5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小林信彦・中原弓彦 10

1 :無名草子さん:2006/05/22(月) 21:07:11
前スレ
小林信彦・中原弓彦 9
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1142165817/

過去スレ
小林信彦・中原弓彦
http://book.2ch.net/books/kako/1010/10106/1010679151.html
小林信彦・中原弓彦 2
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1045738321/(html化待ち)
小林信彦・中原弓彦 3
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1059144499/ (html化待ち)
小林信彦・中原弓彦 4
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1074172636/
小林信彦・中原弓彦 5
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1107094262/
【日本橋】小林信彦・中原弓彦 6【江戸っ子】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1118606523/
【被害妄想】小林信彦・中原弓彦 7【粘着気質】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1130538259/
小林信彦・中原弓彦 8
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1137475088/

2 :無名草子さん:2006/05/22(月) 21:13:45
2ダ
小林センセ、今年はプロ野球どこ応援してるんだろ?

3 :無名草子さん:2006/05/22(月) 21:28:02
ハローフォークス。探したよの

4 :無名草子さん:2006/05/22(月) 21:55:47
ずいぶん前に(球場ではないところで)
ヤクルトスワローズの選手をみかけて嬉しかった、
声はかけなかったが…
みたいなことを書いてたと思う。

でも最近って(日本の)プロ野球関係のこと、
なんか書いてたっけ?

5 :無名草子さん:2006/05/22(月) 22:07:41
なんで老残・無惨じゃないのよ!!!

6 :無名草子さん:2006/05/22(月) 22:19:50
>>1



( `Д´)キィー

7 :無名草子さん:2006/05/22(月) 23:17:01
もうスレタイに弓彦いらないよ。
自己満足にも程がある。

8 :無名草子さん:2006/05/22(月) 23:22:05
小林が仲良くしてた業界人って出自がちゃんとしてるヒトばっかだねぇ

エッタとかチョソってほとんどいない

9 :無名草子さん:2006/05/23(火) 01:50:32
ノブの大好きな

メラニーグリフィス
「ワーキングガール」

日テレ放送中age

10 :無名草子さん:2006/05/23(火) 02:44:05
先生の野球の話もった聞きたいわな。


11 :無名草子さん:2006/05/23(火) 09:35:15
前スレより 笑ったな〜。

998 :無名草子さん :2006/05/22(月) 20:46:27
なんだか小林ファンが消えちゃって寂しいねw
ピンチの時こそ強引に誉め倒して欲しいね
江戸前のなんちゃら、都会人の含羞がどうした、とか言ってた人
頑張れ〜


999 :無名草子さん :2006/05/22(月) 20:57:39
おまえは消えて見えるのかw


12 :無名草子さん:2006/05/23(火) 12:26:24
モンティ・パイソンの面白さって壁一枚隔ててるんだよ。
広川太一郎の吹き替えないとわかんねー。

13 :無名草子さん:2006/05/23(火) 12:40:08
死んだオウムとか全然わかんない。分かるのは
ギリアムのアニメと、スペインの宗教裁判だ。

14 :無名草子さん:2006/05/23(火) 12:40:22
ほとんど、広川太一郎の吹き替えで笑っていた気がする

15 :無名草子さん:2006/05/23(火) 14:58:05
「バカ歩き省」はイイぞ

16 :無名草子さん:2006/05/23(火) 15:28:56
この1年で急に住人増えた気がする

17 :無名草子さん:2006/05/23(火) 15:39:07
ウィキペディアのノブの項目見て同情心が沸いた。
あれじゃ性格歪んでも仕方が無い

18 :無名草子さん:2006/05/23(火) 16:12:32
ウィキペディアのあの詳しさは異常だなw
ノビヒコの惨めな経歴・履歴をあれだけ知ってるのはすごい

19 :無名草子さん:2006/05/23(火) 16:15:30
大したことのない履歴をことさら貶めているだけじゃないの?
確証の定まらないことを「そう」と印象つけるのに
ひたすらキャットキラーの金切り声で埋め尽くしてみたりね。

20 :無名草子さん:2006/05/23(火) 16:21:38
中傷している集団も、どうしようもなく「低劣」なのは、野村サチヨ騒動とよく似ているね。

21 :無名草子さん:2006/05/23(火) 16:24:20
そこいらの家出少女の方が、もっとどうしようもないよね。

22 :無名草子さん:2006/05/23(火) 16:27:15
しかし、自殺をも考えたというのはどっからの情報だろう?

23 :無名草子さん:2006/05/23(火) 16:49:48
>>18

>>22

坪内裕三だったりしてw

24 :無名草子さん:2006/05/23(火) 18:21:54
ノビヒコの唯一の自慢、東京師範付属高校への入学が無試験入学だとはw

25 :無名草子さん:2006/05/23(火) 18:24:44
>>22
猫殺害大好きなキャットキラー工作員の鉄砲玉工作だろ。

26 :無名草子さん:2006/05/23(火) 22:09:41
御大、ここをみてたらシャイだからのどが腫れるな

27 :無名草子さん:2006/05/23(火) 22:44:17
>>26
「やれやれ」といいながら実はニヤニヤしてると思う。
まあボディー・スナッチャ(ry

28 :無名草子さん:2006/05/23(火) 23:09:12
>>27
その手の余裕が0なのがノブの特徴だ

29 :無名草子さん:2006/05/23(火) 23:52:44
「降りかかる火の粉は払わねばなるまい・・・。」と呟き
2chに参戦する御大。

30 :無名草子さん:2006/05/24(水) 02:07:25
まず言っておきたいのは、ぼくは芸能評論家などではなく(ry

31 :無名草子さん:2006/05/24(水) 03:22:11
どうやら世の中には物事を単純にしかとらえない人間がいるようで、
はっきり言って<メイワク>なのね。このコラムだって、旧知の友人から
頼まれたから忙しい中、書いているわけ。まあー、僕は<義理と人情>に
弱いワケです(ry

32 :無名草子さん:2006/05/24(水) 04:25:06
しつこく繰りかえすようだが、これはポルトレエ(肖像、風貌描写、性格描写)とでも称すべきもので(ry

33 :無名草子さん:2006/05/24(水) 05:55:13
http://www.google.co.jp/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E5%25B0%258F%25E6%259E%2597%25E4%25BF%25A1%25E5%25BD%25A6

34 :無名草子さん:2006/05/24(水) 12:25:28
               ・・・・・
怖いのは、そういった<ミス>が事実として一人歩きしてしまう事だ。
ぼくは、詳細な日記、メモ、スクラップを(ry

35 :無名草子さん:2006/05/24(水) 12:27:54
点がずれたw ・・・・  「事実として」の上ですよん。

36 :無名草子さん:2006/05/24(水) 15:34:43
今週の「本音を申せば」は、「ミュージカルはいきなり歌ったりするから恥ずかしい」理論の考察および反論。タモリになんとなく同情的なのが面白い。
ノビーは一年で7`痩せて、こないだホワイトアスパラガスを食べたとのこと。
ちなみに今週号は、ノビーが「荒れてしまった」と歎いてた神保町にて購入。今週は赤坂も荒れてたことに気付き、TBSの前途を心配しておられます。

37 :無名草子さん:2006/05/24(水) 16:39:50
>>36


38 :無名草子さん:2006/05/24(水) 17:24:54
確かに都内の雰囲気がここ数年でかなり変わってきているね。
四谷にあった本屋も2件なくなってしまった…
ゼロ金利と量的緩和でばらまいた金はどこへ行ったのだろう?

39 :無名草子さん:2006/05/24(水) 18:00:26
年寄りの脳内では
「変化=荒廃」なんだろw
何事においても

40 :無名草子さん:2006/05/24(水) 19:15:47
昔は自分が変化を促す側にいたのになあ…

41 :無名草子さん:2006/05/24(水) 19:54:36
ジジイ、ガキ使でヘイポーが女医の西川にセクハラしてるのとかを観ても
チンプンカンプンなんだろうな

42 :無名草子さん:2006/05/24(水) 20:05:06
つか、おれがチンプンカンプンorz

43 :無名草子さん:2006/05/24(水) 20:55:46
おれも。orz

44 :無名草子さん:2006/05/24(水) 21:34:34
ノビヒコがヘイポーをホメたりしたらそっちの方が大事件だよ。
っつーか、ダウンタウンについてどう思ってるのかチラッと言ってくれないかなぁ。


45 :無名草子さん:2006/05/24(水) 21:41:54
>36
自分の覚えてる風景と変わると「荒れた」と言い出すんだよね
ボケが入ってるから、覚えてる風景そのものが非現実の風景だったりする。
だから何処へ行っても「荒れた」と・・・

46 :無名草子さん:2006/05/24(水) 23:46:30
タモリもお笑いスタ誕の審査員やってた時はめちゃめちゃトンがってたのになあ
見る影もない

47 :無名草子さん:2006/05/25(木) 00:15:52
今のユルいタモリも良いと思うけどな。トンガるのは若い者にまかせときゃいいよ。
俺のケータイ、「タモさん」って一発変換できるんで、ちょっと驚いた。

48 :ぼぶ:2006/05/25(木) 00:18:06
>>47
うん。
テレビの人としては一番マターリみられる。

ダウンタウンについては「口汚い大阪芸人」で「自称天才」という範疇に括っているものと思われます。

49 :無名草子さん:2006/05/25(木) 00:22:14
追加。
で「毒を内向させていじめに仲間いじめになっている」というのも、
ダウンタウン、特に『ガキ』や『ごっつ』を意識しての発言でしょう。

御大のいうのもあながち間違いばかりではないと思うが、
ただ、ダウンタウンは司会がうまいよね。
ダウンタウンが『発明将軍(だっけ?)』を降りて、今田東野あたりにやらせたら、
とたんにつまらなくなってアッーというまに終わった。

50 :無名草子さん:2006/05/25(木) 01:13:14
創価がらみの芸人も嫌ってそう
長井とか久本とか

51 :無名草子さん:2006/05/25(木) 03:15:43
>>33
。・゚・(ノД`)・゚・。

52 :無名草子さん:2006/05/25(木) 03:18:59
>>50
ソーカ絡みと言ったらキリないぞ。

久本
長井
はなわ
山田花子
etc.etc.

とにかくすげー数だと思う。

53 :無名草子さん:2006/05/25(木) 05:01:40
>>38
確かに街づくりの規制緩和とデフレでカネが動かなくなり融資・投資先が不動産に集中した故に都心がおかしくなってい
ることは認める。ただし、ゼロ金利と量的緩和でバラ撒かなかったら景気の底はもっとひどいことになっていた。
つまり、日本の現在のデフレギャップはそこまで深刻なのだ。
もちろん、バブル期にも神保町にいかにもバブリィなスキー用品の量販店が出来たり、都内各
地で地上げが行われたが、今のデフレゆえの衰退とは根本の要因が異なる。

つまり、量的緩和を解除しこの上利上げまで行ったらまたひどいことになる。小林
さんの経済観についてはこのURLが面白い。

小林信彦氏のハイパーインフレ論の源泉を探る: ITOKの羊頭狗肉
ttp://itok.asablo.jp/blog/2006/02/20/260732

54 :無名草子さん:2006/05/25(木) 05:15:07
>確かに街づくりの規制緩和とデフレでカネが動かなくなり融資・投資先が不動産に集中した故に都心がおかしくなってい
>ることは認める。

付記すれば具体的には、実需が無いのにハコモノだけが立つ現象ね。人気は一握りの
物件に集中し、新旧の賃貸やテナントの中身はガラガラ。つまり、不動産ぐらいしか目ぼ
しい融資・投資先がないので資金がそこに集中してしまう。デフレ下の一極集中現象。
そこで再開発や単なる売り上げ不振のために老舗の店が閉店してしまったりする。

バブル期は景気が良かったがゆえに街が変わった。そこで失われたものもあった。
今は景気が悪いがゆえに街に歪みが出ている。もちろん、景気がいい時代よりも病理は遥かに深いです。
景気が良ければ失うだけではなく新たな何かも生み出せますが、デフレは死に至る病ですから。
ここで小林さんが街が荒れるのを懸念するのはいいのですが、経済観においては
インフレを恐れる余りに世相を嘆きつつも好景気を待望しないという奇妙なことになっているわけです。
※たぶん、「高度成長期でも自分は乗り遅れた」という私怨も込みかと。
 乗り遅れたと言っても、当時の好景気が無ければTV局やジャーナリズムに
 クビを突っ込んでオコボレをもらうことすら難しかったと思いますがね。

55 :無名草子さん:2006/05/25(木) 06:11:52
ところで、小林さんはこれは観るのかな? いよいよ明晩。

「ザ・ヒットパレード 〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語〜」
ttp://www.fujitv.co.jp/hit/index2.html

制作=フジテレビジョン、渡辺プロダクション というのがアレですが・・・。
ttp://www.fujitv.co.jp/hit/staff_fr.html

ナベプロの創立50周年記念番組だしな(正確には昨年の05年が50周年だが)

56 :無名草子さん:2006/05/25(木) 08:54:50
ぼくは日テレ井原組であったから、フジのことはよく判らない。
ただ、実際に視たり、聞いた話は随分違うとしか言えない。
渡辺晋といえば、ぼくに"11PM"の司会の話があったときに・・・以下略

57 :無名草子さん:2006/05/25(木) 09:33:03
激しく訛る渡辺晋に「やれやれ」だろう。

58 :無名草子さん:2006/05/25(木) 11:51:32
>>52
エレキコミックも創価。
新興宗教やる芸人にロクなの居ない。

59 :無名草子さん:2006/05/25(木) 11:55:31
御大、あいかわらずタルタルステーキが好きなんだね
むかし、スモーガスボードでタルタルステーキを集中的にたべると
店に一番ダメージがあると言っていたなぁ

60 :無名草子さん:2006/05/25(木) 12:17:08

672:名無しさんは見た!@放送中は実況板で :2006/05/25(木) 11:58:40 ID:tHakvb/m [sage]
ヒットパレードは当たらないと思う。
懐かしさを出そうとおもってるのか古臭く作ってるけど、
予告みるかぎりなんか貧乏くさくて小汚い感じ。戦時中でもないのに。
でてる俳優の持ってる軽い雰囲気もな〜んか馴染まない。
フジではイマイチの15前後とみた。



61 :無名草子さん:2006/05/25(木) 12:48:49
山田くん、29に一枚あげといてー

62 :無名草子さん:2006/05/25(木) 13:12:24

関連?スレ


ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1148134543/

63 :無名草子さん:2006/05/25(木) 17:58:44
ジャズ人間、ポップス人間って分け方はなんじゃ?!
そもそも小林はポップスは聴くだけで楽器一つ弾けないんだろ

64 :無名草子さん:2006/05/25(木) 18:38:38
ジャズが暗いってのも一面的な見方だなあ。
俺もポップスの方が好きだけどさ。

65 :無名草子さん:2006/05/25(木) 18:39:55
スマップは真言宗密教だよ。

霊能者っていう格に成り上がりますた。

66 :無名草子さん:2006/05/25(木) 20:41:11
>63
こういう分け方する時点で音楽解らないのがバレるよね
ポップスは型がある、ジャズには無い、みたいな底の浅〜〜い分析してたなw
ノブは恥ずかしい男じゃのう

67 :無名草子さん:2006/05/25(木) 20:50:14
ビートルズ論争、すっかり忘れちゃったのかな
東京在住のボケ老人は(笑)

68 :無名草子さん:2006/05/25(木) 21:44:11
>>36
タモリが20年前のミュージカル差別発言を今になって若い人から持ち出されて
困惑している、と書いていたけど間違っている。

タモリはミュージカル差別を別に20年前の名古屋人差別ネタなどの一環で
やっていたわけでなく、その後も言い続けている。
(名古屋人差別は封印しているが)

ここ数年の「いいとも」でも
三谷幸喜のミュージカルに出演することを宣伝する女優に
「あの人(三谷)もとうとうミュージカルなんかやるようになっちゃったか」と言ったり、
ミュージカルの宣伝にやってきた鴻上尚史と「それはミュージカルに対する
偏見ですよ」とやりあったりしている。

最近のタモリの発言を調べることもなく、自分の20年前の思い出で
勝手にまとめているのは、はずかしい。
10年前だって5年前だって、タモリのミュージカル嫌いは一貫しているよ。


69 :無名草子さん:2006/05/25(木) 23:07:47
ダウンタウンを評価できなかったのはノブにとっては致命的だな。
俺もダウンタウンはあまり好きじゃないけど、批評は好き嫌いじゃないからね。
彼らは特に同業者からの評価が高いからね、その上ポピュラリティも十二分にある。
後輩芸人への影響の大きさたるや、どれだけの数の若手がダウンタウンをみて漫才師を目指したことか
天才肌の先輩芸人からの高い評価(島田紳助)と軋轢(横山やすしの
彼らへの激しい嫌悪)。横山やすしの軋轢の根本は新種への恐怖だろうし、
島田紳助は新しい才能をみたのだろうし・・・。
結局たけしの後にくるチャンピオンを批評家的に選べば爆笑問題やとんねるずでは無く
圧倒的にダウンタウンだろう。その彼らに対してまともなコメントが出せていない時点でノブは批評家失格。

70 :無名草子さん:2006/05/25(木) 23:30:18
>>68
そうだね、タモリはいつもミュージカルの悪口を言っていて、
それが一つの芸になっている。

71 :無名草子さん:2006/05/25(木) 23:43:09
>>69
>横山やすしの軋轢の根本は新種への恐怖だろうし
なるほどね、そう考えるとよくわかる

72 :無名草子さん:2006/05/25(木) 23:46:32
>>69
まあ、そうだね。
ダウンタウンのことを「●●の系譜に属しており、〜〜は評価できるが、好きではない」
とか書くのならともかく、やっさんのように「あいつら、チンピラ」と
切って捨てるだけ。これではいけない。

73 :無名草子さん:2006/05/25(木) 23:47:38
> 横山やすしの軋轢の根本は新種への恐怖だろうし、

ラサール石井の本に、やすしがライト兄弟(当時のダウンタウン)に
キレた件について書かれているが、
単にやすしが酔っ払っていたかららしいぞ。

74 :無名草子さん:2006/05/25(木) 23:59:00
そか、やっさんそこまで考えていないか

75 :無名草子さん:2006/05/26(金) 00:29:12
にしても”親なんかその気になったら何時でも殺せる”
なんてなツカミには、やっさんも「コラちょっとまたんかい」と言いたくなるのでは。

76 :無名草子さん:2006/05/26(金) 00:49:39
やっさん自身が殺されかけたわけだしな

77 :ぼぶ:2006/05/26(金) 01:10:50
ただ、やっさんは若手が主に出演する演芸番組で司会兼審査委員長みたいな形で
出演していた際に、ダウンタウンの芸を「君らのは街でチンピラが会話しとるのと一緒や」
と批判的に評したことがある。おなじことを肯定的にコメントできれば良かったんだが・・・・。

78 :無名草子さん:2006/05/26(金) 01:13:39
日本刀をトランクにしのばせてる男に?

79 :ぼぶ:2006/05/26(金) 01:18:02
>日本刀をトランクにしのばせてる

しのばせてるだけで御の字ですね。
公然と持ち歩いてはいないわけだし。

80 :無名草子さん:2006/05/26(金) 02:02:53
ダウンタウンも昔は確かにチンピラだったよ。
今と当時じゃ松本の大人度は全然違うし芸も違う。
やっさんのザレ言を真に受けて反射的に攻撃しなけりゃこんなことにならなかった

81 :無名草子さん:2006/05/26(金) 07:18:34
今回はノビーが正解。
タモリ世代ではジャズが高級とされ、
ジャズ派はミュージカルを蔑視していた。

村上春樹なんかもタモリと同じじゃないかな?
超ジャズ派。

橋本治も、当時のジャズ派・ミュージカル派について書いている。
アメリカンポップスについても。
橋本は全部を好きなんだが、
やはり当時はミュージカルが軽視の傾向だったと書いている。

映画の「ウェストサイド」「マイフェアレディ」「サウンドオブミュージック」
この辺りだけは別格扱いだったらしいが。

82 :無名草子さん:2006/05/26(金) 10:14:28
今はジャズなんてまともな人は誰も聴かないよね。

83 :無名草子さん:2006/05/26(金) 12:16:53


>>82

んなーこたーない
    ,一-、
   / ̄ l|
   ■■-っ
   ´∀`/
 __/|Y/\
Ё|__ | /  |
   | У  |

84 :無名草子さん:2006/05/26(金) 12:17:56
菊地成孔の人気を知らないのか?

85 :無名草子さん:2006/05/26(金) 12:45:12
サム・ペキンパーのサラダデイズに匹敵する
恐怖のバイオレンス・ビースト
ttp://www.youtube.com/watch?v=BPb0po2jzfg

86 :無名草子さん:2006/05/26(金) 12:49:06
貶めようとするがための無茶論理はやめろ。恥ずかしくなるから(キャッ

87 :無名草子さん:2006/05/26(金) 14:46:54
どんなに辛くて苦しくても
ウエストサイド物語公開日までは自殺してはいけない。

88 :無名草子さん:2006/05/26(金) 14:59:44
太田のバカが右翼に脅迫されたらしいなw
自業自得ということか
次はノブの番だといいねw

89 :ぼぶ:2006/05/26(金) 15:17:43
脅迫というほどのものでもないみたい。
質問状を送るとか真意をただすとか、その程度みたいだよ。
ま、それを右翼団体がやると事実上の脅迫ってことになるんかもしれんが。

90 :無名草子さん:2006/05/26(金) 15:38:35
これでまた太田が小林も含めたサヨク文化人に持ち上げられると


91 :無名草子さん:2006/05/26(金) 19:39:37
しかし、「ジャズ」って一言で括られてもなぁ。
あいつらは「ダンモ」だろ。

92 :無名草子さん:2006/05/26(金) 19:59:20
「プロデューサーズ」のようなコメディ・ミュージカルなら
タモリも評価すると思うが。
そういえば、三谷作の「オケピ」は誉めてたような。
「あの作り方ならミュージカルでも許せる」って。

93 :無名草子さん:2006/05/26(金) 20:45:42
話の腰を折るようでなんだけど

「ザ・ヒットパレード〜芸能界を変えた男・渡辺晋物語」そろそろ始まるね。
植木等の「スーダラ節」がたのしみだ
明日になるのかなクレージーのブレークのあたりは。

94 :無名草子さん:2006/05/26(金) 21:30:00

【ナイスポ】神田うの、売春斡旋疑惑
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1148551523/

95 :無名草子さん:2006/05/26(金) 21:54:03
御大、とんねるずには好意的だったね
井原が名付け親、東京生まれ東京育ちといったところでシンパシーを感じてたのだろうか?

96 :無名草子さん:2006/05/26(金) 22:10:02
渡辺晋のドラマに御大は出てこないの?御大役はそれこそ大田光が・・・。


97 :無名草子さん:2006/05/26(金) 22:33:54
太田光@爆笑問題の意地っ張りは好きだなぁ。
御大の意地っ張りも同じく。

たまにクドくも感じるけどさ。

98 :無名草子さん:2006/05/26(金) 23:01:54
酔っ払いながら渡辺晋物語見てたら、
「NTVは井原高忠作るべきだ」っていう妄想か沸いてきてしまった。
なんだか、今晩はこの夢にうなされそうだな。

99 :無名草子さん:2006/05/26(金) 23:16:18
中村八大が渡辺晋のバンドにいたとは知らんかった

100 :無名草子さん:2006/05/26(金) 23:36:20
小林信彦よ太田と一緒に右翼に土下座しろ
今までの無責任な反日発言を心の底から反省しろ
そして、断筆せよ


101 :無名草子さん:2006/05/26(金) 23:36:23
いい夢みよう

102 :無名草子さん:2006/05/27(土) 00:28:34
>>98
日テレは昔に作ったからな。

89「シャボン玉が消えた日 シャボン玉ホリデー 笑いにかけた青春物語」
93「ゴールデンボーイズ−1960笑売人ブルース」脚本=市川森一 演出=田中知己  

103 :無名草子さん:2006/05/27(土) 10:29:25
考えてみると、シャボン玉ホリデーって空しい名前だよな。
壊れて消えた、って感じのはかなさの象徴だよね>シャボン玉

104 :無名草子さん:2006/05/27(土) 12:21:11
ゴールデンボーイズだと泉和助がえらくカッコイイキャラに扱われてたねぇ

105 :無名草子さん:2006/05/27(土) 19:34:12
ちょっと観たが、谷啓が激似だった。

106 :無名草子さん:2006/05/27(土) 23:14:25
>>88
なんで小林が脅されるんだよ。
小泉に批判的だからか?
そんなことのなにが「いいねw」なんだ。
お前は幼稚だな。

107 :無名草子さん:2006/05/27(土) 23:32:28
>>106目をあわしてはいけません

108 :無名草子さん:2006/05/28(日) 00:48:16
いよいよ御大降臨なのか?


109 :無名草子さん:2006/05/28(日) 01:37:36
>>103>>105
例のナベプロドラマだが、後編では「シャボン玉ホリデー」やスーダラ節
についても触れていた。キャストもみんな似せようとしていたし、結構
資料調べして役作りはさせたんじゃないかな?
陣内の植木の話し方のコピーが意外と巧かったですね。

ナベプロが自社で制作したまさしく社史とも言える作品なので、これは
小林氏もコラムで触れるんじゃないかな?

110 :無名草子さん:2006/05/28(日) 01:49:57
素直に見た、とは書けないだろうから、なぜ見たかの言い訳や理由付けが見所となるのでは。
ドラマへの批評の内容は別に興味ないな。

111 :無名草子さん:2006/05/28(日) 02:36:58
正直なところ、ぼくは、現代のテレビというメディアに絶望しており、ニュース番組以外は見たくない
(というか、本当は、偏向マスコミによるニュースだって見たくはない。目も疲れるし)。
では、何故、ぼくが、ここでナベプロ製作のドラマの話をするかといえば…
「テレビの黄金時代」の著者に、そんな事言わせ(ry

112 :無名草子さん:2006/05/28(日) 02:42:51
御得意の時代考証かもしれんぞ。

113 :無名草子さん:2006/05/28(日) 03:37:50
で、また「やれやれ、最近の若い(ry」…と

114 :無名草子さん:2006/05/28(日) 05:36:59
日本テレビとナベプロの確執は触れずじまい?

115 :無名草子さん:2006/05/28(日) 05:49:29
旧時代「だけ」の考察だといいのだけど、
現代とのつながりとなると高い確率でボロが出るので
昔話だけにとどめておいて欲しい。

文春の編集者もそうアドバイスしてやってほしい。
文春とゲンダイとTBSラジオが情報源のじいさんに
今のテレビを語らせてはいけない。

116 :無名草子さん:2006/05/28(日) 06:33:27
ぼくを、反日という御仁がいるが、冗談じゃない。鬼畜米英と教え込まれて竹やりを持たされ、空襲で家を焼かれ(以下略

117 :無名草子さん:2006/05/28(日) 07:07:03
単純にドラマの出来としてはダメダメだったなぁ。

118 :無名草子さん:2006/05/28(日) 07:48:26
太田、大変だな。
警視庁から警備員つけろだって。
しかも右翼はガセに踊らされ。


【社会】 「爆笑問題」太田さんに、抗議文…右翼団体、"某掲示板"でのウソ情報を真に受け★5
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1148708036/

119 :無名草子さん:2006/05/28(日) 08:13:05
その太田が昨夜NHKで
東大生と「しゃべり場」してたみたいだけど
見た人いる?

