5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【3大シリーズ】池波正太郎を語ろう【真田もの】

1 :無名草子さん:2006/08/24(木) 23:47:03
みんなで、池波正太郎を語ろう!!

池波正太郎記念文庫
ttp://www.taitocity.net/tai-lib/ikenami/
池波正太郎真田太平記館
ttp://www.city.ueda.nagano.jp/shokoka/ikenami2/top.htm


2 :無名草子さん:2006/08/25(金) 00:39:45
******3大シリーズ******
鬼平犯科帳・・文春文庫(24冊)

剣客商売・・・新潮文庫(1〜16と外伝あり)

仕掛人・藤枝梅安・・・講談社文庫(1〜7)
*****真田もの*****
真田太平記・・・新潮文庫(1〜12)
真田○○○・・・タイトルでてこないし・・・
すまん・・・あとつけたしてくれ・・・


3 :無名草子さん:2006/08/25(金) 20:48:23
鬼平と剣客、梅安って世界がつながってる本当?

剣客を全部呼んだけどつながってるようなのが見当たらないけど

4 :無名草子さん:2006/08/25(金) 21:40:55
>>3
三人が斬り合うからな。


5 :無名草子さん:2006/08/26(土) 14:20:42
池波って清正大好きだよな
好き好きオーラがビンビン伝わってくる。

6 :無名草子さん:2006/08/27(日) 09:08:07
>>5
真田にたいする愛着にくらべればかわいいものですよ

逆に池波が嫌いな武将っているのか?大名でもいいけど

7 :無名草子さん:2006/08/31(木) 21:17:51
さむらい劇場読み終わったけど微妙だな。

8 :無名草子さん:2006/08/31(木) 21:56:39
真田太平記読んでから火の国の城読んだら重複ばっかりでげんなりするよな

9 :無名草子さん:2006/08/31(木) 22:17:41
続きに期待すればええよ

10 :無名草子さん:2006/09/03(日) 14:01:04
あれ?他に池波正太郎スレ無かったっけ?
ひょっとして、落ちたか?

11 :無名草子さん:2006/09/03(日) 16:00:27
>>10
落ちたから新スレ

12 :無名草子さん:2006/09/03(日) 20:56:13
>>1
かたじけない&乙です

>>3
鬼平には小兵衛の名が出てくるな。

13 :無名草子さん:2006/09/05(火) 08:16:02
名前だけですね。出てくるのは

鬼平は、もう少し沢田小平次が主人公の話を増やして欲しかったなぁ
鬼平の中でも、1、2を争う剣術使いなのに

14 :無名草子さん:2006/09/05(火) 16:56:41
戦国板のスレ

池波正太郎
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1156595360/

15 :無名草子さん:2006/09/05(火) 18:52:28
>>7
さむらい劇場はラストが意味不明だったな。
結局友五郎は外国に行けなかったってこと?

16 :無名草子さん:2006/09/06(水) 16:25:51
TVで剣客商売を見てからというもの、三冬が出るたびにあの不細工なおばさんを思い出すんですよぅ
先生本当にどうにかしてくださいよぅ

17 :無名草子さん:2006/09/07(木) 14:20:31
三冬の乳房

18 :無名草子さん:2006/09/07(木) 18:50:40
「さむらい劇場」は平八郎を必死で探し回る娘(おみちだっけ?)が可哀想過ぎ。
俺はこの娘に感情移入してしまったせいか、後半に入ってからは
行方不明になった彼女を殆ど忘れた状態(たまに思い出す程度)で
いろんな女とセックスしまくってる平八郎がどうしても好きになれなかった。

平八郎も一度預かったんだからもっと熱心に探してやれよ。
もたもたしてるから盗賊の妾にされて最後に自殺なんて…
あれじゃ吉宗にレイプされてた方がまだマシな人生だった気がするんだが。

19 :無名草子さん:2006/09/08(金) 14:05:10
むうん

20 :無名草子さん:2006/09/08(金) 14:07:16
倍アン>剣客>尾に兵

21 :無名草子さん:2006/09/08(金) 19:13:03
そのことよ、そのことよ

22 :無名草子さん:2006/09/10(日) 01:18:12
何でこんなに過疎ってるんだろ・・

23 :無名草子さん:2006/09/10(日) 01:42:27
池波スレ3が1000近くまで行ったのに誰も次スレを立てないで
落ちちゃってから一気に過疎化が始まったな。

24 :無名草子さん:2006/09/10(日) 05:51:57
コツコツといけばそれでいいのよ

25 :無名草子さん:2006/09/10(日) 16:00:39
や…

26 :無名草子さん:2006/09/10(日) 20:52:24
つうか、この板自体過疎ってるね
新着少なすぎ

27 :無名草子さん:2006/09/10(日) 21:59:58
むぅん

28 :無名草子さん:2006/09/11(月) 15:07:04
このスレ凄い。盗作で賞金500万円泥棒だと!佐藤亜紀って奴
    盗作本「バルタザールの遍歴」

ここ
 ↓        
【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原

本人後輪!! 盗作犯人同士がバトル?!


29 :無名草子さん:2006/09/11(月) 15:15:37
誰かおらぬか!

佐島!

30 :無名草子さん:2006/09/12(火) 22:09:04
「ぶ、無礼者!」
「無礼はそっちじゃ」
「くっ」

31 :無名草子さん:2006/09/15(金) 22:14:45
むーん

32 :無名草子さん:2006/09/17(日) 00:46:41
忠吾はこのスレの過疎についてどのように考える?
↓忠吾の答え

33 :無名草子さん:2006/09/17(日) 13:47:24
一本うどんが食べとうございます。

34 :無名草子さん:2006/09/17(日) 16:26:42
(剣客商売の「任三郎の顔」は、話が完結していないが結末はどうなったのだ)
このことである。

やっと「春の嵐」まで読み終わったけど「任三郎の顔」の結論がきになる。
後の方とかで、完結するの?

