5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

若竹七海

1 :名無しのオプ:03/02/06 23:39
器用貧乏でいまいちぱっとしない若竹七海。
『ぼくのミステリな日常』『遺品』『クールキャンデー』がお勧めかな。


700 :697:2006/08/30(水) 20:05:27 ID:12VV4VWH
>>698
確かに杉田はもう少し若いかも…
でも、個人的に期待w
「志村けんのバカ殿様」でかなり変な陰陽師をやってたり、「レイクサイド・マーダーケース」や「理由」で
シリアスな役やったり、演技の幅がかなり広いから適役かと…
あんまりああいうキレた役やれる人っていない希ガス。

701 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 20:15:42 ID:wcMQnKfN
なんとか秀治

702 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 19:13:47 ID:82xElyp+
今更ながら「悪いうさぎ」を読んだ
葉村、長編だといつにも増して踏んだり蹴ったりだなあ・・・
色々な厄介事が次々起こって読むの疲れた(悪い意味ではなく
あと(メル欄)のところ、小説の主人公と心の声がシンクロしたの初めてだった

703 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 00:25:02 ID:YuyRW0JZ
「猫島」読了
脇キャラけっこう気になった
マグノリアの双子がもう高校生になってるし
あと ヤク中の人の住んでたマンションの管理人ってメル欄かな 
結局会社立ちゆかなくなったのか 


>>702
>心の声がシンクロ
私もしたw 
葉村シリーズって、終幕でカタルシスがあるようで無いのが なんかまた後を引く
読み終わるときいつも「葉村お疲れ」と思いながら本を閉じる


704 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 23:48:34 ID:X2UFxeNB
ピュアフル文庫買って来た。
葉崎シリーズだったよー

705 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 20:12:20 ID:qTidnlh4
>>704


706 :名無しのオプ:2006/09/09(土) 20:13:48 ID:k7K41Kdv
>>704
恋愛小説でも葉崎が出るのか
ちょっと意外
どんな感じ?

707 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 00:26:22 ID:+t1Sp6RL
>>705
>>699

708 :704:2006/09/10(日) 00:50:48 ID:/FoP4hoC
>>706
全然恋愛ではない…わけではないが、あれが恋愛ものの
範疇に入るとしたらそれはそれですごいとは思うw

後味は若竹さんらしいブラックさがあるけど、いつもの
作品にくらべればかわいいw

709 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 18:03:24 ID:nVK1a5yh
あ、恋愛小説アンソロジーじゃないのか
>>699だけ見てて「ピュアフル」で「告白」だからてっきり

710 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 00:23:56 ID:qHueBTPG
>>655
遅レスですが、受けましたw p125下の段ですよね?

あとツボったのは「ノラや」→泣き上戸になるのも無理はない。
「鳩の中の猫」→クリスティー好きだもんねぇ、若竹さん。

711 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 22:40:34 ID:udhBqwYh
その後ちゃんとツッコミが入るのもいいw
>猫の手

712 :名無しのオプ:2006/09/14(木) 21:29:29 ID:MCaZaEKo
http://www.rironsha.co.jp/Mystery_YA/index.html

いちおう名前が

713 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 01:30:38 ID:IXDp6WT7
>712
トンクス

書評ではありませんように

714 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 02:45:45 ID:2tdiGiz9
ピュアフルってやつ、近所の書店は全滅みたい。
出版社がマイナーだからなのかな?
隣の駅まで行けばあるから買ってくるつもりだけど。

ところで、今までもアンソロジーに結構入ってますが、
それって全部文庫化されてないというか、
それでしか読めないものでしょうか?
若竹さんの長編はタイトルで覚えてるけど短編は
どうも記憶が怪しくて・・。

715 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 00:48:06 ID:a/MI4TRQ
若竹さんファンサイト、いくつかあるからググってみて。
個人サイトなんでURL落とせないが、メッチャ詳しいとこがある。

