5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【文芸社】協力出版・共同出版を語る 11【新風舎】

1 :無名草子さん:2006/05/07(日) 11:19:39
新風舎・文芸社をはじめとする共同出版・協力出版等について語りましょう。
※このスレは、スレ住人の合意によりage進行推奨です。
憶測や罵倒は避けて、事実を基礎にした冷静な議論・やりとりを心がけましょう。  過去スレは>>2 関連リンクは>>3 注意事項は>>4
前スレ
【文芸社】協力出版・共同出版を語る 10【新風舎】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1141823318/l50
姉妹スレ
自費系【共同出版・協力出版】を考える4
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1109173287/
※姉妹スレでは、共同出版・協力出版の関係者(社員)、 出版社・書店の人などの書き込みを歓迎していますので、該当者はそちらでどうぞ。


952 :無名草子さん:2006/06/04(日) 00:18:53
>>951
> 書評で褒め殺し

書評ではなく、業界用語で「所見」じゃないのかな?
2、3カ所褒めちぎって、最後に一点だけ辛口のパターンだと聞いたが。

メールで所見をもらった香具師は、ネットに晒してくれ。

953 :無名草子さん:2006/06/04(日) 02:24:37
とにかく文芸社と新風舎に騙される人を救うスレか?

954 :無名草子さん:2006/06/04(日) 07:19:00
>>953 そういう投稿が多いよね。

955 :無名草子さん:2006/06/04(日) 13:24:48
ここも新風舎スレなんだぁ(*^○^*)アタシ小説家デビュー決まったょ(‘3^)-☆無名だからお金かかるけど(´_`)

956 :無名草子さん:2006/06/04(日) 14:05:55
>>955
新風舎板の266本人?それとも266を語った別人?

957 :942:2006/06/04(日) 15:00:11
>>950 御意&同意

958 :942:2006/06/04(日) 15:19:18
>>955
おめでと〜(^Д^)/作家先生の誕生だ〜wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

959 :無名草子さん:2006/06/04(日) 15:36:33
パチプロと同じで資格はいらない。明日からでもプロ。

960 :無名草子さん:2006/06/04(日) 15:53:26
プロってのは、それで金を稼いで生活していけるってことじゃない?
だから小説家=小説を書いて食べていっている人≠一回こっきり本を出した人

961 :942:2006/06/04(日) 16:35:28
王様の耳はロバの耳…

素人著者の本はただの業者の人件費。

962 :無名草子さん:2006/06/04(日) 18:17:27
>>955
幸せそうだから、とやかく言う気になれない。
まあ、頑張ってくれ。


963 :無名草子さん:2006/06/04(日) 19:03:04
>960
そんなこといったら通常の出版でだしてる作家のほとんどがアマチュアに
なっちゃうってw
基本的に作家は売れっ子で無い限り食っていけないよ。
ちゃんと金を払われる人なら(自費出版系の自称印税をのぞく)
プロなんじゃない?

964 :無名草子さん:2006/06/04(日) 19:12:53
書いた作品に金が支払われ、それで妻と子を養っていけるくらいの稼ぎがあれば、無名(売れっ子じゃない)でもプロと呼んでいいと思うぞ



965 :無名草子さん:2006/06/04(日) 19:29:56
去年の原稿料の合計が4000円だったオレもプロと名乗っていいですか

966 :無名草子さん:2006/06/04(日) 19:34:36
年収4000円は趣味のレベルかとorz

967 :無名草子さん:2006/06/04(日) 20:57:57
>>963
な〜にがwだ?
お前の書き込み自体がお笑いだっての。無知もほどほどにな。
売れない単行本の書き下ろし専門の作家なんかいねえよ。
普通の「作家」は雑誌にも作品発表してその原稿料と単行本の印税の二本柱で生活している。
リーマンでいえば給料が原稿料でボーナスが印税みたいなもんだ。

お前の言ってるのは「素人の作家気取り」だろうが。





968 :無名草子さん:2006/06/05(月) 10:31:17
はいはいまずここ読んでからね

出版不況で専業作家の時代は終焉を迎えるのか?
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1136189789/

969 :無名草子さん:2006/06/05(月) 10:57:02
2ちゃんのスレを紹介w

970 :無名草子さん:2006/06/07(水) 17:06:17
なんで>>967はキレてんの?

