5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

文學界新人賞に応募 第37章

1 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/28(火) 15:15:43
    ┌ o:┐ ┌ o:┐ ┌ o:┐ ┌ o:┐ ┌ o:┐ ┌ o:┐
    |選| |川| |浅| |島| |松| |辻|
    |考| |上|.. | 田| |田|.. | .浦| |原|
    |委| |弘| |彰| |雅| |寿| |登|
    l. 員 | ..|美| |  | |彦|  |..輝| | ..|
    └─┘ └─┘ └―┘ └─┘ └─┘ └─┘

                i||i
           ∧_∧__i゙'''゙!___∧ ∧
______________________(,, ´∀`) ゙ー''    (゚Д゚,,)___________________
          (   つ       と  ヽ
         C(,_/          |,_,,)〜
            ゙ー‐/_______|ー―'
               └┬┬──‐┬┬┘
                 └┘     .└┘
   ┌─────ヘ――――――‐
   |100枚ほど、6、12月末日〆切
   └─────────┬―――ヘ――――――――
                       |文春「文學界」編集部まで
                       └───────────‐

3/20 最終候補者に電話


2 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/28(火) 15:16:46
前スレ

●●●文學界新人賞に応募 第36章●●●
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1137685031/


3 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/28(火) 19:56:39
相変わらず、ズニロウ高山の一人芝居スレが続くわけだなwww

4 :ちみかな:2006/02/28(火) 19:58:42
そこで私が4get

5 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/28(火) 19:59:32
村上龍の「歌うクジラ』に注目だ。
綿密な取材と聞き取りに基づく彼の近未来小説は、現代文学の閉塞感を打ち砕く上で大きな示唆を与えている。
春樹が今後、何を書くのかについて少しく過渡期に入るであろうことを考えるなら、
龍が決然として方向性を明確化したことは、春樹のフェイクばかりが目立ってきた新人賞レースにもかなりの影響を与えるはずだ。
102回の候補作に、そのような新味を出している作品があるだろうか。
少なくとも僕は大胆な実験を試みる作品を応募した。従来の物語話法を根底からぶち壊した。


6 :名無し物書き@推敲中?:2006/02/28(火) 23:53:21
ヘンリー・ミラーの『北回帰線』

7 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 00:29:37
あと20日

8 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 07:39:33
実験小説

9 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 07:43:15
がんばろう

10 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 07:56:21
日記風が一番。
捏造日記。断章。物語も挿入。男根も挿入。

11 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 08:10:21
小説っぽいものを書かないこっちゃな、ホンマ。
僕でも私でもいいから、一人称でごたごた妄想と現実を書き込んでみいや。

12 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 10:44:54
新しい文学の旗手を自認するなら、文學界は画期的に奇異な作品をぜひ発掘してほしいな。
もうありきたりの身辺雑記小説は読む気しないですよ。いくらうまくまとまっていても。
自分も可能な限り冒険作を応募していますが、この際自作が通る通らないは別にして、
どこから見ても新味のある意欲作を選んでほしいものです。
新人賞なんだから、荒削りでもいいじゃないですか。

13 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 11:02:07
新しい文学の旗手を求めるといいつつ、
結局いつも器用な身辺雑記でごまかしてしまうという現実。
小説家には冒険しろといいつつ、自分らは冒険したくないようだ。
多分型破りの小説を選んでしまって、結局失敗すると、
責任を問われるんだろうな。それで結局安全策をとる。
まあ、仕方ないかw

14 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 11:10:33
昨今、大型新人がいっこうに出現しないのは、編集者の責任だと思います。
はっきりいって読み方が型にはまっている。
かなりの冒険作を応募しても、下読みで落とされているのだと思います。
ブラックボックスなのでさっぱりわからないですが。
なので、多くの応募者は、傾向と対策に現を抜かして、ただただ欠陥が少ない優等作を目指してしまうのでしょう。
下読み制度に根本的なメスを入れるべきではないでしょうか。
新人デビューしたい応募者の足下を見透かしていますよね。
応募者は完全に受け身ですから、何も発言できませんし。



15 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 11:16:06
下読みって、どんな人がやっているの?
お金もらっているんだろう?

16 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 11:29:04
下読みや編集部の批判が、落選の言い訳に感じられるのは、気のせいだろうか。

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 11:35:42
落選して言い訳するのは自由。
実力にある程度の裏付けがある人なら、自分で落選の理由ぐらいはわかるもの。
その上で、選考のあり方に自由な意見を言うのなら、客観性はあるよ。
一番発言力が増すのは、受賞した後で言うことだよ。しかし、圧倒的に編集部の買い手市場だから、批判するのは難しいだろうよ。

18 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 11:45:34
デビューしてしまった新人作家は、絶対選考の方法に異を唱えることがないな。
ベテランに成長して選考委員になったとき、チクリチクリと批判を始める。
島田なんかしょっちゅう下読みに疑問を提示しているが、編集部はなんら改善しない。
結局、媒体を握っている側が一番強いんだよ。
しようがないから、せいぜい編集部に評価されるような作品を書くことにしよう。
それがもっとも現実的な対策だ。

19 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 11:58:23
それではまた、まとまりのいい身辺雑記を書くとするか。
しかし、点数にはならないけど、イナ・バウアーレイバックを挿入しておくとしよう。
そっれかないよ。難しいコンビネーションは回避回避。できるだけ減点されないようにしよう。


20 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 12:00:05
選評であれだけ批判するのは勇気がいることだ。
文壇の長にしてもらい、受賞金額と同じ選考料をもらい、うはうはなのだから
編集部のいうことをきいて
適当に受賞作を出していればいい。
10年前の体制がまさにそうだった。

だが今の選考委員は違う。
下読みなにやっとんじゃと明確な批判。
2期連続で受賞作なしも平気でやる。

応募数が増えるとした読み選考の負担がふえ、つまらない作品しか上がってこなくなる。

21 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 13:27:24
島田がマジギレで下読み批判をしたところで、編集部は痛くも痒くもない。
「島田さん、だったら下読みからやりますか」と居直られて一巻の終わりだったじゃないか。
ゴミ作品が9割以上にのぼる応募作品の中から、これというものを選ぶには、直感が必要。
下読み連中からは、昨今そういう直感力がなくなっている。
文芸もの編集部のOBや評論家くずれ、ライターくずれなんかを適当に雇っているから、
総体としてがさつな選考になっているものと思われる。
それをふまえて応募するしかないよ。

22 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 15:27:54
おい、もういい加減にしろよ
うざいんだよ
自作自演が見え透いているぞ
お前サハラだろ

23 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 15:30:11
サハラは文壇バーに出入りするようになって、矢作が面倒見ていて、結構落ち着いてるみたいだぞ。

24 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 15:32:05
第100回二次予選通過者のMだけど何か?

25 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 17:54:36
いまテレ朝のニュース観ていたら速報が。
作家の村上春樹さんが自殺って小宮悦子が簡単に伝えたていが……。

26 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 17:59:27
うそばっかりw

27 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 18:02:39
>>25
本当ならいいけど、ネタだとやばいよ。

28 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 18:06:16
ガセネタでももっと気のきいたものにしてくれ。
すぐにばれる。だいたい、村上春樹が自殺したって、ニュース速報なんか流れないw
純文学作家はそんなに認知されていないよ。


29 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 18:11:07
ノルウェイの森の作者だぞ

30 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 18:18:21
>>28
きみも釣りですか?

31 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 18:19:35
綿谷りさがデビュー前に出ていたハメ撮りAVが流出しているぞ。
及川奈央スレを見てな。

32 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 18:25:33
きょうはエイプリルフールだよw 釣られてどうする。

33 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 18:34:44
金原ひとみがヤク中だったのは確かだ。
リストカットで両腕が傷だらけ。まんこも半分腐っているらしい。
綿谷りさはせいぜい早稲田の学生との3P疑惑くらいだろ流布しているのは。かわいいもんだ。
だけど、村上春樹自殺説は、予言かもしれないな。なんとなくありそうな気がする。
堀江敏幸が堀江貴文の従兄だったことには驚いたけどなマジで。

34 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 18:49:59
荒川静香は実はロシア人だったらしいな。
母方の層父母はサハリンの生まれ。父方は青森だけど、やはりロシアの血が混じっているらしい。
どおりで日本人ばなれした肢体だと思ったよ。色も白く気品があって、顔の欠点を補っている。


35 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 19:48:56
どうしたんだよ、お前らw
長年の報われぬ投稿生活で
ついに気が狂ったかw

36 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 21:01:36
すべてサハラのあほのせいだよ

37 :コテ山スカ彦 ◆Zun/DZ2mkw :2006/03/01(水) 21:18:53
狂っているのは、広島・高山・ファビョル…

38 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 21:38:59
工藤がロト6当てた話、続報きぼう!

39 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 22:44:38
夜のイナバウアー、見せてくれ、K子。

40 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 23:41:05
あの偽装メールの永田は堀江と個人的な関係があったらしいな。
同じ東大ということで、ウマが合ったとか。
堀江を岡田につないだのも永田。
そのルートで、実は永田と武部とは水面下でつながっていたようだ。
今度の騒動は、ひと皮剥けば、永田が武部サイドの意を受けて仕組んだ陰謀だ。
うまく民主をハメたから、表面上威丈高だが、武部サイドは永田を高評価だ。
ほとぼりが冷めたら永田は復活し、民主内でスパイ活動を続けることになる。
武部の背後には勿論世耕がいる。

41 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/01(水) 23:53:59
文學界編集部にはゴミ作者リストがあって、
下読みに回す前にこのリストに載っている常連クソ応募者を事前廃棄しているそうだ。
連続4回以上ゴミ作品を応募した人が対象なんだとか。
こういう事前チェックシステムがあるから、選考が予定どおり行われるのだろう。
2000編くらい応募があるとして、その4割、つまりは800編は下読み以前で捨てられるってよ。
元編集長から直接聞いた話だから、間違いないよ。

42 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 00:06:25
そうか、わかった
その調子で今後も頼む

43 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 00:06:28
春樹はハーバードに

44 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 00:22:38
ガセネタだ。春樹は今箱根の強羅に籠って新作の構想を練っている。
タイトルは『暗い空から降りてくる時間が』
完成は今年末。今度は講談社から刊行する。1200枚の長編だ。上下巻になる。

45 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 00:30:51
絲山さんが再発して入院したらしいぞ。

46 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 00:45:42
>>44
それもガセネタだ。春樹の新作は新潮社から刊行予定。

47 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 02:14:08
このスレではタブーとされている文学界の話。今月号といえばイトヤンインタビュー
なのだが創作についてのマジトークでうなってしまった。
Q絲山さんは複数の連載を並行して書かれるということですが・・・
A普通に(会社で)仕事をしていれば(略)みんな六つも七つも一つの机でやっている
じゃないですか。小説家だけが特別じゃないとおもいます。
Qアイデアはどうやって?
A着想はそれだけでは作品になりません。技術的な裏打ちがあってはじめて形になるもの
だと思います。
Q書き出しが印象的ですが
A文芸誌って最初の一ページ目にはイラストがあって文章は少ししかない。(略)先制
パンチというか最初の一ページが勝負だなって思うんです。
モブのバカインタビューとか文則先生の生い立ち話よりタメになる話満載。応募者向け
創作のヒミツ話。さすが営業10年。相手の聞きたいコトがわかってる。で、気になった
のが「並行して書くのは当たり前」という職人的感覚。

48 :つづき:2006/03/02(木) 02:21:09
で俺リーマン応募者なんだけど「仕事休んでまとまった時間が欲しい」とか
「ニートは高等遊民でウンヌン」て話度々でるじゃないスか。果たしてポッカリ
した時間持ってるヤツが有利なのか?「人間の脳は一つのこと集中するようには
できていない」という話もある(ヨーロータケシだったかな)

49 :さらにつづき:2006/03/02(木) 02:34:38
で、最近の受賞者の職業ザッと調べてみた。
中山智幸>会社員 樋口直哉>コック 文藝の三並じゃないほう>会社員
赤染晶子>事務員 
新潮の子>ニート 三崎亜記>役所。・・・って無職ってモブと新潮の子ぐらい??
時代は変わる。10年ぐらい前ってプロフィールに「サラリーマン」ってダサダサ
だったハズなのに。「無職」のほうがカッコ良かったって時代があったのよ。せいぜい
「フリーター」まで。「リーマンに文学が書けっか!」て雰囲気があった。就職なんか
ようせんダメ人間の駆け込み寺だったのだ新人賞って。

50 :ハニロウ赤羽 ◆49AV/b9F.k :2006/03/02(木) 02:37:04
群像駄目だったんで、文學界で残してください。たのむ〜。

51 :さらにつづき:2006/03/02(木) 02:46:49
「小説を書く」って本来ボンヤリした人間のやることで基本的にはお笑い芸人目指す子と
大差ないのです。最近の応募シーンが受験テク化していってるのをみてると大丈夫か?と。
(中山、樋口、高瀬ちひろが他誌でも同時期に二次通過してたりするのは完全武装、
受験テク的応募者だから)でもなー。中山も高瀬もオモシロくないんだわ!イトヤンも
武装系作家ではあるのだが。今月のインタビューは「いかにして私は武装してきたか」と
いう風にも読める。

52 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 02:50:58
樋口はまだ安部公房オタとして色がある。
中山は第一作が出るかどうか微妙。
高瀬は安藤千夏的にすばるのみで淡々と作品を発表し続けるかもね。誰からも読まれずに。単行本も図書館のみで。

53 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 05:13:47
うまい(だけ?)系の作家の出世頭はイトヤンですかね。


54 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 07:32:08
なんか手馴れた感じになっちゃってなあ。

55 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 07:34:15
舞城王太郎の正体は、松浦寿輝と古見世志彦という東大大学院の学生との共作だった!
新潮の編集者がゴールデン街の「なべさん」で暴露。

56 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 08:09:23
リーマン(公務員、教師含む)が時間を作って応募作を書くのが主流だろうよ。
しかし、文学作品を書くのは企画書を書くのとは次元が違うぜ。
どんな職業についているかが重要なのではなく、どんな生業に従事していようと、
高等遊民の気分をもっていることが重要だ。
かんたんに言うなら、職場ではできるだけうすぼんやりと過ごすべきだ。収入のためだけに通うというスタンス。
能力を発揮し出したら、小説書く暇などまったく取れないよ。
まあ、この板に出没するヤカラは、まともな職にもつけないニートが多いようだから、
何を言っても無駄だろうけどなw ニートは集中力がないから、何をやっても成功しないよw

57 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 08:56:49
ガセだらけで、たまにためになる情報が
アップされても疑いたくなるw

もうやめないかw

58 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 09:19:17
法律的に言うなら、物証のない伝聞は全てガセネタだよw
つまり接する側のメディアリテラシーの能力こそ大事。
永田の馬鹿を見てみろ。手もなく詐欺師西澤孝に嵌められやがってw
ただ、ガセネタの中には切実な願望や予言や計画や謀略なども含まれているから、全部が最後まで嘘とは限らない。
ここが悩ましいところだ。
たとえば文學界の下読みの中には、他誌の下読みを兼ねている者がいて、そこから選考情報は他誌にあらかじめ流れることとか、
けっこう盗作が多いこととか、編集長クラスでも実は就任するまでまるっきり純文学など読んだことがないとか、
かなり真実に近い情報も広範に飛び交っていて、それが当事者に影響を与えることもあるのだ。
当該編集は、かなりの頻度でこういう板を覗いているからな。

59 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 09:31:34
作家にとってもっとも重要な能力は捏造能力ですよ。
いかにも真実であるかのような嘘を書けるようでないと、多くの作品を書くことはできないでしょう。
ガセネタ作成能力をこういう掲示板で高める訓練をしているあくどい人がいたとしても、
やむをえないことになります。
2ちゃん発の情報の99%はガセネタなんですよw おおいにガセネタをかましあう素敵な掲示板なのさw
かくいう私は作家デビューしたばかりのHです。群像からデビューしたんですがね。

60 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 09:50:18
Q.応募先を教えて下さい。
A.〒102−8008
  東京都千代田区紀尾井町3−23
  文藝春秋 文學界編集部 文學界新人賞係御中

Q.応募要綱を教えて下さい。
A.未発表の小説、同人誌・他の新人賞の応募作不可
  400字詰め原稿用紙100枚程度の作品
  ワープロ原稿(A4版)の場合は換算枚数を明記
  表紙に枚数・筆名・本名・住所・電話番号・年齢・職業・略歴を明記右肩を綴じる

Q.原稿はどうやって綴じるんですか?
A.ダブルクリップもしくは紐で右肩を綴じる
  関連スレ ●●●原稿を綴じるには紐かダブルクリップか●●●
  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1065875542/
  
Q.タイトルはどこに書きますか?
A.1枚目にタイトルと枚数〜略歴を書いて、2枚目はタイトル、筆名、本文を書いたりする

Q.ワープロ原稿の書式は決まっていますか?
A.A4版(横)で縦書き。小さすぎる字や、上下の余白がない原稿は嫌われる
  (らしい)読みやすい原稿を心がけることが重要。あと連番はふったほうがよい

61 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 09:50:29
佳子のまんこ舐めたら舌が痺れた

62 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 09:51:14
Q.郵便局の窓口に原稿を持っていくのが恥かしい ><
A.郵便局でエクスパック500を購入して、ポストに投函する人もいます

Q.原稿がちゃんと届いたか不安
A.書留・配達記録、もしくはエクスパック500、ゆうパックで郵送すると、
  サイトで配達状況が確認できるサービスがあります(ゆうびんホームページ 郵便追跡サービス 参照)

Q.いつまでに出せば大丈夫ですか?
A.6月末日、12月末日に締切り日がある(当日消印有効)

Q.結果はいつわかりますか?
A.6月末日締切りは、9月20日前後に最終候補者へ電話連絡、
  10月発売の11月号に予選通過者発表、11月発売の12月号で選評・受賞作発表
  12月末日締切りは、3月20日前後に最終候補者へ電話連絡、
  4月発売の5月号に予選通過者発表、5月発売の6月号で選評・受賞作発表

Q.応募要綱に100枚程度ってあるけど、程度ってどういうこと?
A.必然性があれば150枚でもかまわないと、文學界編集長が公募ガイドの
  インタビューで語っています(ハニロウさん情報)
  また、過去スレでは70枚で1次通過した作品がうpされたことがあります


63 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 10:31:21
捏造したいなら、思い切り
小説の中でやるべき。ここは
むしろ上手な捏造をするための、
基礎情報の交換の場であるべきだろう。

64 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 10:36:40
圭子のおまんこ(丁寧に「お」をつけるようにしましょう。いろいろ世話になるのですから)を舐めたって。
舌はしびれないよ。クリトリスを舌で愛撫するとき、付け根に乳酸がたまってだるくなる。
日頃から舌を鍛えておいたほうがいいよ。
ちなみに、クリトリスって引っ張るとゴムみたいに伸びるんだぞ。すっげえ伸縮力。

65 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 11:01:29
ガセネタばんざい! ガセネタは世を救う。
嘘を真実と言い含める能力こそ小説家の才能だ。だが現実社会でそれを多用すると、詐欺師として捕まるからな。
一応忠告しておく。2ちゃんねらーの中には、情報の判別能力がゼロの馬鹿が多いから。

66 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 11:33:05
小学館が「12歳文学賞」を設営。
馬鹿も休み休みせいってのw
小学館のアホ、大人向け文芸市場になにをやっても参入できないもんだから。
ついにお子様市場に侵入ってことかw 年年少子化が進むっていうのに、なに考えたんだか。
ま、話題づくりだろうが、子供は小説なんか書かないで大いにスポーツでもやらせたほうがいい。
小説は半端ものの仕事だ。小学館は半端もので性格の異様な子供を育てようって言っているようなもんだ。
あざとい金儲けしか考えないこんな出版社など、潰れたほうが文化のためだ。


67 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 11:41:39
いたいけな子供達を勘違いさせて、人生を棒に振らせるのが本当の目的
なんじゃないかと思ってしまうよなぁ

68 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 11:57:48
いまに幼稚園文学賞も設立するに違いない。
小学館って、もともと学習参考書の会社だろうが。
子供の数が減って参考書は売れないから、文学で釣ろうって魂胆だろうよ。
大手で文芸誌を出せていないのは小学館だけ。そのコンプレックスがこういう愚挙に走らせたとみてよい。
大人向け文芸誌の刊行には多大の投資と蓄積が必要だからな。
小学館はそれに耐えられないんだろう。目先の利益ばかり追っている。

69 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 12:14:33
俺がもし親だったら、小学生の子供に小説なんか絶対書かせないけどな。
スポーツか音楽か絵画をやらせるよ。
小説を書くって、嘘を書くことだから、ある程度成長しないと危ない人格になるよ。
小学館の編集者って、きっと自分の子供には絶対書かせないと思うぞ。いい加減なもんだ。

70 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 15:44:33
川上弘美さんが妊娠したらしい。相手は普通のリーマン。
たしか旦那いたんじゃなかったっけ? 独身か?
どうでもいいけど、39歳ぐらいのむっちり成熟したボディはなかなかのもんなんだろうな。
出産したら作風は変わるだろうか。

71 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 15:52:13
高山がいなくなってからさ、
高山の二番煎じが出てくるようになったなw
しかも質がだいぶ劣る
これはズンに戻ってきてもらったほうがいいんじゃね?

72 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 15:58:18
川上は46歳だ。

73 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 16:01:04
高山乙〜。
浅田真央が今度は小説を書くってよ。
題して『滑ってころんで』
刊行元はもちろん小学館。30万部を狙うそうだ。
こうなってくると、公募賞に応募しているニートどもはまるっきりゴミだな。誰も相手にしない。
今からカーリングでもやって田舎のチームに入ったほうがいいぞ。
ド田舎因島方面のオサーン高山にはまたまた悲しいニュースだが、身の程知らずは毎日一生懸命労働するほうが身のためだよw

74 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 16:05:31
川上弘美さんは本当は39歳。46歳なんてガセネタ信じてはいけません。


75 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 16:23:38
どうせすっぱぬくんなら、高橋源一郎のセクハラ騒動も暴けよ。
明治学院大の女子学生は泣き寝入りだぞ。

76 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 16:26:51
でもありゃ狸寝入りのおそれもある

77 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 16:28:26
もう全然おもんない
くそが

78 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 16:43:33
低脳ニートどもがつまらんガセネタかましやがって。
このスレのほとんどがガセネタじゃねえか。
唯一正しい情報は絲山の緊急入院だけだ。

79 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 16:46:16
気がつけば、最終候補通知まで3週間を切っている。

80 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 16:47:40

  ■■ 2ちゃんねらー達が漫画を連載してるぞおめーら! ■■

漫画の作者はなんと全員コテコテの2ちゃんねらー、VIP板の住人だ!
「は?素人だろ?」だと?バカヤロー! 作家陣からは既にプロが誕生してるぞ!
ジャ○プも真っ青のハチャメチャな面白さの作品群、その数200以上!
雑誌にも取り上げられて只今人気急上昇中!おまいも描きたきゃ描いてよし!
ギャグあり、バトルあり、エロもウンコも教祖も萌えも何でもあり!
VIP板が生んだ最強のweb漫画サイト、一周年を迎えた新都社(にいとしゃ)を今すぐググれ!
                                 ~~~~~~~~

81 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 16:54:26
うるせえんだよ。
こちとら低脳ニートの漫画なんか見ている暇はねえんだよ。

82 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 17:15:41
文学界は事実上6月号発表の偶数回受賞作だけが1年に1回の受賞作。
その意味では、その意味では100回が受賞作だったので、98回モブ、96回イトヤン、92回長嶋有、吉村萬壱という偶数回流れを受け継ぐ102回受賞作は大いに注目される。

そんな受賞作品、受賞者はどんなものなのか、楽しみである。

83 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 17:55:15
>>82
間違いを訂正してカキコしなおしw

文学界は事実上6月号発表の偶数回受賞作だけが1年に1回の受賞作。
その意味では、100回が受賞作ナシだったので、98回モブ、96回イトヤン、92回長嶋有、吉村萬壱という偶数回流れを受け継ぐ102回受賞作は大いに注目される。

そんな受賞作品、受賞者はどんなものなのか、楽しみである。

84 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 18:13:55
絲山は
デビュー前から
固定ハンドルネーム MEXO‐HANAXO
を使ってカキコしていた
2ちゃんねらーです

85 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 18:14:50
>>84
そんな誰もが知ってることをえらそうに言われても・・・・・

86 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 18:20:24
>>85
定期テストも終わって暇になった厨房工房の時期だから
我慢してやってくれないか?
これから春休みで増えると思う。

87 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 18:33:41
>>86
なるほど了解。

88 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 18:46:06
絲山さんはたいした人です。でも尊敬はしてません。むしろ尊敬したくない。

89 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 19:59:32
彼女は、ようするに「女性総合職第一世代」の
トップランナーだろ。早稲田政経という学歴も
そのためのもの。

90 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 20:07:53
なるほど。学歴は関係ないという意見もあるけど、学歴はその人のベースとなるもの
だから軽視すべきではない、ということですか。

91 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 21:28:55
今年の春は忙しくなりそうだ。電話口から春がくるわけだ。

92 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 21:31:39
絲山の文章は癒し系、というか実は単に幼稚なだけなんでは。

93 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 22:33:48
というか女性キャリア+ニートという
ダブル経験の文学というべき。そればかりだからな。

94 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/02(木) 23:27:37
絲山の作品は読んだことがない。受賞作になじめずそれっきり。
かなり評価は高いようだけどね。

95 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 00:07:52
このスレ、なんでこんなにつまんないの?
感性が鈍く、無能そのもののニートと厨房ばっかり。
あきれてしまうよ。
小学館が12歳文学賞なるものを設ける理由も理解できるよな。小学生のほうが固まっていない分、はるかに新鮮だ。
なにせ小学生にセックスだの人殺しだの売春だの恋愛だのを書かせるっていうんだから、素敵な出版社だ。
民間文部科学省をめざしてせいぜいがんばってくれ。

96 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 00:08:00
おれもイッツはなじめなかったが、海の仙人や袋小路はよかったぞ

97 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 00:32:35
舞城王太郎の正体が松浦寿輝とその弟子だったって?
そんなことは前からわかっていたこと。
問題は純文学ではじめての共同執筆だってことだ。
これでいいのなら、俺も女と分担して書こうかなと思う。気持ちいいセクスしながらね。

98 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 01:20:46
12歳文学賞は選考委員が上戸彩ちゃんだし、
12歳の上戸彩ちゃんを今の彩ちゃんが抱きしめてる合成写真に萌え。

99 :ハニロウ赤羽 ◆49AV/b9F.k :2006/03/03(金) 01:27:23
おいらはむしろイッツが最頂点。

100 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 01:44:12
典型的な低脳ニートズニロウ消えろよ。
おまえの意見なんか誰も聞いちゃいねえっての。ペッ。

101 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 01:52:09
近所の6年生の女の子の名前を借りて、12歳文学賞に応募しようっと。
転校していく男の子と、ひそかに憧れていた女の子の始めてのセックス。
6年生同士のセックスって、かわいらしい。
ちんちんはまだ剥けていなよな。毛も生えていない。でも、十分できる。
場所はどこにしようかな。やっぱり自分の部屋か。ああ、楽しみになってきたぜぃ。

102 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 07:57:13


103 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 09:59:57
たしか小学生のセックスは教育基本法ならびに児童保護法で禁止されているはずだ。
やってしまう児童が急増しているというデータもあるが、これは由々しき問題。
女子児童には貞操帯の着用を義務づけるべきだろう。
そうすればレイプ被害も防ぐことができる。スタンガン程度ではとても守りきれないぞ。
変態ニートが虎視眈々と狙っているのだから。

104 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 10:20:29
小学生に嘘をつけと言っているに等しい12歳文学賞なる犯罪的なイベントを企画した小学館。
この会社はいずれ社会的制裁を受けるだろう。
小学生にお似合いなのは、作文でしかない。
俺はもう小学館なんかの本も雑誌も一切買わないことにする。
もともと買いたくなるような出版物はないけどなw

105 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 11:19:43
小学館の話はスレ違いだ。いい加減にしてくれ。

106 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 11:21:04
しつこいんだよな。
荒川堀江が終わったら小学館か。

107 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 13:18:40
あと16日か……。
その前には太宰賞の二次予選通過発表がある。
今は新潮用の250枚ものに集中。前に書いたものの改作だからもうすぐ終了。
新潮用に「傾向と対策」を考えたけれど、地味めがいいようだ。
青木淳吾っぽくならないように気をつけている。テーマが似ているからだ。
応募済み作品では太宰賞がもっとも有望。文學界には実験作を送ったので、どうなるかな。
過去の受賞作を検証してみたら、こぢんまりまとまったものが固いみたいだ。
落ちたら落ちたでいいや。すぐに6月末〆に応募する作品を書き始めるから。

108 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 13:54:44
荒川静香の母親にロシアの血が混じっているのは確実な情報だよ。
今月の『ナンバー』にも載っている。
だからといって、荒川の金メダルが露系の血のおかげである論拠にはならない。
それは島田雅彦の才能が露系の血によるものとはいえないのと同じことだ。
島田は自分の家系に露系の遺伝子が入っていると告白しているからな。
青森あたりに行くと、露系の血が混じっている人はけっこういるよ。
北海道もな。大鵬なんかもそうだ。

109 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 18:29:52
失礼な言い方がだ、太宰賞は取っても、
あまり意味ないんじゃないかな。メジャーデビューと
見なされるのは、純文学ではやっぱり五誌からの新人賞に
限られるでしょう。朝日文学賞もかなり微妙だしね。

110 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 18:55:58
太宰賞は何と言うか、まさに旧来の意味で良質な純文学を評価する賞で、プロとしてどうかとか、二十一世紀における小説とか、そういう視点がほとんどない賞と思う。



111 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 18:58:00
なんでもいいから賞をもらったほうがいいです。
まずは何かいただいてから考えますので。

112 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 18:58:44
クソスレ

113 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 19:11:51
皆さんがそこまでして作家になりたい動機って何ですか?
特にハニロウさんの意見が聞きたいですぅ

114 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 19:28:59
>そこまでして

そこまでって、2ちゃんに書き込んでいるだけじゃんwwww

115 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 19:31:26
まあ、ズニロウは精神科に通院しているから……

116 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 19:56:47
やはり文学界新人賞が欲しい。
芥川賞最短のパスポート。
でももらうためには退屈な身辺雑記を
書かねばならない。

117 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 20:03:14
作家って芥川取ったらゴール?

