5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【岩波】買ってはいけない新書【ちくま】

1 :無名草子さん:2006/02/12(日) 09:50:08
岩波新書やちくま新書のように激しく金返せなクソ新書を上げていくスレです。

前スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1039766618/l100

2 :無名草子さん:2006/02/12(日) 11:25:20
ワロスw
どう考えても新潮や光文社の方が糞本多いと思うw
岩波新書も確かに最近のは10冊出ても1冊ぐらいしか読みたいのはないけど。
ちくま新書は当たり外れのギャップが激しいような気がするけど、
それこそ新書の醍醐味でもある。
まぁ見るからに糞本(自分にとってだけど)は最初から手に取らないから、
ネタにもならないんだけどね。。

3 :無名草子さん:2006/02/12(日) 11:49:48
新潮は当たりはずれが激しい。ただ、全般的に岩波や筑摩よりは上。
「司法のしゃべりすぎ」や「国家の品格」はかなり優れていた。
光文社については禿同。売れれば何でも良いというクソ本が多い。
さおだけ屋はともかく下流社会は呆れた。

低俗な新書ばかり出す出版社は
1位:岩波
2位:光文社
3位:角川
で決まり。

4 :無名草子さん:2006/02/12(日) 12:42:52
岩波については同感だが、光文社と角川入れ替えたら?

5 :無名草子さん:2006/02/12(日) 13:04:00
まだやるの、このスレ?

6 :無名草子さん:2006/02/12(日) 15:31:38
新スレ乙。
新書市場は文春が内容でも販売部数でも圧倒的だな。
角川は面白いさならそこそこ満足できるのだが。

7 :無名草子さん:2006/02/12(日) 15:38:01
岩波新書は終わった

8 :無名草子さん:2006/02/12(日) 15:46:59
>>7
一応、岩波新書は新書売上1位を続けている。

9 :無名草子さん:2006/02/12(日) 17:57:10
「超バカの壁」という本が出たのにはワラタ

10 :無名草子さん:2006/02/12(日) 18:15:42
まあ、ウヨ厨房の立てた鬱憤晴らしのスレだろ。
本を読まない連中は頭弱いよな…。

11 :無名草子さん:2006/02/12(日) 19:32:06
>>8
ソースは?

12 :無名草子さん:2006/02/12(日) 19:34:18
ちくま新書は確かにひどいぞ。
文庫の方も単行本の方もいい出版社だと思っていたが
新書は目も当てられない。

新潮もひどいけど。

13 :無名草子さん:2006/02/12(日) 21:55:53
>>8
それは93年までの話だろ。94年に首位陥落してからは一度も首位に立っていない。
今の岩波は新書売上全体のうちシェアとしては5%もないよ。

14 :無名草子さん:2006/02/13(月) 00:33:18
何でこんなに凋落したんだろうね岩波は

15 :無名草子さん:2006/02/13(月) 00:40:55
単純に岩波新書が目指す教養に興味のない人が増えてきたからなんじゃない

16 :無名草子さん:2006/02/13(月) 01:04:32
今時インテリげんちゃんは流行んないからね。
世界で一番馬鹿になった大学生のレベルみりゃわかるだろうな。
少子化でインテリが子供生まなくなるとこうなる。
小中学生並みの文章しか書けないやつ多いし。
まともに答案や論文なんて書けやしない。
専門書読むどころか、新書程度でも難しいらしい。
それでも大学生というプライドだけは一人前にあるらしく
専門学校なんかを馬鹿にする。
強姦サークルだらけじゃ意味ねえわ。
そんな時代に、教養もくそもない、賢い人間の背後人口が薄くなって
拝金主義や自己本位、欲望に忠実な動物のロクな社会じゃなくなってるだけだな。

17 :無名草子さん:2006/02/13(月) 01:17:05
>>16
やっぱりそういうことなんかねぇ。
どうしてそうなってしまったのだろう。

18 :無名草子さん:2006/02/13(月) 08:36:10
じゃ、読まなきゃいいのにw
でもそれができなくてあーだこーだ文句言いたいっつことは
意識してる証拠だろ?

