5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

この本のタイトル(題名)教えて! その5

1 :無名草子さん:2006/12/20(水) 18:45:07
「内容は憶えてるんだけど、どうしてもタイトルが思い出せない!」
そんな時、お互いの知識を持ち寄って解決するスレッドです。
回答をもらったら、感謝の気持ちを忘れずに。回答者の善意で成り立っているスレです。

●質問テンプレ
[いつ読んだ](「子供の頃」とかじゃなく、何年頃か何年前か)
[あらすじ]
[覚えているエピソード]
[物語の舞台となってる国・時代]
[本の姿(ハードカバー・ソフトカバー・文庫等)・装丁・挿絵]
[その他覚えていること何でも]

本の内容、読んだ時期、翻訳ものか日本のものか、
出版社など分かることは何でも書いた方が回答つきやすいです。

※SF・ファンタジー・ホラー、ミステリー、ライトノベルス、
 児童書、絵本については各板の関連スレが判明しやすいかもしれません。
※オススメ本を紹介するスレではありません。
 そのようなスレと過去ログ、他板関連スレは>>2-5辺り

前スレ
この本のタイトル(題名)教えて! その4
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1142692218/

2 :無名草子さん:2006/12/20(水) 18:45:44
他板タイトル検索スレ

この作品のタイトルが知りたい! Part 3〜SF・ファンタジー・ホラー板
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1140873515/
思い出せないタイトル質問スレ 3 〜ミステリー板
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1153213076/
小説の題名・作者名がわからない★質問スレ2〜ライトノベル板
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1160876614/
あの本のタイトル教えて!@児童書板 7冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/juvenile/1151942939/
うろ覚えの絵本の作者やタイトル教えて!・8冊目
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/ehon/1156767222/

類似スレ
★★こういう設定・内容の本が読みたい!その4★★
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1154353733/
あなたが好きそうな本を紹介します part6
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1160663393/

ずっと前の過去ログ
この本のタイトル(題名)教えて! その3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1117985496/
タイトル忘れちゃったあの本。みんな教えて!part2
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/books/1038687497/
タイトル忘れちゃったあの本。みんな教えて!
http://book.2ch.net/books/kako/976/976866647.html

3 :無名草子さん:2006/12/22(金) 13:20:39
>>1


4 :無名草子さん:2006/12/22(金) 17:15:31
[いつ読んだ]2000年夏
[あらすじ] 自殺する予定の20歳くらいの女が、遺書(?)を書くのに
 専念したいからと、大学生(?)の男(主人公)を住み込みの
 家事手伝いとして雇う。
[覚えているエピソード] ある晩、男が女の手を自分の股間に持っていって
 セックスする。生でやるが「どうせ死ぬからいいや」
[物語の舞台となってる国・時代] 日本、現代。
[本の姿(ハードカバー・ソフトカバー・文庫等)・装丁・挿絵]
 文庫本でした。
[その他覚えていること何でも] 主人公はお金があまりない。
 焼きそばを作るシーンがあった。


以上です。もしかしたら覚え間違いがあるかも知れませんが
よろしくお願いします。

5 :無名草子さん:2006/12/23(土) 00:58:13
[いつ読んだ]5〜8年前くらい
[あらすじ] 主人公は電車で長距離通勤をしている。その通勤電車は毎日長いトンネルを通る。
ある日の帰り、電車がトンネルに入ると、主人公はトンネルの壁に奇妙な灯りを見つける。
よく見るとトンネルの壁が洞窟のよう彫られており、そこには家族団欒の光景があった。
もちろんその光景は主人公以外には見えない。
主人公はその様子に心を奪われ、それから毎日、その家族を観察することにした……
[覚えているエピソード] 主人公は実は死んでいた、というオチでした。
[物語の舞台となってる国・時代] 現代の日本。新興住宅地?
[本の姿(ハードカバー・ソフトカバー・文庫等)・装丁・挿絵]
作品自体は短編。装丁は古ぼけた文庫だったような気がします。
[その他覚えていること何でも]
主人公は最初から死んでいたのか、それとも心を奪われていくうちに死んでしまったのか、
という解説のようなものを聞いた(or読んだ)ので、授業で扱った作品かもしれません。

