5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

松本人志って文学板住人的にどう?

1 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 15:49:13
「遺書」とか結構凄いと思うんだが

2 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 15:53:12
>1
文学ではない

3 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 15:58:48
結構凄いの中身も書かずにスレを立てる根性に感服した
君はこの板にはもったいない人材だ。さようなら

4 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 16:03:17
その辺にいるおっさんの感性と大して変わらない。

5 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 16:13:04
その辺にいるおっさんとはさすがに違うと思うし
笑いの感性は認めるが、遺書は文学ではない
それならまだコントを文学的見地で語った方がましなぐらいだ

6 ::2006/11/28(火) 16:18:15
でも売り上げも社会的影響力も文学とはケタが違う

7 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 16:26:57
だからお笑い板やタレント板で語るべきタマなんだわw 


8 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 16:41:59
プレイボーイで書いている文章を読む限り、どこにでもいる三流ライター

9 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 16:49:44
むしろ文学板で語るべきなのは文学青年太田光だろ。


10 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 16:54:07
ぶんがく?はっ

11 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 17:41:05
>>1が悪いんやない。>>1のアナルが悪いんや。

12 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 19:03:43
板尾の日記の方が面白いよ

13 :吾輩は名無しである:2006/11/28(火) 20:37:28
こういうスレは定期的に立つ。
ノイズのようなものだ。
無視すればいいのに。

では、

糸冬了

14 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 02:07:52
>>8
あれは語りおろし。書いてるのは麻生香太郎
最初から署名記事なはず

15 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 07:18:40
単なる漫才師だろ。松本なんかは。
それから太田なんかは分ったふりしてるだけで、全然わかってないぞ。あいつのばあい、単なるポーズだ。

16 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 09:04:24
松本スレがあると、太田のファンだかアンチだか知らんが
乗り込んでくるのをよく見るな。比べるの好きだねえ

17 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 11:29:00
少なくとも松本はコメディアンとしては優秀。
本はつまんないけど、やっぱり彼は底知れないところがある。
でも太田は下劣きわまるじゃん。
きれいごとをヒステリックにわめくコメディアンってなによ?
つまんねえだろ。
あいつのいうことはすべて、学生時代に自分がイジメられてた私怨。怨みつらみでしょう。
ぜんぜん中身なんてないし。
公共の電波を使って、むかし自分を無視した連中に復讐してるだけじゃん。
あれを見たむかしの同級生は、自分の子どもになんていえばいいんだ?
ということをすべてわかっていながらきれいごとの鎧を身にまとい、
自分以外の強者を引きずり下ろそうということでしょ。
あいつのファンは教養がないよ。

18 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 12:04:50
大衆性のある知識人がいねーからああゆうクズの居場所が作られるんだろ?

小説家だってつまらな過ぎるんだよ
見えない力のせいで何も言えない状況じゃんか

19 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 13:17:31
>>17
そんなに太田を熱く語られてもなあ。関心が無いからわからんよ
このスレタイに誘導されて来た人にそんな話は無意味だ

20 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 13:31:36
松本は尼ヶ崎が生んだスター

21 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 14:15:17
スターだとしても、それと文学は関係ない

22 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 15:30:45
今のいじめ問題をはじめとしたモラルの崩壊はお笑い芸人のせいだと思う。文学は彼等に対抗して何か出来ないのか?

23 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 15:44:08
おわらいばっか見てるやつには文学はなんの意味も持たないんじゃない?

自分は名作は書けないけど、名作なら読めると思ってるんだろうけど、そういう人たちは。

まあなんというか、言葉が読み書きできるから、

ページ繰りさえすりゃ文学読めると思ってるやつおおすぎ。



24 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 15:59:18
>>17最近テレビでいじめっ子だったとか言ってたような・・・
太田、滑舌悪いから聞き間違えたのかな


25 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 16:09:47
松本を凄いと思う厨房が、背伸びして文学板にスレ立てて見ましたって感じのスレだな。

松本とか太田なんて文学的には駄目すぎるよね。
猫ひろしにすら負けてると思うよ。

26 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 16:12:21
25=1

27 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 16:24:29
>>24太田はいじめたこともいじめられたこともある。中学の時は相手が自殺するんじゃないかってくらいいじめたって言ってたし高校の時は3年間学校で誰とも話したことなかったらしい。

28 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 17:24:29
文学やってると全部がクズに見える
世界の長い歴史の中で選りすぐりの人間
が極限の状況で捻り出した言葉ばかり読むわけだから

29 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 17:37:04
松本信者と筒井信者には相通じるものがある

30 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 21:10:47
まだやっているか分からないけど、日経エンタテイメントに連載していた映画コラムは良かったと思う。
素直な感想が書かれていて。

31 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 22:51:40
まだやってるよ。でもあれも語りおろしだからね

>>29
そうかな?てか、信者なんてそんなもんなんじゃないかな


32 :吾輩は名無しである:2006/11/29(水) 22:57:31
ツタヤにいくと松本の映画評価が★マークでつけられてて一言コメントも紹介されてる
のを見る。ほんとに死んでほしい。

33 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 00:58:44
千と千尋に0点付けたのだけは評価する

34 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 02:20:43
千と千尋に0点って。
あほじゃない?

