5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【一夢庵】隆慶一郎【影武者】その 2

1 :猿の才兵衛:2005/11/18(金) 17:11:20
代表作「一夢庵風流記」「影武者徳川家康」から、
未完のままで終わってしまった「死ぬことと見つけたり」等、
隆慶一郎の作品について、色々と語りましょう。

◆前スレ◆
【一夢庵】隆慶一郎【影武者】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1097505310/

◆関連スレ◆
演劇・役者板:【堤・松雪】吉原御免状【新感線】part2
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/drama/1128221522/
時代劇板:隆慶一郎を買おうと思って峰隆一郎と間違えた
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/kin/1028444070/

2 :無名草子さん:2005/11/18(金) 17:13:21
≪関連スレ≫

[懐かし漫画板] ※原哲夫の漫画化作品スレです ややネタスレ気味
影武者徳川家康
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1053321811/
花の慶次〜【九】さった殿御ですね
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1121651250/


3 :高尾太夫:2005/11/18(金) 17:28:43
>>1
乙華麗様でありんす。

4 :無名草子さん:2005/11/18(金) 18:45:26
影武者と捨て童子を同時に読むと面白い。
特に長安事件前後から。

5 :無名草子さん:2005/11/18(金) 20:22:43
>>1
禿乙!!

>>4
それ絶対混乱するぞw
親父が一方では影武者でもう一方じゃ生きてるんだもんな

6 :無名草子さん:2005/11/18(金) 23:30:56
>5
まあ見た目はイッショだし。
片方では単なる偶然か不運みたいにも取れる
大久保長安ヨレヨレアウアウのせつめいが、まったくかんたんだ        ですよ。

7 :無名草子さん:2005/11/19(土) 18:24:54
即死防止乙

8 :無名草子さん:2005/11/19(土) 19:08:25
斉藤杢之介はニートの鑑だな。

9 : :2005/11/20(日) 01:37:49
>>1
乙。

短編全集読了。・・・この人は長編向きの作家だったんだな、と>感想

10 :無名草子さん:2005/11/20(日) 19:02:26
10げっと

11 :無名草子さん:2005/11/20(日) 21:47:17
ほいっと

12 :無名草子さん:2005/11/21(月) 20:02:27
続きませぬな

13 :無名草子さん:2005/11/21(月) 23:39:28
流石に語りつくした感は否めないからね

14 :無名草子さん:2005/11/22(火) 07:22:03
スレタイが前スレと同じセレクトなのは
変えた方が良かったんじゃ?

15 :無名草子さん:2005/11/22(火) 10:23:27
俺もオモタ。でも後の祭り
また一年かけて埋めて新しいの立てるとき気をつけるしかないな
もっともそこまで盛り上がりはせんだろうがw

16 :無名草子さん:2005/11/22(火) 18:40:35
【見知らぬ海へ】【駆込寺陰始末】

17 :無名草子さん:2005/11/23(水) 00:06:13
せっかくだし立て直す?今ならまだいいでしょ

18 :無名草子さん:2005/11/23(水) 08:32:43
この時期なら【吉原御免状】が一番訴求性は高いと思うけど
でも、スレ立て直すのもどうかと思う今日この頃

19 :無名草子さん:2005/11/23(水) 10:27:11
あいスミマセヌ

20 :無名草子さん:2005/11/23(水) 11:35:59
まあ、もしこのスレが即死したら
考えましょう。

21 :無名草子さん:2005/11/24(木) 22:00:58
そのレス、笑い事ではないぞ

22 :無名草子さん:2005/11/24(木) 22:23:52
古老曰く、「軒を出づれば死人の中、門を出づれば敵を見る」となり。
用心のことにはあらず。前方に死を覚悟し置く事なりと。

23 :無名草子さん:2005/11/25(金) 02:36:43
>22
毎朝布団の中で師んでおけ、か。

さて明日の朝はどうやっって芯でくるかな

24 :無名草子さん:2005/11/25(金) 22:18:45
女系天皇の容認なんて秀忠でもやらんぞ。
今上天皇を島流しにするよかヒドイ。
後世の歴史小説で野鼠首相は極悪外道の永久罪人として描かれるだろう。多分。

25 :無名草子さん:2005/11/25(金) 22:42:34
こういうスレ違いの国士気取り馬鹿をどうするべきだろうな。

26 :無名草子さん:2005/11/25(金) 22:54:16
女系天皇?女性天皇じゃなくて?

27 :無名草子さん:2005/11/25(金) 23:30:55
>26
今のところ答申ではそうなっちょる。リアル話だよね・・・ >25措け

 たしかに(祭祀的なだけで無意味かもしれんが)皇統=男系維持というのは
一応千年以上の時を閲しているわけだからなあ
ぽっと出の今の審議で出した結論が一意に正しいとも思えないけど


28 :無名草子さん:2005/11/26(土) 06:54:02
>>25
馬鹿には何か言うだけ無駄だ。

29 :無名草子さん:2005/11/26(土) 11:15:37
どうせなら後水之尾でも語れよ

30 :無名草子さん:2005/11/26(土) 14:39:04
隆ちゃんの小説は全て本当の史実に違いないと
感じるのは漏れだけでつか?
鬼麿や二郎三郎や裏柳生や幻斎は実在して
影武者や甲伏せ打ちは実際の史実に違いないと
思えてしょうがないのは漏れだけでつかい?


31 :無名草子さん:2005/11/26(土) 16:05:41
>>30
まぁ君だけじゃないさw

32 :無名草子さん:2005/11/26(土) 16:25:55
いちばん史実っぽいのって、未完の「見知らぬ海へ」かなあ。

33 :無名草子さん:2005/11/26(土) 19:20:37
女系天皇とかいいだすと、
本来の日本は女系だったとかいう話になって、
男系である里の民の時代は終わり、
道々の輩の時代がやってくるとかそんな話に
発展していったりいかなかったり

34 :無名草子さん:2005/11/27(日) 00:14:49
逆に一番ありえないのは「花と火と帝」だろうなw

>>34
しつこいし、スレ違い

35 :無名草子さん:2005/11/27(日) 02:46:47
>>32
「見知らぬ海へ」は題名から類推するに
二郎三郎(当然家康の影武者)が向井兵庫・アダムスと
北西航路探索に旅立つラストだったような気がしてならない。

前スレで隆慶作品には時として矛盾があるという指摘があったけど
今読み返してる「影武者徳川家康」でも、大久保長安の描き方に矛盾があった。
最初は二郎三郎が長安にアマルガム法を教えたことになってるのに、
後半では長安がキリシタンで宣教師から教わったことになってる。
隆慶は意外と伏線を張るのが下手だったような気がする。
面白いから全然構わんけど。

36 :無名草子さん:2005/11/28(月) 00:13:48
>最初は二郎三郎が長安にアマルガム法を教えたことになってるのに、
そうだっけ?最初から長安と記憶してたが記憶違いかな?
まぁ五年ほど読んでないからかもしれんが

37 :無名草子さん:2005/11/28(月) 11:40:36
大久保長安がキリスト教でアマルガム製法を云々ってのは
隆慶一郎作品じゃなくても、普通にでてくるモチーフだからねぇ。

38 :無名草子さん :2005/11/28(月) 19:51:16
時代劇チャンネルで原作・脚本の「野風の笛 鬼の剣 松平忠輝 天下を斬る」を見た。
それほどは面白くなかった。

39 :無名草子さん:2005/11/28(月) 22:38:13
>>36 俺も特に「二郎三郎が長安にアマルガム法を教えた」っていう
記憶が無かったので新潮文庫上巻を見てみたところ、p321の中ほどに、

|この突然の産出額の激増は長安の甲州流採鉱法によるものとされるが、
|実は二郎三郎の示唆によって、アマルガム精錬法(水銀流し)を行った
|ためだった。

とあった。示唆という辺りが微妙かな。

一応、二郎三郎からの「宣教師に新技術有り、学び活用せよ」という命令を
受けた形はとっていたが、実はその情報自体、長安が自らに命が下るように
工作した結果であった…とこじつければ。

40 :無名草子さん:2005/11/29(火) 19:52:48
>39

しかし二郎三郎はウイリアム・アダムス(英人・新教徒)に聞いてかじった知識だったと思うが

長安はカソリック伴天連に聞いたんだろ、というギャップが


41 :無名草子さん:2005/12/05(月) 22:52:56
鎌を投げても戻ってきません。どうしましょう

42 :無名草子さん:2005/12/06(火) 00:48:41
新しいの買えば?

43 :無名草子さん:2005/12/06(火) 02:48:58
拾いに行け。


44 :無名草子さん:2005/12/07(水) 01:24:08
あと2本投げれば、ひょっとこ斎を倒せるぞ。

45 :無名草子さん:2005/12/07(水) 19:46:51
・・・研究を重ねて戻ってきたら手首が飛びますた

46 :無名草子さん:2005/12/07(水) 20:30:48
>>38
野風の笛は鬼っ子様の墓所である長野県諏訪市・貞松院に現存してる。
徳川家の資料本によると乃可勢(のかぜ)という字を当てる事もあるそうな。
この寺は忠輝の墓ならびに遺品の数々(愛用の脇差、茶道具など)もあるので
近くまで行く機会があったら寄ってみるといい。

47 :無名草子さん:2005/12/08(木) 01:40:57
ある地方の農村には、無数の草刈り鎌を携帯する技術と、それを
ホーミングさせて投擲する技術が伝わってるそうな。

48 :無名草子さん:2005/12/08(木) 16:04:54
忠輝の生前書いた日記とか発見されたら、隆慶オタには萌え萌えだな。

49 :無名草子さん:2005/12/09(金) 07:58:44
こういうのがあるので貼っておく。鬼っ子ファソは見るといい。
http://www.suwayeg.net/action/onnbasshira/

50 :無名草子さん:2005/12/09(金) 19:22:28
恐くて見れない

51 :49:2005/12/09(金) 19:39:18
>>50
ウィルスとかを警戒してるならその心配は無用だよ。漏れも何度も踏んだので
気持ちはわかるが。>>46に関連したページだ。

52 :無名草子さん:2005/12/09(金) 19:43:17
山崎正和と丸谷才一の対談で『影武者徳川家康』が話題になってたな。

53 :無名草子さん:2005/12/12(月) 02:22:11
>>52
『日本史を読む』(中公文庫)ですな。
これを読んで隆慶一郎にはまったですよ。
この対談集を読むと絶対に『影武者〜』が読みたくなる。

54 :無名草子さん:2005/12/18(日) 01:09:53
心の一方だっけか、えらい短編があったような

55 :無名草子さん:2005/12/18(日) 17:16:21
知らないなぁ。どんな感じの?

56 :無名草子さん:2005/12/18(日) 18:08:15
http://id17.fm-p.jp/1/d011/
ここの小説最高ですよvV

57 :無名草子さん:2005/12/20(火) 21:27:41
>55
隆慶一郎全集5巻
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106459051/hiroakiiwaku-22/503-0360340-5848736
〃、短編集
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062072823/503-0360340-5848736


二階堂平法をつかう松山大吉を、柳生十兵衛が立ち会って
刀を使わず杖で拳を打って砕く。
松山大吉は勝手に弟子だか同僚の侍だかに殺されて終わったらしい・・・といいう

58 :無名草子さん:2005/12/24(土) 16:17:11
その後日譚が「死ぬことと見つけたり」の、あの話なのね。

59 :無名草子さん:2005/12/24(土) 19:45:58
>58

左様でござるな


60 :無名草子さん:2005/12/27(火) 00:45:35
「だがそれがいい」は漫画だけの台詞だっけ?

61 :無名草子さん:2005/12/28(水) 02:05:12
>>56
ハッキリ言って糞。本人が宣伝のために貼ったんだろうが、言わせて貰うと
まず文才が無い。1ページ目から読む気が無くなったよ。
時代小説やら歴史小説書きたけりゃもっと沢山本を読みましょうね♪

そろそろスレ違いだな、失礼しました。


62 :無名草子さん:2005/12/28(水) 02:32:53
おろかな・・・・・・

63 :無名草子さん:2006/01/02(月) 20:22:47
前からだったけど、新スレになって益々廃れたな

64 :無名草子さん:2006/01/05(木) 16:01:39
何せ作者が十年以上前に死んでいるからな。
懐古するしか話題が無い。

65 :無名草子さん:2006/01/05(木) 21:48:29
しかも作家生活が短いから寡作、作品の幅も狭いときてる

66 :無名草子さん:2006/01/06(金) 13:39:08
しかもスレの寿命は長いから語りつくした感あるしな

67 :無名草子さん:2006/01/09(月) 22:48:54
吉原御免状がゲキ×シネにでもなれば
また増えるさ

68 :無名草子さん:2006/01/09(月) 23:26:58
>67

影武者のTVドラマみてると、どれぐらいトンデモな出来かむしろ楽しみなような、でもコワイ


69 :無名草子さん:2006/01/11(水) 10:48:46
一夢庵風流記や影武者徳川家康(捨て童子と合成)がアニメ化されたら……

70 :無名草子さん:2006/01/11(水) 11:26:26
それより柳生物をオムニバス形式でいいから映画化して欲しい
隆の中なら一番作品化しやすいと思うんだが

71 :無名草子さん:2006/01/11(水) 13:43:50
ふむ。十兵衛が家光にケンカ売ってる頃から始まり、「弟達より弱いんでね?」
と、指摘されるエピを挟みつつ、斬られて死ぬ所までを映像化だなw

72 :無名草子さん:2006/01/13(金) 14:46:12
(´・ω・`)あの〜僕齋藤杢之助目指してるんですが〜?

73 :無名草子さん:2006/01/13(金) 16:04:57
>>72
今の時代、いくさ人の需要は少ないぞ。

74 :無名草子さん:2006/01/13(金) 18:22:42
>72

しかも戦の支度と覚悟だけは常にしている無職だ。それだけでは喰っていけまい?

75 :無名草子さん:2006/01/14(土) 22:54:48
まずはお転婆な娘とひ弱な息子を持つ運送会社の社長を探せ。
そして父と祖父にその会社のトラックを

76 :無名草子さん:2006/01/15(日) 03:36:50
>75
  こらこら。

77 :無名草子さん:2006/01/15(日) 16:17:25
>>72
毎朝、自分が死ぬ様を想像して生活しろ。
そして後はひたすらぐうたらに過ごせ。

78 :無名草子さん:2006/01/15(日) 16:39:16
杢之助はニートの鑑だ

79 :無名草子さん:2006/01/15(日) 17:52:11
杢之助は見事なパラサイトだ。

80 :無名草子さん:2006/01/15(日) 18:40:11
これほどの男を浪人させるとは、鍋島勝茂も駄目な男である。

81 :無名草子さん:2006/01/15(日) 19:52:02
杢之助の祖父と父を上手く使いこなした直茂は相当な名将だな。
正月に米が無けりゃ年貢米強奪するという発想をする家臣を抱えるのだから

82 :無名草子さん:2006/01/15(日) 21:34:19
>80
知恵伊豆に聞かせてやりたいよ、その言葉。

大久保忠佐が更にツッコんでくれそうだ

83 :無名草子さん:2006/01/17(火) 02:39:01
わし、踊ってくるけん

84 :無名草子さん:2006/01/19(木) 13:57:22
影武者を読んで隆慶メイツになった俺が来ましたよ
(´・ω・)ノシ

質問なんですが、『死ぬことと見つけたり』は未完だそうですが、
どの辺で終わってるんですか?
中盤ですか?それともクライマックス手前の終盤ですか?

85 :無名草子さん:2006/01/19(木) 16:32:40
>>84
主人公らの主君である鍋島勝茂が病死する寸前。
どちらかというと盛り上がる手前で未完成。

まあ、一読を薦める。読んで損は無い名作だ。

86 :無名草子さん:2006/01/19(木) 16:43:59
>「死ぬことと見つけたり」
作者が考えてたクライマックス〜ラストの梗概は読めるけど、
あれを完成品として読んでいたらどれほど面白かったことだろう。


もちろん、未完成でも、>>85の言う通り読んで損の無い名作。

87 :無名草子さん:2006/01/19(木) 17:30:29
>>85-86
ありがとうございます

先に吉原御免買ったので読みおわったら買ってみます

88 :無名草子さん:2006/01/19(木) 20:13:29
杢之助がどのように松平信綱を脅すのかが見たかった。

89 :無名草子さん:2006/01/19(木) 20:37:34
杢は一番魅力を感じる主人公だな

90 :無名草子さん:2006/01/19(木) 20:48:49
杢之助に振り回される求馬と勝茂が可愛かった。

91 :無名草子さん:2006/01/19(木) 22:05:00
求馬の見せ場はこれからだったのに

92 :無名草子さん:2006/01/20(金) 00:49:11
なんかまた「死ぬこと」が読みたくなった
これで何度目の読み返しだろうか

93 :無名草子さん:2006/01/20(金) 06:51:55
しかしこの人は秀才タイプの官僚に手厳しいよな。
悪評を負ってでも仕事を行ったという点ではいくさ人などとかわらんだろうに。

94 :無名草子さん:2006/01/20(金) 12:30:01
隆慶先生って「戦慄した」っていうフレーズが多いよね。
ほとんど戦慄した、とか。

95 :無名草子さん:2006/01/20(金) 17:33:44
>>93
そんなことなかろう。
三成や弥八郎はかなり魅力的に描かれてる。
酒井忠清や松平信綱あたりには手厳しいけど。

96 :無名草子さん:2006/01/20(金) 19:57:00
>>95
土井利勝などの秀忠側近、信綱以外の家光側近ももっと優秀なはずだぞ。
むしろ正信などの引き立て役にされてるが。

97 :無名草子さん:2006/01/20(金) 23:37:53
そりゃどっちかの視点からかいてれば、自ずと偏って見えるだろ
そんなけだ

98 :無名草子さん:2006/01/21(土) 16:23:36
>>95
僅かな描写だけど、「忠輝」では秀忠側近は割と好意的に描かれてた。
「(忠輝に対する)秀忠の裁きのいかがわしさを放置できなくなった」等とか。

99 :無名草子さん:2006/01/22(日) 03:57:09
花井三九郎

          本多正純は正信のセットだから若造扱いだが、清廉で優秀って評価だなこりゃ

100 :無名草子さん:2006/01/23(月) 02:06:03
花井三九郎で思い出したが、息子の主水正って忠輝より年下だよね?
最後の方で忠輝の小姓として主水正の息子も出てくるんだが
何度「捨て童子」を読んでも
三九郎−主水正−息子の年齢がはっきりしない。
詳しい人いたら解説頼む。

ついでに100ゲト



101 :無名草子さん:2006/01/24(火) 00:17:26
今日の日経夕刊、文化欄はなかなか隆慶汁が出てた

102 :無名草子さん:2006/01/28(土) 16:15:03
>>84で質問した者ですが、『死ぬことと見つけたり』面白かったです

親切に教えてくれた方々、ありがとうございますね

103 :無名草子さん:2006/01/29(日) 21:35:09
今日、一夢庵風流記と捨て童子ゲットしました
慶次郎無茶苦茶カッコイイっす
捨て童子のほうはまだ呼んでないですが
期待代です

104 :無名草子さん:2006/01/29(日) 23:56:12
オクで全集が安く出てたから買おうと思ってたら終わってた
ちょっとショック

105 :無名草子さん:2006/01/31(火) 07:27:38
死ぬこと−は全編通してなんともいえん爽やかさがあるから好きだ。
珍しく柳生も出てこんし。

ところで隆さんの作品(確か短編)で唯一秀忠が良く書かれていたのが
あったような記憶があるんだけどなんてタイトルだったっけ?

106 :無名草子さん:2006/01/31(火) 13:08:23
>>105
「かぶいて候」の事では。あれは短編というか、それなりに長くなる予定だった。
隆氏が予定していた三分の一も書けないまま未完に……orz


107 :無名草子さん:2006/01/31(火) 14:20:48
「かぶいて候」は秀忠もだけど、水野も良く描かれてたよな
そういう面では、異色の作品と言えなくも無い

108 :無名草子さん:2006/01/31(火) 15:13:30
「死ぬ事と見つけたり」と「かぶいて候」の水野がどうしても同一人物とは思えん。
同じような時期に同じ作家が同じ人物を書いているのに……。まあ「かぶいて候」では
主人公だが。
杢之助&求馬&萬右衛門+大猿vs水野&市之進&山平+クロ
結構いい勝負出来ると思うが。

109 :無名草子さん:2006/01/31(火) 19:37:51
「かぶいて候」は、あの後、忠長&江与の勢力と戦って
それを陰ながら松平信綱や秀忠が援護する話だと思っていたんだがな。
余りにも中途半端に終わってしまった。
隆氏は一夢庵程度の長さにはしたかったのだろうな。


110 :無名草子さん:2006/01/31(火) 20:07:26
けどさ、が多いけど、隆は全部同時進行でこなしてたのかな?
よく一度に書けるもんだ

111 :無名草子さん:2006/01/31(火) 20:14:48
「死ぬ事と見つけたり」
「かぶいて候」
「花と火の帝」
「見知らぬ海へ」
これらは入院中で同時進行で書いていたそうだ。

112 :無名草子さん:2006/01/31(火) 20:48:14
60代でそれだけ小説書いてたってのは驚異的だな。

113 :無名草子さん:2006/01/31(火) 21:12:05
本人は日本武尊を是非とも書きたかったそうだが、もし実現したら
どんな小説になったのかな?

114 :無名草子さん:2006/01/31(火) 22:58:59
一夢庵風流記読了

無茶苦茶面白かった〜
慶次も、捨丸も、金も、骨も、みんなかっこいい!

