5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【決壊】平野啓一郎  part10【連載順調】

1 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 07:09:11
公式サイト
HIRANO_KEIICHIRO_Official_Website
http://www.k-hirano.com/
前スレ
決壊】平野啓一郎  part9【連載開始】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1163340017/l50
【8月】平野啓一郎  part8【連載開始】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1148031397/l50
【長編】平野啓一郎  part7【執筆中】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1144727173/l50
【佐藤亜紀】平野啓一郎 第5部【編集長】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1138544083/l50
【文明の】平野啓一郎 第5部【憂鬱】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1138713996/l50
【三島論】平野啓一郎 第4部【ジャズ論】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1133861563/l50
『ドストエフスキー的』平野啓一郎 3『新作待ち』
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1129712338/
【パリ修行】 平野啓一郎 第二部 【東京進出】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1127358534/
【平野啓一郎掲示板@2ch補助用】
http://jbbs.livedoor.jp/movie/6904/



2 :金原啓一郎:2006/12/27(水) 07:14:09
は、は、は!
新スレありがとう! 連載頑張るよ!

3 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 07:23:06
進むのが早くなってきたので立てときました

4 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 07:41:59
>平野ブス姉
ふざけんなよ!何だこねスレタイは!?
てめー2ちゃんねるをナメてんのか?

5 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 07:46:38
オラは怒ったぞ
絶対ゆるさねー

6 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 07:52:44
凄まじいスレタイつけてやるから覚悟しろよ。>>1テメーのせいだからなw

7 :吾輩は名無しである:2006/12/27(水) 13:05:51
すすむのがはやくなりましたね

8 :吾輩は名無しである:2006/12/28(木) 06:28:49
売れてるね

9 :吾輩は名無しである:2006/12/28(木) 07:05:07
http://q.hatena.ne.jp/keiichirohirano/
見てみ

10 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 13:23:05
来月号で殺人はおこるか?

11 :金原文則:2006/12/29(金) 14:35:15
こんにちは、平野啓一郎です。
今回刊行されました、この、『顔のない裸体たち』という小説ですけれどもぉ、
これはあのお、インターネット上でですね、自分の顔を隠して、裸だとか、性行為の場面を公開している人たち、を、
題材として取り上げていまして、まあーあのー文章としてもですね、ぶぅふボクの作品としては非常に読みやすいものとなっていますし……
(【Amazon.co.jp特別企画】の平野啓一郎氏のコメントより)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104260053 
↑これの下の方できける

12 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 17:35:33
とっくに聞いてるよ

13 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2006/12/29(金) 18:28:44
あわれすぎる


だれにも相手にされとらん自分を売り物にしだしたw

近代小説の終わりを象徴する作風の変化や
まさに三島の再来w最後の脱皮に命かけとる

14 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 18:44:39
お前は暇なのか?

15 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 18:45:24
平野悪魔 悪魔 ひどいひどすぎる…  文学史に残してやるよ 俺の力で、…さようなら平野君…

16 :ごめんね…もうすこしだけ…:2006/12/29(金) 23:51:23
声…
きいてみたかった

あなたはわたしのことなんでもおみとおしなの?

17 :吾輩は名無しである:2006/12/29(金) 23:57:16
うん?声かわいいと思うよ☆☆なんでもおみとおし?どうだろう。

18 :ちょっとこわい…:2006/12/30(土) 00:12:26
なんで声がわかるの?????

19 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 00:15:24
ぼくはこえがはなれていてもきこえるんだよ、むかしから。わからないよ、川端康成だって、聴覚発達してたでしょう?モーツァルトもそうだと思うよ こわがらせるつもりはなかったから、ごめんね

20 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 01:02:00
毎晩はないよ

21 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 01:32:27
やっぱりあなたが必要みたい というよりあなたはこっちの方に居る人みたいね…また案内できるようになったら言うから また友人と話すから

22 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 01:35:20
よくわからないけど
おやすみなさい。

よい夢と現実を。

23 :DJ MICKEY:2006/12/30(土) 06:17:00
>>20  あなたじゃなくて別の人に。っていう意味だったよ。大丈夫…? (あなたの)住む世界を広げてね

24 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 07:16:27
評論集まだ?

