5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

村上春樹 part5 文学板からの出戻り

1 :無名草子さん:03/08/30 13:22
やれやれ

過去スレ
Part1 http://natto.2ch.net/books/kako/980/980740994.html
Part2 http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1006326491/
Part3 http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1021706960/
part4 http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1050553787/


2 :無名草子さん:03/08/30 13:24
2か、悪くない

3 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

4 :無名草子さん:03/08/30 13:25
関連スレ

村上春樹って、いったい何が言いたいわけ?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1035198156/

村上春樹『海辺のカフカ』専用スレッドPart3
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1035092436/

■■村上春樹、ノーベル文学賞への道 その2■■

http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1061461912/

『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1025143599/

村上春樹的@半角文字列
http://okazu.bbspink.com/test/read.cgi/ascii/1055735221/


5 :無名草子さん:03/08/30 13:25
関連スレ

村上春樹って、いったい何が言いたいわけ?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1035198156/

村上春樹『海辺のカフカ』専用スレッドPart3
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1035092436/

■■村上春樹、ノーベル文学賞への道 その2■■

http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1061461912/

『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1025143599/

村上春樹的@半角文字列
http://okazu.bbspink.com/test/read.cgi/ascii/1055735221/

6 :無名草子さん:03/08/30 13:26
関連スレ

村上春樹って、いったい何が言いたいわけ?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1035198156/

村上春樹『海辺のカフカ』専用スレッドPart3
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1035092436/

■■村上春樹、ノーベル文学賞への道 その2■■

http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1061461912/

『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1025143599/

村上春樹的@半角文字列
http://okazu.bbspink.com/test/read.cgi/ascii/1055735221/

7 :5:03/08/30 13:27
ごめん、私がとろかったばかりに、関連スレが2つになった。
(つまり、善意の4に遅れたおいうことね)

8 :無名草子さん:03/08/30 13:32
追加関連スレ

【クール】村上春樹風にDTPを語るスレ【感傷】
http://that.2ch.net/test/read.cgi/dtp/1044786061/

村上春樹の顔みして!

http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1046682936/

春樹について語るスレ

http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1050929302/

村上春樹新作「海辺のカフカ」

http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1029688833/

風の歌〜ピンボール〜羊〜ダンス:村上春樹4部作

http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1026395851/

■ノーベル獲りへ 春樹新作「海辺のカフカ」

http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1029734583/

春樹の限界

http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1043933291/


9 :無名草子:03/08/30 13:34
>>1
乙です・・・

よかった、よかった

10 :無名草子さん:03/08/30 13:56
一応罪滅ぼしに一般書籍の次スレに追加関連スレを張っときました
本当のpart5
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1062217370/8


11 :無名草子さん:03/08/30 20:22
僕はまたこんなスレに来てしまった。
もう二度と来まいと思っていたのに。
まあいい。
一度あけてしまったビールは飲みきるのが礼儀だ。

12 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

13 :無名草子さん:03/08/30 23:06
今週のするめクラブはサハリンてことで
まだ読んでないのですが
なんとなく寒そうだ・・・

14 :無名草子さん:03/08/30 23:10
次の長編まだあ?

15 :無名草子さん:03/08/31 01:12
1さん、乙です。

16 :無名草子さん:03/09/02 00:12
忘れ去られてるな。。。

17 :無名草子さん:03/09/02 00:19
ネタがないんだろ

18 :無名草子さん:03/09/02 08:47
やれやれ。ひどいサブタイトルだ。

19 :無名草子さん:03/09/03 21:36
夏休みが終わり、人々は去った。
僕も去ろうと思った。
でもね、けっきょくどこに行っても同じなんだ。
僕はここでまたビールを飲むとしよう。

20 :無名草子さん:03/09/04 00:13
ウダウダやってる間に、もうワケワカメ

21 :無名草子さん:03/09/04 08:51
でもね、ageないわけにはいかなかったんだ。

22 :無名草子さん:03/09/04 10:02
たとえば、夏の終わりがせつないように?

23 :無名草子さん:03/09/04 11:39
そう、夏の終わりがせつないように。

24 :無名草子さん:03/09/04 11:44
1さん、乙です。


25 :無名草子さん:03/09/04 12:37
1は何がしたいんだろう。そして、僕は何をすればいいのだろう。
オーケー、1はuzeee。そして僕はいつものように、マスターベーションに
とりかかった。

26 :無名草子さん:03/09/04 14:15
最低よ。

27 :無名草子さん:03/09/04 16:00
実にそのとおりだった。

28 :無名草子さん:03/09/04 18:15
馬鹿みたい。

29 :無名草子さん:03/09/04 22:08
そうかもしれない。

30 :無名草子さん:03/09/05 08:54
正論だ。僕たちは正論を言い合っている。

31 :無名草子さん:03/09/05 10:12
ねえ、正論をいくら積み重ねてもどこにも行けないのよ。

32 :無名草子さん:03/09/05 14:13
「それでも」と僕は言った。

33 :無名草子さん:03/09/05 20:01
やれやれ

34 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

35 :無名草子さん:03/09/05 21:20
「君は何回ここに書き込んだんだ?18回?実に少ない」
彼はつぶやいた。
「実に少ない」



36 :無名草子さん:03/09/06 20:45
ねぇ、多い少ないの基準はどこにあるの?

37 :無名草子さん:03/09/06 21:25
僕にはわからない。

38 :無名草子さん:03/09/07 21:16
僕はまた頭が痛みはじめた。

39 :無名草子さん:03/09/07 22:59
やれやれこれじゃあただのなりきりスレじゃないか。
そろそろ普通の雑談スレに戻らないか?僕はそう口に出そうと思ったが止めた。
どのみち僕が何を言おうと誰も気に留めやしないのだ。

40 :無名草子さん:03/09/07 23:03
いったい誰が、こ、こ、こんなことするんだろうね?

41 :無名草子さん:03/09/07 23:11
それはね、ただの好奇心なの。
でもね、私はからかってるんじゃないのよ。正直な気持ちを書いてるだけなの。

42 :無名草子さん:03/09/07 23:12
「そうだろうね」と僕は言った。

43 :「羊」についての主観的考察:03/09/08 02:20
 羊憑き(の人)は一時的に自失状態になるものの、状況に慣れれば、宇宙の原初に充
ち満ちていたよな躍動的な思念を手に入れ、自由自在に人と物を動かし、新しい世界
を作り出す力を得ます。正確に言うとそれを望んだのはその人でなくて、羊(ここでは
一つの冷徹な思想のメタファー)ということになりますけど。羊は羊憑きを脳腫瘍の激
痛を鞭にして、ひたすら思うがままの状況を作り出すための行動に次ぐ行動を命じて、
止まない訳ですね。

■羊が人の世の中で思うままに実現したい物とは
 それで羊が人の世の中で、思うままに実現したい状況というのは何かというと、こ
の辺は春樹さんが好んで読まれたドストイェフスキー作「悪霊」なんかに詳しいです
けど、混乱と妄動に充ち満ちたカオス的な社会状況ですね。そうゆう状況下を意図し
てもたらした人がいて、その人がそれによって手に入れることができるのは、思いの
ままの新しく、かつおぞましい「新しい国」です。
そして、そうゆう国っていうのも、往々にして独裁者を必要とする訳です。ヒトラー
然り、ムッソリーニ然り、「地獄の黙示録」のマーロンブランド然りです。★━━で
、そうゆうカリスマ的独裁者を担ぎ上げ、自分は一官僚的な参謀的人材に成り切って、
その思念の現世的な意味での組織化や仕事の実現に没頭することで、その世界におい
て重要な位置づけを獲得したいという優秀な実務能力を持つ人も良くいる訳です。★
━━豊臣秀吉が朝鮮に兵を送った時に補給の飯炊きの人件費を計算した石田三成がい
たようにですね。



44 :「羊」についての主観的考察:03/09/08 02:22
■「秀吉が死んだら、代わりが要る」現代石田三成列伝
 たとえば石田三成にとって、豊臣秀吉が死んだのって大変なことなんですよ
ね。彼の人生の計画が決定的に破綻したのは秀吉の死の瞬間ですから。そうゆ
う訳で、黒服の男は、右翼的世界における実務能力に長けた一人のbQとして
、bPのカリスマが欲しかったということになります。黒服の男は、組織の実
体とそのネットワークと資金源は丸ごと残ってるので、そこにすっぽり羊憑き
の鼠を向かい入れると言ってはいます。
 それはちょっと無理があるよな気がしますが、先生の組織の一部とそのネッ
トワークを使って新しいもう少し小さな組織を作るところから始めれば、黒服
の男が言ってる構想は十分実現可能だと思います。★━━ファシズムの小規模
な組織がどうやって大規模な党派に成長するかというのは、村上龍さんの「愛
と幻想のファシズム」の狩猟社をめぐる話に詳しいです。★━━自分が新時代
のヒトラーになる前に、自ら死を選びかつ赤と青の導線を結ぶことで、黒服の
男共々、別荘をダイナマイトでぶっ飛ばすという鼠の選んだ道は、シンドラー
のリストに匹敵するよなファシズムとの勇敢な応酬だと思います。★━━その
道を選ばざるを得なかった鼠、そしてその手助けをするしかなかった「僕」─
─この二人の孤独な闘いって、「ねじまき鳥」において闇の中の正体の知れな
い凶暴な魔物とナイフを血だらけにして闘った「僕」の強い正義の意志の萌芽
が見られるのではないかと思います。ではまたお会いしましょう。

45 :無名草子さん:03/09/09 08:53
さよなら、44。

46 :無名草子さん:03/09/09 09:44
僕は、44が何かにしっかりと守られることを祈っている。

47 :無名草子さん:03/09/09 10:56
祈ったところで、どうにもならないのだけれど。

48 :無名草子さん:03/09/09 14:14
ねえ、大変なことを告白する。
僕はこのくだらん夏の間にワキガ体質になってしまった。

49 :無名草子さん:03/09/09 15:16
最低よ。

50 :無名草子さん:03/09/09 19:38
45,46,47さん、
もしかして>>43-44の方の文章を皮肉っているのでしょうか?
しかしよく読んでください。これは本当に素晴らしい文章で、
ユーモアたっぷりに書かれているために軽く観られるのかも知れませんが、
じつは我々の人生についての深く孤独な思索の発露だと思うのです。
他人のことを非難する前に、まずご自分の虚無に満ちた生活を振り返りましょう。
そうすればわかるはずです。誰も他者の真剣さを一笑に付すことを出来るはずが
ないという確信が得られるでしょう。

51 :無名草子さん:03/09/09 19:50
やれやれ

52 :50:03/09/09 19:55
>>43-44の文章ははっきり言って難しいです。
ぼくはプリントアウトして線を引きながら読みました。
まずは皆さんもじっくり読んでみてはいかがでしょうか?
きっと得られる物はあると思います。

53 :売国奴は死ね!!:03/09/09 19:59
53 :名無しさん@4周年 :03/09/09 18:12 ID:sdTZ+cle
「週刊現代」2002年10月12日号「野中も真紀子も謝罪せよ!」(34〜37ページ)より抜粋
----------------------------------------------------------------------------
コメ支援を約束して帰ってきた村山訪朝団に抗議するため、家族らは自民党本部前で座り込みを
行った。通りかかった野中氏は、こんな暴言を吐いたという。

 「われわれは通りかかる自民党議員たちに『拉致された日本人たちを返せ』と訴えていたんです。
そのとき野中さんが何も言わずに通り過ぎたかと思うと、急にこちらを向いて、大声で、『あんたがたが
吠えても、横田めぐみなんて帰ってこないんだよ!』と言ったんです。みんな悔しくて腹立たしくて
仕方がありませんでした」(地村保さん談)


野中引退祭りは、ニュー速では鯖に負担がかかるため、ニュース実況板で祭り中!!

現スレ
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1063097913/

54 :無名草子さん:03/09/09 21:05
やれやれ

55 :無名草子さん:03/09/10 09:17
野中引退祭りなんて冷蔵庫の中でやればいいんだ。

56 :無名草子さん:03/09/10 09:39
れ、冷蔵庫の中は、さ、寒すぎる・・・

57 :無名草子さん:03/09/10 20:40
もぐもぐ















COMBO!

58 :無名草子さん:03/09/10 21:42
僕は冷静という感情が燃え上がるのを感じていた。
でも、けっきょくその火は寝る前の一杯のビールで消されてしまうんだ。

59 :無名草子さん:03/09/11 09:24
たぶん、僕の頭が悪いせいだと思うんだけど、
君の言ってることはよくわからないな。

60 :無名草子さん:03/09/11 10:33
ねえ、59。君は58の言っていることを理解しようと努めるべきだったんだ。

61 :無名草子さん:03/09/11 10:39
[


<アスペルガー症候群(自閉症スペクトラムに属す)←脳の機能的疾患(遺伝が要因)>
●変化を嫌う
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/atoz3/kado/book1/Williams-Asp.htm

●接し方のルールがわからず無邪気に周囲の人に対して迷惑なことをしてしまうことがある。人を傷つけるということには鈍感(相手の立場に立って考えられない)。
●パターン的行動、生真面目すぎて融通が利かない
 毎朝の通学電車では同じホームの同じ場所から、同じ時間の同じ号車に乗ることに決めていたりする。パターンを好むということは反復を厭わないことでもある。
●アスペルガー症候群の子どもは(大人も)感覚刺激に対して敏感。敏感さは聴覚、視覚、味覚、嗅覚、温痛覚のいずれの感覚の敏感さもありえる(特に視覚が敏感らしい)。
●アスペルガー症候群の子ども(大人も)は予測できないことや変化に対して苦痛を感じることが多い。
http://www.autism.jp/l-02-03-aspe3.htm

●独り言を言うことが多い(考えていることを口に出す)
●物事をいつまでも同じにしておこうとする欲求が強く、そうでないと非常に不安。いわゆる「こだわり」。
●自発的に行動することが少なく、興味の幅が狭い   
●物まねをしているような不自然な言語表現
●自閉症スペクトラム全体としては一万人に91人(およそ100人に1人)。
http://www.ypdc.net/asuperugar.htm

★自閉症スペクトラムの考え方(アスペルガーに至らない気質の偏りもある(遺伝性))
http://www.imaizumi-web.com/030413.html  
   
★アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)かどうかのテスト
http://twitwi.s10.xrea.com/psy/add.htm 
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/5917/as/marksheetmake.html


]

62 :無名草子さん:03/09/11 10:41
あるいはアスペルガー症候群とやらなのかもしれない。

63 :無名草子さん:03/09/11 22:20
完全に理解しようなんて人間の驕りさ。
理解できない事を理解するのが先決だね。
ソクラテスのように。

64 :無名草子さん:03/09/11 23:46
だから僕は踊り続けるんだ。

65 :無名草子さん:03/09/12 00:29
いつも思うんだが、
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'
これほどぴったりな言葉というかAAはないと思うのだが。

66 :無名草子さん:03/09/12 08:44
悪くないペニスだった。

67 :無名草子さん:03/09/12 14:31
大丈夫です。心配しないでください。ただのフェラチオですから。

68 :無名草子さん:03/09/12 21:49
そうやって僕たちはいつまでも犬の漫才を続けるんだ。

69 :無名草子さん:03/09/13 17:15
「なぜペニスのAAなの?」
「良いスレは面白いAAとネタを読めるものなんだ」

70 :無名草子さん:03/09/13 21:57
そういうと僕はタバコと純粋理性批判を持ってベッドに入った。
カントはあいかわらず立派だったがタバコは粘土でつくったロールパンのような味だった。

71 :無名草子さん:03/09/16 08:44
粘土でつくったロールパンのような味をうまく想像できなかったけれど、
僕はageることにした。

72 :無名草子さん:03/09/16 09:38
致命的な想像力。

73 :無名草子さん:03/09/16 15:56
「致命的な想像力」と僕は声に出して言ってみた。

74 :無名草子さん:03/09/16 16:05
最近の2ちゃんねらーはみんな礼儀正しくなったんだ。
僕が学生の頃はこんなじゃなかった。
2ちゃんねらーといえば、みんな引きこもりをやっていて、半分くらいが社会不適合者だった。
でも時々ひっくりかえるくら凄いレスが読めた。
僕はいつも2ちゃんねるに通ってスレを読んでいた。そのひっくりかえるようなレスを求めてだよ。

75 :無名草子さん:03/09/16 21:12
求めることは与えることと同義なんだよ、けっきょく。
だから僕は書き込みを続けるんだ。

76 :無名草子さん:03/09/16 21:35
そ、そ、それも何だか、じ、自己満足的な考え方だねワ、ワタナベくん?

77 :無名草子さん:03/09/16 22:07
みんな物まねをする事しか出来ないんだ。
そうする事によって君たちは何を得て、何を失うのか、
僕には見当もつかなかった。

78 :無名草子さん:03/09/16 22:28
物まねというのはとても形而上学的な問題なんだ

79 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

80 :無名草子さん:03/09/17 00:56
やれやれこのコピペは毎回一体何がしたいんだ

81 :無名草子さん:03/09/17 09:53
考えなさい。考えなさい。考えなさい。なにしろ時間はたっぷりあるんだから。

82 :無名草子さん:03/09/17 21:28
たっぷりあるはずの時間が限りあるものと知ったとき、ようやく時間が流れ始めるんだ。
でも僕の目の前には終わりがせまってきている。

83 :無名草子さん:03/09/18 08:49
「わかった。執事が犯人だ」と僕は言ったが誰も笑わなかった。
面白くない冗談なのだ。

84 :無名草子さん:03/09/18 10:13
「ナカタは頭が悪いので冗談だとは気づきませんでした」

85 :無名草子さん:03/09/18 10:18
「俺っちもおもしろくなかったよ、83はDQNだからほっときな」と星野青年は言った

86 :無名草子さん:03/09/18 16:14
       ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \  
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   > 我々MMRがこのクソスレを
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__  乗っ取らせてもらうパート2!!
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    / 
       l   `___,.、     u ./│    /_
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l    .\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、  _/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     | l. /    |=  ヽ/ | .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」
      l.    | l./     .!    / | i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |. .!    .|  /  .!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |  l.    .| /   | i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |   l    .|/     !│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7
        l  |   l   ./     .| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |     l  /     .|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |    .∨      !   /ヽ::: `:::    ::::  ...


87 :無名草子さん:03/09/18 18:56
このスレでは何があったんだ?


88 :無名草子さん:03/09/18 23:37
さぁ

89 :はるきち:03/09/19 00:42
「風の歌」を始めた読んだ時、おぉ、どしたらこんな文体が作れるんだとうなったも
のです。それからそうかこんな風に小説って書けるんだって感動も。そしたら芥川賞
候補に挙がった時、吉行さんと丸谷さんが、同じような文体を作り出す春樹さんの力
のようなものに言及していて、成る程、玄人が読んでもかなり精巧に出来上がったマ
シンなんだ、これはと感心した記憶があります。これってつまりペンギンブックスを
手当たり次第読み漁ってお作りになられた文体なんですよね。随分経ってから、春樹
さんがヴォネガットを初めて読んだ時に「おぉ、こんな風に小説が書けるんだ」と感
動したという話(確かに「風」3部作は似てるとこある^^)を聞いて、うーむ、そうい
う感動は代々というか、世代毎にやはりあるところにはあるんだという感動を逆に受
けたことがありますね。僕らの感動はヴォネガットさんの孫「感動」な訳ですよ、つ
まり代々来てる訳ですね。春樹さんはカポティは相当はまってらっしゃったよですよ。

90 :はるきち:03/09/19 00:44
「冷血」への興味がなくちゃ、「アンダーグランド」の刊行も、「心臓を貫か
れて」の訳出はともになかったはずですし、処女作の「風の歌を聴け」のタイ
トルがすでに「何も言うまい。何も考えるまい。風の音に耳を澄まそう」なる
カポーティの引用から引いてる位です。PS1、原文を読まれた春樹さんのカ
ポティの文章力に関するコメントは尋常でないものがあります。表現はちがう
けど、1行2行でびびびと来る位に反応されたように書かれてますね。ちなみ
に日本語訳だけど「冷血」の文体ってすごく面白いですね。事実からその悲劇
的な物語の手触りをぐいぐい導き出す賢い眼が「あるある(!)」って感じです
。僕ちなみに春樹さん以外だと、ヴェルレーヌさんの詩にびびびってくるかな
。あ、割と好みが古風な物で。秋の日のビオロンのひたぶるにうらがなしなん
て。PS2、本当に好きなのは堀口大學訳ですけど^^。

91 :無名草子さん:03/09/19 22:43
上田敏 「落葉」(海潮音・ヴェルレーヌ)
秋の日の ヰ゛オロンの ためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し。

92 :無名草子さん:03/09/22 08:52
そんなのってないぜ。

93 :無名草子さん:03/09/22 09:21
ねえ、このスレでは雑談をしたくないというあなたの気持ちはわかるんだけど、
だからってこんなふうに、なりきりレスでスレを埋め尽くすことはないじゃない。

94 :無名草子さん:03/09/22 10:11
たまに語れる信者が来たって
さっぱりなヤシしかいないんですよ

何々の影響下にあるだとか完全に興味なし。
10代にしろ、20代にしろ。


95 :無名草子さん:03/09/22 10:24
考え方の違いでしかないのだ。

96 :無名草子さん:03/09/22 11:58
「長文というのは、他人に読まれないことを前提として書かれるのよ」
「君は君の年にしては、ひどくペシミスティックな考え方をするね」

97 :無名草子さん:03/09/22 12:14
それはペシミスティックというより、間違いなく間違った考え方だと僕は思ったけれど、
結局、考え方の違いでしかないのだろう。

98 :無名草子さん:03/09/22 14:25
本気で春樹を語りたいのなら文学板に逝くべきだろう。
しかしあっちのスレはdでもないスレタイだがな。

99 :無名草子さん:03/09/22 15:40
ヴァギナ。やれやれ、なんてくだらないタイトルをつけるのだろう。
昔の2ちゃんねらーは、もっとまともなタイトルをつけたものだ。

100 :無名草子さん:03/09/23 18:46
ふうむ、100か。
そう思うと僕は少し頭が痛くなってきた。

101 :無名草子さん:03/09/24 08:52
頭が痛くなってもageるんだよ。ageつづけるんだ。意味なんて考えちゃいけない。

102 :無名草子さん:03/09/24 15:35
それはとても難しいことのように思えるけれど?

103 :無名草子さん:03/09/24 22:26
難しいとか、難しくないとか、そんな問題じゃないんだ。
僕らはageつづけなくてはならないんだ。
好むと好まざるにかかわらず。

104 :無名草子さん:03/09/24 23:02
104か、104というナンバーはときに、僕をとても憂鬱な気分にさせる。
たとえば、それは街のはずれの公園に佇む一本の柊の木。
あるいは、誰にも利用されることなくうち棄てられた、一台のベンディング・マシーン。


105 :無名草子さん:03/09/25 08:48
馬鹿みたい。

106 :無名草子さん:03/09/25 10:12
と彼女は言ったが、僕は聞こえないふりをした。

107 :無名草子さん:03/09/25 17:49
「ねえ、こんなことして何になるの」と彼女はいった。

108 :無名草子さん:03/09/25 22:09
なんでもないよ、ただの自己確認さ。
そう思ったが口にしたとたん意味を失う気がして僕は黙っていた。

109 :無名草子さん:03/09/25 22:22
こういうのを見ると「僕」の感性がいかにキモイかを突きつけられるようだ

110 :無名草子さん:03/09/25 22:27
109は何をいってるんだ?
僕の頭は混乱してまともなことが考えられなくなっているようだった。

111 :無名草子さん:03/09/25 23:28
よれよれ

112 :無名草子さん:03/09/26 02:37
あーむ。

113 :無名草子さん:03/09/26 08:45
ユミヨシさん、ageだ。

114 :無名草子さん:03/09/27 02:31
「わからないな」と、僕はつぶやいた。

115 :無名草子さん:03/09/27 03:25
「『わからないな』。あなたって本当に面白い話し方をするのね」
と、彼女は言った。

116 :無名草子さん:03/09/27 03:46
おもしろいかおもしろくないかは
結局それぞれの感じ方でしかない。
ぼくはあえて言葉にはしなかった。



117 :無名草子さん:03/09/27 04:33
彼女は眉をしかめるようににして僕を見て、そのまま何も言わずに歩いていった。

118 :無名草子さん:03/09/27 14:57
その女の中の人「うわーやばいよコイツ、春樹感性入ってるよ。風邪の歌を聴けとか好きなんだろうな」

119 :無名草子さん:03/09/27 18:12
でも、顔は悪くないな、と僕は思った。

120 :無名草子さん:03/09/27 19:09
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1059133802/

121 :無名草子さん:03/09/28 12:46
村上春樹にメールでも、手紙でもいいから書きたいんだけど、
一体どこに出せばいいんでしょうか?

122 :無名草子さん:03/09/28 18:06
>>121
海辺のカフカ発売時にメール受付して春樹がそれに答えるっていうイベントがあったけど
もう終了してしまった。朝日堂も終わったし、どうすればいいだろうな。
新潮社あたりにどうすればいいかメールしてみれば?

123 :無名草子さん:03/09/28 19:24
「春樹にメールを出すのは『不可能』と『非常に困難』の中間あたりに
位置する行為なんだ」と彼は言った。


124 :無名草子さん:03/09/28 20:14
>>121
新潮社宛でよいそうです

いったん担当者が預かって春樹さんに届けるとの事
あとナマモノはご遠慮くださいだって

ソースは少年カフカ

125 :無名草子さん:03/09/28 21:22
せんべいでも送っとけ

べつに講談社でもどこでもつき合いがある出版社なら届けてくれるはず

126 :無名草子さん:03/09/29 10:18
子猫の腹切り裂かれる=周辺で類似2件−長崎(時事通信)
 28日午前10時20分ごろ、長崎市高丘の市立大浦中学校の裏門前路上で、
生後間もない子猫が刃物のようなもので腹を切り裂かれ死んでいるのを、同校の男性教諭が見つけ大浦署に届け出た。
現場周辺では、類似の動物虐待が2件発生しており、同署は動物愛護法違反の疑いで捜査するとともに、
他の2件についても同一犯の可能性があるとみて調べている。 


127 :無名草子さん:03/09/29 12:14
ジョニーウォーカーの仕業?

128 :無名草子さん:03/09/29 23:23
中田さんに退治してもらうしかないな?

129 :無名草子さん:03/09/30 00:13
中田は頭が悪いので。
ジョニーウォーカーさんの気持ちなど
分からないのであります。

130 :無名草子さん:03/09/30 10:00
参ったなあ。俺っちもよくわからないよ。

131 :無名草子さん:03/09/30 17:46
いつまでマネしてりゃいいんだ

132 :無名草子さん:03/09/30 21:41
中田はピルを大量に降らせるであります

133 :121:03/10/01 06:38
みんな、ありがとう。

134 :無名草子さん:03/10/01 08:45
やれやれ。ありがとうなどと言われたのはいつ以来のことだろう。

135 :無名草子さん:03/10/01 22:33
↑お前は人に感謝されてやれやれっていうのかよ
春樹オタは言語障害だと思われるからバカは書き込むな

136 :無名草子さん:03/10/01 23:35
踊るんだよ。

137 :無名草子さん:03/10/02 03:18
僕はageてみた。

138 :無名草子さん:03/10/02 11:06
やれやれ、>>135は何を本気になって怒ってるんだ?

