5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

地下鉄サリン3/20最終電話 文學界新人賞38章

1 :3/20:2006/03/19(日) 11:12:36

絲山秋子……3/20 号外もらって喫茶店で読んで、自分なんか犬の糞っすよ。と思ったら電話が。こんな日だとは思わなかったよ。

長嶋有………3/20 自宅に深夜の11時半ごろに電話があった。

青来有一……3/20 東京の地下鉄でサリンが撒かれたようだ。残業後、飲み会断って帰宅したら留守録に文春からあった。

若合春侑……3/20 旅行先のアメリカ・ポートランドに国際電話で最終に残ったと連絡が。

モブ・ノリオ……3/20 友人宅で飲み会を開いていると、携帯に文春から電話が。

吉田修一……3/20(二度目) 昨年と同じ日。期待してジョギングしてからアパートに戻ると、自宅に文春から電話が。
      ……3/20(一度目) 以前居候していた友人宅に電報があり、連絡先が見つからず困っていると文春から。 

前スレ http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1141107343/

2 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 14:22:19
2gets

3 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 14:32:40
文學界新人賞スレの悪貨は、まちがいなくズニロウだ。
本人がそう思っていないところが、イタイ。

4 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 14:34:37
さて、文学を語りましょうか。
野球も文学であるとかそういう話ではなくて。

5 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 14:45:17
明日はどんな方に電話が行くのでしょう?
若手?古参?男?女?2ちゃんねらー?非2ちゃんねらー?

6 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 16:03:03
中堅、非2ちゃんねら。
なぜなら俺がそうだから。

7 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 16:05:41
2ちゃんねるやってるやん!

8 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 16:13:49
>>1
スレタイ最悪
サリン被害者に失礼杉

9 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 16:24:50
ハニロウの仕業に違いない。
ろくでもないやつらだ。

10 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 16:58:23
いま思うと、陸軍参謀会議の決定はおかしかったと思う。
あそこは絶対一気に米本土に上陸作戦を展開すべきであった。
上陸地点もシアトルと決めていたのに、阿南の奴が怖じ気づいたのだ。
奇襲しか勝ち目がなかったというのに。悔やまれる。

11 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 16:58:42
こうして電話を待ってるときはいいが、4/7に本屋で5月号見たら
予選通過さえしていないことが判明したときの、あの虚無感はどうすりゃいいんだ。

12 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 17:02:00
簡単なこと♪
そのまま右手を股間に

13 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 17:04:42
>>11
結局、参謀どもは勝つ気なんかなかったんだ。
早くに野島海軍大将を擁して、全軍の統率権を掌握すべきだった。歯ぎしりする思いだよ。

14 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 17:05:20
本屋でそんなことしちゃっていいのかよ。

15 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 17:08:59
てか、このタイトルに地下鉄サリンて入ったスレをそのまま使うのかよ
ハニロウ削除依頼出してこいよ
これはナシだろ

16 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 17:43:05
確かに立ち読みイクナイ

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 18:35:27
高山のカスが立てたスレのか?
それなら、スレタイに驚くほどのことはない。奴なら……

18 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 19:22:58
高山のカスはほんとに人非人だな。

19 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 19:28:32
名前も載ってない中間発表号を買うヤツの気がしれない。
俺なんて自分の受賞作が掲載されたとしても買わないよ。
そういうときは文藝春秋から送ってくるだろうし。

20 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 19:42:29
おいおい、マジで地下鉄サリンはまずいぜ。
いくら2ちゃんでもやっていいことと悪いことがあるだろう。
もし高山が建てたのなら、あいつはオウムなみの異常なカルト頭脳だ。

21 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 19:43:20
ズニロウ、出てきて説明しろ。

22 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 20:04:36
こんなスレタイを付けて、これからどういう言い訳をするのか楽しみだ。
世間に受け入れられる作家として、世に出ようとする者がすることではないからね。
それとも、DQN作家として売り出したいのか?

23 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 20:06:09
くらだねえな。
グダグダいってねえで高山のレスを待てよ。

24 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 20:10:15
高山が出てくるのは嫌だ。マジ、あいつの文章を見ると(読むんじゃない)暴力的な感情が湧いてくる。
そういう嫌な気分を人に起こさせる男なんだ。
めったにいないよ。そういう意味ではカルトだな。

25 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 20:19:44
純文学作家で食えるのが人生最高の生き方であることには変わりは無い。
だからこそその道は険しく辛い。

26 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/19(日) 20:27:04
おれは>24みたいに、このスレに張り付いて一人何役もこなし、
自演がばれていないとでも思ってんのかよ、このバカが、
と呟いてしまいそうになる男を見ると、ちょっと文が乱れる。


27 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 20:30:33
>>26
そういうのをスルー出来ないお前には、本当に失望する。
気に入らんのなら運営に行け。長引かせるような真似をするな。

28 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 20:31:51
>>26
だから、説明しろよ高山。

29 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 20:33:54
>>22は自分だが、>>24とは全くの別人だよ。

30 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/19(日) 20:33:58
>27
自分がスルーできないのは問題視しないのかね?


31 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/19(日) 20:34:55
>29
このスレをおれが立てたという証拠を示せ。


32 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 20:36:53
>>30
いい加減論点をズラして勝ち誇るのはやめとけ。ガキじゃあるまい。

荒らしは相手になるから調子に乗るんだよ。分かれ。
黙っていられないのならレス削除でもアク禁依頼でも、もっと頭の良い方法があるだろう。

33 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/19(日) 20:40:37
>32
よく言うよ。
真っ先に反応したのは、「荒らし」じゃなくて、お前じゃん。

それとも案の定、キミが一人何役くんかね?



34 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 20:49:46
純文学とエンタメとの違いは何だろうか。
芸術性追求の有無ではないだろうか。
自らの至高の芸術性を目指せる純文学作家はより高貴な仕事に属する。
こんな素晴らしい仕事はそうは無い。

35 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 20:52:20
>>33
だからな、俺を荒らしだと思うのは勝手だが、
その荒らしとここでレスをしあうことに何ら意味は無いだろ、と言ってんだ。
分かるか? 今のお前は、荒らしに釣られた荒らしだぞ。

36 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/19(日) 20:58:54
>36
だから、荒らしはとっとと引っ込めや。


37 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/19(日) 21:01:18
で、今晩23時頃になると、
改めて「スルーすればいいのに」という女ことばでのレスがつく。

たまにはパターンを変えて欲しいもんである。



38 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:01:49
いよいよ明日だ。どうだろう。電話は掛かってくるのだろうか。

39 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:04:23
>>38
自信は?

40 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:04:34
応募したときの携帯、解約しちまった。どーしよう?

41 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:05:07
人でなしの高山だなwww

42 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:05:29
イトヤンとこに何か出てないかね?

43 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:05:41
電報が来る

44 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/19(日) 21:07:01
>41
何が「www」なんだ? 馬鹿か。


45 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:12:37
>>31
違うのなら、違うとはっきり言ったらどうかね。

46 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:12:50
今回のやつではプロの作家は生まれそうにないな。
学芸会で終りかな。毎度のことだが。

47 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:15:03
>>44
気になるようだなwww

48 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/19(日) 21:16:45
>47
www

49 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:19:58
>>39
自信はないです。送った作品を読み返してみたけど。。。
自分の作品を読み返しても面白いと思えるものなのだろうか。

50 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:20:06
>>46
何で

51 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:20:59
↓電話来る人

52 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:21:29
え、わたし?ありがとぉ!

53 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:22:11
>>49
せめて明日までは気を大きく持てよ〜

54 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:24:23
↓電話来ない人


55 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/19(日) 21:25:34
悪かったね

56 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:27:35
↓電話する人

57 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:35:36
どこにすればいい?

58 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:43:11
電話は来るけど、内容が全然違う人


59 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 21:48:50
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

60 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 22:15:17
ワロタ

61 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 23:35:23
だからワシも作戦会議で言ってみたのだよ、青井君。
ガダルカナル海戦の大敗北を転戦などと言い換えたところで、我が同胞には見抜かれてしまうと。
鬼畜米英のスパイが帝国大學の中にも巣食っているのは明白ではないか。
どうみても勝つ見込みなど皆無だったのだよ。
それを無理矢理押し切ったのはかの東條ではないのかね?

62 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/19(日) 23:53:41
どうでもいいことだけど、ぶんぶん蜂太郎とかって、広島の高山和彦さんのことですよね。
この人、24時間2ちゃんに張り付いて、至るところでアホぶりを晒していますよね。
無職なんですか? 禿げで病気らしいですけど。
それにしてもすぐネタに釣られて這い出てきますよね。
スルーすればいいのに。
──とういうようなレスがほしかったんだろ。クソズンはw 早く薬飲んで寝ればいいのに。プッ。

63 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 01:30:09
死ねばいいのに。

64 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 02:03:58
ひとりくらい、待ちきれずに電話しているヤツがいるな。


65 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 02:05:19
電話するときは、文學界に対する意見があると告げろ。
そして文學界の内容について話せ。
取り次いでもらえるから。

そろそろいいなと思ったら、新人賞について切り出せ。

66 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 04:02:39
つまらんぞ。あまりにもつまらん。

67 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/20(月) 06:55:51
>62
パターン変えたら?
ここ5か月ほど、同じような文面ばっか読まされて飽きて来てる。

68 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 06:59:57
月曜日ってのは切ないね。
社会人はもちろんブルーマンデーなのだろうが
ぷー太郎にとっても
月曜日は図書館や公営のプールやスポーツ施設が全部お休みだ。
あ〜あ、どうすべえと
ぷー太郎も弱ってしまうわけだ。

69 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/20(月) 07:00:24
今度、ヒマになったら、悪貨くんのバカっぷりについて検証してみたい。
(以前は心の中で、「ポスト・モダンくん」と呼ばせてただいていた)。

みんなが気づいていることを、わざわざ書くこともあるまいと思っていたのだが、
本人がわかっていないようなので。


70 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 07:20:41
そろそろ俺も作家になって、会社勤めから解放されたい。
会社は地獄だ。

71 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 08:02:00
最終選考の電話ってどんな感じなの?

「あなたの作品が最終選考に残りました、おめでとうございます。
つきましては原稿に加筆修正を行いますので明日、こちらまで御足労願います。
では。あ、あとこの電話は他言無用でお願いします」
こんな感じ?
違うかったらツンデレ調で次の人ヨロ


72 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 08:10:55
加筆修正など求めない。

73 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 11:05:30
今は新潮板が旬

74 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 12:44:13
地下鉄サリン事件から11年。
ニュースで霞ヶ関駅での慰霊祭の模様を流していた。
遺族にとって、事件はまだ風化していないんだよな。
それを逆撫でするような、高山のあざといスレ建てには、心の底から戦慄を覚える。

75 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 12:49:09
最終選考に残りました。
もし選ばれた場合、お受けになる御意思はありますか?
(表彰式への出席や本誌への掲載、著作権などの問題等等)
その他、住所、本名、性別、年齢などの確認。

76 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 13:04:51
青来有一の『聖水』の文庫版に本人が一文書いている。
そのメインとなるのが、95年3月20日の最終候補連絡電話の件。
地下鉄サリン事件の日で騒然としていた日だった。
連絡をよこした、当時の編集長・庄野音比古と青来のやりとりがけっこう詳しく採録されている。
それによると、庄野は既に内心では『聖水』を受賞作に推したい意向がみえみえ。
内容のリアリティーにまでふれて青来に質問している。
つまり、受賞させたい作品の作者には、おおむね編集長が自ら電話し、内容面に関しても相当突っ込んで訊いてくるということだ。
このやりとりを通じて、受賞を確実にするために、若干の修整が行われる場合があるのだ。

77 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 13:21:32
二次以降は出来レースの要素が濃厚に入ってくるということだな。

78 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 13:57:11
青来の回はABブラザーズの松野大介も最終に残っていて、
島田・奥泉・辻原・詠美の四選考委員が推したものの
タレントは絶対NGだと浅田が一人で猛反対して
結局、次点の青来が受賞に到ったわけだ。
一人だけが推して受賞することもあれば、一人だけが反対して受賞見送りになることもある。
選考委員もそれほど肩持つ必要もないしね。たかが候補者に対して。

79 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 14:54:15
そろそろ電話くださっても良いですよ

80 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 15:23:10
夜の11時半ぐらいだから。

81 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 15:37:47
>>70
文壇も地獄よ

82 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 17:17:48
「タレントはNG」なのか?
だったら募集要項に「タレントは不可」って
ちゃんと書けよ。

83 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/20(月) 17:18:18
当日ですね。
なんだかニュースはワールドベースボールクラシックの準決勝のことばかり。
おいらもネットやったり寝転んだりしながら観てたけど。
明日決勝があるんだね。でもおいらはJEF戦へ行くので観られません。
11時プレイボールだから13時ぐらいまでなら観られそうだけど、最初の二時間だけ見て
一番良い最後の一時間を見られないんじゃ、ちょっとね。
スタジアムにも早乗りしたいしなあ。
だが今日は文學界の当日なのだ。
8回目の文學界応募。8回連続応募。
ああ、どうなるのか。
そろそろ会議スタートなのかな。いや、出前でもとって飯を食べて、そのあと会議で最終決定なのかな。
通常勤務を終えた今ぐらいからが、決戦であろう。

84 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 17:21:38
文藝から電話は、着信拒否にしておいた。ふふふ

85 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 17:23:06
>>84
意味不明。

86 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 17:23:53
ハニ王子様、ここにいたの?
朝日文学賞スレで呼ばれてましたよ。
今年は誰も一次・二次通過者の発表をしてくれないので、
みんな文句を言っていた。
ハニさん、あちらに二次通過者のタイトルだけでも
書き出してあげていただけませんか?
朝日の「トリッパー」がどこにも売ってなくて、
みんな困っているんですよ。

87 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/20(月) 17:25:47
>>86
そればっかりは、おいらの関与するところじゃないってば。
朝日新人賞の人たちはご勝手に。
おいらは文學界ですから。

88 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 17:35:18
候補者を決める選考会はお昼ごろにやりますがなにか?
夕方からある選考会は、最終選考だけですがなにか?

89 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 17:38:46
最終選考会はむしろ昼間にある。終わったあと、高級料亭で晩御飯。そのあとさらに飲み会があり、受賞者が在京の場合はその席に呼ばれる。

候補者を決める選考会はそろそろ始まる。

90 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 17:48:53
長嶋有が11時半に電話を受けたのは、在京だから(さいたまだけど)。
在京は実際に出社してもらうから、電話も短く済むし、後回し。

9時ぐらいからどんどん地方の候補者に編集長がじきじきに一人ずつ電話していく。
こちらは数十分と長くかかる。

91 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 18:17:09
編集長が全員に電話するかどうかは知らないが、
こういう電話って意外と長々と話し込むんだよね。

92 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 18:28:26
予選通過っていつわかるの?

93 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 18:30:13
>>92
そういう初々しい人を待っていた。
落選ばかりの捻くれものよりも、そういう事情のわかってないフレッシュマンを業界は求めているよ。

94 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 18:44:42
褒められたのか
馬鹿にされたのかorz

95 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 18:47:34
北これ

96 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 18:48:21
北これって言っても電話が来たんじゃなくて、
北にコレア料理店(=焼肉屋)があって
焼肉食ってきますってことだろ。

97 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 18:49:17
マジきた

98 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 18:52:44
これからビデオ返しにいくんだけど、
その間に電話きたらどうしよう。

99 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:03:43
マジきたっていうのは、マジで文學界から電話が来たってことじゃなくて
マジで北朝鮮料理(=絶食)して
断食ダイエット大成功ってことだろ?
そして今はリバウンド天国か。

100 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:05:37
100

101 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:06:58
電話こい!

102 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:07:56
>>115>>121には今晩……

103 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:09:18
電話から離れないでくださいねー

104 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:10:38
電話から離れないで臭いねー

105 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:11:14
電話が凄い勢いで俺から離れて行くのですがー

106 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:12:15
電話から煙が出てきたのですがー

107 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:13:34
電話が一瞬ファイヤーな事になったのですがー

108 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:13:47
青来有一の情報でも
残業して帰ったら留守録ランプがついていて……ということで
じゃあ何時に電話があったんだとわからない。

絲山の日記を見ても、いったい何時に電話があったのだとわからない。
号外を受け取って、喫茶店で読んで、家に帰って犬の糞っすようと日記を書いて
(その日の日記を書くぐらいなので、それなりの時間なはず)
そしたらその日の日記に後から付け加える形で、電話があったことを記述している。

いったい何時なのか。

109 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:16:15
23時

110 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:17:28
ブエノスアイレス23時。

111 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:19:52
そんな夜遅くに電話するなんて
非常識じゃないか?メールで良いっすよ。メールで。

112 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:20:18
14分

113 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:21:33
48秒ジャストで

114 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:24:00
23時14分48秒に電話?

115 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:24:32
それは出社する在京者だな。(神奈川、さいたま、千葉ふくむ)

116 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:25:07
地方在住者は電話も長いから先であって、しかも早い時間だろう。
早いといっても11時と比べて早いという意味で、まだまだだろう。

117 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:26:40
だってさ、ズン

118 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:26:44
キタ人はなにか一言書いて欲しいね。

119 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:27:22
イムニダ

120 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:28:20
俺もキタ人になりたいよ。いやいや北朝鮮のことではない。
北方領土のロシア人でもない。
電話キターの人になりたいわけさ。

121 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:28:51
待ち遠しいが、そろそろ晩飯なので失礼しようか。
いや別に携帯を持ち歩いたりはしないよ。
そういう電話来いっていう。

122 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:36:51
今このスレに張り付いている人って、
2000人くらい?

123 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:41:55
約ニ名

124 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:42:02
>>122
10人以内だよ、どう考えても。

125 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 19:57:44
テーハミング!
テーハミング!
テーハミング!

126 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/20(月) 20:00:28
PM8時になったけど、電話ないっすね。

127 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:00:48
↓おめでとう

128 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:00:57
電話かかってきたらどんなこと話したほうがいいの?(地方の場合)

129 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:02:24
電話が来るまで文藝論を展開しよう。
ぼくが書いたのはロンドンで出会った二人がエッチざんまい。
上、下、横、後ろ、
シックス・ナイン、ディープ・スロート、全部をやりまくる。
その二人は最後に別れる。
君たちのは?


130 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:03:42
>ディープ・スロート
じじいですか??

131 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/20(月) 20:05:48
ヤフーBBのトップページが更新するたびにバージョンが変わるな。

132 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/20(月) 20:09:10
応募作を思い出したが、あんまパンチがないなあ。
登場人物が死なないし、病気にもならないし、精神病でもないし、
ニートでもないし、恋愛話でもないし、
なんだか、なんでもない小説だったな。

133 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:13:45
吉田修一の「東京湾景」みたいな感じの恋愛小説だと、
すばるか文藝に応募するほうがいいですかね?

134 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/20(月) 20:13:55
ちみなかを驚かそうと思い、「ちみかよ」というペンネームをふと思いつく。
中間発表号に名前が並んで載ったら面白いだろうね、と思って。

「ちみかよ」から「君が代」を連想し、
「高らかに歌え、君が代」という題名に決める。
もちろん、丸谷才一の小説の題名をぱくった。
そして、題名に沿った内容を考えたわけだが……。

  朝、起きるとそこは「大和民国」だった。
  TVのニュースを見ると、
  日本民主主義人民共和国の高麗人拉致問題をやっていた。
  僕はいつの間にか、分断された日本で生活していたのである。
  そんな馬鹿な!
  僕は、「天皇は日本国民統合の象徴」だとか、
  「戦争放棄は日本の国是」といって警察に睨まれ、
  禁止されていた「君が代」を歌ったことでついに逮捕される。

とまあ、豊田有恒の「白日夢」からそっくり設定をいただいて書いたものである。

ペンネーム、題名、内容をぱくったこの小説だ。最終に残るはずもない。
以上、反省終わり。




135 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:17:46
ちみかな、だろ

136 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:17:55
きょう電話があることは間違いないのかな?
明日は休みだしな。

137 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:18:07
電話キテ―

138 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:24:36
べっ、別にあんたからの電話なんて待ってないんだから!

139 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:34:38
わ、分かってるわよ

140 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:36:16
ツンデレ同士って意外と面白そうですね

141 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:36:22
吃音が集うスレ

142 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:43:16
死ねばいいのに。
幸せになるのはカラスだけでいいのに。風とか銭湯とか大本営まで幸せになろうとするから。
迂回経路が自慰の色に染まってしまう。ばかばか。不幸な人は死ねばいいのに。
谷川俊太郎の詩ってなによ、あれ。めざしの塩焼きのほうがましだっていう説は正しいでしょうよ。さて。

143 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:57:33
俺は某賞のほうで予選を通過しているから、今後が楽しみ。二次発表が遅れているんだ。
文學界のほうはきょう電話がなかったから、もう終わったと同じ。
予選通過発表号なんか見たって、最終に残っていないんじゃ意味ないからな。
明日はWBC日キュー野球試合でも眺めて、しっかり脱力し、
次回用の作品にかかったほうがよかろう。言っておくが、これは独白だから。
他人には関係ないよ。

144 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 20:58:22
どっ、どうしても電話かけたいんなら、
早くしてよね。眠くなってきたし。

145 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 21:00:04
いまから三時間!

146 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 21:01:09
十二時?

147 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/20(月) 21:03:56
Q.応募先を教えて下さい。
A.〒102−8008
  東京都千代田区紀尾井町3−23
  文藝春秋 文學界編集部 文學界新人賞係御中

Q.応募要綱を教えて下さい。
A.未発表の小説、同人誌・他の新人賞の応募作不可
  400字詰め原稿用紙100枚程度の作品
  ワープロ原稿(A4版)の場合は換算枚数を明記
  表紙に枚数・筆名・本名・住所・電話番号・年齢・職業・略歴を明記右肩を綴じる

Q.原稿はどうやって綴じるんですか?
A.ダブルクリップもしくは紐で右肩を綴じる
  関連スレ ●●●原稿を綴じるには紐かダブルクリップか●●●
  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1065875542/
  
Q.タイトルはどこに書きますか?
A.1枚目にタイトルと枚数〜略歴を書いて、2枚目はタイトル、筆名、本文を書いたりする

Q.ワープロ原稿の書式は決まっていますか?
A.A4版(横)で縦書き。小さすぎる字や、上下の余白がない原稿は嫌われる
  (らしい)読みやすい原稿を心がけることが重要。あと連番はふったほうがよい


148 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/20(月) 21:04:16
佳子のまんこ舐めたら舌が痺れた

62 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2006/03/02(木) 09:51:14
Q.郵便局の窓口に原稿を持っていくのが恥かしい ><
A.郵便局でエクスパック500を購入して、ポストに投函する人もいます

Q.原稿がちゃんと届いたか不安
A.書留・配達記録、もしくはエクスパック500、ゆうパックで郵送すると、
  サイトで配達状況が確認できるサービスがあります(ゆうびんホームページ 郵便追跡サービス 参照)

Q.いつまでに出せば大丈夫ですか?
A.6月末日、12月末日に締切り日がある(当日消印有効)

Q.結果はいつわかりますか?
A.6月末日締切りは、9月20日前後に最終候補者へ電話連絡、
  10月発売の11月号に予選通過者発表、11月発売の12月号で選評・受賞作発表
  12月末日締切りは、3月20日前後に最終候補者へ電話連絡、
  4月発売の5月号に予選通過者発表、5月発売の6月号で選評・受賞作発表

Q.応募要綱に100枚程度ってあるけど、程度ってどういうこと?
A.必然性があれば150枚でもかまわないと、文學界編集長が公募ガイドの
  インタビューで語っています(ハニロウさん情報)
  また、過去スレでは70枚で1次通過した作品がうpされたことがあります



149 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 21:13:03
こんなに遅くまで!?ご苦労様です
って言ったらアウト?

150 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 21:16:35
アウト。日本語は正しく

151 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 21:23:26
このスレを立てたのは高山和彦ではない、ということでいいんだな、高山。

152 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 21:26:52
このスレの多くの住人が、固唾を呑んで電話が鳴るのを待っている
情景を想像するのは、応募していない第三者の俺にとっては、非常に
興味深い。幸運を祈る。アディオス!!

153 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 21:31:24
はやく電話かけないと寝ちゃうよ

154 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 21:33:59
二次予選通過作は編集者数人に読まれた作品って事なんだよな?

155 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 21:42:30
来たよ



156 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 21:44:28
これでも平気なのか、ズン。

ttp://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage62.htm
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763192132/249-0640179-2649907

157 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 21:45:35
ハニロウももうそろそろ通過しないとね

158 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 21:59:56
ワン切り業者の電話に出てしまったorz

159 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:03:14
しっかりしろw

160 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:05:00
誰か電話きた人いる?
俺はまだ。。。

161 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:05:50
もう10時すぎちゃったよ〜
泣きそう

162 :158:2006/03/20(月) 22:07:16
電話に過敏になっててワンコール終わる前にでちまった。こういう場合相手に
高額請求いくの?

163 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:09:30
悪徳業者が自分で自分に高額請求するってかw

164 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:09:35
これまでの情報からすると、地方在住者はもうそろそろアウトだね。合掌。
在京者は11時半くらいまでは頑張るつもりか? 健闘を祈る!


165 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:14:33
>>164
それ聞いて少し気が楽になったよ。寝ます。おやすみなさい。ノシ

166 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:15:33
鳴る気配が全くないのだが

167 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:16:48
さびしさ?