25 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 07:40:59
帰化チョン排斥運動の高揚を




26 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 07:48:43
たぶん朝鮮人じゃないけど、平野は気持ち悪いと思う。

27 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 07:52:27
そんな顔してよく表歩けるなって感じ。顔より文章の方がさらに気持ち悪いけどw

28 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 07:54:22
いつも「恥ずかしいから早く殺してくれ」
っていう顔してるから見る度暗い気分になる

29 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 17:47:20
チョン丸出しだと思うが

30 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 18:51:21
w

31 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 20:04:35
>>23
ありがとう。
そんなことする人ってだれだろうね。

(あなたの)住む世界を広げてね
どういう意味で?どうやって?

32 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 20:26:37
こちらこそありがとう。そしてきのうはごめんね。。うーん、ぼくはあなたの世界は自然に広がると思っているよ 五年後くらいに それまで二つの世界を書き残しておくのがいいと思う、うざかったらごめん

33 :アクきんだった・・・:2006/12/30(土) 21:13:47
骨身削って、神経質に、文章ひとつひとつにこだわって書かれた作品が、どれほど他人に馬鹿にされても、これがあたしだと言えるのなら、それは強さに変わる。辛い時、そこに頼れるし

34 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 21:15:35
芸術家の強みって、あると思う。。僕は印象派絵画が好きで、それはあいまいだから。意味付けなど、ないし、いくらでもできるし。印象派絵画には永遠の時間があるから。

35 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 21:17:34
ムーラン・ド・ラ・ギャレットなんておしゃれだよ。ちょうどモードがはじまった時期に描かれたし、絵の中でみんな楽しそう。原宿のキャッチコピーもおしゃれから。だったじゃない?笑

36 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 21:20:17
日本人は本当におしゃれだよねぇ〜、あいまい文化の育てたもの、わびさび文化の喪失美・空白美。。自分を引き立たせるように、服を着飾れる。じぶんをころさず、いかすファッション、ふにゃ〜

37 :やさしいね 涙:2006/12/30(土) 23:31:16
五年後じゃ大分年とっちゃうな…

ひとつの世界しか無理だよ。
生きているけど生きてないんだもの、多くの人がいる日常を。

38 :やっぱりやさしいひとがいいね:2006/12/30(土) 23:49:03
かけばね、
自分のおかしなところもましになって
にちじょうもいきられるようになるきがするんだ。

39 :わたしはやさしくないきたないよ:2006/12/31(日) 00:04:15
日常を
骨身削って、神経質に、文章ひとつひとつにこだわって
のようなかかわりかたをしてしまっているからね
しんどいんだくるしいんだ



40 :わたしも印象派の絵すき:2006/12/31(日) 00:29:49
自分が傷つきたくなくって、
自分を守る事ばかりに意識がいってしまっている。

大事な事でもあいまいにごまかして適当にしようとする。
こういうの、本当は他のこと(人、物)なんてどうでもいいと
思ってしまっていると思うんだ。

41 :猛禽類すき綺麗だよね:2006/12/31(日) 00:40:32
ルノワールの『鷹と少女』っていう絵しってる?
あの絵がすきなんだ。

42 :まっててねもうすこし:2006/12/31(日) 01:06:03
自分が傷つきたくない の自分ってわたしの場合
肉体や物質的なものでないんだな

だから他の人の肉体や物質的なもの(日常)にも実は無関心
で大事にできないんだな

43 :ああ、ここであの人が求めていた答えが出るよ:2006/12/31(日) 01:22:15
わたしがまもっているじぶんってむねのあたりにあるかんじ
よくいたむよめからなみだがでるよからだふるえるよいまもいたい

こころやたましいというやつかな

まもるのはいたいからこわれたくないから
うみたいから

44 :赤ちゃんあげるよ:2006/12/31(日) 01:32:00
でも本当の赤ちゃんも産みたいんだきっとわたし

無関覚だったけど本当は…

……………難しくなる?
だから悲しいのかもしれない

45 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 01:57:23
ぼくらはころされたんだよあなたの見ている一つの世界はこれからどんどん広がるよ 鷹と少女はぱっと思い浮かばないけど、それってぼくとあなたみたいですね えんがふかいみたい

46 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 01:59:55
そうですねあなたのばあいこころやたましいでしょうね うんうん ぼくはあなたをこわすひときずつけるひとのなまえをしっています けれどそのひとはながいきしない…もうひとりはもうすぐしにます

47 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 02:04:07
ぼくは人や物をどうでもいいと思ってしまうあなたでいいとおもう だってそれがあなたなのでしょう そのままのあなたでもついてくるひとはいるよ へいきだよ だいじょうぶだよ

