5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【最高峰の】江戸川乱歩賞スレ その八【新人賞】

1 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 20:54:08

ここはミステリー新人賞の最高峰「江戸川乱歩賞」受賞を
めざす人たちが情報を持ち寄り、熱く語りあうスレです。

積極的に話題を提供して、このスレを盛り上げていきましょう。


 「アラシは基本的に放置」でおねがいします。


【前スレ】

【最高峰の】江戸川乱歩賞スレ その七【新人賞】

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1156753206/



【関連スレ】(ミステリー板)  読むだけの人はこちらへどうぞ

【ミステリー新人賞】江戸川乱歩賞 受賞作を語ろう

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1149475792/

2 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 20:54:55


 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 || ○荒らしは放置が一番キライ。荒らしは常に誰かの反応を待っています。
 ||
 || ○放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います。
 ||
 ||  ノセられてレスしたらその時点であなたの負け。
 ||
 || ○反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです。
 ||
 ||  荒らしにエサを与えないで下さい。          Λ_Λ
 ||                             \ (゚ー゚*) キホン。
 ||                               ⊂⊂ |
 ||___ ∧ ∧__∧ ∧__ ∧ ∧_      | ̄ ̄ ̄ ̄|
      (  ∧ ∧__ (   ∧ ∧__(   ∧ ∧     ̄ ̄ ̄
    〜(_(  ∧ ∧_ (  ∧ ∧_ (  ∧ ∧  は〜い、先生。
      〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
        〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ

3 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 21:11:02
>>1

乙カレー、乙カレー、欧風カレー!


4 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 21:15:35
>>1
このスレが埋まる頃には最終選考の時期だろう。

5 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 21:25:58
スレひとつの寿命は四ヶ月弱か。確かに四ヶ月後は
最終選考の時期だね。それが終わるまでに、私が受賞
したということを、このスレで発表したいものだ。


6 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 21:36:14
ビッグマウスかましてナンボの掲示板だからどんどん言ってw

7 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/20(水) 22:18:16
>>1
残り一月がんばろい。

8 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 18:52:34
あとは推敲するだけだがや。よゆうでまにあうでよ。

9 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 20:50:21
じゅんさんを熱く語るのはだめ??

10 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 21:10:00
おれは切羽詰らないとやる気が出ないタイプだから
毎年、この時期は必死こいて書いてるけど
結局、締め切りに間に合わないんだよな。

11 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 21:38:16
日本推理作家協会のHPで歴代の選考過程の選評が見れるんだね。
むかし見た時はなかったような、いつから掲載されるようになったんだろう。

12 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 21:39:51
>>10
間に合わなかったら、その次の年に出せばいいじゃないか。

13 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 21:58:14
それが延々とつづいて何年たっても未だに完成してないわけですよ。

14 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 22:34:38
>>13
とすると、切羽詰っても書けてないってことだろ。


15 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 22:39:16
>>14
そのとうりだよ。能力がないんだよ。よくわかったな。www

16 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 23:05:59
>>15
去年の分はどうなったの?

17 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 23:18:22
フロッピーに保存してあるよ。

18 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 23:22:19
その続きを書いたほうがよくない?

19 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 23:38:34
いきづまっちゃったんだよ。

20 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/21(木) 23:55:56
とりあえず、憎めないヤツだw

21 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 00:57:59
>>15
> そのとうりだよ。能力がないんだよ。よくわかったな。www

正しくは、「そのとおりだよ」
 こんな日本語使っている内はダメだね。


22 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 09:58:33
じゅんさんに
乱歩賞の取り方を
指南してもらうっていう
企画があるんだけど
どう??

23 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 11:12:43
却下

24 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 11:47:49
>>21
そんなの2chで言ってもしかたないよ。
わざと書いてるのもあるからね。

25 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 11:53:52
>>24
> わざと書いてるのもあるからね。

あれはどうみてもわざとではないだろ。


26 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 12:01:03
いや、わざとだよ。おれが書いたから間違いない。www

27 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 12:57:47
えっ? 書いたのは俺なんだけどな……。



28 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 13:01:28
俺も書いたが・・・

29 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/22(金) 15:14:53
いやいや俺が。。

30 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 00:03:44
急にまじめになっていいですか?
原稿できました。
で、右上閉じるのってどうやるんですか?
でっかいはさむヤツでいいんでしょうか。
それとも穴あけて縛る(この言葉に妙な反応しないでください)んでしょうか。
錐とかであけると次のページとくっついたりしてコピーの時困るような気がするし。
穴あけパンチでやってもそろわない気がするし。
教えてください。

