5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

北杜夫@文学板

1 :吾輩は名無しである:2006/07/09(日) 21:51:51

前スレ/どくとるマンボウ 北杜夫はいま・・・
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1011515428/


過去スレ・関連スレ集

北杜夫について
http://makimo.to/2ch/log2_book/941/941985065.html

どくとるマンボウこと北杜夫
http://makimo.to/2ch/mentai_book/972/972933622.html

どくとるマンボウ(北杜夫)スレでも・・・
http://makimo.to/2ch/mentai_book/988/988473759.html

北杜夫氏について語ろう
http://makimo.to/2ch/book_books/998/998374317.html

[躁] 北杜夫が好きな人 [鬱]
http://makimo.to/2ch/etc_mental/1056/1056516752.html

【たわごとを】北杜夫氏を語ろう2【感じることさ】 / 一般書籍
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1067844199/

北杜夫 / 心理学
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1146899770/


2 :吾輩は名無しである:2006/07/09(日) 22:25:03
222222にだにだにだニダニダニダやったやったやったー!!!!!!!!

3 :吾輩は名無しである:2006/07/10(月) 22:21:49
少年

4 :吾輩は名無しである:2006/07/11(火) 20:23:16
幽霊は良かった。

5 :吾輩は名無しである:2006/07/12(水) 05:35:04
三島に手紙貰ったのって、楡家でだったっけ?

6 :吾輩は名無しである:2006/07/12(水) 09:22:15
「桃子はなんと愛らしい少女でしょう」とかいう内容だったとか
それが初めての手紙かどうか忘れたが・・・

7 :吾輩は名無しである:2006/07/13(木) 19:32:52
あーそれです、それ。

8 :吾輩は名無しである:2006/07/13(木) 22:50:19
軍事板wの阿川弘之スレより

42 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2005/04/21(木) 19:12:37 ID:???
サントリーに勤務している斉藤由香さんが幼少のころ友達のサワコちゃんの家に遊びに逝っとき
激しい尿意をもよおしたのでサワコちゃんの家の庭でオシッコをしたら着物を着て頭がボサボサなタラコクチビルの
ジジイが出てきて怒られたそうだ。泣いて帰ったら精神科医の由香さんのお父さんが「海軍くずれの分際で!」と
激怒してサワコちゃんのお父さんとブン殴りあいの大ゲンカをしたそうだ。

ちなみに斉藤由香さんはエッセイストである。サワコちゃんは阿川佐和子。タラコクチビルのオヤジが阿川弘之で、
そのオヤジとタイマン張った精神科医が北杜夫さんである。以上、斉藤由香さんのエッセイより。


9 :吾輩は名無しである:2006/07/13(木) 22:58:58
嘘だろう。「旅」に書いてあった記事に家の前で小便していたとか。
おまけに佐和子さんは由香さんよりも遥かに年長である。
また、阿川氏は北さんの親友である。

10 :吾輩は名無しである:2006/07/14(金) 01:04:51
>>9
真偽はともかく、親友ならケンカしないってのが小僧だな。

11 :吾輩は名無しである:2006/07/14(金) 01:12:51
嘘だ、ならともかく、嘘だろう、じゃなあ。
調べてみるよ。

12 :吾輩は名無しである:2006/07/14(金) 20:44:26
>>10>>11実は二人の対談集が出ていて、「酔生夢死か、起死回生か」という本が、
新潮社から出版されています。2002年1月25日発行とある。
帯には「阿川さんが茂吉の名歌を朗誦すれば、ウツで腰痛の北さんもドリンク剤と、
ビール片手に熱弁を振う。「これが最後の対談」といいながら、二人の話は今宵も、又……。」
まだ、文庫になっていないから二人の対話は若い人は読んでいないだらう。
調べるまでもないよ。

13 :吾輩は名無しである:2006/07/15(土) 19:13:38
あ、ちょうどそれ来月文庫になるよ。
ttp://www.taiyosha.co.jp/bunko/bunko0608_cyo1.html
より、

14 :吾輩は名無しである:2006/07/19(水) 16:16:10
このスレには6人のマンボウがおられます

15 :吾輩は名無しである:2006/07/19(水) 16:18:11
>>12-13
お、おもしろそうす! 買う

16 :吾輩は名無しである:2006/07/19(水) 20:43:55
面白いよ。買って得したと思ったから。

17 :吾輩は名無しである:2006/07/20(木) 01:13:37
関連スレにこれも追加

どくとるまんぼう昆虫記
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/wild/1000391697/