716 :名無しのオプ:2006/09/20(水) 06:22:08 ID:NEWwHiBo
ピュアフル、何故か近所の本屋では棚にズラッと…
全然減ってないのがまた笑える

717 :486:2006/09/26(火) 12:24:28 ID:S+3x9iUn
>>486
>>490
そのうちレスしようと思いつつ、一年以上経ってしまいました。
私の5円玉20枚の謎(実話)は、次のような状況でした。

当時(若竹氏が大学生であった1980年前後)、私はある高校の寮に入っていました。
その寮敷地内に、50円玉専用で5円のおつりが出るという牛乳の自動販売機(200mlのビンが45円)がありました。
当時から見ても異常に古い金属の箱のような販売機で、一般の駅前や路上ではとっくに消滅しているような機械が、
80年頃には一部の閉じたコミュニティでは残っていたわけです。
それが一番安い飲料だったこともあり、毎日2〜3本は飲んでおり、毎週20枚前後の5円玉が手元に残ることになりました。

で、それをどこで両替していたかというと、毎週土曜日の寮食堂での夕食後に
寮母さんや舎監が交代でいる窓口に行って、100円玉に交換してもらっていました。
何故時間を決めていたかというと、舎監のオッサンは両替をめんどくさがって断わる人が多く、
いつも土曜の夕方窓口にいた、ある寮母さんは、すんなり交換してくれたからです。
とりあえず、一人両替してくれる人をみつければ、二人目以降を探す必要はないので、
いつも同じ時間、同じ人に両替してもらうことになったわけです。
そしてそれは私が寮を出るまで○年間続きました。

718 :486:2006/09/26(火) 12:24:55 ID:S+3x9iUn
50円玉20枚・・・、の方ですが、同様の自動販売機(100円専用で50円おつり、あるいは100円×2枚で50円おつり)
がその男の職場(例えば工場の食堂)に残っていた可能性はどうでしょうか。
性別・年齢を考えると、タバコの古い自動販売機の可能性があり、男の愛用する特定のマイナー銘柄が
そこにあったとすると、週の20枚前後たまっても不思議はありません。
なぜいつも同じ時間、同じ人に換えてもらったか、については私と同じだと思います。
毎週通る場所で決まった時間にいる、すんなり両替してくれる人を一人見つければ、
二人目以降の人を捜す必要はないからです。

719 :486:2006/09/26(火) 12:26:29 ID:S+3x9iUn
>>488
>>490
でしたね。

720 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 21:03:40 ID:bZm32Wax
>>717-719
なるほどねえ、自販機の釣銭か〜。
ヘビースモーカーの冴えない中年男性ってイメージ合うね。

>二人目以降の人を捜す必要はない
これも説得力あるなあ。

721 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 09:24:33 ID:WNXlLGX/
5円玉はたいていの自販機では使えないし、
お店で5円玉じゃらじゃらで支払うのもなんだし、
使えないでいるうちに20枚くらいすぐ貯まるだろう。
もっと使いやすい大きな硬貨に両替したくなるのはわかる。

50円玉だったら他の自販機で使えるし、
普通にお店での支払いに使えると思う。
あえて50円玉を使わずにわざわざ20枚貯めてから、
両替しようとする理由の説明は付いていないと思う。

722 :486:2006/09/29(金) 10:19:05 ID:UtoPOjPH
レス、それぞれありがとうございます。
5円玉と50円玉には、ご指摘のような差がありますね。
私としては、以下のような感じで考えていました。(これが正解、といってるのではありませんので念のため)

>50円玉だったら他の自販機で使えるし、

自販機としては、飲料水・タバコが主になりますが、
当時の中年男性(特にブルーカラー系)には、飲料水をいちいち自動販売機で買う習慣のない人がある程度いたと思います
お茶等で安く済ませていました。
男が50円玉をタバコの自販機に使わなかった理由としては、男の愛好銘柄が一般の自販機になく、
たまたまその旧機種にあった、という仮説を立てたわけです。

