5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世界の陰謀を大江健三郎★紐解く

1 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 02:26:46
ことよろ

2 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 02:27:25
にげ


3 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 02:43:26
早めに「鈴木禁止」と書いておこう。
綿矢スレとか春樹スレに書いてくれ。

4 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 03:17:55

純粋天皇の胎水しぶく暗黒星雲を下降する


ヨンサマがw


5 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 09:19:44
【「わがテレビ体験」大江健三郎、「群像」、昭三十六年三月号】
結婚式をあげて深夜に戻つてきた、そしてテレビ装置をなにげなく気にとめた、
スウィッチをいれる、画像があらわれる。
そして三十分後、ぼくは新婦をほうっておいて、感動のあまりに涙を流していた。
それは東山千栄子氏の主演する北鮮送還のものがたりだった、
ある日ふいに老いた美しい朝鮮の婦人が白い朝鮮服にみをかためてしまう、
そして息子の家族に自分だけ朝鮮にかえることを申し出る……。
このときぼくは、ああ、なんと酷い話だ、と思ったり、
自分には帰るべき朝鮮がない、なぜなら日本人だから、というような
とりとめないことを考えるうちに感情の平衡をうしなったのであった。

【「厳粛な綱渡り」大江健三郎、文藝春秋刊、昭和四十年】
北朝鮮に帰国した青年が金日成首相と握手している写真があった。
ぼくらは、いわゆる共産圏の青年対策の宣伝性にたいして小姑的な敏感さをもつが、
それにしてもあの写真は感動的であり、ぼくはそこに希望にみちて
自分および自分の民族の未来にかかわった生きかたを始めようとしている青年をはっきり見た。
逆に、日本よりも徹底的に弱い条件で米軍駐留をよぎなくされている南朝鮮の青年が
熱情をこめてこの北朝鮮送還阻止のデモをおこなっている写真もあった。
ぼくはこの青年たちの内部における希望の屈折のしめっぽさについてまた深い感慨をいだかず
にはいられない。
北朝鮮の青年の未来と希望の純一さを、もっともうたがい、もっとも嘲笑するものらが、
南朝鮮の希望にみちた青年たちだろう、ということはぼくに苦渋の味をあじあわせる。
日本の青年にとって現実は、南朝鮮の青年のそれのようには、うしろ向きに閉ざされていない。
しかし日本の青年にとって未来は、北朝鮮の青年のそれのようにまっすぐ前向きに方向づけら
れているのでない。

6 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/08(水) 20:32:13
なんだこのスレタイは!

7 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 20:45:39
自選作品集って売れたの?
自分はあっこで選ばれてなかったやつの方が好きなのだが。
われらの時代、遅れてきた青年、日常生活の冒険
サイコーですYO!

8 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/09(木) 22:06:22
世界の陰謀を★大江健三郎★紐解く
にしたかったのだと思われ

9 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/02/09(木) 22:14:25
偽善者

国賊

10 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 00:15:46
よくわからんスレタイだが、まあいいだろう。
>>9に代表されるアンチの人も、まあいいだろう。
そういうしかないわけだが。。。

11 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/02/10(金) 08:26:15
神様

天才

12 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 22:29:12
世界の陰謀云々を語る前に義兄を死に追い遣った
自身の悪辣な手段を
紐解いてもらいたいよな。

13 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 22:40:50
>>12
大江について云々語る前に
まず自身の悪辣な漢字を
紐解いてもらいたいね。
「追い遣った」って何だよ。

14 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 23:19:53
 一日一煙
http://homepage2.nifty.com/komacchi/diary.htm
2003年12月5日(金)ボリバーロイヤルコロナスと「知識人」の枯渇〜その1〜
(中略)
 知識人というのは、普通の人よりも知識はもちろんのことその思考においてもより深く、悪い意味での常識や陋習にとらわれず展開することができる人種である、はずである。
しかし例えば、最近大江健三郎がフランスの左翼紙リベラシオンに発表したエッセイなど読むと、知識人とははたして何なのかと思わざるを得ない。周知の通り大江は、進歩的文化人の一翼として一部マスコミがしきりと称揚する作家である。
(面白いことに、朝日新聞は大江の記事を書くに際して必ず「ノーベル賞作家大江健三郎氏」という肩書を付ける。どこかの将軍様を思わせるが、ノーベル賞のご威光は大なるものらしい。
しかし佐藤栄作氏は生前ついに同紙によって「ノーベル賞政治家」と呼ばれることはなかった)
彼はそのエッセイでいきなり「日本は軍国主義の侵略戦争を反省して、戦後アメリカから扶植された民主主義を奇貨として憲法と教育基本法を備えた民主国家となった。
しかるに、小泉首相はブッシュ大統領の世界戦略に唯々諾々と従い、日本をテロリストの標的とするような愚かな政治的選択に踏み込んでいる」とぶちかましてくれる。
いわゆる進歩的文化人といわれる人たちが、アメリカに対して激しい憎悪を抱きながらそのアメリカから投げ与えられた「戦後民主主義」と「日本国憲法」だけは握り締めて話さない心性はある種の病理学的研究の対象として興味深いところだが、
それはこの際措くとしても、「戦後民主主義」を全く疑うことなく拝跪するその姿勢は全く「知識人」とは思えない思考停止ではないか。
(「日本自身による軍国主義の反省の結果」と糊塗するのは正面からその事実を見据えるのが怖いからであろう)もっとも大江の思考停止は今に始まったことではないが。
何せノーベル賞は「スウェーデンの市民から授けられた名誉だからありがたくいただくが文化勲章は「日本の国家権力から与えられる賞」であるという理由で拒否し、その幼稚な思考で唖然とさせた前歴がある。
(いうまでもないが、ノーベル文学賞はスウェーデン王立科学アカデミーの選考による)次回に続きます。


15 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/10(金) 23:20:51
2003年12月6日(土)ホヨードゥモントレーロブストと「知識人」の枯渇〜その2〜
(中略)
 (承前)大江のピュアな思考ぶりは例えば、
「子供時代、10歳までを私は第二次世界大戦の苦痛のうちに成長した。私は日本の超国家主義を味わった。
戦後、民主制と民主主義的理念が民主制のうちの最良の部分、すなわちアメリカの民主制によって日本に扶植された。そして、今度は日本が憲法と教育基本法を備えた民主国家となったのである。
以来、日本人はアメリカの大衆文化、映画や音楽によって影響されてきた。そのことには何の問題もない。日本人はそれでおのれのアイデンティティを失いはしなかった。」
という一節にもいかんなく示されている。
これを読んでその余りの能天気ぶりに「おいおい」というツッコミを20回くらい入れたくなったのは私だけではないだろう。
この余りにも無邪気な「善なるアメリカとそれによってもたらされた「戦後民主主義」に対する信仰」は、いくら愛する日本国憲法によって信教の自由が保障されているとはいえ(笑)、信じても救われない。
戦前の日本にいかなる形でも民主主義は存在しなかったと考えたい一部の人たちがその反動として「戦後民主主義」を抱きしめて離さないのも宗教に類似しているが、
おそらく彼らはなぜ「戦後民主主義」がつねに「カッコ付き」で語られる存在であるのかは理解できないだろう。
敗戦からの再出発に当たって日本人が持たなければならなかった新しいアイデンティティは、映画や音楽といった文化のごく一側面によって形成されたものではむろんない。
あるいは彼は、全き善であった偉大なアメリカがその後世界を侵略する邪悪の帝国(笑)に変貌したことについて呆然としているのかもしれないが、このように無邪気な、考察ともいえない考察では日本を含めた国際政治の全体像を俯瞰することなどとても不可能だ。
思考の枯渇した「知識人」には静かに退場していただくしかない。


16 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 17:45:43
世界の陰謀ひもといちゃったら、大江健三郎はどうするんだろう。

大江健三郎のクソガキに責任とらせよう。

17 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/02/11(土) 17:53:05
彼は対外戦力なんじゃないですかね。

18 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 18:07:03
>>17
大江が?

19 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 22:40:22
13は文盲かw

20 :名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中:2006/02/11(土) 23:28:19
19はモンモンかw

21 :吾輩は名無しである:2006/02/13(月) 16:14:30
大江の訳詩はなかなか良いよね。
この人自身の文章より全然良いかもw
ブレイク、イェーツあたりの訳詩集をだしてほしい。

22 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 00:34:19
自分では詩作しないのかな?

23 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 00:53:21
『われらの狂気を生き延びる道を教えよ』に
四つの詩のごときもの、ってのが出てくるYO!



24 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 03:32:37
詩作しないのはね、谷川俊太郎に衝撃を受けたからだよ。

25 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 04:11:53
でも詩人は大好きだよね、昔から。
オーデンとか中原中也とかも引用してたなあ。

26 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 09:11:32
「北朝鮮の青年の未来と希望の純一さ」は、「南朝鮮」の青年達が疑い、嘲笑したように、今日の破局の中に失われてしまった。
大江氏がこれだけ思い入れをした「老いた美しい朝鮮の婦人」や、「希望にみちて自分およぴ自分の民族の未来にかかわった生きかたを始めようとしている青年」達は、
今や住む家も洪水に流され、食べ物も自由も希望もなく、ただ餓死を待っているであろう。

そうした北朝鮮の惨状について、大江氏はどう考えているのだろうか。大江氏が昔の自分の文章を覚えているなら、自らの不明を恥じて、読者にお詫びをするとともに、
自分の見通しがなぜ間違ったのか、思想的にきちんとした反省をしなければならない。
それをしないこの人は言論人としての資格はない。将来も、また同じような過ちを繰り返すのみである。

また上記の熱のこもった文章が、単なる共産主義かぶれの若気の至りではなく、北朝鮮の人々への真実の思い入れだとしたら、
自ら率先して、北朝鮮救援活動を始めるか、ノーベル賞の賞金を北朝鮮救済の資金として提供する位の事はあっても良いのではないか。
大江氏は、昨年は米国プリンストン大学で静かな研究生活を送ったようだが、現在は別の意味で「帰るべき朝鮮がない」のだろうか。要はつねに人事なのだろうか。

27 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 17:54:45
いま・ここ・自分からいかに逃避するかってのが
初期大江の重要なモチーフなんです。
ナセル義勇軍とかフランス留学とか北朝鮮とか文革とか
アフリカの地図とかFLNとか、ぜんぶそういう逃避の対象でしかないわけね。
後智恵で、政治的に失敗したじゃないか!と批判するのも結構だが、
でも、モラトリアムな若者のこういう現実逃避ってのは
普遍的なテーマでもあるわけで、
特に小説の場合、いま読んでも別に問題ないと思うけど。

28 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 18:11:13
初期大江と言えば、みなさん、
新潮文庫の山下菊二の装丁はいかがですか?
ちょっとキモすぎるようにも思われるんですが…

29 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 22:11:20
たしかにあの装丁は萎えちゃうね。時代がかってるし。

30 :吾輩は名無しである:2006/02/14(火) 22:30:43
大江の本は装丁に恵まれてない印象があるねえ。
ブレイクとかドレの絵なんかもあるけど、
なんか古臭い感じがいなめない。
奥さんに絵描かせたりもしてるしw

31 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 00:41:47
あのキモイ新潮文庫、懐かしいですねえ。
学生鞄に日替わりで忍ばせて通学してました。
周囲の奴らは狐里庵や五木寛之ばかりのなか、ちょっとした優越感でしたよ。


32 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 00:46:22
俺は新潮文庫の装丁は好きだけど。
迫力があっていいじゃん。
これで春樹の文庫本みたいなイラストだったら嫌だよ。春樹のは春樹らしくていいんだけど。

33 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 02:21:07
ドストエフスキーみたいに怖い顔の装丁とかでも困るしな。

34 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 09:01:31
あいまいなのは?

大江健三郎氏は、「あいまいな日本の私」と題したノーベル賞記
念講演をストックホルムで行った。そこには次のような一節がある。

広島、長崎の、人類がこうむった最初の核攻撃の死者たち、
放射能障害を背負う生存者と二世たちが??それは日本人にと
どまらず、朝鮮語を母国語とする多くの人びとをふくんでいま
すが?ー、われわれのモラルを問いかけているのでもありまし
た。

「核攻撃の犠牲者たる日本人が、なにか特別のモラルを持たなけ
ればいけないそうだ。投下した者のモラルは問わないわけである。
」とは、谷沢永一氏の評である。これが国際常識であって、大江氏
のもってまわった言い方と、その非常識な内容とでは、聴講者は何
を言っているのか、分からなかったであろう。内容は単に50年前
の東京裁判史観とマルクス主義史観であり、その後の歴史学の進歩
などは、まったく省みられていない。

大江氏の思想は、1950年代の冷戦時代から一向に深化していない。
それがそのまま化石のように残されているのは、本人のIntellectual
Dishonestyと、それを覆い隠すもってまわったあいまいな文体の
故である。この講演は「あいまいな日本の私」よりも「日本のあい
まいな私」と題すべきものであった。


35 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 10:27:25
司修の装丁はすきだな。

36 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 12:10:15
良いかなあ。司修。
文庫同時代ゲームの装丁、ださすぎて嫌。
なんだかんだ言って、山下菊二のイメージ強い。

37 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 23:35:21
大江本に限らず新潮文庫って全体的に装丁がださいからねえ

38 :吾輩は名無しである:2006/02/15(水) 23:40:39
モームのは好きだな。紺と萌黄に白抜きの文字。

39 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 00:54:16
セイセイセイセイ
大江のベストトゥー挙げるとしたら...

    憂い顔の童子
    二百年の子供

だぜぃ フォーーー!




40 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 01:59:29
)*(


41 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 09:09:33
http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/dai34/34gijiroku.html
第34回司法制度改革審議会議事次第
日時:平成12年10月16日(月)9:29〜12:10
場所:司法制度改革審議会審議室
出席者
(委員)
佐藤幸治会長、竹下守夫会長代理、石井宏治、井上正仁、北村敬子、曽野綾子、木剛、鳥居泰彦、中坊公平、藤田耕三、水原敏博、山本勝、吉岡初子
(事務局)
樋渡利秋事務局長

(中略)

【曽野委員】レジュメが短過ぎて申し訳ございません。
過日ちょっと触れましたが、私は過去に書きました数冊のノンフィクションの中から、一つの作品を例に引いて、その作業の困難さをお話ししたいと思います。

ここに持参いたしましたのは『或る神話の背景沖縄・渡嘉敷島の集団自決』という本です。この話は、終戦の年の3月、沖縄本島上陸を前に、その南西の沖合にある慶良間列島の中の渡嘉敷島で集団自決が行われた、という事件です。
当時島には陸軍の海上挺進第三戦隊の130人が、ベニヤ板の船に120キロの爆弾をつけて夜陰に乗じて、敵の艦艇に突っ込む特攻舟艇部隊としていました。

3月下旬のある日、米軍はこの島を砲撃後上陸を開始し、それを恐れた約三百人の村民は軍陣地を目指して逃げましたが、陣地内に立ち入ることを拒否され、
その上、当時島の守備隊長だった赤松嘉次隊長(当時25歳)の自決命令を受けて次々と自決したというものでした。
自決の方法は、多くの島民が島の防衛隊でしたから、彼らに配られていた手榴弾を車座になった家族の中でピンを抜いた。
また壮年の息子が、老いた父や母が敵の手に掛かるよりは、ということで、こん棒、鍬、刀などで、その命を絶った、ということになっております。


42 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 09:10:33
当時の資料を列挙しますと、1)沖縄タイムス社刊『沖縄戦記・鉄の暴風』2)渡嘉敷島遺族会編纂『慶良間列島・渡嘉敷島の戦闘概要』3)渡嘉敷村、座間味村共編『渡嘉敷島における戦争の様相』
4)岩波書店『沖縄問題二十年』(中野好夫、新崎盛暉著)5)時事通信社刊『沖縄戦史』(上地一史著)6)沖縄グラフ社『秘録沖縄戦史』(山川泰邦)7)琉球政府『沖縄県史8(沖縄戦通史)各論篇7』(嘉陽安男著)
8)岩波書店『沖縄ノート』(大江健三郎著)9)平凡社『悲劇の沖縄戦』「太陽」(浦崎純著)などがあります。

これらの著書は、一斉に集団自決を命令した赤松大尉を「人非人」「人面獣心」などと書き、
大江健三郎氏は「あまりにも巨きい罪の巨塊」と表現しています。

私が赤松事件に興味を持ったのは、これほどの悪人と書かれている人がもし実在するなら、作家として会ってみておきたいという無責任な興味からでした。
私は赤松氏と知己でもなく、いかなる姻戚関係にもなかったので、気楽にそう思えたのです。もちろんこの事件は裁判ではありません。
しかし裁判以上にこの事件は終戦後25年目ころの日本のジャーナリズムを賑わし、赤松隊に所属した人々の心を深く傷つけていたのです。

もとより私には特別な調査機関もありません。私はただ足で歩いて一つ一つ疑念を調べ上げていっただけです。本土では赤松隊員に個別に会いました。
当時守備隊も、ひどい食料不足に陥っていたのですから、当然人々の心も荒れていたと思います。
グループで会うと口裏を合わせるでしょうが、個別なら逆に当時の赤松氏を非難する発言が出やすいだろうと思ってそのようにしました。渡嘉敷島にも何度も足を運び、島民の人たちに多数会いました。

大江氏は全く実地の調査をしていないことは、その時知りました。

当時私はまだ30代で若く体力があったことと、作家になって15年以上が経過していたので、いくらか自分で調査の費用を出せるという経済的余裕があったことが、この調査を可能にしました。

途中経過を省いて簡単に結果をまとめてみますと、これほどの激しい人間性に対する告発の対象となった赤松氏が、集団自決の命令を出した、という証言はついにどこからも得られませんでした。


43 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 09:11:38
第一には、常に赤松氏の側にあった知念副官(名前から見ても分かる通り沖縄出身者ですが)が、沖縄サイドの告発に対して、明確に否定する証言をしていること。
また赤松氏を告発する側にあった村長は、集団自決を口頭で伝えてきたのは当時の駐在巡査だと言明したのですが、その駐在巡査は、私の直接の質問に対して、赤松氏は自決命令など全く出していない、と明確に証言したのです。
つまり事件の鍵を握る沖縄関係者二人が二人とも、事件の不正確さを揃って証言したのです。

第二に、資料です。
先に述べました資料のうち、1〜3までを丁寧に調べていくと、実に多くの文章上の類似箇所が出てきました。今で言うと盗作です。
ということは一つが原本であり、他の資料はそれを調べずに引き写したということになります。
それをさらに端的に現しているのは、これほどの惨劇のあった事件発生の日時を、この三つの資料は揃って3月26日と記載しているのですが、戦史によると、それは3月27日であります。
人は他の日時は勘違いをすることがありましょうが、親しい人、愛する者の命日を偶然揃って間違えるということはあり得ません。
つまり「沖縄県人の命を平然と犠牲にした鬼のような人物」は第一資料から発生した風評を固定し、憎悪を増幅させ、自分は平和主義者だが、世間にはこのような罪人がいる、という形で、断罪したのです。

当時、沖縄側の資料には裏付けがない、と書くだけで、私もまた沖縄にある二つの地方紙から激しいバッシングに会いました。
この調査の連載が終わった時、私は沖縄に行きましたが、その時、地元の一人の新聞記者から「赤松神話はこれで覆されたということになりますが」と言われたので、
私は「私は一度も赤松氏がついぞ自決命令を出さなかった、と言ってはいません。ただ今日までのところ、その証拠は出てきていない、と言うだけのことです。明日にも島の洞窟から、命令を書いた紙が出てくるかもしれないではないですか」
と答えたのを覚えています。

しかしこういう風評を元に「罪の巨塊」だと神の視点に立って断罪した人(大江)もいたのですから、それはまさに人間の立場を越えたリンチでありました。
(後略)


44 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 12:57:53
>>41-43
大江健三郎は極悪人ですね(・▽・)

45 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 13:31:56
沖縄人は、ちゃんと知ってるから。実際に殺されてるから身内を。



46 :吾輩は名無しである:2006/02/16(木) 15:54:47
>>45
だれに?

47 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 00:07:13
>>39
おいHG、なんで「二百年の子供」なんだよー

48 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 00:25:50
>>46
アメリカ人に、だろ。

49 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 02:43:15
日本兵に?昭和天皇に?

50 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 02:44:18
セイセイセイセイ
別に良いじゃんかよ..セイセイセイ
フォーーーーッ!
おまけ→)●(

51 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 05:14:10
おや、暗黒星雲。

フレッド・ホイルだな。

『10月1日では遅すぎる」

ベーコン。

52 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 09:11:42
http://ikeday1.exblog.jp/
ikeday1な日々 日本軍の悪行

二次大戦末期の沖縄戦で、当時の沖縄県民が日本軍の強要により自決させられたという通説は誤りであると訴訟が起きている。
産経の記事だが、沖縄戦で戦った陸軍の将校が、大江健三郎と岩波書店を相手取って訴えたもので、この嘘の記述により、沖縄守備隊の名誉が不当に損ねられたという理由だ。
この大江健三郎の記述は多くの本などに引用され、我が国においては陸軍が集団自決させたとの通説がまかり通っている。
なんせ、大江健三郎はノーベル賞作家であり、その説得力も格段のものがあったのだろう。彼は、「防衛大学校の学生は、我々の世代の恥部である」と明言するほどの反戦作家であり、その著書の中に偏見を交えた記述をあえて含ませたことは十分考えられる。

この産経の記事の中には「集団自決は軍によるものと証言すれば、遺族年金が手に入るとの理由で偽証した生存者も確認されている」と書いており、重大な告発を含んでいる。
これには韓国、中国の従軍慰安婦の問題にも同様の疑問点を含んでいるものと考えざるを得ない。
この国々では日本に対するカードとして、この問題を提議しているが、慰安婦たちは金が入ることから「軍に徴発された」と言い出し、それを国が後押しする形で騒いでいるとしか考えられないし、軍が徴発した事実も確認できない。

旧軍は悪行を重ねたとの認識はいまや全世界の常識になっているが、明治維新以来、我が国最高の頭脳と健康な若者を集め、幾多の国難から我が国を救う努力をしていた集団が、今非難されているほどの悪行を働いたとはとても思えない。
この論拠には幾多の作り話があるだろうし、旧軍は不当に辱めを受けていると感じている。
確かに、軍に任せておけば大丈夫だと信じていた結果、国民を守ることもかなわず、国土を焦土とし、幾多の国民を殺させてしまったことは、軍に対する憎しみとなったことは理解できる。
しかし、ありもしない罪をなすり付けられて不当な扱いを受けさせることは、我々文明人としての尊厳に関わる問題であろう。
終戦のとき、天皇陛下は「堪え難きを耐え、忍び難きを忍び」と言われたが、あまりにも辛すぎる扱いであり、全世界に流布されている旧軍の悪行に対する名誉回復を働きかける必要がある。
2005-07-24 11:07

53 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 10:33:42
男女板にこういうスレッドがたってるのだけど

>女性化社会
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1139978786/l50

>1名前: 名無しさん 〜君の性差〜投稿日: 2006/02/15(水) 13:46:26 ID:zp+o41rU
>・利己主義
>・権威主義
>・拝金主義
>・中身も味も無い見た目重視
>・法に触れない悪事ならやり放題
>・人と違う奴は集団で徹底排除
>・自省を一切しない徹底した開き直り(逆ギレ)主義
>・自分に100%非がある場合でも絶対被害者の立場でい続ける

>こんな夢のような『女性化社会』で楽しく生きていきましょうw


まるで大江健三郎そのものみたいだねw。
いや、仮に大江健三郎その人間がそうじゃないという反論があるとしてw
大江健三郎は根っこではそういう社会を歓迎もしてもいる。
そのへんが大江健三郎がペテン師といわれる所以かと思う。
つまりは、拝金主義などと同等の性根をもっているということなのだろう、結果的に。


54 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 10:52:45
てか、陰謀を紐解くって、おまえが陰謀だろうが!って感じw。

55 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 13:38:35
大江って意外にマッチョなタイプだと思うけどね。


56 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 16:02:17
>>55
ってことは、読者はだまされてるってことでしょうかね。

マッチョっていうか、影でこそこそ、マッチョだよねw。

57 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 17:16:59
>>53
いまは普通の男の子が生きにくい時代だとは思うけど
それを大江のせいにしてもなあw
大江はフェミには評判悪い作家だし。
「われらの時代」なんて、
男が男らしくあることが不可能な時代を描いてるんだよ。
先駆的だったんだねえ。

58 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 17:43:11
マッチョもマッチョ普通にマッチョだし
登場する女性人も火見子だの伊奈子だの思いっきり古典的だろうに

59 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 17:53:05
そう、正も悪もすべてを包み込む
聖なる女性による救い、みたいな。
けっこうステレオタイプよ。
だからバックラッシュな人たちは
大江を支持してあげても良いんじゃないかなw

60 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 18:24:32
ステロタイプではなく、「神話的な女性像」ですYO!

