伴う政治体制の変化,ドラクロワの絵画に対する考え方,読むに従って,考えさせられることが多い作新です。これまでの平野さんの小説とは感じが違うなと思って読み進めています。読むたびに考えさせられることも多く,少しずつ進んでいるという感じです。





 ドラクロワは,何であろうと彼女の言葉を聴いてしまっては,もう二度とそれを口にすることは出来ないだろうと思い,そのまま喉の途中で血痰のように溜まっている言葉を吐き出してしまった。


「……僕という人間を生きることは,……僕には荷が重すぎるのです。……」




平野啓一郎 − 葬送 第二部 五 より




174 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 00:17:19
>>172
チョンコロ臭いって言うかw

175 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 08:04:19
ところで、もう昨年のことですが、『TALKIN'』(某H社刊)という本を買いました。JAZZジャーナリストなどとして有名な小川隆夫氏と芥川賞受賞作家として著名な平野啓一郎氏との共著になっているこの本。何気なく手に取ったものではありますが、結構興味深く読みま
した

176 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 13:48:40
平野啓一郎責任編集の"PUBLIC-SPACE"という本がある。そこにハッとするような
文章があった。

―――「パブリック・スペイス」とは何であろうか?
人はそれを、普通は「パブリック」な「スペイス」であると、つまり「パブリッ
ク」という抽象的な概念によって性格づけられ、限定された「スペイス」である
と考える。しかし、こうも考えられはしないか。それは「スペイス」によって可
視化され、具体化された「パブリック」であると。

「公共」ということばを辞書で引くとわかったような、よくわからないような説
明しかない。ものすごく端的にいってしまえば「みんなのもの」といったところ
だろうか。空間があってそこにはじめて公共性が生まれるとは実にうまく言った
ものである。彼の著作の「日蝕」はとても難解だった記憶があるが、ことばの捉
え方次第でそのことばの持つ意味合いが変わってくるというのは作家ならではな
のかもしれない。内容は立ち読みで軽く流し読みしただけなので、これについて
語るのはあまりよくはないが、あえて予備知識なしで考えてみる

177 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 13:57:17


まるちの宣伝  w    カス












178 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 15:43:22
ほんと気持ち悪いよな
編集者がやってるとしか思えない
誰がやってんだろ?

179 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 16:44:48
芸術とは如何に 〜「葬送」 平野啓一郎〜 葬送
時は十九世紀、ロマン主義全盛期の社交界。繊細で流麗な音楽を創り、世の寵愛
を受けるフレデリック・ショパン。斬新な表現方法を用い、名声を博す近代絵画
の巨匠、ウジューヌ・ドラクロワ。その華々しい活躍の裏ではしかし、両者とも
に、苦悩の日々をおくっていたのである…ショパンの後半生を軸に展開される芸
術観・哲学を描き出した長編小説。
この本を、今の世に出回る「小説」と同じように見なしてしまうのは間違いで
ある。作家は、十九世紀に完成したといわれる小説手法を踏襲したようで、今
の日本小説をとは味が全く異なる。むしろ、昔の外国小説の翻訳ものに近い。語
り手の性格を表す文体が、登場人物(例えばショパンやサンド夫人)の感情の吐露
のときでさえ客観的な印象を与えるし、また今の小説のもつ「空気」のような曖
昧なものがない。外国翻訳小説が嫌いだったり、大衆小説派の方にはあまりお勧
めできない。だがこの作品で語られる芸術観などはとても勉強になる。特に僕が
面白いと感じたのは、芸術家が自分の作品が受ける評価に対して、ああだこうだ
言う場面。難しい言葉で小理屈つけているが、要は認められなくて負け惜しみを
言っているだけである。芸術家は我儘な子供なのだ、ということなのだろうか。
また壮絶な闘病を続けたショパンの臨終の場面で彼が最後に発した言葉、あれは
自分にとっては印象深かった。今わの際はああもあっさりとしたものなのかと、
人間の果敢無さを感じた。