118 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 20:07:16
失せろ

119 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 21:47:19
>>96
そうか…。読まず嫌いのままだった。今度読んでみるよ。

ところで、春樹がハーバードに招かれて滞在してるのはガセじゃないはずだ。

120 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 22:53:12
>>117
スタート!!


にしたい。できることなら。

121 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/03(金) 23:49:28
相変わらず低脳どもが妄想ほざいているな。プッ。
この手の馬鹿にはいくら努力してもなれない。やはり先天的なんだろう。知的発育障害か。

122 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 00:01:27
おまえの方が(ry

123 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 00:10:20
馬鹿をからかう暇があったら、漫画でも見て寝ちまいな。
そのほうが電気代も節約できる。
馬鹿は死ななきゃ治らないらしいから、いじってもムダw

124 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 00:18:08
わかりまちた。いぢるのはチムポだけにしまつ。

125 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 01:14:13
>>116
退屈な身辺雑記書いて芥川賞もらえるなんておいしいではないですか。
オレなんて市会議員の死ぬほど退屈な取材記事書いて死ぬほど死んでいるところです。

126 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 01:37:32
>>125
あなたは百万回生きた猫ですか

127 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 06:05:11
俺の身辺は異常な出来事だらけなので、それを忠実に写し取るだけで、過激な性愛文學になるんだ。
だから純文学用に、日常の性生活を7割引きにして描くことにしている。
つまり、本当は3人の相当いい女と入れ替わりに濃厚なセックスをしているのだが、
書くときは不細工な妻とありきたりの夫婦生活を送っている安サラリーマンであるかのように設定するのだ。
信じられないかもしれないが、普通の人間の身辺雑記を書くのは、俺のような恵まれた者にとっては逆の意味で大変なのだよ。

128 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 06:19:15
たしかにそういう逆転現象はあり得る。
私小説風に書くと、きらびやかなエンタメっぽくなる日常を送っている上流階層は、
その意味で純文学に不向きと目される。

129 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 06:47:31
僕の場合は、いま、ある人妻との腐れ縁に悩んでいる。
平日の午前中に会うわけだけど、ムードが出なくて。
カーテンを引いて光を遮っても、時間そのものが爛れていないんだよ昼前は。
それでも体は夜より元気だ。物凄い。このギャップがどうにも……。
彼女は同じ年で、彼女の旦那は10歳上のエリート。外見だって悪くない。
なのに僕を呼び寄せる。僕と一緒にいると自分を取り戻せるのだそうだ。女は不思議だ。

130 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 09:06:11
>>125
だから「退屈な身辺雑記」が難しいんだってば。
>>128も書いているように、現在の自分をそのまま写し取っても、
今ではトレドラっぽくなるから、アウト。保守的な文学界の編集者を
満足させるためには、いかにも本当っぽい大嘘の身辺雑記をでっちあげる
必要あり。たとえば>>129みたいな、おいしい身辺雑記を書くと絶対
一時予選落ち。男はもてない失業者。女はブスな下働きくらいが望ましい。
恋愛は成就してはならない。性愛は妄想でなくてはならない。

131 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 09:16:30
おまえの顔が出れば、一発で退屈な身辺雑記になるさ

132 :b ◆5O9ssrpdNs :2006/03/04(土) 09:16:48
>>130
僅か7行で説明しきれてしまう時点でどちらもない。

133 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 09:26:59
>>130
参考文献は西村賢太『どうで死ぬ身の一踊り』どうでしょう。
しかし「どうで死ぬ身」ってどーゆー意味?
オレさっきまで「どうせ死ぬ身」かと思ってたよ。

134 :b ◆ajRZFtKETI :2006/03/04(土) 09:31:20
言語による世界の構築。存知を証明すること。言語による表現の方向性を示すこと。
今こそ強い文学が必要な時代はない。

135 :b ◆UAf64rwdxc :2006/03/04(土) 09:37:21
均一化した価値観による貧富差を否定し、世界に多様性な価値観を与えることが今こそ強い文学に求められる。

136 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 09:38:59
ジーク、ジオン! ジーク、ジオン!

137 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 09:47:58
イナバウアーによる世界の構築。存知を証明すること。
イナバウアーによる表現の方向性を示すこと。

138 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 10:04:16
>男はもてない失業者。女はブスな下働きくらい

僕はちびデブで、渦巻き眼鏡をかけていて、腋臭と歯槽膿漏と切れ痔があって、
おまけに先月ポータルサイトの広告営業の仕事をクビになりました。
死にたいと思っていますがそれでもおなかは減ります。
毎日近所の「さかもと」という大衆食堂で340円の鯖味噌定食を食べています。
ここの菊枝ちゃんは蒲郡から出てきている21歳の子です。
僕が行くと、そっとキャベツのぬか漬けの小皿をサービスしてくれるんです。
菊枝ちゃんは頬骨が張っていて、唇はたらこのよう。目は垂れ目で「へ」の形をしています。
僕は菊枝ちゃんと綱島の東京温泉に昼間から入りに行くのが夢です。ひとり800円かかりますけど。



139 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 10:04:27
我々はハニロウたんを失った。これは敗北を意味するのか?否!始まりなのだ!
文藝春秋に比べ我が板の予選通過率は3000分の1以下である。にも関わらず今日まで戦い抜いてこられたのは何故か!
諸君!文學界スレ住民の投稿目的が正しいからだ!
一握りのエリートが芥川賞作家にまで膨れ上がった2ちゃんねるを支配して5余年、板に住む我々が自由を要求して、
何度文藝春秋に踏みにじられたかを思い起こすがいい。2ちゃんねるの掲げる、人類一人一人の自由のための戦いを、ネ甲が見捨てる訳は無い。
私の弟、諸君らが愛してくれたハニロウたんは死んだ、何故だ!
戦いはやや落着いた。諸君らはこの戦争を対岸の火と見過ごしているのではないのか?
しかし、それは重大な過ちである。文藝春秋は聖なる唯一の文學界新人賞を汚して生き残ろうとしている。我々はその愚かしさを
文藝春秋のエリート共に教えねばならんのだ。

ハニロウたんは、諸君らの甘い考えを目覚めさせるために、死んだ!戦いはこれからである。
我々の投稿はますます復興しつつある。文學界編集部とてこのままではあるまい。
諸君の父も兄も、下読みの無思慮な抵抗の前に死んでいったのだ。この悲しみも怒りも忘れてはならない!
それをハニロウたんは死を以って我々に示してくれたのだ!
我々は今、この怒りを結集し、文藝春秋に叩きつけて初めて真の勝利を得ることが出来る。
この勝利こそ、戦死者全てへの最大の慰めとなる。住民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ住民!
文學界スレは諸君等の力を欲しているのだ。
ジーク・ジオン!!

140 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 10:07:09
プッ、このタコ。早くおまえも死ね。

141 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 10:14:27
>>138
あなたの毎日はとても愉快ですね。
ぜひ日記風に菊枝さんとのぎこちない恋を描きなさい。
最初は間違えて、菊枝さんのお尻の穴に入れてしまうようにね。うまくやっちゃあだめですよ。

142 :ハニロウ赤羽 ◆49AV/b9F.k :2006/03/04(土) 10:22:53
勝手に人を殺すでない。
でもなあ、群像駄目やったか。ショックやね。何度も内容を思い出して考えて、くは〜。

今日は国立でヴェルディ徳島観戦よ。

群像敗戦のショックが徐々に増幅していく。
それは前までは諦めてなかったのだね。いくらもう駄目だと言っても。
それが実感として
大きくのしかかって、いまが苦しいピークだ。胸が重い。
実感だよ。

143 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 10:35:03
おまえ、まずは歯槽膿漏治したほうがいいぞ。口臭の原因になるからな。
それと、コンタクトにせいや。牛乳瓶の底メガネじゃイタすぎ。
蒲郡の菊枝ちゃんはいいキャラなんじゃね? 殺したくなるよな薄幸の女みたいだし。殴っても文句言いそうもないし。

144 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 10:37:11
>>142
実感が失われた頃に朗報が舞い込むこともあるだろう。

それが、どのくらい先のことかは知らないけどな。

145 :b ◆UAf64rwdxc :2006/03/04(土) 11:06:02
>>142
がんばれ、あきらめの悪いひと。

146 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 12:13:44
>>129
傍目にはけっこうな境遇のようだけど、実際はなかなか大変なんだろうな。
いやいやセックスさせられるのはほんと、つらい。気分が乗らなくても義理で勃起させなければならないからね。
いわゆるギリマンだ。
僕の場合はカノジョは平凡な局アナだけど、早朝のレギュラーをもっている(たった5分間)から、寝るのが早い。
で、夕方にセックスするケースが多いんだ。これもなかなか大変。一日の中で夕方ほどセックスに向いてない時間帯はないんじゃないかな。
僕は科学ライターで、おおむね部屋で仕事しているから、応じることはできるんだけど、
気分がね。きっと、このままでいくと、別れることになりそうだ。
彼女、4月の番組改編で、早朝4時からのめざにゅーのような番組を仕切ることになりそうだし。
けっきょく、僕は捨てられるんだ。ま、いいんだけど。

147 :名無しさん@6周年:2006/03/04(土) 12:41:31
このスレにはド貧乏なニートが多いから、>>129>>146のような境遇は理解できないだろうよ。
だけど、都会ではこういう日常はかなり普遍性を持っているよな。
つまりごく普通の身辺雑記となると、こんな感じになるわけだ。
ド田舎の低賃金ニートの肥え溜め臭い日常じゃ、せいぜい市役所募集の青年の主張作文コンクールくらいが関の山だろう。
哀れだけど、それが現実だ。
いくら身辺雑記にしても、時代に対する批評精神は必要だからな。

148 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 12:56:20
むずかしいことはわかりませんが、
一日中おまんこやってみたいです……。それもただで。

149 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 13:22:13
>>148
きょうび、女のほうが稼ぎがいいからなあ。仕事の口はいっぱいあるし。
おまえみたいなのが一番始末に困るんだよ。日雇いもねえだろう?
つまり、どうあがいても女をゲットできる身分じゃねえんだ。あきらめて万年床で自慰ってな。
どうせ40代までなんとか生き抜いても、その先はホームレスなんだ。なんの希望もない人生だよ。


150 :b ◆ajRZFtKETI :2006/03/04(土) 13:31:10
さて気分を変えてビッグ・マックでも食べましょう。

151 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 13:32:55
ズンみたいに精神病になって生活保護を受けて、遊んで暮らしたいです。
たまに小説も書いたりして。ただ、オイラが書くと、すぐに受賞してしまい、編集に急かされる毎日になっちゃうからね。
それもいやなわけです。食っちゃ寝の生活が一番ですよね。

152 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 13:41:01
みんなそう思ってるけどしない

153 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 13:47:20
週に50時間も働かされて、給料10万円の臨時雇いじゃ、なにもかも辞めて生活保護受けたほうがマシ。
食えるんなら、指の一本くらい落とすさ、マジ。身体障害5級だよこれで。都バスがただになる。
指一本なくても、キーボードは打てるからね。

154 :b ◆ajRZFtKETI :2006/03/04(土) 13:54:09
ビッグ・マックセット(ポテト+コーク)にチーズバーガーを2個つけてしまいました。
これは食べすぎですね。ちょっと頭を使いましょう。

155 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 14:01:43
さて、アホニートどもをからかうのにも飽きた。
風呂に入ってビールでも飲むか。圭子にパスタゆでさせてな。ペペロンチーノがいい。
圭子も一緒に風呂に入るかな。昨夜もセックスのあとで一緒に入ったんだけれど。

156 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 14:36:54
カミユの再来と言われる俺様が降臨しましたよ。
CAMUSをカマスと読んだお馬鹿な女子大生に腹を立て、キャバクラに売っ払ってちょっぴり稼いだ俺様です。
一番好きなワインはオーパス・ワンですが何か?

157 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 14:41:22
おそろしくチープな話題ばかりになってるな

158 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 14:44:52
オーパス・ワンは一本2万円。あまりチープな話題とも思えんが?
これがわからない貧乏失業者、プッ。

159 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 14:48:43
ただじゃいけないの?

160 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 14:49:33
いけないって言うんだろうね。
っていうか意味わかってないね? 私もわからない。

161 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 15:03:31
なにか、貧乏人と上流階級が入り乱れて出現しているな。
当然、上流の人のほうが面白い。
貧乏ニートの言うことはいつも同じで実につまらない。

162 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 15:11:36
僕はちびデブで、渦巻き眼鏡をかけていて、腋臭と歯槽膿漏と切れ痔があって、
おまけに先月ポータルサイトの広告営業の仕事をクビになりました。
死にたいと思っていますがそれでもおなかは減ります。
毎日近所の「さかもと」という大衆食堂で340円の鯖味噌定食を食べています。
ここの菊枝ちゃんは蒲郡から出てきている21歳の子です。
僕が行くと、そっとキャベツのぬか漬けの小皿をサービスしてくれるんです。
菊枝ちゃんは頬骨が張っていて、唇はたらこのよう。目は垂れ目で「へ」の形をしています。
僕は菊枝ちゃんと綱島の東京温泉に昼間から入りに行くのが夢です。ひとり800円かかりますけど。

泣かせる話じゃないですか。ぜひ克明に100枚書いてくださいよ。哀れを誘って編集にも受けると思いますよw

163 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 16:28:28
>>130だが、どうもお前はまだ分かっていないようだ。
つまり「退屈な身辺雑記」とは最低レベルの人間の屑的主人公が、
それでも飄々として、自己を客観化し、さらに一般世間をも
批評してみせる。それこそが文学界の主流の作風。

164 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 16:45:42
>>146のような身辺雑記がいいと思うね。
周囲によくありがちの現代的風景だ。
僕の彼女はタオルデザイナーという一風変わった仕事をしているけど、
常時ストレスを抱え込んでいて、心臓が痛いなどという。たぶん心因性の鬱病になると思うよ。
だからどうということもないけどね。結婚する気もないし。
>>162のようだと、直木賞っぽい方向にいきそうだ。
どうでもいいのは、>>163のような定義付けや講釈さ。
うまく書き切れてなんぼの世界だからね。定義など自由な創作の阻害物でしかないと思う。

165 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 17:08:46
つまりはリアリティーの問題だ。
俺は実は東大出で一流企業に勤務しているエリートで、父親は石油会社の支店長。
何不自由のない生活だけど、そのままの自分を書くと、かえってリアイティーがない。
そこで想像の世界で「僕」を作り出し、彼のキャラクターをじっくりつくる。
そして、彼の身辺雑記を彼の日記風に書いていくんだ。三人称ではなく、あくまで日記風に。
その「僕」にリアリティーがあれば、作品は成功だよ。
──と書いている本人もつくりもの。イリュージョン。実は「僕」と作中で呼ばせている者こそ自分なのだ。
しかし、あるエリートが捏造したキャラであるかのように、それとなく読者には思わせる。

166 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 17:19:13
>>164
タオルデザイナー! 
なんだか異様にリアリティがありますね。
あなたの身辺雑記が読みたいな。

167 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 17:28:13
タオルデザインって、意外とニーズがあるようだ。
いまは当然Macでデザイニングするんだよ。
ただ、中国製に押されて会社自体はたいへん。それで労働加重になって、彼女のストレスも溜まるんだ。
3月は新商品エキジビションの時期で、いっそうたいへん。
僕と会う時間もあまりとれないよ。別に人に語るような日常ではないよマジ。
彼女は細い黒ぶちの眼鏡をかけていて、セックスのときもはずさないようにしてるんだ。
裸なのに眼鏡だけかけている女って、へんにエロティック。そんなことぐらいしか特筆すべきことはないよ。
ご期待に添えないようでごめんね。

168 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 17:46:25
しかし確実なことは、その手の「退屈な身辺雑記」
を書き上げ、首尾よく文学界新人賞を得たとしても、
いや芥川賞まで言ったとしても、日本文学は少しも豊かにならない
ということだな。一体何のためにそこまで身辺雑記を書かせるのか、
それが分からん。

169 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 17:52:02
身辺雑記でないなら、壮大な冒険譚とか国家の権力闘争とか、戦争ものか?
それもお笑いだよ。
だから身辺雑記でいい。そこに精神の大きさが伝わるなら。

170 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 17:57:18
要は文体なんじゃないかな。
なにが書かれていてもいいので、
要はそれがかけがえのないものであればいい。
映画に向いているとか漫画化されればいいとかいうのではなくて、
言葉で紡がれていることがありがたくて、それがそれだけで輝いている作品がいいのだ。
たとえれば、古井由吉かなあ。

171 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 18:48:53
古井由吉なんて、もっとも
存在感なし。W村上と比べたら、
国際的知名度も国内での知名度も劣る。
まともに読んでる人って一万人いるのか?

 文学界新人賞受賞者って、そういえばあんまり
伸びてないよな。芥川賞受賞後もひたすら文学界に
似たような身辺雑記を載せ続けて、二十年とかw
たまにヒットするのは片山恭一みたいにエンタ転向組。
じつは純文学の大物は出ていないという事実。

 もっと変わった大胆に小説に賞を与えるべきだろう。

172 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 19:39:55
またふたたび街は午後6時です

街灯がいつせいにオレンジエエドを温めた

若い従妹たちよ

いかに辛い思ひをあなた達はするか

あなたの靴の白さが白鳥なら街は硝子のスクリインだつた



しかし骰子を僕は振らう

自転車が走る

自転車がパンクする

不安な最初の接吻が僕らの未来を占ふなら

ポストがパイプをくわへるだらう

けれども街のボオトマンたち

そんなに透明な街のなかのそんなに静かな森の秘密を誰がしるか

ポイント型の爪が僕らの愛に傷をつけるかもしれないので

僕は今でもありふれた平凡な夢を愛してゐる


173 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 20:00:05
>>172
無断転載
http://www.kitasonokatsue.com/contents/koumoku01.html

174 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 20:32:41
>>173
削除依頼しました。申し訳ございません。

http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1030643973/312

175 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 21:02:56
>>158
ワインの銘柄などを書き込むのがチープだって言ってるのさ。



176 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 21:59:52
無断転載するな。訴えられたら勝ち目はないぞ。インチキ野郎!

177 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 22:01:54
>>174
直リンすると、一発でバレるよね。

178 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 22:53:35
>>176
ごめんなさい。
>>177
ごめんなさい。

179 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 23:40:12
>>171
だからエンタって直木賞寄りなんだってば。

ストーリーなんてどうでもいいと思うな。
興味深くおしまいまで読めて、しかしはてなにが言いたいのだろう、というのがいい。
古井もいいが吉田健一もいい。

180 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/04(土) 23:59:52
つまんないこと書いてないで、もう寝ちまいな。
ほかにすることないのかよ、実際。
僕はこれからいつものように圭子とセックスさ。
土曜の夜は長く時間をかけて楽しむんだよ。今夜は軽く縛るかな。

181 :172:2006/03/05(日) 00:28:17
お騒がせしてごめんなさい。仮にも小説を書こうとするものが、不注意に無断転載をしてしまったことに
深く反省し、もうこの板に書き込むのはやめます。
数日後に削除されないようでしたら、重要削除依頼のほうへ依頼してみます。

182 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 02:06:34
>>180
妄想乙

183 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 08:27:19
自分には縁遠い幸福ごとをカミングアウトしたりすると、すぐ妄想だときめつける貧乏失業者w
普通の人間はきちんとセックスしているんだよw うまいものも食べているし、いい酒も飲んでいる。
金にも仕事にも女にも才能にも見放されたクズ男には、この社会全体が妄想に見えるんだろう。
もう死んだほうがいいぞ。世の中はおまえとまったく関係なく動いているんだから。
つまり>>182は精神病だ。

184 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 10:16:51
>>183

→183

185 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 10:28:33
勲章だよね。
ちょっとぐらい狂ってないといい作品書けないし。
つまり作品の精度に狂いが生じるってわけでつね。

186 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/05(日) 11:16:12
近所のスーパーに安藤美姫似の店員(たぶんバイト)がいるのだが、
そいつ完全に客のおれに惚れてしまったらしい。
彼女の目を見ればわかる。絶対に妄想なんかじゃない!

187 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 11:26:29

ベッド上でイナバウアーを教え込むと吉。

188 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 11:31:34

うん、それは妄想じゃないよ。早く彼女の思いを受け止めて自分の女にしちまいな。
もし行動を起こして警察が捕まえにきたら、その警官が妄想を抱いているだけなんだから、気にしないこと。
君以外の人間はみんな妄想に突き動かされているんだからね。

189 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 11:42:15
自分が心地よいと思える世界だけを書く。
それで作家になれなければ、それも良し。

190 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 11:55:47
アマチュアリズムの原点だなw
ほほえましいけど、それが本心だったらこんな板にも興味もたねえんじゃねw
俺は自分に嘘つけねえよ。
どんなことをしても作家になってやる。それが本音だ。

191 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 13:40:10
つまりは、10回や20回の落選でめげてはならないということだな。
才能が普通より上であることが基本条件だけれど、その才能がある者は、
歯を食いしばって書き続けていけば、いつの日かデビューできるだろう。
応募一発で受賞がベストだが、確率はゼロに近いのだから、懲りずに応募し続けるほかはない。
実際、書き続けていれば文章が練れてくる。ある瞬間、自分の文学的感性が時代とシンクロして、作品の質が一気に高まる。
そのときまでとにかく書く。

192 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 14:03:24
才能のないヤツは気の毒だなマジw
俺みたいな天才は、一発受賞できる作品を書くまで応募なんかしないよ。労力の無駄だから。
応募して半年後にはさっと新人デビューだよ。悪いなw
だいたい何回応募しても予選すら通らないヤツに、なんの才能があるってんだよw

193 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 14:04:59
確かに何回送っても予選すら通過できないのなら諦めた方がいいな。

俺('A`)

194 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 17:30:47
192みたいな口だけ男に賞なんか取れっこないよ。
僕は191を支持する。こういう人が成功するんだと思う。

195 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 18:05:44
192の大胆さと191の地道さの両方が欲しい

196 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 18:07:42
せめて3回目の応募くらいで受賞したいお。
僕は今度で2回目だった。



197 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 18:11:34
192に大胆さなんかない。大胆なのはむしろ191の方。
覚悟というか、腹の括り具合というか。

198 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 18:29:46
192はどうやって一発受賞できる作品かどうかを判断するのかな?



199 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 18:33:34
今回も退屈な身辺雑記なのかな。
文学新人賞が方針を転換して、
もっと文学的想像力溢れた作品を
受賞させれば、日本の文学も一気に変わるんだが。
どうしてそうしないんだろう。身辺雑記をいくらうまくかけても
世界的文豪にはなれないよ。

200 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 18:46:59
やまんだえいみいはデビュー作の推敲に6年も費やしたらすい
どうやって判断したんだろ?

201 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 18:51:20
作品がよければ191でも192でもいいってこと?

202 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 20:20:13
作品がよければ191でも192でも12345でも何でもよいのは当たり前。

203 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 20:45:33
>>200
詠美は『ベッドタイム』に6年もかけてない。受賞するという判断もしていない。

192はどうやって判断するんだ? 