35 :無名草子さん:2006/09/17(日) 21:19:34
わからねぇよぅ
おら、思い出せねぇよぅ

36 :無名草子さん:2006/09/18(月) 01:27:56
むーん

37 :34:2006/09/18(月) 02:16:31
「そうか、そうか、ご苦労であった。何かまた思い出したら教えておくれ。」
そういって>>34>>35に、こころづけを渡したのであった。

「任三郎の顔」のあらすじを簡単に説明すると、秋山大治郎が江戸で再会した任三郎は、
昔、旅の途中で、襲われて殺されそうになっていたのを助けた人。
しかし任三郎は実は、盗賊で人の命を何度も奪ってきた悪党である。
下痢がひどく、何も出来ぬままに殺されそうになっていた所を襲われたもの。
宿まで付き添い看病をしてくれた大治郎と別れた後、襲った者は任三郎によって始末される。

捕らえられ死罪になった兄の敵を討つため、江戸にまいもどった所で、大治郎と再会。
大治郎と酒を飲み、散々礼を言う。
そして、兄の敵を討とうと踏み込んだ所に大治郎が控えている。

・・・・・・さあ、これからっ!って時に物語が終了してるんです。
ああ、気になる。

38 :無名草子さん:2006/09/18(月) 08:07:17
普通に斬っちまうんじゃないか?

39 :無名草子さん:2006/09/18(月) 15:49:42
最後に読んだのが十年前なのですよぅ
やっぱり思い出せねぇよぅ

40 :無名草子さん:2006/09/18(月) 16:56:08
>>37
ばかもの。任三郎じゃなくて仁三郎じゃ。……と、大先生風に突っ込んでおく。
 〜黒羽の仁三郎を捕らえた事は「仁三郎の顔」の一編ですでに述べた。
……と、後の話で書いてあった。詳しい描写はなし。
そのまま伝馬町に送られて打ち首だろう。

41 :34:2006/09/18(月) 18:33:47
「てえへん、申し訳ありませんでごぜえます。」


任三郎じゃ古畑ですな・・・。w
> 〜黒羽の仁三郎を捕らえた事は「仁三郎の顔」の一編ですでに述べた。
だけなんですね?

今まで読んだのは全部、完結してたから気になって気になって・・・。
ああ、続きが読みたかったな〜。

42 :無名草子さん:2006/09/19(火) 13:45:17
わざと書かずに二人の微妙な感情を読者に想像させて、
余韻をもたせるって趣向だったんだろ

43 :無名草子さん:2006/09/19(火) 19:54:11
冷たい風に、竹薮がそよいでいる。

さて上の文は何の小説の出だしでしょうか?
本やネットで確認せずにお答えください。

44 :無名草子さん:2006/09/19(火) 20:07:27
>>42
そうそう!全部わかってしまったら、味ない味ない。

45 :無名草子さん:2006/09/20(水) 13:15:59
池波正太郎氏をwikiで調べると
「別ペンネームで、とある趣味の雑誌…」とあるが、アレは一体どんな趣味なんですか?


46 :無名草子さん:2006/09/20(水) 18:59:25
>>43

剣客商売?


47 :無名草子さん:2006/09/20(水) 22:39:31
>>45
山純

48 :無名草子さん:2006/09/20(水) 23:40:27
>>47
ひょっとして…ホ○?そんなわけない、と否定してみたいが…

49 :無名草子さん:2006/09/21(木) 03:07:02
朝日新聞社発行の「真田太平記」18巻セットで1800円であったのですが、買いでしょうか?

50 :無名草子さん:2006/09/21(木) 21:39:26
むーん

51 :無名草子さん:2006/09/21(木) 23:46:23
『おとなの週末』という雑誌で、
池波さんの好きだった食堂食べ歩き特集組んでますね。
ライターに品が無くて閉口するけど。

52 :無名草子さん:2006/09/22(金) 00:09:45
>>49
買いでしょうね

53 :無名草子さん:2006/09/22(金) 01:04:14
>>51
浅草近辺でしょうか?

幸い地元民なんで、あの辺だったらいつでも行ける・・・安ければだけど。
この前、チャリで「剣客商売」巡りしてきた。

三冬が襲われた神社から始まり→小野照神社→吾妻橋→今戸橋→秋山小平衛宅
→真崎稲荷(石浜神社)→秋山大治郎宅→秋葉神社

今度は飯屋でも巡ってみようかな〜。
チャリ、健康にもいいしお薦めです。

54 :無名草子さん:2006/09/22(金) 01:10:39
>>53
銀座と京都中心でした>食堂
剣客商売巡りいいですねえ。

55 :名無し募集中。。。:2006/09/22(金) 11:38:39
>>49
ウワー羨ましい


56 :無名草子さん:2006/09/22(金) 12:39:41
>>53
羨ましい。
オススメされても田舎者にはムリぽ…

57 :53:2006/09/23(土) 03:06:01
>>54
・・・ナルホド、高級な地域ですね。
大人の週末探してみます。

>>56
折りたたみチャリとか・・・。
スポーツ自転車も、ちゃんとしたもの(5万位しますけど)なら工具なしでバラして、
輪行バッグというのに詰めて移動できますよ。

池波正太郎記念館で売ってる「鬼平・剣客・梅安の舞台」っていう、
古地図購入してから、移動するのがお薦めです。


・・・・・・最近、池波先生のおかげで寝不足です。

58 :無名草子さん:2006/09/24(日) 00:23:16
このスレ、年齢層高いのかな?
俺は34ですけど。

59 :無名草子さん:2006/09/24(日) 01:54:09
んなことないよ
おれ24だす

60 :無名草子さん:2006/09/24(日) 17:35:41
>>59
そうですか、若い方で池正ファンがいると嬉しいですよ。

61 :無名草子さん:2006/09/24(日) 22:16:01
俺も23、4の頃は読んでたな。
少しずつ金貯めて、割烹行って勉強したりして。
「熱いのを下さい」「開いた魚でいいのありますか」とか言うのが好きだった。
今思えば、痛いだけな客だが。

62 :無名草子さん:2006/09/24(日) 23:14:29
俺、17位から読み出したな。
若い時読んで良かったと思ってる。
「男の作法」なんか特にね。

63 :無名草子さん:2006/09/25(月) 21:21:11
俺19です
親父の本棚漁っててはまった

むーん

64 :無名草子さん:2006/09/25(月) 21:30:25
心配無用!

みねうちじゃ。

65 :無名草子さん:2006/09/25(月) 21:39:27
面白いんだけど腹が減るのが難点
一人暮らしだけに一層きついw

66 :無名草子さん:2006/09/26(火) 16:00:59
>>65
葱はあるかね?
味噌は?