180 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 16:45:34
よくわかんない文になっちゃいましたすいません。至らねー、と反省、頑張って
精進します。この本はこの間新潮文庫で出版されましたが、なんと二部構成で4
冊!1冊も結構な厚さだし、読むのには相当な体力精神力を必要とするでしょう
。ハードカバーだと2冊ですがお値段的には文庫のほうがリーズナブルだし、装
丁もオシャレです。
作者の平野啓一郎は、当時最年少で芥川賞を受賞し「三島由紀夫の再来」と評価
を受ける一方、「なんであんなやつに賞をやるんだ」という酷評も受けて、話題
になった作家。でも基本的に、綿谷理沙と金原ひとみが何で芥川取れたの?とい
われるのとは別次元ですよ、彼の作品読めばわかりますが。常用外漢字を多用し
た読ミニクイ初期段階から脱し、今は実験的段階とでも言えばいいでしょうか。
小説のほかにも評論・編集などマルチな活動を展開しています。僕は結構好きな
んですけど、この人相当なナルシスト、そこがなぁ…。




181 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 16:52:10
平野スレで平野の宣伝してもしょうがないんだがなw
病的な信者が勝手にやってるだけだろ。

182 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 17:14:16


平野は草加だから

183 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 18:37:14
なんかアンチスレの削除依頼で、京都から依頼だしてた事件あったなwwww
しかもその時平野京都にいたしwww

もうね あほかと 小一時間

184 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 20:10:10
平野がここ随時チェックしてるのは明白w

185 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 21:47:13
あと、今日、倫社のテストに面白い問題が出たので少し書きます。
平野啓一郎著のエッセイ『文明の憂鬱』の一文を読んで筆者の述べたい事と自分
の考えを書けとありました。
エッセイの内容はクローンは神の領域だ。臓器移植は異常な行為で個を群体にし
てしまうとか、人工臓器の移植は精神と肉体の乖離につながるなど僕好みの内容で
した。
 特に死者の断片を組み合わせた不思議な有機体という言い回しはすごい発想だ
なと思い、一人、コオネとクオンを思い出してました。
この倫社。全開僕は奇跡の満点を取っていたので適当に済ませようと思っていまし
たがめちゃくちゃ俺節全開で答えを書いてきました。僕の回答です。
 筆者の意見。臓器移植という行為は生命として在る自己という個人の境界を
曖昧にしてしまい。個という概念が群体という概念に侵食されてしまう。臓器移
植者を彼と認める要因は能との関係だけなのかあるいは意識という存在しない器
官によるのか、彼を彼として留めているものはかつての彼の輪郭だけなのではな
いだろうか。自分の意見。臓器という他を内包するという事は自己は他によって
構成されているという矛盾を生む。私はこの群体という表現はとても的を射た例え
だと思いました。精神を宿すべき肉体が本来自己を構成していたものでなくなっ
ても自己という精神は存在し得るということは自己を認識する境界というものは
それこそ自分の認識という曖昧な括りでしかないのではないかと思います。何点取れるでしょう?電波入ってます。
つまり腕を切り落とした人間の腕と体はどちらもその個人だけれど体が本体と定
義されるのは精神を宿している方、生命活動を行える方が本体とされるからであっ
て、けして『自己』が切り落とされた腕に無いわけではないという事。
 もしその人の本質が腕にあった場合、腕を失ったその人はもはや、その個人で
はないのではないかという考え。こういう概念考察の問題だけだったら僕は優等生でいられるんです。
もう十の位の無い答案用紙はいいです。赤い丸が一つだけ書いてある答案用紙も結
構です。

 


186 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 07:47:28
凄いね

187 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 15:20:32
まあねww
母親の出どこだっけww

188 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 15:33:44
平島 崇選手 インタビュー 「相手に警戒される選手に」.

189 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 16:24:11
なんじゃそら

190 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 03:55:58
そういや このあほ 大作先生マンセーの短編とか書いてないの?
間接的にでも

191 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 04:48:10
なんじゃそら

192 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 14:09:30
これいっぽんになったね

193 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 15:29:54
評論集はいつですか?

194 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 15:48:44
うるさいんじゃ 宣伝ボケ

195 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 15:49:26
それから、今回お話をお聞きして今後注目したいと思ったのは、茂木健一郎さ
んと平野啓一郎さん。あぁ、まだまだ知らないことがいっぱいで、これからの楽しみがまた増えました。とりとめなく書いてしまったけれど、これが私の最近のできごとです。


196 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 17:01:52
昔の「文学界」のインタビュー読んだよ
面白いな
あれも収録されるかな?