204 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/05(日) 20:58:02
おれがもらう予定の文學界新人賞をお前らに譲るから仲良くしてくれよ。

205 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 21:37:07
「ベッドタイムアイズ」は文藝賞の締切2週間前から執筆しはじめたんだよ
推敲6年のわけねーだろ

206 :群像応募者:2006/03/05(日) 21:50:57
おまえらはあと2週間も夢を見られていいよな。

207 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 22:06:13
おお、長かった国境の長いトンネルを抜けるまであと二週間か。

208 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 22:31:49
俺は信じている。
文学界新人賞が日本文学を変えてくれると信じている。
俺の人生も変えてくれると堅く信じている。
退屈な身辺雑記は前回で終わりだと信じている。

209 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 22:32:59
>>206
おまいの夢は?

210 :群像応募者:2006/03/05(日) 22:37:57
>>209
俺の夢は……

211 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 22:43:17
どりーむず・かむ・つるー

212 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 22:44:25











213 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 22:50:46
ニーヒャの夢2006

214 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 23:20:22
そして結局は身辺雑記が選ばれることになるのではないだろうか。
それはひとつのメタファーなんだろう。
それがわからないむきにとっては「退屈な身辺雑記」以外のなにものでもないのだろう。

215 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 23:32:13
俺の応募作は緊縛SMと濃密な性愛の日常をありのままに描いた退屈な身辺雑記だけど何か。

216 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/05(日) 23:52:09
もしやあなたは潤二郎たんでつか

217 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 00:03:17
いいえ、謙一郎でつ。それが何か?

218 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 00:10:56
すまん、人違いですた

219 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 00:12:36
SMも書き方次第だな。身辺雑記風に書くのはたしかにいい手だ。

220 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 01:52:46
身辺雑記風に書いたらつまらなすぎて発狂しそうだ

221 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 02:33:22
描写してると頭おかしくなってくる

ああああああああああああああああああああああああああああああああ

222 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 02:41:03
今更、絲山「袋小路の男」「小田切孝の言い分」を読んだ俺は原始人。
「つかず離れずのダラダラな、だけど純愛」みたいな評価がされガチの
作品なのですがそうでしょうか?新人賞で佳作は獲れたもののその次が続かない
ダメ作家小田切。「オレは作家と云えるのか?」自問自答する小田切。この人物
をこそ書きたかったのだ絲山は。純愛ウンヌンは隠れミノで。


223 :続き:2006/03/06(月) 02:49:47
「デビューした時、彼は袋小路を脱したと思った。(略)だが一年もすると行き詰って
しまった。(略)行き詰った原稿が目の前にあってそれが仕上がったとしても
いい作品になるかどうか判らない。いい作品になったとしても雑誌が乗せてくれるかどうか
わからない。そして単行本がでるかどうかはいつまでたってもわからない。(略)他社からの
アプローチはない。誰も俺がいることの気づいていない。せめて年間300万の収入を得よう
と思ったらどれだけ書かなければいけないのだろう。
 ほめられたい。(略)俺だって評価されたい」
ここ!ここイイ。まー川端賞獲ったから(この時点)書けるフレーズだ罠。

224 :さいご:2006/03/06(月) 02:59:27
「コレ初めて書いた小説なんスよー。賞にだしてたコトも忘れてたくらいで。
したらホントに賞獲っちゃったんでボクもビックリしてんですまー小説って形に
こだわる必要もないと思うんですけどネ」
こーゆー受賞者って時々いるね。つーか野ブタのヤツだけど。コレかなりダサイ
物言いだと思うのですが(本人的にはエ?俺天才ちゃん?)こういう手合いをこれからは
「フシギ君」と呼んで軽蔑することにしよう。「オレマジ褒められたかったし、
評価されたかったんスよ!」とかいう受賞者がでてきたら受賞作読まなくても好きになる
んだけどなあ。

225 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 09:33:00
\\ ドンドコ ドンドコ!!
       ドンドコ ドンドコ!!//
    ∧ ∧   ,,──,−、  ノし
    (*゚∀゚)/ ((最終電話))) て
     |つ/つ  `ー─``ー' v'(⌒                 
   〜|  |   ┣━━┫┨           
    U U   ┠┤  ┣┫

   
        ∧∧  ♪           
       ('(゚∀゚('ヽ あと2週間〜  ♪               
   ♪  ('ヾ,  ` )
       ` 、,, /
         (_,/  アソレソレ

226 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 10:16:42
さて温泉に入りに行くか。上がったらビールを飲んで朝寝だ。
しかしノートパソコンとAir-Hって便利だよな。
温泉旅館に籠って原稿書いていても、これで世界中の情報をゲットできる。
2ちゃんのニートどももからかうことができる。
250枚の長編を書き上げるまであと4日。終わったら山を下りる。
原稿用紙も鉛筆もボールペンもいらない物書き生活。電気代は旅館持ちだしな。

227 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 10:30:39
お兄さん方、おせーて!
新潮新人賞か文学界新人賞どっちに出すか迷ってまぷ。
男の視点から純文的にエロを追求した小説なんだけど、どっちがベターっすか?
全体の六割がセクスシーンです。約100枚。

228 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 10:46:03
セックスシーンが6割じゃ足りないな。
ある下読みに聞いた話では、全編セックスシーンの作品でも珍しくないそうだ。
ま、高望みはしないで、毎日真面目に働くことだな。
おまえの応募作など読まなくてもわかっている。便所の落書きのほうがマシだろうw

229 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 13:31:14
便所の落書きは狭い個室でうんちんぐスタイルで読むから面白いのであって
つまり
どんな設定でその内容を描くかが重要。

230 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 15:29:06
駅の公衆便所の落書きと、2ちゃんねるの書き込みのレベルがよく似ている点。
つまり書いているやつが同じレベルの人種。
小説はどこか似ているようでまったく違うということ。
それすら理解できない脳細胞先天的海綿状態人間が数多いこと。
まともなヤツも中にはいるという噂があるけれど、ついぞ出会ったことがない。
匿名性の罠だ。

231 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 16:28:04
ネットの匿名性はやめるべきだろう。
実名で書き込むことにすれば、文化程度も上がる。
だいたい匿名小説なんてものは評価されないではないか。
なぜだ? 作者ぐるみで作品だからだよ。
匿名であれこれ誹謗中傷したりビッグマウスをほざいたりするのは、卑怯者・臆病者のやることだ。
俺は今こうして匿名で書いているが、これはトリップの付け方を知らないからだ。
知っていたら実名で堂々と書き込むだろう。

232 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 16:37:17
>>231
じゃあ本文の中に堂々と実名を入れてください。

233 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 16:47:40
>>231
トリップの付け方知りたいだけだろw

234 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 16:49:18
よしよし、入れてあげよう。
俺の名前は渡辺公嗣。29歳のフリーライターだよ。
あまり仕事がなく、食うのに困っている。それでもがつがつ営業はしないよ。
ぎりぎりの生活しながら、作家デビューを目指している点ではニートどもと大差はない。
しかし、営業すれば仕事は確保できるんだから、小説書くために仕事をセーブしている確信犯的貧乏人さw


235 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 17:00:05
>>234
さんくす、ナベちゃんw
これまではどんな小説書いて、どこに応募してたりするの?

236 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 17:28:23
ハンゴンタンの作者の受賞のことばを読むと、なんだか悲しくなってくるよ。

237 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 17:28:59
ところで、文学界新人賞の奇数回って狙い目なんすか?
時期が他の新人賞とかぶってるから??
みんなそっちに力入れるのかな??

238 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 17:38:32
ここ10年の文学界受賞者のうち。
偶数回受賞者=モブ・ノリオ(98回)、絲山秋子(96回)、長嶋有、吉村萬壱(92回)、吉田修一(84回)。
芥川賞受賞者はすべて偶数回受賞者。
一方、奇数回受賞者は、不発。
第99回の赤染晶子のみが期待できる程度。

239 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 17:56:12
吉村の「クチュクチュバーン」は最高だった。
文学界にも、その奇作を受け入れ度量があると
感服したよ。でもまた退屈な身辺雑記、
糞リアリズム路線に逆戻りだw

240 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 17:58:58
>238
ありがd
ひょっとして、奇数回から芥川賞は獲れない・獲らせない仕組みっすか?
知らないの、漏れだけっすか?

241 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 17:59:40
2作受賞ぐらいで、前衛的な奴といつもの身辺雑記を抱き合わせで世に送り出せばいい。
吉村と長島のコンビなど
非常によかった。

242 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 19:50:13
実験作には以前から度量が広いはずだ。
とても他の賞では受け入れてもらえないような作品でも、受賞にいたる場合がある。
しかし、実験作は当たり外れがあって、選ぶほうもリスクが大きい。
モブなんか、その後まったく作品を発表できないではないか。
完成度の高い身辺雑記風リアリズム小説に傾きがちなのも、理解はできるよ。
そういう作品を書く新人は、コンスタントにいい作品を送り出すからね。

243 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 19:59:06
>>242
おいおい、モブは典型的な身辺雑記風リアリズム小説だろうがw
しかも町田康のほとんどパクリに近いような作風。
むしろ身辺雑記作家の方が行き詰まってる。考えてみれば、
自分の体験だけしかネタがないんだから当たり前。


244 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 20:05:36
>>242
実際、>>243に同意。
モブは順調に作品を書いてる。
その作風は町田康のように、自身の情けなさがにじみ出るような身辺雑記リアリズム小説。
ただし、群像12月号発表作品のように、なかなか文章に迫力があって味が出ている。

ちなみに、>>242の言う身辺雑記作品ってどんなの?


245 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 20:08:07
退屈な身辺雑記と否定的にいうけれど、
退屈な身辺雑記を完成度高く書くのはなかなか難しい。
「僕」なり「私」なり「彼」の「身辺」が、退屈でないケースも多いわけだからな。
現に俺の日常など、きわめて異常で非人間的で突拍子もないものなので、そのまま身辺雑記風に描くなら、
通常の意味での身辺雑記を大きく外れてしまう。
まるで日常生活が滑稽な犯罪の世界のようなのだ。
具体的にいうなら、俺は書いた小説を武器にして女を釣り、飼いならし、生活費をかすめとっている。
結婚詐欺にまでいかないのは、絶対結婚するとは言わないからだし、また、脅さないからだ。
しかし、詐欺的な日常には違いない。作家になったらいい思いをさせてやるなどと言いながら、
いっこうに作家になることができず、せいぜい二次予選を通過する程度なのだ。
才能がないことをわかっていながら、女に投資させている俺は、粉飾・偽装男と言われてもしょうがない。
女が気づかないだけなんだ。

246 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 20:11:14
>>245
いやお前の身辺雑記は面白そうだw
是非読みたいから、今度応募してみろよ。

247 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 20:18:18
『イッツ・オンリートーク』なんか、俺に言わせれば退屈な身辺雑記小説の典型だ。
いったいなにが面白いんだか。
しかし、純文学の本筋という意味では認めてもいい。
結局こうなると好みの問題ではないか。俺にとっては絲山の作品はすべてつまらないのだよ。
退屈きわまりない身辺雑記としか思えない。


248 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 20:24:47
>>245
日記風にありのままを書いてみろよ。
作家詐欺みたいな男って、意外と多いのかもしれす、へたに書けばただのくだらない通俗小説になりかねないが、
どこまで普遍性を出せるかだな。
しかし、投稿者の犯罪的日常というのは、なんか楽屋落ちっぽくて、受けは悪いかもなw

249 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/06(月) 20:32:25
小林多喜二の「党生活者」じゃないか。

250 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 20:37:45
俺のまわりにも245みたいなヤツっているよ。
編集プロで契約社員やりながら小説書いている。
春樹にどっぷり嵌っていて、書くものはみんな春樹のフェイク。
背は低く、貧相な顔をしていつも神経質におどおどしている。
こんなヤツだけど、どこかのアルバイト女店員と半同棲してやがる。
弱そうなのに女にはすぐ暴力をふるうらしい。サイテーの男だよ。
しかし、こういう変な男の日常でも、うまく書けば面白いのかもしれない。

251 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 20:42:57
実験作って受賞作のどんなところで実験してるんでしょうか
モブさんのは何となく分かりますが

252 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 21:09:24
いよいよ、あと2週間かw
楽しみだのお♪

253 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 21:11:28
しかし、さすがに今回はそれなりの意欲作が受賞するんじゃないか?
「さりぎわの歩き方」評判悪いし。


254 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 21:13:37
退屈な身辺雑記ですか。
みなさん盛り上がってますね。楽しいです。

ところで明日発売の『文學界』4月号に、
さりぎわを歩いた人の創作が載ってるみたいですね。
楽しみです。

あと2週間後も楽しみです。

255 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 21:17:05
さりぎわを歩いた人(笑
群像最終候補作品を書き直したやつかな?

256 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 21:49:57
位置だな。友達が死んでから、みんなで合宿したってやつだろ、湖畔で。

257 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/06(月) 21:54:16
第36回九州芸術祭文学賞佳作が載っている。
しかし、選評はぼろぼろ。審査員の溜息が聞こえて来そう。

「頑張って三人称で書いてみました」的な弱点はあるけど、
そうまでひどく言われることもなかろうにと思う。

336頁松井雪子可愛い。
新人小説月評で安藤千夏の小説が高評価なので、
本屋に行って先月号の「すばる」が置いてあるかどうか確かめた。
なかった。


258 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 21:55:33
さりぎわはいかにも「新人賞の傾向と対策」に
そった作品だねw 芥川賞候補作に上がらなかったろ。
最近の芥川賞は、リーダヴィリティーがあって、力のこもった
作品を求めつつあるからね。ポストモダンとか退屈な身辺雑記は
避けられつつある。

259 :ハニロウ赤羽 ◆49AV/b9F.k :2006/03/06(月) 22:00:12
松井雪子のへたうま4コマ。
イエローを超える作品が出てこないと、売れていない作家としては厳しいかな。
イエローが秀逸。

すばる4月号置いてあったよ、本屋。
よりたん&樋口料理

あと2週間だって、のほほ

260 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 22:35:28
応募してない俺は、6月に向けて粛々と書き続けるわけだ。

261 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/06(月) 23:52:41
102回に十分な余力を残しながら意欲作を応募した僕こそが、
真に3月20日を楽しみに待つ資格を持つ。
タイトルは最終に残った5編の中から想像してみるがいい。
来月にはおまえらにもわかるから。
ヒントは、16文字。李朝飴釉面取壷を割った女の消印探索記のようなもの。
耽美主義。貧乏なウツ病引きこもりニート小説とは対極をなす豪奢な作風さ。

262 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 00:08:15
いくらなんでも、もうウツ病ニート小説は流行らんだろう。
飽き飽きしたよ。自我がふにゃふにゃして、いつまでもガキのままでいようとするニート&プータロー。
そりゃリーマンのように自分をなくして働く必要もないけれど、
自主独立していないへたれの拙劣な自慰小説なんか、誰も読みたくない。
俺は美意識が屹立する作品を書く。主人公は貴族的な日常を送っている。

263 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 00:18:13
芥川賞を意識して、文学界新人賞を獲るために、「傾向と対策」したいんですが、
今、文学界新人賞はどんな作品を求めているんですか?

264 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 00:22:54
おまえが書くような小説ではないものだよ。

265 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 00:28:39
102回の最終候補に、新宿のホストが書いた作品が残っているらしい。
やっぱり流行の反映かな。
ひと頃は女子大生愛人小説が流行ったけど、今はホストか……。
俺は丸顔だから無理だしなぁ。どっちかって言うとアキバ系だもんなぁ。書くものも。


266 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 00:35:33
さすがに最終候補はまだ決まってないってば。

267 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 00:42:35
俺の作品の題は、『アフリカ象牙の備蓄管理』
最終に残っていたら応援してくれ。

268 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 00:57:40
下読み選考通過作を5人の部員たちが読み漁っている最中だな。

応募2000編

ぱらぱらと斜め読みで1500編を残し、下読みへ出す。

50編が戻ってくる=1次通過

部員が3班に別れ、三分の一ずつ読んで残す=2次通過 ←現在ここの選考中

残ったものを他の班が読んで5編が残る=最終候補

4月の中旬に最終選考会。

5/7発売の6月号に受賞作全文掲載。

269 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 00:58:52
>>251
実験作といっても、あらゆる創作技法は試されてしまっただろうからな。
俺はヘンリー・ミラーの『北回帰線』みたいなものを書いてみるつもり。
日記、エッセイ、断章、回想、論理、幻想、観察などが脈絡なく混在するような。
全体の流れはとうぜん作りだすんだ。そうしないと、辻原登のように「小説をつくりだす意志が見られない」なんて、
理解できない選考委員もいるからね。辻原は保守的だからいやんなる。

270 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 01:01:11
12/31締め切り

1月の仕事はじめに全応募作チェック 四分の一を落とす

1月中旬〜2月中旬 した読み選考中 ダンボール輸送

2月下旬〜3月20日 編集部内選考

271 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 01:04:35
100枚の短編を読むのにかかる時間=集中して2時間

編集部員が通常勤務のほかに読む。一ヶ月で40編が限度。

だから50編を三分割し、残ったものをまた読むと一人につき40編ぐらいになる。

272 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 01:11:54
編集部員の読む力などたいしたもんじゃない。
配属されるまで純文学など読んだこともないようなリーマン編集がほとんどだからな。
じゃ、どうやって選考しているのか。
まずはしっかり書いてあるものを選ぶんだよ。
ざっと読んで何かを残すもの。わかりにくいもの。
最後は腕力でねじ伏せるしかないんだ。最終に残るには腕力が必要。

273 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 01:13:08
わん!わん!

274 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 08:14:50
にゃんにゃん

275 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 09:06:22
>>272
読む力のたいしたもんじゃない編集部員の選んだ
受賞作品が、芥川賞になることも多いわけだから、
日本の文学も危ういなw

276 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 09:12:07
二次まで通過したあと最終にいくかどうかの分かれ目は、居直り度だと思う。
つまり、選考に媚びるような空気を作品から完全に払拭してしまうことだ。
「なに? 新人賞? ふん。好きにしてくれよ。お前らがくれなくたって、俺の作品はすごいんだからよ」
と居直ること。
二次以上には確実にいく力があるなら、あとは自由に自分を解き放って、一番好きなことを書けばいいってことよ。
編集のことなんか考えるな。傾向と対策なんてものは愚の骨頂だ。

277 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 09:33:44
たいした編集でもないのに勝手に選ばれるしかないのである。
これが文学をはなはだ不幸な状況に落とし込めていることは誰しも認めることだろう。
だからこそ居直って、「おー、こういう文学もあったのか!」と編集に思わせるような力に満ちた作風がいいんだ。
ある程度実力があるなら、力で編集をねじ伏せてしまえ。
たじたじさせるぐらいの強烈な個性が必要なんだよ。

278 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 09:35:40
フリエ!フリエ!ヨ・コ・ハ・マ!

279 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 09:42:46
下読みにすら回されることのないゴミ作品しか書けない勘違い野郎が99.9%を占めるこの板で、
二次以上に行く力を持った人のことを言ったところで、まったく通じないよw
高卒のニートに、大学院に行くための秘訣を教えているようなもんじゃねえかw
低学歴、無教養、不細工、貧乏、などなど最下層でうごめくニートを相手にする以上、それに見合ったアホ話を垂れ流したほうがいいってこと。


280 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 09:45:55
ちんこおっきおっきだおー。
真央ちゃんと手ってちゅないでクリームパフェ食べにいきたいでつ。ぷ〜。

281 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 10:01:27
最初の数行を読む。
ここで書き手の筆力がだいたいわかる。
次を読み進める集中力が違ってくる。
箸棒は流し読み、三分の一も行かずに捨てる。
ひっかかるものは注意して字面を追う。
シタヨミに廻せるか判断する。
戻ってくるかどうか疑問符がつくが、一応向こうに預けるか。


282 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 11:18:18
文芸誌各誌4月号の発売日。
どうも文學界が一番つまんなそうだ。なにがネット社会の座談会だ。通俗過ぎる。
その点、群像には好感度大。
文芸誌の王道を往く布陣だよ。今後の群像新人賞の行く末がますます楽しみになってきた。
文學界は大川編集長を替えたとしても代わり映えしないだろうな。文藝春秋の体質だ。
そんなことも見定めた上で、取り敢えずは20日を待つわけだ。受け身は辛いな。
早くデビューして少しは攻める快感も味わってみたいよマジで。

283 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 11:34:32
どうあがいても選ぶ側のほうが圧倒的に強い立場なんだから、
受賞してしまうまでは外面だけでもヘーコラしておくしかないだろうよ。
様々な怨念はじっと貯めておけ。
有力作家になったあかつきに、いやがらせした編集者に痛烈なしっぺ返しをしてやればいい。
怨念を表現衝動に転化して、今はひたすら書くことにしようぜ。
それに、小説の中で嫌なヤツはいくらでも殺せるではないか。


284 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 14:54:41
はいはい。反面教師にできるぐらい下手糞な文章だな。おまえ才能ないよ。

285 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 15:23:49
フリエ!フリエ!ヨ・コ・ハ・マ!

286 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 16:31:34
しかし文学界ってあんまりフォローよくない感じだよな。
西村賢太だって、最初の単行本は講談社からだし。
最高傑作と評価の高い同人誌から文学界の転載『けがれなき酒のへど』はいまだ単行本化されず。

287 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 17:03:19
賞でも取らないと簡単に本を出してくれないんだよ。

288 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 17:10:24
けがれなき〜も講談社の単行本に入ってるだろ。
連作なんだからさ。
タイトル違うけど、別の文芸誌をまたいで、あのシリーズを連載し続けてるわけだから。毎回読みきりで。

289 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 17:15:06
>>288
入ってねえよ。

290 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 17:15:23
入ってねえのかよ。じゃあ何が入ってるの。

291 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 17:18:14
群像掲載短編の『一夜』と、同人誌発表の『墓前生活』かな。
ぜんぶ同じような話だけど(笑
だから、よけいに『けがれなき〜』の不在が痛い。

292 :ハニロウ赤羽 ◆49AV/b9F.k :2006/03/07(火) 17:21:42
丸四年書いてきたが、さすがに八方塞ですな。
文學界7回連続応募して予選通過もできずにみな落選。
8回目の応募を12月にしたが、祈る気持ちにもなれない。

日韓ワールドカップがあった2002年。おいらは小説らしきものを初めて書いて、さっさと応募してしまったら、あっさり予選通過。
阪神タイガースの優勝に燃えた2003年。おいらは地方文学賞に手を出したが、意外にも最終候補の一つ前まで残っていた。
アジアカップ優勝の2004年。おいらはエンタメ方面にも手を伸ばしたら、普通に予選通過。
ワールドカップアジア予選の2005年。おいらは四年目にして初めて一作も予選通過なしという事態に陥った。
そして2006年。昨年からとにかく書き捲くっている。そして応募しまくり。だが群像から電話はなし。

煮詰まってきましたな。五年目を迎えて、もう頭ん中ぐらぐら。

293 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 17:29:56
一作目から予選通過するやつって、
かえって勘違いして、その後苦戦するタイプが多い
と聞くな。でも文学界で七回連続予選落ちは、
かなり痛いね。

 でも曙光はもうすぐ見えてくると思う。がんばって。

294 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 17:30:56
ハニロウの小説が一体どんな作品なのか、読んでみないと何とも言えんからなあ。
煮詰まってるなら、俺らにも読む機会作ってよ。
まじめに感想返すから。
何かが見えてくるかもしれんし。


295 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 17:33:16
>>294
煮詰まるを正しい意味で使ってる文章初めて見た

296 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 19:19:52
ハニロウそこまで落ち続けるのはある意味凄いな
誰にも読んでもらったことがないんじゃないのか?
誰でもいいから他人の意見をきいた方がいいと思うよ
表現とか小説というものについて根本的に何か勘違いしている可能性がある

297 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 19:20:42
おまえらきょう発売の文芸各誌の目次をよく見て自分の立場をわきまえろよ。
低学歴、ド貧乏、無能と3拍子揃った下層階級のおまえらに、純文学がどれだけ縁遠いものかわからないのか?
なにか大きな錯覚をしているんだな、かわいそうに。
悪いけど、いくらがんばっても無理だよ。身の程を知って、まともに働きなさい。悪いことは言わない。

298 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 19:31:11
>>297
そうか、自分に言ってるのかw
自分への戒めをわざわざ書き込むお前は、とってもありきたりw

299 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 19:32:45
>>297
>低学歴、ド貧乏、無能と3拍子揃った下層階級のおまえらに、
純文学がどれだけ縁遠いものかわからないのか?

↑退屈な身辺雑記の主人公は、こんな連中ばかりだから、
自分こそは純文学に向いていると思うのは俺だけかw

300 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 19:34:05
そう。一次予選すら一度も通過していない
ということは、そもそも自分の作品が、
どれほどのものかチェックできないということもであるな。
何気に危ない。方向が正反対の可能性が大きい。

301 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 19:39:53
8回連続した読み落ちなどとカミングアウトして、何が楽しいんだ?
低レベルであることで他の同類に親近感でも持ってもらいたいのか?
どうみても妄想的な勘違いをしているとしか思えない。いい加減にしろ!

302 :ハニロウ赤羽 ◆49AV/b9F.k :2006/03/07(火) 19:41:20
いまBS1でロシアVSモスクワをやってますな。
CSKAモスクワの選手がロシアは多いね。
ブラジルはバルセロナのあいつが病欠なのでロナウドとロベカルのマドリッドコンビが活躍中。

てな感じでサッカー観戦してても虚しいわ。
プロ作家になりたいよう。
今のまま日本平スタジアムに行くのと、プロ作家として日本平スタジアムに行くのじゃ
全然見えてくるものが違うわな。

303 :ハニロウ赤羽 ◆49AV/b9F.k :2006/03/07(火) 19:42:26
>>301
7回連続下読み落ちですが、8回目はまだ選考中ですわ!!!

304 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 19:43:29
>>302
ロシアvsブラジルだろ?

305 :ハニロウ赤羽 ◆49AV/b9F.k :2006/03/07(火) 19:44:36
そうだ、ロシアVSブラジルだ。
ブラジルとオーストラリアは両方カナリアイエローだから
どっちがアウェイユニになるのかね。

306 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 19:44:45
賞との相性っていうのもあると思うけどね。

307 :ハニロウ赤羽 ◆49AV/b9F.k :2006/03/07(火) 19:46:33
でもおいらは去年からほぼ全部に応募してるからなあ。

308 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 19:50:43
「ロシアvsモスクワ」
これ、小説の題名みたいでいいかも!

309 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 19:51:59
低脳は早く消えろよ。
おまえにぴったりの隔離板があるだろう。
おまえが出てきたとたんにこの板のレベルが極端に下がる。
あまりの無能ぶりにみんな苛立ってくるんだ。しかももう30じゃねえか。まともに働かんかい!