そんなあなたに根深汁

67 :又六:2006/09/26(火) 20:43:04
>>65
それなら、鰻の良いのが漁れましたんで、夕刻にお届けしますでございます。


68 :大首の仁助:2006/09/26(火) 21:33:12
又六はいるか〜
銭をよこしな。

69 :無名草子さん:2006/09/27(水) 21:45:50
>>66
あるよw
俺の場合味噌汁には豆腐が必須
豆腐うまいよなー
>>67
ついでに捌いて調理もお願いしますorz

70 :無名草子さん:2006/09/27(水) 21:46:27
あ、上げてなかった

71 :又六:2006/09/28(木) 02:47:06
>>68
「くっ・・・・・・。何しにきやがった!お前様にくれてやるものは、何もないぞ」
(若先生に、散々稽古を付けてもらったのだ。無頼者なんぞに負ける訳はねえ。)
このことであった。)

>>69
「へえ、鰻の辻売りをしておりますんで、いくらでもこさえて差し上げます。
しかし、先生・・・今日はご新造様はどうなされたので?」

72 :無名草子さん:2006/09/28(木) 08:18:07
長期入院中に暇で暇で、ディルームにある本を片っ端から読んでいた。
その中に梅安料理ごよみがあった。
池波正太郎=テレビの必殺仕事人の原作者という認識しかなく、
それまで興味無かった自分だが、読んでみたら凄く面白かった。
今でもたまに、味噌汁を作る時に胡麻油を入れている。

73 :無名草子さん:2006/09/28(木) 16:56:59
>>71
あれ?俺はまだ独身だぞ?

これは。母様にいただいた饅頭なんだけど、みんなにあげよう。食べないか?
つ●●●まる

74 :大先生:2006/09/28(木) 19:58:40
>>71
馬鹿者!始めから終わりまで一言も口をきくなと言ったではないか。
いくら稽古をつけてもそれでは負けじゃ!

だいたい兄貴なんだからお前様は変だぞ。


75 :無名草子さん:2006/09/28(木) 23:53:06
>>72
ごま油入れると味って本当にかわるの?

76 :無名草子さん:2006/09/29(金) 09:30:02
>>75
梅安の中ではどの段階でどの程度入れたか書いてないけど
自分は仕上げに鍋にチョロっと入れる感じ。
胡麻油の風味づけと言うか。
でも食べた感じは変わるよ、やはり。香ばしくなるというか。
元々胡麻油の風味が好きだから、ラーメンに垂らしたり、炒め物も胡麻油を使用したりするから抵抗ないけど
味噌汁のあの素朴な味が好きな人は、くどく感じるかも。純粋な味噌の味じゃ無くなるし。

77 :無名草子さん:2006/09/29(金) 16:45:46
味噌汁にラー油入れても旨いよ。

堪えられぬ…

78 :無名草子さん:2006/09/29(金) 23:09:23
入れても七味唐辛子までだな
d汁には七味必須だが

79 :無名草子さん:2006/09/30(土) 08:17:47
異端だがバターもいける

80 :無名草子さん:2006/09/30(土) 08:48:17
味噌バターラーメンの原理だね。

今日試してみるよ。

81 :無名草子さん:2006/09/30(土) 22:17:56
じゃあ俺は山椒の粉を

82 :無名草子さん:2006/10/01(日) 07:18:27
大根の千切りの鍋は美味くなかったなあ。
火が通ってないとどうも馴染めないから時間食うし、
通っちゃったらポロポロ崩れるしで、塩梅がわからんかった。
誰か美味い作り方わかる人いる?

83 :無名草子さん:2006/10/01(日) 14:11:14
大根を最後の方に入れれば良いのでは?

とは、時間かかるけど、最細火で煮れば、そんなにヒドくならない。
コンビニのおでんと同じ感じで。

ただ、千切り鍋ってのはやった事がないから、塩梅までは分かんないお。

84 :無名草子さん:2006/10/01(日) 22:18:34
大根を千切りにして味噌汁の実にした方が美味そうな気がする

85 :無名草子さん:2006/10/02(月) 18:14:46
ttp://www.1242.com/timetable/index_end.html
ニッポン放送(AM 1242KHz)
10/7 から 土曜日 20:00〜20:30

味な歳時記 池波正太郎その世界


86 :無名草子さん:2006/10/02(月) 20:18:25
>>85
情報ありがとう。

87 :無名草子さん:2006/10/02(月) 21:15:06
今日ジャンプ読んでたらパクリ漫画が載ってて複雑だった

88 :無名草子さん:2006/10/02(月) 22:34:27
>>87
「まさかに。。。」「そうよ、そのことよ」
とか言うの?

89 :無名草子さん:2006/10/03(火) 00:44:22
立ち読みしてきたけど「銀魂」ってやつかな?

狐火の長五郎という、人を殺さず女を犯さず貧しい者からは盗まない義賊がいて、
最近では殺しや押し込みをやるようになった
しかしそれを追う方は「偽者に違いない」と信じていて…

見覚えあるなあ

90 :無名草子さん:2006/10/03(火) 00:49:12
>>89
「・・・むう、これは捨て置けぬ」

91 :粂八:2006/10/03(火) 05:31:07
「盗作です、盗作ですとも……!」

92 :無名草子さん:2006/10/03(火) 22:24:06
「うむ、これはいかぬ」

93 :無名草子さん:2006/10/03(火) 23:28:48
恥知らずの商売も、ここまでくれば立派なものだ

94 :無名草子さん:2006/10/04(水) 22:59:03
ちょっと質問なんだけど
「日記を長続きさせるには、その日食べたものを毎日書けばよい」と書いてた気がするんだけど、なにに載ってるかわかる人いない?
手当たり次第に当たってるんだけど見当たらない・・・

95 :無名草子さん:2006/10/05(木) 20:13:33
>>89
こ、これは・・・・・むーん・・・・

96 :無名草子さん:2006/10/05(木) 20:42:40
>>89
ここに書き込んでるご一同には説明するまでもないだろうが、
名前は狐火の勇五郎、話は血頭の丹兵衛だな。もうそのまんまw。

97 :無名草子さん:2006/10/05(木) 21:27:48
もちろん追う方には小房の粂八みたいな登場人物がいるんだろうね?