115 :無名草子さん:2006/01/31(火) 23:38:40
金より岩兵衛派です

116 :無名草子さん:2006/01/31(火) 23:39:32
俺は三成の根がヘタレなところが好きだ

117 :無名草子さん:2006/01/31(火) 23:45:13
三成は左近がいなきゃ駄目親父だからな

118 :無名草子さん:2006/01/31(火) 23:49:45
洟たらして慶次につっかかるシーンで三成に萌え申した

119 :無名草子さん:2006/02/01(水) 07:24:06
漫画化はもういいから、死ぬこと−を映像化してくれないかな。
杢→竹野内豊、萬→宇梶剛士あたりで。

120 :無名草子さん:2006/02/01(水) 14:55:37
>>106
あの秀忠いいよね。
「影武者」とか「捨て童子」を読んだ後に「かぶいて」を読むと
秀忠も大人になったもんだと変に感心してしまう。

>>108
>杢之助&求馬&萬右衛門+大猿vs水野&市之進&山平+クロ
ワロタ
大猿は邪魔なだけだと思うがw

>>119
萬→宇梶はなかなかいいな。

121 :無名草子さん:2006/02/02(木) 10:10:03
秀忠がいい人なんて、そんな都市伝説信じられません

122 :無名草子さん:2006/02/02(木) 11:15:51
むしろ、ヘタレで小悪党で肝っ玉の小さくてカカア天下からこそ秀忠
しかし、秀忠からなんで忠長みたいな驕児が生まれたんだろう…

123 :無名草子さん:2006/02/02(木) 12:18:38
てーかさ、影武者とかでのイメージが強いだけで、
史実ではきっと良い人なんだろうな秀忠って

124 :無名草子さん:2006/02/02(木) 12:21:06
良い人ではないかもしれんけど
そこそこ有能な政治家であったと
最近は言われてるね。

だいたい2代目は自制心のない放蕩息子とかがおおいから

125 :無名草子さん:2006/02/02(木) 15:21:30
偉大すぎる親父と
強大すぎる兄貴たちの影にかくれがちだったからなぁ…
松平信康が存命だったら、どうなってたんだろうな、江戸幕府

126 :無名草子さん:2006/02/02(木) 23:31:35
仮にこれから映画化・ドラマ化があったとしても、完結作だけだろうな。
「死ぬこと」や「見知らぬ」がいくら面白くても、映像化される望みは薄い。
となると完結してる「影武者」や「捨て童子」なんだろうけど、既にドラマ化されてる。
やっぱり「一夢庵」が一番期待して良いのかな。
或いは「駆け込み寺」なら安っぽい時代劇でありそうな感じもする。


まぁ、期待したところで極めて望みの薄いことだとは気付いているが。

127 :無名草子さん:2006/02/03(金) 00:18:59
「死ぬことと見つけたり」は未完といえど、話の流れは解ってるから
知恵伊豆の脅し方と求馬の腹を切る理由さえきちんと描ければ…


128 :無名草子さん:2006/02/04(土) 14:48:50
>>121
むしろ世間一般では秀忠悪い人の方が都市伝説。山岡荘八の印象が強いだろうし。
暴走を繰り返す困った兄貴の信康に対して、温厚で思慮深い、申し分のない
跡継ぎとして書かれている山岡的秀忠。隆慶小説と真逆ですな、信康にしても。

129 :無名草子さん:2006/02/04(土) 16:13:06
>暴走を繰り返す困った兄貴の信康に対して

ん?信康?秀康じゃなくて?
年齢的に考えて、秀忠が信康と引き比べられる事は無いと思うが・・・。

130 :128:2006/02/04(土) 16:18:04
>>129
いや、信康の事。比べられるっつうか、それぞれが登場した時の
書かれ方はそんな感じなんだな。山岡荘八を読めばわかるが
何せ家康の誕生から死ぬまでずっと続く大長編(全26巻)なもので。

131 :無名草子さん:2006/02/04(土) 16:23:58
>>130
山岡は長すぎるんで知らんかった。いらん指摘スマン。
だが山岡家康は読みませんw長すぎますw

132 :無名草子さん:2006/02/04(土) 17:54:17
隆史観だと、どうしても世に出ることが出来なかった
儚い英雄として見られがちだからな、信康も秀康も忠輝も頼宣も

実際、時期によって見られ方異なってくるからなぁ

133 :無名草子さん:2006/02/04(土) 18:31:58
山岡家康では、

駿府人質時代に家康が出会った二人の姫(鶴姫と亀姫)がいて、
家康は亀姫に惹かれてたが、なんだかんだで鶴姫を娶ることになった。この鶴姫が信康の母築山御前。
元々大して好きでもないから浮気をする家康。お万の方に手をつけて秀康を生ませる。
怒り狂う築山御前がお万の方を折檻。ますます冷える夫婦仲。
築山御前と信康を岡崎において遠江を攻略する家康。浜松で既に亡くなった亀姫に瓜二つの未亡人を見つける。
それが秀忠の母、お愛の方(後の西郷の局)。
ほったらかしの築山御前、信康に嫁に来た信長の娘五徳をいじめる。
信康も五徳と折り合いが悪くなり、領民を理由も無く殺したりする。
さらに家康憎しで固まった築山御前は、武田方に内通して岡崎城を明け渡そうとする。
それが五徳にばれて信長に伝わる。激怒した信長、信康と築山御前の処分を要求。泣く泣く従う家康。

とまあこういう流れ。
完全に西郷の局が実質的な正妻扱い、秀忠は優秀な「守成」の跡継ぎとして描いている。
(おかげで関ヶ原での秀忠遅参の件りが微妙な描写になってしまうのが玉に瑕w)
鳥が先か卵が先かはしらないが、子供用の伝記などでも大抵「悍馬な兄二人と、優等生の秀忠」なので、
まあ世間一般では山岡的秀忠のほうが主流なんだろうな。

余談になるが、築山殿処刑〜信康自害のあたりは読み応えたっぷり。
山岡家康はこの手のドラマを描くのが上手く、
家康誕生〜生母於大の方離縁〜父広忠狂乱のあたり(1,2巻)だけでも、読んで損の無い傑作。

134 :無名草子さん:2006/02/04(土) 19:36:20
>>133
さすがにそこまで語らなくていいのに
ここ隆スレだぜ?

135 :無名草子さん:2006/02/04(土) 22:05:53
山岡家康は隆史観に慣れた身で読むとはっきり言って読めたモンじゃない。
やれ天下を取るのは恒久平和のためだとか、
関ヶ原で秀忠に別行動取らせたのは
自分に万一の場合を考えてだとか滅茶苦茶。

136 :無名草子さん:2006/02/04(土) 22:25:19
>>127
知恵伊豆を脅すほうは萬右衛門がやったんだっけ,
放火坊主の時のように喜々としてやったのかどうかが気になるなぁ

求馬腹切りの理由はノーヒントだからな・・・
こうだったんじゃないか?っていう予想しかできないのがつらいところだな.

137 :無名草子さん:2006/02/05(日) 00:32:00
>>135
まぁ、あっちからすればこっちがムチャクチャに見えるだろうし
そこらへんはお互い様だ
喧嘩吹っかけられたわけでもないんだし

138 :無名草子さん:2006/02/05(日) 01:16:49
>>126
忠輝は、「捨て童子」の全ストーリーに
昔放映した「野風の笛」のエピソードをいじくって加えれば、
かろうじて完結っぽく出来るんじゃないかな?
忠輝と××との一応の決着とかも描かれてるし。

139 :無名草子さん:2006/02/05(日) 01:55:17
>>137
家康が影武者じゃないのはムチャクチャとか
柳生十兵衛がかませじゃないのはムチャクチャとか言われても知らない人は( ゚Д゚)ポカーンだろうしな

140 :無名草子さん:2006/02/05(日) 02:03:12
>>138
捨て童子は完結してるだろ?

141 :無名草子さん:2006/02/05(日) 02:28:37
>>135
>天下を取るのは恒久平和のため
これは隆慶作品でも感じられるけど、

>関ヶ原で秀忠に別行動取らせたのは自分に万一の場合を考えて
これはさすがに牽強付会もいいところだよな。

142 :無名草子さん:2006/02/05(日) 12:50:27
>>137
じゃあ両方好きな漏れから。山岡荘八はストレートな作風だからね。
あれに慣れた目で見ると隆慶小説は癖が強過ぎて読めん……となる。
作者の主観が強烈に入ってるし。個人的には「だが、それがry」なんだが。

143 :無名草子さん:2006/02/05(日) 15:18:26
逆に言えば山岡には強烈な個性を感じない
もちろん個性はあるが、隆のような惹きつけてやまないものじゃないし

144 :無名草子さん:2006/02/05(日) 23:54:40
スタイルが違うからね、隆先生と山岡先生は
隆先生は独善的ともとれるほど登場人物に近い

145 :無名草子さん:2006/02/06(月) 00:15:50
隆の凄いところはキャラに息を吹き込む上手さ

146 :無名草子さん:2006/02/06(月) 00:43:01
隆でも山岡でも本多作佐があくの強い老人として
描かれていて、何故か嬉しかった。

147 :質問:2006/02/06(月) 06:41:28
死ぬこととみつけたりで、求馬の息子を婿に貰うことが、

愛の命をすくうことになるのでしょうか?

結ばれなかった二人が、義理の夫婦になるから?

148 :無名草子さん:2006/02/06(月) 09:26:52
一般人がいくさ人の嫁の気持ちが分かるはずもなく…

セクース健康法じゃね?

149 :無名草子さん:2006/02/06(月) 14:21:49
ついでに司馬の城塞を読むと
徳川家康と本多息子が大嫌いになれるぜw


歴史小説ではなく、時代小説を楽しく読めりゃ
作者の思想はどうあれ満足な俺がいる

150 :無名草子さん:2006/02/06(月) 18:14:16
秀忠の後水尾天皇皇子殺しは当時でも細川忠興が手紙で憶測していたが
それが朝廷崇拝論者の山岡が無視したのは疑問だ。
単に史料として知らなかったのかな?

151 :無名草子さん:2006/02/06(月) 18:56:38
>>149
っつうか、本多正純をあれだけ好意的に書いてるのって非常に珍しい。
隆慶氏ぐらいでは。司馬に限らず大方は家康の威を借りて態度のでかい
鼻持ちならない香具師として書かれている。
 家康に関しては司馬作品は普通だ罠。覇王の家なんかはまあまあ良く書いてるし。
城塞は状況的にどうしても悪役になる。
 あと隆慶の家康は清濁併せ呑む大物感ある感じで好き。

152 :無名草子さん:2006/02/06(月) 19:06:28
清濁併せ呑める風格があるから俺も隆慶家康大好きだよ
煮ても焼いても喰えない狸ぶり大好き

153 :無名草子さん:2006/02/06(月) 20:15:15
家康を好きになるのは悪女に惚れるのに似ていると言ってなかったけ?
御本人は。

隆氏からしたら家康=信長>>>>>秀吉だと思うが。

154 :無名草子さん:2006/02/06(月) 22:10:32
秀吉は一夢庵風流記で結構格好良く描かれてたじゃないか

隆氏が嫌悪してるのって基本的に「戦争を知らない官僚」だよね

155 :無名草子さん:2006/02/06(月) 22:31:39
本多正信は戦争を熟知している官僚だから好意的に描かれるのか。
宗教問題で主君と袂を分かって、以後一向一揆を戦い抜いた経歴は
そんじょそこらの戦国武将とは比較にならんからな。

>>154
晩年の秀吉が嫌いと本人が言っていたのを読んだ事がある。

156 :無名草子さん:2006/02/06(月) 22:37:58
隆慶先生の作品に信長ってどんくらい出てくる?

157 :無名草子さん:2006/02/07(火) 00:20:02
>>154
秀吉を良く描いてたのは一夢庵というより、
花慶の方だろうな。
>>155
熟知はしてないべ。
熟知してるなら秀忠引きずってでも関ヶ原連れてくだろうし。

158 :無名草子さん:2006/02/07(火) 00:55:25
秀吉は一夢庵で書かれてた「ずっと戦い続けるしかないのだ」っていうのが
隆先生の評価のような希ガス
天下を制しながらも戦の時代の終焉を告げることの出来なかった悲しさ
みたいなモンをチラリと匂わせているのが実に好き

159 :無名草子さん:2006/02/07(火) 10:46:58
とりあえず、アレだ。

勝新モデルの家康以外は受け付けなくなってる俺ガイル

160 :無名草子さん:2006/02/07(火) 11:49:36
隆慶家康の「煮ても焼いても食えない」感重視なら、津川雅彦を推したい

161 :無名草子さん:2006/02/07(火) 11:49:40
石田三成ですら、好意的にかかれてるじゃない?<影武者

なんつーか いくさ人 というキーワードから外れる人が嫌いなんだとおもう。
高虎が右往左往する様子が書かれていても、結局は
戦国を生き抜いたいくさ人だけあって云々とフォローされてる。

162 :無名草子さん:2006/02/07(火) 12:36:48
>>156
信長に関して言及してるのは「時代小説の愉しみ」の「織田信長」。
「いかなる理由があろうともジェノサイドは肯定されるべきではない。」
 あとは「風の呪殺陣」かな。隆慶小説は信長死後から始まる作品が多い。

163 :無名草子さん:2006/02/07(火) 12:55:12
いくさ人・隆慶一郎だけに、戦の無くなっていく世を書くのが多いのかも

164 :無名草子さん:2006/02/07(火) 14:02:05
鬼麿斬人剣でダメ出しされていた大慶直胤の脇差が税込み315マソ円で
売られているぞ。新々刀期では清麿と並び称される名工との事。
値段的には清麿は更に上を行くようだが。

165 :無名草子さん:2006/02/07(火) 14:27:27
見た目がいいからね。
芸術品として見ると、ホントに素晴らしい出来だもん。
隆の指摘のように実際に試し斬りしたこと無いから実戦で役に立つとかは分からんが、
芸術品と考えれば価値として妥当なんじゃないかな

166 :無名草子さん:2006/02/07(火) 15:23:38
もっと高くなるかと思ってた

167 :無名草子さん:2006/02/07(火) 15:31:01
某オークションでは清麿の太刀が71マソ円で落札との事だが……。
1桁違ってる気がス。多少出来が悪くても贋作でない限り1000マソ円は
下らないとどこかのHPに書かれていた。
 清麿が幕末以後の刀剣で最も人気が高いのは、見た目の雄偉さ、抜群の切れ味に加えて
劇的な生涯というのも起因している……とも書かれてるな。ちょっとググっただけで
色々判って面白ス。

168 :無名草子さん:2006/02/07(火) 16:20:58
>158
とんとn拍子に天下人になる太閤記の秀吉と、
晩年の迷妄振りのギャップがでかいんだよなー

一夢庵でも利家が秀吉に娘を証人(つーか妾)に差し出して生き延びたことを慶次郎が痛烈に罵倒して、
若い頃の大谷刑部に「でも娘を差し出して戦で人死にが出ない決着をつけるのはアリじゃないの?」と
やんわり反論して、その場の負けを認めた慶次郎がからっと退散するのが好き。

晩生の秀吉は、甥ッ子が究極だが人頃しすぎだよ・・利休とかワケわかめ


>167
お兄ちゃんも凄いんだよなー


169 :無名草子さん:2006/02/07(火) 17:26:29
更に刀剣ネタをもう一つ。鬼麿の大太刀で一撃で両断されてしまった
長曾禰虎徹がビッダーズオークションで950マソ円で出品中。
出品者の刀屋が絶対本物だからこの値段は超お値打ち!と、鼻息が荒いw。
確かに本物ならその通りだが虎徹に贋作が多いのは清麿といい勝負なのは
周知の事実。それだけ人気な訳で。

170 :無名草子さん:2006/02/08(水) 08:04:49
山浦一族の故郷と言えば長野な訳だが、現在、長野県指定文化財(長野県宝)の
日本刀は14作。そのうち10作が山浦一族の作刀。内訳は
清麿が5、兄の真雄が4、真雄の子の兼虎が1だそうな。
画像が見たい人は上田市立博物館、坂城町のHPなどへ。

171 :無名草子さん:2006/02/08(水) 19:50:46
アド貼ってよ

172 :無名草子さん:2006/02/08(水) 21:06:25
>>171
http://auction.woman.excite.co.jp/item/61308999

こんなのが出てるのでとりあえず貼っておく。清麿の太刀でこの値段ってのが
怪しすぎるので真贋は定かでない。相場の二十分の一のお値段。
本物なら凄まじく得な買い物だ。鬼麿斬人剣にも出ていた清麿の特徴である
砂流しははっきり出ているが。

173 :無名草子さん:2006/02/12(日) 08:04:32
最近、隆作品を読み始めたんですけど、柳生十兵衛がめっちゃ不遇ですね

174 :無名草子さん:2006/02/12(日) 10:03:56
幻斎老に殺されたり

175 :無名草子さん:2006/02/12(日) 11:45:58
十兵衛は隆氏にいくさ人と思われてないからアレなんじゃない?

176 :無名草子さん:2006/02/12(日) 12:00:24
武蔵も似たようなものかも知れんが
一応関が原参戦してるからなぁ…

177 :無名草子さん:2006/02/12(日) 12:02:53
「柳生非情剣」の十兵衛の話は結構好きだったりする。


178 :無名草子さん:2006/02/12(日) 12:19:25
>>174
又十郎宗冬にKOされたり。 も、追加で。

>>177
あほの太平と野方甚右衛門は最強。

179 :無名草子さん:2006/02/12(日) 15:07:24
隆慶の十兵衛は板垣漫画におけるムエタイとかロシア人だと考えればいい

180 :無名草子さん:2006/02/12(日) 18:38:58
家光と友矩の衆道説は史実だったのね。

181 :無名草子さん:2006/02/12(日) 19:21:56
前スレでも似たようなこと言われてたけど、十兵衛って不遇か?
むしろ愛を感じるぞ、隆の十兵衛に対する愛
十兵衛くらいなもんじゃん、一から鍛えられていくのって
それ以外は才能だの何だので補正されちゃってる気がするから、
逆に十兵衛の扱いが新鮮だし大事にされてる感じがある

182 :無名草子さん:2006/02/12(日) 19:26:08
不遇と言うより、隆慶作品では十兵衛を含めた柳生一族
(特に宗矩の系統)が敵役というために貧乏くじを引かされてる。
逆に石舟斎や兵庫助利厳は贔屓目に描かれている。

183 :無名草子さん:2006/02/12(日) 23:31:44
兵庫助が鬼強いしな

184 :無名草子さん:2006/02/12(日) 23:49:05
新次郎は伊達刀法で無敵

185 :無名草子さん:2006/02/13(月) 14:55:36
戦場で戦えば、兵庫と杢ではどっちが強いんだろう

186 :無名草子さん:2006/02/13(月) 15:11:29
某ブッ○オフに風の呪殺陣買いに行ったら
買われてた orz

187 :無名草子さん:2006/02/13(月) 17:04:44
>>186
短めの作品だから、新本で買っても480円。探す手間を考えたら
そっちの方がいいぞ。

188 :無名草子さん:2006/02/13(月) 18:51:40
柳生非情剣の十兵衛は、弟2人のかませだったね。
自分の話は、とてもさわやかでハッピーエンドだったのがおかしかった。




189 :無名草子さん:2006/02/15(水) 01:30:25
同感。でも、このさわやかなラストの後で、
権力亡者の宗矩パパに良いように使われて、
裏柳生の統帥として人を斬りまくっちゃうんだよな…orz

190 :無名草子さん:2006/02/15(水) 18:46:24
>>189
その報いなのか、吉原御免状では幻斎にサックリと頸動脈を裂かれてアボン。
やっぱり不遇な気がス。

191 :無名草子さん:2006/02/15(水) 18:48:49
山田風太郎の十兵衛は完全なヒーローなのと好対照だね。
俺、十兵衛が好きなんで、隆作品で唯一嫌な点が、十兵衛不遇なんだよね

192 :無名草子さん:2006/02/16(木) 20:24:07
>>185
杢之介なら戦場だと鉄砲使うだろ。こちらの方が有利だ。
それに仮に剣で腕切られても、相手の首筋噛み付いて頚動脈切って勝つ。

193 :無名草子さん:2006/02/18(土) 00:42:09
まあ、勝つって断定しちゃうと荒れちゃうからな、噛み付かれた後にきっちりと
杢之介の急所に刀を突き立てるんじゃないかな。

194 :無名草子さん:2006/02/18(土) 10:09:40
厨ってランク付けが好きだなと再確認した

195 :無名草子さん:2006/02/18(土) 11:29:54
>>194みたいなのが来るから荒れてくるって事ですか?

196 :無名草子さん:2006/02/18(土) 21:55:34
執念深さで言えば最強は秀忠だな。

197 :無名草子さん:2006/02/19(日) 00:30:03
最強とかの発想が確かに厨っぽいなw

198 :無名草子さん:2006/02/21(火) 17:43:24
花と火の帝は少なくとも俺の知る限りでは唯一、天皇が人間として
描かれている小説だ。

199 :無名草子さん:2006/02/21(火) 17:58:32
(呪術士の親分)きたか

200 :無名草子さん:2006/02/21(火) 18:04:15
すまん、他スレのノリでレスしてしまった

今は反省している

201 :無名草子さん:2006/02/21(火) 20:21:23
もし隆先生が生きていたら、今の皇室典範改正の話題にどうコメントするか
気になるな。

202 :無名草子さん:2006/02/22(水) 01:01:47
どうなるんだろう・・・?
確かに気になる

203 :無名草子さん:2006/02/22(水) 08:05:09
>201
皇統(男系)は維持・・・かな。女性天皇そのものをイカンいうとはおもえんが

続いてることそのものが大事というかもしれんが


204 :無名草子さん:2006/02/22(水) 08:17:11
『死ぬことと見つけたり』の続きをかいてもらう。

205 :無名草子さん:2006/02/22(水) 14:02:35
>>204
せめて16、17話と同様に最終話の概略だけでも残して欲すい。

206 :無名草子さん:2006/02/22(水) 16:47:41
義仙が酒井忠清に神君ゴメンね状の事を明かさなければ
無益で愚かな戦いのために幻斎や又右衛門を始め
多くの人の命が失われることもなかったろうに。
当の張本人は飄々と雲水になって比叡山で修行を積んで高僧になりましたか。


207 :無名草子さん:2006/02/22(水) 20:15:23
ここの連中で「死ぬこと」の続きを妄想し、それを文章化していこうぜ

208 :無名草子さん:2006/02/22(水) 21:27:17
俺の作ったストーリーで完結させたいから


 お 断 わ り だ

209 :無名草子さん:2006/02/23(木) 00:29:33
>>206
義仙が明かさなけりゃどうせ狭川新左あたりが
いずればらしてただろうからそれはいい。
それに死んでいった人も己の生き様を貫いて果てているのだから
それはそれでいいと思う。

ラス1行は同意。勝山をあんな非道ぇ嬲り殺しにしといて悟りを開くなと。

210 :無名草子さん:2006/02/23(木) 09:50:24
おまいら「夜叉神の翁」を書いてくれ。


た の む

211 :無名草子さん:2006/02/23(木) 11:46:12
「夜叉神の翁」

これでいいのか?

