5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

極限状態を描いた小説・ノンフィクション

1 :無名草子さん:04/07/29 12:58
どなたかお勧めの本を教えて下さい。。。

今度、2週間の過酷な合宿(環境最悪)に行くのですが、
集団生活が苦手なので、もっと辛い状況の本を読んで
耐えたいと思っています。
サバイバルの本とか、アウシュビッツ関連とか・・
何かないでしょうか。
(昔ボートで漂流して生き残った人の本を読んだけど、
タイトルを忘れてしまった)
よろしくおねがいします。

153 :無名草子さん:2005/11/07(月) 10:43:56
朝日新聞に紹介されていた
脱出記―シベリアからインドまで歩いた男たちスラヴォミール ラウイッツ

だれか感想書いてくれ。


154 :無名草子さん:2005/11/29(火) 18:25:20
>>1
ハンターの最も危険な場所の拷問シーンはよかった。
とくに箱のなかにつめられたまま、ずっと放置されてるやつ。
こっちも頭がおかしくなりそうだったよ

155 :無名草子さん:2005/12/10(土) 19:11:20
なるほど

156 :無名草子さん:2005/12/17(土) 22:10:13
>>153
買ったばかりでまだ読み切ってないけど。

印象としては、「俺なら収容所に到着するまでに軽く10回以上死ねる」
拷問と薬物投与、暖房の無い家畜輸送車に60人が4週間カンヅメ、降りたと
思ったら真冬のシベリアを徒歩で1000キロ以上行軍、毛布無し、食事はパンと
カブのスープが1日2回だけ、夜は焚火を起こして野宿…
同志スターリン殺る気マンマンです。
囚人だけじゃなくて監視する兵士まで数人死んでるし。

あと収容所に向かう途中、臨時で徴用された原住民族の老人の話が突き刺さった。

「我々は夜寝る前に、家の前に食べ物を出しておく。父も祖父もそうしていた。
脱走した『不幸な人』が食べ物も無く彷徨っているから、その人たちの為に
食べ物を出しておくのだ」

帝政ロシア時代からシベリアは流刑地だった。
帝政が倒れ共産主義政権になっても、結局のところ何も変わっていなかったと
言うのがひしひし伝わってくる。

残りは読み終わったら。

157 :無名草子さん:2005/12/23(金) 18:39:17
>>156
まだー?

158 :無名草子さん:2005/12/23(金) 23:30:07
見沢知廉

159 :無名草子さん:2005/12/24(土) 02:03:09
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009S8FUU/
シャクルトン、DVDになってるんだね。ちょうど1年前にNHKでやってたんだよな。

160 :156:2006/01/02(月) 13:37:19
>>157
遅れてすまん。「脱出記」読了。

おまいさんの手元に世界地図か地球儀があったら確認して欲しい。
ヤクーツク(北極圏を除く北半球で最も寒い土地と言われる)から南に進路を取り、
凍りついたレナ川を渡り、バイカル湖の東を通ってモンゴルとの国境を突破。。
ろくな装備も無しにゴビ砂漠を縦断し、甘粛省・青海省を突っ切ってチベットへ。
そしてラサの少し西からヒマラヤを越えて北インドまで。
踏破距離6500km、所用日数1年ちょっと。
作者と共に脱走した7人(途中で1人増えて8人になる)は乏しい食料を分かち合い、
厳しい地形を助け合いながら進み、それでも弱い者から1人ずつ死んで行く。
今の日本で生まれ育った俺には「凄絶」と言う以外の形容詞が浮かばない。
イギリスで出版当初フィクションじゃないかと言われたのもむべなるかな。

あと、殆どドラマか映画かと言うくらい登場人物のキャラが立っていた。
特に収容所長である大佐の奥さん(父はロシア皇帝の親衛隊)。
この人自分が男だったら絶対自分が脱走してるぞw
「大佐も、そして彼女も、言わばシベリアに左遷された身の上であり
そう言う意味では自分と似たようなものだ」と言う作者の推察は多分正しい。
あとソ連軍名物・政治士官もしっかり出て来る。

個人的には、インドに到着した後作者がPTSDに苛まれる描写で鳥肌が立った。
心身の限界を超えた脱出を終えて「めでたしめでたし」では終わらない辺りに、
フィクションじゃ味わえない凄みを感じる。

161 :156:2006/01/02(月) 13:49:10
追加。
この本を読んでると、とても腹が減る。
読み終えた直後は只の食パンがとんでもない御馳走に思えて困ったw

66 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★