61 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 19:03:23
>>57-59
みなさん、みてください。大江健三郎の工作員ですよ。
いつも、監視して、大江にとって、後世不利にならないように、必死になってるのです^^

大江は「宙返り」のとき、装丁の「注文が遅れたということで
ある講演会で不満たらたらだったようですが
大江は装丁がどうのこうのというのに、こだわったりしているようです。バカですねw。

>>28がはじめた、装丁の話なんってのも工作員なのではないでしょうかwwwwww.

また、前大江健三郎スレッドで、大江が商売のためのときだけ?だけ騒ぐのだとか
なんだとか言ってましたが、これもまた、大江健三郎が工作している証拠の
裏づけなのではないでしょうか。

どっちにしても、工作員しかみてないのでしょうがw。

62 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 19:05:49
>>57
先駆的?んなもん、三島がしてただろうし、太宰がしてたんじゃないの?w

男が男らしくあることが不可能な時代なんって、弱音を吐くところなんか
フェミにすかれるところなんじゃないのか?w

63 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 21:22:07
お前の方がよっぽど工作員っぽいけどなw

64 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 21:24:56
>>63
darenodayo,

65 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 21:33:13
治療塔の装丁はなかなか良いと思た。

66 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 21:37:49
>>61
おまえ文脈読めないの?
>>57-59
って別に褒めてないじゃん。なに自爆してんだか。

67 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 22:18:14
>>66
ん?大江はペテン師だからなw。
そのへんは、ぬかりがないのだよ、盛んに指摘されちゃってるからw。

また、文学者らしく、自己批評もできちゃったりするんだろ
徹底的なやけどはしない程度にw。

68 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 22:20:04
てか、その自己批評ってのも、すでに出回って、味見がさんざん大江自身でされている
安全パイものばかりだけどなw。

69 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 22:55:17
ここで、工作員がいる証拠に、「憂い顔の童子」を読んでみたらいいw。
もし、お金を払いたくないというなら、図書館で読んでみたらいい。

その大江の「憂い顔の童子」の中での自己批評とやらと、ここで展開されている、大江のその成りと姿を
言う投稿との、調子がそっくりだからw。

ちなみに、コピペは違うぞw。おそらく、工作員はコピペは違うぞとか言って
それをもってきて、違うぞと、言うに決まってるからw。

70 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 23:00:37
違うぞが三回も繰り返されていて何を言っているのか分からん

71 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 23:04:09
この"w。"という文末が癖のやつは結局何が言いたいんだろう。
せめていいたいことをまとめてから出直して欲しい。

72 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 23:05:13
>>70-71
あんたらが、工作員だということを、言ってるのだよw。

73 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 23:06:00
>>72
そうですかw。分かりやすく言ってくれてありがとうw。

74 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 23:07:12
>>73
まぁ、あんたは、わからんw。

ただ
>>57-59はそうだなw。

もし、そのなかにあんたの投稿が入ってるなら、工作員だなw。

75 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 23:08:41
そして、大江健三郎とは、工作員を送るような野郎だということを言ってるわけだw。

76 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 23:09:54
>>74
そうかw。俺は58だw。じゃあ俺は工作員なんだなw。

ところでお前は今まで大江の作品をどれだけ読んだ?
「憂い顔」は読んだみたいだしけっこう読んでるの?

77 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 23:25:07
>>76
作品を読めってかw。

三島が評価した「個人的な体験」
これは、とことん大江的なものが、なぜか排除されてるよなw。
まるで、外国の小説のように。

よーく読めば、ここにも、あそこにも大江的なものがちりばめられてるのだが
普通は気づかないのだろう。

そして、大江が今の自分を正当化するために、三島の匿名で雑誌に連載されてた
のをまとめた、エッセイ集をもちだしてきたりするわけだw。
あそこで、悪人になれとか書かれてるよなw。
以前の大江のスレで、そのようなことを三島が言ってたともちだしてたよな
大江擁護のためにwwwwww

おまえが、古典=マッチョといったのと同じだな、意味あいはw。
古典=マッチョなのか?
おそらく、最初にマッチョと言ったの人間は、マッチョ=バカ
という意味で言ったのだろうがw。

78 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 23:34:19
「個人的」はそれまでの大江の小説の流れと特に変わったものはないと思うが
鳥(バード)は大江の作品の主人公の中ではもっともヒロイックだな。
鳥のような顔というとストーンズのキースリチャードが思い浮かぶ。いわゆるアゴのない顔。
そう言えば三島の「潮騒」と大江の「青年の汚名」はどちらも同系統の異色な話だな。
なぜか文庫の装丁も違うし。

79 :吾輩は名無しである:2006/02/17(金) 23:44:01
>>78
だから?

80 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 00:26:59
三島と大江を対照させて読むのは
なかなかおもしろいよね。
アンチさんもそこそこ大江読んでることを知って
ちょっと意外w

81 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 00:45:37
>>80
なに、調子こいてんの?w工作員。

82 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 00:48:06
ここは非工作員お断りのスレですが何か

83 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 00:48:47
前スレで、これ、子供扱いされてたんだが?
工作員の自作自演なのかもしれないがw。

873 名前: 名無しさん@自治スレッドでローカルルール議論中 [sage] 投稿日: 2006/01/30(月) 14:49:45
>>868

同意。
初心者は、初期作品が入りやすい。
大江文学を読みこなすことが、現代日本文学を把握する必須条件。
ノーベル賞日本人初受賞の川端康成から大江健三郎へ、
その流れに世界的な時代の激変と日本文化の変容が
そっくり封じ込められている。

なーにが、おもしろいだw。
大江を祭り上げる材料があれば、なんでも飛びつくかwwwwwwww

84 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 00:49:19
>>82
はぁ??????????w

85 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 00:58:56
馬鹿の人は極東板かどっかで大江スレでも立てれば?
お友達がいっぱいいて、もっと癒されると思うよ。

86 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 01:00:50
>>85
ん???????バカとは、大江のことかな。

大江は人間社会に生きてるんだろ?w

87 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 01:04:11
あなた(たぶんお一人なんでしょうね)が妄想する工作員以外にも
大江読んでる人は普通にいるよw
ほら、だから、アマゾンでアンチレビュー書くとか、
まとまったアンチ批評文でも書いてブログで発表するとか
もっと生産的なことにそのエナジーを投入されてはいかがでしょう。

88 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 01:16:17
鈴木臭い香具師がいるな

89 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 01:31:41
>>87
なんで、アンチアンチって、きもいやつだなw。
なにがなんでも、大江に結び付けたいんだな、工作員よw。:

じゃぁ、いったい、どれだけの人が読んでるんだよwwww

または、どれだけのひとが、良いとおもってるんだよw。


>>88
鈴木って、だれ?

90 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 01:33:54
工作員が、やたらと、アンチという言葉を使うようになったのは、

表の裏は、表ってことだろ?

で、大江の存在は守られるわけだwwww.

91 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 01:35:52
表の裏は裏だわな

92 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 01:37:17
>>91
まぁ、なんでもいいわw。
そういうことだろw。他のスレとかけもちで、工作員は一人じゃないからなw。

93 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 10:09:45
うーん鈴木臭い

94 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 10:28:32
>>93
訳も分からず書き込むのは止めてくれ。

95 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 14:44:03
バックラッシュが必死なスレはここですか?

96 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 15:17:27
>>94
鈴木臭いという言葉に敏感に反応してるなw

97 :吾輩は名無しである:2006/02/18(土) 18:26:58
最悪の評価だからね

98 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 02:08:38
三大馬鹿。
大江、五木、筒井。

つまり大量に書き過ぎ。

因って最後の小説とか休筆・断筆宣言とか自分で
マゾっちゃう。



99 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 02:09:00
誰か『万延元年〜』の英訳本みたことある?
"The silent cry"っていうタイトルになってるんだけど、
装丁がすげー笑えるYO!
変な地蔵の写真で、家内安全とか書いてんのw

100 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 02:10:51
確かに大江は駄作も多いね


101 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 02:14:33
大江クラスになると一作ごとであれこれ言っても仕方ないのよ。

102 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 02:57:43
大江自身が陰謀じゃんw。

103 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 03:02:11
ハイハイ糞して寝な

104 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 04:17:30
>>102
ん?なに怒ってんの?wwwwwwww

105 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 07:56:36
>>98
しかも長編ばっか鬼のように書きやがる
このおっさんはとんでもないな

106 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 07:58:20
埴谷→大江→筒井

107 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 08:23:30
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1135346418/506

108 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 09:50:18
浅田彰 それにしても、そういうとき大江健三郎が出版社なら
出版社のトップに苦情を持ち込むのはよくな
いね。本人は世界から迫害されてるマイノリティのつもりらしいんだけど、
実際は押しも押されもせぬ大作家なん
だから、そんな人がトップに苦情を言ったら下の人間がどうなるかぐらい
想像できそうなものなのに。『週刊朝日』で大江の連載が始まった、
その少し前に「虫」っていう匿名書評子が大江の『憂い顔の童子』
の批判を書いたら、直後にその書評欄の連載が打ち切られ、
編集長も交替した、あれも変な話だよね。僕は『取り替え子』と
『憂い顔の童子』は最近の傑作でものすごく面白いと思ってるんだけど、
もし本当に大江の圧力があったとしたら
許しがたいと思うよ。

週刊ダイヤモンド連載第七回「続・憂国呆談」番外編Webスペシャル2003年1月号
http://dw.diamond.ne.jp/yukoku_hodan/200301/


109 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 11:03:15
3年前のネタを引っ張るのはやめちくれ

110 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 12:17:04
100あたりで「駄作も多い」といわれてるけど
まーたしかにそんな気もしないでもない。
しかしながら、駄作と傑作の境界線を引くのはむずかしい気もする。

111 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 12:37:13
>>105
やっぱり、駆逐しなきゃ。

112 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 18:04:09
「万延元年」は初めのほうは駄作なのに
読み終えたら傑作になってた

113 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 18:27:00
>>112
と、万延元年を乗り越えにくいから、著作で読者に乗り越えてくれとか言ってる
大江健三郎の工作員の宣伝でしたwwwwwwww

114 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 19:23:25
113よ、おまえはなかなかいい工作をしてるな(微笑

115 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 20:10:43
http://homepage3.nifty.com/bhind/krm1.htm
かって真実だったもの 

あれは何で読んだのだろうか、大江健三郎の、おそらく昭和30年代に書かれた文章だ。
「祖国」たる北朝鮮に「帰って」行く「在日」の人々を”賛美”した文章だった。その当時、盛んに在日韓国朝鮮人の人々の、北朝鮮への「帰国」運動が行われていたのだった。
 大江の文章は、北への「帰国」を選んだ人々の爽やかな笑顔の印象を語り、
また、「帰国運動」に抗議してデモを行う韓国の学生たちを、政府の指令に従って動いているだけの愚劣な者たち、として描き出していた。
 もう一つ。いまだ未見なのだが、吉永小百合が”青春スター”だった頃の、「キューポラのある街」なる映画がある。
その映画の一挿話に、やはり北への「帰国」を手に手を取って果たそうとする「在日」の若いカップルの出発を友人たち皆が祝福する、などというシーンがあるそうだ。一度見てみたいと思っているのだが。
 この「帰国運動」が、どのような結果になったのか、「帰って」行った人々がどのような運命をたどったのか、我々はすでに知っている。帰国体験者の証言や、公表された手記によって。それが、いかなる悲劇への招待状であったかを。
 だが、大江が「北への帰国者」の清々しさを語り、映画のフィルムに「北」において実現されるであろう幸福な新婚生活を信じ夢見る若いカップルの姿が
焼き付けられたあの時代、
そんな”事実”は、誰も知らずにいたのだ。少なくとも”こちら側”においては。その頃、”こちら側”の人々は、別の真実を信じていたのだった。
 そして、その”真実”が幻想だったと分かってしまった今日。幻想だった”真実”を賛美してしまった人々は、その件に関して口をつぐみ、まるで何もなかったように、そんな過去への責任を放棄したままである。
2002年10月 6日(日)


116 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 20:18:17
>>114
ん?俺は大江健三郎の工作を暴いてるだけだよ。

そして、よく工作員がそういうこと言うよ?w

117 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 20:55:54
いい工作だw>116

118 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 20:59:16
ほんと浅いなあ
もっと作品について具体的に語ろうよ

119 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 21:04:58
作品の方がどうしようもなく浅いから、こうなっているんだが

120 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 21:25:44
お前きっと相当頭いいんだろうな…
2ちゃんに書き込みなんてしてないで別のことしたほうがいいんじゃない?

121 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 21:59:40
>>117
だれがみても、おまえが工作員であろうにw。

そういえば、工作員はアンチだとかなんだとか言うよな。

おまえが工作員、そして工作員から、おまえが工作員だと言い合いに
なることが、大江健三郎のこのペテン師のやり口なのだよw。

アンチ云々と同じだなw。つまりは、表の裏は裏のように
表裏紙一重にして、自分らの工作をうやむやにしようとしてるのだよw。

122 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 22:00:30
>>121
やみくもにしようとしてるのだよw。

123 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 22:01:46
どうでもよすぎる

124 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 22:03:01
>>120
頭悪いのなんだの言うのは、人の意見をぱくって
自分の防衛の手段のひとつにしてしまう、ペテン師な大江健三郎の
やり口のひとつねw。

筒井康隆が以前大江の小説を非難する人間は大江の小説を
理解できないのだと言ってくれたのを、それも含めて引用してるのだよw。

125 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 22:06:30
頭悪いって言ってないよ。頭いいって言ってんじゃん。
大江健三郎の小説はあんたにとって浅すぎるんだろう?
今までそんな奴に会ったことがないからびっくりしたの。

126 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 22:09:21
>>119
は、俺じゃないよw。

127 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 22:09:53
>>125
>>119は俺じゃないよw。

128 :ギー:2006/02/19(日) 22:31:33
>>121
すばらしい工作だ(微笑
そのきみの自己言及的ストラテジーを
「取り替え子作戦」と名づけてあげよう(ニコッ

129 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 22:43:41
>>128
大江健三郎の工作員が、茶化しに入ったようですw。

大江健三郎の工作員は、自分の工作を暴こうとするのを工作だと
言っているようですw。

130 :ギー:2006/02/19(日) 22:48:09
この即レス(129)はまさしく優秀な工作員の証だ(微笑

131 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 22:54:13
>>130
ぷっw。

132 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 23:27:15
>>131
おいっ、大江健三郎の工作員なんかに負けんなよ。
おちょくられっぱなしじゃこっちまで腹立つじゃねえか。
「ぷっ」とか「w」以外にもっと何か言ってやれや。

133 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 23:29:09
コピペ馬鹿が前スレから張り付いている
同一人物だということが判明したね

134 :吾輩は名無しである:2006/02/19(日) 23:41:46
レスが伸びてきましたなあ

135 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 00:13:47
>>132
なに、けしかけてんの〜?性格悪いな、やっぱり大江健三郎ってw。

136 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 00:19:58
これは鈴木っぽい匂いだな

137 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 00:22:21
みんなで131を応援しよう

138 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 02:13:16
w。

139 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 02:17:47
(。w。)

140 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 15:16:10
工作員、工作員って言う人はその被害妄想ぶりからして
大江本人だな。

141 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 17:51:53
工作員って言い出したのは
コピペ厨だろ、ボケが。死ねよ。

142 :吾輩は名無しである:2006/02/20(月) 18:39:00
>>140-141
ぷっw。

143 :ギー工作員:2006/02/21(火) 00:03:56
まあわたしのように工作員を自称する人間もいるわけではあるが、
まあそんなことはどうでもよろしい。

>>113に書いてある意味がまったくわからない(微笑
「万延元年」の最初の章以上に読みにくい。
誰か解説してくれないか?

144 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 07:13:16
『万延元年〜』の最初の章ってなんであんなに読みにくいのかね?
あの頃にくらべりゃ最近の文体はずいぶん読みやすくなったもんだ。


145 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 09:19:15
革命ごっこ http://kakumei.blog2.fc2.com/blog-entry-232.html
大江健三郎&娘のナイスな発言

大江健三郎氏、韓国で「腐ったトマトは小泉首相が来るまで投げずに我慢せよ」
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1117958862/l50

-引用開始-
大江氏は漢陽大を訪問して学生たちに講演をする中で、「私の娘は心配性で、敏感な時期に韓国を訪問するのを心配して、日本人は印象が良くないから腐ったトマトを投げつけられるかもしれないと言っていた。
腐ったトマトは私に投げずに、小泉首相が来るまで我慢しなさい」と言って学生たちの笑いを催した。横にいた小説家の黄ソギョン氏は大江氏のこの言葉に対して「大江先生には花を投げなければならない」と肯定的に回答した。
-引用終了-

大江健三郎&娘はけしからんですなぁ。朝鮮人は野蛮だから日本人に腐ったトマトを投げつけると思ってるんですよ。実にけしからんですなぁ、差別ですよ差別(ニヤニヤ)。

これはあれですよ、人権委員に通報ですよ。「大江が朝鮮人を差別してるから家宅捜索して下さい!」って感じですよ。

日本の代表的な良心的知識人も心の中では朝鮮人は未開で野蛮な民族だと思ってるんですよ。けしからんですなぁ(ニヤニヤ)。
2005/06/06(月) 00:21:59| 南鮮| トラックバック:0| コメント:3


146 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 10:55:53
大江ってポジションの取り方うまいよね。朴訥そうで腹黒い。小林秀雄から本居宣長の書もらってなにげに小林秀雄の後継者みたいな事アピールしてるし。顔に似合わず強烈な権力志向が見え隠れする。言論弾圧もするしさ。

147 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 12:55:08


148 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 15:52:24
『遅れてきた青年』でも読んでみ。
ケンちゃんはウヨだし、人種偏見の持ち主だし、ドキュソですよ。
ここのコピ平と波長合いそうじゃん。

149 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 16:23:26
まあ小説ウヨですよ。
ここでコピペやってるネットウヨが実生活ではチキンなように、
大江もエッセイではモラリストぽいの書くわけですね。
でも小説の中では、テロリスト、オナニスト、ドキュニスト等が
続々と出てくるわけです。

150 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 20:13:14
>>146
に世界相手にゃノーベル賞、国内向けには小林秀雄の正統なる後継者をそこかしこで吹聴(思想的にじゃなくて文壇での権威)。
「小林秀雄の全体を受容し乗り越える、新しい人が現れるまで、私はその人に手渡すつもりの、小林さんにあずかった宣長の書をしまっておく。」なんてw
三種の神器じゃあるまし、権威の継承は大江の一番嫌いなお家といっしょじゃんww
それに、才能のある芽は刈り取るくせにw
江藤淳が死んだ時のシカトっぷりも見事。浅からぬ縁があったはずなのにまるで存在しない人みたいにw
トロツキーを写真からも消し去ったスターリンみたいなもんだな。


151 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 20:20:26
>才能のある芽は刈り取るくせに

kwsk

152 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 20:31:03
>>150
江藤シカトしてないよ。
むしろ、センチメンタリズムだ、と批判してるw
言い難きなげきもて、の中にあったと思う。

153 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 20:32:21
最新の三部作の中でも
迂藤として登場しているし。

154 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 20:36:32
勉強不足でした。これからコンビに行ってきます。ごめんなさい。

155 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 20:40:26
>>152-153
批判されたからでしょw。特にネットなどでw。

そして、大江の小説のなかで、迂藤というお人形に仕立て上げたw。

156 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 20:42:47
塵虫の戯言なんて興味無いとオモ

157 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 20:51:03
石原のキモイ弔辞なんかより
よっぽど良かったけどな。
ライバル同士だったんだから、
死んだからって変な馴れ合いする方が変でしょ。

158 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 20:51:59
>>156
そう、大江なんって、保身だけだからなw。

保身から大江の気にすることといえば評判が作られてしまうことw

だから、ネットの評判などを気にしたりするんじゃないのか?
だから、迂藤として、江藤を取り上げてみたりもしたw。

159 :156:2006/02/21(火) 20:58:28
ぷ。

お前みたいな奴の事言ってるんだよ。>塵虫

160 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:02:09
>>159
だれ?

161 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:03:11
ケンカしない!
大江と江藤と159は塵虫ということで終了。

162 : :2006/02/21(火) 21:04:02
アンチにもいろいろ派閥があるみたいだな(笑

163 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:04:39
…何でこう読めない奴が書き込みたがるんだろう?
死ねばいいのに。

164 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:06:34
そんな事言っちゃいけません!メッ!!

165 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:07:22
sageで書くのは一人かな

166 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:08:27
>>162
鹿虫だろうがなんだろうが、別にかまわないが
大江健三郎は生かしちゃおけないってことだろw。

>>162
アンチアンチってw
>>121

工作員じゃないひとは、これを読みましょう。

>>163
なんで、工作員は自らは話そうとしないんだろうw。
それは、工作員だからw。

167 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:14:54
またわけのわからんことをw>166

168 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:16:12
ここに慣れてない人達に教えとく。

>>166とかは、ここにずっと住み着いてる粘着さん。
延々荒らし続けてる暇な人。頭の出来は書き込み読みゃ判るだろ。

アンチでも何でもいいけど、読まずに書き込むな。

169 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:16:58
>>167-168
と、おびきだして、レッテル貼りをしたかった、大江の工作員w。

170 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:21:36
まぁ、ほっとけば、延々と「憂い顔の童子」で
大江がやった自己批評なるものの調子で、延々と続けられるのだよ
工作員によって、このスレッドw。

171 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:22:16
こじつけ後出しで貶めようとする。
その御都合主義が嫌なんだ。

172 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:23:20
>>171
だれに言ってんの?