310 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 20:05:42
ハニロウはどこかの投稿サイトにでも晒して勉強したら。
ビギナーズラックっていうのはよく聞くよ。


311 :ちみかな ◆4pCV5yXGK. :2006/03/07(火) 20:10:02
じゃあうちのもビギナーズコックやったんかなぁ……

ハニロウさん、ミステリ書いてみたらどうでしょ?

312 :タコ山カス彦 ◆Zun/DZ2mkw :2006/03/07(火) 20:47:55
うん

313 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 21:20:12
の前にちみかなは、その名前で2ちゃんに書き込んだのが致命的

314 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 21:27:17
今日発売の文學界といえば中山智幸第一作が意外と「まっとうな青春小説」だったのに驚き。
主語「わたし」だし。やっぱデビュー作はハッタリ狙い作品だったんだなあ。コレこそコイツ
本来のテイストかも。辻原登参考作作家桑井朋子(73)の新作も。
「顔はパンダなのに名前が半田」とか「はやく電話を取らないとトカゲになってしまう」など
相変わらずメチャクチャな言語で独自宇宙爆走中。島田雅彦奨励賞寺坂小迪も新作が。血圧低め。
つーかこのナントカ参考作とかの人も掲載してくれるんだね。アレも実質プロデビューなんだ。
九州芸術祭文学賞選評はみんなボコボコ。立松和平「小説でしてはいけないことは自分の言葉で
書かないことだ」フーン、でもアンタ昔「光の雨」盗作疑惑で元連合赤軍メンバーに訴えられかけ
てたケド。冒頭のエッセイ金原ひとみひとり漫才最強。誰もマネできないという点でコイツは
自分の言葉をもった作家と言えるでしょう。

315 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 21:34:00
ハッタリ狙いで、さりぎわかw
中山って、日大芸術とかだっけ。
どうも「傾向と対策」的なやつだな。

316 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/07(火) 21:51:41
ハッタリといえば、
冒頭エッセイの中で石黒達昌が何度も使っている「クリティカル・パス」。

ソフトウェア開発などの工程管理で使われることばだけど、
医療の分野だと別な意味で使われているようだ。

そんなことばを注釈なしで何度も使うなんてね。


317 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 22:24:16
ハニロウ氏は、今、3月締め切りのすばるや新潮に向けては書いてないの?
文学界と群像に絞ってるのかな?

318 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 22:38:31
低脳ズニロウ一派がまたぞろ這い出してきたぜ。
てめえらの自作自演はバレバレだ。その無能さが気持ち悪いから、即刻隔離板に立ち去れ!
病人なんだからきちんと薬のまねえと、妄想が高じるぜ。
措置入院させられねえようなしろよ。

319 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 22:43:18
一度オフ会で釣り出して、一気にいてこましたらどないや。
どうせクズなんやから、消えてもわからんやろ。

320 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/07(火) 22:44:10
色々と調べてみたのだが、石黒氏は「クリニカル・パス」と混同したのかな?


321 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 22:53:59
ああそうだ、オフ会とかやってみたいものだね。これマジで。都内きぼん。

322 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/07(火) 22:54:48
>318
>措置入院させられねえようなしろよ。

正しい日本語で書いてくれたらレスするかもよ。


323 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 23:05:56
措置入院させられねえような城よ!

黒澤明が「マクベス」を下敷きにして作ったのはなんていう映画だったっけ?

324 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 23:13:09

「NINAGAWA マクベス」でつか。

325 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 23:23:41
精神病で生活保護を受けているオサーンが荒らしている板はここか?
正体バレバレなのに哀れなことだなw
低賃金で馬鹿にされてこき使われている鬱憤をこの手の板で発散しているんだろう。
なんの才能もなく金もなく定職もなく女にもまったくもてないオサーンニートなんだから、
もう死んだ方がいいと思うんだがw 自殺を考えたこともあるんだろ? 失敗しないようにまたチャレンジしろよw

326 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 23:34:53
まったくな……。
加齢臭ぷんぷんの売名コテ。きっとろくに税金も年金も払っていなんだろうな。
国民として認められていないんだから死ねばいいのに。

327 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/07(火) 23:51:04
アホにかまってないで、新潮用の作品の推敲をしようっと。

328 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 00:06:17
325初め、この連中は自爆していることに気付かないようだな。
哀れなのは君やその同類達の方だ。
ハニやズンやその同類達はマトモ。こう書くとどうせ自演だとか
罵倒を始めるのだろうが、まあ、327氏のように、このスレの
大多数の住人は分かってくれるだろう。
こういうのは無視・放置して、本来の話題を進めるのがよろし。

329 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 00:39:14
もし、一次通過してなかったら、俺の応募作品は容赦なくシュレッダーにかけて欲しいな・・・。
文春さん、よろしく。俺の駄作を後世に残さないでくれ!

330 :ハニロウ赤羽 ◆49AV/b9F.k :2006/03/08(水) 01:56:24
そのまま資源ごみだべ。

331 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 03:02:48
蜘蛛の巣城

332 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 07:38:54
中上紀って親の七光りだろうが。
文学の世界でこれがまかりとおるんじゃ、無名な者はやってらんない。
津島祐子さんのように親より力があるのならいいけど。
江國香織だって、もし江國滋の娘でなかったなら今はないよ。
もっともひどいのは阿川佐和子だ。こいつ、昔からゴーストライターを使っている。
愛人でもある慶應の助教授が阿川の小説を全部書いている。
この手の七光り族って、おおむね女なのはなぜなんだ?
担当編集との関係も疑わしい。


333 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 08:53:16
文学的才能は受け継がれるものなのか。
たとえば世襲的な職業のいくつかを考えてみろ。
そのほとんどが既得権益の継承にすぎない。子供の能力など多くは後天的なものであり、いくらでも親の側で補える。
政治家、実業家、伝統芸能に始まり、スポーツの世界でも世襲がはびこる。
もっとも世襲できない仕事がサラリーマンということになる。
文学の世界も世襲には縁遠いはずなのだが、世襲が流行るのはまさに親の七光り。
彼らも公平に公募賞に応募して、公平な評価を受けるべきだ。
そんな中で壇ふみはほとんどものを書かないからいい。

334 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 09:19:45
おお、壇ふみ、いいねえ。
頭切れそうなのにね。
昔連想ゲームですごかったんです。

335 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 09:23:46
たんに二世だけでは、文学は無理だろ。
吉本ばななも二世だが、彼女には、少なくとも十年前までは
独特のオーラがあった。中上の娘とかはそれ程でもないじゃん。

336 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 09:50:16
金原は、金原はぁ?

337 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 11:39:06
金原の親爺って、何者?
娘を作家に仕立て上げて楽しようってのかい? 
横峰パパみたいなもんかい?
亀田三兄弟の親爺にしても、最近こういうケースが目立つなw
いまに親から子へ受け継ぐ文学塾までできそうな雲行きじゃん。
子供の受賞式に親も付き添いで出るようになるんじゃないのかよ。
俺はどうも昨今の少女文学隆盛のトレンドと女子フィギュア隆盛のトレンドがだぶって見えるわけよ。
荒川静香の親も必死だったし、真央ちゃんの親も必死。
文学もそういう時代に入ったか。
俺の親なんか日刊ゲンダイとスポ日に書いてあることがこの世界のすべての真実だと思っているようなリーマンだから、
どうしようもねえな。


338 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 11:46:04
作家の娘っていうと、なんかこう感じさせるものがあるけど、
作家の息子っていうと、ろくなもんじゃないって感じだよな。
このへんのニュアンスも大事かも。

339 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 12:40:12
12歳文学賞なんて際物まで生まれる昨今だ。
子供を流行作家にでもして有頂天になろうっていう親が出現してもおかしくはないさ。
しかし、フィギュアでもやらせておくほうが健康的でいいよ。
幼いうちから小説なんか書かせたら、ろくな人間にならないだろう。ますは嘘つきになるし、妄想癖が嵩じて変になりかねない。

340 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 13:05:48
12歳文学賞に応募しようかと思う。
うちの犬が12歳だし、問題ないよな。

341 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 13:06:29
6歳でデビューした竹下龍之介という例がある。しかも売れたしな。
親は有頂天だったろうな。
しかし彼は、今、まともな大学生になっていると聞くが。
いや、まともかどうかは知らないけど。
またそのうち書くのかなあ。

342 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 13:41:05
天才えりちゃん金魚を食べてん

343 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 13:41:48
フィギュアみたいにジュニア部門とシニア部門を分けたら?
いまみたいに小学生も老人も同じ土俵で作品を競い合うってのは、どうみても無理がある。
一応は児童文学なんていうほほえましい分野があるじゃないか。
12歳以下はそっちに行くべきだよ。小学生にリアルなセックス描写でもさせようってのか?
この国は一億総ロリコンだな。異常だよ。

344 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 14:05:20
部門を分けるのがおかしいんだよ。
分けたのが、12歳文学賞でそ?
子供でも、書きたいやつは文学賞に出してるよ。
応募資格に「プロアマ年齢性別問わず」ってあるじゃないか。
部門を作るからおかしなことになるんだ。
児童文学なら12歳以下でも書ける、という考え方もおかしいと思うね。

345 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 14:21:49
子供に小説など書かせてはいかん。
俺の出番がますます減るではないか!

346 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 14:52:37
文学界って受賞後面倒見てくれるんやね
1番面倒みてくれんのはどこ? 文藝?

347 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 16:32:25
中山智幸は西南学院(福岡)だろ。
これ、冒頭のお婆ちゃんの台詞を読むと、一定の小説文章力が分かりやすく読み手に伝わる。

金原ひとみの冒頭エッセーいいねえ。
これぞ作家の文章だ。
新連載の田中和生の批評も今後が楽しみではあるが、すでに今後の展開も読めそう。


348 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 17:39:46
天麩羅車掌のガロン以来だな。
佳作や奨励賞の第一作が出るのは。
山田あかねはさらりとスルーされた経験をHPで語っているし
いろいろ
大川氏もフォローを考えたのだろう。

349 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 18:17:03
中山は西南学院で日本近代文学のゼミにいたそうだな。
西南学院は珍しいが、日本近代文学ってのはいかにもって感じ。
卒論はなんだったのかな。太宰あたりのような気がw
でも二十九歳で青春の終わりを実感するなんて、いかにも
あたりきたりの感傷だが、そんな程度の認識でも賞はもらえるんだな。

350 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 18:17:50
そりゃ素材よりも技術だもの。
前半の哲学と後半の合コンツアー。
見事な100枚の使い方だった。

351 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 21:32:29
ハイハイ、それはよかったでつねw

352 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 21:58:19
でつ?GOGO?

353 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 22:15:26
あれで文章が上手ならもっとよかったね、さりぎわ。

354 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 22:38:17
すらすら読めるからいいじゃん

355 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 22:40:48
透明な文章?

356 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 22:42:15
かくかくすらすら

357 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/08(水) 22:46:00
すかすか

358 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/09(木) 00:01:23
位置は設定からして最後の息子に近いものだったかもしれないな。

359 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 00:17:42
位置=イッツ・オンリー・トーク、ということでいいですか。マジできいてます。

360 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 00:22:06
クズどもが必死だな。プッ。

361 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/09(木) 00:32:01
位置というのは、前回受賞の中山智幸氏が群像の最終に残って落選したときのタイトルだよ。
選評で読む限りは最後の息子に近い作品だな。

362 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/09(木) 00:39:09
群像の方が自信作だっただけに、なんだかしょぼーんだぜ。
文學界に送ったほうは、さくさくっとした感じで
構成はしっかりしているが、あくまでさくさくっとだから強い感動やら衝撃はないっしょ。

7回連続落選できて、8回目は八だから末広がりに名古屋グランパスエイトに勝つぞ、週末エスパルスGO!

363 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 01:02:41
ハニロウの書き込みってあれだよな。

364 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 01:06:27
馬鹿が……。

365 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 01:43:27
赤染晶子ってここ出身だよね。
笑っちゃうくらい楽しそうに書いてて、いいなあ。

366 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 01:49:56
俺が受賞してしまわないと、川上弘美さんも切ないみたいだったな。
あんないかしたおばさん作家、意外だったよ。普通に、やりたかったもんな。

367 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 01:55:08
神谷バーの電気ブラン、あれはうまいな。
カツレツによく合うので驚いたってわけ。
そういうお前もな、だって、隣の女がさ。

368 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 06:29:30
さて、真っ向法体操をしたら朝メシ食って、きのうの続きを書こうか。
新潮の〆切まで3週間余。追い込みだ。
今回は文藝、すばるはパス。麩女子専門だからな。麩だよ麩。あんなの。噛み応えが全然ない。
文學界は100枚でいいし、年に2回あるし、俺みたいなビギナーには手頃でいいよ。
今年下期には最終候補に残るつもりだ。芥川賞は来年にとっておく。

369 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 06:38:32
どんどん書ける人ってうらやますい……。
僕なんかせいぜい100枚のものを年に5作がいいとこだよ。

370 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 07:29:29
何せ、ハニなんかは文學界に280枚で応募するくらいだからな。
よっぽど書くのが速く、楽しいんだろう。確かにうらやますぃ。
ところでハニよ、あの280枚は前回応募作で、今回のは一応マトモ
なんだよね? 280枚で受賞できると思っているほど脳天気な奴では
ないと信じたいが。それと、新潮は応募済みだそうだが、すばるや
文藝は今月応募はしないの? 去年は文藝にも応募したようだが…。

371 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 09:11:16
すばるはともかく文藝は十代少女専用になったな。
あそこまでいったら、もう編集部も男子にはパスされるって
覚悟は出来てんだろ。

しかし文学界に280枚ってマジかよ。どんな傑作でも落選だと思うぞ。
すばるとか文藝に送ればいいことなのに、どうしてそんな自爆行為を
するんだ。文学界の受賞作はだいたい80枚くらいで、モブみたいに
やけに長いときでも100枚ちょっとだろ。

372 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 09:43:53
>>369
結構な執筆量だと思うのはおれだけか?

373 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 10:27:13
>>371
モブのは150枚近かったんじゃなかったっけ?

374 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 10:34:02
あっちょんぷりけ。
おまえらは相も変わらず同じ話をしまくって、いっそ脳内全部を更新してはどうなんだ?
つまり自分で自分のド頭を勝ち割るんだよ。

375 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 10:59:30
ハニロウ=Hi

376 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 11:25:44
>>374
2ちゃんに来るのは
おまえみたいに年中張り付いてる人間ばかりじゃないことをお忘れなく。

377 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 13:32:42
群像4月号の充実。文學界のおこちゃまコンテンツ。
102回の最終にはどんな作品が残るんだろうな。
5編のうちの1編は僕のだからいいけれど、あとの4編が問題だ。
僕のは身辺雑記ではない。相当の冒険作だ。さて、こぢんまりした身辺雑記の世界をぶちこわした僕の作品を、
選考委員たちはどう評価するか。文學界の姿勢が問われる春となるだろう。

378 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 13:43:56
>>377
最終候補決定確実なら、せめて作者名と作品名教えてくれませんか?
選評読む時に楽しみにできますから。

379 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 13:46:25
そうだな、ぜひ聞いておきたいものだ。

380 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 14:00:34
4月7日発売の5月号を見てくれ。二次通過が○印で載っているから、そこから類推して。
ヒント:名前はK。作品名のイニシャルはD。
これだけ言えばわかるだろう。太宰賞でも現在一次通過中なんだから。筑摩のネットで見てみろよ。

381 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 14:26:49
あんた、そんな不確実な大言壮語しないほうがw

382 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 14:48:58
適当なガセネタかましておけやw
どうせ誰にもわかりゃしねんだから。
俺なんか、前回の芥川賞候補になるところだったんぜ。マジだよ。
タイトルは『天上から降り注ぐ時間の雨に水曜日が』。シュールな雰囲気のタイトルだけれど、
内容はふつうの改行なし長々文体。実に読みにくい。音読用の文体を開発したわけさ。
こりゃお経じゃないなのか? とんちんかんな酷評をするヤツもいたけど、なに言ってるんだか。
というようなことで、ションベンしたくなったんで、閉めます。

383 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 15:44:52
だせえタイトルw

384 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 16:12:32
このスレだんだん妄想が激しくなってきてるw
やっぱり近づいてきているからか。
かかってこなかったらみんなショックだもんな。
なんか精神を麻痺させるようなネタが欲しいんだw

385 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 16:23:23
20日まであと11日かあ。
早く来い来いw

386 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 16:55:57
小久保 圭介か?Kっていっても、苗字なのか名前なのか。Kぐらいたくさんいて、次の受賞者の苗字が名前がKだったり
すれば、太宰で予選通過などしてないにもかかわらず、あいつだあいつだと、迷惑こうむったりして。

387 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 17:02:42
そういや去年の群像でもCとKとか言ってたもんな。あれはおまえか。

388 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 17:10:28
小久保 圭介

389 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 17:22:25
やっぱり釣られて調べるアホっているんだなw
そんな暇があるんなら働けよ。
しかし小久保圭介か、うーん、なるほどな。

390 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 17:31:01
小久保が迷惑してるじゃないか、あやまっとけよ

391 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 17:49:51
さすがに実名まで出すのはまずいだろw
それより今回はどんな作品かな。さりぎわが
何の変哲もない青春物だったから、今回は
どかっと凝ったのを選ぶかも。奇想天外な幻想、哲学的な思弁とか
ぶっ飛んだ妄想とか、新鮮な前衛とか(これはないなw)、
酷薄な犯罪、そういうヘビーなやつが読みたい。

392 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 18:33:58
大久保圭介だけど何か?

393 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 18:42:34
圭介…けーすけ…羽田?

394 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 18:47:58
どこかで聞いたような名前だな……。
鳳圭介って、漫才師がいたよな昔。口のばかでかいおばはんとコンビの。あれ、死んだろ?

395 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:01:05
俺が応募した脅威の三重小説が最終に残っていたら、日本の現代文学に一大転機をもたらすだろうな。
なにせ、一つの小説の中に入れ子構造で三つの小説が入っているんだ。
パラレルどころじゃないよ。三次元小説だよ。
それが最後には一つにフュージョンする。そして何が起こるか。
物語のメルトダウンだよ。

396 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:02:51
三重県を舞台にした小説?

397 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/09(木) 19:03:50
名字の方だけど、門倉ミミならあちこちで一次、二次に通過してるね。


398 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:14:47
>>396
東京都しか出てこないよ。つまらんおちょくりはやめな。俺はマジなんだから。
一つの小説の中でもう一つの小説が始まり、もう一つの小説のなかで3つ目の小説が始まるんだってば。
3つ目の小説の主人公は円環して一つ目の小説の作者になる。実に不思議な3連小説さ。
トリノベルとでも名付けるかなぁ。本当はふか〜い哲学的洞察に基づいているんだが。

399 :◆PBtykf5sPQ :2006/03/09(木) 19:17:04
筒井とかががやってる、もはや「懐かし」の域に達している単なるメタフィクションとしか
思えないんだがなぁ・・

400 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:18:01
つ劇中劇の変化形

401 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:21:51
鏡像の理論。鏡の中に鏡があって、その鏡の中にまた鏡があって……。
無限連鎖、それが人生だ。

402 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:32:29
純文学らしく書けばいまでも面白いだろう。
作中小説の質が問題だ。あとはリアリティー。バランス。

403 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:42:45
手直し始めた人いる?

404 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:43:35
>>398
名前のイニシャルだけでも教えて

405 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:46:54
覚えとくよ。

>一つの小説の中に入れ子構造で三つの小説が入っているんだ。
>パラレルどころじゃないよ。三次元小説だよ。
>それが最後には一つにフュージョンする。
>一つの小説の中でもう一つの小説が始まり、もう一つの小説のなかで3つ目の小説が始まる

406 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:47:02
スレ違い気味なのだが、
応募する時っていつも同じ筆名を使うものなのか?

予選通過者で、よく見かける名前ってある。

407 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:49:19
自分はこだわらない
でも統一した方が覚えてもらいやすくなるんじゃない?

408 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:54:13


409 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:57:03
Rって・・・w

410 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:57:36
俺は本名で応募してるんだけど、やっぱりペンネームの方が多いのかな?

411 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 19:57:40
>三次元小説

小説なのに縦、横、奥行きがあるの? ってことはホログラフィティー?

412 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 20:00:43
>>398
はっきりいってメタフィクションだろw
悪いが正直に言うと、げっぷが出るほど
食傷気味だな。ポストモダンがそういうこと
散々やりすぎたからね。

 一次通過も無理だと思う。

413 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 21:02:23
る、流川くん?


414 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 21:02:24
しかし口先だけのアホが多いせいか、よく釣れるなw
3連小説でもなんでも、要はしっかり書けているかどうかだ。
もっとも古くさいといわれる私小説にしても、「私」が新しければ作品も新しい。

415 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 21:03:53
力道山?

416 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 21:04:34


417 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 21:06:47
流れ切ってすまそ

20日連絡って決定事項なの?

418 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 21:13:26
スレストorz

3人は居たはずなのに…どうして…

419 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 21:15:58
>>410
ペンネーム

>>417
目安だとオモ

要は、上手くて新しい作品カモン

420 :コテ山スカ彦 ◆Zun/DZ2mkw :2006/03/09(木) 21:21:52
ペンネーム ↑

421 :ちみかな ◆4pCV5yXGK. :2006/03/09(木) 21:24:03
↑ペンネーム

422 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 21:45:49
              / ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄\
            /(●),  、(●)V(●),  、(●)ヽ
            |:::: .,,ノ(、_, )ヽ :l:::::.. ,,ノ(、_, )ヽ  l_
       / ̄ ̄ ̄\. -=ニ=- ' 人::... -=ニ=- ' 丿 \
      /(●),  、(●)ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ̄, 、(●)ヽ
  ☆    |::::..,,ノ(、_, )ヽ、,, l ''   '''''   '''''   \(、_, )ヽ、,,l
  │   ヽ:::..-=ニ=- ' 丿  (●),    、(●)  |=ニ=- ' 丿
  │     / ̄ ̄ ̄\      ,,ノ(、_, )ヽ、,,  |  ̄ ̄\   
  │    /(●),  、(●)ヽ:::::: ヽ`-=ニ=- '   |),、(●) \
  │    |::::.. ,,ノ(、_, )ヽ l::::::::::::.         ノ(、_, )ヽ、,, l    
  │    ヽ:::. .-=ニ=-/ ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄\ニ=-' 丿
   \     \__ /(●),  、(●)V(●),  、(●)ヽ_/
    \/ ̄     |::::.. ,,ノ(、_, )ヽ、,,l:::::. .ノ(、_,)ヽ、  l
     /           ヽ:::..`-=ニ=- '.人:::.. -=ニ=- ' ノ
)))   |      __\___/  \___/
     i    :::/;;;:::::::\     \ ::::/
    /   ::::/\'''  ::::i\    :::::|::/
     |   ::::|   |   :::| |\_//
     \_/  \__/  \_/


423 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 21:54:33
【芸能】上戸彩が作家デビュー!? 「飯島愛さんの自伝に奥深さ感じた」(zakzak)
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1141892740/

424 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/09(木) 21:59:37
おれの小説には必ず女子大生と、なぜか冴えない中年男が出て来るのだが、
もちろんそれは映画化された時、上戸彩とおれが共演するためである。


425 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 22:01:20
渡辺ずんさん

426 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 22:22:28
狩野なんとかや犬宮なんとかや常連は多いなあ。でも行って最終までだしな。
当選しない。
予選通過の常連って一向に当選しないね。

427 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 22:26:59
新宿のカリスマホストの作品が最終に残っているのは本当らしい。
これからはイケメン作家の時代だな。
女流は絲山のせいでブス時代に逆戻りか。

428 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 22:33:54
>>427
ソースは?

429 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 22:34:06
>>426
下読みにさえ回されずに捨てられるゴミ作品しか応募できない無能が、
自分を必死に慰めているなw
哀れなもんだ。身の程知らずとはこのことだw

430 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 22:34:06
絲山の本と平成マシンガンズが売れてないので、ざまあみろといった感じもあるが
やっぱ売れなきゃ
みんな困るわなあと心配になってきた。

431 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 22:35:23
>>428
テーブルの上

432 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 22:51:08
結果が出るまでなかなか次のやつに手がつかんっすねえ
みなさんはそんなことないっすか?

