5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本の探偵作家について語ろう/第弐夜

1 :名無しのオプ:04/07/10 07:25 ID:IsdGlk9e
既にスレがある乱歩・正史・久作・虫太郎以外の主に戦前作家、そして一部の戦後初期の作家についてここで語っていきましょう。関連スレ・サイトは>>2-4で。

前スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1011755575/50

関連スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1061563087/l50
今読みたいけど手に入らない名作って…4冊目


82 :名無しのオプ:04/11/02 00:37:28 ID:xLlD2Ae/
737 :名無しのオプ :04/10/29 10:31:15 ID:/fuy8O8z
友人の祖父が鷲尾三郎という作家だったらしいんだけど、レベル的にはどんな作家
だったんでしょう?知ってる人、いますか?

738 :名無しのオプ :04/10/29 12:46:37 ID:HTveTTDU
スゴイな。昭和二十年代から三十年代、鮎川哲也、高木彬光、土屋隆夫なんかと
同時期に活躍して、ワンランク落ちる娯楽系の本格作家という位置付けかな。

推理小説史に大きな項目を割かれるような人ではないが、マニアの間では根強い
人気がある。トリックメーカーとして知られ「文球の罠」「悪魔の函」などのトリックは
現在でもミステリファンの語り草になっている。
河出文庫から代表短篇をまとめた傑作集が出ているよ。

739 :名無しのオプ :04/10/29 12:47:30 ID:HTveTTDU
失礼
×「文球の罠」
○「文珠の罠」


83 :名無しのオプ:04/11/02 00:38:53 ID:xLlD2Ae/
740 :737 :04/10/29 16:29:46 ID:g2NGiNhi
>738
ご丁寧なレス、ありがとうございます。

そうかあ、結構大したもんだったんですね。友人に教えてやろう。喜ぶと思います。

友人の話によると、兵庫の割に大きな呉服店の長男だったけど、放蕩ざんまいで
一代でつぶしてしまったそうです。親戚中に嫌われていたとか。

もう、20年ほど前に亡くなったそうです。晩年、友人に新しい小説の構想を聞かせ
たそうですが、そのころはもうボケがきていて、「聞き始めてすぐにトリックが分か
った」程度の話だったらしいです。

友人も私もまるで読んだことないんですが、これを気に読んでみようと思います。
ありがとうございました。

742 :名無しのオプ :04/10/29 19:54:55 ID:mwnF+HEJ
>737
すごい!
私は「白魔」のトリックが忘れられないですよ。
新しい小説って何だったのかな。

743 :名無しのオプ :04/10/29 21:39:54 ID:Q16ply67
俺も、友達のお祖父さんが安藤鶴夫だと聞いて驚いたのを思い出したよ。

744 :名無しのオプ :04/10/29 22:09:00 ID:Ht/K8jeO
>740
おお〜、ぜひお爺さんの思い出話聞かせて欲しいよ。
サイン欲しかった。


84 :名無しのオプ:04/11/02 00:40:07 ID:xLlD2Ae/
745 :名無しのオプ :04/10/29 23:50:38 ID:tIIg/vpg
鷲尾三郎……多作家だったらしい割にはあまり復刊されてないね。
俺は「過去からの狙撃者」くらいしか持っていない。

746 :737 :04/10/30 00:47:35 ID:x1WNii+Y
えー、友人からいろいろ聞き出しました。

「過去からの狙撃者」は一度目の脳梗塞のリハビリのために書いた作品だそうです。
若い女性のセリフなどが古くさかったため、親戚一同でアドバイスして、今風の言葉遣いに直したとか。
相当、編集者の直しが入ったとかで、ぼやいてたそうです。

友人の父(つまり鷲尾三郎の息子)は、大学の入試直前に書けなくなった父が失踪し、受験を断念。
一度勤めてから金をためて大学に進んだそうです。鷲尾は東京で放蕩三昧をし、兵庫にある先祖代々
の土地を片っ端から売り飛ばした。そして金が尽き、女にも愛想をつかされ、家に戻ったとか。息子があ
る日、大学から戻ると、鷲尾が庭に立っていて、照れくさそうに「ただいま」と言ったそうです。

新作は「乗馬中の男が死んだ。死因は感電死。なぜだと思う?」という感じの話だったそうです。友人が
「道路に鉄板でも敷いて、電気を流したんじゃない?」と言ったら、憮然として黙り込んだとか。正解なの
かよ! ちなみにこの話は小説になっていないようです。友人は当時、SFにしか興味がなく、祖父とまっ
く話が合わなかったとか。

友人は「もっとちゃんと話しておけばよかった」と言っています。身近にいると、なかなか価値ってわからない
ものですね・・・

747 :737 :04/10/30 01:04:03 ID:x1WNii+Y
おっと、それから奥さんは90歳以上ですがご存命だそうです

748 :名無しのオプ :04/10/30 01:05:29 ID:yr6zO30O
今のうち誰か奥さんに取材にいけばいいのに


85 :名無しのオプ:04/11/02 00:42:09 ID:xLlD2Ae/
749 :名無しのオプ :04/10/30 01:09:56 ID:yr6zO30O
>746
とりあえず乙。その書き込みだけでこのスレの価値がグンとあがったってもんだ。
出来ればもっと友人に取材してどこかで発表して欲しいくらい。
もしこのスレを日下三蔵氏が見ていたら取材申し込まれるんじゃなかろうか。

750 :737 :04/10/30 02:41:11 ID:x1WNii+Y
追加で聞き出したこと。

ある正月、親戚が集まったときに友人が鷲尾に「おじいちゃん、それだけの財産食いつぶしたんだから
さぞや楽しかったでしょう?」と、とんでもないことを聞くと、鷲尾は周りを見回してから小声で「そらあ、
楽しかったでえ。潰しがいのある金やった。でもそんなこと言うたらみんなに叱られるさかい、内緒や、内
緒」と言ってニヤリと笑ったそうです。