212 :無名草子さん:2006/02/23(木) 13:36:14
同時に>>210の抜討ちが>>211を襲った。凄まじい速さと正確さだった。
民弥流秘術居合術! それも天才的ともいえる腕だった。

213 :無名草子さん:2006/02/23(木) 16:36:26
求馬の奥の手は、龍造寺家に対して鍋島家が取った方法と同じなのではないか、と妄想している。

214 :無名草子さん:2006/02/24(金) 12:09:10
『葉隠』は隆慶一郎に出てくるような「いくさ人」の気合を見習え!って若い武士に説教している本だよな。
死ぬこと〜読んで面白かったんで『葉隠』読んだんだがちょっと驚いた。

『葉隠』の求馬のクライマックスは大詮議の話で、死ぬことと〜では真ん中へんで書かれている。
求馬の奥の手はどうなる予定だったんだろうな。


215 :無名草子さん:2006/02/24(金) 16:22:30
隆はきっとそこまで考えてなかったんだよ
奥の手なんて大見得切っただけで思いつかなかったんだよ

216 :無名草子さん:2006/02/24(金) 21:43:45
>>214は怒っている。>>215の面の皮を一寸だめし五分だめしry

217 :無名草子さん:2006/02/25(土) 01:45:39
大猿が酒の肴にしてくれよう

218 :無名草子さん:2006/02/25(土) 02:01:14
以後、宗矩の大ザルと萬の大ザル、ガチでやったらどっちが強いかを語るスレとなりました

219 :無名草子さん:2006/02/25(土) 06:18:56
>>218
石舟斎の大猿の間違いでは。で、当然そっちの方が強い。大方の剣客は
猿に負けてすごすごと帰るそうだから。萬の大猿は高木屋敷に行った時に
忍者の目に爪を突き立てた場面ぐらいしか思いつかん。

220 :無名草子さん:2006/02/25(土) 09:56:23
>>219
石舟斎もそうだが宗則も大猿飼ってたぞ。
どれかにそのこともチラッと書いてあったと思ったから、あながち間違ってはいない。

221 :無名草子さん:2006/02/25(土) 10:10:29
かくれさとに書いてあったと思ふ。
お館さま云々で

222 :214:2006/02/25(土) 16:20:27
次の休みに『葉隠』ひっぱりだして求馬の改心の手段を推理するかな。
皆の者楽しみにしておれ。

223 :219:2006/02/25(土) 16:28:12
かくれさと見て確認した。漏れの記憶違いだったようでスマソ。
まだ読み込みが足りんなあ。宗矩が二匹の猿を飼っていた……と書いてある。
ただ大猿とは書いてなかったが。

224 :無名草子さん:2006/02/25(土) 19:07:22
忍の目を突ける猿でもそうとう凄いよ

225 :萬右衛門:2006/02/26(日) 08:50:06
>>222
その時は>>215の皮を剥いでもいいんだな。


226 :214:2006/02/26(日) 19:58:06
>>225
>>215の家を囲んで昼夜をおかず念仏を唱えるのだ。

求馬のモデルは中野一馬と相良求馬だと思うんだが、その中野一馬のエピソード(聞書一ノ一三六)
あるとき殿様の御意に背いた罪で5人が切腹を命じられた。
年寄だった数馬は殿様のところに行って「右の者どもはお助けなされ候ように」
殿様は「助ける道理があって言ってるのか」
これに対し「道理は御座無く候」
と答えて「道理も無いのに助けろなどとは不届きである」と叱られる。

それで退出したんだけど、またしばらくたったら御前に出て「お助けくださいますように」んでまた怒られる。
そしてそれを7回繰り返して、最後に殿様が「道理はこれ無き候ところに七度まで申すことに候間、助くる時節にてあるべし」
てことで5人は助かった。

数馬も殿様もかっこえー。こういうの読むとワクワクするね。



227 :無名草子さん:2006/02/27(月) 01:09:47
>225-226

どこで落ち合います? >>いそいそと旅支度をしつつ


228 :無名草子さん:2006/02/27(月) 06:25:18
>>227
>>215の家の前に現地集合で。床屋に行って頭を坊主にしてくるのを
忘れないように。

229 :無名草子さん:2006/02/27(月) 17:11:00
45万部のベストセラー『嫌韓流』の第2弾

『嫌韓流2』発売中

駄作か傑作かは、買って自分で確かめよう

230 :無名草子さん:2006/02/27(月) 17:24:02
『嫌柳生』発売中

柳生の一族がどんな雑魚扱いされてるかは、買って自分で確かめよう

231 :無名草子さん:2006/02/27(月) 17:49:03
『嫌秀忠』発売中

世継の秀忠がどんな悪党扱いされてるかは、買って自分で確かめよう

232 :無名草子さん:2006/02/27(月) 21:07:59
隆先生が一番嫌っている、秀忠の後水尾帝の皇子殺しについては
他の作家や歴史家は何故か無視しているんだよな。

233 :無名草子さん:2006/02/27(月) 21:30:52
隆慶先生が生きてたら花の慶次は滅茶苦茶面白かったんだろうな。

一巻の第一話だけ脚本を書いてるんだけど、
あの話だけでも他と比べて際立って面白い。

234 :無名草子さん:2006/02/27(月) 21:55:46
少なくとも、琉球編は存在しなかっただろうな>>233

一夢庵風流記は今でも充分通用する名作だ。

235 :無名草子さん:2006/02/28(火) 00:48:37
おれは「死ぬことと見つけたり」を読んでから毎朝
腹上死している

236 :無名草子さん:2006/02/28(火) 02:44:05
>235
腹上でござるか


237 :無名草子さん:2006/02/28(火) 09:43:58
>>187
買えました。どうもです。
>>235
死人か、あんた

花の慶次から隆慶一郎ファンになった奴ってどれぐらいいるんだろう?
あと、テスト前なのに影武者徳川家康にのめり込んでしまった。誰か助けてくれ。

238 :214:2006/02/28(火) 11:00:40
>>237
花の慶次のマンガ1巻だけ購入→一夢庵→花の慶次の続き、で愕然とした。
勝手に超人伝説にするなYO!

『葉隠』の坊さんの話。
「顔面の皮剥ぎやうの事。顔を縦横に切りさき、小便を仕かけ、草鞋にて踏みこくり候へば、剥げ候」
との話を行寂という和尚さんが京都で聞いてきたらしい。しかも「秘蔵の事也」w(聞書十ノ五七)

大融という和尚さんが病人の見舞いに行ったら、今亡くなったところだと言われた。
和尚さんはそこまで重病とは思ってなかったのでぽろっと「治療が悪かったのではないか」と言ってしまった。
すると医者が怒って「出家には法力があると聞いている。この死人を生き返らせてみろ。それができないなら仏法は役に立たないものだぜプゲラ」
和尚さんは寺に帰って短刀を懐に入れて戻って、もし生き返らなかったら「腹かき破り、死人に抱きつき相果てるべし」と覚悟を決めて祈った。
そしたら死人は生き返ってもう半年生きた。(聞書十ノ七四)

開山という偉い坊さんが足が不具だったために、いつもは片足を組まずに座禅していた。
死の間際に自分で斧で動かない足を叩き折って、正式な座り方で座禅した。
辞世の句を読む途中で「筆を投捨、牙を噛み、あい果てられ候」
横にいた鉄堂という坊さんが「虚空牙を噛む」と句の続きを詠んだ。(聞書十ノ一一九)

坊さんも壮絶w
つーか『求馬』で抽出できたらいいのにな・・・

239 :無名草子さん:2006/02/28(火) 11:21:20
いいかげん数コテ外せや念仏坊主

240 :無名草子さん:2006/02/28(火) 13:00:04
>239

あんさんもsageなはれ。都の童も歌うておりますぞ

241 :無名草子さん:2006/02/28(火) 17:38:59
>>237
オマエも死人になるんだ!

死んでる人間に受験や会社の善し悪しなんて意味無いぜ

242 :無名草子さん:2006/02/28(火) 19:06:09
>>232
やっぱり皇室関係だからあまり触れられないんじゃないか

243 :無名草子さん:2006/02/28(火) 19:27:23
>>240
sage進行だと初めて聞いた
こんな過疎スレ沈めてても意味無いような

244 :無名草子さん:2006/02/28(火) 19:45:17
>>233
花の慶次で原グッジョブ!の点。
利久没の場面「父上、あの世でもお元気で。」
佐渡攻め「お……お先に……!」「また会おう」
隆慶氏があっさり済ませた場面だが、これは○。
 原の馬鹿!の点。
漏れが一番好きな場面の慶次と利家の和解の場面を中途半端に前倒しした。
これだけはちょっと……。
朝鮮から琉球への変更。やむを得ない事情があったようだが、金悟洞好きなので
残念。

>>235
そんな死の稽古じゃ杢之介に怒られるぞw。
「それだけ腹上死すればもう女は要るまい」って言われて馬上筒でry

>>237
隆慶にはまる自由は赤点を取る自由と背中合わせ。

>>243
好き好きでいいんじゃあるまいか。人少なそうだし。

245 :無名草子さん:2006/03/01(水) 02:58:43
>243
ゴミみたいな広告やコピペ張りに来るの予防


246 :無名草子さん:2006/03/01(水) 19:55:57
>>245
自治も大変ですね
つーか、今までだって問題無かったし、個人の自由だし

247 :無名草子さん:2006/03/01(水) 20:06:31
国会の答弁で総理に対して「では知恵を貸して下さい」と言った永田議員は、
敵である柳生宗矩に「いかがすべきでござろう」
と訊ねた服部のボンクラ二代目のようだ、と思った。

248 :無名草子さん:2006/03/02(木) 02:25:29
>246

ではぞんぶんに歌舞かれませい


249 :無名草子さん:2006/03/02(木) 03:36:24
>245 >246
このスレは吉原だったのか。

250 :無名草子さん:2006/03/02(木) 16:11:21
>>242
そもそも後水尾天皇という歴史的にマイナーな天皇を取り上げた作家て
隆先生しかしないからな。

251 :無名草子さん:2006/03/02(木) 23:06:53
>249
伐られた椰子は氏に損、と。


252 :無名草子さん:2006/03/04(土) 23:14:22
また過疎の予感

253 :無名草子さん:2006/03/05(日) 00:48:49
>>252
たかが数日レスが無いぐらいのことで過疎とは何事だ。レスなんぞ2chにはいくらでもある

254 :無名草子さん:2006/03/05(日) 06:42:06
>>253
2chにはいくらでもあっても、このスレにはないのだから、
これは無茶というものである。

255 :無名草子さん:2006/03/05(日) 09:40:02
今、俺の家の前に五人の僧侶がいて念仏を唱えている…



256 :無名草子さん:2006/03/05(日) 11:29:01
猿を肩に乗せた奴はいるか?

257 :無名草子さん:2006/03/05(日) 12:05:29
いる。

少し増えたみたいだ

258 :無名草子さん:2006/03/05(日) 14:59:15
>257

まってろ。わしもそこにいk

259 :無名草子さん:2006/03/07(火) 16:01:40
あまり話題にはならんが鬼麿のやつが結構好きだったりする

260 :無名草子さん:2006/03/07(火) 17:34:48
隆慶氏の作品に宮本武蔵が出てる作品はありますか?

夢枕獏の書いた宮本武蔵があまりにも凄まじかったので
もし、あるのなら読み比べてみたいのですが

261 :無名草子さん:2006/03/07(火) 17:41:35
吉原御免状、かくれさと苦界行にちょこっと。

262 :無名草子さん:2006/03/07(火) 18:41:25
柳生に対する偏愛ともいえる愛情に比べると出番が殆ど無いよな宮本武蔵

263 :無名草子さん:2006/03/07(火) 18:41:39
吉原御免状の序盤で赤ん坊の頃の誠一郎を裏柳生から
救うシーンが唯一の剣劇シーン。>宮本武蔵

264 :無名草子さん:2006/03/07(火) 20:00:42
「うぬら、それでも人か!」人間のものとも思えない咆哮が轟き(続く
普通に強そうだ。まあ、あの誠一郎の師匠だっていう事が強さの裏付けというか。

265 :無名草子さん:2006/03/07(火) 20:16:12
皆さんありがとう

吉原を探して買ってみます

266 :無名草子さん:2006/03/07(火) 21:55:41
>>265
吉原ムゴス

267 :無名草子さん:2006/03/08(水) 23:05:57
>>259
俺も鬼麿斬人剣好きです。一話完結だからテンポよく話が進んでいくしね。
セックルシーン削ればNHK時代劇とかでもやれそうだ。


268 :無名草子さん:2006/03/09(木) 03:53:39
>267
一度ドラマにゃなってるな


269 :無名草子さん:2006/03/09(木) 11:57:10
鬼麿はドラゴンボールとミックスされてコミック化

うわーなにをするだーッ

270 :無名草子さん:2006/03/09(木) 14:29:38
>>269はローブローを食らったメキシカン

271 :無名草子さん:2006/03/09(木) 15:43:27
>>269
っつうか、現在鬼麿漫画化されて連載中なんだが。

272 :無名草子さん:2006/03/09(木) 21:42:46
>>271
はみちち

いや違った、はつみみ。
同タイトルですか?

273 :無名草子さん:2006/03/09(木) 22:00:16
>>272
自己レス

週刊大衆か。見られないな

274 :無名草子さん:2006/03/10(金) 16:05:29
鬼麿の漫画読みてぇ・・・・

275 :無名草子さん:2006/03/10(金) 19:57:43
バキ外伝の花山対Tレックスの場面が
まるで萬右衛門と正茂の殴り合いの場面を漫画化したみたいだった

276 :無名草子さん:2006/03/11(土) 08:47:42
SSS 上泉伊勢守 塚原卜伝 飯篠長威斎 董海川 楊露禅
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SS 李書文 佐川幸義 武田惣角 梅路見鸞 伊藤一刀斎 松林左馬助 王郷斎
  植芝盛平 林崎甚助 男谷精一郎 黒田正郡 郭雲深 孫禄堂 針ヶ谷夕雲
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
S 宮本武蔵 千葉周作 阿波研造 瀬戸敏雄 王樹金 中村日出夫 E.ヒョードル
 塩田剛三 肥田春充 上原清吉 三宅栄堂 桃井春蔵 東郷重位 柳生石舟斎
 井上鑑昭 関口氏業 竹内久盛 馬賢達 仏生寺弥作 加藤有慶 黒田泰治
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
AAA 宇城憲治 青木宏之 高松寿嗣 比嘉清徳 山岡鉄舟 光岡英稔 江上茂
 三船久蔵 蔡龍雲 双葉山 國井善弥 本部朝基 柳龍拳 木村政彦 山下泰裕
 前田光世 澤井健一 柳川昌弘 中山博道 藤平光一 ヒクソン・グレイシー
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
AA 西郷四郎 沖田総司 若木竹丸 岡本正剛 倉本成春 蘇東成 桜公路一顱
 黒田鉄山 初見良昭 岩間統正 島田道男 高野佐三郎 望月稔 糸洲安恒
 大山倍達 芦原英幸 数見肇 古賀稔彦 伊藤昇 E.ホースト V.ワァシリエヴ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
A アンディ・フグ 松井章圭 富樫宜資 竜明宏 平田鼎 乙藤市蔵 杉野嘉男
 横山雅始 黄飛鴻 奥山龍峰(初代) 坪井香譲 二宮城光 B.ユキーデ 金澤弘和
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
B 高岡英夫 鳥居隆篤 太田光信 時津賢児 新垣清 田中光四郎 ブルース・リー
C 嘉納治五郎 須藤百治 日野晃 島田明徳 山本哲 S.セガール ジェット・リー
D 宗道臣 南郷継正 澤山宗海 池田秀幸 藤岡弘、島津兼治 崔泓熙 広木道心
E 甲野善紀 佐藤金兵衛 堀辺正史 河野智聖 山田英司 西野皓三 程聖龍
F 元龍貴 松田隆智 青木嘉教 長野峻也 龍飛雲 平上信行 小佐野淳 毛利元貞
G 柔道初段程度の武道経験者
H 現代日本の一般的な成人男性(武道未経験)

277 :無名草子さん:2006/03/11(土) 11:25:26
ベニー・ユキーデだけは反論させてもらおう

278 :無名草子さん:2006/03/11(土) 21:32:35
この作者の描く秀忠て幼少時代がトラウマになっているんだな。

しかし、実の父親を嬲り殺しにする空想を楽しんでいた少年秀忠怖杉

279 :無名草子さん:2006/03/11(土) 22:57:04
家康が息子に対して非情なのって
自分の幼少時にずっと人質暮らしで
父親とのかかわりがほとんどなかったあたりも影響してるのかな

280 :無名草子さん:2006/03/12(日) 00:25:13
>276
素手で戦う格闘家と、剣豪をいっしょくたにしてどうする。



281 :無名草子さん:2006/03/12(日) 07:53:58
↑だがそこがいい!

282 :無名草子さん:2006/03/12(日) 08:37:59
SSS 上泉伊勢守 塚原卜伝 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
SS  伊藤一刀斎 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
S 宮本武蔵 千葉周作 塩田剛三 桃井春蔵 東郷重位 柳生石舟斎
 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
AAA 山岡鉄舟 双葉山 木村政彦 山下泰裕 前田光世 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
AA 沖田総司 大山倍達 芦原英幸 数見肇 古賀稔彦 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
A 松井章圭
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
B 
C 嘉納治五郎
D 
E 堀辺正史

一般人の俺が知ってる人は、これだけ。

283 :無名草子さん:2006/03/12(日) 11:15:09
まあ普通そんなもんじゃろ。
あと追加するとしたらブルース・リーとかセガールくらいか。

284 :無名草子さん:2006/03/12(日) 12:50:00
追加しなくていいよ。


よそでやればいいじゃない。

285 :無名草子さん:2006/03/12(日) 13:05:43
つーか隆慶スレなんだから、慶次郎とか柳生の面々は
もうちょっと入れといてほしい。

286 :無名草子さん:2006/03/12(日) 22:11:46
もう春休みなのか…

287 :無名草子さん:2006/03/12(日) 23:33:00
つーか格付けするならせめて花慶でやれよ

SSS カルロス  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
SS   前田慶次 骨 尚寧
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
S    直江兼続 風魔小太郎 蛮頭大虎 与四郎 猛虎親方 竜嶽親方 朴仁 山上道及
 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
AAA  捨丸 岩兵衛 松風  飛び加藤  七霧村長 火嘉宝山
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
AA  甲斐の蝙蝠 大道寺政繁 真田幸村 猿飛佐助 結城秀康
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
A    荒井願鬼坊 古屋七郎兵衛 草間弥之助 与次郎 宇佐美弥五左衛門
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
B    坂田雪之丞 最長老
C    松田慎之助 重倉仁右衛門 蕃熊蜂大夫 深草重太夫
D    火嘉宇堂
E    四井主馬


尚寧は実際どうか微妙だが某術で猛虎を圧倒してたんで上位ランクイン

288 :無名草子さん:2006/03/13(月) 00:41:41
>>285
お前が余計なこと言うから大変な事にw

289 :無名草子さん:2006/03/13(月) 00:44:40
SSS カルロス   
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  
SS   前田慶次 骨 尚寧 島左近
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  
S    直江兼続 風魔小太郎 蛮頭大虎 与四郎 猛虎親方 竜嶽親方 朴仁 山上道及
    甲斐の六郎
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  
AAA  捨丸 岩兵衛 松風  飛び加藤  七霧村長 火嘉宝山 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  
AA  甲斐の蝙蝠 大道寺政繁 真田幸村 猿飛佐助 結城秀康 世良田二郎三郎(青年期)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  
A    荒井願鬼坊 古屋七郎兵衛 草間弥之助 与次郎 宇佐美弥五左衛門 伏葉文助
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――  
B    坂田雪之丞 最長老 おふう 
C    松田慎之助 重倉仁右衛門 蕃熊蜂大夫 深草重太夫 
D    火嘉宇堂 
E    四井主馬 

290 :無名草子さん:2006/03/13(月) 09:40:13
漫画の奴しかいないのは何故だ

291 :無名草子さん:2006/03/13(月) 15:23:36
同じのを隆小説の登場人物でやった方が面白い

292 :無名草子さん:2006/03/13(月) 17:29:19
格付けしたらキリが無いだろ。
多分、超能力持ちの岩介(花と火の帝)が一番強いだろうが。

293 :無名草子さん:2006/03/13(月) 17:53:03
つ【後水尾天皇】

294 :無名草子さん:2006/03/13(月) 19:12:17
花と火の帝、ちゃんと最後まで書けてたら
かくれざと苦界行にちらっと出てきた服部京之介が出てきたのかな

295 :無名草子さん:2006/03/13(月) 19:13:05
後水尾天皇は霊力では最強だが剣術・格闘術では
他に劣るだろ。

296 :無名草子さん:2006/03/13(月) 20:01:22
後光明天皇の死を幕府による暗殺と断定していたそうだが
その部分も読みたかった。
その頃になると岩介や朝比奈・佐助らもかなりの年になっているだろうが。

297 :無名草子さん:2006/03/14(火) 11:25:25
つーか、花慶読むと結構、隆慶の他の作品からの
ゲストみたいなのが出て来ていて面白いな。

298 :無名草子さん:2006/03/14(火) 12:52:24
脚本が隆の弟子だからな

299 :無名草子さん:2006/03/14(火) 20:06:56
隆の弟子って隆の名を使って営業活動して
あげく自殺したり他にも行方不明になったりしたのがいたり、
…じゃなかったっけ。

300 :無名草子さん:2006/03/15(水) 10:04:46
そりゃカルチャーセンターの弟子だろ。

301 :無名草子さん:2006/03/15(水) 18:02:21
>>299
「時代小説の愉しみ」の「教える罪」の話の事だろうが、
営業活動をした挙げ句自殺した人はいない。ごっちゃになってるな。
それと隆氏の名前を使った訳でもない。あと弟子という程でもないな。
シナリオ教室の生徒っていうだけ。

302 :無名草子さん:2006/03/16(木) 01:26:55
隆キャラでなんだか弱そうなのは麿だ
駆け込み寺自体がパッとしないからだろうが

303 :無名草子さん:2006/03/17(金) 15:21:59
>>302
一番弱いのは二郎三郎でじゃない?
頭は切れるけど鉄砲なければただのデブだし。
麿は一応木曽忍びの体術やら剣術の腕がある。

304 :無名草子さん:2006/03/17(金) 19:28:23
>>303
年齢を考慮してやれ。
一向宗参加してたときはリーダー的存在だった事も思い出してやれ

305 :無名草子さん:2006/03/18(土) 08:43:15
いや、でも弱いだろ。
鉄砲は上手いが。

306 :無名草子さん:2006/03/18(土) 10:28:26
隆慶の中でいくさ人認定されてるから
杢と変わらんくらいじゃないの>二郎三郎



307 :無名草子さん:2006/03/18(土) 10:50:59
>>305
部門別に考えてやれよ
剣の使い手と、鉄砲の名手やいくさ人を一緒くたに考えるのはかわいそう

308 :無名草子さん:2006/03/18(土) 12:59:49
感覚的に、鉄砲が上手いのを「強い」というかな?

