5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆◇◆◇ジャンプ小説大賞 その3◇◆◇◆

1 :前スレ950:2006/09/13(水) 17:03:11
ジャンプ小説大賞について語るスレ。テンプレは>>1-7 あたり。

□内容
週刊少年ジャンプの読者である中学〜高校生が楽しめる作品を募集します。テーマ・ジャンルは問いません。スポーツ・SF・ミステリーにファンタジーはもちろん、ノンフィクションも可。ただし、未発表作品に限ります。

□応募資格
年齢・職業は問いません。プロ・アマ問わずどなたでも応募できます。

□枚数
400字詰め原稿用紙で200枚以内。必ずタテ書きのこと。ワープロ原稿の場合には20字×20行で書いてください。また、400字詰め原稿用紙2枚程度の梗概(あらすじ)をつけてください。
住所・氏名・年齢・職業(学年)・電話番号(連絡先でも可)・略歴を明記してください。

□あて先
〒101-8050
東京都千代田区一ツ橋2-5-10
集英社j-BOOKS編集部「第15回ジャンプ小説大賞」係

□募集
2006年 秋 募集開始か?

※応募作品は返却いたしません。必要な方はコピーをとってご応募ください。なお、応募作品の出版権・漫画化権・上映及び上演等の諸権利が生じた場合、その優先権は集英社が所持いたします。
※選考経過に関する電話等でのご質問はお受けできません。

○大賞 賞状+副賞賞金100万円+パソコン
○入選 賞状+副賞賞金50万円+パソコン
○佳作 賞状+副賞賞金30万円※パソコンは授賞時の最新機種(20万円相当)の予定です。
※贈賞式(賞状・副賞賞金の授与)は都内ホテルにて行われます。


2 :前スレ950:2006/09/13(水) 17:05:37
□過去スレ
ジャンプ小説大賞
ttp://p2.chbox.jp/read.php?url=http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1072691614/
■□■□ジャンプ小説大賞 その2□■□■
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1129428729/l50

○関連スレ
●ラノベ板
『JUMP j-BOOKS』-ジャンプジェイブックス-総合スレ
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1086366083/l50
小川一水スレ8 老ヴォールの惑星・千マイル急行
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1152336329/l50
【ジハード】定金伸治総合スレッドPart3【姫神】
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1133362882/l50
●一般書籍板
村山由佳PART2
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1148603475/l50
乙一5
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1153122744/l50


3 :前スレ950:2006/09/13(水) 17:06:45
○関連リンク
第15回ジャンプ小説大賞
ttp://j-books.shueisha.co.jp/prize/
ライトノベル系小説賞データベース
ttp://www.tennodai.com/~nob/database/
下読みの鉄人
ttp://www.sky.sannet.ne.jp/shitayomi/
作家でごはん!
ttp://sakka.org/
ネガティヴなアドヴァイス
ttp://members.jcom.home.ne.jp/w3c/MediaMix/writing/002story.html
草一屋 執筆支援室
ttp://homepage3.nifty.com/sou1ya/guide/a_001g.htm

定金伸治公式サイト「定金製作所」
ttp://www.sadakane-ss.net/
村山由佳公式サイト「YUKA BLUE」
ttp://yuka-murayama.com/
村山由佳の「Coffee Break」
ttp://www.shueisha.co.jp/coffee/
天羽沙夜のサイト「Depressed Detective」
ttp://homepage2.nifty.com/saya_nya/
乙一のサイト「WebMagazine」
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/3259/
乙一「小生物語」
ttp://webmagazine.gentosha.co.jp/otsuichi/otsuichi.html
松原真琴(HNは「クラシナ」)のサイト「フミンフキュウ」
ttp://humin148.hp.infoseek.co.jp/top.htm
小川一水のサイト「小川遊水池」
ttp://homepage1.nifty.com/issui/

4 :前スレ950:2006/09/13(水) 17:07:22
■枚数?
  募集要項では200枚以内となっているが、
  入賞して製本されることを考えれば100枚以上は欲しいところ。
  枚数が少なくてもそれが落選の一番の理由にはならないはず。
■原稿用紙のサイズ?
  原稿用紙サイズはA4かB5
  特に指定はないがA4サイズの方が一般的かも。
  「B5だから〜」という理由では落とされない 。
■印刷?
  原稿用紙風、または原稿用紙に印刷しない 。
  白地に文字だけがベスト。
  原稿用紙の罫線は下読みさんが読みにくいらしい 。
■文字サイズ?
  文字サイズはなるべく大きめ、14〜18pt 推奨。
■字間? 余白?
  字間は0%推奨、上下左右端の余白は多めに取る
  字間があると―――や……が繋がらないらしい。
  用紙いっぱいに均等に、等間隔に文字配列しないこと 。
  一太郎なら「書式」→「文書スタイル」で設定できるはず。
  ワードは「書式」→「フォント」→「文字幅と間隔」だけど標準なら問題ないかと。
■梗概? 個人データ?
  募集要項の指示に従うこと。
  くれぐれも余計なことは書かない。

5 :前スレ950:2006/09/13(水) 17:07:57
■綴じ方?
  黒紐綴じかダブルクリップ綴じは、指定がないのでどちらでもいいはず。
  「ダブルクリップだから〜」という理由では落とされない 。
■ページ番号?
  ページ数(番号)を原稿用紙左下に付ける。
  万が一、下読みさんが誤ってばらばらにしてしまっても直せるようにすること。
■封筒?
  封筒は原稿の紙よりも一回り大きなサイズを使う。
  B5→A4  A4→B4 という風に。
  これは紙が折れてしまわないようにといった配慮であるので強制ではない。
■応募方法間違えた!
  余程の人物じゃないと、後の不安・後悔・失敗・失態感などの諸々はぬぐえないもん。
  特に応募原稿の内容よりも、応募の際の規定や体裁の方が気になるのは当然。
  しかし、投函したらもう気にしてたってしょうがない。
  なるようになる。人事尽くして天命待つ。
  何より、物書きなら内容で勝負すれば良し。以上。
■編集や選考員ダメじゃね?
  そう思うならきっとこの賞は向いてない。
  散々言われていることなので今更蒸し返すのは愚かというもの。
  他の賞をあたること。

6 :前スレ950:2006/09/13(水) 17:08:38
◆過去受賞者リスト◆
第1回  入 選   前野兆治    『川崎ドリーム』(受賞作)
        〃     定金伸治    「ジハード」
      佳 作   村山由佳    「もう一度デジャ・ヴ」(=第129回直木賞)
      奨励賞   夢幻        「ミッドナイト・マジック」
      奨励賞   渋谷英樹    「万物の霊長は猫である」
第2回  大 賞   多岐友伊    「空飛ぶ船」
      入 選    石川考一    「BLACK ONIX」
      佳 作   絹川亜希子   「新撰組異聞 火取虫」
第3回  佳 作   霧咲遼樹    「眠り姫は魔法を使う」(現PN:桐咲了酒?)
       〃    沢口子竜     『迷投手!誕生』(受賞作)
       〃    河出智紀     『リトルスター』(受賞作、この時は未デビュー)《=第6回大賞》《作者サイトで読めます》
      努力賞  あすか正太   《データなし、不明。受賞PNも違うかも》
           ※デビューはかなり後、「アースフィア・クロニクル大魔王アリス」(電撃文庫)
第4回  大 賞   映島巡      「ZERO」(別PN:永嶋恵美)
      佳 作   天羽沙夜    『RAT SHOTS』(受賞作)(ややこしいので電撃※1)
      奨励賞   田村大     『呪剣』(受賞作)
第5回  佳 作   山本恒彦    『パジャマラマ』(受賞作)
第6回  大 賞   乙一        「夏と花火と私の死体」
       〃    河出智紀     「まずは一報ポプラパレスより」(現PN:小川一水)
      佳 作   山田武博    『風物語』(受賞作)
      奨励賞  百目鬼涼一郎  『鉄甲船異聞木津川口の波涛』(受賞作)



