5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

牛の涎の如く雑談を垂れ流すが好い 36

1 :1ゲット。:2006/03/03(金) 21:17:12
だらだらと垂れ流すがよい

前スレ
牛の涎の如く雑談を垂れ流すが好い 35
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1135860917/

2 :吾輩は名無しである:2006/03/03(金) 21:21:26
今週は大漁でした。すべてコンビニトイレの汚物入れなんですが、まず火曜日にベージュのスト一枚と黒タイツ一枚。しかもベージュストはつま先がすげー臭くてイイニオイ、
マンコが当たる部分も汗臭くていい匂いでした。
黒タイツも女の匂いがほんのり。水曜日はオリモノシート数枚の内一枚がJK確定のシートでオリモノと汗が混ざったような匂いで爆臭でした。オマケに陰毛もヒョロっと付いてました。
そして極めつけは今日、水色のレース付きパンティをゲットしました。さらに黄ばんだオリモノがクロッチ前部にこびりつき、おそらくゲリピーと思われる大量のウンコがベットリと後部に付いてました。
匂いはご想像にお任せしますが、それはもう…凄すぎます。とにかく臭い。けどいい匂いです。
今、ゲリピーウンコの匂いを嗅いでオナニーしてました。

3 :吾輩は名無しである:2006/03/03(金) 21:26:15

新しいスレを立てるたびにそうやってテンションを張るのか……
大変だなぁ。

4 :吾輩は名無しである:2006/03/03(金) 21:30:28
テンションw?

5 :吾輩は名無しである:2006/03/03(金) 21:33:59
こっちはせめて下げてね。

6 :吾輩は名無しである:2006/03/03(金) 21:37:23
野球、中国ボロボロ、文学界みたい。
イチローがなにか大きなことしゃべってる。
文学板の鈴木みたい。
いろんなとこで繋がるんだなぁ。


7 :吾輩は名無しである:2006/03/03(金) 22:47:01
>>2
鈴木ぃ
コテつけろよ

8 :吾輩は名無しである:2006/03/03(金) 22:58:01
読めない奴w

9 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/03(金) 23:07:15
敬宮愛子内親王の御印であるゴヨウツツジは一般にはシロヤシオと呼ばれる
ツツジ科の落葉低木です。ハマナスや白樺に比べても繊細で品のある
きれいな木です。
御印に選ばれてから、このシロヤシオを庭木に買い求める人が多く、
園芸店では成木は品切れの状態です。繁殖が難しいわけではないのですが
この木は苗木から花をつけるまで成長するのに十年前後かかるので、
どの店でも在庫としてあるのが実生一二年の苗木ばかりです。

実は私もブームに乗って探してみたのですが、成木のシロヤシオは
値段も高く、置き場所にも困るので諦めました。
代わりに譲ってもらった亜種のアカヤシオの苗木が、駄温鉢に収まって
育苗棚の隅にある。節間が長いので盆栽には向かないようです。

10 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/03(金) 23:27:56
今晩は。


 僕は日本が好きなんですよね。
誰だってやさしい母親は好きでしょ。だってやさしいから。
それと同じように、僕はやさしい母国の風土を愛しているわけです。
和辻的人はそれを「甘えん坊」と言いますwww

 まぁいずれかにせよ、僕は甘えるのは独立自尊心を持っていればむしろ、良いことだと思うんですよね。
だって『人情』はそこから生まれるものでしょ。
人情のない東京なんて江戸以下じゃないですかwww


 まいずれにせよ
小内山劇場こと内山さんも、そうやってお庭の小宇宙を楽しんでいるというのは非常に日本人らしい心情で
まぁあれでしょ。
自然愛ですよね。
僕はそういう日本人の伝統的性格というのは、人間を神様に見立てるところへ向かっていると思うね。


  散りしけり 桜を運ぶ やまとの香

11 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/03(金) 23:44:31
 ただ日本人の場合、困るのは
昨日も言った《村八分》精神ですよね。
どうしても悪い癖で、個性派はノケモノにしてしまう。均質化はなんでもよいことだと思ってるんです。

けども21世紀はそれだと生き抜けませんね。
 韓国で9才だなんだかで大学入った少年の話題をnewsで観ましたが、
ああいうのをガンガン認めていかないと。
ただの《東大一直線》みたいなお受験戦争時代は終わったんですよ。だって
そんなふうに子どもを教育しても、今からいちばん需要ある『創造的個性』はゼッタイに育ちませんから。

日本は科挙式の教育体系を根本的にぶっ壊して、基礎のRCから打ち直したほうがいいですよ。
じゃなきゃもう世界の経済大国の地位なんて維持促進できないと思いますよ。

 具体的には、アメリカのフリースクールを見習って「子どもの自主性」を第一にする
liberalな生育環境を民間主導でつくらないといけないです。
ダメです。いつもいつも政府に頼ってばかりでは。そういうのを〈腰抜け文民〉と言います。
 先ず天下の慶應義塾から進取の精神を見せないと行けません。
幼稚舎の校舎の壁を思い切ってぜんぶ取っ払って、
子どもが自由に動き回って自主的な学習に励めるようなワークスペースをmainに取るのが最初でしょ。

僕はまだ建築士の資格を持ってないから口で云うしかできませんが、
それからやらなきゃ日本は地球を先導できないでしょ。
 個性を大事にする習慣が気風になれば、《村八分》の悪い癖も少しずつ治るはずですよ。

12 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/03(金) 23:50:36
盆栽の原型である盆景は中国大陸が発祥であり、これが平安時代に
日本伝わったものだとされています。
樹種や枝ぶり、これを受ける盆栽鉢などの美的感覚が大成されたのは
日本の江戸時代です。

鍵君は超人思想と絡めて盆栽の価値感覚を解釈したようですが、
私は山岳信仰に通じるものだと思います。

13 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/03(金) 23:57:24
 《村八分》の代わりに『遊園地』をつくりましょう。
ようするに百花繚乱の世界で1つだけの華々が咲き誇る文明の個性の楽園みたいな状況をつくる。
これが21世紀の日本の道です。

科学技術創造立国というだけに、必然的に要求されるのは「一億総エジソン」みたいな世界なんですよ。
ダメダメでしょ。村八分精神じゃwww
ホリエモンだって悪気があったんじゃないみたいだし、
ああいう天才をどんどん認めて生かしていかなければ日本は
韓国以下の永久不景気の苦涯に沈んでいきますよ。間違いなくw


 つまり今必要なのは、文明遊園地計画です。
どんな個性でもドンと来いの明るく楽しい遊園地みたいな社会にしなくちゃなりません。
それでこそ自由自在な創造力の発揮される、imagenativeな日本ルネッサンスが興るはずですよ。
civilianの意識改革をしなければだめでしょ。

 日本というお母さんに叱られますよ。いつまでも学歴おっぱいにしがみついたままでは。
ちゃんと二本足で日本らしく歩き出さないと行けません。
一本の足は『天興道楽』、もう一本は『遊園地づくり』です。
お母さんもそれができてやっとアンヨが上手って言って誉めてくれるはずですよ。まじで。

14 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 00:13:38
>>12
 今時ぼくを鍵くんと言うなんて、内山さんは相当の古株でらっしゃいますねw

盆栽というのは要するに今でいうgardeningだと思いますが、たぶんあれじゃないですか。
平安京の国風文化のあたりで『庭』の美術が出来上がって、
それは竜安寺の石庭のような抽象になったり、
あるいは「借景」といって自然を絵画みたいにそのまま鑑賞するという美学にまで至った。
 韓国では庭をイジらないらしいですね。そのまま草茫々にさせておくのが趣らしい。
それは中国の仙人の荘子ような「自然と遊ぶ」という感覚が偏西風で流れて来た結果だと思いますねw

日本はいつもそうですが、外来思想がある段階で飽和発酵して
まったく独特の納豆みたいにしちゃうんです。
盆栽というのは庭の美学を、箱庭的micro cosmosでのもののあわれへの共感の芸術へ昇華したものではないでしょうか。
カンタンに言えば『自然あそび』ですよね。

Gardeningはアメリカンなyardの観念をまた取り入れて、消化して、
もっと別の抽象へ至る途中の形態だと思いますね。
 自然あそびはいつも日本人の趣味なんですよ。万葉も俳諧も川柳も俳句もみんなそうでしょ。

15 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 00:30:01
 奈良にある三輪山って知ってますか?
あそこには何とか神社といって、山の神様が祭ってあります。

僕は去年の夏、独りきりで寂しく、汗をダラダラ爽やかにかきながらそこのお手水で顔を洗ったんですが
ああいう農村的な自然信仰というのは確かに、日本人の構造に常に深く関わっていますね。

 そこには三階立ての屋根くらいの大きな鳥居があります。
僕は国道を渡って、公民館みたいなところの前にある公園で、
しゃけのおにぎりとタクアンとソーセージとおーいお茶で山を観ながらお昼を食べました。
いい天気でむし暑く、赤い鳥居がちょうど三輪山の前景になっていてすごく壮大でしたね。

僕は山は神様なんだなと感じました。

 そしてしょぼくれたわびしい味わいの駅で売店のおばちゃんからボカリスエットを買って、
近鉄線かなんかで棒原駅かどっかまでガタンゴトン帰りましたけどね。
売店で5,000円札のお釣りが足りなかったから、
近くにいたタクシーのおじちゃんがお札を貸してくれましたけどね。ありがとう。

16 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 00:45:12
 分かりました。

要するに「自然信仰の美術バージョン」なんですよ、盆栽は。

文化です、伝統芸能です。
盆栽はgardeningに名を変えて、まだ現役で成長し続けてる気がしますけどね。

 僕も部屋に植物を飼っていますよ。
ベンジャミンですけどね。
なぜかと云うなら、僕はアメリカ建国の父であるBenjamin franklinが好きだからです。
そしてそれを自然に愛でています。
これも一種の盆栽、gardening、あるいは自然あそびだと思いますけどね。

17 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 01:11:57
早朝、郊外の駅頭にて疎らな白い息で通りゆく会社員に
向かいビールケースにリボンのマイクで主張する、
こんなイメージで本当にいいのか?

18 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 01:13:25
ハハハ

19 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 07:35:52
鈴木君のかきこ、読むの面倒くさいよね。

20 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 07:37:12
読んでいるとでも?

21 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 09:04:17
このスレにおける>17-20は鈴木の句読点、
もしくは場面転換のためのアスタリスクに過ぎない。


  *
  
  
  

22 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 09:07:38
まず爪と指の間にマイナスドライバーを木槌で打ち込み、
左右に抉って隙間を拡げつつそれを引き抜く。
後はただ、ラジオペンチを先程の穴に差し込んで、
しっかりと爪を挟みつけながら、手前にギュッと引っこ抜くだけ。
空焼きしたフライパンに良く疵口を押し付けておけば、
後々化膿して、指先からもげることもないよ。

23 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 09:43:39
  *
  
  
  

24 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 12:54:47
今日は。


りさたん[あるいはそれに類するもの(注:母性)]に甘えないと死にます。
 まぁここがガマンのしどきなんでしょうが。

くそっ

25 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 13:03:03
 いやなんですよね。

すぐストーカーとかいって訴えるぞとか脅迫されるから。

要するに今の社会ではチャラチャラした馬鹿男の出会い系浮気以外、
求愛の方法は無くなってしまったんです。

そりゃ少子化するわいw

26 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 13:11:30
 まぁいいですよ。
僕は独りきりでも生きて行けますから。

絶対的な孤独のほうが勉強するには向いています。

世の中の女性も、適当な男性を見つけて適当に子どもを産んでいけばいいですよ。
チャラチャラしたい奴らはチャラチャラ遊んで青春を浪費して、適当に生きたい奴らは適当に就業してさ。

僕は人間を乗り越えていきますよ。
僕みたいな性を超越した神様が1人、子どもをつくらなかったからって
人類全体が即滅亡するわけないですしwww

 むしろ中国とかインドとかアフリカとか南アメリカとかアラビア諸国みたいな場所では
いやというほど人間が増えて困るくらいですからね。
 日本人みたいな先進文民は少数精鋭に徹するべきですよ。そして世界を導くんです。

何もいくら僕のDNAが優秀至極だからって、肉体的に散種すべき義務はないわけですから。
一生懸命勉強した僕が残した業績に感動して、
未来の誰か別の人間が神様への道を辿っていければそれでいいです。

27 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 13:47:20
 どう考えても、僕は神様なんですよ。

なぜかと云うと、今朝の新聞にもありましたが、
与謝野晶子の夫の鉄幹みたいなanimalな男には心の底から侮蔑が吹き出るからです。
これは生まれつきの性質だから仕方ないんですよね。

馬鹿は人間が支配するべきじゃないですか。だって相手は馬鹿ですからね。
同じように、
鉄幹みたいなチャラチャラした馬鹿男は
俺みたいな神々しい男が支配しないと世の中は良くならないんです。
なぜなら、馬鹿は馬鹿しかやれないからです。醜い男は支配されても仕方ないと思いますよ、真面目な話。

世界人権宣言とかではあらゆる人間の生来の平等を謳っていますが、
僕は自分の思想において、馬鹿と同じ地点に立たされるのは死んでも嫌ですね。ケガらわしい。

 だから僕は誰が何を言おうと論理的に、神様なんですよ。
産まれながらに、人間という繁殖すべき哺乳類のレベルを超えてしまっているんです。
馬鹿が交尾して勝手に増えろ、俺は貴様らみたいなanimalじゃねーぞと思うわけですね。

だから子どもは要りません。
どんな雌とも交わらなければいいだけです。そんなのあらゆる誘惑を蔑視して排除すれば誰だってできます。
つまり、僕は宇宙で永久に唯一無二の独創的人格なんですね。
というのは論理的に考えて、僕が掛け替えない絶対唯一の神様だからなんです。

28 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 14:00:44
 言論の自由はある程度の社会的制約を受けます。
なぜなら相手の良心の自由を保護する為に、必要のない暴言は自制されるべきだからです。

けど、
僕が今曰ってるような『神様男と馬鹿男』の論理というのは
いわゆる人間精神における生物学的淘汰の結果であって、避けられない歴史の必然だと僕は信じますね。

人間の中に自然淘汰が起き始めたんですよ。

 僕みたいな神様男は馬鹿男を「構造的に」支配する使命を負っていると思いますよ。
それは猿を人間がペットにしても誰も不思議がらないのと同じ理屈で、
頭脳の出来が違う場合、上等生物は下等生物を支配するべきなのが天然の道理なんですよ。

もちろん人権は平等ですよ。それが法律上の理想ですからね。
でも現実には、猿とあまり変わらないような低劣な人格しか持たない雄もたくさんいます。
そういう奴らを軽蔑し、階層的格差の中で支配するのは当然の社会的正義だと思いませんか?

 実際、誰だって一身の処遇を慎んで文民として相応しく振る舞うならば、神様男になれるわけですから。
そんなの生後の努力次第でしょ。
馬鹿に堕落した男には社会保障による馬鹿らしい人生が向いています。
自助の精神がなければ世界文明を先導する体系なんて築けません。

29 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 14:13:15
 必ずしも所得格差のことではないですけどね。

僕が今ここで云ってるのは、『人格的格差』の話です。

猿みたいな男と神みたいな男が同じ社会で共存するのが民主主義の理想なんでしょうか?
僕は、猿みたいな男と一緒の次元に置かれるのは耐え難いんです。気持ちが悪い。腐臭に息が詰まる。

 だからこれは1つの案ですけどね、
猿みたいな男は女と戯れて子どもを増やしていければ満足なのだから、
奴ら専用の人間動物園みたいなものをつくって閉じ込めれば世の中は平和になるんじゃないでしょうか。
好きなだけ浮気できるようにコンドームをたくさん与えて、雌と雄を裸にして放り込み、
飯だけ欠かさないようにしておけば勝手に死んでいきます。

もちろん人権平等の理想には反するわけで実現不可能な話なのは分かってますが、
社会階層の必然性について、アンチマルキシズムの立場から批判したかっただけです。

たとえ話です。
各自は独立自尊心を持たない限り、人間以下の下等生物と変わらないと教えたんです。
 人間の知的高等性は人間らしさの中に潜む神々しさにあるんです。

30 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 14:38:17
 裁判官は平均的な人間ですね、
なぜなら独創的な裁判官は司法試験の枠組みから言って生まれ難いからです。

だから平均的な人間らしい判決しか下せないと僕は思います。

閻魔様みたいに神々しい判断は決してできないという気がします。
だから人間のくせに、同じ人間へ死刑も宣告できちゃうんですね。
 仮にブッダが裁判官をやったとしたら、慈悲の情けでみんなをみんな、赦したと思いますよ。
もちろんある程度の反省の機会は与えたと思いますけどね。
 たぶん死刑なんて怖ろしいことは普通の神様ならできないと思いますね。
だって人間がかわいそうじゃないですか。


 というわけで
神様みたいな人格者が、馬鹿みたいな人格者を、社会構造の中で支配的に扱うのは自然な話だと思いますね。
そういう意味では精神は絶対無限に自由なのですから、
地上のどんな裁判官より遥かに高級な善を持つことも人によっては、当然あり得ます。

事実ソクラテスやキリストはそういう人でした。
そして地上の愚かな裁判官によって間違った判決を下され、殺されていきました。
あわれ。

31 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 16:07:41
 正直な冗談を言いまして、
例えば鉄幹みたいなチャラチャラした浮気男は実質上サルと何ら変わりないわけですから、
神の道から言ってバシバシ捕らえて殺してもぜんぜん罪にはならないと思いますが、
地上の一般的な人であられます司法公務員の裁判官さん、この辺りの善悪についてはどうなんでしょうね。

もちろん僕は頭がありますから、現実には決して人を打ったりしませんよwww
たとえ話です。
 この辺りの議題に関してもうちょっと知識人連中は話し合いを詰めるべきじゃないでしょうかね。

人間の中に精神淘汰が起きても誰も文句は言えないでしょ。それが天然の道理ならですよ。

32 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 16:16:38
 浮気男が好きな女というのもある意味では猿と変わらないですよね。
恋愛とかいうコトバで誤魔化してはいますが、実際には汚らしい淫らな交尾でしかないですから。
何しろ子どもを産まない交尾なんて猿以下の醜行でしょ。

そういう女共も、どんな風に扱われてもまぁ動物愛護協会の情けに預かるくらいで、
神様の道からしたら何ら文句なしだと思いますけど。
だって単なる低脳なペットですからね、そういう猿は。

万が一、新種の精神を持った神々しい人間に絶滅させられても誰も裁く権利は持たない気がしますよ。
だって下等生物なんだもの。

 実際そういう神様の文明社会にとっては、馬鹿馬鹿しい猿にしか思われないわけですし。
まぁ僕は人道を超えた神道主義者だから、その辺は世に溢れる人間たちの意見を待ちますよ。

 猿人[人類]の進退を決める権利を果たして人間[神類]が持つかという議論は21世紀以降、必要でしょう。

33 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 20:37:42
 今晩は。


 みだれ髪の一節に
『前髪のみだれし額をまかせたる その夜の御胸ああ熱かりし』
というのがあるらしいですね。
こういう恥知らずの歌を詠んで恥じない女はコトバを知っている猿に過ぎませんから、
惨殺してしまったほうがいいんじゃないか、と個人的には思いますけどね。
 ただ憲法上「表現の自由」というものがあるから、
のさばらせておくしかないんでしょうが。

気分が悪いクソ女ですね。
頭の出来が猿と変わらないんだから、人間界に生きているのを恥じるべきじゃないですかね。

34 :吾輩は名無しである:2006/03/04(土) 20:38:49

   *

あー、『力道山』はやく観たい!

   *

35 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 20:49:01
 孔子は『小人、これを責めて可なり』と言っています。

要するに、馬鹿に対しては馬鹿であると気づかせてやるのがいちばんの善行なのだ
という意味だと僕は思います。

 同じように、猿みたいな人間は神みたいな人間に
ガンガン言論で叩かれた方が「良い」んですね。
これを『勧善懲悪』と云います。


 という訳で、僕は猿と同じであると思われる
石田純一さんみたな男は社会的に再起不能にしてしまえばいいと思いますよ。
だって醜いじゃないですか。人間として。
不倫を文化だと思うのならば、倫に非ずすなわち死を以て償うべきじゃないですか。
死刑にしましょうよ。死刑に。僕が裁判官ならそうしますけどね。

36 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 20:54:52
 これは世界人権宣言に反する非人道的で、
「神道」的な発言なのかもしれませんが
僕は、女というのは基本的に、猿とあまり変わらないんじゃないかと思う。
頭の出来がどうしても男に比べると良くは無い気がするんです。

抽象的で理知的な考えを突き詰めるのに向かない頭の構造をしている
ように思えるんですね。
だから女性の数学者、哲学者というのは非常に少ないです。
この状況はこれからも殆ど変わらないと思いますね。というのは、
男子と女子に生まれつき体力差があるように、たぶん
決して超えられない「知能差」というのもあるからです。

 女性は毎月一定期間、身体的に拘束されてしまうんですね。
それが彼女らを男性より精神的に弱くさせるんじゃないかと思うんですが。
つづく

37 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 21:02:05
 女性にとっては『子育て』というのが最初から最後まで着いて回るのが
一般的なんじゃないでしょうか。どうしてかと云えば、
彼女たちにはその為の機能が生まれながらにあるからです。
言い換えると、女性としてのidentityは懐妊の機能にあるんですね。

 で、ということは彼女たちがふつう一番気にするのは
良い男性と巡り会って、良い結婚をして、良い家庭を築き、良い子を育てる
ということじゃないでしょうかね。
そしてその為に最も効率的なのは、先ず「金持ち」な男を手に入れることです。
なぜならそういう男はそもそも頭も悪くないはずだし、
沢山お金を恵んでくれますから、裕福な生活をして、裕福な子供を育てられます。
最近は教育機関というものがありますから、
小さな頃から塾に通わせてお受験戦争で勝てる子供を作れれば、
それで子供もまた、次世代の安泰を得られるはずです。
つづく

38 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 21:07:51
 こういうのを「玉の輿」と言います。
女性が化粧をしたり、お洒落をしたりして、外見に異常なまでに気を使うのは、
ようするにそういう玉の輿に乗りたいからなんじゃないでしょうか。
 金持ちの男は見栄っ張りです。
だからキレイなおねーちゃんと一緒にいればまるで偉くなった気がします。
自分のstatusとして女性の美しさを利用したい訳ですね。

 ですから、ここには相互利益、つまり
生物学的『相利共生』の関係があります。
大金持ちと美人の奥さんは相性が良いんですね。

 ここで結論を言いますと、お金持ちじゃない男はダメ男だから、
社会からどんどん消えていくようにした方がいいんじゃないかと思うんです。
つづく

39 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 21:12:18
 勿論、人間の社会的な性格が一種類に固定化していくのは危険です。
予期せぬ事態に直面した時、そういう「種」が適応できない場合、
社会そのものが絶滅してしまう事態が考えられるからです。

 だからある程度は「色んな個性」を残していく工夫は絶対に必要です。
けれども、基本的な方向性としては
1.金持ちで浮気しない男
2.美人で子育て好きな女
こういう種類以外は、
少しずつ減少させていくのが社会学的善じゃないでしょうか。
今は色んな種類が多すぎてみんなワケワカラン状態になってますが、
生物学的な基本に立ち返れば、人間にとってそういう二種類が
最も一般的な『理想の男女』なんじゃないでしょうか。
つづく

40 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 21:19:09
 実は、金持ちで浮気しない男というのは珍しいんです。
相当出来が良くないと、
金があってどんどん女が寄ってくれば猿のボスみたいに遊んでしまいます。
僕が今朝からずっと批判しているのはこういう「猿みたいな男」なんです。

 また実は、美人で子育て好きというのもそうとうに難しいw
なぜかと言いますと、外観が美しいとドンドン男が寄ってきて、
自ずからふわふわした淫乱な生活に堕落していく場合が多いからです。
僕が与謝野晶子みたいな馬鹿女を気分悪いと言ったのは、
つまりこういう「猿みたいな女」を批判したかったからです。

 という訳で、とても珍しいけれども殆ど、理想的な
『身持ちの堅くて金持ちな男』と『美人だけれど子育て好きな女』こそ
基本的な社会人格としてみんなが目指していいんじゃないでしょうか。
つづく

41 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 21:27:26
 さてその為に構造づけられるのが『文明』と呼ばれる我々の社会制度だ、
とここに仮定します。そうすると
学歴社会と一夫一妻制というのは云わば、
そういう理想の男性と女性とをできる限り多くしようとする
「隠れた神様」の陰謀じゃないか、と僕には思えます。
学歴の高い男を選べば自動的に金持ちであることが多いですし、
また一夫一妻制ならば表立って浮気することは殆ど難しいです。

 けれどもあなたは思うでしょう。男性はそれでいいけれど、
理想の女性はどうやって生み出すの?と。
僕はいわゆる化粧という風習と、女の頭が悪いという原則は
この為に構造的に出来上がってきた社会制度じゃないかと考えたワケです。
ここで最初の前提に戻ります。
 つまり女性は自分からワザと頭を悪くして、品の好さをappealしてきたんです。

42 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 21:33:13
 あまりに頭の出来を良くしてしまうと、
子育てなんていう小面倒くさいことはテキトーな他人にやらせて、
自分は外で仕事してお金を稼いだ方が得だろう、と思ってしまいますねw
そういう流れが現代社会に「少子化」の原因となって現れているんです。
僕はそう考えています。

 女性が平等な権利を主張するために学歴を手に入れた。
その代わりに、古代300万年前から苦労して築き上げてきた
伝統的な「女性らしさ」を自ら破壊し、そして社会的自由と引き換えに
『子どもの養育』という大事な仕事を放棄したのです。
 僕はそういう環境から育ってくる子どもが必ずや《精神的奇形児》である、
と断言して憚りませんね。だって人間社会の構造というのは、
そんなにカンタンに壊せるものでもなければ、そもそも
自然の理に適っているはずのものであるからです。

43 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 21:39:11
 ここで先に結論としての到達点を論じてしまいます。
真の未来文明が我々の元に幸運にも訪れるならば、そこでは
『裕福で高潔な』男と、『子どもを愛する美しい』女とが、
うまく調和する社会体系が築かれているでしょう。
けっきょくはそれが我々人間の本来の自然な理想だったからです。
男らしさと女らしさ――gender――というものはそこへ向けて造られた
非常に有用な社会的装置だった筈ですし、これからもきっとそうです。

 さて、現代のamericanizeされた奇妙な社会情勢をどうやって
この様な、より良い目標へ向けて再操作できるのでしょうか?

 僕は、以前にも言ったように
1.『育児福祉』の徹底した廃止
を第一の必要として主張したいですね。誰が何を言おうとも。

44 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 21:43:40
 《育児福祉》は社会的悪である、と
みんなが自認する社会風紀が今、いちばん必要とされている民情だ
と僕は確信しますね。そんなの非能率的そのものでしかありません。
女性のご機嫌をとってワガママを許すのは結構ですが、
その犠牲になる子どもは堪ったものではありません。
そして文明はそれによって多大な被害を受ける、というのは
既に論証してきた通りです。
 〈女性の育児放棄〉こそ、我々の社会秩序を乱す根源悪なんです。

 さて学歴社会の話にここで一端戻ります。
近々、この崩壊というのが話題になっています。
社会学的分析を通していったいどうしてそうなってしまったのか、
そしてこれからどうやれば、元どおりのキチンとした社会的成長の
visionへと結び付けられるのか再考します。

45 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 21:50:13
 学歴戦争の過剰によって自殺する子供もいるくらいです。
特に、発展途上国ではこの様な「猛烈な追い上げ」の姿勢が顕著で、
フィリピンかどっかでは学歴によって人間の地位がそのまま決まるらしいです。
アメリカも実質上はそういう社会なんですね。日本と違い、学閥が無いだけです。

 そういう現象の結果としては、《独創的個人が育たない》という
非常に大きな21世紀型の矛盾があるんです。そして又、
日本の場合は特に、大学入試時点で非常に厳しい科挙式選抜があることで
いわば学校内部は空洞化してしまって、学閥のお陰で教授間の競争も無く、
モラトリアムをタラタラあそんで暮らす〈スーパーフリー動物園〉になっている、
という非常に危惧するべき事態が実は、ずーっと隠れて続いてきました。
 だから
それらの弊害を壊すべく近頃「学歴なんか大事じゃない」という企業姿勢が
垣間見れるようになってきたんですね。このままだと社会自体が滅びますから。

46 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 21:55:11
 そして昨晩も言いましたが、
実は日本の風土には《村八分》という悪習が残っています。
その上に儒教式の年功序列道徳が重なれば当然、
これから最も尊ばれる『独創的個性』は出にくくなる環境にあります。
万が一そういう子どもが1人でもいたら、
社会全体が寄ってたかって芽を摘むような社会構造になってしまっています。

けどそれだと21世紀の日本は生き残れないとみんな知っています。
資源もなければ創造性もない、ただの命令に従う機械的人形の群れ
そんな社会にはちっとも情報化以後の発展の余地は無いからです。
実際、色々な観点でIT化に対して韓国には出遅れています。

 さて心配になってきたところでこれから処方箋を出します。
その為には幾つかの前提を飲み込む必要があります。

47 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 22:01:21
 第一。人間の知能は必ずしも年齢に比例しない。
 第二。人と違う行動ができるのは、民主主義の美徳である。
 第三。学閥は知的搾取の体系に過ぎない。

これらを否応なしに数学的な定義みたいに飲み込まないと話は先へ進みません。
ですから、ここで納得できない人は、これからの議題は無意味だと考えてください。

 さて、もしも第三までの前提を考慮するならば
我々の社会は本来の分かり易い「学歴順の序列体系」に戻るでしょう。
けれども注意しなければならないことがあります。
学歴とはもともと、《学校の卒業歴》ではない、ということです。
ようするに何を勉強してきて、どういう才知があり、
自分にはどんな作業がいちばん向いているのか知っている、
というのが本当の――そして新しい21世紀の――学歴です。

48 :ズン ◆7QiFPoq.LI :2006/03/04(土) 22:01:29
アク禁にならんのか?

49 :ズン ◆7QiFPoq.LI :2006/03/04(土) 22:01:54
違った。連続投稿規制だ。

50 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/04(土) 22:08:08
 このような新しい学歴の定義をこれからは、『勉強歴』と呼びましょう。
学歴という旧い考えを思い切って棄てて、
自己申告制とした『勉強歴』を企業は採用の第一の基準にすることで
我々の文明社会は生物学的な優劣に基づいた男性的価値組織であった
学習の程度による階層性を再び、取り戻すことができるでしょう。


 ですから、ここで私は
20世紀現代と21世紀未来を繋ぐ架け橋となる思想として、次の二点を
採用すべき情報産業適応型社会構造として提示します。

1.《育児福祉》を社会悪として徹底して廃止する
2.学歴の代わりに自己申告による『勉強歴』を社会的格差の指標とする


51 :吾輩は名無しである:2006/03/05(日) 00:18:19

   *

もう誰にも止められないMy Res
思うがままにI just wanna dance
誰にも邪魔はさせない
I just do what I wanna do, I do what I wanna do

   *

52 :吾輩は名無しである:2006/03/05(日) 21:17:16
まさに、牛の涎 

53 :吾輩は名無しである:2006/03/05(日) 21:17:56
つうか、垂れ流し

54 :吾輩は名無しである:2006/03/06(月) 12:11:07
>>50
知能は生体能力の一部だよ。
キチガイには理解不能だろうけど。

55 :吾輩は名無しである:2006/03/06(月) 12:13:30
だらだらだら

56 :吾輩は名無しである:2006/03/06(月) 12:14:24
鈴木大介B級転落決定。 棋士

57 :吾輩は名無しである:2006/03/06(月) 12:15:27
谷川か羽生か、挑戦権は

58 :吾輩は名無しである:2006/03/06(月) 12:16:05
羽生が有利な気がス 理由なし

59 :吾輩は名無しである:2006/03/06(月) 12:16:38
にしても森内が勝つか

60 :吾輩は名無しである:2006/03/06(月) 12:18:16
あのぬべっとしたとこがな、ぬべっとしたまま勝ちにいくかも

61 :吾輩は名無しである:2006/03/06(月) 12:19:26

「鈴木大介」てハンドル使ってる奴、本人に失礼だから止めれ。

62 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/07(火) 23:32:17
今晩も、僕も本人ですが。

63 :吾輩は名無しである:2006/03/08(水) 21:06:39
亀田、がんばれ。

64 :吾輩は名無しである:2006/03/08(水) 23:03:42
父ちゃん、こんど生まれ変わるときアラカワシズカはもうやめた。
あたいカメダになりたいんだ。

65 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/08(水) 23:52:40
今晩は。


 今日起きたら天気が良かったので、慶應義塾へ行って来ましたよ。
僕が崇拝する福沢諭吉が没した後地も訪れました。
小さな公園になっていて、本当に何気ない場所なんですね。

イサムノグチの彫刻がある高台庭園から田町を見下ろして僕は、涙を隠し得ませんでしたね。
この日本を創った人がいたんです。
僕はその人のお陰で生きることができているんです。

 僕は日本という国が好きなんですよ。
ここには四季があり、真面目な人々がいます。
そして未来へ向けてどんどん進んでいこうとしている。
この国のこの時代に生まれて来れたことを僕はとても感謝しています。
それはみんな、先人たちの頑張りのお陰なんです。
 僕もまだ年齢は若いですが、これからの生涯、日本を通じて世界の子孫の為に力を尽くすつもりです。

66 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/09(木) 00:12:00
 それと今日感じたのは、勉強と配偶者の選択の意義ですね。

 僕の家系は父方の祖父祖母がそれぞれ、立派な大学を出てから少しずつ上昇してきたようです。
それまでは恐らくも地方の小農でした。
 父と母はそれからまた少しずつ進歩して、間に僕が産まれました。

結局人間も、見えない場所で血筋がモノを言うところが大分あるんじゃないだろうか、と僕は感じています。
世の中の人たちをよく観察すると、
先祖の血の通い方によって生まれつきの気質が形作られているのが分かります。
そして育ち方、つまり環境によって性格が出来上がるんです。


 若者は特に、できる限り勉強するべきだと僕は感じています。
世間の血筋を見渡すと、厳然として
『勉強すればするほど人間の社会的地位は向上していく』
という文明不変の法則があるからです。
 最近の若者は必死に勉強しなくなったと聞きます。安楽な物質社会がそうさせるのだ、と。
しかし僕はハッキリ言いますが、
そういう若者たちの子孫の地位は、その時点で中流以下に決定づけられてしまうと考えてよいでしょうね。
人はみな生まれながらに平等ですが、勉強したかしないかの差は莫大なのです。

67 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/09(木) 00:34:00
 それから配偶の選択はまた、勉強の度合いよりもむしろ大事なくらいだと思います。

いくらよく勉強しても、血を混ぜる相手がなんの教養もないサル同然の奴だったら
その成果はまず間違いなくムダになります。

 最近の生物学的見地からすると、
肉体の出来不出来は個体のシンメトリーによっておおよそ測れるらしいことが分かっています。
昆虫のような下等生物界ではこのような傾向がそのまま、種内競争の勝敗に反映されるらしい。
 これは高等生物の人間にとっても、ある程度当てはまります。
俳優などで2枚目の役をこなす人たちは一部例外もありますが先ず、
殆どがシンメトリーな顔かたちをしています。
私たちが美人だと思うマリリン・モンローのような女性も顔かたちがとてもシンメトリーに揃っている。
 こういう個体は性的な魅力があって、異性からセックスの誘いが頻繁である傾向があるようです。

しかし人間の場合、他の生物とはまったく違う特性があります。
それが『学習知能』です。
そしてこれこそ、人間を他の動物から分けて高等と見なすに足る証明なんですね。
勉強するほど頭がよくなるのは人間だけです。
 そして人間の種内競争は、よく勉強したものが上位になる様にできています。
なぜなら人間は知性の増強によって地獄的自然状態を克服して来たからです。

 だから人間界では他の下等動物とは違って、肉体的にアシンメトリー(左右非対称)な、
生まれつきの出来が大してよくない個体にも充分に活路が開かれています。
人は最初、みんなが同じstart lineに立っているんです。
ヨーイドン!
で走り出すと、千差万別の個性が生まれます。それは勉強次第なんですよ。

 配偶者の選択には血筋はもちろん、
肉体の出来および勉強の度合いという観点からの厳正な審査が必要です。
それが子孫の幸福へ繋がる最大のpointだからです。僕自身の先祖の系図からもよく分かります。

68 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/09(木) 00:53:14
 僕の父系は先祖二代までそれなりに高学歴なんです。
そして母系もそれぞれ大学までちゃんと出ています。

だから僕は子どもの頃からかなりの勉強の出来でした。

 けど僕は特別なサラブレッドだったのかもしれません。
 或いは僕がちょうど小学生の頃、1994年前後ですが、
高度経済成長の絶頂で、社会の激しい競争は子どもの世界まで響きました。
非常に酷なイジメが蔓延していたんです。
今でも思い出せますが、クラスのある同級生が主犯格でした。
たぶん彼には家庭に何らかの問題があったんでしょうね。
僕の小学校生活にはナチスより酷い《悪の為に悪を為す》という無限ループのイジメがありました。
それは地獄でしたね。いわゆるガキ大将が悪魔の独裁者になって、弱者をイジメて遊ぶんです。
誰も逆らえないし、外部には漏らせません。閉じた地獄がそこにはありました。
 僕は微妙な位置からそれに関わったり、また関与せずに済ましたりしていました。
そしてその頃から、孤独の中で深く内省する習慣を身につけました。
「どうしてこんな苦しみだらけの世界に生まれて来なければならなかったんだろう?」
僕は義務教育の間中、たった1人で哲学を続けていました。

 進学高校に入り、僕はエスカレーター式の社会構造を自分から蹴りました。
このままピラミッドをよじ登っても、子どもがまた地獄に産まれるなら意味が無い、と気づいていました。
 そして僕の血は『独学』という方向へ流れて行きました。
もし僕が大成するならば、独学の聖人としてでしょう。
我が先祖の功徳は自分の中で確かに息づいています。
そして僕にはそれを更にもっと増幅させて、次世代の子孫へ伝える責任があるのです。

69 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/09(木) 01:20:53
 世界には独学で大成した例は必ずしも多くありませんが、少なくもありません。
何しろ僕が尊敬する人類の二大科学者であるニュートンとアインシュタインでさえも、
綿密に記録を辿ると立場上大学には所属していましたが、本当は自分自身で愛知的に独学していたんです。

 ニュートンは占星術への興味から幾何学に目覚め、さらに高度数学へと
ただ1人の興味のままに読書で勉強しました。
そして彼の「三大発見」はペストの流行で田舎に帰り、孤独な思索の中で閃いたものなんです。
 アインシュタインは大学の古くさい授業には失望し、
研究室に閉じこもって自分から学術雑誌を読み漁って勉強しました。
それから何とか卒業して数年後やっと公務員として就職し、
ここでも閑職のゆとりを生かした独習の思考実験によって、「奇跡の年」は生まれました。

彼らは本質的には独学者、つまり愛知者(philosophist)なんです。

そして彼らは『学習知能』の発達を一番よく為したのであり、
だからこそ生得知能の面ではむしろ周囲に見劣りするくらいでした。
ニュートンは学校嫌いで落ちこぼれ扱いされイジメられっ子でした。
アインシュタインは質問に答えるのがあまりに遅く、
強制される暗記型勉強に応じないので教師に馬鹿呼ばわりされました。
 しかし遠い辺境の地の後世の我々は、当時の秀才の名など誰1人知りませんが
偉人として、かの独学愛知の勉強家たる二大天才の名前はみんなが知っています。

 文明発祥の地、古代ギリシャでは学校は「ゆとり」を意味する単語でした。
そして有閑階級の勉強はそれ自体、人間らしい幸福な趣味だったんです。
 レオナルド・ダ・ビンチ、ベンジャミン・フランクリン、福沢諭吉、
フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエ、ル・コルビュジエ、安藤忠雄。
僕が尊敬する偉人たちの中にはしばしば、独学も辞さないという姿勢が見受けられます。
ハーバート・スペンサー、イマニュエル・カント、彼らも哲学とは独習であることを証明しています。

70 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/09(木) 01:32:58
 貴族主義者は《ガリ勉》と言って、必死に勉強する姿勢を蔑みます。
彼らは知的向上よりも、上流lifeの満喫が大切だからです。

だから貴族は年々馬鹿になり、最後には転落して消えます。

 民主制度は相続税によって貴族の発生を抑制しています。
 福沢は訪米の際、ワシントンの子孫は今何をしているかを問い、
「よく分からない」という答えに衝撃を受けました。
民主社会の平等主義が個々人の努力次第という気風を生み出していることに恐れ入ったからです。
士農工商の封建制度の中には想像もできなかったことが、今や我々の時代ではまさに実現しています。
 誰でもjapanese dreamを抱き、頑張ればそれを達成できる。

 僕は日本の明日が地球諸国の模範になるように生きたい。
だから、どんな普通の人でも勉強次第では神様にすら成れるところを証明してみせたい。

そして不運のどん底にあって涙を流している弱い人を勇気づける希望になりたい。

71 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 01:41:51
『「女系天皇論」の大罪』/小堀桂一郎、櫻井よしこ、八木秀次
読了。


72 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 04:52:34














,

73 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 04:54:09














,

74 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 04:55:00














,

75 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 04:55:39
,

76 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 04:56:22
,

77 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 04:57:40
,

78 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 04:58:20














,

79 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 04:58:59
,

80 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 04:59:35
,

81 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 05:00:23














,

82 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 05:01:48














,

83 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 21:22:17
1994年が高度経済成長?
どこの国の話だよww

84 :吾輩は名無しである:2006/03/09(木) 22:32:42
スルーよろ

85 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/10(金) 07:20:02
水曜日にケヤキが発芽しました。
一月の半ばに播種しておいたものです。例年よりひと月早いそうです。
今は一番成長が早いものでは双葉(子葉)が展開しつつあるところです。

ケヤキの実生を盆栽の素材とする場合、本葉が展開しきったところで
根元付近から切断し、軸切り挿し芽にします。
この処置をすることで、樹勢の弱いものが選別されると共に、
残ったものは生長点から枝分かれします。
この枝分かれしたものを二本残して育成すると、後々に樹形のよい
箒作りの盆栽に育てることができます。

苗木のうちに軸を切断するとは心無い仕打ちのように思えますが、
特殊な整枝方法をすることで盆栽におけるケヤキとしての
「それらしさ」を表現することは大成された美の一形式であり
年配の方ほどそうしたこだわりがあるようです。

ちなみにこうした「それらしさ」から外れた樹形のものは
「下手物」と評されます。ゲテモノの語源はここにあるのかもしれません。

86 :吾輩は名無しである:2006/03/10(金) 08:39:38
じゃあ「根性大根」もゲテモノだな。
あれは水栽培に切り替えて瀕死状態にあるらしい。
人々の関心を呼ぶのはもっぱらゲテのほうだ。

87 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/10(金) 22:33:45
草もの盆栽はあれど、大根は……。
直根性の植物は盆栽に不向きです。ゲテモノですねぇ。

88 :吾輩は名無しである:2006/03/10(金) 23:04:30
盆栽って宇宙を表現してるんでしょ?(よく知らんけど)
有限の脳で無限をイメージすることのナンセンス。
あの大根の野趣はひとつの文学だ。


89 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/10(金) 23:38:48
「盆栽が宇宙を表現している」という考えはちょっとわからない。
私は古木の神格化など山岳信仰に通じると思います。

舗装を突き破る大根の姿は、野趣というよりも悪魔的ではないでしょうか。

90 :吾輩は名無しである:2006/03/11(土) 00:18:59
そうか、山岳信仰か。
でも宇宙とかナンとかって吹かしといたほうが
それっぽいじゃん。
悪魔的?
フォン・ド・ヴォーベースの山岳信仰?


91 :吾輩は名無しである:2006/03/11(土) 19:16:14
浜田麻里に比べるとナナなんか鼻くそみたいなもんだな。

92 :吾輩は名無しである:2006/03/12(日) 02:05:32
↑ぶわぁはははははははははははははっ

93 :吾輩は名無しである:2006/03/12(日) 22:53:02
アルコール中毒で思考が低下し、アンカーがズレているのに気付きもしないで
まだキーボードにしがみつき下らない冗談で場をつなごうとしている人がいます。


94 :吾輩は名無しである:2006/03/13(月) 02:38:00
ショック!
どこのスレでの話か分からないけれど、春だ。許してやれ。


95 :吾輩は名無しである:2006/03/13(月) 08:04:58
>翌日、原一男さんのところへ相談に行った。すこしまえに大学は卒業していた。
>大隈講堂のまえで人目もはばからず泣きながら母のことを話した。

うそをつくのはおやめなさい。
あなたは大学受験に失敗して引きこもりを続けているだけでしょう。
医者に診てもらいなさい。あなたは病気です。

700 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/13 08:42
「踏み越えるキャメラ」(原一男/フィルムアート社)*再読
→原一男は「ゆきゆきて、神軍」「全身小説家」などで知られている映画監督。
副題に「わが方法、アクションドキュメンタリー」とある。原一男はいう。
表現をするとは何か。私たちが生きている日常。この日常というのは監獄のようなもので、
常に私たちを縛りつける、不自由にする。表現とはそこから解放されたい、
自由になりたいという欲望に他ならない。だからキャメラをもったと原一男はいう。
キャメラをまわす。すると日常が変質する。ひとはキャメラのまえで演技をするからである。
かっこよく見られたいという思いはもちろん。お墓のまえでは泣き、不正には怒る。
ふだんはなあなあで済ませていたものに真っ向から向き合うことをキャメラから求められる。
だれにだって「かくありたい」という自分がある。キャメラがその欲望を刺激するわけである。
したがってかれはキャメラがなかったらできないようなことまでやってしまう。
すると劇的なシーンが生まれる、それを原一男は撮りたいのである。
過激なものを、劇的なものを、なまの人間の葛藤を原一男は撮りたいのである。
表現は社会に向ける刃(やいば)と考えればこそである。
そのときキャメラは武器となる――。

この本を読んだのは何回目だろう。赤線や書き込みがたくさんある。

>表現におけるわたしのお師匠さん(というのか?)は原一男さんかもしれない。
>といってもむかし数日間の映画セミナーのようなものに参加しただけなんだけれども。

96 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/13(月) 23:28:01
今晩は。
無名文士の大介です。


>>95
これって、もしかしたらもしかすると、某女史の美香さんへの嫌がらせなんじゃないですかね?

いつもながら怖いですねー
女同士のケンカはw
本気で傷つけ合いますからね。

 論さんと僕の毎度の衝突なんてかわいいもんでしょw
けっきょく、論さんは学歴を、僕は実学を武器に論戦張るくらいが関の山。
なんだかんだ言っていつも互いの急所は避けてますし。
そういう風にゲーム化するのが男同士の喧嘩なんすよ。

 なんで大抵、女同士は手加減なしの醜い争いに流れるんでしょうね??
男を奪う為には本気になるからかな。

97 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/13(月) 23:40:52
 まぁ僕は奪い合いに値するような大した男ではないから心配いりませんがww

僕はのんびり暮らしたい。
若くして夢が「隠居」ですからねw何しろ。

 うちのおばあちゃんを観ていて、ああいう風に暮らせたらなぁといつも思ってたんですよ。
行きたくもない学校に毎日毎日ムリヤリ通わされて9年も行きましたからね。
9年──短いようで長い期間です。
その苦行を終えたとき、僕の理想は『自由』になっていました。

そして考えれば考えるほど、自分の究極の自由は隠居生活だと思いましたね。
どんなに素晴らしいことでしょう!
誰にも煩わされず、何事にも急かされず、ゆっくりと日本の朝食を取る朝は。
 ああけれど
それは遠い、遠い理想です。

現実には、僕は額に汗して必死に働かなければ食い繋げませんw
神様は言いつけを破り美味しい知恵の実を食べた僕(しもべ)に、労働という刑を負わせたのです。

98 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/13(月) 23:56:38
 僕はゆっくり死んで行きたいんです。
世の中には未練がありませんから。
苦労ばかりした思い出も、ここから振り返ると楽しかったように感じます。

 みんなは色んな欲望があってもしかしてそれに突き動かされてらっしゃるのかもしれませんが、
僕が生きる理由は、孝行だけです。
僕が死んだら家族がものすごく悲しむから、だから生きなければならないんです。
その他には特にどんな欲望も無いんです。

だから僕は自然に訪れる死を待ち望んでいます。
 よく、世の中の人は死を怖いと言いますが、
僕みたいに生きることへ過度に期待しない人にとってはむしろ大きな償いであり、
救い、慰め、そして最大の癒しなんですよ。僕は死に希望を持っています。

ゆっくり死を待ち望む心境はとても穏やかで、まるで
ずっと予定のない休暇のある日に、ふと宇宙という海原を遊覧している気持ちがします。

もちろん、天寿をキチンと全うするのは家族のため以上に、生物としての務めだと張り切ってはいますが。

99 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/14(火) 00:07:08
 どうして世の中の人たちは社会に聖なる価値を求めるのでしょうか。
ほんとうに尊いものなんて、いつも自分の命しかありません。
だって価値という幻覚を読みとるのはいつも、自分の魂だけですからね。
そして人の命のみが魂を持ちます。ならば最も尊いものなんてあなたの命だけなんじゃあないですか?