友人の口癖は「じいさんさえまともだったら、今頃おれは呉服屋のボンボンだったのに」です。幾度となく
聞かされました。

ちなみに親戚の中で作家は一人もいないとのこと。ただ、筆で食べていると言えなくもない新聞記者が
一人、あと変わり種で舞台俳優が一人いるそうです。

こんなところです。みなさんに喜んでいただけて光栄です。今、横で酒を飲んでる友人は、このスレッドを
読んだためか、きわめてご機嫌の様子です。それではまた。

751 :名無しのオプ :04/10/30 04:22:07 ID:gQqSmkJS
>746
>乗馬中の男が死んだ。死因は感電死

それ既につかってるやん……


86 :名無しのオプ:04/11/02 00:42:29 ID:P+6B84r2
>>82
コピペしないで
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1092067546/737-
って書けばいいだけとちゃうか?

87 :名無しのオプ:04/11/02 00:43:32 ID:xLlD2Ae/
752 :名無しのオプ :04/10/30 08:15:16 ID:0SQtIgvq
>746
>新作は「乗馬中の男が死んだ。死因は感電死。なぜだと思う?」という感じの話だったそうです。
その短篇、河出の短篇集に入ってるよw

753 :名無しのオプ :04/10/30 10:36:17 ID:yr6zO30O
あのとき鮎哲が黒いトランクで応募していなかったら
天下を取れたかもしれない

754 :名無しのオプ :04/10/30 16:48:52 ID:ZLqGy9/4
>752の補足としてこちら
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309406408/qid=1099122337/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-5949537-3000326

755 :737 :04/10/31 01:11:48 ID:9loI1vNb
友人が言うには「基本的にじいさんの話は聞き流していたので、よく分からない。ひょっとすると、新作の
構想とともに、これまでの作品の話もしていたのかもしれない」とのことでした。

鷲尾三郎はギョロ目で唇があつく、無口でいつもむっつりしていたそうです。誰に聞かされたのか、友人の
これまでの鷲尾像は「才能はあまりないが、遊び人で、さまざまな遊びをよく知っていて、江戸川乱歩に
遊びを指南して気に入られてた。乱歩の庇護のもとに本を出していた」というものだとか。当時、鷲尾が
すんでいた家には書斎も、大した本棚もなく、作家だった片鱗も伺えなかったそうです

「おじいちゃんもさ、ジェイムズ・P・ホーガンとか読んでみたら?」と、当時高校生だった友人はのたまった
そうで、今は恥じ入っている様子です。

756 :名無しのオプ :04/10/31 01:15:49 ID:DCThHVgP
うを、ホーガン読む鷲尾!
見たい図ではある。

88 :名無しのオプ:04/11/02 00:46:04 ID:xLlD2Ae/
757 :名無しのオプ :04/10/31 04:40:02 ID:+PT2wSIb
鷲尾翁の話面白いね。
財産食い潰して「そらぁ、楽しかったでぇ。潰し甲斐のある金やった」とかホントゾクゾクする。

これ、もちろんいい意味で、ですのでお気を悪くなさならないで下さい。
ただ財産食い潰されたお孫さんご本人はたまったもんじゃないでしょうが(笑)


89 :名無しのオプ:04/11/05 00:35:19 ID:BPOdETAU
ひさしぶりに覗いたら鷲尾三郎の話題ですか。
丁度このあいだ、「過去からの狙撃者」を古本屋でゲットしたところだが…
トリックへのこだわりぶりには往年の面影が感じられましたね

90 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/17 22:03:31 ID:zkbHRwJE
今日の読売夕刊の文化欄に論創ミステリが紹介されていた
著作権のきれたやつしかとりあげなかったのか

91 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/17 22:10:00 ID:SMaKJl+Z
松本恵子はきれてないんでしょ?

というかこの叢書刊行の目的を考えれば著作権のきれた作家ばかりが
対象になるのは当然だと思うが

92 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/11/29 21:11:56 ID:DAyt8x8a
age

93 :板ルール変更議論中@自治スレ:04/12/03 01:01:51 ID:w6pqoz3n
【ほのぼの】三橋一夫を語ろう【ユーモア】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1101897139/l50

94 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 00:16:32 ID:ULKNZRUJ
先日、ちくま文庫から出てる久生十蘭の短編集を読んで感銘を受けました。
この年代の作家は当スレの>>1にも名前のある乱歩・正史・久作・虫太郎の
代表作ぐらいしか読んでいなかったのですが、今回久生十蘭の作品を知り、
こんなに面白い作家を見落としていたのかと自分の不甲斐無さを嘆いてます。

続いて長編「魔都」、時代ミステリ「顎十郎捕物帳」あたりを読もうかと
思ったんですけど、短編が上手い作家は長編が下手だったりするし、
時代ミステリは取っ付き難そうなので、二の足を踏んでいます。

「黒い手帳」や「ハムレット」「墓地展望亭」で得られた感動と同質のものを
「魔都」や「顎十郎」にも求め得るのでしょうか?

