5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

電撃小説大賞スレッド Part9

1 :名無し物書き@推敲中?:2006/08/18(金) 20:11:20
前スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1153315514/
過去ログ
http://www.geocities.co.jp/Bookend/3018/bun2.html#dgk
電撃大賞公式
http://www.mediaworks.co.jp/3taisyo/oubo14a.php



383 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 19:37:28
ふう、早くも来年の電撃用原稿が終了したぜ…。
なんつーか、ラノベじゃ普通は使わないような資料を駆使した自信作なもんで、
ちょっと気分がハイになってるw
ちなみに教えると、剣術を題材にしたアクション小説。
概要はおろか出版時のコピーまで考えるあたり、我ながら少し痛いなwww
で、登場人物紹介とさわりだけ書くと…。

<概要>
かつて剣術界に覇を誇った柳生新陰流。しかし時の流れと共に、最強無敵の所以たる
野性味と超人的な剣術を失っていった…。
その衰退を憂えた心ある柳生剣士たちは、表柳生・裏柳生などといった権力の走狗、
微温い組織を足蹴にし、己が剣技を極めんと時代の裏側へ去ってゆく。
そんな彼らの作り上げた流派に、人々は敬意をこめて最美至高の尊称を与えた。
それが――

神柳生(かみやぎゅう)
皇柳生(すめらぎやぎゅう)
帝柳生(みかどやぎゅう)
影柳生(かげやぎゅう)
鬼柳生(おにやぎゅう)
闇柳生(やみやぎゅう)

の、剣術界に知らぬもの無き「柳生六鳳剣(やぎゅうろくほうけん)」である。
彼らはいずれも、「我こそが柳生新陰流の道統を継ぐにふさわしい」という自負を
抱いていた。現在柳生宗家を名乗っている者たちは、彼らに言わせるならば
「鼠の如き小才を自覚せぬ搾り滓の一族、流派の看板を掲げるのも恥ずかしい贋作者(フェイカー)」
に過ぎないのだ。あまり虐めるのも可哀想だから、仕方なく看板を預けてやっているだけのこと…。

384 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 19:37:59
そして現代、六鳳剣の継承者たちは魔都・東京(真名=闘京)に集う。
柳生新陰流の名を継ぐにふさわしい、唯一無双の勝利者を決定するために!
東京――いや、闘京が、六人の聖戦が生み出す極彩なるオーラに包まれる――!!!

<コピー>
平和ボケの日本人に、情熱の喝を入れろ!
リアリティを追求した、華麗絢爛たる殺陣描写に酔い痴れろ!!
一振りの刀に命を懸ける、美しき人型の野獣たちが、読者の心を痺れさせる!!!
真の剣術とは何かを教える――バトルロワイアル・バイオレンス、ここに開幕ッ!!!!

385 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 19:38:29
<流派・登場人物紹介>
柳生天陰流(てんかげりゅう)
→「神柳生」とも呼ばれる、六鳳剣の一。流派の真祖は「朱き天」と呼ばれた金髪碧眼の男で、
 かの宮本武蔵に闘いを挑み、その四肢を切断した末に「貴方様こそ最強でございまする」と
 命乞いをさせた後、ひと思いに殺してやったという、まさに至極の超剣士。
 「星の守護者(ガーディアン・オブ・ジ・アース)」の二つ名を持ち、彼が使う極絶奥義・
 《彗星天驚裂神斬(すいせいてんきょうれっしんざん)》は、大陸ひとつを消滅させるほどの
 威力を誇ったとか。
 真祖の威名を永遠(とわ)に残すため、継承者は「朱天童子(しゅてんどうじ)」の字で
 呼ばれることになる。
 現在の継承者は御堂丈一郎(16歳)。丸形サングラスをかけ、セクシィにくわえた煙草が
 トレードマークの超絶美少年。ひそかにIQ200。