まぁ難しい理屈は分からない人もたくさんおありでしょうから、僕はここではあまり云いませんが。


 僕は個人的に、自由な魂の中でゆっくりと隠居することを『理想』と呼んでいるだけです。
そういう習慣は僕にとって、人生の幸福です。

世の中の人たちにとっては違うでしょうけれどね。たぶん。

100 :吾輩は名無しである:2006/03/14(火) 19:37:53
第八十一回芥川賞選評
昭和五十四年(1979年)上半期
授賞作「やまあいの煙」重兼芳子
 ” 「愚者の夜」  青野 聰
候補作「閉じる家」立松和平 「風の歌を聴け」村上春樹
   「逆立ち犬」北澤三保 「ふたつの春」 増田みず子
   「蘭の跡」 玉貫 寛 「八月の光を受けよ」吉川 良 
(すべて抜粋)
・丸谷才一
 村上春樹さんの『風の歌を聴け』は、アメリカ小説の影響を受けながら自分の個性を示さうとしてゐます。
 もしこれが単なる模倣なら、文章の流れ方がこんなふうに淀みのない調子ではゆかないでせう。
それに、作品の柄がわりあひ大きいやうに思ふ。
・瀧井孝作
 村上春樹氏の『風の歌を聴け』は、二百枚余りの長いものだが、外国の翻訳小説の読み過ぎで書いたような、
ハイカラなバタくさい作だが……。このような架空の作りものは、作品の結晶度が高くなければ駄目だが、これ
はところどころ薄くて、吉野紙の漉きムラのようなうすく透いてみえるところがあった。しかし、異色のある作家
のようで、私は長い眼で見たいと思った。
・吉行淳之介
 今回、票を入れた作品はなかった。しいてといわれれば、村上春樹氏のもので、これが群像新人賞に当選した
とき、私は選者の一人であった。しかも、芥川賞というのは新人をもみくちゃにする賞で、それでもかまわない
と送り出してもよいだけの力は、この作品にはない。この作品の強味は素材が十年間の醗酵の上に立っていると
ころで、もう一作読まないと、心細い。
・遠藤周作
 村上氏の作品は憎いほど計算した小説である。しかし、この小説は反小説の小説と言うべきであろう。そして
氏が小説の中からすべての意味をとり去る現在流行の手法がうまければうまいほど私には「本当にそんなに簡単
に意味をとっていいのか」という気持にならざるをえなかった。こう書けば村上氏は私の言わんとすることを、
わかってくださるであろう、とに角、次作を拝見しなければ私には氏の本当の力がわかりかねるのである。
・大江健三郎
 今日のアメリカ小説をたくみに模倣した作品もあったが、それが作者をかれ独自の創造に向けて訓練する、その
ような方向づけにないのが、作者自身にも読み手にも無益な試みのように感じられた。

101 :吾輩は名無しである:2006/03/15(水) 00:52:51
上を向いて歩こう。
野原を踏みしめろ。
祐かんに生きよう。
二度とない人生だ。

102 :吾輩は名無しである:2006/03/15(水) 00:54:40
第八十一回芥川賞選評
昭和五十四年(1979年)上半期
授賞作「やまあいの煙」重兼芳子
 ” 「愚者の夜」  青野 聰
候補作「閉じる家」立松和平 「風の歌を聴け」村上春樹
   「逆立ち犬」北澤三保 「ふたつの春」 増田みず子
   「蘭の跡」 玉貫 寛 「八月の光を受けよ」吉川 良 
(すべて抜粋)
・丸谷才一
 村上春樹さんの『風の歌を聴け』は、アメリカ小説の影響を受けながら自分の個性を示さうとしてゐます。
 もしこれが単なる模倣なら、文章の流れ方がこんなふうに淀みのない調子ではゆかないでせう。
それに、作品の柄がわりあひ大きいやうに思ふ。
・瀧井孝作
 村上春樹氏の『風の歌を聴け』は、二百枚余りの長いものだが、外国の翻訳小説の読み過ぎで書いたような、
ハイカラなバタくさい作だが……。このような架空の作りものは、作品の結晶度が高くなければ駄目だが、これ
はところどころ薄くて、吉野紙の漉きムラのようなうすく透いてみえるところがあった。しかし、異色のある作家
のようで、私は長い眼で見たいと思った。
・吉行淳之介
 今回、票を入れた作品はなかった。しいてといわれれば、村上春樹氏のもので、これが群像新人賞に当選した
とき、私は選者の一人であった。しかも、芥川賞というのは新人をもみくちゃにする賞で、それでもかまわない
と送り出してもよいだけの力は、この作品にはない。この作品の強味は素材が十年間の醗酵の上に立っていると
ころで、もう一作読まないと、心細い。
・遠藤周作
 村上氏の作品は憎いほど計算した小説である。しかし、この小説は反小説の小説と言うべきであろう。そして
氏が小説の中からすべての意味をとり去る現在流行の手法がうまければうまいほど私には「本当にそんなに簡単
に意味をとっていいのか」という気持にならざるをえなかった。こう書けば村上氏は私の言わんとすることを、
わかってくださるであろう、とに角、次作を拝見しなければ私には氏の本当の力がわかりかねるのである。
・大江健三郎
 今日のアメリカ小説をたくみに模倣した作品もあったが、それが作者をかれ独自の創造に向けて訓練する、その
ような方向づけにないのが、作者自身にも読み手にも無益な試みのように感じられた。

103 :吾輩は名無しである:2006/03/15(水) 00:55:38
第八十一回芥川賞選評
昭和五十四年(1979年)上半期
授賞作「やまあいの煙」重兼芳子
 ” 「愚者の夜」  青野 聰
候補作「閉じる家」立松和平 「風の歌を聴け」村上春樹
   「逆立ち犬」北澤三保 「ふたつの春」 増田みず子
   「蘭の跡」 玉貫 寛 「八月の光を受けよ」吉川 良 
(すべて抜粋)
・丸谷才一
 村上春樹さんの『風の歌を聴け』は、アメリカ小説の影響を受けながら自分の個性を示さうとしてゐます。
 もしこれが単なる模倣なら、文章の流れ方がこんなふうに淀みのない調子ではゆかないでせう。
それに、作品の柄がわりあひ大きいやうに思ふ。
・瀧井孝作
 村上春樹氏の『風の歌を聴け』は、二百枚余りの長いものだが、外国の翻訳小説の読み過ぎで書いたような、
ハイカラなバタくさい作だが……。このような架空の作りものは、作品の結晶度が高くなければ駄目だが、これ
はところどころ薄くて、吉野紙の漉きムラのようなうすく透いてみえるところがあった。しかし、異色のある作家
のようで、私は長い眼で見たいと思った。
・吉行淳之介
 今回、票を入れた作品はなかった。しいてといわれれば、村上春樹氏のもので、これが群像新人賞に当選した
とき、私は選者の一人であった。しかも、芥川賞というのは新人をもみくちゃにする賞で、それでもかまわない
と送り出してもよいだけの力は、この作品にはない。この作品の強味は素材が十年間の醗酵の上に立っていると
ころで、もう一作読まないと、心細い。
・遠藤周作
 村上氏の作品は憎いほど計算した小説である。しかし、この小説は反小説の小説と言うべきであろう。そして
氏が小説の中からすべての意味をとり去る現在流行の手法がうまければうまいほど私には「本当にそんなに簡単
に意味をとっていいのか」という気持にならざるをえなかった。こう書けば村上氏は私の言わんとすることを、
わかってくださるであろう、とに角、次作を拝見しなければ私には氏の本当の力がわかりかねるのである。
・大江健三郎
 今日のアメリカ小説をたくみに模倣した作品もあったが、それが作者をかれ独自の創造に向けて訓練する、その
ような方向づけにないのが、作者自身にも読み手にも無益な試みのように感じられた。

104 :吾輩は名無しである:2006/03/15(水) 21:21:25
(太宰治的)第一回芥川賞選評 昭和十年(1935年)上半期
授賞作「蒼氓」石川達三
候補作「草筏」外村 繁 「故旧忘れ得べき」高見 順
   「けしかけられた男」衣巻省三 「逆行」太宰治
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
芥川賞委員。菊池寛、久米正雄、山本有三、佐藤春夫、谷崎潤一郎、室生犀星、小島政二郎、佐佐木茂索、
瀧井孝作、横光利一、川端康成(順序不同)
第一回委員会は昭和十年六月十四日午後五時より久米、佐藤、三上、吉川、白井、室生、瀧井、小島、横光、
菊池、佐佐木の十一委員出席し、両賞(*)に就いて銓衡会議をす。
(*~直木賞)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●佐藤春夫
 僕は本来太宰の支持者であるが予選が「逆行」で「道化の華」でないのは他の諸氏の諸力作が予選に入ってい
るのに対して大へんそんな立場にあると思う。「逆行」は太宰君の今までの諸作のうちではむしろ失敗作の方だ
ろうと思う、支持者の僕でさえ予選五篇のなかでは遜色があると思う、尤もこれを選んだ瀧井君のリアリズムに
は「道化の華」は同感されなかったのだろうと思う。それにしても「けしかけられた男」の衣巻とか太宰とか五
作家のうちで最も新鮮な味があると信ずる。


105 :吾輩は名無しである:2006/03/15(水) 21:22:41
●川端康成
 渡邊寛氏の「詫びる」(文学評論)、浅井花子氏の「泥濘の春」(婦人文芸)他一篇(文学評論)、石川達三
氏の「蒼氓」(星座)、太宰治氏の「道化の華」(日本浪漫派)及び逆行(文芸)、内村直也氏「秋水嶺」(劇作)
──以上を私は予選に残した。諸方から推薦された新作家のうち、私に馴染みない十三四名の作品を読んだ結果
である。
 例えば高見氏や外村繁氏の如きは、予て作風を知っていることとて、「私の予選」は当然通っているわけである。
右のうち、渡邊氏と浅井氏は労働者の中より新しく生まれて来た。プロレタリア文学としてその素材にも作者の
生活にも、よい感動が溢れ胸打たれた。種々の意味で低迷せる芸術派の新人には、見られぬものである。
 さて、瀧井氏の本予選に通った五作のうち、例えば佐藤春夫氏は、「逆行」よりも「道化の華」によって、
作者太宰氏を代表したき意見であった。
 この二作は一見別人の作の如く、そこに才華も見られ、なるほど「道化の華」の方が作者の生活や文学観を
一杯に盛っているが、私見によれば、作者目下の生活に厭な雲ありて、才能の素直に発せざる憾みあった。
●瀧井孝作
 太宰氏の「逆行」はガッチリした短篇。芥川式の作風だ。佐藤春夫さんは太宰氏の「道化の華」を推称されて
いたが、この作は川端康成君が少々もの足りないと云っていてぼくも逆行の方のガッチリした所を採った。太宰
氏は昨年鷭と云う雑誌に「葉」と「猿面冠者」と二篇佳作を出し、今年一月の青い花と云う雑誌にも味な短篇を
出していた。
 以上、五人の候補者は、八月十日の委員会で銓衡の上、第一回の受賞者は、石川達三氏にきまった。
 こんど受賞できなかった人でもこれから第二回第三回と機会は何度もあるのだから、悠くり構えて力作を出されることだ。
 こんどの候補者選出の責任はぼくにある。この五人のほかにもっとよい候補者があったかも分らない。もし洩
れていたらぼくの識見の至らない点で、はなはだ相済まないことだと思うし、ひたすらお詫びするわけだ。
(太宰治関連箇所の抜粋)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

106 :吾輩は名無しである:2006/03/15(水) 23:16:28
>>96
どうして、真実を指摘してあげるのが、
いやがらせなのだろうか。

要するに、自業自得を受け入れられない
無間地獄人生ってことか。

107 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 01:25:37
4歳の頃、祖父が死んだ。
葬式に出て出棺の時に「これからどこに行くの?」と 訊ねた私に、
「おじいちゃんを焼きに行くんだよ」と父。何の事だかさっぱりわからず寝てしまい気が付くと家に。
しばらくして「ご飯よ」と母。で、その時のメニュー が豚の生姜焼き。
急に感極まった父が泣きながら食っているので、
その肉を間違いなくおじいちゃんだと思って食べはじめた私。
私は祖父が大好きだったので、「おじいちゃんおいしいよ」って言うと、
父はさらに激しく泣き始め、母が驚いて「おじいちゃんが見えるの?」と私に聞き、
目の前にある肉が祖父だと確信している私は「おじいちゃん、目の前」と答えると、
両親は二人で泣き出し、私も泣き出し、どうしようもないお馬鹿家族状態に・・・
(豚の生姜焼きは祖父の大好物だったのを知るのはその10数年後)
それから肉が我が家の食卓に上がると私は決まって「誰?これだ〜れ?」と訊いたそうだ。

108 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/16(木) 01:57:41
 ここで弁解しますが
なんで僕がやたら権威に噛みつくかというと、
万人神民化を推進したいからなんですよ。

要するに民度をボトムupするには社会の表面から少しずつ偶像破壊を始めていかねばならないんです。
 それは法治国民としての主権自覚を促し、日本の文民たちに「理説の勇気」を植え付け、
強者依存の悪習から抜け出させます。

こうしてやっと、専門官僚支配による愚衆化の危機から脱出するような
『独立自尊』の地球市民が沢山生まれるはずです。

109 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 02:13:43
>万人神民化

よーするに、びりっけつが、
かけっこは全員一位にしろ! と騒いでるわけね

110 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 07:15:58
うーん、ブタはくさるよ?(笑

111 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 14:15:46
びりが
ガタガタぬかすなよ

112 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 15:10:21
強者依存は悪習などではなく、賛美すべき知恵だよ。
薄っぺらな理想主義的与太を垂れるのは子供にだってできるよ。
君はまず本当の「生活」というものを経験する必要がありそうだな。

113 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 19:49:02
世の中でさ、
性欲ぎんぎんモテない底辺男のきわみが
汁男優だけど、

その汁男すら尻込みして逃げ出したデブスって、
どんなもんだろう。

114 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 21:10:13
第二十五回芥川賞選評 昭和二十六年(1951年)上半期
授賞作「春の草」その他 石川利光
 ” 「壁」   安部公房
候補作「ガラスの靴」安岡章太郎
   「螢草」結城信一
   「デスマスク」柴田錬三郎
   「敗走」富士正晴
   「風潮」武田繁太郎
   「沙漠都市」齋木壽夫
   「歯車」堀田善衛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
選考委員:丹羽文雄、佐藤春夫、瀧井孝作、岸田國士、舟橋聖一、川端康成、宇野浩二、
     坂口安吾
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(すべて抜粋)
●丹羽文雄
「壁」の安部公房には、カフカの影響があるとか。寓意とか諷刺をことさら期待せずに、最後ま
で面白く読んだ。一つの才能。こういう風にも書けるものだと感心した。途中気になるところが
あった。二十六歳というのに、堂々と腰を据えた文章はみごとである。
 柴田錬三郎の「デスマスク」は、努力作であった。以前にこれに似たものをかいたことがある
が、その方が素直だった。柴田君は敗戦後の小説と絶縁して立直ろうと努めている。次回を待て
というのは、一種の決まり文句になっているが、本当に君の次作を私は期待している。


115 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 21:13:44
●佐藤春夫
 第二十五回芥川賞候補作品では終始一貫して柴田錬三郎の「デスマスク」を自分は念頭に置い
ていた。実はその授賞が済んだ今日でも自分はまだこの考を捨ててはいない。「デスマスク」は
自分が柴田の志を励まして執筆させ仕上げに関する助言まで与えて三田文學に発表した作品であ
り、またすべての候補作品を丹念に閲読して後も「デスマスク」を最も力量のある作家のよく纏
めた作品だと認めたからである。
 石川の「春の草」にくらべるとまだしも安部公房の「壁」の方が鴎外訳のロシヤ小説(たとえば「?````````````````````````」「襟」など)
の模倣であろうともその意図と文体の新鮮なだけでもよかろうというと、別に瀧井君なども同意見
であったが安部公房は既に別の賞金(戦後文学賞)を貰った人ではあり、彼一人では後塵を拝する
観があって面白くないという説もあって、石川・安部と二人を組み合した授賞になった。申すま
でも無く自分ひとりで授賞するのでは無いから、自分は別に強いて異議は申し立てず衆議に服した。
こういうのが雷同なのかな。
 書きたい事はまだ多いが、三枚以内ち云う事であってみればざっとこんな事ぐらいしか書けない。
別にもっと詳しくは三田文學にでも書こうか。三田の候補も多いのだから。
●岸田國士
 毎回おなじ疑問をくり返すことになるが、この芥川賞の性格を、もっとはっきりさせなければ、
選そのものも徒らにむつかしくなるし、賞の意味もそのために、稀薄になりはせぬかと思う。
これは、選者の一人として外部に発表すべき意見ではないかも知れぬが、やはり、責任上、銓衡
の結果について、もう少し割り切れたところを世間に公にした方がよいと思うので、例えば、
宇野浩二氏などの反対にも拘わらず、やはり、委員の投票という制度を明かにきめてかかるのが
当然だと主張したい。文学の評価を数字で示すことの不合理、不見識をおそれる必要は、この場合、
ない。多人数できめることは、それ以外の方法によると、きまって、それ以上の弊害を伴い易いようである。

116 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 21:15:37
●舟橋聖一
 公平ということは、まったく至難のことである。
 会の劈頭、佐藤春夫氏が、柴田錬三郎を推したが、これには、必しも公平を以てせず、私的
感情を混入せざる得ない事由を、陳弁せられたんで、委員たちは、頗る緊張した。
 丹羽文雄氏は、しきりに、石川利光を推し、瀧井氏が、これに和した。
(略)今回の「春の草」は、鼻につくところがある。作者をよく知っている丹羽氏や瀧井氏は、
この作者が、去年よりも今年と、成長しつつあるのを観察しているのだろうが、当人を知らない
私は、作品だけで見ると、まだしも、去年のほうが、上出来である。「春の草」には、賞に該当
するような、特別の出来栄えがない。平凡。陳腐の作である。念のために、授賞決定後、もう一回
読み直して見たが、やはり、凡作にすぎない。然し、この作者は、近い将来に、まとまりのいい、
小味な作品を、いくつとなく書くようになるだろう。
 典型的な文壇作家として、成功するだろう。「手の抄」などに、はっきり、予見することが出来る。
実際は、芥川賞がなくても、既に文壇的でさえある。従て、別に、新しい驚きもない。芥川賞の
ニュース・ヴァリューとしては、寧ろ乏しい。
 石川利光の保守性に対立して、安部公房の「壁」は、新しい観念的な文章に特徴があり、
実証精神の否定を構図とする抽象主義の芸術作品である。(略)
 難をいえば、二〇六枚は長すぎるのではないかと思う。途中で飽きてくるところがあり、散漫になる。
一〇〇枚前後で、十分に、間に合いそうだし、「壁」という題名も、智慧がない。内容が、
実証精神の否定であるのに、題はあまりに実証精神的でありすぎる。せめて一三〇枚位に、短くして、
ペンの走り出たところ(脱線)を刈りこめば、芥川賞としては、先ずこのへんを支持するのが、妥当であろう。


117 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 21:17:53
●川端康成
 堀田善衛氏の「歯車」か安部公房氏の「壁」を私は推薦したかった。理由は簡単である。堀田氏や安部氏のよ
うな作家が出て「歯車」や「壁」のような作品の現われることに、私は今日の必然を感じ、その意味での興味を
持つからである。
「壁」も「歯車」も作品として欠点は多いだろう。「壁」は冗漫と思えた。また部分によって鋭敏でない。
「歯車」は注文通りの類型と思えるところがある。しかし、二つとも作者の目的も作品の傾向も明白であって、
このような道に出るのは新作家のそれぞれの方向であろう。
(略)私は堀田氏をしばらくおいて、安部氏の「壁」に投票した。
●宇野浩二
 さて、この銓衡委員会がすんでから、一しょに帰途についた、佐藤春夫が、突然、ナイものからアルものを
えらぶのは骨がおれるわ(もちろん、この言葉は、佐藤がいった事を、私の言葉にしたのであるが、)という意味
のことを、いった。私はこの佐藤の言葉にまったく同感である。
 つまり、極言すると、こんどの芥川賞は、『無』から『有』を無理に生みました、という事になるのである。
●坂口安吾
 私は「ガラスの靴」がよいと思った。とにかく、新鮮で、おもしろい。戦後の青少年風俗を身に帯びた文章は、
私の目にふれたものでは、これが初めてだ。この前の戦争の後には、龍膽寺雄氏の改造当選作が、これと同じ
ように文章が新鮮だった。しかし、時代の差が非常にハッキリ感じられる。龍膽寺雄氏のは風景的で、リリック
である。人間も風景的だ。安岡氏のはまことに感性的な文章で手ごたえがないようだけれども、心理的でもあるし、
即物的でもある。詩的の如くで、散文そのものである。(略)
 今回当選の二作は私は感心しませんでした。二人の作家の代表的な作品でもないように思う。しかし、
「ガラスの靴」がまだ一作だけだからと選にもれたことも、当たり前かも知れぬ。あんまり早く賞を貰うのも善し悪しである。
これぐらいユニックなものは当分人の知らない片隅でコツコツやらせるのが本筋かも知れません。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(文藝春秋 芥川賞全集)

118 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 21:50:27
雑スレじゃなくて、芥川賞スレにコピペしなよ。

119 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 21:50:54
取り敢えず、佐藤春夫は死んだ方がいい、というのが判った。

120 :吾輩は名無しである:2006/03/16(木) 21:54:19
>>119
もう死んでまつよ?

121 :吾輩は名無しである:2006/03/17(金) 05:04:27
>>120 good job.

122 :吾輩は名無しである:2006/03/17(金) 05:56:25
おお、薔薇、汝病めり!ww

123 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 01:12:17
今晩は。


 こんな低民度の国は潰したほうが世界の風紀の為だと思いますよ。

日本なんてサッサと潰しましょう。
イチローしか戦う気がないじゃないですか?
王貞治は命懸けてやってるんですか?日本国民代表としてふざけるなと言いたい。

 勝つ気が無いのなら切腹しろ。

124 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 01:14:51
孫でも生まれたの?最近調子いいね〜

125 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 01:20:45
 さっき天下のNHKで、掘り出し物が悪者みたいな偏った社会主義報道が為されてましたね。

あれでジジババの99%は洗脳されたよなwww

掘り出し物はlive doorを手段として利用して、永遠の命と宇宙旅行事業を開発したかっただけなのにwww

 これだから日本に独立文士はいないと言うんです。こんな前近代国家は世界の流毒ですから、
Koizumiもろともぶっ壊したほうがアジア共栄の為なんじゃないですか?

だって誰一人としても掘り出し物的独裁者であるアメリカに反抗できないじゃないですか。

力より強いのは心です。
僕はアメリカは大嫌いですね。なんであんなに偉そうなんですか?ただの侵略民族のくせに。

126 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 05:38:43
>>117

なるほど。

127 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 08:46:09
>>123
いよいよ決心されましたか。
鈴木さんも職業革命家ですね!


128 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 09:15:46
アホウ抜かせ。鈴木は口先だけの自慰中毒者だぜえ。
オンめえの方こそ洗脳されてらあ。
亜米利加バンザイ。ブルーズ、ジャズ、ロックンロール・・・
エルヴィス、モンロー、ディーン、過去に生きる腐った欧州族には勝ち目はねえよ。
ただし、イスラ@系には負けるだろうな。

129 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 10:33:04
>>128
 けどamericaも腐ったじゃないですか。
地球人はみんなそう思ってますよ。たぶん韓国人くらいですよ。未だにamericaなんか信じてるのは。

アメリカ流のプラグマティズム(実用主義)という考え方がよくないんです。
だって役立つんだったら拝金万歳だろうが間接侵略だろうが何でもありですからね。
僕はだから嫌いですね、あんな野蛮な国。

 協和超米、あんなフザケた独裁国家は日本の正義の平和主義でぶち超えましょう。
そして日本の永世独立天国で、天下地球の模範になりましょう。
だって情けないでしょう。弱い相手に原爆なんて落とす卑怯者は。
そういう奴らを腰抜けジャイアンと言います。
強い振りして、心は弱いんです。欧州改革から逃避した侵略民族ですから。あんなワガママ野郎。

130 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 10:50:54
 アメ公は一人残らずインディアンに謝れ!
お前らの好き勝手し放題の大事な土地は、本来土着の英雄のものだぞ。
アメ公は他人の敷地で我が物顔に自由だとかペテンこきやがって。


もちろん僕は帝国主義侵略の過去を恥じていますよ。
シナさんコリアンはじめアジアン各位ごめんちゃい。
多少無理しちゃったのを反省します。

 たぶん、日本人はアジアンの地位を一度高めたかったんですよ。
だって黒人やインド人みたいにおもいっきり、欧米の馬鹿の奴隷になりたくなかったじゃないですか。

 僕はアジアンの為、人道の為にこれからも独立の誇りを失わず頑張って行きたい。
謝るから許してちょんまげ。
 明らかにやり過ぎました。何しろ日本人も後進アホたから仕方ない。
そもそもあの時どうせあんな馬鹿をやるなら、女や子どもには指一本触れず、
清く正しくアジアを共栄圏へ導かなければなりませんでした。
文民統制を勉強した今は、この永世国土に独立文士がいる限り、昔みたいにはならないぞ。

131 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 10:59:35
 日本人の仕事は、中華民族の自惚れから一歩離れた小孤島国でアジアンの進退に目を光らせ、
もしも黄色だからと馬鹿にされるような事態がちょっとでもあったら忽ち本性を顕して
アメリカ人だろうがアフリカ人だろうが誰でも構わず人間の道理を教えてやるこてだと思います。

いいですか?
人類は皆兄弟です。
そんなの小学生だって知ってますよ。馬鹿じゃないですか、差別なんてする野蛮族は。
たとえばEUのイギリス人は分かってるんですかね。インド人をあんなに酷く虐げていたくせに。

132 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 12:04:29
おう、上の方の鈴木の意見には賛成するぜえ。ただチャイナ、コリアが
出てきたとたん、お決まりの自虐体質が出てきたのはいけねえや。
今本当にヤバイのは、沖縄返せと言い出したチャイナと、金に媚びうる
二重瞼整形大統領だろうよ。おめえさんが言うように、「永世独立国家」
になるには、早く原爆持つことしか方法はないずら。
その覚悟があるなら、こっちだって相談にのるっぺよ。
だからみんなで叫ぼう、「早く満州をかえせ」

133 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 12:50:04
やれやれ。
今更チョンシナに何ができるって言うんです?
核爆弾だろうが生物化学兵器だろうが何でも来いでしょw
日本人なんて神風だけで充分でしょw

そもそも日本なんて潰れても世界中の誰も困れませんよ。
元来、中華民族なんて、倭人[矮小な民族]とか言って馬鹿にして相手にしませんでしたし。
元冠だって国土固有の神風で追い払っただけですからね。

僕も大して日本なんてどうでもいいしw
だってたまたま良い島に住み渡っただけだし、別にこの島にも日本民族の想い入れしかありませんからね。

134 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 13:02:08
「鈴木」というキャラはエサを撒くのがうまいね。さりげなく釣りを愉しんでいる。

135 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 13:07:41
でも133ではかなり文章が乱れてるのが、瞭然だぞ。
しっかりしろい。

136 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 13:20:54
無理して書くと誰でも鈴木みたいになる。

137 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 13:30:03
 日本は世界の王がいるからどう考えても最強じゃないですか?

もう日本野球は地球一でしょ。

138 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 13:41:04
なんだかんだで文学板の名物になりつつある鈴木


139 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 14:01:23
一年があっという間( ̄m ̄)
私なんてあと2ヵ月で31だよ!
年を取るたびに3月生まれがうらやましく感じる。
学生のときは早めに免許がとれて嬉しかったけど。


140 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 14:03:24
工場のパート、独身、彼氏なしの私が来ましたよ・・
これからどうなるんだろう?
老後が不安。


141 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 14:19:08
君は老後を迎える以前に死なないとでも保証されているのかね?
ありもしない未来なぞに幻想を抱くのはよしたがいい。
今日にでも不幸のどん底に陥るかもしれないのだからな。

142 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 14:25:00
≪自分のステータス≫
【現在の年齢】 39歳 男
【最終学歴】 成蹊大学
【社会人歴】 7年
【現在の業種・職種】 金融
【現在の年収】 780万
【居住形態】 寮
【兄弟構成】 姉
【趣味・特技】 2ちゃんねる
【体型】154cm41kg
【長所】 理想が高い
【短所】 わがまま

≪結婚相手に望むステータス≫
【年齢】 18〜49才(但しルックス、性格が極端に良ければ59才まで可)
【最終学歴】 中卒以上
【スタイル】  160cm以上の健康体。
【顔面偏差値】 50以上。自分の好みであれば一般受けはしなくても可。
【業種・職種】 風俗、水商売、消費者金融、生保外務員、無職など以外
【年収】 問わない(勿論ゼロは不可)
【趣味・特技】 SM、自分Mなので相方はS希望。
【これだけは絶対に許容できない短所】
・アナルセックスし過ぎで炎症を起こしている。
・花粉症
・腋毛ぼうぼう




143 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 14:29:08
>>142
なんか超ワロタ

144 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 14:45:57
おーい、鈴木。そろそろ、おめえの出番だぞ。
自慰はあとにしろ。何なら、ここでやれ。
俺はみたくねえけどな。

145 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 14:53:49
痔の痛みがひどすぎて肛門科デビューした者です。
勇気を出してデビューして大正解でした... 貰った軟膏ぬってたら
1週間で腫れも痛みもすっかりひきました。大感激!!
産科で貰ってた軟膏(プロクトセディル)は全く効かなかったのに。
痔がつらいけど肛門科行く勇気ない方は、産科で「ネリプロクトかヘモレックスを
処方して下さい」と頼んでみるといいかもです。
痔主仲間のみんな、ガンガレ〜〜


146 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 15:01:22
春から二年生のGackt+森本未來÷2似の好青年DKと爽やか初デートしてきました♪
ランチ→お茶→夕方の映画の定番コース。
お手手にさえ触れてません☆
デート終わってから早速メールで「また早く会いたいです」と。
あー ヨイ!こう言うデートは掛値なしでトキメク☆


147 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 15:04:56
てんかん患者の彼女と高校で出会って8年,
結婚を前提に付き合い始めて3年。
しかし,この前ひとりで入浴中に溺死しました。
すごく優しい人だったのに,
これから2人3脚で人生歩んで行こうと誓ってたのに・・・。
ショック受けて2ヶ月で体重10kg落ちましたorz




148 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 15:06:24
そうか、春なんだな。

149 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 15:47:30
女の癲癇はただのヒステリー

150 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 16:08:25
やっぱり頭の構造改革してる鈴木を呼べよん。

151 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 18:44:29
 あんたら学歴すらない僕に話題ですら依存して恥ずかしくないんですか?
もしあんたらが僕より学歴高ければ、あんたら全員土下座しなさいよ。親に。

チャラチャラチャラチャラ金や精力をムダ使いして松阪みたいに調子に乗ってればいいじゃないですか。
 僕はイチローを目標にしますね。
やっぱ求道stoicismが英雄に相応しいですよ。正義は自分に厳しいものです。

152 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 18:49:35
 女はdateにトキメキだとか言ってチャラチャラしてりゃいいんですよ。
どうせ馬鹿ばかりなんだから。そして大人しく家事でもやってりゃいいんです。どうせ馬鹿だから。

そもそもおっぱいついてるのに何で世の中で我が物顔に働き廻ってんですか?
どう考えても自然の道を間違えてるでしょwww

NHKの『功名が辻』でもヨンちゃんのチャラチャラdramaの代わりに正座して観て、反省しろってこった。

153 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 18:58:16
 まぁ僕は女性が自立するのは賛成ですけどね。
だってそうじゃないと未亡人になったらかわいそうじゃないですか。

けど、女の天才って殆どいないじゃないですか。
たぶん左右を繋ぐ脳髄が男よりも太くなるせいで、論理的抽象思考に向かないんだと思いますよ。
格闘だって男が強いし。筋肉量が違うし、そもそもおっぱいついてたら戦いに邪魔じゃないですか。

だから女は家庭の方がもともとの出来具合からして向いてるんですよ。
それを自分から認められないのは女がまだまだ馬鹿だからだと思いますよ。
法律や経済をちゃんと勉強して、
女性なるものが人類の中でどういう立場なのかよく確認したらいいですよ。

ヒステリー起こしても猿みたいにぶっ潰されるだけですよ。
事実、女がいくら叫んでもいったん戦争に入ったらまったく無力ですからね。
平和なうちにキチンと勉強しておかないでチャラチャラ感情的に戯れてると、
いざという時に迫害されても誰も同情してくれませんよ。

154 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 19:26:38


(*´ω`)
(_つ つ
| ( ・_・)  鈴木のいないスレ、プライスレス!
(_( О┳О
◎J-┻◎



155 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 19:32:31
【WBC】イ・スンヨプ「日本に負けたとは思わない」
イ・スンヨプは19日の準決勝終了後のインタビューで「もともとの目標であるベスト4進出に満足している。
今日は日本に負けたが、すでに2回勝っているので日本に負けたとは思わない」と語った。(朝鮮日報)

156 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 19:33:42
【WBC】イ・スンヨプ「ルールが間違っている」
イ・スンヨプ(30/読売)が「ルールが間違っている」と不満を口にした。
19日、イ・スンヨプは準決勝終了後のインタビューで「最善を尽くした。6勝1敗だったがルールの間違いで脱落した。
しかし今後韓国野球にナメてかかってこれないようにした点で意味があると思う」とコメントした。(朝鮮日報)

157 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 19:37:35
【WBC】韓国野球を米国中が絶賛
「韓国は地球上に存在する最高の野球チーム」
「久しぶりに見た壮絶な試合だった。ベストだった」
韓国野球が野球を「国民的娯楽(national pastime)」とする本場米国のファンを感動させている。1次リーグの3連勝に続き、
米国で行われた2次リーグでメキシコ、米国、日本に連覇したことで、韓国野球を見る米国人たちの眼差しが変わってきたのだ。
今月16日、韓国が日本との切迫した投手戦を2−1で制し、ベスト4入りを決めると、大リーグ公式サイト「MLB.com」と
同大会の中継権を握っているESPNのファンサイトには、韓国野球を褒め称える米国ネティズンたちの書き込みが殺到した。
「あれこそ野球だ。本当に面白いゲームだった」(petejr)
「韓国には本当にいい投手陣が多い。守備も上手で基本に忠実な良いチームだ」(nvagiantfan)
「韓国の選手は本当にハンサムで格好いい」(liquid09)
このような反応は、韓国が日本を破ったことで米国にベスト4進出の希望が抱かせたために書き込まれた内容なのかもしれない。
しかし17日、米国がメキシコに負け脱落して以降も、米国ファンは韓国との比較を通じ、自国の代表チームに対する不満をぶちまけた。
「米国は韓国よりめちゃくちゃだ。あまりにも過大評価されている」依然として韓国野球が与えた新鮮なショックから抜け出せていないようだ。
また、MLB.comは「この時点で韓国は地球上に存在する最高の野球チーム」であり、「韓国こそがまさにクラシック(classic)」と褒めた。
クラシックという言葉には「以前に作られた、模範的で永遠性を持った芸術作品」という辞書的意味がある。しかし、130年以上野球とともに
生活してきた米国人たちにとっては、「すばらしい野球」もクラシックに入る。
ワールドシリーズをフォール(fall)クラシック、オールスター戦をミッドサマー(mid-summer)クラシックと呼び、
今大会もワールド・ベースボール・クラシックと名付けた。
このような米国人の間で、韓国野球は奥ゆかしい香りを誇る一編の素敵なクラシックとして深く刻まれている。

サンディエゴ=コ・ソクテ記者 kost@chosun.com
(朝鮮日報)

158 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 19:40:27
太極旗立てた徐在応「日本の立場まで考える必要ない」
「日本選手の立場まで考える必要はないと思います。もし、日本選手のことを思って行動していたとしたら、
わざとそうやったように見えたかもしれませんね。うちらが勝ったからうちらのお祝いをしたまでで、
日本選手たちのことまで考えていられません」
抜群の制球力を誇る徐在応(ソ・ジェウン)が堂々と大韓民国代表としてのプライドを表現した。
徐在応は18日(韓国時間)、サンディエゴ・ペトコパークでの練習直後に行った公式記者会見で、「アナハイムでの
日本戦が終わった後、マウンドに太極旗を立てたセレモニーに対し、日本選手が非常に気分を害しているが、
明日登板する決意について聞かせてほしい」という取材陣の質問に、「日本を意識する必要は全くない」と言い切った。
「明日の試合では韓国チームも最善を尽くすつもりで、日本も最善を尽くすだろう。勝ったチームはまた勝利を喜び、
自分たちの祝い事をするわけで、負けたチームは首をうなだれて家に帰っていくだけだ。首をうなだれないためにも最善を
尽くして投げ切る」と話した。
また、「韓国と日本はアジアで最も野球のうまい国だ。過ぎ去った歴史になるが、昔から先祖たちがライバル、あるいは
被害者意識を持っているし、いまだに私たち世代もその影響を受けている。それで日本を見ると必ず勝たなければならない、
という思いに駆り立てられる」と、韓日戦の特別な関係について説明した。
徐在応はインタビュー後、「すばらしいコメントでした」という記者の言葉に、ユニホームの胸に刻まれた太極旗を指差しながら
「大韓民国ナンバーワン」と言ってみせた。

サンディエゴ=コ・ソクテ記者 kost@chosun.com
チョソン・ドットコム
(朝鮮日報)

159 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 19:41:26
【WBC】日本のマスコミ、朴明桓の取材に奔走
日本のマスコミはドーピング検査で陽性反応を示したWBC韓国代表朴明桓(パク・ミョンファン/斗山)投手を取材するため、
韓国代表の宿所のホテル付近に陣取り取材合戦を繰り広げている、と聯合ニュースは19日付けで報じた。
聯合ニュースは「韓国代表選手の間では“日本が韓国相手に3連敗した場合、ドーピングしたとケチをつけてくるかもしれない”
との声が上がっている」と報じた。(朝鮮日報)

160 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 20:07:49
 いいんじゃないですか。

負けて言い訳する男は男ではありませんから。
情けなし。

日本野球は実質、まだまだ本場americaの力業には届きません。
MBAからプロ野球へと代表選手が修行に来るようになる日まで、日本はいつまでも後進国ですから。

161 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 20:17:59
 最近の韓国は素晴らしいと思いますよ。
IT先進で見習うべきところも少なくない。

そして僕はソンビの美学が好きです。
何しろ僕は日本ソンビ、すなわち日本文士ですし。

 けど負けを認められない男が強くなれるはずはありません。
そんな奴らを武士として認めることは出来ませんね。恥を知れ。

162 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 20:27:50
横レス
韓国が6連勝してきたのにはワケがある。
選手一人一人が
「兵役免除」という強烈なモチベーションを持たされていたからだ。
野球選手の短いスポーツ生命にとって、2年もの強制兵役はものすごい損失だ。
全員が「兵役免除」を勝ち取った後では、必死の思いは拡散して
通常の力へ戻っていく。

要するに、人間の行動力にはモチベーションの高さが一番モノをいうし
チーム全体が同じ必死さを共有できた時点で、チーム力は最大となる。
三戦目の日本チームは
ようやく「負ければ自分の恥だ、どのツラ下げて日本に帰れる?」という気分が
一致した。収斂された意力は、最大のパワーを生み出す。



163 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 20:30:42
>>161
恥を知れ、鈴木w だらしない暮らしでヒキコモリ何年目だ?




今年もまた何処にも合格できずに、浪人10年目かww

恥を知れよ、鈴木 ◆m0yPyqc5MQ w

164 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 20:31:42
兵役免除か・・・

165 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 20:39:20
 志の戦いなんです。

The human raceとは、それぞれの志を闘わせるgameなんだから。

僕は日本人として大志を抱かなければならないと思いますね。
それは先ずは人類の模範的国家として、永世平和の名誉を轟かせることです。

166 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 20:49:21
会見で、ラソーダ氏は「この大会はチーム対チームではなく、国を背負った戦い。
野球史上でも記念に残る試合になるので、ぜひ応援してほしい」と日本のファンに向けてPRした。
WBC日本代表を辞退したヤンキースの松井秀喜選手、ホワイトソックスの井口資仁選手に関しては、
「松井はいい友達だし、井口もよく知っている。しかし、自分の生まれた国に恩返しをしてほしい。
松井、井口の心が少しでも変わればいいと思う」と述べた。


<自分のために戦うのは当然として、国家を背負って戦うことにも価値があることを
 分からない選手なんだろうな。
 これは自由で民主的な国民国家であっても我々の根源的なところに関わってくるんだよ。
 決して全体主義とは違う。


167 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 20:50:16
韓国トップクラスの投手の力は日本と遜色ないし、本場米でも通用する
ポテンシャルはある。如何せん選手層が薄いのが日本との歴然たる差。
日本国内には代表に入ってない投手で凄いのがまだゴロゴロいる。
一方韓国の野手レベルははっきり言って高くない。穴が多く攻略は簡単。
春先は投手の制球力が今イチで打てただけ。
守備、走塁のレベルも雲泥の差。韓国の野手の守備範囲は決して広くない。
国の競技レベルを比較するだけなら韓国は日本に向こう30年手が出ない。


168 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 20:52:40
下らない。

169 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 20:53:04
俺は専門卒して無職デビューした20の時に戻りたい
20の時から絶望していた
今思えば20の時から必死で独学で勉強して資格取得に力を入れていれば
23くらいで小企業からなら内定は取れたかもしれないのに…

でも20の時は18の専門学校入学した日へ戻れたら って 考えてた
んで専門学校入学して一ヶ月が経過したころは専門学校の授業の無意味さに痛感して、高校入学式の日へ戻れたら必死で勉強して大学へ行く、と後悔してた

ってところから推測すると 恐らく2年後の26歳あたりで俺はきっと
24歳ならギリギリで25までの未経験者OKの求人募集へ受けれたのにと後悔するだろな・・・




170 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 20:54:58
大学の同級生に居たよ。
「俺には悪霊祓いをする能力がある」と言ってた男子。

その子が当時付き合ってた彼女の
お祖父さんとお母さんが相次いで亡くなった時、
「俺と○○子が付き合う事で悪い霊を呼び寄せてる。
俺の身体に霊を憑依させて○○寺(檀家になってる寺らしい)まで行けば
和尚が祓ってくれるけど、多分そこにたどり着くまでに俺は霊に殺される。
これ以上○○子を不幸にしないためにも、俺たちは別れるしかないんだ」
と言って、本当に彼女と無理やり別れてしまったらしい。

「悪霊が憑いた犬に向かって、俺が手から法力を放射してる写真がある。
ちゃんと法力が光の球になって写ってる」と言ってたけど、
その写真は「霊が憑いていて危ないから(件の)和尚に頼んで処分してもらった」
と言って、結局見せてもらえなかった。

あと、「俺は37歳で死ぬ事になってる。
だから誰にも縛られず仕事もせず、自分の好きな絵を描いて暮らす」と言ってたくせに、
大学4年になったら普通に就職活動して、某有名製薬会社に就職しちゃった。


彼は確か3浪して大学に入ってたから、
先月36歳になった漏れより3つ年上のはずだが、
いまだに彼が死んだと言う話は聞かないな。




171 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 21:14:21
まあ、宇宙にBHすら蒸発して完全な無になるまでには数十数百億年かかるし
別に宇宙に移住しなきゃいけない状態になるまでにはとーぶん余裕ある

そもそも現人類の文明なんかそのうち絶えるさ




172 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 21:15:36
理論的な不老不死はほぼ可能だと思います
物質転送技術が完成して転送先でもきちんと自我(意思)が
問題なく機能すれば不老不死完成ですね
問題なのが未来永劫 他人の自我(意思)の有無を確認する方法が
できないことですねぇ・・


173 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 21:18:09
:禁断の名無しさん :2006/03/19(日) 19:33:02 ID:CP9LQ6nh
高2女子です。
初めて同性を好きになってしまいました。
好きになったっていうか、他の友達に比べて特別にずばぬけて友達として好きなんです。
今年のバレンタインでみんなと友チョコを交換したんですが、その子の分だけ量を多くしてしまいました。
2人でカラオケに行ったりすることもあるし、一般的に見たら普通の友達関係を築けているのですが、自分のなかだけすごいドキドキしてしまいます。
相手の子はホームページを持っていて教えてもらっているのでちょくちょく見に行ったりしています。
ブログがあるんですが、友達と楽しそうに遊びに行った日記が書いてあるとちょっと嫉妬してしまいます。
付き合いたいとか思っているわけではないのですが、向こうにとって少しでも特別な子になりたいなぁと思っています。
独占欲が強いのかわがままなのか、自分がどうなっているのか初めての事で少々戸惑っているんです…。
私は何をしたらいいんでしょうか…。




174 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 21:19:29
私も>>173さんと似てて(というと失礼かもしれませんが…)
他の友達と比べるとズバ抜けてそのコの事を可愛いと思ったりします
友達として好きなのか、それとも恋愛感情なのか…自分でもよく判らないんです。
ただ、気がつくといつもそのコを目で追ってたりとか。とにかくそのコと喋ってると楽しいんです。
でも特別仲が良い訳でもなく、グループも違うし別段一緒に居る時間も長くない
そのコは「L極と喋るん楽しいよー」と言ってくれた事があったんですが
相手が何も思ってなく言っただけに何だかすごく複雑な気持ちでした。




175 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 21:21:27
>>173
やめたほうがいいよ、荒れるから…

>>174さん
二人に共通してるのは思春期独特の
友達への独占欲だと思うけどねぇ
私の場合は、だけど
思春期の頃の、女の友達への独占欲と
恋愛感情としての「好き」は違ったよ。

生々しい話、性欲を感じるか感じないか。
キスしたいなって思えば恋愛感情かもね。
勿論そればっかりではないけど。




176 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 21:38:32
37歳引きこもりです。
いつでも死ねる様に身辺整理しなけりゃ・・・。親には
死ぬ事以外の迷惑なんかはかけたくないから。
生きてんのに疲れて疲れて・・・。
ワガママで自分の事しか考えてないんだろーけど
楽になりたいよ。
37年間童貞を貫き通しただけでも何かを成し遂げた気分だよ。

177 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 21:43:43
鈴木はやっぱりバカだったんだな。
MBAってのはMLB(メジャーリーグベースボール)のことだろうけど、敢えて間違えて見せることで
「フック」を作ったつもりで滑ってしまい本当のバカに見えちゃう気の毒な失敗例だが、MLBが世界最強の
リーグというのはそうとして、そのことが「アメリカ=世界一」を意味するわけではない。実際、今回の大会で
MLBは選手の主立った供給国としてのアメリカ、カナダ、メキシコ、プエルトリコ、パナマ、ドミニカ、
ベネズエラと見事に分散しているではないか。
イ・スンヨプが「負けて言い訳する男は男では」なくなった理由は二つあって、大会が終わったあと日本でプレイ
しなければならぬ己の立場を忘れいていることと、韓国には「甲子園」がないがゆえ、勝利を積み重ねても一つ
負けてすべてが終わる現実を受け容れられずにいるからだろう。また、「六連勝で世界が驚いた」というコメントも
あったが、世界が驚いたのはむしろ優勝候補筆頭のドミニカがキューバに敗れたコトであり、メディアの扱いなら
こちらがデカい。それよりも、アマチュア野球のキューバがプロ軍団と互角に渡り合えていることの方が凄いのだな。
鈴木みたいなバカ女は「韓国のほうがメジャーリーガー多く出てるから積極的」などとパー助なことをつい言って
しまいがちだが、例えば上原や松坂などは米球界スカウト垂涎の的であり「今すぐこっちで投げてくれ」といわれても
二ケタ勝利は堅いだろうね。
今回の大会、MLBの集金装置としての色彩が濃いためか米本国ではクールな反応らしく、日本人メジャーリーガーが
己の真価をかけ、ワールドチャンピオンの座こそ重点目標とし、不参加を表明しても俺には責めることが出来ない。
ただイチローの場合はちょっと事情があって、所属球団と折り合いが悪いためリフレッシュするため?
彼のコメントが誤解を生み、韓国人から要らぬ非難を浴びせられることで更に向きな発言をしてしまうのだが、
その結果「邦を憂う国士=侍野球」として一部の層に好意的に受け止められている現象ならあるかも知れない。
21日の決勝戦、先発はもちろん松坂だが、マジで優勝が見えてきたよ。
まぁサッカーもいいけど野球も最高だね。
しかし、バカにも分かり易く書くってのはホント面倒くさいね。
鈴木の脳みそは高橋源一郎ナミだな、まったく。

178 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 21:51:21
選手から“浮いた”存在のイチロー、チーム内で孤立
http://sports.livedoor.com/baseball/major/detail?id=1792507

179 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 21:51:27
>>166
>決して全体主義とは違う。

松井などベラボーな年俸で契約しといて「開幕キャンプ、ちょっと脱けさしてください」
などと言えない空気も解らないではない。

180 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 22:04:02
今日の上原のストレートは凄まじかったな。
スピードガンでは141km〜144km、でも打者の体感速度は
160km以上だろうね。相手打者の空振りがけっこう目立った。
前半フォークが高かったから心配したけど、ホームラン性のあたりが
アウトになるぐらい球場が広いから安心したw
チェンジアップと強烈ストレートと視界から突然消えるフォークに
直角に曲がるストレートだね。松坂では無理。


181 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 22:05:39
上原は高速スライダーが意外といいんだよ。松坂はストレート以外では
上原に劣る。

182 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 22:26:19
ええーっ、野球?俺は江夏が投げるべきだと思うよ。一時シャ@やって刑務@
入ってたし、貫禄じゃ負けねえぜ。当然捕手は前科モン・サッチーの亭主がやるべきだろうな。
監督は老害爺さんの赤バット、4番は薄気味わりーピアス男の清マーだろう。
あとは脱税してたヤ@ルトの宮元が主将やれ。ついでに馬@しかいない球界でも最強と言われてる
やっぱりヤク@トの、亜米利加を国外追放された石ヰも観光がてらに連れてってやれや。
何なら全員、米軍基地に捕虜としてさしだしてもいいや。できれば帰国は10月まで延ばしてもらおうぜ。
そうなりゃ、4月の開幕、みる気が起きるってもんじゃねえ?

183 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 22:29:19
ランチェスター経営的に言えば
スカイマーク:大手の隙間(弱者)が安売り→利益出ず。負け。
スタコラ:地域独占、安売りせず付加価値で勝負→儲かるとなるのだが。
新規参入の航空会社でいきなりトップシェアで参入するのは日本初だからな。
まずは近くの客を大事にすることだね。




184 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 22:29:36
 僕を馬鹿にしている人は未だに学歴社会に生きるsuper free古代人なんじゃないのですか。

だってMaster of Base boll Americaすら訳せないなんて、
日本人として教養(education)不足なんじゃないのですか。
プッ
科挙式受験英語の弊害www



日本人のくせに西洋人気取りで茶髪の松阪チャラ牛が、雑草魂の伊達役者・上原みたいに
命懸けられるかというと疑問ですがねw
だって髪の毛なんか調子こいて染めてる間に野球しろよ、って感じじゃないのですか。

自由だけどw


イチローは侍ですから、自分を育てた国へ恩返ししたいんですよ。
松井なぞは未だにゴジラだからダメでしょw

自由だけど。

あと韓国は強かったから褒めるべきですよ。本来勝って当然でしたよ。日本は神風に助かっただけです。

185 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 22:34:31
今時茶髪ぐらいで西欧人気取りってw
ユダヤ人の IQ は日本人より遥かに高いです。
アシュケナージ系ユダヤ人の平均 IQ は117で世界最高です。
アシュケナージ系ユダヤ人に嫉妬しないでください。( ´,_ゝ`#)プッ

民族別 IQ の平均値

アシュケナージ系ユダヤ人
105-130 (言語知能が優位)

東アジア人 (中国人, 日本人, 韓国人)
100-110 (空間知能が優位)

白人
95-100

その他 (アラブ人、南アジア人、ヒスパニック)
85-90

アメリカの黒人 (25%白人が混血)
80-90 (言語知能が優位)

アフリカ人
70-75

オーストラリアン・アボリジニ
65

IQ は
アシュケナージ系ユダヤ人>>東アジア人>白人>>>ヒスパニック≒アラブ人=東南アジア人>>>黒人>>アボリジニ


186 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 22:41:03
>>185
プッ

いまどきIQなんかを信じてるんですか?
元祖data野球の神・野村すらIQなぞと無縁ですよw
EQもありますからね。
 そもそも先端心理学の立場は「知能多元論」ですよ。
つまり、Intelligent Quatitentは一側面に過ぎませんよ。
だってIQ高いほど活躍できるんなら
勉強なんかしないでIQ test対策ばっかしてりゃいいじゃないのですか。


僕はユダヤ人は好きだからいいんですけどね。
それに日本を韓国や中国と十把一絡げにするのも微妙な民族分類ですけど。
だって近代化のspeedが違うじゃないですか。

187 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 22:42:31
省略される書き方しかできねえのかい。IQ何ぼ?
鈴木はいつものことだから・・・って、お前の方が牛丼より無駄な時間使ってるじゃねえの。
本当はこういう話題、あんまり得意じゃねえんじゃねえの?
鈴木、無理すんなよ。好きな自慰に差し障りが出るぞ。

188 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 22:46:00
鈴木の自慰は自慰じゃないからな。
インポテンツだろこいつはよ。
射精もしないし勃ってさえもいない。
ふにゃちんを延々といじってる感じ。
見てて哀れだ。

189 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 22:57:34
そうか、見たのか。辛かったろうな。お互いに。
しかし、写生しないで、延々続くのも、また一興かもしれんぞえ。
鈴木、その辺のとこ、詳しく教えろや。別に横文字入れてもいいからよ。
こういうことなら、お前ももっと人気出るぞ。今のヒールのポジションも
そろそろ飽きられた頃だしな。ない頭でようく考えナ。

190 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 22:59:51
プッ

今更masturbationがなんちゃら言ってる人は禁欲が足りないんじゃないですか。
だってそんなことしている時間がムダじゃないですか。

 貝原なんとかの『養生訓』にも、なるだけ精力を浪費しないのが長生きの秘訣だ、とあります。
特に若いうちは精力が体をつくるので欲念を起こさず、
年取ったら浪費は命取りなので夜の生活はpetting(愛撫)に留めろ、と。

そして性欲が起こったらはやく風呂に入り、下半身を温めれば紛れる上に健康になる、という話。

生物学的根拠は知らないから研究の余地はある唯の史的教訓に過ぎませんが。

 僕の個人的学究によると、手淫の意義は自主的に性的活動の促進をすることらしい。
男性は精子を置換して新鮮にし、女性は膣内を酸化消毒する為に行うようです。

 僕はやはり性交の代償行為としての側面もあると思うんですよ。
自慰は社会的抑圧(social obsession)のおかげで世間には語られない
密やかな人間の生理行為だと思います。
そして人間社会が真に清く明るい恋愛の解放を可能にできるほど社会風紀が向上した暁には、
オナニーという言葉は我々から一切忘れ去られるでしょう。
 なぜならそこでは清く明るいcoupleが自由恋愛によって一生一緒だからです。


あと数百年後でしょうがw

191 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:11:44
>>184
>  僕を馬鹿にしている人は未だに学歴社会に生きるsuper free古代人なんじゃないのですか。
>
> だってMaster of Base boll Americaすら訳せないなんて、
> 日本人として教養(education)不足なんじゃないのですか。
> プッ
> 科挙式受験英語の弊害www

こ れ は 釣 り で す か ???

Base bollってwww

192 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:12:46
おいおい、「自慰」の解釈が違ってるぞ。みんなお前の性生活や、マスの意見なんか聴いちゃいないぜ。
でも、いいや。それならそれでも、鈴木君のセンスのレヴェルもわかったしな。
つまり、まだ女をしらねえってことだろう?勘違いするなよ、別に馬鹿になんかしてないぜ、その点に関しては。
それよりsexよりマスの方がよくないという考え方の方が、お前の頭の古さを実証してるじゃねえか。
ひょっとして、「誰も思いつかなかった、究極の自慰法」でも伝授してくれるかと思ったんだけどな。
いつも期待を裏切る奴だな。
嫌われちゃうぞ、思いを寄せてる彼女に。

193 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:13:23
> 科挙式受験英語の弊害www

やっぱ海外のエロサイトを見るために
にわか仕込みでおぼえたインチキ英語は無敵だな
強姦文士鈴木先生www

194 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:14:32
鈴木先生質問です

マスよりもレイープのほうがイクナイ!!
と思うのですが僕はまちがっていますか??

195 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:15:51
191の方。そういう奴なんです。彼は。もっと突っ込んでやってください。
彼、喜びますから・・・

196 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:18:27
僕は釣られないぞー

197 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 23:22:40
りさたん助けてー

みんなイジメるー

198 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:29:10
あいかわらずやってるね。カギとカギをいじって遊ぶ閑人たち。しかしみんなコテハンが大好きだね。美香の復帰が期待されているようだ。カギも最近は高度な釣りをおぼえて楽しそうだね。まあ元気でやってほしいよ。
以上、久々スタンバイでした♪

199 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:30:16
何だ。やっぱ、鈴木でも日曜の夜は駄目なのか。
そんなことじゃ、村上ファンド・ハルキの小説に出てくるような女は
寄ってこねえぞ。もっと「自慰」で鍛えろよ。そのふやけたハルキの
文体みたいな精神をよう。

200 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:31:18
>日本人のくせに西洋人気取りで茶髪の松阪チャラ牛が、雑草魂の伊達役者・上原みたいに
命懸けられるかというと疑問ですがねw
だって髪の毛なんか調子こいて染めてる間に野球しろよ、って感じじゃないのですか。

2ちゃんで大人物にみせかける鈴木は松坂にぶつけられてシネバいい選挙をしたら、
過半数超えるよね。インチキ審査員のバカ橋みたいだな。
「江夏がなげろや、コラッ!」だって。(ププッ)ホント鈴木はババァ丸出しだね。
鈴木の釣餌は臭いから食べるの厭なんだけど、
カマって欲しそうだからちょっとだけ相手をしてやろう。

>だってMaster of Base boll Americaすら訳せないなんて、

鈴木ってのは本当に文脈を解さない奴だな。
まぁ思いつきでモノを喋ってるだけだから仕方ないけどw
こういう下読みに当った文学賞応募者は可哀想だよね。
まるでカラー柔道着に抗い切れなかった柔道連盟みたいだね。
カラーヒヨコみたいだよねww

>あと韓国は強かったから

守備力はあるけど強くネェよ。今日だって散発の四安打だったじゃねぇーか。
主戦級投手が投げ終えたあとはいつも運頼みだった。プロ入り二年目の
速球派ルーキーも投げてたけど、打球ってのは入ってきた力で飛んでいくものだ。
あーゆー継投を綱渡りという。結果オーライでここまで来ただけだ。

そういえば鈴木ってデービッドソン球審ににている。
鈴木と絡んだあとはいつも虚しい気分になるねw

201 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:33:19
198、おめえの出る幕じゃねえぞえ。
全然面白くねえよ。もっとも面白いこと書けるほど、
頭はよくないなら撤回するけどな。

202 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 23:34:10
なんか変な風切り音がしますね。

気のせいでしょうね。
引退したはずだし。

203 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 23:36:09
なんかハエがいますね。

シッシッ

204 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:37:32
自分の頭の悪さにそろそろ気ずかないと、「馬^じゃん」とか「阿^だね」
とか思われちゃうよ。200番の人。

205 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:38:30
>>204
鈴木 乙

206 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/19(日) 23:41:06



 何でもいいですが。

僕は日本の下劣な文士と断固として戦いますよ。
だってそんな奴隷根性の阿呆が日本の風紀をダメにして国力を弱めるんですからね。

207 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:41:51

   ∩___∩         |
   | ノ\     ヽ        |
  /  ●゛  ● |        |
  | ∪  ( _●_) ミ       j
 彡、   |∪|   |        J
/     ∩ノ ⊃  ヽ    >>201-202
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



208 :吾輩は名無しである:2006/03/19(日) 23:51:55
お、鈴木。いい事言うじゃねえの。下劣な文士ってしかし、ふふふ、
誰のこったろうなあ。
ただ、今、そんな文士に風紀を乱すほどの影響力があっか?
国力は、ま、おいとくとしてもだな、風紀を乱してる元凶は他にいるだろう?
例えば・・・あ、ここはブンガク板か。んなら、やっぱ文学賞の選考委員だろうよ。
リサイクルにも使えねえのが、でかい面してのさばってるからのう。
それにしても、鈴木、207のイラスト、笑えるな。大うけじゃあ。
わっははは。

209 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 00:02:02
 下劣な文士とはもちろん、僕の師匠の村の上の春の木のことでしょ。
あんなの再開発でバッサリ伐採しましょうw
目障りだし。

敢えて名前は挙げませんくらい忘れましたが、南国とかいうtitleの本は本当に下劣で、
ハッキリ言うと悪書ですwwwアクショ
だってただのポルノまがい物ですから。
あんなの焚書抗樹しましょう。
大変です。あんなのが流行ったら世も末、まさに自慰小説です。

 僕は打倒春吉ですね。
だってアホじゃないですか、あいつ。
そもそも早稲田出身というのも気に入らないし。田舎くさい校歌も宗教じみててキモイしwww
 日本人なら何はともあれ義塾でしょ。
カッコいいじゃないですか福沢が。最近は腰抜けしかいないけど。

210 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:11:58
お、鈴木、いいこと言うじゃねえか。昔の莫迦田大学は悪くはなかったんだ。
おかしくなったのは、ホテル経営とか始めたころからか?詳しくは知らん。
ま、難癖つけ、ついでに言うと、あの国賊田原僧二朗の出身校だろう?
さすがだね、あの辺の本屋街はえばり散らす神保町の古本屋よりずっと良心的だから
許せるが、僧二朗が以前吐いた暴言に「ヤスクニ行くと、無知で下品な顔したのが一杯いるよ」
ってのがあったけど、今の奴の顔はまさにソレよ。ま、奴の家には鏡はないらしいからな。
莫迦田大学の卒業生には、鏡を持たせるべきだな。

211 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:14:06
そんな所には近づくだけで穢れるわ、馬鹿がw

212 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:15:57

問題は ベラルーシの選挙のゆくえ、 だな。



213 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:16:42

最後の独裁国、民主化なるか?