19 :無名草子さん:2006/02/13(月) 17:16:24
こんなスレに書き込んでいる奴自身が結婚できるかどうか危うい件について。

20 :無名草子さん:2006/02/13(月) 20:28:22
日垣 隆『使えるレファ本150選』ちくま新書

わざわざ買うほどの価値があるとは到底思えない。書店で目次を眺めて
自分が興味のある分野の本の紹介文だけ読めば十分。

21 :無名草子さん:2006/02/13(月) 21:50:08
「悪役レスラーは笑う―「卑劣なジャップ」グレート東郷」(岩波新書)

日本で知られないヒール役レスラーとナショナリズムを軽々に結びつけている駄本。
とにかく情報不足。マイナーな人物なので情報が入手できなかったのはやむを得ない
にしても少ない情報とグレート東郷の行動を勝手な思いこみで結びつけたりと最近の
岩波特有の思考不足が見られる。
不足

22 :無名草子さん:2006/02/13(月) 22:25:09
>>19
自己紹介?

23 :無名草子さん:2006/02/13(月) 22:32:55
>>20
日垣自身がそんな本しか読めないマニュアル人間だからさ。
大体文章の雰囲気がいつも、付け焼刃タイプのライターってわかる。
突っ込んでる自分がいつも突っ込まれる危うさ。

24 :無名草子さん:2006/02/14(火) 01:38:42
PHPって最近本スレでも評判を聞かんな

25 :無名草子さん:2006/02/14(火) 01:45:14
「大往生」の旨味がまだ忘れならない岩波

26 :無名草子さん:2006/02/14(火) 19:04:35
しかし何かの学問の入門書となるとやはり岩波や中公が安定してる。

27 :無名草子さん:2006/02/15(水) 00:38:32
岩波や中公の新書を入門書にしている時点で終わりだな。
中公はナベツネに鍛えられてまともになってきたが岩波は相変わらず。
今は経済でも理科系でも専門出版社の優れた新書もある。
経済だったら日経新書の方が岩波より格段に上だよ。

28 :無名草子さん:2006/02/15(水) 00:39:44
日経新書売れてないけどね

29 :無名草子さん:2006/02/15(水) 00:40:07
手頃なんだよ。

30 :無名草子さん:2006/02/15(水) 01:16:45
日経新書なんてないけどな

31 :無名草子さん:2006/02/15(水) 01:23:32
えっなんか経済系のばっかり収録してる新書版コーナーが書店にあるじゃん。
俺はそれの「EUの基礎知識」買ったよ。

32 :無名草子さん:2006/02/15(水) 01:25:06
新書サイズなんだけど日経文庫なんだよな。

33 :無名草子さん:2006/02/15(水) 01:42:46
あっ。。。クセジュと同じか。

34 :無名草子さん:2006/02/15(水) 01:45:09
>>14
だって返品できないんだもん。

35 :無名草子さん:2006/02/15(水) 01:48:44
背表紙が茶色くなってもまだ新品扱いでおいてある店が沢山あると思う。
筒井康隆「本の森の狩人」がまだあるよww

36 :無名草子さん:2006/02/15(水) 10:36:03
>>35
結構前に絶版になったよね、あれ。
やっぱり新書も買い切り制なのか。

37 :無名草子さん:2006/02/15(水) 14:40:22
社会科学系はともかく、文学・文化関係なら中公・岩波も悪くないと思うが...
講談社現代新書なんて今の方が絶対レベルが高いし。

38 :無名草子さん:2006/02/15(水) 23:48:39
市井では「日経文庫>岩波新書」だ。
部数の差は2万部以内だけど経済ネタだけでかつての新書首位の岩波に
勝っているのは大健闘といえるね。
もっとも岩波新書があまりにも売れないだけかもしれないが。

