5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

≪ 交流スレ ≫ おたく板と文学板との交流

1 :吾輩は名無しである:2006/10/06(金) 19:02:24
http://anime.2ch.net/otaku/

※おたく板に文学を※

2 :吾輩は名無しである:2006/10/06(金) 19:15:06
    「文学板の皆様、身のほど知らずの>>1がとんだご迷惑をかけ
     申し訳ございません。連れ帰って
       おたく板の独房に閉じ込めますのでどうかお許しください」

   (-_- )-C< ゚д゚)Ξズルズル >>1



3 :吾輩は名無しである:2006/10/07(土) 12:36:28
≪ 交流スレ ≫ おたく板と文学板との交流
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/otaku/1160128824/


4 :吾輩は名無しである:2006/10/07(土) 13:42:04
おたく板なんて板があったこと自体しらんかった。

5 :吾輩は名無しである:2006/10/08(日) 15:41:44
>>4
文学板の方がマイナーだろ。おたく板

6 :吾輩は名無しである:2006/10/11(水) 09:07:00
答えを知ってて問いかけた
どうして私を捨てるのと うんこは小さく呟いた
うんこは最後に口づける 意地悪に身をからませて
肛門の『さよなら』と動いた唇に 『ありがとう』と微笑んだ
うんこは水面へ捨てられた 飛沫も届かぬその場所へ
うんこは崩れて沈みゆく
うんこの流した涙すら 深い底へと消えてゆく
遠く見上げた肛門に 叶わぬ願いを押し殺し
これでいいのと微笑んだ
肛門は最後の別れの口づけをためらいがちに拭いさり
その香りも温もりも忘れる様にと言い聞かす
白い紙にうんこの残した紅の跡 それは水面に投げられた
朽ち果てたうんこを覆い隠す様に
そんな悲しい結末を ちんこは静かに見つめてた
ふぐりの影から人知れず うなだれながら見守った
こんな別れを見るたびに ちんこは涙を流すのだ
やがて扉が閉ざされて 無情にうんこを連れさった
濁流にその身は脆くも崩れさり
うんこは別れを呟いた 届かないと知りながら
肛門は振り返らずに立ち去った 二度と会えぬと知りながら
うんこは闇へと消え去った 光の届かぬ世界へと


7 :吾輩は名無しである:2006/10/15(日) 21:39:11
>>242にょは


8 :弧高の鬼才:2006/10/15(日) 23:10:19
文学はマイナーじゃねえ空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)