214 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:17:38

同時期に、フィリピンの政変、タイの政争

215 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:19:41

それにしてもフランスの若年雇用法は、いったい何だ?
まるで若者の闘争心を煽り、
アラブ系住民の不満と同時に火をつけて
いっきに国内騒乱をあおりたがっているかのような…。

216 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:21:42
イランは、裏があるし。

インドに核援助しながら、イランは弾圧する。
わかりやす過ぎるブッシュ=軍需産業癒着政権の、舞い上がり強硬外交。

217 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:21:54
詳しいねー
最近2ちゃんびたりでろくに新聞読んでねーw

218 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:23:20
EU各国でのイラク反戦デモ、どうよ?
日本は何やっとんの?

219 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:24:18
イラク派遣自衛隊の年間予算、すっげえ額じゃんw

国民の税金垂れ流しw

220 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:25:46
イラクまで飛行機で派遣、戻ってくるのも優雅に飛行機で交代。
自衛隊員は高い派遣手当もらって海外旅行? 
何しにいっとんの?w

221 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:27:16
ベラルーシは放送も新聞も全部、独裁政権が押さえてしまって
情報の自由が無い。選挙も形だけだわな。

ベラルーシ、どうなるか次第でまた動く、ロシアとEUと米。

222 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:27:18
なんつーか、ここの雑談系スレで、左寄りの連投を初めて見たっ!ww

223 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 00:28:47
 御franceは女の本性を甘く見積もりすぎだと思いますね。

アソコは先進国唯一出生率上がり出しましたが、
育児関係の社会保障を整え過ぎて、結婚制度も崩壊したんです。
要するに
社会風紀の猥雑化および託児保育による心理的奇形児を量産化を犠牲にして、
代わりに出生率の急増を取ったわけです。

僕は不良の例だと考えています。やはり人の判断だから誤りかもしれませんが。それでも。

 女が家庭を捨てるといつもデカタンスがやって来ます。
それは決して成長の正道ではないと思います。
 僕は、慎重に女性の意識改革を推進すべきだと思います。
女性の天職である愛する赤ちゃんの養育をもう一度、大事な使命なんだと悟らせると良い。

224 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 00:37:44
 自衛隊を非難するのはお門違いでしょう。

彼らはあんたら僕らの変わり身に過ぎません。本来は日本国民全員が行って助けるべきなんです。
それじゃあまりに多すぎるから、代わりに自衛隊員が命を張って行ってる。

 civilian cotrolとは軍人蔑視なんかじゃない。
むしろ、文人が対外言論戦争で勝利する為の、制服組との協力体制に過ぎません。
だって軍部と行政を分離させるmeanimgは、
相互監視と相互扶助によって国威を発動するfunctionですから。

あんたら自衛隊員の奥さんと子どもに謝れ。
税金をケチったせいでお父さんが死んだらあんたらのせいだよ!

225 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:40:53
もうww懲りた。
論理に一貫性がねーんだもん。

226 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:41:29
> 女が家庭を捨てるといつもデカタンスがやって来ます。
> それは決して成長の正道ではないと思います。

この狂った思考の延長上に
あのレイプ礼賛発言が出てくるわけだな。

227 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:41:47
お、鈴木、イイこというじゃねえか。自分が生んだがきが、3歳にもならない内から
他人に預けて、社会進出だあ?笑わせんな。ちゃんと責任持って、反抗期になっても
人様や親をブッコろさねえように教育しとけい。
ついでにみんなで「靖国へ参拝」に行こう。ははっ、、
どうだ?

228 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:41:50






バカが一人、いる?w

229 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:43:26
ふたりw

230 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:44:43
>>226
ひきこもりの浪人コテの鈴木 ◆m0yPyqc5MQ は

誰かに構ってほしくて365日2ちゃん中毒のバカなので
構ってはダメでしよ。

完全無視しないと、粘着してすがりついてくる、泣きながらw

231 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:44:56
いるいる。急に外交問題持ち出しやがって、ここじゃねえだろうよ、
他でも相手にされねえんなら、エロサイトのお世話になってろい。

232 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:46:09
>228
世の中の落ちこぼれコテと
そいつを相手に遊ぶ粘着バカと、ふたりw

233 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:46:13
鈴木、がんばれよ、俺はお前を支持するぞえ。

234 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:47:48
韓国はしかし、全国民で応援してたようだなWBC.
兵役免除勝ち取ったら
あとは頑張る意味が無いのに、本人たちはw
負けても快哉。

235 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:48:49
今年も合格御礼の報が届く季節・・・

桜が咲きまくるな

236 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 00:49:22
 Logical thinkingの勉強をする良い方法は、
少なくとも今ぼくが知る限り
カンタンな初等幾何学(basic geometry)を繰り返し解くことです。

そこには論理学のessenceが抽象されています。
中学程度の証明問題が妥当です。

日本語には論理学という伝統がなく、
猛々しくもあわれなる情感の表現に特化して来た歴史があるから
ますます、思考そのものの洗練は急務です。

 そして僕の知る我々の日本語にとっての模範的な論理学的推考の例は
巨大な国民的弁証実験だった福沢『文明論之概略』にあります。
そこには巧妙なレトリックを駆使した説得術が日本語で初めて試された史実が眠っています。
 福沢は日本語にして最初のsophist(雄弁家)であり、philosophist(愛知者)でありました。

237 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:51:11
莫迦はおめえもしっしょだろうよ。
ここをどこだと思ってんだあ?
きったねえ壺んなかじゃねえか。
てめえだけ、こぎれいだなんて、カッコつけてどすんだあ。
よく読んでみろ「牛のごとく〜」だろうが。
てめえにはその涎の価値もねえぞえ。

238 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:53:28
みんなごめん、俺、鈴木の撒く
腐った釣り餌しパクつかずにいられない。

>philosophist
鈴木、この言葉、辞書で引いてみたことあんのか?
貴様は福沢を尊敬しているんじゃなかったのか?

239 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:53:29
>>232

鈴木とかいうバカコテは、完全落ち零れの妄想浸り、にちがいないようだが。

それの相手してる者は、何だ?バカの相手して面白いか?
それよりちょっとネット上を彷徨ってみれ、
国外へアクセスして最新の動きの渦を追っかけてみろ、
自分の眼で見て、ニュースソースを比べて生の一般の声とか聴いて
世界の動きを見てみろ。

文学が胚胎される現場をな。 時間を無駄にするなよ w

240 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:54:36
お、鈴木、いいこと言うじゃねえか・・・
でも、見上げた根性だぜ、ははははああ。
近頃ここが一番盛り上がるわけだ。あとは一人で頑張りなせえよ。

241 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:56:16

鈴木というバカは、
知恵もなければ知識もない、思慮もなければ分別も無い。
まるっきりの妄想にひたりきったヒキコモリの典型のようだなw

完全無視しか方法がない2ch特有の厨房。

242 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 00:57:43
>>232
鈴木をまともに相手にしてる奴なんか一人もいないw

鈴木は自作自演が専門w 


243 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 00:58:47
 『猿の耳に説得』ですが、
僕は強姦には断固反対です。

日本の一部の電車に女性専用車があるのもまた、異様な文化として国の恥だと思います。

 そして僕が以前主張したかったのは、当時は文力が足りなくて未だよく表現できませんでしたが
要するに、
「男女の腕力は最初から決まっているから、穏やかな性的関係においても内情は又、そうだろう」
という話でした。
 ま

『サルトルの実存主義に浮気の説教』
ですがwww
サルトルはチャラ男ですからね。ボーヴォワールがかわいそうです。

244 :佐藤 ◆.MP3JDaRKc :2006/03/20(月) 01:00:18
はぁ〜、佐渡はよいとこ

一度はおいで、どっこいしょ〜w

245 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:00:34
え、239、本気で言ってんの?
も、も、もちろんフィシングって奴だよね?

246 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:00:55
そうなんだw

247 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:01:44
サドはいいよな。でもマゾもたまらんぞ。

248 :佐藤 ◆.MP3JDaRKc :2006/03/20(月) 01:01:59
ソクラテスの昔から、自分を知らないバカほど


始末におえないものはない。

249 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 01:02:49
>>238
ギリシャ語ですから。

250 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:03:05
さすが、佐藤だな、見上げたもんだよ。
佐藤にしかいえないセリフだよ。マジ凄いよ。

251 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:04:10
お、鈴木、いいこと言うじゃねえの。今夜はみんなお前にやられてるぞ。
やれやれ、夜は長えぞ。

252 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 01:04:13
佐藤さんは名前は某、美しい香りの方ですよね?

なんか雰囲気が変わりましたね。
前より大人しくなったんじゃないですか。やっとw

253 :佐藤 ◆.MP3JDaRKc :2006/03/20(月) 01:04:46
文学板の良スレは、いわば俺でもってるようなもんだよ、
ふだんは名無しで書いてるけどさっ エッヘン

すごいだろ?

254 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:06:32
いや、俺誰だか分かったw
某スレを保守してる人だよね?

255 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:06:48
やっぱ佐藤はすごいな、

バカを全然相手にしないもんなw 時間を無駄にするのが惜しいんだね。
エライ。さすがに文学板の重鎮だな。普段は名無しなののもイイね。

256 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:07:20
>>252
鈴木さんからは香ばしい匂いがしますね

257 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:08:02
お、鈴木、名前なんかどうでもいいだろう?それとも叶美香がお前の
アレか?ま、どうでもいいけどよ。
美香はできちゃったんだとさ。

258 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 01:08:38


誰でもいいスがwww

どうせvirtual realだし。
電子人格なんか本質的にgender freeですからね。

 私だってほんとは女だもんw
なんちゃって。

259 :佐藤 ◆.MP3JDaRKc :2006/03/20(月) 01:09:13
>>255
わかってくれてありがたいw
バカに構うと全くの無駄だからね。君も気をつけた方がいいよ。

特に自己妄想に浸っている類いの
病的なバカは、放置するのが最良だと知れ。あ、知ってるよねw

260 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:09:53
わああ、鈴木以上の莫迦がいたのか。ンじゃ、誰か田中になれえ。

261 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:10:52
>>259
誰だってわかってるw
ダメなのはバカの鈴木だけでw あいつはうざいだけw

262 :鈴木 ◇m0yPyqc5MQ:2006/03/20(月) 01:11:29
ま、ヤれれば

誰でもいいスがwww

gender freeよりsuper free

263 :佐藤 ◆.MP3JDaRKc :2006/03/20(月) 01:13:01
病的な阿呆が時間つぶしに粘着するのも2ちゃんねる、

上質な対話のできるサイトもWeb上にはたくさん存在するからさ、
ちった外にも目をむけて、
自己解放しろよ、君らも、そのうち腐るぞw

264 :鈴木あいみ ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 01:14:02
 というわけで
私は女でしたーW


みんなそれに気づけなかった時点で、すでに負けじゃないですか?
知らないけどW
どっちでもいいし。

なんでもいいけど、
ちょっとLisaとか私をみつめて佐藤とか、あたしの大介くんに近寄らないでくれる?
超きしょくわるいんですけどW

帰ればいいのに。土のミミズのごはんに。
なんちゃってW

265 :佐藤 ◆.MP3JDaRKc :2006/03/20(月) 01:14:30
あ、俺たまたま佐藤と名乗ったが、
いま隣にスレが上がってるバカオバハンとは何の関わりもないからw
田中にすればよかったかなw

266 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:16:05
>>265
なんか…誤解されやすいハンドル…w

267 :田中 ◆.MP3JDaRKc :2006/03/20(月) 01:17:24
誤解されるとキモイから、変えた。佐藤でも鈴木でも何でもいいんだ、
所詮はハンドルw

268 :中村 ◆hm8TwuXdsQ :2006/03/20(月) 01:17:42
呼んだ?

269 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:18:13
わあっ、鈴木以上の莫迦がここにいたのか、今夜はおそくまでいじってて
よかったなあ。本当に貴重な発見したよ。こりゃ、サトォに感謝しなくちゃな。

270 :鈴木 ◆.MP3JDaRKc :2006/03/20(月) 01:18:21
そうか、鈴木でもいいんだべつにw 田中から変えたw

271 :高橋 ◆KtwhRm4Zro :2006/03/20(月) 01:18:37
俺も俺も

272 :おさむ ◆YST1av./UU :2006/03/20(月) 01:19:27
どうだ、懐かしいだろ

273 :鈴木 ◆.MP3JDaRKc :2006/03/20(月) 01:19:54
>>269
おっしゃる通り、鈴木以上の莫迦はいません。



274 :鈴木あいみ ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 01:20:13
 ああやだやだ。
大介くんみたいな極端な人に深夜までついてまわるとお肌が荒れるよW
エネルギッシュすぎるでしょ。

 わたしは、明日は春休みだけど、みんなもそうなのかね。

さすがに仕事なのにこんな遅くまで起きてたら大変だよねえ。
ヤバいんじゃないのふつうにW
かわいそう。

わたしのラブラブビームで寝なさいW

お休み。

というわけで大介くんも寝なさいW

275 :鈴木 ◆tbxcZ4oBJw :2006/03/20(月) 01:20:57
なるほどそういうことか! 俺も!

長いあいだ文学板に粘着してきたバカ鈴木

276 :鈴木 ◆An2TGiExxE :2006/03/20(月) 01:21:50
じゃあ俺も俺も

277 :鈴木 ◆vrPaafzruw :2006/03/20(月) 01:22:22
俺だよ俺!

278 :鈴木あいみ ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 01:23:34
 全国のsuzukiさんが立ち上がったね。
おもしろいんじゃないの。
だって鈴木って日本でいちばん多いんでしょ?
楽しいじゃないW

やれやれぇ

279 :鈴木あいみ ◆98jGQGfhZY :2006/03/20(月) 01:23:49
僕が鈴木です。

365日にちゃんねるに粘着するしか脳のないバカです。
まるで作家がこの板に来ているかのように妄想し、
綿矢りささんに粘着し、妄想のみを肥大させ
夜な夜な狂ったように誰一人読むこともない独言をえんえんと
書き連ねて、時間を浪費し続けてきたバカの浪人9年目です。

どうかわらってやってください

280 :鈴木あいみ ◆fxUoGXKGHU :2006/03/20(月) 01:26:43
ひきこもりになってもう長い長い歳月が過ぎました。
その間ずっと
「鈴木◆m0yPyqc5MQ」というコテハンを使って、
バカな妄想と繰り言を書きつづけてきたことを、あらためてお詫びします。

心を入れ替えて
母親を泣かせないようにだけは、したいと思います。

281 :鈴木あいみ ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 01:27:58
 なんか古株のおさむしがいるねえW

  虫のをと つわものどもが 夢のあと

と、World Baseboll Classicにちなんで謡でも詠んだら楽しいよねっ

つまんないかW

いいけど。

わたしもつまんないから寝るねっ
さようなら

282 :鈴木あいみ ◆Zk9xOlocOQ :2006/03/20(月) 01:29:38
俺がホンモノです。

まったく生きる自信がありません。

もう何年も世の中と摂食がありません。2ちゃんねるだけが
僕の生きる場所です。今年も入試を受けることさえできませんでした。
新しい大学生が希望に満ちて歩き出す4月、
僕はまた2ちゃんねるに粘着して板を妄言で汚して過ごすはずです。

バカにされてもしかたがありません。

283 :鈴木あいみ ◆AEjbO4GbIw :2006/03/20(月) 01:30:28



今日は、ヒマ人が多い?w









284 :鈴木あいみ ◆vrPaafzruw :2006/03/20(月) 01:34:43
僕が本物です

まったく生きる価値がありません。

もう何年も2ちゃんとズリセンの日々。
たまに思い出したようにレイープするだけが生き甲斐です。
今年も和冦大学に落ちました。
麻原彰晃の娘の入学すら結局は受け入れた大学に
僕は拒絶されたのです。
残された道はパシフィック・ウエスタン大学で
ニセ博士になるか
ペパーダイン大学に偽装入学するしかありません。

僕はいつ頃されてもしかたありあません。

285 :あいみ ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 01:35:11




    今夜は  


ヒマが多い人?W

286 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:35:31
もうその位で。

287 :鈴木あいみ ◆AEjbO4GbIw :2006/03/20(月) 01:36:08
妄想のかたまりで居る時は、コテ名とトリッpは
>鈴木◆m0yPyqc5MQ
に固定して書いていましたが、ホントは僕です。

僕は病気で、入試に惨敗して以来、親の顔も見られないヒキコモリになり
もう8年目です。年齢を数えてください・・・そして
藁ってください・・・自分でもどうしようもなく
ひきこもり状態のまま、病的生活に埋没して歳月を重ねているのです。

ヒキコモリに特有の症状の全てが、僕を苦しめます。自分のバカさが
どの程度か、その見極めすらできないので、バカすぎる繰り言を
書き連ねては、ちょっと見た人達からさえ失笑される状態で
長い月日を重ねてきました。鈴木◆m0yPyqc5MQ という
コテ名の陰に隠れてはいても、藁われているのが
みじめな自分自身だということは、充分に承知しています。

だから、なおみじめなのです。本当のことを指摘されると
逃げるしか方法がないのです。

288 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:37:24
>>286
鈴木◆m0yPyqc5MQ


289 :鈴木あいみ ◆eM9eCHT9nc :2006/03/20(月) 01:38:46
いつも使ってるのは「鈴木◆m0yPyqc5MQ」ですが

よく繰り返し自作自演で名無しになって自分を誉めるのがクセです、
鈴木は〜鈴木は〜と誉めるレスがあったら、あ自作自演だな、と
思ってください。
もう逃げますさようなら。
僕は弱虫でヒキコモリの病人鈴木◆m0yPyqc5MQです。



290 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:39:10
お、鈴木、寝るのか?
でも、最後のオチがいまひとつだったな。
明日はもう少し考えておけよな。
俺はおまえを指示するぞえ。
因みに、「鈴木」が日本で一番多かったのは、随分昔のデータだぞ。
注意しないと、バレちゃうぞ。

291 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:40:37


292 :あいみ ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 01:41:56
 ちょっとおばかさん達ー

わるいけど私の、マネしないでもらえる?
かぎりなく不快に近いマナー違反なんですけどW

 いい加減にしないとプライバシー情報の無許可公開の侵害の罪で民事訴訟も辞さないよ。
あいみを甘くみないでねっ☆

というか
みんなつまんない。
ほんとに引きこもり様方ばかりなんだったりして。なんてねW
こわいこわい

293 :290:2006/03/20(月) 01:42:35
ごめん~~w

「鈴木あいみ ◆AEjbO4GbIw 」で書いたのはモレだ。
一応バラしとく。


294 :鈴木あいみ ◆4lxU4hFjNM :2006/03/20(月) 01:44:37
>>293
うわい!

正直〜〜〜w いーんだよ、なんでもあり!w

295 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:44:47
一応、鈴木 ◆m0yPyqc5MQの体もバラしておいた。

296 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:44:56
お、鈴木、起きてたのか?
悪いが、あいみキャラのできはいまひとつだな。
痛い、失敗かもしれんぞえ。

297 :鈴木あいみ ◆qZFKl2dobU :2006/03/20(月) 01:46:09
>>293
はははは。楽しいネっ。
このスレに書き込む人は同じ名でいいんでない?w
アホみたいな名だけどさっw

298 :鈴木あいみ ◆MFXC3eZ5NI :2006/03/20(月) 01:47:15



でも何年も浪人してる人って、どういう神経してるんだろーーーね




不思議です。





299 :鈴木あいみ ◆4lxU4hFjNM :2006/03/20(月) 01:48:33
皆さん、では、

バカは放置でw おやすみあそばせw




300 :あいみ ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 01:48:46
 神さまに変わって私がみんなをおしおきでしょ。
いくらなんでも日本文士にそんなおばかな人はいないと思うから、まぁゆるすけどね。
なにごとにも限度はあるよ。


 わたしなんか痴漢の足をミュールのヒールでおもいきり踏みつぶして謝らなかったこともあるしW
そんなものじゃないのかな。ひとのあわれなんて。おかわいそうに。

ああ
明日は風がやむかしら?
春先はきもちが不安げなりとぞよ。

301 :鈴木あいみ ◆MFXC3eZ5NI :2006/03/20(月) 01:49:08

ごめんあそばせ〜〜w

302 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 01:49:56
293の言ってることは事実と違うところがあります・・・って、そんな嘘
ついて何になる?
それに騙される、実は純情な方々が多いんじゃなあ。

303 :あいみ ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 01:50:15
>>298
あたしはそんなりさのきもちがわからないよね。

304 :あいみ ◆tbxcZ4oBJw :2006/03/20(月) 01:50:36
>>301

良い夢をごらんあそばせ〜〜〜〜w

305 :あいみ ◆J/ZoJAt3T2 :2006/03/20(月) 01:52:48

病人ヒキコモリ「あいみ◆m0yPyqc5MQ」は

また一晩中2ちゃんねる粘着だわw
お母さんが泣いてるでしょうねえ、悲惨な9浪目? 信じられない・・・

306 :あいみ ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 01:53:47
>>304
ちょっとあんた、りさでしょ。
その素敵に素晴らしい文章様サマで、わたしにはわかるんだから。

ちょっとふたりで話ましょうよ。
大介くんのことだけど。

307 :あいみ ◆mFM431GJtc :2006/03/20(月) 01:54:30
>>305
そうだよね。

信じられない馬鹿が世の中には居るんだヨw

308 :あいみ ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 01:55:06
>>305
いい加減にしなさいよ。

いざという時タイマン張らなきゃオンナじゃないよっ

309 :あいみ ◆6G2MzSg/lQ :2006/03/20(月) 01:55:41
希望校に合格して良かったて思う。ホントに。
高校だけどね。
浪人とかすると悲劇でしょ?

310 :あいみ ◆3zNBOPkseQ :2006/03/20(月) 01:58:51
>>309
おお!合格かおめでトン! 高校かぁ^^青春だなあ!

あんまり2ちゃんとか来ない方がいいよ。妄想馬鹿に粘着されると
時間の無駄遣いだからねw
自分の妄想だけに生きるヒキコモリには特に、要注意。
完全に無視して、ゼッタイに応答しないことが肝心だよ。じゃ

311 :あいみ ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 02:00:12
>>307
 あなたりさでしょ。

大介くんがあんたに伝言渡せって。

「前略 りさ様へ

 ご機嫌うるわしゅう。
どうか僕のかぐや姫、お身体を大切になさってください。
あなたが不摂生を侵すと聞くだけで、我が胸は張り裂けんばかりのかなしみです。
 昔から『早寝早起きお肌の潤い』と申します。
拙者に構わずお先に悠々お休みください。

  敬具」


読んだらはやく寝なよ。
私も大介くんに悲しい想いをさせたくないんだよね。

312 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 02:04:45
本気と書いてマジ。
命と書いてタマ。

妄想と書いてオナニー。
鈴木と書いてキチガイ。


313 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 02:08:13
 ありゃりゃw


僕の隠れcharaの愛美が出てきて何か騒いでましたねwww

やだやだ

Fictionの枠組み越えたら只の分裂症じゃないのかよw
という訳で
僕は寝ます。
お腹すいたー

りさたん夜食作ってー
ねれないー[ウザ

314 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 02:10:17













キチガイは放置でw

315 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 02:14:08













「◆m0yPyqc5MQ 」をつけてる病人は、ヒキコモリの粘着浪人生で
2CHを彷徨う異常者です。わずかでも構えば粘着されます。
常時独りヨガリ妄想でオナってるキモイ10年浪人のオッサンなので
完全無視でw

316 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 02:14:33
 かわいそうに。


僕なんか何者でもない、一介の小人に過ぎないのに。


君の人生を奉仕するには値しない。

317 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 02:18:34
 平安京の内裏の宮内では、こんな深夜の丑三つ時に、
ひそやかに衣ずれの音をさせて愛へと通う月の欠片が行き来したに違いない。


また私たちは、より文明化された洗練されたカタチで、
同じあそびを繰り返していくのだろうか。


  名月や 御簾の向こうに おわします  電子信号あなたを伝う

318 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 02:23:02


  ↑ ↑

ああ、これが
キチガイ「 ◆m0yPyqc5MQ 」の粘着ぶりの実態ですか!なるほどw



自分の実態を突きつけられ、さんざ嘲笑されて悔しさに狂い
きっと一晩中粘着するんだろうな。かわいそうに・・wだれか止めてやれw

  ↓  ↓   ↓  ↓




319 :名も無き神風 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 02:30:37
下品なひとだ。


こんなひとが本当にただしい相手なのだろうか?

 君はどう思うのだ。
それを決めるのは君なのだよ。

正しくあろうがなかろうが、君はもっと神妙なさだめに導かれている。

君は日本の風に縁って、おかしくも何処か、本当のplaceへと流されていく。
月よ。
僕の道を照らしだしておくれ。
君が思う通りに、私は行かなければならないよ。

 闇がいっそう深まる前にあなたの夢が訪れますように。

320 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 02:38:50

  ↑ ↑

ああ、これが
キチガイ「 ◆m0yPyqc5MQ 」の粘着ぶりの実態ですか!なるほどw

>「◆m0yPyqc5MQ 」をつけてる病人は、ヒキコモリの粘着浪人生で
>2CHを彷徨う異常者です。わずかでも構えば粘着されます。
>常時独りヨガリ妄想でオナってるキモイ10年浪人のオッサンなので
>完全無視でw


自分の実態を突きつけられ、さんざ嘲笑されて悔しさに狂い
きっと一晩中粘着するんだろうな。かわいそうに・・wだれか止めてやれw

  ↓  ↓   ↓  ↓







321 :名も無き神風 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 02:45:51
 どうして私は生きていかなければならならないのかい。
あぁ春先の宵が私を包んで、己の御霊を輝かせてくれるよ。
月の回転が女たちをなだめ、さかしまにする。そして私をやさしい命のpoolに浮かべてくれる。

お腹が空いたよ。
それを助けてくれる人気が誰もいないことが、今では、いとおしく想える。
運命の中でいつか消えてしまうさみしさよ。死の畏れを打ち砕くゆかしさ。

次々にかなしみが生まれては彼方へと流さ去ってゆくよ。あぁむなしいものよ。
過去は過ぎ去る。そして未来は未だに来ない。そして現に在る現在を漕いでいく船に乗って、
不思議な風景の奥を旅する放浪の私だよ。
津々浦々の天津をめぐり、今ではゆるされざる定めを背負って星の軌跡が導くままに川を下るよ。

色んないのちがいる。
それを大切だと思うのはどうして?
あわれなる大情は、難しい音楽のcosmosに巻き込まれて延長していく。
散歩道をあそぶみたいに我々は風に吹かれてさ迷っているよ。
 永久(とわ)のstoryに巻き込まれていくよ。

322 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 02:51:07
  ↑ ↑

ああ、これが
キチガイ「 ◆m0yPyqc5MQ 」の粘着ぶりの実態ですか!なるほどw

>「◆m0yPyqc5MQ 」をつけてる病人は、ヒキコモリの粘着浪人生で
>2CHを彷徨う異常者です。わずかでも構えば粘着されます。
>常時独りヨガリ妄想でオナってるキモイ10年浪人のオッサンなので
>完全無視でw


自分の実態を突きつけられ、さんざ嘲笑されて悔しさに狂い
きっと一晩中粘着するんだろうな。かわいそうに・・wだれか止めてやれw

  ↓  ↓   ↓  ↓

323 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 02:54:12
>>322
yamereba?

◆m0yPyqc5MQ nohitoha totemohidoi kokoronobyoukide

jibunndejibunwo dousiyoumonainndayo. kawaisousugi

324 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 03:02:54
DOUSITE KAWAISOU NANO?w

難しいquestionだナ

325 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 07:06:57
なるほど、
これが2ちゃんで一番下らない板、文学板の名物鈴木ってやつか。

326 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 07:48:55
浪人の引きこもりという感じはしないな。浪人生特有の暗さが全くないし、
第一明るすぎる。
働かなくても家の財産で今後大丈夫な中年だろうね、中身は。男か女かは不明。


327 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 08:51:33
鈴木だろうがなんだろうがメンス臭いのは直ぐ分るゼ。
だが、俺は女だから駄目などといっているのではなく、
男も女の別もないようなのが厭なだけだ。
ウソをつけと言うのだ

328 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 08:58:07
はああ、こういう荒しもいるんだね。早起きはするもんだ。
徒党を組んで荒しか・・・
「烏合の衆、烏合の衆、ひとりじゃ、何にもできないくせに、
いつもみんなと一緒だもんねえ」(RCサクセション)
あの頃の、清志郎、冴えてたなあ。

329 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 09:03:21
なにが「早起き」だ、バカ。
もう9時だゼ! いつまで寝てるんだ!
オマエの至らないところは2ちゃんで高説を垂れるところだ

ところで、なんでageが恒常化してんだよ。
このスレの立ち上げに関与していると思しき>>5が「sage進行」
を匂わせたから、俺はそれに倣っているが、、。

330 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 09:10:05
俺は鈴木を貶してる訳じゃないよ。支離滅裂で質は伴ってないが
知識の絶対量はそれなりにあるんじゃないかね。知識だけで言うなら
単なる低脳ではないよ。うざいのは、考えずにただ書き散らしてるだけ
だからだろうね。
俺は鈴木ほどの知識もないし度胸も暇もないからコテはやらない。
文学好きの暇人なんかたくさんいるはずなのに、コテが出てこないのは
不思議だな。みんなブログでやってんだろうか。

331 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 09:17:51
「早起き」は早起きじゃ。夜勤してる人間や、お水関係の人間にとっちゃ
早起きじゃ。
「莫迦」だって。「莫迦」って言ったら、おめえが「糞」だよ。
あさから一人でいばってんじゃねえやい。もっと気の利いた事書いて見せろちゃ。

332 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 10:35:27
今朝もひとり、ニートが青空に向かって吠えた。

日本は今日も平和だ。

333 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 11:36:00
ttp://science4.2ch.net/test/read.cgi/sim/1140262286/l50

334 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 11:38:27
三人寄らば文殊の知恵という諺がある。
1人の人の中に複数の個性を保有しうるとすれば、その人は、1人であり
ながら、複数人があつまったのと同等の創造性や知恵を保有しうるのでは
ないか。問題は、1人の中に複数の個が同時に存在すれば多重人格となる
ことだが、個の人格内部に多層構造を規定し、下層(内層)に複数個性を、
上層(表層)にそれらを制御する一つの個を配すれば、総体として個を維持
できる。
獲得した情報によって個性が特徴づけられる。その獲得する情報は、「好奇心
=経験に対する感受性の差」によって影響される。個の内部に形成された下層
における複数の個は、上層個に内包されているがゆえに、獲得情報が並列化
されており、すでに複数個とはいえないのではと思われたが、内在する個に異
なる「好奇心」を配し、それぞれが異なる個性を獲得しうるモデルならば可能だ。




335 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 11:42:53
これは、一見すると、多様な好奇心を有する個人に過ぎないのではないかと
思われるが、複数の個を内在させ、それらの相互作用により、「文殊の知恵」
を発揮させるという現象について、より深く考察すると、明確な違いが浮かび
上がる。
すなわち、三人が寄るという現象は、個別の個性が「会話」を通じてそれぞれが
影響し合うということであり、これが総体として、より高度な創造性へと昇華される
ということである。ここで重要なキーワードは「会話」である。
個の中に形成された下層個間に「会話」という関係性を形成すれば、個であり
ながら、複数個の相互作用を獲得しうる。このようにして総体される人格は、
単に好奇心の多様性を持っているだけの個とは、明確に異なっている。

人間的な思考や行動とはまさに、無意識下に形成された複数個の相互作用が
生み出しているのではないだろうか。



336 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 11:44:30
人工知能研究において、多くは、行動の表層を模倣する過程に留まっているが、
個として規定された表層個内部に複数の下層個を規定し、情報を並列化しながら、
同時に異なる好奇心をもち、かつ自己の内部において、それらを会話させつつ、
それを表層個の判断のコアとするように系を形成できれば、そこに人格は、生じうる
のではないか。

さらに、それら複数の下層個の下層にまた第二下層個を規定すれば、下層個に
規定された好奇心にゆらぎを与える事が出来るかもしれない。さらに第三、第四、、
と下層個を規定すれば、事象に対する総体としての個は、世界を自己の内部に
包含したような状態となり、世界そのものの意志をつむぎだし、「神」のような個
が生じ得ないだろうか。


337 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 11:58:34
答えられるか?

3人で一泊3万円の部屋に泊まることになった。
前払いで3万円を払ったが、後で主人が2万5千円の部屋に
案内してしまったことに気づいた。そこでバイトに5千円を
持たせて返してくるように言いつけた。ところがこのバイト、
2千円を自分のポケットに入れて、3千円をお釣りとして
返してしまった。
3千円のお釣りが帰ってきたので、払った宿代は27000円
バイトが盗んだお金は2000円
合計すると27000円+2000円=29000円

最初に払ったお金は3万円なのだが、足りない1千円は
どこに消えてしまったのでしょう?



338 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 12:00:42
わああっ、面白い。
たまんないね。
鈴木の存在。

339 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 12:16:39
主人30000−5000=25000      5000
バイト5000−3000=2000      3000
客  3000            27000
  [収入]          [出費] 
客の出費とバイトの収入をごっちゃにしてる。

30000円-3000円=25000円+2000円
で何の矛盾も疑問も起きません。

340 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 12:32:08
3人で一泊3万円の部屋に泊まることになった。
前払いで3万円を払ったが、後で主人が2万5千円の部屋に
案内してしまったことに気づいた。そこでバイトに5千円を
持たせて返してくるように言いつけた。ところがこのバイト、
すべて自分のポケットに入れて、お釣りを返さなかった。
お釣りが帰ってこないので、払った宿代は30000円
バイトが盗んだお金は5000円
合計すると30000円+5000円=35000円

最初に払ったお金は3万円なのだが、5千円増えてしまった!


341 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 12:38:34
誰もが満足のいく答えキボンヌ!

342 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 12:42:39
>>334->>336に対してネガティブな好奇心を持ち合わせた
下層個さんはいつお出ましになるんだ?
そんな面倒くさい奴は2ちゃんの過疎板の過疎スレで重宝
するだけであることを当の本人が実践している。
なんだか危ない。
明確にオチをつけてくれないと、ちょっと触れないぞ。

343 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 12:44:06
>>337
じっさい七面倒臭い話だな。
それは「天使の分け前」じゃないのか?
おれなら、足がでた分は宿側の免責として払い過ぎた金額で
「色をつけろ!」と主人に強要するゼ。
時間を無駄につかわせやがるゼ……。

344 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 12:50:49
>>340
アンタ、そんなことばかり智慧が働くんだな。
文学を捨ててマルチ商法はじめてみソ。

345 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 12:52:10
>>337
バイトの存在が厄介。
誰かこのバイトを文学的にうまく表現してくれ。

346 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 12:57:21
俺が主人なら自分のミスを最後まで黙っているゼ。
俺がバイトなら全額ポケットだ。
けっきょく、中途半端な悪人が出てくるから
話がこじれてくる。
俺のピカレスクにはそんな子ネズミは登場しない。
あとは文学賞のペテン審査員が俺に追いつくだけだな。

347 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 13:03:26
3人で一泊3万円の部屋に泊まることになった。
前払いで3万円払ったが、主人が2万5千円の部屋に
案内してしまったことに気づいた。そこで主人は
客に直接お釣りを返した。
釣りが5000円返ってきたので払った宿代は25000円。
主人が得た金額は25000円。
合計すると25000円+25000円=50000円

最初に払ったお金は3万円なのだが、2万円増えてしまった!

348 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 13:23:41
昆虫VS人間の戦争でもそうだ。
戦争と言うのは勝利のために行われるのではなく、
政治の一部として行われるのであり、
例えば、いくら相手を根絶やしにしても自分達の住む
場所がなくなってしまっては意味を成さない。
だから人間は昆虫が数多くいそうな森林等を焼き払って
行けば、あっという間に敵側の勢力を4分の1にできるであろうが
その後の公害・悪影響を考えると実行に移せない。
戦争と言っても決して単純な殺し合いではないのである。

しかしそれでは話が進まないので、ここは相手を4分の1にまで
減らすことが双方にとって絶対の目標であると仮定する。


349 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 13:31:54
するとやはり人間は森林を焼き払えば良いと考える。
虫の宝庫、森林を焼き払えばすぐに目標に
到達する。ただし知恵の付いた動物達はその事を承知しているだろうから、
事前に食い止めようとするはず。
巨大な森を内部から焼くために飛行機を使ったところで
鳥達が自己犠牲の精神でエンジンに飛び込み、墜落してしまうかも。
ヘリもプロペラに何匹も絡まってきたら、やばいだろう。
かと言って徒歩だと危険なので各国の戦車辺りが
最寄の森林の外周まで突撃して火を放つのがよいだろう。

しかしそうしたところで羽のある昆虫は逃げてしまうだろう。
・・後は、羽のある虫と、そうでない虫の割合、
世界の森林の分散の様子、(規模の大きい森林なら虫達が逃げ切る前に
燃やすことが出来るだろうが、小さい森ならば、羽のある昆虫は
皆逃げる。)とかが分かるとよさげかも。
それらの状況によっては、森の破壊ですぐにかたがつくと思う。
だが、今回は動物側が宣戦布告している以上、森からの避難は終えている
可能性が高い。

もし虫たちが森から逃げ切って、街などに溢れるようになったら・・
人間は家にこもるしかない。大型の動物の数などたかが知れているが
名も知れぬ小さな虫が人間の呼吸を塞ぐ如く突撃してくると怖い。
家にこもった人間は腹が減る。
森を出た虫にとっても食糧が不足する。
虫は家という人間の城を何とか落とそうとする。
その際、サルや犬、鼠、猫、いたち、熊などの
大型の動物が家の一部を破壊して周り、そこに虫がなだれ込むという
コンビネーションをとってくるかもしれない。


350 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 13:32:50
動物側から宣戦布告している以上、人間が殺虫剤などを供える前に
作戦が実行されるかも知れない。だいたい殺虫剤もばら撒きすぎると
人間の体もやばくね?
一体の人間を殺すのにどれだけの虫が必要なのかわかんないけど
なんだか風の谷のナウシカを思い出したよ。


351 :吾輩は名無しである:2006/03/20(月) 14:25:09
はええとこ、省略たのむよん。

352 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/20(月) 23:56:53
今晩は。
日本文士の大介です。


 最近僕には悩み事がありますね。
それは日本のタテ社会に順応するか反抗するかの生き方の選択の迷いです。

はるきち師匠を想えば、徹底して背を向けるほうが良いのでしょうか。

353 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/21(火) 00:16:44
 タテ社会も悪くはないのかもしれません。
実際、日本人は弥生時代以降、約二千年は上下関係の中で暮らして来ました。

だから市民平等を原則とするdemocracy政治は、
日本人にとっては未だに本当には実現されていない気がします。
そもそもcapitalism経済はpyramid型社会構造によって、能力次第で非平等化する大系なんですけど。


 僕はどうやって生きればいいのだろうか。

354 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 00:23:34














煙草やめようか

355 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 00:24:46














酒減らそうかナ

356 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 00:25:29














馬を休むか・・・

357 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 00:26:56














それとも 別れるか

358 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 00:28:18













全部置いて とりあえず出かけるか

359 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 00:32:09













余人にはウザイだけだな個人的な繰り言垂れ流してもw   

360 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 01:02:24
>>352
自分が選びそうもない映画タイトルを観ると
ヒントがつかめるかも知れないゼ。
例えば『血と骨』『力道山』を続けてみるとかさ。
時代背景も、置かれた立場も違うはずなのに、
俺の裡側にある黒い澱みと妙にシンクロするようで。

「挫折しました」だぁ、コラ?
「文学は失語症のリハビリです」だぁ、コラ?
「若い審査員には負けません」だぁ、コラ?
「裏の顔」だぁ、コラ?

 オマエは収支の合わねぇ競馬しかないくせしやがって、
 フザケルナアゴテメェコノ野郎!!

361 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 07:41:33
コラだって、プッ。

362 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/21(火) 09:07:08
 タテ社会構造のせいで
身分上は目上の馬鹿に、不本意ながら頭を下げなければならないとき、僕は耐え難いんです。

福沢諭吉が門閥社会に親の敵とまで憤ったのと同じ『日本神話』の物語にまた、
僕も巻き込まれざるを得ません。
 福沢は自由主義を導入して日本人の奴隷気質を改良したはずだったのですが、
やはり二千年の習慣は百年足らずでは充分には変わりません。

僕が苦悩しているのはそんなところだと思います。

363 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/21(火) 09:17:48
 一つの解決策は自由の国・Americaへ逃避することです。
そこではすみませんスミマセンと馬鹿に下らないことで謝る必要はない。

けど僕は日本が好きなんです。だから日本から出ていきたくない。

 タテ社会の倫理を身に着けるのは確かに、日本社会へ順応するのを意味します。
だがそれは文明の道筋から言えば、《退歩》なんですよ。
 福沢先生が頑張った仕事を僕は、一心においてムダには出来ません。


 もう一つの解決は自殺して産まれなかったと思い込むことですが、
腹を痛めて育てた親の為を思えばそんな愚劣な行いは決して出来ぬ。


 やはり意地でも独立主義を貫くしかないのか。

364 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/21(火) 09:26:39
 主義如何に関わらず、
気位が高すぎる人は日本ではうまく生きて行けないような社会構造なんだと思います。
たとえITベンチャー企業の経営者になってもやはり、細かいタテ社会事情は同じではないでしょうか。


 僕はサムライになりたい。
そんな奴はニートであるしかないのでしょうか。
 食い扶持を寄宿者に頼っていては、いつまで経っても真の独立文士ではありません。

365 :Lisa:2006/03/21(火) 10:21:35
りさでーす。おはよ☆

366 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 10:58:23
サムライ? いまの社会でいったら公務員のことだね。

低学歴の鈴木には無理。
ニート=水呑百姓

367 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/21(火) 12:51:43
今日は髪刈って気分いいから、表参道ヒルズでdateしましょうりさたん。

返事を待つ。

368 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/21(火) 16:35:12
返事なしだから、帰るよー

バイバーイ

369 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 17:58:54
彼らに順応する必要などまったくないよ。順応している芝居をするだけだ。鮭を釣る
のに鮠を餌にくれてやる。徹底的に阿呆どもを騙し、猫被りをして生きるのだよ。
自分自身の活動を維持するために利用する手段でしかないのだから、退歩たりえない。
ゼウスは、まずはじめに滅ぼしたい者どもの気を狂わせるというな。彼らはといえば、
すでに集団主義という滑稽な狂気を信奉しているのだから好都合ではないかね。憐れな
痴れ者どもの掟を利用しない手はあるまい。

序列構造においては、たとえ無能な者にさえ何らかの機会が与えられるな。時に遭えば
鼠も虎になる。才知ある蛇ならばこの瞬間を逃がしはしないよ。封建的な社会のなかで
彼らが好んで重んじる義理や人情も利用してやればよい。獅子は吼え猛っても自分の
子供は喰わないのだ。ただし自身はその恩を仇で返し、罪科無き者を罰し、子供を踏み
潰し、友人を犠牲にして平気でいられるだけの理性を備えていなければならないよ。

ただし知ってのとおり、舞台で小芝居を打っているのは、自分だけではないのだ。
自分自身が不幸な犠牲者とされるような隙を彼らに与えてはならないよ。

370 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/21(火) 19:46:53
 武士(もののふ)の道は常に試し合いなのだろうか。
僕は、現世という芝居の役者としてすら、否応無く演技をさせられる運命(さだめ)にあるのか。

三島は、遊園地になっていくこの極東の孤島で、「真剣」勝負は何処で決する可か考えたのだと思う。
 不本意ながら日本人はamericaに間接統治の屈辱を味あわされました。
僕はそれが忘れられない。
そして花と散った先祖の為にも、二度と同じ敗北は繰り返せぬ。

一命を懸けても国土を失わなければならなかったのには、根本的な修養の誤りがあるとしか考えられない。
単純に歴史的近代化の速度という以上の、「戦意の源泉」に敗退の原因を見いださざるを得ません。

 或いは一度負けたということは、未だ改良の余裕があるという事です。
日本人が大東亜戦争で必要以上の残虐を侵した背景もやはり、同じ気風のなびき方にあると思う。

つまり、この国には『個人(individual)』を抑圧する構造があるが故に、弱い。
あらゆる誇りの理由が自尊心であることを省みれば、
americaの抱く独立士風の大儀に、日本の情けない甘え仁義が勝てる訳ない。

ここで下らぬ戯れにあそばず、天下一人で自由の手本を示さなければ
どうしてこの国に吹く腐った風向きを変えられるだろう。

371 :吾輩は名無しである:2006/03/21(火) 21:44:38
何だ、何だ、今日は鈴木にやられっぱなしかい?
どうしたのさあ、
鈴木に嫉妬しているみなさん、だらしないですよおう。
まだ知らなああい、なんて友達がいたら、すぐに教えちゃいなしょう・・・


ヘヴィ・ユーザーの国明でした。

372 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 01:39:24
よって、いくら精神医学を学ぼうが、あの悲劇は解明できない。
わたしのライフワークはふたつの「なぜ」を解き明かすことである。
なぜが眼前で投身自殺? なぜ日記にわたしへの不満を?
なぜ原一男のせいなのか? なぜ2ちゃんねるがわたしを追い出す? 
おそらく徒労に終わろうことはわかっている。それでも――。
精神病ってなんだろう。それを知るための旅にいまでている。どこに行き着くのか。

>797 :美香 ◆ESCVVanDCU :2005/12/12(月) 23:40:47
>誤解です、関場先生……orz
>
>798 :美香 ◆ESCVVanDCU :2005/12/12(月) 23:41:40
>関場ってキチガイはおもしろい(きゃはは♪
>
>799 :美香 ◆ESCVVanDCU :2005/12/12(月) 23:42:15
>>>798
>偽者?

373 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 19:23:27
民衆は頑丈な軛に繋いでおかねばならないよ。最悪の国家とは人民の国家なのだ。
ローマは民衆が自治を主張したときが最も惰弱であり、暴君が権柄を執ったときにこそ
世界を支配したのではなかったかね。束縛の鉄鎖は重ければ重いほどよい。苦しみが
小さければ叛逆の隙を与える。だが大いなる苦悩には沈黙するだけなのだ。

『葉隠』は「毎朝毎夕、改めては死々、常住死身に成て居る時は、武道に自由を得、
一生落度なく家職を仕課すべき也」と説く。だが所詮、瑞穂の国の民はラケダイモーン
のごとき尚武の一族の末裔ではなかったのだ。武士になろうなど狂気の沙汰。散った
桜は、いずれ愚劣な物語の頁に挟んだ捺し花となるだけの話だよ。

自由の手本を示すなど笑止千万。蟷螂の斧に誰が振り向こう。小人の行動など白蓮の葉
の上に落ちた水滴のようにはかない。ニーチェによれば、私たちの生きてきた人生の
何もかもが、同じ順序と脈略に従って際限なく繰り返されるということになる。敗退と
残虐の砂時計は、修養の如何に拘らず、永遠に繰り返し巻き戻される運命なのだ。

374 :吾輩は名無しである:2006/03/22(水) 19:53:08
>>371
>今日は鈴木にやられっぱなしかい?

取り敢えず、鈴木君は疲れるまで独りでやらしといたほうがいいよ?

375 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/22(水) 23:31:37
今晩は。
独立文士の大介です。


 「韓信の股潜(くぐ)り」を実行するのが縦型日本社会に順応する手段というのはよく理解できます。
つまり虚飾を装って、老獪狡知に処世よという訳です。

 所で僕は、武士(ぶし)に成ろうとは思わない。
今日の国際情勢に於いて自衛隊に所属するより寧ろ、
在野文民として世論を善導する事に士(samurai)という理想を見出すからです。
 僕が自分を日本ソンビすなわち日本『文士』と名乗る背景にはそんな由があります。

 さても浮き世は世知辛い。
仕える忠臣とて国家主権者の自身の他にらあらぬ。
此処に我が一心をsupremeと認めて誇る『独立』の主義が産じます。

 独立文士にも活計の手だては要る。然して天下独尊の一介人に虚飾は無用。
故に僕は身分や年功が上の馬鹿に卑屈を演じるには足らないのです。
「自由の大儀」はここにあります。

376 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/22(水) 23:44:18
 銭がなければ生きて行かれないcapitalism economyに暮らす一身、
どうして稼ぎを得るかを深く慮んばかるのも文士の道です。

けれども、卑下をキタナい方法の為に用うなど言語道断。
文士の身の上に於いて許されざる卑怯非道に他ならぬ。
中華の権威もユダヤの知恵も引くに値せず、処世のautonomyは己の自由に在る。

 例えカネを億兆yen積まれても断固、卑屈の風儀をはねつけるこそ文士たれ。
正直な仕方で儲けた利得以外は只の浮き雲です。

377 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 01:05:28
お、鈴木、いいこと言うじゃねえか。さすがだぜえ、腐っても、おめえは「濠衛門」
とは違うと思ってたんだ。(おめえが、奴のことをどう言ってたかはわすれたけど)
少なくとも、あんな薄気味わりー、顎がなくなるような醜いデブリンにはなるめえよ。
ただし、「馬鹿に卑屈を演じるには足らん」と言う気持ちはよくわかるが、
面従背信して飄々と生きるのもまた一興じゃねえか、てめえの食い扶持ぐらいは
駕籠かきでも何でもやって、稼ぎなせえよ。
もちろん、そのときには、武士として命を張る覚悟はあんだろうな。
「僕は日本国には命をかけたくありません」なんて言うなよう。
みんな期待してるぜ。余計なこったろうが・・・

378 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 01:16:42
お、鈴木、今日は寝るのがはえな。
つまんねえから、おれっちも寝よ。


  ヘヴィーユーザー・国明

379 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 09:52:24
あらゆるネットが眼根を巡らせ
光や電子となった意思を
ある一方向に向かわせたとしても
“孤人”が
複合体としての“個”になる程には
情報化されていない時代・・・

A.D. 2030

(攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX - The Laughing Man)

380 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 11:29:39
鈴木の知識ってすごいな、つまんないけど。

381 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/23(木) 13:17:45
こんちは。


 下人が愚かにも文士へ覚悟を問うていますね、馬鹿な奴だ。
そういう奴は腐った女のように野蛮国americaへでも逃避しているが良い。戦意削除の邪魔者め。

382 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/23(木) 13:32:21
 文士は野卑な武士ではない。進化した侍です。

文士の使命は美談を残す事にあります。
かつてもののふ達が義死を以てそうした様に、
洗練されたソンビの命はよりよく生きる手本を天上天下に自ら示す。

文士道とは生きる事と見つけたり。

383 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 17:13:30
お、鈴木、今日は早いな。でも言ってることは全然説得力ないぜえ。
本当は、痛いのとか、疲れるのが苦手なんだろう?
なんだかんだ、言訳見つけて、のらり、クラリってのが、「ゾンビ」のやり口
だからなあ。
まるで、この前の、「母子殺害事件」を担当しておきながら、指定された日に
「他に用事があっから、オラ、行かねえ」って、ケツ捲った「死刑廃止論者」
の、煮ても焼いてもくえねえ、産廃ゴミ野郎みてだぜえ。

            ヘヴィー・ユーザー国明

384 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 18:12:41
http://yondance.blog25.fc2.com/blog-entry-558.html
FC2ブログご同輩へ未分類│ 2006/03/19 ↓ TB 0 ↑ Com 30

おなじ記事をいくつものテーマに投稿するのはやめませんか?
見ていて、ここにもある〜といらいらする。
笑えたのは、あと1ヶ月で自殺すると宣言していたキチガイ女のブログ。
さんざんコメントを集めておいて、今日自殺するのはやめましたとのこと。
そんなブログでも多重投稿だけはしっかりしている。大笑いしました。

385 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 18:13:55
COMMENT
Yuki URL @
03/19 21:02 . こんばんは。
キチガイで悪かったですね。
あなたは何か勘違いしていませんか?
同じ記事を複数のテーマに投稿、
確かにうざいかもしれませんが、
私の記事は一つだけのテーマではないのです。
色んなテーマでの意味合いを持っているので、
色んな方に見てもらいたいのです。
ランキングなどに参加されている方もそうではありませんか?
私はランキングには参加しませんが、
例えば「鬱」というテーマ「ひきこもり」というテーマ、
それぞれに関心を持った方に見て頂き、多くの方と出会いたいだけです。
まだ初めて間もないブログなので、多くの方と出会いたいだけです。

「通販系」のブログなどは、それこそ何の関係もない、
テーマに複数投稿していますよね。
私は私に関係のあるテーマだけに絞って投稿しています。
しかも同じテーマに対しては一回だけです。
「こころ」というテーマ、「鬱病」というテーマ、
私は自分に関係のあるテーマに投稿しています。
ブログで私の事をキチガイと記事にするのは
辞めてもらえませんか?侮辱もいいとこですよ。
あなたこそキチガイではありませんか?

