5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

表現する人の出版社【新風舎】スレ☆

1 :無名草子さん:2006/03/24(金) 01:14:10
新風舎について語りましょう^^
中傷禁止

2 :無名草子さん:2006/03/24(金) 17:06:51
新風舎にて出版希望‥

3 :無名草子さん:2006/03/24(金) 17:38:45
社員乙

4 :無名草子さん:2006/03/28(火) 13:51:02
あげ

5 :無名草子さん:2006/03/28(火) 18:55:33
さげ

6 :無名草子さん:2006/03/31(金) 10:58:56
あげ

7 :無名草子さん:2006/04/03(月) 14:32:12
age

8 :無名草子さん:2006/04/04(火) 18:51:44
それでも「睨むんです」

9 :無名草子さん:2006/04/07(金) 13:05:49
1次通過、2次通過と、やたらとテンポのいいお知らせが。

10 :無名草子さん:2006/04/07(金) 13:06:47
1次通過、2次通過と、やたらとテンポのいいお知らせが。

11 :無名草子さん:2006/04/07(金) 22:00:45
いいじゃん^^!!!
コンテスト応募したの?

12 :無名草子さん:2006/04/08(土) 01:48:50
コンテストってこれ?
ttp://www.tanteifile.com/diary/2004/11/28_01/index.html

13 :無名草子さん:2006/04/08(土) 11:46:02
おまいらあの会社悪徳業者だって事知らないの?
信じても心を傷付けられるだけだぞ。
>>9
それ投稿者全員に誰にでも送ってるメモだぞ。
そうやっておだてた手紙を出して投稿者に自費出版費用を
出させようとしてるのを知らないのか?
まあ分からない奴にこんな事言ってもわからんだろうから
とにかく出版費用220万は出すなよ、絶対に。
それにしても新風舎まだあんのか?もう潰れてると思ったよ。

14 :無名草子さん:2006/04/09(日) 22:22:37
そっか…やっぱり出版社変えた方がいいのかな。
はぁ‥(´Д`)

15 :無名草子さん:2006/04/10(月) 02:56:35
結論

自費出版は振り込め詐欺

16 :無名草子さん:2006/04/11(火) 02:44:39
友人が2年前に制作費支払って
新風舎から本出したんだけど
評判良かったらしく2作目の
制作費を新風舎が負担し出版
出来たって言ってた。
まだ作家本業で暮らせる程の
収入はないみたいだけど他からも
出版依頼が来るまでになってる。

17 :無名草子さん:2006/04/11(火) 10:59:20
>>16
名前と本を出せなければ、100%インチキ。

18 :無名草子さん:2006/04/11(火) 17:54:13
16
なんて名前の本?
どんな内容?(小説、詩等…)

19 :無名草子さん:2006/04/11(火) 20:13:10
>>16
参考にしたいから書名、ISBNコードよろ

20 :無名草子さん:2006/04/12(水) 11:14:10
新風舎にかぎらず、共同系で出版した人に聞きたいことがある。
出版して良かったかどうか。 どこが良くてどこが悪かったか。
率直な意見が聞きたい。

21 :無名草子さん:2006/04/12(水) 11:23:23
>>20
本を作ってくれるし、高価な本にしてくれるが、
宣伝をろくにしないわりに値段が高すぎ。そこにすべての問題点が
ある。

22 :無名草子さん:2006/04/14(金) 17:13:47
誰でも通過するという噂の二次選考に落ちたorz

23 :無名草子さん :2006/04/14(金) 18:43:39
友人は良かったと言ってる。疎遠だった親戚知人と再会したり親が喜んだり、
出身校図書館に寄贈したり地元の新聞に出たり。儲けよりも記念の意味でね。


24 :無名草子さん:2006/04/14(金) 19:37:46
>>22
年齢か職業で落とされてんだよ。
高校生以下は逆さにしても金とれねぇし、無職、フリーターも同様。
さも小金持ってそうなプロフでっち上げて再度投稿してみな。
パクパクっと食いついてくるから。w

25 :無名草子さん:2006/04/14(金) 20:32:36
>>22
年齢と職業は?

26 :無名草子さん:2006/04/14(金) 22:27:32
>23
金で記念を買ったわけか。
そうでもしなけりゃ誰にも注目してもらえない
かわいそうな人なんだな・・・。

27 :無名草子さん:2006/04/15(土) 11:00:07
>23
その「良かった」発言はプライドによるところが大きいな。

自分の描いた作文を新風舎の人間にベタ誉めされ
ただの“記念”以上の意味があると勘違いして出版したが
蓋を開けてみたら、現実は「騙された」。
しかしプライドが高いので
「私、騙されちゃった」とは言えないんだよ。


それはもう、ホストクラブにはまった乙女が
ホストの優しさを自分への愛と勘違いして
大金貢いだだけでなくバージンまであげたのに破局を向かえ
でも友達には「あげてよかった。後悔はしてない」と言うのと同じ。


28 :無名草子さん:2006/04/15(土) 11:10:26
>>24
ここを見る限りじゃ、最近は中学生もターゲットみたいよ。
親に資産があれば学生でも食いついてくるのでは。

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1139936106/l50

29 :無名草子さん:2006/04/20(木) 01:35:13
恥ずかしながら共同出版経験者。新Pシャ。いいところ、1つもなし。
編集者、クサレ婆。「本屋に並べてやったから自分で全部買え」とか。
値段、激高。完全に実費。宣伝に金とる。とことん、とる。媒体によっ
て金が細かく変わる。あ○ヒ新聞なら三十万五千円みたいな。
とにかく、最悪。珍しく人のためを思って言う。ここだけは、近寄っちゃいかん。

30 :無名草子さん:2006/04/20(木) 02:38:53
>>29
なんで騙されたのか、後学のために教えて欲しいな。
近々知り合いがそこから出版するもんで、どうして騙されたのか気になる。

止めたんだよ?漏れは。「そこの会社はヤバイからやめろ」って、人づてに。
だけど本人は「ヤバイのは分かってるけどやる」と言ったらしいんだ。

分かってないよなァ……。
分かってたらやらないよなァ……。

そもそも、漏れにはその知り合いや
ほかの自費出版やりたがりーの人が
出版社に費用負担してもらえないような商業価値のない作品を
なぜ書店に流通させたがってるのか分からん。

「正直、自分の作品は売れる作品じゃないかもしれない。
だけどこの気持ち、たくさんの人に伝えたい!」ってんなら
印刷所に行って本を作って、いろんなとこで無料配布すればいいじゃないか。
全国の散髪店や美容院でも巡って、
「無料で差し上げますから待合室に置いてください」と頭下げればいいじゃないか。

なのになぜ商業出版にあこがれる。なぜ書店にならべたがる。
なぜ商業価値のない本を恥ずかしげもなく人に買わせようとする。
その神経が漏れには分からん!

不思議だ…「キミ歌うまいねー、費用自己負担で
武道館コンサート開かない?」と言われて騙される奴はいない。
「キミお菓子作るのうまいねー、費用は自分で負担して
銀座のデパートで手作りケーキ販売してみない?」もしかり。
なのになぜ出版は騙される人間がこんなに多いのか。
>>29もどうしてそこから出版する気になったのかぜひ教えて欲しい。

31 :無名草子さん:2006/04/20(木) 13:38:52
アンタ、うざいよ

32 :無名草子さん:2006/04/21(金) 10:01:14
>>29
俺も経験者。自分でWebで宣伝している。でないと、まず売れない。
増刷までに9か月かかった。新刊で出しても、新聞の2行広告では、
全然目立たないものな。

33 :無名草子さん:2006/04/22(土) 01:40:22
経験者の人に尋ねたいんだけど、一冊で懲りず、二冊も三冊も出すとしたら
その神経はどうなってるわけ? 一発あたるまで止められないギャンブル
みたいなものかな

34 :無名草子さん:2006/04/22(土) 01:47:03
単なるお金持ちなんです。

35 :無名草子さん:2006/04/22(土) 08:19:24
>>33
理由1)...単なるバカ。いつかは売れると勘違いしなくては気がすまない。
理由2)...お金持ち。大資産家。
理由3)...有名人作家の版権買取。他社で絶版の復刻本。
それ以外にもまだまだありそう。

36 :無名草子さん:2006/04/22(土) 21:59:24
実は小説対象に応募してみたんだけど、いきなり「最終審査」に入ります、
という通知がきた。びっくりしてたら、2日後になって「2次通過」、
さらに翌日「一次通過」の通知が来た。
日付はいずれも3月吉日。
要は、出す順番を間違えたんだね。
まじめに審査していると思いますか?

37 :無名草子さん:2006/04/22(土) 22:16:18
>>36
>まじめに審査していると思いますか?

思いません。共同出版を勧めてくる可能性は100%です。

38 :無名草子さん:2006/04/24(月) 00:34:01
企画出版された人もいるので
責めるなら
企画出版されない自分を責めましょう

39 :無名草子さん:2006/04/24(月) 09:07:37
>>38
編集者乙。

40 :無名草子さん:2006/04/24(月) 13:55:54
↑未練乙

41 :無名草子さん:2006/04/24(月) 14:04:56
元・自費出版サービス会社関係者として事実だけ書くね。
ヤルもヤラナイも自分で判断してくだされ。

・到着した原稿の扱い→拾い読みしてほめ言葉作り(編集じゃなくて営業、兼任のところもあり)
・共同協力共創などの出版を勧める率→ほぼ100%
・じゃあ、企画になるのは?→広告戦略としてプロに頼んだ場合
                  宗教がらみなど、一定数が黙ってても売れるもの
                  最初の本が売れたごく一部の人(あくまで実績のためだけ、儲けはない)
・では、自費になるのは?→お客様がどうしても自費にすると言った場合(私家本、贈呈本など)
                  ときどきいる、面倒すぎるお客様(断りたいってこと)
・まともに読める原稿→3ヵ月で1本あるかないか
・制作の全経費(人件費除く)→1000部で35〜50万円ほど(ものによるが)
・ちゃんと刷ってるの?→100部でも1000部でも大して金変わらんので一応刷ってる
                会社によっては、刷った証明書を送ってるところも
                オンデマンドはかえって金がかかるので特別な場合しかやらない


42 :無名草子さん:2006/04/24(月) 14:05:39
・装丁者の生活→まとめて5本くらい受けて3〜7日でアップ、グロスで10〜15万くらい
・組版は?→印刷所が込みでやらされる例が多い
        ときどきその手の専門業者に頼むが5万円程度
        たまに、組版、装丁(オビも)込みで5〜7万でやってる食えないデザイナーあり
・校正してるの?→一応、流し読みくらいはしてる(はず)
            誤字・脱字対応のためにたまに外部校正することも(1字0.2円くらいが相場)
・編集長のチェックとかは?→そもそも編集長って?ってところも
                   あっても日程のチェックくらいかしら
・編集者の一ヶ月の担当本数→未経験のド新人で1〜3冊程度
                    経験者で5〜10冊程度
                    スーパーマンで∞
・お客様からの問い合わせ→1日50〜100件(たいてい営業が対応)


43 :無名草子さん:2006/04/24(月) 14:06:00
・常時ストック原稿→編集者ひとりあたりダンボール1箱程度
             それもすでに顔合わせから半年以上ってのが多い
・多いクレーム内容→いつまで(半年〜2年)待たされるのか(5割近く)
              装丁が気に入らない(3割近く)
              本屋に並んでいない
・本屋での扱い→一部の棚に全ラインアップが押し込まれる(イタイ本コーナーと思われる)
           ダンボールに入れたまま放置(特約店とやらでもよくある)
           そのまま返本される
           ごくたまに間違って分類どおりの場所に置かれる
・書店への営業→特約店の棚借り以外ははっきり言ってない
           ISBNの取得と取次対応のため(だけ)に営業の人はいる
           ていうかぶっちゃけ、一冊も売れる必要はない
・ヤバいなあと思ったこと→束のサイズミス(そもそも束見本すら知らない編集いるし…)
                 斤量も厚みも違う紙で印刷・納品された(紙業者が変わったときとか)
                 時間の都合で乾く前に製本された印刷カスレ
                 同様の理由でPPが汚いやつ
                 ISBN(普通は別フィルム)が他の本と入れ替わってた


44 ::2006/04/24(月) 18:39:57
妹のポエムサイトをにちゃんで晒すのってどう思う

45 :無名草子さん:2006/04/24(月) 19:38:17
獣の檻に、小動物を放り投げるようなものだな。
妹があと数ヶ月で18歳というのも、問題だ。

46 :無名草子さん:2006/04/24(月) 20:08:23
なんで18歳で問題なの。

47 :無名草子さん:2006/04/24(月) 20:28:30
18ではなく
17だよ。

48 :無名草子さん:2006/04/24(月) 21:13:44
41はよほど悪い会社だね

新風はそんなに酷くないよ

49 :無名草子さん:2006/04/24(月) 21:17:36
>>48さん
へー悪いイメージあったけど…!以外!
出版した事あるとか?

50 :無名草子さん:2006/04/24(月) 21:56:15
あきらかに面白い作品なら企画になるよ。

世界に一つだけの花を作ったのがアマチュアだったとして
それを作詞作曲コンテストに送れば
採用決定なのと同じ

51 :無名草子さん:2006/04/24(月) 21:58:12
50
だから何

52 :無名草子さん:2006/04/24(月) 21:58:22
>>48
社員乙

53 :無名草子さん:2006/04/24(月) 23:55:15
>>48
共同出版系トップクラスの利益をあげている新Pが
41以上にあこぎな商売をやってないわけないだろ。

54 :無名草子さん:2006/04/25(火) 01:20:18
>>51
面白い作品を作れない人が悪いだけ、

ってことじゃない?

55 :無名草子さん:2006/04/25(火) 08:20:00
ごくまれに、共同で出すにはもったいないようなものも出てくる。

56 :無名草子さん:2006/04/25(火) 15:06:53
共同で出すにはもったいない

とはどういう意味ですか?

共同ではなく企画でいける のか

共同ではなく 完全自費でなければ無理

なのか、どちらですか?

57 :無名草子さん:2006/04/25(火) 15:08:09
でもさ
原稿募集に投稿して
企画出版が決まった人は
東大に合格するより難しい競争率では?

58 :無名草子さん:2006/04/25(火) 16:05:08
競争率も何も、共同出版社が欲しいのは
共同出版用の原稿だけだろうよ。
東大を目指すような努力をすればなんとかなる問題じゃない。
商業出版がやりたい奴は別の手立てを考えるよ。

59 :無名草子さん:2006/04/25(火) 16:27:22
だな。
商業出版に堪え得る内容なら、わざわざ共同系で出す必要などない。

60 :無名草子さん:2006/04/26(水) 01:06:27
このスレができたのは
期待したのに
企画ではなく共同の話が来た人の妬みなのは事実

61 :無名草子さん:2006/05/03(水) 21:39:12
新風舎のことをよく知らず、ネットで応募したら電話来た
あまりにしつこくて断るのに時間かかったわ

62 :無名草子さん:2006/05/04(木) 10:11:17
共同出版は誰でもできるわけじゃないんだな。
俺は金あるのに断られたから。
できる人がうらやましいよ。

63 :無名草子さん:2006/05/04(木) 20:19:49
なんか今までの書き込み見ていたら、踊らされて他って感じ。
一応、三次審査まで通過したって通知が来たけど、誰でも来るんだ。
一応、その後に担当の人と会ったけど、やっぱり共同出版を薦められたよ。
俺が聞きたかったのは俺の小説がどんなものなのかって部分だったのに・・・


64 :無名草子さん:2006/05/04(木) 21:14:13
>>63
来なかった人もいるよ
ある程度は審査してると思う

65 :無名草子さん:2006/05/04(木) 21:17:01
本当に?
結構、俺、三次審査通過の通知もらった時、すげ―嬉しくて会社の人達に自慢しまくったけど。
今は自信なくしてる・・・
他の出版舎探そうかな・・・

66 :無名草子さん:2006/05/05(金) 11:16:19
>>65
辛いかもしれないが、他の出版社にしたほうがいいと思うよ。
>>64の言うように「ある程度」は審査しているかもしれない。
しかし、「ある程度の審査」しかしないところに自分の著作を託すのは無謀だろ。

67 :無名草子さん:2006/05/06(土) 03:55:07
自己満足だったら問題ないよね。
作家気分に浸りたい、自慢したい、
定年退職の記念に半生を綴りたい(良い思いでばかり集めて創作^^;)等
だってそういう人が顧客(表現者だっけ?)なんでしょ。

「その熱い気持ちを出版という形で世に出してみませんか!!
誰かの目にとまり手にとって読んでもらえる、買ってもらえる!!
あなたの思いが見知らぬ誰かに届くんですよ!
そのチャンスを見過ごさないでください!!!!!!!!」



なんてな。。


68 :無名草子さん:2006/05/07(日) 17:58:03
このスレも終了だな

69 :無名草子さん:2006/05/09(火) 18:53:36
「黒い日」西崎次貴

70 :無名草子さん:2006/05/09(火) 19:00:27
【社会】「インパクトのある人に送った」 河村たかし氏、野田聖子氏ら3人に脅迫状、自称作家の男逮捕
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1147168283/

71 :無名草子さん:2006/05/10(水) 08:41:26
出版すると不幸になるという見本か。

72 :無名草子さん:2006/05/10(水) 09:59:07
>中島容疑者はエッセーを自費出版しており、
>「自分の本を世に知ってもらうため、
>インパクトのありそうな人に送った」などと容疑を認めているという。
ヤフーニュースより引用

73 :無名草子さん:2006/05/10(水) 17:11:42
新風舎のサイトから消えているぞ。検索にもかからない。
アマゾンで検索可能だが。

74 :無名草子さん:2006/05/10(水) 20:07:28
新風舎は本の存在自体を無き物にしたいのでは。

75 :無名草子さん:2006/05/10(水) 23:13:29
どの本も絶版しないって、しゃっちょさんが言ってたのにネ。

76 :無名草子さん:2006/05/11(木) 13:01:50
必ず、例外はあるという事だな。
犯罪行為を犯してまで、宣伝しないと売れないのか?
と思われるのが、営業に差し障りがあると判断したのかも。


77 :無名草子さん:2006/05/11(木) 15:34:44
そーだな

ただ大部分の本が売れてないと思うが・・
初版500〜1000の割には増版率低すぎ。

そもそも書店で、ほとんど置いてないんじゃね?

78 :無名草子さん:2006/05/11(木) 17:19:34
イベント組まなきゃ、紀伊国屋でも置かれない出版社というのもな。

79 :無名草子さん:2006/05/11(木) 17:35:52
>>78
だから、著者本人がイベントを起こした……という事だな。
そのうち、名古屋であった「軽急便運転手」事件のように、
話が違うとか言って、ガソリン持って特攻するヤツも出てくる
かもしれないな。

80 :無名草子さん:2006/05/11(木) 17:53:52
何も知らずに、新聞の広告みて、出版セミナーに原稿持参で行って、ほめられて
数ヵ月後に原稿送って、褒めちぎられて、直系本屋の二階で面談、場所がおしゃれな所で、
のぼせてしまって後もう少しのところで契約する所だった。。。 
 出版された本がこれだけ多いにもかかわらず、本屋で見当たらないって。。。
 どんなポリシー持って本を出版しているのかな。。

81 :無名草子さん:2006/05/11(木) 22:16:49
>>80
ポリシーはないものと。すべての客の顔が札束に見える会社ではないかと
思われるのだが。

82 :無名草子さん:2006/05/11(木) 23:06:05
310 :訂正 :2006/05/11(木) 17:27:02
共謀罪は人権擁護法案の布石です。

人権擁護法案で規制される内容に関して、
「話し合っただけで逮捕される共謀罪」が適用されたら、もう目も当てられない。

共謀罪を積極的に推進しているのは創価と公明だけ。
右翼も左翼も、皆が反対。
賛成しているのはカルトだけ。

賛成派のカルトが、共謀罪を、「組織犯罪処罰法の一部」とか言う宣伝をし始めましたが、
中身を見れば、これが犯罪組織を裁く法ではなく、ただの言論弾圧法だと分ります。
(組織犯罪防止に関しては、組織犯罪処罰法や破防法が既に存在します)
ついでに言うと、殺人などの凶悪犯罪に関しては、既に共謀罪と同じ効果の法が存在しています。
共謀罪が制定されると、凶悪犯罪だけではなく、
新たに619もの罪刑が、殺人と同じく予備や話し合いをしただけで犯罪行為として逮捕されるようになります。
2ちゃんねるで「○○を殺す」と書き込むと、今でも逮捕されますが、
今後は「韓国大使館前に座り込みをする」と書 き 込 ん だ だ け で、
実行しなくとも威力業務妨害の共謀罪で逮捕されます。
現行法では、威力業務妨害に予備罪はありませんから、書き込んだだけでは逮捕されません。

共謀罪は、サイバー取締法と抱き合わせで提出されています。
けれども、メディアは一切サイバー取締法を口に出しません。
誰を弾圧する事を目的として提出されている法案であるかは、ここから明らかです。


83 :無名草子さん:2006/05/12(金) 05:18:32
>>80
ポリシーはズバリ「銭儲け」だと思う。
素人の原稿用紙は札束と思え!とか言ってるのでは。

84 :無名草子さん:2006/05/12(金) 14:10:45
80は元引きこもりの女

85 :無名草子さん:2006/05/12(金) 19:59:11
「出版実現プログラム」っていう商品を販売してるだけでしょ?

自分の作品を流通させたいという人対象に。夢見る見ないは本人の勝手だしな。

86 :無名草子さん:2006/05/12(金) 21:01:39
因みに、知り合いの出版社の人に聞いたけど、新風舎の共同出版料は法外だって言ってたよ。
三百万提示されたけど、実際は百万ちょっとで自費出版できるって、『共同出版』って?
以前、訪問販売の価格設定でかなり問題になったけど、似てるよね。

87 :無名草子さん:2006/05/12(金) 22:44:22
・作品が優れているわけではない
・流通しても売れるのは稀
共同出版自体は悪くないが、この2点くらいは説明すべきだと思う

88 :無名草子さん:2006/05/13(土) 03:32:59
ある意味詐欺だよな。

89 :無名草子さん:2006/05/13(土) 04:27:20
営業マンならちゃんと説明しろよ。顧客に

90 :無名草子さん:2006/05/13(土) 08:00:15
警察は民事不介入。そして作品の価値についてはいくらでも逃げ道が
あるなど、まさしく法の盲点を突いた商法そのものだ。

91 :無名草子さん:2006/05/13(土) 09:23:10
89 まさしくそう。
『出版プログラム』を売りにするなら、もっと編集者?の営業力が欲しい。
じゃないと、必ず後で揉める。
最近、売り手と買い手の差異がありすぎるから、問題になるんだ。
商法なら商法であっても、それなりに完成度を挙げて商品化すべき、あと、出版を勧める人達の営業力もあげて欲しい。

92 :無名草子さん:2006/05/13(土) 12:55:59
同意。
顧客(作家希望者)に対する営業は凄いんだけど、流通・書店営業も
力入れて欲しいよな。

だって書店でほとんど置いてない。
業界NO1の年間2700点〜発行しながらほとんど見かけないってorz

93 :無名草子さん:2006/05/13(土) 13:10:22
>>87
そんなこと言えるわけ無いじゃん。営業なんだから売上目標もあるし顧客をその気にさせるのが
仕事なんだYO!高いお金だすんだから顧客側のほうこそ自分で調べて比較検討するなりしたほうが
いいぜ!!その上で納得したら出したらいいし、イヤだったら出さなきゃいい。
出版社を悪者扱いするのはお門違いなんじゃね。調べればすぐわかることだし。

94 :無名草子さん:2006/05/13(土) 18:26:39
93 すげ―なまぬるいこと言ってるよね。
他の業界では顧客に買ってもらった商品やサービスでの結果や効果を重視されるんだ。
教育産業(学習塾や教材)ではどんな馬鹿な子供でも成績上げてなんぼ、エクササイズやダイエット商品も痩せてなんぼだからネ。
結果を生めない商品を言葉巧みに営業する業者はたくさんあるんだ。
それを顧客に見抜けというのはどうだろうか?
調べればすぐわかるってもんじゃないよ。

95 :無名草子さん:2006/05/13(土) 22:57:20
>>93
悪者扱いが嫌なら、400ページ初版500部230万円の数字の根拠を
あげられるよね?是非ともそれだけの見積もりを取る数字の根拠を。

96 :無名草子さん:2006/05/14(日) 01:14:07
熱風書房って何のためにあんの?

97 :無名草子さん:2006/05/14(日) 02:29:19
数字の根拠もなにも
文句があるなら契約しなければ良いだけ
簡単

98 :無名草子さん:2006/05/14(日) 02:42:24
共同の場合、本は売るというより「展示する」でしょ。ほら出てますよと。
棚は書店内展示ブース。だから書店に棚代払ってるんでしょ。

ところでいくら位で書店に払ってんの?

99 :無名草子さん:2006/05/14(日) 04:07:22
↑日本語がおかしい

企画されないわけだ

100 :無名草子さん:2006/05/14(日) 06:16:49
97 その文句が出るのは契約後だろ、共同出版しませんか?って、話を持ちかけられた時はものすごく夢のあるような話しをして、そこまで売れません、作家になるのはそんなに簡単なことではないって事はそこまで具体的には話さない。
そこが詐欺っぽいんだよね。
新風舎にとっての顧客が作家になるための力試しとしてある程度割りきっていれば、97のように簡単だろうけど、大半の人が出版すれば作家になれるって夢を持ってる人ばかりだと思う。
その可能性に付け込んだ嫌らしい商売だと思うよ。
顧客が何処まで理解して応募しているのか?そこを見抜けるほどの力量を持った編集者はいないと思う。
実際、大手の出版者に勤めていた人から聞いたけど、有名作家に育て上げられるほどの編集者は各出版舎に一人いればいいくらいだって、顧客が何処まで現実やあるいは新風舎の事を理解しているか、逆にその編集者と名乗る人達に見ぬいて欲しいよ。
顧客は大きな夢を持って応募するんだから、しかも、大半は出版業界の中身や、新風舎の実情なんてそんなに知らないから。

101 :無名草子さん:2006/05/14(日) 08:57:00
>>97 それが大金をもらう人間の言う台詞かい!
大金が動くんだ、そんな簡単なものじゃない。



102 :無名草子さん:2006/05/14(日) 09:03:47
>>93
出版社で「営業」というのは書店営業と広告営業だけ。
お前のいる変な会社は出版社じゃねえ

103 :無名草子さん:2006/05/14(日) 09:19:37
久しぶりにヒートアップしてるな(^−^)

104 :無名草子さん:2006/05/14(日) 10:19:45
>>93>>97 多分同一人物だろうけど。
出版業界の収益って、読者から?それとも筆者から?
それで『営業』するところが変わってくるんじゃないかな。。。

105 :無名草子さん:2006/05/14(日) 13:25:00
>>97
>「文句があるなら契約しなければ良いだけ」
こんなセリフしか吐けないから
君自身この商売を良いものと考えてないことが
相手にも伝わってしまう


106 :無名草子さん:2006/05/14(日) 13:42:11
新風舎のように営業してくるなら、それと同じくらい作品の指導とかして欲しいよね。
まさか、いきなりベストセラーの小説が書けるなんて思ってないから・・・
小説ってそんなに甘いもんじゃない。

107 :無名草子さん:2006/05/14(日) 18:30:23
ねえ、共同の人、書店の棚キープ代っていくら払ってんのよ。
教えてよ。だれにも云わないからさあ


108 :無名草子さん:2006/05/14(日) 19:01:40
>>107

ttp://www.aichi-books.jp/cgi-bin/resbbs/bbs.cgi?mode=all&loadno=26&resp=1

109 :無名草子さん:2006/05/14(日) 19:19:00
誰も出せば絶対に儲かるとは言って金を出させたわけじゃないだろ。

しかも批判してる人間の大半が共同出版した事無い
企画の期待が外れた未練

110 :無名草子さん:2006/05/14(日) 20:02:28
まああれだな。高額商品を購入する時は良く調べて検討したほうが良いな。

例えば初めて車を買うとき、何社か他のメーカーいったり調べたりして検討するよな。
100〜300万(大金)も出すんだからな。
共同出版(高額商品を購入)して文句いう前によく調べろって。

車と出版は違うとか言うなよな。
高額商品を買うときにちゃんと調べたりよく検討するものだよな?という例えだからサ。

ちなみにオレは出版社の味方じゃないよ。





111 :無名草子さん:2006/05/14(日) 20:59:07
>>109
お前あちこちで同じこと書き込んでるな。
なんでそんな妄想に確信もてるの?
業者の中の人か?

112 :無名草子さん:2006/05/14(日) 21:19:00
>>110は確かに正論だよね。
だったら、どうすればいいのかみんなで意見出し合えば、出版するにはどんところがいいのか?企画になるコツはないのか?
>>109誰も絶対儲かるとは言われてないと思うよ、そんなこと言って契約して、本当に儲からなかったら契約違反だもんね。
あと、企画にならなかったからって俺は未練はなかった、賞取らなきゃ出しても意味がないと思ってるから。
再三、そう言って断ったのに、しつこいんだ。
共同できなかったことに未練があったみたいだよ。

113 :無名草子さん:2006/05/14(日) 21:56:14
もともとこの会社の人に「売れる作品」を見分ける力があるんだろうかね?
普通の出版社なら、売れれば利益、売れなければ損が待っている。
そんな中で長年やってれば、判断力を身に付けた編集者もいるだろう。
ところがここの場合、基本的に自費出版で収益を確保している。
そんな中で「売れる本」を見抜く目は育つんだろうか?

114 :無名草子さん:2006/05/14(日) 21:58:49
つかない
つくのは出版希望者へのセールストーク&クロージング能力

115 :無名草子さん:2006/05/14(日) 22:25:45
「なんとなく作家気分を体験した気にさせてくれる」商法。
その気にさせてくれる体験費用は200万円。

116 :無名草子さん:2006/05/14(日) 22:47:43
やっぱりここの賞って審査とか信用できないみたいですねぇ。
ところで6月上旬に結果発表される、第26回(かな?)のやつってもう三次審査通過の結果はだされているんですか?
あれって何次まであるの。

117 :無名草子さん:2006/05/14(日) 22:52:44
経験者として、担当した編集者?は大したクロージング能力もなかったよ。
セールストークも今一つだった。
>>115の「なんとなく作家気分を体験した気にさせてくれる」いいですねえ。
俺は200万出して、どれくらいの純利が出るのか聞いたけど、答えてくれなかった。
利益が出なければ、大金出す意味がないって言っても誉めるんだもの、大した営業力じゃないよ。

118 :無名草子さん:2006/05/14(日) 23:09:12
共同断られる人っているの?

119 :無名草子さん:2006/05/15(月) 00:13:26
>>118
いるみたいだよ

120 :無名草子さん:2006/05/15(月) 10:00:30
>>116
最近、「4次」というのを聞いたことがある。

>>188
出版社が訴訟などに巻き込まれる危険性のある内容は×のようだ。
内容的に実名表記して良いようなものでも仮名表記にさせられる。

121 :無名草子さん:2006/05/15(月) 13:13:41
つまりこいつらは
「俺の売れる本が、出版者の人間に見る目が無いから気付かなかった。」

と言ってます。

一度文を晒せ、笑われるから


122 :無名草子さん:2006/05/15(月) 17:41:00
工作員乙。

123 :無名草子さん:2006/05/15(月) 19:01:54
確かに、出版目指している奴の文見てみたいな。
評価してもらったらどうだ?

124 :無名草子さん:2006/05/15(月) 19:22:28
>>121 なんか余計に新風舎のイメージ悪くしているよね。

125 :無名草子さん:2006/05/15(月) 20:42:58
良心ある社員なら別の仕事を探すだろうがね。

126 :無名草子さん:2006/05/15(月) 20:58:46
せっかく探すなら、編集や出版、作文技術、さらにさらに文章構成を命一杯勉強して、作家を育てられる編集者になったら?
そしたら、原稿晒してやるよ。

127 :無名草子さん:2006/05/15(月) 21:03:54
↑晒さない方が良いよ

クズ文だから笑われる

128 :無名草子さん:2006/05/15(月) 21:18:35
新風舎の看板背負って、そこまで言える?

129 :無名草子さん:2006/05/16(火) 06:43:22
>>120
ありがとう。

四次かぁ……ずいぶんやるんだなぁ

130 :無名草子さん:2006/05/16(火) 07:12:07
新風舎もそれなりに原稿を評価してるとは思うよ。
でも、>>127 見たいなヤツが本当にいると思うと応募したいとは思わない。
他の出版社を探すよ。

131 :無名草子さん:2006/05/16(火) 10:56:07
>>126
見ていて吹き出しそうになりました…『晒してやる』って何ですか笑あなたの文は、晒して評価もないのに、一人前な編集者に…だなんて笑

たいした評価をもらっていないんだから、たいした編集者になんかつかない
ごく普通の事。

132 :無名草子さん:2006/05/16(火) 12:11:44
実際凄い作品ならプロ契約が来るよな




133 :無名草子さん:2006/05/16(火) 13:00:16
凄い作品なら、ここで出版する必要もないしね^^

134 :無名草子さん:2006/05/16(火) 16:43:43
熱風書房って本屋に並べない著者たちの怨念が渦巻いてそうだな

135 :無名草子さん:2006/05/16(火) 17:04:38
>>134
熱風書房はゴーストタウンと化している。会社か社長かは知らないが、
単なる自己満足の場所でしかない。

136 :無名草子さん:2006/05/16(火) 17:10:20
一般人はそんな書店あるの知らないし行った事もないはず。
ホントに本売る気あるならもっと良い場所確保してあげれば?
高い金出した「一番えらい表現者」さん達がカワイそうじゃない?
まして一般の書店に並ばないのならせめてそうしてあげろよ。


なっ!!!!

137 :無名草子さん:2006/05/16(火) 17:21:06
あれは作家希望者へのPR及び商談スペースなんじゃないの?

熱風書房(熱い商談の場)

138 :無名草子さん:2006/05/16(火) 18:46:58
>>131 皮肉だって!

139 :無名草子さん:2006/05/16(火) 18:55:05
書き込みにはまってたら、大切なこと忘れてた。
原稿書かなきゃ。
本気で作家になる人間のいるところじゃない、否定ばっかり。
そうじゃない人もいそうだけど・・・
さようなら、新風舎の編集者さん。
別の出版社で勉強させていただきます。
でも、新風舎もそれなりに勉強になったよ。

140 :無名草子さん:2006/05/17(水) 02:00:01
↑もうこなくていいよ

141 :無名草子さん:2006/05/17(水) 02:02:22
↑誤爆情報削除すべきだよw

142 :無名草子さん:2006/05/17(水) 02:05:15
社長の〇崎って十代で起業したらしいね

143 :無名草子さん:2006/05/17(水) 15:23:46
なんか明るい話題ないの?

144 :無名草子さん:2006/05/17(水) 15:45:56
無い

145 :無名草子さん:2006/05/17(水) 17:57:27
こっちが昨日から盛り上がってる

【文芸社】協力出版・共同出版を語る 11【新風舎】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1146968379/

146 :無名草子さん:2006/05/18(木) 16:47:55
あげとくか

147 :無名草子さん:2006/05/21(日) 04:39:21
教えてください。
昔、と言っても3〜4年程前には確かにあったんだけど、
愛知出版っていつ無くなったんだろうか?
検索しても出て来ない。

確か新風舎出版局の局長だった人が独立して起こした
自費出版社だったと思うんだが・・・ 新宿だったかな。
誰か詳細を知らないだろうか?