309 :無名草子さん:2006/03/18(土) 13:49:20
>308
まあ、鉄砲の技術も「強さ」のうちだろう。



310 :無名草子さん:2006/03/18(土) 14:11:56
うちっちゃあうちだが…


311 :無名草子さん:2006/03/18(土) 15:16:54
それなら、二郎三郎の権力も侮れない力

312 :無名草子さん:2006/03/18(土) 16:12:52
戦場往来の極めて実戦的な刀術の持ち主、
とされてるから中の上くらいだろ>二郎三郎

313 :無名草子:2006/03/18(土) 21:41:22
>二郎三郎
まあ、ほとんどスタンド使いの岩介や、
武蔵直伝の二天一流の使い手の誠さん、
別格モンスター級の忠輝と較べたら劣るかもしれないけど、
「戦場往来の実戦的刀術」が使えて鉄砲の名手なんだから、充分強いだろ。

314 :無名草子さん:2006/03/19(日) 20:14:01
【剣術部門】
誠一郎・幻斎・鬼麿・麿・新次郎・五郎右衛門・十兵衛・友矩・宗冬・義仙・連也斎

【いくさ人部門】
慶次郎・杢之助・左近・二郎三郎・忠輝・正綱・

【忍者・異能人部門】
六郎・骨・岩介・後水尾

【黒幕部門】
秀忠・忠清

315 :真人:2006/03/20(月) 01:13:03
俺を無視するのか。

316 :知恵伊豆:2006/03/20(月) 07:22:36
→はい
  いいえ

317 :無名草子さん:2006/03/20(月) 18:53:45
>>314
猿飛佐助が抜けているぞ。
影武者・捨て童子・花と火の帝に出ている隆慶作品最多出演忍者。

318 :無名草子さん:2006/03/20(月) 23:12:17
ナにこの流れ

319 :無名草子さん:2006/03/20(月) 23:37:25
>>314に抜けあるの補完してよ

320 :無名草子さん:2006/03/21(火) 03:20:57
春休みだと思って諦めよう

321 :無名草子さん:2006/03/21(火) 13:23:59
原哲夫先生は下らない蒼天など描かずに、吉原やかくれさとを描く方が良い。
隆作品を漫画化する事こそが、絶対に原先生のライフワークだと思う。

眼の病が図らずも隆作品の根底にある無明の闇、没滋味の位を読み解く英知を
与えたはずだ。
でも原先生には、その英知を自在に使いこなす事は絶対できないと思う。
漫画家に限らず全ての人間にとって、失明とは死の孤独や絶望、恐怖と同等だ。

死を思うことで逆に勇みたつかぶき者に、男の憧れや理想像を重ね合わせても
自身が死の現実と真っ向から向き合えなければ、それはただの現実逃避であり
空しい妄想でしかない。

死に際に、にやりと笑って死んでいく事の出来る男が果たしているだろうか。
何時死んでも悔いのない、十全の生を生きている男が現実にいるんだろうか。

原先生に隆作品のために、そこまで求めるのは酷な事なんだろうか。
今、原先生は真っ向から立ち向かい、闘っているんだろうか。
俺は物凄く無礼で厳しい事を言っているんだろうか。

322 :無名草子さん:2006/03/22(水) 09:27:07
漫画化、映像化は自分のイメージと違うと
イマイチ乗れないことがあるからなぁ…

影武者の二郎三郎みたいなのは勘弁

家康は勝新モデルがしっくりくる



秀忠は秀逸だったが

323 :無名草子さん:2006/03/22(水) 10:57:27
十兵衛って無刀取り使えたのか・・・・

324 :無名草子さん:2006/03/22(水) 11:33:24
武藤取りみんな使えるとありがたみ無いよな
誠一郎まで使えちゃったら石舟斎もびっくりしたろうに

325 :無名草子さん:2006/03/22(水) 12:35:27
イメージはまだいいけど違う話にしちゃうのは勘弁・・・

326 :無名草子さん:2006/03/22(水) 21:28:27
左近は北斗化したけど、俺的には隆慶ワールドを旨く表現出来たと思った。

漫画化映像化も結構だが、誰か度胸のある作家か脚本家が
未完成の隆慶作品を完結して出版して欲しい。
未だに求馬が如何に鍋島の内紛を収めて切腹したか気になる。

327 :無名草子さん:2006/03/22(水) 23:11:38
そのまま引き継ぐより、隆世界を基本として自分の作品にして書いてもらえばいい
けどそんな度胸ある奴はいないだろうし、見たいって作家や脚本かもいない

328 :無名草子さん:2006/03/23(木) 03:30:13
一冊読んで辞めた作家だ
いくつかの点で自分には合わなかった

329 :無名草子さん:2006/03/23(木) 09:54:45
そういうのもいるだろうな
別に報告するような事でもないだろうが

330 :無名草子さん:2006/03/23(木) 17:12:17
鬼麿は痛快時代小説なのにラストが異様に切なくて寂しいのは何でだろ?
そこが良くもあるんだけど。

331 :無名草子さん:2006/03/23(木) 20:47:34
アレってそんなに切ねぇか?
きゃほ!刀鍛冶としての使命に目覚めた爽快な気分と来たら!
と痛快のラストだが。忍者の頭領が死んだのは自業自得だし。

332 :無名草子さん:2006/03/23(木) 22:05:58
隆慶の作品はラストはたいてい切ないと思うがなァ。
爽快感とか痛快感ももちろんあるんだが。
それと読み手の方の感覚からすると
もうこの作品住人に逢えない…みたいな感じが強い。
もちろんまた本を最初から開けば逢えるんだけどね。
ニュアンスが上手く伝わらないかもしれんが。

333 :無名草子さん:2006/03/23(木) 23:29:17
>332
ちょっと待て。
そういうのは個人の感情の部分だから、
ストーリーの評価として使うのはどうかと思うぞ。

ま、言っている事はよくわかるんだが。


334 :無名草子さん:2006/03/24(金) 01:12:43
切ないというかあっけない>>鬼麿

335 :無名草子さん:2006/03/24(金) 06:19:21
刀工として生の凱歌を上げようとも、刀の時代の終わりは
すぐ、そこまで来ているというアレなんじゃないか?
生の終わりを予感させる切なさというか寂しさというか。たまらない寂寥感だな。

ま、鬼麿は絶対に負けないと俺は信じてるけどな。

336 :332:2006/03/24(金) 17:23:13
>>333
そうなんだけどねw

337 :無名草子さん:2006/03/24(金) 19:32:04
隆が生きてたらどんな作品生み出してたんだろうか、吉原続編以外に
柳生ものも見たいが、やっぱいくさ人の生き様を新たに描いたのを見たいなぁ


338 :無名草子さん:2006/03/25(土) 00:50:52
>337
島原の乱に武蔵だけじゃなく柳生十兵衛も絡めて・・ 


339 :無名草子さん:2006/03/25(土) 07:36:47
>>337
源平合戦…


340 :無名草子さん:2006/03/25(土) 09:48:31
そういやヤマトタケルはずっと「書きたい」て言ってたんだよね

341 :無名草子さん:2006/03/26(日) 18:33:33
日本武尊を書きたいと生前よく言っていたが不遇の英雄を描かせたら
この作家に勝るのは居ないと思う。

もし生存していたら平将門を書いていたかも。

342 :無名草子さん:2006/03/27(月) 18:29:55
隆氏の弟子で時代小説書いている人ってどれくらいいるの?
 弟子がどんなの書いているのか興味があるので作者名や作品名を
知ってる人教えてください(__)

343 :無名草子さん:2006/03/28(火) 22:19:13
隆氏の弟子?
確か漫画左近の脚本がそうだったと記憶しているが
詳しくは知らないな。
そもそも、弟子なんて居たの?

344 :無名草子さん:2006/03/28(火) 23:34:45
弟子はいるんじゃないのか時代小説の愉しみの「上海ガニ」に弟子って表示があるし。時代小説を書いたかどうかは知らんけど。

345 :無名草子さん:2006/03/29(水) 00:26:53
シナリオスクールの生徒は弟子といえばまあ弟子だわな
小説家としての直弟子みたいな人はいたのかな?

346 :無名草子さん:2006/03/29(水) 02:20:25
羽生真名とか

347 :無名草子さん:2006/03/29(水) 09:55:08
其れは娘だ

348 :無名草子さん:2006/03/29(水) 19:08:11
知ってるよ

349 :無名草子さん:2006/03/29(水) 19:49:10
嘘を付け

350 :無名草子さん:2006/03/30(木) 09:32:40
わし、踊ってくるけん

351 :無名草子さん:2006/03/31(金) 10:47:49
逆立ちしたって350の真似はできない。まるで超人である。

352 :無名草子さん:2006/03/31(金) 12:40:35
隆慶HPを見ると、弟子らしい人達がたくさん出てるが。

353 :無名草子さん:2006/03/32(土) 11:58:40
今更だが影武者の最後の花見は泣く。
SAKONでもちょっとあったけど
あの花見は大長編を最後まで読んだ悦びがあり哀しみがある
あのシーンを読むために何回も影武者を最初から読み返す

354 :無名草子さん:2006/04/02(日) 00:26:28
影武者はじめて読んでからもう13年くらい経つんだよな。
ついこの間のようだ。時の過ぎる速さよ。

355 :無名草子さん:2006/04/03(月) 19:03:41
家康を扱った歴史小説で未だに影武者を越える作品は
読んだ事が無いな。

356 :無名草子さん:2006/04/03(月) 19:22:30
他に読んだ事ないんだろどうせ

357 :無名草子さん:2006/04/03(月) 21:42:29
他に有名なのだと山岡家康くらいか。
でもあの家康は偽善者のようで好きになれん。

358 :無名草子さん:2006/04/04(火) 08:22:55
司馬家康はどうだ。
関ヶ原と城塞と覇王の家を読破すれば、あなたも家康嫌いに変身します。

359 :無名草子さん:2006/04/04(火) 11:40:03
>>355は見事なまでの逆袈裟で>>356を斬り上げた

360 :無名草子さん:2006/04/04(火) 20:26:18
隆慶キャラは喋り方が若いんだよな。歳食った家康でも。
山岡板は見事なまでにじじむさい。
司馬版は素晴らしく狸オヤジ臭い。

361 :無名草子さん:2006/04/04(火) 22:15:13
>>355>>356の頭骸骨を微塵に砕いた

362 :無名草子さん:2006/04/05(水) 06:28:20
>>355の我慢の限界がきた。>>356が燃えだしたのである。
>>356の鼻から、口から、耳から、紅蓮の炎が噴き出してきた。

363 :無名草子さん:2006/04/05(水) 08:00:18
>>353
あれを死病の床で書いていたと聞くと感慨深いよな。

364 :無名草子さん:2006/04/05(水) 14:23:06
>>358
司馬の家康は

家康が嫌いなんだけど、
やった事はすごいからよくもかかなきゃいけないし
江戸時代が全て停滞した時代とでもかいとけば…
でも日本文化が完成されたのも江戸時代だし

みたいな個人的葛藤が読み手に伝わってくるw

365 :無名草子さん:2006/04/05(水) 22:23:53
全部秀忠のせいにしとけば、カコイイ家康が書けたのにねw

366 :無名草子さん:2006/04/05(水) 22:25:08
逆だ・・・

全部秀忠のおかげにしとけば、嫌な家康が書けたのにね.だ・・・

367 :無名草子さん:2006/04/06(木) 22:03:23
かぶいて候の秀忠はすっかり丸くなっていい人になったのが残念。
二郎三郎なりの帝王学が身についたのかな。

368 :無名草子さん:2006/04/06(木) 22:27:03
どう見ても別世界です

369 :無名草子さん:2006/04/07(金) 12:18:12
時代小説を書く作家で、パラレルワールドの概念を取り入れている人って珍しい。
子供で凶悪な秀忠がいたり大人な政治家の秀忠だったり。

370 :無名草子さん:2006/04/07(金) 12:43:28
それはパラレルワールドとは言わない。

371 :無名草子さん:2006/04/07(金) 12:48:21
パラレルワールドwwwwwwwww

372 :無名草子さん:2006/04/07(金) 17:49:04
>>367
同じような時期の花と火の帝の秀忠は……。相変わらずの極悪ぶり。
年を取ったせいで、余計な悪知恵だけ達者になったw。
「殺せ!皆殺しにしろ!楽になぞ死なすな!悶えに悶え、
苦しみに苦しんで死ぬようにせよ!」困ったもんだ。

373 :無名草子さん:2006/04/08(土) 06:55:21
>372

その後の「見ろ、見ろー」なんかは結構可愛いとか思うんだが
俺だけか?w


374 :無名草子さん:2006/04/08(土) 11:31:28
左足折ってやればビビッて何もしなかったかもしれないのにね

375 :無名草子さん:2006/04/08(土) 12:38:19
そういえば秀忠は足折られなかったな。肉体的な攻撃は全く喰らってない。
外出先を狙撃するのも手だな。遠町筒で陣笠の紐を吹っ飛ばしても良かった。

376 :無名草子さん:2006/04/08(土) 21:20:30
遠町筒とか超長距離狙撃に関しての考証は…やっぱりしちゃいけないんだよな?

377 :無名草子さん:2006/04/08(土) 23:11:30
瞬間移動やアストロン使う人間がいるんだから・・・

378 :無名草子さん:2006/04/09(日) 16:13:02
とりあえず、>>400の家の周りで毎日念仏を唱えることにする



379 :無名草子さん:2006/04/09(日) 18:48:51
>>374
あの超粘着質の秀忠の性格を見る限り
殺さずに傷つけるだけじゃ逆に恨みが増すだけだと思われ

380 :無名草子さん:2006/04/11(火) 17:46:32
>>379
最初に二、三日ちんこ立たなくしてやって
ちょっかい出すようなら一生立たなくするって
脅してやればいいのさ

381 :無名草子さん:2006/04/13(木) 10:43:34
最近、チラッと思ったんだけど
中尾彬って二郎三郎役が似合うと思わないか?

382 :無名草子さん:2006/04/13(木) 16:53:24
関ヶ原以降の二郎三郎なら適役だな。
むしろ若い頃の二郎三郎を誰が演じるかで揉めそうだ。
胴長短足ながらも歴戦のいくさ人を思わせるオーラを纏う俳優て・・・

383 :無名草子さん:2006/04/13(木) 19:47:02
中尾じゃ軽いなあ。もっと重みのある役者がいい
やっぱ死んだ勝新とかかな

384 :無名草子さん:2006/04/13(木) 20:50:00
>>382正直、若手の俳優さんには適役は思いつかないなぁ…


>>383隆慶氏がイメージしたのが勝新らしいから
あの人には誰も勝てないよ

中尾彬は結構いい感じと思うけどなぁ
西田ひかるを前にした時とか、お梶といる時の二郎三郎に
ハマりそうなんだけどね

385 :無名草子さん:2006/04/13(木) 21:08:09
中尾彬は今でこそ重鎮っぽくあつかわれてるが
所詮は、映画時代の落ちこぼれだからね・・・

江守徹と一緒にならんででてたりするけど格が違う

386 :無名草子さん:2006/04/13(木) 21:10:21
市村正規がいい。

387 :無名草子さん:2006/04/13(木) 21:33:03
江守徹は影武者の三成が適役だと思う。
葵徳川三代でも実際に三成演じてたし。

388 :無名草子さん:2006/04/14(金) 06:00:57
>387
感激屋で酒乱気味で、福島正則そのままの人柄なんだけどな、教養は正則よりありそうか。


389 :無名草子さん:2006/04/14(金) 11:06:29
本多親子は誰だろう?

390 :無名草子さん:2006/04/15(土) 12:06:52
中尾彬は尾張大納言宗春様のイメージが強い。

391 :無名草子さん:2006/04/15(土) 15:20:04
>>389
おひょいさん&イッセー尾形

392 :無名草子さん:2006/04/15(土) 18:25:38
捨丸=小倉久寛

393 :無名草子さん:2006/04/15(土) 18:32:27
一夢庵〜影武者〜捨て童子の流れで映像化してほしい

394 :無名草子さん:2006/04/15(土) 19:58:41
おひょいは漫画の影響からか利久ってイメージだ
正信はもっと無骨な頑固爺の方があうと思う
例えば山崎勉とか

395 :無名草子さん:2006/04/17(月) 11:29:22
じゃあ正純は中井喜一とか

396 :無名草子さん:2006/04/17(月) 21:15:40
ニートが流行している今現在なら、死ぬことと見つけたりを映像化すべきだろ
何せ浪人が主人公だし。
普段は昼寝と釣りばかりしている杢之助なんかぴったりだ

397 :無名草子さん:2006/04/17(月) 22:13:24
常住坐臥死を我がものとしているニートなんざ
今の世の中どこを探したっていやしない。

398 :無名草子さん:2006/04/17(月) 22:43:15
この歳でニートだということは、一生ニートであり続けるということだろう。

399 :無名草子さん:2006/04/18(火) 02:44:06
それをこの外道は、なんのかんのとえらそうなことを云って職安にゆこうとせぬ

400 :無名草子さん:2006/04/18(火) 12:42:41
だがそれがいい

401 :無名草子さん:2006/04/18(火) 18:17:15
…などと戯言を言う>>400を逆袈裟で斬り上げた

402 :無名草子さん:2006/04/19(水) 06:58:02
杢之助は厳密にはちょっと微妙なんだが。浪人でも藩からの縛りはそれなりにある。
佐賀から出られないし、殿様が死んだら追腹も切らないといけないし、
(勝茂の遺言でとりあえずなしになったが)、少ないながらも扶持も貰ってるし。


403 :無名草子さん:2006/04/19(水) 19:34:33
あの扶持米は生活保護です

404 :無名草子さん:2006/04/19(水) 19:57:28
杢之助の出費で主な物は精々、鉄砲の弾薬代くらいかな。
江戸への旅費は勝茂から出るし。
子供二人の養育費はお勇の実家から出ていると推測。

405 :無名草子さん:2006/04/19(水) 20:29:45
>>403
隆慶氏も捨て扶持十石は今日の生活保護の額にほぼ相当する……てな事を
書いてたな。伯庵事件後は倍額になったが。

>>404
弾薬代を考えると素直にあの扶持は助かったんじゃあるまいか。
捨て扶持をもらい始める前は費用が馬鹿にならないから鉄砲を
思うように撃てなかったって書いてあったし。
 普段の生活費は馬方・耕作一家が出してるんだろう。その代わりに
杢之助は一家の用心棒も兼ねている。何かあった時は乗り出して守ると。

406 :無名草子さん:2006/04/19(水) 23:05:19
・・・用心棒というか、自分の家を守るのは当然だと思うが・・・

407 :無名草子さん:2006/04/20(木) 00:04:20
仮にも自分の家だもんな。
一家の主たる者が用心棒と一緒にされるとはw

408 :無名草子さん:2006/04/20(木) 01:11:23
まあ、一家の主と言うか、居候に近いんだが・・。

409 :無名草子さん:2006/04/20(木) 03:54:47
>408
武術と覚悟完了している以外はこれといった取り柄のないオサーンだからな。
それがなによりオソロシイのだが。殿のお身内だろうが噛み付く


410 :無名草子さん:2006/04/20(木) 09:39:41
>杢之助は一家の用心棒も兼ねている。何かあった時は乗り出して守ると。

自宅警備員だな

411 :無名草子さん:2006/04/20(木) 22:43:42
用心棒というよりむしろ爆弾を抱え込んでるような・・・

412 :無名草子さん:2006/04/21(金) 20:36:15
「柳生十兵衛七番勝負・島原の乱」の原案は
津本先生ではなく隆慶一郎先生ではないかと思うのですが。
>>413殿は如何様に思われますか?

413 :無名草子さん:2006/04/22(土) 19:43:25
ん?

414 :無名草子さん:2006/04/23(日) 07:36:54
質問に答えない>>413に腹を立てた>>412の投げた炸裂弾が爆発し、
>>413の体を粉微塵に砕いた。

415 :無名草子さん:2006/04/23(日) 09:57:54
>>414
その手のネタ飽きた

416 :無名草子さん:2006/04/23(日) 20:40:39
実際に杢之助みたいなトラブルメーカー家臣持ったら
心痛で胃潰瘍になりそうだ。勝茂に同情。
死人の発想は奇抜すぎる。

417 :無名草子さん:2006/04/23(日) 23:20:51
>>416
大丈夫、お前は家臣を持てるような器じゃない

418 :無名草子さん:2006/04/25(火) 18:07:43
荒山徹の作品に、隆慶先生というキャラがでてきたんだけど、マジでどうしよう

419 :無名草子さん:2006/04/25(火) 18:40:26
どうにか出来るのならどうにかしろよ

420 :無名草子さん:2006/04/25(火) 23:44:08
二大柳生ヲタ作家夢の競演!

421 :無名草子さん:2006/04/26(水) 00:00:32
二大って・・・五味を忘れてやしないか?

422 :無名草子さん:2006/04/26(水) 13:03:09
杢之助って島原で何歳くらいだろう?
満右絵門は杢之助や求馬より年上だよな

423 :無名草子さん:2006/04/26(水) 15:59:42
>>418
作品名を詳しく

424 :無名草子さん:2006/04/26(水) 18:21:23
>>422
推測だが。杢「七つの時、わしの家は潰れたんでね」家が潰れた時が
杢右衛門と用之助が直茂の死で殉死をした時だとすると1618年。
だとすると杢之助は1612年生まれ。島原の乱の時(1637〜38年)は
数え年で26〜27歳っていう事になる。求と萬も同年代だろう。

425 :無名草子さん:2006/04/26(水) 20:41:32
>>423
「柳生雨月抄」という作品。
荒山作品は隆作品と同じく、柳生ものではマイナー柳生が強く、宗矩は黒く、十兵衛はろくな目に遭わない。

426 :無名草子さん:2006/04/26(水) 21:27:27
黒宗矩好きで十兵衛が悲惨なのが隆慶・荒山で
白宗矩好きで十兵衛がヒーローなのが山風だな

427 :無名草子さん:2006/04/26(水) 21:47:00
宗矩が黒くないなんて、とても想像できません・・・

428 :無名草子さん:2006/04/27(木) 10:20:16
真っ白な宗矩が見たい人は山岡荘八を。

429 :無名草子さん:2006/04/27(木) 14:39:13
山岡版の宗矩は完全な虚構。
家康時代の宗矩は単なる秀忠の兵法指南役に過ぎず
政治には関与してなかった。

430 :無名草子さん:2006/04/27(木) 15:34:41
隆慶の家康は完全な虚構。
家康は、影武者ではなくホンモノ

431 :無名草子さん:2006/04/27(木) 19:07:04
ひょっとして山岡版が正しいもであるとしたい人が必死になってるの?

432 :無名草子さん:2006/04/27(木) 19:10:18
影武者の、上巻の三成が処刑される前に
「義などと言えば小馬鹿にしたような〜〜」
って長ったらしい文があるけど、あれは隆さんが全部考えたのだろうね?
どっかの古文書に似たような記述があったとか?多分無かったろうけど。

433 :無名草子さん:2006/04/27(木) 19:13:03
>>431
誰もそんな事は言ってないが。歴史書じゃなくてあくまで小説なんだから
作者の主観が入ったって全然無問題。それを見るのが楽しいんだから。
それぞれの作家が同じ人間をどう描くかとか。どれが正しいとかの話とかではない。

434 :無名草子さん:2006/04/27(木) 19:28:48
>>424
家が潰れたっつのは杢父が浪人した時のことだと思うけどね。

435 :無名草子さん:2006/04/27(木) 19:32:08
>>428-433
スレ違いは程々に

436 :432:2006/04/27(木) 20:12:11
スレ違いか?