7 :前スレ950:2006/09/13(水) 17:17:11
第7回  入 選   清水てつき   「ベイスボール★キッズ」
       〃     久本裕詩    『僕たちは、いつまでもここにいるわけではない』(受賞作)
第8回  大 賞   彩永真司    「スパークリング」(サブタイトル長いので略、ちなみにハードカバー)
      佳 作   わたなべ文則  『砂糖菓子』(受賞作)
      佳 作   観月文      『ジジイとスライムとあたし』(受賞作)
第9回  入 選   希崎火夜    「時限爆呪」(現PN:城崎火也)
       〃     大木智洋    「ランニング・オプ」(現PN:大崎知仁)
      佳 作   原田直澄    『不機嫌な人(々)』(受賞作)
第10回  佳 作   加藤政義    『鬼哭山恋奇譚』(受賞作)
       〃     小粥かおり   『つたのとりで』(受賞作)
第11回  入 選   松原真琴    「そして龍太はニャーと鳴く」
      佳 作   トバシサイコ  『一週間』(受賞作)
第12回  入 選   保田亨介    「俺らしく B-坊主」
      佳 作   小田真紀恵  『明治犬鑑』(受賞作)《Web連載あり》
第13回  入 選   岡田成司    「復活のマウンド〜加賀谷智明の軌跡〜」
     特別奨励賞 磨聖      『阿吽の弾丸』(受賞作)《Web連載あり》
第14回  大 賞   志堂日咲    「舞王―プリンシパル―」
      佳 作   須藤万尋    『ヘル・ジャンパー』(受賞作)《Web連載あり》
       〃     野口卓也    『日常転換期』(受賞作)《Web連載あり》
第15回  佳 作   中野文明    『鏡色の瞳』(受賞作)《Web連載か?》

8 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/13(水) 20:51:15
>>1

さりげなく仕事が細かいな

9 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/14(木) 02:52:04
>1乙イチ

10 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/14(木) 03:26:13
乙一乙一乙一乙一乙一乙一乙一乙一乙一乙一乙一

11 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/14(木) 13:33:00
>>1
Good job!


12 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/18(月) 23:29:08
>>1
皆はもう次回作の案は出来てる?
ていうかもう書き始めちゃってる?

13 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/19(火) 20:29:04
>>12
ぼちぼち書き始めてるよ。まだ50枚くらいだけど。
考えたくないけどもし賞が取り潰しになったら
書き足して他へ送れるように構成立ててる。

14 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/19(火) 21:31:40
>>13
頑張ってるね。
自分はネタ探し中。

15 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 02:25:18
取り潰し決定したよ。
上層部が、宣伝で大賞の冠かぶせて刊行しても売れない
普通に審査したら応募ばかり多くて
刊行レベルの作品が一本も出ないような賞にもう用はないってさ。

16 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 02:26:31
なので皆さん諦めましょうね。

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 02:41:34
マ ジ か
いや、キャッシュ確認するまでは信じていよう。
急にジャンプ買うのが怖くなった。

18 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 03:07:12
デマだろうね。有り得そうな話ではあるが。


19 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 03:10:27
妨害工作の匂いがぷんぷんするな。

20 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/20(水) 22:43:48
まあ賞の有無に関係なく常に書いているがな。

21 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/21(木) 22:01:28
なんだろうな、ぱっと受賞者一覧見ると
面白そうなタイトルの物がほとんどないなw
タイトルだけでも読みたくなるようなものを付けなきゃな、という気に改めてなる。
中身も伴ってればもちろんそれが一番いいけどさ。

22 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/23(土) 02:05:36
さて、話題も無いし傾向対策でも練りますか。答えを出さない方針で。
一般的に傾向なんてないって言われてるけどそれでも特徴の一つや二つはあるだろ。
実力の有る無しはとりあえずおいといて、審査員の喜びそうな作品とは何ぞや?ってことで。

23 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/24(日) 00:02:20
傾向ってか対策になるかも知れんが。
前スレの最後のほうで
「審査員が求めてる作品(大人向け)と編集部が求めてる作品(子供向け)の相違」
みたいなレスがあった(はず)。
仮にそう考えたとしたら「とりあえず一次通過」か
「大賞狙い」かで対策できそうかも。
推論の重ねがけだから決してアテにはならないけどね。

24 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/25(月) 01:48:35
何かそんな感じだよな。ラノベより純文寄りっていうか。
応募者の低年齢・低レベル化も進んでるっぽいし編集側はうんざりだろう。
賞の性質からいうとそれもやむを得ないことなんだけど。
ラノベは誰にでも書けそうな気がするから危険だ。
無茶設定が普通に通る。だけどそれが罠だ。
筆力がないとただの痛い文章になるってことに気付かないと
どんどん暴走するんだろうなぁ……
今アイデア練ってる人は↓でも見ながらどうぞ。

バカの一つ覚えの設定
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/6952/baka1/

設定がバカ一でも説得力とエンタメ性が十分なら俺は構わないと思う。
ドリフのようなお約束の好きな俺としては。
水戸黄門が愛され続けてるのも同じような理由だし。
あんまり奇を衒おうとするのも考えもん。

25 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/26(火) 01:15:19
今週のジャンプにも何にも載ってなかった(´・ω・`)

26 :名無し物書き@推敲中?::2006/09/28(木) 11:49:23
った

27 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/29(金) 21:31:50
ジャンプの小説大賞って締め切りいつ?
何ページ書けばいいの?
なんかルールとかあるの?
題名と名前は作文用紙の文字書く所に書いていいの?
どんな小説でもいいの?

28 :27:2006/09/29(金) 21:42:01
ごめんなさい。レス読んだら、だいたいわかりました。

29 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/03(火) 00:29:14
去年と同じ流れなら来週号辺りに何かしら載るはず!

30 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/07(土) 09:44:41
早いところではもうジャンプ売ってんじゃね?誰か速報を……

31 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/07(土) 13:51:52
今日発売のジャンプには、小説大賞についてはなにも載っていませんでした。

32 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/08(日) 22:46:56
あー。秋っていつまでが秋?暦の上では、っていうことかな?
そうすると11月までか……

33 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/09(月) 16:21:45
締め切りいつ発表されんだよ。具体的な応募要項とかって前期までのだろ?
まぁ大体毎回同じだからいいが
今回締め切り遅くなりそうな気もするな。なんか12月31日までとか・・・

34 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/09(月) 16:23:12
すまんアゲた


35 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 00:37:55
今週のジャンプにもなし、と……。
ジャンプ小説大賞以外は応募する気あんまりないから
今年もやるなら早めに告知してほしいところ。

36 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/15(日) 00:44:37
1ページも無かったね
ちゃんと募集してくれるんだろうか

37 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/20(金) 21:35:21
応募しよかと思ってんだけど、発表がないとなぁ。質問もあるし。

未発表作品に限るって、どこまでが未発表扱いなんだ?
同人誌やブログで公開したら、発表ってことなんだろうか?

38 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/20(金) 22:17:34
来週のWJに告知があるらしい
今回のイラストはみえるひと描いてた岩代俊明だとか

39 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/20(金) 22:37:45
>>37
ブログは分かりませんが、同人誌は未発表扱いらしいですよ。

40 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/21(土) 02:27:19
イラスト変わるんだね〜。今度は、みえるひとの作者か。

41 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/22(日) 20:13:45
へぇぇ、同人誌はОKなんだぁ。
それならできるかもしんねぇ。
サンクス。。。


42 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 16:12:21
■発表■
第16回 ジャンプ小説大賞 募集開始!
締切  2007年2月28日(水) (当日消印有効)
審査員 大沢在昌 栗本薫 高橋三千綱 J-BOOKS編集長(変化無し)
キャラクターデザイン 岩代俊明 (みえるひとの作者)

その他特に変化無し。
枚数が400字詰めで210枚なのは前からだっけ?

あ、15回佳作の『鏡色の瞳』は10月30日から連載が始まるそうな。

43 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 17:51:53
前回までは、確か400字詰めで200枚以内となっていた筈。
そういえば、今回からはワープロ原稿の場合は40字×30行で70枚以内って規定に
なったね。
前回は特にワープロ原稿の規定はなかったけど…

44 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 20:05:00
表紙をつけるってどういうことですか?原稿用紙一枚に題名だけ書いて、二枚目から文を書き始めればいいってことですか?