148 :無名草子さん:2006/05/21(日) 12:26:53
↑知ってるくせに

149 :無名草子さん:2006/05/21(日) 15:24:55
>148
どういう意味?

150 :無名草子さん:2006/05/24(水) 21:57:05
夢あきらめたくない…

151 :無名草子さん:2006/05/24(水) 23:42:41
ガンバレ(^o^)丿

152 :無名草子さん:2006/05/25(木) 12:25:24
此処に来てる人たちはみんな
新風舎に作品送った人たち??

153 :無名草子さん:2006/05/28(日) 01:18:05
最近寂しいね。。

154 :無名草子さん:2006/05/29(月) 19:38:04
もうネタも無いし終了だな。。
良かったな、SP舎

155 :無名草子さん:2006/05/30(火) 16:24:49
なんか新風舎出版賞の結果届いた。


156 :無名草子さん:2006/05/30(火) 17:01:00
いいね。ツリでなければ詳細頼む

157 :155:2006/05/31(水) 00:12:16
ポエトリーの奨励賞だった。スペック晒すと学生で投稿暦は一年以下。
ていうか自分でも正直こんなんで奨励賞取れんのかって感じだった。
多分まじめに審査なんかしてないと思った。
あと直接話したいから来いみたいな手紙が入ってたけどよく知らん。

158 :無名草子さん:2006/05/31(水) 00:36:54
>157
霊感商法みたいなもんだからな・・・

159 :無名草子さん:2006/05/31(水) 01:42:40
>>157
よし!
潜入取材たのむ!!

160 :無名草子さん:2006/05/31(水) 08:39:35
>>157
要するに、「共同出版するから200万円出せ」という相談なのだ。

161 :無名草子さん:2006/05/31(水) 13:21:52
新聞の地方面に、中学の時の同級生が、ここから絵本出したって
記事が載っててショック受けた。 まあ地元では有名人になれて良かったのか。
周りは誰も真相を知らないんだろうなあ。


162 :無名草子さん:2006/05/31(水) 14:41:32
で、
誰か手紙の返事送ったことのあるやつ居ないのか?

具体的にどういうことになるのか知りたい。

163 :無名草子さん:2006/05/31(水) 14:50:02
あのさあ
ログ読んでて気付いたんだけど
おれんとこ審査通過の手紙来なかったんだけど

今日いきなり審査結果の冊子が送られてきた

もしかして適当?

164 :無名草子さん:2006/05/31(水) 14:57:57
おれ賞もらってないのに来いって手紙入ってた。
これはつまり、
共同出版じゃなくて自費出版しろって話をされるのかな?
共同になるのは、賞取った人なんでしょ?
違ったっけ?

165 :無名草子さん:2006/05/31(水) 15:21:39
・・・・・だからお前らこんなところと関わるなって。
学習能力ないのか?
もう一つのスレも見たことないのか?

166 :無名草子さん:2006/05/31(水) 17:22:50
出版化推薦作
作品名:○○
○○殿
貴殿の作品は、第26回新風舎出版賞において、最終審査候補に選ばれ、「新しい感動を
与える作品」として認定されましたので、これを賞します。

という賞状と

是非一度お会いして云々・・・という手紙もらった人いますか?
これって噂の「共同出版」コースなのかしら?

167 :155:2006/05/31(水) 17:42:28
>>166
奨励のもその賞状とほとんど変わんなかった。
同じ手紙入ってたし。あと名刺も。晒してもいいのかな?
ていうか新風舎こえー。200万あったら何買えると思ってんだ。

168 :無名草子さん:2006/05/31(水) 19:27:09
別紙にてご通知差し上げましたとおり、○○様の作品は、今回、最終審査候補作と
なりました。私自身もこの作品の可能性にとても惹かれており、ぜひプロデュース
したいと思っております。○○様の書籍に対するイメージ・希望を最大限に反映させながら
、編集・販売担当者とともに魅力ある本作り・出版を目指していきます云々・・・。

問ういう手紙が入っていた。ところで出版化推薦作と奨励とでは違いがあるのかな?









169 :無名草子さん:2006/05/31(水) 19:32:38
奨励賞は無料で出版化じゃないの?

170 :155:2006/05/31(水) 19:58:09
>>168
それとおんなじのがちょっと前に来たです。

奨励の表彰状は、

表彰状
新風舎出版賞 奨励賞
  作品名○○
     ○○様
あなたは第26回新風舎出版賞において表記応募作品により
審査員一同に『新しい感動』を与えてくれました。
よってここに表彰し広くその栄誉を称えます。

平成十八年五月二十九日
新風舎出版賞審査委員会委員長 井狩春男
新風舎代表取締役社長 松崎義行

ていうほぼ>>166とおんなじやつ。

171 :無名草子さん:2006/05/31(水) 20:09:11
商談(面談)時間は1時間。作品を持ち上げて共同出版勧める。。
著者もまんざらではない気分(人によっては舞い上がる)。
見積もりは次回という事で帰される。

2回目で200万前後の見積もりを出され目の玉が飛び出るが、
自分の可能性にかけたい!という心理を利用され悩みながらも前向きに検討する。。

こんなかんじなのかな?


172 :無名草子さん:2006/05/31(水) 22:25:53
手紙が届いたという方々
それって佐川で届きましたか?

173 :無名草子さん:2006/05/31(水) 22:29:12
クロネコだった気がする。

174 :172:2006/05/31(水) 22:38:55
173、サンクス。
今日、留守の間に佐川から何か来てて、なんだろーと思ったら
症状か。

175 :無名草子さん:2006/05/31(水) 22:55:58
著者達の摩訶不思議。誉められ、おだてられると、あーら不思議。
ローンを組んででも200万円をひねり出せるウルトラC。
オリンピックもイナバウアーも顔負けの荒業を実現させる名コーチ。
それが新風舎。

176 :無名草子さん:2006/05/31(水) 22:59:55
奨励とったヤシ、賞金はどうやってくれるって?

177 :無名草子さん:2006/05/31(水) 23:49:24
手紙って無視してもおk?
返事出さなきゃダメなのかなあ。

178 :無名草子さん:2006/06/01(木) 00:12:24
>>177
無視していいに決まってるだろw
ていうかダイレクトメールみたいなもんなんだよ。
そのうち電話がかかってくるかも。
この時はハッキリ断っておいた方がいいかな。

179 :無名草子さん:2006/06/01(木) 00:55:32
電話攻撃はどの自費出版者でも同じだな
日本文学館とかも酷かった
いい加減個人情報破棄して欲しい

180 :無名草子さん:2006/06/01(木) 01:32:23
名刺って
あのなんとかいう女の人の?

181 :無名草子さん:2006/06/01(木) 01:42:56
僕の名刺はHという男でしたよ。ところで、青山まで行くのはやめることにしました。

182 :無名草子さん:2006/06/01(木) 01:50:56
なんか、新聞広告にある芸能人募集みたいなものだね。人の夢を逆手に取り、金を払わせる
。で、映画やドラマの通行人として使う。一応、TVにでれたので本人は文句をいえない。
私は、弁護士をしているので、これらのインチキが許せない。ちかじかTVで扱ってもらおうと
しています。だれか、被害を受けたものここにあつまれ!!

183 :無名草子さん:2006/06/01(木) 02:22:02
私も今日審査結果届きました。出版推薦かなんかの賞状も一緒に。
ついでに「会いたい」という手紙もね。皆さん一緒ですねぇ。
ちなみに名刺はKという女の人でした。
ひやかし程度に会ってみようか。会ったら報告します

184 :無名草子さん:2006/06/01(木) 02:43:39
>>179
だから原稿送るからだろうが。
バカか?
自分から個人情報差し出してんじゃん。
君子危うきに近寄らず、って知ってる?

185 :無名草子さん:2006/06/01(木) 03:26:50
>>184
出版社の人か。
この賞が終わったら
とっとと破棄する規約だったが。

186 :無名草子さん:2006/06/01(木) 04:15:38
文庫賞に応募したやつ居る?

187 :無名草子さん:2006/06/01(木) 05:02:08
>>183
ルポよろしく。

188 :無名草子さん:2006/06/01(木) 05:57:12
>>183
期待してるぞ(^−^)

189 :155:2006/06/01(木) 10:37:24
>>176
振込み。あーでもよく考えたら口座番号とか晒すとやばいのかな。。。

190 :無名草子さん:2006/06/01(木) 11:05:45
私も奨励賞もらった。
大げさな金箔型押しの賞状はSPツールみたいなもんだと思って破り捨ててしまった。
賞金2万円もらえるやつとは違う奨励賞なのかな。
だって冊子に名前乗ってなかったし。

191 :無名草子さん:2006/06/01(木) 14:13:07
あれれ?冊子に名前の載らない、しかも2万円もらえないかもしれない奨励賞
なの?190さんその後の報告4649!!

192 :無名草子さん:2006/06/01(木) 16:07:13
>>190
金もらえない奨励賞はおかしいな。
詳細希望。


193 :無名草子さん:2006/06/01(木) 20:44:45
今日営業っぽい女の人からでんわきたよ。
私はべつに賞も何もとってないし、応募してからこのスレ知っていろいろ見てたから、
丁重にお断りしました。

にしてもしつこいの。無理だって言ってるのに一度お会いしたいって。
「たくさんお金かかるんですよね、そんなには払えないので。」
っていってるのに、金額のほうはいくらでも調整できるとか、必死。
仕事が忙しいから日曜しか休みじゃないって言ってるのに。
「私は日曜出社してますので大丈夫です」って、ちがうっつーの。
私が日曜日会いにいけるほど暇じゃないんだよ、とオモタ。
みなさんもきっとそのうち電話かかってきますよ。

194 :無名草子さん:2006/06/01(木) 21:09:08
電話がかかってきたら「共同出版のはなしですか?」と率直に言いましょう。
向こうは1・2秒黙りこくるはずです。そこで一言。
「なんか噂になってるらしいよ。お宅の会社」
これで大丈夫!!!!

195 :無名草子さん:2006/06/01(木) 22:48:31
>>193

>金額のほうはいくらでも調整できる

↑むしろここが一番気になった。
さていくらまで値切れるんだろうw

196 :無名草子さん:2006/06/01(木) 22:52:52
最初に200万くらいと言い始め、あとは小刻みに10万円ずつ下げていくの
ではないかと思われる。それでも、せいぜい150万まで下がればよいほう。
「じゃあ、全財産の12万円までなら何とか出せそうです。今、サラ金
に追われて滞納しているんで、これ以上は絶対に無理です」と言って
みて、それで相手の反応を見るのも面白そうだよ。たぶん二度と電話が
かからなくなる。

197 :無名草子さん:2006/06/01(木) 23:16:01
>>196
電話がかかってくるのが嫌なら、
最初から糞業者に原稿送るなよ。
それが危機回避の一番の手段だ。

198 :無名草子さん:2006/06/01(木) 23:44:49
>>197
いまそんな話はしてないだろ。
誰かに構って欲しいのは分かるけど、
邪魔をしないでくれないかな。

199 :無名草子さん:2006/06/02(金) 00:10:30
>いまそんな話はしてないだろ。

何こいつ?
ここはお前の日記帳じゃねえよ


200 :無名草子さん:2006/06/02(金) 00:32:13
お前さ
普通にレス読めよ
頭悪いだろ

201 :無名草子さん:2006/06/02(金) 00:34:20
送られてきた講評読んでて思ったんだけど、
選考者ってあらすじしか読んでない?
本文とあらすじで表記変えたとこがあるんだけど、
あらすじでしか使ってない名詞が書かれてた。

202 :無名草子さん:2006/06/02(金) 00:45:21
>>200
同じ内容の極論レス付けて、
荒らしてるだけだから構うなよ。
端から議論するつもりはないみたいだし。
本人は愉快犯気取りなんだろうけど。

203 :無名草子さん:2006/06/02(金) 01:55:32
要するに悪徳業者と関わりたくてしょうがないアホ共ってことでFA?


204 :新プー者出版賞:2006/06/02(金) 03:23:48
一次通過は来たけど、そのあと妙な勧誘っぽいパンフが届いた。
6月になったが、これはもう駄目ってことかな?

205 :無名草子さん:2006/06/02(金) 08:13:17
>>204
だから共同出版のために200万出す気になれば、即座に解決するよ。
それだけのお話。パンフレットも、女性の電話も、そのすべては200万
出させるための工作だからね。

206 :新プー者出版賞:2006/06/02(金) 12:19:37
今日ポスト見たら入ってたぞ!!
勿論落ちてた。
かなり適当に書いたウンコ作品だったが、以外と真面目に選評が書いてあった。
やるな!新プー者!
でも金はやらんぞ!

207 :無名草子さん:2006/06/02(金) 13:09:29
あらすじしか読んでいないというウワサも。

208 :無名草子さん:2006/06/02(金) 14:17:25
しんぷううざい。

209 :無名草子さん:2006/06/02(金) 15:01:15
>207
文学賞はたいていそうみたいね。
あらすじと内容がかけ離れているのを応募してみたい

210 :無名草子さん:2006/06/02(金) 17:27:45
芸能人になれるよ!はいその前に100万円の登録料
作家になれるよ!はいその前に共同出版の200万円
でも僕ら詐欺じゃないモーン。
てな感じでしょうか?

211 :無名草子さん:2006/06/02(金) 18:40:13
100万円で一流芸能人への道が開けるなら安いものだが、
この手の出版社から300万円出しても作家への道は程遠い。

212 :無名草子さん:2006/06/02(金) 21:03:15
新風舎で検索していたら、ここへ来ました。
私は、出版大賞で賞をいただき(賞金+出版化)、現在 出版に向けての製作中ですが、
たまたまご担当の方が良い方だったのか、詳しいアドバイスや、前向きな編集で、仕上がりをとても楽しみにしていますよー^^


213 :212:2006/06/02(金) 21:04:10
ミス
出版大賞=出版賞でしたm(__)m

214 :無名草子さん:2006/06/02(金) 21:17:20
サクラの季節はとっくに過ぎたのに・・・

215 :無名草子さん:2006/06/02(金) 22:11:38
>>212
工作員乙。

216 :212:2006/06/02(金) 22:20:15
工作員・・・そう思われてしまうのは仕方ないのかな(;-;)
一応本当に一般人なので、また出版されたら宣伝に来させてください m(__)m
叩かれる・・?((((゚д゚;))))

217 :無名草子さん:2006/06/02(金) 22:30:15
>>212
まあ賞落ちた人相手の商売がメインという現実があるからね。
そういう人は150万〜200万出して初版500部というケースが多いそうだが、
あなたの場合、初版何部出るの? 印税率はどのくらい?


218 :212:2006/06/02(金) 23:11:06
>>217さん

分かります。私も、一度目の応募の時は、共同のお誘いでした(^−^;)
ちなみに、今回のは、初版の部数は実は聞いていません(聞くべきですかね?)。
印税は、確かあの賞は 増版分からしか頂けない仕組みだったと思いますが・・・(これまた聞いていません)。
正直、一人でも多くの方に読んで頂ければ嬉しいという思いが強くて、あまりお金に関しては期待していないので、あんまり参考にならないかもしれませんね。
横レス&レス違いだったかな?ごめんなさいでしたm(__)m


219 :無名草子さん:2006/06/02(金) 23:15:20
書き方がサクラそのものだな。
まんま出会い系サイト。

220 :無名草子さん:2006/06/02(金) 23:18:40
まともな出版社なら
こんな頭悪そうな文章書くやつの本なんか
間違っても出そうなんて思わんだろうな。
程度が知れる。
断って正解やね。

221 :212:2006/06/02(金) 23:52:03
サクラと思われるのなら、仕方ないです。板汚しをごめんなさいね。
今まで受賞された方のコメントがなかったので、参考までに私のようなパターンもありましたよと書き込んだだけだったのですが、
頭の良い皆様が、ご気分を害されたのなら失礼いたしました。


222 :無名草子さん:2006/06/02(金) 23:57:52
>>221

負け犬等の遠吠えだ
気にするな


オレも受賞者

223 :無名草子さん:2006/06/03(土) 01:09:56
サクラどうこう以前に
あの文章は確かにウザイ

224 :無名草子さん:2006/06/03(土) 01:15:44
>>222
自分が勝ち組と錯覚しているところがものすごく恥ずかしい・・・

大手出版社のまともな賞の最終候補や佳作の方がずっとステイタスあるよ

225 :212:2006/06/03(土) 01:16:30
うざくてごめんなさぃ(><)
でも本は買って下さいね☆

226 :無名草子さん:2006/06/03(土) 01:22:21
>>224

吠えてろ負け犬

悔しかったらオレや212みたいに受賞してみろよ

227 :無名草子さん:2006/06/03(土) 01:29:52
>>226
とことん恥ずかしいお人・・・

>吠えてろ負け犬

>悔しかったらオレや212みたいに受賞してみろよ


こういう勘違いで恥ずかしい書き込みを平気で公の掲示板に載せる奴の書いた駄文なんか推してしるべしですな。



228 :無名草子さん:2006/06/03(土) 01:34:08
226 名前:無名草子さん :2006/06/03(土) 01:22:21
>>224

吠えてろ負け犬

悔しかったらオレや212みたいに受賞してみろよ



いや、きっと人格高潔で才能のある人だよ!


229 :無名草子さん:2006/06/03(土) 02:27:41
>>212
何はともあれ、受賞おめでとうございます。

ただし、あなたのもらった賞金は
SP舎に食い物にされたアマチュア作家さんたちが
徹底的に搾取された結果作られたお金であることを
どうか覚えておいてほしいです。

そして、あなたが心をこめて書いた作品は
SP舎が新たなカモを招き寄せるための
撒き餌として使われるであろうことも
覚えておいたほうが良いかと思います。

あなたが作った本は
SP舎の出版説明会などで無料配布され
それを読んだアマチュア作家さんたちは
「なんだ、これぐらいの作品なら
俺だってかけるじゃん、デビューできるじゃん」と思い込み
このチャンスを逃がすまいとして大金を振り込んでしまうのです。

SP舎でなく他社で出しても、あなたには一切損はございません。
次回作は他社でお作りになられることを強くお薦めいたします。

230 :無名草子さん:2006/06/03(土) 03:50:16
225 :212:2006/06/03(土) 01:16:30
うざくてごめんなさぃ(><)
でも本は買って下さいね☆

226 :無名草子さん :2006/06/03(土) 01:22:21
>>224

吠えてろ負け犬

悔しかったらオレや212みたいに受賞してみろよ


おいおいおいw
品性のかけらもないやつばっかが本出す会社なんだな。

231 :無名草子さん:2006/06/03(土) 06:16:55
>>212
おめでとうございます。
正直そういう人がいるなんて驚きましたしうらやましいです。

本を買うかどうかは本を見てから検討したいので
タイトル名や著者名を教えてください^^よろしくです(^−^)

232 :無名草子さん:2006/06/03(土) 09:08:41
>>212
間に合うならば大手出版社に持ち込み直せ。

ただ、応募した時点で出版権はパクられてるかもな。
諦めて次の作品に仕掛かれ。

233 :無名草子さん:2006/06/03(土) 09:52:06
>>225->>226は相当作品に自信があるらしいから、書名を教えてね。
偏見抜きで評価してみたいからさ


234 :無名草子さん:2006/06/03(土) 10:59:51
つかなんで集英社とか講談社とか文藝春秋とか新潮とか
普通のところに応募しないの?

235 :無名草子さん:2006/06/03(土) 12:08:13
そうそう、なんでだろうねw



236 :212:2006/06/03(土) 13:52:00
書き込んだ覚えもないのに212が、書き込み増やしてますね・・・。
また、評価してくださると言ってくださった方、ありがとうございます(残念ながら225は、私が書いたものではなりませんが)。出版されたらお伝えさせていただきますね。
大手出版社をおすすめくださった方も、ありがとうございます。私は特に作家志望というわけではないので、そんな高みを目指すことがあるかは分かりませんが、参考になります(^−^)
それでは、場違いな乱入となってしまいすみませんでした。
一応、「全員が全員共同というわけでなく、賞をもらった人もいて、たまたまかもしれないけど良い担当の方もいたよー」ということだけで・・^^
お話続けてください。さようなら。

237 :212:2006/06/03(土) 13:55:31
>>231さん
レスできていませんでした!折角お優しいお言葉をくださったのにごめんなさいm(__)m
これだけ反対意見の多い中で、実名をあげるのはためらってしまいますので・・・
Sと申します。Tという本を出版予定です。
検討してくださるとのお言葉、嬉しかったです。

それでは、今度こそさようならです(^−^)/~

238 :231:2006/06/03(土) 14:37:04
>>237
レスありがとう!
がんばってね(^o^)丿

239 :無名草子さん:2006/06/03(土) 15:31:25
>Sと申します。Tという本を出版予定

たぶん特定されるよ・・

240 :無名草子さん:2006/06/03(土) 15:35:28
もう来てくれないんだろうか。。。
審査が何回まであったのか・電話で連絡があったのか知りたかった。。。

241 :無名草子さん:2006/06/03(土) 16:40:39
>>239
特定不可。

242 :231:2006/06/03(土) 18:17:38
>>240
まーしょうがないよな。。

>これだけ反対意見の多い中で、実名をあげるのはためらってしまいますので・・・

色んな意見を冷静に聞いてくれる雰囲気じゃないし、すぐ叩きに走るから
もうこないんじゃないか?



243 :無名草子さん:2006/06/03(土) 20:36:58
僕は出版推薦賞で12日までに電話クレだとさ。これも共同出版?

244 :無名草子さん:2006/06/03(土) 21:22:27
>>241
アホだなお前w
>>236を読めや。まだ出てねえっつうの。
出たら特定されるっての

245 :無名草子さん:2006/06/03(土) 21:28:17
>>243
残念ながら共同出版

246 :無名草子さん:2006/06/03(土) 22:24:16
>>243
おめでとう。電話してみな。
「このまま埋もれさすのは惜しいので、200万円よこせ」という
電話の内容だから。君が大金持ちなら出版しても良いと思う。

247 :無名草子さん:2006/06/04(日) 00:00:35
多分212は新風社の工作だと思うw
なりすまし詐欺は日に日に巧妙になっていることを忘れるなw

248 :無名草子さん:2006/06/04(日) 00:58:18
>>247
そこまで現実が見えてないとむしろ幸せだなw
247が落ちても受かった香具師もいるんだよ。

249 :無名草子さん:2006/06/04(日) 01:01:51
>>248=>>226では?

笑止千万のプライドを剥き出しにしているところが酷似。

250 :書店員:2006/06/04(日) 01:04:24
自費出版の営業は事実上、営業妨害です。通報します。

251 :248:2006/06/04(日) 01:15:54
プライド剥き出しは>>247 >>249だろう
言っとくが自分は共同薦められた口だorz
でも受賞者がいる事実は受け止めるし、詳しく内情聞きたいよ。
おまいらが目を瞑りたい気持ちも分からんでもないが、冷静な判断を失ってるふうなのがどうかと。

252 :無名草子さん:2006/06/04(日) 01:34:33
何のプライド?
ここは部外者が必死なカモのあがきを笑うスレだろ?
必死に弁解するところが冷静さを失ってるぞw


253 :無名草子さん:2006/06/04(日) 01:35:48
>>251
そりゃ受賞者なしじゃ完全な詐欺になるからだろうが

254 :無名草子さん:2006/06/04(日) 01:39:48
>>249=>>252よ このスレの品性が問われるから今日はおとなしく寝てくれ...

255 :無名草子さん:2006/06/04(日) 01:42:59
>>254
必死杉wwwwwwww
冷静になれよ?

256 :無名草子さん:2006/06/04(日) 01:58:51
コンテストする以上受賞者は必ず選ばれるだろうし、
受賞して自作を出版された人が喜ぶのは当然のことだろう。
だから受賞者個人に向けて言うことは特にない。

ただコンテスト自体が才能を発掘するよりは、
まずセールス対象を発掘するための装置であること、
そうやって稼いだ収益から受賞者の出版費用も出ていること、
ここらへんは理解しておいてほしい。

受賞を知らされた時の喜びはさぞ大きなものだったろう。
だが色よい評価を聞かされて、同種の喜びに我を忘れているうちに、
200万近い取引の契約にもちかけられ判を押した人もいる。
受賞の感激を体験している人なら、
そういう心境の時に商談に持ち込むやり方はフェアじゃない、
ということが理解してもらえるはずだ。

257 :無名草子さん:2006/06/04(日) 02:38:03
>>248
お前みたいなのがたくさん居るから
胡散臭い系な出版社が潰れ切らずに生き残るんだよ。
自費出版社系がコンテストをやるのは、
出版権を確保することも若干はあるが、
本にしたいヤツから金を集めるためだけだ。
集めた金をどう使おうが出版社の勝手だ。

現実が見えると出版社がただ困るだけだろ?
だから>>212は工作員じゃないのか?と警鐘を鳴らしてやってんだよ。
少しは真摯に受け取りやがれ。禿げ。>>248

258 :無名草子さん:2006/06/04(日) 03:11:42
@企画出版しましたなんてヤツは工作員に決まってる!
A賞貰って企画出版なんてうかれてんじゃねーよ!
 大部分はセールスの餌食になってるんだぞ!!

だいたい上記2点の理由で叩かれるから、もう投稿すんなよ^^;

ここは叩きたい人だけのスレなんだからサ

真面目に書いてもバカ見るだけだよ

259 :無名草子さん:2006/06/04(日) 03:16:16
私も新風舎に騙されかけました。バイトに毛が生えた程度のプロデューサーとやらにね。
あなたの作品に心打たれました。嘘付け。選評と本文の内容がまるで違うじゃないか。
ま、みんな判りきったことか。

260 :無名草子さん:2006/06/04(日) 03:18:41
ホントだったら作品名サラシテミロヤ!ボケエ!!!!

261 :無名草子さん:2006/06/04(日) 03:22:11
この会社、中途採用(社員・アルバイト)に力を入れてるしな
大募集してたぞorz

262 :無名草子さん:2006/06/04(日) 03:25:07
>>260
おまえみたいな基地外が多いから無理だろ
アラさがして叩くだけだろ?

263 :無名草子さん:2006/06/04(日) 03:38:58
>>261
オレも知らずに応募したよorz
応募する前にこのスレ知ってたら絶対応募しなかったけど。
応募者はたくさんいたけど殆ど素人だった。。
まあ出版社ということで夢みたんだよ。。みんな

264 :無名草子さん:2006/06/04(日) 03:59:37
気を落とすな

265 :無名草子さん:2006/06/04(日) 06:01:49
 >>258


オマイに言われたくはない
でも、そうかもな




266 :無名草子さん:2006/06/04(日) 07:34:07
ここ詐欺なの(?_?)風俗で働ぃてぉ金貯めて出版しょぅと思ってるんだけど(つд`)詐欺ならゃめょぅかにゃ〜(-o-;)

267 :無名草子さん:2006/06/04(日) 08:55:11
>>266
オマイが詐欺だろ
帰れ!

268 :266:2006/06/04(日) 10:05:34
ぇ〜(゜□゜)ァタシ詐欺じゃなぃょぉ(>_<)小説出版できるってぃぅけどぉ金出すから騙されてるかなって思って新風舎のこと検索して来たんだもん(*^_^*)

269 :無名草子さん:2006/06/04(日) 11:43:08
>>261
単なるカモ捕獲部隊でしょ
普通の出版社の仕事じゃないし

270 :無名草子さん:2006/06/04(日) 12:47:27
>>266
美容整形や各種民間療法など、本職が別にあって資金が十分にある
「本を出して本職にハクをつけたい」「金はあるけどヒマはない」人ならS風舎でもOK。
(S風舎の実態を知っている人が見たらハクも何もあったもんじゃないけど)
先立つものがなくローンを組む気ならやめたほうが吉。

小説を出版するだけなら同人誌印刷所で5万円代からできる。
共同系のウリは「全国書店に並びたくさんの人に見てもらえる」
「プロが本作りをする」だが、スタッフはほとんどプロと呼べないスキルな上
全国書店の目立たない場所に並ぶだけなので誰にも見てもらえないのがオチ。
それに同人誌印刷所の数十倍に当たる金額を払えばあとで後悔するだけ。

271 :無名草子さん:2006/06/04(日) 13:14:40
なんか呆れちゃうね。法律ギリギリのところで営業しちゃって。そのうち詐欺や脱税
とかで家宅捜査入っちゃうよ。もしこれをみている社員さんがいたら、もっと
人に感謝される仕事を見つけた方がいいよ。ノルマに追われてるのは分かるけどさ。
でも毎日そんなことやってると、頭が麻痺しちゃって悪いとも思わなくなるんだよ。
あとさ、こういう営業って・・・たのしい?


272 :無名草子さん:2006/06/04(日) 13:20:25
ここの人達出版できなくてひがんでるっぽぃ(´艸`)アタシは出すことにしたぁ\(^∀^)/200円万稼いで念願の小説家デビューするぞー!!!

273 :無名草子さん:2006/06/04(日) 13:21:25
金を出した張本人としたら赦せないだろうけど、昨今エステとかでも珍しくないんじゃない?
金を取る時は「絶対痩せますよ!」
で、取った後は、「あなた自身が頑張らなきゃ痩せませんよ」
どこの仕事も大手になると多かれ少なかれあるだろう。
でも乗せられる人間がいる限り、この仕事はなくならん。必要悪。
ホストやキャバと同じだと考えれば?
一時の夢に金を払った・・・と。

274 :無名草子さん:2006/06/04(日) 13:25:17
>>266さんにひとこと。
まだ一度も自分の小説で同人誌出したことがないなら
一度出してみ。絵のうまい友達かイラストレーターに
表紙書かせて、フリーの校正屋にチェックしてもらって自力で作ってみ。
それでビックサイトかオンライン同人誌販売所で売ってみ。

出版社に面倒を見てもらえない同人誌販売は
完全に自分の実力で勝負することになるから、売れなかったとしても勉強になるよ。
大金出して出版社に面倒見てもらったところで
文章力は上がらないし、勉強にならないし、売れることもまずない。


275 :無名草子さん:2006/06/04(日) 13:36:42
>>274
オリジナル小説なんて同人界じゃ相手にされない。これ常識

276 :無名草子さん:2006/06/04(日) 13:37:18
>>273
そういうのって、「絶対痩せますよ!」 の次に
「※ただし効果には個人差があります」と
読めないぐらい小さな字でみみっちく書くのがポイントよね。

共同出版の場合
「あなたの本を出版します!」の言葉に
「ただし売るといった覚えはございません」という意味が隠れてるのがポイント。

私はまだホストクラブのほうが良心的だと思うな。
だって大金払って付き合ってくれるのは本物のイケメンだもの。
大金払ったあとでブ男あてがわれるわけじゃないもの。

共同出版社の場合、大金払って
後にあてがわれるのは居留守編集者にお昼寝営業マン。
必要悪じゃなくって不用悪のような気がするな。


277 :無名草子さん:2006/06/04(日) 13:51:31
まぁ、詐欺かどうかは分からんが。
仮にも賞にもれている作品に対して、褒めちぎった選評を寄こし、
「是非プロデュースさせてください」ってのはいかがなものか。
賞にもれたらなら、だめだった理由を教えてくれる方が、よっぽど
作家志望のことを考えてくれているように思うがな。

278 :無名草子さん:2006/06/04(日) 13:52:56
>>275
大混雑のビックサイトでも
創作系はほとんど閑古鳥……だからこそ勉強になるかと。

酔狂なオタクが素人の本を買ってくれる即売会においてさえ誰にも買ってもらえない創作小説が
S風舎に頼んで書店に並べたところで売れるはずがない、という現実を
5万円程度で実感できるなら安いもんだろう。
S風舎に数百万円払って実感するよりずっといい。
近隣サークルの人が買ってくれて感想を言ってくれる可能性もゼロではない。
(S風で出した本に感想が送られてくる確率よりはずっと高い)
売れなくても、同じ創作系のお友達ができれば
風俗で働いてローン返済に明け暮れるよりよっぽどマシな日々を送れるだろう。

それに>>266は文面から判断すると(ヤラセでなければ)女の子。
BL系なら、創作といえども日の目を見る可能性は無きにしもあらず。

279 :無名草子さん:2006/06/04(日) 14:12:31
結局さ、騙される人がいるからこういう業界が成り立つわけで、騙される人がいなくなれば自然とつぶれるよ。
女子高生買うオヤジがいるから、女子高生も自分が売れると思っちゃうわけじゃん?
浅はかにも口車に乗せられて大金出して出版しちゃった人も、乗せられちゃったんだから、授業料だと思うけどなあ。

280 :無名草子さん:2006/06/04(日) 14:35:27
>>279
授業料なんて払わないに越したことはないよ。
出会い系サイトで騙される女子高生にしても、
共同・協力出版に騙される作家志望者にしても。

281 :無名草子さん:2006/06/04(日) 14:55:46
>>280
それは賛成。
でも払っちゃった物は返ってこないんだし、本気で作家を目指してるなら、
過去の苦い思い出と割り切って、大手にでも出して、ベストセラーになった時笑えばいいと思う。
自分の非を認めずに、ここで詐欺だなんだと叫んでるのは空しいじゃないか。。

282 :無名草子さん:2006/06/04(日) 16:16:24
こんなに叫んでいても、現状が変わらないのは我々が弱者であるからである。
弱者の声は世間に届かない。このサイトが多少はひがみ合いのサイトであるのは認めるが
これから何年・何十年も我々のような弱者が食い物にされるのが許せないのだよ。夢を見せて
くれただけ感謝しなとか授業料と思ってあきらめなだとかは済んだ人の話であって
何の解決策にもならない。考えてみよう、今何も分からず必死に自分の作品を書いている
人の姿を。そして、その人が大病を患い、余命何年であるという状況だとしたら、夢だとか
授業料だとか言ってられないではないか。
「そんなの自分が悪いんだ」とか「ちゃんと出版もしている」だとかさ、たしかに
正論だけど、「詐欺まがいのことをしているのも事実」で、どうして基本に戻って
「許せない」と言えない人がいるのだろうか?海外で、かばんを置いたら盗まれたと
言う話で、「そんなの自分が悪いよ」とか「平和ボケしてんだよ」とか、絶対出てくる
けどさ、何でそこで悪を糾弾しないのだろうか?当たり前のことを当たり前に叫ぶのは
無知なのであろうか?「戦争は悪い」というと、国際政治の事が分かっていないだとか
言うけどさ、結局どこかで「イマジン」を求めてるんだよ。でも弱者では「イマジン」
はつくれない。だから、我々のできることは弱者を守るべく、強者である(例えばマスコミ)
とかに訴えるのだよ。

283 :無名草子さん:2006/06/04(日) 16:29:53
はいはい、弱者特権、弱者特権!

弱者最強、弱者最強!

弱者さまのお通りだ!頭が高〜い!