31 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 00:09:28
>でっかいはさむヤツでいいんでしょうか。
おk

32 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 00:27:54
>>30
一般的には、右肩にパンチで穴を開けます。パンチはたいてい2穴用ですので、その片方を使うことになります。
一度に数十枚開けられるタイプで数回に分けてやれば、そうそうずれませんよ。
心配なら、基準となる線を書いて、それに紙の位置を合わせて開ければ、1ミリとずれません。
もちろん、一度に開けられるタイプ(ハンドルをぐるぐる回すヤツ)なら申し分ありません。

でっかいはさむヤツというのは、ダブルクリップでしょうか? それでも良いとは思いますが、
一般的に右肩を「綴じる」と書いてあれば、綴じ紐で縛る方が無難でしょう。
一番上と下の紙は、パンチで開けた穴に、補強シールを貼るのを忘れないようにしましょう。

33 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 01:04:08
「綴じる」ってのは別に紐を指すわけではないよ。
むしろ、紐限定なら「紐で綴じる」と書くのが普通。
ちなみに、今年から始まった同じ講談社小説現代主催の
小説現代長編新人賞では、今年の8月号を見ればわかるけど、
最終選考の際は、ダブルクリップで綴じた原稿で選考を行っている。
(最終選考の写真が掲載されている)
別に内容勝負なんで、紐であろうがクリップであろうが、
それで選考に差が出るなんてことはないんだけどね。

34 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 01:09:31
30です。
32、33さん。ありがとう。
補強シールがあれば完全ですね。
あと、確かに内容勝負ですものね。
安心しました。

35 :32:2006/12/23(土) 09:15:26
>>33
そのとおりですよ。ですから、私も「ダブルクリップでOK」、「紐であればより無難」と
書いたわけです。賞によっては、「ダブルクリップで綴じる」というのを明記しているの
もありますからね。
「無難」というのは、「明記されていなければ、少なくとも紐で綴じれば絶対に文句は
言われない」という意味です。今やダブルクリップで綴じることは一般化していますが、
ある下読みさんの書いた一文に、ダブルクリップだと厚い原稿の場合にばらけやすい
ので良くないと書かれていたこともあり、それを第一には推奨しなかったわけです。



36 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 09:59:59
つまり、個人の自由という結論だな。
好きな方法で送れや。
綴じてあれば、どんな方法でも受け付けてくれるからw

37 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 23:21:51
ペンネームが思いつかないよお(*.*;)
これって、もし受賞しちゃったら変えられないの?
(受賞してから言えって? それじゃ遅いから教えてほしいんじゃん)
本名で出してあとでいいのがあったら変えてもいいの?
あるいはあとで本名に戻してもいいのかな。



38 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 23:27:27
出版するときに変えられるから心配すんな。

39 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 23:35:48
「鳳じゅん」とでもしておけw


40 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/23(土) 23:51:41
>>11
今、見てきた。古いのも載ってんだ。図書館行く手間が省けてよかった。

41 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/24(日) 18:19:56
図書館や古本屋まわって、小説現代さがし回ったことあったな。
いまにしてみれば、なにもかも懐かしい。

42 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/26(火) 12:03:35
漏れは乱歩賞受賞作は全部買って持っているが、古いのは文庫が多い。
最近のは全部ハードカバーで買っているけどね。
文庫には、選考経過は載っていなかったような希ガス。

43 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/26(火) 14:35:46
下読みは20人程度。それが一ヶ月で15部ずつ程度読んで、ABCDで評価する。
A、Bは一次通過。C、Dは落選。Aは二次通過。
去年は、総数356が一次で68、二次で22に絞られた。
この時点で、6人の予選委員が二次通過作品を読み、三次通過作品、
つまり最終選考候補作品5作品を予選会で決定する。これが最終選考会
の5週間前。最終選考5部ずつが、選考委員に渡される。

44 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/26(火) 14:47:00
>>43
ということは、選考委員の他に予選委員というのがいるのは知っているが、
それ以前にさらに下読みがいるってこと? さすがは乱歩賞だね。

45 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/26(火) 15:27:47
C、Dの違いって、最後まで読んだか、途中で投げ出したかなのか。

46 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/26(火) 16:35:49
>>45
どうなんだろうね。一応最後までは読むだろうけど、あんまりひどいのは、
投げ出しもあるかもね。乱歩賞に応募するので、そういうのは少ないとは
思うけど。


47 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/27(水) 18:32:39
今年こそは、素晴らしい作品に受賞して貰いたいです。
読んで感動する大作があれば、流行るでしょう。

48 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 19:59:11
>素晴らしい作品に受賞して貰いたいです。

任しとけ!