45 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 21:20:32
210枚って、なんだこの半端な増量は?
消費税分かよ。ww

46 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 22:53:38
二百頁にまとめようとして数頁だけ越してしまう奴でもいるんじゃない?

47 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 22:54:20
表紙にタイトル・あなたの本名・あるならばあなたのペンネーム。
800字程度のあらすじもつけなくちゃなぁ・・・。
あらすじかぁ・・・・・。


48 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 23:08:24
>>44
★枚数・原稿の形式
・原稿のはじめには必ず表紙をつけ、タイトル・氏名(ある場合はペンネーム)を明記。
・次ページに800字程度のあらすじを添付。
・あらすじの次ページに、次の項目を明記。本名、住所、年齢、電話番号、略歴(過去の受賞歴など)、ある場合はEメールアドレス。
・本文は400字詰め原稿用紙換算210枚以内。ワープロ原稿の場合には40字×30行で印字。必ずタテ書きのこと。
・原稿には通し番号をつけ、右上を綴じること。

応募の決まりをちゃんと読みなさい。
これすら分からないような国語力なら、そもそも応募するべきではない。
上を目指すならばまじめに勉強し直すことをお勧めする。
細かいことで知りたかったらまずは上のリンクにある「下読みの鉄人」を
よく読んだ上で質問すること。

49 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 23:08:45
>>45
消費税ワラタw

やっと20字×20行やめたのか。なんで20×20なのかずっと疑問だった。読みにくいでしょ。

50 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/23(月) 23:09:42
そういえば、最近ライトノベルの新人賞たくさんできてるよな。ここと同じようにPCがついてくるところもあるし。

51 :44:2006/10/24(火) 00:55:23
>>48
ありがとう。心からありがとう。

52 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 02:22:50
210枚以内らしいけど、実際何枚くらい書けばいいの?100枚くらいでもいいの?


53 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 13:06:31
作品になってたらいいんじゃない?
でも、入賞以上で本になるんだから、そりゃ多い方が望ましいと思う。

54 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 15:08:27
>>53
なるほど。ありがとう。


審査員は1番なにを評価するんだろ?文章力?それだとヤバいんだけど…
多少文章は荒くてもストーリー自体が面白ければいいのかなぁ?

55 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 15:10:01
文章力が基準以下の人間なんて少ないだろうから、オリジナリティだろうね。
今までに無いストーリーで個性のあるキャラクターの出てくる小説が書ければそれで。
面白い、というのは大前提じゃないのかな。

56 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 16:26:58
>>55
ギャグ小説で賞は取れるのかな?

57 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/28(土) 19:55:57
ギャグの面白さが持続出来ていればいいのではないかと。
ただ、これは長編である意味が無いと判断されるようなものは駄目だろうね。

58 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 02:07:46
>>57
>じゃあ、まずストーリーがしっかりしてて、なおかつその中にギャグを連続で入れていかなきゃダメなのかぁ
審査員のギャグセンスはどうなんだろう?

59 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 14:41:28
第14回で大賞とった『舞王』はギャグテイストっぽかったと記憶している。
読んだことはないんだが、審査結果発表されたときに「抱腹絶倒!」ってアオリが付いてたような
気がするんだ(記憶違いだったらスマン)。
可能なら『舞王』を読んでみたら、参考になるかもしれないね。

60 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/29(日) 22:08:53
>>59
14回って最近だねぇ

その情報はうれしいな
ギャグでもいけるって事か

書くぞぉ〜

61 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 15:02:28
>>60
審査委員のくりもっちゃんは思いっきりぶっ飛んだものが
好きだと思うよ。15回のコメントみてると。
ガンガレ。

62 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/30(月) 20:49:22
本誌掲載の募集要項がプチ変更。

先週:ワープロ原稿の場合は40字×30行で70枚以内

今週:ワープロ原稿の場合は40字×30行で印字

70枚以内という規定がなくなりました(ホームページの要項では最初からなかった)。
やっぱり、文章量は原稿用紙換算枚数で計算すればいいようですね。

63 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/31(火) 12:10:53
ホントだ。なくなってる。

64 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/01(水) 02:54:38
>>60
「舞王」はたしかにギャクテイストふんだん作品だけど、
ストーリーはいちおうしっかりしてた。

65 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/01(水) 17:40:16
鏡色の瞳読んだ? あれどうなの?

66 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/01(水) 20:34:46
まだ第一回だけど。
友達のいない女子高生って設定は結構あるよね。
苛められてはいないけど、一人。
そういうのって現実にある。
今後の展開も見ていこうと思う。

67 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/02(木) 03:50:46
なんか劣化した乙一みたいな感じだったな。
一回だけじゃまだ判断できないけどさ。

68 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/02(木) 18:43:45
>>67
劣化した乙一と言うか出だしの書き方が『Calling You』をパクった感じで萎えた。

69 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/02(木) 23:37:16
『Calling You』ってどんな話だったっけ?
読んだんだけど忘れてしまった。

70 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/03(金) 13:50:06
『colling you』は鏡色の瞳の主人公と似たような設定の、ケータイを
持っていない女子高生が主人公の話し。

頭の中で思い描いていたケータイがある日、突然鳴って・・・。

71 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/03(金) 23:03:38
>>70
サンクス。
やっと思い出せた。

72 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/04(土) 19:20:48
主人公が不安定というより、ただネガティブな感じがして何か嫌だな。
うじうじしてんじゃねえこのボケナスが!って思った。
読んでてもこの先面白くなってくるのかイマイチ期待が持てない。

それと著者コメントより
『最初の方で「うっとうしい、つまんねえ」とか思っても少し我慢してください』
何この発言。序盤を読んで面白くないと思った人が最後まで読むとでも?

73 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/04(土) 22:38:35
>>72
なんせ、世間知らずのぼんくららしいからな。
読者を楽しませようとする気がないとしか思えない。

74 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/04(土) 23:56:52
絵が変化するって、乙一の作品に近いのがあったな。
たしかフィルムの中の少女が、見るたびに変化するって話だった
ような。

乙一のパクリでないことを祈るよ。

75 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/05(日) 00:08:53
絵が変化する話ぐらい加納朋子や桜庭一樹にもあるから心配するな。

76 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 01:31:26
なんか最近のジャンプ小説大賞ってラノベっぽい流れだけど、
初期の受賞作にあったような、至極一般文藝的な路線で応募しちゃっても大丈夫なのかな?
ジャンプ小説大賞側がそういうのを望んでないなら、素直に別の賞にチャレンジしようかなと思うんだけど…

77 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 12:38:19
>>1
なお、応募作品の出版権・漫画化権・上映及び上演等の諸権利が生じた場合、その優先権は集英社が所持いたします。

受賞作じゃなくて応募作なんだ…。

78 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 12:57:41
>>76
たしかにそういう空気はあるよね。
でも、15回の選評に誰か「ジャンプ小説大賞は幅広い守備範囲を持っている」
みたいなこと言ってるし、それに中高生が楽しめるものはなんでもアリって
書いてあるから大丈夫じゃない?
問題は、そんな空気を払拭できるモンを描けるかだと思う。

79 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/09(木) 17:15:56
>>77
いまだに「応募作」でやってるんだ・・・ いつの時代だよ・・・ ジャンプ小説大賞は・・・

80 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/11(土) 23:21:42
もう出した人っている?

81 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/12(日) 11:24:42
さすがにこの時期は早過ぎだろ……

82 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/14(火) 16:48:56
海外に転勤とかって理由でもない限り、この時期に出す奴はいない。

83 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/27(月) 21:15:08
さて、皆の進行状況はどんなもんだ?
ジャンルは決まったか
プロットが出来たか
下書きまで終わったのか
本文をもう書き進めているのか
推敲を始めているのか……

頑張れよ。まだ下書きまで言ってない者が言うのもアレだが

84 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/28(火) 08:07:00
今年はメイドでいく

85 :名無し物書き@推敲中?:2006/11/29(水) 23:25:41
ジャンルは学園もの、ノンフィクション寄り。進度は半分くらい?
忙しくてなかなか書き進められない……

>>84
このタイミングでか

86 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/02(土) 03:01:48
ホームページで募集要項見たけど、発表がいつ頃だか記載されていない。去年はいつ頃だった? 一次、二次発表とかあるの?