437 :無名草子さん:2006/04/27(木) 20:29:58
>>432
史実で三成が義云々について語った記録は無いが
朋友の大谷吉継のエピソードから義を重んじるイメージが隆氏の中で
出来上がった結果の発言だと思う。

438 :無名草子さん:2006/04/27(木) 21:06:51
>>432
三成と言えば「義の人」。これはもう定番。

439 :432:2006/04/27(木) 22:32:24
>>437-438
ありがd
まあ隆さんの創作ですね。
でも創作でも個人的には名コメントな訳でして。
漫画の方も中々ぐっと来ますぜ。
三成は、義はちょっと誇張している所がある気がしないでもないけど
やっぱり結構義を重んじたのかな、と思います。
まさに理想家。

440 :無名草子さん:2006/04/28(金) 01:26:13
>439
司馬遼太郎の三成も(もうちょっと計算づくというか打算的だが)
大谷吉継・直江兼続と意を交わした「義の人」として描かれているよ。

関ヶ原をよんだら、慶二郎も出てくるしええぞ。


441 :無名草子さん:2006/04/28(金) 02:23:24
「死ぬことと見つけたり」読み返してみたが、
一体求馬はどうやって光茂と鍋島三家・親類四家の間を取り持ったんだろう?
無事解決したけど求馬が腹を切らなくちゃいけなくなるってのが気になる。
萬右衛門がどう死ぬかも謎のままなんだよな…。
隆よ、せめて完結してから死んでくれよ……。

442 :無名草子さん:2006/04/28(金) 10:11:32
そんなこといまさら言われたって

443 :無名草子さん:2006/04/28(金) 18:01:58
ないものねだりだよ・・・

444 :無名草子さん:2006/04/28(金) 18:46:28
>>441
隆慶氏は亡くなられたからまだ諦めがつく

ピンピンしてるのに続きを書かない夢枕獏好きの
俺なんかもう大変だぜ

445 :432:2006/04/28(金) 20:25:19
>>440
そうですか。

446 :無名草子さん:2006/04/28(金) 23:01:15
>>445
いつまで数コテつけてんだ?
ウゼえよお前

447 :無名草子さん:2006/04/29(土) 22:49:55
善悪は緯度の問題である。といったのはパスカルである。同じ地球の表面でも、地域に
より、国によって、善悪の判断が違うという意味だが、この言葉は同じ一国の中でも、時
代によって善悪は異ると言い足してもいいのではないか。更に言えば、同じ時代の中でも
立場によって異るということにもなる。

この論法を推し進めていけば、唯一神を持たないわが国のような地域では、絶対悪という
ものが消滅する。様々な立場があり、その時期、その立場に不可欠な行動があるだけだ。
論理的にいって悪などというものはないない。

それにも拘らず、どの時代にも悪の感覚はある。
何故かと問われれば答に窮するが、でもあれは悪だと人々は確かに感ずる。人間の不思
議な感覚の一つだと思う。極めて微妙な平衡感覚の如きものだろうか。
そして奇妙なことに、史上この意味で悪の烙印を押された者は、多く天才であり、英雄で
あるようだ。

十六世紀の日本は史上稀にみる一個の天才を生んだ。織田信長がそれである。
この人物以降、日本国はこれほど壮大な思想的スケールとエネルギーをもった天才を、
一人とも生んでないとは私の持論である。


やっぱ隆先生の信長読みたかった。美意識と傲慢の塊みたいなの書いてくれたと思うんだけど

448 :無名草子さん:2006/04/29(土) 23:15:44
引用の範囲を逸脱してるから通報しました。


449 :無名草子さん:2006/04/30(日) 09:10:05
信長は隆の好みには合わないだろう

450 :無名草子さん:2006/04/30(日) 17:10:26
だから悪役として出てきたんだろうしな

451 :無名草子さん:2006/04/30(日) 17:36:29
隆先生は信長の天才は認めるけど
一向一揆に対する徹底したジェノサイド政策は絶対に許せないんだろう

452 :無名草子さん:2006/04/30(日) 18:29:20
許すとか許さないとかいう人間的なレベルじゃないような気がする。
悪役ともいえない。ある種、天災?(ダジャレじゃなくw)に近い感じかな。
だから主人公に据えるというのは、違和感がある。

453 :無名草子さん:2006/04/30(日) 19:06:33
一向一揆に参加した「道々の者」が隆作品の重要なキーパーソンだから
それを弾圧した信長が敵役として扱われるのも仕方が無い。
それに前田慶次や松平忠輝といった歴史的にマイナーな人物を
好んで取り上げた隆氏にとって信長は他の作家の手垢に塗れて
主人公に据えても面白くなかったんだろ。

454 :無名草子さん:2006/04/30(日) 21:44:28
>前田慶次や松平忠輝といった歴史的にマイナーな人物を好んで取り上げた

反証するのもバカバカしいぐらいメジャーな人物でもいっぱい書いてるだろ

455 :無名草子さん:2006/04/30(日) 22:29:16
>>454
例えば?
普通の歴史好きでもない人間にしたらメジャーな人物=信長・秀吉・家康くらいなもんだぞ
後水尾天皇やら佐賀鍋島だとか柳生連野菜なんてものはメジャーじゃないからな

456 :無名草子さん:2006/05/01(月) 01:41:29
>455

 家康・・・


457 :無名草子さん:2006/05/01(月) 02:44:45
>>456
そいつは二郎三郎といってそっくりさんなのだよ

458 :無名草子さん:2006/05/01(月) 08:13:18
メジャーなのは家康だけだな。

459 :無名草子さん:2006/05/01(月) 12:21:44
家康はすぐ死ぬし主役じゃない

460 :無名草子さん:2006/05/01(月) 12:35:23
家康のネームバリューがあってこその「影武者徳川家康」
という大前提を忘れてるお方がいらっしゃるようで

461 :無名草子さん:2006/05/01(月) 13:16:27
>>453からの流れという大前提を理解出来ていない方がいらっしゃるようで

462 :無名草子さん:2006/05/01(月) 15:15:42
そんなことより、>>454のいうメジャーなのが誰を指すのか知りたい

家康と十兵衛くらいしか思いつかない

463 :無名草子さん:2006/05/01(月) 16:35:41
ってか主人公に据えた人物でメジャーなのは三巌だけだろ
他は歴史をかじってない限り知らないであろう人物ばかり
忠輝・鍋島・禁裏・吉原・柳生一族・・・
鬼麿にしたら清麿という背景があってこそだし、水野や向井にしたら全くの無名

>>484が何をもってメジャーと言ったのかが気になるところだ

464 :無名草子さん:2006/05/01(月) 17:01:17
時代小説なんだから、歴史かじってる範囲でのメジャーでいいんじゃないの…?
そんなこと言ってたら、信長と秀吉と家康以外は誰もメジャーあつかいできないと思うが。

465 :無名草子さん:2006/05/01(月) 17:17:59
歴史をかじってたって世間一般の評価とそんなに変わらんよ。
どれも主役を張らせるにはマイナーだと思うよ

466 :無名草子さん:2006/05/01(月) 21:11:00
だったらマイナーとかメジャーとかの話そのものがなりたたんだろw
歴史そのものがマイナーって事にしかならん

467 :無名草子さん:2006/05/02(火) 00:34:43
まあ、前田慶次なんかは

「一夢庵」→「花慶」の流れでメジャー度はぐっと増した訳だが。

これがなかったら俺は今も慶次は知らんかったし。

468 :無名草子さん:2006/05/02(火) 07:04:55
前田利益っていっても慶次だとは殆どの人は分からないよな

469 :無名草子さん:2006/05/02(火) 14:40:00
で、>>454は誰を指してるんだ?

470 :無名草子さん:2006/05/02(火) 18:54:05
空 気 嫁 。

471 :無名草子さん:2006/05/02(火) 19:53:39
>>470
空 気 嫁 。 

472 :無名草子さん:2006/05/03(水) 03:13:43
まさかとは思うが、松永誠一郎、鬼麿、麿、岩助、斉藤杢之助なんかを
マイナーだなんて言ってる奴はいないよな?

473 :無名草子さん:2006/05/03(水) 08:08:05
いないいない。

474 :無名草子さん:2006/05/03(水) 10:22:55
>>472
全員中学までの教科書に出てくるよな

475 :無名草子さん:2006/05/03(水) 20:03:57
それどころか全員お札になってるよ

476 :無名草子さん:2006/05/04(木) 00:10:50
我が家のご先祖様ですよ。

477 :無名草子さん:2006/05/04(木) 01:10:52
殿堂入りしてるしね

478 :無名草子さん:2006/05/04(木) 08:53:09
>>476を見てふと思ったのだが、歴史に名が残っている人の子孫って、
こういう伝奇モノ?に先祖が描かれるのをどう感じているのかね。
家伝と違うムキー!と腹を立てたりしてるのか、ハイハイワロスワロスってところか。
散々使われているメジャーwの子孫になると、一々何の感慨も抱いていないかなぁ。


479 :無名草子さん:2006/05/04(木) 12:38:14
俺は特に思わないな
ま、ノブヤボで優遇はしてしまうが

480 :無名草子さん:2006/05/05(金) 10:05:09
そうか。まぁそんなもんなのかな。

481 :無名草子さん:2006/05/08(月) 00:47:12
また最近過疎ってるな

482 :無名草子さん:2006/05/08(月) 09:13:40
個人的に、島左近本人が原漫画での扱いを知ったらどう思うのか気になるw

483 :左近:2006/05/08(月) 09:37:32
年をとらぬにも程があるのう…

484 :無名草子さん:2006/05/08(月) 15:39:38
誰か舞わぬか

485 :徳川家康(勝新バージョン):2006/05/08(月) 22:29:21
さればひとさし

486 :無名草子さん:2006/05/09(火) 07:53:14
そして完璧な傀儡踊りを披露する家康

487 :無名草子さん:2006/05/09(火) 09:06:51
でも足が短いので

488 :無名草子さん:2006/05/09(火) 11:23:08
足四の字固めがガッチリ決まりました

489 :無名草子さん:2006/05/09(火) 12:29:03
>>478
細川元総理に聞いて欲しいものだ…。
「へうげもの」といふ漫画にでてくる細川幽斎はもうアレでアレなんすよw

490 :無名草子さん:2006/05/10(水) 10:12:18
あれはまあへうげもの自体がアレでアレだから

491 :無名草子さん:2006/05/10(水) 18:18:31
ナーマク・サーマンダ・バーサラナン・センダンマーカロシャナ・ソワタヤ・ウン・タラタ・カン・マン

492 :無名草子さん:2006/05/11(木) 02:43:27
ZENKIか

493 :無名草子さん:2006/05/11(木) 14:59:46
風の呪殺陣だよ

494 :無名草子さん:2006/05/12(金) 23:20:17
SAKONか

495 :無名草子さん:2006/05/13(土) 07:18:54
なんでやねん

496 :無名草子さん:2006/05/19(金) 09:44:26
毎朝、起きてから死ぬことを想像してるんですが
僕はいくさ人になれますか?



497 :無名草子さん:2006/05/19(金) 10:24:24
夢の中で死んでから出直して来い

498 :無名草子さん:2006/05/19(金) 10:25:02
※||
※||●
※||(∧ ダレモ イナイ
※||,、・) ノデアルカ・・
※||⊂  切腹スルナラ
※||  イマノウチデアルカ

アヒャヒャヒャ●
    ヘ))∧
   (゚∀゚ )
  ノ‖  ゝ)
━ゝm━(_ξ|ν
   (~ (   ソ)
ドスッ  ̄~ ̄~~
   ___
 γ( 《  )ヽ
 | ソ∨●∨ |
 ヽ_(S)|__ノ
  (_ソ┃ゝ_)
  .:ゞ・:;・:.・
  ___
 ( 《  )ヘ グラァ
 |∨●∨ソ |\
 \_(S)|ノ£ヽ
  (;;;┃(  ソ_)
 :・;;;;;;

499 :無名草子さん:2006/05/19(金) 15:21:44
切ってはらわた掴み出すなんて実際可能なんだろうか

500 :無名草子さん:2006/05/19(金) 17:43:41
腹切ってもなかなか死ねないから
介錯がいるんじゃなかったっけ?

頑張ればいけるんじゃないか!

501 :無名草子さん:2006/05/19(金) 20:19:21
>>496
いや、メンタルクリニックに行くことをお勧めしまする。

502 :無名草子さん:2006/05/20(土) 09:15:46
>>500
なかなか死ねないっつうか、無茶苦茶痛い(らしい)。
だから江戸初期には、切っ先を腹に当てた段階で首をはね、
さらに江戸も中期になると、閉じた扇子を刀に見立てて、
それに手をかけるのを合図に首をはねるようになった。

503 :無名草子さん:2006/05/20(土) 13:23:44
そんな誰でも知ってるようなこと言われても

504 :無名草子さん:2006/05/20(土) 17:56:24
>>503
ごめん、知らなかったよ


杢乃助みたいに入水自殺でも主君に追随したことになるの?

505 :無名草子さん:2006/05/20(土) 22:56:33
>杢乃助みたいに入水自殺でも主君に追随したことになるの? 

要するに、本人がどういうつもりだったかでしょ
杢乃助のは追随した事になるんじゃないかな

506 :無名草子さん:2006/05/21(日) 00:26:18
まあ、モクノスケの場合は、周りがどう思ってるかも関係なさそうだしな

507 :無名草子さん:2006/05/21(日) 20:19:51
杢之助は光茂に相当恨まれてたから遅かれ早かれ死のうと思っていたんでしょ。

508 :無名草子さん:2006/05/21(日) 21:26:00
光茂の恨みなんか歯牙にもかけないだろ。
求馬の方は流石に奴の存在、行状から影響を受けざるをえないとしても。

509 :無名草子さん:2006/05/21(日) 21:50:33
>>507
光茂に怨まれてたのを悩んだ末に自殺?
お前「死ぬこと〜」をしっかり読んだか?
そんな繊細な感情の持ち主なら勝茂のときにとっくに死んでるぞ

510 :無名草子さん:2006/05/21(日) 22:10:28
507は「悩んだ末の自殺」なんて言ってないと思うが。
君の心労の種になってりゃ、
やることやったら早々にこの世から退場するのが臣の道ってことじゃないの。

511 :無名草子さん:2006/05/21(日) 23:32:34
光茂が杢之助の君であったことなど一瞬たりとも無い訳だが

512 :無名草子さん:2006/05/22(月) 00:07:47
何言ってんの?

513 :無名草子さん:2006/05/22(月) 01:31:52
>君の心労の種になってりゃ、 
>やることやったら早々にこの世から退場するのが臣の道ってことじゃないの。

そう考える時点で悩んでるじゃねーか

514 :無名草子さん:2006/05/22(月) 03:12:26
>511
然り。ありゃ杢の殿様の洟垂れ息子ってだけの存在だ >お江戸マニヤ光茂


515 :無名草子さん:2006/05/22(月) 09:11:58
マニヤじゃなくてマニアな

516 :無名草子さん:2006/05/22(月) 16:53:58
>>513
意味不明な事言ってないで君もそろそろ退場しな

517 :無名草子さん:2006/05/22(月) 19:43:56
>>516
ついでにお前も失せろ

518 :無名草子さん:2006/05/23(火) 00:55:15
みんな杢乃助が一番好き?

519 :無名草子さん:2006/05/23(火) 01:43:16
>518
漏れは石田治部とサコンヌ


520 :無名草子さん:2006/05/23(火) 02:55:34
自分は秀忠マニア

521 :無名草子さん:2006/05/23(火) 03:03:03
>>518
実は双子が出るシーンが好きだったりする

522 :無名草子さん:2006/05/23(火) 11:37:44
杢も好きだが正綱も好きだ
杢よりも人間臭くて好感持てる

523 :無名草子さん:2006/05/24(水) 03:14:22
一字違いの信綱は嫌だな

同じ秀才肌の三成は好きだけど

524 :無名草子さん:2006/05/24(水) 07:18:47
>>518
高木彦右衛門を去勢する場面が好きw。実際の長崎喧嘩はもう少し後の
時代だったそうだが。奈良本辰也「小説葉隠」より。この小説は光茂が
心優しい殿様で、「死ぬこと」と読み比べるのも面白い。中野将監
(求馬の事っぽい)の切腹の場面とか。

525 :無名草子さん:2006/05/24(水) 08:17:48
実は一夢庵ではほぼスルーだった花の慶次での
利久の死ぬところが好きだったりする

526 :無名草子さん:2006/05/24(水) 13:03:41
俺もあれは好き。

527 :無名草子さん:2006/05/24(水) 20:14:17
>>521
双子はどの場面もいいね。
萬が汗をかきかきおしめを替えるところとか
熊の木刀奪って杢を襲うところとか。

528 :無名草子さん:2006/05/24(水) 21:46:26
それにしても双子は、11話と14話の間に大きな不連続があるな。
熊 甲高い声の五月蝿いガキ → 恐ろしく無口、十七歳で既に一人前の『死人』
静 お義理にも美少女とは言えない → 可憐な少女、花のような笑顔、静謐で誇り高く、香るような後姿

529 :無名草子さん:2006/05/24(水) 22:41:00
熊→杢乃助の教育で死人に死んでるなら別に言葉話さなくてもいいじゃん→無口

静→杢乃助のさり気ない誘導で愛みたいになる→いい女に

とか。子供は数年でコロッと変わるから別にいいんじゃない?

530 :無名草子さん:2006/05/24(水) 22:48:55
>熊 甲高い声の五月蝿いガキ → 恐ろしく無口、十七歳で既に一人前の『死人』 
>静 お義理にも美少女とは言えない → 可憐な少女、花のような笑顔、静謐で誇り高く、香るような後姿 

熊に関しては一人前の男になった出いいじゃん。
ガキの頃ビービー泣く子でも、大人になれば無口にもなる。
静は決して美人になったわけじゃないっしょ。
可憐ってのは、いじらしいとか愛らしいって意味だし。
花のような笑顔は愛嬌のある優しい笑顔とも取れるし、静謐で誇り高く香るような後姿は意志の強さが伝わる

要するに成長したってだけ

531 :無名草子さん:2006/05/26(金) 20:02:52
まあ、その辺はほら、他の作品でも結構あるから。

『影武者』のおふうとか、『一夢庵』の伽姫とか・・。

532 :無名草子さん:2006/05/29(月) 01:53:00
わし、踊ってくるけん

533 :無名草子さん:2006/05/29(月) 06:00:37
銭まくど!

534 :無名草子さん:2006/05/29(月) 23:41:42
おまいら、おりんの話もしようぜ。

「あたしゃ今じゃこの男の女房さ。この子はあたしの子だよ!」

535 :無名草子さん:2006/05/30(火) 17:54:05
63歳で子を作った故ファンファン大佐こそ
二郎三郎役に相応しかった人物

合掌

536 :無名草子さん:2006/06/01(木) 15:39:05
小頭が燃え出した

537 :無名草子さん:2006/06/01(木) 16:43:41
>>536
そのシーンあまりに突然すぎて最初読んだ時腹を抱えて笑った記憶がある

538 :無名草子さん:2006/06/01(木) 19:55:41
なんだっけ、それ?

539 :無名草子さん:2006/06/01(木) 20:05:04
花と火の帝で死んだふりしている岩介の首を刎ねようとした
裏柳生の小頭が岩介の術で体内から燃え出した時のシーン。

540 :無名草子さん:2006/06/02(金) 06:19:33
>>537
ハードカバー版だとその場面挿し絵がついてるんだよね。凄惨な場面なんだけど
確かに何となく笑える。挿し絵で笑えるのは六郎佐衛門に頭痛を起こさせる場面も。

541 :無名草子さん:2006/06/02(金) 12:11:23
あの頭痛のシーン、最初に読んだ時は俺もにやにやしてしまったが、
偏頭痛に苛まれてる時に読み返していたら同情の涙がこみあげてきた

542 :無名草子さん:2006/06/02(金) 12:37:21
頭痛いときに本なんて読むなよw

543 :無名草子さん:2006/06/04(日) 01:04:10
つらいときこそ読むのさ

544 :無名草子さん:2006/06/04(日) 23:36:47
じつはセクースするとき腰を「む」の字に動かすのを
実践している

545 :無名草子さん:2006/06/06(火) 10:21:28
うほ

546 :無名草子さん:2006/06/06(火) 16:30:23
げらげら詐欺

547 :無名草子さん:2006/06/07(水) 11:07:40
鬼っ子様をようやく読み始めました

えぇ、それだけです

548 :無名草子さん:2006/06/07(水) 15:30:52
>>547
隆慶作品を全部読んでしまった人間にはむしろうらやましい。
全く未読の隆慶作品をドキドキしながら読めるんだから。


549 :無名草子さん:2006/06/08(木) 19:58:29
そう言えば隆慶作品で唯一、横山光輝が漫画化した作品だな>捨て童子

550 :無名草子さん:2006/06/09(金) 10:51:48
そんな大層なことかw

551 :無名草子さん:2006/06/09(金) 13:32:27
横山光輝が燃え出した

552 :無名草子さん:2006/06/10(土) 05:21:15
それは不謹慎じゃないか?

553 :無名草子さん:2006/06/10(土) 11:10:19
実際故人だからまずいと思う

554 :無名草子さん:2006/06/10(土) 17:06:56
じゃ、浦辺粂子が(ry

555 :無名草子さん:2006/06/10(土) 19:09:25
>>551 >>554の両名は岩介の念力でry

556 :無名草子さん:2006/06/10(土) 19:17:37
隆慶だって慶次郎だって故人ですよ

557 :無名草子さん:2006/06/10(土) 22:22:09
逆袈裟で斬り上げるかスルーするのが一番

558 :無名草子さん:2006/06/11(日) 17:41:56
2chで言葉狩りしてんじゃねえよ

559 :無名草子さん:2006/06/11(日) 19:06:43
>>556>>551>>554の意味をわかっていない件について

560 :無名草子さん:2006/06/11(日) 20:05:18
わかってるだろ
ってゆうかわかってる

561 :無名草子さん:2006/06/11(日) 22:15:37
もう、いいから
みんなで秀忠いじめる方法でも考えようぜ

562 :無名草子さん:2006/06/11(日) 22:57:43
>>561
つ お江与

563 :夫が帰ってきません:2006/06/12(月) 00:09:24
夫が祝言の翌日、「いくさだ」と言ったっきり帰ってきません
今どの辺でしょうか

564 :無名草子さん:2006/06/12(月) 00:27:39
旦那様は南宮山の辺りを走ってられましたよ

565 :無名草子さん:2006/06/12(月) 10:32:02
>>563
とら「テレパシーで察しなはれ」

566 :無名草子さん:2006/06/15(木) 20:16:11
俺も大猿を飼ってみたいや

567 :無名草子さん:2006/06/15(木) 21:13:45
>>566
先ずは萬右衛門を倒すところからガンガレ

568 :無名草子さん:2006/06/15(木) 21:20:44
>>567
「心の一方」をマスターすれば萬右衛門なら倒せる。

569 :無名草子さん:2006/06/16(金) 01:07:43
■■オタク殺到■■ 戦国武将縁の寺・神社 ■■
http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1118036056/



570 :無名草子さん:2006/06/17(土) 08:48:26
心の一方って才能無いとダメなんだっけ?

571 :無名草子さん:2006/06/17(土) 09:37:41
天賦の才がないと身に付かないみたいだな。
とりあえず松山主水に種貰うしかないかもね。

572 :無名草子さん:2006/06/17(土) 10:00:53
六郎でもオケ。だから七郎が成長したら使えるはず。

573 :無名草子さん:2006/06/17(土) 10:03:59
次の代の小太郎は六郎?七郎?

574 :無名草子さん:2006/06/17(土) 10:57:07
原作では朝鮮だったのが 漫画では沖縄になってたのはなんでですか?

575 :無名草子さん:2006/06/17(土) 15:21:27
>>574
与四郎とカルロス描いたら琉球のほうが都合よかったからじゃないか?

言葉の通じない朝鮮より琉球のほうが
少年誌向きっぽいし

576 :無名草子さん:2006/06/17(土) 19:24:39
>>573
七郎のはず。六郎は風魔の血族じゃないから小太郎にはなれないが、
六郎とおふうの間に生まれた子は小太郎になる資格がある。それを小太郎は
待ち望んでいた……という趣旨の事が書いてあったと思われ。

577 :無名草子さん:2006/06/17(土) 19:26:07
面倒を避ける為と、当時?の沖縄ブームに乗って、という辺りかな…

578 :無名草子さん:2006/06/18(日) 06:38:53
ちょうどこの頃の大河ドラマは半年ずつ年2本で、うち1本が「琉球の風」だったはずだしなあ

579 :無名草子さん:2006/06/18(日) 06:46:58
琉球編は丁度「琉球の風」と時期が重なったから描いたというのも理由の一つらしいな。
原哲夫は琉球のあと、朝鮮編をやるものだと思ってたらしい。
まぁ、いまだにゴタゴタしてる間柄だから編集部も描かせたくなかったんだろうな。

580 :無名草子さん:2006/06/18(日) 09:01:33
漫画には東そっくりの登場人物も出てきていたような・・・

581 :無名草子さん:2006/06/18(日) 20:40:41
原哲夫は影武者の打ち切りがショックだったようだな。
本人も続編を書きたくて、その結果が左近だったんだが
正直、隆慶ワールドに適した作品と言えなくも無かったな。


582 :無名草子さん:2006/06/18(日) 23:34:09
へー大河ドラマって年2本だったんだ
はぢめて知ったぜ

583 :無名草子さん:2006/06/19(月) 14:06:11
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%B2%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E

明らかにその時は、地味というか低迷してたんだろうなというラインアップだなw

584 :無名草子さん:2006/06/19(月) 17:37:21
84年から86年なぞ、近代が舞台のが続いてたりするなあw

585 :無名草子さん:2006/06/20(火) 19:12:42
琉球編については、廉価版だかに詳細が書いてあったはず。
なんでも、当時、朝日新聞並に売れてた少年ジャンプでは、朝鮮出兵について「様々な見方、考え方があるため」原作どおりに描くことは問題があったそうな。原氏としては、朝鮮編こそ「一夢庵」のハイライトだと思っていそうで、かなりガッカリしたんだと。
もうちょっと別な雑誌でなら描けたかもしれないとかなんとか書いてあったな。

話し変わって、初めてSAKON読んだとき、石田光成の「馬鹿、阿呆、うすらとんかち」の台詞が頭に浮かんだが、「花と火の帝」読んだ今では、なんかもう、違和感が薄れた。


586 :無名草子さん:2006/06/22(木) 16:17:48
花と火の帝が漫画化されたら、さぞ凄い戦闘描写になるな。

それ以前に天皇を漫画化出来るかという問題もあるが。

587 :無名草子さん:2006/06/22(木) 23:48:48
>585

三でござる・・・・殿!!