433 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/09(木) 22:53:37
全然ないっす。結果が出た試しがないから。

434 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/09(木) 22:55:16
俺は書いてないと不安だから、応募したその日から次の作品の準備に入る。

435 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/09(木) 22:57:39
おいらは書いてるときは全然読んでないので、
書き終わったらまずざくざくと読み進める。

436 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 00:39:05
あと10日

437 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 03:14:13
ふたたまちんこっこ

438 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 09:14:57
村上春樹の直筆翻訳原稿が古書店に流出していたらしい。
かのヤスケンこと安原顕が勝手に売り払ったのだとか。
春樹にしてみれば、大金持ちでもあるしこれで賠償金がどうのということではないのだろうと思われる。
編集者が、預かっている生原稿を私物化するのは窃盗であり、それを売るのは故買である。
多くの原稿がワープロで書かれるいまとなっては発生しようもない事件だが、
以前は全部肉筆。新人のうちに預かっておいて大家になったときに売り払えば商売になったわけだ。
古書店の多くの肉筆原稿はそういうルートを経ていると思われる。
まあ、生原稿の価値はその作者の文学的価値であって、値段がつく作家はごく一部。
しかし、大化けする可能性もあるわけだから、新人賞応募の直筆原稿の取り扱いについても、疑義が生じないわけではない。
受賞作以外はゴミ扱いとなるのだが、ゴミの中に将来のお宝が埋もれている可能性も否定しきれない。
原稿はワープロで書くほうが無難ということだろう。編集者も信用すべきではない。

439 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 09:51:22
しっかし、ろくな編集者しかおらんの。
ヤスケンとかって、偉そうなビッグマウスたたきやがって、やっていたのは故買屋かw
ひでえもんだ。
編集上がりでカルチャースクールなんかで創作講座なんかやっているジジイもろくなもんじゃねえな。


440 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 11:41:33
デジタルデータとして小説を保存していく今の時代、盗作はいっそう増えるだろうな。
自作のレベルもわからないままに、ブログで公表したり、投稿版にアップしたり、
小説がネット上を飛び交っているからね。
ほとんどが箸棒小説だから盗作しても無意味だけれど、中には名作が埋もれているかもしれない。
なにかのヒントになる場合もあるだろう。
僕としてはそういう危険性を多くはらんだネットに自作をアップすることはしないよ。
投稿版なんかで素人同士傷をなめ合うみたいなレベルは遥かに超えていると自覚しているからだよ。


441 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 11:52:27
しかし逆にだからこそ盗作はばれやすくもなった。
一般の読者だって、指摘可能になったもんね。
すばるで篠原の作品にクレームをつけたのも
一読者だったらしい。編集者も出版社もそれまで見落としていた。

442 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 12:06:38
実は知り合い数人に作品を読んでもらい、感想を聞いて推敲の参考にしているんだが、
全部添付ファイルで送信している。
知り合いを信用してのことだけど、いささかの不安もあるんだ。
ひょっとしたら自分の作品が勝手にいろんなところに転送されているかもしれないのだ。
万が一、それらの一つが僕の知らない名前で応募されて何かの賞でもとってしまったとき、
「それは僕のオリジナル作品です」といって訴えることが可能だろうか。
つまり、オリジナルであると主張できる明らかな証拠が残るものなのだろうか。
プリントやファイル保存ぐらいじゃ、自作を主張しても弱いだろう。
HDまで調べないと、無理なんじゃなかろうか。
つまり筆跡鑑定ですぐにわかった昔のほうが、盗作はやりにくかったということになるではないか。

443 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 12:25:01
下読みがパクる 宝の山

444 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 12:32:59
しかし下読みから作家になるケースはほとんどないだろう。
あいつらはパクれる最高の場所にいながら、才能がないためにうまくパクれないんだ。
横流しする例があるかもしれないけど。
にいさん、いいネタがありまっせ、てな感じで。

445 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 14:46:39
下読みって、文芸もの編集部のOBとか作家や評論家崩れとか、そういう連中がバイトでやっているんだろう?
小説書く能力には欠けているから下読みなんかやっているんだから、宝の山を前にしても宝の持ち腐れだろうよ。


446 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 14:57:10
でも新人賞の応募作品なんて、
宝の山というより、ほとんど生ゴミだろw
パクッたらかえって評価下げたりしてな。

447 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 14:58:27
+10)

448 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 14:58:57
昨日あと10日とか言ってるやつがいたけど、今日から+10日だろ。

449 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 15:09:48
下読み=ゴミの山から、ごく稀な宝物を拾い出す下級鑑定人。速読の技だけが鍛えられる。
これまでに数多くの宝物を、好き嫌いだけで葬ってきた。自分を文学のプロだと勘違いしている。


450 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 18:05:18
俺の生原稿買ってくれる古書店はないかな。
生下着、生写真もおまけにつけるけど。

451 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 18:07:10
>>446
評価の下がりようがないひともいるんだよ。

452 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 18:13:06
村上春樹の『アフターダーク』って、俺の作品の盗作じゃないかな。
俺が構想していた作品とほとんど同じなんだ。弱ったよ、先に書かれて。
きっと春樹は俺の脳内に電波飛ばして盗んだんだ。訴えてやろうかな。

453 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 18:30:50
>>452
訴えろ訴えろ。罪状は電波法違反だぞ。

454 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 18:35:07
村上春樹さんて手書きなの!?

455 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 18:39:35
>>454
昔は手書きだったけど、今は違う。

456 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 18:42:57
今は足書き。さすがプロ作家

457 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 20:07:34
んな阿呆な

458 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 20:16:07
W村上はMacユーザー。春樹はデスクトップ、龍はノート。

459 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 20:24:44
原稿泥棒のヤスケンは死ね、とこぶしを振り上げてみたけど、とうに死んでいるヤツだった……。


460 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 20:35:59
>>458
マジ? やはり世代を感じるな。
今のマイクロソフト一辺倒になる前は、
マックの方が優勢だった時期もあるね。

461 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/10(金) 20:40:06
Macって昔でいえば、ファミコンに対するセガみたいなもんか。
iPodほしい

462 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 20:41:48
春樹は一太郎。龍はATOK。

463 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 20:54:18
文學界は手書きでもいいんだろう?
かえって目立つし、大作家になったときに原稿に値がつくし、手書きで応募するかなあ。
しかし、ほとんど手で文字を書くことがないから、指が疲れるだろうな。
漢字も書けなくなっているし。

464 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 21:00:37
Wordで特に問題ないんだけど、
一太郎やATOKって何かすごい機能でもついてるの?

465 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 21:07:05
ATOKは類語関係が充実してるんで、
同じ言葉を繰り返しちゃうときに多少力を
貸してくれる。
でも、結局言葉を紡ぎ出すのは自分なわけで。

466 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 21:30:34
春樹はシドニーのホテルでPC盗まれたんだよな。


467 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/10(金) 23:49:25
そうか、春樹クラスのパソコン盗んでファイルに入っている小説をいただいちまえばいいんだ。
全作ROMった上でパソコンのデータは消してしまう。
これは私の作品だ、と作者が訴えても、もうどこにも証拠がないから、判断しようがない。
パソコンごと盗まなくても、ファイルに侵入できればいいわけだ。Winnyでも使っていたらイチコロだ。
というわけで、パソコンで書く原稿は最初から公開されているのと同じなのだ。
しっかりしたセキュリティソフトを入れておいたほうがいいよ。もはや常識だけど。


468 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 00:00:48
>>467
春樹はWinnyは使ってないだろw
音楽はLP、映画を観るのもレーザー・ディスクらしいからな。

469 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 00:11:13
俺、直筆原稿なんていつでも売っていいよ。ますやのルビなし原稿用紙に書いた作品あるんだ。
プロ用原稿用紙だぞ。もちろん中身も立派。未発表作品だからすごいぞ。
一枚1000円でいいよ。100枚あるから10万円だ。
将来これが100万円になるようにがんばるからさ。今は投資のつもりでさ。

470 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 00:21:20
>>469
ATOKに文藝専用ソフトがあるようだ。調べてみたらどうかな。

471 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 00:28:24
ヤスケンのおやじ、『海辺のカフカ』が出たとき、「春樹の最高傑作」などとほめそやして、
結局は盗んだ生原稿の値段を上げていたのかw
偽計と風説で株価をつり上げたホリエモンみたいなやり口だな。
死人にむち打たないのが人情とはいえ、これはちょっとひどいな。
生原稿を株券みたいにして隠し持っていたんだからな。ま、いいときにくたばったよw

472 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 00:46:11
ははあ、もうすぐ文藝春秋から春樹の新刊が出るんだな。
話題づくりにひっかかる純朴な読者がかわいそう。

473 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 04:51:41
いまのワープロ世代には無縁の話だな。
と思いきや、推敲途中のハードディスクを…とかいう時代になるのか。

474 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 06:28:25
戦争にでもなってITのインフラがすべて破壊されたときに、最後まで残るのは生原稿だ。
最終的には紙とペンが一番効率のよいツールなのだよ。
俺ももちろんPCで小説を書いているけど、必ずプリントをとっているよ。
データのほうは不安定要素が多過ぎるんだ。プリントなら100年以上もつだろう。
ベストは和紙に墨で書くこと。これだと何千年ももつ。

475 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 08:25:54
>>474
重要文書はデータではなく紙で、というのがアメでも常識らしい。
>>470
あれって書体が違うだけ? 何か創作に適した機能があるのかな。
「類語辞典」は普通の一太郎、ATOKでもOKのようだが…。

476 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 08:28:46
ところで春樹の『ダンス』が出た時、読んでちょっとがっかりした。
あの作品からワープロを使い始めたんだな。
もちろん人によって評価は異なるだろうけどね。

477 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 08:59:44
『ダンス・ダンス・ダンス』には僕もがっかりした覚えがあるよ。
だけど、それと春樹のワープロ使用第一作であることの因果関係はわからない。
関係ないと思うんだけど。
老人作家の中には、ワープロを使うと文章が荒れる、考え抜かれた文が書けなくなる、などと言う人もいるけど、
どうもそれは使えないコンプレックスの作家的遠回し表現のように響く。
多くの場合、手書きでもワープロでも作品の出来に変わりはないと思う。
どうしてもという場合は、最初手書きで書いて、それを入力すればいいんだし。
作者であることの保証と保存のためには、手書き・ワープロ入力データの両方があれば、そりゃベストだろうよ。

478 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 09:33:52
ダンスが春樹の最低作であることは、みんな同意するだろう。
でもワープロとは関係ない。あの作品は急いで書きすぎたと、
春樹がエッセイで失敗を認めて、告白していたよ。

479 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 09:41:14
ダンスが最高傑作だな。格好つけがないのがいい。

480 :名無しもの書き@推敲中?:2006/03/11(土) 10:07:23
春樹の最高傑作はなんといっても『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』だろう。
あれも手書きで書いたんだから、気力・体力は凄まじい。
ほんと、長編は体力がないと無理だからな。
100枚程度はほんのくしゃみていどのボリュームだよ。
まあ、盆栽か。

481 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 10:16:40
五反田君好きです。

482 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 13:24:39
う〜ん、初めてワープロを使用して、しかも急いで書き過ぎたのか……

まあ、とにかく今では世界的な作家だよ。

483 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 13:38:27
ノートパソコン一つ持って世界を旅して、先々で原稿を書いてメールで送る。
原稿料と印税はスイス銀行の口座に。
そういう生活はいまでは十分実現可能だ。
作家デビューしたら僕はそうしたい。
しかし待てよ。昔の作家は紙とペンだけでよかったんだから、遥かに軽快だったのか。
なんだ、別に進化したわけでもなかったのか。
あ、でも、パソコンなら何万枚分もの原稿を保存できるからな。


484 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 14:22:44
そう考えるとウイルスって怖いですな。ちゃんとしたソフトをいれておかないと。
スパイはどうなんだろ? あれでも盗作される心配とかある?

485 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 14:27:07
ソフトの前にきちんとバージョンアップ
しておくことだな。それでかなり防げる。

486 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 14:28:21
パソコンはやはり大発明だよ。
今では原稿用紙3000枚とか言っても
それほど驚かん。手で書いてたから、
日本の小説は短いんだよな。

487 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 14:40:54
和紙に筆で書いていた時代は長い物語も多かった。
筆書きは疲れないからな。

488 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 16:11:58
島田雅彦氏が週刊朝日の対談で、新人賞で男でデビューするのは、完全なニートやフリーターの
代弁者ばっかりって嘆いてたよ。

489 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 18:21:23
彼ら自身がそうではなくて、代弁者にすぎないの?
それとも彼ら自身がニートやフリーターなの?
まあ、どっちにしても作家なんてそんなもんだろう。
完璧に満たされているような人が芸術に走るかな?

490 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 18:37:56
島田自身はどうなのかということだな。
夏目漱石は高等遊民の代弁者だったも知れないし、
三島由紀夫は金閣寺焼亡犯や男色者の代弁者、
太宰治は、家庭の破壊者の代弁者だったかもしれない。
ニートやフリーターの代弁者になるのもいいと思うがな。

491 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 18:51:27
>>487
確かに「源氏」は長いw

>>490
いいんだけど、あまりにそういうのばかりだと島田は嘆いてるのだろう。


492 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 19:21:42
島田……
作家になってなかったら間違いなくニートっていうか
嘆いてる場合じゃないっていうか

493 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 19:31:35
>>492
先日デイトレーダーのK君(例の御発注の件で大儲けした人物)
がTVに出ていた。
株をやってなかったら、自分はただのニートだと述べてたよ。
彼女はいないし他にやりたいことはない、昼食はカップ麺、そんな感じだった。

494 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 20:00:37
ニートの代弁者と真性ニートは別の生き物ですよ。
島田が誇張して語っているような新人は、真性ニートの生態を観察して、身辺雑記をチマチマ書くのですよ。
そういうのは、どちらかと言えば高等遊民と称してもよい種族でしょう。
しかし、きちんと統計的に受賞者の受賞時の職業を調べてごらんなさい。
圧倒的に会社員、公務員が多いんですよね。
まあ、それにしてももう、うらぶれたニートまがいが主人公の身辺雑記には飽きましたね。

495 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 20:15:24
糸山の芥川賞受賞でニート文学も
認知されたね。彼女の文学界新人賞は
たしかヤリマンの女ニートだろ。心身症ってのが
ポイントだが。

496 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 20:45:05
島田が言ってもねえ…
って選考委員だけどなw
島田にも認められなきゃいけない。


497 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 20:54:13
ニートにも分かるように要約してくれ


498 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 21:19:34
>>494を一太郎の文章要約という機能にかけてみた。↓

ニートの代弁者と真性ニートは別の生き物ですよ。

499 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 21:43:09
>>498
サンクス

500 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 22:26:25
500げっと♪

あと9日かあ、待ち遠しいなあw

501 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 22:41:06
中山智幸の小説がニートやフリーターなのだろうか。
モブノリオはまあそうだろうなあ。
由真直人は違うわな。
羊の人はそうだろうなあ。
青木や文則は違うわなあ。

誰のことだろ。モブぐらいしかストレートに感じないな。

502 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 23:05:51
身辺雑記厨はろくろく読まずに
イメージで適当なこと言ってるだけ。


503 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 23:13:10
現実を、ではなく現実についてのイメージを語る島田は、
自らの見誤りに大甘。ともあれ、すっかり権威となってしまった。
大文字は権力行使の誘惑に抗えず。良かれと思い施す物事のすべてが、
(良かれ悪しかれ)抑圧として作動。
中原昌也のような虐げられた人びとによる憤怒=本音の炸裂(「クソども!」)が、
島田システムのもたらす本当の果実。

504 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 23:15:26
新編雑記でも深さや広がりがあればいいが……。
誰もが志賀直哉になれるわけではないからな。

505 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 23:20:43
エロかっこいい言葉で書かれた身辺雑記なら読んでみたい。

506 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/11(土) 23:43:38
ニートなどという奇妙なマスコミ用語で新人の傾向を一括してしまう島田は、
作家としての言葉づかいを放棄しているぜ。
よく考えてみろや。村上龍の『限りなく透明に近いブルー』の主人公も、
春樹の『風の歌を聴け』の主人公も、みんな無職渡世、無頼の徒、ヤサグレだ。
だいたい純文学の主人公が有能なサラリーマンであるはずがなかろうが。
松下政経塾で政治とやらを学ぶようなヤツが活躍するような純文学がどこにある。
純文学の主人公のほとんどは古来職業不詳、なまけもの、ダメ人間、淫乱女、病人、キチガイ、テロリスト、殺人者など、
はぐれもんばかりじゃねえかよ。
これをまとめてニートといったひにゃ、話はそこで終わってしまうっての。
繰り返し言っておく。ニート文学だの初の女性総合職文学だの、わけのわからんショルダーフレーズでジャンル分けする愚挙は即刻やめてくれ。

507 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 01:37:12
福田和也氏の名宰相の条件(祥伝社、1600円+税)は、必読だ。
サッチャーは労働党だし、浜口雄幸は、日銀出身だそうだ。
さらに、イギリスでは、第1次世界大戦までは、
貴族院出身者しか首相になれなかったらしい。
ウォルポールも大ピットも草葉の陰で泣いているだろう。
福田がこんないい加減なやつだとは知らなかった。
校正者も校正者だ。

『日本人であるということ』ハルキ文庫、もすごいよ。
オスマントルコはモロッコを占領したし、
スペインにも攻め込んだんだそうだw
レコンキスタでイベリア半島から追い払われたムスリムは
たった200年、この半島を占領していただけなんだそうだw
アルハンブラ宮殿はマドリッドにあって、モスクなんだそうだw
その他いろいろ。
世界史の教科書すら読んでないらしい。
こんな奴が大学教師だなんて信じられん。




508 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 08:15:50
ニートというのは本来経済・労働政策に関する官僚用語だろう?
文学のフィールドにはそぐわないよ。
昔からいる高等遊民は、小金を持っていて学歴も高く教養もある。女にも不自由しない。精神的に自立している。
ニートという人種ははっきりいって寄生虫だ。最下層でうごめかざるを得ないのは社会のせいだといい募って、
自分からは何もしないで引き蘢っているではないか。病理的にいうなら、ウツ病だよ。依存性が強く、自立していない。
それらの生態を丹念に映し出す身辺雑記が隆盛となるのも、一つの時代批評として当然のことだったろう。
しかし、いくらなんでももう食傷気味だ。
もっと冒険心に富んだ、攻撃的な作品が登場してきてもいいのではないのか?

509 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 12:31:24
>>508
高等遊民の文豪たちも、精神的疾患を抱えてた人が多いようだ。
もちろん程度の差はあるだろうけどな。

510 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 12:35:11
むかしもニートという言葉があったよね。
あれはneatなんだよね。ニートな午後、とかいったら
ちょっとリッチな黒木瞳のイメージかな。

このところのニートはneetで、なんとなく黒木香のイメージ。

511 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 12:49:05
官僚どもは自分らを高級に見せるために、すぐに奇妙な横文字造語をしやがる。
なにがニートだ。要するに低学歴完全失業者じゃねえかよ。
ホームレスだ? なにかっこつけてるんだか。要するに乞食じゃねえか。
精神障害者? つまりキチガイじゃねえか。
高等遊民という四字熟語的にニートを表現するなら、低脳貧民っていうことになるんだぜ。
このほうが実態に近いだろうがw

512 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/12(日) 12:52:14
おいらのリサーチによると、最終電話まであと8日間+10時間半だそうです。ねこすねこす。

513 :罧原堤 ◆SF36Mndinc :2006/03/12(日) 12:59:47
はっきり言ってニートとは社会的弱者だ。社会的弱者の代弁ができるのであれば、僕はそれに、そのことに誇りが持てる。

514 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 14:35:14
>>511「ニート」は英国産の超マイナー語で、日本官僚作ではなく、
語意もはるかに大雑把。
「要するに」って、それはお前の極私的侮蔑的把握。
「精神障害者」は「奇妙な横文字造語」ではない。
さて、真の「低脳」は誰?

515 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 14:40:48
埴漏さんのリサーチでは、20日の午後11時半に電話があるのか・・・
自分は多事爭論が終はつたら寢るから、どうしよう。

516 : ◆zreVtxe7E6 :2006/03/12(日) 14:43:02
ハニロウさんの電話に連絡が来ますように(^人^)

517 : ◆qTGy9jvxIE :2006/03/12(日) 14:44:11
ハニロウ、電話来るといいな

518 : ◆chqSJuUd.o :2006/03/12(日) 14:45:07
ハニロウがんばっ

519 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 14:53:34
誰か、イナバの姉ちゃんの話書いてよ。

520 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 15:00:02
実験作には以前から度量が広いはずだ。
とても他の賞では受け入れてもらえないような作品でも、
受賞にいたる場合がある。
しかし、実験作は当たり外れがあって、選ぶほうもリスクが大きい。
完成度の高い身辺雑記風リアリズム小説に傾きがちなのも、
理解はできる。
そういう作品を書く新人は、コンスタントにいい作品を送り出すからね。
ところで屠畜場勤務の経験を書いて新人賞を獲ったのは誰だったかな。



521 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 15:07:49
>>520
「生活の設計」で新潮新人賞を受賞した佐川光晴

522 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 15:11:29
>521
ダンケ

523 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 16:29:57
島田が「ニートの代弁者みたいな応募作ばかりでいやんなる」とか言っていたのなら、
編集部も少しは考えるだろうよ。
しかし意欲的な冒険作になんとか光を当てようと考えているのは、
何も最近だけのことではないよ。
俺の二次予選通過体験から言うと、相当の実験作だった。そしてその回(100回)は受賞作がなかった。
誰かが書いていた通り、問題は完成度なんだ。意欲作はある程度意図を実現していれば二次予選ぐらいまでは通る。
しかし最終に残るには、それプラス完成度が要請されるように思う。
ところが新しい実験をした作品というのは、完成度をみきわめるのが難しいんだ。既存の評価が当てはまりにくいからな。
ということもあって、無難な身辺雑記風に戻ってしまいたくなるわけだよ。
こっちなら、ひたすら完成度を高めればいいからな。

524 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 16:33:01
pニックだ!
なんで、奥泉がいない?
やめたんか!


525 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 17:01:17
たしかにニートの身辺雑記なんて読みたくないな。
世界が狭過ぎる。
ニート、鬱病が昨今の応募作の流行らしいけど、何か大きな勘違いをしているんだろうよ。
で、やたら応募数だけ増えて、下読みの読み方も雑になる。
悪循環だな。

526 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 17:06:19
ニートやフリーター小説というと、
たとえば
鈴木清剛のロックンロールミシンみたいな
アーティスト目指しての
フリーター君小説も、
含まれるのかな。
それとも純粋にフリーターだけを指すのか。

527 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 17:15:36
フリーターはマシだ。
ニートは働く意欲がないんだから、ウツ的な引きこもりとほぼ同じだろう。
フリーターなら何か目的があるから、小説の主人公になってもいいけど(いや、けっこうなりやすいけど)、
引きこもりニートじゃなあ。毎日ゲームやってテレビみて、ネットサーフィンして……。
想像力のかけらもないじゃないか。とても小説のネタにはならないよ。
やはり社会的敗残者といったほうがいいと思う。

528 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 17:33:03
浜辺にごく稀に真珠が落ちているぐらいの低確率で、
ニートの中に才能ある作家が埋もれていることもあるだろう。
そう、100万人に一人ぐらいの確率で。
つまり、おまえらにはまったく縁がないということさ。


529 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 17:34:02
>毎日ゲームやってテレビみて、ネットサーフィンして……。
これって鵜呑みにされた報道用イメージじゃないのかな。
想像力のかけらもないじゃないか!

530 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 17:36:29
才能のある奴は、なにしてても世に出て来るんだよな。
そいつが無職のプーであってもだ。
あと、ニートが題材でも、いいもんはいいだろ。
さんざん言われていることだけど、
「なに書くか」じゃない、「どう書くか」だろ。

531 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 17:47:26
だからニート小説にはうんざりだと選考する側が言っているんだよw
そういえば、ある文芸誌の編集長もブログに書いていたな。鬱病小説ばかりで暗然とするって。
だいたいこの世の中、題材はいくらでもあるだろうが。
主人公の職業など、題材をこなしていく際にはあまり重要視されないんだよ。
何をして生計を立てているのかはっきりしない感じでいいんだ。
何か特殊な職業をテーマにするなら別だけれど。たとえば自衛隊員とか娼婦とか。

532 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 18:02:19
ニート生活をいかなる表現力で
書いてもやはりつまらん。
そんな小説が優れた作品のはずがない。

533 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 18:13:20
ニートっぽいジリ貧男の日常をうまく描いた作品なんかが、まかり間違って受賞でもしたりすると、
現実にそういう下流生活を送っている貧乏ニートが、
これなら俺にも小説が書けそうだ、などと勘違いする場合があるんだよ。
はかない妄想にすぎないというのに、藁にもすがる思いで低級なニート小説もどきを書いてみたりするんだろうね。


534 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 18:13:44
つまらない生活をリアルに書いたら、つまらない。
でもそのつまらなさ自体がある種の批評になっているような
そうでないような。

535 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 18:24:19
誰かの真似をして退屈なニート小説を応募した勘違い野郎乙〜

536 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 18:41:26
なんでニートをそんなに敵対視しているのか分からん。
コンプレックスでもあるのか?

537 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 18:42:20
俺はスーパーに行く以外家から出ない
薬物中毒者の引き篭もりの話を書いたが、
結構ぶっ飛んだ出来になったよ。

538 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 18:52:15
『我輩はNEETである 』

 
 我輩は暇である。仕事はまだ無い。
 なんで首かとんと見当がつかぬ。
 何でも薄暗い、じめじめした職場で「もーいやもーいや」と嘆いていた事だけは記憶している。
 吾輩は、ここで始めて人間の性根というものを見た。
 しかもあとで知ると、それは人材部という職場中で一番獰悪な部署であったそうだ。
 この人材部というのは時々、我々社員を捕えてリストラしては食うという話である。
 しかしその当時は何という考もなかったから別段恐しいとも思わなかった。
 ただ彼の口車に載せられてスーと煽て上げられた時、、何だかフワフワした感じがあったばかりである。
 机の上で少し落ちついて、人材部の顔を思い返したがいわゆる人間の性根というものの見始であろう。
 人材部によると我輩は、仕事も出来るからこうはしたくない、が致し方ないとの事である。
 この時妙なものだと思った感じが、今でも残っている。
 第一笑顔をもって接待されべきはずの顔が、つるつるしてまるで薬缶だ。
 その後、他職員にもだいぶ逢ったが、こんな冷酷非道には一度も出会わした事がない。
 のみならず、顔の眉間があまりに縦皺立っている。
 そうしてヘビースモーカーで鼻の穴の中から、度々ぷうぷうと煙を吹く。
 どうも咽せぽくて実に弱った。これが首切り人間の飲む煙草の吸い方というものである事は
 ようやくこの頃知った。
 この人材部の煽てにしばらくはよい心持に坐っておったが、しばらくすると
 非常な速力でしゃべり始めた。
 人材部が早口なのか自分が鈍いのか分らないが無暗に眼が廻る。胸が悪くなる。
 到底、首は逃れられないと思っていると、どさりと労働基準法を置く音がして眼から火が出た。
 それまでは記憶しているがあとは何の事やら、いくら考え出そうとしても分らない。
 ふと気が付いて見ると人材部はいない。たくさんおった部員が一人も見えぬ。
 肝心の上司さえ姿を隠してしまった。
 ただ、机の上には退職届の願書が置かれ数日期日までに提出して、我輩はリストラを食ってしまった。
 

539 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 18:54:18

だからそういう応募作品が多いんだってば。
そんなものばかり読まされる下読みの気持ちを考えてみろや。
ごく普通に毎朝会社に通い、普通の日常を送っているリーマンのちょっとした不安でも書いたほうが、
新鮮に感じられるだろうよ。
もちろんあまり人に知られていない世界の情報を伝えるような作品は評価されるだろう。

540 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 18:58:29
鬱病小説と聞くと、どうしてもメンヘラ女の自己陶酔ブログみたいなのを連想してしまうな。


541 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 19:06:33
うん、だからそれこそ糸山の「イッツ・オンリー・トーク」ねw

542 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 19:15:01
しかしイッツは自己陶酔してないよ。
けっこうクールに自分を見詰めている。
そうでなければとても作品とは呼べないたわごとになる。
ブログなんかによくある身辺雑記とはだいぶ違うと思ったほうがよい。

543 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 19:51:43
自分の作品にのめり込むとだいたい愚作になるな。

544 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 20:29:57
ニートの話題完全に飽きた しつこすぎ
ひとりでずっと言い続けてるようだが大丈夫か??