173 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:24:05
>>171
ご都合主義とは、まさに大江健三郎そのものだよなw。
保身のために、江藤に関して、後だしをしたしw。

174 :ギー:2006/02/21(火) 21:24:57
おっ江頭淳夫の話題が出てるね。
個人的にはもっと批評家を作品の中で出してほしいね。

175 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:26:32
>>150です。初心者なんだけどこのスレ何かあるの?
たとえば村人だけが知っている禁忌みたいな。

176 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:27:21
>>175
大江健三郎が工作してるんだよw。

177 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:28:08
憂い顔の童子では確かにネットは出てくるけど
工作員なんて出てこないぞw

178 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:29:56
>>177
ん?大江が工作してんのがわからない?
ね、工作員よw。

179 :ギー:2006/02/21(火) 21:31:09
>>175
こちらはよくわかりません(苦笑
なんかほかのレス読むといわくがありそうなんだけども
不特定多数の人間が読み書きするサイトで
村のしきたりみたいなことを暗にいわれてもって気がする。
四国の森じゃないんだから。

180 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:31:14
コピ平は自分の糞カキコが
大江に読まれていると妄想してるのか!

181 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:33:27
>>179-180
まぁ、今日は調子がちょっと悪いが
大江のクソぶりは、みんな承知なところだろw
そんな、クソの小説を書いてるやつのスレッドに書き込むやつなんって
いるのかね。

で、この二人は、工作員だよw。

182 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:33:33
馬鹿のせいで詰まらない流れになってるね

183 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:36:27
>>181
俺は今日の流れしか見てないけど、お前が一番つまんないし、頭も悪いよ。

184 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:36:46
>>171
確か、これもどこかで、大江が言ってたことのような気がするんだよなぁ
だれかが、槍を刺してきたりすると、書き込むめなくなるって。

おそらく大江が工作している理由もそこにあるのかね。
自分の小説が賛美されないのは、コピペがいるからだ!ってw。

>>182
なんか、今日は大江の工作員がやたら多いねぇw。

185 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:36:47
>>175
工作員工作員と連呼する人が、このスレを一番愛している粘着さんだって事w

186 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:38:15
>>185
と、新しい読者さんとやらに、宣伝かなw。
工作員はw。

187 :ギー:2006/02/21(火) 21:38:53
まあオーケンは敵が多い。
三島ファンしかり、江藤ファンしかり、防衛大生しかり。

188 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:38:57
>>185
わかりましたw
面白そうだから少し見物してから引っ越します。

189 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:39:29
そもそも工作員雇うとなったら相当な金が必要だと思うんだけど
そんな事して何になるのかねえ。殆ど本も売れてない状態でさ。

190 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:40:04
>>187
敵が多いと言って、世界と戦ってるウルトラマンにでも変身か?w

191 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:40:47
>>189
共産党だろw。共産党の準党員みたいのならタダだw。

192 :ギー:2006/02/21(火) 21:42:35
>>185
そのとおりだねぇ。そこまでは愛せないなぁ。

193 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:43:23
共産党だからってお金無しで人が動かせるほど
世の中甘くないんだけどねー。

194 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:44:08
>>193
なぜに、金が必要なのだろ、こいつらのイデオロギーの罪悪が
暴かれないということは、すなわち彼らの利益につながるのだからw。

195 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:46:32
だからさー、「イデオロギーの罪悪が暴かれない」程度の事で
無給で働く奴なんていないってことなんだけどなー。

196 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:46:52
しかし大江はやはり注目を浴びる存在なんだなあ

197 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:47:46
だいたい、世の中にイデオロギー守るために身を賭して闘う
人がそんだけいたら、もっと世の中マシだと思うんですがねえ。

共産主義のために戦う人がいるなら、他のあらゆる主義についても
闘う人がいるだろうしね。

198 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:47:48
>>195
共産党が出してるんじゃないのか?または、党員を借りてきてるとか。
大江先生は、共産党の財産だからなw。共産党にとっても共産党の利益に
有益に動いてくれる存在でもあるだろw。

199 :ギー:2006/02/21(火) 21:48:46
オーケンはフランスでいえばサルトル的存在かな。

200 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:49:45
>>197
ちょっとまえまで、花火を打ち上げたりしてたじゃんw。
また、どこかの教師が、共産党のビラを配ってたとかで、クビになったりとか
最近してなかったっけ?
警官かな、大学の講師だったかな。

201 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:51:58
何で自分と全く嗜好の違う人達のところに紛れ込んで来るかなー

202 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:52:40
>>198

楽観的だね。意外と共産主義に向いてるんじゃない?
どこにでもお金出してくれる人がいる、なんて素朴な信念持てるならさ。

203 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:52:47
大江を批判してる割に何も知らないんだな

204 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:52:51
>>201
大江先生が、工作してるからじゃないの?
嗜好が違うとか言っておきながら、工作してるのだからなぁw。

205 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:53:45
>>203
ああ、もしかしたら、共産党じゃなく、層化かもしれないわなw。

206 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:53:46
なんかここ面白いぞ〜w
ワクワク

207 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:54:39
>>202
なに、工作員誇張してるの?
どこにでもなんって、言ってないが?w

大江の統率のもとで、動いてる工作員がいるといってるのだが?工作員さんよw。

208 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:54:46
コピ平は文脈が読めないのか?

209 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:54:47
だ・か・ら、

お前のことだっつーのw

読めない奴はこの板来んなよ。疲れるんだよな。

210 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:55:42
スズキテキw

211 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:55:46
>>209
ちゃんと、指定しろよwwww

なにかに、気づいたのかな?工作員はw。

212 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:56:10
あー、>>209>>204宛てね。
他の人はみんな分かってると思うけどw

213 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:57:21
>>212
しらを切ろうしている、大江の工作員w。

214 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:57:46
う〜難しい。初心者には流れが読めんw

215 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:57:54
みんな大江が好きなんだなあ

216 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:58:06
いま共産党とあんま関係ないだろ〜
むかしから日共批判ばっかやって顰蹙かってたし。

217 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:58:16
>>214
工作員が演じる、新しい読者とやらですか、ぶははははw。

218 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:58:51
大江大人気だなw

219 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:58:59
うわー工作員にされてる!!

220 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 21:58:59
>>216
いや、このあいだ、共産党のトップをやめたひとのことを
赤旗だ賛辞してたそうだよw。

221 :ギー:2006/02/21(火) 21:59:54
>>214
同意ながら「万延元年」の出だしよりはましかも。

222 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:01:10
まあでもよっぽどいい大学とか行かないと、大江読者なんて
居ないのが現状だろうから、大江信者が存在する、ってことを
認められなくてもそれはそれでしょうがない気はするね。

別に「低学歴には理解できない」とか「大江は高級」とか言う
つもりじゃなくて、事実としてそういうのがあるってことね。

223 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:01:28
ネットウヨってなんで陰謀論が好きなんだろな

224 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:03:37
>>222
たとえば、東大生とか?
数年前、大江が立花隆と講演しえったよなぁ、そこでw。

大江信者か、とうとう暴露しちゃったなぁ、工作員w。

225 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:05:00
>>224
この大江健三郎という男、権威主義だということを忘れてはいけないw。

226 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:05:17
ネットの中にしかリアリティがないから妄想が肥大しちゃうんだろうな…
現代に特有の精神病w

227 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:05:54

おっ、なんで今日はこんなに伸びてるの?
今日なんかあった?
きっかけは?

228 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:06:26
コピ平が権威に弱いだけだろ。

229 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:06:26
今まさに俺が陰謀を暴いている!っていう興奮が良く伝わってくる
すばらしいドキュメントだと思う。このスレ。

230 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:06:28
>>226
工作員は、書き込んでるからだろ、なにをや思ったかw。バカだなw。

231 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:07:04
まぁ、このまま、1000行こうぜ!w

232 :ギー:2006/02/21(火) 22:07:09
>>223
「陰謀論」の大好きな人が集まってるisolatedされた場所があるね。

233 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:10:01
このスレで工作員工作員言ってるアホ、鈴木って奴に似てるなw

234 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:10:37
>>233
はいはい、レッテル貼りレッテル貼りw。

って、鈴木ってだれ?w

235 :ギー:2006/02/21(火) 22:10:57
>>227
どうもわたしも含めた複数の大江工作員が
このスレッドを占領しようと画策している運動に
ある正義の味方を名乗るお方が勇敢にも立ち向かっているから
ということになりそうなのでありまして。

236 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:11:29
工作員っていうのはレッテルじゃないのか。
この二枚舌具合が、大江的だな。同属嫌悪ってやつか?

237 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:11:36
>>235
ウルトラマンって言われたのが、いやだった?工作員w。
ほんまに、性格悪いなw。
オーム返しかよw。

238 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:12:34
>>236
ほらな、工作員のオウム返しw。すげぇ、なんか共産党っぽくないか?
または、層化かw。

239 :ギー:2006/02/21(火) 22:13:30
>>229
あぁそういう読み方もあるのか!と感嘆。

240 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:14:07
>>234
じゃあ「工作員」ってのはレッテルじゃないのかよ?w

241 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:14:17
オレモットニーゴオー♪

242 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:14:51
層化ぎらいはスズキ的。

243 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:15:15
俺が>>190で、ウルトラマンといっちゃったから
これは腐食せねばと、工作員が画策した結果がw

>>235
>>236

これ、同質ものだとおもいませんか?一般のひとw


244 :240:2006/02/21(火) 22:15:17
うわー携帯だとついてけねーw

245 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:15:25
>>236
読みが浅い

246 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:15:45
嫌な奴は創価か共産党、っていう単純な世界観が素敵だよな。

247 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:16:31
>>236
あのね、あんたも工作員だとおもうがw

理由は>>243

工作員がいるのは、事実だから。

248 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:18:14
なんで創価嫌い=鈴木なんだよ創価野郎

249 :ギー:2006/02/21(火) 22:18:51
>>243
>これは腐食せねばと
ほらほらあわてて書き込まない(微笑

>>236とは別人だと一応書いておくかな(ほかの人に向けて)

250 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:19:43

ただ今文学板のトップを独走中!!
2番手は遥か後方の【イケメン】福田和也について語るスレ【批評家】

251 :ギー:2006/02/21(火) 22:20:10
>>236みたいな書き込みがあると
ちょっと流れが読みにくくなるんだよなあ。

252 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:20:48
おいキチガイ野郎
悲しくて認めたくないかも知れないけどな、工作員なんて、いないんだよ。

253 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:21:22
アマルガム!
なんちゃないき。

254 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:21:43
いやあ、それは分からんよ。証拠もなしに居ないと断言したら
君が言う「キチガイ野郎」とおんなじだべ。

255 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:22:34
まぁ、俺が醜態をさらせば、さらさせただけ、
工作員の得になるわけだよなぁw。

また、その醜態をさらさせて、それをねたにするわけだよ
工作員はw。

上のほうが、後から大江はマッチョだとかなんだとか批判されないようjに
自分たちから大江はマッチョだからといい意味でとらえて告白されてるけれどw
まぁ、そういうことなのね、大江が工作しているのはw。

>>251
>>236を、>>243>>247で言われちゃったから、修正ですか?w
つまりは、とかげのしっぽきりw。

256 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:24:43
>>255

すまん。文章の意味が通らない。

257 :ギー:2006/02/21(火) 22:25:34
まあ工作員を唯一自称するわたしのことはどうでもいいけど、
しかしここのスレタイは見事!

今日は楽しませてもらいました(微笑

258 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:27:37
いやね、普通いないんだよ。人件費が一番高いの知らないのか?
いるのを証明すべきだろ?いないのを証明しろって言うのかよw

259 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:29:21
>>256
そいつは完全にイッてる

260 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:29:29
>>254
まぁ、マスごみをみててもわかるけど、ここ数年ネットに注目されてきたことは
事実だよ。そして、それに重いケツで乗っかるのが大江健三郎という男だよw。

>>258
共産党で、ビラを配ったり、花火を打ち上げたり、または層化で演劇をしたり
してるひとたちは、いくらもらってるのかな?

261 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:30:30

今日はPM8:00過ぎから火がついたみたいだな。
工作員の仕事時間か?

262 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:32:05
>>261
大江健三郎の工作員の正体についていってるおれを
工作員だと言う大江の工作員が、暴れたせいねw。なにかを気づいたんだなw。

263 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:32:30
大江健三郎って宗教や政党なのか?ww

264 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:32:56
>>263
ああ、ある人たちのなかでは、大江天皇なんって呼ばれてるねw。

265 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:33:06
いい問いだ。

266 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:33:21
悪い奴はみんなグルに決まってるだろう。
世の中はいい奴と悪い奴に二分されるんだよ。

267 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:33:50
>>266
だれが、いいやつ?w

268 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:35:48
そりゃあ、工作員の存在を明らかにしようとする勇者だろ

269 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:36:55
>>268
工作員ってのは、大江健三郎が派遣してる工作員かなw。

270 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:37:37
>>264
先代の神様から正統な天皇位を継承しました。

271 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:38:13
そりゃあそうだろう

大江、共産党、創価

このへんが悪。このスレでは、殆どが悪だな。

272 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:38:49
そういう「正義」なんだw
なるほどねぇw

273 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:43:52

みんな飽きたみたいだねw
お疲れ〜

274 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:46:40
>>268は、>>269への答え、なし、とw。

275 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:46:44
飽きたんじゃなくて、真実を追及せんとする勇者に怖れをなして
逃げていったんだろう。

276 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:47:12
        ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiゞ
   iiiiiiiiiiii/                \iiiヽ
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iiii|
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiiiiii

277 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:47:15
>>274

ごめん。>>271で答えたつもりだた。

278 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:48:48
お前ら面白すぎるよww

279 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:48:53
>>275
勇者って寒すぎですよ、工作員さんw。

たしか大江が、真実、真実という人間は、どうのこうのって
どこかに書いてあったなぁ、それを思ってのことなのだろうwww
笑えるなw。

>>275
ウルトラマンって、言われちゃったのか、そんなに嫌だったんですか?
大江の工作員は。勇者だなんってw。

280 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:49:59
>>276
ほら、ウルトラマンって言われちゃったのが
大江が派遣している工作員は、相当に嫌だったらしいwwww。

281 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:50:58
ウルトラマンに拘りすぎじゃね?そんなにお気に入りのネタだったの?

282 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:51:30
        ,,,--─===─ヽ/へ
      /iiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ
     iiiiiiiiiiiiiiiiiii彡≡≡≡≡|≡ミミヾ丶
    iiiiiiiiiiiiiiiiiiii/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ
   iiiiiiiiiiiiiiiiii/             \iiiiiiゞ
   iiiiiiiiiiii/                \iiiヽ
  iiiiiiiiiiiiiii《    ━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ
 ...iiiiiiiiii彡/      __,.::  :: __  ヽiiiii|
 ..iiiiiiiiiiiii》|             :::      |iiiii|
 iiiiiiiiiiiiiiii|,                     |iiii|
..iiiiiiiiiiiiiiiiii,         ( ● ● )      .|iiii|
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii       》━━━━《       |iiiii|
iiiiiiiiiiiiiii《《《ヽ     》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|
iiiiiiiii《《《《《《《《    《《 \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|
iiiiiiiiiiii《《《《《《《《《《《 》》   ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|
iiiiiiiiii《《《《《《《《《《《《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|
iiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII
iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii巛巛巛巛巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiiiiii

283 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:52:16
>>281
え?大江の工作員が嫌だったんじゃないの?w

284 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:53:08
>>281
大江の工作員が、反応したんじゃないの?w

285 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:53:13
sageで書いてる勇者ってのも面白そうw

286 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:53:27
>ウルトラマン
すごく鋭い突っ込みだねぇ
僕すごくびっくりしたよ

287 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:54:26
>>286
今度は、茶化しに入ったーーーーーーーーーーーーーーーw

>>190と、>>243が、そんなに嫌だったのかなーw

288 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:54:48
非常に鈴木的な夜だった

289 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:56:01
自分の攻撃が、工作員どもに効果的にダメージを与えている!
と喜びに打ち震える>>287を想像すると萌。

290 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:56:04
茶化してないよー感心してるんだよぉ

291 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:57:48
>>289
反応しちゃってるのが、工作員であろうにw。

勇者だとか、なんだとかってw。

>>190と、>>243にね。

292 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:58:38
>>289
久々のヒット

293 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:59:15
>>291
なぜに、大江健三郎が、ウルトラマンといわれるのが嫌がるかw。

それは。

>>146で、指摘されてるように、自分のポジションがおかされてしまうからだw。

294 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:59:30
俺は今、やつらの痛いところをついている!
と喜びに打ち震える>>291を想像すると萌。

295 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 22:59:47
http://ime.st/www.tokyucleaning.co.jp/folder10/hakaisha.htm
「破壊者ウルトラマン」について
(前略)
 ウルトラマンは故意に街を破壊しているのではない。怪獣による被害を最小限に食い止めるために、必死の抵抗をしているのである。怪獣の出現場所を指定できるというものではなく、ウルトラマンは常に怪獣の出現場所に出動しなければならない。
それゆえ、街を破壊してしまうのは不可抗力であり、決して故意に行っているわけではない。それをヴェトナム戦争にまで発展させる論理の展開は、それこそこじつけというものである。
 「もしリアリズムによる怪獣映画があり得るとすれば、それはまず科学の悪、科学のもたらした人間的悲惨をも担い込んでいるウルトラマンこそを描き出さずにはおかなかっただろう。」・・とある。
 大江氏の文章は「破壊者ウルトラマン」とあり、このタイトルを見てすぐに想像するのはハヤタ隊員が変身する初代ウルトラマンであるが、大江氏にとっての「ウルトラマン」は、ウルトラマンエースの事であるらしい。
 多くの人にとって、初代ウルトラマンは神格化された存在である。さらにはそのすぐ後の「ウルトラセブン」には、悩めるヒーローが存在する。
 「ウルトラセブン」こそが、大江氏の待ち望んでいた「科学の悪、科学のもたらした人間的悲惨を担い込んでいるウルトラマン」ではなかっただろうか?ぜひ大江氏には、「ウルトラセブン」を見て欲しかった。(中略)
 円谷特撮における派手な都市破壊シーンや、爆破シーンなどが全く無害というわけではない。9.11のテロにおいても、あれをテレビで見た多くの人々が、「映画の様だった。」と語っている。
しかしそれは、3の項で書いたとおり、大衆が待ち望んでいるものを、円谷英二が第一人者だから撮影したものであり、円谷特撮が大衆を扇動したわけではない。
 大江氏の文章を読んでいると、大人は意図して子供を特撮によって洗脳し、悪影響を与えている様にも感じるが、
大衆の求めるものが、常に人畜無害なものではないということ、さらには無理に押さえつければ、いずれば何らかの形で爆発してしまうということを考えて欲しいと思う。

296 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:00:18
確か大江ってウルトラマンについて何か言及してなかったっけ?

297 :296:2006/02/21(火) 23:00:51
>>295

サンクス。それだ。ウルトラマンと言われて嫌がるのもわかるなw

298 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:00:56
>>294
だれも、おもってませんよ?
ただ、意外なほどに、反応されてしまったものでw

299 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:00:58
おい、ウルトラマンにそんなに自信あるのか?
プレゼンしてみろよ聞いてやるからさwww

300 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:02:23
それだけ?
サンクスじゃねーよ

301 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:03:53
>>293
ポジションといえば、俺は勇者じゃないよw。
勇者だなんって言って、大江は祭り上げて、自分のポジションを
守ろうとしてるわけねw。

俺はただ、大江健三郎の工作を暴こうとしてるだけ。
みんなに知ってもらおうとおもってるだけ。

302 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:06:44
>>301
ここにきて

「俺はただ、大江健三郎の工作を暴こうとしてるだけ。
みんなに知ってもらおうとおもってるだけ。」

とか「いい人」ぶるのはいただけないなあ。それじゃあ、大江と同じじゃん。

303 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:07:07
>>301
お前すげえなw誰から金貰ってんの?w

304 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:07:18
>>302
いいひとぶるとは?それを、いいひとぶるとは、大江の工作員っぽいなぁw。

305 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:08:35
>>302
いいひとぶるといって、祭り上げたいのかなぁ
勇者云々で>>301で言ったのと、大江工作員のやりくちと
一緒だなぁw。

306 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:09:46
祭り上げられてるんじゃなくて、小ばかにされてるってことくらいは気付けよな。

307 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:09:59
まぁ、なんにしても、ウルトラマンと言われた

>>190と、>>243は、大江健三郎の工作員にとって
相当に嫌だったらしいw。

308 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:12:29
「もちろん日本の戦後の民主主義に怪しいところは幾らもありますよ。
僕の小説にそれを読みとることもできます。
あらゆる国の政治体制には、民主主義をふくめてすべてに、
怪しいところがある。
しかし、僕らは、戦後の民主主義のいいところのおかげをこうむって
何とか生き延びてきた。
そのことをすっかり忘れてしまおうという人たちがいる。
彼らは簡単にもう一回鎖国するというタイプです。」
大江・小澤『同じ年に生まれて』p61

309 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:12:32
だからお前誰から金貰ってんだよ?w

310 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:13:08
>>308
燃料投下しますたw

311 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:13:21
>>306
小ばかにされてるなら、結構w。
まぁ、持ち上げようという感じの両義的なものなんだろうなw。

つまりは、自分は(大江健三郎は)安全地帯にいようという
ポジショニングを守ろうというw。

>>308
所詮怪しいところあるのだから
工作してもいいー!ってことかw。

312 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:14:41
一人の人がずーっと粘着してるの?
教えてエロイ人

313 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:15:02
コピ平三郎がここで暴れても
権威の大江大先生はびくともせんぞ。
もっとがんばれ!平三郎!!

314 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:17:12
旦那落ち着いて落ち着いてw
ここでちょっと一服してちょ
http://www.cmh.ne.jp/mdisease/schizo.html

315 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:17:48
>小ばかにされてるなら、結構w。
>まぁ、持ち上げようという感じの両義的なものなんだろうなw。

>つまりは、自分は(大江健三郎は)安全地帯にいようという
>ポジショニングを守ろうというw。

気が狂ってるなw

316 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:18:49
テメーにどれだけ凄い影響力があると思っちゃってんの?
あのね、全部妄想なんだよw かわいそうなんだけどさw

317 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:19:54
全部「自分を恐れて必死になっての発言」と捉えられるポジティブさはすごい。

318 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:20:55
>>317
あ、それが「鈴木的」ってことかw やっとわかったよwww

319 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:22:14
すごく正確な表現だわw

320 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:22:25
コピ平三郎、出てこいや〜

321 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:23:05
>>316
と、工作員が言ってるw。

>>317
なんで、工作されてんのーこのスレ。

まぁ、その証拠をつかまれないってのが
>>149で指摘されてる大江の性格なんだけなぁw。

322 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:23:53
1000へ向けて、ゴー!