284 :無名草子さん:2006/06/04(日) 16:48:26
>>282
立派なご意見だが、結局匿名で掲示板で叫んでるだけだろ?
本当に正しいと思うんなら、警察でも裁判所でも行きなさいな

285 :無名草子さん:2006/06/04(日) 17:09:59
金を払ってもいい、売れなくてもいい、
自分が生きた証を残したいから本にしたい的な
自己満足だけを求める人にはいい受け皿だと思う。

真面目に作家を目指している人は
こんなところ最初から眼中に無いと思ってたから
本当に騙される奴がいるのを知ってびっくりした。
でもマスコミ(とくに地方新聞社)にも責任ある気がする。
「どこそこの誰々さんが自分のいじめ体験をもとに小説を出版」とか
こういう自費系での出版を、ローカル面とはいえ結構でかい記事にしちゃうんだよ。
大抵著者も「これからも人を感動させる小説を書いていきたい」とか
作家気取りのコメントしちゃってるしさ。

286 :無名草子さん:2006/06/04(日) 17:39:12
>>285 
地方紙のそういう類の記事で紹介されている書籍は、大抵は自費だしな。しかも
そういう地方紙自らが、自社のナントカ事業部や子会社で自費やってるし。将来のお得意さん候補。

>真面目に作家を目指している人

「作家」といってもどのレベルになりたいかだよね。はっきり言って、大手・老舗の
純文学誌・中間小説誌にコンスタントに作品を出しているクラス以外は「作家」
とか名乗っちゃいけないんだよ(もちろん、食える食えないは別として)
とくに地方だと多いじゃん、マイナーな文学賞をもらっただけで「作家」とか名乗る人が。
大抵は本業は別にあるけどな。教師とか公務員とか専業主婦が多いね。
純文同人や各種公募ってホンマに残酷なシステムだと思うで。

287 :無名草子さん:2006/06/04(日) 17:51:20
>自分が生きた証を残したいから本にしたい的な
>自己満足だけを求める人

そういう人は最近はブログ等で発散して満足していると思っていたけど、どうも
違うらしいんだよな。プロになりたい人とか、プロにはなれなくても本を
出してみたい人は予想以上に多いみたい。ブロガーを狙った出版勧誘も最近はあるし。
市川祐司とかあくまでレアケースなんだけどな。

もちろん、自費でも読むに値するだけの書籍が出てくればいいとは思うよ。
でも、それで食ってる業界人がリスクを取りたくない(でも、書いた貴方本人が
お金を払ってくれるならいいですよ的な)書籍は、所詮はその程度の価値しかないと思う。
学者が零細の会社から出す地味な学術書のように、本当にいい原稿なら売れなくても誰かが見
てくれるもんですよ。見てくれないのは、やはりその程度の価値しかないからでしょう。

288 :I am 282:2006/06/04(日) 17:58:12
284さんの言う通り。でもなんか釈然としないな。実名出して、警察行っても裁判所
行っても、ある程度法律知ってるから相手にされないことぐらい分かるからです。
匿名というのは確かに自分の言葉に責任を持たないことになるが、人を傷つける
目的で書く匿名とはちょいと違います。この場合の匿名というものは人々に揺さぶりを
かけて反応を知りたいという意図があるんですよ。
つまり、私の言論で、人々がどう感じるかをさぐり、独り善がりにならないように
思考をまとめ、時として283のようなありがたいお言葉をいただき、それで、チャンスが
あればでる!という、ある種の戦略です。大昔、寺山修二が学研かなんかの「時速100キロの
人生相談」という高校生相手のコーナーを持っていたんだけど、そこで匿名希望なのに名前を
あえて名前を公表したことがあった。理由として「自分の言葉に責任を持て」だが、どうも釈然と
しない部分があった。というのも、その子の悩みとは、名前が明かされるとちょっと恥ずかしい
ものだったので、それを公表することはないだろ!と思ったからです。(ちなみにその本は
単行本として売られているのを読んだもので、私自身が高校の時読んだものではありません)
匿名で悩みをだしたその子はどんな思いだったかは置いといて、私が言いたいのは、匿名でも
周りのみんなが考えるきっかけを作れればよいのではないでしょうか?




289 :無名草子さん:2006/06/04(日) 18:42:32
>>288
だから、これ以上、被害者(?)が増えないようにたとえ便所の落書きであっても
注意を喚起するのは、それはそれでいいんじゃね? 

290 :無名草子さん:2006/06/04(日) 18:44:44
匿名だからこそ言える



匿名でしか言えない

の違いが分かってればいいんじゃない?

まあ匿名であるが故の説得力のなさは受け入れるべきだが

291 :無名草子さん:2006/06/04(日) 18:54:23
被害者特権階級への羨望

292 :無名草子さん:2006/06/04(日) 20:05:26
騙される人、
新風舎の工作員、
詐欺に遇わない様に真実を伝える人、
僻んでる人、

このスレの構成員はこんなとこか?

293 :無名草子さん:2006/06/04(日) 20:09:49
受賞者と名乗ると工作員扱いする人、

ってのもいるぞ

294 :無名草子さん:2006/06/04(日) 21:32:45
>293
お前も工作員だ。

295 :無名草子さん:2006/06/04(日) 21:43:22
>>294
おもろい!

296 :無名草子さん:2006/06/04(日) 21:47:39
>>293
書き込みの内容があまりにもレベル低いからでは?
逆にレベル低くても当然と思うけどね


297 :無名草子さん:2006/06/04(日) 21:55:12
審査結果の冊子もらった人、81ページの一番下見てみて。

298 :無名草子さん:2006/06/04(日) 21:57:54
>>272の正体は?

・もちろん釣り
・天然のバカ
・悪質な工作員


299 :無名草子さん:2006/06/04(日) 22:06:17
売れる本が書けるのは頭脳レベルじゃなく才能だろうよ
作家志望はプライドだけ高くてセンスのない奴が多いってな

300 :無名草子さん:2006/06/04(日) 22:13:58
>>298
9割がた工作員。
ナリスマシ詐欺と工作とも言える。

301 :無名草子さん:2006/06/04(日) 22:26:09
>>300
俺はてっきり釣りかと思った

302 :無名草子さん:2006/06/04(日) 22:36:22
>審査結果の冊子もらった人、81ページの一番下見てみて。
何が書いてあるの?

303 :無名草子さん:2006/06/04(日) 22:54:01
>>302
イタイ写真と書評。

304 :無名草子さん:2006/06/04(日) 22:59:13
「工作員」って言葉しか喋れない人が一人いるねプ

305 :無名草子さん:2006/06/04(日) 23:24:22
工作員と言われるのが非常に嫌な人も一人いるようだな。
なんでそう言われるのかを考えた方がいいんじゃない?

ちなみに俺はそいつを工作員だとは思ってない。
たぶん思いきりベクトルを間違えて変なプライドを持った勘違い作家気取りだと思う



306 :無名草子さん:2006/06/04(日) 23:50:00
それほどに姑息な商売だってことだよ。
愛知出版を思い出せ。

307 :無名草子さん:2006/06/05(月) 00:02:15
作家としての才能がもしもあると思ってんなら
中央の出版社の賞に普通に応募すればいいのに
なんでこんなところに出すのか、それが分からん。

いっぱいあるだろ、すばるとか文学界とか新潮とか群像とか
オールとか現代とか江戸川乱歩とか横溝とかホラ大とか。
本当に作家になれる才能があるなら、中央の賞にも引っかかるだろ。
なんでそうしないの? 自分で金出さなくてすむのにさ。

308 :無名草子さん:2006/06/05(月) 00:03:32
>>307
全くその通り。

309 :無名草子さん:2006/06/05(月) 00:03:44
>>307
その通りだ。
わざわざ詐欺に遇うために力作を送るもんじゃない。

310 :無名草子さん:2006/06/05(月) 00:06:16
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20050803bk08.htm

いじめられっ子が大人になって社会へ復讐しているのだろうか?w

311 :無名草子さん:2006/06/05(月) 01:07:06
>>298
http://www.sangakubu.com/archives/cat_196750.html

312 :無名草子さん:2006/06/05(月) 01:09:25
>>307
そういう賞もフリーライターなどがバイトで下読みするんだけどね。そんで、書き出しが
面白くないと投げ捨てちゃう。面白くないと最後まで読んでくれない。膨大に送ってくるんだから。
たまには文学的に高尚だから落ちる人もいるだろうけど、大半は単に才能が無いだけ。

結局、そういう賞に出して落とされて才能が無いのが露呈するのが怖い人がこの
類に引っ掛かるんだと思う。誰だって傷つきたくない。

313 :無名草子さん:2006/06/05(月) 01:18:09
>>310
このスレを覗くまで、新風舎の出版点数がこんなに大きくなっていたとは知らなかった。
昔、ロフトの某イベントでその社長を見掛けたけど、その頃はそんなに手広くやってなかったよ。
その頃は主に詩集か何か出してた。詩集なんか昔から谷川レベルのメジャー以外は有
名詩人でも小部数しか出なかったし、自費も多かったからな。

素人から巻き上げたカネの余禄でたまにプロの本を出すのか。それで対外的な信用
が買えるなら安いもんだよな。

314 :無名草子さん:2006/06/05(月) 01:26:01
共同出版や協力出版の「所見さん」はほとんど外部の素人さんなんだよね?
一般の文学賞の「下読み」をしている知り合いのフリーの編集者がいるけど、
彼の場合は読書量はものすごい。最初に書き手の力量を計って、スクリーニング
するのはこういう人たちだから、やっぱり自称作家には敷居が高いんだろうな。

315 :無名草子さん:2006/06/05(月) 02:23:15
>>311
この人2年前に奨励賞とって大喜びしてたんだよな。
お金払って出版するって行動してたみたいだけど
(今年の1月くらいまでプログにもUPしてた)

最近では全然その話題に触れないし、もしかしてキャンセルしちゃったのかな?
お金戻ってきてれば良いけど・・・

316 :無名草子さん:2006/06/05(月) 06:32:27
>>307
俺は、新風もそれらの賞と同じだと思って応募したよ

317 :無名草子さん:2006/06/05(月) 06:59:42
そんなヤツがいたのかorz
世の中広いな

318 :無名草子さん:2006/06/05(月) 08:35:50
普通はそうだよ。
こういうスレやインターネットを調べたのでもないかぎり、わからない。

319 :無名草子さん:2006/06/05(月) 12:54:01
自分の作品を文学賞に応募する時は調べると思うけどねw
それなりに労力もかかっていれば思い入れもあるだろうしね

320 :無名草子さん:2006/06/05(月) 12:54:07
>>315
契約書にサインしたってあるから、逃げられないんじゃない?


321 :無名草子さん:2006/06/05(月) 13:35:26
公募ガイドに毎月広告載ってるから悪徳だとは思わなかった

322 :無名草子さん:2006/06/05(月) 13:40:49
これから気をつけろYO

323 :無名草子さん:2006/06/05(月) 13:58:43
>>321
オレも。
ネットでP舎を調べてみたんだけど、それなりに名の知れている人の本を
出していたので、それなりにまともな出版社だと思っていた。

まんまとP舎の策略に乗せられたわけで。

入賞したら出版権を奪われるので、陽の目を見ることの無い作品になってしまったよorz
せめて賞金だけでも受け取っておこうかな・・・
でも電話攻撃うけるのいやだしなあ・・・

ブログで作品を発表して、数人に読んでもらったほうがマシだったなあ。

324 :無名草子さん:2006/06/05(月) 14:13:35
>>323
出版権だけ取られて、出版はせず? 出版したけりゃカネ払えってか? 

>それなりに名の知れている人の本を出していたので、それなりにまともな出版社だと思っていた。

この類の協力出版と称する自費紛いの会社の場合、「まともな」書籍も一応は出
しているんだよな。最近はこの手の会社がTV局に企画を持ち込むケースも増えた。
そんで、首尾良くTV化されるとそれがまた信用になってしまう。
新聞や雑誌の記事をマメにチェックしては、有名無名の面白そうな人に電話して企画
を立てている人もいるみたい。イケそうだと思えば自社持ちで出すし、駄目そう
なら協力出版に切り替えて著者本人からカネを取る。

325 :無名草子さん:2006/06/05(月) 14:23:34
人質事件の高遠氏も、事件の前に自費で手記を出していたね。事件後、話題になってちょっと売れたけど、
経緯を知らない人は出版社が企画したモノだと思ってたんじゃないかな?

まあ、講談社・文春などの大手や朝日などの新聞社も自費はやってますからね。
上にも書いてあるが、活字として残したいなら製本屋に行けばそれで済むんだけど、
どうしても編集者にチェックされて構成を整えた上で-プロっぽい手順を経て-、
書籍というスタイルや装丁にこだわりたい人もいるからね。

地方の狭い社会などではこの類でもちょっと面白ければ結構話題になっちゃった
りするんだよな。地方や中小零細の「良心的」な出版社には眉に唾をつけた方がいい。
自費とそれ以外の境界線が限りなく曖昧な出版物ばかりだし。
ただ、向こうがリスクを取りたくない企画や原稿は、所詮はその程度のものでしかない。
出版人は自分が本当に売りたい、売れなくても原稿を書籍化して残したいと思えば、大学出版会や
学術系書肆のように、1000部程度の地味なモノでもリスクは自分で取る。

326 :無名草子さん:2006/06/05(月) 14:31:15
出版権というのは、著者が出版社に設定するもので、
そのために出版社は利用料を著者に払うものなのだが。
著者が出版権を設定するために金を払うなんてあり得ない。
そもそも、出版権を勝手に出版社が設定できるわけがない。

出版社が正当な利用料も払わないのに、出版権が設定
されるなんて、ずいぶんおかしな話じゃないか?
著作権法的にも容認しえない話だと思うが。

出版権の話はほんとうなの?

327 :無名草子さん:2006/06/05(月) 14:42:39
>>326
http://www.shinpusha.co.jp/event/contest/shuppansho26/situmon/situmon.html
のQ&Aを見て。

まだ賞金を受け取っていないし、契約書もかわしていないけど、コンテストに応募した時点で募集要項に書かれている内容を承諾したものとみなされると思う。
仮に「行列のできる法律相談所」に相談したら、丸山弁護士だけは著者をかばってくれるかもしれないけど。

328 :無名草子さん:2006/06/05(月) 16:28:51
>>327
入賞すれば賞金が出るの?
その賞金は出版権を設定するのに見合う額なの?
また、共同出版しなければ賞金を支払わないといった内容なの?
もし賞金の額と共同出版の費用の差額がはじめからマイナスになっているのなら、
「出版権」を持ち出す契約関係としては、とうていあり得ないと思うんだけど、どうなの?

329 :無名草子さん:2006/06/05(月) 16:37:23
今回のノンフィクション部門の部門賞だっけ? は、
単に資料寄せ集めただけのやつってほんと?
落とされた人はさぞかし悔しいだろうなw

330 :無名草子さん:2006/06/05(月) 16:53:33
一般の出版社に持ち込めよ。そこでダメだから自費出版とかなんだろ。

331 :無名草子さん:2006/06/05(月) 17:03:01
>著者が出版権を設定するために金を払うなんてあり得ない。
賞金がもらえるので、それで出版権が設定されるのだと思います。

>入賞すれば賞金が出るの?
入賞すれば賞金が出ます。

「出版化推薦作」の場合は賞状はもらえるそうですが、入賞したわけではないと思います。
なので賞金も出ないでしょう。

>その賞金は出版権を設定するのに見合う額なの?
自分で言うのも何ですが、素人の作品に対して数万円払われるわけですから、見合う額と言えなくもありません。
悲しい話ですが、私がその額で納得できるかどうかは別問題でしょう。

>もし賞金の額と共同出版の費用の差額がはじめからマイナスになっているのなら、
>「出版権」を持ち出す契約関係としては、とうていあり得ないと思うんだけど、どうなの?

>>311
のブログを下から順番に読んでみてください。
彼と同じパターンに私も当てはまるのなら、賞金<<<<<<<共同出版費用となることでしょう。

>一般の出版社に持ち込めよ。そこでダメだから自費出版とかなんだろ。
>>321-325

332 :無名草子さん:2006/06/05(月) 17:12:07
激しく納得したぞ。悲しい話だけど

333 :無名草子さん:2006/06/05(月) 17:14:09
>>331
> >その賞金は出版権を設定するのに見合う額なの?
> 自分で言うのも何ですが、素人の作品に対して数万円払われるわけですから、見合う額と言えなくもありません。
> 悲しい話ですが、私がその額で納得できるかどうかは別問題でしょう。

申し訳ないが、実際、価値はないんだろうと思う。
でも、著作者を保護するためにあるのが著作権上の「出版権」なのに、著者には
経済的利益が生じないどころか、出版のための費用まで著者が払うということであれば、
契約関係としてかなり異様な印象を受けるね。

334 :無名草子さん:2006/06/05(月) 17:28:42
>>331
入賞が伝えられるまえに、意思の確認(放棄の可能性の有無)がされたと思います。
そこで「放棄しない」を選んだんですから、今更ゴチャゴチャ言うのはフェアでないのでは?
…と、私は自分に言い聞かせました(´・ω・`)

335 :無名草子さん:2006/06/05(月) 17:33:18
>>334
自分に言い聞かせたいなら、そのままお前の胸にしまっておけよ。

336 :334:2006/06/05(月) 18:11:35
おっしゃるとおりデス(´・ω・`)

337 :無名草子さん:2006/06/05(月) 19:35:31
でも、その「出版権」の設定は書面で契約を取り交わしたのか?
たとえ契約したとしても、極端な片務契約みたいだから、法的に契約自体
が無効になる可能性がありそうな気がするんだけど、どうなんだろう?

それから、出版界では一般的に、出版権の設定はせいぜい3年まで。

338 :無名草子さん:2006/06/05(月) 21:02:28
>>336
お前はそういうヘタレだから、ころっと悪徳業者に騙されたり、
>>335みたいな悪質な脅しに屈したりするんだよ。

339 :無名草子さん:2006/06/05(月) 21:04:41
>>338
悪徳業者の悪質社員乙。

340 :無名草子さん:2006/06/05(月) 21:19:17
>>313
工作員認定。

契約書は「持って帰って」じっくりよく読むこと。
出版権パクられるだけで済めば良いが・・・

341 :無名草子さん:2006/06/05(月) 22:01:19
>>339
レスアンカー間違えんなよ。
>>336を黙らそうとしてる悪徳業者は>>335だろうが

342 :無名草子さん:2006/06/05(月) 22:04:59
>>341
日本語の読めない馬鹿発見。

343 :無名草子さん:2006/06/05(月) 22:27:00
>>342
日本語が読めると思ってる馬鹿発見

344 :無名草子さん:2006/06/05(月) 22:32:28
>>343
ああ、日本語が読めない上に空気が読めない人でしたか。
ごめんなさいね。

345 :無名草子さん:2006/06/05(月) 22:37:30
>>344
日本語が読めると思ってる上に
自分勝手に空気も読めていると思い込んでる意味不明のバカ


346 :無名草子さん:2006/06/05(月) 22:39:50
>>339>>342>>344は勘違いの受賞自慢をしていた馬鹿じゃないの?

347 :無名草子さん:2006/06/05(月) 22:50:31
>>339-346
話題変えるのに必死だなw

348 :無名草子さん:2006/06/05(月) 22:56:53
共同出版の悪徳詐欺性の話に戻せ。
話題を都合良くスリ返るな。

349 :無名草子さん:2006/06/05(月) 22:59:47
話題変えるためかどうかしらんが、意味不明のレスをしてきたのは>>339だろうに


350 :無名草子さん:2006/06/05(月) 23:03:45
都合の悪いレスがあると、すぐ「工作員」だの「悪徳社員」だの言う奴がいるから話が摩り替わる・・・
後は「間違いない」「違う」の水掛け論。
主観だが、P舎の中に、わざわざ工作するほど会社思いの従業員はいないと思うが?

351 :無名草子さん:2006/06/05(月) 23:05:05
お前真性の馬鹿か?
頼むから話題をすりかえないでくれ。

352 :無名草子さん:2006/06/05(月) 23:08:52
>>350
同意。

>>351
じゃあお前が話題を振れ。
ひょっとしてお前が荒らしの張本人>>339か?




353 :無名草子さん:2006/06/05(月) 23:12:06
>>350の「水掛け論になる」に同意しながら「ひょっとしてお前が荒らしの張本人>>339か?」って・・・



354 :無名草子さん:2006/06/05(月) 23:15:00
ところで、受賞して無料で出版できる人と、共同出版の人では、付けられる担当の質は違うんでしょうか?
共同出版は、芸能事務所の養成所利益みたいなもの??


355 :無名草子さん:2006/06/05(月) 23:16:38
>>353
馬鹿かお前は?
>>351>>350を読みながら>>350に対しても馬鹿呼ばわりしているんだから荒らしと疑って当然。

356 :無名草子さん:2006/06/05(月) 23:21:51
また話題変えようとする馬鹿が沸いてきた・・・
仕切りなおし。

ところで、受賞して無料で出版できる人と、共同出版の人では、付けられる担当の質は違うんでしょうか?
共同出版は、芸能事務所の養成所利益みたいなもの??

357 :無名草子さん:2006/06/05(月) 23:25:39
質のいい人はもっとまともな出版社に入ってるよ。

358 :無名草子さん:2006/06/05(月) 23:27:41
>>354
大手の出版社なら期待の新人にはそれなりの担当つけると思うけどなあ…。
ここはどうだろう、質を問えるほどの編集者がそもそもいるのか?

359 :無名草子さん:2006/06/05(月) 23:40:04
>>356
だから話題変えようとしたのは>>339
バカの一つ覚えはお前だ



360 :無名草子さん:2006/06/06(火) 00:51:48
審査員は何者?詳しくないんだけど、有名な人なの?

361 :無名草子さん:2006/06/06(火) 01:12:50
>>359
いい加減しつこいよ。
どっちも粘着バカだ。

362 :無名草子さん:2006/06/06(火) 01:21:23
バカとか粘着とか聞いてて悲しくなるよ。。
普通に話そうよ。。

363 :無名草子さん:2006/06/06(火) 04:17:32
どうぞ。

364 :無名草子さん:2006/06/06(火) 08:41:58
普通に話せないほど著者の恨みを買っている会社なのだが。

365 :無名草子さん:2006/06/06(火) 11:53:07
そこまでいうか〜
でもさ、ここには新Pから出版した人はほとんどいないんじゃね?

366 :無名草子さん:2006/06/06(火) 13:19:08
>>365
俺くらいだろ。
最初は本が出せるとあって狂喜乱舞してたんだが、今は後悔してるよ……。

367 :無名草子さん:2006/06/06(火) 14:06:22
kwsk

368 :無名草子さん:2006/06/06(火) 14:31:51
>>366

レスサンクス

@大金を出して本を出す
Aお金出さない、もちろん本も出ない

やっぱりAのほうが良かったってことだよね?
でも本を出せた事の喜びも合ったんだよね??

経験者に詳しく聞いてみたいのだ。。。


369 :無名草子さん:2006/06/06(火) 14:46:24
>>368
正直に言えば複雑な気持ちだ。本を出したいという欲求ももちろんあったし、本が出来たときはめちゃくちゃ嬉しかったから。
でも時間が経って冷静になると、人の目に付かない隅のほうに置かれて誰に読んでもらえるかわからない本を作るために二百
万出すより、上で誰か言ってたけど同人誌みたいな形で直に人の目に触れて判断される方がよかったかもしれないと考えてる。
もちろん無知な俺が一番悪かったんだけどさ……。

370 :無名草子さん:2006/06/06(火) 15:34:31
B無料で出版化した人の意見も聞いてみたい
↑そういう人も後悔してるだろうか?もっと大きな出版社にすれば良かった…みたいな
それとも、金さえかけなければ満足できるかな?

371 :無名草子さん:2006/06/06(火) 15:51:58
>>369
出版の前に、お友達のひとりや二人に話したよね?
お友達は止めてくれなかった?

372 :無名草子さん:2006/06/06(火) 15:59:59
>>371
「睨むんです」の中の人の場合は、お友達全員から「おめでと〜」って言われてたね。

373 :無名草子さん:2006/06/06(火) 16:13:02
>>369
200万出して人生の勉強が出来たわけだから、良かったんじゃないのか?
かくいう俺も出した口。増刷にこぎつけるのに9か月もかかったが。

374 :無名草子さん:2006/06/06(火) 16:18:18
一般の出版社に何度も何度も投稿して
門前払いに門前払いを繰り返し
蹴られに蹴られまくった方が
有意義な人生勉強になると思うなあ。
業界に知り合いができるかもしれないし
バイトの口を紹介してもらえるかもしれないし。

200万が本人の人生勉強のためだけに使われたならまだいいが
業者の私腹を肥やすために使われたところがいたたまれない。

375 :無名草子さん:2006/06/06(火) 16:29:46
>>371
>>369氏のように出版に憧れている人は世間には沢山いるし、世間の人も(自分は本な
んか読まない人でも)本を出す行為自体は何となく凄いことだと思っている。
現実にはこういう憧れ自体が不健全なものなんだけど。以下をこの手のスレのテンプレにすべし。

※書籍なんか売れないもので、これで名を成そうとか儲けようとか思うな。
※向こうがリスクを取りたくない原稿はそもそも世間的には価値のない要らない原稿。
 本当に他人が価値を認めれば小部数でも出る。
※活字に残すだけなら製本屋に行けば済む。
※世間には大手〜中小零細まで、自費・協力出版との境界線が曖昧な出版物が
 限りなく多く、そこも混乱を来たす原因になっている。
※最近はブロガーに出版を薦めるケースも多い。甘い誘いには乗らない。

376 :374:2006/06/06(火) 16:30:19
とは言っても373さんの努力や学んだことを全否定するのは失礼だし
増刷にこぎつけたなら心底すごいと思う。
なので>>373さん、もしよかったら
どんなことが勉強になったか、教えてくれると嬉しい。

377 :無名草子さん:2006/06/06(火) 16:47:37
前に共同出版を蹴って、何十件と出版社を廻った末、ようやく出版してもらえる会社に出会い出版したけど、
結局お金がかからなかったってだけで、書店からは返本率96%とかってのを見た

378 :無名草子さん:2006/06/06(火) 16:51:52
>>374
>業界に知り合いができるかもしれないし

そんなに甘くないよ。昔から賞をもらった人・編集者に駄目出しを食らいつつデビュー
した人でも、編集者の期待する水準の次回作が書けずに大半は消えている。
使えそうな人には向こうから連絡してくるから、ラノベ・新書判ミステリなどは投
稿や受賞をきっかけにデビューする人も結構いるけど、1人の森博嗣の陰では膨
大な量の挫折者がいる。しかも最近は本は売れないので、あんまり実入りもよくない。
新書判で量産している作家なども生活はできているのか?
多作でしかも売れている森だって本業の大学教授は辞めていない。

379 :無名草子さん:2006/06/06(火) 16:54:42
だんだんとこのスレッドの話がまとまってきましたね。いやいや面白かったよ感謝します
ありがとう。


380 :無名草子さん:2006/06/06(火) 16:56:27
>バイトの口を紹介してもらえるかもしれないし。

文芸評論家(たまに文芸誌・書評誌で名前を見るクラス)で大学やライタースクール
の非常勤講師をしている人と話したことがあるけど、「自分の場合、学生時代になまじ批評で賞をもらって、
院進して出版社でバイトしたり文芸誌・書評誌に寄稿したり文壇の隅っこに関わり
始めたのが人生を踏み外す第一歩だったなあ」と苦笑していたよw

381 :無名草子さん:2006/06/06(火) 17:00:37
>>378
仕事はもらえなくても知り合いのひとりやふたり出来るだろ。
少なくとも単に金をドブに捨てるだけの社会勉強より有意義。

382 :無名草子さん:2006/06/06(火) 17:11:58
>>377
そんなこともあるんだね。
商業出版ですらそんなことがあるんだから
素人の共同出版の返本率など推して知るべし。

383 :無名草子さん:2006/06/06(火) 17:12:41
共同で出版した人で、現在も書店に並んでる人っている?

384 :無名草子さん:2006/06/06(火) 17:26:37
共同出版をした人の、詳しいお話を聞きたいです。
値段が法外とは言え、出版自体はしてもらえるんですよね?
実際に製作中の編集さんの態度や、完成した本の満足度はどんなものなんでしょうか?


385 :無名草子さん:2006/06/06(火) 17:29:37
共同出版の返品率が知りたいな。

386 :無名草子さん:2006/06/06(火) 17:42:18
>>375
【文芸社】協力出版・共同出版を語る 11【新風舎】 のスレと同じように、ここら辺もテンプレに入れといた方がいいでしょ。

参考リンク
資さんのHP(過去ログのミラーあり!一読推奨!)
http://www.geocities.com/chikuma162/ese_jihi.htm
賞レースに潜む罠
http://www.tanteifile.com/diary/2004/11/28_01/index.html
協力出版あれこれ
http://www.tanteifile.com/diary/2004/11/28_01/index2.html
その費用負担は適切か?
http://www.kobeport.net/news/kyodo.html
私が「共同出版」を断った理由
http://www.kobeport.net/rental/nakano/1.html


387 :無名草子さん:2006/06/06(火) 18:10:12
>>369
レスサンクス
外出してる間にコメントくれてたんだね

オレも本出したいって言う気持ち凄く分かるし共感するぞ
でも現実的にはマトモな出版社から本出せるような実力無いし(-_-;)
同人誌っていうより書店に置きたいんだよな〜

まあお互い頑張ろう屋(^−^)

388 :無名草子さん:2006/06/06(火) 18:22:00
>>373
ナカーマ
ていうか、増刷できたのか。すごいな。俺はおそらくダメそうだ。

>>374
俺が言うのもなんだけど、そのとおりだと思う。
何も考えずに原稿送るより、そうやって蹴られ続けた方がいい経験になったんだろうな。

>>387
ありがとう。
俺も頑張るからお前も頑張れ。あとあまり結果は求めないようにしようぜw

それじゃ俺はこれからはROMる。

389 :無名草子さん:2006/06/06(火) 18:25:33
>>387
実力ないと思うなら
実力つけてから書店に並べようよ……

実力ない状態で書いた作品を店頭に置くなんて
書店に来てくれたお客さんに失礼じゃないか。

390 :無名草子さん:2006/06/06(火) 18:31:47
やっぱり本ってのは「商品」だから、作品に何か売りがないと出版化(マトモなとこなら尚更)は難しいと思われ。
知名度でもいいし、話題性(ゴシップ性)など、要は「売れそう」なら出版化してもらえるだろうけど、
どれだけ実力のある良作でも、今の時代 実力だけじゃ出版は難しいかもね。
(但し、大手のコンテスト「このミス大賞」などは別)

391 :無名草子さん:2006/06/06(火) 18:50:58
>>389
そうなるように頑張るぜ!

392 :無名草子さん:2006/06/06(火) 18:53:01
本当に実力があるのなら
まずは話題性のある作品を書いて知名度あげてから
自分の書きたい作品を書けばよいと思われ。

個人的には、時代のニーズに合わせるのも実力のうちだと思うが。

393 :無名草子さん:2006/06/06(火) 19:00:10
>>390
もっとシンプルに考えてください。本当に原稿に力があれば無名人でも本は出ます。
「商品性」「知名度」「ウリ」以前にほとんどの素人の原稿には単に価値がないのです。
本当に「実力のある良作」なら誰かが見てくれます。誰も見てくれないのは単純に無価値ということです。
これだけの出版物濫造の時代にも関わらず、採り上げられない原稿は所詮はそこまでのものなんです。

その価値の無い原稿を「ウチはきちんと『商品』にします」「こうすれば『売り』になります」
とギョーカイ人ぶっていかにも「ウチはちゃんとマーケティングしてます」と
言葉巧みに持っていくのがこういう業者なんですけどね。
こういう業界はただでさえ企画ものと自費・協力出版の区分が曖昧だったりするので仕方ないんですけどね。
例えば政治家・財界人の書籍にせよ、その業界周囲の買取や売り上げが数千部は見込めるので
出すわけで、企画ものでも内実は自費に近いんじゃないですか? 
その業界の人や有名人・タレントが自分の信用を買うために出す本というのも沢山あるしね。

394 :無名草子さん:2006/06/06(火) 19:19:58
>>392
「ニーズ」というのも曲者でして、全く採り上げられない原稿がある一方、話題性
に乗れば誰でも本なんか出せちゃうんですよ。出版社はいつも企画を探してますから。
話題のトピック(ひきこもりでもニートでも老人介護でも何でもいいですが)に乗って
著作デビューしたが、後が続かなかった人なんか山のようにいます。
でも、仮に次が出せなくても、それでも一冊出せれば世間的な信用にはなっちゃうんですよねえ。

ちょっと例は違いますが、自分の知っているある地方私大の教授にも、自費を何冊も堂々と自分の
著作リストに載せている人がいますからね。あれは知らない人は分からないでしょう。
役人上がりで学問的には中身のない人で、一般的な出版社にも学術系書肆にも相手にされない
人なんですが、そうやって業界の自分の周囲の信用を一生懸命買ってるわけですよ。
一応は知り合いの評論家や学者の人も帯にコメントをくれたりしますし、自分の
人脈でもそこそこは売れるわけです。あんなつまんないエッセイや人生論集を何冊も持ち出しで出す
情熱という点では、彼も文芸的な教養の匂いや出版文化を愛しているのかもしれません。

395 :無名草子さん:2006/06/06(火) 21:11:36
そもそも「原稿の力」とは、具体的に何を意味するのでしょうか?
並外れた文章力だけがあっても それは力ではないと思いますし・・・

396 :無名草子さん:2006/06/06(火) 21:52:09
>>395
「具体的に」ってそこが分かれば誰も苦労しないでしょう?(w 例えば市川拓司や片山恭一みたいな小説は
誰でも書けるかもしれないけど、でも今さら出しても二番煎じ三番煎じでしかない。
市川や片山は作家としては三流でも、それこそ時代のニーズには合っていた。バンドと同じでそこに
乗るのもまた才能なんですよ。ラノベにせよ、あんなものは誰でも書けるように見えますが、
予備軍でデビューできない人なんか山のようにいます。

ただ、中身はともかく他人にリスクを取らせる力があれば、どんな企画や原稿でもそれ
は立派に力があると言えるんじゃないでしょうか。
旬のニーズに乗っかっただけの本-著者は一発屋-でも、少なくともその時点では
話題の題材を扱っているという商品価値だけはあるわけですよ。これは濫造される玉石混淆の書籍群にはみな言えることですが。
自費・共同出版は出版社はリスクを取らないが著者が自分でリスクを取れば出すよ、という世界でしょう?

397 :無名草子さん:2006/06/06(火) 21:52:17
共同出版業界が使いたがる言葉に「企画」がある。
気をつけろ。自分達の「企画」に金を出せという論拠だ。

398 :無名草子さん:2006/06/06(火) 22:03:12
>>395
>並外れた文章力だけがあっても それは力ではないと思いますし・・・

でも普通は「並外れた文章力」さえ無いわけでしょう? 小説などにせよ、本当に文章力がある書き手
であればどこかの賞には引っ掛かりますよ。その後も続くか否かは別にしてね。
単純に、しばしば作家志望者には単純に文章力が足りないんです。そこで文章力不足でも書けそうな前衛的・実験的な作風に
走ったり、誰でも書けそうで簡単そうに見えるラノベや恋愛小説に走ったりするわけだけど、それもまた既に二番煎じで(ry

あ、代わりに共同出版の会社には「引っ掛かりました」とかw

399 :無名草子さん:2006/06/06(火) 22:13:58
とにかく「作品に自信がある」「文章力もひけをとらない」「
という自覚がある人は
中央の出版社が主催する賞に出せ。
金出すどころか賞金もらえて、枚数に問題がなければ出版される。

400 :無名草子さん:2006/06/06(火) 22:55:27
増刷にこぎつけるコツは、自分のWebサイトで宣伝すること。Webから
アマゾンアフィリのリンクを掛けておくこと、仲間同士のグループで
売りまくること。それも押し売りでなく、自然に関心を持ってもらうこと。
色々やって、やっとこさ増刷にこぎつけた。初版500。うち、50は著者納本
だが、自力で2か月か3か月以内に捌いたと思う。用は、仲間がいるかどうか。
仲間がいなければ、一年以内の500売り切りと増刷はきついと思われる。
と経験談だが、普通すぎて参考にはならんな。

401 :無名草子さん:2006/06/06(火) 23:11:29
>>400
貴重な情報ありがとう。
それで今後はどう考えてますか?

