5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

10が指定した設定で11が小説を書く

1 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/28(木) 18:33:42
>>10はできるだけわかりやすく指定してください。
>>11は急いで書いてください。
量はおまかせだけど、最大2-3レス目処で。

>>11の仕事が終わったら次の*0が指定→*1が書く。

2 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/28(木) 18:39:32
いくらもらえますか?

3 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/28(木) 18:42:18
お金はあげません

4 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/28(木) 22:53:30
こういうのって、自分がやりたい馬鹿が建てるんだよな
勝手にやってればいいのに

5 :夢みるこ ◆L3dPScc3M2 :2006/09/28(木) 23:24:52
わたしかく!

6 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/29(金) 01:50:01
書ける人限られてつまらないから名前10で入った人が
指定して、11で入った人が書くとか、だめ?

7 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/29(金) 02:12:24
まあ設定ひとりじゃつまんないから>>8-10が指定したものを
>>11-15くらいが書くってことで。

俺からいくね。

・犬と会話が出来る男

8 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/29(金) 03:02:12

・犬の糞が主食

9 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/29(金) 03:09:08
ゲリが散らばった便器

10 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/29(金) 03:12:05
ゲリの散らばった便器

11 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/29(金) 07:03:14
昨日のゲリラライブは楽しかった。まさかあんなことになるとは・・・
「それではビッグゲスト、ユリゲリラーさんの登場です」
ざわめく場内。私の肛門は破裂寸前だ
私は急いでトイレに向かう。ヤバい間に合わない
ドアを開けた瞬間、気を抜いたのがいけなかった。世界が真っ白になった
目をあけ飛び込んできた景色はゲリの散らばった便器。
私は思った。そうだキーマカレーを食べに行こう。
飛び込んだ街のカレーハウスのカウンターでスプーンを曲げてるあいつがいた。

12 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/30(土) 22:19:03
天才発見

13 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/30(土) 23:48:32
「お金はあげない、現物支給だよ」
それが新入社員の私に対する上司の一言であった。
まあ、嫁は売れっ子の作家な訳で、別に現物支給でも困らない。
ところで、現物支給といっても何をくれるのであろうか?
「印刷関係の仕事」としか書かれていなかったから、この会社についてはよく分からない。
しかし、再就職失敗ニートの私はここで働くしかないのだ。
何故なら、他の仕事は一般的な勝ち組…つまり高学歴組に取られてしまい、残った働き口は「印刷関係」としか書かれていない怪しいこの会社だけであった。


給料日になった。
私はとりあえず廊下とトイレの掃除をしていた。
上司は優しかった、以前勤めていた有名会社では考えられない事だ。
待遇に問題は無かったが扱い方には問題があった。
「完全に人を機械扱いしている」、これが前の会社の感想だ。


「よく頑張ったね、給料だよ」
上司は顔にビンタ出来そうな程の1万円札を私に渡してくれた。
「え…現物支給じゃ…」
「うん、現物支給だよ」
上司は優しい口調で続けてこう言った。
「だって、この会社は偽札の製造会社だから」

俺は泣いた。
理由は犯罪会社に勤めてしまったからじゃない。
犯罪会社でもきっちり給料を払ってくれる点に感激して泣いた。
そして、上司の優しい口調に泣いた。
冷たくない、暖かい。
その暖かさが有名会社じゃなく犯罪会社にある事を泣いた。

14 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/30(土) 23:58:35
>>11
お前スゲーな……。『ゲリの散らばった便器』を拾うとは……。
じゃ、また、俺がまた、設定を出そう!
「邪神に洗脳された少女」

15 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/01(日) 09:44:51
書店に並ぶ本のタイトルはどれも、僕の目をひきつけない。明日への希望だとかオルゴール。
そんなタイトルの本を読む気になれない僕は、先日まで漫画を見ていた男だから。
大学入試の小論文の先生に本を読めと言われ僕は、ここにいる。
『ゲリの散らばった便器』
僕の目を止めたタイトル。他の本と違い明らかに下品なタイトル、そして浮いてる。
「先生、僕自由に書きます」
翌日僕は小論文の先生へ言った。

16 :ドッカーン!:2006/10/01(日) 09:46:58
アスペルガー残飯、諦めて働け。おまえに小説は無理だって。
 
 
 
 

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/10/01(日) 19:32:43
>>13
全米が号泣した

18 :たっくん:2006/10/05(木) 17:55:20
Webサイトを立ち上げました。

無料の小説投稿サイトです。
小説を書きたい方、小説を読みたい方、投稿から感想まで
なんでもOK!!

是非ご覧下さい。
リレー小説
http://novel.srv7.biz/


5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)