5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【過ぎ去りし】組織と個人【テーマ?】

1 :ひきもこり:2006/05/02(火) 10:32:39
組織と個人の関係を主題にした小説ってなにがある?

古典でもいいけど、できれば現代にも通じるものがいいな。

2 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 10:49:48
ないね。全くない。断言できるよ。
古典にもないし、現代に通じるものもない。

3 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 10:52:54
うん、俺もみたことないね。
誰も書いたことのないテーマだと思うよ。

4 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 10:54:10
小説よりも映画向きの題材かな?

開高健の「巨人と玩具」は、会社人間の末路、
みたいなラストだったような

5 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 10:57:51
クッツェーの「夷狄を待ちながら」は近い気が


6 :吾輩は名無しである:2006/05/02(火) 11:17:55
ずいぶん古典的な主題だな
ハックスリイの「素晴らしい新世界」なんかはどうだろう?

7 :吾輩は名無しである:2006/05/05(金) 06:30:50
宇宙商人/ポール&コーンブルース/早川文庫

広告代理店が世界を支配するっつー設定のSF。

8 :吾輩は名無しである:2006/05/10(水) 22:45:41
やはり野村克也が日本の第一人者だなこの分野では

9 :吾輩は名無しである:2006/05/11(木) 01:13:09
>>1まさしく黒井千次

10 :吾輩は名無しである:2006/05/11(木) 01:25:47
「食卓のない家」があるよ。柄谷がよく持ち出す小説だけど。
組織の中の個人の主体性に関する問題ならこれしかないんじゃないの?
戦後の文学でそれを描いたのはこの小説だけだって言ってた気がする。

一般的な日本人の感覚だと、そんなものは放棄してナンボだからねえw
問題にすらならない。むしろいかに「美しく」放棄するかってのが関心事でしょ。
忠臣蔵みたいな話はたくさんあるもんね。

11 :吾輩は名無しである:2006/05/11(木) 02:36:18
>>1は古いって言ってるけど
たしかに、日本では、あんまり無いな。
日本には「集団」はあるけど「組織」は無い?

娯楽系なら、横山秀夫はそれっぽい

12 :吾輩は名無しである:2006/05/11(木) 02:56:50
どうして日本に組織がないの?
日本的組織は強いよ。資源がなくても世界と戦えるレベルの強さ。

13 :吾輩は名無しである:2006/05/11(木) 05:01:40
いちおう自立した個人が組み合わさって出来る有機的な集合体を
「組織」と呼ぶとすると
日本は、そういう感じじゃないってことでしょ

14 :吾輩は名無しである:2006/05/11(木) 06:25:39
まさか自分語で喋ってるとは思わなかった。ごめんね。

15 :吾輩は名無しである:2006/05/11(木) 21:13:07
君の知ってる日本語を使わなかった僕のほうこそ

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)