5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

秋山瑞人総合スレ45th データ損傷(code.0045)

1 :イラストに騙された名無しさん:04/10/20 08:45:55 ID:jYSGNlyS
なによこれ――というのが第一印象だった。
それでもしばらくは、新刊発売の兆候を探し続けた。が、結局発見できなかった。
推敲が難航中、あるいはメディアミックス発表と連動して最終巻発売―その可能性も、こうなっては極めて低い。
最終的に瑞っ子はこう結論した。
つまりこれは、きっと大人の事情で出なくなった作品なのだ、と。

秋山瑞人総合スレ44th 四十四回目にして一応の成功
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1094481120/

秋山瑞人非公式Wiki(過去スレ 関連スレ・サイト 著作リスト)
ttp://mput.dip.jp/mizlog/


421 :イラストに騙された名無しさん:04/11/07 11:23:30 ID:dBBNP0JS
この人まぶらほの作者だっけ?

422 :イラストに騙された名無しさん:04/11/07 11:33:16 ID:PNmu7asq
あんなもんと一緒にしないでくれ。

423 :イラストに騙された名無しさん:04/11/07 13:45:30 ID:jCZufnB6
冗談だとしても、言っていいことと悪いことがある。
その位の区別はつけてくれ。お願いだから。


424 :イラストに騙された名無しさん:04/11/07 15:21:21 ID:B8eDJDc0
>>419別解。ごめんなさいもうしません許して。

アニメ流れ客をがっちりと掴んで離さない、突き抜けるようなハッピー
エンドを要求されて困惑する作家。長考一番、彼は若かりし頃の追憶
をもとにプロットを置いた。かつての彼ならば前途に悲劇を置くこと
など考えもしなかっただろう姿、それをモティーフにすることでハッ
ピーエンドは確保され、急ピッチの執筆が始まった。
しかし、筆が進むにつれ、かつて作家の中にあったものが鮮明に蘇り
始めた。気付いたとき、彼はもうそれを止める術を知らず、ほとばし
る甘やかな感情にただその身を委ねた。

こんなことになるとは誰にも予想できなかった。しかし、〆切が迫っ
ていた。いまさら全てを白紙に戻すことはできなかった。編集者は苦
悩しつつも、力の限りの助言を行なう。「もう時代が違うんですよ」
「今の若い子達はそんな古いこと知らないですよ」
プロットのコードネームそのままの仮題を載せた新刊予告に背を煽ら
れながらも、作家は、かつての自分が憧れた姿かたちを、文章の中に
ただひたすらにえぐり込んでゆく…

もう遠い少年時代、作家は南野洋子のファンだったのだ。

# このレスはフィクションであり、実在する作家、編集者、刊行予定
# の小説とは無関係です。

425 :イラストに騙された名無しさん:04/11/07 15:45:25 ID:zX4S9eNJ
今日は>>421への怒りを燃料にして頑張ることにした

182 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★