98 :無名草子さん:2006/10/05(木) 22:10:44
>しかしそれを追う方は「偽者に違いない」と信じていて…
これが粂八ポジションだろう

99 :無名草子さん:2006/10/06(金) 00:22:26
盗作を通報したら、ジャンプ回収になるんじゃないの?

100 :無名草子さん:2006/10/06(金) 00:46:00
あれは、ギャグ漫画だから元ネタってやつじゃないの?



101 :無名草子さん:2006/10/06(金) 00:53:59
ギャグならギャグで、どこかに断り書いてればいいと思うけど・・・
漫★画太郎の珍遊記がドラゴンボールパクったときみたいに

無断はさすがにまずいと思う

102 :無名草子さん:2006/10/06(金) 00:55:33
元ネタねぇ
物は言いようだね。

103 :無名草子さん:2006/10/06(金) 20:28:00
>>85
ttp://abc1008.com/newprogram/frame.html
味な歳時記 池波正太郎その世界

大阪はABCラジオ(AM 1008KHz)で
毎週土曜日 21:00〜21:30まで

ただまだ野球シーズン終わってないので
日によっては休止もあるかも

104 :無名草子さん:2006/10/06(金) 23:50:57
しかも、死人に口なし
ってハラか。

105 :無名草子さん:2006/10/09(月) 00:35:07
鬼平に出てる人物で鬼平以外に実在に人物っているのかな?
京極備前とかはいそうだけど他の人間とかがわからん


106 :無名草子さん:2006/10/09(月) 10:06:59
白河が登場してる。

107 :無名草子さん:2006/10/09(月) 22:31:41
非喫煙者なんですけど、本読むうちに煙管をすってみたくなり・・・。

東京で購入するとしたら、どっかいいトコありますか?
上野、浅草近辺であれば教えて下さい。

108 :無名草子さん:2006/10/09(月) 23:20:15
>>107
そこらへん歩いてる羅宇屋に売ってもらえ

109 :無名草子さん:2006/10/10(火) 00:32:35
軍鶏鍋食べたい

110 :無名草子さん:2006/10/10(火) 01:13:11

ttp://r.gnavi.co.jp/a457400/
ここ行ってこいよ
やきとり 軍鶏鍋屋 五鉄

なんか、どっかで聞いたことあるきがするけど
実在してたなんて・・・・

111 :無名草子さん:2006/10/10(火) 02:49:38
一本饂飩やってる店もあるんだよね。

112 :無名草子さん:2006/10/10(火) 06:00:51
>>111
一本うどんでググったらイメージ通りの店が出てきた。
京都の「たわらや」という店。極太ですな。
「ゆるして……な」の人が出てきそうだw。

113 :無名草子さん:2006/10/10(火) 06:03:17
東京では本郷の「釜あげうどん 高田屋」という店で
一本うどんを出しているようだ。ぐるなびをハケン。
予約制のようだが。

114 :無名草子さん:2006/10/10(火) 09:23:24
>>107
小川町の時代小説専門店で見たよ
2万円近くしたけど

115 :無名草子さん:2006/10/10(火) 20:41:02
過去スレが3本ほどあるようですが、どなたかそれのアドレス分かりませんか?

116 :107:2006/10/10(火) 20:58:36
>>108
ググってみたら羅宇屋は絶滅したらしいです。

>>114
・・・そんなに、するんですか?
もうちょっと、お金ためてからチャレンジしてみます。
情報ありがとうございます。

117 :無名草子さん:2006/10/14(土) 02:39:43
真田太平記、全巻読み終えました。
戦場の描写が生き生きしていて良いです。
あと、登場人物一人一人の半生をしっかり描いている点とか。

118 :無名草子さん:2006/10/14(土) 19:56:43
あれ何だっけ?信之が爺さんになってから、
酒井忠清と謀り合う話。
太平記の直後に読んだから、すごい面白かったよ。

119 :無名草子さん:2006/10/14(土) 21:05:40
「真田騒動-恩田木工-」の、「錯乱」。今読んでます。
信之が一枚上手だったと。

120 :無名草子さん:2006/10/14(土) 21:37:49
確か、太平記でまでやったら、これで同じ話を三度やる事になるんで、
あの辺の話は太平記では割愛したらしいね

121 :無名草子さん:2006/10/14(土) 21:58:57
NHKドラマの真田太平記は面白いですか?
原作より面白い映画・ドラマは見たことないので期待はしてませんが、
気が向いたらレンタル屋で探してみようかと思います。

122 :無名草子さん:2006/10/15(日) 15:40:21
池波正太郎の作品では
「火の国の城」加藤清正についての小説
「おれの足音」池波版忠臣蔵
「幕末新撰組」永倉新八中心の新撰組の話
が大好きです。

123 :無名草子さん:2006/10/17(火) 13:31:02
>>121
面白かったよ。時代劇板でも評価高かった記憶がある

124 :無名草子さん:2006/10/18(水) 21:57:38
久しぶりに・・・・むーん・・・・

125 :無名草子さん:2006/10/18(水) 23:37:03
豆岩のような、救われない話が心に残る

126 :無名草子さん:2006/10/19(木) 02:19:42
>>122
俺も幕末新撰組好きだな
粋だけど女に不器用な江戸っ子振りに親近感湧いた

あと親の影響で鬼平と真田

127 :無名草子さん:2006/10/19(木) 11:31:00
銀魂という漫画、アニメ化してるみたいだけど
鬼平の話も制作するんだろうか・・・
正直、複雑な気分

128 :無名草子さん:2006/10/19(木) 12:34:16
>>127
読者が子供中心だと盗作の意識低いどころか
気付いてないい可能性も高いけど関係者はどうなんだろうな
ところで今週末、真田太平記館へ行こうと思ってる
取材ノートやギャラリーが特に楽しみ

129 :無名草子さん:2006/10/20(金) 21:37:15
むーん

130 :無名草子さん:2006/10/21(土) 18:37:10
むーん……

なのか

むぅん……

なのか、それが問題だ

131 :無名草子さん:2006/10/21(土) 19:35:39
まあ、いやな・・・

132 :無名草子さん:2006/10/22(日) 00:07:17
最近本屋で立ち読みした雑誌の巻頭で
池波正太郎特集を組んでいた。

内容的に目新しいものはなかったけど、
写真の使い方と、俳優緒形拳のインタビューが良かったなぁ。



133 :無名草子さん:2006/10/22(日) 16:33:01
おもろいスレ見た。本人後輪中!
盗作で賞泥棒中年女・佐藤亜紀てのが(盗作本バルタザールの遍歴)
田口ランディに叩きのめされ狂いまわって「うんこ」と自称してるw