120 :無名草子さん:2006/05/28(日) 11:42:03
太田また土下座か
愉快、愉快

121 :無名草子さん:2006/05/28(日) 11:47:43
なるほど。
120みたいな人がガセ情報に踊らされるんだな。
ニュー速以外で実例が見れた。

122 :無名草子さん:2006/05/28(日) 12:13:00
太田ヲタかよww
相変わらずキモイなぁ

123 :無名草子さん:2006/05/28(日) 12:21:02
太田ヲタ、スレ違いだから失せろ

124 :無名草子さん:2006/05/28(日) 12:55:27
御大が太田好きだから、
完全スレ違いでもないと思われ。

125 :無名草子さん:2006/05/28(日) 13:13:26
作家の小林信彦が…なんて捏造スレをVIPにたてるなよw

126 :無名草子さん:2006/05/28(日) 13:17:59
たてるなよ
たてるなよ


絶対にたてるなよ

127 :無名草子さん:2006/05/28(日) 14:27:05
まず「時代考証」のデタラメさについて一言あるんじゃないかな。
クレージーキャッツが終始7人編成として描かれてた点とか。

128 :無名草子さん:2006/05/28(日) 18:02:21
そんな無粋なことは江戸っ子としてできないでしょ。
「よいドラマだった」とあえて誉めるんじゃないの

129 :無名草子さん:2006/05/28(日) 18:46:35
御大と対極に居る人
ttp://news.www.infoseek.co.jp/topics/entertainment/rakugo.html?d=28sponichitycb005&cat=24&typ=t

130 :無名草子さん:2006/05/28(日) 19:44:01
>>127あ・・そいやそうだ
谷啓に見とれて気付かなかった

131 :無名草子さん:2006/05/28(日) 20:16:40
いや映画「SPEED」を評したときみたいに、
「こんな初歩的な躓きを指摘したくらいで『辛口』といわれる(ry」
とか言い出すんじゃあ…

132 :無名草子さん:2006/05/28(日) 20:25:45
>128
お前はそれでもノブファンか!
無粋の固まりこそがノブだろうが

133 :無名草子さん:2006/05/28(日) 21:07:27
江戸っ子は五月の鯉のふきながしというが
御大の腹の中には、いろんなものがみっちりと詰まってそうだもんなぁ

134 :無名草子さん:2006/05/29(月) 00:51:59
>>127
「デタラメ」でも許せる出鱈目と許せない出鱈目がある。クレージーの件などは
構成的に省略せざるを得なかっただけでしょう。
小林氏はどこを許せないと書くのか、もしくは番組自体に全く触れずにスルーするのか。

135 :無名草子さん:2006/05/29(月) 09:50:16

15.3% 21:00-22:52 CX* 金曜エンタテイメント2夜連続スペシャルドラマ「ザ・ヒットパレード」

15.3% 21:00-22:54 CX* 土曜プレミアム2夜連続・スペシャルドラマ「ザ・ヒットパレード」

136 :無名草子さん:2006/05/29(月) 13:45:15
「ザ・ヒットパレード〜」は、やはり「三丁目の夕日」のヒットにあやかった二番煎じだったね。
なんか無理やり、「古き良き昭和30年代」のカラーを出そうとしているような。
ナベプロ黎明期はともかく、軌道に乗ってからは、殺人的な忙しさとアッパーな空気があったと思うけど、
なんかやたらのんびりしてるんだよね。
渡辺美佐なんか、妊娠中に一人で渡米して、当時アメリカで流行のツイストの資料をかき集め、
日本でも流行らせたり。
旦那よりも前に出てガンガン働いて、ナベプロ王国を作った人。
そういう、ガツガツした熱さがなくて残念。
夫婦共々、あんなおっとりしていては、あれだけの成功はないだろう。
それと、キャンディーズ解散時のオフィスが、戦前のビルのようで変。

137 :無名草子さん:2006/05/29(月) 16:45:37
常盤貴子って昔は全然好きじゃなかった。
けど最近、若い頃のドラマ見て「あぁかわいいなぁ」と
思うようになった。

138 :無名草子さん:2006/05/29(月) 19:30:21
そういえば、大塚寧々はどうしてるのだろう

139 :無名草子さん:2006/05/29(月) 22:37:20
岡田真澄が・・・。

140 :無名草子さん:2006/05/29(月) 22:59:25
下妻物語いいな。
御大と意見が合った。珍しく。

「テルマ&ルイーズ」
「キッズリターン」
「桃尻娘」
を足した感じ。

141 :無名草子さん:2006/05/29(月) 23:09:44
ジャスコジャスコ。

しかし岡田真澄の代表作ってなんだろう
ミスユニバースの司会が一番記憶に残っている。

142 :無名草子さん:2006/05/30(火) 00:34:46
>>141
テレビのニュースでは幕末太陽伝と狂った果実が紹介されてた

143 :無名草子さん:2006/05/30(火) 06:54:00
>141「仮面ノリダー」

144 :無名草子さん:2006/05/30(火) 08:55:24

ドサクサまぎれに書いた奴↓

200:名無しさん@6周年 :2006/05/29(月) 16:26:18 ID:DqEDItL60
ほとんどの教育をソ連で受けた米原さんが、日本についてトンチンカンなことを書いているのは、
ほとんど東京でしか生活していない小林信彦氏が、地方についてトンチンカンなことを書くのと同じだと思っていた

145 :無名草子さん:2006/05/30(火) 12:02:16
お、この間の朝日の天声人語に
小林氏が登場していたのに、
ここではスルーだったのか。

146 :無名草子さん:2006/05/30(火) 12:21:22
渡辺しん物語は、往年のかくし芸ドラマみたいだった。
全篇広東語でやれば笑えたのに。

147 :無名草子さん:2006/05/30(火) 12:30:17
必須だったのは、おばちゃんたちの笑い声。これ。

148 :無名草子さん:2006/05/30(火) 12:31:31
ファンファンつーたら「ジャーアントロボ」だに。

分かってない尿

149 :無名草子さん:2006/05/30(火) 12:39:14
小泉信者ってものすごくきもい

150 :無名草子さん:2006/05/30(火) 13:40:04
思い出した
マグマ大使だ

151 :無名草子さん:2006/05/30(火) 15:03:15
「さるぢえ」も忘れずに


152 :無名草子さん:2006/05/30(火) 19:06:14
森繁久弥(97歳)

153 :無名草子さん:2006/05/30(火) 19:39:58
そいや何年か前の正月にモリシゲと爆笑問題で対談してたな
実は森繁面白いコト言ってたりするのだけど耳が遠いから噛み合わないことおびただしかった

あれは何年前の事だったんだろう

154 :無名草子さん:2006/05/30(火) 20:24:58
森繁は衰えていないし、今でもすごいって小林氏がいってたが…
しかし、大昔の日本アカデミー賞におけるボケ演技?にしろ
なんかダウンタウン松本の「一人ごっつ」みたいで
きちんと拾う人がいなきゃあ、それはギャグとして認識されんわけで…

155 :無名草子さん:2006/05/30(火) 21:10:20
社長シリーズで生き残ったのは社長と若手社員だけになったが
へたすると小林桂樹ぬかれるなぁ。

156 :無名草子さん:2006/05/31(水) 15:21:46
今週の「本音を申せば」は、日本橋の中心部を歩く話。
次の仕事に関係のある土地を歩いておきたいと書いてるから、次回作はノビーの少年時代の話になるんだろうか。

157 :無名草子さん:2006/05/31(水) 16:14:21
日本橋の中心部ってノブ的には東日本橋になるんだろうなw
実際は人形町か三越がある所が中心か。

ところで次女はやはりお婿さんを貰うのかな?
小林家の長男の血筋が絶えちゃうもんな

158 :無名草子さん:2006/05/31(水) 16:14:55
>>145
その天声人語はここで読めるな
ttp://www.asahi.com/paper/column20060528.html

子供の作文みたいだなあアサピー

159 :無名草子さん:2006/05/31(水) 18:02:10
恵比寿の高級中華料理屋で一人2万もする料理を食ってる信彦が
「政府は老人を見殺しにするのか」とか言ってるのはなんだかなぁ。
俺なんかインフレがきて老人どもが路頭に迷うのを楽しみにしてんだが

160 :無名草子さん:2006/05/31(水) 19:09:49
>>159

そのへんの老人は蓄えも多いし、なめちゃいけません。
あの人達は、無駄遣いしないでコツコツ貯めてきたんだ。
晩年wに、2万円の料理を自腹で食ったっていいだろうが。

30前後の、手前のクソガキ共を住まわせてやったりする老人が
いっぱいいるわけですよ。

161 :無名草子さん:2006/05/31(水) 19:38:21
>>158
本当に子供の作文だw

162 :無名草子さん:2006/05/31(水) 20:19:48
しかし、久世光彦のが先きに逝くとはなぁ。


163 :無名草子さん:2006/05/31(水) 20:44:15
御大はどのくらい蓄えているのだろう
オヨヨシリーズは角川文庫に入ってから7冊が2年間で100万部以上売れたそうだから
結構なかったら嘘だよなぁ。
人の懐を考えてるのは下衆だけどね。つい気になる



164 :無名草子さん:2006/05/31(水) 21:07:00

絶対に金はある!!



165 :無名草子さん:2006/05/31(水) 23:25:47

>「インフレをコントロールする、とよく学者はいうが、『デフレをまとも
>にコントロールできない政府・役人が、インフレをコントロールできるは
>ずがない』とぼくはつぶやく」
微妙に経済学がわかってない悪寒。

166 :無名草子さん:2006/06/01(木) 01:01:19
そんなの当然じゃんW
周りにイエスマンしかいないんだから

167 :無名草子さん:2006/06/01(木) 05:37:35
オヨヨシリーズの印税は自宅購入費と娘二人の学費で消えました

168 :無名草子さん:2006/06/01(木) 05:51:28
お金って不思議なもので、オヨヨが売れるとすると、死ぬまで売れ続けると
勘違いして使っちゃうんですよ。
まあ形として残る家買ったんだからそれでよしとしなきゃあ。
しかし修繕費用がないのはつらいわな。

169 :無名草子さん:2006/06/01(木) 07:14:40
>>168

あなたは、担当の会計士or税務署員さんでしょうか?


170 :無名草子さん:2006/06/01(木) 08:10:37
原宿に住んでた頃「駅まで遠い」というだけの理由でタクシー通勤したり、
渋谷のセンター街にクジラ食いに行くだけでタクシー使ったりしてた
金銭感覚のない私大文系卒ですから。金がたまるはずない。


171 :無名草子さん:2006/06/01(木) 09:54:19
>金銭感覚のない私大文系卒ですから。

経済学部、経営学部、商学部も「文系」ですがなにかw
せめて「文学部卒ですから」と書けばいいものの。
それ以前に、理系だったら金銭感覚があるのかと聞いてみたいw

172 :無名草子さん:2006/06/01(木) 09:55:20
>>165
小林さんの経済観は>>53のURL参照。あの天声人語は、天声氏も分かってない+
さらに分かってない小林氏を引用 ということで二重に意味不明なコラムになっていた。

>>170
この人は根がお坊ちゃん育ちでしょ? 実家が零落した高校時代頃からは金銭的に
苦労したらしいけど、それでも素が贅沢に育っているだけにお洒落や食にはお金を使いたいのよ。
タクシーを使うのも元放送業界人・作家として身に着いた見栄でしょう。
若い頃の日記を見ても、お金が使いたいので(お金が必要なので)働かざるを得
ないみたいな話がよく出てくる。多少は稼いでも出ていくものが多かった。
(出版社勤務時代はそもそも本業の報酬が少ないので、他に色んなバイトをせざるを得なかったこともあったし)

173 :無名草子さん:2006/06/01(木) 10:15:29
>>172

>タクシーを使うのも元放送業界人・作家として身に着いた見栄でしょう。

タクシーは見栄というか、くせでしょうね。車に乗らない人は、
意外と使う。ゴルフ好きのサラリーマンが、マイカーで土日に
使うように。どっちが安いか?

174 :無名草子さん:2006/06/01(木) 11:05:08
>>173
>タクシーは見栄というか、くせでしょうね。

ああいう業界の人は結構普通にタクシーを使う。自分でお金を持っていなくても、会社の経費やチケット
で落としたりするし。たまにNHK職員の経費濫用が問題になるけど、実際はキー局や人気番組を抱えている
(経費が潤沢な)有名制作会社の方がもっと凄いでしょう。新聞や有名出版社の周囲も同様ですね。
渋滞しない限りは都内でも移動が自由だし、タクシーやハイヤーは重宝するんですよ。

小林さんも若い頃からそういう業界の住人なんです。恐らくは現在はタクシー代
自腹で経費で落とす(?)よりも電車の方が安くつくはずですが、いまだに若い頃からの癖が抜けないのでしょう。
恐らくは、自分程度の知名度の作家が電車などに乗っていたらサマにならんと思っているはず。
若い頃から有名作家などの姿を見てきただけに、そういう所のプライドは相当に高いと思う。

175 :無名草子さん:2006/06/01(木) 11:08:33
別に毎日タクシーに乗って移動しているわけでもないのに
なんでそれぐらいで贅沢だのプライドだの言ってんの?

月数回程度だろ。
指摘している奴はよっぽど貧乏なの?

176 :無名草子さん:2006/06/01(木) 12:18:57
作家ってのはどうも自分に対する評価が高くて、死んだあとも子々孫々にまで
印税収入が入ってくると勘違いしてる人が多いよ。
実際には死んだとて、世間は、
へーあの人まだ生きてたんだ、っていうくらいの感想なんだけどね。

177 :無名草子さん:2006/06/01(木) 12:53:40
それですぐ絶版になるってブーブー怒ってたんだな。

178 :無名草子さん:2006/06/01(木) 13:33:35
>作家ってのはどうも自分に対する評価が高くて、死んだあとも子々孫々にまで
>印税収入が入ってくると勘違いしてる人が多いよ。

たとえば誰?

>それですぐ絶版になるってブーブー怒ってたんだな

数年で絶版になったら(しかも文庫が)そりゃ怒るだろ。
死後の印税とは関係なく。

179 :無名草子さん:2006/06/01(木) 13:44:03
マイカーwの頭金、ローン、ガソリン代、車庫代、保険等を
考えれば、月に10〜20万くらいタクシーに使える。
ちなみに成田空港から東京まで2万ちょっと。一人3千円近くする、
主要駅しかいかないリムジンバスを考えたら安いもんだ。

180 :無名草子さん:2006/06/01(木) 14:33:31


また下らない話で揉めてるw




181 :無名草子さん:2006/06/01(木) 15:26:48
野暮の骨頂

182 :無名草子さん:2006/06/01(木) 17:10:28
作家のエッセイなんてほんとのこと書いてると思ってるなんて、おめでたいな。
たとえ貧乏で漬物でお茶漬け三昧だとて、中華フルコースって書くのが、
作家の見栄。
この人の収入源は文春の連載と日本文芸家協会の年金が月5万円。
確実に見込まれるのはこれだけなんだよ。


183 :無名草子さん:2006/06/01(木) 17:43:35
人形町行くなら東松原〜渋谷〜表参道〜水天宮前
より明大前から一本で浜町まで行っちゃったほうが便利
なんじゃないか?
しかしホントにこのおっさんは自分の生地に執着するよな。

184 :無名草子さん:2006/06/01(木) 18:33:13
梅ヶ丘から千代田線で表参道まで行ってそこで半蔵門線へ
乗り換えだと思う

185 :ぼぶ:2006/06/01(木) 18:51:30
時間に不規則で仕事が深夜にいたることも少なくない業界ではタクシーの使用は当たり前だと思うが。

放送業界から離れた後のことはわからんけど。

186 :無名草子さん:2006/06/01(木) 20:00:52
都内で駐車場借りてる国産小型車オーナーの年間ランニングコストは¥70万でし。

187 :無名草子さん:2006/06/01(木) 20:44:19
しかし御大は長生きしそうだな
悪いとこ、ないんでしょう。
おれ、膵炎になったから御大より早く死ぬかもしれない
ネットの古本屋で、無くした「オヨヨ」と「唐獅子」かって読んだけど面白いわ
パワフルで
御大を大切にしよう

188 :無名草子さん:2006/06/01(木) 21:43:40
今週の文春、やたら眠くなる、を連発しているのはちとヤバイのではないか?
永い眠りになっちゃうと。

189 :無名草子さん:2006/06/01(木) 21:53:29
クルーグマンと御大の対談が読みたい。
ボストンの気候からインフレターゲット論まで。

190 :無名草子さん:2006/06/01(木) 23:15:31
73歳だもんな。いつ死んでもおかしくない

191 :無名草子さん:2006/06/01(木) 23:37:11
ここの住人ならみんな思ってることだろうけど、
御大がパソコンやらないのはホントにもったいないよなあ。
ブログなんていまの御大にはピッタリのメディアだと思うが。
勝谷のラジオごときのせいで水曜の午後、落ち着かないのは不憫だ。

「この世にはね、ポッドキャストという便利なモノがあるのだよ、信彦君」

「感電しませんか?」

文春のコラム担当者さま、御大にむりやりパソコン、レクチャーしろ。
コラムのネタにもなるし。  
あっ、目の問題がネックになるのか。・・・しかし、もったいないねぇ。
  





192 :無名草子さん:2006/06/02(金) 02:31:38
73歳だぞ
娘さんにやってもらうしかない

193 :無名草子さん:2006/06/02(金) 06:58:03

東京地検特捜部、村上氏を捜査 ニッポン放送株でインサイダーの疑い★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1149193239/

194 :無名草子さん:2006/06/02(金) 08:18:26
ホントはネットやってるんだよ。2ちゃんのこのスレも半分は
ノブの書き込み。ただ下町の粋人だからそういう野暮なことは
言わないだけ。

195 :無名草子さん:2006/06/02(金) 08:22:30
192さん、御大、子煩悩そうだし、孫にも弱そうだから、おじいちゃま、
メールのやりとりしましょう、写真も送れるし…などとすすめられたら、
一発だと思う。宗旨替えする日は近いのではないか…

196 :無名草子さん:2006/06/02(金) 12:37:05
>>194

やってたら、あんたみたいにageないよ。


197 :無名草子さん:2006/06/02(金) 12:37:57
池波正太郎は、待ち合わせ30分前に現場について
10分前に到着した担当編集者を怒鳴り散らしたそうだが
江戸っ子つーのは気短にも程があると思った。
大阪人への期待を裏切る大阪ちゃんみたいな、江戸っ子らしからぬ江戸っ子
というのはいないのでしょうか。
小林秀雄は俺の感性特別ちゃんだし。

198 :無名草子さん:2006/06/02(金) 14:08:32
まあ売れてる作家は編集者にはどんな無理無体していい時代があったことは
確かだ。
いまそんなことして許される作家はいないよ。
干されるだけ。



199 :無名草子さん:2006/06/02(金) 14:41:21
>>198
そうそう。
編集者もバカばっかりで
作家も大変だよな。

200 :無名草子さん:2006/06/02(金) 14:41:49
岡田真澄も72歳で死亡。
いつ小林御大の訃報がきてもおかしくない。
みんな覚悟していよう。

201 :無名草子さん:2006/06/02(金) 14:57:20
198に続いて
なんで199が同意しているのに
反対の内容を書けるのかがわからない。


>>200
筒井康隆が70を過ぎても元気に小説を書き続けているので、
先には死ねないでしょうw


202 :無名草子さん:2006/06/02(金) 18:25:36
まだ死なないよ、小林も筒井も。
岡田真澄や久世光彦は女でムチャしたタイプ。
この手のタイプは早く死ぬ、何故か。





と考えると、森繁はすげーw

203 :無名草子さん:2006/06/02(金) 19:14:58
丹羽文雄ってのが確か去年100歳で死んだよな。
もう20年以上呆けて寝たきりの状態で介護してる娘や息子が死んだのに
まだ生きてた。
こうゆう人間悲喜劇みたいな作家って作品より面白いな。

204 :無名草子さん:2006/06/02(金) 19:16:26
御大が亡くなっても、このスレの連中が連載を引き継いでくれるだろw
いや、もしかしたら既に…

205 :無名草子さん:2006/06/02(金) 20:28:00
だから紀尾井町の某ビルのコンピュータルームにnobu ver5.3というプログラムが動いている
んだって。
「インフレ」「小泉内閣」とかキーワードを入力すると、3分ほどで見開き2ページくらいの内容
ができあがるらしいよ。

206 :無名草子さん:2006/06/02(金) 20:36:00
暇な編集者が多いね。
ノブファンは夏目房之介さんのブログを見るといいよ。

207 :無名草子さん:2006/06/02(金) 20:39:14
夏房も親父を責める資格ないよな。
孫じゃ無かったら、とても食えないレベルだ。

208 :無名草子さん:2006/06/02(金) 20:55:32
○塚真も・・・。

209 :無名草子さん:2006/06/02(金) 21:00:10
藁うよな、ビジュアリスト。

210 :無名草子さん:2006/06/02(金) 21:06:00
>>207
たまに古本屋に投売りされているが、夏目さんがマイナー時代に描いてい
たマンガは全然面白くない。そもそも作風が今と全く違う。
漱石の孫という知名度を面白がられてマンガコラムニストになり、教育テレビ
(YOUか土曜倶楽部だったか)あたりに出るようになってから売れ始めた。
昔からNHKの制作の人とは接点があったのよ。
夏目のマンガ評論は、夏目本人が絵が描けるというアドバンテージに多くを負っている。
あの才能だけでも凄いとは思うけど、ただ、それも自分の実作者としての才能の無さ
を自覚した所から始めているわけだしね。自分が実作で成功していたら
他人のマンガの分析を行う余裕なんかないし。

211 :無名草子さん:2006/06/02(金) 21:23:06
>>208
手塚真は、昔、TV番組の企画の中で撮ったホラー短編が非常に怖かったなあ。

でも、手塚治虫本人も映画好きで映画に憧れていたので-自分でもアニメを監督していたし-、
手塚親子的には幸せなんだと思うよ。手塚は早死にしたけど、息子は一応は映像作家にできたわけでしょう?
たまたま検索していて見つけたURLだが、70〜80年代の自主映画シーンを
引っ張っていたわけだし、治虫氏も喜んだと思う。
ttp://d.hatena.ne.jp/macotoes/20060405/1144243681

もっとも、この成蹊の映研にせよ、小中兄弟・利重剛(小山内美江子の息子)・手塚と、
お坊ちゃんたちばかりの大変に特殊な世界だったわけだけど・・・。
小中兄弟も兄(千昭氏)はオタク向けライター、和哉氏は特撮を監督と、今では
職人的にまとまってしまったなあ。和哉氏は真氏と親しいので手塚プロ関係で色々やらせてもらっているようだ。

212 :無名草子さん:2006/06/02(金) 21:32:13
>>211
おちゃのこ博士か

213 :206:2006/06/02(金) 21:56:47
二世の話じゃなくてさ、ノブとフサが対談したってブログに書いてたんだよ。
うらなりの件でね。長谷邦彦もコメントしている。
ttp://www.ringolab.com/note/natsume2/archives/004536.html

214 :無名草子さん:2006/06/03(土) 08:57:53
娘が勤めてる出版社から出てる新書で
「数学を愛した文学者」みたいなのがあった。
数学嫌いで私大文系に進んだやつは良い作家になれない
のだそうだ。

215 :無名草子さん:2006/06/03(土) 13:00:28
ノブはオナニスト
間違いない

216 :無名草子さん:2006/06/03(土) 14:20:11
>>214
何その偏見w

217 :無名草子さん:2006/06/03(土) 16:48:32
夏目房之介の「で?」

「迷宮美術館」、小林信彦氏、その他
 「迷宮美術館 煙とスピードの絵画展」の放送が近づいてきたので・・・・と担当からメールがきました。

アートエンターテインメント 迷宮美術館
   〜煙とスピードの絵画展〜
6月 5日(月) 23:00〜23:59 BSハイビジョン
6月11日(日) 23:00〜23:59 BS−2

 「後日総合テレビでも放送いたしますが、まだ放送日が未定」なんだそうです。

 本日(6月1日)、小林信彦氏との対談をしてきました。いやーーー



218 :無名草子さん:2006/06/03(土) 17:00:14
今村昌平作品では『果てしなき欲望』と『赤い殺意』がお気に入りだったね>小林氏
東北に拘るのはエリートの底辺趣味とも書いてた

219 :無名草子さん:2006/06/03(土) 18:55:34
> 東北に拘るのはエリートの底辺趣味とも書いてた

ひでえこと書くんだな。


220 :無名草子さん:2006/06/03(土) 19:54:24
医者の息子だろといやみぽっくいってた
永井荷風のことも似たような見方してた。下町幻想

221 :無名草子さん:2006/06/03(土) 20:50:06
話は変るが、週刊文春のアレ、なんとかならんかな。
おごられ系とか言ってる年増が「野暮ったい味」とか
のたまった時には「野暮に言われたく無いと…」
銀座の御曹子にいたっては白痴かと。

222 :無名草子さん:2006/06/03(土) 20:53:50
191です。自分でカキコんでるのにアレですけど、
「感電しませんか?」の出典って何でしたっけ?

思うところあって、2月頃、御大の文庫本何冊か処分してしまった。
「中年探偵団」とか「変人十二面相」とかもったいないことしたなあ。

223 :無名草子さん:2006/06/03(土) 22:39:04
遅ればせながら今週の「本音を申せば」を読んだ。
「日本橋の中心部を歩く」。

一番のハイライトは
「小説「うらなり」の次の仕事の構想はまとまったが、
仕事に関係のある土地をもう少し歩いておきたい。」
という部分だと思う。
この後
・水天宮前駅
・人形町通り
・東日本橋二丁目(旧両国)
・柳橋
・にほんばし島根館
・「山本山本店を見おろす古典的喫茶店」
と続いていく(タクシー移動を含む)。

小説かどうかわからんけど、ロケが必要となるような
「次の仕事の構想」があるということ自体が、僕は嬉しい。

ちなみに、喫茶店でマダムたちに囲まれつつ飲んだのは「フルーツジュース」。

「ぼくはここ(山本山本店)の新宿分店でアルバイトをしていた」

224 :無名草子さん:2006/06/04(日) 01:06:44
>221
今の週刊文春は高島俊男以外はみんな「なんとかならんかな」だな。
ノビヒコ、マコト、マリコと、どいつもこいつも磨耗して擦り切れた感覚を誇る
豪華ぼんくら連載陣だw

225 :無名草子さん:2006/06/04(日) 09:54:21
高島も惚けてるじゃん

226 :無名草子さん:2006/06/04(日) 10:55:15
たしかに銀座の御曹子はひどかったな

227 :無名草子さん:2006/06/04(日) 11:48:28
高島には他の3人には無い、まともな教養、がある。
自分の感性wを軸にした、やくたいもない時評とは違うので多少ボケても大丈夫


228 :無名草子さん:2006/06/04(日) 15:46:31
クドカンとやらが猛烈につまらんのだが…

229 :無名草子さん:2006/06/04(日) 16:25:48
くどかん嫌いだよ
テレビ視聴者にはバカ受け(若年層)

230 :無名草子さん:2006/06/04(日) 16:33:02
>>228
小林さんがクドカンに言及でもしたんか?

>>229
クドカンのTV作品はそんなに「視聴率」は良くない。ただしシナリオの書籍化や二次利用が売れるし、
映画化すると入る。※クドカン脚本のオリジナル劇場用作品は興行的には駄目なんだけどね。
最近は昼ドラに挑戦していますけど、ああいうのは若い主婦層とかに受けてるわけ?

231 :228ではないが:2006/06/04(日) 18:34:57
>>230
 221からの流れで、現在「週刊文春」に連載を持っている作家・エッセイスト・
コラムニスト(など)の一人として名前が挙がっただけでしょ。

232 :無名草子さん:2006/06/04(日) 18:42:35
クドカンのエッセイを好きな人もいるのだろうね
他人のガキの生育過程など興味ないから読まないけどね

233 :無名草子さん:2006/06/04(日) 19:13:28
御大に批判的なやつ多いなぁ。
もう少し生暖かい目で見守らないと。

234 :無名草子さん:2006/06/04(日) 19:22:04
>233
実際に会うといやな奴なのかもね。
このスレには、それでアンチになったと思われる編集者が何人かいるよ。

235 :無名草子さん:2006/06/04(日) 19:28:06
車の免許がない小林は奥さんにずいぶん迷惑かけたんだろうな。


236 :無名草子さん:2006/06/04(日) 20:02:10
>>234
忙しい編集者がこんなスレに現れるわけないだろw

>>235
でも、都内だと仕事以外ではクルマ要らないでしょ、実際。小林さんの
タクシー利用も文士の見栄というか癖でしょうからね。

237 :無名草子さん:2006/06/04(日) 20:32:23
>236
忙しいかろうが暇だろうが2ちゃんねるにカキコする暇が無いやつなんていないよ。
編集者はいるよ俺もそうだし、他にもいる
少なくとも二人は間違いなくいる

238 :無名草子さん:2006/06/04(日) 22:55:50
>>237

オレ?

239 :無名草子さん:2006/06/04(日) 23:04:42
>>233
生暖かく見続けているから批判ができるんだよ。
今さら御大をどうこう言ってるのは、批判者含めてみんなノブマニア。

240 :無名草子さん:2006/06/05(月) 01:44:51
気づいてみると、文春のコラムってほんと読む気起きねーな。
ナンシーがいなくなったあたりから凋落が始まった気がする。
Jポップ評論のアレとかももうだらだら続けなくていいんじゃない?

241 :無名草子さん:2006/06/05(月) 01:56:36
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1148299631/233

242 :無名草子さん:2006/06/05(月) 02:27:33
ナンシーかぁ…
近田と辛酸いらん

243 :無名草子さん:2006/06/05(月) 02:30:26
あっ林と椎名も要らん

244 :無名草子さん:2006/06/05(月) 07:10:59
なめこは他の雑誌だがコラムニストにあるまじき文章書いてたな

245 :無名草子さん:2006/06/05(月) 10:46:18
「怪物が目覚める夜」に登場する毒舌DJは、誰がモデルなのでしょうか?
村上春樹という名前は、角川春樹と村上龍からの頂きと決め付け罵倒するなど、
70年代後半にラジオで言いたい放題だったDJをモデルにしたが、
彼はまったくメディアから消えてしまった、と小林氏自ら語っています。
もう既出かもしれませんが、どなたかご教示を。

246 :無名草子さん:2006/06/05(月) 12:22:48
つぼいのりお

247 :無名草子さん:2006/06/05(月) 12:43:05
山崎ハコ

248 :無名草子さん:2006/06/05(月) 12:52:17
今似見手郎

249 :無名草子さん:2006/06/05(月) 13:10:19
ビートたけし

250 :無名草子さん:2006/06/05(月) 15:10:21
太田光

251 :無名草子さん:2006/06/05(月) 15:58:15
寺山修司

252 :無名草子さん:2006/06/05(月) 17:00:27
コバの連載が終わったら文春買うのやめる

253 :無名草子さん:2006/06/05(月) 17:37:01
>>244
詳しく

254 :無名草子さん:2006/06/05(月) 20:17:33
近田もホント下らないこと書いてるよなぁ。
ここの編集者は駄目出しせんのかな?

255 :無名草子さん:2006/06/05(月) 20:26:19
雑誌には編集者がいうところの捨てページってのがある。
どうでもいいページな、締め切りに間に合ったらそれでいい埋め草コラム。
これが多くなると部数減少だな。
文春あたりだとどのコラムニストにもたいした原稿料出してないと思う。
400字原稿用紙で1万円がせいぜいでしょう。

256 :無名草子さん:2006/06/05(月) 20:35:34
文藝春秋の埋め草だろ、週刊文春。

257 :無名草子さん:2006/06/05(月) 20:40:06
毎週埋めるだけで、広告料は入るもンな(藁

258 :無名草子さん:2006/06/05(月) 20:57:20
>>254
偉くなったので何も言えないだけでしょう。ああいう業界の編集者は
新人や無名の人は何度も書き直させて叩くけど、ビッグネームになっている人には甘いよ。

>>255
週刊誌で名前がある人はもっと高いと思う。

>>256-257
いやいや、埋め草どころか各社、週刊誌にはそれなりに力を入れておりますよ。部
数を稼がないと公告にも響く。もっとも最近は週刊誌も漫画誌も頭打ちのようですが。

259 :無名草子さん:2006/06/05(月) 21:48:06
>>253
2chでのハナシまるまるなぞっただけの内容書いてたな
題材は青木家

ネタもネタだが今回は特にひねりも自分自身のフィルター通した消化もまるでないシロモン。
まあ感じ方は人それぞれだからどっかで見つけてよんよ。
たしかTV雑誌のコラムだったと思う。

260 :無名草子さん:2006/06/05(月) 22:14:03
>>258
>もっとも最近は週刊誌も漫画誌も頭打ちのようですが。

そういや本日発売の「週刊ポスト」が合併号なんだよ。
いよいよやばいのか?と思っちゃうよな。
「頑張れニッポン合併特大号」って…
http://www.weeklypost.com/060623jp/index.html

261 :無名草子さん:2006/06/06(火) 00:31:00
>>259
辛酸…w

近田も本当に要らない。
あれ誰が読んでんだか。

そう思うと信彦コラムはまだまだ楽しい方なんだよな。
あらゆる意味で。
たとえノブプログラムの代筆でも

262 :無名草子さん:2006/06/06(火) 06:11:45
昔、文春に20年以上エッセイ連載してた田辺聖子や野坂のおっさんに
連載打ち切りを通告した人ってすごいよな。
ノブやシーナやマリコに来週で最終回お願いします、っていう編集者がいたら
それはもう文芸春秋社の次期社長候補でしょ。

263 :無名草子さん:2006/06/06(火) 10:33:07
>262
そうだねw
しかし、この3人はほんと垂れ流し感覚で書いてるだけだな
何も調べてないし、勉強もしてないのがよくわかる

264 :無名草子さん:2006/06/06(火) 11:34:03
>>262
野坂はアルコール依存症の悪化で連載がきつくなって、自分から降りたんじゃないの?
伊集院は小説に専念したいと自分から降りて、一度頼まれて復活したけどすぐやめたね。
シーナの食いもの話は、昔から一度も面白いと思ったことがないな。
できれば、誰かに代わってほしい。

>>261
同意。晩年の山本夏彦先生を思えば、ノブプログラムなど可愛いものかと。

265 :無名草子さん:2006/06/06(火) 12:28:00
野坂先生はヨイヨイになったのを恥じて友人の永ロク介にも会わんそうだね。

266 :無名草子さん:2006/06/06(火) 14:46:04
野坂は「シャイ」だと思うね。
ノブは全然違うけど。

267 :無名草子さん:2006/06/06(火) 20:13:54
そう言えば、あの頃は野坂や伊集院の連載にも文句付けたて気がするw

268 :無名草子さん:2006/06/06(火) 20:26:46
森卓也「話はまた戻りますが、彼と初対面の時に、ぼくのソ連のアニメーションに
関する論文を読んでくれていて、『あれは面白かった。よくわかるからね。ぼくは明快な
ものが好きなんだ』と言われたのが、非常にうれしかったのを覚えてます」

269 :無名草子さん:2006/06/06(火) 22:51:04
>>264
夏彦翁は伝統芸能の域なので良いんであるよw

270 :無名草子さん:2006/06/06(火) 23:16:08
「悪魔の下回り」サイコ―

271 :無名草子さん:2006/06/06(火) 23:24:25
俺的には「晩餐」サイコー。
あれ以来二八が俺の理想の人物になった

272 :ぼぶ:2006/06/06(火) 23:42:24
サイコーは決めかねるけど『変人十二面相』はスキだ。
あと『ドジリーヌ』かな。
どうも諧謔ものがいいんだな。
シリアス系もパロディに徹したのもスキだが。


273 :無名草子さん:2006/06/07(水) 00:11:06
あとゼンバクもよかったな

274 :無名草子さん:2006/06/07(水) 07:31:07
「神野推理氏の推理」もえーなー

275 :無名草子さん:2006/06/07(水) 15:21:20
今週の「本音を申せば」は、「嫌われ松子の一生」評。
とりあえず中谷美紀をベタ褒め。「スイート・チャリティ」に似てるとか、褒めつつも批判もしつつ。「下妻物語」の方がよかったなぁと言いたげなノビーであった。
しかし、今回最大の読みどころは、六本木ヒルズ内のウ゛ァージンシネマに行く羽目になって「東京生まれの人間として恥をかかされた」とノビーが怒るところ。そこまでヒルズが嫌いだったなんて!
あと、冒頭で今村昌平の死に触れてることを補足。

276 :無名草子さん:2006/06/07(水) 17:11:43
ヒルズにオフィスかまえてるのなんて在日ばっかだもんね

277 :無名草子さん:2006/06/07(水) 17:24:07
信彦が知っているくらい(=週刊ゲンダイ読者が知っているくらい)
有名なヒルズ族を挙げていくと。

三木谷(兵庫)
堀江(福岡)
村上(大阪)
藤田(福井)
宇野(大阪)
矢部浩之w(大阪)

なるほど。こりゃ大嫌いだろうw

278 :無名草子さん:2006/06/07(水) 19:53:42
ヒルズでタイーホが噂されてたMHKのKって誰だろ。
村上、堀江は既に…だが。

279 :無名草子さん:2006/06/07(水) 20:05:56
>>278
木村剛じゃないの?