柳生皇陰流(おうかげりゅう)
→「皇柳生」の尊称を所持する六鳳剣の一。流派の真祖は「クリティカルカイザー」とだけ
 伝わる謎の男。残虐酷薄な人物で、かの剣豪・小野忠常に戦争を仕掛け、寸刻みに嬲り殺したと
 いう超人的な猛者。為に一刀流は柳生の名を極度に恐れるようになった。
 男の二つ名は「破壊の竜王(デストロイヤー・ドラグーン)」とのこと。彼が使った獄烈奥義・
 《天地焼滅す無窮の焔(てんちショウメツすムキュウのホムラ)》は、十万の軍勢を壊滅させる
 剣の威力を顕彰したとかなんとか。ちょっとは力のセーブを覚えようね。
 現在の継承者はハヤト・ヴラッド・フォン・デュークハルト(19歳)。
 ドイツ人と日本人のハーフ。ゲルマン系の至極美少年で、アインシュタインも恥じ入る頭脳を持つ。

386 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 19:39:12
柳生極陰流(きょくかげりゅう)
→「帝柳生」の尊称を捧げられた六鳳剣の一。流派の真祖は「必滅将軍」と呼ばれた旗本最強の
 猛将であったという。薩摩の剣豪・東郷重位に武人としての最期を与えてやった。その麗美無比の
 刀技を前に、東郷は「参り申した。貴殿に殺されるなら本望でござる」と完全に脱帽し、彼の
 足を舐めんばかりに降参しきったという。彼の流派にミカドの名が付いたのも納得できる、まさに
 超天才である。
 彼が使う秘究奥義・《堕天黒龍瀑雷剣舞(ダテンこくりゅうバクライけんぶ)》は桜島の地下
 3000メートル地点で東郷に炸裂したのだが、あまりの超絶威力に火山帯をも刺激し、桜島を
 大噴火せしめたばかりか、フィリピンのピナツボ・イタリアのエトナといった火山も爆発させた。
 17世紀以降、地球レベルで発生した気候変動は、彼が引き起こしたと言っても過言ではない。
 まったくもって迷惑千万な御仁というか何というか。お茶目にも程があるぞ。
 現在の継承者は雨宮零(17歳)。実は米国のMITを卒業済みで、開校以来の天才と謳われた
 少年。神レベルの美形でもある。

387 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 19:39:42
柳生超陰流(ちょうかげりゅう)
→「影柳生」の尊称をつけられた六鳳剣の一。流派の真祖は「無敵公」の異名だけが伝わる謎の
 人物。わずか十日にして新陰流の全てを吸収し、数年をかけて自己流の技術体系に昇華させた。
 かの荒木又右衛門に己が技の一部(比率で言えば1パーセント程度!)を伝えたが、それでも
 有名な「鍵屋の辻」の決闘で大活躍させてやるほど、「無敵公」の新陰流は絶大な力を又右衛門に
 与えたのである。「新陰流を超えし新陰流」として「超陰流」の名を授かったのも当然であった。
 ちなみに説明をしてあげるならば、「影柳生」とは「無敵公」が黒ずくめの服装だったために
 付いた字だとか。
 彼の使う破神奥義・《轟衝絶刀無明殺(ゴウショウぜっとうムミョウさつ)》は、後に増長した
 又右衛門に対して放たれ、虚妄の英雄に対してふさわしい罰を与えることとなった。
 荒木又右衛門は原子レベルに分解され、塵ひとつ残さずに現世から消滅したとかなんとか。
 それでも「無敵公」は力をセーブしたつもりなのが恐ろしい。30パーセントほどの出力で
 全海面の高さが十センチ減ったというのは…。世界を滅ぼすつもりですかこの御方は(滝汗)?
 現在の継承者は九頭竜雲子(15歳)。名前は「くもこ」と呼ぶ。「う●こ」と呼ぶとキレる。
 ポニーテールの似合う超級美少女。日本政府の政経アドバイザーを務める天才で、丈一郎とは
 幼なじみの関係。…ツンデレ?

