5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

2chライトノベル大賞2004下半期

1 :大賞集計人 ◆Gwjp9x5v9M :05/01/16 00:28:38 ID:6X3w/ZwT
2004年度下半期ライトノベル板大賞の投票スレです。
2004年7月〜12月の間に発売された本の中からマターリと優秀作品を選びます。ルールを確認の上、奮ってご参加下さい。

【大賞概要】
●2004年度下半期大賞の票数は【5票】まで。感想必須。
●投票期間は、タイムスタンプが
 05/01/16 00:00:00 〜 05/01/30 23:59:59 まで。
  05/01/31 00:00:00 となった投票は無効。
 ただし最終日にサーバーがダウンなどのトラブルがあった場合は多少延長の可能性があります。
●投票はage推奨。
●マターリ推奨。勝ち負けにこだわらず気楽に楽しみましょう。殺伐(・A・)イクナイ!!
●大賞に関連しての雑談は、下記のスレッドへ 。
 イベント運営・雑談・感想スレ in ラ板 part3
  http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1104233704/
 ※投票期間中に票数を絶対に公表しないで下さい。

その他の賞 (詳細は >>3-5 辺り参照)
●ベストキャラクター&カップル賞 【5票】


ルール詳細:>>2  キャラクター賞:>>3  超簡単ルール:>>4 過去ログ:>>5 予備:>>2-10

対象作品リスト(文庫別)
少年 ttp://onigiri.s3.xrea.com:8080/laten/index.php?%BE%AF%C7%AF04%B2%BC
少女 ttp://onigiri.s3.xrea.com:8080/laten/index.php?%BE%AF%BD%F704%B2%BC

2chライトノベル大賞 栄光の記録(参考)
http://www.geocities.co.jp/Bookend/3018/lnprz.html


2 :大賞集計人 ◆Gwjp9x5v9M :05/01/16 00:29:00 ID:6X3w/ZwT
<<大賞ルール詳細>>

●投票対象は2004年7月〜12月の間に発売されたライトノベルです(対象作は下記URL参照)。
 感想を添えて投票してください。

 ・対象作品リスト(文庫別)
 少年 ttp://onigiri.s3.xrea.com:8080/laten/index.php?%BE%AF%C7%AF04%B2%BC
 少女 ttp://onigiri.s3.xrea.com:8080/laten/index.php?%BE%AF%BD%F704%B2%BC

●一人で最大【5作品】にまで投票できます。
 ・独立して出版された単行本【5タイトル】までを有効とします。
  ・ひとりで同一タイトルへの複数投票はできません。
  ・シリーズ、分冊、作者、その他「一冊」以外の単位や、書籍でないものへの投票は無効とします。

●投票理由(感想)の明記は必須とします。
・基本的に簡単な感想で大丈夫です。
・また、以下の場合を除いて感想の内容・形式を問うことはありません。
<注意事項>
「荒し・多重投票対策」のため、次の場合集計人の判断により無効票とされる場合があります。
・露骨に短い一言だけの感想 (例:「○○最高!」「とても面白かった」等 一言のみ)
・明らかにコピペと思われるもの、他作品への貶しと取れるもの
・その他、集計人が不正な感想であると判断した場合

●貴方が名作だと思うものが名作です。他人の投票内容には寛容にありましょう。

●上の条件が守られていれば投票形式は自由です。
 ・ただし作品名だけは正確に、なるべく「」や<>で括るなど分かりやすいようにしてください。

<<イチオシ賞>>
◎大賞に投票した作品の中で、イチオシしたいもののタイトル【一つ】に○を付けて下さい。
 ・大賞枠とは別にイチオシ賞として集計されます。
 ・イチオシ賞への投票は必須ではありません。

3 :大賞集計人 ◆Gwjp9x5v9M :05/01/16 00:29:50 ID:hzysFF9g
●2004年下半期ベストキャラクター賞

・2004年下半期に出版されたライトノベルに登場したキャラ限定です。
 文庫、新書形式に限らず、雑誌媒体でもかまいません。

・二つ名等は集計人が作品を知らない場合に別集計してしまいますので、なるべくフルネームで。
 別集計したキャラがあった場合、ご指摘があれば修正します。

・5キャラ(5組)まで投票することができます。1キャラ(1組)1票です。

・カップル、コンビや組織でも1票として投票できます。但し、単体とは別集計になります。
 例えば、出雲覚&風見千里で投票しても、覚、千里単体の票には加えられません。

・亜人種、動物、妖怪、AI等、キャラクター性があればなんでも可。

・有効票の判断は集計人個人で行います。議論はしません。

・投票形式は以下の形式とします。キャラ名を必ず【】で囲んで下さい。

 【キャラ名】(作品名)
   コメント

---投票例---
 【ディアナ・ゾーンブルク】(終わりのクロニクル)
   新ジャンル開拓しすぎ。目が覚めました。


4 :大賞集計人 ◆Gwjp9x5v9M :05/01/16 00:30:15 ID:hzysFF9g
【2004年度下半期大賞&イチオシ賞・超簡単ルール】
●対象は2004年7月〜12月の間に発売されたライトノベル
●期間は1/XX(日)〜1/XX(土)まで
●票数は、5票 ●感想は必須 ●投票はage推奨 ●マターリ推奨
◎大賞に投票した作品の中で、イチオシしたいもののタイトルに○付けて下さい。
詳しくは、>>1-10


【2004年下半期キャラ大賞・超簡単ルール 】
●対象は2004年7月〜12月の間に発売されたライトノベルに登場したキャラ
●票数は、5票 ●コメントは必須 ●個人部門と団体・コンビ部門を別途に集計
詳しくは>>1-10

【投票用テンプレ】※<<>>は、半角
例:<<作品名>>(著:著者名/絵:絵師名/レ:レーベル名)
例:【キャラクター名】(作品名)
●大賞・イチオシ賞
○<<   >>(著:/絵:/レ:)
 <<   >>(著:/絵:/レ:)
 <<   >>(著:/絵:/レ:)
 <<   >>(著:/絵:/レ:)
 <<   >>(著:/絵:/レ:)

●キャラクター賞
【    】(  )
【    】(  )
【    】(  )


5 :大賞集計人 ◆Gwjp9x5v9M :05/01/16 00:31:06 ID:GsxwkO4A
2chライトノベル大賞 栄光の記録(参考)
http://www.geocities.co.jp/Bookend/3018/lnprz.html

【過去ログ】
2chライトノベル大賞2004上半期
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1088829460/ (dat落ち)
http://www.geocities.co.jp/Bookend/3018/mirror/lp_04-1.html (ミラー)
● 2ch ライトノベル大賞 2003年度下半期 ●
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1074171331/(dat落ち)
http://www.geocities.co.jp/Bookend/3018/mirror/lp_03-1.html (ミラー)
2chライトノベル大賞2003上半期
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1058173952/ (dat落ち)
http://www.geocities.co.jp/Bookend/3018/mirror/lp_03-1.html (ミラー)
2chライトノベル大賞2002下半期
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1041299132/
2chライトノベル大賞2002上半期
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1024751473/
2chライトノベル大賞2001(下半期)
http://natto.2ch.net/magazin/kako/1004/10040/1004001978.html
2chライトノベル大賞2001上半期
http://salami.2ch.net/magazin/kako/991/991503423.html
2chライトノベル大賞2000
http://mentai.2ch.net/magazin/kako/972/972892222.html


6 :大賞集計人 ◆Gwjp9x5v9M :05/01/16 00:37:16 ID:GsxwkO4A
【2004年度下半期大賞&イチオシ賞・超簡単ルール】
●対象は2004年7月〜12月の間に発売されたライトノベル
●期間は1/16(日)〜1/30(日)まで
●票数は、5票 ●感想は必須 ●投票はage推奨 ●マターリ推奨
◎大賞に投票した作品の中で、イチオシしたいもののタイトルに○付けて下さい。
詳しくは、>>1-3

【2004年下半期キャラ大賞・超簡単ルール 】
●対象は2004年7月〜12月の間に発売されたライトノベルに登場したキャラ
●票数は、5票 ●コメントは必須 ●個人部門と団体・コンビ部門を別途に集計
詳しくは>>1-10

【投票用テンプレ】
例:<<作品名>>(著:著者名/絵:絵師名/レ:レーベル名)
例:【キャラクター名】(作品名)

●大賞・イチオシ賞
○<<   >>(著:/絵:/レ:)
 <<   >>(著:/絵:/レ:)
 <<   >>(著:/絵:/レ:)
 <<   >>(著:/絵:/レ:)
 <<   >>(著:/絵:/レ:)

●キャラクター賞
【    】(  )
【    】(  )
【    】(  )
【    】(  )
【    】(  )

7 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 00:41:48 ID:8fqNRGeY
>>1
乙。風ひいてるんだったら無理するなよ〜

8 :大賞集計人 ◆Gwjp9x5v9M :05/01/16 00:45:14 ID:GsxwkO4A
>>4の簡易ルールに不備がありましたので修正しました。
大枠に影響はない範囲ですが、正しくは>>6の方を参照してください。

●修正点
・期間は1/16(日)〜1/30(日)までです。
・キャラクター賞は【5票】まで投票できます。テンプレの枠が3つしかないのは間違いです。
・大賞・イチオシ賞の括弧は半角でなくてもエラーになりません。

色々とご迷惑かけて申し訳ありません。

9 :大賞集計人 ◆Gwjp9x5v9M :05/01/16 00:54:12 ID:GsxwkO4A
>>7
どうも開始早々にご心配かけてしまいすみませんでした。
不備さえなければとりあえずこれで最初のお勤めは完了のはずなので、
集計のときにまでご迷惑をおかけしないよう早めに養生しておきます。


それでは皆さん、ふるってご投票よろしくお願いします。

10 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 01:04:45 ID:ig+Vfkyy
一発目かな? 今期も豊作豊作。

●大賞・イチオシ賞
○<<悪魔のミカタ13 It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)
凄まじかった。ただただ凄まじかった。全てが熱く、哀しく、美しかった。
新刊がなかなか出ないけど、こんな凄いものを書いて作者が燃え尽きてしまったのだろうか……

<<されど罪人は竜と踊るX そして、楽園はあまりに長く>>(著:浅井ラボ/絵:宮城/レ:角川スニーカー文庫)
死にたい。いやマジで。間違いなく今年読んで最も凹んだ小説。
鬱で鬱で、でも面白すぎるから読むのが止められない。勘弁してくれ_| ̄|○

<<スカイワード3>>(著:マサト真希/絵:橘由宇/レ:電撃文庫)
青臭い話は大好きなんで、剛速球で青臭いこの作品を挙げないわけには。
叫ぶ言葉のひとつひとつが青くて熱くてたまんない。ツボ入りすぎて泣きそう。
でも売れてないみたいなのが不安だ……ここで打ち切られたらマジ泣きなんですが。

<<三月、七日。〜その後のハナシ〜>>(著:森橋ビンゴ/絵:世良シンヤ/レ:ファミ通文庫)
全部ちゃんと綺麗にまとまったよ……後日談というよりは前後編の後編。
前作の後半の展開に不満を持った人にこそ勧めたいな。ヘタレ三月萌え。

<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
もーただただひたすらに熱かった。Dクラ7-1といい、絶望的な逆境からの復活というのは
ホントもーどうしようもないほど燃える。宗介、宗介、宗介ーーっ! 最高。

11 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 01:19:10 ID:ig+Vfkyy
●キャラクター賞
【雛咲葉】(シャドウテイカー)
 も じ も じ (*´Д`) 空鐘のウルクに匹敵する新たな幼なじみの刺客!
 2巻の「……やさしい」にはホント萌え死ぬかと思った。
 無口系幼なじみってのも充分アリだと気付かされました。

【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
 大賞の方でも書いたけど、もーただただひたすら格好良かった。漢だ。

【アナピヤ】(されど罪人は竜と踊る)
 。・゚・(ノД`)・゚・。

【ウルク・ティグレー】(空ノ鐘の響く惑星で)
 5巻。ちょっと待て渡瀬ぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!
 一体どうなるどうしてくれる。あぁぁぁ続きが怖い。

【三鷹昇】(悪魔のミカタ)
 よく頑張った、よく戦った。心からその言葉を贈りたい。それ以上の言葉はいらない。

12 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 01:20:46 ID:o57Kv1px
投票します。ここでも二番手かw

○<<ALL YOU NEED IS KILL>>(桜坂洋、スーパーダッシュ文庫)
 :傑作。こんな興奮したラノベは「マルドゥックスクランブル」以来でした。
 デビューから五作目、まさかここまで成長するとは。もはや、目が離せません。
 今回のラ板大賞で、台風の目となることを期待してます。

 <<よくわかる現代魔法ゴーストスクリプトフォーウィザーズ>>(桜坂洋、スーパーダッシュ文庫)
 :上記作者の人気シリーズ三作目。書き出しの第一文にやられました。
 文章力も向上して、気軽に楽しめる娯楽作となってます。

 <<悪魔のミカタ(13)It/MLN>>(うえお久光、電撃文庫)
 :長大なシリーズが一区切りを迎えました。作者自らの限界に挑むこれからの
 展開に注目。スピードよりは、クオリティを重視して欲しいかな。

 <<斬魔大聖デモンベイン 機神胎動>>(古橋秀之、電撃文庫)
 :古橋節全開とはならずも、一定の質は保ちました。ただ、量産タイプの作風
 ならば、きちんと量産して欲しい。

 <<象どられた力>>(飛浩隆、ハヤカワ文庫JA)
 :一番興奮した作品は上記の「ALL YOU NEED…」ですが、一番満足を得た作品
 はこちら。五感に訴えかける描写と、世界の醜さ美しさを鋭く捉える感受性、
 それと意外性に満ちたプロットが楽しめる作品集。

13 :12:05/01/16 01:23:34 ID:o57Kv1px
あ、ごめんなさい。>12は大賞部門への投票です。
キャラクター賞はまた後で考えますね。

14 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 01:28:47 ID:L+n7fDFe
コメントが滅茶苦茶長くなってしまった。

大賞・イチオシ賞

○ <<学校を出よう!6 VAMPIRE SYNDROME>> 著:谷川流 画:蒼魚真青 レ:電撃文庫
前巻込みの評価。時間移動も人間消失も失踪者の追跡劇も昏睡騒ぎも「上」にいるものにとって
都合の良い道具に過ぎない、というテーマが顕在化したメタ系SF。3巻でのゲストキャラの台詞を
拾って続巻で深い味付けを加える等の手腕は流石の一言。
詭弁使い・宮野と慇懃無礼系ツンデレ少女・茉衣子の掛け合いも楽しいうえに、
彼らの間にささやか進展があったのも見逃せない。一番続きが気になるシリーズゆえ。

<<涼宮ハルヒの消失>> 著:谷川流 画:いとうのいぢ レ:角川スニーカー文庫
不条理な非日常に対し、愚痴を外側に叩きつける主人公に肩入れできる時がやってくるとは思わなかった。
万能ヒロインの長門に幾分かのデバッグを加えたのも良かった。続編がまだ読める意味でも、
さらに「暴走」にて或るキャラの覚醒も無にしたくない、という意味でもエンターキーを押した主人公を評価したい。

<<ALL YOU NEED IS KILL>> 著:桜坂洋 画:安倍吉俊 レ:集英社スーパーダッシュ文庫
「TVゲームで目的を達成するまでリセットボタンを押しつづける」行為をループ小説のネタに持ってきた
作者のアイディア勝ち。リテイクされ続ける事前訓練も絶望的で理不尽な戦場の描写も
主人公の綿密な心理描写と溶け合って一気に読めた。
ゲームなら別シナリオが用意されていてもおかしくないが小説なので一本道でほろ苦いラスト。
同作者の別ベクトル作品「よくわかる現代魔法」も期待。

<<眠り姫>> 著:貴子潤一郎 画:ともぞ レ:富士見ファンタジア文庫
「12月のベロニカ」でデビューした作者が放つ短編集。2作品目で短編集を出すだけでも異色だが、
「探偵真木シリーズ」は出てくるネタが古典的すぎ偏りすぎ。それでも、収録作品各がファンタジー、
SF、ミステリー、ハードボイルドという、ネタの引き出しの多さを見せ付けてくれた。
ここ数年の富士見F新人の中でもとりわけこの作者に注目している。


15 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 01:35:00 ID:L+n7fDFe
<<南青山少女ブックセンター 2 乙女のリハーサル>> 著:桑島由一 画:湖湘七巳 レ:MF文庫J
主人公が女子高に編入するトンデモ、ではなくお約束展開に加え、会話文風に崩した地の文の文体が
かなり突飛なアンリアル要素満載な小説。だがそれがいい。
「らしい」のコーナーや、脈絡もなく●●●で生徒をなぎ倒す女子高の先生にワラタ。
屋上のシーンは作中でも屈指のシーン。古傷をえぐられたので個人的に洒落にならないが。

空鐘5、シャナ7&8、禁書3、ROOM#1301(3)、平井骸惚3、GOSICK3、砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない、
推定少女、echo、三月、七日その後のハナシ、BBB2等も微力ながら推したい。

ベストキャラクター賞

【宮野秀策】(学校を出よう!)
世界や吸血鬼に対する彼の独自論理は何よりも興味深い。彼の言うところの
「操り人形」の地位に甘んずることを潔しとしない態度は瞠目に値するものがある。
作者によって作り出されたキャラクターに過ぎないけど。

【長門有希】(涼宮ハルヒシリーズ)
「憂鬱」の口絵イラストでは背景扱いなのに、ここまで変貌するとは。
今回は偽者ともどもさらに庇護欲を刺激された。
「消失」の口絵イラスト、文章と合っていないよ、のいぢタン。

【絹川蛍子】(ROOM No.1301)
2巻での彼女の心情吐露を読まされてきた身としては、今回の告白を
拒絶出来るはずもなくあっさり宗旨替え。
4巻にて突然迎えるカタストロフィーには完膚なきまでに叩きのめされた。

結果よりむしろ他の板住人さんのコメントが非常に楽しみ。
集計人様、無理をなさらぬよう。


16 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 01:43:39 ID:nttikaXi
●大賞・イチオシ賞
○<<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンチック?>> 著:新井輝 画:さっち 富士見ミステリー文庫
#4のエロさも捨てがたいが、帯、あらすじ、ラストのもりあがり、そしてあとがき
すべてが、はじけてました。
多分この作品、今年はじけるんじゃないかな?
<<春季限定いちごタルト事件>> 著・米澤穂信  画:片山若子 創元推理文庫
目指せ小市民!
小鳩くんと小佐内さんの恋愛関係でもなく依存関係でもないけどいつもいっしょにいる関係が、なんかいい。
ミステリーとしても、日常のなにげない謎をうまく取り入れてあって謎解きも読んでて楽しかった。
是非続きを。
というか、中学時代の小鳩くんと小佐内さんを読みたいぞ。
<<電波的な彼女>>著:片山憲太郎 画:山本ヤマト 集英社スーパーダッシュ文庫
今年、一番気に入った新人さん。
キャラがいい!話のテンポにセンスがある。
ストーリーや構成はこれからだけど、磨けば光る原石だと思います。
是非はやめに二作目をだしてほしいものだ。
<<復活の地V>>著:小川一水 画:前嶋重機 ハヤカワ文庫JA
新潟中越地震、そしてインド洋大津波。
いま自分になにができるのか、そして人がなにを求めているのかを
考えさせられる作品です。
是非、多くの人に手にとって読んでもらいたい作品です。
<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない>> 著・桜庭一樹  画:むー 富士見ミステリー文庫
衝撃!衝撃!!
二度と読み返せない、けど..たぶんきっと忘れられない話。
次点
ALL YOU NEED IS KILL
現代魔法のイメージをおもいっきし吹っ飛ばせてくれた。
なんといっても、エンターテイメントに徹していて、面白い。
涼宮ハルヒの消失、推定少女、ホーンテッド 等がつづく
自分としては、掘り出し物がたくさん見つかったので満足。

17 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 01:57:55 ID:orIWOVrN
●大賞・イチオシ賞
○<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見F文庫)
  今回はこれしかない。正直、期間そのものの長さにダレて切ろうとしていたシリーズだった。
  それが、思い切りガツンとぶちのめされた。今までの下敷きを生かした横綱相撲に乾杯。

 <<悪魔のミカタ(13)It/MLN>>(うえお久光、電撃文庫)
  この分厚さに見合うだけのクライマックス。It編は人によって好き嫌いが分かれると思うが
  自分は肯定派。ぶっ飛んだ変化球ばっか投げる作者なので、今後にも期待大。

 <<灼眼のシャナZ>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
  正統派アクション活劇を挙げろと言われたら、これを挙げる。相も変わらずの全編戦闘。
  恐ろしい切りから始まって、手がかりから敵の意図を計り大逆転、恋愛まで盛り込んで満腹。

 <<吉永さん家のガーゴイル 5>>(著:田口仙年堂/絵:日向悠二/レ:ファミ通文庫)
  すっかりファミ通文庫における定番シリーズとなった。派手さこそないが、安定感は抜群。
  こういう作品が出始めたことは、レーベルとしても喜ぶべき。ファミ通は、もはや新興ではない。

 <<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見M文庫)
  正直、これは「されど」よりもこたえた。もうガックリと来るくらいに。後味の悪さでは最高かも。
  桜庭と言うことで油断していた。あの救いのなさは、まさかという希望があるからこそグサッと・・・ orz


急にブームなんかが来て慌しい半年だったけど、それを言わせるパワーが確かにある。
何より嬉しかったのは、電撃以外のレーベルが確実に力をつけているということ。
豊作続きでホクホクだ。次点はありすぎて書けないくらい(;´Д`)

18 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 01:58:35 ID:orIWOVrN
●キャラクター賞
 【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
  まあ、これしかありませんわいな。真に開眼した人間の戦いを見よ。

 【三鷹昇】(悪魔のミカタ)
  主役の大任を良く果たした。こっちも人間だからこその、壮絶な戦い。

 【吉田一美】(灼眼のシャナ)
  彼女には今期の主演女優賞をあげてもいい。それでも、彼女は選ぶ。

 【教授&ドミノ】(灼眼のシャナ)
  これは誰も入れないだろうから。なんつーか、あんたらキャラ濃すぎ。

 【小佐内ゆき】(春期限定いちごタルト事件 )
  間違いなく今回の最萌えキャラ。小動物ですよ。

19 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 02:06:41 ID:vmFt6pZ/
●大賞・イチオシ賞
○<<されど罪人は竜と踊る V そして、 楽園はあまりに永く>> 浅井ラボ/宮城 角川スニーカー文庫
鬱だ、グロだ、ムゴい……と言いつつも、分厚さが気にならない面白さに参った。
良くも悪くもこいつが一番印象的。熱く暗く重く、「ライトノベル」の響きは似合わないが。

 <<灼眼のシャナ VII>> 高橋弥七郎/いとうのいぢ 電撃文庫
開始当初はそんなに好きじゃなかったが、6・7巻を通じてようやくハマってきた。
ギャグすれすれの展開もあるが、全体的にスピード感の溢れたパワフルな内容。It's entertainment.

 <<9S〈ナインエス〉 IV>> 葉山透/山本ヤマト 電撃文庫
これも1・2巻あたりはイマイチな感想だったけど、3・4巻で化けた。心憎いほど精緻。
シリーズそのものが本格的に動き出して、これは是非とも最後まで読み通したいと思った次第。

 <<復活の地 III>> 小川一水/前嶋重機 ハヤカワ文庫JA
「天災とは、戦える」
秘密兵器的な存在による解決はない。地道な活動で震災に立ち向かう姿に燃えた。

 <<ホーンテッド!>> 平坂読/片瀬優 MF文庫J
どうしても「西尾っぽさ」を抜きにしては語れないし、人に薦めるのもためらわれるが、期待の新人ではある。
というか俺、「さよならトロイメライ」や「とある魔術の禁書目録」が好きなので。アクの強い奴ドンと来い。


上記以外では、「斬魔大聖デモンベイン 機神胎動」「神様家族 5」「平井骸惚此中ニ有リ 其参」
「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」「刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜」「電波的な彼女」
「よくわかる現代魔法 (3) ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ」「ALL YOU NEED IS KILL」
「ネペンテス」「ゼロの使い魔 2 風のアルビオン」あたりが次点。

20 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 02:07:48 ID:vmFt6pZ/
●キャラクター賞
【ガユス・レヴィナ・ソレル】(されど罪人は竜と踊る)
ダメ男大好き。バモーゾ君にいっぱい喰わされるトコとか、主人公とは思えない迂闊さにハァハァ。

【峰島由宇】(9S〈ナインエス〉)
華奢な天才肌のくせして体術も優れているパーフェクト娘。オヤジ口調が心地よい。

【テンコ】(神様家族)
教室の電気をチカチカつけたり消したりして「今のディスコっぽくない!? 行ったことないけど!」と叫ぶ姿に萌えた。

【平井溌子(溌は旧字の「さんずい+發」)】(平井骸惚此中ニ有リ)
「兄様になら攫われてもいいです」 ……反則。

【ルイズ】(ゼロの使い魔)
ツンデレ少女の鑑。デザインはまるっきりあの娘だけど、俺は(゚ε゚)キニシナイ。

21 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 02:19:22 ID:qq9nRjH6
大賞・イチオシ賞

○<<ネペンテス>>著:清水マリコ/絵:toi8/レ: MF文庫J
不思議な味わいの連作短編集。扱いに困る不思議ちゃんがいっぱい。
この話に奇妙なリアルさを与えているのは、その不思議ちゃんが同性にはちゃんと嫌われて
いたり、登場人物が公団住宅住まいといったビミョーな貧乏さ加減の描写あたりか。

<<食卓にビールを>>著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士見ミステリー文庫
またーり日常を送るひょうひょうとした奥さんは宇宙人が来ようがあんまり動じない。
日常生活にSF的展開が繰り広げられるってのはあるといえばよくあるが、放り込まれる
ネタが物理SFというのはちと珍しいかも。
あ、主人公の属性が「奥さん」てのもライトノベルじゃなかなか見ないよなあ。

<<9S<ナインエス>W>>著:葉山透/絵:山本ヤマト/レ:電撃文庫
ダイハードとかああいったハリウッド映画的な良質エンターテインメント作品。
お約束を守りながらもきっちり楽しませる。読んでて楽しい痛快娯楽作。

<<バッカーノ1933 下>> 著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫
2001がちょっと物足りなく感じたのは登場人物の異常な多さが無かったからか。
異常に多い登場人物と錯綜するストーリー。バッカーノの魅力はこれですよ。
躁状態のキャラクターって1作品1人ってのが暗黙の了解だと思うんだが、狂ったように
大勢出てくるのがヘンなノリを生んでいるのか。

<<復活の地V>>著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA
つかみはOK、ラストはグダグダとの定評があった小川一水が、なんとキレイにラストを
締めくくりました。個人的には小川作品の最高傑作認定。
性善説の信奉者のような作者の人柄も相変わらずにじみ出ている。

次点:川崎康宏のAlice。中堅作家の初電撃作品だが意外な拾い物だった。
熊が喋る事に何の背景説明も加えないナンセンスさが素晴らしい。
新人では沖原朋美の待つ宵草がほころぶと、いわなぎ一葉の約束の柱、落日の女王が良かった。


22 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 02:54:41 ID:Wt+9sSMT
なんか悩むはずがすんなり決まってしまった。

●大賞・イチオシ賞
○<<推定少女>>(著:桜庭一樹 絵:高野音彦 レ:ファミ通文庫)
GOSICKの評判から、珍しい女性の萌え小説書き程度にしか考えていなかったが、
その認識が間違っていることを思い知らされた。
数年前の自分に少なからずあった思春期独特の思考や感情が、
文章化されて叩きつけられたのだから。
本を読んで久々に泣いた。そいでもって、一生ついていこうと思った。

 <<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (4)〈上〉>>(著:川上稔 絵:さとやす(TENKY) レ:電撃文庫)
萌えも燃えも異常だったなあ。いつものことだが頭のネジがぶっ壊れているとしか思えん。
ギャグ分エロ分多い上に、組織内の対立戦闘なんて燃えるなと言う方が無理だ。
あんだけキャラ出してるくせに、区別できるほど個性化が完成してるのに今更ながら脱帽。

 <<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (3)〈下〉>>(著:川上稔 絵:さとやす(TENKY) レ:電撃文庫)
熱気が冷めた今、三巻自体がちと冗長だったように感じる。
とは言え、川上氏はクライマックスとラストが熱すぎる。バトルがかっこいいんだな。
メイド万歳。ロボット万歳。出物の大和撫子万歳。

 <<悪魔のミカタ (13) It/MLN>>(著:うえお久光 絵:藤田香 レ:電撃文庫)
よくあんな大風呂敷をたためたよなあ。ちと強引だった気がしないでもないが。
うえおの狂気ここに極まれり。あと、早く新刊出して下さい。・゚・(ノД`)・゚・。


23 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 02:55:42 ID:Wt+9sSMT
 <<Alice>>(著:川崎康宏 絵:エナミカツミ レ:電撃文庫)
なにこの嫌展小説。ふざけてるの?
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |  それとクマ──!!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /

次点は砂糖菓子、ALL YOU〜、フルメタ、シャナ、バッカーノ、ROOM〜かな。
どれも印象に残ってるんだが、パッと思い浮かんだのが上の五つだった。

●キャラクター賞
【八号】(AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (4)〈上〉)
ツンデレメイドで自動人形ですよ。今期ライトノベルでの最萌えキャラ。
再登場&大活躍に万歳万歳また万歳。

【ボーボー】(Alice)
クマー!! 作品の魅力の約四割。約三割が軍人で残りがその他。

【海野藻屑】(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet)
無力にも程がある。救いが無いにも程がある。今期一番痛々しく悲しいキャラ。

【巣籠カナ】(推定少女)
クソッタレに生々しい。マジやめてくれ。こいつの言葉がなんか懐かしい気がしてつらい。

【ヒオ・サンダーソン】(AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (4)〈上〉)
天然系外人幼女(体系)って何者ですかアンタ。勘違いっぷりが素敵。

見事に偏ってるなあ。女子中学生三人に人外×2かよ。

24 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 09:58:44 ID:l24IpL/e
●大賞・イチオシ賞
○<<半分の月がのぼる空 3 wishing upon the half-moon>>(著:橋本紡/絵:山本ケイジ/レ:電撃文庫)
今一番続きが気になる作品。
すでに前回以前の大賞でもあげられていますが、難病で入院している女の子「里香」と裕一の話。
この巻ではいよいよ里香が危ないです。この作者マジでやってしまいそうで泣きそうです。
もう理屈じゃなく登場人物の一挙一動から眼が離せないほど研ぎ澄まされた苦しさを味わえます。

<<電波的な彼女>>(著:片山憲太郎/絵:山本ヤマト/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
ストーリーは早めにネタバレしてしまうのがちょっと難点だけど、
とにかく薄っぺらくないキャラ設定と読みやすい文章がいい。
「電波的な彼女」ってどれだけ痛々しいんだろう‥ という予想に反してヒロインよかったです。
冴えない外見の女の子が実は‥ って王道なんだけどなーわかってても。

<<ホーンテッド! 2 コトコトクライシス>>(著:平坂読/絵:片瀬優/レ:MF文庫J)
上の作品がタイトルに反して結構正統派?だったのにこっちは突き抜けた電波でした。
1巻はシリアスとギャグとどっちつかずな印象だったが、この2巻は吹っ切れたかのようなキレっぷりがいい。
とどまるところを知らないネタの垂れ流し、常識人だと思っていたキャラの意外な一面‥
つかみのバスガイドトークが個人的には今年一番の笑いどころだった。

<<復活の地 II >>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
力作という意味では下半期というかここしばらくのラノベでピカイチ。
震災から逃げずに戦う、立場も人種も星さえも越えた人類に乾杯。
もう全編しびれる場面、名台詞のオンパレードでした。
ただ、現実がシャレにならないほど追いかけてきましたね‥

<<三月、七日。〜その後のハナシ〜>>(著:森橋ビンゴ/絵:世良シンヤ/レ:ファミ通文庫)
どう頑張っても蛇足にしかならない気がしましたが、キレイに終わらせて蛇足ではなく後編といった感じ。
思春期の暴走・妄想・苦悩が絶妙に盛り込まれてて、読んでいて感情移入できる。
仕方が無いことを仕方が無いと割り切れるまでの三月のヘタレっぷりはリアルだ。

25 :24:05/01/16 09:59:40 ID:l24IpL/e
大賞の次点は
BBB2、描きかけのラブレター、平井骸惚此中ニ有リ 其参、砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない
僕らA.I.、涼宮ハルヒの消失、涼宮ハルヒの暴走、銃姫 2、ゼロの使い魔 2・3

●キャラクター賞
【逆本麻紀】(ホーンテッド! 2 )
バスガイドさんです。
嗚呼‥運転手になりてえ‥
電波ぞろいのこの作品で一番逝っちゃってるのはこの人でした。
再登場は難しそうですが。

【堕花雨】(電波的な彼女)
勘違いする人がいるかもしれませんが、電波と見せかけて実は‥
っていうオチじゃないです。正真正銘の電波です。
だがそこがいい。

【長門有希】(涼宮ハルヒの消失&暴走)
いまや完全にヒロインの座を奪ってしまった感のある究極の無口キャラ。
「涼宮ハルヒの消失」はまさにこの人のためにある話でした(比喩ではなく)。
あれでKOされてしまった読者の山また山。
ツンデレどころか無感情なんですが、これほど行間を読ませてくれる(妄想ともいう)存在は稀有。

【秋庭里香&戎崎裕一)】(半分の月がのぼる空3)
お願いですから里香を助けてください。
このままだとあまりに悲しすぎるじゃないですか‥
裕一がんばれ超がんばれ。

【セイオ】(復活の地V)
お疲れさん。
何もかも失っても絶望せずどん底から立ち上がった姿はかっこよかったよ。
報われない努力でも誰も味方がいなくてもあんたは負けなかった、素直にすげえと言わせてもらう。

26 :24:05/01/16 10:02:16 ID:l24IpL/e
>>24の4つ目

<<復活の地 II >>は<<復活の地 V>>に訂正させてください、すいません。

27 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 11:49:29 ID:+k1Svx8U
●大賞・イチオシ賞
○<<空の中>>(著:有川浩/絵:――/レ:メディアワークス)
 今年の中でも一番気に入った作品。暖かく、さわやかで、気持ちがいい傑作。
 大人サイドと子どもサイドが繋がっていく形とか、上手くキレイにまとめられたエンディングとか、【白鯨】の設定とか良いんですよ。
 全体的なレベルが高い。ライトノベルとしては値段が高いけど、読んで良かった。
<<春期限定いちごタルト事件>>(著:米澤穂信/絵:片山若子/レ:創元推理文庫)
 「日常の謎」というのが大好物。短編連作という形も好き。この絶妙な青春の形も好き。完全に好みに合致した。
 作品自体も小事件のほとんどは面白いし、最後に繋がっていくのは快感。
 小鳩君と小佐内さんの絶妙な関係がまた良い。小佐内さんは最高だったりする。
<<学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME>>(著:谷川流/絵:蒼魚真青/レ:電撃文庫)
 これも好みに合致。SF設定や独自の解釈が好きだなー、と。5,6と伏線が集まっていって、全巻を絡めていく形はすばらしい。
 「介入」の部分とか、上手いなー、なんて思ったり。明かされた宮野の設定とかも。
<<涼宮ハルヒの消失 (4)>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
 「学校〜」に比べるとつまらないなんて思ったりしていたハルヒシリーズは、ここで傑作が出てきた。
 これこそが谷川流の真の姿だ、なんて思ってみたり。SF設定や伏線の処理なんかが上手いと思った。
<<平井骸惚此中ニ有リ 其参>>(著:田代裕彦/絵:夢月ムンク/レ:富士見ミステリー文庫)
 いや、これは文体が好きだったり。講談調の文体は其壱からツボにはまった。
 其壱、其弐、其参ときて、だんだん上手くなっているように見えた。
 本格ミステリとしてもなかなかだったし、ペンネームとかのエピソードが良かった。

28 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 13:29:14 ID:LO0XFYQc
○<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
「よくわかる現代魔法」は読んだことはなかったのだが、評判がいいようなのでこれを読んでみた。
戦争の悲惨さとやりきれなさ、そしてどんどん主人公が成長していくことによる爽快感。そしてラストが…。
この作者の他の作品も読んでみようと思わせるパワーを持った作品だった。

<<推定少女>>(著:桜庭一樹/絵:高野音彦/レ:ファミ通文庫)
かぎりなく惜しい作品。後半、主人公が襲われるあたりからグダグダになっていなかったら間違いなくイチオシだった。
思春期独特の行き場のない思いが苦しいほど描かれている。
「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」も面白かったし、作者にはぜひまたこの方向性の話を書いて欲しい。

<<眠り姫>>(著:貴子潤一郎/絵:ともぞ/レ:富士見ファンタジア文庫)
バトロワで読んでから楽しみにしていた短編集。
どの短編も面白いが、特に「さよならアーカイブ」の少しもの哀しい雰囲気が好き。
書き下ろしとして一風変わった探偵ものを書いてきたのには驚いた。
それにしても、1作目からだいぶ間が空いたのに短編集って…。次の作品が出るのかかなり心配。

<<ネペンテス>>(著:清水マリコ/絵:toi8/レ:MF文庫J)
現実からあぶれた人たちが、不思議な世界に飲み込まれていく。
その童話と現実が交錯したような世界観がすばらしい。
嘘妹シリーズもそうだけどこの人の作品は不思議な魅力を持っていると思う。
toi8さんの絵もそれにマッチして雰囲気を盛り上げていて良い。

<<春季限定いちごタルト事件>>(著:米澤穂信/絵:片山若子/レ:創元推理文庫)
これをライトノベルに含めていいのか疑問だけど、とにかく面白かったので一票を。
以前のシリーズとはまた違った、日常に潜む謎が描かれる。
それも面白いのだけど、とにかく小市民を目指すという主人公たちが魅力的。
主人公の過去に何があったのかがすごく気になる。ぜひシリーズ化して欲しい作品。

次点
「BLACK BLOOD BROTHERS 2」:上巻でなければ大賞に入れていた。
「刹那〜そのとき彼女が願ったこと〜」:前の外伝と少しかぶっているけど、それでも切なさは強烈。

29 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 15:27:53 ID:0lJuO0B4
大賞・イチオシ賞
○<<気象精霊ぷらくてぃか 3 魔界の卑怯温泉>>(著:清水文化/絵:七瀬葵/レ:富士見ファンタジア文庫)
主役二人の距離がいい。挿絵もあってる。学園祭の話は特に。書下ろしが(*´Д`)ハァハァです。
熱血があるわけでも泣ける展開があるわけでもない。ぐっと話に引き込まれるか
といえばそうと言い切れない。でも、書き下ろしも含めて各話が気楽に安心して読めて、
ちょっと笑える。読んで安心できるような小説なので一票。

<<刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of Broken Blood>>(著:山下卓/絵:HACCAN/レ:ファミ通文庫)
すみません。本編は読んでません。百合スレ住人なもので…。
百合的にいって茨の城とタメはる。長さ的にこちらは白い部分を切り出した感はある。
また、本編読んでないせいだろうが、展開にちょっとついていけなくて、醒めてしまった
部分もある。しかしそれでも悲劇性をうまく使っていると思う。百合になってるけれど、
描かれていたキャラの心情は百合カポーだけにあてはまるものではない。刹那とあるとおりに、
綺麗な一瞬を切り取ったかのような話。描かれた綺麗さ、切なさと百合に。

<<スカーレット・クロス 隠されし月の誓約>>(著:瑞山いつき/絵:橘水樹・櫻林子/レ:角川ビーンズ文庫)
こういうのけっこう好きだからー!と叫びたくなるような展開。一巻はまあまあだったのが
ちょっとずつおもしろくなっていって、この巻は結実したかのよう。作者お気に入りの
キャラが敵役メインとなってるだけあっておもしろい。コレ以前の巻は(これでも)バトルの
部分が正直いまいちなのだが、この巻はそれを十分補うほどにキャラの心情描写がよい。
戦闘の描き方とそこでの心情の書き方、人物の関係の描き方がよい。というか好み。特に敵役。
作者が男キャラに変な萌え趣味つけてるのと絵が微妙ですが。

30 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 15:28:15 ID:0lJuO0B4
<<僕らA.I.>>(著:川上亮/絵:BUNBUN/レ:富士見ミステリー文庫)
あとがきも含めてこれに入れる。後半部の葛藤やキャラの選択がご都合なハッピーに流れずに、
後味悪く、でも完全に悲劇と言えるわけではない微妙な結末。キャラの行動が正しいのか、
妥当なのか、それでいいのか、思い出すたびに考える。そしてあとがきの最後の言葉。
それを見返すとさらに気分がフクザツになる。

<<青く澄んでいく、この恋も未来も 1stソーサレス>>(著:高瀬ユウヤ/絵:放電映像/レ:富士見ファンタジア文庫)
荒天の作者の新作(シリーズ?)はいったいどんな地雷だろうと、作者には大変に失礼な方向で
期待して(つうかまあ期待しないで)買ったら激ツボにはまってしまった話。バトルを入れて、
そのアクションで誤魔化してるんじゃないかと思ってしまったりもしたのだが、作中での
時間の使い方と脇役が特に気に入った。ストーリーの大きな流れ、そしてその中での脇役たちの
キャラの立たせ方と絡ませ方、作中での時間経過の使い方がよく、おもしろい。加えて、
「我が親友の愛と同じように、俺の誓いもまた永遠。たとえ半世紀が経とうと、それが色褪せることはない」
このセリフとそのキャラに惚れた。そういうキャラがそういう場面でいうそういうセリフ、たまにはまります。

落ち着いたものや終わりが綺麗なものに惹かれる傾向あるかなーと思ったり。
イチオシは正直どれでも良かった。
次点は、眠り姫、砂糖菓子、フルメタ、BBB2、エンハウ9、ホーンテッド2あたり。
眠り姫は誰か入れるだろうから。砂糖菓子はA.I.いれたかったから外し。フルメタはDMで読んで
文庫買ってないので。BBBはたぶん三巻にはほぼ確実に入れる。ためまくりですよ2巻…。
エンハウ9は出たのが7月というのが響いたかも。ちょっと印象薄れた。ホーンは笑えたけれど、
次点を越えない。

31 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 15:28:37 ID:0lJuO0B4
キャラ賞

【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
熱い熱い。あの熱さを見せられては。

【林水敦信】(フルメタル・パニック!)
元生徒会長のこの男にしびれた。

【立花恭二】(青く澄んでゆく、この恋も未来も)
こういうキャラ大好き。行動言動あのセリフと作中での役割がつぼ。

【一ノ瀬可夜子】(ホーンテッド!2)
典型的委員長キャラ。でも自分に正直になることにします。

32 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 15:54:44 ID:jghp2GwV
●大賞・イチオシ賞
○<<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンチック?>> 著:新井輝 画:さっち 富士見ミステリー文庫
最新刊の#4ではなく#3が個人的な一押しです。特に最後の部分は非常に面白かったです。
あまり知ってる人はいないようですがぜひ多くの人に読んでほしい作品です。

●キャラクター賞
【絹川蛍子】(ROOM No.1301)
大賞・イチオシ賞にあげたROOM No.1301からのキャラクターです。
非常に人間らしい感情を感じました。

あえて一票ずつしかいれませんでしたがゼロの使い魔や悪魔のミカタを入れてもよかったかも
しれません。ただ悪魔のミカタは無理があったように感じたので入れませんでした。
今後に期待しています。

33 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 16:26:21 ID:rjBxaIDM
●大賞・イチオシ賞
○<<されど罪人は竜と踊る V そして、 楽園はあまりに永く>>(著:浅井ラボ/絵:宮城/レ:角川スニーカー文庫)
鬱鬱鬱グロ鬱鬱。ある意味ライトノベルの範疇を超えている。
だけどやはり、印象的にはピカイチ。

 <<Missing 11 座敷童の物語・完結編>>(著:甲田学人/絵:翠川しん/レ:電撃文庫)
クライマックス間近か。駄犬を返上しつつある俊也がイイ。
沖本…。・゚・(ノД`)・゚・。

 <<キーリ VI はじまりの白日の庭(下)>>(著:壁井ユカコ/絵:田上俊介/レ:電撃文庫)
ヨアヒム株上昇。
あと最後、惜しいところまでいったんだけどなあ。

 <<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
相変わらず葡萄酒は良いキャラしてる。
しかしそろそろキャラの名前が分からなくなってきましたよ、と。

 <<少年陰陽師 冥夜の帳を切り開け>>(著:結城光流/絵:あさぎ桜/レ:角川ビーンズ文庫)
毎度毎度同じ展開だと分かりつつも、つい泣いてしまう…
今回は彰子の強さに心を打たれた。

34 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 18:54:06 ID:uKW7e65i
集計人様乙です。

●大賞・イチオシ賞
○<<されど罪人は竜と踊る V そして、 楽園はあまりに永く>>(著:浅井ラボ/絵:宮城/レ:角川スニーカー文庫)
  傑作とか良作とかだなんてどうでもいい、ただただ圧倒された。
  奇跡なんて起きないって屈服させられた。
  本気で凹んだ。自分の人生なんかじゃない、文庫本1冊に。
  それでも読後にイチオシ賞に入れるって決めた。7月なのに。

 <<ルナティック・ムーン IV>>(著:藤原祐/絵:椋本夏夜/レ:電撃文庫)
  この下半期でもっとも化けた作者として藤原祐の名を上げないわけには。
  やりたいことに地力が追いついたのか、ここからが本題なのか知らないが、燃える。
  ただ鬱な1巻部分は丸ごと2巻以降の回想シーンにぶち込むのが普通の手法だと思うが、
  それをしなかった事で厚みが出たと今は思う。後はアレです。章タイトルのセンスが良い。

 <<ホーンテッド! 2 コトコトクライシス>>(著:平坂読/絵:片瀬優/レ:MF文庫J)
  掴みは上等だった。そしてそのまま突っ走った。というか突き抜けた、って怪作。
  『二つ名』や『叙述トリック主人公』と言ったライトノベルにおける伝奇や新本格ミステリの“今”を、
  確信犯的に悪意を持って利用してるように見えて、今後がとても楽しみ。

 <<天槍の下のバシレイス (1) まれびとの棺 <上>>>(著:伊都工平/絵:瑚澄遊智/レ:電撃文庫)
  地味地味と言われつつしっかりと燃える作品が多いのが電撃の中堅の一部。
  特に渡瀬・三上・伊都はイラストとの相性も練られていてるのが高評価。
  で、そんなかでも一番地味な伊都に今回は一票。アラもなく、安心して読める。
  でもなんできっちり〆た下巻ではないかと言うと、書き下ろしの『清子大迷惑』がツボだから。

 <<空の中>>(著:有川浩/レ:メディアワークス)
  『描きかけのラブレター』と最後まで迷ったがこっちで。
  SFだ文芸だのジャンル論はどうでもいい。ツンデレだ、ツンデレを読むんだ。
  もちろんそれだけじゃないんだけどね。格好いいオトナをきっちり書けてるのがいい。
  アニメじゃなくて実写で映画化されて欲しいと思う。邦画で。

35 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 18:54:50 ID:uKW7e65i
大賞次点、BBB&フルメタは文章力の地力が違うところを見せ付けたが以下続刊なので。
他にはヤマグチノボル各作品・お稲荷様2・ムシウタ4・ROOM1301#4・眠り姫・トロメラ等。
下半期で70冊以上は読んだはずだが特に読み返しが多かったものを(され竜は除く)
電撃の新人攻勢はそろそろもういいだろとか思うが、
逆説的に電撃の中堅どころがいかにレベル層が高く厚いかわかるのはいい……のか?

●キャラクター賞
【シオン・エシュ】(ルナティック・ムーン)
 鬱過去持ちバトルヒロイン最強伝説(しかも初恋以前キャラ)だっ!
 つーかシオンかわいいよシオン。内気で対象依存度高いトコとか。

【逆本麻紀】(ホーンテッド! 2)
   _  ∩
 ( ゚∀゚)彡 はっちみつ! はっちみつ!
  ⊂彡
 俺的にオールタイム名台詞だね、あの自己紹介からのハチミツ授業は。

【春名高巳&武田光稀】(空の中)
 やっぱりツンデレにはそれに似合った相手がいなきゃと言うことでペアで。
 実は宮じいも良いんだよなぁ。でもやっぱりツンデレで。

【原田雪見】(天槍の下のバシレイス)
 出来れば全キャラバシレイスで固めたい気もしたが代表で。
 若い女体ハァハアな貴女に万歳。そしてロボ雪見復活希望。MK2になって。

【ボー・ボー】(Alice)
略称ボーボー、って意味ないやんw
ハイセンスにしてナンセンス。なおかつ日本かぶれのグリズリー。そして無敵。

36 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 19:12:18 ID:liU2z6CK
●大賞・イチオシ賞
○<<Alice>>(著:川崎康宏/絵:エナミカツミ/電撃文庫)
 イイ!クマがイイ!口絵がイイ!へそ!腹!月の輪!
 細かいギャグが波状攻撃かけてきます。
 キャラクタもクマ、露出、猫、壊れた人(おもしろすぎ)と盛りだくさんです。
 ゲラゲラ笑ってスカっと終わる。楽しかったなあ。

 <<三月、七日。〜その後のハナシ〜>>(著:森橋ビンゴ/絵:世良シンヤ/ファミ通文庫)
 三月と七日を中心に凹んだりどきどきしたりほっとしたり、ビンゴ節を堪能させていただきました。
 七日のかわいさ(方言含む)、三月の内にこもる変態(褒めてます)っぷり、真希の苛立ち、
 新キャラ赤坂くんのとらえどころのなさ、どれもが愛しくてたまらない。

 <<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/スーパーダッシュ文庫)
 死ぬことも逃げることも不可な中で、何度となく繰り返される戦いの中で、ケイジがとった行動と思い。
 ひたすら経験値をあげたあとの先達たちとの人間関係。戦場の牝犬と呼ばれる人とのやりとり。
 最後はただ、苦く、切なく……。余韻も最高。

 <<象られた力 >>(著:飛浩隆/ハヤカワ文庫JA )
 ていうかこれラノベでいいのか?
 この五感をゆさぶる描写にはやられっぱなしです。
 なにより、自分の空想力のなさが悔しい。もどかしい。
 すぐそこに素晴らしい世界が両手をひろげて待ってくれているのに、届かなくて遠くに霞んでるのを見てる気分。

 <<西城秀樹のおかげです>>(著:森奈津子/ハヤカワ文庫JA)
 登場人物はだいたいにおいて「ヲホホ」な美女(自称含む)か、「お姉さま、お許しになって」な美少女(自称含む)。
 指、言葉、衣装(、お相手w)にこだわったエロスをのせて、宇宙人やらセクサロイドやら地球滅亡の日々が続く。
 べたつく部分と硬質な部分のミスマッチが最高におかしい。

37 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 19:12:43 ID:liU2z6CK
●キャラクター賞
【ウルク・ティグレー】(空ノ鐘の響く惑星で)
この先いったいどうなるのか…!幼馴染サイコウ
【ボー・ボー】(Alice)
クマに始まりクマに終わる。彼がいたからこそ、アリスちゃんもいられるわけで。
【巣籠カナ】(推定少女)
「あたしは無力だけど、だからってすんなり従ってやるもんか」な気概が感じられて好きだ。
【渋谷三月】(三月、七日。〜その後のハナシ〜)
かわいいです。なにもかもまるごと抱きしめてあげたい。
【アンブローシア】(銃姫2)
語られるセリフに命がこもっていて、切なくてヤバいです。

38 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 19:28:52 ID:cQlKo8eS

 <<眠り姫>>(著:貴子潤一郎/絵:ともぞ/レ:富士見ファンタジア文庫)
 短編集。上手い。筆力からしてモノが違う。こういう人が売れなく
 また話題にすらならない現状にファック。
 
 <<デビル17 4 要塞学園(下)>>(著:豪屋大介/絵:藤渡/レ:富士見ファンタジア文庫)
 シリーズで一番面白かった。緊張感とスピード感が半端じゃない。
 これからも十分に期待できる。釣り餌も満杯。色々な意味で楽しめる作品。

 <<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
 今更そのネタで、とまったく期待していなかったらなかなか面白かった。
 表紙が地味で探しづらいのが難点。

 <<星界の戦旗IV>>(著:森岡浩之/絵:赤井孝美/レ:ハヤカワ文庫JA)
 性悪女のように待たされたシリーズ最新刊。なんと続き物。厚い本でもないのに
 色々とブチ込んであって続刊に期待が高まる。

 <<涼宮ハルヒの消失>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
 これまたシリーズで一番面白かった。一旦ここで終わってもいいんじゃないかとすら思った。
 こういうのをサラリと書けるのはすごいことだと思う。作者の体調が心配される。

次点はデビル17 3 要塞学園(上) 豪屋大介 藤渡 富士見ファンタジア文庫
あとベタの極地だがイコノクラスト! 1 榊一郎 OKAMA MF文庫J

39 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 19:52:29 ID:gUdFAUGs
●大賞・イチオシ賞
○<<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンチック?>> 著:新井輝 画:さっち 富士見ミステリー文庫
エロいという事で買ってみたが、けっこう心理描写とかも良く出来ているように思う。
いい意味で俺の期待を裏切ってくれた。最高!!
<<空の中>>(著:有川浩/レ:メディアワークス)
塩の街からこの人の作品を待ちわびていた。
次回作にも期待大。

40 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 19:58:01 ID:8E0Jq67I
○<<空の中>>(著:有川浩/絵:/レ:メディアワークス)
 珍しく悩まなかった、大賞らしい大賞。
 ハードカバーという存在意義からも、今回はこれを推しておく。
 他所での評判なんかどーでもいい。「これもライトノベル」だ。

<<灼眼のシャナ VII>> 高橋弥七郎/いとうのいぢ 電撃文庫
 たぶん世間が見ている、ライトノベルらしいライトノベル代表。
 読んで痛快な、カタルシスとエンターテイメントの権化。
 萌えの皮を被った狼は健在だ。つか、燃え萌えで何が悪い!

<<復活の地V>>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
 お堅いボーダーレス代表。あ(ryの典型例かもしれない。
 派手さよりも、大人の仕事をじっくりきっちりと描き出す。
 やはり小川は職人を書かせると最高に上手い。

<<眠り姫>>(著:貴子潤一郎/絵:ともぞ/レ:富士見ファンタジア文庫)
 短編集代表。ライトノベルではまずない、普通の短編集。
 編集部は果たしてどこまで、この本の大事さが分かっているやら。
 これからも良作をジワジワ書いて頑張って欲しい。

<<Alice>>(著:川崎康宏 絵:エナミカツミ レ:電撃文庫)
 イロモノ代表。今すぐHとJのキーを見るクマ。
 説明責任完全放棄ってのは思い切りよすぎ。
 折角だから俺は今回コイツに投票するぜ!


 今回はすごい量の良作があって、どれを選んでもよかったんだけど
 あえてライトノベルの中での各分野代表みたいな気分で選んでみた。
 次点は砂糖菓子(欝代表)、いちごタルト(新人賞)、フルメタ(王道代表)
 三月、七日(日常代表)、エンハウ(完結記念)・・・あああ、書ききれねー!
 あとキャラ賞はまた今度。

41 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 20:02:29 ID:gUdFAUGs
【有馬冴子】(ROOM No.1301)
ミステリアスだけどやさしく、
それでいて何かすごく切なそうで気になって仕方が無い。

42 :41:05/01/16 20:05:51 ID:gUdFAUGs
すみません。>41はキャラクター賞への投票です。
集計人様乙。

43 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 21:45:13 ID:MaDa3r/m
センターから帰って最初にやることが投票だぜ!

●大賞・イチオシ賞
○<<仮面ライダーファイズ正伝 異形の花々>>(著:井上敏樹/絵:篠原保/レ:講談社)
 これに入れて、しかもイチオシに推すのは、多分俺一人だろう。
 しかし、これは、凄い。
 ヒーローもののノベライズにあるまじき、ドロドロの暗さ、それでいて確かに感じる熱さ。
 キャラの全てに注がれる熱い愛。
 スーパー脚本家・敏樹様によって、凄まじい筆致で書かれる、「本物の仮面ライダー555」がここにある。

 <<刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of Broken Blood>>(著:山下卓/絵:HACCAN/レ:ファミ通文庫)
 天使の幻影がいまいちだっただけに、山下卓ここにありを強く印象付けた作品。
 女の子のほのかな恋愛感情と、迫り来る破滅を、これでもかと丁寧に書きやがる。
 今期の感動No.1。
 
 <<Alice>>(著:川崎康宏/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
 ク・マ・! ク・マ!
 これは実に素敵な馬鹿小説ですね。
 何もかもぶん投げた素敵なスラップスティック。
 何も考えずに笑うべし。
 
 <<灼眼のシャナVIII>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
 相変わらず、萌えの皮をかぶった燃え小説。
 信者なのでどうこうは言わんが、他愛ない日常の影の恐怖を書かせたら、右に出る者はいないと思う。
 これからラストに向けて、ガッツンガッツン盛り上がっていくことでしょう。楽しみ。
 
 <<我が家のお稲荷様。(2)>>(著:柴村仁/絵:放電映像/レ:電撃文庫)
 特にどうということはない話なんだけど、読んでて何故かほっとする、癒し系小説。
 大きな事件は起こらなくても、キャラがじゃれ合ってる様子を見るだけで楽しい。
 まったり、まったり。

44 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 21:48:06 ID:MaDa3r/m
●キャラクター賞
【草加雅人】(仮面ライダーファイズ正伝 異形の花々)
これも、ラ板大賞で入れる人じゃないんだがあ、本当はw
でも、入れないわけにはいかない。TV版以上に真っ黒で悲惨な雅人万歳。

【ボーボー】(Alice)
クマー。
理屈も何もかも超越した無敵の獣。
かっこいいですよ。

【オドー&ロジャー】(AHEADシリーズ 終わりのクロニクル)
前期の名コンビがA/Bだったなら、今期の名コンビはぶっちぎりでこの二人だ!
下は1月なので上巻だけの評価になるが、
渋親父系天然ボケのオドーと、誘い突っ込みのロジャーの掛け合いには脱帽。
書類上夫婦に投票も捨てがたいが、あえてこっちのコンビで。

【ドレル・クーベリック】(灼眼のシャナ)
高橋弥七郎の本分は萌えキャラじゃない、熱い男だ!
もうね、凄いちょい役なのに、作者がこのキャラを愛しまくってるムードぷんぷん。
シャナ通巻でも屈指の名シーンを疲労してくれた爺ちゃんに乾杯。

【大五郎】(我が家のお稲荷様)
キツネー。
もうね、擬人化も何にもない、ただの狐に転がりまくりですよ。
可愛いにもほどがあるっちゅうねん。ギアー。

こんなところかな。
今回は、決定的なのはないが、愛すべき佳作がざっくざっくという印象。

45 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 21:52:36 ID:59NbU30x
●大賞・イチオシ賞
○<<フルメタル・パニック! (15) つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
 正直短編はかなり飽きが入っていたものの、矢張り吹くだけアルなぁと。今後にも期待。

 <<銃姫 3 〜two and is one〜>>(著:高殿円/絵:エナミカツミ/レ:MF文庫J)
 口当たりの軽さの合間に、子供の残酷な一途さの集成を見るような。
 あとこの人のあとがきも何気に面白くて好きだ。短いけど。

 <<伯爵と妖精 あまい罠には気をつけて>>(著:谷瑞恵/絵:高星麻子/レ:集英社コバルト文庫)
 タイトルがどうにもこっぱずかしく迷ったが2作目も面白かったので推す。
 妖精博士なヒロインとヒトデナシ口説き魔ヒーローってのも(自分にとっては)目新しく良。
 鬱設定も含みつつライトに抑えてあって続きが楽しみなシリーズのひとつに確定。

 <<楽園の魔女たち 楽園の食卓(後編)>>(著:樹川さとみ/絵:むっちりむうにい/レ:集英社コバルト文庫)
 これも正直最後の方はあたふた感だし、伏線消化は想像に任せすぎな所があって
 ちと物足りなくも思ったけども。長く楽しませて貰ったのも確かなので完結記念に。

 <<護くんに女神の祝福を!5>>(著:岩田洋季/絵:佐藤利幸/レ:電撃文庫)
 ラブ米スキーとして、サービス小ネタ満載のこの巻、入れずにおられようか。
 しかし2月15日10:00〜10:05 AM の空白が気になるので次辺りフォローを是非。

次点…イチオシ含め、今回かなり迷った。僅差で「Hyper Hybrid Organization」「BLACK BLOOD BROTHERS」
  「空ノ鐘の響く惑星で」「流血女神伝」「ALL YOU NEED IS KILL」ほか。
  文庫版完結した「陋巷に在り」もほんとは挙げたかった…

46 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 21:53:22 ID:59NbU30x
●キャラクター賞
【ファリス・トリエ&フレイ・アルフォイ】(楽園の魔女たち)
 長身最強(?)コンビな割に微笑ましく焦れったさ満点のカップルに。
【ウルク・ティグレー】(空ノ鐘の響く惑星で)
 彼女目当てに買ってると言っても過言でないくらいなのに…orz
【常盤恭子】(フルメタル・パニック!)
 ハムスターの伝言にやられた
【エディアルド】(流血女神伝)
 すっかり影薄れてたのがここへ来てどうしたことかと。
 肩入れしてるのはミュカなんだが、まぁ共に頑張って欲しくはアリ。

47 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 22:12:04 ID:gpnODWTO
 ●大賞・イチオシ賞
  <<半分の月ののぼる空3 wishing upon the half-moon>>(著:橋本紡/絵:山本ケイジ/レ:電撃文庫)
   『命をかけてきみのものになる』に泣き。そして恐ろしい引き。
   これからどうなってしまうのかにとても注目。

 ○<<灼眼のシャナZ>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
   まさに痛快娯楽アクション小説。今回も思いっきり壊しちゃってます。
   息をつかせぬ燃え萌え燃えの展開に時間を忘れ、引き込まれてしまった。

  <<神様家族5 恋愛体操>>(著:桑島由一/絵:ヤスダスズヒト/レ:MF文庫)
   二人の距離がちょっとだけ縮まりいい感じ。 続刊プリーズ。
  
  <<空ノ鐘の響く惑星で(5)>>(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
   うわぁぁぁー。ウルクがぁー ・゚・(ノД`)・゚・そして最後のタートムからの侵略で
   どんどん話が広がってきてとても完結が気になる一作。
   
  <<9S(ナインエス)W>>(著:葉山 透/絵:山本ヤマト/レ:電撃文庫)
   これそライトノベルと言える一作。今作は色々な思惑が絡み合い、最後にひとつに収束。
   そして最後の敵?勇次郎を感じることができ、世界観が広がった感じ。


48 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 22:12:32 ID:gpnODWTO
●キャラクター賞
【ボーボー】(Alice)
日本かぶれのサムライの心を持ったグリズリー。最高。
 
 【教授&ドミノ】(灼眼のシャナ)
 まさにベストカップル?これからの活躍に大期待。

 【秋庭里香】(半分の月ののぼる空)
 最強のツンデレからの大変身。だがそれがいい。
 
 【伊達真治】(9S)
 動機は清廉潔白だが、手段はいとわない。この人の真価を再確認。

49 :イラストに騙された名無しさん:05/01/16 23:26:51 ID:/g+WnFIP
<<三月、七日。〜その後のハナシ〜>>(著:森橋ビンゴ/絵:世良シンヤ/レ:ファミ通文庫)
堪能した。
前巻からの繋げ方と言い、展開と言い、綺麗な風呂敷の畳み方と言い……文句無し。

<<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (4)〈上〉>>(著:川上稔 絵:さとやす(TENKY) レ:電撃文庫)
相変わらずの面白さ。
というか、これを「一冊でやれると思った」とかのたまうとは……もうどこまでもついて行きます。

50 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 00:10:52 ID:aldwW4lV
●大賞・イチオシ賞

○<<フルメタル・パニック! (15) つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
   惰性で買ってる、って言ってごめんなさい。orz
   読み終わって思わず「さすが賀東!!」と言ってしまった。今期一番良かった作品でした。

 <<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (3)〈下>>(著:川上稔/絵:さとやす(TENKY)/レ:電撃文庫)
   4上とどちらにするか迷ったが完結偏のこっちにしました。
   上中と少し中だるみが見られたが、締めるところはキッチリ締める所はさすが。
   というか3rd-Gの自動人形最高ですよ! いまロボ人格を書かせたら川上が一番ではないだろうか?

  <<9S〈ナインエス〉IV>>(著:葉山透/絵:山本ヤマト/レ:電撃文庫)
   前後編の後編。上半期に投票した時の期待通りでした。
   特にラストの朝日の中の二人は最高でした。

  <<灼眼のシャナ VII>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
   各フレイムヘイズや教授など濃いキャラが大暴れする中、悠二が参謀役としてちゃんと活躍しているのが良かった。
   あとシ也は……いいか。

  <<とある魔術の禁書目録〈インデックス〉(3) >>(著:鎌池和馬/絵:灰村キヨタカ/レ:電撃文庫)
   “一方通行”の能力など矛盾点は多々あれど見るべき点はそこじゃないと言い切られた感じの作品。
   やっぱ女の子のピンチに駆けつける主人公って展開は燃えるものがあります。

 次点はROOMと空鐘と眠り姫。どれも捨てがたい良い作品でした。

51 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 00:12:50 ID:aldwW4lV
●キャラクター賞

【葛城ミミコ】(BLACK BLOOD BROTHERS)
 最初はジロー達に振り回されるだけのギャグ要員かと思ってたが、
 実際読んでみると自分の仕事に誇りを持つ気合の入ったかっこいいキャラでした。

【アポルオン&月読・京】(AHEADシリーズ 終わりのクロニクル)
 王様と姫様カップル。二人のベッドシーンは笑わせつつしんみりさせる都市シリーズを思い出させる名シーンでした。

【御坂妹】(とある魔術の禁書目録〈インデックス〉)
 無表情系妹キャラ。姉のツンデレっぷりも大好きですが、
 個人的な趣味のストライクゾーンは妹の方がど真ん中ですよ、はい。

【"探耽求究"ダンタリオン】(灼眼のシャナ)
 メカ関係の馬鹿一が具現化したような人。ドリル好きに悪いやつはいない!