時々思い出して、無性に読み返したくなる作品です。
ご存知の方がいらっしゃればよろしくお願い致しますm(__)m

6 :無名草子さん:2006/12/26(火) 22:48:03
あげてみる

7 :無名草子さん:2006/12/26(火) 23:06:56
「怪盗ルパン」シリーズです。
小学生の頃に熱中して読んだのですが、
アフリカ(たしかエジプト)が舞台になっていて、チーターが出てきました。
ラストシーンは、ルパンがシャンゼリゼ通りをドライブしていて、
助手席にはチーターが乗っていて、ルパンは古いシャンソンを口笛で吹いた、
というものです。

最近、復刻版が出たので本屋でチェックしてみたのですが、
このようなラストシーンのものは探せませんでした。
どなたか、教えていただければ幸いです。

8 :無名草子さん:2006/12/27(水) 17:59:19
>>5
角川ホラー文庫初期に出てた、アンソロジーのシリーズで読んだ気がする。
清水義範の作品だと思ってたけど、今ちょっと探してみても該当が見当たらないので違うかも。

9 :無名草子さん:2006/12/27(水) 23:15:14
4>

伊藤たかみのリセットボタンじゃないかな?

幻冬社で一時期絶版だったけど伊藤さんが直木賞とったからまた復刊してるよ。



10 :無名草子さん:2006/12/28(木) 02:28:47
芥川な

11 :無名草子さん:2006/12/28(木) 10:43:54
>>9
ありがとうございます!
正直、「こんなつまらない本初めてだ!これなら自分にも書ける」
と思い、自分自身が執筆活動を始めるきっかけになった本でして、
そんな訳でお尋ねしたのですが、
芥川賞受賞している上に奥さんは角田光代ですか…。
いや〜、ホントありがとうございました。
初心に戻るために再度読むことにします。

12 :無名草子さん:2006/12/28(木) 11:16:08
直木は嫁はんの方だった
スマソ

首釣ってくるノシ

13 :無名草子さん:2006/12/28(木) 11:18:08
○吊る

×釣る

死んでくるノシ

14 :無名草子さん:2006/12/28(木) 11:59:57
>>11
ありがとうございます!
でやめときゃいいのに、下品なババアだな。

15 :無名草子さん:2006/12/28(木) 12:50:54
>>5
>>8を書いた者だけど、その後もう一度調べてみたら見つかった。
やはり清水義範の作品で、タイトルはそのまま「トンネル」でした。
自分は角川ホラー文庫の「見知らぬ私」で読んだんだけど、
タイトルと作者名でぐぐると授業記録がいくつか出てくるので、
高校の国語教科書で採用してたところがあったみたい。

16 :ですな:2006/12/28(木) 22:17:43
>>7
南洋一郎「ピラミッドの秘密」ではないでしょうか

17 :無名草子さん:2006/12/29(金) 07:36:07
>>12
>>首釣り

魚釣りのように首を釣るの想像してしまった(;´Д`)ガクブル

なんてな、ほんとはワロタwwwww

18 :無名草子さん:2006/12/30(土) 00:19:19
[いつ読んだ] 1978年ごろ。ただし、そのときにはもはや古い本といった痛み具合でした。

[あらすじ] アフリカ探検(?)のお話でした。ただ次にあげるエピソードが強烈に印象に残っているだけなので、
       ストーリーは覚えていません。ノンフィクションだったかもしれません。

[覚えているエピソード] 「とても疲れていたが、カレーを食べて熱いコーヒーを飲み、タバコをすうと元気が出てきた。」
                という一節を覚えています。

[物語の舞台となってる国・時代] おそらくアフリカかと・・・。
[本の姿(ハードカバー・ソフトカバー・文庫等)・装丁・挿絵] すみません。覚えてないです。
[その他覚えていること何でも] 主人公、と言うより筆者がハンティングに精を出すイギリス人だったような・・・。

19 :無名草子さん:2006/12/30(土) 11:26:33
[いつ読んだ]つい最近ですが、図書館の本なので…そこまで古くは無かったと思います。
[あらすじ] 12歳位で成長がとまってしまう男性が主人公。自分を捨てたらしい母親を調べていくうちに、どんどん大きな謎に巻き込まれていく…というようなお話。
[覚えているエピソード]・ 母親は革命家というか、テロリストっぽいです。
・主人公の友達は男二人と女一人で、男達は自衛隊員と外国の銀行員になります。
・男友達二人は、それぞれ主人公の謎に深く関わります。
・主人公の母親は「永遠の命の子供を授かる」みたいな感じで裏の噂になっています。
・主人公と女友達が、小さい湖で水をすくって飲むシーンがあります。
[物語の舞台となってる国・時代] 現代日本
[本の姿(ハードカバー・ソフトカバー・文庫等)・装丁・挿絵] ハードカバーで挿絵はありませんでした。
[その他覚えていること何でも] 日本人の作家です。乃南アサが好きな祖母から勧められたので、乃南アサかと思いましたが、それらしいのが見つからず…灰谷健次郎とか山本文緒とか節操無いので、全然違う人かもしれません。