168 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:19:04
さびしさはじんじんと、もといリンリンと鳴る。

169 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:20:44
もうだめか。電話がきた人はいないのか?
いれば、諦めて寝るのだが。

170 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:26:37
別にゆっくり寝てさ、明日かけ直せばいいんでない?

171 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:36:27
終了しました。

172 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:38:14
もう終わりだな

173 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:47:07
あと15分だけ待ってみる

174 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:47:30
このスレを立てたのは高山カス彦ということでいいんだな、高山。
しっかしこいつって、ほんとにセンス悪いなw

175 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:54:13
学芸会を超える作品を書けばいい。
賞など後からついてくる。

176 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:55:57
と自分に言い聞かす175であった。

177 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:56:03
もう無理かな

178 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:56:50
11:30までまつニダよ。

179 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 22:59:53
ついここを見に来てしまう。
すばるを仕上げなくてはいけないというのに。

180 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:00:31
ガッデム・フォウン・イズ・リンギング!

181 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:00:38
終わったな

182 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:01:18
おらおら週刊誌オヤジ出てきて言い訳しろや〜

183 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:03:27
やっぱ駄目だったか。2000人もいるんだもんな。
そう簡単には最終には残れないよな。

184 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:06:54
申し訳ない……。
実は僕には午後7時頃に電話があったんだ。ここにも書き込もうとも思ってたんだけれど、
僕以外には誰も最終には残っていないようなので、遠慮してしまったよ。
編集の人はBさんといい、けっこう年の人のように思えた。
「あなたの作品が最終候補になっているんですが、確認しておきたいことがあります。
まず作品についてですが、一部矛盾がある記述があるのですが、これは修整可能ですね?
それから、既にゲラに組んでありますので、22日に社においでください。校正してもらうことになります」
とても温かい感じで、僕は緊張したままハイ、ハイとただそれだけを答えていた。
でも、まさか僕の作品が残るとは。小説といっていいのかどうかわからないような大胆不敵な断章の蓄積だったからね。
正直驚いた。そして、文學界って意外とふところが深いなと思った。
それと、僕は某大学の3年生です。

185 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/20(月) 23:14:54
次に書く小説(題名未定)

地球上のあちこちに黒いガスが立ちこめるようになる。
このガスの正体をきちんと突き止めたのは、
高校生達のネットワークであった。
このガスは数十年前、地球に突如として発生した生命体。
約40億年ぶり、2度目の生命誕生の事実に沸く高校生達だったが、
既存の大人達は「気持ち悪い」との理由でガス生命体を抹殺しようとする。
高校生達にも対応策を依頼する。高校生達は悩んだ。
実は彼らは自分たちも、
人類が新たに進化を遂げた形態であることを知っていた。
ガス生命体はこのまま知的に進化する可能性を持つばかりか、
地球の重力を離れ、宇宙空間を漂う生命体にさえなりうるのである。
「宇宙を自由に漂う知的生命体」を見てみたい高校生達は、
ついに邪魔ものでしかない既存人類への攻撃に乗り出すのであった。
そして……。



186 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:15:23
>>184
 君の言葉は信用できる。

187 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:19:58
『しだれ柳のマッカラン』で残っている「夢幻」のホスト花森健次郎だけど何か。
俺んとこにはもうとっくに電話があったぜ。10日頃だったかなぁ。
著者校正とやらもとっくに終わった。
しかし、俺は賞なんてどうでもいいぜ。文藝春秋から本を出してもらえればそれでいい。
ホストはしばらく続けるけど、学生でもあるしな。ま、就職はしないけどな。
作家になるよ、そりゃw


188 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:24:50
選考が長引きまして
電話連絡は明日にすることになりました。
あしからず。


189 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:27:33
糞オヤジの言い訳まだ〜?
こんどは誰が悪いニダ?下読み?社会?流行?

190 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:43:51
このスレ全然盛り上がってないね。

191 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:47:43
股間はいつも盛り上がっているのだが……。

192 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/20(月) 23:48:41
すっごーい♪
そーっとなら、何をしてもいいのよ。


193 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:49:23
ハニロウはどこ行った?
もしかして電話あった?

194 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:53:49
もう寝ます。
本当にありがとうございました。
また半年後にお会いしましょう。

195 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:54:13
静かに最後の夜は更けてゆくのであった。

196 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/20(月) 23:54:42
ちみかなも見当たらない。もしや……?
ポスト・モダンくんも、>143を書いた後、姿を消した。

と思ったら、>184にいた。


197 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/20(月) 23:57:41
なんでポスト・モダンなの

198 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:02:04
電話の鳴らないヤツばかりがこのスレを見るのか。
オイラもだけどな。

199 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:02:23
題名と筆名を変えて新潮に送るぞ

200 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:03:50
はぁ〜

201 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:08:10
6回連続で落ちた

202 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:13:38
まあ、運が悪かったと思って、とっとと次作に取り掛かりなさい。

203 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:14:51
人生オワタ

204 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:15:56
>>185
何これw 高山カス彦ってどうしようもないな。センス悪過ぎ。自分で気づいていないから昆虫なみ。
猿はもう少し学習能力があるもんな。

205 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/21(火) 00:19:18
だめだこりゃ。電話ない。しょぼくれだ。

206 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:19:22
\(^o^)/人生オワタ

207 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:21:48
大川は文學界のボブだな。プンプン。

208 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:23:20
紀尾井町と俺の家との間には時差があるはずだ。

209 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:25:30


         ハ_ハ  
____   ∩ ゚∀゚)')  とりゃ!
    |\  〉  ,_O 
    |   .(_/
  二 .| |\.\
     .|  \|\\          _
  二 .| |\ \| |        
    .|  \|\  |         
  二 .| |\ \| |        
    .|  \|\  |         
  二 .| |\ \| |
    .|  \|\  |
  二 .| |\ \| |
    .|  \|\  |
  二 .| |\ \| |
    .|  \|\  |
  二 .| |\ \| |
    .|  \|\  |

210 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:29:55
新潮、文藝、すばるの〆切までまだ10日もある。
最終に残らなかった作品を200枚に増やして新潮の応募するぞ。
ただ増やすわけでは当然ないよ。やり方がある。まあ、見ててくれ。

211 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:29:58
どう考えても今日だよな。連絡。
本当にありがとうございました。
一から出直します。

212 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:34:59
騒いでた薄汚いオヤジどもが
一転静かになったなw

213 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:36:13
祭りは終わった。さあ次のステージへ。ふ。




214 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/21(火) 00:38:32
また駄目だったのか。またかね。
ああ、どうしてこんなに駄目なのか。
悔しいね、辛いね、逮捕されたのモニワさんじゃないからね。

215 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:39:35
オール読物の中間発表が22日にあるな。
こっちももう最終候補は決まっているんだろうか?

216 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:40:21
自信作だったのに、残念だよ。
二次通過もできてなかったら、もう書くのやめるです。

217 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/21(火) 00:45:58
これ以上、今の調子でやり続けても手ごたえないわな。

218 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:46:17
そうしなさい。

219 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:49:30
自分を責めても無益。毎度の選評「今回は低調だった」がオチ。
リーマン編集部員の識別能力をどんだけ信用すりゃ気が済むのか、我々は。
今週のテーマ「ラブラブからブロークン・ハートへ」

220 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/21(火) 00:50:18
レスをずらずらっと読んでみても、意外と先延ばしがないね。
たとえば
今年は18〜21まで四連休で、22日が最終候補決定会議
とかいう展開はないわけ?

おいらはすっかりその気まんまん。

221 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:51:51
ヘタレ達の言い訳会はじめようぜ!
まずはリーマン編集部が悪い、と。
うんうん。そうだよ、そうに違いない!君は悪くないよ!

222 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:53:47
>>220
そうだと良いけどねえ…
でも毎年20日にやってるみたいだし、
今日はれっきとした平日だからねえ。

223 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:55:36
まだ電話が来ない。もう寝ようかな。もう少しだけ待ってみるか

224 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:55:54
>>220
きっとそうだよ。ハニロウが落ちていると思うねらーはいない。

225 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:56:54
>>223
きょうはもうないよ。いくらなんでも12時すぎて電話ない。
残念だよ。

226 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:57:14
普通に考えれば20日に連絡なければダメだよな
まあいい夢見たよ。会社を辞めてまで賭けたのに。

227 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:58:00
おまえらはちゃんと「傾向と対策」をやってるのか?
デビューできなきゃ才能も糞もないんだから、
アホ編集部員にも理解できるようにレベルを下げるんだ!

228 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:59:06
>>225
私はもう少しだけ待ってみる。編集部は忙しいと思うから。もう少しだけ。

229 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 00:59:43
>>227
おまえはやってんの?それで成果はでてるのか?

230 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:00:40
過去のカレンダーを調べたが、20日が休日の年でも、
連絡は20日だたようだから、今日というのは間違いないだろう。

231 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:01:12
ハニの言うように22日も可能性はある。
もう一日だけ夢を見よう!

232 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:02:36
>>230
がーん……
もうダメポですね。


233 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:06:52
「傾向と対策」なんかやってもムダだ。自分では賞を取れない
ような似非物書きの能書きなんか役に立たん。
「レベルを下げる」なんて以ての外。そういうのは、せめて一度
最終選考に残ってから考えることだ。とにかく、すべてを渾身の
思いで叩き込んだ作品を書くべき。

234 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:07:29
一時すぎますた。どう見ても終了ですね。
本当にありがとうございました。

235 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:10:16
モブの年なんか3/20は祝日の土曜日だったのに、
その日に電話があったというのだから、本当に終わりですね。

236 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:16:58
なんでそんなに20日に固執するの?
わたしは別に22日でもかまわないよ。

237 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:20:47
大川編集長が「傾向と対策」をやれって言ったんじゃなかったっけ?
「傾向と対策」をやれば新人賞なんか難しくない、とかって。

238 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:25:18
うーん、タイトルが悪かったな。
タイトル変えて新潮出しますんでヨロシコ。

239 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:30:14
編集長がそんなたわごとを言ったのか? ほんとなら、文學界も終わっとるな。
「新人賞なんか難しくない」なんて、なら、お前が取ってみろっつーに。

240 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:39:22
私は9年ほど前、連絡がありましたが、19日だったと
ぼんやり記憶してます。無知で自信だけあった
当時の、つまんない自作は最終でけなされて当然だったし、
ほんとうに助かったと思っています。長いこと無名のまま
好き勝手勉強できたし。当時の無知な自分からは
ずいぶん変身しましたが、だからといっていい結果が出るとは
かぎりません。デビューしてニ、三作で書かなくなる方も
多いようです。今日がとか半年後がとかでなく、どっしり腰を据え、
ずっとやればいいと思います。
とかいって今回、ちゃんと書いたのになぁ……うーん
もう落選ショックには耐性ついてるけど、ヘッチャラとはいかないですね

241 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:40:17
ハニの変節ぶりにはワロタ。
群像の24日はアバウトだが、文學界の20日はガチとか言ってたくせに。
ま、それくらい今回は切羽詰まっていて、簡単には諦めきれないんだろうな。
同情はするよ。因みに、漏れは非応募者。

242 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:40:41
なんだか待ちに待った3月20日は、あっさり過ぎてしまった。

243 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:45:33
私はもう少しだけ待ってみる。編集部は忙しいんだろう。

244 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:51:53
電話かかってこなかったんだけど、これを加筆してすばるに出しても
二重投稿にはならないよね?

245 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 01:57:55
加筆すれば良いんじゃないのかなあ。
あとタイトル変えて。

246 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 02:00:20
コピペ

> いっぺん書いた小説を勇気をもって全削除して最初から書き直すといいらしいですね。
>だめな部分は憶えてないんだそうです。いい部分だけがそのままで、だめな部分は脳が
>勝手にシェイプアップしてくれる。
> 元のを残すと、見てしまうからだめだとか。

247 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 02:03:24
>246
やっぱりそうだよな。
その言葉を聞いて決意が固まりました。
全部書き直すぞぉ

248 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 02:03:38
荒川ヲヤジがぱたりこなくなったのは笑える。

249 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 02:05:04
電話あった人、記念カキコおながいします。
優越感にひたってください。

250 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 02:05:30
>>247
ちなみに、それは杉井・電撃・プロの言葉だが。

251 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 02:12:42
>>240
最終選考までいった後、編集者とコネができたりしないの?

252 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 02:16:27
マジで書き直して新潮出そう。
まだ一週間以上あるじゃないか!

253 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 02:19:44
ラノベでもプロの言葉には説得力があるな。
見てリライトしちゃあ駄目なんだ。そっか。

254 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 02:43:36
1のメンツ見ると、上半期の方がレベル高いのが
応募してきてるのかな?

255 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 04:30:59
さっき帰宅したんだけど、やっぱり今日が電話の日だったのか。
もちろん俺には連絡無し。こんな時間に激しく落ち込むよ。
書き始めて早5年。ここ2年半くらいは本気で取り組んできたのに、
いつまで経っても最終にすら残らない。
ちなみにこれまでの戦歴は、すばる一次通過、新潮一次通過、
それと、小学館のきらら携帯メール小説大賞の月間賞1回と佳作1回。
まったく話になりませんわ。
今回の群像と文學界はかなり自信があっただけに、
やっぱり作家デビューなんて夢物語なんだなと思い知らされた。
もう筆を折ります。みなさん、頑張ってください。

256 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 04:38:55
おう、おめえのぶんまで頑張ってやるYO!

257 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 04:45:28
1次通過があるだけいいじゃないか
俺はそれすらないyo!

258 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 04:53:28

暗きより 暗き道にぞ入りぬべき はるかに照らせ山の端の月


259 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 05:11:40
>>257
一次通過っていうのは、あまり意味がないと思う。
ちなみに、きららで月間賞を獲った際に、
新潮で一次通過したものを改稿して、小学館の編集者に読んでもらったが、
「素人にしては良く書けてる」程度の評価しかもらえなかったし。

260 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 05:39:07
馬鹿どもやっと寝やがったか。
俺は起きたところだ。おまえらとは時間の使い方が違うんだよ、脳生理学に基づいているからなw
なに? 一次通過など意味ないだと? 冗談じゃねえ。
一次を通過するレベルの筆力を持っていてはじめて選考レースに参加したと言えるんだよ。
かなりの実験作を意欲的に応募して、一次も通らなかったが、完成度が増して一挙に受賞というケースもごく稀にあるが、
ほとんどは一次通過→二次通過という成熟ラインを経て最終にまで昇っていくのだよ。
だから、まずは一次を通過したのなら、とりあえずは小説を書いていってよいというお墨付きをもらったものと考えていい。
二次以上にいくのは、完成度+ユニークな個性。このへんが努力を超えた部分なので、なんとも悩ましい。
連続して何度も応募しても一次を通らない人は、ほとんどの場合能力不足なので、諦めてほかの道へ行ったほうがよいと、
編集サイドは折りにふれて本音を伝えている。

261 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 05:43:52
まだ期待している人には悪いが、
青来有一のときの1995年の曜日配列が今年とまったく同じなんだよね。
春分の日の祝日もおなじく21日(火)である。
青来のときと完全一致した曜日配列祝日配列である以上、
もはやこれまで。

262 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 05:46:53
>>240
春分の日の祝日の前日に電話という考えならば、1997年の3/19連絡というのも納得だな。
春分の日は20日と21日を毎年揺れ動いているからだ。

263 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 05:49:15
>>260
色々反論したいことはあるが、それはおいとくとして、
君は一体何者なんだね。
作品を書いたことがあるのか、新人賞に応募したことがあるのか、
あるとしたら、一次を通ったことがあるのか等々、これらに正直に
答えてもらいたいものだ。
俺も一次通過はあまり意味がないと思う。勿論、「あまり」であって、
完全に無意味とまでは言わないが。

264 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 05:50:39
>261
編集部は野球観戦に忙しいのかも、と思ったが、オウムのときの方が重大ニュースだよなorz

265 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/21(火) 05:52:44
おは!
さすがにしょぼーんな朝だな。
ワールドベースボールを家で見ていても、死にたくなってきそうだから
サッカーを生観戦しにいくことに決めたよ。もう早乗りで。キックオフ3時間前にスタ入り。
そっちのほうが気分的に楽になるし、盛り上がれるだろうしね。
家で野球をテレビ観戦だと
どんなにイチローや松坂が活躍していても、どうせ俺なんてしょぼーんとなるだろうし。

気分が落ち込んでる人は、ワールドベースボールのテレビ観戦をやめて
Jリーグを観に行くことをお勧めする。
いばっては言えないが、チケットはどの試合も山ほど余っているので大丈夫だ。

266 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 05:54:43
>>264
そうだな、オウム真理教の事件があっても、最終候補選定してたのだから。
というか、文春のある麹町駅の有楽町線も、
もろにサリンにやられたのだから。

だから家に帰れないというのもあったのかもしれない。
営団地下鉄が完全にストップしたものね。全駅閉鎖。
バスもタクシーもいっぱいで捕まらなかった山の手線内。道路も大渋滞。
交通機関が完全に麻痺してたものな。

267 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 05:59:03
ハニ、おは!
ま、どっちがいいかは、人によりけりだな。野球派かサッカー派か。
俺は野球派だから、もち、WBC観戦。文學界には応募していない第三者
だけどさ。
あるいは、家で一人でいるより、大勢のサポーターに囲まれている方が
気が紛れるということなのかな。

268 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 07:04:55
歴代受賞者の一覧が載っているサイトを知りませんか?

269 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 07:11:53
e-honの文学賞コーナーがいいのでは

270 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 07:19:19
青来のときが、今年と全く同じ曜日配列だものなあ。
さすがにもう期待できない。
グッドバイ。

271 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 07:23:30
9年前のファイナリストも19日だったか。
これは春分の日の前日ということなのだろう。
春分の日の翌日という展開は期待できないなあ。

272 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 07:33:29

絲山の場合

3/20(木) 文春から電話
3/21(金・祝)
3/22(土)
3/23(日) 文春へ出社 ゲラを受け取る
3/24(月) 校正の入ったゲラを自宅で直し
3/25(火) 同上
3/26(水) 夕方、文春へゲラの修正を提出

4/14 最終選考会 受賞

という流れなので、これと同じ曜日の展開なら、3/23(木)に電話で3/26(日)に出社で、3/29(水)にゲラ提出で、
最終選考会が4/17になるという可能性もあるのではなかろうか。
確かに青来の年と曜日配列が同一であるため、20日説は強いが、そんなものは常に変動する可能性がある。
なにしろ毎年スタッフは入れ替わり、編集長からして全然違うのだから。

273 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 07:35:47
てか、編集部の人はいつ休みなん?

274 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 07:37:26
年収2000万の文春社員が休みなど取らなくていい。

275 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 08:06:52
安心しろ、俺らがこれから書くものよりははるかに出来の悪いのが受賞するから。
マーケットにおける売れっ子純文学作家のポジションはまだ空いたままだ。


276 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 08:15:09
>>260
受賞作のほとんどが売れない、社会への影響力ゼロってとこを見ると、
才能が無いのは今の編集のほうじゃないかな。
いい編集が出てくるまでじっと我慢して書き続けるしかない。

277 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 08:24:11
他に送るなら題名以外に筆名も変えた方がいい?
筆名はそのままでいい?

278 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 09:24:46
他の新人賞の応募作不可ということだが、
一次も突破してないものを応募したらどうなるのでしょうか。



279 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 09:42:29
必死に自分の才能のなさの言い訳をするのもわかるよw
しかし、もっと大事なことは自作のどこがいたらなかったのか、謙虚に反省することだ。
小説もコミュニケーションのツールの一つだから、読む相手の評価に謙虚にならない限り、
ただのひとりごとだよ。

280 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 09:44:20
>>277, 278
うちではいりませんと突っ返された原稿を、
その著作権者である本人がどう使おうと勝手だよ。

それでも気になる奴は題名やペンネームを変えたらいい。

ただし(ここからが重要)、
一次で落ちるのは何かが足りないんだから、
全面的書き換え、または別のものを書く方が良いよ。

一次を通っていれば、時間をかけて改作すれば、
いろいろと勉強にもなるし、ストックも増やせるわな。

281 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 09:44:46
送らないで受賞する可能性は0%だが、
送って受賞する可能性は0%とは限らない。


282 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 09:55:15
文学の新人賞の大きな特徴は、
0%か100%かしかなく、間がまったくないことだ。
落ちるか受賞するかの2択しかなく、順位もつかない。
ただ、一次、二次、最終と3レベルで分けられるから、そこから出来を判断するしかない。
最終候補に残れば大差はないと思われるが、いくら選考委員とは言っても、人間が主観で選ぶので絶対評価では断じてない。
そこで主観に訴えるテクニックも必要となってくる。それに長けた作品が最後に残る。

283 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 09:56:55
>書き直しをしたならば、別な賞ではなく、
>「去年の落選作品を全面改稿して再挑戦します」と明記して、
>同じ賞に再応募したほうが、たとえまた同じ下読みさんに当たったとしても、
>好意的に読んでもらえるように思います。

と、「下読みの鉄人」に書いてあるが、こんな馬鹿はいないよな。
そもそも同じ下読みに当る可能性なんて10%以下なんだから。

284 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 10:04:28
うぉーおーおー高木和道

というわけで、みなさん駄目だったようで。
ところがたった5人の猛者たちだけが、このスレを見てにたにたしているそうですよ。

285 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 10:04:54
選評を読むと、最終に残った作品が、
最終に残るべくして残ったと思えないことが多い。

286 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 10:06:53
書き直してよくなるのは、主題や構想が水準以上である場合に限られるだろうな。
ただたんに文章と表現が劣っている場合には、そこを是正するのはなみたいていではない。
そこをよく検証することだ。ある程度自作を客観的に評価できないようでは上達はのぞめないよ。

287 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 10:16:47
もやもやしちゃうね。

288 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 10:25:35
もう少しだけ待ってみる

289 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 10:27:46
たぶん昨日、電話があったと思うよ。
毎年この日なわけだしね。
ず〜っと十年以上も。

半年タームでやってるから、割とドライにがちがちっと日程決まってるだろうし。
20日というか、毎年祝日、春分の日の前日でしょ。

最終に残る人たちも、最終常連がいるから非常に面倒だな。
予選通過常連でも、たいてい初の最終でそのまま受賞しちゃうからね。

まあなんだ、みんなお疲れ。次行こうぜ。

290 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 10:33:49
わかった。もう諦める。お疲れ。

291 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/21(火) 11:07:24
ついつい家に居続けて、ワールドベースボールを観てしまっているよ。
松坂登場。
テレビ見ている場合じゃないのだが、ああ野球みたい。
サッカースタジアムに行くのはちょっと待った。

292 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 11:09:53
書き直すも良し、新作を書くのも良し。
緩くやろうぜ。たかが小説なんだからよ。

293 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 11:55:00
ゴルァー、ハニが見てるから、松坂が一発くらったジャマイカ!
早く、サッカーを見に行くよろし!

294 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/21(火) 12:52:22
とろこがまだ家で見ているのだ。
ついついね。やっとこ4回が終了。
結局一回の4−1のまま来てるな。

15時キックオフだから、もう家を出たいのだが、もうちょっともうちょっと野球を。

295 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 14:23:44
私は30歳だが、高校生の自意識を扱った内容の作品書いても大丈夫だろうか?
たとえよく書けてても、作品の内容と年齢を見て一次でチョン扱いだろうか?
教えてエロい人。

296 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 19:58:51
>>295
どうしてきみがそんな心配をするのかが分からないくらい、
ぜんぜん問題なしだよ。

297 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 20:03:20
立ち止まることなく、新潮に応募しよう。〆切まで10日ある。
書き貯め原稿に手を入れて200枚に。前進あるのみ。

298 :295:2006/03/21(火) 20:06:14
>>296
書き忘れたけど、十代の一人称の物語だぜ。
30過ぎでそんな作品おくってくるの変だと思われないんだろうか?
と思ったのである。

299 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 20:17:10
>>295
心配性だね。

サリンジャーが書いた、16歳の一人称の主人公の話、知っているよね。
「ライ麦畑でつかまえて」を書いたとき、
サリンジャーは30は越えていたはずだよ。

要は作者と主人公の年齢差じゃなくて、
文学作品としてどれだけその主人公にリアリティーがあるかだよ。

300 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 20:32:12
>>251私の場合「残念ながら」との短い電話だけでした。
そこらへんはフェアですね。その後、他誌である新人賞を頂いたのですが、
雑誌そのものが休刊になってしまい……デビュー前の状態に戻った、みたいな
文芸誌にこだわらなければ、発表はネット上でいくらでもできる
かなり理想的な時代環境ではあるわけですが

301 :298:2006/03/21(火) 21:12:52
>>299
レスありがと。

302 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 21:52:52
>>298
どういたしまして。偉そうに言ってしまったけど、
まったく問題ないから安心していいよ。
これからも頑張ってください。

303 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/21(火) 22:18:12
>>300
海燕でしょうか。
実は私も同じような状況です。
頑張りましょう!

304 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 01:39:36
リトルモアじゃないの?
まあわからんけど。

もうすっかり諦めムードなのか。
たまには春分の日の翌日だっていいじゃない!!!

305 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 01:48:40
そうだそうだ、諦めるのは今日が終わってからにしようぜ!

306 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 01:59:56
逆にいえば、今日でもって打ち止めだな。

307 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 02:26:16
まあそうだねw
駄目だったら新潮に加筆してだすべ。

308 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 08:59:26
そんなことしても無駄だ。

309 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 09:32:53
そうやって新潮の応募数が増えると、
新潮の最終に残るのは駄作ばかりになる。
つまり文學界で一次落ちの作品が、
意外にも新潮を受賞したりするわけだ。

310 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 09:34:32
男→新潮
女→すばる
子供→文藝
でok?