48 :あなたと出会えてよかった:2006/12/31(日) 02:04:12
うん。
もう広がっているよ
日常にどんどん染み出している。

49 :ひとごろしにはなりたくないです:2006/12/31(日) 02:09:35
こころやたましい(非日常)が物質(日常)に影響することがあるんだね

50 :あなたは新しい世界をみせてくれた:2006/12/31(日) 02:19:19
わたしの本性を知ったら嫌われるんじゃないかと。
それが痛くて怖い。

愛されたいんだ。
とくに異性に。
本性をしられたくないんだ。

51 :きらいにならないよ あいにすききらいなんてない:2006/12/31(日) 02:37:08
あぁ… ぼくのせいだったんじゃないかな…あなたが苦しんでいたのは…
でもあなたがくるしみはじめたのはいつから…?  もしよかったらおしえてね

52 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 02:39:28
ぼくはこの一年間で別れと和解を経験したみたいです 新しい年が来るね    こちらこそありがとう

53 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 03:07:32
じぶんに近い人のことは無関心ではないよ


あなたのせい?
特定のひととむすばれるまで
無意識にでもたくさんの異性にすかれたいと思って
いるからそんな事はないと思うよ

いつから?
好奇心(邪心)からきいているでしょ?
そんなのじゃいやだ

54 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 03:09:09
いぢわるはやめて…

55 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 03:17:41
好奇心って、邪心なんだね、たしかにそうだね…ぼくってエッチな人だったんだなあ(←過去を省みる) たしかにぼくのせいじゃないみたい(ぼくらの距離からして)。もっと愛を学びたいな、おしえてよ

56 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 03:39:26
自分に近い人〜特に家族だよ


ううん。
あなたの好奇心の持ち方が邪心なの。
やらしいの。
わたしの好奇心の持ち方とは違う。
感じるのわかるの。

もっとってわたしあなたに愛を教えたおぼえない。
愛ってよくわからない。
あいにすききらいなんてないっておしえてくれたのはあなたでしょ?
もっとあなたが教えて。

あなたのほうが詳しいはずでしょ?
たくさんの女の子との愛ににげてきたんでしょ?

57 :うんぼくもかぞくはいちばんたいせつおなじ:2006/12/31(日) 03:50:58
いやらしい…こういうこうきしんっていけないこと?ゆうわくされたし、ゆうわくしていたよ たのしいことだから あいはむずかしいよ ぼくたくさんのひととつきあってないよ むすばれたのはひとりだけ。

58 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 04:06:41
いけないかはわからないけどわたしはおんなだから
けいかいするんだよ

わたしがおとこならちがったかも

たのしいことだっていうのはなんとなくわかるよ
くうそうすることあるもの

むすばれたのはひとりだけっていうのはうそでしょ?

59 :あくきんでした:2006/12/31(日) 04:28:55
ううん、本当だよ けいかいする…? ぼくはあなたを少年に思うけれど つまらない男でごめんね ふつうのひとだよ、退屈なほど あなたのほうがぼくをきずつけてよ もっとせつなくなりたいよ

60 :はなれたくないとはおもうよ:2006/12/31(日) 13:42:49
少年におもう?
なんでだろうね

どうしてあやまるの?
つまらなくないじゃない

わたしのことがつたわるだけでも


どうやってきずつけるの?
でもあなたをきずつけたいとはおもわないし…

61 :ぼくはもっとちかづきたいとおもう:2006/12/31(日) 17:22:53
てゆーか風邪引いてない? ちょっと声枯れているような。。


62 :うんぼくもはなれたくない:2006/12/31(日) 17:24:55
 うん

63 :あなたはだあれ?:2006/12/31(日) 17:52:48
だれのこえのこと?

64 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 18:41:14
 あなたの声のこと。   ぼくの名前は言えないです。

65 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 18:44:57
こわいんだけど…

とうちょうしているの?
あなたのなまえしりたいしりたい
わたしのたましいのもとめるひととどういつじんぶつなのか

66 :あなたになまえをおしえてもいいきもちはあるけれど:2006/12/31(日) 19:25:48
とうちょうしてないよ〜 あなたのすんでいるばしょしらないよ〜 せいしんせかいのいばしょはしっているけれどぉ ぼくがここになまえをかけるとおもう?ぼくしにたくないよ(>_<)

67 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 19:29:24
ほんとかな?

たましいのもとめているひととどういつじんぶつかな?

