5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あなたの文章真面目に酷評します 別館 Part2

1 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 22:11:13
ここは、「あなたの文章真面目に酷評します」スレの別館です。
投稿者、批評者の雑談や、投稿、批評についての議論等はこちらでどうぞ。
個人への叩きは程々に。

本スレが荒れそうな場合は、ここに誘導お願いします。

本スレ(2006/3/19現在)
あなたの文章真面目に酷評します Part33
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1141432333/

関連スレ
あなたの文章真面目にリライトします。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1100408711/
(※リライトスレの方も必要に応じてご利用下さい。)

2 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/18(土) 23:19:34
>>1乙ー

3 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 00:01:09
おい! まえスレが たんねーぞっ!

あなたの文章真面目に酷評します 別館
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1103876665/


4 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 18:10:26
前スレ、993辺りからよくやった

5 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 16:10:24
保守

6 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 04:33:08
保守

7 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 22:48:39
投稿用テンプレ作ったがいいんじゃないかな?
例えばこんなん。

◆URL【ttp:xxxxxxx.com】(外部の場合)
◆詳細 【短編SF、文学賞応募予定】
◆位置づけ 【冒頭】
◆狙い 【読者の興味をひく】(任意)
◆テンプレ読んだ?【○】
◆推敲した?【○】
◆備考【超辛口でおねがいします。】

 推敲確認はぜひとも欲しい。「推敲してませんでした」と開きなおられるのは嫌だし。
「◆」で抽出とかができるから、評価もれも少なくなるかと。

8 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 23:22:55
>>7
どうせテンプレも推敲も×つけてるような奴にはだれも酷評しないんだろうから、そういう所に
気をつけて投稿するように促す文をテンプレに入れておけばいいんじゃないか?
その中に例えば「文章の終わりには了と付ける」みたいな目じるしを入れておいて、テンプレ
読んでない奴は徹底スルーってことにすれば事足りると思う。
まー結局読んでない良文にもレスは付いて、読んでる悪文にもレス付かなかったりするんだろうけど。

9 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 17:13:44
はじめまして。突然ですが、スレ住人の皆さんに質問があります。
酷評スレでコテを名乗ることについてどのように思われますか?
数年前、初心者だった私は酷評スレから多くのことを学ばせていただきました。
その時はまだ初心者だったので、投稿するほどの力量も自信も持ってはいませんでした。
しかし今では、ある程度の文章力は身に付いていると自負しています。
そこで、その文章力にさらなる磨きをかけるため、
酷評スレのお世話になろうと思い立った次第です。
そして、どうせやるならコテを名乗ろうと思っています。
初心者時代の私に道を示してくれた酷評スレは、
私にとっては「ふるさと」のようなものです。
「ふるさと」に対する愛着の念、そして文章力向上の決意を示すためにも、
コテを名乗りたいと思っています。
自分にとってコテを名乗るということは、真剣さの証明でもあります。
ただ、酷評スレの方針として、投稿はあくまでも一過性のもので、
常駐されると困るというのであれば、コテを名乗るのはやめようと思います。
どうか皆さんの意見をお聞かせください。

10 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 18:03:01
>>9
現行の酷評スレを「白菜」でレス抽出してみて、僕はこうはならないぞと思えるならいいんじゃね。
無闇に雑談したり、その雑談でコテハンとしてのキャラクター性を大げさに主張したりしなければ、
名乗っちゃ駄目というルールは無いよ。
ただ、そのコテハンのままで他人の投稿への酷評までもするつもりならば、空気を読んで慎重に
やってくれと言っておく。

11 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 19:35:42
あれだけ進まなかった前スレが、いつの間にか終わっている……
何となく流れは解るが。とりあえずなんかいい感じだな。 >>1 乙!

>>9 いんじゃねえの? 迷惑なのは、コテかどうかじゃないと思われ。

12 :イテツー ◆1onGbCQZco :2006/03/25(土) 00:44:42
どうも、9です。
レスどうもありがとうございました。
コテを名乗ることに決めました。どうぞよろしくお願いします。

>>10
どうもありがとうございます。
スレに迷惑をかけないように、謙虚な気持ちでいこうと思います。
いまのところは他人の作品を酷評するつもりはありませんが、
もし気が変わるようなことがあった場合には、空気を読んで慎重にやるようにします。

>>11
どうもありがとうございます。
スレに迷惑をかけないように、最大限の注意を払っていこうと思います。

遅れてすみません、>>1乙です。

13 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 14:27:15
>>9
作品を酷評してもらいたいってんなら、コテ名乗って投稿サイトに
投稿してリンク張れば? 
はっきり言えば、未完作品の切れ端出してても進歩ないし、酷評
サイトでコテとかじゃなく、コテ名で完成作を出して評価しても
らったほうがいいぞ。
評価するほうでコテ名乗るのは、あんまり進めないけどな。
無駄に荒れるから。

14 :やなぎ ◆tsGpSwX8mo :2006/03/25(土) 14:59:02
それなら俺もコテで来ます。

15 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 16:57:58
>>13
昔はコテ批評者結構いたけどそんなに荒れてなかったぞ。
昔が良かったとか懐古してる訳じゃなくて、結局能力次第じゃねってこと。

16 :イテツー ◆1onGbCQZco :2006/03/25(土) 18:04:45
>>13
確かに仰る通りですね。
私もゆくゆくはその方針でいきたいと考えていました。
まずはとりあえず様子見で短めの文章をスレに投稿して、
調子が出てきたら投稿サイトやまとめサイトに完成作を投稿し、
スレにリンクを張って酷評を依頼しようと思っています。
批評は、いまのところするつもりはありません。
荒れる云々の前に、そこまでの実力・自信がありませんので。

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 19:09:22
>>15
能力があればあれで、そのコテ狙いでの投稿が増えるしな。
それで、権威化が進んだりするんで、酷評スレの文化にゃコテ評価は
なじまないよ。

18 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 03:34:36
ところでお前たち、文章量が20行を超えるようなマジ酷評をするときって、
レス書き上げるのに何分くらいかかってますか?
おれいつも1時間くらいかかっちゃうもんで結構しんどいですよ。

19 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 14:06:44
俺も1,2時間くらいだなぁ
2,30分ぐらい自分の酷評が正しいのか再読して見直しするからけっこう
3つに分けられてるのとか、3時間くらいかかるな

20 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 18:33:07
春だな。

21 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 19:06:11
白菜が大人になったかと思ったら、また痛いのが1人出てきた。
相手にしたのが失敗だったか。

22 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 19:25:28
> 白菜が大人になった
構ってるやつがいる今だけの話だろうけどな。
レスもらえなくなったらどうせまた騒ぎ出すよ。

23 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 20:00:40
>>18
計っていないけど、作品を読む時間を入れると何時間も掛かるよ。
作品もレスも、何回も読み返すしなあ。
書き込んでから時計見て焦る。頻繁にはできないな。
それだけやっても、後で自分のレスを読んで冷や汗をかく場合がある。
とりあえず、時間掛かるの自分だけじゃなくてちょっと安心した。

24 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 21:56:44
>>22
そもそも、空気を読めるほど大人になったんならさっさとコテはずしてると思う。
自己顕示欲の塊であることに変わりはないよ。俺はもう白菜のトリップNGワードにしてる。

>>18
四十分くらいで書いて、それからもう一度見直して問題ないっぽかったら書き込み、かなぁ。
いい書き方が見つからなかったら一時間はかかるが。

25 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 00:55:46
まぁ長い時間掛けてちゃんと自分なりに評価しても後で
>>お前は読解力が無い
とか横槍レス入れられるわけですがw
そうするとしばらく真面目に評価する気無くなるんだよなぁ

26 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 22:36:33
酷評スレに自分の文章upする人って、
・自信満々
・マゾヒスト
・チャレンジャー
・ただのばか
あと何だろ?


27 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 23:09:24
純朴
世間(2ちゃん)しらず

28 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 23:23:37
・暇つぶし
・ただの自己主張
・釣り

29 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/28(火) 11:00:11
別に酷評スレっていうが、たいして酷評されているじゃないし。

30 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/28(火) 15:26:36
スレタイなんて酷評されても怒らないようにって程度の予防線ですから。

31 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/29(水) 12:29:50
>>24
米あげるから、ゆるしてちょんまげ。

32 :新白菜人間 ◆Om8rzuKp0M :2006/03/30(木) 08:15:27
なあ、みんなで[新白菜人間を誉めるOFF]ってのやらないか!
お前等が金出し合ってさ、俺のことを「天才だ!」とか「いや、それどころじゃない。白菜は神だ!」とか言いあうんだよ。
それを俺が酒飲んで眺めて、良い気持ちになってさ。
で、俺が飽きたら解散。
どうだ、面白そうだろ! やろうぜ!

33 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 16:56:50
>>32
褒めてほしかったら、いい作品書いてUPしろよ。
そういう板なんだからよ。
原稿用紙100枚、といいたいが30枚に負けてやるから、
書き上げて、3日寝かして後に推敲した作品をアリにでも
出して、酷評サイトに酷評をお願いしろ。
もし、書き上げたら、それだけでもちゃんと褒めてやるよ。

34 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 17:15:25
>>33
構うなよ。なんでもいいから反応が欲しいだけなんだって気付け。

35 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 19:19:31
白菜ってただのニート?

36 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 21:09:14
最近投稿増えたなぁ。。。
春休みで大体応募終わって暇になった感じなのかな。誰か酷評したってくれ。
俺は1時間以上かけて書いた酷評を「読解力が足りんアホがいる」的なことを言われてやる気なくしたたちです(・ω・`)

37 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 21:16:59
本スレがまたぐだぐだに

38 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 21:19:26
>>35
視野の狭さはニート臭いけど、それにしては思考が薄く浅い。
フリーターとか工場勤務とか、そんなとこだろ。

39 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 21:27:58
社会的な判断において価値が無いという点で、働いていようがニートだろうが同じ。どーでもいい。

しかし、ヤツが定住しだした頃からどんどんスレの質が低くなっていったようには漠然と感じる。

40 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 21:46:21
空気を読まずに投下してもよかとですか?

41 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 21:47:26
よかよか

42 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 21:48:58
>>41
サンクス
次から行くぜえええ!!!

