5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

あかね書房 国際児童文学賞全集

1 :なまえ_____かえす日:04/12/15 02:05:54 ID:v6rnzXv9
あかね書房 ttp://www.akaneshobo.co.jp/

「まぼろしの白馬」「五次元世界のぼうけん」等名作続出の、
なのに現在入手不可な、文字どおり幻のあの赤表紙の全集について語りましょう。

2 :なまえ_____かえす日:04/12/15 02:11:38 ID:v6rnzXv9
全24巻内容紹介

1.イギリス カーネギー賞、「まぼろしの白馬」、エリザベス・グージ、石井桃子訳、富山妙子絵
「羊飼いの少年ロビンや、忠実なライオン、そしてまぼろしの白馬にたすけられて前進するマリア!幻想ゆたかなかおり高い名作。」
2.フランス フランス児童文学大賞、「灰色の谷の秘密」、アンドレ・マスパン、河森好蔵訳、武部本一郎絵
「国境に近い村はずれの、ふしぎななぞにつつまれた灰色の谷を探検する少年たちの冒険と友情が、美しい自然をバックにおりなされる」
3.ドイツ ドイツ児童図書賞、「ヤンと野生の馬」、H.M.デンネボルク、高橋健二訳、ホルスト・レムケ絵
「ヤン少年と野生の子馬バルタザルの美しい物語が、レムケのすばらしいさしえとともに、ゆたかにうかびあがる愛情とユーモアの名作」
4.イタリア ラウラ・オルヴィエート賞、「あした あさって」、ルネ・レッジャーニ、岩崎純孝訳、沢田重隆絵
「医者も学校もない村に、自分の力で学校をひらこうという青年と、わんぱくな少年たちとの心の交流を軽快なタッチでえがいた異色ある名編」
5.スイス スイス教員連合児童図書賞、「ふしぎなランプ」、マックス・フェーゲリ、山口四郎訳、赤星亮衛絵
「神秘の都バグダッドに、海賊島カラーに……、アリ少年がめざすランプは手に入るだろうか?アラビアを舞台にして展開する一大雄編!」
6.ソビエト ロシア文部省文学賞、「バランキン君のふしぎな一日」、メドウェーデフ、袋 一平訳、桜井誠絵
「勉強がイヤになって人間生活にサヨナラしたバランキンだったが――。はじめて知るきびしい外の世界!冒険と夢にみちた名作!」


3 :なまえ_____かえす日:04/12/15 02:16:11 ID:v6rnzXv9
7.スウェーデン ニルス・ホルゲルソン牌賞「デビッドの秘密の旅」、ハリー・クルマン、神宮輝夫訳、つだこう絵
「おぼっちゃん育ちのデビッド少年の前に現われたはだしのやばん人!夏休みの一日に出会った冒険のなかから、さわやかな友情の世界が展開する」
8.ノルウェー ノルウェー・スティッツ賞、「オッター32号機SOS」、レイフ・ハムレ、山室 静訳、岩井泰三絵
「雪あらしの中でオッターは故障し、二人はパラシュートで脱出した。空腹とケガと死の不安。SOS!こちらオッター32号機…」
9.アメリカ ニューベリー賞、「五次元世界のぼうけん」、マデレイン・レングル、渡辺茂男訳、津田洋絵
「宇宙のかなたにつれさられた父を探しに、少女メグと弟チャールズは、勇敢にも宇宙に向った。大宇宙を舞台に展開する、SF児童文学の決定版!」
10.カナダ カナダ総督賞、「3びき荒野を行く」、S.バーンフォード、山本まつよ訳、武部本一郎絵
「危険と冒険にみちた荒野に、三びきは進んで行く。勇気と躍動、愛情とスリルの新しい動物物語の名作!65年感想文コンクール課題図書。」
11.アメリカ 国際アンデルセン大賞、「運河と風車とスケートと」、マインダート・デヨング、白木 茂訳、伊勢田邦彦絵
「体の弱いムーンタはスケートがすべれない。努力するムーンタが出あう数かずの事件!勇気と愛情、そして詩情あふれる好編。」
12.フランス 64年度国際アンデルセン大賞、「ミシェルのかわった冒険」、ルネ・ギヨ、波多野完治訳、桜井誠絵
「モロッコにむかって密航したミシェル。だが途中のアフリカ原始林には、未開人や猛獣が待ちかまえていた!新しい冒険物語の傑作」


4 :なまえ_____かえす日:04/12/15 02:20:09 ID:v6rnzXv9
13.ドイツ ドイツ児童図書賞、「雄ねこカスパー」、H.デンネボルク、高橋健二訳、ホルスト・レムケ絵
「いたずらもののカスパーを中心に、南スイスのいなか、花のパリを舞台にした、ユーモアと愛情と冒険をおりなしたものがたり!」
14.スペイン ラサリーリョ賞、「ユリシーズ号の密航者」、A.マトゥーテ、会田 由訳、鈴木義治絵
「三人のかわったおばさんにそだてられた空想ずきなフフウ少年と、刑務所をにげだした囚人をめぐる心うつ愛情とスリルの名作!」
15.アメリカ オーリアンネ賞、「コパー川のかわがらす」、J.ジョージ、藤原英司訳、山田三郎絵
「ロッキー山脈を背景にすこやかにそだつ少年と、めずらしい鳥の生態をいきいきとえがいた感動ゆたかな名作!」
16.ノルウェー 国際アンデルセン賞、「ぼくの名はパブロ」、A.ゾンマーフェルト、中山知子訳、武部本一郎絵
「くつみがきの少年パブロと他国の少年との交友をとおして、友情とは、人類愛とはなにかを力づよくうったえた感動の物語!」
17.オランダ オランダ最良児童図書賞、「魔法をわすれたウィプララ」、A.シュミット、前田三恵子訳、赤星亮衛絵
「ブロム先生とその子どもたちはふとしたことからネズミほどの小人になってしまいます。さあ、どんなさわぎがおこるでしょう。」
18.カナダ カナダ児童文学賞、「SOS地底都市」、S.マルテル、白木 茂訳、依光隆絵
「地底都市の少年リューは、だれもいないと思った地上に少女を発見するが、ある日とつぜん地しんがおそいます!新しいSFの名作」