139 :無名草子さん:03/10/02 14:33
結局のところ、僕がいくらageても意味のないことだったのだけれども。

140 :無名草子さん:03/10/02 19:36
いや、そうは思わないけど。

141 :無名草子さん:03/10/02 19:41
この間ジョニーウォーカーっていうウイスキーを発見した。







だからどうしたんだと言われるかもしれないが。

142 :無名草子さん:03/10/02 20:17
だからどうした。

143 :無名草子さん:03/10/03 08:50
「だからどうした」と僕は言ってみた。

144 :無名草子さん:03/10/03 08:55
言ったところで何がどうなるというものでもないのだけれど。

145 :無名草子さん:03/10/03 11:09
>>135
ねえ、135さん。アイロニーを解さない135さん。
世界は、君が思ってるほどナイーヴでもイノセントでもないんだよ。

146 :無名草子さん:03/10/03 15:15
どんどん気持ち悪くなってまいりました
いくらなんでももう限界です

147 :無名草子さん:03/10/03 15:32
ここでもどすなよ

148 :無名草子さん:03/10/03 16:03
145のカタカナ単語のせいでキモさが爆発的に上昇(

アイロニー ナイーヴ イノセント

春樹的感性は果たしてどこまでキモくなれるのか、みんなの更なる奮闘を期待
↓ガンバレ

149 :無名草子さん:03/10/03 23:59
ちんこび〜んび〜ん

150 :無名草子さん:03/10/04 00:47
10/3に世界の終わりに旅立った私はどうなったのでしょうか?

151 :無名草子さん:03/10/04 16:55
死ぬ前に狙った女と3回やってるし
ピンクのブタ女はなぜか惚れてくれて部屋まで住むとかほざいてるし
モテモテで逝ったんだから安らかに永眠だろ

152 :無名草子さん:03/10/04 20:47
森の中でセックスしまくりだよ

153 :無名草子さん:03/10/05 11:58
ピンクのブタ女=林家パー子

154 :無名草子さん:03/10/07 22:22
>>153
すると老博士=林家ペー?

155 :無名草子さん:03/10/08 00:22
「トニー滝谷」
映画化!

たのしみです〜

>>153-154
ヒエー

156 :無名草子さん:03/10/09 02:51
右のポケットに埋もれていた銀のコイン。
これではメシも喰えないな・・・

157 :無名草子さん:03/10/09 04:00
海外リードメール特集です。
これからは完全無料のメール受信で稼ぐ時代です。
これらは登録無料でかつメール受信(メール中のリンクをクリック)とHPのPaid2Clickのバナーをクリックするだけでお金がもらえます。
また紹介者を増やすことで収入は格段に上がっていきます!
日本語での登録解説も作成しました。
月に100万も夢ではありません!!!
詳しくは↓↓↓をクリック!
http://www.geocities.jp/hajimenotamago/hajimenotamago.html


158 :無名草子さん:03/10/09 07:11
「海外リードメール特集?」
僕は声に出して言ってみた。
それは、たとえば尖閣諸島の領有問題のように、
僕にはまったく理解できないことのように思えた。

159 :無名草子さん:03/10/09 16:22
春樹の他に日本の現代小説のおすすめおしえて。
ちなみにフィッツジェラルドよりはカポーティが好きでオースターは駄目だった。

160 :無名草子さん:03/10/09 18:11
>>159
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pastel/1962/minami.mp3

161 :無名草子さん:03/10/12 21:25
ナカタさんか?

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20031012-00000303-yom-soci

162 :無名草子さん:03/10/19 21:22
「ねじまき鳥」読了しました。
今まで読んだ本でいちばんおもしろかった。

1「ねじまき鳥」
2「カラマーゾフの兄弟」
3「夜の果ての旅」

という順位です。
村上春樹を読んだのは初めてです。
(「心臓を貫かれて」を読んだことはある)
次は「ハードボイルド」を読むつもりです。
こんな私におすすめの本(内外問わず)は何でしょうか?

マジレスお願いします。


163 :無名草子さん:03/10/20 00:01
2と3のせいで何を薦めるべきか分からなくなりました

164 :無名草子さん:03/10/20 12:54
>>162
春樹の作品内でならとりあえずハードボイルド→カフカ→70年代3部作でいってみては?

165 :無名草子さん:03/10/22 18:32
一年遅れでカフカ読んだ。

「・・・おっぱいむちむち、肌はつるつる、腰はくねくね、あそこはぐしょぐしょ、ばりんばりんの
セックス・マシンだ。車にたとえるならば、まさにベッドの四輪駆動、踏み込めば愛欲のターボ、指
が包むは怒濤のシフトノブ、さあコーナーだ。とろけるギアチェンジ、よしきた追い越し車線まっし
ぐら、行くぞ、行くぞ、ホシノちゃん見事に大昇天だ」

この部分読んで村上春樹が壊れたかと思いますた(w
ケンタッキーに怒られなかったの?

166 :無名草子さん:03/10/22 20:58
むしろ春樹もこういうのが書けるようになったかと感慨深いものがあった

167 :無名草子さん:03/10/22 23:57
↑50のオッサンがこんなの書いちゃダメ

168 :無名草子さん:03/10/23 13:41
>>166
満腔まくわうり

169 :無名草子さん:03/10/28 17:49
>>162
ねじまき鳥の何がどう面白かったのか教えていただけないでしょうか?
一週間かけて読み終えたのですが私には作者が何を言いたかったのかも
一体どこが面白かったのかもさっぱり分かりませんでした。
というか何故こうなったかという理由が全くわからず
ストーリーを良く理解できませんでした。

どなたかサルにでも分かるように簡単に説明してください。よろしくお願いします。

170 :無名草子さん:03/10/28 17:56
サルにはわかりません。

171 :無名草子さん:03/10/28 18:28
「小説を簡単に説明しろ」なんて言う奴は読まないほうがいい。

172 :無名草子さん:03/10/29 01:25
ねじまき鳥は読んでて面白いよ。
ノモンハンや動物園、強制収容所とかの、自分が望んでもいないのに
異国の地にいるっていう、現実感の喪失や切なさが心に残るね。

173 :無名草子さん:03/10/29 23:10
そんなもんドキュメンタリーやニュースでさんざんやってるのに
小説にしてるだけで何か特別なことを言ってるように感じるのは低能春樹オタだけ
んで出てくる奴らは見えない大きな力でどうにかなってるとか
嫁が失踪してヤリマンになっても私の意思ではないような感じが云々とか
主人公はいつものとおり純粋できれいな自分をアピールしまくり
まさに最高傑作

174 :無名草子さん:03/10/30 02:18
ねえ>>175、スレはみんな腐っていく。そうだろ?

175 :無名草子さん:03/10/30 09:25
>>174
そうかもしれない

176 :無名草子さん:03/11/03 01:31
『ノルウェイの森』を読むたびに思うのだが、
作者は小林緑とレイコを破滅させた女の子を同一人物にしようと伏線をはりまくっていたのに、結局やめたのは何故なんだろう?
あれだけ露骨に伏線だらけにしながら、レイコが上京したさい緑と劇的に出会うかと思いきや出会わずに話をあっさり終わらせてしまったのはなんだかなぁ。

177 :無名草子さん:03/11/03 02:18
面倒臭かったからだろ。

178 :無名草子さん:03/11/03 02:39
同時存在?

179 :無名草子さん:03/11/03 15:08
つうかそんなことまったく思わなかったのですが
みんな176みたいなこと思ってたの?

180 :無名草子さん:03/11/03 16:07
そんな伏線あったか?
それ以前に>>176のように物語が進行したところで
何かが広がるようには思えないが。

181 :無名草子さん:03/11/03 21:20
もちろん推測の域を出ない、と断った上で、

レズの女の子と緑の類似点
・中高一貫の女子校
・時間経過を考えて、年齢のほぼ一致
・背中をさすられると感じる(緑の「背中が感じる」というセリフは前後の話の流れと無関係に強引に挿入されているし)
・嘘をつく(父親がウルグアイに行っているなど)
・レズの子のセリフ「淋しいの、先生しかいないの。捨てないで。本当に淋しいの」と同じようなセリフを緑も言う。また口調が良く似ている。
・親から愛情を受けたことがない

俺の読みとしては、作者の当初の予定で緑は「裏にかなりドス黒い人格を抱えた腐りきった」少女として徐々に本性が表れる感じだったのではないだろうか。
(例えば、「緑の姉」が果たして実在するのか極めて疑わしい)

ノルウェイの森は蛍の長編化ということで作者はかなりの大長編の予定でいたがなんらかの理由で、作者は予定より作品を短くすることにしたのではないか。
そのため緑の父親の謎の遺言を伏線に使ったエピソード、レイコと緑が出会うシーンなどは丸まる削除し、ハツミと永沢のエピソードも短くさらっと流し、美術大学の油君という新キャラも本編で使うことはやめ、きりのいいところで小説を終えることにしたのではないか。

182 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

183 :無名草子さん:03/11/03 22:42
僕は今もマカロニサラダ的世界から抜けだせないでいる。やれやれ。

184 :無名草子さん:03/11/04 00:50
レイコ=死のイメージ、緑=生のイメージ、だから合わせてしまうとおかしくなんない?

185 :無名草子さん:03/11/04 15:38
ミステリの読みすぎだ
真性レズの超美少女と淫乱女の時点で違うよ、緑がメッチャ綺麗って描写もないし

186 :無名草子さん:03/11/04 16:25
>ミステリの読みすぎ
そうかも知れない。
まあ村上春樹が好きな読者のなかで小林緑は人気があるようだし、あまりうがった見方をすると怒られそうだが、しかしやっぱり緑は胡散臭い。

緑が胡散臭い人間に読めるのは、緑の口調にも言える。
レイコや直子の「」つきのセリフを読者が読む速度と、
緑のセリフを読者が読む速度は、明らかに異なる。
つまり作者は、読者が直子のセリフはゆっくり、緑のセリフはさっさと読むように「意図的に文体を設定」している。
これが緑の話が全体的に嘘臭く感じられ、さらに緑の人格を疑わせるような仕掛けになっているというのは深読みのしすぎか。
緑の話の内容というのは、総じて「小ネタの寄せ集め」であって、緑の姉も彼氏も虚構の存在である臭いがぷんぷんする。

少なくとも、村上春樹は鈍感な作家ではないし、緑が「背中をさすられると感じる」と言うセリフなどを書いた時点で、レズの女の子を想起していないはずがないんだがなぁ。

187 :無名草子さん:03/11/04 19:05
そろそろキショイなって思ってきたのですが

188 :無名草子さん:03/11/04 23:17
読み返してみたら緑=同性愛の女の子って確かにちょっと思うかも

189 :無名草子さん:03/11/05 00:12
それ以前にそう思って読んでるだろ(w

190 :無名草子さん:03/11/05 08:46
蛍:ノルウェーの森=ノルウェーの森:まだみぬ新作
ってことないかなあ。
結局ノルウェーの森はその後に続く5編くらいの小説の第1章め
にすぎなかったとか。

191 :無名草子さん:03/11/06 07:32
春樹訳「心臓を貫かれて」読んでいるが、様々なこと考えさせられるし、何より涙がとまりません・・・

春樹の小説よりいいよ。

192 :無名草子さん:03/11/06 16:05
スプートニクの恋人を最近読み終えました。
二回ほど読み返したのだけれど、結局もう一つの重なるようにけれど
つながらないもう一つのミュウの片側のある世界と、物語を語る彼の
関係が最終的にどうなったのかがわからない。うーん、、、

最後の最後で彼はあちら側に行くことを拒否して、帰ってくる。
その後、どうしてあの彼の”そのうち後悔”に関するエピソードが
でてきたのか、どうして電話の夢(とは言いがたい描写含めて)が
あったのか、ミュウはまた更に失った感じがするけれどそれは何があったのか

謎が多くて悩む、、、、、、、


193 :無名草子さん:03/11/06 17:00
>>167
源一郎なんてこんなんばっか書いてる。
つか、カーネル・サンダースのところは源一郎っぽいとかって思ったの
俺だけかな?

194 :無名草子さん:03/11/06 20:15
いれいれ

195 :無名草子さん:03/11/07 09:13
やれやれ。194は冗談を言っているのだ。

196 :無名草子さん:03/11/07 10:58
星野くん、なかたはもう眠いです

197 :無名草子さん:03/11/07 11:22
>>196
よぉ、おじさん、ここで寝られちゃ困るよ。
もう少し我慢してくれよ。

198 :無名草子さん:03/11/08 01:12
羊男はメタファーでもなくて、羊男としての羊男的存在でしかないんだと思う

199 :無名草子さん:03/11/08 02:09
いきなりであれなんですけど、どなたか村上春樹のことを
吉本隆明が批評してる本の題名しりませんか?

200 :無名草子さん:03/11/08 15:15
春樹さんが
昔の吉本さんの記事を
発見したはなしならエッセイにあるけど・・・

201 :無名草子さん:03/11/08 23:01
何かみんな難しいこと考えて読んでるな
村上春樹の良さって、意味を考えずに軽く読めるところだと僕は思うけどね

202 :無名草子さん:03/11/08 23:04
「翻訳夜話 サリンジャー戦記」文春新書 読んでる。

これ読むと「キャッチャー・イン・ザ・ライ」を読み返してみたくなる。
ふふんと思わせてくれる。

203 :無名草子さん:03/11/09 02:46
みんなが好きな村上春樹
とかってタイトルで批評本でてなかったっけ


204 :無名草子さん:03/11/09 03:00
宝島社の「僕達の好きな村上春樹」?
宮部やら京極やらと一緒に最近出たやつ。

205 :無名草子さん:03/11/09 11:43
超ど級のフェラチオ

206 :無名草子さん:03/11/10 01:11
>>199
吉本隆明なら『新・書物の解体学』じゃない?
確か、『ノルウェイの森』を日本文学史上初の「性器愛」を描いた小説とか説いていたんじゃなかったかな?
『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』については、「読者も作者もお疲れ様」とか煙に巻いていたような記憶が……

207 :199:03/11/11 01:02
>>200,203,206
レス、ありがとうございます!
助かりました。
早速探してみますね〜

208 :無名草子さん:03/11/12 00:50
>199
マジレス、スマソ。
「ハイ・イメージ論T」所収「像としての文学」に「蛍」が取り上げられてて、
しかもかなり好意的な評。

あと、「マス・イメージ論」所収の「解体論」には「羊」が取り上げられてて、
こちらもたぶん好意的。

「お疲れさん、作者さん、お疲れさん、読者さん」という表現が確かに「新・
書物の解体学」にあったと思うけど、個人的には煙に巻いていたようには感じ
なかったな。吉本は春樹をすごく買っているから、逆に苦言は苦言としてきっちり
言っておく、というような印象があった。

吉本に関して言えば、春樹を、現存する世界一の作家かも知れない、みたいな
ニュアンスで言ってる文章もある記憶がある。個人的にふたりともファンなんだ
けど、さすがにちょっと驚いた。

209 :無名草子さん:03/11/14 04:29

村上春樹的海外サッカー

ttp://sports4.2ch.net/test/read.cgi/football/1045493246/


210 :無名草子さん:03/11/15 19:00
ねじ巻き鳥の加納マルタとかって叶姉妹がモデルなの?
実際、春樹は高級売春婦時代の姉妹を買ったんだろうか?

211 :無名草子さん:03/11/15 21:04
>>162
おまえダメだ

212 :無名草子さん:03/11/16 19:46
「蛍」=「ノルウェイの森」の一部ってこと?

213 :無名草子さん:03/11/17 14:44
誰かTOTOの``Africa"を聞いて、村上春樹の小説を歌にしたら
まさしくこんな感じだ、と思った人いませんか?
「I seek to cure what's deep inside,
frightened of this thing that I've become」のあたりとか特に。
逆に、村上春樹はこの歌を小説化したいのか、と思うくらい近い気がする。

214 :無名草子さん:03/11/18 23:06
オークションの自筆の原稿ってどうなんですか?本物?

215 :無名草子さん:03/11/20 04:54
数あるヒロインの中で、すみれが一番僕の心に残った。
最後の電話ですみれは、「僕」の元に帰って来たんだと思う。



216 :無名草子さん:03/11/20 10:57
>>215
同意。

217 :無名草子さん:03/11/21 14:28
わからない。

218 :無名草子さん:03/11/22 00:34
神の子ども・・・という短編集の中に、「UFOが釧路に降りる」というのが
ありましたけど、
あれ、ノルウェイやねじまき鳥のように、長編になって欲しいと思います。
ちうか、そういう予感が少しある。

なぜなら、
あの短編ではUFOなど全く関係ないから。ユング心理学のネタとも被せ
られると思うし、なにしろあの雰囲気が良かった。

219 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

220 :無名草子さん:03/11/22 18:42
スプートニクの良さが分からない私は逝った方が良いのでしょうか?
他の作品は好きだけどあれはちょっと...

221 :無名草子さん:03/11/22 19:03
俺もスプートニク、カフカは分からん。
全作品集7(かな)のあとがきでスプートニクの背景に少し触れてるよ。

222 :無名草子さん:03/11/22 23:27
スプートニクは実験的な事もかねて書いた作品みたいだ。
すみれのフロッピーディスクとかで文体を変えたりとか。
少年カフカで確か書いてたのを見た。

223 :無名草子さん :03/11/23 01:28
http://homepage.mac.com/mikkemac/abe/index.html

224 :無名草子さん:03/11/23 11:22
今日から「ノルウェイの森」を読み始めたので記念カキコ

225 :無名草子さん:03/11/24 13:15
なあ、お前らが村上春樹を読むようになったきっかけはなんだ?

226 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

227 :無名草子さん:03/11/24 17:37
>>225
なんだったっけ。。。(汗

228 :無名草子さん:03/11/24 18:07
>>225
そこに春樹の本があt

229 :無名草子さん:03/11/24 18:07
さて、話題も尽きてきたし、貴様らクズどもに新作の情報を教えてやるか。


・・・んが、その前に、ちとクソ垂れてくるわ

230 :無名草子さん:03/11/24 19:33


             ___
.            |(・∀・)|
.            | ̄ ̄ ̄   ジサクジエン王国
         △
        △l |
   __△|_.田 |△_____
      |__|__門_|__|_____|_____




231 :227:03/11/24 22:59
あ、
斉藤美奈子さんの
カフカ評読んでからだった気がする

図書館に来た女がどうのとか
書いてたっけ

232 :無名草子さん:03/11/24 23:28
>>229
まだくそ終らねーのかよ
早く新作情報教えろや、ごるぁ

233 :無名草子さん:03/11/25 19:31
>>226
                  .ノ′    } 〕    ,ノ           .゙'┬′   .,ノ
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    l8'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .と     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

234 :無名草子さん:03/11/25 23:15
ある漫画を読んで村上春樹に興味を持ったんだが、
初めて読むならこれがいいってのある?

235 :無名草子さん:03/11/26 00:12
>>234
スレ見なおしてみ、
で、ある漫画って何?

236 :無名草子さん:03/11/26 02:47
ねじ巻き島ってのがよさそうだな。
>>235
ある漫画とは「谷仮面」の事だ。

237 :無名草子さん:03/11/26 10:18
村上春樹訳の「ライ麦畑」は読んだ?

238 :無名草子さん:03/11/26 11:55
村上春樹って途中までものすごく面白そうな展開になるんだけど、
風呂敷を広げすぎて結局は精神面に逃げている感じがする。
ねじまきは井戸の底・カフカだと森の中とかの出来事で問題解決など。
すごく大きな問題を抱えてもなんだかんだで
主人公が「そうなんだ」と一人納得して終りってパターンばかり・・・

村上春樹の小説は好きなんだけど愚痴ってみる。

239 :無名草子さん:03/11/26 21:01
>>230
> 村上春樹って途中までものすごく面白そうな展開になるんだけど、
> 風呂敷を広げすぎて結局は精神面に逃げている感じがする。

この人は良い物語を構築しようという意欲よりも、自身の精神的リハビリ
のために小説を書いているような印象が俺、強いですね。だから「逃げてる」
というよりは、その物語で言いたいことは言ったからもういいや、みたいな。

240 :無名草子さん:03/11/26 22:34
>>239
なるほど、確かに逃げているという表現は的はずれかも知れないですね。
でも、やっぱり風呂敷をしまえない感は拭えない。
作者が満足しても読者置いてけぼり。自慰的小説と位置づけてもいいのかなぁ?

「世界の終わりと〜」は片方の世界があっちだからうまくまとまっているんだけど、
他の作品だと???になる。

241 :無名草子さん:03/11/27 01:31
やれやれ

242 :無名草子さん:03/11/27 17:02
( ´_ゝ`)

243 :無名草子さん:03/11/27 19:10
ダンスダンスダンス読みますた。
六個の白骨の最後は誰何ですか?
読んだ限りでは答えは出てないような気はするのですが
見落とししてますかね?
羊男、ユキもしくはヨシユミさん?
まさかディックノースの奥さんとか…

244 :無名草子さん:03/11/27 19:36

                  .ノ′    } 〕    ,ノ           .゙'┬′   .,ノ
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    l8'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .と     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

245 :無名草子さん:03/11/27 21:03
>>243
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1026395851/253-287

このあたり参考になるかな?
自分はまだ読んだことない。。。

246 :無名草子さん:03/11/27 23:37
かえるさん。

247 :243:03/11/28 00:02
>>245
サンクスです!
皆さんに色々な意見は面白かったです。
ってかユミヨシさんだったw
しっかし結局誰なんでしょうね。

248 :無名草子さん:03/11/28 04:14
>>247
なんかキモイ奴がニヤニヤしながらレスしてるよ、おい。
仲間になれたとか勘違いしてんじゃねーのコイツ。

249 :無名草子さん:03/11/28 12:27
>>248
そんなに毒づくなよ。

250 :無名草子さん:03/11/28 20:27
エッセイはつまらん

251 :無名草子さん:03/11/28 21:24
>>250
前は結構好きだったんだけど、最近説教くさくなったな。

252 :番長:03/11/28 21:49
248、あんたも勘違いすんじゃないよ。焼きそばパンと牛乳買って来な!

253 :無名草子さん:03/11/29 04:49
>>251
最近のって何?村上ラヂオか?あれは確かに今一つだった。
最近(カフカ以降)はエッセイもとんと見かけなくなった気がするが、
メールのやり取りでエッセイにも結構煩わしい問題があるっつってた
もう新しい連載はないのかな。

朝日堂は一番新しいのも結構良かった。

254 :無名草子さん:03/11/29 09:16
村上春樹は糞

255 :無名草子さん:03/11/29 14:33
妄想彼女

256 :無名草子さん:03/11/29 15:24
やれやれ

257 :無名草子さん:03/11/29 15:50
村上作品ほとんど読んでしまった。
早く次ぎを出してくれないのかな。
それまで何を読めばいいんだー。
村上作品に変わるものを探すのは難しいよ・・・。

258 :無名草子さん:03/11/29 16:43
こういう幸せな馬鹿もいるんだな

259 :無名草子さん:03/11/29 18:22
村上春樹は友達になりたくないタイプだ

260 :無名草子さん:03/11/29 21:30
>>257
ただお前が本を読んでないだけなんじゃねーか
他の作家を読めば、別の良い所が見つかる

てかさ、お前は決め付けすぎだよ、
もっといろいろなものを受け入れる心の広さを持てよ

261 :無名草子さん:03/11/30 10:15
まあ、おまいらもちつけヽ(´ー`)ノ

262 :もぬけのから ◆QTEy8E3Sfw :03/12/02 20:01
皆さん、落ち着きすぎです。

263 :無名草子さん:03/12/03 06:27
スレタイ笑った

264 :無名草子さん:03/12/03 10:01
春樹の悪口あんまり言うなよ

265 :無名草子さん:03/12/06 23:13
春樹の悪口は俺に言え!

266 :無名草子さん:03/12/08 00:58
いまごろノルウェイの森を読んでるんだけど、なんか「あれ?前にも読んだことあるぞ」という文章が度々でてくる。
主人公が寮生活をしているときのルームメイトが地図好きで朝早くからラジオ体操をはじめたり、ガールフレンドとの会話など、他の村上作品で出てこなかった?どの作品だか分かる人いるかなあ


267 ::03/12/08 01:05
蛍。

だっけ。

268 :無名草子さん:03/12/08 01:43
>>267 ビンゴ!サンクス


269 :無名草子さん:03/12/10 20:04
>>267
あとがきに元だって書いてあるね

ってことで今ノルウェイの森読み終わったけど
初めてだよ
本読んでなんか悔しいし哀しいし
いろんなことのやる気が起きないね ('A`)←まさにこれ

でもまぁお腹が空いたから俺は飯を食うわけで
それがまたなんか変な感じでもう俺意味不明

270 :無名草子さん:03/12/10 20:52
やれやれ

271 :Winter Venus:03/12/10 21:34
昨日、少年カフカをぱらぱらとめくっていたら、ちょっと思った。

ノルウェイの森では「おいキズキ!!ここはひどいところだ!!」に
シンパシーを感じたけれど、その後本屋で作品が出る度に買ってきたのは
少なからず自分も実生活でそういう気持ちをもちながら生きてきたからでは
ないだろうか、と。

さて、今、手元に(借りてきた)「海辺のカフカ」(下)があるわけだが、
・・・。

272 :無名草子さん:03/12/10 23:24
「人生はうんこに似ている。」

273 :無名草子さん:03/12/11 01:04
「ダンス・ダンス・ダンス」再読中(何度目だ・・・?)
文庫版上巻P271(五反田君部屋の描写)の「テーブルの上には「GQ」と建築雑誌が載っていた」

漏れがとっさに連想した本→ http://www.cqpub.co.jp/cqham/CQHAMWWW/2003/cq2003_12/PHOTO/0.jpg
翌日バイト先(本屋)で気付いた、正しい「GQ」→ http://www.jimcarreyonline.com/jiminpress/graphics/gq.jpg

おいキズキ!!僕の脳内はひどいところだ!!

274 :無名草子さん:03/12/11 18:29
春樹さんの文章は読みやすい…以上

275 :無名草子さん:03/12/11 21:05
海辺のカフカのペーパーバック版を発売後一年くらいしたら
出すっていってたけど、その辺の情報知ってるひといますか?
いや、別に待ってるワケじゃないんだけど、ちょっと気になって

276 :無名草子さん:03/12/11 21:20
最新作といえば全集かな。
あとがきがよいですね。

277 :無名草子さん:03/12/11 21:28
春樹は2ちゃんで大人気
ねらーは春樹が大好きだ

278 :無名草子さん:03/12/11 21:40
僕は・春樹が・好きだ

279 :Winter Venus:03/12/11 22:10
海辺のカフカ(下)、最後の新幹線に乗っているところを読んで、それから
最初に戻り1ページつ゛つ眺めていき、そして最後の49章を読んだ。

この間まで教室を占拠してアジ演説をした者が、単位を落とすのが怖くて
試験を受けにくるやつは確かにひどい。
でもそれ以上に自分たちは大学(人生)で「やりたいこと」をやり遂げて
卒業して(死んで)いかなければならない、と思ってみた。

まずは、「やりたいことは何か?」だろう。

280 :無名草子さん:03/12/11 23:24
誰に言ってんの?