52 :27:05/01/17 00:25:17 ID:pZNdvQyb
キャラクターは悩みに悩みに悩みぬいてやっと決めた。
●キャラクター賞
【宮じい】(空の中)
 いやー、宮じい最高。あんたは最高。本当に最高。
【長門有希】(涼宮ハルヒ)
 消失読んで、もう、最高。こう、変化していくんだよ。うん。
【小佐内ゆき】(春期限定いちごタルト事件)
 それにしても、小佐内さんが一番かも。もう、ね、これ以上ない、ような。
 詳しく言えない。読まなきゃ彼女のよさは100%分からないから。

悩みに悩みに悩んだ挙句、三票だけにした。これでいいやー。

53 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 01:00:40 ID:6XNprcsb
●大賞・イチオシ賞
○<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見ミステリー文庫)
インパクトは今期一番。
青春暗黒ミステリーというキャッチフレーズがすべてを言い表している。
ああもうなんで皆こんなに生きることに対して不器用なんだろう。

<<眠り姫>>(著:貴子潤一郎/絵:ともぞ/レ:富士見ファンタジア文庫)
著者の多彩な芸風が楽しめる短篇集。
なにより『さよならアーカイブ』の甘酸っぱさがたまらない。
『探偵真木』の掛け合いも面白い。

<<食卓にビールを>>(著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士見ミステリー文庫)
「やあ、集計人さん。かくかくしかじかの理由で、『食卓にビールを』に一票ということにしてくださりませんかね」
「かくかくしかじかってなあに?」
SFネタを実にとぼけた切り口で料理してる短篇の数々。
肩の力を抜いて楽しめるのに様々なネタが仕込んであって楽しい。

<<9S〈ナインエス〉 IV>>(著:葉山透/絵:山本ヤマト/レ:電撃文庫)
一気に読める良質のエンタテイメント小説。
キャラの絡みは面白いし、終盤の怒涛の展開には圧倒される。
上巻にあたる三巻も含めて厚いのに無駄な部分がない。

<<echo ―夜、踊る羊たち―>>(著:枯野瑛/絵:謎古ゆき/レ:ファミ通文庫)
物語の焦点がぼやけ気味という欠点はあるけど
キャラクターの絡みとか雰囲気とかがことごとく自分のツボ。
盛り上がりには乏しいがしんみりした終わり方も良。

54 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 01:01:42 ID:6XNprcsb
●キャラクター賞
【須賀桐子】(echo ―夜、踊る羊たち―)
個性あふれる告白シーン萌え。
男言葉のくせに子犬属性で眼鏡って素晴らしい。
自分の可愛さを自覚してないあたりも。
キャラ単体では個人的に今期最高。

【葛城ミミコ】(BLACK BLOOD BROTHERS)
二巻の彼女に惚れた。
確かに彼女は無力かもしれないが無力なりにプライドを持ってて一生懸命なのがいい。

【担任教師】(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない)
こういう話だと大人はただの無理解な存在で終わってしまいがちだが、
最後に彼は彼なりの戦いをしてきたんだなあというのがわかってグッときた。
大人はスーパーマンじゃないんだよなあ。

【シーナ】(ROOM No.1301)
ちょっと関係が固定してきつつあった13階のメンバーの引っ掻き回し役としてなかなか。
言動も勢いがあって好きだぜ、本当。

【ヒロイン】(食卓にビールを)
どんな状況でも飄々としている彼女。
旦那とのとぼけた会話も味がある。

55 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 01:07:38 ID:mj0Gw6bZ
●大賞・イチオシ賞
○<エンジェル・ハウリング 9 握る小指―from the aspect of MIZU>(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見F文庫)
フリウ編が巻を重ねるにつれ微妙になっていったのに比べ、こちらはきっちり盛り上がりを見せてくれた。
遅い展開、読みにくい文章と人を遠ざけやすい作品ではあるけれど、重要なのは主人公ミズーの変化であり、
意外と王道。完結した今だからこそ読み始めてみることをオススメします。

<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見F文庫)
ここまで来てなおダレないとは。作者の自信満々な態度が時に鼻につくこともあるけど、面白いんだから
悔しい。待った甲斐がありました。

<<食卓にビールを>>(著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士見M文庫)
日常と非日常が融合しているのではなく、日常の中に非日常が包まれている感じ。
奥さんと旦那さんのなにげない会話も微笑ましいです。

<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop & A Bullet>>(著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見M文庫)
決して大勢の人にオススメできないという点ではイベントの趣旨に反するかもしれないけど、
凄いものを見せてくれたということを評価して。「赤×ピンク」の時も感じたけど、作者の頭が
理解不能。理解不能なものを摂取することはとても面白い。

<<BASTARD!!(バスタード) 黒い虹 II>>(著:ベニー松山/絵:萩原一至/レ:スーパーダッシュ文庫)
展開が膠着しているところもありますが、相変わらずの重厚さ。
獣王バッハの食事シーンは圧巻。食事がうまそうに見える作品につまらない作品はありません。


56 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 01:39:51 ID:S8QleyeK
●大賞・イチオシ賞
<<復活の地 III>>
(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
ラノベからしばらく離れれた漏れをまた引き戻した作品です
ラストをいい形にしないと納まりきらない展開の中で見事に締めてくれました
あと作者が隣町に住んでるということで応援の意味も込めてw

<<銃姫 3 〜two and is one〜>>
(著:高殿円/絵:エナミカツミ/レ:MF文庫J)
王道中の王道って作品ですけど、登場人物それぞれの裏に秘めてる想いが
今後の展開にどう繋がるか?それとアンとセドッリックの今後に期待
年甲斐もなく続編楽しみにしてますw

<<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>
(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)
ツンデレという言葉と自分がその属性だというのがこれを読んで知りましたw
単純明快で実に面白かったです、まさにライトノベルって感じでした

<<空ノ鐘の響く惑星で 5>>
(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
渡瀬スレではいつ打ち切りがくるか疑心暗鬼になってますがw
読んで損のない作品です、是非皆さん買ってください!読者も必死です!
お願いだからちゃんと完結させてメディアワークスさん!

<<半分の月がのぼる空 3 wishing upon the half-moon>>
(著:橋本紡/絵:山本ケイジ/レ:電撃文庫)
ラノベのテーマしにくい題材でも、ここまで面白く出来る技術はすごい
手術の前後でどうしても巻数が限られてくる中で
どうやってラスト締めくくるか著者の手腕に期待したいと思います
いちご同盟みたいなラストは勘弁!?

57 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 02:31:47 ID:+jWWm8ii
●大賞・イチオシ賞
○<<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (4)〈上>>(著:川上稔/絵:さとやす(TENKY)/レ:電撃文庫)
4下に入れたいが一月発売なので上巻に投票。だが下巻につながる様々な伏線やいつもにも増して濃密な
エロとギャグが秀逸。やはり電撃作品のなかで群を抜いて完成度高し。
 
 <<悪魔のミカタ13 It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)
 あの分厚さが全く気にならないくらい物語にのめり込んでしまった。It編が始まったときに感じた「これ最後
 きちんとまとめられんのか?」という心配も杞憂に終わって満足。二学期編も楽しみだ。
 
 <<バッカーノ1933 下>> 著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫
 前作の2001は失速ぎみだったが今回はそれを感じさせないハイテンションな展開。ぶっ飛んだキャラ達
 の熱い闘いこそ成田の真骨頂。読後の爽快感も素晴らしい。
 
 <<9S<ナインエス>W>>著:葉山透/絵:山本ヤマト/レ:電撃文庫
 「これぞライトノベル!」というキャッチコピーがよく似合う作品。先の展開は読めるのに予定調和を
 感じさせず、疾走感溢れる戦闘シーンも気持ちがいい。

 <<空ノ鐘の響く惑星で(5)>>(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
 三ヶ月に一冊という執筆速度に驚愕。だが中身は決して薄くない。ただの国同士の戦争に留まらず、異世界
 からの来訪者や主人公の周りの女性陣などの動向全てが気になる。来月の新刊が待ちきれない。

58 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 02:32:29 ID:+jWWm8ii
●キャラクター賞
【オドー】(終わりのクロニクル)
 ただ渋いだけのオヤジじゃない。「ロジャー、ロジャー!」は爆笑必至。
 
【峰島由宇】(9S)
 時折見せる世間知らずな由宇はヤヴァイ、ヤヴァすぎる。
 
【葡萄酒】(バッカーノ)
 人類最強。おいしい所は全てこいつが持っていく。憎めないキャラだよなぁ。


59 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 06:48:08 ID:LIhNabJT
なー、ハードカバーの文庫オチって対象になるの?
ドレとは言わないが。


60 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 06:53:38 ID:/OR6PSHz
そういえば今年はあ(ry的な内容についての言及がテンプレにないね。

61 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 07:12:20 ID:9Kd1pELk
こちらで。

イベント運営・雑談・感想スレ in ラ板 part3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1104233704/

62 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 09:43:54 ID:3E96XfkD
●大賞・イチオシ賞
○<<悪魔のミカタ13>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)
主人公が登場していないのにもかかわらず、圧倒的に群を抜いて面白かった、ザ・ワン編を綺麗に締めてくれた。
これからの悪魔のミカタがかなり気になるところ。

<<スカイワード3>>(著:マサト真希/絵:橘由宇/レ:電撃文庫)
3巻も青臭く青臭く良かった。最後のまぶしすぎるナナは本当に良かった。
良い作品の割りに知名度が低い気がするので、ぜひぜひ、お勧めする。

63 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 12:35:16 ID:Dy/JaY0S
●大賞・イチオシ賞
○<<スカイワード3>>(著:マサト真希/絵:橘由宇/レ:電撃文庫)
過酷な運命に必死に抗う登場人物の言動に涙、涙。
青春物として極めて良作ではないだろうか。売れてなさそうなので、応援の意味で大賞に一票。

<<ホーンテッド! 2 コトコトクライシス>>(著:平坂読/絵:片瀬優/レ:MF文庫J)
1巻も勢いがあって楽しめたが2巻もグッド。西尾臭さもそこが快感。
冒頭のアレには驚かされました。熱いセリフも多くて読ませる。

<<電波的な彼女>>(著:片山憲太郎/絵:山本ヤマト/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
イラストも相まってヒロインがいい味出している。
各キャラの持つ背景がきちんと描かれていて、その厚みと重みに胸を打たれた。

<<世界最大のこびと>>(著:羽田奈緒子/絵:戸部淑/レ:MF文庫J)
ほのぼのとシリアスの混じった物語がいい感じだと思う。
この味を生かしてこのまま行って欲しいな。妹がいい!

●キャラクター賞
【ナナ・カガト・奉可】(スカイワード3)
あのわがまま姫が成長したなあ…がんばれ。

新人特集という感じになったかな。ベテラン勢は他の人が入れるだろうし。

64 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 14:01:51 ID:JXxPH+OE
大賞
<<平井骸惚此中ニ有リ 其参>>(著:田代裕彦/絵:睦月ムンク/レ:富士見ミステリー文庫)
新人ながらいつの間にか俺の中で鉄板扱いになりました。
河上君が10%ほど、いつもより格好良く見えます。ミステリー文庫に相応しく相変わらずモテますし。
相変わらずの文体とテンポによる読みやすさは抜群。欲を言うと学校行って下さい。
というか学校の描写ないから帝大生らしくない。行ってもらしくないだろうけども。

<<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル(3)〈下〉>>(著:川上稔/絵:さとやす/レ:電撃文庫)
鉄板その2。やや冗長&マンネリ感が拭えない点もあるがやはりロボ戦は燃える。
月は太陽と共に輝く。そんなラストのイラストによる締めもイイ。

<<食卓にビールを>>(著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士見ミステリー文庫)
こーいうまったりというか気の抜けたというか気楽に読める作品は好きなんだが、
連載時は飛ばして読んでた……。実に惜しいことしてたなー。
日常にぶち込まれたSF分が、独特の雰囲気とマッチしている。
SFコメディというより、(2巻の)帯に書かれたヘンテコストーリーの方がしっくりきますw

<<復活の地 III>>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
前回の大賞をきっかけに読んだ。前回投票していた方には礼を言いたいほどの出来だった。
震災復興というテーマの作品はついぞ読んだ事の無いもので、復興にかける人々の生き様が格好いい。
いい年した大人の成長というもの燃えるものがあるね。特にシンルージ都令。昼間のパパは光ってるよ!
様々な人がしだいに繋がっていく展開は、地味、というか静かに燃えるというのがぴったり来るか。
 
<<約束の柱、落日の女王>>(著:いわなぎ一葉/絵:AKIRA/レ:富士見ファンタジア文庫)
切ないラブストーリーです。ミステリー文庫に出しても恥ずかしくないくらいLOVEです。
至らない部分もかなりあったが、その中でも筆力の関係上、戦争シーンはまあなくて正解かもしれない。
本題はそこではないし。読後感が良さは見事。これはこれで綺麗にまとまっている。
今後への期待をこめての一票。

65 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 14:02:20 ID:JXxPH+OE
キャラクター賞
【ボーボー】(Alice)
カナダグリズリー。でもクマー。サムライ。でもクマー。
何かそんな感じで。インパクトと格好よさは抜群。
本作のウン%はクマーで出来ているといっても過言ではない。

【望月ジロー】(BLACK BLOOD BROTHERS 2 -特区鳴動-)
実にあざののキャラらしい、大人げのなさと、そして信念の持ち主。
二巻ではあまり触れられてないが弱点と常に隣り合わせな危うさも含めて。

【ヴィクトリカ・ド・ブロワ】(GOSICK III ―ゴシック・青い薔薇の下で―)
今までで一番キたね。着物を貰って喜ぶところ所も風邪引いて寂しがるの所も
萌えなんて言葉は滅多に使わないが、今回はとにかく全てにおいて萌え。

【セイオ・ランカベリー】(復活の地 III)
ただ守るためにひた走る、また違った意味で熱いキャラ。
前巻ではちょっと道に迷うこともあったがそれもまた良し。
困難において成長するキャラを見るのは気持ちがいい。
シンルージと悩んだが、やはり格好よさではこちらが上か。
本来比較する所じゃないかもしれんが。

【上条当麻】(とある魔術の禁書目録〈インデックス〉(3))
普段はツッコミ所満載だとか色々思うところがあるが、
誰かのために立ち上がる、このシーンの熱さだけはガチ。
あと受動的な能力が故に最後が拳になるところも。
でも三巻限定かも。

他候補としてはアーカイブ(眠り姫)、空鐘、スカイワード、半月あたりか。
今回は全体的に堅実なモノが揃い、ちょっと冒険心に欠けるかなーとか思っているので
皆様の挙げる作品に期待。というかもうある程度は読んでみようかと思う作品が。
オススメは特になし。あえていうならボーボー。名字がボーね。

66 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 20:53:26 ID:jcMQpDo5
●大賞・イチオシ賞
○<<カオスレギオン O5 聖魔飛翔篇>>(著:冲方丁/絵:結賀さとる/レ:富士見ファンタジア文庫)
長編、短編と今まで積み上げてきた物すべての集大成。
どんな些細な出来事も無駄にせず、大勢の人々の心を結集させる様は見事。
読み終えたあとにもう一度長編第1巻につなげるとなお良し。

<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見ミステリー文庫)
衝撃的としか言い様が無い。
何がどうとか触れるのは野暮な感じがしてならないので特に言及はナシ。
決して人様に勧められる一冊ではないができれば一読して
心のどこかに留めておいて欲しい一冊でもある。

<<灼眼のシャナ VII>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
非常にエンターテイメントらしいエンターテイメント(馬鹿な日本語w)
恋も破壊も爆発も笑いも全部つまった一冊なのです。
ロケットパンチと秘密基地に燃えるべし。

<<涼宮ハルヒの消失>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
この巻を読んで宇宙人に脳味噌をやられた人は僕だけではあるまい。
偽者、本物そろってハルヒ最強の萌えキャラに出世した長門さんが見所というか全て。
自分の境遇を素直に受け入れたキョンの潔さもなかなか良かったけど。

<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
右を向けばイカレた奴ら。左を向けばキレた奴ら。
まともな人物ノーサンキューなヘンテコ祭りで全編通してぶっ飛びまくり。
これだから成田作品はやめらんない。


次点は「半分の月がのぼる空 3」「推定少女」「BBB」「ゼロの使い魔」など。
人生で最もライトノベルを読んだ時期だけあって選考に一苦労 _| ̄|○はふぅ
でも次も同じようなこと考えるんだろうな〜。

67 :66:05/01/17 20:54:25 ID:jcMQpDo5
●キャラクター賞
【ボーボー】(Alice)
姓がボーで名前がボー。
問答無用で2004下半期最強キャラ。
誰だよコイツに人権認めたのは。

【ルイズ】(ゼロの使い魔)
長いので本名は省略。
ツンデレなる言葉が自分辞書において確立する
きっかけとなったのはまさに彼女の力。
ホントにもう可愛いヤツめ。

【クレア・スタンフィールド】(バッカーノ!)
ん、フェリックスだっけ?まあいいや。
作中バランスを一発でぶち壊すジョーカー的存在だけど
妙に憎めないキャラクターが印象的な不思議な奴。
どこを見てもこれほどキレた奴ってのはいないというかいたら困る。

【御坂美琴】(とある魔術の禁書目録)
彼女がいるかいないかで面白さがガラリと変わってしまう個人的キラーキャラ。
ビリビリがいればインデックスも普通に楽しめるってんだから不思議。

【イライジャ・キール】(機動戦士ガンダムSEED ASTRAY)
彼が真の傭兵となったお花畑護衛の話がグッときた。
本編も少しは見習ってください(笑)

68 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 21:20:30 ID:zu9NIcsj
○<<撲殺天使ドクロちゃんC>>(おかゆまさき:/とりしも:/電撃文庫:)
これぞ電撃文庫一の迷作!読んだら脳みそぴぴるぴ〜になっちゃいます。
 <<キノの旅[-the Beautiful World->>(時雨沢恵一:/黒星紅白:/電撃文庫:)
こっちは電撃文庫の名作今回はシズさまフィーバーでした。
 <<ドラゴンクルス 2.俺に惚れろ!>>(あすか正太:/玲衣:/角川スニーカー文庫:)
王道ファンタジーっぷりがイイ!っていうかザ・スニ連載分はどこへ?
 <<薔薇のマリア I..夢追い女王は永遠に眠れ>>(十文字青:/BUNBUN:/角川スニーカー文庫:)
新人さんに一票!果たしてマリアは劫火を手に入れることができるのか?
ザ・スニの連載と合わせて次が楽しみです。
 <<タマラセ 彼女はキュートな撲殺魔>>(六塚光:/日向悠二:/角川スニーカー文庫:)
第九回スニーカー大賞<最優秀>受賞作
キャラクターがいちいちかわいい。

69 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 21:42:20 ID:zu9NIcsj
【ドクロちゃん】(撲殺天使ドクロちゃん)
 「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜」は、もはや名言
 あの馬鹿っぷりがサイコー!
 臓物丸にワロタ

【エルメス】(キノの旅)
 キノの旅で一番好き。
 でも[だと影が薄かったorz

【供犠創貴】(新本格魔法少女りすか)
 こいつは主人公としてどうよ?こんな小学生がいたら正直へこむ
 ・・・・・でも好き・・・・ぽっ
 

70 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 21:48:29 ID:DP8WKW0m
○<<All You Need Is Kill>>(桜坂洋、スーパーダッシュ文庫)
パワードスーツを地味に描写してメカオタ心をくすぐりつつ、
時間のループの中での孤独と出会いと……
えんえんと己を戦闘マシーンとして駆動しつづける様に燃え、
ラストにほっかり気の抜けたような読後感を与えてくれる本です。

<<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンチック?>>
(著:新井輝 画:さっち 富士見ミステリー文庫 )
相変わらず…なんというか、悶えさせてくれます。
主人公の落魄とともにインターミッションのようにテンションの落ちた#4よりはこちらを。

71 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 21:55:51 ID:k6Upc+9Z
●大賞・イチオシ賞
○<<灼眼のシャナ VII>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
前巻の終わり方をふまえての評価。いい意味で裏切られた感じ。
名前も知らないメガネの人を除いておおむね平和な終わり方も好感触。
この巻に関しては敵も素敵すぎだし。

 <<気象精霊ぷらくてぃか 3 魔界の卑怯温泉>>(著:清水文化/絵:七瀬葵/レ:富士見ファンタジア文庫)
このシリーズに漂う雰囲気が好き。萌えとか燃えとかそういうんじゃないんだけど。
あ、でもイラストは萌え。

 <<バッカーノ! 1933 〈上〉 the Slash 〜クモリノチアメ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
 <<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
バカばっか(褒め言葉)。
登場人物大杉ってのが欠点だが、何度か読み返すウチにそれも解消される。
やっぱりこういうのは上下巻セットだからこそ面白い、との意味もあるんで両方に一票。

 <<新本格魔法少女りすか>>(著:西尾維新/絵:西村キヌ/レ:講談社ノベルス)
面白いから投票するのが私なの。
魔法使い使い、いい感じ。

72 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 22:05:00 ID:zThLPNzp
●大賞・イチオシ賞
○<<天槍の下のバシレイス (1) まれびとの棺 <上>>>(著:伊都工平/絵:瑚澄遊智/レ:電撃文庫)
 人類が異種知性体と戦争をして不利な状況に有る所から始まる。淡々と進む戦闘描写と
 魅力的なキャラによる日常生活のバランスがイイ。 戦争小説に有りがちな悲嘆や絶望が
 少なく、前向きに生きているのが感じられる。

 <<ガンパレード・マーチ 5121小隊 九州撤退戦(下)>>(著:榊涼介/絵:きむらじゅんこ/レ:電撃ゲーム文庫)
  これも同上の末期戦物。こちらの方が戦争の悲惨さと爽快感が感じられる。
  ノベライズに有りがちな薄さが全然無く、よく消化していて違和感が無い。
  
 <<楽園の魔女たち 楽園の食卓(後編)>>(著:樹川さとみ/絵:むっちりむうにい/レ:集英社コバルト文庫)
  男性にお勧めの少女小説の中で必ず上げられる、「楽魔女シリーズ」もついに完結。
  最後まで面白さを失わずに大団円を迎えました。(まだまだ続きが読みたいw)
  完結を機に、まだ読んでない方は読んでみてはいかがでしょう。

 <<流血女神伝 暗き神の鎖(後編)>>(著:須賀しのぶ/絵:船戸明里/レ:集英社コバルト文庫)
  やはり 男性にお勧めの少女小説の中で必ず上げられるシリーズ。
  カリエはかなり悲惨な目にあいながらも、子供を連れて愛の逃避行に向かいましたw。
  山場を越えてこれからが楽しみです。

 <<灼眼のシャナ VII>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
  電撃大王で漫画化も決まり、ノリノリの燃え萌えな作品。次々明らかになる複線と
  生きの良いキャラがスピード感溢れる、エンターテイメントが気持ち良いです。


73 :71:05/01/17 22:11:40 ID:k6Upc+9Z
●キャラクター賞
【ダンタリオン&ドミノ】(灼眼のシャナ)
いかにもなマッドサイエンティストとその助手。
こいつら主役の昔話、短編でもいいから読んでみたい。

【フェリックス・ウォーケン(線路の影をなぞるもの)】(バッカーノ!)
バカばっかの作品の中でも、バカップルに次ぐくらいのバカ。
不死者よりも死にそうにないもんなぁ。

【緒方真竹】(灼眼のシャナ)
VII巻の登場の仕方、VIII巻の様子と目次の挿絵。
オレもこんな子に惚れられてみたい……

【御坂美琴】(とある魔術の禁書目録)
とある電撃の発射装置とかってタイトルに変更して、御坂をメインヒロインにしてくれないものだろうか……

【池速人】(灼眼のシャナ)
作家スレでの扱いに対する同情票ですw

74 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 22:43:12 ID:0c1wB8Z6
●大賞・イチオシ賞
○<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
時間ループモノにまだまだ開拓の余地があることを見せてくれた傑作。
章最後の文に魂が込められている。よくわかる現代魔法とはまったく
違う雰囲気で、作者のひきだしの数を予感させてくれた。

 <<彩雲国物語 想いは遙かなる茶都へ>>(著:雪乃紗衣/絵:由羅カイリ/レ:角川ビーンズ文庫)
血筋や性別ではなく実力で主人公たちがのしあがっていく様子が爽快。ヒロイン
秀麗よりも、脇役である苦労人の子供、影月の活躍が今後も楽しみ。

 <<桜の下の人魚姫>>(著:沖原朋美/絵:幸田真希/レ:集英社コバルト文庫)
出来の良い親族や天才と呼ばれる人と普通人を自認する主人公の間の葛藤が綺
麗に描かれており、感受性が高くて繊細な人、という、音楽家に対する理想像
がうまく使われている。

 <<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)
ヒロインルイズのサイトに対する態度が時と場合によってころころと
かわって、素直になれない様子が魅力的。ツンデレの一つの見本と思う。
暗い話になりそうなのにコメディーに踏みとどまっているのも良い。

 <<よくわかる現代魔法ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ>>(著:桜坂洋/絵:宮下未紀/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
衝撃の「一ノ瀬弓子クリスティーナはパンツをはいていない。」一文から
始まる怪作。単なる惹句にとどまらず、作品のテーマに関わる重要な象徴と
してパンツを機能させた力技には脱帽。


75 :74:05/01/17 22:43:43 ID:0c1wB8Z6
●キャラクター賞
【坂崎嘉穂】(よくわかる現代魔法)
ヲタ系の話題に造詣が深い嘉穂の言葉がどれだけわかるか。「わからない
ならわからないでいい」と言われると悔しい。

【ルイズ】(ゼロの使い魔)
ツンデレヒロインの見本。好きな相手を「犬」呼ばわりしてサディズムに
目覚めていくところとか、最高。

【長門有希】(涼宮ハルヒ)
今まで万能少女だったのに、今期では弱みを見せてくれた。
内気な文学少女系も悪くないが、やっぱり眼鏡の無口系が好き。

【杜影月】(彩雲国物語)
年が若いのに苦労人で、科挙に合格するほど頭も良いのに、酒癖が
悪い。それを逆手にとって活躍するところがいい。酔拳かよ!


76 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 22:45:07 ID:zThLPNzp
【ルイズ】(ゼロの使い魔)
お嬢様系ツンデレ。
ツンツンとデレデレの交互攻撃にやられた。

【御坂美琴】(とある魔術の禁書目録)
わがまま系ツンデレ。
3巻のビリビリと涙に撃沈。

【峰島由宇】(9S〈ナインエス〉)
天才系ツンデレ。
4巻の二人で手をつないで駆け落ちに轟沈。

【長門有希】(涼宮ハルヒ)
無口系ツンデレ。
偽長戸の可愛らしさと眼鏡に完敗。

【秋庭里香】(半分の月がのぼる空)
病弱系ツンデレ。
みかん投げ&H本燃やしに萌え。


77 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 22:51:02 ID:zvBuVt0T
●大賞・イチオシ賞
○<<空の中>>(著:有川浩/レ:メディアワークス)
下半期に読んだ小説全部ひっくるめても一番いいと思った。
「塩の街」のときからは想像もつかないほどの大傑作。
<<学校を出よう! (5) NOT DEAD OR NOT ALIVE>>(著:谷川流/絵:蒼魚真青/レ:電撃文庫)
<<学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME>>(著:谷川流/絵:蒼魚真青/レ:電撃文庫)
結構趣味の領域。SF的な部分が好き。個人的にはハルヒシリーズよりこっちのほうが好きだし。
<<春期限定いちごタルト事件>>(著:米澤穂信/絵:片山若子/レ:創元推理文庫)
とりあえず、前のほうにも投票している人がいたのでライトノベルとして投票する。
小佐内さんがイイ! ミステリとしてもうまいんじゃないかな?
<<Missing 11 座敷童の物語・完結編>>(著:甲田学人/絵:翠川しん/レ:電撃文庫)
俊也がなにかと気持ちよかった。風呂敷たたみきってほしいなー、という期待も込めて。

78 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 22:53:26 ID:ZWhjt5Ck
●大賞・イチオシ賞
○<<タマラセ 彼女はキュートな撲殺魔>>(著:六塚 光/絵:日向 悠二/レ:角川スニーカー文庫)
主人公の性格にクセが無いので抵抗が無く読める。
微妙なテンションの燃えアクション。和み。
2月にもう2巻が出るってことで、作者のヤル気も伺える。

 <<殿様気分でHAPPY!〈3〉>>(著:杉原 智則/絵:玲衣/レ:電撃文庫)
あんまり人気が無いんでしょうか、自分は好きですけどね。巻頭の漫画も和みます。

 <<撲殺天使ドクロちゃん〈4〉>>(著:おかゆ まさき/絵:とりしも/レ:電撃)
いやこれは笑えた。
3巻で若干おとなしくなったと思ったが、爆進。ラノベ根性。
修学旅行ネタは、笑えたのと同時に懐かしい気持ちにさせられましたわ。

 <<南青山少女ブックセンター (2)>>(著:桑島由一/絵:湖湘七巳/レ:MF文庫J)
正直、1巻の方が勢いがあって良かった。
なんかサブキャラにスポットを当てて回っていくっぽいので、長くなる予感。
しかし、これ以上登場人物が増えるのはいただけない…

 <<半分の月がのぼる空〈3〉>>(著:橋本紡/絵:山本ケイジ/レ:電撃文庫)
まぁ、定番ってことで。
3巻、あの終わり方は無いだろ。
で、絶対4巻で終わると予想してたのに、もうちょっと続くみたいで。期待。


79 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 22:54:24 ID:ZWhjt5Ck
●キャラクター賞
【宮前晴子】(南青山少女ブックセンター)
リアル潔癖症は怖い。
顔面にファブリーズぶっかけられたら俺は泣く。
でも1巻後半からくぁわいい(氏

【詩歌】(ムシウタ)
これは…一応ムシウタ自体下半期に出てるから良いんだよね?
なんてーか、「守って」オーラ全開…でも実際は。みたいな。

【南さん】(撲殺天使ドクロちゃん)
隠れファンも多いんではないでしょうか。
4巻で更に人気が上がったのは言うまでも無い

【夏月】(タマラセ)
もう健気で一途で最高です!!(ぅゎ
でも、身長高めって設定は微妙に気に入らん。

【池速人】(灼眼のシャナ)
こいつは普通に可哀想杉 応援するぜ

80 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 22:56:03 ID:zThLPNzp
【ルイズ】(ゼロの使い魔)
お嬢様系ツンデレ。
まさに王道的なツンデレ。

【御坂美琴】(とある魔術の禁書目録)
わがまま系ツンデレ。
強さの裏の弱さにやられました。

【峰島由宇】(9S〈ナインエス〉)
天才系ツンデレ。
手を繋いで駆け落ちシーンに撃沈。

【長門有希】(涼宮ハルヒ)
無口系ツンデレ。
偽長門&眼鏡に轟沈。

【秋庭里香】(半分の月がのぼる空)
病弱系ツンデレ。
パジャマ姿萌え。


81 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 23:01:56 ID:zThLPNzp
>80=76=72。
誤爆したかと思って、再投稿してしまった、スマソ。
80は無効でお願いします。


82 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 23:02:26 ID:reltu41j
●大賞・イチオシ賞
○<<カオスレギオン Ø5 聖魔飛翔篇 [完]>>(著:/絵:/レ:)
戦争シーンは熱くページをめくるのがもどかしい。
なおこの巻の主人公は双子です。ジークは完全に脇役

<<学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME>>(著:/絵:/レ:)
俺も若菜に噛まれたい
<<空ノ鐘の響く惑星で 5>>(著:/絵:/レ:)
続きマダ―!!!待ちきれない。 次巻の展開をあれこれ妄想してしまう。
<<涼宮ハルヒの消失 (4)>>(著:/絵:/レ:)
<<涼宮ハルヒの暴走 (5)>>(著:/絵:/レ:)
俺の中で長門が不動の地位を占めたのはこの2冊が原因です。
(もともと高かったが)

●キャラクター賞
【レティーシャ】(カオスレギオン)
彼女のブラコンっぷりとサイコっぷりは最高です。
【高崎若菜と高崎春奈】(学校をでよう!)
春奈は最近出てないので単独ではだめそうなのでコンビで
双子で妹、これで萌えない人は人生損してますな。
【長門有希】(涼宮ハルヒシリーズ)
俺に無口属性はなかったはずなんだけど。
【真目麻耶】(9S)
うちの妹と交換してください。

妹ばっか。。。

83 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 23:10:10 ID:Cx11L2Wu
●大賞・イチオシ賞
○<<灼眼のシャナ VII>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
 <<灼眼のシャナ VIII>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
 最初から信者票で悪いが、戦闘面でも恋愛面でも切った張ったの大勝負の7巻、
 そしてその余韻を感じつつ転機となる8巻という組み合わせとして投票。
 中でも熱いエンターテイメントとして抜きんでていた7巻をイチオシに。
 また9巻以降も楽しめれば、と願いつつ。

 <<Alice>>(著:川崎康宏/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
 何はともあれクマー!ツッコミ癖のある自分がツッコミきれなく、生まれて初めて爽快な
 敗北感を味わった怪作。この作品は何も考えずすべてそのまま受け入れて馬鹿笑い
 するのが一番いいかと。

 <<バッカーノ1933 下>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
 熱い。ひたすら熱いし、イカレている。やはり成田氏はこういう熱くイカレたものを書くと
 凄まじい。馬鹿に限らず3月発売のデュラ2にも期待したい。

 <<食卓にビールを>>(著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士見ミステリー文庫)
 表紙の気の抜けた絵とタイトルにちょっと引いて発売当時に買わなかったのに後悔。
 こういう作風も好きなのに見逃していた罪悪感から。

また今年も面白い作品と出会えますように。

84 :イラストに騙された名無しさん:05/01/17 23:40:12 ID:Cx11L2Wu
●キャラクター賞
 【ダンタリオン&ドミノ】(灼眼のシャナ)
 7巻を熱く、かつギャグ展ギリギリに持っていった立役者教授(ダンタリオン)と
 その助手兼愛玩動物的なドミノ。ギャグ展的には必須キャラ(特に教授)。
 番外編でいいのでこの2名の馬鹿げた大活躍を期待したいw

 【ボーボー】(Alice)
 何でこの熊に人権が与えられているのかが未だに謎だが、作品賞の方でも
 書いた通り何も考えず、「そうだから仕方有るまい」と言う位に取っておいた方が
 良いか。まあ、今後もこのイカレ熊を上回る動物は出てこないだろう。

 【クレア・スタンフィールド】(バッカーノ!)
 ジョーカー的存在ではあるが、大好きなんだよなぁ。でも、やはりジョーカー的
 存在だからなぁ…。キャラ個人としては出てほしいけど、能力・ストーリー的には
 あまり出て欲しくない希有なキャラ。

 【ヒロイン】(食卓にビールを)
 あの年齢であれだけ落ち着いている(と言うか飄々としているというか)というのは
 なかなか。自分もある程度見習いたい位。

 【池速人】(灼眼のシャナ)
 作中は元より、高橋弥七郎氏スレでの扱いがあんまりなのでここら辺でちょこっと
 だけでも名誉回復させてあげないと、と言う同情票以外の何物でもないけどw

85 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 00:50:41 ID:p8b9DCk6
●大賞・イチオシ賞
○<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
ダレかけていたストーリーに喝を入れる新展開の序章。
でも熱く力強いその文章に久々に引き込まれた。
この勢いでやってくれるなら買い続けれます。

<<吉永さん家のガーゴイル 5>>(著:田口仙年堂/絵:日向悠二/レ:ファミ通文庫)
基本に立ち返った御町内ドタバタコメディ。
うん、変に趣向を凝らそうとするよりは、こっちの方が個人的には好み。
どの作品も一定のレベルで出来てるだけに、安心して読める作りになってます。
最高に強くて最高に打たれ弱いママさん萌えです。

<<食卓にビールを>>(著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士見ミステリー文庫)
「ねえ、わらしべ長者やりたいんだけど」
この一言で始まるわらしべ長者編が個人的にはスマッシュヒット。
日常非日常ごちゃ混ぜにしながらとろとろと繰り広げられる、なんとも言えないほのぼのSFは一読の価値ありかと。
小林めぐみここにあり!な作品です。

<<半分の月がのぼる空 3 wishing upon the half-moon>>(著:橋本紡/絵:山本ケイジ/レ:電撃文庫)
読み進めるのが辛くなる、でも読まずにはいられない。
病気ネタという重いテーマを硬軟織り交ぜて上手く料理しつつ、若い二人の止まらない時間を書き切ろうとしています。
さてここからどう纏めるか…鬱系エンドは勘弁ですよ、本当…

<<Alice>>(著:川崎康宏 絵:エナミカツミ レ:電撃文庫)
なんと言ってもクマー…でもそれだけじゃない。
散りばめられたネタは馬鹿笑いさせるわけでなく、読んでいてついついニヤリと笑ってしまう代物ばかり。
レーベル移籍もなんのその、独特の笑いの世界を作る作風はここでも健在。
続編が当分出そうに無いというのが残念でならないなぁ…


86 :85:05/01/18 00:52:01 ID:p8b9DCk6
いやー久しぶりに良作多数の期間だったかなと。次点も多数あり、これは時間があったら中賞・小賞で投票しようかなと。
個人的にはそろそろこの業界じゃベテランと呼ばれそうな人達が、なかなかの作品出してくれたのが嬉しい。
特に小林めぐみは、ようやくらしさを取り戻した観がある。是非ともこのままのんびりやっていって欲しい。
さて、続いて復活しそうなのは………な、夏はまだかねぇ

●キャラクター賞
【ボーボー】(Alice)
猫は食べません、飼い主も食べません、でも主役を食っちゃう圧倒的な存在感。
そんなクマーです。はい。

【ヒロイン】(食卓にビールを)
うわ、名前無かったねそういえば。
一筋縄ではいけないけれで、付き合えばこれほど面白い人はいないかも。
旦那さんとの掛け合いがなんとも面白い、色気の微塵も無い女子高生な幼な妻です。

【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
これこそ主役!これこそヒーロー!
傭兵だとかそんなこと関係なく、カナメのために動くその姿にはやっぱり惹かれます。

【絹川蛍子】(ROOM No.1301)
ツンデレキャラは数あれど…報われない主人公との関係がとにかく涙を誘う。
3、4巻通じて影の主役と言ってもいいかと。

【吉永ママ】(吉永さん家のガーゴイル)
最後のパパさんとの会話にやられました。
つーか家族全員、楽しいんだよなぁここは…その中でも今回特にということで。

87 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 01:07:29 ID:dv5S3YLk
●大賞・イチオシ賞

○<<9S〈ナインエス〉 IV>> 葉山透/山本ヤマト 電撃文庫
老若男女、敵味方問わず魅力的なキャラ。予想を上回るどんでん返し。
トンデモ科学と既存武器&リアル社会情勢の融合。壮絶バトルと、ツボつかれまくりのギャグ&ほのぼシーン。
装飾なしの読みやすい文章と、精緻かつ大胆な構成に支えられた、怒涛のジェットコースターストーリー。
ラノベファンはこれを読まずして何を読む。絶景見るまでついていきます。

<<DADDYFACE (6) メデゥーサ III>>  伊達将範/ 西E田  電撃文庫
待望の一冊。続編出て良かった。
破天荒でスケールの大きい物語、トレジャーハント冒険譚と神話的大法螺の中に、
まっとうであたりまえでささやかで、けれど何よりも大事な人々の愛情がきらめいている。
とか格好よく書いてはみたが、一言と言われたら「○ンポ・モンたん最高」。

<<タクティカル・ジャッジメント 5 湯けむりのディスティニー! 邂逅編>>  師走トオル/緋呂河とも 富士見ミステリー文庫
<<タクティカル・ジャッジメント 6 湯けむりのディスティニー! 大舌戦編>>  師走トオル/緋呂河とも 富士見ミステリー文庫
歯切れのよい一人称法廷もの。無茶なこじつけもハッタリも、語り口調で押し切られてしまう。
長すぎず短すぎず、難しすぎず軽すぎず、絶妙なバランスで毎回楽しませてくれる。
五巻も続けばネタ切れになるかとの心配は完全な杞憂でした。この上下巻の構成は秀逸。
ラノベでは珍しい二十代の主人公もイイ!


五作品には絞れなかった。
次点は「フルメタル・パニック!」「復活の地」「シャドウテイカー」「灼眼のシャナ」。


88 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 01:08:14 ID:dv5S3YLk
●ベストキャラクター

【デイモン・ギャレット】(DADDYFACE (6) メデゥーサ )
 化粧をおとし素顔があらわになってから……、主人公コンビを完全くいまくり(笑)。
 今期のナンバー1でした。

【峰島由宇&真目麻耶】(9S<ナインエス>)
 四巻はなんといってもこの二人。天才少女とスーパーお嬢様の友情にホロリ。

【風間(インストール後)】(9S<ナインエス>)
 喋る機械大好き。クールなくせにお茶目さん。

【影野英治】(タクティカル・ジャッジメント)
 短編のスーツ姿を本編でも希望。

【雛咲葉】(シャドウテイカー)
 無口でもじもじで弱気で可愛くて健気なヒロイン。俺的レッドリストトップ。


89 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 03:36:58 ID:HJX0/URc
●大賞・イチオシ賞
○<<悪魔のミカタ (13) It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)
厚かった。そして熱かった。ザ・ワン編は、何度読み返しても、そのたびに熱い思いが蘇る。
単に主人公達が勝ってハッピーエンドではなく、ザ・ワンのほうにもきっちりと解決を与える。
良くぞここまで描き切ったと感動を覚えた。
もちろん、ライトノベルなんだけれども、ライトノベルでもここまで行けるんだ、
そう感じさせた作品でした。
サクラが超人過ぎる?
いいんです、サクラ厨は、それで大満足なんです。

 <<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著: 桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見ミステリー文庫)
痛かった。それでも、心に突き刺さるような痛みと共に、不思議な感動を覚えた。
悪魔のミカタと並んで、下半期のイチオシ。
田舎町、将来への閉塞感、世界とずれていく自分への苛立ち。
そんなヒリヒリするような青春の暗部をえぐり出した作品だった。
泣きたくなるくらい痛くて切なくて、でも不思議と暖かいのは、
みんながどこか抱えている痛みに対して、作者が共感を持っている、
その眼差しの優しさからくるのかな、と思う。

90 :89:05/01/18 03:47:27 ID:HJX0/URc
 <<9S〈ナインエス〉 IV>>(著:葉山透/絵:山本ヤマト/レ:電撃文庫)
この作者が書くものは、安定感がある。
いつ読んでも、カタルシスを与えてくれる。
確かに、シリーズ全体の伏線引きなど、もやもやが残る部分がないわけではないが、
そのラストには、不思議と爽快感があり、とても気持ちがいい。

 <<陰からマモル! 4 来襲!甲賀最強の忍>>(著:阿智太郎/絵:まだらさい/レ:MF文庫J)
すみません、信者です。毎回、阿智作品に投票してます。
でも、やっぱり安定して面白いと思う。
真似できそうで、誰にも真似できない独特の文体と空気感が、この作品にはとてもフィットしている。
「いつもどこでも忍2ニンジャ」シリーズがダメだった方、この作品の阿智は良い阿智ですよ。

 <<BLACK BLOOD BROTHERS 1 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 兄弟上陸―>>(著:あざの耕平/絵:草河遊也/レ:富士見ファンタジア文庫)
最後も吸血鬼もの。
シリーズの幕を開ける長編であり、世界観の提示や登場人物の紹介など、
いろいろ制約がある中で、物語としてもとても良く完成されている。
否が応にも、このシリーズの津好きに期待が高まります。
兄弟愛に見えて、ゆがんだ関係、痺れます。

91 :89:05/01/18 03:58:50 ID:HJX0/URc
●キャラクター賞
【山本美里】(悪魔のミカタ)
優し過ぎて、色々背負わされちゃう人。でも、それでもそれを背負って生きていく強い人。
大好きです。オヤジっぽいところを含めて。

【舞原サクラ】(悪魔のミカタ)
天下無敵の、野生のお嬢様。ずっと昔から好きでした。

【空気の読めない担任教師】(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない)
名前がない。でも、名前がないところに意味がある。
それは、ニュースにもならない名も無き教師が、
それでも必死に子供達を救おうと頑張っている、ということだから。

【グレヴィール・ド・ブロワ】(GOSICK)
ドリルヘアーにこめられた切ない思い、そしてその思いの強さに感服。

【ザ・ゴールデンブラジャー】(GOSICKのあとがき)
思春期ですか。凄いなぁ。

92 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 10:52:43 ID:BS7ChFDd
●大賞・イチオシ賞
○<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
作品自体が好きだし、いよいよ物語りも佳境に入ってきたので投票。

 <<Alice>>(著:川崎康宏/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
 復帰してくれて嬉しい。すべては熊につきると思う。

 <<星界の戦旗IV>>(著:森岡浩之/絵:赤井孝美/レ:ハヤカワ文庫JA)
 続きをひたすら待っていた。つーか、もちょっと早く出してほしいな…。

●キャラクター賞
【相良宗介】(フルメタツ・パニック!)
他の人も書いてるけど、まあ期待することは皆同じ。

【ボーボー】(Alice)
だって熊だし。

93 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 18:38:41 ID:rLnIKEUX
●大賞・イチオシ賞
<<9S <ナインエス>W>>著:葉山透 絵:山本ヤマト レ:電撃文庫
 全巻、非常に安定していると思う。今年が萌えが多かった!
 分かりやすく面白い話を書くとこうなるのだなという好例。
 ヒロインと妹の造形が最強!この二人には、強い絆(?)と萌えがてんこ盛りだ。
 主人公より、話の深部より、この二人に目が行ってしまうのは、
 俺が萌えに生きているからだろう…。

<<タクティカル・ジャッジメント 6 湯けむりのディスティニー!>>  著:師走トオル 絵:緋呂河とも レ:富士見ミステリー文庫
 そりゃあねぇだろ…と思わず呟いてしまうのだが、面白い。
 いい加減飽きるかなと思いつつ、毎回買っては笑ってしまう。
 主人公の駄目さ加減といい、ギャグ加減といい、なんとも偏った作品。
 野郎と同じくらい女性も目立てば、もっといいのになぁと。

<<Alice>> 著:川崎康宏 絵:エナミカツミ レ:電撃文庫
 クマー。クマー。クマー。
 全てのキャラがなんとも言えない。内容も、驚くほどいかれている。それなのに小説になっている。
 お馬鹿なノリを真っ直ぐに突き進むお家芸か。
 この小説ではじめてであった作者だが、これからも買い続けるだろう。
 ひたすら突っ走る独特な世界に乾杯。クマー。クマー。クマー。

<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>> 著:桜庭一樹 絵:むー レ:富士見ミステリー文庫)
 鬱代表。これに関しては多く語れない。辛い、じんわり痛い。
 若さが良いことだなんて言えなくなる。しかし目線は男性のように突き放すだけではなく、優しいと思う。
 GOSICKと同じ作者だとは思えない。

○<<少年陰陽師−羅刹の腕を振りほどけ−>> 著:結城光流 絵:あさぎ桜 レ: 角川ビーンズ文庫
 2CHに来ていなかったら出会わなかった少女小説の代表。
 陰陽師ものが少年漫画と出会った!って感じの作品。
 恋愛部分はヒロインとの出逢いと仄かな恋心から始まり、どこか業多姫を思い出させた。 
 このヒロインが可愛い。物の怪も可愛い…。内容部分、この巻にヒネリがあったのを高く評価。
 少女小説、プッシュするやつ少ないだろうから、イチオシしてみる。

94 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 18:44:17 ID:rLnIKEUX
●キャラクター賞

【ボーボー】(Alice)
 素晴らしいとしか言えないクマー。
 頭の中でクマーのAAが駆けめぐる。

【ヴィクトリカ・ド・ブロワ】(GOSICK III)
 俺の中のツンデレ代表!
 風邪で寝込んでツンがキュンで可愛い。

【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
 漢。シリーズがたるくなって来たと思ったら、主人公が立ち上がって盛り上がる。
 かっこいいぞ。

95 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 20:15:30 ID:PCTG7uAv
●大賞・イチオシ賞

○<<天槍の下のバシレイス (1) まれびとの棺 <上>>>(著:伊都工平/絵:瑚澄遊智/レ:電撃文庫)
熱い。ネガティブな話になりそうな世界観だが、キャラが皆ポジティブなので明るい話になっている。
主人公&親友のソフト百合っぽい関係にもハァハァ

 <<悪魔のミカタ (13) It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)
燃えて萌えた。分厚いにも関わらず最後まで一気に読み進める熱さがある。
作者の売りであるノリと勢いが最大限に発揮されている。

 <<先輩とぼく 3>>(著:沖田雅/絵:日柳こより/レ:電撃文庫)
読んでる間、ずっと低い声で笑っていた。他人が見たらさぞキモかっただろう。
最近増えてきたヲタネタ満載コメディだが、弾け過ぎず地味過ぎずの微妙なラインを保っているのが
気に入っている。

 <<あそびにいくヨ! 5 仔猫たちのがくえんさい>>(著:神野オキナ/絵:放電映像/レ:MF文庫J)
相変わらずヌルくてバカで笑えるお話。これのせいで沖縄に行きたくなった。

 <<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)
ツンデレなメインヒロインも魅力だが、最近では珍しい王道なストーリーも好き。
この先の展開が楽しみだ。

96 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 20:16:08 ID:PCTG7uAv
●キャラクター賞

【ヴィクトリカ・ド・ブロワ】(GOSICK)
ゴスロリ&ツンデレとツボ突きまくり。陶器のパイプ欲しいです。

【ボー・ボー】(Alice)
喋る熊を「現代社会の歪み・大自然の神秘」で済まそうとするか。

【ルイズ】(ゼロの使い魔)
ツンデレその2。3冊かけてじっくりかかれただけに非常に萌えた。

【クラリカ】(お・り・が・み)
「○○っすよ〜」なんて喋り方をするキャラに萌えるとは思わなかった。
でも何故かツボ。

【長門有希】(涼宮ハルヒの消失)
無口系キャラは昔から好きだったが、ここまでやられるとは思わなかった。
超絶破壊力。

97 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 21:07:59 ID:Elo8VUIv
●大賞・イチオシ賞

○<<刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of Broken Blood>> (著:山下卓/絵:HACCAN/レ:ファミ通文庫)

友情と恋愛の間をゆれ動きつつ破滅へと向かう二人の少女の
姿を悲しく描ききっています。最初から悲恋に終わることが
わかっていてもラストは感動しました。

 <<インフィニティ・ゼロ 4 秋〜darkness pure>> (著:有沢まみず/絵:にのみやはじめ/レ:電撃文庫)

待ちに待った完結編で、主人公達の再会後の別れまでで滂沱。
あとがきの後にまた号泣。

 <<ALL YOU NEED IS KILL>> (著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)

モロに軍隊SFっぽい話でこんなに感動したのは初めて。夕焼けの中に
浮かぶ二人の姿とリタの最後のせりふがじんときます。

 <<ヒトクイ>> (著:御堂彰彦/絵:もりそばん/レ:電撃文庫)

目の前で死んだ彼女の最後の言葉「私が死んだら食べてもいいよ」
がすごすぎ。こんなこと言われたらトラウマになりそう。ホラー系
なのに心理描写が綺麗です。

 <<憐 Ren 刻のナイフと空色のミライ>> (著:水口敬文/絵:シギサワカヤ/レ:角川スニーカー文庫)

学校での玲人と憐シーンが楽しいだけに、学校の外では存在を
忘れられてしまう彼女の孤独や悲しさがダイレクトに伝わってきました。


98 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 21:09:14 ID:Elo8VUIv
●キャラクター賞

【琥珀麗】(インフィニティ・ゼロ)

自分以外の人の幸せを願う健気なヒロインで、とにかく守って
やりたい感じ。

【リタ・ヴラタスキ】(ALL YOU NEED IS KILL)

突然出てくる涙とか、負けず嫌いで意地っぱりなところとか。

【浅槻憐】(憐 Ren 刻のナイフと空色のミライ)

孤独感を隠そうとしているところと、玲人とのドツキ漫才がいい。

【雪乃】(刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of Broken Blood)
【由香里】(刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of Broken Blood)

相手を想っているからこそ自分の恋を告白できなかった二人。
切ないです。


99 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 21:53:57 ID:yzD9pEt8
投票投票。

●大賞・イチオシ賞

○<<半分の月がのぼる空 3 wishing upon the half-moon>>(著:橋本紡/絵:山本ケイジ/レ:電撃文庫)
今もっとも続きが楽しみで、そして怖い作品。
バッドエンドもOKな自分でも、この作品だけはハッピーエンドで終わらせてほしい。
心中オチだけは勘弁して下さいorz

<<灼眼のシャナ Z>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
ただ、燃えて萌えて燃えて萌えろ。それだけでいい。
敵もいい味出していてGOOD。
娯楽作品として非常に良い出来です。

<<ガンパレード・マーチ 5121小隊 九州撤退戦(下)>>(著:榊涼介/絵:きむらじゅんこ/レ:電撃ゲーム文庫)
ノベライズの中ではぶっちぎりの面白さ。原作ゲーム好きも納得。
戦争の悲惨さも良く出ている名作です。
この作品で完結。お疲れ様でした。

<<涼宮ハルヒの消失(4)>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
シリーズ中最高の出来。伏線がじつにいい感じ。
「ジョン・スミス」関連の流れは読んでいて非常に爽快。
ポニーテールのハルヒ萌え。長門よりもやっぱりハルヒが好き。

<<世界が終わる場所へ君をつれていく>>(著:葛西伸哉/絵:尾谷おさむ/レ:MF文庫J)
敢えて誰も挙げないであろうこれを挙げてみる。
タイトル買いしたので地雷の可能性もあったが、実に気持ちよく読めた。
小粒だが、堅実なボーイ・ミーツ・ガールの良作。
所々の細かい描写がリアルティを出している。
あまり売れはしないだろうが、個人的にはとても気に入った。

100 :99:05/01/18 22:03:42 ID:yzD9pEt8
半月儲でごめんよー。

●キャラクター賞

【ダンタリオン(教授)&ドミノ】(灼眼のシャナ Z)
掛け合いが絶妙。読んでいてニヤニヤ。
今後も是非登場して欲しい。

【秋庭里香】(半分の月がのぼる空 3 wishing upon the half-moon)
頑張れ。超頑張れ。
病気を治して主人公の前でデレする姿が見たい。頑張れ。

【戎崎祐一】(半分の月がのぼる空 3 wishing upon the half-moon)
途中のアレでは本当に失望させられたが、ラストの慟哭がやはり印象深い。
本当に頑張れ。



101 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 23:11:17 ID:sX0dvhs/
大賞・イチオシ賞

○<<薔薇のマリア I..夢追い女王は永遠に眠れ>>
あの「NHKにようこそ!」の滝本竜彦と同じ角川学園小説大賞特別賞受賞者と聞いて買ってみた文庫本
ストーリーはあちこちに伏線はってて正直ウザかった けど、
キャラクターや世界観は王道ファンタジーっぽくてよかった
魔法やダンジョン、世界観の設定を一冊に詰め込みすぎな印象を受けたし
ストーリー構成や展開はまだまだな感が否めないけど、それでも「これはイイ」と感じる何かがあった
これからの活躍に期待できそうな感じ そういう意味でイチオシ賞に推薦


<<Mew Mew! Crazy Cat's Night>>
前作の「バウワウ!」は正直なところイマイチだったけど、二作目のMewMewは良かった
ただ、ネタバレになるけど大地=銀河ってのはある程度予測できたのでちょっとマイナス
成田良悟作品は変人や奇人がたくさんでてくるけど、そろそろマンネリ気味?


<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>
止んごと無き理由で上巻を買えず、仕方なしに下巻だけかって読んだが、登場キャラクターが強烈(特にクリストファー)
下巻だけしか買ってないのに十分楽しめた 上巻を買ってないのが非常に残念でならない・・・
ただ、ヴィーノの手加減〜うんぬんはありきたり過ぎだと思う



102 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 23:14:18 ID:sX0dvhs/
大賞・イチオシ賞

<<悪魔のミカタ (13) It/MLN>>
ともかくすごかった 燃えた たぎった 
悪魔のミカタ(5)グレイテストオリオンの燃えを思い出すほど燃えた
12巻めを読んだあたりでいい加減、買うのを止めようと思ったが、これでまた燃えさせてくれた
もう一生ついていこうかと思った


<<されど罪人は竜と踊る V そして、 楽園はあまりに永く>>
現実的だった 既刊のされ竜シリーズのような劇的な展開でないので面食らったが
アニメやマンガのように悪人を裁くヒーローにはなれない、どんな悪人でもあっけない時はあっけない最後を迎える
都合よく死んだ人間が蘇る事なんて無い 納得しながら死ねる人間なんて居ない そういうような事が文庫本を通して伝わってきた
特殊能力だとか竜とかでてくるライトノベルに現実的などというのもなんだけが、現実的だった
その凡庸なまでの現実味にやられた ただ過剰なグロ描写、性交描写はどうかと思う




103 :山犬。:05/01/18 23:25:30 ID:/y6K+wUH
●大賞・イチオシ賞

○<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/画:安部吉俊/レ:スーパーダッシュ文庫)

 え? これ単作? 嘘だろ?
 というくらい世界観みっしり・起承転結かっきりの濃厚な作品。
 敵の説明方法についても,簡素なのにとても明確で上手で,かつ隙間に描かれた
 人間風刺的・教訓的な部分も大好きです。

 作品プロットとしてはタイムループものとしてのジャンルに風穴を開けた感あり,
 アイデア賞もの。
 あとがきで「ゲームのリセットボタン」を書くあたり,ゲーム世代の読者たちに
 共感も得やすいのではなかろうか。

 人物造詣的には,主人公を始めヒロインから端役に至るまで実に生き生きというか
 生々しい。
 その上でヒロインたちを(よい意味で)片っ端から消費してゆく。
 初々しい出会いを,積み重ねるべき体験を,はぐくむ心を。
 それらを確実にすれ違わざる得なくなる主人公の磨耗,この無常観が最高です。

 最終戦闘における主人公の絶望はどれほどなのだろう。
 永遠の孤独の末,彼は次に「分かち合える人」と出会えるのか,出会ったらどうするのか。
 ラストの珈琲がその描写とともに,苦い。

 切ないまでに哀しく愛しく一途,そんな初年兵の戦いと闘いを描いた傑作。
 ピンでキラリと光るこの作品,ご一読をお勧めしたい。

104 :山犬。:05/01/18 23:26:37 ID:/y6K+wUH
<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)

 燃える。これぞ典型的な「少年小説」,正統派といっていい。
 正直,人気作で長期連載作品。短編とのタイアップ・複数作のアニメ化ともなると
 徐々に登場人物のシーンにスポットを当てた萌え小説,キャラクター小説と化して
 「……この作品も終わったか」
 とかなるに違いない,とか思ってた。
 が,今作は実に素晴らしい出来でした。作者に拍手とエールを贈りたい。

 主人公&ヒロインに対して次々と襲い掛かる苦境とピンチ,そして戦闘。
 すれ違う互いの心,軋む二人の絆,そして嵐の来襲。
 ヒロインの切なさと惜別,主人公の決意。それらはあまりに切なくて……。

 ラスト,このような部分でお話が止まりながら「痛い」ではなくて「燃える」と
 感じさせるこの力量。
 「頑張れ主人公!」と思わず言ってしまう,言わずにはいられない物語を私はずっと
 探しておりました。次回も期待しております。
 今作でこの作品は「個人的殿堂入り」確定。
 何年たっても,幾度引っ越ししたとしても,決して手放さない作品になると思う。


105 :山犬。:05/01/18 23:28:39 ID:/y6K+wUH
<<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)

 正直言って1巻ではありきたりな学園らぶこめ冒険ものだと思ってました。
 2巻で一気に変わってきました。今回でいよいよ大戦です。
 え? なに? 戦争ものなのこれ?

 私はこの作品しか読んでいないけれど,世界と魔法に関して説明が足りなさすぎる感が
 あるので作者力量としては微妙。
 でも人間の描き方が生き生きとしていて素晴らしく、ライトノベル的にも魅力が
 光っており,それらの欠点を補って余りある。
 それぞれが必死に立派に自分の想いに忠実に生きている。そんな人間が織り成す物語。

 お姫様もすてきでした。
 「ならば、わたくしは……、勇敢に生きてみようと思います」
 おお,本当のお姫様だ。これぞお姫様だ。


106 :山犬。:05/01/18 23:31:09 ID:/y6K+wUH
<<電波的な彼女>>(著:片山憲太郎/絵:山本ヤマト/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)

 悪球すれすれのストライク,微妙なバランスの上で成立した作品。
 世界観も,登場人物も,物語の起承転結も,すべてが微妙に書き足りない。
 それでもヒロインの飛びっぷり,事件の衝撃,ラストの余韻などよい箇所も
 多数あり,長所短所が明確なとがった作品。

 と同時にこの作品はイラストレーターの力量も過分にしてあると思う。
 あのヒロインにして,あのシーンで,あの効果は上手いといわざる得ない,
 やるなぁ。< やられた人が何か言ってます。

107 :山犬。:05/01/18 23:34:26 ID:/y6K+wUH
<<眠り姫>>(著:貴子潤一郎/絵:ともぞ/レ:富士見ファンタジア文庫)

 丁寧な雰囲気重視の作品だと思う。
 透明感というか,セピア色感というか,まぁそんな古風な雰囲気の良作。

 短編リメイクともいえる「眠り姫」もいいけれど「さよならアーカイブ」のかび臭さ
 (流行から外れていた80年代風?)も好きですね。
 その他作品からも感じる、時代遅れな空気と登場人物たちがこの作家のカラーなのかな。

 これって上手く処理すれば「純愛」「韓流」的に売れると思うのだけれど,
 現行の,パステルカラーでど派手で猥褻物陳列罪的なライトノベル業界では
 売れなのだろうなぁ。
 そういった売り方も嫌だしまぁいいか。でももったいないなぁ。
 しかし寡作な作家だ。「リングテイル」的な予感がするのが哀しい。

108 :イラストに騙された名無しさん:05/01/18 23:36:38 ID:sX0dvhs/
●キャラクター賞
【ペギンレイム(ギルフォイル)】(されど罪人は竜と踊る V そして、 楽園はあまりに永く)
やられた 今までいろんな狂科学者キャラを見てきたが、
このキャラクターの淡々とした、それでいて容赦の性格には完全にやられた
ツボ

【クリストファー】(バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜)
ともかく変人 成田作品でここまでインパクトのあるキャラはヴィーノやラッド以来

【菰之村茶深】(ムシウタ 04. 夢燃える楽園)
セリフが少し芝居がかってるけど、計算高さや口調が無駄にカッコいいと感じた

【アナピヤ】(されど罪人は竜と踊る V そして、 楽園はあまりに永く)
可哀想すぎる・・・・・・

【クレア・スタンフィールド】(バッカーノ!シリーズ)
とことん「強い」描写にこだわったキャラ いろんな意味で「強さ」そのもの
シャーネとのかけあいに萌えた

109 :山犬。:05/01/18 23:38:31 ID:/y6K+wUH
●キャラクター賞

【相良宗介】(フルメタル・パニック!)

 がんばれ宗介。
 戦士は守るべきものを手に入れて強くなる。少年は敗北を知り大人になる。
 がんばれ宗介。がんばれ。がんばれ。

【堕花雨】(電波的な彼女)

 徹頭徹尾電波でした。
 しかしその一貫性が抜きん出ています,なんなんだこの異色ヒロイン。
 イラスト効果もあいまって魅力高すぎ,もう好きにしろ。

 しかしなんだこの名前,まるで源氏物語の末摘花みたいだな。
 それとも花札か? どーゆー感性で考えたんだこの名前。

110 :山犬。:05/01/18 23:41:22 ID:/y6K+wUH
【ルイズ】(ゼロの使い魔)

 魅力としては1巻の貴族の誇りの部分がメインだったけれど,今回ラストで,
 自分の人生にも恋にもすばらしく雄々しい女性であることが判明しました。
 すっくと背中を伸ばして立っている女性はすてきだ。

 ついでに私はこれではじめて「ツンデレ系ヒロイン」というものの意味を知りました。
 そうか,私のツボはそれだったのか,そうか。

 しかしコイツの場合は「ツンツンして素直になれないけれど内心デレデレの恋心」
 というより「ツンツンしながらプリプリ怒ってる」という感じなんだが?

【サイト】(ゼロの使い魔)

 こいつの馬鹿っぷりというか猪突猛進というか考えなしというか,そのあたりの
 阿呆っぷりと情けなさとニブチンぶりが最高です。
 お前いろいろとダメすぎ。でも愛らしいそんな少年像。

【シエスタ】(ゼロの使い魔)

 なにこの娘,1巻で期待させて2巻でぜんぜん出てこなくて3巻でこれですか?
 狙いすぎ。
 そして狙撃を受ける私,ガード下がりすぎ。
 なんつーかな,追いかけるヒロインと待つヒロインって両極で素敵ですよね。
 どっちも強さを必要とするし。
 でもこれでサイトが帰ってきたときに近所の幼なじみと結婚でもしてたら笑えるけど。
 < 笑えませんので止めてください。

111 :イラストに騙された名無しさん:05/01/19 11:03:10 ID:4UxbynFP
●大賞・イチオシ賞
<<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)
全編通してラブコメかと思いきや実は戦争が起こってたりしてシリアスな話になってる。
・・・のに暗くならないのはキャラのお陰か。異世界に現代人が迷い込むファンタジーは
「やっぱりこういう活躍して欲しい!」っていう展開が良かった。

<<されど罪人は竜と踊るX そして、楽園はあまりに長く>>(著:浅井ラボ/絵:宮城/レ:角川スニーカー文庫)
分かってたよ・・・暗くて辛い鬱な話になる事は・・・しかしいつもこの人の話はその斜め上を
行くんだよなぁ。でも読むのやめられない。まるでダウン系の麻薬のようだ。

<<復活の地V>>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
災害と戦うという困難に加え政治もやらなきゃならに難局を主人公2人は良く乗り切った。
だがこの話はそれよりも災害にあった名も無き人々の頑張りがメインだね。
そして当初はただの頭の固い役人だったシンルージの成長が必見。

<<ガンパレード・マーチ 5121小隊 九州撤退戦(下)>>(著:榊涼介/絵:きむらじゅんこ/レ:電撃ゲーム文庫)
一応のシリーズ完結編。正直このシリーズのピークは熊本城攻防戦だったと思うんだが、
長く付き合ってきたので入れておこう。5121小隊に栄光あれ。オール! ハンデッド・ガンパレード!