5 :なまえ_____かえす日:04/12/15 02:25:15 ID:v6rnzXv9
19.アメリカ ニューベリー賞、「闘牛の影」、M.ヴォイチェホフスカ、渡辺茂男訳、富山妙子絵
「どうしても闘牛士にならなければならない少年のくるしみを中心にスペインの生活、迫力にみちた闘牛のありさま--などをえがく!」
20.フランス ジャン・マセ賞、「深夜の急行列車」、E.カッタン、白木 茂訳、赤坂三好絵
「フランスのいなかを走る急行列車をいつもみつめている少女--。ふかいなぞをひめた列車と少女をめぐる感動のものがたり!」
21.ソビエト ロシア文部省児童文学コンクール賞、「青い海・白い船」、ゲンナジー・マシキン、袋 一平訳、桜井誠絵
「第二次大戦のあとカラフトでおきた日本人少年少女とソビエトの子どもたちとのあらそいと友情を力づよくえがいた名作!」
22.イタリア カステルロ賞、「北極洋のとうぞくカモメ」、L.ウゴリニ、岩崎純孝訳、清水勝絵
「北きょく地方にすむカモメを主人公に、白クマその他の動物たちが、たたかい・友情・自然の中を生きぬいていくすがたをえがく!」
23.オーストリア ドイツ児童文学賞、「ジーノのあした」、K.ブルックナー、山口四郎訳、安井淡絵
「建築家になりたいという希望を胸にナポリへきたジーノだったが--。美しい都会を舞台に少年の夢と行動をえがいた名作!」
24.イギリス カーネギー賞、「魔神と木の兵隊」、P.クラーク、神宮輝夫訳、太田大八絵
「新しくひっこした家のなかから出てきたおもちゃの兵隊、これがけんしょうつきでさがしていただいじなものとはだれも知らない……」


6 :なまえ_____かえす日:04/12/16 14:37:30 ID:0tUkivNV
>>1
スレ立てありがとうございます。
とりあえず翻訳者スレから転載。「五次元世界のぼうけん」の映像情報です。
http://disney.go.com/wonderfulworld/wrinkleintime/

メグとワトシット夫人はちょとイメージ違いすぎだが…
映像的には悪くなさそう。

7 :なまえ_____かえす日:04/12/17 02:10:12 ID:AUKBg44K
あかね書房懐かスイ。まぼろしの白馬好きでした
全集外ですがアンクルサムの遺産も面白かったなぁ。折角だから

まぼろしの白馬/福武文庫、岩波少年文庫
灰色の谷の秘密/福武文庫
ヤンと野生の馬/福武文庫
ミシェルのかわった冒険/福武文庫
闘牛の影/岩波少年文庫
ジ−ノのあした/福武文庫

軽く調べただけなので抜けてるかと
そしてどれも現在入手不可ぽいですが赤表紙よりは見つけやすいかと
ってもあんまり役には立ちそうにないか
ところで>>1のURLはおなじあかね書房なのですか?
潰れたと聞いていました。

8 :なまえ_____かえす日:04/12/17 02:43:11 ID:mDhP3CHk
>>7
>潰れたと聞いていました。
(^^;;
会社案内のあかね書房のあゆみを見る限り同じだと思います。
潰れたことはないと思いましたが...
(筑摩書房と混ざっていますか?)

>赤表紙よりは見つけやすいかと

中越地震の日に赤表紙白箱入全24揃弥府奥9マソ落札なんてありましたね。


9 :なまえ_____かえす日:04/12/18 11:29:24 ID:qRcTa5zO
復刊ドットコムより。

「魔神と木の兵隊」 http://www.fukkan.com/vote.php3?no=2722
「運河と風車とスケートと」http://www.fukkan.com/vote.php3?no=2734
「五次元世界のぼうけん」 http://www.fukkan.com/vote.php3?no=3923
「デビッドの秘密の旅」 http://www.fukkan.com/vote.php3?no=20709

意外に少なかった。。。

10 :なまえ_____かえす日:04/12/18 12:20:09 ID:GFRbjbt5
>>7
現役でいろいろ出してますよ。
つくりは地味だけど、中身の濃い本という印象があるな。

「まぼろしの白馬」あたりはスタンダードとして出すべき本だと思う。
今なら「J・K・ローリング推薦」って帯つければ絶対ある程度は売れるはず。
なぜ復刊されないんだろう。
頼みますよ〜岩波さんm(__)m

もちろん、全集ごと復刊してくれればそれに越したことはないんだけど。

11 :なまえ_____かえす日:04/12/20 14:43:34 ID:KZ0pDz+x
復刊ドットコム、「まぼろしの白馬」もリクエストされてましたよ。
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=10737

12 :なまえ_____かえす日:04/12/24 01:53:07 ID:IZ/IL56A
>>6
DVD見ました。ドライブリージョンフリー化しましたよ。

原作のファンで怒っている人がいるのも分かるのですが、
自分としては、原作のレベルでの映像化はもともと無理でしょうということで、、
良くないところもあり良いところもありの★★★☆☆くらいつけます。
特撮はあまり良くないのですが、カマゾッツの空の色は原作のイメージ通りで良かったです。
ボーナスに原作者のインタビューも入ってます。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)