87 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/02(土) 07:55:49
>>83
ジャンプが穴場なのはよく理解しているが、
今は別のところへ送る作品を最優先に書いている。

っつうことで、ネタはいくつかあるけれど、進行状況はゼロ。

去年が振るわなかったことを、主催者側がことさら強調していたので、
今年は良いのを送りさえすれば、景気付けの意味も含め、
大甘基準で大賞をとらせてくれそうなんで、みすみす見送るのも悔しいし、
余裕があれば、優先順位二番として、書いて応募はするつもり。

88 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/03(日) 11:37:28
>>84

今朝、俺もメイドで参戦することに決まった。
起きたら、雪と一緒に空からアイデアが降ってきた。
ダダダダダ――っと、タイプして実際に感触探ってみたら、
ジャンプ/集英社の好みにも合致してるように思ったんで、これで参戦する。

ジャンルはギャグだなぁ。
さっきまでの半日間で、下書き30枚ぐらい書いたよ。
とにかく台詞が多いんで、枚数こなすのは楽チン。

89 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/03(日) 18:14:30
ハードボイルドっぽいのは駄目でしょうかねぇ……?

90 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/03(日) 21:16:17
>>89
駄目じゃあないと思う。面白いかどうかは作者の腕次第だし。
読者層の幅は狭いかなとは思う。

91 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/03(日) 23:55:16
これって、ワープロで打たなきゃダメなわけだよなぁ…

92 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/04(月) 11:21:01
>>91
>>1。募集要項を読解する力もないなら書く書かない以前の問題。

93 :84:2006/12/04(月) 13:28:03
>>88
早。もう抜かされてる。
ちなみにメイドとかの資料(?)って何を参考にしてる?
浮き世離れな題材だから勝手がわからん。やっぱエロg(ry
ちょっとスレ違いくさいかな……吊ってくるわ。

94 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/04(月) 15:11:36
>>93
これ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757716435/sr=1-8/qid=1165212425/ref=sr_1_8/503-6714256-8559934?ie=UTF8&s=books

もちろん、これだけではだめだが。

あと
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4151200037/sr=1-1/qid=1165212529/ref=sr_1_1/503-6714256-8559934?ie=UTF8&s=books
これも参考になる。

つか、ネットでいろいろと参考になるサイトがあると思うのだが。

95 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/04(月) 16:40:09
>>92
手書きでも良いって意味でいいんだね

96 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/05(火) 06:23:24
>>94
いちおう自分でもいくつか調べたんだが、どれもしっくりこなくてな……。
ともあれ、サンクス。俺も頑張りますか。

97 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/05(火) 20:35:35
一応原稿書き終わったんだけど44pって少なすぎるよね?
何処をどう書き足すかわかんねorz

98 :88:2006/12/05(火) 20:37:08
>>84>>93
うちのメイドは、なんちゃってメイドで、ネコミミ付けたロリッ子だよ。

だから、資料なんて要らないんだ。
主人公含めたメインキャラ3人いるうち、この子は半分オマケみたいな存在で、
お話自体は残りの二人のどつき漫才みたいなもん。

99 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 14:23:23
>>89
審査員に大沢在昌がいるくらいだからアウトではないにしても、
逆の意味できついんじゃないの?
作家って、自分の得意ジャンルは厳しい目で見るからさ
まあ、最終選考まで残ったらの話だけど

100 :閻翁鸚哥丸欝男:2006/12/06(水) 15:10:50
    /\___/ヽ   
   /''''''   '''''':::::::\
  . |(1),   、(1)、.: | 100ゲト
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| 
.   |   `-=ニ=- ' .:::::::|  
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\


101 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 16:03:35
てか、どの賞でも同じだから、文句は言えないけど。
原稿用紙200枚って、完結させるには短すぎたり長すぎたりで、程度が良くない。

102 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 17:01:53
応募作云々の規約が嫌なのでスルー。

103 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/06(水) 23:56:38
気がついたらweb連載の二回目アップされてた。

いつ面白くなるんだ!

104 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 01:32:51
SDで一次落ちした吸血鬼モノが大量に応募されそうな気がする

105 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 03:03:44
毎年締め切り前には「他の賞より楽そうだから送ってみる」なんて書き込みが増えるのだが、
一次審査の発表後は「予想以上にレベルが高かったようだ」って書き込みが増える。

106 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 20:12:33
自分が賞をもらうつもりで送ってるんじゃね?

てか、ジャンプ小説大賞って俺の友達が応募したりするけど、ちょっと夢見がち

107 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 21:11:22
俺は、PCもらえれば十分。

108 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/08(金) 23:08:58
入選以上で賞金とPCもらってそれっきり、ってのが異常に多いのが
ジャンプ小説大賞。大賞とった人でさえあとがつづかない

例外は末薔薇くらい……


109 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 21:28:35
別に嫌味じゃないんですが……
このスレって伸びが遅くないですか?
ジャンプ小説大賞って人気ないのかな。
賞金もなかなかいいし、ジャンプって銘柄も大きいと思うんですが。

110 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 21:52:38
むしろその「ジャンプだから」ってのが諸悪の根源なんだよ。

111 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 23:32:43
ジャンプに賞の告知が載ってるから、小中学生の投稿が他賞に比べて圧倒的に多く、
そのため箸にも棒にもかからないレベルの作品の割合が他賞よりも多い。
だから一次選考を突破するのは、他の賞に比べて楽。

……という風説があり、それは事実かもしれないが、
その割に毎年、自信あったのに撃沈しますた、って報告が並ぶ。

112 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 23:39:48
この賞の応募総数などが載っているサイトってありますか?
公式サイトって、過去の総評をすぐに消すんですね…

113 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/09(土) 23:58:00
>>112
去年は751作品

114 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 03:25:27
>>109
簡単に言うと、「ジャンプ」「小説」のベクトルがバラバラ。
ジャンプ読者向け、ジャンプのマンガにできる作品がほしい編集部。
小説としての内容を重んじる審査員。
おかげで受賞者には意外と実力派もいるのだが、
Jブックスのペラい作りでは注目されない。
編集部がジャンプ読者向けを意識して書かせた松腹あたりの小説は、
幼稚すぎてジャンプ読者すらスルー。
たまに村山由佳や乙一のような逸材が出ても、
ブレイクするのは他社で書いた作品ばかりという皮肉な結果に。

115 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 03:36:05
受賞者のその後がぱっとしない……
と見せかけて、ジャンプ漫画のノベライズさえさせてもらえれば結構儲かる
ラノベの売り上げランキングなんかでは漫画のノベライズは除外されてる場合が多いが、
Dグレやワンピのノベライズなんかは、下手な中堅ラノベより遙かに売れてる
小説家としてのステップアップになるかどうかは別として、
ジャンプ小説大賞にはそういう旨味がある

まあそんなことは、受賞してから考えなさいよ

116 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 04:30:57
その代わりノベライズは小説著者の印税率低いよ。
通常の印税率10%を、さらに漫画の作者:小説ライターで割る。
しかも大抵の場合、漫画作者の印税比率のほうが高い。
良くて7:3、ひどいときは8:2とか9:1とか。
結局、小説を書いた人間の収入はオリジナルと大差ない。

117 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/10(日) 14:40:04
しかも、予め決められたレールの物語を書くことになったりするから、物語を作ることが楽しいんじゃなくて、文章を書くことが楽しい人じゃないと辛いし。

118 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 22:40:59
この賞って、最終選考結果が出るのは7月ですか?
あと、何次審査まであるんでしょうか?