もう出版なんてコリゴリ、と思って
次回作を作る気力なくしました?
それとも「次回作は大手出版社で!」とか考えてますか?
まさか「また共同で本を出したい」とは思ってないですよね……?

402 :無名草子さん:2006/06/06(火) 23:35:02
>>379
そういうレスをするから変なのが寄ってくるんじゃないか。
少しは考えろ。

403 :無名草子さん:2006/06/06(火) 23:58:55
>>400
何か無理矢理売りさばいた、って感じで、
どうもそういうのは「売れた」とは言わないのでは?

国産のボロボロの中古車が思いきりアクセルふかして高速飛ばしてるような・・



404 :無名草子さん:2006/06/07(水) 00:10:32
某舎で企画出版が決まりました(賞取り)。
ですが話を聞いていると、ダメ元で大手に出してみた方がいいのかな?
出版権が3年で切れるなら、それまで待つとか?
アドバイスください m(*__)mペコ

405 :無名草子さん:2006/06/07(水) 00:12:24
>>404
企画という言葉に騙されるな。
でも応募した時点でもう出版権パクられてんじゃないの?
詐欺に遇ったと思って諦めたら?

406 :404:2006/06/07(水) 00:19:18
応募では取られないけど、受賞でとられるみたい。
賞金も貰えるし、タダで出版はできるけど、
折角受賞できるって分かったなら、仕切り直して大手に出した方がいいか考え中。
前このスレで、出版権は3年とか聞いたので、出版は断って、権利が切れるまで待つべきか悩んでます。
それとも、出版権を取られた時点で、こっちが嫌がっても出版されちゃうのかな?

407 :無名草子さん:2006/06/07(水) 00:30:24
>>404
それがどの程度の出来か分からんけど
どうせ賞獲るなら中央大手のほうがいいに決まってる。
引き上げられるものなら引き上げるのをすすめるけど
それを認めると「ここで賞取れるならやっぱ大手に出してみるわ」で
辞退者続出になるだろうから
やっぱ引き上げられないシステムになってるかも知れんね。
よく聞いてみろ。

ただ大手はそんなに甘くないよ。自費系で賞獲ったところで
大手ならせいぜい1次通過するかしないかだと思ったほうがいい。
とりあえず金がほしいなら受賞を受け入れてその作品は諦めるしかないな。
とにかく某舎とやらによく聞いてみたほうがいい。

408 :無名草子さん:2006/06/07(水) 00:37:43
>>404
いったん受賞したものをヨソに版権移して出し直すのは、難しいだろうね。
コンテストは出版権押さえるのが普通だから。
まあ著者に大金払わせる奇っ怪な「出版権」ならともかく、
出版社が出すということなら一応ルールどおりだから、
新しい持ち込み先の方に二の足を踏まれてしまうだろう。
万一ヒットしたとして激安印税だが、我慢するほかないね。
書いて数年もたちゃ自分でアラも見えてくるだろうから、
全面改稿してタイトルも変えて、再チャレンジ。
それなら問題はないはずだ。


409 :無名草子さん:2006/06/07(水) 00:44:48
版権の認識が甘過ぎ。

 大丈夫かこいつら・・・

410 :無名草子さん:2006/06/07(水) 01:29:27
ん。俺もそう思う。

例えば俺もハリーポッターの版権を得たなら離さない。

411 :無名草子さん:2006/06/07(水) 01:57:00
>>404
日日日みたく、新風以外の出版社でもボスボス賞を取れば無問題。

412 :無名草子さん:2006/06/07(水) 02:24:48
411に追記。
他社で賞取れる作品を量産する自信がないなら
ひとまず消費者センターへ相談するよろし。

413 :無名草子さん:2006/06/07(水) 09:44:53
金の問題なのに・・
アホだな

414 :無名草子さん:2006/06/07(水) 13:09:18
消費者センターはいいアイデアだと思ったが、413の言葉でそうだよなとも思った。
でも「アホ」はいけませんよ。「おばかちゃん」ぐらいにしましょうよ。

415 :無名草子さん:2006/06/07(水) 13:21:28
412は、冗談で言ってるんだよ。
それも読めないイタイ香具師。

416 :無名草子さん:2006/06/07(水) 13:25:13
消費生活センターでOKだよ(お金を払っていない受賞者でも)。
相談員が管轄外と判断したら近場の無料相談窓口を教えてくれる。
ちなみにしょっぱなから弁護士事務所に行くと30分5000円〜。
地域によっては無料弁護士相談もあるが、ほとんど平日だから行きにくいっしょ。

417 :404:2006/06/07(水) 14:10:25
アドバイス有難うございましたm(*__)mペコリ
とりあえず一度、某社に詳しく聞いてみます。
「よそに出したいから」ではなく、ノンフィクションなので「登場してる人物と揉めた」とか言うのって、アリですかね?
それとも、もう消費者センターしかないのかな・・

418 :無名草子さん:2006/06/07(水) 14:12:31
>>417
某社はダメ。
社につごうのいいことしか言わんよ。
あとで対策かくけんちょいまってな。

419 :無名草子さん:2006/06/07(水) 14:22:18
http://plaza.rakuten.co.jp/wakatukihikaru/diary/200603140000/
> その小説を別のところに投稿し、それが「発覚した」場合、二重投稿になるんです。
> 二重投稿がタブーなのは、誰もが知っていること。業界追放どころか、卵のままで踏みつぶされてしまいますよ。
らしい。


http://neo-luna.cside.ne.jp/copyright/ncr21.htm
によると、
> 出版権が設定されると出版権者は、その引き受けた出版物を「確実に出版する義務」及び
> 「慣行にしたがい継続して出版する義務」という二つの法的な義務を負います。
> 著作権法では、原稿を引き受けて6ヵ月以内に出版することとされています。(81条)
らしいから、訴え出るならむしろ「受賞したけど出版されない人」じゃないかと。


> また、次のような著作者側の要求においても、出版権を消滅させることができますが、これによって出版権者は
> 財産的な損害を被るわけですから、著作者は、民法709条に基づき相当の損害賠償をすることが要求されます。
>
> 著作者が複製権者である場合において、内容が自己の確信に適合しなくなったという理由で出版の廃絶を求めたとき
ともあるので、404さんの場合は安直な行動をすると出版社に損害賠償しなければならなくなる。

418さんの妙案を待ちましょう・・・

420 :404:2006/06/07(水) 15:16:28
>>418さん >>419さん
本当に有難うございます!
すごく勉強になります。自分が浅はかでした・・
対策もお待ちしてます。お手数かけてしまいすみません・・

421 :無名草子さん:2006/06/07(水) 18:31:45
妙案というほど妙案でもない。
まずは消費生活センターに、コピペでも何でもいいので
下の相談内容を書いた紙を持って相談に行くこと。
弁護士と違って金かからないし、相談員のアドバイスに従うかどうかは
自分次第だから何も恐れることはないよ。相談するだけタダ。
消費生活センターには管轄外の相談も腐るほど来るので、
そこで解決できない場合、相談者に別の窓口を教える準備も出来ている。


「●●舎の●●賞に応募して受賞し
無料で出版してもらえることになったが、
最近、共同系出版社のH天舎が倒産し、本が出せずに困っている人が
たくさん出た話を聞いた。
調べてみたところ、自分が受賞した●●舎も
H天舎と同じ共同出版の会社であることを知り、
きちんと本を作ってもらえるのかどうか不安になった。
別紙のとおり、共同出版社の商法は問題になっているという情報も得た。
また、この会社の本は作りが粗雑であるという話も聞いている。
本の著者からもらったお金で利益を得ている会社なので、
売れる本を作る必要がなく、結果としてコストを押さえた粗雑な本ができるのだという。
今回の件で自分はお金を出していないので金銭的被害をこうむることはないが
せっかくの作品をそんな灰色疑惑の会社で出版したくない。

ついては、受賞を辞退して他の出版社で本を出したいのだけれど
受賞した時点で、出版権は●●舎に帰属することになっているらしい。
他の出版社で本を出すことは出来ないのだろうか。

もし他社で出すことが難しく、その会社で出さざるを得ない場合、
悪徳リフォーム業者のような手抜き編集に手抜き製本、手抜き営業を
されないようにしたいのだけれどどうすればいいか。
また、そういう手抜きが見つかった場合、どういった対応ができるか」

422 :無名草子さん:2006/06/07(水) 18:33:42
あと、下の記事をプリントして別紙として持っていき
相談員さんに見てもらい、「たとえ無料であっても
こういう会社から自分の本を出したくない」と念を押すこと。
●●舎のホームページの出版権に関するQ&Aもプリントして
持って行くとよいかと。
ttp://www.janjan.jp/culture/0511/0511054793/1.php
ttp://www.tanteifile.com/diary/2004/11/28_01/index2.html

あと、●●舎に問い合わせをするなら、電話はやめたほうがいい。
あとで言ったいわないの揉め事が起きるから。
コピー用紙に質問事項を書いて「イエス・ノー」の欄を作って
「どっちかにマルをつけて、補足事項は下に書いて返信して下さい」と
書いてFAXするべし。無理ならせめてメール。

423 :無名草子さん:2006/06/07(水) 20:43:27
詐欺に遇った人を救う会だなw

424 :無名草子さん:2006/06/07(水) 21:03:13
「少年文芸2」は「少年文芸1」より面白かったかも。
「少年文芸3」乞うご期待!!

425 :無名草子さん:2006/06/07(水) 21:07:58
>424
何の話。話を逸らそうとする仕事か?

426 :無名草子さん:2006/06/07(水) 21:10:32
>>425
そんな簡単に乗っちゃだめじゃん!

427 :無名草子さん:2006/06/07(水) 21:13:50
SからHに転職した人達は元気?もうBに入社した?

428 :無名草子さん:2006/06/07(水) 22:04:23
Aだった人は?

429 :無名草子さん:2006/06/07(水) 22:54:58
Hは倒産したけど去年はAもSも倒産の危機だったね。良く頑張りました。

430 :無名草子さん:2006/06/08(木) 01:06:03
Aって名古屋のある県のA?


431 :無名草子さん:2006/06/08(木) 02:04:40
>>404
SP舎から校正チェックはもう送られてきた?

432 :新風舎って・・・:2006/06/08(木) 02:06:45
あの、実は私も第26回の賞に応募したのですが・・・電話掛かってきました!
なんか電話の対応からして少しおかしい点がありました。「自費出版じゃない
のですか?」と返信の手紙送ったら留守電に「今回は自費出版ではありません」
と言っていたので期待して電話を掛けたのですが・・・そこでなんか出版の費用
はお客様と当社と半分半分になりますと言われ、実際にいくら掛かるのかと聞く
とそれは今の段階ではもうしあげられないと言われ・・・なんかほんまに詐欺っ
ぽいにおいがしますが・・・結局相手におされるがままに一回会いに行く事に、
まだ、その日まで日にちがあります。ここのスレの意見を見ているとあまりかか
わらない方が良いような気がしてきたのですが・・・みなさんの意見をちょうだ
いしたいです。それで、断るか行くか決めようと思っています。ちなみに私は学生
でして・・・どうしたらいいでしょうか?詳しい方または実際に前に同じような
経験をした方教えてもらえないでしょうか!ちなみに賞はとれませんでした。

433 :無名草子さん:2006/06/08(木) 02:26:25
>>432
その会社がまともかどうかは知らないが、あなたの書いたとおり、勧誘して
おきながら、費用の目安も言えない会社であれば、普通の市民社会では
一種の「詐欺」的商法ではないかと警戒するのは当然のことでしょう。
「君子危うきに近寄らず」という格言をかみしめてみては?

434 :無名草子さん:2006/06/08(木) 02:31:18
>>432
>出版の費用はお客様と当社と半分半分になります
これ本当に言った?
言ったならぜひ録音しておいて欲しかった……ほぼ100%嘘だから。

ヤクザ屋さんと違って暴力的脅しはないので
口車に負けない自信があるなら社会勉強のために行ってみてもいいかも。
でも印鑑とか持っていっちゃダメだしサインもだめ。ローンも組んじゃだめ。
担当者にほめちぎられたら「そんなにいい作品だと思うなら
全額カンパしてくださいよ」と言ってみよう。

ここをプリントアウトして持っていって、
担当者に各考察に対するSP舎の見解を言ってもらうのもマル。
【その費用負担は適切か?】
ttp://www.kobeport.net/news/kyodo.html
担当者が答えてくれたら逐一メモして、
相談の最後にそれを見せて「この内容で間違いありませんか?」と聞き
OKならサインをしてもらう。

(例)
考察2:提示された見積額は、出版された書籍を、著者自身が
書店で全冊定価購入した時よりも高い金額にはなっていませんか? 
それって不思議ではありませんか?

考察3:書店で、自著をすべて定価購入した時よりも
高額な金額を払っているにもかかわらず、本の所有権が出版社にあるのは
不思議ではありませんか? (本そのものの所有権と、著作権・出版権は別です)

435 :無名草子さん:2006/06/08(木) 02:37:50
てゆーかこのスレざっと読んだだけで分かるだろ
それでも行きたきゃ行けよ

436 :404:2006/06/08(木) 03:03:39
アドバイス本当に本当にありがとうございますへ(^-^)乂(^o^)
早速戦ってみます
ところで同じように企画出版で本を出した方がいれば、どんな感じだったか知れたら有り難いですm(*_ _)m
今こちらは出版するに当たってのビジョンとか修正について連絡をもらったとこです(-.-;)

437 :無名草子さん:2006/06/08(木) 03:08:31
やめた方が良いよ。よく考えてみれば共同出版を出版社から勧めてくるなんておかしいんだから。

438 :無名草子さん:2006/06/08(木) 07:25:44
ってか、ネットに公開するんじゃダメなの?
金かかんないよ。多くの人にも見てもらえるし。

439 :無名草子さん:2006/06/08(木) 07:30:15
どうしても「これを本にしたい、金払ってもいい」っていうんなら
別にもう止めやしないけどさ、
本当に読み手が付くような作品はちゃんとしたところで賞獲ったりなんかして
自分で一銭たりとも払わずに書籍になるわけよ。
そして、そういうのじゃなきゃ、はっきり言って本になる価値がないの、本来。

自分で金払う時点で、世に出せるほどのもんじゃないのよ。

人生の思い出作りじゃなくて、作家になりたいという意志が少しでもあるなら
こんなところに出さずに大手で賞を獲れるまで頑張れよ。

440 :無名草子さん:2006/06/08(木) 07:54:47
>>436
貴方は向こう持ちの企画出版に乗ったようだが、今回は降りた方が良いと思う。
こんな会社でデビューしてもいいことないと思うぞ。
出版権云々についてはよくわからんが、仕切り直しでもっとまともな賞を探して頑張れ。

>>432
>>435の言う通り。つか、なぜ頑張って書いた原稿を訳のわからん会社に出すんだ?
少しは応募する前に調べないのか? 

441 :無名草子さん:2006/06/08(木) 11:00:05
自分の物書き仲間で、「出すなら絶対新風舎!」って決めてる人がいる。
締め切りに追われたり、スランプに陥っても無理矢理書かないといけない
のは嫌だからプロになる気はない、自分は書きたいときに書いて出版できれば
いいって言ってる人なので、そういう人には自費出版系は向いているのかな。
それに大手は作品を送っても返事をくれないけど、新風は担当してくれた人が
かなり熱心だったらしく、相手をしてもらえたことも嬉しかった様子。
ちなみにそのときは共同を勧められ、お金がないから断念したらしい。
目指しているのは一応企画だけど、予算がないからコンテストに出すのもなー
と今もぼやいてる。そのぼやきも自分には「?」な感じなので、どう対応して
いいのやら……。
プロとしてやっていきたいと思わないなら「頑張って」とも言えるけど、
こういうタイプの人って自分の作品が本になりさえすれば、売れなくても
満足できるのかな?

442 :無名草子さん:2006/06/08(木) 11:41:53
>>441
目指しているのが「企画」というのであれば、結局「私はカモです」
宣言をしているようなものだと気がつくべきなのだが。
 尚、新風舎では、「著者専用のページ」と「著者コード」を作るらしい。
どんなサイトになるのか、著者の一人としてアクセスして報告するつもり
だから、その報告も待つように。

443 :無名草子さん:2006/06/08(木) 12:31:29
>>441
そういう人は心の中では「売れたい」と思ってるんじゃないかな。
でも締切り守ったり売れることを意識して書いたりの努力はしたくないんじゃないかな。
そういうことをすると自己同一性崩壊(とか書いてアイデンティティークライシスとか何とか
ルビをふる)になってしまうとか思ってるんじゃないかな。
その人、やたら小難しい漢字を使ってカタカナふるの好きだったりしない?

普段から「自分は特別な人間なのに誰にも認められていない」と不満を持ってるんじゃないかな。
「今現在のありのままの自分(の作品)を他人に認めて欲しい」気持ちなんじゃないかな。
向こうから勝手に白馬の王子様がやって来るのを待ってるお嬢様か
空から勝手に美少女が降ってきてご奉仕してくれるのを待ってるヘタレ男気分なんじゃないかな。
そのうち「自分の作品を認めない世の中は腐ってる」と逆ギレしないといいけど。

444 :無名草子さん:2006/06/08(木) 12:48:56
逆切れして脅迫文送りつけて逮捕された著者も一人ではすまなく
なるかもしれんな。そうなると。

445 :無名草子さん:2006/06/08(木) 12:57:21
>>441
「物書き」って意味わかる?
プロのライターが卑下して使ってる呼称だよ。

>「出すなら絶対新風舎!」って決めてる人

こんな妄言を吐くプロのライターがいるわけないだろ。
物書きなんて言葉を偉そうにど素人が使うんじゃねえ



446 :無名草子さん:2006/06/08(木) 13:27:09
>>442
企画出版できれば理想だけど、お金があれば共同でも出すかも……
という感じです。
「著者専用のページ」「著者コード」の話があるんですね。新風の
ホームページを今日はじめてのぞいたけど、雰囲気が明るいというか、
出版社にやる気のありそうな印象だった。あれならその気になる人が
多いのもなんかわかる気がする。

>>443
作品を読んだのは1度きりなんです。批評してくれと言われたけど、
ストーリーうんぬんの前に文法が変で読みにくかったので、それを
指摘したら、3ヶ月ほど音信不通になりました。人に指図されたり
都合の悪いことを言われるのは嫌いなタイプなので、たぶんむっと
したんじゃないかと思う。
それ以来その人の作品は読んでないので今はわかりませんが、語彙量も
多くなかった(というより、物の名前すら間違って覚えていた)ので、
少なくともその頃は小難しい漢字や言葉はいっさいなかったです。

本人が新風のやり方を知っていて、それでもなお新風でということなら、
こちらが反対することもないだろうし、「お好きにどうぞ」ですよね。
知らなかった場合はちょっと怖いけど(笑)、とりあえず静観することに
します。


447 :無名草子さん:2006/06/08(木) 13:39:44
>>445
すみません。スレに直接関係のないことは言う必要はないかと思って
伏せていたんですが、自分はプロデビューしてるんです。
その人は441にあるようにプロ志望ではないので、元作家志望仲間とも言えず、
あえて物書きという言葉を使わせてもらったんですが、気に障ったのなら
ごめんなさい。

448 :無名草子さん:2006/06/08(木) 13:46:58
プロの方に伺いたいんですけど
校正はどんな風にやりとりしました?

なんでも、共同系では校正をバイトがやっているという噂。
「まっとうな出版社ならこんな風にやってるよ」とここであなたが教えてくれたら
共同系で出版の話が進んじゃってる人に、
いい参考になると思うのです。ぜひ教えてください。


449 :無名草子さん:2006/06/08(木) 14:57:56
>447
なら「物書き仲間」ってヘンだよ。
素人とプロデビューしている人がなぜ仲間?友達というならいざ知らず。

450 :無名草子さん:2006/06/08(木) 15:08:47
>>447は脳内プロデビューでファイナルアンサー?

451 :無名草子さん:2006/06/08(木) 15:47:07
>>448
自分のお世話になっているところはゲラは二回きますが、担当の編集さんが
チェックしてくれています。
内容にかなり直しが入った後でゲラに入るんですが、初校では誤字・脱字等の
間違い探しと、わかりにくいと指摘された文章や、気に入らないところを
直しています。再校になるとほとんど完成の状態になっているので、誤字・
脱字の再チェックくらいですね。

>>449
仲間という言い方は変ですか。
ネット上で知り合ったので直接会ったことはないし、執筆サークルで一緒に
活動していた関係なので、自分の中では友達というより仲間のほうがしっくり
くるんですが。

今日原稿があがってほっとしたせいか、ちょっと浮ついているようです。
スレの雰囲気が変わってしまうといけないので、そろそろ退散します。
どうも失礼しました。


452 :無名草子さん:2006/06/08(木) 16:09:28
>>449
校正というのはプロフェッショナルな仕事。
ただ、社内に校閲部門を持たない場合、外注が一般的。
その校正者がプロとしての仕事をできるかどうかの
一般的な目安は、エディタースクールの校正技能検定を通っているか、
日本校正者クラブに所属しているか、それとも、(きちんとした活字の本を
出している)出版社の社員として一定期間の実務経験があるかどうか、
というあたりになる。
もちろんそれ以外の「バイト」でも、経験豊富なプロフェッショナルはいる。

とはいえ、校正料金の一般的相場は、時給だと2500円とか3000円ぐらい、
1字あたりだと初校時70銭とか1円。これよりも大幅に下回る額しか
払っていない出版社だと、プロフェッショナルな校正者は使っていないと
考えたほうがいいかもしれない。

453 :452:2006/06/08(木) 16:11:23
>>448へのレスでした。

454 :無名草子さん:2006/06/08(木) 16:32:37
>>451
>執筆サークルで一緒に活動していた関係なので

だからあんたらは「ど素人」で「物書き仲間」なんかじゃないから。
物書きってのはそれで生計を立てている人間のことだ。


455 :448:2006/06/08(木) 16:34:24
>>451
用字用語の統一はどんな風に赤入れが入りますか?

>>452
床にビー玉を置いたり第三者機関に審査してもらえば発覚する
悪徳リフォーム業者の手抜き工事と違って、
出版は手抜きが発覚しにくいもの。
なんで、>>404さんみたいな共同系で出版の話を進めてしまった方が
共同系会社の手抜きを指摘して
「信頼を損なう行為があったので契約を白紙に戻す」方向にもって行くには
きちんと校正が行われているか確認するのが
一番だと思うんですけどどうでしょうかね。

456 :無名草子さん:2006/06/08(木) 16:41:16
>>447
>あえて物書きという言葉を使わせてもらったんですが

常識的な日本語の意味も正しく把握していない書き手がプロとして稿料をもらってるなんて考えられませんが・・・


457 :無名草子さん:2006/06/08(木) 16:46:07
>>455
>きちんと校正が行われているか確認するのが

でも零細の出版社なんかも編集者や著者のチェックだけでプロの校正者を使ってい
ない(と思われる)ケースってあるからな〜。「まともな」自費の会社でも校正者なんか使ってるのかな?
そういう所の本ってどこか変で、細かい間違いが目に付くんだけど。

458 :無名草子さん:2006/06/08(木) 16:47:00
>>450
正直そんな気配が漂うね

459 :448:2006/06/08(木) 17:15:31
>>457
零細出版社の場合、誤字脱字だらけの本を出して後々困るのは出版社自身だけど
共同系は著者がお金払ってるんだから責任追求できるかと。
>>404さんの場合、受賞者だから難しいかもしれないけれど……。

460 :無名草子さん:2006/06/08(木) 17:46:21
今日も読売新聞で広告出してたぞ!気をつけろ!

461 :無名草子さん:2006/06/08(木) 18:19:36
引っかかるのは団塊の世代。ネット使っている奴は情報が多いから
引っ掛けづらい。カモ達がいっせいに自伝を出したがる。当分勢いは
続くだろう。

462 :無名草子さん:2006/06/08(木) 18:24:26
>>461
>ネット使っている奴は情報が多いから引っ掛けづらい。

どうかな? 世代を問わず書籍というマテリアルに憧れている人はいまだに
多いし、既にブログを本にするサービスもある。あれも自費と断っているだけ
なら良心的で、共同出版の会社がメールなどで勧誘してくる。
それこそネットで知識を得て、出版業の虚実を知るのがいちばんいいと思うが、
引っ掛かる人は自分に都合の悪い情報は見ない。

463 :無名草子さん:2006/06/08(木) 20:23:51
ちなみに今日の読売新聞では共同出版の宣伝もしていた。確かに、自費出版してでも
本を出したい人には魅力だが、このスレッドみたらそんな気はすっ飛びますね。


464 :無名草子さん:2006/06/08(木) 21:32:25
>>454
勝手に定義を決めんなよ、何様だ
物を書いてるから物書きだって奴がいたらそれでいいだろうが
癇に障るんならほっとけ
お前の考えが基準じゃない

465 :無名草子さん:2006/06/08(木) 22:41:59
>>464
バカかお前は?

辞書を調べろや真性DQNがw

国語辞書との一致 (1件中1〜1件)

別の辞書で再検索 : 大辞泉 | 大辞林




もの‐かき【物書(き)】



大辞林でも 「ものかき」 を検索する


1 文章を書くこと。また、それを職業とする人。

2 文書・記録を書く役。書き役。書記。



この場合、1の「ものを書く行為」じゃなくて「人」の意味なんだから、
「文章を書くことを職業とする人」を指すに決まってるだろうがよ
>>454の基準じゃなくて、>>454が常識を語ってるに過ぎないの。
恥を知れ低脳



466 :無名草子さん:2006/06/08(木) 22:52:45
>物を書いてるから物書きだって奴がいたらそれでいいだろうが

横から失礼。違うと思う。物書きは基本的にプロの自称だよ、
それもやや自嘲的なニュアンスを多分に含んだ。

まあ、そういう雑な言葉遣いが素人の証拠だけどな。

467 :404:2006/06/09(金) 01:48:45
お返事遅れてすみませんm(*__)mペコ
その後、アドバイスもらった通り、全部メルでやり取りしてます。
ただ...なんか某舎の方が、妙に(?)いい人&前向きな方で、細かなことまで連絡くれたり、自分の文章の端々までアドバイスをくれたりと予想外でした。
今後の宣伝方法や編集についてなども、なんかすごいやる気っぽいんですが...騙されてる???

468 :無名草子さん:2006/06/09(金) 02:11:47
奴らは契約させるまでが勝負だからな・・

そこが普通の出版社と似て非なるところ


469 :無名草子さん:2006/06/09(金) 02:12:38
出版賞という賞に絵本を描いている私と小説を書いている友達と
二人で応募してみました。結果は二人とも入賞せず共同出版の
提案の手紙が届いた後に絵本を担当している女の人から連絡が入り
出版に関して会って話しがしたいとの事なので、出版費用が
どれ位なのか知りたく話しだけでも聞きに行こうかと悩んでいます。
しかし一緒に応募した友達にも同じように小説を担当しているという女の人から
連絡がきたらしいのですが、担当者の名前を聞いて不安になりました。それは
私の絵本の担当と友達の小説の担当と言う女の人は同じ担当者だったのです。
これって普通なのでしょうか?怪しいのでしょうか?

470 :無名草子さん:2006/06/09(金) 02:26:16
>>467
もはやあなたは出版社にとって大事な広告塔ですから、それはもう大切にしてくれると思います。
おそらく出版社の人は、あなたが「このスレでカキコした人だ」と気づいたのでしょう。
あなたが「出版社の人は非常に親切だった」とこのスレやいろんな場所で言うことで、
出版社のイメージアップにつながるので、他の人より大切にしてくれるのです。

また、広告塔になりうる優良な作品が舞い込んできた場合、出版社側としては
少しばかりお金や時間をかけて指導しても損はありません。
素人作品ばかり乱発していては社会的信用が底の底まで落ちてしまうから
「きちんとした本も出してますよ」というアリバイ作りが時には必要でありますので。

ですが、やはり出版業界で軽蔑されている共同出版社から出版すると、
あなたの作品をたくさんの人に読んでもらう上で、大きなハンデとなります。
お近くの書店で、新P舎の本を一度でも見たことがありますか?
新P舎自体が軽蔑の目で見られているので、その会社の名前がついた本だというだけで
あなたの作品はなかなか書店に並べてもらえなくなってしまうのです。

もし次回作を書く余力があるのなら、今回の作品はこのまま新P舎に任せても構わないと思います。
次回作でペンネームを変えて、他の出版社から本を出せばいいと思います。
今回の作品が自分にとって記念碑的作品で、どうしてもたくさんの人に読んで欲しいなら
なんとか契約を白紙に戻す算段を立てたほうがいいと思います。

471 :無名草子さん:2006/06/09(金) 03:22:46
>>467
あと、メールでやりとりされているのなら、次の点を尋ねるといいかと思います。

●著者は出版にかかる一切の費用を本当に負担しなくていいのか(Y/N)
●後から宣伝費を要求されたり、有料広告を出すよう勧誘されることはないのか(Y/N)
●著者は本の値段を出版社と相談して決めることが出来るか(Y/N)
●規定の部数を刷ったら、一度現物を見せてもらえるか(Y/N)
●著者に無断で断裁処分することはないか(Y/N)
●絶版にしない方針は守ってもらえるか、倉庫代を取られることはないか(Y/N)
●自分の本がどれだけ配本されたかのリストは無料で出してもらえるのか(Y/N)
●営業はどのように行われるか、予定は事前に書面で出してもらえるのか
(プレスリリースをFAXで各方面に送るだけ、なんて手抜きはないか
書店営業に同行させてもらうことはできるのか、とか)
●校正担当者と直に話はさせてもらえるか(Y/N)
(意味の分からない指示があった場合、言い回しの統一を相談したい場合などに
電話で連絡がとれないとつらいです)
●契約した後、出版社側の作業が著しくずさんだった場合は
受賞を放棄し契約を白紙に戻したいが、出版権はどうなるか、違約金を要求されることはないか(Y/N)
●ぶっちゃけ、「あなたの本を出版します」ではなく
「あなたの作品を磨き上げ、本にしてたくさんの人に売ります」という気はあるのか(Y/N)

それから、気に食わない点、手抜きと思われる点があったら
よりよい本にするために徹底的にやり直しを要求すればいいと思います。
メールの返答も不明瞭だったら、何百回でもやりとりすればいいと思います。

472 :無名草子さん:2006/06/09(金) 04:53:01
>>470
これ全部聞くのは勇気いるぞ。
メールだと特に書き方に注意しないと不信感あらわにしてるようにみえるからな。

473 :無名草子さん:2006/06/09(金) 05:28:31
>>466
辞書で調べたら職業だって書いてたわ。まあよくよく考えたらその通りだね
>>455
お前の言い方はムカつくんだよ。何かにつけて低能とか言ってんじゃねーよハゲ!語彙無し!

474 :無名草子さん:2006/06/09(金) 06:38:49
>>472
>これ全部聞くのは勇気いるぞ。

別に良いんじゃね?
何も一社だけしか道がないわけじゃないんだから。一通り電話で聞いた
後、「わかりました。この電話の内容をすべて録音させていただきました。
御社の公式コメントとしてインターネットにも公開させていただきます」
と言って反応を見てみよう。

475 :無名草子さん:2006/06/09(金) 08:39:59
>469
窓口役なら一人で複数分野にまたがることもあるだろう。
ただ、その人がそれぞれ「小説担当の」「絵本担当の」って
言ってるんなら営業トークくさい。
「あなたがどの程度ジャンルに通じているか」
友達と別々にきいてみたら?

476 :無名草子さん:2006/06/09(金) 09:47:10
>>473
見苦しい逆ギレはやめた方がいい。
あんたの方こそ語彙がむちゃくちゃ乏しそうだし、
間違って覚えてる言葉がいっぱいあるんだろうな・・


477 :無名草子さん:2006/06/09(金) 10:36:19
>>471
甘えの極致

478 :無名草子さん:2006/06/09(金) 12:59:28
>>477
意味不明。
そこまで要求すれば業者側はあきらめて他のカモを探すというだけだろ

479 :404:2006/06/09(金) 13:27:14
>>471さん
アドバイス有難うですm(*__)mペコ
貰った質問の類は殆ど担当の人から説明を貰ってました(^0^;)
でもすごい参考になります(^▽^)/しっかり聞くぞぉ

480 :無名草子さん:2006/06/09(金) 13:35:33
>>471のような自称「作家」を相手にするような出版社はないだろうね。

481 :無名草子さん:2006/06/09(金) 13:52:18
大昔、短編が佳作かなんかに選ばれ「新風舎がやってる本屋でしか使えない図書券」みたいなのもらったな〜。
捨てたなー。


482 :無名草子さん:2006/06/09(金) 14:04:31
大昔から続いてたのか!
いつ頃?