<<星界の戦旗IV>>(著:森岡浩之/絵:赤井孝美/レ:ハヤカワ文庫JA)
なんとこれだけ間が開いて中途半端に引き? レイニー止めならぬ戦旗W埴輪止めと
言われない事を願う。これも長い付き合いだから入れておくさ。

112 :イラストに騙された名無しさん:05/01/19 11:08:44 ID:4UxbynFP
●キャラクター賞
【サイト】(ゼロの使い魔)
なんだか↑に便乗した感じだが・・・こういう馬鹿は嫌いじゃない。
3巻では成長(?)も見られるし。
しかし本人はまだルイズに好かれてないと思ってるんだよなぁ。

【ルイズ】(ゼロの使い魔)
今期の1押しキャラ。意地っ張りで素直じゃないけど健気で可愛い。
女の子の必殺技「泣き出しちゃう」もほんとにふんとに素晴らしい使いごなしでした。
無い胸張って頑張って欲しい。

【ギーシュ】(ゼロの使い魔)
1巻で決闘までしたサイトと仲良くなって一緒に酒まで飲んでます。この2人結構気が合うのか?
サイト「そのでっかいおっぱい、見せてくれたら、入れてあげてもよい」
ギーシュ「断然同意だ! トリステイン貴族の名にかけて! 断然! 同意であります!」
不朽の名台詞だな、こりゃ。

【アナピヤ】(されど罪人は竜と踊る)
泣くしかない・・・。

【速水厚志】(ガンパレード・マーチ)
お疲れ様でした。撤退戦ではあんまり目立たなかったけど、全編通しての活躍を慰労する
意味でね。

113 :イラストに騙された名無しさん:05/01/19 17:54:58 ID:nITS/9Ju
●大賞・イチオシ賞
<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
「もうこの作品の旬も過ぎたかな?」とか勝手に思ってました、ごめんなさい。
流石賀東先生です、『蓬莱』の頃のパワーを失ってなかったと思い知らされました。
まさに燃え展開の鑑です。

<<悪魔のミカタ13 It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)
この風呂敷畳めたってのが驚きです、凄いの一言ですね。
90年代までは超人達が活躍する作品のオンパレードのような状況だと思ってたのですが、
21世紀に入った頃から「人間」の活躍が増えて来たように思えます。
こうした傾向は結構好みです。

<<刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of Broken Blood>>(著:山下卓/絵:HACCAN/レ:ファミ通文庫)
相変わらずこの手の作品は上手いですね〜。
以前の『ふたり』を想起させる少女の友情を描き方は秀逸です。
いや、良い感じです。

<<斬魔大聖デモンベイン 機神胎動>>(古橋秀之、電撃文庫)
確かに『デモンベイン』ファン、
古橋ファン単体として見たら物足りない作品ではありますが、
双方の相乗効果と信者としての義務から一票。

<<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンチック?>> 著:新井輝 画:さっち 富士見ミステリー文庫
遂に絹川蛍子です。
本当は4巻も考えたのですが、やっぱりここは絹川蛍子ファンとしては3巻でしょう。
1巻の頃から彼女の登場シーンではごろごろしてましたが、
やっぱり直接来るとキますね。

次点で
ガンパレード・マーチ 5121小隊 九州撤退戦(下)、復活の地V、涼宮ハルヒの消失、ホーンテッド!

114 :113:05/01/19 17:55:50 ID:nITS/9Ju
●キャラクター賞
【絹川蛍子】(ROOM No.1301)
1巻の頃から行間を読んでごろごろ状態でした。
これがツンデレなんですね?! これが。

【ボー・ボー】(Alice)
登場当初は単なる比喩だと思ってたのですが、本当にクマ━━━━━━ !!!!!

【常盤恭子】(フルメタル・パニック!)
主人公が本編で活躍するのが当然ですから抜きますが、
美味しいハムスターネタがとても良かったです。

【長門有希】(涼宮ハルヒ)
うむ、お約束とは言え萌え。

【デイモン・ギャレット】(DADDYFACE (6) メデゥーサ )
いやー下品でした。ホント下品でした。
ここまで下品に徹せられるとどう反応して良いやら?
ある意味定番キャラとは言え、ここまで突き抜けたキャラは最近久しぶりです。
完全に主人公を喰ってましたね、美味しいキャラです。

115 :イラストに騙された名無しさん:05/01/20 01:20:59 ID:wpoqKUIi
●大賞
<<ローゼンクロイツ・プレザン Grand Amour>>(志麻友紀、さいとうちほ、角川ビーンズ文庫)
一時期のビーンズを支えたローゼンクロイツもこれで終わりかと
思うと感慨深い。ロココ趣味のさいとうちほの絵が話に良く合って
いて、女装のセシルが本当に女に見えるほど綺麗。セシルが女なら
いいのにって声もあったけど、やっぱり二人が男だったからここまで
盛り上がったのかと思う。

<<ソウルドロップの幽体研究>>(上遠野浩平、斎藤岬、祥伝社ノン・ノベル)
生命と同じくらい大切なものが盗まれると死んでしまうって、新伝綺
の言葉遊びみたいだけれど、血生臭くない清冽な描写が上遠野浩平
らしくていい。斎藤岬の絵をもってきたのも驚きだった。

<<新本格魔法少女りすか>>(西尾維新、西村キヌ、講談社ノベルス)
ファザコンでブラコンのりすかと大人っぽくしようと頑張る創貴の関係と、
変身した後の妖艶なりすかにあしらわれるところのギャップが好み。
創貴の体にりすかの血が混ざってその匂いで居場所がわかるって設定も
耽美的。距離が離れていても二人の体はつながってるのがわかる。

<<よくわかる現代魔法 ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ>>(桜坂洋、宮下未紀、集英社スーパーダッシュ文庫)
小学生の聡史郎が手を握って一生懸命こよみを引っ張っていくところに
男の子の心意気を感じた。聡史郎とか達彦とか、シスコン男は
情けないのに、女の子はとにかく一人立ちしていて、
男にすり寄って行かないし男を甘やかさないところが
このシリーズの魅力。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>(桜坂洋、安倍吉俊、集英社スーパーダッシュ文庫)
時代を超えるって話はファンタジーだと良くあるけど、こんなに短かい
単位の繰り返しは新鮮で、話の展開がものすごく練り込まれている感じがした。
リタも読者に媚びたところがなくて良かった。

116 :イラストに騙された名無しさん:05/01/20 01:22:23 ID:wpoqKUIi
●キャラクター賞
【モンフォール公オスカー】(ローゼンクロイツ)
セシルの女装がいくら綺麗だからといっても、彼を妻にして「愛している」と
何年もささやき続けるっていうのは、やっぱり腹が座ってる。

【伊佐俊一&千条雅人】(ソウルドロップの幽体研究)
実は互いに相手の欠けている部分を補い合っている二人なのかも。

【供犠創貴】(新本格魔法少女りすか)
大人に見せようと背伸びしている男の子ってからかってやりたくなる感じ。

【姉原聡史郎】(よくわかる現代魔法)
シスコンのくせにぶっきらぼうですぐに美鎖につっかかるところなんか
子供でかわいい。


117 :イラストに騙された名無しさん:05/01/20 01:55:03 ID:GKpnVvop
●大賞・イチオシ賞
<<GOSICK III ―ゴシック・青い薔薇の下で―>>著:桜庭一樹/絵:武田日向/レ:富士見ミステリー文庫
みんなが砂糖菓子をあげているなかで、あえてこれ。
だってヴィクトリカかわいすぎるじゃないか。
うちの学校の図書館にも、こんな子住んでないかな・・・。

○<<9S<ナインエス>W>>著:葉山透/絵:山本ヤマト/レ:電撃文庫
三四巻で化けた。王道展開なのに、なぜか新鮮で面白い。
エンターテイメントに徹した秀作だと思う。
でも四巻では拘束された由宇タンのシーンがなくてマイナス5点。それでもイチオシ。

<<DADDYFACE (6) メデゥーサ III>>著:伊達将範/絵:西E田/レ:電撃文庫
笑わせてもらいました。もう主人公、ディモンでいいよ。
好きなシリーズだけど、メデューサ編は長すぎるのが難点。四冊は多い。
三冊で綺麗にまとまっていたら、イチオシはこれだった。

<<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J
最初は表紙買いで、中身は期待していなかった。
ごめんなさい。いまは中身も期待して買っています。
もう一皮むけそうな気もする。期待の一票。

<<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル(3)〈下〉>>(著:川上稔/絵:さとやす/レ:電撃文庫)
少し飽きたかもしんない。
でも他に面白いと思ったラノベが、これをこえたかと言えばこえてないんだよなあ。


118 :イラストに騙された名無しさん:05/01/20 01:55:55 ID:GKpnVvop
●キャラクター賞
【ヴィクトリカ】(GOSICK)
ツンデレその一。小さいっていいよね。

【峰島由宇】(9S)
ツンデレその二。拘束っていいよね。

【結城美沙】(DADDYFACE)
ツンデレその三。年の差9歳の親子っていいよね。

【ルイズ】(ゼロの使い魔)
ツンデレその四。お嬢様っていいよね。


119 :1/2:05/01/20 03:34:18 ID:xwvjATcj
●大賞
<<ALL YOU NEED IS KILL>> 著:桜坂洋/画:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫
桜坂洋の小説の真骨頂はエンディングの余韻にある。リセットされる時間の中で
積み上げられていったものが経験値ではなく、結果として男の感傷だった
というのも見事。やはり最後のコーヒーは飲んでこそのもの。

<<描きかけのラブレター>> 著:ヤマグチノボル/絵:松本規之/レ:富士見ミステリー文庫
ライトノベルというジャンルの中で、実はあまり見かけることのない直球な
恋愛小説。ゲームで鍛えられたのだとは思うが、純小説的なネタを(純文学
ではない)ライトノベルに変換する作者のテクニックは秀逸。

<<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J
ヤマグチノボルは上記の作品でもそうなのだが、ストーリーが結構ベタである。
だが、キャラの作りがうまい。捨てキャラを作らずに登場人物総てを物語内に
配置する技量はみごとなものだと思う。しかもこの3巻はストーリーも悪くなかった。


120 :2/2:05/01/20 03:35:38 ID:xwvjATcj
<<憐 Ren 刻のナイフと空色のミライ>> 著:水口敬文/絵:シギサワカヤ/レ:角川スニーカー文庫
マッチングと編集の勝利。良くも悪くも新人の荒削りな文体に、
研ぎ澄まされた主人公たちのキャラが遇い、おまけに絵師もSFではないが、
自分の同人誌で似たような漫画を書いているのが(作品イメージがつかみやす
かったのだろう)いい結果に結びついたのだと思う。

<<世界が終わる場所へ君をつれていく>>著:葛西伸哉/絵:尾谷おさむ/レ:MF文庫J
名前の無い主人公とヒロインと目的物。そしてその部分が、ある意味無機質
だからこそより光る情景描写。イージーライダーもそうだが、ロードムービー
というのは心理描写やドラマ性よりも情景描写にこそ味があると私は思う。
正直読み終わった後も、あの葛西伸哉の本だと思えなかった。

●キャラクター賞
【デルフリンガー】(ゼロの使い魔)
【ボーボー】(Alice)
【逆本麻紀】(ホーンテッド! 2 )
【ピックル】(ぴよぴよキングダム )

脇キャラが立っている作品は最低でもそこそこ読めると言うのが私の持論です。
それにしてもメディアファクトリーが今回は多い気がする。


121 :イラストに騙された名無しさん:05/01/20 05:29:03 ID:D/l2KBZk
つかageようさ。age推奨だろう?

122 :イラストに騙された名無しさん:05/01/20 07:21:20 ID:X1zLTYoP
●大賞・イチオシ賞

<<眠り姫>> 著:貴子潤一郎 画:ともぞ レ:富士見ファンタジア文庫
萌え絵で敬遠していたんだけど、多彩なでいながらどれもそれなりに書ききっているのが素晴らしい。
ホラー・切ない系・コメディ(ハードボイルド?)と好きな要素の短編ばかりだったのもありますが。
期待の新人さん。いろいろな作品に挑戦してほしい。
この人乙一に似た匂いを感じるというか一般レーベルでもいけそうな感じ。

<<楽園の魔女たち 楽園の食卓(後編)>>(著:樹川さとみ/絵:むっちりむうにい/レ:集英社コバルト文庫)
実は最近21巻一気読みしました。
しかし最終巻まできっちり、むしろ最高に盛り上がってくれた。凄い。
それまでこの作品読んでなかったのが悔しかった。そう思うほど魅力的なシリーズでした。

<<空ノ鐘の響く惑星で(5)>>(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
最初は地味だけど面白い、ただ失速の恐れあり。という勝手な認識だったんですがまだまだ
安定した面白さ。キャラクターも流れも良いの揃ってます。これからも十分期待できそうです。
もっと売れてほしい作品。

<<エンジェル・ハウリング 9 握る小指―from the aspect of MIZU>>(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見F文庫)
燃えたのはミズー編、きっちりまとまったのがフリウ編という印象。
ミズーの成長が物語を読む原動力でした。リアルタイムで買ってた身としては成長が喜ばしい感じる。親の気分w
秋田信者だけど正直最初はイマイチ?と思っていたものの全体でみると物語としてまとまっている点はオーフェンより好き。
本当、一冊一冊ではなくシリーズ全体で見る話です。

123 :イラストに騙された名無しさん:05/01/20 14:26:29 ID:zV1w+ejp
●大賞・イチオシ賞
○<<悪魔のミカタ13 It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)
11巻からIt編が始まった時は、「また話を広げてるよ・・・」
と正直呆れ気味だったのだが、あれよあれよと言う間に
引き込まれてしまった。よくやった、という賞賛からイチオシ。
あとは本筋の続編をよろしく。

<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
今までの内容をベースにしないと展開できない、という点で
この巻はある意味、以降に続く話より重要だろうと思う。
本そのものの完成度も、さすがの一言。これからも期待。

<<ガンパレード・マーチ 5121小隊 九州撤退戦(下)>>(著:榊涼介/絵:きむらじゅんこ/レ:電撃ゲーム文庫)
このストーリーの流れを何度自分でなぞったことか。
その思い入れを壊さずにしっかりと構成した手腕は
高く評価されるべき。ノベライズの理想形だろう。

<<灼眼のシャナ Z>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
よくもまあ、ここまで娯楽成分を詰め込んだものだと思う。
しかも全部が全部、不可分なほどに噛み合っている上
一冊の分量でにガッチリまとめるとは。評価上昇中。

<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著:桜庭一樹 絵:むー レ:富士見ミステリー文庫)
これ・・・なんというか、読んでいて辛い。いろんな意味で。
初っ端もそうなんだけど、終わりに近付くこと自体も苦痛。
なのに読まされるという、すごい敗北感。今期のマジ欝大賞。


次点はバッカーノ下、タクジャ、ホーンテッド、スカイワード。
割とメジャーどころばかりになったか。漏れって燃えに弱いのね・・・

124 :イラストに騙された名無しさん:05/01/20 14:27:30 ID:zV1w+ejp
●キャラクター賞
【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
いよいよ本当に彼の物語が始まった、といってもいいか。応援。

【クレア・スタンフィールド】(バッカーノ!)
この人は変わらんねえ。本物の不死身と言うか無敵と言うか。

【ダンタリオン(教授)&ドミノ】(灼眼のシャナ Z)
危機感ナッシン。でも手ごわい。つか可愛い。大好きだ。

【ボー・ボー】(Alice)
どういう冗談だと思って本編を読むと、冗談じゃねえー!?

【担任教師】(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない)
色々言いたいことはあるけど、まあ最後が、ね・・・。


今回は宗介除いて、すごいキャラが揃っちゃったなあw

125 :イラストに騙された名無しさん:05/01/20 18:02:01 ID:cGi9hAXT
○<<涼宮ハルヒの消失 (4)>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
  独りぼっちになったキョンはこの正常な世界で生きるのか、それとも元のいかれた世界に帰るのか。
  だがそんなことより長門に萌えて仕方がない。もう可愛すぎだよ、ついやっちゃったとことかもじもじとか。

 <<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
  ひたすら繰り返す出撃の日々をただただレベルアップのみをし続ける、そして訪れた運命の日、
  戦場で見つけたただ一人の同胞、確認の為の言葉が格好いい。あとフローチャートにしびれた。

 <<復活の地 III >>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
  一人一人は微力だが、天災に勝つにはその一人の力がなくてはならない。レンカ万歳!
  それと主人公とヒロインの関係もいい。

 <<フォーラの森砦(下)>>(著:菊池たけし/F.E.A.R/絵:石田ヒロユキ/レ:ファミ通文庫)
  この中に収録されている「宝玉の七勇者」激藁。恐ろしい速さで展開が進み無茶苦茶なペースで話が壊れて行く。
  田中天恐るべし

 <<BLACK BLOOD BROTHERS 2>>(著:あざの耕平/絵:草河遊也/レ:富士見ファンタジア文庫)
スーツ率高し、女キャラ少なし、トップ会談は燃えたなあ。このテンションでいけば下巻は来期の大賞候補だ。

126 :イラストに騙された名無しさん:05/01/20 18:15:55 ID:cGi9hAXT
【長門有希】(涼宮ハルヒ)
 無口無表情系の最高位に君臨しました。真も偽もどっちも可愛いよ

【アルゲル】(フォーラの森砦(下))
 中の人はダブルクロスのお兄ちゃんの人と一緒。この人の暴走には憧れるかも知れん

【堕花雨】(電波的な彼女)
 まず名前がいい。湿度が上がり温度が下がり暗雲立ち込めるいい名前だ。そして絵師GJ!前髪娘が髪を上げるのは一度だけだよなあ

【ヴィクトリカ】(GOSICK)
 ちっちゃくてーフリルでーまん丸でーしわがれ声なんて可愛すぎる

【女教皇】(真・運命のタロット )
 確定した運命に諦めなかった貴女は格好いい。だから結婚式のシーンを読ませてください

127 :イラストに騙された名無しさん:05/01/20 21:57:16 ID:u8GwSGar
●大賞・イチオシ賞
○<<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)
  ここまで萌えたのも久し振りだ。1巻2巻の下地を最大限に活用したツンデレの最高傑作。
  更に言うならば、萌えだけでなくストーリーも面白い。王道とはいえキャラが際立つ。
  4巻にも更に期待。

 <<シャドウテイカー 2 アブサロム>>(著:三上延/絵:純珪一/レ:電撃文庫)
  正直1巻のほうがストーリーは面白かったが、個人的に聖書のくだりが好きなので挙げておく。
  また、影の薄い主人公のポジションが明確化したのも嬉しかった。ヒロインには萌え。
  ちょんぎるには笑った。ツネコさん最高。

 <<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
  今までのストーリーでは、ある程度展開予想が出来たが、もう出来ない。
  実際これを読んでからは短編を読むのが億劫になったが、それだけ読後に与える影響は大きいということか。

 <<カレとカノジョと召喚魔法>>(著:上月司/絵:BUNBUN/レ:電撃文庫)
  上月司氏のデビュー作になるのだろうか。あまりメジャーでないようだが、1巻は神だと思う。
  戦闘シーンがちょっと長くてダレるが、パズルのピースをはめていくような謎解きは卑怯の一言(褒め言葉)
  2巻ではそのクオリティが失われてしまい残念だが、3巻には期待。

 <<半分の月がのぼる空 3 wishing upon the half-moon>>(著:橋本紡/絵:山本ケイジ/レ:電撃文庫)
  一番続きの気になる作品。1〜3まで通して読んだのだが、やめろやめろと思いつつもページをめくってしまう。
  3巻のラスト「命をかけて君のものになる」で涙が出た。最高の1ページといわれたら間違いなくここ。
  漏れは心中EDもありかなと思っている。取り残される祐一を見るよりはずっといい。

128 :イラストに騙された名無しさん:05/01/20 21:58:26 ID:u8GwSGar
●キャラクター賞
【雛咲葉】(シャドウテイカー)
恋する乙女な幼馴染。普段は無口でおとなしいだけに、ギャップがたまらない。
もじもじと聞いたら葉だと思え。漏れ的萌えメーターはぶっ飛んでる
「……デート」「…………やさしい」
嗚呼、ご飯3杯を3セットくらいはいける

【テンコ】(神様家族)
恋するツンデレ幼馴染。頭から湯気を出しちゃう可愛さに悶え死ぬ。
こんなハイテンションな幼馴染もいいかな、と。
ピ―――――――――――――――ッ

【テレサ・テスタロッサ】(フルメタル・パニック!)
大勢の方々が宗介に燃えているところで、あえてテッサに「燃え」させてもらおうと思う。
萌えではなく、燃え。裏切りを煽動する部下達に向かって一喝するシーンは格好良すぎた。

【平井涼】(平井骸惚此中ニ有リ)
いわゆるツンデレな涼嬢。なかなか素直になれないわけで。
そこがまた、筆舌に尽くし難い程可愛らしいのではありますが。
ハテサテ、河上君との仲はこれからどうなっていくのやら。

【平井京太郎】(平井骸惚此中ニ有リ)
またの名を平井骸惚と言いまして。その名の由来は萌えというもの。
作品の題名ではありますが主役にございませんのはご愛嬌。
イラストに惚れたというのが正直なところでございましょう。


129 :イラストに騙された名無しさん:05/01/21 02:47:47 ID:O3DSMiSD
○<<悪魔のミカタ (13) It/MLN>> うえお久光 藤田香 電撃文庫
長く続いたIt編もやっと完結。ついでに電撃文庫最厚記録更新。
「悪魔のミカタ」とは違う別シリーズにして出してもよかったくらい。
ただ、14巻以降ほんとに元の話に戻せるのかどうか・・・

<<空ノ鐘の響く惑星で 5 >>渡瀬草一郎 岩崎美奈子 電撃文庫
ウルクと再会したフェリオ → orz

<<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンティック?>> 新井輝 さっち 富士見ミステリー文庫
後半の蛍と健一のやりとりが、姉属性の無い自分が
読んでもこんな姉ほしくなります。
4巻も集計範囲に入っているがこれはやはり3巻に入れるべきかと。
多分4巻は0票になると予想してみる。

<<ブレイク-エイジEX ロアゾオ・ブルー 7>> 鍋本ちぇいある 馬頭ちーめい ファミ通文庫
これもけっこう長々とひいて完結。
この最終巻はたった対戦ゲーム1回分だけをまるまる一巻分書いてしまっている。
ゲーマーであれば、自分が対戦している状況を思い浮かべながら読むと
かなり燃えれます。

130 :イラストに騙された名無しさん:05/01/21 02:48:22 ID:O3DSMiSD
続いてキャラ賞。
【ウルク・ティグレー】(空ノ鐘の響く惑星で 5)
ヤバい状況でも堂々と。未来の技術で脳をいじられても信念を。
記憶が飛んでも愛情を。次巻でどーなるかが見せ所なので一票。

【三鷹昇】(悪魔のミカタ)
逆に完結記念で。
03下も04下も結局コイツに票を入れている・・・

【絹川蛍子】(room1301 #3)
もー最後の独白のとこは、読んでて照れます。
ただ、4巻で健一争奪戦脱落っぽく扱われてるので残念ー。

【巌鉄岩男(妹型ロボットもえみちゃん)】(ロボット妹)
なんでだれもコレについて触れてないんだ?
同じ状況になってここまで「妹力」を行使できる男はいまい。
「ロボから降りてもクセがぬけないー」みたいな安易なオチじゃないとこも○
電波度はドクロちゃんを超えている。>ロボ妹


131 :イラストに騙された名無しさん:05/01/21 09:59:02 ID:/+Sxqrcl
●大賞・イチオシ賞
○<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂/絵:/レ:)
文句もある。矛盾もある。が、悔しいけど面白かった。
 <<ゼロの使い魔3>>(著:ヤマグチ/絵:/レ:)
シエスタ。これに尽きる。
今年は数冊しか読んでないのでこのニ作品のみ投票します。
●キャラクター賞
【シエスタ】(ゼロの使い魔3)
おっぱい!おっぱい!
【ボーボー】(Alice)
インパクトはあったかな。



132 :イラストに騙された名無しさん:05/01/21 14:40:47 ID:V4u3exPU
○<<空の中>>(著:有川浩/レ:メディアワークス)

ライトノベルというよりジュブナイル。話の構成もキャラクターの描写も完成度が高かったです。
脇を固めているサブキャラクターも皆生き生きとしていました。
前作『塩の街』は合わなかったのですが今作はツボにはまったので、前作が苦手だった方も是非一読を。
あと装丁も爽やかな感じで良かったですね。新海誠監督の手で映像化してくれないかな。

 <<復活の地 III>>(著:小川一水/絵:前嶋重機 /レ:ハヤカワ文庫JA)

震災に立ち向かう過程でのキャラクターの成長を描いた小説。
3巻でキャラクター間の駆け引きもより熾烈になっていて話を盛り上げるのに一役買っていました。
人間ドラマや熱いキャラクターが好きな人にオススメのシリーズです。

 <<眠り姫>>(著:貴子潤一郎/絵:ともぞ/レ:富士見ファンタジア文庫)

『キノの旅』以来なかなかヒットが出ない短編集ですが、今作は当たり。
最後の私立探偵ものの連作も随所にスパイスが効いていて良かったです。

 <<悪魔のミカタ13  It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)

It編遂に完結。
前巻まではどうなるか不安だったのですが、見事に話をまとめつつも今後の展開を期待させてくれる展開になっていました。

 <<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:スーパーダッシュ文庫)

今回のダークホース。ハードSFのテイストが濃いですが、一気に読ませてくれました。
主人公とヒロインに話を絞っているところも好感が持てます。
少し荒削りなところもありますが、少し重めの話を求める向きにどうぞ。

133 :イラストに騙された名無しさん:05/01/21 14:41:54 ID:V4u3exPU
●キャラクター賞

【宮野秀策&光明寺茉衣子】(学校を出よう!)
なんだかんだ言ってこのコンビは息が合っているように思えます。
二人のかけあいは読んでいて楽しいので、今の関係が続いて欲しいところ。

【秋庭里香&戎崎裕一)】(半分の月がのぼる空3)
3巻は泣きそうになりながら読んでました。どうか最後には彼らに幸せな未来が待ち受けていますように……。

【宮じい】(空の中)
最近読んだ本の中で素敵な大人No.1。
こういう穏やかで優しい老人になれるといいな。

【春名高巳&武田三稀】(空の中)
それぞれの信念に一途で、お互い中々素直になれないところが読んでいてもどかしくもあり、しかしそれが良かったりもします。
それでもあのラストを迎えたので何より。

【セイオ・ランカベリー】(復活の地 III)
今期読んだ小説で一番熱く、そしてクールな男。スミルに対する姿勢も格好いい。

134 :イラストに騙された名無しさん:05/01/21 15:12:32 ID:IUTZDhgq
●大賞・イチオシ賞
<<ROOM No.1301 #4 お姉さまはヒステリック!>>
(著:新井輝/絵:さっち/レ:富士見ミステリー文庫)
親バレあっさりキタ━(゚∀゚)━!!でも軽く流されました(´・ω・`)
後半はシーナメインで丸っきり話が変わっていましたが十分楽しめました。

<<空ノ鐘の響く惑星で 5>>
(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
4巻の出来が悪く不安だったんですが盛り返しすぎですよ。
盛り返しすぎてウルクたん。・゚・(ノД`)・゚・。そして、かぼちゃ萌え?

<<吉永さん家のガーゴイル 5>>
(著:田口仙年堂/絵:日向悠二/レ:ファミ通文庫)
質・刊行ペース共に高水準で安定し、04年にデビューした新人でトップクラス。
5巻は、パパに燃え、ママ萌え尽きました…。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>
(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
初、桜坂でしたが良作。元ネタはベタですがその様な感じにさせない構成が良く出来ていた。
続編を見て見たい気もするが汚点になりそうなので出さない方が良いか…。

○<<復活の地 III [完]>>
(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
下半期一番の作品。小川一水が書ききったという点も高評価。
全三巻、一気読みがお勧め。細かな所で微妙な点が有るが其れを
感じさせない勢いがあった。最後に、サルカンド生`。

次点
砂糖菓子、半月3、AHE4上、戦旗4など。
今回は、飛び抜けて印象に残った作品が無かったので、レーベルごとに一冊ずつ選択してみました。
結果は、接戦になりそうなので上位にランクインする未読の作品を読むのが楽しみ。

135 :イラストに騙された名無しさん:05/01/21 15:13:15 ID:IUTZDhgq
●キャラ賞
【緒方真竹】(灼眼のシャナ)
∩( ・ω・)∩美乳ばんじゃーい
【秋庭里香】(半分の月がのぼる空)
∩( ・ω・)∩ツンデレばんじゃーい
【ヴィクトリカ】(GOSICK)
∩( ・ω・)∩意地っぱりばんじゃーい
【雛咲葉】(シャドウテイカー)
∩( ・ω・)∩もじもじばんじゃーい
【ボーボー】(Alice)
     n_____n
    ノ '     ヽ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   i  ●  ●l、 < 投票するクマ 
   .,メ、. (__●.) ヾ   \_______
   (ぃ9 .U '   
   /     .∧つ   ○_○
  ./     .\   (・(エ)・) クマ- 
 / /⌒~~> .)   ゚(  )−.  ,、_,、
(_)    .\__つ  / >    l ゚(・)゚l マ-

136 :イラストに騙された名無しさん:05/01/21 21:07:52 ID:6gxprbKM
●大賞・イチオシ賞
 <<エンジェル・ハウリング 9 握る小指―from the aspect of MIZU>>(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア文庫)
 <<エンジェル・ハウリング 10 愛の言葉―from the aspect of FURIU >>(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア文庫)
毎年完結したシリーズに入れてるような気がするんだけど、今回はこれ。
両ヒロインとも良く頑張りました。はなまる。
話としてもイマドキ10冊でちゃんとキッチリ纏まってる小説の方が稀有だなーと思うわけで、
全体を通してとてもよい話だと思うわけですよ。
 
○<<カオスレギオン O5 聖魔飛翔篇 >>(著:冲方丁/絵:結賀さとる/レ:富士見ファンタジア文庫)
完結巻そのに。
正直、風呂敷を畳むための一冊、というイメージはあるけども、
シリーズの集大成としてはこれ以上ないほどの完成度を誇っていると思う。
構成もテーマ性も完璧に近い仕上がりで、今期のベストとしては相応しいかと。
あー、でも04にも入れたかったな。
 
 <<涼宮ハルヒの消失>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
言わずとしれた、長門萌えを決定付けた一冊。
けどそれだけじゃなくって、ちゃんと構成もしっかりしてて、盛り上がりもあって、
それゆえに長門萌えがより際立つというか。
実に美味しい本でございました。
 
 <<悪魔のミカタ (13) It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)
正直、この投票数を見ての支援投票。
うえおスレではなんやかんや言われてましたが、俺は好きですよ。
吸血鬼モノとして。
ちゃんと大方の伏線も回収していたし、堂島コウが絡まなくてもちゃんと面白かった。
つうか俺としては最後だけとしても彼の出番があるだけで満足です。

私見:去年は本当に色々あったなぁ。豊作すぎ、という印象。次点は数え切れないくらい。
カオレギ04、つづくOMO、BBB2、終わクロ3下、バッカーノ1933、お稲荷さま3、父顔メデューサあたり。
電撃はかなり豊作だったんだけど、投票には至らなかったというか、5冊に選べないというか。
そんなところです。

137 :イラストに騙された名無しさん:05/01/21 21:14:54 ID:6gxprbKM
●キャラクター賞
【ミズー・ビアンカ】(エンジェル・ハウリング)
【フリウ・ハリスコー】(エンジェル・ハウリング)
それぞれ違った萌えの形を見させていただきました。
彼女たちの成長と燃えと萌えに乾杯。

【長門有希】(涼宮ハルヒシリーズ)
正直、反則級。
最早彼女にやられないラノベ読みはいないだろうとまで言える。
萌え転げるとはこういう事を指すんですよ。
 
【三鷹昇】(悪魔のミカタ)
よくがんばりました。 
お前は堂島コウに負けてないぞ。
でも主人公の座は返してやれよ。

【デイモン・ギャレット】(DADDYFACE)
大賞には入れてないけどキャラには入れる。
チンポチンポ。
実はわりとイイヒト、ってのは基本だが好きな設定だ。
それに何より格好いい。
 
以上。

138 :イラストに騙された名無しさん:05/01/21 23:04:11 ID:Y/auLQTT
●大賞・イチオシ賞
○<<バッカーノ! 1933〈下〉>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
旧作品のキャラに新キャラも加えて、相変わらずのドンチャン騒ぎ。面白いの一言です。
ただ、過去のどの作品に出てきたどんなキャラなのか、を頭で照合しながら読まなければいけないので
上下巻2冊を読むだけでヘトヘトになってしまいました。
それでいて、物語が破綻せずちゃんと収拾がついているのですから作者の力量には感服してしまいます。
このシリーズの今後の展開が楽しみです。

 <<ソウルドロップの幽体研究>>(著:上遠野浩平/絵:斉藤岬/レ:ノン・ノベル(祥伝社))
雰囲気も世界観も近いのに、ブギーポップシリーズとはまた違った印象を感じる作品。
登場キャラがブギーポップと違ってみんな大人のキャラだからなのかも。
上遠野作品のお約束どおり、他の作品との間接的なリンク点がいくつか見られた。
ブギーポップだけでなく富士見ミステリー文庫のしずるさんシリーズとの共通ネタも
いくつか見られ、このシリーズも好きな私としてはちょっと得した気分w

 <<天高く、雲は流れ 15>>(著:冴木忍/絵:森山大輔/レ:富士見ファンタジア文庫)
シリーズ完結記念ということで、一票はこれに。
なにしろ、一巻からリアルタイムでずっと読んできたからちょっと感慨深い。
しかしこのシリーズ、途中で伏線をためすぎたせいで最後の2〜3巻は伏線回収
に奔走、という状態になってしまってるような。
ともかく、ちゃんと完結してよかったよかった。

139 :イラストに騙された名無しさん:05/01/21 23:05:02 ID:Y/auLQTT
つづき
 <<眠り姫>>(著:貴子潤一郎/絵:ともぞ/レ:富士見ファンタジア文庫)
一番気にいったのは「さよなら、アーカイブ」。
なんとも言えない、優しい雰囲気がとてもよかった。
「探偵真木」の3作もいい感じにレトロなのがGOOD。
特に橋爪と真木のやり取りはとても面白い。

 <<ナ・バ・テア>>(著:森博嗣/絵:鶴田謙二/レ:C★NOVELS)
スカイ・クロラシリーズの2巻目。ライトノベルかどうかはかなり微妙な作品。
でもまあ、私個人としてはこれもライトノベルの範疇と思っているので一票を入れさせていただきます。
物語自体はほとんど盛り上がりどころがなく、全体を通してほとんど低いテンションのまま話が続いていく。
これだけ聞くとどこが面白いんだと言われそうだが、そこになんとも言えない魅力があったり。

●キャラクター賞
【アイザック&ミリア】(バッカーノ!)
バッカーノ!といったらやはりこの二人は外せない。最高のバカップル。

【チック&マリア】(バッカーノ!)
拷問師と殺し屋のカップルを、こうも爽やかに書けるのはある意味マジックだな。

【ペイパーカット】(ソウルドロップの幽体研究)
人の心を知るため、結果的に人を殺して歩いてるわけで。トンデモないキャラだ。

【よーちゃん】(しずるさんと底なし密室たち)
しずるさんのために色々と頑張っている彼女はとてもいい。がんばれ〜。

【草薙水素】(ナ・バ・テア)
常に冷めた思考の彼女。でも、かなり共感できてしまう。

140 :113:05/01/22 01:59:02 ID:WSjH8ZlV
すみません、遅レスですが、
>>113

○<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>

でフルメタがイチオシ賞です。
集計人さんよろしくお願いします。

141 :イラストに騙された名無しさん:05/01/22 10:45:03 ID:jNjjN/de
●大賞・イチオシ賞
○<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著:桜庭一樹 絵:むー レ:富士見ミステリー文庫)
 なんでこれが大賞かというと、おそらく二度と読む気にもなれないけど
 二冊は絶対にないという話だから。今期だけの本、というと自然とこれになる。
 欝とは、グロさエグさではなくお話にあると認識したことでも意味あり。藻舞らも読んで苦しめー。

<<エンジェル・ハウリング 9 握る小指―from the aspect of MIZU>>(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア文庫)
 ミズーの方が好きなのは少数派なのだろうか。たぶん一冊目で放り出した人が
 多いと思えるこのシリーズ。完結まで見届けて結局、良作だったと言えるようになった。

<<ホーンテッド! 2 コトコトクライシス>>(著:平坂読/絵:片瀬優/レ:MF文庫J)
 作者の茶目っ気(というには少々意地悪だが)が、非常に良い方向に作用した。
 既存のやり方を上手く取り入れて、それをジョークのように使う。要注目作家。

<<灼眼のシャナVIII>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
 とにかく前巻の最悪のラストからどうなるか心配だった。いざ始まってみると、もう大変。
 ここまで詰め込むかって程の爆発破壊恋愛笑い緊張感・・・ど真ん中剛速球小説。

<<吉永さん家のガーゴイル 5>>(著:田口仙年堂/絵:日向悠二/レ:ファミ通文庫)
 急に路線変更かと思われて心配になったほのぼのシリーズだったが、今回は
 元に戻った感じで一安心。これからも正調ドタバタ町内コメディとしてのんびり続けておくれ。

142 :イラストに騙された名無しさん:05/01/22 10:45:46 ID:jNjjN/de
●キャラクター賞
【ボー・ボー】(Alice)
 キャラ大賞はこいつに決まりと言いたい。
 小説の出来よりもインパクトで語られるべき熊。本当にクマー!

【ヴィクトリカ】(GOSICK)
 狙っていると思う。多分思う壺なんだろう。
 だがしかし入れてしまう。だって可愛いんだもんよー。

【フリウ・ハリスコー】(エンジェル・ハウリング)
 大賞はミズー編だったので、フリウはこっち。
 一息つくために必須のヒロインだった。大変だったけど。

【ダンタリオン(教授)&ドミノ】(灼眼のシャナ)
 おまえら楽しすぎ。頭のネジ飛んだ知能犯って恐い。
 本人が楽しんでるところがもっと恐い。

【逆本麻紀】(ホーンテッド!)
 一言で言うと、テンションが異常。
 電波揃いの中で全然負けてない。つーか勝ってる。

143 :イラストに騙された名無しさん:05/01/22 10:57:21 ID:jNjjN/de
あ、>141の<<灼眼のシャナVIII>>は<<灼眼のシャナZ>>の間違いです。
すいません。

144 :イラストに騙された名無しさん:05/01/22 22:26:21 ID:s0b9r7Lj
●大賞・イチオシ賞
○<<新本格魔法少女りすか>>(著:西尾維新 /絵:西村キヌ /レ:講談社ノベルス)
主人公の最悪さがいい感じ。りすかはの独特の口調は個人的に戯言シリーズの
巫女子以来のヒット。このコンビの今後が楽しみ。自分が好きだった戯言初期の
ころの良さを感じる。

 <<涼宮ハルヒの消失 (4) >>(著:谷川流 /絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
1巻もあまり好きではなかったこともあり。正直どこでこのシリーズを切るか迷ってたが
この作品で印象が変わった。長門と言うキャラを十二分に生かした作品だと思う。
あちらの長門を知ったおかげでクールな長門にも萌えられるようになったのが最大の収穫。

 <<学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME>>(著:谷川流 /絵:蒼魚真青 /レ:電撃文庫)
5巻とセットの評価。4巻で横に広がった世界が今度は縦に広がった。章立ての仕方も
面白かったしSFチックな仕掛けでは2巻と同じくらい好み。そういえば外伝的な話で本編から
浮いてたはずの2巻もいつのまにか4、5、6巻で本編に徐々に組みこまれてきてるように感じる。
ただラストがなんじゃこりゃーって感じで好みに合わなかったのでイチオシにはしない。

 <<悪魔のミカタ (13) It/MLN>>(著:うえお久光 /絵:藤田香 /レ:電撃文庫)
It編でさんざん何巻にわたって振り回ししてきてかなりややこしくなってきてたのに、
終わりはあっさりというのがこのシリーズらしくていい。肩透かしをくらったのがむしろ快感。
一方でこの本を鈍器になりうるくらいに分厚くした前半のサバイバル生活もなかなかいい出来。
この部分をあっさりと捨て駒としてしまうのがなんとも贅沢というか・・。

 <<気象精霊ぷらくてぃか 3 魔界の卑怯温泉 >>(著: 清水文化 /絵:七瀬葵 /レ:富士見ファンタジア文庫 )
ぷらくてぃかはある意味ユメミがツンデレとなる話、ただし「デレ」で成立するのは恋愛ではなく女同士の友情だが・・。
3巻まできてユメミの「ツン」がいい感じに虚勢になってきた感じがする。

次点で9S、クロスカディア、半分の月がのぼる空、インフィニティ・ゼロってところ。


145 :イラストに騙された名無しさん:05/01/22 22:27:08 ID:s0b9r7Lj
●キャラクター賞
【真目 麻耶】(9S)
冷静な面と感情的な面との二面性がいい味をだしてる。巻が進むごとに魅力的になってきてます。

【ユメミ】(気象精霊ぷらくてぃか)
ミリィに対して異常なほど対抗心をもったあげくに空回りしている様子が微笑ましい。

【宮野】(学校を出よう)
「どうやっても彼はそこに登場する。」に激しく笑った。いつのまにか主役になってしまった気がする。

【アスタリスク】(学校を出よう)
「介入する。」「実行」「終了。」は強烈なインパクトがあった。

【ネネス・トトル】(クロスカディア)
あんまり出番は無いが、緊迫した場面でも緊張感を感じさせないところが魅力。


146 :イラストに騙された名無しさん:05/01/23 01:09:57 ID:X8LDTEre
●大賞・イチオシ賞

○<<半分の月がのぼる空3 wishing upon the half-moon >>(著 橋本紡/絵 山本ケイジ/レ 電撃文庫)
ほのぼのからの急転直下。寂しい、寂しすぎる。以前このスレでも出ていたけど『命をかけてきみのものになる』に大感動。二月新刊が待ち遠しいような、来てほしくないような。とにかく里香、大罪をかました裕一を叱ってくれぇ!(切実)

<<バッカーノ 1933(下)>>(著 成田良悟/絵 エナミカツミ/レ 電撃文庫)
はちゃめちゃながら流れがしっかり出来ていてスパスパ読めてしまうテンポの良さが最高。なかがきで193X代に区切りをつけるとかなんとか言ってた気がするけどどうなるか期待。

<<しにがみのバラッド。D>>(著 ハセガワケイスケ/絵 七草/レ 電撃文庫)
最も好きなシリーズだが話がいささか詰まってきた感がある。けどやっぱりはずせない死の物語。次とビジュアルノベルに期待しとく。

<<キノの旅[>>(著 時雨沢恵一/絵 黒星紅白/レ 電撃文庫)
言わずと知れた電撃の看板シリーズ。1000タイトル目おめでとう。とりあえず眼鏡キノとロリ確定のシズ様、進化しつづける時雨沢あとがきに乾杯(笑)

<<カレとカノジョの召喚魔法>>(著 上月司/絵 BUNBUN/レ 電撃文庫)
粗削りな感じだけど設定に惹かれて買った甲斐はあった。二巻ではすっきりなった感がある。どっちを挙げるか迷ったけど締め方の良かった一巻を大賞候補に。ってかこれを挙げる人はいないかな(笑)

電撃文庫中心な俺としてはこのスレでよく挙げられてる悪魔のミカタや灼眼のシャナも読んでみたいな。金ないから厳しいけど(悲)

次点は<少年陰陽師><キーリ><エンジェルハウリング>

147 :イラストに騙された名無しさん:05/01/23 01:38:18 ID:X8LDTEre
●キャラクター賞

【秋庭里香】(半分の月がのぼる空)
わがまま少女がだんだん健気になっていく。それだけならいい話だけど死に向かって進み行くうちにそうなっていくんだから痛い。がんばれ、生きろ。

【彰子】(少年陰陽師)
健気少女その2。このシリーズ的にも彰子が安倍家に居候することになるあたりが一番輝いていたと思う。もうちょい昌浩と戯れさせてあげてよ。作者様〜(笑)

【水瀬遊矢】(カレとカノジョの召喚魔法)
頭脳明晰。いつもニコニコの裏で必死に感情を作り出している…酷い境遇の中でも頑張ってるあなたに感動。特に一巻ラストのリールゥとのやりとりは忘れられない。

148 :yufgbvbzpodfdjk ◆0w3Ri1lX3. :05/01/23 12:28:28 ID:VN0b0ESL
●大賞・イチオシ賞
○<<9S 〈ナインエス〉IV>>(著:葉山透/絵:山本ヤマト/レ:電撃)
 派手なストーリーと堅実な文章は読んでて飽きが来ない。
 中盤の麻耶と由宇の会話で笑い、バトルで盛り上げ、ラストの爽やかな挿絵できっちり締めてくれた。
 文句なしでイチオシ推薦、褒め称えたい。

 <<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンチック? >>(著:新井輝/絵:さっち/レ:富士見ミステリー)
 エロさと(゚∀。)な挿絵は健在!4巻と激しく甲乙つけがたかったが、エピローグの凄さでこちらを推しますた。
 3月の新刊も超期待。

 <<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (3)〈下> >>(著:川上稔/絵:さとやす/レ:電撃)
 これも4<上>とどちらに投票しようか迷ったが、ロボロボバトルと自動人形と、最後の見開き挿絵にツボった。
 あの挿絵はマジで凄いわ。軽く鳥肌が立った。

 <<キノの旅 [-the Beautiful World- >>(著:時雨沢恵一/絵:黒星紅白/レ:電撃)
 久しぶりの新刊マンセーで。やはり外せない。あとがき最強。

 <<デビル17(2) 復讐のサマ−タイム >>(著:豪屋大介/絵:藤渡/レ:富士見ファンタジア)
 エログロはそんなに嫌いじゃないので、たまにはこういうのも悪くない。
 これに投票する人はあまりいないかも…

149 :yufgbvbzpodfdjk ◆0w3Ri1lX3. :05/01/23 12:33:28 ID:VN0b0ESL
●キャラクター賞
【峰島由宇&坂上闘馬】(9S<ナインエス>)
 W巻ラストの挿絵の手をつないで逃避行。あああああああああああああ

【シーナ】(ROOM No.1301)
 勢いもあるし、何よりエピローグの入れ方が良かったと思う。
 単なるうるさいだけのキャラになってなくて良かった。

【絹川蛍子(ホタル)】(ROOM No.1301)
  3,4巻と続けてえらいこと。鬱だよ。

【スケルツィー】(キノの旅)
 ラジオな国より。めっちゃマイナーなキャラだがイカス。

【アポルオン&月読・京】(終わりのクロニクル)
 ベッドシーン(゚∀゚)! なんかいいカプールだ。


150 :イラストに騙された名無しさん:05/01/23 17:34:48 ID:IC/T0Suj
○<<エンジェル・ハウリング 10 愛の言葉―from the aspect of FURIU>>(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア文庫)
ミズー編を選んでいる人が多いみたいだけど、敢えて。理由はサブタイトル。シリーズ通して評価するべき作品。
厚い雲に覆われたツンドラの森に一条の日の光が射す、そんな作品。
この一種異常なライトノベルバブルがはじけた後にも一輪の花として咲き続けるであろう作品。

<<学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME>>(著:谷川流/絵:蒼魚真青/レ:電撃文庫)
この下半期は谷川作品怒涛の出版ラッシュが印象的でした。
SF・ミステリー・ホラー好きなもの全部詰め込みました的作風は好みが分かれるだろうけど、個人的には好きです。

<<空ノ鐘の響く惑星で (5)>>(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
安定感抜群。『エンハウ』や『学校〜』は、読んで面白いと思う人だけ読めばいいと思うけど、
本作品はもっと広く読まれて欲しいなと思います。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
やったね、桜坂タン、明日はホームランだ!的な作品。秋山瑞人を初めて読んだとき以来の
衝撃でした。作品に引き込まれる。気付かぬうちに、主人公とシンクロしてました。
特に意識せずコーヒー飲みながら読んでたら…。ほろ苦いね。

<<涼宮ハルヒの消失 (4)>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
どの登場人物も好きだけど、ようやく主人公が主人公らしい行動を取った点を評価して。
まあ、楽しそうな同好会だと思います。

151 :150:05/01/23 17:35:55 ID:IC/T0Suj
●キャラクター賞

【ミズー・ビアンカ】(エンジェル・ハウリング)
強いお姉さんは大好きです。結婚してください。
【フリウ・ハリスコー】(エンジェル・ハウリング)
これからもみんなと幸せに暮らして欲しいなと思います。
【堕花雨】(電波的な彼女)
ツンデレな人が好きなんだけど、たまにはこう、電波な人もいいかなーと。
【宮野秀策&光明寺茉衣子】(学校を出よう!)
狂言回し。お似合いの二人だと思います。次作には登場するのだろうか。
【キリヤ・ケイジ】(ALL YOU NEED IS KILL)
絶望的な状況を打破するために成長する男。男たるものかくありたい。

152 :イラストに騙された名無しさん:05/01/23 21:38:19 ID:yFh8HEip
●大賞・イチオシ賞
○<<涼宮ハルヒの消失>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
ハルヒシリーズのいまんとこの最高傑作。長門がメインヒロインに昇格した記念すべき作品。
エンターキー云々は誰でも一度は考えたことがあるだろう問題(というほどのことでもないか)だが、
それを正面からテーマにしているところを評価。きちんと結論を出したキョンに拍手したい。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:阿倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
成長著しい桜坂のこれまでの集大成といった感じ。ラストの余韻が物悲しい。
これからのさらなる成長を祈願する意味も込めて一票。

<<つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)  
ラノベの中で、最も読者のことを考えて作られていると思う。これぞライトノベル。
絶望的な状況でもそれに対して向かっていく宗介たちがかっこいい。

<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
キャラ立ちしたキャラがたくさん出て、視点がめぐるましく変わって、ついでに大量出版5シリーズ同時並行で、
しかし構成は破綻してない。まぁ、ある意味全て破綻してるが。まったく成田は化け物ですよ、と。
<<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンティック?>>(著:新井輝/絵:さっち/レ:富士見ミステリー文庫)
ラストのホタルにやられました。っていうか、全体的にやられまくり。

153 :イラストに騙された名無しさん:05/01/23 21:39:06 ID:yFh8HEip
●キャラクター賞
【長門有希】(涼宮ハルヒ)
もはや定番で鉄板。長門なしのハルヒシリーズなど考えられません。

【リタ・ヴラタスキ】(ALL YOU NEED IS KILL)
かっこいいだけでなく、ちょっとしたボケっぷりがかわいい。
梅干し食ってのたうち回ってたり。

【絹川蛍子】(ROOM No.1301)
もうね、可哀想すぎます。
普段は綾さん萌えなんだけど、四巻読んだらそんなこと言ってられません。

【堕花雨】(電波的な彼女)
前髪を上げたところの挿絵に惚れた。もっと強烈に電波を発してほしい。

【マリアローズ】(薔薇のマリア)
読んでて男に思えません。

154 :イラストに騙された名無しさん:05/01/24 01:20:47 ID:Iale02Qv
●大賞・イチオシ賞

○<<復活の地 III>>(著:小川一水/絵:前嶋重機 /レ:ハヤカワ文庫JA)
 良い完結編だった。それぞれのキャラが、ちゃんと自分なりに最善を
 尽くしてた。名もない脇役の一人一人まで、悩み、考え、動いてた。
 これぞ群像劇。実に熱かった。

 <<Alice>>(著:川崎康宏/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
 ちっとも変化はしてないが、ますます熟成されてきた、って感じだ。
 あまりにもアホな物語に、むしろ感動させられた。
 万人にウケるとは全然思わないけど、でも俺、こういうの大好き。

 <<ネペンテス>>(著:清水マリコ/絵:toi8/レ:MF文庫J)
 いつの間にか困った事になっている、みたいな描写が上手い。
 微妙に鬱な展開が連続し、じわじわ気分が沈んでいく。
 ゆっくりと変になっていく、そんな感覚が楽しめた。

 <<ネザーワールド (2) ―ロビン―>>(著:東佐紀/絵:唖采弦二/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
 話もキャラも設定も、ありがちな印象。しかし、それでも良いと
 思っちゃったんだから仕方ない。「道具として造られたモノの葛藤」とか
 「諸刃の剣な能力」とか「精神年齢の低いヒロイン」とかにやられた。

 <<BLACK BLOOD BROTHERS 1 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 兄弟上陸―>>(著:あざの耕平/絵:草河遊也/レ:富士見ファンタジア文庫)
 いきなり「そう遠くない別れ」を暗示する伏線あり。これから先の
 展開が気になる一冊だ。続き物の一巻として正しい形だと思う。
 単体として見た場合も、派手でなかなか面白い。

155 :イラストに騙された名無しさん:05/01/24 01:39:02 ID:WRTDRD3Z
●大賞・イチオシ賞
○ <<復活の地。>>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
この作品は主役の二人だけでなく、大型地震という未曾有の災害に
希望を失わず立ち向かっていく人々すべてが、とても熱かった。
陳腐な表現でしか書けないが、震災後の人々による救助シーンは圧巻の一言。

<<カオス レギオン04 天路哀憧篇>>(著:冲方丁/絵:結賀さとる/レ:富士見ファンタジア文庫)
このシリーズの主役はノヴィアだと思うけれども、この作品についてはキリが主役だったと思う。
自分の上に降りかかった運命とこの先の行方を知りながら、唯母なる海へと向かって
進み続ける強さ。その姿は泣けてしまった。

<<推定少女>>(著:桜庭一樹/絵:高野音彦/レ:ファミ通文庫)
この作者がこの後に書いた「砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない」の方が突きつけられる
現実の残酷さという面では上だと思うけれども、少年少女の思春期の悩みを
詰め込んで、どこまでが現実だったのか分からなくなる不安定さを加えたこの作品が
より印象に残った。

<<刹那〜そのとき彼女が願ったこと〜days of Broken Blood>>(著:山下卓/絵:HACCAN/レ:ファミ通文庫)
仲の良い女の子二人組の日常に、段々と忍び寄ってくる不幸の翳り。
収束していく結末は分かっているのに、読み進めてしまう。
ラストはとても痛く切ない。それでも二人の結びつきの強さに感動した。

<<空ノ鐘の響く惑星で5>>(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
ウルク派としてはあの流れはとても悲しかったんだけど、国内の戦乱も終わり
物語も佳境に入ってきている話しに引きつけられた。最後までこの話しを
読み続けたいと思わせるのに十分な質の高さを維持している作者は、すごいと思う

眠り姫、ALL〜、echoなどもいい作品だった。


156 :イラストに騙された名無しさん:05/01/24 01:40:41 ID:WRTDRD3Z
● キャラクター賞
【海野藻屑】(砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない)
可哀相で仕方がなかった。やっと親しい友人を見つけたのに・・・
彼女に幸せがありますように。

【レオニス】(カオス レギオン)
シリーズの途中ではしつこいうざったいキャラとしか思えなかったが、
05での聖地の領主としての衿持と誇りを取り戻し、戦う姿は素晴らしかった。

【シシドー】(Alice)
みんなボーボーの方にいれてるけど、自分はこのキャラが壺にはまった。
現実を全てゲームの中と解釈する男。いいなあ。

【真木】(眠り姫)
まわりくどい言い回しやここぞというところでのカッコを付けるせりふなど
こういうハードボイルドぶったキャラクター好きだ。

【ウルク・ティグレー】(空ノ鐘の響く惑星で)
ウルクたんがんがれ。超がんがれ。
どうかあのまま帰すなんてことしないでください。
どうかハッピーエンドを。


157 :イラストに騙された名無しさん:05/01/24 04:59:42 ID:w4iIEXLM
●大賞・イチオシ賞

○<<ゼロの使い魔2 風のアルビオン>>>(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)
良い意味で王道。全体のストーリーも良く、各シーンもそれぞれ良いと思う。
作者の筆力不足は否めないが、それをカバーするだけの魅力が備わっているといって良いだろう。
個人的には、サイトが地球に帰りたいと泣くシーンが良かった。

<<学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME>>(著:谷川流/絵:蒼魚真青/レ:電撃文庫)
5,6で上下巻なので、評価には5巻も含む。
個人的に一番好きなシリーズ。設定的なもの、キャラクター共に良く作られている。
ラストがちょっと物足りない感があるが、それまでの流れは秀逸。インパクトも抜群。

<<とある魔術の禁書目録3>>(著:鎌池和馬/絵:灰村キヨタカ/レ:電撃文庫)
どこまでも熱い主人公、上条当麻の話。女の子のピンチに駆けつけたときは感動した。
3巻は良かったのだが、4巻でこけてしまったので、今後持ち直してほしい。
正直な話、矛盾点を論議する段階が一番楽しかったので、議論できるだけの矛盾は残しておいてほしい。

<<ホーンテッド!2 コトコトクライシス>>(著:平坂読/絵:片瀬優/レ:MF文庫J)
1巻よりも、更に個性的な作品に仕上がっていると思う。そう、よく言えば個性的、悪く言えば電波な作品。
3巻以降、どんな展開になるのか全く予想できないので、今後がより楽しみ。勢いを失わないことを祈っている。
実は平坂氏はあとがきが楽しい作家でもあるので、一読してみると良いかも。

<<ゼロヨンイチロク>>(著:清水マリコ/絵:tio8/レ:MF文庫J)
何とも言えない不思議な展開と、ほんのり怖い童話が妙な雰囲気をかもし出している。
イラストも文章とマッチしていて、とても良かった。

次点は『涼宮ハルヒの消失』、『陰からマモル4』、『半分の月がのぼる空3』、
『キノの旅[』、『灼眼のシャナZ』、『インフィニティ・ゼロ4』、『神様家族5』、
『キーリX、Y』、『電撃!!イージス5』など


電撃とMF文庫Jばっかりになってしまった。

158 :イラストに騙された名無しさん:05/01/24 05:00:18 ID:w4iIEXLM
● キャラクター賞
【宮野秀策&光明寺茉衣子】(学校を出よう)
この2人あってこその学校を出ようだと思う。
今の関係がそのまま続くか、それともデレに移行するのか、今後も期待。

【テンコ】(神様家族)
ツンデレ幼馴染萌えた。頭から湯気とか、どうすれば思いつくんだ桑島よ。

【レレナ・パプリカ・ツォルドルフ】(吸血鬼のおしごと)
可哀相だ……・゚・(つД`)・゚・
いろいろあって最後まで取り残された少女。彼女はその後どうしたのだろう。

【逆本麻紀】(ホーンテッド!)
楽しいはちみつでした。
ちなみに作者は彼女が嫌いだそうです。

【キョン】(涼宮ハルヒシリーズ)
長門を気遣ったり、世界のためにあちこち駆け回ったり、がんばっていた。
ただ、そう思っている人はかなり少数派だと思う。

159 :イラストに騙された名無しさん:05/01/24 10:02:38 ID:s1xnIjs5
●大賞・イチオシ賞
○<<眠り姫>>(著:貴子潤一郎/絵:ともぞ/レ:富士見ファンタジア文庫)
出来そのものではいろいろまだ甘いところもあると思う。
しかし、個人的にはこういう本が出たことを評価したい。
今年の新人を読んだ結論。彼に富士見の希望を託す。
いつまでもベテランにおんぶに抱っこではいけない。

<<復活の地 III [完]>>
(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
小川一水がちゃんと最後まできっちりまとめた。
それだけでも作家としては一つのブレイクスルー。
書きたいものだけでなく、物語を書いてくれるようになった。

<<灼眼のシャナ Z>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
観客へのアピールを理解しているという稀有な作家。
アクションも恋愛も、読んでてドキドキさせる王道ぶり。
読みにくかった文章はかなり改善されていい感じだ。

<<天槍の下のバシレイス (1) まれびとの棺 <上>>>(著:伊都工平/絵:瑚澄遊智/レ:電撃文庫)
渋いものも一つ挙げてみる。いわゆる学兵もの?
シチュエーションの割に暗くないのがかえってリアル。
電撃中堅を支える、作者の堅実な手腕を高く評価したい。

<<ネペンテス>>(著:清水マリコ/絵:toi8/レ:MF文庫J)
これは今回の隠れイチオシ大賞。というか読んで欲しい宣伝投票。
嘘つきは〜のときからそうだったように、作中の雰囲気が素晴らしい。
埋もれずに良い作品を書き続けて欲しい。MFも段々駒が揃ってきた?

次点:推定少女、気象精霊、三月七日、フルメタ、空鐘。

160 :イラストに騙された名無しさん:05/01/24 10:03:21 ID:s1xnIjs5
キャラ賞は萌えとかあんまし気にしないので
印象に残ったイロモノ3つのみで。

●キャラクター賞
【ボーボー】(Alice)
今回だけだろう、許されるのは。というわけでクマー!

【ダンタリオン&ドミノ】(灼眼のシャナ)
マジな展開にこのキテレツな配役は絶妙というか。

【ザ・ゴールデンブラジャー】(GOSICKあとがき)
ネタにしてもキツ過ぎるぞ。もっとやれ。

161 :イラストに騙された名無しさん:05/01/24 10:24:28 ID:xLujxmHk
●大賞・イチオシ賞
○<<半分の月がのぼる空 3 wishing upon the half-moon>>(著:橋本紡/絵:山本ケイジ/レ:電撃文庫)
「命をかけてきみのものになる」。この一言に尽きます。
どんどん鬱になって行くんだけど読まずにはいられなかった作品。
4巻が早く読みたいけど読むのが怖い・・・・。

<<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (3)〈下〉>>(著:川上稔 絵:さとやす(TENKY) レ:電撃文庫)
これだけ長い話を最後までダレないで熱く締めた川上氏に乾杯。
自動人形最高!!ロボバトル最高!!そしてお約束のエロも!!

<<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (4)〈上〉>>(著:川上稔 絵:さとやす(TENKY) レ:電撃文庫)
氏はこれだけキャラを出しても必ずどこかにキャラの個性を出せるのが凄いと思う。
そして毎度の事ながら濃過ぎる位の萌え燃えですよ。
巨乳手付かず人妻外人最高!!

<<ソウルドロップの幽体研究>>(上遠野浩平、斎藤岬、祥伝社ノン・ノベル)
最近かどちんにマンネリを感じ始めていたが少し見直した。
悪癖の「1巻出して投げっ放し」にしないでこれからもシリーズ化して欲しい。

<<新本格魔法少女りすか>>(著:西尾維新/絵:西村キヌ/レ:講談社ノベルス)
まず最初にキズタカ、てめえは最低だ。
その上で変身物のお約束をぶち壊そうとするいーちんの試みを評価する。
まだまだ荒削りだけど期待株と言う事で。

162 :イラストに騙された名無しさん:05/01/24 10:42:49 ID:xLujxmHk
●キャラクター賞
【秋庭里香&戎崎裕一】(半分の月がのぼる空3)

祐一には失望させられもしたが、やっぱりこの2人には幸せになって欲しい。
でないと里香が可哀想過ぎる・・・・。

【供犠創貴】(新本格魔法少女りすか)

主人公としては最低だが、人間的に共感出来るキャラ。
こう言うキャラを書かせたらやっぱいーちんだなあ。

【しずるさん&よーちゃん】(しずるさんと底なし密室たち)

見ててほのぼのとさせられる二人。
厳密にはカップルとは言えないのかも知れないけど、見てて美しい物がある。

【佐山・御言&新庄・運切】(終わりのクロニクル)

遂に公開羞恥プレイまでやっちゃいましたよこの2人は・・・・。
しかも新庄まで順応して来てるし。セショーンまだ〜?

【ディアナ・ゾーンブルク】(終わりのクロニクル)

巨乳手付かず人妻外人の魔女。素敵に無敵です。翻弄されたい。

163 :イラストに騙された名無しさん:05/01/24 12:08:52 ID:/ViMOEBX
●大賞・イチオシ賞
<<空ノ鐘の響く惑星で5>>(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
2〜4までヒロインを張っていた感のあるウルクが・・・orz
反対にしばらく大人しかったリセリナがヒロイン復権の為に巻き返しに出た巻w

<<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J
ついに悪の親玉も登場して物語の行き着くところも見えた感じ。最終的にサイトは異世界に
残るのか、地球に戻るのかも気になる。恋の鞘当てなんかもあって重要な巻でした。

<<星界の戦旗IV>>(著:森岡浩之/絵:赤井孝美/レ:ハヤカワ文庫JA)
待ったよ。帝国の首脳陣のポカミスで大ピンチ。そのまま戦えば勝ってたのに
風雲急を告げる4巻がこれだけ待たせて登場。5巻は待たせないようにせよ。

●キャラクター賞
【フェリオ】(空ノ鐘の響く惑星で5)
相変わらず頭が痛い事が次々起こってますね。へこたれず頑張れ。

【ウルク】(空ノ鐘の響く惑星で5)
この展開はキツ過ぎですよ。果たして復活出来るのか?