18 :吾輩は名無しである:2006/07/21(金) 20:25:55
僕は「どくとるマンボウ青春期」を面白く読んだ。

19 :吾輩は名無しである:2006/07/25(火) 01:25:59
hoshu

20 :吾輩は名無しである:2006/07/26(水) 10:49:08
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%9C%E5%A4%AB

21 :吾輩は名無しである:2006/07/26(水) 22:50:24
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%82%AA%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%83%8A

22 :吾輩は名無しである:2006/08/09(水) 16:56:12
高校の頃少年を読んで感銘を受けたな。
今は絶版だけれども。

23 :吾輩は名無しである:2006/08/09(水) 19:53:14
北さんの文庫が書店から姿を消してしまったのは、中央公論新社や新潮社の
ものが多いですね。読者が高年齢化したことによるのだろうが、私は中央公論の文庫は
大抵揃えておいたので今でも読めるけれども。寂しいね。

24 :吾輩は名無しである:2006/08/24(木) 19:25:07

読み返す程の内容じゃないだろww


25 :吾輩は名無しである:2006/08/25(金) 17:10:41
>>24
dat落ち防止&スレ活性化乙

26 :吾輩は名無しである:2006/08/29(火) 18:52:05
>>24読み返す価値はありますよ。じゃ。

27 :吾輩は名無しである:2006/08/29(火) 22:01:35
少年絶版かよ、別にいいけど。

28 :吾輩は名無しである:2006/09/01(金) 00:18:03
|  >>24を迎えにきますた
\     
   ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ┌┬┬┬┐
    ―――┴┴┴┴┴―――――、
   /.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| || ̄ ̄ ̄||| ̄ ||
  /.    ∧// ∧ ∧| ||      |||   ||
 [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) ||___|||   ||
 ||_. *  _|_| ̄ ̄ ∪|.|.       |ヽ. _||
 lO|o―o|O゜.| 赤光会|.|斉藤病院   ||
 | ∈口∋ ̄_l__l⌒l_|_____|_l⌒l_||
   ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'   `ー'



29 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 13:45:26
ファンには申し訳ないけど、この人の文章は「端正すぎて」苦手。
まあ膨大な著作のある人だから、なかには適度に「破調」のある作品もあるんだろうけど。

30 :吾輩は名無しである:2006/09/04(月) 17:40:56
うつ病の人は
しゃべりが奇妙な感じのスローテンポで
顔がややふやけて、しかも表情が固まっている。
テレビでしゃべっている姿などを見ると
かなり痛ましい感じだ。


例)
中島らも
北杜夫
高島忠夫


31 :吾輩は名無しである:2006/09/07(木) 11:01:43
辻邦生もそうだけど、どうもドイツ文学の影響の強い作家は苦手。
(辻はマンの文章を研究しているくらいなので入れてもいい)

32 :吾輩は名無しである:2006/09/07(木) 11:38:18
マンを読み始めたキッカケがこの人death

33 :吾輩は名無しである:2006/09/07(木) 17:54:40
漏れもこの人の作品を読んだおかげでドイツ文学(マンも含む)が読めるようになった。
幽霊読んだ後にヘッセを読むと違和感なくスムーズに読める。

34 :吾輩は名無しである:2006/09/07(木) 18:01:51
まあ「ドイツ文学的なもの」を知る上では役に立つ人なんだろうな。

35 :吾輩は名無しである:2006/09/08(金) 06:15:33
そうなんだ。北さんはトーマス・マンを師とあおいでるくらいです。
「楡家の人びと」は「ブッテンブローク家」を下敷きにして書いたそうだから。
でも、マンの晦渋な文体よりも楡家は遥かに読みやすい。楡家は文庫で買いなおしたくらいです。
昔の版よりも文字が大きくなったのでね。

36 :吾輩は名無しである:2006/09/08(金) 06:19:20
是非、読んで欲しいのは「トニオ・クレエゲル」です。これは岩波文庫の実吉訳で是非、読んで欲しい。
そうすると、何故それほど北さんがトーマス・マンに拘るのか分かるから。
原点だそうです。北文学の。

37 :吾輩は名無しである:2006/09/08(金) 17:48:27
岩波のブッデンブローク家の訳者(望月市恵)は
北杜夫が松高生の時の先生なんだよな。
何から何まで繋がってんだな。

38 :吾輩は名無しである:2006/09/10(日) 03:56:07
そうだよ。モチさんと呼んでいたくらいに仲が良かった。岩波文庫では北杜夫こと斎藤壮吉さんへ感謝することなど、書いてある。
師が翻訳するほどに熱中させた北杜夫は凄い。あ〜あ、俺も天才ならなあ。
>>37の言う松高の話は「どくとるマンボウ青春期」に詳しいから読んでみてよ。
私の愛読書でもあったのでね。旧制高校は楽しかったらしいよ。