43 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 21:51:55
 夏らしく暑い日のこと、僕たち四人は、いつものように教会の庭に集まっていた。
最年長のカルロが足元の石を取って、森の方に投げ込んでから、にやにや笑って話し始めた。
「知ってるか? ……この森にはな、夜になるとゾシムスが出るんだってさ」
 みんな、きょとんとした顔になった。僕も意味が分からなかった。
「ゾシムスって、それ、どんな人?」
「馬鹿、人じゃないよ。たぶん、人食いの化け物だ。何でも夜になるとさ、この辺を動き回ってるんだってよ」
 これを聞いて、一番年下のアリサが、両手で耳を塞いだ。
「嘘だよ、そんなの」僕はシスターから聞いたことを覚えていた。「夜の森にいるのは、ドイツ軍だって聞いたもの」
「そんなの関係ないよ。だって、神父様が言ってたんだぜ」
「神父様が?」
「うん。昨日の夜トイレに行ったら、シスターの部屋から神父様の声が聞こえたんでさ、隠れて聞いてたんだ」
「何て言ってたんだよ?」
「ああ、『夜になったら、森の方にゾシムスが……』とか、『人を……』とかなんとか」
「それじゃあ、ゾシムスが人食いだなんて分からないじゃないか」
 この僕の意見で、一番年下のアリサが立ちあがり、大きな声をあげた。
「そうよ、そんなものいるはず無いわ! カルロは嘘ばっかり言って、脅かそうとしてるのよ!」
 アリサはカルロを嫌っていた。よくカルロが、「アリサは生意気だ」とか言って、突っかかっていたから。
 これに、カルロは馬鹿にするように言い返した。
「疑うんなら、調べに行けばいいだろう?」
 アリサは泣きそうな顔で、カルロを睨みつけた。ゾシムスなんていない、と言っても、やっぱり怖いに違いない。
さっきよりも声を落として言った。
「でも、シスター達は許してくれないわ。夜に出歩くなんて」
「それなら、ばれないように行けばいいさ。ちょっと森を歩くくらいなら、そんなに時間はかからないんだから」
 カルロは意地悪く付け加える。「ゾシムスがいないって言うなら、怖くなんて無いだろう?」
 これで、アリサは目を赤くして俯いてしまった。カルロは勝ち誇って、「どうするんだよ?」と追い討ちをかけた。


44 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 21:53:55
>>42
あ、ちがうちがう本スレにどうぞ

45 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 21:54:27
 アリサが泣いて、威張り散らすカルロ。いつも通りの構図だった。たぶんカルロは、アリサを脅かそうとして、
ゾシムスなんて話を言い出したんだろう。根が曲がっている奴なんだ。
 泣いているアリサを見ていたら、可哀想になってきた。だから、僕は言った。
「僕が調べに行くよ! ゾシムスなんていないんだから!」
 カルロがむっとした顔で睨み付けてきた。楽しみを奪われて、怒ったようだ。
「なら、ビビって戻ってきたら、臆病者らしく家来になってもらうからな」
「やってやるよ」
 余裕を取り戻したカルロが、続けて何かを言おうとしたところに、イヴァンが横から口を挟んだ。
「もちろん、カルロも行くんだよね?」
 カルロは呆けた顔をして、イヴァンの方を振り向いた。イヴァンは立ち上がって、服の土を払いながら、こう続けた。
「ゾシムスの事を言い出したのはカルロじゃないか。それに、ジャンが嘘を言うかもしれないから、見張る役が必要だろ?」
 カルロは意表を突かれたようで、黙ってしまった。
 イヴァンは頭が良い奴だ。あまり喋らない奴なんだけど、話すときには正論を口にして、相手を黙らせてしまう。
僕はそうでもなかったけれど、カルロは苦手なタイプだった。
「じゃあ、お前が行けばいいだろ?」
カルロが、苦し紛れで言い返した。それに対して、イヴァンはからかうような口調で答える。
「カルロがどうしても怖いって言うなら、行ってあげてもいいよ」
上手い答え方だ、と思う。カルロは忌々しそうに舌打ちをして、僕を振り返った。
「じゃあ、先にビビって戻った方が、家来になるってことだ。それでいいな?」
 これは勝負だ。僕とカルロの勝負。ビビったりなんて、するもんか。僕は強く頷いた。


46 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 21:55:55
>>44
ごめええええええええんんん!!!
まじで空気読んでねえよ、おれ。
本スレに最初から書きます。すいません。

47 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 21:56:17
>>40-
バロスwwwwwwwwwwwwwwww

本スレ↓
あなたの文章真面目に酷評します Part33
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1141432333/l50

48 :序章だけですが、の人:2006/03/30(木) 22:19:44
本スレで投稿させてもらった者です。
文の出来は……酷いですが本スレにあるとおりです。
私はファンタジー小説を読んだ事がなく、文の表現、展開もイマイチです。
こんな私にあうファンタジー小説は何でしょうか?
好きな作家は村上春樹、石田衣良です。
暗くて笑える要素がなくて伏線貼りまくったドロドロなのが好きです。
スレ違いなら申しわけありません……

49 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 22:30:36
ファンタジー小説といって一番最初に思いつくのはエルリック・サーガだなぁ
水野良も読みやすいと思う(TRPGベースだからルールしっかりしてるし)

50 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/30(木) 22:35:06
>>48
俺は電撃スレで駄文を晒して酷評された者だが、お前さんの文章はいいよ。
その戦場の光景が目に浮んでくるようだった。
今の調子で投稿しても一次は通ると思う(少し甘いのは勘弁な)
棄てプリの榊一郎も子供の頃はリアルロボットものにはまったとあとがきで書いていたから、好きなもんでいいんでね?
自分の好きなネタを小説にさり気なく入れるのがコツだと思うよ。

51 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/31(金) 00:48:13
>>48
ttp://www.interq.or.jp/writer/novelia/main.htm

ネット小説だけど↑のサイトとかどうかな。
未完だけどファンタジー世界なのにライトな要素一切無し。読んでみる価値はあると思う。
関係ないけど君の文章を読んでる間、FF12が頭から離れなかったw

52 :投稿させてもらいます:2006/03/31(金) 01:58:04
>>50
私のも見事に叩かれましたよ。
まだまだですね

>>51
マジッスか!?
申し訳ないけどやった事はないです。


53 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/31(金) 04:18:46
FF12の冒頭(てきとーだが):
レックスという名の少年が、騎士団の一員として自国の王の暗殺を阻止するために
他国との和平会談の場へ急ぐ。道中、追っ手を一人で片付けた彼が遅れてその場へたどり着くと、
団長以外の全員(王含む)が殺されていた。詳細を尋ねるレックスに団長は不可解な言葉と共に剣を突き立てる。

確かに似てるっちゃ似てるな。

54 :新白菜人間 ◆Om8rzuKp0M :2006/03/31(金) 14:02:57
FFはポロムとパロムの石化だな。あれが、いちばん泣けた。
って、そんな事どうでもいいけど、何で俺がニートかフリーターか工場勤務者なんだよ!
最低でも塾の非常勤講師ぐらい言えよ!
もしかしたら中房って可能性もあるけど。
うしししししっ。

55 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/32(土) 15:48:05
酷評スレに文章を載せました。
どなたか酷評して下さるとありがたいです。というか、して下さい。
10-11です。よろしくお願いします。

56 :ttp://ameblo.jp/tosatosa/entry-10009751806.html:2006/03/32(土) 17:07:13

http://ameblo.jp/jukinzoku/entry-10010829262.html
仮面ライダーになるべきか否か、それはお前の愛で決めろ。

この現状を目の前に、目を伏せ無力だからを薄ら笑うなど、
お前ら、いつか仮面ライダーでも現れて、何とかしてくれるとでも思ってるんじゃあないのか。
お前ら、いつまでも子供のままで正義の味方を当てにして、全てをやり過ごそうとしてるんじゃあないのか。


57 :投稿させてもらいます:2006/03/32(土) 19:05:59
非常勤講師?


お前が!?
いやいや、ありえないでしょ。私なら時給100円も払いたくないな。
誰が見てもニート、フリーター、工事のどれかでしょ
そのジョークのセンスは認めるよ!



文章力は下の下だけど


58 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/32(土) 19:11:41
■■■鬼畜・犯罪予告!!!■■■

逮捕逮捕と騒がれたに関わらず、
現在なおコテハンまでつけて
住人に挑発を繰り返す277 ◆FqeJv4XClk
まったく反省の色が見られません。
本人は自分が逮捕されないと
勘違いしているのが痛いです。

前スレ(>>277が事の始まり)
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1142472973/277

現行スレ(本人光臨!!!祭り中)
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1143863965/

59 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/32(土) 20:41:58
>>55
最低24時間は待ったら? 酷評する側にもいろいろ生活があるんだし。
これはお礼のレスもそうなんだけど、書き込み即レスされると、書こうと
思っていた人が書きづらくなる。
お礼も24時間は待ってからにしたほうがいいとこれは私見だけどね。

60 :10-11:2006/03/32(土) 22:22:29
>>59
そうなんですか。ごめんなさい。もう書いてきてしまいました・・・。
他にも酷評しようと考えて下さった方、もしいたのでしたら是非お願い致します。
すみません。なんかこういうの慣れてなくて・・・

61 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/16(日) 22:53:52
またも炎上か

62 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/18(火) 10:11:36
収まったようだ

63 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/21(金) 22:07:27
あーもうコテハンうっぜー!
日本語苦手 ◆VDbs9MsyKE
死ねコイツ。

読みやすさ・描写・話の内容
ってなんだそりゃ。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1143813626/677
の改悪リライトとか
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1143813626/680
の根拠を明示しない酷評とか

死ね!こういうカスにゃ気の利いた罵倒の仕方を考えてやる労力すら惜しい。死ね。

64 :本スレPart34の746:2006/04/24(月) 06:14:37
>>本スレPart34の762-763
>そこに作者の「思い入れ」があるのだろう。作者と「俺」との距離はきわめて近いと見る。
一人暮らしの寂しさを紛らわすために観葉植物の育成を始めるというのは、
過去に私の友人が実際に行ったエピソードであり、主人公の名前なども、
また別の昔の友人から拝借したりしているので、確かに思い入れのある
キャラクターではあります。

ですが、作者である私に近いかと言うと、かなり異なる部分が多いです。
私は一人暮らしを始めたとき、楽しくて仕方ありませんでしたし、
生き物などを飼育するのが苦手で、観葉植物を育てたこともありません。
その為、主人公の心情描写は想像で補っている部分が多々あるのですが、
そのように感じられたということは描写が真に迫っているということだと解釈し、
嬉しく思います。

>暗いキャラの主人公
主人公は、前スレの763を読むとわかるのですが、初めはもっと明るい性格でした。
(シナリオ形式のものならこちらで読むこともできます → http://ja001.sukiwikiweb.com/egmdev/pg/Yurina1.html
と言いますか、どういう人間なのかとか何も決めずに書き始めたのです。

しかし、その状態で書いたものに対し、前スレで「主人公の地をもっと出すべき」、
「魅力を感じない、読み手を楽しませる工夫が欲しい」などと批評をいただき、
私は以下のように考えました。(製作元のスレから抜粋)
--------------------------------------
一から設定を考えるのは大変なので、
今のシナリオの電話や兄弟が居るってところから膨らませます。
・今の時代には珍しく兄弟の多い家庭に育った
・兄弟仲が良く、主人公の人間関係は家庭で完結していた
・必要な対人関係が兄弟だけで充足していたため、主人公は外に人間付き合いを求めてこなかった
・そのため、新たな人間関係作りや家族以外とのコミュニケーションが苦手
・下の兄弟も居たので面倒見は良い方
・大学に進学し、一人暮らしを始めた
・兄弟から離れ、友人を作ることもできず、主人公は孤立してしまっている

65 :本スレPart34の746(2/2):2006/04/24(月) 06:16:08
--------------------------------------

明るいだけの主人公では地が出しにくい、書きにくいので
少し暗い方向に掘り下げようという安易な考えでした。
また、主人公の人間関係を部屋内で完結させてしまうことで、
今後続きを書くことを考えた場合に学校生活などを描写しなくて済む
というメリットもあり、その時の私にはこれが最善だと思えたのです。

今回指摘を受け、書きやすさを優先させすぎていたかも知れないと反省しています。
私が比較的暗めの話を好きなためか、指摘されるまで、この作品、主人公が
そんなに暗いとは感じていませんでしたし、気にも留めていなかったというのが
正直なところではあります。
ですが、一般読者の立場に立ってみれば、もっと共感のしやすい、
明るい主人公にすべきだったかも知れません。

今から一から書き直すのは厳しいので、この主人公はこのままで行こうと思いますが、
せめて、出来るだけこの主人公の設定を生かすようなものに仕上げたいと思います。

ありがとうございました。

66 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/24(月) 20:05:56
共感について当たり前の事を書くけど、
明るい主人公に共感するのは明るい奴だけで、
暗い奴は明るい主人公に共感できない。
万人が共感する主人公なんか、この世に存在しない。
さらに言うなら、「一般読者」なんてものも存在しない。

共感について焦点がずれてるな。
痛い・苦しい・楽しい・嬉しい・幸せ・エトセトラ
共感って字は「共に感じる」って書けば、
俺が言いたい事が解るかな?

