5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

三島由紀夫Part15

973 :吾輩は名無しである:2006/10/12(木) 03:54:16
三島由紀夫の早稲田での講演をカセットで聴いていても、変なことを言っている
わけでは無い。非常に常識的な、育ちの良い優等生の言いそうな内容なんだ。
それで、何が三島由紀夫を異常な作家として把握してしまうのか、というと肉体
的な弱さですね。虚弱体質で子供の頃から苦労している。その肉体への引け目が
ボディ・ビルや柔道、剣道、その上、自衛隊への体験とエスカレートしていって
最後には楯の会へと繋がっているわけですが、死に方こそ無残だが、生涯の閉じ方
に異様に拘ったのは三島由紀夫にとっての理想、ということなんだろうが、我々
凡人には理解できないし、しても無駄なんだ。やはり、病気だったんだろう。
病気だと教えてやる人間が傍にいれば死なずに済んだ訳で、それは川端康成なんだが、
事件としての異様さは無かったな。ガス管を銜えての自殺なんで、危険な死に方なんだ。
危険さから言えば三島以上です。マンションへの迷惑とかね。三島は死に方さえ
派手でなければ静かな死をもって生涯を閉じられたわけなんです。惜しまれて死ぬ、
というのが出来ない人だったんだろうが、良く分からない。

216 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)