323 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:24:36
おいおい「工作員」以外のボキャブラリーないのかよ?
それでお前は誰から金貰ってんだよ言ってみろやw

324 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:24:43
平三郎、何言ってるのかわからんぞ。
そんなことでは権威を揺るがすことはできんぞ。
もっと必死になれYO!

325 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:25:36
>>324
なにいってんの?俺は別に大江のクソの権威などどうでもいいのだがw。
大江のクソをみんなに知ってもらおうとしてるだけなのだが

それについて興味がないところをみえれば、おまえは大江健三郎の工作員か?w

326 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/02/21(火) 23:26:30
今晩ース[スニーカーぶるーす]


というわけで
 もういいんじゃないですか?ケンカは。
はたからでも見苦しいですから。

僕はあれだと思いますけどね。
大江先生は左翼の極み。

いいんじゃないですか?
言論統制で自分の首でも絞めてれば。
 僕は中道派だから凡夫のあほにはまったく無関心ですがwww

327 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:26:46
おまえは脳内工作員ネタしか言えんのか、死ねや、低脳。

328 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:26:50
>>325
なんで?ボランティアで?なんで?w

329 :ギー:2006/02/21(火) 23:27:05
まだやってたのか(微笑
今夜はやけに粘るねー。

いやー今日はとてもショックだったねえ。
オーケンと同一視されてウルトラマンとか言われちゃって
もう今夜は悔しくて悔しくて眠れないよー
しかも工作員であることを何度も何度も見抜かれちゃったし、
もうホントこれやばいよー(微笑

330 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:27:30
もうひと燃料投下したほうがいいんじゃない?

331 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:28:09
じゃあ俺も実は工作員なんだ。と名乗り出ておこう。
ちなみにお金は共産党から貰ってる。

332 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:28:28
おまえらみんな工作員だ〜

333 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:28:29
>>328
で、おまえは、大江健三郎の工作についてなんともおもわないの?w

>>327
で、おまえは、工作員なの?w

334 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:28:37
>>326
鈴木ってこいつだよこいつ。
文学板を代表する電波系。

335 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:29:46
このまま、1000行こうぜ!w

336 :ウルトラマンギー ◆L6DNT9yZhY :2006/02/21(火) 23:30:05
名前変えてトリップつけておこう(微笑

337 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:30:41
工作員だけで1000を目指すスレになりますた。

338 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:31:02
>>337
ぷっw。

339 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/02/21(火) 23:31:32
右翼式に
『愚民の論争中華風』
とでも煽って終わりにしましょうよ。

馬鹿が恥を晒すのは恥ずかしいですから。
外国人が観てたら大変ですよ。マジで。
世界に顔向けできないじゃないですか。迷惑ですよその意味で。

厨房板で料理してくださいw

340 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:31:41
鈴木的夜に乾杯!

341 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:32:13
>>337
あとは、大江のクソっぷりを語るスレ。
あと、大江の工作員がいるということについて、語るスレ。

342 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:32:48
>>341
お前、何歳なの??wwww

343 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:32:57
大江は世界的な作家ですからね!

344 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:33:10
鈴木が出てきてからアイツのパワーがなくなったw

345 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:33:21
「エッ、江藤、しっ、しっかりしろよ。エ、江藤、お前は堂々としている
なあ。しっ、しっかりしろ。だ、だいじょうぶか。江藤。お、お前本当に
堂々としているな」大江はほとんどひとりごとをいっているのであった。
私が聴いているなしにはおかまいなく、吃りをまるだしにして、さすって
くれながらそうつぶやいていた。これを聴くうちに、私の両の眼に熱いも
のがあふれてきた。そういえば、大江が「お前」と言ったのも私を「江藤」
と呼び捨てにしたのも、このときがはじめてだったような気がする。大江
がそれをまるでひとりごとのようにいっているのがよかった。私はその時、
大江の優しさが私を包むのを感じた。

若いころ、羽仁進さんらと一緒に飲んで泥酔し、みじめになっている時、
大江さんから受けた介抱を、江藤淳さんがいつまでも覚えている。大江
さんの人柄が偲ばれて心温まる、エピソードだ。

346 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:33:45
>>342
うは、>>341が痛かったらしいw。
だから、話題転化w。茶化して、大江の工作員のやってることを
うやむやにしようという画策だったのに、失敗?w

347 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:36:04
>>345
性格が悪いといわれての、工作員の反応ってか
大江のクソっぷりを語ろうといったら、いきなりそれかぁw
どこからもってきたんだろうなぁw。

348 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:36:29
>>346
いや、本当に高校生か中学生かなと思ったんだよ信じておくれよーw

349 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:37:04
>>347
俺ら工作員にとっちゃこれくらい朝飯前さw

350 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:37:14
やっぱ鈴木か

351 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:37:15
>>348
ぷっw。で、おまえは、大江についてどうおもってるのー?w

352 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/02/21(火) 23:37:27
 おとなりのヨンサマ韓国様は、
今夜の論争みたいなつまらないことでも必死にツバをぺっぺ飛ばすみたいですけどね。

ポリティック・アニマル(政治的動物)とかなんとかよくわかりませんが
呼ばれてひそかに国際社会から、いやしまれてるらしいですよ。風の噂ですけどね。

僕はいくら左傾してもそういう風紀はゴメンですね。
だって男は黙って一本気じゃないですか?武士道ナメたらあかんぜよ。

353 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:38:05
平三郎、文脈読めないといつまでたっても
大先生の権威を貶められないぞ。
万延元年のフットボールでも声に出して読んで
日本語力を鍛え出直すんだ!

354 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:38:43
>>349
ありゃりゃ、複数形になっちゃったw。

大江のやりくちでね、どこかに書いてあったけど
敵対する人間を包囲するんだそうだよw。
そのやりくちだねw。

でさぁ、大江健三郎について、どうおもってるのー?聞かせてよ。工作員さんよw。

355 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:39:31
>>351
何冊か読んでるよ。ちなみに信者でも安置でもないw
お前はセブンティーンに出てきた右翼少年にそっくりだ。

356 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:39:43
バカウヨは『嫌韓流2』ちゃんと予約したか?

357 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:39:47
>>353
なに、けしかけてんのー?

で、あなたは、どうおもってるのー?w

358 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:40:48
>>354
ひひひひ

359 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:41:15
>>355
あやしいなぁw。

360 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:41:26
あははあはは

361 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:41:42
「セブンティーン」読んだか?>357

362 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:41:48
大江健三郎のクソガキに責任とらせよう。

363 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:42:24
>>361
作品作品って、工作員はうるさいなぁーw

ああ、だって、宣伝なんだもんね!w

364 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:42:41
平三郎同志マンセー!

365 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:43:28
作家が作品っていうのが宣伝だって言い始めたら終わりな気がするが

366 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:43:58
「セブンティーン」読んだらびっくりするぞ。>363
自分が登場していることに。


367 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:44:02
>>364
大江健三郎同志はいつ死ぬの?

>>365
やっぱり、ってことは、工作してるんだw。

368 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:44:07
いや、読んで欲しいよ!!
絶対面白いから。保障するよw

369 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/02/21(火) 23:45:07
 せっかく人生で一番貴重な時間をつぶして議論するんなら、もっとおもしろいことにしましょうよ。

べつに大江っちが左翼でもいいじゃないですかw
そんなの思想の自由の当たり前でしょ。あのあほのアメリカ人ですら知っているw


僕なら左翼と右翼の違いは天皇奉呈の一義以外は異ならず、
けっきょくはみんな愛国心の行き場を国際貢献のミッションに結びつけたいだけだと思いますけどね。


そのへんも思想と信念と政党支持の自由ですけど。当たり前でしょ、
主権者がこんなこと知らずに大人になれるわけないだろwww
時代遅れの軍隊国家じゃあるまいし。

370 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:46:02
平三郎同志は個人的な体験を超える
文学史上に残るであろう傑作を日夜書きついでおられるという噂ですよ。
タイトルは『工作員ゲーム』だ!

371 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:46:06
大江健三郎のクソぶりを語るやつがいなくなったなw。

俺のせいかなw。

大江のクソぶりを語れるやつは、またその人たちも保身ってものを
知ってるからなぁ、バカな大江などに関わらずうまく生きていけるのだろうw。

372 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:47:33
>>367
工作でもなんでもいいからとりあえず「セブンティーン」を読むように。
きみはピカピカの主人公だYO!

373 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:47:54

調子に乗るな馬鹿
http://www.ops.dti.ne.jp/~kunio-i/personal/oe/oe-image/gallery/hichiko/oe-san.gif

374 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:48:33
鈴木は工作員じゃないのかなw

375 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:48:43
>>372
読んでるといえば、工作員なんかと話したくもないしなぁw

読んでないといえば、読んでないのか!と工作員は言いたいのだよw。

376 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:48:46
大江の非を語ることが即ち揺ぎ無き自分の正当性だと
無邪気に信じてるのが、セブンティーンなんだよなー

377 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:49:19
>>371
おまえももうちょっと上手くいきろよw
しっかし、セブンティーンとかわれらの時代とか
遅れてきた青年に出てきそうなバカウヨが
いまごろ沸いてくるとはね〜
こういうのを先見性っていうのかしら

378 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:51:44
うん。
こういう時代を超える強烈な個性見せつけられちゃったら
「本質」を描いてる大江の凄さを認めざるを得ないよな

379 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:51:57
>>376
大江の非を語ることが。。。。
てか、大江は歴史をゆがめてきたんじゃ?
確か最近の、エッセイで、今まで自分は歴史に抵抗を感じてきたが(左翼やろう
まさか、朝鮮人?)、自分もいくらかか、歴史に関与して、歴史と和解したとか
言ってるよw。

万延元年以降書くことがなくなり、」引用ばかりするようになり
今もまた、その自分がやってきたことを、正当だといいはりつづけようと
しているわけだw。

380 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:52:40
リアリティねーなー
政治的だなーと思ってた
ありゃ本当だったんだなw

381 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:53:22
引用には力があるYO!

382 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:53:49
>>380
大江の小説?w

383 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:54:50
>>379
大江が政治音痴なのは有名だよ
でも今でも文学者から尊敬されてるのは、
きちんと人間の本質を描いてるからだよ

384 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:55:07


そろそろみんなオネムだねw

385 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:56:12
>>383
だれから、尊敬されてるのー?w

386 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:56:44
リアル『セヴンティーン』のドキュメントだな、こりゃw
でもここの平三郎同志はかなり高齢臭い感じだがw
あ、でも素人童貞かな?

387 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:56:44
>>383
政治音痴ってことは、人間性に問題があるのかなー?

388 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:58:20
まるでセヴンティーンを読んでるようなスズキチックなこの流れ

389 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:59:27
コピ平三郎同志はきっと独特のオナニー方法を
開発しているに違いない!

390 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:59:36
>>385

具体的に批評家なり作家なりの名前を列挙すればいいわけ?

391 :吾輩は名無しである:2006/02/21(火) 23:59:41
そういう人間を描いてるんだよ。
おまえ見てると本当に面白いよ。
予言が実現したみたいなもんでさ。
これ以上褒めると「工作員」って
思われそうだからやめるねww

392 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:00:39
>>390
いやいやそんなことしなくていいよw
またそのスレが荒らされるだけ。

393 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:01:06
絲山秋子に「セヴンティーン第三部」を書いてもらいたい

394 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:01:38
>>391
性的人間だっけか、顔がふっくらしてるのが嫌で
細身だったらよかったとかいうところあったな
俺、あんなことおもわんけどなぁw。あれって、大江的だよなw。

395 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:02:15
>>390
ああ、ぜひとも言ってみてよw。

396 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:02:16
...........................,..:--――‐--.、_
::::::::::::::::::,.:r'"/        ゙ヽ、_
:::::::::::::/ iill /          \
::::::::::/,∧ N / "  _,.r―ヽ、  ‐:、  \
::::::::,i!" i! il゙ _,.;r'"     ヽ   ミ、  ゙i.
::::::,i   V;/         i!   ヾ、  !
:::::i    "      ヽ   ,ゝ   ヾi  l
::::ノ  、 i  ノ      ゙、 ヾ、   i゙  .!
:(、_ .ソ "   __     〕 .,r‐、   !
::::l ゙ヽ-ツーヽ=<___。>‐'  \r",:タ.! /
::::l   .:!   \_        l レへ !./
::::ヽ .::j  ::.  ゙ー:.      l レ'///     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::::::゙:. Y__..._. ::.         ,り//Y  レベルの低いのだけ残ったなww
:::::::::゙:. ヽ‐"          ト、ノ i l!    |   
::::::::::::゙:. ヽ二ニ=’     /   i .l  _ノ   
:::::::::::::::i!  ゞ:::       ノ   i! l    ̄ヽ
:::::::::::::::::i! /      _/〃   ;! .l.      \________
::::::::::::::::r゙、___,.∠/.:/   __,.-‐ト、
:::::::::::::::l.「 ,  ┌-===―‐‐tTr-―‐ニ┐!
:::::::::::::::l゙ーj  ト--  ゙l  l l l 「 ̄ .」 l



397 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:02:28
>>392
おまえオナニーした後、ちんぽの皮かぶせてるだろ。
本当にありがとうございました。

398 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:03:22
え?もしかして読んでるの??w
印象に残ってるのはそれだけ?w

399 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:04:31
>>398
てかさぁ、性的人間をもちだしてるのは
三島が唯一評価してくれたものだから〜?

なんとか、右翼の鋭鋒を避けようとしている、忠実な大江健三郎の工作員さんよ!w

一般のひとは、みてるのかなぁw。

400 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:04:56
>>398>>394の話ね。

401 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:05:53
いや、マジで面白いぞこのスレは。

>>399
もっと言ってくれ。

402 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:06:22
読めばわかるんだがなあ。性的人間を持ち出してくる理由が。
三島が誉めてたっていうのもなんか、誤読だった気がするぞ。

403 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:06:24
平三郎は高齢でかつ素人童貞、と。
しかし心はセヴンティーンか。
いまだったらあれかな、永田議員とか刺しにいくの?w

404 : :2006/02/22(水) 00:06:41
レス内容からして>>399は誰か特定の人を脳内想定しているもよう。

405 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:07:56
>>403
なんか、大江の工作員の脳内妄想で、納めようとしているなw。

大江健三郎はごみだろ?

406 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:09:12
>>394は、「だからこの作品は俺のことを描いてるんじゃない」
と思った模様w

407 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:09:19
しかし今日は鈴木の本スレの元気がないぞw

408 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:10:29
>>405
いやだからさ、平三郎はいまだったらどんな政治家が嫌い?
前原?永田?福島?志位?

409 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:11:36
>>406
いや、大江的だなとおもっただけでねw。
あと、そのへんの文章に、その主人公の姉貴が本ばかりよんで
バカだなぁとおもったり、風呂のなかで射精して妊娠したらとかおもったりとか
あったよなw。

410 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:12:38
>>408
でさぁ、俺は工作員の存在を言おうとおもって書いてたのだが
おまえは、大江についてどうおもってるの?工作員さんよw

411 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:13:19
>>409
だから、そういう具体的な部分しか見てないの?
文学作品ってそういうものだと思ってるのかよww

412 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:14:04
>>411
細部が重要なんじゃねぇの?大江曰くw。

てか、おまえは、大江についてどうおもとてるんだよ、工作員よw。

413 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:15:01
何度も聞くなよ低脳w
一度答えてやっただろうがてめえのつまらねー質問によw

414 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:15:48
>>410
大江らしいやりくちだねw。

でさぁ、大江健三郎について、どうおもってるのー?聞かせてよ。工作員さんよw。

415 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:15:49
いやおまえは自分のことをチキンでヘタレだと卑下しているのかもしれないけど、
立派にテロリストの素養はあるんじゃないかと、みんな期待してるんだよ。
だから、まず、おまえの嫌いなサヨの政治家をあげてくれ。
話はそれからだ。

416 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:16:32
この工作員撃退隊長の張り付き方はすげーな

417 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:18:10
>>410>>414はどっちが工作員撃退隊長なんだ?(w

418 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:18:24
いや、俺が混乱させてんのかなーw
工作員工作員言って正義に燃えてる少年はどれだ?

419 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:18:34
>>413-414
ああ、また、オウム返しだよw。
なんか、調子付いてんな、工作員w。

420 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:19:06
>>418
文末見れば簡単に分かるよ

421 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:20:23
>>415
そういえば、その言い口からすると、最近雑誌で、フリーターから
テロリストが出る可能性とかいうのは、大江健三郎は言ってるよなw。
テロリスト云々といってるは、それと関係してのことなのかな・

それとも、大江健三郎が工作していることを、暴くことをテロリストと
言ってるのかなぁ?w

422 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:21:15
なあ、平三郎よ、おまえはサヨクが嫌いなんだろう?
目を閉じて、嫌いなサヨク政治家を思い描くんだ。
おまえだって、一人や二人、政治家の名前を知っているはずだ。
そいつのことを集中して考えろ。祈るように。
無宗教者の祈りとは、集中のことなんだ。
Young men! Be not forgetful of prayer!

423 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:22:28
>>417
工作員はどこにでも偏在するんだよ。ユビキタスだよw

でさぁ、大江健三郎について、どうおもってるのー?聞かせてよ。工作員さんよw。


424 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:24:28
>>423
おい、嫌いな政治家の話を無視するんじゃない!
人の話をよくきく。


425 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:25:10
>>415
最近、大江健三郎は左翼だの右翼だの言うまえに
人間として、どうかとおもってるよ、>>379でも言ったように
歴史をゆがめてきた人間としてw。

まぁ、左翼の親玉といっておいたほうが、おもしろいのだがw。

>>422
ま、>>422工作員決定だなw。

426 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:28:35
おまえサヨクが嫌いじゃないのかよ。
サヨク政治家の陰謀が日本を腐敗させてるんだろう。
だったら、おまえが一番悪いと思うサヨの政治家のことを想像するんだ。
そいつはいまごろ何をしてるだろう。
想像するんだ。集中して。祈るように。
そうすれば、おまえのやるべきことがわかってくる、セブンティーンよ!

427 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:30:27
>>417
工作員はどこにでも偏在するんだよ。ユビキタスだよw

でさぁ、大江健三郎について、どうおもってるのー?聞かせてよ。工作員さんよw。

428 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:31:16
作家の人間性なんてあまり興味ないけどな
オーケンは屈折しすぎててわけわからん

429 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:31:29
俺はこの少年が何歳なのかの方が気になるなあ
二十歳超えてたらマジで受ける面白すぎるよそれ

430 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:32:26
>>426
その左翼を後押ししてるのが、大江健三郎なw。


431 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:33:44
>>429
ぜったいけっこう高齢だってw
しかも素人童貞。しかし心は永遠のセヴンティーン!ああ!ああ!

432 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:34:04
>>428
確か「憂い顔の童子」で、後世自分が語られるとしたら、藪みたいなものしか
みえないのじゃないかとか言ってるよなw。
工作員さんは、それが言いたいのかな?受け売りかな?w

433 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:34:43
>>432
要するに、大江健三郎は、自分の人間性については語らないでくれと
言ってるわけだよなw。

434 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:36:05
自己レスするなよ
じゃあ>>433氏は大江の人間性をどう思ってるのさ。

435 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:36:11
>>430
逃げたな!このどくされヘタレめ!
嫌いなサヨク政治家の名前一人あげられないとはな!
なんか罠にかかると思って、びびってんだろw

436 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:37:57
よく覚えてるなあw
ああ、ああ、ああああ!

437 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:40:36
なあ、平三郎よ、《右》のサクラやらないか、よう?

438 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:42:15
「憂い顔」を読んで興奮して書き込んでるのかな
相変わらず大江は煽りの神だなあ

439 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:44:13
えーっと、今日は工作員さん、何人いるのかなー?

こんなに沸いたときあったっけw
いつもは、だれもいないのにwwwwwww.

440 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:45:15
ああ、天皇よ、天皇よ、
あなたはわたしの神であり太陽であり、
永遠です、
わたしはあなたによって真に生きはじめました!

441 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:45:43
そのネタいつまで引っ張る気なの?w

442 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:46:01
>>441
ネタじゃないってw。

443 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:46:34
>>439
いつもはそんなにいない工作員って意味あるの?平三郎よう!

444 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:47:01
すげーよな日本文学が死んだなんて嘘だよ。
大江健三郎のスレが一日で300レスだぜ。
ありえないだろww

445 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:47:12
>>443
は?wwwwwww

446 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:47:55
キーワード: w。で抽出
抽出レス数:100

447 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:48:49
正確には5時間弱で300

448 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:48:55
大江は永田サン並に人気者だな

449 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:49:48
2ちゃんもいろんな奴がいるけど、
あんがい捨てたもんじゃないよなー

450 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:50:20
江藤淳の名前が出たあたりから火がついた

451 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:51:34
右翼系でも意外に大江の世話になったやつって多かろうに

452 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:52:06
まぁ、今日、工作員は、4,5人かねwwwwwwww.

453 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:52:49
平三郎同志よ、おまえは十万の《左》どもに立ちむかう
最も勇敢で最も凶暴な、最も右よりのセブンティーンだ、
おまえは深夜の2ちゃんの乱闘で暴れぬきながら、
苦痛と恐怖の悲鳴と怒号、
嘲罵の暗く激しい夜の暗黒のなかに、
黄金の光輝をともなって現れる燦然たる天皇陛下を見る
唯一人のセブンティーンだ!

454 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:53:39
>>453
なに言ってんの?工作員。

455 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:53:44
>>452
本売れてないのに、何で稼いでるのかなあ大江さんwwwwwwwwww

456 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:56:09
ちょっと厳粛な綱渡りしてくる
工作員同士諸君と遅れてきた右翼少年諸君、お元気で

457 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:56:15
>>454

なんかとりあえず工作員って言っておけ、的投げやりさが感じられる。

458 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:57:19
大江健三郎を踏みにじれ、打ち倒せ、刺し殺せ、
絞め殺せ、焼き殺せ!
ですよね、コピ平三郎トンチ!

459 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:59:17
そうだよ面白くないよ勇者さん。
そんな煽りは機械でもできる。
ほんとの勇気見せてくれないと、
ロマンチックはあげられないよ。

460 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:59:21
平三郎、テンション落ちてるぞ!
おまえは工作員しか言えない子じゃないはずだ!
第一忠誠、第二服従、第三勇気(ry
を大声で復唱せよ!


461 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 00:59:47
>>457
投げやりは、嫌なんだ、大江健三郎はwwwwwwwwww死ねよw。

>>458
まぁ、一生懸命、自分たちの工作を暴かれるのを隠蔽するのに大変だなw。

>>455
図書館じゃね?
全国の図書館w。
近作が売れてないから、雑誌の取材とか、講演とか、エッセイとか
結構受けてるみたいだなw。

462 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:01:32
そんなんで工作員4、5人雇えるか?
普段はそいつら仕事してる様子ないし。
どうなってんだよオラ混乱してきたぞ
ああ!ああ!ああああ!