39 :無名草子さん:2006/02/16(木) 12:08:10
売れないことと、質が落ちていることは分けて考えましょうよ。
岩波は両方落ちてると思うけどw

40 :無名草子さん:2006/02/16(木) 19:42:38
岩波は他社に流されず、新潮新書みたいなクソ本を出さないでほしい。

41 :無名草子さん:2006/02/16(木) 20:34:40
アホかいや。
クソ本ばっかなんが岩波やで。新潮はええもんが多い。

42 :無名草子さん:2006/02/16(木) 20:57:25
新潮は当たりはずれが激しいが岩波新書よりは売上、内容共に桁違いに上。
ただ当たりの方が多いのは確か。
「国家の品格」「戦国武将の養生訓」「日本の国境」「戦後教育で失ったもの」
はいずれも岩波ごときでは真似できない良書。
逆に「バカの壁」「人は見た目が9割」「あの戦争は何だったのか」は岩波新書
クラスの駄本。

43 :無名草子さん:2006/02/16(木) 21:10:09
>>41
どういう基準だw
新潮は良くも悪くも「大衆の原像」路線だな。
オヤジ週刊誌あるいはスポーツ新聞レベル。
岩波は今や空洞化した左翼インテリ教養主義の残りカス。
インテリ幻想がまだある人は岩波を支持するだろう。
公務員とか教師は岩波だろ。
新潮は下流層。

44 :無名草子さん:2006/02/16(木) 21:14:09
昔の岩波新書は名著が多かったねぇ
どうして最近はダメダメなんだろうか

45 :無名草子さん:2006/02/16(木) 21:37:50
>>43
別に>>41は新潮マンセーと言っているわけではないだろう。
官公労も日教組も組織率がた落ちだよ。
「新潮は当たり外れは激しいが岩波より上」というのは今さら
否定できないだろう。

46 :無名草子さん:2006/02/16(木) 21:42:57
そういうレベルの人が読むから売れるんです。

47 :無名草子さん:2006/02/16(木) 21:43:11
>>44
自分は、岩波論壇の象徴である「世界」の行き詰まり≒岩波の出版物の限界

と解釈しているんですが。岩波オピニオンの象徴が「世界」でしょ?

個人的には、04年の反戦特集で「きくちゆみ」とその仲間たちのようなゴ
ロツキ平和運動家集団を紙面に出した時点で、あの雑誌及び岩波リベラリズムは終わったと思う。

スレ違いだが、日本の市民運動・平和運動・エコロジー運動には、一皮剥けばいまだに精神世界系にどっぷりの
オカルティスト、自己啓発セミナーやネットワークビジネスの隠れ蓑に運動を
利用している詐欺師、こういう有象無象がどっぷり。
あの怪しさは右の「つくる会」に勝るとも劣らない魑魅魍魎ぶり。こういう輩に
紙面を提供する岩波の編集者の知能と良心を心底から疑う。

48 :無名草子さん:2006/02/16(木) 22:19:27
ちくま新書 岩月謙司 「女は男のどこを見ているか」

序章から電波ゆんゆん妄想オンパレード
ある章で無茶苦茶な理論が展開されたと思えば、次章でもさらに
また無茶苦茶な理論が展開され、しかもそれが前章の無茶苦茶な
理論と矛盾しているという始末
そしてたどり着いた結論はなぜかありきたりで一般的な人生訓
読み終わったあとは、マジで釣りなんじゃないのかと悩んだ

図書館で借りたもんだから金の無駄にはならなかったが、時間は
大いに無駄になった

49 :無名草子さん:2006/02/16(木) 22:33:28
ちくま新書には騙されることが比較的多いなw
瀬戸一夫『科学的思考とは何だろうか』はいまだに意味わからん。
これ科学哲学なのか?単なるトンデモ妄想?
つーか途中で読むのやめた。

50 :無名草子さん:2006/02/16(木) 22:45:23
>>47
世界ってまだあったの?
本屋でぜんぜん見ないから廃刊したのかと思ったよ。

51 :無名草子さん:2006/02/16(木) 23:07:27
世界は現在では廃刊か休刊じゃないか。47は2年前の話だから。

52 :無名草子さん:2006/02/16(木) 23:21:35
まだ生きているよ。

53 :無名草子さん:2006/02/16(木) 23:26:22
>>50-52
「世界」はまだある。絶望的に売れていないようだが。すっかり忘れられたな。
ttp://www.iwanami.co.jp/sekai/