20 :無名草子さん:2006/12/30(土) 22:13:19
[いつ読んだ]80年代後半と思われ。
[あらすじ] あらすじ…というか挿話だけど、
地名に「谷」がつくとき、関東では「ヤ」と発音され、
関西では「タニ」と発音される、といったことから
古代関東と関西では異なる言語(?)が話されていた、
といった考察に至る。
[物語の舞台となってる国・時代]日本
[本の姿(ハードカバー・ソフトカバー・文庫等)・装丁・挿絵] 不明。
[その他覚えていること何でも]司馬遼太郎の小説中の一挿話、
もしくはエッセイだと思います。

21 :無名草子さん:2006/12/31(日) 09:31:20
>>19
「呼人」野沢尚/著
読んだことないけど多分これ

22 :7:2006/12/31(日) 11:21:12
>>16
ありがとうございます。調べてみます。
たしかにルパンシリーズの翻訳は、南洋一郎氏ですものね。



23 :無名草子さん:2006/12/31(日) 15:19:31
>>21
の〜で覚えていたのですが、野沢尚だったとは…
それでした。ありがとうございます。


24 :無名草子さん:2006/12/31(日) 17:40:17
[いつ読んだ]4,5年前
[あらすじ]おじいさんが形見として手作りの本を孫(確か女の子)に贈る。
      その本にはフロッピーディスクが入っていて、
      孫と母親はパスワードを見つけながら
      おじいさんが残した本当の物語を見つけるという話。
[覚えているエピソード]金庫を見つけると、中にはおじいさんと
            おばあさんの古い写真があった。
[物語の舞台となってる国・時代] 現代、イギリスかアメリカか、その辺の
                 外国。
[本の姿(ハードカバー・ソフトカバー・文庫等)・装丁・挿絵]
 ハードだった気がします
[その他覚えていること何でも]
物語の中に若い頃のおばあさん(おじいさんの妻)の話があります。
ドレスを作る仕事をしていた彼女は妊娠している新婦に出会い、
彼女のためにドレスを作ります。
「人は誰でも誰かの天使になることができる」
という内容でした。


前々から心にひっかかっていてどうしても読み返したいのですが
タイトルも著者名も思い出せません。
知っている方が居たら御一報宜しくお願いします。



25 :無名草子さん:2006/12/31(日) 19:02:42
>>24
ドレスのエピソードは覚えてないけど、
たぶん「エミリーへの手紙」(キャムロン・ライト/NHK出版)。

26 :無名草子さん:2006/12/31(日) 19:36:39
>>20
司馬遼太郎の著作物ではないのですが、
>地名に「谷」がつくとき、関東では「ヤ」と発音され、
>関西では「タニ」と発音される、といったことから
>古代関東と関西では異なる言語(?)が話されていた、
これと同じような説話の入った本で、
金田一 春彦・著、新潮社の「ことばの歳時記」 (文庫)があります。

他にも、山田秀三氏の著作で『関東地名物語』(発行:草風館)
奥付の初版発行年月:1990年06月
副題、―谷(ヤ)谷戸(ヤト)谷津(ヤツ)谷地(ヤチ)の研究
などがあります。

27 :無名草子さん:2006/12/31(日) 22:33:56
>>26に追加です。

司馬遼太郎の小説じゃない本で、『街道をゆく 四 郡上・白川街道と越中街道』(朝日文庫)
の中に富山県についての記述に、(地形を目印に)東西に境界線があって、
関東文化圏と関西文化圏が形成されており、東西は方言もちがい、
生活意識や商売の仕方などもすこしずつちがっている、というな説明があるそうです。

28 ::2006/12/31(日) 23:49:02
>>8,15様
遅れてすみません。詳細な情報ありがとうございます!!
ずっと気になっていた作品だったので、分かって嬉しいです^^
やはり授業で使われていたんですね。
年が明けたら探してみます。


