5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★塩野七生in書籍版★

1 :吾輩は名無しである:2006/12/16(土) 17:02:14
世界史版でスレ立てると「板違い、出て行け!」と言われますので、
書籍版に立てます。「迷走する帝国」をやっと読了しますた。
今年中に「ローマ世界の終焉」まで行きたいです。

2 :無名草子さん:2006/12/16(土) 17:05:45
必死に帝国再建のために努力するんだけど、報われることの少ない
マルクス・アウレリウス帝にいちばん感情移入してしまいますた。

3 :無名草子さん:2006/12/16(土) 20:23:34
塩野君!いつまで衰退国家のこと書いてるんですか!みっともないからやめなさい!

4 :無名草子さん:2006/12/16(土) 21:07:33
前スレ
★ローマ人★塩野七生★物語★
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1055236095/

5 :無名草子さん:2006/12/16(土) 22:39:17
【ローマ人の物語】塩野七生作品を語ろう!!4
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1159681742/

世界史板にスレあるんだが

6 :無名草子さん:2006/12/17(日) 03:09:13
見てきたけど、予想通り荒れてるなあ。
世界史専攻の人は気にいらないだろうとは思ってたけど。

7 :無名草子さん:2006/12/17(日) 03:14:47
新刊と並べてみると、第一巻が茶色く日焼けしていて、
時の流れをひしひしと感じる。悲しいものがあるな。

8 :無名草子さん:2006/12/17(日) 03:43:47
ローマ人の物語って完結したんだっけ?

9 :無名草子さん:2006/12/17(日) 06:00:30
>>8
ttp://www.shinchosha.co.jp/topics/shiono/blog/

10 :無名草子さん:2006/12/17(日) 09:36:33
>>6
奴らは塩野氏の人気に嫉妬してるのよ。

11 :無名草子さん:2006/12/17(日) 11:16:19
物語と歴史は違うということを作者はわかってるのに読者はわかってないな
司馬遼太郎と並んで末代まで負け組文系に妬まれ続けるだろう

12 :無名草子さん:2006/12/17(日) 12:21:04
記憶に間違いなければ、最初は10巻で完結と言ってたような気がする。
もう15年も前のことだから、自信ないけど

13 :吾輩は名無しである:2006/12/17(日) 12:51:18
>>11
無名私立大学出の負け組み文型(男)だが、2人とも好きだな。
負け組みヒガミ文系の神っていったら誰だろ?大江とマルクスか?

14 :無名草子さん:2006/12/17(日) 13:15:08
自分はこんなに真面目に研究しているのに、
誰にも関心を持ってもらえない。
なのに門外漢が書いた通俗本は出すごとに
人々に大歓迎で迎え入れられる。
読者も一緒にして罵倒したくなる気持ちはわからんでもないよw

15 :無名草子さん:2006/12/17(日) 17:29:53
なにはともあれ完結乙

16 :無名草子さん:2006/12/18(月) 13:47:52
「最後の努力」を読んでいる。ディオクレティアヌスが共産国みたいな
統制経済とキリスト教徒弾圧を始めてから俄然面白くなってきた。
オレはアカとキリスト教のどちらもキライなのでディオクレ帝と
キリスト教徒どものどっちを応援したらいいかで少し悩むな。
短命皇帝ばっかりで誰が主人公なのかはっきりしなかった「迷走する帝国」
よりゃこの巻のほうが面白いけどな。

17 :無名草子さん:2006/12/18(月) 18:51:58
>>16
好き嫌いは別にしてディオクレティアヌスはアイディアマンだとは思う。

18 :無名草子さん:2006/12/19(火) 09:32:23
キリスト教徒どもから悪帝と断罪されてきた皇帝は、皆徹底的に
史料を再研究したうえでの再評価を誰かが行う必要があるな。
キリスト教徒どもが語る歴史なんて共産国の「党史」と
五十歩百歩のシロモノだからな。

19 :無名草子さん:2006/12/19(火) 19:10:20
ローマが単純にどうとは言えないんだよな。
資料が少ないから。
比較的多いモンゴルなんか、酷いもんだし。
本当にあそこまで、比較的平和に属州を納めてたのか
疑問。

20 :無名草子さん:2006/12/19(火) 22:17:26
単にフリーセックス状態になりローマは終わりました。それだけの話です。

21 :吾輩は名無しである:2006/12/20(水) 10:28:59
>>19
塩おばさんはローママンセーの人だしね。
田中芳樹の中国マンセーはもっとすごいけどな。

22 :無名草子さん:2006/12/21(木) 03:04:22
>>21
小林よしのりの戦前日本マンセーに比べればry

23 :無名草子さん:2006/12/21(木) 09:16:43
早く「キリストの勝利」が読みたい。大学時代に読んだ辻邦生の
「背教者ユリアヌス」の主人公が出てくるから。
塩野氏のユリアヌス解釈が辻氏のそれとどう違うかに興味がある。