35 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 02:35:15
0点だと分からない奴の目は節穴。

36 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 04:52:59
太田は良い読者だ。別に文学者でも小説家でもないし今のところそういうそぶりではないだろう。

37 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 19:16:23
いい読者か?
最悪だと思うけど。

38 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 19:20:06
f

39 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 19:35:38
雑誌読んでても、テレビ見てても松本ほんとジャマくせーだけ

新連載とか新番組とか始めないでほしいよ

40 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 19:56:27
39がジャマくせーよ

41 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 20:49:12
見なきゃいいじゃんw
気になって仕方ないんだな

42 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 20:49:45
ああごめん。わかると思うが、41は39へのレスな

43 :吾輩は名無しである:2006/11/30(木) 23:47:39
結局北野武を超える人間はいないのか……

44 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 14:09:32
君にとってはね

45 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 14:34:45
いつからかまっちゃんはつまらなくなったな

46 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 14:37:59
それを文学的表現で

47 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 14:43:23
いつからか松本の笑いは形骸化され、たんに《象徴》になった。

48 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 16:25:28
それを辻仁成で

49 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 18:08:31
三島由紀夫と松本人志較べてみろよ。いかに松本が凡人であるかわかるからさ。



50 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 20:57:32
自決した人と比べてもなあ
畑もまったく違う人だし

51 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 21:01:08
三島も芸人じゃん。自決コント。

52 :吾輩は名無しである:2006/12/01(金) 21:05:15
スレを立てたヤツの狙いがよく分るね。
ババァ。
しょうがねぇーなぁ……ポリポリ

53 :吾輩は名無しである:2006/12/02(土) 16:24:52
人権版のほうが ...

54 :吾輩は名無しである:2006/12/02(土) 16:48:31
三島の体をはったコントはマジでさむかったよなぁw
「引っ込めー!」「死んじゃえ!」「帰れ!帰れ!」
客席からは罵声のオンパレードwww

55 :吾輩は名無しである:2006/12/02(土) 16:54:00
で、マジで死んじゃうしwこいつ寒すぎるわw

56 :吾輩は名無しである:2006/12/02(土) 19:02:13
死ですら芸の一貫である三島に松本が敵うわけない。
昔は三島級の芸人はゴロゴロしてた。 笑いもレベルが下がったもんだよ。


57 :吾輩は名無しである:2006/12/02(土) 19:31:41
えっ?ていうか三島のどこが面白いんだよ?

58 :吾輩は名無しである:2006/12/02(土) 22:17:24
おもしろい・おもしろくないではない。覚悟の問題。
世間に媚びた笑いしかできてないだろ松本は。 そんなやつに文学的にうんぬん
なんていってほしくないね。 横山のやっさんのほうが数段上。
 
レベルが低いことを見抜かれて、横山のやっさんにボロカスに言われたんだよねw


59 :吾輩は名無しである:2006/12/02(土) 22:20:00
そもそも読まない。松本。
そんな本読むヒマがあったら、飯食って寝る。

60 :吾輩は名無しである:2006/12/02(土) 22:39:37
幼稚な大衆迎合形コメディアンじゃん。あんなのでは笑えるのは
中2までだね。ぶっちゃけた話。

61 :吾輩は名無しである:2006/12/02(土) 23:04:25
松本がHIROちゃんと付き合ってるのは本当なのかな?
頼むから嘘だと言ってほしい。

62 :吾輩は名無しである:2006/12/02(土) 23:23:01
松本の映画批評の本
2ちゃんの書き込みと大して変わらない中2病丸出しの文で失笑したことがある

63 :吾輩は名無しである:2006/12/03(日) 00:10:16
松本人志は、笑いの価値=いくら稼ぐか。 というとても質の低いお人。


64 :吾輩は名無しである:2006/12/03(日) 00:44:15
俺は嫌いじゃないよ。

65 :吾輩は名無しである:2006/12/03(日) 21:34:02
>>61
安心しろ
HIROとは付き合ってない
これだけは自信持って言える

66 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 00:07:29

この人評論の基準が好きか嫌いかで終わりって自白してるでしょ


活字にする意味がありません




67 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 00:10:10
渡辺謙と顔が似てる。

68 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 08:24:06
評論家じゃないからな
感性で商売してる人の感性が活字になるのは当然の帰結

69 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 09:47:58
世の中、本職の批評家なんぞ求めてない。
誰が云ったかが問題だ。
パーソナリティだ。

70 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 12:39:04
あの笑いは「脱構築」を踏まえていると
誰かが言ってた。忘れた。

取り敢えずナンセンスなんで、
真っ直ぐ論じるとそれこそ滑稽なのでは?

71 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 13:40:47
浅田彰なんかも、松本の笑いはインターテクスチュアリティを踏まえている、
というようなことを言ってた。
ベケットの不条理劇(当然『ゴドーを待ちながら』だろうな)の世界だ、ともね。
つまり松本が中2レベルなら、ベケットも中2レベルということになる。
でもオレには、松本を中2呼ばわりしてる奴のほうこそ、
中2レベルのように思えてならない。
つまりこういうことでしょ?