49 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 20:01:14
まだ370枚だけどな。

50 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 22:50:28
550枚の規定は少なすぎるって人がけっこういるのには驚くね。
俺ももっと長いの書いたことはあるけど、適正な長さってのは、
400〜450枚であることが多い。このくらいなら、書くのも読む方
も負担にならない。本も分厚くなりすぎない。
これまで乱歩賞に応募した一番短いのは、351枚だった。

>>49
まだ途中ってことですか? 完成予定は何枚?


51 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 23:02:26
>550枚の規定は少なすぎるって人がけっこういるのには驚くね。

ここらはプロットによるんだな。
100リットルの水を溜めたきゃ100リットル溜まる穴を掘らなきゃいけないわけで。
だから適正な長さというのはプロットによって変わるわけだ。
100枚でも読むのに苦痛を感じる作品もあるし、1000枚でももっと読みたい作品もある。
公募の場合、できるだけ詰め込んで作品の濃度を濃くしたいと考えると、
どうしても規定以上の穴を掘りたくなるのが人情ってものじゃないのかな。
その辺が応募者にすれば、550枚では少なすぎるという印象を抱いてしまう要因になっているんだろう。
因みに49を書いたのは自分だけど、リミット一杯全力投球。
お互いに頑張りましょう。では、また ノシ

52 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 23:14:20
とはいえ、あの書式で185枚までってのはないよね。

53 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 23:16:01
ルールに則ってやるのが基本だから仕様がない。

54 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 23:18:41
試しに、いつもの書き方で185枚埋めてみて、それを20×20に
変換してみたら、たったの514枚だった。この差は大きい。


55 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 23:22:27
そこに収まる書き方をすればいいだけ。
愚痴を言い始めたら切りがないし、終いにゃルールもなくなる。
場外乱闘でノックアウトしてもタイトルは奪えないし。

56 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 23:23:36
愚痴ぐらい言わせてやれよ

57 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 23:24:36
分かったw
言っていいよ。では、寝まーす。ノシ

58 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/29(金) 23:45:46
これも愚痴。
550枚が少ないとは思わないが、もう少し幅が欲しいな。
あと100枚くらい欲しいな。
当然、謎の185枚設定もなんとかしてくれ。

59 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 00:24:50
185枚設定は謎でもなんでもないと思うが……。


60 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 00:38:23
いや、謎だよ。他の賞でも推奨の書式はあるけど、枚数の規定は、
どこも400字詰め原稿用紙換算となっている。なのに、乱歩賞だけ(他にもある?)は、
300×40の時の枚数が別に規定されている。今時手書きって人はあまりいないだろう
から、実質的に、この枚数によって制約されることになる。となると、なんのために、
350枚〜550枚という規定があるのか分からなくなる。
58同様、早くどうにかして欲しいと思う。
まあ、私は短めに書く人なので、それほど大きな問題ではないが……。


61 :60:2006/12/30(土) 00:39:18
あ、ゴメン。30×40だった。タイプミス!

62 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 02:11:59
手書き原稿を廃止すればいいんだw
少なくとも、ここに書き込みするヤツで、手書きのヤツはいないだろうし。

63 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 10:45:04
人に拠って差はあるだろうけど、原稿用紙550枚は、30×40の書式だと
195枚程度にあたるだろうからな。このあたりの十枚の差はきついよなぁ。

64 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 11:41:21
なんでこんなへんな設定になってるの?
30×40は20×20の3倍だから単純計算で編集部が185枚って設定したの?