【サイト】(ゼロの使い魔)
ゼロ戦まで動かしてからに・・・というか今回は妙に格好良かった。

【ルイズ】(ゼロの使い魔)
遂に「ゼロ」の本領発揮。しかし次から大変な事に巻き込まれそうだな。

【ドゥヒール】(星界の戦旗IV)
紋章でのあの可愛いボンボンが荒んでしまった・・・何があったんだボンボンよ。

164 :イラストに騙された名無しさん:05/01/24 12:25:07 ID:ayZIvRrM
●大賞・イチオシ賞
○<<半分の月がのぼる空3 wishing upon the half-moon>>(著:橋本紡/絵:山本ケイジ/レ:電撃文庫)
難病の女の子とただの高校生。
無力感を感じている裕一が医者と殴り合ったり泣いたり叫んだり、
難病物にはありがちなシチュエーションとも言えるが
「命をかけて君のものになる」に泣けた。

<<約束の柱、落日の女王>>(著:いわなぎ一葉/絵:AKIRA/レ:富士見ファンタジア文庫)
互いの足りないところを補い合いながらクリムとカルロが
きちんと成長していくところが魅力的に描かれている。
結ばれることがない二人だけに、ラスト・シーンが救いだった。

<<僕らA.I.>>(著:川上亮/絵:BUNBUN/レ:富士見ミステリー文庫)
あとがきに尽きる。
本編のキャラクターの葛藤や選択に納得し切れないものを感じながら
あとがきを読んだ。
笑いをとらないあとがきなのにとても印象的だった。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
食堂で出るお茶が無料かどうかなどという話がこれほど心を揺さぶるとは思わなかった。
同じ日、同じときの同じ振舞いが、ちょっと見方を変えるだけで
印象深くなることを知らされた作品。

<<echo ―夜、踊る羊たち―>>(著:枯野瑛/絵:謎古ゆき/レ:ファミ通文庫)
知りたくない真実が色々な視点から次第に明らかになっていく展開がたまらなかった。
昔の恋人桐子の登場で少しずつ壊れていく直樹と灯雪の兄妹の生活と
ラストの悲しさがよかった。


165 :イラストに騙された名無しさん:05/01/24 12:26:47 ID:ayZIvRrM
●キャラクター賞
【秋庭里香】(半分の月がのぼる空)
里香がいなければ、銀河鉄道の夜を読むこともなかった。
ゲームならトゥルーエンドとハッピーエンドの二つができるのに。

【須賀桐子】(echo ―夜、踊る羊たち―)
男言葉で眼鏡で可愛いのに変人。
行動に予想がつかないことがあるところがよかった。

【クリムエラ】(約束の柱、落日の女王)
「約束」を果たすときの言葉が心に刺さった。

166 :イラストに騙された名無しさん:05/01/24 13:35:57 ID:gbUL8a0U
●大賞・イチオシ賞
<<灼眼のシャナ VII>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
恋もバトルも熱い。燃えとはまさにこれ。萌えとはまさにこれ。
カムシン&ベヘモットの戦闘形態には度肝を抜かれた。スケールがでかすぎ。

○<<シャドウテイカー 2 アブサロム>>(著:三上延/絵:純珪一/レ:電撃文庫)
シャナを動の萌え燃えとするなら、シャドウテイカーは静の萌え燃えと言えよう。
清涼な文章で綴られる、切なくも危うげな現代ファンタジーっつーかホラー。
互いを大切に想うが故に惜しみなく自らを危険にさらす幼なじみカップルの健気さに、
数多の幼馴染禁スレの強者共が玉砕した(と勝手に想像)珠玉の名作。個人的に現在電撃で一番続きが気になるシリーズ。
この大賞で少しでも知名度が上がってくれるといいんだが。
渡瀬と甲田が好きな人には合うんじゃないかと思うんですがねぇ。どうですかお客さ〜ん。

<<空ノ鐘の響く惑星で 5>>(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
内戦が一段落したと思ったら、今度はウルクがうわぁぁぁ(;´Д`)
隣国の侵攻も始まって、内に外に問題山積み。頑張れ王子サマ。つーかそろそろ王弟?

<<セブン=フォートレス リプレイ フレイスの炎砦V3(上)>>(著:菊池たけし/F.E.A.R/絵:石田ヒロユキ+みかきみかこ/レ:ファミ通文庫)
S=Fシリーズとナイトウィザードの世界を股に掛けた意欲作。
下巻にも投票したかったが、七宮突破編の『蟹光線(イブセマスジー!)を喰らって後方に吹っ飛ぶ柊』の
イラストで大爆笑してしまった直撃世代としては敢えて上巻を推す。

<<セブン=フォートレス リプレイ フォーラの森砦(下)>>(著:菊池たけし/F.E.A.R/絵:ぽぽるちゃ/レ:ファミ通文庫)
『フォーラの森砦』本編のクライマックスの盛り上がりもすごいが、
同時収録の『宝玉の七勇者』の弾けっぷりが輪をかけてすごい。笑いすぎて腹が捩れるかと思った。
弾けつつもストーリーを収束に持っていくのに協力するプレイヤーとGMの息のあった掛け合いは、
取り方を間違わなければ実際のプレイの参考にもなろう。

167 :166:05/01/24 13:36:50 ID:gbUL8a0U
●キャラクター賞
【雛咲葉】(シャドウテイカー)
無口系ヒロインだが、内面描写が充実しているんで何を考えているのかわからないということはなく、
裕生への想いも素直に読みとれる。痛々しくも魅力的だ。
ゲストキャラにやきもちを妬く様も可愛い。

【藤牧裕生&雛咲葉】(シャドウテイカー)
カップルとしても評価高いですよ。1+1を5にも10にもできる素敵な幼馴染みカップル。
どうも世の中には不必要によそよそしい幼馴染みカップルが多いような気がするが、
この二人は言葉にしなくても態度で互いを思いやっていることが雄弁に伝わってくる。
健気な二人に幸あれ。

【イセリア】(アガルタ・フィエスタ!)
一見つれない態度だが後半にいくほど言動はデレデレ、偉そうだけど微妙に世間知らずで寂しがりや。
ツンデレお嬢様の王道を地でいくキャラクターですな。
ぜひシリーズが続いて、幸せになることを願っております。

【サシャ】(セブン=フォートレス リプレイ フォーラの森砦)
『フォーラの森砦』での病弱っぷりがウソのような『宝玉の七勇者』での大活躍(大暴れとも言う)に
もうメロメロっす。お兄ちゃんより全然立派に勇者してるじゃん(w
ぽぽるちゃさんのイラストも可愛いし。武器が身長よりデカイ剣というのもイイ!
『手足がのびーる』は……それはそれで(w

【きくたけ】(セブン=フォートレス リプレイ フレイスの炎砦V3)
厳密にはキャラクターとは言えないかもしれませんが、きくたけリプにおける
GMというポジションはキャラクター性も内包すると強弁して投票。
シナリオ終盤での怒濤の伏線回収&物語の収束させっぷりに、毎回感心させられます。
現在のS=F V3の展開も、10年来の積み重ねが実を結んだ感じですね。

168 :イラストに騙された名無しさん:05/01/24 14:08:09 ID:Ggk+TO87
イリヤの空と、リバーズ・エンド。

169 :イラストに騙された名無しさん:05/01/25 02:04:01 ID:D8zIUbE/
○<<Alice>>(著:川崎康宏/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
淡々とした描写の中の溢れるほどのネタがたまらない。
それら全てが思い切り投げっぱなしなのがたまらない。
読者割と置いてけぼり。
でも暴走し続ける物語とキャラたちを戸惑いながら追っかけるのが楽しくてたまらない。
ああもうこのひと大好きだ。
確かについてこれない読者は多いかもしれない。でも一度ツボにはまったらもう病み付きです。
一度読め。話はそれからだ。

<<セブン=フォートレス リプレイ フレイスの炎砦V3(上)>>(著:菊池たけし/F.E.A.R/絵:石田ヒロユキ+みかきみかこ/レ:ファミ通文庫)
<<セブン=フォートレス リプレイ フレイスの炎砦V3(下)>>(著:菊池たけし/F.E.A.R/絵:石田ヒロユキ+みかきみかこ/レ:ファミ通文庫)
二巻ひっくるめてでしか語れません。
全編通してベタなお約束を演じ続ける彼らが大好きだ。
まあ一元さんにはわかりにくい世界であることは否めませんが
自分たちもこんなプレイをしてみたいという憧れも込めて。

<<バッカーノ! 1933〈下〉>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
下を選んだのはやっぱり物語が収束していく様が気持ちいいから。
まあ、それも全体のふりが入ってややぼやけがちなのですが。
でもラストの爽やかさはとても清々しかった。
殺し屋拷問役ぞろぞろの話なのに。それが成田クオリティ。

<<Missing 11 座敷童の物語・完結編>> (著:甲田学人/絵:翠川しん/レ:電撃文庫)
壊れ続ける物語。
その果てにどんな終末が待つのか、とてもとても待ち遠しい。

170 :イラストに騙された名無しさん:05/01/25 02:19:07 ID:D8zIUbE/
●キャラクター賞
【狗頭蘭子】(Alice)
みんなボーボーばっかりじゃなくてヒロインにも入れようよ
ボンテージガール、でやたら強い。
でも好きな子の前ではしおらしい。でも自分でぶち壊す。
可愛いじゃないかー。

【ボー・ボー】(Alice)
それでもやっぱりこのクマーに入れざるをえない!
探偵であり、サムライであり、アリスの父代わりでもあり、そして何よりもクマである。
結構深いキャラだと思う…そうかも?…かもしれない…そうだったらいいな…?
まあ、とどのつまりはクマーってことだ。

【柊蓮司&赤羽くれは】(セブン=フォートレス リプレイ フレイスの炎砦V3)
ゴメン、ゴメンナサイ、でもこいつらカップルで入れさせてくれ!
捕らわれの幼馴染を取り返すために世界を超える少年、というと超王道じゃないか!
そういうシチュにあまりにも弱いので、こいつらは二人一組でしか見られないんだー!
仲が進展しなくてもいい、柊はいつでもくれはの元に帰ってくれればいいと思います。

【チック・ジェファーソン】(バッカーノ!1933)
笑顔の鋏使い。探す人。
しあわせになって欲しい人だと思う。

171 :イラストに騙された名無しさん:05/01/25 13:12:52 ID:YV9ItO7/
○<<伯爵と妖精 あまい罠には気をつけて>>(著:谷瑞恵/絵:高星麻子/レ:コバルト文庫)
  口説き魔伯爵最高。魔女の結婚も好きですが、よりこちらのほうが大好きです。
  ヒロインもとても可愛いと思います。
 
 <<楽園の魔女たち 楽園の食卓(後編)>>(著:樹川さとみ/絵:むっちりむうにい/レ:コバルト文庫)
  完結記念。読み始めた頃はまだまだ純真な中学生だったのに、いつの間にか(以下略)。
  あっさりとしてましたが、とても「らしい」最後だったと思います。楽園と4人娘に幸あれ。

 <<Mew Mew! Crazy Cat's Night>>(著:成田良悟/絵:ヤスダスズヒト/レ:電撃文庫)
  実は成田作品で一番好きなのです。前髪娘万歳。あとスナイパーと中国人の掛け合いとか
  ふざけた地区トップがお気に入り。

 <<GOSICK III ―ゴシック・青い薔薇の下で―>>(著:桜庭一樹/絵:武田日向/レ:富士見ミステリー文庫)
  ヴィクトリカがとてもとても可愛かったです。フリルは乙女の永遠の憧れ。
  九城との会話が萌え萌えです。

 <<春季限定いちごタルト事件>> (著・米澤穂信/絵:片山若子/レ:創元推理文庫)
  最良の青春小説。相変わらずのまったり具合が最高です。
  続きが是非とも読みたくなります。


 次点はバッカーノ!1933下、トワイライトトパァズ、憐 Ren 刻のナイフと空色のミライ
 BBB2巻という感じです。
 入れたいもの多すぎで次点まで絞るのも大変でした。自分的超豊作な今期でした。

172 :171:05/01/25 13:15:42 ID:YV9ItO7/
●キャラクター賞
【エドガー&リディア】(伯爵と妖精)
 なんだかんだでお人よしな妖精博士とひたすら胡散臭い口説き魔伯爵の関係がツボです。

【ジェイル&マリア】(楽園の魔女たち)
 この二人はきっと周囲が呆れ返るくらいの万年新婚夫婦振りを見せてくれるに違いありません。

【『葡萄酒』&シャーネ】(バッカーノ!)
 こーの馬鹿ップルめ!!! と言いたくなりますがそーゆーのも大好きです。

【ヴィクトリカ&九城】(GOSICK)
 フリルでふわふわでお人形さんみたいな女の子に堅物日本男児の組み合わせがたまりません。

【新羅&セルティ】(デュらんぷ)
 本編読んだときはそうでもなかったんですが、反則なくらい海賊本でツボに来てしまいました。
 なんなんだその可愛らしい願いは!



気づけば全部コンビカップル投票に…。まあ、こういうときもあるでしょう。
最後の票は我ながらかなり反則な気がするので海賊本は規定外ということなら
外して合計4票でお願いします。

173 :171-172:05/01/25 13:52:23 ID:G/kHPzPT
がーん。
なおしたはずのキャラ名がなおってない…。
なので171-172のGOSICKのキャラ名九城は久城です。
すみません。

174 :イラストに騙された名無しさん:05/01/25 21:22:18 ID:b2IlijWW
●大賞・イチオシ賞
○<<業多姫〈6之帖〉夢見月>>(著:時海結以/絵:増田恵/レ:富士見ミステリー文庫)
ついに最終巻。
最初から注目していて、最後まで追い続けた作品はこれが初めて。感無量。
完結記念でイチオシはこれしかない。

<<GOSICK III ―ゴシック・青い薔薇の下で―>>(著:桜庭一樹/絵:武田日向/レ:富士見ミステリー文庫)
一弥やヴィクトリカと別々に行動する。
離れてわかるお互いの大切さ。それがすごくいい!

<<タクティカル・ジャッジメント6 湯けむりのディスティニー! 大舌戦編>>(著:師走トオル/絵:緋呂河とも/レ:富士見ミステリー文庫)
ミステリーで湯けむりと聞いて火サスを連想してはいけない。
上下巻の下である六巻は、シリーズ最高傑作。未読の人はぜひ一巻から読んでみるべし。

<<しずるさんと底無し密室たち The bottomless closed‐rooms in the limited world>>(著:上遠野浩平/絵:椋本夏夜/レ:富士見ミステリー文庫)
しずるさんとよーちゃんの関係がほんとに魅力的。
もう一つの魅力はしずるさん理論&哲学。

<<9S<ナインエス>W>>(著:葉山透/絵:山本ヤマト/レ:電撃文庫)
富士ミス勢の中で唯一の例外。でも俺の中ではいまだに富士ミスの人。
電撃からだしても、富士ミスのころの手腕は健在。アクション物にミステリーぽい複線の張り方や謎解きが生きている。

富士ミスファンを名乗るに恥ずかしくないラインナップです。


175 :イラストに騙された名無しさん:05/01/26 00:15:48 ID:dhJokAEl
●大賞・イチオシ賞
○<<涼宮ハルヒの消失>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
 読んでいたのだが、うまく言えないが私的にはヒットしていなかった。
 これは大ヒットしてしまった。萌えるし燃えた。
 なんて面白いんだろう。読み続けていて本当によかった。

<<探偵神宮寺三郎 疾走の街>>(著:蕪木統文/絵:HACCAN/レ:ファミ通文庫)
 神宮寺の高校時代を描くという無謀な小説で、しかも公式設定になるという。
 予想していたよりずっと面白かった。後半は盛り上がるし、現在のいくつかの謎も明かされる。
 これはこれで本編とは別にシリーズ化してもらいたいと思った。

<<仮面ライダーファイズ正伝 異形の花々>>(著:井上敏樹/絵:篠原保/レ:講談社)
 正直、文章的にはそんなに上手くないと思う。
 でも構成的にはとても上手いと思った。
 前年の555映画版小説があまりの出来だったので、この本は嬉しかった。

※下のふたつは大賞というよりも、おれ個人的に印象に残ったという作品ですけど


176 :イラストに騙された名無しさん:05/01/26 01:03:35 ID:f90zlKoN
●大賞・イチオシ賞
○<<ネペンテス>> 著:清水マリコ/絵:toi8/レ: MF文庫J
 個人的に短編連作というのはあまり好きではなかったのだけど、そんな考えをいとも簡単に吹き飛ばしてくれた作品。
 そして今期の中では唯一、読後に我を失った作品でもありました。迷うことなくイチオシで。

<<描きかけのラブレター>> 著:ヤマグチノボル/絵:松本規之/レ:富士見ミステリー文庫
 今となってはすっかり見かけなくなってしまった、ただただ真っ直ぐに恋愛だけを書いたライトノベル。
 もっとこういう本を読んでみたいのだけど、このご時世では難しいかな。
 ちなみに最初に読んだ際の感想は、「これでミステリー文庫?」でした(笑

<<カレとカノジョと召喚魔法>> 著:上月司/絵:BUNBUN/レ:電撃文庫
 最後は新人賞ということでこの作品に。
 多少ミステリーっぽい要素を含むので内容についての言及は避けますが、なかなか楽しく読ませてもらいました。
 最も今後が気になる作品ですね。

 次点は空鐘5とAll〜あたりかな。どうにも今期は地味な作品ばかりを選ぶことになってしまいました。
 一月前半の本も対象だったなら、もっと違った結果になったのだけど……。

177 :イラストに騙された名無しさん:05/01/26 14:36:03 ID:2Q0kpYOG
なんだか作品個別の感想ではなく、まとめみたいなものばかりになってしまった。

●大賞・イチオシ賞

○<<推定少女>>
  (著:桜庭一樹/絵:高野音彦/レ:ファミ通文庫)
  衝撃の度合いでは、間違いなく「砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない」の方が強力ではあると思う。
  それでもこっちを推すのは、少年少女が必ず通過する場所をしっかりと描ききっている事の方が
  大事と思えたからだ。欝展開で読者を突き落とすのは簡単だが、悩みと付き合うのは、とても難しい。

 <<吉永さん家のガーゴイル 5>>
  (著:田口仙年堂/絵:日向悠二/レ:ファミ通文庫)
  レーベルにとって、鉄板作家というものは非常に大事である。安心して楽しめる保証があってこそ
  購読の幅が、レーベルの他作品に広がる。これだけ高度なレベルでクオリティの維持ができ
  しかも刊行ペースも早い作家を見つけ出したことは、ファミ通文庫にとって大きな意味がある。

 <<灼眼のシャナ Z>>
  (著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
  他の萌えと称する小説も読んで気付いたのだが、この作者の萌えは不思議といやらしくない。
  それは少年少女を大人の視点で見ているからではないか、と「アプラクサスの夢」を読んで気付いた。
  そして、その視線は冷めていない。だから激しく燃える熱さがある。娯楽小説はかくありたい。

178 :イラストに騙された名無しさん:05/01/26 14:37:05 ID:2Q0kpYOG
 <<食卓にビールを>>
  (著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士見ミステリー文庫)
  難しく考える必要のない、まったり風味のンSFコメディである。思うに、ライトノベルのライトとは
  まさにその「難しく考える必要のない」の部分なのではないだろうか。娯楽として成立するために
  必要なのは、間口の広さと敷居の低さであり、「SFであること」ではない。

 <<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>
  (著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
  バッカーノ始め、成田良悟作品群のキモは、入り乱れる筋と収束する伏線、多彩な登場人物など
  たくさんあるが、その中で最も重要なのは「ラストシーンの爽やかさ」である、と断言したい。
  ドロドロ・ムチャクチャな話を全て、後口の良さで片付ける。その「可笑しさ」に、この作者の味がある。


●キャラクター賞

 【ボーボー】(Alice)
  作中に占める役割や、見た目のインパクトが、今回ではダントツか。

 【巣籠カナ】(推定少女)
  下手な欝など及びもつかない、怖気がするほどの生々しさがある。

 【ダンタリオン&ドミノ】(灼眼のシャナ)
  行為の恐ろしさと当人達の態度のあまりなアンバランスさに笑った。

 【ヒロイン】(食卓にビールを)
  小説の雰囲気の体現者。非常識なまでのまったり具合が心地いい。

 【クレア・スタンフィールド】(バッカーノ!)
  成田節の塊。人間こうなったら終わりではあるが、一方で憧れもする。

179 :イラストに騙された名無しさん:05/01/26 15:32:22 ID:8RKGlEY5
<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>
(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
やっぱりこの人はすごい。

180 :イラストに騙された名無しさん:05/01/26 16:08:31 ID:TBZXyFPR
●大賞・イチオシ賞
  <<バッカーノ1933上>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
○<<バッカーノ1933下>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
 お約束だが相変わらず馬鹿ばっか。だがそれがいい。
●キャラクター賞
【クレア・スタンフィールド】(バッカーノ!)
相変わらずのジョーカーっぷりに痺れました。
【アイザック&ミリア】(バッカーノ!)
バッカーノと言えばやっぱりこのバカップルは外せません。

181 :イラストに騙された名無しさん:05/01/26 16:41:26 ID:4PGBRbeH
●大賞・イチオシ賞

○<<象られた力>> (飛浩隆//ハヤカワ文庫JA)
世界観を綿密に描いた思弁的短編集。この作者の長編はいささか重苦しいが、
短編だと律動感がある。予想を納得させて外す展開はさすが。

<<西城秀樹のおかげです>> (森奈津子//ハヤカワ文庫JA)
笑いとエロス満載の短編集のはずで、同性愛にSMに性倒錯に、と官能系の
設定満載なのだが、笑いしか出てこない。ぜんぜん興奮させられないところが
いい。

<<アシャワンの乙女たち>> (牧野修/山本ヤマト/ソノラマ文庫)
バアル・オームのクロスにかけて美少女二人が合体して戦う、特撮のパロディ
濃縮小説。陰湿ないじめの描写など、現代風の味付けもきちんとされており、
単なる勧善懲悪物ではない。

<<BLOODLINK (4) 天使の幻影(かげ)>> (山下卓/HACCAN/ファミ通文庫)
ある種の難病ヒロイン物なのだが、極限状況での彼女の天真爛漫さが光る巻。
明るい「日常」が実は非日常となっており、緊迫感が高まっている。

<<ALL YOU NEED IS KILL>> (桜坂洋/安倍吉俊/集英社スーパーダッシュ文庫)
さいたまチェーンソー少女はちょっと体に合わなかったが、神林長平の推薦帯
を見て。あまり期待はしていなかったのだが、当たり。くすんだ鉄錆色の世界
の中の鮮やかな青が印象的。


182 :イラストに騙された名無しさん:05/01/26 16:42:12 ID:4PGBRbeH
【バルトロメ・フェレウ】(ALL YOU NEED IS KILL)
男くさい歴戦の兵士。舞台を引き締めるしっかりした脇役。

【白鳥すこやか】(アシャワンの乙女たち)
今どきだとパロディ的にしかお目にかかれないような完璧な
お嬢様。男を寄せつけなさそうな高潔さが良い。

【秋月カンナ】(BLOODLINK)
銀髪碧眼の美少女。九歳とは思えないスーパーガールなのだが、
思わぬところで年相応の無邪気さが出てくる点が魅力。


183 :イラストに騙された名無しさん:05/01/26 22:18:27 ID:gWP3JhQ9
スレを発見したので投票っ。

●大賞・イチオシ賞
○<<ルナティック・ムーン IV>>(著:藤原祐/絵:椋本夏夜/レ:電撃文庫)
ぶっちゃけイラスト買いで出会い、Vまでは「普通に好き」レベルだった。
それが、Wでガツンと来た。次巻で、完結。今、一番結末が楽しみな作品。
ついでに作者萌。可燃性のものなどない祐タン……(*´∀`*)
 <<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
『よくわかる現代魔法』とはえらい方向性が違うなおい! でもそれって、芸風が広いということだよね。
 <<復活の地 III>>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
災害に対して戦う人々の姿に感動。現実でも天災があいつぐなか、自分に何が出来るかと考えさせられた。
 <<楽園の魔女たち 楽園の食卓(後編)>>(著:樹川さとみ/絵:むっちりむうにい/レ:集英社コバルト文庫)
完結、ということで1票。実はまだ読めてない。……くぅっ
 <<癒しの手のアルス ―森は全てを呑み込んで―>>(著:渡瀬桂子/絵:KIRIN/レ:集英社コバルト文庫)
地味ーに良作家だとおもうのですこの人は。だいぶ謎が出てきたり。しかし主人公が、うあぁぁぁぁ

●キャラクター賞
【クレア・スタンフィールド】(バッカーノ!)
最強万歳。超人万歳。努力の人万歳。
【チック&マリア】(バッカーノ!)
なにげなくラブってるし! アイザック&ミリアとは別方向のベクトルのバカップルになって欲しい二人です。
【藤牧裕生&雛咲葉】(シャドウテイカー)
も じ も じ 。いいねーいいねーこのなんともいえない距離感。
【喜嶋ツネコ】(シャドウテイカー)
「ちょんぎる」のインパクトに完敗。
【キリヤ&リタ】(ALL YOU NEED IS KILL)
うめぼし競争……w いや、最後にちょっとうるうる来ましたが。


184 :イラストに騙された名無しさん:05/01/27 09:15:27 ID:jOJbS5/o
age

185 :イラストに騙された名無しさん:05/01/27 10:29:23 ID:GDW/vfOg
●大賞・イチオシ賞
○<<ALL YOU NEED IS KILL>> (著:桜坂洋 画:安倍吉俊 レ:集英社スーパーダッシュ文庫 )
今回の大賞で気になってみたので読んでみた作品。タイムループ物が好きなので手を出してみた。
きっちり練られた設定の上に主人公や仲間達、そしてリタらのキャラクターがしっかりと息づいている。
勢いと熱さとせつなさを1冊に盛り込んだこの作品が上半期のマイベスト。
大賞スレでは多々掘り出し物が見つかるが、今年は大満足だ。

<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
惰性というほどではないが、買って読むのが習慣化して特に思い入れも強くなかったシリーズだったが
今回の話はシリーズのターニングポイントとなる話でもあり非常に熱く面白かった。
日常に紛れ込んだ非日常、そしてその日常が壊れる時。そういうシチュエーションが好みの俺には大ヒットの1冊。
追い込まれていく宗介だが、悲壮さを感じさせない前向きさがいい。

<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見M文庫)
鬱だなんだと言われているが、俺としては読み終えた後に妙なさわやかさを得られた作品。
酷い事件、日常の裏に潜む悪夢を扱っているのだが、最後に皆がそれぞれの一歩を踏み出す感じがする。
名も無い教師の奮闘に敬意を表して1票

186 :185:05/01/27 10:29:54 ID:GDW/vfOg
<<空ノ鐘の響く惑星で 5>> (著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
電撃からは地味作家シリーズ。その壱。
空鐘4において戦争シーンを駆け足で終わらせて今ひとつの感想を得たが、
今作では戦後処理の間に新たな問題、そして新たな戦いへの様子を息もつかせぬ展開でみせてくれた。
そしてウルクがぁウルクがぁ・・・・。一方、1巻以来久々のヒロインぶりを見せ始めるリセリナ。
国の行く末以上にフェリオの恋の行方が気になってしまうこのシリーズ。
ぜひぜひお勧めしたいシリーズである。まとめてお買い下さい。

<<シャドウテイカー 2 アブサロム>>(著:三上延/絵:純珪一/レ:電撃文庫)
電撃からは地味作家シリーズ。その弐。
前作ダークバイオレットよりも読みやすくライトノベルを書きなれて来たようである三上延。
2巻にしてヒロイン雛咲葉の破壊力がとんでもないことになってきた。
幼馴染で無口でおとなしくてもじもじしてて、あー、本編が頭にはいらねー。
藤牧裕生&雛咲葉のカップルはポイント高いですよ。
現在3巻、ますますもじもじして面白くなっているこのシリーズをぜひ買え


187 :イラストに騙された名無しさん:05/01/27 11:00:17 ID:XkxY9v4B
●大賞・イチオシ賞
  <<バッカーノ! 1933〈上〉THE SLASH〜クモリノチアメ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
○<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
 とりあえずまず最初に相変わらず馬鹿だと言って置こう。
 そして相変わらずの暑苦しい位のテンションと爽快感とイカレっぷり。
 これこそ成田だ。
 <<Mew Mew! Crazy Cat's Night>>(著:成田良悟/絵:ヤスダスズヒト/レ:電撃文庫)
 前作より個人的には好み。やっぱりこのスピード感はいつ読んでもたまらない。
 <<Alice>>(著:川崎康宏 絵:エナミカツミ レ:電撃文庫)
             クマ作      良作   凡作   地雷
               ┝ - - - - ┿━━━┿━━━┥
    ∩___∩   /)
    | ノ      ヽ  ( i )))
   /  ●   ● | / /
   |    ( _●_)  |ノ /
  彡、   |∪|    ,/
  /    ヽノ   /´    コレ、マジオススメ

 <<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著:桜庭一樹 絵:むー レ:富士見ミステリー文庫)
 あー、とにかく鬱。そうとしか説明しようが無い。でも良い。
●キャラクター賞
【ボーボー】(Alice)
問答無用のクマー!!。最強だな。
【クレア・スタンフィールド】(バッカーノ!)
出るだけで雰囲気をぶち壊すんだが、出るとキターって感じ。出ないと物足りない。
【アイザック&ミリア】(バッカーノ!)
とりあえずバッカーノを読んだからにはこのバカップルに入れない訳には行きません。
【チック&マリア】(バッカーノ!)
そして、祝もう1つのバカップル誕生。こっちはこっちで頑張れ。
【クリストファー】(バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜)
成田は当代きっての変人書き作家だと改めて思う。

188 :イラストに騙された名無しさん:05/01/27 13:11:14 ID:C5UOlfzI
●大賞・イチオシ賞
○<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない>>(著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士ミス)
桜庭一樹の現時点における到達点であり原点。ここに至った彼女が今後どのような道を進むのか、非常に楽しみ。
確かに読み終わったあとは辛いし一時的に落ち込むだろうが、その後心の中で何よりも熱く燃える燃料となるのではないだろうか。
衝撃的ではあるけどここで思考停止してしまうのではなくて、いろいろ考えてほしいなあ。
だからあえて万人に勧めてみたい。「夕凪の街桜の国」とならんで人に読ませたい、そしてやさしくなってほしい作品。

 <<推定少女>>(著:桜庭一樹/絵:高野音彦/レ:ファミ通文庫)
今年の桜庭一樹は本当にキてる。
ぐるぐるきゅうきゅう。錯綜する15歳のこころを見事に活字にした。
「砂糖菓子」への布石でもある。

 <<ネペンテス>>(著:清水マリコ/絵toi8:/レ:MF文庫J)
彼女の作品では常に現実と虚構、日常と物語がせめぎ合っているが、特に今作では「むこう」側の働きかけが強い。
ある意味0416に出てくる「ほんのり怖い童話集」の別の形態なのかもしれない。
混じり合う現実と虚構、そしてこれは疎外された者達の物語である。それは怖ろしく、そしてとてもやさしい。

 <<神様家族5>>(著:桑島由一/絵:ヤスダスズヒト/レ:MF文庫J)
南青山少女ブックセンター2と迷ったが、こちらにした。
とにかくサブタイトルにもなっている恋愛体操、これがすべて。
自分のこころに迷うことがあったら、あなたもやってみてください恋愛体操。
2巻に引き続き登場の悪魔の安易な設定はあまり好きではないが、それを補ってあまりある恋愛体操のマジック。

続きます

189 :188:05/01/27 13:13:02 ID:C5UOlfzI
188の続きです。

 <<春期限定いちごタルト事件>>(著:米澤穂信/絵:片山若子/レ:創元推理文庫)
古典部シリーズやさよなら妖精からの良さを引き継ぎつつ、立ち位置を微妙に変えることに成功していると思う。
レーベルは創元だがむしろライトノベル色は今までで一番強いので、米澤作品初めての人にも勧められます。
日常というものがいかに大きなものであるか、それを教えてくれる。
小市民の星になれ。

●キャラクター賞
【小佐内ゆき&小鳩常悟郎】(春期限定いちごタルト事件)
小佐内さんは米澤作品きっての萌キャラ。小鳩くんとお互いに補完し合う様は見ていて痛々しくも微笑ましい。
狐狼は小市民になれるのでしょうか。

テーマは人間を、その弱さと強さを愛すること、で選んでみました。やっぱり愛です。
いつもは投票枠を埋めきれないことも多いのに、今回は逆に入りきらない作品が結構出た。
豊作豊作。入りきらなかった分は中賞スレにでも投下しておきます。感想長くてすみません。

190 :イラストに騙された名無しさん:05/01/27 15:09:28 ID:4kKD/bSM
●大賞・イチオシ賞
○<<復活の地III>>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
 境界線上の作品をイチオシにするのはどうかなとも思ったけど、他よりも頭一つ抜けてるかなと思うので。
 時期的なタイムリーさは否定しないが、地震という困難に立ち向かう人々の熱さは小川の集大成だと感じた。
 今までは万人向けとはいえない作風だったかもしれないけど、これは多くの人に読んでもらいたいと思える作品だった。
 
<<食卓にビールを1>>(著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士見ミステリー)
 小林めぐみが、復活というよりは、新境地を開拓した一冊。
 すでに語られているが、日常と非日常の境界のあいまいさが気持ちいい。
 集中のベストはわらしべ編。あの事態に対してどこまでも冷静なヒロインが素晴らしい。

<<悪魔のミカタ(13) It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)
 これぞ悪魔のミカタだ!という一冊、主人公出てないけど。
 なんといってもあの厚い本のほとんどすべてがクライマックスというその滅茶苦茶さに驚いた。
 これ書いたら燃え尽きるかもなあ、とは思う。でも新刊待ってます。バックドロップでもいいです。
 
<<BLOODLINK (4) 天使の幻影(かげ)>>(著:山下卓/絵:HACCAN/レ:ファミ通)
 前2巻が個人的にはいまいちだったのだけど、この巻は良かった。
 まず、やっと主人公が動き始めたということ、それから、オカルト伝奇的な色が出てきたこと。
 故・半村良の後継者になってくれないかとひそかに思っている。

<<All You Need Is Kill>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:スーパーダッシュ)
 現代魔法(1巻しか読んでないけど)は読ませる力に欠けていたと思うし、さいたまは何か吹っ切れてない気がした。
 これはその辺がすべて解消された感じ。もちろん粗はあるけれど、それを気にさせないパワーがある。
 SFM読者賞の先輩である、野尻、秋山、小川といったそうそうたる面子に、並べるかもと思える一冊だった。

All〜とフルメタで迷ったけど、期待込みでAll〜の方に。
でも賀東は、今、日本で一番ライトノベルを愛しているライトノベル作家だと思う。頑張れ。


191 :イラストに騙された名無しさん:05/01/27 21:12:31 ID:F+JHQZnX
( ノ゚Д゚)ヨッ!待ってました!2chラノベ大賞2004年下半期。投票させていただきます。

●大賞・イチオシ賞
○<<半分の月がのぼる空(3) wishing upon the half-moon >>(著:橋本紡 /絵:山本ケイジ/レ:電撃文庫)
 :ラノベにはない!?リアリティのあるお話。
  マジ泣きしたー。裕一のヘタレぶりもよりいっそういい感じで。
  一番キタ━━・゚・(ノД`)・゚・━━のは夏目の「まるで豆腐を〜」ってトコロですねッ。
  密かにバッドエンドを望んでいたりして・・・  実写化希望!!
 
 <<学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME>>(著:/谷川流/絵:蒼魚真青/レ:電撃文庫)
 :谷川作品は涼宮ハルヒの消失もよかったけど今回はこちら。
  2巻に続き時間操作なお話。大きく話が動いてきましたな。
  今まで宮野がウザくてしょうがなかったけど今後の動向に注目。
  
 <<我が家のお稲荷様。(3)>>(著:柴村仁/絵:放電映像/レ:電撃文庫)
 :この作品のなんともいえないまったり感が好き。
  久し振りの男クーの登場ですね、カコエカッタ。昇のエロエロ具合もなかなか。コウのボケ具合もサイコー。

 <<乃木坂春香の秘密>>(著:五十嵐雄策/絵:しゃあ/レ:電撃文庫)
 :(*´Д`)誰だ!俺の妄想日記をさらしたのは!!??

 <<青く澄んでいく、この恋も未来も 1stソーサレス>>(著:高瀬ユウヤ/絵:放電映像/レ:富士見ファンタジア文庫)
 :甘酸っぱくて、ちょっと汗臭い。未来から始まる過去のお話、こういうの好きだなぁ。ドラ○もんみたいだけど・・・。
  ひたすら突っ走る感じ、後味さっぱり。それが(・∀・)イイネ!!
  俺的エンディングテーマ(青く、果てなく 唄:SHIHO)

 04年下期は豊作でしたね。選考に迷ったこと。遅読なもんでまだ読みたい作品が多いです。
 次点は(推定少女)(君の居た昨日、僕の見る明日 1)(E×N)(涼宮ハルヒの消失)(キノの旅[)等
 うん。基本的にイラスト買いねorz 俺的ラノベ絵師大賞は狐印氏です。

192 :191:05/01/27 21:13:13 ID:F+JHQZnX
●キャラクター賞
 【佐倉美咲】(我が家のお稲荷様。)
 :一人相撲のち放置プレイ。くじけるな!!
 
 【世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団】(涼宮ハルヒシリーズ)
 :なんだか団名とは裏腹に仲良し倶楽部になってきたような・・・。
  メンバーが偏ってなくていいですね。
 
 【嫁】(食卓にビールを)
 :こんな嫁だったら・・ものすごい疲れそう・・。2巻はイマイチだったなぁぁ。

 【紅葉】(君の居た昨日、僕の見る明日)
 :きつねみみ(・∀・)キュンキュン 一匹ホスィ。
 

193 :イラストに騙された名無しさん:05/01/27 23:00:48 ID:IW5JLzTA
<<空ノ鐘の響く惑星で5>>(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
4巻のマイナスを相殺して余りある怒涛の展開。この人はもう少し売れてもおかしくない人なのに打ち切りにおびえるファン。
もう少しプッシュしてください編集部の皆さん(泣

<<半分の月がのぼる空 3 wishing upon the half-moon>>(著:橋本紡/絵:山本ケイジ/レ:電撃文庫)
出来るだけ明るい最期にむけてひた走りつつある感があるが、この巻でよりそれがはっきりしたと思う。
願わくば少しでも長く……

○<<空の中>>(著:有川浩/レ:メディアワークス)
この人の作品は下手に挿絵がないほうがいい。と思った数少ない(というか唯一の?)作家の一人。
今期良作が多い中で最高の一作だと思う。
敵キャラの周りの人たちがあまりにも小物で逆に可哀相だった。

<<護くんに女神の祝福を!5>>(著:岩田洋季/絵:佐藤利幸/レ:電撃文庫)
サービスショット満載過ぎるよ岩田キュン!な一冊。ツンデレどころかデレばっかりw でもそれがいい。
あえて言わせてもらうなら「次からももっと い ち ゃ つ け 」

<<星界の戦旗IV>>(著:森岡浩之/絵:赤井孝美/レ:ハヤカワ文庫JA)
長く待った。本当に長く待った上に内容も濃いとは言えなかった。が、戦争に新たな動きが出たことは評価。
ただしこれで何年も待たせるとなるとレイニー止め以上の苦痛だが……

194 :193:05/01/27 23:01:38 ID:IW5JLzTA
【春名高巳&武田三稀】(空の中)
間違いなく今期No.1カップル。ラストでの殺人的な萌えはなんなんだ――――!

【鷹栖絢子&吉村護】(護くんに女神の祝福を!5)
ヨッパライヨッパライ。誰がなんと言おうと世界最強。いちゃつけいちゃつけもーっといちゃつけ

【小笠原祥子】(マリア様がみてる)
「特別でないただの一日」ではさんざんいちゃついておいてラストで特大の爆弾を落とし、
「イン・ライブラリー」ではさんざん捜索させて図書室で寝惚ける。なんと素晴らしい(w

【ウルク】(空ノ鐘の響く惑星で5)
言って置きますが私はリセリナ派です。でも今回の話では純粋に応援したくなりました。

【ベルソート&ヴォーニュ】(星界の戦旗IV)
カップルではなく漫才コンビ。掛け合いが最高です。

195 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 03:11:03 ID:Kgh32tUe
●大賞・イチオシ賞
○<<刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of Broken Blood>>(著:山下卓/絵:HACCAN/レ:ファミ通文庫)
天使の幻影を読んで、これはもう駄目かもわからんねと思ってたところへのカウンター。
恋する二人が織りなす日常はいつか壊れるのが見え見えなんだけれど、それゆえに美しくて切ない。
「ふたり」と類似点もあるけれど、二人の世界が閉じている分こちらの方が胸にきた。
あと、作中では語られない本編の過去だけを描いたHACCAN絵も最高。絵だけで泣ける。
こういうライトノベルならではの点も含めて一押しに。

<<復活の地V>>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
小川作品の集大成とも言うべき素晴らしい群像劇。
主役だけでなく、脇キャラ一人一人の精一杯の奮闘の様子がひたすらに熱い。
1巻の時点でシンルージがこんな格好よくなるなんて誰が想像したろうか。
最後の締めもいつもとは違い完璧。

<<ディアスポラ6>>(著:前田栄/絵:金ひかる/レ:ウィングス文庫)
魔法ファンタジーに途中からSFを混ぜたのに、グダグダにならなかった稀有な作品。
逆に、巻が進んでSFが入るにつれて尻上がりに面白くなった。精霊をSFで解釈するとはなかなか斬新。
「魔法を使えない魔法使い」や「精霊のくせにポチ」をはじめキャラも皆個性あって光ってる。

 <<三月、七日。 〜その後のハナシ〜>>(著:森橋ビンゴ/絵:世良シンヤ/レ:ファミ通文庫)
続きが出ることに対する大いなる不安を綺麗に吹き飛ばしてくれた完結編。
うじうじ悩む三月をはじめ、皆愛おしく思えるキャラばかりだけれど、
あえて一人挙げるなら健気に待ちつづけた真希。
ラストの雲一つない綺麗な終わり方がこの話にはふさわしい。

<<緑翠のロクサーヌ 王を愛した風の乙女>>(著:藍田真央/絵:凱王安也子/レ:角川ビーンズ文庫)
敵対する二人が愛し合う展開スキーにはたまらない一品。
ベタといえばベタ。だがそれがどうした。
愛と使命との間で揺れ動く想いがたまらない。

196 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 03:13:41 ID:Kgh32tUe
●キャラクター賞
【野中由香里&皆川雪乃】(刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of Broken Blood)
最高のカップル。お互いの想いが強すぎる故の悲劇は悲しすぎる。

【大河譲太郎】(真・運命のタロット)
かっこよかったよアンタ。・゚・(ノД`)・゚・。
シリーズ途中で「大河主人公だとちょっとだれるな」とか思ってごめんなさい。

【御坂美琴】(とある魔術の禁書目録)
今季のツンデレNo.1。意地の張りっぷりとそれが崩れた時の弱さの描写に陥落。

【ゼクロス】(ディアスポラ)
最初は悪人っぽかったのに、実はキングオブいい人。
こういう人には幸せになってほしいものです。

【磐倉あかり】(ぴよぴよキングダム)
トロイメライ1巻の冬麻に勝るとも劣らないすさまじい思考の暴走っぷり。
だがそれがいい。

197 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 05:56:31 ID:F3SmztA1
<<復活の地 III>> (著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
読みながら鳥肌&なみだ目。こーゆーのを読むと本読みやってて良かったなと思う。

<<新本格魔法少女りすか>>(著:西尾維新/絵:西村キヌ/レ:講談社ノベルス)
あんまし評判は芳しくないが、俺は好き。戯言にはないへんなテンションというか、独特のやりすぎ感がいい。

<<春期限定いちごタルト事件>>(著:米澤穂信/絵:片山若子/レ:創元推理文庫)
一気に作者買い(つっても3冊だけ)してしまった。この人の女性キャラはどれもすごくいい。
押さえ気味の描写が、過剰な最近のラノベと一線を画している。
<<BLACK BLOOD BROTHERS 1 >>(著:あざの耕平/絵:草河遊也/レ:富士見ファンタジア文庫)
今後に期待という意味ではこれが一番。是非エンターテイメントに徹して突っ走って欲しい。

<<バーティミアスII ゴーレムの眼>>(著:ジョナサン・ストラウド/絵:不明/レ:理論社)
まぁ、ラノベとはいかないと思うけど、ラノベ読みにはかなりおすすめ。
分厚く長いが、作者がうまいのか翻訳がうまいのか、しつこいけどリズムよく読める。
特に魔術ちっくな小物の描写が秀逸。あと、主人公がとにかくむかつく。
もうそりゃめっちゃむかつく。最終巻でどうにかなるのかこいつは。


198 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 05:57:20 ID:F3SmztA1
【小佐内ゆき】(春期限定いちごタルト事件 )
ひさびさにきたね。つぼ直撃。双子のまき、でノックアウト。

【キティ】(バーティミアスII ゴーレムの眼)
絵に描いたような、がんばり前向きくじけない少女。次はどういう登場の仕方をするんだろ。
主人公はどうでもいいから、この子にとってハッピーエンドで終わりますように。

【バーティミアス】(バーティミアスII ゴーレムの眼)
おもろいおっさん。なんつーか最高。強いのか弱いのかよーわからん。

【葡萄酒】(バッカーノ)
ここにきてぶっ飛びぶりに拍車が。作品がどれだけ強さのインフレを起こしても、最強の座に君臨してそう。

【セイオ】(復活の地V)
おつかれさま。仕事っていうものに対する姿勢に共感を覚えた。


199 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 06:39:32 ID:e7am3sso
●大賞・イチオシ賞
○<<三月、七日。〜その後のハナシ〜>>(著:森橋ビンゴ/絵:世良シンヤ/ファミ通文庫)
王道青春もの(なにそれ)、ということで「推定少女」と迷ったけど、結局こっちに。
良くも悪くも楽しさ明るさの差。方言萌えという高等テクニックもありますよ。

<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
今まで敷設していた爆弾を、一気に爆発させたような圧倒的な流れがいい。
これで名実共に富士見の顔になった記念碑的一冊、と言ってもいいんじゃないかな。

<<楽園の魔女たち 楽園の食卓(後編)>>(著:樹川さとみ/絵:むっちりむうにい/レ:集英社コバルト文庫)
個人的には、もう少し細かいところもさらってほしかった気もするけれど
とりあえずお疲れ様、ということで。おおむね大団円。良かった良かった。

<<灼眼のシャナ VII>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
この娯楽要素の密度を、一冊の内にまとめてるってのはちょっと驚き。
教授とドミノは楽しいし、カムシンの変身はびっくり。8で別れてちょっとショボン。

<<描きかけのラブレター>> 著:ヤマグチノボル/絵:松本規之/レ:富士見ミステリー文庫
もはやミステリーなど欠片もなし。分かってたけどねw
ひたすらラブ一筋!今の富士ミスを表している丁度いい小説かも。

200 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 06:40:04 ID:e7am3sso
●キャラクター賞
【三月&七日】(三月、七日)
ヘタレっぷりのすがすがしさと、単純な可愛らしさが。

【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
やっぱ今回は彼にあげないといけない気がする。カコイイです。

【教授(ダンタリオン)&ドミノ】(灼眼のシャナ)
楽しすぎ。トリックスターなのにバカじゃないってすごいよ。

【鷹栖絢子&吉村護】(護くんに女神の祝福を!)
もっとイチャイチャしまくっておくれー。しつこいくらいに。

【雛咲葉】(シャドウテイカー)
女の子単体では彼女かな。ツンデレよりもじもじが好き。

201 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 08:28:51 ID:w79uq2me
●大賞
<<復活の地 III>> (著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
被災地ではないが阪神大震災を経験したものとしては、読んでて当時のニュースを
思い起こすほどの内容のある作品だった。

<<空ノ鐘の響く惑星で5>>(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
やっとこさ渡瀬が世間的に認知され始めたのを記念して投票。
風呂敷が広げすぎないかと懸念しつつも続刊に期待を抱かせる内容。

以上、2作品のみの投票。
イチオシ賞は該当無し。

202 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 08:31:06 ID:w79uq2me
●キャラクター賞
【ボーボー】
(作:Alice/著:川崎康宏/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
控えめながら言うことは言う最強のクマに乾杯。

【デイモン=ギャレット】
(作:DADDYFACE メデゥーサ シリーズ/著:伊達将範/絵:西E田/レ:電撃文庫)
世界一チンポの似合うイケメンに乾杯。

【佐倉美咲】
(作:我が家のお稲荷さま。 シリーズ/著:柴村仁/絵:放電映像/レ:電撃文庫)
高上昇に好意を寄せつつも邪魔が入ってなかなか進展しない不遇な境遇に乾杯。
がんばれ。

【吉永パパ&ママ】
(作:吉永さん家のガーゴイル 5/著:田口仙年堂/絵:日向悠二/レ:ファミ通文庫)
二人に投票。
本編中ではケンカをしたものの、感動的な和解に至った夫婦に乾杯。
末永くお幸せに。

以上、4キャラクターに投票。

203 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 13:10:59 ID:l6i5H7gv
●大賞・イチオシ賞
<<バッカーノ! 1933〈上〉THE SLASH〜クモリノチアメ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
○<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)

沢山のキャラと熱くてイカれた爽快感のあるストーリー。これこそ成田の真骨頂だな。
2001がイマイチだっただけに尚更感じた。今年もこの勢いのまま突っ走って欲しい。

<<Mew Mew! Crazy Cat's Night>>(著:成田良悟/絵:ヤスダスズヒト/レ:電撃文庫)

バッカーノも良いけどこう言う別シリーズもおざなりで無いのが成田の化け物たる所以。
デュラ2も外れでないと良いなあ。

<<ALL YOU NEED IS KILL>> 著:桜坂洋 画:安倍吉俊 レ:集英社スーパーダッシュ文庫
今期一番化けたのはこの人かも。読み終わった時のあの読後感がたまらない。

<<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>
(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)
ツンデレ最高ォォォッ!!ストーリー的にもツボを押さえた王道だと思います。

204 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 13:17:10 ID:l6i5H7gv
●キャラクター賞
【葡萄酒】(バッカーノ)

えーと、この名前で良いんだっけ?まあ集計人さんが何とかしてくれるか。
相変わらず出るだけで何もかも根こそぎ持って行く。正に最強。

【アイザック&ミリア】(バッカーノ!)

やはりバッカーノには無くてはならないバカップルですな。

【チック&マリア】(バッカーノ!)

殺伐カップルでも成田が書くとこうなりますよと言う例。
成田は異端カップル書かせたら最高だなあ。

【ルイズ】(ゼロの使い魔)

反則的萌えました。ああやっぱ可愛いなあ。

【秋庭里香】(半分の月がのぼる空)

そして今期もう1人のツンデレヒロイン。
あれくらい罵倒されたいなあもう一度。

205 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 13:58:19 ID:Cw1+wKs2
●大賞・イチオシ賞
 <<ガンパレード・マーチ 5121小隊 九州撤退戦(下)>>(著:榊涼介/絵:きむらじゅんこ/レ:電撃ゲーム文庫)
  ノベライズ版がついに一区切り。
  シリーズを追い続けてきてよかった、と心から思えた一作。
  ゲームノベライズの理想形と言ってもいいと思う。

○<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著: 桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見ミステリー文庫)
  衝撃作。
  読み進めるにつれ絶望感に襲われていくが、それでもなお読みたいと思わせる技量は見事の一言に尽きる。
  あとがきとの温度差も見事。今期の最高傑作に推したい。

  <<セブン=フォートレス リプレイ フレイスの炎砦V3(上)>>(著:菊池たけし/F.E.A.R/絵:石田ヒロユキ+みかきみかこ/レ:ファミ通文庫)
  <<セブン=フォートレス リプレイ フレイスの炎砦V3(下)>>(著:菊池たけし/F.E.A.R/絵:石田ヒロユキ+みかきみかこ/レ:ファミ通文庫)
  この作品はぜひ二冊まとめて評価したい。
  TRPGプレイ経験ゼロでも楽しめる話。ダブルクロス以来きくたけリプレイにはやられっぱなし(とくに腹筋が)。
  ザーフィたちの秋葉原への順応力と、相変わらずの柊蓮司の不幸っぷりがたまらなく素敵。……頑張れ、柊。
  そして忘れちゃいけないスケアクロウ(笑)。君は最高だ!

 <<キノの旅 [-the Beautiful World- >>(著:時雨沢恵一/絵:黒星紅白/レ:電撃文庫)
  久しぶりの新刊 ∩( ・ω・)∩ばんじゃーい
  眼鏡キノたん∩( ・ω・)∩ばんじゃーい
  シズ様(ロリ確定おめでとうございます)と進化していくあとがきにも∩( ・ω・)∩ばんじゃーい

206 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 13:59:13 ID:Cw1+wKs2
●キャラクター賞
【柊蓮司】(セブン=フォートレス リプレイ フレイスの炎砦V3)
 世界を越え、ルールの壁を越え、不幸に向かって邁進する姿には涙が止まらない(笑)
 でも大好き。ぜひいつかは幸せになって欲しい人だと思う。そう、「いつか」は。

【ヴィクトリカ】(GOSICK)
 女の子には萌えないと思っていたのに!! 不覚にも、萌え。
 ツンデレで意地っぱりでしわがれ声で小さくってフリルひらひらで……可愛すぎるじゃないか、畜生。

【和泉希沙良】(オメガの空葬)
 従兄弟祭り万歳。
 たとえ新刊予告から一年以上発売が延期になっても、どんどん悪い方へ話が進んで行っていても、読み続けずにいられない。
 悩みながらも前だけを見て進んでいく彼の未来が見たいから。

【供犠創貴】(新本格魔法少女りすか)
 第一声からぶっとんでた小学生。
 でも、西尾キャラらしさは最高。さすがは主人公。

【速水厚志】(ガンパレード・マーチ 5121小隊 九州撤退戦(下))
 シリーズ完結の功労賞で一票。無敵のぽややんは世界を救う。

207 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 14:04:36 ID:L1aAl+lI
●大賞・イチオシ賞
○<<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンチック?>> 著:新井輝/画:さっち/富士見ミステリー文庫
 姉だねぇ 軽さと重さと多少のエロさが同居してる微妙な空気感がイイ
 
 <<灼眼のシャナZ>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
 ラブコメ痛快アクション娯楽大作 全ての要素がハイレベル ラノベ初心者に読ませるならコレ
 
 <<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)
 王道な展開 作者の技量も徐々に上がってきている 期待も込めて。


208 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 14:06:02 ID:L1aAl+lI
●キャラクター賞
【絹川蛍子】(ROOM No.1301)
ツンデレ姉の転がりっぷりはまさに求めていたモノ
 
【ルイズ】(ゼロの使い魔)
ツンデレお嬢 曲がったことは嫌いかと思えば女の武器はちゃっかり使うし
微妙なリアルさがまたイイ

209 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 16:19:57 ID:5YdpJ8um
●大賞・イチオシ賞
  <<バッカーノ! 1933〈上〉THE SLASH〜クモリノチアメ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
○<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
  <<Mew Mew! Crazy Cat's Night>>(著:成田良悟/絵:ヤスダスズヒト/レ:電撃文庫)
 今期も成田作品にこの言葉を捧げる。相変わらず馬鹿ばっか。
だがそれがいい。色んなイカレたキャラが熱く激しくスピードのある物語を繰り広げる。
これこそ成田。

 <<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)
ようやく大賞に挙げられるぐらいまで上がって来た期待作。今後も楽しみ。

 <<空ノ鐘の響く惑星で5>>(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)

 隠れた良作。もっとこう言うのが売れて欲しいなあ。

●キャラクター賞
【葡萄酒】(バッカーノ)
どんな時でも最強にして成田イズムを体現しているキャラ。
【ウルク・ティグレー】(空ノ鐘の響く惑星で)
この先どうなるのか気になって仕方が無い。6巻が待ち遠しい。
【ルイズ】(ゼロの使い魔)
王道ツンデレお嬢。

 


210 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 17:34:56 ID:aJAb/gLt
●大賞・イチオシ賞
○<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
この壊れっぷりはすごい。この速度でこれだけのものを量産してるとは。

<<吉永さん家のガーゴイル 5>>
  (著:田口仙年堂/絵:日向悠二/レ:ファミ通文庫)
いつも安定していておもしろいです。
●キャラクター賞
【葡萄酒=クレア=レイルトレーサー=フェリックス(集計人さんが間違ったらいかんので一応全称書いておきます。
)】(バッカーノ)
最強キャラは嫌いなのだがなぜかこれは許せる。





211 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 19:11:59 ID:c89XLTOW
●大賞・イチオシ賞
○<<推定少女>>(著:桜庭一樹 絵:高野音彦 レ:ファミ通文庫)
 主人公がボク少女なのが必然的だと分かった時は恐れ入った。もっと若いときに読んだら人生変わってたかも。

 <<されど罪人は竜と踊るX そして、楽園はあまりに長く>>(著:浅井ラボ/絵:宮城/レ:角川スニーカー文庫)
 好きかと言われると微妙なのだが、すごいことは間違いない。鬱鬱鬱鬱鬱!

  <<とある魔術の禁書目録〈インデックス〉(3) >>(著:鎌池和馬/絵:灰村キヨタカ/レ:電撃文庫)
 主人公が格好良い! 熱い! とにかく熱い!!
   
 <<ALL YOU NEED IS KILL>> 著:桜坂洋 画:安倍吉俊 レ:集英社スーパーダッシュ文庫
 ラストの味は見事だという推薦文に同感。

 <<春季限定いちごタルト事件>> 著・米澤穂信  画:片山若子 創元推理文庫
 感情の書き込みが普通のライトノベルより一段細かい。

キャラクターの投票は見送ります。



212 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 21:08:54 ID:8OJvXAWv
時間ないので手短に。

●大賞・イチオシ賞 
<<撲殺天使ドクロちゃんC>>(著:おかゆまさき/絵:とりしも/レ:電撃文庫) 
<<悪魔のミカタ13 It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫) 
<<新本格魔法少女りすか>>(著:西尾維新/絵:西村キヌ/レ:講談社ノベルス) 
<<バッカーノ! 1933〈上〉 THE SLASH 〜クモリノチアメ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫) 
○ <<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫) 

●キャラクター賞 
【アイザック&ミリア】(バッカーノ!) 
バッカーノを語る上で誰よりもはずせない。不可欠。
【ダラス】(バッカーノ!)
人間の屑、でも妹命。
【ロニー(悪魔)】(バッカーノ!)
クレア以上に力関係ぶち壊しキャラだが…まあいい。

213 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 21:43:51 ID:RWobL+lK
●大賞・イチオシ賞
○<<西の善き魔女 1 セラフィールドの少女>>(著:荻原規子/絵:佐竹美保/レ:中公文庫)
 中公文庫だけどライトノベルに含めていいと思う。良質のファンタジー作品。
 ファンタジーが好きな人にはぜひ読んでみてほしい一冊。
 なんといっても主人公の少女と少年が魅力的。
 魔法や超能力といった特別な力を持たない少女と少年ががんばるさまは見てて心地いい。
 該当作は文庫だが、続きが気になるなら新書版で一気に最後まで読めるというのも嬉しい。

 <<チキチキのわ〜る烈風伝!! 7>>(著:嬉野秋彦/絵:せたのりやす/レ:ファミ通文庫)
 シリーズ最終巻らしくきちんと盛り上げて心地よい終わり方をしたのを評価。
 最初は情けなかった主人公のがんばりと成長っぷりが良かった。

 <<食卓にビールを>>(著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士見ミステリー文庫)
 女子高生妻という設定に反して色っぽい展開はまったくなし。
 でも、主人公のどんな状況にも動じないひょうひょうとした性格が好きで楽しく読める作品。

 <<BLACK BLOOD BROTHERS 1 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 兄弟上陸―>>(著:あざの耕平/絵:草河遊也/レ:富士見ファンタジア文庫)
 あのDクラの作者の新作ということで期待して、十分その期待にこたえてくれた作品。
 第2巻は正直いまいちだと思ったが、あれは上下巻の上のようなものなので、下巻に当たる3巻に期待している。

 <<烙印よ、刃に囁け。 SCAR/EDGE>>(著:三田誠/絵:植田亮/レ:富士見ファンタジア文庫)
 話も設定もありがちなものだが、読みやすかったのと
 ヒロインが守られるだけでも、足手まといになるのでもなく、魅力的だったのを評価して一票。

214 ::05/01/28 21:53:05 ID:hXclB27W
●大賞・イチオシ賞
 <<食卓にビールを 2>>(著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士見ミステリ)
 女子高生設定がなじんだ2巻の方を上げておこう
 日常に忍び込んでいるぁゃιぃ非日常を女子高生若妻が解決?1日の終わりにはビールが無いとね
 <<天槍の下のバシレイス (2) まれびとの棺〈下〉>>(著:伊都工平/絵:瑚澄遊智/レ:電撃)
 続けて出た上下巻だと選ぶのに悩むが、銭湯で萌えもとい戦闘が燃えたのでこちらで
 hpに掲載された時にやや物足りなく感じた部分も加筆されてて再読でも楽しめた
 <<よくわかる現代魔法 (3) ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ>>(著:桜坂洋/絵:宮下未紀/レ:SD)
 パンツはいてないではじまって、タライで落とす
 見事です
 All you 〜はまだ読んでないんでこっちで
○<<涼宮ハルヒの消失 (4)>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー)
 主人公ハルヒが邪魔にされていて、まともに出てないって意味でもすごい
 長門に萌えました
 <<推定少女>>(著:桜庭一樹/絵:高野音彦/レ:ファミ通)
 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけないとどちらにするかで悩んだけど、こっちはバッドエンドではないのでこちらで
 何となくよく解らない読後感が魅力です

以下は悩んだ奴
半分の月がのぼる空 3 wishing upon the half-moon 橋本紡
三月、七日。〜その後のハナシ〜 森橋ビンゴ
フルメタル・パニック! (15) つづくオン・マイ・オウン 賀東招二

キャラの方は気が向いたら


215 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 22:29:49 ID:gHAL0yMe
成田注意報発令?

2chラノベ大賞@成田良悟不正投票疑惑考察スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1090945982/


216 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 22:48:32 ID:TTd98i3c
○<<半分の月がのぼる空3 wishing upon the half-moon>> 著:橋本紡 絵:山本ケイジ レ:電撃文庫
 持ち上げて、突き落とす。妙に穏やかになった里香は、やっぱり
その後の容赦の無い展開への布石だった。カメラとか、本とか、
裕一を追いつめていく小道具の使い方が非常に上手い。「命をかけて(ry」は
本当にやりきれない気分になった。最期は・・・どうか、幸せな記憶を。

ゴール。

 <<シャドウテイカー2 アブサロム>> 著:三上延 絵:純珪一 レ:電撃文庫
 この作者にしてはかなり派手。それでもやっぱりちょっと地味。ヒロインの
追いつめられ具合が前作の方が上だが、ヒロインのもじもじっぷりではこちらが
圧倒している。裕生の家のシーンの破壊力は全ライトノベルの中でも屈指。

 <<涼宮ハルヒの消失>> 著:谷川流 絵:いとうのいぢ レ:角川スニーカー文庫
 1巻からして合わなかったので、そろそろ見限ろうかと思っていたところに
この一冊。長門萌えとかを抜きにしても十分に面白い。これだけ時間軸が
滅茶苦茶になっているのに、まったく混乱させずに読ませてしまうあたりが上手い。

 <<三月、七日。 その後のハナシ>> 著:森橋ビンゴ 絵:世良シンヤ レ:ファミ通文庫
 半月もそうだが、こういう純愛系の話に自分は弱いらしい。ラストは、
それまでの泥沼展開からすると綺麗に収まりすぎた感があるが、
三月が暴走して後味が悪くなるのも考えものなのであれで良かったんだろう。

 <<スカイワード3>> 著:マサト真希 絵:橘由宇 レ:電撃文庫
 最初の頃からは想像もつかないようなシビアな展開。戦争と言うどうしようもない
状況の中で、傷つきながら成長していくアケルとナナが熱い。

次点:ホーンテッド!、とある魔術の禁書目録3、
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない、殿がくる!