67 :65:2006/04/25(火) 00:36:50
>>66
安直な表現に頼ってしまいました、すみません。
より多数の人が感情移入しやすく、普遍的に楽める作品を目指すという
エンターテインメントとしての配慮が足りなかったように思う、
ということが言いたかったのです。

>共に感じる
設定などよりも、主人公と共に喜怒哀楽を感じることができる
ストーリー作りや表現が重要だと言うことでしょうか。

68 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 14:24:55
>明るい主人公に共感するのは明るい奴だけで、
>暗い奴は明るい主人公に共感できない。
というのは、感情移入の話をしてるのかな?

必ずしも自分の性格や価値観と重ならないような人物であっても、
「ああ、こういう人物ならこう感じるのかもな」
と思えれば、それも共感だよね。

つまり、人物の描き出し方、人物の感情の書き方に蓋然性があるかどうか。
お話の「リアリティ」を支えるものの一つですね。




69 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 16:21:10
最低最悪なスレ移行だな…

70 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 21:18:19
テンプレもないし、あれじゃまともなやつは
投稿、批評する気にならんだろうな…。

71 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 21:34:55
誰かも言ったように、立て直して誘導するか?

72 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 22:44:58
自治が事実上機能してないこの板で、立て直した上で今あるのを落とすってのは難しいな…
そういうの抜きで、ちゃんとした新スレ立てるだけでもいいってならやってもいいんだけど。

73 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/25(火) 23:05:19
あっち埋まるまでこっちでひっそりやればいい
投稿もここ見てるやつで自給自足だ

74 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/27(木) 23:07:44
なんか、本家が香ばしい事に……。
ついでに、保守。

75 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 08:53:46
保守はageないと!

76 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/28(金) 15:02:23
黄金虫にしては気が早いな >本スレ

77 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/29(土) 22:01:03
216 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2006/04/29(土) 20:38:49
>>192-193 >>203-204
>素晴らしく天気のいい、日曜日の朝だった。
この一文だけで、村上春樹の香りがにおいたつ。なので、以下の文章もハルキ風に読めて
仕方がない。そうなると、タネがばれている手品を見せられているような気分になって
しまう。


78 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/01(月) 23:32:36
久しぶりに来たんだが、このまとめWikiにリンクはらなくてよかったの?
http://www6.atwiki.jp/kata/

79 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/02(火) 22:08:48
402 名前: 名無し物書き@推敲中? [sage] 投稿日: 2006/05/02(火) 22:05:08
>>401
文の終りの大半が「〜た」で終わってるのが気になったかな。
前の文が「〜た」で終わったなら次の文は文の終りを変えた方が良いと思う。


80 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/02(火) 22:15:39
まあ、いろんなレベルのひとがいるわな

81 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/05(金) 22:30:44
最近久しぶりに来てみたんだが、本スレぐだぐだだね。
なんかいい避難所になるようなところ、誰か知らない?
あんまり力作は投稿されないけど、手軽に投稿できて手軽に批評とか
雑談とかできるようなそんなところ。


82 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/06(土) 02:06:43
>>81 ↓ここぐらいじゃないかな。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1112778027/


83 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/09(火) 18:20:40
「めんどくさいから不法投棄」された文章なのによくみんなレスするよ。
ブラックバスか、っつーの
なんでもかんでも食いつくからゴミが増える

84 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/09(火) 18:38:46
みんな酷評したくてたまらないんだよ。おれも投下してあげようかな。

85 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/09(火) 19:27:17
おう、貴殿の傑作を頼むw

86 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/10(水) 12:37:51
記憶に無かったので思わず探した
やっぱ無いよな、チュッパチャップスのミントなんて

87 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/11(木) 01:16:23
おれだってあんなレベル低い話、したくなかった。
それなのに馬鹿でわからずやだから。
もう書かん。

88 : ◆PSAprJWjHI :2006/05/11(木) 08:52:35
そろそろ次スレだし
落ち着くまでしばらく待つか…

89 : ◆PSAprJWjHI :2006/05/11(木) 10:11:32
「酷評は遠慮します」って日本語変だなw

90 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/11(木) 18:10:33
晒しの武将、随分と形態がかわったな
アレのせいか
それともアレのせいだろうか

91 : ◆PSAprJWjHI :2006/05/12(金) 19:02:36
うーん、あの一行目の素晴らしさは
なかなか同意してくれる人いないだろうなぁ……

92 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/12(金) 22:01:34
すばらしいとは思わないけど、あの一行目が話を進める原動力になってるのかもしれないとは思った
向こうでレスつけなかったんだけど、ほめる人少ないね。けちな失敗作ばかり晒される中で
久しぶりにアイデアを出し惜しみしないのがきたと思ったのに。
いいと思ったら積極的に褒めた方がいいみたいだね

93 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/13(土) 18:23:37
あなたの文章真面目に酷評します Part36
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1147511523/

立ったみたいだね。

94 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/14(日) 00:30:23
>>84
他人にひどい言葉を投げかけたり、自分を高い位置に置いてものを言いたい
ということと、酷評したいと言うことは全然別物だよ。


95 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/14(日) 10:12:56
本スレ読むと時にそう思うよ……

96 : ◆PSAprJWjHI :2006/05/15(月) 19:54:24
>>92
そうだねぇ
くどくなるから「素晴らしい」の理由は書かなかったけれど
自分で「これはいい文章だ」と思ったらそのまま褒めた方がいいのかも。

ちなみに彼の一行目に触発されて、「ああいうSSを書こう」と意識して書いてみた。
やっぱり意識して一行目を選ぶと文章全体がよくなるね。
一歩成長したらしい。彼には感謝している。

97 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/15(月) 20:50:48
本スレ、レベルの低い評価人の狂い咲きだな。
普通にプロ、しかも相当文章に拘るプロの文章だろ。
相当量を書いてセンスを磨いたのか、師匠に付いているのか、
何れにせよ技術だけなら国語の教科書に載っていても
おかしくはない実力だ。

98 : ◆PSAprJWjHI :2006/05/15(月) 21:22:54
>>97
ほほう、そうなのか……全然わからんかった('A`)
是非その解説をお願いできないでしょうか

正直評価者として俺は「酷い評」価者と自覚してはいるのですが
評価しても評価しても評価能力は全然成長しないんですよねぇ。独断的偏見から抜け切れない。
俺が「いまいち」と思った文章を明確に「こういう技術」と解説していただけると
少しは成長するんではないかと思うのですが

99 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/15(月) 23:20:14
ずいぶん国語の教科書が低く見られたもんだな
プロ以上の人間が酷評してくださいってこんなところにはりにくるかっての

100 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/16(火) 00:02:27
>>98
>>97はどうせ晒して一蹴されたかスルーされた「自分は最高なのに誰も理解できるやつがいない」
とか思ってるオナニー文盲野郎だろ
評価人を貶したいだけ
どうせ何がどう「教科書に載っていてもおかしくない実力」なのか解説なんてしねーよ
相手にするだけ無駄

101 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/16(火) 02:28:24
>>99
酷評してくれと言っておいて、
それでも褒められまくるだろうと思っている自信家が貼るスレ
んで、ズタズタにされて97となる

もしかして俺って喧嘩強いんじゃねえって一度は思う思春期の少年を見る暖かい眼で!

102 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/16(火) 02:34:21
ていうか多分、自分が褒めた奴を後から叩かれるとそれが鬱なんじゃないかな?


103 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/16(火) 02:45:41
前にも一度そんな状況に陥ってたな。
罵倒と酷評の違いが分かって無い。

細かく指摘するのは意味無いが、だからと言って
「糞」とか「低レベル」とかそんな作家志望とは
思えないアホな評価はやめて欲しい。

見下すにしても同じ作家志望として絶対的
センスと落ち着いた見解で評価するべし

104 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/16(火) 09:06:41
>>97
sage進行なのに短い間にレスが集中してたから、
同じ奴が何回かに分けてレスしてたんじゃね?狂い咲きというほどたくさんはいないだろ。
褒められてるのを見ると、何が何でもけなそうとする奴が出てくるのはよくあること。
プロレベルかはわからんが、このスレに投稿しても何の参考にもならなかっただろうなとは思う。

105 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/16(火) 14:40:00
>>sage進行なのに短い間にレスが集中してたから、

専ブラもないひと??
立ちたてのスレならともかくあのスレにsageもageも関係無いつーの


106 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/16(火) 22:50:28
どうも一連の話の流れがおかしいように見えるのだが、
>>96が「そのまま褒めた方がいいのかも」と言ったのに対して、
>>97が同意して
(批判している奴がいるが)「レベルの低い評価人の狂い咲きだな」
(投稿作品は)「普通にプロ、しかも相当文章に拘るプロの文章だろ。〜」云々と
言っているのではないの?