,ここ ↓
【盗作3バカ】田口ランディ/ 佐藤亜紀 /篠原一  盗作同士激バトル?!w



134 :無名草子さん:2006/10/29(日) 22:17:43
むーん……

でもなく

むぅん……

でもなく

むうん……

だった

135 :無名草子さん:2006/10/30(月) 13:12:00
>>134
・・・・・・そのことよ。

136 :無名草子さん:2006/11/01(水) 01:31:42
抱かれてもよいぞえ

137 :無名草子さん:2006/11/01(水) 11:36:33
あれぇ…

138 :無名草子さん:2006/11/01(水) 22:41:47
お徳が寝返りをうって、昌幸の顔が胸の谷間にめり込んだシーンが良い。

139 :無名草子さん:2006/11/03(金) 23:46:51
>>94
たぶん「むかしの味」か「銀座日記」
真似してご飯日記付けてみたけどひと月で挫折したw
ま、昔から日記が続いた事なかったから予想はしてたけど。


140 :無名草子さん:2006/11/04(土) 02:07:09
>>94
これバラエティー豊かでおいしいご飯を食べてるのが前提じゃね?

141 :無名草子さん:2006/11/04(土) 13:59:31
ある日の僕の献立

○月×日
第一食 赤いきつね

第二食 コンビニのおにぎり 味噌汁(あさげ)

夜食 肉まん(井村屋)

這々の体で日記をやめる

142 :無名草子さん:2006/11/04(土) 20:10:07
九十三歳の信之ですら主人公に仕立て上げられるとは
なんともはや

143 :無名草子さん:2006/11/04(土) 22:14:28
テレビで仕掛け人やってるよ。

144 :無名草子さん:2006/11/04(土) 22:31:24
オープニングでなんか見る気なくしちゃった。
一応録画してるから後で見るけど・・・

145 :無名草子さん:2006/11/05(日) 11:11:34
期待しなかった分、普通に面白かったよ。
ジャニーズとか使わないで、無名でも役者を起用したのが良かったからだと思う。
カメラの中心以外のところの、こまかい表現はチムタクとかじゃ無理だし。


146 :無名草子さん:2006/11/05(日) 18:22:48
なんか全然ジャズっぽくなかったなぁ。
イメージはナイトメア?だったっけ。

147 :無名草子さん:2006/11/05(日) 22:08:07
剣客商売の藤田まことはミスキャストだと思ってるのはオレだけか?

148 :無名草子さん:2006/11/05(日) 22:59:02
>>147
俺も最初はそう思ったが、見慣れたせいか、
藤田まことが慣れていい演技をするようになったのか、
そんなに違和感が無くなった。
でも、もっと良いおじいちゃん役者がいればそっちのほうがいいなあ。

それよか、寺島しのぶの三冬のほうが問題じゃね?
寺島しのぶはいい女優だと思うが、三冬のイメージじゃない。
「手裏剣お秀」あたりが似合いだと思われ。



149 :無名草子さん:2006/11/06(月) 01:52:59
見てないオレが言うのもなんだけど、渡辺篤郎も違うような・・・。
大治郎は長身ガッシリ系でしょ。


150 :無名草子さん:2006/11/06(月) 01:54:35
>>148
相武沙希なんて三冬のイメージに合ってそう。

151 :無名草子さん:2006/11/06(月) 03:51:03
岸谷最悪だった。それより、彦さんが小日向なんが許せんかった…

152 :無名草子さん:2006/11/06(月) 06:44:05
>>149
山口馬木也はけっこうイメージ通りだった気がス。

153 :無名草子さん:2006/11/06(月) 15:57:36
渡辺篤郎だと剣客の暗黒面に落っこちて辻斬りとか始めてしまい、小兵衛がそれに
気づいて大治郎を斬り、そのあと号泣。とかになりそうなイメージがするんだよな。
その点山口馬木也は明朗快活な感じでいいと思う。あとは三冬を・・・

154 :無名草子さん:2006/11/06(月) 22:31:32
小日向の彦次郎はイメージ通りとは言わんが良かったよ
岸谷梅安はダメだった 岸谷に梅安役はまだ早すぎた気がする
もう少し年を重ねて、恰幅と演技で遊べる余裕を得てからにしてほしい

155 :無名草子さん:2006/11/06(月) 23:50:47
小日向は演技はよかったが、自分の中の彦さんのイメージと違っただけ

156 :無名草子さん:2006/11/07(火) 07:17:50
なんか毎度お馴染みの展開だなw
自分の好みを、キモさ100%で語るなよ。
5割ぐらいに抑えろや

157 ::2006/11/07(火) 16:22:59
キモイのはお前

158 :無名草子さん:2006/11/07(火) 17:13:43
だったら、気にしないでもっと熱く語れば?( ´,_ゝ`)プッ
まずは>>157から、どぞ

159 :無名草子さん:2006/11/08(水) 15:54:57
彦さんは寺島進な感じなんだが・・・
梅安は見た目だけなら海老蔵。
小杉さんは原田でよいかも・・・

160 :無名草子さん:2006/11/08(水) 23:09:28
梅安役やるには海老蔵は若杉じゃない?マツケンが合うと思う。

161 :無名草子さん:2006/11/10(金) 00:10:24
10年ぶりに「剣客商売1〜8」と「黒白」読み返してみたけど「黒白」がすごく面白く感じられた。
というか、60過ぎの小兵衛のあまりの強さにいささか辟易している。
剣客商売のいろんな要素が「黒白」に詰め込んであるから今後は「黒白」しか読まないかもしれない。

162 :無名草子さん:2006/11/10(金) 01:49:24
おれが梅庵なら食べ物にこだわらないと思うんだよね。

あんたがヒトを殺す(暗殺する)商売をやってるとしたら、「毎日の食事」を楽しめるか?