483 :無名草子さん:2006/06/09(金) 14:05:07
>>480
この前脅迫事件起こしたような自称作家を
相手にする出版社はホント共同系だけだろうな。

【新風舎から本出した自称作家逮捕】
ttp://atsupeugeot.seesaa.net/article/17645595.html

>>404の人も、同類と見られたくなければ出版話見送った方がいいよ。

484 :無名草子さん:2006/06/09(金) 14:21:56
>>404が妙に業者をよいしょしているのでサクラとしか思えん

485 :無名草子さん:2006/06/09(金) 14:34:45
>>404
「貰った質問の類は殆ど担当の人から説明を貰ってました(^0^;) 」
の内容をここできっちり明かしてくれたら、サクラじゃないかもね。

というわけで>>404、よろしく。
特に「営業はどのように行われるか」の答えが知りたい。

486 :無名草子さん:2006/06/09(金) 15:13:57
>>483
http://neo-luna.cside.ne.jp/copyright/ncr21.htm
の「出版権の消滅」に
> 3.著作者が複製権者である場合において、内容が自己の確信に適合しなくなったという理由で出版の廃絶を求めたとき
ってのがある。
これをすると「出版権者は財産的な損害を被るわけですから、著作者は、民法709条に基づき相当の損害賠償をすることが要求されます。」らしい。

本当に「金銭の負担無しに出版」できるのなら、素直に本を出しておいた方が無難だと思う。
一応出版社を名乗っている以上、向こうも簡単に出版権を放り出したりしないだろうから。

ただ、>>404さん、契約書を交わすときは家に持って帰って隅から隅まで目を通した方がいいですよ。
どうしても出版がイヤなら、弁護士の無料相談を受けましょう。

>>484-485
サクラじゃなくても、ブログに「編集者から熱心に共同出版の話を薦められて、思い切って本にしました。本当に親切にしてもらって・・・」なんて書いている人が結構いるからね。
特に契約を結ぶ前は親切にされると思う。
現時点で突撃レポートしてくれるのは>>404さんだけだし、生温かく見守りましょう。

487 :無名草子さん:2006/06/09(金) 15:57:32
>>486
今回は「内容が自己の確信に適合しなくなったという理由」じゃないと思うよ。
「信頼して契約したけど、あとで調べてみたら
悪徳リフォーム業者の疑いが濃いみたい、どうしよう
なんとかなかったことにできないかな」というお話かと。

それで悪徳の証明が難しいとなれば
あとは手を抜かないか厳重に監視して、しつこく問い合わせを繰り返し
あっちから「この話はなかったことに……」と頭下げさせる方向に
もって行くのが一番いいんじゃないか。>>404の気持ち次第だけど。
いずれにせよ、厳重に監視してメールで言質取って損はない。

出版権を押さえてるってことは、逆に言えば
必ず金出して刷らなくちゃいけないってこと。
口うるさい著者の本を金出して刷るぐらいなら
他のカモをみつけたほうがいい、と思わせられたらいいんだけどね。
生暖かく見守りましょうか。


488 :無名草子さん:2006/06/09(金) 16:04:14
>>486
>サクラじゃなくても、ブログに「編集者から熱心に共同出版の話を薦められて、思い切って本にしました。本当に親切にしてもらって・・・」なんて書いている人が結構いるからね。
>特に契約を結ぶ前は親切にされると思う。

ああいう業者は、作家や書籍に憧れている奴らに夢を売って何が悪い、ぐらいにしか思
っていないだろう。実際、問題商法や民間療法には事件化後も必ず擁護者が現れる。
あちこちを巡業して回っている催眠商法のキャラバンの追っかけをするおばはんまでいるらしいし。
そんで、セールスと顔見知りになってキャッキャッ喜んでる。確かにああいうセールスの漫談は下手なコメディアン
より面白いからな(ちなみに、セールスも入社時に自己啓発紛いのセミナーできっちり洗脳済。他人を騙している自覚はない)

結婚詐欺師も、起訴後に法廷の検察質問で加害者を弁護し始める被害者が現れて、
検事が慌てたりすることがあるらしいな。

489 :404:2006/06/09(金) 16:04:21
フォローしてくださって有難うございますm(*__)mペコペコ
自分はサクラではないですけど、そう思う人がいても仕方ないので...
ところで契約書は別に交わしてないのですが変ですよね?なんか気が付いたら出版は確定のような感じで、(賞を取った時点で決まってる?)今はどんどん今後のビジョンとか修正についての打ち合わせになってます。
「営業はどのように」のことは、会議とかで詰めていくということでした。なんか今から売るための方法とかを話し合うみたいで、そこから本の値段とかも考えるらしいです。
いい人というより、しっかりした人の印象です。あまり甘いことも言ってくれないです(笑汗

490 :404:2006/06/09(金) 16:06:00
今回は素直に本を出したら、レポートできて皆さんのお役に立てるかな?


491 :無名草子さん:2006/06/09(金) 16:11:30
>なんか気が付いたら出版は確定のような感じで

>いい人というより、しっかりした人の印象です。

甘過ぎ。単にマニュアル通りの流れ作業で進められているだけだ。

悪いがどうなるかはもうだいたい予想がついたよ


492 :無名草子さん:2006/06/09(金) 16:15:26
「会議とかで詰めていくということでした」
そういうあやふやなのは疑った方がいいよ。
少ない従業員数で年間数千冊を抱える出版社が
たった1冊のために会議開いてくれるかね。

きちんと「著者として書店営業もやりたいので
最低10件は同行させてくれることを約束してください」とか交渉してみては。

493 :無名草子さん:2006/06/09(金) 16:18:42
>>489-490
貴方は企画出版のルートに乗ってしまったようですねえw まあ、デビューするなら
他の会社の方がいいと思うけどねえ。

>>487
人間には騙されたい欲望があり、だから問題商法も絶えることはないんですよ。私はもはや諸行無常の境地ですねw

>>491
この人は自分はお金は取られないみたいなので、まあいいんじゃないの? その
代わりに成功例として他のお客さんを誘う宣伝塔にされてしまうわけだけど。

494 :無名草子さん:2006/06/09(金) 16:35:10
>この人は自分はお金は取られないみたいなので

ああ、そうなんだ。
じゃあ何の問題もないね。記念に出すのも結構。
「お金は取られない」形式の出版もちゃんとしてますよ、ってことで、
「出す出す詐欺」じゃないことを証明する道具なんだろうね。
そういう意味での「サクラ」的存在って言えるかもね。

495 :404:2006/06/09(金) 17:10:05
やっぱり自分の流れも、企画出版のルートなんですね...他にも経験者の人の話を聞けると助かります。(できたら完成した時の満足度も)
書店の営業もそうですが、話した(メールで聞いた)限りでは、新聞とか雑誌の広告で載せる方向を決めるための会議らしいです(お金は取られないとのことです)。
でも当然かもしれませんが、投稿した原稿と同じままでの出版はどうやら難しそうです。細かなことですが、この描写だと売りにくいから..のような感じで修正が入ります。あと誤字脱字。
って、自分がここに書きこませてもらうのはサクラのようで、やはり不愉快な人は多いでしょうか?でしたら、迷惑を掛ける前に、退散しますので...
一応消費者センターのことも念頭に入れながら、今後を詰めていくつもりです。

496 :無名草子さん:2006/06/09(金) 17:15:18
>>481
大昔、というのはオオゲサだったかな?
でも余裕で十年以上前だよ。

あれ使って新風の本を買った人なんているんだろうか。

497 :無名草子さん:2006/06/09(金) 18:29:57
>>495
うーまだるっこしい……
「新聞とか雑誌の広告で載せる方向を決めるための会議らしいです」
そんなんで納得しちゃだめでしょうが。
せっかくのあなたの本が広告載せない方向で話進められちゃうかもしれませんよ。
「必ず広告を載せます、大きさはこれぐらいです」という言質を取らないと。
ちっこい文字で書名のみ掲載だなんて言われたら
「そんなんで広告といえるんですか」と食い下がらないと。

498 :無名草子さん:2006/06/09(金) 18:35:20
>495
私は普通の版元の編集者ですが、原稿をまったく
直さずに出版することは、うちでもまずありません。

よりよい本にするための編集作業ですので、ひとつ
お願いします。

ときどき「一字たりとも直させん!俺の原稿は完成
時点で完璧だ!」みたいな著者さんもいますけど、
こういう方は信頼してもらうまでが大変です。

499 :無名草子さん:2006/06/09(金) 18:40:37
今回の新風舎出版賞で特別賞(フィクション部門)の
「凍てついた瞳」というタイトルが
「凍りついた瞳」という本にそっくりな件について。


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087820084/ref=pd_rvi_gw_1/503-3202587-2013517?%5Fencoding=UTF8

500 :無名草子さん:2006/06/09(金) 18:42:23
>>499
タイトルには著作権はないので、それ自体は誰がどう付けようが構わない。

501 :無名草子さん:2006/06/09(金) 18:47:58
>>500
どちらの本も児童虐待について書かれているみたい。

502 :404:2006/06/09(金) 19:10:49
いつもアドバイス有難うですm(*__)m

>>497さん
φ(・ω・ )メモメモ...サンクスデス
宣伝枠については一度詳細まで聞いてみたいと思います。
今後会議で何度か打ち合わせて、宣伝方法を考えていくというのは、やはり可笑しいのでしょうか?
話によると自分の原稿は、まだスタート地点なので、今後色んな役職の人が話し合って、売り方やデザインを考えていくため、現在は不確定な部分も多いらしいのですが...

>>498さん
参考になりましたm(*__)m
自分の文章がまだまだな事は良くわかっていますので、編集して貰えて良かったと思っています。




503 :無名草子さん:2006/06/09(金) 19:14:24
ここに出すぐらいなら
駄目もとでも大手に出したほうがいいよ。
集英社・文藝春秋・講談社・新潮社…いろいろある。
筆歴を書くときも、ここの受賞歴よりは
大手の最終候補とか書いたほうがずっと見栄えすると思うし。

504 :無名草子さん:2006/06/09(金) 19:23:24
>>503
>>486-487

505 :無名草子さん:2006/06/09(金) 20:25:53
>>504
>>503

506 :無名草子さん:2006/06/09(金) 21:21:34
>>502
「最低限これだけは」っていうラインがある。
例えば、本当に売るつもりがあるなら
どんな宣伝方法を考えていようが書店営業は確実に行われないとおかしい。

だから「私は初心者なので大まかな営業方針はおまかせしますが
最低限、10件の書店営業には必ず同行させてください」と言ってみるといいのでは。
「これを確約してくれないと、あなたがたを心から信頼して
おまかせすることができない」と主張してみては。
(もちろん直営書店に行くことは営業のうちに入らない)

507 :無名草子さん:2006/06/09(金) 21:35:36
出版権の話無視して「他社で出せば?」って言ってるヤツ頭悪すぎ。
2,3個前のレスぐらい読めばいいのに。


508 :無名草子さん:2006/06/09(金) 21:35:58
営業に行けば置いてもらえると思ってるのが痛い。
素人の自己満足本なんか拒否するのは当然。



509 :無名草子さん:2006/06/09(金) 21:40:40
>>508
だから、それをわかってる新Pはハナから営業行かない疑いが強いわけ。
著者からしたらそれはサボリだから、監視の意味もあって同行を願い出るべき。

510 :無名草子さん:2006/06/09(金) 21:56:53
>>509
それは余りにも素人作者側に立ちすぎ。
要は普通じゃ制作のGOサインさえ出せない類の本なんだから、
置いてもらえないのは当然だろ。書店は実際迷惑してんだから。

511 :無名草子さん:2006/06/09(金) 21:58:27
なんかこのスレ読んでて
昔「ぶんりき」なる雑誌があったのを思い出した。

512 :無名草子さん:2006/06/09(金) 22:07:53
>>510
それを新Pが著者にうちあけてるなら問題ないが
打ち明けずに、さも売れる作品であるかのように出版話を
持ちかけ、さも営業努力もするかのように装って
著者からお金もらってるところが問題なわけで。
そして今、>>404がそのカモを呼び寄せるための
広告塔にされかかってるわけで。

513 :無名草子さん:2006/06/09(金) 22:10:25
>>506
>最低限、10件の書店営業には必ず同行させてください」と言ってみるといいのでは。

社員が口先だけ良い事(要するに、その場限りのうそ)いって何もしない
可能性の方が高い。それ単独で契約書がなければ信用は出来ないと
思われる。それだけ信用のない会社と言うことだ。

514 :無名草子さん:2006/06/09(金) 22:30:38
>>512
>打ち明けずに、さも売れる作品であるかのように出版話を
>持ちかけ、さも営業努力もするかのように装って
>著者からお金もらってるところが問題なわけで。

そりゃ当然そうだろうな。だから悪党業者と言われてんだろ。
だけど>>404は金出してないから、俺は必死に止めないよ。
本人がこのスレ見て判断すればいいだけ。


515 :無名草子さん:2006/06/09(金) 22:35:17
エンピツ賞出してみろよ

516 :無名草子さん:2006/06/09(金) 23:33:52
>498さん
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1093175115/l50
このスレの445です。
一般の版元にもこういう編集者がいる。こういうのをどう考えますか?
校正のアカが直らないなんてありえないよ、まったく。
スレ違い失礼。

517 :無名草子さん:2006/06/09(金) 23:45:55
とにかく詐欺出版社を潰せ。
碧天舎や愛知出版が何故潰れたかをよく考えろ。

518 :404:2006/06/10(土) 00:19:56
報告です(*`0´*)営業10件について了解を貰いました。ただ自分が地方なので、東京のを一緒に行くのか、自分の近辺に営業の人を派遣するのか決めようということです。
著者が一緒の方が置いて貰える可能性が高くなるってことで感謝されちゃいました...微妙な気分

519 :無名草子さん:2006/06/10(土) 00:40:22
なんだこの茶番は。

520 :無名草子さん:2006/06/10(土) 00:56:23
確かに気味悪い

521 :無名草子さん:2006/06/10(土) 01:40:13
昔は「オレオレ」だけだったのに最近はなりすましも巧妙だからな。

522 :404:2006/06/10(土) 01:49:09
自分のせいでムードが悪くなるのは申し訳ないので退散しますね。
今までアドバイス有難うございました。すごい参考になりました。
貰ったアドバイスを活かして今後作戦を練りたいと思います。今まで貰った意見は大切にします。有難うございました。
嫌な思いをさせしまった人にはすみませんでした。

523 :無名草子さん:2006/06/10(土) 02:02:55
社長自らこういうことやるからな。
企画の得意な出版舎とやらは。

524 :無名草子さん:2006/06/10(土) 03:12:23
>>522

がんばれよ!出版決まったら教えろよ(^o^)丿

525 :無名草子さん:2006/06/10(土) 04:46:34
>>522
せっかくだから一つだけ教えてくれ。
出版に関わる一連の約束を定めた契約書はもう交わしたのか?
それとも、これからか?
出版社側の負担で出すといっても印税等が発生するわけだから、
これも商取引であって、なんらかの契約は交わされるはず。
「出版権」を解除する一つのポイントはそこにあるんじゃないか。
もう君には関係ないことかもしれないが、
人によっては、切実な問題になることもあるんだから、
そういう部分も教えてほしい。

526 :無名草子さん:2006/06/10(土) 05:14:00
http://www.shinpusha.co.jp/event/contest/shuppansho26/shuppansho26_souhyo05.html#poem
の23番目と43番目の選評を読んで「いい詩だな、これ」と思った。
http://www.shinpusha.co.jp/event/contest/shuppansho26/shuppansho26_souhyo05.html#visual
の20番目を見てすごいと思った。

527 :無名草子さん:2006/06/10(土) 08:10:31
一度出した後の著者に対する態度が邪険になっていくのはなぜですか?
増刷後は、もっと邪険な態度になっていくのはなぜですか?
教えて。内部の偉い方へ。

528 :無名草子さん:2006/06/10(土) 11:42:46
>527
リピーターが無い世界だからな。逆に疑われてんだよ。
何度も飛んで火に入る夏の無知・・・
本気だと判ればまた真剣に騙してくるよ。

529 :無名草子さん:2006/06/10(土) 11:45:39
豹変する人の出版社

530 :無名草子さん:2006/06/10(土) 12:49:26
>>578
>>527は別にもう一度本を出そうなどどしたわけじゃないと思う。
どういう意味で「邪険になった」かはなんとなくわかるが。

531 :無名草子さん:2006/06/10(土) 19:02:44
そうか。金にもならないからウザイだけか。

532 :無名草子さん:2006/06/10(土) 21:00:11
今日も読売で広告出してたぞ!27回の出版賞だとさ。ところであれだけの新聞広告
が出せるのはおかしい!2000万以上はするぞ。昔、悟空の声優さんが言っていた
けど、やたらと広告を出す劇団は行かないほうがいいって。金のために募集してるんだと
さ。

533 :無名草子さん:2006/06/10(土) 21:51:25
>>531
つまり奴らの仕事とは「新しいカモから大金をせしめる」ことで、
いったん出した本を地道にロングセラーにしようなどとは毛頭考えていませんから。


534 :無名草子さん:2006/06/10(土) 22:05:28
最近、広告代理店に勤める友人から良くない噂を聞いた。

535 :無名草子さん:2006/06/10(土) 23:07:05
>533
そもそも本を売る考えなど無いよなぁ

536 :無名草子さん:2006/06/10(土) 23:45:34
>>534
kwsk

>>535
そうだよ。本売って金儲けするんじゃなくて、
素人から金を出させて儲ける仕事だから。
>>404(マジレスかどうかは不明。サクラの疑いもあるが)は売れないだろうけど、
ちゃんと普通の出版もしてますってアリバイ役として必要なんだろうね。

537 :無名草子さん:2006/06/11(日) 01:24:36
>>404が、マジで万一仮に才能もあったとすれば、
素人から金を騙し獲るための広告塔に使われるのがオチだな。
まぁ、普通に考えれば社員、良くてサクラ。
低俗な詐欺商法丸出し杉でカッコ悪いぞ。新P舎。

538 :無名草子さん:2006/06/11(日) 01:25:03
2000万もするとは驚きの高さだけど、たった10人から巻き上げれば良いのだからオイシイ商売だね。

539 :無名草子さん:2006/06/11(日) 01:57:40
でも本人たちに罪の意識は無い。それが怖い。

540 :無名草子さん:2006/06/11(日) 02:42:15
>>535
サイトを見ても、新刊が多過ぎて既に捌き切れなくなっているのは明らか。もはや
会社の態を為していないのではないか? 
新風舎文庫だけはまともかと思っていたが、これも既に文庫大賞として集金の目玉にしている。審査員の
盛田隆二は恥ずかしくないのか。ぴあを辞めて専業作家としてお金が無いのは分かるが。

たまにそれなりの有名人の著作も出ているんだけど、もはやまともな宣伝は不可能だろう。
それでも公告に有名人の名前を書くためだけにそういう本も出すわけか。
出版業界のうさんくさいダークサイドが露呈している会社だなあ。

541 :無名草子さん:2006/06/11(日) 03:04:44
>>539
あの社長さんは元々は自分で詩を書いていた人でしょう? いまだにマツザキヨシユキ
名義であちこちに出てくる。往年は有名ミニコミの編集者でもあったらしい。
真顔で本を出したい人のお手伝いをしていますとか思ってそう。しかも、結構あちこちで
取材もされている。記者もおかしいと思わないのか、元々が出版業界なんかそんなもんだから仕方がないのか。
既に事業を拡大し過ぎてもはや後戻りはできない状況か。

最近はこんな学校までやっている。結構有名な人まで混じっているのがorz
この社長と仲良しだった桝野浩一はまだ付き合っているのかなあ? 桝野本人がアレな人だけど。
ttp://www.pub.co.jp/school/

542 :無名草子さん:2006/06/11(日) 03:12:45
あの社長とはイジメられっ子のデブ?
あの顔は創業者じゃないだろうな。

543 :無名草子さん:2006/06/11(日) 03:34:21
>>542
松崎氏の経歴は謎が多くよく分からないんですよ。マツザキヨシユキ名義でダヴィンチ
にも出ているみたいだし、谷川俊太郎の絵本の復刻では日刊イトイ新聞のような有名
サイトでもインタビューされているし、人脈だけはある人なのかもしれません。
資本的には表に出ていない出資者や親族がいるのかもしれませんね。

この会社に審査員などで関わっている人たちの方が自分は心配ですね。井○春男氏など
はそんなに生活に困っているのだろうか、鈴○書店を倒産で放り出されたわけだし、
やはり困っているんだろうな。世知辛いものだ。

544 :無名草子さん:2006/06/11(日) 05:39:57
あちこちから取材を受けるのは、それ自体が記事広告だったりするからな。いかに広告臭さをなくすかという点では、この方法は一番。

545 :無名草子さん:2006/06/11(日) 06:56:39
これはまぁまぁ読み応えあるな→ttp://item.rakuten.co.jp/book/990974/

546 :無名草子さん:2006/06/11(日) 09:58:25
>>545
1作目が新虱で、2作目が糞芸か……。
オレはこの時点で買わない。



547 :無名草子さん:2006/06/11(日) 10:10:33
というか、こんなスレで(笑)
売り上げランキングみたら、誰が「読み応えある」と思ってるのかねえ?

548 :546:2006/06/11(日) 10:31:46
>>547
>売り上げランキングみたら

売上ランキングで判断する?
他人の感想で判断する?

私はしません。
出版社名では判断しますが……

549 :無名草子さん:2006/06/11(日) 11:57:13
>>548
ハァ?
なんか勘違いしてないか?
俺は誰も相手にしない自己満足本を「読み応えがある」とか言ってる奴に(誰だがわからんがw)
突っ込んでるだぞ?

550 :無名草子さん:2006/06/11(日) 12:07:47
詐欺に引っ掛かる人を少しづつ減らしていけば、
碧天舎や愛知出版と同じ道を必ず辿るはず。

551 :無名草子さん:2006/06/11(日) 12:12:18
>>548
ランキングはかなりの程度、本の評価に左右される。
マイナーな出版社の本でも評判がよければ売れ行きが伸びるのは当然。
ところがそこに載っている作者の本は60万位とかほとんど売れてない順位。
誰も評価しない→売れない→ランキング低い

ランキングはある程度の目安になるよ。
笑ったのは、>>545の作者の名前で一冊だけ売れてる本があるな(他の著者と共著になってる本)、
と思ったら同姓同名の別人のようだ。全然ジャンルが違うし。

552 :無名草子さん:2006/06/11(日) 12:18:46
>>551
ランキング低い→誰も評価しない

と考えるのは大きな間違いだと思う。
∵本の販路は必ずしも書店だけではないから。
∵新刊ラッシュで作品の存在を認知してもらうことすら困難だから。



553 :無名草子さん:2006/06/11(日) 13:00:13
>>552
書店で売れている本はやっぱりランキングに比例しているよ。

書店で出まわっていない本でもランキングはそこそこの本もある。

しかし、>>545のようなケースは客注・ネットでも売れてない=世間の評価は限りなく低い証拠。

554 :無名草子さん:2006/06/11(日) 13:03:20
>>553
ありがとう。よくわかったよ。


555 :無名草子さん:2006/06/11(日) 13:44:10
文庫には「ロングバケーション」や「ちゅらさん」といった、
かつて大ヒットしたテレビドラマのタイトルが並ぶ。
中身はというと、ドラマ脚本がそのまま収載されている。
脚本家やその予備軍、ドラマの熱心なファンにとってはありがたい、
マニアックな試みには違いない。
しかしながら、ドラマ自体は過去のものだし、
一般向けにそんなに売れるとは考えられず、採算を取るのは困難と思われる。
早い話が、出版目録を誰もが記憶する名前で肥やすためのラインナップなんだろう。
谷川俊太郎の本も含め、その出版費用の源をさぐれば、
素人共同著者の懐にいきつくのではないか。
だったら、彼らは自分の本だけでなく、他人の本まで「出版社と共同」で出してることになる。

556 :無名草子さん:2006/06/11(日) 14:47:57
>>555
なるほど・・・

557 :無名草子さん:2006/06/11(日) 14:50:07
ドラマ脚本か……
すでに世に出たものの再録なら
社内にロクな編集がいなくても出せるから
丁度いいんだろうなあ。

558 :無名草子さん:2006/06/11(日) 15:10:18
>>545
アマゾンでそのランキングでは読む気にもならない。
題名にインパクトもない。人をひきつけるのは、たぶんその作者は
無理だと思う。著者としての能力の問題だな。面白ければどこから
出しても話題になる。

559 :無名草子さん:2006/06/11(日) 15:49:03
>>558
だな。
>>545が哀しい自己宣伝でないことを祈るよ・・

560 :無名草子さん:2006/06/11(日) 16:24:06
>>544
記事公告か。でも、あれは公告である旨を明記しないと違法になるんじゃなかった?
もっとも、別に公告枠を買ってもらう代わりに一般記事として取材させてもらう
ことも可能だし、現場の記者との個人的繋がりでも取材は受けられるし、結構エエ加減なものなんだよね。
ダヴィンチなどもそれで欄をもらったのかもしれんな。一般紙にもよく公告を載せているし。

>>550
逆じゃない? 資金繰りが厳しいから自転車操業的に企業規模を拡大して積極的
に顧客開拓せざるを得ないんじゃないの? 恐らくは相当に苦しいところに来ていると思う。

561 :無名草子さん:2006/06/11(日) 16:29:27
>>558
読んでもいないのに、人をひきつける能力がないとか決めつけんなよ。

562 :無名草子さん:2006/06/11(日) 16:35:14
>>555 >>557
自分は、山田太一・市川森一・谷川俊太郎あたりは社長さんの趣味だと思いましたけどね。あ
の世代の元文学青年は山田や市川のドラマのファンだった人が多い。谷川は
詩人としてリスペクトしているんでしょう。
「ちゅらさん」や「ロングバケーション」となると、TVドラマなどにはとくに
思い入れのない編集の人がとりあえずラインナップを揃えるために出している感じ。

谷川あたりも担がれれば嬉しいのか、よく付き合ってくださるよ。まあ、自分の好き
な有名人の本も何冊か出せたし、社長さんは満足されているのかもね。
共同に大枚を支払った方々も、審査員の生活や数少ない良書の出版を自分も
支えたわけで、そう思って納得していただかないとwww

563 :無名草子さん:2006/06/11(日) 16:39:27
>>558
>面白ければどこから出しても話題になる。

そんなわけない。出版社は重要。
例えば星野夏の「あおぞら」はポプラ社だから売れた。
新風や文芸で共同出版していたら絶対に売れていない。

564 :無名草子さん:2006/06/11(日) 16:40:40
>>561
じゃああなたが読んでどんな点がひきつけられましたか?

で、むきになって擁護するあなたは一体どういう立場の人でしょう?

人をひきつける本ならそこそこは売れるでしょw

565 :無名草子さん:2006/06/11(日) 17:37:04
>>561
558だけど、きちんと反論してあげよう。「日本全国で一日で200以上の新作
が発表される」事実はご存知ですか?「ヒット作連発の著者と題名だけで、
勝手に売れていく」人もいるのは知っている?「無名の新人達の涙ぐましい
自己宣伝の努力の実態」をどれだけ知っているの?
 この辺をきちんと説明してね。まあ、釣りかもしれんが。

566 :無名草子さん:2006/06/11(日) 20:23:04
流行やヒットは作為的に作られるモノ。
新P舎は著者から金を詐取することだけが仕事。期待してはいけない。

567 :無名草子さん:2006/06/11(日) 21:36:21
>>566
本屋さん大賞→映画化 の本なんかはまさにそんな感じ?


568 :無名草子さん:2006/06/11(日) 21:37:22


569 :無名草子さん:2006/06/11(日) 21:46:06
俺も原稿出してみようかな。
夢の印税生活・・・・
できたら幸せ。

570 :無名草子さん:2006/06/11(日) 21:47:16
>>568
?

571 :無名草子さん:2006/06/11(日) 22:18:48
>>561
人をひきつける広告を打ってくれそうな出版社を選ぶのも
「人をひきつける能力」のうちだと思う。
とりあえず、この著者にはそれが足りてない。

内容だけで人をひきつけられるような本だったら
今頃クチコミで話題騒然になってるはずだが
この本の噂を聞いた覚えはないな。

572 :無名草子さん:2006/06/11(日) 22:39:10
素人は出版社を選べないわけで

573 :無名草子さん:2006/06/11(日) 23:00:40
選べるよ。大手の賞の最終候補にでもなればいいこと。

574 :無名草子さん:2006/06/12(月) 00:45:30
>>545の『漠(あお)く存在的な』 の一文を2chで発見。

「暗たる生が明だと思い,明たる生が暗なれば、
暗たる生を厭うが人間。暗たる生を肯定し,そこで生くるが明たる人物。」

ん〜小難しくてお父さんよくわからん。
2chでぽつぽつと「感動した」「この本を読んで自殺を思いとどまった」とあるが
それ以前に、お父さんはその人らがどうやってこの本を見つけたのか気になるよ。
嫌になるぐらいの新刊ラッシュのご時世に
ロクに広告も出してもらってないだろうこの本を見つけて読んで
感動したり自殺を思いとどまったりするとは器用な人たちだねえ。

>>561
いやね、父さんも内容読まずに糞本判定したくはないさ。
でも100ページちょっとで1470円って、「人に読んでもらおう」って気あるのかね。
せめて同社から出てる「クヒオ大佐」や「ちーちゃん」レベルの値段設定にならんかね。
「読んでもいないのに……」と言う前に
まずは人に読んでもらえるように作らなくちゃダメなんじゃないの。
みんなそれで苦労してるんだから。

575 :無名草子さん:2006/06/12(月) 02:36:18
>>545
全く聞いたことも無いんだけど、著者か関係者の方ですか?
あらすじ・概要を教えてください!

576 :無名草子さん:2006/06/12(月) 08:40:08
>>574
特にアマゾンのレビューは、仲間を集めての「ダミー感想」なども多いから
当てにはなりづらい。マツザキヨシユキ名義の本も、おそらくは社員でも
使ってのダミー感想ばかり。だからベタ誉めが多い。そんなものだよ。
アマゾンのレビュー工作部隊や、複数の社員で同時に買い上げ攻勢を
かける売上偽装工作部隊はどこの出版社でも似たようなことをやっている。
金をかけない話題作りだね。ダミー工作員にも見捨てられるのが大半の
著者達。

577 :無名草子さん:2006/06/12(月) 09:53:47
日×3の「ちーちゃんは〜〜〜」を、帯によると新人天才作家という触れ込みだったから、
買って読んだんだけども、
すごい陳腐な作品で驚いた。
こんなクソ作品をこれだけ持ち上げる新風舎の作品を見る目の無さに、呆れかえった。


578 :無名草子さん:2006/06/12(月) 10:01:27
立ち読みで止めとけよ・・

579 :無名草子さん:2006/06/12(月) 10:55:41
>>442
スルーしていたけど、変な人だね。
他人をカモ呼ばわりしながら、自分もカモられた人って・・・

580 :無名草子さん:2006/06/12(月) 12:22:18
>>576
詩集の復刻版のレビュー見たけど、関係者の書き込みとしか思えない

ってか誰が見ても思うよね…

581 :無名草子さん:2006/06/13(火) 10:53:35
新風舎に持ち込んだら文庫72pで80万と言われました。
全国の書店に並ぶと言われたんですが、本当?あんなぺら
ぺらな本がなんで並ぶのか、おしえてください。

582 :無名草子さん:2006/06/13(火) 11:16:03
オレ、全国チェーンの大手書店でホントに置いてるか、最近見に行ったけど置いてなかった。
出版社別に置いてるところだから、勿論その他コーナーで探したけどなorz…

583 :無名草子さん:2006/06/13(火) 11:42:40
>>581
全国の熱風書房には確実に並ぶ。ただし、数件程度しかないのだが。
それにしても素人だと思ってめちゃくちゃな値段を吹っかけるものだね。
72ページで80万じゃ、一ページ一万かよ。恐ろしい会社だな。
>>582
置いてあることを期待してはならない。

584 :無名草子さん:2006/06/13(火) 12:08:46
>>581
本当に良い作品ならば、他の出版社が黙っていませんよ。
クズ作品を世の中に垂れ流そうというのだから、そのぐらいの出費は当然では??

585 :無名草子さん:2006/06/13(火) 15:59:36
>>584
良い作品でもありきたりな内容だとダメだよ。
例えば市川拓司の小説みたいなのとか。

586 :無名草子さん:2006/06/13(火) 16:20:32
訴える人とかいないのかな

587 :無名草子さん:2006/06/13(火) 17:01:17
>>584
普通の出版社なら垂れ流さないよう防波堤になってくれるが
共同は金取って垂れ流すところが最低。

588 :無名草子さん:2006/06/13(火) 17:54:58
>>583

熱風書房かぁorz

もっと金かけて、良い場所に移転して売り場面積も広くしたら
一般客も入る可能性は少しはあると思うんだけど。。。

今は展示ブースか、商談スペースにしかなってないよな。。
まあはなからそういうつもりなんだろうけど。

589 :無名草子さん:2006/06/13(火) 18:20:01
俺、共同出版断られたよ。
一定のレベルに達してないんだってさ…。

590 :無名草子さん:2006/06/13(火) 18:24:04
>589
すごいね。よほどだったのかな。

あるいは、金払いが悪そうと思われたのかもね

591 :無名草子さん:2006/06/13(火) 18:35:00
>>589
そりゃ社員だもんな。


592 :無名草子さん:2006/06/13(火) 18:40:07
「コンテストに落ちました」
「共同出版を断られました」
っていうやつは社員。

593 :無名草子さん:2006/06/13(火) 18:45:24
>>592
違うと思うぞ。
この間の日経の広告にも「出版実現プログラム」を提案しない場合があるって書いてたしな。


推測だけど
糞作品にでも誰でも褒めちぎって出版勧めるって悪評が堪えたんじゃないかな。
当然このスレも1日何回も見てると思うし(^−^)



594 :無名草子さん:2006/06/13(火) 18:55:19
>>593
あれは「あなたは選ばれた人です」とカモに思わせるための虚言。
実際、「出版実現プログラム」を提案しない場合も僅かながらあるんだろうが
その判定基準はけっして作品の良し悪しでないことは
新風ホームページの作品立ち読み機能を使えばすぐわかる。

595 :無名草子さん:2006/06/13(火) 18:56:35
共同出版を勧められたら才能があると思っていいんですかね

596 :無名草子さん:2006/06/13(火) 19:01:24
>>594
じゃないと年間2700点なんか出せねぇよな

表現者が一番偉いから、内容は二の次だよ
なんてたってお客様だろ?

盗作やクレーム来る可能性のある作品以外は基本OKじゃね?

597 :無名草子さん:2006/06/13(火) 19:06:20
クレーム来る作品ってどんなの?

598 :無名草子さん:2006/06/13(火) 19:07:55
人権問題とか、その他色々あるだろ?

599 :無名草子さん:2006/06/13(火) 19:12:07
>>597
共同出版商法を批判する作品
実在の人間をこきおろす作品
出版社前に黒い宣伝カーが常駐しそうな作品
児ポ法にひっかかりそうな作品
どう見てもパクリの疑いが濃い作品
電波


600 :無名草子さん:2006/06/13(火) 19:47:25
>>595
良質な食用鴨としての才能が十分にあります。

601 :無名草子さん:2006/06/13(火) 20:12:15
>>595
悪徳業者の思う壺


602 :無名草子さん:2006/06/13(火) 21:12:50
>>589
「共同出版を断られた」というが、
著者の方から「共同出版」を持ちかける自体、珍しい話だな。

603 :無名草子さん:2006/06/13(火) 22:55:52
珍しい話=作り話 だったら納得。

604 :無名草子さん:2006/06/13(火) 23:52:33
499 :無名草子さん :2006/06/09(金) 18:40:37
今回の新風舎出版賞で特別賞(フィクション部門)の
「凍てついた瞳」というタイトルが
「凍りついた瞳」という本にそっくりな件について。


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087820084/ref=pd_rvi_gw_1/503-3202587-2013517?%5Fencoding=UTF8


605 :無名草子さん:2006/06/14(水) 00:28:18
 
クマかいことは気にするなクマーーーーー


      ????         ???          _?
       ?:.  ??       ?.  .?         ?:: ?
       ?:.  ??????????.  :?        ?:: ???
      ?? ???:.           ::?      ???????
      ?????             ::??    ???? ???
       ???:.  ????       ???  ::?   ?????? 
      ???: .  ????       ???  ::?  ??   .:?    
    ????:.     ??   ??? ??    ::? ??   ?
    ????: .    ???????? ??   ::????   ?
    ????::    ??????????   ????   ?
    ????:: : .   ????????    ::???::   .:?
  ??? ????:: :: : .  ???? ??       ::????
????  .:????