388 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 19:41:14
柳生覇陰流(はかげりゅう)
→「鬼柳生」の尊称が有名な六鳳剣の一。流派の真祖は「土蜘蛛」の綽名で呼ばれる性別不明の
 人物であったという。流派の名称を説明するならば、「新陰流を制覇する新陰流」ということ。
 「土蜘蛛」は代を重ねるごとに堕落劣化してゆく新陰流に叛旗を翻し、江戸柳生・尾張柳生に
 戦争を仕掛けた真英雄。十兵衛の片目を奪い研鑽を促したが、粗暴傲慢な人柄がさっぱり直らない
 ために、柳生庄でこれを惨殺。さらに尾張の連也斎にも矯正の稽古をつけてやったのだが、
 反抗的な態度で謙譲の姿勢が皆無なため、こっちの方も誤って殺してしまう。
 それでも柳生家を断絶させないよう、故意に被害を最小限にとどめるあたり、慈悲深いというか
 なんというか…(苦笑)。
 ただ、いささかやり過ぎだったのは事実ではあるので、彼の新陰流に対して「鬼柳生」の尊称が
 付いたのは御愛敬と言えようか…。
 彼の使った爆滅奥義《妖艶剣舞・百星流槌微塵劫(ヨウエンけんぶ・ヒャクセイりゅうついミジンゴウ)》
 は謎の颱風として記録に残る暴風を生み出し、大気圏を突き抜けて、バンアレン帯にも多大なる
 被害を与えたそうな…まさに鬼。
 現在の継承者は近衛信光(17歳)。長身痩躯、つややかな長髪が印象的な、ニヒルな雰囲気の
 超弩級美少年。某有名上場企業の真の創設者で、すでに財界のプリンスとまで賞賛されている。

389 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 19:41:46
柳生修羅陰流(しゅらかげりゅう)
→「闇柳生」の尊称で恐れられる六鳳剣の一。流派の真祖は「無常なりや」という呼び名以外に
 性別その他一切が不明の存在(人間であるかすら不明)。
 この修羅陰流こそが、実は最狂にして最凶の流派。他の六鳳剣を打ち倒しており、真祖の前に
 二代目「朱天童子」、「クリティカルカイザー」、「必滅将軍」、「無敵公」の一番弟子に加え
 「土蜘蛛」が殺されてしまっているのだ。真祖は相手を殺す際、「汝、無常なりや」と呟いて
 止めを刺す癖があり、それがそのまま呼び名となったそうな。
 彼(?)が使う殲極奥義《無間灰燼(ムケンかいじん)》は、1パーセントの出力で地軸遷移を
 やらかしかけた超人技で、成層圏で使用しなければ東アジア一帯が焦土と化していただろう。
 現在の継承者は御堂音夢(15歳)。名前は「ねむ」と読む。4歳の頃に御堂家に引き取られた、
 丈一郎の義妹。お兄ちゃん大好きっ子で、添い寝してくれないと許さないんだからね。
 属性はドジッ子+ロリ巨乳の美少女。ツンデレうんこにジェラシーが全開中DEATH☆
 ちなみに、剣の才は全登場人物中ブッちぎりのトップ。実は引き取られた時、すでに修羅陰流の
 全てを習得済みだった。しかも御堂家の人間となったことで、天陰流も使用可能。さらには
 見ただけで相手の技をコピーできるため、倒す順番を最後に回すと、最狂・最凶に加えて最強の敵と
 化す。
 「汝、無常なりや」――この言葉を、音夢に呟かせてはならない。


…あー、やっちゃったかな…。
まあ、一次通過ができる程度の文才はあると自負してるので、来年の電撃を楽しみにしてくれ。
タイトルとPNの頭文字は「絶」「御」な。
ふふふ、ライヴァル諸卿よ、受賞会場にて相見えようぞ…!!

390 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 20:06:32
確かにやっちゃったねw

391 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/27(金) 20:09:40
荒らしとしか思えんな

199 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)