281 :無名草子さん:03/12/12 15:23
山頭火でいくら御飯を食べてたよ。

282 :無名草子さん:03/12/13 09:53
影響されたら負けでございます。

283 :無名草子さん:03/12/16 11:27
僕はageて見ようと思う。
たとえそれがどんなに意味のないことだとしても。

284 :無名草子さん:03/12/16 17:44
簡単に言えば、君は思った通りにageることができなくてそれでイライラしてるんだと思う。
でもそういうことは多かれ少なかれ誰にでももあることなんだ。

285 :無名草子さん:03/12/16 18:36
村上春樹の小節はあまり読みたくないがエッセイ(特に音楽関係)は好き。
オーディオに全く興味がないのに村上春樹のエッセイを読むためだけに
大枚(でもないか)2000円以上を払ってステレオサウンドを毎回買っている。

286 :無名草子さん:03/12/16 20:36
やれやれ、ステレオサウンドなんてものをどうやって読めばいいんだ?

287 :無名草子さん:03/12/17 17:14
エッセイはつまらん

288 :無名草子さん:03/12/18 19:39
ねじまき島クロニクル [少年向け:コミックセット]
村上春樹 (著)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00007CE02/qid=1071743576/br=3-265/br_lfncs_b_265/249-2734928-1141929

これって何?コミックなんて出してたの?知ってる人いますか?




289 :無名草子さん:03/12/19 20:44
それよりこれが気になる。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4946447415/qid=1071834214/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-6126865-3624258


290 :無名草子さん:03/12/19 22:08
これも気になるな。ワイン片手の春樹にしびれるよ。
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e32874185


291 :無名草子さん:03/12/19 22:45
>>290
ワロタwww


292 :無名草子さん:03/12/20 21:01
>>289
本屋で確認した。この「村上春樹」は『平将門伝説』とかいうのも著してる
同姓同名の人だった。まぎらわしいな・・・

293 :無名草子さん:03/12/21 22:35
おっぱいがイッパイ

294 :無名草子さん:03/12/22 01:23
↑なんだか妙に心に残るな・・・

295 :無名草子さん:03/12/22 13:21
それより村上春樹の別名が知りたい。
何個か書いてるんだよね?ポルノか何か。

296 :無名草子さん:03/12/22 19:24
『海辺のカフカ』の下巻、188,189ページにある
「いろんなことは君のせいじゃない。僕のせいでもない。(中略)
僕らがみんな滅び、失われていくのは、世界の仕組みそのものが滅びと喪失の上に成り立っているからだ。
僕らの存在はその原理の影絵のようなものに過ぎない」
というような考え方ってのは、いつ頃の誰の考え方に端を発しているものなのでしょうか?
どなたか、ご存知の方いましたら、教えていただけないでしょうか?

297 :無名草子さん:03/12/22 20:44
レキシントンの幽霊の「ト二ー滝谷」って映画化されるのか。

監督・脚本:市川準/出演:イッセー尾形、宮沢りえ 他/2004年公開

298 :無名草子さん:03/12/22 20:54
  マタ-リ    マタ-リ       マタ-リ  マタ-リ      ∧_,,,,     マタ-リ                マタ-リ           マタ-リ
  ∧ ∧    ∧ ∧ オメメ-   ∧ ∧ ∧ ∧ ‖ 从. (・∀ ";;)     . ∧ ∧   ∧_,,,,     マタ-リ ∧ ∧   ∫ ∬ ∫  ∧ ∧
  (*゚ー゚)    (゚ー゚*),,,,,,,,λ ∬ (゚ー゚*) .(*゚ー゚)llllllllll=ξ⊂|l;※;:l|⊃';;:*  (*゚ー゚) (~(・∀";;#)グサッ.∧ ∧ (*゚ー゚)   ∧_,_ハ,,O   (゚ー゚*)
 と  つ=二フ( つ(#>∀・)}☆=と   |) (   つ‖ W .Σ|;:;:'*;|∵§;. / つ つ==二二:'`つ フ ≡(゚ー゚*)(|  つ┏(・∀。;;;);:)┰⊂ ⊂ |
〜|  ∪,,,,,λ〜| と;'#;;:;:;:;.⊃}..  |  l〜|  |    ;:ビクッ(__(_)'§§/ へ/   / /|:;:'| ̄/==とと   ) |  | ┃ U U.;:U U..┃  |  |
  し'(゙∀・#);;@⌒O,';;;ω,;'つ}}   し`J  し`J       │|ビュルビュル/`U   :(_)(_)^^ギ‐コ と と_) し`J..:;[]:从;:从;从从;[] . し`J
   マタ-リ     マタ-リ    マタ-リ マタ-リ    (´; ゲホゴホッ マタ-リ  <\ :,';;∴;  ギ-コ∧ ∧マタ-リ  マタ-リ__λ
.   ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧ .∧ ∧   ,(´(´⌒;:・,,,,,λ';: ∧ ∧     \\:(⌒ω~^@O(゚ー゚*) i'⌒~! ∧ ∧・∀゚)⌒;;⌒)
   (*゚ー゚)つ从∧(゚ー゚*)   (゚ー゚*) (*゚ー゚)  .;;,:.(´⌒/)∀・) (*゚ー゚). <@;(。Α・#;)つ/^>、  |) |0  | (゚ー゚*)(;;。∀・)⌒;;⌒)
  と   つ`;(;;;):∀・と)   と   つ .| つ((=(二(=・ ー=∴#;つ (|  つ==,.∧_~__^'" . / /  |  |.∧VW (|   つ=ニフ(;;゚∀・)⌒;;⌒)
  〜|  ノ  ⊂  とノと).λ,.,Uハ |〜|  |" `'((´⌒(´;ω;::ヽ.〜|  | )ノ(・∀<っ),.(ノ^#; )  し`J(#)∀・) |  |〜;;⊃(・∀。;;)⌒;;⊃
   し'  (⌒)ω;@;ノO~#(#・∀T)つ し`J    (´;(´⌒;;"__) : し`J   (ノ'"#∠::ノ:.,,ヽ)      . :;;∪;;..;ζし`J∀・)⌒;;⊃(・∀゚;;)⌒;;⌒)
.


299 :無名草子さん:03/12/23 02:35
>296
大して珍しくも無い考えと思うけど。

300 :無名草子さん:03/12/23 11:14
>>286
おっきめの図書館なら置いてあるぜ、とマジレス。
あの本重いし、エッセイ長いから立ち読みはキツイ。

301 :無名草子さん:03/12/23 21:48
>>295
村上朝日堂のどれかで書いてたね。
春樹くらい有名な作家ならネットに別名の情報くらい転がってそうなもんだけど、
未だに別名の情報を得られたことはない。

302 :無名草子さん:03/12/24 01:03
村上春樹
http://members.at.infoseek.co.jp/toumyoujisourin/jiten-mharuki.htm


303 :無名草子さん:03/12/24 15:41
皆さんの考えを聞きたいのですが『スプートニクの恋人』の
最後でかすみから電話がかかってきますが、あれは妄想?(夢?願望?)
だと僕は思ったんですがどうなんでしょう?


304 ::03/12/25 02:59
あそこはノルウェイの森のラストが思い浮かぶ。
電話をかける側から、かけられる側へ……。
ま、だから何ってわけではなく。

305 :無名草子さん:03/12/25 10:02
>>303
すみれじゃないの?
あのシーンは妄想というよりも精神的なコンタクトのような
ニュアンスじゃないかな。
離れ離れになった2人が(僕)こちら側の世界=(すみれ)あちら側の世界≠ノおいて繋がった、コンタクトした。
電話線という媒体を伝わって。
しかも、すみれが電話ボックスの中から月が見えていたように
僕にも月が見えている。
そういったメタファー的表現として電話が用いられていると思うし。

306 :無名草子さん:03/12/25 14:43
>302
読み易い=中身が無い
って勘違い、春樹が世に出てすぐに出た批判と同じじゃん…。

307 :無名草子さん:03/12/25 20:18
「さーって、女房が逃げたから井戸にもぐって探してくるか」。僕(ワタリ・サトル33歳
無職)はテニスシューズをはいて出かけた。でも結局公園で缶ビールを2本飲み、タバコを
4本吸っただけで帰ることにした。チャーリー・パーカーを口笛で吹きながら自宅の前まで
来ると部屋から電話が鳴る音が聞こえてきた。慌ててポケットからカギを出そうとしたけ
ど、なかなか出てこない。ズボンのポケットというのは既に一つの迷宮なのだ。どこかで
鳥が鳴いている。ふと象のことを思い出した。象はチャーリー・パーカーが気に入るだろ
うか。

やっと開けたドアに飛び込んで受話器をとったら、切れてしまった。とたんにあたりの空
気が冷気で満たされた。まるで世界中の冷蔵庫を開け放ったようだった。

「奥さんはもう二度と帰ってこないわ。その電話に出なかったせいで」。

いつの間にか背後に立っていた謎の女(まあ女はいつでも謎に決まってるけど)が言う。

「えっと君はもちろん霊能者かなんかだよね?セックスしようよ」。
「いいわ。でもその前にチャーリー・パーカーのソロを口笛だけで完璧に再現してくれ
る?あたしの祖父は戦前満州の水族館でアシカの心理カウンセラーをやってたのよ」。
「ってことは君のじいさんか。毎年年末になるとアシカの絵がついた空っぽの小包み送り
つけてくるのは」。
「そうなの。祖父は一度大陸でアシカと獣姦プレイを体験して以来、すっかり空っぽにな
っちゃったの。生きがいといえば同じくらい空っぽの人を見つけてはお歳暮を贈るのこと
だけ」。
「こわいこと言うなよ。ペニスがしぼんじまった。ちょっとパスタでもゆでて食べないか。
何か食べてないとリアリティーが出ないんだ」。
「それよりチャーリー・パーカーが先よ。あなたほんとはチャーリー・パーカーなんて知ら
ないんじゃないの」。

308 :無名草子さん:03/12/25 20:19
確かに僕はチャーリー・パーカーの権威とはいえない。でも人が何かについて権威といえ
るほど知ることなんてあるんだろうか。僕は妻と毎日一緒に起き、買い物に行き、性交を
していたが、彼女の気持ちなんて水族館のアシカの気持ちと同じくらいわかっていなかっ
た。せっかく死んだ親友が譲ってくれた女だったのに。

「僕には僕のやり方がある。僕は彼女を取り戻すぞ。でも今は君を守らなきゃならない」。
「それって結局チャーリー・パーカー抜きでセックスしたいってこと?」
「時間がないんだ。世界は不条理な暴力で満ち溢れてるんだぞ。一寸先はまっくろくろすけなんだ。今こうしている間にも地下ではもぐらくんが・・・」
「無意識とか不条理とか、道具立てが古いわよ。やっぱりあなたの全盛期は80年代ね」。
「そんなことないぞ。現代思想の最先端、エディプス・コンプレックスなんかも料理でき
ちゃうんだぜ」。
「そういう浅知恵が透けて見えちゃうところがイタイってこと、注意してくれる編集者が
いないの?」。

謎の女がゆっくり頭を振った。編集に失敗した映画に過去の映像が混入してしまったよう
な不自然な動きだった。雨は世界中の芝生の上に静かに降り続いていた(雨のこと、言っ
てなかったっけ?)。やれやれ。こんなときはそうだビールを飲んじゃおう、と冷蔵庫を
開けたら行方不明の猫が1ダースばかり転がり出てきた。もう海はない、鼠はいない、な
じみのバーはカラオケ屋になっちまった。何かが永久に損なわれ、失われてしまったのだ。
それも僕が電話に出られなかったばっかりに。

部屋中に散らばって一斉にニャーニャー鳴きだした猫に囲まれて、僕は声を立てずに泣い
た。


309 ::03/12/25 20:46
warota

310 :無名草子さん:03/12/26 00:45
>307-308
正直ワラタ

311 :無名草子さん:03/12/26 00:55
('A` ;)     ('A` ;) ハアハア
/(ヘ ω.)ヘ    丿ヽ.)L



('A` ;)    ハァハァ
/(ヘ ωヾ('∀` ;)>.)L


   メッ!!
( `A')
/(ヘ ωヾ(゚∀゚;;;)>.)L


( `A')      ('A`;) スミマセン
/(ヘ ω.)ヘ    ノ )
         ^ ^

ヒトノ キンタマ
カッテニ サワリヤガッテ!
( `A')      ('A`;) モウシマセン
/(ヘ ω.)ヘ    ノ )
         ^ ^

クラエ!! ティンコレーザー!!!
( `A') ┌        ('A`;)丿 ノワー!!!
/(ヘ .☆━━━━━━∴ノ )


312 :無名草子さん:03/12/26 10:49
>>311
正直ワラタ

313 :303:03/12/26 14:22
>>304-305
返信ありがとうございます。
私はどうせなら電話なしで終わって欲しかった

314 :無名草子さん:03/12/28 04:34
主人公がよく好んで履いてるテニスシューズってどんなものをイメージしたら
良いのでしょうか?アディダスとかですか?

315 :無名草子さん:03/12/28 23:08
>>314
なんでもいいんちゃう?
わしは何故か白のシューズが思い浮かぶ。



316 :無名草子さん:03/12/29 16:03
村上クン的には、ナイキだと思う。by 遠い太鼓

317 :無名草子さん:03/12/30 12:06
ダンロップのテニスシューズだろ。

318 :無名草子さん:04/01/01 00:53
    ┏━━━ / |━━━━━┓
    ┗┳┳━ |_| ━━━┳┳┛
      ┃┃ /  ヽ     ┃┃
    ┏┻┻ |======| ━━┻┻┓
    ┗┳┳ ヽ__ ¶_ ノ ━━┳┳┛
      ┃┃ (/)     ┃┃
      ┃┃ (/)     ┃┃
    凸┃┃ (/)     ┃┃凸
    Ш┃┃ (/)     ┃┃Ш
    .|| ┃┃ (/)     ┃┃.||
  ∧_∧   (/) ∧_∧  ∧ ∧
  ( ・∀・)  (/)(´∀` )  (゚Д゚ ) 今年こそ村上春樹が
  (つ  つミ (/)(⊃⊂ ) ⊂  ⊃ グレート・ギャッツビーを訳して
  |_|_|_I(/)_|_|_|__|  |  くれますように。
  /////ノ,,,,,,ヽ ////||  |〜
////////////  |∪∪
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
|        奉  納        |


319 :無名草子さん:04/01/01 05:47
ジョン・アーヴィングのウォーターメソッドマンは
僕の中で「風の歌を聴け」「ピンボール」「羊をめぐる」「ダンス」
より上位にランクインされました。
読み終わったばかりなので「世界の終わりと〜」より高いですが
時が立てば同程度になるだろうな


320 :無名草子さん:04/01/04 03:43
遅レスですがアディダスのスタンスミスです。
同世代神戸在住です。
間違いありません。

321 :無名草子さん:04/01/04 03:49
ああっ
K.SWISSかもっ

322 :無名草子さん:04/01/04 04:47
信者とバカしかいないスレだな。


323 :無名草子さん:04/01/05 00:03
>>322
じゃ、あんたも信者かバカのどっちかやん。

324 :無名草子さん:04/01/05 13:24
ピース。

325 :無名草子さん:04/01/05 17:34
「ピース」と僕も言った。

326 :無名草子さん:04/01/05 19:30
海辺のカフカ映画化!?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1046604534/


327 :無名草子さん:04/01/08 01:26
羊をめぐる冒険→ダンス・ダンス・ダンス
みたいに、つながってる作品って他にもあるんですか?

328 ::04/01/08 04:32
風の歌を聴け→1973年のピンボール→羊をめぐる冒険→ダンスダンスダンス
あ、ピンボールと羊のあいだに短編が入るのかな。
あとは……夜のくもざるの中のいくつか。
小説以外の作品ならアンダーグラウンドに2がある、とか。

ほかは、そこまで近くつながってるのはないと思う。
登場人物の名前が重なってるとか
長編のもとになった短編とかはあるけど。

329 :327:04/01/08 07:59
風の歌と羊とで鼠の設定が少し違ってたりするんですけど、話はつながってるって事ですか?

330 ::04/01/08 09:23
へぇ…違うんだ。
そのへんは読者まかせみたいなとこもあるんじゃないでしょうか。

331 :無名草子さん:04/01/09 14:10
「夢で会いましょう」の中の短篇「パン屋襲撃」と
「パン屋再襲撃」もつながってると言えばつながってるかも。
前者は2年くらい前にDVD化されたっけ。

332 :無名草子さん:04/01/10 09:33
春樹はいま何を書いてるんだろう。
ラン・ドント・ウォーク?

333 :無名草子さん:04/01/11 12:46
相も変わらず糖蜜ぶっかけて砂糖まぶしたような。
もう新規の読者獲得するのは諦めたかな?

334 :無名草子さん:04/01/12 21:01
今日は村上春樹誕生日ということで久しぶりにircに入ってチャットしてました。

同じ誕生日は
かまやつひろし
クリステル・チアリ
シャルル・ペロー
レイ・ハルーン
オリビエ・ペリエ
吉屋信子
加藤嘉
内海桂子
三浦朱門
木暮正夫
藤井旭
羽田健太郎
塩見三省
楠田枝里子
萩岩睦美
井上雄彦
石原詢子
澤登正朗
中谷美紀
幸英明
秋山ちえ子
安井かずみ
三木たかし
石井トミコ

けっこう有名どころがいますね。

335 :無名草子さん:04/01/13 03:58
風の歌〜ダンスまで、今読み終りました。おしまい。

336 :無名草子さん:04/01/13 21:40
春樹をはじめて読んでみろうと思うんですけど何がオススメですか?
SEXとか性関係はあまり好きじゃありません。
世界の終わりとハードボイルドウイスキー(?)ってゆうタイトルの本が読んでみたいですけどどうですか?

337 :無名草子さん:04/01/13 21:56
>>334
この面子なら…4部作の「僕」はムッシュかまやつで決まり!!

338 :無名草子さん:04/01/13 23:41
>>336
世界の終わりとハードボイルドワンダーランドは面白いと思った。
ノルウェイの森は性表現が多め。
春樹はほぼどんな作品にもセックルはついてまわるのだけど。

339 :無名草子さん:04/01/14 02:35
ポートレイトインジャズ読んだ人、だいたいの内容教えてくれませんか?

340 :無名草子さん:04/01/14 05:46
例えるなら、軟らかいうんこがケツの穴から、常に垂れつづけてる感じ。

341 :無名草子さん:04/01/16 20:47
>>339
絵に対して春樹がコメント寄せてるだけ

342 :よっちゃん:04/01/17 23:36
ニュー速のすれ
伸びてますねー

新作の情報あればたてるのになぁ

343 :無名草子さん:04/01/18 19:30
バースディストーリーズ
これは読むべき?

344 :無名草子さん:04/01/18 19:41
その程度の事も独りでは決められませんか。


何も読む資格はありませんね。

345 :無名草子さん:04/01/23 21:56
>>342
なんていうスレ?

346 :無名草子さん:04/01/23 22:53
>>345
村上春樹ノーベル文学賞候補に??
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news7/1063190403/

347 :名無しのオプ:04/01/23 23:13
ねじまき読んでいる途中です。
Hな表現が多いですね。
カフカよりはおもろいです。


348 :無名草子さん:04/01/26 22:18
>>347
ワタナベノボルやったけ、最低な奴やん。

349 ::04/01/27 00:50
ワタヤね。

ワタナベは短編のほう。
あ、しかし>>347からでは必ずしも長編を読んでいると断定はできない……

350 :無名草子さん:04/01/27 18:47
>>349
そうだった。昔に読んだきりだしなあ。
ワタナベノボルっていうのは安西水丸さんの本名なんだよね。

351 :名無しのオプ:04/01/28 23:05
347です。長編を読み終えました。
なんだか途中から冗長すぎて、グダグダだった。
最後も「なんじゃそりゃ」と声を大にして叫んだ(心のなかで)。
正直に言って、30ページにまとめて欲しかった。


352 :無名草子さん:04/01/28 23:23
誰も君の独り言なんか頼んでないんだけどなあ

353 ::04/01/29 03:01
>>351
むしろ後半のグダグダが面白いんじゃないかと思う。俺は。
あれ当初の予定通り第二部で終わってたら
あぁまたかって思うような話じゃない?

354 :無名草子さん:04/02/04 16:58
村上春樹の最高傑作は結局何?

355 :無名草子さん:04/02/05 06:52
三大傑作「ねじまき鳥」「世界の終り」「ノルウェイの森」

356 :無名草子さん:04/02/05 08:29
誰も君の偏った意見なんか頼んでませんよ

357 :無名草子さん:04/02/05 19:05
>>356
春樹自身が言ってるから355はあげたんじゃない?

漏れは羊が好きだ。

358 :無名草子さん:04/02/06 16:14

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の、初版の帯って、
どんな物か知りませんか?
 ttp://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/61806762

悪意有る無しはともかく、上記オクの帯は、どうも違う様な気がしまして。
後で、販売促進のために、帯を差し替えた可能性がある気がしまして。

中央公論85年(昭和60年)11月号 昭和60年10月10日発売号で、
昭和六十年度の『谷崎潤一郎賞』は正式発表されるわけで、
発売が6月だから、4カ月もあります。





359 :無名草子さん:04/02/17 00:50
今日「雨天炎天」読み終わったのですが、
最後がなんだか尻切れトンボみたいな感じでした。
前半のギリシャ編では、最後旅の総括みたいにまとめていたのですが
後半のトルコ編では、そういった総括がありませんでした。
こういうものなんでしょうか?

360 :無名草子さん:04/02/20 22:26
ダンスとカフカあたりは読めたけど羊はつまんなすぎて途中で挫折した。
羊って村上春樹のファンの中じゃ一番評判が良いものの一つらしいですね。理解不能。

361 :無名草子さん:04/02/21 23:37
そうなの?
ノルウェイと世界の終わりが一番の評価を分ける作品だと思ってた。
俺は世界の終わりが一番好きです。


362 :無名草子さん:04/02/22 11:17
オレは「ハードボイルドワンダーランド」です。
ついでに「ホシノくんとナカタさん」も好きです。

363 :無名草子さん:04/02/22 18:50
村上春樹のサイン、見れるHP知らない?
古本屋で買ったダンス・ダンス・ダンスにサインが入っていたので確認したくて。

364 :無名草子さん:04/02/23 01:16
>363
これはいかが。

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/61542360

365 :無名草子さん:04/02/23 16:40
>>364
ありがとう!!

結論から言うと、

全く違う!!!!
誰のサインなんだよ・・・

366 :無名草子さん:04/02/23 18:19
>>365
うpして

367 :無名草子さん:04/02/23 22:12
知名度低いどころで、
パン屋再襲来、スプートニクの恋人、雨天炎天ってどうですか?


368 :364:04/02/23 23:57
>365
http://www.geocities.jp/le_corps_sans_organes/page022.html
こっちと比較すると、どうかな。

自分で紹介しておいて、アレですが、
オークションのサイン本は、川本三郎ってところがクサイ感じがしないでもない。
「ハードボイルド」執筆前後に、川本三郎と共著本を上梓してるのに、
出版されてすぐに、献辞付の本を古本屋に売り飛ばすかな?

更に言えば、なぜ、万年筆でなく、フェルトペンで署名してるかも、疑わしく思える。



369 :ハードボイルド:04/02/24 03:20
ワンダーランドの雰囲気が好きなんだけど、MINMIの「HOME TOWN」
っていう曲がこの作品にぴったりっていうかなんていうか・・・。
そんな気がするのです。ちょっと違うかもしれないけど・・・。
おんなじ風に感じてくれる人いたりしないかな〜。

370 :無名草子さん:04/02/24 19:41
俺村上作品読んでいるけど結局何がやりたい(言いたい)のかいまひとつ意味不明なんだけど
彼の小説ってそんなもの?
なんか主人公の目的が抽象的でわかりづらい。
(一応誰かを捜すとか具体的なんだけどそれによってどうしたいのかよくわからない)
>>367
俺的感想
パン屋…奥さんだか恋人だかの意味不明な欲求のためにハンバーガーを食べに逝く話だった記憶が…
なんかその欲求がおかしかった。
スプー…読んだとき、比喩がバリバリ春樹節で(・∀・)ニヤニヤした記憶がある。
なんかゴーストライターが書いたとか言う人がでるぐらい評判は悪いらしい。
個人的には味がしない食べ物食べた感じ。面白くもつまらなくもない作品でした。
最後…読んでいない

371 :無名草子さん:04/02/27 01:18
>>370
> 俺村上作品読んでいるけど結局何がやりたい(言いたい)のかいまひとつ意味不明なんだけど
> 彼の小説ってそんなもの?

つか、まともな近代小説ってみんなそうだよ。プルーストとかジョイスとか読んでみなよ。

> 俺的感想
> パン屋…奥さんだか恋人だかの意味不明な欲求のためにハンバーガーを食べに逝く話だった記憶が…
> なんかその欲求がおかしかった。

すごく近しい人が、とんでもなく遠い人であり得るということだと思うけどね。

> 最後…読んでいない
まあ別にいいんだけど、読んでないならカキコすんなよ、とつっこみたい人も、
中にはいるかもね。

372 :無名草子さん:04/02/27 03:08
村上作品全部読み終わった。
だれか、俺に質問してみてくれないか?
なんでも、こい。

373 :無名草子さん:04/02/27 05:59
>>372 じゃ、これは。文学板で誰も答えてくれなかったので。

影の脱出と主人公が意識を失うのは同時なのでしょうか。(つまり
夢読みが世界の終りに留まったのが契機となって意識を失う。)
それとも主人公が意識を失った後に影は脱出したのでしょうか。
(影だけでも脱出したのでなんらかの障害があっても意識を回復する
可能性がある。)

374 :372:04/02/27 10:32
影君の脱出がきっかけで意識を失ったと思う。
ついでにボブ・ディランの「風に吹かれて」は良い曲だったよ。

375 :無名草子さん:04/02/27 17:43
春樹好きが気にしそうなことだな(w
んなもん知ってどうすんだ?