971 :無名草子さん:2006/06/07(水) 20:14:53
>>970

素人の作家気取りが悪徳出版社の行為よりも許せないんだろうな。
素人気取りの作家によっぽど酷い目にあった編集とか、
ゴーストライターとか、そういう職業の人物ではないのかい?

だが、それが悪徳出版社をかばう論理にすり変えられるのをオレは危惧する。
こういう場ではネット対策員が我田引水を狙って目を光らせているから。
本人がそこんところをどう考えているのか、ちょっと知りたいものだ。

972 :無名草子さん:2006/06/07(水) 20:22:12
最初っから悪徳と決め付けるような奴は相手にしない

973 :無名草子さん:2006/06/07(水) 20:44:17
基本的に悪徳で間違いは無い。

974 :無名草子さん:2006/06/07(水) 22:45:59
そろそろ次スレ立てとくわ

975 :無名草子さん:2006/06/07(水) 22:50:33
悪徳ではないかもしれない、と思わせぶりな擁護をする奴は相手にしない


976 :無名草子さん:2006/06/07(水) 22:58:37
>>971
3行目から4行目の論理の飛躍が全く意味不明。
>>967は単に素人の知ったかに突っ込みを入れただけなのに、
それがなんで悪徳業者の擁護につながるのか???さっぱりわからん。
要は自分の気に入らないレスか、自分のレスが突っ込まれたら逆ギレしてるのか?


977 :無名草子さん:2006/06/07(水) 23:01:05
次スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1149688207/l50
じゃ、後はよろ

978 :無名草子さん:2006/06/08(木) 00:31:50
同人活動でもすれば作家気取りは出来る。
200万も費やすとは、見栄のはり方も贅沢になったもんだ。

979 :無名草子さん:2006/06/08(木) 04:52:28
>>936
悪徳業者乙、版元1さんの最大の成果は、素のコスト明細を公開したこと

200万円でできて、その半分を作家が負担してくれ という版元がいるのに
300万円支払う馬鹿はもうでてこないわな。失業おめ、お疲れさん!
たぶん、版元1さんは自費出版に低価格参入を狙う大手の策略だね
(まぐまぐ企画部乙)

980 :無名草子さん:2006/06/08(木) 05:23:35
>>937
 「優秀な書き手であるにもかかわらず
 全額負担してくれる商業出版社に原稿を持ち込まず共同にこだわり
 出版社の苦しい台所事情を鑑みてお金まで負担してくれる人」

君は上場企業の優秀な役員や大学教授、評論家、芸能タレント、自称ベンチャーの旗手
たち、実際にある程度には有名な作家デビュー予備軍の推定5万人が
「自分はこんなにすごいのに、なぜマスコミは自分の本を出したがらないのだろう?」
と考え、伝をたより打診はしてみるものの一向に原稿依頼もなく、再度連絡すると
冷たく「初版半分を著者買取で、印税はゴーストと折半なら、一応検討しますよ」
といわれ、受話器をたたきつける自称キーマンや売れっ子の実態をイメージできない
現実社会の経験の浅い人のようだ。

第一、普通のまともな版元は貧乏文芸作家を相手に自費出版を考えないでしょう。
内容が優れ、有名人の本ならすべて売れるという幻想は、ほんとにどこから来るのだろ?

981 :無名草子さん:2006/06/08(木) 05:33:44
知名度もなく、優秀で面白い内容でもなく、重要な競争力、ユニークさもなく
単に文芸分野で本にしたい。ということならば、最低利益をいれれば300万円程度は
普通にかかるコストだろう。

企業や大学、芸能プロ、マスコミの支援があって、そこそこ有名な人の本で
コスト折半なら、まあ出してみるかなあ。でも最初から売れないとわかる本は
資金が出ても手間が増えるのでだしたくないな。というのが実態でしょう。