「ベケット&浅田彰」vs「松本を中2呼ばわりした白痴くんたち」w

72 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 13:47:42
なんで浅田彰が松本について語ったんだ?
ていうか見てるのか

73 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 14:12:53
っていうか「中二」っていう区切りは何なんだw
中三になり受験に直面した時、感性が大人のそれになる
とでもいったような共通の認識が世の中にはあるの?
すげーな、高校受験。

74 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 15:41:13
中2病くらい知っとけよ。常識だぞ。

75 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 16:57:28
松本追い掛けたところで、もう正体なんか分かりきってると思う

「別にええやんけ〜!!!」←逆切れ
「わろとけわろとけ〜〜〜」←俺は所詮芸人


結局コレだろ

76 :太郎:2006/12/04(月) 17:28:59
>>70
>あの笑いは「脱構築」を踏まえていると

踏まえてるんじゃない。
笑いの本質が脱構築なんだ




77 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 19:33:42
それがツマンなかったら意味ないよ
「笑い」やってても

78 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 19:36:01
それがツマンなかったら意味ないよ
「笑い」やってても (笑)

79 :太郎:2006/12/04(月) 19:54:32
>>77
>ツマン

だれにとって詰まらないのだ?
オマエか?
オマエ、大丈夫なの?
そっちの方。

80 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 20:04:51
削除依頼だしておいたぞ

81 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 21:41:23
>>76
確かにそれは言えてる
>>75
根拠が薄弱すぎる

82 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 22:16:05
浅田ってその程度だったのか

83 :吾輩は名無しである:2006/12/04(月) 22:19:15
どの程度?

84 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 08:29:50
>>72
田中康夫と『憂国呆談』でちょっと言及してた

ちょっとした思いつきを話の流れで出しただけって感じだったから
浅田自身そんなに大した話題だとも思ってないと思う

料金後払い制ライブをやってた頃が頂点だと思うけどね
多分松本もそれを分かってるんじゃないかと思う

85 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 08:45:21
いやあ、それはないわ。あの頃はまだまだ序の口だよ
その後武道館でやった写真で一言が一人ごっつになってるし
一人ごっつの中だけだって、今に残ってる笑いが沢山ある
コントもビジュアルバムがある。進化してるよ

86 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 08:59:18
してねーにょ

87 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 09:04:21
具体例を出さない反論は意味がない

88 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 09:26:36
意味はある。

なるほど87は何の具体例を示してはいないように見える。
だが、「具体例を出さない反論は意味がない」
という87の見解を示したという意味が、そこにあるのだ。

89 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 09:34:59
今に残ってる笑いってなんだよ

20年後に言えぼけ

90 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 10:17:11
>>74
その「中二病」っていう命名の区切り方が
「分かる分かる」と共有されるってのは何なんだろう
(気持ちわりー)ってこと。


91 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 10:23:28
「○○が面白いなんてのは中二」という感覚は
自分は受験という実世界に立ち向かう知っている大人な中三、
といっているようなもので、本人が中学生感覚な点では同じ。

92 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 11:00:55
松本はセンスなし



93 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 14:09:42
松本より品川さんの方が面白いよ

94 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 14:41:15
>>89
言葉尻を捕らえるだけじゃだめだ
ものには流れというものがある
>>84からの流れでの今に残る笑いなのだから
そういう反発はいけない

95 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 15:09:05
>>88
それはもう屁理屈だよ
スレを潰したいなら削除依頼を出した方が早いよ

96 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 16:43:28
文学、文学って、皆さんは読解力がついたことで何か役に立ちましたか?文学をこよなく愛している私ですが、会社では文学のぶの字も知らぬ連中の足元にも及びません。所詮、文才が通用するのは限られた社会だけなんですよね

97 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 16:44:27
文学、文学って、皆さんは読解力がついたことで何か役に立ちましたか?文学をこよなく愛している私ですが、会社では文学のぶの字も知らぬ連中の足元にも及びません。所詮、文才が通用するのは限られた社会だけなんですよね

98 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 16:47:08
ところで文学って何よ?

99 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 17:00:33
ポイズン

100 :太郎:2006/12/05(火) 17:34:00
>>93
>品川さんの方が面白いよ

人には笑いのポイントがあるだろうけど、
品川じゃ《時代》を作れんよ。
パーソナリティだ。

101 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 17:39:31
>>97
愛してるだけでは駄目。

102 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 17:39:56
品川さんの魅力が分からない爺あわれw

103 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 18:05:14
劇団ひとりの小説が直木賞レベルらしいし、それより遥か上の松本なら文学でもおかしくない。

104 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 19:35:45
作家として生きるのが大変なんであり小説ぐらい簡単に書けそう
でもリリーやひとりの様にヒットしても飄々としてるのがカッコイイし共感尊敬される松本は評論やってる訳だし万がいち直木賞取ったとしてあらゆる評論家にコキ下ろされたり絶賛された時
ソレにたいする反論や自分がその小説に書きたかった思想なんかをヤッパリ評論として書かなければならないわけだがしかし松本の性分からいって無理
結局カッコ付けてカッコ悪い事になる