今月号もひどい。今さら佐高か。さらに、天下の岩波が財界人である丹羽のご機
嫌を取るとは落ちたもんだ。丹羽のような人物は他にいくらでも登場できる媒体を持っているので、わざわざ
「世界」に出す必然性がない。あるいは、丹羽は「読書家」として知られるので、
岩波の読書推進事業にでも協力してもらっているのかもしれない。
少なくとも伊藤忠グループや取引先の人は今号の「世界」を買ってくれるもんな。要するに
文芸春秋やプレジデントと同じ。販促の為に財界人を出す。

「対談」の山口二郎にせよ、立位置だけの「リベラル」学者。「政治がコミュニティを壊すな」
と説教するなら、まずは自分が勧めるPPPの是非について総括したらどうなんだ。
もちろん個別には山家さんなど評価できる人も出しているが、バッドな人選が全てを帳消しにしている。

54 :無名草子さん:2006/02/16(木) 23:27:59
岩波のクソ雑誌である世界はまだ生きている。
>>47の指摘どおり表紙は妙なゴロツキが飾り、内容はカルト雑誌に分類できる。
http://www.iwanami.co.jp/sekai/index.html

これ買う奴いるの?いたら基地外認定だな。

55 :無名草子さん:2006/02/16(木) 23:49:43
アホ波をインテリとか言ってる奴も基地外。
最近は「ヘルニア国物語」だの「ゲロ戦記」というカルトファンタジーという
新たな分野に進出している。

大人になるとニートくらいしか共鳴してくれる奴がいないので幼稚な層をターゲットに
自虐史観の刷り込みや来るわけもない社会主義革命の日のために洗脳をはじめた。

56 :無名草子さん:2006/02/17(金) 00:12:54
>>55
釣りなのか? 「ナルニア国物語」や「ゲド戦記」は昔から岩波が版権を
持ってただろw

57 :無名草子さん:2006/02/17(金) 04:50:01
「モモ」や「はてしない物語」も岩波だったよな。

58 :無名草子さん:2006/02/17(金) 10:18:33
『ツバメ号の冒険』も『ドリトル先生』もだね。


オレ的には、サヨクな出版社がどう考えても中産階級的な
イギリス児童文学を出し続けたのが一番の謎なのだが...

59 :無名草子さん:2006/02/17(金) 15:17:12
それは岩波の立脚点が左翼ではなく「戦後民主主義」だから

60 :無名草子さん:2006/02/17(金) 21:25:49
戦後民主主義と左翼の区別が付く奴なんて2ちゃんねるでは少数

61 :無名草子さん:2006/02/17(金) 21:36:35
( ´_ゝ`) フーン

62 :無名草子さん:2006/02/17(金) 23:31:40
>>58
それこそが、プチブル的な良書主義・啓蒙主義・教養主義ってことだろ。ちなみに、あるサイトで
見たが、岩波少年文庫の全刊行数は01年現在で392冊なんだそうだ(品切れ・絶版含)
もっと大量にあるかと思っていたので意外だ。
(もちろん、「少年文庫」に入っておらず、ハードカバーや岩波文庫等で出ているものも多いが)

63 :無名草子さん:2006/02/18(土) 00:34:23
岩波の原点は左翼だよ。少なくとも当の東欧諸国が民主主義とは無縁とまで
指摘しているスターリン型社会主義を宝物の如く扱った岩波は民主主義とは
無縁の存在だ。
岩波のオピニオンの集大成とも言える「世界」が嘘で塗り固められた愚論を
書き散らしてきたのは否定のしようがない事実だ。

岩波の戦後民主主義=社会主義革命の達成

64 :無名草子さん:2006/02/18(土) 00:45:30
>>63←この人、本気で言ってるんでしょうか?