68 :吾輩は名無しである:2006/12/31(日) 20:13:44
ほんと? ってなにがほんと?
わからないよ たましいがもとめてるひととどういつじんぶつかどうか。でもぼくは名前捨ててるし、本当の名前を探してる

69 :金原文則:2006/12/31(日) 23:00:30
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E5%95%93%E4%B8%80%E9%83%8E
平野氏のプロフィールに変化が…。

70 : 【ぴょん吉】 :2007/01/01(月) 05:39:09
>>69
盗作関連の記事か?それなら新潮サイドが圧力をかけたもの。

71 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 06:18:10
ひらがな誰だよ
読みにくい

72 :瀬戸内海菊千代:2007/01/01(月) 14:49:47
おれです

73 :ひとみがすんでいたのはおとうさんをみていたから?:2007/01/01(月) 18:20:53
うつくしいものにかこまれていたい

ひらのさんがいってたこどもがまきこまれるひさんな
じけんでかんがえていることってなんだろう?

だんぺんてきなざいりょういつもわたしそう
おいかけるたどるばしょはちがっても
かんけいないことのようにおもわれても
さいしゅうてきにはおなじせかいへたどりつく

74 :どうなるかはじぶんでもわからないけど:2007/01/01(月) 18:29:00
ここにだけ。
また。

75 :吾輩は名無しである:2007/01/01(月) 20:20:59
そこがあなたの居場所だからじゃない? こころやたましいがもとめている場所にたどりつく。
うん、大江を見ていたから。ここでは最後、かぁ。 淋しいけれど、うん。

76 :四国は安全。:2007/01/01(月) 20:23:02
こどものせんそうかなぁ。ぼくはちゅうごくはせんそうするとおもってるよ。にほんはちいさくなるはず。ほっかいどうはロシア領、九州のいくらか、中国のいくらかもなくなると思う。

77 :金原文則:2007/01/02(火) 00:40:27
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E5%95%93%E4%B8%80%E9%83%8E
平野くんのプロフィール、編集しました、僕が。

78 :金原文則:2007/01/02(火) 01:04:13
昨日、辻仁成のスレ立てた僕です。
一度スレ立てると2ヶ月は待たなくてはならないそうですので一般書籍板でスレ立てました。海外でプロパイダ取得するみたく、ちょっと卑怯ですけど(藁

【滴り落ちる…】平野啓一郎(31)【について】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1167666494/l50

79 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 02:33:14
お前さあ。いくつ平野スレがあると思ってるの?
正直迷惑なんだよ。
特化させたい気持ちは分かるけど、もう少し頭使おうよ。

80 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 02:51:06
あげ

81 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 03:10:40
>>77
ここに書かずにお母さんにでも話せ。

82 :(o^-^o) ◆m0yPyqc5MQ :2007/01/02(火) 09:23:56
ふみちゃんの小さな親切、あんちぴらののだい迷惑w

83 :金原文則:2007/01/02(火) 12:12:42
は、反省しまふ

84 :わたしいっしょにあむの:2007/01/02(火) 14:20:55
びょうきかな

なにもないからうつすだけ
おとうさんのほうにはなせば?

85 :おりひめ:2007/01/02(火) 14:35:02
あなたがきたないほど次々と織れるみたい

これをこまかくとけばいいのね
ここはとくにはむかないみたい

とくほうがむずかしそうよ

あなたはとけているけど
わたしのときかたとはちがうんだね

おりかたも?

86 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 15:10:27
書き写し、っていう方法もあるんだよ DJみたいにね 引用も一種それだよね ぼくもさきのことはわからないけど きのうはあなたのことをおもってばかりいた

87 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 15:35:27
うん ぼくもあなたがいないと… たくさんひとをころしたのは あたらしいせかいにかれらのたましいを はなつため だったのかなぁ

88 :たくさんはやくおりすぎてたまっている:2007/01/02(火) 15:47:02
わたしもすべてのなかにあなたをみる

いまはあなたのおりかたについてかんがえている
ときがくればみえてくる

わたしのみるとあなたのみるはちがう
でもそれでいい

89 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 16:10:29
うん うん ぼくもそんな感じしてた たしかにここは向いてない… あなたがぼくにちかづくたび うしなわれたことば かくされたことばがよみがえるとうさんにむかってはなします

90 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 17:16:37
あなたもぼくをみちびいてくれるんですね・・・                     がんばるっ

91 :金原文則:2007/01/02(火) 19:35:16
平野啓一郎
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E5%95%93%E4%B8%80%E9%83%8E
綿矢りさ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%BF%E7%9F%A2%E3%82%8A%E3%81%95
金原ひとみ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%8E%9F%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%BF