電撃にいつもほどの勢いが無かったが、MFとかファミ通とかに注目作品が出てきて
大豊作の半年だった。

217 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 22:49:40 ID:TTd98i3c
●キャラクター賞
 【雛咲葉】(シャドウテイカー)
 幼馴染属性は無いはずなんだが萌えた。そしてもじもじった。
葉のためならちょんぎられたって構わない。

 【藤井真希】(三月、七日。)
 いい人。物凄くいい人。ボンクラ三月には勿体無いくらいいい人。
健気で強い女の子は個人的にクリティカルヒット。

 【織田信長】(殿がくる!)
 男性枠。1巻で見せた圧倒的な存在感に敬意を表して。1巻で全てを
出し尽くしたか、2巻では少々器が小さくなった印象で残念。

 【ボーボー】(Alice)
 動物枠。この枠の中では一人勝ちと言うか一匹勝ちと言うか。
アリスがいなくても特に問題ないが、こいつがいないと作品として
価値を持たない。

 【池速人】(灼眼のシャナ)
 恵まれない脇役に愛の手枠。もうちょっと自分勝手に生きてもいいんだぞ、
メガネマン。そんな池は見たくないが。

本当はカップル枠で「戎崎裕一&秋庭里香」に入れたかったが、
藤井真希をどうしても外せなかっった。

218 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 22:57:54 ID:eFBUifcw
○<<マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s.>>(著:野梨原花南/絵:すみ兵/レ:富士見ミステリー文庫)
 話がよく出来ている。自分勝手な雇い主に苦労する使用人が大変だ。
 長編にも投票したいが、残念なことに期間外。

 <<灼眼のシャナVIII>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
 そろそろ日常が終わりそうな感じ。徐々に世界が壊れていく感じがいい。

 <<GOSICK III ―ゴシック・青い薔薇の下で―>>(著:桜庭一樹/絵:武田日向/レ:富士見ミステリー文庫)
 ヴィクトリカの性格がいい。しゃべり方もいい。俺も馬鹿って言われたい。

 <<食卓にビールを>>(著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士見ミステリー文庫)
 SFがいい。名前も出ない女子高生の人妻さんがいい。がんがれ旦那。

 <<神牌演技 6 再見!日本>>(著:吉岡平/絵:壱河きづく/レ:ファミ通文庫)
 お約束万歳。主人公に感情移入しやすかったね。

219 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 23:37:17 ID:UhK29cKw
>>212
大賞投票は感想必須。
>>2を参照

220 :イラストに騙された名無しさん:05/01/28 23:52:52 ID:6xkObMXk
まだ積んでるのあるけど、しかたない。各レーベルからひとつずつ。

●大賞・イチオシ賞
○<<悪魔のミカタ (13) It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)
 絶対結末放り投げると思ったんだけどね。ダイナミックかつキレイなラストを飾ってくれた。
 <<空の中>>(著:有川浩/絵:/レ:メディアワークス)
 これはいいラピュタですね。あとがきで本人もラピュタを意識したとか書いていたが、
 特定の場面でラピュタを見た時のような胸に迫るものが溢れてくる良作。
 もちろん、自分の感じ方が似てただけで、作品としてはまったく別ものなんだけど。
 <<ホーンテッド! 2 コトコトクライシス>>(著:平坂読/絵:片瀬優/レ:MF文庫J)
 バカ小説。小説を読んでこんなトホホな気持ちになるとは。
 1巻よりも作者自身のカラーが出てるっぽかったのでこっち。あと、最初と最後のオチも
 <<電波的な彼女>>(著:片山憲太郎/絵:山本ヤマト/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
 去年の新人の作品では一番好きかもしれない。SDとしては、殿がくると迷った
 <<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見ミステリー文庫)
 非常にせつない。これをラノベで出した編集部もGJ

●キャラクター賞
【ヴィクトリカ】(GOSICK)かわいいんだから仕方ない
【堂島コウ】(悪魔のミカタ)長い間の放置にも係わらず見事に最後を締めた主役っぷりに
【供犠創貴】(新本格魔法少女りすか)多くは語るまいが
【フェイク】(空の中)去年一番泣かされたキャラかもしれない
【堕花雨】(電波的な彼女)穴のたくさんある本作品を大賞に推そうとした原動力。

221 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 01:11:22 ID:MdoClSTZ
大賞

<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
今期はなぜか、この本に出てくるネタと同じものを取り
扱う作品が多かったような気がする。ブームなのか?代
表してこれに投票。特にこの作品におけるネタの解釈は、
従来のSF作品と渡り合えるほど素晴らしく斬新なものだ
と思う。

<<流血女神伝 暗き神の鎖(後編)>>(著:須賀しのぶ/絵:船戸明里/レ:集英社コバルト文庫)
あらゆる意味で読者の期待を裏切り続けたこのシリーズ
の集大成。いったいこの作品はどこまで行ってしまうの
だろうか。

222 :221:05/01/29 02:01:04 ID:MdoClSTZ
書き忘れです。

大賞・いちおし賞
○<<よくわかる現代魔法ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ>>(著:桜坂洋/絵:宮下未紀/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
2chネタ、Unixネタ、関数型言語ネタ、ゲームネタ満載のこのシリーズ、
巻を重ねるごとに面白くなってきている。この作品もSFネタがしっかりし
ていると思う。冒頭の一行は、ライトノベル史上に残る名文。

223 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 03:49:42 ID:BP4TxEBr
●大賞・イチオシ賞

○<<悪魔のミカタ13 It/MLN>>(著:うえお久光 絵:藤田香 レ:電撃文庫)
<ザ・ワン>編最終巻は500P超えのボリューム。
この厚さをだれずに一気に読ませる最高の面白さ。終始、鳥肌たてて読んだ。
刊行ペースが落ちたとはいえ、うえおの底の深さと末恐ろしさに身震いする。
文句なしの今期NO.1。

224 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 03:51:37 ID:BP4TxEBr
 <<復活の地III>>(著:小川一水 絵:前嶋重機 レ:ハヤカワ文庫JA)
小川の土木SFプロジェクトX。
力作であり、大作であり、小川一水という作家を語る上では欠かせない代表作でもある。
後半失速したりせず、全三巻を一気に読ませる。
ラストのセイオとスミルはあっけなかったが、それもらしくていい。

225 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 03:52:45 ID:BP4TxEBr
 <<エンジェル・ハウリング9 握る小指 from the aspect of MIZE>>(著:秋田禎信 絵:椎名優 レ:富士見F文庫)
この作品をリアルタイムで読めたことになによりも感謝したい。
だから、俺にとっての最終巻であるこちらを挙げる(フリウ編ラストの対話シーンも大好きだが)。
アマワとの対峙にはとにかく燃えたし、エピローグの余韻も心地いい。
今、一巻を読み返して、ミズーの成長をあらためて感じる。

226 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 03:53:50 ID:BP4TxEBr
 <<世界が終わる場所へ君をつれていく>>(著:葛西伸哉 絵:尾谷おさむ レ:MF文庫J)
畜生、素直に感動しました。
青臭いとか、設定投げてるとか、絵師の描き分けが(ryとか、いくらでも叩けるんだけど、
そんな欠点をすべて受け入れても、俺はこの作品が大好き。
不思議美少女を後ろに乗せてひたすら自転車をこぐ少年。
この二人の3日間の非日常は、ボーイミーツガールでロードムービーでそして最高の青春小説。
俺の中では「雲のむこう、約束の場所」と双璧を成す怪作。

227 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 03:55:36 ID:BP4TxEBr
 <<僕らA.I.>>(著:川上亮 絵:BUNBUN レ:富士見M文庫)
「砂糖菓子〜」を挙げる人が多いので、あえて俺はこちらを推す。
「家族のためにすること」というテーマに真摯に向き合った作品。
カラーページを見て惹かれるものがあった人は是非読んでほしい。
このラストには読み返す度に考えさせられる。本編読んだあとのあとがきも素晴しい。
また、最近のライトノベルの肥大化傾向の中で、これだけの内容を
(駆け足だとはいえ)250Pという分量で描く筆力も凄い。

228 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 03:56:37 ID:BP4TxEBr
●キャラクター賞

好きな作品だと、誰がというよりみんな好きだから(復活の地なんか特に)、
上で投票した5作以外から挙げておく。

【ボー・ボー】(Alice)
探偵事務所を営み、カナダ国籍を持ち、武士道を語るナイスガイ。つか、牡5歳のクマ。

【グレブィール・ド・ブロワ(警部)】(GOSICK)
あの髪型にそんな熱いエピソードがあったとは……。
龍皇杯時の馬鹿さからどうにも嫌いだったんだが、これで一気に惚れ直した。
あと、4巻。誰だお前はw

229 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 03:57:47 ID:BP4TxEBr
【担任教師】(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない)
名前が不明。だがそれがいい。大人を無理解な存在でもなく、このスタンスで描いたことに好感。

【ルイズ】(ゼロの使い魔)
「犬は『わん』でしょうッ!」に(;´Д`)ハァハァ 俺も犬プレイされてー

【秋庭里香】(半分の月がのぼる空)
彼女を助けてください。それ以外なにも望みません。


携帯から投票スマソ。
集計人さん乙です。

230 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 09:42:53 ID:/VCyKNM0
大賞・イチオシ賞

○<<BLACK BLOOD BROTHERS 2 特区鳴動>> (著:あざの耕平/絵:草河遊也/レ:富士見ファンタジア文庫)
今期始まったシリーズの中では間違いなくピカイチ。萌えに頼らないキャラ造
りの上手さはさすが。1巻のほうがまとまりはいいが、先を楽しみにさせたと
いう意味で優った2巻に一票。元気のいい新シリーズが少ないのでイチオシに
しておく。

 <<エンジェル・ハウリング 9 握る小指>> (著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア文庫)
ミズー編最終巻。フリウ編最終巻の10巻とどちらを入れるか迷ったけど、こち
らに一票。1巻の頃のミズーとの対比がいい。ミズー編でもフリウ編でもヒロ
インはさんざん苦しむけど、くじけない、読み終わると前向きな気持ちになれ
るシリーズ。個人的にはオーフェンより好き。

 <<よくわかる現代魔法 (3) ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ>> (著:桜坂洋/絵:宮下未紀/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
書き出しが衝撃的。構成もいいし、キャラが良く動いてて、娯楽作として良い
出来。年末に出た、ALL YOU NEED IS KILLも非常に良い出来で迷ったが、ライ
トノベルらしさでこちらに一票。桜坂は今一番勢いのあるライトノベル作家の
一人だと思う。

 <<復活の地 III>>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
ここ数年は安定して良作を送り出してて、安心して買える作家になった小川一
水だが、毎回ラストが尻すぼみになることが多いのが難点だった。しかしこの
最終巻は文句なし。カタルシスもばっちり。余韻も十分。

 <<シャドウテイカー 2 アブサロム>> (著:三上延/絵:純珪一/レ:電撃文庫)
どちらかというと、1月に出た3巻の出来が良くて、2巻は若干見劣りするけど、
応援の意味も込めて1票。電撃のシリーズの中でもかなり期待している。ダー
クバイオレッツもそうだったが、この人の書く内向的、内罰的なヒロインはた
まらん。もじもじ最高。

231 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 09:43:34 ID:/VCyKNM0
●キャラクター賞
【雛崎 葉】(シャドウテイカー)
もじもじ。
【ウルク・ティグレー】(空ノ鐘の鳴る惑星で)
現在最も行く先が懸念されるヒロイン。
【ヴィクトリカ・ド・ブロワ】(GOSICK)
知性と非社会性が同居するアンバランスさがいい。ごろごろ。
【絹川 蛍子】(ROOM No.1301)
姉、萌え。
【ミズー・ビアンカ】(エンジェル・ハウリング)
ラストのすがすがしい表情が素敵。画集買ってしまった。

次点は、フルメタOMO、空鐘(5)、学校を出よう(5)(6)、GOSICK(3)、ROOM
No.1301(3)、ハルヒ(4)、され竜(5)、刹那(BLOOD LINK)、ゼロの使い魔(3)、
ネザーワールド(2)、鬼刻(2)、流血女神伝 暗き神の鎖(下)、等。

今期は、大賞に投票するものを検討していて、電撃が低調だったと感じた。既
に安定しているシリーズものはいいが、新人や新シリーズはほとんどが好みか
ら外れてた。イラストも含めた方向性が、画一化してきているのが気になる。
最近の富士見やスニーカーがそうであるように、生きのいい新人、新勢力が出
てこないレーベルは先細る。電撃の奮起に期待する。その意味では、意外なと
ころで富士ミスとスーパーダッシュがけっこう頑張ってる気がする。ソノラマ
は文庫に元気がないが、投票はしなかったものの、数少ないノベルスにスター
ダックス2、星々のクーリエと2冊も良作があった。あまり気づかれないのが残
念。

232 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 12:49:42 ID:hgFCtGbc
●大賞・イチオシ賞
○<<BLACK BLOOD BROTHERS 1 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 兄弟上陸―>>
 (著:あざの耕平/絵:草河遊也/レ:富士見ファンタジア文庫)
 期待の新シリーズ。自分が一番何かに振り回されてると時々思っていそうなお兄ちゃんも、回りの人々も
 もちろんミミコも大好きだ! まだまだ裏があるんだろうけれど、1巻目でその設定公開はいきなりアクセル
 踏み過じゃないかと勝手にハラハラしてる。2巻はバイク分が足りないので1巻に。

 <<Missing 11 座敷童の物語・完結編>>(著:甲田学人/絵:翠川しん/レ:電撃文庫)
 駄犬駄犬! ようやく負けフラグを解消したらしい俊也大暴れ。しかし基本的に突っ走って返り討ち
 タイプなのは変わってないようにも見えたり、負けてこそと思ったりもしている。シリーズもまとめに入り、
 クライマックスの先にどんな物語が待っているのかていうか待ってるから早く…

 <<キノの旅 VIII -the Beautiful World->>(著:時雨沢恵一/絵:黒星紅白/レ:電撃文庫)
 長い長いエピローグな話とその余韻を吹き飛ばすあとがきのコンボに撃沈。
 とにかく扶養家族の出来たシズ様は幸せになるべきだと思います。話からドロップアウトするもの
 何なので、できれば某柊なみの不幸の後で。

 <<アリアンロッド・リプレイ 2 闇色の血の騎士>>
 (著:菊池たけし/F.E.A.R./絵:爆天童/レ:富士見ドラゴンブック)
 ライトノベルの楽しみとはベクトルがずれると分かっていても、みっしょん4でのゲーム的なやりとりに
 ときめいて仕方ない。楽しそうでいいなぁと思う(妹のドロップ品あさりとか)。…ゲームしたい。
 内容とは別に中カラーイラストはいろいろやり過ぎだと激しく主張。とくにしっぽ穴。

 <<暗黒城の魔術師>>(著:ハービー・ビレナン/レ:創土社アドベンチャーゲームノベル)
 ピップ! 詩的魔人!! 14へ行け!!! ネタ的な楽しみでは今までで一番でした。
 そこはかとない身もふたもなさが大好きです。これからも頼みます創土社様。 

次点:積ん読の山の中にある9Sとかいちごタルト事件とか色々。
   冬休みに何をしていたのかと問いつめたい。

233 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 12:58:00 ID:Zz7D+K05
●大賞・イチオシ賞
○<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
 過不足なく語られるエピソードの積み重ねで主人公の成長を描き出した桜坂の急成長ぶりに驚愕した。
 ハッピーエンドではないけれど納得のできる終わり方で読後感も重くない。
 表紙の殺伐としたイラストとカラーイラストがまさに絶品で、作品世界の奥行きを広げていたのも好印象。
 リタとケイジのほのぼのエピソードがもう少し読みたかったのが心残りと言えるが、
 バトル物としてではなくボーイズミーツガール物として一票を投じる。

 <<春期限定いちごタルト事件>>(著:米澤穂信/絵:片山若子/レ:創元推理文庫)
 古典部シリーズよりさらに推理物としての色合いが濃く、日常の謎を解くミステリーで大満足。
 小市民を目指すという目標がとても面白く、ケーキは美味しそうで、ほのぼのとしていないヒロインがすばらしい。
 読了後に早くも続きが気になって仕方ない作品である。
 ぜひ小市民ではない二人の過去で1冊よろしく。
 
 <<推定少女>>(著:桜庭一樹/絵:高野音彦/レ:ファミ通文庫)
 現実を直視するにはまだ早く、空想世界で遊ぶにはもう遅いという、
 中学生という不安定な少女期の心理状態が見事に表されている。
 そうそうこんなだったよなー、と同意しつつ読み進むことができた。
 ラストに向かう部分は収まりがよいとは言えないが、
 作品に触発されて思い出した数々の感傷に敬意を表して。

234 :233:05/01/29 12:58:54 ID:Zz7D+K05
<<されど罪人は竜と踊る V そして、 楽園はあまりに永く>>(著:浅井ラボ/絵:宮城/レ:角川スニーカー文庫)
 暗い、あまりにも暗すぎる。
 鬱展開は予想通りだが予想をはるかに上回る重苦しいラストだった。
 物語だから都合よく助けが来たり、逆転ホームランがあるわけではないと著者に突きつけられ、
 はっとした作品。
 今後の展開がどうなるのか怖いもの見たさな気分で楽しみである。
 
 <<新本格魔法少女りすか>>(西尾維新、西村キヌ、講談社ノベルス)
 子供とは残酷な生き物であり無限の可能性を秘めているということが端的に現れた作品。
 りすかの翻訳調しゃべり方も、27歳と10歳のりすかのギャップも西尾維新らしくていい感じ。
 創貴とりすかの二人が今後どのような関係に移行するのかが専らの関心事である。
 個人的には長崎が「魔法の国」で舞台が佐賀というのが一番ツボだった。
 長崎に舞台を移しての魔法バトルを期待する。

●キャラクター賞
【小佐内ゆき】(春期限定いちごタルト事件)
小動物の小山内さんと双子のまきとのギャップが素晴らしい。
【リタ・ヴラタスキ】(ALL YOU NEED IS KILL)
 年齢よりずっと大人にならざるを得なかった部分と、
 豆や梅干のシーンで見せる子供っぽい部分の落差が魅力的である。
【アイザック&ミリア】(バッカーノ!)
 この2人がいないとやっぱりダメ、最高のバカップルだ。
【アナピヤ】(されど罪人は竜と踊る V そして、 楽園はあまりに永く)
 可哀相すぎな運命を辿った彼女だが、強烈なインパクトを残したので。

235 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 16:22:14 ID:7DB/vq1T
●大賞・イチオシ賞
○<<真・運命のタロット 9 《世界》。(下)>>(著:皆川ゆか/絵:乱魔猫吉/レ:講談社X文庫ティーンズハート)
 <<真・運命のタロット 9 《世界》。(上)>>(著:皆川ゆか/絵:乱魔猫吉/レ:講談社X文庫ティーンズハート)
上下巻なので、両方まとめて。なにより完結してくれたことが嬉しい。
ラストのシーンからこれまでの《魔法使い》の軌跡を思い出すと、ちょっと泣けます。いやもう、一途だねぇお兄さん。
素晴らしい作品だとは思うのだけれど、伏線を全部解決して欲しかったというのは我が儘かな。
是非続きが読みたいです。(せめて外伝でも書いてくれないかな。)
 <<クロスカディア 5 月眠ル地ノ反逆者タチ>>(著:神坂一/絵:谷口ヨシタカ/レ:富士見ファンタジア文庫)
怒濤の勢いで伏線回収。神坂作品で神様が出てくることはほとんど無いので、
これからどういう展開になるのか期待大。
 <<スレイヤーズすぺしゃる 23 ブレイク・オブ・ディスティニー>>(著:神坂一/絵:あらいずみるい/レ:富士見ファンタジア文庫)
気楽に読める作品です。やたら人間くさいモンスターたちが好き。
メギガは一発キャラにはもったいないと思うけど、もう二度と出て来ないんだろうな…。
ちょっとだけ本編につながるネタがあったのも嬉しい。
 <<眠り姫>>(著:貴子潤一郎/絵:ともぞ/レ:富士見ファンタジア文庫)
文句なしに上手いです。シリーズ化していないところも好印象。
もっとこんな本が増えても良いと思う。

236 :235:05/01/29 16:23:27 ID:7DB/vq1T
●キャラクター賞
【リナ=インバース】(スレイヤーズすぺしゃる)
お近付きになりたくはないけれど、遠くから見ているぶんには好きなキャラ。
【大河穣太郎】(真・運命のタロット)
ただひとつだけの想い…( ´Д⊂
【《女教皇》】(真・運命のタロット)
強くなったね、ライコちゃん。
【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
無茶苦茶格好良かったです。
【碧川和国】(真・運命のタロット)
精神的に、一番大人だと想う。
《運命の輪》もそうだけど、どうしてその生き方を選んだのか知りたかった。

237 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 16:52:11 ID:cUbz6ThK
●大賞・イチオシ賞
○<<されど罪人は竜と踊る V そして、 楽園はあまりに永く>>(著:浅井ラボ/絵:宮城/レ:角川スニーカー文庫)
とりあえず友達に薦めれない傑作、読んだ後に激しくへこめるのは確定
なんでスニーカーでここまで出せたかが不思議
V巻の(禁じられた数字)のイメージのまま、W,X巻と読むと倍へこめる。
<<復活の地V>>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
ラストがだれなかったので普通に名作かと、ちょうど天災が多かったのでちと『もし起きたら』という気分にさせられた
<<流血女神伝 暗き神の鎖(後編)>>(著:須賀しのぶ/絵:船戸明里/レ:集英社コバルト文庫)
コバルトの看板かと思われ、公式のフラッシュに爆笑した思い出あり、時期シリーズが非常に楽しみ
<<カオスレギオン O5 聖魔飛翔篇 [完]>>(著:冲方丁/絵:結賀さとる/レ:富士見ファンタジア文庫)
これ読んだ後に、もう一回ラストを書き直して欲しいと激しく思った
<<ランブルフィッシュ あんぷらぐど]>>(著:三雲岳斗/絵:久織ちまき/レ:角川スニーカー文庫)
三雲氏最後の良心(?)、この作品は普通にライトノベルしてると思った。

238 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 18:17:13 ID:9MdQ1CQV
○<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
圧倒的な敵戦力を前にしての絶望的な撤退戦。
ゲームでこのシナリオに合うと溜まらんが小説だと燃える。
ここんところ悪い意味でライトになってきてたのが一気に挽回した感じでイチオシ。

<<眠り姫>> (著:貴子潤一郎 画:ともぞ レ:富士見ファンタジア文庫)
文章、ストーリーともにしっかりしてて安心して読める作品。
売れて富士見の凋落を留めて欲しい。

<<復活の地V>> (著:小川一水 画:前嶋重機 ハヤカワ文庫JA)
超科学の産物が引き起こす震災に、人々の地道な努力で立ち向かう展開が良い。
サイデンとかちと消化不良な感じもするが。

<<カオスレギオン 05 聖魔飛翔篇>>(著:冲方丁/絵:結賀さとる/レ:富士見ファンタジア文庫)
02ほどの衝撃は無いが綺麗にまとまったと思う。
それだけに最初の長編が惜しい・・・。

<<半分の月がのぼる空 3 wishing upon the half-moon>>(著:橋本紡/絵:山本ケイジ/レ:電撃文庫)
1巻ラストでささやかな幸せを掴んだと思いきや、巻が進むたびにウツゥな展開に。
早く続きを出して下さい。


今期は仕事が忙しかったり、株に手を出してそっち方面の本読んでたりして余り読めなかったなぁ。
ALLとか積みっぱなしだ。

239 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 19:42:10 ID:+fb0sTcu
●大賞・イチオシ賞
○<<悪魔のミカタ (13) It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)
 ザ・ワン編完結。刊行スピードからすると、シリーズも完結(立ち消え)しちゃいそうですが。
 章の結で、やたらと今後の話をバラしてるため、ちと盛り上がりに欠けますが、最後の展開は
 おみごと。ごった煮作家うえおが書きたいように書いたものを魅せてくれました。……続きは?

 <<エンジェル・ハウリング 9 握る小指―from the aspect of MIZU>>
   エンジェル・ハウリング 10 愛の言葉―from the aspect of FURIU
 (著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア)             9の方です。
 愛ですよ、愛。ながーい お話もこれでおしまい。プロット段階から結末がしっかり決まっていて
 それに沿って進んでいった(?)から、でしょうか。ラストに近づくほど涙腺が弱ってきました。
 ザッピングならではの、二つのフィナーレが素晴らしかったです。

 <<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンティック?>>(著:新井輝/絵:さっち/レ:富士ミス)
 エロゲーかギャルゲーのノベライズ。ミステリーレーベル(?)である必要はまったく無いですね。
 どろどろの肉体関係で結ばれた各人の続きが気になります。

 <<食卓にビールを>>(著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士ミス)
 変な生物を書かせたら、右に出るものはいません。相変わらず素敵です。書き下ろしが多くて
 嬉しかったです(連載追ってないですが)。こっちも何処がミステリーなのか私には解りません。

<<新ソードワールドRPGリプレイ集NEXT 2 ダンジョン・パッション>>
  (著:藤澤さなえ/グループSNE/絵:かわく/レ:富士見ドラゴンブック )
 最後に変りダネを一つ。パーティー全員体力に不安あり、戦闘の度に「死」が見えそうですが、
 これからも姑息で卑怯なプレイで、選択ルールの例示を見せてください。

240 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 22:12:48 ID:thZD80r1
●大賞・イチオシ賞
○<<されど罪人は竜と踊る V そして、 楽園はあまりに永く>>(著:浅井ラボ/絵:宮城/レ:角川スニーカー文庫)
 とにかくヤラレタとしかいえない。殺れて、犯れて、叩きのめされ。
 すくい上げられたと思ったら、満面の笑顔で叩き落され、そんでも面白いのがどこか悔しい。
 アナピアの死もキツイが、俺的にはシヴとの別れがキツイ。

<<ホーンテッド! >>(著:平坂読/絵:片瀬優/レ:MF文庫J)
 西尾とおかゆを足したらこうなったという感じで、確信犯なデンパで滅茶苦茶(褒め言葉)
 (ある意味)今後を生暖かく観測したい新人。
 ロシアンルーレットは緊迫感とネタが奇妙に混じり合ってて秀逸。
 
<<空の中>>(著:有川浩/レ:メディアワークス)
 なんていうか、電撃で一番実写に耐えられそうな作品というべきか。
 爺さんがいい味出してくれてるというか。団体の嬢ちゃんのヤサグレっぷりがナイスというか。
 これはいいジュべナイルでつね。

<<天槍の下のバシレイスAまれびとの棺(下)>>(著:伊都工平/絵:瑚澄遊智/レ:電撃文庫)
 地味作家に作品に恵まれない印象がある絵師が相性ばっちりな作品。
 百合ぽくて、時には底抜けな学園生活だけど、キャラのバックの重さのギャップがたまらない。
 とにかくブレイクキボンヌ。

<<護くんに女神の祝福を!D>>(著:岩田洋季/絵:佐藤利幸/レ:電撃文庫)
 4巻での評価がた落ちをまとめて返してしかもお釣りを出した巻。
 とにかくいちゃいちゃ、爺さんがいい味出してて、バレンタイン騒動に身悶えした巻。
 これはいいいちゃつき小説でつね。


241 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 22:13:25 ID:thZD80r1
●キャラ賞
【紀史元ひかり】(ホーンデッド!)
イメージとしては、サバトちゃんに毒をプラスした感じがナイス。しかし、なぜに2巻に殆ど出番がない。

【雲隠ホタル】(陰からマモル)
阿智作品中で個人的最萌キャラ。ある種メインを張れそうな巻が4巻だけというのはなぜに。

【サラ・ウェイン】(てのひらのエネミー)
「触るんじゃねえ、この豚野郎。ママを探したきゃとっとと養豚所に行きな、デブ。たっくさんのママが
 おまえをお出迎えしてくれるだろうさ。どのパパと交尾したかひと目じゃわからないから、おまえも
 豚の尻を抱えて確かめていきな!」
この台詞が激ツボ(;´Д`)ハァハァ

【ボーボー】(Alice)
 クマ、バンザぁーーーーーーーイっ! 今期一のバグキャラ。

【ファンタズマ】(天槍の下のバシレイス)
 彼は間違いなく戦士だった。今期一番気に入った敵役。

今回、あっさり決まったのは上3つ。
下ふたつは比較的刊行時期が投票時期に近かったんで印象に残りやすかったと思う。
9S、シャナ、悪魔あたりも考えてはいたんだが。

242 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 22:31:10 ID:4SHqdlHL
●大賞・イチオシ賞
○<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
やはりこの馬鹿騒ぎ祭とイッちゃってる人物が成田作品。
色々とケチを付ける人間もいるが面白い。それでよいじゃねえかこん畜生と。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
陳腐なネタを陳腐と感じさせない書き方が素晴らしい。
今度はどんな方向で来るのかな?

●キャラクター賞
【葡萄酒】(バッカーノ)
問答無用の最強キャラ。でも何故か許せる。

243 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 22:47:10 ID:diSBY4mU
大賞・イチオシ賞
○<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
  今更タイムループ物?というなかれ。熱くもあり、切なくもある逸品。微妙な風刺の味もよし。
 安倍吉俊のイラストも大変効果的に使われている。2004年のアタリ作品。

 <<風と暁の娘 パンツァードラグーン オルタ>>(著:五代ゆう/絵:かねこしんや/レ:MF単行本)
 ノベライズ、更にハードカバー単行本ということで敷居は高いけれども、あえてこれを推す。
 デビュー当時から、この人が書く文章とそこに漂う異世界の空気が好きだった。今作も期待に違わぬ出来。

 <<Alice>>(著:川崎康宏/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
 川崎康宏復活の号砲!長いブランクもなんのその、その持ち味は変わらず。投げっぱなしのジェットコースターアクション。
 クマに人間兵器、改造人間、etc。いずれ劣らぬアクの強いキャストが織り成す大活劇。カナダ産のクマだってサムライになれる。

 <<食卓にビールを>>(著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士見ミステリー文庫)
  こんな嫁さんがいたら疲れるだろうなあ。でも毎日楽しそうだよなあ。実はSFネタがいっぱいだったりもする。
  これもイラストが良く合っていると思う。

 <<エンジェル・ハウリング 9 握る小指―from the aspect of MIZU>>(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア文庫)
  フリウ編とどちらに投票するかで相当悩んだが、こちらに。1巻と9巻での、ミズーのあり方の対比が良い。
  シリアスではあるが、前向きな心境になれる。やはりこれは愛の物語だ。

キャラ投票は省略。

244 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 23:03:59 ID:bsinH5Ys
●大賞・イチオシ賞
○<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良悟/
絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
これだよ、このイカれた連中の馬鹿騒ぎが成田なんだよ。ここまでキャラ動かせるのが成田。
<<灼眼のシャナZ>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
こっちは王道と言えば王道とかな。次はまた激動しそうで楽しみ。
●キャラクター賞
【教授&ドミノ】(灼眼のシャナ)
ベストカップルと言うかバッドカップルと言うか。
【吉田一美】(灼眼のシャナ)
たとえどんな結末でも俺は彼女派だ。
【葡萄酒】(バッカーノ)
あーあ、前の人達みたいな事しか浮かばないや。
だって最強で出たら全て持って行くのは仕方ないでしょ?事実だしな。

245 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 23:08:28 ID:u7kXUgXa
●大賞・イチオシ賞

○<<悪魔のミカタ13 It/MLN>>(著:うえお久光 絵:藤田香 レ:電撃文庫)
無事に話が収束して満足、これで何事もないかのように新刊が出続ければ最高なんだが

<<僕らA.I.>>(著:川上亮/絵:BUNBUN/レ:富士見ミステリー文庫)
儲なんで1票。あとがきを中心に良かったです

<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見M文庫)
鬱全開。読み終わった時はこれは駄目かもしれんと思ったけど
大賞作品を選考してると1票入れてしまいたくなる作品だ

<<涼宮ハルヒの消失>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
長門は反則だ!  って思ってるのは俺だけじゃないはず

<<学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME>>(著:谷川流 /絵:蒼魚真青 /レ:電撃文庫)
谷川は本当にスゴイ1年だったね。谷川も吸血鬼かよ!って読む前は乗り気じゃなかったけど
いつものSFな感じが出てたし宮野もキレてたんでよかった


皆言ってるけど今期は本当に良作だらけ。はじめて5冊選ぶのに苦労したよ
次点はバッカーノ、フルメタ、半月あたりで

246 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 23:10:08 ID:u7kXUgXa
●キャラクター賞
【長門有希】(涼宮ハルヒ)
もう彼女がメインヒロインって事でFA

【宮野秀策】(学校を出よう!)
学校っつーか宮野が好きだよ

【ボーボー】(Alice)
         \   ∩─ー、    ====
           \/ ● 、_ `ヽ   ======
           / \( ●  ● |つ
           |   X_入__ノ   ミ   そんな餌で俺様が釣られクマ――
            、 (_/   ノ /⌒l
            /\___ノ゙_/  /  =====
            〈         __ノ  ====
            \ \_    \
             \___)     \   ======   (´⌒
                \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;
                  \___)___)(´;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ

247 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 23:12:28 ID:Lx3+EOHu
●大賞・イチオシ賞
○<<涼宮ハルヒの消失>>
 (著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
今まではみくる派だったのですけれど、
これで完全に長門派になりました。
完全無敵少女だった彼女にバグを仕込んだことで、
魅力が格段アップした気がします。
 <<ALL YOU NEED IS KILL>>
 (著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
単調に繰り返すだけのはずの同じ戦争の日々を、
初年兵がベテランに育っていくまでに投影した
作者の手腕がすごいと思います。
ほろ苦いラストも世界観と良く合っています。
 <<ネペンテス>>
 (著:清水マリコ/絵:toi8/レ:MF文庫J)
幻想と現実が交錯する不思議な連作短編集です。
心が落ちつかせる恐いのに優しい描写が好きです。
この透明感は清水マリコならでは。
 <<食卓にビールを>>
 (著:小林めぐみ/絵:むー/レ:富士見ミステリー文庫)
女子高生編は一見普通に見える友人たちの
ちょっと変なところや
物事に動じないヒロインのゆったり感がいいです。
ビール編ではだんなとのかけあいもほのぼのしていて好き。
 <<9S〈ナインエス〉IV>>
 (著:葉山透/絵:山本ヤマト/レ:電撃文庫)
痛快娯楽アクションとして確立されてきたような気がします。
怒濤の展開で今までの伏線が収束して
新たな敵の出現を予感させる話で、
シリーズの壮大さが感じられます。


248 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 23:13:22 ID:Lx3+EOHu
●キャラクター賞
 【長門有希】(涼宮ハルヒシリーズ)
完全に一番の座を奪った感のある無口系ヒロイン。
無感情ないつもの長門の裏にある可愛らしさにやられました。
 【ヒロイン】(食卓にビールを)
高校生で小説家で主婦でSFマニアで、
これだけ色々な側面を持ちながら
あのまったり感はさすがです。
 【峰島由宇】(9S〈ナインエス〉)
オトコ言葉が気持ち良い完全少女。
これだけ万能なのに禁的なところも好きです。
 【ボー・ボー】(Alice)
クマー! 日本人以外にサムライの心があると
ぐっとくることがありますが、
人間以外では初めて。


249 :イラストに騙された名無しさん:05/01/29 23:58:07 ID:khvcTdBJ
●大賞・イチオシ賞
○<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:阿部吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
ループする中での主人公の成長を見事に書ききっていたと思う。
グリーン・ティーとコーヒーの使い方は抜群に際だっていた。特に後者。
読んでいて久々に興奮できたし苦めの読後感もよかった。文句なく傑作。

<<されど罪人は竜と踊るX そして、楽園はあまりに永く>>(著:浅井ラボ/絵:宮城/レ:角川スニーカー文庫)
秋山瑞人が「持ち上げてその後叩き落とす」ならばこれは「とにかく叩いて叩いて叩きのめしても一つおまけに叩き潰す」という感じ。
同情さえも許されないほどの強烈な鬱展開にただひたすら凹むラスト。きついなんてものじゃない。
それでもこれ以外の終わり方は無かったと痛感した。悪い意味で泣ける傑作。

<<砂糖菓子の弾丸は撃ち抜けない>>(著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見ミステリー文庫)
推定少女と迷ったが最後までしっかり書き抜かれたということでこっちに投票。
痛い、ただひたすら痛い。1ページ目で不意打ちをくらった後だんだんと立ち直るにつれて絶望感が増していく展開、そしてあのラスト。
ラスト3ページは泣いた。ガールミーツガールを無駄なく無常に書ききったのはさすが。

<<刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of broken blood>>(著:山下卓/絵:HACCAN/レ:ファミ通文庫)
平和な日常がだんだんとおかしくなっていく過程が非常に鮮やかで切ない。
諦めはあっても、それでも強く結びついていた二人に感動した。
展開が読めても良いことには変わりない。イラストも素晴らしかった。

<<シャドウテイカー2 アブサロム>>(著:三上延/絵:純珪一/レ:電撃文庫)
とにかくヒロインの葉に萌える。今期最萌え小説。
だがそれ以外にもオカルト能力物としてのバトルシーンもストーリーも地味なところは否めないがなかなかいい。
3を見た限りこれから辛い展開になりそうだが。今後の期待も込めて一票。

250 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 00:14:25 ID:ThCtofi4
●キャラクター賞
【雛咲葉】(シャドウテイカー)
もじもじ+幼なじみ+=破壊力(またの名を萌え)最大。
【ボー・ボー】(Alice)
彼は確かに見た目はクマだ。しかし間違いなく熱き心と覚悟を持つサムライだ。
【堕花雨】(電波的な彼女)
正真正銘の笑えない電波。だがそれがいい。前髪を上げると……のお約束には分かりつつもイラストの相乗効果もあり負けました。
【リタ・ヴラタスキ】(ALL YOU NEED IS KILL)
格好良さとツンデレ的可愛さの同居したヒロイン。ラストの漢らしさと梅干しとモーニングコーヒーの時の可愛らしさがよかった。
【ヒロイン】(食卓にビールを)
女子高生は人妻でした。これで萌えを感じさせないほわほわ感が良かった。

251 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 01:49:27 ID:ylfOKE+5
●大賞・イチオシ賞
<<悪魔のミカタ (13) It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)
It編が始まる前の主なキャラは、本筋ではほとんど使わずにここまで書きあげたってのを評価したい。
姫さまサクラがついに来た!ってのも満足。
コウが最後の最後にだけ出てきておいしいトコロ全取りですよ。だがそれがいい!

<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良吾/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
いえー俺様無敵だぜビンビンみんな不死者ですよギンギン。
幸せですか幸せですかみんなハッピー!
クールビューティーは素敵だね。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
ちーとずつ冷めてくとことか、決意するとことか、ラブいとことか、ループで色々重ねるつのが良い。
無敵感とか。無敵じゃなかったのかよ!とか思わされるのも好き。
お腹壊しそうなラストの描写も好き。

<<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)
こういうこと言うのは恥ずかしいんだがね。とても言いにくいことなんだがね。
「ルイズかわいい」
ツンデレ。取りあいも、いいね。

○<<復活の地 III>>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
燃えるぞ!燃える!燃え燃えだ!
アクションとか、そのようなものに「燃え」という言葉を使う方が多い。
結構なことだ。そーいうのは俺も大好きだ。
けど俺は社会という舞台で戦っている彼らを見るほうが燃える。
心踊る。レンカという星を守るために知性という武器で天災と戦う学者とか大好きだ。
締めが良かったので三巻に票を。

252 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 01:49:44 ID:ylfOKE+5
●キャラクター賞
【サルカンド】(復活の地)
上にも書きましたがね。学者キャラは好きだ。
辺境惑星の人間だからって馬鹿にすんなよこれでも学者だ!つー感じが。
振られっぷりも好きだ。

【シンルージ】(復活の地)
お役所仕事。だけどな、おいちゃんだって民がどうでもいいからお役所仕事してるってわけじゃないんだよ!
そりゃ人気取りだってするさ、にんげんだもの。
でも妻も娘も愛してます。にんげんだもの。

【ルイズ】(ゼロの使い魔)
なんつーかさ、いいじゃん。
ちくしょうおまえはもっと素直になれってんだ!

キャラはこんくらいにしとく。

253 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 02:37:31 ID:+dNimMc7
●大賞・イチオシ賞

○<<復活の地 III>>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
読んでいて背筋が震えた。登場人物誰もが、前の震災の経験から成長し、
力を合わせて危機に立ち向かう姿勢に、感動した。この本を読めて本当に良かった。

<<Hyper Hybrid Organization 00-02 襲撃者>>(著:高畑京一郎/絵:相川有/レ:電撃文庫)
遅筆の高畑さんがまさかの年二冊刊行。
知能戦の描写は流石。本編との関連も見えてきて、より面白くなって来ていると思う。

 <<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (4)〈上〉>>(著:川上稔/絵:さとやす(TENKY)/レ:電撃文庫)
3巻で少しパワーダウンしたかと思ったけれど、見事に復活。主に変態度が。
しかし変態だけにとどまらず、ところどころきっちり熱い描写を入れてくる辺りも素晴らしい。

 <<セブン=フォートレス リプレイ フォーラの森砦(下)>>(著:菊池たけし/F.E.A.R/絵:石田ヒロユキ/レ:ファミ通文庫)
本編のリプレイは、きくたけにしては比較的おとなしめで物足りなかったけれど、
下巻途中から始まる「宝玉の七勇者」に大爆笑。電車の中で読むのではなかった。

 <<楽園の魔女たち 楽園の食卓(後編)>>(著:樹川さとみ/絵:むっちりむうにい/レ:集英社コバルト文庫)
ずっと追いかけてきたシリーズがついに完結。コメディの名作と思う。
挿絵は手にとりにくいが、男性が読んでも面白いシリーズだった。

254 :253:05/01/30 02:56:19 ID:+dNimMc7
他に面白かったのを書き忘れた。
ALL YOU NEED IS KILL、BBB、平井骸惚辺りが良かった。
フルメタも凄かったけれど、評価は続刊を読んでからにします。

●キャラクター賞
【シンルージ】(復活の地)
一巻の役立たずぶりからは想像もつかない働きを見せてくれた。脇役が活躍する話は良い。

【アルゲル】(セブン=フォートレス リプレイ フォーラの森砦)
迷惑と紙一重の暴走ぶりはしかし爆笑を生む。中の人(田中天)面白すぎ。

【きくたけ】(セブン=フォートレス リプレイ フォーラの森砦)
PCの暴走をそのまま採用し、かつまとめてしまうアドリブの王。見習いたいものです。

【平井溌子(溌は旧字の「さんずい+發」)】(平井骸惚此中ニ有リ)
素直じゃないのも素直なのもどちらも良いけど、今回は素直な方が頑張っていたのでこちらに。
(表記は既に投票されている方のをそのまま使わせて頂きました)

255 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 04:55:51 ID:qQIuxwRV
●大賞・イチオシ賞

○<<エンジェルハウリング9 握る小指-from the aspect of MIZU>>(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア文庫)
ミズー編を象徴するようなサブタイトルに惚れました。5巻でこのサブタイトルを知ってから
ずっと気になっていたんですが、最後まで読んでこういう意味なのかと感心しました。
ウルペンとの決着のシーンと塔を昇りきった時のミズーの台詞が最高に格好いいです。
特にウルペンとのシーンはベスポルトの言葉遊びに対する答えが描かれているようで非常に気に入りました。
票は入れませんがエンジェルハウリングとして完結する10巻も面白い。
奇数巻、思いを伝える距離の物語と、偶数巻、思いを伝える言葉の物語、
未読の人はもちろん、途中で投げ出した人も読んでみることをオススメします。

<<食卓にビールを>>(著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士見ミステリー文庫)
直接的、間接的にちりばめられた小ネタがわかる人もわからない人も非常に楽しめる作品です。
日常の中に何の前触れも無く入ってくる非日常。そして、それを全く気にせず順応するヒロイン。
うかうかしてると読んでいる自分が置いていかれます。
ねこたま以来、ずっと追いかけ続けているけど、この人の作品はいつ読んでもユニークで新鮮です。

<<眠り姫>>(著:貴子潤一郎/絵:ともぞ/レ:富士見ファンタジア文庫)
短編集です。しかもその内半分はファンタジーでもない。しかし、面白い作品ばかり。
個人的にはアーカイブとダディがお気に入り。
特にアーカイブのいたって普通でまったりとした雰囲気は大好きです。
書き下ろしの作品ではライトノベルらしい面白さも見せてくれました。
次の作品をなるべく早く読みたいものです。

<<約束の柱、落日の女王>>(著:いわなぎ一葉/絵:AKIRA/レ:富士見ファンタジア文庫)
今期一番注目している新人。正統派のファンタジー作品です。
目新しいものは無いけれど、いつの間にか引き込まれていました。
ワンシーン毎に登場人物たちと共に喜怒哀楽を感じることができる良作です。
最後の柱の前のシーンでは目が潤んでしまいました。
これからの作品に期待する意味も込めて一票。

256 :255:05/01/30 04:56:59 ID:qQIuxwRV
上の続き

<<天高く、雲は流れ15>>(著:冴木忍/絵:森山大輔/レ:富士見ファンタジア文庫)
祝完結。よかった、ちゃんと終わってくれてw
何気ない一言に涙を誘われる作品。下手な言葉を並べるよりぐっと来ます。
一巻を買ってから何年経ったのかよく覚えていませんが完結記念ということで一票。

●キャラクター賞
【ミズー・ビアンカ】(エンジェル・ハウリング)
格好いいの一言です。カラー絵の三枚目なんか特に。
【橋爪】(眠り姫)
映画好きで麻雀の下手な親バカヤクザ。最高に面白いよ、ダディ。
【長門有希】(涼宮ハルヒ)
万能無口キャラ。"消失"のバージョンはかなりの破壊力を秘めています。
【池速人】(灼眼のシャナ)
輪の外にいる可哀想ないい人。頑張れメガネマン。

元々偏ったものしか読まないし、読む本の量も減ってきたのでなんとも言えんが
最近はおとなしい作品が増えたきがする。何か読んでて盛り上がらないのが多かった。
それにしても、今期はしっかり富士見厨らしい投票ができたなぁ。

257 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 08:16:51 ID:FMDKXWGS
●大賞・イチオシ賞
○<<学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME>>(著:/谷川流/絵:蒼魚真青/レ:電撃文庫)
2巻以降面白くなってきた作品ですが、この5巻と6巻のセットはシリーズ最高傑作。
特に今まではサブキャラに過ぎないと思っていた宮野の活躍っぷりが素晴らしい。
もはやこの作品は宮野抜きでは成立しなくなってしまったという点において、ある意味、彼がこのシリーズの真の主役なのではなかろうか。
文句なく今一番続きが楽しみな作品。

<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない>>(著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士ミス)
これを入れないわけにはいかないですね。
万人受けという言葉とは縁遠く、受けつけない人にとっては不快なだけの物語に見えるだろうけど。
ここで描かれている結末は、一つの方向性の終着点ではないかと思う。
桜庭一樹という作家のイメージが一新されました。

<<約束の柱、落日の女王>>(著:いわなぎ一葉/絵:AKIRA/レ:富士見ファンタジア文庫)
久しぶりにラノベで泣いた。
ストーリーは王道だが、物悲しいはずのラストがとてもとても清清しく感じられるのが絶妙。

<<空ノ鐘の響く惑星で5>>(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
面白さと一定の刊行ペースを保っているのが凄い。
毎回続きが気になる終わり方ながら、続きをそんなに待たされることがないのが嬉しい。
電撃では珍しいファンタジー物という点でも貴重。

<<涼宮ハルヒの消失>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
2巻でブレイクした「学校を出よう!」と比べると、こっちはずっとイマイチが続いていましたが、ここにきて一気にブレイク。
谷川氏の作品は分かりやすいSF要素を押し出してくると一気に面白くなる。

258 :257:05/01/30 08:17:48 ID:FMDKXWGS
●キャラクター賞
【宮野秀策】(学校を出よう!)
今一番お気に入りのキャラ。
彼あってこその「学校」シリーズ。
彼の動向がシリーズの行方を決めると言ってもいい。

【海野藻屑】(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない)
名前のインパクトと、結末のインパクトと、性格のインパクト。
全てにおいて「普通」じゃない。
こんなに衝撃的なキャラはそうお目にかかれるものじゃないと思う。

【ヴィクトリカ・ド・ブロワ】(GOSICK)
萌え。
もしも、ヴィクトリカがこんなに可愛いキャラじゃなかったら、このシリーズは微妙なミステリという中途半端なものに成り下がる気がする。

【堕花雨】(電波的な彼女)
真性の(後戻りのきかない完全にヒトとして壊れてしまった)電波キャラではないが、そこまでいくと萌え要素を持ちえなくなるので、ラノベのキャラで電波系を描くならこの辺が限界なのかな。

【佐山・御言】(終わりのクロニクル)
主人公としてはかなり好き。
一見自分勝手なようで、その実、一番周りを気にしてるタイプだと思う。

259 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 08:54:43 ID:22xe/cNr
●大賞・イチオシ賞
○<<復活の地 III>> (著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
 まず、この作品と出会うきっかけとなった、前ライトノベル大賞に感謝します.
 超能力も魔法も使えないただの人たちが、巨大な災害に立ち向かうお話。ただそれだけ、
 だがそれがいい、と思います。

 <<灼眼のシャナ VII>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
 相変わらず「熱く燃える」作品。敵味方ともに個性的なキャラクターが多く居て、
 そしてその魅力を潰さずに、良いストーリーとなっている。同じ期間に8も出てますが,
 アクションシーンの多いこちらを推します。

 <<空ノ鐘の響く惑星で5>>(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
 ファンタジーな作品で戦記物(?)で良い作品と判断します。
 まだ主人公が世界の片隅にしかいないので、いっそ世界征服してもらいたいものです。

 <<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (3)〈下〉>>(著:川上稔 絵:さとやす(TENKY) レ:電撃文庫)
 ライトノベル大賞と縁がないのか・・・大賞の期間の次の月に完結する<下>が出る・・・。
 今回も4<下>が今月に出てもう1月早ければ結構いい線まで行くと思うのだけれども。
 とはいえ、作品はとても面白いです、未読の人にはぜひお薦めします。

 <<シャドウテイカー 2 アブサロム>>(著:三上延/絵:純珪一/レ:電撃文庫)
 「幼馴染・・・?まあそんな物につられることはあるまい」などと思っていましたが見事撃墜されました。
 ええ、もじもじ最高です。あと相変わらずヒロインの薄幸っぷりも見ていてやきもきしますね。

次点として、バッカーノ! 1933<上><下>、終わりのクロニクル (4)〈上〉
うーむ、イチオシ賞以外は全て電撃というのはどうだろう・・・もっと広く手を伸ばすか(- -;)

260 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 08:55:49 ID:22xe/cNr
●キャラクター賞
【セイオ・ランカベリー】(復活の地)
とてもよくがんばった人。こんな公僕がたくさんいればなぁ。
【ダンタリオン(教授)&ドミノ】(灼眼のシャナ)
イカレ「我学者」とその助手、という漫才コンビ。教授は理不尽の固まりです。
【オドー&ロジャー】(AHEADシリーズ 終わりのクロニクル)
愉快な仲間。やはり漫才コンビ。その掛け合いはとても面白い。
【雛咲葉】(シャドウテイカー)
もじもじ・・・
【ウルク・ティグレー】(空ノ鐘の響く惑星で)
健気なヒロインです。もう一人のヒロインとともに今後もがんばって欲しい。

261 :12:05/01/30 09:14:36 ID:gAW0sFL8
●キャラクター賞

【リタ・ヴラタスキ】(All You Need Is Kill)
 :彼女を思い出すと、今でも飲み下しがたい感情が沸き立つ。桜坂は悪魔か。
 せつなさみだれうち。

【一ノ瀬弓子クリスティーナ】(よくわかる現代魔法)
 :スカートめくりした男の子に、あんな行動を……桜坂は頭が貴腐してました。
 ツンツンだけど、デレ極小なのが最高。ばんきゅっばんさいこう。

【三鷹昇】(悪魔のミカタ)
 :少年が主人公の立場にいると、それだけで採点が甘くなりがちな漏れですが
 ノボルだけはガチ。将来的には堂島コウを越えて、シリーズを乗っ取ってホスィ。

【クレア・スタンフィールド】(バッカーノ!)
 :正直、いささか飽きてきたところだけど、やはり十八番は楽しいです。
 ある意味、伝統芸かな?

【オーガスタ・エイダ】(斬魔大聖デモンベイン 機神胎動)
 :ネーミングの馬鹿馬鹿しさに脱力。あんなメイドさんにお世話され羨ましい。
 てか、彼女を主人公にしたオリジナル小説書いた方がおもしろk…

262 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 10:21:04 ID:iAKuJGbe
○<<天槍の下のバシレイスAまれびとの棺(下)>>(著:伊都工平/絵:瑚澄遊智/レ:電撃文庫)
 票を纏めるには一巻に投票したほうが良いのですが敢えて二巻。
 一巻だけなら並の良作なのですが二巻一章での程好いインターミッションとストーリーの意外な転び方、
 上下それぞれで四人のキャラの逸話を描ききるしっかりとした構成。
 非常に纏まった作品として自分の中では間違いないイチオシ作品になりました。
 正直いちごタルト、GOSIKと迷いましたがこちらを。

<<復活の地 III>> (著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
 発表中に新潟中越地震もあり、また関東大震災が元ネタだろうと言う事もあり、身につまされるシリーズ。
 絶望的な状況の中で生きようともがきながら一歩一歩進んでいく人々から発露する搾り出されるような善意は
 相応の説得力を持って感動を生んでくれます。
 最後もぐだぐだにならずにきちっと纏め、クオリティを維持しながら定期的に作品を発表する作者の成長が感じ
 られて嬉しいかぎりです。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
 年末に思わぬ伏兵登場と言った感のあるこの作品。
 個人的にループ物が好きと言うのもありますが、途中ではゲーム的な面白さ。
 ラストではせつなくやるせなく纏めてバランスの良い良作に仕上がっているかと思います。
 最後に余韻のある作品は好きです。

263 :262:05/01/30 10:22:27 ID:iAKuJGbe
<<春期限定いちごタルト事件>>(著:米澤穂信/絵:片山若子/レ:創元推理文庫)
 ライトノベルとしてもミステリとしても青春小説としても完成度高し。儲とすればもうあげざるを得ない。
 小ざかしいけど憎めない小鳩君。振り返るとヤツが居る小山内さん。頼れる友人健吾。
 しっかりとしたキャラ立ちの元に描かれる適度に毒の効いたそれぞれの小話。 
 地味だけどしなやかな読み甲斐のある一冊。

<<GOSICK III ―ゴシック・青い薔薇の下で―>>(著:桜庭一樹/絵:武田日向/レ:富士見ミステリー文庫)
 萌えだけじゃないんだ!!と言いたいんだがまあヴィクトリカが可愛過ぎるのが反則。
 作品を地味に支える心理描写とかキャラの描き方の美味さは推定少女でも砂糖菓子でも証明されてるし。
 萌えで良いじゃない。

次点は『平井骸惚此中ニ有リ 其参』、『薔薇のマリア I..夢追い女王は永遠に眠れ』
『9S〈ナインエス〉 IV』、『吉永さん家のガーゴイル 4』の四点

264 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 10:27:51 ID:/26c4lzn
しかし、たかが2chの評価なんてどうでもいいと思うのだが・・
大賞?だからどうした?

265 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 10:47:05 ID:cAYWdr5p
邪魔だからこっちで吠えろ

イベント運営・雑談・感想スレ in ラ板 part3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1104233704/

266 :262:05/01/30 10:56:24 ID:iAKuJGbe
●キャラクター賞

【小佐内ゆき&小鳩常悟郎】(春期限定いちごタルト事件)
どちらも一癖も二癖もある面白カップル。特に腹に一物小佐内さんのキャラが良い。
作者ホームページの登場人物リストで爆笑。

【ヴィクトリカ・ド・ブロワ】(GOSICK)
萌え。大賞圏内ではないが四巻のフリルボールとかイラストもあって悶えまくった。
やばすぎる。

【河上君&平井涼】(平井骸惚此中ニ有リ)
鈍感主人公とツンデレ娘のなんて素晴らしげなカップル。
河上君&平井撥子嬢もなかなか良いわけですがちとヤバいので。

【川中島敦樹】(天槍の下のバシレイス)
言ってみればシリアス版相良宗介の女性編?
特に理由は無いんですがなんとなく好きです。こう言う芯の強いキャラ。

【デイモン・ギャレット】(DADDYFACE メデゥーサ )
反則キャラ。主人公の立場無さ杉。メデューサ編は彼の為に書かれたと言っても過言ではない、ような気がする。

【チック&マリア】(バッカーノ)
バッカーノ1933の主役。どちらもバカなだけのキャラでなくて良かった(笑)。
マリアが生き生きとしていて良い。

267 :262:05/01/30 10:58:59 ID:iAKuJGbe
>>266
失礼。六組あるじゃないですか。
というわけで残念ながら【チック&マリア】(バッカーノ) は削除の方向でオネガイシマス。
ご迷惑をかけます。

268 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 11:00:27 ID:W4eeJ8M5
○<<フルメタル・パニック! (15) つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
  カオスレギオンと悩んだ末の大賞
  前の巻までのダルさを一気に消し飛ばした爽快感と次巻への期待感が勝因
  とにかく宗介がカッコいい!!

<<カオスレギオン 05 聖魔飛翔篇>>(著:冲方丁/絵:結賀さとる/レ:富士見ファンタジア文庫)
  上のほうで誰かが言ってたけど、これは双子が主人公の話っぽい
  これをよんだ後に長編を読むと更に「カオスレギオン」の評価UP!
  
<<悪魔のミカタ13 It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)
  よくまとめたな、と
  正直無理矢理の感は否めないものの十分楽しめた1冊
  でもサクラの無敵さ加減にはちょっと引いた・・・
  
これ以外のは団子状態で選ぶ気がしなかった
集計人さん乙です

269 :261:05/01/30 11:06:33 ID:gAW0sFL8
あひゃ、漏れもミスりました。
>261、一番下は【オーガスタ・エイダ・ダーレス】がフルネームです。
危うく魅力半減するところでした。謹んで訂正いたしまつ。

270 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 11:12:12 ID:/26c4lzn
2chなんて猥雑陋劣な所の評価が、なんの指針になるのかと。

271 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 11:50:15 ID:EnEPrYiK
邪魔だからこっちで吠えろ ID:/26c4lzn

イベント運営・雑談・感想スレ in ラ板 part3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1104233704/

272 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 12:03:18 ID:PQjXtflw
>>271
一言、なんか言っていけや
例えば、2ch〜大賞系(無意味な自己満足にしか思えんが)
の意義とそれが業界に与える影響についてだとかな・
そうしたら出ていってやる。

273 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 12:05:23 ID:uu5MY2Oc
自己満足、いけないか?
人が楽しんでる輪に入れないとむかつくタイプ?

274 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 12:14:17 ID:4wbpSe/T
ああ、こういうのが出てくるから最初はsage進行だったのか。まあ俺は無視して祭りに乗るがな。

●大賞・イチオシ賞
○<<エンジェル・ハウリング9 握る小指―from the aspect of MIZU>>
(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア文庫)
 燃えました。信じること、愛することをここまで書き上げた、ラノベらしからぬ?作品。
イラストやあらすじから、ただの剣と魔法のファンタジーだと思っている方は損していると断言します。
主人公ミズーは肉体的に強い女性だけど、最も必要だったのは手を握るだけの弱い力。
たくさんの大切な人ができて、爽やかに終わってよかった。

 <<エンジェル・ハウリング10 愛の言葉―from the aspect of FURIU>>
(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア文庫)
 信者くさいですがフリウ編完結にも一票。9巻読んだ後だとさらに感動!
シリーズ途中では、救いが無い感じでうじうじ悩んでいたフリウが、しっかり成長した姿を見せてくれました。
だれかの言葉と信念が、ほかのだれかに記憶として残る。秋田さんの言葉=作品、この俺がしっかと受け止めましたよ。

 <<天槍の下のバシレイス(2) まれびとの棺〈下〉>>
(著:伊都工平/絵:瑚澄遊智/レ:電撃文庫)
 電撃地味トリオの一角…でも好き。連載は読んでなかったので、ごてごて砲台・パリカリアやメモり魔少年・文彦の謎が解けてすっきりした下巻に投票。
化け物が大量に押し寄せてくるって世界設定なのに、それが日常の一部になっているところがなんかいいです。
武器は商店街のオヤジに都合してもらうとか、学校や生活の描写がたまらん。

 <<BLACK BLOOD BROTHERS 1 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 兄弟上陸―>>
(著:あざの耕平/絵:草河遊也/レ:富士見ファンタジア文庫)
 先が非常に気になる新シリーズです。2巻は上下巻の上巻で、まだこれから盛り上がるようなので、1巻に入れます。
個人的には、アクションよりも特区の政治経済、組織のごたごたがどうなるかが楽しみ。
でも後半のビル間の戦闘も良い出来。躍動感、浮遊感が感じられました。

以上四作品です。

275 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 12:15:56 ID:4wbpSe/T
●キャラクター賞
【ウルペン】(エンジェル・ハウリング)
おまいさんの愛は本物だといってやりたい。変態チックな敵キャラなのに、激しく応援したくなりました。

【狗頭蘭子】(Alice)
クマーもいいですが、アリスかわいいよアリス。頑張り屋の恋する乙女(?)です。 片思いの相手突き飛ばしてるがな。

【ロゼットSS-2822(ロゼ)】(埋葬惑星U)
愛とは所有することだと教えられてきたアンドロイド。ほかの愛の形もあるかもと気付いたときにはもう遅かったというのが切ない。
イラストじゃなくて思考に萌えました。

以上。

276 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 12:20:19 ID:VtgBLNPN
>>272
誘導先で死ぬ程相手してもらえるだろうから。以上。

277 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 12:30:28 ID:PQjXtflw
>>276
誘導先とやらを見てきたが、あれはあれできちがいにしか見えん。
なんなんだあれは、各論総論って・・(汗
本来、ラノベの理解は感性が主、理性が従というのが俺の考え。
入り込みたくないスレだった。

278 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 12:59:42 ID:EnEPrYiK
お似合いじゃんお前と

279 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 13:02:44 ID:PQjXtflw
>>277
褒め言葉か?

280 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 13:26:13 ID:QAFfFKRb
>>279
漏前の言う通り、別に2chで賞を取ったからといって
何になるわけじゃないのは確か。
この結果が業界に影響を〜なんて誰も考えてないだろうよ。

ラノベ好きな奴らが集まってるんだから、
今期はこれが面白かったあれが面白かったと言い合うのは楽しいだろうし
せっかくそういう話をするのなら1番を決めようぜってだけのことじゃないの?

281 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 13:28:17 ID:uSU6lbSW
池沼は仕方ないとして、漏れらまでこのスレで反応することもないだろ?
放置かこっちへ。

イベント運営・雑談・感想スレ in ラ板 part3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1104233704/l50

282 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 14:03:03 ID:hXc5Sc6U
●大賞・イチオシ賞
<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
 うまくいくまで何回もリセットっていうゲームの感じが出てて、
初めて読むシーンで既視感を何度か覚えた。
 梅干勝負の盛り上がりが良かった。
<<電撃!! イージス 5>>(著:谷川流/絵:後藤なお/レ:電撃文庫)
 SF設定臭さを感じさせないゆる〜い日常感とか
 世界を守るには武器が間抜け過ぎなところが逆にほっとできていい。
 ハルヒ、学校と比べると影の薄いシリーズだけど敢えて。
<<風の聖痕(スティグマ) Ignition 1 綾乃ちゃんの災難>>(著:山門敬弘/絵:納都花丸 /レ:富士見ファンタジア文庫)
 長編だとカンに触る和麻の性格の悪さもコメディだと
 ちょっとしたアクセントになるようで、
 キザな男に振り回されて大騒ぎしては自爆する綾乃を
 うまく引き立てていると思う。
<<先輩とぼく 3>>(著:沖田雅/絵:日柳こより/レ:電撃文庫)
 UFOとか宇宙人とかアンドロイドとか脳交換とか、
 谷川流が書いたら多少無理目でも世界の謎を話に絡めようとするところを
 この作品でやってることは単なるヲタ系ラブコメ。
 情けないところがいい。
<<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)
 異世界召喚王道ストーリーなのに、
 ルイズのツンデレ度合とサイトのかんちがい加減が
 うまい具合にかみあってなくて、二人の会話を見ているだけで楽しい。


283 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 14:03:41 ID:hXc5Sc6U
●キャラクター賞
【雪崎凌央】(電撃!! イージス 5)
 ときどき毛筆をふるって見せる熟語がはまりすぎ。
 寸鉄人を刺す無口キャラ。
【ガニメーデス】(電撃!! イージス 5)
 是非アブデル(天国に涙はいらない)と萌え宗教談議をしてもらいたい。
【平賀つばさ】(先輩とぼく)
 つばささま〜! 悪の組織ダークウイング総帥役がはまりすぎ。
【ルイズ】(ゼロの使い魔)
 尽くし系キャラのシエスタに負けるな、がんばれ。犬がワンなら
 ファンタジーのヒロインはツンデレでしょう。


284 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 14:47:13 ID:j4JWxVh3
●大賞・イチオシ賞
○<<春期限定いちごタルト事件>>(著:米澤穂信/絵:片山若子/レ:創元推理文庫)
古典部シリーズの頃から日常の謎を読ませるのがうまかったが
今回はそれに加えて小佐内さんという萌えキャラ?を投入。
ラノベ読者も一般読者も獲得できそうなつくりになっている。
人間を書くのがうまい作家さんで個人的評価高し。もう消える心配はしなくてよさそうかな。

<<学校を出よう!6 VAMPIRE SYNDROME>> 著:谷川流 画:蒼魚真青 レ:電撃文庫
複数の事件・勢力を複雑に絡み合わせて先が読めない、そこはかとなく緊迫感が漂う話に引き込まれた。
ハルヒシリーズも4,5巻とこのノリがでてきたけど、主人公のネガティブシンキングが
たれ流され続けた2,3巻が退屈だった分、シリーズとして学校の方に軍配が上がる。
ただ、オチにはちょっと肩透かしを食らった気分。

<<電波的な彼女>>著:片山憲太郎 画:山本ヤマト 集英社スーパーダッシュ文庫
昨年の新人さんの中では一番よかった。
2人のヒロインの主義主張のぶつかり合いなどキャラ立てのうまさが光っていた。
ここからどう続編を作るのか、作者の腕の見せ所ですな。

<<echo ―夜、踊る羊たち―>>(著:枯野瑛/絵:謎古ゆき/レ:ファミ通文庫)
主人公カップルに横恋慕してくる連中を主人公の妹が・・・というお話。
ハリネズミの命題とか獣の理屈とか、殺伐とした話の中にも優しさがあり、なんともいえない読後感。

<<ALL YOU NEED IS KILL>> (著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
レーベルスレで作者の評判が良さげだったんで気にはなってたんだが現代魔法は合わなかった。
こちらはほとんどイラスト買いだったんだが、俺のツボをスマッシュヒットしてくれた。
主人公周辺に話を絞って余計なエピソードを挟まないので本は薄いが内容は厚い。
ラストは・・・。たまにはこういうのもありか。


285 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 15:21:22 ID:3KW24Cjb
●大賞
<<楽園の魔女たち 楽園の食卓(後編)>>(著:樹川さとみ/絵:むっちりむうにい)
一昨年の終わりからずっと読んでいたシリーズが次々に完結している中で、
 このシリーズの完結は、嬉しくも悲しいものでした。もっと色々と説明して欲しいところが
 なきにしもあらずですが 、4人娘達が元気に前向きに進んでいくことだけは確実なので、
 やっぱり、嬉しいラストでした。
 
 <<魔女の結婚 アヴァロンの陽はいつまでも>>(著:谷瑞恵/絵:蓮見桃衣)
 同じくコバルト、同じく魔女物。そしてシリーズの完結作。でも楽魔女とはまた違う世界。
 とにかく前向きで、一途なヒロインが良い!
 紀元前から中世末期まで複雑につながる物語の輪をきれいにつないでみせた作者に
 お疲れ様とありがとうと伝えたい。今度の新刊外伝集もたのしみにしてます。
 伏線の処理としては、個人的に悪霊シリーズ、ティーパーティーシリーズに並ぶ名作だと思う。

 <<伯爵と妖精 あまい罠には気をつけて>>(著:谷瑞恵/絵:高星麻子)
 終わる物語があれば、始まる物語もある。前出魔女婚の作家の新シリーズ。
 ビクトリア朝で猫!というだけで、嬉しくなってしまう個人の好みはおいておいても。
 自立しているヒロインが良い。とにかく口の達者な悪党が良い。
 そしてなにより猫が、ねこが、ネコが良い!!
 先が楽しみな物語がある限り、本読みは止められない。

 <<アリスのお気に入り 〜夢見の森のフェアリーテール〜>>(著:ココロ直/絵:アキヲ)
 アリスに白ウサギにドードーにグリフォン。間違いなく日本が舞台なのに、どこか不思議。
 読んで「ああ、少女小説だな」と思った。これ、最大のほめ言葉です。
 私は自分をきちんと持っているヒロインが好きなんだな、結局は。
 とにかく楽しく読めた1冊でした。

286 :285:05/01/30 15:22:10 ID:3KW24Cjb
つづき

<<赤の神紋 黒鍵>>(著:桑原水菜/絵:藤井咲耶)
 基本的に今まで 桑原水菜の作品はラ板大賞に投票しないことにしていたのでけれども。
 主人公の自分の存在意義に対する葛藤と立ち位置を、ピアノの黒鍵に例えているのが良い。
 その主人公へのエールとして、ショパンのエチュード「黒鍵」が使われているのが良い。
 この一冊で救われてしまうほど、主人公にとって軽い問題ではなくて、この先本編に続く
 長い話の最初でしかないけれど。「黒鍵」を聞いた時の主人公の喜びに、「ああ、彼は大丈夫だ」と
 なんだか嬉しくなった一冊です。


 これまでは結構ひねくれて投票していたのだけれども。
 (意識的に少年向けレーベルから中心に選んでいたのですが)
 今回はなんだかもういいやという気分になったので、自分の趣味に素直に投票したら、
 見事にコバルト文庫ばっかりだったという。
 やっぱり少女小説が好きなのさっ!