545 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/12(日) 20:40:21
>>531
そんなブログ知らんで、教えてくれたもう

546 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 20:58:00
作者にも主人公にも批評性が
必要ということだなw
たしかに陶酔系は読んでいて
引くね。

547 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 21:15:41
>>538
面白い。これはニート小説というより文学小説なんだよね。巧みに漱石を変奏してる。
ナボコフの『ロリータ』がロリコン小説というよりも文学小説であるようなもんだ。

548 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/12(日) 21:40:15
ニートというよりも単なる失業者なんだけれどもね。


549 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 22:42:27
>547
>面白い。これはニート小説というより文学小説なんだよね。巧みに漱石を変奏してる。

ばれましたかw
これが小説でなければ漱石も文学とはならないw

 
 『我輩はNEETである 』
 
 2
 吾輩は帰宅途中に公園を散策した。木漏れ日が今までの所とは違って無暗に明るい。
 眼を明いていられぬくらいだ。
 はてな何でもリストラはおかしいと、のそのそ歩き出して見ると非常に切ない。
 吾輩は会社から急に"路頭に迷う”中へ棄てられたのである。
 ようやくの思いで森林を抜けると向うに大きな池がある。
 吾輩は池の前のベンチに坐ってどうしたらよかろうと考えて見た。
 別にこれという名案も出ない。
 しばらくしてアルバイト扱いでまた雇ってくれるかと考え付いた。
 が、その望みも不可能に近い。
 女房になんと言い訳したらよかろう。
 このまま家に帰れる訳がない。
 そのうち池の上をさらさらと風が渡って日が暮れかかる。腹が非常に減って来た。
 泣きたくても声が出ない。
 仕方がない、何でもよいからコンビニのある所まで歩こうと決心をして
 そろりそろりと池を左に歩き始めた。どうも非常に苦しい。
 そこを我慢して無理やりに歩いて行くとようやくの事で何となく人混む所へ出た。
 ここのコンビニでどうにかなると思っておにぎりとウーロン茶、お菓子を買って、
 とある邸内にもぐり込んだ。縁は不思議なもので、もしこの邸内で腹ごしらえしなかったなら、
 吾輩はついに飢えて餓死したかも知れんのである。
 

550 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 22:47:45
↑ 訂正
これが文学小説でなければ漱石も文学小説とはならないw


551 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 22:54:09
http://blue.ap.teacup.com/nonsensenoise/

552 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/12(日) 23:40:48
大バカ野郎だ。

553 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 00:56:56
電話まであと8日弱。

554 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 04:42:05
電話まであと7日と19時間。

555 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 08:31:24
つーかロリータはロリコン小説だろw

556 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 11:14:43
荒川静香とキムタクは不倫しているらしいぞ。女房と名前が同じなんで、バレにくかったんだって。
キムタクがアイスホッケーのドラマのときに、静香のスケーティングを見学に行って関係ができたらしい。
今夜のスマスマは要チェックだ!

557 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 12:50:36
時代はもうバンクーバーに向かっているんだよ。
いつまでたった一つの金にしがみついているんだ。情けないよ。
これからはカーリング小説だっての。待てよ、これももう映画になったのか。
じゃ、水泳にシフトしよう。ボッチャン文学賞にはぴったりだ。今年は募集ないけど。

558 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 13:07:35
>>557
ボッチャン文学賞だったら、亀田金的攻撃で日本ホームの汚い判定で負けたボウチャンの物語がよさゲ。

559 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 13:12:26
亀田長男と対戦するときは、胸まであるばかでかトランクスはいたほうがいいぞ。
それにしても、スポーツものは純文学では描きにくいのかな。
長距離ランナーなんてのは、レース時間が長いから、いろいろ書けそうな気もするが。
なんか哲学的な部分もあるしな。

560 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 13:20:35
一番試合時間が短い競技って知ってるか?
それはな、重量上げだ。
長いのは十種競技。でも、これって廃止になったのかな?

561 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 13:35:06
ボウチャンはカワイソス。名前が悪かったかも。キンチャンと改名して再挑戦してね。
でも、WBCの日本チームもカワイソス
タッチアップ、確実にセーフなのに、ベースを離れるのが早かったなんていちゃもんつけられて。
アメリカ人は横暴でつね。いいとこでイチローを敬遠するし。
そんなにまでして勝ちたいんでつか、ヤンキー諸君は。

562 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 13:38:54
桜はもう、咲きましたか

563 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 13:42:09
ずいぶんくだらないこと話してんな。

564 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 13:55:38
一週間後だってば。

565 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 14:04:27
梅は、どうですか

566 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 14:26:42
梅の毒は回っているのですがね……。

567 :電話が:2006/03/13(月) 14:39:26
                    /ヽ       /ヽ
                  /  ヽ      /  ヽ
                  /     ヽ__/     ヽ
 ┏━━┓  ┏┓      / ノ (             \    ┏━┓
 ┗━┓┃┏┛┗┓    /   ⌒   \      /   |    ┃  ┃
     ┃┃┗━┐┃┏━|      ●      ● |━┓┃  ┃
     ┃┃┏━┛┫┃  |            (__人__)   |  ┃┃  ┃
     ┃┃┃┃┃┃┗━ヽ         \/   / ━┛┗━┛
 ┏━┛┃┗┃┃┛   /                \.   ┏━┓
 ┗━━┛  ┗┛    /         ̄ ̄ヽ / ̄  ヽ  ┗━┛
                   ヽ_______/ \__/

568 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 14:41:54
いいことを教えてあげましょう
梅毒と淋病に同時に罹った女子高生、これを俗にバイリンガルというのです

569 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 14:44:14

絲山秋子……3/20 号外もらって喫茶店で読んで、自分なんか犬の糞っすよ。と思ったら電話が。こんな日だとは思わなかったよ。

長嶋有………3/20 嫁さんとプレステやってたら、11時半ごろに電話があった。

青来有一……3/20 東京の地下鉄でサリンが撒かれたようだが、役所の仕事が忙しくて残業までしてくたくたよ、もう。飲み会断って帰宅したら留守録に文春からあったよ。



570 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 14:44:45
>>568
山田君、座布団全部もってっちゃいなさい。

571 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 14:48:07
梅淋ギャルなら俺のまわりにいっぱいいるぞ。
今は抗生物質がよく効くから、そうこわくはないよ。
こわいのはエイズ。

572 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 14:49:01
ひとむかし前はみんなコンドームだと言ってたのに
いまや
すっかり中だしの時代だものな。

573 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 15:08:17
中だしじゃないやり方なんてあるの?
これまでの23人、全部中だしだったんだけど。

574 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 16:35:11
いいんだよ、中出しで。
ただし相手は選んだほうがいいぞ。子供ができてもちゃんと自分一人で対応できる女かどうか。
結婚を迫られたり、中絶費用を払わされたり、いろいろ問題が起きやすいからな。
一番いいのは、ピルを飲んでもらうことだ。
俺の相手の一人である多摩プラーザの人妻はきちんと飲んでいるよ。
要するに、作家を志すような男は、気骨あふれるやり逃げ男でなければいけないんだ。
俺なんか、やり逃げ謙ちゃんっていって、鷺沼駅前商店街じゃちょっとした有名人だよ。

575 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 16:57:43
グォラア〜、てめえらおまんこの話ばっかりしやがって。恥ずかしいとは思わないのか!
だいたいしっかりおまんこやっているヤツは、そんなに露骨におまんこのこと、話さないもんだ。
おまんこおまんこって、てめえらほんとはおまんこやったことねえんだろ? 
いい加減にせいや。怒るでワシら。

576 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 17:10:55

あんたが一番おまんこを繰り返しているように思いますが。
錯覚でしょうか?

577 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 17:26:12
最終選考に残っても新人賞に輝く人は、一人かせいぜい二人。
最終で残って、最後に落選したらへこむだろうな。
いっそのこと最終の連絡なんてしないでくれと思ったりする。

578 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 17:29:54
選考委員の中に川上弘美さんしか女性がいないのはおかしいと思うんですけど。
浅田彰さんなんて、作家じゃないんですから、辞めてほしいです。
代わりにわたしの好きな笙野頼子さんを入れて。
だめですよ、男ばかりじゃ。浅田さんのほかには、松浦さんがいや。なんか、エリート臭がぷんぷん。


579 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 17:30:02
前回も一つけなされてたのがあったね。ブルーなんとかってやつ

580 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 17:43:57
女性選考委員の割合も確かに重要な要素だな。
すばるは川上&ショウノだ。
文藝は斉藤&角田だ。
男色の世界ではなあ。

でもまあ文芸誌の新人賞は応募比率は男6女4だが
最終比率は男3女7という
絶対的な数字も出ているわけだし(公募ガイド去年の10月号参照)
女の方が
得じゃねえの?

581 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 17:53:35
>>580
文藝も角田一人

そういや劇団ひとりについて皆さんはどう思います?
斉藤さんは芥川狙えるて言ってますけど次に組み込まれますかねぇ?

582 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 17:58:48
斉藤ナントカのブスばばあに釣られてんじゃねえっての。
あんな人情噺で芥川賞が取れるほど甘くはねえよw
純文学に秀作が揃っているんだよ。
評論家どもも幻冬舎に金掴まされてホメ上げているだけじゃねえか。笑わせるぜ。

583 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 17:59:44
↑読んだのか?wwwww

584 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 18:03:32
芥川じゃなくて直木ね。

585 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 18:04:08
スープレックスはボキャ天でもオーディション落ちだったしね。
ピンになってよかったな。

586 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 18:04:44
幻冬舎のパシリ乙〜。
早く自分のポチ小屋に帰ったほうがいいんじゃね?

587 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 18:08:47
>>585
そのソープセックスてのは何?

588 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 18:11:52
チンポとマンコに石鹸塗りたくって、お互いに洗い合うと、チョー気持ちいいな。
そのことだろ?


589 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 18:51:08
>>580
あんた、それ以前に編集部員って男ばかりだろ?
ここからしておかしいんだよ。
おっさん部員が多いから女性受賞者が多くなるわけよ。
もし女性の編集部員が半分いてみろ。
いい感じの男性受賞者が増えるから。俺なんか圧倒的に有利になる。
なにせ、おっさん部員たちには嫉妬されるような内容だからな。

590 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 18:58:40
文学的素養がなくても作家になっていいの?

591 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 19:06:42
女性誌の女性編集者が文芸誌の編集もやればいいんでないかい。
男性受賞者が少ないのは、どうみても女性編集者が少ないせいだよ。
男も女もないものねだりするからね。
女性が中心になって選べば、これまでにない男性作家を発掘するかもしれない。
文學界編集部なんて、5人全員がおっさんだよな。
せめて2人は女性にしてほしい。

592 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 19:11:46
吉本ばななのキッチンがここで一次落ちしたって有名な話?

593 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 19:17:52
>>592
知らない。そうなの?

594 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 19:25:10
あんなものは今出しても下読みスルーだよ。
ばななは親の七光り。

595 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 19:28:30
キッチンを文学界におくるか? 

596 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 19:32:03
社内で一番いい女を文學界の編集長にしろ!
オサーン編集がのさばっているようでは、男のいきのいい作品は埋もれてしまう。
ほとんどがニート鬱病の身辺雑記じゃねえか。
いい女に選ばせてみろよ。全然違う角度から読むはずだよ。

597 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/13(月) 19:35:37
そこは送るところをきっちんと選ばないとね。

>574
>多摩プラーザ
最近、漢字になったの?


598 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 19:40:49
>>593
保坂和志が言ってたらしい

>>597
………

599 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 19:42:48
>595
じゅあ今なら、何処に送るべき作品?

600 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 19:45:31
文芸誌の編集部員って、鬱病みたいな人が多いらしい。
風采があがらず、ぼそぼそと低い声で話し、白髪まじりのぼさぼさ頭をかきあげる。
こんなオサーンが選ぶんだぜ。女性のほうが有利になるはずじゃねえか。
俺みたいにホストっぽいなりをしたイケメン作家は、妬まれるんだってば。
外見だけで軽いだの通俗だなんて判断しやがる。もちろん応募作のことを言っているんだぜ。

601 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 19:51:20
作品がホスト面なのか…?

602 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 19:56:41
そういうことじゃねえよ。
ふにゃふにゃした依存性の強いダメ男の小説なんかとまるっきし違う元気のいい小説だよ。
感性のいい女なら読むだけでマンコが濡れるようなの。
だからチンポ立たんような鬱病編集者じゃだめなんだよ。35歳くらいのいきのいい女編集者がいちばんいい。

603 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 20:16:09
あと7日間と3時間

604 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 20:21:24
ぬるぽ

605 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 20:21:43
そういうマッチョはもてないよ

606 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 20:28:18
東大卒のアイドル編集者ってもう文學界にいないの?
山田あかねが最終残ったときは担当だったそうだけど。

607 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 20:34:57
がっ

608 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 20:52:17
>>602
>感性のいい女なら読むだけでマンコが濡れるようなの。
>だからチンポ立たんような鬱病編集者じゃだめなんだよ。35歳くらいのいきのいい女編集者がいちばんいい。

こういうオヤジ週刊誌レベルの
感性と文章の人間がほざいてんじゃねーよ。
ばーか。

609 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 22:15:03
おお、祭が近づき、盛り上がっているようだな。

610 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 22:29:19
月曜日から大変だな

611 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 22:29:25
35歳くらいのいきのいいまんこ濡れるような女編集者がいるんならそんなの書いたさ。

612 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 23:09:29
来週の今ごろ、美味しい酒飲んでたいもんだw

613 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 23:39:16
また低下してるな

614 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 23:43:42
皆さん、次はどうしてます?
渡しは、「すばる」を書いています。


615 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 23:48:45
自分は文學界一筋なので、六月までゆっくり書こうと思います。
他にも出したいけど百枚の壁を超えられない。

616 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/13(月) 23:52:00
>>608
プッ。低脳童貞ニートが。釣られてやんの。大バカ野郎だw
ろくに文章書けねえくせによ。
それにしても、東大出の女だとなんでドブスでもマドンナだの言われるんだ?
それだけいい女がいねえってことか? 
最近は菊川怜とか高田真由子とか、けっこういるじゃん。それでも他の大学より圧倒的にいい女は少ねえんだな。
でもセクシーな女編集者が読むとわかっていたら、作品の質は大きく変わるよな。
鬱病みてえなオサーン編集が読むと思うから、くら〜い作品が多くなるんだぜ。

617 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 00:02:41
受賞できない社会不適合者のただの言い訳ですね。

618 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 00:26:06
で、おまいら
電話来たら


電話キタ―――――(゚∀゚)―――――――!!!!!!

って書き込むの?書き込まないの?

619 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 00:29:30
クソォ。ヤンキーどもめ、タッチアップでインチキ判定しやがって。
真珠湾の借りをサードで返しやがった。
覚えてろよ。力道山なみの空手チョップでアンパイアをノックアウトしてやるからな。

620 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 00:54:12
>>618
おまいはどうすんだ。書き込むのか?

おれは書き込まない気がする。
すっかり舞い上がってそのときは書き込みたいと思うけど、
いろいろ考えると守りに入るんではないかと思うんだった。

621 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 03:19:37
あのくらいのインチキがあっても、サッカーのアウェイ判定で慣れてるからなんとも思わんな。
アジアカップ優勝の苦労。

622 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 03:42:36
どんなにくるしくても
がけからとびおりれば
おわるよ!

                    ハ_ハ_
                   ∩゚∀゚)ノ  おわるよ!
                    )  /
                   (_ノ_ノ

               彡
      .
 _,,..-―'"⌒"~ ̄"~⌒゙゙"'''ョ
゙~,,,....-=-‐√"゙゙T"~ ̄Y"゙=ミ


623 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 04:04:40
各新人賞の選考委員がかぶりすぎてて同じような新人しか生まれない、
と群像の侃々諤々に書いてあったが、そのとおりだよな。
特に川上弘美、いくらなんでも掛け持ちしすぎだろ?
候補作を何度も読み返す姿勢は立派だと思うけど、それにしてもなあ。
まあ、依頼する編集部も編集部だけど。

624 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 04:34:31
どこも似たり寄ったりなんだよね。
賞によって個性を出さなきゃ。
応募総数なんて増えたところで、最終のレベルが下がるだけよ。下読みでいいのが落とされる率上がるから。

たとえばだ、メフィスト賞的なやり方に変える文芸誌が出てもいいと思うしね、


625 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 05:25:47
自分のことがしっかりできてないから、なんの立場も権利もないから、
他人に厳しくなるんだろうなあ。

626 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 10:34:53
  | ..i ..i ..i ..i ..i ..i ..i ..|    __
  | ..i ..i ..i ..i ..i ..i ..i ..|(┘) |*゚ー゚)|
  | ..i ..i ..i ..i ..i ..i .:i ..|     | ・)・)| ___ ←おぱい
  〜〜〜〜 ___ 〜     ̄ ̄/ ___/|
  ____  ||_|:| _____ |. 。|。 .| |
 /___/l|:./|ニニ|l. ::.:::/:: . :: . ::./|   |   |/
::_|| ̄ ̄||::_/.::::: ... ::. ::: /:: :.... ::: // ̄ ̄ ̄/
/:: ...::::::.:...:/.:...: :: .. :: ::./: . ::. ::: //     /
::.<⌒/ヽ-、__ ::: /:: :....:::...:// <⊃   /
..:<_/____/:: /:....:::...: ..// <⊃   /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/      /

627 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 10:35:23
NO OPPAI NO LIFE

628 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 11:28:26
ちちくりまんぼ

629 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 11:43:00
つ、つまらん……。

630 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 11:43:50
最終候補通知が近くなり、そろそろ発狂者が増える季節に。。。。

631 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 12:03:35
杉村議員結婚おめでとうございます
奥さんにケインズについてじっくり教えてもらってください

632 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 12:54:01
今頃になって矛盾点を発見。
ダメだろうな、やっぱり……。

633 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 12:58:15
矛盾を抱え込んだまま、とっくに煙になっている。
ダメだのなんだの言う以前の話だ。

634 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 13:03:05
もう燃やしたのか。素早いな。

635 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 13:32:21
そそそろ電話代払っておいたほうがいいかな。
携帯にはかかってこないんだろう?
と、言うようなマンネリの書き込みが現れる頃となりました。
今回は少しフレッシュな待ち受けカキコを期待したいものです。
僕のように、ほぼ確実に電話がくるとわかっている者にはどうでもいいことなんですが、
ただ遊んでいるだけのお客さんたちには、あっというようなガセネタが必要でしょう。
でも、今回は、あるカリスマホストが最終に残っているという情報は本当ですよ。
世はホストの時代です。


636 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 14:35:01
>>620
同じ考えだが、自分は既に新しい題名を考えてる

637 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 15:45:51
>>620>>636
プッ。とっくにシュレッダーにかけられて煙になったというのに、なに妄想してるんだかw
馬鹿ってどこまでいっても馬鹿なんだな。この救いがたい大バカ野郎!
おまえらにふさわしいのは、便所の落書きだろうよ。
しかしな、最近は便所の落書きもレベルアップしたから、おまえら書かしてもらえないかもなw
しょうがないから、引き蘢って妄想板にでも書いてろ。
知能程度が低過ぎるなんだから、こういう”高級”な板にはこないことだ。

638 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 15:58:25
メクソハナクソ。侮蔑用語にもっと工夫がほしいぞ。
日本侮蔑語大賞を受賞するぐらいのフレッシュな侮蔑語を期待してやまない。
わかったか、へたれ牛。

639 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 16:01:35
キターーーーー???

640 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 16:17:17
脳内にうんこが詰まっている便所男ばっかし。
せめて俺みたいに頭のてっぺんから精液が噴き出しそうな男になってみろや。
女どもは、俺と目を見詰め合っただけで妊娠しそうだって言うぜ。
男はそれっくらい危険じゃないとよ。

641 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 16:24:31
輪をかけた馬鹿がきた。
こういう馬鹿は即刻地上から消えてほしい。
杉村太蔵クラスの馬鹿だ

642 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 18:03:35
同じ奴がけなし合って自演しているようにしか思えんな。

643 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 18:24:46
さあ、最終候補ほぼ決定の俺様がきますた。
おまいら、電話きた? こねえだろ? 俺様にもこなかったyo。
ハセキョーからの電話な。くるわけないか、笑えるお。
おまいら、はやくメシ食いな。俺様は8時な。ば〜か。釣られてじゃねええええよ。

644 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 18:41:08
つか、いちいち
夢見てんじゃねえ、ってレスする奴
ウザい^^

645 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 18:44:05
まあマジレスもネタのうちですよ(´Д`)

646 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 18:49:10
文學界編集部から電話が来るよりも
ハセキョーから電話が来る確立の方がまだ高い。

647 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 18:55:05
ほほうkwsk

648 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 18:57:59
wktk

649 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 19:09:54
来ないなあ



650 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 19:10:55
>>645
三行くらい考えろよ

651 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 19:10:59
どちだよw

652 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 19:23:39
>>650

まんどえ(´Д`)

653 :650:2006/03/14(火) 19:26:31
間違えた
>>649

654 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 19:40:38
呉服町のハセキョーこと長谷部京之助だが、ワシに何か御用かな?

655 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 19:41:56
まだかなあ





656 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 19:52:30
20日連絡ってのはガチなの?
今年は土日明けの月曜日で、翌日は春分の日の休日。
なんか微妙な日程だが…。
20日がガチなら、たとえそれが日曜日であっても、
関係ないということ? それと、夜中の23時というのも。

657 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 19:58:25
毎回おんなじこと訊く馬鹿がいるなあ。
そんなこと心配する暇があったら、パンツでも洗ってろ。
たとえ電話回線がおまえのところにしか引かれていなくても、編集部からおまえに電話がいくことはないよ。
これも毎回同じレスだけどな。それですむからまたなあ。

658 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 19:59:54
>>655

> まだかなあ
> だるめしあん
> だくだく
> ななし
> あい

659 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 20:06:12
おaになっちゃう










660 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 20:06:45
このスレ読んでいたら、投稿していもいないのに緊張してきた…
みんが頑張れ!(いまさらどう頑張ればいいのか分からんが)

661 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 20:16:31
電波飛ばして書き換えるんだ。俺にはそれが出来る。
それに文藝春秋も気づいたらしく、前回から編集部だけ鉛のバリヤーが張り巡らされた。
俺の電波は鉛は透過しないんだ。

662 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 20:21:54
去年と比べて、このスレ劣化が激しいな。

663 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 20:24:52
進化はしないだろう

664 :コテ山スカ彦 ◆Zun/DZ2mkw :2006/03/14(火) 20:30:48
去年からこんなもんだよ、高山がいる限りはね。
奴も賞でも取れば、こんなところを卒業すると思うのだが、
いかんせん取れないから、命ある限りここに書き込みをする。

665 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 20:31:41
もう飽きたよ、おまえ

666 ::2006/03/14(火) 20:34:13
高山和彦、乙

667 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 21:00:40
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/9882/nani5.html
ここの中段ぐらいの3/20とか。

668 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 21:02:09
18(土)19(日)と休みだから、20(月)に会議でオアツラエ向きじゃないの。
21(火)に
在京の最終組読んだりしてさ。

669 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 21:02:35
35歳くらいのいきのいいまんこ濡れるような女編集者の夢をみますた。
そんで朝起きたらカツンカツンにティムポ立ってたよ。

670 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 21:02:43
20(月)も休みで4連休だという意見もあるが、そこまで暇な会社じゃない。

671 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 21:07:54
>>668
>>在京の最終組読んだりしてさ。

読んだりしてさ、は、召喚するという意味ですよね?

672 :656:2006/03/14(火) 21:08:07
>>657
>編集部からおまえに電話がいくことはないよ。
これは認める。なにせ、俺は応募してないから(爆
冷やかし半分で祭りを見物しているだけ。
それにしても、疑問に答えてくれてもいいと思うんだけどな。
毎回同じ質問でうんざりしているだろうけどもさ。

673 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 21:11:33
高山は、指摘されると連続カキコするくせがあるのか。

674 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 21:19:09
1995年3月20日の午前中、東京の地下鉄で大変な事件が発生したとのニュースが勤務している職場にも流れてきた。
夜九時まで残業して、ビールでも飲みにいこうかと同僚たちは話していたが、ニュースを見たくてまっすぐに帰ることにした。
帰宅すると留守電の録音を示す赤いランプが点滅している。
「文學界」編集部の庄野音比古氏からの連絡で、文學界新人賞の最終候補作品に応募作品が残ったという。
二十代のなかばから十年ほどの時間、誰にも語ることなく、ひとりで小説を書いてきた。
いくつかは新人賞に応募したがまったく反応はなく、年齢を考えてもこれが最後と心に決めて書いた応募作品は、
長崎の歴史と風土に題材を求めた初めての作品だった。
十年間、自分ばかりを奥深く掘っていくような独り善がりな書き方をしてきて、初めて自分の小説を実際に読んでくれた
他者の声を聞き、なにごとかを悟ったような気がした。

三週間後の四月十二日に選考会があり、「ジェロニモの十字架」は第80回文學界新人賞を受賞する。
オウム真理教による地下鉄サリン事件が起きた日、すべては始まったと今も考えている。

2004年4月 青来有一(セーラームーンが好きだったのでこのペンネームにしました)

675 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 21:26:41
(03.20) 幸運な犬の糞

文芸春秋から電話かかってきた。
ひょえー。it's only talkが最終選考に残ったのでゲラを作って一度打ち合わせしましょうとのこと。
しかしどんな話だったかもう忘れちゃったよ。読み直そう。
こんな日がこんな日だとは思わなかったよ。

03.23) 会社訪問

巨大出版社の前に立つとこのデカい私がとても小さいように感じられる。
編集長自ら通用門のところまで来てくださって(帰りも送っていただいた、だからご用聞きじゃなかった)、
会議室でゲラをいただいた。直しを入れて水曜日にもう一度来ることになった。他にも質問に答えていただいたり、
いろいろ話をした。自分がこの場にいることが夢のようだった。

(03.26-2) カルテ
夕方、紀尾井町に行ってゲラの修正を出してきた。これで完全に私の手から離れたことになる

04.14) スタート
文學界新人賞受賞。
みんなが喜んでくれて、それが嬉しくてぞくぞくした。こんなに人を喜ばせたことが、今までないような気がする。
今までは、HPを見てくれる人、編集部の人、作家の人が自分の小説を読んでくれることが嬉しかったが、これからはもっと、全然知らない人と繋がっていく。

(04.17) 紀尾井町マジック
夕方、文藝春秋へ。永田町で地下鉄を降りてなぜか迷って歩いているうちに四谷駅前に出てしまった。
情けない話だが時間に間に合いそうになかったのでタクシーを拾った。
審査員と担当の人から指摘のあった部分の最終の直しと、受賞のことばを出す。
写真は普段着で撮った。72枚も撮られた。魂抜かれた。
筆名の読みを、tokikoからakikoに変更、読みにくいというのでさっぱりと変えてしまいました。

676 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 22:05:06
がんばれ




677 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 22:26:04
あのー、地方に住んどりゃーすが、電話さあってんば東京さ行かなあかんどごすか?