119 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/11(月) 23:05:26
過去の受賞者のインタビューなどをソースに、
一次の発表のとき、既に最終選考の結果まで決まっているというのが定説となっている
最終まで残っている人間には、一次発表の前後に電話が掛かってくるそうだ
だから、一次突破してもそのとき電話がなかったら終了

120 :118:2006/12/11(月) 23:45:07
>>119

そうなんですか!参考になります。ありがとうございます。

質問ばかりですみませんが、一次発表はいつぐらいなんでしょうか…

121 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 00:58:01
去年はたしか、
四月下旬:一次通過発表
五月下旬:二次通過発表
六月下旬:最終候補発表
七月下旬:最終結果発表
だったと思う。
しかし、締め切りならともかく発表時期なんて気にする必要あんの?

122 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 02:28:57
>>121
結果発表って受験の合否判定を待つようなドキドキ感があるからじゃね?

ところで、屋上探偵の作者もジャンプ小説大賞出身なんだっけ?
この作者の受賞作って、どんな話だったのか知ってる人いる?
松原とかの受賞作は知ってるんだけど、この人のは情報がなくて。


123 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 03:34:36
>122
第9回入選だね。一応テンプレにも書いてあるよ。
ランニング・オプで検索してみたらこんなん出た。
―内容―
先に犯人を捕まえるのは県警か、それとも塚沢か!? 
新機関「塚沢治安公団」の若き調査部長・浪江と、
塚沢に反感をもつ刑事・北村が捜査現場で激突! 新生ハードボイルド、第9回ジャンプ小説大賞入選作!

マイナス効果だろ、この表紙w
ttp://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=4087030903

124 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 03:50:59
>>123
トン。
第9回あたりから、エンタメ路線→ラノベ路線に評価の比重が変わってきてるっぽいね。
やっぱ主催側が欲しがってるのは商売になるラノベ路線、ってことなんだろうか。

125 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 05:33:40
ラノベ路線になんかなってないよ。たまにラノベっぽいのが受賞してるだけ。
>>123で書かれてる作品なんてまさにハードボイルドだった。
まあ途中で投げ出したんで内容は知らないんだけどね。
他にも審査委員にカラー違いの烙印を押された受賞作がいくつもある。
ただ、最終選考作を見る限りでは、ここ二年ほどはラノベっぽくなってきたような
気はする。

126 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 07:15:12
>>119

え、てことは4月下旬ごろには最終候補者のもとに連絡入るってこと?
それはちょっと早くない?
だって最終候補者発表は6月下旬なんですよね?

127 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 16:07:53
>>126
疑うなら自分でぐぐってソース探せ
なんでそんなにタイムラグを空けてるのかは集英社に聞け

128 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 16:52:24
これって一人一作まで?
ラノベ的なのと純文とネタが浮かんでどちらを使うべきか…

129 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/12(火) 21:55:14
>>128
前レスの時に応募先に電話で確かめたが、一人何作でもいいらしい
ただ仮に2つ送ったとして……1つは出来が良くてももう1つがいまひとつなら、この作者のレベルは後者と判断されるそうだ
低く見られるくらいなら、迷ってもやっぱり出来のいいの1つだけ送った方がいいよ

130 :129:2006/12/12(火) 22:17:19
前レスじゃなくて前スレな
こんな風に文章の誤字脱字発見・訂正は怠らず、しっかり推敲してから応募しようなorz

131 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 02:46:10
小説大賞とは関係ないのでスレ違い申し訳ないが、
今週のジャンプの、後ろのほうのページの横に「原作持ち込み歓迎」ってあった。
ジャンプも原作求めてるのかあ……。
漫画はネームさえ描けないけど、漫画の原作にはすごく憧れるんだよなあ。
小説大賞でいいとこ行ったら、自信もって持ち込みできるんだけどなあ……。

132 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 04:09:15
目に見える自信欲しいわほんと

133 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 08:20:17
>>131
最近のジャンプで原作してる人って大場つぐみのような特殊な例を除いて、
ネームキング出身(ほったゆみ、稲垣理一郎など)か既にプロの脚本家(長谷見沙貴)だから、
基本的にはネームでの原作が起こせる人を求めてるんじゃないかな。

と言うか小説と漫画原作に必要なスキルっていうのはかなり異なるので、
小説でいいとこまで行ったら漫画原作を目指す、なんてのは両方を舐めてるとしか思えない。

134 :131:2006/12/13(水) 16:08:26
>>133
舐めてるわけじゃないんだけどね……。
絶対に小説で書きたいネタもあれば、漫画という表現方法が一番合ってると
思えるネタや、漫画でないとできないネタもあるんだよ。
小説家を目指す人間の物語表現の方法が、生涯小説一本でなきゃならないってことはないだろ?

135 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 16:50:47
週刊誌とは係わり合いになりたくない。
あちらこちらからつつかれまくって、ストレスたまって早死にしそうだ。

136 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 19:11:52
>>134
小説大賞でいいところまで行ったら漫画原作持ち込みする自信がつくのに、なんて言ってるからじゃないの。
漫画原作の自信を付けたいなら、漫画原作の賞に送るなり持ち込みする、ってのが普通じゃないか?
表現方法を一つに絞らなきゃならないわけもないが、
畑違いのところで認めらたから他の分野でも通用するだろうという自信を持つ、てのはよくわからん。

137 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 19:15:55
>>135
その心配はない

138 :131:2006/12/13(水) 22:43:14
>>136
自信、ってのは、どれだけストーリーが作れてるかって事に関してね。
だから、たとえそれなりの結果を出せたとしても「文章は書けているが
ストーリはありきたり」とかいう評価だったら自信にはつながらないわけだが。

小説と漫画には確かに差異があるけど、どちらも物語媒体だから、漫画に合う
ストーリーを書くならそれほど畑違いとは思わんな。
実際、小説と同じストーリーを漫画にしたコミカライズってものが存在するわけだし。
以前ある作品で、HPに掲載されていた原作の文章(脚本とも小説ともいえないものだった)
とそれを漫画にしたものとの両方を見て、文章→漫画がどんなものになるのか
という一例は一応知ってる。

139 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/13(水) 23:55:38
まあ、何でもいいよ。頑張れ。

140 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 02:09:38
どんな神ストーリーでも、同じコマ割りで同じ構図だと見栄えしないだろう。
これは極端な例だけど、要するに漫画はストーリー以外の要素がかなりデカい。
ストーリーだけ作れたって漫画原作ができるわけじゃないし、
ラノベ的だったり漫画的な小説のストーリーをそのまま漫画脚本にしたところで、
それがうまくハマるとも限らないと思うよ。

141 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 02:30:38
だからこそネーム切れる原作者を求めているんだろう
ま、ここは小説大賞のスレなのでほどほどに

142 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 16:00:21
>138
マンガ原作の賞はほとんど脚本形式だと思うよ。小説形式もあるけど、
まあ、読む相手にはわかりにくいだろうね。マンガにしたらどうなるかを
考えて審査されるわけだし。
小説原作のマンガもあるけど、あれは原作者が本業で実績残してるから
出来るわけで。
そもそもストーリーだけが必要なら、原作募集する必要ない。


143 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 16:10:48
あと、原作はシーン全部指定しなきゃならんよ。
例えば、時間の流れ。
小説じゃ、「その夜」とかでシーン転換できるけど、原作じゃ、
それじゃいけない。時間が流れた絵が入るから、それもいちいち
文章にする必要がある。時計の絵とか、月とか。
それくらい小説と原作は差があるよ。
デビュー出来たらある程度省けるけど、応募じゃ省けない。
あくまで作画家の手助けが原作だからね。
だから>141のいうように、ネーム原作が求められるわけで。

144 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 17:07:37
脚本形式のマンガ原作の賞なんてあるんだ。
ジャンプのストキンみたいにネームを応募するのかと思ってた。

まぁどうだっていいけど、ジャンプ小説大賞とか関係ないよね。

145 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 17:09:00
誤字った。小説大賞とか、ではなく小説大賞と、ね。>>509


146 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 17:53:06
描いてくれる漫画家、指名できたら面白いのにな。

147 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/14(木) 23:55:05
じゃ俺、小畑!

148 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/15(金) 00:51:52
じゃあ俺、ガモウ!

149 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/15(金) 12:18:56
んじゃあ俺、なにわ小吉!