386 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 18:14:56
Yonda? URL @
03/19 21:17 ばれましたか!. 

>あなたこそキチガイではありませんか?
そうかもしれません。
精神病というのは医者にかかるかが分かれ目。
わたしなんか、精神科医に診断させたらたしかにキチガイになります。
Yukiさまのおっしゃる通りです。

Yukiさま。いまわたしは打ち震えています。
あなたは名女優です。
よくうちをつきとめましたね。
そしてこの感情のこもったコメント。
しかもじぶんのブログのURLをはることだけはぜったいに忘れない。
そのすさまじい自己顕示欲がプラスにでるといいですね。
きっと大成すると思います。
わたしも負けてはいられません。
集客のためなら自殺宣言だろうとなんだってする。
今回、Yukiさまから学んだことは多いです。
ありがとうございます。

387 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 18:15:51
Yuki URL @
03/19 21:35 . Yondaさん、
私は本当に色んな方と出会い、
ただ一つのテーマだけの人に読んでもらいたくない、
自殺を覚悟したなら、遺書代わりのブログを、
なるべく多くの方に読んでもらいたいという、
気持ちはわかりませんか?
確かにでしゃばりでうざいかもしれません。

でも集客の為に自殺宣言なんてしたのではありませんよ。
本当に集客目的ならなら、いくつものランキングに参加し、
一位になろうとするでしょう。そういう方は沢山います。
本当にカウントダウンブログとして始めたんです。
本当に傷つきました。
私は名女優をやっているような心境ではないんです。
とにかく質の良い出会をしたい、
そして自分の死にたいという、
感情から救われたいと思ったのです。
私もあなたもキチガイなら、私のブログを読まれて、
少しは同感された事とかはないのですか?
何度か来ていただいているようですし、
あなたや、もしかしたら他の方にも鼻に付く女でしょうが、
私は自己顕示欲でブログをやっているのではありません。
何か連続投稿以外の事でコメントを下さるなら、嬉しいです。
待っています。キチガイのバカ女より。

388 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 18:16:57
ムー大陸 URL @
03/19 22:03  . 

わくわく♪

389 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 19:27:03












390 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 19:29:19
Yonda? URL @
03/19 22:10 Yukiさまへ. 

>私もあなたもキチガイなら、私のブログを読まれて、
>少しは同感された事とかはないのですか?
ごめんなさい。
どこにも投稿されているので、うっかりクリックしただけです。
まだちゃんと読んだことはありません。
きっとすごいことが書かれているのでしょう。
いまから全記事拝読してコメントします。
責めないで下さい。
Yukiさまだって、うちのブログをちっとも読んでいないでしょう?

>何度か来ていただいているようですし
再度、お詫びします。
訪問したのは今日が初めてだと思っていました。
まえにも行きましたか。忘れていました。
ほんとうに申し訳ありません。
いまからYukiさまの自殺への道のり、しかと拝見いたします

391 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 19:30:52
コメントはここでよろしいですか?
それともあちらのほうが?
なんだかそちらに以前したコメントは削除されたみたいですね。
ならこちらでしたほうがいいのか。

みなさま。
自殺しようか悩んでいるかたがいます。
わたしには荷が重過ぎます。
救命にご協力ください↓

http://

392 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 19:31:47
Yonda? URL @
03/19 23:34 匿名さまへ. 

管理人のみ閲覧可能のコメントをくださったかたへ。
ご丁寧なコメント、ありがとうございます。
正直申しまして、あのような誠実なコメントを読んだことがありません。
おっしゃること、もっともだと思います。
どれほどのかたがあのコメントをお書きになったのかとこうべをたれます。

リンクの削除ですか。
これが記事の中だったら簡単なのですが……。
コメントに書いてしまったもので。
わたしもパスワードを設定していなくて。
ここでコメントを削除したら第三者に流れがわからないような気もして。

決して削除をしないと申し上げているわけではありません。
お手数ですがメールをいただけると助かります。
話しあいましょう。
自殺したいとは死んだ母から何度もいわれたことです。
自殺予告にどう向き合うかはわたしの問題でもあります。

それと、あのう。
ここにリンクをはられると荒らしが大挙するとのご指摘。
「本の山」閲覧者はそのようなかたばかりなのでしょうか。
もしかしたらYukiさまをお救いすることができるかたもいるのでは?
間違いが多々あるかと思います。
ご指摘ください。

393 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 19:39:16
記事のコメントぜんぶを削除してほしいとのご依頼。
もっともなことだと思います。
わたしも以前、おなじようなお願いをして無視されました。
すぐさま削除するべきだと思います。
だけど、しかし、ひと晩、考える時間をください。

それに「本の山」。
自殺宣言をなさったYukiさまのブログと比べたら来客数は雀の涙。
アクセスは百程度。
そのうえ記事ではなくコメント。
だれも見ていないようにも思うのですが。

匿名さまのご心配はまったくだと思います。
どうかひと晩だけ考えさせてください。
わたしだってYukiさまのブログ、全記事、全コメントに目を通したのです。
お許しいただけませんでしょうか。


Yonda? URL @
03/19 23:42 匿名さまへ. 

いま見たらYukiさまは、わたしへすてきな態度をおとりくださいました。
なぜYukiさまが生きていなければならないのか、
もしよろしかったら教えていただけませんか。
匿名さまのメールをお待ちしております。

394 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 19:40:28
ムー大陸 URL @
03/20 00:06 しかとされてるしw. 

ツマンネww


Yonda? URL @
03/20 00:18 ムー大陸さんへ. 

ムーさまのコメント「わくわく」を読んで、
荒らされると某匿名さまが心配なさったかと……。
わたしも「わくわく」しました。

Yukiさんはおもしろいと思います。
ふつうの神経ではできません。
自殺予告。
そのことをさりげなーく匿名でわたしが書いたら、
即刻さぐりあてコメント。

なんか記事でも取り上げたくなりました。
あ、ムーさま。ごめんなさい。
わかってます。ほんとうに怒ってはおられないことは。

Yonda? URL @
03/20 00:42 匿名さまへ. 

いま気づきました。
もしかして、あいさまですか。
ですよね。鈍感でした。
考える時間をください。
ああ、興奮して眠れません。
あした心療内科にでも行くべきか。

395 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:09:48













自分のブログに書け

396 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:10:43
独言垂れ流しは禁止。

397 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:11:40





2ちゃんねるは公共の場

398 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:12:30

個人ノートとはちがう。

399 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:14:00
ゴミをかたするのも面倒な

400 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:14:35
せっせ

401 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:15:08
Yukiという人たちの魔文は独立文士のそれに似てるけど、
なんなの、それ?

402 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:15:16
せっせとボランティア

403 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:15:49
片付いたらさあ

404 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:16:08
これじゃあ、鈴木先生の出番もねえやん。
堪らんね。まるで僕の大好きなb−オフで店員たちの素晴らしい合唱を
聴いているような気分になっちまったぜ。
本でも読んで、今日は早く寝よ。

    ヘヴィ・ユーザー国明

405 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:16:25
皆で雑談しようぜっ

406 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:27:35
俺は一郎より、王さんに拍手。かつて国民栄誉賞を無理やりもらわされ、
引退後、巨人の監督になったら、久米のアンポンタンに散々コケにされ、
中傷され、愚弄され、マスコミにも掌返されたように、バッシングされまくってた。
今のソフトバンクへ行ってから、ようやくほんらいの王さんらしくなって、
ほっとしてたんだけどよ。で、今回、ああ、お久しぶりに・・・と言う感じがしたからな。
それにしても、マスコミ、コメンテーターの馬鹿面は、つくづく信用ならねえとおもったね。
コレで韓国に負けてたら、何言われてたか、わかったもんじゃねえやい。

407 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:28:04

404も某糞コテの自作自演w 相手にすんなよ粘着されっからw

408 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:28:54

NYタイムズの社説は、良かったな! 久しぶりにアメリカのよさを
感じさせてくれた。
野球はすでに米国の専売スポーツではない、と断じて
WBCにおける日本の優勝を素直に評価している。
決勝戦が素晴らしいゲームだったことに脱帽し、
同時に
韓国の活躍にも言及、アジアも野球大圏なのだと書いている。
とくに、活躍した日本選手の名を挙げながら称えている点は
アメリカジャーナリズムらしいフランクさで、さすがと思わせた。


409 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:30:20
>>406
こらっ、雑談はsageでやるのが最低限守るべきルールだろが!

他のまともなスレの迷惑になることはするな! いくら馬鹿でも。

410 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:31:55
Yuki URL @
03/20 00:53 . 読んで下さってどうも。
あなたは私にどんなコメントをしたかお忘れですか?
「ここはキチガイの中でも特にひどい」とか。
私はいただいたコメントを適当にあしらったりしていません。
いい加減な事を言わないで下さい。
私のブログの内容をこれからも記事になさるおつもりですか?
読む本が無くなって、荒らし行為しかする事が無くなったのですか?
あなたのお母様が亡くなった事、私には関係ありません。
私も弟を自殺で亡くしています。
後母親を目の前で電車に投信自殺された友人も知っています。
その兄弟は、あなたのように曲がった人間にならず、
今堂々と生きています。
あなたは私が死ねば満足なのですか?

Yuki URL @
03/20 00:55 . それから匿名さんはあいさんではなくて、
私の友人です。

411 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:32:53
>>408
それね、アメリカ人流の皮肉。
何十億も稼ぐメジャーリーガーが勝てなかったことの揶揄です。
優勝した国を褒めとかないと負け惜しみになっちゃうからね。

412 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:32:54
Yonda? URL @
03/20 01:15 起きています!. 

Yukiさま、最高です。

>ここはキチガイの中でも特にひどい
そんなこと、書いていないでしょう。
多重投稿についてのご質問と、
医者の紹介状についての共感しか書いていません。
そのウソつき具合。たしかな精神病とお見受けしました。

弟さんのこと、おそらくと思いましたがやはり……。
ことばもありません。

>あなたのように曲がった人間
ご指摘の通りです。
Yukiさまのようなまっすぐな人間になりたいです。
真人間への道をYukiさまのブログを読むことで探っていきたいです。
コメント、ありがとうございました。

眠れない。Yukiさまのおっしゃるようキチガイになったのか。
精神科に行かねば……。おすすめの病院、ぜひ教えてください。
都内です。

413 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:34:35
kay URL @
03/20 03:33 kayと申します。. 初めまして。Yukiさんの友人ですが、こちらのサイトの存在を知りましたので拝見に参りました。
所見よろしいでしょうか。
とてもパーソナルな領域だとは思うのですが、Yonda?さんの思われる事になんら問題ないと思いますけど、
(それはあらゆる所に自由という権利があるからという理由に他ならないのですが)せめてYukiさんのサイトに管理人の気分を害する記事を投稿なさるのやめていただけないかという事です。
Yonda?さんが何を思われようと自由かと思います。何処に何を書き込まれようがそれもよろしいかと思います。
ただ、ここで問題になってくるのは、Yondaさんが書き込まれているのはYukiさんの管理下であり、Yukiさんが心の中を吐露する場である事です。
Yondaさんが書き込まれた記事を削除するのはYukiさんの意思。それに対し、削除を止めるようにとの要請や、反論。
インターネット上という公共の場でそれらを行うのは、誹謗、中傷に他ならないと思うのです。
Yukiさんは止めてくださいとおっしゃっているようですが如何でしょう?
でも と思われるかもしれません。
自分はこう思うのだし、自分の意見は参考にならないのかと。
勇気づける言葉だけ受け入れ自分の言葉は不必要だと思うのかと。
しかしそれは個人の自由では無いでしょうか?
受け取り方なんていう物は数億と存在します。
Yonda?さんが良いじゃないかと思う事を、不快に受け取る方もおられます。
こうやって Yukiさんのアドレスをこちらで貼られる事も見る人は少ないのだから良いだろうでは通りません。
礼儀やマナーの問題かとも思いますが。
個人の自由を貴方が制限する権限が何処にありましょうか?
疑問を感じましたので こちらに書かせていただきました。
Yukiさんのやり方に対するYonda?さんの考える事、これにも多々申したいことございますが、それはメールでのやり取りでお話ししたいと思います。
よろしいでしょうか。

414 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:35:19
    _______________
   |
   |★★荒らしは放置が一番キライ!★★
   |
   |●重複スレ、板違いスレには誘導リンクを貼って放置!
   | ウザイと思ったらそのまま放置!
   |
   |▲放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います!
   | ノセられてレスしたらその時点であなたの負け!
   |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | 荒らしにエサを与えないで下さい(粘着糞コテ=荒らし)
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

415 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:35:44
Yonda? URL @
03/20 19:58 kayさまへ. 

コメント、ありがとうございます。
こんないいご友人をもったYukiさまはとてもお幸せなかただと思います。
kayさまの、ご丁寧なコメント、何度も読みました。
申し訳ありません。
わたしの読解力が足りないためかと思います。
Kayさまのコメントの内容がよくわからないのですが……。
もしやkayさまご自身もよくわかっておられないのでは。
勝手な推測、失礼しました。

こちらから素朴な疑問をよろしいでしょうか。
Yukiさまがわたしにくださったコメントをどのように思われますか。
とてもほめてくださっているようには見えないのですが。

えーと、そちらのご要求は――。
1.Yukiさまのブログに今後、書き込むな。
→わかりました。
じゃあ、そっちサイドもこちらに書き込まないということですか?
わたしは別に気にしませんが。

2.リンクをはずせ。
→いちばん上の記事をお読みください。
わたしは匿名でこんなおかしなひとがいると書いたまで。
そこにYukiさまご本人が登場。
しっかりURLもつけて。
こんなところでまで宣伝したいのかと驚きました。
その意思をくんでブログをご紹介しました。

416 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:37:32
Yukiさまはとてもおもしろいかただと思います。
こんなひとがいたのかと感動しました。
ブログで自殺予告をしたり、引っ込めたり。
周囲を振りまわして遊んでいる(ように見えた)。
こんなおかしな生きかたがあるとは!

匿名でならこういうかたが世の中にいることを紹介しても構いませんよね。
Yukiさまのほかにもいそうですし……。
おっと、いま「ブログ 自殺予告」で検索したら、ざくざく。
これはたいへんです。
こころのやさしいかたは、いくら時間があっても足りません。
ご苦労をお察しいたします。

417 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:40:50
   |★★荒らしは放置が一番キライ!★★
   |
   |●重複スレ、板違いスレには誘導リンクを貼って放置!
   | ウザイと思ったらそのまま放置!
   |
   |▲放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います!
   | ノセられてレスしたらその時点であなたの負け!
   |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | 荒らしにエサを与えないで下さい(粘着糞コテ=荒らし)
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


418 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:40:55
409も頭いいんだな、405が雑談でYukiだかなんだかの背乗りを邪魔しよう
って言ってんのに、過剰反応しやがって。
ようやく野球で盛り上がってきたとこじゃねえか。頓珍漢。
お前も、仲間にはいりゃあ、いいじゃねえのよ。なあ?

419 :YUKI:2006/03/23(木) 21:42:37
あたしに何か文句あるのっ?!

420 :Yuki:2006/03/23(木) 21:44:07
馬鹿な厨房にかまってるヒマなんかないわよw

独りでおなってれば?童貞厨房はw

421 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:45:53
   |
   |
   |
   | ★雑談は、sageでやれ!!
   |
   |
   |
   |
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



422 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:46:31
kay URL @
03/20 23:33 . 
内容についてですが、そうですね、簡潔に言えばブログとは個人の自由でインターネット上に作られ、
その個人が管理する物だから、そのフィールド内に入ればその個人に従うのが適切かと思う旨を述べました。
郷に入れば郷に従え という事です。
こう言えば簡単でしたね、申し訳ございません。

それから、コメントはしていいのです。それは本当に自由なんです。
ただ、Yukiさんが止めてください と言われた様な内容の事は 止めてほしいとそれだけの事です。
これ以上削除を続ければ こちらにも考えが のようなコメントは上記の考えにより 
引っかかる所がありましたのでそういったコメントはお控え願えませんか という意味ですので。あしからず。

後は、公で発言するとなると私も何方かの気分を害してしまう恐れもありますのでメールで話させていただきますね。
冷静な対応有り難うございます。


423 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:47:05
Yonda? URL @
03/21 20:03 あはは. 

いま、うっかり1時間もかけて書いたkayさんへのコメントを削除しちゃった。
もう読みましたか?
管理画面でつい。
あのキチガイで粘着のYukiさんのことだから、
書き込み後、早速、発見して保存していませんか?
だれか保存しているひとはいませんか?
はってください。自信作だったのに。
あれをもう一度、書くのはいやだ〜。
6時間くらい掲載されていました。
Yuiki一派は見ましたか?
それだけ教えてくださいませ〜〜〜〜。
あ〜。だれか読んだひとはいますか。
会心のコメントだったのに。罰があたったのか(苦笑)。


Yonda? URL @
03/21 20:08 たしか内容は. 

kayさんお疲れ。
Yukiはまかせた。
これからの苦情は本人からお願い。
そんなとこだったか。

Yukiさーん、保存していませんか〜?

424 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:47:58
文学板で糞雑談スレをあげるバカがいるか。

恥しいと思え! >バカ共

425 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:48:39


荒らしは放置が原則ですがw

426 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:48:40
Yonda? URL @
03/21 20:36 信じる. 

数日前からあれだけ「本の山」を監視していたYukiさんである。
掲載されていた6時間のあいだに、きっと見てくれたと信じる。
kayさんに相談したに違いない。

kayさんへ。
もしコメントを読んでいなかったら教えてください。
再度、1時間かけて、書いてもいいです。


Yonda? URL @
03/21 22:52 Yukiさんへ. 

今晩、ブログ自殺予告の是非を書くつもりでした。
元気まんまんに。
それがコメントをうっかり消してしまったことで意気消沈。
楽しみにしていたのなら、ごめんなさい。
今日、書くことはありません。
安心してもうおやすみください。
ここ最近、お疲れではありませんか。
それとも宇宙人(だったか)は疲れを知らないのかな〜(笑)?

427 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:49:33
   |★★荒らしは放置が一番キライ!★★
   |
   |●重複スレ、板違いスレには誘導リンクを貼って放置!
   | ウザイと思ったらそのまま放置!
   |
   |▲放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います!
   | ノセられてレスしたらその時点であなたの負け!
   |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | 荒らしにエサを与えないで下さい(粘着糞コテ=荒らし)
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


428 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:50:25










●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
    ゴミが溜まったら削除が一番です


429 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:50:56
ある精神病患者について未分類│ 2006/03/20 ↓ TB 0 ↑ Com 0

書こうかやめるか迷うところである。
「曲がった人間」だとコメントでほめてくださった。
なぜか第三者から忠告のメールをいただいた。
この人物のバックには「こわいひと」がいるらしく、
「本の山」などすぐにつぶされてしまうのだとか。

いまおかしなメールが。
開いちゃったけど、

ウイルスか何かですか?

ここは屈するしかないのか……。

430 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:51:41
ウイルスが来ました未分類│ 2006/03/20 ↓ TB 0 ↑ Com 6

いま確認が取れました。
ウイルスを送りつけられたのは初めてです。
あるかたから注意しろとのご忠告をいただいていましたが。

まいりました。
COMMENT
- URL @
03/20 22:19 管理人のみ閲覧できます。. このコメントはブログ管理人のみ閲覧できます。
- URL @
03/20 23:07 管理人のみ閲覧できます。. このコメントはブログ管理人のみ閲覧できます。
- URL @
03/21 03:36 管理人のみ閲覧できます。. このコメントはブログ管理人のみ閲覧できます。
白石昇 URL @
03/22 12:52 .  ていうかメアド公開してないのになぜ?
S URL @
03/22 14:42 . プロフィールのところにしてありますよ
Yonda? URL @
03/23 00:23 白石先生へ. 

メアド公開しました↓ ウイルスはまだ一件です。
yondayonda@mail.goo.ne.jp

431 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:52:42
おーい、おーい。鈴木。まだ寝るなよ。変なのがいるぞ。
おめえサンの得意の持論をぶちかましてみろい。

432 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:54:23
ブログで自殺予告創作日記│ 2006/03/22 ↓ TB 0 ↑ Com 3

数日前、ブログで自殺予告をしているおかしなひとを発見したので笑った。
いや、正確にはちょっと違うか。
まず1ヶ月後に自殺をすると宣言。当然、同情や応援のコメントが集中する。
それに対して、このおかしな女は、
ひとの自殺をとめたりする権利はだれにもないと言い放ったり、ときには感謝したり。
それが、どうだ。いきなり自殺はやめましたと高らかに腕を上げる。
おもしろいのは、記事をどのテーマにも投稿しているところ。
ものすごい自己顕示欲にして自己愛。とうていわたしなどではかなわぬ。
おもしろいひとだよな。大笑いしたゆえんである。
かといって、そのブログを公開したわけではない。
匿名でこういうおかしなひとが世の中にはいるということを紹介したまで。
この後にもっとおもしろいことが。どこをどう探してきたのかご本人が登場。
友人と名のる男性まであらわれ「本の山」は戦場になる。
削除して沈静化してもよかったのだが、この自殺予告者がとにかくおもしろい。
今日まで相手をしてきた。いまから総括する。

おかしなひとを笑う。そんなに悪いことかな。
笑われたくなければ、おかしなことをやめるがよろしい。
ご友人と名のるかたは、ほんとうの友情を見誤っている。
友人ならはっきりと教えてやるべきである。
ブログで自殺予告をするのは恥ずかしいことであると。
なぜ忠告しないのだろう。わかっている。
そんな真実を言おうものなら、おかしな女のこと、また自殺すると騒ぐのだろう。
このご友人とやらにまったく怒りはない。むしろ同情している。
わたしも身近にああいう類のおかしなひとがいたら、
かれとおなじことをやっていたと思うからである。
おかしな女の便利屋になってしまったこの男性はとてもやさしいのだろう。
責める気にはならない。かれは被害者である。
それにしてもかの女、自殺を武器になんと巧妙に他者をあやつることか! 
実に、おもしろいひとである。

433 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:55:16
そんなにわたしは悪いことをしたのか。わからない。
すてきな生きかただということはわかる。
ブログで自殺予告。励ましや応援が集中。
ご本人は女王か何かになったような気分であったことだろう。
毎日、生の充実感をさぞ満喫したことと思う。
死をまえにして、初めて輝くのが生のふしぎなところである。
この女王は感受した生のひそやかな愉楽を隠しながら、自殺予告を継続する。
ある日、突然、自殺予告を撤回する。死から生へ! なんという劇的な人生か。
生の味わいかたを知り尽くした女優の演技である。
これを名演技と拍手喝采するか、それともわたしのようにこの女優をダイコンだと笑うか。
意見がわかれているところである。

不特定多数の相手へ向けて「死にたい」という。自殺を予告する。
あざといよな。ふつうはできない。
人間はだれだって孤独である。同情されたい。愛されたい。人生の主役になりたい。
だからといって、ブログで自殺を予告したりはしない。それを平気でやる女がいる。
まことにおもしろいというほかない。これは笑うしかないではないか。違うか。
もしかしたら笑うのがおかしいのか。同情してやらなければならないのか。
だって「死にたい」と言われてもね。
がんばって生きてくださいとは言えないよな。
わたしも毎日、自殺を考えている。
明日、ふいと向こうがわにいってしまうかもしれない。
自殺する自由はあると思う。
家族に多大な迷惑をかけることになるのだが、それでも自殺を全否定することはできない。
生きていればいいことがある、なんて安易なことは言えない。

434 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 21:56:50
自殺予告者は急転する。いきなり、自殺するのをやめました!
おかしくてたまらない。ここは笑うところではないか。
感動して泣くシーンだと思っている観客は芝居の観方を知らないのである。
この女は最高である。自殺、自殺、1ヵ月後とあちこちで喧伝。耳目を引く。
それがわずか1日で自殺を撤回する。綱渡りから無事、生還する。
笑えないか。ここは大笑いするところではないか。そう書いた。
すると自殺予告者(もう自殺撤回者か)から詰問された。

「あなたは私が死ねば満足なのですか?」

どうなのかな。別に生きていても、死んでもかまわないと思う。
1ヵ月後に自殺しなければならないという契約などもとよりないのだから。
観客をだましたと言う気もない。観客もあんがい楽しんだと思う。
じぶんたちのコメントがひとつの命を救ったと勘違いできるのなら。
そもそもわたしは誠実な観客ではない。
先日、芝居のラストシーンだけ偶然、垣間見て大笑いしただけのものである。

ひとつだけ問題にしたい。
「死ねば満足なのか」とこの元自殺予告者はわたしに問うた。
ここでわたしが「はい、死ねば満足です。死んでください」。
そう返答したら、このおかしな女はほんとうに自殺してくれるだろうか。
おそらくしない。それどころか仲間と連絡して、上質のウイルスをくださるのでは?
ここで頭脳明晰なあなたは気づいたに相違ない。
わたしが「死ね」と言っても死なない。
ということは反対もおなじである。
どれだけ応援しようがこの女はそんな言葉に左右されない。死ぬときは死ぬであろう。
自殺を決定するのは周囲ではない。自殺者本人である。
今回、この真実を知るにいたったのは、あのおかしな女のおかげである。
だいぶ慰められるところがあった。この喜劇女優に感謝したい。

このおかしなひととのやり取りは以下↓ 自殺予告ブログも掲載されている。
*この記事への苦情は、できましたらご本人からお願いします。ご友人がかわいそうです。

435 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 22:03:35
わははは、わっははははは。
もっとやれいっ。
やめるな。
朝までやれえっ。みんなが注目してるぞう。
期待を裏切るなよ、いけっ、王ジャパンに負けるな、続けエイッ。

436 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/23(木) 22:23:12
今晩は荒れていますね。


 何だか知りませんが、美香と申す女が絡む途端に荒れるのが通例ですから別段、驚きはしません。
が、そういうお遊びは是非ともbarでやって頂きたく候ですね。だってウザイでしょ。

 ま
Japanese musicianのYUKIさんは僕は好きですけどね。
だってかわいいじゃないですか。
『メランコリニスタ』とかいう新曲で浮気をしましたとか言ってるから幻滅しましたけどね。

437 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/23(木) 22:41:51
 人間とかって何なんですかね?

僕は富裕有閑の世捨て人になりたい。
みんな必死で出世とか子育てとかに励んでますが、そういうのってお猿さんと変わらんと思うのですよ。
だってあまりに俗びてますよね。

 日本の源流をよく見つめてみると、大陸移動によってユーラシア大陸から分節されて以来、
我々日本の人は何とか自給自足でやって来たんですね。
そしてペリーが浦賀に現れて開国貿易を脅して以来、一気にmodernizeして僕が産まれました。
 どんな側面からそれを観じても別に特殊な理由は無いんですよ。
要するに僕は自然の子です。
そして人間の本性は『勉強』にあると思うのですよ。
なぜなら我々がお猿さんと違うところと云えば、大凡オツムくらいしかありません。
その頭を鍛える事──則ち勉強──が人間の大道だと僕は信じます。

よって、衣食住に不自由なくしかも研究の為に好きなだけ書物を買える富の余裕と、
そこから派生する何も仕事がない解放された学究生活の為の充分な閑暇こそ、
僕が日本文士として求める唯一の必要です。
 突き詰めれば「富」なんですけどね。
それさえあれば、僕という人類の珠は当に知能を心行くまで発達させる基礎を手に入れた事になります。

438 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/23(木) 22:44:20
用事があって岡山へ行った際に、途中のPAでイロハモミジの種を
採集しました。全て寒樹に残っていたものですが、水に浮かべると
一夜で底に沈みました。全部で35粒をぎりぎり三月中に播種できました。

盆栽では葉先が3裂になったものを「カエデ」とし、それ以上のものを
「モミジ」とします。しかしこれは盆栽に限った場合で、植物分類上は
全てカエデ科です。そのカエデですが、盆栽に選ばれるのは主にトウカエデ
であり、野外で一般に見かけられるヤマモミジやイロハモミジなどは
葉が大きく節間も長いので、好まれません。これを盆栽仕立てにしても、
伝統にうるさい人にしてみれば「ゲテモノ」になります。
カエデを含む雑木類は、幹肌が見所とされています。伸ばしたくない枝は
若枝のうちに摘んで傷が残らないようにしなければなりません。
これは樹が順調に育ち枝振りが細かくなればなるほど大変な作業になります。

439 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 22:55:29
>>437
>modernizeして僕が産まれました。

見えない角度から左フックが飛んできたようで。
これだから鈴木君は侮れない。

440 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/23(木) 22:55:59
 ところが資本民主社会は、万人労働という原則に依って成り立っております。

若しも知識人の道を行きたければ先ず以て教育期間に所属する教授に成るに限ります。
そうしてこそ後進生徒の指導という一寸した妥協を経て尚後、「富」は手に入る様になれます。

 蓋し、私が思う文明士(civirized samurai)の道はここにはありません。
寄宿は独立主義の変節だからです。
文士の命たる言論の自由を抑圧する所業は何であれ、許されまじ。
 活計の術は講義指導とはまた別の場所に見出さなければなりません。
果たして君紳人士の最もよい労働の仕方とは、どんなものなのでしょうか。

441 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/23(木) 22:58:16
よく「春先から紅葉したように真っ赤なモミジを見たけど、あれは一体?」
といった声を聞きます。
カエデ(モミジ)には多数の園芸品種があります。それらは主にヤマモミジ
やウチワカエデの実生選抜(突然変異)から生まれたものです。
幹肌が赤や黄色に染まっているもの、一年を通じて葉の色を変えるもの、
裂の深さで三枚葉にも五枚葉にも見えるもの、いろいろあります。
これらは突然変異から生まれたものですから、その木から生った種子を
播いても、必ずしも形質が遺伝しません。ですから、店頭で売られている
カエデ・モミジの園芸品種は大抵が接木による繁殖です。

ここで話を戻して、雑木の見所が幹肌であるという点に注目します。
接木繁殖されたものは、根元の部分は別の植物であり、
接いだ部分も肉盛りして美しくありません。
これではもちろん雑木盆栽としていいものとはいえない。解決するには、
挿し木にするぐらいしか手はないのですが、挿し木繁殖されたものは寿命が
短くなります。古木に持ち込むことで風格を備える盆栽としては、これは
かなりのマイナス点です。

442 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/23(木) 23:10:58
 夏目漱石は職業的作家として食べて行けるようになりました。
村上春樹もまた同じ。

やはり職業的文士として自立するのが手っ取り早く且つradicalな粋筋だと思われます。
 処で僕はnovelを軽蔑している部分が無きにしも非ずですw
そんなものは無学理弱の低民にお話として言い聞かせてやる為に工夫された手品にすぎないとさえ思う。
Fictionは想像のお遊びなのです。

ですから、僕に於いて小説家というprofessionは有られ難い。
虚文を弄んで世衆を美導するが作家の王道というのは判って居ますが、
どうも我が身についてはそれが出来ない。なんとなればそんないやらしい仕事を恥じる気分も起こる。

よって、長編小説以外の執筆にて文技一本で家を作るのは非常な類に他ならぬ。
僕はそういうナニビトかに成りたく存ずる訳です。独立文士とはそういう行き方を云う言葉です。

443 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/23(木) 23:12:23
有り体に言って、カエデ・モミジの園芸品種はゲテモノです。
ですが園芸として、つまりは庭木としては、
葉や枝ぶりに特徴のある品種はとてもかわいらしく見ていて和みます。

カエデ科の植物が好きで、何百とある園芸品種を集めたり、新たな品種を
探したりしている方はたくさんいらっしゃいます。中には盆栽仕立てに
挑戦している人もいます。それらの品は、幹に傷があったり、節間が長く
大振りであったりとしますが、種としての美しさはあるように思います。
伝統は概して保守的ですが一本のゲテモノに対しても
個としての思い入れがあるのなら少なくとも自分よりも長生きする
その植物と付き合ってみるのもいいかもしれません。
「この傷は何年か前の台風で」「この枝は子供のいたずらで」「この根は
連れが泥酔したときに」「このつぼみは今年の春に咲く」

444 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:15:21
二馬鹿が何かいってる

445 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:25:21
鈴木君が芋虫みたいなコト言ってるよ?

446 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/23(木) 23:28:37
 樋口一葉は情け深くなめらかな短編小説を紡いで作家する中途で逝きました。

 福沢諭吉は自ら興した義塾経営の傍ら、啓蒙文事のworkingで家を作りました。

 いずれも最古の情報産業たる文業をナリワイにして暮らしたものです。
果て僕もそうしたいのですが、
どうも文壇という権威君居の虚楼や、
出版関係社のcapitalistic desireから駄議に巻き込まれるのを好めない。
而して世捨て人あるいは流浪に文士としてこのような場末のthreadに滔々と理念実情を語るに止まる。

 けれどもキルケゴール風の絶望には至りません。
僕にとって品を作るのは限りない飛躍を目指した成長の仕事であるから。
 さておきその仕事に富が絡まない以上、僕は浪人文士なのでありますw

447 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/23(木) 23:42:27
 『作家をするには私利を棄てよ』

とは僕のたった今拵えた格言ですがw
まぁこれは文士道の真理だと思いますね。

僕は金儲けをしない為に書くのです。
つまり、美しい世風をそよがせるべく文術を極めるにあたって必要なひまを確立する為に書くのです。

まったく利食い資本主義の理屈から矛盾したideaではあるがw、本当です。
だって実際に僕は『勉強』のためのカネを稼ぐわけですからね。
どこから考えても放逸や搾取の作為ではありません。

 それでも何処から僕の文事に収入の糸口が垂れ込んでくるのか未だ不明ですがw
とにかく独立独歩で独り道行くのみです。

448 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/23(木) 23:46:05
>>440訂正
 civilized samuraiを漢字で文明士と訳します。
ブンメイのサムライと呼びます。


先進文民すなわち
文士(ぶんし)の事ですが。

449 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:48:27
なんだ、鈴木、今日は元気がねえじゃねえか。賞味期限の切れたコンビニ弁当
でも喰いすぎたのか?
で、結局おんめえは、何をやりてんだ?さっぱりわかんねえよ。
小説が書きてえだの、書きたくねえだの、飯が食えるか、喰えねとか、・・
はっきりしろい。もの書きやるならやりゃあいいだろう。それで野垂れ死にしたって
志の中で死ぬんだから、文句はあるめえよ。おかしいのは「富」があれば、
いい作品が書けるだって?「富」ある奴が小説なんて、面倒臭いことネチネチやるわきゃねえだろう。
今はそう思ってても、いざ銭が転がり込んできたら、いくら「独立文士」だって
すぐ精神が腐っていくわい。違うというなら、その根拠を示してみろい。
口先だけじゃなく、具体的にだぞえ。

450 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:51:47




腹がへった











451 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:52:29










メシ 喰いたい






452 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:53:03








しょんべんしたい







453 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:53:35
エロゲー あきた

454 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:54:21


2ちゃん  秋田w

455 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/23(木) 23:54:51
 富はひまの素です。
そして文士のひまは勉強の種です。

小人は閑居して不善を為しますが、大人なら必ずや善導を為します。

故に、求道具眼の士にとって文を筆するのは天命(calling)です。

456 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:56:08
>>454
姉ちゃん 青森?

457 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:56:52




















かあちゃん お産田

458 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:57:30
またエロゲーしる!

459 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:58:05
しょんべん 出た?

460 :吾輩は名無しである:2006/03/23(木) 23:58:40
オレ じつは天才。

461 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:00:00







うん。エロゲ万歳!

462 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:00:41
はは、無敵じゃのう、鈴さんは。
コレはもう、タマリマセンヨネ。
 

   ヘヴィ・ユーザー国明

463 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 00:01:57
 要するに、問題は僕が放浪文士である事なんですよw

食い扶持の当てが無い流浪の文士が通例先ず目指すのは芥川城への仕官ですが、
然も僕は権威を好まない神仏いらずの自由信者と来ているw

こうして虚しくただただ黙々文技の稽古をする他ないという訳です。

464 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:02:25
すずきVS烏合の衆

465 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:04:29
鈴木、それこそ、文士の鑑である。

466 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 00:12:13
 こないだwindowsのwordで書いた断片形式短編小説風の物語はあるにはあるのですが、
イザ29日〆切の新潮新人賞に出すのは腰が引けるんですよ。
だってつまらないというか、下手くそですからね。あんなのが世の中に出たら専ら恥です。

何より僕にはprinterがありませんw
結局出さないしかないような気がしますよ。
どうせ出版社や権威は僕のような前衛文芸は好まないのが史歴ですし。
嫌がられるために出世するのは馬鹿げてます。

467 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:12:26

















しょんべんした?



468 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:13:07





しょんべんひっかけたw












469 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:14:02
   |★★荒らしは放置が一番キライ!★★
   |
   |●重複スレ、板違いスレには誘導リンクを貼って放置!
   | ウザイと思ったらそのまま放置!
   |
   |▲放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います!
   | ノセられてレスしたらその時点であなたの負け!
   |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | 荒らしにエサを与えないで下さい(粘着糞コテ=荒らし)
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


470 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:28:50
鈴木よ、必ずしもそうとも言えんだろう。
候補にのこるまで、少し変な(いい意味でだよ)のがいて、「あ、いいかも」
なんて思うかもしれないぜ。
あの変なヘアスタイルの建築家がどっかで言ってたけど、あのクラスでも
「10のうち1つ通ればいいほうなんだ」とさ。
駄目もとで応募してみな。すでに10回応募してても次はわからんぜよ。
どっかに理解者は現れるもんだ・・・コレは気休めだ、ただし半分


471 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:29:25
























しょんべんひっかけたw

472 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:34:02
鈴木の自作自演に

しょんべん引っ掛けてるのか?w

473 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 00:34:21
 しかし、出版社に出版と宣伝を依頼するべく新人賞に応募するという作業そのものは
決して邪道ではない気はします。つまりは文事への社会分業による標準的合理化です。

 僕は自分と同年齢の綿矢りさを文道に於ける一種のrivalと思っていますが、
彼女の飄竿綽々たる処世術の巧みさはどうやら、我が不器用な努力気質とは相反する様です。
そして早熟と晩成の違いがそこには在ると文明の慧眼はきっといつか見抜きますでしょう。

 僕は若し天才ではあっても、早稲typeではありません。
生き血を流す鍛錬奮闘の先に漸く一歩ずつの前進が常です。
それはこの富を得る文明処世術への試行錯誤の浪人文士生活にも該当することで在る。

474 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:39:40
>>466
>29日〆切
>新潮新人賞
>printerがありませんw

さっきまで壮大な心を披瀝した鈴木君だったのに、
だんだん言ってることが小さくなってきたぞ!
芋虫になってきたぞ?
頑張れ、鈴木君!
俺も頑張る!

475 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:49:00






しょんべんひっかけられた鈴木君が 自演中>>474 プゲラ

476 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 00:50:07
 「その作品」は既に数ヶ月前に大方終わっては居たのですが、
寝かせて客観する間に、自分の中で
いわゆる小説を書くという作業が本当に清明なことなのか疑問になってきたんです。

それは、或いは幻想のimagenationに人々誘って不幸を増やすだけではないかと。
世の中の不穏当は作り話と現実の境目を見失った、仮想の犠牲者たちによって刻まれるのではないか。

つまるところ僕はfictionalではない、
真にrealでidealisticなnovelを書くというthesisにとらわれ駆られたんです。

 だから未だfictionalな要素を多分に有する「その作品」発表を自粛しなければならないのではないか、
と深慮する現在にある。
僕が綿矢さんとはかなり異なる種類の作家であるのがわかるでしょうw

僕は非常な熟慮断行の文士なのです。

477 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:50:40
>>475
ほんとだw 鈴木てジサクジエンするしか誰からも相手されないからw

その意味では可哀相すぎる病人w

478 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:51:37
>>475

ワラワラだなw

479 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 00:59:10
鈴木よう、おめえのライバルはてっきりあのファンドハルキかと思ってたぜ。
その、何とかリサだかじゃ、役不足だろうよ。
それにそのリサネエちゃんが、おめえの言うように「処世術が巧み」だって言うのは
どうかなあ。そんなに頭よかった?全然しらねえし、興味もねえけどさ。
ありゃ、「不透明なブルー」親父が狂った、いや、もともとないセンスで強引に選んで
顰蹙買った芥川賞ワースト5に入る作品だろう?大器晩成の鈴木御大が世に出る頃には
影も形も残っちゃいねえさ。

480 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:01:41
鈴木は日本の学歴社会を否定するなら、
なんで留学しないの?

481 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 01:03:17
 ですから、今回の応募による発表は見送りにしようと思います。
運がよければいつか今度の「その作品」はどこかで日の目を見るでしょう。
永遠に見ないかもしれませんがw
 個人的にはけっこう感動の作品なのですがね。
僕がこれまでの人生で抑圧してきた念がよく分かる物語りです。


 そうすると物書きとしての収入の伝(つて)もやはりすぐさま塞がれるのですが、
志を曲げてまで文を流そうとは思いません也。

やれ僕は流浪の文士を暫く続けるさだめにありますのでしょうよ。

482 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:06:21



















しょんべん・うんこ?

、、

483 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:09:04










バカも始末におえないが、相手するバカも・・・・




484 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:10:49
479の奇天烈な酒乱文体は高橋三千綱の物真似から出立したものと
認識しているが、三千綱を離れてなおその文体、それは自我の形成を
意味しているのでしょうか。カンパリおかわり。

485 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:14:09
鈴木国明VS烏合の衆

486 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 01:16:51
 春樹どのは好敵というよりは寧ろ、readableな文術の模範たる師匠だと思います。
何しろ、ようやく歩き出した僕の行く足早では、
彼のはるか遠くの進歩に追いつくのは無理というものです。
周回遅れの伴走者はrivalたり得ぬw

やはりできるだけ出立が近い、追いつき追い越せそうな手頃の目標が必要です。
綿矢りさは某ホステスの乱で、芥川城主の側近に迎えられ随分な俸禄を頂いたという巷の噂ですが、
僕はかの文技に立ち向かって落とされる危惧を抱きはしないんですよ。特に短編芸術ならば自信がある。
故にかのひとを先ずの好敵手として事実追い抜くのがよいと思います。


 あと、僕は何より日本文士なので、外国のuniversityに頼るなど以ての他でしょ。
そんなものは後進文民がやるお遊戯です。ばかばかしい。

487 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:23:24



ばかばかしい










488 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:24:06




餃子からニラを抜いて喰うやつ






ばかばかしい


489 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:25:45





公開オナニーを垂れ流す 病人





ばかばかしい


490 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:26:38



ねえ、きいてきいて!
今日さ 隣のおじいさんがおばあさんを殺した


491 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:27:53



つまんねースレw





492 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:29:49
くだらない











493 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:31:21
>>488
下痢するからじゃねぇの? ヨコレス

494 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:31:56
とん

495 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:33:32
すんん




496 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:34:09












次は鈴木のジエンぐそ 垂れ流しw
  ↓

497 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:37:54
ミチツナ?・・・・オウ、懐かしい御名前。それはひょっとしてあの
芥川賞受賞作「九月の曇り空」を書かれた、あのイケ面作家、高橋さん
のことでありんすな?実は何を隠そう、そのミチ綱さんとは「ミッチー」
「国ヤン」と言いあう中、このことをミッチーに伝えれば、彼もきっと落涙して
喜ぶに違いない・・・ああ、あんがと。えっ?伝える方法?いや、ケータイは
現在の彼の経済状態では、ちょっと・・・しかし、心配はない、ついさっきまで
一緒に泡盛のんでたからさ。うん、今、うちの二階で鼾かいて、気持ちよさそうに
ねちょるよ。わっははは・・・
後はしらねえよ。鈴木、お前が全部かぶれ。

498 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:38:38














予告どおり?w

499 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:39:39



じつに頭の悪いジエン魔=497

500 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:40:33
うまい釣り場だなw 入れ食いでバカが釣れてる?w

501 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 01:41:56
 文とは自由言論です。
文明とは自由言論のあまねく行われる社会を云います。

文士という称号は、文明の模範的先進civilianに値する生業に与えられます。

 そして日本文士には、理勇文強の思想活動によって、全ての国の民を先導する大義があります。
僕はその先例を示すべく、こうして独立活計の文業道を暗中模索しているのですよw

502 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 01:46:51

   |■反撃は粘着ジエン糞コテの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | 糞コテにエサを与えないで下さい
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





503 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 01:54:49
 そもそも改まった作品制作もせず、その応募発表もせずして
只で収入流通を得ようとするのは相当、虫のいい話ですw

けど僕のような世捨て人まがいの流浪の文士にとって、
そういう仕官の姿勢そのものがあわれな執着に診えるのもまた真実。
結局は役立ち面白く高尚だと思われる何事かをblogに徒然したためるくらいしかやれる仕事はないのだww


 まるで霞雲を喰って生きる独行求道の神仙の如くね……

504 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 02:03:21
みんなは鈴木君のかきこみが退屈だと思っているだろう。
だが、少なくても僕は違う。
鈴木君の改行には親しみを感じている。
そこが彼の抜きん出ているところなのだ。

505 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 02:04:55
小説は何を書いたかではない。
どんな改行をしたかにある。
小説の神は改行に宿るのだ。

506 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 02:07:53
ハンパなポストモダン的叙述ですなw

507 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 02:20:31
 perso-con moniter略してパソモニ用のstyleというのは、ふつうの紙上文体とは
それなりに違う工風が要るはずです。

なにしろ電子信号が光energieに変換された色々な操作線の影響で、
やたら目が疲れますからね。


 そんなわけで今や改行はリズムをつけるようになされるべきです。
心理的改行をも象徴するものであるほど、net的な美文と褒められるでしょう。

508 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 02:30:55
>>507
>今や改行はリズムをつけるようになされるべきです。

そうです。なぜなら、この複雑な現代社会において
読者は皆さん忙しいわけでして、少しでも読みいいものを
供給するために、読み手よりも暇である書き手側こそが配慮するべきなのです。


509 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 02:41:40
 あと僕は英単語やenglishの導入を日本文に最近してますが、
課題は発音なんですよね。
textうわづらだと分からない日本式発音を重ねて英語を入れるのが大事です。

例えばテレビと言うでしょ。
これをtelevisionに於けるteleviと代えるのは日本的に易いですが、
あるいはサーファーというのをsurferと書き換えると普通、“r”の発音が潰れてしまいがちですね。

日本語にはrとlの違いも無いし、travelingがトラベリングとは違うのは勿論、
threadとスレッドも、更にはknockとノックとは似て非なるのも同様。

つまり国土伝統のやまと言葉の発音と、englishの発音とは根本からして違和しています。
これを文語の表意性の地点から兎に角、摂取してしまえと僕は頑張っているわけです。
 無理だとか文化改造だとか批判されるかも知れぬけど、いやむしろ
日本語の仮名式発音が少しずつ英語風になっていくのも悪くないと僕は思うのです。
すでに漢字の消化の経過において、慣れ親しんだ風土に合う語順や昔ながらのヤマト言葉を失わずに
唯、外来秀語のうま味だけを利用するのは自家薬籠中お手の物。

 来たりし英語が義務教育でも教えられてる以上、
便利なコトバについてはどんどんalphabetで直に書いたらいいと思います。
発音の微妙な差異なんて直ぐに多少ずつ修正されていくでしょうから。
そのうち同じアルファベットと書いても、軽く下唇を噛む癖がつくかもしれませんよw

510 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 03:01:23
 englishとかamericaとかは英語では地文から判別し易くするべくEnglishやAmericaと書きますね。
これは漢字かな混じり文では不要なcustomですね。
そんなことしなくてもすぐ分かるからです。


 色々と試したのですが、
文章の頭文字を大文字にするhabitは日本文でも採用した方が気持ちがいいと感じます。
at first, ガイジンがこんな文章を読んだら小学生のnoteと間違われ兼ねませんからねw
ma
実際、nipponの漢字は中華から看やれば誤用の甚だしい俗語なんでしょうがww
僕らはその表意性を道具的に利用して好きな大和遊びに使ってるワケです。


 For example, こんな風に書き出される日本の随筆があるかもしれません。
And随筆と書いてエセイと読ませる明日があるかも知れないのですよ。
日本語は寛容であり、またとても絶妙で神妙で微妙に鋭いsmartな言葉です。
それは更にますますevoluteし続けています。
 日本文学には無限の可能性が開けています。さすがは最古の文明国語!

511 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 03:16:55
 おっと文明国語という言の葉には国粋fasciticな響きがありましたね、スマンすまん。
世界最古の小説国語、と二文字換えただけで相当に意味が代わります。

小さく説く国語という字面と、novelの訳語としての小説の国語という
意味の捉え方の角度に拠ってもまた少し違う。
 文明国語をcivilized national languageと見做すか
literal lightning country languageと看為すかでその内容すらかなり違う。

要するに日本語の潜在的表現力は恐らくは世界一だと思われます。
それはenglishのpositiveな消化に因ってもっとパワーアップされることができます。
東西文化の幸福な結婚生活はnipponで可能なのです。

 元来、日本人ほど「的」の使用法をくふうしたものはありませんよ。
人間的とか目的とか、テキ屋とか的場浩二とか、
形容詞化や副詞化のmediumとして以外に通常漢字のマトの意味にも、さらには人名にまで応用するww
 なんて奴らだww
『後世畏るべし』ww

512 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/24(金) 07:18:01
後世畏るべし→×
後生畏るべし→○
意味も誤解しているようですね。

これからの、気温が上がり湿度が低い季節は乾燥に気をつけなければなりません。
鉢植えの環境は植物にとって厳しいもので、用度が乾燥した状態が
一日か二日続くと枯れてしまう恐れがあります。
一日に会の水遣りが基本ですが、忙しい方はそれもできないときがあります。
そうした場合には、表土の上にミズゴケやヤマゴケなどを乗せてしのぎます。
これらは保水性が高く、また直射日光を遮るので、急な乾燥を防ぐのです。

513 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/24(金) 07:31:56
用度が乾燥→用土が乾燥
一日に会の→一日二回の
これじゃ釣りですね。失礼しました。

514 ::2006/03/24(金) 07:35:51
みなさんおはよ。いま『文体練習』って何刷なんでしょうね。あれこそ翻訳の勝利!

小山内さん、わたし園芸にはからっきしなんですが興味津々です。面白く読ませてもらっています。
家を空けることが多いのでプランターの水やりに関してどうしても怠りがりになってしまうのですが、
ミズゴケヤマゴケ以外になにかアドバイスがありましたら教えてくださいな。

(まあ、そうは言っても枯らしてしまってはまずいと、バケツいっぱいに水を汲んで、ボロの手ぬぐいを
プランターの土表面に渡すという方法をとっています。いまのところ不都合はないようですが……)

ゲテモノってのはたぶん、柳宗悦を中心とした日本民藝運動の一環に発明された《下手物(ヘタモノ)の美》が
発祥なんじゃないでしょうか。詳しくは知りませんけどね。

515 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/24(金) 07:55:20
lさん、おはようございます。
民芸運動ですか。
たしか「デザインの歴史」のような本をしまっておいたような……、
帰宅してから調べて言及してみます。
ゲテモノが流行りものなのか、流行りものがゲテモノなのか。
盆栽で言えば、おそらく後者でしょう。例えば「かわいらしさ」というのは
盆栽にはないし、「新しい樹種」というのも大抵は忌避され、「ミニ盆栽」も
かなり抵抗を受けています。「流行りもの」と位置付けされるものは嫌われます。

プランターの保湿には、培養土だけでなく、川砂(富士砂)や赤玉土の中粒を
使うと効果があります。大粒で団粒構造を持った用土は保湿性が高いです。
市販で売られている、ゼリー状に保湿するものは避けたほうがいいでしょう。
カビます。

今日はすっきりと晴れましたね。
我が家で一番目覚めの早かった、園芸品種「千乙女」が葉を展開しそうです。

516 ::2006/03/24(金) 08:21:56
わたしの盆栽のイメージってのは高校生のときに授業中内職で読んだ『家栽の人』停まりなんですよね。
もうログは流れてしまいましたが、ミクロコスモスを想わせると書き込んだひとももしかしたら似たようなものかもしれません。

もううろ覚えですけど、その漫画のなかに「名木と《普通》の盆栽の差なんて小さなものだ」
「ただ、あのおじさんはその違いをわかるために何十年も目を光らせてきた」
「あのシャラが何かを意味するのではなく、あのおじさんが何かを感じることができる」
不良少年と判事とのあいだでたしかこんなやり取りがあって、感心したおぼえがあります。

興味があったら漫画喫茶ででも。たしか第七巻だったと記憶しています。

たぶん、自分でやってみるのが一番なんでしょうね。
世話の合間に観察したり、クロッキーしたり、これはゲテかもしれませんが音楽を聞かせてみたり……、
花見をすこし逃した季節に靖国神社とかへ行くと、自前の盆栽を持ち寄ってつまらなさそうに会話を交わしているひとたちがいるんですね。
ああいう連中、けっこう好きなんです。

東京はちょっと風が強い。夜はまた冷え込みそうです。

517 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 11:55:06
『論語』子干第九
二三
子曰わく、後生畏る可。いずくんぞ来者の今に如かざるを知らんや。
四十五十にして聞こゆる無くんば、これ亦畏れるに足らざるのみ。

[孔子先生はおっしゃいました。
「後の世の民をおそれるべきだ。
どうして未来の人々が、現代の我々の到達点より先進していないと証明できるだろう?