588 :無名草子さん:2006/06/23(金) 03:56:05
>>587
お前はバカか?

589 :無名草子さん:2006/06/24(土) 00:20:57
>588

何人のためか?


590 :無名草子さん:2006/06/24(土) 02:05:54
つい最近「死ぬことと見つけたり」をよんだ。無茶苦茶面白かった。
杢之助たちが光茂を吉原に誘い出すあたりなんか本当にゾクゾクした。
「あそこでなら、若殿が喧嘩しようが殺されようが、公儀がしゃしゃり出ることはない」
って台詞で思わずあっとなった。

591 :無名草子さん:2006/06/24(土) 13:27:32
杢こそがジャンプ掲載に合ってるような気がする

原哲さん、描かないかな

592 :無名草子さん:2006/06/24(土) 19:45:59
今のジャンプにゃ無理だわな

593 :無名草子さん:2006/06/25(日) 00:28:29
今の原哲にも

594 :無名草子さん:2006/06/25(日) 02:17:41
猿飛びの妹と同じ病気なんだよな>原

595 :無名草子さん:2006/06/27(火) 11:49:56
ジャガーさんの作者に「死ぬこと」をギャグ抜きで描いてもらおう

596 :無名草子さん:2006/06/27(火) 12:09:26
途中でしんどくなって降りるとみた

597 :無名草子さん:2006/06/27(火) 12:13:32
うすたに描かせたらどんなのになるんだよwww
ある意味読みたくはあるけどw

598 :無名草子さん:2006/06/27(火) 13:52:14
ピューと吹く杢之助

599 :無名草子さん:2006/06/27(火) 19:21:26
ある意味自己中の主人公と、それに振り回される君主とか、なんか合ってる気がw

600 :無名草子さん:2006/06/27(火) 20:01:13
『すごいよモクノスケさん!』とか『斉藤ブレード』とかも読みたい

601 :無名草子さん:2006/06/28(水) 08:19:12
当時バンチがあったら影武者はもっとじっくり連載やれたかもしれん。

602 :無名草子さん:2006/06/28(水) 08:41:33
花の慶次はよくぞ完結できたと思う。琉球編つまらなかったし。

603 :無名草子さん:2006/06/28(水) 09:22:30
琉球編(朝鮮編)までやっといて打ち切りは無いだろ。先は見えてんだから。

604 :無名草子さん:2006/06/28(水) 19:37:27
原作では出番が殆ど無かった上杉景勝が花慶では目立ってたな。
最初の謙信のコスプレ登場は原作にも負けないインパクトがあった。

605 :無名草子さん:2006/06/28(水) 19:39:07
初登場時のインパクトでは真田の小倅がダントツ

606 :無名草子さん:2006/06/28(水) 22:00:59
終盤のインパクトのなさでは助衛門がダントツ

607 :無名草子さん:2006/06/28(水) 22:10:55
徹底した現実家、と言うのが影武者によく出てくるけど。
と言うか影武者と一夢庵しか見てないけど。
これは作者のどう言う思想だろうか。

608 :無名草子さん:2006/06/28(水) 22:26:55
馬鹿な殿様が希望的観測で戦争やってえらい事になった、
太平洋戦争についての想い

609 :無名草子さん:2006/06/28(水) 22:39:04
死ぬことと見つけたりの序文で軍隊生活の嫌な経験語っているから
もし、今現在生きていたら反戦サヨクのレッテル貼られていたかもね。

610 :無名草子さん:2006/06/29(木) 01:47:09
>609
「ガキジャリはチンケな反抗とかしてないで天皇を敬え!」て、いつもぷりぷり怒ってる仏蘭西哲学者だぞ?
それがサヨか?

611 :無名草子さん:2006/06/29(木) 11:01:44
>>606
そういや、実は彼は家康と同年齢だと聞いたなあw

612 :無名草子さん:2006/06/29(木) 16:06:35
若すぎだろw

613 :無名草子さん:2006/06/29(木) 18:57:09
徳川家康 1542〜1616
奥村助右衛門永福(ながとみ)1542〜1624

間違いなく同い年だw。

614 :無名草子さん:2006/06/29(木) 19:30:17
いずれも徹底した現実家である。

615 :無名草子さん:2006/06/29(木) 19:33:42
助右は長生きだなあ

616 :無名草子さん:2006/06/30(金) 15:00:35
爺慶次と爺直江と爺奥村の縁側での茶飲み話で
短篇が一本書けそうだな

617 :無名草子さん:2006/06/30(金) 15:14:27
>>616
じゃあ楽しみにしてるから書いてくれ

618 :無名草子さん:2006/06/30(金) 15:55:24
助右衛門は1541年生まれ説もあり。没年は1624年で確定。

前田慶次1542〜1612(諸説あり・没年に関しては上杉家に記録あり)
直江兼続1560〜1618

みんな当時としては長生きだ。

619 :618:2006/06/30(金) 16:54:18
訂正 兼続の没年を間違えた、スマソ。

直江兼続1560〜1619 に訂正。数えで60歳まで生きた。

620 :無名草子さん:2006/06/30(金) 19:22:14
>>616
そのメンバーで鄙びた温泉に湯治に来ていて、
盗賊どもが逃げ込んできたのを全滅させるっていうのはどう?
それに直江の命を狙う上杉藩の刺客やらが絡んだりして。

621 :無名草子さん:2006/06/30(金) 23:56:33
部下の愚痴をこぼす助右衛門
倅の嫁の小言を愚痴る兼続
町娘の尻を目で追う慶次

622 :無名草子さん:2006/07/01(土) 08:50:10
干からびた捨丸

623 :無名草子さん:2006/07/01(土) 14:36:32
越後で豚骨ラーメン屋台を始める金

624 :無名草子さん:2006/07/02(日) 12:09:35
鬼麿斬人剣で助右衛門の子孫が鬼畜な言動をしてたな。
鬼麿「こいつら外道だ」助右衛門ならもっと上手く捌いただろうに。


625 :無名草子さん:2006/07/02(日) 21:03:58
だが、一度金沢行ったときに現地のガイドさんに聞いたら
奥村一族って後々前田家のガン化したみたいなこと言ってたからなぁ・・・。
詳しい人、詳細よろ。

626 :無名草子さん:2006/07/03(月) 08:03:14
>625
永代家老なんて格付けされたらロクなもんにならないのは当たり前でしょ。
能登の長家はさいごどうなったんだっけ


627 :無名草子さん:2006/07/03(月) 22:50:21
>>626
領内での悪事の限りを尽くしたので、
とうとう江戸からやって来た謎の渡世人に皆殺しにされまつたw

628 :無名草子さん:2006/07/05(水) 07:16:38
オマエラだけに特別に教えといてやる

関ケ原以降の家康は影武者だったんだぜ

629 :無名草子さん:2006/07/06(木) 01:20:27
あー、それ2ちゃんで見たことあるー。

630 :無名草子さん:2006/07/06(木) 16:58:38
考えてみたら、わしはこの寺の住職だったよ

631 :無名草子さん:2006/07/06(木) 20:26:16
烈堂?

632 :無名草子さん:2006/07/07(金) 00:55:04
おきぬの助平!

633 :無名草子さん:2006/07/07(金) 20:28:47
>>632

これがわしの作った平和だ……

634 :無名草子さん:2006/07/08(土) 20:07:31
ツモ平和は20符で計算するで御座る

635 :無名草子さん:2006/07/11(火) 12:49:01
死ぬことと見つけたりを読んだ

珍しく忍者が出てこないのね
まぁ、面白かったからどーでもいいんだけど

636 :無名草子さん:2006/07/11(火) 13:20:17
>>635
つ勘助
正確には元忍者だが。

637 :無名草子さん:2006/07/12(水) 12:28:31
双子の決闘の時に出てたね

正直、あの話はいらないと思ってたから
忘れてたよ

638 :無名草子さん:2006/07/12(水) 14:10:53
いっくらなんでも女に男が決闘申し込んだらそれだけで佐賀にはいられないと思うけどな

639 :無名草子さん:2006/07/12(水) 15:14:51
原は影武者なんかやらないで忠輝やればよかったのにな
横山がやってるから無理だったのかな

640 :無名草子さん:2006/07/12(水) 15:47:02
>>639
影武者はまだいい…

問題はSAKONだぜ

641 :無名草子さん:2006/07/12(水) 17:48:58
佐和山大豆使用左近島印吟醸石田治部醤油

642 :無名草子さん:2006/07/12(水) 23:24:55
この漫画家に漫画化してもらいたいのってある?
作品によって漫画家が違うのとかもありで

643 :無名草子さん:2006/07/13(木) 01:10:18
時代物の雰囲気を出せて、
浪花節を照れずにやれて、
古臭くならずに、
なおかつアクションを見せることができる。

ノッテル時の原以外にいないよ。そんな漫画家。

644 :無名草子さん:2006/07/13(木) 02:09:10
>>642
死ぬことは漫画よりもドラマ化してほしい。つーか脚本読んでる錯角に陥ることもある。ドラマの情景浮かべて書いてんだろーな。さすが脚本家
でもモクノスケの俳優が思い浮かばない。なんつーかのっぺりとしてて、主役のくせにあんまり喋らないし・・・
演じる役者にとって難しいわりにおいしくない仕事かも?といらぬ心配をしてしまう

645 :無名草子さん:2006/07/13(木) 20:33:11
死ぬことの時代劇化は何度か民放始め各テレビ局で検討されたけど
>>644が述べたような配役決めの困難と
原作が未完成で終わったため、それをテレビ(脚本家)が補完するには
極めて難しいので、結局今に至るまで映像化はされてない。

646 :無名草子さん:2006/07/14(金) 02:30:02
>>645
本当?ソースはある?

647 :無名草子さん:2006/07/14(金) 09:34:15
死ぬことの時代劇化ってw
映像化でいいんだよ。現代劇にするわけねえだろ。

648 :無名草子さん:2006/07/14(金) 17:40:12
は?

649 :無名草子さん:2006/07/14(金) 19:05:15
覇!

650 :無名草子さん:2006/07/14(金) 19:51:49
      |>        <|
        |>   覇   <|
        |>____<|
   ∧∧ ||
  (`д´)||
   / づΦ

ヤッてやるって! 覇!!

651 :無名草子さん:2006/07/15(土) 01:44:03
>>644
杢之助のイメージって、俺の中では『むちゃくちゃ強い荒川良々』なわけなんだが・・・

652 :イラストに騙された名無しさん :2006/07/15(土) 02:48:44
テレビ朝日は勘弁だけどねw
なんですか、あのショボイ島左近は…。

653 :無名草子さん:2006/07/15(土) 05:31:13
でも一番やる確率が高い

654 :無名草子さん:2006/07/16(日) 19:10:10
>>652
あー高橋英樹が次郎三郎演じた影武者ね。
あれ、途中で風魔小太郎が死んだりと物語が破綻していた。

655 :無名草子さん:2006/07/16(日) 21:35:26
そういうのを「物語が破綻している」とは言わない

656 :無名草子さん:2006/07/16(日) 23:35:07
どっちかっつーと「物語を粉々に粉砕して唾を吐きかけた」と言うべきだな…

657 :無名草子さん:2006/07/17(月) 00:38:41
そんなにひどかったの?

658 :無名草子さん:2006/07/17(月) 09:27:17
そこまで言われると逆に見てみたくなるな。

659 :無名草子さん:2006/07/17(月) 18:07:24
高橋秀樹自信が「映像化は無理じゃないか?」といっていたらしいね。
全7話だっけ? あの壮大なストーリーをやるには相当の長さがないと陳腐になるだろうなあ。

660 :無名草子さん:2006/07/17(月) 20:03:55
傀儡子の煮込みってチゲ鍋みたいなもんなのかな

661 :無名草子さん:2006/07/17(月) 20:28:42
チゲ=韓国語で鍋の意味だから「なべ鍋」ってことになるぞよ。
俺の勝手な推測だけど、豚汁+モツ煮込みみたいな代物じゃないかな?

662 :無名草子さん:2006/07/17(月) 23:16:10
>>661は韓国料理屋とか行ったことないのだろうか
普通に日本じゃチゲ鍋で表記されてると思うが・・・

663 :無名草子さん:2006/07/18(火) 02:16:06
傀儡子鍋といえば、忠輝があっさり肉食解禁したのが気になったな。
あれも雪の死が関係してんのかね。

664 :無名草子さん:2006/07/18(火) 03:47:48
>>662
君の行く店の表記自体が間違いなんだよマトモな店なら「何々チゲ」と表記してて
「何々チゲ鍋」とは表記してないよ

665 :無名草子さん:2006/07/18(火) 06:38:36
>>664
そんなん一々気にしてたら疲れないかい?
意味通じるんだからいいじゃん

666 :無名草子さん:2006/07/18(火) 09:35:46
へえ。これが↑噂に聞く開き直りかw

667 :無名草子さん:2006/07/18(火) 09:39:38
へえ。これが↑噂に聞く粘着かw

668 :無名草子さん:2006/07/18(火) 11:55:17
へえ。これが↑噂に聞く妄想かw

669 :無名草子さん:2006/07/18(火) 12:16:27
へえ。これが↑噂に聞く便乗かw

670 :無名草子さん:2006/07/18(火) 12:41:32
ID出ない板ではやりたい放題だな



671 :無名草子さん:2006/07/18(火) 12:43:24
へえ。こきましたねあなた。

672 :無名草子さん:2006/07/18(火) 13:36:12
orz=3

673 :無名草子さん:2006/07/19(水) 04:02:53
愚かな・・・  などと秀忠に言われる家光もへ

674 :無名草子さん:2006/07/19(水) 06:29:33
秀忠のくせに生意気だぞ!

675 :無名草子さん:2006/07/19(水) 15:24:23
うわ〜ん!ムネのリ〜!影武者がいじめるよ〜!

676 :無名草子さん:2006/07/19(水) 18:24:54
そんな時にはコレ…

トレテテッテテーン
つ【裏柳生で暗殺】


677 :無名草子さん:2006/07/20(木) 12:57:46
なんだよ〜ムネのリ!
裏柳生が失敗するのはデフォじゃないか〜

そんな事なら好物の一万石あげないぞ!

678 :無名草子さん:2006/07/20(木) 14:40:13
お江与の方「キャー!秀忠さんのエッチ!」

679 :無名草子さん:2006/07/20(木) 16:48:03
ぐふふふふ

680 :無名草子さん:2006/07/22(土) 08:48:33
宗矩の裏柳生が後のお庭番なんだよね?

高虎君の伊賀甲賀忍者も統合されたんだろうか?

681 :無名草子さん:2006/07/22(土) 08:53:38
Mrs.ガガキ

682 :無名草子さん:2006/07/23(日) 11:33:00
鳴かぬなら
柳生を使おう
ホトトギス

683 :無名草子さん:2006/07/26(水) 04:33:05
裏柳生は小池一夫の創作だぞ
みんなでバクリまくっているだけで

684 :無名草子さん:2006/07/26(水) 08:07:44
>>683
秀忠のくせに生意気だぞ!

685 :無名草子さん:2006/07/26(水) 09:11:59
>>683
ゴミユウスケじゃなかったか

686 :また帝京:2006/07/27(木) 16:43:36
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060727i204.htm
DVDなど万引き→中古店に売却…大学生ら5人逮捕

東京都内の家電量販店でDVDやCDのソフトを万引きし、売りさばいたとして、警視庁少年事件課は27日、
駒沢大学生(20)(犯行当時19歳)と帝京大学生(19)など少年4人の計5人を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。
少年グループは昨年10月〜今年4月、世田谷区や三鷹市など計7店舗で、40回以上の万引きを繰り返し、
DVDなどを売って計約120万円を得たと供述しており、同課で余罪を調べている。
調べによると、少年グループは今年2月5日午前10時ごろ、立川市曙町の「ビックカメラ立川店」で、
DVDとCD計10枚(3万8656円相当)を盗むなどした疑い。盗んだDVDなどはそのまま近くの中古品販売店などで売りさばいた。
少年たちは調布市内の中学校の同級生仲間などだった。


低狂を廃校にすれば日本の犯罪発生率は今の半分以下になるでしょうw

低狂の犯罪行為一覧(抜粋)
○薬学部の学生が女性に後から抱きつき胸を揉む
○単位を取れなかった腹いせに理工学部の学生が教員をリンチ
○陰惨なイジメで校舎から飛び降り自殺
○暴走族、麻薬、食堂放火、万引き
○盗聴
○集団レイプ
○薬害エイズ
○守衛にスパイクシューズのまま跳び蹴り
○暴力団を雇って組合員を銃撃
○入学詐欺
○運動部の監督が部費を横領
○トイレで中学生にわいせつ行為
その他多数
帝京大学過去の犯罪特集
http://choco.2ch.net/news/kako/1015/10154/1015445145.html

687 :無名草子さん:2006/07/30(日) 09:11:59
まさか柳生刺客状買いに隣の市まで行くとは

688 :無名草子さん:2006/07/31(月) 18:55:36
吉原のDVD出たよ。Eオシバイから。

689 :無名草子さん:2006/08/01(火) 07:49:12
あんな高いモノ買えません

690 :無名草子さん:2006/08/01(火) 08:44:08
買ったけど・・・
あれの話題はどこでやればいい?

691 :無名草子さん:2006/08/01(火) 08:45:18
脳内

692 :無名草子さん:2006/08/01(火) 11:18:39
そうか

693 :無名草子さん:2006/08/04(金) 08:22:53
秀忠か

694 :無名草子さん:2006/08/04(金) 21:56:19
隆先生の秀忠のヘボっぷり&やられっぷりは
あそこまでいくともはや歪んだ愛情すら感じられて笑えてしまう

695 :無名草子さん:2006/08/05(土) 00:03:37
秀忠抜きには考えられない隆ワールド

696 :無名草子さん:2006/08/05(土) 09:04:30
性酷薄にして殺人を愛した

697 :無名草子さん:2006/08/06(日) 21:24:52
親孝行で律義者の仮面

698 :無名草子さん:2006/08/06(日) 22:53:13
他所で子供まで生んでいる年上中古妻にハァハァ

699 :無名草子さん:2006/08/06(日) 23:01:09
息子は男色馬鹿

700 :無名草子さん:2006/08/06(日) 23:16:54
みんな秀忠萌えかよw

701 :無名草子さん:2006/08/06(日) 23:24:07
いや、まさに>>695な訳で


702 :無名草子さん:2006/08/07(月) 00:00:05
秀忠の、あのウルトラ屈折感と、それによって発せられる数々の平和を脅かす行動は
江戸時代初期を舞台にしている作品群の中で重要なファクターだからね。
愚か者が最大の権力者に納まったときの不幸を如実に描いている。
でも嫁さんに頭が上がらなかったり、ガキっぽかったり、なんか憎みきれないんだよなぁ・・・

703 :無名草子さん:2006/08/07(月) 00:05:56
『影武者』では秀忠なりの成長も描いてるしな。

『死ぬことと〜』の光茂あたりと比較すると、
隆先生、決して秀忠を嫌ってはいなかったように思える。

704 :無名草子さん:2006/08/07(月) 12:56:51
成長したって書いてあって
次の章では、帳消しにするようなことしてる秀忠に萌える。

705 :無名草子さん:2006/08/07(月) 16:58:04
『かぶいて候』の秀忠は円熟したのか善人になっていたな。
次郎三郎との闘いで成長したんだろう。

706 :無名草子さん:2006/08/07(月) 18:00:28
>>705
二郎三郎という枷がなくなった六郎&七郎に
脅されまくってるんだよ

707 :無名草子さん:2006/08/07(月) 19:29:12
あの世界の秀忠は影武者だよ

708 :無名草子さん:2006/08/07(月) 20:12:50
かぶいて候の世界と、影武者徳川家康はパラレルワールドじゃないかな?
秀忠のキャラが違いすぎる・・・

709 :無名草子さん:2006/08/07(月) 20:17:35
かぶいて候は一夢庵の系譜だから影武者とは別世界だと思われ。
秀忠を善く書いたのは、家光の馬鹿さ加減を引き立てる為。

710 :無名草子さん:2006/08/07(月) 22:13:38
かぶいて候を書いた隆先生は影武者

711 :無名草子さん:2006/08/08(火) 01:09:04
できれば秀忠主人公で一本書いてほしかったな。
屈折した男の一代記


あんまり売れそうにないけど…

712 :無名草子さん:2006/08/08(火) 07:13:15
いーや、俺は買うぞ「孝行息子と言われた男−将軍秀忠」

713 :無名草子さん:2006/08/08(火) 09:21:49
>>708
パラレルも何も…同一世界だとでも思ってたのか?
別作品で、世界が完全にリンクしてる作品なんてないよ。

714 :無名草子さん:2006/08/08(火) 11:14:38
「関ケ原に遅れた男―将軍秀忠」

715 :無名草子さん:2006/08/08(火) 13:28:03
別世界観のはずなのに、1シーンだけいきなりリンクしてる影武者と捨て童子w

716 :無名草子さん:2006/08/08(火) 18:42:15
>711
柳生死角状


717 :無名草子さん:2006/08/08(火) 19:12:28
713はアホの子なのか?
同一世界だと思っていたらパラレルワールドなんて書かないと思うんだが。

718 :無名草子さん:2006/08/08(火) 20:10:42
>>685
亀ですまんが五味康祐のこと言ってるなら「ごみ・やすすけ」だぞ

719 :無名草子さん:2006/08/08(火) 22:44:05
宗矩までヘタレキャラとして描かれていたのは、新鮮味がありましたよ

720 :無名草子さん:2006/08/09(水) 13:31:47
>>717
な に 言 っ て ん の ?

721 :無名草子さん:2006/08/09(水) 23:36:10
717は秀忠だよ

722 :無名草子さん:2006/08/10(木) 05:18:17
「見知らぬ海へ」は秀忠の見せ場が来ないまま終わってしまったんだな…。
まぁ出てこなくても話は進んでいける気はするけどw

723 :無名草子さん:2006/08/10(木) 11:20:25
>>717の家の周りを囲んで念仏を唱えようと思うんだ

あと130人ほど足りないんだが、誰か手伝ってくれる?

724 :無名草子さん:2006/08/10(木) 22:21:40
>>722
アレには秀忠の替わりの悪役が既に居るから、必要なかろ。
三成に愚痴をこぼしたりして、ちょっとキャラが小粒だけど。

725 :無名草子さん:2006/08/11(金) 09:35:38
>>717
洟を拭いた方がいい

726 :無名草子さん:2006/08/11(金) 10:32:53
みんな秀忠が好きなんだな。w

727 :無名草子さん:2006/08/11(金) 15:32:25
すまん、俺宗矩派

728 :無名草子さん:2006/08/11(金) 19:11:58
だって秀忠が居ないと隆慶ワールドの魅力の半分が無くなるもの。
後、悉くやられ役にされる裏柳生も。

729 :無名草子さん:2006/08/11(金) 19:21:47
しかし、死ぬこと〜はかなり面白い

いくさ人じゃない悪役が必要ってことかな?