463 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:04:03
>>461
そうやってウヨに苛められる大江を印象付けて逆に世間の同情を引こうって魂胆だろw

でさぁ、大江健三郎について、どうおもってるのー?聞かせてよ。工作員さんよw。


464 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:05:16
>>461
元気出せ!勇気あるセヴンティーンよ!
こんな全学連のなよなよ学生どもなどお前一人で打ち倒せるぞ
警察も愛国少年の味方だ
こんなスレでちょっと数的不利になったからってひるむな!

465 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:05:39
ちょっとどうなってんだよw
工作員工作員の少年は二人いるのか?

466 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:05:59
>>464
だから、おまえ、きもいよw。

467 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:06:28
《第一忠誠、第二服従、第三勇気、第四誠実、第五正直、
第六同士愛、第七責任の喜び、第八勤勉、第九禁酒、
第十わらわれが重視し義務とするものはわれわれの天皇であり
われわれの愛国心である、われわれは他のいかなるものに
対しても気を配る必要はない》
これをアンチ大江少年の鉄の規約としようぜ!平三郎よ!!

468 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:06:54
>>462
おまえは、工作員じゃないのかな?
それとも、混乱させようとしてるだけかな?w>>260

469 :462:2006/02/22(水) 01:09:33
すまそ工作員でした。
逝ってきますw

470 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:11:07
>>468
そうやって他人が工作員だと匂わせて自分から目を逸らさせる。大江らしいやり口だなw

でさぁ、大江健三郎について、どうおもってるのー?聞かせてよ。工作員さんよw。


471 :462:2006/02/22(水) 01:12:28
面白いなあ…
もう何度も読み返しちゃいました。
もちろん大江の本じゃなくてこのスレね。

472 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:12:54
平三郎よ、きみこそ真の日本人の魂をもっている選ばれた少年だ。
《七生報告、天皇陛下万歳》と書いたTシャツがここにあるから、
これをきみにやろう。メールアドレスを晒しなさい。

473 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:18:13


みんな撃沈?
スタミナないね〜
by 大江健三郎直属2ちゃんねる工作部

474 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:19:43
>>473
なにぃー!ついに尻尾を見せたな!!
おい>>470。こいつをやってしまえ!!

475 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:19:58
平三郎、出てこいや〜
おれたち工作員はこんなもんじゃへこたれませんが!

476 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:21:30
>>457
ww、それが取り柄にしてるみたいだな、大江健三郎はw。

それにしても、一般のひと!
大江健三郎の読者がこんなにいるとおもいますか?w

477 :一般のひと:2006/02/22(水) 01:23:19
書き込みがあるってことは、いるんじゃないの?

478 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:23:24
いやまあ居るだろ。
だって最高でも477人しかいないんだから。

479 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:23:25
>>476
なあ、平三郎よ、きみは性欲に苦しむことがあるだろう、
抑圧してはつまらないよ、女と寝るかい?

480 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:24:12
>>477
いるわけないだろw。このあいだまで、どこにいってたんだよwwwwwwww

481 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:25:53
>>480
普通に大江読者がおまえをおちょくって書き込んでるだけだよ。
それくらい気付けよw

482 :一般のひと:2006/02/22(水) 01:26:31
だって書き込みあるじゃんw
何が言いたいの?w

483 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:27:07
>>481
いままで、書き込みなかったじゃんwwwwwwww工作員さんw。

484 :一般のひと:2006/02/22(水) 01:27:59
うーん。よくわからないけど、
たぶん病院に行った方がいいとおもふ。

485 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:28:20
>>483
じゃあいままでも工作員なんていなかったことになるよw
馬鹿か、おまえは。

486 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:29:03
>>485
いままでも、いたよ。
ただ、今日は大勢で、やりこめてやろうと、出てきてたんだろw。バカだなw。

487 :一般のひと:2006/02/22(水) 01:29:22
勇者を邪魔するためにモンスターが現れたんじゃないですか?

488 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:29:54
>>486
てか、工作が暴かれないように、うやむやにしてやろうとしたんだろうなw。

489 :一般のひと:2006/02/22(水) 01:30:04
>>486
そう!それが言いたかったんだよ。
多分そうなんだろうね。きっとそう。

490 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:31:32
パロディネタやってる人がいて
盛り上がっただけのことだろ。
それに馬鹿のセブンティーンぶりがはまって爆笑もんになったと。

491 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:32:36
>>490
と、うやむやにしたいわけだわなぁw。

492 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:33:36
>>491
まぁ、工作員の存在は、「憂い顔の童子」がでたときの
大江のスレッド、それをみてもらってもわかるw。

493 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:34:05
てか工作員がいるとしても、工作員は工作員で読者なんじゃないのかという気がする。

494 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:34:40
>>491
じゃあそのパロディネタやってた人が工作員ってことにしとけば
良いんじゃないの?俺もそれに賛成してやるからさw
ところで、きみ、女と寝るかい?

495 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:34:44
>>493
あはは、それが大江の、なんというかアリバイだよな!!!!!!w

んなわけねぇだろ!w

496 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:36:22
>>492
そのスレ貼ってよ。
ぼくはきょうの工作員だけど、知らないから。

497 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:37:07
>>496
ぷっw。

498 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:39:14
>>497
なにがおかしいんだよ。
おれは工作員だ!おれは、おれは、大江健三郎先生の赤子たる
純粋工作員なんだ!

499 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:41:05
>>498
そんな工作員じゃないだろwてか、知ってるくせねにぃw。

まぁ、もうずいぶん前から、ごまかしの茶化しばかりだけどな、工作員w。

500 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:41:19
>>497
おまえはおれが工作員であることを認めないのか?
認めるのか、認めないのか、どっちなんだよう。

501 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:42:20
>>500
こうやってるうちも、上の良レスなんかが、上にどんどん行っちゃうんだろうなw。
工作員を指摘したw。

502 :大江:2006/02/22(水) 01:42:22
見かねて、出てきた。
君らが何に怒っているのか、聞かせては貰えないだろうか。

503 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:45:12
>>499
おれはパロディネタやってた工作員なんだけど、
おれのことは認めてくれるよな。純粋工作員として。
で、その昔の工作員スレの証拠を出してくれよ。
証拠提出しないで疑惑かけてたら、
おまえの嫌いな永田議員みたいになっちゃうよ。

504 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:45:49
>>503
永田って、左翼なん?w

505 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:46:31
>>503
大江健三郎が、支持している共産党は、その情報を知っていながら
手を出さなかったようだがなw。

506 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:48:53
あ、わたしも今日工作員したよ。
工作員いっぱいで「宏大な共生感」につつまれましたわ。

507 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:49:19
共産党を支持してるなんて悪質なデマだな

508 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:50:10
今日はわたしも工作員しましたからね!

509 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:50:22
共産党を支持してるのは井上ひさし会長くらいですよ

510 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:50:47
>>507
どこが、デマなん?w
前委員長を賛美するものを赤旗に載せてたそうだけれど?w

511 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:54:24
"工作員する"という言葉は実によく当っていると思う。
ぼくも2ちゃんを通じてあなたと一緒に"工作員して"いたんですね。

512 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:58:39
>>501
あなたは"工作員する"という動詞を2ちゃんで使ってられたけど、
工作してるとき、同じ人間として一緒に生きるという共生感を、
はげしくお感じになるんでしょうね。

513 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 01:59:40
>>511-512
と、うやむやにしようとする、工作w。

514 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:02:07
>>510
お前なんでそんな事知ってんだよ?プロだろ?
さてはマジでリアルセブンティーンか?w

515 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:03:18
>>514
は?誰かそんなこと言ってなかったっけ。



516 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:04:23
>>513
いや、だからわれこそは工作員だと言ってるじゃないの。
ぜんぜんうやむやにしてない。
どうして信じてくれないの?

517 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:05:56
>>515
ああ、工作員なのだから、知ってるはずだわなw。
てか、野次馬でまぎれこんでるひともいるので、その人に向かっていったw。
別のところで聞いたのかなw。

>>516
は?

518 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:08:45
>>517
てか、大江の読者がこんなにいるんだぞーという、大江の工作とも
とれるなーw。

519 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:11:13
疑心暗鬼に陥る工作員たちw

520 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:11:29
工作員するぞ、工作員するぞ、工作員するぞ!
《第一忠誠、第二服従、第三勇気、第四誠実、第五正直、
第六同士愛、第七責任の喜び、第八勤勉、第九禁酒、
第十わらわれが重視し義務とするものはわれわれの天皇であり
われわれの愛国心である、われわれは他のいかなるものに
対しても気を配る必要はない》


521 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:11:53
>>518
なら、いままでどこにいたんだろうなーw

522 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:14:43
きょうはおれがほとんどの工作員をやったぜ!
Young men, be not forgetful of prayer!

523 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:18:14
俺はPC三台使ったぜ!!

524 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:26:22
なんか私話についてけなくて今晩ずっと傍観してたんだけど、
こんなにヒートアップするほど面白いなら私も読んでみようかなーって思いました。
こんなこと書き込んだら私も工作員でしょうか!?

525 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:27:13
本当のことを言おうか!

526 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:27:23
はやく工作員の証拠スレ・レスを出してくれ。
おれも今日の工作員だが、むかしの工作員の活躍ぶりも知りたいぞ。


527 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:29:15
>>524
あぁ、このスレに書く奴はみんな工作員だよ。
きみも『セヴンティーン』を読んで、立派な工作員になれるよう精進したまえ。

528 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:30:32
俺も妹の陰毛のスライド見ながら肛門にきゅうり突っ込んで寝るとするか

529 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:36:21
頑張ります!!

530 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:37:58
大江の奥さん美人だよね

531 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:43:50
>>524
wwwwwwwwwww

なに女登場させてんだろうか、大江の工作員はw。

532 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:44:37
>>525
くさすぎ、大江健三郎の工作員w。

533 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:45:03
ちなみに「セブンティーン」は文庫では
新潮の『性的人間』に収録されている。
第一部と第二部があるのだが、
第二部の「政治少年死す」は諸事情があって収録されていない。
この事情は戦後言論史のエポック的なことなので各自ぐぐって調べておくように。
入手はなかなか大変だが、頑張ってさがしてみるのも良いだろう。
工作員たるもの、こういった教育的配慮を怠ってはならないのだ。
Rouse up, O, young men of new age!

534 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:46:07
>>532
そういえば、大江健三郎って、東横インの社長と同じ世代だったかな。

535 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:49:28
>>534
工作員としてお答えしますれば、1935年生。
小澤セイジと同い年だね。

536 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:49:30
「政治少年死す」ネット古書で2.3万

537 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:50:13
>>535
wwwwwwwwwwww

また、よさげなものを、引っ張り出してきているよなw。

538 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:52:03
>>537
ウルトラマンといわれれば、あわてて煙幕の工作を張ってみたりw。

539 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:52:14
政治少年死すでぐぐれば簡単にみつかる

540 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:53:42
>>535
いや、工作員(ホンモノ)が答えるけど、
『同じ年に生まれて』という大江・小澤の対談本があるのよ。
だから普通にうかぶわけ。
世界的な作家と世界的な指揮者だからね

541 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:55:25
読む価値あるか?

542 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:57:29
>>539
工作員のくせに知らなかったw
昔苦労して入手したんだがなあ、
いまやこんな簡単に手に入るとは!

543 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:57:36
>>537
たいして、よさげでもないかw。
ただ、大江健三郎にとっては、ぬくぬくとできて、好都合なんだろうなw。

>>540
ぎゃははははは、宣伝ですかw。あそこに載ってる写真、くさすぎだよなw。
指を立てちゃってw。

544 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:58:01
>>533結構感情爆発系列?

545 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 02:59:35
>>541を、みんなで無視w。

または、私たちの団体素敵だよーみたいな、宗教の勧誘みたいな
呼びかけをするんだろうなw。私たちはイエス様のおそばにいますから
幸せです!だから、別にいいですよーみたいなw。

546 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:01:14
>>545
いいえ、わたしどもは無宗教者の祈りですから、
イエス様は関係ありませんが!

547 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:01:54
>>546
wwwwwwwwww

548 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:03:19
>>544
大爆発ですYO!

549 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:06:03
>>541
まあどっちかっつうと、小澤ファンの方が読む価値はあるかな。
工作員(ホンモノ)はもちろん楽しく読みましたが。

550 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:07:34
三島も警察もバカにした処女長編なんていったっけ?


551 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:09:24
風呂の中でウイスキー飲みながら大江健三郎読んでみたよ。
俺は男。工作は失敗したみたいだね、っていうか何書いても
工作員って言うんだろ?だったらマジで工作員ぽいこと書いてみた
だけだよ。文句あるかこのヤロー。

552 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:10:01
>>549その対談本でなく政治少年死す

553 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:11:12
フィギア見ながら大江健三郎談義しようぜ。
やっぱ女の子は外人のほうが可愛いね。

554 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:13:12
まぁ、文字だけなら、なんとでもなるとおもって、余裕こいてるのだろうw
大江の工作員はw。

そして、それ以上?とおもって、テロリスト云々とふっかけてみたりしているw。

>>549
大江健三郎は、一生懸命聞き役になろうとしてたもんなw。
そして、なんだかんだ言いながら、自分のことを言っているw。

>>551
へぇw。

555 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:13:32
ちなみに今読んでるのは新潮文庫の死者の驕り・飼育。
性的人間しか読んだことない。アンチの奴らの感想聞きたいなー

556 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:15:08
>>552
ああ、それは普通にある。
工作員的にはそう答えるしかないがw
奥泉光も『必読書150』の中で推奨しておりますが!
"この種の話題になった作品は往々にしてつまらない場合が多いが、これは違う"
と。

557 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:16:17
飼育は超有名だし、濃すぎて一回読んだだけじゃ批評のしようがない。
凄いと思ったよ。ありゃ当時の文壇の人達も認めざるを得ないよね。
死者の驕りはまだ読んでない。
風呂の中でウイスキー飲みながら読んだのは「人間の羊」っていう短編

558 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:16:48
>>550滔滔とやってたな あのエセーは笑えた



559 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:18:00
工作員的には褒めないといけないんだろうな。
なんて褒めようか。何が描かれてるって言うべきだろうな
酔っ払ってるからなーとか言い訳してみるテスト

560 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:18:15
あぐいー

561 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:18:16
>>554
聞き役になろうとしてたって、決して謙虚ということではない。
と、言いながら、なんだったか忘れたわ。

まぁ、そんな忘れたという人の弱みにあぐらをかこうとするのが
大江健三郎というやつでもあるわけだw。

562 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:20:30
>>559
言ってみなよw。大江健三郎としては、第一義的に、工作員疑惑を
腐食したいんだろうけどなwそうすれば、後から後々自分のことを
自分の著作の宣伝をしはじめればいいってわけだw。

563 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:20:52
平三郎、なに言ってるかわかんないぞ〜

564 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:23:26
約7時間。

565 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:24:13
ストーリーとしては右翼の喜びそうな内容じゃないかな。
そうでもないのかな。どうなんだろう。
主人公はバスの中で進駐軍の兵士にからまれて、
ズボンを脱がされるんだよ。この小説知ってる人いる?

566 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:24:47
大江と言えば、寝酒にウィスキー。
524さんは正しい選択をなさっておりますよ。
『万延元年』の冒頭のウィスキー描写は有名だし、
『われらの時代』のあとがきには、
ウィスキーと睡眠薬を飲みまくって書いていた
無茶苦茶な時代のことが書いてあります。

567 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:25:11
>>555
アンチアンチって、大江の人間性にアンチもくそもあるのか?w

まぁ、そういうことがわかってたから、伊丹は結婚を反対したんだろうなw。

そして、大江といえば、「憂い顔の童子」だっけかで
伊丹の不良性を言って、相殺しようとしてたりしている。
おまえだって、悪人だろう?とw。」本当のことを自分に言わなかっただろう?とw。

それでもって、大江の人間性についての疑問視を腐食しようとしているわけだ。

アンチアンチって、大江の工作員がやってるのと同じだわなw。
表裏一体にして、やみくもにしようとしているw。

568 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:25:31
ていうか完全に無視されたらどうしようかと思った562ありがとう

569 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:26:05
>>565
知ってるも何も
演劇化したくなる作品だ

羊撃ち、羊撃ち、パンパン

570 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:27:35
アンチって言う言い方が不快ならなんていえばいい?
大江が嫌いなんだろ?俺は大江は好きとも嫌いとも言えるほど
読み込んでないし、なんとも言えないんだよ。

571 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:27:41
>>569
ならねぇだろw。

大江が将来、被害者面して生きていくというのが、予見的に語られてりる
小説だわなw。

572 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:27:53
w。のひとは「憂い顔」の話ばかりするんだな

573 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:28:31
>>565
人間の羊は海外でも知られてる作品です。
たしかクンデラが批評書いてる。
善意の押し付け、というなかなかきわどいモチーフですからね、
右翼文脈でも読めるでしょう。

574 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:30:18
>>569
おおっ、先生出現。
あれはどういう図式で読めばいいんですか?
教師をこのスレのアンチと重ねて批評しようと
思ったんだけど、うまく言えないんですよ
酔っ払ってるし   と言い訳してみる

575 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:32:05
やっぱ大江に口を出す人はそれなりに
作品読んでから言ってるんだね。
2chといえど皆ちゃんとしてるね

576 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:37:26
>>574
先生というほどのもんでは。573の人のほうが詳しそうだ。

んー、個人的な屈辱を弱者に押し付けて自己正当化を図るところかなあ。
教師は「羊」の一人に張り倒されて恥をかいたでしょ。

あと傷ついた人が早く日常生活(母と妹の待つ家)に戻って傷を癒そうとする心理が印象に残った。
ルーティンへの逃避というか

577 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:37:45
善意の教師の主張っていうのは
誇り高きヤマト民族がケトウごときに舐められて
黙ってるんならお前は非国民だろぶっ潰してやるよ
ってことなの?

578 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:40:57
あ、そうか。教師は日本人に張り倒されたから
個人的な恨みを晴らす意図もあるわけですね

579 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:41:48
「人間の羊」は小品だけど、
被害者のカミングアウトの問題を扱って
けっこう普遍的な寓話になってるんじゃないかな。
従軍慰安婦なんかに絡めたら、ウヨ文脈でも使えそうw

まあ基本的にオーケンは被害者好きで、
それが早くも、しかも本質的な形で現れているといえるのでは?

580 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:43:33
ていうか完全に無視されたらどうしようかと思った562ありがとう

581 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:44:26
くそーウイスキーなんて飲むんじゃなかった頭が回らない
今も飲んでるけど。このトリップは今夜限りなんだろうなあ
工作員といってた人はどこに行ったんだ?安藤みきはまだか

582 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:45:10
580ミスです(;´д⊂)

583 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:45:15
ただ「人間の羊」の一番の問題は、
恥辱・屈辱の晴らし方が、その暴力が、
なぜか直接の相手に向かわず
日本人同士でなされてることなんだね。
ここポイント。

584 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:45:20
>>579
なんで、従軍慰安婦=右翼なんだ?w

585 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:49:40
被害者好き。なるほど。
面白い文脈ではありますね。
中国韓国に肩入れする理由にもなるし。

586 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:52:59
まあサヨ文脈って言ってもいいけど、どっちかといえばウヨ文脈じゃない?
左翼は「恥を忍んで個人が名乗り出たんだから国家はそれを認めるべきだ」って言って
それを右翼は激しく攻撃するわけだから。

587 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:54:26
>>583
弱者がさらに弱者に当たってるだけだからね。
おおもとの米兵への怒りはどこかへ行ってしまった。
そもそも敗戦し屈辱にまみれた人々はさらにこういう被害に遭っても単純に米兵への怒りを持つのではなく
内部へ鬱屈する形で抱え込んでしまっている。

588 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:54:28
>>584
ああ、従軍慰安婦とか、まあ被害者一般に、
おのれの善意を満たすため、ときにルサンチマンを晴らすため
アカヒなんか記者どもが被害者にカミングアウトを強制する。
(それはときにありもしないものが捏造されさえする・・・)
それはこの作品で言ったら大学教師みたいな香具師だ、て感じ。

589 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:55:28
くそーどうせ酔ってるんだからもっと目茶苦茶言ってみたいと思ったけど
たいしたこと言えないなあ悔しいなあ

590 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:56:08
酔ってる時に大江なんか読んだら悪酔いしないかw

591 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:56:30
>>587
そう、それが当時の戦後日本のアレゴリーにもなってるわけ。

592 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 03:58:00
>>588
だから、なんで従軍慰安婦なんだよw。
従軍慰安婦をもちあげたりしてたのは、左翼だろw。いいかげんなことを言うなよ。
ペテンlするなよw。

593 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 03:58:41
いや、飲みながら読んだからフラフラだけど
そんなに深く読めてないと思う。やっぱよくないなあ

594 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:01:52
>>592
いや、だからさ、
この作品に出てくる教師は従軍慰安婦なんぞの弱者を持ち上げるようなのと
同じタイプの思考法をしている、と。
そういう風にも読める、と言ってるわけ。
大江はサヨクだから小説もサヨクってもんじゃないのよ、
こういう寓話はいろんな読みがありうるの。

595 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 04:03:18
だめだ…考えがまとまらない
もうウイスキー300mlくらい飲んだし当たり前かな
だから明日反省文書きます。おやすみなさい。

596 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:04:28
>>594
別のこの小説が右翼ってわけでもないけどなw。

597 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:07:13
もちろんそうだ。左翼的なものへの批判をしたからといって右翼的なわけじゃない。

598 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:11:05
>>596
うん、まあだから、
被害と被害者、そのカミングアウト、それを強制する人間、
なんかをめぐる小さな寓話だよね、この作品は。
で、そういう状況は左翼文脈にも右翼文脈にも起こりうる、と。
大江はサヨだからとか、そういう先入観で小説読むのは貧しい読書ですよ、
ってかあんたこれ読んだことあんの?