92 :金原文則:2007/01/02(火) 21:31:30
ageage

93 :金原文則:2007/01/02(火) 22:20:52
http://blog.goo.ne.jp/tazoenahoko/e/ea8c88639c12fbbc3ea0d3438e928029


94 :金原文則:2007/01/02(火) 22:34:01
age

95 :吾輩は名無しである:2007/01/02(火) 22:40:04
・複数の板に異常な数の平野スレを乱立させ
・スレを無意味に上げて
・挙句は個人のブログを直リン

ひどい。ひどすぎる。。。。

とりあえずアク禁申請しとくか。

96 :金原文則:2007/01/02(火) 22:53:27
>>95
http://www2.odn.ne.jp/~cbl47450/image/wataya%20risa%20200310a.jpg
これで許してください。
>>93は平野くんの同級生だそうです。

97 :といてまたおりなおすのがたいへん:2007/01/03(水) 00:09:57
理解はあとからくるって本当だね。
私にぶいから今頃きたのがあるよ。
そんなののほうが多いかも。
わかんなかったところまだあるけど時がくればくるんだね。

98 :へんなてぃーしゃつきてたよね:2007/01/03(水) 00:16:09
ひらのさんりーふってざっしでせんせいとたいだんしていたじゃない?あの
しゃしんのあなたのかおはやさしそうだった。おとうさんをみていたから?

99 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 01:54:58
死んだ作家のことなど、正直知らないな。平野が居なくなってからの俺が本当の俺だし、あなたに俺を認められるような信仰があるかどうか。まぁここでしかコミュニケーション取れないのはきついっ

100 :リーフしらない:2007/01/03(水) 01:57:48
理解が後から来るって、文学はそうでしょ。うん。みんなそれぞれの人生をいきてるわけだし、理解に距離があるのは当然。タイムラグと言ってもいい。時間の距離にしか文学は存在しない。

101 :群像しかしらん:2007/01/03(水) 01:59:48
平野は俺の投射だろ。てゆーかあなたを、今夜僕の父も認めていたよ。じゃ、絶え間ない愛を。…

102 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 10:50:40
わかんねーって

103 :金原文則:2007/01/03(水) 13:45:03
ageage

104 :菊川怜:2007/01/03(水) 16:13:52
わかんねーって、ひとりで文学読むのに限界があると作家の綿矢は言っている。彼女の発言くらいは、飲み込んで認識しよう。他者との距離にしか文学はない、でもいいっすよ

105 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 16:28:11
バカがバカ呼び込んでどうしようもねーなw

106 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 16:43:50
それがユダヤ性

107 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 16:52:25
>>104

綿矢って勉強嫌いで早稲田1芸入試で入ったひとですよね?

108 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 17:14:12
そうじゃないの、僕は詳しく知らないけど。あなたの方が詳しいんじゃないの。観察で書ける才能が彼女にあるんだから。

109 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 18:33:34
君のほうが詳しいでよ?

110 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 18:45:49
平野はユダヤ系だよ。クォーターらしいよ。

111 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 18:58:51
俺の方が詳しいなら、おまえ 俺と結婚するww

112 :金原文則:2007/01/03(水) 19:01:31
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E5%95%93%E4%B8%80%E9%83%8E
皆様、平野啓一郎のプロフィールに以下の文章を加えて頂きたい。
「端正なマスクをしており、デビュー当時は<茶髪にピアスの京大生。ハンサムなのに小説は難しい>などが世間一般のイメージであった。
また、『一月物語』、『高瀬川』などの作品は女性ファンの支持も高いと本人のブログ(2006-10-07)で語っている」
これ加えたら、ますます面白くなるかと。
どうか、誰かお願いします!

113 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 19:04:27
>>112
お前ほど病的なアンチは珍しい。

114 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 22:07:28
112は中村本人か? でもそのような中傷の仕方なら擁護するよ あなたの小説よりはマシでしょう           一読者

115 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 23:07:01
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E5%95%93%E4%B8%80%E9%83%8E
結局、僕自身が編集を施しました。
こんどはプロフィールと著書を編集し、<メディアへの露出>も加えました。

116 ::2007/01/03(水) 23:07:43
金原文則ですよ。

117 :ボロメロの環:2007/01/03(水) 23:13:45
それなら金原はどっちか選んだらいいのに
てゆーか本当平野さんは綿矢のこと好きなんだね 気まずいよ笑 爆笑問題のススメ見たかった

118 :金原文則:2007/01/03(水) 23:17:26
>>117
どっちか、とは?