606 :無名草子さん:2006/06/14(水) 00:59:06
とにかく引っ掛かるな。ここは警告スレだ。
にも関わらず擁護するレスは・・・
巧妙でなきゃ金を巻き上げて本になど出来んぞ。
リフォーム詐欺を思い出せ。
お前ら騙される爺さん婆さんと変わらんぞ。

607 :無名草子さん:2006/06/14(水) 02:18:05
なんか騙す騙されるばかり書いてるやからが多いが、「本を出したい奴」に出す機会を与えることを商売にしていると考えれば別におかしなことじゃないよ。
すべては効用の問題なんだから騙したほうも騙されたほうもほっといてやれよ。


608 :無名草子さん:2006/06/14(水) 02:28:15
それを言い始めると覚せい剤も法に触れるからダメなだけだな。

609 :無名草子さん:2006/06/14(水) 02:31:27
>>607
単に「本を出したい奴」なら普通の自費出版やってらあな。

共同出版は「本をたくさんの人に読んでもらいたい人」に
「あたかもたくさんの人に読んでもらう機会を与えるように見せて
実はそんな機会は与えず大金ふんだくるだけ」という商法だろ。

610 :無名草子さん:2006/06/14(水) 02:43:29
そういう詐欺性が問題なんだよな。

611 :無名草子さん:2006/06/14(水) 07:55:43
今日も読売の朝刊に広告が出ていた。毎週広告入れられるなんて、
凄い会社なんだな。陰では著者達の怨念が渦巻いているだろう。

612 :無名草子さん:2006/06/14(水) 08:24:22
>>611

もうすぐ晴天の霹靂さ.....

613 :無名草子さん:2006/06/14(水) 12:56:17
FM福岡で紹介している本はどういう基準で選んでるの?
本当にC葉ユウ氏が面白いと思って選んでるの?


614 :無名草子さん:2006/06/14(水) 17:43:31
今転職活動してるんだけどね、ちょっと前にココの説明会行ってきたのよ。

不覚にも普通の出版社だと思ってたからさ・・・「表現者が一番偉い」
みたいな説明に、違和感あったのね。

どんな企業にとってもお客様が一番偉いわけで、出版社だったらそれは
書店なり読者なりのことだと思ってたんだけどさ、あれ表現者ですか、と。

・・・そうだよね、共同出版だもん。売るために本を作ってるんじゃなくて、
本を出すことだけが目的なんだよね。表現者様のお金で本を作るのが目的。

そりゃ表現者様が唯一のお客様なんだから、一番偉いわな。営業も、書店や
取次にじゃなく、表現者にするわけだ。


さて・・・万一内定出たら、どうしよう?

615 :無名草子さん:2006/06/14(水) 17:51:49
>>614
そういう勘違い応募多いんじゃないかな?

内定でたらどうしようって最終面接までいってるってことなの??

説明会(1次)だけだったら、この後2次→最終とあるから
ゆっくり考えろよ
まあ通過してたらの話だけどサ^^

616 :無名草子さん:2006/06/14(水) 19:05:25
>>615

まだ最終じゃないから、妄想してるだけだよ・・・
うん、通過してからしっかり考えてみることにする。

617 :無名草子さん:2006/06/14(水) 20:18:31
面接にいくんだったらマジで腹くくっていったほうがいいぜ!
変に青臭い理想論を語ったらボコボコに言われると思うよ

出版希望者に出版プログラムを販売するって割り切れる人だったら
そんなに悪くないかもしれないよ
通常の出版社だと思うからギャップが出るだけで

若い人も多いし、いいんじゃない?どの業界だって全てがいいってことは無いからさ

ガンバレYO!

618 :無名草子さん:2006/06/14(水) 20:20:03
また出たよ。関係者。

619 :無名草子さん:2006/06/14(水) 20:40:24
編集者が一番偉い

620 :無名草子さん:2006/06/14(水) 21:07:02
編集局局長かw 一番ワル

621 :無名草子さん:2006/06/14(水) 22:23:17
>>618
関係者じゃないよ

いろんな意見があってこそ議論になると思うんだけどなぁ

冷静に話すれば色々面白い話もでてくるんじゃないかい?

622 :無名草子さん:2006/06/14(水) 23:24:41
どういう主旨で募集しているのかは知らないが、
もし「編集の仕事」を期待してるなら、大抵失望を味わうことになる。
経験のない人が採用されるのはごく稀だ。どこでもね。
未経験者を採る場合、大半は営業方面。
ここの場合、業態からしてセールス要員だろうな。
肩書きはどうあれ。



623 :無名草子さん:2006/06/14(水) 23:36:38
営業と言っても普通の出版社じゃ広告営業か書店営業なわけだが、
ここの「営業」は(ry

624 :無名草子さん:2006/06/15(木) 00:14:34
>>621
冷静に考えれば考えるほどただの詐欺商法だという結論に行き着くのを
何故お前はいちいちほじくり返すんだ?
だから、詐欺商法と結論されちゃ困る唯一の当事者「関係者」だと判断される。
てわけだ。

625 :無名草子さん:2006/06/15(木) 01:29:37
面接にいくんだったらマジで腹くくっていったほうがいいぜ!
悪徳商法に魂売っちまった社員が
一般人とまったく区別つかない顔してることに戦慄するから。

バカな自称作家から金をもぎ取って何が悪いと思える人だったら
そんなに悪くないかもしれないよ
合法の出版社だと思うからギャップが出るだけで

若い人も多いし、いいんじゃない?
倒産による給料未払いと著者の金属バットにさえ気をつければ。
ガンバレYO!

626 :無名草子さん:2006/06/15(木) 01:52:10
先物取引の会社とか大手パチンコ屋にしか入れない
景気の悪い頃の優秀な新卒学生ってのは不幸な人生を送るんだろうな。
でも今は好景気になりつつある。
というか団塊世代の退職も伴って企業は新卒ならば率先して採る。
もっと真剣に企業を選べ。今は選ぶ側だということを忘れるな。

627 :無名草子さん:2006/06/15(木) 12:51:42
>先物取引の会社とか大手パチンコ屋にしか入れない

それは景気悪い時代でも優秀な学生じゃねえだろ・・

628 :無名草子さん:2006/06/15(木) 16:53:01
ここからの勧誘の電話うざい。

629 :無名草子さん:2006/06/15(木) 18:24:27
文才は無いけど面白い話が作れる人には向いてるよ。共同出版。
文芸社のリア鬼みたいな例もあるからね。

630 :無名草子さん:2006/06/15(木) 19:07:38
>>629
B芸って、年間数千点も出版してて
シロウト著者のヒット作は「リア鬼」のみ……。

そのくせ全国紙に広告出す費用はあるときた。
いかにいい加減な会社かよく分かるな。
新Pも似たようなもんだろうな。

631 :無名草子さん:2006/06/15(木) 21:57:21
>>630
新風舎からのヒット作はどんなのがある?

632 :無名草子さん:2006/06/15(木) 22:41:20
……考えてみると思いつかない。
「金のまきば」はシロートじゃないだろうし。

633 :無名草子さん:2006/06/15(木) 23:10:21
ごくたまに「普通の版元では可もなく不可もない程度の売れ行き」の本が現れるだけだろ
まあそれらは普通の版元で出してたらもっと売れただろうけどね

634 :無名草子さん:2006/06/16(金) 00:06:38
>630
本の広告は一切しないけど、
詐欺のための釣り広告はバンバン出すって話か?

635 :無名草子さん:2006/06/16(金) 01:01:31
>>629
文才のなさを金で解決して本を出そうとするヤシには
ろくな運命が待っていないと思われ。

山田悠介も、最低限の面倒見てくれる出版社から出してれば
アマゾンで400件近いボロクソレビューを書かれる事もなかったろうに。

636 :無名草子さん:2006/06/16(金) 09:41:50
>635
山田悠介? 叩かれて有名になった人か?

すまんが俺ほんと本なんてほとんど読まないんだよね。習慣が無い。
このスレに来てるのも、以前たまたま関わった人がこの手の出版社の人で、
とにかく胡散臭かったというか自己愛の塊で印象的だったから、なだけ。
パパラッチしかりマスコミという大きな括りでも全体的にロクでも無いけど、
その中でも協同出版なんて最も場末で詐欺的な様相だ。

637 :無名草子さん:2006/06/16(金) 10:19:01
本を読んだからってエラくないが、読まないからってエラくもない。

638 :無名草子さん:2006/06/16(金) 16:41:16
幻冬舎も、売れれば何でも良いということか。プライドのない会社だ。

639 :無名草子さん:2006/06/16(金) 21:33:14
>637
つまり、本に関わるお前としては気に食わない、とだけの話か?w

640 :無名草子さん:2006/06/16(金) 21:41:42
自分本位ね・・・つまりは関係者だな?

641 :無名草子さん:2006/06/17(土) 16:03:47
>>624
はぁ?詐欺商法??

詐欺で訴えられた事なんかあったか??


642 :無名草子さん:2006/06/17(土) 16:17:43
>>641
訴えられなければ何をしてもいいと思っている
業者またはシンパ乙。

643 :無名草子さん:2006/06/17(土) 22:15:26
「へっぽこデザインを連発。もはや詐欺寸前」

ばんばっている模様。
ttp://www.sangakubu.com/archives/50433663.html
ばんばれ!

644 :無名草子さん:2006/06/17(土) 22:47:48
面倒で詳細見る気もしないけど、この人はいつから「おかしい」と気づいたのかね?
契約後だったら哀れだ。
現在ははっきり「契約前と契約後の態度が豹変した」と記してるが。

645 :無名草子さん:2006/06/18(日) 01:30:12
>644
過去の分も見れば、受賞の時に大喜びしてるのがわかる。
その後、金額を提示されたあたりで雲行きが怪しくなっていくが、
猪突猛進型のキャラをアピールしている上に
ネット上に大々的に報告してしまった以上、後に引けなくなってしまったのかもね。
何を言おうと本人にとっては後知恵だが、参考にはなる。
出版社に対してガンガン注文を付ける姿勢はこれからも貫いてほしい。
なんせ大金払ってる契約の一方の当事者なんだから、その権利は最大限活かすべきだ。

646 :無名草子さん:2006/06/18(日) 05:53:10
担当の編集者は

ドエライ奴の担当になっちまったと思ってるだろう。。

647 :無名草子さん:2006/06/18(日) 08:56:45
躁鬱というか、やっぱり引っかかるのもバランス感覚がない変な奴が多いんだろうな・・


648 :いしかわう:2006/06/18(日) 13:09:19
2004年9月11日、僕は再び新風舎を訪れた。
出版プロデューサとお会いし、話しをする。
出版プロデューサの意見も、僕と同じだった。
新作「センシティブ・センシブル」は、悪くは無いのだがこれ一本で売るだけのインパクトが無かった。
やっぱり原稿用紙50枚では限界があった。
書きあがった原稿はもう一杯一杯で、ほんの少しの加筆をするだけの余裕も無かった。
僕は自分に負けたのだ、そう悟った。
実際のところ、僕はもう心に決めていた。
「彼女は花のようだ」を出版する。
 これで勝負するしかない。
 出版の約束をし、僕は新風舎を後にした。
 だけど、お金が無い。
 どうしよう?
 僕はそんな現実に、押しつぶされそうになるのだった。

http://ameblo.jp/ishikawawoo/theme-10000188943.html



649 :無名草子さん:2006/06/18(日) 13:18:20
>>648
で、結局どうなったの?

650 :無名草子さん:2006/06/18(日) 16:34:07
原稿用紙50枚で市販流通本を出そうとするなど、その根性が困った
ものだな。市場の需要があると思っているのかな?気の毒に。

651 :無名草子さん:2006/06/18(日) 21:58:08
躁鬱・真性DQNがカモなんだろうな。
50枚って短編小説1本分のボリュームなのに。
どこの国で短編1本が本になってんだよ・・

652 :無名草子さん:2006/06/20(火) 00:14:23
>>641
とにかく本さえ出せば詐欺にはならない。

よく、電話帳作成会社ってのがあるの知ってるか?
NTTだと勘違いして金を払って申し込んでみたら単なる電話帳作成の会社で、
引っ掛かった会社にはそれが届く。
届かなければさぎだが、届くんだから詐欺にはならない。
勘違いした客側のミス。共同出版も全く同じ。引っ掛かるか引っ掛からないか。
既に騙された人は正当化するか諦めざるを得ないかもしれないけど、
今騙されかけている人は頑張って目を覚ませ。

653 :無名草子さん:2006/06/20(火) 01:47:16
>>652
>とにかく本さえ出せば詐欺にはならない。

果たしてそうか。
リフォーム詐欺と同じで、手抜きを立証さえできれば
勝機はあると思うが、どうか。

何にせよ、騙される前の人も後の人も
後学のため消費者センターまたは無料弁護士相談に行くべきだな。


654 :無名草子さん:2006/06/20(火) 02:06:26
>653
確かにそうだな。
打ち合わせ記録は全て残して、証拠として使うべきだな。
さも売れるかの様な、さも出版社としては販売促進に努力するかの様な
ニュアンスがあったのならそれは証拠となり得る。
何しろ本を売る気などサラサラ無ければ、押し売り被害みたいなもんだ。

ガンバレ。

655 :無名草子さん:2006/06/20(火) 02:58:42
頑張ればベストセラー作家になれますかね?

656 :無名草子さん:2006/06/20(火) 03:09:50
なにを頑張るんだ?お前は

657 :無名草子さん:2006/06/20(火) 03:14:24
>>655
ここでの出版を考える人は
一般の出版社が主催している高い競争率の賞を
頑張って取る気力のない人だからまず無理。

「自分の作風は大手では認められにくい」だの
「俺は締め切りに追われると書けない体質なんだ」だの
「売れる作品しか眼中にない大手出版社に俺の作品のよさが分かるか」だの
身勝手な屁理屈をこねては努力を放棄する人だから無理。


658 :無名草子さん:2006/06/20(火) 05:17:50
ベストセラー作家でも初めは駄作しか書けなかった人もいるよな。
その未熟な状態でうっかり共同出版に引っかかったらと思うと恐ろしいよ。

659 :無名草子さん:2006/06/20(火) 05:50:13
共同出版した後、ちゃんとした賞取ってデビューできた人っているの?

660 :無名草子さん:2006/06/20(火) 07:41:17
>659
ちゃんとした賞を取ってデビューできた人の中で、
昔は共同出版で金をむしり取られた経験がある人っているの?だろ。
無いかもしれんが充分にあるかもしれん。
てか、誰しも失敗ってのはあるもんだし暗い過去に触れてやるな。

661 :無名草子さん:2006/06/20(火) 09:41:30
>>653
校正やデザインには著者が納得しているので、やはり鷺にはならず鴨だろう。
■日本山岳■のように、商品化されるまでにバトルすべきだ。


>>660
賞を取ったかどうかは知らんが、
『■■■■には巨大仏を見に』のMさん。
95年に風車から出版している。その後、98、00、02に小学館、01に文藝春秋、
現時点で9作品発表している。『■■■■には巨大仏を見に』は代表作だが、
たしか著者略歴に、風車の作品については触れられていなかったように思う。
(オラ読んでいないが)特に風車から出たものが小学館より文庫化されているが、
読者レビューを見ると風車版にはベトナムの首都名を間違えるような初歩的な
ミスが多くあるようだ。

回り道はしても、タダでは起き上がらない人はエライ!

オラ今から仕事行ぐべ!

662 :無名草子さん:2006/06/21(水) 14:46:25
>661
何の話かわからん。新手の関係者か?

663 :無名草子さん:2006/06/22(木) 09:52:15
>>661

わけわからない事いってないで仕事しろ オッサン

もう遅刻なんじゃないか?

664 :無名草子さん:2006/06/22(木) 11:53:40
今日の読売の朝刊に広告が出ていた。湯水のように金を使う
会社だな。

665 :無名草子さん:2006/06/22(木) 12:34:52
妙に"あせり"のようなものを感じるのは漏れだけか?

666 :無名草子さん:2006/06/22(木) 12:45:48
>>665
ふふふ‥‥ 知ってるくせに!

667 :665:2006/06/22(木) 13:07:25
>>666
ま、世の中そううまくはいかないってことでしょう。
くわばらくわばら。

668 :無名草子さん:2006/06/22(木) 13:18:49
>>662-663
わからんのはあんたが読解力ないだけ。
まあ伏せ字の部分はわからんが。


669 :無名草子さん:2006/06/22(木) 22:25:29
キャバクラにいくら通ってもそれは恋愛じゃない。
それは、お店のビジネスだ。
著者が金出してする出版ってそれににてないか?

670 :無名草子さん:2006/06/22(木) 22:36:08
>>667
ここももうヤバいのか? 自転車状態か?
やっぱリピーターの無い商売はいつかは破綻するよな。

>>669
キャバクラは詐欺では無い。

671 :無名草子さん:2006/06/23(金) 08:39:17
>>670
キャパクラはリピーターがあるが、新風舎のリピーターは数少ないからな。
リピーターがほとんどいない点を考えると、風俗にも劣る商売だと
いうことだ。

672 :無名草子さん:2006/06/23(金) 13:13:05
キャバクラは風俗ではないと思う

673 :無名草子さん:2006/06/23(金) 14:17:43
>>672
風車は出版社でないと思ふ

674 :無名草子さん:2006/06/23(金) 14:35:38
客が何処にいるかだよね。
本を買ってくれる奴が客なのか、本を出したい奴が客なのか。
出版社と名乗るんだったら・・・

675 :無名草子さん:2006/06/23(金) 17:56:30
秋葉とか新宿南口にいる、アールヴィヴァンの絵売り女みたいなものかな?

676 :無名草子さん:2006/06/23(金) 18:47:40
>672
確かに。でも風営法対象では?w あとピンクキャバもあるなw

677 :無名草子さん:2006/06/23(金) 18:49:11
ボッタクリキャバクラと風車ならば少し似てるとこもあるかもね・・・

678 :無名草子さん:2006/06/24(土) 19:55:38
同じネタで叩くの疲れてきただろ?

そろそろ終了の時期だな

679 :無名草子さん:2006/06/24(土) 20:16:32
けんぼーってゆう作家知ってる?なんか文才能力のない若者で今大人気らしいんですが。HP見たらたしかに文才ゼロ!笑っちゃいました!でもなんか親しみやすくてそれが人気の秘密なのかな?ここで見れます〜http://x13.peps.jp/3456/

680 :無名草子さん:2006/06/24(土) 20:25:35
>>679
本人乙。スレ違いだからおやめなさい。

681 :無名草子さん:2006/06/24(土) 21:50:38
>>679
こんな奴聞いたこと無いぞ!
有名なの??ツリじゃないくて?

HP見たけどマジでくだらなすぎ。。。。。。。。

誰か教えて

682 :無名草子さん:2006/06/24(土) 22:01:26
昔からこういう人↓が後を断たないんだよなあ…
http://book.2ch.net/bun/kako/1005/10053/1005387268.html

683 :無名草子さん:2006/06/25(日) 01:02:32
>>681
「けんぼーってゆう作家知ってる?」というカキコの時点で本人決定。

684 :無名草子さん:2006/06/25(日) 04:24:42
>けんぼーってゆう作家知ってる?

全く知らない。
HP見たら著作の紹介も載ってないし、なんなの???ってかんじです。

こんなくだらない宣伝するなよ。
書きたかったら公衆便所かチラシの裏に書けよ!
だったら叩かれないから


な!!!

685 :無名草子さん:2006/06/25(日) 09:06:06
才能ゼロの人間の自作自演宣伝ほど、見ていてつまらないものはないな。

686 :無名草子さん:2006/06/25(日) 09:20:27
つまらん以前に存在自体が恥ずかしいだろ

687 :無名草子さん:2006/06/25(日) 21:53:58
>678
お前も真相解明の努力を汁。
本として印刷される限りは詐欺の立証が難しいから、
せめては騙される人の数を極力減らして行かねばならんw
正義は勝つ。

お前都合悪いの?プゲラ

688 :softbank218125076057.bbtec.net:2006/06/25(日) 22:05:45
真相解明って・・・

だいたいこのスレで出尽くしたんじゃないの?

まだ何かある?

あったら教えてケロ(#^.^#)

689 :無名草子さん:2006/06/26(月) 00:15:59
それでも騙されるヤツがいるのと
関係者・工作員の姑息な書き込みがいまだ減らない。

690 :無名草子さん:2006/06/26(月) 02:39:51
イタチゴッコに終了は無いということだな。>>678
終了させたいヤツは関係者認定。

691 :無名草子さん:2006/06/26(月) 02:42:30
ジャムノベルズ第3弾発売。
第一弾、第二弾の調子ではなんぼなんでもマズイと思ったのか
オタクに人気がある?客寄せパンダを投入してきております。

ttps://www.animate.co.jp/newrelease/newitem/book/jam/index.html

これでまた低年齢層の犠牲者が増えるかも、と。

692 :無名草子さん:2006/06/27(火) 12:46:12
>>691
こういうのは同人誌を得意とする会社に頼んだほうが良いのだが。
犠牲者。

693 :無名草子さん:2006/06/27(火) 14:35:05
>>692
「アタシは同人誌程度で満足してる漫研部員とは違うのよ」という
妙なプライドを抱えてる乙女がひっかかりそうな悪寒。

もしくは「コバルトやホワイトハートは敷居が高い」と思っている乙女。

694 :無名草子さん:2006/06/27(火) 20:09:37
けっこう前、P舎に投稿したやつがジャムノベルズで共同出版しないかと言われたよorz
こういうのは好きじゃない上に漏れの作品がそれ系だと思われたのがorz


695 :無名草子さん:2006/06/27(火) 21:46:08
>>694
ちなみにジャンルはどのような。
その後どこで出版したんですか?

696 :無名草子さん:2006/06/28(水) 22:30:41
>695
関係者認定。

697 :無名草子さん:2006/06/29(木) 00:16:28
イヤミたらたら関係者。お前に金など預けてたまるかw

698 :無名草子さん:2006/06/29(木) 01:05:47
>>695
ファンタジーだよ。
結局出版はやめた

699 :無名草子さん:2006/06/29(木) 06:19:21
この会社は「出版実現プログラム」。
つまり「本を出版したい人は(お金を払えば)実現できますよ」
というのがメインの会社だということは、応募前にちょっと調べればすぐわかること。
賞の設定やたまにある著名な作家の本が、そういう人の興味をひくための
広告の役割も果たしてるんだってことも、ちょっと考えればわかることだよね?

ここは「お金を払ってでも本を出したい」
「それでもし売れればラッキーかな」というくらいの人が利用すればいいんだよ。

大体、プロの作家になりたい(自分の実力に自信がある。作品を売りたい)
んなら、最初から大手出版社の有名な賞に応募すりゃいいだけのことだろ。

わざわざ新興の、それも共同出版メインの出版社に応募しといて、
「出版権」が云々文句言うヤツは、事前の調査不足or
「ここなら賞とれて出版社自前で企画してもらえるかも」なんて、
激甘の考えだったってことで自業自得でしょ。

厳しいこと言うようだが、もうその時点で
プロの作家としてやってく実力も資格も器もないんじゃないか?

営業がうざいとか言うのも、
応募された側からすれば、自ら自社を選んで応募してきたお客さんなんだから
共同出版してもらえると思ってそりゃ営業かけるわな。

何度も言うようだが、
精魂込めて書いた力作で自信、愛情があるのなら、そして売りたいと思ってるのなら、
大手の有名な賞に応募しろ。
その結果落とされても、それが作家を目指す上での自分の糧になる。

言いたいことはそれだけだ。早朝から長文スマソ。

700 :無名草子さん:2006/06/29(木) 06:57:54
早朝から熱い奴だな

高血圧で倒れんなよ・・・

701 :無名草子さん:2006/06/29(木) 08:12:32
>>699
誤解を招く宣伝についてはスルーなの?

702 :無名草子さん:2006/06/29(木) 09:01:24
熱い関係者?

703 :699:2006/06/29(木) 09:25:09
>>701
誤解を招く宣伝とは具体的にどんなの?

>>702
自分の意見と違う者を、反射的に関係者認定するのはよしてくれ。
俺は、元作家志望で今正社員求職中のどん底フリーターだ。
大学卒業後も就職せず、
大手応募で落ちまくって、悟って作家はもうあきらめた。

ここで文句たれてるヤツも、作家志望の奴らなんじゃないのか?
そんであわよくばと、ここに応募してものの見事に落選して、
さらに共同出版の誘い受けて逆ギレしてんだろ?

だったら、そんな非生産的なことやめて
次の作品に没頭して大手に応募した方がいいぞ。
もしくは、スパッとあきらめて次に向かった方がいいぞ。
とアドバイスしてるだけだ。

じゃあ、オマエもここで熱くなってないで、
さっさと就活しろよと言われれば返す言葉もないがw

704 :無名草子さん:2006/06/29(木) 15:32:50
あきらめんほうがいいですわ。水木しげる氏だって40まで極貧だったんだから。
自分の好きを信じなさい。だけど、努力は人を裏切ります。

705 :無名草子さん:2006/06/29(木) 16:31:54
水木しげるは公園で子供達相手に紙芝居をせっせと行っていた。
そこから鬼太郎のモチーフも生まれている。著者自身が努力しないと、
どの出版社から出しても次はないということだな。

706 :無名草子さん:2006/06/29(木) 17:43:25
努力は裏切らないよ(^−^)


707 :無名草子さん:2006/06/29(木) 19:08:00
努力は裏切らない。
しかし、努力を他人が認めてくれるとは限らない。


708 :無名草子さん:2006/06/29(木) 19:20:43
文藝春秋のオール読物新人賞に応募しようと思ってるんだけど、
新風舎で賞獲れるようなやつだったら候補くらいにはなるかな?

709 :無名草子さん:2006/06/29(木) 20:11:59
>>704
水木が貧乏したにあたっては、様々な事情があった。マンガも生活のために書いてい
ただけで、彼自身は世捨て人に近い人生。独特の悟りと諦念の中で生きている人。
成功しなければ今頃は路上で野垂れ死にだっただろう。

>>705
本人が紙芝居を行っていたわけではなく、紙芝居の原画描き。紙芝居も
貸本マンガも最底辺の仕事だったようだよ。

710 :無名草子さん:2006/06/29(木) 20:19:25
>>706-707
もちろん、何事を為すにも本人の努力は必須。しかし、ある時点からは才能の問題になる。
スポーツや勉強で努力だけで何とかなるのは県大会代表・大学入試まで。

小説などのジャンルの場合、初めから絶対に止めた方がいい。のめり込むとロ
クなことがない。趣味で読むのがいちばん誰も傷つかない。やはりカタギに勝るものはないよ。

711 :無名草子さん:2006/06/29(木) 20:57:01
>やはりカタギに勝るものはないよ。

狩撫麻礼か?

712 :無名草子さん:2006/06/29(木) 21:55:39
>>704-705
水木しげるの頃と時代背景は違うし、
しかもここでなんで漫画家を語るか?
マンガだったら今の時代、才能あればデビューできるチャンスが多い。
小説やエッセイと違って持ち込み歓迎の編集部もあるし。


713 :無名草子さん:2006/06/29(木) 22:00:31
>>712
漫画も全然甘くないんだけどな。しかも最近はデフレで単行本が売れないので
阿鼻叫喚だよ。ビッグネームでも売り上げが苦しくなってきた人が多いみたいだし。

714 :無名草子さん:2006/06/29(木) 22:06:16
>>713
「甘い」などと、誰も言ってませんが?
小説に比べデビューできるチャンスは多い、と言ってるの。
その後にプロとして生き残れるかは別。


715 :無名草子さん:2006/06/29(木) 22:16:44
>>714
>小説に比べデビューできるチャンスは多い、と言ってるの。

多くない。あの業界の競争率も凄いよ。マイナーな文学賞を取れば作家を
名乗れる小説の方がまだチョロいんじゃないの?

716 :無名草子さん:2006/06/29(木) 22:28:20
>>715
知ったかは黙ってろ。
小説との大きな違いは「持ち込み」があることだ。
昔は文芸誌でもそうだった。
その点マンガは門戸が閉ざされてねえんだよ。
知り合いにコミック誌の編集者でもいたら訊いてみろボケ


717 :715:2006/06/29(木) 22:48:54
>>716
知り合いに持ち込んだ奴がいるから、たぶんアンタよりは事情を知ってるよ。

新人読み切り作品掲載や新人賞入賞までがだいたい2年間。ここにも行き着かない
奴の方が多く、しかも連載がもらえて生き残る奴が何人いるかというと・・・。

持ち込みがあるから門戸が開かれてる、なんてそんな甘い世界じゃないよ。

718 :715:2006/06/29(木) 23:06:27
>小説との大きな違いは「持ち込み」があることだ。
>昔は文芸誌でもそうだった。

今の文芸誌でも、編集者にコネがあったり(ばななや大岡玲みたいに有名人の息子とか、
他ジャンルの著名人とか)、平野啓一郎みたいに高学歴でイケメンだったり(平野は自分の顔写真と
経歴を添えて新潮に投稿したと言われる)すれば、賞コース以外でも原稿を見てもらえるよ。持
ち込んでいた人を新人賞に応募させて入選作にして名前を売らせたりも普通にやっている。
つか、賞公募というシステム自体が「持ち込み」を合理化したものに過ぎないんだが(選外の
人間でも面白ければ編集者が目を付けることもある。ラノベなんかそこから作家をよく釣り上げている)

「持ち込み」を相手にしないという建前にして賞システムを最優先にしているのは、持ち込みオールオッケー
にすると事務的時間的に対応できず収拾がつかなくなるという物理的事情に過ぎないだろう。
漫画はまだ編集部に対応するだけの人手の余裕があるのかもしれない。当たれば動くカネのケタが違うからな。
この、漫画誌の編集が志望者を駄目出ししながらシゴいてデビューや受賞に持っていくという職人的なやり方は、そ
れ以前の文芸誌や中間小説誌の世界でやっていた方法の踏襲なんだけどね。

719 :無名草子さん:2006/06/29(木) 23:42:03
>>717
私は以前少女漫画誌の編集していましたが、
>>716さんの言う通り、マンガの方が新人デビューの門戸は広いですよ。
「持ち込み」というのは、あなたの言うように「原稿を送りつける」という意味じゃないでしょ。
「原稿持参で本人が来社する」ってこと。
それに対して文芸誌は門前払いですが、コミック誌の場合、
実際に会って目を通して、アドバイスすることだってありますよ。
もうちょっと世間を知った方がいいですよ。

720 :715:2006/06/29(木) 23:59:35
>>719
>>716さんの言う通り、マンガの方が新人デビューの門戸は広いですよ。

ああ、少女誌やレディコミの世界は割とデビューさせちゃうみたいですね。
ただ自分が聞いた限り(少年誌や青年誌)では決して「広い」とは言えなかったですね。

>コミック誌の場合、実際に会って目を通して、アドバイスすることだってありますよ。

それは全然否定してないと思うけど。>>718ではまだ対応できるだけの人
手の余裕があるんですかねえ、と書いているわけで。

721 :無名草子さん:2006/06/30(金) 00:12:31
「聞いた限り」の仄聞で能書き垂れるド素人の知ったかw

722 :715:2006/06/30(金) 00:15:23
>>721
知ったかで悪かったけど、ただ、「漫画ならデビューできる」みたいな甘い考え方を
世間に広めてしまうと、今度はコミック版の第二第三のS風舎ができちゃうんじゃないの?

あんまり「××は駄目だが××は門戸が広い(公平)」みたいな言い方はしない方がいいと思うよ。

723 :無名草子さん:2006/06/30(金) 00:23:52
>今度はコミック版の第二第三のS風舎ができちゃうんじゃないの?

また「知ったか」の上塗り。
マンガは漫画誌の経験が皆無の「なんちゃって編集者」には進行は無理。

とにかくマンガの話題はスレ違いですよ。

724 :715:2006/06/30(金) 00:27:33
>>723
>マンガは漫画誌の経験が皆無の「なんちゃって編集者」には進行は無理。

「なんちゃって」でもいいんだよ。志望者からカネを取るだけなんだから。

まあ、漫画の場合はコミケや同人で発散しているから、確かに共同出版商法が隆盛することはないだろうけど。

725 :無名草子さん:2006/06/30(金) 00:32:58
>>724
意味がわかってないのか(呆

726 :715:2006/06/30(金) 00:37:38
>>725
というか、まともな進行や編集なんかしなくていいんなら、適当に人材や編プロを
集めればどうにでもできるでしょ? 
ただコミックの場合は共同出版が盛んになる土壌は確かにないとは思う。

727 :無名草子さん:2006/06/30(金) 00:44:51
>適当に人材や編プロを 集めればどうにでもできるでしょ? 

やっぱり意味がわかってない。
そんな無駄な出費をする会社とでも?


728 :715:2006/06/30(金) 00:46:44
>>727
ああ、そういう意味ね・・・なるほど・・・。

729 :無名草子さん:2006/06/30(金) 00:54:44
>>724
コミケって小説やエッセイはダメなの?

730 :無名草子さん:2006/06/30(金) 00:57:24
>>729
大丈夫だけど売上げを期待したらいけない

731 :715:2006/06/30(金) 00:59:28
>>729
もちろん参加可。ただしもちろん売れない。文学フリマもあるけどショボい。

732 :無名草子さん:2006/06/30(金) 02:38:47
本より漫画の方が今時は良いんじゃないのか?
どうせ中身はどうでも良いんだし。

733 :無名草子さん:2006/06/30(金) 05:23:56
マンガの同人誌は、それだけで金になるものもあるよな。
もちろん、内容は著作権的にやばかったり、エロだったりするけど。
だからメジャーデビューしなくても金になる点は小説とは事情が違うと思われ。


734 :無名草子さん:2006/06/30(金) 11:41:39
>>715の読解力のなさに脱帽

735 :無名草子さん:2006/06/30(金) 18:46:37
新風舎の状態に『危険注意報』発生?

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1149688207/233

736 :無名草子さん:2006/06/30(金) 19:14:41
>735
単に、引っ掛かる奴が思ったほど集まらないんだろう。
もしくは書いてある通り自転車創業状態か・・・

737 :無名草子さん:2006/07/01(土) 22:03:47
団塊の世代からいかにして金を巻き上げるか画策中だろうな。
何しろ、自伝を書きたくてウズウズしていて、しかも数百万くらい
出せる人間が多いから。

738 :無名草子さん:2006/07/02(日) 11:26:31
一発当ててやろうというよりも、何かを残したいという人には確かに威力的だけと、
それなら自費出版の方が安上がり。しかしながら、個人としては出版社がついていればそれが
ステータスになると思ってしまう。
そういえば、昔水木(しげる)さんが紙芝居を出していた兎月書房は売上が悪く倒産してまった。
そのため、給料ももらえなかったわけだけど、まだこっちのほうが共同出版よりは
ましな気がする。だってだまそうと思って経営してたわけじゃないからね。

739 :無名草子さん:2006/07/02(日) 14:07:16
>>737
戦中世代が「嗚呼我が○○連隊」等々の自伝を出したがったように
今度は団塊世代のエセプロジェクトX的な自伝出版ブームが来るのだろうか。

連想されるタイトル
「〜陽はまた昇る〜 ○○設計事務所物語」
「手打ちそばに全てをかけた!脱サラ店長一代記」


740 :無名草子さん:2006/07/02(日) 16:34:41
団塊の世代への殺し文句もすでに出来上がっているだろうな。

741 :無名草子さん:2006/07/02(日) 17:45:51
そーだな。
団塊世代用・営業トーク勉強会が開かれてると思うよ!
プライドをくすぐるトークは何パターンもあるハズ。
なんてったって金のなる木争奪戦だからな!!