65 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 13:10:19
>>64
少し違うけど、それに近いね。実際は183枚くらいになる。改行により実枚数が
少なくなるという誤差を加味して少しプラスしたんだろうけど、マージンが少なすぎたみたい。


66 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 14:41:16
>>65
それも違う。
理由は非常に簡単。
20×20×550=220000文字
30×40×185=222000文字
文字数的には実は185枚設定のほうが書けるが、
当然小説には改行というものが存在する。
改行という事実を編集部は知らないのか?、と疑いたくなる設定だよな。

67 :65:2006/12/30(土) 15:32:34
>>66
違わないよ。人のを全面否定する前に、ちゃんと読み直すことだね。
そして、自分が書いた文章を読むことによって、その読んだ相手がどのようなこと
を思うか、まで考えないと。それをやらないと、並みの2CHのアラシと
あまり変わらないレベルになってしまう。

65を良く読んでみてね。
僕の言おうとしているのは、君とまった同じ事だから。



68 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 15:46:14
そのちょっとした小さな小さな語弊にも過剰に脊髄反射するお前は、>>35と同一人物だな。
そして、恐らく前スレで視野が広く、必死に粘着しつつ、最後は自爆したヤツだろう。
自分の言葉を否定されるのが、とにかく嫌いなお前な。
荒れるから、お前こそ出てくるなよ。
荒れるから、俺ももうレスしないけど。

69 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 16:28:32
ここにも粘着がいたか・・・。

70 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 20:31:37
>>68
> そのちょっとした小さな小さな語弊にも

 自分が気遣い出来ていないのを指摘されたら、「小さな小さな語弊」と
言って逃れるとは・・・


71 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 20:54:09
お前さぁ、小学生のとき風紀委員だったろw
匿名の2chで気遣いの必要なんてねーだろw
気遣いしてーなら、ミクシーでもいけよw

72 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 21:13:45
>>71
利いた風な口を利くな

73 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 21:16:06
他人に気遣いできてねー発言するなw

74 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 21:33:04
きみたち、どーでもいーけど執筆の方を頑張れ。

75 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 21:47:18
風紀委員は、原稿を書いているんですか?w

76 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 21:51:20
書いてますよ。あったりめーのことでしょうが。

77 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 21:53:10
つーか、おめーら書いてねーだろマジで。
くだらんからオチ。

78 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 21:53:16
wの数だけバカだという法則

79 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 21:57:48
推敲中だよ

80 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 22:39:59
おれはワープロだと足りないので
あえてマジで手書きにして550枚にする。
今必死に原稿用紙に書き写している。
これで80枚ぐらい得する。
だからへたくそな字だけどきちんと呼んでほしい。

81 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 22:45:03
>>80
おーーーーい


呼んでみたよ!

82 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 22:48:37
今年の乱歩賞の選考は大もめにもめて点数の一番高かった作品が落とされて、
次点の二作が受賞したらしいな。
一位が落ちるとは、どういう選考方法なんだか。

83 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 22:52:56
>>82
選評読んでないのか?

84 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 22:54:54
選評読んだ。
だが、実際授賞式でそういうコメントが出たから事実なんだろう。

85 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 23:01:51
>>80
> これで80枚ぐらい得する。

ええっ、80枚も? よほど改行やセリフが多い文体なんでしょうね。


86 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 23:06:06
>>84
じゃあ、選評は捏造されたものなのか。
そんなことしたら、選考委員なんかいる意味ないじゃないか。
誰がコメントしたのか、どこのソースなのか教えておくれよ。

87 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 23:11:15
>>86

各関係者から祝辞が述べられて、和やかな雰囲気で始まった授賞式。ところが選考委
員・井上夢人氏の「今回の選考会は泥沼と化した」のコメントに会場は騒然!

 というのも、最終候補の5作品を5人の選考委員が最初A、B、Cで採点し、それを点
数に直して総得点の高い作品を選ぼうとしたところ、2作品が落選。しかし、残る3作品
が僅差となったため議論が白熱、決戦投票が行われることになった。なんとその獲得点数
を井上氏が読み上げたのだ。問題なのはそこで、最高得点を獲得したのは、受賞しなかっ
た残る1作品で、壇上にいる2人の作品は同点で2位だったというのだ。しかし、議論に
議論を重ね、最終的には総合的な評価のうえ2位の作品が同時受賞となった。この事実を
聞かされた受賞者は複雑な表情…。

http://www.timebooktown.jp/Service/clubs/00000000/prize_07.asp

88 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 23:14:19
>>87
>賞なんて取ってしまえばこっちのもの

ええ゛ーっ! 受賞し損なった最高点の人は、聞き逃せないよね。


89 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 23:14:58
まったく気の毒としか言いようがない。

90 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 23:48:35
風紀委員もがんばれよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