730 :無名草子さん:2006/08/14(月) 14:57:43
峰 隆一郎は卑怯だと思う
何度ぬかよろこびさせられたか…

731 :無名草子さん:2006/08/14(月) 23:47:25
>730に同意

732 :無名草子さん:2006/08/15(火) 09:03:54
死ぬほど既出だし峰の方が先だし

733 :無名草子さん:2006/08/15(火) 12:52:17
隆ちゃんは悪党の美学を貫いて生きて死ぬ漢が好きなんだろうな。信長とか。
カルロスの惚れた女に会うために自分の従者をも平然と弾除けに使う非情さにはしびれたわ。
悪鬼のごとき大殺戮で屍山血河を築いても純情路線一直線の愛に生きる漢w
オリキャラのくせに隆作品の美味しいとこ一人で全部持って行きよった。
好きな男のタイプを聞かれて、あたしだけに優しい人と答える女にはカルロスはたまんねえだろうなw

734 :無名草子さん:2006/08/15(火) 13:10:03
花の慶次と一夢庵は分けて考えた方がいいと思うんだ

735 :無名草子さん:2006/08/15(火) 18:10:08
花慶連載開始前に隆慶が逝っちゃった事知らなかったりしてw

736 :無名草子さん:2006/08/15(火) 19:15:12
>>733
見てて痛いんだが・・

737 :無名草子さん:2006/08/15(火) 21:14:43
>>733
肝臓が痛くなるようなカキコだ・・・

738 :無名草子さん:2006/08/15(火) 23:36:29
>>737
おいおい、そりゃ何かの病気かもしれないぞ?
人間ドック行ってるか?早く検査しろよ
お前が居なくなったら物凄く悲しいじゃねーか

739 :無名草子さん:2006/08/16(水) 06:35:10
アレじゃね?
南蛮の暗具で刺されたんじゃない?

740 :服部道心:2006/08/16(水) 06:56:50
>>739
呼んだ?錘刀をご所望ならいつでもどうぞ。

741 :733:2006/08/16(水) 12:46:35
>>736>>737の瞼の上に口をつけながら

「ごめんよ。寝て起きたら、忘れてくれ」

742 :無名草子さん:2006/08/16(水) 17:36:42
>>733
読み込みが足りん。隆慶氏は間違いなく信長は嫌いだぞ。
天才だと認めつつもジェノサイドは絶対に許されないと強調してる。
「時代小説の愉しみ」の信長の所を見れ。短い中によくまとめてある。

743 :無名草子さん:2006/08/16(水) 20:16:20
「時代小説の愉しみ」は氏康の話が好きだったな。


744 :無名草子さん:2006/08/16(水) 20:22:35
呪殺陣の信長は、本物の鬼のような心の持ち主故、怨霊がいくら
化けて出てきても意に介さないため、直に呪いをかけても効果が
無いって設定だったな。

745 :無名草子さん:2006/08/17(木) 07:29:37
俺は隆慶一郎の信長は好きだな。善悪ではなく要不要の判断にのみ従う
不動智の境地が良く描写されている。
呪殺陣の「わかったよ」と笑う信長の潔さは、花慶の信長でも隆先生の
意向を酌んで良く描写されている。上手いと思う。
それに、おまいらあんまし信長の悪口言うと信成クンが傷つくぞw

746 :無名草子さん:2006/08/17(木) 14:51:26
ダマレ知恵伊豆

747 :無名草子さん:2006/08/17(木) 16:45:00
悪役(まあ大体秀忠なんだが)が大概ひどい書かれ方をする隆慶作品の中でも
信長だけは魔王だけどある種の格好よさがあるからな

748 :無名草子さん:2006/08/17(木) 17:08:05
わかったよ
のあたりが

749 :無名草子さん:2006/08/17(木) 18:22:12
信長のケイレツ(変換できない)な戦い方が好きな慶次

750 :無名草子さん:2006/08/19(土) 20:34:40
天皇の忍

751 :無名草子さん:2006/08/20(日) 09:10:05
岩介?

752 :無名草子さん:2006/08/20(日) 18:13:24

【盗作3バカ】のスレに

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!



753 :無名草子さん:2006/08/23(水) 07:16:24
杢之助はニートだと思います

754 :無名草子さん:2006/08/23(水) 13:24:54
そういや、江戸時代は、ニートである事を強要されるに等しい立場
のため、家族にバイトさせたり、自分もこっそりバイトしなきゃ
ならない侍が多かったってな。まあ、こっそりでもバイトしてる
ならニートじゃないんだが。

755 :無名草子さん:2006/08/23(水) 13:26:44
随分と読みにくい改行するから立て読みかと思ったがそうじゃないのか

756 :無名草子さん:2006/08/23(水) 16:59:14
その7……か。何かのキーワードだろうか?

757 :無名草子さん:2006/08/23(水) 20:13:41
島原の乱で十石の捨扶持貰うまではニートというより
単なる居候だな。
居候先に食費その他払っている訳でも無しで
毎日釣りと昼寝の生活じゃ

そういや杢之助と求馬に萬右衛門の三人て島原が初陣なんだよな。
それにしては手馴れたいくさ振りだ。

758 :無名草子さん:2006/08/24(木) 11:34:48
>>757
ありとあらゆる場面を想像してイメージトレーニングを
してるからな



まぁ、死ぬんだが

759 :無名草子さん:2006/08/26(土) 11:12:14
セックルしてるとき以外は死んでるからな

760 :無名草子さん:2006/08/26(土) 14:50:12
>>752
見たけど盗作で賞金500万円とったんだって佐藤って奴!
盗作本「バルタザールの遍歴
  ↓

【盗作3バカ】のスレに

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!



761 :無名草子さん:2006/08/27(日) 09:27:48
死人にも性欲はあるんだな

762 :無名草子さん:2006/08/27(日) 11:24:53
俺も毎朝死んでるけど、性欲が溢れんばかりで困ってる

763 :無名草子さん:2006/08/27(日) 22:16:12
そういう貴方に嵐が吹き荒れる中、洞窟の中で熊を殺した上でのセクースをおすすめます。

764 :無名草子さん:2006/08/27(日) 22:17:21
猪だったかも…

765 :無名草子さん:2006/08/27(日) 22:43:36
どう見ても猪です。

766 :無名草子さん:2006/08/27(日) 22:44:49
セクースしようにも相手がいないので仕方ないのでオナニーします。

767 :無名草子さん:2006/08/27(日) 22:54:13
>>765
見たのかw

768 :無名草子さん:2006/08/28(月) 22:32:43
いや、昨日の24時間TVで普通に突進してたよ

769 :無名草子さん:2006/08/30(水) 11:17:51
109:隆慶一郎博士 :2006/08/29(火) 22:08:40 ID:l/rBRW5oO
鬼籍に入られてから17年以上もの月日が経っても、未だ伝説としてその人気は衰えない。
それどころか、最近リリースされている新書等の売り上げも驚異的だ。
そういう息の長い人気はプロレスにも通ずるトコロがある。とことん語ろうや!

ちなみにマイベスト
1.花の慶次
2.影武者 徳川家康
3.鼻と火の帝
4.吉原御免状
5.死ぬことと見つけたり(ちょっと渋すぎるかW)

770 :無名草子さん:2006/08/30(水) 11:40:23
>>769
3にワロスw

書いたやつは磔獄門だな

771 :無名草子さん:2006/08/30(水) 13:28:04
1が「花の慶次」というのも突っ込みどころだなw

772 :無名草子さん:2006/08/30(水) 13:44:09
1 名前:名無しさん@毎日が日曜日[] 投稿日:2006/02/27(月) 08:21:32 ID:0CHlMmYb
ヒムロックのボーカルに布袋のギター。
やっぱスゲーよ暴威!

ちなみにマイベスト
1.鏡の中のマリオネット
2.B.BLUE
3.DREAMMIN
4.ONLY YOU
5.わがままジュリエット(ちょっと渋すぎるかW)

773 :無名草子さん:2006/08/30(水) 14:02:09
17:お前名無しだろ :2006/08/12(土) 21:37:49 ID:PNL3bwqn0 [sage]
〜博士スレガイドライン〜

・博士でありながら第1位の曲名を間違える(サビフルコーラスが基本)。
・3位のツヅリを間違える
・5位は「渋すぎるかw」といいつつ、ファンの支持1位2位クラスの曲をあげてしまう。

774 :無名草子さん:2006/08/31(木) 00:11:10
馬鹿な、火あぶりに決まっている。

775 :無名草子さん:2006/08/31(木) 08:40:29
五寸釘

776 :無名草子さん:2006/08/31(木) 08:56:58
左膝を折る

777 :無名草子さん:2006/08/31(木) 17:52:36
>>760

そのバトルスレ笑える。
盗作で賞盗った佐藤てのが、常駐でジエン弁護バトル?w
      盗作本「バルタザールの遍歴」

、           ↓
【盗作3バカ】田口/ 佐藤亜紀 /篠原

田口ランディ本人後輪中?! 盗作犯人同士がバトル?!



778 :無名草子さん:2006/09/02(土) 16:30:50
おニンニンが勃たなくなった

杢之助に撃たれた高木君もこんな気持ちなんだろうか?

779 :無名草子さん:2006/09/03(日) 11:47:37
無くなってしまった高木君はそんな生易しいものじゃないだろ。
>>778のはまだ復活の可能性を否定できない。使い道が無くても。

780 :無名草子さん:2006/09/04(月) 16:21:37
玉が消し飛んだだけで棒は残ってなかったか

使えるかどうかは知らないが

781 :無名草子さん:2006/09/04(月) 18:20:10
医師の診断では睾丸が吹き飛ばされ、以後男女の道は不可能になり
むしろ尿が上手く出るかどうかが問題だとか書いてあったな。

柳生非情剣の柳生連也斎も睾丸切られて男女の道が絶たれて
恋人と別れたな。

782 :無名草子さん:2006/09/04(月) 19:52:40
現代医学なら玉取ったって問題無いように出来るだろうが、
当時の医学じゃせいぜい傷を縫い合わせるくらいが良いとこだろう
使い物にならなくなっても不思議は無いな

783 :無名草子さん:2006/09/04(月) 23:08:38
高木くん(´・ω・)カワイソス

784 :無名草子さん:2006/09/05(火) 00:58:25
いやいや、そこは

60ならもう女はいるまい ( ̄ー ̄)ニヤリッ

785 :無名草子さん:2006/09/05(火) 07:24:02
>>781
逆。睾丸は医者が袋の中に押し込んで縫ってくれた。
で、海綿体(つまり棒の方)の三分の二ぐらいが吹っ飛ばされて
もう男女の道がダメぽになった。杢様の狙い通りになった訳ですな。

786 :無名草子さん:2006/09/05(火) 09:04:07
そう。
連也斎のケースとは全然チガウ。
あいつの場合は、タマはなくてもSEXはできた。
でも子をなせないSEXはただの欲だと断じて、
みずからあきらめたんだから。

787 :無名草子さん:2006/09/05(火) 13:33:56
性欲の強さ

高木君>>>>>>>>>>鬼麿>>>慶次郎>>>>>>>>>>>>連也

788 :無名草子さん:2006/09/05(火) 14:21:59
>>787
待て、爺さんになっても子を作った二郎三郎の
性欲を忘れてもらっては困る

まだ勃つというだけで称賛に値する

789 :無名草子さん:2006/09/05(火) 14:41:22
それを言うなら齢八十を越えて女を抱く幻斎も相当なもんだが、幻斎のは性『欲』とは違うんだよな
単純な性欲だけなら連也並にしかないだろうし

790 :無名草子さん:2006/09/05(火) 21:25:10
高木君って誰のことだっけ?

791 :無名草子さん:2006/09/05(火) 22:45:16
長崎のエロ商人

792 :無名草子さん:2006/09/06(水) 17:01:27
娘とつがおうとしたやつね。

793 :無名草子さん:2006/09/06(水) 22:02:07
あれで結局、娘でもなんでもなかったら…

794 :無名草子さん:2006/09/06(水) 23:16:28
娘だという前提で隆が書いてるんだから娘なんだよ


795 :無名草子さん:2006/09/07(木) 13:17:59
ーー本人後輪中! 盗作同士の激バトル?!

賞金500万円詐欺盗作佐藤亜紀(盗作本バルタザールの遍歴)を
田口ランディが叩きつぶしてる…w


【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原一   

796 :無名草子さん:2006/09/07(木) 14:54:19
>>793
娘かどうか分からないけど、娘だとしてもヤルって言ったから
ティンコすっ飛ばされたんだよ

797 :無名草子さん:2006/09/07(木) 23:33:42
そもそも娘でなかったとすると、小娘の妄想がきっかけで
思わぬ災厄に見舞われることになった高木君カワイソス。

798 :無名草子さん:2006/09/09(土) 22:35:15
高木君の人気に嫉妬w

799 :無名草子さん:2006/09/10(日) 08:38:13
秀忠

800 :無名草子さん:2006/09/10(日) 10:01:02
>>799
秀忠のチンコも吹っ飛ばせと?

801 :無名草子さん:2006/09/11(月) 15:31:01
>>795
そのスレ凄い。盗作で賞金500万円泥棒だと!佐藤亜紀って奴
    盗作本「バルタザールの遍歴」

ここ
 ↓        
【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原

本人後輪!! 盗作犯人同士がバトル?!

802 :無名草子さん:2006/09/11(月) 21:01:57
>>800
裏柳生の警備を抜けて出来るとでも?

803 :無名草子さん:2006/09/11(月) 21:05:30
>>802
六郎や忠輝なら裏柳生なんていないのも同じ。

804 :無名草子さん:2006/09/11(月) 21:10:15
それなら兵庫助の方が使える

805 :無名草子さん:2006/09/11(月) 22:26:38
不殺がモットーの筈の後水尾天皇が淀君暗殺を提案したことについて何かあるか?

806 :無名草子さん:2006/09/11(月) 22:32:20
君子豹変す

時にモットーをかなぐり捨ててでもより良い選択をするのが優れた為政者というものだ

807 :無名草子さん:2006/09/13(水) 08:36:10
つまり秀忠は優れ(ry

808 :無名草子さん:2006/09/14(木) 02:44:25
>807
オチからゆうとそうだな。

世間向けには小心で孝行息子の仮面をかぶって地味に安定政権
背後で徳川100年の安泰に邪魔になる豊家恩顧の大名を次々○゜ア

優れているじゃないか。息子がモーホに走ったのだけは誤算だったろうが

809 :無名草子さん:2006/09/14(木) 14:04:07
後年の秀忠の政治手腕は二郎三郎との戦いの結果培われたものだよ。
『かぶいて候』の秀忠が円熟期にあたる。

『かぶいて候』誰か補完完結させてくれないものか・・・
未完作品多すぎだよ隆先生・・・

810 :無名草子さん:2006/09/14(木) 14:54:55
>>809
あれは秀忠の影武者に決まってるだろ

811 :無名草子さん:2006/09/14(木) 15:56:56
『影武者徳川秀忠』
『ひがんで候』

812 :無名草子さん:2006/09/14(木) 17:42:29
『かぶいて候』には柳生出てこなかったな。
忠長の刺客郡、弱すぎ。

813 :無名草子さん:2006/09/14(木) 19:07:33
ま、太平の時代の刺客だしな

814 :無名草子さん:2006/09/15(金) 02:17:40
>812
御三家(特に尾張)じゃなくて“たかが”駿河大納言だからな


815 :無名草子さん:2006/09/15(金) 17:34:57
忠長もどうせ刺客に選ぶなら虎眼流の人間でも選べばいいものを。
水野とも良い勝負とをするぞ。

816 :無名草子さん :2006/09/16(土) 04:00:37
>>812
しかしその忘れ形見は大活躍するんだぞ。長☆郎とか言ったかな…。

817 :無名草子さん:2006/09/16(土) 17:21:27
かぶいて候には、幡随院長兵衛って出てくるんだっけ?

818 :無名草子さん:2006/09/16(土) 18:51:34
>>817
出てこない。幡随院長兵衛は息子の相手だ。かくれさとの次回作を
書く事が出来ていればそっちで出てきただろう。

819 :無名草子さん:2006/09/20(水) 20:43:42
秀忠の左すねが折れるように祈りながら保守

820 :無名草子さん:2006/09/21(木) 10:40:01
…おぬし、中納言様に恨みでもあるのか。

821 :無名草子さん:2006/09/21(木) 12:34:09
風呂場でたまにあの呪法を試みてしまう俺。

822 :無名草子さん:2006/09/21(木) 18:11:08
真人が仲間になってこれから面白くなるという所で中断した花と火の帝は
今でも俺の愛読書です。
俺の知っている限りでこれほど『天皇』という存在を人間くさく描いた
作品はありません。

日本史板で訊ねて見たら秀忠による皇子殺しは本当だったそうだ。

823 :無名草子さん:2006/09/21(木) 21:00:15
その本当ってどの程度本当なんだろ。

824 :無名草子さん:2006/09/21(木) 22:15:54
家康が影武者だったという事と同じくらい本当

825 :無名草子さん:2006/09/22(金) 00:43:42
やっぱり。

826 :無名草子さん:2006/09/22(金) 14:01:57
>>809
影武者徳川家康はある意味秀忠の成長物語だからな

黒いほうにばかり成長してはいるが

827 :無名草子さん:2006/09/22(金) 20:00:46
影武者徳川家康はある意味柳生の衰退物語

828 :無名草子さん:2006/09/22(金) 21:04:15
田舎の土豪から将軍側近までになったんだが

829 :無名草子さん:2006/09/23(土) 23:01:56
しかも息子は将軍さまの愛人にもなったし

830 :無名草子さん:2006/09/24(日) 09:54:54
お主ここは初めてか、力を抜くがよい

831 :無名草子さん:2006/09/24(日) 18:32:51
宗矩個人はともかく、柳生の庄全体で考えると間違いなく衰退物語。
領主のエゴのために前途有為の若者が何人殺されたか。

832 :どうしても衰退物語にしたいようだが…:2006/09/24(日) 21:18:27
一族の出世の為に参戦するのはあの普通にあったことだし、
戦えば死人がでるのは当たり前。
報われずにただ死んでいくだけだった者達も多かったであろう中、
幕末まで続いた大名の基礎の代償としては軽いとも言える。

これは単に単に宗矩一身、あるいは柳生家に限ったことだけではない。
宗厳の代のことを考えれば、宗矩の政策により、とにもかくにも外来
領主の支配の下におかれることを避けられたことは、柳生の庄全体の
利益でもある。
例えば、主家が改易されて、旧領主の家臣が差別的な下層階級に
置かれた例もある。新領主の治世が安定するまで、多くの血が流される
ことも。旧主の根拠地として長期に渡って冷遇されることもある。

833 :無名草子さん:2006/09/24(日) 22:34:55
柳生家は結局大名になれたんだから
裏柳生たちの死はまだ報われてるほうだよな

かぶいて候の秀忠は円熟してるけど
水野の返答にキレかけたりビビったりしてて
往年の小物っぷりがちらっと垣間見えるのが微笑ましい

834 :無名草子さん:2006/09/25(月) 16:43:23
報われないと言えば誠一郎

835 :無名草子さん:2006/09/26(火) 16:53:03
お小夜に死なれ、勝山に死なれ

836 :無名草子さん:2006/09/26(火) 19:46:32
いつも思うけど、隆先生は宗矩&十兵衛親子と秀忠になにか恨みでもあったのだろうか

837 :無名草子さん:2006/09/26(火) 20:57:17
十兵衛は一般的に強いというイメージがあるから
強さを示すための試し割りの材料として使いやすいんだろうね

秀忠は酒井忠清とか鍋島光茂に比べるとまだマシなほうだと思う

838 :無名草子さん:2006/09/26(火) 23:53:59
>>836 いや、愛。

839 :無名草子さん:2006/09/27(水) 07:00:38
江戸期初期における隆慶ワールドの強さの単位

「十兵衛」

840 :無名草子さん:2006/09/27(水) 08:10:51
>>836
俺も、愛、だと思う。

841 :無名草子さん:2006/09/27(水) 17:15:34
>>801
そのスレ面白い。盗作で500万円詐欺した佐藤亜紀てのが
 「赤裸々告白」してる。 盗作本「バルタザールの遍歴

   ↓
【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原

本人後輪中。盗作犯人同士がバトル?!


842 :無名草子さん:2006/09/28(木) 01:51:33

いい加減にしろ 


843 :無名草子さん:2006/09/28(木) 11:49:08
だまれ、秀忠め!

844 :無名草子さん:2006/09/28(木) 15:18:12
左膝折っちゃえ

845 :無名草子さん:2006/09/28(木) 18:22:00
詫びにいっても中々会わせてもらえず
やっとお目通りがかなったと思ったら銃突きつけられる宗矩萌え

846 :無名草子さん:2006/09/29(金) 11:15:20
>>845
秀忠みたいに顔色を赤→白→青と変えれるようにならないとダメだよ

847 :無名草子さん:2006/09/29(金) 13:00:45
ぐぐつ
くかいの人
さんか

ワンパターワロスwwwwwwwwwwwww

ま、面白いからいいんだろうが・・・・

848 :無名草子さん:2006/09/29(金) 18:31:43
しかし、諜報能力に優れたり、鎌の扱いがうまかったりする百姓が
ゴロゴロ出てくるのもイヤだしなぁ

849 :無名草子さん:2006/09/29(金) 20:04:16
>>846
ヘコまされるたびに一々面白い反応するからな秀忠

850 :無名草子さん:2006/09/30(土) 01:15:17
>>848
wwwwwwwwww

851 :無名草子さん:2006/09/30(土) 19:53:29
>>847
別にいいのでは。他の歴史小説作家だってお約束のキーワードは多い。

池波正太郎なら「盗めの三ヶ条」「無頼浪人の巣」「密偵」
藤沢周平なら「家老と中老の派閥抗争」「裏店」「道場に伝わる秘剣」てな具合に。

852 :無名草子さん:2006/09/30(土) 22:19:41
>>848
ホーミング鎌を操る百姓が一揆起こしたら、SAKONあたりが出動しないと
どうにもならなそうだよなあw

853 :無名草子さん:2006/10/01(日) 09:26:07
漫画版のあの人は化け物だな。六郎も剛掌波撃つし

854 :無名草子さん:2006/10/01(日) 11:21:10
もっと展開を早くすれば、影武者も打ち切られることなかったと思う。
グダグダと人情話をやり過ぎ!
SAKONは宇宙的にずれていた。

855 :無名草子さん:2006/10/02(月) 00:01:05
>854
あれはあれで良かったと思う。
掲載していたのが、ジャンプじゃなかったらなぁ…。



856 :無名草子さん:2006/10/02(月) 00:01:52
あ、影武者の方ね。
SAKONは完全にだめだった。w

857 :無名草子さん:2006/10/04(水) 09:24:54
不動金縛りの術を使う秀忠
ホーミング鎌を自在に操る秀忠
馬と心を通わせ天に愛される秀忠


858 :無名草子さん:2006/10/04(水) 13:10:24
三つ目ありえねえ

859 :無名草子さん:2006/10/04(水) 18:19:28
寝室で呪咀をする秀忠は似合ってるな

後水尾天皇の敵だから使えるかどうかは別として

860 :無名草子さん:2006/10/04(水) 20:11:03
つか、ぜんぶありえねえ。w

861 :無名草子さん:2006/10/05(木) 14:04:21
脳内妄想で父親を嬲り殺しては悦に浸る少年期の秀忠。

まるで現代の消防厨房じゃないか。

862 :無名草子さん:2006/10/06(金) 13:22:07
少しくらいかっこいい秀忠がいたっていいじゃないか!

863 :無名草子さん:2006/10/06(金) 13:28:14
サウザーみたいな秀忠とか?

