5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あなたの文章真面目に酷評します Part36

1 :名無し物書き@推敲中?:2006/05/13(土) 18:12:03

前スレ: http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1145928048/

まとめwiki:ttp://www6.atwiki.jp/kata/
過去ログなどはこちら。

テンプレは>>2->>5あたりです。投稿・批評する前に必ず読んでください。

文字数が多いスレは、1000に行く前に容量オーバーで落ちることがたまにあります。
ブラウザで表示したとき、書き込み欄の上の表示が480KBを超えたら投稿を控えて次スレを立ててください。

952 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/10(土) 22:25:48
>>941
文法におおきな間違いはないと思います。
語感は人それぞれの好みの問題になりますから、客観的な
良し悪しの判断は難しいと思います。

小説として見た場合、基本ができていない(状況描写が少ない)ので
問題外のレベルです。

953 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/10(土) 23:16:03
>>920
これはしんどいわ。
前のめりに、つんのめっている、作者がね。
結論だけを息せき切って述べているので、読み手がついていけない。
まず、具体的な事柄の描写をして、それから結論へと持っていかないと駄目。

具体的に例示すると、
>美人の上に聡明な彼女
>服のセンスも垢抜けていて、話術も巧みな彼女
>慈しむような優しさも厳しさも、兼ね揃えた母

これらは結論ね。この結論に関する記述がどこにもない。

>「もう五十万は持ってかれてんのよ、あんた。何に使っているか位問い詰めなよ。
>美花んち、金がないわけじゃないでしょ。家は三階立てで、おじさんの会社はCM流してるし。」
真由美のセリフだが、どこが「話術も巧み」なんだ?

>>936さんが「なんとなく社会経験の無い方が想像で書いているような気がする文章」と書いて
いるけど、同意。
カフェもそうだけど、「年収一千万を越えている」くらいで「やや裕福な部類」というのもね。
家族かかえていたらカツカツだよ。

文章の不正確さも目立つ。

>地方政令都市である故郷は中途半端な発展を経ても直、市街地に緑が残っている。

「直」は漢字で書くなら「尚」ね。「なお」とひらいたほうがいいが。
「地方政令都市」も勘弁してほしいが、なにより文意自体が不明確。ふつうは「中途半端な発展
を経たら、市街地に緑が残らない」ということなのか? 
じゃあ中途半端でない発展だったらどうなるんだ?

身近なことを具体的に書く練習を積むことをお勧めする。

954 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/10(土) 23:25:22
>>951
すいませんでした。ではこちらに置き換えたらどうでしょうか?
アハハとこっちとどっちにするか結構迷ったんです。
でも行を取っちゃうしと思って、アハハのほうにしたんです。
ごめんなさい。

>僕はバックパックから使用済みの航空チケットを取り出し、到着地名を確認してみた。
>地名には、yonesukeburg と記載されていた。

  ( ゚д゚ ) !
_(ヽ□ノ_
  ヽ ヽ


955 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/10(土) 23:34:00
>>954

どアホ!

956 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/10(土) 23:37:53
もっと難しい単語とか言い回しを積極的に多様すべきだと思うけど。
頻度でいえば、10行に1度は辞書引かないと正確な意味がつかめない単語が出てくるとか
そういう頻度でいいと思う。
そんなの読み手が面倒だろとか思うかもだけど、だいたい日本語の漢字にしても英単語にしても、
基本的な根幹というか漢字一文字一文字自体は、
高卒程度の教養があれば知ってるものばっかりなんだよね。
だから辞書引かないと正確な意味はわからないにしろ、
漠然とした意味くらい読み手はまあわかるんだよ。
だから実際に辞書引く奴は少なくて、まあぼんやりとしながら続きを読む。
でもその単語の難解な雰囲気自体は心に残るわけで、
それが文章全体を、なんとなく高尚に見せかける効果があるんだよ。

957 :天才白菜 ◆Om8rzuKp0M :2006/06/11(日) 06:31:42
>>947
てめぇ、八九才にもなる老人に対して失礼だぞ! 白痴とは、何ごとだ! (詳しくは、前々スレの[白菜八九才]参照)
それとあとアレだな。次スレから俺はできるだけ雑談をしないことにした。
だからお前等もあまり雑談するな! 無意味な雑談禁止!
そして俺を「白菜さん」あるいは「天才白菜」のどちらかで呼ぶことを義務付ける。
それ以外の呼び名は、俺じゃないと判断する。無視する。相手にしない。