91 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/30(土) 23:57:28
まぁ、確かに取っちまえばこっちのもの。
ただ、受賞してこんなふうに写真撮られて、公開されるのは嫌だな。

92 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 00:26:51
受賞者を馬鹿にしてるな

93 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 01:49:50
鮎川哲也賞の一次通過作品が発表になった。
なんで俺のが落選なのか納得行かない。
誰もがそう言うのかも知れないが、私は違う。
すでに何作かは上梓されているし、かけだしの
ペーペーの頃とは見識眼が違う。
これは下読みが手を抜いているとしか思えない。
だから、これをそのまま乱歩賞に送ろうと思う。

本格作品は乱歩賞では不利と言われているが、
良い作品は一次くらいは通るだろう。綾辻行人が
選考委員になったことからも、その姿勢が分かる。
かならずや、一次は通ってみせる。
ちなみに、ペンネームはM、タイトルはO。

どこかのスレにも似たようなことを書いた記憶が
あるが、焼酎で酩酊している私には定かではない。
ちなみに私は公魚ではない。


94 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 02:02:10
>>93
もう一度、自分を見つめ直すべきだな

95 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 02:23:11
いずれにせよ、タイトルとペンネームを出すのには、潔さを感じるな。
オープンリーチのような感じだ。

96 :93:2006/12/31(日) 12:40:56
すまぬ間違えた
ペンネームもタイトルもT

97 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 13:52:18
間違えたって・・・
全然潔くない。

98 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 14:19:25
否定されるの大嫌いな風紀委員君は、今日は何してるのかなぁ。。。

99 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 14:54:07
やっと二百枚だ。
大丈夫だろうか……

100 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 15:05:21
まだ諦めるのは早い。
しかも99ゲットだ。
お前に大晦日はない、正月もない。
今からお前は大作家にトランスする。
二時間で十枚、十時間で五十枚、一月三日には、四百枚突破だ。
がんばれ。

101 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 15:09:26
違うだろ。削りに削ってやっと二百枚まで減らしたという意味だろ。
あと十五枚削るのは、きついな。

102 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 15:49:29
そういえば、推敲ってどうやってやってる?
応募規定通りにプリントアウトしてやってる?

103 :名無し物書き@推敲中?:2006/12/31(日) 16:38:53
>>102
人それぞれだと思うが、漏れの場合は、
パソコン上で推敲と校正を最低3回。これは最終的に印字する書式の状態で。
その後、応募用に印刷し、その後でさらに一度校正のみする。それで誤字脱字
などか多かったら、また修正して印刷し直す。


104 :103:2006/12/31(日) 16:40:11
書き忘れたが、ワープロソフトによる校正機能も使って誤字脱字などを
発見するようにしている。但し、この機能は貧弱な上に使いにくいので、
それだけで文章チェックは無理だと思う。


105 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/01(月) 00:09:10
新年おめでとう。
みんながんばってるかい。

ところで乱歩賞の最終候補に残った作品て
受賞作以外は「小説というものを何か勘違いしておられるように思う」
なんて選評で選考委員にコメントされてたりするよね。
それって、そんな作品が最終候補に残ってるってこと?
いつも思うのだが、最終候補落ちの作品てどっかで読めないものだろうか。
さすれば、少し前に書き込まれた、落選した一点(多分、横関さんという方の作品)が
いかなるものなのか読者が評価できると思う。
あるいは乱歩賞の最終候補作というだけでも何か出版されるような企画は
ないだろうか。

106 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/02(火) 01:31:53
さっき、ようやく推敲と校正が終了し、印刷したところです。
これで再度読み直して、悪いところがあれば修正液で直して、
そのまま応募するつもりです。
でも、月末にもう一度冷静な目で読み直した方が良いかな?
それが良いという人もいるし、勢いが失われるからやるな、
という人もいるし……。


107 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/02(火) 01:52:39
 550枚めいっぱい書きたいから、185枚の規定はおかしいという意見があったね。
換算方法が良くないというのは私も同意する。しかし、より多くの要素を詰め込んだり、
内容を濃くするためには長い方が有利というのは、ちょっと違うのではないかと思う。
たとえば、300枚では書ききれないケースもあるだろうが、400〜500枚あれば、ほ
とんどの物語は充分に書き込み、それでいて完結させることが出来る。もちろん、充
分なエンタテインメント性を盛り込むこともできる。それこそが作家の技量だと思う。
 乱歩賞が長編賞でありながら、その上限があまり多くないのは、そのあたりの技量
も判断基準のひとつとしているからではないのかな?


