5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【翻訳】法政大学出版局【ウニベルシタス】

1 :無名草子さん:2006/05/21(日) 04:17:50
「歴史学研究」、「りぶらりあ選書」、「ものと人間の文化史」
などのシリーズでも名高い法政大学出版局

学術翻訳、大学出版局のこれまでとこれからについて
学問分野を越えて語り合いませんか?

■法政大学出版局
ttp://www.h-up.com/

■関連スレ
あなたの好きな学術系出版社
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/987107997/
翻訳本の文章はなぜ読みづらいか
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1078295332/
【地雷】翻訳書のこの糞訳に注意!!【警報】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1091795864/

2 :無名草子さん:2006/05/21(日) 04:28:13
□現在の売れ筋(Amazon.co.jpによる)

1.エロスと精気(エネルギー)―性愛術指南
ジェイムズ・N. パウエル (著) (2003/02)

2.思索日記 (1) 1950‐1953 叢書・ウニベルシタス
ハンナ アーレント (著) (2006/03)

3.サービス・マーケティング入門
R.P. フィスク (著) (2005/02)

4.自己暗示
C.H.ブルックス (著) (1966/06)

5.危険社会―新しい近代への道 叢書・ウニベルシタス
ウルリヒ ベック (著) (1998/10)

6.貿易・貨幣・権力―国際経済学批判
田淵 太一 (著) (2006/04)

7.ミニマ・モラリア―傷ついた生活裡の省察 叢書・ウニベルシタス
テーオドール W.アドルノ (著), 三光 長治 (翻訳) (1979/01)

8.場所を消費する 叢書・ウニベルシタス
ジョン アーリ (著) (2003/04)

9.健康の神秘―人間存在の根源現象としての解釈学的考察 叢書・ウニベルシタス
ハンス=ゲオルク ガダマー (著) (2006/02)

10. 狐―陰陽五行と稲荷信仰 ものと人間の文化史 39
吉野 裕子 (著) (1980/01)

3 :無名草子さん:2006/05/21(日) 05:06:30
基本的には良訳・良書の多い出版社だが、やはり問題のある
翻訳書は少なからずある。

例えば、
ジル・ドゥルーズ、『意味の論理学』
ウィルフレッド・ルプレヒト・ビオン、『精神分析の方法』
ジャック・デリダ、『エクリチュールと差異』
リンダ・ハッチオン、『ポストモダニズムの政治学』
ジャン・ボードリヤール、『物の体系』
スティーヴン・トゥールミン、『近代とは何か』
レオ・ベルサーニ、『ホモセクシュアルとは』

最近はどうなのだろうか(出版点数が多すぎて追いきれない)。
社会学関連では門外漢でも読める親切な訳文が多くなったと思う。
ただ、アンソニー・リードの『大航海時代の東南アジア』など、
明らかにまずいものも目に付く。


4 :無名草子さん:2006/05/21(日) 20:21:42
教えてください

・これぞ、名訳と呼べるもの
・表紙に図版が入るようになった背景(個人的には?)
・独立採算でやっていけるのか?
・学術系編集者の仕事内容
(↑きちんと訳文を読んでいるのか?)

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)