>>277
実際、マンションとしてもテナントとしても高いし、今時、まともな個人や企業は入居した
がらないらしいね。店舗・飲食店部分も高いだけでロクな店が残ってないとか。
ヒルズに入居することで信用を買いたいような連中しか入ってこないから、
バブル紳士や虚業のような企業ばかりが入ってくる。

280 :無名草子さん:2006/06/07(水) 20:07:34
森ビル叩きだけは御大に同意

281 :無名草子さん:2006/06/07(水) 20:08:09
>>275
他の映画館で観ればいいのに・・・。大好きな中谷美紀のために大嫌いなヒルズに行っ
てきた、この行為自体が既にネタなんだな。相変わらず体を張ってますね。

282 :無名草子さん:2006/06/08(木) 00:00:31
>>275>>279>>280
自分も、御大のヒルズ嫌い・森ビル叩きには同意。
自分、東京生まれ東京育ちだけど
やっぱヒルズには上昇志向成金臭しか感じない。
マトモな会社が入らないのは納得

ヒルズ、まだ行ったこともない。
たぶん一生行かない

しかし中谷美紀は嫌いだな。
「下妻」の方が遙かに良い

283 :無名草子さん:2006/06/08(木) 00:03:45
小林が下妻物語を狂ったように褒めていたのはなんだったんだろう、と
この前TBSで放映されたのを見て思った。

284 :無名草子さん:2006/06/08(木) 00:05:35
>>275
御大、いくら中谷美紀が好きだからと言って
シャーリーマクレーン名画「スイートチャリティ」を持ってくるのはチト無理がある。
ぜんぜん方向性違うし

285 :無名草子さん:2006/06/08(木) 08:53:08
でも御大って佃島の超高層マンションの27階を舞台にした小説書いて
なかったっけ?高層が無粋なんじゃなくて「森ビル」や「成金入居」
が無粋と感じてるわけか?

286 :無名草子さん:2006/06/08(木) 10:07:01
空いてるシネコンなんていくらでもあるのに。
としまえん、とか。
世田谷からは遠く感じるのか?

287 :無名草子さん:2006/06/08(木) 10:31:10
変貌する東京を観察しつづけてゆくのが、信彦の己に課した使命です。
東京五輪が再び開催されるならば、生きてそれを見届けるのもこれまた使命。
長生きしてね。


288 :無名草子さん:2006/06/08(木) 11:29:15
>>282
三菱の青山ツインタワーと
三井の東京ミッドタウンについての君の印象を教えてくれないか


289 :無名草子さん:2006/06/08(木) 11:59:18
>>282
「野暮」しか感じないよ 君には。

290 :無名草子さん:2006/06/08(木) 12:21:43
ばってんが、田舎モンの厚顔だけは好きになれんたい。

291 :無名草子さん:2006/06/08(木) 12:22:23
いっそ都下まで行ってみればいいんだけどな。
立川や府中のシネコンなんか良いよ。
都心の映画館は当たり外れが大きいから、わざわざ出かけなくていいかって気になる。
実際、映画を見る環境も激変してるんだと思うな。

292 :無名草子さん:2006/06/08(木) 12:23:35
富豪刑事のフカキョンは超絶に可愛いですな!

293 :無名草子さん:2006/06/08(木) 12:24:13
サンクスファイブアデージョ

294 :無名草子さん:2006/06/08(木) 12:40:18
けっ成金至上主義者がこんなに蔓延するたあな。日本の美徳も終わりだよ。

295 :無名草子さん:2006/06/08(木) 12:49:15
金色夜叉かい

296 :無名草子さん:2006/06/08(木) 12:51:04
あたみーのかいがーん、さんぽーする♪

297 :無名草子さん:2006/06/08(木) 12:59:44
フカキョンは御大の好みとちゃうのかな。

298 :無名草子さん:2006/06/08(木) 17:09:02
御大は浦和に住むのが合ってると思う。
あそこは文教地区でとても落ち着いててなおかつ
便利な街だ。今の家売れば浦和駅徒歩5分以内に
家建てられるだろ。
いっそ埼玉に住んで東京全部を見下す
という生活もいいのでは?京浜東北線を使えば有楽町、
上野でブラブラできるし、生まれ故郷の日本橋もそんなに
遠くない。

299 :無名草子さん:2006/06/08(木) 17:12:07
ちゃきちゃきの江戸っ子はそんな田舎じゃ息が詰まっちまうよ

300 :無名草子さん:2006/06/08(木) 18:29:44
ちゃきちゃきの江戸っ子か
御大のイメージにあうか?

301 :無名草子さん:2006/06/08(木) 18:32:55
中野翠のふるさとか

302 :無名草子さん:2006/06/08(木) 19:45:09
土屋アンナが御大のつぼにはまったんだと思う、下妻物語。

303 :無名草子さん:2006/06/08(木) 22:07:08
まあそんなに行きたくなきゃ、ヒルズなんて行かなきゃいいのにね。
本当はちょっと行ってみたかったんじゃないのか? 言って不満をぐじぐじ言いたかったんじゃ
ないか? 見たい映画をみるために仕方なく、というのが狙いすぎ。

しかし東京生まれに恥をかかせた(ヒルズへ行くのが)というのは、さすがに笑いたくなるほどの
ナルシストぶりだなあ、と思った。誰もあんたのことなんか気にしてませんって。

304 :無名草子さん:2006/06/08(木) 22:14:04
小林氏は小林正樹の『切腹』を否定したって本当?
俺は大傑作だと思うんだが・・・・

305 :無名草子さん:2006/06/09(金) 00:07:17
>303
そうなんだよ、ノブってナルシストなんだな!
そう考えればノブの異常な自意識過剰ぶりも説明つくよね
若くして事故死した友達の葬式の場で「彼が世に出たのは
自分のおかげだ」ってな事を大声で言って他人の注目を浴びようとしてたくらいだもんな
ノブは自己顕示欲の強いナルシスなんだよ!!


306 :無名草子さん:2006/06/09(金) 06:29:39
>>304

どの本だったかは忘れたが、確かにネガティブに評価していた記憶がある。
じつはハズれた評もけっこう多い人なので、あまり気にすんんな。

307 :無名草子さん:2006/06/09(金) 07:51:37
>>306
その本は『地獄の映画館』ではないか?

308 :無名草子さん:2006/06/09(金) 12:37:45
亡くなった今村昌平について
ちゃんと川島雄三とからめて語ったのは
俺の知る限り小林信彦だけだった。

309 :無名草子さん:2006/06/09(金) 19:45:27
『嫌われ松子の一生』なんてどうでもいいから、今村昌平の話だけでよかったんじゃないの
大島渚も危ないらしいけど、大島なら一回丸々使うでしょ

310 :無名草子さん:2006/06/09(金) 20:15:25
日経の高橋治の連載が面白いのだが、
御大との邂逅はあるのだろうか。

311 :無名草子さん:2006/06/09(金) 22:02:45
開口一番、開高健が海幸軒のラーメンは旨いといった。

すぐ「邂逅」を使う君はおそらく同一人物で、かつ語彙が貧困なんだろうなあ・・・。

312 :無名草子さん:2006/06/09(金) 22:40:32
>>308
> 亡くなった今村昌平について
> ちゃんと川島雄三とからめて語ったのは
> 俺の知る限り小林信彦だけだった。

甘い!
『アサヒ芸能』の連載で、井筒が川島と絡めて語っている。
今村を取材したときの逸話も書いているよ。


313 :無名草子さん:2006/06/09(金) 22:54:20
井筒は川島も今村も好きだろうな
黒澤については粘着批判してるがw

314 :ぼぶ:2006/06/09(金) 22:57:29
>>304
小林信彦は『切腹』を『流血ショウの破綻』という文において、
「節度を失った流血ショウ」
「全体に切れ味がニブく、竹光みたい」
「シナリオの狙いが、武士道とヒューマニズムの対決にあることは明らかだが(中略)なぜ、ああ血をアクドク流すのか、理解に苦しむ」
「主役の方がこう喜劇的なので、否定される側の三国の家老がはなはだ筋が通った態度で立派に見えるのはいたし方ない」
と、評している。

当時、『椿三四郎』の影響で安易に大流血を見せるチャンバラ映画が多く、
その中でも特に流血シーンが不自然に浮いて見えるのが『切腹』だと、
小林氏には感じられたようですね。

315 :無名草子さん:2006/06/09(金) 23:06:07
> すぐ「邂逅」を使う君はおそらく同一人物で、かつ語彙が貧困なんだろうなあ・・・。

詠嘆の気持ち

316 :無名草子さん:2006/06/09(金) 23:11:48
文藝春秋7月号の広告によると
新刊「うらなり」は6月24日発売。
1200円。


317 :無名草子さん:2006/06/09(金) 23:25:55
>>313
井筒が目指しているのも人間喜劇や風俗映画なんでしょうかね。ただ、井筒はあんまり肩に力を入れず、
「さすらいのトラブルバスター」や「ゲロッパ」みたいにくだらない題材で撮るのがいちばんいいと思うんだよな。

>>314
「切腹」を斬った後で、「『切腹』と構成が同じなのはいただけない」「剽窃か」と
「夜霧のブルース」も批判しているよ。結構、昔は言いたい放題書いている。

318 :無名草子さん:2006/06/10(土) 10:43:57
私大文系卒の作った映画なんて観たくもないね♪

319 :無名草子さん:2006/06/10(土) 13:02:08
じゃ、国立大理系卒の監督を5人以上あげてみろよ。

320 :無名草子さん:2006/06/10(土) 13:14:12
うらなり、初版三千部、著者印税8%で、半年後に二十八万八千円が糖蜜銀行の
ノブの口座に振り込まれます。

321 :無名草子さん:2006/06/10(土) 13:18:42
ポール・バーホーベンって物理学かなにかで博士号持っているらしいよ。

322 :無名草子さん:2006/06/10(土) 19:10:37
森卓也も『切腹』は嫌いらしい
小林正樹の映画はユーモアに乏しいから嫌い、って言う人は結構いるみたい
小林は伊丹映画も批判してたな、「下品」と言って
『マルサの女』を「国家権力の肩を持つなんて・・・」みたいな批判をしてた


323 :無名草子さん:2006/06/10(土) 20:07:35
>>322
>『マルサの女』を「国家権力の肩を持つなんて・・・」みたいな批判をしてた

小林氏としては、あの類のよく出来ただけの娯楽映画がキネ旬でベストワン
になるような風潮には違和感があったみたいですね。当時は「ゆきゆきて神軍」
のベストワンを阻止するために選者内で示し合わせて集団投票が行われたとも囁かれた。

それと、税務署に恨みを持つ作家は多いから、そういう人が「マルサ」シリーズを
見るとキーッヽ(*`Д´*)ノとなるみたいね。

324 :無名草子さん:2006/06/10(土) 21:03:58
伊丹の映画は識者からの批判が多かったからな
俺は「マルサの女2」までは面白かった、キャスティングも凝ってるしね

325 :無名草子さん:2006/06/10(土) 21:22:23
伊丹映画は良くも悪くも通俗的。

伊丹のようなスタイリッシュな人間が通俗ヒット映画に情熱を注ぎ、
北野武のような大衆芸人が芸術的な映画を撮るというのは面白い、
というのは誰の言葉だったか・・。

326 :無名草子さん:2006/06/10(土) 21:36:40
>>324
批評的には賛否両論だったが、映画の中身よりもむしろ素の伊丹というキャラクター
そのものが嫌われていたのは明らかだった。

>>325
よく言われるが、伊丹も本当はアートを撮りたかったんだけど、興行的に続けるためにああいう路線で
作り続けるしかなかった。武は単に商業監督的な才能が欠如しているだけなのが徐々にバレてきたね。
ただ、オフィス北野そのものがFILMEXなども含んだ大掛かりなプロジェクトになってしまっているので、もう止められないみたいだ。

まあ、伊丹的な取材に基づいてプロフェッショナルの世界や世間のスキマのネタを見せていく
情報映画的な手法は今の映画界ではもう珍しくもない。その意味では先駆者か。

327 :無名草子さん:2006/06/10(土) 21:43:14
鴻上尚史によれば、
伊丹映画が連続してヒットすればするほど
映画関係者は伊丹を批判するようになったらしいが。

伊丹は使命感を持ってヒット作に徹していたのだけど、
それが芸術趣味の邦画関係者から嫌われていたらしい。
ヒットした、というだけで応援する気をなくす業界人ばかり
だったそうだ。

それに比べると今の邦画の監督は恵まれているな。
三谷なんか15年前なら「深みが無い」とか言われて総叩きにあっていたはず。

328 :無名草子さん:2006/06/10(土) 21:55:52
>>327
故笠原和夫氏などは見世物映画でドラマがない、と言っていたと記憶。とはいえ、
邦画界は何を掛けても当たらない時期が長かったので、負け犬根性が染みついていたのは事実だと思う。

逆に最近は三谷なんか全然叩かれないよな。あれも不思議で仕方がない。世間なんか気分で動くだけか。

329 :無名草子さん:2006/06/10(土) 22:09:57
かなり古い情報ですが
「小林信彦のコラム 73」
(中日新聞5月29日)は
「いっきに読める「ビリー・ワイルダー」伝」。
「ビリー・ワイルダー 生涯と生活」
(シャーロット・チャンドラー)
という本を紹介してました。


330 :無名草子さん:2006/06/10(土) 22:50:58
黒沢清と裁判になった件も伊丹の悪評に拍車をかけたね。
監督協会と脚本家協会は黒沢側についたし。
山根や上野や北川なんかヒステリックに批判してた。

331 :無名草子さん:2006/06/10(土) 23:25:06
お、伊丹十三の話になった。
これいろいろ思うところがありすぎて書ききれない。ハスミンとの関係とか、例の黒沢裁判とか。

批判するのもいいけど、せめてちゃんとした評伝を誰か書かないのかな?
興味はないだろうけど、こういうのこそ御大みたいな人にやって欲しい。まあ資料を集めてインタ
ビューして、というタイプじゃないだろうから無理だろうけど。

新潮社から最近出た本も、あんまり深みは無いんだよなあ。
ところで黒沢清との裁判て結局結果はどうなったの?

俺、スイートホームの初日の舞台挨拶みたいんだけど、伊丹が黒沢のこと「これから日本で
黒沢映画といえば明じゃなくて、清です」みたいなこと言ってべた誉めだったんだよ。
なんか悲しい思い出ですが。

332 :無名草子さん:2006/06/10(土) 23:25:46
>>331
↑舞台挨拶みたい→舞台挨拶見た
でした。

333 :無名草子さん:2006/06/10(土) 23:52:28
> 新潮社から最近出た本も、あんまり深みは無いんだよなあ。

あれはエッセイスト・スタイリストとしての側面を切り取った本だから
映画監督としての側面は書かれていない。

渥美清の場合、信彦がいたから評伝が残っているけど、
伊丹の場合、評伝を書ける盟友がいないんだよなぁ。
特に映画方面に。

334 :無名草子さん:2006/06/11(日) 00:01:00
>>331
あの裁判はどうなったんですかね? 伊丹と黒沢は既に「スウィート・ホーム」
撮影時から微妙な関係にあったことが後に明らかになっていますよね。
ただ、黒沢の理想とする演出方針で映画を撮ってもメジャーの商業作品として成立
したか否かは疑問だと思うんですよね。伊丹としては自分の会社でお金を出しているわけで、
途中からまずいと感じていたのでしょう。
黒沢はメジャーとしてお金を掛けても「回路」を撮ってしまうような人。

335 :無名草子さん:2006/06/11(日) 00:58:54
>>326-327
確かに、伊丹がいたことで邦画界に切りひらかれた部分もあるんだろうね。
その意味では功績は大きいのかな。作品が残るかどうかはともかく。
>>333
周防監督か誰かが、伊丹のメモワールを書き残しておいてほしいものだ。

だんだん信彦スレと関係なくなりそうなので、ネタふり。
御大の、>>322以外の伊丹映画への言及があったら教えて下さい。
あと、伊丹映画へのオマージュともいえる、最近公開された
マキノ雅彦(津川雅彦)監督の「寝ずの番」については、
御大は何か書いていないの?

336 :無名草子さん:2006/06/11(日) 00:59:40
三谷も映画は失敗作ばかりだね
ドラマのシナリオも正直微妙だよなあ

王様のレストラン以外は見直すとキツイ
大河だけは途中から持ち直したけど

337 :無名草子さん:2006/06/11(日) 02:18:29
新潮社から最近出た本・・・
誰の?御大のコラムはシリーズ最新刊?

338 :無名草子さん:2006/06/11(日) 03:22:47
伊丹十三に関しては評伝ではないけど義兄弟である大江が
書いているよね。「取り替え子」はテーマが伊丹。黒沢清事件や
たけし批判まで出てくる。

339 :無名草子さん:2006/06/11(日) 09:48:15
双葉十三郎は確か伊丹映画のことをべた誉めしていたよな。

340 :無名草子さん:2006/06/11(日) 09:50:15
>>334
伊丹スレより

772 名前:この子の名無しのお祝いに メェル:sage 投稿日:2006/03/09(木) 12:21:03 ID:5fE4UYZm
>>769
揉めた本筋は、
「ビデオ化、TV放送の分も最初の報酬に含まれていたかどうか」
ですので。

契約なしの口約束だったので、最高裁までもつれ込んで、
結局日記などの文書を提出した伊丹側が勝訴したわけですが。

東宝としては、裁判勝ったからいいってもんでもなく、
いろいろと二の足踏んでいる状態。まあそのうち解決すると思いますが。
黒沢に二次利用印税を払うという形で。

スレ違いですみません。気になったので

341 :無名草子さん:2006/06/12(月) 19:13:54
伊丹は文筆家としては素晴らしいが映画監督としては・・・と思っている人が多いんでしょ
伊丹の影響を受けている文筆業の人多いからね
監督としては夭折の名監督である親父さんと比べられるしね

野村芳太郎の『砂の器』も批判してたね>小林氏
俺は丹波と加藤嘉のシャウト合戦だけで満足だけど

342 :無名草子さん:2006/06/12(月) 21:03:30
>341
文章家としての伊丹はやっぱり素晴らしいからね
それこそノブなんかとは才能のレベルが違う

映画監督としてはどうなんだろ?
まぁ、それなりに魅せてくれたことは確かだけど
どんどんあざとくなって行った感じはあるよね。それで最後は虎の尾を踏んだと・・。
まぁ虎の尾を踏んだ度胸は買うかな、舐めてたんだろうけど。

343 :無名草子さん:2006/06/12(月) 21:19:01
鈴木清純が伊丹映画を酷評してたな

344 :無名草子さん:2006/06/12(月) 21:40:12
>>342
> 文章家としての伊丹はやっぱり素晴らしいからね
> それこそノブなんかとは才能のレベルが違う

タイプがまったく違うから比較できない。
伊丹はエッセイと会話の再現に秀でていたが、小林は
小説と映画・小説評を得意とする。

ただ、伊丹は「田舎」育ちにもかかわらず、
小林なんかよりよっぽど美的なセンスが上だったのは
確かだと思う。

345 :ぼぶ:2006/06/12(月) 23:40:14
猪瀬直樹の初期の仕事を読むと、もろに、伊丹十三の影響がみられる。
伊丹氏のよいところはジャーナリスティックなセンスと美的鑑定眼で、
後者は猪瀬にはなかった。で、権威主義的な傾向を強めてどんどんダサくなっていった。
が、ひとの話に聴く耳を持っていた時期の猪瀬氏には好感をもってたな。

伊丹氏は、自分の外側に広がる世界への好奇心が旺盛で聞き上手。
「小説より奇なり」なんて、ほんとにいい。
で、好奇心の赴く先と文章表現の上手さで、伊丹氏の美的センスが自ずと読者に伝わる。

「評伝の皮をかぶった私小説」や、もろに一人称で時事的コラムを書く小林氏とは、好対照ですね。

346 :無名草子さん:2006/06/13(火) 06:27:48
痛みさんってヤー公の美人局にはめられて、結局脅されて進退窮まって
自殺したわけでしょ。
あれほどのスタイリストだったんだから、こうゆう下世話でいちばんみっともない
死に方するなんて、皮肉な話だなあ。

347 :無名草子さん:2006/06/13(火) 07:46:09
>>346
スタイリストだからこそ、そのような汚い罠にはめられたことが
耐えられなかったのではないだろうか。
ヤクザの世界って本当に汚くて、伊丹が最も嫌う類の世界で、
自分の知性に惹かれていたはずの女が、実はヤクザの手先だった
という筋書きには絶望するしかなかったのではないか。
いずれにしても気の毒な話だ。

348 :無名草子さん:2006/06/13(火) 07:58:32
>>346-347
女性が個人的に知り合いのそういう筋に相談したという話もあるが、ただし
美人局説は根拠薄弱。誰も逮捕もされていないし、具体的な恐喝を行った事実はないと思われる。
もちろん産廃業者(ヤクザ)や学会の謀殺説も嘘。これも具体的な証拠は全くない。
当時のイタミンは老年性のうつで精神的にかなり参っていた。愛人報道による発作的な自殺に過ぎない。

>自分の知性に惹かれていたはずの女

知性も何も、初めに女性を(確か、通っていた英会話教室かどこかで)見初めてナン
パしたのはイタミンの方でしょ? 女性も綺麗な人だったらしいけど、素は普
通に美人に目がない女好きなオッサンでしょ、この人。

349 :無名草子さん:2006/06/13(火) 09:21:37
ヤー公の絵図面は周到だからなあ。
隠し録音や隠しビデオなんてトラップしかけてるしね。
人一倍自尊心が強いから誰にもいえない。
世間に醜態を晒したくないから、こうゆう結末なんだろうけど、
それにしても気の毒だ。

350 :無名草子さん:2006/06/13(火) 10:01:23
「ゆきゆきて、神軍」の年に「マルサの女」がベストテン一位はないんじゃないの、
ということで、選者に対する怒りもある。
キネマ旬報のベストテンなんて、真面目に怒るほどの権威があったのか?

351 :無名草子さん:2006/06/13(火) 10:04:10
つーかライブドアの何とかさんと同じで「あれを自殺というのか」という話

352 :無名草子さん:2006/06/13(火) 10:19:18
>>349 >>351
だから証拠を出してみろってのw それとここには書かないけど、イタミンの自
殺の背景には彼の私生活や性癖にまつわる-自殺の遠因とするに足る-結構キワどい噂もあったんだよ。
ただ真偽不明でもあるし、故人を貶めるといけないので余り語られないだけだ。

>>350
「映画評論」に書いていたノブの世代にとっては、やはり反抗するに値
するそれなりの権威だったんですよ。それすら堕落したのか、という落胆でしょうね。

353 :無名草子さん:2006/06/13(火) 12:36:48
丸さの女1については個人営業者を巨悪みたいに描写しても
しょうがねーって書いてたに。ほんとの意味で日本全体に悪さすんのは
他にいるしなって。わしもそう思います。


354 :無名草子さん:2006/06/13(火) 12:42:49
7人の侍級の衝撃がある邦画が見たいねえ。新作で。
小粒な秀作もいいけどさ。

355 :無名草子さん:2006/06/13(火) 17:27:47

真偽不明の話を得々と語ってるのは349も352も同じだわなw

356 :無名草子さん:2006/06/13(火) 17:30:56
遺書がない以上あれこれ詮索されてもしかたないわ。
でもいまさら伊丹なんて過去のひとでしょ。

357 :無名草子さん:2006/06/13(火) 17:36:21
確かに過去の人間だが
いま現在、伊丹を超えている人はどのくらいいるかね?

358 :無名草子さん:2006/06/13(火) 17:45:10
なんだかんだ言ってもテレビで「たんぽぽ」やると
ラーメンが食いたくなるのよね〜

359 :無名草子さん:2006/06/13(火) 18:58:01
三國連太郎や山崎努が一目置いていたんだから才能があったのは確か
ただ、延々宮本信子を主演にしてたのは問題だと思う
『タンポポ』や『マルサの女』二部作は倍賞美津子辺りが主演したらもっと面白かった
『あげまん』は若いときの若尾文子みたいな女優じゃないと話が成立しない
『マルタイの女』の大女優役も藤純子とか他にいたでしょうに
もうちょっと役にあった女優を使っていたら小林も好意的だったかも

360 :無名草子さん:2006/06/13(火) 19:18:41
本当はカサヴェテスみたいな在り方が理想だったんじゃないか?
だけど日本じゃ難しい…

361 :無名草子さん:2006/06/13(火) 19:50:00
かれこれ四十年近く前に奥さんがいたのに、二十歳そこそこの宮本信子に
いかれちゃって、離婚して、信子と再婚したんでしょ。
しかし伊丹さんも後年あんな信子になるとは想像もしてなかったことでしょう。
時はえてして残酷なものだ。

362 :無名草子さん:2006/06/13(火) 20:57:32
宮本は演技は下手だわ華はないわでどうしようもない。

363 :無名草子さん:2006/06/13(火) 21:09:08
わたくしはほとんど活動写真を見に行ったことがない。

晴れわたった今日の天気に、
わたくしはかの人々の墓を掃いに行こう。
落ち葉はわたくしの庭と同じように、
かの人々の墓をも埋めつくしているのであろう。

ってか。


364 :無名草子さん:2006/06/13(火) 21:33:38
 頑固な信ピーが、『坊っちゃん』とか漱石の話になると
「同じB型人間としてよくわかる」と、血液型占い狂信者状態に
なるのがちょっとだけ厭。

365 :無名草子さん:2006/06/13(火) 21:51:07
>>360
ジョン・カサヴェテス=ジーナ・ローランズは、俳優活動で稼いだカネを映画制作に浪費
してしまったので、本人たちは経済的には成功しなかった。
映画自体もアメリカ映画としては低予算で撮られている。カサヴェテスが完全にメジャー
の商業映画として撮ったのは「グロリア」「ビッグ・トラブル」ぐらいだろう。

ただ、日本の独立プロでこういうインディーズ的な作り方を行うと、文字通り手弁当のATGクラスの作品
しか作ることができない。伊丹は特機やカメラワーク・照明・美術・衣装、キャスティングにまで
凝った自分の美学を貫く映画作りをしたかっただろうから、それでは予算的には成立しない。
画面の密度はやはり実予算に直結してくる。節約上手なNCP・にっかつ系のスタッフと作った「お葬式」ですら、
独立プロ作品なのに当時として1〜2億円は掛かっており、ヒットしたから
良かったものの、伊丹としてはかなりの冒険を強いられている。
画面の密度や美学を落としたくない、現場のお金が必要でそれには商業的に成功させないといけない、
そこで甘んじてヒットメーカーとして自分を演出せざるを得なくなっていった。

366 :無名草子さん:2006/06/13(火) 22:25:25
>>365
詳しいね・・。なるほど。

367 :無名草子さん:2006/06/13(火) 22:52:12
>>365
そのとうり

368 :無名草子さん:2006/06/13(火) 23:06:11
どう見ても伊丹十三スレです

369 :無名草子さん:2006/06/13(火) 23:08:40
で、今週の文春は?

370 :無名草子さん:2006/06/13(火) 23:26:40
伊丹が自殺したのは、鬱病が原因。

371 :無名草子さん:2006/06/13(火) 23:57:00
そこで安楽椅子探偵の御大が登場ですよ。

大江もあんな韜晦っぽい妙な「文学作品」にしないで知っていることはっきり書けばいいのに。

伊丹が鬱病だったのは確かみたいだね。抗鬱剤飲んでいたみたいだし(誰に掛かっていた
のだろう?)。

流石にスレ違いだが、伊丹十三のスレって一般板にはないよね。誰か作らない?

372 :無名草子さん:2006/06/14(水) 00:10:09
てめーが作ればいいじゃねーか

373 :無名草子さん:2006/06/14(水) 00:17:28
>>371
懐かし邦画板には伊丹スレがあるよ。たまに謀略厨が現れるけどw

374 :無名草子さん:2006/06/14(水) 06:27:04
打つ病ってのは複合的にいろんな要因が重なって罹る。
大江の息子の映画で十億円近い借金を背負ったとも、家族関係とも
愛人関係とも言われてるが、もう一杯一杯だったのかな。
泥酔状態で発作的に自殺するのは打つ病患者にはよくあること。
私の知人もそうゆう死に方でした。

375 :無名草子さん:2006/06/14(水) 09:21:10
∩∪⊃⊂

376 :無名草子さん:2006/06/14(水) 10:14:28
SSRIを使ってたんじゃないか?俺鬱病だけど
ドグマチール使ってるから自殺願望なんてかけらもないよ。

377 :無名草子さん:2006/06/14(水) 11:28:03
>>376

ドグマチールは、元々十二指腸潰瘍とかの薬ですね。
軽度の欝にも効用があると近年判明したやつ。
食欲増進するんだ、ドグマチール。あんな小さい粒なのに…

378 :無名草子さん:2006/06/14(水) 12:23:55
1970年代で「パスタをアルデンテで」なんて書くスノッブは
伊丹くらい。

379 :無名草子さん:2006/06/14(水) 13:27:16
ドグマって飲んだら乳首から乳出るね。
私も妻も出たが、こんな副作用
医者も先にいっとけよな、ほんものの基地外になったかと思ったやん。

380 :無名草子さん:2006/06/14(水) 13:59:57
>>378
この一文は大きいなあ。
青山通りの石垣について粘着するのとじゃあ えらい違いだよ。

381 :無名草子さん:2006/06/14(水) 16:26:15
伊丹十三って役者の方が良い

382 :無名草子さん:2006/06/14(水) 17:27:53
雑誌「諸君!」に御大の小説の宣伝が載っててワロタ。
「諸君!」と対極にあるような意見の持ち主なのに

383 :無名草子さん:2006/06/14(水) 17:32:38
>>382
その程度のことで笑えるんだ。幸せだな。

384 :無名草子さん:2006/06/14(水) 18:47:15
小林氏は相米慎二や大林宣彦の作品についてはどう思っていたの?
80年代から90年代にかけて結構頑張っていたと思うけど
今見直すとオイオイって作品もあるが

385 :無名草子さん:2006/06/14(水) 19:11:02
>>384
>小林氏は相米慎二や大林宣彦の作品についてはどう思っていたの?