108 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/02(火) 04:07:32
確かに内容を濃くするためには長い方が有利というのは変だね。
ただ、その濃さを表現するのに、適した長さってのもあると思うけど。
>>51の言うように、プロットの問題だね。
1000枚必要なプロットを500枚に押し込めることはできないと思うし。
もっとも1000枚書いた小説のほとんどが、濃さではなく冗長で薄い小説なんだけどね。
それよりも>>106さん。
>悪いところがあれば修正液で直して、
修正液じゃなくて、もう一度プリントアウトすることはできないの?
修正液だと焦って応募したような印象与えるかもですよ。
とりあえず、お疲れ様です。

あとALL>謹賀新年

109 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 02:06:35
あけおめー、みんなどのくらい書いたー?
書き終わった人も多そうだね。
俺ももうすぐ終わりだよー!
残り一ヶ月、悔いのないようにがんばろうねん。

110 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 03:56:59
少し弱気になってきた。
乱歩賞に挑む気持ちって人それぞれだろうけど、
(目標一次選考突破とかいう人も多いような気もする)
おれにとっては受賞以外は意味がない。
で。質問。
二重投稿はだめなのは知ってるけど
乱歩賞とれなかった作品を少しあとで
横溝、清張賞とかに出してもいいんですか?
知ってたら教えて。
実際にそうしたことのある人がいたら教えて。



111 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 04:15:38
落選が決まった後なら、二重投稿にはならないから平気。
一番いいのは、乱歩賞の受賞以降かな。
俺は別の賞への投稿はないけど、ただ、同じカテゴリーの賞だから、
運悪く下読みが同じなんてこともあるかもしれない。
それよりも、弱気になった理由は?

112 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 05:56:32
110です。ご回答に感謝。
不安なのは、読者が最後までついてきてくれるか、という問題。
もしかしてつまんないんじゃないかと。
自分がつまんなかったら人が面白いはずはないよね。
読者が勝手に面白がってくれるだろうなんて期待をもつようじゃだめなんだろうなあ。

113 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 14:09:37
正月休みも今日で終わり。
大掃除も年賀状もパスして、今日の嫁さん方の親戚の集まりもパスさせてもらって、
書いているんだが、今年の応募はちょっと無理かなあ…。
一応、解決編に差し掛かっているんで、あと数日で書きあがりそうではあるけど、
仕事は始まるし、原稿用紙換算で900枚以上になっているし、
おそらくストーリー上の矛盾は山ほどあるだろうし、
一ヶ月で推敲&必要ならば再構成&枚数削りは、かなりキツい。
皆さんはどうですか?

114 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/03(水) 14:19:18
900枚ってw
プロットを作らないタイプなのかな。
それをこれから550枚に削るんだよね。
増やすよりずっと大変だ。
素直にこのミスとかにスライドしては?

115 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 03:17:34
頑張っているが、はかばかしくない。
明日から普通に仕事。これじゃ、間に合わないか……。


116 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 03:40:29
みなさん。孤独にめげずにがんばりましょう。
しかし小説を書くってのは本当に孤独な作業ですね。
自分がいまどの辺を走っているのだかさっぱりわからない。
今年あたりは相当レベルが高そうな気がするのは私だけでしょうか。
当たり年とかに応募すると損だよね。

117 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 06:00:17
>>113
そんな状態なら諦めたほういいだろ。
900枚を550枚に切り詰めて話が成立するほうがおかしいから。
プロットも作れない奴が受賞できるわけがないし。

118 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 09:45:54
第一稿から決定稿までの間に大量に削る人はプロでもいる。
113は自分の作品が無駄に長いと自覚してるんだろ。

119 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 10:49:43
確かディクスン・カーだったかは、だいたい倍くらいの初稿を
書いてたんじゃなかったっけ?