311 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 12:21:44
>>309
それはあり得ないよ。駄作の応募が多いのはいつものことだし。
理由は以下だ。
1 枚数の問題。100枚前後ではよほど卓越した作品でないと、200〜250枚で力のある応募作にはとうてい勝てない。
2 文學界で一次も通らなかった100枚前後の駄作が、200〜250枚をきっちり書き切った新潮応募作に勝てるはずがない。
         ↓
つまり、なんの手もいれず、タイトルを変えただけでは完全下読みスルー。
対策は以下の2点である。
1 残り1週間で枚数を200〜250枚に増やす。
2 100枚前後のまま、大幅に改稿する。

さて、上記2つの対策を兼ね備えた有効策は、
●100枚前後の落選作に大幅に手を入れてタイトルも変え、ぜめて150〜180枚に増やして応募作にする。

さあ、あと1週間! 現実的な対策を立て、頑張ろう。もちろん俺も頑張るぜ。



312 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 12:26:50
一番良いのは、100枚の枚数はそのままに、
何がいけなかったかをよく考え、
半年かけて改作・推敲して、
次の文學界に出すことだと思うけどな。

313 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 12:44:49
>>311
自分もそれでいきます。はい。

314 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 13:26:35
>>312
そこまで落選作にこだわるよりも、100枚の振作を書いたほうが早いよ。改稿というのは、元の原稿に引っ張られて、
なかなか新味を打ち出せないものだからね。
僕も>>311の方針がいいと思うよ。落選ショックをバネにして、熱いうちに一気に大幅改稿する。
枚数もかなり増やすのだから、新作といってもよいだろう。

315 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 13:38:42
今回はみんな諦めが早いね。

316 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 13:45:40
結果わかんのいつ?
予選と受賞

317 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 14:13:41
>>316
あんたみたいな初々しい人の方が、投稿ベテランなんかより評価も高いだろうよ。

318 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 14:16:59
そう有頂天になるな。
他に五人もいるのだから。

319 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 15:08:38
大いに盛り下がったでつねw
受賞作掲載号が出る5月7日まで、こんな調子?
他賞の板に行くのがいいかも。いまなら新潮板かな。

320 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 16:14:30
小説書くのが男のたった一つの勲章さ、それだけを信じて生きてきた♪

321 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 16:19:45
それが崩れたのだからもう死ねば? 死ねばいいのに。プッ。

322 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 17:46:02
暴言イクナイ

323 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/22(水) 18:12:26
むふふ、おいらは直感でわかるのだあよ。
最終候補の選定が今まさに始まったことを。
今晩に電話がかかってくるに違いない。

たぶん応募者2000人へ、激しい意見を交し合う編集部内の躍動が伝わっていることだろう。
おいらはびんびん感じているよ。

324 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 18:19:15
ハニロウがそう言うなら、今夜が勝負だなあ。

325 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 18:33:19
ハニロウの直感なら間違いあるまい。だてに七回連続落選してはいまいて。

326 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/22(水) 18:36:30
ハニウララ

327 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/22(水) 18:39:05
シャペウラランジャ

328 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/22(水) 18:41:51
ウンエスパソー
ドイシエスパソー
トレイシエスパソー
クワトロエスパソー

うん!どいし!とれいす!くわとろ!

れーふぉっさエスパ
えーえーえーイッソエスパ

ばい こへ しゅーとエスパ ごーごーエスパルスごー

おーれーおーれーおれおれ
おれ!おれ!おれ!清水エスパ!

おお清水 ともに行こう いつまでも 俺たちがついている エスパ!

ら〜ら〜ら〜ら〜……おれおれ!エスパ しーみず えーすぱ!

べっちゃんこおれ! おれおれおれオーララ おれれ おらら おれれ おらら がーにゃエスパルス

329 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/22(水) 18:44:13
上記はおいらに最終候補を呼び込むための応援ソングだよ。

330 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 18:45:44
ほんとに今夜が連絡日のような気がしてくるな

331 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/22(水) 18:47:31
いいや、連敗記録をさらに延ばし、「ハニウララ」として伝説になれ!


332 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/22(水) 18:49:58
ここらで連敗記録は打ち止めだ。
予選通過したことないおいらでも、いきなり最終候補にどかーんと選抜されるのだよ。

333 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/22(水) 18:53:23
俺は文學界の一次にも通らなかった作品を文藝に送る。
高齢の応募者がいることを認識してもらうためだ。
42歳で大リーガーになったサンチェ・ペイジにちなんで、
「ペイジェ・アプローチ2006」と名づけた果敢な運動なのである。


334 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 18:54:59
激しくどうでもいい

335 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 19:14:26
ところで、文学界新人賞って選考委員て誰なん?

336 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/22(水) 19:16:02
テレビ神奈川で横浜と阪神のオープン戦をやってるな。
野球はながら見で楽しめるからいいわ。

横浜スタジアムの試合だが、阪神の応援しか聞こえないなあ。

337 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/22(水) 19:19:48
電話まだっすか。

338 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/22(水) 19:23:14
米米クラブが再結成か。
ベンチャーズみたいにやり続ければよろし。

339 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 19:27:16
祭りが終わった後で這い出てくるゴキブリども。ペッ。
世の中になんでハニズンのような無能低脳田舎者がはびこっているのか。
明日の希望も金も職もないこの中年ニートどもめ。寂れた駅前でゴミでも拾っていろてんだ。

340 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/22(水) 19:28:48
ハニロウのために探して来た。

篠原 文学界 77回 1993
3月25日頃、最終連絡

若合 文学界 86回 1998
3月24日か少し前に最終連絡 25日にゲラもらい、修正し、26日に渡す。 4月15日選考

絲山 文学界 96回 2003
3月20日最終連絡 23日にゲラもらい、修正し、26日に渡す。 4月14日選考 

都築 文学界 91回 2000
これは特別で、なんと、8月下旬に、最終に残るかどうかわからないが、
書き直してください、との連絡を編集部よりもらい、書き直して、編集部に持っていって、そして、結局、受賞した。

赤井 すばる 1998
7月1日最終連絡 22日ゲラ受け取り、25日電子メールで送る。9月3日選考
ただし赤井は当時留学かなにかでマレーシアにいたので、連絡がとれにくいと判断して、連絡が早かっただけか。
ゲラをファックスで送ってもらったのは7月22日だが、その間、特に何もなかったみたい。

341 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/22(水) 19:29:50
これも調査の苦心が窺える。

95回 二次通過「オレンジ」由真直人→97回文學界「ハンゴンタン」で受賞
94回 一次通過「人生の鳥」脇坂綾→46回群像「鼠と肋骨」で優秀作
92回 二次通過「冬の惑星」正木としか→群像「天国日和」でデビュー
90回 一次通過「美しい生活」都筑隆広→91回文學界「看板屋の恋」で受賞
90回 二次通過「ポケットのなかの金魚」正木としか→群像「天国日和」でデビュー
90回 二次通過「三十歳」長嶋有→92回文學界「サイドカーに犬」で受賞
89回 一次通過「終わりのない青春」浅尾大輔→35回新潮「家畜の朝」で受賞
89回 二次通過「世界の終わりという名の雑貨店」嶽本野ばら→小説すばる「コルセット」でデビュー
87回 二次通過「飴玉少女」都筑隆広→91回文學界「看板屋の恋」で受賞
87回 一次通過「ロマンス」永嶌有→長嶋有→92回文學界「サイドカーに犬」
85回 二次通過「モディリアーニ・モデラート」鈴木清剛→34回文藝「ラジオデイズ」で受賞
85回 一次通過「ヒーリング・エスケイプ」正木としか→群像「天国日和」でデビュー
81回 一次通過「普通の日」藤野千夜→14回海燕「午後の時間割」で受賞


342 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/22(水) 19:32:29
>>340
篠原一は奇数回だから、3月じゃなくて9月だと思うが。
若合さんのHPは見たけど、
いまいち何日の連絡かわからないね。

よっしゃ、まだまだこれからだ。

343 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/22(水) 19:36:20
さすが新人賞コーディネーター、ハニロウ。

344 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 19:38:34
3/26(木)ゲラを持って文藝春秋へ
3/25(水)ゲラを戴くために初めて文藝春秋へ
       『華麗なるオペラワールド』(東京国際フォーラム)
3/24(火)帰国
       ポートランドを発つ朝、国際電話が!
      「『腦病院へまゐります。』が最終選考の5作品に残っている!!!」

これでしょう。
24日には帰国してるわけだからさ、
ポートランドを発つ朝って前日だと思うけどさ、
なかなか居場所がつかまらなかったから連絡が遅かっただけかもしれんし。

絲山が三日間も貰っているゲラの修正期間も、たった一日に縮小されてるしね。

絲山の場合

3/20(木) 文春から電話
3/21(金・祝)
3/22(土)
3/23(日) 文春へ出社 ゲラを受け取る
3/24(月) 校正の入ったゲラを自宅で直し
3/25(火) 同上
3/26(水) 夕方、文春へゲラの修正を提出

というわけで、ゲラの提出日は絲山と若合で一緒なわけだ。それなら若合のときも最初の電話は20日だったんじゃないの?

345 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 19:44:36
 :.
 ::::..
  ::::...  なあ俺たちもう終わっちまったのかな?
   ::::...
   ::::... ∧_∧_∧
    ::::.(∀・( ´∀`)  バカ野郎!まだ始まってもいねぇよ!
   r -(  ( O┰O、
  ..::ii'⌒< <  ) 冊冊〉
  ::'、__,,l!しし(_)l!lJ´
          '、__,l!j



346 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 19:45:28
というわけで、今から会議室で最終候補の選定会議がスタートです。

347 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 20:16:10
ほとんどの受賞者が「応募してたことなんて、すっかり忘れてました」と発言しているので
待っていては駄目かもしれない。
むしろ、電話なんて知りませんよというフリをするべきだ。

348 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 20:46:55
高山ズニロウ、ざまあみろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

349 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/22(水) 21:26:03
そろそろ電話かな〜、むふふ。
受話器をごしごし磨いておこう。

350 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/22(水) 21:36:24
電話はいつでもOKですよ、編集部さん。
もうばっちり充電もしてあるから。

351 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 21:43:48
今回は最終候補を10作まで増やすことにしました。
そもそも他の賞は文學界の倍以上の長さがあって、評論部門まであったりするのだから
選考委員の負担は大きい。
それに比べたらたった100枚ぽっきりなど、10作ぐらい読んでもらわにゃ話になりません。

352 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 21:55:28
ハニは痴呆、もとい地方だから、可哀相だがもうアウトだろ。
ところで、ハニは岡山とかそこら辺の関西在住だと思い込んでいたのだが、
日本平とか言うのだから、全然違うんだな。まあ、そうでなければ、頻繁に
上京なんかできるはずもないか。
関西在住という先入観はどこから来たんだろう?
もしかして、漏れの方が痴呆(w

353 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 22:05:10
>>352
岡山が関西だって?
きみは確かにちょっと……

354 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 22:11:47
関西と書いたのは、ちょっと手抜きだったかな。
関西方面と書くべきだったかも。
それにしても、関東から見れば、岡山も関西(方面)のイメージだけどね。
広島までいくと、さすがにもう関西とは呼ばないが。

355 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/22(水) 22:13:01
岡山はズンだっつうの。
ズンとおいらは別人だってば。

野球の人らが凱旋帰国だよ。ニュースでやってる、格好いいなあ。

ところで電話がない。
もうだめぽ……また駄目やったんですか、8回連続で落選だったんですか。

俺はまた負けるのか(日向小次郎 中学生編決勝)

356 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 22:27:06
ズンは広島……

357 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/22(水) 22:31:44
本格的に電話がないな。
そろそろ飲み始めるか。
もうしょうがないぜ。
結局、電話は20日だったのかね。
この時間では、地方在住のおいらからしたら、もうアウトだ。
今夜は飲もう。
おいらはサッカースタジアムでは飲まないんだぜ。
素面でなきゃ応援する意味がない。野次は絶対吐かない。
でも今夜は飲む。
それじゃ。

358 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 22:33:59
明日があるさ。あさってもある。
とりあえずあさっての金曜までは待ってみることにする。
それからだ。すべてはそれからだ。だってなんにも物が手につかないんだもの。

359 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 22:34:03
ハニロウは、広島の島部に在住。なぜかズンも同じ。

360 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 22:39:45
みんなお疲れ。


とにかく、お疲れでした。

361 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 22:41:21
日本平って東名高速道路で富士山の手前だろ。静岡じゃないのか?

362 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 22:42:16
何スレか前からロムってますがよく分かりません。
ズンさんって人が高山さんで、タコ山さんは別人なんですよね。
ズソさんってのも見ましたが、これは……??



363 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/22(水) 22:43:07
テレビ神奈川が映るっていいな。
俺が川崎に住んでた頃、マンションの共同アンテナでは見られなかった。
VHFしかなかったんだよな、これが。


364 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 22:44:18
ズン=高山和彦(43歳) 昨年、岡山市内から広島県福島市へ引越し。広島県出身。

タコ山=ズンを叩くコテ。アンチズン。ズンが文學界に予選通過して以来の粘着。

ズソ=同上

ハニロウ=基地外

365 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 22:48:03
毎度毎度こんなバカ騒ぎをして。

366 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 22:49:56
まだ都内組は諦めるな。


367 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 23:01:01
>>364
おおぉ! なるほど、急に霧が晴れました!
タコ山さんはなぜズンさんを叩くのかが謎ですが、(すいません新参者で)
あんまりこの辺の事情には立ち入らない方がいいのかな?
 

368 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 23:07:16
>>341
85回二次通過「モディリアーニ・モデラート」鈴木清剛→34回文藝「ラジオデイズ」で受賞

鈴木氏が文学界で二次通過って本当だろうか。ラジオデイズでの筆力からいって考えにくい。
元コムサの企画部だし、題名からしてインテリ臭そうだから、それが色味になったのかもしれないな。
若い世代を捕らえるのはある程度うまいと思うけど。

369 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 23:10:28
オール讀物の中間発表が、きょう発売の4月号であった。
僕の応募作は一次予選を通過していた。だけど、二次はだめだった。
太宰賞でも一次を通過している。こちらはまだ二次通過発表がない。
文學界もおそらく一次は通過しているのだろうが、電話がなかったから最終には残っていない。
昨年の100回では二次予選通過。オール読物では今回同様一次予選通過。すばるで一次予選通過。
もう応募すれば一次予選を通過するのは普通になっている。文學界二次通過もこれまでに2回。
そろそろ、という気がする。何か一つ足りないのだ。たぶん、それはねじ伏せてしまう腕力だ。
それと題材。
一気に受賞に突き抜けるべく、題材を厳選し、腕力を磨くとしよう。
一度も予選を通過したことのない人たちも、せいぜいがんばりな。

370 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 23:12:13
文学界通ってすばるは通らないのか。若い? いくつ?

371 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 23:17:32
一次を通過するのが普通でなければ
書き続ける資格はないでしょ?
何を偉そうに言ってるのか意味がわからない。

372 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/22(水) 23:32:58
>369
そうだろうなあ。
このスレにあって、文章の巧さが突出しているもの。
たったこれだけの短い文章なのにね。さすがだ。



373 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/22(水) 23:50:45
>369は龍のファンとみる

374 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 00:02:08
腕力でねじ伏せるって、具体的にはどういうこと?

375 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 00:35:02
>>369これでは武勇伝にならない。大勢のそういう人たちが
応募してるはず。それに受賞しても別にたいしたことではない。
そもそもプロであれ掲載作品の大半はパッとしないし、文章もいたって普通で
読み応えもないことは、毎月買ってる人ならよくわかってるはず。

376 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 00:41:44
まあ、もちつけw

377 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 00:45:26
同意。
初心者と比べたらすごい実績かもしれないが、
そのレベルで食い込んでいる人は沢山いるよ。いるはず。
私も応募した作品が一次落ちだったものは一編もない。
初めて応募したものが最終に残った。
そのレベルが当たり前に書ける中で傑出するのが最終候補ってことだ。
天狗になったり、人を見下しちゃいけません。

378 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 01:14:19
初めてで最終に残ったのか。すげぇな。

379 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 01:17:50
一回一次を通っただけで売名コテハンを多用して天狗になっているのは、
ズン高山しかいないと思うのだが。
それに、>>377は、自分では気づいていないのかもしれないが、どこか得意ぶっている希ガス。

380 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 01:30:56
2000人も応募して、勝者はたった1人というわけか。
よほど卓越していなければならないということになるけど、
受賞作を読むと、なんだこの程度なら俺にも書けそうだと思ったりするのは、
自分の才能に無知だからなんだろうか。

381 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 01:41:11
>>379
ごめん、そんなつもりはなかったのです。
気づいてないだけなのかもしれない。
……だったら謝ります。
得意というより、続けてヨシという許可をもらって自信につながった、
というような感じです。
ごめんなさい、変な書き方してしまって……。

382 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 01:58:41
予選通過を「続けてよし」というサインとして受け止める人って多いよね。
しかし、考えようによっては、何度も予選だけは通るというのも、哀しい。
諦めがなかなかつかないだろうからね。
女とデートして、なんにもなくて、帰りに「じゃまたね」と含みのある挨拶をされるような感じ。
いっそ、「もう二度と会いたくないわ」って言われるほうがましかもなw

383 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 03:34:50
いろいろ比較してみると、文學界と群像がもっとも実験作に寛大だと思うが。
上のほうでけっこういいところまで行った人の話があがっているけど、
そこまで行きながら受賞できないのは、やはり新味がなかったからじゃないんだろうか。
ところが、冒険作というのは完成度の面でイマイチになる可能性が高いからな。
むずかしいもんだ。

384 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/23(木) 07:07:43
>379
たかが一次を通過したコテに異常なくらい嫉妬している名無しはいても、
その程度で天狗になっているコテなんていないと思うよ。


385 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 07:17:50
また駄目だった・゚・(つД`)・゚・  
8回連続で落選 ガ━━ΣΣ(゚Д゚;)━━ン
ぼこぼこぼこぼこぼこ 沈没。

386 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 07:21:46
もうやめれば

387 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 08:55:31
ハニはそもそもだな、280枚なんてふざけたことをやるから
いかんのだよ。幸運の女神に嫌われたというか、それ以前に、
編集部のブラックリストに載ってるかもしれん。
ま、いささか同情はするがね。
それにしても、今回はせめて一次通過だけでもしたいかも、だな。
俺は二次落ちするくらいなら、一次落ちの方がましという考えだが、
8回連続一次落ちというのはつらいものがあるだろうからね。
で、話は変わって、実はハニは連絡をもらっていて、厳しく口止め
されているため、偽装、空惚けをやってるというオチだったら、
これはすごい。なかなかの演技力と言えよう。
そういう結末をちょっとだけ期待している(w

388 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 08:58:44
そんな演技はまったくしてませんわ。
もうなんにもない、なんにもない、なんにもないよ。

389 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 09:00:02
だがおいらには直感が!
電話はもしかして今晩なのではなかろうか。
いや、そうに違いない。
今晩だ。今晩なのだ。
今晩こそ、最終候補を決まる会議が文學界編集部において開かれるのだ。
おいらにはそんな啓示が舞い降りてきたよ。

390 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 09:33:43
ハニロウがそう感じるなら、今夜が勝負だ。

391 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 09:40:15
ま、そんなことを言いながら、結局3月末までズルズルと
引きずるのだろうて。
ところで、選考会はいつなの? 正確には分からなくても、
例年はいつ頃?

392 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 10:09:07
電話キターと思ったら宅急便のお知らせだった。
男性の声で仕事口調だったから、文春かと思ったのに…orz

393 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 11:26:02
ハニロウが8回連続下読み落ちをカミングアウトしているが、
どうもこれはウソではないかと思うようになった。
つまりこの男は文學界に応募などしていないということだ。
もちろん、新潮や群像にも。
本人の言うところによると文學界だけでなく、
新潮、群像などに毎回のように応募していることになっているが、
それだけの筆力があるなら、せめて一次くらいは軽く突破できるはずだ。
こいつはまるで落書きのような原稿を応募しているということなのだろうか。
いや、たぶんそうではなかろう。どの賞にも応募などしていないのだ。小説を書く能力などからっきしないのだよ。
まるで道化のように創作文芸板でふるまって、同じレベルのちゃねらーの関心を集めようというあざとい偽計なのだよ。
そこまでして注目を集めたいのは、孤独感のためだろう。現実世界では誰も相手してくれないからだろう。
結局この偽計男は、低脳無能をウリにするなんとも不快な売名コテになっている。

394 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 11:38:15
>>393
その妄想を創作に活かせば?

395 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 11:52:42
実際に応募していて下読み落ちを続けているほうが無能の証拠なのでは?
応募していないのに応募しているというのなら、実際には応募していないのだから、
もし応募すれば一次予選くらいは通過する1%くらいの可能性もあるではないか。
まあ、いずれにしても、こうやっていじってもらうのがハニロウの目的なんだよw
みんな、けっこう釣られているわけだw

396 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 12:12:41
しかしまあ、4月7日で1〜2次通過が出たら、再びここも熱くなるかもだなw

397 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 12:55:20
神社エールの山田CMで勃起

398 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 12:58:30
村上春樹にフランツ・カフカ賞。
これで春樹のノーベル文学賞受賞が近づいた。
まあ、関係ないかw

399 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 13:01:42
フランス・カフカじゃなくてフランツ・カフカなのか。こりゃあ大変だ。

400 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 13:02:13
えびちゃんの上半身裸CMに勃起

401 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 13:20:50
>>397
>>400からするとそういうことか。てっきり映画電車男が勃起してたのかと。
隠し子いたしね

402 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 13:25:08
俺はプロミス清水章吾の「うたの会」バージョン。
ららーらららーらららーらららー♪
の旋律にモエ

403 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 13:30:33
拓郎っぽいよね

404 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 16:01:30
セインカミュと異邦人カミュに血縁があったとは知らんかった。

405 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 16:30:38
この板は終わっているな。

406 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 17:05:23
何だか今度は烈しく4月7日が待ち遠しい日々になってしまつた

407 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 18:44:18
まだ4月7日を待ち焦がれるのは早いぞ!
今夜なんだ。
ワンナイトフィーバー。

セインカミュ事務所かわってから仕事干されるの法則。

408 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 18:53:55
みんな元気がないぞー!
今夜に違いないずら。

409 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 18:54:31
おいらは新潮に1月に応募したが、すばると文藝はどうすっかのう。

410 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 18:55:03
おっと携帯電話がないでござる。
探してこよう。

411 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 19:05:53
諦めてないのはおいらだけか。
もう23日だものな。
23日っていったら、もう23日だもの。
死んだように眠るだけ。

412 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 19:21:30
ぐ〜ぐ=

413 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 19:33:31
携帯電話は見つかった。
とりあえず充電。
これでOK.

414 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 19:34:32
今夜電話がかかってくるはずと言いつつ
応募用のエクスパックを3つ買ってきてしまった。
今後も賞に応募していく体勢まんまんではないか。

415 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 19:39:49
プールに行って二時間泳いだら鼻水だらだら。
弱ったもんだ。

416 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 19:41:17
おーばーもす
ばーもす
まーるーきーにょす

うおーおーおー
たーかーぎーかーずみーちー

あ〜あ、おしまいなの?いや〜ん。

417 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 19:41:48
電話まだ来ないくま

418 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 19:44:27
くまったなあ。

419 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 20:06:18
のんきくん、の作者も死んでいたのか。
やっぱ運動せねばいかんよね、漫画家も。
ピザで雲真っ赤ではいかん。

のんきくんの作者は藤子Fのアシスタントのチーフで、いわばドラえもんの大半を描いてきたわけで
ドラえもん百科ものんきくんの作者が全部作った。
そのくらいドラえもんな人だった。

おしい人をなくしたもんだ。

420 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 20:10:54
誰もいないね。
木曜日の夜だからかね。はなもく。
はなこ。
あ〜、鼻が痛い。

421 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 20:13:51
でもなんかこう、これで書き続けていく腰が据わった感があるな。
とある小説を読んでいて、
職業を聞かれた主人公が「小説家です」と答えて、感激する相手の女の子が出版社を尋ねると
「まだ出版してない」と堂々と答える。萎えて怒る女の子。
こういう感じが漸くおいらもできそうなスタンスになってきたよ。
そう、すでに小説家だった。
堂々と。
出版してないけど。雑誌に載ったこともないけど。読者はいないけど。
そう、でも小説家なのだ。

今回文學界から声はかからなかったわけだが、書き続けていける態度が
はじめてから丸四年経った今こそ、じっくりと身にしみて沸いてきたよ。

422 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 20:14:43
だがまだわからん、今夜が山だ。

423 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 20:27:17
今夜が山田♪

424 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 20:29:05
文藝賞スレは初心者ばかりでいいのう。
こっちはもうくたくた応募者ばっかりじゃ。

425 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 20:31:45
プールから戻ったら体調がちょっとやばす。

426 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 20:33:42
高山チビハゲ=ズン=ハニロウ=ぶんぶん蜂太郎=君かな=フシハラ=……、

ああ、一体いくつのコテを使っているのか?