864 :無名草子さん:2006/10/06(金) 13:41:04
秀忠「わが治世に一片の悔い無し!」

865 :無名草子さん:2006/10/06(金) 13:43:48
それラオウ

866 :無名草子さん:2006/10/06(金) 14:34:23
秀忠なんか可哀想だよな
優秀かどうかはさて置いて、徳川幕府を安定政権にした最大の功労者と言ってもいいくらいなのに

道々の輩を美化してるけど、あんないい加減な寄生虫みたいな連中だけでは国は成り立たないんだし
他国に侵略されない程度の規模のアイデンティティーを確立することが出来たのも
農耕を国の基本としたことによる人口の増加によるものなんだし
その農耕を掌握して実質的な統治権を握った武士が、農耕を基本とする体制を敷くのは当然だし
武士を含む定住者からすれば、道々の輩なんか国の根本を揺るがすような悪の存在でしかないだろうに

定住せず、税を払わず、体制に馴染まず、こんな連中のどこが素晴らしいんだ?
男は狩りをし、女は売春ってw 風紀を乱しすぎだろ!そりゃ差別もされるわな

867 :無名草子さん:2006/10/06(金) 14:42:09
そのとおりだ。
まったくもって一般的な認識はそうなるにちがいない。

だが、それを逆にして小説にしたてた
隆慶一郎氏の物語が面白いわけで

別に史実でもなんでもないんだから
楽しめばオールOK

868 :無名草子さん:2006/10/06(金) 15:23:19
>>867
いや、まったく同意。俺が吼えたのはその連中を愛し始めてる自分に気付いたからなんだ。

お雪!

869 :無名草子さん:2006/10/07(土) 00:50:38
『捨て童子・松平忠輝』を読んでるとニヤリとする箇所がたくさんあるね。
『影武者徳川家康』と重なる場面とか。

二条城の会見の時の九鬼守隆の一件で、屋根裏から忠輝が見てた戦闘で六郎が左手を失ってたり
その六郎が大久保長安を廃人にしに行った時に、才兵衛とひょっとこ斎をちら見してたり。
加藤清正が暗殺されるくだりもほぼ同一だし、かぶってることが嬉しいなんていいね。
まったく別の物語なのに家康と本多正信の掛け合いが面白かったり、秀忠と宗矩のまったりコンビもいい。
けっしてコピペじゃなく、少しだけ角度をずらした感じが何とも言えずよいね。
二郎三郎よりも家康の方が腹黒だけど。

870 :無名草子さん:2006/10/07(土) 12:43:56
秀忠「退く!媚びる!省みる!」

871 :無名草子さん:2006/10/07(土) 21:06:33
まさに秀忠

872 :無名草子さん:2006/10/07(土) 22:43:46
宗矩「ここで退くの?また媚びるの?やっぱり省みるの?トホホ…」

873 :無名草子さん:2006/10/08(日) 00:34:44
>870
でも懲りない。のがサイキョウ


874 :無名草子さん :2006/10/08(日) 17:50:58
宗矩「だがそれがいい!」

875 :無名草子さん:2006/10/09(月) 10:01:36
まあ、たしかに『それ』がいいのは間違いないんだが。w

876 :無名草子さん:2006/10/09(月) 16:05:39
まあ秀忠だし

877 :無名草子さん:2006/10/10(火) 10:03:08
でも秀忠だよ

878 :無名草子さん:2006/10/10(火) 10:30:26
お前ら秀忠を何だと思ってやがるんだ

879 :無名草子さん:2006/10/10(火) 12:02:36
隆作品の中の妖精

880 :無名草子さん:2006/10/10(火) 13:38:35
アセチレン・ランプみたいなもんか

881 :無名草子さん:2006/10/10(火) 14:45:55
>880
普段は小悪党。たま〜に良い人か。w



882 :無名草子さん:2006/10/10(火) 16:47:12
>たま〜に良い人か。

そいつは影武者

883 :無名草子さん:2006/10/10(火) 16:51:53
ヘタレでDQNで「今に見ておれ!」が口癖の苦労が絶えない人

884 :無名草子さん:2006/10/10(火) 17:01:25
顔の色がよく変わる面白い人

885 :無名草子さん:2006/10/10(火) 19:56:34
屈辱にまみれたり、敗北感に打ちのめされたり、心中察したくなる人

886 :無名草子さん:2006/10/12(木) 11:04:25
おのれ貴様ら…今に見ておれ!

887 :無名草子さん:2006/10/12(木) 13:20:42
【秀忠】隆慶一郎【ファン倶楽部】

888 :無名草子さん:2006/10/12(木) 22:59:30
かくして秀忠は今日も復讐に邁進するのであった…



自分の脳内で。

889 :無名草子さん:2006/10/13(金) 02:34:43
さすが秀忠公にござる

890 :無名草子さん:2006/10/13(金) 10:42:58
ぶっちゃけ、隆さんが叩けば叩くほど秀忠公のキャラが立ちまくって人気が出るんだよな。
実際の秀忠公はナイス名君と言ってもいいくらいだしね。

891 :無名草子さん:2006/10/14(土) 10:55:14
SAKONの秀忠のキャラで一番違和感があったのは、彼が女を何人も
侍らしてる場面が出てきた時だな。

892 :無名草子さん:2006/10/14(土) 12:51:56
人間臭くて好きだな、秀忠。
小物っぽいところがまたいい。

893 :無名草子さん:2006/10/14(土) 14:20:27
>891
恐妻家もしくは愛妻家てことになってる(隆慶版の秀忠は演技も入ってるが)からなー


894 :無名草子さん:2006/10/14(土) 18:11:47
ちなみに同じ原版でも、「影武者〜」の方では奥さんと2人で寝てる描写があったりした

895 :無名草子さん:2006/10/14(土) 23:54:11
>>891
確かに、あの秀忠には違和感あったな。
だが、原作どおりに秀忠を描いた場合、
「恐妻家でメンヘル気味の小心陰険おやぢ」
になってしまうから、ジャンプには不向きだしw

896 :無名草子さん:2006/10/15(日) 05:18:02
ストレス解消に家臣の前で女はべらせてみたけど
あとで嫁にばれて折檻される秀忠タソ(*´Д`) ハァハァ

897 :無名草子さん:2006/10/15(日) 11:45:23
松平忠輝など、超人が主人公の隆慶作品の中で
秀忠のみが、リアリティあふれる人材として光り輝いている

だって、どこの職場にもいるでしょ
こういう権謀術数を駆使する奴w

898 :無名草子さん:2006/10/16(月) 03:47:05
そして自己保身のため、嫌々ながら上司のわがままを引き受けちゃう部下

それにしても隆さんの秀忠はいいよね。
できればあのままのキャラの秀忠主人公で一本書いて欲しかったよ。
送りバント・徳川秀忠 とか 

899 :無名草子さん:2006/10/16(月) 07:16:43
誠さんとか忠輝とかかっこいい人物が多い中一人だけヘタレな秀忠公は嫌に目立つだろうなあ

900 :無名草子さん:2006/10/16(月) 08:45:10
秀忠一人がヘタレというわけではあるまい

901 :無名草子さん:2006/10/16(月) 15:27:53
偶然見つけたずっと前の『影武者徳川家康』のスレでも秀忠公の扱いについて文句が出てたw
でも、愛されてるやん

902 :無名草子さん:2006/10/16(月) 21:53:40
「信長の野望 天翔記」に暗殺技能がついたのも
当時のシブサワ・コウが隆慶のファンだったという話もあったな。

隆慶作品で一番の悪役(やられ役)は、やはり秀忠だよな。

903 :無名草子さん:2006/10/16(月) 22:17:16
やられ役は高木君
そこは譲れない

904 :無名草子さん:2006/10/17(火) 11:29:10
いま、『柳生忍法帖』を読んでるんだが、どうしても十兵衛に違和感を感じてしまう


ヘタレ具合は佐賀藩の次期当主も捨てがたい

905 :無名草子さん:2006/10/17(火) 18:00:45
>>902
正確には秀忠が暗殺技能を保持してるのが、だな。
知力は高いが、戦闘能力が全然アレなので(成功確率には両方の能力が関わる)
一流どころを暗殺するのは厳しい。鬼っ子様を殺そうとしても無理だな。
「松平忠輝はなかなか手ごわく しとめ損ないました」
鬼っ子様はかなり能力高いです。戦闘はもちろん、政治、知謀もなかなか。
このあたりもシブサワが隆慶ファンじゃないかと言われる一因。

906 :無名草子さん:2006/10/17(火) 20:19:55
高木君って誰???

907 :無名草子さん:2006/10/17(火) 21:24:31
金玉吹っ飛ばされた人

908 :無名草子さん:2006/10/17(火) 23:24:56
秀忠公こそ真のKING OF へタレ。

909 :無名草子さん:2006/10/18(水) 00:18:37
あんな人外どもと渡り合おうとした
結城は認めてやらんと

910 :無名草子さん:2006/10/18(水) 00:49:20
いや、ヘタレ王は大老の酒井だろ。

911 :無名草子さん:2006/10/18(水) 00:52:22
知恵伊豆だよ

912 :無名草子さん:2006/10/18(水) 17:00:17
わしは四井主馬さまが・・・

913 :無名草子さん:2006/10/18(水) 19:21:31
漫画と混同するって馬鹿じゃねえの?

914 :無名草子さん:2006/10/18(水) 19:36:22
>>912>>913に果たし合いを申し込むにちがいない

915 :無名草子さん:2006/10/18(水) 19:37:11
じゃあ>>914に立会人を頼むよ

916 :無名草子さん:2006/10/18(水) 20:15:49
じゃぁ>>915は木の上で待機な

917 :無名草子さん:2006/10/18(水) 23:40:04
鬼っ子さま、杢之助、慶次郎などなどなど、隆慶作品の主人公には超人が多い
格闘ゲームなど作れたら、えらいことになりそうな。

918 :無名草子さん:2006/10/18(水) 23:48:53
どうせ全員捨丸の火縄銃でやられるよ、多分。

919 :無名草子さん:2006/10/19(木) 00:03:49
鬼っ子さまを襲った柳生忍び・ジバクくんの自爆も意外と強力w

920 :無名草子さん:2006/10/19(木) 03:43:41
>913
一夢庵でもへたれやん。

「すんだか、手配」


921 :無名草子さん:2006/10/19(木) 11:47:00
治部忘れるなよ

922 :無名草子さん:2006/10/19(木) 11:51:15
>>921
影武者の時の三成はカッコいいからな

923 :無名草子さん:2006/10/19(木) 11:52:36
治部は朝鮮出兵を境に変わったよなw

924 :無名草子さん:2006/10/19(木) 16:03:37
「見知らぬ海へ」の治部は滅茶苦茶カッコ悪かったw。

925 :無名草子さん:2006/10/19(木) 17:42:18
金吾もな

926 :無名草子さん:2006/10/19(木) 17:50:31
今テレビで野猿の暴走ぶりが取り上げられていたが、墓の供え物の
ビールを飲む猿を見て、萬右衛門の大猿を思い出してしまった。
被害に遭ってる人達からすれば笑い事じゃないが。

927 :無名草子さん:2006/10/19(木) 17:53:58
利家ひどいよ利家
司馬の関ヶ原ではすげーかっこいいのに

928 :無名草子さん:2006/10/19(木) 18:09:51
治部(見知らぬ海へ)=知恵伊豆 どうもこういう分類に思える

929 :無名草子さん:2006/10/19(木) 21:41:55
花と火の帝は自分の知る限り、初めて「天皇」を人間らしく描いた小説だと思う。

930 :無名草子さん:2006/10/19(木) 21:45:42
いくら数百年前の人とはいえ、皇族を小説のネタにはしにくいからな
それだけに余計人間臭く読めたのだろう

931 :無名草子さん:2006/10/20(金) 17:24:19
一夢庵読んで気に入ったんだけど
慶次関係のオススメの本ないですか?

932 :無名草子さん:2006/10/20(金) 18:43:31
一夢庵を読んで気に入ったなら、他に慶次の出てくる本でお勧めは無いんじゃないのかな

933 :無名草子さん:2006/10/21(土) 00:28:32
生きて候で代用すれば?

934 :無名草子さん:2006/10/21(土) 07:47:31
いくさ人が読みたいなら『死ぬことと見つけたり』でも

935 :無名草子さん:2006/10/21(土) 09:46:30
慶次に興味出たので
他の視点とかの読んでみたかったんです

936 :無名草子さん:2006/10/21(土) 10:49:47
>>935
南条範夫の傍若無人剣はどうかな?
作者はシグルイの原作者の人。

937 :無名草子さん:2006/10/21(土) 11:07:00
死狂い?

938 :無名草子さん:2006/10/21(土) 12:37:45
>936
なんじょーつうと300年のベール。とか <前慶でてこないよ


939 :無名草子さん:2006/10/21(土) 12:47:40
>>935
海音寺とか風太郎でも呼んでろよ

940 :無名草子さん:2006/10/21(土) 14:18:05
津本陽の前田利家に少しだけ出てくるな。例の足を買おうとした話など。

941 :無名草子さん:2006/10/21(土) 16:39:51
真田太平記だったかで少しだけ言及されてたな。上杉家の軍に彼が加わったと
いう話が情報として入ってきて、上杉が名高い浪人を抱え込んで戦力を増強
しようとしてるという話になるだけだけど。

942 :無名草子さん:2006/10/22(日) 19:57:05
歴史街道とかいう雑誌の今月号が前田慶次郎特集だった。
ttp://www.fujisan.co.jp/Product/5765
改めて読む価値があるかどうかは…

943 :無名草子さん:2006/10/22(日) 20:02:32
リンクは出版元の方が良かったか。
ttp://www.php.co.jp/magazine/detail.php?code=84223



944 :無名草子さん:2006/10/23(月) 12:35:29
タイトル忘れたが、立ち読みで目に入った一文。

「信長は名家のお坊っちゃんだ」

読書意欲を一撃で削ぎ落とされた。

945 :無名草子さん:2006/10/23(月) 21:15:59
>>944
影武者家康の一場面、二郎三郎と弥八郎が伊勢長島に立てこもって
餓死寸前の場面。

二郎三郎「あいつはとことん追いつめられた人間の怖さをしらない」
二郎三郎から見れば信長は名家の御曹司である。いわばお坊ちゃんだ。
これまで生きてくるうえでそれなりの苦労はあっただろうが
餓死寸前の土壇場まで追い込まれた人間の凄まじい反発力など知るわけがない。

あくまで二郎三郎から見ればね。

946 :無名草子さん:2006/10/24(火) 06:58:47
お坊っちゃんといえば秀忠

947 :無名草子さん:2006/10/24(火) 07:14:12
十で神童、十五で才子、二十歳過ぎればただの人
を体現した秀忠

948 :無名草子さん:2006/10/24(火) 15:00:30
>おもろいスレ見た。本人後輪中!
>盗作で賞泥棒中年女・佐藤亜紀てのが(盗作本バルタザールの遍歴)
>田口ランディに叩きのめされ狂いまわって「うんこ」と自称してるw

>,ここ ↓
>【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原一  盗作同士激バトル?!w


949 :無名草子さん:2006/10/24(火) 15:16:34
風太郎て面白いの?

950 :無名草子さん:2006/10/24(火) 15:19:42
風太郎スレで聞いて来い

951 :無名草子さん:2006/10/24(火) 15:59:44
慶一郎て面白いの?

952 :無名草子さん:2006/10/24(火) 16:08:33
ここは面白いと思ってるやつの集まりだ

953 :無名草子さん:2006/10/24(火) 16:21:57
柳生一族て噛ませ犬なの?

954 :無名草子さん:2006/10/24(火) 16:24:34
噛ませ犬というよりヤムチャ的役割。

955 :無名草子さん:2006/10/24(火) 16:55:48
万毛むしったりな

956 :無名草子さん:2006/10/24(火) 17:58:34
柳生と秀忠公は最強のコンボ

957 :無名草子さん:2006/10/24(火) 18:45:42
こうなったら原哲夫に秀忠主役で影武者の続編描いてもらいたいね

958 :無名草子さん:2006/10/24(火) 19:38:56
鬼っ娘さまを描いてくれる作家はおらんかのう

959 :無名草子さん:2006/10/24(火) 19:45:29
忠輝なら横山が描いたろ

960 :無名草子さん:2006/10/24(火) 20:05:44
忠輝のことか
娘とか書くから岩介の嫁かとおもた

961 :無名草子さん:2006/10/24(火) 21:25:31
www

962 :無名草子さん:2006/10/25(水) 22:48:45
秀 忠 以 外 は オ マ ケ
秀 忠 以 外 は た だ の 飾 り

963 :無名草子さん:2006/10/26(木) 03:20:18
極論w

964 :無名草子さん:2006/10/26(木) 15:48:10
秀忠といえば関が原での遅参が有名だが
多くの歴史家や小説家が「結果的に徳川軍を温存させた」と肯定的な評価だが
隆慶先生は手厳しい。

皆はどう思う?

965 :無名草子さん:2006/10/26(木) 20:53:11
あくまで結果論だから肯定してるわけでもないんでは?
ヘタ打った事に変りはないんだし。

時代劇でも漫画でもなんでもいいが、誰か死ぬこととみつけたりを映像化せんかのう。
一夢庵もいいけど、オレはこれが一番好きだわ。(万右衛門が親しみ易いからかな?)

966 :無名草子さん:2006/10/26(木) 21:07:43
なんかの小説じゃ、あの遅参は秀忠の策略だった、って話もあったな。

967 :無名草子さん:2006/10/26(木) 21:48:57
死ぬこととみつけたりの映像・漫画化は無理だよ。
何せ原作が未完成な上に下手に門外漢の脚本家・作家が独自の最後考えても
俺らのような古参隆慶ファンからブーイングくるのは目に見えているし。

968 :無名草子さん:2006/10/26(木) 22:05:15
杢之助がMOKUNOSUKEにそのうちなるよ


ねぇ、原先生

969 :無名草子さん:2006/10/27(金) 01:06:17
別に「関が原で野戦しましょ、そうしましょ」って打ち合わせしてたわけじゃないんだから
秀忠様が遅参も糞もないわけだが。秀忠様の部隊は東山道筋を平定することが第一なんでしょ。
いざという時に東山道筋がざわついてたら危ないでしょ。秀忠様は大局を見通してたんだよ。


宗矩「秀忠様、ネット対策は万全でござりまする」
秀忠「お前は頼りになるのぅ」


970 :無名草子さん:2006/10/27(金) 01:07:01
え?笑うところ?

971 :無名草子さん:2006/10/27(金) 01:44:38
いや、逆袈裟で斬り上げるところ

972 :無名草子さん:2006/10/27(金) 05:43:42
唐竹で斬りおろすとこでしょ?

973 :無名草子さん:2006/10/27(金) 06:32:21
眉間割り

974 :無名草子さん:2006/10/27(金) 07:13:44
>>969
チ ー ム 柳 生 ( 笑 )

975 :無名草子さん:2006/10/27(金) 10:53:18
>>965
TVでアクション入りの時代劇やるには予算が圧倒的に足りないし、
映画じゃ尺がなさ過ぎるので、漫画が一番妥当だと思う。

「死ぬこととみつけたり」は、ある意味では漫画化しやすはずなんだよな。
短編の集合だし、杢、求、萬の主役三人のキャラも、天然、冷静、熱血と、
漫画の王道で。いきなりエロシーンもあるしw
まんまやれとは言わんから、シグルイみたいに独自解釈でいいんで誰か描かんかな。

976 :無名草子さん:2006/10/27(金) 13:58:40
謀反兵面白いね
一夢庵の続編として脳内変換してる

977 :無名草子さん:2006/10/27(金) 17:31:38
左手の人差し指を蚊に三ヶ所刺された事を
完治するまで忘れたんだが、私はいくさ人になれそうですか?


978 :無名草子さん:2006/10/28(土) 12:18:55
>>977
いくさ人とは即ち死人…
死人が痒みをおぼえるかい?
つまり君は立派ないくさ人だよ


セクロスするときは生きてるらしいから痒くなるかもよ

979 :無名草子さん:2006/10/28(土) 19:37:20
次スレが必要ぞ

980 :無名草子さん:2006/10/29(日) 18:00:36
【徳川秀忠】隆慶一郎【柳生宗矩】その 3

981 :無名草子さん:2006/10/29(日) 20:01:34
前スレを立てた人間としては正直、3スレ目まで行くとは思わなかった

982 :無名草子さん:2006/10/30(月) 15:53:47
このスレ見てると秀忠モノが読みたくなる

983 :無名草子さん:2006/10/30(月) 17:27:34
戸部新十郎「徳川秀忠」が有名だよ。>>982

984 :無名草子さん:2006/10/30(月) 18:57:25
文庫は絶版か

985 :無名草子さん:2006/10/30(月) 19:46:31
白い秀忠&宗矩が読みたい人は山岡荘八をどうぞ。

986 :無名草子さん:2006/10/30(月) 20:49:10
山岡版の秀忠は如何にも徳川実記の記す温厚篤実な無色透明で
隆慶ワールドの後に読むと違和感あり杉

987 :無名草子さん:2006/10/31(火) 09:57:24
次スレ立てられなかった

誰か頼む

988 :漏れも無理だったぽ:2006/10/31(火) 11:36:48
>987
<スレタイ案>
【徳川秀忠】隆慶一郎【柳生宗矩】その 3
【吉原御免状】隆慶一郎【裏柳生】その 3 こんなん? 

スレタイは立てられる人に頼むのがいいか・・一応作品名か作中の重要キーワードで。

<テンプレ案> ほとんど2スレのコピペ。すまん
代表作「一夢庵風流記」「影武者徳川家康」から、
未完のままで終わってしまった「死ぬことと見つけたり」等、
隆慶一郎の作品について、色々と語ろう。

◆前スレ◆
【一夢庵】隆慶一郎【影武者】その 2
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1132301480/

◆関連スレ◆
時代劇板:隆慶一郎を買おうと思って峰隆一郎と間違えた
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/kin/1028444070/

◆過去スレ◆
【一夢庵】隆慶一郎【影武者】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1097505310/

劇団新感線で「吉原御免状」が舞台化された時の演劇スレは落ちトル。
演劇・役者板:【堤・松雪】吉原御免状【新感線】part2
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/drama/1128221522/ (DAT)

989 :無名草子さん:2006/10/31(火) 12:25:10
【吉原御免状】隆慶一郎【裏柳生】 其の参
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1162265036/

建ったぜ

990 :無名草子さん:2006/10/31(火) 12:42:51
>>989

では、家康公の亡骸を秘密裏に埋めるか・・・。

991 :無名草子さん:2006/10/31(火) 20:22:09
>>989


じゃぁ、俺は杢之助と一緒に西の方に泳いでくる

992 :無名草子さん:2006/10/31(火) 22:06:25
秀忠を
逆袈裟一閃
柳生謀叛

993 :無名草子さん:2006/11/01(水) 08:29:36
>989
大儀でござった。・・・飲"や"るか? ニヤソ

994 :無名草子さん:2006/11/01(水) 08:45:30
大阪城の外堀埋め

995 :無名草子さん:2006/11/01(水) 09:19:32
内堀も埋め

996 :無名草子さん:2006/11/01(水) 09:21:15
怒った秀頼大阪城浪人で埋め

997 :無名草子さん:2006/11/01(水) 09:22:14
家康大阪城下大軍で埋め

998 :無名草子さん:2006/11/01(水) 09:24:17
真田丸の掘で前田軍埋め

999 :無名草子さん:2006/11/01(水) 09:25:16
山里廓で秀頼生き埋め

1000 :無名草子さん:2006/11/01(水) 09:31:56
1000なら秀忠暗殺成功。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

168 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)