150 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/16(土) 19:13:23
じゃぁ、俺はゆで卵に美少女、幼女、萌えキャラ描かせる。

151 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/16(土) 19:43:37
じゃ、俺は斬の人。小説に思いっきり長い説明入れてやる

152 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/16(土) 20:15:12
斬の人はともかく説明・解説って難しいよな。舞台や世界観、技とか状況とか
文章やストーリーで理解・読ませられれば良いんだが……台詞で長々と言わせるのは読む側もキツいよな
蒸し返すわけではないが漫画なら絵で一発、ってのもあって少し羨ましい

153 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/16(土) 21:16:30
斬を文章にしたらどうなるんだろうな

154 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/16(土) 22:52:03
>>152
煽るわけじゃないが、それは完全に文章力の問題
精進しよう

155 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/16(土) 23:40:01
ただ単に難しいって言ってるだけなんじゃないの

156 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/17(日) 01:51:47
>>今週のジャンプの、後ろのほうのページの横に「原作持ち込み歓迎」ってあった。

いま確認してみたけどそんなの載ってる?
ジャンプ小説賞の告知ならあるけど・・

157 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 22:05:18
なんか、こんなの見つけたし。

ttp://blog.goo.ne.jp/kotori_morino/
このことりとかいう人で決まりなのかもね。編集部とつながりあるみたいだし。

158 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 23:08:09
このことりという人は前回最終選考に残った人だ。
その後新作を編集部に見せたが進歩してないのことで採用されなかった
とのこと。だけどまだ編集部と連絡とってたのか。いちど最終に残ると
しばらく関係がつづくのかな。もしかして末腹の後釜にすえようとして
るのかもね。年も若いし

159 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/19(火) 23:42:33
>>157
講談社とかじゃ原作持ち込み歓迎ってよく見るけどな
ジャンプじゃ見たことないような……

160 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 00:03:41
>>158

育つ可能性があると担当が判断しているうちは関係は続くんじゃないの?

育たなかったら、担当の評価が社内で低下するんだろうし。
育ったら、逆に評価は上がるだろ。

自分の評価下げるのが嬉しくて堪らないやつなんていないから、
可能性あるうちは育つ事を期待して付き合うんじゃない。

給料払うわけじゃないし。

161 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 00:48:06
育つ可能性ねえ……
ことりって人をどうこういうつもりはないんだが、この賞で育った作家
なんていないしなあ。大賞受賞者ですら消息不明だし。何回か前の大賞と
佳作とった人はその次の回で二次落ちしてたし。編集部は育てるなんて
ことはしないんじゃないかな。乙一をむざむざ他社に渡す体たらくぶり
だからなあ

162 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 16:43:10
>156
P2の479Pの欄外に書いてる。

163 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 18:10:07
>>161
まあ、そういうのが嫌なんだったらこの賞に送る必要ないんじゃねえの
あれこれ批判がある割に、競争率は決して低くないし
もっと実績のある賞が他に沢山あるわけだし

164 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 22:51:37
>>161
もとより俺は送るつもりはないよ。二度送って一次通過させてもらったけど
なんか相性が合わない気がして。いや、落ちた言い訳にすぎなんだけどね。
ただあまりに低年齢優遇すぎるんじゃないかという不満もチラホラ……

165 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 00:21:16
確かに、低年齢層に有利だよね。
このことりって人が決まってる、出来レースとかだったら嫌だしなぁ……

166 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 00:50:56
出来レースってことはないと思う。以前、その前の年の受賞者二人と
最終選考一人が一次通過してたが、二次でことごとく消えた。前年
の最終選考以上の人は一次シードになるのかもしれないが、二次以上
はあくまで作品本位なのではないかと。低年齢重視は間違いなくある
と思うけどね

167 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 01:04:57
低年齢崇拝は、ホント業界に根強いよね


ぶっちゃけ、年取ってから書き始める奴も多いんだから
ホント勘弁して欲しいよ

漏れの友人が、25才でオヤジ死んでから小説書き始めて
27の時に某ラノベ大将の最終選考までいったんだが、こういう奴が不利になるのは悲しすぎる
こいつには頑張って欲しい、それに水を刺すような選考体制は酷いよな

168 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 01:26:59
だが反面、この賞にはかなり高年齢の受賞者がいることもたしか。
39歳と40歳だったかな。前回が露骨に低年齢優遇だったから、今回
は高年齢もOKに回帰するかもしれない。だけど二作目を出せた人は
ナシ。それにもかかわらず、某売れっ子漫画家の義理の妹だけはなぜ
か次々と新作を刊行。サイン本70冊の売れ行きは如何に?

169 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 01:30:55
161だけど、>>164>>163向けでした。
遅ればせながら汚してゴメンなさい。

170 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 01:37:13
まぁ、昔みたいに平均年齢30歳の時代でもあるまいしな。
無意味に年齢に拘るのも何か違うと思うわ。

171 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 04:40:16
今回の受賞者なんか見ると、
こいつより年上で他にいいのいなかったのか?って思うな…

今回の最終選考以上の作者って、ほとんどが20歳以下じゃなかったか。
熟する前の青いリンゴより、成熟した真っ赤なリンゴのほうが価値があると思うんだが。
どうなんだい、集英社さんよう。

172 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 05:05:03
小説ではなく漫画の編集者(ヒット作出しまくりの相当有能な奴らしいが名前は忘れた)
のインタビュー記事で読んだんだが、
三十歳と十五歳の作品で、三十歳のほうが明らかに面白ければそっちを残す。
だが、同じレベルなら確実に十五歳のほうを残す。
何故ならば、三十歳が三十五歳になるまでの成長率と、
十五歳が二十歳になるまでの成長率は天地の差があるから、だそうだ。
他にも、ある程度歳をとった人間は仕事や家庭を持っているから、
年齢で迷わせるくらいの半端な才能で後戻りが利かないヤクザな稼業に足を突っ込ませることに抵抗を感じる、
みたいなことも言っていた。

厳しいが、もっともすぎるくらいの正論だと思った。

173 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 06:04:51
>>172
いや、その理論それ自体はわかるんだが、
じゃあ今年のジャンプ小説大賞に応募した二十代以上は、
十代の受賞者と同レベルかそれ以下だったのか、という話になって、
そこがどうも腑に落ちない。

作品を読む限りこの若い作者にはこれといって非凡な才能は感じないし、
何百人と応募者がいる中で、この作者より面白いものを書いた二十代以上の人間がいない、
とはどうしても信じられない。

174 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 06:06:04
なんか
めぞん一刻の
保育士さん募集中の
EP思い出したっぺ

175 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 06:06:52
>>172
それは納得だね

ただ15才も35才も同じ時間の中で年をとっていくんだし、
年齢はあくまで目安程度で審査して欲しいよね


某受賞コメントで「○○才にしては素晴らしい技量に感服!」
みたいなベタ誉めしてたアホ雑誌は投稿者激減しただろうなぁ
年齢で割られたこの受賞者もある意味かわいそうだ

176 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 06:45:29
>>173
そういう議論は落選作が公開されない限り予測に過ぎず、不毛だろ。
あなたが才能を感じずとも、プロの目から見れば感じるところがあったのかもしれない。
或いは低年齢は優遇ってマニュアルがあるのかもしれない。
が、全部推測に過ぎないので、ワナビは黙って作品を書くしかない。

本当に公平を期すなら年齢や経歴などを覆面で審査するべきだろうけど、
それをしないってことはしないなりの目的があるわけで、
優遇があるのならば、やっぱり若い人間のほうが使いやすい(育てやすい、仕事等のしがらみが少ない)
っていう利点があるからこその優遇なんだろう。
新人賞はあくまで「良い作品を選ぶコンテスト」ではなく
「出版社に利益をもたらしてくれそうな作家を発掘する選考会」
なんだから、出版社の都合で選考が行われるのは仕方がない。

177 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 07:01:28
難しいことがようわからんオイラは書くしかないでごわす

178 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 08:45:42
10代のガキの作品なんぞ、
圧倒的な力の差を見せつけてぶっちぎってやれよ。