107 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/16(火) 23:20:12
あれは評価がわかれるでしょう。
小学生の作文みたいな文章を、効果して狙ったなら及第点ですが、素であの文章なら
酷評されて当然かと。


108 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/16(火) 23:25:24
>>106
>>言っているのではないの?
97乙

109 :103:2006/05/17(水) 00:05:18
うーん、偉そうな事言ったが未だに空気が読めん。

とりあえず俺が言いたいのは酷評スレだけは2ch
特有の罵倒や軽率な発言の乱舞するのは避けて欲しい。
作品に対しどう思おうが個人の勝手だが、批評するなら
両者有益な批評を心掛けて欲しい。

110 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 00:15:07
空気もなにも97氏がでてきて解説してくれれば
すぐに片付くことだよ。

111 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 00:28:04
小学生にあんな職人的な文章が書けるかよ。
失笑するわ。
>>109の言葉を借りるなら、本スレ28には全く「無益」な投稿だったな。
返レスが、馬鹿どもへの技術解説と教授になってるじゃねーか。
しかし、オリジナルとは癪に障る。
何とか、叩いてくれようかい。

112 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 00:32:57
2chで「酷評」だから、さぞやと思って覗いたら、意外やまともな批評が多かったので、
居つくようになった。
でも、やはり玉石混交は世の常だとは知った。
たしかに最近は石が目立つ。

ところで、批評眼も×で表現も×でついでに根性も×なのは荒らしのようなものなので
はなから相手にしなければいいのだが、問題なのは真面目に批評していて批評眼が×
の場合。

描写不足とか説明不足とかの意見は大体これ。
心理描写までをナレーションで語るような安手のTVドラマしか観ていないのか、想像力
が欠落しているのか。

酷評に酷評すれば荒れるだけだろうから、たいがいスルーするが、あまりに見当違いな
意見のときは、投稿者が気の毒なので、真逆の批評をこっそりと書くことがある。



113 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 00:48:59
そこまで求められると批評側も辛いだろう。
まぁろくな事が書けそうに無いなら書き込みは避ける
のが一番いいな。

【慎重】【紳士】の2語を心しよう

114 :111:2006/05/17(水) 01:05:25
俺には酷評無理だった。
しかも誤爆した。
もう永遠に筆を折る事に決めた。

115 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 01:56:07
>>111
じゃあ、さっそく職人的な文章とやらを具体的にあげてくれ
本人なら無理だろうけどね

116 : ◆PSAprJWjHI :2006/05/17(水) 02:16:10
>>112
いやそれを求めるならこんなトコ来ないで持ち込むか
大学教授やら学校の先生やらに見てもらえ、と言いたい。
なんというか相変わらず便所の落書きという2ch(というかインターネット)の基本を理解していただきたい

だからと言って便所の落書きのままでいいとは思わないけどさ。
結局素人が集まってるんだから最低限、マナーを守って自分なりの評価をするしかないのよ。
それが気に入らないのなら>>112が俺はじめ素人評価者がぐうの音も出ない完璧な評価を見せ付けて
レベルの高いスレにして、「うわ、俺の出番ねえわ」と思わせるしかないよ。
じゃないと「問題な評価眼の人たち」は無くならん。

ところで>>111は「高技術」と読んだ方だと思うが
「闇の眼」の伏線ってどれだ?
折る前に教えてくれ。
「その穴は闇になっていた」じゃないよな。どこだ、恥ずかしながらわからん……
場合によっては俺が折らねば……

117 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 03:16:55
>>111
(わざとって言ってる)作文なのに”闇の眼”にそんなに意味込めなくても・・。
普通にスルーしちゃうし。
あれは書いた本人じゃなきゃ注目しないよなあ。
ってか本人だろ?
あんた醜い!



118 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 04:27:54
>>112
本スレでの描写不足とか説明不足という批評はだいたい当たってると思うけどな。
指摘されて書き直した人もかなりよくなってるし。


119 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 10:36:48
本スレで問題の文を読んでみた。
まぁ酷評は俺には出来んからここで言う。
>>111 自演するなタコ。どこが芸術だ。500文字
以上で説明しろ。

120 :111:2006/05/17(水) 12:06:28
>>115
具体例
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1147511523/28
技術解説
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1147511523/39

>>116
伏線はそれで正解。
他に「闇」って強いイメージを持つ表現を使ってる箇所があるか?
前もって顔を見せておく事で、後から出て来た時に「唐突」と感じさせない。
本スレにも誤爆したが、「眼の無い眼」と「闇の眼」で描写が重複してるから、
俺は気に入らんのだが、そこまでして使いたいなら文句が言える筋合いじゃない。

>>117
酷評ってのはなあ、プロ棋士の対局みたいな世界なんだよ。
ここを叩く、するとこう言い返される、相手の手を読んで読み尽くして、
一言も反論できないだろボケカスめが、って手を盤上に放つ。
その通りで御座いますぅって手を放てれば、
その時点で批評者は投稿者の上に立つ事が出来る。
本スレ28は、自作自演で自分の投稿を誉めたりする必要が無いだろ。
俺も含めて、手も足も出ず上に立てなかった批評側への、高笑いが聞こえてくるようだ。

俺は戦闘を放棄したから、個人的に敗北は喫していないものの、
道場破りに一太刀も浴びせられぬとはスレ趣旨的に忸怩たるものがあるな。
これから先、どんなに華麗な酷評を浴びせても、
それはあるレベル以下の者同士のDANCEに過ぎない。
どんなすごいお方が名無しで書いているのだろうというのが匿名掲示板の魅力だが、
底が見えちゃったんだよな。この程度かって感じ。

>>119
誰が芸術って言ったんだ? 俺様が見ても、叩けない最低ラインってだけだろ。
(787文字)

121 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 12:32:12
==防衛ライン==
あまりにも痛々しいのでここからはその作品について
触れる事を禁止します。

122 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 12:54:27
アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士


123 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 13:16:49
>>120
勘違いもはなはだしい。
とはいえ、底が知れたんだから、他人のためにわざわざこんな醜態さらすのは
一度きりでいいよ。
身をもってここの程度を示してくれてありがとう。

124 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 13:16:53
>>111
>伏線はそれで正解。
ってなんであんたが確定すんの?w
もしかしたらもっと後の展開に関わる伏線かもしれないし。
ぼろ出したから強引になったねえw
まあ、仮に伏線だとしても、職人的な文章でも、
誰もがお手上げの素晴らしい文章でもないねぇw

プロの棋士じゃなくても数手先は見るわなぁ
あんたは一手先(酷評前提)も見えてないじゃんw








に・げ・ん・な・よ!

125 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 13:48:48
投稿しづらい雰囲気ですね

126 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 13:51:07
ここに投下しちゃいかんよ

127 : ◆PSAprJWjHI :2006/05/17(水) 14:16:51
>>111
うん、まぁ俺とは感性が違うんだな、と言う事はわかった。
どっちがいいとかじゃなくてね。
アメリカで日本のジョークがウケないワリに、アメリカンジョークが喜ばれるみたいなもんで。

ただ
>その時点で批評者は投稿者の上に立つ事が出来る。
って考え方は改めた方がいいと思うよ。そう思う人ばかりじゃないでしょ。上とか下とか。
俺はここを素人の書き手が集まってお互いに文章を検討しあう”サークル”レベルだと思ってる。
偏った知識の集まり。だから俺みたいなのがいる限り底は浅いだろうね。

たぶん、>>111は俺とかが割って間に入るのをためらうくらいのスレに行った方がいいんじゃないかなぁ。
いや、よくわからんけどイライラするでしょ、自分の言ってる事が全然理解出来ない人に一々説明すんのってw

ちなみに伏線、俺は「イマイチ」だと思ったよ。初出自体が浮いてるように感じたから。
確かに「闇の目」と唐突に入れるよりベターではあるけれど、ベストではないな、と。
まぁ、感じ方の問題だろうね。

とりあえずこの話はこの辺りで……

128 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 15:15:25
>>127
>いや、よくわからんけどイライラするでしょ、自分の言ってる事が全然理解出来ない人に一々説明すんのってw

理解できてねえのあんただし・・

議論の表面的な所ばかりじゃなくて腹の底を読み取れっつーの

ヒントを一つだけ教えてやるよ。

やっぱやめた。

最初に戻るw

129 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 15:26:17
自分の思考すら満足に言語化できない
それがどれだけ恥ずかしいことかも認識しない
情けない連中だこと

130 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 15:30:25
>>129 詳しく!!

131 : ◆PSAprJWjHI :2006/05/17(水) 15:34:08
>>128
>理解できてねえのあんただし・・
いや、もちろんそう言ってるつもりだけど?('A`)
つまりレベルの低い素人の俺(達)に理解できるよう一々説明するのはイライラするだろうから
俺(達)が割って入るのをためらわれるくらいレベルの高い所へ行った方が精神的にいいですよ

と言っているのですが伝わらなかったみたいだな。まぁ素人の遠吠えなんで。

俺の「人それぞれ感性が違うから、正しい間違いを言ってもしょうがない」という独断的偏見を押し付けるつもりは無いよ。
あとヒントはいらねっす。長くなりそうだしね。

132 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 20:12:38
>>131
ほんとに理解してねえし orz
111が自演してるって事で探り入れてたの!
批評の違いで喧嘩してたんじゃないのよ。
わかんねえかな・・

それと、遠吠えの意味わかる?
掲示板ってのはレスした時点で参戦に値するの。
遠吠えしたいなら違うスレに書き込んでくださいね!

あと、作品や111を酷評した方々、少しは出てきてください。
全部が俺の発言ってことになってるし・・。


133 : ◆PSAprJWjHI :2006/05/17(水) 21:20:46
なんだ、あんた>>>111じゃないのか
無駄なことした……ハァ

134 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 21:57:24
>>132
じゃあ俺も作品に対し意見を言うと…
正直気に入らん。
どこがどういいのかが分からない。文章もテンポ
が悪く、テンポが悪い分味や深みがあると言う訳でも無い。

絶賛するなら絶賛する理由を明確に、確信的に説明
して頂きたい。
さも無いと単なる自演と取らざる得ない。

111を含め、貴殿方の意見に賛同出来るかは別として、
その文章に俺が感じる事が出来ないすばらしさ
があるのであれば文芸の道を進む者としてしっかり
と認識をしたいと思う。


作者御本人には悪いが、やはり良さがわからない。
是非御意見願う。

135 :132:2006/05/17(水) 22:29:28
>>134
ようやく味方が現れた。
111はあれを絶賛してるんですよね。
自演じゃなきゃアホですよ。
しかも俺様が酷評できる所はない、お手上げだ、ってほざいてます。
ちなみに本スレで作者がコメントする気がない、
と同時に111が消えたようなので終わりにしてもいいですけどね。

>>133
俺の勘違いだったなら謝ります
111の援護かと・・ orz
いくらここが素人の集まりでも、あのレベルの奴は叩きだした方がいい!


136 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 22:37:28
どうでもいいじゃない 批評する人も批評されてるんだから

137 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 22:40:58
>>135
絶賛しているのはくだんの人のみですよ。
自演じゃないと思うけど、それはそれで作者にとってはいい迷惑だよな。

138 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 22:44:32
>>137
推測で物を言うな。
絶賛した奴から直接意見を言って欲しい。

139 :132:2006/05/17(水) 22:57:46
>>138
えーっと、どっち側の人間か示してくれ。

111が名乗り出ない限り終わりの方向で。
自演かどうかは別として、111はアホ確定で終わりにしましょう!