982 :無名草子さん:2006/06/08(木) 08:00:47
>>980
>「初版半分を著者買取で、印税はゴーストと折半なら、一応検討しますよ」

でも、それでもいいから出したい人も世間には沢山いるしな。本なんか一冊出せばそ
れで信用が買えるし、その業界の周囲の人や後援者も義理で買ってくれるし。
企業家が出すビジネス書の類の大半はそうだろう。

出版界ではそもそも自費・共同とそれ以外の区切り自体がある意味曖昧だしなあ。

983 :無名草子さん:2006/06/08(木) 08:15:03
>>981
>でも最初から売れないとわかる本は資金が出ても手間が増えるのでだしたくないな。
>というのが実態でしょう。

いや、ギョーカイにはノルマがあるから、無名でも話題のトピックに乗った原稿な
ら何となくスキマで企画が通ってしまうこともあるし、一冊あたりは大して売れなくても読み捨ての雑誌感覚で惰性で
出続ける実用書・人生論・ラノベ・新書判ミステリといった類の本もあるのよ。

いずれにせよ、「アンタが自分でリスクを持つなら出すよ」という場合、その原稿にはそ
の程度の-上記のようにタイミングや惰性で出る本にも劣る-価値しかないってこと。
>>980で断られている(もしくはリスク持ちを要求されている)「上場企業の優秀な役員や大学教授、評論家、芸能タレント、自称ベンチャーの旗手」
たちの場合、単純に-本人は自分は有名だと思っていても-まだまだ知名度が足りないだけ。
本当に知名度があれば出版社から飛びついてくる。もしくは売れなくても価値が
ありそうな原稿を持っていれば小部数でもどこかから出るよ。
「ある程度には有名な作家デビュー予備軍の推定5万人」の場合、単純にまだまだ実力が足りない。それだけ。

984 :無名草子さん:2006/06/08(木) 08:26:38
>>980
>第一、普通のまともな版元は貧乏文芸作家を相手に自費出版を考えないでしょう。

でも、大手や新聞社も自費はやってるでしょ? 講談社=講談社サービスセンターのように自費専門の
子会社を持つケースもあるが、その会社の普通の書籍と見分けがつかないケースもあるようだ。

とにかく自費でも共同でも、著者本人にリスクを取らせる原稿にはそれだけの価値しかないんだよ。それだけのことなんだよ。
本なんか大して売れるものではなく、大学出版会や学術系書肆のように1000部程度で
地味にコツコツ出していくものなのよ。本当にいい原稿なら小部数でも売れなくても向こう持ちでどこかから出ます。
出ないのは単純に無価値というだけのこと。リスク著者持ちというのも、他人にリスクを取らせる力が無い
企画・原稿というだけの話(もちろん、よほど本人に知名度があれば話は変わってくるが)

985 :無名草子さん:2006/06/08(木) 13:02:52
無理矢理、この商売を「まともな仕事なんだ」って、思いたいみたいだけど、
むなしいだけでは。
「チンピラ商売だけど、儲けてるんだ」って、開き直ったほうがいいんじゃない?
チンピラ商売なんだから。

986 :無名草子さん:2006/06/08(木) 13:39:57
チンチンピラピラ商売。

987 :無名草子さん:2006/06/08(木) 15:25:24
漏れはむかし某社で働いていたよ。
金のために働いて何が悪い、
職業に貴賤なんて無いだろうが。

988 :無名草子さん:2006/06/08(木) 15:47:35
密室でお年寄りを洗脳して、高額商品を売りつける洗脳商法や、
在宅ワークと言って、その研修費用に高額機器を売りつける教材商法や
タレント公募と言って、ほぼ全員に合格通知を出し、
養成費用をだましとるオーディション商法や、
統○教会だって、まともな商売って意味で、この職業もまともな仕事。
よかったな。

989 :無名草子さん:2006/06/08(木) 16:08:20
>>985 >>988
だから出版業界そのものが大手も中小零細もヤクザな稼業っすよ。>>982-984 こうしたうさんくさい
側面が露骨に表れているのが自費や共同の業界。
引っ掛かりたくなければ、向こうが買いたくなるような原稿を書くことだよ。