95 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 00:19:11 ID:gzJf2BcS
同質の感動かどうかは判りませんが、「魔都」も「顎十郎」も充分に面白いですよ。

96 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 00:27:17 ID:2DoF+L0B
久作・虫太郎ときて十蘭を知らなかったというのは奇妙に感じる

「魔都」や「顎十郎捕物帳」は「充分」に面白いんじゃなくて
「抜群」に面白いんです。

97 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 00:40:17 ID:MRovCcXS
短編の研ぎ澄まされた感動と同質なものなら「うすゆき抄」の結末なんて凄いと覆うよ。時代物だけど。

98 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 00:46:36 ID:ULKNZRUJ
>>95
>>96
レスありがとうございます。
早速Amazonでその二冊の注文を出して来ます。

久作・虫太郎は中井英夫と合わせて3大奇書に挑戦した時に読みました。
十蘭は名前だけは知っていたんですが、実際に読むのは初めてです。
この人の知的で硬質な文体と、ちょっと斜めに構えたような皮肉な語り口に
すっかりはまってしまいました。

99 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 00:51:55 ID:ULKNZRUJ
>>97
レスありがとうございます。
「うすゆき抄」という作品はどの本に収録されているのでしょうか?

「魔都」と「顎十郎」は朝日文芸文庫版で注文する予定です。

100 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 01:33:54 ID:2DoF+L0B
>>99
ttp://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Syousai?p_shop_id=oktPtoJt&p_bk_tourokubi=ottPfloflo+lkGpYGtt&p_bk_seq=996
とか
ttp://item.furima.rakuten.co.jp/item/18479182/
とか
ttp://item.furima.rakuten.co.jp/item/31024044/
とか。
三一書房版全集の2巻にも収録されているけど品切れ(というか三一書房の内紛の影響?)
でも大きな本屋にはまだ置いてるかも。

101 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 01:46:31 ID:MRovCcXS
ttp://homepage3.nifty.com/DS_page/hisao/list.htm
現代教養文庫が入手困難になったのは痛いが図書館でなら読める。

102 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/14 02:04:23 ID:ULKNZRUJ
>>100
>>101
詳しい情報ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。

103 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/15 01:03:40 ID:m6csw+vM
ブゲラ

104 :板ルール変更投票は4〜11日@自治スレ:04/12/15 03:30:37 ID:+GbutuhV
"女児の携帯から家族に新たな犯行予告 奈良・小1殺害"
http://www.asahi.com/national/update/1215/001.html

105 :名無しのオプ:04/12/31 11:20:11 ID:UOO1ypuR
「魔都」・・・朝日文芸文庫
「顎十郎捕物帳」・・・創元の日本探偵小説全集の久生十欄集
「無月物語」・・・教養文庫(古本)、「うすゆき抄」「鈴木主水」収録!

上記三冊を入手!

「魔都」って大晦日の晩から正月にかけての話なんですね。
今夜から読み始める予定。今年の年越し本は「魔都」だ!

106 :名無しのオプ:04/12/31 13:59:35 ID:AIV19UAJ
十字街がほすぃ

107 :名無しのオプ:05/01/01 10:15:16 ID:RIfRNuWi
十蘭のユーモアのセンスって最高だな

108 :名無しのオプ:05/01/01 18:30:54 ID:zcfaoS9e
正月には十蘭がよく似合う

109 :名無しのオプ:05/01/02 10:52:11 ID:KIe18N7z
「週刊朝日」に天城一のインタビューが。
でもこの記事、一番面白いのはインタビュアーさんかも。
「事件記者ダマシイここにあり」てなもんで。おれなんか気が小さいんで、こんなん出来しまへん。

110 :名無しのオプ:05/01/05 18:34:35 ID:W4EKa5mo
足穂コレクションってそろそろだっけ?

111 :名無しのオプ:05/01/05 23:10:47 ID:6ixIOGta
>110
そんなの出るの? どこから?

112 :名無しのオプ:05/01/05 23:15:24 ID:W4EKa5mo
ちくま文庫から

113 :名無しのオプ:05/01/05 23:17:18 ID:W4EKa5mo
ああ、で、それが今月上旬発売とは聞いてたが、正確に何日に出るか知らないのだ

114 :読後感:05/01/08 18:46:47 ID:PraRdyQF
「ふしぎ文学館」シリーズてどうですか?
香山渡辺角田辺りが気になっているのですが。

115 :名無しのオプ:05/01/08 18:59:57 ID:CeIx/xKx
日下氏が出版芸術社の社員だった頃に一人で編集していたシリーズだな。

横溝正史や都筑道夫の巻はちくま文庫の短篇集にまるごと収録されたから
いまさら買う必要はないが、香山滋や渡辺啓助はちくまとほとんどかぶって
いないのでお勧め。

116 :名無しのオプ:05/01/21 23:04:02 ID:WsCsYyY9
論創社の橋本五郎の一巻目が出た。

117 :名無しのオプ:05/01/27 20:36:00 ID:AmXL3q6O
遅レスですが「魔都」の感想など。美文とユーモアにつられ快調な滑り出しの後、
中盤はやや中弛み気味。やはり十蘭先生は基本的に短編の名手なんですね。
しかし後半、(メール欄)が出現する辺りからは怒涛の展開!イメージが明確に
頭の中に浮かぶ描写力が素晴らしい。特に地の底で覚悟を決める古市加十と
月明かりの下で書置きをしたためる真名古警視のシーンは印象的。
二人のヤクザの親分が対峙するシーンでは勝手に緒形拳や仲代達矢を
キャスティングして任侠映画のノリで読んでしまいましたw 男達が魅力的です。
あちこちにある都市の夜を詠った数行など完全に一篇の詩。同様に都市の夜を
綴ったデッドラインもの、W・アイリッシュ「暁の死線」なんかを思い出しましたが、
十蘭「魔都」の方が遥に芸術性が高いと思います。最初、朝日文庫の裏表紙に
「すべての探偵小説を超えたスーパー都市迷宮小説!」と書いてあるのを見て
「なんだそりゃ?」と思ってましたが、読んで納得。乱歩の「孤島の鬼」や久作の
「ドグラ・マグラ」と肩を並べても良い日本探偵小説史上最高作の一つですね。