言及したことはあるんですか? 相米は分からなかったんじゃないか?
阪本順治も分からなかったみたい。展開に飛躍が多過ぎる面を指摘していた。
そうした省略や破綻がポストモダンで表象どっぷりな(笑)批評家には受けたりするわけだけど。

アイドル好きだから観てはいるとは思うんですが。

386 :無名草子さん:2006/06/14(水) 19:11:14
斎藤由貴とか工藤夕貴とかKYON2がらみの映画はチェックしてますた
大林ノビ彦のロリ系a movieは同じノビ彦でも好みじゃないかな?


387 :無名草子さん:2006/06/14(水) 20:12:02
御大は映画の「紳士同盟」については、なんか書いてましたか?
映画みたけど何も記憶に残っていないから、推して知るべしかな

388 :無名草子さん:2006/06/14(水) 20:16:28
>>387
那須さんとは話したみたいだけど、世代差を感じたみたいな言い方だったなあ。
手放しで誉めてはいないです。ただ映画作りに色んな事情があるのは分かるんだけどね〜、
みたいな微妙な言及の仕方だったと記憶。

389 :無名草子さん:2006/06/14(水) 20:17:34
斎藤由貴といえば、クドカンの昼ドラはおもしろい
アチャラカですな

390 :無名草子さん:2006/06/14(水) 20:21:44
>>388
ありがとう

391 :無名草子さん:2006/06/14(水) 20:37:12
『新幹線大爆破』や『太陽を盗んだ男』については?
個人的には世評は過大評価気味だと思うが

392 :無名草子さん:2006/06/14(水) 20:46:44
「太陽を盗んだ男」の伊藤雄之助は、じつによかったですね

393 :無名草子さん:2006/06/14(水) 21:01:17
ノビヒコおんたいはテレビばっかり観てないで
まともな小説を1作でも残してから死ぬべきだね

394 :ぼぶ:2006/06/14(水) 22:10:18
>>381
でも自作には出なかった。これは見識だと思う。
できたら女房も出さないのが良かった。これは不見識。

395 :無名草子さん:2006/06/14(水) 22:17:18
最近ちょっと面白かったのは、勝谷誠彦が小林信彦に誉められて多いに喜んだって。
オレは勝谷の意見に近かったほうだけれど、これがきっかけでまた昔の小林の喜劇人論を読んで見たくなった。あの無駄の無い文章は心地いいね。

396 :無名草子さん:2006/06/14(水) 23:09:24
横山やすし以外の本は全部いい。

397 :無名草子さん:2006/06/14(水) 23:19:00
普段は文春派だけど明日は佐藤ゆかり議員の不倫を取り上げてる
から新潮を買います。文春は御大のとこだけ立ち読み

398 :ぼぶ:2006/06/14(水) 23:24:04
>>385
坂本順治作品では「どついたるねん」を絶賛。その後の作品についてはあまり評価してない。「王手」は特にお気に召さないようだった。

>>388
那須作品では「ビーバップ」の第一作を誉めていた。小林原作の映画については「紳士同盟」も含めて大抵ひかえめにしかコメントしない。興行成績を左右しかねないのを考慮してのことと思う。

>>391
この時代の作品に対するコメントは「地獄の観光船」あたりにあると思うが、どのダンボール箱につっこんだのかわかりません。
なにかコメントがあったはず。
菅原文太の不死身っぷりについて、否定的だったか、それともこういう展開に持ち込むしかないと苦く肯定していたか、どちらかだったと思いますが、確信がないです。

399 :無名草子さん:2006/06/15(木) 00:57:10
>>394
> でも自作には出なかった。これは見識だと思う。
伊丹も結構好きだし、家族ゲームとかの演技も面白い、と思ったんだけど、
唯一納得行かなかったのが、スウィートホームの変な老人役。
あの一曲歌う奴。あれ、見ているこっちのほうが恥ずかしくて苦痛だった。
ギャラ問題より、あれをカットすることでもめて欲しかった>黒沢清

というか、あれは黒沢清も納得のシーンだったのか?
無理やり入れたようにしか思えん。

400 :無名草子さん:2006/06/15(木) 00:59:11
>>394

> できたら女房も出さないのが良かった。これは不見識。
流石にあれは使いすぎだよね。
普通に飽きる。マンネリ感がある。
もっといろいろ実験して欲しかった。きっとヒットさせる義務感があったんだろうけども。

伊丹十三といえば、「フランス料理を私と」というオールカラーの本が面白い。
ハスミンの巻とかのハスミンの髪型がべたっとくっついているような妙さが笑えるので、
未読の方は是非。

401 :無名草子さん:2006/06/15(木) 01:15:32
伊丹といえばこんな珍盤もあった。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0002883PO
Amazon安いね・・。

402 :無名草子さん:2006/06/15(木) 01:34:31
>>384
相米慎二の作品では、小泉今日子の出たやつをほめてた。
遺作だったかな。

403 :無名草子さん:2006/06/15(木) 01:52:47
「太陽を盗んだ男」評は記憶にないなあ。「地獄の観光船」にもなかったですよ。

「嫌われ松子の一生」はよかった。もう一回観に行こっと。

404 :無名草子さん:2006/06/15(木) 03:55:51
>>403

長谷川和彦は、「唐獅子〜」の映画化で氏にアイサツに来て、
以後音沙汰なしで「太陽」を取ったから、怒ってるからでは。

405 :無名草子さん:2006/06/15(木) 08:11:02
太陽より唐獅子のほうが先だったの?

406 :無名草子さん:2006/06/15(木) 09:27:31
「地獄の映画館」「コラムは踊る」の
56 「唐獅子株式会社」の映画化について
「コラムは踊る」には注がついている。

407 :406:2006/06/15(木) 09:46:20
×「地獄の映画館」
○「地獄の観光船」

408 :無名草子さん:2006/06/15(木) 15:21:42
中原弓彦って入れる理由あんの?今どき、中原弓彦の本から入る人ってゼロだと思うんだけど

409 :無名草子さん:2006/06/15(木) 15:55:21
>>408
小林が攻め込まれると すぐに古い話に持ち込むようなもんだろう。
「今の東日本橋は 昔は両国と言ってね」と同じように「小林信彦は昔中原弓彦と言ってね」
嫌味な自己顕示欲の現れだわな


410 ::2006/06/15(木) 16:12:34
流行に敏感な渋谷ギャルなら誰もが知っている携帯小説『TOKYO REAL』が4/26に集英社より発売されました!!
4/29にはTOKYO REALTシャツを着た読者のギャル100人が渋谷の街をデモ行進したりとNO DRUGという言葉も浸透してきました。
もしよければ読んだことある人も読んだことない人もホムペに来てください!!

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=hyperoniryu2

411 :無名草子さん:2006/06/15(木) 16:15:14
なんか今週の文春、磨きをかけて愚痴っぽかったなぁ

412 :無名草子さん:2006/06/15(木) 16:36:36
担当編集者は
「小林先生、先生の国を憂うお気持ちは読者にも好評ですが
あまり連続して、というのもなんですので、月イチにしてもらえ
ませんでしょうか」
とでも言って、愚痴の回数を減らす努力をして欲しい。

413 :無名草子さん:2006/06/15(木) 16:40:10
ジャンプみたいに今週面白かった記事三つ、つまんなかったの三つ、っていう
アンケして、連続二週続いたら即打ち切りっていうふうにしたらいいのにね。

414 :無名草子さん:2006/06/15(木) 17:06:10
>>413
100万部以上出ている週刊少年誌ならアンケートは機能するが
それ以外だと機能しない。
たとえば、スピリッツだとず〜〜〜っと「美味しんぼ」がアンケート上位の
ままになっている(未だに!)。

文春でアンケートをすると、林真理子や椎名誠が上位を独占する
可能性が高い。

関係ないけど、先週林が細木数子とその言い分を載せる文春に
嫌みを書いていて感心したが、考えてみると林は江原にハマって
いるんだから、矛盾しているよな。
(かつては高塚光にもハマっていた)

415 :無名草子さん:2006/06/15(木) 17:17:00
今週の文春、話し言葉で書かれていたんだけど、なんで?
まさか口述筆記?

416 :無名草子さん:2006/06/15(木) 17:37:48
>>415
そろそろ、壊れたのかと心配した

417 :無名草子さん:2006/06/15(木) 18:03:25
最初だけ書こうとしたが、あとは口述筆記で……みたいな文章だったね。

それも気になったけど、お気に入りのラジオ番組、いつも小出しに書いている話を
まとめただけのようで、新味がなかった。

418 :無名草子さん:2006/06/15(木) 18:21:10
タモリ倶楽部見てるのかw
だったらその後にやるトリックとかも見てたのかな?

419 :無名草子さん:2006/06/15(木) 18:53:57
>>416->>418

「架空対談」とかよくやってましたね。あの類の長期連載エッセイの
テクニックの一つですね。野蛮な椎名誠は、ずーっとラーメンを
がしがし食ったと書いて終わりですね。しかも、一向にそのラーメンを
読者にも「それ食べたい」と思わせない点において、スゴイ。

420 :無名草子さん:2006/06/15(木) 19:23:13
椎名誠がシベリアを旅したときの美人通訳って米原万里だったんだね。
今週のエッセイではじめて知った。

421 :無名草子さん:2006/06/15(木) 19:44:00
MHKのKって誰?ってこのスレで聞いたら、
御大直々に木村剛と誌面でお答えいただきました。
まさか、このスレ…w

422 :無名草子さん:2006/06/15(木) 22:09:40
木村剛ってヒルズ族だったか?

しかし、ラジオと週刊誌と日刊ゲンダイだけで
世の中の動きはかなりつかめる、とエッセイで
断言しちゃっているのはちょっと悲しすぎるな。

「なんとかフォローしている」というぐらいならまだ許せるのだけど。
その世の中の動きをつかめているという自信は
どこからわいているのかと。

政治について、勝谷のラジオを聞いて満足しているという自分に
疑問は抱かないのか。

しかし、伊集院光のラジオを初回から欠かさず聞いていると
いうことだけは感心する。
そんな老人、おそらく全国探してもそんなにいないw

423 :1:2006/06/15(木) 23:39:47
今週の「本音を申せば」は、ほんとに目新しいお話がなくて残念だったなぁ。
「昼飯直後は、すぐには仕事にとりかかれない」ということ位かな。
新作映画を遡上にあげた週は、たいてい
「そういえば昔はこういうのがあって…」と拡げていく
(僕はこのパターンが、けっこう好き。)が
今週はラジオネタだからなのか、それもなかったし。

こりゃ次スレタイも「中原弓彦」は外せないな
…て、関係ないか


424 :無名草子さん:2006/06/16(金) 00:30:15
あんまり買ってるやついないと思うけど、本音をもうせばは、単行本で読むと、
ひとつひとつの話が軽いんで快調によめる

文春の連載時にひとつずつ読んでると、たいした話じゃねーなーって思うんだが
不思議なもんだ

425 :無名草子さん:2006/06/16(金) 00:46:22
>422
そうなんだよ。誰もがこの爺さんずれてるよな〜と思ってるのに
本人はずれてるどころか情報通だと信じ込んでるという・・・
しかも情報源はイエローペーパーとラジオだってのがな
ほとんど「エルビスは生きている」とか今だに言ってる北米レッドネック変わらないなw

426 :無名草子さん:2006/06/16(金) 01:34:09
>>422
大昔を振り返るのは好きだが 10年前を振り返る習慣が小林にはない。
それはテレビ・ラジオ・雑誌・新聞・ネットは関係がないこと。

小林によると小泉の「規制緩和」がどうのこうので 逮捕者が大勢出るのだそうだ。

しかし現在の規制緩和は89年の日米構造協議から始まる。
それがきっかけなら各論は橋本内閣に時代にサプライサイドによる需要喚起のための
規制緩和なのは明か。小泉はその頃に経団連が出した意見書などに取り組んでいるだけ。

小林はインフレターゲットに対して、ものを言いたくなる輩であろう。それが困じて
小泉批判に執着しだしたのではないか?でもって金融関連をまとめて犯罪者と思いこんだと。

ところで小林は橋本政権時には 規制緩和についてなんか書いていましたか?

427 :無名草子さん:2006/06/16(金) 01:39:03
>>426
>ところで小林は橋本政権時には 規制緩和についてなんか書いていましたか?

書いてないと思う。規制緩和の是非はともかく、小林の経済議論は、ゲンダイやラジオ
によく出ている金子や内橋あたりの受け売りでしょ?
だから基本は破綻厨で成長抑制主義。実際はちっとも政権批判にはなっていない。

428 :無名草子さん:2006/06/16(金) 02:09:24
新聞やテレビでは報じられないことが
ラジオや週刊誌では報じている
→だから信用できる

これぐらいのシンプルな回路なんじゃないだろうか。

たとえば、ゲンダイや勝谷がなぜ信じるに値するのか、
真剣に考えたことないでしょ?

複数の経済学者の発言を比較してから
金子や内橋の発言を信じるようになったのならともかく、
比較したことなんてないでしょ?



429 :無名草子さん:2006/06/16(金) 08:55:06
相変わらず「仕事」で忙しそうにふるまう氏が哀しい。
ちなみに氏が好きでない池波さん、晩年、連載2本、エッセイ(イラスト)、
試写はハシゴだった。タクシーにもよく乗りますw

430 :無名草子さん:2006/06/16(金) 12:21:57
人生いろいろ!
国に寄生してる障害者や用済みの老人はこの際撲滅されてしかるべしな
わけだよ。小泉よくやった!

431 :無名草子さん:2006/06/16(金) 12:29:32
官から民へ。郵政民営化は大成功だね。どの辺がかはよお知らんけど。

432 :無名草子さん:2006/06/16(金) 13:04:42
数学や物理が全然できなかったやつは日刊ゲンダイなんかを
盲目的に信頼してしまう。そういえば勝谷も私大文系卒だったな。
灘で理数科目がさっぱりダメだったんだろう。

433 :無名草子さん:2006/06/16(金) 13:23:11
>>432
報道を読み解くのは、自然科学の知識というより
政治学や法学、経済学などの社会科学の知識が必要だと思うが。

434 :無名草子さん:2006/06/16(金) 13:25:08
勝谷ってモーホーだったっけ?

435 :無名草子さん:2006/06/16(金) 13:34:29
西原理恵子の漫画の中では
モーホーというキャラ。

理由はブラジルで裸族の写真を一生懸命撮っていたからw

436 :無名草子さん:2006/06/16(金) 15:34:20
ありがとう。
サイバラの漫画よんでからずーと、モーホーだと思っていた

437 :無名草子さん:2006/06/16(金) 16:00:36
専門ばかじゃない俺等は、他人と相対化して批判するのではなく、そいつらの醸し出す胡散臭さで判断するのさ。金子や内橋の理論なんて解るわきゃねーだろ。「人民裁判所」の検事にくりそつだから信用しないだけだ。

438 :無名草子さん:2006/06/16(金) 17:45:49
なんだかんだ言いながら毎週気になって目を通している時点で
作家の勝ちだと思ふが…

439 :無名草子さん:2006/06/16(金) 18:25:40
ところでいきなりだけど、御大は「DEATH NOTE」を観たり(あるいは読んだり)しないのだろうか。

御大好みの「ルパン対ホームズ」式作品だから、
「この作品や、『ジャッカルの日』など、伝奇ものは大衆を魅了する……」
という、いつものお得意の論が読めそう。

440 :無名草子さん:2006/06/16(金) 18:51:52
ダメダメ。
新しい映画、ドラマは御大好みの女の子でてないと
ショタじゃないから

441 :無名草子さん:2006/06/16(金) 19:11:55
ダメかー。
長澤まさみの「タッチ」を観る御大なら……と思ったのだが。

442 :無名草子さん:2006/06/16(金) 19:12:12
もう一回放送作家やらして、コイツの自尊心を粉々に砕きたい

443 :無名草子さん:2006/06/16(金) 19:28:20
まだ田中康夫を評価してるんだ>小林氏


444 :無名草子さん:2006/06/16(金) 19:40:28
>>440
金子修介作品は気にしてるみたいだから観るんじゃないか
瀬戸朝香の名前もちょくちょく出すし。それに戸田恵梨香は要チェックだとか思ってそうw
わざわざ劇場に観に行って連載で取り上げるかどうかはわからんが

445 :無名草子さん:2006/06/16(金) 19:49:23
フランス核実験に抗議してフランスワインを呑まない、
なんて言ってた田中康夫のどこに知性があるのかね?

446 :無名草子さん:2006/06/16(金) 20:04:12
ケイゾクのドラマをあれだけ絶賛して、映画を観てないなんてほぼありえないのだが、ドラマをほめた手前映画を酷評するわけにもいかず
「観てない」という気配りの御大。

447 :無名草子さん:2006/06/16(金) 20:17:42
御大がほめてるので観たがどこがいいのかさっぱりわからなかった映画
ヒズ・ガール・フライデー
フィラデルフィア物語
まだまだある気がするが思いだせん
ほめてて期待を裏切られなかったのは『バック・トゥ・ザ・フューチャー』w

448 :無名草子さん:2006/06/16(金) 20:34:49
へぇ、BTTFほめてたんだ。意外な気がする。

449 :無名草子さん:2006/06/16(金) 20:51:18
BTTFは、50'sの蘊蓄たれまくりでほめてそうな予感
ジェリー・ルイスの名前あたりで脊髄反射しそう

450 :無名草子さん:2006/06/16(金) 21:18:33
1940年代前半の鬼畜米英の映画は戦後まとめて見たか、あるいは、
はるか後年になって見たんだろうから極端に言えばどうでもいいが、
邦画100本に鈴木清順監督作のうち「ツィゴイネルワイゼン」を入れて、
「野獣の青春」もしくは他の日活時代の作品を入れていないのはどうしても納得がいかない!
「鈴木清順論のためのノート」はなんだったんだ?


451 :無名草子さん:2006/06/16(金) 21:22:43
>>431
官から民に移したからといって供給が需要を喚起できたわけではない。

>>437
こいつは専門バカじゃないかわりに ただのバカ。

流れに乗って小泉批判する小林を批判してみた側の頭の悪さが
露顕していますね。

452 :無名草子さん:2006/06/16(金) 21:33:54
>>439
「DEATH NOTE」は、
ルールを増やしていった時点でアンフェアだから
小林は酷評すると思うな。

453 :無名草子さん:2006/06/16(金) 21:44:37
ローレライは観ていないのかなぁ。
潜水艦映画にむりやりヒロインを乗せてみたものの
たいして面白くもなんとも無かった映画。

あのヒロインは小林の好みかなぁ。

454 :無名草子さん:2006/06/16(金) 21:54:04
大島渚を過大評価しすぎ
なんで邦画ベスト100に5本も入っているんだよ


455 :無名草子さん:2006/06/16(金) 22:03:59
>>452
ううむ、たしかに・・・。

456 :無名草子さん:2006/06/16(金) 22:09:29
あのベスト100って不思議だよね
公開時に絶賛していた映画が入ってないし(ヤング・フランケンシュタインとか)
意外な映画が入っていたりする

457 :無名草子さん:2006/06/16(金) 22:18:39
邦画ベスト100の中で最新が大島の「御法度」だったっけ。
あのセレクトはさすがに小林のボケを疑った。

458 :無名草子さん:2006/06/16(金) 22:53:01
このスレでそのツッコミは御法度

459 :無名草子さん:2006/06/16(金) 23:43:24
福田になっても安倍になっても
小林は揚げ足とりに一生懸命になるんでしょう
今、小泉にしてるように

460 :無名草子さん:2006/06/17(土) 00:18:14
>>454 >>457
言わずもがなだが、大島は刎頚の友。

>>459
小林氏は政治に過大な期待を掛けては失望する、その繰り返し。大日本帝国に
裏切られて世界観が激変した少年時代と何も変わっていない。

461 :無名草子さん:2006/06/17(土) 03:46:24
経済学はさあ、クルーグマンの本でも読んで欲しいな。
何でも自分が経験したことから類推できるというのはどうも。
サマータイム否定ぐらいにしとけや。

462 :無名草子さん:2006/06/17(土) 07:40:36
でも74歳の老人の繰言にだれも耳をかさないしね。
っていうか、この人の影響力なんてないんじゃないの。
死んでも死亡記事のとこに小さくでるくらいでさ。

463 :無名草子さん:2006/06/17(土) 09:32:09
>>454
「小林ノビ彦が選んだ大島渚作品5本」特集上映とかのイヤラシイ計算もあるか?
しかしま〜そのかわりゴダールとかをほとんど評価していないので
洋画とあわせてバランスが取れているような気もする

464 :無名草子さん:2006/06/17(土) 09:33:00
>>459
誰がなっても戦後最悪の(ry

465 :無名草子さん:2006/06/17(土) 09:45:33
>>462
昔は「目利き」として、一目おかれていた
なんて自分で書いてるからね。
特にお笑い関係では、自信があったのかも。

まぁ今となっては、影響力もないだろうけど。

466 :無名草子さん:2006/06/17(土) 09:54:46
>>461
数年前でなくて現時点からということになると
インフレ目標とるべきかどうか、判断難しいところなんじゃないの?

俺は100本はそれはそれで面白かったけど
今でも忘れられないのは、公開当時、ロジャーラビットをキネ旬で絶賛してたこと

467 :無名草子さん:2006/06/17(土) 10:50:00
ロジャーラビット絶賛してたっけ?
公開のころはコラム終わってなかった?当時はキネ旬買ってたが、まったく記憶にないなぁ

468 :無名草子さん:2006/06/17(土) 11:14:28
御大に限らず、例えば和田誠が熱く語る「ジョルスン物語」なんて
このスレの大部分の住人たちにはたぶん大昔だと思われる頃に
飯田橋佳作座で見たけど、正直、何が面白いのかさっぱりわからなかった。
個人的な思い入れのある映画ってのはその時代の空気もあるだろうし
期待しすぎると拍子抜けすることがある。

「ゴースト・バスターズ」とか「B・T・T・F」とかを公開当時ほめていたのは
キネマ旬報の読者としてはうれしかった。
「ロジャー・ラビット」は石上三登志さんか森卓也さんじゃないか?

むしあつい昭和も遠くなりにけり、閉店ガラガラ


469 :無名草子さん:2006/06/17(土) 11:23:40
「ロジャー・ラビット」は、後にビデオで見た故瀬戸川さんが絶賛してました。

個人的にゼメキスで好きなのは(まあ、聞いてくれ)、
「抱きしめたい」
「ロマンシング・ストーン」
「ロジャー・ラビット」

「B・T・T・F」は、「2」のイキっぷりが好きですね。
「3」は、西部劇に材をとり綺麗にまとめたな、と感心。

470 :無名草子さん:2006/06/17(土) 11:26:47
>>469
>(まあ、聞いてくれ)
(* ^ ^ *)

471 :無名草子さん:2006/06/17(土) 13:02:58
飯田橋佳作座か懐かしいな。最近では近所のギンレイホールがなかなかの人気だよ

472 :無名草子さん:2006/06/17(土) 16:27:02
伊集院の秘密基地、小林が言うほど面白いか?

473 :無名草子さん:2006/06/17(土) 16:33:04
高田文夫が番組を休んでるのはなんで?
悪い病気?

474 :無名草子さん:2006/06/17(土) 16:49:09
ラジオって一回だけ聞いてもダメな気がする。毎回聞くと面白く感じてくるものじゃないかと。

475 :無名草子さん:2006/06/17(土) 19:25:05
>>454
大島渚の映画は今の人たちが見たらどうなんだろうね
『愛と希望の街』『青春残酷物語』『太陽の墓場』『白昼の通り魔』『少年』
『愛のコリーダ』『愛の亡霊』この辺りは面白かった
比較的分かりやすかっただけって気もするが
『絞死刑』は後半民族問題云々を持ち出して失速してると思う
『儀式』は観念的すぎる(小山明子は良かったが)
『戦場のメリークリスマス』『マックス・オン・アムール』は微妙
『日本の夜と霧』『新宿泥棒日記』『東京戦争戦後秘話』『夏の妹』は面白くなかった
増村と大島は論争してたそうだが、小林は大島に比べて増村をあんまり買ってないね


476 :無名草子さん:2006/06/17(土) 21:29:38
ラジオの「小沢昭一の小沢昭一的こころ」をネットで聞いているけど面白い
昔の勢いはないけど。著作権で音楽が削られるのがなんだけどね
もっと流してもらいたいな。

477 :無名草子さん:2006/06/17(土) 21:56:35
あれはアーカイブとして保存してもらいたいよね。

478 :無名草子さん:2006/06/17(土) 21:59:13
>>475
増村保造ってなんかとらえどころが無い感じ。
大江健三郎原作で伊丹一三も出ている「偽大学生」は
フランス語の字幕入りのフィルムで見たことがあるけど、
けっこう鋭い映画だと思うんだけどな〜。地味すぎるか。
大映テレビドラマの「スチュワーデス物語」「少女に何が起ったか」とかの
脚本も書いているあたり侮れないみたいなコラムがあったのを思い出す。

479 :無名草子さん:2006/06/17(土) 22:57:26
とこらでお前ら芝俊夫の娘についてどう思う?

480 :無名草子さん:2006/06/17(土) 22:57:42
>>476
「お囃子 山本直純」ってやつですね


481 :無名草子さん:2006/06/17(土) 23:09:08
愛のコリーダこりゃさのさ、とか


482 :無名草子さん:2006/06/17(土) 23:19:25
「筋書き 宮腰太郎」ですね

483 :無名草子さん:2006/06/17(土) 23:24:14
>>479
柴本幸ですか。NHKがあそこまで入れ込むとは、事務所が相当に力を
入れてなくちゃ有り得ない。女優として期待していいんじゃないの?

484 :無名草子さん:2006/06/18(日) 00:04:47
俺は関根勤の娘のほうが気になる。

485 :無名草子さん:2006/06/18(日) 00:18:59
芝俊夫に女物のかつらを着けたような顔をしたあの娘に期待してる事務所って・・・。
母親の血はどこに流れているのか?
芝俊夫の眉毛のように濃厚な遺伝子が全てを破壊しつくしたのか・・。

486 :無名草子さん:2006/06/18(日) 05:24:20
で、文化放送はもう見限ったのか?

487 :無名草子さん:2006/06/18(日) 14:19:06
ノビーは「大河ドラマはカネの無駄遣いだからやめるべき」って言ってるね。
でも、「功名が辻」に長澤まさみ出てたから、チェックしてたかも。

488 :無名草子さん:2006/06/18(日) 14:23:36
「ぼくは、NHKの体質にギモンを感じ、受信料も払っていなかったから、
ほんとうは観たくなかったのだが、妻が観ているのを横目でおっていた。
すると長澤まさみの好演が光り、いつのまにか、ひきこまれていた。」
とか書きそう。

489 :無名草子さん:2006/06/18(日) 15:16:46
下町の人間のシャイというのは
言い訳が多いということなのだろうか。

490 :無名草子さん:2006/06/18(日) 16:38:48
下町で言うシャイってのは自己愛が異常に強いってことさ

491 :無名草子さん:2006/06/18(日) 17:19:07
俺は地方出身者だがシャイだぞ
今日も人前に出たくないので引きこもり

492 :無名草子さん:2006/06/18(日) 17:28:12
>>491
おいおい。

493 :無名草子さん:2006/06/18(日) 17:35:51
謝意=お礼の心

494 :無名草子さん:2006/06/18(日) 17:43:09
AM午前波では大沢悠里とはそりが合わなそうだw

495 :無名草子さん:2006/06/18(日) 17:45:01
>>487
「武藏」を米倉涼子が出てるからって理由で見てたからね、チェックしてるだろうね
日本ではまともな時代劇は消滅した、が持論の人なんで「好演」とは書かないと思うが
そういや香川京子と長澤まさみを比較してたらしいね>小林氏
無茶なことするなぁ


496 :無名草子さん:2006/06/18(日) 17:52:21
御大は長澤まさみで自慰なさってるのだろうか?
俺は長澤まさみで毎日抜いてるが…

497 :無名草子さん:2006/06/18(日) 18:12:06
炉って公言してるようなもんだね

498 :無名草子さん:2006/06/18(日) 18:55:10
御法度が一番良いと思う。マックスよりいいね
洒落た映画だ。但しベスト100には入るわけないけどねw

499 :無名草子さん:2006/06/18(日) 19:21:18
ベストってのは簡単に選べるもんじゃないし、どう選んでも文句出るからなぁ。
ノビーもその点は割り切ってると思うよ。
こないだ文春で映画のオールタイム・ベストを訊かれて
当時公開中だった「ミリオンダラー・ベイビー」挙げてたくらいだし。
「きっとノビーはイーストウッドの映画にもっとお客が入ることを望んでるんだな」
と思ってたら、その翌週に坪内祐三が
「小林信彦がベストに選んでいた『ミリオンダラー・ベイビー』をぜひ見たい」
って書いてあったからちょっと笑ってしまった。



500 :無名草子さん:2006/06/18(日) 19:44:56
和也や信彦に媚びてばかり

501 :無名草子さん:2006/06/18(日) 22:32:47
遅ればせながら関川夏央の「昭和が明るかった頃」と「女優・男優」を読んだ
なかなか面白かったが、御大はこの二作についてなんか言ってる?
特に前著は日活作品を多く扱っていて御大は興味を持ちそうだが・・・


502 :無名草子さん:2006/06/18(日) 22:53:36
和也は本当に淀川長治のように帝国ホテルで暮らせるのだろうか
夢のみたいだけど

503 :無名草子さん:2006/06/18(日) 23:02:56
坪内祐三って坪内美詠子の弟?
坪内逍遥のなんにあたるの?

504 :無名草子さん:2006/06/18(日) 23:17:28
御大をはじめ日活アクションを評価する人は多いけど、
「アクションじゃない日活映画」について語った点で
関川氏はいい仕事をしてると思う。
サユリストなのに女優としての吉永小百合には点が辛いのも面白い。
御大は日活の青春映画までちゃんとフォローしてたのだろうか。

505 :無名草子さん:2006/06/19(月) 12:36:38
浅丘ルリ子ちゃんは、なぜ今ああなのかもう不思議で不思議で。

506 :無名草子さん:2006/06/19(月) 12:57:30
>>501の言う関川氏の2冊は、面白かった。特に「昭和〜」。
ちなみに小林氏は、関川氏なんて、
いまだにマンガ原作者だとしか思ってないだろうなあ。

507 :無名草子さん:2006/06/19(月) 14:18:45
>>506

>いまだにマンガ原作者だとしか思ってないだろうなあ。
そういう認識もないかと。というか、何も読んでないんじゃ?

508 :無名草子さん:2006/06/19(月) 15:48:01
サッカー解説者の松木安太郎は日本橋の老舗ウナギ屋のせがれだ
そうな。あいつの独特の活きのいいしゃべり方が東京弁なのかな。


509 :無名草子さん:2006/06/19(月) 16:39:17
>>508

松木さん、ウナギイヌに似てる。邪悪な顔つきだが。

510 :無名草子さん:2006/06/19(月) 16:57:08
『ミリオンダラー・ベイビー』は山田洋次も絶賛してた。渥美清との芸能トライアングルは、三人とも実像はなんかいやな奴のような気がするが・・・

511 :無名草子さん:2006/06/19(月) 19:43:14
福田は資産家の倅みたいだね。
僻みや嫉みを逆撫でしてやるのが好きだそうだ。

512 :無名草子さん:2006/06/19(月) 20:25:07
御大お薦めの「タッチ」DVDで観たけどいい映画だね。
長澤まさみがかわいすぎ。

513 :無名草子さん:2006/06/19(月) 20:34:27
>512
いや、べつに御大が薦めなくてもヒットしたから。

514 :無名草子さん:2006/06/19(月) 20:38:52
え!ヒットしたの?