不惑や知命に至ってもいまだに名声も得られない凡夫は、べつにコワくもないけどさwww」]


 ……さて、仏教用語的後生(ごしょう)の意義と、
孔子様が仰いたかった後生(こうせい)の本当の意味とを
より消化abstructした見解は小山の内の蛙さんと果たして僕と、何れなのでしょうね。
 僕は、無知を知らない方の心地まではよく知りませんが。
ソクラテスだって知りたくもないしw

518 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 12:08:43
 後生というのは「極楽浄土の来世」という意味合いを持って、
日本の仏法でよく使われる釈迦式のコトバです。

孔子の弟子が伝えた後生という漢字義には、インド的輪廻思想風来世よりも、
いわゆる後進生が学問勉励で進歩を重ねた「後世」での境遇、という内容が込められている
と、僕は考えています。
 しかりしこうして『後世は畏るべき』だ、という鈴木曰くの格辞が現れた訳ですw


僕は、孔ちゃまは勉強ガンバレと弟子を励ましたかったんだと思いますよ。

だって未来人から観たら今の先端学術なんて小学生の片手間仕事、否、
小内山のネズミの屁みたいなものかも知れないのですから。
うんうん[自ずから頷く
 実際こないだの正月specialドラえもんでスネ夫が相対性理論を語ってましたよ。
まさに後世畏るべしを実感しましたねw

古人崇拝のお家ヤマトさまの中華風理弱趣味には及びも着きかねますが。

 時代は先進します。

519 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 12:20:46
へえ、そうかな?もう100年近く前のヴァレリーも言ってたけど、文明、つまり
科学的技術の進歩は必ずしも、文化、例えば教養や、人格、精神の進歩とは比例しない
んじゃないのかあ?
というより、今のテレビをつけりゃ、知的衰退は明らかじゃねえか。
むしろ、馬鹿どもの悪ふざけを流すことで、1億2千万総白痴化を誰かが
画策してんじゃないかって勘繰りたくなっけどな。結果・・

 人類は滅亡します。

520 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 12:20:52
 別に今回のくだんとは全然関係ありませんが、
恥知らずは割腹でもして死んだらいいと思いますよ。

無学高慢ほど恥ずかしいものはありませんからね。

よくも平気で口を開けたものです。
街中で四六時中いつも蔑みの後ろ指を差されても分からないくらいの君子知者なのでしょうから。
 さておき、世の中をダメにするそういう理弱不文の愚衆はexistenceそのものが害悪だから、
みすぼらしい自邸の狭くるしい御庭で園芸趣味にでも朗々老々と励行してていただきたいものです。
そして年金でも食いつぶしてそうっと亡くなればよいのです。
Global世界の日進月歩の超邪魔ですから。

521 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 12:26:41
そりゃ無理だろうよ、そもそも「グローバル」自体がすでに行き詰って
あっちゃこっちゃで、紛争がおきてんじゃろが。
だいたい、おめえが目指してたのは、「孤高の文士」とやらじゃなかったのかい?
その志と世界のぐろーばる化とは関係ねえじゃろが。

522 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 12:49:41
 Globalism worldのさなかに天下独尊の志を究める事こそ、文明samuraiの道でしょ。

要するに地球代表者として威信名誉を全うするのが文士なんですよ。
でなければどうして近未来の宇宙乱世に太刀向かう英雄を生み出せるので?

523 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 12:57:56
そうかい。そういう話に持ってくわけか。
しかし、「宇宙乱世」に鈴木が役に立つのかい?しかも英雄になれんのか?
 
 どうでもいいけど、昼は意外に健全だなあ。

524 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 13:20:19
鈴木雄介の顔写真、見たいひといる?
どんな顔のバカがこんなことを書いているのか。

525 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 13:42:51
やれやれ。
個人情報保護法の如何を知らぬ腑抜け罪人紛いがあるようですなw

肖像権の侵害を犯す無知の悪魔は牢獄で蠢くのがお似合いだww

 個人情報不正開示の恐喝罪をも免れない馬鹿は己のprivacyをも失くしてしまうがよい。

526 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 13:46:48
 そもそも僕の実名は鈴木大介です。

雄介というのは誰だか知りませんが、かわいそうに、心無き恥知らずの犠牲になってww
仇はきっと討ちますよ。
 人権侵害も甚だしい愚か者はどれだけ卑しめられても仕方ないのですからね。

527 :美香 ◆ESCVVanDCU :2006/03/24(金) 13:47:37
うるさいぞ、雄介!

528 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 13:57:15
 残念、雄介は誰かの偽名ですww

注意深い旅人はしばしば、足跡を踏み消す工夫に長けるものです。

僕のおばあちゃんは悠々と生きよ、と僕に言いました。
さて、彼の真の本名は何でしょう?w

529 :美香 ◆ESCVVanDCU :2006/03/24(金) 14:05:16
うるさいぞ、鈴木雄介。

530 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 14:12:10
 現代は地球乱世ともいうべき来たるべき未来の前段階でして、
僕という侍もまたそこでの活躍の枠組みから逃れられないでしょう。
人生は時代に属するものだからです。


 つまり、僕の子孫──日本人──から、他星人との戦争が盛んになる宇宙乱世時代に大活躍する
名優が産みだされる一助となるのが我が本望です。
これを『社会貢献』と云います。
 僕は勉強家として大成する事で、将来の大英雄の為に環境的基礎を創造するのを仕事とします。
その意味合いで、この治世に存する僕とは、どこまでも小英雄にすぎないのです。
だからりさたんまだーとか惚けた言説も許されるわけだw

何しろ地球を統括するなぞ簡単至極な戯れですからね。お茶の子さいさい猫の招き手でしょ。
難しいのは数多の宇宙人に対して地球人の威厳を断固主張し、勇気を以て独立を貫く自由です。

 文士とはそのような「志」を養う万世の修行です。

531 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 14:14:49
ニート宇宙大戦?w

532 :美香 ◆ESCVVanDCU :2006/03/24(金) 14:19:05
わたしわたしわたし♪

533 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 14:25:07
 宇宙乱世とは知勇の戦いです。

そこでsurviveし得るのはただ、知者の国土のみです。

 僕は日本をして太陽系の文明城と見なし、
そこから無数の文士を送り出して世の和を正すのを目指します。
つまり、nipponは世界の神国です。
それは理知と勇気を鍛える道をあまねく広めて救う風紀にあるのですよ。

こういう事を悟り諭せるのは文士の自覚ある独立自由者のみです。

534 :美香 ◆ESCVVanDCU :2006/03/24(金) 14:29:08
ズン先生に別れを言いに来た。
いつか再会しよう。
2ちゃん育ちの作家が対談する。

535 :すずき ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 15:01:17
はてさてあわれなるめかな

おおよそなさけあるぶんしのはしくれならばわざゝゝとらしくあらたまりて先生なぞとよびなおさぬでも
おのれのつまらぬわざこそせんじてわかりそうなものだが

ヤレヤレうぬぼれはしにてもしなくてなおらぬとでもとりあえずもうしあげておくほかありませぬぞとよ
かなしきめぬかな

536 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 15:10:34
http://yondance.blog25.fc2.com/blog-entry-562.html
ブログで自殺予告創作日記│ 2006/03/22 ↓ TB 0 ↑ Com 3

数日前、ブログで自殺予告をしているおかしなひとを発見したので笑った。
いや、正確にはちょっと違うか。
まず1ヶ月後に自殺をすると宣言。当然、同情や応援のコメントが集中する。
それに対して、このおかしな女は、
ひとの自殺をとめたりする権利はだれにもないと言い放ったり、ときには感謝したり。
それが、どうだ。いきなり自殺はやめましたと高らかに腕を上げる。
おもしろいのは、記事をどのテーマにも投稿しているところ。
ものすごい自己顕示欲にして自己愛。とうていわたしなどではかなわぬ。
おもしろいひとだよな。大笑いしたゆえんである。
かといって、そのブログを公開したわけではない。
匿名でこういうおかしなひとが世の中にはいるということを紹介したまで。
この後にもっとおもしろいことが。どこをどう探してきたのかご本人が登場。
友人と名のる男性まであらわれ「本の山」は戦場になる。
削除して沈静化してもよかったのだが、この自殺予告者がとにかくおもしろい。
今日まで相手をしてきた。いまから総括する。

537 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 15:11:34
おかしなひとを笑う。そんなに悪いことかな。
笑われたくなければ、おかしなことをやめるがよろしい。
ご友人と名のるかたは、ほんとうの友情を見誤っている。
友人ならはっきりと教えてやるべきである。
ブログで自殺予告をするのは恥ずかしいことであると。
なぜ忠告しないのだろう。わかっている。
そんな真実を言おうものなら、おかしな女のこと、また自殺すると騒ぐのだろう。
このご友人とやらにまったく怒りはない。むしろ同情している。
わたしも身近にああいう類のおかしなひとがいたら、
かれとおなじことをやっていたと思うからである。
おかしな女の便利屋になってしまったこの男性はとてもやさしいのだろう。
責める気にはならない。かれは被害者である。
それにしてもかの女、自殺を武器になんと巧妙に他者をあやつることか! 
実に、おもしろいひとである。

そんなにわたしは悪いことをしたのか。わからない。
すてきな生きかただということはわかる。
ブログで自殺予告。励ましや応援が集中。
ご本人は女王か何かになったような気分であったことだろう。
毎日、生の充実感をさぞ満喫したことと思う。
死をまえにして、初めて輝くのが生のふしぎなところである。
この女王は感受した生のひそやかな愉楽を隠しながら、自殺予告を継続する。
ある日、突然、自殺予告を撤回する。死から生へ! なんという劇的な人生か。
生の味わいかたを知り尽くした女優の演技である。
これを名演技と拍手喝采するか、それともわたしのようにこの女優をダイコンだと笑うか。
意見がわかれているところである。

538 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 15:12:11
不特定多数の相手へ向けて「死にたい」という。自殺を予告する。
あざといよな。ふつうはできない。
人間はだれだって孤独である。同情されたい。愛されたい。人生の主役になりたい。
だからといって、ブログで自殺を予告したりはしない。それを平気でやる女がいる。
まことにおもしろいというほかない。これは笑うしかないではないか。違うか。
もしかしたら笑うのがおかしいのか。同情してやらなければならないのか。
だって「死にたい」と言われてもね。
がんばって生きてくださいとは言えないよな。
わたしも毎日、自殺を考えている。
明日、ふいと向こうがわにいってしまうかもしれない。
自殺する自由はあると思う。
家族に多大な迷惑をかけることになるのだが、それでも自殺を全否定することはできない。
生きていればいいことがある、なんて安易なことは言えない。

自殺予告者は急転する。いきなり、自殺するのをやめました!
おかしくてたまらない。ここは笑うところではないか。
感動して泣くシーンだと思っている観客は芝居の観方を知らないのである。
この女は最高である。自殺、自殺、1ヵ月後とあちこちで喧伝。耳目を引く。
それがわずか1日で自殺を撤回する。綱渡りから無事、生還する。
笑えないか。ここは大笑いするところではないか。そう書いた。
すると自殺予告者(もう自殺撤回者か)から詰問された。

「あなたは私が死ねば満足なのですか?」

どうなのかな。別に生きていても、死んでもかまわないと思う。
1ヵ月後に自殺しなければならないという契約などもとよりないのだから。
観客をだましたと言う気もない。観客もあんがい楽しんだと思う。
じぶんたちのコメントがひとつの命を救ったと勘違いできるのなら。
そもそもわたしは誠実な観客ではない。
先日、芝居のラストシーンだけ偶然、垣間見て大笑いしただけのものである。

539 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 15:12:42
ひとつだけ問題にしたい。
「死ねば満足なのか」とこの元自殺予告者はわたしに問うた。
ここでわたしが「はい、死ねば満足です。死んでください」。
そう返答したら、このおかしな女はほんとうに自殺してくれるだろうか。
おそらくしない。それどころか仲間と連絡して、上質のウイルスをくださるのでは?
ここで頭脳明晰なあなたは気づいたに相違ない。
わたしが「死ね」と言っても死なない。
ということは反対もおなじである。
どれだけ応援しようがこの女はそんな言葉に左右されない。死ぬときは死ぬであろう。
自殺を決定するのは周囲ではない。自殺者本人である。
今回、この真実を知るにいたったのは、あのおかしな女のおかげである。
だいぶ慰められるところがあった。この喜劇女優に感謝したい。

このおかしなひととのやり取りは以下↓ 自殺予告ブログも掲載されている。
http://yondance.blog25.fc2.com/blog-entry-558.html

*この記事への苦情は、できましたらご本人からお願いします。ご友人がかわいそうです。


COMMENT
Sandrino URL @
03/22 17:11 . こんにちは。とても面白いので最近ストーカーしてます。
うつ病で死にたいと言う人はかわいそうだという奇妙なネット上のうつ病ワールドで完璧にYondaさまは悪者になってしまいましたね。かわいそうに。
そういう見解の方がその奇妙なワールドに一歩足を踏み入れたら不快に思う気持ちはとてもわかりますよ。
だったら見てみぬふりをしておけばよかったですね。
それともその世界の人たちと戦うことが楽しいですか?私はそんなYondaさんや他のYukiさん一派の戦いを見ていてとても楽しいです。
それとも、YondaさんはYukiさんのように落ち込んだときに励ましてくれたりするご友人がいらっしゃらないのですか?落ち込んだときに落ち込める場所がないから肩肘張って気丈に生きてきたのですか?
そんなのいらないと思ってますか?いらないと思ってることがかっこいいと思ってますか。別にかっこよくないですね。私もそうですが。
だから甘ったれて見えるYukiさんのことが鼻につくのでしょうかね。かっこよく言ったらこうで、悪く言うとブログ界で華々しく活躍する大女優Yukiに対してのただのひがみ屋ですかね。そう見えなくもないですね。


540 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 15:13:26
Yonda? URL @
03/23 00:27 Sandrinoさんへ. 

おもしろいとのこと。
ありがとうございます。
ぶっっちゃけ、ひとの喧嘩ほどおもしろいものはない。
このブログがキチガイ一派のコメントを消さない理由であります。

大女優? あれは三流のコメディアンでしょう。
Sandrinoさん、これからです。
世の中、もっともっとおもしろい人間がいます。


Sandrino URL @
03/23 00:56 . >ひとの喧嘩ほどおもしろいものはない。
喧嘩してるのはYondaさん自身でひとのじゃないでしょ?私たちのために消さないで残してくれているってことかな。どうもありがとうございます。死ぬほど光栄だなぁ。
キチガイ一派って、私から見たらYondaさんも充分キチガイ一派に入ってますよ!ふふ、Yuki一派と仲間だ、おめでとう。本当は入りたかったんじゃないですか。
世の中、面白い人間がいるって、Yondaさんを知ってから、さらに思いました!数日前までは、本当に世の中自分だけになればいいのにって非常に自己愛な事ばっか考えてたんですけど。
本当におもしろいなぁと思いました。勉強になるし、ここのブログはとても興味深い。Yondaさん、女性ですか?失礼だったらすみません。大好きですYondaさん!


541 :すずき ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 15:14:21
 とにかくもいやしきちすじはのちのせにもかるくみるにそうできないだけのうれいをのこすものだ

まったくかなしきことにありてこのちいさきいのちのはかなしをますゝきづくおもいにて
どうにもしようがないこヽちがする

  ひぐれして 月にもあらぬ夜のとばり  そらにはかヽる たなづきのくも

そうしてめもをのこもきえゞちりゞになるのがせのさだめならば、
われをしてそのおとなしきビジターならしめんこそみやびやかなくらしの道すじならん也か
さてもさてもおそろしきイクスプロイトのおこないにはあらぬか
こヽわれをしてわれをうたがわしめんこそいやしけれ

542 :美香 ◆ESCVVanDCU :2006/03/24(金) 15:29:11
世界にはみか5さいしかいらない!

543 :なヽしのさむらい ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 15:32:15
 どうゝきみょうなめぬならんかはからん

いやしきぬだ
どうしてかのぬをばかゝしいとおもわずにおかれようか

 くだらなきつまらぬざれごとにたわむれてはずかしきけしきもあらぬばかりか
おのれの名心りんをたくましくのみしてみずらの分かえりみることもなしとはなんぞや
はなはだしきふ文のやからめというべしや

めのかざかみにもおかれぬ奴れいめ


 文さむらいをしてやつけるのはあたりまえと云わねばならぬ
そのくさっただぶんをまきちらしてせのふしあわせをますのこそケガれなり

どんゝぶるじょわにしぼりとられてへるにおちるがよろし
そのゝちくいたらようやくおのれのみにくさをわかるかもしれぬよ

544 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 15:43:13
またはじまった。
鈴木も移籍いたようだし、おれっちも、外で遊んでこよう。
 
 にしても、今日ははええぞ、少し。はじめんのが。

545 :なヽしのさむらい ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 15:48:02
 あヽつまらなきせのなかなるかな

ぞくぶつぶんもうのばいやーばかりがのさばるくだらなきおゆうぎのぶたいがこのせなら、
そんなところにうまれたことがあやまちならんや

 いやしきめどもがウロヽヽつきてきたならしいけだものヽけはいをくばってねりあるくてんかヽ

さむらうものヽみにもてんだけがうやまえるおんかみにおもうこそあわれなれ
いとつきゞしこヽちがするものよ

 みめもくだらぬ、シヽも下らぬ、文明之志心だけがぼくをてらす道しるべにおもう也

546 :なヽし乃さむらい ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 15:56:57
 こんにち日本之ん士さいあんすをべんきょうすることしか介けごとあらず

いのちをすてヽかえりみるべからず一点はふぃろそふぃかるさいあんすさむらいしごとにしかなかるべし

てしよくおぼえよ

547 :なヽしのさむらい ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/24(金) 16:16:27
 しもゞの民になさけをかけるが小説ならんか
ならしも
我をしてそのあそびに満足させ得ず。

Fictions此皆いやらしき虚妄なり。

 上々のおもむきがため文書するこそ文士一身の本位たれ。

548 :吾輩は名無しである:2006/03/24(金) 19:18:59
鈴木、お前も芸のないことやるな。
普段の方が、よっぽどいじくりがいがあるぞ。
ななしのキャラは他でも使ってんじゃねえか、ボ^。


549 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/25(土) 00:18:21
『日本デザイン史』を見つけ出しました。
柳宗悦の項には以下のようにある。
「1889から1961.東京生まれ。〜1909年に同人中最年少で白樺創刊準備。同年
バーナードリーチと李朝白磁と出会い東洋美学に傾倒。朝鮮独立運動に賛同し、
1924年に朝鮮民族美術館を京城に創設。日本の無名の工人による平常美に
文化的価値を見出し……、新語「民藝」を提唱その理論確立と普及運動を進め、
雑誌『工藝』を創刊。地方に残る手仕事を保護育成するとともに、アイヌ、
沖縄、台湾の独自な文化や風土を評価、日常神秘主義の立場から平和思想を説き、
戦後は美の浄土たる仏教に没入する。」

いろいろとおかしな内容ではありますが、盆栽とは、縁があるかどうか。
関東大震災を挟んだ時期に朝鮮独立運動に参加というあたり、
一筋縄ではいかない人物ですね。

550 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 01:13:53
だからどうした。全然おもしろくねえなあ、おめえの話。
何が言いたいのか、さっぱりだあ。もっとわかりやすく書けんのかい。
小難しい方が、利口に見えるとでも思ってんのかな。
ま、どうでもいいや。所詮「牛の涎」だもんなあ、お互いによう。

551 ::2006/03/25(土) 07:21:32
相変らず文献もないまま書き込むので詳しくは知らないのですが、
まかり間違っても垂涎モノの書き込みでないことを自覚しているので恐縮しますが、
書き込みにHNを付しているにも拘らず耳学問と付焼刃でのたまっていますので迷惑かもしれませんが、
まあそれはいいとしてください。以下、昨日の自レスの軌道修正。

下手物という語句が柳宗悦の以前にも流通していた語句だろうということは容易に推測できることです。
でないと、下手物の美というような撞着語法型のスローガンも内在する対立構造を前面に押し出すことなく、
さして効果のあるものではなかったでしょうから。この点を勘案しつつ、

これは憶測にとどめておきますが、ゲテモノ栽の収まった容器・盆を指していた《下手物》の焼物が、
換喩式の変容を受けて盆栽における下手物となったのではないかと。

それでも目茶を承知で柳宗悦が発祥だろうと言うとすれば(ああ恥ずかしい)、
本来意味するところのクダラヌもの、貴人の見向きもしないもの、つまりゲテなものを更新したのは
彼をおいていないだろうと思う一存からです。
それまでほとんどkitschというのと同義であっただろう《下手物》という語句に、その下手物のみならず、
そこに関わる人びとを巻き込んだという点において。

一言でいえば柳宗悦以降、下手物という語句はゲテモノによる感情の発露を表す大事な指なのです。
ゲテモノの位置がわかれば、そこから本当の意味で指が必要になります。 指とよばれる物体と共に、ですね。
以上は当てずっぽう。さて、われわれの眼指しは指とよばれる物体と親しいでしょうか?

552 ::2006/03/25(土) 07:23:34
ということでおはよー。今朝は雑談スレにだれもいないのかな?

鈴木くん、レーモンクノー/朝比奈弘治『文体練習』おすすめですよ。朝日出版社。
日本の大手出版業界もあの程度の負荷なら大丈夫ってことは知っておいていいと思いますし。
そりゃメジャー作家のネームバリューもあるんですけどね、楽しいですよ!

クノーはとってもおしゃれです。(もし既知の書名でしたらすいません。)

クレラップCMの女の子は間違いなく映画版ザジを念頭においたものと思われますが、
残念なことに翻案としては失格なんです。
15秒の枠に甘んじてザジのゆれ動く不完全な女(?)ごころを捨象してしまっています。
あれじゃ、ただの小煩いガキじゃないですか。

(どっかのスレッドで3でもないのに3だとか、名前欄を消し忘れたことのお詫び。)


ところで鈴木くんはなんで泣くんですか。

553 ::2006/03/25(土) 07:40:40
たぶん論語で一番有名な一節なんでしょうけど、中学生のときにこんなの読まされました。
「子曰、吾十有五而志于学。三十而立。四十而不惑。五十而知天命。六十而耳順。
七十而従心所欲、不踰矩。」孔子さんの自己PRはこんなにも無愛想です。

つまり孔子さんってのは60歳から聖人になっちゃったわけです。
聖の一字はもともと耳から露呈するというような意味合いだったと聞きます。
まっすぐに声の入ること、そこから道理をわきまえたひとという意味にも通じますか。
で、例によって気前よくありがたい格言くれたりもする。「子曰、学而不思則罔/思而不学則殆。」

学ぶってのがどういうことなのか考えちゃいますよね。思うってことも。
中学生のころにはこの格言のありがたさも分りませんでしたけど。


シートン曰、 The queen, my lord, is dead.
マクベス曰、 She should have died hereafter. (ACT 5, Scene V)

気難し屋のマクベスさんはどう訳してほしかったやら。
あれもいずれは死なねばならなかったのだ。でいいのか、それとも多少穿ってでもhereafterを名詞として
彼女は死んだ来世を与えられて当然なのだ。のほうがいいのか、わたしにはさっぱりであります!


われわれ凡俗にはTomorrow、and トゥモロー&トゥモローをどう訳すべきか
その日暮しで悩んでいるのがお似合いってこった。www

554 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/25(土) 12:00:44
 僕はしばしば日本を想って泣きますよ。

所有の
白川静『常用字解』
によれば、
聖とは、
神のお告げを聞く為につま先立ちをした人が、口(祈りの器)に向かって耳を開けているカタチらしい。

神の声をよく聞き分けられる人を古代中国では聖者と呼びました。

555 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 12:15:45
鈴木のくせに白川静とか持ってるし。
ナマイキだ。

556 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 12:37:26
鈴木だから、持ってる・・・

557 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 14:10:36
豚に真珠

558 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 15:05:27
馬の耳に念仏

559 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/25(土) 15:19:38
 文学のデモクラスィとはいったいなにごとかとおもわん。
これ則ちナンデモアリのたわむれか。
ちゃらちゃら文芸をてきとうに飾りたてて売り囃し、
わんさか腐銭を稼いで浮き利satisfiedの出版主義なるか。

吾が輩、これを今ひろく社会の疑に問う。

公衆福祉とはなんぞや。
自由の意義は社会貢献に様々の創意くふうをゆるさんがためのみ。
必ずや愚みん庶子のくだらぬたわむれ事に荷担するためにはあらず。
 Publicityは最大多数最高幸福に寄与せんが故のみの方便とみなさざるをえず。


 上質のかるちゃーをつくるのは文民ひびのつとめなり。
戯作家も例外にもれず。
おもしろきことは木石にあらぬ生々のたのしみをふやしとよきことなれど、
つまらぬ習俗にこびうるのを清明志人ゆるすまじ。

560 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 18:40:58
経済的に自立もできない奴が、
エラそうに「独立」だの「自由」だのほざいてるし。
口先だけじゃねえか。笑わせるぜ。
まずひとりだちしてから、能書き垂れてくださいな。

561 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 19:04:57
まあ、次にすることといったら、せいぜい
「自立」「独立」「自由」「文士」「さむらい」「もののふ」
とかの言葉の定義をいろんなものを引用しつつ、自分なりに与えたりしながら、
自分が社会に出もせずに、ここ2ちゃんで口先だけエラそうにほざいてることを、
ゴマかすこったろうな。
ま、早いところ額に汗して働いてくださいよ。

562 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 19:40:43
鈴木、「鈴木」のままでいいんじゃないのか?

563 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/25(土) 20:18:58
今晩は。


 言葉の使い方を知らない人がいる様ですね。
文弱は恥じるべきことです。

564 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/25(土) 20:21:14
 文士にとり富貴浮雲の如し。
己の道を極めるのみ。

565 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 23:13:41
お、久しぶりにいいこと言うな。
何たって、みじけえのがいいや。
文士ってえのは、こうじゃなきゃいけねえ。

それに、打たれ強いってのも才能の一つだよ。
でもいちいちなんで名前変えなくちゃなんねんだあ?気が向いたら教えてくんろ。

566 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 23:49:49
















567 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 23:50:34









568 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 23:51:13















569 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 23:51:43















570 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 23:53:06











571 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 23:53:39


572 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 23:54:21


573 :ひろゆき@”管理”人 ◆HEEgvYWvCk :2006/03/25(土) 23:54:21
今日の晩御飯機能をつけてみました。。。
名前欄に【Today+&rf&rus&rian&ras&ra&rn&r+Dinner】と書き込めば
【こくまろ】とか【ハンバーグ】とか晩御飯メニューが出ます。
数値は書いた日付とか時分秒とかレス番号で反映され100種類くらいまでありますよ。。。
今日の晩御飯何にしようかなあと思ったときに使ったり、自分の食べたものと比べたりして遊んでください。

574 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 23:54:55


575 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 23:55:25


576 :吾輩は名無しである:2006/03/25(土) 23:56:54
とりあえず 

>573 はブラクラ

577 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 00:35:35
ブラクラてかフュージャネイザンwのヴァリエーションだな

578 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 01:00:22
いまどきフシアナかよ
おめでてーな(w

579 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 01:17:11
>>573
ひろゆきの名を騙れば
即アクセス禁止罰て知っててやってんのか

580 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/26(日) 01:19:06
鍵君、盆栽も文学も人の集まったところに成り立っています。
なんにもないところに文学が超然とあるんじゃない。
本人がどれだけ立派な理論や解釈を考え出したと考えても、普段から嫌われていたら
誰にも相手にされません。ことに文系では。
誰にも何にもいわれなくなったらおしまいというのは本当のことです。

それから、人に何かを指摘されるというのは、よっぽど目に障るからであって、
だれだって赤の他人に注意するなんていうことはしたくない。
一度や二度は知らないふりをしています。あまり続くので仕方なく言っている。
もっと人の言葉にまじめに耳を傾けたほうが言いと思いませんか。
人や生活と折り合いをつけていくのはどの世界でも必要なことです。
それがわからなくては何も残らない。惨めなことになっても、誰も助けてくれない。
取り返しのつかないことというのは意外に多いんだよ。

581 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/26(日) 01:27:15
勉強しているようだからニートじゃないんだろうが、生活も改めたほうがいい。
他人ごととはいえ、人生が台無しになっていくのを見ているのは気分が悪い。
冗談ごとであるかのように揶揄している人もいるが、非常に、深刻なことだよ。

582 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 01:56:33
そんなの別に珍しい物でもないし・・・

583 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 02:04:04






584 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 02:34:53
じかく 

585 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 04:07:00
いいご身分ですなー。毎日好きな本読んで、ネットで文章を書くお勉強ですか。はー、しかも2ちゃんで。
人に飯食わしてもらって、実生活の苦労も何も知らず、人間関係にも煩わされずに、やれ「独立」「自由」だって?
ゴタクはいいから働けよ。なんで働きもせずに毎日フラフラしてるんだ?
国民には「勤労の義務」があるだろ。「働かざるもの食うべからず」だろ。
(「勤労の義務」も「働かざるもの・・・」も語義とか出典とかウザい。揚げ足取らなくていいからな。)


586 :リリ:2006/03/26(日) 04:51:36
暇してます。チャットしませんか??
20代のオシャレな男の子で写メールを会話中に送ってくれる人限定で
勿論こっちも送りますヨ。顔は自信あるほうかな???!!!サブカル好き歓迎http://tenme.jp/chat/3/ここで待ってます。

587 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 05:23:53
なんか文学板に業者ってちょっと新鮮

588 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 05:39:56
「小林って野郎だろ?」
「おう。杉並区のな。オレっちはミキミキって呼んでるぜ」

589 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/26(日) 11:19:44
今日は。


 他人の生き方に口を出す事は誰にもできません。
自由とは自己自身へ最も厳しいものです。

 甘え合って生きてきたあなた方にっぽん人にはよく分からないかもしれませんが。

590 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/26(日) 11:33:58
 僕は、志を曲げ、猿山に混じっておこぼれを喰らい生き残るよりは、
伯夷や叔斎のように山菜で飢えをしのぎ餓死することを求める者です。

よく云われる言葉ですが、
満足した豚であるより、不満足なソクラテスであれ。


 形骸化した大学生連中に混じって戯れるべからず。
また、搾取される為に身売りにも等しいarbeitへ精を費やすべからず。
 己の出費を堅く閉じ、マズい飯と煎餅布団とユニクロで一寸の光陰を軽んじず、
寝ても覚めても必死で学術勉強に励むのが書生の王道ではありませんか。

僕は学習を通して広い世界を知っていますから、
お家の山間処(やまと)でヌクヌクと井中蛙の境遇に甘んじる方の戯れ言に進んで倣う義理はない。

591 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/26(日) 11:48:56
 学生とは、労働価値のゆとりを社会によって公式に与えられて、
自主勉強を通してintellectを啓発し、また世間の如何なるものかを学得し、
より高度な活動に従事し得る未来の社会人を育む為の立派な身の上です。

そのような根本の理屈も知らぬまま、やれ才能ある学生にやたらに
働け稼げ、官位に就いて錦を飾れだの曰るのは大いなる無知である以上に、
国家ばかりか地球人類にとっても巨大な損失と言わねばなりません。

 学生にかけるべき普通(common sense)の言葉とは只、
「勉強頑張れよ」の一葉で充分なのではありませんか。
無学は恥ずかしいことですが、何より恐ろしいことでもある。
 学者の芽を摘むところにはどんな文明の開花もありません。


 屁理屈と言ってtheoryの崇高をバカにする馬鹿には、敗戦が向いています。
歴史を知らないのは自分が何者かを知らないのに等しい。
まったくそれでよく偉そうに口を開けたものです。信じられない。

592 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/26(日) 12:16:23
 物産に乏しい日本にとって、未来経済発展の筋道は情報産業への特化しかありません。
それしか地球諸国へ貢献する材料はないからです。

そこで情報の結果となるのが、官の言う科学技術です。
日本は文明計画の研究所となる事で名誉ある地位を占めるでしょう。


 しかし、政府が知らないのは、
技術すなわち応用科学とは、「基礎理論」の進展の上にしかあり得ないという事です。
たとえば、アインシュタインの仕事から副次的に生まれた光電効果の研究から、
我々のパソコンモニターの原型が実用的に発明されたようなもの。
もし、基礎を疎かにしたままで応用だけに特化しようとするならば、
まるで職人芸のように、日本はただ外人の意のままに決められた機械物品を生産する工場となるだけです。
果たしてそれが創造立国の大道でしょうか?僕はそうは思えない。

 つまり、『理論』をシッカリと勉強する先にしか、真の日本の曙はありません。
それには「勤勉の習慣」を社会全体の気風が自然に身につけるのが何より先です。
 やらされ詰め込まれた学習は身につきません。
知恵を愛し求め、自らの疑問を学んだ経過だけが真に知識となるのです。

僕は社会の邪道に媚びを売らず、一身を犠牲にしてでも大道を行く日本人の見本となるつもりです。
働かざるもの食うべからず、また文明の筋において、学ばざるもの働くべからず。

593 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 12:20:36
学費も生活費も100%自分で稼いだ中から出してますよってんならいいけどな。
・・・まー2chでなら何とでも言えるわな。どーせ実社会では他人様に向かって同じことは言えんのだろうし。
社会では誰も何も言ってくれないしな。ここでしか話を聞いてもらえないわけだ。ホントに哀れなヤツだ。

594 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 13:05:15
鈴木、昼型になったのはいいことじゃねえか。
それともたまたま日曜日だからかな?
それじゃ、選民として少し寂しかないか。
ところで、読書はいつしてんの?よかったら、聴かせてくれ。

595 :Lisa:2006/03/26(日) 14:46:41
鈴木雄介、馬鹿なんだから死ねよ

596 :Lisa:2006/03/26(日) 14:48:11
階級社会なんだよ
雄介は最下層
クズは死んでいいよ

597 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/26(日) 21:35:40
今晩は。


 人間は愚かなものだ。
虚栄心を満足させる為には他人を合理的に卑しめる。
後に自ら賤しめられるとも知らずに。

 遜る者は自ら高められる。

598 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/26(日) 21:36:49
お前達の人生、好きに生きるが良い。

599 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/26(日) 21:41:31
>>596
 下段が上段を支える構造を知らぬ浅ましき女郎は、
良心の呵責という地獄の苦難に身悶えるが良い。
そして貴様が救われるには地の底の味を舐めるしかあるまい。
あわれむにも足らぬ自然の法なり。

600 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/26(日) 21:51:26
いやしい女め。

貴様の魂見破ったり。

601 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 22:17:25
で、どうなんだよ。誰かに養ってもらってんじゃねーのかよ。
その堅く閉じているっつー出費・マズい飯・煎餅布団・ユニクロは、
全て自分で稼ぎ出した中からのものなのかよ。
もちろん授業料は全額自分で出してるんだよな?

602 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 22:45:01
この鈴木っていうのは慶應の学生なのか?
友人に慶應に行っちまったのが何人かいるけど、ここまでのバカじゃなかったぞ。

603 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 23:10:35
鈴木雄介は高卒だよ(w

604 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/26(日) 23:22:34
 日本には家族があります。
学費は家庭の事情です。他人が口を出せる範疇には無い。

放っておいてもらう。

605 :吾輩は名無しである:2006/03/26(日) 23:22:42
慶応義塾は低能未熟だけど鈴木みたいな基地外の収容所ではないよ

606 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/26(日) 23:26:29
 あなた方のような俗物と関わり合いになるのは恥です。


僕は日本人として、あなた方の人権思想の程度を憐れむしかありません。

汚らわしい。二度と触れてくれるな。

607 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/26(日) 23:31:39
 この世界の掃き溜めに溢れた俗物の言葉はケガれていて、
僕にはいつも認識してやるのも嫌になる観念ばかりが目立つ。
正直に言って、そういう弱者の恨みつらみは吐き気がします。
表現の自由の最低の堕落がそこにある。

 僕はあなた方の仲間でも同類でもありません。猿と神とは違うのです。
 悪友と付き合うのは非行です。
僕は向上の勇気を以て、あなた方、俗物とは一切縁を切るつもりです。

608 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/26(日) 23:37:46
 あなた方は口汚いつまらない文句で僕を卑しめることができると信じているのかもしれませんが、
その様な下らぬ戯れは全て、あなた方自身の品格を落とす道具にしかなりません。

僕は慈愛の志からあなた方にいつも分かりやすいコトバを選んで
人たる者の道を説いてきたつもりでしたが、
今日の自分にはそれが無駄だったことを充分に悟りました。
 猿に言葉は通じないのです。
奴らの心根を変えるには、圧倒的証拠を見せつけて脅すしかない。
馬鹿は諭すより逐う方がよいのです。

609 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/26(日) 23:46:57
 僕に低民社会の戯れ言に付き合う義務はない。
あなた方はそれをお遊戯として楽しめる程の素晴らしい知性を持っているのでしょうが、
僕には単に、猿の裸踊りにしか見えません。


 願わくば自己表現の自由をprivacyのよからぬ詮索で抑圧する貴様方の社会が、
愚衆制と名付けられる恐怖政治への没落であると知れ。
尤も、猿に説法は無用。
貴様らの御立派な思想生活いやしむに然り。

 揚々と朕を嘲笑ってよろこぶがよい。愚盲不文の民々よ。

610 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/26(日) 23:52:04
 僕にはあなた方と一々係わる義務がない。
当然、貴様らの戯れ言を聞き入れる必要はない。

故に、貴君らは二本足で歩く猿として繁殖にでも日々、喜々として励むがよろし。
我それに関せず。

611 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 00:17:30
「我それに関せず」いい言葉じゃねえの。鈴木。
繰り返すが、何で「鈴木」じゃ駄目なんだ?
それに「関せず」って言っておきながら、何でわざわざここに書き込むんだ?
聴いても都合の悪いことは答えねえんだろうけど。

612 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 00:22:30
文学板のみんなは「電通」の存在についてどう思う?

サラ金CM解禁、韓国ブームw、など

勝手にやりたい放題なんだけど

613 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 01:15:10
「電通」かい。
もう少し、詳しい情報をくれ。
ごく初歩的なのでいいよ・・・きっとこういうのには、喰いつきがいいにじゃない?
近頃、まずい餌ばっかり食わされてたみたいだしさ。
あ、自分で探せってのはなしにしてよん。

614 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 01:39:23
とりあえず、こんなもんでよろしかったら どうぞ

電通の正体
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200503030000/
『肥大したジャーナリズム背後にいる電通の威力
http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200410030000/

615 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 01:45:11
へ、ありがてえや。
明日じっくり読ましてもらいま。

616 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 04:52:26
 アナタは口汚いつまらない文句で皆を卑しめることができると信じているのかもしれませんが、
その様な下らぬ戯れは全て、アナタ自身の品格を落とす道具にしかなりません。

皆は慈愛の志からアナタにいつも分かりやすいコトバを選んで
人たる者の道を説いてきたつもりでしたが、
今日それが無駄だったことを充分に悟りました。
 猿に言葉は通じないのです。
奴の心根を変えるには、圧倒的証拠を見せつけてやるしかない。
馬鹿は諭すより逐う方がよいのです。

617 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 10:48:47


   |■反撃は粘着ジエン糞コテの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | 糞コテにエサを与えないで下さい
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



618 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 10:50:01

| ゴミが溜まったら回収しますよ〜♪
\      
   ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ________
    ―――――――、     ヽヽ
.   /.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| ||____ヽヽ
  /.    ∧// ∧ ∧| || 東京都  ヽヽ
 [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) || 清掃局.  |  |
 ||_    _|_| ̄ ̄ ∪|.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 lO|――|O゜.|____|.||.-――――┴―|
 |_∈口∋ ̄_l__l⌒l | | コ□ニ//l⌒lソ
   ̄ ̄`ー' ̄   `ー' ̄ `ー'   `ー'

.

619 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 12:17:05
「牛の涎の如く雑談を〜」

魑魅魍魎が跋扈する汚濁にまみれた壺の中、幸い人の棲むという。
鼻糞を嗤う目糞であることの自覚なき者、去ね。
一般人とともに惰眠を貪るがよし。
ここは黒白黄赤、雑種の猫が呪い、呪われるところ。

620 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 12:20:35

   |■反撃は粘着ジエン糞コテの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | 時に名無しでジエンする糞コテにエサを与えないで下さい
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




621 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 12:21:26
鈴木大介(雄介)って名前は捨てたのか?

622 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 12:43:36

   |■反撃は粘着ジエン糞コテの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | 時に名無しでジエンする糞コテにエサを与えないで下さい
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



623 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 14:35:40
文学板 イラスト描いてる すれ違い

624 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/27(月) 18:48:09
  春風や想ゆるほどの肌寒し

625 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 18:59:34
いいから働けよ。自活しろよ。

626 :Lisa:2006/03/27(月) 20:55:48
鈴木雄介はどうして働かないの?
他人の税金と親の金で生きてるの?


627 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 21:29:44
鈴木より うぜーぞ嫉妬 する子牛

628 :吾輩は名無しである:2006/03/27(月) 23:11:35
みんなは最近何読んでるの?
私はタッソー『解放されたエルサレム』と最近出たちくま文庫のノヴァーリスだったりする。

629 :ズン ◆7QiFPoq.LI :2006/03/27(月) 23:22:47
電通に対抗するためにNHKが必要。
電通の売上は1兆だが、NHKの予算は6千億。

受信料を払おうぜ!


630 :ズン ◆7QiFPoq.LI :2006/03/27(月) 23:24:03
築地でよく電通マンと同じ食堂で昼飯を食いました。
メシを食いながら仕事の話をする人が多かったね。


631 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/28(火) 13:24:31
 僕は既に働く準備をしています。
ただ、まだ人間として未熟で、充分な社会人として機能しない部分がある。
一言で云えば、もう少しモラトリアム(社会的猶予)の中で修行する必要があるんです。

その顛末を説明すれば、
 戦後の日本社会はおおよそ、大学閥の偏差値的分類に従って階層を形成して来ました。
それは知的能力によった職業の最適配分の理にそれなりに叶っていましたから、
工業化社会における終身雇用と年功序列の集団主義体系にうまく合致し、
日本の真面目な国民性と相まって成功しました。
 しかし産業構造の脱工業化・情報化に伴って、経済成長が停滞して来、
従来型の一流学閥卒サラリーマン的社会人という理想モデルが時代遅れのイメージとなったのは事実です。
彼らの21世紀における欠点は、日本の科挙風詰め込み式教育の弊害に遭って非創造的・順応的で、
いわゆる自主性による「問題解決能力」の欠如が見いだせるところです。
企業は、社会的ルールをきっちり守りながらその上で、他人の誰もが考えるような当たり前のことではなく
自ら考え、自ら発見し、仲間と協力して組織を自発的・積極的に改良していくような
新しい情報産業型個性を必要として来ています。それがつまり、大きな『時代の転換点』なのです。
 我々は若手ITベンチャーの目覚ましい活躍や、
流れ作業的なレール上で無目的に大学生になった者たちがまるで勉強しないところに、
そういった戦後工業型社会システムが内実ではかなり形骸化している事実を発見するのです。
 僕は、激動の時代情勢を観察して焦った処世を避け、
内情が許す限りできるだけじっくり社会の動き方を洞察して、自らの道を見いだそうとしています。
ですから、旧来の社会の常識からすればあたかも「働きだすのが随分遅い」ように思えるかもしれない。
だが、人間の歴史的進展は常に、「学習しなければならないことの増大」に伴って来ました。
例えば大学全入などとは20を過ぎたらもうオジサンと同じようであった平安貴族には理解不可能でしょう。
 僕は21世紀の未知のグローバル社会に何とかうまく適応する為に、大勢の画一化された意見に流されず、
自分の頭で思った自分なりの試行錯誤学習を続けていると云えるのでしょう。
因みに他人の税金は使っていませんよ。

632 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 14:14:53
でも、公衆便所を使ったことはあるだろう。図書館を利用したことはあるだろう。
ま、どうでもいいが。鈴木君も消費税は小まめに払ってるだろうから。

「働き出すのが遅い」と言ってるが、何で働くのかな。
別にプーさんでもいいじゃないのさ。
鈴木君には、是非プーのままでいてもらって、同年代のここの住人達のやっかみを買って
一段と嫉妬交じりの罵声の的になってもらいたい・・そう思う今日この頃だわさ。

633 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 14:48:22
こいつのどこをやっかむっていうんだ(w

634 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 16:01:04
どーしてもと言うなら俺がやっかんであげてもいいが

635 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 18:05:23
ほうら、ね。

636 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 20:23:37
嫉妬という解釈は痛すぎだわな

637 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 21:27:34
超痛すぎだ

638 :日本文尊 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/28(火) 23:39:33
今晩は。


 これでも僕は学生という身分です。
学生が一所懸命勉強するのは人間当たり前の勤労です。

そういう者に更に事務的仕事までこなせと主張する方々は
僕という人材に非常に期待しているのでしょうねw
24時間は全ての人にとって──相対運動速度が光速に比べれば遥かに均一であるからして──同じです。
だから僕が勉強しながら労働するにはまるでsuper聖徳太子の如く、
抜群の万能ぶりを発揮しなければならないでしょうw

まぁ体を壊すほどの勤労は《過労》という悪徳と化します。
その辺に同情してくれるNEETはこのthreadには少ないのかもしれませんが。

639 :吾輩は名無しである:2006/03/28(火) 23:43:24
「学生」とは大学で勉強する人を指す言葉です。

640 :日本文尊 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/28(火) 23:53:38
 今日は僕がしたためた物語作文を最終推敲しましたよ。

こないだまでこんな出来損ないを世間様にみせたら恥辱だと感じていたんですが、
改めて久しぶりに読み返すと、まるで僕は日本文尊じゃないかという気がしましたよ。

極端な虚栄ですがw

 事実まだゝstyle改良の余地はありますが、僕の基本的な姿勢がよく現れた抽象小説だと思います。
なにしろ僕にとっては涙なしには読めません。救いですからホント。
 けど、contemporaryな一般人からしたら意味不明なのかもしれませんがね。表現が抽象してあるから。
発表したら、こんなのが物語なのかよ、と俗物に散々叩かれるか、そもそも無視されると思いますねw

 歴史が教えるように、前衛ってそういうものです。
大衆が追いつけないところに芸術家のeliteとしての誇りがある。

641 :日本文尊 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/29(水) 00:00:27
>>639
ほう どうしてそう思うんですか?

まさかstudentの訳語としての書生→学生の成立が、
単に昭和の大学制依頼の大学生の略語としてしか括られ得ない語義だとお思いで?

むしろ僕は、すべての人は生涯学生[死ぬまで学んで生きるもの]だと思っていますがね。

広大な語意を解さぬ方にはわかりづらい説明でしょうが、
そのへんは各人の知的格差に依存する問題ですから、
民主的な差延の話にすぎませんね。
 別段特筆すべきdialogueのpatternには思えませんよね。

642 :日本文尊 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/29(水) 00:19:39
 まぁこんな戯作文、どうなろうと知ったこっちゃないから
僕にとっては[或いは誰にとっても]、暇つぶしを草した一葉にすぎませんけどね。

どっちにしても文筆で飯にありつこうとする根性そのものがいやしいですよ。
文士ならコンビニでバイトしながら賞味期限切れの弁当を安アパートでユニクロ着て食らってこそでしょ。
少なくとも、その覚悟もないのに文士を名乗る奴は腰抜け坊主ですなw

 文士の尊厳は「言論の自由」にあります。
これを失うくらいなら餓死も自殺も厭わぬ道こそ日本文尊(ヤマトタケルフミコト)でしょ。

いずれにしてもりさたんまだーでしょ。proxyがつながんないとさみしいんじゃないですか?
知らんがw

643 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 00:25:33
>>639
それじゃあ, まるで奴が大学で勉強してないみたいな言い方じゃないか.

644 :日本文尊 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/29(水) 01:04:51
 それじゃまるで僕が『大学』を勉強してないみたいじゃないですかww

修身・斉家・治国・平天下は君子の学問の大道でしょう。
どうしてその万民仁義の道に沿った人物を大きく学んでいないなどと非難できるでしょう。
僕には分かりませんね。勉強不足でしょう。
 益々勉励、人類日進の為に至善に止まり、神国文民の王道政治のために在野から力を尽くす覚悟です。

645 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 07:02:32

| ゴミが溜まったので644までの糞ゴミ回収済み〜♪
\      
   ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ________
    ―――――――、     ヽヽ
.   /.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| ||____ヽヽ
  /.    ∧// ∧ ∧| || 東京都  ヽヽ
 [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) || 清掃局.  |  |
 ||_    _|_| ̄ ̄ ∪|.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 lO|――|O゜.|____|.||.-――――┴―|
 |_∈口∋ ̄_l__l⌒l | | コ□ニ//l⌒lソ
   ̄ ̄`ー' ̄   `ー' ̄ `ー'   `ー'



646 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 14:11:46
救いがたい稚拙なイラストが一段とこの「牛」を最も汚濁の中で輝かせる。

647 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 14:19:30
http://gazo03.chbox.jp/home/gazo03/data/gazo/wara/src/1141725257305.jpg

648 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 16:22:10
本当の文学が分からず、投身自殺
そんな季節

649 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 16:49:06

| 「本当の文学」回収済み〜♪
\      
   ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ________
    ―――――――、     ヽヽ
.   /.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| ||____ヽヽ
  /.    ∧// ∧ ∧| || 東京都  ヽヽ
 [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) || 清掃局.  |  |
 ||_    _|_| ̄ ̄ ∪|.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 lO|――|O゜.|____|.||.-――――┴―|
 |_∈口∋ ̄_l__l⌒l | | コ□ニ//l⌒lソ
   ̄ ̄`ー' ̄   `ー' ̄ `ー'   `ー'


650 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 17:47:47
鈴木雄介は2ちゃんに入り浸って四浪した挙句
専門学校に入学


651 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 17:49:44
大学の門をくぐったのは模擬試験と入試のみ

652 :文学板コテハン名鑑2006:2006/03/29(水) 18:15:47
知力→文学の素養
文章力→レスの質
キャラ→キャラクターの個性
(各ステータスは、100が最高数値)

大介(知力60 文章力50 キャラ90 出没スレ:綿谷、春樹、牛)
論(知力70 文章力60 キャラ80 出没スレ:文壇バー)
美香(知力40 文章力60 キャラ90 出没スレ:文壇バー、戯曲)
ムー大陸(知力70 文章力60 キャラ40 出没スレ:文壇バー、
おさむ(知力? 文章力? キャラ60 出没スレ:?)
ズン(知力40 文章力50 キャラ70 出没スレ:文壇バー)
C(知力60 文章力70 キャラ50 出没スレ:中原昌也、うめきスレ) 
紫苑(知力70 文章力70 キャラ30 出没スレ:文壇バー)
藤壷(知力40 文章力40 キャラ70 出没スレ:安部工房)
〜5さい(知力? 文章力50 キャラ50 出没スレ:文壇バー、文学館)
みほみほ(知力50 文章力30 キャラ20 出没スレ:喫茶、ポモ文学)
なな(知力? 文章力? キャラ30 出没スレ:文壇バー、綿谷)
ixion(知力90 文章力70 キャラ70 現在、消息不明)
ミステリー板住人(知力60 文章力50 キャラ70 現在、消息不明)
通りすがり966(知力70 文章60 キャラ40 出没スレ:短歌、朔太郎)

653 :文学板コテハン名鑑2006:2006/03/29(水) 18:16:23
処刑ライダー(知力? 文章力? キャラ50 出没スレ:海外文学系)
鼎(知力70 文章力50 キャラ40 出没スレ:高橋源一郎)
関場(知力? 文章力? キャラ100 出没スレ:革命スレ、渡部直己)
l(知力60 文章力70 キャラ50 出没スレ:文壇バー、田久保)
めるす(知力10 文章力10 キャラ20 出没スレ:喫茶)
小宮山劇場(知力60 文章力50 キャラ50 出没スレ:牛)
Gauche(知力60 文章力40 キャラ60 出没スレ:佐藤亜紀)
まきな(知力60 文章力40 キャラ70 現在、消息不明)

小判鮫(つかみどころのないキャラ)
先生(つかみどころのないキャラ)
孤高の鬼才(つかみどころのないキャラ)
まり(っていうコテをどこかで見たが、消えたようだ)
ジーナ(攻撃力? 知力? 文章? キャラ100 出没スレ:ドストエフスキー)

654 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/29(水) 19:29:22
今晩は。


 異名日本文尊の僕の知力と文章力を見くびった不当廉売が
名無しの疑似公共性のもとに正当化されつつありますなwww
学歴社会崩壊の後塵から不死鳥の如く雄飛に舞い上がるのは僕くらいのものなのに。

655 :文学板コテハン名鑑2006 改訂版:2006/03/29(水) 19:55:15
大介(知力0 文章力0 キャラ0 uzaidake)

656 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 19:58:58
こっちの方が、ある意味、鈴木より、不気味だ。

657 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 20:07:21
656の方が、ある意味、鈴木より、不気味だ。


658 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 20:09:59


、  |★スレを個人ブログやノート代わりに私用するのは禁止。
、  | 身勝手な手記の連書は 荒らしです
、  |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | <粘着ジエン荒らし>にエサを与えないで下さい
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

659 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 21:11:28
この絵、上手いとか、イケテルとか、思ってないよな?

660 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 21:12:58
本当はお前らナオンにモテたいだけだろ!! 来るなら来い!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1143627533/l50

本当はお前らナオンにモテたいだけだろ!! 来るなら来い!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1143627533/l50

本当はお前らナオンにモテたいだけだろ!! 来るなら来い!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1143627533/l50
本当はお前らナオンにモテたいだけだろ!! 来るなら来い!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1143627533/l50

本当はお前らナオンにモテたいだけだろ!! 来るなら来い!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1143627533/l50

本当はお前らナオンにモテたいだけだろ!! 来るなら来い!!
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1143627533/l50

661 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 21:48:38
「ナオン」って、何?
 