118 :名無しのオプ:05/01/27 20:39:48 ID:AmXL3q6O
ますます気に入ったので古本で中公文庫版の「肌色の月」を買いました。

119 :名無しのオプ:05/01/29 00:10:25 ID:W0GOUO8j
気に入ってくれたようで何より。熱いね。

120 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/07 19:47:56 ID:c0e3ETMf
橋本五郎集、読んだ人いる?
オレの場合、買うとすれば「鮫人の掟」(「幻影城」で読んだけど)と
代表作らしい「花爆弾」(中編なんだっけ)が入るであろう下巻なんだが
長編「疑問の三」も「幻影城」で読んだことあるけど
文体は古いなりにこなれてて読みやすい人だと思った

121 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/23 23:36:06 ID:hM+cesVm
>>120
ノシ
確かに読みやすかった。
「鮫人の掟」しか読んでなかったので下巻にも期待。

122 :読後感:05/03/08 18:34:28 ID:JQUF+l92
「岡本綺堂集」
期待して読みだしたがいまいち。
これから「猿の眼」。
面白くなればいいが…

123 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 04:21:10 ID:IoM/8O8r
久生十蘭は「湖畔」が好きだったな。
プロットが少し破綻していたような気がするが。

124 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 13:32:59 ID:pW8hyS8l
あれは語り手が破綻しているのだろう

125 :名無しのオプ:2005/03/23(水) 22:49:15 ID:9xI4iT6v
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1106339744/l50
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、葛山二郎作品投票中。
締め切りは、平成17年3月25日(金)〜12:00まで。
一人一票で、参加しる!!

126 :名無しのオプ:2005/03/26(土) 15:17:09 ID:O4Sw8Q6b
論創社の、橋本五郎集Tのその次っていつ出るかご存知の方います?

127 :名無しのオプ:2005/03/26(土) 23:07:33 ID:ZZwAl3Sj
>124
つーか冒頭の前振りと結末が整合しとらんがなw

128 :名無しのオプ:2005/04/03(日) 05:07:27 ID:sw+QiBY7
ハムレットも破綻している。
(メル欄)

129 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 22:41:47 ID:sr5zDRB5
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1106339744/l50
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、蒼井雄作品投票中。
締め切りは、平成17年4月15日(金)〜12:00まで。
一人一票で、参加しる!!

130 :名無しのオプ:2005/04/25(月) 17:32:12 ID:MCmUSDBl
>128
あれは(める欄)だろ?

131 :名無しのオプ:2005/05/01(日) 10:50:36 ID:ecJPIYe+
「模像殺人事件」の佐々木は21世紀の探偵小説作家の道を歩んでほすぃ。

132 :読後感:2005/05/19(木) 20:11:22 ID:+6ybGjPm
谷譲次てどんな作家?
何か面白そうなタイトルだったので

133 :名無しのオプ:2005/05/19(木) 20:49:07 ID:ZsP8t3i5
>>132
一番有名なのは「丹下左膳」か?
ミステリ的には「世界怪奇実話」とか。

134 :名無しのオプ:2005/05/19(木) 22:37:02 ID:V46CokEu
谷譲次と林不忘と牧逸馬が同一人物。流行作家の先駆けのような人。
「世界怪奇実話」は面白い。
作品リストはこちら。
ttp://homepage3.nifty.com/DS_page/maki/list.htm

135 :名無しのオプ:2005/05/28(土) 22:33:50 ID:RtDZ+tW0
最近、昔の探偵小説に興味を持ちました。
創元の「日本探偵小説全集」とちくまの「怪奇探偵小説傑作(名作)選」を
薦められたのですが、どちらを買うのが良いでしょうか?
よろしければ教えてください。お願いします。

136 :名無しのオプ:2005/05/28(土) 22:35:42 ID:Fjt2oYi0
先ず創元を押さえるのが基本。
でもほとんど重なってないので両方買ってもよし。

137 :名無しのオプ:2005/05/28(土) 23:40:54 ID:yWUkglNP
どっちもいいね。
どっちかというと草原の方が入門者向け。

138 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 21:44:12 ID:PuBaLR+O
>>136
>>137
ありがとうごさいます!
まずは基本からということで、創元の方を読んでみます。
現代のミステリーよりも雰囲気がありそうで非常に楽しみです。

139 :名無しのオプ:2005/06/01(水) 09:46:06 ID:sRX6ZtgY
作品社のサイトより。スゲー。

★ 2005年8月刊行予定の本
『国枝史郎探偵小説全集』  末國善己編  予価:4800円(税別)
稀代の伝奇作家による幻のミステリー作品を完全網羅した決定版、一巻本全集。
【収録作品】
「広東葱」/「闘牛」/「西班牙の恋」/「喇痲の行衛」/「死の復讐」/「物凄き人喰い花の怪」/「生ける死人」/
「アラスカの恋」/「人間製造」/「木乃伊の耳飾」/「奥さんの家出」/「畳まれた町」/「白靴」/「砂漠の美姫」
/「赤い手」/「指紋」/「目撃者」/「さまよう町のさまよう家のさまよう人々」

140 :名無しのオプ:2005/06/01(水) 11:02:33 ID:BJwrbkXL
うーん、どうしよう。国枝の探偵小説ってどんなだろう。

141 :名無しのオプ:2005/06/01(水) 11:14:58 ID:4dsD2Apz
画期的な本ではあるな。もちろん買う。

142 :名無しのオプ:2005/06/01(水) 21:06:44 ID:+kEx6StS
おお!!