140 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 23:06:33
まぁ終わりでいっか。
正直あの文章は糞なんだろ?
作者には悪いが出直して欲しいのが本当の所だ。

141 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 23:11:39
糞とは言わん、ただ実力がともなっていなかっただけ。
問題があるのはほめちぎったやつ。

142 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 23:17:43
褒めるだけなら簡単だ。
しかし褒めるなら褒めるだけの理由を述べなければ
程度の低い罵倒と対して代わりは無い。


143 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/17(水) 23:21:36
さて、新しいのが晒されましたが
なんだが踏み絵の匂いがします

144 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/18(木) 11:22:14
>>142に同意だな
俺も理由無く褒めるのも理由無く罵倒するのと変わらんと思う

145 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/18(木) 11:52:56
>>134なんか典型的なダメ評価者だな。
どう「テンポが悪い」のか具体的に指摘できないのなら、
「ばーかばーか」って言ってるのと変わらない。

146 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/18(木) 12:19:57
>>145
「ばーかばーか」って程ではないだろう
アレだよ、長嶋の「玉がビュッ来たらグッて待ってパーンって打つのよ」みたいな
わかる人にはわかる

147 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/18(木) 12:31:25
>>145
評価は向こうでしてる。
単に悪口を言うのは悪いからとりあえず漠然と
した作品の悪さを言っただけ。
その後が俺の意見。それに作品に評価と言うより111に
対しての意見が書き込みの主旨だった。

148 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/18(木) 12:52:14
ま、別館だしな

149 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/05/19(金) 11:42:59
まあアレだな、俺の才能に気付かない奴は文盲同然ということで決着がついたな。うん。
だから不毛な議論はやめなさい。

150 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/19(金) 11:53:01
例の作品は白菜の作品か?
違うよな!白菜はあんなヘタレな文章は書かんよな

151 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/05/20(土) 05:08:26
>>150
うん。違う。本当に違う。
文体も違えば、発想も違う。
というか、あの例の作品の作者の文章と俺の文章、どっちが巧いんだ?
いますぐ答えろ!
馬鹿アホ糞二百円貸せレスくれ米くれ差別するな俺の文章読め猫飼え産まれた子猫くれ!

152 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/20(土) 06:26:06
おいおいw
ほとぼりは冷めてんだからホジクリ返すなよ
ちなみに
白菜>>>>>>>>>>>>>例の作品

自分の目で確かめてみるといい

153 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/21(日) 23:04:07
本スレの214は、一体誰が書いたんだ……。

154 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/22(月) 09:55:25
本スレ140はいつかまた、推敲したものをあげてくれるのだろうか……
激しく荒れたけど、ああいう初心者にこそ、もっと頑張って欲しい気もする。

155 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/05/23(火) 10:00:14
レスくれレスくれレスくれ!
じゃないと俺はいつまでたっても初心者のままだ!

156 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/23(火) 10:07:03
不条理ばっかり書いてるから反応しにくいんだよ
ピノキオにしたって「半分はネタ文だしいいか」で済まされる箇所が多分にある
そういう意味ではずるい、いつでも逃げられる立ち位置で書いてる
ひとつガチ文を書いてみたまい

157 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/23(火) 10:38:48
リライトスレのがいいんじゃね?

158 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/23(火) 16:01:25
白菜は頑張ってるよ。
だからもっと頑張れ

159 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/24(水) 01:37:36
まぁ、白菜はそれほど悪くないけど、たいしたことないからなぁ。


160 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/24(水) 03:58:28
かなり大したこと無いし、悪いよ。

161 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/24(水) 04:48:41
売名してるだけだからな。
自己紹介したいだけなんだ。

売文家なら文を売れよ、と。
どんなに糞でも、名前を売るんじゃなくて、
真面目に作品に向き合う奴が好きだ。
名無し物書きのお前らは、自分の名前より作品を愛している。
自分の全てを作品に託して、酷評スレに立ち向かう。
そんな馬鹿だからこそ、俺様が全力で叩き潰す価値がある。
武には武を以って応えるのが俺様よ。

162 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/05/24(水) 09:32:06
すべてが当たっているような気がして怖い。
ま、間違いなくオレは天才だけど。

163 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/24(水) 13:10:43
天才という言葉を言い訳の理由にしか使えないって心底惨め

164 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/24(水) 19:33:22
天才だとしても、文章を書く天才でないことはよく分かる。


165 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/24(水) 23:35:07
>>162
言っても無駄かもしれんが、本当にかまって欲しかったら
ちゃんと作品書かないと駄目だよ。
まぁ、今の創作文芸版だと、作品提供の場が弱いんでその気
にならんのかもしれんけど。
虎やまたりが稼動してたころは、コテなんか名乗らなくても、
作品で評価されれば、ちゃんと名前が通ってたし。
つうか、天才ならもう一度この板盛り上げてくれよ。
俺、結構白菜のこと買っているしさ。

166 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/25(木) 00:59:44
白菜はとりあえずカリスマ性はあると思う。
ここまで暴れて嫌われないコテもめずらしい。
落ち着いて、慎重さを手に入れてくれ。きっと白菜は
いい書き手になれるはずだから野心を抑えて論理的
な思考を心掛けて頂きたい。

167 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/25(木) 01:11:49
>>166
カリスマっていうか、人畜無害って方だけどな。
ただ、書いているものは、必ずしも悪くないんでな。
ちゃんと書けや、とも思うわけだ。

168 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/25(木) 01:54:14
>>166
えっと、どこを縦読み?

169 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/25(木) 14:24:17
悪くはない?
ご冗談を。

170 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/25(木) 14:42:48
叩く程の奴じゃないから嫌いならスルーしろ

171 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/25(木) 23:29:50
落ち着きや慎重さを持った白菜なんて('A`)

172 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/25(木) 23:43:40
変わり者+常識=天才
この式が正しければ白菜にはこれらが必要だ

173 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/05/26(金) 10:29:55
俺は天才なのである。
そして、文章の初心者なのでもある。
ほとんど感覚で書いてるもんだから、「ちゃんと書け」などと言われてもちゃんと書ける訳などないのである。
だから、「白菜はここを重点的に推敲した方がいいよ」と教えて欲しいのである。
そしたら俺は泣いて喜ぶのである。

174 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/26(金) 11:30:06
↑我輩?

175 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/31(水) 21:27:26
きららで実力を測るっていうのもなぁw

176 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/06/03(土) 09:35:15
じゃあ、なにで測ればいいんだよ!
ていうか、マジで一次突破したい。
ちなみに初投稿の候補にあがっているのは[のびる鼻][星に願いをかけた少年][愛の花]、そしてナンセンスのスレに書いた[卵]。
もちろん、納得いくまでの書き直しをしてからである。
わはははははっ。今日も酔っているぞ! わはははははっ。
もう今日のカキコは終わりじゃ。わははははっ。
寝ます……。

177 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/06/07(水) 09:54:01
なあ、質問。キララで最終に残るのと、フーコーで一次突破するの、どっちが難しいのよ?
答えてちょんまげえええ!

178 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/07(水) 15:45:10
a




179 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/07(水) 18:07:34

ttp://www.shinpusha.co.jp/event/contest/fuko_tanpen21/
ttp://www.quilala.jp/mail_novel.html
ttp://www.boon-gate.com/senji/main.php

湧き出る作品全部出せ

180 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/26(月) 16:22:50
本スレに荒し発生。スルー出来ない厨房ウザすぎ

181 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/26(月) 18:35:48
なにキレてんだ(苦笑い

182 :181:2006/06/26(月) 18:38:48
本スレのガキの方ね

183 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/06/27(火) 08:22:59
ケンカするな

184 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/07/10(月) 14:00:29
酔っぱらい白菜登場!
ジャンジャジャーン。
って、おそらくここには誰もいないな。うん。
とりあえず足跡残しとこ。
前に誰かが俺のこと、思考が狭く浅く薄いって言ってたけど、みんなそう思ってるのか?
自分ではまったく気付かない。むしろ深すぎるくらいだと思ってる。
まあ、思考がズレた方向で深化している可能性もあるが……。

185 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/10(月) 14:02:44
思考が浅いとか言ってくる奴は
お前のレスの意味を理解できていないんだろう。

お前は多分深いし、不快。


186 :名無し物書き@推敲中?:2006/07/10(月) 14:55:21
>>184
心底どうだっていいから
とりあえずさっさと氏んでくれ

187 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/07/10(月) 14:59:58
とりあえずお前、白菜ファンクラブの会員な。


188 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/07/10(月) 15:24:38
みんなで白菜OFFやりたいよなあ。
みんなで酒飲んで焼き肉食って桜を見みながら文学について語り合うんだよ。
笑い声が絶えなくくてさ。
暇なんだよねえ。
ひとりで酒飲んでるんだけど。
どうしようイ

189 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/07/10(月) 15:35:59
>>185>>186はSF祭いった?

190 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/07/10(月) 15:43:28
ヽ(・ω・)/

191 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/07/10(月) 15:52:10
(・з)イ(ε・)
もう寝よ。
相手してくれないし。

192 :あおい:2006/07/10(月) 22:36:33 ?
アイドルとして成功するために静岡から東京の学校に転校してきた中学2年生の女の子、まさみ。
彼女の事務所の寮で同居することになったトップJrアイドルの芽以。
まさみが東京にきてからの友達は芽以しかいなかった。
しかし芽以はそんなまさみに気を使って自分の友達をまさみに紹介していった。
その後まさみは次々とロリコン雑誌の仕事を獲得していき、学校でも人気者になっていく。
一方の芽以は、小学6年からJrアイドル界のトップだったが、中1の冬にストーカーに会って以来やる気をなくしていた。
さらにネットで「今の芽以は劣化した」などと書かれて、精神的に追い詰められていく。
まさみは芽以と口をきかなくなっていき友達も、自分と同じように売れているアイドルばかりで固めた。
そして中2の冬、後に日本中のロリコンが読むことになる人気雑誌「わたしのおにぃちゃん」が発売される。
栄えある創刊号の表紙を飾るアイドルのオーディションが行われることになる。
まさみは当然自分が受かると思って応募。
しかし受かったのは芽以だった。
立場が逆転した二人。
まさみは酒に溺れ、芽以への嫌がらせか、芽以が好きな同級生の写真をおかずにオナニーしまくる毎日。
友達もいなくなったまさみ。
顔は皺が増え、醜く太っていくまさみ。
一方の芽以は「わたしのおにぃちゃん」の表紙以来、映画、ドラマに引っ張りだこ。
まさみと会う時間すらなくなっていた。だが芽以は心の優しい女の子。
まさみに気を使って食事に誘ったりもした。だがまさみが拒絶。二人の関係は修復不可能に。
最後にまさみは、芽以への恨みをこめて昔芽以にストーカーしていた男に出会う。
そして芽以を殺すように依頼する。
しかしこのストーカーの男は、不器用なだけで、芽以を本気で愛していたのだ。
芽以を殺せと言ったまさみを許すはずもなく、まさみはストーカーに殺されてしまう。終わり




193 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/07/14(金) 10:38:43
みんな聞いてくれよ。宝クジ全部外れたんだよ。
彼女もいないしさ。
暇なんだよねぇ。
また酔っているし。
ごめんよ、みんな。鍋に毒とかウンコ入れる馬鹿いるわけないよな。うん。相変わらずなんだよ、白菜は。
誰も相手してくれそうにないから、ほかのスレに遊びにいくよ。
じゃあね。ばいばいイ

194 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/16(水) 10:55:51
本スレのテンプレに追加必要かね。

「名無しの掲示板では投稿者も批評者も有象無象です。両者ともそれを弁えて
書き込みを。
投稿者はまず自分で作品をよく考えましょう。的外れだと思う批評は
スルーして下さい。
批評者同士の意見対立がありえます。反論は(作品への)批評で返しましょう。

いちいち相手そのものを野次らないように」

ちょっとかぶってると思うけど。
……ここへ誘導すればいいだけの話かなあ。

195 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/17(木) 11:45:12
本スレ荒れていますな。

内容をどうするかは精査が必要だと思うが、
テンプレにことわり書きを追加すること自体は賛成。

196 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/21(月) 01:36:13
久しぶりに真性を見た気がするなぁ。
なにが彼をああまで駆り立てるんだろう……。

197 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/21(月) 21:31:52
だれか彼奴の部屋のエアコン止めろー。ノシ


198 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/22(火) 21:47:32
いっそ、しばらくこっちを本スレにして避難すっか?