287 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 16:14:33 ID:QIhinOUU
●大賞・イチオシ賞
○<<Alice>>(著:川崎康宏/絵:エナミカツミ/電撃文庫)
 地の文で突っ込みを入れまくるリズムが関西人の感覚にビシッときました。
 この人の他の本もいつのまにか買ってたけどこの本で作家買いに決定。
 どれも似てるのでこれが気に入ったら(もしくはほかのが気に入ったら)
 作家買いしても外れはないと思います。

 <<眠り姫>>(著:貴子潤一郎/絵:ともぞ/レ:富士見ファンタジア文庫)
 こういう雰囲気の話が好きなので。Astralとか乙一とか好きな人なら
 楽しめる気がします。ベロニカもよかったですし、次作にも期待が持てますね〜。

 <<銃姫 2 〜The Lead in My Heart〜>>(著:高殿円/絵:エナミカツミ/レ:MF文庫J)
 三巻に入れてる人が多い中敢えてこっちで。確かに三巻も面白いけど
 あからさまに続いてるので評価は4巻が出てからにしたいし。
 メインキャラが揃ってきた感があり、姉関係の伏線ありと。
 一巻よりますますパワーアップしてるので一巻を読んでいまいちくらいに思った人は
 ぜひこれまでは読んでみてください。

 <<電波的な彼女>>(著:片山憲太郎/絵:山本ヤマト/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
 何が良いとはあまりいえないんですが、気づいたら4回も再読してました。
 犯人はすぐわかるのでミステリ分は期待しちゃだめですね。
 続編も決まったみたいなのでこれからが楽しみな新人さんです。

 <<カオスレギオン 05 聖魔飛翔篇 >>(著:冲方丁/絵:結賀さとる/レ:富士見ファンタジア文庫)
 マルドゥックで一躍名を知られた冲方さんのシリーズ完結編です。
 最終巻なのにジークの影は薄いですがこの0シリーズはあくまでノヴィアが主役で
 ジークはタイラーシリーズのタイラーというか
 他のキャラを引き立たせる舞台装置みたいなものなので問題なし。
 今年も体を壊さない程度にギリギリまで頑張って欲しいですね。


288 :287:05/01/30 16:15:49 ID:QIhinOUU
●キャラクター賞
 【ボー・ボー】(Alice)
 去年一年間列島でリアルに起きたクマ出没事件の波に乗ってラノベ界でもクマが大暴れ!
 キャラ賞に一押しがあったらこれに入れたいくらいのインパクトでした。
 しゃべるクマ!サムライ!しかも5歳!なのに保護者!
 この作品あきらかにこの子と人類最終兵器が主役を食ってました。
 去年の干支がクマ年じゃなかったのが残念。(干支にはいませんが)
 
 【堕花雨】(電波的な彼女)
 この娘について語ろうとするとすぐネタバレになりそうであまり話せない上に
 人によって好き嫌いが激しく分かれそうなキャラですが好きです。

 【御坂美琴】(とある魔術の禁書目録)
 この娘がどれだけ出てるかで各巻の面白さが決まるような気がします。
 メインヒロインに魅力がないのが原因のような気もしますがこのシリーズは
 3巻を読まずして(突っ込みどころも多いですが)見限ったら損!
 放置プレイが怖いですが頑張ってメインヒロインの座を
 射止めて欲しいものです。

 【ノヴィア・エルダーシャ】(カオス レギオン)
 このシリーズ、主役のはずのジーク以外も魅力あるキャラだらけで
 みんな選びたいくらいなのですが。無難にこの娘を。
 05を読むと、皆成長したなぁと思わされるのですがこの娘なしでは
 このシリーズが成り立ちませんしね。

 【デイモン・ギャレット】(DADDYFACEメデゥーサ )
 はっきり言って髭を剃るまで個体識別してませんでした。
 それが剃った途端に…。登場人物が多すぎて皆の影が薄い中
 シリーズ中で一番くらいにインパクトのあるキャラに。
 準レギュラーになった感じもするので、でしゃばり過ぎないように
 (他のキャラを喰わないように)今後も出てきて欲しいですね。

289 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 16:32:35 ID:oqbAKsHb
●大賞・イチオシ賞
○<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見ミステリー文庫)
読んでいて、すごくいろいろなことを考えた
決して簡単に肯定できる話ではないけど、読んでよかったと思う
<<ルナティック・ムーン IV>>(著:藤原祐/絵:椋本夏夜/レ:電撃文庫)
四巻で急に化けたので、次の最終巻に期待
陰惨な物語でありながらも、ルナとシオンの関係が美しい
 <<眠り姫>>(著:貴子潤一郎/絵:ともぞ/レ:富士見ファンタジア文庫)
一つ一つのクオリティがとても高くバラエティ豊かな物語は、正直すごいと思った
一般文芸とかでも良いから、もっと書いて欲しい
 <<電波的な彼女>>(著:片山憲太郎/絵:山本ヤマト/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
トリックは、すぐに分かった、って人も結構いたかもしれないけど、登場人物が魅力的で、上手くまとまっていたと思う
個人的にすごく好みな作品


290 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 17:45:21 ID:fEJSSBP8
●大賞・イチオシ賞

○<<フルメタル・パニック! (15) つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:電撃文庫)
ただひたすら熱い一作。新しい展開にぶちのめされた。
あれだけ長いシリーズの設定を生かしつつ喝を入れたという点でも、
今期のイチオシはこれしかない。

<<斬魔大聖デモンベイン 機神胎動>>(著:古橋秀之/絵:Niθ/レ:角川スニーカー文庫)
古橋秀之自ら企画を立てただけあって、
デモンベインに対する愛が感じられる。
ノベライズ版の中では一番迫力があった。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
火薬とかコーヒーとか、戦場によく似合う匂いが
漂ってくる作品。
繰り返す戦場の日々の無情感や焦燥感が
時間ループにうまくはまっていた。

<<天槍の下のバシレイス (1) まれびとの棺 (上)>>(著:伊都工平/絵:瑚澄遊智/レ:電撃文庫)
怪物と多脚砲台で戦う戦闘描写は淡々と進むし、
日常生活は妙に貧乏臭いし、
地味としかいいようがないが、
書下しの清子大迷惑がモロにツボだった。
戦闘の合間の平和な日常が絶品。

<<ガンパレード・マーチ 5121小隊 九州撤退戦(下)>>(著:榊涼介/絵:きむらじゅんこ/レ:電撃ゲーム文庫)
長かったシリーズもこれで完結。感無量。
単に筋を追いかけるだけじゃなく、
戦争の悲惨さがきちんと伝わって来る。
ゲームのノベライズとしてはまさに理想的としかいいようがない。


291 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 17:46:04 ID:fEJSSBP8
●キャラクター賞

【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
主人公の鑑。逆境からの復活は熱すぎ。
格好良いとしかいいようがない。

【原田雪見】(天槍の下のバシレイス)
戦闘じゃなくて銭湯の番台で女体の美を観賞する女の子。
店番から逃げようとするやり方がまた貧乏臭くていい。


292 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 18:23:03 ID:XiRbsvnX
●大賞・イチオシ賞

○<<推定少女>>(著:桜庭一樹 画:高野音彦 レ:ファミ通文庫)
思春期ど真ん中な15歳の細かい心理描写が最高。
青春小説として今の自分と昔の自分とかいろいろ考えさせられた。

<<食卓にビールを (1)>>(著:小林めぐみ 画:剣康之 レ:富士見ミステリー文庫)
SFを上手くネタにしたマターリコメディ?
日常の中に非日常が入っているんだけど淡々と進むのも良い、短編集で気楽に楽しめる作品かと。

<<復活の地 III>>(著:小川一水 画:前嶋重機 レ:ハヤカワ文庫JA)
現実でもいろいろと起きてますが、災害と戦う様々な人々、そして思惑をめぐらせる人々。
キャラクター間の駆け引きとかも素晴らしかったです。

<<気象精霊ぷらくてぃか 3 魔界の卑怯温泉>>(著:清水文化 画:七瀬葵 レ:富士見ファンタジア文庫)
今回の書き下ろしは百合妄想全開でハァハァなのですが、ユメミがミリィに対して打ち解けていく過程が良かった。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋 画:安倍吉俊 レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
繰り返す日常の中で奮闘する主人公、ラストのほろ苦さは何とも言えません

次点で「9S〈ナインエス〉IV」、「糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」、「三月、七日。〜その後のハナシ〜」「Mew Mew! Crazy Cat's Night」あたりを

キャラ賞は絞りきれないので棄権しておきます

293 :33:05/01/30 18:28:47 ID:XaJIruIA
●キャラクター賞
【アナピヤ】(されど罪人は竜と踊る)
救いもへったくれも無い。最期までどん底に突き落とされたままだった彼女の「死にたくない」という言葉が
強く印象に残ってる。

【ガユス・レヴィナ・ソレル】(されど罪人は竜と踊る)
コイツが不幸から逃れる為には死ぬしか無いんだろうなあ…

【クレア・スタンフィールド】(バッカーノ!)
個人的にはキレた奴らばっかの作中でぶっちぎり、最もキレた奴だと思う。
生物学的には一番一般人に近いのに。

【彰子】(少年陰陽師)
ただ守られてるだけのお姫様じゃないところに好感。

【巣籠カナ】(推定少女)
あんまりがんばらずに生きていきたい。
…数年前の自分の思考と全く同じだ…orz


投票してから、ネペンテスと推定少女を読んだ。
…もうちょっと様子見てから投票すれば良かった…orz

294 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 18:37:38 ID:ue0uh8My
●大賞・イチオシ賞

○<<復活の地V>> (著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
 前回投票してこの本の存在を教えてくれた方々にありがとうと言いたい。
 災害復興物というものが新鮮でした。2度の大災害を通して、人間の成長と可能性を示してくれた一品です。
 個人的には、消防士のくだりが好きです。

<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>> (著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見ミステリー文庫)
 果てしなく救われない話。
 そして、忘れようと思っても忘れられない話。印象度は今期No.1かな。
 自分がライトノベルというものを甘く見ていたことを教えられました。まさかこんなのが出てくるとはね。
 今後は作者買いをすることになると思う。
 富士ミス地雷源返上おめでとう。

<<BASTARD!!(バスタード)黒い虹 II>> (著:ベニー松山/絵:萩原一至/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
 原作の世界観&人物観をそのままに。普通に歴史の1部として受け入れられる。
 漫画のノベル化のほとんどは失敗してると思うが、バスタードは別。(個人的見解ね)
 ちゃんと続巻出してださい。

<<とある魔術の禁書目録(インデックス)3>> (著:鎌池和馬/絵:灰村キヨタカ/レ:電撃文庫)
 やっと出てきた御坂美琴。
 1巻、2巻のヒロインははっきりいってどーでもよかった。
 出番が終わってしまった御坂姉妹を別のヒロインメインの話にどう絡ませられるかが今後の課題だな。
 4巻を見る限り、作者は課題を理解してくれてるようだから、安心できる。

295 :294:05/01/30 18:38:26 ID:ue0uh8My

<<チキチキのわ〜る烈風伝!! 7>> (著:嬉野秋彦/絵:せたのりやす/レ:ファミ通文庫)
 シリーズ完結!
 スニーカー文庫の続編をずっと待ってて、ファミ通文庫で出てることに気付いたのが1年前か。
 あの時はうれしかったなー。
 内容的には、個性あふれるキャラクターがどたばたやる感じの中華ものです。

次点(というか、投票してもよかったんだけど・・・)
 バッカーノ、空ノ鐘の響く惑星で

296 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 19:00:22 ID:zydh8EiW
●大賞・イチオシ賞
<<真・運命のタロット 9 《世界》。(上)>>(著:皆川ゆか/絵:乱魔猫吉/レ:講談社X文庫ティーンズハート)
○<<真・運命のタロット 9 《世界》。(下)>>(著:皆川ゆか/絵:乱魔猫吉/レ:講談社X文庫ティーンズハート)
これは当然のようにセットで。正直、放置も覚悟していたシリーズだけに感無量。
ただ、けっこう色々細かい部分で書ききっていないようにも思うので、外伝でのフォローをさらにキボン。

<<約束の柱、落日の女王>>(著:いわなぎ一葉/絵:AKIRA/レ:富士見ファンタジア文庫)
あえてフルメタでなくこっちを。富士見の未来はちょっとくらいは明るいかも。
泣けるライトノベルというのは多いが王道のままで突っ走るのはめったにないので。

<<灼眼のシャナ VII>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
吉田たんの告白タイム。カムシン爺さんの変身タイム。教授&ドミノのショータイム。
恋愛も戦いも盛り上がり的には最高潮で、話の内容も相変わらずブラボーな出来。

<<食卓にビールを>>(著:小林めぐみ/絵:剣康之/レ:富士見ミステリー文庫)
2よりもこっちの方が面白いと思う。こういうマイペース嫁が欲しいような欲しくないような。
あんましSFとかにこだわりなくてもオーケーなので読んでみて欲しい。笑えるから。

時点は空鐘、エンハウ、デモベ(古橋版)あたり。

297 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 19:00:55 ID:zydh8EiW

●キャラクター賞
【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
キャラにもイチオシ大賞があったら文句なしでこの人なんだけどね。男の見せ場。

【嫁】(食卓にビールを)
いやー、可愛いんだけどマイペースすぎというか。わらしべ長者精神。

【ダンタリオン&ドミノ】(灼眼のシャナ)
ぶっ飛んでるコンビで、ホントにぶっ飛んだ。タイムボカンシリーズみたいw

【ミズー・ビアンカ】(エンジェル・ハウリング)
燃える展開の主役。最初はこんなに入れ込むとは思ってもいなかったなあ。

【ウルク・ティグレー】(空ノ鐘の響く惑星で)
今回は色々とやばすぎるので、励ましの意味を込めての一票・゚・(ノД`)・゚・。

298 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 19:11:20 ID:O0Rd9Jex
●大賞・イチオシ賞

○<<エンジェル・ハウリング 9 握る小指―from the aspect of MIZU>>
(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア文庫)
<<エンジェル・ハウリング 10 愛の言葉―from the aspect of FURIU>>
(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア文庫)
エンジェル・ハウリングの最終巻2巻に一票ずつ。序盤は批判も多かったが、
完結した今では全十巻全体の構成をきちんと考えて書かれた作品という印象。
それだけにこのラストは感動もひとしお。
人間の成長や愛情、他人を信頼するということを書ききった名作。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
いろいろ矛盾もないではないが、そうした細かいことを気にさせない作品。
主人公の成長と、出会いと別れをきちんとかけているからだと思う。
ループ、戦争物というのも好みだった。

<<斬魔大聖デモンベイン 機神胎動>>(著:古橋秀之/絵:Niθ/レ:角川スニーカー文庫)
作者スレでは薄いという意見もあったが個人的には十分満足。
パンチテープ魔導書の場面とか熱すぎ。あとはニアーラたんに萌えw

<<新本格魔法少女りすか>>(著:西尾維新/絵:西村キヌ/レ:講談社ノベルス)
主人公のゲスっぷりは意図的に書かれていると思うw
なんか最後きれいにまとめようとしている所とかたまりません。
これからあの主人公が真っ当になるのか、さらに外道になるのかが楽しみ。

299 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 20:37:06 ID:Wk+5uGaF
●大賞・イチオシ賞

○<<タクティカル・ジャッジメント 6 湯けむりのディスティニー! 大舌戦編>>
 ( 師走トオル 富士見ミステリー文庫)
面白い割に語られることが滅多に無いので宣伝もかねて信者投票。
もう既に6巻目だが、よくもまあここまでネタを用意できると感心する。
常に法スレスレの弁護方法を取る主人公に笑いがとまりません。

<<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>
(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)
展開ベタベタ、文章並、世界観ありきたり、しかしそんな作品にも
他の追随を許さぬ分野がありました。3巻じっくりツンデレを
書いているのはとてもレア。最高。保護はお早めに。

<<ROOM No.1301 #4 お姉さまはヒステリック!>>
(著:新井輝/絵:さっち/レ:富士見ミステリー文庫)
姉の幸せそうなパワーにこちらも幸せです。すぐ切なくなりますが。
そして綾さんがやっと白衣着ました。GOODです。
新キャラシーナも結構好み。先が気になるシリーズですな。

<<復活の地 III [完]>>
(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
2巻の引き時は、おいおいこれまとめれるのかいなーって思いましたが
全然杞憂でした。ああ、迫力があります。熱い。
確実に来る大地震への、あらゆる立場、あらゆる種族の人々に感激。

<<涼宮ハルヒの消失>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
ついにきました長門萌え、なんてことはちっとも思ってません。話が秀逸!とも思ってません。
これはハルヒ萌えです。他のストーリーとキャラもおまけです。

300 :299:05/01/30 20:49:23 ID:Wk+5uGaF
●キャラ賞
【ルイズ】(ゼロの使い魔)
苦節十年、ついに出会えました。作者のあとがきのセリフ、
「冒険には顔真っ赤にしながら、「あんたなんか嫌いなんだから!」という
とびっきり可愛いナビゲーターが必要ですからね」に完全同意します。

【山鹿善行】(タクティカルジャッジメント)
友達にはなりたくないが、敵にもしたくない。頼りたくないが、力は貸して欲しい。
貸しを作っても借りを作っても後が怖い、いいキャラしてます。

【シャナ】(灼眼のシャナ)
A/Bの頃から読んでますが、シャナはもっぱらシャナ萌えで読んでおります。

【涼宮ハルヒ】(涼宮ハルヒシリーズ)
涼宮ハルヒの焼失は、誰がなんといおうとハルヒ萌えです。
長門分は100のうち1ぐらいです。話の面白さは10ぐらい。

【絹川蛍子】(ROOM♯1303)
彼に幸せを与えたまえ……と願わずにはいられない。

301 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 21:06:59 ID:OeeAcSoG
●大賞・イチオシ賞

○<<かくて災厄の旅ははじまる トワイライト・トパァズ 1>>(著:佐々原史緒/絵:湖澄遊智/レ:ファミ通文庫)
祝新シリーズ! 今度は「サウザンド・メイジ」の五百年後が舞台で、当然主人公は代わっている
のですが、……何故だろう、メインキャラの半分に見覚えがあるのは? しかも、賢者様ってば
まるっきりノリが五百年前と変わっていないんですけど……。さて、作者の繊細な情景、心理描写は
相変わらず健在で、読ませてくれます。新主人公、大陸一の苦労人トパァズも好感度高く、彼女の
一人称はオニキスとはまた違った味わいがあります。ライトファンタジー的仕掛けもいい感じです。
特に、本巻では何よりクライマックスの戦闘が格好良い。あの人が降臨した所は鳥肌ものでした。
連続刊行された二巻も相変わらず安定した出来で、今後が一番楽しみなシリーズの一つです。

<<学校を出よう! (5) NOT DEAD OR NOT ALIVE>>(著:谷川流/絵:蒼魚真青/レ:電撃文庫)
<<学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME>>(著:谷川流/絵:蒼魚真青/レ:電撃文庫)
実の所、今期最も衝撃を受けた作品でした。フィクション内でメタフィクションを扱うこと
そのものは別に珍しくはないわけですが、この作品では、シリーズで積み重ねられてきた伏線と
相俟って、作品の構造とストーリーの駆動を結びつけることに完璧に成功しています。また、
吸血鬼事件そのものの異質な空気と冷たい絶望感の描写も見事なものと言えるでしょう。事件の
オチに肩透かし感を覚えた人も多いようですが、幕間と本編の関連に注意しながら読み返して
みるとまた別の見方が出来るかも?

<<ドラゴンクルス 1.神は死んだ!>>(著:あすか正太/絵:玲衣/レ:角川スニーカー文庫)
なんだこの熱さは! これがあの「大魔王アリス」の作者か!? と、一読すぐに作者欄を見直して
しまいました。いまどき珍しいほど、ど真ん中真っ直ぐストレート王道まっしぐらな一冊。
なんだかライトノベルを読み出した頃の初心を思い出しました。

302 :301:05/01/30 21:07:39 ID:OeeAcSoG
<<ゲヘナ・リプレイ シェヘラザード・テイルズ>>(著:三田誠/グループSNE 監修:友野詳/絵:elgo/浅井あきひろ/緑一色etc./レ:JIVE)
文庫リプレイ界は今期も好調。きくたけが伝説の「宝玉の七勇者」を含む三冊を出すかと思えば、
SNEも激しい議論を呼んだSW新リプレイNEXT、駄目っ娘旋風を巻き起こした新六門などを刊行
しました。その中でもとりわけ異彩を放ったのがこのゲヘナ・リプレイでした。著者はSNE最強
GMと噂される三田誠。アラビアン・ダーク・ファンタジーと銘打たれた渋い背景世界を存分に
生かしたシナリオと、流れるようなゲーム進行で魅せました。なお、今期の三田誠はこれ以外にも
スニーカー、ファンタジア、電撃から新シリーズを並行して開始するという谷川流にも劣らぬ無茶な
刊行ラッシュをやっていますが、いずれもこの人らしく地味ながら水準をクリアしたものを出して
きているのではないかと思います。

今回は、リストアップしてみると40冊以上読んでいて、かつ30冊以上が当たりという、なかなか
充実したシーズンでした。というわけで選択には苦労しました。次点として、へっぽこ冒険者と
眠る白嶺(秋田みやび 浜田よしかづ 富士見ファンタジア文庫)、アガルタ・フィエスタ!
てのひらに女王を!(三田誠 双龍 電撃文庫)、気象精霊ぷらくてぃか 3 魔界の卑怯温泉
(清水文化 七瀬葵 富士見ファンタジア文庫)、吉永さん家のガーゴイル 4(田口仙年堂 日向悠二
ファミ通文庫)、涼宮ハルヒの消失 (4)(谷川流 いとうのいぢ 角川スニーカー文庫)、電撃!!
イージス 5(谷川流 後藤なお 電撃文庫)、楽園の魔女たち 楽園の食卓 後編(樹川さとみ
むっちりむうにい コバルト文庫)あたりを挙げておきます。特にへっぽこ〜とアガルタ〜は
最後まで迷いました。SNEもようやく新世代が台頭してきましたかね。

303 :301:05/01/30 21:12:58 ID:OeeAcSoG
●キャラクター賞
【掛川あろえ】(電撃!! イージス 5)
第四話でK.O.されました。いつも天然の笑顔で周囲の緩衝材になる彼女、でも緩衝材としての
ストレスは無意識的に負担になっている、それでもそんな辛さは決して表には出さず、倒れても
見せるのは笑顔だけ……なんてええ娘さんなんやー! こういう娘にゃ弱いのよ、ええ。この手の
天然系いい子タイプはあんまり人気が出ないのが相場ですが、私だけでも見守っていきたいと
思いますですよ。ハイ。
【穂波・高瀬・アンブラー】(レンタルマギカ)
眼鏡、関西弁、幼馴染、ツンデレとそれっぽい属性がいろいろくっついているこの人ですが、
それ以上に、実に正統派な魔女スタイルに惚れました。若くして失われたケルト魔術を復活させた
天才というとありがち厨設定っぽいんですが、その方法がイギリスの田舎を回って古老への
聞き取り調査というのが素敵。
【インターセプタ(音透湖 / 星名サナエ)】(学校を出よう! 5,6)
今回はほぼインターセプタとしての出番。事務的な淡々としたやり取りの中にも、彼女の人柄
みたいなものがにじみ出ていたと思います。特に自分の存在を賭けて宮野をかばった所とか。
音透湖としての登場も柔らかい雰囲気で実によろしかったかと。
【サシャ・アライアス】(フォーラの森砦上下)
フォーラの森砦では病弱な妹だった彼女が、何の間違いか宝玉の七勇者では巨大な剣で魔王を
一刀両断…… 「ヒュウガの百倍は強いぞ、サシャ」(GM談)二時間のセッションで全てを
ブッちぎって行ってしまいました。何と言うのか某南光太郎を思い出したのは秘密。
いや、元を考えればそれ以上か……
【ニム・カルシア】(新六門世界RPGリプレイ1,2)
一部に鼻水旋風を巻き起こした「守られ騎士」。いや、いいじゃないですか。善意は本物だし、
素直だし。いい意味でのお嬢様育ちですな。ニムかわいいよニム。

304 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 21:15:32 ID:Q0bi9Wp8
●大賞・イチオシ賞
○<<フルメタル・パニック! (15) つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
出てくるキャラがみんな熱い。悩みながらも、でもみんな
少しずつ成長していってる感じがする。続きも気になるし
やっぱり安心して読める。文句なくイチオシ。
<<ガンパレード・マーチ 5121小隊 九州撤退戦(下)>>(著:榊涼介/絵:きむらじゅんこ/レ:電撃ゲーム文庫)
代表してこの巻に。ノベライズってあんまり好きじゃない
んだけど、これは別物として最後まで付き合えた。
キャラの年齢の割にはみんな達観しすぎの感じはするけど、
それでも共感できるところは多いかな。
<<9S(ナインエス)W>>(著:葉山 透/絵:山本ヤマト/レ:電撃文庫)
伏線を回収しつつ次のストーリーに繋げてゆく本編
の出来もいいんだけど、やっぱり3人の人間関係が絶妙。
特に前半の由宇と麻耶、そして最後のシーンの闘真と由宇がいい。
<<Alice>>(著:川崎康宏/絵:エナミカツミ/電撃文庫)
この人の本は初めて読んだけど面白かった。設定よりもキャラの
動きがよかった。クマがよすぎて、他がかすんじゃうのが
もったいないくらい。
<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
表紙を見て電撃文庫だと思って買ったら違ってた。
でも読んだら面白かった。フルメタとかガンパレとはまた違って
こっちは乾いた感じがする良さがあるかな。
電撃以外の文庫を読むいいきっかけになった。

305 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 21:17:08 ID:Q0bi9Wp8
●キャラクター賞
【ボー・ボー】(Alice)
インパクトありすぎ。ここの投票を見てて、
みんな同じこと思ってるんだなあと思った。
【峰島由宇】(9S〈ナインエス〉)
芯の強い、きっちりとしたキャラなんだけど
ときどき見える、はかない感じがいい。
【バルトロメ・フェレウ】(ALL YOU NEED IS KILL)
あんまりキャラが印象に残らない本だったけど、
このオッサンはなぜか心に残った。
【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
主人公ってやっぱりこうじゃなきゃだめだよね。
物語をちゃんと引っ張らなきゃ。
【林水敦信】(フルメタル・パニック!)
宗介と違って抑えた感じがいい。
光る脇役が似合ってる。


306 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 21:50:22 ID:19ugdT1A
●大賞・イチオシ賞
○<<復活の地 III>> (著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
災害と市民と行政の在り方を深く考えさせられる一冊になった。
メインテーマである震災との戦いだけでなく、政治ドラマ、列強との外交、
差別、公人の在り方、恋愛ロマンスを織り交ぜながら、たくさんの登場人物を上手く動かしてる。
SFガジェットを使いながらも、震災と人間の戦いというドラマをぶれずに描ききったところを評価。
個人的には官僚であるセイオとスミル内親王、二人の成長とラブロマンスにも魅せられた(;´Д`)ハァハァ
最後の締めも作者らしさが溢れていて◎

<<空ノ鐘の響く惑星で 5>> (著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
結構強引にまとめた4巻で不安になったが、続刊できる安心感からか5巻はきっちり持ち直してくれた。
国内国外の政情とともに男女模様も動き出した本巻。序章から飛ばし気味w
ウルクとリセリナのヒロイン争いも本格化し、
朴念仁フェリオの気持ちもようやく揺らぎ始めきてドキドキする展開に。
焦点絞って描きすぎの感もあるが、野望や陰謀が絡み合う国際情勢や敵陣営のキャラも動き始めて、
先が期待できる一冊になったと思う。

<<学校を出よう!6 VAMPIRE SYNDROME>> (著:谷川流/絵:蒼魚真青/レ:電撃文庫)
下半期の谷川攻勢の中からはこれを選択。学校シリーズを一区切りつけるに相応しい作品。
SF的には詳しくないので語れないけど、
佳由季と真琴、宮野と茉衣子の素直になれなかったそれぞれの人間関係の変化が面白かった。
個人的には、祈の手を繋がなければ会話できないという設定と、
随所に見られる佳由季への仄かな好意がたまらんかった。

307 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 21:52:30 ID:19ugdT1A
<<春季限定いちごタルト事件>> (著:米澤穂信/絵:片山若子/レ:創元推理文庫)
日常の謎をテーマにした連作短編のそれぞれの話の中に全体の事件の伏線を張り、
最後にきちんと回収するという作者お得意の形をキャラクターベースで描いたところを評価。
主人公とヒロインを「小市民を目指す」という目的から逆説的にキャラ立てしてるのが上手いなぁ。
依存でもなく恋人でもない"互恵関係"という関係にも萌え。
小動物然とした小佐内さんの素顔にも萌え。作者サイトの人物紹介(・∀・)イイ!!
全体的に氷菓やさよなら妖精といった過去作よりもラノベ寄りな作りだったと思います。

<<描きかけのラブレター>> (著:ヤマグチノボル/絵:松本規之/レ:富士見ミステリー文庫)
これぞL・O・V・E、富士ミスミステリー。女心こそミステリーなのかw
勝気で強気なヒロインと冴えない絵描き志望の学生の主人公が織り成す、
ベタベタな遠距離恋愛スレ違い物語な青春恋愛小説。直球です。
文章は粗いけど、それが返って青くささを醸し出していて良い方向に働いている。
ラスト付近の二人のやり取りには悶えさせられた(*´Д`)

下半期はかなり豊作だったと思う。
富士見は眠り姫やBlack Blood Brothersにフルメタ、
SDはALL YOU NEED IS KILLや現代魔法の桜坂作品、
富士ミスはROOMNo.1301に平井骸惚にさよならトロイメライ、
MF文庫は銃姫にゼロの使い魔、ファミ通は三月、七日。にBLLOD LINK、靴だけはハルヒ、
と悩んだ上での投票になった。

308 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 21:54:20 ID:19ugdT1A
●ベストキャラクター賞
【真木】(「眠り姫」『探偵真木シリーズ』より)
負け犬だろうと中年だろうと筋を通せる男ってやっぱかっこいいもんです。
本人は否定するだろうが、橋爪との友情は最高!

【セイオ・ランカベリー&スミル】(「復活の地」より)
災害と戦うには市民一人一人の自覚と努力が一番大切ということを分かった上で、
それでも、彼らの成長と頑張りがあったからこその戦いだったんだと思う。
ずっと変わらない二人の想いに万歳!

【望月ジロー】(「Black Blood Brothers」より)
1巻の冒頭から痺れさせてくれますよ兄者。
諦観でもなく開き直りでもなく、ただ惚れた女への愛に優しく殉じる男は燃える。

【新屋敷祈】(「学校を出よう!5・6」より)
言葉が封じられたために、手を繋がなきゃ会話することができないという設定勝ちなキャラ。
手を繋ぐという行為から感じられるものと伝わってくる思いの相乗効果が良い良い。
佳由季に対する淡い恋心がちらほら見られるのがさらにそれを堪らないものにしている。

【巫城都】(「さよならトロイメライ」より)
完全無欠なお嬢様なのに恋愛にはイマイチ押しが弱いお嬢に萌え
たまに積極的にアピールしてもトーマに全然気づいてもらえないお嬢に萌え
シリーズのヒロインなはずなのにイマイチ出番が少ないお嬢に萌え

309 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 21:58:43 ID:aIU41QNV
●大賞・イチオシ賞
○<<学校を出よう!6 VAMPIRE SYNDROME>> 著:谷川流 画:蒼魚真青 レ:電撃文庫

予想もつかない所に落とされたのでびっくり。宮野、茉衣子はもちろん
真琴、高崎兄、若菜他全てのキャラクターがたっており秀逸なできあがり。
このシリーズ最高の出来。

<<春季限定いちごタルト事件>> 著・米澤穂信  画:片山若子 レ:創元推理文庫

期待の新作。序盤から中盤にかけては今ひとつだったかと思ったがそれは大きなお間違いだった。
意外というか微妙なミスリードに引っ掛けられました∩゚∀゚∩
「For your eyes only」のラストと「おいしいココアの作り方」が好き。目指せ連作短編の星。

<<冷たい校舎の時は止まる(下)>> 著・辻村 深月 レ:講談社ノベルズ

実際の評価は勿論上中下セットでのもの。青春ものとしては今回ピカ一だったのではなかろうか。
短めなら桜庭、長い+トリック付きならこちらが良いように思う。
メインの謎の回答は必ずしも満足のいくものではなかったが、
その他の謎及びアレとこれ(言えん(´・ω・`))は結構やられたかなと……

310 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 21:59:25 ID:aIU41QNV
<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない>> 著・桜庭一樹  画:むー レ:富士見ミステリー文庫
どういう結末か知っていて読んだので、別にそれ程鬱ということはなかった。
キャラクター賞には入れないものの、藻屑やなぎさより兄貴の方が興味を引く伽羅だった。
男主人公でこの路線をやってみるとどうなるんだろうと思ったり思わなかったり。

<<アリアンロッド・リプレイ 2 闇色の血の騎士>> 著:菊池 たけし :F.E.A.R. 画:爆天童 レ:富士見ドラゴンブック
単純に笑える。タイムリミットを区切るやり方は、今ではお馴染みのテクかもしれないが
それはそれで面白い。ストーリー展開にプレイヤーが右往左往するのは普通だが、
GMも右往左往するのは……まぁ普通か。

番外ですが(さすがにノベルでもなんでもないので正規の投票にはいれれん)

萌える株式投資―一獲千金!超豊かなオタク生活 著:ミルミル 画:桜りゅうけん レ:KKベストセラーズ

初心者向けの解説本としては微妙で、絵柄も今ひとつ(萌えない正直)だが
「ガレキも同人誌もDVDも、株で儲けて欲しいだけ買おう!」という煽りは結構受けた。
やはり他人の悲喜こもごもやポートフォリオを眺めるのはそれなりに楽しい。
去年の事件を追っての解説もしているので何となく懐かしい。
1個1万円のチーズバーガーやメロンみがきには超ワロタ
ここまできたら萌える信用取引、萌えるオプション取引、萌える商品先物取引もキボンヌ

311 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 21:59:40 ID:aIU41QNV
【ヴィクトリカ×久城一弥】(GOSICK III ―ゴシック・青い薔薇の下で―)
前回もこの二人に投票したのだが今回も……
連続で投票することを躊躇させない面白いコンビ(カップルにはまだ早い( ゚ー゚)?

【平賀つばさ】(先輩とぼく 3)
「ふむ、……君もなかなかに強情な人だにゃ」うぷぷぷぷ……
目茶受けた。

【水倉りすか】(新本格魔法少女りすか)
西尾のヒロインとは思えないいい子ちゃん。仮面かもしれないが。

【ベネット】(アリアンロッド・リプレイ 2 闇色の血の騎士)
中の人のセンスはマジで凄いと思う。

【御坂妹】(とある魔術の禁書目録〈インデックス (3))
この作者に対してストーリーテラーとしては可ぐらいしか出せない正直。しかしキャラクター
造形力はそれを補ってあまりある。とりあえず今の所こいつが一番面白い。
今後もある程度使って頂きたい。

番外(ノーカウントで)
【ミルミル】(萌える株式投資―一獲千金!超豊かなオタク生活)
店頭でも取引があるからかもしれんが、自分から見るとIPO当たりすぎで死ぬほど羨ましい。

312 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 22:01:58 ID:ZezsDCt+
●大賞・イチオシ賞
○<<ゼロの使い魔 (3) 始祖の祈祷書>>
(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)
色々と文章力等には賛否両論あるようですが、
ストーリー!人物!シチュエーション! ナイスツボです。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>
(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
ちょっと燃える戦闘と熱い生き様、そしてちょっとせつないラストの取り合わせが絶妙。

<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>
(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:電撃文庫)
既刊のある意味ぬるま湯的なストーリーを、あっさりと吹き飛ばす一大転換期。
いわゆる、第一部完結?

<<Alice>>
(著:川崎康宏/絵:エナミカツミ/電撃文庫)
熱いストーリーにドキドキするわけじゃない、
とんでもないギャグに腹を抱えるわけでもない、
ただ淡々としょーもない小ネタが続くだけ。ただし延々と終わることもない。
ニヤニヤしっぱなしでした。
そして誰か、クマと人間最終兵器にかきけされた主人公少女にも愛の手を。

<<とある魔術の禁書目録(3) >>
(著:鎌池和馬/絵:灰村キヨタカ/レ:電撃文庫)
女の子を守るため、“最強”の相手に素手の右拳一本で立ち向かう!
熱い生き様とはかくあるべき、の見本(言いすぎ)
最新4巻は主人公がちょっと活躍しなさ杉の感があったのでこちらに投票。

313 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 22:05:07 ID:ZezsDCt+
●キャラクター賞
【ルイズ】(ゼロの使い魔)
3巻かけて引っ張ってきたツンデレ最高峰。
パーカーで表情を隠して上目遣いをするシーンのイラスト化を激しく希望する!

【ボー・ボー】(Alice)
牡5歳。でも保護者。
クマー。でもサムライ。でもやっぱりクマー。

【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
口絵1の表情がいい。
不安と、でも現在の幸せと、そのどちらともつかない微妙な表情。
無愛想な戦争バカだった彼が、こんな表情ができるようになったのか、
と感慨にふけりました。

キャラクター賞は、以上の3点で。

314 :314 ◆KyUpmG9.1. :05/01/30 22:08:57 ID:gl5+aqMh
●大賞・イチオシ賞
○ <<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンチック? >>(著:新井輝/絵:さっち/レ:富士見ミステリー)
落とし方が凶悪。何事もない話と話の繋ぎかと思ったら凄い落とされ方をされた。
もうあそこでEDテロップが流れる勢いだな。当然このまま行くとルートに入ちゃうからそうはならないんだけど・・・

<<学校を出よう!6 VAMPIRE SYNDROME>> (著:谷川流/絵:蒼魚真青/レ:電撃文庫)
谷川は、ハルヒのときはその売り方に疑問を持ってたが、作品性はハルヒも学校もなかなか面白い。濃い人も安心
設定がインフレの中、全てのギミックが円滑に動いている。ライトノベルでは只の最強設定に終わるようなキャラを
ちゃんと動かせてるのは評価すべき。次の話でどんな上位設定が出てくるか楽しみ

<<半分の月がのぼる空(3) wishing upon the half-moon >>(著:橋本紡 /絵:山本ケイジ/レ:電撃文庫)
やめておねがい おねがいやめて
こてこての中身のないライトノベルの文体で、あの緊張感。何でこんな展開にするんだ作者よ。この小説には希望はないのか。
せめて最後には幸せな記憶を

<<9S 〈ナインエス〉IV>>(著:葉山透/絵:山本ヤマト/レ:電撃)
最初に用意された材料だけで、ちゃんとした結論を導き出せるのが凄い。この巻はまさに後出しジャンケンなしだった。
設定だけの伏線を張るんじゃなくて、世界観をストーリーで叩きつけてくれるのはこういう作家では希少なので、最後まで出して欲しい。

<<刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of Broken Blood>>(著:山下卓/絵:HACCAN/レ:ファミ通文庫)
気がついたときには、たったひとときしか残ってなかった。でも、それでも二人は幸せだった。
山下、俺が読みたい山下はこれなんだよ。ただ悲しいだけの幸せを書かせたら天下一

315 :314 ◆KyUpmG9.1. :05/01/30 22:09:40 ID:gl5+aqMh
●キャラクター賞
【宮野秀策】(学校を出よう!)
  凄いキャラの割に頭が悪さが・・・(天才を書く難しさってやつか)
  今回で特にその傾向が強まり、逆に変人じゃなく普通の人間として見られるようになった。吉か凶かわからん

【新屋敷祈】(学校を出よう!)
  完全に趣味な女の子なだけです。調教(条件付け)されてる悲劇のヒロイン
  ものを言えない彼女の気持ちが痛いほど伝わってきました。エロ小説に使えそうとか思っちゃ駄目

【絹川蛍子】(ROOM No.1301)
  三巻の一言で一気に正ヒロインに躍り出ました。彼女に勝つだけの力を他のヒロインに求む。今のままじゃ勝てない。

【シーナ】(ROOM No.1301)
  大変な恋の持ち主。とても歪んだ愛情が、シーナと対照的で

【ヴィクトリカ・ド・ブロワ】(GOSICK)
  くんくんは天才よ。スマン冗談。金髪ロング生意気はエロよ。エロ。間違っても何かの影響で票を入れたんじゃあ・・・・ない。

最終日投票なので混乱気味。ごめん、読み切れてないので読んだ範囲で


316 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 22:19:50 ID:v9BZUNSL
大賞・イチオシ賞
○<<風と暁の娘 パンツァードラグーン オルタ>>
(著:五代ゆう/絵:かねこしんや/レ:MF単行本)
今季最高に興奮した一冊。ハードカバーゆえに埋もれている、勿体無すぎる傑作。
これはゲームのノベライズとして見るべきではない。五代ゆうの本格ファンタジーのベルである。
原作ゲームは知らなくてもいい。硬派な世界に浸りたい人には是非お勧め。つーか読め。

<<空の中>>(著:有川浩/絵:――/レ:メディアワークス)
空中に現れる謎の巨大生物、という琴線触れまくりSF。恐らく作者の趣味全開で書かれた快作。
異生物とのファースト・コンタクトものとしても秀逸な内容なので、趣味が合う人は是非読もう。

<<灼眼のシャナZ>>
(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
こりゃあ見事だよ。戦闘の流れと恋愛の進展を、ここまで不可分に絡み合わせて
しかも両方にクライマックスを作るなんて、まず普通じゃありえない。あと、教授ラブ。

<<スカイワード3>>
(著:マサト真希/絵:橘由宇/レ:電撃文庫)
今期の新人賞。今までとはガラリと雰囲気を変え、シリアス方面に特化した一冊に。
青臭さもここまでストレートに来るとぐっとなる。逆境を乗り越える正調青春小説といっておく。

<<世界が終わる場所へ君をつれていく>>
(著:葛西伸哉/絵:尾谷おさむ/レ:MF文庫J)
実は絵買い。・゚・(ノД`)・゚・。スレ住人的に。でも結果は正解だったのでよし。
とても良質なボーイミーツガールもので、読後感がとても爽やか。作者を再評価した。

今期は思わぬ良作を発見したり、従来のシリーズが安定したりで豊作だったね。
とにかくみんなオルタ読もうぜ、オルタ。

317 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 22:21:48 ID:v9BZUNSL
●キャラクター賞
【オルタ】(風と暁の娘 パンツァードラグーン オルタ)
不幸と逆境から世界の謎を追う大冒険へ・・・正統派ヒロイン最高。

【宮じい】(空の中)
渋い大人っていい。バックボーンがにじみ出るようなステキ爺さん。

【吉田一美】(灼眼のシャナ)
憎まれない恋敵で、しかも戦いの中での純愛告白。悶え苦しむぜ。

【ダンタリオン&ドミノ】(灼眼のシャナ)
これも入れねばなるまいよ。ユカイツーカイ我が儘いっぱい。惚れる。

【ナナ・カガト・奉可】(スカイワード3)
最初嫌いだったんだけどなー、いつの間にか大好きになってたなー。イ`。

キャラもいいのがいっぱいいたので迷った。
宗介やボーボーは皆入れてたので結局パスした。

318 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 22:21:54 ID:2ULXoxvR
●大賞・イチオシ賞
○<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見ミステリー文庫)
 最後まで入れようかどうしようかと思ったが結局入れることにする。
 仮にこの作品が上位に来て買いたいと思った方がいれば、絶対にみんなのコメントを見てから考えるように。

 <<空の中>>(著:有川浩/レ:メディアワークス)
 ハードカバーということで値段が高くなってしまっているので多少評価は落ちるが、完成度の高い一作。
 塩の街は個人的に微妙だったが、これで大化けした。
 今度出るらしい「海の底」と合わせて、今一番注目の作家だと思う。

 <<復活の地V>>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
 ひたすら熱い。 目いっぱい広げて、最後には爽快感とともに収束させる。
 最後まで失速せず災害に対抗する人々を描ききってくれました。

 <<眠り姫>> 著:貴子潤一郎 画:ともぞ レ:富士見ファンタジア文庫
 純粋な短編集は珍しいし、出来もよいので投票。
 「探偵真木」にはイラストと合わせて笑った。
 これだけさまざまなものを見せられれば他にも読みたい、と思うのだけどいかんせん筆が遅いのが残念。

 <<9S〈ナインエス〉 IV>>(著:葉山透/絵:山本ヤマト/レ:電撃文庫)
 少しクセのある作品が多いので堅実なこれにも。
 押さえるところをきちんと押さえ、きちんと面白いものに仕上がっている。
 深く考えずさっくり読めるので、ある程度広い範囲にオススメ。

319 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 22:22:45 ID:2ULXoxvR
●キャラクター賞
【ボーボー】(Alice)
 クマー(AA略としかいえない。彼だけのためにAliceはあるといっても過言ではない、かも。
 ……こいつのインパクトが強すぎて他のキャラが思い浮かばねえ。
 いやまじですごいんだって。

320 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 22:29:51 ID:s7m6oB6P
●大賞・イチオシ賞

○<<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>>(著:ヤマグチノボル/絵:兎塚エイジ/レ:MF文庫J)
ツンデレスレで知った一作。
最初は、普通のラブコメモノだと思っていたけど、2巻から戦争が始まり、風呂敷がどんどん広がって行く。
その中で展開されるルイズのツンデレっぷりも忘れなく。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
評判を聞いて読んでみたのだが、これがまた評判通りの出来。
アイデア、人物描写、ストーリー構成――これらが高いレベルでまとまった名作。

<<灼眼のシャナZ>>(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
アクションと恋愛を同時に詰め込んだ、ライトノベルらしい作品。

<<電波的な彼女>>(著:片山憲太郎/絵:山本ヤマト/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
ある程度立ったキャラと読みやすい文章。
早いうちからストーリーが読めてしまうのは難点だが、新人としては、かなり良い方だ。

<<ホーンテッド! 2 コトコトクライシス>>(著:平坂読/絵:片瀬優/レ:MF文庫J)
今回の大賞作品の中でも飛び抜けた電波作品。
西尾臭さが鼻に来る人もいるだろうけど、それが気にならない人には十分楽しめる迷作。

321 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 22:37:12 ID:82bl3gBN
大賞の方は前に投票したのでキャラ賞の方をば

●キャラクター賞
【長門有希】(涼宮ハルヒの消失)
ツンデレというものがよく分かりました
【ポー・ポー】(Alice)
クマーの一言で終わるんだけれど、イヤ展風味満載なのがGOOD!
【宮野秀策】(学校を出よう!)
彼はどうやってもそこに現れる
【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
主人公はこうでなくては!!!
宗介が日本に慣れていき諦めなくなるのと対応するように、かなめ戦場に慣れると共にしたがい色々諦めていく対比がすばらしい訳だが
現時点でのキャラの魅力としてはこっちが上
【シーナ】(ROOM No.1301)
壊れた精神を持った13階の住人の中で、あれ以外はまともに思える人間
撃墜マークは付けられないで欲しい



322 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 22:39:53 ID:MwbZGPuE
○<<復活の地 III [完]>>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
 <<復活の地 II>>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
丁度、最後の巻を読んでる時に新潟中越地震が起きた。その後スマトラ沖の地震も起き、
人ごとじゃないリアリティを持って読む事になったせいか、強く印象に残ってる。イチオシ。
単純に星間国家の群像劇として読んでも面白い。どうせ書かれないだろうけど続きも想像しちゃう。
 <<約束の柱、落日の女王>>(著:いわなぎ一葉/絵:AKIRA/レ:富士見ファンタジア文庫)
一巻完結でスッキリしている。タイムトラベルものとしてはAll you...のが凝ってるが、趣味でこっちに。
復活の地もそうだが、有能なヒーローが活躍する姿が好き。 ヒロインの心情変化も萌える。
 <<GOSICK III ―ゴシック・青い薔薇の下で―>>(著:桜庭一樹/絵:武田日向/レ:富士見ミステリー文庫 )
ミステリーをあんまり読まないんで、こんぐらいのでも充分満足。
逆にこれ以上ゴチャゴチャすると楽しめなくなりそう。 VよりWのが好きだなぁ。
 <<フルメタル・パニック! (15) つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
激動ですな。 恋愛関係も一段落してこれから尻つぼみになっていくのかと思ったら、さらに激しくなってきた。
嬉しい誤算。 長く続くシリーズモノとしては中だるみのない希有な作品。 完結までついてくぞ〜

現在熱が39度近く… キャラ賞書く気力はない… オヤスミ…

323 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 22:52:54 ID:r9dlmjIf
熱に負けずがんがれ

324 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 22:55:27 ID:eM/ryJKl
大賞・イチオシ賞

○<<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンティック?>> 著:新井輝 イラスト:さっち
 <<ROOM No.1301 #4 お姉さまはヒステリック!>> 著:新井輝 イラスト:さっち
 
 漏れにとっては今期と言うか、04年最高の掘り出し物であり、
 今もっとも続きが気になるのがこのシリーズ。
 表面的にはエロが目立ってるかも知れないが、
 決してそれだけの作品ではない。
 それぞれに欠陥と悩みを抱えた登場人物が皆魅力的。
 それに加えてプロローグから結末がある程度予想出来るおかげで、
 過ぎ去った黄金時代を懐かしむような雰囲気が感じられるのもいい。
 あるいは楽園を見せられながら、やがてそれが失われることも
 知らされる切なさが味わえるというべきか。
 何にせよかなり独特の空気を持った作品。
 この先に何が待っているのか不安でもあり楽しみでもある。
 本当は同じ作者に2票以上入れるのは避けたかったんだが、
 3巻ラストから4巻序盤にかけてのシーンで撃墜されたので両方に。
 3巻末の告白は今期のみならずライトノベル史上に残ると思うし、
 4巻序盤の幸福感とそこからの急展開もインパクトが大きかった。
 
 <<涼宮ハルヒの消失>> 著:谷川流 イラスト:いとうのいぢ
 「溜息」を読んだ時は「憂鬱」で終わってた方が
 よかったんじゃないかと思ったが、この一冊を読んでシリーズ全体、
 および谷川流に対する自分の中での評価が跳ね上がった。
 変容した世界に一人放り込まれたキョンの焦りや混乱が
 よく描けていたと思うし、ここまではあくまでもハルヒに
 巻き込まれただけの傍観希望者を標榜していたキョンが
 今回の事件をきっかけに自分が現状を楽しんでいることを認め、
 それに積極的に関わって行くことを決意したのもよかった。
 そして何よりも、いつもの長門に感情を表現させることなく、
 長門の内面を表現した作者の手腕は見事の一言。

325 :324:05/01/30 22:59:13 ID:eM/ryJKl
 <<よくわかる現代魔法 ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ>> 著:桜坂洋 イラスト:宮下未紀
 「一ノ瀬弓子クリスティーナはパンツをはいてない。」
 という衝撃の一文から始めてあれほど真っ当な少女の
 成長物語に仕上げた作者に脱帽。しかもパンツが作品のテーマに
 密接に関係しているのだから恐れ入る。
 こよみが体験した何かを時間移動と見るべきか
 マトリックスと見るべきかは難しいところだが、
 1巻で提示されたコードの概念を利用した仕掛けも見事だった。
 上記の文も含め、しっかりした文章の中にごくナチュラルに
 ネタを織りまぜて来る独特の文体も個人的に大好きだ。
 レーベルのせいでかなり損している感があるので
 未読の人には是非お勧めしたい。

 <<ネペンテス>> 著:清水マリコ イラスト:toi8
 何とも形容し難い連作短編集。 
 簡単に言ってしまうと、なるべく感情の起伏を抑えたいと
 思っている主人公の少年が毎回アイタタな少女に振り回されて
 都市伝説的な不思議ワールドに引き込まれる話、
 といった感じだが、とにかく雰囲気が独特で、
 どの話も絶妙に後味が悪い。その癖に全体を通して見ると
 何故か結構爽やかで綺麗な話になっていたりする。
 また、このコンビの作品は毎回そうだが、
 表紙と中表紙が最高にいい。初見でも印象的だが、
 読了する頃には「ああ、そういうことだったのか」
 と思わされるだろう。
 我ながら要領を得ない感想だが、この本は実際に読んでみないと
 分からんと思うので、是非一度手に取ってみて欲しい。
 その際一話だけ読むなら第五話a quirk of Fateがオススメ。

326 :324:05/01/30 23:02:45 ID:eM/ryJKl
次点は 砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet、 
Alice、学校を出よう!(5) NOT DEAD OR NOT ALIVE、
ALL YOU NEED IS KILLと言ったあたり。本当に迷った。

特に砂糖菓子は何とか一票入れたかったんだが
どうしても他の票を削れなかった。思いっきり好みが別れそうだし、
嫌悪感しか覚えないという人もいるだろうけど、
そうではない人はきっと強く胸を打たれるはずだし、
そういう人にとっては必読の一冊だと思うから、
機会があったら読んでみてほしい。

学校を出よう!(6) VAMPIRE SYNDROME、涼宮ハルヒの暴走、
電撃!イージス5、半分の月が昇る空なんかがそれに続く。
その他にも04年下半期は推定少女、天槍の下のバシレイス、フルメタ、
9S、バッカーノ!など楽しめる作品が多く、かなりの豊作だった。
ただ電撃文庫がやや粗製濫造に陥りつつあるような気がしたのと、
昨年通して新人が低調だったのが残念と言えば残念。

327 :324:05/01/30 23:04:04 ID:eM/ryJKl
キャラ賞
【ホタル】(ROOM No.1301)
姉属性及びツンデレ属性持ちは今すぐROOMシリーズを
全巻揃えなさい(命令型
というか、属性とか萌え云々なんかでは到底言い表せないくらい最高。
2巻エピローグの時点で転んでたが、3巻エピローグの告白から
4巻序盤にかけての連続攻撃で完全にやられた。
過去に読んだ/見たフィクションの中で最愛のキャラ。
一途なのに屈折してるところとか、綾の才能に対する劣等感とか、
健一一筋なのに素直になれないところとか、思いつめる性格とか、
色々な側面があって、これほど人間臭いキャラもいないと思う。
作品への投票で書いたこととも重なるが、
3巻末の告白はライトノベル史上に残る名シーンだと信じて疑わない。
告白を踏まえて既刊を読み返すと行間により一層悶えることが出来て
二度おいしい。
実際に姉がいたら姉キャラには萌えられないなんて話も聞くが、
それが事実だとしたら自分に姉がいなくてよかったと思う。
こんな姉がいたら人生踏み外してもいい。

【長門有希】(涼宮ハルヒ)
メインヒロイン化が着々と進行中。
もともと出番は多かったが「消失」で飛躍的に地位が向上した。
「消失」においてあれ程追い詰められていながらそれをエラーとしか
認識できないあたりに所謂無感情「系」キャラとは違う、
文字通りの意味で感情を持たない長門の哀しさが現れていたと思う。

328 :しぃ子さん ◆uGKeyV0ilk :05/01/30 23:05:25 ID:WJsBldzh
   _∧_∧__  投票ズンズン
  /(*゚−゚)  /\期間中で読んだのは7作品、個人的にはかなり多めでつ
/| ̄∪∪  ̄|\/
  |しぃ子さん|/
●大賞・イチオシ賞
○<<刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of Broken Blood>>(著:山下卓/絵:HACCAN/レ:ファミ通文庫)
BLOODLINKシリーズの外伝、前回の外伝とは違い単体でも読めそうな作品
物凄いグロ描写になりかねない状況が淡々と書いてあるのはゾクゾクした
百合ハァハァ

<<撲殺天使ドクロちゃんC>>(著:おかゆまさき/絵:とりしも/レ:電撃文庫)
ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜
相変わらずなハイテンション作品で面白かった

<<しずるさんと底無し密室たち The bottomless closed‐rooms in the limited world>>(著:上遠野浩平/絵:椋本夏夜/レ:富士見ミステリー文庫)
これはミステリーではなく、萌え小説ですね
 〃∩ _, ,_    /)    〃∩ _, ,_    /)    〃∩ _, ,_    /)゛
⊂⌒( `Д´)ミ( ⌒ヽつ⊂⌒( `Д´)ミ( ⌒ヽつ⊂⌒( `Д´)ミ( ⌒ヽつ
 `ヽ._つ⊂ノ⊂( ,∀、)つ.`ヽ._つ⊂ノ⊂( ,∀、)つ.`ヽ._つ⊂ノ⊂( ,∀、)つ
しーーーずーーーるーーーるーーーーるーーーーーるーーーーーーー
表紙の天使よーちゃんは素晴らしい

329 :324:05/01/30 23:06:16 ID:eM/ryJKl
【ボー・ボー】(Alice)
クマー!
言動が笑えるキャラというのは珍しくないが、
コイツは存在そのものが笑える。
日本人が忘れた侍の魂を持つ合気道マスターで
カナダ産アメリカ国籍のグリズリー、
などというキャラクターを生み出した作者の正気を疑う。(褒め言葉)
「爆雷王」バズ・ガイガンとの迷勝負は必見。
まさにバグキャラ頂上決戦。

【宮野秀策】(学校を出よう!)
ある意味、シリーズを象徴するキャラ。
上位存在をも巻き込んだリピートギャグで笑わせてくれたかと思えば、
似たような展開であわや強制退場かとヒヤヒヤさせてくれたりと、
5巻での大活躍が印象的。茉衣子との掛け合いも相変わらず絶好調。

【一ノ瀬弓子クリスティーナ】(よくわかる現代魔法)
栴檀は二葉より芳しというか、
虎は生まれながらにして虎であるというか、
ほとんど絶体絶命と言ってもいい局面で言い放った
「私の名は一ノ瀬弓子クリスティーナ。世界はすでに私のものですわ」
の台詞に弓子を弓子たらしめる強烈なプライドと意志の片鱗を見た。
燃え。

次点は有馬冴子(ROOM)、森下こよみ(現代魔法)、縞瀬真琴、
新屋敷祈(学校を出よう!)、ガニメーデス(イージス5)など。

330 :しぃ子さん ◆uGKeyV0ilk :05/01/30 23:06:24 ID:WJsBldzh
●キャラクター賞
【ドクロちゃん】(撲殺天使ドクロちゃん)
ロリ顔巨乳ハァハァ

【南さん】(撲殺天使ドクロちゃん)
黒髪ロングハァハァ

【雪乃&由香里】(刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of Broken Blood)
まさにカップル賞、お互いに思いあいながらも(略 がステキ

【秋月カンナ】(BLOODLINK )
4巻単品で見ると、特に山場もなくて大賞には当てはまらないと思う
でも、カンナたんハァハァ

【ウェルチ】(アリアンロッド・リプレイ 2)
ヒロインが洗脳されて悪の手先になるスレ、で情報聞いて購入
本自体はラグナロクのルールそのままでイマイチだったけど、黒コスハァハァ

331 :美術部員:05/01/30 23:07:13 ID:TrqG90zm
●大賞・イチオシ賞
 <<フルメタル・パニック! 15 つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア)
 これまで築きあげてきた日常生活の崩壊。
 こういった話は個人的に燃えます。これまで戦争ボケネタが続いてきたので余計に。
 そして絶望的展開であっても希望は失わない。熱いです。
 がんばれ。超がんばれ。

 <<キノの旅 [-the Beautiful World- >>>>(著:時雨沢恵一/絵:黒星紅白/レ:電撃)
 シズ様アンタ……。やっぱりロr
 しんみりした後のあとがきが秀逸なので、それゆえに一票を投じます。
 あと眼鏡キノのAAドゾー
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1020446035/498-500n

 <<空ノ鐘の響く惑星で 5>>(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃)
 前回の大賞以降読み始めましたが、良作。燃え。
 敵役が良い味出してます。かぼちゃ頭が素敵。
 この先、主人公の国がこれからどうなってしまうのか、
 幼馴染vs猛獣少女(ごめんなさい)という恋の行方も気になります。

332 :美術部員:05/01/30 23:08:23 ID:TrqG90zm
●キャラクター賞
【ウルク・ティグレー】(空ノ鐘の響く惑星で)
リセリナがフェリオのためにその身を血に染めて戦うならば、
ウルクは神殿を動かし、フェリオの国を守ろうと戦う。
恋する男のために健気に戦う。それが空鐘ヒロイン。
ウルクの慈愛に満ちた内面、誰かのために戦える意思の強さは
変わっていないと思うので、ハッピーエンドを期待したい。
ウルクAAもドゾー
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1020446035/501-502n

【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
もう頑張ってとしか云いようが無い。
これからどうやって戦っていくのか、次巻に期待。

333 :294:05/01/30 23:09:45 ID:ue0uh8My
●キャラクター賞

【御坂美琴】 (とある魔術の禁書目録)
シリーズの人気を背負う電撃娘。
妹のキャラも好きだけど、こっちに投票。

【麗芳&叔芳】 (チキチキのわ〜る烈風伝!!)
金目と銀目の双子。
シリーズ変わってから脇役になったけど、その存在感は健在でした。

【香月シノン】 (スターシップ・オペレーターズ)
キレキレな娘は好きです。(頭がいいってことね。)

【彩花紫王女】 (火魅子炎戦記)
キレキレな娘は好きです。(頭がいいってことね。)
こっちは敵軍の総司令。彼女の今後の采配には非常に期待しています。

【シア】 (空ノ鐘の響く惑星で)
つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

334 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:11:34 ID:r2NKwPt3
●大賞・イチオシ賞
<<ぶたぶた日記>> (著:矢崎在美 / 絵:手塚リサ / レ:光文社文庫)
ネタはシリーズの既刊と全く同じで、1冊丸ごと主人公に対する
過剰なまでの萌描写。
それでも大人を感じさせてくれる主人公に今回もやられました。

<<食卓にビールを2>>(著:小林めぐみ / 絵:剣康之 / レ:富士見ミステリー文庫)
日常と非日常の混ざり具合と、ツッコミ不在のボケ倒す芸風が秀逸。
2巻の方がボケがこなれて来た感じがする。

<<天槍の下のバシレイス1 まれびとの棺>> (著:伊都工平 / 絵:瑚澄遊智 / レ:電撃文庫)
独特の物理法則の設定につまづきアクションは判らなかったが、
日常編の生徒同士の掛け合いが良かった。
というか最高。

<<春期限定いちごタルト事件>> (著:米澤穂信 / 絵:片山若子 / レ:創元推理文庫)
小鳩くんと小佐内さんのお互いに冷め切っているようでいて、
それでも相手が本性を出す時には全力でフォローする。
そんな関係が良かった。

<<電波的な彼女>> (著:片山憲太郎 / 絵:山本ヤマト / レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
タイトルに電波的と在ってもストーリーは破綻も無くまとも。
むしろベタに近いのだが流れが良く一息で読むことができた。
今期の新人では一番。

今期は電撃以外に良作が多かった気がする。
投票をしようか迷ったのは、
復活の地、ネペンテス、ALL YOU NEED IS KILL、涼宮ハルヒ、
描きかけのラブレター、三月、七日、砂糖菓子など。
新人の次点は地上最大の小人。

335 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:12:08 ID:r2NKwPt3
●キャラクター賞
【アブリル】 (GOSICK)
誰がなんと言おうとヴィクトリカよりもアブリルが可愛い。
かっ、かっ、かっ、とか、ぷぅ、ぷぅ、ぷぅ、とかは正に反則。

【山崎ぶたぶた】 (ぶたぶた日記)
男、中年、子持ち、人外。
でも萌えました。

【小鳩常悟郎&小佐内ゆき】 (春期限定いちごタルト事件)
小市民になろうと頑張る二人。
それでも周りからはただの恋人同士にしか見えないんだろうな。
不憫だ。

【四方佐里】 (天槍の下のバシレイス)
容姿や性格、立ち位置とは正反対に作中唯一のツッコミ要員。
それもあまり報われていない。

【ヒロイン】 (食卓にビールを)
世界に何が起ころうと飄々としている主婦。
無敵ですな。

336 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:14:04 ID:aRAKVMFh
大賞・イチオシ賞
○<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著:桜庭一樹 絵:むー レ:富士見ミステリー文庫)
少し考えさせられたのとそのインパクトで。
これ以上は何も言わない。

<<涼宮ハルヒの消失 (4)>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
皆が居なくなった世界でキョンは一人何を思うのか?
ありきたり的な感じも受けるけど、キョンに燃えた。
SF的なギミックもうまく働いていたと思う。

<<眠り姫>>(著:貴子潤一郎/絵:ともぞ/レ:富士見ファンタジア文庫)
読みきり読んでいるときから短編集が出たら投票しようと思っていたので。
個人的に現在の富士見で一番期待している作者。
お気に入りは『アーカイブ』と書き下ろしの探偵3部作。

<<シャドウテイカー 2 アブサロム>>(著:三上延/絵:純珪一/レ:電撃文庫)
ダークバイオレッツと同じように追い詰められ系ヒロインの話。
ストーリー的には1巻のほうが好きだが、これからどこに向かうのかの期待も含めて。
今の電撃で一番お気に入りのシリーズ。

<<エンジェル・ハウリング 10 愛の言葉―from the aspect of FURIU>>(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア文庫)
9巻と迷ったが、総フィナーレ的な意味合いも考えてこちらに。
最初は後ろ向きでうじうじしていたフリウも最後は顔を上げて前向きに。
序盤で少しつまずきかけたけど、最後まで買い続けてよかったと思う。

次点は推定少女、食卓にビールを、エンハウ、学校を出よう、カオス・レギオンなど他多数。
今期良作が多かったように思うので、5作に絞るのにかなり迷った。

337 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:14:22 ID:aRAKVMFh
●キャラクター賞
【キョン】(涼宮ハルヒシ)
長門でもハルヒでもなくキョン。

【宮野秀策】(学校を出よう)
彼はどうやっても登場するにはかなり笑わせられた。
長々と講釈をたれてみたりのノリも好き。

【嫁】(食卓にビールを)
どこまであってもマイペース。
似たような友人も居るが、見てる分には楽しい。

【雛咲葉】(シャドウテイカー)
もじもじ。

【ヴィクトリカ】(GOSICK)
ツンデレ。

338 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:31:30 ID:aLPmRye2
●大賞・イチオシ賞

○<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)

いやあ、今回もお約束と言うか期待を裏切らない展開だったな。
このイカレ過ぎだてめえらって連中が暴れてくれるのがやっぱ最高。

<<麒麟は一途に恋をする 2>>(著:志村一矢/絵:椎名優/レ:電撃文庫)

ぶっちゃけた所、本編の出来では微妙なんだが書き下ろしはやはりベタだ。
今後はもっとベタな展開になって行くと期待しとく。

<<しずるさんと底無し密室たち The bottomless closed‐rooms in the limited world>>(著:上遠野浩平/絵:椋本夏夜/レ:富士見ミステリー文庫)
ミステリーでは無く青春友情物語と読む、それがこの本の正しい読み方。
そうすればもうよーちゃんとしずるさんだけで楽しめる。

<<半分の月がのぼる空 3 wishing upon the half-moon>>(著:橋本紡/絵:山本ケイジ/レ:電撃文庫)

前巻以上に鬱になって参りました。つーか読んでて少しつらかった。
これから更に苦難が待ってそうな二人の未来が気になる。

<<撲殺天使ドクロちゃんC>>(著:おかゆまさき/絵:とりしも/レ:電撃文庫)
「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜」
バッカーノと並ぶ電撃馬鹿2トップ。今回も期待を裏切らぬ馬鹿ばかしさ。

339 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:34:51 ID:Vvl+oCQR
●大賞・イチオシ賞

○<<空の中>>(著:有川浩/絵:--/レ:メディアワークス)
 下半期どころか04年で一番推したい作品。様々な要素が美味く絡み合った秀作。
 ありがちな『多重人格』というネタをまさかあんな形で料理するなんて思わなかった。
 そして何より大人たちの魅力に溢れた本。広くお薦めできる。
 前作『塩の街』が肌に合わなかった人にも是非一度読んでもらいたい(自分もそうだったし)。

 <<てのひらのエネミー2 魔将覚醒>>(著:杉原智則/絵:桐原いづみ/レ:角川スニーカー文庫)
 展開が駆け足気味だった気がしないでもないけれど、それでも『魔王vs魔王』の図式はハラハラして
 時間を忘れて読み勧めさせてくれた。終章はほのぼの、しかし続きが気になる終わり方でよかった。
 もっと長く続いて欲しかったんだけど……。

 <<シュプルのおはなし2 Grandpa's Treasure Box>>(著:雨宮諒/絵:丸山薫/レ:電撃文庫)
 派手さはまったくない。 だ が そ れ が い い 。
 一巻ではただ短編の寄せ集めに過ぎなかったのが、この間から「おはなし」と「幕間」の繋がりが
 上手くなったと思う。このほのぼのまったり感がなんともいえない良作。

 <<Mew Mew! Crazy Cat's Night>>(著:成田良悟/絵:ヤスダスズヒト/レ:電撃文庫)
 越佐大橋という舞台、世界観が好きだ。超常現象は一切出てこないくせにそうは思えないほど
 どこか飛びぬけてる。前作『バウワウ!』とリンクする場面が多いのも個人的にはもろツボ。
 惜しむらくは、成田作品特有のアクの強さが少し足りないところか。

 <<銃姫2 〜The lead in my heart〜>>(著:高殿円/絵:エナミカツミ/レ:MF文庫J)
 説明しようのないほどの王道ぶりが今時逆に光って見える。ちょっと展開が遅い気もするけど。
 ようやく主人公らしい役どころが廻ってきたセドリックにぶち壊れてきたエルウィング、
 悲しい決断をするアンブローシアなど、誰も彼も見ているだけで応援したくなった。

340 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:36:03 ID:Vvl+oCQR
●キャラクター賞

【春名高巳&武田光稀】(空の中)
 ツンデレ! ツンデレ! もう最後の告白シーンなんて鼻血出して死ぬかと思いました。
 この作品の続きは(綺麗に完結したから)見たくないけど、この二人のその後なら見たいかも。

【シーラ・アランス】(てのひらのエネミー)
 頑張れ王女様。アウルとの微妙な友情関係とか、その気の強さがすごい好きだ。
 三人いるヒロインの中で一番イイ。
 
【美々香・ヤザウェイ】(スカイワード)
 突然服を脱ぎだすような変な娘ですが、誇り高さも併せ持ついい子ですよ。
 アケルもこんな身近に味方がいるんだから気付けよと小一時間(ry

【金島銀河】(Mew Mew!)
 悪役! 悪役! こういう黒幕はベタだけど好きすぎ。がるぐる期待して待ってます!