105 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 20:42:21
妄想全開だぜっ オレカッコイイィ

106 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 21:11:00
まあ無理だと思う
笑えないものは書かないと思うし本人もそう言ってるよね

107 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 21:11:31
句読点を頼む

108 :吾輩は名無しである:2006/12/05(火) 22:18:03
芸人板のドキュソ様がお越しなんでしょう

109 :吾輩は名無しである:2006/12/06(水) 18:15:55
松本の遺書ってそんなに凄いの?
読む時間がもったいないんで要約してくれ>>

110 :吾輩は名無しである:2006/12/06(水) 19:09:02
太郎くん出番ですよ

111 :吾輩は名無しである:2006/12/06(水) 19:19:33
ナイナイはダウンタウンのチンカス

112 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 15:57:47
>>108
確かに見慣れた言葉がそこかしこにあるね
数年行ってないが、相変わらずのようだなw>芸人板
引き合いに出される芸人が爆笑に変わってることぐらいか

113 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 17:58:10
真夜中のヤジキタ→昔の松本

inディープ→今の松本

水戸コウモン→未来の松本

114 :吾輩は名無しである:2006/12/07(木) 18:39:13
>>109
「俺はお笑い至上主義者だ」

内容はそんなに凄くないが年間何億も稼ぐ売れっ子芸人が
意外にアーティスティックに笑いを追及している姿勢に
多くの人が感銘したり驚いたりしたんじゃなかろうか
ファンじゃなければ別に読む必要はないよ

松本も最近は丸くなったのか
「若い芸人があの本から影響を受けたという話を聞くと笑ってしまう」
みたいなことを東京FMの深夜番組で言ってましたね。

115 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 10:54:26
>「若い芸人があの本から影響を受けたという話を聞くと笑ってしまう」

これのどこが丸くなったのか?すげー感じ悪いんですけど

116 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 14:21:46
>>115
たけし、志村のマネして恥ずかしがってんだよ
「照れ屋」がカッコイイとおもってんだなコイツは

ほんっと肝杉

117 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 15:47:34
たけし、志村の照れ屋とはまた種類が違う感じがする
どっちもマネしてできるもんじゃないし、する意味も無い

118 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 22:17:19
○○さんがりんごを3つ買いました
さて、どうでしょう?

とか

「あ」評論家の松本先生と称して
いろんな「あ」を表現するとか

初期のネタはすごいよ。ベタな形式をあえて持ってきて答えを宙吊りにしたり
かなり新しい形式でやったり
文学にも参考になるものも多い。

119 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2006/12/08(金) 22:23:08
たけしやダウンタウンとジョイントする坂本龍一だが、
とんねるずとは接点がないんだね。どうして?
俺は答えを知ってるけど。

120 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 22:40:05
今も凄いよ

121 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 22:48:30
事実、2chのコピペもほとんどが松本から直送されてきてるわけ。
そういう意味では2ch住人が松本を蔑視するのは自己嫌悪に近いものがある。
それにしても、hiroを喰うってのは許せん。

122 :吾輩は名無しである:2006/12/08(金) 23:37:38
俺は常盤を食ったのが許せずにいる

123 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2006/12/08(金) 23:49:20
優香も喰われたな。
優香、どんなマンコの臭いしてんだろう。

124 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 00:14:09
優香はいろんなのに食われてるからどうでもいい

125 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2006/12/09(土) 03:12:52
 一人ごっつ、をタイ語に訳してくれ、と言われて一部訳したことがある。

 結論・言葉が中心となる笑いに世界性を持たせるのは難しい。

126 :吾輩は名無しである:2006/12/09(土) 10:29:48
視聴率7%だったダウンタウン7に筒井康隆が何度か出演してた
だから何ってわけでもないが

127 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 00:13:51
>>125
なんでタイ語?

128 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 12:29:15
日本の中にいる限り松本は非常に良い
笑いはある意味文学以上の力をもつからだ
でも笑いはどうしても共同体的になりすぎるのも否めない
しかし松本が一生懸命他者を演じようとしている姿勢は買い



129 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2006/12/10(日) 17:56:08
>>127
 タイの芸人が渋谷のブックファーストで買ってきた。
 で、彼は何を書いているのかと。

130 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 18:09:07
世界に通用するなら本人たちが打って出てると思われ。
浜ちゃんはパフィーの米国でヒットしたアニメに興味津々だったし。
番組でやったときはイマイチな反応だった。

131 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2006/12/10(日) 18:20:13
>>130
 あくまで言語表現として出るのだとすれば難しい。
 世界的に前例も少ない。
 言語表現的なものを排除した志村けんとか「風雲たけし城」とかは外国人にも
ウケてるけど。
 そもそもそんなに簡単なもんだったらエディ・マーフィーやロビン・ウィリアムス
のスタンダップ・コメディがとっくに日本語になってると思う。

132 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 20:41:36
実際に電波少年だか雷波少年だかの企画で
アメリカ人を笑わせるためにアメリカまで行ったって聞いたけど。

松本曰く「アメリカ人は天丼に弱い」って言ったとか。

133 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 21:34:21
>>129
へえそうなんだ。そのタイ人はなんで一人ごっつに興味持ったの?