515 :無名草子さん:2006/06/19(月) 20:49:32
とはいえ、70過ぎてアイドル映画見てるんだから偉大だよなぁ。


516 :無名草子さん:2006/06/19(月) 20:53:36
>>501,506
関川は増村・蔵原・吉田を高く評価しているが、三人とも小林はあんまり買っていないだろう。
特に吉田については読んだ記憶がない(吉田は近年蓮実あたりが再評価してるが)。
小林の邦画ベスト100には吉田の『秋津温泉』ぐらいは入るだろうと思ったが。
ただ関川は野村芳太郎について「『張り込み』が唯一の秀作」と書いていたが。
これは違うだろう、野村は秀作をたくさん作っている。
「『砂の器』の監督」がネガティブなイメージを与えるのかな。

517 :無名草子さん:2006/06/19(月) 21:25:30
関川・小林がともに評価してるのは中平康かな。

小林氏が松竹ヌーヴェル・ヴァーグでホメてるのは大島渚以外にいたっけ?
篠田正浩について「きれいな画面を撮る」みたいなことを言ってたのは覚えてる。
まあ、篠田作品がらみで寺山修司とケンカしてるわけだが。


518 :無名草子さん:2006/06/19(月) 21:53:07
篠田作品は邦画ベスト100に「心中天網島」を選んでるね
自分は『乾いた花』と『暗殺』のほうが好きだが
80年代以降の篠田は大島や吉田より本数はたくさん作っているけど内容が・・・
宮川や武満と組んであんな出来なの?って作品が多すぎる

519 :無名草子さん:2006/06/19(月) 21:57:57
「スパイ・ゾルゲ」はダメすぎてかえって好きだなぁ。

あと、篠田正浩のいいところは奥さんが極妻なところ。

520 :無名草子さん:2006/06/19(月) 22:18:22
『夕陽に赤い俺の顔』を忘れるな

521 :無名草子さん:2006/06/19(月) 22:28:19
とりあえず渋谷でオフ会やってノブを呼び出そうや。


522 :無名草子さん:2006/06/19(月) 22:37:42
おまえらの映画の好みなんか興味ないんだけど

523 :無名草子さん:2006/06/19(月) 23:09:01
ここはノビヒコを語るふりをして自分を語るスレです

524 :無名草子さん:2006/06/19(月) 23:33:14
カラオケといっしょで、自分が歌うことしか考えてない奴ばっか(笑)
まあ、編集者の課外活動スレでいいと思うよ、おれは関係ないけど

525 :無名草子さん:2006/06/20(火) 09:58:16
>>502
全日空ホテル

526 :無名草子さん:2006/06/20(火) 10:01:55
>>514
タッチはこけた

527 :無名草子さん:2006/06/20(火) 12:45:27
富豪刑事ほめてぇ。
自分語りすっけど、おれさー「マーフィ・ブラウン」見てないんだよね。
ノブさー、なんだっけハリソン・フォードの彼女の番組ほめてたけど
そいつがゆきずりの男と寝たら、迷走してるつーて
それっきり取り上げんのやめたなー。

528 :無名草子さん:2006/06/20(火) 12:56:04
マーフィといえば、エディ・マーフィ

529 :無名草子さん:2006/06/20(火) 13:42:22
「タッチ」に少しだけ欽ちゃんが出てた

530 :無名草子さん:2006/06/20(火) 18:21:29
>>459
以前、福田のことを「国民希望の星」と持ち上げてたぞ。

531 :無名草子さん:2006/06/20(火) 21:00:34
黒沢清や青山なんかをスルーするのは分かるけど、三池もスルーなの?>御大
御大にとって今日本映画を代表する監督は誰なんだ?

御大韓国映画もスルーだよね
糞ツマラン作品も多いが
『ペパーミント・キャンディ』『殺人の追憶』『オアシス』『オールドボーイ』あたりは面白かった

532 :無名草子さん:2006/06/20(火) 21:03:06
>>530
疲れて見ていたら「福田」と読んで「カズヤ」と反応してしまった

533 :無名草子さん:2006/06/20(火) 21:21:20
ジジイは野党的ポジションにいる人間が好きなだけなんだろ
なにせ元・社会党支持者だからな

それで政権とった途端に批判をはじめたのにはあきれまよ。
政治に対する意識が厨房レベル

534 :無名草子さん:2006/06/20(火) 21:43:31
>>531
>>533

自己主張が激しいねえ 

535 :無名草子さん:2006/06/20(火) 22:50:54
御大の田舎者嫌いってなんだかんだいって、単に疎開先でいじめられたの根に持ってるだけのような気がする。
荷風のそんなエピソードも気に入ってるみたいだし。

536 :無名草子さん:2006/06/21(水) 00:57:23
>>535
> 御大の田舎者嫌いってなんだかんだいって、単に疎開先でいじめられたの根に持ってるだけのような気がする。
いや、もうそれはこのスレの9割以上の人がそう思っている。
わざわざ当たり前のこと書かなくても。

537 :無名草子さん:2006/06/21(水) 01:08:54
ことほどさように、ぼくの疎開経験は、ネが深いのである。

538 :無名草子さん:2006/06/21(水) 01:09:26
小林に限らず、偉大とされている学者の丸山眞男も似たようなものだがな。
30代になって徴兵され、広島に配属となって
田舎者の上司から理不尽な命令されて
東大助教授のプライドがボロボロになる。

戦争が終わると、馬鹿な田舎者はダメだ、と近代主義の啓蒙に走り、
東京と東大(法学部)大好き人間になる。

小林の場合、子供の頃のいじめだから心の傷になっても
仕方ない面があるけど、
30代になってからでもこうなるパターンもある。


539 :無名草子さん:2006/06/21(水) 18:47:39
今週の「本音を申せば」は、先週にひきつづきラジオの話。
W杯の盛り上がりが太平洋戦争にそっくりだと言うノビー。興味は無いと言ってるわりにチェックが細かいのはなぜ?
寺島しのぶの新作映画を見たがってるのがちょっと意外。あーゆーのも好みなのかなあ。

540 :無名草子さん:2006/06/21(水) 18:56:29
新刊「うらなり」は表紙が地味。
http://www.bunshun.co.jp/book_db/html/3/24/95/4163249508.shtml

541 :無名草子さん:2006/06/21(水) 19:08:47
ノブ、てめぇいい加減なことばかり書いてんじゃねーぞ、ゴルァ

542 :無名草子さん:2006/06/21(水) 19:16:12
新人時代のダウンタウンをいち早く評価した、香川
いまだに評価するのはラサールや三宅、太田ばかりの小林

543 :無名草子さん:2006/06/21(水) 19:24:17
>>542
たけしでさえ 小林は異様に遅い。


544 :無名草子さん:2006/06/21(水) 20:15:50
爆笑問題だってきちんと評価したのは、ボキャブラ人気で復活してから
武のANNに代打抜擢されてた新人時代には見向きもしてなかった



545 :無名草子さん:2006/06/21(水) 20:35:06
>>544
で 小林がおおはしゃぎでオールナイトのたけしは面白いと書きたて
それを高田文夫がたけしに伝えると たけしはどうでもいいという反応だった。
そりゃそうだ、もう充分認められているんだから。

546 :無名草子さん:2006/06/21(水) 20:36:31
ノブに完璧を求めるなよ。
なまじっか目が利くと無いものねだりされて大変だな。

547 :無名草子さん:2006/06/21(水) 20:42:14
まるでナチス政権下の熱狂のようだ。
とか、今頃生っ粋のベルリン子の老小説家がこぼしてるよ、
彼の国でもw

548 :無名草子さん:2006/06/21(水) 20:51:19
福岡に行ってタモリを見つけきたり そんな能力は小林にはありません。
人より後に見つけたモノを 人より先に見つけたと言い張るのが上手なだけです。


549 :無名草子さん:2006/06/21(水) 20:58:36
>545
たけしは、なんで小林の自宅にまでのこのこ付いていったんだろう?
すしをごちそうされたことまで活字にされてるよ。

550 :無名草子さん:2006/06/21(水) 21:06:55
小林信彦みたいなじいさんのことはいいから
中原弓彦のはなしをしようぜ

551 :無名草子さん:2006/06/21(水) 21:15:16
>>539
また口語調ですか?

552 :無名草子さん:2006/06/21(水) 21:58:33
>>551
いや。今回はいつも通り。
伊集院のラジオに出た木村大作の話に
伊集院と竹内香苗はビックリしてたけど、ぼくは驚かなかった
ってノビーが言ってるのは自慢なんだろか。

553 :無名草子さん:2006/06/21(水) 22:25:43
>>531
小林にとって邦画はもう終わっているんだろ。
気に入った女優が出てる映画のみを見て監督はどうでもいい。
男優についてなんて殆ど書かないじゃない。
ただ洋画の男優でも最近頻繁に取り上げていたのは・・・ケビン・スペイシーぐらいしか思いつかん。

554 :無名草子さん:2006/06/21(水) 23:40:56
ほぅ。じゃあスペイシーがレックス・ルーサーやっているスーパーマンの
新作は取り上げてもらえそうだな。

555 :無名草子さん:2006/06/22(木) 03:39:43
なんでこんなマイナークラスの作家が
2チャンネルでいつも上に居るのか
不思議、案外皆気になってるんだね。

556 :無名草子さん:2006/06/22(木) 08:07:25
ノビーに朗報!
ttp://www.sanspo.com/geino/top/gt200606/gt2006062201.html

そういやノビーって、角川三人娘のことホメてたっけ?

557 :無名草子さん:2006/06/22(木) 11:13:50
マイナーではない。
老害はあるが。

558 :無名草子さん:2006/06/22(木) 12:22:19
高田文夫はストレス性の鬱で
人前でしゃべれる状態じゃないみたいだね。by新潮

559 :無名草子さん:2006/06/22(木) 12:23:34
今日はうえやなぎがピンチヒッターなの。相方はみっちゃん。

560 :無名草子さん:2006/06/22(木) 14:04:34
「うらなり」でも買って来るか、
おもろいのか?

561 :無名草子さん:2006/06/22(木) 15:57:30
肩書きの無いB級作家はどんどんひねくれるだけだな。
いつも「今の世の中は最悪だ」と思いたいのだろう。
せめて誇れる学歴があるとか大ヒット作でもあれば
違ってくるのだろうが。


562 :無名草子さん:2006/06/22(木) 17:21:25
オヨヨシリーズや唐獅子シリーズはヒットと見做されないのか…

563 :無名草子さん:2006/06/22(木) 18:10:10
流行作家だった時期もあるんだからそれはそれでよしとしなきゃ。
風太郎センセーなんかは、昭和30年代に読んだ世代が二十年後
編集者になって復活、またその二十年後に現在復活と、
世代を超えて読み継がれる。
名作は埋もれない。
ノブや北モリオのユーモア物など今読んだら噴飯モノでしょう。

564 :無名草子さん:2006/06/22(木) 18:19:18
>ノブや北モリオのユーモア物など今読んだら噴飯モノでしょう。


自分はそうでもない。今、彼らの作品読んでも笑えるよ♪

565 :無名草子さん:2006/06/22(木) 18:27:07
>>556
薬師丸リメイクシリーズで次は紳士同盟を長澤主演でドラマ化という展開になればオイシイかも

566 :無名草子さん:2006/06/22(木) 19:47:18
>>562
カイ・シデンとか、スネ夫っていうアニメキャラ知ってる?
ガンダム(初めのやつ)とドラえもんに出てくるから。親近感がわくと思うよ。

567 :無名草子さん:2006/06/22(木) 20:04:42
>>562
>>563
たしかに小林は復刻復刊されないな
源氏鶏太みたいなもんなのか


568 :無名草子さん:2006/06/22(木) 20:22:00
今週号も突っ込みどころ満載で楽しめました。
それにくらべ、ほかの連載陣の低調さは如何なものでしょう。

569 :無名草子さん:2006/06/22(木) 21:01:04
>>567
獅子文六と言ってあげて

570 :無名草子さん:2006/06/22(木) 21:07:53
今週の椎名誠はひどかった。なんだありゃ
御大のも読んだけど内容は忘れた

571 :無名草子さん:2006/06/22(木) 21:40:58
>>570
それ、御大に大して失礼すぎる。


572 :無名草子さん:2006/06/22(木) 22:17:39
椎名の「ビールぐびぐび、ラーメンわしわし」っていうのを
楽しく読んでた時期もあったなぁ。今じゃ全然読まないが。

573 :無名草子さん:2006/06/22(木) 22:18:49
ヨソの板のことだけど、「柳沢に俳句を贈ろう」っての、面白いねえ。
まるで御大の「ちはやふる〜」とか「悪魔の下回り」や「変人十二面相」の
一部を彷彿させるノリがあって。きっとムカシムカシの「連歌の会」って
こういうノリだったんじゃないかなあ。

574 :無名草子さん:2006/06/22(木) 22:47:00
これか。
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/wc/1150882888/
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/wc/1150713253/

面白いねー。

575 :無名草子さん:2006/06/22(木) 23:44:21
>>572
椎名さん、
数号前の「本の雑誌」で書評陣の内容・文体に文句つけてた。
あまり奇をてらうな、読みやすく、みたいな感じ(豊崎さんあたりが的か?)
や、その前に椎名さん、まず、ただすのは、あなた自身でしょうが…
と、思っている読者が多いっての。

576 :無名草子さん:2006/06/22(木) 23:54:57
今時「本の雑誌」なんか読んでるのは
かなり奇をてらった人だと思う。

577 :無名草子さん:2006/06/23(金) 00:19:03
>>552
木村大作の話に「ぼくは驚かなかった」と書いてもいいのだけど、
小林は根拠を書いていないので自慢としか読めない。
もしくは知ったかぶりか。

木村大作を名前くらいは知っている、というのは
映画評論をしている人としてちょっとまずいんじゃないかと思った。



578 :無名草子さん:2006/06/23(金) 01:15:31
そういや、「本の雑誌」って読まなくなったなあ・・・。あらためて気づいた。
まだつづいているんだよね。

ネットで気の利いた書評のサイト読んでいる方がいいからなあ。

579 :無名草子さん:2006/06/23(金) 01:56:08
「本の雑誌」といえば、
鏡明、意地でも連載をまとめた本を出さないとみたw

580 :無名草子さん:2006/06/23(金) 05:02:44
「本の雑誌」ってまだ売られてたのか!
昔からあのサークル臭さがダメだった。

581 :無名草子さん:2006/06/23(金) 05:23:30
>>575
俺は吉田伸子あたりを批判しているのかと思った。

582 :無名草子さん:2006/06/23(金) 08:35:09
日本惨敗www
朝飯がうまい!

583 :無名草子さん:2006/06/23(金) 08:49:02
>>580
「本の雑誌」は75年創刊だが、図書新聞などの書評誌と新聞・雑誌の書評欄だけがスタンダードだった時代は、「本
の雑誌」の面白ければ何でもあり的なスタンスにも意味があった。
実際、70年代以降はますます出版点数も増え、それまでの枠では括り切れない書籍
(文庫・新書・ノベルス・ラノベの創刊ラッシュ、エンタメ小説・ノンフィクショ
 ンの多様化など)が多くなり、それに対応してきた功績はある。

もっとも「本の雑誌」自体はすぐに、読者・寄稿書評家・作家・編集部の四者の馴れ合
いの場になってしまい、ファン以外には薄気味の悪い雑誌になってしまったが。
いまだに椎名や北上に憧れて活字中毒だの衒いも無く言える含羞のない人が読む雑誌。
北上(目黒)たち「本の雑誌」系の書評家の功罪はありますよね。

584 :無名草子さん:2006/06/23(金) 08:53:24
角川歴彦がインタビューでこう語っていた。

「本の雑誌」は偉大だ。あれがあって岩波的活字権威主義が壊れた。
革命的だ。
角川文化は岩波をああは壊せなかった。

ということで革命としての価値は(出版業界人の中では)あったんじゃない。



585 :無名草子さん:2006/06/23(金) 11:22:45
>>583
椎名と目黒で創り上げた「本の雑誌」は
もともと趣味の馴れ合い雑誌で、読者もそれを理解して楽しんでたもんだ。
それをわからん(知らない)読者が増えてきて、
雑誌そのものに変な権威がついてきた頃から、ただの書評誌になってしまった。
目黒が降りてからは、「本の雑誌」自らが権威づけしだしたようにも見える。

ちなみに小林氏のコラムは「本の雑誌」と相性がよかったと思う。


586 :無名草子さん:2006/06/23(金) 12:45:00
鏡明と聞くとどうしても超革命的中学生集団を思い出してしまう

587 :無名草子さん:2006/06/23(金) 14:29:44
ネットアンケで週刊文春について、というのがきた。
当然、くだらないコラムニストを切れ、と回答しといた。
だれとは書かなかったが、編集部で相談して決めてくれ。

588 :無名草子さん:2006/06/23(金) 16:04:03
柴山幹郎(東大仏文卒)って、超金持ちなの?
奥さんが資産家とか。
本業の翻訳もしていない模様。 
ワイン好き。金がかかる。
映画は年に100本強試写で鑑賞、
サッカー、メジャーチェック。

まさに余計なお世話ですが…


589 :無名草子さん:2006/06/23(金) 19:04:13
そんな人生つまらんだろ

590 :無名草子さん:2006/06/23(金) 19:45:48
今週の文春の W杯と太平洋戦争を重ねる試みはさあ 手垢まみれだよね。
W杯の精神論を太平洋戦争の「リピート」だと小林は自慢げに指摘するんだがさあ
お前の言っていることも「リピート」だよと。

591 :無名草子さん:2006/06/23(金) 20:22:34
日本が軍国化してる、って言う奴と同じだね。

592 :無名草子さん:2006/06/23(金) 20:52:23
徴兵制は必要ない。仕事がなけりゃ、自衛「軍」に入るしかないもんな。
計画的に日本を貧乏にしてるんだろ、政府は。ニート・フリーターいじめをやめろって。

593 :無名草子さん:2006/06/23(金) 20:59:17
ピラミッドはなぜ作られたか最近解るようになってきた
あれは余剰の労働力を吸収する公共事業だったんだな

594 :無名草子さん:2006/06/23(金) 21:24:47
いつからト学会のスレになりましたか?

595 :無名草子さん:2006/06/23(金) 22:45:12
15年くらい前までどんな貧乏人もふつうのビールが飲めたんだが、いまは合成物が主流だな。
安くなったからいいじゃん! という奴もいるだろうが、デフレで自然に安くなる流れだったんだよ。
ふつうのビールは実質値上げされてしまった。

596 :無名草子さん:2006/06/24(土) 00:29:20
渋谷の本屋に「うらなり」出てた。
平積みの中では売れてるほうらしかった。

597 :無名草子さん:2006/06/24(土) 01:59:25
98WCのときも、似た文章書いていた気がする

598 :無名草子さん:2006/06/24(土) 08:06:11
若い人は知らないだろうが、
昔の貧乏人はビールの換わりにホッピー(ry

599 :無名草子さん:2006/06/24(土) 10:07:16
>>552 >>577
「僕は驚かなかった。」に続いて「驚いたのはハンダ付けの名人で〜」とあるから、
まあ、普通に読めば、(あとの二人の話に比べれば大したことはなかったので)
驚かなかった、ということでしょ。

600 :無名草子さん:2006/06/24(土) 10:58:49
>>595
そのかわりウイスキーは安くなった。
ようは税金だ。

601 :無名草子さん:2006/06/24(土) 17:25:46
今日赤川次郎が意外と若いと知ってショックを受けた。まだ57歳
だった。御大と同じ年くらいだと思ってたもんで…

602 :無名草子さん:2006/06/24(土) 19:31:11
つーかW杯の日本の応援は世界の中でもかなり大人しいほうだよ(マスコミ含め)
日本のあの応援が太平洋戦争とダブるなら、欧州や南米、更には韓国の応援は
どうなる?終末戦争だぞ!

逆にアメリカの応援は戦争とはほど遠い平和なものだったが。

603 :無名草子さん:2006/06/24(土) 19:47:12
サッカーファンてのはネトウヨと同じで、ナショナリズムで盛り上がりたいだけだな。
アメリカの応援がおとなしいってのは、単にサッカーに興味がないからで。
バスケットみたいにポコポコ点が入らないスポーツは、能率が悪くてつまらないらしいよ。
どうせアメリカは国威をサッカーで争う必要もないし。

604 :無名草子さん:2006/06/24(土) 20:10:16
>>603
サッカーはアメリカでは中流〜上流の子弟のためのお上品なスポーツ。子供に習い事
としてサッカーをやらせるのがそういう層のステイタス。
クラブに通わせるにも送り迎えが必要なので、専業主婦がいるor送り迎えの時間に職場を抜
けられる共稼ぎ夫婦でないと無理。クラブの会費やフィールドの賃貸料、ユニフォームや
スパイクなど何かとお金が掛かるらしい。
アメリカではバスケットの方がより庶民的。NBAのスターに憧れるぐらいしか
中〜下層の青少年たちには楽しみもない。

605 :無名草子さん:2006/06/24(土) 21:11:35
>604
なるほど、サッカーは紅茶で、バスケットがコーヒーっていう感じかな?
いまだにイギリス人に「植民地人」って言われるらしいからね、アメリカ人は。

606 :無名草子さん:2006/06/24(土) 21:51:27
イギリスでは上流階級の子弟はラグビーやクリケットをするらしい。
で、サッカーは下層階級の子弟がやるそうな。
日本の場合はどんなスポーツも偏差値の低い馬鹿がやるものと認識されてるが。

607 :無名草子さん:2006/06/24(土) 21:59:06
>>606

>日本の場合はどんなスポーツも偏差値の低い馬鹿がやるものと認識されてるが。

はあ、なるほど。 日本脳炎の後遺症がおもわしくないようですね。

608 :無名草子さん:2006/06/24(土) 22:11:11
御大をもっとリスペクトしようよ。
そりゃあ、オントシ70幾つのかたなんだから現在進行形のポップカルチャー
に対してはトンチンカンな説もあるでしょうけど、御大のおかげで我々が
見通し・見晴らしよくなったこともイッパイあるでしょ。
せめてこの板だけでもその辺に焦点を合わせようよ。

609 :無名草子さん:2006/06/24(土) 22:51:42
過去の人。
森繁が日本アカデミー賞に現れてはやらかすように
小林は毎週 週刊誌でやらかしている。
それだけのこと。

610 :無名草子さん:2006/06/24(土) 23:28:31
洒落のわからない人がいますな。

611 :無名草子さん:2006/06/25(日) 00:33:36
桂三枝がオヨヨをやる資生堂CMを御大は見た(目撃?)のだろうか。

612 :無名草子さん:2006/06/25(日) 07:25:22
10も続けばこうなるよ

613 :無名草子さん:2006/06/25(日) 09:22:06
ノブは老醜さらしてるよ
いい加減アポーンしたほうがいいよねぇ

614 :無名草子さん:2006/06/25(日) 14:08:03
高田文夫が鬱!?

誰でもなるんだな
鬱って…

615 :無名草子さん:2006/06/25(日) 15:06:07
>>574
  【五 七 五】で最後は『高原だ』  
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/wc/1151165120/
【五 七 五】で最後は『やなぎさわ』
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/wc/1151105864/

616 :無名草子さん:2006/06/25(日) 15:12:42


【五 七 五】で最後は『やなぎさわ』2ヤナギサワ
http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/wc/1151171175/




617 :無名草子さん:2006/06/25(日) 16:51:47
神経質の標本になりそうな顔だもんな、文夫君

618 :無名草子さん:2006/06/25(日) 21:41:24
>>614
高田文夫は昔から躁うつ病だってことは有名な話だよ。
10年くらい前も入院してたことがあるけど、その時もうつだった。
それからずっと躁だったから、また順番が来たというだけ。

619 :無名草子さん:2006/06/25(日) 21:51:54
マンボウみたいなものか

620 :無名草子さん:2006/06/25(日) 23:26:50
御大が「長澤まさみにそっくりだった」と言ってた女優さんが
今日氷川きよしの旅番組に出てたよ。今でもかなり似てた。
香川なんとかって人。

621 :無名草子さん:2006/06/25(日) 23:27:07
ああいうのは半分営業向け躁鬱だろ。

622 :無名草子さん:2006/06/25(日) 23:30:08
漫画屋無駄話 其の1970 ▼昨日は一杯やる前に、専大交差点近くの、「梅の湯」で一風呂
浴びたので、ビールが一際うまかった(入浴料430円)。で、『週刊新潮』によれば、高田文夫
はノイローゼと。末広亭で自分の落語が受けなかったせいと。受けた事もあったの?(信じら
れない)同じちくま文庫の日記本とはいえ、『出版業界最底辺日記』は『笑芸日記』の48倍、い
や、69倍は面白いので、絶対に買うように(謙虚さと誠実さが売りの俺が、ここまで言うのだか
ら保証付き)。少し忙しくなる。('06.6/22)


漫画屋無駄話 其の1971 ▼しつこく高田文夫叩き。『笑芸日記』によれば、息子は高田が
仕事してる、『日刊スポーツ』に入社と(うれしそうに明記)。コネじゃなく実力でだろうが、親父
の息のかかったトコなど、俺なら死んでも入らない。さすが江戸っ子は一味違う。高田の対
極の天才・松尾スズキ(21世紀の笠原和夫)、まだ「東京書店」じゃゲテモノの代名詞、サブ
カル棚に(戯曲以外)。女流棚に拘泥したり、本屋は本当に保守的。町田康など撤去、スズ
キをま行にドンと並べろ(単にあいうえお順にすりゃいいのいヨ)。「凡人回想録」を更新。('06
.6/23)



623 :無名草子さん:2006/06/26(月) 00:39:07
↑これ誰のブログ?

624 :無名草子さん:2006/06/26(月) 01:20:40
塩沢という漫画編集者。

昔、単行本買ったなあ。今度、ちくま文庫で出る
『出版業界最底辺日記』は、その「親本」からすると
面白いと思います。

625 :無名草子さん:2006/06/26(月) 01:22:07
塩山芳明。この人の本は面白いね。

626 :無名草子さん:2006/06/26(月) 01:37:38
このスレだったらここを引用しないと。


漫画屋無駄話 其の1968 ▼『笑芸日記 一九九六−二〇〇五』(高田文夫・ちくま文庫)を
読んで感じたのは、まず“痛々しさ”。著者は本当に無理して背伸びを。立川談四楼(18点)、
快楽亭ブラック(28点)クラスに比べりゃ、元々38点位の才気はあるのに、70点の位置にいる
と思い込もうと努力。その様が痛々しく笑えない。だいたい、自ら獲得した訳でもない生地(東
京)を鼻にかけたり、奨学金出してやった訳でもない、大学の先輩や後輩を自慢すんな。粋だ
シャレだの言葉が泣くぜ。小林信彦もだが、この種の輩を“東京生まれのド百姓”と呼ぶ。ア
ハハ。('06.6/20)


627 :無名草子さん:2006/06/26(月) 01:56:07
アハハ

628 :無名草子さん:2006/06/26(月) 08:58:34
粋だシャレだなんてチンプな言葉をノビ彦先生がいつ使ったんだろう?
小学生レベルの読解力も無くて、チンプな言葉で批判だけするバカ。
そんな奴の言葉を借りないと何も言えないバカの集まりか…


629 :無名草子さん:2006/06/26(月) 10:17:17
>>628
釣りだよね?

630 :無名草子さん:2006/06/26(月) 10:43:43
ここは「小林信彦原理主義者」と、それに異を唱える者が集うところです。

631 :無名草子さん:2006/06/26(月) 11:51:17
>628
20代前半くらいまでなかなか文章が書けないんじゃないだろうか。
俺は26歳でパソ通デビューしたが、年上の編集者とフレーミング(喧嘩)したのがいい勉強になった。
ちまちまブログを書いてる程度じゃ、あんまりうまくならない。

632 :無名草子さん:2006/06/26(月) 12:29:36
サッカーファンだかなんだか知らんが、ゴミは片付けろ。
夜中に騒ぐな。氏ね自称サッカーファン。盛り上がってるとか
こいてんじゃねー。てめえらだけだ馬鹿かばちんどんや。


633 :無名草子さん:2006/06/26(月) 12:35:50
当の文春で日本サッカーチームがボロカスに言われてましたね。
そう言われればそうかなーと思いましたに。
宮本ファンですが、彼はもうCM出ない方がいいかも。

634 :無名草子さん:2006/06/26(月) 12:46:29
12人目のメンバーとか寝言こいてんじゃねーや。騒ぎたいだけのくせに。

635 :無名草子さん:2006/06/26(月) 16:39:44
上の方のブログ読んでて気になったのでスレ違いと思いつつ。
松尾スズキだけは認められないなあ。
あれこそ最大の勘違い戯曲家だと思うけど。オナニー戯曲家。
クドカンは才能あると思うけどね。

636 :無名草子さん:2006/06/26(月) 19:15:50
でも文春の連載はつまらないよね?

637 :無名草子さん:2006/06/26(月) 20:14:22
>>635
自己顕示欲のかたまり。スレ違いと分かっているなら書くな。

638 :無名草子さん:2006/06/26(月) 20:37:10
>>637

こういうとこで、自己顕示欲とかいう…
しかも、そういう当人がageてるし。
ネタの人ですよね?

639 :無名草子さん:2006/06/26(月) 20:39:44
アンチよりスレ違いのほうがまだマシなのだが。

640 :無名草子さん:2006/06/26(月) 20:43:33
このスレにアンチはいないと思うな。
愛情表現が小学生並みの人が多いだけでw

641 :無名草子さん:2006/06/26(月) 21:02:29
>>640
俺のことか!? ( `Д´)キィー

642 :無名草子さん:2006/06/26(月) 21:11:32
行間空いてませんよ

643 :無名草子さん:2006/06/26(月) 21:52:00
今時の小学生の方が分別あんじゃないの?