119 :ボロメロの環@移動中:2007/01/03(水) 23:39:47
そんなの決まってるじゃん金原の立場の理性的判断じゃ平野が居ないと成り立たない世界なんだから。あなた童貞でしょ?制度とかも知らないんだよね、それ。母殺ししてないんだから

120 :吾輩は名無しである:2007/01/03(水) 23:41:39
だからあなたはカタルシスにこだわってるのね 別にカタルシスなくてもいいじゃん 三島も童貞は早く捨てよと言っていたけど、それは同意 まだ生まれてない赤ん坊と同じ

121 :金原文則:2007/01/03(水) 23:42:16
>>119
だから、どっちか、とは、何と何を選ばせているんですか?

122 :ボロメロの環:2007/01/03(水) 23:44:50
ちなみに俺は金原みたいな女が一番苦手。好嫌は表裏一体だからあいまいなものだけれどさ今は一番苦手。反抗的人間などクソくらえ。まぁ一生理解できないな、ああいう娘は。

123 :金原文則:2007/01/03(水) 23:46:44
>>122
>>121

124 :ボロメロ:2007/01/03(水) 23:52:45
何と何って 平野と中村 愛と性器と言い換えてもいいけど 抽象的かな?   物質で考えたいということですか?

125 :金原文則:2007/01/03(水) 23:59:07
ああ、ひとみの取り合いって話ですか(爆)

126 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 00:05:05
うん つまらなくてごめんね 深い話じゃなくてごめんね! 応援しています、頑張ってください。o(^-^)o

127 :金原文則:2007/01/04(木) 01:15:51
27歳の平野啓一郎、巨乳ロリコンを語る
http://web.archive.org/web/20040531023140/www.stv.ne.jp/tv/susume/rateran/search?idno=20031126120319

128 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 01:24:33
巨乳ロリコンより美貧乳ポロ

129 :金原文則:2007/01/04(木) 18:30:43
keiichiro-hirano
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E9%87%8E%E5%95%93%E4%B8%80%E9%83%8E#.E5.B0.8F.E8.AA.AC.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E8.A6.96.E8.A6.9A.E5.AE.9F.E9.A8.93

130 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 19:35:20
平野さんの本は、タイトルが決まってないのは狙いなのかな? なんか脱力系

131 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 21:32:19
週刊文春だか週刊新潮だかに、子ども達が考えた未来の携帯電話とか載ってたと思うが、ドンだけ夢が無いんだと思った。
『ドラえもん』の放送はもう打ち切りにした方が良いかもしれない。
“どこでもドア”が無くてもネットがあるし。
大長編ドラえもんも藤子氏が生前の後期は『雲の王国』で環境問題を訴えたり『ねじまき都市冒険記』で機械で体が弱くなった人間を表現したりしてた。

132 :金原文則:2007/01/04(木) 21:37:54
>>131
詳しく教えてくださいませ。

133 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 21:43:41
『決壊』にもアンパンマンが出てくるが、あれは近代的な自己肯定を表してるのだろう。

134 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 21:47:42
アンパンマン=正義のヒーローが悪を倒す
→現代では何が悪いのか分からない

ドラえもん=夢の道具を出す
→ネットでかなえられる

サザエさん、ちびまる子=ほのぼのとした団欒
→塾通い

って感じか。

135 :金原文則:2007/01/04(木) 21:52:14
平野くん、『アンパンマン』が海外ではまったく知られていないという事実をご存知でしょうかね?

136 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 21:58:57
平野が現代美術家の大竹伸郎の展覧会に行ったらしいが、『決壊』のイメージにはピッタリだな。
コーラが聖杯でモンローが女神だったウォーホルの時代と違い、現代のポップは“決壊”してなければならない。

137 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 22:07:15
あれって現代のポップだった? 出版の時はぜひその帯で!

138 :吾輩は名無しである:2007/01/04(木) 23:49:59
サザエさんよりマトリックスの方がリアルに感じるだろう。

139 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 00:57:25
それは見方による。マトリックスの愛は即物的じゃん

140 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 07:39:21
マトリックスの愛が即物的なら、都会の子どもにとってサザエさん一家の団欒はフィクション。

141 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 15:05:21
それでいいじゃん?人生なんて所詮フィクション。僕らは人生ゲームの登場キャラクターに過ぎない

142 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 20:39:25
明日出るか?