143 :名無しのオプ:2005/06/01(水) 21:15:51 ID:8E+ozx0Z
>「奥さんの家出」
国枝史郎とは思えない題名。読みたい。

144 :名無しのオプ:2005/06/01(水) 23:31:24 ID:4mrM1/a0
> 国枝史郎「奥さんの家出」では、小さな遊園地を散歩する男がついてくる
>女に自分の妻の家出について語る。探偵小説というよりもユーモア小説。初
>読。作者の名前が書いてなかったら、絶対に国枝史郎のものとは思わない。
>私が知らないだけでこの手のものは大量にありそうだ。


145 :名無しのオプ:2005/06/02(木) 00:01:19 ID:fH6J9rDG
>>144
サンクス。こりゃ買いだな。

146 :名無しのオプ:2005/06/02(木) 00:05:29 ID:fH6J9rDG
ああ、145=143です。
しかし、作品社のHP見てきたけど国枝史郎だけ浮いてるw
なんでこの会社からでることになったのだろう。
つーか、>>139さんはよく見つけたなあ。

147 :名無しのオプ:2005/06/02(木) 00:22:40 ID:LY9GP+J1
↓にあった「奥さんの家出」
ttp://www.olafbooks.com/kunieda/kworkstext.html


148 :名無しのオプ:2005/06/02(木) 00:48:04 ID:yEwN8mti
>>146
いや、藤原研究室の日替わりコメントで言及されてたので。

149 :143:2005/06/02(木) 00:57:43 ID:fH6J9rDG
>>147
乙。しかし、これ読んでしまうと単行本買う理由が一つ無くなるようなw

>>148
なるほど。あのページは載っている本を見るだけで涎が出るページですな。

150 :名無しのオプ:2005/06/02(木) 19:07:10 ID:5k+Cx3nP
作品社は以前「新青年読本」を出してる

151 :名無しのオプ:2005/06/02(木) 21:43:18 ID:yEwN8mti
笠井潔のミステリと伝奇ものも出してなかったっけ?

152 :名無しのオプ:2005/06/15(水) 20:33:21 ID:1Vt9g4Vu
■■海野十三■■
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1118755954/l50

153 :吾輩は名無しである:2005/06/20(月) 14:28:48 ID:RVcWYsCt
9

154 :名無しのオプ:2005/06/25(土) 18:04:10 ID:ztUr2Do/
離れた家読んでるがスター・ウォーズの事が気になってきもそぞろ

155 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 21:27:21 ID:sL1spmct
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1119880962/l50

各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、地味井平造作品投票中。
締め切りは、平成17年7月8日(金)、12:00まで。
一人一票で、参加しる!!

156 :名無しのオプ:2005/07/28(木) 22:11:55 ID:/RGl9g2e
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1119880962/l50

各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、岡本綺堂作品投票中。
締め切りは、平成17年7月29日(金)、〜12:00まで。
一人一票で、参加よろしく!!

157 :名無しのオプ:2005/07/28(木) 22:21:29 ID:3C1e93D6
「海野十三敗戦日記」ゲット。夏の中公文庫はやってくれるな。

158 :名無しのオプ:2005/07/28(木) 23:26:09 ID:7R+FLsED
ハードカバーの持ってるからイラネ

159 :名無しのオプ:2005/08/24(水) 17:11:03 ID:SGvYTNEU
国枝出るらしい

160 :名無しのオプ:2005/09/07(水) 21:01:36 ID:GJQJ+sY2
先日買ったよ>国枝。
しかし、限定1000部ってどういう意味なんだろ。
重版しないってことなのか、初版は1000部っていう意味なのか。

161 :名無し物書き@推敲中?:2005/09/12(月) 13:38:38 ID:VofjAcjD
kg

162 :無名草子さん:2005/10/07(金) 11:17:49 ID:/ZU6pKQT
d

163 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 22:51:48 ID:dnSLFLl7
なぬ?

164 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 22:27:54 ID:JtFafZyP
松本泰のUって面白い?

165 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 15:50:22 ID:5f6Y3BQo
面白くない

166 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 16:36:38 ID:WZhq8Ajw
さんくす
Tがつまらんかったからさぁ
論創でなんかお薦めある?

167 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 18:18:39 ID:yMQJTTLT
ない

168 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 21:39:34 ID:WZhq8Ajw
エェェ(´д`)ェェエ

169 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 22:14:14 ID:V7Z2gSlb
論創で最高なのは久山秀子。
あれだけでもあのシリーズの意義があるくらいすばらしい。

170 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 23:54:15 ID:WZhq8Ajw
>>169
古典好きの知り合いがいまいちって言ってたんだよなぁ

171 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 02:50:10 ID:Nt+0g//M
古典好きって、英米古典好きだったらダメだろうな。

172 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 03:08:06 ID:4bomEHLc
勿論国内だよ

173 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 05:12:57 ID:apK1uTGz
鬼才・蒼井雄の話をもう一度しようよ。


174 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 20:17:47 ID:jYDWMEy9
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1119880962/l50

各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、
幻の探偵雑誌・甦る推理雑誌投票中。
締め切りは、平成17年11月25日(金)、〜12:00まで。
一人一票で、参加よろしく!!!

175 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 02:15:21 ID:SF6ueSnu
そういや国枝はどうだった?

176 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 02:23:53 ID:kjE3TSNs
どうだったって?

177 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 02:51:48 ID:SF6ueSnu
面白かったかってことだよ
そんぐらいわかれ

178 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 06:38:43 ID:0lbk/wWi
積んであります

179 :名無しのオプ:2005/11/25(金) 23:38:51 ID:DQFEJM51
あれは読む本じゃなくて飾る本だ

180 :名無しのオプ:2005/12/12(月) 22:00:51 ID:zCy4lKaK
佐藤春夫の「維納の殺人容疑者」は出た?