29 :無名草子さん :2007/01/01(月) 16:26:25
[いつ読んだ]去年の夏。刊行されたのは昭和あたりな気がします。
[あらすじ]主人公の女が登山に行くところから始まる。
      そこで出会った雑誌の編集者(自称登山家)に女は好意を持たれたけど
      昔から密かに思いを寄せる男がいて(だけど振られる)、でも結局
      強引に言い寄ってくる雑誌の編集者と結婚する。結婚後突然女の
      前に昔好きだった男が現れて、浮気心が芽生える。それに気が付いた
      夫は怒り狂う。結局女は男に会いには行かなかった。しかしその男
      は事業に失敗して自殺してしまい・・・大体こんな感じでした。

[覚えているエピソード]@思いを寄せていた男は大企業の御曹司だった。
            A冒頭の登山はサークルか何かの旅行で、その仲間の
             内の一人に例の御曹司を寝取られる。
            BAの女が「○○さん(御曹司)とキスしちゃった」とか言ってた。
            C女は京都に浮気旅行に行こうとしてた。
[物語の舞台となってる国・時代]昭和70年代な感じ
[本の姿(ハードカバー・ソフトカバー・文庫等)・装丁・挿絵]覚えていません… 
[その他覚えていること何でも]活字離れしている私でも知っているような
               作家の方でした。
説明が下手ですみません(><)よろしくお願いします。

30 :エミリーへの手紙:2007/01/01(月) 17:13:31
検索してみたらそれでした!
どうもありがとうございます(^^)
よいお年を

31 :無名草子さん:2007/01/01(月) 21:42:31
>>26-27
情報ありがとうございます。
なかなかにこの話は奥が深そうですね。
『関東地名物語』は面白そうなので読んでみたいですね。

32 :無名草子さん:2007/01/02(火) 00:42:06
[いつ読んだ]去年
[ あらすじ]
海流の関係で誰も近寄れない孤島に、偶然に難破船に乗っていた人が流れ着く。
その島の住人はひとりの男に支配されている。
彼の権力は絶対的で、ちょっとした気まぐれで島民を殺したりもできる。
流れ着いた人のうちある男は「殺さないでくれ」と言ったため殺され、別の男はなぜか気に入られて客人扱いされてしまう。
[覚えているエピソード]
↑に書いた事は、メインのあらすじではなく作中のエピソードのひとつだったかもしれません。
[物語の舞台となってる国・時代] 日本・現代
[本の姿(ハードカバー・ソフトカバー・文庫等)・装丁・挿絵] 新書?
[その他覚えていること何でも]


33 :無名草子さん:2007/01/02(火) 16:07:00
>>32
京極の「後巷説百物語」にそんな話がなかったっけ?

34 :無名草子さん:2007/01/03(水) 23:09:01
お願いします!!!
[いつ読んだ]5年以上前
[あらすじ] 揚げ物屋(?)を営むきつねのおじさんの話
ふとしたきっかけ(恋に落ちる?)で、彼はノイローゼ気味になり、
ついには自分の顔にコロモをつけて、熱した油に顔をつけようとしてしまう。
しかしその寸前で我に返る。
最後には店をたたんでしまったような・・・。

すみません、余りに記憶が曖昧でオチも何も覚えていないのですが、
上のエピソードだけが印象的で・・・どなたかお願いします。

35 :無名草子さん:2007/01/05(金) 23:54:56
[いつ読んだ]去年(図書館で・・・)
[あらすじ]マジシャン一家の物語ですがヒロインはマジシャンの娘。家出少年をマジシャンが
養ってあげ、手品を教える。娘と恋人同士になるも、事情でわかれてしまう。マジシャン一家はその後
逆恨みのような陰謀にまきこまれるが、舞い戻ってきた恋人マジシャンの協力により
最後はめでたくハッピーエンド。

[覚えているエピソード]じつはそのマジシャン一家はアルセーヌルパンのような大泥棒
[物語の舞台となってる国・時代]外国。でもアメリカかイギリスか覚えてないです 。現代もの。
[本の姿〕 講談社文庫 青いやつです
[その他覚えていること何でも]
パトリシアコーンウェルのようなミステリーものかと思って読み出したが
ハーレクインのような展開にびっくりした。ドラマチックな内容。

36 :35:2007/01/05(金) 23:59:25
ちなみに翻訳ものです

37 :無名草子さん :2007/01/06(土) 00:46:08
[いつ読んだ] 8年前位
[あらすじ] 母親に先立たれた貧しい父親と息子がいて、
      父親が2人で息子を遊園地へ連れて行って、メリーゴーランドへ乗せる。
      その夜泊まっていた旅館で浴衣の帯で一緒に母親の元へ心中しようとするが死にきれずに失敗する。

[物語の舞台となってる国・時代] 日本・昭和時代だと思われる。
[その他覚えていること何でも] 中学受験をしようとした塾で国語用の問題として出ました

情報が少なくて申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いします!