全て広島の高山なのだ。あの馬鹿が立てた今のスレタイを許しがたいと思うから、書いた。

高山は、クズだ。

427 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 20:44:32
ハニが狂ったようにカキコしてるな。
ほんとに狂ったか?(w
相手がいなくて淋しいようだから、漏れが相手してあげよう。
すばると文藝にどうしようかと考えているみたいだが、
もう締め切りまで1週間だぞ。肝心の作品の用意はあるのか。
どこかに応募したやつの続編とかいうやつ?
もしかしたら、群像落ち作品の焼き直しかもな。

428 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 20:48:35
やっぱりそうだったのか……。
それにしても、高山ってヤツはひどいな。
なんか、一度精神病院に入って、今は生活保護を受けながら引きこもりをしているとか。
つまらない自演連投を繰り返すハニロウもズン高山だったのか。驚いたよ。

429 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 20:59:44
久しぶりにミッシェルガンエレファントのチキンゾンビーズを聞いているが良い感じだ。
ゲットアップルーシー、バードマン。

新潮にはすでに応募済み。

新作は文學界に応募した奴の続編であるが、
いろいろ考えたが、前作あってこその続編なので、これを応募しても意味がないかもしれん。
やたら応募してもしょうがないしな。

430 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 21:04:55
狂ってるな。飲もう。

431 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 21:06:33
無視

432 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 21:24:34
べろんべろんでグッドバイ。

433 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 21:28:12
白状しちゃうと、3月20日を待ちながらも、ポプラ社小説賞応募作を書いてきたんですけれど、
ようやく完成しました。20日に連絡があったら無駄になるかなと思って、イマイチ気乗りしないまま
書き進めてきました。
20日の電話はありませんでした。がっかりしましたが、これでポプラ社用の作品に気が入りました。
明日からはみっちり推敲します。50万円の新潮はパスです。
どう考えても、気楽に書いて2000万円の夢が見られるほうがいいですよ。

434 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 21:38:15
ああ、そういうカキコ読むと、3月末締切の賞への応募者がポプラ落選組に回ってくれて本当にありがたいと思う。
余計な応募者が増えると下読みが大変になって、結局弱点の少ない平凡な作品が受賞するというのはよく言われる話だし。

俺の場合は愉しみながら書いて初めて出した文学界から最終の連絡が来なかったのを確認して、心置きなく何回も推敲した作品を新潮に応募することができる。




435 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 21:40:29
文學界も50万だもんな。
ポプラ社は大胆だよ。賞金に釣られてわんさとゴミクズが集まるだろうに。
しかも200枚以上なのに、選考はわずか3カ月で、中間発表などないんだ。
下読みは雑にならざるを得ないよな。

436 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 21:51:35
>>434
おまえみたいなヤツが多いから、新潮もやたらゴミ作品の応募が多くなって、困っているってよw
他賞に応募済み作品はお断りとしているのに、落選作を平然と応募してくるインチキが200人くらいいる。
せめて大幅に改稿してタイトルぐらいは変えろよな。
こういうヤツに比べれば、ジャンル違いのポプラ社に応募する人のほうが潔いと思うよ、

437 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 22:16:09
色褪せたな、すべてが。
敗残者のたまり場とは古今東西、津々浦々、こんなものさ、ふ。
話題は敗戦処理のことばかり。
もうおめーらに未来はなく、溜まりぬいた国民年金があるばかり。

438 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/23(木) 22:31:52
鼻炎薬を飲んだら眠くなってきた。
もう寝るか。
またおいらは駄目だった。まただよ。あ〜あ。またなんだよ。

439 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 22:36:28
明日がある、さ?

440 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 22:49:51
>>436
何ムキになってるんだw
まあ、落ち着け。
誰も他の応募作品を推敲して出すなんて言ってねーだろ。
新潮に出すのは全くの新作だけど完成させるのに苦労した作品ってことだよ。
ポプラに出すのが潔い?
賞金2000万円に目がくらんでるだけじゃねーかw
金額で決める奴は明らかにゴミだろ。
自分の作風と賞の性格を考えて応募しろよ、おい。

441 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 23:02:53
>>440
いいか、君ね、純文学を250枚も書いて新潮に応募して、万が一受賞にいたっても50万円だよ。
あくまでも万が一の場合だよ。
同じ万が一でも、ラノベっぽいエンタメを200枚書いてポプラ社に応募すれば、2000万円だよ。
夢を見るなら2000万円のほうがいいじじゃないか。
君と違って、僕は作家で食っていくことがなによりも優先なんだ。
ジャンルは問わないんだ。
そりゃ、君のように純文学ひと筋でやっていきたいさ。
でも、僕はそんな悠長なこと言ってられないんだよ。失業保険ももうすぐ切れるし、生活がかかっているんだ。
こういうくだらない(と君には思えるらしいけど)男もいるんだってこと、頭の片隅に置いといてくれよな。
僕だって辛いんだ。

442 :440:2006/03/23(木) 23:07:37
>>441
了解。
成功を祈る。

443 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 23:15:32
なんか、ポプラに送りたくなってきた。

444 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/23(木) 23:20:57
星野夏の「あおぞら」を実話として売り出す出版社に用はない。


445 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 23:23:59
同じ〆切のすばるや文藝の応募者が減る可能性もあるよな。
新潮は傾向が大幅に違うから、影響はないだろう。
文學界、群像もかぶらない。
賞金の話が露骨に出ると、生々しすぎていやだけど、惹かれるのも人情かもしれないな。

446 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 23:31:47
金と芸術性の問題は古くて新しい問題だ。
とくに純文学は売れないから、こんな話が出てくるとけっこう悩ましいよ。

447 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 23:43:13
ぶんぶん蜂太郎ことズン高山よ。
日本の全出版社がおまえになんの用もないってよw

448 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/23(木) 23:45:41
>447
>日本の全出版社がおまえになんの用もないってよw

そんな池に落ちた野良犬のようなオイラを、
そうやって叩いて楽しむ惨めな男がいるのですよ。


449 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/23(木) 23:51:17
>447
ちゃんとメシだけは食えているようだけど、惨めだね。
明日のことを考えることは出来ても、一年後のことを考えると不安だよね。
薬がないと眠れないし、悩みを話す友達はいないし、
医者が仕事で仕方なくお前と接していることは身に染みてわかっているし、
家族に至っては……。
家族だって、お前のことをお荷物だとしか考えていない。
生活のどこにも、人生のどこにも、「愛」はなかった。
「愛」によく似た言葉すら、味わうことなくここまでやって来た。
そして、今日も2ちゃんで俺を叩くんだ。
お前がどんなに求めても、決して手に入ることの出来ないものを、
たくさん持っている俺が羨ましくて仕方がないから。

いいよ、いいよ、いいんだよ。
もっともっと叩いてくれて。さあ……。


450 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/23(木) 23:55:25
こわい……。


451 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 00:02:27
ズ、ズン、おまえ、ついに本当に妄想の世界にいっちまったのか……。
大事にしろよ。あ〜あ。

452 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 00:07:46
病んでいるズン。

453 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 00:15:43
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

454 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/24(金) 00:22:25
誰の目から見ても可哀想。
早くよくなってください。

 426 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2006/03/23(木) 20:33:42
  高山チビハゲ=ズン=ハニロウ=ぶんぶん蜂太郎=君かな=フシハラ=……、
  ああ、一体いくつのコテを使っているのか?
  全て広島の高山なのだ。あの馬鹿が立てた今のスレタイを許しがたいと思うから、書いた。
  高山は、クズだ。

 428 名前:名無し物書き@推敲中?[] 投稿日:2006/03/23(木) 20:48:35
  やっぱりそうだったのか……。
  それにしても、高山ってヤツはひどいな。
  なんか、一度精神病院に入って、今は生活保護を受けながら引きこもりをしているとか。
  つまらない自演連投を繰り返すハニロウもズン高山だったのか。驚いたよ。


455 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 01:09:02
自分が病んでいることに気づかないのか、ズン。
早く自分専用の隔離スレに戻れや。そしてもう這い出てくるな。
そのほうがあんたのためだよ。

456 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/24(金) 05:21:34

【敗北宣言】

もう今回のことは一切口にはしないよ。
過去だ。
その上で先へ進んでいこう。

457 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 05:31:08
さてきょうも早起き。気持ちがいいな。朝ズバの時間だ。
起きて覗きに来たら、あいもかわらぬ罵り合いw
村上春樹が今秋にもノーベル文学賞を取ろうってときに、おまえたちは低次元な諍いか。
少しは自分の内面を掘り下げたらどうなんだ? 

458 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/24(金) 07:14:55
そういえば昨日、アマチュア無線の免許がおりた。
これで総務省公認のもと、電波が出せるわけだ。
びゅんびゅん行きまっせ。
アンテナも立てまくりなのである。ふっ。。


459 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 07:47:39
ズン=君かな→ズンは二次通過?

460 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 10:27:23
>>454
確かに似たような行がえになっているが、別人だ。
なぜなら、俺が>>426だから断言できる。

461 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 13:38:52
さて、秋にはいよいよ村上春樹にノーベル文学賞か。
またぞろ春樹もどきが急増するんだろうな。
夏頃からは、どの書店でも春樹コーナー設置か。
春樹の本を出している出版社は、すぐに増刷体制に入ることだろう。
秋から冬にかけては芥川賞なんかは話題にならなくなる。春樹は芥川賞をとっていないしな。
選考委員の不明さも暴露される。群像の株は上がるわな。それと講談社、新潮社も。

462 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 14:47:33
カフカなんていうタイトルの本を出したのも、こういう狙いがあったんだね。
カフカ賞とった人が大方ノーベル賞も引き続きとると。
な〜んだ、とる気まんまんじゃん。
海辺のカフカ。

463 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 15:23:17
大衆もマスコミも、『ノルウェイの森』しか知らないだろう。いや、これさえも知らないかも。
春樹唯一のリアリズム天然100%恋愛小説『ノルウェイの森』の累積部数は、460万部。
これだけ売れていてもなお、大衆にはセカチューだのいま会いのほうが有名なのだ。
つまり大衆とはそんなもの。テレビに出てこないものは有名ではないとほぼ完全に信じ込んでいる。
とはいえ春樹の場合、難解な『海辺のカフカ』でさえ60万部いっている。
なにがいいのかひとことで言えない春樹ワールド。
一種の麻薬みたいに心の襞に沁み入ってくるわけで、一度嵌ると考え方から言動までワタナベ君みたいになるという話もある。
この不思議さは容易に解読できないのだ。そのような独自の世界を構築した春樹に軍配が上がった。
まあ、誤解や批判を恐れずにひとことで言うなら、「想像力と物語力」がキーワードか。

464 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 15:53:24
ハニロウさん、大丈夫なの?
ちょっと心配になってくるよ。
いや、ちょっと、だけどね。
本人のこと知らないから、そこまで真剣には心配しないけど、
ROMってきた身としてはちょっとだけ心配になる。

私の知人は書き始めて10年目にデビューしたよ。
それまでは細かい賞(デビューとは言えない賞)では
大賞やら次点やら30個位とっていた。(もっとかもしれない)
応募総数は食い込んだ作品数の10倍らしい。
十分の一の確率では、なんらかに食い込んでいたの。
でも、やり続けた結果デビューにつながる賞を獲って単行本が出て、
今たしか7冊だったかな……その位出版されてる。
無名ではあるけれど。

まだ狂うには早いよ、ハニロウさん。
天才は一発でとれるかもしれないけれど、それは一握りどころか
一つまみの人。
努力型の秀才は頑張り続けて栄冠を手にすることができるのだと思います。

ヤケおこさないで行きましょう^^

465 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 15:59:25


466 :元週刊文春編集部:2006/03/24(金) 18:18:01
いやだからさ、マジで今晩電話だって。
さっき文學界の人たちがぞろぞろと会議室に入っていったもの。

467 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 18:24:02


468 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 18:27:11
>>466
それは、春樹の特集号の相談だ。

469 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 18:36:14
春樹がノーベル賞とるとしても、去年の人が10月13日だったし
毎年10月の上旬だから
まだまだ先のことだぜ。

470 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 18:43:07
次回の文學界新人賞の選考にも微妙に影響を与えるだろう。
その頃には最終候補作が決まっていて、選考会の頃だ。
春樹を超える意志をみなぎらせた意欲作を応募しておくとするか。
それとも春樹の高級フェイクでいくか。

471 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 19:23:21
春樹が10月にノーベル賞をとれば、芥川賞なぞ糞だということになるな。
事実上、最後の芥川賞受賞者が7月に誕生する。
それは今回の文學界新人賞受賞者だ。

すでにその最終選考に6人が名乗りをあげている。
そう、これを見ているおまえさんじゃよ!

472 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/24(金) 19:23:30
ハニロウはプールに行って塩素アレルギーでくたばっているだけ。


473 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/24(金) 19:27:06
講談社現代新書「他人を見下す若者たち」によると、最近の若者は、
「仮想的有能感」(他人を非難することで高めた自分の有能感)を持っているとのこと。

474 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 19:36:09
禿げ虫

475 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 20:02:50
春樹は芥川賞こそ受賞していないが、谷崎賞も読売文学賞も貰ってるんだから、
別に異端という訳でもないだろう。文壇と距離を置いているのは事実だが、
お互いに上手く利用し合ってんじゃないか?
春樹だって、本当に文壇に無関心なら、完全に無視すればいいのに、
事あるごとに自分は異端児だとを強調するのは、ちょっとあざとい。

476 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/24(金) 20:08:05
春樹は1作目、2作目が群像掲載で芥川賞候補になったあと
3作目を文學界に発表しているが、候補にもならなかったな。
候補になるのが当然の経緯に思われるが、非常に謎だ。
その作品自体、大幅に改稿されて、ページ数も倍以上に増えて、新潮から発売されている。
この経緯もまた不自然なものだ。

477 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/24(金) 20:10:46
村上春樹への質問を集めた本が朝日から出てた。
けど、「生協の白石さん」を意識しているような、いないような。


478 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/24(金) 21:53:44
明日は浦和へ行くぜ。
大宮アルディージャとの一戦。アウェイチケット1300円をGET。往復は青春切符で。
おいらは爆発するのだ、浦和駒場スタジアム。
清水エスパルス VS 大宮アルディージャ 15時キックオフ。

479 :タコ山カス彦 ◆Zun/DZ2mkw :2006/03/24(金) 22:06:07
延々と続く自演は醜いね。

480 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 22:07:49
春樹は自分を異端児などと言ったことはないよ。
孤独に徹し、付き合っても意味のない文壇から自分を遠ざけて創作に集中してきただけ。
こうした自立のスタンスは、好対照ながら村上龍にも通じるものがあるよ。
純文学作家はやはり世俗から一歩退いているほうがいい。そのほうが全体を俯瞰できるからだ。
群れないと何もできない日本人に嫌悪感を持っている知的中流階級には、
その孤独の生き方が好ましいものとして映じてきたといえる。

481 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 22:28:51
>春樹は自分を異端児などと言ったことはないよ。

つい先日の文藝春秋でもはっきり言ってますよ。
その他、エッセイ等でことあるごとに文壇との距離に触れています。

482 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 22:32:12
春樹の文体は平易・清澄でむだがなく、暗喩が幾重にもちりばめられていて、想像力を喚起する。
名作や音楽、料理などの取り込み方も実にうまい。
つまり独自の世界=ハルキワールドを自然につくりだしてしまう。
ここが凡百の小説と大きく違うところだ。
ほとんどがアンチリアリズム小説なのに、あざといファンタジーとは一線を画しているのも、
ハルキワールドの特徴だ。
この世界と拮抗する文学世界を構築できている現代文学の作家は、大江健三郎ぐらいしかいないだろう。
村上龍は『五分後の世界』から『最後の家族』『共生虫』のあたりに質の低下が見られた。
『半島を出よ』で復活した観があり、現在連載中の『歌うクジラ』(群像)は注目作といえる。

483 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/24(金) 22:37:04
村上春樹は小説に物語性を復権させる手法に長けている。
それ以上の難しいことは、知らん。


484 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 22:38:18
>>482
確かに春樹はうまいよね。
しかし大江なんですね。実は読んだことないんですけど、
とりあえず入門にはどのあたりがお薦めでしょうか?

485 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/24(金) 22:41:21
>484
「ヒロシマ・ノート」「個人的な体験」
必ずこの順番で。


486 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 22:42:43
☠ฺ

487 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 22:45:20
心身ともに醜い、高山ズンに幸いあれwwwwwwwwwwwwwwww

488 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 22:48:15
春樹入門にオススメは、やはり『風の歌を聴け』かな。『海辺のカフカ』もいいよ。
『ノルウェイの森』はそのあとにしたほうがいいと思う。これから読み出すと、春樹を誤読するおそれがある。

大江の入門には、僕は『性的人間』『セブンティーン』などを薦める。
ただ、流行すたりという見地から言うと、大江にインスパイアされるのは得策ではないよ。
春樹にインスパイアされるほうが、いろいろな意味で実になる。
文体を模倣するだけでも、なんでも描写できるツールを手に入れたような気分になれる。
もちろん、そこから自分独自の文体をつくるように努力しなければだめだ。真似はすぐ見抜かれる。


489 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 22:51:27
文學界の話題から逸れてきているが、もう完全に諦めたから、
仕方ないのかな。
ネタ振りも兼ねて、ちょっと質問を。
絲山の発言では、連絡をもらってすぐにゲラを渡されたことに
なってるよね(正確ではないかもしれんが)。これはどういうこと?
手書き原稿だったのかな。ワープロ原稿なら、ファイルをフロッピー
なりで手に入れてから、それを元にゲラを起こすんじゃないかと思うんだが。
群像の横ちゃんや文藝の星野は、確かにデータを要求されているようだし。
文學界は短いから、一から入力してゲラ起こし?

490 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/24(金) 22:54:33
>489
うろ覚えだけど、選考委員に渡す時には、統一したフォーマットらしいので、
最終候補作は入力してゲラ起こしになるんじゃないかと思う。


491 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 22:55:27
禿げズンの”お薦め”を見て笑ってしまったぜ。
こいつ、完全に勘違いしているなw しかも、エラソに「必ずこの順番で」だとw
自分がさも現代文学を読み込んでいるかのように浅薄な知識をさらしているが、
なんのことはない、読み方もわかっていないんじゃねえかwww 

492 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/24(金) 23:01:21
>491
代替案を出せばいいじゃん。

村上春樹に関しては、>488の意見に近い。
というのも、「ノルウェイの森」は途中で読むのやめたから。


493 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 23:05:54
俺が最初に読んだ大江の作品は「死者の奢り」だった。

494 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 23:08:09
ズンタコ山は、そのあまりのどん臭さが攻撃誘発性を生んでいるんだよ。
攻撃誘発性=ヴァルネラビリティとは、劣等であること認めず、
裏返しの傲慢さを品性乏しき各種の表現で示すことによって生み出される、妄想的優越感のことだ。
これが多くの健全な人を不快にし、結果的に叩かれる要因となっているわけだ。
児戯にも等しい仮想的有能感とは違って、こちらはかわいげがない。

495 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 23:09:28
>>485
なぜその順番にこだわる?
内容的にもまるで関係ない2作に思われるが。

496 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/24(金) 23:10:54
>>464
どもども。
まあなんでしょう、とりあえず、明日は浦和。

497 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 23:10:59
なるほど。

498 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 23:19:00
ズニロウってのは、まさにアラシ以外のなにものでもないな。それも加齢臭ぷんぷん。
もしオフ会でもあるのなら、配下のパシリを活用して、それなりの対応をしてやるぜ。

499 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/24(金) 23:28:27
>494
以後、気をつけます。

>498
怖いですね。
これからも一層外出しないよう心がけます。


500 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 23:34:26
花見にぐらいは行ったら? ウツも少しは晴れるでしょ。広島はもう開花したんじゃないの?

501 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 23:39:04
花見といっても、一緒に飲み食いする相手がいない。ほんとに花を鑑賞するだけ。

502 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/24(金) 23:44:13
みんなも浦和に来いよ。
明日は15時キックオフだぜ。
浦和だよ。
浦和駅から徒歩20分。
浦和ではじけようぜ。
浦和!浦和!浦和駒場スタジアム!

清水エスパルス VS 大宮アルディージャ

いざ浦和決戦、2万席あるけど、どうせ1万も入らないからみんな来いよ。

503 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/24(金) 23:54:02
広島から出てくるのか、高山ズニロウ。

504 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/24(金) 23:55:23
クリスマスと花見は一人でも出来る。
最近はバレンタインデーも自分でチョコ買って来てやってる。

ホワイトデーだけは、どうにもこうにも。

なあ、ハニロウ。

505 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 00:08:24
知的な文学カフェに、焼酎焼けした2人の加齢臭ニートオヤジが、
いやがらせに侵入してきたような掲示板だな。

506 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 00:26:39
今日も電話なかった…

507 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/25(土) 00:35:58
電話はとっくに済んでいるのだよ。諦めたまえ。道は長い。
こんなところで落胆している暇はない。
それより明日は
大宮と清水の天王山が15時より浦和駒場スタであるぞ。
当日券も山ほどある。(半分しかまだ売れてない)
とにかく来てみることだ。
浦和駅から徒歩20分だ。

508 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 00:53:25
(´・Ω・`)今回、最終選考に残った五人が全員60歳以上だったらどうしよう

509 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/25(土) 00:56:34
そんなことはない。
まあ前回が高齢の参考作出たわけだが。

おいらが残ってない時点で、もうどんだけでも弾けちゃってくれよ。
9歳のちびっ子作家でも90歳の老人作家でもなんでも来いや。

510 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 01:05:16
じゃあ、りはめの子が二次通過しててもいいの?

511 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/25(土) 01:22:00
桑井朋子の新作は今月号に掲載されているし、
巻末の執筆者紹介では職業は「作家」と紹介されているぞ。


512 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 03:41:52
高山チビハゲ=ズン=ハニロウ=ぶんぶん蜂太郎=君かな=フシハラ=……、
ああ、一体いくつのコテを使っているのか?
全て広島の高山なのだ。あの馬鹿が立てた今のスレタイを許しがたいと思うから、書いた。
高山は、クズだ。
高山チビハゲ=ズン=ハニロウ=ぶんぶん蜂太郎=君かな=フシハラ=……、
ああ、一体いくつのコテを使っているのか?
全て広島の高山なのだ。あの馬鹿が立てた今のスレタイを許しがたいと思うから、書いた。
高山は、クズだ。
高山チビハゲ=ズン=ハニロウ=ぶんぶん蜂太郎=君かな=フシハラ=……、
ああ、一体いくつのコテを使っているのか?
全て広島の高山なのだ。あの馬鹿が立てた今のスレタイを許しがたいと思うから、書いた。
高山は、クズだ。
高山チビハゲ=ズン=ハニロウ=ぶんぶん蜂太郎=君かな=フシハラ=……、
ああ、一体いくつのコテを使っているのか?
全て広島の高山なのだ。あの馬鹿が立てた今のスレタイを許しがたいと思うから、書いた。
高山は、クズだ。
高山チビハゲ=ズン=ハニロウ=ぶんぶん蜂太郎=君かな=フシハラ=……、
ああ、一体いくつのコテを使っているのか?
全て広島の高山なのだ。あの馬鹿が立てた今のスレタイを許しがたいと思うから、書いた。
高山は、クズだ。
高山チビハゲ=ズン=ハニロウ=ぶんぶん蜂太郎=君かな=フシハラ=……、
ああ、一体いくつのコテを使っているのか?
全て広島の高山なのだ。あの馬鹿が立てた今のスレタイを許しがたいと思うから、書いた。
高山は、クズだ。



513 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/25(土) 05:13:56
おはよ。

514 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 06:37:25
あぼよ。

515 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 06:37:32
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

516 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/03/25(土) 09:11:26
じゃあ浦和に向けて出陣じゃ。
ちょっと寝坊して、開場に間に合わないっぽいけど、まあ全然セーフよ。

517 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/25(土) 23:25:55
東大駒場で村上春樹国際シンポジウムが開催されている。
春樹のノーベル賞受賞の気運は急速に高まっているな。
文学事始めのビギナーの書くものに、またまた春樹もどきが増えることになりそうだ。
しかし、春樹ワールドにとって替わることができそうな体系的な文学者が大江健三郎以外ににはいない現在、
春樹の空気をどことなくまとった新人のほうが読まれやすいこともたしかだ。
俺は春樹作品をほとんど読んだが、もう一度重点的に読んでみて、新たにインスパイアされてみようと思う。


518 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/25(土) 23:32:17
学術論文では、
1)斬新性、2)有用性、3)信頼性が求められるという。

これを純文学で置き換えてみると。
1)斬新性は、独創性、新規性という意味で理解出来る。
 すでに誰かが書いた小説ではダメなのだ。
2)有用性については、小説の有用性とは、その芸術性にあると思う。
 構成において物語性において、そして言語表現において美しさを目指しましょう。
3)信頼性は、普遍性と置き換えてみたい。
 どんなに突拍子な設定でも、読み手の心に届けば成功作なのである。


519 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 00:01:10
たとえば春樹にインスパイアされたとカミングアウトしたとして、春樹ワールドを模倣するアホがどこにいるというのだ。
そういうやからは、ハナから相手にされないので、いっちょまえの新人の中には存在し得ないのだよ。
春樹自身がアメリカ現代文学にインスパイアされたように、春樹にインスパイアされて自分の固有の文学空間をつくっていく作家は多い。
それは真似でもフェイクでもなく、およそ言霊レベル、つまりはメタ言語レベルの問題なのだ。
言葉で小説を書いていく以上、体系だった一つの文学世界から自己を胚胎せしめていくのは、
洋の東西を問わず当たり前のことだ。
意味というものが時代精神を濃厚に映し出すものである以上、ある時代の空気を孕んでいる作品群を、
自作の糧としていくことができたなら、自作もおのずと時代精神に寄り添うことになる。
その塊が、現代文学というゆるやかな森を形成することになるのだ。
春樹文学にインスパイアされる作家がおしなべて優秀であり、数も多く、平均して売れるのはそのためだ。
そのような作家は純文学からラノベまで、幅広く存在する。
もちろん他の”流派”であってもよいし、
独立独歩で傑出しているなら(一派の長になる才能を持っているのなら)、それにこしたことはない。

520 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 00:10:56
クソズンはさながらマニラのスラムの生ゴミのような書き込みから判断して、
実に想像力の乏しいツマラナイ中年だと思ってきたが、
518を読んでその思いは確信になったぜ。
このヒロシマ方面の売名コテは、インスパイアと物真似の違いもわからないらしい。
物真似しかしたことがないからだろうな。こんなレベルのヤツが応募するのだから、そりゃ2000編にもなるわなw
選考の苦労とうんざり度が偲ばれるよ。

521 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 00:34:29
まったくの荒野に井戸を掘るのと、
地下に豊かな水脈がある土地に井戸を掘るのと、
どちらが労力の有効活用か考えてみれ。

522 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/26(日) 00:42:44
>518が「インスパイア」を否定しているように読めるのかな?