【オリヴァント】(銃姫)
 若かりし頃の姿がもろ好みだったことは内緒だ。
 出番は最後しかないくせに美味しいところを持っていきすぎです。

341 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:38:53 ID:aLPmRye2
●キャラクター賞
【葡萄酒】(バッカーノ)

バッカーノと来ればやはり彼女。
もはや一種のお約束キャラだが彼女がいなくなるのも嫌だ。

【チック&マリア】(バッカーノ)

また馬鹿ップルか!!でもただの馬鹿ップルなだけで終わってないのが流石。

【しずるさん&よーちゃん】(しずるさんと底なし密室たち)

この二人のやり取りを見てるとのほほんとさせられます。
よーちゃんがんばれ。

【秋庭里香】(半分の月ののぼる空)

気持ちが上手く伝えられない不器用でツンデレな彼女。
彼女の思いが少しでもあのへたれに届きますように。

【ルイズ】(ゼロの使い魔)

あー、彼女みたいなのに思い切り命令されたいなぁ。
少しでも長く続いて欲しい話。

342 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:43:49 ID:I4ncZ6m6
今回もレーベルごとに印象に残ったものを
感想へぼくてすみません・・・

●大賞・イチオシ賞
○<<ネザーワールド (2) ―ロビン―>>(著:東佐紀/絵:唖采弦二/レ:集英社SD文庫)
 SDの作家の中で期待の一番大きな人です。お話の展開とか非常に楽しいですよ
 <<Alice>>(著:川崎康宏/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
 印象に残ったという意味で外せません。もうラストであんな戦いやられちゃったら・・・
 <<描きかけのラブレター>>(著:ヤマグチノボル/絵:松本規之/レ:富士見ミステリー文庫)
 私はあまり富士ミスは読まないんですが恐ろしく印象に残ってます
 だって「ミステリー」なんてどこにもないんですから、どこがミステリーやねんと
 <<斬魔大聖デモンベイン 機神胎動>>(著:古橋秀之/絵:Niθ/レ:角川スニーカー文庫)
 ノベライズとしても面白かったのですが、それよりも何より私は古橋儲でニトロ儲だからです
 ごめんなさい、ゆるして
 <<カオスレギオン O5 聖魔飛翔篇>>(著:冲方丁/絵:結賀さとる/レ:富士見ファンタジア文庫)
 よかったよかった無事完結、お話としてはまだ続くけど
 ですがここまでのお話としては綺麗に終わっていると思います、映像として

●キャラクター賞
【ルイズ】(ゼロの使い魔)
作品としては投票もしてませんがね、キャラとしてはもうね、素晴らしいですよ
【ボーボー】(Alice)
キャラのインパクトとしてはNo.1
「一億玉砕」なんて言葉吐くクマなんて嫌杉・・・
【真目 麻耶】(9S〈ナインエス〉)
やっぱりね、兄のいるところでは態度の違う妹っていうのはいいものだと思うわけですよ 

343 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:44:12 ID:oRqVEEfY
●大賞・イチオシ賞
○<エンジェル・ハウリング 9 握る小指―from the aspect of MIZU>
(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見F文庫)
フルメタはこれからさらに盛り上がるだろうから、今回は除外。
かなりいい感じに完結。
フリウ編よりもミズー編の方が個人的には好みなので。

<<ホーンテッド! 2 コトコトクライシス>>
(著:平坂読/絵:片瀬優/レ:MF文庫J)
最後までAliceとイロモノ賞を争ったが、
Aliceはクマーキャラで持ってたので
作品の票はこれ。ま、電波電波の怪作なんですがね。

<<カオスレギオン 05 聖魔飛翔篇 >>
(著:冲方丁/絵:結賀さとる/レ:富士見F文庫)
丸毒以来、すっかり冲方愛好者です。
最後に繋がりを見せるための終わり方ではある。
しかし破綻なくがっしりまとめた豪腕はさすが。

<<斬魔大聖デモンベイン 機神胎動>>
(著:古橋秀之/絵:Niθ/レ:角川スニーカー文庫)
キャラの濃さといいパンチの効いたネタといい、
元ネタを上手く料理していた。
量がもっとあれば文句なしだったんだけど。

<<灼眼のシャナ VII>>
(著:高橋弥七郎/絵:いとうのいぢ/レ:電撃文庫)
実は安直なハーレムものでもなければ
主人公がお人よしだけで売ってるわけでもない。
萌えの皮を被った狼とはよく言ったものだ。

344 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:45:05 ID:pbCaw7P5
●大賞・イチオシ賞
AHEAD(4)下に入れてえー、シャドウテイカー3に入れてえー、というのを抑えて抑えて…

 <<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (3)〈下〉>>(著:川上稔/絵:さとやす/レ:電撃)
 神話SFファンタジー、メカ戦舌戦砲撃戦。燃え萌え泣き笑いなんでもゴザレな超濃密ライトノベル。
 ちょいと冗長だったというか変な方向に暴走したというのは否定できないけど、
 それでも内容の充実度、読了した後の満足感は他の比じゃない。
 自動人形達の矜持、アポルオンの宣言、毎度の佐山の演説、飛場の戦い、美影の想い、どれも良過ぎ。
 全く無駄も隙も無い圧倒的な世界観に、その世界を所狭しとはしゃぎ回る大勢のキャラクター達。
 ライトノベルとしては有り得ない程の重い問題を軽快に解決し、相手を強引に身内に加えて、
 旅の連れ合いをどんどん増やしていく様が本当に楽しくて仕方ないです。
 それと「侍女式十八連重力加速銃」(イラストにしたやっさんもマジスゴ)。
 ハゲフラッシュといいこれといい、この作者の頭ン中は本当にどうなってるんでしょうね。
 アホみたいな発想を大真面目にやっちまう、そんな作者が大好きです。

 イラストもどんどん上手くなってますな。
 男、少女、メカ、景色、ジジイ、ババア、筋肉質、ハゲ、こちらもなんでもゴザレ。
 特に各章扉の扉絵。今時、ホントに「白と黒だけ」で(トーンすら使ってない?)
 ここまでの情景描けるイラストレーターってちょっといないんじゃなかろうか。
 下の短い文もまた効果的過ぎるといいますか、武神の格好良さとシビュレさんの素敵さと言ったら!
 そして、ラストの見開きイラスト。
 あのイラスト一枚で、上中下3冊であった全てがこみ上げてくる程の何かがあるというか、
 ここであのセリフ持ってきますかというか、ぶっちゃけ四号さん思い出して泣きそうに。
 文章あってのイラストではあるけれど、やはりあのイラストがあるからこそ残る余韻。
 「イラストがついた小説」じゃなくて「イラストと組み合わせた小説」とでも言うべき、
 まさにライトノベルだからこそできる一冊の「作品」。
 その完成度はマジで群を抜いていると思います。

345 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:45:28 ID:oRqVEEfY
●キャラクター賞
【ボー・ボー】(Alice)
キャラ大賞。最初の印象は「ちょっと待て」。
今期最大のインパクト。クマー!!

【ノヴィア】(カオスレギオン)
燃え賞。娘さんですが。
完全に主役を食ってたね。

【ヴィクトリカ・ド・ブロワ】(GOSICK III ―ゴシック・青い薔薇の下で―)
萌え賞。反則気味な可愛さ。
喜怒哀楽にいちいち萌やされる。完敗だー。

【相良宗介】(フルメタル・パニック!)
男優賞。本気でかっこいいよ。
これからの逆襲に期待。

【吉田一美】(灼眼のシャナ)
女優賞。負けムードにくじけず頑張れ。
まだ今の時点では有利だぞ(オ

次点、いちごタルト、バシレイス、空鐘、GOSICK等など。
今期は割と適当に選んでるので、あまり次点と差はない。

346 :ロゴ作:05/01/30 23:45:42 ID:2UFBfKUL
感想って意外と書くのに時間かかりますね。

●大賞・イチオシ賞
○<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>(著:賀東招二/絵:四季童子/レ:富士見ファンタジア文庫)
今回はこれ。
普通ならまず出来ないことをやってみせた作者の力量に惜しみない賞賛を。
これまでの積み重ねがあったからこその挫折の苦しみ、
そして何も無い所から始まる復活の道を、
これからは作者と読者共に歩んでゆくことが出来るのだろう。
フルメタル・パニックはこれからが本番だ!

<<ソード・ワールド・ノベル へっぽこ冒険者と眠る白嶺>>(著:秋田みやび/絵:浜田よしかづ/レ:富士見ファンタジア文庫)
秋田みやびという恐るべき小説家の誕生をもっと知らしめるべきだと思う。
ソードワールドとかフォーセリアとか、世界観の話はどうでもいい。
これはライトファンタジー小説の傑作です。
TRPGリプレイをスタート地点にした作品ですが、知らなくても問題なく読めます。
笑って泣いて、そして燃えてください。
ただ人々の笑顔のために己の全てを賭けることが出来る。それが彼女の信じた正義です。

347 :ロゴ作:05/01/30 23:45:59 ID:2UFBfKUL
<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見ミステリー文庫)
最近の桜庭人気は留まるところを知りませんね。
そんな中で3ヶ月連続刊行の内の珠玉の一作。砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない。
あらすじを読んで、ページをめくって、1ページ目で絶望した(w
そして読み進めていき、ページをめくるたびにどんどん作品世界に引き込まれるのだが、
頭を過ぎるのは冒頭で語られた結末……

<<かくて災厄の旅ははじまる トワイライト・トパァズ 1>>(著:佐々原史緒/絵:湖澄遊智/レ:ファミ通文庫)
待っていた続編は期待通りの出来だった!
前作から500年後の世界。技術も常識も全て変わった世界で……彼女はまったく変わってなかった(w
前主人公が伝説と化しているのに、語られるその後の真実が一々笑える。
千年賢者が巻き起こす騒動を新主人公の前向きな姿勢が解決する、ハラハラドキドキの大冒険。
出来れば前作を探して読んでから楽しんでもらいたい。

<<涼宮ハルヒの消失 (4)>>(著:谷川流/絵:いとうのいぢ/レ:角川スニーカー文庫)
今までの伏線回収と、主役の覚悟と、ヒロインの本当の心……
それらが密接に絡み合って一つの作品として高めあっている。
作者の実力を皆に認めさせた逸品。
……もちろんヒロインは長門ですよ?


348 :ロゴ作:05/01/30 23:46:39 ID:2UFBfKUL
●キャラクター賞
【ボー・ボー】(Alice)
サムライ魂は恐怖を超えるっ!
クマの存在は主役を喰うっ!

【ドクトル・バーチ】(マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s.)
なぜツンデレ言ってる人達は彼女に気付かないのだろうか。ベタ惚れだからか?
あとジョゼフ犬萌えー

【雛咲葉】(シャドウテイカー)
もじもじ1号。でも名前を呼んでくれたら……
ツンデレ言ってる人達は気付くべきです。時代はもじもじ娘だと!

【八阪井夏月】(タマラセ)
もじもじ2号。でも戦闘時には撲殺です。
必殺技はお弁当+バンソウコウで、保護者は竹槍もって追いかけてきます。

【小佐内ゆき】(春期限定いちごタルト事件)
もじもじ3号。・・・と思ったら騙されたー!(w
あの小動物な態度の裏でなに考えてるかと思うと・・・(((( ;゚Д゚))))

349 :重箱:05/01/30 23:50:29 ID:/45++nTi
大賞・イチオシ賞

○<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
本当に拷問吏と殺し屋で純愛やられたのにはまいった。しかもちゃんとハートウォーミング。
そろそろケリとか言わずに1930年代をもっと見せて欲しい。

<<天槍の下のバシレイス(2) まれびとの棺〈下〉>>
今期の拾い物。61魔法分隊は好きになれなかったけど、これは楽しめた。
ガンパレ、EGコンバット、ディバイディッドフロントあたりが好きな人にお薦め。
上記3作と違うのは、戦いに参加しない一般生徒との交流が描けてるところ。

<<9S<ナインエス>W>>著:葉山透/絵:山本ヤマト/レ:電撃文庫
駆け落ち最高。次巻では是非二人の生活を克明に描いて欲しい。

<<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (4)〈上〉>>(著:川上稔 絵:さとやす(TENKY) レ:電撃文庫)
ガチの潰し合いではなく「交渉」という難しいテーマを、長いシリーズの中失速させずに魅せているのがすごい。
ヒオと原川登場記念に一票。

<<Alice>>(著:川崎康宏 絵:エナミカツミ レ:電撃文庫)
イチオシにすべきか迷った。
ボーボーと「主人公」の活躍に度肝抜かれた。

350 :344:05/01/30 23:50:33 ID:pbCaw7P5
○<<echo ―夜、踊る羊たち―>>(著:枯野瑛/絵:謎古ゆき/レ:ファミ通)
 穏やかな日常と、その日常のちょっとした綻びと、その元凶に向き合うことになる主人公達。
 超常現象があるわけでもない(実は少しあるが)、バトルをするでもない、ラブ米に走るわけでもない、
 それでも確かに「良い」と言える、何とも言えない雰囲気を持つ作品。
 文章の一つ一つ、脇役を含むキャラクターの一人一人が本当に丁寧で好感が持てます。
 夜道でコインを弾く場面とか、何気ないワンシーンで「あっ」と思う程綺麗な描写があったり。
 とーこさん良過ぎたり、てんちょ(代理)さん良過ぎたり('A`)、オチは読めてても妹良過ぎたり('A`)。
 もうどうしろと。
 内容的には伝奇?ですが、粒の大きい雪のような、綺麗で穏やかで、そして僅かに響くものを残す読後感。
 この作者にはこれからもこういう話書いて欲しいです。「てくてくとぼく」も続き出ないかなあ('A`)


 <<僕らA.I.>>(著:川上亮/絵:BUNBUN/レ:富士見ミステリー)
 「家族とは?」
 これまたライトノベルには珍しいテーマに、ちょいと変則的なシチュエーションで
 真正面から向き合った作品。
 御都合や「いつかまた会えるさ…」的な奇麗事で済ませず、失敗と言ってもいい
 一つの選択をしてしまった主人公達。容赦が無いです。
 それでも前向きに不器用に考える主人公が、嫌な後味を残さない。
 この辺りは「並列バイオ」から一貫して無力でも足掻くことをやめない、不器用な男(男の子)を
 描き続けてきたこの作者の真骨頂を見た気がしました。
 そして後書き。
 まるでエピローグのように語られる作者の近況。どこまでが狙ったものかは分かりませんが、
 何を思ってこの話を書いたのか、それを素直に伝えてくる、まさに作品の一部です。
 最近似たような経験をしたという知人(恐山に行った訳ではなく、亡くなった祖父について
 祖母と話をしたとのこと)は「これ、反則だよ……」と『砂糖菓子』を読んだ時より
 マジ凹みしてました。 

351 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:51:12 ID:DAuVHcDl
●大賞・イチオシ賞
○<<空ノ鐘の響く惑星で(5)>>(著:渡瀬草一郎/絵:岩崎美奈子/レ:電撃文庫)
戦間期のエピソード。他の作家ならコメディーで一休みになるところを陰謀で盛り上げる盛り上げる。
ページを費やした分だけ確実にキャラが魅力的になっていくのも、読んでいて快感。
特にこの巻ではイリスたち来訪者が存在感をアピールして、この先の本格的な衝突が楽しみになった。
あっさり死にかねない女性キャラたちが続々と窮地に陥っただけに、続きがかなり待ち遠しい。

<<天槍の下のバシレイス1 まれびとの棺<上>>>(著:伊都工平/絵:瑚澄遊智/レ:電撃文庫)
武庫川・171沿い・次屋など、見知った土地が舞台だったこともあってかズブ嵌り。
ガンパレやディバフロやAllYouNeedIsKillほど苛酷な戦況ではないが、それがどうしたと言い切れる。
豊かなローカル色と、その土地に溶け込みつつ自然体で笑いをとれるキャラたちが素晴らしい。

<<天槍の下のバシレイス2 まれびとの棺<下>>>(著:伊都工平/絵:瑚澄遊智/レ:電撃文庫)
圧倒的な物量作戦で迫り来るファンタズマを相手取り、
多脚砲台パリカリアが遂に本領発揮ですよ。しかも中之島で。なんと魅力的な戦場設定か。
覚悟を決めて決戦に臨むヒーロー(?)敦樹も凛々しくて格好いい。お薦めですよ?

<<BLACK BLOOD BROTHERS(1) 兄弟上陸>>(著:あざの耕平/絵:草河遊也/レ:富士見F文庫)
あえて1巻を推すのは、冒頭の「あの、うそつきめ」にノックダウンされたから。
ちゃんとエロい吸血シーンや縦横無尽に空間を利用する戦闘が、Dクラで得た経験値を物語る。
熱血ヒロイン・ミミコと難民・黄のやりとりも熱くて沁みた。萌えを期待せず読むべし。

<<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (4)〈上〉>>(著:川上稔 絵:さとやす(TENKY) レ:電撃文庫)
この正月休みにやっとまとめ読みしたシリーズ。「今更推すなよ」という感じもしないではないが、
特に3上と4上下を面白く感じた自分に嘘はつきたくないので一票入れておく。
エロ漫才にページを割き過ぎな気もするが、爺燃え読者にとってもジワジワ熱い良作。


352 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:53:00 ID:AGYqf3g4
●大賞・イチオシ賞
○<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:阿部吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
 苦く切ないラストに思わず震えました。
 それでも、もっと別の結末が無かったのかと考えずにはいられません。
 これほど登場人物に感情移入したのは、本当に久しぶりでした。
 よって、自分のイチオシはこれしかありません。

 <<インフィニティ・ゼロ 4 秋〜darkness pure>> (著:有沢まみず/絵:にのみやはじめ/レ:電撃文庫)
 順調に巻を重ねる別シリーズを目に、まだかまだかと待ち続けた最終巻。
 巫女姫と本当のマジシャンに。そして、二人のゼロに限りない拍手を送ります。

 <<ムシウタ 04. 夢燃える楽園>> (著:岩井恭平/絵:るろお(頑童)/レ:角川スニーカー文庫)
 誰も挙げてないから贔屓して1票…って前回・前々回は投票したけど今回は別。
 野望にぎらつく人間がこんなにカッコいいとは…、がんばれ"おぅる"。

 <<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンチック?>>(著:新井輝/画:さっち/レ:富士見ミステリー文庫)
 4巻の萌え萌えの彼女も良い。
 でも、彼女の告白場面でとても盛り上がったから…。

 <<伝説の勇者の伝説 7 失踪の真相>>(著:鏡貴也/絵:とよた瑣織/レ:富士見ファンタジア文庫)
 あの絶望へ至る話の構成力は凄まじいと感じたので。

どうやら、綺麗にレーベルが分かれた様だ。
次点
灼眼のシャナZ・DADDYFACE・悪魔のミカタ・電波的な彼女・BBB・ゼロの使い魔等

353 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:53:40 ID:DAuVHcDl
●キャラクター賞
【パンプキン】(空ノ鐘の響く惑星で)
地味地味と言われ続けている渡瀬ですが、ヘンテコキャラも書けるんですよ?
まあ「我はかぼちゃゆえに無理である」は名台詞かと。今期最萌え(えー)。

【ムスカ教授】(空ノ鐘の響く惑星で)
インテリジェンス溢れる善のおっさん。
弱った肝臓にジワジワ沁みる系の魅力があります。
例によってイリスからはすげなくあしらわれてますが。

【畑沼清子】(天槍の下のバシレイス)
ツッコミ役・いじられキャラ・ムードメーカーと
一人三役をこなす高スペックな関西弁小娘。
なにはともあれ、オモチャのアヒルが似合いすぎる・・・

■次点
ウルク、ニナ、イリス(空ノ鐘の響く惑星で)雛咲葉、喜嶋ツネコ(シャドウテイカー)
川中島敦樹&四方佐里、片山菜穂子、パリカリア(天槍の下のバシレイス)
黄&チャン、ゼルマン(BLACK BLOOD BROTHERS) イーリー、潤(MewMew)

■来期の有望株
雛咲葉(シャドウテイカー)
ダン原川&ヒオ・サンダーソン(終わりのクロニクル)


354 :344:05/01/30 23:54:07 ID:pbCaw7P5
 <<シャドウテイカー 2 アブサロム>>(著:三上延/絵:純珪一/レ:電撃)
 すっかり「地味作家」として定着した三上延。
 ダークバイオレッツの頃からのファンというか柊美さん一筋でしたが、
 流石に心が揺れました。ああんもうさっさとくっついちゃえよ!と思わず叫びたくなるような
 幼馴染二人の関係には(じれったさで)こっちがもじもじですよ。だがそれがいい。
 堅実な作風はそのままに、ライトノベル的表現&キャラ作りが達者になった結果生まれた、
 幼馴染撲滅委員会殲滅用馴染型決戦兵器。
 ヒロインが追い詰められていく展開と、その展開を利用して二人の過去を描き、
 現在の絆を強化するあたりもどうにもニクイですね。
 ここまで来たなら最早「地味」とは言わないのでは…、と思わないでもないけれど、
 やはり地味っちゃ地味…とどうにも払拭しきれないこの雰囲気。だがそれがいい。
 枯野瑛と同じく、この作風のまま続けて欲しい作家です。
 ダークバイオレッツで綺麗に物語を収束、完結させた前例があるので、
 このシリーズもこれからどんな展開をみせるか、今から期待させて頂きます。

大賞残り一票分はどうにも決めかねるので、棄権させて頂きます。

355 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:56:03 ID:2nIXt3oz
●大賞・イチオシ賞
○<<9S(ナインエス)W>>(著:葉山 透/絵:山本ヤマト/レ:電撃文庫)
巻を重ねるごとに良くなっている気がします。
4巻は3巻の解決編という感じでストーリー的には真面目麻耶と峰島由宇が頑張る話です。
連続する危機的状況を知恵と勇気で乗り越えて行きます。
これこそライトノベルだと思わせてくれる、近未来SF冒険活劇物語、読んでいて非常に楽しいです。

<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
相変わらずのバカ騒ぎ!上下巻なのでこっちに一票。
チックとマリアが主役張ってていい感じですが、やっぱりヴィーノにやや持っていかれた感じ。
それでもよくもまぁこれだけの人数で話を進めて、まとめることができるもんだと妙に感心。
次巻(?)の1934への伏線も多く出てきて目が離せません。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
時間ループものとしてループの中で成長していく主人公がとてもうまく描けています。
ゲーム的な描写も秀逸です。ゲームオーバー、コンティニュー。
そしてほろ苦いラスト。

<<復活の地 V >>(著:小川一水/絵:前嶋重機/レ:ハヤカワ文庫JA)
毎度のことながら、小川一水は様々な社会層で起り得る様々な事を見事に描いてくれます。
セイオやスミル、そして震災に立ち向かっていった人々にお疲れ様と言いたいです。

<<春期限定いちごタルト事件>>(著:米澤穂信/絵:片山若子/レ:創元推理文庫)
なまじっか「力」を持っているためにそれは隠し「小市民」を目指す主人公二人の物語。
続きが気になって仕方ない作品ですが、ぜひ小市民ではない二人の過去の話も読みたいです。

356 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:58:58 ID:AGYqf3g4
●キャラクター賞
【絹川蛍子】(ROOM No.1301)
ツンデレなお姉さんは好きですか?「愛してます」。

【シャナ】(灼眼のシャナ)
相変わらずの燃え&萌え。


357 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:59:10 ID:9UFMEGp5
○<<9S<ナインエス> W>>(著:葉山透/絵:山本ヤマト/レ:電撃文庫)
エッチ系イラスト皆無で、オタク言葉も一切でてこない。
軍事や時事ネタ、超科学武器が出て来ても長ったらしい説明とウンチクはなし。
キャラが男女とも魅力的で平均年齢高め。
そのせいか、俺の周囲では女子の人気が高い。
「ツンデレ」「ぱんつはいてない」などのキーワードから
萌え系ギャルゲーライクと思い敬遠している人にこそ、ぜひ読んで欲しい正統派。
誰にでも薦められるエンタテイメント小説。大賞はこれ。
来期は目玉になってくれると期待している。

<<ルナティック・ムーン IV>> (著:藤原祐/絵:椋本夏夜/レ:電撃文庫)
誰にでも薦められる、というわけにはいかない。グロ、鬱ダメな人には薦めない。
だがそれを差し引いても、ルナとシオン、二人の成長物語には感動できるし
それぞれの視点で描かれた脇役たちには、感情移入できる。
予定調和な結末はなく、残酷な現実がつきつけられることの多い展開だけれど、
それでも底に残った希望に向かって、二人にはがんばってほしい。

358 :344:05/01/30 23:59:47 ID:pbCaw7P5
●キャラクター賞
【 八号 】(終わりのクロニクル(4)〈上〉)
 ツンデレ自動人形に萌え、拳銃ファンネルに燃え。
 (3)で初登場したときも「立った! フラグが立った!」と一部で騒がれておりましたが、
 こんなにおいしい再登場は流石に予想してませんでした。不意打ち萌え。
 八号は良く出来ていると外から勝手に判断いたします。

【オドー&ロジャー】(終わりのクロニクル(4)〈上〉)
 相変わらず中年ジジイ書いてるときは作者楽しそうですね。
 ただのメリケンマンじゃない、素晴らしき中年メリケンマン。
 「ロジャー! ロジャー! 何か言い返せ!」
 「大佐、正直に白状するでありますが、自分はアドリブが苦手であります」

【須賀桐子】(echo ―夜、踊る羊たち―)
 きっちり考えかっちり行動、男言葉の堅物変人。
 「押しが強いのにへんなところで弱い子犬のような性格」がこの上なくツボっつうか可愛過ぎ。
 「話そう。私は今の君に触れたい。理解したい。そしてその上で、私は君に告解したい」

【山岸要平】(echo ―夜、踊る羊たち―)
 余りにも地味過ぎる一票だとは自分でも思いますが。
 一見軟派で事実軟派だけども、しっかり人のことを考えてる主人公の「悪友」。
 個人的にはこの一冊だけでDクラの水原に匹敵する「いいヤツ」にランクイン。
 「そういう大事にされてる子は、幸せにできる自信ねえわ俺」

【雛咲 葉】(シャドウテイカー 2 アブサロム)
 幼馴染撲滅委員会を屍の山に変えた、その張本人。
 設定だけのものではない、物語の必然としての幼馴染。
 型に嵌らない新ジャンルでありながらしっかりお約束をこなしてくれる辺り、
 顔がにやけていくのを止められませんね?
 「わたし、今晩ここに泊まっていいですか」

各集計人さんお疲れ様です。

359 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:59:52 ID:qfy5Qd5Y
○<<悪魔のミカタ13 It/MLN>>(著:うえお久光/絵:藤田香/レ:電撃文庫)
 物語に望むものは何か、と考えた時に「カタルシス」はかなり上位に入るんですが、
 2004年下半期に読んだ作品の中で、それを一番に感じさせてくれた作品。
 「吸血鬼編最後の1冊」よりも「吸血鬼編ラスト四分の一」と呼ぶ方が相応しいくらいに
 ほぼ全編がヤマ場です。そしてその中で迎えるクライマックスは燃えて、泣けます。
 得難いカタルシスを与えてくれたのでイチオシです。

<<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (3)〈下>>(著:川上稔/絵:さとやす(TENKY)/レ:電撃文庫)
 全編通して悪文まがいの癖のある文体。それを下地に繰り広げられる言葉の数々。
 ライトノベルの標準以上に芝居がかったそれは、もはや「芝居がかった」ではなく「芝居」といったほうがいいかも。
 そして芝居だからこそ、舞台上での芝居がかった独白は心に響き、芝居がかった演説に読者は身を震わせるのでしょう。
 コメディ部分が過剰気味なのも「芝居」故にプラスに働いてると思われます。
 物語と芝居が「≒」であることを思い出させてくれる一品。演説好きの方も是非どうぞ。

 4上巻よりこちらを選んだのは、演説はクライマックスでこそ映えるものだから。

<<眠り姫>>(著:貴子潤一郎/絵:ともぞ/レ:富士見ファンタジア文庫)
 うわー上手い。ほんとにこれが2冊目ですか。
 キャラに頼らない短編集で、ジャンルも様々、そしてどれも面白い。
 雰囲気はジュブナイルというのがしっくりくるかもしれません。今後作者買い決定です。
 ただ短編の「眠り姫」が「12月のベロニカ」の外伝ということを知らずに、
 ベロニカ未読でこっち読んじゃったので、ベロニカ読むのがちょっと怖いですね。

かな。

360 :イラストに騙された名無しさん:05/01/30 23:59:58 ID:uSU6lbSW
うわ間に合うのかこれ。急げ俺。

○<<エンジェル・ハウリング 9 握る小指―from the aspect of MIZU>>(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア文庫)
 <<エンジェル・ハウリング 10 愛の言葉―from the aspect of FURIU [完]>>(著:秋田禎信/絵:椎名優/レ:富士見ファンタジア文庫)
全10巻だけど、クロスオーバーとかあんまりなくて実質5巻×2かも。
だらだらと話を続けるより、最初から畳めるサイズの風呂敷を用意して、
それを畳んでいくような堅実な話作りが良かった。
登場人物の個性が脇役にいたるまでしっかりしているのも○。

 <<キーリ VI はじまりの白日の庭(下)>>(著:壁井ユカコ/絵:田上俊介/レ:電撃文庫)
この作品の、話が進んでるんだか分からないくらいのまったりとした進み方が好き。
段々と少女漫画的になっていく気もするけど、それはそれで。

 <<ロボット妹 改め 人類皆兄妹!〜目醒めよ愛の妹力〜>>(著:佐藤ケイ/絵:さがのあおい/レ:電撃文庫)
なんかもう多くを語るまでもない感じだけど、凄かった。
許容できる人とできない人に激しく分かれそうだけど、自分的にはこういうのもありかな、と。

 <<撲殺天使ドクロちゃん (4)>>(著:おかゆまさき/絵:とりしも/レ:電撃文庫)
なんか毎回投票しているような気もするけど、今回もぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜♪
今作もいつも通り、無価値な笑いを提供していただきました、はい。

361 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 00:00:00 ID:Bh1GxwWg
     ∧∧  ミ _ ドスッ
     (   ,,)┌─┴┴─┐
    /'   つ 糸冬 了 │
  〜′ /´ └─┬┬─┘
   ∪ ∪      ││ _ε3
               ゛゛'゛'゛

362 :重箱:05/01/31 00:00:22 ID:afm08NBN
キャラクター賞

【ボーボー】(Alice)
OTONを思い出した。かっこよすぎだ。

【クレア・スタンフィールド】(バッカーノ!)
やっぱすげえ。陳腐な言い方だが、勇次郎以上と思えた只一人のキャラ。

【峰島由宇&真目麻耶】(9S<ナインエス>)
最後のイラストにやられた。個人的に今期ベストカップル。

【川中島敦樹】(天槍の下のバシレイス)
カッコイイ少女。次回は女の子な面も見せてほしい。

【チック&マリア】(バッカーノ)
もうおめでとうとしか言えません。ええもん見せてもろた。

363 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 00:00:27 ID:X+hKjzWk
<<Missing 11 座敷童の物語・完結編>>(著:甲田学人/絵:翠川しん/レ:電撃文庫)
淡々と終わりに向かっているような展開が怖さをそそる。
描写と物語だけでなく、印刷された紙そのものから恐怖感が漂ってくる、
真にホラーな文体が好き。
挿絵もそのままではなく、見開きやベタを多用した、独特の画風が
ものすごく効果的にきいてる。
婦女子向けのイラストだからと表紙だけで敬遠している人にも、ぜひ読んで欲しい。
文庫本全体からたちのぼってくる怖さを堪能できると思う。


<<シャドウテイカー 2 アブサロム>> (著:三上延/絵:純珪一/レ:電撃文庫)
主人公もじもじコンビだけでなく、ヤンキーあんちゃんとか、カルい父ちゃんとか
ちょんぎるなおばさん、地味だけど頼りになる友人に、おさななじみの気の強いクラスメイト…。
脇役のほうにも十分感情移入できる。
ホラーというより、ちょっと懐かしい青春モノの香りがする作品。
眉村卓とか好きだった人にははまれるんではなかろうか。


364 :重箱:05/01/31 00:00:58 ID:afm08NBN
NOHHHHHHHHHHHHHH!

365 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 00:01:25 ID:B/yVsUwU
>>362

いやかっこええですな。
さすが裏日本、時差があると見える

366 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 00:02:02 ID:c4jXoCcw
きっと裏日本から2chのサーバーにデータが届くまで28secかかってしまったんだね。

367 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 00:02:03 ID:qN2IBhPg
●大賞・イチオシ賞
  <<バッカーノ1933上>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
○<<バッカーノ1933下>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)

深く考えてたら間に合わないのでとりあえず一番読んだ二冊に。馬鹿最高!

●キャラクター賞
【葡萄酒】(バッカーノ)
最強で最高のキャラ。

368 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 00:02:57 ID:MDO0Hayy
それでは監視スレで集計を待ちましょう。

369 :重箱:05/01/31 00:03:08 ID:afm08NBN
ううう。「5人目行けるか?」と欲かいたのがいけなかった。
さ、仕事だ。時間ねぇー。

370 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 00:07:24 ID:htaKxnEu
ああああああせっかくシャドウテイカーに1票入ったのに無効票になっちったよなんか悔しい
>>363のアホー

371 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 00:11:01 ID:FpxrxISZ
あーあーあー。行数超過→Byte超過で切り取ってたらタイムオーバーだしー
票ならんけど投下ー。

<<ALL YOU NEED IS KILL>>(著:桜坂洋/絵:安倍吉俊/レ:集英社スーパーダッシュ文庫)
 ラストの決意が、彼もまだ誰かにとっての彼女になるという、作品全体を通してのループ想起させて感慨深いです。
 無駄なエピソードがほとんど無くスラスラ読めて、ポイントを見逃すこともありませんでした。
 読み返すのが楽しい作品もありますが、これはそういうタイプではないので、成功だったと思います。好印象。
 現代魔法は一巻で止めていましたが、この作品で続刊を買おうかという気にさせられました。

<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Rolypop or A Bullet>>(著:桜庭一樹/絵:むー/レ:富士見ミステリー文庫)
 推定少女とどちらを上げるか悩みましたがっていうか締め切り時間がー。
 聞いていたほどに鬱ではなかった。痛みはあるが。もしかしたら感受性が鈍ってるのかもしれない。
 全体を通して痛みや不器用さを描写した上での帰結が、(推定少女とも共通で)
 実弾を持って戦場で戦うことの決意、というのは、少年少女が読む物として、有る意味とても健全であり
 ライトノベルのメインターゲットにこそ読んでほしい作品。
 
他は食卓にビール、フルメタ、GPM、9S、空鐘5が次点。
殿が来る、吉永家、憐、Alice、バシレイス、馬鹿下あたりがその次。中賞あたりの作品。
書いた分から投票しときゃよかったよチキショウ

372 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 00:15:51 ID:X+hKjzWk
>370
357&363です。
俺も悔しい。こんな長文カキコしたことなかったから、
改行多すぎエラーが出たとき、なんのことか五秒くらい解らず。
慌てて投票しなおしたら今度は連投エラー。
こんなシステムあったのかシランカッタヨorz
357だけでも有効になったのがせめてもの救いです。
今日の仕事が伸びなければ。バスがあと五分早くくれば。
無効票でも自分のコメントが誰かのきっかけなることを祈って。
集計人さん、たいへんだと思いますががんばってください。

373 :大賞集計人 ◆Gwjp9x5v9M :05/01/31 00:54:05 ID:gLskq0n5
投票してくださった皆さん、ありがとうございました。
本当に申し訳ないのですが、集計作業が遅れています。

粘れるところまで粘るつもりですが、このペースだと今夜中には発表できそうにありません。
遅くとも本日中には作業を終わらせますから、どうか焦らずお待ち願います。

不手際が多い集計人で、最後までご迷惑をおかけすることをお詫びします。

374 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 00:59:57 ID:IVy8yCgj
まぁまぁ、そんなに急ぐ必要はないでしょ。またーり待ちますよ。

375 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 02:00:22 ID:dPdu1tRS
>>373-374
集計するまでがライトノベル大賞だって格言もあるからね。

376 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 02:11:26 ID:zhOuXREq
ねえよw

377 :キャラ集計人 ◆n1FpmyYSro :05/01/31 02:37:37 ID:afm08NBN
では大賞発表の前に、ベストキャラクター賞の発表をさせていただきます。

378 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 02:40:03 ID:RXvWSTQU
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━
起きてた甲斐があった!

379 :2004年下半期ベストキャラクター賞 ◆n1FpmyYSro :05/01/31 02:40:54 ID:afm08NBN
それでは発表です。
栄えある2004年下半期のベストキャラクター賞を勝ち取ったのは!?

 ┏━━━━━━━━━━━┓
 ┃ 【ボー・ボー】(Alice)    ┃ 38票
 ┗━━━━━━━━━━━┛
 comment pick up!
 「クマー!! 作品の魅力の約四割。約三割が軍人で残りがその他。」
 「ハイセンスにしてナンセンス。なおかつ日本かぶれのグリズリー。そして無敵。」
 「問答無用で2004下半期最強キャラ。」
 「猫は食べません、飼い主も食べません、でも主役を食っちゃう圧倒的な存在感。」
 「喋る熊を「現代社会の歪み・大自然の神秘」で済まそうとするか。」
 「牡5歳。でも保護者。クマー。でもサムライ。でもやっぱりクマー。」
 「どういう冗談だと思って本編を読むと、冗談じゃねえー!?」
 「日本人以外にサムライの心があるとぐっとくることがありますが、人間以外では初めて。」
 「まあ、とどのつまりはクマーってことだ。」

集計寸評
 ぶっちぎりで優勝したのはなんと「熊」!Aliceに登場するグリズリー【ボー・ボー】でした。
 とにかくそのインパクトは絶大の一言。「とりあえずこいつには一票入れとかないと」
 と多くの人に思わせるパワーがありました。
 しかしインパクトだけではキャラ大賞は獲れるものではありません。
 むしろ決め手となったのは彼のそのサムライの心を重んずる熊となりだったのではないでしょうか。
 今期最もかっこよかった獣と言ってよいでしょう。

380 :キャラクター賞第2位 ◆n1FpmyYSro :05/01/31 02:44:33 ID:afm08NBN
第2位
 ┏━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃ 【ルイズ】(ゼロの使い魔)   ┃ 20票
 ┗━━━━━━━━━━━━━┛
 comment pick up!
 「ツンデレ少女の鑑。デザインはまるっきりあの娘だけど、俺は(゚ε゚)キニシナイ。」 
 「ツンデレなる言葉が自分辞書において確立するきっかけとなったのはまさに彼女の力。」 
 「すっくと背中を伸ばして立っている女性はすてきだ。」
 「今期の1押しキャラ。意地っ張りで素直じゃないけど健気で可愛い。」
 「犬は『わん』でしょうッ!」に(;´Д`)ハァハァ 俺も犬プレイされてー
 「ちくしょうおまえはもっと素直になれってんだ!」
 「苦節十年、ついに出会えました。」
 「3巻かけて引っ張ってきたツンデレ最高峰。」

集計寸評
 第2位は「ゼロの使い魔」のツンデレヒロイン、【ルイズ】でした。
 1巻発売当初から「なんかMFに上質なツンデレが居る」と噂されていた同作品ですが、
 3巻でその魅力は頂点に達し、その筋の人のハートをかかとでおもいきり踏み抜きました。
 本作を読んで初めて自分自身の真のツボを知った人も居た様です。
 読者数が比較的少ないと言われるMF文庫にあって2位に付けたのも特筆すべき点でしょう。
 レーベルがレーベルなら、熊をおびやかす存在になっていたかもしれません。

※「ツンデレ」って何?という方はこちらをご参照下さい。
ツンデレを語る集いinラ板 Part2
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1105760897/

381 :キャラクター賞第3位 ◆n1FpmyYSro :05/01/31 02:47:36 ID:afm08NBN
第3位
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃【クレア・スタンフィールド】(バッカーノ!).  ┃ 19票
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  (=葡萄酒、フェリックス・ウォーケン、レイル・トレーサー)

 comment pick up!
 「とことん「強い」描写にこだわったキャラ いろんな意味で「強さ」そのもの」
 「成田節の塊。人間こうなったら終わりではあるが、一方で憧れもする。」
 「最強万歳。超人万歳。努力の人万歳。」
 「出るだけで雰囲気をぶち壊すんだが、出るとキターって感じ。出ないと物足りない。」
 「相変わらず出るだけで何もかも根こそぎ持って行く。正に最強。」
 「どんな時でも最強にして成田イズムを体現しているキャラ。」
 「問答無用の最強キャラ。でも何故か許せる。」
 「だって最強で出たら全て持って行くのは仕方ないでしょ?事実だしな。」

3位は今や「バッカーノ」を代表するデタラメキャラ、クレアさんでした。
惜しくも2位には1票差。しかし2003年下期の4位から一歩前進です。
登場した瞬間に作品の流れ、パワーバランスをリセットしてしまうくらいの
心身共に異常に強力な反則キャラですが、憎めないというか、「仕方ない」
と思わせてしまうところが彼の凄いところでしょう。
呼び名が4種類もあり、集計人泣かせな人でした。

382 :キャラクター賞第4位〜6位 ◆n1FpmyYSro :05/01/31 02:50:11 ID:afm08NBN
4位〜9位はコメントのみになります。

4位
【相良宗介】(フルメタツ・パニック!)17票
 「熱い熱い。あの熱さを見せられては。」
 「これこそ主役!これこそヒーロー!」
 「漢。シリーズがたるくなって来たと思ったら、主人公が立ち上がって盛り上がる。」
 「戦士は守るべきものを手に入れて強くなる。少年は敗北を知り大人になる。」
 「主人公の鑑。逆境からの復活は熱すぎ。格好良いとしかいいようがない。」

4位(同率)
【長門有希】(涼宮ハルヒ)17票
 「いまや完全にヒロインの座を奪ってしまった感のある究極の無口キャラ。」
 「消失読んで、もう、最高。こう、変化していくんだよ。うん。」
 「無口系キャラは昔から好きだったが、ここまでやられるとは思わなかった。」
 「万能無口キャラ。"消失"のバージョンはかなりの破壊力を秘めています。」
 「正直、反則級。萌え転げるとはこういう事を指すんですよ。」

6位
【ヴィクトリカ・ド・ブロワ】(GOSICK)15票
 「俺の中のツンデレ代表!風邪で寝込んでツンがキュンで可愛い。」
 「ゴスロリ&ツンデレとツボ突きまくり。陶器のパイプ欲しいです。」
 「ちっちゃくてーフリルでーまん丸でーしわがれ声なんて可愛すぎる」
 「∩( ・ω・)∩意地っぱりばんじゃーい」
 「女の子には萌えないと思っていたのに!! 不覚にも、萌え。」

383 :キャラクター賞第7位〜9位 ◆n1FpmyYSro :05/01/31 02:52:33 ID:afm08NBN
7位
【教授(ダンタリオン)&ドミノ】(灼眼のシャナ)14票
 「こいつら主役の昔話、短編でもいいから読んでみたい。」
 「危機感ナッシン。でも手ごわい。つか可愛い。大好きだ。」
 「行為の恐ろしさと当人達の態度のあまりなアンバランスさに笑った。」
 「楽しすぎ。トリックスターなのにバカじゃないってすごいよ。」
 「ベストカップルと言うかバッドカップルと言うか。」

8位
 【雛咲葉】(シャドウテイカー)13票
 「 も じ も じ (*´Д`) 空鐘のウルクに匹敵する新たな幼なじみの刺客!」
 「「……デート」「…………やさしい」嗚呼、ご飯3杯を3セットくらいはいける」
 「葉のためならちょんぎられたって構わない。」
 「もじもじ+幼なじみ+=破壊力(またの名を萌え)最大。」
 「幼馴染撲滅委員会を屍の山に変えた、その張本人。」

9位
【ウルク・ティグレー】(空ノ鐘の鳴る惑星で)12票
 「彼女目当てに買ってると言っても過言でないくらいなのに…orz」
 「ヤバい状況でも堂々と。次巻でどーなるかが見せ所なので一票。」
 「ウルクたんがんがれ。超がんがれ。どうかハッピーエンドを。」
 「言って置きますが私はリセリナ派です。でも今回の話では純粋に応援したくなりました。」
 「恋する男のために健気に戦う。それが空鐘ヒロイン。」 

9位(同率)
【絹川蛍子】(ROOMNo.1301)12票
 「三巻の一言で一気に正ヒロインに躍り出ました。」
 「ツンデレキャラは数あれど…報われない主人公との関係がとにかく涙を誘う。」
 「これがツンデレなんですね?! これが。」
 「もうね、可哀想すぎます。」
 「ツンデレなお姉さんは好きですか?「愛してます」。」

384 :キャラクター賞11票〜5票 ◆n1FpmyYSro :05/01/31 02:55:38 ID:afm08NBN
11位以下は順位でなく票数で列挙となります。

11票
 【秋庭里香】(半分の月がのぼる空)

9票
 【堕花雨】(電波的な彼女)

8票
 【宮野秀策】(学校を出よう!)

7票
 【ヒロイン】(食卓にビールを)
 【御坂美琴】(とある魔術の禁書目録)
 【峰島由宇】(9S〈ナインエス〉)

6票
 【アイザック&ミリア】(バッカーノ!)
 【デイモン・ギャレット】(DADDYFACE)

5票
 【アナピヤ】(されど罪人は竜と踊る)
 【セイオ・ランカベリー】(復活の地)
 【チック&マリア】(バッカーノ!)
 【ミズー・ビアンカ】(エンジェル・ハウリング)
 【リタ・ヴラタスキ】(ALLYOUNEEDISKILL)
 【逆本麻紀】(ホーンテッド!)
 【供犠創貴】(新本格魔法少女りすか)
 【三鷹昇】(悪魔のミカタ)
 【小佐内ゆき】(春期限定いちごタルト事件)
 【池速人】(灼眼のシャナ)

385 :キャラクター賞4票〜3票 ◆n1FpmyYSro :05/01/31 02:56:56 ID:afm08NBN
4票
 【シーナ】(ROOMNo.1301)
 【吉田一美】(灼眼のシャナ)
 【春名高巳&武田光稀】(空の中)
 【巣籠カナ】(推定少女)

3票
 【オドー&ロジャー】(AHEADシリーズ終わりのクロニクル)
 【サイト】(ゼロの使い魔)
 【テンコ】(神様家族)
 【ドクロちゃん】(撲殺天使ドクロちゃん)
 【フリウ・ハリスコー】(エンジェル・ハウリング)
 【嫁】(食卓にビールを)
 【海野藻屑】(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない)
 【葛城ミミコ】(BLACKBLOODBROTHERS)
 【宮じい】(空の中)
 【宮野秀策&光明寺茉衣子】(学校を出よう!)
 【秋庭里香&戎崎裕一)】(半分の月がのぼる空3)
 【小佐内ゆき&小鳩常悟郎】(春期限定いちごタルト事件)
 【真目麻耶】(9S〈ナインエス〉)
 【須賀桐子】(echo―夜、踊る羊たち―)
 【担任教師】(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない)

386 :キャラクター賞2票(1) ◆n1FpmyYSro :05/01/31 02:59:56 ID:afm08NBN
2票
 【アポルオン&月読・京】(AHEADシリーズ終わりのクロニクル)
 【アルゲル】(セブン=フォートレスリプレイフォーラの森砦)
 【ガユス・レヴィナ・ソレル】(されど罪人は竜と踊る)
 【きくたけ】(セブン=フォートレスリプレイフォーラの森砦)
 【キョン】(涼宮ハルヒシ)
 【クリストファー】(バッカーノ!)
 【グレヴィール・ド・ブロワ】(GOSICK)
 【ザ・ゴールデンブラジャー】(GOSICKあとがき)
 【サシャ・アライアス】(セブン=フォートレスリプレイフォーラの森砦)
 【シエスタ】(ゼロの使い魔)
 【しずるさん&よーちゃん】(しずるさんと底なし密室たち)
 【シャナ】(灼眼のシャナ)
 【シンルージ】(復活の地)
 【ナナ・カガト・奉可】(スカイワード)
 【ノヴィア・エルダーシャ】(カオスレギオン)
 【バルトロメ・フェレウ】(ALLYOUNEEDISKILL)
 【一ノ瀬弓子クリスティーナ】(よくわかる現代魔法)
 【狗頭蘭子】(Alice)

387 :キャラクター賞2票(2) ◆n1FpmyYSro :05/01/31 03:00:48 ID:afm08NBN
2票(続き)
 【原田雪見】(天槍の下のバシレイス)
 【御坂妹】(とある魔術の禁書目録〈インデックス(3))
 【佐倉美咲】
 【秋月カンナ】(BLOODLINK)
 【緒方真竹】(灼眼のシャナ)
 【彰子】(少年陰陽師)
 【常盤恭子】(フルメタル・パニック!)
 【新屋敷祈】(学校を出よう!)
 【真木】(眠り姫)
 【速水厚志】(ガンパレード・マーチ)
 【大河穣太郎】(真・運命のタロット)
 【鷹栖絢子&吉村護】(護くんに女神の祝福を!)
 【藤牧裕生&雛咲葉】(シャドウテイカー)
 【南さん】(撲殺天使ドクロちゃん)
 【八号】(AHEADシリーズ終わりのクロニクル(4)〈上〉)
 【平井?子】(平井骸惚此中ニ有リ)
 【平賀つばさ】(先輩とぼく)
 【望月ジロー】(BlackBloodBrothers)
 【林水敦信】(フルメタル・パニック!)

388 :キャラクター賞1票(1) ◆n1FpmyYSro :05/01/31 03:02:39 ID:afm08NBN
1票
 【"探耽求究"ダンタリオン】(灼眼のシャナ)
 【《女教皇》】(真・運命のタロット)
 【『葡萄酒』&シャーネ】(バッカーノ!)
 【アスタリスク】(学校を出よう)
 【アブリル】(GOSICK)
 【アンブローシア】(銃姫2)
 【イセリア】(アガルタ・フィエスタ!)
 【イライジャ・キール】(機動戦士ガンダムSEEDASTRAY)
 【インターセプタ(音透湖/星名サナエ)】(学校を出よう!)
 【ヴィクトリカ&九城】(GOSICK)
 【ヴィクトリカ×久城一弥】(GOSICKIII―ゴシック・青い薔薇の下で―)
 【ウェルチ】(アリアンロッド・リプレイ)
 【ウルペン】(エンジェル・ハウリング)
 【エディアルド】(流血女神伝)
 【エドガー&リディア】(伯爵と妖精)
 【エルメス】(キノの旅)
 【オーガスタ・エイダ・ダーレス】(斬魔大聖デモンベイン機神胎動)
 【オドー】(終わりのクロニクル)
 【オリヴァント】(銃姫)
 【オルタ】(風と暁の娘パンツァードラグーンオルタ)
 【ガニメーデス】(電撃!!イージス5)
 【ギーシュ】(ゼロの使い魔)
 【キティ】(バーティミアスIIゴーレムの眼)
 【キリヤ&リタ】(ALLYOUNEEDISKILL)
 【キリヤ・ケイジ】(ALLYOUNEEDISKILL)
 【クラリカ】(お・り・が・み)
 【クリムエラ】(約束の柱、落日の女王)
 【サラ・ウェイン】(てのひらのエネミー)
 【サルカンド】(復活の地)
 【シア】(空ノ鐘の響く惑星で)

389 :キャラクター賞1票(2) ◆n1FpmyYSro :05/01/31 03:03:50 ID:afm08NBN
1票(続き)
 【シーラ・アランス】(てのひらのエネミー)
 【ジェイル&マリア】(楽園の魔女たち)
 【シオン・エシュ】(ルナティック・ムーン)
 【シシドー】(Alice)
 【スケルツィー】(キノの旅)
 【セイオ・ランカベリー&スミル】(「復活の地」より)
 【ゼクロス】(ディアスポラ)
 【ダラス】(バッカーノ!)
 【チック・ジェファーソン】(バッカーノ!1933)
 【ディアナ・ゾーンブルク】(終わりのクロニクル)
 【デルフリンガー】(ゼロの使い魔)
 【テレサ・テスタロッサ】(フルメタル・パニック!)
 【ドゥヒール】(星界の戦旗IV)
 【ドクトル・バーチ】(マルタ・サギーは探偵ですか?acollectionofs.)
 【ドレル・クーベリック】(灼眼のシャナ)
 【ニム・カルシア】(新六門世界RPGリプレイ1,2)
 【ネネス・トトル】(クロスカディア)
 【バーティミアス】(バーティミアスIIゴーレムの眼)
 【パンプキン】(空ノ鐘の響く惑星で)
 【ヒオ・サンダーソン】(AHEADシリーズ終わりのクロニクル)
 【ピックル】(ぴよぴよキングダム)
 【ファリス・トリエ&フレイ・アルフォイ】(楽園の魔女たち)
 【ファンタズマ】(天槍の下のバシレイス)
 【フェイク】(空の中)
 【フェリオ】(空ノ鐘の響く惑星で)
 【ペイパーカット】(ソウルドロップの幽体研究)
 【ペギンレイム(ギルフォイル)】(されど罪人は竜と踊るVそして、楽園はあまりに永く)
 【ベネット】(アリアンロッド・リプレイ2闇色の血の騎士)
 【ベルソート&ヴォーニュ】(星界の戦旗IV)
 【ホタル】(ROOMNo.1301)

390 :キャラクター賞1票(3) ◆n1FpmyYSro :05/01/31 03:04:52 ID:afm08NBN
1票(続き)
 【マリアローズ】(薔薇のマリア)
 【ミルミル】(萌える株式投資―一獲千金!超豊かなオタク生活)
 【ムスカ教授】(空ノ鐘の響く惑星で)
 【モンフォール公オスカー】(ローゼンクロイツ)
 【ユメミ】(気象精霊ぷらくてぃか)
 【よーちゃん】(しずるさんと底なし密室たち)
 【リナ=インバース】(スレイヤーズすぺしゃる)
 【レオニス】(カオスレギオン)
 【レティーシャ】(カオスレギオン)
 【レレナ・パプリカ・ツォルドルフ】(吸血鬼のおしごと)
 【ロゼットSS-2822(ロゼ)】(埋葬惑星U)
 【ロニー(悪魔)】(バッカーノ!)
 【伊佐俊一&千条雅人】(ソウルドロップの幽体研究)
 【伊達真治】(9S)
 【一ノ瀬可夜子】(ホーンテッド!2)
 【雲隠ホタル】(陰からマモル)
 【影野英治】(タクティカル・ジャッジメント)
 【夏月】(タマラセ)
 【河上君&平井涼】(平井骸惚此中ニ有リ)
 【掛川あろえ】(電撃!!イージス5)
 【巌鉄岩男(妹型ロボットもえみちゃん)】(ロボット妹)
 【喜嶋ツネコ】(シャドウテイカー)
 【紀史元ひかり】(ホーンデッド!)
 【吉永パパ&ママ】
 【吉永ママ】(吉永さん家のガーゴイル)
 【宮前晴子】(南青山少女ブックセンター)
 【橋爪】(眠り姫)
 【金島銀河】(MewMew!)
 【空気の読めない担任教師】(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない)
 【結城美沙】(DADDYFACE)

391 :キャラクター賞1票(4) ◆n1FpmyYSro :05/01/31 03:05:48 ID:afm08NBN
1票(続き)
 【菰之村茶深】(ムシウタ04.夢燃える楽園)
 【紅葉】(君の居た昨日、僕の見る明日)
 【香月シノン】(スターシップ・オペレーターズ)
 【高崎若菜と高崎春奈】(学校をでよう!)
 【佐山・御言&新庄・運切】(終わりのクロニクル)
 【佐山・御言】(終わりのクロニクル)
 【彩花紫王女】(火魅子炎戦記)
 【坂崎嘉穂】(よくわかる現代魔法)
 【三月&七日】(三月、七日)
 【山岸要平】(echo―夜、踊る羊たち―)
 【山崎ぶたぶた】(ぶたぶた日記)
 【山鹿善行】(タクティカルジャッジメント)
 【山本美里】(悪魔のミカタ)
 【四方佐里】(天槍の下のバシレイス)
 【姉原聡史郎】(よくわかる現代魔法)
 【詩歌】(ムシウタ)
 【渋谷三月】(三月、七日。〜その後のハナシ〜)
 【女教皇】(真・運命のタロット)
 【小笠原祥子】(マリア様がみてる)
 【上条当麻】(とある魔術の禁書目録〈インデックス〉)
 【織田信長】(殿がくる!)
 【新羅&セルティ】(デュらんぷ)
 【水瀬遊矢】(カレとカノジョの召喚魔法)
 【水倉りすか】(新本格魔法少女りすか)
 【世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団】(涼宮ハルヒシリーズ)
 【雪崎凌央】(電撃!!イージス5)
 【雪乃&由香里】(刹那〜そのとき彼女が願ったこと〜daysofBrokenBlood)
 【雪乃】(刹那〜そのとき彼女が願ったこと〜daysofBrokenBlood)
 【川中島敦樹】(天槍の下のバシレイス)
 【浅槻憐】(憐Ren刻のナイフと空色のミライ)

392 :キャラクター賞1票(5) ◆n1FpmyYSro :05/01/31 03:07:07 ID:afm08NBN
1票(続き)
 【草加雅人】(仮面ライダーファイズ正伝異形の花々)
 【草薙水素】(ナ・バ・テア)
 【大五郎】(我が家のお稲荷様)
 【杜影月】(彩雲国物語)
 【藤井真希】(三月、七日。)
 【堂島コウ】(悪魔のミカタ)
 【白鳥すこやか】(アシャワンの乙女たち)
 【畑沼清子】(天槍の下のバシレイス)
 【八阪井夏月】(タマラセ)
 【磐倉あかり】(ぴよぴよキングダム)
 【美々香・ヤザウェイ】(スカイワード)
 【柊蓮司&赤羽くれは】(セブン=フォートレスリプレイフレイスの炎砦V3)
 【柊蓮司】(セブン=フォートレスリプレイフレイスの炎砦V3)
 【舞原サクラ】(悪魔のミカタ)
 【風間(インストール後)】(9S<ナインエス>)
 【平井京太郎】(平井骸惚此中ニ有リ)
 【平井涼】(平井骸惚此中ニ有リ)
 【碧川和国】(真・運命のタロット)
 【穂波・高瀬・アンブラー】(レンタルマギカ)
 【峰島由宇&坂上闘馬】(9S<ナインエス>)
 【峰島由宇&真目麻耶】(9S<ナインエス>)
 【野中由香里&皆川雪乃】(刹那〜そのとき彼女が願ったこと〜daysofBrokenBlood)
 【有馬冴子】(ROOMNo.1301)
 【由香里】(刹那〜そのとき彼女が願ったこと〜daysofBrokenBlood)
 【立花恭二】(青く澄んでゆく、この恋も未来も)
 【涼宮ハルヒ】(涼宮ハルヒシリーズ)
 【麗芳&叔芳】(チキチキのわ〜る烈風伝!!)
 【和泉希沙良】(オメガの空葬)
 【巫城都】(さよならトロイメライ)
 【琥珀麗】(インフィニティ・ゼロ)

393 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 03:12:33 ID:YCJtdJJ9
モツカレー
続けて総評ヨロ!

394 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 03:16:00 ID:RXvWSTQU
【佐倉美咲】は我が家のお稲荷さま。で
【吉永パパ&ママ】は吉永さん家のガーゴイルかな。
【ホタル】(ROOMNo.1301)は=絹川蛍子だから、
【絹川蛍子】(ROOMNo.1301)は氓R票で同率8位、
【ウルク・ティグレー】(空ノ鐘の鳴る惑星で)が10位ですね。

395 :キャラ集計人 ◆n1FpmyYSro :05/01/31 03:25:29 ID:afm08NBN
ベストキャラクター賞(個人戦)総評

今回は恐ろしく強力な萌え属性を備えた女性キャラと、
カテゴリーに縛られない強烈な印象を与えた男性キャラがひしめいていたところを
1頭の熊が蹴散らして駆け抜けていった…という印象でした。

また、シリーズ最新巻で「化けた」又は「完成した」キャラが上位に多く入っているのも見所。
ちょっと前までパッとしなかった脇役が、突然主人公や正ヒロインを食う程に輝き始める。
キャラクターを通してライトノベルを読む上での醍醐味と言えるかもしれません。

個人的には2位に驚き。真に魅力的なキャラにレーベルの不利は関係ありませんでした。
「ゼロの使い魔」という作品が大賞ではどこまで食い込むのか、非常に興味深いところでもありますね。
とりあえず、「ゼロの使い魔」を3冊まとめて書店で注文しておこうと思います。
以上、総評でした。

※団体戦等の集計はまた明日となります。

396 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 03:26:21 ID:kCCYzrZK
多分食卓にビールをの嫁とヒロインは一緒なので、10票になると思います。
集計お疲れさまでした。

397 :キャラ集計人 ◆n1FpmyYSro :05/01/31 03:27:45 ID:afm08NBN
>>394
ご指摘ありがとうございます。まとめの時に修正入れます。

皆様他にもお気づきの点ありましたら、ご指摘宜しくお願いします。


398 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 08:38:38 ID:tDK6pO9Q
おめでとう成田先生![いろいろと]頑張った甲斐がありましたねwww

399 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 13:35:10 ID:GJvvjeA4
>>398
君は本当に阿呆だなあ。
一位じゃないから今頃悔しがってるに決まってるだろ?