199 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/23(水) 01:03:46
だなあ。しかし誘導は危険か?
気づいた人だけこちらでドゾ、って、評価する人も気づいてくれるといいが。

この間から頭の中でオフコースのI Love Youが廻ってるよ……。一部分だけ。


200 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/27(日) 00:24:47
反応すると付け上がるからスルーしかないよなぁ・・・・・・
しかし誰だか知らないが哀れなヤツもいるもんだ

201 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/28(月) 05:44:00
なんかようわからんけど、ここまでくると酷評に名を
借りた荒らしだわな。

言ってることは間違いではないというか、まあそういう
意見も世の中にはあるんだろうけど、極々少数の、多分に
偏執的な人格の持ち主しか言いそうもないような事だな。
無理矢理粗を探して突っ込み入れているようにしか見えんねw

202 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/28(月) 12:14:37
そういうのは無視するに限る。
かまってほしいだけだからさ。

203 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/28(月) 17:35:31
ようし無視スルー。


……うゎ 新スレにも出た orz

204 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/29(火) 19:03:39
>>201
酷評ってのはそういうもんだろ? 逆に絶賛されると、どうしようもない作品で
哀れみをかけられているような気分になるし、馴れ合いは意味がない。

205 :201:2006/08/30(水) 06:58:07
>204
なんか極端だなぁおまえ。酷評=貶す、って決め付けてるのか?
べつに肩肘張らずに、誤字脱字とか文法上の間違いを指摘して、
あとは良いと思ったとこ褒めてやりゃいいだけの話じゃねえの?

批評する側の嗜好に偏重した粗探しってのは、「正か誤か」よりも
「好きか嫌いか」という基準に基づいて判断されることが多いと
思うんだが。そういうのって公正とは言えないじゃん。

馴れ合いに意味がないってのは正しいと思うけどね。

206 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/31(木) 03:11:59
>>205
酷評スレに「公正」はないんだよ。
ほめられたいなら、ほめられスレに行けばよろしい。
価値観を基準にしてる奴の評価は無価値だけど、
そこんとこを判断出来ないようでは2ch自体利用出来ないだろうな。
厨房は木の上になってる果実に手が届かないだろうよ。

207 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/31(木) 06:32:22
なんか話すだけ無駄って気がしなくもないが…

べつに褒める必要がないなら褒めなきゃいいじゃん。
誰も無理して褒めろなんて言ってねえし、良いと思う
ものを褒めることが馴れ合いになるとは思えんのだが。
206なんか履き違えてないか? まあ本スレがそういう
場所で、投下する連中が了解済みだってんなら、履き
違えてんのはおれの方だけど。

かなり前だがおれが投下した時には、もうちょっと違った
雰囲気だったんだが。


208 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/31(木) 13:35:16
う〜ん、正直>>201に同意せざるを得ないなぁ。
真っ当な指摘もあるにはあるんだけど、「いや、それ逆にテンポ悪くなってるし」とか「明らかに余計な描写を追加してどうすんねん」って突っ込みたくなるような指摘が多すぎるんだよな。
なんつーか、「犯罪を犯す」って書いただけで袋叩きに遭う感じ。
そこまで細かいことを気にして手が進まなくなったりしたら本末転倒もいいとこだよ、と言いたい。

209 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/31(木) 18:25:09
前スレの中盤あたりからやたらと描写不足と連呼してるやつはいるな。
俺はあれとラノベは小説と認めない的発言してるやつは参考にしないことにしてる。

210 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/31(木) 18:37:31
同じやつだろうな。
人物描写がない、状況描写がないって、バカのひとつ覚えのように連呼してるやつ。


211 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/31(木) 21:57:25
>>208
>そこまで細かいことを気にして手が進まなくなったりしたら本末転倒もいいとこだよ

俺のことだ!

212 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/31(木) 22:02:59
また描写不足厨がわいてきた。

213 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/01(金) 08:35:59
当然だな。
描写が一番難しいんだから。
「解るだろう?」って思い込みで誤魔化しちまう部分だ。
目に見えるように話が書けたら、
プロの最初の壁はクリアしたと言える。

214 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/01(金) 11:15:26
>>213
それはわかるんだが、明らかに「余計な」描写まで入れろって言う人がいるんだよ。
例えば、「その建物は築何年でどういう人が住んでて〜」みたいに全部説明しろ、とか。

215 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 03:06:02
>>214
それもまた『目に見えるように』書けてない人だな……。
不動産登記簿を作成するんじゃないんだからさ。
築何年とか誰に見えるんだよ。

216 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 03:09:06
俺は他人の批評は全然読まないからなあ。
それはひどい。
逆のベクトルでひどい。

217 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 07:48:05
>>214
言わせておけばいいんじゃないか?
そのアドバイスを受け入れるかどうかは本人次第だろ

218 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 10:16:36
印象批判の範疇がわからんくなってきた

=感想って意味で遣ってんの?
感想は欲しがってる人もいるんじゃなかったけ。

219 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 10:17:38
>>217
まあ、そうなんだけどさ。
前スレの終わり頃からかなりこの手のヤツが目につくんだよね。
投稿者が真に受けてなきゃいいんだけど、あそこに文章を載せる人って初心者が多いでしょ?
だからそのアドバイスが的確かどうか判断つかないんじゃないかな、って思って。
以前に編集者クンが現れた時はオレも批評者を擁護してたんだけどな……。

220 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 14:36:08
ちゃんと批評してるなら酷評でもなんでもいいよ。
それより一行だけレスして煽ってる奴の方がはるかに目障りなんだけど。
この板、他の板に比べておかしな奴が多くないか?

221 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 19:22:03
>>220
少数のおかしい奴が連投してる罠
ID導入すれば少しはマシになるんだろうけど。

222 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 20:11:43
時期的に初心者が多い頃だしな。
批評側も投稿側も。
まぁ、自分の作品が思ったよりも評価されない、もしくは、
自分の批評が思ったよりもありがたがられないとわかったら、
自然に消えてゆくさ。
酷評スレはずっとそうだったしな。

223 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 20:12:52
ここで、ちょっとどうかと思う批評のレス番を上げてみたらどうかね?
そこから議論が深まるように思うんだが。

224 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 22:14:14
>>223の言葉を受けてさっと現行スレを流し読みしてみたけど、投稿者もけっこうヒドイな。
特に>>99は描写に凝るあまりわけわからん文章になってる。あれで本当に一次を通ったのかね?

225 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 22:26:37
>>214
>それはわかるんだが、明らかに「余計な」描写まで入れろって言う人がいるんだよ。
>例えば、「その建物は築何年でどういう人が住んでて〜」みたいに全部説明しろ、とか。

それは具体的にどのレス番?


226 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 22:40:11
いい文章が書けることと、いい文章を書くことは全然違うからな

実際、そこが辛い

いい文章ってのもまた厄介だし

227 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 23:05:56
>>224
コピペしてみた。
99 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/31(木) 19:55:10
80―81―83の僕です。
続きも含めて酷評お願い致します。
だからお前は万年2回戦ボーイなんだよと
激しく酷って下さい。


 夏祭りで買った風鈴は青色が水面ではなく二匹の金魚をかたどっている。
透明の地が多くを占め、擦り加工を施した曲線は崩れて飛沫をあげる波に、
または砂浜にも見える。海辺と金魚では組み合わせが悪いが、この配色が
部屋のオレンジ灯によく映えた。夜店のランプの下ならなおさら目を引い
ただろうし、二匹の金魚を夜道を歩くだけで戸惑った自分達に重ね合わせ、
彼と冗談を言い合って買ったのかもしれない。購入のやりとりはもう思い
出せない。図柄のように周囲を波立たせる恋ではなかった。
 無理に本当のことを思い出そうとすれば、いまの自分を肯定するために

228 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 23:11:05
99はあれで一次突破しているのが不思議なんだよな。

229 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 23:14:38
『夜店のランプの下ならなおさら目を引いただろうし、二匹の金魚を夜道を歩くだけで戸惑った自分達に重ね合わせ、彼と冗談を言い合って買ったのかもしれない。』

ここなんか特にひどくね?
アクロバティックにもほどがあるぞ。

230 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/02(土) 23:46:57
言葉を選択するセンスがまるでない

これはもはや作者の怠慢云々の次元じゃない
あくまでこの文章の限りだが

231 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 05:21:32
こういう長寿スレ荒らしてるのは新参だろ
マジうぜえ
空気嫁よ

232 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 10:16:56
分かりやすく書けばいいというものではないから、分かりづらい表現といえども
安易に批判することはできない。
たとえば、一読了解は読み流される危険が高いから、あえて引っ掛かりのある文章にする
という工夫も創作としてはありだろう。

批評する側に引き出しの数が少なかったり間口が狭かったりすると、そうした投稿作に対する
酷評は的外れなものとして、投稿者に嘲笑されることになる。
まあ、そこまでの技術のある書き手が投稿するかということになると疑問ではあるが。

233 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 11:12:35
>>232
わかりやすい方がいいさ。
難解な内容を深読みしてくれる特殊な読者だけを相手にしているんじゃ
なけりゃあな。酷評スレへの投稿作ってのは、少なくとも、中学校出た
程度の日本語の読解力のある読者なら誰でもターゲットにしている小説
だってのは、暗黙の了解じゃねーのか? でないなら、それ用の難解小
説批評スレでも立ててやれって俺は思うがね。
それに、いい文章というのは表現が難解でも、素人相手に「何かが伝わ
る」もんだ。そうであれば、少なくともそういう「感想」はつく。批評
は頓珍漢だったとしてもな。難解だからレベルの低い批評者には理解で
きないなんて理屈は、それこそ笑っちまう。批評者向けに小説書いてい
んか、お前はってな。

実際、正直なところ言えば、酷評スレの投稿作なんてほとんどが読者に
何かを伝えようとする努力をまともにしてないのばっかだ。たまに、そ
ういうのがあると、ほとんどが処女作とかで技巧的に素人以下だったり
する。読者と作品を共有しよう、作品に読者を引き込もう、そういうい
い作品が持っている原点みたいなものが磨耗した作品がとても多い。
自作を読んで褒めてもらいたいのか、喜んでもらいたいのか。前者であ
るケースがほとんどなんじゃないかね。