小説のなかでも食べ物についての記述はとってつけたような感じを受けた。

163 :無名草子さん:2006/11/10(金) 02:47:12
>>161
仲間。
先週位に「黒白」読み終えて、昨日「ないしょないしょ」読み終えたとこ。
番外編凄い洗練されてて面白かった。

164 :無名草子さん:2006/11/10(金) 06:30:13
>>162
逆を言えばあまりにも多くの人をせつがいし過ぎて食事を平気で楽しめるほどに
感覚が麻痺してしまったのかも。大先生も浅井浪人を斬った直後におはるに
湯豆腐食いたいとか言ってるし。

165 :無名草子さん:2006/11/10(金) 20:28:27
梅安はなんで妹を殺したのか?わからん。
潔癖?

166 :無名草子さん:2006/11/16(木) 02:09:32
自分を捨てた母親とそっくりだから。

167 :無名草子さん:2006/11/19(日) 02:26:55
>>140
一応、池波は戦後すぐあたりからそういった日記をつけ始めていたらしい。戦前は不明。
蒸し芋だのパンだのばかりしか食ってなくても書いて、
あまつさえ工夫して新聞の料理紹介コラムに投書したそうな。
>>162
見ず知らずの相手を殺すことが日常になってしまったための描写だと思うがね。
そりゃ、初めて人を殺したら吉外でもない限り飯が喉を通るまい。
>>165
妹を生かしておけば世の人々が難儀するから。プラス166の言うように母親への間接的復讐。
潔癖だの正義感だのという一言では推し量れないと思うが。

168 :無名草子さん:2006/11/21(火) 22:07:59
中学生の頃、毛まんじゅうが気になって仕方なかった。
自分のへその下、いくら探しても何もなかったし……。

169 :無名草子さん:2006/11/22(水) 01:09:35
そういえば、日本橋の高架を地下に潜らせる、という案を聞いたら
池波もようやく安心できるかな?

しかし高架がかかった当時は、古い日本橋の上に新日本を象徴する高速道路が、ってことで
主に地方出身者などは歓迎してたらしいな。
池波の心情も、マイノリティだったとおもうと少々哀れだ。

170 :無名草子さん:2006/11/29(水) 17:51:24
梅安や剣客を読むと、湯豆腐や大根が食いたくなる。


171 :無名草子さん:2006/11/29(水) 20:44:53
俺は人を斬りたくなる

172 :無名草子さん:2006/11/29(水) 21:58:31
必殺やな!!!

173 :無名草子さん:2006/11/29(水) 22:02:01
実際そのレシピ通りに作ってみると素朴なかんじのおいしさだったりするんだけども

174 :無名草子さん:2006/11/29(水) 23:03:41
確かドラマの読本のようなところで近藤氏が解説していたが
九平の芋酒についてだけは、作中の作り方だとうまくいかないそうな。
ドラマに出した時は、やむなく別のやり方で作ったらしい。

175 :無名草子さん:2006/11/30(木) 02:52:52
俺は・・・女の肌が恋しくなるw

176 :無名草子さん:2006/11/30(木) 09:17:17
「仕掛け」たくなる。
殺しじゃないが、な…

177 :無名草子さん:2006/11/30(木) 09:17:50
又六の受けた稽古をやってほしい
小便もらしそうだが

178 :無名草子さん:2006/11/30(木) 10:12:05
>>175-177
ポエマーは失せろ、ボケども。

179 :無名草子さん:2006/11/30(木) 11:25:56
梅安の話はあれで完結なの?

180 :無名草子さん:2006/11/30(木) 11:41:10
作者が死んだので完結。
他はどうかともかく、剣客に関しては文化・文政期の小太郎を中心として書く構想があったとかないとか。

181 :無名草子さん:2006/11/30(木) 12:07:23
>>180
ありがとうございます

182 :無名草子さん:2006/11/30(木) 18:35:16
ねぶか汁を作らせて食ったが、なかなか素朴で美味かった。
葱だけだろ?確か。

183 :無名草子さん:2006/12/04(月) 17:45:53
ねぎのお味噌汁ぐらい自分で作ればいいのに。


184 :無名草子さん:2006/12/04(月) 22:43:15
そこはそれ、女房に花を持たせるということだ。
うまい味噌汁作ってくれる女房にいてもらうに越したことはない。

そういえば、「作らせる」「持たせる」なんてのが偉そうだ、と
どっかでフェミの阿呆が批判してたっけ。いつの話か忘れたが。

185 :無名草子さん:2006/12/10(日) 17:06:30
言葉狩り嫌だよね。べつに「作らせる」「持たせる」いいのに。
女だって旦那を「働かせ」て「稼がせる」んだから。

186 :無名草子さん:2006/12/10(日) 21:50:52
そういえば、「女中」もダメだって言ってたね

187 :無名草子さん:2006/12/11(月) 01:37:17
お手伝いさんだっけ?あるいはホームヘルパー?
英語で書こうが日本語で書こうが、語尾を変えようが変えまいが、
やることにはさして変わりもなかろうに。

188 :無名草子さん:2006/12/12(火) 20:23:59
女中が駄目なら下男も駄目だろう。自分は言葉狩りは反対だし
女中でも下男でも良いと思うけど、>>187の意見はちょっと違うと思う。
やることに変わりは無いがまあ使うほうがその人をどう見てどう思うかが
違うんだよ。ホームヘルパーはあくまでビジネス。主人は雇用主であって
労働に対する対価を払う対等の立場。でも女中や下男は対等ではなく主人>女中、下男。



189 :無名草子さん:2006/12/13(水) 03:00:27
>>188
それは結局、言葉の持っているイメージに躍らされているだけじゃないか?
同じ言葉が、時代によって意味を大きく変えることはよくあるぞ。
安易な言葉狩りではなくて、言葉の意味を正確に認識して時代に合わせることのほうが重要じゃないかなあ。
まあ、ここで書くことでもないけど。

190 :無名草子さん:2006/12/13(水) 07:36:29
でも結局真の意味はどうであれ世間に認知されたイメージが悪いから、
その言葉を使われる人は嫌がるんでしょ?
例えば極端な例だと「豚」自体は別に動物を指す言葉で良いも悪いもないけど
そう呼ばれたら人として嫌なもんだ。

191 :無名草子さん:2006/12/13(水) 11:01:20
言葉って難しいですね><

192 :無名草子さん:2006/12/14(木) 20:59:18
いま「おとこの秘図(上)」読んでるけど、
なかなか面白いなこれ。

193 :無名草子さん:2006/12/14(木) 21:45:03
分厚いけど、どんどん読み進めるよね『おとこの秘図』
「さむらい劇場」読んだ?徳山五兵衛出てくるよ・・・たぶん