376 :無名草子さん:04/02/27 21:26
>>375
影と夢読みの関係や彼らの象徴するものの解釈が変わると思う。
最後に「私」が眠りの直前に祝福をいろいろな人に与えようとしたりしたことと
との関係とか。「僕」が森に入って「世界の終り」の存在理由を突き止めたときに
「私」の意識が元に戻る可能性があるのか、とか。
つまり「私」は無意識の層での決意は「私」の意識回復とつながり得るのか。
(救いはあるのか。)
そんな感じー。

377 :無名草子さん:04/02/28 01:37
深読みしずぎ
あれは言ってしまえば「選択」の物語でしょ
あそこより先を創造するのは野暮ってもんだ
着地点は違うけど村上龍の「五分後の世界」と同じだ

378 :372:04/02/28 03:19
>>377
同感だ。俺も質問には答えたがこんなのはどうでもいいと思っている。
「5分後の世界」も確かに小田桐の残るか残るまいかの選択の物語といってもいい。
いろんな考え方がありまつね。

379 :無名草子さん:04/02/28 03:44
でも、作者自身は森へ入っていった人々のことについて
ずっと考えていてそれが「カフカ」(失敗作だと個人的には思うが)を書く
契機になったわけだよね。

380 :無名草子さん:04/02/28 17:22
ここは村上龍になりました

381 :無名草子さん:04/02/28 21:34
影の脱出=意識喪失だったんだ
俺ずっと意識喪失で世界の終わりがはじまったと思った。

382 :無名草子さん:04/02/29 21:43
>>381
正直、意識喪失で世界の終わりがはじまった、って解釈も、
全然アリじゃない?

383 :無名草子さん:04/02/29 21:57
>>382
可能性は低いと思うけどな。章を交互に置いた意味がそれではなくなるし、
片方がハラ切られてうなっているともう一方が
雪目で寝込んでいたり、片方が歌の話をするともう片方が
楽器探しを始めたりするしね。

384 :無名草子さん:04/02/29 22:01
>>382
影の脱出イコール意識の喪失だとすると影の脱出も夢読みが世界の終りに
残ることにしたのも老博士の計算通りだったってことになるよね。
それともあの結末は老博士の予測以上のことだったのだろうか。

385 :無名草子さん:04/03/01 05:54
自己レスだがちょっと考えてみた。

老博士が「ここで失ったものをあっちで手に入れることができる」って
言ったのはあっちの世界では心がないから平安を手に入れることができる
って意味なんじゃないかと思う。だから「僕」が森の中で心を残したまま
暮らしていくことにしたのは計算外なんじゃないかな、と思えるのだが
どうだろう。老博士は影が世界の終りで死ぬことを前提にしていたように
思える。だから影が死ぬことで「私」の「意識の喪失」になるはずだったの
だが死なずに脱出した(どこに行ったのかは知らないが)ことに、それから
「僕」が森に行って世界の終りの在り方(自分の心の殻の存在理由)を
突き止めようと決めたところに救いの余地があるように見えるんだけれど。


386 :無名草子さん:04/03/01 06:03
ジャンクションのメルトダウンで意識を喪失することと
影の死もしくは脱出は関係ないのかも、という説もあり得る。

387 :無名草子さん:04/03/01 14:01
>372
他スレで回答がなかったので・・・
ノルウェイの森で、なぜ直子が忘れないでいてと言ったのか、
わからなかった。ワタナベ君は今ならわかると言っている。
結局どうしてだったの?


388 :無名草子さん:04/03/01 14:15
今ねじまき鳥読んでる途中なんだけど、読みやすいけど展開が遅くて暇に感じるよ。
キャラに喋らせすぎて、リアリティーをまったく感じないし。
ライトノベルに慣れちゃってるのもあるかもしれないけれど、正直そんなに面白いとは感じないな(´・ω・`)

389 :無名草子さん:04/03/01 18:40
あれを面白く読める奴はいないから安心しろ(w

390 :無名草子さん:04/03/01 21:05
たしかにチャレンジングだよね。俺的にはぎりぎり許容範囲だが。
「スプートニック」以降は長編はお手上げ。

391 :無名草子さん:04/03/01 21:19
>>387
読み直し始めたところなんでそれ考えながら読んでみるよ。

392 :無名草子さん:04/03/02 12:00
>>383
そういうのってさあ、「物語」の要請であって、必ずしも時系列に受け取る必要は
ないんじゃないかなあ。ハードボイルドワンダーランドで起きたことを、世界の
終わりで想起してたって全然構わないわけだし。

漏れには381の解釈って捨てがたい魅力があると思えるけどね。

393 :無名草子さん:04/03/02 12:18
せりふを廃したガチガチの文は例えれば退屈な北野武の映画の濃度を10倍ぐらいにしたものと同じだ。
はげしくつまらない。春樹はもう終わってる

394 :無名草子さん:04/03/02 12:54
>>392
ここでいう「『物語』の要請」っつうのは解釈のときに無視しても
いいということ?

だったら確かに>>381のような読み方も面白いと思うよ。
「世界の終り」が「私」の潜在願望であるという大元の部分には
影響がないしね。

395 :372:04/03/03 18:27
>>387
遅レスでスマソ。
ハルーキ曰く
「僕たちが死んだ人たちに出来ることと言えば、その人のことを
記憶しておくことだけだ」
と、少年カフカで書いてた。
なぜ直子が忘れないでいて、と言ったのか。
直子はその頃、もう自分が死んでしまうのを自覚していたんだと思う。
ワタナベ君に自分のことを記憶して欲しかったんだろう。

396 :無名草子さん:04/03/04 05:20
わたなーべくんはその後ドイツとか仕事しちゃう
バリバリの仕事人間になるのだろーか?

397 :無名草子さん:04/03/04 13:30
そういうとこがイヤ、普通のリーマンやれや
ドイツだよ、ドイツで仕事
しかも飛行機の中で「やれやれ、またドイツか」だよ
ほんとカッコイイよね

398 :無名草子さん:04/03/04 14:43
>>397みたいな奴がよく出没するけど、金原ひとみみたいw


399 :無名草子さん:04/03/04 15:14
意味不明

400 :無名草子さん:04/03/04 15:18
アンチはバカ
カコイイ主人公なんだから素直に「僕」になりきれや
ドイツいくようなやり手が喪失したたくさんのものを振り返る
カッコイイよね

401 :無名草子さん:04/03/04 18:44
村上春樹の本を読みたいのですが、なにからよんだらいいですか?

402 :無名草子さん:04/03/04 18:51
読みたい本があるならそれを読んでください。
読みたい本がなければ、読まないでください。
他人にできるのはその程度の一般論を言うだけ。
自分の道は自分で決めて歩いてください。

403 :無名草子さん:04/03/04 19:29
>>401
ここで最近話題になっている世界の終わりとハードボイルドワンダーランドなんてどうでしょ?

404 :401:04/03/04 19:32
>>402

403の方はあなたにはできないことができたようですね。

>>403

アドバイスありがとうございます。今度探して読んで見ます。


405 :無名草子さん:04/03/04 19:37
>村上春樹の本を読みたいのですが、
なぜ?

>なにからよんだらいいですか?

書店に並んでいる本を直接手に取って自分が面白いと思うものを選ぶのが無駄な出費を防ぐことができるし確実だと思いますよ。

406 :387:04/03/04 21:20
>372
その後に、
「何故なら直子は僕のことを愛してさえいなかったからだ」
とあるので、なぜ記憶しておいて欲しいのかがよく
わからなかったんだ。愛してない相手に忘れないで
いて欲しいって思うものかなって。

407 :401:04/03/04 23:57
>>405

>>村上春樹の本を読みたいのですが、
>なぜ?

売れてるようなのできっと面白いのだろうと興味を持ったからです。

>書店に並んでいる本を直接手に取って自分が面白いと思うものを選ぶのが無駄な出費を防ぐことができるし確実だと思いますよ。

たとえば夏目漱石だったら後期三部作より先に前期三部作を読むほうがいいような気がするのでそういうものがあるのかと思って。
一番最初に読むのはこれが王道、見たいなのがあったら知りたいのです。
やっぱり風の歌を聞けでしょうか?


408 :無名草子さん:04/03/05 00:45
>>407
405ではないが・・・・
音楽とかもそうだけど最初の方の作品はあらが目立ったりつまらなかったりする。
興味がある作家なら何も一番最初の作品を読まなくてもおすすめのものを読んだ方がいいと思う。
もし自分にあっていると思ったらそのときははじめから読んでみるのも良いと思う。

409 :無名草子さん:04/03/05 01:23
>>407
> たとえば夏目漱石だったら後期三部作より先に前期三部作を読むほうがいいような気がするのでそういうものがあるのかと思って。
> 一番最初に読むのはこれが王道、見たいなのがあったら知りたいのです。

よくわからないけど、君は「順番」ということが言いたいのかな?だったら
「風の歌を聴け」から順番に読めばいいんじゃないかな。

でなければ、今までで一番長い作品を読む。その作家の一番いい作品が、
その作家のいちばん長い作品だってことも結構あるから。

410 :無名草子さん:04/03/05 01:30
まあ一番確かなのは、本屋に直接出向いて手に取ってみて気に入ったのを選ぶことだろうな。


411 :無名草子さん:04/03/05 08:12
「少年カフカ」によると作者自身は初心者には「ダンスダンスダンス」なんかが
向いていると思っているみたいだよ。もちろんこれは
シリーズものの最後だが、独立して読んでも読めなくはないわな。


412 :無名草子さん:04/03/05 13:43
>「何故なら直子は僕のことを愛してさえいなかったからだ」

これは春樹お得意のはったりだよ
読者にアレッと思わせて答えをださないいつもの手法


413 :無名草子さん:04/03/05 21:13
>>412
春樹自身だったら「読者への親切心」と呼ぶかな。(藁

414 :無名草子さん:04/03/06 00:47
ところで、海辺のカフカの文庫化はいつごろですか??

415 :無名草子さん:04/03/06 01:04
>412
まあはったりなのかも知れないけど、自分には読み切れないことを一言で済ます
には都合がいい言葉だよね、はったりって。

「こころ」の先生を自殺させたのも漱石のはったり、ラスコーリニコフに老婆を
殺させたのもドストエフスキーのはったり、「死霊」なんか書き始めたのも
埴谷雄高のはったり、って言えば言えるもんね。

「いつもの手法」と言うのなら、実例を挙げてみな。君の言うことがはったりじゃ
ないんだったらね。

416 :無名草子さん:04/03/06 01:38
>>406
愛してはいなくても直子にとってトオルが特別な存在であったことは確かだよね。

417 :372:04/03/06 02:06
>>406
直子が愛していたのは自殺した彼だろう。
彼の死で、直子はいったん終わってしまう。
んで誕生日にエッチした時、直子はワタナベ君に心を開こうとしたけどダメだった。
(ハルーキはセックルを扉を開いて通じ合う為に使ったりするらしい。少年カフカ参照)
直子はワタナベ君を愛せなかったけど、「好き」って言ってた。
だから忘れないで欲しかったんだと思う。




418 :無名草子さん:04/03/06 13:48
お前何キレてんのよ
はったりって別に貶めてるわけじゃないよ、うまいねって言ってんの
読みきれないというなら確かにそうだろうね
俺には直子がなんで自殺しなければならなかったのか分かんないからね
神経病んでる人が心を開こうとしたけどダメだった、それだけで自殺?
俺には自殺までキレイに思わせようとするのがダメ
ラスコーリニコフがババア殺す事には納得できるけど
>「何故なら直子は僕のことを愛してさえいなかったからだ」とか自殺ははったりだとしか思えない
擁護しても直子は僕のことを愛することが「出来なかった」んじゃないの?
愛してさえいなかったからだって何よ。オナニー恋愛の果ての自殺か、おめでてーな



419 :372:04/03/06 20:48
「やれやれ」
とつぶやいた後僕ははったりをゴミ箱に捨てた。


420 :無名草子さん:04/03/06 23:07
まあ、412=418は自明として。

412って、
>はったりって別に貶めてるわけじゃないよ、うまいねって言ってんの
という風には読めないけど。



421 :無名草子さん:04/03/06 23:31
スマステでてた

422 :無名草子さん:04/03/06 23:38
>>421
全国放送であの顔が・・・

今日はなかなか寝付けなくなりそうです。

423 :無名草子さん:04/03/07 00:47
髭剃り跡が青々としてたな・・・。
ヒゲ伸ばしたら見られるような気がしました。

424 :無名草子さん:04/03/07 13:15
>まあ、412=418は自明として。

んなもんアホでも分かる(w


425 :無名草子さん:04/03/07 19:24
ヴァギナスレの半分もレスがない

426 :無名草子さん:04/03/07 23:33
>424
アホでもわかることを、自明というのでは?

427 :無名草子さん:04/03/10 14:05
春樹好きには他に誰の小説がおすすめかしら?

(果てしなくガイシュツそうだけど…)

428 :無名草子さん:04/03/10 14:33
原田宗典

429 :無名草子さん:04/03/10 14:55

私は氏とも面識が有り、氏は人間的にも好きである。
でも、氏は実際、いい加減な面も多い。
例えば、渡したモノを無くす、受け取ったこと自体忘れる、
繰り返し言ったことをそのつど忘れる等・・・

多忙ゆえもあるだろうが、そういう面は少し改めて欲しい。

ただ、氏には悪意が無い。これだけは保証する。



430 :無名草子さん:04/03/10 15:01
>>429
で、何が言いたいの?

431 :無名草子さん:04/03/10 23:17
>>427
リチャード・ブローティガン、特に「西瓜糖の日々」。まじで。

432 :無名草子さん:04/03/10 23:56
375 吾輩は名無しである 04/03/10 10:14
俺は春樹が好きだが、それほど熱狂はしていない。
春樹よりもすごい日本の作家達を知ってるから。

だから俺が進める作家のも読んでみたら。

・武田泰淳(とくに「富士」)
・澁澤龍彦
・稲垣足穂
・金子光晴
・中山健次
・織田作之助
・白石一文(「僕のなかの壊れていない部分」(2002年8月出版)がお勧め)

↑このへんの読んでみてよ。
春樹のテーマを違う形で表している(春樹ファンにとって)ような作家や
春樹のような今っぽさの文体に勝るとも劣らない文体だから。
古い作家もあるけど、それにもかかわらずこんなに新しさを感じるんだから。
この紹介した作家達は、どちらかというと比較的日本文学では「異端」に位置している。
それは川端や太宰や夏目や芥川や大江や三島が比較的に主流派だという前提での話だけど。

是非読んでみて。
春樹ファンも、アンチも。


433 :無名草子さん:04/03/10 23:56
中山→中上

434 :無名草子さん:04/03/11 04:02
>>427
カート・ボネガットやリチャード・ブローティガンは出そうなので
ジョン・ニコルズ 「くちずけ」 映画化もされているが、昔村上春樹がこの映画を
誉めているのを読んでこいつこんな映画まで見てるのかとびっくりした。
ちなみに映画はライザミネリ主演。

435 :無名草子さん:04/03/11 17:25
375 吾輩は名無しである 04/03/10 10:14
俺は春樹が好きだが、それほど熱狂はしていない。
春樹よりもすごい日本の作家達を知ってるから。

だから俺が進める作家のも読んでみたら。

・武田泰淳(とくに「富士」)
・澁澤龍彦
・稲垣足穂
・金子光晴
・中上健次
・織田作之助
・白石一文(「僕のなかの壊れていない部分」(2002年8月出版)がお勧め)

↑このへんの読んでみてよ。
春樹のテーマを違う形で表している(春樹ファンにとって)ような作家や
春樹のような今っぽさの文体に勝るとも劣らない文体だから。
古い作家もあるけど、それにもかかわらずこんなに新しさを感じるんだから。
この紹介した作家達は、どちらかというと比較的日本文学では「異端」に位置している。
それは川端や太宰や夏目や芥川や大江や三島が比較的に主流派だという前提での話だけど。

是非読んでみて。
春樹ファンも、アンチも。


436 :無名草子さん:04/03/11 18:26
>春樹のテーマを違う形で表している(春樹ファンにとって)ような作家や
>春樹のような今っぽさの文体に勝るとも劣らない文体だから。
>古い作家もあるけど、それにもかかわらずこんなに新しさを感じるんだから。
>この紹介した作家達は、どちらかというと比較的日本文学では「異端」に位置している。
>それは川端や太宰や夏目や芥川や大江や三島が比較的に主流派だという前提での話だけど。

なんかバカっぽい

437 :無名草子さん:04/03/11 18:59
>>436
そういうのは思っても口にしないのが大人だぜ

438 :無名草子さん:04/03/11 19:17
>.>437
そういう「そんなんだから君はガキなんだ」ということを裏に隠した皮肉は、大人の言うことですか?

439 :427:04/03/12 05:05
おお思ったよりレスがついてて嬉しい!
今度探してみようと思います。

440 :無名草子さん:04/03/12 22:26
直子=ユミヨシさん=図書館の女の子=佐伯さん=大人しくて、問題をかかえていて、でもきちんと生きようとしてる
緑=笠原メイ=短編に出てくる女の人たち=ピンクの太った女=さくら=発想豊かでなんでもハッキリ言う
そして2つのタイプの共通点は、きれいで、賢くて、物知りで、化粧気がないこと
作者の好きなタイプの女の人ってすぐわかりますね。



441 :無名草子さん:04/03/12 23:04
村上龍とは真逆の女の好みですね。

442 :無名草子さん:04/03/13 01:42
「人生はビスケットの缶だと思えばいいのよ」
これってフォレストガンプにもあったよねぇ
昔からある諺なの?

443 :無名草子さん:04/03/13 23:30
Perhaps Andy wants a house number on his house.

444 :無名草子さん:04/03/15 12:11
村上春樹訳の「世界の七月」って誰か読んだ人いる?おれは高くて買う気はないけど

445 :無名草子さん:04/03/16 18:09
風の歌を聴けの最初の方に書いてあったみたいに、
自己療養の手段として書いているっていうのが、
言葉で説明がつかないけど、読んでいて分かる。
誰か代わりにそれを説明してくれ。

446 :無名草子さん:04/03/16 18:17
「ピース。」

447 :無名草子さん:04/03/17 02:16
「ノルウェイ」で緑のお父さんの病室には菊の花が生けられているけれど、
菊って普通病院に持っていかないよね。お父さんの死の伏線なのだろうか。

448 :無名草子さん:04/03/17 09:17
普通は突っ込むのだがこんなことでも伏線扱いしてくれる
こういう読者を春樹はありがたく思うべきだね

449 :無名草子さん:04/03/17 13:58
ノルウェイの森で読書感想文を書こうと思ってるんだけど、どうでしょう

450 :無名草子さん:04/03/17 14:48
提出する前にここに晒してくれ

451 :無名草子さん:04/03/17 19:00
>>449
何歳でつか?

452 :無名草子さん:04/03/17 20:51
高2の17歳です。
父に勧められて読み始めたんだけど、2章まで読んで
「これって読書感想文向けなのかなあ」と思い始めました。
全部読んでから、やっぱこれじゃ書けないということになったら困るので
既読者の方ご意見ください

453 :無名草子さん:04/03/17 20:57
主人公がセックスしたりちんぽしゃぶられる描写があるがそれでもよければどうぞ。

454 :無名草子さん:04/03/17 20:57
読書感想文向けかなあ、って思え始めたのはどんなところから?

455 :449:04/03/17 21:11
主人公の回想で、主人公と直子と偶然会って散歩して、
二人のなんでもない会話がダラダラと続き始めたところ。
まさか此奴等ずっとこのテンションかなぁと。

456 :454:04/03/17 21:26
あの部分は小説の設定の要になる部分だから、大丈夫だよ。どんどんいろんな
ことが起こる。「死」とか「性」および「生」がどのように描かれているか
注意しながら読むとけっこう味わえるかも。

感想文って書くのが苦手だったなあ。解釈しろっていわれるならまだしもね。

がんばってね。

457 :454:04/03/17 21:38
つけたし。

だらだらしているような会話にも実は意味があるんだよ。話が進行していくと
だんだん見えてくる。いろんなことやものがいろいろなことを
象徴しているのでその辺にも目配りして読んでいくと面白いかも。
一度目は筋をメインにして読んでそれからもう一度細かいところを
観賞しながら読むのがいいかな。

あと「ノルウェイ」は春樹の異色作なので「ダンスダンスダンス」など
も読んでみると彼の本来の作風が分かるよ。


458 :449:04/03/17 21:48
ご親切に説明ありがとうございます。
生死が書かれてるなら感想文書けそうです。
がんばって読んでみます。本当にどうもでした。

459 :無名草子さん:04/03/17 21:56
読みはじめた本はたとえそれがどんな本でも最後まで読み通しなさい。
フィッツジェラルドが娘にあてた手紙より

460 :無名草子さん:04/03/17 22:50
エロ知識がまったくなかった俺(当時高2)は
広辞苑片手にノルウェイを読んで色々勉強させてもらった

春樹は抽象的すぎて読書感想文にしづらい気がするけど・・・
もっとも俺の読書感想文の定義はあらすじを95%で残りが思ったことという本末転倒なのだがw

461 :無名草子さん:04/03/18 01:49
>>444
遅レス、スマソ。
ティム・オブライエンの「世界のすべての七月」、さっき読み終えたんだけど、
オブライエンについて何も知らないなら既刊を読むことを勧めます。

「本当の戦争の話をしよう」と、「ニュークリア・エイジ」が、
いずれも春樹訳で出ていて、初出からもう随分時間が経つから、
文庫にもなってるような気がする。

いきなり代表作から読みたい、ということなら「カチアートを追跡して」
(新潮文庫)が最適かも。読みやすい小説ではなかった記憶があるけど。

そういうのを一通り読んだ後で、「世界のすべての七月」の
訳者あとがきを読むと、割と感慨深いものがあるよ。

マジレス、スマソ。

462 :無名草子さん:04/03/18 01:56
>452
つか、すすめてくれたパパに訊いてみりゃいいじゃん。
これは読書感想文向きの本なのか?って。
どうしてどう思うのか、パパはこれ読んでどう思ったか、
パパはこれ読んだときどういう状況にあったか、
って、派生する質問全部をありのまま書き留められたら、
それだけで、スゴイ感想文になると思うけど。

463 :↑訂正:04/03/18 01:59
「どうしてどう思うのか」→「どうしてそう思うのか」

「派生する質問全部」→「派生する問題と、パパからの回答全部」
カエスガエススマソ。

464 :無名草子さん:04/03/19 01:16
読んで感じたことを書くのが感想文。パパもなにも関係ない。

465 :無名草子さん:04/03/19 02:20
実は、厨房のころノルウェイの森でヌイた事がある。
緑に手コキしてもらうシーンだ。
それはまるで春の熊のように僕を性的興奮へと導いた。

466 :無名草子さん:04/03/19 02:29
まるで春の夜に迷いこんだ蝶のように甘美な感想だ

467 :無名草子さん:04/03/19 09:56
>>465
緑(だっけ?)が自分のパンツの中に出していいよってのが
ものすごくグッときた。

468 :無名草子さん:04/03/19 17:35
>>465 467
そんな読み方してる奴らがいるんだな。たしかに厨房のころ読んでたらありうるな。勉強になった。

469 :無名草子さん:04/03/19 17:51
おれは19の時に8回くらいお世話になったよ

470 :無名草子さん:04/03/19 23:15
下手な官能小説よか全然抜ける

471 :無名草子さん:04/03/19 23:35
作者があの顔だと思うと、そもそも抜こうという気にならん。

472 :無名草子さん:04/03/20 00:16
>>470
そりゃ下手な官能小説しか読んでないんだ。トゥークン読め。

473 :無名草子さん:04/03/20 11:36
団鬼六は?

474 :無名草子さん:04/03/20 17:40
>>473
ありゃだめだ。

475 :無名草子さん:04/03/22 00:32
>>464
話をつまらない方向に誘導すな。

476 :無名草子さん:04/03/22 06:22
↑っていうやつが一番つまらんわな

477 :無名草子さん:04/03/24 14:07
>>442
人生はチョコレートの箱、じゃなかったっけ
ママソが言う言葉

478 :無名草子さん:04/03/26 16:26
誰かぁー!

滅多に本なんて読まないダメ学生にオススメの作品を教えてくれ!

ケガして入院して暇なんです・・・暇すぎるんです。頼んだ!

479 :無名草子さん:04/03/26 16:43
参考書

480 :無名草子さん:04/03/26 18:09
参考書は勘弁。

481 :無名草子さん:04/03/26 18:28
じゃあ「夜のくもざる」でいいんじゃねかな

482 :無名草子さん:04/03/26 20:41
わかった。買ってきます!ありがとう。

483 :無名草子さん:04/04/01 01:33
村上春樹のエッセーで、英語の辞書についての話の中で、ビールの「ドラフティー」の
意味とか「*」の記号を英語で言うとどうなるか、とか書いてあったのってどの本でした
っけ?

484 :無名草子さん:04/04/01 19:05
柴田元幸のナイン・インタビューズで物語を脱構築したとか言ってたけど
これってどういう意味?

485 :無名草子さん:04/04/02 02:16
>>484
何度か「物語を洗い直す」ってことが言われてると思うけど、
「脱構築」というのも、たぶんそれに近いでしょう。

辞書的に言えば「脱構築」はデリダの言う「ディコンストラクション」の訳で、
既存のものを解体するだけじゃなく、同時に新しいものを構築する、
という意味だと思う。

486 :483:04/04/02 20:39
解決しました

487 :無名草子さん:04/04/02 21:49
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/ref=s_b_rs/249-8682144-6514701
なぜこの本が今一番売れてるのか??

488 :無名草子さん:04/04/02 23:26
「脱構築」ってのはアンチロマンのようなのじゃないってことは分かるけど
ひらたくいって、どういうものなんだろう?

489 :無名草子さん:04/04/03 01:17
マジレスなんですけど、

「脱構築」=「現代風にアレンジ」

じゃ駄目?話がかなり専門的にならない限り
(つまり学術論文でも書いてるわけじゃないなら)、
これくらいに思っておけばそんなに間違わないと思うけど。

490 :無名草子さん:04/04/03 01:23
さすがにそれじゃ駄目でしょ

491 :無名草子さん:04/04/06 17:25
突撃隊はどこ行ったんですか?

492 :無名草子さん:04/04/07 01:16
国土地理院。

493 :無名草子さん:04/04/07 11:37
いまはどっかの雑誌でエッセーとか書いてるの?

494 :無名草子さん:04/04/10 17:46
ノルウェイの森を女流官能作家がとりびゅーとしたのってどうよ。
ttp://www.micamica.net/murakami.html

495 :無名草子さん:04/04/10 21:49
どうもしない

496 :無名草子さん:04/04/15 05:08
>>494
春樹も読んでるのか?

497 :無名草子さん:04/04/15 11:36
「国境」の中で雨は何を象徴しているのだろう。奥さんと初めて会ったときも
雨。島本さんがバーに現れるときも雨。そして一番最後の雨について考える
シーン。

この小説久々に読み返したらかなりグッと来た。

498 :無名草子さん:04/04/15 17:25
何も象徴してないよ
「雨」という事に対する読者の文学的想像力に依存してるだけ

499 :無名草子さん:04/04/15 19:45
死んだ赤ん坊の灰を川に流すシーンで島本さんが、これ雨になるかしら、
みたいなことを言うよね。雨とそれにつながる海で生と死を繰り返す人間の
性みたいなのを感じた。

ところで妻の妊娠中にはじめは女遊びをして、別に悪気に思っていない
けれど、これって今の20代の夫婦でもオッケー? まあはじめの他人に対する
「鈍感さ」を表すエピソードなんだろうけれども。

500 :無名草子さん:04/04/15 20:17
海や雨と関連させた砂漠のイメージもいいよね。

501 :無名草子さん:04/04/15 20:43
>>499=500
自分の書き込みに何か意味あると思ってる?
もう少し考えてから掲示板に書き込んだら?