234 :232:2006/09/03(日) 11:33:48
>>233
うん、まあそうなんだけど、投稿者(99氏)が一次通過と称しているから、
軽く一石を投じてみたということです。
それからスレ違いの意見になるけど、純文学の新人賞に応募するときは、
一次からプロが眼を通すわけだから、俺が言った方法もありだと思う。 以上

235 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 11:43:20
>>233
わかりやすい方がいいなら創作は必要ない
ハーゲンダッツのアイスクリームより砂糖の方がずっと解りやすいぞ
しかしアイスより砂糖を舐めるのが大好きって女は見た事がないな

236 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 11:43:31
応募した作品はもうちょっとマシだったのかもしれないよ。

237 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 11:48:06
>>235
例えが頓珍漢すぎてワロタ
つーか、どこからそんな結論を持ってきたのかもさっぱりだ。

238 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 11:48:32
>>244
文章力で通過したとは限らないじゃない。
発想で勝負してるなら、こんなとこで晒すわけがない。
別の場所で晒して金や名誉に変えるだろ。

239 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 11:50:48
>>237
じゃあ、音楽に喩えようか。
今のヒットチャートでアカペラが、ただの一曲でも入っているのかね?
『シンプル・イズ・ベスト』は創作に関する限り、嘘だ。

240 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 11:53:42
実際のところ、新人賞で一番重要なのは小奇麗にまとまった文章じゃなくてアイデアとか求心力なんだよな。

241 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 11:58:12
>>240
その通り。
文章技術なんてものは、額縁だからな。
小学生が書いた絵でも10万円の額縁で飾れば立派に見えるけど、
魂を動かせるのは本物の絵だけだ。

242 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 12:05:33
>>239
音楽に関しては流行や宣伝、ビジュアルなんかに大きく左右されるからパス。
それでもオレンジレンジみたいなわかりやすい曲が流行ってるけどな。
つーか、作品自体がシンプルなほうが良いなんて誰が言ったんだ?
オレとしては、「文章」はわかりやすいほうが良いって考えなんだけど。

243 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 12:13:58
>>242
創作全般じゃなくて「文章」限定かよっ!
それでも、俺としては「適度に解り難い文章の方が良い」という立場を取るが、
そこは個人の価値観、好き嫌いの領域だな。
枝葉であり、本質ではない。

244 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 12:32:27
作品を含めるにしても『わかりやすい方がいいなら創作は必要ない』なんてのはただの暴論だと思うけどね。
どんなシンプルな物語だって書き手による違いは出るだろうから。

245 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 14:03:16
とりあえず砂糖だアカペラだってのは論外としてだ、難解やりたいレベルの人間はさっさと投稿して
プロの評価を受けるべきで、ここにはふさわしくないと思う。
で、問題なのは、晦渋(のつもり)なもの書いて独り善がりに悦に入るタイプでして。

246 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 14:34:50
純文学とエンタメで違うからね。
エンタメはとにかく分かりやすくないと駄目。
純文学は難解な文章もありかもしれないが、そういうものは売れない。
純文学なんて初版3000部とか当たり前の世界だし。

純文でも売れる作品はわかりやすい文章なのは確か。



247 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 15:00:22
難解とかわかりやすいとか以前に、文章になってない
たぶんラノベで1次通った人が文学ふうに書いてみただけでは?

248 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 15:14:20
たしかに1行目からなに言ってるのかよくわからんからな。

249 :ケマル・アタチュルク ◆inuOs3o6Uk :2006/09/03(日) 15:37:24
このスレにも進出。
ケマル様上陸で。

250 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 18:05:56
いい文章って、難解とかわかりやすいとかそういうレベルの話じゃない気がする

意味が違うんじゃない?
それに見合うかどうかのセンスってことじゃないかな

251 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 18:12:16
>>247
正直、どこの一次突破したのか、聞いてみたい気持ちが強いけど。
あれじゃあ、新風舎の賞でも予選落ちしかねないと思うんだが。
あと、ラノベでも読者サービス入賞賞品テレカ一枚ってんでも、もっと
予選レベルが高かったし。

252 :松原 台 ◆JMAMD3H4rA :2006/09/03(日) 18:18:33
疑問視する声が出た時点でアウツかな。

253 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 19:52:20
>>250
その通りだと思うが、ここでそれを理解されようとしても無駄。君にとって特にここで得るものはないよ。いい意味でね。

254 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 21:13:27
>>250
文章レベルが同じなら、わかりやすい方がいい。
これは、鉄則だよ。
文章ってのは、意味が伝わってなんぼの世界なんだから。


255 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 21:35:50
>>253
やはり違うみたいです僕の考えてることとは

>>254
同じ文章レベルなんて事が有り得るのか、僕にはうまく把握できないからなんとも言えないです
でも仮に把握できたとしても、今僕が言ってることはそういう内容の話ではないんです
スイマセンですm(__)m

レスどーも!もっと勉強してから来ます!

256 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/03(日) 22:02:48
>>255
ずいぶんと迷ってるようだな。
正直、言いたいことはわかるんだけどね。
ただ、君自身が迷っていて、結論を掴みきれてないんだろう。
所詮、技術っていうのはツールなんだよ。
このノミより、あっちのノミの方が優れている。ここじゃあ、そういう議論
をしているわけだが、君は、「でも、その木を削るのがノミよりノコギリの
方がいいんじゃないか」って考えているわけだわ。
どの道具を使って、何を表現するかは、小説全体に関する才能に関する
部分なんだが、そういうのは、あまり突っ込んでもしょうがないんでね。


257 :カミール・シャンコン ◆9GqygT1UCY :2006/09/03(日) 22:40:39
才能だ。才能。

258 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/04(月) 14:01:55
才能ってか文体。文体持ってないと。あとは匂いか。

259 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/04(月) 18:53:25
設問

>>240>>241は、>>241が「その通り」と言っているにもかかわらず、その内容には違いがある。
その違いを一行三十字で、十行〜二十行で端的に説明できる奴はいるか?

260 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/04(月) 19:01:21
>>259
小奇麗にまとまった文章=豪華な額縁
アイデアや求心力=(本物の)絵

別に矛盾はないと思うが。
額縁に凝るよりも絵に力を注ぐべきってこったろ。

261 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/04(月) 19:32:24
>>260
つ【ギャラリーフェイクの額縁の話】

262 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/04(月) 19:45:02
(´・ω・`)しらんがな

263 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/04(月) 20:12:57
>>260
ブー

額縁と絵の混合一体化を否定すると、そういうことか?

稚拙wwwwwwww

264 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/04(月) 20:33:03
あぁ、そういうことが言いたかったの?
ただの例えに突っ込んだってしょうがないだろうに……。
そんなに得意げに揚げ足取ってもなにも出ないよ?

265 ::2006/09/04(月) 20:35:52
読解力の無さを露顕していると、思う。

266 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/04(月) 20:47:35
ゴメン、どこらへんが読解力不足かわからない。教えてちょ。

267 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/04(月) 20:51:55
>>264
ダハハハハハ、バカ丸出し。
例を挙げる、ということの意味が分かるか? 射程範囲って分かるか?
分からないだろうなあ、おそらく君の脳味噌では一生かけても分からないだろうよ。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

268 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/04(月) 23:21:12
>>267
やばいこの人本スレにいた人だ

269 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/05(火) 18:57:36
>>268
思っても言わないw

270 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/05(火) 19:03:15
>>268-269

私は、ひどい自演を目撃したのであった。

271 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/05(火) 19:30:26
>>270
はいはい自演乙www>>267


272 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/05(火) 19:38:44
やはり自演だったんだな>>271

273 :272:2006/09/05(火) 19:40:48
あっ、言っておくけど、俺は>>267ではないよw

274 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/05(火) 20:05:44
>>272
バカジャネーノ


275 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/05(火) 20:07:10
最近は>>270-274みたいなのばっか沸くな。早くIDにならんかね

276 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/05(火) 21:19:32
>>274
脳タリン発見wwwww

277 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/05(火) 22:04:43
傍から見るとどっちもアフォでFA。
つーか、煽るような文体のヤツは相手にしないに限る。
最後に書き込んだほうが勝ちってわけじゃないんだからさ。

278 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/06(水) 16:39:47
>>277
やっぱ1000取ったやつが勝ちってことか

279 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/06(水) 21:37:42
まあ、このスレのレベルが本館の批評家のレベルということだから、こんなものだろう。

投稿者の方が批評家よりもレベルが高い場合が、往々にしてあるから、
本館のスレタイに「素人批評ですが」を入れるべきだ。

280 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/06(水) 21:51:36
批評家もレベルに落差がありすぎて

281 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/06(水) 23:10:39
>>279
わざわざあげてまでお疲れさまですが。
え、具体的に誰のこと?

282 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/06(水) 23:51:53
まと外れな批評だと思ったら、スルーすればいいだけのこと。
そもそも、素人批評家が読んで長所の指摘が出てこない文章なんぞ、
他人に読ませる値打ちなんぞないんだよ。
批評スレだから、読んで批評が出てくるが、それ以前に他人に見せる
以上は全員読者だ。その読者に「テメーの批評は的外れ」なんて言っ
てるなんて、ずいぶん大作家様だな、って思うがな。


283 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/07(木) 00:39:48
投稿作は、徹夜明けの下読みでも頭に入る文章でおながいします。

284 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/07(木) 04:49:51
レベルの低い批評家にとって『長所』に見える部分は、
往々にして『書けて当たり前』の部分だったりする。
叩くだけの批評家にはピンからキリまでいるが、
長所を指摘し始める批評家は須らく屑だと思って間違い無い。

285 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/07(木) 09:42:32
>>284
君が読めない批評家の一人であることは分かるよ。言っていることの底が浅過ぎる。

286 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/08(金) 00:18:00
なんつうか、投稿者もそうだが、批評する側も叩かれることに
耐性がないのが多いな。

287 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/08(金) 05:46:13
なんつーのか、同じ叩くにしてもさ、明らかに悪意の
こもった叩きってのがあるじゃん。叩くことで自分の
ウサ晴らししてますがなにか、みたいな。
そういうのに耐性がある人って、そんなに多くないんじゃ
ねーの?