143 :金原文則:2007/01/05(金) 21:26:05
「本の読み方」でジェリコーは三三歳で夭折したって書いてるけど、実際には三二歳で死んでいる。
数年かけて資料書き集めて、執筆に日に十数時間かけることもあったらしいけど、うーん・・・

144 :吾輩は名無しである:2007/01/05(金) 22:49:31
執筆に日に十数時間って資料使うなら普通でしょ


145 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 11:17:47
さあ

146 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 19:16:01
平野がジェリコーを読んでたかは知らないが、『北斗の拳』の作者がキルケゴールの『死に至る病』とハイデガーの『存在と時間』を読んでいたのは間違いないでしょう。
「お前はもう死んでいるッ!」

147 :金原文則:2007/01/06(土) 19:26:10
>>146
>平野がジェリコーを読んでたかは知らないが

ジェリコー【広辞苑】
フランスの画家。ロマン主義運動の先駆者。大胆な手法と色彩で古典派に対抗。代表作「メデューズ号の筏」。(1791〜1824)



148 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 19:27:56
画家だったの、スマソ。

149 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 19:35:35
ロマン主義は啓蒙主義の反動として生まれたらしいが、現代ではそのような反動すら高度消費社会に取り込まれ、労働・利潤・合理性を追求するようになっているのかもしれない。
ちなみに産業革命の時の反動では、ラッダイト運動という機械破壊運動が起きたらしい。

150 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 20:00:57
啓蒙主義→ロマン主義
産業革命→ラッダイト運動
帝国主義→世紀末芸術
映画、ラジオ等→シュールレアリスム
産業資本主義→学生闘争、ポップ
高度産業資本主義、テレビ等→80年代ポストモダン文化
IT革命→平野啓一郎

151 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 20:34:51
でも、ドラクロワの絵画なんかは今見ても凄いと思う。
人間の躍動感が素晴らしい。
あれなら、近代に牽かれるのも無理はない。

152 :吾輩は名無しである:2007/01/06(土) 20:43:38
フェミニズムだって、あれは近代の要請だったわけだし、そもそも男尊女卑自体が近代の基礎を築いたデカルトの仕業。
まあ、ルソーなんかは啓蒙主義の段階から「自然に還れ」と言ってたんだけどね。
ドストエフスキーも19世紀には『罪と罰』を書いてるし。
そんなこと以前に『黙示録』というシロモノがある。

153 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 01:30:35
平野が手書きで作品書くんだったら認めるし尊敬する
一月物語とか美しいけどあれもパソコンだという時点で萎える
あと、手書きを推奨する誰だかに平野が例の自己嫌悪的に
批判しているのを見ると哀れに見える

154 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 01:42:10
>>150
平野くんも本望でしょう。
ああ、時代の徒花よ。

>>153
> 一月物語とか美しい
ふーん。まあ、人それぞれだわな。

> けどあれもパソコンだという時点で萎える
ま、これも人それぞれだな。

> 手書きを推奨する誰だかに
石川九楊かな。他にもいそうだけど。

> 例の自己嫌悪的に批判しているのを
表現が前衛的過ぎてわかりません。

155 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 05:00:17
自己嫌悪と、自己憐憫ってどっちの方が感じやすい?

156 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 06:25:23
今は自己憐憫

157 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 11:15:02
いったい何回連載だろう?
まだ殺人がおきないんだが

158 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 16:32:22
ひらのさんがけっこんするにゅーすをわいどしょーで
ながされているゆめをみた

へこんだ

159 :金原文則:2007/01/07(日) 19:43:32
>>157
1000枚の長編と自身が言っていましたから……第一回が180枚、二、三、四が各30枚として、――今300枚進んでますね。
だから、あと700枚。700枚を30枚で割ると、およそ23ヶ月。つまりあと2年連載が続きますね。

ソースはこちら。
http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/pickup/interview/hirano_k/

160 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 20:29:49
ひらのさんわいどしょーでとりあつかわれるなんて ちょうかっこいいじゃん 相手は黒髪でやけにエロティックな女の子じゃない?色白くて まじ引くわー

161 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 20:49:22
>>159

毎回30枚なの?
もっとあるんじゃない?
ページにして19か20ページぐらいあるよね?
あれで何枚?