[ナンセンス]のスレに行く。なにを書くかは、まだ決めてない。

958 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/11(日) 11:18:01
>>920
>人より要領の良かった私は全国の日本人が名前を知っている大学に合格した。
>普段は厳格な父も有名大学の合格通知のお陰で

これを読むと、相当な大学なのだろう、東大かね? と想像されるが、

>彼女は私よりワンランク上の東京の私大の学生だ

は? 彼女の私大よりワンランク下ってこと?
「私大よりワンランク下」で「厳格な父も喜ぶ有名大学」ってどこだね?

>家は三階立てで、おじさんの会社はCM流してるし。
「三階立て」は「三階建て」ね。
金持ちの表現でこう書いているのだろうが、三階建ては土地が狭いから仕方なしにそうしているだけ。
地方の金持ちはわざわざ不便な三階建てなんか建てないよ。広大な敷地に平屋か一部二階建ての大き
なお屋敷を建てている。

>街路樹にしてはいささか大きすぎる樹木はまだ梢に冬の香を残しながら風に揺れていた。
>観光雑誌のなかでは「見事なケヤキ並木」と称される有名な道路を母の車が走っている。

車で走りながら「大きすぎる樹木」の「梢に」残った「冬の香」を「私は」嗅げるのか? 犬でも無理だろ。
それとも「冬の姿」の詩的表現? そもそも冬のケヤキは葉が落ちていてそうそう風には揺れないが。
「観光雑誌のなかでは「見事なケヤキ並木」と称される有名な道路」これも悪文。
「有名な道路」というのなら固有名詞を書いたほうがわかりやすいよ。大学もそうだけど。
もちろん固有名詞を出さない小説作法もある。
でもそのわりには「ホットペッパー」なんて説明無しで書いているしね。首尾一貫していない。

思いつきで書いている印象が強い。

959 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/11(日) 14:38:09
思いつきで書いてるに決まってるわけだが


960 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/11(日) 17:34:10
私は思いつきなどで書いていない。
魂で書いている。

961 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/11(日) 17:39:10
つまりは思いつきみたいな魂ってことだな

962 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/11(日) 17:40:32
思いっきり突いて塊になったのか?

963 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/11(日) 21:56:51
>>958
>>思いつきで書いている印象が強い。

思いつきで書いてる印象が強い。

964 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/11(日) 23:03:41
「〜〜せし」「〜〜し」「〜〜せん」
これ最強。
これだけであたかも伝承の巻物に書かれてる文章みたいな雰囲気になって格調高くなる。

965 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/11(日) 23:33:27
これ最強せし。
これだけであたかも伝承の巻物に書かれてる文章みたいな雰囲気になって格調高くなるせし。

966 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 00:26:01
セシウム

967 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 00:28:02
やべえww
>>965こいつたぶんモロに使ってるwww
イタイの指摘されて頭キて条件反射で書き込んだと見たw

968 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 02:58:59
モロに使ってるわけねーよ…釣りですらねーのに…

969 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 03:52:49
>>956
文章自体が一定のレベルに達してない素人が
無理して難解な単語使ってる小説を読むほど
苦痛でムカつくことはないぞ。

970 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 08:52:52
皆さん批評ありがとうございます!
>>思いつきで書いてる
全く以てその通りです。
もっと設定を練って、語彙も増やさなければ。