134 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 21:35:10
>>128
あなたの談志師匠みたいな語り口は心地よい

135 :吾輩は名無しである:2006/12/10(日) 22:25:17
寸止め海峡の大病の男は筒井康隆的で面白い。

136 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 00:25:49
「巨人殺人」は良いね

137 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 05:54:06
松本人志はもはや脱構築の対象
松本人志はお笑いの近代的文豪
松本人志はシュールレアリズム

138 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 08:23:22
巨人殺人好きだ俺も
大病の男は笑いなのか?
赤い車の男と並んでよくわからんかった
世界観は好きなんだが

139 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 09:17:24
松本はある意味「松本人志」という人間の価値を高めているだけ

だから小説家として凄い作品を書くとか映画監督として名を遺したいとか
そして芸人としてすら頂点に立ちたいとも思っていない

140 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 09:22:16
>>118
「あ」のネタはマジで凄いね。
「あ」だけで笑いはつくれるっていうことに気づける鋭さ。
(プラス、「あ」だけで笑かしてやる、っていう気概もイイし。)

天才ってのは常に人より一歩深いところを計算してるもんだけど、
松本はホントそんな感じ。

141 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 09:27:22
天才は計算しない

142 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2006/12/11(月) 15:34:58
松本の最大の幸運は、浜田という相方に巡り合えたことだ。
二人は中学だか高校で同じクラスだったそうで、松本の個性的な
ギャグのポイントを理解してウケていたのが浜ちゃんだったそうだ。
そのとき松本は「あっ、こいつだ」とピンときたというよ。


143 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 16:01:50
>>142
俺が知ってる話しと違うな
「一緒に吉本はらへん?」と浜田のほうから松本を誘った

コイツしかいないと感じたのは浜田のほうだと思う

松本には ひとり別の相方(親友)がいたはず

144 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2006/12/11(月) 17:12:11
>>132
 しゃべって笑い取ったワケじゃないだろうから言語表現的には関係ないかと。

>>133
 誰かがあんたに芸風が似てるのが松本だ、って吹きこんだらしい。
 
>>134
 確かに無駄なく本質的なことを言ってるよなあ。

145 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 17:27:34
松本と芸風が似てるタイ人て
凄く見てみたいなw

146 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 17:30:09
>>143
別の相方もいたし、小学校の時から笑いの才能が開花してたから
松本の周りは、笑い好きのひねた男ども(女には受けなかったそうだ)
でいっぱいだったらしいしな

147 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2006/12/11(月) 18:15:26
>>143
>俺が知ってる話しと違うな

いろんな説があるな。
おそらくアンタが正しいのだろう。
俺のは嘘だ。

これから、北野武の『浅草キッド』を再読して文学を勉強する。
この世に面白くない文学は無い。
面白い/面白くないと感じる読者がいるばかりだ。

148 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2006/12/11(月) 19:26:59
>>145
 僕は明石家さんまさんの方に近いと思う。
ttp://www3.youtube.com/watch?v=BhmFsIMaXjE
ttp://www3.youtube.com/watch?v=p9D-MwFDHT0

 つうか動画貼ってもわかんないよなあ。

 松本人志さんも世界的にはこんな感じ。

 翻訳しても難しい。

 お笑いは言語表現的なものほど世界性が希薄になる。

 >>128様が言うように共同体的になるんです。

 笑いで世界性を求めるなら志村けんとかミスター・ビーン的なアプローチが
楽だしある意味正しいやり方だと思う。

149 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2006/12/11(月) 19:49:12
>>148
>翻訳しても難しい。

笑いは翻訳できないよ。
不可能性のもっともたるは「駄洒落」だ。

「隣に囲いができたってね」
「へぇ」


ひとりの人間の脳内にある思念を外部に提示するにはどうすればいいのか。
文学。
「15歳」だぁ、フザケルナ! この拝金野郎が。
高橋!

150 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2006/12/11(月) 19:57:17
>>149悪い太郎 ◆LziSwFxVAU様
> 笑いは翻訳できないよ。

 共同体的なものでないなら可能。

 たとえばイッセー尾形さんなら翻訳しやすい。

> 不可能性のもっともたるは「駄洒落」だ。

 つらいけどものによっては出来ないこともない。

151 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2006/12/11(月) 20:01:45
>>150
>たとえばイッセー尾形さんなら翻訳しやすい。

マギー司郎もそうだね。

152 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2006/12/11(月) 20:05:21
>>151悪い太郎 ◆LziSwFxVAU様
> マギー司郎もそうだね。
 あれはやりやすいかも。方言の味は半減するでしょうけど。

 ちなみに駄洒落をちゃんと訳すとかえって寒くなったりすることもあります。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/2592/1049541910/66-67