65 :無名草子さん:2006/02/18(土) 00:59:54
スターリンのやったことはヒトラーより酷い

66 :無名草子さん:2006/02/18(土) 01:03:45
>>64
巡回街宣の年寄り右翼相手にすんな。

67 :無名草子さん:2006/02/18(土) 01:07:48
「紫禁城の黄昏」で捏造訳と恣意的削除をしていたしな。
完訳本が出てしまい捏造訳を指摘されて恥をかいたのはいい気味だ。

68 :無名草子さん:2006/02/18(土) 01:10:09
岩波新書は売れていない。まったく売れていない。
糞味噌に言われているが人文系にはいいものもある。
翻訳物は期待してはいかん。

69 :無名草子さん:2006/02/18(土) 01:10:59
でも相変わらず古典は岩波文庫にたよってるよ俺は。

70 :無名草子さん:2006/02/18(土) 01:11:14
>>64>>66、自作自演はやめてくれないか。

71 :無名草子さん:2006/02/18(土) 01:16:47
いいから具体的な書名を挙げて批判してくれんかの〜?
ま、オレは店頭で吟味して買うから、
めったにババは引かんので、もうネタはないけどねw

72 :66:2006/02/18(土) 01:17:34
ぷ、何妄想してんだか>70
自分が連投自演に慣れてるから、といって人もそうだと思うのか?
さすが街宣組は卑怯で安い頭らしいな。

73 :無名草子さん:2006/02/18(土) 01:30:40
空気変えようとしてレスした後にまた空気悪くするレスが来ると、
ムカっとくるよねw

74 :無名草子さん:2006/02/18(土) 06:41:29
またウヨサヨ論争かw 専用スレでも立ててそこでやれ

75 :無名草子さん:2006/02/18(土) 10:26:15
>>63
世界の最大の問題は嘘を書き散らしても事後のフォローがないこと。
PHPのボイスみたいな事後検証をしろとは言わないが、大嘘書いてスル−
じゃネットクソサヨと同じじゃん。
一部に廃刊になったと思っているDQNもいるようだが大きい書店なら
ちゃんと置いてある。

76 :無名草子さん:2006/02/18(土) 14:07:27
一番売れてないのは
文春新書

77 :無名草子さん:2006/02/18(土) 17:07:06
PHP(笑い)

78 :無名草子さん:2006/02/18(土) 18:18:49
>>76
売れてるだろ!w

79 :無名草子さん:2006/02/18(土) 18:30:25
>78
文春社員乙!

80 :無名草子さん:2006/02/18(土) 18:31:09
釣られてみるか。
新潮新書と光文社新書は悉く買う価値なし。

81 :無名草子さん:2006/02/18(土) 19:38:37
>>75
>世界の最大の問題は嘘を書き散らしても事後のフォローがないこと。
フォローできないだろ。嘘というかカルト教団の協議のような妄想だから。
文化大革命、社会主義、拉致問題と誤報と言うだけではすまないバカを
書きすぎている。

>>80
ネタだと思うけど光文社は同感だけど新潮は良書も多い。
「国家の品格」や「司法のしゃべりすぎ」は最高クラス。
光文社は売れればいいと言うだけ。ただ「格付け市場を読む」だけは
債券市場の裏事情もあってよかった。
光文社、岩波、講談社現代が買う必要のない駄本集。

82 :無名草子さん:2006/02/18(土) 19:55:35
>>27
> 中公はナベツネに鍛えられてまともになってきたが

根拠は?

あと、「国家の品格」みたいな根拠レスな保守本を褒めて
岩波をけなすというのは
イデオロギーが透けて見えるよw

83 :無名草子さん:2006/02/18(土) 20:57:02
>>82
岩波社員乙!