599 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:15:41
>>597
そうね、「小児的なサヨク」批判の寓話と読むのが一番自然だろうね。
むろんそれは右翼ってわけじゃあない。

600 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:19:51
ちなみに524は美香だと思うけどねw

601 :524 ◆9aAcidC.ck :2006/02/22(水) 04:27:50
ナショナリストはちゃんと大江を読むべきでしょう。
好きか嫌いかに関わらず、そうしないと愛国者としての
責務も果たせるはずがないと思う。問題があるなら、
その問題のある部分を知らないと、大江が駄目の
一点張りじゃあ仕方ないでしょう。
だって世界からは日本代表として認知されてるんだよ?
他に擁立できる作家がいればいいけど、三島が大江の
役割も全て代行できるのか?できるはずがないだろう。
大江が三島を完全に越えているとは言わないけどさ。
ちくしょー何がいいたいのかわからなくなってきた

602 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:28:13
>>576
ようするに、エゴイストなんだろ?w

あの教師は言おう言おうとして、言えなかった弱い自分の屈辱を
その、スポットライトを浴びていた青年に仮託しようとしたのだろ?
その青年をもちあげることによって、自分の屈辱からの回復を
図ろうとしたわけだ。内訳をおもえば。

そして、その青年といえば、帰ることしか考えていない。
まともにその教師と応対することもしないわけだ。
自分のエゴイズムが傷ついたからか。つまり、大江健三郎とは
右翼でもなく左翼でもない、エゴイズムの人間ということか。

今の大江健三郎といえば、教師のほうだなw。

つまりは、これは大江健三郎のエゴイズムとは
どんなものだろうかという小説だろ。

603 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:30:28
>>603
そのエゴイズムが普遍的かどうかってことなのだがw。

604 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:35:11
国家というものを視野にいれてるなら、その教師は右翼だわなw。

605 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:36:00
これを原爆被害にひきつけて考えてみる。
日本は原爆を投下された被害者だ。
しかし日本人の怒りはなぜか当の加害者であるアメリカには向かわず、
日本の当時の軍部にむけられる。
被爆者は本当はそっとしておいてほしいと思っているのに、
善意やら政治的目的でひっぱりだされてしまう。
これでは、日本人同士での内向きの不毛な憎悪の連鎖だ。
「人間の羊」はそういった状況の寓話である・・・
少々強引だがそんな読みも可能かなあ、と。
それは大江がエッセイなんかで言ってることとは
かなり食い違ってくるだろうが、
小説は書いた当人の意図を超えてしまうものである。

606 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:36:05
その教師のことを、左翼だと変換して、紹介しようとしている
大江健三郎の工作員w。で、自分は左翼を批判していたのだという
ペテンをしているのです。大江健三郎の工作員は。

607 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:40:02
>>606
17歳ね、自分の肉をつかんでみたくない?

608 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:40:33
>>605
それは、「広島ノート」にむけて、速攻で大江自身が批判されてるなw。

609 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:43:25
ttp://www.cogito-kobo.net/OshaberiHondana/OeKenzaburo/OeKenzaburoSakuhinIchiran.html

しかしここ見てたがまだまだ読んでない本あるなあ。
「河馬に噛まれる」が欲しい。あと講談社文芸文庫は高すぎ。なんで普通の講談社文庫じゃないのかしら。

610 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:43:35
教師を反米のウヨと読むか小児的サヨと読むかは
テキストだけでは決定できないだろうなあ。
ただ当時の状況を考えると、小児的サヨとするのが自然。
いや両方の混合感情でもあるかな。
やっぱ多義的な作品なんですよ。
クンデラはどんな評論書いたんだろうなあ。

611 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:45:16
>>608
ヒロシマ・ノートはけっこう反米の書だよw
ウヨが思ってるほど単純な本じゃあありませぬ。

612 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:52:34
一つの小品でこんだけケンケンガクガク議論されるなんて、
さすがは大江大先生だなあ!

613 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:53:21
あ、わたし612は工作員ですから、ご心配なくw

614 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:55:43
>>611
反米の書?いいかげんなことを言うなよw。当時核について考えていたんだろ?
そして、ソ連側につくのと、アメリカ側につくのとかいろいろあったんだろ?
大江健三郎はソ連側についたってことか?w

まぁ、核について考えるなら当然にアメリカなどに視野は向けられなければならないわなぁw。

こういう工作員は工作をするのだよw。

で、俺は大江自身が、速攻で批判されたということを言ったわけだが
反米だとなんだとということは、言っていないw。

>>607
へ?

ちなみに、工作員が「人間の羊」なるものを出してきたのは
これも、若い読者に向けての、大江自身の一押しの小説なのらしいよw。
小学館の大江の批評を集めた本に、大江自身で書かれていたよw。

>>610
だから、大江のそれからの被害者人生を予見するというか
宣告する小説なのだよw。

615 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 04:59:56
つーかヒロシマノートは普通に反米意識あるけどね。
むろんバカウヨみたいな反米一本槍ではないけど。

616 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:00:02
>>614
訂正
書かれていたよ×
書いていたよ○

617 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:01:39
>>615
反米?どこがどう反米なんだい?w
そりゃぁ、爆弾を落としたのが、アメリカだからなぁ。そこで、反米云々という
無神経ぶりは、大江健三郎の工作員っぽいよなw。

618 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:02:47
>>615
てか、新米の左翼っているのか?w

619 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:03:09
平三郎、きょうは良い工作活動ができたぜ!
本当にありがとうございました。
おれはもうギブだ。寝る。工作員(ホンモノ)より。


620 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:04:07
>>618
訂正

親米w。

621 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:05:18
ウヨにも親米と反米がある。
小林よしのりは反米ウヨ、
新しい教科書の誰かは親米ウヨ。

622 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:08:07
>>621
だから、親米の左翼っているのかよって、聞いてるんだよw。
右翼のことは、聞いてねぇよw。

こういう風に工作するんだよ、工作員はw。

623 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:10:42
大江は反米というか単に反核なんだよ。
そこは徹底してる。
アメリカだろうがフランスだろうが中国だろうが
たんに核には反対なんだよ。
それを小児的とかヒステリーとか揶揄されることはあるが、
反核だけは筋通してる。


624 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:12:29
>>623
意見の変更かぁ。。。。。w

そう、大江は自分が核の被害にあいたくないってだけだよな。
自分がいっくら、大江天皇になろうがなんだろうが、核ひとつで
すべてがなくされてしまう、そうおもったときに、大江は絶望したわけだw。

それは、大江は反核w。

で、そのために利用されてると、「広島ノート」は批判されたわけだ。

625 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:13:06
>>622
じゃあサヨクで反米の大江が書いたヒロシマノートは
普通に反米の書じゃん。

626 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:14:16
>>625
大江が反米かどうかは、知らないけどなw。

それを言うなら、むしろ大江は左翼じゃんってのが落ちなのじゃないのか?w

627 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:18:03
>>626
大江は左翼だよ。誰がどうみても。
自分でも言ってる。それが良いも悪いもないだろう?
左翼=悪なのか、おまえの脳内では。

ただ小説はそう単純なもんじゃないってこと。
「人間の羊」ひとつとっても色々読めるでしょ。


628 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:20:23
>>627
あっそ、左翼であることを認めるんだ、あせあせ、やっとかよw。

それがよいもわるいもないだろと、そして、開き直りw。


いままで、散々大江は右翼だとか、コピーをはってるひとに
言ってたのになぁw。

>>627
いや、あの小説のエゴイズムっぷりは、十分左翼だよw。

629 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:21:25
>>628
また、一人の人間をつるしあげて、徹底させるみたいなところは
すごい左翼だなぁw。

630 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 05:25:10
大江ほど小説の中で右翼的なものに
正面きって取り組んだ作家はおらんだろ。

どうしても心情左翼が嫌なら、
お前が読まなきゃ良いだけ。
誰も強制してない。
読んで楽しい本を読めばよい、石原でも三島でも
自分にあいそうなのを探せばよいじゃん。

631 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 10:13:18

工作員ども早く仕事に取り掛かれよw。
俺が正体をあばいてやるよw。

でさぁ、大江健三郎について、どうおもってるのー?聞かせてよ。工作員さんよw。


632 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/02/22(水) 10:58:10
今日は。


 昨夜は朝まで口汚い生論争がつづけられていたようで、韓国人さん達、ご苦労様w



今度からは半島でやってね。
バカは見るのも恥ずかしいから。

 万世一系の日本(やまと)の天皇を心に仰いで主権者たる誇りを全うするのは、

日本人には当たり前のことですから。

やるなら社会福祉の方向性のディスカッションにしろよなww
ツバが臭いんだよ。俗物が。

633 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/02/22(水) 11:04:39
 右翼でも左翼でもなんでもいいが、
とにかく日本人なら「超米」を目指すべきでしょ。
 あのナマイキな野蛮人を独立自尊で追い越したらどんなに気持ちいいかw

脱亜超米。
こんなの日本人ならふつうに自覚すべき文明の志でしょ。

よく考えなさいよw
命を懸ける理由を。

634 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 11:25:49
二十三歳のセブンティーン登場だよw
ほら見とけ昨日騒いでた厨。
お前はこういう風に見えてんだよ。

635 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 16:50:38
>>633
おまえは命なんかかけないヘタレのくせにw

636 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 17:16:39
さすが純文学の王様、大江健三郎のスレだ!

”ああ、天皇よ、天皇よ、
あなたはわたしの神であり太陽であり、
永遠です、
わたしはあなたによって真に生きはじめました! ”
《七生報国、天皇陛下万歳》Tシャツをみんなで着ましょう!
ホリエモンの《改革》Tシャツなんか目じゃないですよう!ああ!


637 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 17:44:38
>>633
なあ、鈴木君よ、きみはいまは話題の民主党・永田議員は知っているか?
彼のことをどう思う?
それから、きみは性欲に苦しむことがあるだろう、
抑圧してはつまらないよ、女と寝るかい?

638 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 20:51:05
>>631
おまえほんとは工作員だろ。
違うなら証拠だしてみろや。

639 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 20:52:10



昨日の賑わいはなんだったんだ?
誰か説明してくれ!

640 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 20:54:38
>>638
証明責任は君にあるw。
民主党の永田君の二の舞になるよw。

でさぁ、大江健三郎について、どうおもってるのー?聞かせてよ。工作員さんよw。


641 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 20:55:24
政治少年祭りYO!

642 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 20:56:16
>>640
工作員乙

643 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 20:58:28
>>640
おまえ大江スレ盛り上げるすぎ。
工作員だってことバレバレだぞw

644 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 20:58:43
>>642
おはようw。
お前誰から金貰ってんの?w
口座への振込み人はオオエケンザブロウかい?w


645 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 21:03:42
>>643
古い手だなw
陸軍中野学校出身かいw
でさぁ、大江健三郎について、どうおもってるのー?聞かせてよ。工作員さんよw。

646 :吾輩は名無しである:2006/02/22(水) 21:12:31



俺様の千里眼に恐れをなして、戦線放棄したみたいだなw。
君達の天皇に謁見して作戦会議かい?w
でも海軍にはもう船はないぜw。戦艦「光」で特攻でもするかい?w

でさあ、大江健三郎について、どうおもってるのー?聞かせてよ。工作員さんよw。



647 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 00:11:52
大江みたいな小説書きたいなあ

648 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 03:03:50

あれ?全然伸びてないじゃん。
昨日の祭りはなんなの?
工作員だけでは説明不可能。
教えてエロイ人

649 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 03:21:06

アンチ大江(小卒)と愉快な大江工作員(大卒専門職)たち
   /_. ̄ ̄\
   |/-O-O-ヽ|
   | . : )'e'( : . |
   `i‐-=-‐ i´ 
  /       \
_| |       | |_
||\          \
||\\          \      大江工作員グループ
||  \\          \.    ∧_∧
.    \\          \   ( ;´Д`) (オイ、なんか変なのがいるぞ)
.     \\          \ /    ヽ
.       \\         / |   | .|
.        \∧_∧   (⌒\|___/ /
         ( ;´д`)目合わせるなって     ∧_∧
         _/   ヽ          \    (    ) うわー、こっち見てるよ
         |     ヽ           \   /   ヽ、



650 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 03:48:31
ここでそういうのは止めなさい

651 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 04:08:08
>>650
おっ、工作員を辞めてここの管理人さんになったのかいw
俺もここに自転車置いちゃいけませんて叱られたよw

でさぁ、大江健三郎について、どうおもってるのー?聞かせてよ。工作員さんよw。

652 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 14:32:50



まあ、大江スレの実力はこんなもんwwwwwwwwwwwwwwwwww。
まあ、大江スレの実力はこんなもんwwwwwwwwwwwwwwwwww。
まあ、大江スレの実力はこんなもんwwwwwwwwwwwwwwwwww。
まあ、大江スレの実力はこんなもんwwwwwwwwwwwwwwwwww。



653 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 14:55:31
大江健三郎についてどう思ってるの?

654 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 16:55:29
最近ユーモラスな作品ないよな

655 :吾輩は名無しである:2006/02/23(木) 21:58:59
http://plaza.rakuten.co.jp/tohno/6007 
上記以外にここでふれるべきなのは、大江健三郎「破壊者ウルトラマン」一九七三(文献36)と竹内義和『なんたってウルトラマン』一九八八(文献11)である。
 大江のいうウルトラマンとは、「ミラーマン」(1971,12,5〜1972,11,26放映)と併記されていることから、「帰ってきたウルトラマン」を指すと考えられるが、いずれにしても熱心に見て書いたものとは思えない。
既にしばしば指摘されるように「帰ってきたウルトラマン」のチーフライター上原正三が、金城同様ウチナーンチュであったということなど、想像の他であろう(文献51など)。
『オキナワノート』の枠組みをはずれたウチナーンチュの新たな活動が既に始まっていたのである。
大江健三郎という権威以外に、この論を取り上げる意味はほとんど無い。金城哲夫自身はこれにショックを受けたとされるが(文献17)、それは著名な作家の無理解に対してのものであろう。
 竹内の本は、九二年以降二極化する、パロディー的な読み物と、真剣な議論との両方を併せ持った興味深いものであり、全くのアウトサイダーによる批評の先駆けである。
しかしこれは当時さほど反響を呼ばなかったようである。「ウルトラ世代」と呼ばれる六〇年代生まれより、わずか五才ほど年長の竹内であるが、少年時代の五年間は大きい。
当然ながら六〇年代生まれの視聴者は、ウルトラセブンのアンヌ隊員に性的関心など持たなかったのであり、この感覚のずれが、竹内を孤立させていると思われる


656 :吾輩は名無しである:2006/02/24(金) 08:09:11
     ┌─┐  ┌─┐  ┌─┐           ┌─┐  ┌─┐  ┌─┐
      │●│  │●│  │●│           │●│  │●│  │●│
      └─┤  └─┤  └─┤           ├─┘  ├─┘  ├─┘
      _   ∩   _   ∩   _  ∩   荒川!   ∩  _   ∩  _   ∩  _
    ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡    荒川! ヽ(゚∀゚ )  ヽ(゚∀゚ )  ヽ(゚∀゚ )
 ┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡            ミ⊃┬─┐ ミ⊃┬─┐ ミ⊃┬─┐
 |●|    |●|    |●|                   |●|    |●|    |●|
 └─┘    └─┘    └─┘                   └─┘    └─┘    └─┘
     ┌─┐  ┌─┐  ┌─┐           ┌─┐  ┌─┐  ┌─┐
      │●│  │●│  │●│           │●│  │●│  │●│
      └─┤  └─┤  └─┤           ├─┘  ├─┘  ├─┘
      _   ∩   _   ∩   _  ∩   荒川!   ∩  _   ∩  _   ∩  _
    ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡    荒川! ヽ(゚∀゚ )  ヽ(゚∀゚ )  ヽ(゚∀゚ )
 ┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡            ミ⊃┬─┐ ミ⊃┬─┐ ミ⊃┬─┐
 |●|    |●|    |●|                   |●|    |●|    |●|
 └─┘    └─┘    └─┘                   └─┘    └─┘    └─┘


657 :吾輩は名無しである:2006/02/24(金) 08:30:12
大江健三郎についてどう思ってるの?

658 :吾輩は名無しである:2006/02/24(金) 08:33:24
大江最高!!
頑張れ大江!!
ウヨクに負けるな!!

     ┌─┐  ┌─┐  ┌─┐           ┌─┐  ┌─┐  ┌─┐
      │●│  │●│  │●│           │●│  │●│  │●│
      └─┤  └─┤  └─┤           ├─┘  ├─┘  ├─┘
      _   ∩   _   ∩   _  ∩   大江!   ∩  _   ∩  _   ∩  _
    ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡    大江! ヽ(゚∀゚ )  ヽ(゚∀゚ )  ヽ(゚∀゚ )
 ┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡            ミ⊃┬─┐ ミ⊃┬─┐ ミ⊃┬─┐
 |●|    |●|    |●|                   |●|    |●|    |●|
 └─┘    └─┘    └─┘                   └─┘    └─┘    └─┘
     ┌─┐  ┌─┐  ┌─┐           ┌─┐  ┌─┐  ┌─┐
      │●│  │●│  │●│           │●│  │●│  │●│
      └─┤  └─┤  └─┤           ├─┘  ├─┘  ├─┘
      _   ∩   _   ∩   _  ∩   大江!   ∩  _   ∩  _   ∩  _
    ( ゚∀゚)彡 ( ゚∀゚)彡  ( ゚∀゚)彡    大江! ヽ(゚∀゚ )  ヽ(゚∀゚ )  ヽ(゚∀゚ )
 ┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡┌─┬⊂彡            ミ⊃┬─┐ ミ⊃┬─┐ ミ⊃┬─┐
 |●|    |●|    |●|                   |●|    |●|    |●|
 └─┘    └─┘    └─┘                   └─┘    └─┘    └─┘


659 :吾輩は名無しである:2006/02/24(金) 12:27:01
犬の死体で尿道オナニーその後きれいに食べちゃおう!!

660 :吾輩は名無しである:2006/02/24(金) 21:20:49
もう大江健三郎飽きたのかよお前ら!

661 : :2006/02/24(金) 23:51:05
みんなお前に飽き、呆れ果てただけ>660

と、ほら、誰もかまってくれずにさびしそうだから
ちょっかい出してやったぞ。ありがくたく思うんだな。

662 :吾輩は名無しである:2006/02/25(土) 00:31:15
>>660
わたしは書き込まなくてもお金をもらえる工作員なんですね。
無給の工作員さんは熱心に毎日書き込まれてるようですが、
でもなんだかかまってほしそうですねw
なんか良い話題ふってくれたら少しつきあっても良いよ。

663 :吾輩は名無しである:2006/02/25(土) 03:33:20
そろそろ村上春樹にいこう。

664 :吾輩は名無しである:2006/02/25(土) 04:49:01
この人って血液型何型なの?

665 :吾輩は名無しである:2006/02/25(土) 17:30:41
大江を評価してる批評家はスガとかだろうか?

666 :吾輩は名無しである:2006/02/25(土) 18:03:14
ゴミ箱に捨ててやったよ、ノーベルだかなんだか知らんが…

快感だったその時に文学を感じたよ。

667 :吾輩は名無しである:2006/02/25(土) 18:26:12
それで上手い事言ったつもりか(笑い)

668 :吾輩は名無しである:2006/02/25(土) 21:28:54
大江を批判してりゃちょっとはみじめな自分が救われた気になるの?

669 :吾輩は名無しである:2006/02/25(土) 21:50:55
はすみんの大江論を読んでみたらびっくりする。

670 :吾輩は名無しである:2006/02/25(土) 22:17:16
蓮実は批判的なの?

671 :吾輩は名無しである:2006/02/25(土) 23:30:55
誉めるところは誉めて、けなすところはけなす感じだが
トータルでは誉めてるんじゃね?

672 :吾輩は名無しである:2006/02/25(土) 23:40:56
大江褒めないと日本文学で他に誰がいるのかと思うよおれは
とか言うと「工作員」になるのか
でもセブンティーン妄想に付き合うのもさすがに飽きたな
他の誰かと対比させて大江けなすなら全然いいっていうか最高なんだけどさ
つまんないんだよなー何も生まない批判見るのは気分悪いよ

673 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 01:03:31
蓮實はこういう感じじゃないかな。
「あえて私が大江について語るのは
語ろうとする欲望を抱いているからではなく
誰も大江についてまともに語れる人間がいないからだ。」

674 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 01:07:00
正しいのかもしれないねー俺はよんだことないけど
実際江藤の批評とか実がなくて詰まらないからなあ

675 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 01:10:13
どこに書いてた?

にしてもこのスレで誰も作品を語らないのは、その通りの理由だw
少なくともこんな所であれ、そんな蛮勇は俺には無いね。

676 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 01:14:31
大江自身も
「まともに私を批評できる人はいない」と思ってるかも。
だから自分で自分の作品について分析的に大いに語るんだろう。
それが小説の中にまで及んじゃったりするまでに。

677 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 01:15:56
「懐かしい年」なんて過剰な自己批評性がもろに出てるし。

678 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 03:23:40
>>672
だから、外国風の構造の小説を書いてるのだから、外国の小説を読んだほうが
いいじゃないの?といったら、だれかになにか言われたがw。


679 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 03:47:20
意味が分からん

680 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 03:54:16
>>679
工作員の速攻レスw。

681 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 13:03:09
http://www.musashino-k.co.jp/eiga/nakano_houga/top_bank/top35.htm
女の子のための任侠映画入門 コラム参拾五

ヤスケンがおこした最も大きなトラブルは大江健三郎を怒らせてしまった事件であろう。ヤスケンはアルバイトで「レコード芸術」という雑誌にコラムを書いていた。
このコラムの中で、大江健三郎の「状況へ」と小田実の「状況から」をとりあげ、ケチョンケチョンにやっつけてしまうのである。
小田実は知らんぷりの態度でやり過ごしたが、大江健三郎は怒って抗議の手紙を書く。宛名は島中鵬二様、「海」編集部安原顯様とある。
“僕は安原氏による小田・大江罵倒が不当だとは考えません。ただ、「大手出版社」によってのみ仕事をする人間という批判に、僕はこう答えます。
そして自分の態度をあきらかにします。僕は「大出版社」だから仕事をするのではなく、そこに自分の信頼する編集者を見出すからこそそこで仕事をしてきたのです。
さて、僕は中央公論の編集者安原氏のこの罵倒に対して、今後いかなる仕事も、やはり「大手出版社」の中央公論ではしないと言明して自分の立場をあきらかにします。
もちろん「圧力」を安原氏に加える意志はありません。ただ、自分が引き下がるのみです。
なぜならば、このような考え方の編集者とは仕事を共にしたくないからです。僕の申出は次の二点です。
一、谷崎賞 委員をやめます。
二、中央公論社からの手紙、電話、訪問をすべて拒否します。この件についての御問い合わせにも答えませぬ。さようなら。
1974年10月24日 大江健三郎”

ヤスケンはただちに二人の役員に呼ばれ、「この件に付き、どう責任を取るか」と言われる。
「オフ・タイムないし休日に、個人が何を考え何を書こうがまったく自由であり、こうした抗議の形をとった「垂れ込み」こそ、言論・思想・表現の自由の圧殺ではないか」と反論するが、
「大江健三郎は会社にとって大切な作家ゆえ、もう一度批判したり、彼を怒らせるようなことをすれば、お前はただちにクビだ」と宣告される。
村松友視はもちろんヤスケンの味方につき、この手紙のコピーをとっておくことをアドバイスする。
ヤスケンという弱者にとって、この手紙のコピーは重要な武器となるだろうと踏んでのことだ。


682 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 13:29:43
>>681
工作員の速攻コピペw。

683 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 13:34:21
>>682
オウム返しの大江健三郎が派遣している工作員の速攻レスw。

684 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 13:39:34
>>681
村松友視の『ヤスケンの海』にも、そこらへんの事情が書いてあるね。

685 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 13:42:58
そのネタ激しく外出
つまんねーよ。他のねーのか?