181 :名無しのオプ:2005/12/14(水) 23:43:04 ID:AZThhsrt
>180
講談社文芸文庫なんだね。久生十蘭といいやるなあ。

182 :名無しのオプ:2006/01/18(水) 17:26:18 ID:/ZhE/5ri
保守

183 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 16:57:56 ID:J/rV3M1M


184 :名無しのオプ:2006/02/22(水) 18:38:41 ID:APCyHLST
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、
牧逸馬(林不忘・谷譲次)作品投票中。

締切りは、平成18年2月24日(金)、〜12:00まで。よろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135769150/l50

185 :名無しのオプ:2006/03/14(火) 18:34:10 ID:B80DY714
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、山本禾太郎作品投票中。

締切りは、平成18年3月17日(金)、〜12:00まで。よろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135769150/l50



186 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 00:18:08 ID:W3oAAtAV
乱歩がスキでそこから
海野十三・香山滋・木々高太郎・小酒井不木・大下宇陀児・国枝史郎・
甲賀三郎・佐佐木俊郎・角田喜久雄・橋本五郎・浜尾四郎・大阪圭吾・
渡辺温・橘外男あたりを読み始めたり
スキって言うほど作品読めてないですが・・・
最近読み返したのは
渡辺温の「可哀相な姉」タイトルだけで白飯三杯いけそうです
三橋一夫の「角姫」萌えてしまいました

しみじみ乱歩の時代がスキなのを実感しますね

今、生きている作家さんをスキになれたらいいな〜とよく思います
次回作を待つって楽しいだろうな・・・

187 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 00:24:42 ID:8AZQ2C/W
佐佐木俊郎は読みたくても読めないんじゃないか?
恐怖城以外で今入手できる本あったっけ?

188 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 00:35:36 ID:mocuXZaT
国会図書館のサイトで検索してみた。けっこう手に入るみたいだ。
2000年にたくさん復刻されてるのは生誕100年だったから。

1. 恐怖城 / 佐左木俊郎[他]. -- フロンティアニセン, 2005.5(第2刷). -- (フロンティア文庫 ; 82)
2. 熊の出る開墾地 / 佐左木俊郎[他]. -- 英宝社, 2000.5
3. 黒い地帯 / 佐左木俊郎. -- ゆまに書房, 2000.3. -- (新興藝術派叢書 ; 3)
4. 熊の出る開墾地 / 佐左木俊郎. -- 復刻版. -- 本の友社, 2000.1. -- (現代暴露文学選集)
5. 恐怖城 / 佐左木俊郎. -- 春陽堂書店, 1995.8. -- (春陽文庫)
6. 佐左木俊郎選集. -- 英宝社, 1984.4

189 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 00:37:58 ID:8AZQ2C/W
>>188
恐怖城以外は本業のプロレタリア文学のほうだね

190 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 00:48:54 ID:mocuXZaT
そう思ったんだけど、「黒い地帯」にはミステリ短篇もいくつか入っているのよ。
ノーチェックだったけど注文してみようかな。

191 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 01:04:05 ID:8AZQ2C/W
>>190
情報ありがと。
今「熊の出る開墾地」「佐左木俊郎選集」「恐怖城(フロンティア文庫)」「黒い地帯」
の4冊注文しちゃったよ。「選集」に何が入ってるのか楽しみ。
「狼群」読みたいなぁ。

192 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 01:49:43 ID:W3oAAtAV
中島河太郎って死んでたんだね・・・ホロリ

中島河太郎監修とか編とかお世話になったよ
彼の巻末の解説とかがまとめて1冊になってのとかないかな
ヨミテーーヨ

193 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 02:13:59 ID:+PPu4Xfu
創元社から「日本推理小説史」(品切)が出てるから、それで我慢しとくんだ。

194 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 02:26:25 ID:8AZQ2C/W
在りし日の中島河太郎氏ってことで
ttp://banar1.hp.infoseek.co.jp/kawataro.mp4

195 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 11:27:19 ID:W3oAAtAV
>>193
品切れ・・・ホロリ。読みたい
今度神田の古書店で探してみます
アリガト(・'-'・)

>>194
見れへんホロリ・・・

中島河太郎でクグッたら品切れ多いね〜

196 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 18:24:14 ID:SvW9HIq1
>>195
日本推理小説史 第1巻なら今日神田の「日本特価書籍センター」に売ってましたよ。
>>194のファイルはQuickTime入ってないと見れないよ。

197 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 19:02:27 ID:+PPu4Xfu
古本祭りの時、創元社ブースで一冊二千円ぐらいで売ってたような。
買っときゃ良かったかも。
あ、誰か「ネ・メクモア」豪華版買ったやついる?

198 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 19:27:11 ID:mocuXZaT
買ってるよ〜。

199 :名無しのオプ:2006/03/19(日) 22:27:12 ID:uLTJ6SYH
俺も買ったよ。「鴉白書」豪華版も。

200 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 00:33:04 ID:zWE2fu0s
おお、気づかないうちに多数書き込み。
>>188のフロンティア文庫というのは「お風呂で読める本」だそうだ。本文は青空文庫から引っ張ってきたらしい。

201 :191:2006/03/23(木) 00:39:54 ID:2pGsBWEI
「黒い地帯」届きました。ソフトカバーで値段のわりには…って感じの装丁。
(というか、このシリーズって古書市でよく見かけます。1000〜3000円くらいでw)
他はまだ届かず。版元品切れだったらどうしよう。

フォロンティア文庫は佐左木俊郎以外にも夢野久作、海野十三、黒岩涙香などが出てますね。

202 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 18:34:38 ID:u+urze9X
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、大坪砂男作品投票中。

締切りは、平成18年3月31日(金)、〜12:00まで。よろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135769150/l50


203 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 00:32:38 ID:07G6iPMd
大坪砂男か。三橋一夫みたいにまたそろそろきちんとした作品集が出ないものか。
国書刊行会の「天狗」は選集だし、出帆社の全集にも抜けがある。
ttp://homepage3.nifty.com/DS_page/otsubo/list.htm


204 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 02:35:23 ID:qIoTMAfG
>>203
全集の増補新版を某社にプレゼン中です。詳細については企画が通ったら、また。

205 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 02:57:40 ID:XrwagpCB
久しぶりに日下タンが!