502 :無名草子さん:04/04/16 00:18
こないだ初春樹で「スプートニクの恋人」読んだんだけど
結構わかりにくい話だったのでおまいらの考察を教えてくらさい

503 :無名草子さん:04/04/16 02:48
>>502
私はスプ以外の春樹は全部好きだ・・・

答えになってないかw

504 :無名草子さん:04/04/16 13:50
>>503
(゚д゚)ガーン
面白いとおもってしまったおれはいったい・・・
ほかのはもっと面白いということか。

ところで最後の電話は結局のとこ現実なのでしょうか?

505 :無名草子さん:04/04/16 13:54
>>504
君が現実だと思えば現実だし、そう思わないなら現実じゃない。
まあ漏れは現実じゃないと思ったけど。
この本をハッピーエンドだと言うヤシもいるけど、
漏れには賛成できない。

506 :無名草子さん:04/04/16 14:39
>>505
最期の血の痕を捜すくだりの意味合いや、
血が本当に流されたのかによっていろんな考えが思い浮かぶからどうとはいえないんだよなあ。
まあそれが作者の意図するところだろうけど。

507 :無名草子さん:04/04/17 23:42
春樹が別名で官能小説書いてるってホント?? 単なるネタ?(笑)
詳細求む!


508 :無名草子さん:04/04/18 06:19
てか有名

509 :無名草子さん:04/04/18 09:26
>てか有名

なら別名おしえてください 笑 いやマジで知りたい。
ヒントだけでも。

510 :無名草子さん:04/04/18 23:34
>>508
ほんとかなあ・・・?
文体ってさあ、結構大変なんだよ、つくりあげるのが。

で、強い文体ってのは、その人の世界観から寝息にいたるまで、
生理を総動員してつくられてるはずだから、
たとえ春樹が官能小説書いてても、まったく違う文体で書くということは
難しいことだと思うし、
第一、ここまで磨き上げて来た文体を使って、
官能小説なんか書くメリットは何もないと思うんだけど。

昔書いたんじゃないかって反論もあり得るけど、
そこまで酔狂する人かなあ。

511 :無名草子さん:04/04/24 12:10
http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-040424-0011.html

やれやれ

512 :無名草子さん:04/04/24 12:29
調べようともしないなら知らなくていいよ。迷惑だし。

513 :無名草子さん:04/04/24 14:40
「映画をめぐる冒険2」を書く可能性はないのかな

514 :無名草子さん:04/04/24 16:41
おまえらの村上春樹のおすすめ作品BEST3を教えてください。


515 :無名草子さん:04/04/24 21:29
1・ノルウェイ
2・ハードボイルド
3・村上ラジオ

516 :無名草子さん:04/04/24 23:43
1.遠い太鼓
2.もし僕らのことばがウィスキーであったなら
3.午後の最後の芝生

517 :無名草子さん:04/04/25 14:27
1.ねじまき鳥
2.遠い太鼓
3.ノルウェイ

518 :無名草子さん:04/04/25 15:51
1.ハードボイルド
2.ねじまき
3.ダンスx3

519 :無名草子さん:04/04/25 20:43
1.ねじまき鳥
2.ハードボイルド
3.国境

カフカまだ読んでないからカフカ抜きで、このランキングでつ
春樹はやっぱ長編が好きだぁぁぁぁぁ

520 :無名草子さん:04/04/25 22:07
むむむ、ねじまき結構多いな。
俺はまだ読んでない。
今度読んでみよう♪

1ノルゥエーの森
2スプートニクの恋
3

521 :519:04/04/25 23:06
>>520
ねじまきお勧め 超お勧め
ノルウェーやスプートニクの恋愛モノ好きなら絶対感動すると思う
何度読んでも泣くですよ、私・・・

522 :無名草子さん:04/04/25 23:24
1.夢で逢いましょう
2.ウォーク・ドント・ラン
3.またたび浴びたタマ


523 :無名草子さん:04/04/25 23:32
>>521
どの辺が泣きどころ?

524 :無名草子さん:04/04/26 01:01
アホみたいにベスト言い合って
しかもねじまきが好きで
>ノルウェーやスプートニクの恋愛モノ好きなら絶対感動すると思う
すごいな、ねじまきみたいな作品ででこんなふうに思えるなんて


525 :無名草子さん:04/04/28 00:13
>>524
2chなんだから好きなこと語ればいいじゃない。
ベストでもいいじゃない。
何がそんなに癪に障るのか。
マターリしれ。

526 :無名草子さん:04/04/28 00:20
1.そうだ、村上さんに聞いてみよう
2.スメルジャコフ対織田信長家臣団
3.ジョン・レノン対火星人

527 :無名草子さん:04/04/28 15:26
>>526
そりゃ高橋源一郎だ、3は。

528 :無名草子さん:04/04/28 17:10
村上春樹と糸井重里の本がたしか講談社文庫から出ていたと思うんですが、
あれってどんな本なんでしょうか???
読んだ事ないんで。

529 :コリン・タッジ:04/04/28 17:37
>>528
「夢で会いましょう」という題名だったような気がします。
ワンテーマでふたりがそれぞれ短編小説を書く、
ないしは、ふたりの短編小説がそれぞれ収録されたもの、
もしくは、対談集なのかも知れませんね。
・・・まるでお役にたてませんでした。
ごめんなさい。

530 :無名草子さん:04/04/28 19:32
レキシントンの幽霊っていう文庫本のなかのひとつの話で、
久しぶりに故郷もしくは思い出の場所に行く話ありましたよね。
そこで主人公が、あぁ自分は許されたんだ、って泣いてたと思うんだけど。
あれ読んだ時、村上春樹も何かから解放されたのかなって思いました。

でもこの人って
ものすごく自我が強そうですよね。


531 :無名草子さん:04/04/28 19:51
>>530
七番目の男ですね。
レキシントンの中では私は沈黙が一番好きでした。

532 :無名草子さん:04/05/02 08:17
age

533 :無名草子さん:04/05/03 13:35
ねじまき鳥読み始めたので記念カキコ

この人の小説読むのは10何年ぶりだな。
ノルウェイの森以来だ。

534 :無名草子さん:04/05/05 17:09
笠原メイとペッティングしたい

535 :無名草子さん:04/05/05 23:06
「チュウチュウ」

536 :無名草子さん:04/05/06 17:21
村上朝日堂のCDロムの奴で、村上春樹の声が聞けたんだけど、
骨太で早口な感じで、想像と違った。いかつい声してるね・・・・

537 :無名草子さん:04/05/08 16:23
村上春樹的公務員試験
http://school2.2ch.net/test/read.cgi/govexam/1029250344/l50

一読の価値あり。

538 :無名草子さん:04/05/08 18:27
>>537
そういうの色んな板にたくさんあるよね
もう落ちたけど村上春樹的みずほ銀行やらラウンジやらリーマンとかMacとか
失恋話はまだ生きていたはず

539 :無名草子さん:04/05/08 21:17
誰か村上春樹的スレ見つけたらここに張って頂戴。

540 :無名草子さん:04/05/08 22:22
村上春樹的海外サッカー
http://sports4.2ch.net/test/read.cgi/football/1045493246/


541 :無名草子さん:04/05/08 22:42
>>540
早速のGOOD JOB 感謝感謝です。

542 :無名草子さん:04/05/08 23:46
age

543 :無名草子さん:04/05/09 20:54
今日ハードボイルド読み終えた
面白かった
久々に引き込まれた

544 :無名草子さん:04/05/10 00:49
>>543
彼の小説は引き込まれるよね。
文章は子供っぽいんだけど、世界観が確立している。

海カフ読んで思った。
行間から語らざることがにじみ出てくる感じ。
 

545 :無名草子さん:04/05/10 22:53
ねじまき読んどる。2回目だが、1回目より遙かに楽しめるなー。
まあ1回目読んだのは中2の頃だったから半分程度しか理解できてなかったってことか。

546 :無名草子さん:04/05/10 23:58
>>545
最初読んでいて度肝抜かれなかった?
俺高校生の時読んだけどなんてエロい始まり方なんだとびっくらこいたよ

547 :無名草子さん:04/05/11 00:15
>>546
度肝抜かれたよ。あれが最初の春樹作品だったし。淡々としてるんだけど
飽きさせない、今までに体験したこと無い世界だった。ただやっぱり厨房だから、
話の筋は追えても、文章の水面下に隠れてた春樹の言わんとしていたことに気づけなかった、
というより実際的な経験が足りなかったんだな。今読むと色んな場面で共感出来る。楽しい。

548 :無名草子さん:04/05/13 22:34
ねじまき鳥って実写よりもアニメにすると良さそうな感じ。
NHK辺りで2年間位やってくれんかなぁ。

549 :無名草子さん:04/05/14 00:50
>>548
NHKでふぇらとかむりぽ

550 :無名草子さん:04/05/14 20:33
僕も今、ねじまき鳥読み始めたところです。

「イエローページ 村上春樹」って買っておくべき?

551 :無名草子さん:04/05/14 20:59
他人に決めてもらわないと判断できないのかねぇ

552 :無名草子さん:04/05/14 21:06
























553 :無名草子さん:04/05/16 17:08
ハツミさんを思い出すシーンを思い出すと涙が出てきます

554 :無名草子さん:04/05/16 17:38
>>395
直子は人はどんなにかかわった人でも、いなくなって
しばらくたてばいつかは忘れてしまうものだ
って分かってたから
主人公が直子の記憶が薄らいでることに気づいたとき
彼女の言おうとしてたことがわかったってことじゃない?

555 :無名草子さん:04/05/17 13:58
レモンドロップ中毒「にぃちゃん、ろーっぷろーっぷ!」

556 :燎平&rlo;子夏 野佐&lro; ◆natuko63Fw :04/05/18 14:58
1 ノルウェイの森
2 蜂蜜パイ(神の子供)


557 :無名草子さん:04/05/18 15:28
スレ読まずにカキコ
どこかで「インタビューしてみたい相手は皇太子なんだけど、絶対無理だろうな」ってなこと
言ってた(書いてた)覚えがあるんですが。

実現キボンヌ

558 :無名草子さん:04/05/18 17:34
>>556
なぜ「青が散る」???

559 :無名草子さん:04/05/18 17:49
春樹のよさはなんだろう。
春樹はちょっと創作しすぎてる部分があるからな
小説で付加していい部分と悪い部分があるけど
春樹は付加させちゃうとちょっと話が人の情緒から
離れていっちゃうような部分まで創作しちゃってるから
物語に実感をこめて読むのがかったるくなる。
そういう部分を許容できる人なら良いんじゃないの?
俺は本でまでそういうのはちょっと、ゲームとかならまだ許せるけども。

560 :無名草子さん:04/05/18 17:58
100%の女の子、すごく素敵。同じ本に入っている図書館の話もいい。



561 :無名草子さん:04/05/19 12:14
この人、翻訳は良い仕事するんだけどねー
クロニクル以降は創造力の衰退が顕著。

562 :無名草子さん:04/05/20 15:12
「悪くない」「やれやれ」「いささか」

あとスパゲッティーの多用を無くせば、良くなると思う。

563 :無名草子さん:04/05/20 16:40
>「悪くない」「やれやれ」「いささか」
これって寧ろクロニクル以前のほうが多くないか?

564 :無名草子さん:04/05/20 22:18
村上春樹って別のペンネーム持ってるんですよね。
ご存知の方いらっしゃいましたら、教えてください。
ポルノ小説とかだったような?

565 :無名草子さん:04/05/20 22:49
>>564
団鬼春樹だった気がする

566 :無名草子さん:04/05/21 18:04
>>562
いささかってそんなにあったか?
それよりも好むと好まざるとに関わらずっていうのを入れとけよ。

567 :無名草子さん:04/05/21 18:33
スパゲッティーやロック、酒がよく出てくるな

568 :無名草子さん:04/05/21 19:35
あるいは、も多いと思った。


569 :無名草子さん:04/05/22 00:23
ペッティングも。

570 :無名草子さん:04/05/22 21:59
「コミットメント」がちょっと鼻につく

571 :無名草子さん:04/05/24 04:36
ねじまき鳥まではすごく好きだった。
ねじまき鳥英語版あったら読むのになあ


572 :無名草子さん:04/05/24 06:23
The Wind-Up Bird Chronicle

573 :無名草子さん:04/05/26 21:57
>>553
同志!!!

永沢さんって結構好きだ。

574 :無名草子さん:04/05/26 22:38
>435
白石一文?
春樹と一緒にされたくないなー

575 :無名草子さん:04/05/28 18:35
「ノルウェイの森」の英語版ってJay Rubin訳とAlfred Birnbaum訳があるんだけど、
どちらが定番っていうような評価は定まってるのですか?
母語が英語の友人が読みたいと言ってるのですが。

576 :無名草子さん:04/05/28 19:14
ねじまき鳥はJay Rubinだったけどな・・・。

577 :無名草子さん:04/05/28 19:25
1・ノルウェイ
2・ダンスダンスダンス
3・ねじまき

578 :無名草子さん:04/05/28 20:07
村上春樹のエッセイを読んでマラソンに挑戦したくなった。


579 :無名草子さん:04/05/29 03:05
>>53
おじぃちゃん良かったな。

580 :無名草子さん:04/05/29 09:16
ノルウェイの森はじめて読んだ。
正直言って、面白くなかった。見え透いた嘘ばっかり書いててもカッコよくないよ、
とすら思った。鬱になるほどのパワーなんてどこにも見あたらねえ。

一人芝居のように、複数の人物が出てきていても腹話術のように自分に都合のいいこと
聞いてくる人がいて、それに対して自分が答えて、また相手(もう一人の自分)が
ごにゃごにゃっと何か言うという現実離れしすぎた会話シーン読んでて、それこそ
「やれやれ」と思わないんですか?というか、飽きないんですか?
それともこれがツボにはまって出られなくなる人がいるってことですか?
こんな売れるために書いてるの見え見えな小説でもファンの方は面白いのですか?
他に春樹のでこれなら面白いというのはありませんか?

581 :無名草子さん:04/05/29 09:51
>>580
確かに都合の良すぎる展開ではあるかもしれない。
だけどこれに慣れなければ、村上小説にしっくりこないかもしれない。
特にノルウェイの森が駄目であるのなら致命的かもしれない。
僕は翻訳本以外全部持っています。
ねじまき鳥や羊をめぐる〜を読んでみても駄目なら
肌に合わないのかもしれません。
時間とともに好きな本やその趣向も変わっていくものだし。

582 :無名草子さん:04/05/29 11:28
>>580
現実離れした会話か・・。現実じゃない以上そんなことは些細な問題だと思うけど。
現実は現実であって、小説に現実を求める必要はないと俺は思う。
まあこの辺は好みだな。だからただ君には合わなかったというだけのことで小説自体が悪いというわけではない。
売れるためみえみえっていうのはよくわかんないな。
どこがどう売れるための部分で、どこがどう鼻に付くのか・・・。
とりあえず君がどんな本が好きなのかを知りたい。


583 :無名草子さん:04/05/29 11:29
>>580
お前まだ若い?それ相応の年になったら感じ方が変わるかもな

584 :580:04/05/29 11:35
>>583
う〜ん、もう22だからそんなすごく若いわけではないのですが、
それ相応の歳って・・・・
それとも俺が歳食いすぎなんだろうか。
でも、17、8のときの自分が読んでもたぶん、納得しなかっただろうな
とは思います。

585 :無名草子さん:04/05/29 11:41
>>584
そうか。まあ春樹の作品にけちをつけながら読んだらだめだ
それを許容できるような人じゃないとおもしろいと感じないかもな
それに春樹の人生観、恋愛観に合わなければどうしようもない
どちらがいいというわけじゃなくて、ただお前に合わなかった、それだけの話だと思うよ
合わないのなら無理して読むことはない
いちおう他の作品を挙げるとするなら「世界の終わりと〜」かな
あっ、俺もお前がどんな本を好んで読むのか知りたいな

586 :580:04/05/29 11:48
>>582
僕は本をあんまり読まず映画が好きなのですが、
最近読んだのでは、青山真治のユリイカがよかったかな。

なんか、指人形で会話してるみたいに見えるんですよ。会話の全部が。
元を正せば同じ手のひらから生えている。
同じ人物じゃないのに、まるで脳内人物と話しているかのように会話が
進んでいくじゃないですか。「こう聞かれたら、こう言い返そう。」って
準備していたことを、他の誰かや出来事が、うまく促してくれて、立ててくれる。
本来主人公がするはずの説教を、別の誰かが身をもって体現してくれるおかげで
主人公の自尊心の高さが露骨になることなく、満足できるみたいな。
で、そればっかりが小説内でずっと続いて、最後までそれで終わりましたみたいな。

587 :無名草子さん:04/05/29 11:59
>>586
そう捉えるのなら仕方ないかも・・・。
春樹の作品が好きっていう人のほとんどが会話が好きっていう人も多いからね。
もともと春樹の作品にはストーリーがあってないようなものだから、
楽しむべきところは会話と地の文という文章そのものになりがち。
それかキャラの個性が好きっていう人かな。両方好きっていう人が圧倒的だろうけど。
だから春樹の会話が好かないっていうのならどの作品も駄目だと思う。
ま、世の中には春樹の作風が好きっていう人が多いんだなあとは思う。
おれもそのうちの一人ではあるけど。
文学的にもいろいろ賛否両論がある人ではあるけれど、
一つの文学の流れをつくったことは純粋にすごいと思う。
話それたけど、上の人もいってるようにただ合わなかっただけっしょ。

588 :無名草子さん:04/05/29 12:02
>>586
そういえばこんなサイトがあった。
春樹のことうまいこと表現してると思う。
春樹が合わないのなら、逆にそういうところが嫌なんだよって思うかも。
ttp://fashion.vis.ne.jp/haruki.htm

589 :無名草子さん:04/05/29 12:04
横入りすいません。

最近村上春樹を読み始めました。
「TVピープル」「神の子どもたちは〜」「世界の終わりと〜」の3冊の中では
「神の子どもたちは〜」、「世界の終わりと〜」、「TVピープル」の順で好きです。
次に読む本を探しているんですが、どんなものがオススメでしょう?

590 :無名草子さん:04/05/29 12:06
>>589
パン屋再襲撃、レキシントンの幽霊等の短編作品はどうですか?
長編ならノルウェイの森か、風の歌を聴けからの四部作か。
趣向を変えてエッセイなんかもかなりおもしろいからそっちを読んでもいいかも。
村上春樹堂とかね。

591 :無名草子さん:04/05/29 12:09
明らかに意図的に他者を描いてない
一見ありえそうな登場人物が出てきても、
途中でありえない人物に化けるかズレる
ずらしかたが巧妙なので、かろうじてつながっているように見える
同時に死に接近するようで実は避けている
死というより、邪魔な奴が視界から消えていく
過程を、やはり巧妙に死に括り付けていくだけ
作為的すぎて萎える

592 :無名草子さん:04/05/29 12:10
>>591
それがいいんでしょ?

593 :無名草子さん:04/05/29 12:22
>>592
いいのか?
それがいいなら・・・・・よっぽど(ry

594 :無名草子さん:04/05/29 12:30
>>593
ひとの好みなんてそれぞれだよ。
自分の価値観を押し付けるのはまともな人間としてどうかと思うぞ。

595 :無名草子さん:04/05/29 12:31
>>591
おまえノルウェイの森しか読んでないんじゃないか・・・?

596 :無名草子さん:04/05/29 13:21
>>591
それを狙ってるわけよ。意図的にね。

597 ::04/05/29 13:38
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/external-search?tag=miseinennnoka-22&keyword=%E6%9D%91%E4%B8%8A%E6%98%A5%E6%A8%B9&mode=books-jp
どの本がおすすめでつか?

598 :無名草子さん:04/05/29 13:43
>>597
上から順に読んでいけばいいんじゃない?

599 :無名草子さん:04/05/29 18:10
>>575

GET THE ALFRED BIRNBAUM TRANSLATION, August 17, 2002
Reviewer: A reader from the White Lodge
It's not "Norwegian Wood" the story itself that I give 1 star to- it's the Jay Rubin translation.
Over a decade ago I bought the Alfred Birnbaum translation, and I find Birnbaum to be a far
superior translator to Rubin. Rubin's translation of certain sensual phrases from the Japanese
turn into stale duds of sentences compared to Birnbaum's more heartfelt ones. Moreover,
Rubin deletes words, sentences and paragraphs as he feels fit- Birnbaum does not make as
vast edits as Rubin does. In this version of NW, Rubin writes that Murakami has approved this
as the official translation. I'm sorry to say that although Murakami is my favorite author in the
whole world, I have heard him lecture and his spoken English is remarkably terrible- he may
know how to translate written English to Japanese really well, but he could use to learn about
translating from his native language to English. I've rattled on long enough- but let it be said,
Birnbaum's translation is far superior- and if you do not live in Japan, then go to your local
Japanese bookstore in America like Kinokuniya or Asahiya and get it- leave this disgrace of
a translation on the shelf.


なんて意見もあるみたいだ。

600 :無名草子さん:04/05/29 19:29
オーケー!華麗に600ゲット

601 :無名草子さん:04/05/30 00:00
1 パン屋再襲撃
2 カンガルー日和
3 タイタンの妖女

602 :無名草子さん:04/05/31 18:20
>>601
そりゃヴォネガットじゃなかったか、3は。

603 :無名草子さん:04/06/01 22:24
「闇夜に照明弾が打ち上げられたように彼女の事がわかった」
みたいな文章(うろ覚え)の出典ってなんでしたっけ?


604 :無名草子さん:04/06/02 18:31
春樹も好きなアメリカはマサチュ−セツ州出身のロックバンド
Killswitch Engagはチョーおすすめ
みんな買おうよ




605 :無名草子さん:04/06/02 18:33
>>604
Killswitch Engageでした最後のeが足りなかった
キルスウィッチエンゲイジね

606 :無名草子さん:04/06/03 14:18
「あるいはそうかもしれない」って文法が破綻してない?

607 :無名草子さん:04/06/03 17:32
あるいはそうかもしれない。

608 :無名草子さん:04/06/03 19:18
>>606
そういう感じがしないではないけど、その使い方が一般化している以上誤用ではないよな。
でもよくよく考えてみたら、「もしかしたらそういうことも、ありうるのかもしれない」って
二つの文節に区切れば文法的にも正しいように思えてこない?
いや、なんかよくわかんなくなってきたな・・・。どうでもいいや、そんなこと。

609 :無名草子さん:04/06/04 14:22
どうしても緑が好きになれない・・・
緑の方が直子より狂ってると思えてならないから。

610 :無名草子さん:04/06/04 16:52
>>609
小説の上では別にどっちも狂っていないでしょ。
緑は春樹の小説に出てくる典型的な女の子。
変わったキャラではあるけど、あのちょっとずれた会話が好評だと思うんだけど。
ま、別に緑を好きになる必要もないわけで。

611 :無名草子さん:04/06/04 18:36
>>609
私も緑苦手なんだよね。
なんかうさん臭いというか、、

ねじまき鳥でもメイが苦手だった。

ノル森で一番素敵に書かれてるのはハツミさんだと思う。量は少ないけど。

612 :無名草子さん:04/06/04 21:34
メイは苦手だがミドリは好き。直子は嫌い。レイコさんは好き。

ミドリがケーキの話をしているところが大好き。女心って感じで。

613 :無名草子さん:04/06/04 21:40
ノルウェイの森ムカつく女キャラワースト3
3、ハツミ おせっかいな女は嫌いだ。
2、レイ子 下らない、おしゃべりな女は嫌いだ。
1、緑   わがままな女は嫌いだ。

614 :無名草子さん:04/06/04 22:24
俺の歌を聴け

615 :無名草子さん:04/06/04 23:13
ちょっと以外だったのがキャラに好みを持っている人が案外いてるんだね。
俺は内容、世界観が合えばキャラは二の次だけどな。

616 :無名草子さん:04/06/05 13:55
たいしてかっこよくも無いのにヤりまくってる、って主人公が多いような。

617 :無名草子さん:04/06/05 16:06
あっそ、だから何?

618 :無名草子さん:04/06/05 18:59
春樹ってブサイクじゃん





619 :無名草子さん:04/06/05 19:10
ファンも脊髄反射しかできない不細工しかいないみたいだね。

620 :無名草子さん:04/06/05 19:17
そりゃそうだろ、あんなキモい文章好んで読むイケメンなんているかって

621 :無名草子さん:04/06/05 19:26
春樹ファンのイケメンているの?
有名人で春樹ファンて誰がいます?イケメンや美女でいます?
デブ眼鏡の文芸評論家の福田和也と坪内祐三はファンみたいだが



622 :無名草子さん:04/06/05 19:54
>>621
○○ファンのイケメン有名人というやつを幾つか探してきて下さい。

623 :無名草子さん:04/06/05 20:16
どれだけ女に飲ませてもセックスできません

624 :無名草子さん:04/06/05 22:26
イケメンという言葉をしらふで書き込みできる連中を
僕はすごく異質なものに感じた。
彼らには彼らなりのスタイルというものがあるのかもしれないけれど。

625 :無名草子さん:04/06/05 23:06
>>619
脊髄反射って何よ。それは比喩にできるような意味があるのか???
脊髄反射しかできない不細工って、そもそも脊髄反射というものはするものなのか?

626 :無名草子さん:04/06/06 00:14
お手軽に気持ちよく「文学」させてくれる甘ちゃん小説なんだから
そんなに熱くなることはない
「僕」のようにクールでスタイリッシュに生きよう
理不尽な孤独や喪失感を抱えながら

627 :無名草子さん:04/06/06 00:39
>>626
かといって誰も真似ができないからここまで支持されるようになったんだろう?

628 :無名草子さん:04/06/06 00:51
>>627
お手軽に気持ちよく「文学」させてくれる甘ちゃん小説なんだから
そんなに熱くなることはない
「僕」のようにクールでスタイリッシュに生きよう
理不尽な孤独や喪失感を抱えながら

629 :無名草子さん:04/06/06 01:17
文学って何よ「文学」って

630 :無名草子さん:04/06/06 02:49
世紀の難問キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

631 :辻イ二成:04/06/06 02:53
僕を呼びましたか?

632 :無名草子さん:04/06/06 05:56
>>628
ノルウェイの森読んだけど俺が読むには若すぎたと思ったけど
そんなもんですか?

633 :無名草子さん:04/06/06 12:12
>>627
真似できないっていうより恥ずかしくてしたくないんじゃ・・・・・

634 :無名草子さん:04/06/06 13:23
加藤典洋の「イエローページ村上春樹2」はどう?

635 :無名草子さん:04/06/06 14:32
                  .ノ′    } 〕    ,ノ           .゙'┬′   .,ノ
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    l8'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .と     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

636 :無名草子さん:04/06/06 14:36
>>633
体のいい言い訳ですね。

637 :無名草子さん:04/06/06 14:37
>>632
ある小説には年齢は関係するような気がするな。それか経験。
何年かしたらもう一度読んでみたら?