686 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 13:45:18
>>685
ぷりぷり^^

687 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 13:46:25
>>685
それなら、お前がネタ出せよw

688 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 14:04:33
なんだその返答?それお前何回コピペしてんだよ気持ちわりーな。

689 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 14:15:17
はあ?
つまらないんですけど。
死んでよ。

690 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 14:25:49
>>689
工作員の特徴。指定はしないw。
なぜなら、大江をもちあげ、または擁護することに目的があるからw。

691 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 14:36:22
>>690
横レス。
工作員てのはいったい何なんだ? 
厨房レスはやめてちゃんと文学を語れ、ドアホ!
それとも
日本文学を代表する作家の一人である大江の作品を、
一冊も読んでいないのか?
それほどガキか? ひょっとしてコンプレックス抱えて登校拒否中の中学生か?


692 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 14:41:14
自分が病気なのを認めたくないんだろ。
自分の現状認識に合わないものを排除しようと躍起になってるだけだよ

693 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 14:47:45
初期作品も読んでないのか? 『死者の奢り』は?
『飼育 』は?
『芽むしり仔撃ち 』は?
『性的人間』は?
『われらの時代』は?
『遅れてきた青年』は ?  読んでみれ、面白さがわかる。


694 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 14:50:42
うん。面白いと思うよ。過剰な修飾語がちょっと鼻につくけど天才だとは思う。

695 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 14:52:19
一冊も読んでないことが判明w どこの小学生だ、厨房板に逝けw

696 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 14:55:34
ハスミの大江論っていま絶版なんだよね。
ちなみに大江はハスミが大嫌いで、
香具師の文の載ってる雑誌は読まずにゴミ箱に投げ捨てるらしいよw
まあ渡辺一夫信奉者だからね、
ああいうインチキ仏文学者は許せないんだろう。

697 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 14:55:54
病気?

698 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 14:58:05
>>696
ハスミも大江のことを良く言ってないからな。

699 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 14:58:08
渡辺さんて人はね、気違いだったんだよ

700 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 14:58:10
粘着アンチは病気だよ。

701 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 15:00:39
>>700
単なるガキじゃないかな?まあ大学生とかだったら完全に病気だなw

702 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 15:00:57
うーん、でもハスミは『文学から遠く離れて』でも、
大江と中上は別格、って感じで擁護してる風だったけど。
あの悪評高い『同時代ゲーム』でもけっこう評価してるみたいだし。

703 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 15:01:25
スレを無駄遣いしてるヒマに一冊でも読め。

『見るまえに跳べ』はどうだ。読んだか? 読んだら中身について書け。


704 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 15:04:43
あんだけ文学に関して努力した人が他にいるか?
大江と中上だけであとは全部適当だろ極論すれば

705 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 15:18:02
>>704
極論にそれはどうかな? 君が他を知らなさ過ぎるだけだと思われ。

706 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 15:19:30
訂正 極論にしても

707 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 15:30:26
あ、戦後文学だよ?

708 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 15:38:51
ハスミに言わせるまでもなく
大江と中上が別格ってのは常識だから。

追伸 アンチの人は早く病気なおしてね。

709 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 15:40:07
渡辺一夫の「狂気について」は名文

710 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 15:43:55
渡辺さんて人はね、気違いだったんだよ

711 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 15:50:45
>>708
常識ではない、個人の偏見または好みにすぎない。
だいたい他人の言うことを鵜呑みにするバカがあるか。
ハスミだろうと誰だろうと、それはあくまで他者の意見にすぎない。
自分自身で読み、
自分の眼で見極めて、明確な自分の意見をもつことが
文学には最低限必須の条件だ。   

712 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 15:52:45
それから、あまりにも低次元なケンカはやめろ。
厨房なら厨房板へ逝って遊べ。くだらなさすぎる。


713 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 16:15:40
明確な意見を陳述してみてよ。
そんなに簡単なことじゃないぜ。
まあ、「最低限の条件」とのたまうくらいだから
できるんでしょ?拝聴させていただきます。

あなたの考える戦後文学の旗手は誰ですか?

714 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 16:22:12
>713
厨房の相手するバカは厨房だけだ。おぼえとけ

715 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 16:26:21
くだらんこと書いて遊ぶヒマがあるなら
一冊でも多く本を読め。

716 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 16:26:57
なにこれ、また大江健三郎の工作員じゃんw。

717 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 16:35:23
>>714-715
おまえ、>>711-712 だろ?
恥知らずがえらそうな口利いてんじゃねーよ。

718 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 16:47:51
>>168

719 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 16:49:44
えらそうな口をきかないことが
文学には最低限必須の条件なのにねえ。 

720 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 16:51:17
そんなことないけどね。

721 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 16:53:44
やっぱ大江と中上は別格だよなあ

722 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 16:53:58
懐柔・操縦の必須条件ではあるけどなw

723 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 16:56:25
文学に最低限必須の条件はsageで書き込まないことだ。断言。

724 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 16:59:00
いやコピペをすることと語尾に「w。」 をつけることが
「文学に最低限必須の条件」だと思ってる人間もいるかもよ。

725 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 16:59:49
会話はともかく、自己主張したい訳じゃないしな。
俺は馬鹿を晒し上げwする時以外は、基本的に上げない。

726 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 17:00:00
単なる説教厨だったってことか…。えらくがっかりした。

727 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 17:01:31
なんか誤解してる?
俺今日は>>718以降から。

728 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 17:02:48
>>726
誰がどうみても説教厨以外の何者でもないっしょ。
何者だと期待してたわけ?
まさか「憂い顔の童子」とか。

729 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 17:06:08
>>728
あれだけの大口を叩くなら、
それなりのもん書くのかなと期待したんだがな。

730 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 17:06:38
このスレになってからほとんど書き込んでないけど、
俺がここで粘着されるのって初めてw
結構新鮮www

731 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 17:08:42
>>730
結構朝鮮?

732 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 17:10:35
>>729
能ある鷹はなんとかで、大口を叩く人間はその逆だよ。

733 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 17:13:47
>>732
だれが、大口たたいたん、下げてるひと?

734 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 17:23:22
>733
>>714-715
>>711-712
あたりかな。

735 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 18:21:49
大口叩いてもいいんだよ。
その大口の責任取れれば
大物の証だから認めるべき。

一方的に大口叩いた挙句
突っ込まれて逃げるような奴は
徹底的に軽蔑されるべき。

736 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 18:22:45
1ラウンドKO予告して達成したら大物だろ?

737 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 18:34:22
大江の本を読んでない人は
リングに上がる前に試合放棄だから
KO以前ですが!

738 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 18:34:35
まぁ、大江健三郎の陰謀紐解いてほしいよな、世界の陰謀紐解く前にw。

739 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 18:39:24
コピペの陰謀は紐解かれてますが!

740 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 18:40:07
>>739
どんな陰謀?w

741 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 18:41:03
>>739
そう、紐解かれちゃってるね、やれやれ、なら大江健三郎の陰謀紐解かなきゃ!

742 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 18:42:07
「w。」
↑を使う人間の言語能力も紐解かれちゃったしねえ。

743 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 18:53:05
>>742
ごねるなよw。

744 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 18:57:33
>>734
厨房以外の人もたまには来るんだ…珍し〜w


745 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 19:00:42
>>744
大江健三郎が工作員を派遣しているということを
厨房云々ということで、ごまかそうとしてるのだろうか、共産党か創価学会かの
大江健三郎によって派遣されてる工作員はw。

746 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 19:08:25
珍しい説教オヤジw

714 :吾輩は名無しである :2006/02/26(日) 16:22:12
>713
厨房の相手するバカは厨房だけだ。おぼえとけ


715 :吾輩は名無しである :2006/02/26(日) 16:26:21
くだらんこと書いて遊ぶヒマがあるなら
一冊でも多く本を読め。


747 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 19:11:00
コピペ貼りのウヨ厨房工作員をマジ説教するオヤジw

711 :吾輩は名無しである :2006/02/26(日) 15:50:45
>>708
常識ではない、個人の偏見または好みにすぎない。
だいたい他人の言うことを鵜呑みにするバカがあるか。
ハスミだろうと誰だろうと、それはあくまで他者の意見にすぎない。
自分自身で読み、
自分の眼で見極めて、明確な自分の意見をもつことが
文学には最低限必須の条件だ。   


712 :吾輩は名無しである :2006/02/26(日) 15:52:45
それから、あまりにも低次元なケンカはやめろ。
厨房なら厨房板へ逝って遊べ。くだらなさすぎる。





748 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 19:12:23
虚勢張ってるだけの虫でしょ

749 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 19:14:10
708がコピペウヨ?頭大丈夫ですか〜

750 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 19:43:26
説教したやつは、大江健三郎が派遣している工作員じゃ
ないようだな。たまたま入ってきたやつかw。

751 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 19:54:28
説教オヤジまで大江派遣工作員にされてるし(笑
この「w。」ってのはやっぱおもしろいな。

752 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 21:08:32
>工作員
このネタ面白いと思ってる人いるの?

753 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 21:42:04
ルサンチマソ

754 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 21:44:50
>>744
まあたまにはね。

755 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 21:46:32
別に大江を擁護する発言を「工作員」って「揶揄」するのは
まあ構わないんだけどね。定番の煽りだと思うしさ。

しかしお金もらってる、とかバックに居るのは創価と共産党
とかまで来ると流石に「オイオイ」ってなるよね。

756 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 21:46:59
人生始まってない厨房と人生終わってるオヤジがよく来るスレなんだね

757 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 21:50:28
だってそうじゃないと2chする時間ないだろ。

758 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 21:50:39
公明党と共産党に何のメリットがあんだよ?
支援するならよっぽど平野啓一郎とかのほうが
有意義だろ奴等にとっちゃ

759 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 21:52:43
>>757
君はどっちなの?

760 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 22:14:26
>>757
護憲だろwwwwwwwww

761 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 22:15:00
>>760
訂正
>>758

762 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 22:56:35
護憲が悪だと。
戦後の文化はすべてゴミ屑だったっていう認識なのか

763 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:13:57
戦後文化=アメリカ主義=ゴミ、って等式をもってるウヨ、
そんな単細胞ウヨならはいてすてるほどいるけどね。

764 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:22:03
バカウヨに目のかたきにされる程度には
先生も影響力あるってことかな。
島田のサヨとか相手にもされないもんな。

765 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:23:00
9条はいいと思うよ俺は
公明も共産も自民も公明も他も全部嫌いだが。
大江も嫌いだろ。奴がいちいち立場を表明するのは
実存主義に身を投じちゃった責任を取ってるんだろ。

766 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:25:21
他人に「選べよ」って言っちゃった責任を取ってるんだよ。
だから大江は現状における何かを選ばざるを得ないんだろ。

767 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:28:09
って、新潮文庫の「死者の驕り・飼育」の解説(江藤淳)を読んで思った。
ウヨでも江藤あたりはまだまじめに考えてたよな。ネットウヨはほんと糞。

768 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:28:15
>>763-764
なにいってんの、この人たちwwwwwwww

まったく、大江健三郎の工作員はw。

769 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:29:05
>>765
いちいち、立場表明してんのか?大江はw。

770 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:31:21
>>762
護憲が悪だとどこで言ってあるのかな?w
大江の工作員のつながりの、ねっこにあるものは、護憲と言ったのだよw。

層化と、共産とを結ぶものといったらそれだろw。

771 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:31:33
政治的発言ばっかりしてるじゃん
別にそんなんする必要もないのにさw

772 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:33:57
>>771
なに?政治的発言って、どこでしてるんだよw。
フランスの核実験がどうのこうのなんって、だれでも言うことだろw。

やつは、不可解な言葉をつらねて、わかりにくくしてると批判もされてるよな
だから思考の深化がないのだとw。それが正しいのかどうかは別としてな。

つまりは、逃げに逃げての文章を書いてきてるということだw。

773 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:34:27
で、>>770は創価と共産が嫌いだから改憲派に回るのか?

774 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:36:40
>>772
小説家がそんなこといちいち言う必要ないだろ。
すでに地位は保障されてる大作家が言う必要ない。
同じような立場の村上春樹を見てみろよ。

775 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:38:20
>>774
小説家って、だいたいにおいて、そういうことをネタにしてきたのだから
仕方がないだろw。

村上春樹?なにか言ってるの?w

776 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:39:42
村上春樹は何も言わないことを信条にしてきた人だろ。
それが一番おいしいやり方なんだよ。

777 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:40:08
>>776
村上は、小説のなかでも、さして何も言ってないわなw。

778 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:40:35
だいたいにおいてそういうことをネタにしてきた責任を取ってるんだろ大江は。

779 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:41:26
>>778
は?なんの責任だよw、その焦点を明確にしないと
自作自演の煙幕になるぜw。

780 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:42:41
>>778
責任とるのなんだのと、言いながら、自分への批評がでたとき
圧力をかけようとしたわけだが?w

781 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:43:08
>>777
だから俺が言ったのはそういう意味だよ。
そういう小説ばかり書いてるよな村上春樹は。

782 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:45:03
>>781
いいじゃねぇかよ、ラディカルな村上ってことで
海外でも売れる原因になってるようだしw。:しらんがなw。

なに、大江もそうしたかったの?ぷっw。

ただ、村上はそのラディカルを宣伝しようともしてないわなw。

783 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:45:52
>>779
過去の自分の小説に対する責任だよ。
でも、オキナワノートはどうするんだろうな。
その一点で大江の功績が帳消しになるとは
思わないが、かなりでかい汚点であることは
認めるよ。

784 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:46:59
自分の小説→自分の発言

785 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:49:00
まあアンガージュマンにはいろんな綻びはつきものじゃないのか。
そうした傷をおいたくなければハルキのようになればいいわけでね。

786 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:49:02
>>783
過去の小説にたいしの、責任ってのは、だからなんだよ!!!!!!!!!!w
ちゃんと、言えよw。

政治少年死すで扱った、少年や右翼に対しての謝罪か?w

>>783
沖縄ノート?それが、汚点なのか?そりゃ、ただ大江の不利になることは
間違いないが、みんな忘れていくことだろw。
そんな、一商品のことなど。大江が死ねばな。
てか、沖縄ノート、確かに批判はされたが、いったいなんの責任hをとろうというのだ?
まったく、ペテンもはなはだしいなw。煙幕か?


787 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:50:21
>>780
別にあれはいいんじゃないの。
最左翼の浅田彰も「許しがたい」とか言ってたけどさ。
そんなの大江の自由だろ。そんな自由もないのか?小説家には。
むかつくからもうテメーのところで書かねえよってことだろ?
そんなのでヤスケンだろうが何だろうが知らないが、
そいつがどうなろうが知ったことじゃねえよ。
知っててやったとしても、いや知ってただろうが、
別にいいんじゃないの。

788 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:52:36
だから、なんの責任だよ
具体的に責任を、なにをとるのか言えよw。

過去の自分の小説で燃え上がらせてしまった、ペテンにかけてしまった
読者に対しての謝罪か?それならば、謝罪すればすむことだろ。

または、歴史をねじまげてしまったことの責任か?
ならば、ちゃんと書けよ、間違ってましたってw

789 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:54:25
そんな政治的なものはどうでもいいんだが、
大江の文学性においては批判できる点もあると思うんだよ。
もちろん優れた点もあるという前提で。
たとえば、女性描写。

790 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:55:19
大江って女性を書くのは下手だよね。

791 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:56:35
>>789
女の描写の、どこが悪いんだ?w
いいじゃん。

そういえば、フェミニズムに大江が反してるという論拠を、そんな
古典からひっぱってきた女像にあるのだとか言ってたが

大江はそれを覆そうとしてるのか?ははw。
ぜんぜん、問題ないだろw。

792 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:57:22
>>786
お前のわかるように言う自信がないよ。
個人は誰でも自分の発言の結果を引き受けないといけないだろ。
お前は国家や共同体に引き受けて貰おうと思ってんのか?
どうして右翼に謝罪する必要があるんだよ?言ってみ。
煙幕って何の煙幕だよ。俺はさっき一度書いちゃった手前
引けなくなってるだけだよ。いちおー責任をとってるわけ。
わからない?

793 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:57:57
>>789
ほらな、こういうどうでもいいことに、責任が自分にあるのだとか
なんだとか、神妙な顔をしやがって、逃げるのが大江健三郎という
人間なのだよw。

794 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:58:02
>>791
女性がうまく描けている作品を挙げてみなよ。

795 :吾輩は名無しである:2006/02/26(日) 23:59:37
>>792
右翼に謝罪する責任があるんだよ?
それは、批判されたからだろ。する必要がないんだろ?
大江健三郎から派遣されてる工作員さんよW

>>792
なら、責任とって、やめればいいじゃん。
なんで、こいつ自殺しないの?W

796 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:01:12
右翼から派遣されてる工作員の書いてる文章は支離滅裂だな。

797 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:01:14
>>794
女が描けてる?その主人公が女だというなら、女なのじゃないのか?W
あの「静かな生活」はひどいな。けれども、比較的あれは近作だよなW。

798 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:01:45
>>788
俺の言ってるのは一般論だよ。
そんなのは大江に直接聞いてくれよ。

799 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:04:21
>>795
お前の文章は主観的すぎて理解できないよ。
お友達はいるか?ちゃんと右翼以外の人と政治を語れるかい?

800 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:04:52
>>796
右翼からって、オウム返しは、やめろよ、大江から派遣されてる工作員W。

>>798
責任ってのは、だらだらとごねることを言うのかW
さすが、イカサマ作家大江健三郎だよ、ひとつ教えてもらったW。

ちょっと、用事ができたんで、おちるが
大江健三郎の工作員の存在するということを問題視するひとに
バトンタッチする。

大江健三郎のクソガキに責任とらせよう。



801 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:09:15
右翼はすごいな…
いつか絶対に自分の世界が非常に
狭いということに気づいて発狂するよ。
見沢知廉の最期とか壮絶だったじゃん。

802 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:10:17
>>801
だれが、右翼なんだよ、大江の工作員よ(左翼、フェミ)W

803 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:12:03
>>801
なんで、この国では、右翼はそのような目にあって
この大江健三郎という左翼は、のうのうと生きてるんだろうなW。
それが、このペテン師、左翼にのっとられた、この国の姿ということかW。

804 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:13:09
政治はともあれ、倫理的にお前は屑だよ。
死ね。

805 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:17:22
wが大文字になったのは別人ですよ、という合図なのだろうか。
2chでそういうことやるとむしろジエンっぽく見えちゃうと思うんだが。

806 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:18:08
>>803
人間的に屑なのはおまえだよ。

807 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:18:35
>>804
なんだよ、レッテル貼り工作員W。
なんで、左翼ってレッテル貼りが好きなの?

それにしても、こんなやりとり、簡単に論破できそうなんだがなぁ
それ以外になにか、大江健三郎というやつは、陰でこそこそやってるんだろうなW。

808 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:20:41
>>806
ありゃりゃ、大江のことをウルトラマンといえば、オウム返しになにかしら
工作してきて
上のほうが、大江の性格の悪さをいってたら、そうだよ大江の性格はクソだよと
j工作員公認の大江のクソさが証明されたよな。
それを根にもっての「発言ですか?wwwwwwwww

809 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:21:02
のうのうと生きてないでしょ。
自分の発言の持つ意味を考えて、
なおかつそれを書き続けてるでしょ。
それが「責任を取る」ってこと。

右翼の自殺は一種のパフォーマンスだし。
とか言うと火がついちゃうかな?嘘だよ馬鹿。

810 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:23:07
>>809
は?じゃぁ、大江の政治のスタンスはかえてないということだな?
んなもん、大江に火の粉がとんでくるかどうかの、問題で
火の粉がとんできたらいやだから、自分の発言に責任をとるとか
言ってんじゃないのか?

まぁ、そんなものはどうでもいいだろ。
石原の軽薄な発言についていってるのだろうが
それはそれ、大江の政治スタンス、性格の悪さもろもろについての
批判とは、別問題だw。

811 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:24:49
そんなことは大江にきいてくれよー
別に石原のことなんて言ってないよー

812 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:25:08
それにしても、この工作員、みなさん、ちゃんとみてくださいよw。
大江は、週刊朝日に圧力をかけたのと同じように、インターネットに
着目して、工作しようとしているのですw。

>>811
おまえ、工作員だろw。

813 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:26:29
嫌感流でも読んでりゃ良いじゃん。
おまえの来るところじゃないよ。


814 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:27:28
スタンスは変えてもいいんじゃない?
それが真摯に考えた結果の転向であれば別に。
さっき例に出した見沢知廉も極左だったんだよ。

815 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:27:50
>>809
責任というなら、謝罪しろよw。

>>804
それにしても、大江の性格の悪さをいえばw、小説を読めといい(工作員はw)
政治の話で負けそうになれば、それはともあれと言いw。
それならば、その倫理と大江の性格の悪さについて、つきあわせてみたいものだなw。
大江の工作員w。

816 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:29:26
スタンスはあんま変わってないよ。
今度だけ芸歴長くてこんだけ筋通してる作家はそうはいない。
粘着馬鹿の意見には誰一人説得されてないぞ、
カキコ数だけは多いけど。

817 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:29:44
ここまでのまとめ

工作員は層化と共産党から派遣されてくる。お金をもらってるらしい
工作員はウルトラマンと言うと怒る
工作員でないのは語尾がwの人だけ

818 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:30:04
>>812
お前は右翼の面汚しだと思うよ。
お前の意見を右翼論者の誰が支持すると思う?

819 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:31:43
>>815
だって、おまえ工作員だもんw。

820 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:32:03
普通の人が見れば、どちらが正しいかは明らかだ

とどちらも思っている。

821 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:32:24
>>818
訂正w
>>816へだw。

822 : :2006/02/27(月) 00:33:06
バカウヨ云々の前にやっぱネット中毒者はダメだなあ
早く病気治せよ「w」のきみ。

823 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:33:17
>>818
俺がいつ右翼だといったよ、おまえきもいなw。



824 :804:2006/02/27(月) 00:34:04
俺がともあれと書いたのは、お前には何を言っても無駄だから。
作家スレでの祭りは嫌いなのでこれで最後にしておくが、俺が腹を立てたのは
お前のこの

>大江健三郎のクソガキに責任とらせよう。

発言に対して。

こんな事を口にしたり、書いたりする奴は、どこの誰であれ死んでしまえ。
お前が目の前にいれば、その場で半殺しにしてたよ。

825 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:35:55
>>818
ただ、左翼野郎は、つぶさなければ、繰り返し繰り返し
工作はおこなわれるだろうと、おもってるものだということかw。

826 : :2006/02/27(月) 00:36:05
みなさん、語尾が「w。」の香具師は病気ですからほどほどに。

827 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:37:04
>>824
なんだ、それにかみついてるのかw。
黙ってろよw。

828 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:37:09
馬鹿を相手にしちゃいけないのかな。
すぐ図に乗るし。何だ「wwwwwwwwww」って。

829 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:39:54
大江は責任取ってるじゃん。
一体何が不満なんだい坊や。
自分が馬鹿にされたのが悔しいんだろう?
そこらへん正直に言いなよセブンティーン。

830 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:40:07
大江健三郎のクソガキに責任とらせよう。

大江健三郎の工作員は、人の揚げ足をとって、自分に敵対する
人間をおさえようとしてきたのです。:

まさに、週刊朝日の事件がそれでしょう。
このようなやりとりが、論破されずに、生きてこれてるのはそのせいだし
だからこそ、危機感をもって、大江健三郎はこの板にも工作員を
バカみたいに、三島由紀夫を見習ってか(三島は左翼のデモのときスパイみたいな
ことをしていた)派遣したのではないのだろうかw。

831 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:42:07
>>829
どこがどう、責任とってるんだい?
大江は、実権を握るこそが重要で、あとはどうでもいいとおもうぐらいの
老獪さはもってるとおもうよw。

つまりは、責任などというのも、結局は自分の政治を貫き通すための
老獪さだということかw。

832 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:43:21
まさにスズキ的な流れだ。

833 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:43:33
工作員だろうがなんだろうが
生産的なカキコは歓迎されるし、
電波なアンチは死ぬべきなんだよ。
工作員大歓迎だよ、2ちゃんに工作員が書き込んでいけない決まりはない。
ただ荒らすだけの馬鹿より全然良いじゃん。

834 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:46:53
>>833
ほう、生産的な発言をしてもらって、自分のエキスにしようというのか。
てめぇが、枯れちゃってるばかりにw。
そう、これなんですよ、大江健三郎の工作員はwwwwwwwww.