38 :無名草子さん:2007/01/06(土) 01:50:05
[いつ読んだ]       俺が高校三年のとき現代文の参考書のテキストに載っていた。
[あらすじ]          若い夫婦とその赤ちゃんがいる。んで夫は確か自殺する。
[覚えているエピソード] 夫婦がアパートに引っ越すんだけど、そのお隣さんだかどっかに本相撲取りが住んでいて
                その相撲取りはもう土俵から去ったんだけどまだ未練が残っていてちょんまげをしている。
                そのちょんまげを見て夫が「あのちょんまげ見てるの、なんか切なくなる」みたいなことをい
                う、もともと何か欝っぽい感じがしていて、その言葉を残した後、電車に轢かれて自殺する。

[物語の舞台となってる国・時代] 日本。現代だけど70年代が舞台かな
[その他覚えていること何でも]   電車で自殺するとき、迫ってくる電車に対して背中を見せて、後ろ向きにとぼとぼ歩きながら撥ねられた
                     っていうのが印象に残っている。

すっごく漠然としててすみません。よかったら情報まってます。

39 :無名草子さん:2007/01/06(土) 02:58:40
>>38がいつ高三だったのか誰も知らないだろw

40 :無名草子さん:2007/01/06(土) 04:09:31
ゲーテの
学者が悪魔に命を売って若くなり14歳の娘に恋してしまう…という作品。昔読んだけどのタイトル忘れちゃった。

どなたか教えてくださいませんか?

41 :無名草子さん:2007/01/06(土) 04:28:12
>>40
読んだ事ないけど、ゲーテでその内容だったら「ファウスト」じゃないかな?

42 :無名草子さん:2007/01/06(土) 04:54:51
>>41
ありがとうございます!!

43 :38:2007/01/06(土) 13:45:54
>>39
wwwwwwwwwwwwwwww
そうだった。
4年位前かな

44 :無名草子さん:2007/01/06(土) 20:20:02
>>37三浦哲郎の短編集「木馬の騎手」のどれかじゃないかしら。

45 :無名草子さん:2007/01/06(土) 22:59:42
>>43
  ( ・ω・)  んもー
   ○={=}〇,
   |:::::::::\, ', ´
、、、、し 、、、(((.@)wwwwwwwwwwwwww


46 :無名草子さん:2007/01/06(土) 23:20:09
[いつ読んだ]
去年の夏頃。
[あらすじ]
京橋の銀行に勤める行員の話。
[覚えているエピソード]
主人公の勤める銀行が吸収合併されることになった。
[物語の舞台となってる国・時代]
多分UFJの話だと思ったんで、日本でここ最近。
[本の姿]
ハードカバー、赤とかオレンジとかビビッドな色だった気がします。
[その他覚えていること何でも]
日経か何かでコラム連載されてたものだと書いてありました。

分かりにくいですが、何卒よろしくお願いします。


47 :無名草子さん:2007/01/07(日) 23:38:58
専門書で恐縮ですが、心理学関係の板にはこのようなスレが無いので
藁にもすがる思いで書き込みます。板違いの場合、誘導願います。

[いつ読んだ]1年以内
[あらすじ]
臨床心理に関する専門書です。
東山紘久氏が在任しておられた大阪教育大学の心理系研究室で
過去になされた教育分析から、カウンセリングの難しさ、
その妙を述べたものであったと思います。
前半は当時に教育分析を受けた大学生・大学院生による回顧録、
後半は(うろ覚えですが)東山紘久氏の論考占めめられていたような気がします。

[覚えているエピソード]
 「新米カウンセラー田中リュウジの一日」のような、
「新米っぽい肩書き+カタカナが名前の仮名」で作られた章が
あったように思います。子どもとの遊戯療法ののち母親面接に移る際、
ネクタイを少し変える事で印象や気分を変える、というアドバイスが
為されていたのが印象的です。

[物語の舞台となってる国・時代] 日本です。
[本の姿] ハードカバー 紺色だったような気がします。

 マイナー極まりない依頼ですが、どうぞよろしくお願いします。


48 :無名草子さん:2007/01/08(月) 00:07:02
>>47
回答じゃなくて悪いんだけど、それは東山紘久氏の著作なの?
だとしたらamazonの検索結果だけで数十冊あるんだけど、その中にはないのかな?