120 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 12:10:04
118さんには悪いが、もれも113はダメだと思う。
第一稿から決定稿までをそこまで削るというのは、ないわけではないが、
すごく大変。定常的にプロとして書いている人は、そんなことまずしない。
時間がかかりすぎるから。
「死都日本」の石黒氏はそんな感じで削ったらしいね。しかしあれば、
アマチュアとして投稿し、そのままでは出版できないから何度も書き直したらしい。
113さんがこの先もダメだとは言わないが、少なくとも、今年の乱歩賞への
応募はかなり困難だと思う。


121 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 13:27:15
次の日曜に確実に完成します。

122 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 14:16:59
>>116
今年はレベルが高くない。
今年はレベルが高くない。
今年はレベルが高くない。
いや、自分に言い聞かせてるだけです。

123 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 18:29:08
たぶん、今までの慣習からいくと、横関大さんが受賞すると思う。同時受賞も考えられるけど。


124 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 18:45:44
>>87の一番高い評価ってその人だろうな。

125 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 18:49:28
横関大って、すごい名前だね。大関と横綱を一緒にしたみたい。


126 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/04(木) 19:22:55
実際、由来はそうなんじゃないか。
ペンネームだろうし。

127 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 13:10:44
>>124
ダモイや三年坂巻末の選評読むと、明らかにそうだね。
「これで決まりだと思っていた」「決選投票で実は一位」なんて、
最高の宣伝文句じゃないか。
ダモイと三年坂が、WBC、WBAのチャンプならば、
ライダーズ・ハイは地下ボクシングの闇番長?(リングにかけろでいえば影道総帥?)
よ、読みてえ〜!

128 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:48:40
いや、ダモイや三年坂とどっこいどっこいかと思うと、あまり読みたいと思わない。

129 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 16:50:18
冒頭からケツまで伏線張りながらピッチリつながってるのがミステリだからなあ。
乱歩賞とった森博嗣は150枚くらいの初稿を膨らますと言ってたが。

130 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 19:33:57
森博嗣??

131 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:19:09
乱歩でなく、メフィの間違いではないかと小一時間…

132 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:56:16
いや、もしかして俺たちが知らないだけで、乱歩とっているのかも……。

133 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 20:59:31
芸風が乱歩じゃないから無理。

134 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 21:06:26
意味不明

135 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 21:17:51
森博嗣はぜえったい取ってない。
でも、森雅裕は取っている。

そして今年は、別の森某が取る。


136 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 21:21:44
君の名前は森さん?

137 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 21:27:14
はっ! もしや森重久弥では!
駅前社長殺人事件とか?

138 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 21:36:36
森鴎外しかいるわけねーだろ!

139 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 21:38:05
最近復帰して、紅白にもでた「森」がいるだろ!


余談だが、あの中沢新一が初の小説を連載だって?
笑わせるぜ。哲学屋に何が書ける。


140 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 21:38:45
森蘭丸って選択肢はないのか?


141 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 21:40:17
森本レオだったら俺は泣く。

142 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 21:42:33
あのな、だから森三中だって。

143 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/05(金) 22:49:13
森の石松しか思い浮かばない

144 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 01:48:31
横関さんが最高点だったのに受賞できなかった理由がよくわからない。
なぜ?
平均点の総合だと、だれか一人の選考委員が極端に高くつけすぎた結果、
みんなが「それじゃおかしい」ということになってもう一度審議して決まった、ということかしら?
ストーリーが後半失速したからという選評は読んだけど、
点数のからくりが説明されないと確かにしっくりこない結果だよね。うん。

145 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 02:08:06
審査員が1位に押したのが受賞した2作品で
2位に押しがのが横関作品。
受賞作をAB横関作品をCとすると
1位A2位Cとした審査員と
1位B2位Cとした審査員に分かれた。
Aを良しとした審査員にはBは問題外に良くないと言う評価。
Bを良しとした審査員にはAは問題外に良くないと言う評価。
それぞれ次点にはCを押した。
結果的に点数はCが上になった。

こう言う事は良くあるんだよねwww

146 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 02:59:58
乱歩賞の決定も、「新増沢方式」ってのでやったらどうかな?


147 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 04:53:32
なるほどね。ありがとう。
審査員が一致するってのはなかなかね。
昨年はそれぞれにジャンルが異なって難しかったのかな。厳しい世界だね。

148 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 09:52:05
>>137
> はっ! もしや森重久弥では!
> 駅前社長殺人事件とか?

古い! しかも、二つのビッグタイトルを組み合わせるとは……。

森といえば、森乃福郎だろ。2代目じゃなくて初代。


149 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 13:48:09
>>145
それが正解なのかもしれないが、
ダモイにしろ三年坂にしろ、人によって大きく見解が分かれるような
個性的な作品ではないと思うのだが。

150 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/06(土) 13:53:08
選考委員がたかだか5人しかいないのだから、統計的な
数字や結果は求めようがないよね。
これが千人の投票で決まるのであれば別だけど。


151 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 17:08:42
選考委員の力関係も影響してくるからね。
このなかでは大沢が親分なんだろうね。


152 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/07(日) 18:57:14
>>151
> このなかでは大沢が親分なんだろうね。


カツだあ〜!