>普通にお店での支払いに使えると思う。
>あえて50円玉を使わずにわざわざ20枚貯めてから、

これについては、個人のキャラクター次第だと思います。
大人が意識して50円玉を毎週毎週20枚使い続ける、というのは、案外大変です。
常にそのことを意識していないといけません。
しかもそれが、年単位で続くわけです。
そういうことが嫌なタイプの人が、週一回の両替を選択しても
不思議はないと思います。
(男は大勢いる必要はありません。一人いればいいわけですし。)

また、男にすれば、「わざわざ貯めてる」のではなく、
「勝手にたまっていく」ような感じだったと思います。

723 :486:2006/09/30(土) 08:28:41 ID:CHFijM/Q
その後思い出したことを少し。

(手元に元本がないので不正確ですが)出題篇に、「男が握りしめていた汗をかいたような50円玉」
「男は落ち着かない感じで、外を気にしたりしていた」
のような記述があったと思いますが、これらは私の当時の行動・心境に一致します。

相手の目前で小銭の枚数を数えるのも間が抜けた感じですから、
私は、いつも寮の窓口に行く廊下を歩きながら右手の手のひらの上で20枚の5円玉を再確認し、
それを握ったまま窓口まで歩き、提出していました。
そして両替をサッサと済ませたいという気持ちがありましたから、端からみれば落ち着かない感じに見えたかも知れません。

この男の場合を考えると、一週間の仕事の最後の日に20枚の50円玉を職場から
(一度自宅に持って帰ったりせず)直接本屋に持ってくるのが自然だと思います。
男にとっては、一週間の最後の「仕事」が、この両替だったのかもしれません。
そして、男も恐らく書店に入る直前に私と同じ方法で枚数を再確認し、その後握りしめたまま入って来たのではないでしょうか。
(長期間一度も枚数を間違えたことがないことから、男が一度は再確認していたことが伺われます。
 その再確認のタイミングは、相手に渡す直前が自然です)
また外を気にしていたのは、早くこの「最後の仕事」を済ませて外に出たい、という気持ちの反映ではないかと思います。
(人は、速く次の行動に移りたいとき、無意識に次に行く方向を見るものです)
つまり男は外を警戒していたのではなく、速く済ませて外に出たかっただけなのではないでしょうか。

724 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 23:20:51 ID:mXI9mrJb
今日、「火天風神」を読んでいたのだけれど、話の中で突然「ヨナの魚」というのが出てきたんだけどさ。
まぁ、ググったら聖書のエピソードだそうなんだけれど、どうして突然出てくるのかな。

これって、説明なしでスッと受け入れられるような、そんなにメジャーな話なの?
それとも、若竹七海の前歴に、こういうものが当たり前のように出てくるような理由があるのかな。
気になった。

725 :名無しのオプ:2006/10/13(金) 23:59:41 ID:Sqn+bnD8
>>724
そんなの出てきたっけか。
まったく記憶にないや。

726 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 00:37:58 ID:XNXbkJgB
>>725
ハードカバーだと、226ページだね。
ストーリーにほとんど影響がないエピソードなので、失念して当たり前だと思う。
それくらい唐突。

727 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 14:50:04 ID:s6rQkGhN
専業作家?
主婦?