だって、
>学術論文では、
>1)斬新性、2)有用性、3)信頼性が求められるという。
という出だしからわかる通り、この文章そのものが、
とある企業の「論文の書き方」という資料を読んだ上での感想であることは明白。
つまり、インスパイアの一種。

ただし、今さら村上春樹をインスパイアする、という宣言もどうかと思うけどね。

>521
楽な道を歩んで行ってください。


523 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 00:45:38
っていうか不毛な論議はもうやめにしたらどうでしょうか?
本当にこのスレ面白くなくなってるよ。
まぁ、ズンを貶してるやつは、本当に低脳な書き込みしかしていない。
>>521は、ズンのことを言ってるのじゃないか?w
ズンを掘り下げても豊かな水なんて湧いてこないということだろ。
まあ、そういうこった。

524 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 00:46:41
高山チビハゲ=ズン=ハニロウ=ぶんぶん蜂太郎=君かな=フシハラ=……、
ああ、一体いくつのコテを使っているのか?
全て広島の高山なのだ。あの馬鹿が立てた今のスレタイを許しがたいと思うから、書いた。
高山は、クズだ。
高山チビハゲ=ズン=ハニロウ=ぶんぶん蜂太郎=君かな=フシハラ=……、
ああ、一体いくつのコテを使っているのか?
全て広島の高山なのだ。あの馬鹿が立てた今のスレタイを許しがたいと思うから、書いた。
高山は、クズだ。
高山チビハゲ=ズン=ハニロウ=ぶんぶん蜂太郎=君かな=フシハラ=……、
ああ、一体いくつのコテを使っているのか?
全て広島の高山なのだ。あの馬鹿が立てた今のスレタイを許しがたいと思うから、書いた。
高山は、クズだ。


525 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 01:07:05
出た出たw バカばっかし。なかでもズニロウがいちばんバカ。

526 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 01:15:58
m9(^Д^)プギャーーーッ
人をバカっていう人はいちばんバカ、って、おいらのことでつか?
スマソ。がっこ出てないんもんで。東大の方からきまつたw

527 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 03:15:00
最終候補連絡のリミットが過ぎてから、一気にスレがグダグダになったな。
まあ、ヤケになる心情も分からんではないが、それにしても、ちょっと
ひどすぎないか? 特にズンへの粘着叩き。
高山=ズン=ぶんぶん蜂太郎はその通りだと思うが、ハニやちみかなや
フシハラも一緒にするのは、およそ常軌を逸している。
それにしても、ズンはなぜぶんぶん蜂太郎なんてコテを新しく拵えたの?
どこかのスレでなにかトラブルでもあったのかな。ハニみたいに潔く1個
に固定しておけば、これほど粘着されることもなかったのではないかと、、

528 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 10:06:19
粘着しているのはズン高山とハニロウだ。
こいつらが出てくると、掲示板の質があっという間に低下する。
こういうやつを真性アラシというのだよ。犯罪的といってよい。

529 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 12:29:33
ハニロウは有益な情報を出してくれるから、非常にありがたい存在だ。

まあ、あれだな、イチローみたいな存在だな。うそ。

530 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 12:55:58
ハニロウもズンも煽ってる奴も俺も、みんな最終に残れなかったんだからさ、
そんなにギスギスすんなよ。

531 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 13:03:44
俺が最終に残れなかったのは、ズニロウという汚物のせいだ、
と、腹いせの対象にされているいじめられ役なんだから、ありがたく思え。
そのぐらいしか、この汚物どもがいじってもらえるチャンスはないぜw
叩かれるのがいやなら、てめえら専用の隔離スレに行けばいいのに、
叩かれたがって這い出てきやがるんだから、希望どおりにしてやったほうがいいんじゃね?

532 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 14:04:38
それにしても中田ダイマル・ラケットはおもろかったな。

533 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 14:10:24
>>527
君は、高山という異常人を分かっていない。
高山=ズニロウ、ズニカナ、ズニハラだし、それ以外の名無しでの自演も多い。

このスレの90%はズニロウの書き込みだ。

534 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 14:17:06
エーッ!
そうなんですか。ひどい……。

535 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 16:09:05
たまーにズンがUpする自作の梗概から察するに割りと佐川調なのではないかと
思うのですよ。要するに昔の中間小説風。佐川に割と根強いファンがいることから
結構需要のある作風だと思うのだが。でね、ズンは100回で一次通過してるわけ
だけどもなんで2000分の30の高倍率を勝ち抜けたのか。ズンの自己評価は
どんなものなのか。また、100回は結局「末黒野」佳作、におちついたわけだけど
(ダラダラしたツマラン話だった)「末黒野」にあってズン作品にないものって
なんだったと思う?ズン自身の自己分析が聞きたいのだが。いやマジで。ひとつヨロピク。

536 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 16:16:58
たかが一次を通ったくらいでw
そんな自己分析、知りたくもない。鬱陶しいだけだ。
だいたい、>>535はどうみても自演だ。

537 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 16:28:43
一次は70編くらいだろう?
二次で17〜20編。最終5編。

538 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 16:43:33
村上春樹がノーベル賞の有力候補になっているときに、何をぐだぐだわめいているんだか。
あえて程度を最低に下げようとする自演野郎がいるようだが、それもまたズニロウの仕業なんだろうな。



539 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 18:40:20
一度一次通過すれば、次こそは二次通過以上と誰もが考える。
でもね、確率で言えば、ほとんどの人がそこで終わり。
一次通過で調子に乗って、2チャンでコテ名乗り出したが、
その後の悲惨の結果を受けて、壊れてゆくコテたちが哀れだなあ。

540 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 19:05:32
哀れだよなあ。妄想領域で、ひょっとしたら自分はけっこういけるとでも錯覚してしまうんだろうなあ。
そうやって人生まで壊していくのかと思うと、暗澹たる思いにかられるよ。プッ。

541 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 19:21:19
人間ってお馬鹿なんだな。考えることの9割は幻想だもんな。
だけど、幻想も描けないようだと、現実には先行きなんの希望もないのだから、
深い絶望感に囚われて、練炭がほしくなっちまうんじゃね?

542 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 19:27:08
ズニロウに練炭をプレゼントしてやれば?
で、練炭ってどこで売ってるのよ。おれんちのおばあちゃん、死ぬ前は品川豆炭っていうの持っていたぞ。
今はないんだろ?

543 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 19:34:19
昔の家は隙間だらけだったから、練炭も使えた。
今のマンションなんかは、気密性が高いから、二酸化炭素が出るものは危ない。
なので、軽々しく練炭の話なんかしてはいけない。
人間性の問題だ。

544 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/26(日) 19:47:28
「暗夜行路」によると志賀直哉が尾道で住んだ借家は安普請で、
畳の間からも隙間風が入って来るような代物だったらしい。
そんな家が80年経った今でも保存されているのだから皮肉な話だ。


545 :タコ山カス彦 ◆Zun/DZ2mkw :2006/03/26(日) 20:06:30
>>543
>人間性の問題だ。

確かにその通りだよ。

それにしても、ズンが立てたこのスレのタイトルはあまりにもひどい。
高山の非常識さを示しているね。

546 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/26(日) 20:34:07
おれが立てたスレじゃないし。


547 ::2006/03/26(日) 21:09:24
こういう大嘘をつけるところは、さすがにズンだ。

548 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/03/26(日) 21:38:50
傷ついた。
この心が癒えるまで、最低でも2週間はかかりそう。


549 ::2006/03/26(日) 22:02:16
早速明日病院に行くこと。診察券があるだろう?
神経遮断薬を処方してもらえ。奇妙な妄想もおさまるはずだ。

550 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 22:16:15
クソズンはいじられるのがうれしいんだから、もうレスするのはやめれ。
無意味だ。売名コテというのは、叩かれようがなんだろうが、自分さえ話題の中心になっていればいいという、
きわめて自己中心的かつ思い上がったカスなんだぞ。

551 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/26(日) 23:39:40
妥当な分析だと思う。

552 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 00:41:58
みんなから嫌われるのはそういうことだったんだな。

553 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 09:08:26
群像スレに比べりゃ釣りが少ないね。
なんで、群像はあんな張り切った釣りが多かったんだろう?

554 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 14:22:21
文学が低学歴少年少女の慰みものになって久しいが、これは国力の衰退とシンクロしているので、
防ぎようがない。国家が中途半端に成熟すると文化はすたれる。
愚民が発言力を持つからだ。
古今東西、大衆は馬鹿で間抜けで欲深い。賢い大衆などは歴史上存在しなかったのだ。
その大衆の御機嫌をとる一つのツールとして文学が位置づけられている現状は、まことに見苦しい。
大衆の発言力を奪い、強力な指導層に国政と文化を委ねるニュー全体主義の出現を期待するよ。
言論統制しないから、ウソつきどもが横行するのだからな。

555 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 14:31:39

そういう妄想が小説のテーマになるんだよ。

556 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 19:25:37
俺以下のアホはいないと思う。
もしいるとしたら、そいつは人間ではない。
俺はチビデブで学歴も工業高校だし口は臭いし若はげだし仮性包茎だしニートだし、
オヤジはリストラされて毎日ブラブラしとるし、かあちゃんは弁当屋の店長と不倫してるし、
姉貴は駅前のスナックで時給1200円のカウンターレディをやってるし、
家のローンは残っているし、もう何もいいことはないよ。
でも、こんな俺に、生保のエリートサラリーマンを夫に持つエロっぽい奥さんが、
近寄ってきたんだぜ。ねえ、あなた、ウチの前はもう通らないでくれない? 娘が脅えるの。
ケッ、殺してしもたろか!


557 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 19:38:19
>>556

「ケッ、殺してしもたろか!」はいらない。

558 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 19:51:16
>>556
それを100枚にして文學界新人賞に応募するか、
あるいは、それを殺害の動機にして300枚以上書いてエンタメの賞に応募したらどうかね。

ズリネタ同様に、カキネタはいくらでもあるということに気がつくと、いくらでも新作が書けるぜ。

559 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 21:05:16
>>556
こういうアホ(自称しているんだからね)が主人公になる小説でなければ、時代は撃てないよな。
島田雅彦大センセが、今日の朝日夕刊の文芸時評で書いているとおりだ。彼はおこがましくも次のように結語する。
「次代の文学の主役は今まで劣悪な生活環境に耐えてきた者たちである」と。
島田自身、ろくな小説も書けないくせに、大学教授におさまって結構な生活を満喫している事実はこのさい不問に付すとして、
この煽りはそれなりに的を射ているといってよいのだ。
島田は常々「新人賞応募作はほとんどがどこかで読んだもののコピーペーストであり、パクリである。
もうこの手の身辺雑記には飽き飽きした」と言っているが、
あいもかわらず受賞作がチマチマした身辺雑記なのはどうしたことか。
というように考えていくなら、>>556のような生まれついての敗残者、怨念の塊が
状況を破壊する潜在力を秘めているのは明白なことではないか。
問題は、その怨念が世界を変え得る普遍性を獲得できるレベルにまでいきつくかどうかだろう。
「ケッ、殺してしもたろか!」という叫びは、馬鹿にした奥さんに向けるようでいて、
この現代そのもに向けられていかねばなるまい。そう、殺してしまえ、なのだ。

560 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 21:21:20
ノーベル文学賞なんか粉砕してしまえ! 
体制に無害なプチブルファンタジーで有力候補になるような金持ち作家も粉砕してしまえ。
そんな妄言を吐く俺はゴミだよ、ゴミ。それがどうしたよ。

561 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 22:28:32
たしかに今の世の中、殺してしまいたいヤツばかりだ。
しょうがないから小説の中で抹殺する。

562 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 22:48:11
このスレってなんでこんな頭おかしい奴ばっかなの?
スレタイのせいか?

563 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 23:13:07
それはね、スレ立てをした高山君がいるからなのだよ。

広島、高山……

564 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 23:24:00
>>562
真性馬鹿かおまえはw 創作文芸版で人を殺したいほどの怨念を言葉にするのは、
きわめてまっとうな精神だ。大衆に対する底知れぬ憎悪を持たないような愚鈍なるフェイクは、
ウフ、だの、あたし、だの、ボク、だのが泡のように湧いているラノベ板にでも行け。
文学が常識や既成の道徳の枠内におさまるとでも思っているのか。それこそ頭がおかしいぜ。

565 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/27(月) 23:34:14
腕力で既成の文壇を絞め殺すしかねえよな。やっちまえ!
読むと脈拍が上がり、世界が一気に更新されるような文章を叩きつけろ。

566 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/28(火) 00:00:00
次は応募し受賞したいと思う。

567 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/28(火) 00:17:43
>>564-566
1970年代にゲバ棒を振っていた文学部のお兄ちゃんが、
よくそんなことを言っていたもんだが、
いまだに日本に棲息していたとは……

568 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/28(火) 00:45:43
文学界新人賞向きの作品ってどんな感じ?
なんだか受賞作は普通の小説スタイルばっかだし。
例えば、あまりはっきりしたストーリーがないような作品は応募すべきじゃないのか?

569 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/28(火) 01:07:30
少なくともおまえが書くような小説ではないことはたしかだよw

570 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/28(火) 01:13:36
イカくせえ皮かむりインポやろうばっかりだなこのスレ。
下読みにも回されない燃えるゴミを拡大再生産しているだけだろうが。
文章で戦えないようなインポやろうに文学の明日を語る資格なんかねえんだよ。
笑わせるぜ。

571 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/28(火) 01:15:43
ダチュラだ!

572 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/28(火) 03:07:48
くぉらぁ〜! いい加減で寝ろよこのバカども、って、寝てないのは俺だけか。チェ。

573 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/28(火) 10:58:47
ホッホ。
ダチュラかw なつかしい響きじゃねえか。もしかして、まんこ丸出しSM嬢の栗戸理花の回し者か?
あのピンクローターねえちゃん、いまどうしてる?
金原ひとみに先を越されて、ネガっているんじゃなかろうか。

574 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/28(火) 13:54:37
栗戸理花はおととしだったか、『Fuk me tender』(講談社)で作家デビュー。
しかし全く売れなかった。
自分のHPで今も「スパンキングライフ』という日記を書いているよ。
同棲相手はやはりおととし替わっているな。
SMライブは定期的に開いている模様。ま、たいした女じゃないけどな。

575 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/28(火) 18:26:56
クソコテがいないと静かでいいなあ。

576 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/28(火) 20:11:54
栗戸理花こと大泉りかは、もうすぐライブドアの携帯サイトで連載小説を始めるらしいじゃん。
またSM女子大生が主人公だよ。自分が真性SM女だからリアリティーはあるわな。
こいつのオヤジ、講談社の広告局にいるんだぜ。そのコネで講談社からエロ小説出せたんだろうな。
しかし、ここまで開き直ると、なんでもありだなw ちんこまんこオンパレードだもんな。

577 :タコ山カス彦 ◆Zun/DZ2mkw :2006/03/28(火) 20:22:53
>>575
読んだ?

578 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/28(火) 21:31:08
栗戸理花こと大泉りか、本名武田今日子は、いまやいっちょまえのエロ作家。
もうちょい品がよければ大手エンタメ雑誌に書かせてもらえるかもしれないが、
今のままじゃ汚らしいだけ。およそ文学などわかっていない。
ただただセックス描写をえんえんと展開するのみ。それがどこか哲学性でも帯びているなら文学になる可能性もあるのだが。
村上龍のディープなファンなのだが、龍のこと、読み違えているんじゃないのか、今日子ちゃん。

579 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/29(水) 06:11:17
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

580 :タコ山カス彦 ◆Zun/DZ2mkw :2006/03/29(水) 21:22:47
ズン高山が書かないと、閑散としたスレになるね。

まあ、奴がいるから人が集まらない、という言い方もできるけど。

581 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/31(金) 16:33:52
やれやれ、きのうの昼からメシ食う時間以外、ぶっとおしで書いて、今朝ようやくポプラ社応募作230枚が完成。
さっき、とっくに完成していた新潮用の純文学230枚と一緒にエクスパックで出してきたぜ。
トリノ五輪とかWBCなんかがあって、ポプラ社用の応募作がなかなか進まなかった。
今週に入って、世間も少し落ち着いたので、こっちも集中できた。
丸5日で、残っていた120枚を書いた。もう指が動かないよ。我ながらよくがんばった。
しかし、毎日計画的にシコシコ書き貯めていくより、一気に仕上げていくほうがのるな。
今回、エンタメとはいえ、イマジネーションの飛翔にゆだねて猛スピードで書いていったら、
登場人物になりきったような感覚が何度も湧いてきた。こうなると、会話が生きてくる。
純文学のほうは、少し考えすぎてしまって、あざとさが見え隠れしていたかもしれない。
絶対に〆切に間に合わせようと頑張った今回、貴重な体験をしたように思う。
これを文學界応募作に生かそう。
──と、こういうようなマジな書き込みが要請される今日このごろなのではないなのかな?

582 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/32(土) 03:28:03
来週か……

583 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/32(土) 04:41:53
新潮昨日出してきたお。
純文系の次の目標は
六月末のここですかね。

584 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/32(土) 13:23:57
次回は103回か。
〆が6月30日。その同じ日、ポプラ社小説大賞の発表がある。
3カ月で受賞作&優秀作を決めてしまうのだから、まるで速読コンテストといった感じ。
しかし、文學界だって、実はほぼ2カ月半後には、おおよそ最終候補作の目星がついているのだ。
だから、単純作業の時間を短縮すれば、3カ月後には受賞作の発表も可能なのだ。
雑誌発行の都合で、今のような選考日程になっていると思ったほうがよさそうだ。

585 ::2006/03/32(土) 19:14:04
ズン、酷評スレを荒らすのは止めてくれないか。

586 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/32(土) 19:54:47
純文学を書いているからといって、意味もなく高いところから見下ろすような言い方をする奴がいるけど、
両刀づかいの僕に言わせれば、純文学など長いエンタメ小説を書いた後の息抜きでしかない。
読者サービスに徹して、自分とはかけ離れたキャラクターを操る面白い小説を書くと、
どうしてもオリのようなものがたまる。そのオリを吐き出す対象が純文学だ。
つまり別にエンタメよりも上に在るわけではない。むしろ心の汚泥を吐き出すタン壷みたいなものだ。

587 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/32(土) 20:08:50
それでいいんじゃね?
花見に浮かれる大衆から遠く離れて、孤独に徹し、世界に憎悪を叩きつけるのが純文学だ。
人並みに花見に浮かれようというのがエンタメ小説だ。
純文学を書く俺は、きょう花見酒に酔う庶民を観察に行ってきた。そして、缶ビールを買い、焼きそばを食った。
ケツに敷くものがなかったので、そこらに落ちていたコンビニの袋を割いてひろげてシートがわりにした。
ひとりでの花見もいいものだ。犬のくそほどにも関心をもたれない。ケッ、かっこつけたねいちゃんよ、てめえの顔よか連れている犬のほうがマシだっての。

588 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 05:38:12
次回の作品って、いつぐらいから書きはじめます?

589 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 10:08:09
たえず構想を考えておいて、メモなども貯め、実際に書き出すのは5月中旬。
それまでは4月末〆切の某賞にかかりっきり。5月10日〆の某賞もあるし、忙しい。
はっきりいって、文學界用の純文学を書くのがいちばん楽。
自分のことを吐き出せるからだ。この賞を獲ってもあまり生活に変化が生じそうもないし、
これまでの受賞者のその後を追ってみても、続いている人が少ないので、
賞そのものの有効性(作家として立てるかどうかの)には、少し疑念をもっている。
プロ作家として自立しようと固く決意している者は、おおむねそんな感慨を抱いているのではないのかな。


590 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 10:56:36
ちょっと依存症入ってないか?
そりゃあ書き続けることは大事だと思うけど。


591 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 12:01:31
僕の場合、書き出してから一応の完成まで、7〜10日。それで100枚前後。
しかし、構想やテーマ、キャラクター設定、文体の創出などに数カ月かけている。
発酵させる時間が必要なのだ。
書き終えたものを一度寝かせる時間も必要。これが僕にとってはきわめて大事だ。
自作を客観的に読むには、時間を置くほかはない。
ということで、応募できる作品にするまでに最低3カ月はかかる。
実際に書いている時間だけが創作時間ではないのだよ。書くだけなら、最短4日で100枚書けてしまう。

592 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 16:14:43
だから?

593 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 20:57:27
夢の後味というものは変に切なくてほろ苦い。
文学界でダメなのはやむを得ない。
みんなプロを目指しているのだから、レベルも高いだろうし。
ただ、俺だって地方文学賞なら、、という思いがあった。
しかも一番俺には書きやすい30枚。
まさか、これでダメなわけはない。
と自信を持っても臨んだが、二次選考にも進めず撃沈。
身の程を知りました。
さようなら、ありがとう。大人しく一読者として人生を全うしますorz

594 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 21:04:24
掛ける言葉は無意味かも知れんが、その原稿は大切にして欲しい。
そして何年後でもいいから読んでみて欲しい。
その繰返しの中からしか自分は生まれてこないんだって事を知ってからでも、
挑戦は遅くなんてない。

595 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 21:26:15
何歳から挑戦しようが自由だけど、問題は才能だよ。
見切りをつけて趣味で書くとか、いい読者になるとかの選択をする人が99%なんだから、
あまり煽ってもなぁ。
言っておくけど、この世界は激励の言葉がほとんど意味を持たないという異常な世界だよ。


596 :594:2006/04/02(日) 21:54:02
そっか、そりゃすまなんだ

597 :594:2006/04/02(日) 22:23:37
連スマ
ところで「無意味かも知れんが」の意味すら読み取れない
>>595 の才能はもうどれくらい試され続けているのか教えてくれるかな?