状況を描写する練習もやってみます。

しつこいですが、本当にありがとうございました!
勉強になりました。

971 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 19:22:59
 ネタを投下

 「ひじ子さん」

 文化祭を一週間前に控えた日のこと。彼女はポスター作りに追われて、教室で仕上げをしていた。ようやく完成して帰ろうとしたときには下校時刻ぎりぎりだった。
 大半の生徒はもう帰ってしまったあとで、校舎は人気がなくなっていた。電気の消えた廊下は、なんだかいつも以上に気温が低いように感じ、寒気がした。
 不意にカーブの向こうから走ってくる人影が見えた。女の人のようだが、それは妙に背が低く普通の人の半分くらいの高さだ。それに走り方もぎこちない。一歩進むごとに体が右に左に大きくぶれている。
 彼女の正面に来たとき、わかった。それは腰から下がないのだ。両肘で器用に体を持ち上げて走っている。それを見た彼女は来た道を全力で引き返し、女子トイレ逃げ込んだ。個室に鍵をかけやりすごそうとした。トイレの中でふるえながら、通り過ぎるのを待った。
 どのくらいの時間が経っただろうか、下校時刻を告げる放送がスピーカーから聞こえてきた。彼女は鍵を開け個室から出ようとした、そのときだ。不意に上を見上げるとそこには肘を組んだ体勢で、彼女を見下ろす姿があった。
 

972 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 19:34:50
身障者をネタにされてもなー のりづらいわ

973 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 19:41:10
いや、俺はありがちな都市伝説として書いたんだが。
身体障害者じゃなくて、得たいのしれのものとして書いただけなんだけど。

974 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 19:44:58
身体障害者はいかんよ

975 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 19:49:06
>>971
内容以前に、小説じゃなくてただの説明文になってるんだが

976 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 20:05:16

これはヾ(`◇´)ダメ! イクナイ!


977 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 20:24:20
>>973
フタ開けて1日放置した缶ビールみたいな文章だな。リライトスレに持って毛。

978 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 23:17:22
>>973
例えば下半身動かない障害者の方が読んだら
自分も化け物扱いされてる見たいでいやだろうなということなんじゃない?

979 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/12(月) 23:57:01
そういう障害の人もいるからな。

980 :972:2006/06/13(火) 00:12:11
てゆーかおまいらマジレスしてどうすんのよw
テケテケくらい知ってるって。あたまだいじょうぶ?

981 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/13(火) 00:35:50
身体障害はあかんわ

982 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/13(火) 00:47:19
腰から下がなくて、両手で歩いている人は実際にいるよ。
本も出ていた。
だから駄目。

983 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/13(火) 01:05:57
なるほど、これのことか。

http://72.14.203.104/search?q=cache:npyTEnhcjkIJ:osi.cool.ne.jp/youkai/youkai-2.htm+%E3%83%86%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%B1&hl=ja&ct=clnk&cd=1&lr=lang_ja

984 :972:2006/06/13(火) 02:28:57
正直すまんかった
足切ってきますw

985 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/13(火) 17:20:05
そういうのもダメ。

986 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/13(火) 17:24:13
というか彼女がどっちか読んでてこんらんする

987 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/13(火) 20:33:52
スケボーに乗った天使
http://images-jp.amazon.com/images/P/4884932684.09.LZZZZZZZ.jpg

988 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/14(水) 11:21:52
窓のふちに肘をかけると外壁にとまっていた蝉が一匹、ぶーんと音をたてて飛び去った

989 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/14(水) 11:30:47
次スレどうするんだ?
立てるなら挑戦するけど…

990 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/14(水) 11:45:24
蝉の姿を探そうと思ったが、蝉がとまっていた外壁をぼおっと数秒見ていたので、探し出そうとしたとき、
その姿はもう消えていた。

991 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/14(水) 14:00:12
>>989
次スレはいらないと思われ。

992 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/14(水) 15:45:34
>>989
立ててくださいな。

993 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/14(水) 15:52:05
立てました。ヨロ。

あなたの文章真面目に酷評します Part37
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1150267701/l50


994 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/15(木) 10:58:30
耳をすましても泣き声はきこえない

995 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/15(木) 12:54:26
ジブリ乙

996 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/15(木) 13:57:56
正午の太陽は手の甲をかゆくなるまで焼いていた

997 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/15(木) 14:42:38
正午の太陽が照りつけ、僕の手の甲までが汗ばんでいた

998 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/15(木) 14:44:13
ギターのピックを指のあいだにはさんで六畳の部屋を見渡した

999 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/15(木) 14:47:51
真夏の空は窓枠の外にありそしてそれは青かった。入道雲がもくもくと伸びていた。

1000 :名無し物書き@推敲中?:2006/06/15(木) 14:48:24
1000なら

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

472 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)