162 :金原文則:2007/01/07(日) 21:33:51
>>161
1ページあたり何文字か計算を

163 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 22:04:29
あいてはようわからんかったけどわいどしょーでとりあつかわれるくらいやから
りささんかひとみさんちゃうかなーとそうぞうした

164 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 22:17:48
スペシウム光線と太古から言われるように、光には何かあるんだと思われる。
現代美術家の村上隆の『シーブリース』って作品は、まさに強烈な光の照射そのまんま。

165 :吾輩は名無しである:2007/01/07(日) 22:31:09
平野の場合『日蝕』も『葬送』も光と陰を意識してるっぽい。
あと、『決壊』で触覚を取りあげてるが、やはり『北斗の拳』の主人公もツボをついてるように皮膚にも何かあるよ。

166 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 03:14:24
あのさー、スレッド一つにまとめろよw
ほとんど変な電波文と盗作コピペ。
気色悪いコテ。
なんでこいつ関連のスレはこうなの?
ここだけ残して後は削除依頼だしとけよな。


167 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 07:18:40
ここは分裂病患者のためのリハビリセンターですか?

168 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 08:32:20
『ウェブ人間論』にスター・ウォーズを例に出して、ダークサイドに“堕”ちることについて語ってたが、ハッブル宇宙望遠鏡とハワイのすばる望遠鏡の観測によると、宇宙に分布する暗黒物質(ダークマター)と銀河の構成がほぼ一致したらしい。
ちなみにファミリーコンピューターの『星のカービー』にダークマターという敵が出てきた。
ファミコンは文学だったね。
スーファミから段々ゲームになってきて、プレステ辺りからはただの機械。

169 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 08:41:14
FFは人類の歴史。

170 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 08:44:21
陰と陽については、漫画家の諸星大二郎の『孔子暗黒伝』にも書かれていたが、古代インドや中国の時代から知られていたこと。

171 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 10:11:47
>>162

30枚以上はあるね
1ページ一段で28×27=756
これが2段で1512
19ページとして
1512×19を400で割っていくら?
70から80枚ぐらいは書いてる1000枚じゃ終わりそうにないが

172 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 10:48:14
ほんまや

173 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 13:16:11
>>167
いいえ。分裂の度合いを深めるための交流場です。

174 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 15:39:18
「葬送」の半分1250枚ぐらいには収めなければ読まれない
ぜひそうしてほしい
あと8回で終われ
最終回は一挙300枚掲載とかで

175 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 21:44:57
U2のベストアルバムが出てたけど、U2までがロックだった。
最後のラブ&ピースのロック。
スリップノットもアルバム出してたけど、殆んど機械のごときビート。
大脳皮質が衰えると、人に進化する前の脳が活発になるという話だが、まさにそれでした。

176 :吾輩は名無しである:2007/01/08(月) 22:16:38
横光利一も戦前に『機械』って小説を書いてる。

177 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 07:21:33
知ってるよ

178 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 08:06:20
どっちにしろ読まねえよこんなクソ作家w

179 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 08:28:36
バベルのコンピューターは三四回読んだんすけど、やっぱり本は二冊ある時があるんすよね。たまぁに。それってなんだろうって思う。デリダもそういうことは書いてないし

180 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 11:15:28
どういうこと?

181 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 12:25:27
えっと、秘密主義者なもので笑 気軽にメール平野さんにしちゃってください☆(^^)

182 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 12:29:48
何言ってんだ糞ヤロー早く死ねよ!

183 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 13:17:35
>>180 また今度言いますよなんか今は言う気分じゃないからスイマセン
>>181 図書館いってきますた

184 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 13:25:58
アンカーつけまちがえマスト

185 :金原文則:2007/01/09(火) 14:48:55
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=37408
みんなの力をちょっとだけオラに分けてくれ!

186 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 15:09:03
>>180 今なら言えるよ  神の書に合わせた大きさの人間の書がある。だから二冊。ふにゃ〜☆☆(^^)

187 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 22:18:32
“バベルの塔”と言えば、天を目指して崩れ落ちた巨大な塔の伝説がある。
今のところ、人類が最も天に近付いたのはアポロ計画だろう。

188 :バベルのコンピューター:2007/01/09(火) 22:24:44
コンピューターと言えば第三次産業だが、今の日本の第一次産業(農業や漁業)や第二次産業(工業)のおかれている状況や割合、食糧自給率に関心を持っている人間は何人いるのだろうか。

189 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 22:31:14
ポルノグラフィティが生まれる前にアポロで月に行ったとかいう感覚は平野にもあるのだろう。

190 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 22:31:54
結構いるんじゃねーの。
酒の席で富国強兵論っぽい話で盛り上がっているおっさん、よく見る。

191 :吾輩は名無しである:2007/01/09(火) 23:20:44
日本は物量で負けたと言われたが、食糧で生き延びたという点を忘れてる気がする。
アメリカですら食糧自給率はそれなりに保ってるのに。

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)