598 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 22:49:08
1年。

599 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 22:50:13
>>593
は才能以前に、題材が違うんだと思う。慰めてるわけじゃなく。
枚数とか賞のランクとか言ってる時点で何かをおろそかにしている。
それが悪いとは言わないが、そういう姿勢ならば、
そこで「才能」を持ち出してはいけないのでは。


600 :594:2006/04/02(日) 22:52:04
ありがとう、そっか、じゃあ自分もそのぐらいは頑張ってみようか。

601 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 23:04:46
2年間脇目もふらず、純文学からエンタメまで幅広く書いて、様々な賞合計で20賞くらいに応募して、
一編も一次予選すら通らなかったら、まずは才能はないと思って諦めたほうがいい。
僕はこの1年で合計10の賞に応募して、文學界の二次通過をはじめ、一次予選に3つの賞で通った。
そのため諦めきれない。しかし、あと1年で何らかの賞を獲得できないときは、潔く諦める。
それだけの話だ。表現行為のフィールドはなにも文学だけじゃないからな。

602 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 23:21:14
自分を深く掘り下げないとな。
予選通過ばかりで、なかなか受賞までいかない人って、結局自分が乏しいんだ。
よ〜く考えて、吐き出す言葉の一つひとつが、人とはまったく違う意味を持つようにすべき。


603 :594:2006/04/02(日) 23:28:17
>>601>>598 かどうかも分からない状態でこんな事を書くのは変だが、
少なくとも >> 595 の様な発言が出た時点でそれなりの追い込まれ方を感じた。
自分はまだ二作しか応募していないし始めたばっかりだが、気持ちとしては期限を持ちたいと思っている。
で、少なくとも緊迫感のある595が598であると過程して自分もそれくらいはチャレンジを続けてみようと思った。
自分は才能があるのか無いのかも分からないしそれは選考側が決める事だと今は感じているが、
それでも何らかの期限は自分自身の為に欲しいと思う。
そんな訳で、598並びに601には参考になる良い意見をありがとうと言いたい。

604 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/02(日) 23:36:54
期限を決めて、それまでは死にものぐるいで書きまくるぐらいの努力をしないと、
どれだけ才能があるかも見えてこないだろう。
打ち込んでいる間は、24時間中作品のことを考えているくらいでないと。
もちろん息抜きは必要だけれど、それはフレッシュなアイディアを外部から引き込むため。
スポーツ選手が一度脱力すると、元に戻すのに一から体を作りなおさなかればならないように、
物書きも、一度書くのを中断すると、感覚はなかなか戻らなくなる。

605 :594:2006/04/02(日) 23:49:11
>>604 ありがとう。この覚悟をするまでは長かったが、今では二十四時間を捧げている。
簡単に言えば自分自身を全部賭けても駄目なら嫌でも諦めなくてはならないという状況を作り覚悟をしている。
だから多くの人がそうした上で諦めていった様に、自分もどうせやるなら全ての時間を割く事にした。
正直言ってまるでピエロの生活だと自分を笑う時もあるが、強い衝動をどうする事もできなかった。

606 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 00:07:47
覚悟っていうか、その時期がきたと思ったの?
覚悟すりゃいいってもんでもないと思うよ。

607 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 00:12:14
例えば「高校生の間に」とか「大学生の間に」とか
そういう理由でする覚悟なら全然必然性のない覚悟
であってさー。まさかそんなんじゃないと思うけど。

608 :594:2006/04/03(月) 00:15:50
正直、時期が来たと思ったから覚悟を決めたようなもの。
自分自身の心を字に乗せて開いてしまう事に対する恐怖や迷いよりも
どうしても書きたいという気持ちの方が高まってしまったから。

609 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 00:20:35
じゃあがんばれ。でも一年ってすぐだと思うから、
がちっと決めつけないでもいいんじゃない。
「心を開いて字に乗せる」って決めてから
すぐにうまく書けると思えないし。常識的に。
なんでもそうじゃないか。

610 :594:2006/04/03(月) 00:32:00
>>609 ありがとう、がんばる。実質的な期間についてはもう少し肌で時間経過を感じてから具体化しようと思う。
後半は全くその通りで、今迄の習作期間が一年程度と短いのが悩みの種。
正直永遠に習作で終わったら笑えるよな、なんてたまに思う。
小説は殆ど読んでないし取っ掛かりと言えば自分の書いた言葉の羅列とかつてブログに書いた程度のエッセイや習作だが、
今はそれでも無いよりはましだと思って気を誤魔化している。
応募作はいつも新しい何かを書こうと努力してはいるが、正直一作目が門前払いだったので不安は募る。
でももう止まれない。

611 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 00:54:58
DQNな創作文芸板 実力ナンバーワンコテ

小、小学生、小 ◆PBtykf5sPQ

2006年3月 早稲田大学文学部英文科卒業、二十代
山の中にある高校
工房のときに停学歴あり
ジャージで登校
北海道出身
札幌という説も

薬物をやっているそうなので、検査してあげてください。

オフでは先輩の和田と同じようなことをしているらしい。

こいつのページ
http://www.geocities.jp/cd_ab_62000/

612 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 01:58:04
つーか最低小説百冊は読んでないと無理
読まずに書くなんて、ちょっと自分に酔いすぎ

613 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/04/03(月) 02:36:47
( ・∀・)つ ○
冷凍みかんどぞ

614 :594:2006/04/03(月) 03:30:45
>>612 ごめん、寝る前にと思って開いて今読んだ。
素で分からないんだが、普通に高校まで通っていたら幾ら何でもその倍以上は読んでいないだろうか?
それともオリジナルを追求している今の段階でなお感化されていく為に新たに読めという意味なんだろうか?

615 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 03:43:12
まあ、それが理解できる感受性を持ち合わしていないということだね。そんな奴が作家になれるわけないだろ

616 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 03:50:11
期限を決めて、その間すべてを捧げて創作に没頭するのなら、なにも言うことはないと思うよ。
勝算もないのにいつまでもだらだらやるのが一番よくない。
1年間で応募できる賞は、かなりある。締め切りがある月に集中し、しかも賞によって微妙に、ないしは大きく
コンセプトが違うから、かき分けるだけでも力が必要。
応募時と結果判明時に3〜6カ月のタイムラグもあるのだから、きっちり1年と区切るのも困難。
一応のメドとして執筆期間を1年と区切って、どんどん書いていけや。
文學界をのぞいて、最近は200枚以上のものが多いから、1年で10〜13作が限界だろう。
このペースだと、毎日休みなく書き続けることになると思う。それでも月5日は休める。
一説にはある時期集中しての総枚数が3000枚を超えたあたりで、ふっと質が急上昇するともいわれる。
3000枚というと、250枚強を11作、100枚を2作といった作品数だ。
一日10枚のペースで年間300日書けば、この枚数はこなせることになる。
言っておくが、一日10枚のペースはけっこうきついぞ。
しかし、すべてを賭けて打ち込む以上、このくらいはやらなければならないだろう。
ポッと一発デビューするような新人でも、それまでにこの程度の習作枚数を蓄積しているものなのだ。

617 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 04:02:47
他の小説を読む意味は、
1 これまでの日本語の膨大な蓄積に触れて、その延長上で書いていくことを自覚するため。
2 技法、考え方、文体などの基本的小説書法を謙虚に学ぶため。
3 メタ言語レベルでインスパイアされるため。
4 同時代的作品の傾向を知るため。
などだろうと思う。短期実践的に読むのなら、過去の芥川賞受賞作を全部読むことを薦める。全集になっている、

618 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/04/03(月) 04:06:52
今週末には予選発表か。早いもんだなあ。
おいらは部屋のカレンダーをはがした。
日々が過ぎていくのが怖いから。

どうせ落選なんだし、みんな落選なんだし、グッドバイ。

619 :594:2006/04/03(月) 07:01:59
みんなありがとう。

>>615 については君がプロ作家になってからならひとつの説として聞こうと思う。自分が思うに、
>>612 の表現の薄さを君の「感受性」というワイルドカードでは補足できないと思うから。
更には少なくとも高校ぐらいまでに読んだ本に自分なりのメタを感じないのならそれは感受性とは言えないと思う。

>>616 ううむ、説得力充分な助言をありがとう。確かに作品として書く十枚は相当に重い。
その繰返しでしか昇華できないという意味はよく分かる。あなたの様に努力を重ねたいと思う。

>>617 こちらも本当にありがとう。つまりは現代文学に触れろと言う事と理解できた。
理論的に分かり易くて大いに勉強になった。自分は今年六月からの参入になるが今後ともよろしくお願いしたい。

>>618 ハニロウサソはいつも細かいデータを教えてくれている人なので陰ながら応援している。みかんをありがとう。

620 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 09:00:16
栄養はしっかりとって、歩いたり走ったりの運動はかかすなよ。
目も大事にね。体を保つのが大事。


621 :594:2006/04/03(月) 10:26:26
>>620 おおお、ありがとう、それが一番大切かも。書く前に倒れる訳にはいかないからねえ。

622 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 11:59:21
足がない人間は…

623 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 13:54:20
読まずに書くだけってのは
信じられないなあ。
自分の小説は読んで欲しいんだろ?
じゃあ自分もちったあ他人の作品読んだらどうだね。

624 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 14:17:24
こいつ馬鹿だよ。
>>615の意味もわからないんだから、
ほんと資格ないと思うよ。
こんな奴が作家になれるんだったら無数に作家なんて出来てるよ
どうせ根暗のおたくまがいだよ、きっと。

625 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 14:22:31
いまはこういう馬鹿が非常に多いそうだ。


626 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 15:03:48
それにしても594は非常にえらそうだよな。
ぺーぺーの志望者なのにどうしてそんな態度がとれるわけ?
第一、お前のすれじゃないぞ。ここは。
自分を育ててくださいスレたてろよ!
それぐらい気をきかせ!

627 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 15:10:53
大量に他人の作品を読んでも、なんら物真似にならずにオリジナルな作風を樹立できるのは、
相当の才能の持ち主だ。
多くの凡人は、いつのまにか物真似をしているもの。だから個性がなにより大事な作家にはなれない。
だいいち、よく本を読んでも小説を書けない人のほうが圧倒的に多いのだから、
読んだからって上達するわけでもない。
ただ、およそ日本語で小説を書くわけだから、散文芸術の蓄積と現状くらいは知っておかないと、
自分の作品の位置も自覚できないことになる。
傑出してデビューしてくる驚異の新人などと喧伝される作家も、全員が幼い頃から本に親しんでいる。
ろくに勉強もせず、本も読まず、ケータイでピコピコ絵文字メールを打っているだけのお子様に、
きちんとした文学作品が書けるわけはないのだ。
といって、ただ濫読すればいいというものではない。
要は、読み方の問題なのだ。自分は物書きだという自覚のもとに読むのと、ただ読むのとでは、
同じ作品に接しても、受け取り方はまったく違ってくる。

628 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 16:02:39
真性の馬鹿だから何言っても無駄だよ

629 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 16:33:43
春樹の小説は個性的だけど、
ものすごいいろんなの読んで影響も受けまくってる。
綿矢りさですらそこそこ読書家だぞw

630 :594:2006/04/03(月) 17:14:31
ありゃ、随分と。
読まない馬鹿と思うならスルーすればいいと思うんだがなあ。
たまたま空いてそうな時間だったからレスも多くなっただけの話。
どうせ落ちていなくなる相手だと思えば腹も立たないのになあ。

631 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 17:40:59
どれくらいの本を読んだら読者家といえるの?またどんなジャンルならカウントされるんだ?
ラノベは駄目なんだろうけどミステリーは?エンタメは?たとえば平成マシンガンズは一冊にカウントされるのでござるか?

632 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 17:58:58
漫然と読んでるだけじゃ、読んでないのと同じだと思う。

633 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 18:31:37
慢然と読まないってどういうこった。単に遅く読めばいいのか、技法的な面ばかりに着目して読めばいいのか

634 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 18:39:56
読書とは、人が一生懸命考えて表現した成果をいただくことだ。
だから読書量が多くて、人並みの知能指数を持っているなら、知識などは多くなる。
自分ひとりで考えたっていいに決まっているが、一生かかっても一冊の優れた著作にはかなわないだろう。
小説を書く上で、知識量など関係ないように思うが、とんでもない。
人並みはずれた知識と洞察力、判断力などを持っていないと、ただの作文になる。
いくら読書しても実作に役立たないタイプは、自分がなくすぐにマネに走るニセモノと、知能指数が低い人だ。
言っておくけど、まともな小説を書くには、知能程度が大きな問題になるよ。
悪いけど、真性馬鹿には書けない。それと、成績は言いけれど記憶力がいいだけで想像力が乏しい人にも書けない。
お馬鹿を装っている人は書ける可能性がある。

635 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 18:45:56
小説の読み方まで他人に聞くようなヤツは、小説を書く以前の低脳。
問題外だ。

636 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 20:31:34
メールとかブログとか書いているうちに、自分はすっげえ文才の持ち主なんじゃないのか、なんて、
たいへんな妄想を抱くガキがまんえんしているらしい。
はっきりいって、若年性のメガロマニア(誇大妄想狂)だと思うぞ。
そういうガキどもはまともに本なんか読んだことがない。せいぜいゲーム攻略本かコミックだ。
ごくまれに、こんなガキが書き散らしたイジメ・イジメラレ小説とか、初おまんこ小説とかを誉め殺しして、
同じようなガキどもに売りつけようとする愚かな編集がでてくるもんだから、ガキどもが図に乗るんだ。
文学賞の応募数がどこでも急増したのは、こういう理由からだ。
文学の質そのものは年々低下している。

637 :594:2006/04/03(月) 20:34:53
だからその質を君がガンガン出世して上げればいいの。
あと、「殆ど」と書いた部分を平気で飛ばして読む人がいるみたいだけど、
そういうのはちょっと信じられないよ。

638 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 21:19:03
また該当なしかよ。
そのくせ辻原参考作は毎回出たり。

639 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 21:54:17
>>638
>また該当なしかよ。

これほんと?

640 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 22:33:53
まだ選考会やってねえよ。

641 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 23:25:32
594はここから去れ。
お前うざすぎ。レベルが低すぎる。
お前のレスなんか注意して誰も読んでないからさ、
アンカー付けずに自己中なレスはやめてくれないか。
精神が未発達っていうのがレスから臭うよ。

642 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/03(月) 23:27:14
むかーし、北方謙三Hotdog Pressの例の連載で言ってましたよ。
「人生に迷ったら文学100冊読め!ただし太宰は続けて読むなよ(ニヤリ)」
オス!でも100冊は現実問題シンドイッす。オレよく図書館で新人作品の冒頭30枚
だけ一気読み、ってテキトーな読書しているインチキ読書子でございますが、おかげで
頭の中に現代文学地図ができてる(つもり)で、インチキばっかりじゃマズイとも
思っているので毎月文學界と群像だけは結構マジメに読むようにしている。
文芸誌はやっぱりいつの時代も小説の最先端なのです。ガンガンいく予定の594は
群像四月号恩田陸vs小川洋子対談はよんだかな?エンタメ作家が語り合う純文談義。

643 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 00:08:24
まずざっとまんべんなく読み、自分をもっともインスパイアする作家に出会ったら、
その作家の作品を時系列にそって全部読む。
僕はこういう読み方をしてきた。
で、今はその作家が新作を出すごとにそれを読むのがメイン。他の作家のものはあまり読まなくなった。
せいぜい最近の傾向を見るためにだけ読む。
みんな、無人島で日本語文章を覚えたわけではなく、周囲の会話から学習して使えるようなった。
小説のなんたるかも、読書からしか吸収はできないよね。
それだけは言っておく。読み方は、人それぞれで、実作の進化の程度にもよるのでは?

644 : ◆4pCV5yXGK. :2006/04/04(火) 00:14:48
自分の場合、羽田圭介なのだが

645 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 00:44:28
>>644
羽田君どんどんお洒落になって最高じゃないか。
電通合格間違いないよ。

646 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 01:00:53
50万円という超低額賞金はなんとかならんのか。
文春社員は高給取りで、会社も儲かっているというのに。
せめて200万円にしろ。そうすればもっといい作品が集まるはずだ。
賞金目当ての実力派が本気出したときは、きらめくような作品を書く可能性があるぜ。
モチベーションが低いもんだから、低脳ニートどものくすんだ貧乏くさい身辺雑記しか集まらないんだよ。
文学には豪奢できらびやかな世界を描く分野もあるというのに。

647 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 01:02:41
むしろ賞金はなしにして、最終候補は全部掲載にしろ。文學界が厚くなっていいから。

648 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 01:05:11
>>647
ファイナリスト乙、そして頑張れ!

649 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 01:10:23
選考にかかるコストを考えれば50万というのはウルトラクイズにおける優勝商品
みたいな意味なのかも。

650 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 03:37:47
受賞作を掲載した号でも通常号よりほんのちょっと部数増になるだけ。
選考委員のギャラが5人で150万とし、下読み5人のギャラが150万とすれば、
計300万円が経費だ。たったこれだけの経費増だが、なにしろ掲載号が売れないので、結果的には赤字。
なので、賞金は50万円に押さえ込まれる。
要するに悪循環なのだ。
売れる純文学を発掘・育成するには、それなりの投資をしなければダメ。
仮にポプラ賞のように、受賞作に2000万円用意してみな。賞金目当てのゴミも多数送りつけられるだろうが、
本気を出した天才肌が驚異的な作品を応募してくる可能性も増えるだろう。
売れる純文学は必ずあるものなのだ。受賞作掲載号が毎回20万部くらい売れてみな。
あっという間に純文学の世界は変容するぜ。
枚数も250枚ぐらいにすることだ。今の時代、100枚前後じゃ、真の実力は判定できない。
とにかく100枚前後じゃ、物語性のある作品は無理だからな。現代作家にとってきわめて重要な長編構成能力が見抜けないんじゃ、
不完全な選考にならざるを得ないだろう。
けっきょく、ストーリーも何もないようなぬるまっこい身辺雑記ばかりが集まるんだ。

651 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 03:54:16
純文学=売れない、貧乏、生活破綻者、異常、キチガイもどき、意味不明
というイメージが刷り込まれているよな。
もちろんそういう連中の書く暗鬱な小説にも意味はあるだろうが、世の中そればかりではなかろう。
大昔、石原慎太郎が『太陽の季節』という今なら通俗小説としかみなされない愚作で世に出たときも、
それまでの文学が左翼がかった貧相な知識人の理屈っぽい作品ばかりだったところに、
金持ちボンボンの不良ぶりを見せつけたから、「既成の道徳・秩序への反抗」などと騒がれたんだ。
今も少し似ているよ。主流はもちろん理屈っぽい小説ではなく、ニートまがいの身辺雑記。
貧乏臭く、イカ臭い。開かれていく感覚が非常に乏しい。大衆が読まないはずだよ。
賞金が高ければ、金持ちや上昇志向の強い連中も応募してきて、新風が吹くだろう。
旧態依然たる制度を頑迷に維持している文藝春秋の囲い込み体質には、大きな問題があるよ。

652 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 03:57:57
選考委員のギャラは一人50万で合計250万だ。

下読み選考委員13人に支払う総額は600万だ。

653 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 04:22:58
下読みでもやらないと食えないからな

654 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 07:45:48
そんなにいやならほかんところ出せよ。
あほちゃうか。


655 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 09:47:01
文學界だけに応募している人など少ないだろう。
ポプラ社賞のように、2000万円という高額賞金を設けるところが出てきた。
本気でプロをめざす者なら、この手のエンタメ対象の賞も重要なターゲットだ。
俺はもちろんこの賞にも応募したが、それは賞金目当て。
賞金狙いの応募をメインに据えていく路線に転換したのだ。ミステリーなどのきなみ高額賞金だからな。
純文学は名誉だけを追え、ということのようだから、これはこれで追求。
両刀づかいでやってみると、100枚前後の純文学など、1週間で書けてしまうように。
サービス精神など不要で、吐瀉物のような感覚だから、エンタメを書くよりある意味で楽だ。
たかだか50万円の賞金のために莫大な時間をかけてはいられない。
こう書くと、純文学は芸術だ、金のために書くものではない、などと杓子定規のことを言うヤツとか、
エンタメと純文学は全然違う、両方書くなんてできっこない、とか、無能な自分を基準にして言うヤツとか、
ある意味嫉妬まじりのレスをするのが必ず出てくるが、
そういう素人はどうでもいい。我が道を行くのみだ。デビューが最優先。

656 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 09:56:04
>>655
ここよりも自分のブログに書き込んだ方がいいんじゃないの。

657 :594:2006/04/04(火) 10:51:55
>>642 自分はガンガンではなく自己解剖型。
ガンガンはレス相手に対して発した言葉に過ぎない。

>>641 感情は人にぶつける前に紙に書くべきだと思うよ。

純文が世に石を投じる者として残らなきゃいずれはティーンズ小説で埋まる。
自分は心の中から一度搾り出して投じてみたいだけ。
だから落ち続ければそれまでなのであってそれ以外の何でもない。
賞金より次作が求められる世界だと思うしその為の新人賞なんだからそれでいいと思うけどね。

658 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 11:38:13
594 → アマチュア以前。何を言っているのかわからん。日本語から勉強しろ!

659 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 11:50:26
一流作家になってメシを食っていきたい。
純文学はそのための一つの手段だ。
目標は純文学作家としてのネームバリュー(編集に対しての)を活用した、売れっ子エンタメ作家。
と、このような明確なベクトルのもとに書き続けるのと、
「自分は心の中から一度搾り出して投じてみたいだけ。
だから落ち続ければそれまでなのであってそれ以外の何でもない」
などと最初から逃げ場所を作っている素人では、志の一点でハナから勝負にはならんわな。
どの世界でも、退路を断って不断の努力をする人間こそが夢を叶えるものだ。
そういう不退転の決意の前には、必ず大きなチャンスが訪れてくる。


660 :594:2006/04/04(火) 11:55:53
>>658
純文学は元々文化人の一部を感化する位置にあって作品を投じられるのだからその資質が下がれば
いずれは通過的娯楽のティーンズ小説が年齢的にも対象を上げてきて世の大人にも蔓延していく。

自分はその投じる側に挑戦してみたいのであってもしそれで落ち続ければ自分はそれまでだろうと思っている。

レスの流れから賞金の話が出ているようだけれど、特に純文の新人賞は賞金云々では無い所で次作に期待できる
鋭意な才能が求められていると思うから賞金が低くとも書きたいと思い続ける人を欲しているのであって、
それについては自分は別に今のままで良いと思う。

>>659 じゃあ頑張ってくれ。自分は二本柱である事の方が退避法であると思うけれど。

661 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 12:02:28
賞金の話ししてる奴は
ハニロウっていう名前の狂人だから相手にしないのがいいよ

662 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 12:55:30
594の言っていることのほうがまとも。ただこういうタイプは
「ここのレスで相手を感化できないようで
作品で感化できるか!」なんて、妙な正義感に
かられそうなのが心配。そんな必要はないので気楽に。

663 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 12:56:58
低脳ニートども、えらそうなことほざいてないで、まともに働きないさいよ。
このままだと、間違いなく君たちはホームレスだよ。

664 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 14:32:05
ニート相手に優越感に浸ってる奴も相当イタいなw

665 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 15:12:07
そういうおまえもな。プッ。

666 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 16:13:23
594は他でやれや。うざすぎ。

667 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 16:13:56
ティーンズ小説が蔓延するなんて本気で考えている馬鹿がいるとはおもわなんだ。

668 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 16:24:03
世の中を知らないってのは恐ろしいもんだなw
文學界が今目をつけているのは、中年のおばさん新人だっていうのに。

669 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 16:31:23
基本的な質問で申し訳ないのだが
400字原稿用紙換算で-
というのは 20×20字で改行も考慮した枚数でOKですか?


670 : ◆4pCV5yXGK. :2006/04/04(火) 16:41:12
OKですよ

671 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 16:43:22
>>670

ありがとうございます。

672 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/04(火) 19:11:04
つ、つまらん。

673 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 15:01:43
あさってか、中間発表は。
最終候補に残っていないことがはっきりしているのだから、中間発表なんてどうでもいいことにも思えるが。

674 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 15:04:01
早いとこだったら明日でも売ってるんじゃないのか

675 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 16:17:43
抜け駆けはない。本屋同士厳しく取り締まり。

すばるだけ6日発売だから、それにあわせて新宿紀伊国屋なら6日においてあったのだが
馬鹿が
そのことを2ちゃんねるに書き込んでから
紀伊国屋も7日発売になった。

あれはアホだったな。

676 : ◆4pCV5yXGK. :2006/04/05(水) 16:48:56
鳥取は2日遅く発売なんですがどうにかならんやろか

677 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 18:47:03
新幹線のホーム売りでも無いの?

678 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 18:47:30
中間発表号が出てしまえば、あとは次回作に打ち込むのみ。


679 : ◆4pCV5yXGK. :2006/04/05(水) 19:01:40
新幹線あったっけ…

680 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 20:45:04
地方在住者の地域限定負け組話はどうでもいい。
大事なのは新宿ホストが書いた小説が最終候補に残っているという事実だ。


681 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 20:50:43
ないよ

682 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 21:14:51
売れっ子ホストが実は性同一障害の女で、ひいき客が実は元おかまの性転換女で、この二人の屈折した愛の形をテーマにした作品らしい。
ジェンダーがすっ飛んでしまったとき、男だった女と男でありたい女の奇妙なレスビアン関係はどういう結末を迎えるのか。
性同一性障害の女が性転換手術で男になってしまえば、ハッピーエンドだ。子供も作れる。
タイトルは「新宿チンマン行進曲」

683 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 21:22:41
売れる純文が書ければ言うことなしなのだが


684 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 21:33:42
あはっ

685 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 22:33:45
このスレまだ使い終わらないのか。スレタイむかつく。

686 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 22:34:22
やれる純文学なら得意なのだが。

687 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 22:39:11
多くは、抜こうにも抜けない不純文学だ。

688 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 22:43:37
予選とか言ってもなあ。
予選通過の常連こそ受賞に遠いとか言うし。
カルチャースクールの予選通過常連、万年最終候補、そんな人らが地方文学賞とって終焉みたいな。

受賞者はいきなり最終が大半だし
予選通過なんて意味ないよ。
そんな発表やめりゃあいいし、どうせなら全作品ランクわけしてみりゃいい。

689 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 22:51:23
さ〜て、思いッきり顰蹙を買う小説を書き出すか。
といって、僕の場合、何を書いても知的で透明な美しさに彩られてしまうんだ。
これが欠点な。女の子にはウケがいいんだけれど。

690 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 22:52:54
女の子にウケがよけりゃ何の問題もないな。

691 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 23:02:13
村上春樹がノーベル賞とるまえの最後の芥川賞受賞者。

692 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 23:02:42
予選通過常連・万年最終候補の人は、児童文学に応募してみるといい。
多分、一発で大賞を受賞できる。
そうやってデビューした人を何人も知っているよ。
名前だけ知っているのではなく、リアル知人達なんだけどね。
(私はライターなのでそういった知り合いが多い)
児童小説の世界は小説家になれなかった人間の吹き溜まりだと
言われている。言われているだけでなく、実際そうだ。
小説家は無理でもまだ受け皿はあるんだ。
その後、一般小説に行くのは難しいけど、行った人もいる。
売れっ子になっている者もいる。
そういう方法もあるんだよ。
注:応募する際は必ず出版社主催の賞で。

でも、文學界に挑戦する人たちは、こんな手段は興味ないのかな?

693 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 23:05:14
よし、次は児童文学賞だ。
で、どこが狙い目だね。
児童文学にわかの俺にちょっと教えてくれよ。

694 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 23:06:33
文學界は女の子は読まんだろw
おばさんばかりだ。それもやり過ぎおばさんか更年期障害おばさん。
男はインテリと高等遊民な。この人種がひんしゅく物を好むわけよ。自分らと一番遠い世界だから。
なので、ヘドが出そうなほどのひんしゅく物を提供してやれば喜ぶ。おいおい、世の中にはこんなに哀れなヤツがいるのか、ってな。

695 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 23:07:19
(*´д`*)

696 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/05(水) 23:16:00
児童ポルノ文学ではいかんのか?