それだけのモノを書けばいいだけの事だろ。
人生無駄に積み重ねてきたんじゃないなら出来る筈だぞ。

179 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 09:08:23
前回の最終選考作を一つ読んだけど、はっきりいってストーリー破綻、中途
半端、キャラに意味ナシってな代物だった。だがある方面の知識はくどいまでに
書き込まれていた。そのせいで枚数不足になったのが見え見えな出来だった
が、その辺りが評価されたのかもしれない。

180 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 13:38:54
一概に三十五歳と言っても、それまで歩んできた過程で違ってくると思うけどね。

・十五歳くらいから、ずっと小説を書きつづけて、デビューできなかった三十五歳
・ずっと他の仕事をしていたが、小説家になりたいと思い立って書き始めた三十五歳

もし二人が同レベルの作品を書いていたとしても、
残念ながら、単に「三十五歳」という事実しか外には見えない。

きっと五年後は後者の方が圧倒的に成長は見られるんだろうけど、
その時は四十歳になってしまって、ますます不利になる。

どんな道に進むにしろ、自分の才能は出来る限り早い段階で見極め、
それを磨けってこったな。
遊ぶことしか頭にない、今の高校生、大学生に言ってやりたいよ。
「今ならまだ間に合う、時間を無駄にするな、才能を磨け」ってな。

181 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 13:47:30
>>179
俺はそれと、別のところで晒されてた一次落ち、二次落ち作品をそれぞれ読み比べたことがある。
やっぱりそれぞれの間で明らかなレベルの差はあったよ。
ただ最終選考のやつが良いっていうんじゃなく、二次落ちは最終より劣り、
一次落ちは小説として成立してない、っていうレベルの差。

182 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 16:41:43
他のを見てないから全体のレベルが掴めてないが二次落ちのを一つ読んでレベルの高さに驚いたな
中身は文句なしに面白かったし、それを書いたの高校生だから年齢的にも期待出来るのに

183 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 20:45:05
この人はうまいから別にここで入選させなくともよいだろう。
を理由に落とされた人もいるみたい。
うん。こんなもんなんだよ。

184 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 22:25:41
>>182

それって、あんたのレベルが低いからそう思えるだけ土地が雲霞

去年なんて、最悪の不作だったと審査員が嘆いていたジャマイカ。

185 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 01:00:06
>>182は自分のことだなw


186 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 03:38:14
てか、二次で落ちた作品とか、どこで拾ってくるんだよw
参考までに俺も拝見してみてぇもんだわ。

187 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 04:15:44
>>186
上のリンク集にある「作家でごはん!」ってところの「賞別参考作品集」に一次通過のならひとつあった。
前に読んだけど誤字脱字、日本語が変だったりが気になって萎えたのを覚えてる。
結局馬鹿馬鹿しくなってきて最後まで読まなかったなあ。
まあ、二次落ちならその程度かと。

188 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 04:30:36
ワナビって他人のなら客観的に評価できるのに、自分の作品はなかなかそうはいかないんだよね

189 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 05:28:43
>二次で落ちた作品とか、どこで拾ってくるんだよw

自分のパソコンのハードディスクからだよ


190 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 06:14:28
>>186
「○○賞 一次通過」とかでググったらけっこう見つかるもんだぜ。
今はもう消されてるものもあるけど、ワナビサイトの晒し場とか、個人のブログとかで、
「落ちたので晒します。感想・批評お願いします」
なんてふうに晒されてる。

191 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 18:20:32
>>188
まったくだ。
他の人の作品見て、「これなら自分のほうが……」とか思ったりするんだが、
現実は厳しい……。

192 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 20:52:30
それでもある程度、自分の作品に対しても目が肥えると、
さすがに一次落ちはなくなるよ。
駄目だと思ったものは送らずに、改稿するか捨てるかするから。

193 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 22:40:47
暇だったので、この賞のすごさを客観的に証明します。

第1回から第15回までの受賞者合計が 39人
受賞作が刊行されなかった者 20人 約51% 
その内、ノベライズでデビューされた者 1人 約3% 後に他社の新人賞をとる
    他社の新人賞をとった者 1人 約3%
    web連載された者 5人 約13%

一作目のみで消えてしまった者 7人 約18%

残り 12人 約31%が生き残っているが、その内、
同じ出版社の別の新人賞をとった者 1人 約8%
他社で別の本をだした者 7人 約58% 
その内、他社の新人賞をとった者 1人 約8%
よって、集英社以外で本を出さない者 4人 約33%
※小数点以下を四捨五入している

つまりこの賞を受賞されても
約51%の確率で受賞作が刊行されません。
しかし、その内の約3%はノベライズでデビューされて、後に他社の新人賞をとる確率です。
その内の約3%は他社の新人賞をとる確率です。
その内の約13%がweb連載される確率です。
運良くデビューできても、約18%の確率で一発屋になります。
たとえ生き残っても、約8%の確率で同じ出版社の別の新人賞をとらなくてはいけなくなります。
たとえ生き残っても、他社で別の本をださなくてはいけない確率は約58%です。
その内、他社の新人賞をとらなくてはいけない確率は約8%です
たとえ生き残っても、集英社専属の作家になる確率は約33%です

間違いあったら指摘よろしく、ついでに主観的感想も


194 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 23:26:32
受賞作が刊行されなかった者の内、後に大賞をとってデビューした者を入れるのを忘れてた
よって、改良版がこちら↓

この賞を受賞されても
約51%の確率で受賞作が刊行されません。
しかし、その内の約3%はノベライズでデビューされて、後に他社の新人賞をとる確率です。
その内の約3%は他社の新人賞をとる確率です。
その内の約3%が後に大賞をとってデビューする確率です。
その内の約13%がweb連載される確率です。

運良くデビューできても、約18%の確率で一発屋になります。

たとえ生き残っても、同じ出版社の別の新人賞をとる確率は約8%です。
たとえ生き残っても、他社で別の本がだせる確率は約58%です。
その内、他社の新人賞をとる確率は約8%です。
たとえ生き残っても、集英社専属の作家になってしまう確率は約33%です。

195 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 23:35:35
本命じゃないし、
ここは余興のつもりだからそういうのは気にしない。

だって、ここって、規定の枚数少ないんだもん。
400字詰め200枚以内って、書きたいもん満足に書けない。

196 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 23:43:35
ageてしまって、ごめん
よく考えれば、同じ出版社の別の新人賞をとった者は他社で別の本をだしてるんだ。
だから、他社で別の本をだした者は8人になって約67%になる
訂正部分だけ書くとこうなる↓

残り 12人 約31%が生き残っているが、その内、
他社で別の本をだした者 8人 約67%
その内、同じ出版社の別の新人賞をとった者 1人 約8%
その内、他社の新人賞をとった者 1人 約8%
よって、集英社以外で本を出さない者 4人 約33%

たとえ生き残っても、他社で別の本がだせる確率は約67%です。
その内、同じ出版社の別の新人賞をとる確率は約8%です。
その内、他社の新人賞をとる確率は約8%です。
たとえ生き残っても、集英社専属の作家になってしまう確率は約33%です。

紛らわしくてごめん

197 :彦根弥九郎:2006/12/23(土) 00:52:39
http://www.acquire.co.jp/tenchu/gallery/sinkyara/hikone.html

198 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 07:44:07
>たとえ生き残っても、他社で別の本がだせる確率は約58%です。
これ、何気に高くね?

まあ他の賞のデータが無い以上、単純にこの数字だけを見て
あれこれ言っても仕方ないか。
同様他賞の同じデータどっかに無いの?

199 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 22:22:14
受賞しても51%が……ってのがすごい気がするんだが
そういうもんなの?