24 :無名草子さん:2006/12/21(木) 16:52:27
たった今15巻買いました。
大学生の頃から買い続けて15年かぁ。ちょいと感慨深いですな。

25 :無名草子さん:2006/12/21(木) 19:15:29
「最後の努力」をようやく読了。ディオクレティアヌスとコンスタンティヌス
って2人とも傑出したリーダーだったとは思うんだが、2人とも素直に
好きにはなれん。前者は統制経済の元祖だし後者は、中世を開始してしまった
男・・・統制経済やキリスト教などの新しい道具を持ち込まないと国が崩壊して
しまうところまで来ていたことは分かるんだが。カエサルやアウグストゥスが
あの時代の人間だったらどうしていただろうか?彼らでもやはりローマの
蛮族化&中世化は食い止められなかっただろうか。

26 :無名草子さん:2006/12/21(木) 22:55:11
>>25
オクタヴィアヌスがあの時代にいたら蛮族に負けて終わりでしょ。
まず軍事統率能力がないと話にならない時代だから。

27 :無名草子さん:2006/12/22(金) 09:51:19
>>26
アグリッパとかクラウディウスみたいな有能な将軍を
従えててもダメかな・・・確かにダメそうだな。
カエサル後編とパクス・ロマーナ読んでファンになっちまったもんで
残念だ。スッラも好きだけどな。


28 :無名草子さん:2006/12/22(金) 11:01:53
>>21
 大雑把過ぎる表現だな。確かにローマは、以降、世界帝国を
考えていく基礎にはなってる。幾等、塩野が作家の形で著作を続けて
いるにしても、読み物であっても歴史書の内で、芳樹先生とは
ジャンルが違う
>>24
 俺は今迄通り地元の図書館待ち
>>25 >>26
 ただ、カエサルでも局面打開が可能だったかどうか迄は判らん


29 :無名草子さん:2006/12/22(金) 11:09:15
ローマと関係する周辺世界が拡大しすぎて、一個人の力量では如何ともしがたい状況になっていったのだろうね。
カエサルやアウグストゥスでも帝国末期の崩壊は防げなかったと思う。
図らずも小スキピオの言葉通りになったわけだな。


30 :無名草子さん:2006/12/22(金) 17:11:40
末期はローマ市民のローマ精神も変質してたから、
カエサルがいてもあれだけの借金ができたり
政治活動を行えたかどうか。

31 :無名草子さん:2006/12/22(金) 20:06:44
カルタゴが滅びる時には、市民が凄まじい抵抗をしたというがアラリックのローマ略奪の時はほぼ無抵抗…
すでに滅んでいたんだね。

32 :無名草子さん:2006/12/22(金) 20:51:09
スティリコが死んでローマ精神の持ち主は死ぬかローマから去ったと思えるな。

33 :無名草子さん:2006/12/22(金) 22:35:12
どの帝国にも言えるのが末期になると、
ろくな奴が指導者にならない。
前期〜中期はコンスタントに、名君が現れるわけだが。
これは、血統で継続させても、ローマのような能力性でも変わらない。

逆に周辺国には能力の高い奴が指導者になる。


34 :無名草子さん:2006/12/23(土) 01:18:03
>>33
それは結果論だろう

名君が出れば中興となって持ち直すし
後継が暗愚で二代目三代目で滅亡した国家なんか山ほどある

強国の周辺で台頭してくる国の指導者は
状況的に有能でなければ不可能だし・・・

まぁ制度システムが腐って有能な人間が指導者として立ちにくくなったり
逆に現状を潰して新体制をとったほうが有利と判断する場合も多いだろうし


35 :無名草子さん:2006/12/23(土) 22:06:57
歴史なんだから、結果論になるのは当たり前なんじゃないのか?
今の時代を語る分けじゃないし。

36 :吾輩は名無しである:2006/12/25(月) 10:01:07
ガルスとユリアヌスの兄弟は、事実上の幽閉みたいな幼少時代をおくるわけだが、
あんな育てられ方されたらガルスみたいにグレるのが普通じゃないか?
ユリアヌスが一応まともな大人に育ったのがある意味不思議でさえある。



37 :無名草子さん:2006/12/25(月) 15:36:04
>>33
衰退し自滅するにしても、それを破壊するには確かに外敵に能力が要るね
>>36
 もうちとユリアヌスが人身掌握に長けていれば、と思わんでもなかったが

38 :37:2006/12/25(月) 15:40:41
人身→人心

39 :吾輩は名無しである:2006/12/30(土) 10:25:03
塩野氏はユリアヌスの軍事的才能はそんなに高く評価してないのね。
ただ古代で唯一の一神教の害毒に気づいていた人というユリアヌス評は
面白かった。確かに彼が19年皇帝をやってたらクソバカ十字軍や
南米の文明を根絶やしにしたスペ公・ポル公どもの
ような腐り果てた人面皮の鬼畜どもは歴史の舞台に出てこなかったかもしれない。