697 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 01:27:04
そこでナボコフはロリータのホームラン王なわけでつよ

698 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 07:22:43
 >>694
うくくく なるほど、おもしろいな。
寺島しのぶ主演系映画みたいなやつどうだろ。
中年女が大学生男とやりまくってるようなの。

書くかな

699 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 07:42:35
児童書でデビュー目的なら講談社・岩崎書店。
出版社主催以外でデビューできるのは小川未明・児童文学者協会など。
なんにせよ受賞すると、協会に誘われる。
入会すると忘年会やパーティーに出席できる。
そこには一般書も出している出版社の編集が沢山きている。
そこで人脈を作るというわけだ。

700 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 08:13:21
次回はツンデレ口調で書こうと思う儂
吃音だから結構文字数かせげるかな

701 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 08:30:47
文學界系は、やっぱ寺島しのぶだよな。
何やらせても純文学っぽくなる。ほかにはなかなかいないぜ。
鼻緒のゆるんだ下駄はいて一番やすいコンドーム買いに行かせたりして。
セックスに悲哀感が濃密に漂って実にいいな。
「前の男、あたしと一緒になりたいがために、コンドームの先にシャープペンで穴開けたの。それで、できちゃって……」
なんて薄い布団の上で、俺にかぶせてくれながらしみじみ語ったりして。

702 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 08:49:11
定期購読してるから今日文學界が届くよ。

703 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 09:04:48
「性欲」ではなくて「情欲」ね。
身体の線の程よい崩れ加減なんかすごく良い。





704 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 09:39:51
てこじいの新作が5月号に一挙掲載。

705 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 12:24:32
てこじいが分からない

706 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 12:43:55
ページ埋めるので必死だな編集もw
まあ、くだらない駄文でも300枚も書けばそれなりの格好がつくものだ。
最近の文學界に掲載される作品は、出来不出来に差があり過ぎ。

707 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 12:55:38
ファンタジーノベル大賞を書き終えたら、いよいよ文學界だ。
103回は僕がもらった。ついでに芥川賞も。


708 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 15:33:20
さて定期購読の文學界がポストに届きましたよ。
5月号が手元にあるのだが、
作品名と県名を言えば、予選通過してるかどうか教えるけど。余計なお世話ならすまそ。

709 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 15:37:31
明日ついでに本屋に寄って、立ち読みすればすむ。
まあ、俺の場合、予選を通っているのは確実だが、だからどうということもないよ。
最終に残らない限り意味はない。
そこで、応募したことはさっぱり忘れて、次回作に本格的に取りかかることにする。

710 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 15:39:26
格好いいぞ709!

711 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 16:05:08
結局はあのくらいの大人の女性作家と大川氏が付き合いたいというだけなのだろうか。てこじい。

712 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 16:15:48
目次に掲載されている てこじいの写真が驚くほどヤツに似ている。
そう、以前勤めていた会社の超セクハラオヤジに似すぎているんだよ……

これを店頭で見ていたのならそれだけでもう棚に戻して
いたはずなのに、哀しいかなこれ、定期購読。
たはっ。体言止めで終わっちゃった。






713 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 16:17:25
てこじいって湯本さんのことだよ。結構美人。

714 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 16:40:00
まあいろいろはっきりしたな。

715 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 18:34:55
うpお願いします

716 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 18:43:27
中間発表のリストも著作のうちなので、無断で掲載すれば著作権法違反になる。
やめておけ。本屋で立ち読みすれば済むことだ。

717 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 18:51:01
ほとんどの雑誌は立ち読みですむよなw
本屋って、ただで雑誌を読ませてくれる町の読書スポットかと思ってたよ。
本は図書館で借りてきて、返さなければいいだけの話。
何でも揃ってるから、本屋に頼むより早い。未返却のまま5、6年ほっといても、図書館は何も言ってこないよ。
もし返却を迫ってきたら、なくしたと言って、代金を払えばすむ。俺の場合、払えと言われたことはないけどな。
ということで、本も雑誌も買う必要などないんだ。

718 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 19:04:04
ひどいヤツ……。
しかし、いちいち買ってたら溜まってしようがないな。捨てるときも面倒。
できるだけ部屋の中に物を置かずにすっきり暮らしたいし。

719 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 19:05:11
別館行けば二次通過載ってるよ。

720 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 19:08:26
みんな、結果はどうだった?


721 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 19:18:44
普通の人はまだ見てないと思うよ

722 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 19:18:46
別館てどこ?

723 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 19:32:07
喋らない扇風機、で検索してみ。クソコテ二人のチャット風スレッドだから

724 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 19:38:12
>>723
ありがとう、見てきました。
東京の人が多いですね。

725 : ◆4pCV5yXGK. :2006/04/06(木) 19:55:44
>>724
通ってましたか?

726 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 20:18:40
16って少なっ



……一次もうpしてほしいな。

727 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 21:55:55
>>725
駄目でしたよ。まあ今更駄目でしたっても、わかりきったことなんだけども。

728 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 23:15:16
3月20日に電話がなかった時点で、実質的に終わっていたじゃねえかw
いつまで未練たらしくがたがた言ってるんだ。
いくら予選通過してたって、最終に残っていなかったら、下読み落ちと一緒だぜ。
どこがだめだったか、反省してみるだって? 自作がどのレベルにあるのか中間発表をみて確認したいだって?
そんなこたあ、まったく関係ないと思うよ。
受賞するかしないか、二つに一つしかないよ。だめだったら、次回作でがんばるのみ。

729 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 23:31:10
最終候補への電話も4月7日にすれば、この板ももう少し盛り上がるのになw

730 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 23:32:05
そしたら3/20が盛り上がらない

731 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 23:38:43
落胆は一度でいいんじゃねえのw
前編後編じゃあるまいし、二回に分けてがっくりするのもどうかと思うわ。

732 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/06(木) 23:58:33
二次に残ってなかったや。
ズンよ、1次もUPしてくれよ。

733 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 00:05:36
http://vista.x0.to/img/vi4430958574.jpg
今の俺はこんな感じ。

734 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 00:31:31
予選通ってないわ。
作家になることを本当舐めてたな。
全然違うわ。俺のやってきたことなんて。

735 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 00:46:40
そんなに自分を卑下するな。
あと20年もやれば一次予選ぐらいは通るよ、きっと。
才能がなくても根性だよこの世界は。

736 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 05:16:20
あと20年もやれば受賞するよ、きっと。

という風にしてくれよ、頼むから。確かに根性だと思うが、あと20年やって一次通過だけかよ。

737 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 05:47:01
ワロタ

738 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 05:50:00
一時通貨だめだった。ショックすぎてやる気が失せている。一次通過した小説のクオリティってどんなのだかはげしく知りたいのだけど。だれか今回通ったヒトでアップしてくれる神はいないものだろうか?

739 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 06:37:38
作家でごはん、でも見たら。

740 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 07:01:02
一次もとおらんとは、低脳にもほどがあるぜ!
やっぱ140枚もかいちゃったからだな。
そうに違いない!

741 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 07:02:42
いいや、枚数じゃないよ。
下読み選考委員の人は、この作品はつまらないと判断したんだよ。

そういう人が圧倒的多数なんだから、もうしょうがないぜ。ちっくしょう、俺も駄目だった。

742 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 07:06:36
応募するとき、経歴に予選通過歴とか書いておけば、下読み選考ぐらい通してもらえるかなあ。
まあうそなんだけどね。
予選とおったことないから。

743 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 07:09:54
いや、普通は通過なんて書かんよ

744 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 07:27:57
そうか、じゃあ適当に受賞にしとくわ。
いい加減な地方文学賞とか自分で立ち上げて、自分で受賞にしておこう。

745 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 07:55:14
断言するが、一次選考(下読み)は基本的にくじ引きだ。
1/30〜1/60の完全確率ということ。作品の質はそこから上の
段階で初めて問題になる。だから、一次落ちに落胆する必要は
全くない。1回や2回の応募で当たりくじを引けないのは当たり前。
こんなことを言うと、複数の賞で最終に残った応募者もいるでは
ないかと反論する向きもあろう。最終まで残ったのは作品の質が
良かったからであるが、それでも一次選考の段階ではやはりくじ引き
なのだ。1万分の1のくじ引きなら2つとも当たるなんて奇跡だが、
何十分の1程度の確率なら、そんなことがあっても別に不思議ではない。
以上、落胆のあまり変な考えを起こす人が出ないよう、老婆心ながら
一言ご忠告申し上げておく。

746 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 08:03:55
あんたはもしかしてカルチャーセンターの番長か!

747 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 08:10:07
さすが文学校番長

748 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 09:05:09
万年最終候補 今日も自嘲しながら一杯

749 :まかろに:2006/04/07(金) 09:12:12
あのー、次回(六月末)応募しようと思っているのですが、みなさま、『略歴』はどの程度、どのように書いてますでしょうか。
教えていただきたい。

750 : ◆4pCV5yXGK. :2006/04/07(金) 09:14:18
何年何月何日、どこどこに生まれた。
どこどこ大学卒業。

751 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 10:54:40
昨今は文章がうまくても一次予選すら通らない場合が多い(幸いなのかどうかわからないが、今回も俺は一次は通っていたが)。
下読みの感覚が変わったとみてよい。
もっと大枠で言うなら、村上春樹の文学を論じるときよく引き合いに出される「もののあはれ」が
こてんぱんに崩壊したということだ。
なので、きれいな文章でも、基軸となる美意識が従来の「もののあはれ」に依拠していると、
共感を呼べなくなっているのだ。こうなると、一度自分のリズムをぶち壊すしかない。
何度も予選通過しているのに、もう一歩で最終に残らない俺は、この作業に取りかかることにした。
これは多分に生理的な身体リズムの革命、脳の情報伝達と認識のルートを変えることなので、なかなか難しい。
二段モーションで速球を投げていた投手が、一段モーションに変更するようなものだ。

752 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 11:15:31
感覚のズレは一番痛いな。
ズレまくってしまえば勝負になるが、中途半端はダメ。
で、中途半端なズレが一番多いときている。
天然でズレているヤツはいいよ。そうでない場合は体質改善から始めたほうが早い。

753 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 11:45:52
ま、がんばってみろや。
にしても、今月号もまた群像のほうが新鮮だったな。唐木編集長の意欲が伝わってくる。
今年は群像から芥川賞の予感。
秋には僕も応募するつもり。石坂さんのときは?と思っていたんだ。
文學界はわずか100枚だから気楽な気持ちで応募。本命は群像に。

754 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/04/07(金) 13:20:45
おいらは逆に次の文學界で長かった懸賞小説レースにフィニッシュするぜ。
最高の出来の新作を6月締め切りに応募。
まだ原案を書きとめただけだが。
次こそ行くぞ!

755 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 13:27:20
期待しているよ。プッ。

756 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/04/07(金) 13:28:39
プッが余計なんだよ君。それともおにゃらかね。

757 : ◆4pCV5yXGK. :2006/04/07(金) 13:35:22
ハニロウさん、頑張ってください

758 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/04/07(金) 13:36:45
頑張りますわい。もうフルスロットルで爆走よ。

759 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 13:58:02
生ゴミ箱からゾンビウジムシが這い出てきたなw
得意の自演か。クソご苦労なことだ。

760 :745:2006/04/07(金) 14:11:35
ハニは群像の1次に通って、すっかり舞い上がっているようだな。
まあ、それでモチベーションが高まるなら、それはそれで結構なことだ。
しかし、水を差すようで悪いが、前レスで書いた通り、1次はくじ引きだ
ということを忘れないように。2次落ちは、(まともな)応募者にとっては、
最悪の結果なのだ。これではいつまで経っても受賞は覚束ないですよと、
宣告されたに等しい。もっとも、1次通過は、まるでお話にならない作品では
ないということではあるから、その点で喜んではいいだろう。応募作の半分は
そういう駄文が占めているだろうから、前レスで書いた確率は、実際にはその
倍と見てよい。そのくじに当たったということだ。あまり有頂天になるのも
どうかと…。

761 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 14:21:25
虚言癖のウジムシの言うことを真に受けてどうすんだ?
それに、一次予選通過は決してくじ引きじゃないぞ。
下読みはさっと読む。そこでひっかかってきた作品を編集に戻すんだ。
俺自身の名誉(でもないが)のために言っておく。

762 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 14:27:05
なんでもいいじゃん
各自、自身の都合いいようにとればよろし

763 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 14:33:34
最低でも最終に残らないかぎり、なんの意味もない。

764 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 14:38:48
二次オチより、万年最終オチのほうが、
そこそこなんだけどもう見込みないって気がするんだけど、どう?
一次、二次オチは、まだ沢山可能性秘めてそう。

765 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 14:48:08
最終に連続2回残る程度でいい。万年最終ってことはあり得ない。
なぜなら、連続2回最終に残れば、編集から声がかかるからだ。
芥川賞だと、連続4回候補になったという人もいる。
絲山は3回ぐらいか? エロ作家に転身した川上宗薫は連続4回芥川賞候補になった。

766 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 15:16:24
樋上拓郎とか三度も最終残って全部落選。

767 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 16:20:52
それ名前が悪い気が。

768 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 18:02:33
ハニロウは、どんなペンネームで出してるのか、
もし最優秀作品になったら教えてくれるのか?

769 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 18:09:59
そしたら、ここから姿を消すから分かるよ

770 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 18:18:27
相変わらずクソコテの虚言に釣られて喜んでいるのかw
進歩がないのは猿以下だな。


771 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 18:26:58
かわいそうな子だね

772 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 21:36:27
群像の一次通過ってスゴイね。ハニロウやるなあ。

773 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 21:43:41
前々回一次落ちの作品を、題名だけ変えて再応募したら、
今回は一次通過してました。マジです。
うれしいような、ばからしいような。
下読みって不真面目なのか、真面目だけど無能なのか、
やっぱ一次って運次第だよね。

774 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 22:38:25
一番、〆切近い純文系の賞って、またここだよね?

775 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 22:43:57
初応募で2次通過してたw
記念カキコ。

776 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 22:46:21
すげぇ〜
執筆歴はどれくらい?

777 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/07(金) 23:39:24
これは僕の実体験だけれど、文學界で一次を通った作品を80枚に書き直してオール讀物に
試しに応募してみたら、なんと二次予選を通ってしまった。
この結果から、多くのことを学んだよ。
まず、文學界、オール讀物問わず、手抜きなくきっちり書き込んだ作品は予選を通過する資格を持つということ。
次に、文學界で最終にまでいきつくには、通俗であってはならないこと。
逆にオール讀物で最終ないしは受賞にいたるには、基本的文章力プラス通俗的面白さに徹していなければならないこと。
以後、僕は純文学とエンタメをきっちり書き分けられるようになった。

778 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 00:15:00
下読みがかなりいい加減であることが判明。
こうなると、誰かが言ってたように、籤引き同然だな。


779 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 00:21:11
オレもね、もしかしたら受賞かなあ、と思ってたわけですよ。

でも受賞を逃すくらいなら一次も通過してなければいいとひそかに思ってたわけですよ。
でもそんなにうまいわけにはいかないだろうとも思ってた。
どうせ中途半端に宙づりになってしまうんだろうと。

ああしかし、結果的に一次も通過してなかった。うーむ。
複雑な気分のオレなんですよ。

780 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 03:05:54
2次通過作品。
この中に今回の受賞者がいるわけね。

荒松ひなた「恐竜憑き1988」東京、市宇拓人「フリースロー」東京
岡崎竜一「Liquid Sky 019」東京、鎌田雪里「大正サチュロス」中国
木戸岳彦「田螺姫」岐阜、木村紅美「風化する女」東京
小佐井雅紀「満開の梅の下で」京都、今野智彩「曖昧なカケラ」岐阜
佐藤麦子「うさぎとおっちゃん」東京、渋谷ヨシユキ「バードメン」千葉
平まこと「ちいさくなる」愛知、高橋馬台「守衛の森」北海道
鶴田蘭平「ちんちんもがもが」東京、松本リベル「だから俺はここにいる?」鳥取
水国里美「柚の呟き」岐阜、由良藍子「静寂の住処」東京


なぜか岐阜が16人中3人もいる?????

781 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 03:41:06
ちんちんもがもがw

読んでみたい......。

782 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 03:46:35
ちんちんかもかも、だったら篠原涼子がむかしやってた東京パフォーマンスドールっていうアイドルグループが
持ちネタのギャグでやってたわな。
ちんちんかもかも、なら俺らの世代にとっては懐かしい。

783 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 03:49:07
去年は僕も17編(今年は16編か)の中に入ったのに、今年は一次どまり。
実験作が未消化だった。
しかし、選考委員がいろいろ煽る割りには、実験作に編集サイドは厳しいな。
しようがない。103回は完成度を追求しよう。

784 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 03:59:05
下半期って、どうせ女子供ばっかりだろう。
男子高校生の糞作品や、若い女のばっか残して
唯一男の候補だったやつが当選して、でもつまんねえやとか。

下半期ってもう意図的に腐らせてるよな。
芥川賞候補にもならないし。
ここ十年ぐらいで下半期出身のプロ作家なんて皆無じゃん。
芥川賞作家は上半期ばかりで。

どうして下半期をあえて腐らせるのか。
篠原一みたいなパクリノベライズ作家を生み出したいのだろうか。

美少女ブームに文學界も乗りたいだけか。
どうせ最終選考でストップかかっちゃうわけだし、
最終で当選するのは、唯一の男候補や赤染みたいな質素な女で
編集部心を満足させる、美少女作家は誕生せんぞ。

どうせやるなら下半期と上半期の選考委員を別にして
下半期は高橋源一郎とか田中康夫を選考委員にしとけって。

785 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 04:14:24
おぢさん、もう明け方なんだから寝たら?
文學界ごときになにをそうカッカしてんの?
気楽に戯言書いて、気楽に応募すりゃいいのに。たった100枚なんだよ。
集中すれば5日もあれば書けるじゃん。

786 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 10:23:49
純文学という超マイナーな世界での出来事だ。
これしかないというような必死さはわからないでもないが、
ほかにいくらでも文芸ものの世界はあるんだから、
執着することもあるまい。自己表現の選択肢の一つと考えればいいさ。
きっと、そのほうがいい結果を生むだろう。

787 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 10:25:11
ちんちん

788 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 10:27:08
純文学新人賞に固執する人間には、エンタメが書けないからという奴も多いのではないか。
つまらない話でも通用しそうな純文学を選んでいると、まあこういうことだろう。

789 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 10:32:40
もがもが

790 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 10:38:37
>>788
おおお、痛いところをつかれてしまったみたいだ。くやしいのう。
それで今度はエンタメとしても完璧な起承転結プロポーションを研究することにしたお。

791 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 10:42:30
>>788
その通りかもね。実際俺には、ホラーやほのぼの人情噺や壮大SFファンタジーや
本格推理小説や剣豪小説やらは、とても書けない。
こういう分野は志向するところがはっきりしているから。対して、
純文はなんでもありみたいなルーズなところがある。だから、自分にも
書けるような気がして、勘違い志望者が増えるんだろう。
ほんとは、そういう枠が全くない小説を書く方がよほど難しいんだけどね。

792 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 10:44:06
ちみかなはミステリー書いとるよ

793 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 11:03:12
>>751
>基軸となる美意識が従来の「もののあはれ」に依拠していると、
共感を呼べなくなっている

「もののあはれ」ってつまり情緒的って意味?

794 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 11:07:50
「もののあはれ」というのはだな、あれだ、要するに
ハード・ボイルドの反対ということだ。まあ情緒的でも
いいかもしれん。

795 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 11:30:51
ハード・ボイルド? 余計意味がわからんぞ。
要するに、せつなさとか感情的で感傷的な部分を売りにした作品は×ってことじゃないの。


796 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 11:36:55
ちんちんもがもがの内容が気になってしょうがない。

797 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 11:44:25
>>795
これが近いかも。だけど、「もののあはれ」の解体は、それにとどまらないよ。
言葉の従来の意味もこわれている。その深みを考察しないと、ありきたりの小説になるわけ。

798 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 12:06:00
ちんちん
もが=モダンガール

から察するにモガ二人が玩具を使って…って内容だと思うよ

799 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 12:58:52
チンマン系は新人賞レースの定番。ドーテーもどきか、やりまくるか、どっちかだ。
ふつうのチンマン系じゃだめ。

800 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 13:04:44
おちんちんかもんかもん(だっけ)てどういう意味?

801 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 13:16:04
タイトルを見た限りでは、パッと目に飛び込んでくる文字ヅラはないな。
たぶん、相も変わらぬ身辺雑記か、それに毛の生えたようなつまらん作品が受賞するんだろう。
ま、がんばってくれや。わしゃ知らん。

802 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 13:53:25
エンタメが書けないとお嘆きの皆さんに、お勧めの本がありますよ。
クーンツ著「ベストセラー小説の書き方」

ずいぶんと露骨なタイトルだが、読んで面白い本でもあり、時間の無駄にはならないと思う。

803 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 13:53:47
>>801
必ずこういうことを言う人いるね。でも、おっこれは、と思えるタイトルなんてあるんだろうか

804 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 14:27:44
それにしても、無名草子さんたちとは、さぞやすごい作家先生の匿名書き込みなんでしょうね。
作家なんて才能が全てだから、津井ついみたいに、いくら努力したって駄目なものは駄目ですよ。
私なんか、早々に見切りをつけて趣味の世界で細々ですから。
          小説現代ショートショート・コンテスト優秀賞受賞 阿部敦良

805 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 18:47:05
>>803
『限りなく透明に近いブルー』
『海の向こうで戦争が始まる』
『コインローッカーベイビーズ』
『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』
「ねじまき鳥クロニクル』
『月曜日は最悪だとみんなはいうけれど』
『人のセックスを笑うな』
『野ブタ。をプロデュース』

村上龍の初期の作品、村上春樹の作品など、そそられるタイトルが多いと思う。
タイトルはどうでもいいようにも思えるし、大事なのかもしれないし、むずかしい。
もちろん、内容がよくなければ無意味だけど。

806 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 18:56:39
タイトルだって言葉だし、小説の一部だよ

807 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 19:09:03
要は長ければええのんか

808 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 19:11:42
内容さえよければ、『作品A』でもいいんじゃないんですか?
人によるでしょうが、僕なんか、『ちんちんもがもが』なんてタイトルみただけで、
内容の貧弱さが浮かんできて、手にとりたくなくなります。
今回の2次通過者で、オッと思うタイトルはないのですが、
『大正サチュロス』って、中国からの応募ということもあって、ちょびっと引っかかります。

809 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 19:17:10
『文學界新人賞受賞作』っていう題名じゃいかんのか。

810 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 19:41:41
いくらなんでもそれはだめだろう。
ベストはタイトルと冒頭1、2枚がシンクロして、それだけで独自の新鮮さを醸し出すようなもの。
読み馴れた人は、それだけで出来不出来を大枠で判断できるらしい。

811 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 21:15:50
今見たら一次通過してたけど、
はあ一次かよって感じ。最低二次は行っててほしかった。

812 ::2006/04/08(土) 21:36:10
まあそうだな、才能がある奴はもっと先にいくだろうからね。
というか、一次通過なんてここで書くのはズンの馬鹿とお前くらいのものだwww

813 :811:2006/04/08(土) 21:58:46
そう荒れるなよ。

814 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 22:03:45
>>813
気になったかな、高山和彦さん。

815 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 22:29:34
今日、新人賞を受賞した絲山秋子の「イッツ・オンリー・トーク」と
吉田修一の「最後の息子」を読んだ。
どちらも内面描写が恐ろしく少なかったけど、あれくらいが普通なの?
共通してすごくコンパクトで、おもに説明描写とセリフで進んでいくような印象。
面白いエピソードが器用にちりばめてあって、読後感はよく、どちらも上手だなあとおもた。
けど、あれって純文学の良さなのかな?
ここの板によく「言葉を磨いて勝負」だとか「自己表現の結晶で」
みたな書き込み多いけどそういうの受賞作には皆無だった。
じつにさらっとして薄味な感じがした。
文学界はそういうのが選ばれるのか? みんなは読んでどうおもた?