728 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 19:34:09 ID:0lbQOKPe
>724
有名と言えば有名だけど
知らないからと言って無知とそしられるほど
有名な話ではない、と言うとことろかな>ヨナの魚

729 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 19:39:38 ID:3knZYSAr
>>726
文庫なので、シーンで説明していただけるとうれしい

730 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 20:12:35 ID:+WWNupLu
ノンシリーズ短編集マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

731 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 22:10:52 ID:XNXbkJgB
>>729
章題は「中心気圧」。
健次や竹村、たまきたちはマンション上部に孤立しているところ。
本来燃え盛っているはずの扉の向こうで、ドアを叩いている人がいるような気になるんだけど、押えに使っていたセメント袋が熱くて正気に戻る。
その直後。

>>
「俺たちはいま、龍の腹のなかに呑み込まれてしまったのさ」
「ヨナの魚みたいに?」
 健次は微笑んだ。この娘は自分で思っているよりも、頭がいい。
「そうさ。ヨナの魚みたいにだ。表と裏が逆さまになった世界にいるんだ。わかるだろ」
「うん。なんとなく」
<<
というのが、その時の文面。


732 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 06:25:03 ID:drPmeECZ
「マグノリア」と「死んでも治らない」読んで思ったが、
朱美って名前に怨みでもあるんだろーかこの人。

733 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 10:58:28 ID:G8tfrZcG
本名だから周りに気を遣わなくて済むとかw
身近な人の名前だと使いづらいし

734 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 20:12:42 ID:9yoNd7t/
>>733
本名はひとみちゃんだから違うでしょう。

735 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 16:41:23 ID:Ej7H1eeN
葉崎シリーズって、時系列は刊行順でいいんだっけ?
アゼリアの方がマグノリアよりも最初?

736 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 16:56:05 ID:6kEVehQ4
刊行順でOK

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 17:31:16 ID:6usodiDL
関連wiki
http://wiki.ninki.org/wiki.cgi?p=%bc%e3%c3%dd%bc%b7%b3%a4


738 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 02:07:06 ID:MSETKlBe
六本木朱美に酒をたかられたとか?w

739 :735:2006/12/13(水) 14:10:42 ID:xkyCcG26
>>736
ありがとう。遅レスでごめん。
アゼリアに出てくる前田家が気になったもんで。あの家、と女の子がどうなったかなぁと。

740 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 21:40:22 ID:2jdoBwpg
>736
そういえばあの子たちの後日談ないよね…

741 :名無しのオプ:2006/12/14(木) 22:36:54 ID:Nu09WSBE
親切なおばけage

742 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 00:12:03 ID:ISJ3W4pB
「プレゼント」の小林警部補、この一冊限りの登場ながら結構好きなキャラ。
飄々としているのに意外に冴える、和製刑事コロンボってのはちょっと言い過ぎかw
大倉崇裕の「福家警部補の挨拶」も読んだんだが、こっちはあまりピンと来なかった。
若竹さん、また小林を登場させて倉灰な。

743 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 16:04:13 ID:+7Mvq5Q2
いつの間にかこんな作品が出てました
ttp://www.amazon.co.jp/%E8%A6%AA%E5%88%87%E3%81%AA%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%91-%E8%8B%A5%E7%AB%B9-%E4%B8%83%E6%B5%B7/dp/4334925294/

親切なおばけ
近所の人から「おばけやしき」と呼ばれるほど、古いお家に住んでいるノノコちゃん。
それが理由で、いつもひとりぼっちです。
ノノコちゃんは、大好きだったおじいさんのいうことを聞いて、「親切なおばけ」になれるかな?

744 :名無しのオプ:2006/12/29(金) 16:04:50 ID:+7Mvq5Q2
ごめんなさい。
741で既出でしたねorz

745 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 01:58:21 ID:KN93VZln
年末に「僕のミステリな〜」読み直してたんですが
ラストって皆さんどんな解釈してるんですか?
私は最後の手紙ってことでやられちゃったのだと思ってたんですが…

746 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 03:20:04 ID:Qi3z8RCS
>>メール欄以外でのネタバレは禁止です。
>>目に付くところにネタバレを書き込むのは止めましょう。

747 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 08:20:07 ID:eFuMYgys
>>743
これ児童向けの本?

748 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 09:21:42 ID:8VKKdLIc
絵本だよ

749 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 01:02:52 ID:36byjbtv
もったいないおばけ?

144 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)