194 :無名草子さん:2006/12/14(木) 22:37:51
つか、主人公やキャラクター、背景や粗筋が被ってることは
池波の話ではよくあることだ。
秘図とかでも五兵衛は出てくるが、親との確執が微妙に違う。

195 :無名草子さん:2006/12/14(木) 23:06:40
>>194
話が被ってる・・・ではなく、おとこの秘図の徳山チンが
さむらい劇場にも登場したような?ということを言いたかったのだが・・・

『被りダラケ』と池波さんの本を貸したとき知人に言われたよ
確かにな、と思ったが、某シリーズ以外の被りは自分は気にならないから

196 :無名草子さん:2006/12/14(木) 23:28:33
被っていると言っても、『その男』はおもしろうございました。
池波視点から見る幕末・維新オールスターって感じでね。
最後でちらっと池波本人につながっているところもいい。

197 :無名草子さん:2006/12/14(木) 23:43:56
仕掛人シリーズの被りがチョッと苦手

198 :無名草子さん:2006/12/14(木) 23:46:32
戦国〜江戸モノ好きで、幕末辺りから・・・なんだけど、
>最後でちらっと池波本人につながっているところもいい
と聞くと、読みたくなる

199 :無名草子さん:2006/12/14(木) 23:51:48
こんばんは。池波プチ初心者です。
正月のドラマの原作は、どのへんが見どころか教えてほしいのです。
読みたいんだけど他にも読みたいのがたくさんあってなかなかレジまで行けなくって

200 :無名草子さん:2006/12/14(木) 23:55:04
>正月のドラマの原作
って何?

201 :無名草子さん:2006/12/15(金) 00:08:06
NHKの「堀部安兵衛」のこと?

202 :無名草子さん:2006/12/15(金) 00:14:10
それ!それ!

203 :無名草子さん:2006/12/15(金) 00:30:53
>>197
あれで池波が激怒したのは結構有名な話。

そういえば真田太平記も正月ドラマになってたね。

204 :無名草子さん:2006/12/15(金) 09:00:25
>>203 真田太平記も正月ドラマ
大河の再放送?それとも他局?

真田太平記は、大河見て→原作本だったから、良かった
剣客は、原作読んで→テレビは、どうも・・・だった
どちらも文句なく良いのは、吉右衛門の鬼平(劇場版はイマイチだったが)

205 :無名草子さん:2006/12/15(金) 09:12:25
>>199
おはようございます。
>正月のドラマの原作は、どのへんが見どころか教えてほしいのです。
ドラマだったら、印象的な映像とか、緊迫した雰囲気とか、
巧く撮れた所とかいった見所もあるのかもしれませんが、
小説の場合、『見どころ』と言われても難しいような気がします。
池波さんの小説は、観劇型小説というのか、読んでいるうちに
脳裏に映像が浮かぶような・・・というのが私個人の感想で、
読みどころは、最初から最後までというズルイ答えしか思い浮かびません。

206 :無名草子さん:2006/12/15(金) 15:20:05
鬼平の新作予定はあるのでしょうか

207 :無名草子さん:2006/12/15(金) 18:12:01
堀部安兵衛ってすごい昔に木村拓哉が演ってたよね。
ガックリだった記憶がある。

208 :無名草子さん:2006/12/15(金) 19:26:42
キムタク顔でかいけど、時代劇用の顔じゃないおね

 好みじゃないので、そう思うのかもしれんが

209 :無名草子さん:2006/12/16(土) 03:13:50
というか剣術の達人となれば、それなりに筋肉ついてるイメージがあるんだが
木村は背が高いからなのかアイドルあがりだからなのか、どうもひょろっとしたイメージしかないんだよな。
>>206
あったとしても、佐嶋、彦十、京極備前といった多くの役者さんがお亡くなりになられているのでなかなかね。

210 :無名草子さん:2006/12/16(土) 10:46:05
>>193
乳母の千が妙にエロイ
口臭なまぐさいけど、うちのぬこもそうだし

211 :無名草子さん:2006/12/16(土) 12:06:03
江戸時代の俗書を読むと、ほとんど乳母=ヤリマン扱いだったりして。
なにしろ
「よしという、迄は来まいぞと乳母はさせ」なんて川柳があるくらいだ。
ほかにもいろいろあるし、子供相手だと川路聖言莫の日記に詳しい。
乳母は乳が出る以上女ざかりであって、そういう連中は男を引っ張り込むという認識だったようだ。

あと、さすがに少数派のようだが昔は、思春期になるまで子供に乳を吸わせていた乳母もいる。
今の厨房くらいの年齢の子供でも、乳母に胸をはだけてもらって吸ってたそうだよ。

212 :無名草子さん:2006/12/16(土) 16:10:28
剣客キャラと変態仮面が夢の共演!!
http://www.freepe.com/ii.cgi?hentaikamen2
しかし何故この組み合わせなのか分からん

213 :無名草子さん:2006/12/17(日) 09:22:29
なんで堀部安兵衛が小澤なんだよー!
阿部ちゃんで作りなおせー!
子役もキモすぎ!

214 :無名草子さん:2006/12/17(日) 09:23:52
>>209
木村はチビだよ何言ってんの?

215 :無名草子さん:2006/12/17(日) 10:05:26
>>209
>多くの役者さんがお亡くなりになられているので

そっか、そうですよね
代役の方をなかなか受け入れられないのは自分自身でした
吉右衛門さんも歳を重ねられてゆくし・・・かと言ってヘンな妥協も出来ない

216 :無名草子さん:2006/12/17(日) 10:35:27
ロングシリーズ作るのに最初から死にそうな年より俳優使う日本のドラマ業界がバカ

若くて年より役ができる人を選べば良かったんだよ

217 :無名草子さん:2006/12/18(月) 00:44:50
>若くて年より役ができる人
今の時代劇俳優にそんな奴はいない。
言っているセリフも発音が現代風過ぎて時代劇にはあわないし。

218 :無名草子さん:2006/12/21(木) 18:44:38
>>217
でもそこに目をつむり育てていかないと、時代劇が廃れていってしまうよ。
最初は我慢するべし。