汚れた大人がざくざく。

「うらなり」買ってきた。ページ合わせに他人の作品から
オマージュとかいって、いきなり自身の創作ノートを載せるの?
DVDの音声特典みたいな感じですね。

644 :無名草子さん:2006/06/26(月) 22:01:53
>640
批評的に読んでる人が多いだけでしょ
普通に、良い部分とダメな部分を語ってるだけで。
中に、ひたすらノビ太マンセーな小学生的な人が少数混じってると・・・。

645 :無名草子さん:2006/06/26(月) 22:16:24
好きな人を虐めたくなる、

野暮にはここまで言わないとなりませんか。

( `Д´)キィー

646 :無名草子さん:2006/06/26(月) 22:34:36
( `Д´)キィー
は、おらへんやろう。かなわんな。しかし

647 :無名草子さん:2006/06/26(月) 22:59:14
>>643
創作ノートは ふつうは没後に発見されるものだろう。
小林は自分マニアだな。

648 :無名草子さん:2006/06/26(月) 23:11:23
山下達郎が自分でライナーノートを書くようなものだろう。
いい加減なことを書かれるくらいなら自分で先に書く、と。

649 :無名草子さん:2006/06/26(月) 23:19:12
こいつはそのうち小林信彦賞を受賞するよ 

650 :無名草子さん:2006/06/26(月) 23:24:04
ネタにマジレスすると、信はもう一生選考委員になることはないと思うよ。
橋本治にその点でシンパシーを抱いていたこともある
(主要な賞の受賞歴なし<当時>。選考委員経験もなし)。

井上ひさしが10以上の文学賞の選考委員をやって荒稼ぎしていることに
どういう意見を持っているか、信に聞いてみたい。


651 :無名草子さん:2006/06/26(月) 23:25:57
>>650
傍点ふりまくりで 嫌味を書くと思うね。

652 :無名草子さん:2006/06/27(火) 00:02:13
信ももういい年なんだし、ヤスケンの名前を出す程度のことで臆病にならず、
もっとはっちゃけてもいいのだけどなぁ。
娘も就職してもう守るものなんてないでしょ。

ゲンダイ引き移しの小泉批判なんてどうでもいいから、
井上ひさしなどの労害作家を刺し違えるぐらい気合で
批判して欲しい。
こういう仕事は若手にはできない。
でも、文芸出版社では作家批判ができないというから無理なのだろうか。

653 :無名草子さん:2006/06/27(火) 00:35:29
老害対老醜
地獄の決戦だねw

654 :無名草子さん:2006/06/27(火) 00:45:53
信彦は無責任な傍観者で居たいから無理。

655 :無名草子さん:2006/06/27(火) 04:38:41
「笑芸百科」の連載は、ゲンダイのライバル紙の夕刊フジ。

656 :無名草子さん:2006/06/27(火) 11:45:21
今週の文春は箱根の湿原ネタかな?

657 :無名草子さん:2006/06/27(火) 11:48:10

584 名前: 無名草子さん [sage] 投稿日: 2006/04/28(金) 01:11:59
このスレに本当のアンチはいないような気がする。

640名前: 無名草子さん投稿日: 2006/06/26(月) 20:43:33
このスレにアンチはいないと思うな。
愛情表現が小学生並みの人が多いだけでw

658 :無名草子さん:2006/06/27(火) 12:42:21
>>652
>娘も就職してもう守るものなんてないでしょ。

ノブの次女さんの勤務先を考えてみ。ノブも親子でとっくに出版・文壇の同族共同体社会にズブズブ。ノブ
だけではなく、媒体・映像方面では親族を同じ業界に入れる業界人が多いけどね。
所詮は狭い社会だしな。
とくに井上ひさしは放送作家時代からの知人だけに批判するはずないよ。

659 :無名草子さん:2006/06/27(火) 12:42:28
弓彦、アンチしなきゃならんほど権威ないだべ。
アンチてのはあれだべ?むかつくのに、みんながもてはやすから
更にむかつく。貶めてやりたいつー引きずり落としてやりてえ
てのがアンチだべ?
ご老人だもの。

660 :無名草子さん:2006/06/27(火) 13:17:01
年金月10数万円、連載が月10数万程度、後は家賃収入−ローンでいくら残るのか?とすると、本1冊で数十万の収入があるのは大きいかもしれない、ボーナス感覚というか

661 :無名草子さん:2006/06/27(火) 13:26:28
>連載が月10数万程度
というのは安すぎないかい

662 :無名草子さん:2006/06/27(火) 14:32:02
ノブとひさしは左翼仲間

663 :無名草子さん:2006/06/27(火) 14:52:58
年金は月5万円の国民年金だな。でも終生売れっ子だと思って
かけてない作家も多いんだよ。
習慣文春で一回三万くらいだな。この年代でこのクラスだとそうとうきついよ。

ひさしは文学賞委員をたくさんやってるらしいが、その根回しや付け届けなんかで
相当神経つかい、持ち出しも多いはず。
ねんねん出版界のパイが小さくなってきてるからその奪い合いは
かなり熾烈だよ。

664 :無名草子さん:2006/06/27(火) 15:11:33
>>663
>その根回しや付け届けなんかで相当神経つかい、持ち出しも多いはず。

金銭的な持ち出しは別にないと思う。その代わりに選評にはかなり神経を使
ってるよ。井上ほどの人間が明らかに誉めるに値しないものまで誉めてみせるもん。
井上は出版社の意を汲んで審査してくれるから重宝されるんだと思う。
社交があるとすればペンクラブや9条の会とかあの方面かな?

井上は娘に経営させているこまつ座の維持やら資料に使う膨大な書籍代
やらでお金が要るみたい。今は本も売れないし、審査員や講演でせっせと稼ぐしかない。
出版社などが文化事業として行う講演ツアーも作家としては大事な収入源。
各方面に顔が利くので相当に如才ない人であることは間違いがない。

665 :無名草子さん:2006/06/27(火) 15:14:07
なんかリアルな話になってきたなあ。
やっぱいまどきの作家にとって大切なのはテレビに出る、とテレビの原作に使われる、だから
御大の場合苦しいだろうね。
ところで家賃収入なんてあるの?>660
なんか田舎者住ませて家賃とるなんてのは御大らしくないような・・・。

666 :無名草子さん:2006/06/27(火) 15:29:35
昔だったら売れっ子作家を接待するのは編集者だったけど、
今は作家がなけなしの収入から編集者に盆暮れのおとどけものする
時代だからなあ。
まーなんていうのかキックバックみたいなやつね。
あと利権で重要なのが、早稲田の文芸科の客員教授これになると年収
700万、だけど任期二年。この少ない枠めぐって裏での暗闘はハンパじゃない
ほと熾烈きわまる。

667 :無名草子さん:2006/06/27(火) 15:41:19
>>666
90年代には早稲田の客員教授はもっと高かった記憶がある。今は値下がりしたのかな?

今は学界・大学の外から教官を招くことが多いので、どの大学でも似たような話があるよ。要
するに学界のポスト争いと同じことを業界外の人間が繰り返しているだけなんだけどね。
任期制でも常勤扱いだと何かと助かるのよ。顔繋ぎのためにタダ同然の非常勤をやっている
作家・批評家・劇作家・映画監督・ディレクターも択山いる。
面倒見のいい人だと非常勤でも何かと学生の世話をしてあげたりもするんだけどね。

668 :無名草子さん:2006/06/27(火) 15:56:59
>>667
まあ、昔から作家・批評家の本業は大学の文学部・教養部などの教官ということは
よくあったので、基本的な構造は何も変わっていないとはいえる。

ちなみに昔、エッセイでバカ正直に「ある文学賞のパーティで教え子を先輩作家たちに紹介
してやった」「これも大学教官としての勤め」とか書いていたのが三田誠広。
この教え子ってたぶん清水博子のことだけど、文壇ムラ・大学ムラの中の一般の世俗と何ら変わらぬ泥臭い人間
関係と馴れ合いを隠そうともしない三田のズレっぷりも相当なもん。自分のサイトの日記で「年度末
までに割り当ての研究費を使い切らねば、と慌てて生協で本を買い物」とか書くようなバカだ
から仕方がないんだけど。作家なのに普段はまともに本すら買わないような人。

669 :無名草子さん:2006/06/27(火) 17:31:05

  三田誠広って何



670 :無名草子さん:2006/06/27(火) 17:45:16
ぼくって何?

一人称おれ=ツツイハスタカ
     ぼく=御大その他

671 :無名草子さん:2006/06/27(火) 18:18:24
なんでここのスレの人たちは
御大の収入まで心配してあげてるんですか?w

672 :無名草子さん:2006/06/27(火) 18:22:06
関西だと近畿大学文芸や京都精華大学のまんが学部がある。
どうしても毎週こなきゃならんので東京在住の作家まんがかにはつらいが、
本もまんがも売れなくなった現在、これでもせっせこ通っている。
しかし両大学とも数千人の卒業生がいるが、プロのさっか、まんがかに
なったものはいない。
よって価値暴落。縮小の傾向にあり。

673 :無名草子さん:2006/06/27(火) 20:07:25
邪な専とか代アニみたいなもんだね。

674 :無名草子さん:2006/06/27(火) 21:20:58
>>672
近畿大の文芸学部は、故後藤明生と柄谷行人(現在は退職)のツテで専任・非常勤
を集めていた。恐らく、最も成功したOBは中退した清水崇だろう。
京都精華大のマンガ学部は芸術学部のマンガ学科が今年度から独立したもの。

これらの学部にあらゆる意味で価値が無いのはその通りだが、大学経営の新機軸としてこの類のポストモダン・サブカル
に活路を見出す大学は多く、「縮小の傾向」というのは少し違う。
ただ大学経営の合理化の都合上、非常勤や任期制が増えテニュアが取りにくくなっているのは事実。

675 :無名草子さん:2006/06/27(火) 21:29:30
>>673
経営の行き詰まりを打破するための学部増設・改組が相次ぎ、大学はもはや末期状況に陥っている。
カルチャーセンター化(総花的な教養部の焼き直し)・実学化・アートやサブカルへの傾倒・
何をするのか分からない学際系学部の乱立・サテライトなどの生涯学習化といったあたりがトレンドか。

もちろん、一応、個々には偏差値が低くてもFDや就職率向上に成功して頑張っ
ている大学もあることはあるけどね。

676 :無名草子さん:2006/06/27(火) 21:34:45
大阪で昨日DQN学生同士が喧嘩して二人生き埋めにしたのなんて、
東大阪大学、こども学部こども学科だよ。なんやそれ、ってさすがの
上方ぜいろく風情でも思ったで。
こどもがこどもを殺し合いする。
もう勝手にしてくれや、って感じかな。

677 :無名草子さん:2006/06/27(火) 21:50:44
>>676
こども学部とは、あれは実際の中身は幼児教育学科(保母保父・保育士の学科)のことみたいですよ。
東大阪大学のサイトはアクセスが集中したのか、学長のコメントだけが
あって中を見れなくなっている。ttp://www.higashiosaka-c.com/

678 :無名草子さん:2006/06/27(火) 22:28:47
三田誠広みたいなろくな小説を書いていないのに
ずっと大学教員をやっていてそのうち教授になったり
各種役職を兼務しているタイプが、一番害悪なんだが。

日本文藝家協会の知的所有権委員長、NPO日本文藝著作権センター事務局長、
文化審議会著作権分科会委員、文化審議会著作権分科会契約・流通小委員会委員
と兼務しているが、発言がことごとく常識知らずなもの。
実家が金持ちでそのまま作家になったのだから仕方ないが。

ノブはそれに比べたら娘の就職先以外はいやらしいことをしていないのだから
マシだよw

679 :無名草子さん:2006/06/27(火) 23:11:05
このスレは作家志望の人間には参考になるんじゃない
ガセもあるけど大筋はホントの話。
全国の書店どこにいっても30年以上は常になんかの本が置いてある程度の知名度
があっても生活は楽じゃないとw

しかも純文学や硬派のルポライターじゃなくて、芸能ネタを得意分野とするド軟派ネタの作家なのに
決して収入的に楽ではないと・・。


680 :無名草子さん:2006/06/27(火) 23:22:38
連載があって、新刊がちゃんと年1冊でも出してもらえて、
ときどき旧作が復刊されてるんだから、
楽ではないけど、普通に食べていけてるでしょ。

681 :無名草子さん:2006/06/27(火) 23:27:55
 『うらなり』、東京堂書店のベストセラー・ランキングで
(今日のところは)3位。ノブじい、なかなかやるじゃん。
ttp://www.excite.co.jp/book/ranking/

682 :無名草子さん:2006/06/27(火) 23:39:40
年収1000くらいは行ってるのかね?

683 :無名草子さん:2006/06/27(火) 23:39:51
>>679
>しかも純文学や硬派のルポライターじゃなくて、芸能ネタを得意分野とするド軟派ネタの作家なのに
>決して収入的に楽ではないと・・。

小林さんのベースはあくまで純文学・古典文学だし-ポップで多才だが根は気恥ずかしいほどの
文学青年なのだ、この人は!-、芸能評論やエッセイも全然「硬派」でしょう。
ユーモア小説に詰め込まれた情報量もただものではないし、小林さんの書いて
いることは普通の人にはかなり難しいと思う。

684 :無名草子さん:2006/06/27(火) 23:43:40
>>680
実際の懐具合は知らないけど、今まで自分が付き合ってきた人たちに比
べれば「道を間違えたかなあ」と思っている部分は大きいのでは?
とくに高校はエリート校だったので出世した人も多いだろう。放送業界
の知人でも業界の偉いさんになった人は何人もいるはず。

ここでも揶揄されているが、しかも仮にビンボーでも衣食住にはお金を掛けたい性格とあれば。

685 :無名草子さん:2006/06/27(火) 23:43:57
>>682
まあ、はっきり言うと、いってないでしょう。

686 :無名草子さん:2006/06/28(水) 00:55:25
>>683
ああいう柔らかい読み物(柔らかいから、軟派だからダメって言ってんじゃないよ、そこを勘違いしないでね)が硬派だの「普通の人には」難しいだの、
一体普段どんな本読んでんの?あなたの言う、普通の人って、あなたの周りでは普通かもしれないけど、世間の普通よりレベル低いんじゃないの?


687 :無名草子さん:2006/06/28(水) 00:59:35
>685
ホントに!?
1000って良い企業なら30才で到達する額じゃない
あのくらいの知名度があって、キャリアもあって、年に1〜2冊でてても
1000以下なの?出版界って厳しいね〜〜

688 :無名草子さん:2006/06/28(水) 01:03:21
実際そうでしょうね。大手出版社の編集者の方がよっぽどもらっているんじゃ
ないかな?文春でも御大担当の方が上だったりして。
やはり数がでないと印税も期待できないし、山田 悠介の方が稼ぎは多いん
では?

689 :683:2006/06/28(水) 01:07:07
>>686
たとえ文体が柔らかくても、小林さんの書いていることは、ある程度は文学・芸能・
映画についてウンチクや勘がある人でないと本当には分からないでしょう。
言わずもがなだが、これはせっせと知識を詰め込んでお勉強すればいいという問題でもない。

当の小林さん本人が、「どうせバカには分からない」「分からない奴が
どんなに勉強しても駄目」みたいな醒めたことを昔は書いてたしね。

690 :683:2006/06/28(水) 01:08:42
>>687
30歳で1000ってどんな企業だよ。大手媒体やコンサル・都銀か?

691 :無名草子さん:2006/06/28(水) 02:08:14
不治TVとかは余裕じゃない?

692 :無名草子さん:2006/06/28(水) 05:52:35
ノブクラスだと年収300万あるかなしか、ってとこだね。
けっして裕福ではないよ。
見栄はってなんぼの商売だけど、その見栄もはれないほど困窮してるはず。
大手出版社でも減収減益なんだし、その川下に位置する数千人の作家たちの
心情を思うと、同情を禁じえない。

693 :無名草子さん:2006/06/28(水) 10:39:20
>>692
どういう計算なんだ?
600万はあるだろ。
70歳過ぎて、それだけ稼いでいるんなら優秀です。

694 :無名草子さん:2006/06/28(水) 15:28:20
今週の「本音を申せば」は、父の日に娘さんからプレゼントを貰う話。下の娘さんは昼夜が逆転した仕事をしてるって書いてる。
「耳の穴から手ェ突っ込んで、奥歯ガタガタいわしたる」を考えた香川登枝緒が歯が悪かったと書いてるのが面白かった。
後半は藤田嗣治の話。ついでにW杯の騒ぎをまた皮肉ってる。

695 :687:2006/06/28(水) 18:59:27
>>690
いわゆる「良い企業」だよ。
テレビ関係、財閥系地所、大手編集者、大手広告代理店とか沢山あるじゃない。
30歳で1000って確かに良い給料だけど、そこまで珍しくないよ

696 :無名草子さん:2006/06/28(水) 19:25:18
音羽の営業が30で大台超えって威張ってたな。

697 :無名草子さん:2006/06/28(水) 19:46:39
無神経なこと書いてる坊っちゃんがいるが、東大出によくいるタイプだなぁ。

698 :無名草子さん:2006/06/28(水) 19:52:14
まだ出て無いと思うな。
出ると現実を思い知らされるからw

699 :無名草子さん:2006/06/28(水) 20:40:40
ノブの次女は都立新宿高校→早大一文。
私立中高一貫行かせなかったってことはやっぱノブ家の
家計は楽じゃないんだろうな。

700 :無名草子さん:2006/06/28(水) 21:04:09
>>699
>私立中高一貫行かせなかったってことはやっぱノブ家の
>家計は楽じゃないんだろうな。

さすがにそれぐらいのお金は出せたと思うよ。昔のエッセイを読むと分かるけど、
小林さん本人がお受験とかああいうのが好きじゃないんだよ。
本人もエリート校出身で成績も悪くなかったようだけど、学校の勉強や受験勉強
そのものは好きじゃなかったみたいだし。
次女さんも早大は受かったんだから学校の成績は悪くなかったんじゃないの?

701 :無名草子さん:2006/06/28(水) 21:26:50
> 大手出版社でも減収減益なんだし

ノブの次女が働いている新潮社では

>Q 初任給はいくらですか?
>A 2005年度の新入社員の初任給は310,000円です。
>Q 賞与はどうですか?
>A 初年度は年間5ヶ月程度、次年度以降は8ヶ月程度です。

とあるので、次女はノブより収入がいいはずw

賞与8ヶ月っていいなぁ。


702 :無名草子さん:2006/06/28(水) 21:35:30
>>701
新潮社は社員にまだそんなに支払ってるの? 有名出版社が高給を払えるのは、売り上げの割
に新入社員や正社員数が少ないからだけど、ただ最近はどこも内情は厳しいはず。
新潮社も他社と同じく資産を切り売りしていると聞く。
大手紙や有名出版社は内情が苦しくても対外的な信用を考慮して人件費は下げないんだよね。

703 :無名草子さん:2006/06/28(水) 21:47:30
出版社は他の企業とちがって
設備投資にほとんど金をかけていないので
人件費に回す比率が高いのです。

704 :無名草子さん:2006/06/28(水) 22:34:51
おまいら知っておるのか
明日「吉田照美のやる気マンマン」のゲストでしゃべる
14:20から文化放送をひねれ

705 :687:2006/06/28(水) 23:06:44
>697,698
自分の身の丈に合わない現実を見せられるとす〜ぐひがむw
残念ながら十数年昔に卒業してるよ。別に「私が」たくさん稼いでるといってる
わけじゃなく30過ぎで「1000万は大手ではそこまで珍しくないよ」と書いてるだけなのに
その程度の現実も受け入れられないんじゃな〜。
いまだに愛読書は蟹工船とかいうんじゃないのww

706 :無名草子さん:2006/06/28(水) 23:22:41
>705
素性は知らんが、東大出がバカだと宣伝する理由でもあるのか?

707 :687:2006/06/28(水) 23:46:09
>706
君が可哀想w

708 :無名草子さん:2006/06/29(木) 08:45:18
巨泉の代わりか?

709 :無名草子さん:2006/06/29(木) 11:02:05
70過ぎて肉が主食って御大、黒澤明かよ

710 :無名草子さん:2006/06/29(木) 12:26:05
谷崎潤一郎ちんもええ年して肉食うわハモ食うわだったそうです。
好きなものを好きなだけ食って長命するのも
早死にしちゃうのも人それぞれ。人生いろいろ!

711 :無名草子さん:2006/06/29(木) 12:28:49
東大元くらし

712 :無名草子さん:2006/06/29(木) 12:36:47
好きなことして何が悪い?小泉首相も言ってるさ。

713 :無名草子さん:2006/06/29(木) 16:05:46
馬肉や鶏肉の刺身は好きだけど焼いたりした肉は好きじゃないなぁ。
肉に対する執着もない。
御大より40歳年下の俺だが。

714 :無名草子さん:2006/06/29(木) 16:28:21
東大出のヤツをバカに出来るのは、東大出のヤツだけ

715 :無名草子さん:2006/06/29(木) 17:01:44
御大より30歳年下だが、すい臓わずらってて油物食えないんで毎日刺身だぞ
おれより長生きしそうだな御大。

716 :無名草子さん:2006/06/29(木) 17:14:35
いよいよ金に困ったら世田谷の家を売って田無とか小平あたりに引っ越せばいい。


717 :無名草子さん:2006/06/29(木) 18:15:56
小林氏くらいの世代には
肉に対して特別な思い入れがあるからなあ。
ごちそうと言えば、ステーキ。

718 :無名草子さん:2006/06/29(木) 19:29:46
一行空けより頭悪そうな東大卒もいるんだね。

719 :無名草子さん:2006/06/29(木) 21:32:23
ラジオ嘘じゃなかったんだなd

初めて声聞いたが聞き取りやすいしゃべりしてるんだな
司会のナシが来たことにも納得

720 :無名草子さん:2006/06/29(木) 21:51:50
「えんぴつでちはやぶる奥の細道」

721 :無名草子さん:2006/06/29(木) 21:52:30
ごめん、ちはやふる、だった。

722 :無名草子さん:2006/06/30(金) 06:46:36
もはや何のスレなんだかw

723 :無名草子さん:2006/06/30(金) 11:18:43
「今井」は、うまいよ。
この間も豆ごはん食べた。

724 :無名草子さん:2006/06/30(金) 11:26:00
エンタクシーで特集してるね。坪内祐三と対談

725 :無名草子さん:2006/06/30(金) 15:48:37
「本の話」では夏目氏との対談。
がんばってるねー、ノビー。

726 :無名草子さん:2006/06/30(金) 19:48:04
小林氏は日活アクションファンだけど、渡哲也をどう評価してるの?

727 :無名草子さん:2006/06/30(金) 20:08:57
>>726
渡についてとくに評価しているとは聞いたことがないですが、何かありましたっけ?
「西部警察」の頃には「西部警察を見て娘が婦人警官になりたいと言い出した」とか書いていたけど。

ニューアクションが出てきた頃、「長谷部・澤田・藤田・小澤といった才能がもっと早く出て
きていれば」とか思ったらしいので、観てはいるとは思いますが。
渡辺武信や西脇英夫の仕事は誉めているけど、ファンといっても個々の監督や作
品には意外と点が辛い。清順の「野獣の青春」のハードボイルド性に着目するあたりは蒙を
啓かれましたが、日活の演出陣そのものはそんなに高く評価していなかったのでは?
旭や錠を誉めるにも着眼点が独特。ダラダラと同時代的に観続けてしまったジ
ャンルそのものに対する愛着なんでしょうかね。日活時代の清順映画を観たこともない批評家たちが
「ツィゴイネルワイゼン」から一斉に誉め出した頃も冷笑していた。

728 :無名草子さん:2006/06/30(金) 20:54:36
渡哲也は石原軍団の一員という認識の時点でアウトでしょう
石原軍団の体育系の体質からして、御大とは水と油

小林旭や植木等の映画は、ぶっ飛んでいるから高評価なんじゃない

729 :無名草子さん:2006/06/30(金) 20:55:30

ご協力お願いします


【UD】がん・白血病患者を救え!4ゴール【@football】
http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/football/1151151214/



730 :無名草子さん:2006/06/30(金) 21:16:13
渡の代表作『仁義の墓場』は「時代考証がデタラメ」と斬って捨ててたな
『東京流れ者』『大幹部・無頼』『紅の流れ星』あたりは褒めそうだが
渡は元日活組(男優)では現在一番の大物だね(小林旭・宍戸錠より上)
この辺りも気に入らないんじゃないかな

731 :無名草子さん:2006/06/30(金) 22:20:01
80年代以降の清順の評価に限っていうと、
蓮実グループから距離をとろうとする姿勢があるように思う。

732 :無名草子さん:2006/06/30(金) 23:01:44
そういえばノブって蓮實一門の映画を
論じたことってあったっけ?

黒澤清とか青山真治の映画評を
読んだ記憶がないのだけど。

733 :無名草子さん:2006/06/30(金) 23:49:39
>>732
蓮實一門  などと書いて恥ずかしくないですか?

734 :無名草子さん:2006/07/01(土) 00:22:31
>>732
蓮実の評論を褒めていたように記憶。

735 :無名草子さん:2006/07/01(土) 00:24:30
>>733
> 蓮實一門  などと書いて恥ずかしくないですか?

恥ずかしいか?
黒澤や青山や塩田や万田らが
蓮實の講義に出ていたのは事実だし、
影響を受けたことは自分から語っている。

736 :無名草子さん:2006/07/01(土) 00:34:46
個別の批評についてはともかく、
蓮実、山根、上野らが徒党を組んで、
映画評論の世界(特に邦画)にある政治性を発揮している事については、
当然、批判的な立場だろう。この姿勢は正しいよ。

737 :無名草子さん:2006/07/01(土) 01:56:21
八月からフィルムセンターで「日活アクション映画の世界」だな

>>735
助監督で得たものの方が大きいだろうがねw

738 :無名草子さん:2006/07/01(土) 04:00:00
草野進ね。

739 :無名草子さん:2006/07/01(土) 14:00:49
メロンと焼肉が好物ということで育ちがわかる、なんて
麻原ショーコーのこと馬鹿にしてたくせにてめぇも大の
肉好きなんじゃねーかよ。理数科目がダメな私大文系卒だし。
ノブって最低だよな

740 :無名草子さん:2006/07/01(土) 17:07:04
久しぶりに「ミート・ザ・ビートルズ」でも読んでみるか。
明日、NHK−BS2でビートルズ日本公演特番があるね。

741 :無名草子さん:2006/07/01(土) 20:42:08
雑誌「エンタクシー」で小林信彦特集。
執筆者は小林兄弟、芝山幹郎、北沢夏音。
以上、産経新聞の広告により確認。

742 :無名草子さん:2006/07/01(土) 20:42:48
ビートルズ来日時小林さんは34歳。
新しい音楽に興味を持てる年とは思えないのだが
本人は熱狂したのだろうか?

743 :無名草子さん:2006/07/01(土) 21:47:05
34歳で新しい音楽に夢中になることは普通にあります。
10人の音楽好きがいたら、半分の人はは中年で未知の音楽に夢中になる経験するでしょう

744 :無名草子さん:2006/07/01(土) 22:03:56
>>742
ビートルズといったら小林さんだよ。
漫才ブームのときに「残るのは紳助とビートルズだけ」と言ったのは有名だよ

745 :無名草子さん:2006/07/01(土) 22:08:02
小林さんは、ロックやカウンターカルチャーは守備範囲ではないと思います。
いろいろ書いているようですが、他ジャンルに比べて鋭い評言は無い。
ビートルズについても小林さんの老成志向とは明らかに矛盾すると思うんだけれど、
本人の中でどのように捉えているのだろうか?

746 :無名草子さん:2006/07/01(土) 22:09:43
ビートルズ64年来日のとき34歳
大阪万博のとき37歳か。
久しぶりにオヨヨ読んたけど、パパの大沢和彦が37歳放送作家だった
計算はあうな。
だいたい、リアルで書いてんだね。
まぁ御大とは生涯の付き合いになるのだろう。橋龍いっちゃったね。

747 :無名草子さん:2006/07/01(土) 22:48:11
>>341
遅レスだけど、御大は「『砂の器』は野村の代表作ではない」と書いてるね
御大にとっては『張り込み』から『拝啓天皇陛下様』ぐらいまでが好みなんだろう

748 :無名草子さん:2006/07/02(日) 00:04:50

きっこブログ

安部晋三
村上ファンド
小泉etc.


http://www3.diary.ne.jp/i_log.cgi?user=338790&log=now



749 :無名草子さん:2006/07/02(日) 00:07:52
>>746
計算むちゃくちゃじゃないか

750 :無名草子さん:2006/07/02(日) 00:20:13
>>746
まじめにつっこんでみる。

ビートルズ来日公演は1966年(昭和41年)だ。
当時の年齢は33歳。(12月生まれだから)
ちなみに、1964年は、小林さんが映画「A HARD DAYS NIGHT」の試写会に出席した年だ。

751 :無名草子さん:2006/07/02(日) 02:21:47
あの御大だってかなりいい歳だったんだから、ずうとるびの来日ってホントに昔
だったんだな。


752 :無名草子さん:2006/07/02(日) 02:57:47
ノブのバカ、ビートルズ論争のトラウマが疼いてんだろうな

無名の音楽ライターにボコボコに潰された、あのトラウマがw

753 :無名草子さん:2006/07/02(日) 17:50:49
古い音楽だとツェッペリンやABBAはすごくいいと思えるが
ビートルズは好きになれない。

754 :無名草子さん:2006/07/02(日) 19:23:28
ビートルズ論争って何?
手元にミートザビートルズがあるんだけど、これと関係あんの?