 ほんとに共同体的だ。


153 :吾輩は名無しである:2006/12/11(月) 23:39:53
イッセー尾形のは演劇だからね
あっへ〜なくなって〜♪とかの面白さは
やっぱり原語じゃないと伝わらないと思うけど
マギー司郎は方言の味が芸の味だからやっぱりだめじゃないかな
弟子の方ならかなりの確率で伝わりそうだね

>>147
うそかえw


154 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 00:07:03
下らなすぎる
このスレに反応したやつは文学板から去った方がいい
俺も含めて

155 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 00:35:34
>>154
いいんじゃねーか
どうせ芸人板だと荒らされるだろうし
それに悪いけど文学板が知的で拡張高いとはまったく思えねーしw

156 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 03:43:56
>>118
初期はそういう部分あったんだよな。
これが浅田の言ってた脱構築なんだろうな
常識の「型」を壊したものが笑いになるのに対して
ひとつのお笑いの「型」を踏まえてそこからさらに壊していってた
まあ、いまじゃすべり芸、てんぱり芸人だけど

157 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 06:51:37
>>156全く同意
芸人は年取るごとにどんどんつまらなくなっていく
しかしそれは反射神経などの即興的な笑いにおいてであり
思想面、技術面に関しては落語家見ても分る通り円熟していくものなんだ
初期の松本がやっていたことはそうした円熟を予感させるものだったし
あいつ自身もまだまだこれからや!って言うから
期待してずっーと待っていたんだが…
やはりテレビという媒体の持つ底力に負けたのだろうか
もしくは笑いに対する情熱を擦り減らされてしまったのだろうか
ビートたけしや志村けんのようにどんどんつまらなくなっていく
所詮奴もTVという枠は脱構築できなかったようだ

158 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 08:27:09
初期の漫才(20年以上前!)と今のテレビトークを短絡的に比べて偉そうに語るなよ
お前にこの板は似合わないよマジモト

159 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 08:35:10
は?漫才?君言語障害者?

160 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 08:42:44
どっちもどっち

161 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 08:45:30
なんだただのDTヲタか

162 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 10:20:01
ちょww言語障害ってwww自分のことじゃんwwwww


163 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 10:22:27
松本スレにしては珍しく、良コテもいて
今までに無い新鮮で興味深いスレになって来てたのに
いつもの腐れアンチが、十年一日変わらないアンチレスで潰しちゃったな

164 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 14:14:49
他所からロムってたが、見慣れたうちの板の馬鹿コテとは雲泥の差だと
改めてコテに対する認識を改めてたところだったのに
また何年も読まされたレスを読む羽目に・・・
しょうがねえな、自分の板に帰るわ
見慣れてても他で見ると余計腹立つw

165 :吾輩は名無しである:2006/12/12(火) 16:18:23
たしかに今読み返すとアンチとしかとられない文章だな
すまん ホントは好きなのさー

166 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2006/12/12(火) 23:49:31
>>153
 そうなの型なの。イッセー尾形さんは演劇という型なわけよ。

 マギー司郎さんの場合はマジック、という型なのですよ。

 アクション映画でキックボクシングの試合みたいなことすると伝わりにくいのと似てる。

 形式は共同体を飛び越えているけど深く入っていったり意外性は導き出しにくいの。

 ちなみにわたくしの結論から言うと、 『遺書』は日本ローカルだと思うけど文学作品としては
おもしろいものだと言っていいのではないかと。全部は読んでないけど。

167 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 09:08:24
遺書は面白いけどなぜ面白いのかと言えば
それは松本という立場にいる人間が内面告白するからであって
内容自体に鮮烈なものがあるというわけではないし、
告白という形式はもうとっくのむかしからあるので
松本らしい「こう来るのか!」みたいな以外性がない、
ので文学作品としてはダメだろう。

168 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 09:13:58
別に遺書を一つのテクストとして取り扱うことは可能だと思うが
文学はなんでもありの世界だから

169 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 12:29:13
>松本という立場にいる人間が内面告白するからであって
という前提に立ってしまえば
>松本らしい「こう来るのか!」みたいな以外性がない
意外性はありえなくなるよね

170 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 12:30:27
>>166
あ〜なるほど。わかりやすい>アクション映画でキックボクシング

171 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2006/12/13(水) 14:36:23
>>157
>所詮奴もTVという枠は脱構築できなかったようだ

そんなのできるわけねぇーよ。
番組作ってんのは松本ではなく、スポンサーだ。
大川興行や電撃ネットワークは、テレビに呼ばれないから
ライブ(寄席)をメインにしているわけではない。

172 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 17:27:52
働くオッサン劇場みた


松本ぶっ〇ろしたくなった

173 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 17:37:29
あれは?
ヴィジュアルバムとかは?
初期のお笑いの形式を前面に押し出した感じを髣髴とさせるものだった。
むりやりベケットだとか言っても良いのでは?