400 :212:05/01/31 16:39:01 ID:h8GUGGv7
>>219
失礼。
では>>212は無効票ということでお願いします。>集計人様

401 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 21:22:44 ID:I6fAZ4Zh
レス番389の末尾【ホタル】(ROOMNo.1301)は、9位絹川蛍子と同キャラです
集計人さん乙〜

それにしても、投票し忘れてたーうわーん(泣)


402 :イラストに騙された名無しさん:05/01/31 23:05:48 ID:CSIOJDnQ
投票期間昨日までだったのか いきなり数増えていて驚いた
集計人さんは大変だと思いますががんばってください

403 :イラストに騙された名無しさん:05/02/02 05:45:55 ID:nfo191Wp
sss

404 :キャラ賞修正 ◆n1FpmyYSro :05/02/02 23:36:52 ID:Y3ookJXA
キャラクター賞集計結果の修正です。

>>383,389
【ホタル】=【絹川蛍子】(ROOMNo.1301)
で、8+1=9票となり、9位から8位に。
同時に【ウルク・ティグレー】(空ノ鐘の鳴る惑星で)が9位から10位に。

>>391,392
【雪乃&由香里】=【野中由香里&皆川雪乃】
で、1+1=2票に。

>>384,385,
【ヒロイン】=【嫁】(食卓にビールを)
で、7+3=10票に。

>>385,390
【担任教師】=【空気の読めない担任教師】(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない)
で、3+1=4票に。

>>388,391
【《女教皇》】=【女教皇】(真・運命のタロット)
で、1+1=2票に。

>>391,392
【雪乃&由香里】=【野中由香里&皆川雪乃】(刹那〜そのとき彼女が願ったこと〜daysofBrokenBlood)
で、1+1=2票に。

以上の様に修正変更となります。

405 :イラストに騙された名無しさん:05/02/02 23:43:40 ID:jQavDm+0
>404
乙。でも【絹川蛍子】(ROOM No.1301)は12+1=13票ね。

406 :キャラ集計人 ◆n1FpmyYSro :05/02/02 23:45:06 ID:Y3ookJXA
かたじけない。

407 :キャラ賞団体戦 ◆n1FpmyYSro :05/02/02 23:46:47 ID:Y3ookJXA
続きまして、キャラクター賞団体戦の発表です。
優勝は…
  ┏━━━━━┓
  ┃【Alice】┃ 41票 3名
  ┗━━━━━┛
でした。以下、
 
2位 36票 9名 【バッカーノ!】
3位 30票 7名 【灼眼のシャナ】
4位 27票 5名 【ゼロの使い魔】
5位 22票 4名 【フルメタル・パニック!】
6位 21票 4名 【涼宮ハルヒシリーズ】
7位 20票 4名 【GOSICKIII―ゴシック・青い薔薇の下で―】
8位 18票 3名 【ROOMNo.1301】
9位 16票 7名 【学校を出よう!】
9位 16票 5名 【空ノ鐘の鳴る惑星で】

となります。
**************************************************
比較対照として、個人戦結果をタイトル名で見直してみましょう。

優勝 38票 【Alice】 (ボー・ボー)
2位 20票 【ゼロの使い魔】 (ルイズ)
3位 19票 【バッカーノ!】 (クレア・スタンフィールド)
4位 17票 【フルメタツ・パニック!】 (相良宗介)
4位 17票 【涼宮ハルヒシリーズ】 (長門有希)
6位 15票 【GOSICK】 (ヴィクトリカ・ド・ブロワ)
7位 14票 【灼眼のシャナ】 (教授(ダンタリオン)&ドミノ)
8位 13票 【ROOMNo.1301】 (絹川蛍子)
8位 13票 【シャドウテイカー】 (雛咲葉)
10位 12票 【空ノ鐘の鳴る惑星で】 (ウルク・ティグレー)

408 :キャラ賞団体戦寸評 ◆n1FpmyYSro :05/02/03 00:02:06 ID:Y3ookJXA
団体戦寸評

今期の団体戦を勝ち抜いたのは【Alice】。
その得点源は勿論、38票を有するカナダ国籍のサムライグリズリー「ボー・ボー」でした。
仮にボーボー単体だとしても、バッカーノ!、灼眼のシャナ等の濃い面々が束になっても叶わない…!!
という、恐ろしい結果に。個人で団体を制する熊。もはや手を叩くしかありません。

団体戦で大きく浮上したのが【灼眼のシャナ】と【学校を出よう!】。
キャラ一人一人の心の内が丁寧に描かれている証と言えるでしょう。

409 :キャラ賞カップル戦 ◆n1FpmyYSro :05/02/03 00:21:42 ID:lB/4CAJD
最後にカップル賞(コンビ賞)です。
優勝は

  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃【教授(ダンタリオン)&ドミノ】(灼眼のシャナ).┃ 14票
  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

でした。以下
 
2位 6票 【アイザック&ミリア】 (バッカーノ!)
3位 5票 【チック&マリア】 (バッカーノ!)
4位 4票 【春名高巳&武田光稀】 (空の中)
5位 3票 【オドー&ロジャー】 (AHEADシリーズ終わりのクロニクル)
5位 3票 【宮野秀策&光明寺茉衣子】 (学校を出よう!)
5位 3票 【小佐内ゆき&小鳩常悟郎】 (春期限定いちごタルト事件)
5位 3票 【秋庭里香&戎崎裕一】 (半分の月がのぼる空)
9位 2票 【アポルオン&月読・京】 (AHEADシリーズ終わりのクロニクル)
9位 2票 【しずるさん&よーちゃん】 (しずるさんと底なし密室たち)

となります。

キャラ賞寸評
完全悪役キャラのコンビが2位以降に大差を付けて優勝しました。
これはキャラ賞史上初。
シリアスな展開の中、真剣に洒落にならない程の悪行を働いているのに、
それに全くマッチしない軽いノリを貫く強烈なギャップが多くの人の印象に残った様です。

過去に圧倒的な力を見せたアイザック&ミリアのカップルは
いいところを見せはするものの出番自体が少なく今回は振るわず。

410 :キャラ賞カップル戦 ◆n1FpmyYSro :05/02/03 00:36:23 ID:lB/4CAJD
キャラクター賞総評

2004年下期キャラクター賞を1文字で現すとしたら

       【   熊   】

となるでしょう。間違いなく。
私の持論として
「ストーリーの魅力はキャラクターの魅力の二乗に比例する」
というものがあるのですが、これを根元から揺さぶられました。

理屈ではなく熊最高。誰も勝てない。勝てるわけがない。
2004年下期はそんな印象でした。

411 :キャラ集計人:05/02/03 00:37:00 ID:lB/4CAJD
キャラクター関係の集計は以上です。

412 :イラストに騙された名無しさん:05/02/03 00:42:33 ID:XI7Y3hPS


413 :イラストに騙された名無しさん:05/02/03 02:23:14 ID:62hwfBoa
乙です

作品の方も楽しみにしております〜

414 :イラストに騙された名無しさん:05/02/03 19:21:58 ID:HgtShoL+
>>404で修正してるから

>>409 の9位に追加ですね
2票 【野中由香里&皆川雪乃】(刹那〜そのとき彼女が願ったこと〜daysofBrokenBlood)

415 :イラストに騙された名無しさん:05/02/05 12:28:26 ID:kNATxPeH
ふと思ったんだが、ライトノベル大賞をそろそろ改革しないか?

416 :イラストに騙された名無しさん:05/02/05 12:33:44 ID:dGECel+x
それもありだが、このスレは発表を控えて残り容量少ないのでこっちでな。

イベント運営・雑談・感想スレ in ラ板 part3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1104233704/

417 :集計人代理 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:12:49 ID:j1Wx7E1G
ただ今より2004年下半期2chライトノベル大賞の発表を
始めさせていただきます。

まず初めに無効票について発表します。
>179 <<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>
   (著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
および
>180 <<バッカーノ1933上>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
 ○<<バッカーノ1933下>>(著:成田良悟/絵:エナミカツミ/レ:電撃文庫)
の計3票は大賞ルール( >2参照)の
>「荒し・多重投票対策」のため、次の場合集計人の判断により無効票とされる場合があります。
>・露骨に短い一言だけの感想 (例:「○○最高!」「とても面白かった」等 一言のみ)
に抵触するものとみなして、集計人代理の判断で無効と致しました。悪しからずご了承下さい。

ではこれより、イチオシ賞の発表に移らせていただきます。

418 :イチオシ賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:16:16 ID:j1Wx7E1G
第23位(1票)
<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (4)〈上〉> (川上稔/さとやす(TENKY)/電撃文庫)
<BLACK BLOOD BROTHERS 1 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 兄弟上陸―>
<BLACK BLOOD BROTHERS 2 特区鳴動> (あざの耕平/草河遊也/富士見ファンタジア文庫)
<echo ―夜、踊る羊たち―> (枯野瑛/謎古ゆき/ファミ通文庫)
<エンジェル・ハウリング 10 愛の言葉―from the aspect of FURIU> (秋田禎信/椎名優/富士見ファンタジア文庫)
<かくて災厄の旅ははじまる トワイライト・トパァズ 1> (佐々原史緒/湖澄遊智/ファミ通文庫)
<シャドウテイカー 2 アブサロム> (三上延/純珪一/電撃文庫)
<スカイワード3> (マサト真希/橘由宇/電撃文庫)
<ゼロの使い魔2 風のアルビオン> (ヤマグチノボル/兎塚エイジ/MF文庫J)
<タクティカル・ジャッジメント 6 湯けむりのディスティニー! 大舌戦編> (師走トオル/緋呂河とも/富士見ミステリー文庫)
<タマラセ 彼女はキュートな撲殺魔> (六塚光/日向悠二/角川スニーカー文庫)
<ネザーワールド (2) ―ロビン―> (東佐紀/唖采弦二/集英社スーパーダッシュ文庫)
<マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s.> (野梨原花南/すみ兵/富士見ミステリー文庫)
<よくわかる現代魔法 ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ> (桜坂洋/宮下未紀/集英社スーパーダッシュ文庫)
<ルナティック・ムーン IV> (藤原祐/椋本夏夜/電撃文庫)
<仮面ライダーファイズ正伝 異形の花々> (井上敏樹/篠原保/講談社)

419 :イチオシ賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:17:10 ID:j1Wx7E1G
第23位(1票)つづき
<気象精霊ぷらくてぃか 3 魔界の卑怯温泉> (清水文化/七瀬葵/富士見ファンタジア文庫)
<業多姫〈6之帖〉夢見月> (時海結以/増田恵/富士見ミステリー文庫)
<空ノ鐘の響く惑星で (5)> (渡瀬草一郎/岩崎美奈子/電撃文庫)
<三月、七日。〜その後のハナシ〜> (森橋ビンゴ/世良シンヤ/ファミ通文庫)
<春期限定いちごタルト事件> (米澤穂信/片山若子/創元推理文庫)
<少年陰陽師−羅刹の腕を振りほどけ−> (結城光流/あさぎ桜/角川ビーンズ文庫)
<象られた力> (飛浩隆/ハヤカワ文庫JA)
<新本格魔法少女りすか> (西尾維新/西村キヌ/講談社ノベルス)
<真・運命のタロット 9 《世界》。(下)> (皆川ゆか/乱魔猫吉/講談社X文庫ティーンズハート)
<西の善き魔女 1 セラフィールドの少女> (荻原規子/佐竹美保/中公文庫)
<天槍の下のバシレイス (2) まれびとの棺〈下〉> (伊都工平/瑚澄遊智/電撃文庫)
<伯爵と妖精 あまい罠には気をつけて> (谷瑞恵/高星麻子/集英社コバルト文庫)
<風と暁の娘 パンツァードラグーン オルタ> (五代ゆう/かねこしんや/MF単行本)
<撲殺天使ドクロちゃん (4)> (おかゆまさき/とりしも/電撃文庫)
<眠り姫> (貴子潤一郎/ともぞ/富士見ファンタジア文庫)
<薔薇のマリア I..夢追い女王は永遠に眠れ> (十文字青/BUNBUN/角川スニーカー文庫)

420 :イチオシ賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:18:21 ID:j1Wx7E1G
第21位(2票)
<ネペンテス> (清水マリコ/toi8/MF文庫J)
<天槍の下のバシレイス (1) まれびとの棺 (上)> (伊都工平/瑚澄遊智/電撃文庫)

第15位(3票)
<Alice> (川崎康宏/エナミカツミ/電撃文庫)
<カオスレギオン O5 聖魔飛翔篇> (冲方丁/結賀さとる/富士見ファンタジア文庫)
<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書> (ヤマグチノボル/兎塚エイジ/MF文庫J)
<学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME> (谷川流 /蒼魚真青 /電撃文庫)
<灼眼のシャナ VII>(高橋弥七郎/いとうのいぢ/電撃文庫)
<刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of broken blood> (山下卓/HACCAN/ファミ通文庫)

第14位(4票)
<推定少女> (桜庭一樹/高野音彦/ファミ通文庫)

第10位(5票)
<9S〈ナインエス〉 IV>  (葉山透/山本ヤマト/電撃文庫)
<されど罪人は竜と踊る V そして、 楽園はあまりに永く> (浅井ラボ/宮城/角川スニーカー文庫)
<空の中> (有川浩/メディアワークス)
<涼宮ハルヒの消失> (谷川流/いとうのいぢ/角川スニーカー文庫)

421 :イチオシ賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:19:07 ID:j1Wx7E1G
第8位(6票)
<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンティック?> (新井輝/さっち/富士見ミステリー文庫)
<エンジェル・ハウリング 9 握る小指―from the aspect of MIZU> (秋田禎信/椎名優/富士見ファンタジア文庫)

第6位(7票)
<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet> (桜庭一樹/むー/富士見ミステリー文庫)
<半分の月がのぼる空(3) wishing upon the half-moon> (橋本紡 /山本ケイジ/電撃文庫)

第5位(8票)
<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜> (成田良悟/エナミカツミ/電撃文庫)

422 :イチオシ賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:21:07 ID:j1Wx7E1G
第3位(10票)
<悪魔のミカタ (13) It/MLN> (うえお久光/藤田香/電撃文庫)
<復活の地 III> (小川一水/前嶋重機/ハヤカワ文庫JA)

第1位(11票)
<ALL YOU NEED IS KILL> (桜坂洋/安倍吉俊/スーパーダッシュ文庫)
<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン> (賀東招二/四季童子/富士見ファンタジア文庫)

御覧の通り、イチオシ賞は
『ALL YOU NEED IS KILL』
『フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン』
の同時優勝となりました。

続いて、大賞の発表です。

423 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:22:39 ID:j1Wx7E1G
1票
<BASTARD!!(バスタード)黒い虹 II> (ベニー松山/萩原一至/集英社スーパーダッシュ文庫)
<Hyper Hybrid Organization 00-02 襲撃者> (高畑京一郎/相川有/電撃文庫)
<アシャワンの乙女たち> (牧野修/山本ヤマト/ソノラマ文庫)
<あそびにいくヨ! 5 仔猫たちのがくえんさい> (神野オキナ/放電映像/MF文庫J)
<アリスのお気に入り 〜夢見の森のフェアリーテール〜> (ココロ直/アキヲ/集英社コバルト文庫)
<カオス レギオン04 天路哀憧篇> (冲方丁/結賀さとる/富士見ファンタジア文庫)
<かくて災厄の旅ははじまる トワイライト・トパァズ 1> (佐々原史緒/湖澄遊智/ファミ通文庫)
<クロスカディア 5 月眠ル地ノ反逆者タチ> (神坂一/谷口ヨシタカ/富士見ファンタジア文庫)
<ゲヘナ・リプレイ シェヘラザード・テイルズ> (三田誠/グループSNE/elgo他/JIVE/監修:友野詳)
<しにがみのバラッド。(5)> (ハセガワケイスケ/七草/電撃文庫)
<シュプルのおはなし2 Grandpa's Treasure Box> (雨宮諒/丸山薫/電撃文庫)
<スカーレット・クロス 隠されし月の誓約> (瑞山いつき/橘水樹・櫻林子/角川ビーンズ文庫)
<スレイヤーズすぺしゃる 23 ブレイク・オブ・ディスティニー> (神坂一/あらいずみるい/富士見ファンタジア文庫)
<ゼロの使い魔2 風のアルビオン> (ヤマグチノボル/兎塚エイジ/MF文庫J)
<ゼロヨンイチロク> (清水マリコ/tio8/MF文庫J)
<ソード・ワールド・ノベル へっぽこ冒険者と眠る白嶺> (秋田みやび/浜田よしかづ/富士見ファンタジア文庫)
<タクティカル・ジャッジメント 5 湯けむりのディスティニー! 邂逅編> (師走トオル/緋呂河とも 富士見ミステリー文庫)
<ディアスポラ6> (前田栄/金ひかる/ウィングス文庫)
<てのひらのエネミー2 魔将覚醒> (杉原智則/桐原いづみ/角川スニーカー文庫)
<デビル17 (2) 復讐のサマ−タイム > (豪屋大介/藤渡/富士見ファンタジア)
<デビル17 (4) 要塞学園(下)> (豪屋大介/藤渡/富士見ファンタジア文庫)

424 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:23:21 ID:j1Wx7E1G
1票(つづき)
<ドラゴンクルス 1.神は死んだ!> (あすか正太/玲衣/角川スニーカー文庫)
<ドラゴンクルス 2. 俺に惚れろ!> (あすか正太/玲衣/角川スニーカー文庫)
<ナ・バ・テア> (森博嗣/鶴田謙二/C★NOVELS)
<バーティミアスII ゴーレムの眼> (ジョナサン・ストラウド/不明/理論社)
<ヒトクイ> (御堂彰彦/もりそばん/電撃文庫)
<ぶたぶた日記> (矢崎在美/手塚リサ/光文社文庫)
<ブレイク-エイジEX ロアゾオ・ブルー 7> (鍋本ちぇいある/馬頭ちーめい/ファミ通文庫)
<マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s.> (野梨原花南/すみ兵/富士見ミステリー文庫)
<ムシウタ 04. 夢燃える楽園> (岩井恭平/るろお(頑童)/角川スニーカー文庫)
<ランブルフィッシュ あんぷらぐど> (三雲岳斗/久織ちまき/角川スニーカー文庫)
<ローゼンクロイツ・プレザン Grand Amour> (志麻友紀/さいとうちほ/角川ビーンズ文庫)
<ロボット妹 改め 人類皆兄妹!〜目醒めよ愛の妹力〜> (佐藤ケイ/さがのあおい/電撃文庫)
<暗黒城の魔術師> (ハービー・ビレナン/創土社アドベンチャーゲームノベル)
<陰からマモル! 4 来襲!甲賀最強の忍> (阿智太郎/まだらさい/MF文庫J)
<我が家のお稲荷様。(2)> (柴村仁/放電映像/電撃文庫)
<我が家のお稲荷様。(3)> (柴村仁/放電映像/電撃文庫)
<業多姫〈6之帖〉夢見月> (時海結以/増田恵/富士見ミステリー文庫)
<彩雲国物語 想いは遙かなる茶都へ> (雪乃紗衣/由羅カイリ/角川ビーンズ文庫)
<桜の下の人魚姫> (沖原朋美/幸田真希/集英社コバルト文庫)
<少年陰陽師 冥夜の帳を切り開け> (結城光流/あさぎ桜/角川ビーンズ文庫)
<少年陰陽師 羅刹の腕を振りほどけ> (結城光流/あさぎ桜/角川ビーンズ文庫)
<新ソードワールドRPGリプレイ集NEXT 2 ダンジョン・パッション> (藤澤さなえ/グループSNE/かわく/富士見ドラゴンブック)

425 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:25:42 ID:j1Wx7E1G
1票(つづき)
<真・運命のタロット 9 《世界》。(下)> (皆川ゆか/乱魔猫吉/講談社X文庫ティーンズハート)
<神牌演技 6 再見!日本> (吉岡平/壱河きづく/ファミ通文庫)
<世界最大のこびと> (羽田奈緒子/戸部淑/MF文庫J)
<西の善き魔女 1 セラフィールドの少女> (荻原規子/佐竹美保/中公文庫)
<赤の神紋 黒鍵> (桑原水菜/藤井咲耶/集英社コバルト文庫)
<探偵神宮寺三郎 疾走の街> (蕪木統文/HACCAN/ファミ通文庫)
<伝説の勇者の伝説 7 失踪の真相> (鏡貴也/とよた瑣織/富士見ファンタジア文庫)
<殿様気分でHAPPY!〈3> (杉原 智則/玲衣/電撃文庫)
<電撃!! イージス 5> (谷川流/後藤なお/電撃文庫)
<乃木坂春香の秘密> (五十嵐雄策/しゃあ/電撃文庫)
<風の聖痕(スティグマ) Ignition 1 綾乃ちゃんの災難> (山門敬弘/納都花丸 /富士見ファンタジア文庫)
<復活の地 II> (小川一水/前嶋重機/ハヤカワ文庫JA)
<平井骸惚此中ニ有リ 其参> (田代裕彦/夢月ムンク/富士見ミステリー文庫)
<魔女の結婚 アヴァロンの陽はいつまでも> (谷瑞恵/蓮見桃衣/集英社コバルト文庫)
<癒しの手のアルス ―森は全てを呑み込んで―> (渡瀬桂子/KIRIN/集英社コバルト文庫)
<涼宮ハルヒの暴走> (谷川流/いとうのいぢ/角川スニーカー文庫)
<緑翠のロクサーヌ 王を愛した風の乙女> (藍田真央/凱王安也子/角川ビーンズ文庫)
<冷たい校舎の時は止まる(下)>  (辻村 深月/ /講談社ノベルズ)
<烙印よ、刃に囁け。 SCAR/EDGE> (三田誠/植田亮/富士見ファンタジア文庫)
<麒麟は一途に恋をする 2> (志村一矢/椎名優/電撃文庫)

426 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:28:21 ID:j1Wx7E1G
2票
<BLACK BLOOD BROTHERS 2 特区鳴動> (あざの耕平/草河遊也/富士見ファンタジア文庫)
<BLOODLINK (4) 天使の幻影(かげ)> (山下卓/HACCAN/ファミ通)
<DADDYFACE (6) メデゥーサ III> (伊達将範/西E田/電撃文庫)
<アリアンロッド・リプレイ 2 闇色の血の騎士>(菊池たけし/F.E.A.R./爆天童/富士見ドラゴンブック)
<インフィニティ・ゼロ 4 秋〜darkness pure>(有沢まみず/にのみやはじめ/電撃文庫)
<キーリ VI はじまりの白日の庭(下)> (壁井ユカコ/田上俊介/電撃文庫)
<セブン=フォートレス リプレイ フレイスの炎砦V3(下)> (菊池たけし/F.E.A.R/石田ヒロユキ+みかきみかこ/ファミ通文庫)
<タマラセ 彼女はキュートな撲殺魔> (六塚光/日向悠二/角川スニーカー文庫)
<チキチキのわ〜る烈風伝!! 7> (嬉野秋彦/せたのりやす/ファミ通文庫)
<ネザーワールド (2) ―ロビン―> (東佐紀/唖采弦二/集英社スーパーダッシュ文庫)
<ホーンテッド!> (平坂読/片瀬優/MF文庫J)
<仮面ライダーファイズ正伝 異形の花々> (井上敏樹/篠原保/講談社)
<学校を出よう! (5) NOT DEAD OR NOT ALIVE> (谷川流/蒼魚真青/電撃文庫)
<銃姫2 〜The lead in my heart〜> (高殿円/エナミカツミ/MF文庫J)
<銃姫 3 〜two and is one〜> (高殿円/エナミカツミ/MF文庫J)
<食卓にビールを 2> (小林めぐみ/剣康之/富士見ミステリー文庫)
<真・運命のタロット 9 《世界》。(上)> (皆川ゆか/乱魔猫吉/講談社X文庫ティーンズハート)

427 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:29:19 ID:j1Wx7E1G
2票 (つづき)
<神様家族5 恋愛体操> (桑島由一/ヤスダスズヒト/MF文庫)
<西城秀樹のおかげです> (森奈津子/ハヤカワ文庫JA)
<青く澄んでいく、この恋も未来も 1stソーサレス> (高瀬ユウヤ/放電映像/富士見ファンタジア文庫)
<先輩とぼく 3> (沖田雅/日柳こより/電撃文庫)
<天高く、雲は流れ 15> (冴木忍/森山大輔/富士見ファンタジア文庫)
<南青山少女ブックセンター 2 乙女のリハーサル> (桑島由一/湖湘七巳/MF文庫J)
<風と暁の娘 パンツァードラグーン オルタ> (五代ゆう/かねこしんや/MF単行本)
<憐 Ren 刻のナイフと空色のミライ> (水口敬文/シギサワカヤ/角川スニーカー文庫)
<薔薇のマリア I..夢追い女王は永遠に眠れ> (十文字青/BUNBUN/角川スニーカー文庫)

3票
<ROOM No.1301 #4 お姉さまはヒステリック!> (新井輝/さっち/富士見ミステリー文庫)
<カレとカノジョと召喚魔法> (上月司/BUNBUN/電撃文庫)
<しずるさんと底無し密室たち The bottomless closed‐rooms in the limited world> (上遠野浩平/椋本夏夜/富士見ミステリー文庫)
<セブン=フォートレス リプレイ フォーラの森砦(下)> (菊池たけし/F.E.A.R/石田ヒロユキ/ファミ通文庫)
<セブン=フォートレス リプレイ フレイスの炎砦V3(上)> (菊池たけし/F.E.A.R/石田ヒロユキ+みかきみかこ/ファミ通文庫)
<ソウルドロップの幽体研究> (上遠野浩平/斎藤岬/祥伝社ノン・ノベル)
<タクティカル・ジャッジメント 6 湯けむりのディスティニー! 大舌戦編> (師走トオル/緋呂河とも/富士見ミステリー文庫)
<護くんに女神の祝福を!5> (岩田洋季/佐藤利幸/電撃文庫)
<灼眼のシャナ VIII> (高橋弥七郎/いとうのいぢ/電撃文庫)
<象られた力> (飛浩隆/ハヤカワ文庫JA)
<伯爵と妖精 あまい罠には気をつけて> (谷瑞恵/高星麻子/集英社コバルト文庫)
<流血女神伝 暗き神の鎖(後編)> (須賀しのぶ/船戸明里/集英社コバルト文庫)

428 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:30:02 ID:j1Wx7E1G
4票
<echo ―夜、踊る羊たち―> (枯野瑛/謎古ゆき/ファミ通文庫)
<Missing 11 座敷童の物語・完結編> (甲田学人/翠川しん/電撃文庫)
<バッカーノ! 1933〈上〉THE SLASH〜クモリノチアメ〜> (成田良悟/エナミカツミ/電撃文庫)
<ルナティック・ムーン IV> (藤原祐/椋本夏夜/電撃文庫)
<気象精霊ぷらくてぃか 3 魔界の卑怯温泉> (清水文化/七瀬葵/富士見ファンタジア文庫)
<世界が終わる場所へ君をつれていく> (葛西伸哉/尾谷おさむ/MF文庫J)

5票
<Mew Mew! Crazy Cat's Night> (成田良悟/ヤスダスズヒト/電撃文庫)
<スカイワード3> (マサト真希/橘由宇/電撃文庫)
<とある魔術の禁書目録〈インデックス〉(3) > (鎌池和馬/灰村キヨタカ/電撃文庫)
<星界の戦旗IV> (森岡浩之/赤井孝美/ハヤカワ文庫JA)
<描きかけのラブレター> (ヤマグチノボル/松本規之/富士見ミステリー文庫)
<僕らA.I.> (川上亮/BUNBUN/富士見ミステリー)
<撲殺天使ドクロちゃん (4)> (おかゆまさき/とりしも/電撃文庫)

429 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:30:32 ID:j1Wx7E1G
6票
<GOSICK III ―ゴシック・青い薔薇の下で―> (桜庭一樹/武田日向/富士見ミステリー文庫)
<エンジェル・ハウリング 10 愛の言葉―from the aspect of FURIU> (秋田禎信/椎名優/富士見ファンタジア文庫)
<キノの旅 VIII -the Beautiful World-> (時雨沢恵一/黒星紅白/電撃文庫)
<吉永さん家のガーゴイル 5> (田口仙年堂/日向悠二/ファミ通文庫)
<斬魔大聖デモンベイン 機神胎動> (古橋秀之/Niθ/角川スニーカー文庫)
<天槍の下のバシレイス (2) まれびとの棺〈下〉> (伊都工平/瑚澄遊智/電撃文庫)
<約束の柱、落日の女王> (いわなぎ一葉/AKIRA/富士見ファンタジア文庫)

7票
<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (4)〈上〉> (川上稔/さとやす(TENKY)/電撃文庫)
<BLACK BLOOD BROTHERS 1 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 兄弟上陸―> (あざの耕平/草河遊也/富士見ファンタジア文庫)
<ガンパレード・マーチ 5121小隊 九州撤退戦(下)> (榊涼介/きむらじゅんこ/電撃ゲーム文庫)
<よくわかる現代魔法 ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ> (桜坂洋/宮下未紀/集英社スーパーダッシュ文庫)
<三月、七日。〜その後のハナシ〜> (森橋ビンゴ/世良シンヤ/ファミ通文庫)
<新本格魔法少女りすか> (西尾維新/西村キヌ/講談社ノベルス)
<天槍の下のバシレイス (1) まれびとの棺 (上)> (伊都工平/瑚澄遊智/電撃文庫)

430 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:31:02 ID:j1Wx7E1G
第28位(同率) (8票)
<ネペンテス>(清水マリコ/toi8/MF文庫J)
<ホーンテッド! 2 コトコトクライシス>(平坂読/片瀬優/MF文庫J)
<楽園の魔女たち 楽園の食卓(後編)>(樹川さとみ/むっちりむうにい/集英社コバルト文庫)

第22位(同率) (9票)
<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (3)〈下〉>(川上稔/さとやす(TENKY)/電撃文庫)
<カオスレギオン O5 聖魔飛翔篇>(冲方丁/結賀さとる/富士見ファンタジア文庫)
<シャドウテイカー 2 アブサロム>(三上延/純珪一/電撃文庫)
<推定少女>(桜庭一樹/高野音彦/ファミ通文庫)
<刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of broken blood>(山下卓/HACCAN/ファミ通文庫)
<電波的な彼女>(片山憲太郎/山本ヤマト/集英社スーパーダッシュ文庫)

第21位 (11票)
<されど罪人は竜と踊る V そして、 楽園はあまりに永く>(浅井ラボ/宮城/角川スニーカー文庫)

第20位 (12票)
<空の中>(有川浩/メディアワークス)

431 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:32:15 ID:j1Wx7E1G
第18位(同率) (13票)
<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンティック?>(新井輝/さっち/富士見ミステリー文庫)
<エンジェル・ハウリング 9 握る小指―from the aspect of MIZU>(秋田禎信/椎名優/富士見ファンタジア文庫)

第14位(同率) (15票)
<学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME>(谷川流 /蒼魚真青 /電撃文庫)
<春期限定いちごタルト事件>(米澤穂信/片山若子/創元推理文庫)
<食卓にビールを>(小林めぐみ/剣康之/富士見ミステリー文庫)
<半分の月がのぼる空(3) wishing upon the half-moon >(橋本紡 /山本ケイジ/電撃文庫)

第12位(同率) (17票)
<Alice>(川崎康宏/エナミカツミ/電撃文庫)
<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>(ヤマグチノボル/兎塚エイジ/MF文庫J)

第11位 (18票)
<眠り姫>(貴子潤一郎/ともぞ/富士見ファンタジア文庫)

432 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:34:08 ID:j1Wx7E1G
第10位 (19票)
<9S〈ナインエス〉 IV> (葉山透/山本ヤマト/電撃文庫)

前回大賞で躍進した『9S』、<希望>編の後編とも言うべき4巻が10位。
定評のある痛快なアクション描写に加え、見事な伏線回収と謎解き、
天才少女の峰島由宇と超お嬢様の真目麻耶の交流なども好評でした。

第9位 (20票)
<空ノ鐘の響く惑星で (5)>(渡瀬草一郎/岩崎美奈子/電撃文庫)

前回大賞2位、イチオシ賞1位の『空ノ鐘の響く惑星で』最新刊は9位。
得票数0に終わった4巻から一気に持ち直したと言ったところでしょうか。
前回キャラクター賞1位の人気キャラであるウルク・ティグレーを襲った悲劇は衝撃的でした。

433 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:36:18 ID:j1Wx7E1G
第6位(同率) (21票)
<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>(成田良悟/エナミカツミ/電撃文庫)
<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>(賀東招二/四季童子/富士見ファンタジア文庫)
<涼宮ハルヒの消失>(谷川流/いとうのいぢ/角川スニーカー文庫)

『バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜』は「葡萄酒」らの
大暴れが受けたようで、作品内のパワーバランスを崩壊させかねないジョーカーの活躍が
歓迎されるあたりはこのシリーズの特殊性を物語っていると言えるかも知れません。
『フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン』は絶望的な逆境に見舞われる急展開と、
その中にあっても闘志を失わないキャラクター達の勇姿が支持されました。
『涼宮ハルヒの消失』は複雑なギミックで描かれた改変世界もので、
この巻でシリーズ及び長門有希に対する評価を急上昇させたファンも多かった模様。
本作発売後には作者スレの進行速度が大幅に加速しました。

434 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:37:35 ID:j1Wx7E1G
第5位 (21票)
<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet>(桜庭一樹/むー/富士見ミステリー文庫)

出だしから絶望的で、とにかく痛くて衝撃的で、でも何かが胸に残る話。
この作品についてはあまり多くを語るべきではないと思います。

第3位(同率) (22票)
<灼眼のシャナ VII>(高橋弥七郎/いとうのいぢ/電撃文庫)
<悪魔のミカタ (13) It/MLN>(うえお久光/藤田香/電撃文庫)

恥ずかしながらこの2作品は未読なのですが、
根強いファンを持つ人気シリーズが大いに盛り上がった巻ということで支持を集めた模様。

435 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:39:58 ID:j1Wx7E1G
第2位 (33票)
<復活の地 III>(小川一水/前嶋重機/ハヤカワ文庫JA)
SF的な舞台設定のもと、リアリティ溢れる筆致で大震災と
それに立ち向かう人々の姿を描いた作品。
今回の結果を受けて購入、現在1巻を読んでいる途中ですが、
もっと早くに読んでおくべきだったと悔やむことしきりです。

コメント抜粋:
・秘密兵器的な存在による解決はない。地道な活動で震災に立ち向かう姿に燃えた。
・震災から逃げずに戦う、立場も人種も星さえも越えた人類に乾杯。
・一人一人は微力だが、天災に勝つにはその一人の力がなくてはならない。レンカ万歳!
・この作品は主役の二人だけでなく、大型地震という未曾有の災害に
 希望を失わず立ち向かっていく人々すべてが、とても熱かった。
・絶望的な状況の中で生きようともがきながら一歩一歩進んでいく人々から発露する搾り出されるような善意は
 相応の説得力を持って感動を生んでくれます。

436 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:42:59 ID:j1Wx7E1G
第1位 (42票)
<ALL YOU NEED IS KILL>(桜坂洋/安倍吉俊/スーパーダッシュ文庫)

2004年下半期ライトノベル板大賞を制したのは、
桜坂洋著『ALL YOU NEED IS KILL』。
集英社スーパーダッシュ文庫作品としては初の快挙で、
同率第1位のイチオシ賞とあわせて2冠達成となりました。
『よくわかる現代魔法』シリーズで着実に評価を上げてきた
著者の完全新作、しかも一冊完結ということで新規読者が
手を出しやすかったのが躍進の原因でしょうか。
それも勿論作品自体の出来のよさあってのもので、
時間のループをTVゲームのコンティニュー的に解釈するという
独創的なアイディアと、それを上手く利用して描かれたシビアで
ほろ苦いストーリーが高く評価されました。

コメント抜粋:
・時間ループモノにまだまだ開拓の余地があることを見せてくれた傑作。
 章最後の文に魂が込められている。
・気付かぬうちに、主人公とシンクロしてました。
 特に意識せずコーヒー飲みながら読んでたら…。ほろ苦いね。
・同じ日、同じときの同じ振舞いが、ちょっと見方を変えるだけで
 印象深くなることを知らされた作品。
・今更タイムループ物?というなかれ。熱くもあり、切なくもある逸品。微妙な風刺の味もよし。
・繰り返す戦場の日々の無情感や焦燥感が時間ループにうまくはまっていた。

437 :大賞 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 00:49:40 ID:j1Wx7E1G
結果は以上です。

総評
イチオシ賞の結果を見ても分かる通り、今回はかなりの混戦でした。
これを有力作品が多かったためととるべきか、
本命となる作品がなかったためととるべきかは判断の難しいところですが、
おそらく前者が正解なのではないかと思います。
投票コメントを見ても今回は5票に絞るのが難しかったという声が多く、
次点として多くの作品を挙げる人も少なくありませんでしたし、
個人的にも今季は大豊作という印象を受けました。
過去の大賞で上位に入賞したシリーズの新刊で、
ファンの間でも既刊以上に評価された作品が意外に伸び悩むケースが
複数見られたことも今季のレベルの高さを示しているのではないでしょうか。

438 :訂正 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 01:00:30 ID:j1Wx7E1G
大賞の第3位および第5位の票数について誤りがありました。
正しくは
第3位(同率) (23票)
第5位 (22票)
となります。順位への影響はありません。
お詫びして訂正いたします。

また>417では触れていませんが、
>212の5票については>400で本人から
無効とする旨の発言があったため、
集計には加えておりません。

439 :再訂正 ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 01:15:30 ID:j1Wx7E1G
『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet』
の票数に集計ミスがありました。正しくは23票で同率3位となります。
お詫びして訂正するとともに、以下に改めて上位5作品を記します。

第1位 (42票)
<ALL YOU NEED IS KILL>(桜坂洋/安倍吉俊/スーパーダッシュ文庫)

第2位 (33票)
<復活の地 III>(小川一水/前嶋重機/ハヤカワ文庫JA)

第3位(同率) (23票)
<悪魔のミカタ (13) It/MLN>(うえお久光/藤田香/電撃文庫)
<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet>(桜庭一樹/むー/富士見ミステリー文庫)
<灼眼のシャナ VII>(高橋弥七郎/いとうのいぢ/電撃文庫)

440 :イラストに騙された名無しさん:05/02/06 01:38:38 ID:6ijPYo+V
そろそろ書き込んでいいのか?


意外にシリーズもんが多数上位を占めたな
一位のような一巻読み切りものも頑張って欲しい

441 :イラストに騙された名無しさん:05/02/06 01:59:12 ID:uViI1++p
あー、大賞が決まったんで見にきたんだが
森奈津子の「西条秀樹のおかげです」ってヤツは
数年前に出たハードカバーの文庫オチのはずだ。
ttp://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30699912

てか、こーゆーのって本のどこかに
「本書は×××年、***社より単行本として刊行されました」って
断り書きが入っているはずなんだが
読んだ人は二人ともそれに気付かなかったのだろうか。
不思議なこともあるものだ。

442 :441:05/02/06 02:01:12 ID:uViI1++p
それはそれとして、集計人は大変に乙。

443 :イラストに騙された名無しさん:05/02/06 02:03:15 ID:ttVYaiUJ
文庫落ちも普通に投票対象。

444 :イラストに騙された名無しさん:05/02/06 02:06:43 ID:zmpl7fnA
まだ修正などがあるから、話はこっちで。

イベント運営・雑談・感想スレ in ラ板 part3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1104233704/

445 :イラストに騙された名無しさん:05/02/06 04:34:47 ID:DqqhXO9e
ちょっとまとめてみました・・
10位まで・・

>第1位 (42票)
<ALL YOU NEED IS KILL>(桜坂洋/安倍吉俊/スーパーダッシュ文庫)

>第2位 (33票)
<復活の地 III>(小川一水/前嶋重機/ハヤカワ文庫JA)

>第3位(同率) (23票)
<悪魔のミカタ (13) It/MLN>(うえお久光/藤田香/電撃文庫)
<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet>(桜庭一樹/むー/富士見ミステリー文庫)
<灼眼のシャナ VII>(高橋弥七郎/いとうのいぢ/電撃文庫)

>第6位(同率) (21票)
<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>(成田良悟/エナミカツミ/電撃文庫)
<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>(賀東招二/四季童子/富士見ファンタジア文庫)
<涼宮ハルヒの消失>(谷川流/いとうのいぢ/角川スニーカー文庫)

>第9位 (20票)
<空ノ鐘の響く惑星で (5)>(渡瀬草一郎/岩崎美奈子/電撃文庫)

>第10位 (19票)
<9S〈ナインエス〉 IV> (葉山透/山本ヤマト/電撃文庫)

446 :イラストに騙された名無しさん:05/02/06 04:35:47 ID:DqqhXO9e
20位まで・・

>第11位 (18票)
<眠り姫>(貴子潤一郎/ともぞ/富士見ファンタジア文庫)

>第12位(同率) (17票)
<Alice>(川崎康宏/エナミカツミ/電撃文庫)
<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>(ヤマグチノボル/兎塚エイジ/MF文庫J)

>第14位(同率) (15票)
<学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME>(谷川流 /蒼魚真青 /電撃文庫)
<春期限定いちごタルト事件>(米澤穂信/片山若子/創元推理文庫)
<食卓にビールを>(小林めぐみ/剣康之/富士見ミステリー文庫)
<半分の月がのぼる空(3) wishing upon the half-moon >(橋本紡 /山本ケイジ/電撃文庫)

>第18位(同率) (13票)
<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンティック?>(新井輝/さっち/富士見ミステリー文庫)
<エンジェル・ハウリング 9 握る小指―from the aspect of MIZU>(秋田禎信/椎名優/富士見ファンタジア文庫)

>第20位 (12票)
<空の中>(有川浩/メディアワークス)


447 :イラストに騙された名無しさん:05/02/06 04:52:21 ID:DqqhXO9e
30位まで・・
集計人さん、お疲れさまでした・・


>第21位 (11票)
<されど罪人は竜と踊る V そして、 楽園はあまりに永く>(浅井ラボ/宮城/角川スニーカー文庫)

>第22位(同率) (9票)
<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (3)〈下〉>(川上稔/さとやす(TENKY)/電撃文庫)
<カオスレギオン O5 聖魔飛翔篇>(冲方丁/結賀さとる/富士見ファンタジア文庫)
<シャドウテイカー 2 アブサロム>(三上延/純珪一/電撃文庫)
<推定少女>(桜庭一樹/高野音彦/ファミ通文庫)
<刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of broken blood>(山下卓/HACCAN/ファミ通文庫)
<電波的な彼女>(片山憲太郎/山本ヤマト/集英社スーパーダッシュ文庫)

>第28位(同率) (8票)
<ネペンテス>(清水マリコ/toi8/MF文庫J)
<ホーンテッド! 2 コトコトクライシス>(平坂読/片瀬優/MF文庫J)
<楽園の魔女たち 楽園の食卓(後編)>(樹川さとみ/むっちりむうにい/集英社コバルト文庫)



448 :イラストに騙された名無しさん:05/02/06 06:03:12 ID:LBngUGQ5
集計人さん乙。
感動した。
このスレ参考にして何冊か購入しようと思う。

449 :イラストに騙された名無しさん:05/02/06 06:39:11 ID:JIoWh5/4
キャラ賞ダントツ一位のAliceが10位にすら入ってないってのはオモロ。

450 :イラストに騙された名無しさん:05/02/06 09:56:25 ID:bCqyKDvU
ホントだ……。>10位にすら入ってない
該当作を未読なんで詳しい事がわからないが、
1:ストーリーなんぞ、どうでもよくなる程、クマの印象がデカかった
2:今の風潮として、キャラ単品でも売る事ができるようになってきた。例えクマでも。
どっちなのか。

451 :修正済リスト ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 12:12:26 ID:eBfGiZNz
第1位 (42票)
<<ALL YOU NEED IS KILL>>(桜坂洋/安倍吉俊/スーパーダッシュ文庫)

第2位 (33票)
<<復活の地 III>>(小川一水/前嶋重機/ハヤカワ文庫JA)

第3位(同率) (23票)
<<悪魔のミカタ (13) It/MLN>>(うえお久光/藤田香/電撃文庫)
<<砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet>>(桜庭一樹/むー/富士見ミステリー文庫)
<<灼眼のシャナ VII>>(高橋弥七郎/いとうのいぢ/電撃文庫)

第6位 (22票)
<<フルメタル・パニック! つづくオン・マイ・オウン>>(賀東招二/四季童子/富士見ファンタジア文庫)

第7位(同率) (21票)
<<バッカーノ! 1933〈下〉THE SLASH 〜チノアメハ、ハレ〜>>(成田良悟/エナミカツミ/電撃文庫)
<<涼宮ハルヒの消失>>(谷川流/いとうのいぢ/角川スニーカー文庫)

第9位 (20票)
<<空ノ鐘の響く惑星で (5)>>(渡瀬草一郎/岩崎美奈子/電撃文庫)

第10位 (19票)
<<9S〈ナインエス〉 IV>> (葉山透/山本ヤマト/電撃文庫)

452 :修正済リスト ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 12:13:38 ID:eBfGiZNz
第11位 (18票)
<眠り姫>(貴子潤一郎/ともぞ/富士見ファンタジア文庫)

第12位(同率) (17票)
<Alice>(川崎康宏/エナミカツミ/電撃文庫)
<ゼロの使い魔 3 始祖の祈祷書>(ヤマグチノボル/兎塚エイジ/MF文庫J)

第14位 (16票)
<食卓にビールを>(小林めぐみ/剣康之/富士見ミステリー文庫)

第15位(同率) (15票)
<学校を出よう! (6) VAMPIRE SYNDROME>(谷川流 /蒼魚真青 /電撃文庫)
<春期限定いちごタルト事件>(米澤穂信/片山若子/創元推理文庫)
<半分の月がのぼる空(3) wishing upon the half-moon >(橋本紡 /山本ケイジ/電撃文庫)

第18位 (13票)
<ROOM No.1301 #3 同居人はロマンティック?>(新井輝/さっち/富士見ミステリー文庫)

第19位 (12票)
<空の中>(有川浩/メディアワークス)

第20位(同率) (11票)
<エンジェル・ハウリング 9 握る小指―from the aspect of MIZU>(秋田禎信/椎名優/富士見ファンタジア文庫)
<されど罪人は竜と踊る V そして、 楽園はあまりに永く>(浅井ラボ/宮城/角川スニーカー文庫)

453 :修正済リスト ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 12:14:47 ID:eBfGiZNz
第22位(10票)
<電波的な彼女>(片山憲太郎/山本ヤマト/集英社スーパーダッシュ文庫)

第23位(同率) (9票)
<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (3)〈下〉>(川上稔/さとやす(TENKY)/電撃文庫)
<カオスレギオン O5 聖魔飛翔篇>(冲方丁/結賀さとる/富士見ファンタジア文庫)
<シャドウテイカー 2 アブサロム>(三上延/純珪一/電撃文庫)
<推定少女>(桜庭一樹/高野音彦/ファミ通文庫)
<刹那 〜そのとき彼女が願ったこと〜 days of broken blood>(山下卓/HACCAN/ファミ通文庫)

第28位(同率) (8票)
<ネペンテス>(清水マリコ/toi8/MF文庫J)
<ホーンテッド! 2 コトコトクライシス>(平坂読/片瀬優/MF文庫J)
<楽園の魔女たち 楽園の食卓(後編)>(樹川さとみ/むっちりむうにい/集英社コバルト文庫)

454 :修正済リスト ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 12:15:31 ID:eBfGiZNz
7票
<AHEADシリーズ 終わりのクロニクル (4)〈上〉> (川上稔/さとやす(TENKY)/電撃文庫)
<BLACK BLOOD BROTHERS 1 ―ブラック・ブラッド・ブラザーズ 兄弟上陸―> (あざの耕平/草河遊也/富士見ファンタジア文庫)
<ガンパレード・マーチ 5121小隊 九州撤退戦(下)> (榊涼介/きむらじゅんこ/電撃ゲーム文庫)
<よくわかる現代魔法 ゴーストスクリプト・フォー・ウィザーズ> (桜坂洋/宮下未紀/集英社スーパーダッシュ文庫)
<三月、七日。〜その後のハナシ〜> (森橋ビンゴ/世良シンヤ/ファミ通文庫)
<新本格魔法少女りすか> (西尾維新/西村キヌ/講談社ノベルス)
<天槍の下のバシレイス (1) まれびとの棺 (上)> (伊都工平/瑚澄遊智/電撃文庫)

6票
<GOSICK III ―ゴシック・青い薔薇の下で―> (桜庭一樹/武田日向/富士見ミステリー文庫)
<Mew Mew! Crazy Cat's Night> (成田良悟/ヤスダスズヒト/電撃文庫)
<エンジェル・ハウリング 10 愛の言葉―from the aspect of FURIU> (秋田禎信/椎名優/富士見ファンタジア文庫)
<キノの旅 VIII -the Beautiful World-> (時雨沢恵一/黒星紅白/電撃文庫)
<吉永さん家のガーゴイル 5> (田口仙年堂/日向悠二/ファミ通文庫)
<斬魔大聖デモンベイン 機神胎動> (古橋秀之/Niθ/角川スニーカー文庫)
<天槍の下のバシレイス (2) まれびとの棺〈下〉> (伊都工平/瑚澄遊智/電撃文庫)
<約束の柱、落日の女王> (いわなぎ一葉/AKIRA/富士見ファンタジア文庫)

5票
<スカイワード3> (マサト真希/橘由宇/電撃文庫)
<とある魔術の禁書目録〈インデックス〉(3) > (鎌池和馬/灰村キヨタカ/電撃文庫)
<星界の戦旗IV> (森岡浩之/赤井孝美/ハヤカワ文庫JA)
<描きかけのラブレター> (ヤマグチノボル/松本規之/富士見ミステリー文庫)
<僕らA.I.> (川上亮/BUNBUN/富士見ミステリー)
<撲殺天使ドクロちゃん (4)> (おかゆまさき/とりしも/電撃文庫)

455 :修正済リスト ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 12:16:53 ID:eBfGiZNz
4票
<echo ―夜、踊る羊たち―> (枯野瑛/謎古ゆき/ファミ通文庫)
<Missing 11 座敷童の物語・完結編> (甲田学人/翠川しん/電撃文庫)
<タクティカル・ジャッジメント 6 湯けむりのディスティニー! 大舌戦編> (師走トオル/緋呂河とも/富士見ミステリー文庫)
<バッカーノ! 1933〈上〉THE SLASH〜クモリノチアメ〜> (成田良悟/エナミカツミ/電撃文庫)
<ルナティック・ムーン IV> (藤原祐/椋本夏夜/電撃文庫)
<気象精霊ぷらくてぃか 3 魔界の卑怯温泉> (清水文化/七瀬葵/富士見ファンタジア文庫)
<世界が終わる場所へ君をつれていく> (葛西伸哉/尾谷おさむ/MF文庫J)

3票
<ROOM No.1301 #4 お姉さまはヒステリック!> (新井輝/さっち/富士見ミステリー文庫)
<カレとカノジョと召喚魔法> (上月司/BUNBUN/電撃文庫)
<しずるさんと底無し密室たち The bottomless closed‐rooms in the limited world> (上遠野浩平/椋本夏夜/富士見ミステリー文庫)
<セブン=フォートレス リプレイ フォーラの森砦(下)> (菊池たけし/F.E.A.R/石田ヒロユキ/ファミ通文庫)
<セブン=フォートレス リプレイ フレイスの炎砦V3(上)> (菊池たけし/F.E.A.R/石田ヒロユキ+みかきみかこ/ファミ通文庫)
<ソウルドロップの幽体研究> (上遠野浩平/斎藤岬/祥伝社ノン・ノベル)
<護くんに女神の祝福を!5> (岩田洋季/佐藤利幸/電撃文庫)
<灼眼のシャナ VIII> (高橋弥七郎/いとうのいぢ/電撃文庫)
<象られた力> (飛浩隆/ハヤカワ文庫JA)
<伯爵と妖精 あまい罠には気をつけて> (谷瑞恵/高星麻子/集英社コバルト文庫)
<流血女神伝 暗き神の鎖(後編)> (須賀しのぶ/船戸明里/集英社コバルト文庫)

456 :修正済リスト ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 12:19:58 ID:eBfGiZNz
2票
<BLACK BLOOD BROTHERS 2 特区鳴動> (あざの耕平/草河遊也/富士見ファンタジア文庫)
<BLOODLINK (4) 天使の幻影(かげ)> (山下卓/HACCAN/ファミ通)
<DADDYFACE (6) メデゥーサ III> (伊達将範/西E田/電撃文庫)
<アリアンロッド・リプレイ 2 闇色の血の騎士>(菊池たけし/F.E.A.R./爆天童/富士見ドラゴンブック)
<インフィニティ・ゼロ 4 秋〜darkness pure>(有沢まみず/にのみやはじめ/電撃文庫)
<かくて災厄の旅ははじまる トワイライト・トパァズ 1> (佐々原史緒/湖澄遊智/ファミ通文庫)
<キーリ VI はじまりの白日の庭(下)> (壁井ユカコ/田上俊介/電撃文庫)
<セブン=フォートレス リプレイ フレイスの炎砦V3(下)> (菊池たけし/F.E.A.R/石田ヒロユキ+みかきみかこ/ファミ通文庫)
<タマラセ 彼女はキュートな撲殺魔> (六塚光/日向悠二/角川スニーカー文庫)
<チキチキのわ〜る烈風伝!! 7> (嬉野秋彦/せたのりやす/ファミ通文庫)
<ネザーワールド (2) ―ロビン―> (東佐紀/唖采弦二/集英社スーパーダッシュ文庫)
<ホーンテッド!> (平坂読/片瀬優/MF文庫J)
<仮面ライダーファイズ正伝 異形の花々> (井上敏樹/篠原保/講談社)
<学校を出よう! (5) NOT DEAD OR NOT ALIVE> (谷川流/蒼魚真青/電撃文庫)

457 :修正済リスト ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 12:22:43 ID:eBfGiZNz
2票(つづき)
<銃姫2 〜The lead in my heart〜> (高殿円/エナミカツミ/MF文庫J)
<銃姫 3 〜two and is one〜> (高殿円/エナミカツミ/MF文庫J)
<食卓にビールを 2> (小林めぐみ/剣康之/富士見ミステリー文庫)
<真・運命のタロット 9 《世界》。(上)> (皆川ゆか/乱魔猫吉/講談社X文庫ティーンズハート)
<真・運命のタロット 9 《世界》。(下)> (皆川ゆか/乱魔猫吉/講談社X文庫ティーンズハート)
<神様家族5 恋愛体操> (桑島由一/ヤスダスズヒト/MF文庫)
<西城秀樹のおかげです> (森奈津子/ハヤカワ文庫JA)
<青く澄んでいく、この恋も未来も 1stソーサレス> (高瀬ユウヤ/放電映像/富士見ファンタジア文庫)
<先輩とぼく 3> (沖田雅/日柳こより/電撃文庫)
<天高く、雲は流れ 15> (冴木忍/森山大輔/富士見ファンタジア文庫)
<南青山少女ブックセンター 2 乙女のリハーサル> (桑島由一/湖湘七巳/MF文庫J)
<風と暁の娘 パンツァードラグーン オルタ> (五代ゆう/かねこしんや/MF単行本)
<平井骸惚此中ニ有リ 其参> (田代裕彦/夢月ムンク/富士見ミステリー文庫)
<憐 Ren 刻のナイフと空色のミライ> (水口敬文/シギサワカヤ/角川スニーカー文庫)
<薔薇のマリア I..夢追い女王は永遠に眠れ> (十文字青/BUNBUN/角川スニーカー文庫)

458 :修正済リスト ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 12:23:27 ID:eBfGiZNz
1票
<BASTARD!!(バスタード)黒い虹 II> (ベニー松山/萩原一至/集英社スーパーダッシュ文庫)
<Hyper Hybrid Organization 00-02 襲撃者> (高畑京一郎/相川有/電撃文庫)
<アシャワンの乙女たち> (牧野修/山本ヤマト/ソノラマ文庫)
<あそびにいくヨ! 5 仔猫たちのがくえんさい> (神野オキナ/放電映像/MF文庫J)
<アリスのお気に入り 〜夢見の森のフェアリーテール〜> (ココロ直/アキヲ/集英社コバルト文庫)
<カオス レギオン04 天路哀憧篇> (冲方丁/結賀さとる/富士見ファンタジア文庫)
<クロスカディア 5 月眠ル地ノ反逆者タチ> (神坂一/谷口ヨシタカ/富士見ファンタジア文庫)
<ゲヘナ・リプレイ シェヘラザード・テイルズ> (三田誠/グループSNE/elgo他/JIVE/監修:友野詳)
<しにがみのバラッド。(5)> (ハセガワケイスケ/七草/電撃文庫)
<シュプルのおはなし2 Grandpa's Treasure Box> (雨宮諒/丸山薫/電撃文庫)
<スカーレット・クロス 隠されし月の誓約> (瑞山いつき/橘水樹・櫻林子/角川ビーンズ文庫)
<スレイヤーズすぺしゃる 23 ブレイク・オブ・ディスティニー> (神坂一/あらいずみるい/富士見ファンタジア文庫)
<ゼロの使い魔2 風のアルビオン> (ヤマグチノボル/兎塚エイジ/MF文庫J)
<ゼロヨンイチロク> (清水マリコ/tio8/MF文庫J)
<ソード・ワールド・ノベル へっぽこ冒険者と眠る白嶺> (秋田みやび/浜田よしかづ/富士見ファンタジア文庫)
<タクティカル・ジャッジメント 5 湯けむりのディスティニー! 邂逅編> (師走トオル/緋呂河とも 富士見ミステリー文庫)
<ディアスポラ6> (前田栄/金ひかる/ウィングス文庫)
<てのひらのエネミー2 魔将覚醒> (杉原智則/桐原いづみ/角川スニーカー文庫)
<デビル17 (4) 要塞学園(下)> (豪屋大介/藤渡/富士見ファンタジア文庫)
<デビル17 (2) 復讐のサマ−タイム > (豪屋大介/藤渡/富士見ファンタジア)
<ドラゴンクルス 1.神は死んだ!> (あすか正太/玲衣/角川スニーカー文庫)
<ドラゴンクルス 2. 俺に惚れろ!> (あすか正太/玲衣/角川スニーカー文庫)

459 :修正済リスト ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 12:24:56 ID:eBfGiZNz
1票(つづき)
<ナ・バ・テア> (森博嗣/鶴田謙二/C★NOVELS)
<バーティミアスII ゴーレムの眼> (ジョナサン・ストラウド/不明/理論社)
<ヒトクイ> (御堂彰彦/もりそばん/電撃文庫)
<ぶたぶた日記> (矢崎在美/手塚リサ/光文社文庫)
<ブレイク-エイジEX ロアゾオ・ブルー 7> (鍋本ちぇいある/馬頭ちーめい/ファミ通文庫)
<マルタ・サギーは探偵ですか? a collection of s.> (野梨原花南/すみ兵/富士見ミステリー文庫)
<ムシウタ 04. 夢燃える楽園> (岩井恭平/るろお(頑童)/角川スニーカー文庫)
<ランブルフィッシュ あんぷらぐど> (三雲岳斗/久織ちまき/角川スニーカー文庫)
<ローゼンクロイツ・プレザン Grand Amour> (志麻友紀/さいとうちほ/角川ビーンズ文庫)
<ロボット妹 改め 人類皆兄妹!〜目醒めよ愛の妹力〜> (佐藤ケイ/さがのあおい/電撃文庫)
<暗黒城の魔術師> (ハービー・ビレナン/創土社アドベンチャーゲームノベル)
<陰からマモル! 4 来襲!甲賀最強の忍> (阿智太郎/まだらさい/MF文庫J)
<我が家のお稲荷様。(2)> (柴村仁/放電映像/電撃文庫)
<我が家のお稲荷様。(3)> (柴村仁/放電映像/電撃文庫)
<業多姫〈6之帖〉夢見月> (時海結以/増田恵/富士見ミステリー文庫)
<彩雲国物語 想いは遙かなる茶都へ> (雪乃紗衣/由羅カイリ/角川ビーンズ文庫)
<桜の下の人魚姫> (沖原朋美/幸田真希/集英社コバルト文庫)
<少年陰陽師 冥夜の帳を切り開け> (結城光流/あさぎ桜/角川ビーンズ文庫)
<少年陰陽師 羅刹の腕を振りほどけ> (結城光流/あさぎ桜/角川ビーンズ文庫)
<新ソードワールドRPGリプレイ集NEXT 2 ダンジョン・パッション> (藤澤さなえ/グループSNE/かわく/富士見ドラゴンブック)
<神牌演技 6 再見!日本> (吉岡平/壱河きづく/ファミ通文庫)
<世界最大のこびと> (羽田奈緒子/戸部淑/MF文庫J)

460 :修正済リスト ◆UojR5Hr/bY :05/02/06 12:27:34 ID:eBfGiZNz
<西の善き魔女 1 セラフィールドの少女> (荻原規子/佐竹美保/中公文庫)
<赤の神紋 黒鍵> (桑原水菜/藤井咲耶/集英社コバルト文庫)
<探偵神宮寺三郎 疾走の街> (蕪木統文/HACCAN/ファミ通文庫)
<伝説の勇者の伝説 7 失踪の真相> (鏡貴也/とよた瑣織/富士見ファンタジア文庫)
<殿様気分でHAPPY!〈3> (杉原 智則/玲衣/電撃文庫)
<電撃!! イージス 5> (谷川流/後藤なお/電撃文庫)
<乃木坂春香の秘密> (五十嵐雄策/しゃあ/電撃文庫)
<風の聖痕(スティグマ) Ignition 1 綾乃ちゃんの災難> (山門敬弘/納都花丸 /富士見ファンタジア文庫)
<復活の地 II> (小川一水/前嶋重機/ハヤカワ文庫JA)
<魔女の結婚 アヴァロンの陽はいつまでも> (谷瑞恵/蓮見桃衣/集英社コバルト文庫)
<癒しの手のアルス ―森は全てを呑み込んで―> (渡瀬桂子/KIRIN/集英社コバルト文庫)
<涼宮ハルヒの暴走> (谷川流/いとうのいぢ/角川スニーカー文庫)
<緑翠のロクサーヌ 王を愛した風の乙女> (藍田真央/凱王安也子/角川ビーンズ文庫)
<冷たい校舎の時は止まる(下)>  (辻村 深月/ /講談社ノベルズ)
<烙印よ、刃に囁け。 SCAR/EDGE> (三田誠/植田亮/富士見ファンタジア文庫)
<麒麟は一途に恋をする 2> (志村一矢/椎名優/電撃文庫)

461 :イラストに騙された名無しさん:05/02/06 16:26:49 ID:/Iuf95w4
とりあえず、一度はageようじゃないかたまえ

462 :イラストに騙された名無しさん:05/02/06 22:04:12 ID:PmVJAyyC
>443
じゃあ今回のエントリー中で
「空の中」有川浩・メディアワークスだけは
数年後に再エントリーされるって訳だ。
かなり高確率で電撃文庫で再出版されるはずだから。

不公平なんでないの?

463 :イラストに騙された名無しさん:05/02/06 22:05:57 ID:6XiAqJEg
こっちで。

イベント運営・雑談・感想スレ in ラ板 part3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1104233704/

464 :イラストに騙された名無しさん:05/02/06 22:06:35 ID:TXcbq2qx
意見、感想はこっちゃおいで
イベント運営・雑談・感想スレ in ラ板 part3
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1104233704/

465 :イラストに騙された名無しさん:05/02/07 00:02:03 ID:PqovCMxl
>>463-464
ケコーンおめでとう

466 :イラストに騙された名無しさん:05/02/07 00:23:43 ID:Xhs/hbzN
別に厳密に公正さを求めるような企画でもねえだろ、こんなもん。
自作自演したきゃ好きにすりゃいい。
むしろ「これは自作自演、組織票、許せない!」と熱くなるやつを挑発したくてやってるヤツもいるハズ。
その意味では、コメント必須は割と重要なファクター。
多重で順位いじれても、そんな順位には別に価値ねーよって考え方で楽しめるから。
つーか、どんなにルール決めても多重は出来る。
めんどくせー事考えるより、楽しむという一点においては、現行でも筋は通っている。

467 :イラストに騙された名無しさん:05/02/07 00:38:01 ID:uhP2+qpC
>>466
誤爆スナー

468 :イラストに騙された名無しさん:05/02/07 00:46:15 ID:NI8lBSLw
>>466
投票制度に新風を入れてみるのも悪くないしょ
現行制度に凝り固まるよりも

469 :466:05/02/07 06:50:46 ID:Xhs/hbzN
462に対するレスなので別に誤爆ではない

470 :イラストに騙された名無しさん:05/02/07 08:36:08 ID:OYFdJKHq
>>469
>>463-464

471 :イラストに騙された名無しさん:05/02/08 06:52:30 ID:tk3dZzbJ
集計人マジで乙

472 :イラストに騙された名無しさん:05/02/11 02:42:34 ID:Yh4S5X5k
集計人は神

473 :イラストに騙された名無しさん:2005/06/22(水) 00:59:19 ID:r7mv2FJS
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/gavacy0?

474 :イラストに騙された名無しさん:2005/07/02(土) 12:45:08 ID:O+Lxd4Wp
現行スレはこちらです。

2chライトノベル大賞2005上半期
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/magazin/1120214403/

475 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

474 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)