638 :無名草子さん:04/06/06 15:25
春樹の文章についていろいろ議論されるけど、
作者名を伏せられたら一体誰が書いたのかわからないような特徴のない文章よりは
よっぽど存在価値があるし、面白味がある。

639 :無名草子さん:04/06/06 16:27
今日ノルウェイの森読み終わったんだけど、最後の緑のシーンがひっかかった。
あれは、
-------直子(レイコさん)----------→|電話ボックス|-----------緑----------→
ってことだよね?
ここから始まるみたいな。
春樹は直子と緑を対極に書いたと思うんだけど(個人的意見)直子の方が色濃くなってしまって
最後にああいう形をとったのかな?

にしても、レイコさんが縁側で「ミシェル」を弾いたところは自分自身かなり入り込んでた。
「ミシェル」が好きだからだと思うんだけど鮮明にイメージできた。

640 :無名草子さん:04/06/06 17:03
春樹は卑怯だね
自分の力量では描けない文学的な問いを「謎」として作品にちりばめることで
読者の文学性への飢餓感をその謎解きによって埋められるようにしてるんだな
たとえわけが分からなくても、読み終わって「だからそれがどうしたんだよ」という状況になったとしても
あれはああでこれはこうなんだ。と主体的に文学と対峙できたと思えるようになっている
しかも主人公がクールでカッコよくてきわめて受動的な生き方をしながら
女の方からよって来て、主人公を愛していながら別離、失踪、はては自殺までしてくれるという
まさに文学青年のユートピアが春樹ワールドなんだよね

641 :無名草子さん:04/06/06 17:05
>>640
君はとりあえずごちゃごちゃいうまえに小説以外の出版物を読んでみたらどうだ?

642 :無名草子さん:04/06/06 17:51
>>640
諸手を挙げて賛成!というわけではないけど
俺も村上春樹の作品にはそういう側面もあると思う。
「作者自身も理解できてないんだろうなあ」というような感じね。

でもまあ「不完全な人間が書いた不完全な作品」と作者も語ってるし、
ましてや不完全な俺らがそれをどう受け止めるかなんて
もはや何をかいわんやであるな。

643 :無名草子さん:04/06/06 18:04
直子って美人な設定なんだよね?
ブサイクではないよね?

644 :無名草子さん:04/06/06 18:14
http://images-jp.amazon.com/images/P/0375704027.01.LZZZZZZZ.jpg
http://images-jp.amazon.com/images/P/0375704027.01.LZZZZZZZ.jpg

下の直子は美人ではあるけどかわいくないな

645 :無名草子さん:04/06/06 21:39
>>629
おまえ文学をしらねーのかよ。
「刑事」だよ、子だくさんのな。

646 :無名草子さん:04/06/06 22:31
不可能の不可能性というのは、表現の最先端という意味では
フロンティアスピリットあふれたやり方だと思う。
ただそれは、村上春樹自身が過度に客観的に問題に対峙し、
いささか分析的に過ぎると思えるくらいの描写を
本人の明晰な頭脳が底で支えているからこそできる手法である。

647 :無名草子さん:04/06/07 09:53
>>632
私は中学2年の時ノル森を読んで全然理解できなくて(当たり前か・・・)
高校3年の時再読したらかなり面白くてすんなり読めた(理解できたかどうかはわかんないけど)
で、大学生3年の時再読した時は高校の時唐突だと思ったラストがすごく響いてきた。

また読みたくなった時にでも再読してみると良いと思います。


648 :無名草子さん:04/06/07 14:47
>>647
俺もそんな感じだわ。ただ中学のときにも理解できていたかどうかは甚だ怪しいけど、
おもしろいとは感じてたな。本当の意味でおもしろいと感じたのは大学入学前後に読んだときだけど。

649 :無名草子さん:04/06/07 15:03
村上春樹がkeyのパクりって言うと、
keyの方が春樹をパクってるんだ、みたいなことを言う人がいるけども、
ああいう連中は「AIR」の方が「海辺のカフカ」よりもはやく発売されたことについて、
いったいどう言い訳するつもりなんでしょうね。
よしんば連中の言う通り春樹がパクってないにしても、
「海辺のカフカ」で村上春樹が目指そうとしたものをkeyが先取りしていたのは間違いないわけで、
それはつまりkeyは春樹を超えたってことでしょ。


650 :無名草子さん:04/06/07 15:31
うわ、面白いレスをニュー速でみつけたからコピっとこうと思ったら、
もうすでにコピーされてる(w

651 :無名草子さん:04/06/07 15:34
俺もはじめてノル森読んだの中3だったけど、面白くなすぎて
近くの山の中にぶん投げてきたっけな。
ふざけやがって、金返せと思って友達から借りてきたFF7やったら
面白すぎて泣きながら朝までプレーして、また学校行ったの憶えてるよ。
最近また読み返してみたけれど、やっぱりつまらなくて飛ばし読みしてしまうな。
これが面白く、すばらしく感じられる人はたぶんプライドがものすごく高くて
自分の現実を正視できないんだろうね。臆病なんだろうね。


652 :無名草子さん:04/06/07 15:38
衝撃!! 村上春樹はエロゲーのパクり!?
こんなに似てる「海辺のカフカ」と「AIR」!!

・主人公が旅人(みたいなもの)。
・主人公の分身のカラスが出てくる。
・舞台は夏の海岸沿いの田舎町。
・そのまちでヒロイン宅に居候。
・居候したのち性交。
・主人公のかかえる問題は家族に関すること。
・ヒロインが死ぬ。
・ヒロインの死に方が、「謎の病におかされて死亡」。
・主人公がヒロインに近づくのが死のはじまり。



村上春樹はエロゲをパクっていた!?!?!?!?!?!?!?!?!?

653 :無名草子さん:04/06/07 15:46
>>652
最悪だな、エロゲ作家かよw

654 :無名草子さん:04/06/07 15:50
つまり「海辺のカフカ」がドイツで売れたのもすべてkeyのおかげってことだ。
もし村上春樹はノーベル文学賞取ったら「僕が受賞できたのはすべてkeyのおかげですよ」と言う義務がある。

655 :無名草子さん:04/06/07 16:13
どこまで本気でこういうコピペを貼っているのかわからんが、恥ずかしくないのかね。
春樹を叩くにしてももうちょっとやり方があるだろう。

656 :無名草子さん:04/06/07 16:28
春樹を叩くにしてももうちょっとやり方がある=痛いところをつかれて反論ができません

657 :無名草子さん:04/06/07 16:32
>>656
いや痛いところどころか、本当に読んだことのある人なら疑問に感じる共通点ばかりだと思うけど。
ただエロゲーのほうをしたことがないからそれ以上のことは言えないだけ。

658 :無名草子さん:04/06/07 16:43
>>657
偉そうな口を叩くのは「AIR」をやってからにしてもらおうか。
やらない限りあんたにはこの件について口出しする資格がないんだよ。
それくらいわかるだろ。まずは↓で「AIR」を買ってからだ。

アダルト版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000065D3K/249-2304606-9537166?val=authorized
全年齢対象版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005ON3V/qid=1086593984/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/249-2304606-9537166
プレステ2版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000069E08/qid=1086594039/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/249-2304606-9537166

659 :無名草子さん:04/06/07 17:00
>>658
あなたは海辺のカフカ読んだの?ならあの共通点に挙げられた項目に疑問を感じないほうがおかしいと思うけど。


660 :無名草子さん:04/06/07 17:15
>>659
読んだよ。猫が喋るのも空から蛭が降るのも男装の図書館員も幽霊もジョニーウォーカーも知ってるよ。

>疑問を感じないほうがおかしい
俺は自分と違う解釈のもちぬしを異常者よばわりするおまえの精神の方が問題だと思う。

661 :無名草子さん:04/06/07 17:16
>>660
ふーん、極論のほうに結び付けていくあたり、あなたは典型的な2ちゃんねらーですね。

662 :無名草子さん:04/06/07 17:21
>>654
そしてそのkeyを評価しているエロゲヲタの素晴らしさにも触れて欲しいところ


663 :無名草子さん:04/06/07 17:29
>>661
はいはい。文句言うのはAIRやってからにしようね。

664 :無名草子さん:04/06/07 18:07
おまいら!そんなことよりみんなでエロゲにハアハアしる!せーの!

(;´Д`)ハァハァハァハァ/lァ/lァ/lァ/lァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ/ヽァ ノ \ア ノ \アノ \ア ノ \ア

俺は春樹タンの小説面白くないと思うんだが、嫌いではないな。
けどここでエロゲと春樹タンの作品について論じてもしょうがないだろ。
それぞれに、それぞれの素晴らしさがあっていいじゃんか。

665 :無名草子さん:04/06/07 22:34
>>653
でアレだろ、何も知らない一般人は、AIRをやって、
カフカのパクリだとか言うわけだよな

666 :無名草子さん:04/06/07 22:52
一般人がどんなきっかけでエロゲーをやるんだ

667 :無名草子さん:04/06/08 02:55
「スプートニクの恋人」ってとんでもなく面白くない?

668 :無名草子さん:04/06/08 06:20
自分の知ってる範囲でこじ付けたがるのは厨房の特徴

669 :無名草子さん:04/06/08 11:00
>>667
>面白いと思わない?
>面白くないと思わない?
の、どっちだろぅ

漏れ的には春樹の中で一番↓だけど、好きって香具師もいる
人それぞれだな

670 :無名草子さん:04/06/08 11:20
カフカ再読に備えてキッドAを借りてみたけど・・・
なんだこれ('A`)

671 :無名草子さん:04/06/08 13:33
>>670
キッドAの冒頭部は鳥肌が立つ位好き〜



672 :無名草子さん:04/06/08 16:22
>>669
俺もそうだ。スプートニクで記憶にあるのは観覧車からみるドッペルゲンガーの部分だけ。
それ以外まったく印象に残ってない・・・。再読してみるかな。

673 :無名草子さん:04/06/09 13:34
キッドAってなに?

674 :無名草子さん:04/06/09 14:17
次号の『ファウスト』に村上春樹とか。
ttp://www.hirokiazuma.com/blog/

675 :無名草子さん:04/06/09 16:39
                    .,,,-,i´,―--―''"      、、,!冖'"`、_、,,,/'゚,,."゙l-‐''
       _,,,,,,,,,,,,,、    _,,,,,--''"`'",/゙            、、.',j/′.、,,∠''"` .'_ヽ.',゙l.._,,、
    ,,-'"゙`    `゙゙''lーイ"`     .‐′    _,..,,/ .ヽ、,i,i´ ``゙’   、、シ":"'.「
  .,,i´         `'i、\ ゙!,      ._,-'"ン'` 、、`_,/`,i´ _,___,ニ='" .'゙、゙".゙l,,-'`
 .,/′          `'i,\ ′  .,,,,-',,,,、.,i´、_:_'_v`"゙i、|   ```` `  、_,Jィ""゙l, _,,,,、
: ,i´             ゙l. ヽ丶  .r‐'"、.l゙、、:,p=l┴丶 .!,,!  `'"''''''冖''?'''゙~."""'."'/゛ `
: |,,r                ゙l, 、 i、、、、:,,_,xl!ヴi,、      、、っ,,,,    、`',,,,、`、`、|、
  |、            、"| .i、 lrr-''"゙,,ハ;、-'"゙゙'''''''"丶ヽ.,,冫``~`"`"~"``` `/ `''''
  `''r,,、 、 、、 .、丶、.``ヽ,レ"°  `` .j゚'=∠、````,,,,,∠ ~'ヽ```````、_,r‐'ヘi、
    `゙'ーi,,_、、、、、: :._,,,r〃       "  /^゚"'广  ,/  .,/゙゙゙'''ヶ―''''″   `
    ,,-'"゙`    `゙゙''lーイ"`     .‐′    _,..,,/ .ヽ、,i,i´ ``゙’   、、シ":"'.「
  .,,i´         `'i、\ ゙!,      ._,-'"ン'` 、、`_,/`,i´ _,___,ニ='" .'゙、゙".゙l,,-'`
 .,/′          `'i,\ ′  .,,,,-',,,,、.,i´、_:_'_v`"゙i、|   ```` `  、_,Jィ""゙l, _,,,,、
: ,i´             ゙l. ヽ丶  .r‐'"、.l゙、、:,p=l┴丶 .!,,!  `'"''''''冖''?'''゙~."""'."'/゛ `
: |,,r                ゙l, 、 i、、、、:,,_,xl!ヴi,、      、、っ,,,,    、`',,,,、`、`、|、
  |、            、"| .i、 lrr-''"゙,,ハ;、-'"゙゙'''''''"丶ヽ.,,冫``~`"`"~"``` `/ `''''
  `''r,,、 、 、、 .、丶、.``ヽ,レ"°  `` .j゚'=∠、````,,,,,∠ ~'ヽ```````、_,r‐'ヘi、
    `゙'ーi,,_、、、、、: :._,,,r〃       "  /^゚"'广  ,/  .,/゙゙゙'''ヶ―''''″   `
       `゙^""""''"'"

676 :無名草子さん:04/06/10 20:39
              V
     :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       ::::::::::::::::::::∧_∧ 
       :::::::::  < ::;;;;;;;;:>
          _..  /⌒:::;;;;;ヽ
-― ―'ー'-''―-''/ / ::;;;;;;;;:| |―'''ー'-''――'`'
 ,,  '''' .  ''''' と./ゝ_;_;_ノヽつ   、、, ''"
    ,,, ''  ,,,    ::;;;;;;;;;::: ,,  '''''  ,,,,
,,     ,,,,     ''' , ,,     ,,,,



677 :無名草子さん:04/06/11 19:03
ファウストで連載してる東浩紀のエロゲー論で、次回、村上春樹を語るってさ。
やっぱ村上春樹はエロゲー作家だな。

678 :無名草子さん:04/06/11 21:02
くだらね。

679 :無名草子さん:04/06/11 22:42
世界の終わり…の読後感は、鈴木光司の「ループ」と似てた。
脳が溶けそうな世界観が。

680 :無名草子さん:04/06/12 15:47
直子の「家庭の事情」ってなんだったの?

681 :無名草子さん:04/06/12 15:52
やっとキャッチャーインザライ読んだ
主人公の口癖が「やれやれ」ってのはやりすぎw
すいすい読めて面白かった

682 :無名草子さん:04/06/13 13:31
まだこのスレおわんねーのかよ

683 :無名草子さん:04/06/13 21:43
>>680
家庭の事情としかかかれてないんだし、それ以上どうでもいい話じゃないか?
書かれていないことを聞いてどうするんだよ。

684 :無名草子さん:04/06/13 22:08
姉が自殺したことでしょ?

685 :無名草子さん:04/06/14 01:40
えっ・・・・。

686 :無名草子さん:04/06/14 02:10
スプートニク、主人公二人の関係は結構好きや。

今神の子たちはみな踊るを読んでるんだけど、どーやろ…。
よくわからないというか、象徴的というか、、('A`)
短編なんてこんなもんか。

687 :686:04/06/14 03:14
すまんけどサッカー始まるまで暇だから、書かせてください。
↑の続きなんだけど、例えば神の子〜の最初のUFOが釧路に落ちるってやつだと、
佐々木の妹たちは宇宙人か普通の人かわかんないよね?
んで最後の「まだ始まったばっかりなんだから…」はそのことに対してなんらかの象徴性をもってるよね?
けど具体的になにを象徴してるかは読者の判断に委ねられるよね?
んでそれは多分村上春樹も考えてないよね?
いや〜、わかんねぇなぁ…
妻の「あなたは何も与えてくれなかった…」はまぁ普通のセリフとしても、
地震報道見すぎなとことか、佐々木がなんで小箱をそこまで大切にしたのかとか…
あ、それとも佐々木もUFO乗ってきた宇宙人なのかな?
はぁ、わかんない。。
どなたかこれについて意見とかある人がいたらカキコPLZ!

688 :無名草子さん:04/06/14 12:28
(゜Д゜)HAN?

689 :無名草子さん:04/06/14 15:18
>>687
考えすぎ。哲学書じゃないんだから理解する必要はない。
それにわかるもわからないも答えがないんだから気にするな。


690 :無名草子さん:04/06/15 14:20
>687
小村は顔がよく、着こなしが上手く、人当たりもいいが、中身がないというのがポイント。
小村は外見はよくないが、中身のある人間を側に置くことで不安の無い幸せを手に入れることができたが、
奥さんは見栄えばかりで中身の無い夫や都会なんて必要無い事に、地震が起きた事で気づいてしまった。
小箱に何が入っていたかというのはわからないし、それはさして重要なところではない。
問題は小箱の中に何が入っているか解からないという事と、佐々木の妹たちのジョークが問題なのだ。
それにより、小村は奥さんに去られ、自身が空っぽだという事に気づかされる。だから暴力的な衝動を彼は感じたのだ。





691 :無名草子さん:04/06/18 01:20
昔、ノルウエイの森を始めて読んだ時、
自分では、直子の第一印象が生意気でdでそうだな、と思ったので
直子のイメージを桃井かおりにしてた(藁
でも、どんどん読んでいくうちに直子は美少女だという事がわかって、
桃井かおりと本当の直子像とのギャップに苦しんだ。
一度付いたイメージって、そう簡単に無くならないのでキツかった、あれは。





692 :無名草子さん:04/06/18 13:40
>>691
分かる。
一度イメージが固まると大変、自分も何度も苦労した。

693 :無名草子さん:04/06/18 17:20
春樹のファンは小説の人物を芸能人に置き換えて読んでるようなアホばっかだな

694 :無名草子さん:04/06/18 17:36
>>693
いいんじゃない、人それぞれにイメージの仕方って違うんだから、自分の金で
買った小説を自分の好きなように読む、それって正しいことだよ!
それに、芸能人に置き換えて読むとなんで阿呆なの?

695 :無名草子さん:04/06/18 23:42
想像力の欠如

696 :無名草子さん:04/06/19 00:01
想像力があるからこそ、
小説内の描写にあった登場人物のイメージを思い作りあげていけるのであって、
そのイメージが偶々、有名人のイメージ(自分の中での)にマッチしたってことだろ。
これは、有名人だけではなく、周りの人に当てはまることだってある。
それの何処が“想像力の欠如”なのか、解からない。
“想像力”の意味わかってんのか?
他人の小説の読み方ぐらい想像できないお前こそ、想像力の欠如じゃないのか?




697 :無名草子さん:04/06/19 00:10
>>696
お前の言いたいことはわからんでもない。
まあ煽ってる奴は放って置こうよ。何かといちゃもんつけてくるだけだから。

698 :無名草子さん:04/06/19 00:12
>>697
はげどう

699 :無名草子さん:04/06/19 02:02
本くらい好きに読ませてやれや。

700 :無名草子さん:04/06/19 10:55
桃井かおりは春樹の小説に一回出てきたな。
最近電車の中で春樹読んでるやつをよく見る。

701 :無名草子さん:04/06/21 18:12
レイコのイメージが桃井かおりだった私。
それ以外の登場人物は特に芸能人イメージしたりしなかったけど。



702 :無名草子さん:04/06/21 21:05
きのうなかむ○からうどんが届いた 過負荷読みながら食うかな

703 :無名草子さん:04/06/21 22:44
>>702
ってかそれ通販ってこと?そんなことやってるの?

704 :無名草子さん:04/06/21 22:57
>>702
ちょっと調べてみた。毎月送られてくるやつ?
あれいいと思うんだけど元の値段考えるとぼったくりだよな。
なかむらのうどんは1玉100円。なのに8玉で2650円。
無駄なお金が1850円だよ。そう考えるとおいそれと手を出せないな。

705 :無名草子さん:04/06/22 22:59
あのう、前から思っているのですが、
ノルウェイの森の突撃隊はどこいったんですか?

706 :無名草子さん:04/06/22 23:36
どっか

707 :無名草子さん:04/06/23 23:53
>>705
多分自宅に引き篭もって2ちゃん中毒

708 :無名草子さん:04/06/24 00:42
じゃあたまにはここに顔を出すでしょう。

709 :無名草子さん:04/06/24 00:42
オレオレ!!

710 :無名草子さん:04/06/24 14:15
オマエダッタノ(゜д゜)カッ

711 :702:04/06/24 23:24
>>704
セシールとかの月変わり通販じゃないよー直接電話するのだ
なかむらは小さい玉100円で5玉入り500円のパックをお店でも売ってるけど、通販だと4パック2000円(送料別)から送ってくれる

その1850円って中間マージンがだいぶ・・・・・・・・・・・・

>>703
通販てか地方発送 GWに東京からツーリング行った時大きな荷物になるから送ってもらった
高松から高知まで大島さんとカフカ少年のドライブした道程を辿った・・・と書きたいが海辺のカフカを読んだのはツーリングから帰ったあとなのだった 村上春樹がなかむら誉めてたなんてのも全然知らなかったス

712 :無名草子さん:04/06/26 21:04
こういうスレを立てられるのはすごく困る。


713 :無名草子さん:04/06/26 23:18
ノルウェイの森って最後どーなったの?
主人公も変になったの?

714 :無名草子さん:04/06/27 02:01
>>713
読んだ?もし読んだのならなぜ主人公が変になったとか思うんだろう・・・。
あれをそういう風に捉えるってい、お前かなり読書経験が浅いんじゃないか?
もっと本読め。

715 :無名草子さん:04/06/27 02:14
今度村上春樹の小説を初めて読もうと思っているんですが
おすすめな本はありませんか?
風の歌を聴けを個人的に読んでみたいのですが・・・

716 :無名草子さん:04/06/27 02:17
じゃあ読めば?

717 :無名草子さん:04/06/27 02:41
>>714
多分その通りだと思うから
説明してくださいよ
きっとあなたは読書経験が豊富なようなので

718 :無名草子さん:04/06/27 02:41
奥さんが不動産で大きい借金作っちゃったけど、とりあえず
スパゲッティを茹でてトマトと炒めオリーブを添えて出してみるアゲ。

719 :無名草子さん:04/06/27 06:29
>>715
風の歌を聴けから始まる四部作はお薦め

720 :無名草子さん:04/06/27 17:40
今クロニクルの2部読んでる
主人公が井戸の中で妊娠について考えてるとこまで読んだ

この先どうなるのか楽しみ  


721 :無名草子さん:04/06/27 17:43
これはネタバレしてくれっていう前フリなんだよな

722 :無名草子さん:04/06/27 17:52
2部のラストのページで一緒に泣こうではないか

723 :無名草子さん:04/06/27 18:37
>>717
煽りが下手だね。

724 :無名草子さん:04/06/27 23:38
>>723
そうやって逃げないで
マジで教えてください
煽りじゃないっすよ

725 :無名草子さん:04/06/28 00:46
偶然にも俺もノルウェイの森を最近読んだ。
最後ワタナベクンはどこにいるの?

726 :無名草子さん:04/06/28 01:02
俺ホラー系の本ばっか読んでるので
あれはバッドエンドにしか考えられない

727 :無名草子さん:04/06/28 10:30
なぜみんな書かれていないことを知ろうとするんだろう・・・。
書いていないんだからわかるわけがないと俺は思うんだけど。
答えがない以上どう捉えようが基本的には自由。あまりにもひどい憶測はどうかと思うけどね。
だから>>724もいちいちと気にするな。

728 :無名草子さん:04/06/28 11:09
いや、いくら春樹が物語と特に関係ない物を多く登場させる作家だといっても、
ノルウェイの森のあの終わり方にはなにか意味があると思うぞ。
ノルウェイの森は珍しくテーマがはっきりしてる作品だし。

729 :無名草子さん:04/06/28 11:20
>>728
仮にそうだとしても答えがわからない以上こんな場で議論しても仕方ないだろう。
春樹に直接聞く以外に知るすべはない。

730 :無名草子さん:04/06/28 23:09
じゃいったい>>714はなんだよな
それに議論つか、みんなはどう思ったかって言うのって
おもしろいんじゃない?
それとも>>714=>>729ですか

731 :728:04/06/29 00:43
実際どういう意味を持ってるのかはもちろん書いた本人に聞いてみないとわからないだろうが、
それを推察する事はできるだろ?もし読者の解釈が作者の意図と違っても、読者がそこから何かを読み取る事ができるし、
大体文芸批評家でもない限り作者の意図と違った読み方してもそんな事は何の問題にもならない。そこから読み取った解釈は読者それぞれで違っていていいものだと思う。
まあ729がそういう推察する面白さを必要ないと感じてるんだったら別にいいけど。

732 :728:04/06/29 00:45
×できるし ○できるっていう事には変わりないし スマソ

733 :無名草子さん:04/06/29 00:49
もうなんでもいいじゃん。なんか見ていてくだらない。

734 :無名草子さん:04/06/29 02:08
やねやね

735 :無名草子さん:04/06/29 03:35
春樹は大学時代奥さんのヨーコしか友達いなかったって本当?


736 :無名草子さん:04/06/29 11:51
>>735
特に仲が良かった女の子がふたりいて、
そのうちのひとりが今の奥さん、
とエッセーで書いていたと思う。


737 :無名草子さん:04/06/29 11:59
いま外国へこもって、集中的に小説を書いているらしいね。
季刊「ステレオサウンド」のエッセーで近況を報告していた。
大長編に期待。

738 :無名草子さん:04/06/29 12:25
>>725
答えはあなたの心の中にある。
ちなみに、村上春樹は雑誌のインタビューで
『ノルウェイの森』のラストについて
「あれはビートルズの“ノーホエア・マン”なんだ」と語っています。
参考まで。

ノーホエア・マン、ノーホエア・マン
どこでもない場所にいる
でも、少しだけ
彼は僕や君に似てやしないかい?

739 :無名草子さん:04/06/29 16:41
皆さんこんにちわ。初めてこの板&スレに来ました。
およそ10年前は漫画ばっかり読んでて、文字読むのなんか面倒臭かったのですが、当時付き合ってた彼女に勧められ初めて読んだ小説がノルウェイの森でした。
当時自分は上京して2ヵ月足らずで、大塚駅近くの安アパートに住んでました。
時代背景は違えど、自分の家の近くや通学ルートが小説の中で描かれてるのに新鮮さと驚きを感じたのを今でも覚えてます。
自分の実家(超田舎w)が、万人が読む小説の舞台になる事はまずありえないですから『今は東京に住んでるだし、本の中で描かれる事もそりゃあるよな〜』と
解釈しつつもすごく新鮮でした。

740 :無名草子さん:04/06/29 18:17
ノル森のラストなんざ
適当に文学的な感傷に浸ってりゃいいんだよ
空虚な世界に放り出されたとかさ(w
春樹ってそういうの好きじゃん
春樹オタも


741 :無名草子さん:04/06/29 23:08
ノルウェイの森 
直子→死のイメージ(井戸) 緑→生のイメージ ワタナベ→その中間で苦しむ
みたいなかんじだったよね?だからどこでもない場所ってのもそういう意味かな。
緑を選んだことで死のイメージを振り払った、それが直子の死、
だけど完全に消し去ることなんてできない(死は生の一部)
結局どこにもいけない…みたいな?
 