 行くなら行け。独りで先に。

662 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 23:55:45
>>652
大介評価高すぎ60?50?アホか

663 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 23:56:33
美香の学歴詐称疑惑発生

■■■■♪♪原一男は文学でR♪♪■■■■
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1143125955/

664 :吾輩は名無しである:2006/03/29(水) 23:57:37
>>662
652が大介なのさ

665 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 00:02:22
やりかねないなー
そして「不当廉売」とか自己レスかおめでてーな

666 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 00:04:59
大介のキャラが90なんてありえんw
本人だろ

667 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 00:09:26
キャラが立ってるとは言い難いもんな。
馬鹿のくせにあまりにも自己主張が強いというだけ。

668 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 00:48:15
と、まあ、他人を小莫迦にするしか、脳がない人々なのですネエ^^

669 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 01:00:30
蛍雪の功を積むのは結構だな。しかし儒家や朱子学の血迷った詭弁に惑わされて、
至善に止まるなど愚行の極み。『大学』は焚書目録の劈頭に掲げられて然るべき
悪魔の書物だよ。殷鑑遠からず。巨魁の孔丘にしてからが、排斥と困窮の屈辱的な
人生を送る憂き目に遭ったのだ。舜もまた、赤貧洗うが如き生活を強いられ、重労働に
身体を休める暇もなく、両親や兄弟からさえも生涯に亙り忌み嫌われたのだよ。

事に終始あり。孔丘の道も盗跖の道も、行き着く先は墓場であった。同じ花から蜜蜂は
蜜を作り、蛇は毒を作る。いずれ茨の道を歩むのならば、蜜を舐めるほうがよかろう。
死後に快楽なし。生前の行為に対するいかなる高徳の評価も、屍となった後の身には
何の価値もありはしないよ。命ある限りは他人の評判などに囚われず、何事も己の恣に
処すればよいのだ。仁義の道などというまやかしに理想の青い花を夢見ても、永遠に
花を咲かせることはないのだよ。

670 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 01:42:49
必ずしも賛同できないが、その文章力には敬意を表する。

久しぶりだね、まともな文にお目にかかったのは。

じゃないか?  鈴木。

671 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 07:05:14

| ゴミが溜まったので670までの糞ゴミ回収済み〜♪
\      
   ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ________
    ―――――――、     ヽヽ
.   /.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| ||____ヽヽ
  /.    ∧// ∧ ∧| || 東京都  ヽヽ
 [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) || 清掃局.  |  |
 ||_    _|_| ̄ ̄ ∪|.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 lO|――|O゜.|____|.||.-――――┴―|
 |_∈口∋ ̄_l__l⌒l | | コ□ニ//l⌒lソ
   ̄ ̄`ー' ̄   `ー' ̄ `ー'   `ー'




672 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 07:09:39


、  |★スレを個人ブログやノート代わりに私用するのは禁止。
、  | 身勝手な手記の連書は 荒らしです
、  |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | <粘着ジエン荒らし>にエサを与えないで下さい
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




673 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 08:50:43
度々、見かけるね。このセンスのないイラスト。

674 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 10:24:03
今日は。



 後世の子孫の安楽を企てて楽しむのはこの世で出来る最も仁に近い行為です。
また死後の名誉を考えて現世を処する事は最も義に近い行為です。

それでも真の仁義とは、損得勘定の代わりに定言命法の忠実な実行としての公正無私を要求します。
生物学的には、それは個体を犠牲にしても種を守るという知的動物の生存本能を意味し、
社会学的には、民族raceの立場を効果的に高めるsurvival戦略を意味します。

 人類は究極的に、倫理の究極のカタチとして
自己喜捨による生命の全体主義を保身する集団的知性にまで至る訳です。
それは「英雄の姿」として我々のDNA配列から派生するべく学習知能にprogramingされ、
我々の血を介して未来の生命の創造的適応能力に成っていきます。
 それでも仁義に普遍価値がないと申す白人は、単に愚かであるというだけでなく
劣等人種としての限界をその本質に秘めているとすら言うべきでしょう。なぜなら、
JesusとSocratesの行いに共感するだけの社会的知能をcommon menの普通思想についてすら
未だ身に着けていないという動かし難い証明ですから。

 Freedomは仁義の為に用いられなければただのワガママです。

675 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 13:14:17
ビョーキだなこいつは…

676 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 15:41:12
性行為が「仁」だとは知らなかった。勉強になりますね、鈴木先生のお話って。
きっと先生も毎日「仁」を尽くしておられるのでしょうね。
相手のことは、聞いたことがありませんが。それも先生一流の慎み深さからの
ことでありましょう。

677 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 18:18:53
今晩は。


 僕は正直、四年にも及ぶ2chの観察から言って日本の大衆は馬鹿だと思うんですよね。
ハッキリ言って愚民です。よくもこんな奴らの国が先進を名乗ってるなと毎度驚きますが。

福沢諭吉がどれだけ苦労したのかよく分かるんですよ。
果たして明治維新前後の日本大衆がどれだけ馬鹿だったかというのは想像するのも恐ろしいくらいです。
ナチス式の義務教育を何十年続けても未だにコトバを知ってるだけの猿まがいが大半なのは
人間文明というものが如何にゆっくり成長していくのかを実証しています。
あわれなことよ。

678 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 18:34:16
「大衆が馬鹿」というのは本当だ。しかし「馬鹿」がいるから国家が成立つ
ということもある。先導するのも楽だしさ。みんな「文士」のようなのだと、
言う事きかないだろう?
ただ、維新後の「大衆」が、現代日本の「大衆」よりレヴェルが低かったと
はいえないだろう。むしろ、義務教育を続けてきたから、この程度の凋落で
済んだというほうが近いと思うけど。それに、「文明が成長していく」なん
て、現代人の思い上がりじゃないのかな。100年前の学生の意識は今より
ずっと高かったんじゃないの。

679 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 18:45:10
 民度というものは相対観です。

日本国民を今の地球の大半の国民と比べたらそれは識字率もまず100%だし、
とりあえず高い部類だと言わねばなりません。
 しかしEUやアメリカといった先進諸国に比べたらまだまだ低劣だと言うべきでしょう。
何しろ高級官僚ですら累進課税が正義の原則だと考えて疑わない程度の社会知能なのですから。

 僕は日本人に見込みがないわけではないと感じています。
明治維新はやはり、我々がasiaの優等生であることを史上燦然と証明しています。
日本人は概して真面目で頑張り屋だし、武士道精神みたいな人類で最も高潔な国風を保有しています。
 ただ唯一の弱点は、長らく専制支配を受けた文化史から大衆一般が『独立心』に欠けることです。
そこから派生すべき自立国民があまりに少ない。
みんな官僚主義の役人根性に染まっていて、個人より強大な集団にすぐ依りかかりたがる。

このthreadにも毎度出没する《学閥虫》もむろんその一種ですw
本当に情けない奴隷どもです。
そういう奴らこそ肩書きだけを尊ぶ代わりに日本から能力を骨抜きにし、国力を空洞化していくのです。
ハッキリ言えば国賊と名づけるべきです。
 受験生上がりの文科省指導の学習要項なぞ、
自由な個人によるglobal市場社会の前では何の役にも立たない虚学なんですよ。
単に遅れた先進国である日本人相手に極東の島国でペコペコせこい商売してるだけなら
偏差値競争で知識も増すしそれでも良かったでしょうが、もはや現実の世界はボーダーレスです。そして
そういう国際的雰囲気を読める真の一流elite達だけが自ら選択した実学を日々勉強していきます。

 彼ら新しい個人主義者こそがこれからの本当の国力源になるのですよ。
何しろ才能たちが世界で活躍すればするほど、日本人の威信は自然に増すわけですから。

680 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 18:48:06
高層マンションの住人の個々が
仮に馬鹿だったところで
月々の家賃をきっかり支払ってくれる者であってさえくれれば
どうにかなりたつものはなりたつ


681 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 18:58:33
>>680
 そんなの戦前軍閥の幻想ですよ。
中華風の国家社会主義の誤謬であり、何より悲惨な太平洋戦争を招いた最大の原因ですから。

国民独立の智勇がなければ、たとえどんな超高級マンションも内部は草ぼうぼう、毎日連れ込み宿ですw

 福沢は言っています。
『一身独立して一国独立する』
堂々と国家批判のできる自由文民を山ほど増やすことでしか、永世の国潤繁栄はないのですよ。

 でなければどうして立派だったロシアの姉歯式マンションが崩壊したものかw

姉歯さんの奥さんは自殺しちゃったらしく、日本の村社会倫理は本当に酷いなと改めて考えましたよ。
だからダメなんです。独立文士が大勢を批判し、模範訓令できないと。

682 :昔の大介レス:2006/03/30(木) 19:00:11
211 名前: ┓ ◆m0yPyqc5MQ 03/11/16 09:39
なぜ古い文学(芸術)が衰退するのか?


芸術というものはすべて、自然の悲劇的システムに人間精神を対立均衡させ、「新しい現実」を生じさせるものだ。

だからその目的もこれに一致している。つまり、[長い古芸術の歴史によれば]すべて悲劇からの脱却を指向するのである。
そして芸術そのものが進化し、古芸術の圏外に出たときこの試みは脱皮し、『新芸術』となる。

──絵画と音楽といった「より明快に普遍的な造形手段」が手に入っていた分野においては[例:絵画_平面、音楽_音]、このような過程はすでにより先に未来的に、 新 芸 術 的 に なっている。
たとえば映画芸術やアニメーション、そしてテレビゲーム等は両者の[さらに言語芸術の]融合体であって、ここにおいて新しい精神はより強く現れている。つまり悲劇が減退し、『現実』が生じるようになっている。


……結局のところ、文学が悲劇的なものであり、哲学の示した真理[男性語と女性語の均衡関係の構成]と統合し、同じ一つのもの──新しい言語芸術、すなわちリズム音造形───に深化しない限り、率直に言って、あらゆる面でとうに時代遅れなのである。



683 :昔の大介レス:2006/03/30(木) 19:03:06
私はここで、哲学している。

私は現代を代表する哲学者ジャック・デリダの導き出した「差延」「破壊構築」
という概念/意味性や、偉大な心理学・精神医学者Carl Gustav Jungの
「普遍的無意識」の内容を前提にまったく新しい独自の概念を練り上げた。
それが男性語|女性語だ。

男性語[統一]
1.無意識的自我〔普遍的無意識、深層無意識〕の論理的展開
2.理知〔客観〕の表現

女性語{恣意}
1.自意識〈意識的自我、個別的無意識〉の表現
2.感情(主観)の表現



684 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:05:00
《学閥虫》そんな奴らがここでなにしとっと?

要するに、悪平等を止め、エリートの養成を国が行うって話だろう?
それなら、やればいいだろう。もう社会^も協賛等も滅亡してんだし、
文句言う奴はいないんじゃないのか?
ただ、大衆に「自立国民」になれと言ったって無理だと思うけどな。
奴らにはお莫迦の集まるテレビでも見せとけばいいんじゃないのか、お侍。

685 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:10:58
草茫々、実と根っこはどこにあるのかしら?

686 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:12:07
すりかえたりすげかえたり事実無根だね

687 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:13:17
なぜ放火魔の件だけはスルーしているの?

688 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:14:37
大麻購入者が適当な話をしているのだろう、榎本だっけ?

689 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 19:16:39
 男性語と女性語というのは僕が19の頃考えていたpost構造主義思想ですねw

結局のところ言語構成で理想的幸福を実現する為には、
男性語と女性語を均衡させることが必要だと考えました。
結構2chのどこかにその文学的実験作を散種した記憶があるw
 そして男性語と女性語という普遍的言語構造の思想は、
『対立概念』の言語論にまで繋がって行きました。
この段階の実作もばらまいたwその頃ですね、文学板に招かれたのは。

 僕が未だに追究しているのはそこから更に進んだ、
とある言語文化における対立概念の独自性といったものです。
それは単純な表面上の言語使用ではなくて、
独特の文化的観念における対立の表象こそ普遍的な文学へ近づく唯一の手法である、
といったところまで及んでいます。
 そして同時に、僕の文学的実作においては次第にfictionalな要素を排除する方に向かっています。
なぜなら言語概念の美は、決して虚構上のものではないrealな実在だからです。
つまり、『コトバのつながりそのものがもつ美しさをそのまま表現する』、
ということが文芸の基本であると思うようになりました。

690 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:17:22
953 名前: ┓ ◆m0yPyqc5MQ 03/11/21 16:03
a 人生は悲劇だ
a 彼らは過去を好む。僕は未来を好む。僕は彼らに攻撃される。

i あなたは誰?

a 僕は預言者だ。僕は新しいものを知っている。
a 君は誰?

i 私はあなたの一部。あなたは私の一部になっている。

a 君は人生を悲劇だと思う?僕は君のように強くない。
a しかし、強くなろうと努力することはできる。

i そうね。

a 僕は芸術を要求する。僕は自由を要求する。
a 我々の人生は悲劇であってはならない。それは生き活きした「現実」でなくてはならない。

創造のenergyは無限である。
我々は破壊をする──一方では常に構築しているのだ。
次の街と世界が生まれる。次の都市が産まれる。

a 我々がしなければならないことは人生の悲劇の[完全]破壊だ。そしてvictoryが訪れるだろう。

i 私はあなたを素敵と感じる。私はあなたが好き。

a 男性がすべきことは破壊で、女性がすべきことは構築だ。
a こうして君は幸福になるだろう。

a ここは、未来だ。

691 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:17:34
立ちんぼ購入常習犯の誰かは、こちらを円山町の立ちんぼだったと適当証言したのでしょう。
草茫々、事実無根。

692 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:22:33
>>689
ここに延々と独りで語られても、
キモくて迷惑なだけだし、
都合の悪い話題とか言葉に詰まると
話を逸らすか逃げるかしかしないだろ、お前。
そこまで一方的に世相を批判したいなら、まず新聞に投書でもしたら?

693 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 19:24:38
>>690
 これとかは男性語と女性語の均衡的構成の試みの段階ですよ。
男女の対話においてはたやすく幸福感を表現できます。
男性には理知的なオトコらしい台詞を、女性には感情的なオンナらしい台詞を語らせればいいだけです。

けど、それだけじゃ文学の本当の理想美には到達していない、と感じたんですね。
なぜなら男女の情の交わりだけが人間の常なる関心事ではありませんし、
そもそも男女の会話だけでは物語に幅が出てきません。続かないのです。

 だから次は男女に限らない『対立』そのものの追究に関わっていくんです。

694 :悲劇のはじまり。哲板住民を恨むよ:2006/03/30(木) 19:27:12
哲板最速ガイスト┓◆m0yPyqc5MQ が新文学を語る
1 名前: 吾輩は名無しである 03/11/15 21:29
【すべては謎であるのだが・・・・・・・・・・・・】
是非、出来るのであれば、ここで語って欲しい。

3 名前: 吾輩は名無しである 03/11/15 21:34
そうだ。あそこもここも変わらないじゃないか。
ここで少しはジャマされずに作品発表した方がずっといい。

7 名前: 吾輩は名無しである 03/11/15 21:36
彼は、たぶん才能あるから、こっちでガンガレ!!!
新しいイメージをなんか持ってるよ

8 名前: 吾輩は名無しである 03/11/15 21:37
新しいDQNか?
呼んでこい、祭だ祭!

9 名前: 吾輩は名無しである 03/11/15 21:38
あっちでは、2、3日で1000消化したらしいからさ。

12 名前: 吾輩は名無しである 03/11/15 21:38
美香論と同系列のDQNなのか?
詳細キボンヌ!!

13 名前: 吾輩は名無しである 03/11/15 21:39
ぶっちゃけ┓◆m0yPyqc5MQ は天才だと思う。

17 名前: 吾輩は名無しである 03/11/15 21:40
美香論のような低IQの持ち主と一緒にすんなよ!

695 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:27:47
キモい盗聴してんのは誰だろう。
実の欠片を悪意で歪めるのに躍起になっているような。

696 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:29:57
膨大な数の電話送受信歴。どうせ他の誰かと勘違いしているのだろう。

697 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:33:26
>>694
懐かしいなあ。あのころはCやおさむと、大介が議論してたよね。

698 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:34:54
証言者の電話送受信歴、出自、学歴、収入、政治思想宗教背景
不都合なことをことごとくカットして一方的貶め話の垂れ流しだね

699 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:36:05
どうせ、シャブ中だろ

700 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 19:42:42
>>692
 なんで新聞なんて学閥記者の検閲かかったクソmediaに自分から投書するんだよw
あんなところに載るのは全て、記者が愚衆を煽ってワンサカ儲ける為に書く多少の作り話ばかりです。

 日本のmass commiに批判能力を期待したら大間違いです。
いつもいつも官僚や常識に都合の良い、愚衆大好きの下らないゴシップしか載せないから
日本の言論は戦時中徹底弾圧されるに至ったのですよ。

 事実、NHKが組んだこないだのホリエモン特集には冷や汗が出ましたよwww
あれでじいちゃんばあちゃんは見事に騙され堀江貴文を《悪者ホリエモン》と洗脳されてしまいましたw
まったく被告側や反対側の意見は放送されないまま幕は下りたからです。

日本のマスゴミに民主的良心を求めたらいけません。
大体、国家社会主義つまり、学閥エリートの搾取のために出来上がったのが戦後日本社会構造ですから。
マスゴミも無論その一部であり、民主的批判者は《村八分》にして排除しようとするだけです。
 日本論壇の形骸化は福沢諭吉、丸山真男から常に警戒されて来ましたが、今日に至っても未だに
自由言論の意義は主権者にとって身近な問題ではありません。
そんなことではいつしか、軍部上がりの高級官僚に指揮されて中国と全面戦争ですよw
ほっとけば潰れるのに。あんな腐敗国家。

701 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:43:39
そいつらが積極的にこちらを非難していたというよりは、
無理やり中傷証言をさせたかのような事実無根ぶり。
どうせ証拠はないのだから、あれもこれもそれもとおっ被せたかのようなね。



702 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:45:36
マスコミは、大麻常用者の証言には寛容なんだなあ。
ボク?ボクは、そんなのやったことないよ。w

703 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:50:53








,

704 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:51:26

浪人してヒキコモっている奴らに、朗報!

いよいよサイバー大学が開校するぞ。
全ての講義はITによって行われる。
ソフトバンクが
規制緩和の特例認可を受け
福岡を拠点に来年4月からスタートさせる。
学長には早稲田大の吉村作治教授を招聘。
IT総合学部と世界遺産学部を設け
各1000人を受け入れる予定。

ネット中毒で腐った日々を送るヤシ、
チャンスを逃すな。
人間は決意さえすればいつでも生き直せる。


705 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 19:52:03








,

706 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 20:06:53
>>700
いや、無条件に新聞に投書しろって言ってんじゃなくて
不特定多数を一方的に説き伏せるためだけに書き込んでいるなら
新聞に投書した方がマシじゃねぇか、って言いたかったんだけど。
実際、ここで独り語りしてたって今まで一人のシンパもできなかったろ?
今まで板違いの連投を続けてて、何かしらの社会的意義を感じられた?

707 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 20:11:09

>>704
朗報? あのバカは再起不能w 

708 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 20:11:37
午後の数時間でもパートに出ることで鈴木の抱える諸問題の7割は解決したも同然。
鈴木のくちばしに発電機を取り付ければ、アフリカ難民がどれほど救済できるだろう。

709 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 20:12:42
>>704
サイバー大学? 授業料とか入学金は? 入学試験は?

710 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 20:16:46
来年4月開校・・・か
世界遺産学部て何やるんだろう? 
文化遺産研究とか保護対策のプロを養成する? 吉村教授とエジプト行く?w

711 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 20:19:57
放送大学と違うのか?
講義は全部ネットでやる…て、
会員制SNSみたいな方式になるのか

712 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 20:26:56
 思うに、これから日本人にとっての王道は、自ら実学を重ねたjapanese dreamerになるでしょうね。
ホリエモンはその口火でしたが、いつもの学閥官僚幕府の裏工作によって隙を見破られ没落しましたw

しかし資源小日本の生き残る道筋はもはや、なりふり構わずIT産業発展を追求しまくるしかありません。
今更後に引き返すなんてのはサムライの勇気が絶対許しません。
もう文明へ向かって進み、進み、進み続けるしかないのですよw

 その為に若き日本国民がすべきなのは先ずなにより、戦後エスカレーター式社会からdrop outすることです。
何故なら甘え体質の日本人は、所属する組織からいったん離脱しなければ
他ならぬ「一国民」として真に独立して思考する意義を理解できないからです。
この時期は早ければ早いほどいいでしょう。
科学技術創造立国者のお手本・大発明家エジソンの例を思い知るべし、です。

 政府にたかる学閥虫にとっては不可解な扇動に思えるでしょうが、
専ら現実はちゃんと事態を反映しています。
20代後半のNEETが如何に多いことか!主権者であられる民衆は常に正直です。
財務省の調査通り、いわゆる無職怠惰に甘んじるのは殆どが彼らなのです。
 学閥官僚依存型社会構造は事実上崩壊しています。

日本人はjapanese dreamを目指して必死に勉強するしかないのです。
何を勉強するかも無論、自分自身で考えなければなりません。
だって学閥腐敗の文科省の言う通りにしてたらいつの間にか
資本主義の歯車にはまって人間疎外を受けていたのですからね。
国民総独立で自ら知能を啓発し、儲ける手法を開発し、法に訴えてでも生き抜く覚悟を持たなければ
科学技術創造立国なんて遠ーい夢のおとぎ話ですww
 何しろ頼みの綱の学閥院内部では血税これまた無能な教授の遊興費に垂れ流しになってるのですからね。
アメリカの大学院組織の理路整然たる切磋琢磨の国内競戯システムに、
日本の専制教授の馴れ合い村社会の和が勝てるはずもなく、
少なくとも基礎理論の研究もしないで応用技術だけを搾り取って表彰までしようてする高級官僚は
まぁ馬鹿を通り抜けて阿呆です。そんな小手先の改革で日本の民情は活気づくわけないのだww
 実学が如何に大事かこれで分かるでしょう。

713 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 20:40:03

>>704
ひきこもり浪人なら 「無名文士 ◆m0yPyqc5MQ 」だよw

たしか浪人9年目くらい? 凄い病的な暮らしに悩んでいるみたいw
ほとんどキチガイと一緒の障害を負って。
はやく社会ふっきしないと
40歳くらいになって犯罪とか犯してからじゃ遅いんじゃない?w

714 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 20:40:49







715 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 20:41:33

浪人してヒキコモっている奴らに、朗報!

いよいよサイバー大学が開校するぞ。
全ての講義はITによって行われる。
ソフトバンクが
規制緩和の特例認可を受け
福岡を拠点に来年4月からスタートさせる。
学長には早稲田大の吉村作治教授を招聘。
IT総合学部と世界遺産学部を設け
各1000人を受け入れる予定。

ネット中毒で腐った日々を送るヤシ、
チャンスを逃すな。
人間は決意さえすればいつでも生き直せる。



716 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 20:50:31
 僕は報国文士として具体的な社会改革案なら山ほど持ってますが、如何せん年功序列体制、
僕の才知を存分に生かす余地は>>706この自由論壇の場くらいしかないのですよwww
あわれな日本だ。
儒教のdoctorinを勘違いして年上ならみんな敬って当然と思い込んじゃってww
もし老廃学閥高級官僚が国賊さながらに国費を着服して私腹を肥やしてたとしてもやっぱりペコペコww

いいですか?
孔子は言われた。
『若者を畏れるべきだ。
どうして来世紀の子孫が今の我々より優れていないと証明できる?』

 先進欧米諸国では十代の大学教授も珍しくなく、
他ならぬIT進取のお隣韓国でも十歳にも満たない大学生がいるほどですw
日本は受験のプロ・文科省の指南するナチス式義務教育こそ自然と信じて疑わないから
──仮に疑ったとしてもそんな家庭は村八分にされてイジメられる内情社会主義国家なのですが──
未だに優秀な頭脳を自在充分に伸長させるよりも《受験戦士》にするので必死ですw
これが本当の軍隊教育w

 僕は子どもには私有財産の許す限り最良の教育を施すべきだと信じて疑えません。
まるでエミールのお話みたいに地球で最高の善良な家庭教師と良友を山ほど雇って、
私宅の一棟に自前の寺子屋塾をつくって自分も時間がゆるす限り常に顔を出して一緒に学び教え、
そんな自由な気風のなかでのびのびと育てたらどんなにお国の為になる創造的人材が巣立つかしれません。

僕みたいに中学校教師に靴を投げつけられ人間の屑は死ねと言われた人には
どうも、そう思えて仕方ないのですがね。
 それとも文科省の現場を知らぬ上意下達の軍隊式やり方で
有能な独立日本国民が海を満たすほどたっぷり生まれるなら話は別ですが。

お受験大好きおぼっちゃまには縁の遠いお話でしたわねwおほほ

717 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 20:57:38


、  |★スレを個人ブログやノート代わりに私用するのは禁止。
、  | 身勝手な手記の連書は 荒らしです
、  |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | <粘着ジエン荒らし>にエサを与えないで下さい
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





718 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 21:15:04
 なんか息と体の臭いニートがよほど構って欲しいか五月蝿く絡んできてますね。
シッシッ
近寄るな、貧乏神の悪運が染つるわっ


 もうjapanese dreamerを沢山生み出すしか日本文明を未来へ繁栄させる方策はないのですよ。
それには実際には、財務省および国税庁の東バカ大卒の学閥高級官僚が所得税の一割flat化ボタンを押すしかないのですが
奴らは無論、お受験レールで大切丁寧に作られた国家のロボットであり、故に腰抜けだから
なかなか勇気が出せませんww
 そもそも累進課税と相続税との悪趣味臭が「トイレその後に」で消えたら
第二第三のスーパーホリエモンが次々に登場して日本の若人は必死で働き勉強し出すのにww

文科省の学閥官僚が全部国益を搾取独占してからに
愚衆が奴らをマスゴミ扇動通り崇拝して疑えない限り、ムリですがww
 そして日本社会のひん曲がった儒教風俗である年功序列を全廃して
代わりにガンガン有能な外国人経営者を大枚はたいて起用しなくちゃダメです。
世界の王野球を観ましたか?もちろんドイツのジーコ日本も天下一ですよ、今や。

 日本人は敬老精神と老人福祉への献身だけで充分です。
中華や朝鮮みたいに年上はすべて崇拝する奴らのは大いなる馬鹿者と言わねばならぬ。
なにしろ100歳の極悪独裁者が出てきたら誰も逆らえない社会なんて民主主義国家ではありませんしww

719 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 21:28:21
ゴミ少し溜まった



720 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 21:29:45


●枯死するまで孤独に暴れさせておいて


,鉄則w

721 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 21:37:12
どうでもいいが、「彫衛門」のような下品な野朗は面も見たくないな。
いざってときに、真っ先に日本からトンズラきめこむのはああいう輩だろう。
奴の命も金じゃ買えないしな。
そんな輩をこういうときに持ち上げるのは、明らかに思考が破綻してる証拠だぞ。
自分の言葉によってるところは、まあ、確かに「彫衛門」に似てるけどな。
そういわれて、うれしいのか?鈴木は。

722 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 21:44:20
 例えば猿は力関係が上位の猿が下位の猿の上に乗っかってそれで集団の無用な争いが避けられます。
これを『順位制』と言います。たぶんみんな中学の理科の生物学分野で習ったはずです。

人間界では日本の場合、江戸時代「士農工商」の門閥制度によって、
戦後は「東大早慶一橋」の学閥制度によってこれが謀られました。
後者は少なくとも20世紀までは何とか適当でした。
日本の工業化には既に模倣の仕手がたくさんあったから、
とにかく真似るためには人間を機械みたいに操るのが一番効率よいシステムでした。

しかしIT産業が基幹になる21世紀の日本社会ではもはや上記の階級制度では持ちません。
何故なら創造力ある個人だけが国境を飛び越えてガッポリ儲けて自由になり、
そうでない機械的集団主義人間は時勢に取り残されて窓際に追いやられ
いつしかリストラの対象になるのが落ちだからです。
それを戦後日本を頑張ってつくった年功序列オジサンたちがどれほど嘆いても遅いのです。
時代は止まりません。というか、そうなる流れをつくったのは他ならぬ、
バブルに狂って会社に忠義を尽くした学閥信仰の禿げオヤジ達自身であるからです。
行き詰まりも改新もすべては我々人間自身がつくりあげる文明のカタチにすぎない。

 新たな階級制度は「実学力順」に並び、
高所得知的エリートと高学歴中流とそれ以外の猿まがいの体たらく
という風に社会淘汰されていくでしょう。
それは即ち、知能順に並ぶ序列制です。それこそIT産業時代の社会階層の規律となるのですよ。

723 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 21:51:17
しかし、「IT」を持ち上げ、多大な幻想を持つとこなんぞ、90年頃
のバブル親父そのものだぞ。土地と株は永遠に上がり続けると妄信して
しまったように「IT」をそんなに頼ってていいのかな?
どうせ、答えられはしないとは思うけども、先生の未熟な社会経験じゃあね。

724 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 21:58:02
>>716>>706の答えになってない。

725 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/30(木) 22:04:10
>>517
>[孔子先生はおっしゃいました。
>「後の世の民をおそれるべきだ。
>どうして未来の人々が、現代の我々の到達点より先進していないと証明できるだろう?


>>716
>孔子は言われた。
>『若者を畏れるべきだ。
>どうして来世紀の子孫が今の我々より優れていないと証明できる?』

いくらか正しい解釈に近づいてきましたね。まだ間違っていますが。
孔子が『来世紀』ナンテいうのかどうか、そういうところが……。

726 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 22:05:58
 高所得知的エリートの一部の人々にとっては、
国家というものは利用されるべき自由競戯経済市場の出来具合で量られるものです。
永きに渉り不当な差別を被ったかつて国なきユダヤ人がその典型例です。
彼らはアインシュタインやロスチャイルドに代表される高等知的職業を身に着けることで
国家からの集団主義的迫害を免れてきたのです。

もしホリエモンが不正に巻き込まれていなければ日本におけるその原型になっていたでしょう。
彼が経営者として大きな失敗を犯したのは確かですが、事実
彼の目指した時代情勢の方向自体は正解だったのです。
短期間で民情を圧巻し、海外までその個性の名声を延ばしながら
アメリカ大手中心の世界産業構造の階梯を日本のベンチャー企業が頂点まで一気に駆け上って行きました。


 Globalismの先に我々は否応なく国家の意味を消失させていくでしょう。
これは後進文明地域に属する普通の日本人には実感しがたいでしょうが、実際のところ
EUの市民にとっては国境線は無意識の片隅にしかもう存在しないし、
通貨以外の制度すら次第に共通になっています。
 Nationalismそれすら、文明へ至る歴史的一手段にすぎないのです。

しかし、我々は精神こそ先進国の部分であれ、
肉体は後進asiaに位置していることを忘れてはなりません。
忠国心をあまりに疎かにすれば周囲の野蛮民族が攻め立てて内政に干渉してきます。
 ですから、僕は日本人に『スポーツに熱くなれ』と言いたい。
野球の世界一は良い機会でした。ああいうchanceを掴んで国体を鍛えることをたまにはしないと
どうしても周辺の凡暗地域に呑み込まれて
日本が先進文明であることを地球人から忘れ去られてしまい兼ねません。というか
国境なく活躍する国際的日本人がそれを忘れない為にこそ大事なのですww

727 :小山内劇場 ◆02WwexELkE :2006/03/30(木) 22:24:51
早春の花が勢いを失って、深緑が映りはじめました。
日曜日ごろからは目をこすることが多くなり花粉も気になるように。

今の時期は木いちごの花が満開です。五百円玉ぐらいの大きさをした
白くて五片の花弁が咲きます。バラ科木いちご属は種類が多く同定は
難しいですが、手元にあるのはおそらくラズベリーの一種です。
キーウィフルーツの花に似ている、といっても通じるでしょうか。

728 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 22:25:17
>>723
 老熟した社会経験を持っていたはず徳川幕府が戦う姿勢も見せずに敵前、大政奉還した日本史を
故く温めるのは新しいことを知る為に、必ずしも無用ではないと思いませんか。

社会的知性は必ずしも試行錯誤学習ばかりではなく、先見的知能行動力によっても発揮されるものです。
でなければ、天才という語はまったく不要であり、すべての努力家は秀才と呼ばれなければなりません。

維新志士たちは全て20代と30代の若人で構成されていました。
当時の世論は勿論ムリムリと言って彼らを狂酔とみなしたww
 ところが我々が知っている日本人の誇りは少なからず大抵、彼らの勇敢な生き様に由来しています。


 どうしてバブルの異常高騰が大蔵省のお受験学閥官僚のお粗末な采配による
総量規制策の大失敗だったと思わないのですか?
果たして土地に預けて私有財産を保護しようとした富裕層が本当に国賊だったのでしょうか。
天下りの仕方しか考えてない東大卒のエリートが
税率の大胆な緩和によってイギリス成熟病の没落を救ったサッチャー女史について
勉強していたとはとても思われないのはまるで僕だけでしょうかw

学閥マスゴミに踊る日本愚民のことだからどうか知りませんが、勉強くらいは自分でして頂きたい。

学歴なんか愚民の目くらましにしか役に立ち兼ねますのでww

729 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 22:27:23
>>725
>孔子が『来世紀』

ププッ

730 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 22:32:57
>>725
そもそもテキストをそのまま書けないって事自体が浅ry)

731 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 22:34:17
 小内山の劇場主さんは古典を引用する人間が古人より優れた聖人君子である可能性に気づかないのです。
やれやれ
まったく日本の奴隷風紀のおかげさまだなw

独立自尊心を養生しなければなりません。
初代日本文士・福沢もそう言ってましたしね。

732 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 22:54:15
 産業の発展が第一[物産]から第二次[工業製品]へ、
さらに第三次[その他]へと移っていく基本は中学社会科の教科書で習いましたよね?

これを「ペティ=クラークの法則」と言います。
一般常識ですからこの機会に覚えておくと良いでしょう。

第三次産業とは現代産業を観察すると主にservice業であって、
特に世界一の大富豪でもあるビルゲイツの登場以来、IT産業が目立って発達してきたことが分かりました。

これを『IT革命』と言います。
少なくとも皆さん、いやそこのあなた、
大好きなTVとかでちらほら聞いたことはあったんじゃないですかw
そう。つまり産業構造の転換(revolution)について言ったコトバだったわけです。
 日本に追いつこうと必死のお隣韓国では国を挙げてIT産業に特化し、成功しています。
Internet普及率は韓国の方が先に上がりました。


 ですから未だにITは虚業だと信じてる人々は完璧に時代から取り残されていると悟るべきです。
梅棹忠夫という日本の学者が『情報の文明論』というIT産業の説明論文集を
既に50年ほど前に出版してます。
一度読んでみたら勉強になるかもしれませんね。

 IT産業時代について少しはわかってくるかもしれないじゃないですかww
[ケータイメールを片手で打ちつつおっさんの肩をかるくポンポン叩きながら]

733 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 22:58:53
ちょっと待て、「バブルに浮かれた禿げ親父」を非難したのは「文士」の方だ
ろう。政府やお役人が無能だったのは誰だって知ってらあ。しかし、それにま
んまと乗っかったのは、誰なんだ、という話をしてるんだろうが。
あの時は「文士」もまだお子様だったろうから、聞きかじりになるのは仕方が
ないが、当時のマスコミは「株」をやらん奴は莫迦だと言い、あの「サンデー
プロジェクト」なんかに出てきた経済評論家の長谷川慶太郎とか、今議員やって
る海江田万里なんか、旗振り役をやってたんだわい。

「文士」は「彫衛門」出所の折は、当然出迎えにいくんだろうね?

734 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 23:02:38
まともに相手をしてる奴も頭悪いんだろうな

735 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 23:03:27
それを読んでる奴ほどじゃないってさ。

736 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 23:05:44


、  |★スレを個人ブログやノート代わりに私用するのは禁止。
、  | 身勝手な手記の連書は 荒らしです
、  |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | <粘着ジエン荒らし>にエサを与えないで下さい
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




737 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 23:07:22
>>733
 僕は独立文士ですからマスゴミに関わる似非学者について何ら擁護する義務を負いません。
そもそも掘り出し物の進退も愚衆が崇拝して独裁者にさえならなければどーでもいいです。
だって悪いことをする奴が捕まって裁かれるのは当たり前であって別に驚くにも値しないしww

僕は掘り出し物「みたいな」新進気鋭の若人がたくさん出てきて
学閥腐敗の禿げオヤジ年功序列支配の日本社会をぶっ壊して騒ぎ回って
もっともっと活気づけて欲しいだけですよ。
その方が楽しいじゃないですかww


実際にIT産業というのは本質的に「遊び」の為の商売ですからね。
遊びを提供するserviceこそが商品なんです。
『ほぼ日刊イトイ新聞』なんてそんな感じの好例ですよ。

738 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 23:08:47
堀江は一応、灯台入ってるよ。
文士くんも、学歴社会を否定したいなら、
灯台入ってから大口たたきなよ。

学歴に未練がましく専門通ってるのも、みっともないし。

739 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 23:12:32
東大かあ、そういえば、あの「永田」クンも、でしたなあ。

それを突っ込みに使うのは、・・・

740 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 23:13:29
入りたくて入れなかった奴が学歴社会云々ってのはどこからどう見ても
負け犬の遠吠え。学歴なんて関係ない。東大出てから言ってみたい!!

741 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 23:15:10
頭おかしい奴はどこの学校にもいるんだよ。

742 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 23:22:24
 Future shockとかinformation literacyとかいうコトバ知ってますか?
横文字ですいませんが。だってその方が覚え易いじゃないですか。
義務教育ですら英語教わって来ましたからね。身に着いてますよ、大体はw
カタカナだと英和辞典じゃ引けないしw


Future shockというのは未来衝撃ということで、
あまりに急速な社会変化にとてもじゃないが着いて行けないと感じることです。
要はカルチャーショックのglobalism版です。


Information literacyというのは情報読み書き能力のことです。
オジサンおばさんがパソコン教室で必死に習ってるあれです。

 この二つが気の毒なオヤジ世代の21世紀に適応する命題になると思いますよ。
まずfuture shockを克服しなければIT革命の波には乗れません。
例えばはるきちさん、あなたi-podを諦めたでしょwwこりゃ駄目だww
新しいモノ好きになってどんどん新製品に慣れ親しむことからfuture好きが始まります。
 あとはinformation literacyですが、これは修行だと思うしかありませんww
若人はちっさい頃からTVゲームでプロ級の腕前ですが、TVリモコンしかいじったことない
DVD録画の予約すらまともにできないかわいそうなオジサンたちは
一から説明書に線引きして覚えて下さいw

 だから無理だと言うんです。
年功序列学閥社会の階層を生き抜くための経験値なんてもうそれほど役立ちません。
だから言うんです。
大人しくIT産業に最適化している若人に思い切って仕事を任せてみろと。
これを『上任下』と言います。歴史の教科書にもいつか載らざるを得ない社会風紀になってきますから。

743 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 23:35:15
そりゃ、あんたの願望だろう?
だいたい「オヤジ・おばさん」て言葉で、優越感を味わってるようじゃ
相当感覚が古いネエ。と言うより、青い、蒼い、碧い、。
でも、「オジサン」たちがあんたの言う、IT革命の波に乗り遅れることは
大歓迎なんじゃないの?
同情ぐらいはするだろうが、面倒見る気もないんだろうから、ほっといたら?
 
今夜は物言いが少し尊大だぞ、何かやってんのか?「文士」

744 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 23:36:02
 学閥奴隷は東大の運営に日々、労働者のどれだけの血税が注ぎ込まれているか知らないわけだなw

だから平気で
大学入ってやめろ
だの
学閥さえありゃ生き延びれる
なんて甘ちゃん言ってるwww

金融big bangの余波で規制緩和が本格化したら日本金融業界の公共語は大部分、英語になるでしょうね。
だって上司が大抵外人ですから。
東大卒天下り官僚のリストラの後がまには能力主義人事が必要だから当然です。

 それでも学閥を信仰してる愚民はなんなんでしょうかね。
単純に馬鹿なんじゃないですか。
まるで官僚を君臣と崇め信じて批判しないシナ人や朝鮮人みたいだなw


 実学力のない受験戦士が外人に引っ掛け文法問題のtechniqueを教えてどうなるものでもありません。
というか、先ず企業ではそういう受験バカは真っ先にリストラ対象です。
だって国際異文化コミュニケーションの取引の際にはテスト問題の知識だけあっても
ビジネス実践の『智恵』がなければ何の役にも立たないからです。

東大経済学部で何教えてるんスか?
まさかマルクス経済学の労働価値説のイロハからじゃないのw
 現実世界では投資信託の選択が死活問題なのに。

745 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 23:43:22
学閥を壊す、どんな方法でもいいから、「文士」のお姿を、多くの
支持者が待ち望んでますよ。

んで、いつ否ツケにいくんすか?

746 :吾輩は名無しである:2006/03/30(木) 23:53:03


、  |★スレを個人ブログやノート代わりに私用するのは禁止。
、  | 身勝手な手記の連書は 荒らしです
、  |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | <粘着ジエン荒らし>にエサを与えないで下さい
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


747 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/30(木) 23:58:52
>>745
 けどちょうど戦前の三井三菱住友安田の四大財閥みたいに、
東大早慶一橋の四大学閥も完全にぶっ潰してしまえばよいという訳ではありません。

それはそれで国財の担保であり、あるいは国智の倉庫であるからです。

 問題は独占体制によって大学間の自由競戯が妨げられ、結果的に
切磋琢磨の向上システムが機能しなくなっているところです。
だから教授も腐敗し、教育も堕落し、学生も腑抜けになるのですね。

 僕は自分の力を過信しているわけではありません。
理勇の必死で精一杯奮闘しても所詮直接の戦果は、
強大な学閥へ向かう愚衆とNEETの一部を独学主義へと善導できるだけでしょう。
しかしそれでも充分です。
彼らの中からjapanese dreamerが数人出てくるに違いありません。

 民情気風の変革こそ社会を転覆一新させる原動力です。
そして学閥幕府の我が日本が未来に生き延びられる文明の道へと起動修整できるのを確信します。

748 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/31(金) 00:10:34
>>732
情報の文明論
でなくて正しくは
情報の文明学
でしたね。

よい本です。
読めば我々のすでに所属している未来時代の雰囲気が少しは分かるはずです。

749 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 00:52:08
すまないがのう、日本の IT には何も期待できないようなのじゃよ。
さよう、今日この国に Google や Microsoft や Apple のごとき存在を見出すことができるじゃろか。
皆、他の誰かが作った美味しそうなものだけをつまんで味付けしとるだけのようじゃが。
ほれ例えば、インターネットでなら日本で大人気の Yahoo! JAPAN のサービスを見とくれ。
米国や韓国から古いバージョンのお下がりをちょこちょこっといじくって、ローカライズしとるだけじゃ。
板違いになりすぎるので立ち入ったことは何も書けんのじゃが、
この国の IT とやらは、どうやら新しいものを創造する能力には全く乏しいのじゃて。

750 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 04:28:23

| ゴミが溜まったので糞ゴミを749まで全部回収済み。
\      
   ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


         ________
    ―――――――、     ヽヽ
.   /.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| ||____ヽヽ
  /.    ∧// ∧ ∧| || 東京都  ヽヽ
 [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) || 清掃局.  |  |
 ||_    _|_| ̄ ̄ ∪|.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 lO|――|O゜.|____|.||.-――――┴―|
 |_∈口∋ ̄_l__l⌒l | | コ□ニ//l⌒lソ
   ̄ ̄`ー' ̄   `ー' ̄ `ー'   `ー'

.


751 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 04:29:17


、  |★スレを個人ブログやノート代わりに私用するのは禁止。
、  | 身勝手な手記の連書は 荒らしです
、  |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | <粘着ジエン荒らし>にエサを与えないで下さい
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


752 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/31(金) 09:44:14
>>746
 大概その通りですw
現代日本の現状は科学技術模倣傾国ですwww
 某ソフトバンクの社長・孫正義ですら日本の教育システムを潜らなかったからこそ成功できた、
と言われておりますw
世界のSONYもWALKMANのhitで成り上がったわけですが、
ステレオの改良によるので独創とは言い難いかもしれません。
TOYOTAやHONDAは高度な技術を開発していますが、それだって日本独自の発明に帰すものは殆どない。

そして誰がそんなヤバい舵取りをして船を傾かせてるかと言えば、
偏差値大好き受験のプロ学閥官僚様方であり、
それを無批判に崇拝してやまない愚衆信者であり、
何より国土のナヨナヨしい奴隷気風です。

 アメリカの伝統国風は『新しいことは何であれやってみる価値がある。失敗も勇気ある勲章だ』ですが、
日本のそれは「当たらず触らずお上に従っておけば万事間違いなし。個性や独創なんて村八分!」
でありますwww

 『独創は独学から生まれる』とは偉聖の言葉ですが、
今若い志士に求められているのは独立の勇気を以て
文科省の命令と国民の気風を打ち破り、
独力独行で創造的成功の手本をみせつけることです。
しかし今を時めくvirginグループの創業者リチャード・ブランソンのような破天荒は
掘り出し物への村八分的イジメを観る限り、とてもじゃないが日本では実現できないでしょうなwww
ダメだ、この国www

753 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/31(金) 09:59:41
 学閥官僚を崇拝し、マスゴミに踊る愚衆の群はこんな日本の隅っこでも変わらず
僕のようなindividualをバンバン叩いて平均化しようとするでしょw
こういう群の民度を観てるとどうも、もうこの船はダメだなとw

だから細き数の子の卑弥呼の予言が生まれてきて、愚衆は毎日アタフタ大慌てでありますけどねw


 難波船小日本をしっかり舵取り支えられるのはただ一人、在野独立文士のみです。
目前の作業をこなすしかゆとりのない学閥官僚支配下の歯車たちの代わりになって、
世論を「文明の道」へと指揮先導しなければなりません。

日本が沈没してから若者イジメをしなけりゃ良かったなんて嘆く為には
爺ちゃまたちは死んじゃって居ないわけですからwww
日本は全部、うら若き文士の両肩にかかっているのですよ。
やれやれwww

754 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/31(金) 10:11:00
>>752
×>>746→◎>>749でしたけどね。


必要なのは必死で自分の頭で考えた事を独学するだけです。

勉強と言えば学閥官僚が作った科挙式testの出題pattern暗記だと思ってる愚衆にはムリでしょうけどね。

 独行文士だけが先へ、先へと進めます。
それに着いてこれる勇者はひとりもいませんねwww
国民総腰抜けの奴隷社会だから仕方ない。
こんな腐敗した国はチョンに追い抜かれて没落すりゃいいんです。
誰が困る?
日本人だけでしょwww

755 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 12:02:41
ヘンなの。
君だって、日本人でしょ。
第一、叩かれたぐらいで引っ込んでるようじゃ、「独立文士」の名が泣くよ。
ホントは何したいのか、具体的に言っておくれよ。


756 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 12:44:01
鈴木くんは
当然、日本史の勉強もしてると思うけど、

工夕、ヒ二ソって知らないのかな?

757 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 12:53:07
>>754
ヘンなの
日本の大学がキライなら、
海外留学でもすればいいのに。

まさか英語だめなの?
海外旅行すらしたことないの?
国際人失格だね。

東の恥の島国から、一歩も出たことなく、隅っこで吠えてる
ちっぽけな弱肉ケモノ

それが鈴木

758 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 13:37:56


、  |★スレを個人ブログやノート代わりに私用するのは禁止。
、  | 身勝手な手記の連書は 荒らしです
、  |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | <粘着ジエン荒らし>にエサを与えないで下さい
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



759 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 13:47:49
>>752
ふむふむ。されば「独立の勇気を以て文科省の命令と国民の気風を打ち破り、
独力独行で創造的成功の手本をみせつけ」ればよいのじゃな。

わしはな、内緒じゃが、実は勇気にはちょっとだけ自信があるんじゃよ。
さて、どうするかのう。
まず「文科省の命令」というのは、今の日本の教育制度と考えていいじゃろか。
それとも別の何かじゃろうか。

760 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 14:36:44
「小日本」もそう言ってる国よりは言論の自由も、報道のソレも、
思想のソレもあると思うけどさあ、
「文士」様はそんな日本が好きなのか、嫌いなのか、どっちなのかな?
今の日本の堕落していく民度を嘆く気持ちはわかりますがね、どうも
「文士」の話は脈絡がなくて、その分だけ説得力も乏しくなる訳で・・・
あ、これは触れちゃいけない話題だったかな?
ま、返事は期待してないから。今日は、お相手がたくさん見つかった
みたいだし、よかったね。大ちゃん。

761 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 15:19:54
こいつに主観はないよ。
そこらへんから拾ってきて組み合わせてるだけ。

762 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 15:25:18
>>761
自分がそうなのだろう

763 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 15:27:45
鈴木に一貫性があると言いたいのか?

764 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 15:44:02
鈴木は知らないが、佐藤には一貫性が有る。

765 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 16:31:37
どういう意味よ?

766 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 17:02:57
砂糖?だれ?
鈴木はもうお休みだとさ。

767 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 20:00:27
 僕は正直、四年にも及ぶ2chの観察から言って日本の大衆は馬鹿だと思うんですよね。
 僕は正直、四年にも及ぶ2chの観察から言って日本の大衆は馬鹿だと思うんですよね。
 僕は正直、四年にも及ぶ2chの観察から言って日本の大衆は馬鹿だと思うんですよね。
 僕は正直、四年にも及ぶ2chの観察から言って日本の大衆は馬鹿だと思うんですよね。
僕は正直、四年にも及ぶ2chの観察から言って日本の大衆は馬鹿だと思うんですよね。
 僕は正直、四年にも及ぶ2chの観察から言って日本の大衆は馬鹿だと思うんですよね。
 僕は正直、四年にも及ぶ2chの観察から言って日本の大衆は馬鹿だと思うんですよね。
 僕は正直、四年にも及ぶ2chの観察から言って日本の大衆は馬鹿だと思うんですよね。


768 :吾輩は名無しである:2006/03/31(金) 20:52:16
四年も進学しないでネット三味。
手遅れなまでに取り残されてるね。

本当に優秀な人材は大学卒業して就職したり起業してるのに。

769 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/31(金) 23:50:03
今晩は独立文士来る春。


 という訳で今日はギリギリで『新潮』に作品出して来ましたよw

どーせ載らないだろーけどwww
 だって前衛すぎますからね。最初から理解されないのはわかってます。
僕は芥川賞向きだと思うんですよ。
だって芥川賞建設元来の意図に適ってますからね。
前衛的作風が理解されないかわいそうな天才文士に恵みを降らす、という。

シンタロさんに排除されるだろーけどwww毎度批判していますからね。
けど彼が個人的に嫌いなわけじゃないんですよ。
むしろ良さそうなオジサンじゃないですか。

770 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/31(金) 23:54:39
>>759
 Contextを抜きにすれば文章内の単語を正しく理解することは難しい。
これは受験国語・現代文問題の鉄則ですw

>そして誰がそんなヤバい舵取りをして船を傾かせてるかと言えば、
>偏差値大好き受験のプロ学閥官僚様方であり、

>アメリカの伝統国風は『新しいことは何であれやってみる価値がある。失敗も勇気ある勲章だ』ですが、
>日本のそれは「当たらず触らずお上に従っておけば万事間違いなし。個性や独創なんて村八分!」
>でありますwww

 これを読めれば大体はわかる筈ですね。
要するに、『自由人』を目指して努力すればいいだけですよ。
文科省が育てたいのは奴隷的国家社会主義者であって、それじゃあ傾国しますよ。

771 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 00:04:29
 僕は個人的孝行精神から愛国心はありますが、
それが絶対不変の永遠完璧な超越fascistには程遠いくらい淡白なのは確かですw
 実は僕が日本にこだわってるのは、何よりも「日本語」というクセの問題なんですよ。

 もし僕が子どもの頃からEnglishだけのenvironmentで育てられてたら
まず間違いなくさっさと国籍抜いてamericanになってたかもw
 その位、日本語[アルタイ系]とEnglish[ゲルマン系]の構造には大差があります。

 まぁ日本文士と名乗るのも何より、刀が日本語だからなんですけどね。
脇差は下手くそなEnglishでw


 というのはred鱒で
実は日本の為になら進んで命を捨てるくらい好きですけどね、この島。

772 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 00:10:04
 あぁredますじゃ赤troutですねw
赤鰊(akanishin)が正しい言い方でした。

ma
英語好きにしか分からない機知gagだけどwww


 いずれにしても今日は気持ちが良いですよ。
なんだかんだ言って
「1つの仕事を成し遂げた」というのがいちばんの収穫ですね。
それが成功するかしないかは天の采配であって、人事は尽くされました。
というわけで僕は文士としての自信がつきましたよ。

 たしか今年の末ころ発表じゃないですか、審査結果は。どーでもいいがwww

773 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 00:13:38
ニホンの大学入試の種も仕掛けも分かってると豪語するくせに
いまだに受からないW

同級生の皆さんは
大学できっちり学び、就職したり
起業したり社会に雄飛ですよ。
鈴木さんはいつまで、ガキのままごとしてるんですか?

774 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 00:19:26
 僕は世界中がAmericaの州になったら余程いいんじゃないかと思うんですよ。
けどそれはムリなんですよね。だって皆それぞれの郷愁があるじゃないですか。

日本だって結局、statesにはなれないんですよ。
だって先祖がどうして戦ったかと言えば、
覇権暴君ジャイアンが嫌いだったからですから。
 それにall states化で政治システムが一極化したらそれこそ恐怖ですけどね。
America大統領が地球の独裁者に成る訳ですからw
今でも殆どそんな感じだけどw

だから僕は言うんですよ。平和主義国民として『超米』しなければならぬ、と。
あんな野蛮な国の覇道をこれ以上罷(maka)り通らせたら地球が大変です。
 日本人だけですよ。あの国の正義と名付けた偽善に対抗できうるのは。
ほんとうは殺されるのが恐いだけなんですよ、アメリカ人なんて、みんな。

775 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 00:23:36
>>773
 なんでred of 他人のあなたが
そんなindividual freedom rightにまで口出せるんですか?
ばかじゃないんですか。訴えますよ。個人情報侵害です。
プライバシー保護法の内容も知らないで生きていけるとお思いで?