40 :無名草子さん:2006/12/30(土) 17:47:19
 「キリストの勝利」を怒りつつも読了。司教アンブロシウスの章で
キリスト教徒どもがやる悪行の数々には本当に腹が立った。中国の
文革とソックリじゃねぇか。やっぱりユリアヌスには長生きしてほしかった。


41 :無名草子さん:2006/12/31(日) 01:52:16
>>39
ただ、いかにギリシャ文明をユリアヌスが尊敬しようとも、
衰退したローマの共同体的機能を回復できたかどうか‥。
>>40
 確かに傀儡となった皇帝の名での章立てをしなかった理由が判る。
文中で触れた後世のカノッサの屈辱では後に教皇は追放される
のだが、これはその儘終わる


42 :無名草子さん:2007/01/01(月) 07:44:16
                , -────- 、
             , '´              `ヽ、
             /                    \
          /          ,. -───- 、     ヽ
        /   ,. -‐ ´ ̄ ̄` ‐- 、, -─‐- 、    i
         l  /           ヽl,. -‐    `ヽ、 |
        l/    / / //,.'⌒ヽ|        \
        /   // /,///  /,ミ|彡,}   i ヽ \ ヽ
     / ,. '´/ / // / / /  /l     | l| l  ',   ヽ !  さあ、塩野先生もご一緒に!
      l/  / / l  l/ / / /l / ||    l l | l   l l l l ヽ   「アウグーリオ」「ボナーノ!」
        // ,/|  |// / | l ||     l l l l  | l l l
   , ───‐l //「`Y´/ / | | ll   ノ ノ  | l | ノノハ} __
 ∠ ̄|::::::::::::::l/  | |_   ___         __   l/‐l::::::::く <
  //  ̄ ̄   ノ─Kl "´ ̄``     "´ ̄` l|___|  ̄ ̄
           //,ノーl ////       〉 /// /i  i   
       ///   iヽ     r──┐   / |  |   
     ///    l `ヽ  ヽ _ノ   /  l   ヽ
  // ____, '´\    `  、 _  <__,>─┐ \
  ////> 、        \       |        | ̄ト、\

43 :無名草子さん:2007/01/02(火) 10:45:30
1月3日(水) 22:00〜23:00 NHK総合 新春エッセー「よく生きよく死ぬために」
▽五木寛之・塩野七生▽ローマ文明とブッダの教え▽いじめ・戦争・共生の知恵

作家の五木寛之氏と塩野七生さんが格差社会、自殺者の増加、教育現場の荒廃など
構造や価値観が大きく揺らいでいる日本社会に「良く生きるための知恵」を提言する。
直木賞受賞作「蒼ざめた馬を見よ」をはじめ多くの名著で知られる五木氏は、
研究を重ねてきた仏教の教えをヒントに独自の"他力"という思想にたどり着き、
その視点に立って執筆や講演活動を行っている。一方、毎日出版文化賞や菊池寛賞、
司馬遼太郎賞など数多くの文学賞を受賞してきた塩野さんはローマに住み、
1992年から2006年までローマ帝国興亡の1千年を描く大作「ローマ人の物語」を手掛けた。
時代の裂け目と人間の心の闇を見詰めてきた五木氏と塩野さんが
社会情勢、家族、仕事、仲間、老いなどをテーマにじっくりと語る。

44 :名無し@あまり関係ないことだが:2007/01/03(水) 02:19:31
 ローマ人たちが食っていたという小麦粉のおかゆ。
 おいしいぞ。
 塩をいれたらけっこういける。
 今では定期的につくって食べている。
 セニョーラからの素敵な贈り物だ。

45 :無名草子さん:2007/01/04(木) 00:52:59
五木の完敗だったな。

46 :無名草子さん:2007/01/04(木) 01:31:06
エレガントババア塩野
あの指輪はめた手でビンタされてみたい

47 :無名草子さん:2007/01/04(木) 10:37:14
>>45 塩野・五木対談

完敗とは言わんが、五木がすぐ自論を展開しようとするのを、おいおい、ちょと
待て、おっさん、塩野オバの意見もじっくり聞いてから口開けみたいな場面が
何回かあったな。

五木には五木の自論があるし傾聴に値するが、塩野とは当然、世界観が
違うんだ。塩野オバの意見に対して、私は、こおう思うという対話と
なったほしかったw

しかしローマ帝国に匹敵する帝国は空前絶後だろ、中国だってあそこ
までは、完璧な統治はできなかった。
「アメリカ帝国」が猛烈なアホに見えてくる。結局は島国イギリスの
同型の子供に過ぎん。