219 :無名草子さん:2006/12/21(木) 23:16:53
今が嫌いだ気に入らない、昔のほうがいいと言っても
死んだ役者は戻ってこないし、廃れた文化も戻らない。
池波自身そういう懐古主義的な部分があるが、そんな彼でもスターウォーズやデューンを見て
ああ面白い、若い役者はいいと言ってるわけだしね。

でも現代の日本の役者や監督に関しては厳しいんだよな。
むしろ、いい役者や監督を育てられない日本映画のシステムを貶してたといえるが。
黒澤のカメラミスもはっきり叩いてるし、山田洋次の寅さんも「甘ったるくてメロドラマ的な下町」と言ってる。
そのあたり激しく同意なんだが。

220 :無名草子さん:2006/12/22(金) 00:52:53
おとこの秘図(下)もそろそろ読み終わりそうだ。
日本佐衛門の捕物読んでて電車乗り過ごした。
ほんと、読みやすい。
次は鬼平かな・・。時代的にあんまり好きじゃないけど。

221 :無名草子さん:2006/12/22(金) 08:32:39
・・読み終わりますた。
小沼治作が元気すぎてワロタ。

222 :無名草子さん:2006/12/23(土) 13:31:07
小沼って、権十郎に嫌がらせばかりしてた若党だっけ?

223 :無名草子さん:2006/12/23(土) 18:23:25
>>222
外出時のお供。
権十郎が出奔したときに自分の腹に脇差突き立てた人。

224 :無名草子さん:2006/12/25(月) 10:05:41
今の(日本の)映画(と言っても、1970年代とか1980年代なのだが)は、
言葉がまったく聞き取れないと言ってたな。
確かにそうかもしれないが、映画館でも聞き取れなかった?
そうなると、ストーリーなんてまったくわからないよな。

225 :無名草子さん:2006/12/25(月) 14:39:48
<<213
阿部ちゃんってあの阿部ちゃんですか?
結婚できない男をやった。
190cmを超える大男にはさすがに時代物はちと・・
顔が大きいのはいいんですがね。

226 :無名草子さん:2006/12/26(火) 00:22:22
その旅僧は耳元に口を寄せて呟いた

真田家の探り、遺漏なくおつとめか?

息が生臭かった

227 :無名草子さん:2006/12/27(水) 03:46:13
一応、原作の梅安も大男という設定だしな。
どっちにしろ、江戸時代の体格まで性格に再現していたら、それこそ小人サーカスみたいになっちまうし
その辺はしょうがないんじゃないかな。
>>223
長編『おとこの秘図』と中篇『秘図』で、微妙に役どころも変わってたように思う。
パパからして、本当は愛してる息子思いの父と、最後まで息子を嫌う父の二通り。
>>224
さすがに異国語じゃないし、最低限の言葉は聞き取れるんだろうが
イントネーションや発音がおかしい、と感じたんじゃないかね。あと、どこかで
「最近は時代劇でもやたら熟語や難しい言い回しが多くて困る」とか書いてた希ガス。
刀を抜く、と言えばいいのに、抜刀するとか言ってたり。

あと、若い女性の編集者からの電話がよく分からないから、年配の男性に代わってもらったとかね。

228 :無名草子さん:2006/12/29(金) 18:34:42
むーん

久しぶり

229 :無名草子さん:2006/12/30(土) 15:14:50
むぅん、だ!

230 :無名草子さん:2006/12/30(土) 18:44:26
>>134

231 :無名草子さん:2007/01/03(水) 02:17:15
そうだったけか?w
むうん

232 :無名草子さん:2007/01/03(水) 10:31:41
げっ、げえ!

233 :OPS:2007/01/04(木) 20:18:11
戦国幻想曲はすぐ読んでしまった。

234 :無名草子さん:2007/01/05(金) 03:34:39
>>228-232
で。面白いのか?

235 :無名草子さん:2007/01/06(土) 02:53:04
>>234
まぁ、よいわさ

236 :無名草子さん:2007/01/06(土) 09:07:51
剣客商売16巻まで読了(新装版を買い直し)。
読み終わるとすっきりしていいなぁ、このシリーズ。何度読み直しても。
次は鬼平かな。



それにしても、堀部安兵衛はちょっとなぁ。イマイチだった。

237 :無名草子さん:2007/01/07(日) 00:41:35
鬼平を勧められて読み出したんだが、これは面白い
100円でこんな小説が読めるなんて良い時代だ あは、は、は…

238 :無名草子さん:2007/01/07(日) 18:37:05
>>236
剣客、面白いんだけど、時の権力と迎合ってとこだけが・・・
俺がガキなんだろうけど
鬼平とかバイアンのが好き

239 :無名草子さん:2007/01/07(日) 18:45:19
>>236
剣客の番外編は?
番外編も物凄い、良い作品ですよ。

240 :無名草子さん:2007/01/08(月) 12:54:58
>>238
結局、作者が田沼好きだから。
迎合っていうか、ただの市井のチンピラが悪と対決する、なんて時は
ああいった後ろ盾でもない限り動かしづらいための処置だと思ってたよ。
公用文書のための飛脚を私用に使ってたり、ちょっと目に付くところもあるが。

241 :無名草子さん:2007/01/09(火) 20:56:48
>>239
今、六 新妻読んでる
番外編なんてのもあるのね、ありがとー
>>240
そうなんだぁ、初めて知った
十分面白いんだけど、時たま鼻につくときがあるんで・・

「あれ、色男がきましたよう」

242 :無名草子さん:2007/01/09(火) 23:44:48
たまに虎の威を借る狐じゃないが
田沼ゆかりという立場を使って何かしてるときがあるしね。
田沼失脚後の秋山三代の話をもっと見てみたかったが
だんだんレギュラーが老いて死ぬところが増えていくんだろうな。

243 :無名草子さん:2007/01/10(水) 00:31:59
 陰――――――――――――――陽

梅安        鬼平         剣客


エピソードや発表時期によって異なるが、
だいたいこんなイメージ

244 :無名草子さん:2007/01/10(水) 02:30:14
剣客は最初が明るいだけに
後の死のイメージがきついな。
小兵衛もあと30年生きるらしいし、大治郎やおはる、三冬などはこれから人生の真夏だし
弥七や傘徳も男盛りだし、人物だけ見てると明るいはずなんだが。
やっぱり作者が晩年だったからなのか。

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)