206 :名無しのオプ:2006/04/18(火) 20:37:37 ID:ICC5VD0O
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、谷崎潤一郎作品投票中。

締切りは、平成18年4月21日(金)、〜12:00まで。よろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135769150/l50


207 :名無しのオプ:2006/04/18(火) 21:09:07 ID:a4HZtx/h
投票してきますた

208 :名無しのオプ:2006/06/13(火) 20:19:09 ID:9f42+Gch
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、渡辺啓助作品投票中。

締切りは、平成18年6月16日(金)、〜12:00まで。よろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135769150/l50


209 :名無しのオプ:2006/06/27(火) 20:03:25 ID:yI1Lq4q2
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、芥川龍之介作品投票中。

締切りは、平成18年6月30日(金)、〜12:00まで。よろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1135769150/l50

投票したい作品を<<作品名>>のように<< >>括って投票するのがローカル・ルールになってます。


210 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 09:12:21 ID:vxrK42ll
たまには上げ保守

2006年8月の刊行予定書籍
論創ミステリ叢書
黒岩涙香 I
横井司:解題


211 :名無しのオプ:2006/09/06(水) 23:12:15 ID:MgniGsLx
〔新刊10月上旬予定〕

論創ミステリ叢書20
中村美与子探偵小説選

論創社
中村美与子
予価¥2,800+税
1930〜40年代に活躍した、経歴不詳の女流作家中村美与子のミステリ10数編を
初集成! 考古学者達の確執を描いた「火の女神」、理化学トリックを用いた
本格物「鴟梟の家」、インドの豪商宅を舞台にした密室もの【ブラーマの暁】
他、秘境小説、冒険小説などバラエティに富んだ一冊。



212 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 05:43:55 ID:WWySE8rj
論創は唯一読んだ松本泰がつまんなくて頓挫したんだが
これはバラエティに富んでて面白そうだな

213 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 06:37:52 ID:yKXmn8Sx
松本泰がいちばんつまらないと思う。

214 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 09:57:11 ID:WWySE8rj
マジ?
じゃお薦めはなに?

215 :名無しのオプ:2006/09/07(木) 21:47:00 ID:yKXmn8Sx
小酒井不木集はおもしろかった。少年探偵物だけど。


216 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 14:00:37 ID:oWxHCoGK
>>214
論創で唯一読んだのが松本泰とはカワイソス
まだ日本でミステリというものが理解される前の時代だから仕方ないとは言え
松本泰は海外通ではあってもミステリを理解してない代表格だからな
甲賀三郎とか浜尾四郎とか他社の叢書でも読める作家は除いて
論創ならではの作家だと平林初之輔か久山秀子あたりか

217 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 23:01:15 ID:RFGgvTA1
論創でしか本になってない作家はアンソロジーにもなかなか引っかからないほど質が低い。
その上で多くの作品を収録しているのだから、一編二編でも面白いのがあったらよしとしないと。
>216が言うよう平林と久山の一巻目はいい。それから松本恵子も。


218 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 14:42:11 ID:ZN569JuJ
小林久三死去
ご冥福をお祈りします

219 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 18:45:51 ID:7qM4mSbD
冥福を祈るのはいいけど(合掌・・・)、このスレか?


220 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 19:53:06 ID:idPWLxph
>218-219
こちらでお願い。

1957〜1987年あたりの本格ミステリ作家達
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1143140545/l50


221 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 05:00:57 ID:72iaSa82
放送劇『赤馬旅館』

JOAK(現・NHKラジオ第1)
1938年12月30日放送

(作) 小栗虫太郎
(演出) 久生十蘭
(声の出演) 江戸川乱歩、大下宇陀児、水谷準
        海野十三、城昌幸、延原謙、渡辺啓助

シャーロック・ホームズものの戯作。



ああ、聴いてみたい!

222 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 19:34:08 ID:NTMTE3z9
赤馬旅館、出だしは一応ホームズだけど、トリックが思いっきり虫太郎で爆笑。



223 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 21:35:22 ID:EUPMlcBa
>>215-217
ありがとう

224 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 22:52:41 ID:dvd0Vs4m
今度出る十蘭全集、1冊1万円なんだよな。
これから貯金しなきゃ

225 :名無しのオプ:2006/09/13(水) 22:53:22 ID:4M972FQ+
たけー

226 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 08:05:08 ID:ReXHTSCm
>224
今度こそ本当の全集になりそうなので楽しみ。
ただ出すのが著作権切れた後というのは版元せこすぎ。

227 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 08:06:39 ID:lOMlVdV5
ひでー

228 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 09:26:14 ID:DlVQLpE0
日影丈吉全集も高かったしなぁ・・・

頼むよ、ほんと(泣)

229 :名無しのオプ:2006/09/16(土) 17:52:35 ID:lOMlVdV5
つれー

230 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:49:14 ID:O7JVnbDQ
どうせすぐに特価書籍センターあたりに半額で並びそう

231 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:51:34 ID:JNePEWFj
近くにねー

232 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:52:49 ID:O7JVnbDQ
こんな過疎スレで即レスついたからビビったじゃねーか

233 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:53:43 ID:JNePEWFj
ごめんねー

234 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 11:19:11 ID:DtdomhS9
論創社から「大庭武年」

キターー(゚∀゚)ーー!!

235 :214:2006/09/21(木) 19:35:03 ID:pMVZZtaK
久山と恵子借りたよ
楽しみだ

236 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 21:15:05 ID:ocdeg4OX
>234
もう売っているのか?