742 :無名草子さん:04/06/30 10:06
久しぶりに海辺のカフカでも読もうかなあ

743 :無名草子さん:04/06/30 10:45
「海辺のカフカ」忘れられない一言
「ホシノちゃあん」

744 :無名草子さん:04/07/01 00:36
ねじまき鳥すごく面白かった。
しかしハードボイルドは30Pで読むの辞めました。わけわからん。

745 :無名草子さん:04/07/01 00:41
>>744
ハードボイルドおもしろいのに。まあ向き不向きはあるかもしれないけどね。
またそのうち読んでみて。じっくり読まないと意味不明に陥ることが多いからそこ注意ね。

746 :無名草子さん:04/07/01 01:26
>>744
ねじまきが面白かったあなたならきっとハードボイルドも面白いと思うょ
私は一番がねじまきで二番がハードボイルドかなってくらい好き

747 :無名草子さん:04/07/01 09:00
夜道歩くとたまにマンホールからやみくろが出てくるんじゃないかとドキドキしちゃう。

748 :無名草子さん:04/07/01 20:21
    /\___/ヽ
   /''''''   ''''''::::::: \
   |(●),    、(●)、.|  はじめまして
   |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:| 
   |   `-=ニ=- '  .:::::|    やみくろ ですぅ
   \  `ニニ´  .:::/   
 ,=''/`ー‐--‐‐―´\~=  .~^
 ヽ_ 、i ヽ  i  /   ,,=='
:::   ''==,,,,___,,,=='~  ::...

749 :無名草子さん:04/07/01 23:16
>>744
「世界の終わり」部分は退屈な所があるかもしれないけど我慢(笑
「ハードボイルド」部分は文句無く面白いと思うけどなぁ
最後まで読めば、文句無く面白いはずです。
(少なくとも「ねじまき」を面白がれた香具師なら)


750 :無名草子さん:04/07/02 18:50
はじめ世界の終わりは意味不明だから退屈かもね
ハードボイルドでいいところなのに世界の終わりを読まないといけないじれったさ
でも、そのうちそれが逆転していることに気づく・・・・かも

751 :無名草子さん:04/07/02 21:28
ねじまきってやつおもしろいんですか・・・
鳥がなんかしたりする物語なんやと思ってノルウェイの森の文庫版
買ってきちゃいました

752 :無名草子さん:04/07/02 21:44
俺もハードボイルドの冒頭は脳が溶けそうだった。

753 :無名草子さん:04/07/03 18:40
>>752
どういった比喩なのかが伝わってこない。
脳が溶けそうっていうのはいい意味なのか悪い意味なのか・・・。

754 :無名草子さん:04/07/03 19:35
わたしもわかるよ、脳とけそうだった。

755 :無名草子さん:04/07/04 12:46
>>754
いやだから比喩なしで書いて。

756 :無名草子さん:04/07/05 12:11
ハードボイルド・ワンダーランドマジ面白かった。
脳が溶けそうなくらい。

757 :無名草子さん:04/07/05 16:50
実は春樹がマセラティに乗ってたら鬱だ。

758 :無名草子さん:04/07/06 03:58
春樹か。長編より初期の短編が好きだな。
中国行きのスロウボートあたりの。

759 :無名草子さん:04/07/06 14:59
>>758
めちゃめちゃ初期じゃん。俺は短編なら最近のでもまだいける。
長編はスプートニク辺りからかなり落ちぶれたけど。
海辺のカフカを絶賛するやつの気がしれない。

760 :無名草子さん:04/07/06 15:27
>>759
長編は俺もスプートニック辺りからだな。初期の3部作やノルウェイも何度も読んだけど
短編は本当に繰り返し繰り返し読んだ。こんなに読んだ小説ってないくらい。

特に読んだのは以下の作品かな。

「中国行きのスロウ・ボート」
「土の中の彼女の小さな犬」
「午後の最後の芝生」
「蛍」
「納屋を焼く」
「めくらやなぎと眠る女」
「象の消滅」
「ファミリーアフェア」
「蜂蜜パイ」

それから「アイロンのある風景」だっけか、何度も読んでないけどわりと好き。
「TVピープル」以降は好きじゃないものの方が多いけどな、、、


761 :無名草子さん:04/07/06 16:06
>>760
俺はノルウェイの森と世界の終わりと〜は何度も読んだな。
短編も同じく何度も読んだ。小気味のいい文体が短編にマッチしてる。
俺が特に読んだのはこんな感じ。

「中国行きのスロウ・ボート」
「午後の最後の芝生」
「納屋を焼く」
「トニー滝谷」
「パン屋再襲撃」
「プールサイド」
「今は亡き王女のための」
「嘔吐1979」
「ファミリーアフェア」

回転木馬のデッドヒートがすきなんだよな。
中国行きのスロウ・ボートははじめ読んだときは印象薄かったけど
二回目読んだときになぜはじめにこのよさがわからなかったんだろうと思ったことがある。

762 :無名草子さん:04/07/06 16:26
トニー滝谷、春樹の許可なく撮っちゃったみたいよ
http://d.hatena.ne.jp/synw/20040703

763 :無名草子さん:04/07/06 18:01
>>760となら結婚できる

764 :無名草子さん:04/07/06 22:24
春樹さん。スワローズ合併しちゃったらどうしますか?

765 :無名草子さん:04/07/07 00:16
海辺のカフカ面白いのに・・・。
良さを知ろうとしないでただ批判するだけなのは良くないな。

766 :無名草子さん:04/07/07 03:44
>>765
面白いことは面白いよ。ただ初期の春樹が好きでのめりこんでいったファンからすれば
洗練さも薄れてるし物足りないんだよ。
初期の作品では「何なのかがわからない。でもそのわからないのがいい」って感じだったのよ。
でもスプートニクやカフカは「ただ意味不明なだけ」に変わっちゃった。
その辺のギャップを昔のファンは埋められないでいるんだよ。

767 :無名草子さん:04/07/07 06:07
>>762
トニー滝谷が映画化されてるんだな、、、観た人いる?

それから象の消滅の舞台って観たひといる?

世田谷パブリックシアター+コンプリシテ(ロンドン)共同制作
「エレファント・バニッシュ」
(村上春樹短編集『象の消滅』(英語版)より)
http://www.setagaya-ac.or.jp/sept/jouhou/03-2-4-5.html

768 :無名草子さん:04/07/08 01:50

    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(●),   、(●)、.:| +  ちょっと、通りますよ・・・
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| 
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
   \  `ニニ´  .:::::/     +
    |::    "   /
    |::  /|::.   |
    |:: /  |::  |
   /:: /   |::. |
  /: _/    |:: |
  i::_ノ   .i:_.j


769 :無名草子さん:04/07/08 11:44
>>767
「エレファント・バニッシュ」は、前回の公演だけど観たよ。
演出が斬新ですごく面白かった。
それから、ストーリーもミステリアスで興味深く、
好きな話じゃなかったのに改めて原作の短編を再評価。

演出のサイモン・マクバーニーって業界ではすごく人気のある人らしく、
観客が豪華だった(蜷川幸雄、山田洋次、野田秀樹、堤真一など)。
客に来ていた人たちで何か演った方が面白いんじゃないかと思った。

770 :無名草子さん:04/07/08 20:57
スプートニクは好きだな。カフカはイマイチだったが・・・

771 :無名草子さん:04/07/09 20:32
ハルキが内緒でニュー速+の記者をやってると聞いたのですが。

772 :無名草子さん:04/07/09 20:50







                    772げっとぉー










773 :無名草子さん:04/07/09 20:52
    .n,                                  __,,_      ?
    l゙ |     ._,_                         ''\_,,ソ
    .l゙ .|   .,,ッ'″|      .,,、                  ,l″  .,r,ニi、 ?   ___         ,,,,,,,、
  .,,/ l゙ ,,/,i´ .l゙ .l゙      {ヽ     .'!,!-、、            ョ    !,ニ/  ?  ヽ'~~}       _l ,l__
 ,rシ〃 .レ'/  { .l゙      | │      ゙',ヽ         ゙l゙l          .l l      .゙    ___}
  ,/  /    .| },      | |、.,iト    .l゙ ,}         ゙l ゙l、      ??  .l 「       ゙゙゙゙| ,i  _
: / .,−     .ヽ, \     │ ゙‐'〕   .,r゙‐'″         ゙l │  ,、     .l l     ,,,.   / l゙ ←丶
: ヽ/ト,! .|      `i、.,)     ヽ  l゙   ´       ,r。,,-ニ7彳 .|ニミ,'"'i、   ?  .l l,、 ,,,,,/゙ l  / l゙ 、
   .|  |      .,ィ""      `ー┘             l゙ ,,-'_-┘│  ゙'-,,) ???  ゙l,, ゙゙゙゙゙゙  .l゙  ノ. ,l゜ ゙l――ヽ,
   ヽ,l゙                           ‘'"   `''ー'"      ??     ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙″  ゙゙゙゜   ゙゚゙゙゙゙゙゙゙゛

774 :無名草子さん:04/07/11 03:13
ナカタさんだけは生かしておいてほしかったな
彼の人生は一体なんだったんだ

まぁあれはあれで幸せそうだけど・・・

775 :トロ:04/07/11 16:27
そうだね、ホシノちゃん

776 :ホシノ:04/07/11 18:14
参ったなあ ('〜`;)ゞ

777 :無名草子さん:04/07/11 23:32
シドニー文庫で出たね。二分冊になってた

778 :無名草子さん:04/07/12 18:06
ようやく出たか。オリンピックに併せて文庫化するとは思ってたけど。

779 :サンダース:04/07/15 02:41
>>776
なんだ、まあ、しかし、とにかく、入れ入れ、をしなさい。入れ入れを。

780 :無名草子さん:04/07/15 20:39
国境の南読み始めたんだけど、ファックより先に口内射精って・・・

羨ましい

781 :無名草子さん:04/07/16 09:33
カフカ読んでる途中(上)なのに、スレ見てしまった。
ナカタさんの行く末が…。orz
カフカよりナカタさんが好きなのに…ショック

782 :無名草子さん:04/07/16 13:19
つい買ってしまったよ。


783 :無名草子さん:04/07/18 18:35
村上春樹ってどうしてここまで海外コンプレックスが強いんだろう?
海外の作家、海外の映画、海外の音楽、海外の料理、海外の酒、などなど。

けど春樹の本でおにぎりを頬張る主人公とか出たら
それはそれで嫌な気もする。

784 :無名草子さん:04/07/18 21:09
>>783
海外のものに興味をもつのはすべてコンプレックスからなのか?

785 :無名草子さん:04/07/18 21:42
でも雨月物語とかも好きらしいけど

786 :無名草子さん:04/07/19 13:49
ノルウェイの森→ねじまき鳥(2部の最後まで)って読んできたんですけど
3部の次は何がおすすめですか?前スレ読む限り世界の終わりと〜
が良さげそうですけど

787 :無名草子さん:04/07/19 17:09
>>786
無難にハードボイルド・ワンダーランドだろう。
それか、風からダンスまでの四部作。
短編集ならパン屋。

788 :無名草子さん:04/07/19 18:04
ハードボイルドは、名作だよね!

789 :無名草子さん:04/07/19 22:21
「ハードボイルド」と「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
って同じ?

790 :無名草子さん:04/07/20 00:02
いいえ

791 :無名草子さん:04/07/20 00:22
違うに決まってるだろ!!
ハードボイルドはまだ発売未定だ。

792 :無名草子さん:04/07/20 01:04
だな

793 :無名草子さん:04/07/20 02:09
>>783
まぁロシアでは大ブレイクしてるらしいから、ドストエフスキー好きな本人にとっては本望かもな。 

794 :無名草子さん:04/07/21 01:32
>>791
未定って売ってましたよ

795 :無名草子さん:04/07/21 13:34
>>794
まあなんというか、あんたいい人だよ。

796 :794:04/07/21 13:49
2ちゃんの罠に引っかかるとこでした笑

797 :無名草子さん:04/07/22 00:08
一番読んだ作品
第1位 風の歌を聴け(50回くらい)
第2位 ノルウェイの森(30回くらい)
第3位 羊をめぐる冒険(20回くらい)
第4位 ダンスダンスダンス(10回くらい)
第5位 ねじまき(7,8回くらい)

面白い作品
第1位 ねじまき
第2位 ノルウェイの森
第3位 ハードボイルドワンダーランド
第4位 羊をめぐる冒険
第5位 風の歌を聴け

だから?といわれても困るんです。
今僕は酔っているし、
以前のスレだってまともには読んでいません。

798 :無名草子さん:04/07/22 00:55
模試だとか問題集だとかにけっこう春樹の作品が載ってたりしてた。
あんまり読解問題むけじゃないと思うんだが・・・
風の歌を聴けで医者に動かない時計をぶら下げてる山羊の話を聞くシーンが出たときには・・
あれって前後のつながりなしでわかるものなのかな。


799 ::04/07/22 06:06
最初に「ノルウェイ」読んで「カフカ」読み終わったんですが、
「カフカ」でナカタさんが結局カフカとどんなつながりがあったのか詳しく分かる人いますか?
カフカの半身みたいなものだってのは分かるんですが、佐伯さんの恋人でもあるっていう
三重構造がよく飲み込めない。カフカが佐伯さんの恋人の生まれ変わりで、佐伯さんの
子供として生まれた、のだとするとナカタさんとどこで関連してきたのかが分からない。
あと森で起こった集団失神の真相も結局はっきり分からず・・・。
ジョニーウォーカーの笛が原因なんですか?
私は最後に同時進行した二つの流れが出会うことを期待していたんですが、
ナカタさん側がぶつ切れみたいになっちゃってガッカリしました。
ホシノさんが倒した白い物体が何のメタファーだったのかも謎です。

余談ですが「ノルウェイ」は異色の作品だと言われる通り、
ただ最後に直子が死んじゃったというだけであまり面白くなかったんですが、
何で評価が高いのかちょっと不思議です。別に嫌いではないんですが、「カフカ」
のような作品の方がワクワクしました。これから「世界の終わりと」を読みます。

800 :無名草子さん:04/07/22 12:25
>>798
俺のやった問題では「国境の南〜」の島本さんとの会話部分があったよ。
実を言うとこれが春樹作品を読み始めるきっかけだったわけで…あんまりこういう出会い方はないよなあ。

801 :無名草子さん:04/07/22 13:33
>>797
俺も春樹は好きでひいきに読んでいるんだけど、
いくらなんでもそこまで読まなくてもと思う。
時間なんて限られてるんだからもっと他の作家の作品を読めばいいのに・・・。
その読み方ちょっともったいないよ。

802 :無名草子さん:04/07/22 13:39
>>799
ノルウェイは春樹の中ではリアリティを追求したという意味で異色だけど
文学作品としては(文学作品っていうと突っかかってくる人がいるけど)正統。
ま、それはいいとしてノルウェイは年齢によって良さを感じる人とそうでない人が
分かれるような気がする。若すぎる人には何が何だかって感じだろうし、
歳を行き過ぎた人には何を言ってるんだかといわれそうだし。
ワクワク感を求めるのならノルウェイはだめだと思う。世界の終わりとはワクワクは
それなりにすると思うから気に入るんじゃないかな。一回読んだだけじゃ理解しにくいかもしれないけど。

803 :無名草子さん:04/07/22 15:09
>>801
まあいいんじゃないの?
本人が好きで読んでるんだし、何の問題も無い。
むしろ凄いよ、>>797の春樹に対する気持ちは。

でも、正直気持ち悪い。
その数字が正しいのかどうか知らんが
あんま人前ではそういうこと言わん方がいいと思う。
読み返した具体的な回数なんか数えて何になる?
悪いけど「だから?」としか言えん。

804 :無名草子さん:04/07/22 21:38
おれは、ピンボールと、羊をめぐる冒険、
世界の終わりとハードボイルドワンダーランドが好き。

ねじまきどりはよくわからんかったけど、
ここ見てみるとみんな面白いっていうから
もう一回よんでみよっと。

805 :無名草子さん:04/07/22 22:54
>>800
まったく同じだ。

まさか同い年?

806 :無名草子さん:04/07/23 01:11
>>803
たぶん>>797は「俺こんなに何回も読んでるんだぜー、すげーだろ」って自慢したいんだろう。
大体においてこういう数字を出してくる人は自慢を前提としている。
少なくともその自慢は傍から見てかなり痛いわけだけど。

807 :無名草子さん:04/07/23 07:35
俺は今、眼球が痛い訳だが

808 :無名草子さん:04/07/23 18:44
今し方ダンスを読み終えたところだが、結局最後の骨は誰の死を暗示してるのかね?
ジューンかとも思ったんだが、やっぱり気にしないのがいいんだろうか

809 :無名草子さん:04/07/23 21:15
何回も読むくらいならボネガット、ブローディガン、カボーティ、フィッツジェラルド、チャンドラー、キング、カーバー、ラテンアメリカ短編集あたり読んだほうが村上春樹がわかる気がするが?

810 :無名草子さん:04/07/23 23:43
作風が全然違うから春樹を理解するっていう目的で読んでも無駄

811 :無名草子さん:04/07/24 03:34
そうかい?どれもこれももろだと思うぞ。

812 :無名草子さん:04/07/24 12:47
>>810
どこが作風が全然違うんだ?ほんとに読んだことある?
ヴォネガットなんかそのまんまだよ。フィッツジェラルドも似たところは多々ある。

813 :無名草子さん:04/07/24 16:09
春樹オタは知障だからね

814 :無名草子さん:04/07/24 17:32
風の歌あたりはヴォネガットまんまだな。
羊ではストーリー取りいれスタイル変えてラストは「シャイニング」に「長いお別れ」。
世界の終りと・・・の元になった街とその不確かな壁あたりはカポーティとラテンアメリカの作家の影響でてると思うし長編に書き下ろしたのはディックあたりの影響も少し見られるわな。
短編の100%の女の子だっけか?あれにいたってはサリンジャーにまったく同じような短編あるし。短編からノルウェーあたりはカーヴァーにアービングって感じか。
「ノルウェー・・」は春樹自身も言ってるがフィッツジェラルドの「夜はやさし」って
感じだし、ジョンニコルズの「くちずけ」あたりもあるかな。
多かれ少なかれどんな作家も他の作家に影響うけて作品を作りだし
自分のスタイルを作り出そうとするんだろうが村上春樹って読書愛好家が作家になったみたいなとこあるから影響なんてものも最初から関係なしで好きな作家、好きな本などのスタイルをすんなり取り入れて作品にしたてちまうところがあるように思う。
それがかえってうけるんだろうけど。読んでるから別に批判してるわけじゃないけどね。

815 :無名草子さん:04/07/24 17:46
>>814
もう少し文章をまとめる技術を習得された方がいいですね。冗長すぎ。

816 :無名草子さん:04/07/24 17:59
やれやれ

817 :無名草子さん:04/07/24 18:00
>>815
お前がまとめてやれよ 編集長

818 :無名草子さん:04/07/24 18:09
へ、編集長だと思うよ

819 :無名草子さん:04/07/24 19:11
やれやれアゲ

820 :無名草子さん:04/07/24 19:22
そういうものだ ヴォネガットアゲ

821 :無名草子さん:04/07/25 10:23
ヴォネガットと春樹が同じとか抜かしてる奴こそ知障。
春樹のアフォリズム的な文章体系と、それによってしか表せない感覚表現の事をまるでわかってないな。
まあフィッツジェラルドに通じる部分があるっていうのはまだ分かるが。

822 :無名草子さん:04/07/25 11:09
>>821
様々なところで、著名人も、評論かもヴォネガットは似てるって
いっているのに批判するお前の方が希少で池沼。

823 :無名草子さん:04/07/25 14:12
翻訳文体で芥川賞を落とされた作家だけあるな。


824 :無名草子さん:04/07/25 15:57
芥川賞に、というか賞にどれだけの意味があるのかと。

825 :無名草子さん:04/07/25 16:15
>>824
海外の映画賞でもだけど、よくこのての疑問があがるな。
余計な意味を見出すのも無駄だし、時代に差はあるが、それなりの選考委員に選ばれた意味もある。
芥川賞についていえば直木賞と並んで歴史もある日本で一番注目される文学賞。
その程度の意味は少なくともある。

それから作家にとっては賞金をもらえ、知名度と執筆料が上がり、本がそれなりに売れるな。

826 :無名草子さん:04/07/25 18:11
国境の南さいこう
島本さん最高
ハジメ君最高

運命最高
吸引力最高

827 :無名草子さん:04/07/25 19:57
>>825
言わんとすることはわかるよ。ただ>>823のように取れなかったからどうだとか
いうのはあまりにも無意味だなあと思って。
それにしても芥川賞と直木賞は質が落ちてきた気がするな。
年に2回もやる必要性がまったく感じられない。

828 :無名草子さん:04/07/25 20:14
>>827
俺には823じゃなく、あなたが賞に拘ってるようにしかみえんが。

芥川賞、直木賞については、社会的な価値より、純文学が売れない
この時代に対しての話題性の方が大きいと思うが。
賞の成り立ちもそんなような理由からだったと思うし。

829 :無名草子さん:04/07/25 20:59
>822
少数派は知障かよ。
いかにも表面的な部分しか見ないでなんでもひとくくりにしようとする、
単純な思考から生まれそうな言葉だな。
やたらと人の意見にケチをつけてくるようだが、
そもそもお前はヴォネガットと春樹の作品の共通点を説明できるのか?


830 :無名草子さん:04/07/25 22:26
>>829
やたらともあれがはじめてのレスなんだけど。

831 :無名草子さん:04/07/25 22:27
やたらもなにも、だった。

832 :無名草子さん:04/07/25 22:33
どうせ2ちゃんの奴らなんて自分の意見をまったく変えようとしないんだからこんな議論無駄
この後の展開もどうせ揚げ足取りや詭弁を振りまうだけだろ
いい大人だったらこれ以上無駄な議論するなよ
見ててどちらもバカに見えるから

833 :無名草子さん:04/07/25 23:19
まー初期作品はヴォネガットの影響大だわな。
ヴォネガットの主要作品が翻訳で出揃ったのも風の歌が出てから数年後だったと思うからヴォネガットがそれほど認知されてなかったのも事実。
でも似ているっていう点で春樹得意のやれやれなどのフレーズとたとえばヴォネガットのスローターハウス5などのそういうものだなどはまったく違うものだろ。
春樹の決まり文句が他者との断絶からくるものだとしたらヴォネガットのものはドレスデン爆撃という史実の虚無からくるシニカル。
その虚無の重さの比重では中井英夫のほうが似てると思うが。
そこには5月の階段かけのぼったフランス人学生とパチンコして映画館で時間つぶしてた日本の学生くらいの差があると思うけどね。

834 :無名草子さん:04/07/25 23:25
その比喩春樹をまねたんだろうけどおもしろくもなんともない

835 :無名草子さん:04/07/25 23:36
>>834
もっと春樹以外の本読めよ。ある作家がある本の中で語った言葉だよ。

836 :無名草子さん:04/07/26 01:51
春樹信者は知障だからね

837 :無名草子さん:04/07/26 02:43
春樹はかなりの読書家っぽいが(偏ってはいるが)、春樹信者は春樹オンリーな奴多いのか。

838 :無名草子さん:04/07/26 14:36
影響受けたとか受けてないとかじゃなくて作風の違いの話をしてんだろーが。
ヴォネガットと春樹は共にストーリーテラーの作家だが、
ヴォネガットが論理的な思考によって物語を構成していくのに対して、
春樹はある一つのテーマ、それに通じる感覚を定めてそれに一旦沈み込んで、
その感覚から物語を紡いでいくっていう方式をとってるだろ。
言ってみればヴォネガットは物語を外側から作り、
春樹は自分の内側から物語を作ってるんだよ。
この二つの作風はほとんど対極的と言っていいほどの違いがあると思うが。

839 :無名草子さん:04/07/26 15:47
>>835
その本を読んでなかっただけで春樹以外の本を読んでいないと決め付けないでくれ。

840 :無名草子さん:04/07/26 17:57
>>835
ある本である作家がって結局何もいってないのと同じじゃん・・・。

841 :無名草子さん:04/07/26 18:12
やれやれ、不毛な争いだ。

842 :無名草子さん:04/07/26 18:29
やれやれ 矢作の本だろ?それ

843 :無名草子さん:04/07/26 18:36
>>838
ストーリーテラーっていうが初期の村上春樹の本はストーリーテラーとはいいがたいぞ。作風っていうことでいえば俺もまったく違うと思うが、初期作品において方法論は影響受けてると思うが?
村上春樹がほんとの意味でストーリーに移行するのは羊からだろ。
これは村上春樹本人も言ってるぞ。

844 :無名草子さん:04/07/26 18:43
春樹の作品ってテーマあるのかどうかわからないときあるよね。
ただ何となくある人の人生の一部分を書き出しただけのような感じとかもするし。
あったとしてもなかったとしても評論家は勝手に作り上げるんだろうけど。

845 :無名草子さん:04/07/26 18:58
やれやれ
僕はソファーの上でマスターベーションをした

846 :無名草子さん:04/07/26 20:44
ハルキさんの小説っておいしい紅茶やコーヒーというか
心地よい音楽というかそんな感じです。
ハルキさんの本を読んでいて本を読んでいるっていう気持ちにはなりません。
とても好きです。

847 :無名草子さん:04/07/26 21:53
たしかにそんな感じはするな。
もうこんな感じで柔らかくいこうや。
答えのない議論なんて2ちゃんでは不毛だよ。

848 :無名草子さん:04/07/26 22:15
議論に答えなんてそうそうあるものか

849 :無名草子さん:04/07/26 23:19
お互いが認め合うことで答えにはなるが、2ちゃんでは誰も認め合おうとしないから
答えが出ないってことはあるとおもう

850 :無名草子さん:04/07/26 23:36
それは言えていると思った

851 :無名草子さん:04/07/27 05:59
そうかもしれない、と僕は言った

852 :無名草子さん:04/07/27 07:39
デレク・ハートフィールド

853 :無名草子さん:04/07/27 15:46
誰だったっけな、と井戸の底で思った

854 :無名草子さん:04/07/27 15:51
デレク・ハートフィールドの本を探したことがある奴は手を挙げて!


855 :無名草子さん:04/07/27 18:14
んなもん風の歌の雰囲気にやられちゃった童貞君くらいだろ

856 :無名草子さん:04/07/27 18:47
童貞は関係ないと思う。

857 :無名草子さん:04/07/27 18:50
ノルウェイの森を今さら読んだ。
しっくり来ない話だと思った。

特に感動を覚えなかったのは僕が直子のほうに感情を移入(もちろんそれは誤解なのだ)
していたからだが、まぁ、セカチューがコレを安っぽく、俗っぽくしただけのダメ小説にすぎないことを
しっかりと認識した。

858 :無名草子さん:04/07/27 20:48
国境の南は読む価値あり。

859 :自分語りスマソ:04/07/27 21:22
国境の南で思い出したが・・・

以前私は嫁持ちの男性と恋愛してた
彼氏はBMWに乗ってたが、ある日のお迎えがチェロキーだった
ビックリして聞いたらお買い物用に買ったとのこと
私が春樹ファンなのは彼氏も知ってたんで国境〜の話をすると
あんまり信じてなさそう
なので国境〜を買ってプレゼントした
あの本は読んでくれたのだろうか

時は過ぎ彼氏は嫁と別れて私と一緒にいるが
彼氏の荷物の中には国境〜はない

860 :無名草子さん:04/07/27 22:45
>>859
その夫の顔は春樹ににてる?