742 :無名草子さん:2006/07/02(日) 18:52:38
早く潰れろ

743 :無名草子さん:2006/07/02(日) 19:01:54
団塊の世代がどうのこうのというより、いま現在、
新風から出しているのは、20代前後の自称作家が中心なんじゃないの?

744 :無名草子さん:2006/07/02(日) 20:16:16
コンテストと「企画出版」を掲げた集客と勧誘の仕組みが
オヤジたちにどこまで通用するか、だね。
今でも年配の著者はいるけど、社会経験の少ない青年層がかなりの比率を占めてるし、
団塊相手に今みたいな調子にはいかないと思う。
市場が大きいといっても、幻冬舎とかブランド力のあるところや、
低価格を売りにしている無数のライバルとの競争に勝ち抜くのは、
生易しいことではないはずだ。

745 :無名草子さん:2006/07/03(月) 01:50:56
ここに金を払って本を作るのは個人の自由かもしれないが、

もし将来、少しでも作家(ニセモノじゃなくて、金を払うんじゃなくて
金をもらって書く作家)になる気があるのなら、
絶対に関わらないほうがいい。

もし間違って、ここで本を出してしまったら
その後は、そのことは隠していったほうがいい。

「弁護士として活躍」したのか、
「弁護士バッジを業者に作ってもらって、胸につけてみた」のか。
その違いと同じ。

746 :無名草子さん:2006/07/03(月) 08:04:10
>>745
その比べ方もどうかな。でも、新聞しか目を通さない高齢者から
どんどん金を巻き上げる姿が見えてくるようだ。
「**さんの生き方に我々社員一同、大変共鳴し、涙を禁じえませんでした。
**さんの生き方の素晴らしさを是非とも世の人々に伝えていきましょう!」
と、200万円吐き出させて本だけ作り上げれば、ハイ終了!
本が出来た後は邪険な態度になっていくだけ。オイシイ商売だ。

747 :無名草子さん:2006/07/03(月) 08:57:30
>>746
それは違う!
>本が出来た後は邪険な態度になっていくだけ。

→入金した後は邪険な態度になっていくだけ。

748 :無名草子さん:2006/07/03(月) 18:34:07
邪険な態度にされないためには、三分割で支払うしかないか。
でも、完成近い段階で何されるかわからんな。

749 :無名草子さん:2006/07/03(月) 19:51:45
>>744
確かにプライドの高い団塊オヤジにはブランドは有効だな。

「幻冬舎ルネッサンス」は新風にとって脅威だ…

有名大型書店チェーンでも出版相談会やってたし。

750 :無名草子さん:2006/07/04(火) 07:59:02
今日もまた、読売の朝刊に広告が出ている。どこから金が出ているのだ?

751 :無名草子さん:2006/07/04(火) 11:30:42
出版申し込み書の裏に「キャンセル申し受けます」と
明記してあるのに認めてもらえない。「表現者のため」を
謳いあげているなら、応じてくれ。

752 :無名草子さん:2006/07/04(火) 11:38:01
三分割の途中でキャンセルを言い出すと、違約金まで取るという
噂は本当?

753 :無名草子さん:2006/07/04(火) 12:02:45
>>751
あんたは客だ。消費者だ。消費者センター池。

754 :無名草子さん:2006/07/04(火) 15:31:59
>750
ヒント 光クラブ

755 :無名草子さん:2006/07/04(火) 16:55:29
実態が光クラブと大差なければ必ず潰れる運命にあるわけだが、
実態はいかに?

756 :無名草子さん:2006/07/04(火) 17:19:20
>755
必ず潰れるとは限らない。光クラブしかりLIVEDOORしかり、
違法性を問われたことでつまづいたまで。
新P舎が、どんな形で金を集めても「本」を作る限り、
違法性は問われない。
その本に何らの価値が無くとも、
「本」の形で印刷さえされていれば、契約の通りだから。

光クラブは金の集め方が派手だったから摘発されたんだろ?
今時にしては地味に新聞広告してる新P舎って・・・
ターゲットと狙いを深く考えるとなかなか面白い商売だな。
騙される奴は後を絶たないから細々と生き長らえる光クラブ。

757 :無名草子さん:2006/07/05(水) 23:27:45
昔応募したら横浜まで呼び出されて自費出版薦められた・・

758 :無名草子さん:2006/07/07(金) 12:43:23
>757
社会勉強になったなw

759 :無名草子さん:2006/07/07(金) 12:50:47
>>757
高い高い自費出版はしなかったのか。

760 :無名草子さん:2006/07/07(金) 19:03:27
>759
してたら書けないと思うが。

761 :無名草子さん:2006/07/08(土) 15:03:38
しかし、金集めてからしか本作りません、って・・orz
まぁそういう契約も確かにありだが、とにかく乗せられたり騙されたり
しない様に気をつけるこったな。

762 :無名草子さん:2006/07/09(日) 20:37:51
「初版は印税なしですが、増刷されると夢の印税生活です」と言われました。
費用はやはり200万だそうで・・。
でも新風舎の本って本屋さんで見た事ないので後で電話で断ったら「もったいないですよ〜。
私たちプロの目から見てこの作品はゼッタイ売れます!」
だって・・。
それでも断ったら「どうしてですか?迷惑ですか?」と言うので
「はい!迷惑です」と答えました。


763 :無名草子さん:2006/07/09(日) 21:19:00
>>762
>増刷されると夢の印税生活です
超インチキ。増刷率は全体の5%以下。さらに「夢の印税」を遅れそうなの
は、「うしろにいるの」の著者くらいだろう。誇大広告も甚だしい。

>「どうしてですか?迷惑ですか?」と言うので
>「はい!迷惑です」と答えました。
甘い甘い!誘いの魔の手はバリエーションに飛んでいる。「一流作家の
****さんにも引けをとらない素晴らしい作品なのに」とか、水商売の人も
真っ青の「男心をくすぐる」お誘いをしてくるよ。
 というわけで平凡だが、「200万は誰が出すの?俺には金がない。親戚にも
友達にも金出す奴は一人もいない。破産したのでショッピングクレジットも
組めない」というのが一番。勧誘がしつこい場合は試してみよう。

764 :無名草子さん:2006/07/09(日) 22:09:56
>>762
「絶対売れるならおめーら200万カンパしれ
カンパする気がないなら2度とかけてくるな警察に通報するぞ」

または
「そんだけ言って、売れなかった場合のオトシマエはどうつけんだ、あ?
あんたが小指一本掛けるってんなら考えてやってもええぞ」
これでどうよ。

765 :無名草子さん:2006/07/10(月) 02:13:26
まだ若いのかな〜。断るときに「共同出版には興味がない」と言えば良いだけの話
じゃないか!別に、金がないという言い訳をいちいち言わなくていいんだよ。毅然と
「興味がない」というの。それで一方的に「よろしいですか」といって電話切れば
よい。763さんは優しすぎるよ。相手を傷つけないような内容にはなっているが、
半詐欺とわれわれはこのサイトで気づいたんだから、毅然と「興味がない!」これで
いいんです。どうしてですか?そしたら、「かくの如しです」といいましょう。

766 :無名草子さん:2006/07/10(月) 20:53:07
完全にリフォーム詐欺の様相だな。
ターゲット層が広ければ確実に警察沙汰になって潰れていたと思われるw

767 :無名草子さん:2006/07/10(月) 22:02:29
>>766
リフォーム詐欺は明らかに欠陥工事だから事件になるが、本の場合は
一応出しているわけだし、欠陥商品としての証明が難しい。もしも欠陥
商品でないとなったら、警察は「民事不介入」と手を引く。「元々の
原稿のレベルが低ければ、この程度の本、商品にしかならない」と判断
され、その点での突っ込みは出来なくなる。難しいね。

768 :無名草子さん:2006/07/10(月) 22:37:23
世の中から消えてもらいたい商売だが、
>>764>>766みたいなDQNはちょっと痛い。
本気でそれが通用するとでも?
奴らがあざわらうだけだと思うぞ。




769 :無名草子さん:2006/07/10(月) 22:46:23
100円ショップで売っている商品を800円ぐらいで売っているような感じ?

770 :無名草子さん:2006/07/11(火) 08:27:12
>>769
100円ショップのダイソーの場合、一商品の一回あたりの製造ロット(単位)
は、100万個単位で、しかも「現金一括」で支払うらしいから100円では
とても手に入らない商品が入ると思う。
新風舎の場合、120円の缶ジュースを360円で売るようなものだと考えれば
良い。高いと思いつつも、つい手が伸びてしまうらしい。

771 :無名草子さん:2006/07/11(火) 08:31:42
全く意味不明。
商品として機能している100円ショップと比較にならんだろ。
素人本なんか書店でほとんど置かれてないし。
誰の手が伸びるんだか・・


772 :無名草子さん:2006/07/11(火) 11:43:42
本の価値のことじゃないんだろ

773 :無名草子さん:2006/07/11(火) 14:43:05
なんだか関係者みたいなのがいるな。
本は金を集めるためと合法化のための手段でしか無いね。
そう解釈されると都合が悪いのか?

774 :無名草子さん:2006/07/11(火) 17:34:43
最近カモが少なくなってきたのだから必死なんだろう。
あとはいかに団塊の世代を騙しきるかの勝負なのだが。

775 :無名草子さん:2006/07/11(火) 21:56:08
そうか・・ 団塊世代狙いか。なるほど。
ネットで情報も集められない世代でもある・・・

776 :無名草子さん:2006/07/12(水) 00:27:34
新風に小説を応募して「佳作」になったのですが、私の作品は騙す為に賞を受賞したのでしょうか?
結果がきたばかりなので、まだ勧誘の電話などはかかってきていませんが・・・
きっといつかかかってくるのですよね?
私もカモ予備軍なのかしら?
もしわかる方いたら教えて下さい!

777 :無名草子さん:2006/07/12(水) 00:41:46
>>776
向こうさんとしては作家として育てる、とかじゃなく、
自費出版の勧誘対象として見てるだろうね。基本的に客集めのための賞だから。
勧誘はまちがいなく来るだろう。
ほめちぎったり、「受賞者限定割引価格」とか出してくるだろうけど、
相手にしないように。


778 :無名草子さん:2006/07/12(水) 01:03:23
>>776
いさぎよく受賞を辞退しましょう。
なお、応募した作品を他社で出版しても問題になることはまずございません。

779 :無名草子さん:2006/07/12(水) 02:56:42
ボロ屋に住むお年寄り(作家志望の素人)に声を掛けて(受賞させて)、
お金を取って(お金を取って)工事する(出版する)。

780 :無名草子さん:2006/07/12(水) 04:13:26
>>779
 暇な小金持ちを多く当るのが常。確かに切羽詰まった貧乏人は
怪しげな商材にしてもカルトにしても狙い目だが

781 :無名草子さん:2006/07/12(水) 07:31:29
実際に新風で出しているのは20台前後が多いんじゃないの?
そいつらも小金持ちなのか?
それとも、ボロアパートに住む作家志望のメルヘン坊や・嬢ちゃん?

782 :無名草子さん:2006/07/12(水) 07:57:11
>>781
金がなければ親をも騙して金を出させるからな。
高校生が応募すれば、電話で親を騙して200万出させるだけの話。

783 :無名草子さん:2006/07/12(水) 09:15:50
>>778
いったん受賞した後なら出版権はもう奴らにあるんじゃないの?



784 :無名草子さん:2006/07/12(水) 09:23:01
受賞しても出版契約結ばなきゃいいだけ。

785 :無名草子さん:2006/07/12(水) 10:37:23
>>784
だから「出版を前提にした賞の応募」のはずだよ。

786 :無名草子さん:2006/07/12(水) 11:04:13
出版権を持ってる以上、本を出さないと出版権の放棄になる。
どうせ出版しても売れないんだから
印刷費出して、著者とモメてまで出版権を守りたくないのがあちらの本音。

よって内容証明郵便等で辞退する旨伝えて
出版権を放棄してほしいと言い
出版権を行使するならいつ出版するか正式に返答を求めればOK。
もしくは出版権が切れるまで待てばOK。

787 :無名草子さん:2006/07/12(水) 11:48:05
>>786
誤解を招くことを書くなよ。
受賞を辞退すればOKだが、>>776さんはすでに「受賞」しているだろ!
いったん受賞したら出版権は向こうに帰属するんだから。


788 :無名草子さん:2006/07/12(水) 12:27:53
>>787
だから出版権を放棄させる手立てはあると言ってるんだっつーの。
あっちから一方的に「受賞しました」の通知が来て
その後は辞退できませんなんてことがあるか。

789 :無名草子さん:2006/07/12(水) 12:34:18
>>788
>あっちから一方的に「受賞しました」の通知が来て
>その後は辞退できませんなんてことがあるか。



お前、いい加減にしつこいぞ。

数年前のことだが、候補の段階で通知が来た。
そこに「受賞後は受賞作の出版権は弊社に帰属しますが、了解しますか?」
という旨の打診があった。そこで降りれば問題はなかろう。
だけど>>766さんは受賞してるじゃないか。
それとも数年前と違ってそういう通知もなく「一方的」になったのか?
無責任な情報流すなよ

790 :無名草子さん:2006/07/12(水) 12:58:34
>>766さんじゃなくて>>776さんだった。
まあ>>776さんも見ていたら事前に通知があったかどうか教えてくれ。

791 :無名草子さん:2006/07/12(水) 13:02:17
>結果がきたばかりなので、まだ勧誘の電話などはかかってきていませんが・・・

とあるじゃんよ。まだ>>766さんは何にもしてねえよ。
第一、あんたんとこにも「何日までにお返事ください」って
契約を急がせる通知来ただろ?その時点で辞退すりゃOKだっつーの。

もし了解の返答を出していたとしても交渉できるよ。
何しろあっちは金貰わないと本出せない、本出せなきゃ出版権維持できないんだから。

792 :無名草子さん:2006/07/12(水) 13:05:13
>>791
アホかお前は?
人の文章ちゃんと読めやボケ
「結果がきた」前に候補の段階で版権についての確認事項の打診が来た、って言ってるだろが。
>>776さんはそれがあったともなかったとも書いてないだろ。

793 :無名草子さん:2006/07/12(水) 13:21:34
>>776さんはそれがあったともなかったとも書いてないだろ。

だからどっちにしろ交渉次第だっつーの。
あんた一体、>>776さんの希望を打ち砕いて何が楽しい。


794 :無名草子さん:2006/07/12(水) 13:28:59
>>793
>あんた一体、>>776さんの希望を打ち砕いて何が楽しい。

また勝手な解釈か(呆

お前、真性だろ?
>>776さんがどういう状況かわからんのに、
勝手に楽観的な解釈でミスリードするお前こそ悪質だわ。
根拠もない、いい加減な励ましなど何の気休めにもならん。
少なくともお前よりは>>776さんを親身に思いやってるつもりだがw




795 :無名草子さん:2006/07/12(水) 16:23:54
出版権の設定は、契約を取り交わしなければ成立しない。
自称作家側に立てば、似非文学賞に入賞したとしても、肝心の出版権の
利用料をいくらにするか合意していないのだから、いつでも降りられる
と考えられる。

一般的に、出版社に対して出版権を提供するなら、著者の金銭負担はあり得ず、
出版社が印税をきちんと支払わないとおかしい。

796 :無名草子さん:2006/07/12(水) 16:25:16
>>795
訂正
誤 出版権の設定は、契約を取り交わしなければ成立しない。
正 出版権の設定は、契約を取り交わさなければ成立しない。

797 :無名草子さん:2006/07/12(水) 16:49:20
今日もまた読売の朝刊に広告が出ていた。大勝は100万円とか。
この会社は毎月億単位の広告費をかけているとしか思えん。
どこからそんなに金が出ているのか?

798 :無名草子さん:2006/07/12(水) 21:28:44
>>776さん、もしあなたが「無理に出版したくない」、
あるいは「出すなら納得できる価格で」と思っているなら、
流されることなく言うべきことは言わなきゃだめだよ。
法的なことを確かめたければ、公共の相談窓口できくこともできる。
この手の事柄は、ただ座してあれこれ考えてても始まらない。
大切なのは「あなた自身が何をしたいか」であって、
主張し行動することで状況は変わっていくものだから。

799 :776:2006/07/12(水) 23:30:09
776です。皆さん色々ありがとうございます。
私の書き込み不足のようなので、もう1度書かせて頂ます。
http://www.shinpusha.co.jp/(新風社HP)
応募したコンテストのHPがない為、書いてあった所で皆さんの話題に上がっていた所を
貼り付けます。

応募要項 (の一部)
■備考 大賞、優秀賞を含めた入選作品を中心に、作品集を単行本化します。
   その他の作品も応募者に封書にて有償での作品集掲載をご案内する場合があります。
■諸権利  入賞作品の出版権は主催者に帰属。

と書かれていました。
応募する段階で出版権については新風にいく事を同意して下さいて事ですよね?
私的には才能がある・ないは別として自費出版はするつもりが全くないので
いくら勧誘されても断れる自信があります。
でも、ショックです・・・
知り合いに新風に作品を出したと言ったらあまりいい顔をしなかったので・・・
私の作品は正直、少しの希望もないということなのですよね・・・
初めて出して、「佳作」だけど賞を頂いた事が凄く嬉しかったのに・・・
これから先、小説を書いても実になる事がないと言うことなのですよね?
かなりショックです・・・

800 :無名草子さん:2006/07/13(木) 01:01:21
>>799
>私の作品は正直、少しの希望もないということなのですよね・・・
>これから先、小説を書いても実になる事がないと言うことなのですよね?
>かなりショックです・・・
誰もそんなことは言ってないよ。
だいたい、作品読んでるわけでもないし、いいとも何ともわからない。
そこらへんは他の賞に挑戦するとかして、改めて自分で確認してほしい。
要は、自費のセールスかけてくる可能性が大だから注意しようね、ということ。
作品集中の一編なら200万とかはないだろうが、高くつくと思う。
「有償」だというならやめとこう。

801 :無名草子さん:2006/07/13(木) 02:39:46
本気で物書きを目指すなら、金を出して本を出すのではなく、
本を出して印税をもらったほうがいいってことだろう。

802 :776:2006/07/13(木) 03:52:55
800さん 801さん
わかりました。ありがとうございます。
もう一度、別の出版社の賞に挑戦してみたいと思います!
一度はへこみましたが、「佳作」だけど賞を頂いたのは嬉しかったし。
それがセールスの対象だとしても別にいっかな!と思ってきました。
素直に前向きに受け止めてこれからも頑張ります!!!
趣味ではなく職業で物書きになりたいですから!(自称はいやなので・・・)
ここで色々知る事ができたので勧誘がきても撃退します。
自費でだすなら、そのお金違うのに使いたいですもん。
因みに、何も知らない私に教えて欲しいのですが
私が今回出した作品は新風に出版権があるのですよね?
だとしたらどの位の期間、有効なのでしょうか?
すいません本当に何も知らなくて・・・



803 :無名草子さん:2006/07/13(木) 07:18:52
>>802
まだ契約書を取り交わしていないなら、出版権は設定されていないと考えられます。
前のレスに「受賞後は受賞作の出版権は弊社に帰属しますが、了解しますか?」
という打診を受諾したのだから、出版権を取り消すことはできないという趣旨の
主張がありましたが、仮にそのような打診があらかじめあったとしても、著者が
出版権を提供する際の具体的条件を取り決めていないわけですから、契約は完了して
いないと考えるのが妥当でしょう。

一般的な文学賞でも、「受賞作の出版権は当社に帰属する」という但し書きがあり
ますが、このような場合、賞金とともに、単行本化された際の印税も当然支払われ
ます。著者が不利になることはあり得ません。

そもそも、正当な(世間並みの)対価も払わないのに、出版権だけが設定される
契約が成り立つこと自体、出版業界の一般的な常識としてあり得ないことです。
出版権というのは、出版社が著作物を一定期間、独占的に利用する権利であり、
その権利を行使するためには、出版社は著者に著作物の利用料(出版権料)を
支払うという契約になるはずです。
一方的に出版権を設定して、さらに著者から出版のための費用を支払わせるという
のはまさに片務契約。公序良俗に反するおそれがあるのではないでしょうか。

また、あなたが出版の設定を何年間にするかという提案を出版社からまだ受けて
いないのですよね? であれば、その点でも、出版権にかかわる契約がなされて
いないということは明らかです。

もし出版社がごねるのであれば、「では、出版権をいくらで買ってくれるのですか」と
聞いてみてはいかがでしょうか。

804 :776:2006/07/13(木) 07:43:27
803さん
朝早くからありがとうございます!
>もし出版社がごねるのであれば、「では、出版権をいくらで買ってくれるのですか」と
聞いてみてはいかがでしょうか。
もし、勧誘がきてごねられたらしてみたいと思います!
まだ何もあちらから来ていないので前もってここを読んで書き込みして
とても参考になりました。本当にありがとうございます!
今まで次の作品を書いていたらこんな時間になってしまいました。
寝ます〜キーボードがちゃんと打てない・・・


805 :無名草子さん:2006/07/13(木) 09:51:17
>>803
>では、出版権をいくらで買ってくれるのですか」

おいおい、「出版権」の解釈がおかしいぞ。
出す出さないは作者の自由なのは当たり前。
「契約は完了していない」って当たり前じゃん。
要は776さんの原稿は「出すとしたら」この会社でしか出せない、ってことだろうが。

>■諸権利  入賞作品の出版権は主催者に帰属。

もしもし、この意味わかります?



806 :無名草子さん:2006/07/13(木) 09:58:30
>では、出版権をいくらで買ってくれるのですか」

頭おかしいんじゃないの?
応募し、入賞したた時点で「出版権」は悪徳業者の方にあるんだぞ?
それを「買う」というなら、売り手は業者で買い手が作者だろうが。

こんな意味不明の戯言を776が納得してるのも変。
・・・マジレスしてしまったが、もしかしたら自演か?




807 :無名草子さん:2006/07/13(木) 10:05:54
>>803
>まだ契約書を取り交わしていないなら、出版権は設定されていないと考えられます。

重量級のバカですか?
出版権はすでに設定されてますよ?
(自演としたら自分で書いてわからないというのも、考えてみたら変だが・・・
とにかく日本語が理解できないという時点でやばいじゃないの?)



応募要項 (の一部)

■諸権利  入賞作品の出版権は主催者に帰属。




808 :無名草子さん:2006/07/13(木) 10:14:13
>もう一度、別の出版社の賞に挑戦してみたいと思います!

受賞作と同じ原稿を出したら、二重投稿でしょ、それは・・・

>>803
電波丸出しの長文・・・





809 :無名草子さん:2006/07/13(木) 10:54:35
まあペンネーム変えて投稿したらばれにくいかもな。
でもばれた時を考えたらデメリット大きいけど。

どっちにしても悪徳業者が憎いのはわかるが、解釈が都合よすぎて心底呆れる


810 :無名草子さん:2006/07/13(木) 10:57:53
ここで入賞したら何か貰えるの?
ちょっとだけ安く(それでも高いけど)出版できるだけとかだったら悲惨・・・

811 :無名草子さん:2006/07/13(木) 11:09:20
聞いた話では優秀作でさえ「本出したいなら金出せや」ってなるらしいぞ。
わずかな賞金で出版費が若干安くなるだけ。

776は佳作止まりなんだから当然「金出せやコラ」のパターンだろうな。
まあ776の珍妙な日本語読解力なら止むを得ないとは思うが……。

812 :無名草子さん:2006/07/13(木) 11:13:52
契約書を交わしていなければ断ればよいだけの話。

813 :無名草子さん:2006/07/13(木) 11:16:48
>>812
そんなの当たり前だって。
要は出さない権利はあるが、その原稿を本にする時は当該の悪徳業者からしか出せない、
という縛りが問題なわけで。

814 :無名草子さん:2006/07/13(木) 11:19:40
>>811
ありがとう。
それにしても酷い話しだ。

815 :無名草子さん:2006/07/13(木) 11:32:57
どっちも大変だよなぁ
ttp://www.sangakubu.com/archives/50456196.html

816 :無名草子さん:2006/07/13(木) 16:44:58
出版権って3年で切れるんじゃないんですか?

817 :無名草子さん:2006/07/13(木) 16:52:27
出版の義務

 出版権が設定されると出版権者は、その引き受けた出版物を
「確実に出版する義務」及び「慣行にしたがい継続して出版する義務」
という二つの法的な義務を負います。
著作権法では、原稿を引き受けて6ヵ月以内に出版することとされています。(81条)
また、出版権者は、その著作物をあらためて複製しようとするときは、
そのつど、あらかじめ著作者に通知しなければなりません。(82条2項)

 著作物は、基本的には著作者の原作どおりに複製しなければなりませんが、
出版の際の校正作業で修正を施すことは正当な範囲内で許可されます。(82条1項)
(侵害になる場合については、「著作者人格権」参照。
もちろん、校正者には二次的著作物の著作権は認められません。→「著作者」)

出版権の消滅
 出版権は、存続期間を経過したのちは自動的に消滅しますが、
出版権者に違反行為があるとき、複製権者(著作権者)は
出版権者に対して通知をもって、
当該複製権を消滅させることができます。(84条)

出版権者が「出版を6ヵ月以内に確実に行う義務」に違反したとき
出版権者が「慣行にしたがい継続して出版する義務」に違反した場合において、
複製権者が3ヵ月以上の期間を定めてその履行を要求したにも関わらず
履行がされないとき

818 :無名草子さん:2006/07/13(木) 17:16:57
>>805-806
ずいぶん必死だね。あなたたちの評判がいっそう悪くなるだけだよ。

819 :無名草子さん:2006/07/13(木) 17:29:04
カモが少なくなれば、カモ探しに必死になるだけ。社員の人も
2ちゃんで遊んでいないで、団塊の世代を騙すための新聞広告にでも
力を注いだら?何しろ、「自伝を出したくてウズウズしているシニア
世代」は多いんだから。パソコンもネットも使えないからちょうど良いよ。
おまけにシニア世代の多くは100万、200万をポンと出せるからね。新聞広告
も芸がないからな。「次世代の若者達のために、貴方の人生の貴重なナマの
記録を残しませんか?」という文面で広告でも作っていろ・・・と助言して
あげたい。

820 :無名草子さん:2006/07/13(木) 19:51:27
>>816
こちらによると、出版権は基本3年。
ttp://www.cric.or.jp/qa/sodan/sodan16_qa.html

>>776さんは3年のあいだ別の作品でも書いて他社でデビューして
出版権が切れるのを待てばいいんじゃないかな。

821 :無名草子さん:2006/07/13(木) 20:54:51
>819
当人達には罪悪感が無いからね・・・そこが厄介なところ。
自分達の企画力によって本にしてやっているのだから、
ボッタ食って当然とか堂々と考えていると思うよ。
ま、ナリスマシ詐欺師にすら罪の意識なんぞまるで無いしw
だからこそ詐欺が横行する。遭わない様に気をつけるしか無い。

822 :無名草子さん:2006/07/13(木) 20:57:44
>>805
>応募し、入賞したた時点で「出版権」は悪徳業者の方にあるんだぞ?
>それを「買う」というなら、売り手は業者で買い手が作者だろうが。

著作権というのは財産権なんだよ。
著作者から出版権を譲り渡してもらうときに、相応の対価(印税)を払う
という約束(契約)をするのが普通の出版社。
その対価を払ってもいないのに、出版社が著作者から金を取ったら、
ほんとうの詐欺か強請になりかねない。
あなた、褒め殺しに託けたはいいが、それが裏目に出て、自分の会社に
迷惑がかかってもしらないよ。

823 :776:2006/07/13(木) 21:02:35
色々とご意見ありがとうございます!
みなさん真剣に議論して頂いて本当に嬉しいです。
まっ、私に対する一部中傷はございますが「自演」ではありません。
日本語読解能力がないのは認めますが、色々な意見を読むと
何が本当で何が嘘なのか解らなくなるのが正直本音です。
因みに
>もう一度、別の出版社の賞に挑戦してみたいと思います!

受賞作と同じ原稿を出したら、二重投稿でしょ、それは・・・

と書かれていましたが言葉足らずで申し訳ない。
他の作品を新風以外に出すという事です。
まっ、どうせ「佳作」なのだから本物の作家になるなんて夢の夢だとは思いますが
才能がなくても夢を追いかける事のどこが悪い。と、思いました。
中傷を受けたり、参考になる事を書き込みして頂いたのを読んで本当にためになりました!
ありがとうございます。
この書き込みよんで「バカか」と思う人もいるかと思いますが
それも仕方ない事だと思いますので・・・
勧誘の電話かかってきたらまた書き込みしますね〜

824 :無名草子さん:2006/07/13(木) 21:16:06
>>818
論破されてことを逆恨みし、言うに事欠いて悪徳業者認定かよw
お前は頭悪い上に性格も卑劣で最悪のクズだな。


825 :無名草子さん:2006/07/13(木) 21:18:39
>>322=>>818

あ? 何が「自分の会社」だコラ?

ふ ざ け ん な カス。



826 :無名草子さん:2006/07/13(木) 21:23:46
>>823
通るにせよ落ちるにせよすっきりした賞を見つけたらいいよ。
何かあったら報告よろ。
ケンカふっかけるようなレスはスルーで。

827 :無名草子さん:2006/07/13(木) 21:33:58
>>823
おー、ガンガレ

828 :無名草子さん:2006/07/13(木) 21:36:09
>ふっかけるようなレスはスルーで。

なるほど、やっぱり自演だったのか。
776が>>322=>>818ってことね・・・



829 :776:2006/07/13(木) 22:32:54
826、827さん
ありがとうございます!

830 :無名草子さん:2006/07/13(木) 23:41:29
けんか腰で、でたらめを書くヤツが別スレにもいたけど、
こっちにも出張ってきているようだな。

831 :無名草子さん:2006/07/13(木) 23:55:44
どこがデタラメですか?

>>803みたいなのがデタラメだと思うが

832 :無名草子さん:2006/07/14(金) 00:04:35
×>>322=>>818
>>822=>>818


833 :無名草子さん:2006/07/15(土) 15:00:43
…(´・ω・`)


834 :無名草子さん:2006/07/15(土) 17:02:18
かわいいやっちゃな。

835 :無名草子さん:2006/07/15(土) 17:49:10
新風舎から著者コードが届いた。ネットで著者優遇価格で
注文できるというだけ。何か他にメリットあるの?
著者コードも、「pub123456(架空の番号)」というもの。

836 :無名草子さん:2006/07/16(日) 00:02:06
向こうにとってメリットあるだけだろw
売れもしないクズ本をカモが買ってくれれば儲けになるというだけ。

837 :無名草子さん:2006/07/16(日) 02:00:13
実際、ここの出版物の最大の読み手・買い手は
ここで著作を出した人たちなんだろうな。
自分が出したら、同じポジションの著作が気になるだろうし。
会員制っぽくすることで内輪で互いに著者になり読者になる
一種の同人コミュニティを作ろうとしてるのかもしれない。
その中でさばくなら500部程度がちょうどいい。

838 :無名草子さん:2006/07/16(日) 06:42:48
>実際、ここの出版物の最大の読み手・買い手は
>ここで著作を出した人たちなんだろうな。

「実際」って・・・ 
珍説の提唱ですな。
姑息な関係者の宣伝じゃないことを祈る



839 :無名草子さん:2006/07/16(日) 08:13:05
>>837
かもしれん。著者割引で常時3割引きで買えるからな。最初に著者達
から200万円巻き上げた上にさらに本を購入させて金を巻き上げるという
図式がある。本を出すまでこんな会社があるなんてマジで知らなかったよ。

840 :無名草子さん:2006/07/16(日) 08:34:30
「何が「かもしれん」だか。
本人が買うケースはともかく、他人の自己満本なんか買う物好きはいないって。

恥ずかしい自演もほどほどにな。


841 :無名草子さん:2006/07/16(日) 20:00:07
.   ∩____∩゜.:+___∩: :.+
ワク. | ノ      ヽノ     ヽ+.:
:.ワク/  ●   ● | ●   ● | クマ
  ミ  '' ( _●_)''ミ'' ( _●_)''ミ クマ
. /  ._  |_/__ノヽ__  |_/__ノヽ
 -(___.)─(__)__.)─(__)─


842 :無名草子さん:2006/07/17(月) 02:32:35
ごく普通に、本にしたい人の共同出版ってことならば善だよね。
それは商売だよ。

広告を出しまくって作品を掻き集めては佳作とか低い賞を乱発して、
賞金は出さずに出版費用を筆者に負担させて本を出すってのはどうよ。
やり方が詐欺商法「的」だろ?