39 :吾輩は名無しである:2006/09/11(月) 23:10:36
「ドイツ」、「学校」
と入力されると、
「11月のギムナジウム」
が出力される俺様の脳みそ。
最高。

40 :吾輩は名無しである:2006/09/12(火) 04:03:13
萩尾望都でしょ。私も好きですよ。最近、「ウは宇宙船のウ」を買いなおしました。
どちらかと言えば、私はヘッセの「車輪の下」を思い浮かべるが。
話は変わるけど、北さん、躁鬱病の薬飲んでいるかな?最近疑問なんだけど。


41 :吾輩は名無しである:2006/09/16(土) 12:03:29
>>38
青春期は面白かったよね
戦後の青春って凄い憧れる
戦後だけ(笑)を体験できるんだとしたら間違いなく戦後の青春がいい
不謹慎だけど戦争と戦後は文学にとって重要だし

42 :吾輩は名無しである:2006/09/17(日) 04:13:28
間違えた。「ブッデンブローク家の人びと」のあとがきだったよ。
この訳が生まれたのは、斎藤宗吉さん(北杜夫さん)、岩波書店の永見洋さん、松村秀一さん
はじめみなさまの御厚意によるものである。ここで改めて深く御礼を申し上げたい。
と書いてある。

43 :吾輩は名無しである:2006/09/23(土) 18:25:27
辻邦生スレで「辻の文章の魅力は細部を逃さない緻密な文章」って喝破されたけど、
北の文章もそうなんだろうな。

44 :吾輩は名無しである:2006/09/23(土) 19:05:13
北さんの文章にはユーモアが非常に目立つ。辻邦生には神がかり的な雰囲気がある。
辻邦生がトーマス・マンなら北さんはゲーテに近いんだろうな。
病名も同じ躁鬱病だし。辻さんの文章は非常に緻密な文章で成立している。

45 :吾輩は名無しである:2006/09/25(月) 07:47:31
まあそうなんだろうけど、北の文章も配置とかかなり気を使っていると思う。
気を使いすぎててオレなんかは読むのが少しつらいのだが...

46 :吾輩は名無しである:2006/10/10(火) 19:19:41
>>44
こいつ珍しいぐらいの馬鹿だなw


47 :吾輩は名無しである:2006/10/10(火) 19:41:44
>>46 そうけ? どのあたりが?

48 :吾輩は名無しである:2006/10/10(火) 20:29:03
>>46どの辺が馬鹿なんだろうか?分からないな。

49 :吾輩は名無しである:2006/10/11(水) 21:41:33
>>48>>47>>44
こいつら 珍しいぐらいの馬鹿だなw


50 :吾輩は名無しである:2006/10/11(水) 21:42:55
ear eat

51 :吾輩は名無しである:2006/10/12(木) 04:14:28
馬鹿だな、と言われても腹が立たないよ。ホントに馬鹿だと言われ続けているし、
近所でも本当に馬鹿だと何度か言われていたし。気にはしないが、>>49は傷つく
んだろうな。自分が恐れているからだ。その反動が馬鹿、馬鹿の繰り返しに
なっているのを知らない。私は「馬鹿」と言う方が「馬鹿」なんです、という
言葉を或る人から教わって以来、馬鹿という言葉に過剰反応を示さなくなった。
何を言っているのか、具体性が無い。読んでいない証拠だな。>>49よ、ちゃんと
北杜夫の本を読んでいるのか?もっと読んでから他人を批判して欲しい。お前が
馬鹿、だということだ。忘れるな。

52 :吾輩は名無しである:2006/10/14(土) 22:25:39

お前「馬鹿」なんだから、ちゃんと本は読めないだろww


53 :南杜夫:2006/10/15(日) 17:49:21
「楡家の人びと」読み中。
すごく面白いけど、ブッテンブローグに引っ張られすぎW
登場人物が、この人はこの人で・・とブッテンブローグの
作中人物に重ねてイメージできる。
まあ、マンにインスパイアされてるのはわかるけどさぁ。

54 :吾輩は名無しである:2006/10/15(日) 18:35:40
>>51
激しく同意。
漏れが忘れられないのは、
東北で週刊新聞『たいまつ』を発行し続けた気骨のジャーナリストむのたけじの言葉。