288 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/08(金) 18:12:12
いまの気味のわるい流れはなによ

289 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/08(金) 22:10:58
文章センスがないのに、どっかから拾ってきた文章理論振りかざして、
しかも、その文章理論も一知半解なのが沸いてるからな。
さらには、そのハンパ理論が通用しないと、低脳呼ばわりだから。


290 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/09(土) 09:36:12
大雑把にいえば、純文学とエンタメでは文章作法も異なるわけで、エンタメを純文学の視点で
批評するのは的外れだと言われれば、その通りだろうな。
もっとも、文章の書き方本(技術系)を出している某文芸評論家もこれをやっているからねえw

291 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/11(月) 00:03:41
日本語の不自由さは^^に負けず劣らずか。

292 ::2006/09/11(月) 10:30:14
a

293 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/11(月) 10:40:06
宮部みゆきの最新刊「名もなき毒」に「ゾンビ」ってあった。
山本周五郎賞をとった作家が「ゾンビ」。
倒れそうなくらいショックだった。

294 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/11(月) 18:40:53
ゾンビ嫌いなの?ゾンビいいよぉ

295 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/12(火) 00:46:07
真面目になんでゾンビが駄目なのかわからない。

296 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/12(火) 14:36:03
宮部みゆきは超能力とか魔法ファンタジーとかゲームの翻案とか普通にやってるわけだが。


297 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/12(火) 20:36:03
>>293
生ける屍(笑)とか書いたほうが良かったのか?
捻るだけが文章力じゃないよ。

298 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/14(木) 15:43:53
数日振りに本スレ見たんだがものすごく進んでんな、なんかあったんだろうか

299 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/15(金) 02:24:59
荒らしで200くらい消化してる。

300 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/15(金) 13:14:23
煽りはスルーすればいいのに、マジ切れしてるものな。
批評人の中に、素人とは思えん男が降臨してたけど、たまにのぞいてるのか。。。?

301 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/15(金) 14:58:48
>>300
誰?

302 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/15(金) 17:21:27
とりあえず、一昨日くらいから読み返してみて。…注)あくまでも個人的見解。

303 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/15(金) 20:54:43
>>302
べつに別館が荒れるのを心配する必要もなかろう。
気になるからさ、具体的に言ってくれよ。

304 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/18(月) 05:06:46
スレ違いかもしれんが今描いてるミステリのトリックが多分
すでに使われてるようなベタなやつなんだがどうしよう

305 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/18(月) 22:57:32
すでに使われているのはある程度しょうがないが、ベタなのは致命的だな。
それを新しくor面白く見せるアイデアがあれば別だが。

306 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/19(火) 05:32:23
トリック自体に価値を持たせるんじゃなくて、
ストーリーそのものに重点を置くっていうのはNG?

307 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/19(火) 05:41:40
別に良いと思うよ。ホワイダニットのミステリなんかもあるわけだし。
ただミステリというからには魅力的な謎の一つや二つは欲しいところだけど。

308 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 00:29:37
本館、内容が無いよう

309 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 03:31:59
お前のような奴は妄想官能小説100枚書いてろ
それで「妄想はもう止そう」と呟け

310 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/24(日) 01:44:12
いいかげん秋田どうにかなってほしい

311 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/25(月) 00:19:16
まったくここは寂れたインターネットですね

312 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/30(土) 23:03:21
正直、文章自体を読むより酷評を読んだほうがためになるような気がしてきた

313 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/01(日) 00:08:28
>>304
密室殺人でドライアイスが解けたら鍵がかかるとかか?

314 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/01(日) 02:51:56
>>312
文章そのものを読まないでどうやって酷評を参考にするのか
聞いていいですか?

315 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/01(日) 11:55:54
 深夜の駅は、ホームレスたちの空間である。
 そこかしこの隙間を見れば、自身の体をダンボールハウスごと捻じ込んで眠る
ホームレスを観察できる。コンクリートの床は決して寝心地の良いものではない。
しかし、ダンボールの高い断熱効果と、幾重にも身体に巻きつけた新聞紙による
保温効果により、ホームレスたちは駅での過酷な生活に適応している。
 少なくとも、彼らは彼らなりの生活をしているようだった。その生活にピリオドを
打つのが、市役所環境課の僕の仕事ということになる。

(中略)

 僕は己の職分を果たそうとしただけだった。それだけだったはずだ。それなのに
なぜこの件は内戦にまで発展してしまったのか。単なるホームレスにそこまでの
カリスマがあったとでもいうのか。あの兎のように濡れた瞳が、大衆の母性本能を
くすぐったとでもいうのか。階級闘争に明け暮れた団塊世代の矜持心を呼び覚ま
したとでもいうのか。現代社会における謂われ無き搾取構造の解消はひとえに
闘争によってしか為されないとでもいうつもりか。糞。糞野郎。糞野郎ども。
 僕は支給されたニューナンブを握り締め、物陰から飛び出していった。

316 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/01(日) 14:06:52
>>314
一応文章が引用されている酷評とか、それなりの理由が書いてある酷評があるので

317 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/01(日) 14:34:48
>>315
ここ別館だから……本館にさらしなはれ

318 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/01(日) 18:40:31
>>314
すぐれた批評なら、文章を知らずとも参考になることは多いよ

319 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/01(日) 19:59:29
>>313
違うよ、つららを滑らせて部屋の中に居る人を刺し殺すんだよ。

320 :理系の人:2006/10/18(水) 18:11:58
"本質的"をくくった意味が伝わらなかったなぁ。
ま、人によって物を書くときの本質って違うだろうからしょうがないけどさ……

なんかある人を思い出した
「このリップルノイズをもう○mV減らす」とか「メインループを○mSec以下で回す!」とか張り切って設計してた人。
確かにいいものになるんだろうけど、必要と十分、目的と手段がごっちゃになってるんだよなぁ。
本来の目的は”良い製品にすること”であってノイズを減らしたり演算速度を速くしたりするのは”方法”に過ぎないのに
方法にとらわれすぎて着地点を見失う。もうはたから見てると最後のほうはただのオナニーに過ぎん。

俺が「違和感なければ視点なんてどうでもいい」って言ったのは
『最終目標は”視点を完璧にすること”じゃなく、”良い小説を書き上げること”なんじゃないのか。
 他人に喜んでもらえる(審査員含め)物を創ることなんじゃないのか』と常日頃思ってるからだ。
なーんか酷評スレの流れを見てると
「面白くするために視点を云々」ではなく「視点が云々だからダメ」というふいんき(何故か――)を感じる。
どうなんだろうな。俺の言ってることは、何も知らないド素人の意見、って感じなのかね。
以上独り言&専門用語で愚痴スマヌ

321 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/18(水) 23:48:35
>>320
何のために酷評するかってそれぞれがお互いに酷評しあってそれで改善していくため、なんじゃないかな、とか思ったりしてはいるのだが。
現実問題ただただ否定してるだけって希ガス。つくづく人間って否定するのが好きだなって呆れてしまう。

322 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/19(木) 05:58:23
>>320
描写不足。
後から言い訳するぐらいなら、
どうしてその言い訳をそのまま作品に書かないんだ。
括弧で括って強調するのは、内容を描写した前か後。
括弧で強調するだけで、書いてもいない内容を解って貰おうって馬鹿か。
見出ししかない新聞に譬えるべきか、目次しかない書籍に譬えるべきか。
内容を書け。内容を。

323 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/20(金) 00:08:11
内容に全く触れず否定するだけで欲求が満たされるって楽でいいね
酷評スレにうってつけだ

324 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/22(日) 03:12:24
日本語って難しいな。

325 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/24(火) 16:49:12
>>324
英語よりはね

326 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/24(火) 18:06:20
日本語は世界でも上位を争う難しさだにょ〜ん!

327 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/24(火) 18:38:18
と、日本語しかできない奴がいっております

328 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/24(火) 19:59:10
否定するのが楽しいのは、それだけ自分に自信が持てないってことなんだよな。実際俺がそうだし。
自分に自信を持っている人間は他人を否定しない、というより、する必要がない。
他人を否定することによって自分を上にしてささやかな優越感を得る。
しかしそんな優越感は何の役にも立たないし、結局自信にもならない。
それで無意味な酷評を繰り返してしまう。それに気付いた俺はこのスレを離れた。

329 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/25(水) 16:43:34
>>328
もういいよ、2ちゃんやめて働くんだ 残飯

330 :まこと:2006/11/17(金) 19:24:43
「私、あなたのしたいことがわからないの」
 そう、女は言った。そう言う女の顔はよく見えなかった。よく知っているはずの女だ。さっきから不機嫌になっていた僕は言った。
「俺のことがわからないって?」
すると女はたまりかねたかのようにもう一度言う。
「あなたの本当にしたいことがわからないのよ。私」
 そして女は下を向いて俯いた。女は泣いていたのだ。
 僕は立ち上がってもう一度女を見る。すると、何故か見えたのは毛の生えた黒い豚だった。それと、男の大きな広い背中。どうやら僕は僕でありかつ僕では無いみたいだと僕は思った。
 僕は女に言った。
「したいことだって?あんまり笑わせるなよ。そんな馬鹿げたことで」
 それで目が覚めた。気がつくとベッドの上で、もう朝だった。


331 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/17(金) 21:31:07
プロは名文でなくても、少なくとも文法的間違いがなく、意味が通る読みやすい文章を書く。

ここで酷評されるのは、文章の段階ですでにいろいろが欠点が見えるからだろうな。




332 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 22:24:55
プロは名文でなくても、少なくとも文法的間違いがあっても、意味が通る読みやすい文章を書く。

333 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/26(火) 01:17:12
文章を酷評されたんじゃなくて
人間性を批判されて
小説を描く自信を
失いました

334 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/26(火) 16:05:06
立ち直ってください

335 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/26(火) 16:15:07
>>333
イ`

336 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 06:03:54
日光を含んだ暖かい風が薄く短い草を揺らし、
僕たちの間を吹き抜けてゆく。
だんだんと草原の中に小さな潅木が見えるようになり、
傾斜もきつくなってゆく。僕たちは山へ入っていった。
道には人一人が通れるほどの幅に石や丸太が埋め込まれていたが、
それでも二人とも脇から伸びる枝をかき分け続けなければならず、
枝が揺れるたびに山独特の酸っぱい臭いを嗅がされた。
バッタがはぜてユラに飛びつき、
プリーツスカートの間で足をゆらゆらと動かし、
やがてどこかへ飛んでいった。鳥の鳴き声が聞こえる。
かん高い肉感的な音。そんな光景がいつまで続いただろうか。
道はすこしずつ険しくなり、道の片側は低木や草が生えた、
なだらかな崖になっていった。
もう片側には異様にもろい岩のような土が露出し、
僕が手をかけるたびにぼろぼろと落ちていった。
ふいにユラが道を外れた。しゃがみ込み、崖側の低木に手をかけ、
猫のように静かに降りてゆく。僕も恐る恐るその木に手をかけ、
降りていった。次に手をかけやすい位置にあった木には
ロープが結わえてあり、そのロープを握ると後は楽だった。
崖とはいっても、かなりなだらかな崖なのだ。下までついた。
振り返ると、目の前には湖が広がっていた。

337 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 18:54:34
で、これは何?

338 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 09:36:27
本スレの45が埋まったが、新スレを立てるか、
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1147500728/
を再利用するかしないといけないんじゃね?

339 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 13:23:10
新スレ立てておいたよ。

あなたの文章真面目に酷評しますPart46
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1168057184/l50


340 :3:2007/01/10(水) 03:33:07
裏情報ランキング
http://ia.kakiko.com/sami/2/xsx.htm
キムタクの超意外な過去

95 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)