678 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 22:51:10
行かなくていいです。
地方の人は、完璧なのしか選びませんから。

679 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/14(火) 23:06:29
南木佳士は確かタイで受賞の知らせを聞いたはず。
最終選考の知らせをどこで聞いたかは知らんが。

680 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 23:10:25
さよですか。あんがとーです

681 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 23:27:43
ブロッコリー日和

682 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/14(火) 23:46:34
高山和彦はなんかおもねっていていやだな。
普通にしていてもいやだし。
畢竟するに、存在自体がいやなんだ。杉花粉みたいな野郎だよ。それも枯れかけた林の。

683 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 00:04:30
期待と不安が錯綜する今の時期。
心穏やかにその日を待つ。
受賞することは考えてはいない。ただただ自分の好きなように、得意分野を楽しんで書いただけだ。
人のことなどまったく気にならない。
緊張感も焦りもない。平常心だ。
て、とても荒川静香のようにはなれねえってんだよ。俺はもっとガキじゃもんな。
もし電話機のやろうがルルルと俺を呼ばなかったら、20日のうちに粉々に破壊してやるぜ。
なぜなら、編集から連絡がないのは、電話機が悪いからだ。
前回なんて、郵便局のせいで、折角の優秀作が編集部まで届いていなかったんだ。
ちゃんと届いていたら、今頃は新人作家として受賞2作目を書いていたぜ。

684 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 00:05:42
>>683
郵便局がそんなミスはせんよ。
おまえの応募作はちゃんと届いて選考されて落選してる。

685 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 00:08:02
あと6日間弱

686 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 00:09:40
あと6日鰯

に見えたよ

687 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 00:14:15
さすがに電話なかったら新潮に送ろうって
思ってる椰子はいないだろう?
ところで、
そんなおまいらの次作は何処に応募予定かな?

688 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 00:16:25
1月上旬の仕事始めから全応募作を斜め読み。一作一分。
2000作のうち500作を捨て、1500作を下読み選考委員へ発送。1月下旬

二月下旬、60作が戻ってくる。(1次通過)
編集部員が3班に分かれて、20作ずつ読む。7作ずつ合計21作が残る。(二次通過)3月上旬。

読んでいない残り14作を読んで、残ったものが最終候補=3/20

689 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 00:16:28
ノシ

690 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 00:20:54
ドコから14作が??

691 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 00:23:47
明日、100万の当たり宝くじが貰えるのと
20日、最終選考に残ったって電話が掛ってくるのどちらか選べるなら?

692 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 00:24:56
>>689
まじで〜

693 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 00:27:15
何度同じこと書いているんだよ。飽き飽きした。
今度の最終候補には、俺のが入っているって言っているだろうが。
おまえらはあとの4編のことでも考えてりゃいいの。

694 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 00:30:10
お前ら、ちゃんと、リロードしてるのか?

新潮は時期が近すぎだろう。
全く別物位に改稿したのなら良いだろうが…

695 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 00:31:11
>>693

がんばれ

696 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 00:34:26
>>694

がんばれがんがれ
ん ん ん い
ば ご も し
っ は ど ょ
て ん き く
ね 何 か したい

697 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 01:07:41
つ、つまらんぞ。

698 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 01:20:35
二次通過の21作のつち、自分らの読んだ中から選んだ7作は除外するので
他の二班が残した14作を読めばいいのさ。

699 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 03:32:03
あっほくさ

700 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 03:35:13
ドラゴンキング

701 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 06:37:28
ドラキン

702 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 06:50:09
シャペ

703 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 07:39:42
http://www.ne.jp/asahi/wakai/suw/1998.html
若合春侑先生の場合。

704 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 12:11:00
セックス

705 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 12:28:20
三姦四怨

706 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 14:13:16
春はまだ遠いな。いやんなる。せめてティムポだけでも磨いておくか。
いつなんどき使うかわからないからな。といいつつ指折り数えてみたら、去年の3月末以来やってないではないか。
相手がいないわけではないよ。単にケチだからさ。
ただで出来るシチュエーションでない限りしないことにしているんだ。金をもらってヤルのが理想だけどな。

707 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 14:22:40
いい心がけだと思います。

708 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 15:51:49
福田和也氏の名宰相の条件(祥伝社、1600円+税)は、必読だ。
サッチャーは労働党だし、浜口雄幸は、日銀出身だそうだ。
さらに、イギリスでは、第1次世界大戦までは、
貴族院出身者しか首相になれなかったらしい。
ウォルポールも大ピットも草葉の陰で泣いているだろう。
福田がこんないい加減なやつだとは知らなかった。
校正者も校正者だ。

『日本人であるということ』ハルキ文庫、もすごいよ。
オスマントルコはモロッコを占領したし、
スペインにも攻め込んだんだそうだw
レコンキスタでイベリア半島から追い払われたムスリムは
たった200年、この半島を占領していただけなんだそうだw
アルハンブラ宮殿はマドリッドにあって、モスクなんだそうだw
その他いろいろ。
世界史の教科書すら読んでないらしい。
こんな奴が大学教師だなんて信じられん。


709 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 17:01:37
フクダとかどうでもいいから。
むしろ大学板の慶応大学スレに書き込んだら?

710 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 17:43:13
むしろそんな気がする。
だからといってこのままにしておいていいわけがない。
なんらかの手をうたなければ、陽子は危ない。
これまでだって何も言わないで消えたことがあったのだ。
三日後に陽に焼けて帰ってきたけれど、どこに誰と何をしに行ったのか、ひとことも言わなかった。
もちろん推測はついた。故郷の近くの海にあいつと行っていたのだろう。

711 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 18:28:15
フクダは慶応の給料が安いからいらだっているんだよ。
早稲田の高給がうらやましいんだ。
早稲田は医学部をはじめ理系の学部をあまり持ってないから、資金に余裕がある。
医学部を持つだけで、大学は毎年数十億の赤字を出し続けるし
そのための金策に追われ続けるのだ。
慶応の文系学科でしこたま学生を大講堂につめこみ
がっぽり儲けさせてやっているはずのフクダの授業。
だがフクダに給料は回ってこず
医学部の資金に回されてしまう。
早稲田に医学部がないのが、早稲田の欠点ともいわれるが
医学部をはじめ大学病院うんぬん、その維持にかかる費用ときたら膨大なものであって
フクダは
慶応大学側に非常にうらみを持っている。

712 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 18:56:26

われ、はやく慶應スレに行かんかい!
ここは東大スレだぜ。偏差値80以下のヤツは書き込み禁止だっての。
ちなみに俺は体重が80キロだ。悪かったな。

713 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 19:18:41
俺は体重が90キロ突破、やばす。

714 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 22:03:14
こちらは45`です

715 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 22:40:19
新人賞を獲ろうというような人間は、太ってはいかんよ。
痩せ過ぎのほうがよかろう。
栄養失調気味で、精力だけは強いこと。
脳に栄養が足りないほうが、明晰さに欠けて小説を書く上では長所になる場合があるぞ。
ただし、文章はうまくないとな。文章がうまいとは何だ? それは自分で考えよ。

716 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 23:14:45
太いですよ

717 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 23:26:32
そろそろダイエットはじめとかないといけませんね。
著者近影のために!

718 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 23:32:04
ズニロウは著者近影のために、早速ヅラの用意をしたほうがいい。
今回は、受賞だぁっ!

719 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 23:32:21
あの、あの絲山でさえ授賞式前にはエステに通い、ダイエットに励んだらしいからな。
もっともやっても同じ結果だったようだが……。

720 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 23:49:15
あのふにゃふにゃの顔写真か。身障もろだしの。

721 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 23:49:46
あと丸四日間。

722 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/15(水) 23:51:46
糞オヤジもニートくんもみんな
いまのうちに盛り上がっとこうぜ!

723 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/15(水) 23:56:12
盛り上がるよりも、なんか急激にへこんできたぜ。
3/20を電話無しで過ぎたとして、おいらはどうやってその先を生きていけばいいのよ。
ああ、8回目の応募なの。

724 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 00:02:10
死ねばいいと思うよ。

725 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 00:11:46
(文學界には)応募していない俺が言うのもなんだが、
下読み(1次選考)は基本的に福引き(商店街主催の
ガラガラポン)だと思っている。だから作品の良し悪し
にかかわらず、1次で落ちるのが当然だと。赤玉なんか
滅多に出るものではない。だから8回連続で落ちても、
何も不思議はない。ただ、何も反応がないというのは
確かにつらいかもね。勘違いの駄作なのか、それなりの
佳作なのか、まるで分からないわけだからね。
まあ、それでもがんがるしかないわな。ハニよ、元気出せ。
もう新潮は応募済みだそうだし、希望ゼロというわけでもあるまい。

726 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 00:23:25
>>732
ハニタン…

727 :幹俵勇作:2006/03/16(木) 00:42:19
落とされた前7作、アリに晒してみ?
俺が判定しちゃる。
勇気いるかもしらんが。
止めるか続けるか、判断に迷うだろう。
とりあえず晒せ。

728 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/16(木) 00:55:37
まあどのみち20日を過ぎてからでいいぜよ。
そういや1月に新潮へ応募したんだった。すっかり忘れていた。

729 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 01:00:22
今日は小説トリッパーの発売日だから、冷やかしに本屋で朝日新人賞の予選通過でも見てやれや。

730 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 04:11:33
おいらの作品群がウィニーで世界中に流出しているらしい。
実際にパクられるのは日本国内だが、多くの新人賞応募作に流用されていると見られるから、
下読みどもは注意してくれ。
だいたい今度の群像の候補作の中に、おいらの作品にそっくりなものがあるじゃねえか。

731 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/16(木) 04:12:28
おいらじゃないよ。

732 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 05:49:09
俺の新作はトーマス・ベルンハルト級だ。

733 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 07:09:13
あと4日間と16時間

734 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 07:14:32
午後11時? なんでそんなに遅くなるんだ?

735 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 07:57:38
ここで書かれる作者名が一人として分からない私は負け組……?

736 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 08:53:05
文学板うろついていらっしゃい

737 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 09:08:04
太宰賞の二次発表が遅れていて、このままだと文學界からの電話と重なる予感。
春が一挙にやってくることになりそうだ。
そろそろ身ぎれいにしておこうか。

738 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 10:29:37
う、うんこ……。

739 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 16:06:51
いま売れている小説なんて「東京タワー」とかいうのだけじゃん。
ああいうのも文学っていうの?
ああいう安っぽい感動をベタで書けばいいわけ?
違うと思うんだけどな。人を感動させるなんて、簡単なことだし。
うわべの感動なんか拒否しているものじゃないと、文学とは呼べないと思うんだけど。
どうよ。

740 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 16:28:49
大衆とは感動したがる品種である。
じゃによって、大衆を心の底から侮蔑し嫌悪なければならぬ。
創作のエネルギーなんてものは、そういう根深い嫌悪からしか生まれまいよ。


741 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 18:09:19
おまいら、新潮の〆切が間近だぞ。
なんとかしろよ。いいな、これが最後の忠告だ。

742 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/16(木) 19:42:41
新潮へは二ヶ月も前に応募済みだわさ。

743 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 19:43:17
あと4日間+3時間。

744 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 19:44:22
けーくんおめでとう

745 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 19:48:02
CとKはもうたくさん。

746 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 19:49:26
しーくんおめでとう.

747 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 19:49:57
加藤茶が最終候補に。

748 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 20:13:36
そのまんま東が、ならびつくりしたのに

749 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 20:17:32
ホストクラブ「夢幻」の花森健次郎(22歳・慶應義塾大学経済学部4年・花森安治の孫)が残っている。
カリスマホストらしい。作品名は『しだれ柳のマッカラン』だと。
意味がよくわっからん。

750 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 20:33:39
マジ情報だったの? ホストの。
作品名までなんで知ってんの?
編集部に知り合いがいるの?
「?」ばっかですまん。

でも、ホントにこの人が残ってるんなら、
受賞するんだろうなあ……。

751 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 20:47:26
純文学という概念自体があいまいというか、いかがわしいものだから、
賞を与える理由はいくらでも作り上げることができるからね。

その意味では、エンタメの賞の方がまだいかがわしさの程度が低いといえる、
売れるかどうかが第一の基準だからね。まあ外れることもあるだろうけどさw

752 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 21:03:35
ホストのなんたらが最終候補、っていうのはよくあるガセネタなんだよね。

753 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 21:14:49
へえ、よくあるガセネタなんだ?
でもこれは本当のように感じるけど。
花森安治の名前が出てくるあたりとか、
マッカランなんていう通なタイトルとか。
書き込んだ>>749サンはマッカランをご存じないようなので
(馬鹿にしているのではありません、念のため)
>>749が適当に作ったタイトルではないでしょう。

どっちにしろ、もうすぐ分かることなんだけどさ。

754 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 21:58:10
たしかにスコッチの中でも「マッカラン」という選択はツボを押さえているよなあ。


755 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 22:00:04
編集部、はやく電話かけてこい。待ってるぞ。

756 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 22:04:16
>>749
ガセネタばやりとはいえ、よくもこんなバレバレのガセネタかますもんだなw
だいたい情報源はどこなんだよ。編集部はたとえ身内にだって、そんな情報を漏洩することはないよ。
タイトルまで捏造して、クソご苦労なこった。
ま、ホストクラブを舞台にした純文学ってのは、ありかもしんないけど。

757 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 22:17:41
酒飲みではないので知らないのですが、マッカランって何ですか?
すこっちおせえてちゃぶだいよ。

758 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 22:28:36

ググれよ、真っ赤欄で。

759 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 22:42:04
>>749
あの健ちゃんが!?
それって本当にマジ情報?

760 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 22:42:12
天現寺のバーで、
「このウイスキー、すこっちまっからんかな」
とかくだらねえ駄洒落飛ばしていたオヤジを思い出してしまった。
俺はそのときものすげえ寒気を覚えて、カシミアのジャケットを着ていたそのオヤジをぶん殴りたくなったっけ。
俺が飲んでいたのはベルギーのすっぱいビールだった。赤ワインっぽいやつな。

761 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 22:47:51
>>759
あの健ちゃんが!? って、おまい知ってるヤツなの? 嘘つくなよ。

762 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 22:54:50
おお、いいふいんき醸してますね。祭近し。

763 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:01:46
ホスト並にイケメンの俺が来ましたよ

764 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:05:24
>>763
顔うp汁

765 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:12:45
ポスト並みに口がでかい俺がきまつたお。
街角で立っていたら、ハガキを口に入れていったばか女がいたんでつ。とほほ。

766 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:15:18
今日町中を歩いていたら人型のポストがありましたの。
日進月歩の世の中ですね。あはは。

767 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:19:43
池ノ上保須人ですが何か?

768 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:21:14
やっぱあれですか、電話かかってきたら、
忘れてたり、なんのことだかわからないふりをしたりするんですか?

769 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:24:09
かたことの日本語で応じるべきでせう。
さうして語尾を「ニダー」とすると吉。

770 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:25:08
そりゃ電話を片手にずっと待っていました、と言うよりは、そんなこと忘れてました、と言う方が格好いいからな。
このスレにいる自信満々な奴は、どう答えるんだろうか。

771 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/16(木) 23:26:24
長年、ホストで食って来た。


そのためクラサバ系はよくわからない。
UNIXの基本コマンドやSQLぐらいなら使えるけど。


772 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:28:49
利き手はもちろんアレを触っているんだろうなあ

773 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:29:37
おまえらBSでゴッドファーザーみたか?
勉強になるぞ。

774 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:31:04
新手の振り込め詐欺が出てきたらしいから、電話がきたらまずは合言葉を言ってもらう。
僕が「新人賞」って先に言って、先方が「あげます」って言ったらまずは間違いない。
「あなたの作品が最終候補に残っているのですが、受賞作にするために選考委員の先生方に25万円ずつ包まなければなりません。
すぐに振り込んでください。一括で125万円です」
なんて電話がくるようになったんだ。新人賞詐欺っていうらしい。
みんなも気をつけなよ。

775 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:33:44
荒川でオナってる週刊誌オヤジあたりを
新人賞詐欺で騙そうかな〜

776 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:39:06
圭子が危ない。100万円振り込め。

777 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:41:49
圭子は俺の横で裸で寝そべっているのだが……。

778 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:42:23
圭子の名前を弄ぶヤツはマジでぶっ飛ばす

779 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:46:43
圭子なんてどうでもいいけど俺は受賞するのだろうか?

780 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:50:36
どうも妙だな。圭子って言ったら俺の女房の圭子のことだろう?
なんか、ほかにもいるわけ?
だいいち、俺は圭子の名前を弄ばれてもぶっ飛ばしはしないよ。
圭子のマンコを弄ぶヤツはぶっ飛ばすけどなマジ。


781 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:57:19
>>774
それって、文芸社とか新風社の協力出版持ち掛けに非常によく似ているな。
あいつら、ギリギリの商売やっているんだな。

782 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/16(木) 23:58:50
すんません。
777が欲しくて亭主のあなたになりかわって書いたのが
結果的に778だったのでした。

783 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 00:04:32
>>782
あっははは。そうだったのか。君ってかわゆいヤツだな。

784 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 00:07:04
あと3日間+23時間

785 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 07:54:25
健ちゃんの話が本当だとして、
編集部は身内にも情報を漏洩しないというのであれば。
すでに電話がかかってきて、直し原稿を提出した本人が
他人に喋ったからでは?

786 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 08:01:37
健ちゃんって誰だよ。清水エスパルスの長谷川健太監督のことか?

787 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 08:37:00
花森健次郎なんて実在しない。
今の時期、必ず現れるガセネタだ。

788 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 11:35:42
朝日に出した奴が予選通過してなかったよ。
朝日なんて五分の一が予選通過なのにな。
こりゃ文學界に出したほうも到底望めないな。

789 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 11:54:31
呆然とする。

790 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 12:25:34
朝日ってそんなに大きく網をかけるんだ。
5人にひとりが通るような緩い予選も通らなかったんじゃ、そりゃ絶望的だわな。
文學界のほうはだいたい20人にひとりだからな。
二次通過にいたっては100人にひとりだ。

791 :788:2006/03/17(金) 12:34:57
と落胆していたが、ワールドベースボールクラシック
日本がまさかの準決勝進出を聞いて、
俺にも勇気が湧き上がったよ。

限界なんてこんなもんじゃない。

ニッポン放送聴きながら、アメリカくたばれ、メキシコ勝利を祈ったかいがあった。

日本がリーグ突破。

792 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 12:52:26
メキシコ訪問中の皇太子は国民を代表してメキシコにお礼を言ってくれ!
しかし、言い出しっぺのアメリカが負けたんじゃ、
準決勝は適当な試合運営になるんだろうな。
審判なんかろくに試合を見ないんじゃね?
文学の新人賞選考でも、編集でイチオシの候補作を選考委員が落としたりすると、
編集はもう受賞者を売り出そうとしなくなるからな。
そうやって消された新人は大勢いる。
審判とか選考に当たる人間にも、大きな責任とペナルティーを課すべきだ。

793 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 13:29:52
棚ぼたで準決勝に進めただけなのに、
それでも自分に引き寄せていいように解釈できる楽天家の君たちがかいじらしいよw
ふっと湧いてきた淡い希望も、19日の韓国戦でまたしぼんでしまうことを思うと、
俺も胸がしめつけられるよ。
この上は得意の神頼みしかないぞ。
19日の韓国戦必勝祈願!
20日に電話がくるよう必勝祈願!
──って、どう考えてもなんの関係もないと思うのだけれど。

794 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 13:44:25
ヴィーナス ってお店に元アイドルが・・・

795 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 14:26:21
キターーーーーーー
ボ



796 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 15:03:37
爆発していいか?

797 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 15:10:53
この金曜日土曜日日曜日の三日間が
文學界編集部5人にとっての戦いである。
膨大な応募作から厳選された二次通過作二十数作。
ここから最終候補を選定するわけだ。
100枚の作品を読むのに3時間。一日中読み続ける。
そして月曜日。
げっそりした顔で会議室に集まった編集部員たちは
最終候補を決定するのであった。
長い激論の末、午後十一時過ぎに決定。
そのまま候補者へ電話。
在京者は祝日である翌日火曜日にすぐさま出社を要請されるのであった。

798 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 15:21:24
健ちゃんに決まりでしょ
ルックスで

799 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 15:26:18
ホストクラブ夢幻ってぐぐってみたら群馬の伊勢崎じゃんか。
健ちゃんが慶應の学生なら可笑しな話だ。
しかもホームページ見たけど22歳のやつ一人もいなかったし。

800 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 15:31:52
本気にしてる奴がいたのか。
>>797が事実。

801 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 16:03:11
言っとくけど、二次通過は17編だからね。
それと、伊勢崎のホストクラブ「夢幻」はガテン系と暴走上がり、百姓崩ればかりで、
大学生なんて一人もいないからね。
健ちゃんなんてガセネタなんだってば。
永田みたいにいつまでも信用しているあぼーんがいるとはな。
日本人って、ガセネタに弱いんだな。
それじゃあ、俺が実は無職のヒモだってこともすぐ信用するだろう? 実際そうなんだけどねw

802 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 16:31:55
とか言って、みんな調べてるんじゃん「夢幻」のこと。(笑)

803 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 16:50:38

釣ったのはおまえか? よくない趣味だぜ。時期が時期だけにな。
しかし、ほんとにガセネタなんだろうな?
種々の調査によれば、「夢幻」は伊勢崎にあるとのことだが、
実は都内にあってネットになんか載せていないアブナイ系の場合もあり得る。
ガセネタでないという確証もないので悩ましいところではあるよ。
ホストがひとり語りする小説というのもあってよさそうに思うトレンドだしな。

804 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 17:04:11

違う、釣ったのは私じゃない。
むしろ吊られた方でした。ちゃんちゃん。
昨夜、ちょっと落ち込み(笑)。

私も803と同じようなこと考えた。
HP作ってるとは限らないもんねぇ。

805 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 18:03:51
かえって伊勢崎あたりのイモにいちゃんがホストやってるなんての、
話としてはおもろいんちゃうか。「夢幻」ってのもいいよな、いい加減でw
伊勢崎あたりじゃ、すべてが夢まぼろしなんじゃないの?
実際に実家ではイモ作ってたりしてw
ティムポもイモなみだったりして。
客は信用金庫の使い込みおばさんとか、農協幹部の若いメカケとか。
俺、マジで構想練ってみようかなw

806 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 18:26:22
>>805
あまり非難するもんじゃないよ

807 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 18:47:15
夢幻のホストにいちゃん、いかにも知能指数が低そうw
トップが神谷勇気27歳だって。プッ。
顔写真見たって、とても小説書けるヤツなんていそうもないよ。
それどころか満足に字も書けないんじゃね?
どうみても畑でイモ掘っているのがお似合いだぜw
客の女どもも化け物みたいなのばっかりなんだろうな。
って、俺も暇だなw 自嘲するぜ。


808 :コテ山スカ彦 ◆Zun/DZ2mkw :2006/03/17(金) 19:24:48
正直、ズンというのは本当にいやな奴だとは思う。

それでも仮の話としても、ホストとの争いならズンに受賞してもらいたい。
文章を作るということについては、真面目にやっているようだからね。

マジでそう思う。

809 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 19:36:09
ブ男どうしの傷のなめ合い乙w
誰が考えたって、いい作品書けるホストがいれば、そっちを取るに決まっているだろうがw
遊び半分に書こうが、真面目に書こうが、作品の質には関係ないよ。才能の問題だ。
ズンが書くものなんて、広島郊外の農協の会報よりも低レベルだろうに。
読んだことがないから推測だがな。禿げているのはアップされていた写真でわかったよw

810 :コテ山スカ彦 ◆Zun/DZ2mkw :2006/03/17(金) 19:40:08
うん。

811 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 19:53:46
先輩方、通過するといいですね。

さて、6月末〆切の回で応募しようかと思っているんですが、
応募件数っていつもどれくらいなんですかね?

812 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 22:06:36
>>797
すると編集部員のみなさんは休日返上なのですね。
祝日の春分の日も出社しなければならないわけで。
お疲れさまです。

>>811
応募件数は多くて2000程度でしょう。

813 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 22:24:18
>>812
出社する必要はない。
家で読めば良い。

814 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 22:25:47
あと丸3日間

815 :文春出入り編プロ:2006/03/17(金) 22:45:08
おまえらに事実を教えてやる。
さっき会議が終わって最終候補6作が決定した。
20日だと騒ぐ奴らが多いが、今回は17日だった。

いま一人ずつ電話かけてるから。
在京の人には日曜日に来てもらう。

さっさと次の作品を書き始めろよ。
でないと、半年後もまた同じだぞ。

816 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 22:57:38
早速電話キターーーーーーーー!!!!

817 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 22:58:29
>>816
おめ!
詳細希望。

818 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:02:08
ついに電話だな。
うちにはかかってきてないが、816は残ったのか。やるなあ。

819 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:02:22
もう、マジかネタか訳分からん

820 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:03:19
こんな時間に電話かけんの?
寝てるやつもいるんじゃね?

821 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:04:01
ガセネタに決まりました。

822 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:05:12
ガセかもしれんが、あと30分くらいは起きてようと思ってる人もいるはずw

823 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:09:03
心臓に悪い。ついつい過食してしまう。

824 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:10:11
飲もうっと

825 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:14:13
金曜日に電話だよ。

826 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:21:46
文藝春秋は編集プロダクションを使うことはないよw
週刊文春にフリー記者が出入りしているぐらいで、あとは全部社員でまかなっている。
下読みはもちろん外部だが、彼らが最終候補作を知るのは読者と同じ時期だよ。
つまり5月号で初めて知るんだ。
ということで、20日頃の連絡という例年の慣例は今年も貫かれるだろう。

827 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/17(金) 23:31:11
>826
5月号は中間発表なので、6月号なのでは?


828 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:32:32
例年の慣例通りだから、今晩かもしれんな。そのくらいの誤差はつきもの。
書き込んだ奴はガセかもしれんが
マジの奴が今まさに電話もらってるかもな。

アメリカのポートランドに旅行行けばいいのか?
号外貰って犬の糞踏めばいいのか?
残業して地下鉄サリンをテレビで見ればいいのか?

たぶん今まさにだろう。

829 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:34:10
そんな知り方しかできないようじゃ、しょぼくれライターだな。
普通に出版社の人間と挨拶かわして、会話もできるなら
自然と最終候補の情報も入ってくるもんだよ。下読みは功労者なのだから。
読者と同じ時点でしか
最終を知ることのできない下読みじゃあ
たぶん人付き合いもできず、仕事もろくに得られないへっぽこなのだろう。

830 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:36:38
そんな人のほうが俺は好感が持てる。

831 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:39:49
このスレ住人のアホぶりを見て、大川さん情けなくて涙でてくらあ。

832 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:44:02
またあいつが応募してきやがったか、と呆れた大川氏。ハニロウの原稿、下読みに回らず没。

833 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:44:41
さて全員に電話し終わったから、終電あるうちに帰宅。

834 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:46:44
この新人賞とってもほとんどが売れてないのにその新人賞をとるための競争倍率の高いこと。
東大に入るほうが易しいだろ。しかも、もっと実益がある。
最難関でもっとも後の保証の無いのが文学新人賞かもしらんね。
もう電話はあったろう。

835 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:48:59
20日だっつうの。

836 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:51:45
まだ電話はないだろう。

837 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:52:45
あったんじゃね?