84 :無名草子さん:2006/02/18(土) 21:07:06
むしろ82のイデオロギーが見え見えなのだが(苦笑)

85 :無名草子さん:2006/02/18(土) 21:08:46
「国家の品格」や「司法のしゃべりすぎ」を最高クラスという奴に何を言ってもしょうがない。


86 :無名草子さん:2006/02/18(土) 21:11:13
「国家の品格」や「司法のしゃべりすぎ」を最高クラスと思えないバカに何を言ってもむだ。

87 :無名草子さん:2006/02/18(土) 21:21:12
司法のしゃべりすぎはいい本だったと思う。
暴論違憲判決なんか出されたら控訴できないというのは
前々からジュリストなんかでも指摘されていた。
それを現役の裁判官が書いたという点に価値がある。

88 :無名草子さん:2006/02/18(土) 21:31:21
スマソ。
暴論→傍論

89 :無名草子さん:2006/02/18(土) 21:54:36
冒頭の妄想事例(殺人事件の刑事と民事)だけがひとり歩きしてるが
裁判官が書くにはあまりにも粗雑な議論.

傍論を論じるならば違憲審査制から論じれば十分だ.
中途半端な本を書いたせいで、「裁判を受ける権利の侵害だ」とかいう
電波まで最近は見かけるし.

後半のマスコミの記事の引用も恣意的だし
マスコミ理論やニュース論の研究をスルーした
単純なマスコミ理解もいかがなものか.

90 :無名草子さん:2006/02/18(土) 22:10:55
>>90
脳内左翼はこれだから困る。
お前のようなバカには理解不能なのだろうが、左翼が傍論で違憲という言葉が
入ればそれを政治的に利用しているんだよ。マスコミ理論なんて朝日にはない
に等しい。イデオロギーでマスコミを論じるには井上氏の理論で十分。

なんか岩波に浸水しているバカみたいなことは抜かすなよ。
みんなに笑われるぞ。

91 :無名草子さん:2006/02/18(土) 22:14:14
>>89
新書であれ以上のものは書けないよ。
法律関係の専門誌でも法律時報とかでない限りは好意的だし。

92 :無名草子さん:2006/02/18(土) 22:14:51
スマソ。
浸水→心酔

93 :無名草子さん:2006/02/18(土) 22:15:48
>>91
時報は左翼誌だから仕方がない。

94 :無名草子さん:2006/02/18(土) 22:19:32
結論から言わせてもらうと「司法のしゃべりすぎ」は
保守の立場から、革新系の司法の政治利用を批判したもの。
裁判を政治利用する革新よりは、それに乗ってしまう裁判官を批判したものと
いえる。よってウヨは褒めるし、サヨは褒めない。
それだけの話。

95 :無名草子さん:2006/02/18(土) 22:21:13
>>91
そもそも裁判所は信用を失ったら終了なわけで
仮に裁判所内部に問題があってもそれは裁判所の内部で
改善しなければならない.まともな裁判官ならそれぐらいわきまえてる.
それなのにドンキホーテよろしくあんな本書いたり雑誌に寄稿したりしては
書いている内容とやってることが正反対.
再任拒否も当然だろう.

96 :無名草子さん:2006/02/18(土) 22:23:25
>94
ストレート投げるな!
それを言っちゃおしまいよ

97 :無名草子さん:2006/02/18(土) 22:25:27
「司法のしゃべりすぎ」に問題提起としての意味がないとは言わないが
今後20年、30年と読まれる「最高レベル」の新書ではないだろう。
あれを「最高レベル」と言うのは>>90みたいなレベルでしか考えてない奴だけだ。

98 :無名草子さん:2006/02/18(土) 22:29:54
>>89>>95は岩波の世界の読者なの確実。
言っていることが同じ。

99 :無名草子さん:2006/02/18(土) 22:33:49
「司法のしゃべりすぎ」を評価する人は

(1) 傍論がなぜ問題なのかその理由を考えてみよう

(2) 傍論で判断を行う余地は全くないのか考えてみよう

(3) 新聞の見出しで判決主文ではなく傍論を取り上げるのが
   本当に問題なのか考えてみよう

(4) 引用されている新聞記事が報道した判決を
  他社がどう報道しているか縮刷版で調べてみよう

100 :無名草子さん:2006/02/18(土) 22:35:20
>>98
なぜそういえる?

259 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)