861 :859:04/07/28 00:10
>>860
似てないです
春樹並みにブチャイクですけど^^

862 :無名草子さん:04/07/28 00:34
「国境の南、太陽の西」を引っ張り出して12年ぶりに読み始めたが
装丁があまりにも酷いのと、同じ名字・名前の人には申し訳ないが
島本さんに始(はじめ)くんでは如何にも地味で、読み続けるのが面倒になった。



863 :無名草子さん:04/07/28 03:11
畑正憲が、大昔に、
「色川武大に直木賞をやるくらいなら、
何故阿佐田哲也に芥川賞をやらなかったんだ」
と言っていたが…
ハルキも別名でなら直木賞もあるんじゃないか。
その価値はクズみたいなものだがね。

結局ハルキ自身の存在が、文学賞の権威を鼻紙以下にしちゃったよね。ケケケ

864 :無名草子さん:04/07/28 06:07
I'm an alien, I'm a legal alien
I'm an Englishman in New York


865 :無名草子さん:04/07/28 08:54
>>864
ああ、いい感じだね。
あとデイヴィッド・ボウイの「ジギー・スターダスト」とか。

自分はThe Who「ピンボールの魔術師」聴いてて、
「1973年〜」を思って、心の中で泣いた。

866 :無名草子さん:04/07/30 11:05
ノルウェイにでてきてるライ麦畑の正式名称とか出版社は?読みたい

867 :無名草子さん:04/07/30 23:33
国境の南の島本さんって高級娼婦かなにかだったんかね?

868 :無名草子さん:04/07/30 23:51
866はネタですか?

検索かけてみてくれよ・・・

869 :無名草子さん:04/07/31 18:53
ノルウェイの森がバカ売れしてたとき、どんな感じだった?
テレビ、週刊誌等、メディア的に盛り上がってた?
なんかはなきんデータランドで毎週一位だったなあぐらいしか
覚えてないのだが。

870 :無名草子さん:04/07/31 19:03
まーなんかしらんがみんな買ってたな。それまで本読まなかったよーな奴まで。ノルウェイの森の企画CDやらなんやら出て売れてたから盛り上がってたって言えば盛り上がってたのかもな

871 :無名草子さん:04/08/01 01:04
いわし博物館を爆破したのはナカタさんで間違いありませんね?

872 :無名草子さん:04/08/01 13:02
>>869
最初はエロ描写が話題になってたような。

つか、ノルウェイがエロゲー作家に与えた影響は大きい。

873 :無名草子さん:04/08/01 15:18
普通にエロゲにできるよな>ノルウェイ

で緑父が言った切符ってなんなの?

874 :オカダトオル:04/08/02 00:55
笠原メイ、お前はいったいどこにいるのだ?

875 :無名草子さん:04/08/02 01:07
あーそういえば林由美香の出てたAVでノルウェーの森やってたのあったな。
けっこう抜けたような憶えあるが

876 :無名草子さん:04/08/02 10:31
春樹の新作が9月7日に発売。これマジ。

877 :無名草子さん:04/08/02 16:47
アフターダーク予約した。あと一月ちょい。楽しみ。

878 :無名草子さん:04/08/02 17:50
糞だったらどうしよう。。
とりあえぅ図書館で予約しよ

879 :無名草子さん:04/08/02 18:55
>>876
ソースくだはい

880 :無名草子さん:04/08/02 19:08
アマゾントップとか

881 :無名草子さん:04/08/02 19:54
村上春樹作家デビュー25周年、書き下ろし最新作
『アフターダーク』 9月7日発売決定!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062125366/


882 :無名草子さん:04/08/02 20:20
>>869
87年末くらいランキングで1位になって次の年もずっと、1位を突っ走ってた。
でようやくノルウェイを抜いて一位になったのが、彼が88年に出したダンス・ダンス・ダンス

883 :無名草子さん:04/08/02 22:06
村上春樹の作品を読もうと思ってるのだが
最初に読むなら何がいい?

884 :無名草子さん:04/08/02 22:32
>>883
長編好きなら「ノルウェイの森」か「ダンス・ダンス・ダンス」
短編好きなら「中国行きのスローボート」

俺のおすすめは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」

885 :無名草子さん:04/08/02 22:40
>>883
ねじまき鳥クロニクル

886 :無名草子さん:04/08/03 03:07
ノルウェイの森おすすめ

887 :無名草子さん:04/08/03 04:31
風の歌から順番に読んでいったほうが変化がわかっていいと思うけど

888 :無名草子さん:04/08/03 04:40
>>887
それはヲタの意見かと

889 :無名草子さん:04/08/03 05:58
ヲタじゃないが順番に読んでダンスダンスくらいで見きりつけるのが一番。
もっとすごい作家いくらでもいるぞ。

890 :無名草子さん:04/08/03 06:04
例えば?

891 :無名草子さん:04/08/03 06:06
ミランクンデラ

892 :無名草子さん:04/08/03 10:45
>>889
国境の南を読まないのは勿体ない

893 :無名草子さん:04/08/03 11:47
アフターダークage

894 :無名草子さん:04/08/03 14:23
>>897
それはひとそれぞれ。決して万人受けするような内容ではないし。

895 :無名草子さん:04/08/03 14:23
>>892の間違い。

896 :無名草子さん:04/08/03 14:29
>>893
それは長編、それとも短編?

897 :無名草子さん:04/08/03 17:16
>>896
長編。といっても値段が1470円だからそんなには長くはないと思う。

898 :無名草子さん:04/08/03 18:09
>>896
二冊モノじゃないから「国境の南」とか「スプートニク」級の中長編と思われ。
たぶん春樹のテンション的にもそんな感じ。

899 :無名草子さん:04/08/03 18:15
一般的には国境もスプートニックも長編の長さだとは思うけど長いのが読みたいなぁ。
まぁ、カフカが出たばかりといえば出たばかりだし、中篇の番なのかな。

900 :無名草子さん:04/08/03 18:16
あ、中長編ね。失礼。

901 :無名草子さん:04/08/03 18:34
村上ラヂオ的エッセイを量産して欲しい

902 :無名草子さん:04/08/03 18:40
村上朝日堂だっけ。あれ好きだったな。
小説書くのに支障が出るんだったらエッセイは控えてもらって俺はかまわないけど。

903 :無名草子さん:04/08/03 20:13
>アフターダーク
講談社から出すんだ…、春さんすっかり新潮社に軸足を移したモンだとばっかり思ってた。

しかし以前の春さんなら必ず「アフター・ダーク」とナカグロを打っていた筈という希ガス

904 :無名草子さん:04/08/03 23:03
>>903
そんなことはないと思う。

905 :無名草子さん:04/08/04 07:21
4分前にねじまき鳥クロニクルを全部読み終えたんですけど
どうもしっくりきたようなきてないような・・・
ねじまき鳥=オカダ・トオル クロニクル=年代記
オカダトオルが世界のネジを巻いていったってこと??
最後のどこからも誰からも遠い場所で眠りについた。ってことは
水のある井戸の中で眠ったってこと??いやそしたらクミコさん
を待てなくなる・・・  1さつにまとめれたような気がする


906 :無名草子さん:04/08/04 08:22
あれはただのはったり小説だから深く考えるだけムダ

907 :無名草子さん:04/08/05 05:18
さっきフジTVで成宮寛貴(http://www.narimiya-hiroki.com/)の特集みたいのをやってて
彼の好きな小説として『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を紹介してた。

彼は事務所の先輩の木村佳乃に薦められてハマり、ハルラーになってしまったようだ。

好きなシーンとして ベンチで死を待つ場面【文庫版(下)P.332-L.9からP.333-L.6】を
アナウンサーが読み上げていた。

908 :無名草子さん:04/08/05 08:05
>>905
あれは村上春樹の小説の中でもかなり特殊な部類だから正直人に意見聞いて
どうにかできるもんじゃないと思う
心に残ったもんが全て

でもちょっと知ってることだけ

ずいぶん前のインタビューで言ってたこと
「第三部を書き始めた頃、どういう展開になるかは分からなかったけど
『僕』が最終的に溺れて死ぬことだけはわかっていたんです。だが最後まで
きて結局殺せなかった。彼が全て引き受けて死ぬことによって他の人を救うはず
だったんです。でもそうはならなくてクミコと力を合わせて別の誰かを殺すことに
よって救済を得るという方向に向かいました」
ということラスィ

909 :無名草子さん:04/08/05 11:47
>>907
まあどうでもいいんだけど、ハルラーじゃなくてハルキストだろ。

910 :無名草子さん:04/08/05 11:48
>>907
ベンチで死を待つんだったっけ?
車の中だと思ってたけど。いま手元にないからわからん。

911 :無名草子さん:04/08/05 12:26
車のシーンの一つ前だね。
図書館の彼女と別れてクレジットカードを公園で燃やして鳩に餌をやるシーンだったような。

912 :無名草子さん:04/08/05 14:53
>>911
ああ、なるほど。そこのシーンか。ビール飲みながらってとこね。

913 :無名草子さん:04/08/05 15:07
偏見だけど、成宮に「春樹好き」とかいってほしくない。
ダヴィンチでも紹介してたし。てかそれしか読んでなさそう

914 :無名草子さん:04/08/05 15:22
作家のファンでもアイドルヲタみたいなこと言う奴がいるんだな。
村上春樹なんて超メジャーの売れっ子作家なんだから、若いアイドルや
俳優で春樹ファンがいてもなんらおかしいと思えんが。
ちょっと本好きな奴でミステリー以外の文学系に走るなら龍や春樹、ばなな
あたりを挙げるのは売上部数的にも多いと思うがな。

915 :無名草子さん:04/08/05 17:01
なぜか爆発的に売れる作家の本を読んでいたらオタ扱いする人が多いからなあ。不思議だ。
売れたからいいというものでもないが、売れたから悪いというものでもないと思うんだけど。

916 :無名草子さん:04/08/05 18:43
村上春樹のファンってなかなか卒業しないとこがヲタって言われるところじゃないか?
村上春樹自身、サリンジャーのライ麦を再訳した際に実はサリンジャーは
中学くらいに読んで卒業して思い入れはそんなになく、
その後もうちょっとハードな小説のほうに趣向が向ったみたいなことを言っていたが
村上春樹ファンっていうのはなかなか春樹から先に向わないような気がする。

917 :無名草子さん:04/08/05 19:01
>>916
その話は知ってる。でも別に、それこそ春樹真似してまで向かう必要なんて無い。
だって面白くないんだもん、他の作家

918 :無名草子さん:04/08/05 20:17
海辺のカフカ、よくわからなかった…

919 :無名草子さん:04/08/05 20:30
>>917
他にどんな作家の本読んでんだ?意味ないが参考のため教えてくれ

920 :無名草子さん:04/08/05 21:55
>>903
私もそう思ってた。新潮で出す本のほうが、私的に出来が良いものが多いし。(世界の終わり、
ねじ巻き鳥)講談社の編集者と合わないのかなと思ってたよ。

921 :無名草子さん:04/08/05 21:59
>>916
そのことでちょっとひっかかてたんだけど、
春樹が「キャッチャー」の後書きみたいなのを、
文学界に載せたでしょ?
その理由が、「翻訳し終わって初めて、サリンジャーサイドから経歴みたいなのは本には載せられない」
っていうオファーがあったって書いてあったけどさ、
サリンジャーが個人的経歴を自分の本に載せない(写真も)っていうのは
有名な話しでしょ。なんで、春樹はそれを知らなかったんだろう?

922 :無名草子さん:04/08/05 22:01
ねじ巻き鳥、一、二巻はすごくイイ!のに、
三巻はだれていると思う。ラストスパートが続かなかったのか?
すれ違いだが、いくえみ綾という人の「君の歌がある」という漫画も、
一、二巻はすごく良かったのに、三巻で駄目駄目になっている。
やはりどの世界でも「まとめ」は難しいのだろうか。

923 :無名草子さん:04/08/06 02:41
>>921
出版社のほうから新訳に際しての訳者あとがきでも頼まれてそれもダメってことになったんじゃないの?って春樹訳のライ麦、手にとってもないからよくわからないけど。

924 :921:04/08/06 03:22
>>923
言ってることがわからない。もっかい説明きぼんぬ。

925 :無名草子さん:04/08/06 03:37
>>921
あれだけアメリカ文学に精通してる春樹が知らないわけないはず。
そのあとがきが載せられなかった顛末はその文学界だっけ?に発表したあとがきに
添えた文章か、エッセイか何かで書いてたと思うけど。


926 :921:04/08/06 05:08
春樹は、「キャッチャー」用にちゃんと後書きを書いたんだよ。
しかし、その後書きは、サリンジャーの経歴も含んでいた。
だから、サリンジャー側が「後書き、のせるな」って言ってきて、
その行き場のなくなった後書きが、文学界に載ったんだよ。

わたしが疑問に思っているのは、サリンジャーは何十年も前から、
後書きに自分の経歴載せるのダメって言っているのに、
何で春樹は後書き書いてから、そんなことに気付いたのだろう? ということです。

分かりにくいかな。。。。。



927 :無名草子さん:04/08/06 05:32
村上春樹の書こうとしたサリンジャーの経歴がどんなもんかわからんが
個人史的経歴でなく文学史的事実のみを入れようとしたんじゃないの?
しかしそれすらもダメだったてーのでどう?

928 :無名草子さん:04/08/06 05:46
しかしサリンジャー側もたかが高校生にちょいとだまされただけでいつまでそんなこと続けてんのかね。許容がないとしか思えないな。グレース家の物語に反してるぞ。
そんなことだから当時のビート系作家たちからガキあつかいされてたんだろーな。

929 :無名草子さん:04/08/06 12:15
>>928
>たかが高校生にちょいとだまされた
詳細キボンヌ

930 :無名草子さん:04/08/06 16:25
>>928
グレース家?、グラース家じゃないか?
>>929
928じゃないが、サリンジャーは子供が好きだから、
自分の住んでいる地元の高校生たちと交流を持っていたんだよ。
その中の一人の女学生が、「校内新聞に載せるから、インタヴューさせて」
って言って、サリンジャーはオーケーした。しかし、その女学生が
雑誌か新聞だかにそのインタヴューを売り付けたんだよ。スクープ!ってな感じで。
それでサリンジャーは憤慨して、ひどく傷付いたのさ。

931 :無名草子さん:04/08/06 16:35
異常なまでに虚栄心の強かった男が出版社やらとのトラブルやら東洋思想なんぞにかぶれて隠遁生活に入ったわけだが女学生にだまされた後、家のまわりにフェンスをはりめぐらすなどますます隠遁度増した。ちなみにその時のインタビューが最後のインタビューってことだ。

932 :無名草子さん:04/08/06 16:41
>>930
子供が好きってとこがクセモノだけどな。単なる子供好きじゃなくって…
自分の娘なんかも少女性(処女性?)が無くなってかなり冷たくなったらしいからな。

933 :無名草子さん:04/08/06 17:50
その辺まで来ると作り上げられた感があるけどな。

934 :無名草子さん:04/08/06 18:00
彼が巻き込まれる不思議な出来事。彼が出来事の中心に向かって歩んでいく足取り。
そこに現れる象徴的な言葉や事物。そして、その中核にあるものが、確固とした
真実などではなく、実体のない空無であるというところまでそっくりである。

935 :無名草子さん:04/08/06 23:09
いったいなにとそっくりなんだい?はまた。まつもとは局アナのマッキーと歌手のマッキー、どっちの中核が好きなんだい?

936 :無名草子さん:04/08/06 23:29
>>934-935
悪い。どこを縦読みするのか分からない

937 :無名草子さん:04/08/08 12:53
『はてな?』の注目書籍で妙なオタク本に負けてるョ...orz
http://d.hatena.ne.jp/hotasin

1位. 解析魔法少女美咲ちゃんマジカル・オープン!
2位. アフターダーク
3位. キマイラの新しい城
4位. アイシールド21 9
5位. 豹頭王の行方 グイン・サーガ96巻

いいのか日本国民よ、それで本当にイイのんか?

938 :無名草子さん:04/08/08 17:32
Mac狂いの春樹が
「アフターダーク」 を 「夜明け」なんて単純な意味で
ネーミングするはずが無い。

きっと羽の生えたトースターが宇宙を飛びまわる話になる、間違いない!

939 :無名草子さん:04/08/08 18:30
どうでもいいがもっと練った小説を読ませてくれることを期待するよ。
メタフィクション好きなはずなんだからさー

940 :無名草子さん:04/08/08 21:18
>>937
もまいはわたおにと萌え単がトップを独占しているのを見たこと無いのですか?
諦めなさい(´・ω・`)

941 :無名草子さん:04/08/09 01:25
春樹んに影響されてmac買っちゃったよー。

942 :無名草子さん:04/08/09 05:11
今はロリアニメ本全盛だからな仕方ない、しかし純文学読めよ日本人 orz

943 :無名草子さん:04/08/09 12:25
でも純文学という定義すら曖昧だからな。


944 :無名草子さん:04/08/09 22:37
日本の純文学なんて死滅したんじゃないのか?
近年の文学界で「これは!」という若手が出てきた印象がない。
まあ、そもそもどうやって新人作家をチェックしたらいいのかも分からんが…

945 :無名草子さん:04/08/10 09:11
>今はロリアニメ本全盛だからな仕方ない、しかし純文学読めよ日本人 orz

春樹オタってやっぱアホだな


946 :無名草子さん:04/08/10 09:20
じゃあこんな板にこなけりゃいいのに。よっぽど暇なんだな。

947 :無名草子さん:04/08/10 11:13
今何やってるんだ?

948 :無名草子さん:04/08/10 16:37
確かに春樹スレでロリアニメに嘆いて純文学が読まれてないとか言われてもね(w

949 :無名草子さん:04/08/10 16:59
>>948
お前のことをいってるんだよ。

950 :無名草子さん:04/08/10 18:48
純文学って定義自体もーわからん

951 :無名草子さん:04/08/10 23:44
うおおおお新作?予約シヨ。

下敷きとかサインとかポスターつきとかサイン会とか、
どっかそういうのやってる書店ないか?ないか・・・

952 :無名草子さん:04/08/11 00:35
近頃の芥川賞作家よりは、よっぽど純文学に近そうだ。

春樹のサイン会は、あったら笑えるなあ。
悪戯心でゲリラ的にやらないかなあ。

ま、俺は応募特典で水丸絵Tシャツ、くらいで我慢しておく。

953 :無名草子さん:04/08/11 03:37
>>358
もう見てないかな。
オク画像が見れないので違いはわかりませんが、初版の帯には

笑い・冒険・思想の三重奏
小説の面白さが横溢した
哀しくて楽しい恐怖小説

とあります。
これも違うような気がするので同じでしょうかね

954 :無名草子さん:04/08/11 03:39
帯びってみんなとっとくの?俺きらいだからすぐやぶいてすてるけど。

955 :無名草子さん:04/08/11 04:11
アフターダークって何ページあるの?

956 :無名草子さん:04/08/11 05:42
>>945
煽ってるだけのお前のがよっぽどアホ

957 :無名草子さん:04/08/11 12:54
>>956
こらっ、構っちゃダメでしょ

>>937のネタを見て 春樹を負かした本とはどんなものか調べてみたんだけど
あのBM98とかyaneGameSDKで有名な やねさん が書いた本なんだね、納得。

立ち読みもしてみたけど やはり流石だ、ただの初心者本ではなかった。
でも遊び心とは言え「萌え要素」は・・・引くよねぇ...

958 :無名草子さん:04/08/11 12:55
編集者 「春樹さん、先ほどの会議でアフターダークの販売戦略として
      帯のコメントを柴崎こうさんに書いていただくか、
      表紙を萌え路線にすることが決定しました。どちらにします?」

      >突然の2択に頭の中が真っ白になった。
      >『発行部数日本一の奪還』
      >息巻く編集者らの気合に気おされた。

春樹   「えっ!?・・・じゃっ、じゃあ萌え路線で」

      >苦渋の決断だった。

                                 ―――― プロジェクトχ

959 :無名草子さん:04/08/11 14:05
今回はまたネットで感想とか質問の受付はしないのかな?

960 :無名草子さん:04/08/11 16:21
あれは一体何だったんだろう
もうやりたくないんじゃない

961 :無名草子さん:04/08/11 23:16
千通以上答えたからな
今もHDDにHPファイルがまるまる残っているよ
おかげで少年カフカ買う必要がなくなったわけだが

962 :無名草子さん:04/08/12 03:31
HPファイルってどうやって保存するの?

963 :無名草子さん:04/08/12 13:23
今ねじまき全部読んだんすけど…
ちょっと無駄に長すぎませんか?
マルタとかクレタとか登場すんの前半だけかよ!って感じだし。。。
メイの手紙は何だったんだよ!って感じだし。。。
なんか伏線を張るのはいいけど、大した伏線でもないのに長すぎと思いました。生皮はがれる話とか。

964 :無名草子さん:04/08/12 13:37
アンナ・カレーニナでも読め

965 :無名草子さん:04/08/12 14:21
>>962
もう閉鎖したから無理

966 :無名草子さん:04/08/12 15:09
>>963
すごいわかる

967 :無名草子さん:04/08/12 15:55
親の本棚を漁っていたらスプートニクの恋人を見つけたのですが、これ面白いですか?

968 :無名草子さん:04/08/12 18:47
>>965
いや一般的にってこと。

969 :無名草子さん:04/08/12 18:47
>>963
生皮はがれる話は必要というか好きだけどな。

970 :無名草子さん:04/08/12 18:50
『そうだ村上さんに聞いてみよう』は、実用書として重宝しています

971 :無名草子さん:04/08/12 22:43
>>967
俺は好きだ

972 :無名草子さん:04/08/12 23:15
一番売れたのってノルウェイ?何部売れた?

973 :無名草子さん:04/08/12 23:29
>>972
上下巻ともに200万部オーバー。
つい最近まで和書のベストセラーの1−2だった。
つい最近までな…

974 :無名草子さん:04/08/13 00:09
何が追い越したんだっけ?

975 :無名草子さん:04/08/13 00:11
>>974
バカの壁

976 :無名草子さん:04/08/13 00:33
>>974
世界の中心〜。

977 :973:04/08/13 01:24
「単行本」と言わなきゃダメだったな。
「バカの壁」は300万部オーバーだし。
意図としては>>976の答を求めていた。

養老孟司は「唯脳論」くらいから注目していた人だから、別になんとも思わなかったが、
世界の中心でバカが叫ぶ、は2時間で読んで次の日には彼女に丁重に差し上げました。

978 :無名草子さん:04/08/13 01:29
俺もバカの壁はいちおう読んだけど何も残るものはなかった。
いまでは内容の一部も思い出せない。

979 :無名草子さん:04/08/13 01:32
世界の中心〜の作者って「カフカ」のなかで揶揄されてたな。
売り上げ記録のからみで遺恨があったのか?

980 :無名草子さん:04/08/13 01:54
売上に固執する人ではないみたいだがなあ。
「一度ベストセラーを書いてみたら」と龍に言われるくらいだし。

ま、アレに抜かれるのは屈辱だろうがね。

981 :無名草子さん:04/08/13 09:19
アフターダークは、離婚歴のある社会に馴染めない独身男が不思議な現象に巻き込まれる話らしいよ。

982 :無名草子さん:04/08/13 12:08
また不思議な現象か

983 :無名草子さん:04/08/13 13:23
離婚するときの回想シーンで奥さんは
「あなたのことは好きだけど、愛しているけど」とかほざくんだろうな
あらすじは奥さんがある日真夜中に出かけていって朝帰りしてその日以来電波を受信して
わけのわからん言動を繰り返す
んで妊娠が発覚するのだが主人公はあの朝帰りの日にセックルでもしてできたガキかもしれないと
疑うのだがそこはクールにスタイリッシュにやりすごす
堕胎させてから離婚
んで不思議な現象が起こり始めて真夜中になると謎の女から電話がかかって来るようになる
ウダウダやってるうちにその女が主人公の前に現れ色々と電波な示唆を繰り返す
んでクライマックス近くで主人公と謎の女はセックルする
「それは快楽というよりもまるで底なし沼に沈んでいくようだった」とか
あくまでクールに快楽に流されてない演出は忘れずに
ただ一度きりセックルのあと(一度きりっていうのがオタ的には重要、繰り返すとかっこ悪いから)
女は姿を消す。主人公は女を探し回るのだが気付けば夜明け
アフターダーク

984 :無名草子さん:04/08/13 20:49
>>979 それ、どこの描写??

985 :無名草子さん:04/08/13 21:11
アフターダーク=ねじまき鳥クロニクルですか?

986 :無名草子さん:04/08/13 22:25
どうせまた勃起してるんだろ

987 :無名草子さん:04/08/13 23:29
>>978

・・・「俺も」??

988 :無名草子さん:04/08/14 00:49
>>987
>>977の文章見たらつまらないからさっさと彼女にあげたって感じじゃん。

989 :988:04/08/14 00:50
世界の中心だった_| ̄|○
でもどちらにしても養老に共感している節はないし。

990 :無名草子さん:04/08/14 01:46
スプートニク読んだんだが・・・他のものよりも一段とわけ分からん・・

991 :無名草子さん:04/08/14 02:32
犬になった犬養に角砂糖投げるとこで爆笑しました

992 :無名草子さん:04/08/14 07:31
次スレだれか頼む。オレダメだった。
↓テンプレ。好きに変えてイイし。


スレタイ : 村上春樹 part6 〜かもしれない〜

アフターダークは9/7発売であります。
また猫さんが出てくると嬉しいであります。


過去スレ
Part1 http://natto.2ch.net/books/kako/980/980740994.html
Part2 http://book.2ch.net/books/kako/1006/10063/1006326491.html
Part3 http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1021706960/
Part4 http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1050553787/
Part5 http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1062217370/

993 :村上天皇:04/08/14 11:53
>>992
立てておいた
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1092451878/

994 :村上天皇:04/08/14 12:06
あ、テンプレいじるの忘れてた。唯一の楽しみを・・・。

995 :無名草子さん:04/08/14 12:14
次スレたてました
村上春樹 part6 〜ヴァギナ〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1092453133/


996 :無名草子さん:04/08/14 12:14


997 :無名草子さん:04/08/14 12:24
どっち?

村上春樹 part6 〜かもしれない〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1092451878/


998 :995:04/08/14 12:25
重複してしまったので>>997
村上春樹 part6 〜かもしれない〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1092451878/
を使ってください


999 :無名草子さん:04/08/14 12:29


1000 :無名草子さん:04/08/14 12:30


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

213 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★