755 :746:2006/07/02(日) 21:04:47
すいません。昨日ラリってて丸投げしました
だれか、答えてくれると思って
ママは31歳。御大も若くてアブラがのってますな

>>754
http://ja.wikipedia.org/wiki/ビートルズ論争

756 :無名草子さん:2006/07/03(月) 10:04:49
渡哲也については、対談だかインタヴューだかで、「まあ、硬派ですから(笑)」とか言った記憶がある。
小林旭や宍戸譲のように、荒唐無稽な活劇を荒唐無稽と承知して、
軽快に笑いも交えて演じるのが、日活の魅力。
(後の松田優作の「探偵物語」の路線)
それが、渡のように大マジに力んで演じては仕方がないということじゃないの?
それと、渡が出た頃は日活アクションが既に下り坂で、小林氏自身あまりフォローしていなかったかもしれない。

757 :無名草子さん:2006/07/03(月) 10:46:46
ビートルズ来日時の人気度が、いまいちわからん。
音楽的にすごいのは、今聴いてもわかるけど、
当時、日本でほんとにすごい人気があったのかなあ。
山口文憲は、ビートルズじゃなくてベンチャーズって言ってるし。

758 :無名草子さん:2006/07/03(月) 11:46:43
ビートルズ来日すごかったと記憶している
当時テーンエージャーだった年長の従姉妹、武道館行ったけどチビッタって

759 :無名草子さん:2006/07/03(月) 13:52:10
>>757
>山口文憲は、ビートルズじゃなくてベンチャーズって言ってるし。

ビートルズは社会現象だし、生ける伝説として既にクラシックになったから納得する。
学校の音楽の授業でも取り上げているのは凄いことだ。
個人的にはベンチャーズの方が納得できんが、これも「青春デンデケデケデケ」
になるぐらいだから、あの世代ではムーブメントではあったのだろう。
ベンチャーズは日本でしか人気がない謎のグループらしいが、ベンチャーズ・ファンは
そんなことは百も承知で愛しているのが偉い。いまだに来日して全国ツアー
を行うし、あそこまで行くと人生の同伴者なんだろうね。

760 :無名草子さん:2006/07/03(月) 15:51:01
音楽的なことを言えばビートルズはたいしたことない。
同時代のストーンズのほうが数倍もレベルが高いし、
ビートルズより優れた音楽バンドは多数存在する。

ビートルズが受けたのは、多分にルックスと
時代感がマッチしたからに他ならない。

761 :無名草子さん:2006/07/03(月) 16:24:31
まぁ音楽だからそういう意見もあるんだろうね

762 :無名草子さん:2006/07/03(月) 16:44:24
楽器一つろくに弾けない小林がビートルズを語るなよ

763 :無名草子さん:2006/07/03(月) 16:47:11
>>760
まぁ音楽だからそういう意見もあるんだろうね


764 :無名草子さん:2006/07/03(月) 18:35:34
ヴェンチャーズっておらほのムラのホールに毎年来るよ。
大人4000円くらいかな。
ムラビトみんなノリノリだでや。
なぎさ優子も一緒にきてくれたらいいのに。

765 :無名草子さん:2006/07/03(月) 21:17:44
ベンチャーズは日本の古典芸能の域になったね
本人たちもパイプラインで一生食って行けるとは思わなかったろうに
常連さんがつけば、音楽家は一生食っていけんだね。

日本人では沢田研二がそうなっているみたいよ
週刊朝日で「あなたがパラダイス」という小説を読んでいたけど
沢田研二は更年期頃の女性層をがっちりつかまえている
小金が自由になる層だから美味しい商売だね

松田聖子もそうなっていくんだろうな

それと比べると文筆業はつらいな

766 :無名草子さん:2006/07/03(月) 22:08:27
ノブは晩年になって芸人の伝記を連発してうるおったでしょ。
文筆業者一般の参考にはならん。

767 :無名草子さん:2006/07/03(月) 22:22:30
御大は角川映画(春樹主導の)はどう評価してるの?
邦画史の中ではどう位置づけてるかな

768 :無名草子さん:2006/07/03(月) 22:33:31
確かにビートルズは音楽家としては平凡な才能だった。
せいぜいが中の上といったところ。
ただタイミングがよかった。それは認める。

769 :無名草子さん:2006/07/03(月) 22:47:28
>>767
衰退しつつあった邦画のカンフル剤というか死に水というか。
「けものがれ〜」とか、近年出てきたおもしろい邦画は、ハルキとは関係ないし。ノブとも関係ないが。

>>768
ビートルズは偉大な偶像だよ。これは否定できまい。

770 :無名草子さん:2006/07/03(月) 23:26:47
>>766
潤ったというか、そんなに何十万部も売れたわけじゃないしね。作家なんか、
リアルタイムの執筆+それまでに書いてきた作品の文庫化・再版・映像化のトータル
+講演・メディア出演で稼ぐ商売(時代もの作家やミステリ作家が量産するのはそのため。
旬が過ぎて一冊あたりが売れなくなっても何度も文庫化されるのでそれで食える)

とくに読み飛ばしのノベルス・ラノベの作家は雑誌のように量産しないと食えない。逆に、量産に慣れている元放送作家
(辻真先・山浦弘靖・藤川桂介ら)がこのジャンルで成功しやすいのはそのため。

散々ガイシュツだが、ここで選考委員・大学教授業・タレント業に精を出す作家というのも出てくるわけ。

771 :無名草子さん:2006/07/03(月) 23:39:11
>>765
50〜60年代までは、文庫化・文学全集に何冊か入れば、質素な暮らしを強いられてもそ
れで何とか食えた。70年代以降、文庫が消耗品となり、ベストセラーも生まれるが
代わりに売れなければ簡単に絶版になる時代が来ると、そうした清貧で優雅な暮らしは困難となった。

純文学誌・大衆誌で名前は見るが、文筆中心でマスコミに露出もしない、他に本業を持
たない地味な作家の生活など推して知るべし。人気者でも今は部数自体はそんなに
出るわけではないので、みな量産するかメディア出演を増やしている。
昔の作家、例えば北杜夫や遠藤周作にせよ、純文ではない生活の為の小説・エッセイ・座談を量産していた。
芥川・太宰・三島・井上といったクラスもそれは同じ。

他ならぬ小林氏がこうした台所事情を折に触れ書いている。タレントは「持ち歌」がある
から強いのよ。太ってしまったジュリーはともかく、聖子などはやはりそれなりには努力しているよ。
演歌歌手などもたった一曲のヒットさえ出れば、後は一生コツコツ営業で喰う商売だからね。
その一曲が出ないから苦しいんだけど。

772 :無名草子さん:2006/07/03(月) 23:45:44
770,771
面白いね。もう少し具体的な数字を出してくれるとより楽しいんだけどな
年収1千万クラスだと例えば誰レベルなんだろ?
本業があって作家みたいな北杜夫な在り方が理想かね〜、やはり。

773 :無名草子さん:2006/07/04(火) 00:07:59
おまいら、週刊ポストの書評欄を立ち読みしる。
関川夏央が、御大が「パッチギ!」を褒めていたのを鋭く批判しているぞ。

774 :無名草子さん:2006/07/04(火) 01:14:55
みうらじゅんもパッチギ誉めてたな。遺作にしてください、というコメントに笑った。

775 :無名草子さん:2006/07/04(火) 01:18:34
関川夏央ってのもなんとなく胡散臭い奴だよな。
よく知らんけど。

776 :無名草子さん:2006/07/04(火) 01:36:12
>>772
>本業があって作家みたいな北杜夫な在り方が理想かね〜、やはり。

北さんは、「白きたおやかな峰」の頃まではまだ医者をやっていたようだが、割
と早く作家専業になっているはず。「夜と霧の隅で」が芥川賞を取ったり、
「どくとるマンボウ航海記」がベストセラーになって以降は、文筆が忙しくな
り医業には余り実を入れていなかったようだ。当時は小田実の「なんでも見てやろう」とよく比較されたらしい。
北さんの生産量は本当に凄い。しかも、躁病で開き直ってエッセイではバカのフリをしているけど、
もちろんバカでは書けないほど惜しみなくネタを詰め込んでくるし、紀行ものも
純文学もユーモア小説も文体の密度が尋常ではない。
あれだけ読者サービスに気を使っていては、かえって躁うつ病を悪化させてしまったんじゃないだろうか。

ノビーがうつで斎藤神経科に通っていた頃、北さんの患者だったらしいとは有名な話ですね。

777 :無名草子さん:2006/07/04(火) 01:40:19
>>775
関川は多方面に勉強家だしセンスはいいと思う。マンガの原作も面白い。ただ、
持ちネタのひとつである日本文学ネタが伊藤整のパクリなんだよね。

778 :無名草子さん:2006/07/04(火) 01:57:12
北杜夫って本当の意味での東京のブルジョワだったわけだけど
ノブはコンプレックスを抱かなかったのだろうか?

東京のプチブルだった福田和也は、北も小林も
最上級の評価をしているな。
(小林の老化もちゃんと指摘している)

779 :無名草子さん:2006/07/04(火) 02:02:50
数年前、新聞のテレビ欄で、
NHKのある番組のサブタイトルに
「韓国のマンガ事情」とか書いてあり
「韓国」と「マンガ」か、いかにも関川さんが
好きそうな内容だなあ、と思いつつ
チャンネルをあわせたら、ほんとに彼が出てきたので
びっくりした。


780 :無名草子さん:2006/07/04(火) 02:15:55
>778
才能のレベルがあまりに違いすぎてコンプレックスどころじゃなかったのでは?

781 :無名草子さん:2006/07/04(火) 02:20:41
そもそも小林の実家の駄菓子って有名だったのか?

782 :無名草子さん:2006/07/04(火) 07:04:22
みなさんジュン文学雑誌の原稿料いくらかごぞんじかな。
誰でも一枚800円とか1000円くらいなんですよ。
実売3000部でるかでないかの世界。
もう各社とも毎月赤字でやめたいんだけど、やめられない地獄のスパイラル降下。


783 :無名草子さん:2006/07/04(火) 08:29:37
> 誰でも一枚800円とか1000円くらいなんですよ。

ほう、中原昌也がカミングアウトしている原稿料に比べて
安すぎるな。中原は5千〜1万円もらっているはずだが。
筒井も原稿料はエッセイで書いていて、21世紀に入ってからは
2万円。

>>782はどの雑誌のどの作家のデータなんだね?



784 :無名草子さん:2006/07/04(火) 10:33:33
>>765
村上ポンタの自伝にもあったけど、沢田研二のファンは、小金持ちで暇な主婦が多く、
沢田のライブを片っ端から、文字通り「追っかける」らしい。
大ホールならいいが、クラブやホテルなど小規模の公演など、
常連がチケットを買い占めてしまう。
ある時、「同じ客の前で毎日歌うこっちの身になってくれ、俺だけでなく他のことに時間を使え」
と、沢田本人が客に文句を言って問題になったな。

785 :無名草子さん:2006/07/04(火) 10:55:57
>>784
沢田研二の気持ちもわかるな
いつも同じ客だったらやだよな

786 :無名草子さん:2006/07/04(火) 11:19:22
澤田さんの痴呆公演ってよくキャンセルされてるよ。
痴呆のプロモーターにすれば、2000人くらい入ってくれるかと
予想してても実際は数百枚しか売れないことが多い。
でも澤田側にはパッケージ料金で客が入ろうが入らなかろうが、
払う金額が決まってるので、やむなくキャンセル。
最近では茨城であったな。

787 :無名草子さん:2006/07/04(火) 12:41:33
ビートルズ馬鹿にすんな!

788 :無名草子さん:2006/07/04(火) 12:42:56
沢田、てめえ文句言う前に痩せてみろや、この短足。
フミヤすかしてんじゃねーや、この声量0オヤジが。

789 :無名草子さん:2006/07/04(火) 12:45:39
小泉の超気色悪いプレスリーのあてぶり見てて思ったが、
御大はプレスリー世代ではないのかな?

790 :無名草子さん:2006/07/04(火) 14:52:59
>>782
>誰でも一枚800円とか1000円くらいなんですよ。

それはユリイカ・現代思想・図書新聞といった類の雑誌の相場。今はフリペになったらしい早稲田文学
が500円ぐらいだったと思う。純文誌が売れていないのは事実だが、他はもう少し高いよ。

>もう各社とも毎月赤字でやめたいんだけど、やめられない地獄のスパイラル降下。

止めてしまうと、自社と業界の文化的ブランドとしての作家を囲っておくことができなくなるので
続けている。企業メセナみたいなもの。純文から出てきた人で書けそうな人にはエンタメやコラムを書かせたり、
自社の他の媒体に登場させたり講演に連れ歩いたり、それなりに使い途はある。

いま、月刊で残っているのが「すばる」(集英社、もちろん「小説すばる」とは別ねw)、
「新潮」(新潮社)「文学界」(文芸春秋)「群像」(講談社)。他に季刊がちらほら。
中央公論社は80年代からの慢性的な経営難で「海」を廃刊したお陰でそうした文化人を囲っておけなくなった。ベネッセ(福武書店)はオーナー一族の趣味だった
文芸部門から撤退したので「海燕」を廃刊に。全国の家庭から各種教材で巻き上げたカネで養ってもらっていた作家たちw

791 :無名草子さん:2006/07/04(火) 14:55:54
>>789
小林氏もプレスリーは好きだったんじゃないの? 言及しているでしょう?
ただ、プレスリーの魅力って今の人間にはよく理解できないんだよね。小林旭
みたいに太ってしまったし。「エルビス・オン・ステージ」は感動的ではあるけど。

792 :無名草子さん:2006/07/04(火) 15:05:30
>>789

つ『エルヴィスが死んだ』



793 :無名草子さん:2006/07/04(火) 20:36:45
エルビスがわからん人は美空ひばりもわからんだろう

794 :無名草子さん:2006/07/04(火) 22:03:58
>>790
あとパーティーに呼んで喰わせるね。
坪内祐三なんてパーティー乞食でしょ。

795 :無名草子さん:2006/07/04(火) 22:41:26
>>794
そういえば、あの類の業界はやたらパーティやコンベンションをやるよな。要
するに同業者の集まるバー・クラブに通うのと同じで、そうやって口実を設けて社交していないと不安で
仕方がないんだ。他業種の色んな業界団体や学界の大会・パーティ・飲み会も本質的には同じなんですけどね。
結局は文壇ジャーナリズムも「職場」なんだよね。

小林さんはパーティの類への違和感を隠してはいないですけどね。

796 :無名草子さん:2006/07/05(水) 00:57:38
>結局は文壇ジャーナリズムも「職場」なんだよね

今さら何をウブいことをww

797 :無名草子さん:2006/07/05(水) 02:02:33
でもスレまくった読者ばかりの現代も、かなり嫌だけどなあ。

798 :無名草子さん:2006/07/05(水) 06:38:28
Vシネマなんてのは資金出してるのが、パチとサラ。2流3流俳優たちが
地方のパチ屋の開店営業によくくる。
井筒なんてのは在日に食わしてもらってるんだもん。
ノビーももしかしたら在日に媚売って、パチのキャラクター狙いで
ここらで死ぬ前に一儲けしようとしてんじゃねえか。
パチギほめてるのはそうゆうことかな、でも案外呆けてるからほめたともいえる。

799 :無名草子さん:2006/07/05(水) 07:37:22
> 井筒なんてのは在日に食わしてもらってるんだもん。

ネットの情報をそのまま鵜呑みにしているなw

800 :無名草子さん:2006/07/05(水) 08:56:07
市ねカノンのボスは在チョンだろ

801 :無名草子さん:2006/07/05(水) 09:49:57
シネカノンのイポンウはオヤジのサラパチの金でプロジユーサーしてる。
井筒は東方見聞録という映画で俳優が水死してその賠償金を
死ねかのんに、肩代わりしてもらったから、挑戦には足むけて寝られない。
最近では、リーブ21などという在日カツラ屋のハゲコンテストの
審査員までしてる。
こういった日本人文化人? を取り込むことを、総連では抱摂といっている。

802 :無名草子さん:2006/07/05(水) 10:41:31
>>801
CMやPVの場合、撮影現場の法的責任は制作サイドが負うのだが
映画では監督が負うの?


803 :無名草子さん:2006/07/05(水) 13:14:59
>>801
なんだ、四六時中半島のことで頭が一杯なんだな。誰よりも半島ネタを愛している
おまえも総連に包摂してもらえ。

804 :無名草子さん:2006/07/05(水) 15:55:24
今週の「本音を申せば」は映画の話題あれこれ。
・トニー賞に出ていたパトリシア・ニールとジャニス・ペイジのこと
・ウディ・アレンの新作は長い
・キャロル・リード監督の「ミュンヘンへの夜行列車」について

以上。「ミュンヘンへの・・・」は見たかったな。
うちはWOWOW入ってないからなあ。

805 :無名草子さん:2006/07/05(水) 16:02:12
乙。
「本音を申せば」のダイジェストを読むと
今週も前半が終わりかけてるのだなぁと思う

806 :無名草子さん:2006/07/05(水) 18:41:23
井筒はチョンの血を輸血してもらえばいいんだよなw

807 :無名草子さん:2006/07/06(木) 00:06:35
テポドンがマット県に落ちれば面白いことになったのだが。
北チョンのヘタレめが

808 :無名草子さん:2006/07/06(木) 06:03:50
http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/index.htm
◎書評
小林信彦『うらなり』(石原千秋)


『文學界』に漱石研究者による書評が載るみたいだね。

809 :無名草子さん:2006/07/06(木) 12:20:40
ビートルズ馬鹿にすんな!

810 :無名草子さん:2006/07/06(木) 12:44:33
ハローフォークス
127回上流階級馬鹿選手権

今の「お笑い」番組ちゅーのはオえらいさんに周りが媚売るのばっかで
つまんねーや。さんまといい、たけしといいな。

811 :無名草子さん:2006/07/06(木) 12:46:07
ダウンタウンやとんねるずのなんかもう何だあれは。

812 :無名草子さん:2006/07/06(木) 18:14:45
とんねるずの「食わず嫌い王」、1コーナーが定番化。
「笑い」関係ないし、進行の手腕(?)もずるずる。確かにヒドイ。

813 :無名草子さん:2006/07/06(木) 19:53:38
>>802
監督も現場の責任者なので監督責任は問われる。しかもディレカンは倒産した。
いまだにグチャグチャ言う奴がいるが、タレントとして道化になって自前で稼いで賠償した井筒は立派だよ。在
日とか言ってる粘着バカは自分が仕出かしたことを自分の身銭で贖ったことの意味が分からないのだろう。

>>811-812
そんな番組でも惰性で見る視聴者がいるからズルズルになるだけのこと。

814 :無名草子さん:2006/07/06(木) 20:04:48
ずるずるやらないと、長くできないのですよ。
何年も「笑い」で食っていこうと思うと、そうなっちゃう。
ずるずるできないと、枝雀さんみたいになってしまう。

815 :無名草子さん:2006/07/06(木) 20:22:11
井筒は打たれることを承知でやってるだろ。
御大も泥にまみれることを厭わなければもっと…

816 :無名草子さん:2006/07/06(木) 20:25:18
814
四弱だってズルズルだっただろうがw

817 :無名草子さん:2006/07/06(木) 20:52:50
全ては、ドーム球場がいけない

818 :802:2006/07/06(木) 23:05:59
>>813
ああそうなんだ。むちゃくちゃだねえ。
もろもろの発注は監督がするわけでない(演出上の注文はしても)のにねえ。
というか映画監督が「現場の責任者」というのは変。
たとえばスタントシーンで撮影現場で「これは危ないからマットを敷こう」と映画監督がマットを発注の電話するわけがない。
それはプロデューサーなりラインプロデューサーの仕事なんだから。

というのがCM制作会社勤務の私の見解だが、813さん、この件でもう少し知りたいので
書籍なりサイトをご存知なら教えてちょ。

819 :無名草子さん:2006/07/07(金) 03:43:27
>>818
井筒はあの事故で書類送検されたんじゃなかった? 貴方はCMをやっている人なの? 
CM・PV・TVの場合も、こうした事故の際は、形式的であれ現場の演出家も責任を問われるのでは?
もちろん厳密にはケース毎に法的責任の所在を確定していくわけで、最終的には事業主である制作会社・局などに行くんだろうけど。

井筒の場合、現場での法的責任云々とは別に、ディレカンが潰れたので監督の井筒本人が直接に賠償金を支払わざるを得なかったようだ。
ttp://be.asahi.com/20040911/W14/0028.html
ttp://be.asahi.com/20040918/W14/0028.html

820 :無名草子さん:2006/07/07(金) 06:00:29
こうゆうのは普通プロジューサーが払うものだが、逃げたから、監督の井筒に
責任が回ってきただけ。
当時の映画仲間や監督たちはまったく無視して寒波すらなかったようです。
まー井筒はそれだけ嫌われ者だったわけで、挑戦に救われたおかげで、
プロパガンダ映画の巨匠になったのだから、以って瞑すべし。死んでいいよ。

821 :無名草子さん:2006/07/07(金) 06:10:36
>>820
嫌韓厨はアンチ井筒スレ・アンチ町山スレに帰ってください。

822 :818:2006/07/07(金) 09:39:50
>>819
>>CM・PV・TVの場合も、こうした事故の際は、形式的であれ現場の演出家も責任を問われるのでは?

映画をやられている人なのですか?

CMの場合は演出する人間の責任は撮影現場では形式的であれ問われません。
民事も刑事も。もし問われるのなら撮影前にディレクター自らが損害保険を
かけておかないとおちおち撮影できないでしょう。

CMの場合は広告主・広告会社から請け負う主体が制作会社(法的には下請けでなく請負業)のため、
映画とは違う解釈がされるのかと思い聞いたみたのです。

というかあっさり言うと >>813 が知ったかぶりをしているとしか 私の常識では思えないんですけども。

823 :無名草子さん:2006/07/07(金) 11:56:46
なんかホントにクリエーチブな仕事してる人も書きこんでんの?
嫌韓なひともいて、このスレなりに盛り上がってる
エンタクシーは、田舎出身の俺には微妙だったけど
日本橋・両国の話は、そのうちなんかの形にまとまればいいけどな

824 :無名草子さん:2006/07/07(金) 12:18:16
いやあ、ほんとに爆笑できるお笑い番組がねーのよ。
ザッピングしてたらよ、同じ日によ、はねるのトビラとよ、ワンナイでよ
ほら、あの滑り台からズリーっと滑ってきて水だか粉だかのとこに
落ちてスタッフと出演者だけ爆笑つーのやってて、軽くデジャブ
でもないやね。眩暈したね。
あの滑り台ジャンプ(コントじゃねーよな)つーのは、あれか?
今、トレンドなんか?

825 :無名草子さん:2006/07/07(金) 12:34:25
評論すんのも馬鹿らしいのばっか。御大もつまんねだろな。
なんか書けば文句になるしよ。というわけでネチネチとグチめいた
繰言を書くしかねーわけよ。

826 :無名草子さん:2006/07/07(金) 16:02:42
>>822
というか、現実に井筒は書類送検されているはずなのですが・・・。

827 :無名草子さん:2006/07/07(金) 16:13:47
>>822
最近の例ですと、「西部警察2003」の吉田啓一郎も書類送検されました。

“西部警察”の 石原プロ専務ら3人送検 5人が重軽傷を負ったロケ中の事故で書類送検
ttp://www.zakzak.co.jp/geino/n-2004_03/g2004030213.html

828 :無名草子さん:2006/07/07(金) 16:31:35
「エンタクシー」を読んだけど、対立している
石原慎太郎、立川談志、小林信彦、中原昌也を
一堂に集めた福田和也と坪内祐三が巧みだった、
って結論ですかね。

829 :無名草子さん:2006/07/07(金) 21:36:26
扶桑社の金で悪巧みしてたな

830 :無名草子さん:2006/07/08(土) 02:45:13
笑いの観察者はノビから高田文夫へだな。

831 :無名草子さん:2006/07/08(土) 07:12:09
才能も無いくせにタレントと称する輩が現在の番組を支配している。


832 :無名草子さん:2006/07/08(土) 12:36:06
支配してるのは
チョンと
創価と
ブラクと
ヤクザだろW

833 :無名草子さん:2006/07/08(土) 13:04:30
高田さんよりは年老いても小林さんがいいよ。
高田さんはたけしや談志の子分でなかったら
個人で勝負できる人とは思えない。

834 :無名草子さん:2006/07/08(土) 13:06:53
小林、ダウンタウン以降の吉本芸人全く評価出来てないじゃん

835 :無名草子さん:2006/07/08(土) 13:38:03
>>832
支配されてんの?不憫な人生だな、あるいは高田さんと同じような病の人?それなら申し訳ない

>>834
歌って踊って芝居ができてというわけでもなく、時事ネタをうまく笑いに消化することもできないって連中ばっかりだから、評価に値しないと思ってんだろ
ただ宮迫とかドンドコ山口あたりは、役者として取り上げる可能性はある、本音を読む限りの感想だけど
そういや、友近はちょっと触れていたな

836 :無名草子さん:2006/07/08(土) 14:20:52
三宅とか伊東とか太田とかは評価に値すんの?


837 :無名草子さん:2006/07/08(土) 14:48:27
何がいいたいのかよくわからんが
昔から伊東はかなり評価してる(森繁、渥美の流れ、もっというと、アメリカのコメディアンから直接影響受けてる人ね)、三宅は伊東の流れで出てくることがほとんど

大田は評価低いとは思わないがそんなに高いとも思わない

それよりこの人アメリカ人が好きだよね
自分でも「最近面白い人は」と聞かれて「いない」って答えてるって感じのことを書いてる
続けて、アメリカのだれかをみていると面白いな話が続けいていた気もする

最近も、スティーブ・マーチンとかケビン・スペーシーとかは、べた褒めでしょ
もちろん小林の見方が最高とも思わないけど、これがこの人の見方でしょ

838 :無名草子さん:2006/07/08(土) 15:03:34
大田って太田なのね、ゴメンなさい

吉本取り上げないのは、あん漫才がすきじゃないからなのかもしれない
漫才師で好意的にきちんと取り上げてんのは、やすきよくらいじゃない

エンタツ・アチャコとかダイマル・ラケットも評価は高いと思うけど
舞台を見てないというエケスキューズつきだったような気がする

つーか、戦後60年通しても評価が高いコメディアンって、森繁、渥美、寛美、クレージー、コント55、伊東、たけしくらいじゃない
有象無象は無視して当然では

とんねるずも一時期好意的だったが、純粋なコメディアンという見方じゃなかった

839 :無名草子さん:2006/07/08(土) 17:09:59
ポール・シュレーダーの『MISHIMA』について御大は何か書いてる?
そもそも見ていないかな

840 :無名草子さん:2006/07/08(土) 17:42:00
全て戦争で焼かれてしまったのに
昭和一桁はなぜかアメリカマンセーなんだよね。
ウチの死んだ親父もそうだった

841 :無名草子さん:2006/07/08(土) 19:28:50
来年誕生する小沢政権に対しても御大は文句つけるのかな?

842 :無名草子さん:2006/07/08(土) 19:47:44
当初は好意的
支持率が低下し始めるとともに批判開始
そんなとこが関の山

843 :無名草子さん:2006/07/08(土) 20:10:31
>>839
御大は三島由紀夫に興味があるのか?

844 :無名草子さん:2006/07/08(土) 20:29:57
小泉が靖国参拝した後のジジイのコラム楽しみw


845 :無名草子さん:2006/07/08(土) 23:13:55
小沢の無節操が際立って中国共産党も民主党も自爆だったな、この訪中。

846 :無名草子さん:2006/07/08(土) 23:29:30
>>843
三島のことは何度も書いているが…
小林センセの著作読んでないの?

847 :無名草子さん:2006/07/08(土) 23:35:46
かたや東大法学部卒のマッチョ。
かたや私大文学部卒の虚弱オタク。

848 :無名草子さん:2006/07/08(土) 23:48:32
三島は元々弱かったから必死に鍛えたのであって
生まれつきのマッチョではない。
人工的な肉体だけに脆かったしね。

ノブはマッチョではないが
体型が変わるほどの大病はしていないので、
そこそこ不健康状態のまま安定していて
こういうタイプは意外と長生きすることが多い。

849 :無名草子さん:2006/07/08(土) 23:50:50
石原千秋の「うらなり」の書評を読んだよ。
漱石研究者が読んでも合格点だそうだ。

早稲田の文芸専修では、この「うらなり」のように
有名な小説の脇役の人物を主人公にして
小説を書かせるトレーニングを
しているそうだよ。

850 :無名草子さん:2006/07/08(土) 23:54:13
たけし以降のお笑いを全く批評できないノビー


851 :無名草子さん:2006/07/08(土) 23:54:58
>>847
三島だって元々は虚弱体質だった。

852 :無名草子さん:2006/07/09(日) 01:17:23
ま、70のじいさんだからな
たけし以降の笑いを評価してるのってだれ?いるようないないような

853 :無名草子さん:2006/07/09(日) 01:59:25
いねぇな
需要がないんでしょ



854 :無名草子さん:2006/07/09(日) 03:54:30
ラサール石井がかなり日本の喜劇人を意識して(と本人がそう言っている)書いたことがあったね

855 :無名草子さん:2006/07/09(日) 04:54:36
>>854

結構読みごたえあった、ラサールの本。

放送作家兼評論家の西条昇が、色々書いていて、面白いが
自分の見てない芸人まで書くのはどうかと思う。



856 :無名草子さん:2006/07/09(日) 11:02:39
片岡鶴太郎ブレイク前夜のあたりが面白かったね

857 :無名草子さん:2006/07/09(日) 19:21:18
西条昇の本は、全体に甘めだった印象が

出川とコンビ組んだ方がよかったんじゃないの

858 :無名草子さん:2006/07/10(月) 08:38:09
ノブの小説や評論が面白い時ってサゲが決まった時だよね
日本の喜劇人の宍戸錠とか

859 :無名草子さん:2006/07/10(月) 12:32:03
僕たちの好きな戦争

860 :無名草子さん:2006/07/11(火) 00:51:28
東京都旧日本橋区両国生まれ。


こう書かないと怒られます。
うかつに「東京都両国生まれ」なんて書いたら
「俺は相撲取りかよ、このやろう!」と
すごまれます。



861 :無名草子さん:2006/07/11(火) 17:12:10
今週の「本音を申せば」は、ノビー、小千谷に行くの巻。
子供嫌いだったのに今はすっかり孫にメロメロなノビーであったが、深夜にサッカーを見て寝不足になってたりもする。
W杯に興味があるなら素直に言えばいいのに。
オイルショックの時に永井淳に頼んで自作を文庫化してもらうなど経済的に恵まれないノビーは、
「大衆にバカウケする小説を書けない男の生活など、こんなものである」
と自嘲する。なんかチャーミングだ。「バカウケ」は古いけど。
お孫さんは「サンダーバード」マニアとのこと。ヲタの血なんだろか。

862 :無名草子さん:2006/07/11(火) 18:25:23
けふ書店で「うらなり」単行本が出てるのを知ったが、とんと評判を聞かないなあ

863 :無名草子さん:2006/07/11(火) 18:26:20
けふ→きょう

864 :無名草子さん:2006/07/11(火) 20:37:19
>>862
「ぴあ」から出ている月刊誌「Invitation」に書評が載ってたし、
あと、新聞にもいくつか載ってたよ。

865 :無名草子さん:2006/07/11(火) 20:45:44
>>861
孫がマニアックな物に興味して嬉しいんだろうな
御大、愚痴をたらしてるけど、幸せになってよかったね

866 :無名草子さん:2006/07/11(火) 21:17:09
御大の孫バカぶりにはほのぼのさせられるな。
頑固ジジイだけど孫にはメロメロの図、って感じで。
2002年の初孫誕生時のエッセイは心に残ってるな〜。

867 :無名草子さん:2006/07/11(火) 21:46:07
ていうことは、小千谷の孫は4歳かい。
たしかに、マニアックだな


868 :無名草子さん:2006/07/11(火) 21:56:23
東京府両国生まれ

869 :無名草子さん:2006/07/11(火) 22:43:21
俺も今日やっと「うらなり」買ってきた。
装丁、上手に凝っててなかなかいいのに、
誰も触れないのねん。

870 :無名草子さん:2006/07/11(火) 23:00:37
なんでダウンタウンみたいなクソについて書かなきゃいけないんだよ
放送作家の高須や松紳のひげもじゃメガネに書いてもらえばいいじゃねえか
あゴメン
文章書けなかったね

871 :無名草子さん:2006/07/11(火) 23:31:49
そんな君のオススメ芸人は?

872 :無名草子さん:2006/07/11(火) 23:53:05
昔もパパは神様じゃないとか書いてるからなあ〜

873 :無名草子さん:2006/07/12(水) 00:53:50
>>862
評判は聞かないが、昨日、電車で読んでる人を見た。


874 :無名草子さん:2006/07/12(水) 08:16:31
ここんとこの作品に比べると、わりと好き

875 :無名草子さん:2006/07/12(水) 11:34:10
>>874

「結婚恐怖」より好きは必至ですね。

が、漱石作品に発想を得た「うらなり」が
オリジナルの「結婚恐怖」を上まわる出来ばえ、というのが、
氏の小説家としての限界をあらわしているかと思える。

876 :無名草子さん:2006/07/12(水) 16:15:32
ずっと預言の解説をしていた高島俊男の連載が打ち切りになるみたいだね
結構好きだったんだが。。

877 :無名草子さん:2006/07/12(水) 21:37:12
御大みたいに悪意をオブラートに包む芸当ができなかったから、仕方ないね。

878 :874:2006/07/12(水) 21:57:26
しーっ!!!!!!

・・世界が凍ります

879 :無名草子さん:2006/07/12(水) 23:34:21
>877
悪意をオブラートにって本気で言ってんのかww
盲目的ファンは有難いね〜

880 :無名草子さん:2006/07/13(木) 01:16:24
今週の「本音を申せば」を読んだ。
お孫さん(上の子)、もう4歳なんだな。
てことは彼の誕生話が載った頃は
まだ「人生は五十一から」だったのかな

今週の幼稚園
「(親はぼくを幼稚園に行かせなかった。)
弟は幼稚園に行っているので、
ぼくは幼稚園向きじゃないと見られたのかも知れない。
思い当たることもあるが、それは「文学界」に長く書くつもりなので
(ということにして)ここでは遠慮する。」

近々長いのが読める、と期待していいのか、な?
「つもりなので(ということにして)」って、なんなんだよ…

881 :無名草子さん:2006/07/13(木) 01:31:05
「うらなり」の単行本にパラフィン紙(だよな?あれは…)が
かかっていたのでびっくりした。
小林本では「ぼくたちの好きな戦争」(1986)以来ではなかろうか、パラフィンは。
「怪物がめざめる夜」(1993)は「戦争」と同じく
「新潮社純文学書き下ろし特別作品」として刊行されたが
パラフィン紙は無かった。

882 :無名草子さん:2006/07/13(木) 01:50:27
昔の本とかパラフィン紙がかかっているけど、
あれなにか機能があるの?