そう、大江健三郎は宣伝する土壌を作りたいのであるw。

835 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:48:14
>>831
頭が弱いねー。何度も同じ事を言わせるなよ。
あと何で俺の言葉を大江が言ったことになってんの?
早く頭の中を整理しないと右翼になっちゃうぞ少年w。

836 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:48:34
もう放置だな、このセブンティーン鈴木は。

837 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:48:41
>>835
おまえが、工作員だからだろw。

838 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:49:53
>>837
あのね、君は病気なんだよ。

839 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:50:35
>>836
レッテル貼りかよw。きもいな、左翼w。

まぁ、ちょっと飛び跳ねすぎたが、それをネタに追い込もうとしたり
するのが、大江健三郎の工作員であるw。

要するに俺が言いたいのは、大江健三郎の工作員hがいるということである。

840 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:52:10
オイオイ…
レッテル貼りを批判した手前からレッテル貼ってんじゃねーよ
てめーの言葉に責任とれやクソガキ!!w

841 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:52:27
セブンティーン「w。」の特徴

意味不明の文章を書く。
人の書き込みが理解できない。
自分以外はすべて大江が派遣した工作員だという妄想。
ネットから仕入れたお粗末で断片的な知識。

よって対話不可能。

842 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:52:30
2chの頭悪い人の典型的スタイルだな

1.自分に反対する人間は全部いっしょくた
2.実際は自分vsたくさんなのだが、自分vs一人であると主張する。
3.やたらと勝利宣言する。自分が優勢である事をアピールする。
4.一番必死

843 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:53:23
>>840

それいうと「オウム返しするな」とか「オウム返しするのは共産党」とか言われちゃうよ

844 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:54:42
>>840
だって、おまえが、工作員であることは、事実だろw。
てか、工作員なんってのは、2ちゃんねる用語なんだがな。
俺は、工作員のことを「さくら」と呼ぶよw。

>>840
大江健三郎、自分の発言に責任をとる?
てめぇの、政治行動に対しては、責任はとらないわけだw。

今日も、4,5人沸いてるのか?大江の工作員が。日ごろはどこに行ってるんだろうなw。

845 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:55:35
でも相手に通じる言葉を選んで言わないとね…
そうとうオツムが弱そうだからコミュニケーションが難しい。

846 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:56:02
>>842
は?工作員が複数いるんだろ?w

847 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:57:25
2ちゃんねる中毒者の症状

自分と同じように四六時中2ちゃんねるをやっていると思い込んでいる。
そのため、たまに複数の人間がレスを入れても同一人物だと思い込む。

848 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:57:57
>>847
だれもおもってねぇよ、工作員w。
工作員って、交代性なんだろ?w

849 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 00:59:39
>>848
とりあえず病気なおせ。わかったな。

850 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 01:00:10
>>844
だから、君は病気なんだよ。悲しいけど。「工作員」って言うことは
「大江健三郎が書き込むわけない」ってことくらいは理解できるのか。
じゃあ「鈴木」よりも症状は軽いね。早めに病院に行ったほうがいい。
精神科医に詳しく伝えれば適切な処置を取ってくれるから大丈夫。

851 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 01:00:58
>>849-850
つづけざまに、レスがされる。
どこかの宗教団体のように、二人三脚で動いたりするのだよ
左翼工作員はw。

852 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 01:02:54
明日仕事とかないのか。そろそろ寝ないと明日つらいんじゃないか?
漏れは学生(と偽っているが実は工作員、と解釈してもいいけど)だから平気だが。

853 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 01:07:10
二人三脚で動く宗教団体って何なの?

854 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 01:09:33
>>853
さぁ、左翼は、いつでも相槌をうったり、自作自演ができたりするために
二人三脚でやるんだろ。

855 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 01:09:59
工作員工作員言ってる奴って、
右翼のバイトなんじゃないの?
だってけっこう話もおざなりだし
なんかおかしいだろ。何の為だ?

856 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 01:10:12
>>852はスルーなのか。。。いや、プライバシーだし。答えなくていいけど。

857 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 01:12:31
左翼は大江かばうような金も余裕もないだろ。
ていうか二人三脚で動く宗教団体ってマジで何?
気になるよ。

858 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 01:14:01
大江健三郎は筋を通してるとかいうが
それは、大江健三郎は逃げ腰で生きていくという
「人間の羊」などで表明されている、エゴイズムのスタンスを
貫いていくための筋を通すってことか?
自ら、古儀人とか言ってるのだからなw。

ただ、そのエゴイズムのスタンスを貫くための土壌が汚されると
おもえば、この板を工作しようとするように、騒ぎ出すわけだ。
つまりは、その筋を通すってのも、自分のためにしてるってわけだ。

「沖縄ノート」でも言ってるよな、いかにどのように自分に尊厳を
あてるかどうかみつかっていないとw。

>>857
上でもいったが、層化の演劇は、左翼のビラ配りは、それ相応の
金をもらっての行動なのか?w

859 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 01:34:38
ハァ?俺は創価=公明党の演劇や左翼のビラ貼りなんて知らねえよ。
お前が二人三脚の宗教団体って言うからそれは何って聞いてんだろ?
ほんと話が支離滅裂だな2chなんてやってないでマジで病院行けよ。

860 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 01:43:26
こんな粘着馬鹿カコキより
大江の宣伝工作(んなものがあったとして)の方が
よっぽど有意義だよ。
つーかおまえはまず薬をのんで落ち着け。

861 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 01:51:15
何を言ってるのか全くわからない…
相手をするからいけないんだな。
ごめん。消えるわ。

862 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 02:04:21
>>860
だって、工作員だもんなw。

863 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 02:05:14
>>859
はぁ?おまえさまにだけ、応答したんじぇねょ、工作員さんよw。

864 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 02:54:42
>>863
はぁ?お前が自分でアンカーつけてんだろうが。
つまんねー言い訳してんじゃねーよビョーキ野郎。
突っ込まれてもろくな説明できないんだろ?頭悪いから。
アホのくせに、「二人三脚で動く宗教団体」とか意味ありげな
書き込みするんじゃねーよ。お前の親が入ってたのか?
ぜんぶお前の脳内で作られたストーリーだったわけね。
まともに反応した俺が間違ってたよ。早く氏ね、カス。

865 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 04:26:36
>>864

858名前: 吾輩は名無しである投稿日: 2006/02/27(月) 01:14:01
大江健三郎は筋を通してるとかいうが
それは、大江健三郎は逃げ腰で生きていくという
「人間の羊」などで表明されている、エゴイズムのスタンスを
貫いていくための筋を通すってことか?
自ら、古儀人とか言ってるのだからなw。

ただ、そのエゴイズムのスタンスを貫くための土壌が汚されると
おもえば、この板を工作しようとするように、騒ぎ出すわけだ。
つまりは、その筋を通すってのも、自分のためにしてるってわけだ。

「沖縄ノート」でも言ってるよな、いかにどのように自分に尊厳を
あてるかどうかみつかっていないとw。

>>857
上でもいったが、層化の演劇は、左翼のビラ配りは、それ相応の
金をもらっての行動なのか?w

おまえへの、アンカーは、二行だ、死ねw。

866 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 04:27:45
>>864
意味ありげなこと、事実だろ、宗教野郎が。
おまえ、大江がすきなの?きしょいなw。


867 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 04:28:57
>>864
この左翼やろうは、

>ぜんぶお前の脳内で作られたストーリーだったわけね。

全部このようにしたいわけだ。wwwwwwwww

868 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 04:29:30
>>864
俺が離席しているうちに、調子こいてんじゃねぇよ、左翼やろうw。

869 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 04:32:41
>>857
ああ、>>857か 
>>857になんか、一言も答えてねぇよ、自信過剰か?wwwwwwww

870 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 04:38:19
ひとつのレスに3回もアンカーつけてどうするんだ

871 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 04:44:25
左翼やろうが批判になると思ってるのか?


872 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 04:45:22
>>869
工作員よ、国へ帰れ!

873 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 05:33:20
>>870
たくさんの味方がいるように見せたいんだろうね

874 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 06:05:22
自意識過剰かw。

>>870
ぷっw。

ちょっとこみあってるんで、ひとつに集中できないために
あとからおもいうかんだものをかいてるだけだw。

クソな大江にお似合いじゃないか?工作員よw。

てか、さすが、工作員だなぁ、みてるんだなwwwwwwwwwwwwww.

>>871
なるんじゃないのか?俺は十分なるとおもうがなw。
大江のやってきてることをおもえば、わかりそうなものじゃないかw。

>>872
寒いよ。
それにしても、3人あたり起きて監視してるのだということは、よくわかった。
左翼野郎w。そんなことをやるのは、左翼ぐらいしかいないだろw。
右翼が左翼に負けるところがるとすれば、その根気だなw。
それにしても、オウム返しをしてそ知らぬ顔をしている感じなんって
「憂い顔の童子」なんかに、でてきそうだなw。:さすが、工作員w。

875 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 06:18:25
負けたよ。お前は本物だ。

876 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 06:24:06
>>875
は?なにいってんお?工作員はよw。

877 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 06:38:06
あなたは偽者ではないと言っているのだ
それとも自分で偽者だと認めるのかい?

878 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 07:02:32
>>877
なにが、偽者なんだい?工作員さんw。

879 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 15:33:22
>>879

工作員はどこにでも偏在するんだよ。ユビキタスだよw

でさぁ、大江健三郎について、どうおもってるのー?聞かせてよ。工作員さんよw。

880 :吾輩は名無しである:2006/02/27(月) 15:40:43
>>879
工作員=大江健三郎が派遣している人間(さくら)

881 :吾輩は名無しである:2006/02/28(火) 09:27:08
前スレはこれよりずっと面白かったよな・・・

882 :吾輩は名無しである:2006/02/28(火) 19:10:18
45万部のベストセラー『嫌韓流』の第2弾

『嫌韓流2』発売中

駄作か傑作かは、買って自分で確かめよう

883 :吾輩は名無しである:2006/02/28(火) 23:39:47
大江にはセブンティーン21世紀版を出してほしいな。
主人公はネット中毒のひきこもり男。
そいつは匿名掲示板で「工作員」を連呼し続けるんだ。
島田によって左翼がサヨクとなったように
この作品によって紆余曲折のすえに右翼はウヨクとなる。
昼と夜の境界が失われたその男の生活の中では
現実と妄想、正義と悪、真実と虚偽の境界もなし崩しにされ、
その男の短い一生は意外な結末を迎える――

884 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 00:25:31
>二十一世紀版セブンティーン
ニッポニアニッポンで阿部和重が書いてるよ
それとはだいぶ違うけど

885 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 00:32:53
いやかなり近い路線じゃないか!
「ニッポニアニッポン」は
二十一世紀版セブンティーンだったんだな。


886 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 00:41:11
>>882-885
左翼野郎、必死だなw。

887 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 00:44:40
早速鴇谷春夫のご登場だ(笑>886

888 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 00:47:16
>>887
????????????????????????????

889 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 00:51:04
鴇谷春夫の年齢は何歳だった?

890 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 00:53:55
カードキャプターさくら好きなんだろ(笑>886

891 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 00:59:50
鴇谷春夫は、もちろん17歳!

892 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 01:08:33
鴇谷は金閣寺に放火した溝口でもある。

893 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 01:20:55
溝口は何歳の設定だった?

894 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 01:27:29
>>889-893
あふぉくせw。

895 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 09:38:58
戦後民主主義という自己欺瞞
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/kak3/1305102.htm
(前略)
 戦後民主主義という名前の思想運動は、日本的なものを否定し、
アメリカから押し付けられた憲法体制を、盲目的かつ後生大事に守り続けてきた。
戦争によって受けた心の傷を見ないように見ないようにしながら、50年過ごしてきた。
アメリカににらまれないことだけを考えてきたのだった。

 数年前、作家の大江健三郎氏は、クリントン前米大統領の原爆投下謝罪は必要ない、
と長崎の講演で言った。このコトバを自分なり
に意味づける作業を通じて、私は戦後民主主義の正体を感じ取った。

 戦後民主主義という思想は、敗戦とその後の混乱の時代に、命あってのものだねだ、
過去は忘れてアメリカのいいなりになろう、何が正しいかなんて考えないほうがいい、
深く根源的に考えることは危険だ、といった風潮とともに生まれた
欺瞞に満ち溢れた思想だったのだ。

 この思想があるから、今の日本の政治家も、ジャーナリストも、
財界人も、官僚も、みんな発想が硬直して、事大主義的になってしまい、
正しくものごとを判断できない。
戦後民主主義をすべて否定しない限り、日本はよくならない。敗戦の心の傷を直視し、
それを癒して、乗り越えないかぎり、日本の混乱は続く。

 閉塞した日本の状況をうち破るのは、表面上威勢のいい石原慎太郎さんのような
政治家ではなく、ロマンを捨てずひたすら現場と住人の意見に耳を傾ける
田中康夫さんのような政治家だろう。戦後民主主義の否定は
、国民の生活感覚に基盤をおいてしか行いえないからだ。

得丸久文


896 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 13:09:08
大江健三郎のクソガキに責任とらせよう。

大江健三郎が自分の過去の発言に責任をとろうとしているなどと
大江健三郎の工作員からのご託宣がありましたが
そんなのは、自分の勝手です。

そのように神妙な顔をしてみせて、批判の鋭鋒から
自らを守ろうとしているのでしょう。

897 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 16:20:52
大江が身を守ろうとしているっていう発言は、
自分の攻撃が有効なものであるとう認識に基づく
はいはいわろすわろす

898 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:34:33
政治少年死す はネットで読めるということを発見
ぐぐってみそ

899 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:34:56
なんでさ

900 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:35:03
この大江健三郎は、謝罪なにもなしに、死んでいくつもりなのかねw。

901 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:35:17
>>900
なんでさ

902 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:36:18
なんでだって聞いてんだろ(#^ω^)

903 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:36:38
なんでさ

904 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:36:46
>>1-900
なんでさ

905 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:37:41
この瞬間的な書き込み数増加が工作員チックなのか
偶然だよ。
もし俺が工作員ならもっと全然うまくやるね

906 :ギー:2006/03/01(水) 23:38:11
>>883-893あたりで出てる
「ニッポニアニッポン」と「17」と「金閣寺」の類似性なんだけど
阿部自身が大江と三島を意識したと書いてるよ。

907 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:39:50
>カモメス
ゆんゆん♪

908 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:43:03
政治少年死す!!!!!!
http://takamatsu.cool.ne.jp/azure2003/k_oe/seijishonen.htm

909 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:44:13
h抜いたほうがよかったな(´・ω・`)すまそー

910 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:46:15
>ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2

こいつおかしい。何でこんなにレスが早いの?

911 :ギー:2006/03/01(水) 23:48:04
「政治少年死す」の読書会でもやりましょうか。

912 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:49:25
ワードに貼り付けて印刷したら18ページくらいだった

913 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:50:31
>>910
なんでさ

914 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:51:17
>>910
なんでさ

915 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:52:49
>>910
ハッカーだよ
気を付けないと狙われるよ

916 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:52:51
天皇陛下万歳、七生報国、おれの熱く灼ける眼はもう文字を見ず、
暗黒の空にうかぶ黄金の国連ビルのように重大な天皇陛下の轟然たるジェット推進飛行を見ている、
おれは宇宙のように暗く巨大な内部で汐のように湧く胎水に漂よう、おれはビールスのような形をすることになるだろう。
幸福の悦楽の涙でいっぱいの眼に黄金の天皇陛下は燦然として百万の反射像をつくる、
八時五分、おれは十分間、真の右翼の魂をもっている選ばれた少年[#「真の右翼の魂をもっている選ばれた少年」は太字]として完璧だった、
おれの右翼の城、おれの右翼の社! ああ、おお、おお、天皇陛下! 
ああ、ああ、あああ、天皇よ[#「天皇よ」は太字]、天皇よ! 天皇よ![#「天皇よ! 天皇よ!」は太字] おお、おお、あああ‥‥

917 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:53:07
>>910
なんでさ

918 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:53:13
>>915
なんでさ

919 :ギー:2006/03/01(水) 23:53:13
「政治少年死す」と並んで「風流夢譚」もあったね。

920 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:53:14
>>915
それはどうかな

921 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:53:25
なんでさ

922 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:53:37
>>919
なんでさ

923 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:53:39
>>915
それはどうかな

924 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:53:43
>>919
なんでさ

925 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:54:07
なんでさ

926 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:54:09
なんでさ

927 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:54:22
荒らすな屑

928 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:54:29
>>925
なんでさ

929 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:54:57
>>489なんでさ

930 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:55:07
>>927
なんでさ

931 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:55:11
>>927
なんでさ

932 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:55:14
>>927
なんでさ

933 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:55:20
>>927
なんでさ

934 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:55:29
なんでさ

935 :ギ・リジェ ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:55:33
なんでさ

936 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:55:54
>>935
なんでさ

937 :ギ・リジェ ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:56:21
>>936
なんでさ

938 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:56:26
なんでさ

939 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:56:34
#ほらや
なんです

940 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:56:48
>>939
なんでさ

941 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:56:50
>>939なんでさ

942 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:57:10
>>939
なんでさ

943 : ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:57:20
ほらやってなんだよw

944 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:57:24
天皇の名を呼ぶときと、マスターベーションでザーメンを飛ばすときの台詞が一緒ですね

945 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:57:26
>>939
それはどうかな

946 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:57:28
>>939
なんでさ

947 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:57:38
ジ・カモメス#ほらや

948 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:57:46
なんでさ

949 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:57:54
>>944
なんでさ

950 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:58:19
>>947
なんでさ

951 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:58:27
>>944
なんでさ

952 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:58:33
>>944
それには同意

953 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:58:58
>>944
愛してる

954 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/01(水) 23:59:39
>>952
なんでさ

955 :吾輩は名無しである:2006/03/01(水) 23:59:40
>>953
おれはそうでもない

956 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:00:14
>>955
なんでさ

957 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:00:15
>>955
なんでさ

958 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:00:18
>>955
なんでさ

959 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:00:19
なんでさ

960 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:00:50
1000取り合戦なんでさ

961 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:01:10
>>960
それはどうかな

962 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:01:10
なんでさ

963 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:01:13
>>960
なんでさ

964 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:01:18
―――なんということだ!

965 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:01:26
>>960
それどうかな

966 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:01:29
ああ、ああ、あああ、天皇よ、天皇よ! 天皇よ! おお、おお、あああ‥‥

967 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:01:33
1000なんでさ

968 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:02:04
>>999なんでさ

969 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 00:02:07
ところで、セブンティーンだの、政治少年だの言ってるがw
それって、世界的にどのくらい普遍性があるのかね。

たとえば、ドイツのネオナチなんかか?w
フランスの根強くあったりする、右翼みたいなものか?

ノーベル賞に推薦されたとかいう
スーパーマッチョで、ギャングで名をはせたとかいう人とは
どのようなつながりがあるのかね。

あの題材になった少年の、毛の異常な多さは、大江につながるものは
あるな。

970 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:03:31
>>969
なんでさ
右翼はどこの国でもいるんだよ阿呆

971 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 00:05:22
>>970
左翼野郎の、酒にやられたような、顔面蒼白な
または、年中酒くさそうな、その内の腹黒さについては
大江は描かないのかね。

中国の文化大革命のようなものをやる、腹黒さをw。

972 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:05:39
>>971
それはどうかな

973 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:05:56
1000なんでさ

974 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 00:06:30
>>970
その右翼とやらに、大江とまったく同じように
解釈されてるのかね。


975 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:06:50
>>971
なんでさ

976 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:13:23
次スレ立てたけど時期尚早だった?

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1141225870/l50

977 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:14:03
>>976
なんでさ

978 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 00:15:07
OK>>976

979 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:15:12
>>976
なんでさ

980 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 00:16:30
かぶっちゃった
【セブンティーン】大江健三郎【われらの時代】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1141226149/

981 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 00:18:19
つーかNGにしてたから見えなかった
ごめんねカモメス

982 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 00:21:04
OK>>980

983 :ジ・カモメス ◆9CkEa/nBA2 :2006/03/02(木) 00:21:26
うん。

なんでさ

984 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 00:24:02
しかし一ヶ月もたないとはえらい大江人気

985 :工作員:2006/03/02(木) 00:24:42
まあ大江スレは多いに越したことはないからな

986 :工作員:2006/03/02(木) 00:33:20
政治少年は消えちまったかな

987 :花鳥島工作:2006/03/02(木) 00:40:30
おそらく政治少年は何かを恐れたのだろう。
ハッキングもほどほどにしようか。

988 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 00:56:38
埋めます

989 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 00:57:08
此処は何かの卒論ですか?

990 :工作員:2006/03/02(木) 00:57:34
梅工作

991 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 00:57:47
俺は悲しいよ

992 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 00:58:58
ヒットチャートにみたてると凄いね
1,2,3を大江が独占で6位にも入ってる
尾崎豊が死んだ直後のオリコンみたいだ

993 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 00:59:03
>>991
死ね。

994 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 00:59:29
やっぱりいたかw

995 :工作員:2006/03/02(木) 01:00:22
今日はやけにカモメでゆれたからなあ

996 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 01:00:54
>>994
大江健三郎が派遣している工作員がかい?wwwwwwwwwwwwww

997 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 01:01:47
>>996
君に言ったんじゃないよ過剰反応するなw

998 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 01:02:09
>>997
wwwwwwwwwwwwwwwwww

999 :工作員:2006/03/02(木) 01:02:59
1000

1000 :吾輩は名無しである:2006/03/02(木) 01:03:03






   1 0 0 0 取 っ た ら 天 皇 制 廃 止








1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

228 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)