197 :翔太:2006/02/17(金) 17:04:44
おいお前らに言いたいことがある
1と〜つしねとかゆうやつお前が死んでみろ
(感)間


198 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 17:57:03
何言ってるの?

199 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 18:36:58
某所のチャットで盗一郎のことよくいうやついなかったな
てか 嫌われすぎ でもここではマンセー発言多いね  なんで?
やっぱりそういうことなの? 
石田とやってることが変わらん

200 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 20:49:16
はあ?

201 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 08:36:11
はあ?

202 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 13:43:59
楽しみだね

203 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 17:33:45
初期のインタビューも収録してほしいね

204 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 18:40:16
うるさいんじゃ 宣伝ボケ


205 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 19:09:39
>>199
ひとり強力な発言者がいるんだよ。
アンチの代表格と舌戦の末圧勝。
だからマンセーレスが優勢になった。

206 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 19:12:30
>>199
ひとり粘着のバイトがいるんだよw
四六時中貼り付いてマルチコピペ貼りまくる馬鹿でさ。
だれも相手にしなくなって
ひとり孤独にマンセーしてる馬鹿がいるだけだよw

207 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 19:13:26
>>206
たしか層化とか?

208 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 19:14:26
学界がここまで来てるとは。。。

209 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 19:55:12
京都からってのが笑えるww
てか平野浅はかすぎ

210 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 20:02:25
気になってしょうがないんだな

211 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 21:58:57
平野の、黴の生えた様な人畜無害なありきたりの文明論を読む限り、
単なる早熟な世間しらずの中学生のまんま、いまに至ってる感が拭えないよなw

212 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 22:04:55
黴が生えてるのに
人畜無害?

吠える前に常識養ってね。

213 :黴味噌:2006/02/18(土) 22:07:41
また、味噌スレかw

214 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 23:03:35
>>212
まったくの横レスだが君が日本語勉強したまえ
ところで京都はさむかったらしいが、どうだったねww

215 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 07:26:47
気になってしょうがないんだな


216 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 09:49:41
一月物語

作者: 平野啓一郎
出版社/メーカー: 新潮社
発売日: 2002/08
メディア: 文庫
三省堂にて購入。

日蝕と同じ感じの文体。聖悲劇。

読みにくそうだが嫌いじゃない。


217 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 09:52:24
正月休みの時に読んでた本。読み終わった時に感想を書こうかなと途中までブ
ログに書いたんだけど、結局書き上げず・・・というか話がまとまりきらずに、途
中で投げ出してました。せっかくブログ復帰したことだし、ちょっと書いてみるか。
ストーリーは18世紀のパリを舞台に、ドラクロワとショパンの2人に焦点を当てて
、その周りの人間関係を中心に話が進んでいくものになってます。
著者の平野啓一郎さんの作品を読んだのは、あのデビュー作で話題を騒然とさせた
「日蝕」以来の2作目。たしか、「日蝕」を読んだ時は俺、高校生だったな。あの
「日蝕」は正直気分を沈められること、この上ない作品だったので、(ある意味)
忘れられないぐらい印象的な作品でしたね〜。
この「葬送」も「日蝕」と同様に独特の読後感を感じました。平野氏はなんでこん
な作品を書いたんだろう、いや書けるんだろう。
再読する気にはちょっとまだなれないが、この作品は再読することで、より価値が
出てくる作品なんだろうと思った。読みながら、それを感じたし、読み終わって
しばらくたった今でも、それを強く感じます。
また、作中に頻繁にでてくる、ショパンやドラクロワの口から語られる「芸術論」
はとにかく秀逸。鳥肌ものでした。平野氏の事前の下調べの入念さ、そして才能が
うかがえます。この俺と大差ない年齢の人間が18世紀のパリの社交界を描く・・・。
いったいこの作品を書いた時の平野氏の精神状態はどんな感じだったのか。それが不思
議でたまりません。きっと、この作品を書いた時には、現実と18世紀の2つの時間が流れてたんでしょうね。
原稿用紙2500枚の超大作。「読んでみてください」と気軽に薦められるような本じ
ゃないが、読んでみる価値のある作品ですよ。ま、本は人の好みもあるので絶対と
はいえませんけどね。



218 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 14:43:13
いいと思うよそれで

219 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)