ちょっとケースは違うが、研究者の場合でも新書の編集部や地味な学術系出版社が出した
くなるような研究なら、向こうから接触してくる。大学の出版会なども学会誌や学会報告を
チェックしてネタは常に探しているから。こっちから持ち込んでも本当に価値があれば出してもらえるさ。
あるいは有名人や時の人になれば向こうから寄って来る(もっとも、場合によっては途中で共同・自費や
買取を持ち掛けられたりもするかもしれんがw) 貴方が美少女高校生(笑)
なら、やはりそれだけで出してもらえるかもしれない。
大半の素人の原稿なんかに単純に価値はないんだよ。自費や共同の連中に言わせれば、
「相手にされない原稿を相手にしてやって夢を売って何が悪い」ってことだろうよ。

990 :無名草子さん:2006/06/08(木) 20:19:45
とうとう、出版業界そのものをヤクザな稼業とか言っちゃうんだね。

991 :無名草子さん:2006/06/08(木) 20:58:29
>>980
そういう連中だって一部自己負担は嫌なもんだろ。
それに、そういう連中を”どうやって”集めるかが気になるんだっつーの。
揉み手揉み手して「一部自己負担してくれるならすぐ出しますよー」な会社に
あっさり乗ってくれる連中が5万人勢揃いしてるわけじゃないんだぞ。

仮に5万人全員が「チッしゃーない、あんたんとこで本出したろ」と言ってくれても
あんたはその5万人の中から利益が出る可能性がある奴だけを選ばなくちゃならない。
そんな芸当ができるんなら最初っから普通の商業出版やれや、
そのほうが信頼っつー財産ができる、という話。

>内容が優れ、有名人の本ならすべて売れるという幻想は、
ほんとにどこから来るのだろ?

それは幻想じゃなくて安全牌。
「有名人の本」は比較的安全で「無名人の本」はバクチ。
当然、内容も優れている(売れる要素を備えている)に越したことはない
(内容の良し悪しは一言では言いにくいが)。

992 :無名草子さん:2006/06/08(木) 21:50:12
>>991
妄想に取り憑かれてる異常者は相手にすんな。
どう考えてもそいつは頭おかしいわ

993 :無名草子さん:2006/06/08(木) 21:54:45
大手でも自費出版事業部があるぞ。中小だけ叩くの苛めだよ。

994 :無名草子さん:2006/06/08(木) 22:00:50
>>993
大手の場合、全額出版社負担の商業出版を
長年やってきた実績と信頼があるから問題なし。



995 :無名草子さん:2006/06/08(木) 22:03:13
大企業信仰、ブランド信仰

996 :無名草子さん:2006/06/08(木) 22:08:34
>>993
イマイチ実績に乏しい零細出版社が著者の信頼を得るには
苦しくても全額費用負担して本を出し
「著者であるあなたと我々は一蓮托生です」
「売れなければ我々もメシを食えませんので必死に売ります」という
姿勢を見せることが肝要だと思う。

(あくまで理想の話で、実際はなかなか難しく
やむなく著者に費用負担してもらうこともあるだろうが
それでも最初から著者に負担してもらうと
宣言している会社よりは信頼を得られるはず)

997 :無名草子さん:2006/06/08(木) 22:12:18
>>995
正解。
誰だって零細よりは大企業、
ノーブランドより著名ブランドで本を出したいもの。
うさんくさいブランドから誰だって本を出したくない。

零細でも真摯に対応してくれるところなら
「ここで出したい」と思う人もいるだろうが
のっけから費用負担してくれなんて言う出版社で
出したいと思う人はごくわずか。

998 :無名草子さん:2006/06/08(木) 22:22:03
>>995
当たり前だ。
少なくとも校正がしっかりしているし、どこぞのインチキ出版とは違う。
ブランドにい良心はあるっての。


999 :無名草子さん:2006/06/08(木) 22:23:41
訂正
×ブランドにい良心はあるっての。
○ブランドに背かない良心はあるっての。


1000 :無名草子さん:2006/06/08(木) 22:25:22
>>980はうさんくさいブランドしか作れないって事でこのスレ締め。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

292 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★