237 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 06:43:21 ID:vGjOAs6i
黒岩涙香探偵小説選 II
【論創ミステリ叢書19】
〔解題=横井司〕
本体2500円

中村美与子探偵小説選
【論創ミステリ叢書20】
近刊予定
大庭武年探偵小説選 I
【論創ミステリ叢書21】
近刊予定
大庭武年探偵小説選 II
【論創ミステリ叢書22】
近刊予定
西尾正探偵小説選 I
【論創ミステリ叢書23】
近刊予定
西尾正探偵小説選 II
【論創ミステリ叢書24】
近刊予定

ttp://www.ronso.co.jp/series/rojm.html

238 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 16:43:19 ID:7wAIDjBv
西尾出る!すっげぇ。やったぁ〜ありがとう 涙)

239 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 20:24:36 ID:ekaIKYs1
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、「酒井嘉七」作品投票中。

締切りは、平成18年9月29日(金)、〜12:00まで。1人1票でよろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1154275629/l50

投票したい作品を<<作品名>>のように<< >>括って投票するのがローカル・ルールになってます。


240 :214:2006/09/26(火) 22:40:58 ID:RLq7100r
久山読んでるが正直泰と五十歩百(ry

241 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:37:00 ID:lmEtKobk
 そりゃなあ。戦前作家をランク付けすると、

A)戦後に全集・選集がある
 乱歩、正史、久作、虫太郎、十蘭、海野十三、角田喜久雄、甲賀三郎、木々高太郎、浜尾四郎、橘外男

B)創元推理文庫日本探偵小説全集に巻がある
 黒岩涙香、小酒井不木、大下宇陀児

C)国書刊行会、ちくま文庫で巻がある
 大阪圭吉、葛山二郎、渡辺啓助、蒼井雄、城昌幸、蘭郁二郎、水谷準

D)論創社にしか単行本がない(他に文筆業がある)
 平林初之輔、松本恵子、松本泰(ほとんどEに近い)

E)論創社にしか単行本がない(それしか文筆業がない)
 久山秀子、橋本五郎、山本禾太郎

 面白い面白くないといってもランクは歴然と違うのだからそれを頭においとかないと拒絶するしかないと思う。


242 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:55:33 ID:ozEswZj5
ちなみに>>214の感想

670 :どくごかんっ! :2006/09/28(木) 02:05:54 ID:lo5Cpeni
「久山秀子探偵小説選T」久山秀子(論創社)

松本泰に失望して遠ざかっていたが仕切り直してお前の喉をもう一度。
女スリを主人公にした連作短編集。
勇んで読み始めたものの前半は退屈でなあ。
短くてで謎も謎解きもないような小咄ばっかで
所詮草創期の大正本格かと諦観していたが、
中盤から長目で一応ミステリの体裁を取ってるものもちらほらと。
「隼の勝利」「隼の解決」「隼探偵ごっこ」はまあましだったかのう。

パロディや批評に関する反論は香ばしかった。
こんなの俎上に乗せてもらっただけでも有難いと思えよ

243 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 20:22:33 ID:sZo149rN
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、「宮原龍雄」作品投票中。

締切りは、平成18年10月6日(金)、〜12:00まで。1人1票でよろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1154275629/l50

投票したい作品を<<作品名>>のように<< >>括って投票するのがローカル・ルールになってます。


244 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 23:17:40 ID:0Br9ZF6M
中村美与子を買った人は奥付の作者名を見てみよう!

245 :名無しのオプ:2006/12/05(火) 20:05:16 ID:5WnK03nI
各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、「渡辺温」作品投票中。

締切りは、平成18年12月8日(金)、〜12:00まで。1人1票でよろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1154275629/l50

投票したい作品を<<作品名>>のように<< >>括って投票するのがローカル・ルールになってます。


246 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 07:35:57 ID:26Of+Ys9
375 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 23:57:16 ID:AR7p0ZUf
「第十二ミステリー板雑談所兼質問所」で鷲尾三郎についてお尋ねした者です。
お気づきの方も多かったと思いますが、あのときは孫の友人と書きましたが、実際は
私が孫本人です。

さて、先日、鷲尾三郎の妻、つまり私の祖母が入院する兵庫の病院に見舞いに行っ
た際、みなさんから伺った話を伝えました。

>昭和二十年代から三十年代、鮎川哲也、高木彬光、土屋隆夫なんかと
>同時期に活躍して、ワンランク落ちる娯楽系の本格作家という位置付け
>かな。

>推理小説史に大きな項目を割かれるような人ではないが、マニアの間で
>は根強い人気がある。トリックメーカーとして知られ「文球の罠」「悪魔の
>函」などのトリックは現在でもミステリファンの語り草になっている。

といったあたりの話を伝えますと、94歳の祖母はしばらくぽかんとした顔をしていまし
たが、「そうか。16年も家族を放って好き勝手した人やったが。そうか。未だにそないに
言うてくれはる人がおるか」と涙ぐんでいました。

いろいろとありがとうございました。


247 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 07:37:45 ID:26Of+Ys9
376 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 00:49:04 ID:DX3OtLOi
へぇー。該当スレのやり取りは知らないが、良い話だね。
俺たちの分までおばあちゃん孝行しといてくれや。
ミステリファンに楽しい思いをさせてくれた人の奥さんなんだから。
とか言いながら俺は未読だがな。



377 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 02:02:56 ID:4NpHNhj4
ええ話や。
作品を残せば、どこかで、誰かが読んで、記憶していてくれる……


378 :名無しのオプ:2007/01/07(日) 02:23:02 ID:nYZZNl9n
>>375
君覚えてるぞ

鷲尾は売れない作家とストリッパーの連作が良かった


58 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★