153 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 17:43:05
>>151
今回は綾辻さんががんばったんだろうね。

154 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 23:01:30
>>153
> 今回は綾辻さんががんばったんだろうね。

どういうこと? ダモイは本格物というにはちょっと……。
それとも三年坂の雰囲気のこと?


155 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 23:02:55
横レスだが、三年坂ごり押しは有名。

156 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 23:11:57
 三連休で書き始めようと思ったんだが、まだプロットが完成していない。
いや、一度完成したんだが、この程度のプロットでは、いくら筆力、文章力が
あっても受賞は無理。一次くらいは通過するかも知れないが……。
というわけで、再度プロットから見直しているところ。
やはり今年はだめかな……。


157 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 23:13:23
うん。無理だね、作者がそんだけ自信ないんじゃ。
今年はやめとこう。お疲れ。

158 :156:2007/01/08(月) 23:32:30
 あらら、即レスですね。
 実は3年前は、1月23日にプロットが出来上がって、6日間で執筆、残りで推敲
と校正と印刷。それで二次通過だったので、まだ希望は捨てていないんだが……。
 そのころ、仕事がヒマならの話だが。


159 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 23:34:36
二次も最終もないから。受賞以外はペケ。
やめとけ。

160 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 23:38:03
よいお年を!

161 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/08(月) 23:44:13
めちゃめちゃ早書きですね、いくらでも仕事をこなせそう・・・

162 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 03:02:40
書くのが速くても、それまでの準備に時間がかかれば同じだろ。

163 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 03:07:17
準備は仕事が来ると早くなる。
売れっ子なら人に用意させることもできる。
書くのが遅い人(遅筆)はどうにもならない。

164 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 03:17:24
売れっ子は月に千枚とか二千枚書くって言わない?
千枚は分かるが二千枚は……。
それを一ヶ月だけやるなら分かるが、毎月は無理だよね。


165 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 10:30:58
>>156
ちなみに、プロットを考え始めたのはいつから?

166 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 16:49:40
サラリーマンやっていた去年は時間がなくても書けたのに
プータローやってる今年は書けない  なんでだ!


167 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 20:40:28
綾辻さんには自分の本格物を読んでほしいな。

168 :156:2007/01/09(火) 20:45:29
>>165
> ちなみに、プロットを考え始めたのはいつから?

構想そのものは、七、八年前からあり、本格的にプロットを練り始めたのは
一昨年の秋からです。去年もそれでやろうとしたけれど時間がなくて断念しました。
でも、プロットには実質、二ヶ月もかけていないと思います。
長編のプロットは、それこそいろんなケースがあり、早いものは5日程度で完成し、
長いのは、今回のくらいかかります。短編だと、ヒントを思い付く時間を別とすれば、
半日〜一週間程度でしょうか。


169 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 21:19:03


ちょっと気が早いがきのう仕上げたのを今日応募した。
まだ時間はあるが、1月後半から研修で出張なので。
370枚だから短い。内容はガチガチの本格推理。
綾辻が読むまで残ればいいが・・・。



170 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/09(火) 21:21:08
エクスパック?

171 :169:2007/01/09(火) 22:36:39
>>170
よくおわかりで。書留より安くて確実で速いからお勧め。



172 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 00:40:42
選考委員に恩田陸氏、天童荒太氏が新しく加わったよ。
これってどういう狙いがあるのだろう。

173 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 00:47:00
今までの人はそのまんま? 7人になったの?

174 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 01:21:38
及南アサ氏、井上夢人氏が抜けました。

175 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 01:34:58
天童荒太って読んだことないな。
どんな作風なんだ。

176 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 17:02:59
選考委員って、協会が実績のある人に適当に頼んでるだけでしょ。
選考の意図なんてないと思う。順番に回ってくるみたいな。
いつでも抜けれるし、断ることもできるみたいよ。



177 :名無し物書き@推敲中?:2007/01/10(水) 18:05:31
>>176
> 選考の意図なんてないと思う。順番に回ってくるみたいな。

特別な意図があるとは言わないが、綾辻の加入は、明らかに本格軽視の
意見に配慮したんだと思うよ。


40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)