200 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 23:01:15
試しに電撃小説大賞でやってみた
賞をとっていない人と短編は除外して

第1回から第12回までの受賞者合計が 48人
受賞作が刊行されなかった者 5人 約10% 
一作目のみで消えてしまった者おらず
残り 43人 約90% が生き残ったが、その内、
他社で別の本をだした者 7人 約16% 
他社で本を出さない者 36人 約84%

これだけじゃあわからないので
富士見ファンタジア長編小説大賞でもやってみた
最終候補にのこっただけの人は除外して

第1回から第17回までの受賞者合計が 65人
受賞作が刊行されなかった者 5人 約8% 
一作目のみで消えてしまった者 12人 約18%
残り 48人 約74% が生き残ったが、その内、
他社で別の本をだした者 18人 約38%
他社で本を出さない者 30人 約63%

あとの賞は回数が少ないので、比較にならない

201 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 00:03:35
いつの間にかweb連載が更新されてた。
選評と照らし合わせながら読んで参考にしているので、ネットで読めるのは
ありがたい(本になったらなかなか書店にも置いてないし)。
最終選考に残った他の作品も読んでみたいなあ。1作品、作者の個人ブログで
公開してたやつは読んだけど。
「ロマンチック・エゴイズム」とか、選評見てすごく気になった。

202 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 02:02:33
好きな人をひたむきに書く努力が必要だ。っていう選評がもし内容とまったく関係なかったらと想像すると楽しいし、文章の筋トレとかわけがわからないよな。
どうしても文章のような論理的なものが筋トレに結びつかないのは、毎日運動せずに本ばっかり読んでいるからか?
この選評読む限りだと、コメディに寛容なのは栗本だけっていうのがわかる。

203 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 03:59:40
自分の作品に自信を持つことはどんな技術以上に必要なことだと思うけど、
>>202の書き込みでちょっとブルーになった。
コメディ一本で書き続けてる俺は、別の賞に行ったほうがいいのか…?
という考えが、一瞬頭をかすめたw

204 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 11:51:59
コメディ一といっても、あまりにも露骨な駄洒落とか下ネタはダメってことだろう。
やるとしても、それ自体が伏線になっているか、相当ひねってないと審査員をうならせることは難しいと思う

205 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 21:44:51
>>201
>1作品、作者の個人ブログで公開してたやつは読んだけど。

なんて作品? まだ公開されてるの?


206 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 22:38:27
<<205
吸血鬼モノのやつだが、もう公開は終了してる。
16回の結果が発表されたあとでも探してみたら、また応募した人の作品が
見られるところが見つかるかもね。

207 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/25(月) 23:23:09
>>201
ありがと!
上のことりという人のやつだね。自分も読んだ、読んだ。
内容は……うーんだったけど……(笑)

16回が終わったら、又、探してみよっかな〜。

208 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 00:31:14
最近全然書き込みがないなー。
とりあえず、
あけましておめでとうございます
となんとなく書き込んどく。

初詣の際「ジャンプ小説大賞で賞取れますように」とお願い事した(する)人いますか?

209 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 01:04:39
はい。間違いなくそうお願いします。
ちなみに私は既に完成させた4作同時投稿で挑戦します。
下手な鉄砲も、なんとやら……。
これで1作も一次通らなかったら相当へこみますが。

210 : 【末吉】 :2007/01/01(月) 04:14:14
1次っていうのは、どれくらいの確率で通るものなの?
ていうかみんな、どれくらい作業進んでる?
おいらっちは現在36枚目…

211 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 05:09:57
あけおめー。
一次は確か十倍くらいだったと思う。
でも、ジャンプに募集告知が乗ってるからたくさん子供が送ってくるのか、
実質的な一次突破倍率は他よりも低いと思う。
というのも去年自分は初投稿で、
今読み返せば赤面するような小説としての体を成してないものを送ったのだけど、一次は通ったから。
同じ一つの場面ですら視点が一人称になったり三人称になったりするし、
地の文ではその場に居ないはずのキャラが会話してたりするような、とんでもないものが。
今年は、一年間精進した成果をひっさげて再挑戦するつもりだ。

212 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 12:00:56
規定では原稿用紙210枚以内ですから短編や中編もOK、ですよね?


213 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 13:45:07
あけおめ、です。

>>212
短編や中編でも大丈夫だとは思いますが、それでも原稿用紙100枚近く
っていうのは必要なんじゃないかなあ…と思います。



214 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 14:03:19
>>213
どうもです。
まあ、 m9(^Д^)プギャー! な内容ですけどね。。。


215 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 20:33:51
ジャンプ小説大賞に入賞した作品で、現在書店で手に入るものをリストアップしたサイトってありませんか?
公式サイトにはそういう情報はありませんよね?

216 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/02(火) 00:01:12
>>6-9にリストあるだろ。確か『』でかっこったのは刊行されなかったものだよ
ほとんど絶版になってると思うけど、文庫になったのは定金、村山、乙一だけ。
金がなければ、Web連載やネットにさらされてるのをチェックするんだな。
傾向と対策を狙うなら、なるべく今までにない題材を使った方がいいと思う。そのためにも調査はかかせないけど



217 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 16:18:47
さて、締め切りまで2ヶ月……進行状況報告と行こうか
自分のはまだ書いても書いても終わりが見えない
そこまでの流れは既に出来てては頭にあるが、そこまでいけてない
多分、これ、枚数的にここには投稿出来ないっぽい
というわけで、皆、頑張れ

218 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 20:53:19
現在大体40ページぐらい。
短編集的なふいんきで書いてるんだが最初と最後のが書けてない…

ところで短編集みたいなのはあまり好まれないのかな?
オムニバス形式みたいな感じなんだが。

219 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 21:28:33
一応、松原の既刊でオムニバス形式のものはあったが、賞の応募作となるとどうだろうか。
それぞれの話が密接に関連している、なんて設定でもない限り、
ひとつずつ短編の賞に遅ったほうがいいんでないかい。

220 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 01:56:06
俺はまだ設定も決まってないよ。
まあ、暇な学生だからこれから毎日フルに使えるんだが…

221 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 14:11:29
長い話を書いたことないから、上手くいかない。
詰まると大変だよホント・・・。

222 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 14:14:03
なんか、こっちに手が回らなくなった。
見送りの公算が高まってきたよ。

223 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 14:51:37
この大賞って、年に何回あるの?

224 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 14:58:28
>>223
年に1回ですぜ。
こっちもやってるが、惨劇ものになりそうでうけるかどうかw


225 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 15:54:55
今、大体100頁ちょっとくらい。
内容が結構グロい感じだから、一次だって通る自信が無いorz

226 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 00:47:24
書きあがったんだが、「ゼロ」みたいな起伏のないノンフィクション系になってしまった。
このご時世、こういうのはボツだろうか…

227 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 04:34:31
ふひひ、この時期まだ2枚目ってのはさすがに俺だけだろう…
いい感じに胃が痛くなってきやがったぜ

228 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 13:12:44
来年応募しようかな…

229 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 16:14:36
>>227

俺はまだ構想中なんだけど。
今月中に大体の流れを決めて、来月で書き上げるつもり。
大学がもうすぐ春休みだから、一日中使えるし、大丈夫だと思う。

仕事してる人ですか?
仕事してる人は時間つくるのも、モチベーション維持するのも大変そうですね…

230 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 23:04:00
ワープロで送るみなさんは、文字数どうしてますか?
わたしは原稿用紙と同じように20×20で18ptにしているんですが、他のライトノベルの賞だと30×40ぐらいですよね?

231 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 03:28:38
>>229
いや、俺も大学生。
だけど今月は月末にテストを控えてるし、もうそろそろ就職活動が本格化する時期で、
2月はゼミの合宿とかもあるし、バイトとの兼ね合いもあって、
2月中に200ページってのは無理があるんじゃないか、と思い始めてる。
なんとか5ページ目まで漕ぎ付けたけど、先行き不安だ。
早い段階で構想を固めなかった自分の計画性の無さが響いてきたかな。

社会人の苦労はこの比じゃないだろうけれど。

232 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 12:37:09
>>231
横から出悪いが俺も大学生。しかも同じく三回生。
昨日突発的に思いついた一発ネタだけで、どこまでの評価がもらえるか試してみるわ。
俺みたいな奴がいるから全体のレベルが下がるんだな、きっとorz

ところで、編集(作家)さんのコメントがもらえるのって最終選考まで残った人だけ??

233 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 12:49:24
>>232
最終まで残った人だけ。

234 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 18:08:29
最終選考までは、誰が読んで評価するんだ?
編集か??

69 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)