 僕は戦う時は容赦しませんよ。正義の為なら一身を省みない男ですよ、僕は。

776 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 00:23:45
今日は3月32日か。閏年の規則がかわったんだね。
2がつじゃなくて3月になったわけだ。

777 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 00:34:27
>>770
ほう、そうじゃな! コンテクストじゃな! むずかしいのう。
わしはな、 >>752-754 を踏まえた上で、お主から教えてもらおうとしとるだけなのじゃよ。

ではな、お主のいう「自由人」たらんとし、
奴隷的国家社会主義者にならないようにするには、
わしらは具体的にどうすればいいのじゃろうか。

たとえば、わしが今高校3年生だとしようかのう。
そして大学受験しようと思っておるとしよう。
しかし、日本の大学なぞに行っても奴隷的国家社会主義者になるだけじゃから、
いっそ進学せんほうがいいのじゃろうか。
それとも日本の大学に進学し卒業しても「自由人」になることは可能なのじゃろか。

778 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 00:35:16
すまん、アゲてしもた。

779 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 00:41:32
 答えは簡単ですよ。
行きたければ行けばいいし、行きたくなければ行かなければいいのです。
それが自由人の意味ですからね。

 Pragmatic thinking(行動的思考)の習慣を身に着けることが自由の基本です。

 奴隷になりたければ何も自分の頭を使わないで大勢に追随すればよいのです。
文明社会の主人公になりたければ、
それと反対のこと――独立独行――すればよいだけです。
しかし、日本人の気風は農民道徳の延長ですし、
儒教式学閥官僚に骨の髄まで生き血を吸われてもうただの機械ですから
そんなの絶対無理でしょうけどね。
だからこんな国は潰してしまえばいいんですよ。アメリカに売りましょうw
そうすれば極東の基地もできるし、先祖も悔やんで悔やみきれないし、いいじゃんw

780 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 00:55:11
最強反日組織

電通 → 会長、成田による韓国ブーム扇動。筑紫、田原などを舎弟に持つ。
     NHK、民法メディア、政治家を手玉に取る。小泉も逆らえない。
パチンコ → 朝鮮産業、北朝鮮への資金提供豊富。政治家への献金で生き延びる。
サラ金 → 朝鮮金貸し。殺人が仕事。政治家への献金で生き延びる。
創価学会 → 朝鮮池田大作による、日本乗っ取り計画遂行中。公明党の天皇制破壊計画遂行中。
       国策宗教に創価学会。


781 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 00:55:41
>>779
そうか、そうか。行動的思考を常とするのじゃな。わかってきたようじゃぞ。

ではせっかく少しは勉強してきたことだし、大学とやらに行くとしようかのう。
というのも、「自由人」たるには日本の大学に進学するかどうかは無関係であって、
自分の頭を使って行動し、当たらず触らずと大勢に追随したりしないようにすること
――これが肝腎要だということじゃったものな。
それとも違うじゃろか。

782 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 00:59:16
 ma歴史を振り返ればふりかえる程、愚衆というのは
具体的「カタチ」に現れたもの──idol──しか信じないのですから、
幾ら理屈を説いてもムダですよw
 ほんとうはぶん殴ってでも民主世界の基本を教え込みたいくらいですがw
それはこれまた、暴行罪などの法律や
苦役からの解放という世界人権宣言が良心を邪魔してできませんw

 結局は成功者自身が生き様を大衆にみせつけるしかないのですよ。
ぼくも命が許す限り、一介のrole modelとなるつもりです。

 僕の文芸の歴史はそういう『自伝』へと導かれていく軌跡になると思います。
Comtemporaryや後世の人々がそれを読み進むにしたがって
「英雄」の姿をまざまざと感じられるような物語にしたいですね。
だって宇宙大戦争時代に産まれなかった以上、そのくらいしか活躍の仕手がないw

783 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 01:05:27
>>781
 或いは。
それが正しいかどうか、本人が決める事ですからね。僕は知りませんよ。

 僕は大学は嫌いですからね。だって猿山じゃないですか。
あんなのハッキリ言ってセックスするために行くんです。本当ですよ。
同級生のふぬけ方をみてれば解ります。
大学入った途端求道から解放されて、「家族は幸せだと思う」だもんなwww
 そして企業の内部に組み入れられていくのが奴ら、腰抜け学生どもです。

 僕は飽くまでも独立文士を貫くつもりですよ。
だって馬鹿に混ざるのも馬鹿ですから。
学歴なんて愚民を騙す以外、何の役にも立ちません。
大事なのは必死の学習によって身に着けた抜群のintelligenceなんです。

784 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 01:17:09
>>783
そうか、そうか、嫌いか! 意見がはっきりしていて結構じゃ。

ところでわしはな、ひとつひとつお主に確認して、先に進んでおるのじゃよ。
じゃから >>777 に戻って、もう一度お主に確認せねばならぬようじゃのう。

日本の大学に進学し卒業しても「自由人」になることは可能なのじゃろか。
それとも日本の大学に進学し卒業したら「自由人」になることは不可能なのじゃろか。
どちらじゃね。

785 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 01:22:34
 僕は小中学生の頃、
日本型軍隊教育教師からの不条理な抑圧に遭って「内省の習慣」を身に着けました。
それからは求道者として生きてきました。
 男子校を選んで高校生になって異性交際の魔の手は自分から切ってきました。
性的抑圧を昇華することが「神化」の手法だと気づいていたからです。
 浪人になり、僕は孤独を好んで1人きりの学究に没頭するようになりました。
今もその延長にあって勉強研究だけが唯一の楽しみです。

 僕は自分が偉人たちのraceに並んでいるのが分かります。
人は学べば学ぶだけ現人神へと近づいていきます。

 文化人のみが価値を創ります。
僕は自らの命をevolutionの道へ捧げる事で文明貢献を成し遂げるでしょう。
そしてすべては宇宙の秩序に飲み込まれていくのです。

786 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 01:32:21
>>784
 人によっては可能かもしれませんが、概して無理だと思いますね。
馬鹿に群れて一人だけ天才を貫くのがどれだけ大変か知るならば。
日本の大学というのは右傾左傾を防ぐために官僚が若人を囲う動物園なのです。
それは彼ら自身の学閥崇拝を高める秩序づくりですから、ますます有利です。
 という訳で日本の大学教育が超退歩的であるのは疑う余地がありません。
それでも何も学ばないよりはマシだ、何の箔もつかないよりはいいだろう、
と「大勢の親」はその戦後bublle構造に無批判で投資をつづけていますw
 金融big bangとは即ち、学閥官僚たちの大政奉還だったのです。
言い換えれば日本社会の内情では既に、学閥社会は「崩壊した」のです。
あとは止まりませんw今まで保っていた学閥幕府への信仰は夢の如く消散します。
 文科省はこれからAmerica型の「学歴社会」へ移行しようとする筈で、
ある程度成功するでしょうが、当の米国は極度の格差社会が出来上がっています。
したがって、僕が一足先に『実学社会』への最短距離を走っているのは内緒ですw

787 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 01:42:31
 大衆は頭で考える習慣がありませんから、
Mass commiの無批判に煽る文科省の指図どおりに動くでしょう。
そして日本は未曾有の高学歴社会を実現するでしょう。それは
ほぼ100%全国民が大学卒業の経歴を持つ様な「世界一の学歴大国」ですw
 結果、世界学力調査では上位に絶えず食い込む貢献をみせるでしょう。
しかし勿論、独創とはtestの点数が上がれば自動的に生まれるものではない。
日本社会の大多数は「行動的思考」の意義を知らず、従って大多数
科学技術創造など眼中にあらず、栄えた成果主義IT企業のどこかに含まれます。
そこで始めて問題解決能力の意義に目覚めるでしょうが、時既に遅し。
米国大学院留学組の社会的知性にはとても勝てず、生涯事務屋として機能するでしょう。
 僕はそれが悲惨な人生だとは思いません。
概ね今日のサラリーマンよりはずっと裕福でゆとり持ちになるでしょう。
しかし矢張り中流どまりになるのは避けれません、何故なら『頭』がないからです。
 以上を考慮して、僕は大学には入らないのですよ、お分かりですね?

788 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 01:51:52
>>786
ふむふむ。内緒にしておくよ。

ありがたいのう。いずれにせよ、
日本の大学に進学し卒業しても「自由人」たることは、人によっては可能だが概して無理
ということの確認はこれでできたわけじゃ。

さて、>>752 でいっておる「国民の気風」じゃがな。
これはお主がいろいろなところで言っておることであって、
一言ではとても定義することはできないことは、わしにも想像がつくのじゃ。
たとえば同じ >>752 での「当たらず触らずお上に従っておけば万事間違いなし。
個性や独創なんて村八分!」のようなものじゃよな。

そこでじゃ、その「国民の気風」を打ち破るとは、
具体的にはどのような行動のことを指すのじゃろか。
ひとつ具体例を挙げて教えてもらえないじゃろか。

789 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 02:00:31
 このIT産業時代に上流階級に入るのはただ、知的高級職に就いた実学家だけです。
医師、弁護士、建築家、system engineer、学者或いは経営者や高級官僚などです。
それ以外の大衆は高学歴中流である「ITman」になっていくでしょう。上記したとおりです。

 NEETの問題が現代国民の憂いでしょうけれど、けっきょく
彼らが働く気を起せなかったのは年功序列学閥官僚社会が便秘だったからです。
学閥幕府が退いて規制緩和がこの数年で完了すれば、日本社会はガラッと変わります。
あとにはただ、拝金成果をどこまでも追求できる自由競戯のfieldが広がるのです。
そこでは働けば働くだけ儲かります。当たり前です。
天下りを節約すればどれだけの経済効果があるか推して知るべし。更には、
「平成維新」の実感による国民世論の盛り上がり次第によっては税制が次第に改革され、
そこでは富豪の家族は無理な脱税に怯えることもなく、好きなだけ子孫に家財を譲れます。
 そんな21世紀の未来日本ではNEETは自然解消して忘れ去られるでしょう。
ただ、ホンモノの無気力無勉強のひきこもり諸君は生涯アルバイトに甘んじるでしょう。

790 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 02:06:45
>>788
 カンタンな話です。
独学独創の大成功者が1人以上出てくれば全て転覆しますwww

 勿論ぼくはその1人になるつもりでこうして深夜も努力していますが。
けど1人だけじゃ絶対ダメです。日本人は村八分好きですから、
ただ1人だけ実例が出ても「どーせあいつはトクベツだから」と僻んで
けっきょくは大勢の引き潮に流れて沖で待つww

 ま
僕は陸にあがれと言いたい。だって海は競争がヒドイじゃないですか?
環境わるいっしょw どうしてそんな薄汚い場所に住んでるんスか?
健康にわるいっしょw
 独立自由は己の理性的精神を信じる一念のみで可能なのですけどね。

791 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 02:21:08
 2chにはほんとうにただの無学な人が多い。
僕は4年もそういう人らに取り囲まれ、愚痴を吐かれてきたからよおく分かるw
途中からメンドくてもう名無しは全部相手にしないというruleつくりましたからねw
 これからの下流階層に含まれるのはそういう「無学」な人たちですよ。
僕は同情する気はありません。だって
そういう「ダメダメ」なひきこもり君たちにも優れた社会保障と
蹴りたい背中の人みたいな同情的な相手が出てきたりなんかしたりして
なんだかんだいって養って、食わせてもらえるからです。
 つまり
『富める国の貧しい人は、貧しい国の富める人よりずっと裕福』
だというお話です。それがどうして悲しいことなのですか?
 ぼくはひきこもりはどんどんイジメるべきだと思いますよ。実際、2chで
僕みたいな有識者を終日コピペで煽っているしか能がないわけですしw
そして最高のイジメとは、「無視」することですw 小学生のころやったしw

792 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 02:25:32
>>790
深夜にすまぬのう。ありがたいことじゃ。

で、たとえばじゃ。わしがどこかの会社に勤めておるとしようかのう。
社内は絵に描いたような、事勿れ主義の社風だったとしよう。

そこでわしが「自由人」であろうとすると、不利益を得る可能性が高いとしよう。
悪くすればクビみたいなもんじゃ。
そして思い切って「自由人」として振舞ってクビになったとしようじゃないか。
わしには家族もおるとするのじゃ。

さて、この仮定のお話に出てくるわしは、クビになったとはいえ
見事に「自由人」だったのじゃからよいのじゃろうか。
それともクビになるくらいなら「自由人」たることを避けるべきだったのじゃろうか。
どちらじゃろ。

793 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 02:34:48
>>792
 けれどもそれはgoodなことなのですよ。
彼は否応ナシに独立し、「行動的思考」の習慣を身に着けざるを得ません。
だから僕は最初から、エジソンを見習って
できる限り幼いうちに独学自立の勇気を持ってdrop outしろ、と言うのです。

 まさかYankeeになれ、という意味では無論ありません。
そんなことをしてもヤクザの世界でしか生きていけませんからね。勿論、
ヤクザはヤクザで右翼の一種として充分機能していますが。
国家にとっては素敵なことです。警察官も仕事が絶えないし、税金も増すしw

 不幸にも彼の奥さんや子どもが金だけで結びついていたなら、離婚ですw
けれどそこに一片の愛情が確かにあったならば、きっと彼は家族の結託を強め、
一生懸命自分の興した独立企業で働き、前よりずっと充実した人生を送るでしょう。

794 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 02:43:44
>>793
ふむ。よくそこまで言い切った。さすが独立文士じゃな。
なあに大丈夫じゃ。ヤンキーになれと言っとるとは思っとりゃせんよ。

深夜に長いあいだ大切な時間をありがとうな。わしは感謝しとるよ。
実はまだまだ教えてもらうことがあるのじゃが、
今夜はわしもここで一区切りつけることにしようかのう。
また、こんど今日続きを教えてもらうが、よろしくな。
おやすみなさい。

795 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 02:57:54
 Hungryでありつづける――つまり成功しつづける最良の方法は、
自分から現世利益を捨てていくことです。そうすればするほど、
死後の名声は高まります。これを『大成』と云います。
 Leonardo da vinchがどうしてあんなに天才と言われているか?
彼の学術はハッキシ言って、今の中学生levelでしかも数学は苦手ですw
けど凄いのは当時、独学独創でしかも現世利益をまるで捨てたところなんです。
それによって死後、彼の神格化が図られました。だから
当時最高の万能の天才であったLeon battista albeltiより遥かに評価されてます。

 大衆は常に、天才より後進していることを考えても見なさい。
ならば後ろを振り返らず先進すればするほど彼は「後世」でのみ評価されるのです。
 不遇であった芥川龍之介が今や、ヒットメーカー夏目漱石より高い人気を誇る理由です。

 僕は学歴なんていりませんよ。だって天才の名声の方がよっぽどいいものですからw

796 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 06:34:12
無茶苦茶だねスペルも言ってることも
漱石より芥川のほうが人気だというのは
どこの世界の話よ?

797 :ズン ◆7QiFPoq.LI :2006/03/32(土) 09:34:14
ちゃんとこいつが小説を書いて新潮に応募したことが嬉しい。


798 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 09:47:36
みんな大学卒業おめでとー

四年間の成長、思い出は、一生の財産だね。
いまだに大学行けなくて
2ちゃんで無駄な時間を浪費してる馬鹿は置き去りに、
社会に雄飛していってください。

799 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 10:28:16
僕は美人のりさたんとかの胸の中を雄飛しますから[ぼそっ

800 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 10:54:37
 全ての活動が遺伝情報の伝達だと考えてみて下さい。
例え大成ですらやはり、名声によって彼や彼の属する集団の存在感を高めて子孫の人気を上げる手法です。
そうする事で自らの血を、さらに遠くの未来まで生き長らえさせようと企てるのが人なのです。
これを『種まき宣伝』と言いましょう。

 さて僕は自分から名誉を捨てる癖があります。
罪深く恥ずかしいので、出来るだけそういった栄典ものには関わらないようにしています。
例えば学歴という箔もそうです。
 僕は実学力こそがニッポンrenaissanceをclearする為の最良の頼みだと知っていますから、
外的権威は邪魔でこそあれ何の役にも立たないものなのです。
 従って僕は目立つ事なら何でも避けますから、賞与であっても大抵は辞退しなければなりません。
僕には思想と良心の自由があります。

 そうしていつか大衆が僕のlevelに追いつく未来での
発展途上国民と日本民族と黄色人種の地位の上進は、自ずから想い知るべしです。

 僕は現世の辛酸を舐めるのに甘んじる代わり、本当は
遠い未来に自分自身の『種まき宣伝』をしている訳なのです。
それは僕の血を、単純に現世利益を貪ってポコポコ子どもを量産するよりずっと、
効率よく生きながらえさせるでしょう。

801 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 11:02:59
あのさあ、企業でも
年次目標とか、中間決算、四半期開示とか、IRをやって、
事業体としてのポテンシャルを示して、投資とかをつのるわけだけど、
文士さんのIRをしりたいな。

収入、支出、経常益、事業予測とか、データを示してみてよ。

802 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 11:13:47
 日本は足の速い後進国です。
だから外からはあたかも先進国の仲間に見えますが、実は何の根拠もないのですよw
実際のところ、徳川幕府の治世下ではrenaissaoceが訪れるまでにどれだけ掛かったかしれません。
代わりに、武士道という人類で最も高潔な民族的倫理飽和信教も栄えていたのですが。

 明治維新から足掛け100年、日本は先進国をleadする国際positionにまでのし上がりました。

 そこで僕が現れたw
こういうのを歴史の必然と云います。
僕は紛れなくrenaissaoce manであって、globalismの立役者であります。
 僕は大好きな日本に散々イジメられましたねw
「大学行って役にも立たない勉強させられたくもないし、馬鹿に混ざるのも馬鹿だ」と言えば
「高卒はすべて屑、死ね、死んでお国の負担を軽くしろ、お国に報いるがため死ね」と罵られるw
こんな奴国(nanokuni)にどうして科学技術創造才能が住まうのですか?
僕は必ずや愛する母国である日本から自立するでしょう。

 今は雌伏の時です。
どれ程の雪辱にも我慢して耐え、己の実の力を極限まで研ぎ澄ましておく時です。
そして平成幕府が転覆した暁にこそ、僕は国境を越えて自由に悠久雄飛するでしょうよw
 それはまた、日本が先進文明のleaderに躍り出る日のことなのですが。

803 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 11:18:14
renaissaoce→renaissance


>>801
僕の経営手法は企業秘密ですw

804 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 11:37:18
鈴木雄介は3月32日、2006年3月期連結業績予想を下流修正し、受験浪人期間が前回予想から
1年増となる5浪になる見込みだと発表した。専門学校中退などの不振が原因。

親からの仕送り額維持などニート事業は好調だったが、世界文学の革新を掲げた2ちゃんねる
発言コンテンツとブログ事業が不振。2ちゃんねる発言のコンテンツ強化や不振のブログ事業
へのてこ入れにより、専門学校からは撤退した。

このため無職生活費評価損200万円などを計上し、昨年11月発表の前回予想を下流修正する。

同日発表した2009年3月期まで3カ年の中期計画では、2ちゃんねる活動のターゲット戦略の見直しや
ニート事業の集中などを掲げた。2009年3月期連結で、綿矢りさとの結婚、芥川賞受賞、総資本経常
利益率(ROA)98%、株主資本純利益率(ROE)10.0%を目指す。

805 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 11:49:30
こうやって経済記事風に書かれると、
絶望的な鈴木の現実がよくわかる。

806 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 11:50:23
 かわいそうなのはアフリカ、中国、インド、南アメリカの愚民たちです。
日本は小さな島国だから人口から考えても極小ですが、GNPは地球最大ですw
これでは日本人は勉強好きの働き者という以上何の根拠もないのに、
地球の愚民たちから妬みを買ってしまっても仕方ありません。
そのような《愚民一揆》の最初の例は9.11にありました。Terrorismとは要はその換言なのです。

日本人にとって、後進文明の無知からくる誤解──日本が不当に搾取している──の危機回避をしながら、
しかもかわいそうな大量の貧困人口層にenlightningを与えるには先ず以て、
「個人の大金持ち」を国内に量産して慈善恵与をバンバンしてくれるのを待つしかありません。

もちろん日本は今でも世界一、国民税をODAはじめ途上国発展のために投資していますが
それではこちらだけでなく愚民にも頭を下げてもらうには不充分です。
なぜなら国の出すお金をもらっても、ただ
頂戴拝借したというだけでタダで貰えたluckyだ、と勘違いするだけだからw
顔が見え声の聞こえる個人が身銭を切って直接恵んでくれたお金だけが
本当の『有り難さ』を愚民に伝え得るのです。
貧困層に頑張って金持ちになろう、そして恩返しをしようという気力を起こすにはそれしかありません。
 そしてそれをバンバン行わない限り、先進一国だけが文明を伸長させること不可能なのは
最近の愚民一揆から没落しつつあるAmericaを看ればよく分かるでしょう。

807 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 11:51:43
 小泉首相の中途半端な構造改革では個人の富豪を量産するには不完全です。
金融緩和だけでなく何より累進課税の国家社会主義的税制に深くメスを入れない限り、
日本がAmericaの二の舞として愚民一揆の恰好の対象になるのは近々、避けられないでしょう。
憲法を改悪して自衛隊派遣を正当化しても、
そんな軍国主義退行紛いのcitizen shipで騙される愚民はただの1人もいませんw
 常任理入りよりもむしろ、国内市場の環境整備が優先なのは誰の目にも明らかです。
そもそも中国が拒否権発動で没落の自己助長をしてくれるのは有り難いことなのですよ。
その分くだらん軍事費の代わり国家予算を学術研究やIT産業の勃興に使えますから。
アメ公が勝手に日本から武力を奪ったんだから、生涯守らせときゃいいんですよ。
どうせ枢軸国側(united nations)にとっても日本の極東の位置は有り難いわけですから。
 基地周辺の治安だけは三島の覚悟を引き継ぐ自衛隊のサムライ達に死守してもらえばよいだけです。

808 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 12:00:16
鈴木雄介は3月32日、2006年3月期連結業績予想を下流修正し、受験浪人期間が前回予想から
1年増となる5浪になる見込みだと発表した。専門学校中退などの不振が原因。

親からの仕送り額維持などニート事業は好調だったが、世界文学の革新を掲げた2ちゃんねる
発言コンテンツとブログ事業が不振。2ちゃんねる発言のコンテンツ強化や不振のブログ事業
へのてこ入れにより、専門学校からは撤退した。

このため無職生活費評価損200万円などを計上し、昨年11月発表の前回予想を下流修正する。

同日発表した2009年3月期まで3カ年の中期計画では、2ちゃんねる活動のターゲット戦略の見直しや
ニート事業の集中などを掲げた。2009年3月期連結で、綿矢りさとの結婚、芥川賞受賞、総資本経常
利益率(ROA)98%、株主資本純利益率(ROE)10.0%を目指す。

809 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 12:03:03
企業秘密は出来るだけ開かしたくないのですが1つだけ
 綿矢りさとの結婚が2009年目標というのは多少早すぎるんじゃないですかね。
やはり日本型M&Aというのは敵対的では上手くいきません。
何しろ彼女は彼女で自己という企業経営があるわけで、これからの成長率を考えると絶望的ですからね。

有頂天になった企業には必ず早晩下がり相場が来ます。

 僕が狙ってるのはその一瞬と、僕という企業が上がり相場の兆しを見せた一瞬が重なる時なのです。
そこを逃せば合併吸収は「bump of chicken」の如く失敗するでしょうなw

僕の側は別段痛くも痒くもない訳ですが。
何しろその後だって男の株が上がる事しか有り得ないのですから。
良い女なら世界中に山ほどありますから。

810 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 12:04:13
>>808 これじゃあ、鈴木の株は下がる一方だねえ。

811 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 12:07:09
>>809
だったらさ鈴木の中、長期計画とか、
連結ベースの業績を示してみてよ。

現在の収益手段とか。

812 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 12:09:56
>>810
 いや、既に底打ちです。株式でも勉強してください。

僕は徹底した戦略のrestructualingと組織能率のbrush upを完了しつつある訳です。
その後は不測の事故などによる倒産以外はまるで成長の一方しかあり得ません。
1つ教えてあげます。
 男の株というものは捨て身になるとき最も上がるものです。

813 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 12:14:05
>>811
 そんなの無闇に開かす馬鹿はいませんw
公共機関じゃあるまいし、手の内がバレたら上がり飛車取られますよw

 もちろん株主への説明は別ですよ。それは信用に関わりますからね。
僕の株主になるなら上限はありますが、ある程度経営計画や実際の内容をお教えできますがw
こんなに安いのは今のうちだけなんですけどね、嘘じゃなくて。僕は別に損もしないから関係ないですが。

814 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 12:14:52
>>810
まもなく上場廃止だろw

買ってる人すらいないから整理ポストにもならない。








815 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 12:16:36
> そんなの無闇に開かす馬鹿はいませんw
>公共機関じゃあるまいし、手の内がバレたら上がり飛車取られますよw

どんな企業でも、発表してるけど。。。
社会勉強足らないんじゃないの、このバカ

816 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 12:17:11
鈴木雄介は3月32日、2006年3月期連結業績予想を下流修正し、受験浪人期間が前回予想から
1年増となる5浪になる見込みだと発表した。専門学校中退などの不振が原因。

親からの仕送り額維持などニート事業は好調だったが、世界文学の革新を掲げた2ちゃんねる
発言コンテンツとブログ事業が不振。2ちゃんねる発言のコンテンツ強化や不振のブログ事業
へのてこ入れにより、専門学校からは撤退した。

このため無職生活費評価損200万円などを計上し、昨年11月発表の前回予想を下流修正する。

同日発表した2009年3月期まで3カ年の中期計画では、2ちゃんねる活動のターゲット戦略の見直しや
ニート事業の集中などを掲げた。2009年3月期連結で、綿矢りさとの結婚、芥川賞受賞、総資本経常
利益率(ROA)98%、株主資本純利益率(ROE)10.0%を目指す。

817 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 12:18:56
鈴木は、なんで専門中退したんだ?w

818 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 12:20:28
下流の中でも相当やばいよw
4牢の末に専門中退ってw

どこも勤められないよな。

819 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 12:22:15
べつにああこう心配することじゃない。
400万ニートに、鈴木がひとり加わっただけ。

その400万の中でも、下流に属するが。


820 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 12:24:23
 あまり大声で言いませんが
実は僕の隠れ大株主には、ノーベル賞なぞも期待されておる某巨匠さんがおられるのですがねw

実際のところ、僕が文学事業に手を出し始めた経緯は哲学板から彼に誘導されたからです。
先覚者の慧眼おそるべし、です。


僕も彼の経営手法は高校のころから必死で学んだ身の上ですから。
やはり言わずとも相通じる部分があるわけですよ。

もちろん最厚遇のご優待ですよ。
凡俗の捨て株とは重みが地球と月の重力差より違いますから。
 Repeaterこそ大切にしなければならないのです。
彼らは生き方に共感したからこそ再訪してくれているのですから。

821 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 12:26:07
現在のランキングからして、
鈴木は、一流社会人のひしめく社会のトップランカーをめざすより、

下流400万のブービー賞あたりを狙うのが現実的な達成目標だと思う。

822 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 12:28:27
>実は僕の隠れ大株主には、ノーベル賞なぞも期待されておる某巨匠さんがおられるのですがねw

こいつ?w


ムー大陸 URL @
03/20 00:06 しかとされてるしw. 

ツマンネww


Yonda? URL @
03/20 00:18 ムー大陸さんへ. 

ムーさまのコメント「わくわく」を読んで、
荒らされると某匿名さまが心配なさったかと……。
わたしも「わくわく」しました。

Yukiさんはおもしろいと思います。
ふつうの神経ではできません。
自殺予告。
そのことをさりげなーく匿名でわたしが書いたら、
即刻さぐりあてコメント。

なんか記事でも取り上げたくなりました。
あ、ムーさま。ごめんなさい。
わかってます。ほんとうに怒ってはおられないことは。

823 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 12:30:58
>現在のランキングからして、
>鈴木は、一流社会人のひしめく社会のトップランカーをめざすより、
>
>下流400万のブービー賞あたりを狙うのが現実的な達成目標だと思う。

たしかに、このままの調子で、鈴木が下流人生をまい進すれば、
下流の中の下流になれそうと思う。
つーか、なるんじゃないか?

824 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 12:32:28
 日本人はこれだからw

世界のSONYですら創業者の志だけが源ですからね。
経営理念こそが共感を呼ぶ利潤の泉なのだと知らぬのw

 僕の経営理念は難しい言葉じゃありません。ただ『独立』です。
故にこそ小判鮫みたいな中小企業からは目の敵にされますがw
けど自由へ至る最良の道筋はindependenceしかないのですよ。
ついでだから家訓にしますかねw

825 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 12:33:04
なるほど
ノーベル賞を期待されてる某巨匠が、
2ちゃんで才能を買ってるのは、美香と鈴木か。

なんか、この2人には共通のニオイを感じるよ。







キチガイという名のw

826 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 12:52:33
「文士」にも休日があるんだね。昨日から妙に絶好調だし、ご機嫌も
よろしいようで。昨日のお友達がよほど気に入ったみたいでよかったね。
ただ、土日がお休みなんて、「文士」が罵倒し、嫌悪する「愚民」と
一緒って気もしますけど、いいんでしょうかね。
それとも、半ば諦めていた「新潮」への応募作品が間に合って、一人、
愉しい夢でも見てるんでしょうか?
それも才能の一つかもしれませんね、素敵な人生です。

827 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 12:58:02
 じゃあびっくりさせるために多少はバラしますが、
何しろ僕の短期修整目標は史上最年少ノーベル文学賞受賞です。
芥川賞なんて屁の河童。余裕綽々釈由美子で抜群ぶっちぎり1位でしょw


それを笑えば笑うほど愚衆は惨めになるだけですがw

 綿矢りさとの日本型友好的M&Aはその頃で充実じゃないですか。
別に慌てれば良い話でもありませんから。
 Andy warholは言っています。
『婚約期間が長ければ長いほどよい春』

828 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 13:07:50
いっちゃまずいかもしれないけど
この鈴木ってひと、明らかな分裂症だね。

このまま独りで生きていくなら、別にこのまんまでもいいと思うけど
今後、社会で人まじわりして
生活する意思があるなら、
周りに迷惑かかるから通院したほうがいいと思うよ。

829 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 13:11:03
 学制に組み込まれた春休みの存在も知らない世間知らずさんが
休日をただの息抜きと勘違いして満足気でらっしゃいますねw

僕はrecreationism(趣味主義)という哲学思想を持っていますが、
それを文学板で長々と続けると愚衆の煽りを煽るだけなのは知ってるからしませんw
 文学用にカンタンに説明すれば、「リクリエーションを仕事にするのが幸福だ」という意味です。


欧米人が日本人の哲学を軽視したいのはわかりますが、僕のおかげで早晩無視もできなくなるでしょうねw
何しろpragmatismの国際的行き詰まりを解決する思想はrecreationismにしか見いだせないでしょうから。
それは人生をおわりなき「遊び」の幸福に繋げる思想なのです。
 そしてrecreationismは最高善として『文明』を目的とします。神の生き姿としての我々人類による。

830 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 13:20:22
 理解不可能なindividualは精神病と決めつけるのは日本愚衆のいつもの村八分patternです。
だから独創が生まれないのですよw
なにが科学技術創造ですか?1人でも内側から新しいことを始めたら寄ってたかって叩き潰してさw


 そういう奴隷倭人は一生涯この狭い島国の息苦しい人間関係の狭間に窒息しながら
学閥上司とアメリカにペコペコ頭を下げておこぼれを頂いて暮らしていければよいのです。
そして先進国に永世complexを抱きながら渡来文化の模倣に明け暮れて長生きしてえばればよい訳ですw

 僕は嫌ですけどね。そんな古代人まがいの戯れで疲れて死ぬのは。
自由を求めて独走するには集団の和を抜け出して1人、独立を信念するしかありません。
そしてそういう勇気あるサムライだけが日本人の頂きに登り得るのです。
そこからの眺めはさぞや壮観ですがねw

 うじゃうじゃmajority追随で蠢いてるのが大好きな
反イチロー主義者たちにはお呼びでない夢物語でしょうがw

831 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 13:28:00
「文士」を病院に入れると言う意見には反対です。だってそれじゃ治らないでしょうから。
ええ、病気ではなくて、「宿阿」と言う奴でしょうね。
近くの居酒屋の話です。毎日一人で呑みに来る客がおりました。別に
他の客に迷惑をかけるとか、金を払わないとか、そういうこともなく
ただ、黙って飲んでかえるのが彼の日課のようなものです(極たまに暴れますが)
とても暗い感じなので、店にとってはあまりありがたい客ではありません。
本当はいないほうがいいのです。そこで常連の客が店主にいいました。
「いっそ、断れば?」と。店主曰く「うちが断ると、アイツ行くとこないんだわ」
・・・ええ、そうなんです。ですから、皆さん、多少の違和感は感じても
気にせずに、談笑してて下さい。そして、たまに気が向いたら「文士」にも
声をかけてやってくださいませ。

832 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 13:36:09
 そう、
何を隠そう、そのcoolな客こそがお忍びで来る村上春樹なのでした

というオチでしょ、それw



僕の今作は浅田彰の鑑賞力への挑戦状ですけどね。
Commentが楽しみですw
それともうまく無視してやり過ごせるかなw

 なにしろ僕は天下捕りですからね。無名ながらノーベル賞が短期目標ですからw
少なくとも後8年以内には100%僕のもとにスウェーデンの日本大使館からTELが掛かってくるでしょうw
そして僕はしばらく沈黙のあと
堂々と断るのですw

だって馬鹿の戯れに混ざるのも馬鹿ですから。
永遠の体制批判は独立主義者の本望です。

833 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 13:44:06
ニートの分際で何言ってるだ?馬鹿じゃねーの?

834 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 13:53:45
 文士の英雄的独走に嫉妬してがんばる女史には、「草子」という称号を与えましょう。

そもそも男女の力差というものは生まれつき歴然としていますし、
成長に従ってますます差が開けていきます。
なぜなら雌雄別体の生命はそうして生産と繁殖の分業能率を向上させて来たからです。
これが社会風紀にまで高められたものをgenderと言います。
馬鹿女(フェミニスト)は近ごろ盛んにそれを叩いて繁栄能率を下げていますがw

 文士が如何に勇猛果敢で暴言自在だとしても、草子がそれを真似てマネられるはずもないのですw
抽象的思考能力のある男性の頭脳に対して、女のそれはまるではじめっから恋愛向きですからなw
だから草子道は絶対に文士道とは違います。
それはいくら男女同権が根付いても銭湯が混浴に向かわないのと同じですw
 草子の道は悠久雄飛の戦闘的社会批判ではなく、
たおやかな婉曲した表現の追求による『民情慰安』の大成です。

これを分からぬほどの馬鹿ならはじめから草子の修行には向きません。
さっさと凡暗男を捕まえて子作り子育てに励むがよろし。

働いたり学んでもいいスが、他人任せでよい子が育つなんて随分虫の良い話ですwwwありえない。
 そういう馬鹿女の終局は悲惨なものでしょうね。
何しろ科挙式お受験兵士の二流の子どもたちはみんな行動的思考ある欧米人の奴隷になるだけですから。

835 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 14:04:01
オレは病気じゃない、
と言い張る精神病人は珍しくありません。
鈴木さんもそんな一人でしょう。

文学板には、もう一人そんなオバサンがいましたが、
彼女はようやく病気の現実を受け入れようとしてますよ。

それはようやく治療開始の入り口にすぎませんが。

836 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 14:07:34
今日は表現がさえてますね。
《省略されました・・・》がちょっと残念ですが、長すぎる文章の
「文士」サンにも半分責任があるんじゃありません?
ま、産んだ子は自分で育てるべきと言う意見には大いに賛同します。
と言うと、また色々な礫が飛んできそうで、ワクワクしませんか?
「文士」さんも。

837 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 14:11:04
人間が個々に独立した存在なのは、
いうまでもなく当たり前なことですが、

当然、大学に行っても独立した人間は人間です。

なんで鈴木さんは、大学に入ると文科省の奴隷になってしまうと主張するのでしょうか?
要するに鈴木さんが独立した人間ではないからでしょう。

838 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 14:11:24
振られた腹いせに2ちゃんで暴れたり、
彼女召喚したり釣ったりしようとしてるんだろうなあ。。
前はそういう風に思っていたので、自分と同じ匂いを感じていたが、
どうも違うことに気づき始めた。
美香=鈴木


839 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 14:11:25
 『集団の1人が賢ければみんな賢くなる』とは学習の伝承効果に拠った生物学的見解ですが
これは当然、社会学にも応用することができます。

言い換えれば独創的天才が1人でも社会学に生まれればその国の未来は暫く安泰だという話ですw

これはNewtonを排出した後の18世紀イギリスが不滅を誇ったのや、
ナチスに追われてEinsteinが渡った後の20世紀アメリカが超大国化したのと同じ歴史的必然ですw

 ま

日本人が僕を村八分にして自由の国Americaに追い出したいならそれはそれで僕は良いのですがね。
だって日本にだって故郷(ふるさと)という以上の義理はありませんし。
田舎から抜け出して都会で身を立てるのはいつもの成功者patternですがw
日本人がもし本当に愚かならば、そうなってから拍手しても遅いと気づくでしょうね。
 何しろ未開の土田舎はますます過疎化する習いですのでw

 日本人の身に着けるべき信念とは「独立自尊心」ですよ。
狂奔不安の小日本人、福沢の学問のススメからやり直すべし、です。

840 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 14:13:11
鈴木は何に復讐しようとしてるんだ?

841 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 14:17:36
大学に行ったら文科省の奴隷なら、
同じく文科省の管轄下にある専門学校に通う奴も奴隷だろ。

鈴木=自覚のない奴隷

842 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 14:20:43
下流をさまよう盲目奴隷。
それが鈴木。

843 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 14:24:47
>言い換えれば独創的天才が1人でも社会学に生まれればその国の未来は暫く安泰だという話ですw

>言い換えれば独創的天才が1人でも社会に生まれればその国の未来は暫く安泰だという話ですw

訂正致します。

 物理学が総合科学であるのは確かですから、physicsにおける大学者がひとりでも出せれば
その人が籍を置く国はしばらく安泰確定だという訳です。

だから僕は母を想って言うのです。
『独学基本』を国民の風習にまで高めよう、と。
 そうすれば23世紀以降も日本が地球文明のbrainであり続けるのは夢ではありません。



その野心は恐らく東アジア連合[East Asian Union=ESA]構想が持ち上がる
22世紀末ころに部分的に瓦解されるでしょうがw
なぜなら、日本人の多人種他民族との混血が進み、
日本の史上最も高潔な学風はさくらのように世界に散りぢりになるでしょうから。

 けれども僕たち文士こそが、そんな地球市民時代の日本民族の末裔にとっての栄光の象徴として
血潮を絶えず沸き立たせ、志を励ましつづけるでしょう。
文士の道とは独行先導の勇気だから。

844 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 14:30:35
>>843
 東アジア連合は、EAUが略号として適当でしょう。
日本文士と日本草子とは、
その通貨cashの顔の代表格となることを目指して日々勉励するのを使命とします。

僕はぜひとも才能ある綿矢さんにもがんばってほしいわけですがw
だって男女共同参画社会のgood modelになれるじゃないですか。

845 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 14:31:03
そんなの真面目に読んでる奴がいるわけないだろ

846 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 14:31:59
>>840
鈴木は4浪の末に、専門学校に文科省の盲目奴隷としてしか行けなかったから、
社会のハードルの高さに復讐したいんだろう。

847 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 14:33:11
鈴木自身はごく普通のキチガイだよ。
それを利用して色んな基地外が色んな決め付けをし
ストレス発散してるだけ。

848 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 14:34:48
>>845
現にあなたが読んでるじゃないですかw

別に無視すればいいだけです。

何しろ僕は慈善心から昼夜かまわず熱心に講義しているだけですからなw
カネそのもののためたけに働く人たちには奇行に映るでしょうが。

 僕は文明にただ一介一尾たりて貢献したいだけです。

849 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 14:37:54
大学に行ったら文科省の奴隷なら、
同じく文科省の管轄下にある専門学校に通う奴も奴隷だろ。

なんで鈴木は専門いったんだ? 何年も大学浪人した挙げ句。

850 :845:2006/03/32(土) 14:52:47
勘違いするな。俺は読んでない。
お前の駄文に読む価値があると認めてる奴なんて誰もいないよ。
明らかに間違った記述に関して誰も突っ込まないのがその証拠。

851 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 15:16:15
いや、読んでる方もいますよ。ただ「文士」は都合が悪いことにはお答えなさ
らない主義のようです。
あ、でも今日は土曜日とあって、昼から凄い釣果ですね、「文士」
おかげで、ここも850、アット言う間に通過しちゃいましたよ。

852 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 15:22:35
鈴木の敗北宣言でますた

853 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 15:32:48
鈴木、リサたん画像をやるから
元気を出せ
http://gazo03.chbox.jp/home/gazo03/data/gazo/wara/src/1141725257305.jpg

854 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 15:40:06
鈴木は二十歳もとっくに過ぎてるのに、
親の仕送りで文科省の奴隷とかいう専門学校に行ってんだろ。
そんな奴に独立を語られてもなあ。

デブにダイエット指南されるのと一緒で
まるで説得力がない。

855 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 16:43:11


769 名前:無名文士 ◆m0yPyqc5MQ [sage] 投稿日:2006/03/31(金) 23:50:03
今晩は独立文士来る春。


 という訳で今日はギリギリで『新潮』に作品出して来ましたよw

どーせ載らないだろーけどwww
 だって前衛すぎますからね。最初から理解されないのはわかってます。
僕は芥川賞向きだと思うんですよ。
だって芥川賞建設元来の意図に適ってますからね。
前衛的作風が理解されないかわいそうな天才文士に恵みを降らす、という。

シンタロさんに排除されるだろーけどwww毎度批判していますからね。
けど彼が個人的に嫌いなわけじゃないんですよ。
むしろ良さそうなオジサンじゃないですか。




856 :Lisa:2006/03/32(土) 16:44:32
高卒とはつきあう気ないんで

857 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 17:58:41
大卒とは付き合う気無いんで。

858 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 18:17:57
鈴木、ほれ。
これでズリセンでもコけ。
http://gazo03.chbox.jp/home/gazo03/data/gazo/wara/src/1141725257305.jpg

859 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 18:22:19
まあ普通そうだよね。
生活力のない不細工に魅力はないんだよ。
親がそーとー金持ってるとかなら別だが。
インチキ文士は四浪を親が許すくらいだから
多少は金あるのかな?

860 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 18:26:36
大学受験ごときの社会のハードルなんて気にしなくていいのに。。
一生遊んで暮らせるなら、もう十分なんじゃねえの?

861 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 18:53:36
 まぁ運よくsuper star的debutして本が売れたら、
そのお金で勉励のゆとりを得て、頑張って慶應大医学部でも行きますよ。

僕みたいな農民上がりの一介文士にはあまりに銭が足りないんですよw

862 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 19:11:49
そもそも、並一般の百姓の子じゃ四浪なんてしたくてもできませんよw

863 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 19:25:16
こんなことでマジレスするのもなんだが、
どこを受けて4浪なのかにもよるな。

864 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 19:55:36
 僕は洞察力で学問や芸術の本質をすぐ見抜いちゃうから、
極めて頻繁に主戦場的格闘の矛先をchangeしなければならないんですよ。

試験する前から大学卒業したらどうなるか迄はっきり見えるから、
一般人より早速に分野をmasterして別の領域に移ってしまいます。
 それはcomtemporaryから観たら「目に見える証拠」がないので
あたかも何事もachivementしてない如く映るでしょうね。
けど僕も別に同時代に正当な評価を求めてないから大丈夫です。

放っておけばいいじゃないですか、赤の他人の人生なんて。

865 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 20:04:06
>>863
名も無い駅弁大学らしいぞ。
それに ◆m0yPyqc5MQ の家は貧しいサラリーマンで
親父はうだつがあがらないままリストラ目前らしい。
仕方なく母親がパートで働いて4浪の馬鹿に食わしているらしい。
しかし4浪の馬鹿は、昼夜逆転の完全ヒッキー状態でメシだけ喰って
時に家庭内暴力でさんざ暴れるらしい。本人が時折
正気に戻った時に、このスレでしみじみ述懐しているが
家庭は崩壊寸前、親父は匙を投げて無気力常態、
母親が必死に頑張っているがもうそれも限界にきているらしい。

…なんらかの事件が報道されるのも…そう遠くは無いだろうな…


866 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 20:05:46
>>963
それから こいつ→◆m0yPyqc5MQ は異常に悪質で
しょっちゅうハンドル変えたり無名になって荒らしに変貌する馬鹿だから
相手にしないほうがいいらしいぞ。

867 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 20:08:41
 そもゝ個人は日本の科挙systemに合わないので、院に行くならcolumbia大とかでしょうけどね。
New yorkには一度住みたいですし。
いつになるかは知れませんが。

 Cambridgeにも魅力は感じますけどね。騎士道的Newtonは好きですから。
けど別にBritainに長く住みたくはないから客員教授として呼ばれてちょっと行く位ならいいですけどね。

やっぱ都市文化の魅力がなければそこに「住みたい」という願望は生まれませんよ。

868 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 20:24:56
>>865
ふ〜ん。
ずいぶん悲惨な家なんだねー、ちょっと道場しちゃったり〜w
なんか
子供をマンションから投げ落としたのリストラ中のオヤジらしいけどさ、
ひょっとしてここのヒッキー君の親父さんかも?
破綻した家って犯罪起こすよね

869 :Lisa:2006/03/32(土) 20:26:43
雄介ってさいてー
もうストーカーするのやめてね!

870 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 20:27:30
>>866
あ、そーなんだw 
妄想でオナッてる我意危地あらしにかまうと
ほんと粘着されるだけだよね、他板でケイケンあるw スルー だねw


871 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 20:31:05
>>866
当たってる〜〜w 早速>869に出てきてるバカみたいのが
4浪ヒッキー君の自演なわけねw
つまり
自分で自分にレスしてオナってるわけだ、やらし〜〜w ゲロだね。スルーして放置

872 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 20:32:45


 み ん な 鈴 木 に 夢 中






873 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 20:33:42
次スレは、

鈴木雄介死ねで1000までいくスレ


ってことでよろしく!

874 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 20:37:24
>>870-871
そうそう。誰にも相手にされないから、たまに誰か来ると
狂気みたく喜んで粘着しまくる>>872 でわかるだろ、惨めな鈴木の自演がw

875 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 20:40:47
>>873-874
きゃはっ、鈴木4浪ヒッキー君てかなり・・・イっちゃってる?w

スレをざっと流したらこんなのめっけた! これいいじゃない?貼っとけば

876 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 20:42:12

、  |★スレを個人ブログやノート代わりに私用するのは禁止。
、  | 身勝手な手記の連書は 荒らしです
、  |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | <粘着ジエン荒らし>にエサを与えないで下さい
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



877 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 20:57:33
>>867
まあ住みたくないにせよじゃ、英国へちらっとでも行く予定が決まったら教えとくれ。

さて、またひとつひとつお主に確認して教えてもらわねばのう。
日本の高校に入学し卒業することは、お主のいわゆる奴隷的国家社会主義者に
なることにつながるのじゃろうか。
それとも高校は無関係なのじゃろか。

878 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 21:18:34

 みんな鈴木雄介が好きなんだろ


 
  正 直 に な れ よ 












879 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 21:19:31
>>874

> 狂気みたく喜んで


日本語書けや厨房が

880 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 21:34:50
>>877
 まず結論を言えば「概ね無関係」ですね。
少なくとも進学校に行く為に必死で勉強する人の他は。

要するに入学試験競争があるところは内部はescalater型です。
高校の場合大学と違って、入り口が混んでるほど内部は否応なく日々競争です。
そういう場所に入るとまず間違いなく堅物俗物群に流されます。
そこで行動的思考の独立を保つのは至難です。
勿論英雄的例外はありますが。Napoleonもそういう男でした。

 今の高校はほぼ義務教育感覚だから、入学試験がないところは遊ぶための奴らが大半です。
勿論そこでYankeeにならずに済むのは例外と言わねばなりません。


 まとめると、高校はレベル分けされた国家軍隊訓練所と考えるとよいです。
そこは上ほど国家社会主義者への苦役が酷く、
下ほどユルゝで性と暴力と薬くらいしか何の刺激もありません。
従って高校自体は独立とは直接にはあまり関係ないのです。
 大学の場合は逆に入学戦争が厳しいほど内部はcharaゝ風紀です。
そして国家社会主義者育成の為にmoratriumの浪費という仕方で洗脳されていきますw
 院はまた別で、主に就職から逃げて教授へ媚びうる仕方を学ぶ為の機構です。
そこは一種のescalater menと社会との「緩衝地帯」であり、
研究と就業の板挟みになってもがく為の練習場ですw
国家社会主義者の育成はここでは目指されませ。
代わりに国と奴隷道徳への遵奉者としての「日本の博士」をつくる奇妙な工場なのですよw

881 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 21:51:18
 大学でも東大の一年次だけは例外的に進学校まがいの競争があります。
そこでは二年次への学門分類を図る為に偏差値試験を行うからです。

 東大卒生──勿論学閥官僚も──が概して馬鹿真面目なのはそういう理由によります。
そして結婚市場でも案外人気がないんです。
結婚生活からも──収入以外の──つまんないという主婦の不満が聞こえるのは
大抵、彼ら受験machineの家庭からです。
 要するに内部でも競争を強要された経歴があるから、心に「ゆとり」が持てない訳です。

いちばんよくないのは東大入学と同時にdrop outしちゃう場合ですwまさに掘り出し物の事ですがw
そうするとprideばっかり高くて勉強はできない不思議な社会物体が生まれますw
掘り出し物の場合はうまくやってああいう風にかなり成功したのですが。
彼らは左右翼に傾いたり、或いは企業内の「free rider(ただ乗り野郎)」になりがちです。
若しくは良いので、大江さんみたいに文筆家や評論家になるわけでしょうね。
それは良いと思いますが、ただ一端は国家のお世話を被った限り独立文士に志すのは極めて困難ですよ。


 慶應も学門制度があるそうですが、内情はよく知りません。
一般的には幼稚舎あがりの奴らが腰抜けふぬけてますから、他の大学と同じcharaゝ様です。
しかし志気ある奴が必死で独学勉強してる可能性がいちばん高いのは慶應だと思う。
 だから慶應卒が社会的評価は最も高い現実があります。福沢の功徳なのか知りませんがw

882 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 22:08:54
 というわけで日本学閥の中で僕が最も高い評価を置いてるのが慶應だと分かるでしょうw

僕が創始者のことを好きだから肩を持つわけではありませんよ。
客観的に看て慶應は独立志士が生き残る為には、学閥内で最も有利だろうというに過ぎません。
 僕個人は三田周辺街区はごちゃゝしててあんま通いたく思えませんけどねw
人混みと排気ガスで空気わるいじゃないですか。
あんなとこ毎日通ってたらいつの間にか体が汚れてしまいますw


 悪いのは高学歴や高い学問の水準ではなく、
学閥一辺倒で政経と癒着した平成幕府社会構造ですから。
ぶち壊しましょう。潰れてしまえばいいんです、こんな倭奴隷(わのなのれい)ばかりの社会は。
ma

ドーデモイイケドwww

 僕は科学技術創造者を未来に向けてたくさん増やす為に独学大志の大成者を励ましたいだけですから。
アメリカ工業の父・エジソンみたいなののIT業versionをwww

883 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 22:18:57
 あと日本が世界一先進独創してる大得意分野がIT産業にはあるんですよ。
何を隠そう“game soft”です。もちろん最初はまねびから入った分野ですがねw
ドラクエ・FF・スーパーマリオは日本専売特許です。
もちろんentertainmentも含めれば、不二子藤雄漫画や宮崎アニメは世界に誇る大成功の実例です。
 韓国もマネして追いつこうとしてますが、まず難しいでしょうね。
日本人の才能は世界最先端の物語文化から考えても歴然です。

 僕は日本のIT産業はsoftの開発へ最も力を注ぐべきだと言いたい。
Game soft会社のlevelは間違いなく世界一です。
任天堂は世界に誇るIT企業なのですよ。
ゼルダ万歳!MOTHER series万歳!でしょ。
 文学も原始的なIT産業としてこの一助たり得ます。というか、
むしろ僕のおかげとかで中心になるんじゃないですかwww

884 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 22:26:43
だからさあ、低能パラサイトの非成人鈴木がなにを言おうが

デブにダイエット指南されるのと一緒で
まるで説得力がないんだよ。

せめて海外旅行くらいしてみなよ。
いまどきどんな庶民でも海外経験くらいしてるよ。

885 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 22:28:09
鈴木はよく海外旅行してるよな
村上春樹や綿矢とも知り合いだし

886 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 22:28:55
強姦もしてるし女にモテモテ

887 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 22:29:27
チンコも24センチ

888 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 22:29:36
 Contents独創の能力は既に日本が世界一なんですよ。
これは恐らくずっと変わらないと思います。
日本人は子どもみたいだからですwww

 卑俗な例ではadult video softから清明な例では俳句詠みまで、
日本人はいつも物凄く豊富なあそびの手段を開発しています。
江戸文化の活気を思い出してください。ありゃ先ず以て地球一の盛況でしたよwww
歌舞伎・能楽・狂言・浮世絵・花柳遊郭・華道・茶道・工芸・刀鍛冶・洒落本・物語戯作・・・
数え切れないあそびの文化がありました。それは今でも基本的に同じだと思いますね。

 観光旅行や花見さえ商売にするのは日本人が最初にやったことなんじゃないんですか?
大陸人や欧米人が花鳥風月を愛でるなんて聞いたことありませんよwww
日本は地球最大のIT産業社会なんですよ、紫式部がbest seller物語を書いたずっと前の頃から。

889 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 22:29:43
>>884
鈴木にはパスポート下りないよ。
無職だし、国民年金払ってないし。

890 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 22:30:35
街歩けば女がみんな見てるんだろ
そうだよな、鈴木

891 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 22:31:50
女はみんな俺に犯されたがってる発言は傑作だったw

892 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 22:38:25
 なんか僕となかよく卒業旅行にEuropeめぐりしたいオマセさんがぶつぶつなんか言ってますなw
新婚まで待てよw

というのはcoolなwitで

 実際のところ、僕は別に女性がみんなぼくに犯されたがってるなんて一言もいってないw

ただ、男女というものの間にはハッキリした力差があるでしょうと言いたいだけです。
 けどここだけの話、「女性からの性欲を感じる」というのはホントですけどね。
だってやたらと髪の毛気にしたり鏡とりだして身だしなみcheckとかされたら誰でもうざいでしょ。
僕は若き仙人だから放っておいて欲しいんですけどね……勉強のジャマですし。

893 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 22:55:21
 僕は女性の真の啓発というのは急務だと思ってるんですよ。
特に日本女性のw
だってみんな浮ついた気分に流されてるじゃないですか。
僕が毎号女性fashion誌『with』を買って若いおなごの民情を研究してる所以ですw

まず日本女性本来の、おしとやかでつつしみ深い性格をとりもどさなければなりません。
それには民情を『美優で上品な恋愛』への憧れに導かなければなりません。

 僕が既に手をつけてる新作ではそのあたりを攻め落とすつもりですよw
だってチャラ男のキムタクなんかに憧れてるようじゃとてもじゃないが少子化は止まりませんから。
 ゆえに最近はNHK連続drama『功名が辻』や、
『冬のソナタ』や三島の古い情愛小説がはやりだしたのです。
みんな金原的な軽薄なセックスには飽き飽きしてます。
 本当の日本人のあの恋慕のためいきはこんなんじゃなかったよな、とw
村上春樹風のamericanizeされた離婚文化は日本風土には馴染まないのです。

 緑茶・伊右衛門の大木武士と宮沢なでしこの二人みたいに、
日本の夫妻は世界で最も思いやり深い情愛の絆で結ばれてるものなのです。

894 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 22:56:45
こういういじめられっ子っていたよな。

そいつも大学いけなかった。
あれ鈴木か?