883 :無名草子さん:2006/07/13(木) 02:07:52
>>882

函に戻す時にパラフィン紙をベキベキにした気弱な客と
書店のオヤジの間にはしる緊張感、殺気が第三者にも伝わってくる機能です。

884 :無名草子さん:2006/07/13(木) 03:40:50
来月のフィルムセンター、果たして何本観ることができるやら

885 :無名草子さん:2006/07/13(木) 15:16:47
小林さんのページにやくざ映画の広告があるのは偶然?

886 :無名草子さん:2006/07/13(木) 20:01:06
>879
>悪意をオブラートにって本気で言ってんのかww
>盲目的ファンは有難いね〜

君みたいなあきめくらには適わないな



887 :無名草子さん:2006/07/13(木) 21:33:03
おもしろ〜〜い
886にはユーモアのセンスがある。
盲目的といわれたから返す言葉であきめくらって・・・
素晴らしいよん

888 :無名草子さん:2006/07/13(木) 22:16:42
照れるなぁ、滅多にオブラートに包まれないから。

889 :無名草子さん:2006/07/14(金) 02:01:39
次女は婿養子をとるのだろうか?
そのころまで御大は生きていられるのだろうか?
とりあえず現在は「東京物語」みたいに子供に捨てられて
ない様子だね。

890 :無名草子さん:2006/07/14(金) 08:25:32
>>889
次女さんをキャリアウーマンにしてしまったからねえ・・・。普通に家庭を
持たせたければ、ああいう業界に入れては駄目よ。まあ、ああいう業界でもその
中で結婚して仕事と家庭・子育てを両立させている人もいないではないけどさ。

891 :無名草子さん:2006/07/14(金) 10:51:23
虚弱体質だったとか、近所の子と遊ばない子供だったとは書いていますが、
御大は運動はしないのでしょうか?
自転車には乗れるのか?泳げるのか?逆上がりはできたのか?
どうでもいいと言わればそれまでですが、なんか気になります。


892 :無名草子さん:2006/07/14(金) 12:29:26
えのきどいちろお〜意気揚々〜文化放送!
水谷かなくんの「心配ですねー、他人事ですけど」に続く
ヒットギャグ(俺限定)

「僕は生まれてからずっと日本人だと思って生きてきたんですけど
ほんとはインド人でした」

893 :無名草子さん:2006/07/14(金) 12:38:47
意気揚々大好きだったなー。ドリルチンコとか。

894 :無名草子さん:2006/07/14(金) 12:51:11
御大も「ドリルチンコ」の回には大満足。

895 :無名草子さん:2006/07/14(金) 13:36:31
次女はキャリアウーマンになっちゃったんだからしかたない、したんじゃないと思うが

長女も結婚するまでは働いただろうし

896 :無名草子さん:2006/07/14(金) 16:42:59
大学生の時、ぼくは山本山で働いていたよ。
自転車で配達していた。

897 :無名草子さん:2006/07/14(金) 16:51:47
>>895
そもそもノビーが「編集者なんか苦労が多いだけだから辞めておけ」と言えば、
次女さんがS社に就職することもなかっただろう。縁故とは言わないがね。
前にも出た話だけど、業界の裏表を知り尽くしたノビーが、なぜ自分の子供が
同じ業界に入ることを許したのだろう?

898 :無名草子さん:2006/07/14(金) 20:01:04
編集者ったってピンからキリまであるだろ。
矢来町なら御の字だと思うけどなぁ。

水谷かなは、自らのかつぜつの悪さを「舌使いが上手くない」ってw

899 :無名草子さん:2006/07/14(金) 21:57:57
今日は予備役を「よびやく」って読んでましたね、かだたん。

900 :無名草子さん:2006/07/14(金) 22:01:06
信彦とまったく関係ない出版社だったら
疑われることはなかったのだろうけど、
よりにもよって新潮社だからなぁ。

901 :無名草子さん:2006/07/14(金) 22:24:28
自分そっくりの顔の娘にはまともな幸せは望めないと判断した
ノビヒコの慧眼と強引に新潮にぶちこんだ行動力
ノビヒコは作家としてはあまり才能無かったけど
サラリーマンになってればそこそこ行けたのでは?
なんのかんの言って派閥とか寝技得意そうだし。
まぁ、ノビヒコのセルフイメージとはずれるんだろうけど、
ノビの本質は会社型人間だよね。

902 :無名草子さん:2006/07/15(土) 14:27:41
老害以外何者でもないなコイツ等

903 :無名草子さん:2006/07/15(土) 18:51:46
公務員のが向いてたろうね、あの経済的な強迫観念は。

904 :無名草子さん:2006/07/16(日) 09:51:03
公務員というのはいえてるね。


905 :無名草子さん:2006/07/16(日) 18:27:55
「夢の砦」のはじめの方にある、
失業状態の主人公の
「とびっきり自由な仕事はないか…」というモノローグを
思い出した。
どの程度小林本人を反映したものかわからないが、
公務員はどうだったろうか…

906 :無名草子さん:2006/07/16(日) 18:31:13
小林の作品に出てくる公務員

「夢の砦」主人公に説教する、職安の職員
短編「横になった男」やたらと威圧的な態度の、職安の職員(女性)

907 :無名草子さん:2006/07/16(日) 21:02:44
公務員に対しての恨みも忘れられないんだろうなぁ

908 :無名草子さん:2006/07/16(日) 21:36:06
>>907
小説に嫌に書かれた職業を
すぐに作者とつなげるんじゃねぇよ。

909 :無名草子さん:2006/07/17(月) 01:24:38
ノビの場合はつなげてよし、単純だから。

910 :無名草子さん:2006/07/17(月) 22:23:33
各週刊誌の書評で「うらなり」が絶賛されてますな。

911 :無名草子さん:2006/07/17(月) 22:32:14
「うらなり」買ってきたけど
装丁がハトロン紙っていうのは、凝ってますな

912 :無名草子さん:2006/07/17(月) 23:07:47
うらなり絶賛してちゃまずいだろうw
せいぜいが佳作だろう。正確に言えば佳作と凡作の間か

913 :無名草子さん:2006/07/17(月) 23:19:16
一つ橋2社、音羽町が給与レベルもダントツで、組合も強いからよほどのことが
無い限り首になることもなくて、矢来や紀尾井は知名度はあっても、そうとう
落ちる、と聞いたのですが、そんなモンでしょうか?


914 :無名草子さん:2006/07/17(月) 23:34:06
給与でいえば革でが良いとか聞いたことあんだけどホント?

915 :無名草子さん:2006/07/18(火) 00:24:52
> 一つ橋2社、音羽町

東京キー局レベル(=日本トップクラス)

> 矢来や紀尾井

上には劣るが、普通のサラリーマンに比べればはるかにマシ。

中間レベルとしてマガジンハウスなどが入る。

どうでもいいけどスレ違いじゃね?
『会社図鑑』でも読めば。

916 :無名草子さん:2006/07/18(火) 03:12:14
うらなりがドーンとヒットしてその印税で東日本橋に
家建てましょうや、御大。

917 :無名草子さん:2006/07/18(火) 16:10:01
sage進行が適したスレだと思うがなぜ上げる

御大本人は絶対読んでないので、家建てようとか意味ないのでは

中日の連載はやっぱり売れないから単行本になんないのか?次女がんばれ

918 :無名草子さん:2006/07/18(火) 16:26:55
70になっても筒井みたいに定期的に単行本を出したり
旧作が次々に映画化されるような状況だったら
(ドラマ化すると『富豪刑事』が2万部ポンと増刷されたそうだ)
ノブも悠々自適なんだろうけどな。

919 :無名草子さん:2006/07/18(火) 17:50:10
筒井康隆とは大きく差がついたね
ノブはどこで戦略を間違ったのか?

920 :無名草子さん:2006/07/18(火) 19:39:28
出版社の話題がスレ違いなんて言われたら、
インフレとサマータイムの話しか出来ないじゃないか!

921 :無名草子さん:2006/07/18(火) 20:04:29
>>919
結局、「東京」と「回想録」以外に書くテーマがなかったからだろう。
「うらなり」はその意味で久々のまともな仕事。

922 :無名草子さん:2006/07/18(火) 20:37:22
>>918
「富豪刑事」が2万部といっても文庫だしな〜。それで他の旧作まで動いたりするんだろうか? 筒井氏
は今は結構いい暮らしをしているらしいが、やはりタレント収入で稼いでいるんですかね?

>>919
筒井氏は元々が俳優志望でもあり、断筆騒動前後からタレントとしても活動する
ようになった。二人とも基本はマニア向け作家だけど、単純に世間への露出量の差じゃないの?
それに、小林マニアよりもツツイストの方が遥かに多いしね。
筒井さんは有名無名のフォロワーたちに持ち上げられても「俺は役者だからな」「俺さまは一流」とか言って
偽悪的にふんぞり返れるけど、小林さんは自分が他人になんか分かってもらえるわけがないし
俺に勝手に自己投影するおまえらうざいんだよオーラの塊。
それでもたまに他人と対談して誉め合ったりする点を見るとやっぱり認めて欲しいんだろうけど。

923 :無名草子さん:2006/07/18(火) 21:37:08
>>922
だから、御大はシャイなんだよ

924 :無名草子さん:2006/07/18(火) 21:41:28
>>922
「富豪刑事」や「時をかける少女」や「日本以外全部沈没」のような
とっくの昔に稼ぎ終わった旧作が
今になって増刷するのはいい儲けになる。

ノブの場合、講談社文芸文庫で復刊されているけど
どう考えても2万部も出ていないだろうからなぁ。
(でも文庫にしては定価が倍ぐらいするけど)

925 :無名草子さん:2006/07/18(火) 21:44:33
>>922
福田和也によると、立川談志は一度交流を持つと
飲み屋に仕事にとベタベタにつきあうことになるが、
ノブはけっしてそのようなことが無く、距離感を保ったままだそうだ。

これを「江戸っ子ノシャイネス」ととるか
「人付き合いが下手なだけ」ととるかはまかせる。

926 :無名草子さん:2006/07/18(火) 21:49:12
正直、談志もどうかと思うが、言い辛いふいんきだ

927 :無名草子さん:2006/07/18(火) 22:38:40
2万部というレベルが今の出版業界を表しているな、ショボイね

928 :無名草子さん:2006/07/18(火) 23:28:32
国民年金2年分の印税が入ってくるお

929 :無名草子さん:2006/07/19(水) 16:02:19
今週の「本音を申せば」は、少子化問題について。
と言っても、ノビーは子供を安心して産めなくなったことを批判し、少子化を解決しろとは言ってない。やっぱり「生めよ増やせよ」になっちゃマズいと思ったんだね。
小泉総理を「この男」呼ばわりするわ、「社長」シリーズの三木のり平みたいと言うわ、相変わらず罵倒してる。憎みすぎてもはや愛しちゃってるような気がする。
ノビーは今の時代は戦後の混乱期よりひどいと言う。その理由は、あの時代には「もう爆撃はない」という希望があったから、とのこと。
なんだか「坂の上の雲」みたいだ。

930 :元要約屋:2006/07/19(水) 22:35:29
なぜこのスレはフライングに寛容なのか…

931 :無名草子さん:2006/07/19(水) 23:23:02
談志と信彦は対立してるからね

932 :無名草子さん:2006/07/19(水) 23:44:46
>>930
寛容といわれても
横山やすしの映画なんか見た事無いからなあ・・・

933 :無名草子さん:2006/07/20(木) 00:02:18
>>929
>ノビーは今の時代は戦後の混乱期よりひどいと言う。

与党・財務省・日銀がまともな経済政策を取らず、福祉・医療・教育の予算をカ
ットすることしか考えてないんだからそりゃ暗くなる。つまりは逆をやれば明るくなる(本当は)

>その理由は、あの時代には「もう爆撃はない」という希望があったから、とのこと。

今だって爆撃なんかね〜よw ノビーお気に入りの小沢一郎だってこう言っている。

>また、北朝鮮のミサイル・核技術は、まだ他国を攻撃できる水準には達しておらず、
>現時点で国際社会を敵に回して日本などと戦争する意向はないとの見方を示した。
>そして「問題の本質は北朝鮮の強権政治をいかにソフトランディング(徐々に安定した状態にすること)
>させるかだ」として、そのためには日米・日中を含めた国際社会の一致した協力が不可欠と訴えた。
ttp://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2216666/detail

934 :無名草子さん:2006/07/20(木) 00:04:38
>>931
奥さんが、あわないと書いてあった記憶が。
たしか芝浜あたりで

935 :無名草子さん:2006/07/20(木) 00:27:16
でもソフトランディグというのも穏便なようでいて、なんか実現性ないよなあ。
統一朝鮮になるのがいいのか、中国に併合されるのがいいのか、今のままがいいのか
しらんが反日をやめるわけがないし、難民が押し寄せてきても困るし。

936 :無名草子さん:2006/07/20(木) 00:29:09
ホリイのランキングでしったんだけど、梅雨の時期って酢豆腐は定番なんだってね。寄席で。
あと本では有名だけど、最近まったく演じられていないのが頭山だとか。
あれ好きなんだけど。

937 :無名草子さん:2006/07/20(木) 19:01:19
今週の文春の前半で「稱して」という言葉を3回連発してたけど
前は、こういう漢字使わなかったのに。
御大、なにか心境の変化があったのかなぁ

938 :無名草子さん:2006/07/20(木) 20:16:18
口述筆記でワープロ入稿だからじゃね?

939 :無名草子さん:2006/07/20(木) 21:08:46
自民党の幹事長時代はアメリカべったりで、
民主党党首となった今は中国に擦り寄る人の見識を疑えないのは幸せだね。

940 :無名草子さん:2006/07/21(金) 00:35:30
口述筆記なのか、気になるところではある

941 :無名草子さん:2006/07/21(金) 13:12:21
超気の早い話w
「うらなり」、薄いページ数になるであろう文庫の値段はお幾らになりますかね?

ちなみに手元にある新潮文庫の漱石の薄い「坊〜」の方は、現在300円。
著作権フリー、原価償却…(知ったかぶりw)は、してるんで…

942 :無名草子さん:2006/07/21(金) 20:50:12
540円

943 :無名草子さん:2006/07/21(金) 23:13:27
「国民期待の星」福田康夫が総裁選出ないと決めたってさ。

944 :無名草子さん:2006/07/21(金) 23:35:12
その代わりに「県民の期待外れ」田中康夫が三選目指します。

945 :無名草子さん:2006/07/22(土) 16:47:26
>>933
>>与党・財務省・日銀がまともな経済政策を取らず

もっと金融を引き締めろとでも言うのか?

946 :無名草子さん:2006/07/22(土) 17:01:54
>与党・財務省・日銀がまともな経済政策を取らず
経済論争もので難しいのは、何がまともなのか、ということでさせ簡単に決められないことだよね。
与党でも財務省でも日銀でもいいけど、中に悪い奴がいて、意図的に経済をダメにしているだ、
みたいなわかり易い世界だったら、解決法だってあるわけで。後は実現性の難しさを考えれば
いいわけだ。
のびー太さんの考えもこのレベルでしょ。

947 :無名草子さん:2006/07/22(土) 17:33:41
>>946
>経済論争もので難しいのは、何がまともなのか、ということでさせ簡単に決められないことだよね。

そんなもん本当は決まっとる。今はデフレなので金融は緩和、財政は中立(必要なら財出)。
基本はこれだけ(さらに具体的な手法についてはリフレ派のブログ・書籍でも見てくれ)
日本国債のほとんどは日本国内をグルグル回っているだけなので、経済成長が続く限りは(よほど無理
な財出でもしない限り)国家は破綻しない。無限大に増やすことは出来ないが財政赤字の削減にだけ気を使うのは間違い。
財政支出を絞ることは明確なデフレ圧力だし増税もすべきではない。代わりに法人税は上げて累進課税は強化。

客観的な正解は既に存在するにも関わらず、それが何故困難かというと、日本
のアカデミズム・ジャーナリズム・官界には「ゼロ成長論」(経済成長は悪、国家は
ゼロ成長で中立運営が理想)的な感情が恐ろしく強いため。残念ながら現在の
政権を批判しているつもりのノビーもその一員というのが悲しいところ。

948 :無名草子さん:2006/07/22(土) 17:45:57
>与党でも財務省でも日銀でもいいけど、中に悪い奴がいて、意図的に経済をダメにしているだ

無意識のゼロ成長サークル(笑)の教義に従っている人間が多いという意味では、
その陰謀論は正しくなってしまうのが哀しい(苦笑) 三重野・速水・福井と最近の総
裁も全て基本はゼロ成長論者に近いし-左右を問わずそれを誉めるある種のジャーナリズム・アカデミズム
というのもあるわけですよ-、財務省はその場の(単年度限定の)財政規律しか
考えていない(よほど往年の自民党・旧社会党守旧派のバラ撒き要求がキツかったのだろう。そのトラウマかな)

経済財政諮問会議・財界トップ・自民党にせよ、経済成長を謳う割にはゼロ金利解除や
骨太の方針に理解を示すし、単に頭が悪いだけなのかもしれない。ゼロ金利解除に
反対していた中川とかも基本は歳出削減論者だしな。
・・・さて、ノビーさんにこういった理屈、理解できるかな?

949 :無名草子さん:2006/07/22(土) 19:18:00
経世会から金貰ってんだよ、御大。

950 :無名草子さん:2006/07/22(土) 21:02:49
いつ死んでもおかしくない年齢(73歳)で毎日生きているって
どんな感じなんだろう?俺はまだ40年先の話だ

951 :無名草子さん:2006/07/22(土) 21:22:23
>>950
くだらねえこと書くなよ。自分の親にでも聞け。

952 :無名草子さん:2006/07/22(土) 22:04:33
そうそう、
最後の審判なんて
毎日行なわれてるのさ。


953 :無名草子さん:2006/07/23(日) 00:42:38
>>950
おいおい、
33歳でもいつ死んでもおかしくないぞ。
最近40歳前後で急死する奴の多いこと。

954 :無名草子さん:2006/07/23(日) 01:57:25
また根拠の無い印象批評だなあ。
40歳前後の死亡率が上がっているのが統計的に証明さえているのか?

955 :無名草子さん:2006/07/23(日) 02:17:38
>証明さえているのか?

いや特に証明さえていないよ
証明さえてwいないから印象批評なんだろ


956 :無名草子さん:2006/07/23(日) 03:02:36
>>955
馬鹿丸出し。
人のtypoを得意げにあげつらっている暇があったら、もう少しまともなことを書け。

957 :無名草子さん:2006/07/23(日) 11:24:52
証明さえてないって正直に答えてるのに感じの悪い奴だな〜お前はw

958 :無名草子さん:2006/07/23(日) 13:10:24
この1週間の萩本欽一の発言はひどすぎたのだけど、昔を知る信彦は
萩本を斬ってくれないかなぁ。

説教をされたり責められたりすることが何より苦手なままで
老化してしまった気持ちの悪いナルシスト老人としての「欽ちゃん」を
克明に書けるのは信彦しかいない!

959 :無名草子さん:2006/07/23(日) 15:12:43
>958
萩本を切るってww
ノビヒコ本人もボケて分からんのに

>説教をされたり責められたりすることが何より苦手なままで
>老化してしまった気持ちの悪いナルシスト老人

これってそのままノビヒコのことじゃんw
説教好きのナルシスト。だけど他人からの批判はゆるさない
それがノビ



960 :無名草子さん:2006/07/23(日) 15:17:35
>>959
自分にも心当たりがあるからこそ
批判の刃は鋭くなるんだろ。

三島の太宰批判と同じだ。

961 :無名草子さん:2006/07/23(日) 16:33:30
>>947
リフレ派って、けっこう言葉として恥ずかしいのでは
さらにいうなら、経済政策に絶対的な正解ってないと思うんだけど?
「ゼロ成長論」っつてるけど、これって均衡財政の方が言葉として適当では?

本当にそっちに強い人?

962 :無名草子さん:2006/07/23(日) 18:34:05
>>958
でも、つい解散って言ってしまう→みんなに止められて涙ながらに撤回
といういかにも泥臭い流れは、これぞ欽ちゃん!って感じだったけどな。
欽ちゃん=いい人という恐ろしい誤解がいまだ根強いことには驚いたけど。


963 :無名草子さん:2006/07/23(日) 18:40:14
> >>946
> そんなもん本当は決まっとる。今はデフレなので金融は緩和、財政は中立(必要なら財出)。
946みたいな人が典型だし、ネットでブログとかがゴロゴロしているけど、こういう素人経済通
って、やたら現政権の政策とか馬鹿にするんだよね。「わかりきったこと」とか「あたりまえ」とか
みたいに。

じゃあそんな簡単なことなら、なんで政府や大蔵省や日銀の人にはわからないの、という疑問
がおきるわけだけど、そいつらは馬鹿だから、とか良くて何か権益を守っているから、という
ことぐらいしか反論はない。

自然科学なら「難しいこと」に「簡単なこと」は基本的に含有されているわけで、誰もが当たり前
だと思っているような基本的なことなら、そんな根本的に間違いをするわけがない。

おそらくは946みたいな人を集めて現在経済政策に影響がある層とそっくり入れ替えたって、
結局失敗するでしょ。で、本人達はいろいろ制約があった、とか言い訳するだけ。

経済政策ぐらい、自分で何の影響力も無い奴がわかったこと言っているのが空しい分野はない
かも。
まあ本人達も自分が責任を取らされることはないだろうから、好き勝手なオナニーしているだけ
なんだろうけど。

964 :無名草子さん:2006/07/23(日) 20:24:20
こ゛もっとも

965 :無名草子さん:2006/07/23(日) 21:04:15
>>962
面白い狂言をみせてもらったという感じかな
泣かして笑わせる藤山寛美の舞台みたいだった。

欽ちゃん=いい人という構図は死ぬまで崩れないのだろうね
淫行でもしなけりゃ。

966 :無名草子さん:2006/07/23(日) 21:27:00
馬風を会長にするなんて洒落がきいてるな、落語協会。


967 :無名草子さん:2006/07/23(日) 21:35:31
なんせ先代が、「山のあなあな」ですから

968 :無名草子さん:2006/07/23(日) 22:12:09
>>963
>じゃあそんな簡単なことなら、なんで政府や大蔵省や日銀の人にはわからないの、という疑問
>がおきるわけだけど

それは、貴方も言う通り、あの業界の特殊性を考慮に入れる必要がある。客観的に
正しいことが政治的に常に通用するわけではないからね。
もっとも、経済財政諮問会議のレポートなどを見ると、本当に馬鹿というか、
かなり変わった価値観で動いている人たちなのかもしれない。

969 :無名草子さん:2006/07/23(日) 22:16:07
>>967
「落語協会会長への道」を実践したよな

970 :無名草子さん:2006/07/23(日) 23:17:12
欽ちゃん=いい人という誤解はなんでまだ信じられているんだろうか?
小林信彦がそのあたりを書いた文書ってありました?


971 :無名草子さん:2006/07/23(日) 23:58:52
別に本気で欽一が良い人だの悪い人だのいってる人間は世間におらんよ。
ある芸能人が実はいい人だの悪い人だの、本気で気にしてたり、そんな事を語るのに意味があると思ってる
のは学生さんみたいな暇人か、ノブみたいな芸能おたく(まぁ暇人の一員だね)くらいのもんだ
ほとんどの人はどうでも良いので適当に分類してるわけだ、王監督=まじめ、とかさ

972 :無名草子さん:2006/07/24(月) 00:12:53
欽ちゃん=いい人っていうのは、あくまでもマスコミ報道の図式だろ。
今回の欽ちゃんは本当にうざかった。


973 :無名草子さん:2006/07/24(月) 00:20:24
>>971
普通の人でも芸能人を「一見いいひとでも実はドケチ」みたいなイメージで
把握しているよ。
たいていのイメージは二重になっている。
岡村や東野を「カメラの前では活発。でも実は超ネクラ」など。


現実にはさらに実像としての「実は」があるんだけど。

974 :無名草子さん:2006/07/24(月) 00:34:23
小林のおじいさんって芸人だったらしいね

975 :無名草子さん:2006/07/24(月) 01:27:06
>>970
欽ちゃんは「欽ドン」「欽どこ」「欽曜日」時代のイメージがまだ残っているからでしょ?
二郎さんと組んでいた頃はむしろキワモノに近かったと思う。

>>972
今回はブログでも欽ちゃんを醒めて見ている人は結構いましたよ。みんな素の日常生活との他人との会話では欽
ちゃん=いい人のイメージに合わせていると思うけど、ブログでは本音が出るみたい。
意外と世間はクールなもんだなあと思った。

976 :無名草子さん:2006/07/24(月) 04:30:38
ブログと世間にも差はあると思うが。ブロガーは大体醒めてるもんだし、人口比が違うし。
いずれにしてもそんなに大騒ぎするほどの問題ではないと思う。
欽ちゃん球団の話にしても、事の発端である山本の事件にしても。

977 :無名草子さん:2006/07/24(月) 07:49:42
欽ちゃん=いい人ってのは、ほとんど皮肉でしょ。
今ではほとんどの人は欽ちゃん=悪い人という認識で一致している。
実際、芸能界でも屈指の悪人だし、山本なんかより数倍は悪行の
限りを尽くしている。
ゴールデンゴールズ解散発表した時も国民の大半はせいせいしてた。
茨城の人も大半はそういう意見だったと聞いている。

王さんも同様でマジメというのは皮肉で、野球界であれほど不真面目な人も
いない。それは皆知っている。
誰もが野球界を退いてほしいと願っているところに今回の入院だから
国民のほとんどは拍手喝采しているのが本音。
もう二度と野球界に戻ってきて欲しくないというのが皆の本音だよね。

978 :無名草子さん:2006/07/24(月) 10:20:28
>>977
とりあえずソースを示せ。
どこの「ほとんどの人」がそう思ってるんだよ。

979 :無名草子さん:2006/07/24(月) 10:28:10
>>933
小林氏は何年か前に文春のコラムで、景気回復にはゼロ金利と消費税の引き上げを止めるべきという、
ある米国高官(名前失念)の意見に賛成をしていた。
ゼロ金利も、経営者や投資家の活動を活発にする点では意義があるが、
世人の多くは勤め人である。
しかも、一億中流で高度消費社会の段階にある日本では、
ブラジルなどのように極一部の層に富が集中しているわけではなく、
富は世の中の大半を占める、中流の勤め人や消費者などの個人に偏在している。
よって、日本の景気をさせるには、個人に金を使わせなければならない。
同じ高度消費社会でも、アメリカ人のように、金利が安いからと貯金をせず借金をして、
商売や投資、消費をするような積極的・楽天的な日本人は少数。
そういう点で、ゼロ金利と消費税の引き上げは、ただでさえ固い日本人の財布のヒモを、
ますます固くしたような気がする。

980 :無名草子さん:2006/07/24(月) 10:29:31
演技で嘘泣きをしたという説と
ずっと独裁者のままだったから他人に問い詰められることに慣れてなくて本気で泣いた説との
2種類があるが、どちらだろうか?

ノブの著作では、
仕事をやろうとプロデューサーにもちかけられると
「怒らない?」とビクビクしている萩本が描かれていたはず。
怒られるのがなにより苦手らしいので、だとすると後者の説かな。

981 :無名草子さん:2006/07/24(月) 11:49:02
>>979
デフレ下で金利を上げるのは理屈が通らないと思うが。

>>980
「説」なんて言って恥ずかしくないのか?

982 :無名草子さん:2006/07/24(月) 12:40:44
>>981
> 「説」なんて言って恥ずかしくないのか?

どういう意味?

983 :無名草子さん:2006/07/24(月) 14:23:11
>>980
計算する以前に、欽ちゃん自身、事態を飲み込めなくてなかったと思う。
よくわからないうちに記者に取り囲まれ、そこで初めて事態の大きさに気づき、
謝っているうちに興奮してきて、自分の気持ちも収拾がつかなくなり解散を口走っただけでは?
良くも悪くも軽率な人なんだよ、きっと。
でも軽率だからこそ、思いつきで球団を持ったり、番組を作ったりして、
人を楽しませたり、仕事を与えたりもできたわけで。
鎮痛な面持ちで謝罪して、冷静に「関係各位と今後の対応を協議しております」とか答えるような大人だったら、
最初から球団なんか作らないし。

984 :無名草子さん:2006/07/24(月) 16:47:29
>>979
>そういう点で、ゼロ金利と消費税の引き上げは、ただでさえ固い日本人の財布のヒモを、
>ますます固くしたような気がする。

ゼロ金利を止めたらもっとカネを使わないよ。00年の事態はなかったことになってるのね。
消費税を引き上げる必要はないのはその通りだが。
だいたい、小林氏は強度のインフレ恐怖症なので、彼の経済に対する意見に見るべきものはほとんどない。

985 :無名草子さん:2006/07/24(月) 19:58:17
977みたいなのは有名人のことばかり一日中考えてるんだろw
あの人はホントにいい人だろうか?とかね
噂の真相と小林信彦くらいしか本読まないんだよな?

986 :無名草子さん:2006/07/24(月) 20:29:10
ノブは抗うつ剤を飲むべきだ。言ってること書いてること行動パターンは
明らかにうつ病患者。

987 :無名草子さん:2006/07/24(月) 20:39:32
御大のいうとうり、この男はどうにかしないとまずいんじゃないかい
はやく禁治産者に認定しないと。
靖国にバカ殿様の扮装で行きかねない
http://www.chunichi.co.jp/00/kok/20060724/eve_____kok_____002.shtml

988 :無名草子さん:2006/07/24(月) 20:56:36
次スレ立ててきます

989 :無名草子さん:2006/07/24(月) 21:00:24
次スレ
小林信彦・中原弓彦 11
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1153742359/

990 :無名草子さん:2006/07/24(月) 21:12:51
>靖国にバカ殿様の扮装で行きかねない

馬鹿は突飛なこと言うねw

991 :無名草子さん:2006/07/24(月) 21:16:16
でもある意味また注目されてよかったよ欽ちゃん

多分本人もそう思ってるでしょ

992 :無名草子さん:2006/07/24(月) 21:48:17
徳川時代のがまし、爆撃無かったから。
とか、そのうち言い出しそうだな、御大。

993 :無名草子さん:2006/07/24(月) 22:48:48
金利を上げた方が消費が活性化するなんて珍説が堂々と書き込まれる珍スレ。

994 :無名草子さん:2006/07/25(火) 12:38:09
日銀総裁にあやかりてえな。2千万が鼻くそ金だぜ?もうほんとうらやましい感覚だぜ。

995 :無名草子さん:2006/07/25(火) 18:34:30
右翼の圧力マダー

996 :無名草子さん:2006/07/25(火) 18:55:30
>>987

>御大のいうとうり

恥ずかしい誤記。>とうり ???????

997 :無名草子さん:2006/07/25(火) 19:21:58
うめなり


998 :無名草子さん:2006/07/25(火) 23:03:01
埋めちゃイヤ

999 :無名草子さん:2006/07/25(火) 23:04:50
埋めが丘

1000 :無名草子さん:2006/07/25(火) 23:05:27
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1153742359/l50

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

228 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)