「ひとを馬鹿にするな」  「若さを誇るな」


「ひとを馬鹿にするな」 ・…馬鹿にする方が馬鹿なんだよ。ほんとに。
「若さを誇るな」…必ず老いるから誇るべきものを自分の内に確立することが先。




55 :吾輩は名無しである:2006/10/15(日) 20:29:49
他人よりも優越的な地位にいたいとか、老いて死に近づくのはいやだとかいう事は、
人間の本性なのだから、ひとを馬鹿にするな、若さを誇るな、などとほざく方に無理がある。
むのたけじは、偽善者。

56 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 09:30:26
本能を持ち出すっていうのはどうなんだろうね
論理のすり替えという気がしないでもない
そんなこと言い出したら偽善の一つもしたくなるのが人間の本性、とか
切り返すことだって許されてしまうわけで。

57 :吾輩は名無しである:2006/10/16(月) 09:33:37
政治の不正を追求して
「そうは言っても目の前に金があれば、掠め取りたくなるのが人間の本性でしょう」
なんて切り替えすのと一緒だし

58 :吾輩は名無しである:2006/10/18(水) 04:51:40
人を馬鹿にするな、というのと若さを誇るな、というのは私も青春期に経験が
あります。私はそれで良いと思うのですが、いずれ年齢が上がると自然消滅
します。あなたが思うほど若さは長くは無い。そして、あなた自身も若い頃
の失敗を恥ずかしく思うことがあるだろう。人間は愚かなものだ。

59 :吾輩は名無しである:2006/10/21(土) 22:11:23
>>51
珍しいぐらいの大馬鹿w

60 :吾輩は名無しである:2006/10/23(月) 04:01:00
そうです。私は大馬鹿です。それで何でしょうか?ご用件は。

61 :吾輩は名無しである:2006/11/10(金) 19:33:57
>>60
バーキャ、ロー!

62 :吾輩は名無しである:2006/11/11(土) 11:22:08
>>61
何を言いたいのかね。チミは。

63 :吾輩は名無しである:2006/11/14(火) 21:33:22
>>62
消耗すんな! バーキャロー!!

64 :吾輩は名無しである:2006/11/15(水) 15:14:37
>>63
はいはい。だから何を言いたいのかね。諸君。

65 :吾輩は名無しである:2006/11/15(水) 21:40:25
>>64
バーキャロー! バーキャ、ロー!!

まだ汽車は松本駅を発車しない・・・ (´・ω・`)

66 :吾輩は名無しである:2006/11/15(水) 22:37:45
>>65
はいはい、分かりましたよ。要するにチミは田舎者なんだね。

67 :吾輩は名無しである:2006/11/16(木) 01:26:55
おれはパトス氏を尊敬しているから
60や62や64はうらやましいぐらいなんだがなぁ

68 :吾輩は名無しである:2006/11/16(木) 05:20:30
まぁ、北杜夫好きが集まれば多少荒れても仕方ないね



69 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 16:17:04
エッセイストの斎藤茂太氏死去 北杜夫氏の実兄

http://www.sankei.co.jp/news/061121/bun004.htm
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1164092373/l50

70 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 17:21:59
>69
はやっ 先を越された・・・  逝きます

71 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 19:11:29
僕はもうすぐ死にますって言ってからもう30年ぐらい経つな
斉藤家は長寿なんじゃね?

72 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 19:20:54
NHKでやってた


73 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 20:05:53
とりあえず北さんの生存は確認できた

モタさんに謹んで哀悼の意を表します。

74 :吾輩は名無しである:2006/11/21(火) 22:37:40
モタさんは「羽田に航空博物館ができるまでは死ねない」と言ってたらしいが。
これから羽田空港の片隅には、成仏できないモタさんの幽霊が夜な夜な現れるんじゃなかろうか。

75 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 22:28:27

痴呆の幽霊w



76 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 20:42:23
兄弟揃って、ボケ老人かwwwww



77 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 23:20:18
>>73
北は20年前から脳死状態ですだ。


78 :吾輩は名無しである:2006/12/18(月) 20:38:49
生ける屍。

79 :吾輩は名無しである:2006/12/18(月) 22:48:51
それはモチさん

80 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 23:12:53
娘はボケ老人ネタで小金稼いでるわけかwww



81 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 00:18:25
それが何か?小金もないカスめが

82 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 18:42:31

痴呆をダシにして小金を稼ぐのは薄汚いだろ! カス馬鹿めがw


83 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 23:21:03
>>81
小金もない薄汚いカス


84 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 10:53:50
おはよう、もりお。

85 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 22:13:47
そうきちと読んでくれ給え。

86 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 23:02:28
底の浅いお坊ちゃんのお話は廃れるのも異常に早かったw



87 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 03:30:49
北 杜二夫(トニオ)だったんだってな。もとのペンネームは。

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)