48 :無名草子さん:2007/01/04(木) 22:31:40
私は整体師で伝統医学を研究していますが、はるか昔はイタリア医学が一番進歩していました。
が、今は現代医学も伝統医学もイタリアは日本よりかなり遅れてしまっています。
学術追求より娯楽を優先させてしまったことが敗北の原因でしょう。

49 :無名草子さん:2007/01/05(金) 11:11:50
対談、大変面白く見る事が出来ました。
塩野さんが日本にずっといたら、どんな人になっていたのでしょうか。

50 :無名草子さん:2007/01/05(金) 11:20:12
ああいう人にはなっていなかったでしょう。

51 :無名草子さん:2007/01/05(金) 14:13:34
文庫版はいつ完結しますか?

52 :無名草子さん:2007/01/05(金) 19:50:39
「ローマ世界の終焉」読了。テオドシウスは蛮族ではあるが元首制時代の
ローマ皇帝なみに有能なリーダーだったようだな。
ユスティニアヌスはローマ法大全作らせなかったら暗君として
歴史に名を残してたんとちゃう?無意味に領土広げただけジャン。
しかも現場で戦ってる者の苦労なんか全然分かってないし。
コンスタンティノープルから外に出たことが無かったんだっけ、奴は?

今、最後に残した「全ての道はローマに通ず」を読んでます。
塩おばさん今度はアレクサンダー大王を書くっていうけど本当かな?


53 :無名草子さん:2007/01/06(土) 01:06:55
15巻は酷いな。というより高い。
読書感想文のようだ、3000円の価値ない

54 :無名草子さん:2007/01/06(土) 14:34:43
女司馬遼太郎になりたいのか・・・

55 :無名草子さん:2007/01/06(土) 18:26:42
ローマに限らず歴史書物は、参考文献や記録に出ていない行間・空白を、
勝手な妄想・創造で埋める作業。真実などなく、真実でなくともスルーされる分野w

56 :無名草子さん:2007/01/06(土) 18:37:21
>>54
ある面で司馬遼太郎を越えたようだ。

57 :無名草子さん:2007/01/08(月) 11:30:16
「すべての道はローマに通ず」読了。これで「ローマ人」は全巻読了した。
読了記念カキコ。

58 :無名草子さん:2007/01/08(月) 12:31:50
>>52
正月休みにテレビで観た映画『アレキサンダー』思い出したw
大王のあまりのホモ・マザコンっぷりに萎え萎えww

59 :名無し募集中。。。 ◆sLWj8/CsMg :2007/01/08(月) 16:39:36
>>51
僕も文庫版を集めてるからその辺は気になるよ
今秋はマルクスアウレリウス篇出るだろうか

60 :無名草子さん:2007/01/10(水) 00:32:16
なぁ、おまいら。皇帝廟の欄で(文庫本なら硬貨についてにも出てくる)突如
出てくる女神ローマについて詳しい椰子いないか?
情報集めようにもぜんぜん情報がない。
ネットで調べても、神話系の解説本を調べてもなしのつぶてなんだが、、、。

どうしても詳細を知りたくて。情報求む、、、。

61 :無名草子さん:2007/01/10(水) 04:40:22
>>60
ローマ[ROMA]
   ローマを司る女神。玉座に座りかぶとをかぶって、槍と剣を持った姿で表
   される。玉座には盾がかけられている。その顔はローマの象徴として一般
   にコインに描かれていた。ローマ女神とウェヌス女神の神殿は、ローマの
   ウァリア丘にあり、ハドリアヌス帝が紀元121年に神殿の建設をはじめ、
   紀元140年頃にアントニヌス・ピウス帝の時に完成した。
  (『世界の大遺跡6 ローマ帝国の栄光』(講談社)によれば、1世紀に作
   られた女神ローマ像はカピトリーノにあり、左手には世界を象徴する球を
   持っている。ウィクトーリア女神と共に、ローマの支配と力の女神であり、
   属州では皇帝と並んで礼拝された、という)


こんなんじゃダメ?ググって一発目に出てきたサイトのコピペだけど。

62 :無名草子さん:2007/01/10(水) 16:06:17
【ローマ人の物語】塩野七生作品を語ろう!!4
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1159681742/

世界史板のスレ終了

過去スレ
塩野七生作品を語ろう!!
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1066380158/
塩野七生作品を語ろう!!2
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1106832879/
塩野七生作品を語ろう!!3
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1135923385/l50

63 :サンクスd:2007/01/10(水) 21:41:50
>>61
よくぐぐれましたな。雑音が多すぎて見つからなかったぽ。

できれば彼女が関連する神話とか、くわしい研究本とか知りたいんだけど、
ないのですかね。あとはくわしい全身像とか。
彼女を多く知ることができるとっかかりになる情報だけでいいんだけど。

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)