843 :無名草子さん:2006/07/19(水) 07:52:13
>>842
今日も読売朝刊に広告を出すほど新風舎は金持ち。というか、
カモが集まらなくなって必死だという噂も。

844 :無名草子さん:2006/07/19(水) 10:00:13
昨日は朝日に載ってたよ。この頃は広告の頻度が上がっているかも。

845 :無名草子さん:2006/07/19(水) 10:11:14
そして碧天舎と同じ道をたどったりして・・・(オソロシ)。

846 :無名草子さん:2006/07/19(水) 10:23:16
バカみたいにカモの勧誘広告出すんじゃなくて、
本当に良書を出している自負があるなら、その本自体の広告を出すべきでは。


847 :無名草子さん:2006/07/19(水) 12:49:03
>>846
良書出している自信があれば、きちんとそれらの本が売れるように
宣伝するはず。自ら「悪い本を出しています」と宣伝しているような
もの。でも、カモ探しには最適。

848 :無名草子さん:2006/07/19(水) 13:44:54
とりあえずクズみたいなレベルの原稿をむやみに出版しない良識をわきまえてほしい。
まともなレベルの原稿はちゃんと編集して宣伝に金をかける姿勢も示して欲しい。
それができないなら、儲けた金で別の商売やってくれ。出版文化の冒涜だからな。



849 :無名草子さん:2006/07/19(水) 14:18:04
>>848

× クズみたいな
◯ クズな

850 :無名草子さん:2006/07/19(水) 20:54:51
>>848
それは余りにも買いかぶりすぎだ。
あくまで出版を隠れ蓑にした詐欺的商法でしか無いんだから
それに騙されないこと、それだけだよポイントは。

851 :無名草子さん:2006/07/19(水) 21:52:54
>>850
読解力無さ過ぎ。
>>848のどこが買いかぶってるんだか。
要約すると「てめえんとこの会社はきれいごと謳ってるけど、
内実は出版を隠れ蓑にした詐欺的商法だろうがよ?
そう思われたくないなら方針変えろやボケが。
それができねえならさっさと別の商売でしやがれカス」ってことですが。


852 :無名草子さん:2006/07/19(水) 22:40:58
>851
方針を変える余地があると期待する点が買いかぶりすぎって解釈だよw
当該者達にも意識は無いだろうが、そもそも詐欺的商法が真髄だと俺は思うな。
金を集めるのが目的であって表向き手段としての本は上っ面だけ。
その上っ面をもう少しマシにしろや!ってことだとすれば、なるほどかもなw

853 :無名草子さん:2006/07/19(水) 23:39:45
>>852
期待するどうこうの問題じゃないだろうが。
あんたは悪徳企業が悪徳のままいてほしいのか?
世論に指弾されれば姿勢を正すことだってある。
パロマの急展開の会見みたいにな。

854 :無名草子さん:2006/07/20(木) 01:51:25
ひょっとするとトップあたりは、谷川とかの文化人や著名作家の本を
もうけ抜きに出すことに、やりがいを感じているかもしれんぞ。
この素晴らしい文化事業を支えるためには多くの人柱が必要なのだ……と。


855 :無名草子さん:2006/07/20(木) 03:57:53
>853
いや、裏金融は銀行には成り得ない、ということだよ。

856 :無名草子さん:2006/07/20(木) 08:06:38
トップの松崎君はお飾り。それを支える悪幹部がいる。間違いない。

857 :無名草子さん:2006/07/20(木) 08:09:08

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E9%A2%A8%E8%88%8E
新風舎


858 :無名草子さん:2006/07/20(木) 09:24:11
>>855
日本語でおk

859 :無名草子さん:2006/07/20(木) 10:17:51
>>857
サンクス(^o^)丿

よく分かる解説だね。
これを読めばココでいちいち話す必要も無いね…

860 :無名草子さん:2006/07/20(木) 11:38:18
他業界でも同じような手口が横行しているようだ・・・(((((;゚д゚)))))

http://www.geocities.co.jp/SweetHome/8404/sono10.htm

861 :いしかわえ:2006/07/20(木) 15:42:46
マツザキ君の「ナノテク」なんばのブックオフで100円
だったよ。店主は目利きだ。

862 :無名草子さん:2006/07/20(木) 18:46:28
松崎 義行 「童女M―16の詩」

アマゾンランキング:66万4756位
レビュアー:4名
うち3名はレビュー1冊(この本だけしかレビュー書いてない)
残り1名はレビュー5冊(5冊とも新風舎の本)

シビレルねぇ〜

863 :無名草子さん:2006/07/20(木) 22:22:17
>>859
誰かがすでにカキコしていたけど、そこに「概要」部分はこちらで
付け加えたよ。ここから本を出した経験から、もっとも現実に近い
出版社像をわかりやすく付け加えておいた(1から4までの項目)。
昔と異なり、ネットで情報発信も出来るわけだから、新風舎の著者達に
対する「手厚い」保護がないと、又どこで情報発信されるかわからないからな。
そんなとこるかな。

864 :無名草子さん:2006/07/21(金) 01:43:11
星新一の小説で、近未来で世の中が豊かになって、人々の自己表現意欲が
旺盛になった結果、素人作家や素人画家、素人作曲家が増えて
つきあいで見たくもない絵や読みたくもない本を読まなきゃいけない
ビジネスマンの愚痴が書かれているショートショートを思い出すね。
ビジネスマンが「こんな世の中間違っている」と思ってそれを本に
まとめて友人に送ったところ、友人たちが「こんなつまらない本を
送りやがって。まあこれが彼の唯一の自己表現だから仕方ないか。
お説ごもっともと言っとこう。でも感想を言うのにざっとでも
本を読まなきゃいけないから面倒だ」というのが最後のオチだった。

昨今の馬鹿げた自費出版ブームはこのショートショートを思い出させる。
それにしても星新一の慧眼はすごい。



865 :無名草子さん:2006/07/21(金) 20:34:21
うわ〜新風舎ってそんなにやばいんだ。腕試しと思ってポストカードブック大賞応募してしまったよ。
一次審査通過通知で浮かれてた自分が馬鹿みたい。
共同出版持ちかけられたら即断ろう。
次はもっと腕磨いてMOEあたりに送ってみようっと。


866 :無名草子さん:2006/07/22(土) 03:59:35
わたし編集者やってるから言っちゃうけど、新P舎の社員は
編集者ではないよ。
普通に編集業務をこなしていれば当然ついてくるスキルが、
編集長ですら何一つ身に着いていない。
たとえば、
編集用語を知らない。
校正ができない。
進行管理がとれない。
また、編集者うんぬんの前に
社会的常識のない人が多い。
そんな人に、原稿のよしあしが判断できますかね?
確かに、ライターや作家を育てるのはある意味編集者の
仕事ですけど、ここの人たちはそれ以前の問題だと思います。
また、ここの社員達は、「うちは広告代理店みたいなもんです」
と、はっきりいいます。出版社じゃないんです。
つまり、ここで自費出版をしようとしている”作家”さんたちは
原稿を書いているんじゃなくて、広告を提供しているんですね。



867 :無名草子さん:2006/07/22(土) 09:11:05
>>866
広告代理店とは凄い表現だが、確かに当たっているね。

868 :無名草子さん:2006/07/22(土) 13:45:45
>>866
で、あんたはどこの出版社なの?同じ穴??

869 :無名草子さん:2006/07/22(土) 18:29:32
>>869

モマエ読解力なさ杉.............


870 :無名草子さん:2006/07/22(土) 18:39:07
>>869
ワロた。

871 :無名草子さん:2006/07/22(土) 20:53:39
この会社がいつ倒産するかを予想する未来小説でも
だれか出したらどうだ?

872 :無名草子さん:2006/07/22(土) 22:26:30
>>871
新風舎に持ち込んだら最高だな。「共同出版」を勧められたりして。

873 :無名草子さん:2006/07/23(日) 00:56:20
>>858
お前、理解できないのか?

>いや、裏金融は銀行には成り得ない、ということだよ。

裏金融業に銀行の様になれ!と期待すること自体が無駄って話。
そもそも、出版社のフリをした金集めでしか無いんだからね。
こう書けば解るか? 出版社だと思うから期待してしまうんだ。

874 ::2006/07/23(日) 07:18:27
>>866
私的憶測では、人手不足(否、粗製濫造のツケ)のPから、
編集作業を丸投げされた編プロの方と看た。
 違って居たらゴメンナサイ。

少なくともこれ等の言辞から、確かに業界内の方と察せられます。 
貴重なご意見です。
 
 >編集長ですら何一つ身に着いていない。
 そのくせケケ田氏は「エロ雑誌編集上がり」と噂されるのを極端にお怒りになる由。

 青山のオフィスをはじめ(ニューヨーク支社? 何なのだそれは)、
 書店とは似て非なる熱P書房とやらも、立地や体裁ばかり取り繕って、
 中身は空気ばかり(イヤ有毒ガスや?H天舎はこの有害なガスを撒き散らし、
  未だ多くの被害者を後遺症に悩ませて居る)の巨大な張リボテと化して居る。

 「編集者」とは肩書きだけの、実務をこなせない向上心の無い社員方。
 むしろネガティブなベクトルへの、恒常性に従った堕落。
 詐欺的な商法に加担して居るとさえ自覚できない!編集者様。
  
 謳うトコロの「共○出版」の仕組みだって、美辞麗句に包んだだけの、
 単なる自費出版では無いか。いや、実質自費出版以下だ。

 この会社の、人もハコもシステムも皆、無為だ。
 巨大な返本(ry)流通センターを計画して白紙化したり、別に建てたり、
 数十%の返本率の為にトラックで油を無駄にしつつ、右往左往して居る、
 本当の(?)「出版業界」の制度疲労の一部分並に、無為だ。

独り言すみません。

875 :無名草子さん:2006/07/23(日) 22:22:38
「みんなが出版する時代」の賞

876 :無名草子さん:2006/07/23(日) 22:27:39
>>873
比喩自体は当たっているが、直近のレスとしては飛躍し過ぎ。
書き込んだ本人以外の者が読めば自己完結としか思えない。

>>874
とんでもない曲解。
編プロなんかに投げるわけないって。
その方がずっとまともな編集作業になるってのw
そんな出費をするような良心的な会社だとでも?



877 :無名草子さん:2006/07/24(月) 00:34:31

少し前に説明だけ聞きに行ってきた。
ハードカバー 40ページ 1000円
誰が買うんだw

878 :無名草子さん:2006/07/24(月) 01:04:09
著者とそのご家族、知人が買ってくれれば
新風舎としては万々歳。

879 :無名草子さん:2006/07/24(月) 02:02:07
>ハードカバー 40ページ 1000円

絵本なんかだとよくある価格帯。

880 :無名草子さん:2006/07/24(月) 08:41:32
旅行や美術作品の写真集でなければ不自然な値段。
そもそもこの会社の本の値段の付け方は高すぎるんだよな。

881 :いしかわお:2006/07/24(月) 14:21:31
ぼくのバイトしている本屋には新風舎文庫ラックが
ある。40p〜80pの本(冊子?)が550円から
630円で並んでいる。誰も買った奴いねえ。

882 :無名草子さん:2006/07/24(月) 16:14:21
>>881

それ棚貸し? 詳細キボンヌ。

883 :無名草子さん:2006/07/25(火) 22:57:20
棚貸しだろ。月いくらで貸しているのか、値段に興味がある。

884 :無名草子さん:2006/07/27(木) 08:05:27
文芸社だけでなく、ここも棚貸しをやるのか?

885 :無名草子さん:2006/07/27(木) 12:47:44
じゃないと一般書店が置かないだろ・・・

886 :無名草子さん:2006/07/27(木) 18:40:42
以前に紀伊国屋でやっていた「新風舎フェア」とやらも、
棚貸しのイベント?

887 :無名草子さん:2006/07/27(木) 21:34:37
イベントは、「参加希望する表現者」から料金をもらってるんだろ

888 :無名草子さん:2006/07/28(金) 18:35:21
>>857
商売としては、顧客にリピーターが、ほとんど存在しないってキツイな…

営業職で言えば、一生「新規開拓営業」しろっていうことだからな(-_-;)



889 :無名草子さん:2006/07/28(金) 20:05:04
>>857

>通常の自費出版の3倍以上の金額を提示されるのが普通である

これ詐欺で立件できないか?
なんで共同出版の3倍価格で共同出版しなきゃならんのだ?

890 :無名草子さん:2006/07/28(金) 20:21:22
>889
あ、間違えた。
なんで自費出版の3倍価格で共同出版しなきゃならんのだ?だw

1/5とか1/10になるなら当然だが。

891 :無名草子さん:2006/07/28(金) 20:45:51
>>890
シロウトが出版社と共同で本を出すってことは
プロが監修する、プロが流通ラインを確保する、プロが宣伝営業するわけで
お金かかるんですよ、技術料なんですよ、があちらの言い分では。
「共同」の定義なんてあいまいなんだから。

立件は難しくても、契約を白紙に戻すぐらいならなんとかできそうな気が。


892 :無名草子さん:2006/07/28(金) 22:04:02
>>891
契約締結後に途中でキャンセルすると、「キャンセル料を取る」と
契約書に書いてあるけどどうすればよいの?

893 :無名草子さん:2006/07/28(金) 23:37:59
泣き寝入りw
ま、そもそも騙されるな、ということだ。

894 :無名草子さん:2006/07/28(金) 23:59:38
契約してしまったら、100%の勝ちはないかもしれない。
といって、100%の負けだってないのだ。
「おかしい」「筋がとおらない」と思ったら、しつこくねばり強く文句を言うこと。
向こうが約束を果たさなかったら、徹底して抗議すること。
法的なグレーゾーンだからこそ、言うべきことは言わなきゃならない。

895 :無名草子さん:2006/07/29(土) 01:10:53
>>892
あちらが契約不履行を起こすのを待つ。
たとえば、問い合わせに3日以上応じない、
きちんとした校正がなされていない、
約束していた発売日に間に合わない、などなど。
(全部証拠をとっておかなくてはならないけれど)
無料弁護士相談に行くのも手かと。

とりあえず、「睨むんです」の動向を見れば参考になるかも。

896 :無名草子さん:2006/07/29(土) 08:07:35
共同出版の代金でも、3分割にした場合、一回目の支払いだけを
済ませて放置するのも「契約違反」で「キャンセル料」を取るらしい。

897 :無名草子さん:2006/07/29(土) 16:37:31
契約書の隅々まで、解釈も広めに、だね。
ま、とにかく関わる人が少なくなることを祈るばかりだ。

898 :無名草子さん:2006/07/29(土) 17:26:12
それでも「睨むんです」

いつ本になるのか?

899 :無名草子さん :2006/07/29(土) 21:10:59
「睨むんです」 て、共同出版社にとって悪夢のような客だと思う。
ブログで出版内情を全部明かしてしまうし。新風の方でもう手を切りたいだろう。金は返さずに。。
ベルトコンベアーに黙って乗っかって、原稿が本になるだけで嬉し涙をこぼすような定年世代を
相手にしてる方が、こういう若いうるさ型よりよっぽど楽。

900 :無名草子さん :2006/07/29(土) 21:39:27
知人も彼に似たタイプ。新風でない共同出版社だけど、レイアウトや表紙にこだわってたら、
編集担当さんのメールの返事が2ー3週間かかるようになって、ついには切れてしまって、
「こんな煩わしい編集したことない」とかじかに言われたらしい。そのあともずっと
メールの返事はこないわ、対応が遅いわで、非常に感じ悪かったと言ってた。
ベルトコンベアーに黙って乗っかって大金払う客が一番だよねえ。

901 :無名草子さん :2006/07/29(土) 21:46:18
あ。知人のは普通の出版社で共同もやってるとこだった。共同の方は短期流れ作業でやってる
とか。160−70万払って流れ作業ってのも理不尽だけど、それが現実。

902 :無名草子さん:2006/07/29(土) 22:12:56
そんなに内情バラス奴がいるのか。ならば、俺もばらしても良いのか?
ベタ誉め原稿の後に、出版Pなる女が「是非出しましょうよ!」と電話で
猫なで声で誘いかけてきたこと。途中でその女Pが、勝手に退職して敵前
逃亡状態であること。全部ばらしても良いかな?

903 :無名草子さん :2006/07/29(土) 22:29:30
「睨むんです」も同じこと言ってた>勝手に退職して敵前 逃亡=引き続きの担当者は
何も聞いてない。

904 :無名草子さん:2006/07/30(日) 00:26:22
>>892
ダメもとでここに相談してみれ。
毎週抽選で2名、無料で相談に答えて
結果をネット上で公開してくれる。
ttp://www.hou-nattoku.com/ask/f_consult/

905 :無名草子さん:2006/07/30(日) 02:41:57
実は「睨むんです」が、SP舎の暴走の抑止力になってるんだYO!

906 :無名草子さん:2006/07/30(日) 02:48:56
そもそも「勝手に退職」していない可能性もあるな
逃げるための口裏合わせで

907 :無名草子さん:2006/07/30(日) 08:01:41
担当から「私**は、一身上の都合で退職することとなりました。
残りは*崎**が受け継ぎます」といきなり担当変更となった。

908 :無名草子さん:2006/07/30(日) 09:08:10
ポストカードブック大賞に出した人いる?
友達が出したら共同出版の誘いがきて、500部で130万だって。
新風は、このシリーズは好評なので力を入れていくつもりだとか言ってる
らしく、友達もやる気満々なんだけど、実際のところ売れるの?
「増刷になって、印税をもらって……私はこれで金儲けする!」と夢見てる
友達がなんか怖くなってきたんだけど。私のところは田舎だからか、新風の
ポスカは見たことがないし。でも小説よりは売れるのかとも思ったり。



909 :無名草子さん:2006/07/30(日) 11:30:43
本スレ読み返せば答えでてるよな…



910 :無名草子さん:2006/07/30(日) 11:45:46
出版プロデューサーって実質は営業マンだよね?
多分ノルマ(目標)持ってると思うし。

一生新規開拓営業マンって大変だろうな。。
オレも営業(もちろん異業種)やってるけど、
顧客対象が個人で、リピートほぼ無しの高額商品を売り続けるのはキツイよ。
絵画とか宝石とか羽毛布団とかね。。営業の入退社も多いし…とにかくしんどい。

911 :無名草子さん:2006/07/30(日) 17:05:16
リピーターなしの高額商品売買となると、まるで高額布団を売りつける
やからと変わりはなくなってしまうが。

912 :無名草子さん:2006/07/30(日) 20:04:11
>>908
ここをお友達に見せれ。夢から覚めるから。
ttp://mojya.blog.ocn.ne.jp/meisyo/2006/01/__2788.html

913 :無名草子さん :2006/07/30(日) 20:33:24
やっぱり定年後のジジババを顧客にするのが一番だね。原稿が活字になっただけで大感激。
大金払っても大喜びで感謝してくれる。、、、オレオレ詐欺みたい。

914 :無名草子さん:2006/07/30(日) 23:32:57
>>912
908だけど、今日会ってきました。このスレで書かれていることをそれとなく
伝えてみたけど、だめだった。「本は売れないかもしれないけど、ポスカなら
売れるはず!」って。えんえんポスカの話を聞くのにも疲れたので、しばらく
距離を置くことにしたよ……。

915 :無名草子さん:2006/07/30(日) 23:56:45
>>914 

っていうか、このスレ教えたらダメなの?

916 :無名草子さん:2006/07/31(月) 01:37:40
>>914
それとなく伝えてダメなら、書面で伝えましょう。
綺麗な封筒と便箋を用意して、
下の内容を丸写ししてお友達に送りましょう。

「ねー、大もうけできるってことは、あんたの作品ってすごい価値があるってことでしょ?
だったらなんであんたが金出して出版しなくちゃならないの?
他の出版社に持ち込んでみなよ、どこの出版社だって
売れる作品は喉から手が出るくらい欲しいんだから。
本当に価値ある作品なら、『原稿料払うからウチで出版させてくれ』って
言う会社が出てくるはずだよ。
第一、日本には数千もの出版社があるのに
新風舎としか話してない状態でその会社に託しちゃっていいの?
新風舎がベストセラーのポストカードブックを出したことは
一度もないけど、本当にその会社信用できるの?
ポストカードに限らずその会社、講談社と同じぐらいたくさん本を出してるのに
ベストセラーほとんどないけど、お店に並んでるの見たことさえないけど、
本当に信用していいの?」

それでもムダなら、もう無理です。
綺麗な封筒と便箋を用意して、万年筆で心をこめて
「だからやめとけっていったじゃな〜い」と便箋に書きましょう。
そして封筒に入れてきちんと封をし、
お友達に「ポストカードブックが発売された半年後に明けてね♪」と言って渡しましょう。

917 :無名草子さん:2006/07/31(月) 02:43:37
ポストカードブックって、創作絵はがきを冊子にするってこと?
判型は決まってて、ページ数も20?、文字もちょっぴり、
図版は全部提供でレイアウトもほぼ不要、
しいてポイントをあげれば原稿の画質がどこまで使えるかだが、
基本的に原著者の責任だし、苦労するのは印刷所。
それで130万とるのか???

918 :無名草子さん:2006/07/31(月) 12:42:45
908=914です。
友達は今、ネットのできる環境が整っていないので、ここを見るのは
難しいと思う。というか、他人の体験談とかの情報に興味がないみたいで、
新風の人の話を鵜呑みにしている感じ。
「共同出版の話ももらえない人がいるなら、声をかけられる私は少しは
期待されてるってことじゃない?」って言ってたので、これ以上の説得は
不可能かと……かなり粘ったんだけどね。
提示された企画は絶版にならない形のもので、500部24枚と32枚が
選択できるらしい。新風の人の話では、原版がカラーだからどうしても
100万はかかるとかなんとか。
絶版にならない企画で初版500部ならさばけると思ってるんだろうな。
友達の話を聞いてると、私も「もしかして本当に売れるかも?」って
あやうくその気になりかけたので。なんか危ない宗教の勧誘みたいで、
ほんと怖かった。
たぶん買わされると思うので、一応790円用意しておくか……。
レスくれた方、ありがとう。



919 :無名草子さん:2006/07/31(月) 14:01:54
>友達は今、ネットのできる環境が整っていないので


そんなヤツおらんやろ〜…
もしかして釣られた?俺たち…OTZ

920 :無名草子さん:2006/07/31(月) 14:17:44
>>919
意外とネット環境のない香具師は多ひ


921 :無名草子さん:2006/07/31(月) 16:35:38
>>918
プリンターでこのスレの内容を全部打ち出して見せてやれ。

922 :無名草子さん:2006/08/01(火) 01:55:40
>>918
「一冊の印税は56円として・・・
最初に払った105万円、税込みで110万2500円を
回収してトントンにするためには、19687.5冊必要。
まあ 約2万冊だなぁ」

"2万冊売ってトントン"これを伝えるだけで十分だと思うが。
まあ、文面からしてあなたとその人はうわべだけの友達のようだから
見殺しにしたきゃほっといてもいいだろうけど。

923 :無名草子さん:2006/08/01(火) 13:56:34
うはっ……のぞいたらまだレスが続いてた(笑)
>919
結婚してからは接続してないそうな。ネット代にお金がかかるからって。
そんなこと言ってる人がなんで共同出版するんだと思うけど……やっぱり
儲かることが頭にあるからなのかな。

>921,922
打ち出しかあ……用紙何枚くらいになるんだろ。
「よくてトントンだと思うよ」とは言ったんだけど、約2万冊になると
計算まではしてなかった。具体的な数字で言ったほうが確かにわかりやすい
よね。
ただ、どうやら彼女の周りで出版に反対しているのは私だけのようで、
「みんな頑張れって言ってくれるのに私だけケチつける」みたいなことを
ポロッと愚痴ってたみたい。それを聞くと、これ以上あーだこーだ言うと
悪者にされそうな気もする(笑)……でも、そうですね。伝えるだけ
伝えてみます。それで関係がこじれたら、そのときはそのときだー。
長々とごめんなさい。ありがとうございました。


924 :無名草子さん:2006/08/01(火) 14:12:47
おれの知り合いもPにあれこれ言われてイキケンコーになってる。
そんなに評価してくれてるんだったら出版もありかも、と
うっかりこっちまでダマされそうになるほどだ。
Pの営業トーク、一度ナマで聞いてみたい気もする。

925 :無名草子さん:2006/08/01(火) 20:50:32 ?2BP(1)
どんなに褒めても結局、「金よこせ!」これに尽きるな・・・

926 :無名草子さん:2006/08/02(水) 16:05:48
評価してもらって自信つけたら、他の出版社に持ち込み行けば?
同じ共同出版でももっといい版元(河出、ダイヤモンドなど)も
やってるでしょ?

927 :無名草子さん:2006/08/02(水) 18:41:47
>>924
同席させてもらえ!
レポよろしくな

928 :無名草子さん:2006/08/02(水) 21:00:38
新風舎から先日電話が。
「お金ありません」といってすぐきった。

929 :無名草子さん:2006/08/02(水) 22:15:59
>>928
甘い。「では、ローンで」と、ライフのショッピングクレジットの
申込書が送られてくるよ。ショッピングクレジットの取り扱いは他にも
クォークとか三社ある。一社で審査で落ちても三社、順繰り勧められる。
出版を勧める口実は天下一品。誘惑に勝てるのか?

930 :無名草子さん:2006/08/03(木) 02:50:41
漏れは賞取で無料出版だが、ぶっちゃけ対応は非常にいい。(釣じゃない。信じてくれ)
それを聞いた友人(共同薦められ)が出版を考えてるようなんだが、ここを見て、薦めるべきか止めるべきか悩んでる。
どうかアドバイスが欲しい。


931 :無名草子さん:2006/08/03(木) 07:00:06
>>930
あなたの本は初版何部だったの? 売れたの?

932 :無名草子さん:2006/08/03(木) 10:20:41
>>930
自分で吹聴して、友人がその気になったのだから。
自分でなんとかするのが筋。
友人がどうしても出したいというなら、自分の賞金を友人に融通してやれば。

933 :無名草子さん:2006/08/03(木) 12:08:15
全部に金出させるわけじゃないというアリバイ作りのための人でしょ。
売れた売れないは関係なし。4年ぐらい前、「売れると思ったのに売れない」
という向こう側のコメントを見たがな

934 :sage:2006/08/03(木) 20:01:10
相変わらずここの住人は被害者以外に冷たいなw

935 :無名草子さん:2006/08/03(木) 22:27:52
冷たいも糞も率直な感想に過ぎない。

936 :無名草子さん:2006/08/04(金) 10:17:47
>>934
そりゃ当然でしょう。
受賞者の賞金は被害者のフトコロから出てるんですから。

937 :無名草子さん:2006/08/06(日) 09:44:05
お金を吸い取る吸血鬼のような会社だな。

938 :無名草子さん:2006/08/06(日) 13:02:41
>>937
血を吸われる方は、それが快感なんだから、いいんじゃない!?

939 :無名草子さん:2006/08/06(日) 22:12:57
>>938
普通の献血では200CC取られるのを、その10倍の2000CCを取られるような
もの。ヤクルト10個もらっても割に合わない。オッソロシイ会社だな。

940 :無名草子さん:2006/08/06(日) 23:25:12
>>939
ま、オレは献血できない身体だから大丈夫だけど‥‥

941 :無名草子さん:2006/08/07(月) 09:07:14
2000CCの献血=共同費用200万に換算?
そりゃ高いわ。

942 :無名草子さん:2006/08/07(月) 13:28:40
>>941
こちらにとっては200万円のつもりでも
あちらにとっては200万ウオン程度

943 :無名草子さん:2006/08/07(月) 14:39:08
契約前にこのスレに出会うか出会わないかでその人の
人生は大きく変わってくるとおもう。出会った人は幸福
であり、そうでない人は運のない人なのだ。

944 :無名草子さん:2006/08/07(月) 16:17:05
次のスレのテンプレに、ウィキペディアの記事のURLも欠かせないな。
再度載せておく。スレ立てる人。お忘れなきように。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E9%A2%A8%E8%88%8E
新風舎

945 :無名草子さん:2006/08/07(月) 18:42:20
選考を通過すると、受賞の前にこんなものが送られてくるのか。

ttp://file.mokua6sakusen.blog.shinobi.jp/kkm038.jpg
この時点で詐欺に気付けた人は幸せな人、そうでないなら運のない人。

この中の「入賞決定後の辞退は受けつけられません」には
法的に見て意義申立ての余地はないんだろうか。

946 :無名草子さん:2006/08/07(月) 21:51:48
宇宙人は岩の上は、どうなったんですか?

入賞したからって、金が無ければ出版できないんでしょ。
その気にさせられたら最後でしょうが。

大賞なら大もうけ。そのほかなら、版権取られる。
知っているか知らないかで天国と地獄ですね。

平間至賞で同じようなのが送ってきました。
大賞なら万歳ですが、そのほかならどっちにしろ
本は出す気はないのでいいです。
しかし、何の賞にも入らない可能性も残されている。




947 :無名草子さん:2006/08/07(月) 22:03:29
新風舎は居直り詐欺師みたいなものか。

948 :無名草子さん:2006/08/07(月) 23:04:11
たとえ出版権取られても
タイトルとペンネーム変えさえすれば
他社で出版しても絶対ばれないと思うけどね。

万一バレたとしても、そのころにはもう時効過ぎてるわな。
(出版権者は半年以内に出版しないといけない義務があり
出版しないとその権利を失うので)

949 :無名草子さん:2006/08/07(月) 23:43:19
「出版化奨励作」と「出版化推薦作」は違うのだらうか?

ttp://image.blog.livedoor.jp/sangakubu/dde6133a.jpg

ttp://file.mokua6sakusen.blog.shinobi.jp/shinpu041.jpg

それとも、予算がなくなってきたのかな?
賞状の質がずいぶん違ふやうに思へる。

950 :無名草子さん:2006/08/08(火) 00:04:19
疑問

500部で120万(話によると、さらに出版社側もいくらか出すという)。一冊いくら?
それに利益を出そうとすると定価はいくら?? しかも原稿用紙換算120程度のものを。
常識に考えて、どうみても他社からの出版物より高い本が売れるの???

951 :無名草子さん:2006/08/08(火) 00:09:08
初心者の方はこちらへ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1149688207/3

952 :無名草子さん:2006/08/08(火) 22:15:19
>>950
売れない本を出すのがこの手の会社の目的。マジで売れないほうが儲かる。
下手に売れると増刷する手間と金がかかるからな。ウィキの新風舎の
紹介記事も見るように。

953 :無名草子さん:2006/08/09(水) 18:09:25
書店で立ち読みしてたら,20歳ぐらいのお姉さんが,店員さんに何やら
話をしている。
「今度,新風舎から絵本を出します。あさってぐらいに入ると
思いまあすのでよろしくお願いします。」
と言いつつ手作りのPOPを渡していた。
東京は今日発売,地方なので,あさってらしい。
週刊誌でもないのに何で発売日が遅れるんだよ。

本は,この書店まで来るのか?



954 :無名草子さん:2006/08/09(水) 18:42:17
>>953
どこの書店?
新風舎の社員の可能性もあるが、単独の本だけ述べていたとすれば、
著者自身の悲しい売込みの可能性が高い。書店員も、丁寧に追い返して
いただけとも受け取れる。版元でない個人の売込みなど、書店員も、
いちいち相手にはしないからね。

955 :無名草子さん:2006/08/09(水) 18:45:48
いまさっきSP舎のひとから電話きた。
知らない番号だったから、電話とらなかったら留守電にメッセージが入った。
数分後にメールも来た。
「あなたの作品が気に入ったので」と書かれていたのでピュアにドキッとしたけど
なんとなく怖くもあったのでここを検索してきました。

大人として、無視は無しでしょうか。

956 :無名草子さん:2006/08/09(水) 19:06:06
いいんじゃないでしょうか?
口車に乗せられて120万払っちゃう契約しちゃってましたって現実になるよりかは

957 :無名草子さん:2006/08/09(水) 20:21:44
>>953
「手作りのPOP」という部分がなんだか哀しい。
数ヵ月後には、厳しい現実を知るのだろうな。

958 :無名草子さん:2006/08/09(水) 20:39:29
954
単独の本でした。
新風舎の社員がわざわざ出向くことが無い
地方都市です。本土の南の端っこ。
その本屋は、県1番の広さ。
しかし紀伊国屋の出店で競争激化です。

959 :無名草子さん:2006/08/09(水) 20:47:27
和歌山か!

960 :無名草子さん:2006/08/09(水) 22:00:45
著者自身の営業も、書店員に相手にされない。悲しいかな。それが宿命。

961 :無名草子さん:2006/08/09(水) 22:21:00
何で和歌山よ

962 :無名草子さん:2006/08/09(水) 22:40:22
詐欺以外の何者でもない
俺も騙されたorz

963 :無名草子さん:2006/08/09(水) 22:45:33
何で出版するのに200万もかけなきゃならのだ
バカらしい

964 :無名草子さん:2006/08/09(水) 22:50:54
じゃあなんで出版するの?
マジで教えて

965 :無名草子さん:2006/08/09(水) 22:56:51
>>961
本州最南端だろ

966 :無名草子さん:2006/08/09(水) 23:16:17
>>961
今日のヘキサゴン見てないのか? それとも本州最南端は九州なのか?

967 :無名草子さん:2006/08/10(木) 00:12:01
ヘキサゴンって番組でもそういう話が出ていたの?
今日のNHKの番組でも、和歌山にある本州最南端の川の話だった。

968 :無名草子さん:2006/08/10(木) 04:08:46
>>958
>本土の南の端っこ。

「本土」と書いてあるのがクセモノ。
辞書的には「本土=本州」なのだが、沖縄の人からすれば「九州も本土」の感覚。

和歌山か鹿児島か?

和歌山には紀伊国屋書店はない。鹿児島にははなかったはずの紀伊国屋が‥‥ある‥‥!

答え:鹿児島県(と思う)

969 :無名草子さん:2006/08/10(木) 06:37:08
968
正解

本筋以外のところで混乱させてすまん。

九州は本土じゃないのか・・・・

970 :無名草子さん:2006/08/10(木) 07:24:35
>>969
 うん、大和政権の元となる古代政権発祥の地であろう事は
充分伺えるのだけどね

971 :無名草子さん:2006/08/10(木) 13:48:03
4年前の殿の共著を一体いつまで「出版します」広告の横に
載せるの?なんか事件前のO真理教が教祖と殿の対談を繰り返し広報に
載せて多くの信者を獲得シタのと同じニオイがする。殿の影響力を
悪用しないでくり。

972 :無名草子さん:2006/08/10(木) 16:08:03
愛知出版ってその後どうなったの?

973 :無名草子さん:2006/08/10(木) 22:39:01
ウィキペディアの「新風舎」より。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E9%A2%A8%E8%88%8E
新風舎

>又、2ちゃんねるにおいてもこの新風舎の話題は、一般書籍の板でも
>専用スレッドが常時存在し、社員、関係者、著者を初めとする複数の
>書き込みが盛んではあるが、共同出版に対する厳しい意見が飛び交い、
>評判自体はあまり芳しくはない。

974 :無名草子さん:2006/08/11(金) 12:54:31
>社員、関係者、著者を初めとする複数の
>書き込みが

多いのか。なるほどな。

975 :無名草子さん:2006/08/11(金) 17:05:02
ウィキの新風舎の紹介記事が、なぜかどんどん増えていっているぞ(笑)。

976 :無名草子さん:2006/08/11(金) 21:25:28
>>974
勝手に認定していいのかね?

はっきり「元社員」と名乗ってたのはいたように思うが。
書き込みも内部でしかわからないような具体的な内容だったし。
誰彼構わず八つ当たりして社員認定する奴がいるが、
こんな叩きスレに社員が書き込んでもメリットないと思うがな。



977 :無名草子さん:2006/08/12(土) 02:38:08
また一人、被害者発見。

ttp://blogs.yahoo.co.jp/apple113jp

……いっそ気持ちいいぐらいのダマされっぷりが泣ける。

978 :無名草子さん:2006/08/12(土) 06:34:59
>>977
まさにカモの見本。
あの下手な絵では、100冊も売れないだろうなあ。
真実を知らされないまま、最後まで騙されつづけてくれ……と思ったよ。

979 :無名草子さん:2006/08/12(土) 06:59:44
絵は好みだったお

980 :無名草子さん:2006/08/12(土) 08:50:42
>>977
あーあ、本当罪深いよな。

981 :無名草子さん:2006/08/12(土) 11:20:59
こういう人は無邪気だから、他人にもこの会社をすすめそうでそこが怖いな。

982 :無名草子さん:2006/08/12(土) 12:06:20
>>978
下手とは言っても、まだ若そうだし、うまくなる可能性はある。
出版社に持込をしている娘さんは将来十分に伸びる可能性がある。
にもかかわらず、親が共同にひっかっかったのが運のツキ。
まだ未熟な画力のままで出版して
全然売れなくて親子ともども挫折するんだろうな。

若い可能性を摘みとる出版社、恐るべし。

983 :無名草子さん:2006/08/12(土) 14:49:29
親が二万部売ろうとその気になっているのに、
子供たちの「二・三百部」、絵を書いた娘さえ「八百部」と
言う冷静な意見が面白い、子供の判断の方が正しいよな。


984 :無名草子さん:2006/08/12(土) 18:45:24
クリエイターズワールドの継続案内がきたけどスルーします
まあ本を出した時点で負け組みなんだけどねorz

985 :無名草子さん:2006/08/12(土) 21:23:01
>>984
ご愁傷様です。これをバネにたくましく生きてください。
そして将来、ぜひ共同系商法の裏側暴露本を出して復讐してください。

絶版はしない方針らしいですけど
出した本の売れ残りはいまどこにあるんですか?
倉庫代とかかからないんですかね……。

986 :無名草子さん:2006/08/12(土) 22:08:16
闇雲に出版していけば、いずれ管理しきれなくなる。それがいつかが
問題。在庫総数に対して固定資産税もかかる。

987 ::2006/08/13(日) 06:28:38
【文芸社】協力出版・共同出版を語る 12【新風舎】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1149688207/l50

合流願います。

988 :無名草子さん:2006/08/13(日) 08:04:20
ここまできたから、有効利用でスレを使い切ろう。使い切ったら合流で。

279 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)