174 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 17:40:35
んー。
でも昔は、松っちゃん一人でなんでもできるって感じでしたよね。
むしろ必要なのは浜ちゃんというわけじゃなくて、今田や東野りだったり
してたわけで。「ダウンタウン」という枠を必要としてるかんじではなかった。
今は、なんかさ、浜ちゃんの存在が急にでかく思えてきて、「ああ、浜ちゃんってこういう
役割だったんだなー」とか、ただの突っ込みなのに、やたら存在感あるんですよね。
今の松っちゃんは、浜ちゃんがいてくれて、なんとか成り立ってますよ、ほんと

僕ね、そういう観点から言って、ダウンタウンってB'zにすごく似てると思うんですよね。
コンビとしてのあり方っていうか、まあ両方ともあそこまで大物になってるわけで
そのあたりもすごく類似性あるんですよ、コンビとしてのありかたっていうか。

B'zの場合は、稲葉が松本の役割をしてたんです。松本(孝弘)のほうが浜田ですね。
で、90年代のB'zはもう圧倒的に稲葉のキャラクターを突出させてたわけなんですけど、
それも勢いが失われてきましたよね、最近。そこで本来の松本のポジション取りって
いうのがあらためてB'zを成り立たせているんじゃないかって気がするんですよ、これまじな話。


175 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 17:51:37
>>173
笑いの方法を極端化し過ぎると、日常から切り離されたところで笑いが生まれる
ってのを世間に広めたっていみではそうかもね。どっちかつとイヨネスコに近いかな。

今ツタヤでレンタルできるごっつの中に「紙芝居のおっさん」ってコントがあるんだけど、
あれとかはダダ・シュールレアリスムらへんのコラージュを使った笑いですね。

176 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2006/12/13(水) 18:11:22
>>175
>笑いの方法を極端化し過ぎると、日常から切り離されたところで笑いが生まれる
>ってのを世間に広めたっていみではそうかもね。どっちかつとイヨネスコに近いかな。
>
>今ツタヤでレンタルできるごっつの中に「紙芝居のおっさん」ってコントがあるんだけど、
>あれとかはダダ・シュールレアリスムらへんのコラージュを使った笑いですね。

アンタ、良いこと言ってると思うよ。
スレの看板も「文学板住人的に」だしさ。
ただ、アンタはヤッパリ弱いんだ。
語られる笑いに比べて語るアンタが笑えないからだ。
コレは構造的なもので、アンタの責任ではない。
アンタが松本並の天才なら、次はこの辺を意識して書き込んで見てくれ。

177 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2006/12/13(水) 20:31:37
>>174

B'zってアンタ、チョッwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
VOW WOWを聴いて勉強してからにしなよ坊や。
ちなみに人見と松本はお友達だ。
http://www.youtube.com/watch?v=QHpGWFotQl0



178 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 20:45:51
>今の松っちゃんは、浜ちゃんがいてくれて、なんとか成り立ってますよ、ほんと

だったらこんなところでぐだぐだ芸人板みたいなこと書いてないで
浜田スレ行けばいいじゃん
松本を否定して浜田を持ち上げても、ああ浜田ファンってこんな奴なのかしか思わない
そんな必死にならなくても、松本自身が浜田の功績は認めてるんだから
松本ファンだって浜田は認めてるのに
松本を無価値のように言われて、浜田をそこまで持ち上げられたら
え?それほどか?となるのが人情ってもんだ

179 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 20:46:50
訂正
×奴なのかしか思わない
○奴なのかとしか思わない


180 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 20:52:13
ていうか、ビジュアルバムを昔のものと定義してる時点で違うでしょ


181 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 21:09:19
司会仕事しか見てないんだろう
そういう人にとって、昔=コント、今=司会なんだよ
だから浜田の存在感とか言い出す

182 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 21:16:15
>>178

えーー??
なんで松本を否定しているってことになっちゃうのかなー。
否定じゃないよ。コンビとしての比重のありかたの変遷みたいなものを
言ってるだけなんだけどな。別に、浜田ファンじゃないし松本ファンでもないからさ。
浜田を持ち上げてるわけじゃないよ。なんでそうなるかなー。
つか、なんでそんな怒ってるの?かなり面白いんだけど。
わかんないなー。今のダウンタウンと昔のダウンタウンって同じようでも微妙に
違うよねってことだよ。別に松本を貶めるつもりもないし。浜田を持ち上げるつもりもないよ。
松本最高だよ。俺はほんと松本好きだよ。だから、こそそういう微妙な変化がわかるんであってさ。

>>177
VOWWOWってwwwwwwwwwwwwまじすかwwwwwwwwwwww
いくら人見ちゃんが松本バンドでMOVE OVER歌ってるからって
そんなことくらいで得意気になられても困るんですけどwwwwwww
人見と松本はお友達ってwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

183 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2006/12/13(水) 21:21:19
>>182
>えーー??