816 ::2006/04/08(土) 22:32:07
高山乙。

817 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 22:34:09
本当に、高山は馬鹿すぎて話にならないなwww

818 :815:2006/04/08(土) 22:59:12
高山なんて知らん。
マジメに答えてくれ。


819 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/04/08(土) 23:14:27
先の芥川賞の選評で石原慎太郎が表現の緻密さについて言及してた。
トルストイを引き合いに出していたと思う。


820 :ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI :2006/04/08(土) 23:18:26
たぶん、大江健三郎のようにその人にしか使えないような
(一生に一度か二度しか読まないような)比喩や文章よりも、
「伝えたい」を前面に押し出した簡潔な文章が受けているのかも。

しかし、「最後の息子」は緻密に計算された、よく出来た小説だと思う。
「パークライフ」なんかに比べると。


821 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/08(土) 23:36:54
どうにも高山の読書感想文のセンスは古過ぎてw 
何が原因かと考えた。要するに高山は感性を磨かないまま中年になってしまったんだ。
だから新人賞に応募しようという者には、なんの参考にもならない、
815に言っておくけど、人に要諦を聞いてもどうなるものでもない。
自分で考え抜いた過程と結果しか身につかない。人に聞いているうちはなんの進歩もないと知れ。

822 :名無し物書き@推敲中:2006/04/09(日) 00:33:23
まあ、そうつっけんどんどん言うたんなや。
みんな同じ仲間ぢゃないか。互いに禿げ増し合って、難局を乗り越えて行こうよ、ってか。


823 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 00:44:10
難局を乗り切れるのは毎回一人なわけだが

824 :ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM :2006/04/09(日) 04:41:52
二人かもしれんぜよ。

表現とかなんとかね。
色んな作風が世の中にはありますから。
行動描写だけで攻めていく作風。
内面の葛藤を一人称で荒々しく捲くし立てる作風。
描写の鬼がいれば、描写は極力少なくドライにという作風もあり。

とにかく何かの部分で他者にない突出した部分があるかどうかだな。
これが売りなんですよっていう。

文學界の受賞作はどうもドライになっている傾向があった中で
介護入門が現れたり
村上春樹的なドライさが幅を利かせる中において、
従来の描写主義も保坂がまさに風景描写の鬼と化する。東京画はええやね。ピークといってしまっては失礼か。

825 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 05:09:29
つ、つまらん……。

826 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 08:57:04
田舎もんは田舎もんで地べたに足つけんかい。
妙に都会ぶるからいかんのだ。時代感覚が10年以上ズレているんだから、そのズレをそのまま出せ。
二次予選通過者に岐阜在住者が3人いるのは、異常な高率。なにかあったんだろう。
もちろん首都圏が圧倒的に多い。
現代文学が時代相を写し取るものである以上、巨大都市圏在住者が有利なことは明らかなことだ。人口比率もまったく違うし。

827 :815:2006/04/09(日) 10:08:29
みなさんサンクス。参考になります。ちなみに私は高山ではありません。

たまたま読んだのが、絲山と吉田の受賞作で、文学界はこういう傾向なのかとおもた。
他の受賞作も読んでみる。
あんまりこういう直接的で基本的な質問は下品かなとおもたけど、一人で考えてたら
急に自分の見解というものが疑わしいように思えてきて訊いてみた。
他人の意見が聞けるってココしかないからね。参考になりましたわ。

828 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 11:02:28
>>827

これが、高山だよ、この他にもコテハンを幾つも使ってタワゴトを書き込んでいる。

>>819-820ぶんぶん蜂太郎 ◆7QiFPoq.LI
>>824ハニロウ赤羽 ◆T61/rdmlFM

829 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 14:20:06
高山ってヌシなんだろ? 禿げで中年だってよく書いてあるじゃん。
ハニロウとは別人なんじゃないの?
なんかこのクソコテ二人の対決スレがあったよ。きっとそれだけ文学のこと、知っているんだろうね。
でも、働いてないみたい。引きこもりニートなの? ビョーキ? 

830 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 14:40:14
人種の分類で言うなら、今流行の中年妄想ニート。相手しないほうがいいぞ。
貧乏と右肩下がりの人生がうつったら大変だ。

831 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 19:42:26
うん。

832 :タコ山カス彦 ◆Zun/DZ2mkw :2006/04/09(日) 19:58:38
そろそろ俺の出番か?

高山は次の機会に受賞して、ここから出て行け。
スレの90%が奴のカキコ、というのはもう勘弁してくれ。

833 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 22:40:31
なんて愛のあるレスなんだww

834 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 23:29:09
おまいら何日おまんこしてない?
ボクはかれこれ1カ月。女に逃げられたから、この記録は当分続くだろうな。
でもいいんだ。人間、おまんこのために生きてるんじゃない。

835 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/09(日) 23:39:44
圭子と毎晩してるよ

836 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 00:01:40
すまんが半日貸してくれ

837 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 00:09:21
性欲を押さえられないようではいい禅僧にはなれんぞ。


838 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 01:26:21
分かった、五分で我慢する

839 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 06:31:15
>>836の半日が半分に見えた。
まぁ穴は二つあるし……(上のも合わせたら三つか)

840 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 11:28:25
九穴と言って、穴は全部で九つあるぞよ。
九穴を全て使う閨の極意を知るべし。

841 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 13:15:46
1次通過者の中に海外組はありましたでしょうか?
親切な方、教えてください。

842 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 14:07:24
渋谷ヨシユキ「バードメン」千葉

きらら携帯メール小説の入選常連で、彼の作品がきららHPで見れますよ。

843 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 14:59:05
だからどうした。

844 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 15:03:24
ラノベか……。

845 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 15:06:01
なー、健一郎のコンビニ哀歌ってどこにあるんだっけ?
ラリーが絶賛してたやつ。
あの線で無理せず素直に書けばいいに。
背伸びしたがるアホガキだがそれもだれもが通る過程ではあるな。w

846 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 15:11:17
受付日、四月四日だった。
しかし、コンナ面倒な字を綺麗に書いてくれるとは感動ダワ


847 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 15:20:19
指紋がついていたらしいな。

848 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 15:35:18
世界が終わるまであと何年?
それしだいで年金払うかどうか決めようと思うんだが。

849 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 16:10:54
世界の終わりを待つよりも、
自分の命をry

850 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 16:36:41
ひところ一世を風靡したというトニー谷はいま何してるんだろうか。
トニー滝谷なら知っているんだけど。
爺ちゃんが今でもそろばんをかき鳴らして、
「サイザンス」なんて『三丁目の夕陽』時代の流行語を口走るんだ。

851 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 16:54:10
恵比寿のウェスティンホテルをリザーブしておいたのに、女にすっぽかされた。
しょうがないから、部屋に違う女を呼んだよ。
ふ。俺も遊び人だよな。ペニスをしゃぶらせながら溜め息をついた。
不潔で低劣な男だ。そう言いながら、女のアヌスに指入れてんだからな。

852 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 17:07:04
その匂いまで書ききるのじゃw

853 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 17:23:18
↑こいつが残飯

854 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 18:38:37
モーツァルトはいい。ハフナーを聴きながらファンタジーノベルをあと一章。

855 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 18:52:01
風呂に1週間入らないでいると、チムポはイカ臭なんかをはるかに超越して、
えも言われぬ発酵臭になってくる。これが好きな女がいてな。風呂に入らせてくれないわけ。
世の中、いろいろな人がいるよw

856 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 19:10:40
奥深いな。

857 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 19:24:19
匂いフェチな。いるよ、そういう女。
もちろん男にもいる。強烈なマン臭を求めて旅をする。
戦前はマン臭国があったそうだ。マン臭事変もな。

858 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 19:41:49
ふたたまちんこっこ

859 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 19:41:58
セックスシーンに匂いと音と声を入れると、フランス書院になってしまうぞ。
性器名を解剖学的に出しながら、無愛想に淡々と描写しないとな。
僕は夏美のヴァギナにペニスを挿入すると、ふいごのように往復運動を繰り返し、やがて精液を噴出させた。
という具合に。

860 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 19:59:02
やりたくなってきたお…

861 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 20:00:55
一人でしなさい

862 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 20:02:21
くるりんぱ

863 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 20:09:51
俺は我慢する。修道士のように、手を縛って寝るよ。
その戒律を破るときの快感がまたいいんだ。
って、かなしい毎日だよな。

864 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 21:07:19
勃起健康法

865 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 22:21:29
健康勃起体操

866 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 23:31:31
超絶金冷法&マンリキヨガ 

867 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 23:51:38
うふ、勃起ら棒な方ね。とキャロルは言った。

868 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/10(月) 23:58:45
栗と栗鼠を可愛がってね、と黒井満子は恥ずかしそうに頼んだ。

869 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 00:10:19
バイオリニストの川井郁子ほどエロっぽい女は見たことがない。
口を半開きにして奏でる彼女の恍惚の表情を思い浮かべると、もう……。
ボディーもスリムでたまらないよ。

870 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 00:12:29
まあ知的ではあるわな。

871 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 00:14:54
俺はたまらずうつむく三郎を抱きしめそのペニスを手で避けながら挿入した。
するといつのまにか三郎のやつも無理して俺に挿入してきた。
俺たちは正常位のまま互いの金玉が邪魔でそれ以上動けなくなった。
二人の耐える息と時計の音だけが正確に聞こえてくる。

872 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 00:19:35

図解しねえとわからんわい。

873 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 00:30:28
>>844
きららはライトだけどラノベじゃない

874 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 00:43:40
実は明日選考会

875 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 00:45:17
小説にでてくる体位は、あまり込み入ったものはないな。
「やる」ことがメインで、「どんなスタイルか」はあまり問題じゃないから。
正常位かバックがふつう。女性上位もあまりないよな。
純文学ポルノをきちんと書いてみたい。

876 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 00:52:52
いちごののったショートケーキを食べた。それだけ。


877 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 01:01:25
女体ケーキって素敵。

878 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 01:02:14
ケーキがいいねえ。
オレもバブルのころはよくやったもんだ。女体森。

879 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 01:19:17
裸にラム酒ぶっかけて舐め合ったことあるよ。
適度に塩気が混じってなかなかよかった。
肌がアルコールを吸って、熱く火照ってくるんだ。そこで、ね。
あとは言わずもがな。

880 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 01:26:41

四行目は削除しようよ。ほんとに言わずもがなだし。

881 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 01:30:23
わかめ酒という和風もあるけど、ネーミングが古過ぎるな。
ドンペリをまんこに注ぐマンペリなんてどないだす?
股を閉じて陰毛ゆらめくY字の窪みにマンペリを。
俺のほうはチンペリ。陰毛毛羽立つY字の窪みにそそり立つ勇壮なペニス。
彼女はフェラチオしながらチンペリを舐める。

882 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 01:30:39
ケーキ大好き

883 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 01:31:12
どっちかというとクンニだから、男性側が奉仕してるわな。

884 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 01:41:08
奉仕するのは舌がだるくなっていやだな。
奉仕されるほうが好きだ。

885 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 01:56:27
どっちも頑張れ

886 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 03:32:46
めざニューの杉森美香アナが好き。八重歯がかわいい。4時から。
「これからおやすみになる方も、お目覚めになった方も。お台場から生放送でお送りしています」
生放送の「ナマ」が妙にそそるんだ。
そういえば、おミズの女たちって、この時間に寝るんだよね。

887 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 03:44:02
え? 今丁度みんなで飯食って盛り上がってないか?

888 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 03:53:10
うちの奥さんは遅くても3時にはタクシーで送ってもらって帰ってくるよ。
一度いないフリしてたら、客を中に入れたんだ。ヌッと顔を出したら、「なに、あんたいたの」だと。
客のおっさんは慌てて逃げてった。
ヒモのおいらはそれから奥さんに茶漬け食わせて、お風呂で背中流して差し上げて、大変だよ、毎日。

889 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 04:02:59
そうか、苦労してんだ。
でも末広がりでフィーバーしたから何かいい事あるかもな。

890 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 08:34:09
苦労した分だけ身につくもんだ。それは何事においても言えること。
俺なんか苦労のし通しだよ。

891 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 09:56:00
がんばれや

892 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 09:57:50
http://009.gamushara.net/smile/data/ojiichan.gif
衝撃の老人男性殺害動画。

893 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 11:25:40
きょうはなんとなく陰鬱な空であるな。雨が降るんだろう。


894 :◆ujxccYUvtI :2006/04/11(火) 11:31:23
あ            あ            あ            あ            あ

895 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 14:57:35
気圧が低くてだるい。雨は降るのか降らないのかはっきりしない東京の空。
腹減った。何か作るか、買い置きのアンパンを食べるか。昼寝するか。
なにをするのも自由なんだけど、こうなるとかえって自分で自分を縛る。
アンパン食って、また原稿に戻ろうっと。

896 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 15:59:28
衝撃で笑いすぎた

897 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 18:03:24
衝撃だ。

898 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 18:39:19
女子アナの顔ぶれも少し変わったな。
穴の具合は変わりないんだろうけど。俺はなんといっても日テレの笛吹アナが好き。
嫌いなのは武内絵美。性格がサイテーな感じ。クボジュンも大嫌いだ。

899 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 18:40:28
アナウンサーといえば、中野たんのアホ面が好き。

900 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 18:41:55
ふたたまちんこっこ

901 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 18:45:34
ちんくっく

902 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 18:47:32
ゴジラと俺

903 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 19:08:13
パンダみたいに可愛い

904 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 19:15:52
かわいいにゃん

905 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 19:17:01
トウモロコシとアタシ

906 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 19:18:03
二人の夢、へちまのはな

907 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 19:19:17
おまいら知らないだろうけど、フリーアナの村上ちなみは最高。
元ミス青山なのに、なぜかホームレスの世話に一生懸命。
東京ホームレスというサイトを作っているよ。

908 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 19:30:45
そいつはジャンボッキ

909 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 19:52:51
でかいちんちん あ いい と叫ぶ

910 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 20:08:04
ふたたまちんくっく

911 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 20:09:45
グランパス君
グランパコさん
ジュニ坊
グララちゃん

912 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 20:13:11
皆書いてるかい

913 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 20:56:31
かいてるかいてるー

914 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 20:59:53
マス

915 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 21:00:27
埋めてる

916 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 21:22:52
ふったたま
ちんくっく

917 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 22:07:50
ちんくっく船長

918 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 22:42:55
ピー、ピッピッピッピ。
笛を吹いてもばばあはどこ吹く風。ショウウィンドウに君の顔が映って、その奥に闇がある。
だから僕は帰るって言ったんだ。パン屋の血が騒ぐ水曜日。

919 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 23:02:37
あ〜あ、早く小惑星が落ちて来ないかな。
燃え尽きない1センチ程度の隕石雨になって、夜空を彩ってくれ。
そしたら俺はあきらめて表参道を後ろ向きに歩くよ。過去に向かって。

920 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 23:07:18
表参道埋立地

921 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 23:16:24
ゲーハ高山
ttp://kubojun.fc2web.com/off.htm

922 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 23:21:47
四月の雨はシュガーレス。ダイエッターには恵みの雨だ。
濡れて風邪をこじらせムッとする重ね布団の中で手淫をすると、
なぜか幼稚園で加賀まり子に似た子の菊座をいじったことを思い出す。
あれが僕の純愛の初めだった。天皇家の紋章が菊花であることなど、そのときは知らなかったんだ。
まことに畏れ多いことだ。罪滅ぼしに、今ではどんな場面においても、皇居に尻の穴を向けることはしない。

923 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/11(火) 23:58:07
メロンパンがうまいなんて言うヤツの気がしれない。
俺は今でもジャムパン派だよ。

924 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 01:59:10
923
うちのオジイチャンと一緒だ

925 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 02:28:13
コーヒーといちばん合うのはクリームパンだよ。
ただしブラックでね。

926 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 08:43:46
コーヒーはアンパンだよ(つぶあん)。

927 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 09:03:35
アンパンには牛乳

928 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 09:25:20
高山はちょい悪おやじ

929 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 11:44:07
アンパン(粒あん)に牛乳。これがセレブな原稿書きの定番ブレイク。
バナナを一本添えて栄養のバランスを。キーボードを打ちながらいただきましょう。
タンパク質不足には納豆で対応。おやつ代わりにいただく。
ただし大豆イソフラボンのとりすぎには注意。

930 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 12:01:54
プッ。洋風かぶれめが。
原稿書く時の必需品は握り飯と味噌汁だ。
夜に入ったらコップ酒。それも押し出しの強い純米酒な。味噌なめながら飲む。
そして書く。

931 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 13:35:29
オナニーが大事

932 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 15:12:35
昼下がりのセックスほど気持ちいいものはないぞ。
もやもやが一挙に晴れて、すっきりと創作に打ち込める。

933 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 15:19:46
爛れた性生活っていいよな。

934 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 18:33:19
モルジブあたりに女つれて行って、海辺のロッジで朝から晩までセックスしてみたい。
マンゴーとかパパイヤ食べている最中にも挿入しているんだ。
トイレにも一緒に行く。ウンコだけはやめようか。そういう趣味はないから。
3日3晩やり続けたら、身も心も蕩けて、すごく仲がよくなるって。
男と女は、なんといっても体のウマが合わないとダメ。
小説も同じだよ。どこが?

935 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 18:58:06
妄想は金かかんないし。
楽しそうでいいぢゃないかw

936 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 19:19:11
>>934
連れてってよ。モルジブ。
でも最中にドリアンだけは食べないでね。

937 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 19:44:19
あたしうんこ我慢するよ。

938 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 20:44:46
ズンはん、別館新スレたてまへんの?

939 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 21:00:02
ゲーハ高山
ttp://kubojun.fc2web.com/off.htm

940 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 22:10:58
高山さんは下品なカキコが大嫌いなんだ。知的レベルが高いし、禿げてるし。
チンコやマンコの話しかできないおまいら、反省したまへ。
高山さんに来てもらいたかったら、高尚な文学論を闘わせないと。
わかったか、下劣なガキども。なにがドリアンだ。

941 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 22:29:53
マングローブ吉田と駅前のブティックで呼ばれている僕がきましたよ!
きょうは水族館に行って、ヒラメの泳ぎ方から肉食獣のきわどさを知ったよ。
こけてしまった冷蔵庫のなかには、葡萄入りのマーガリンが。
夜食には人目を気にせず食べられるザトウクジラの涙のしずくを。
だから言ったんだよ。口からでまかせの言葉の羅列が4人座りのふわふわソファに化けるって。
そこに体を嵌め込んで、やることは一つ。そう僕はいつしかソファになる。

942 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 22:42:09
はぁ?電波はくるな

943 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 22:46:54
それが文学ですよね。
ソファに同化する自分。そばにはオホーツクからやって来たアザラシのトメ公がいます。
布団は2枚敷いて、電気毛布はもういらないってか。
水とお茶とサンザシ酒を枕もとにおいて、眠くなったらうつぶせに寝る。
世界は騒然と名作劇場の切符を探しながら、明日食う金芽米の効能書きを読むんだ。
チンの芽があるちんめ舞。最近おならの音が乾いてきた横浜市港北区下田町のコロ助でした。
職業は印刷会社の商印4部の営業マンです。印刷の見積もりができます。

944 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 22:56:37
意味の通らない文章は面白いな。こういうのは電波系とは言わないよ。
吉田戦車を文章上で模倣しようという腹だな。
どうせやるなら作品化しろ。おおまかな流れさえ作っておけばいいんだ。
辻原登がうるさいから、最後はそれなりに締めとけ。

945 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 23:02:32
それなりに締めとけって、あんた……。

946 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 23:35:15
>>941
かなりレベル高いと思う。
渋沢孝輔の詩のようだ。

947 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/12(水) 23:45:58
>>943
「世界は騒然と名作劇場の切符を探しながら」というくだりはとてもいいと思う。好きなフレーズだ。
想像力が刺激された。


948 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 00:58:09
その見積もりがはりさけそうな想い抱いて。
ピラミッドパワーで原稿執筆中の渋谷店です。熱めのお茶なんかないわ!
とっておきのパーティージョークで担当者にお取次ぎ願えますか。
サテライトスタジオまでは5デシリットルの涙が必要です。だって活かすも殺すも
司会者次第っしょ?それがイヤならどうぞ時計回りに回って下さい。
あなたの血液型は知りません。議事録は同封しておきますから。
そもそも弊社は夏季休業です。中高一貫教育というのは言い訳に過ぎません。

949 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 00:59:59
>>941
>夜食には人目を気にせず食べられるザトウクジラの涙のしずくを。

素晴らしい!

950 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 01:01:17
素晴らしいよ。あなたが枝垂れ桜のマッカランな方ですか?

951 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 01:21:37
>>948
おお! 面白いではないか。「ザトウクジラの涙のしずくを」もいいけど。

>そもそも弊社は夏季休業です。中高一貫教育というのは言い訳に過ぎません。

この一行が気に入った。941といい943といい、948といい、想像力を喚起するこういう文体の作品が読みたいよ。
これぞ純文学の醍醐味!(まあ、これではカケラでしかないけど)
批評してもはじまらんけど、941には詩情が横溢してるよな(誰か書いてた?)

952 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 01:22:46
レートー(・∀・)ミカーン♪
レートー(・∀・)ミカーン♪
レートー(・∀・)ミカーン♪

4個 ヽ(゚∀゚)ノ 入り



953 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 01:30:28
952の脳にはウジムシが湧いているw 前頭葉が腐ったんだな、カワイソス。

954 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 01:36:34
『枝垂れ柳のマッカラン』って、新宿ホストの作品じゃなかったか?
最終に残っているとかいうガセネタよ。
ただ単に構想だったのか?

955 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 01:47:52
みかん

956 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 02:56:22
ヤンキース

957 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 03:09:03
みかん

958 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 12:46:35
冷凍みかん

959 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 12:52:44
しゃちほこ

960 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 12:53:39
ぷげらっちょ

961 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 19:38:46
あるゼネコンの会長の愛人をやっていた女。
ブティックに行くと、ここからここまで、という買い方をしていたそうだ。
俺はパンツ一枚も買ってやらなかった。といってもヒモではない。
二人でいても、会長からケータイにかかってくると即直行。
メルセデスが迎えに来た。伊豆の隠れ宿にお泊まりだ。翌日はゴルフの相手。
こんな女なのに、俺から離れない。いい加減にせえや、と俺はある手を打った(続く、わけがない)。

962 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/13(木) 21:10:27
ぶひ

963 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 00:05:34
たかだか賞金50万円の賞に応募者が2000人という不可解な現象。
日本人って、拝金主義とかなんとか言われるけど、純文学の世界はいまだに毒されていないように思えるが。
主催者側はそれが狙いなんだろうな。
しかし、こんな貧乏くさい運営をしているものだから、集まる作品が貧乏くさいのかもしれない。
キラキラした才能の持ち主は、サービスをたっぷり盛り込んで高額賞金の賞に応募するだろうよ。
その余力で、たわごとみたいな純文学を応募する。

964 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 00:21:54
新たな文学の旗手なるものを発掘しようという文學界新人賞が50万円。
10代も大人も夢中になれるエンタメ小説を募集するポプラ社賞が2000万円。
なんと40倍の格差がある。
どっちに市場価値があるかは明白だよな。
つまり、純文学が求めるものは市場価値ではないということさ。
だからといって、その他の価値についてははなはだ曖昧で、一部の文学賞はどうみても市場価値を追っている。
器用に書き分ける才能を持つ人は、エンタメをメインにして、純文学は息抜きにしたほうがいいよ。


965 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 00:30:31
純文学しか書けませんが。たしかに自分で読んでも面白くありません。

966 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 00:33:27
ふたたまちんくっく

967 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 00:50:44
純文学命みたいな青くせえガキのカキコ見ると、胸が悪くなるな。
価値観の違いと言ってしまえばそれまでだが、
市場価値のないものを芸術でございなどと言い換えてごまかすのはいかがなものか。
芸術作品って、十分市場価値をもつんじゃないのか?
文学の旗手たる文學界新人賞の賞金がたった50万円てのは、どうみても矛盾している。
いかに文章芸術を軽んじているかがあきらかではないか。
本音をいえば、編集サイドは、ガキの妄想作文に与えるお小遣い、という程度にしか考えてないんだよ。

968 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 01:02:03
まあ君は絵売り娘かららっせんのイルカの絵でも買って下さい。

969 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 01:02:59
文學界応募作を書く時間は、せいぜい10〜14日で十分。

970 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 01:53:04
もうどんなにアリアを歌っても、真夏のノルウェイでサーモンをゆでて食べた日は戻らないから、
せめてカジキマグロのびんとろを厚く切ってスシめしに乗せて食う。
隣には逆説の真美がいて、いい体してるんだから何か運動したら? などと言う。
運動? 昂揚する精神運動と自動機械の永久運動がびんとろの上でタンゴを踊り、
真美の昨夜の拒絶が実はバルコニーを吹きすさんだマフェーのせいだと気づいたときには、
5年後の別れの言葉がマルクス・アウレリウスの別荘のように、池に浮かんでいたんだ。
「結婚すると毎日こんなことするのかな」
「たぶんね」
「いやだな」
そのとき真美は僕でない男との官僚答弁のようなセクスを想起していたらしい。
でも、サーモンピンクの夏はそうして終わったのだ。サバ・ビアン。

971 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 02:05:45
ちんくっく

972 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 02:27:08
ちんぽっぽ

973 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 02:28:21
ドライちんぽっぽ

974 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 02:28:51
こらんごらん

975 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 03:21:27
チンポートマンコータベタイーナー

976 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 03:30:09
ベイブルース

977 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 03:49:35
ボスニアヘルツェコビナ

978 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 04:53:00
タカヤマンコチンコズンズン

979 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:02:24
りおおと結婚することにしました

980 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:02:59
すいません、うそをついてしまいました。

981 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:04:09
だってりおお可愛いもん。

982 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:13:40
こまったなあ

983 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:15:11
りおお最高

984 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:16:09
群像出身だけど

985 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:16:41
り・お・お

986 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:17:18
りおおと同棲したいにゃん

987 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:20:16
ちちくりあいたい

988 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:21:20
へらちょんぺ

989 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:22:12
ミスターロンリーことりおお題空き

990 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:22:43
背伸びしない作風

991 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:23:18
おっぱいぷりんおかわり

992 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:23:50
アイフル営業停止おめ

993 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:24:26
あいあいあいあいあいふるヤクザ

994 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:25:27
怖いぜ、アイフル、弾丸

995 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:48:58
しこティッシュ

996 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:49:28
プレミアドカーン

997 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:52:32
おっぱいもみもみりおおたん

998 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:53:06
ふくらはぎごしごしりおおたん

999 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 11:53:37
膝の裏側がセクシーりおおたん

1000 :名無し物書き@推敲中?:2006/04/14(金) 12:02:21
1000だけ頂いていきますね^^;

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

218 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)