49 :無名草子さん:2007/01/08(月) 00:11:22
>>47 そこまで判ってんならぐぐれ! と言いたい所ですが、かなり必死そうだな…

内容はともかく、著者名と所属まで判っているなら、ここでご自分で調べて見られてはどうでしょう。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/%93%8C%8ER%8Dh%8Bv/list.html
大手書店のオンライン店舗で、目次付きの著者名検索をかけられる所は他にもありますよ。
図書館で借りられたなら、その図書館のネット検索と併用すれば検索精度が上がります。
万一著者を間違えているなら、他にどんな心理学系の教授が大阪教育大にいるのか調べて再検索。

あとマジな忠告ですが、まずGoogleの使い方に類する本を一冊読んで、ご自分の検索スキルを磨くべきです。
本来、内容は覚えていても、著者名もタイトルも判らない人に対応するためにこういうスレはありますので。


50 :無名草子さん:2007/01/08(月) 00:27:23
>>49
全く関係ない者だけど、>>49が提示してくれているリンク先にそれっぽいものがあったよ
>>49の言う通り、自分で探す方法を身に付けよう

51 :無名草子さん:2007/01/09(火) 02:02:55
●お願いします
[いつ読んだ]詳しくは覚えていませんが15年以上は前だと思います
[あらすじ]どこかの殿様に姫しかいなかったので姫を跡取りの男として育てていて、姫も自分を男と思っていたのに、弟が産まれたことで急にお前は女だと言われる。
その事実を受け入れられず、その後も男として離れた城で暮らすが、男装時代に自分に仕えていた元従者と再会したことで女の自覚が生まれる、みたいな感じでした
[覚えているエピソード]・男装時代に馬で遠出したときに姫の馬が暴走してしまい姫の股間が濡れる。姫自身は恐怖で失禁したと思ったが実は生理が始まっていた
・後にそれは生理で自分が女だと知り、その様子を見ていた従者を疎み追い出すかなにかする
・頭をちょんまげにしたとき剃った部分がいつまでも柔らかいのでやはり自分は男とは違うと思う
・離れた城で暮らしているときうたた寝していると侍女が姫の体にイタズラする。
・後日侍女を殺そうとするが城の近くに住む謎の男が仲裁に入る。男は昔追い出した従者で姫を慕い近くで暮らしていた
[物語の舞台となってる国・時代]ちょんまげ描写が出てくるので戦国〜江戸時代くらいの日本です
[本の姿(ハードカバー・ソフトカバー・文庫等)・装丁・挿絵]文庫です
[その他覚えていること何でも]短編集の中の一話でした
よろしくお願いします

52 :無名草子さん:2007/01/10(水) 04:28:14
>>51
山本周五郎の「菊千代抄」とストーリーは似ていますが、
エピソードの細部が違うみたい。
山本周五郎作品では、乗馬の件で初潮が始まるエピソードはあった気がする。
主人公の男装の姫は、自分は男として育てられたので生理のことなど、
考えもしなかった。後に自分が女で生理があるのが女の徴であったと、
気が付いて従者を呼んで、その件について話題にするが、
従者が主人公が女だと知っていたと答えるので、衝動的に刀で切りつける。
その後、実は従者は生きていたが主人公は死んだと思い込んでいた。
城主から弟が家を継ぐので女にもどってよいと言われるが、
女にもどって生きる術を知らず出奔して、浪人のような生活を送るうちに
心が荒んで酒びたりになる。主人公が酔っている間に男から乱暴されて、
抵抗しているところに、自分が殺したはずの従者が現われて助けてくれる。

うろ覚えなので実際と違うかもしれませんが、ちょっと趣の違う作品なので、
お探しの作品はこれとは別の作品かもしれません。

53 :無名草子さん:2007/01/10(水) 13:58:51
>>52
ありがとうございます!あらすじを検索しましたら菊千代抄で間違いありませんでした
「おちんぽ壊れてらあ」がなつかしかったです
10年以上探し続けていたので教えていただけてとても嬉しいです。早速購入したいと思います
迅速で的確なご回答をしてくださって本当にありがとうございました(*^ω^*)CHU!!

26 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)