895 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 23:00:28
もう金宅じゃないよ。亀なし赤にしだよ。

896 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 23:04:41
亀なし赤にしってなんすか?まじで教えてください。参考にしますから。
 速水もこみち君とV6岡田くんが人気なのは雑誌上は事実らしい。
まぁ時代を問わず同じようなもんです。ちょっと男っぽい女性的な2枚目俳優が人気なのは、いつも。

897 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 23:07:49
嘘つくなよ鈴木
お前は、女はみんな自分に犯されたがってるって言ってたよ
押尾学かてめーは!

898 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 23:15:04
 ジャニーズJr.のなんとか君が人気だろうは知ってますが、名前はしりません。
今号のTarzanという雑誌の表紙になってる方です。たぶん僕と同じくらいの年齢ですね。

 けど大事なのはlooksじゃないんですよ。
動物園ならlooksで男選びすりゃ間違いないでしょうが、人間社会ではよくないw
失恋や離婚や浮気はすべてケダモノ倫理のloveによる悲劇だからです。

 なぜ「静ちゃんが出来杉くんやジャイアンやスネ夫でなく、のび太を選んだのか」
という命題が非常に大切なんですよ。
ようするに『情け』なんですけどw
 人間の男女関係の真の深みはこの『情け』の絶妙な具合にあるんです。
だから恋愛はたんなる性欲ではありません。

 草子は樋口一葉を読めばわかるでしょうが。

899 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 23:15:42
>>880-883
まず結論をずばっと先に言うてくれて、わしゃ嬉しいよ。

すると、お主が >>786 で言っていたように、日本の大学教育は超退歩的であり、
進学し卒業しても「自由人」になることは概して無理なのじゃから、
高校を卒業後は大学に進学せずに独学独創の大成功者を目指すのが好ましい
ということになりそうじゃな。
それとも違うじゃろか。

900 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 23:17:10
今日も鈴木「文士」の圧勝でおわりですか。
情けないこと。他に攻める方法考えナサイ。
それじゃ、永久に負けつづけだわ。

901 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/03/32(土) 23:23:12
>>899
 僕は普通人として自分の信念に従ってのみ生きていますからね、
そう言ったことになっても仕方はありません。
僕は洞察と経験からそういう信念を導き出しているだけです。

けれども僕がそこで「例外」と言った間の陰影差は勿論、無限に多彩な生き方を意味します。
色んな王取りの方法とその為の信念があります。
 ただ僕はそれを可能な限り普通化して捉える努力をしているだけです。
だから個人的意見としてでなく、一般的見解として「〜と私は思う」を文章から省略してたのです。

902 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 23:38:16
>>901
わしもな、可能な限り普通化して捉える努力をしているのじゃよ。
では >>899 で示した例ように、たとえばこのわしが高校を卒業後に大学に進学せずに
独学独創の大成功者を目指したとしようじゃないか。

独学独創の大成功者とは、これ即ち文明社会の主人公であると申してよかろうて。
それを目指すには、お主がたとえば >>779 で言っておる「独立独行」不可欠じゃな。
「独立独行」が文明社会の主人公を生み出すのじゃから。

さて、高校卒業後に大学に進学せずに行う「独立独行」には、
具体的にはどのようなものがあるじゃろうか。
たとえば、甲という分野での大成功者を目指して、学校に行かずに独学で
甲という分野の技術を学ぶことは「独立独行」じゃろか。
あるいは、もっと適切な具体例にはどのようなものがあるじゃろうか。

903 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 23:39:21
では、「文士」はいったい何を目標としてんでしょうか?
以前、と言っても昨日か一昨日、IT長者をしきりに持ち上げていたけれど、
結局富と名声が目標なのですか?「史上最年少のノーベル賞」を狙うとも
言ってましたが、やはり世間に注目され、チヤホヤされたいようですね。
ならば「文士」と名乗るのは笑止。
素直に、?まらない「彫衛門」にないたい、品性下劣な商人になるのが
夢だと言いなさい。誰も非難はしませんよ。ただ、一部の人間、あなたが
馬鹿にする、古い考えの「オジサン・オバサン」から軽蔑されるだけですから。
「文士」には痛くも痒くもないでしょう?

904 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 23:41:28
>>880-883
まず結論をずばっと先に言うてくれて、わしゃ嬉しいよ。

すると、お主が >>786 で言っていたように、日本の大学教育は超退歩的であり、
進学し卒業しても「自由人」になることは概して無理なのじゃから、
高校を卒業後は大学に進学せずに、専門学校を目指すのが好ましい
ということになりそうじゃな。
それとも違うじゃろか。

905 :吾輩は名無しである:2006/03/32(土) 23:44:14
>>901
大学に行くのは駄目で
キミのように専門学校いくのはOKなの?

ねえねえ、なんで? どうしてw

906 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/02(日) 00:01:59
 先ず自学の志を固めたそこから先は、僕は言いません。
なぜならそれを自分自身で考えれることこそが自由人の資格だから。

 けれど1つhintを照らします。
 少なくとも日本文明社会は平成幕府の大政奉還後、約十年前ほどで
IT産業の新型階級に展開を急激に推し進めていく、と先見説明しました。
ならば自分が上流の仲間入りするには何をすればよいのか、考えればわかる筈です。
さらに踏み込んで言えば、
『知的高級職を身に着ける』ことこそがglobalismに適応する普遍独立人への道なのです。
 手段は問いません。分野も問いません。
但し勿論経済学の基本である需給の法則は考慮に入れなければならない。
需給がますます増えていく成長職に青春を投資するのが独行大成への道です。
まるで『アフターダーク』の主人公が「弁護士」を目指し出すみたいにw

 これを実学社会の王道と言います。

907 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 00:03:16
病院いきなよ
お母さんはなんていってる?

908 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 00:15:29
>>906
では、そのヒントを仮の回答として、「独立独行」の具体例については保留とすることにしような。

ところで、それこそ独学「独創」の大成功者なのじゃから、
その人物には個性があるはずじゃろうな。
そしてその成し遂げることも大成功するくらいじゃから、極めて個性的であらねばならぬはずじゃな。
それとも、その大成功者たる人物には個性がなく、その成し遂げることには個性はないじゃろか。

909 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/02(日) 00:21:50
>>903
 カンタン至極なお話です。
文士の目的はただ1つ、『文明』です。

この為に命懸けで頓首するこそ文士たれ。

 では文明とは何か?
最大多数の最高幸福です。
逆に言えば、最小少数の最低悲劇こそcivilizationなのです。

 僕が文芸美術を極めて社会環境を美導しようと奮闘するのも全て、文明へ至る方法なのです。
そして文士とは先進文民として大衆の模範となり、唯我独行、彼らを先導するを使命とします。

910 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 00:26:22
お前さん、下手な方言使ってるが、いい加減にしろい。変わりにオレッチが
答えてやらあ。
「大成功」した奴、金儲けの上手い奴、上流の仲間入り(恥ずかしい言葉だぜ)
そういう輩にロクな奴はいネエよ。これだけは間違いねえぜ。
ま、何言っても今のお前さんの頭じゃわからんだろうけども。
30年経ったら、きっと、・・・

911 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 00:29:02
909、
嘘はもう少し、ほんの1パーセントでも真実を含んでなきゃ、嘘として
成立はしませんのよん。
まだまだ、お勉強がたらないみたいね。

912 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/02(日) 00:30:54
>>908
 個性というのは明治に輸入した英語の翻訳語であり、原型はindividualです。
in divid ual=分割不可なもの
つまりそれ以上は分けられない最小単位としての「個人」を云うわけです。

個性的というのはindividualの訳語ですから、
最小単位としての個人が創ったとわかるものならば概念的には、すべて「個性的」と呼べます。

 言い換えれば神業以外──自然物以外あらゆる人工物──は個性的なものなのです。


 独創は普遍を目指します。
なぜなら文明とは観点をswitchすれば社会の普遍化だからです。
 独創家は大衆により個性的と見なされるでしょうが、その創作物は普遍的である筈です。
まるで蒸気機関や電球やpersonal computerのOSがそうであった様に。

913 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 00:43:06
おう、鈴木と方言野朗の二人で、今夜中に1000突破だな。
達成するまでは、続けてくれよな。
それにしても、方言野朗は鈴木の最高の釣り仲間だな。

914 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 00:47:46
ジャニーズの話題が出ていたけど、鈴木君はジャニいち族の攻勢が
朝鮮の文化侵略だと考えたことはないか。
ないならいいけど。


915 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 00:50:10
>>912
ではその独創の大成功者は「独学」のものであることが必要条件なのじゃろか。
それともたとえば「非独学」独創の大成功者ということもあり得るのじゃろか。

916 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/02(日) 00:52:30
>>914
 JaniesというのはてっきりJapaneseの変化球なのかと思ってたら
何やらそういう名前の外人さん[女]が社長だからヽしいじゃないですか。

なんで朝鮮人と関係あるんですか。
ヨン様boomが韓国に多少の親日派を生み出したらしいですよ。
日本人はウリを馬鹿にしてばかりで嫌ってるわけじゃないんだ、と。

917 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/02(日) 00:59:09
 独学的じゃない独創もあって欲しいですが、
歴史を僕が見渡す限り、あらゆる大成功の抜群の独創はみんな、
独学基本の独行者によって生み出されてきましたよ。

いちばん有名な例で、Newtonが三大発見を成し遂げたのはペストを避けて
故郷のウールソープの町で毎日ひとりきりで内省してたときです。

更にもう1つ追加すれば
Einsteinが特殊相対論を含む動いているものの電磁力学の論文および光電効果論を書いたのは
閑職である特許局員の内職でコツコツ勉強してたときです。

918 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 01:04:40
>>917
彼らはまさしく、概ねお主の言うとおりじゃな。
では「独学独創の大成功者」というくくりで考えることにしよう。

さてしかし、普遍的な創作物を作り出すその独創家は
大衆により個性的と見なされるのだとしたら[>>912]、
お主が >>11 >>13 その他いろいろな箇所で言っておるように、
日本という個性派は除け者にしてしまう国では、
その人物は潰されてしまうなどして、創作物は大成功しないのではないじゃろか。

919 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 01:11:10
方言野朗。そろそろ、正体あらわしたら?
もうみんな飽きちゃってるんだけど。

920 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/02(日) 01:13:39
>>918
 その通りですw
だからこの通り、僕をよってたかって排除しよう排除しようとする村民が取り巻いてるでしょw

僕は日本がこのままじゃ絶望的だから潰してしまえ、と言ったのはそういう意味です。
村八分が気風である社会からは独創が排除され、上手な模倣のみが貴ばれます。
これを「修業」と言って、いわゆる華道とかでなになに流免許皆伝とかいう、あれですw
 そこでの大成の定義とは独創的発明発見ではなく、
古人の作品をほんのちょこっと変えた「新派」に過ぎませんw

これでは日本が科学技術創造立国になるまでには数千年かかるでしょう。
但し、科学技術模倣大国にならいますぐにでも成れるでしょうがw

 ま
だから僕が独立者として手本になるべくこうして生まれたわけですが。
社会は危機に乗じて傑物を育むものです。生物学的本性として。

921 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 01:20:34
さすが誇大妄想の大家、いや「文士」ですね。
しかし、「村八分」が日本だけだと思ってんじゃないでしょうねえ。
それに、近頃は被害妄想の気も出てきたようだし、御身体に注意しないと、
方言妄想傀儡男様が悲しみますよん。

922 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 01:25:40
>>920
そうかそうか。
すると昨夜お主は「独学独創の大成功者が1人以上出てくれば全て転覆」する[>>790]
と言ったが、これはとても「カンタンな話」ではないじゃないか。
して今若い志士に求められているという「独立の勇気を以て文科省の命令と国民の気風を打ち破り、
独力独行で創造的成功の手本をみせつけること」[>>752]も
今日の日本での実現は絶望的といえるじゃろうね。

(もう深夜だし、これで今夜は終りにしとくよ。ありがとう。またな。)

923 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/02(日) 01:33:37
 村八分の習慣は日本が最大であり、その他は
儒教の影響を被った水田稲作農業が主要であった東asia一帯に顕著ですね。

孔子は古典研究という方法論で古人崇拝を教え込みましたし、
水田稲作は農民の非個別的な堅い結託を要求しました。
これが外敵侵入もなく、内部反乱も比較的少なかった長い被治者史を経た
日本大衆の集団主義倫理に繋がったわけです。

 もちろん宗教への狂信あるところ、排他思想が広がります。
キリスト以降、ユダヤ人がローマ教皇治世下で散々イジメられ排除された歴史は悲惨の一言です。
 しかし彼らは結果的に『独立主義』を身につけて今や地球最高の知能を持つ民族になりました。
僕はユダヤ人に共感しています。
日本人はやはり同じ単一民族の独立系として、彼らと親交しなければなりません。

賢い友を持つ子は賢くなります。
互いに善を勧められるような、交際に中庸を知るよき友を持つことは幸せです。

924 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 01:35:41
わははは・・・
眠気に負けて、独立「文士」になれんのか?
いいなあ、俺もなろうかな。

925 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/02(日) 01:51:03
>>922
 必ずしもそうではありませんよ。

なぜなら歴史にifは無いし、自分としての人生は常に一回きりで、
しかも母国が没落するのを黙って観ていられる日本人ではないからです。
 武士道の神風は我々の血潮の中で「報国」の志を燃やしつづけています。
和人らしく情に厚い日本人がそれに逆らえるわけがありません。


 僕が文士の口火として自由な啓蒙をすればする程、
日本人のうちから次第に維新志士たちが立ち上がってこの平成幕府の闇夜を突き破ってしまうでしょう。
僕はそれには確信があります。
 明治維新の直前にも日本人はペリー来航でもう絶望的だと思っていました。
そしたら桜田門外の変つまり忠臣蔵の事件が起こり、
公儀と呼び崇めていた政府がただの「幕府」であったと民衆が気づいてしまった。
単なる虚構の権威だったと分かったわけです。

 それからは速かったですねw
志士が討ち、新撰組が敗れ、洋学者が演説し、侍が刀を捨てて髷を切り、財閥育成と政府組織が為された。
数十年後、日本は明治政府を組織して堂々と近代国家の顔立ちになっちゃったw

 今回も同じパターンですよ。
平成幕府がさーっと引いたら維新志士たちがみんな様替えしちゃいますw
そして21世紀半ば迄に日本は未来国家に相応しい実力で地球雄飛の活躍をみせてくれるでしょう。

日本人は優等生なんです。

926 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 01:55:44
眠れない。。。。


そうだ!


鈴木が1匹、鈴木が2匹、鈴木が3匹。。。。

927 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/02(日) 02:11:06
 まず一人目から男女別で言えば
男       女
大和(やまと) さくら
雄飛      みやび
正人(まさと)      あすか

にしましょう。
え?
ナニがって?
決まってるじゃないですか。
子どもですよ、子ども。

928 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 02:14:18
>>927
>まず一人目から男女別で言えば

僕は鈴木くんの出だしが好きだね。
この段階ではまだ、彼(彼女)の「企み」は
彼(彼女)にしか判らないのだから、ワクワクするんだよね。

929 :鈴木 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/02(日) 02:18:42
え?
誰のかって?

決まってるじゃないですかw

誰とは敢えて言いませんが……言うと犯罪になり兼ねないしw
もちろん2chを深夜にもかかわらず頻繁に覗いている不健康な新卒業生のあなたなぞではありませんがw
 だって思想は絶対無制約に自由ですからね。僕がどれだけ人生の先々を先見したってそれもまた、自由ですから。

答えは僕のnovel内での出来事です。

930 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 02:54:50
ワタヤリサが見てるって?見てねーよ。
童貞の妄想は理解に苦しみます。

931 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 04:04:09
てすと

932 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 09:28:15
すごいなあ。アト70切っちゃったよお。
これって、「文士」の生涯における最大の金字塔かもしれませんね。
で、次はどこを荒しまわるのかな?
実は引く手アマタな、「文士」先生。

933 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 10:19:07
文士が931匹、文士が932匹、文士が933匹。。。

まだ眠れない。。。

934 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 11:18:19
日本の小説家、鈴木雄介氏(32)に2015年のノーベル文学賞を贈られることが決まった。
13日現地時間昼(日本時間夜)、スウェーデンアカデミーが発表した。

鈴木氏が一連の作品で、「文科省の命令する大学進学廃絶を訴え、独立文士として親の仕送りで生活
しながら専門学校に行って、不眠不休の2ちゃんねる活動で平成倒幕に貢献し続けた」ことが評価された。

鈴木氏は平成日本文学板を代表する作家の一人とみなされている。その作風は不条理独白型の系譜に
属すが、文学板の伝統であるID非表示を利用した自作自演プレイの作劇法をも継承している。
少数の登場人物が淡々と会話するうちに、登場人物のおかれた危機的な状況と心理の亀裂が展開され
ていく。また登場人物の会話が途切れる、発狂混乱の多用にも特徴がある。
鈴木の独特な雰囲気を形容する言葉として、文学板ウォッチャーでは「下流人の黄昏」という言葉が使われる。

授賞式は12月11日ストックホルムで行われる。また鈴木氏には賞金1千万クローナ(1億5千万円弱)が贈られる。
この賞金は、かねてから脳内交際が続けられていた綿矢りささんとの挙式費用にあてられるという。

935 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 12:06:36

| 個人妄想垂れ流しゴミが溜まったので>934まで回収!
\      
   ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ________
    ―――――――、     ヽヽ
.   /.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| ||____ヽヽ
  /.    ∧// ∧ ∧| || 東京都  ヽヽ
 [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) || 清掃局.  |  |
 ||_    _|_| ̄ ̄ ∪|.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
 lO|――|O゜.|____|.||.-――――┴―|
 |_∈口∋ ̄_l__l⌒l | | コ□ニ//l⌒lソ
   ̄ ̄`ー' ̄   `ー' ̄ `ー'   `ー'

936 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 12:08:25

、  |★スレを個人ブログやノート代わりに私用するのは禁止。
、  | 身勝手な妄想の垂れ流し連書は 荒らしです
、  |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | <粘着ジエン荒らし>にエサを与えないで下さい
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




937 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 12:56:02
コピペうざい

938 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/02(日) 14:28:39
>>934
ワロTAw

939 :吾輩は名無しである:2006/04/02(日) 21:44:54
え、それでいいの?「文士」クン。

940 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 00:37:06
 今晩は、蹴り背をまた読み夜桜や


というわけで深夜に御免の文士です。
わたやりさヽんの蹴りたい背中をちょっとひっぱり出してみたんですが、
思うに、
彼女の文章は安定感ある現代日本らしい麗文だというのでおもしろいんじゃないですかね。
教科書的な文章力がある。
 ぼくは蹴りたい背中が芥川賞とって競戯心を煽らなければ、未だ雌伏沈黙してたのは間違いありません。

彼女の処世と小説はcomtemporaryの仮想rivalとして注目していますよ。
僕はこわい人はこわくて嫌いだから、金原さんのほうはどうも敬遠しちゃいますけどねw
ピアスとか不良じゃないですかwおーこわこわ
おこわ

941 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 00:52:23
 分析

僕がかたくなに想像するに、
彼女はなるだけ早く経済的に安定したかったという私的生い立ちを抱えています。
それが原動力となってあんなに早く作品を続けて書けた。

 僕はインストールの文庫は買いましたが、あれはなんか軽薄なお話でちょっとまだ手が出ませんねw
なんすかふーぞくちゃっとって。よくしりませんが。
まぁそれはよいとして、くりとりすいじいじってどういういみなんですかね。難しいなぁ
 それが心機一転、蹴りたい背中ではわりかし穏やかな高校生のお話なんですね。
たぶん、一作目のほうは高校時代に書いたやつだから相当に不満がたまってて、
それでネットでちらほら見聞きしたことはなんでも知ってるふりして詰め込んで
想像力でまとめ、仕上がったものなんでしょう。
なんかそんな感じの地に足つかぬフワフワ感が「光一」の命名とかに感じられますからなw

二作目は早稲田での激変した生活のなかでノスタルジックに過ぎし日々懐古した話なんだと思います。
ひきこもりっぽいオタクの社会問題を嗅ぎつけて、たぶんかわいそうだと思ったんでしょうね
それでそういう男の子を、自分のちょっと理想まじりの分身みたいな
ハツという地味な主人公をぶつけ、思春期的関心を恋れんぼの情感にまで昇華したおはなしです。
 僕はこの作品はけっこういいと思う。
高橋源ちゃんみたいにほめちぎるのは彼女の未来によくないとおもうからしませんが、
少なくとも「出来のいい書き手なのだ」というのはこれを読めばわかります。文章が上手なんですよ。

つづく

942 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 01:12:18
 というわけで彼女はその作品で運よく芥川賞をとってしまう。
若い女好きで体制破壊好きな村上龍さんがめちゃ推ししたからねぇという風の歌は聞こえますがw
ま、とにかくこれで華々しくhitして、ものすごく売れた。
僕の想像ですが、彼女の私的な創作の理由はこれで大体は満たされたんじゃないでしょうか。
ベストセラーになるというのは平均サラリーマン収入くらいの印税を意味しますからね。
よかったよかった。

 そして虫に聞くところによれば、彼女はインドかどっかに友だちと旅行したらしいです。
そこで現地の男を買って宿に呼んだという現地の男からの証言のウワサが彼女のスレにはありましたがw
それはともかく……どうしてか、途上国に旅したわけです。よい経験です。
 そしてインストール文庫化のけっこう直前に、なんとか高まった期待に慰みを与えようと
ちょっと片手間仕事みたいに急いで『You can keep it!』という短編を書きます。
これで彼女の全作品は出揃ったわけですがw
 で、その短編はというと、早稲田大学の学生生活のムードを書き留めておきたかったというコメント
そのまんまの作品ですねw
まさにそれが中心で、がんばって男性視点に挑戦したのはわかりますが、なんかいまいち抜けきらない。
たぶん、やはり内的な「切羽詰まった抑圧」が消えてしまったからだろうとおもいます。
だから炭酸ぬけたびーるみたいな味になっちゃったw
けど
インド旅行直前のわくわくした期待感みたいなのと
「ほんとは男の子と行きたいな」という微妙な感じをうまく表現していて、
僕みたいなよく研究した共鳴者にとってはけっこうおもしろいですね。むかし
高校生のとき短期プログラムで行ったアメリカの少年が「あげるよ」って言ったのを覚えてて、
それをこないだの海外飛行のきもちに重ね合わせてある種の『おもいでぽろぽろ』を書いたんです。


つづく

943 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 01:25:57
179 名前:吾輩は名無しである 投稿日:2006/04/02(日) 21:21:16
鈴木とかいうコテハンはやたら言うことがでかいんですけど、凄い人なんですか?


944 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 01:31:20
 そういう風にみてくると、
どうやら彼女はかなり誠実で、しかも心根にすなおな作家なのだとわかります。
なにしろまったく作為がないw
おもいっきしふだん感じたままをわたくし小説ふうの標準的な枠に納めていきます。
 それが成功したのは彼女の「器量」があったからだと思いますねw
最初のdebutは河出らしく美少女高校生作家というおふれがきでしたから。
 もちろん器量ある誰もが同じことをして同じように成功するとは思えません。
運もあった、そして何より、文章への人一倍の想いがあった。

 文章の基本をしっかり抑えるうまさというのがどうしてちゃんと育まれたかしりませんが、
たぶん、彼女は文章が小さいころから好きだったんじゃないでしょうか。
弟がいるそうですが、なんでか、あまりに歳が離れてるのか知ら
たぶんあんましなかよく遊ぶような感じじゃなかったんじゃないのかなw
だから本のなかに慰めを見いだしていた。
彼女の小説に少女マンガのにおいがするのはそういう成育環境が影響しています。
 そして彼女は本をよく読むという習慣を身につけたおかげで、
わりと引っ込み思案で奥手で、その反面まわりに比べてかなり鋭い情感や少なからぬ知性を身につけた。
そういうわけで早稲田大学という場所を選んで進んでいったのかもしれません。
一芸推薦をうまく利用してw

 そこでつまんねー日を繰るうちに、やがて僕が2chの文壇barにいるのを見つけた。


つづく

945 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 02:18:22
 さてここで、凄いかどうか僕の小噺を少しさしはさみましょう。
 僕んちは田舎の中流でした。祖父祖母両親は大卒ですから、
あたりの家庭に比べれば多少は理に勝る部分があったでしょう。
それで女所帯という部分もあって僕は野山をかけめぐるよりは、
どちらかといえば大人しいテレビゲームが好きでした。
ドラクエに夢中になってましたね。おかげで今も近視なんですがw
 それで幼稚園になって、けっこう近所にいた土方のうちの、乱暴者のやつによくイジメられましたねw
思えば僕はそのころから学校が嫌いでしたwつよいやつが威張ってて、つまんないからです。
ドラクエの世界ではよわっちい勇者がだんだんと強くやさしく賢くなっていって、
やがて世界を救うすごいヒーローになります。
僕はその世界のものがたりのほうがつまらない暴れん坊のいる場所より好きでした。
 小学校低学年で『吾輩は猫である』をクラスの本棚からぬすみだして持ち帰って読み耽りました。
僕はおもしろいものがたりの世界が好きだったんです。
そして小四くらいから辺りに悲劇が始まりました。
 1人、今から思えば複雑な家庭事情を抱えていたんでしょうが、
非常に内面に問題があるやつと一緒のクラスになりました。そしてイジメあそびが始まったw
弱い奴を見つからないよう徹底にイジメて楽しむゲームです。先生には一回もみつかりませんでしたね。
すごく酷いことをやってたんですがwいちばん堪えるイジメは無視だというのも勉強しました。
僕は喧嘩するときはするし必ずしもひ弱ではありませんでしたから、対象というよりは番兵的位置でした。


つづく

946 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 02:29:19
 とにかくその経験が僕にとってはものすごく深い心の傷になりました。
なんか恥ずかしいから家族には言えず、毎晩お風呂で
こんな辛いことばかりの世界に生まれたことを怨み、死にたいとか死ぬ為にはどうしようとか
涙をお湯に混ぜてわからないように隠してずっと考えていました。
自殺を企画するほど精神的に追い詰められていたんですね。
 そのころ年度末の文集かなんかで、僕は最初の小説『麦わらぼうし』を書きましたw
無力な少年が海で溺れ、英雄的父親に救われて友だちにそれを自慢するというお話です。
僕は「英雄性」を救いとして求めていたわけです。
少年は悲劇に立ち向かうにはあまりにまだ幼さすぎたから。
 中学に入ってまた決定的事件がありました。
僕は授業中ガムをかんだわけです。
そしたら友だちのひとりがチクって、放課後呼び出しくらいました。
そこは拷問場でした。大量の先生に囲まれ、殴られ蹴られして謝った奴もいました。
僕は先生を尊敬しているし自分が悪いことをしたとは思わないから、シラをきりとおした。
黙って助かろうとしてる奴もいたから、僕は最初にチクったやつみたいに卑劣な真似はしないぞと思った。
そしたら先生は体罰では足りず、言葉の暴力で酷く傷つけました。
お前なんて人間の屑だ
とか、それはもう生まれて初めて言われたような口汚く罵られ、もの凄くショックでした。
 そのあと数ヶ月昼夜不安で放心状態でしたよ。
あれはふつうなら精神科にかからなくちゃならないような状態ですよね。
なんでもないのに怖くておそろしくて冷や汗が出るんですから。
 で、僕は人一倍おもしろい奴みたいに明るく振る舞うふりをしながら
他方ではますます深く心の闇に沈んで重苦しい考えに耽るという性格になりました。


つづく

947 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 02:45:12
 そういう心に闇を抱えたやつがふつうの高校生みたいなはなやかな青春に楽しめるはずないw
というわけで僕は敢えて男子校を選択した。地元の有名進学校でした。
 そしたら授業はエスカレーター式でつまらない、先生は受験の話しかしない、で飽き飽きしていた。
そこで美術の授業で絵を描いて、これはおもしろい、自由だと思った。
一生絵の世界の中に引きこもってればもう
下らない先生や暴力の馬鹿らしさには関わらないで済むと直感したわけです。
そして実際に僕は絵に没頭し、つまらない授業の間は教科書に隠して小説を読みふけるようになりました。
できるだけつまらない奴と関わらないように行き帰りの電車通学でも音楽を聞いていました。
 それでもなんか隣にあった女子校の女の子から付き合って欲しい、と言われ困っていると
別の友達の女の子から「お願い!試しでいいから付き合ってあげて」と説得されて付き合うことにした。
 けど孤独な求道者には女性は邪魔なんです。
僕は何度がデートした数ヶ月後くらいには重荷になって、彼女に別れて欲しいと言いました。
そしたら泣かれたから、僕はすまない気持ちで「もう中途半端な付き合いならば絶対しないぞ」と誓った。
 それから大学入試になったわけです。


つづく

948 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 03:03:51
 僕は親友が何人かいて、特に親しい1人はやはり同じ美術の道を選びました。
そして実技試験を通らなかったわけです。
僕には数時間という短い入試時間で油絵を描く経験が不足していました。
主に数ヶ月から一年かけて描いてたからです。しかし、デッサンには自信がありました。
それでも東京芸大の一次も通らなかった。僕はこのとき生まれて初めて「挫折」という経験をしました。
上京して泊まってた西武池袋線・椎名町近くの
ウイークリーマンションの絵の具の散らばる一室で、僕は某小学校のとき以来くらいにずっと泣いた。
 そして予備校に入ったのですけど、やはり独行でやってきたから周りの人たちとあまり話もせず
同じように浪人生になった親友くらいとたまに会って話をするくらいで、僕は孤独を守った。
 そして短い時間で描くのも慣れて再度入試になったのですが、その頃には僕の中は
「反体制」という志が生まれていました。
予備校や美術大学の教授達はみんな心性が堕落していたからです。権威を悪用して
無力な学生に酷い台詞を言いたい放題でした。こんな奴らにどうして仕えなければならない?
だから最初の入試官の権威主義的態度に反抗して自分から試験を降り、
僕はもう美術大学に入る気はなくしました。
 独学で勉強していましたから、既に絵画史をマスターし、様々な歴史的技法画法を独りきりで習い、
大学教授しかあまり読まないような難解な作家の芸術論文を読み耽ったりしていました。
だから僕は18歳の時点で抽象絵画の極地に到達し、造形美術の結論を悟っていたわけです。

 それから地元に帰ってみました。


つづく

949 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 03:17:02
 絵画と彫刻は結局、建築になります。
というわけで僕はつくるには国家資格がいる建築家を目指すことに決めた。
僕のおじいちゃんは建築士だったから家族も応援しだしたw
 それからは毎日毎日、あほみたいに勉強しまくった。
19歳と20歳の二年間はまるで気が狂った人みたいに勉強しかしませんでした。
そしたら科学や哲学の追究という志も次第に芽生えた。
この頃、ベンジャミン・フランクリンや福沢諭吉の自伝に出会って励まされた。
またレオナルド・ダ・ビンチの進んだ道筋に僕の生き方が近いと思うようになりました。
 僕んちは海が近いのですが、高校から読み漁ってきた村上春樹を真似しようとして
毎日海辺をワードロープして体も同時に鍛えることを始めた。
またそのときに、自然宇宙の素晴らしい美しさというものを学んだ。海辺では地球が丸いということ、
太陽系第三惑星に我々生命が産まれ暮らしてきたこと、月が潮汐を引き起こしていること、
限りなく打ち上げられる貝殻の一枚一枚には命があり、それは宇宙の吐息なのだということ
色んなことがよく体で分かる。僕は小学校の頃の小説に書いたくらい、
『海』を故郷の原型的イメージとして持っているのです。あらゆる地球の命がそうであるように。


まだつづく

950 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 03:29:00
 僕は独行独習だから、自分で考えてする自由な研究が楽しい。
すると受験テクニックを学ぶみたいな勉強はぜんぜん興味が湧かないw
色んな本を読み情報を調べ社会の情勢を観察すると、どうも
今や名門大学卒業したからって生涯安泰ではない。ならば受験のために受験勉強なんかしてられないw
 そうして僕は22歳のときに専門学校に入ってさっさと資格を取ってしまおうと思いました。
独学は既に5年以上続ける習慣ですし、教養ならそれで充分につく。というか、
たぶん僕はダビンチ的な学術家として大成しなければならないと思います。そのくらい勉強家だからです。
僕にとって勉強は、幼い子どものころから大好きだったゲームとまったく同じなんです。
よわっちいなんの能力もない主人公が、修行し、挫折し、また成長しながらやがて英雄勇者になっていく。

 さてやっと今の僕のところまでやってきましたw
本題に戻りましょうwわたやさんは最初に僕を一年くらい前に文壇barでみつけたわけです。
それはなぜか?


まだすこしつづく

951 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 03:46:19
 いわゆるどこにも依らない浪人であった地元に帰っていた時代の僕[19〜21歳の二年間]は、
はっきり言ってものすごく、ものすごーく孤独でしたねw
毎日、家族か海としか話さないわけだから当然です。そんなときに慰めとなったのが2chだった。
 まず僕は本格的に興味を抱き始めた哲学板で──実は
よく考えると小学生からの習慣である──思索に耽っていました。
うちには日本文学全集もいちおうあって、小説も色々読みましたから、
文章には文芸まがいの部分もあったんでしょう。文学論も考えてましたから、
そしたらたぶんはるきちさんだと思いますが、
僕をみつけて文学板まで引っ張って来たw
 その様子は僕のtripで検索かければ出てくる哲板最速ガイストなんちゃらに記録されている。
そして誰かがたててくれた数個のスレッドで文学論を色々考えて大体それが終わった。

文壇barがあったわけですwそこには美香さんがいまして、
「美香板」を検索すればわかりますが僕は、
ちょうど今の犬やコロ助とかがやってるみたいに日の日の合間甘えてあそんでたわけですw

わたや金原さんが芥川賞捕ったというのを僕はうちにたまたま置いてあった文藝春秋で見かけました。
毎日新聞で笑ってましたねw同年齢だというのは衝撃でしたが。
その頃は、僕は村上春樹を思春期ものすごく読み込んでましたから、
「なんじゃこんなの、ケッ」と思ってたねw
 僕が専門学校入ったか入らないかのころ、文壇barでLisaとかいう人が異様な誘いをかけてきたw
そこがたぶん、僕が文芸に本当に足を踏み入れた瞬間だったわけです。そして彼女のことを調べるにつれ
僕は「俺が負けてられるか」と闘志を燃やしだしてちゃんと書き始めたわけだから。


つづく

952 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 04:00:48
真性キチがい。
中身は大体想像つくけどね。
見苦しいぞ爺

953 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 04:04:02
 結局僕はそうして処女作を書き上げてしまったわけです。
ななさんという僕と同じくらい若い人もわたやさんのmajor debutに衝撃を受けたらしく、
たまに今でもわたやスレに出没しますが。ななさんより先に僕は短編を書きましたよw
まぁ
あの僕の文学理論と十代いっばいにわたる思索のこもる前衛が運よく新潮の人らに理解されたら、
の話ですがw


 というわけで結論を言えば、僕はわたやさんにはなんか共鳴するところもあるのですよ。
僕はものすごく辛いツライと思って悲劇や挫折の繰り返しを個性的に生きてきましたから、彼女みたいに
わりとサラッとデビューしてわりとふつうにすーっと出世した人の人生というのは
「僕が辿ることのなかった道」ということで、
同級生という前提を超えてなんだか身近に感じられるわけです。

僕が同時代では村上春樹の次に綿矢りさを好きな作家に挙げるゆえんですw


以上

あと僕はさっき書いたように、高校のときに女性を勝手に振ってからというもの
どうも軽い恋愛にはぜんぜん手が出ないわけですよ。途中で捨てたら相手がかわいそうだから。
 それなら最初から中途半端な恋愛はしない、と堅く決意しているんです。
だから──僕は現実で自分からは殆どまったく女性を求めないことで有名ですからw──
ストーカーなんかもってのほか、僕はあなたが求めない限り、自分からは何も要求すらしませんよ。
 そして僕は女性がかなしむ顔はみたくないから、
きちんと結婚して生涯連れ添う女性としか付き合いません。
そういう真面目な女性が運命よく現れなければ、終生独身で構わないと覚悟を決めていますw

954 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 04:04:46
俺の家は警察関係


955 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 04:07:22
警察はプライバシーという考え方はないところだから、旅行届に限らず認識しておいた方がいい。
それと、形式的には届出となっているが、実際は許可と同じ。
届出用紙に記入しないことまで根掘り葉掘り聞かれる。
それが、おかしいと思うのなら、この業界は最初から入らない方がいいぞ。


956 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 04:11:16
警察の手の込んだ嫌がらせは今に始まったことではない。

957 :鈴木大介 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 04:32:31
 まぁなんでもいいけど、
僕は文学というのは「作家と作品との関係」を時代の中で読み解くゲームだと思います。

だから村上春樹や綿矢りさを通して僕は文学し、人間という生き物を研究しているんです。
もちろんprivacyの必要以上の詮索はしません。
ただ一般世間に流れる噂のなかで可能な、ふつうの想像の範囲内で作品の背景を読み込むわけです。
そうして作家の生き方に共感し、人間への理解を深めていく。

 それはとても知的な営為で、そして凄いことです。
文学はだから素晴らしいんですよ。文明をつくる、役立つ仕事です。
学問のすすめが方法的に非難したのとは違い、『人間理解学』とでもいうべき実学なんです。
だから僕はがんばって文学をまなび続ける。

958 :おやすみ文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 04:37:23
 蹴りたい背中の再読から始まって、夢中で話してたらいつの間にか朝方になってしまいましたよw

今日はかなり大事な用があって出かけなければいけない予定なんすがw
じゃ

グナイ

959 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 06:02:01
この荒らしコテをアク禁にして欲しい

960 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 06:05:49
てかこの世界から出禁にしてほしい

961 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 06:12:52
死ぬまで地下牢に幽閉して欲しい
税金が勿体ないというなら銃殺して欲しい

962 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 08:49:45
だれが死体をかたずける?

963 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 09:49:35
狂牛病の牛を処分する超高温焼却炉で灰にするしかない

964 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 10:00:35

、  |★スレを個人ブログやノート代わりに私用するのは禁止。
、  | 身勝手な妄想の垂れ流し連書は 荒らしです
、  |
   |■反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです
   | <粘着ジエン荒らし>にエサを与えないで下さい
   |
   |●枯死するまで孤独に暴れさせておいて
   | ゴミが溜まったら削除が一番です
   |     。
   Λ Λ  /
  (,,゚Д゚)⊃ ジュウヨウ!
〜/U /
 U U  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



965 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 10:42:04
一度だけかまってやる。粘着AA自治厨の方が100万倍ウザいんだが。

☆センスのないアスキーアートを貼っての自治は禁止。
 身勝手なコピペ自治の垂れ流し連書は、荒らしです。

966 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 11:27:14
こんちわ


 最近時花(はや)りの『国家の品格』って知ってますか?
ハゲた数学者が書いたやつです。
 僕はあれは国民を文士道に導くという意味では良いと思いますが、
ただ資本経済の発展を否定して、社会主義まがいの《累進課税》制肯定を暗にしている点で
ものすごく社会悪だなぁと思いますね。
 あれで学閥と会社と官僚を崇拝してきたオヤジたちの大部分はコロッと騙され、
またますます平成幕府にカネが集まり汚賄に流すという内部不経済を生み出すでしょうなw
 国家のリーダーとして民衆のmoral tie(模範)となるような
『新たなサムライ』が必要とされている、というまではよいのですが、
如何せん数学者みたいな馬鹿真面目ちゃんは商売勘定に弱い訳だw
ますます〈金持ちを貧乏にして、貧乏を貧乏のままにする〉社会構造構築へ
あれでまるっきり洗脳されたオヤジらは突き進むでしょうよw

 いいですか?
イギリスを成熟病から救ったサッチャー女史は言っています。
『金持ちを貧乏にしても、貧乏を金持ちにすることはできないのです』
彼女は断固私有財産を肯定し、減税を図って瀕死に喘ぐ国家経済を回復しました。
それは国民生活を向上させ、或いはそれによる海外への投資つまり国際貢献も実現したのですよ。


 経済に疎いのは市民不平等にもとづいた賤貨思想を秘めた武士道最大の弱点です。
今や武士道の道徳律の大半は改良を迫られている。
それが分からない井の中のハゲは、地球諸国民から平和主義国家が尊敬を集めるには唯一、
「個人の大金持ち」をたくさん有する資本大国として海外の発展のために、
彼らが自ら身銭をきるしかないのです。

967 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 11:38:29
 我々の文士道はもはや、祖国愛(patriotism)をたんなる政治的団結だけで達成できる位置にはない。
なぜなら日本は事実上、地球一の経済大国だからだ。

つまり我々が勤勉で誠実で倹約だからこそ稼ぎ貯まったお金は、
貧困に喘ぐ南側からみやればまるでアメリカのごとく、《搾取したもの》に映るのだ。

 それを暗に知りながら軍国道徳の老廃武士道を賞賛し、
nationalism復活まがいの言説をふるうとは民の風上にも置けぬ不届き千万。

近代文明にありながら二度もの世界大戦を誘った経済の重要も知らぬ無知無恥無学なる似非官僚崇拝野郎、
お茶の水女子大教授の藤原正彦の輩は
安寧な国家国民生活の大本を揺るがす《国賊》として、文士一心において切り捨て批判御免する。


こんな貧相なハゲた馬鹿は数学の中にでも終生引きこもってやがれ!

968 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 12:11:10
 『文士の情け』はたんなる政府開発援助なぞではありません。
そんなものは極論、役人根性に染まった国のケガれた排泄物にすぎない、とすら言える。

勧善懲悪の源は、文士道の正義感にあり、
それが今日目指すのは南側諸国への私有財産の自主的直接恵与にあります。

いいですか?
会社の経費でおごったくせに俺様は国家の品格だ!なんてエバって傲(おご)るバカ上司と、
場末の飲み屋に後輩を連れていって悩みや不満の話をよく聞いてくれ、
大丈夫、がんばれと励ましたあとさりげなくポンと身銭切って奢ってくれた神様のような先輩とでは、
果たしてどちらがより尊敬に近いでしょうね?

僕は圧倒的に後者の先輩ですねw
奴隷役人まがいのハゲ上司のみじめったらしい姿なんかとでもじゃないか憧れられませんw


というわけで
僕は消費税増税肯定の代わりに、私有財産の格差を否定するあらゆる税制を批判します。
いいですか?
金持ちから死ぬほどがんばって働いたカネをばっさり国家が盗み捕って、
ぜーんぜん向上心も、世界のために稼いでやるぞという気合いも、
それどころか学ぶ気も働く気もまったくない腑抜けこしぬけヒモ野郎に
山ほどその血と汗の染み込んだ諭吉さんの束をポイッと放り投げてやることの一体ドコがそく隠つまり
『忍びない心』なんですかねwww

僕はお茶の水女子大なんていう世界一流至極のスーパー大大学をいやしくも男児
おこがましくも卒業できていませんから、全然無知にしてわからないんでしょうけど。
まことに忍びない。すまんすまん。




969 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 12:15:24
 というわけで
僕は国内の国家社会主義路線には断固反対です。

むしろ独立報国、人類忠信、文士の情けを誘って世界の貧困を救うための
1.国内自由競戯市場の開放の促進
および
2.学閥ならぬ頑張る能力に基づいた所得格差の積極的肯定
を支持致します。

 果たしてそれが低迷して平成不況を抜け出してやっと活気づいた
資本民主国家の品格を落とす羽目を招くでしょうか?
わたくしいやしくも一介文士、
それが平成幕府倒幕のあとに訪れる『理勇の義国』の幕開けに見えるのですが。

なぜなら余ったカネの使い道なんて、貧乏人への慈善くらいしか面白い道楽はないんですよ。

お茶の水女子大学閥主義におんぶの甘えん坊ちゃんにはよく分からない次元かもしれませんがwww

970 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 12:21:17
べつに鈴木君がとやかくいうまでもなく、
これからの日本は、所得格差が広がる一方だよ。

鈴木君の年収いくら?

ゼロ?

能力が足りないんでしょ。単純に。

971 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 12:25:31
やれやれ、だ。

972 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 12:27:53
自由競争の敗北者=鈴木

所得格差の低位者=鈴木

平成不況の元凶ニート=鈴木

973 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 12:30:17
自演オバサンやれやれ、だ。

974 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 12:32:39
まじめに汗水流して働く人を奴隷と馬鹿にする
野垂れ死に寸前の乞食=鈴木

975 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 12:34:12
独りでプロレス=鈴木

976 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 12:40:02
 もちろん努力に応じた所得格差は民衆にやる気を引き出すjapanese dreamの源泉として、
これからの独立義勇の日本社会の基本として、容認されて然りです。

但し、当たり前ですが
アリストテレスが数千年前によーく考えたみたいに、『中流が最多の国はいちばん豊か』です。
だって数人の大金持ちと1000000人の貧乏人の街では一揆が起こって当然ですからww

 僕は、『中道主義』という考え方を提案します。
中道というのは仏教用語で、苦行と享楽の極端を捨てた、まっすぐで素直な修行の道のことです。
これを日本国民のビジネス処世術として流行らせたい。
 なぜかというと、必死で階級闘争しなければみんな仲良しこよしなのは当たり前だからですwww

というわけで
今日争わなければならないのはもともと仲間である日本国民同士ではなく、
外国の超一級ビジネスマン達と、です。これから規制緩和で国内市場開放が進めば、
まず間違いなく外国人の拝金家が山ほど日本の街中にひそやかに流入してまいりますw
彼らは煩さな契約書のスキルやちょっと問題があるとすぐ起訴するという新しいglobalビジネス文化を
信義ひとつで通ってきた安心な日本ビジネス界へ持ち込むでしょう。
21世紀初頭、あと十年前後です。これを『第二の開国』と呼びます。
そのとき昔の士族みたいに、最初に落ちぶれるのは学閥主義者達ですw
なぜなら外国人はカネ儲けにくるから、学閥信仰なんか知ったこっちゃないから。
それで民衆からの崇拝を一心に集めてきた学閥エリートの大義名分は、平成幕府の内部瓦解に合わせ
それこそガラガラと音をたてて潰れるでしょうwああ楽しみだwwwかわいそうに。

977 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 12:47:56
うんうん
これから外国資本が参入してきたら、
鈴木みたいな低学歴ニートを
奴隷農場で搾取してくれるだろうね。

よかった! 真面目に勉強してて。
日本の伝統的終身雇用ばんざい!

978 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 12:58:16
ここまで来ると、嗤うこともできないな。
哀れとしかいいようがないが、その言葉さえ、彼には通じないんだろうな。
でも、一つ言っておこう。春樹と綿谷が鈴木の文学の根っこらしいが、それ
こそ「世間知らず」。そう言うと、世間なんか知ってどうすると言うんだろう
が、「世間知らず」ってことはとっても恥ずかしいこと、みっともないこと
なんだぜ。
綿谷が同年で賞とって衝撃受けたらしいが、19で「一千一秒物語」でデビュー
したタルホ入道は、三島が選考委員やってた「日本文学大賞」の第一回で賞を
もらうまで乞食をしてたんだよ。そのとき御歳70歳。
ガキはガキらしく、その辺這いずりまわって、女を漁って、見つからなきゃ
オナニーでもしてろ。

979 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 12:58:23
 さてそこで大慌てww藁をもつかみたい経営陣にとって救いの手となるものを日本文士の情け、
お教えしましょう。

アメリカの金融界を牛耳っているのはユダヤ教を根底に持つユダヤ人たちです。
彼らはご存知のとおり、
ローマ治世以降ヨーロッパでは散々イジメられたすごーくすごくかわいそうな人らです。
弱い者イジメをする奴は勇気をもってやっつけなければいけません。これを正義と言います。
 さてユダヤ人はそのうち何とか被害から自分たちを守ろうと、知能を発達させました。
世界規模の民族比較IQテストでいつもトップを取るのはユダヤ人です。彼らは努力の勉強家なのです。

 というわけで
日本にたくさん流れてくる外国人の中で、
人の良さそうな信頼のおけるユダヤ人を、徹底的に養護して重役に即断起用することを
日本を心底憂う文士として拙者はおすすめ申しあげます。
これを名づけて『お人好しユダヤ人を愛するの大義』とします。

 世界中でイジメられてばかりの優等生、ユダヤ人を、
たとえあらゆる非人どもに非難されたとしても何としても
義理の上、日本国民だけは是非とも大切にしてあげなければなりません。
 そうすれば日本人は、なんともかわいそうだけれどその反面
凄く頭のいいユダヤ人たちから未来文明へ向けて大いに学ぶことがあるでしょう。

980 :カーチス・ウィルバー:2006/04/03(月) 13:03:40
神様、フランスでデモる学生に鈴木と牛スレが踏み潰されますように。

981 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:09:14
うんうん
頭のよいユダヤ人を登用して国造りをさせたらいいね。
地上の楽園、南アフリカの誕生だ(笑)

やっぱり大学も行けない馬鹿は歴史を知らないね。

さて、鈴木君たち低学歴ニートには
新生日本のダイヤモンド鉱山代わりに
外資ユニクロ工場で働いてもらいましょうか。

982 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 13:12:51
>>978
 もちろんそれはcomtemporaryに限定したお話ですよ。まさか彼らが神と女神じゃあるまいしwww

僕が愛する古典作家はシェークスピアと清少納言です。
前者からは簡潔でdqamaticな物語を、後者からはみやびやかで風流な随想を、習いました。

それに僕が今までで最も感心した文学は、他ならぬ日本の聖書『古事記』です。
そこには自由自在な神話の面白さや、ジャンル分けに囚われない悠久雄飛なスタイルがあります。
僕は古事記から多くを習いましたし、また、
まだまだそこから汲み上げられる金脈があると感じています。


 それに僕が本当に尊敬し制作の参考にしているのは文学者の作文ではなく、
ミュージシャンたちが書く新しい試みが為された『歌詞』のほうです。
特に、スーパーカー、YUKI、
そしてミスチルやBUMP OF CHICKEN、
あるいは小沢健二や宇多田ヒカルなどに僕は強い影響を受けています。
そこからは既成概念に囚われないコトバあそびの独創性を習いました。

983 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:17:18
WASPのような白人貴族に対抗するために、
学歴と資本力でのしあがってきたのがユダヤ人。
低学歴をみる目は厳しいよ。 資本力があれば話は別だが。

984 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:19:59
鈴木、またかよ、勝手に自分ひとりで話を逸らすな。
そんなことやってるから、病院はいれとか言われちゃうんだ。
しかし、お前の音楽の知識も底が浅いな。
せめてDylanくらい持ち出せ。あ、お前のレヴェルじゃ無理か。
もうすぐ1000だぜ。今日はあの臭い田舎芝居みたいな「方言野朗」
は登場しないのかな?

985 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:22:02
また鈴木の敗北か。
恒例だねー

986 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:22:23
みんな働いている時間。鱸以外は。

987 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 13:23:57
>>982
dqamatic→dramatic
>>981
 ユダヤ人を国政の中枢にガンガン組み入れろ、なんて一言もいってません。
そんな恐ろしいことをしたら日本は一世紀で潰れるwww
もちろん彼らのうち日本に魅せられた憂国の士が、国籍をちゃんと獲得帰化したら
将来的には場合によっては考えないことはありませんけどね。
けど概してユダヤ人は政治の経験が不足しています。

 僕はビジネス分野に限定して、彼らを『お雇い経営者』として盛り上げよう!
と曰っているわけですがw
だって明らかにユダヤ人より金融業に深い造詣をもつ歴史的民族は古今東西ありませんからね。

日本が国内外間に市場均衡を取り戻す、規制緩和の維新退転から十年前後の辛抱策です。
実際、セコくない、お人好しのユダヤ人だったらいつまでだって日本に住んでくれていいんですけどねw
日本いいとこ一度はおいで!

988 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:27:15
>僕はビジネス分野に限定して、彼らを『お雇い経営者』として盛り上げよう!
>と曰っているわけですがw

だ・か・ら

それが南アなんだが。



鈴木は中学からやり直せ

989 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:28:17
また影踏み勝利宣言か。陰険だねえ。

990 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:28:51
鈴木は底なしの白痴だな。

大学どころか、高校も行けなかったんじゃないの?

991 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:29:51
彼を受け入れる中学なんてあるのか。
あれば知りたいが。

992 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:31:34
普通科はムリ

なかよし学級だろ

993 :無名文士 ◆m0yPyqc5MQ :2006/04/03(月) 13:32:49
>>983
 ええそうでしょうともぞwまさに計画どおりです。

日本はその流れを利用して地球一の高学歴国家になるのは間違いありませんw
まず人民のほぼ全員が学部卒の国なんかどこにもないwww

しかもユダヤ人の学歴主義習慣のおかげで日本の名門肩書きに偏った学閥主義は是正され、
きちんとした大学間の教授引き抜き競戯など、研究・教育分野での改新も推進されていきます。
よいことじゃw
 22世紀には、日本人の半数以上が博士である社会も夢ではありません。


がんばれにっぽん!ジャイアンアメリカに負けず地球を救え!

994 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:36:19
鈴木、次の名前はもう決まってんのか。
「文士」は全然よくなかったな。
いくらセンスのないオマエでもそれくらいは気がついたろう?

995 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:37:18
そこのユダヤ人さん
鈴木をユニクロ縫製工場に雇用してあげて下さい(笑)

彼は救いを求めているのですよ

996 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:39:22
おや?腐ったイラストはどうした?
働いてんのか。
鈴木君も見習え。たしか美術が得意だってカムアウトしてたジャン。
少しは芸を見せろ。

997 :鈴木工員:2006/04/03(月) 13:39:43
がんばれにっぽん!ジャイアンアメリカに負けず地球を救え!

りさ結婚してー

998 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:41:27
鈴木、綿谷が他でやられてるぞ。
「文士」なら助けてやれよ。
ロードワークで鍛えてたんだろう?

999 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:41:28

次スレ

牛の涎の如く雑談を垂れ流すが好い 37
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1144038838/l50


1000 :吾輩は名無しである:2006/04/03(月) 13:42:08
次スレ

牛の涎の如く雑談を垂れ流すが好い 37
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1144038838/l50

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

434 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)