オマエにはコレで充分だ。

http://www.youtube.com/watch?v=0mS02kTXIMM

このやる気のナサ。
44マグナム、解散直前の映像か。
楽曲は1stアルバムに収録されていたが。

184 :悪い太郎 ◆LziSwFxVAU :2006/12/13(水) 21:23:43
>>183
あっこれ、ロンドンでやったヤツだ。
現地のサクラを大量に動員したプロモーションビデオ。


185 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 21:25:28
ぜんぜんわかってないわ

186 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 21:26:07
>>185>>182の微妙くんへ

187 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 21:27:11
>>182
別に怒っちゃいないが?wをつけまくれば怒ってないと思う人なのかな?
「浜田がいてなんとかなりたってる」のどこが、比重のあり方の変遷みたいなものを言ってるだけなんだよw
そう思うのは自由だが、それを微妙な変化とは言わない罠
松本ファンじゃないと書いてみたり、松本最高ほんと松本好きと書いてみたり
必死なのはよく伝わって来たよ

188 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 21:29:28
>181
うんまあそういうことなんだろうな
俺なんか逆に司会のDTにはほとんど興味が無いから
浜田の存在感なんかどうでもいいっちゃどうでもいいが

189 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 21:32:53
>>182>>165じゃね?
お前もコテにしろよ

190 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 21:38:07
なんだよここは。
アンチとか言ってさー。
必死?違うよべつに。
わけわからんなーここ。
松本信者の集まりってわけか。
すげえな、どこから沸いてきたのか知らないけど。
勝手にやってくれ、俺はもう知らない。
あと俺は>>165じゃない。
なんだここ、まじきもいな。なんか変なとこに足つっこんじゃったみたいだ。
きもいからもう来ないよ。なんだここまじで。きもすぎる・・・。

191 :吾輩は名無しである:2006/12/13(水) 21:43:33
ああ司会のことについて言ってるって思ったわけか。
それならちゃんとそういえよ。純粋に松本の笑いを
論じ合おうってことか。そこで俺が急にずれた書き込み
してるって思ったわけか。くだらねえなお前らまじで。
つかいまだに松本の笑いとか言ってる時点でおかしいよな。
本気でヤバいスレだったんだここ。てっきりネタスレだと
思ってたからさ。悪かったよ邪魔して。もう来ないからさ。
頑張って松本の笑いを論じ合ってくれ。じゃあな。

192 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2006/12/14(木) 18:38:19
>>167
 それはそう。そのうえでおもしろい。

193 :吾輩は名無しである:2006/12/14(木) 22:20:52
遺書が出た頃に(その頃俺は読んでなかったんだけど)
政治評論家のおばちゃんが、最初から最後まで笑いっぱなしだった
凄く面白かったと絶賛してたのが凄く印象的だ
後年読んだ時に、確かに面白いとは思ったが
笑う面白さか?と不思議だったよ
そのおばちゃんは、馬鹿にして笑ってたわけではないんだよ
何度も読んだとか他にもいろいろ言ってたんだけどね

194 :吾輩は名無しである:2006/12/15(金) 08:57:51
絶対読んでないな、その人。
コメント求められて当てずっぽうに言ってる感じ。

195 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 00:52:04
仮にもダブルミリオンの書籍を、あてずっぽうで適当には言わないだろうよ


196 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 00:59:40
確かにそれはないと思うけど、じゃあなんで笑いっぱなしだったと思う?
馬鹿にしてるんでもなくて、あれを笑えるってどういう感性なんだろうね
松本だって笑いについて語ってはいるけど、笑わせようとしては書いてないと思うけど?


197 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 15:10:59
笑いっぱなしと言われると、爆笑を想像してるのかも知れないが
大人になるとそうそう大笑いはしないもんだよ
ニヤニヤずっと笑うのも、笑いっぱなしと表現する
それは自分が越えて来た仕事に対する姿勢への共感だったり
まったく違う視点への笑いだったり
30前後の男に対する微笑ましさだったり
いろいろあるだろう

198 :白石昇 ◆VJQ7nZOkww :2006/12/16(土) 16:43:56
>>196
 作者がどういう人でどういう仕事をどのようにしているかあらかじめ十分すぎる
ほど予備知識があったからだと思う。

199 :吾輩は名無しである:2006/12/25(月) 06:12:53
のだめ最終回か

200 :吾輩は名無しである:2006/12/25(月) 07:06:38
----------------------------------------------------------
テレビで堂々と「いかにして相手をいじめるか」を手取り足取り視聴者に
教えてたのはコノカスだろ?
いじめ問題に関する責任を金額に直して賠償するべきである
----------------------------------------------------------

201 :吾輩は名無しである:2006/12/25(月) 07:39:15
↑目立ちたがりですね

202 :吾輩は名無しである:2006/12/25(月) 15:16:07
アンチは、しょうもない嫉妬心こそを文学に向ければいいのにね

203 :吾輩は名無しである:2006/12/26(火) 04:55:02
----------------------------------------------------------
テレビで堂々と「いかにして相手をいじめるか」を手取り足取り視聴者に
教えてたのはコノカスだろ?
いじめ問題に関する責任を金額に直して賠償するべきである
----------------------------------------------------------

204 :吾輩は名無しである:2006/12/26(火) 09:03:54
>>203
なんでそんなスタイルなん?
カッコイイとか思ってんの?

205 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 06:14:37
コノカス←に誰も突っ込まないんだな

206 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

44 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)