5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

2人倒れた拍子に彼女の唇が目の前に

1 :吾輩は名無しである:2006/08/16(水) 22:17:48
海岸をかける2人のカプル。はしゃぎながら嬌声をあげ、彼女がふと
つまづいて転ぶ。その上にかぶさるオレ。ドサっと崩れ落ちた次の
瞬間、顔と顔がわずか数センチの幅に。唇が触れる。オレと彼女はゆっくり
瞳を閉じる。わずかな静寂。波音だけが2人を包む。夕日をバックに
2人の陰影が黄金色の波打ち際に黒く映える。

18 :吾輩は名無しである:2006/08/18(金) 15:19:39
どこのホテルっていってもな〜。オレはキーをまわし、海を一瞥して車をだす。
本当に、これが最後だと願ってる。
彼女が「あの海に行きたい」と、いつか口にすることすら忘れる夏が、
そんな夏が本当にくるかどうかわからないが、オレたちは、いや彼女はいつも
「あいつ」の影を忘れられず、追い求め、当たり前のように「あの海に行きたい」と
いい、それが「あいつ」との再会を意味することすらも素知らぬ振りで
もはや習慣化した夏の行事、オレと彼女と「あいつ」の3人だけのその行事を
繰り返すためだけにこの海にくることがいつかなくなる日を待っている。


9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)