838 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/17(金) 23:56:03
家に持ち帰って読んでも残業代がつくからおいしい仕事です。
一度やったらやめられません。
まあ、きっちり書いてあって、テーマが浮き出ていて、個性が見えれば二次通過です。
あとは相対的なもので、場合によっては籤で決めちゃいますよ。
誰が落ちようが最終に残ろうが、給料に関係ありませんから。
今回は最終5人のうち3人が女性、2人が男性になりましたが、相変わらずちまちました身辺雑記が多くて、
島田先生にはまた苦情を言われそうです。
ひとつ判断しかねる実験作がありましたが、こういう飛び抜けた才能は育てるのが面倒なので、二次で落としました。

839 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 00:07:42
>>638
しかし、群像スレではネタとはいえ、
近年稀に見る豊作で鮮烈な作品があったとの書き込みがあったのに
ここはネタもショボイですね。
毎年の受賞作もショボイからその程度かね。

840 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 00:07:52
「たとえばどんなのですか」「私も聞きたいわ」「
漏れも」「ならついでに僕も」

841 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 00:31:21
月曜が待ち遠しい

842 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 00:32:06
感動作なく終了したようですね。

843 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 00:35:42
たしかに群像には期待だぞ。
唐木に期待して、かなりの意欲作が集まった模様だ。
枚数も、もはや250枚程度というのが新人の真の力量を見定める意味でも妥当になっている。

844 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 00:53:50
あらあら、ここでも今度の群像新人は凄いとのネタですか。
ヤレヤレ。

845 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 01:50:17
このスレ的には、今回の文學界新人賞は多分売れない、ということでつね。
思い出作りにしかならないなら、新人賞は意味が無いでつ。
すでに、終戦でつね。

846 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 03:17:06
100枚前後という足かせがまずいんだよ。
単品で売れるというなら、ボリューム的に250枚程度必要な時代だ。
100枚くらいだと、一種の研究対象といった感じの読まれ方になるので、売れることはまずない。
単行本1冊にはなりにくいから、雑誌掲載のままが多いしね。

847 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 03:30:41
新人賞受賞第一作と抱き合わせで一冊になるケースが多いんでは。

848 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 03:32:24
いくら作品発表しようが、芥川賞候補にならないかぎりスルーだよ。単行本は夢のまた夢。

849 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 04:02:55
まあどうだろな。20日なんじゃねえの。

850 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 09:22:47
要するに、一発屋はここの新人賞には不向きということだね。
ストックを豊富に抱えていて、それなりの作品を小出しに発表
し続けることができるかどうか。それがポイント。
そういう意味では、ハニなんかは向いているかもしれない。
作品の質が問題だから、本当のところは分からないがな(w

851 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 11:40:26
このスレが、文才に恵まれない人たちの慰め合いの場だということだけはよくわかりました(゚∀゚)

852 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 12:02:21
相当の才能があって、デビュー寸前の人が、才能のない連中を高みの見物するためにくる場合もあるよ。
編集関係もリサーチのためにのぞきにきている。
とはいえ、主役は才能のない勘違い野郎たちだ。
傷のなめ合い、慰め合いなんてこともないよ。けなし合い、罵倒し合いという表現が正しい。
要するに、書けない鬱憤、才乏しき自分に対する自損衝動が吐き出されているのだよ。



853 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 12:24:19
主役ならそれでいいや。

854 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 12:28:56
なんてプラス思考なんだ。
素晴らしい!

855 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 12:30:02
人は人生において4回主役になることができる。
一回は誕生のとき。
二度目は結婚式。
三回目は葬式。
そして、最後の四回目が2ちゃんねるだ。

856 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 12:33:09
文才がある人もいるだろうが、完全に諦めるまではここで不安や夢を共有したり
鬱憤晴らしをしに来るんじゃない。
こ覗いていても、作家になる人はなるだろうし。
なれる確率が低いから、多くが憂さ晴らしのようなものが多いのも当然。

857 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 12:33:13
葬式のあとか、2ちゃんは

858 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 13:01:40
いい話だ。しみじみした。

859 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 13:03:25
おまいら違うよ。
誕生のときも主役はかあちゃんで、俺は「またか」って顔されたんだ。
なにせ俺の上に7人もきょうだいがいたからな。
結婚式などありえないよ。相手がいないんだから。
だから俺の場合、主役になれるのはここだけだ。
死んだときは主役になれているかどうかもわからないんだし。チェ。

860 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 13:25:00
>>859
残念ながら、ここでも主役にはなれていないと思うのだが。
あ、自分でそう思っているんなら、それでもいいんじゃないw
なんとか力強く生きるんだよ。無理だとは思うけど……。

861 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 14:23:54
モブは一発屋だったのか?
どうでしょう。

862 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 14:25:19
100枚程度ってのは、パソコン・ワープロが無かった時代なら適当な長さなのだろうが
今はちょいと短いかなとも思う。短編にも中篇にもならない中途半端な枚数だ。
手書き原稿の100枚はワープロでは数100枚に相当する労力が必要なので、
昔なら書く時間のとれないアマには適当だったのだろうけど。
小説現代も長くしたしね。

863 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 14:30:43
まあそれも賞の個性ってことで。
長いのが良ければ他におだし下され。

864 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 14:34:09
あと、連絡は月曜日ですので。
ご心配なく。

865 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 14:44:56
いい手を教えてやろう。
まずは250枚の作品を書くんだ。
100枚前後のところで、ひととおりの区切りをつけておき、そこまでで一つの作品となるようにしておく。
それを文學界に応募する。
250枚全部の原稿は群像とか新潮に応募する。
純文学の場合、こういう書き方でもそんなにおかしくはならないよ。試してみな。
エンタテインメントの場合はダメだ。ストーリー性が重視されるから。

866 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 15:39:20
くだらない手を考えてないで、
まじめに小説書いてくださいね♪

867 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 15:53:13
『ノルウェイの森』は900枚もあるから、ここと思う部分を100枚分抜いて、
適当にシャッフルしたりシチュエーションやキャラを変えたりして、自分の作品にするんだ。
これは盗作ではなく、インスパイアされただけ。
春樹がフィッツジェラルドやジェイ・マキナニーなんかからインスパイアされたのとそう変わりはないよ。
試してみな。けっこういい手だと思うよw 文章は変えろよなw

868 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 16:00:30
そういうのは、トレーニングにはなるかもしらんが、
自分の作品にはできないよね。
写経よりはいいトレーニングになると思う。

869 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 16:23:06
ちょ、ちょっと待てよ。
インスパイアされただけの作品なら、自分のオリジナルだよ。
けっして著作権法には抵触しない。
平野啓一郎の『日蝕』や、『風の歌を聴け』をよく読んでみるがいい。
下敷きになった作品と比較しながらね。
古くは芥川龍之介が同じようなことをやっているじゃないか。

870 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 16:28:35
インスパイアされただけならOKだね。
でもさ、日蝕を例として取り上げるのはジョークか。

871 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 18:22:04
あと2日で結果は出る。
しかし、すべてが受け身であるのがなんとも虚しい。
世は双方向時代とかいうけれど、こと文芸の世界は完全に一方通行だな。
募集する側はただただ一方的に作品をかき集め、好き勝手に受賞作を選んで、
新たな作家の誕生などと広告して結局は売上を作り出すだけ。
せめて二次予選を通過した者に対しては、
その後も接触をして、少しは育成ということも考えるべきではないのか。
応募作一発で決めているいまの選考方法によって、長続きする本筋の実力作家が埋もれている可能性があるのではないのか。
選考委員にいたっては、掛け持ちだらけだし、
これではある傾向の作品に傾いてしまうのもやむをえないだろうよ。
せめて選考委員の掛け持ちはやめてくれ。
応募する者に対しては、二重投稿を禁止しているくせに、自分達は二重三重の掛け持ち選考をしているんだから、
いい加減なもんだぜ。

872 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 18:39:45

正論だと思うけど、それこそ虚しいんじゃね?
とにかくどんな手を使ってもデビューしてしまえよ。
作家になってからの発言でないと、誰も耳を傾けてくれないさ。
でもな、最近では2ちゃんねるの書き込みが社会に大きな影響を与えることもあるから、
ここで叫び続けてもいいのかもしれない。

873 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 18:49:38
でも作家になったら今とは逆の心理になると思うよ。
文學界年二回は多すぎ、てかもうデブーしてくんなって

874 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 19:52:20
この新人賞とっても職業作家としてやっていけるわけではない。
売れる純文学を書くつもりでなければ、どうしようもない。
純文学というジャンルはしっかりと確立しているが、売れる小説がないので、
新人にとってポテンシャルは大きい。
だが、賞を目指しても売れる純文学が書けるようにはならない。

875 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 22:01:51
売れる=大衆に好まれる=常識的に面白い
純文学=大衆にはよく理解できない=常識的には面白くない

上記のようなおおざっぱな等式が成り立つから、「売れる純文学」というのは形容矛盾。
ただひとり、村上春樹のみが継続的にこの等式を打ち破ったにすぎない。
もちろん受賞作が瞬間的に100万部も売れたこともあったが、ごくまれな出来事だった。
ということで、常識的には、純文学作家を目指した以上、通俗なベストセラーとは縁遠いと思ったほうがいい。
純文学作家の評価は別の次元にあるわけだ。その評価は日本文学史に残る場合も多い。
現実的には、純文学を生活の憂いなく貫くためには、大学に残って教授などへの道を目指すか、
エンタテインメントの分野にも手をひろげて通俗小説なども書くほかはない。
純文学だけの原稿料と本の印税だけで食っていくのは、容易ではないと知るべきだろう。
しかし、表現者としての喜びはたぶんなにものにも変えがたく、生きる上でのもっとも重要なコアとなるだろう。

876 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 22:20:39
874の理論は破綻している。
気づけないのなら致命傷だ。

877 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 22:43:12
やむにやまれぬ表現衝動がある人でない限り、純文学はとても薦められる表現ジャンルではないよな。
すぐにでもベストセラー作家になれると錯覚している勘違いが多いから、
新人賞の応募数が激増したのだろうが、
そこになんらかの歯止めをかけない編集サイドにも疑念を抱かざるを得ない。
応募数が増えれば売り部数も増えると、単純に考えているのだろうな。
しかしそれは、「悪貨は良貨を駆逐する」の類いの俗悪なインフレ策にすぎないだろう。

878 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/18(土) 22:49:45
>877
それはこのスレにも言えることだよ、悪貨くん。


879 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 22:53:22
話はずれるけど、直木賞作家になりたい、というタレントが多いね。
ここ最近でも、佐藤江梨子とそのまんま東がそんなことをいっていたようだ。

880 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 22:59:17
広島の低脳加齢臭禿げオサーンがまたぞろ這い出てきたぜww
悪貨くんだと、悪貨くんだとw
悪貨のほんとうの意味も知らねえくせに。おえりゃあせんのうw
しまなみ海道近辺には、まだ貨幣経済が浸透してねえのかな。笑っちまったぜマジ。

881 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 23:07:39
純文学では売れることを考えなくていいというのはデフォ?
なら、売れる純文学を書ける人にはチャンスは大きいね。
たとえば、「バカの壁」とか「国家の品格」を読むような人向けの
純文学ってのは大いにあり得るのに、それを無視するのはもったいないね。


882 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 23:07:45
通俗作家になる近道はいまやお笑いタレントになることだよ。
サトエリは女優というよりお笑い系だからな。
ヘンテコなこと考えているから作家にはいいんじゃない。
そのまんま東はなにやるにしても営業に見える。こいつはニセモノだ。

883 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 23:14:26
武勇伝、武勇伝、武勇伝伝伝伝伝、を書けばいいんでつね。

884 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/18(土) 23:23:12
>880
悪貨の意味するところは、このスレをお前の常套句「オサーン」で検索すればわかるよ。

885 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 23:24:13
そういうつまらんギャグかます奴らは瞬間で消えていくよ。
波田陽区は何処行った? 「なんでだろう」のジャージ着たコンビは何処へ消えた?
エンタツ・あちゃこは今何処に。
お笑い芸人の命は短い。9割がゴミだよ。

886 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/18(土) 23:24:45
「つまり」の使い方がおかしいのも見かけるが、これも悪貨くんの仕業なんだろうな。
やれやれ。


887 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 23:34:32
しかしそのまんま東は早稲田の政経なんですよね。これはちょっとすごいんでは。

888 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 23:37:03
圭子をかばうことなく888をゲット!

889 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 23:43:28
圭子は俺の女房なんだが何か?
そ、そうか、888をかすめ取られたのか! ちょっと圭子の尻をいろうとった隙に。
この抜け目のない奴めw

890 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 23:44:39
武勇伝、武勇伝w

891 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 23:51:45
圭子をブスって言ったヤツはぶっ飛ばす。
人間、やたらに真実を話すものではないのだよ。

892 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 00:22:54
俺、さっきまで「愛と死を見つめて」を見てたんだけど、
広末涼子演じる大島みち子が、左の顔を削っちゃうんだよな。
軟骨肉腫で、最初は鼻の奥の骨が痛いんだ。
で、俺も最近どうも左のケツが痛いことに気づいたんだ。ケツの奥の骨が痛いんだよ。
そこでいろいろ考えて、体を動かしてみたら、骨盤が歪んでいるらしいことに気づいた。
生きるって、なかなか大変だよなw

893 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 01:04:27
乳首こりこりコリアンジャパニーズ

894 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 01:04:59
やっぱり美味しい太巻き寿司。
美味しいことばかり。

895 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 01:05:32
バルーン
サルーン
なんじゃこりゃ

896 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 01:06:16
どうすりゃいいのよ。


897 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 01:06:52
月曜日かな。

898 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 01:11:23
銭金観てるけど、こりゃ最強だな。

899 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 01:12:25
でもアレルギーがない体質なら汚い部屋でもいいよな。

900 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 01:12:57
ガッツでがんがれ!

901 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 01:19:17
シュガー

902 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 01:20:07
ばんぶー

903 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 07:42:39
低脳ニートの自演連投乙。
馬鹿は早く寝ろよ。夜更かししていると脳がいっそう悪くなるからなw


904 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 07:54:19
睡眠は充分とった方がいいだろうな。

905 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 07:57:33
文學界編集部の5人はしこしこ二次通過原稿を読んでいるのでしょうね。

906 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 08:57:51
日曜におでんわありますか?

907 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 09:13:18
日曜日に電話はないから、安心して、日・韓戦を応援汁!

908 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 09:47:47
ワールドクラシコのおかげで野球人気も復活するんじゃないかと思わせるぐらいの展開。
そこまで甘くはないだろうけど
正午からある準決勝は多くの国民の関心を寄せるでしょう。

909 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 10:03:10
だが編集部員はそんなもん見てる場合じゃないぞ。

910 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 10:03:52
もう決まってるって。

911 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 10:04:27
実際のところどうなんだろうね。
毎年誤差があって当然だから、もう済んでいるという意見がある反面、
だったら
例年通り20日になる可能性もあり、もしくは例年より数日遅れる可能性もあり
その二つを足した可能性のほうが
早まる可能性よりも大きいのであって、
大半の見方としては
まだ最終は決定していないと考えるのが妥当であろう。

912 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 10:08:48
>>910
あんたがそういう根拠はないだろうに。
脳内妄想だけで語ってはいかんよ。

913 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 10:10:38
>>910
まだ決まってないよ。

914 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 10:44:36
だが明日決まる。

915 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 10:45:24
べらんめえ、ばろちくしょう。

916 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 10:49:47
明日だ。

917 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 10:51:01
明日だよ。

918 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 10:54:08
明日なのか。

919 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 10:55:29
ああ、明日は3/20
地下鉄サリンの日

テレビや新聞等のメディアでは
地下鉄サリンを忘れるなと
当時の状況や現在の被害者たち、そして現在のオウムをクローズアップする。

だが作家志望にとっては、この地下鉄サリンの日こそが、
作家になれるかどうかの運命の瀬戸際なのだ。

920 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 11:13:08
地下鉄サリン3/20最終電話 文學界新人賞38章
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1142734356/l50


921 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 11:20:04
緊張してきた。

922 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 11:28:05
クソハニロウ地下鉄サリンをネタにすんな
ハニロウって、周りに気に入られたくて過激なこと言って
余計ウザがられるタイプだろ

923 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 11:43:42
なんでもかんでもハニロウのせいw

924 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 11:44:13
地下鉄サリンでの被害者を思えば、到底このようなスレタイは考えられないはずである。

925 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 11:44:57
教養と社会性のある人間がするようなことじゃない。

926 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 11:45:28
こういう新スレを立てる人間は最低だ。

927 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 11:46:38
まったくバカらしいが、ワールドベースボールクラシックがそろそろ始まるので見なくては。

928 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 11:52:43
すんげえ雨降ってるじゃん。

929 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 11:54:03
これじゃあ客も入らないわな。屋根がないし。
福留はずれたね。
無視の心臓の松中がこんかい初めて大舞台で活躍している。
三冠王がプレーオフで無安打。
これが今シーズンから改善されるかもしれん。

930 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 11:54:54
君が代

931 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 11:55:40
これ途中で終わって再試合とかなっても面倒だな。

932 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 11:58:00
さんでぃえごぺとろぱーく

933 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 11:59:37
バレーボールぼいん

934 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:01:01
そろそろプレーボール

935 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:06:42
ドミニカ

936 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:07:20
ばるーん

937 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:07:50
僕もサルーン君もサルーン

938 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:08:21
地下鉄サリン3/20最終電話 文學界新人賞38章
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1142734356/l50


939 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:09:02
ごんざれふ

940 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:13:39
もんじゃれふ

941 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:15:46
キタ━━━━━━┓    ┌─┐ にっぽん!.        ┌─┐       ┏━(゚∀゚)━━ !!!!!
   ┏━(゚∀゚)━┛    │●│.        にっぽん! │●│       ┗━(゚∀゚)━┓
   ┗━(゚∀゚)━┓    └─┤.  __      __  ├─┘       ┏━(゚∀゚)━┛
   ┏━(゚∀゚)━┛      _   ∩ |. ● |     |. ● |  ∩   _        ┗━(゚∀゚)━┓
   ┗━(゚∀゚)━┓    ( ゚∀゚)彡.  ̄ ̄|      | ̄ ̄  ヽ(゚∀゚ )..        ┏━(゚∀゚)━┛
   ┏━(゚∀゚)━┛ ┌─┬⊂彡      ヽ(・∀・)ノ      ミ⊃┬─┐   .┗━(゚∀゚)━┓
   ┗━(゚∀゚)━┓ |●|.          V            . |●|.    ┏━(゚∀゚)━┛
   ┏━(゚∀゚)━┛ └─┘.          〇            . └─┘   .┗━(゚∀゚)━┓
   ┗━(゚∀゚)━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━(゚∀゚)━┛


942 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:16:18
王監督がなんか揉めてるな。
ロージンバックだそうだ。

943 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:16:49
ボブ・デービットソン

944 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:17:22
またあの審判が出てきたよ、この野郎。

945 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:25:34
ヤクルトの青木から。一番バッター。
さてさて左打ち。
ピッチャーごろ。

次はロッテの西岡。左打ち。
さよなら愛しのバレンタイン、マイファニーバレンタイン。
三階建てのスタンドだな。
三振。

JW SEOが韓国のピッチャーだ。
そしてイチローの登場。
もうホームランでいいぞ。
打っちゃえよ。
カンカン棒が客席に多いね。
だがまずは普通にヒット。おめ!

そしてイチロー盗塁成功。

ダイエーの松中が四番バッター。
王監督が絶対の信頼をおく松中。
だが打たされてアウト。

はいチェンジ。

946 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:26:14
一階表0点。
そういやなんで日本が先攻なのか。
まあ仕方なしか。2位通過なら。

947 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:27:40
一回表日本は0点。

948 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:28:11
シャチ

949 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:29:05
巨人の上原の登場です。
大阪の田舎ものリーグで活躍していた投手を巨人がまさかのゲット。
そのまま新人王最多勝に。
そんな上原もいよいよ世界へ。

950 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:36:57
上原が二塁打打たれたよ。
ツーアウトからどうなるか。

実質的に上原対韓国。
上原ウィズ全日本。
そのくらい上原なのだ。

951 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:37:44
なんてこった。キャッチャーがとりそこね。
なんと股間をくぐってボールが後方へ。
走者は三塁へ。
ああああ。

952 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:38:15
なんとかスリーアウト。
でもこうやっていつも押さえられるわけではない。
押し込まれていればそのうち点を入れられる。

953 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:40:59
さてワンアウト。
がっくし。

954 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:42:11
野球選手はみんなお金持ちやでなあ。
チームでスタメンになれば、数年で年棒1億。
活躍すれば、2億、3億と。
メジャーに挑戦すれば、年棒は10億越え。

955 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:45:49
今江もだみやったな。
ロッテの快進撃こそ必要なのに。
ロッテ自体韓国企業だものなあ。
今江に韓国に勝てというのは共食いか。

そして小笠原。
ベテランの主砲。
日本ハムも北海道で成功。
がっつだぜ。

あららフライか。残念だ。チェンジ。

二回も一点もとれず。

956 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:46:20
般若といえば小雪

957 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:49:07
日本の選手は天然芝で守備に苦しんでるんだってば。
ドーム球場の人工芝じゃねえ。

958 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:50:32
特に内野守備でもう全部破滅。
なんとか0−0のまま二回終了。

959 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:52:00
ジャンボリーな試合展開。

960 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:53:00
ジャンプガン

961 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:53:32
もうロッテのやつばっか。

962 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:54:03
バッティングキャッチャーであるがゆえ、DH。

963 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 12:54:34
さて可愛い奴が現れた。
ソフトバンクの川崎。

964 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:00:21
川崎が二塁打。
よし、いこう。
九番だと負担が少ないのかもね。

そして一番バッターに戻ったぞ。
がんがってくれ〜。

と思ったらフォアボール。
ランナー1,2塁いいぞ。

ロッテの西岡、どうなるよ。

ダブルプレーだそうだ。はい、さようなら。
なはなはなは、積み上げてきたものがチャラ。それも野球。

はい、チェンジ。

965 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:00:52
0−0のまま三回裏へ。

966 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:01:28
ちょっぴり贅沢な春。
温泉で生理中の方はご遠慮くださいとかあるけど
あれってどうなんだおるね。

967 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:02:02
理想の尻と理想のマットレス。

968 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:02:36
良い辺りでもね。
あほあほ。

969 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:09:48
一塁の青木があほだったな。
まあ0−0のまま三回終了。

さて4回の攻撃はイチローから。

まずストライク。

次はボール。

またボール。

テーハミングの合唱。
日本はジャパンでなくてニホンでいいし、
韓国やらコレアよりもテーハミングでいいんじゃないか。
スペインよりエスパーニャ。
ジャーマニーよりドイツ。

970 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:13:35
イチロー一塁出た。
で、またしても盗塁成功。
だが四番の松中倒れる。やはり松中は松中なのか。

971 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:14:41
テーは民具。
ららら。
横浜の田村。レフトフライかよ。あ〜あ、男を上げられたものを。
ああ、これがメジャーの球場。
多村どんまい。

972 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:15:22
もうちょっとだったな。
今江がフライでスリーアウト。
ああ、もう全然だみ。
下手にホームランバッターそろえたけど、球場でかすぎて機能せず。

973 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:15:56
イチローのあとのバッターがバントで塁を進められない人。
ああ、全部名亜。
厳しいなあ。
ニホンが先攻だからね、。これは厳しいよ。

974 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:16:37
ゆめとちえとあせとまねー。
お金にもながいきしてもらわんと。
ピザハット。
うまうまジャーマンキング。
ぴざはっと。

975 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:24:21
多村がファインプレーでアウト。
0−0のまま五回。

976 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:24:52
地下鉄サリン3/20最終電話 文學界新人賞38章
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1142734356/l50


977 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:25:51
ばん

978 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:26:22
いまいちな感じで五回の表も終了。

979 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:27:00
おむかれー
おむかれー
いかりんぐかれー
神は自由
ラックススーパー立地

980 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:32:40
ピッチャー返しは打撃の基本。
5回で0−0終わり。
どうなるやら。

981 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:33:14
土肥義春先生。
スーパードライ。
うまうま。
でもね。
キャノンのレンズ。

982 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:33:55
人を許せる力さえ。
それには自分が利益や権利を得ることを。

983 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:34:05
心臓に悪い試合をやってくれるなあ、、、

984 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:34:56
マツモトキヨシ

985 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:35:27
韓国がピッチャー交代。
これを漬け込まずしていつ勝つのだ。

986 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:36:47
新スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1142734356/


987 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:38:05
青木もフライ。
西岡はどうだ。
だめだった。
イチローでいつもツーアウトだったりしちゃあ、意味ねえべ。

988 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:38:39
で、イチローのあとが松中だろ。
もう虫の心臓だよ。
蚤の心臓ファンクラブの松中。

989 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:42:17
とても困難な試合展開。

ただいいなあ。

ばんぐぶーぶー

990 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:43:58
王ジャパンはどうなるや。



991 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:44:58
本音をいえば松中が全部悪い。


992 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:45:28
6回が終わって0−0かよ。
先攻のニホンがフリでっせ。
このままじゃ、九階裏やられるよ。

993 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:45:59
文學界新人賞38章
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1142734356/




994 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:48:36
ともさかりえもスカトロ番長と結婚。
それだけで
もうばんばんやってんだろうなあって。
スカトロ番長も
ともさかみたいなガリガリ女がよかったか。


本気で7回。運命の7回。PETCO PARK

松中に何も期待できない。
こいつは何をやっても駄目だ。
おろすなら松中。

と思ってたら普通に二塁打。
拳骨の音が聞こえるのがいいやね。

995 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:49:28
6回を終わって0対0。これ、キューバ・ドミニカ戦と同じ?
7回裏にドミニカが1点取って、8回表にキューバが3点取って
逆転勝ち。同じ展開になってほしいものじゃ。

なんて書いていたら、松中2塁打。やっぱり先制点がほしい(w

996 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:50:07
もうこのまま、松中のバカをホームに返してやってくれよ。
わんちゃんも大喜び。



997 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:50:57
ぶんぶん松中。
アパッチ松中。

そして多村。


998 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:51:27
地下鉄サリン3/20最終電話 文學界新人賞38章
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1142734356/

オプス・デイもYMCA

999 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:52:01
バントバントバント

1000 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 13:52:16
1000!!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

225 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)