5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

新刊紹介スレッド(海外篇)part4

1 :名無しのオプ:05/01/14 20:01:47 ID:fMhYKXh7
前スレ(part3)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1053900585/

初代スレ
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/950/950622254.html
part2は行方不明…

2 :名無しのオプ:05/01/15 00:18:47 ID:RnVbrbny
新刊紹介スレッド(海外篇)part2
http://book.2ch.net/mystery/kako/992/992423574.html

3 :1:05/01/16 00:35:13 ID:uAt/wMfr
スレ立て、乙です。
お掃除も、ご苦労様でした。

新刊情報を書き込むたびに、
あげない方がいいかなあ、と思うけど、
最近は、変なのも減ったし・。



4 :名無しのオプ:05/01/16 02:17:55 ID:+44z+KTM
ここが新スレで良いのですよね?
携帯で繋ぐことが多いから、見失わないようにしなくちゃ

5 :名無しのオプ:05/01/16 11:12:52 ID:yBEWsCqt
「逃げる悪女」読了。
スレ立て、乙です。
モーズリー判事シリーズ、3作目にして初めて面白いと思えました。
ダラダラと長過ぎたのが欠点かな。でも、プロローグとエピローグが好きだったので合格。

ラヴゼイの新刊は、もうじきですかね。

6 :1:05/01/16 11:44:20 ID:uAt/wMfr
ラヴゼイの新刊は、21日です。
20日木曜書店並びかな。

「逃げる悪女」同意。
長いのでだらだら読んじゃった。

7 :名無しのオプ:05/01/18 06:17:18 ID:4cV2zhkw
「天使の背徳」アンドリュー・テイラー

ミステリというより一般小説。前作「天使の遊戯」をイメージしてると拍子抜けする。
「遊戯」読んでれば犯人ばればれだし、かといって「遊戯」読んでないと興味半減。
三部作の二作目にありがちな「つなぎ」ってとこかなあ。

8 :名無しのオプ:05/01/19 22:23:04 ID:YjrsZt7M
30くらいレスつかないと即死の恐れがあるそうなんで
保守カキコ。

昨年の個人的ベストはロックンロール・ウイドーでした。

9 :名無しのオプ:05/01/20 21:23:36 ID:y/+qK0fW
「報復」ジリアン・ホフマン

ハーレ苦手な人の評価は低いみたいだけど、ハーレOKなので充分楽しめた。
暇つぶしにはもってこいのサスペンス。ただ主人公の傷の掘り下げが浅いので、
癒しロマンスのお手軽な印象が強いのが惜しい。
第二部をもう少し切り詰めて、その分法廷シーンに力が入ればなお好み。
次、頑張れ、と。

10 :1:05/01/21 00:57:07 ID:9GTtJrNF
早川文庫新刊、
「酔いどれに悪人なし」ケン・ブルーウン、
「魔法」クリストファー・プリースト、
どちらもスルー・・、なんでと言われても困るが。
面白かったら教えてちょ。

「漂う殺人鬼」ピーター・ラヴゼイは、まだ出てませんでした。
これ、買いに行ったの。

11 :1:05/01/21 22:37:00 ID:9GTtJrNF
やっと早川書房単行本、
「漂う殺人鬼」ピーター・ラヴゼイ、ゲト。

ついでに、
「酔いどれに悪人なし」ケン・ブルーウンも、
初訳ご祝儀で買いました。

12 :名無しのオプ:05/01/22 19:41:49 ID:sg31srvm
「酔いどれに悪人なし」読みました。まあまあかな。先輩酔いどれ探偵には及ばないかも。しかし、この邦題はちょっとずれてないかい?

13 :1:05/01/23 00:13:28 ID:Mts1pYAb
「漂う殺人鬼」ラヴゼイ、
ちびちび惜しみながら読みました。
たった一行か二行で、ステフを失った深い悲しみを切々と感じさせる、
ラヴゼイは、うまい・。

14 :名無しのオプ:05/01/27 09:20:23 ID:daqXe2bc
「ダ・ヴィンチ・コード」イラストエディションの和訳は出るの?
情報入ったらおながいしまつ。

15 :名無しのオプ:05/01/27 10:03:40 ID:/dBofG4g
「酔いどれに悪人なし」読了。
最近読書リズムが狂ってたのでいい息抜きになりました。こういうシリーズを大事に翻訳化していってほしいです。
いかにも薀蓄探偵っぽいタイトルですね。
「魔法」は読みたかった本なので迷わず買いました。読むのもったいないのでちょっと積読中。

16 :名無しのオプ:05/01/27 12:11:21 ID:2C7qZ3bW
「魔法」読了。
「奇術師」ほど派手じゃないけど、その分心理描写が深くて良かったです。
面白かった。でもラストは7割くらいしか理解できてないような気が・・


17 :名無しのオプ:05/01/27 14:48:41 ID:fTGIGu32
「魔法」単行本が出たときに読んだけどあまり覚えてない。
話の筋とかは忘れてしまったけど俺も最後は釈然としなかった記憶がある。

18 :1:05/01/28 12:31:22 ID:dh1XZLLS
新潮文庫新刊、
「スパイズ・ライフ」上下、 ヘンリー・ポーター、
買いました。新感覚?エスピオナージュ、半分くらい。
なかなか読みやすいが、どうも方向性がまだつかめない。

「悪魔の赤毛」デイヴィッド・コーベットはスルー。


19 :1:05/01/30 00:18:38 ID:i5Umd6st
扶桑ミステリ新刊、
「始末屋ジャック 見えない敵」上下F.P.ウィルスン 、
出ました。好きなシリーズなので即買い。
最近の扶桑の中では、小さな幸せかも。

20 :名無しのオプ:05/01/30 17:34:34 ID:lL+mIJPb
『ハヤカワ名作セレクション』とかいうシリーズで
1月配本の「ホッグ連続殺人」買いました。
「騙し絵の檻」の解説の中で、本編に匹敵する正統派パズラーってことで
この作品の名前があがっていて興味を持っていたのでラッキー。
騙し絵がすごく楽しめたから。

今後のラインナップも楽しみだ。名作と呼ばれているもので未読の作品
たくさんあるんで。

21 :名無しのオプ:05/01/30 21:14:33 ID:A9o8OuyD
アク禁とけたかなー。

始末屋ジャックシリーズ、出たんですか買わなきゃ。

ラヴゼイは、あれ以上、お涙ちょうだいになっても困るんですが、
手堅くまとまり過ぎてたかなという気がしました。

早川繋がりですが、オレンジの背表紙でお馴染みだった「ミステリアスプレス文庫」が
普通のミステリ文庫に落ちてきてますね。
イアン・バンクス復刊されないかなと心待ちにしております。

22 :名無しのオプ:05/01/30 23:32:01 ID:oPjfB0kg
バンクスって「共鳴」だっけ?新刊で買ってたけどまだ読んでないや。

23 :名無しのオプ:05/01/31 03:55:17 ID:SLTIZh8W
>>22
おいおい。
「共鳴」と「蜂工場」だな。

24 :名無しのオプ:05/01/31 09:32:16 ID:W4MtkIsu
>>23
 『蜂工場』はミステリアス・プレスではないのでは?

25 :23:05/01/31 20:19:28 ID:yMEOcCug
それは失礼。

>おいおい。
コレは、随分前の本を積読くにしてるなぁーってことね。

26 :1:05/01/31 21:15:43 ID:tMO+8IBX
>>21
始末屋ジャックシリーズ、向こうじゃ、すでに6作、7作、
最新作、と、出てるっていうじゃない・・。訳出遅すぎ。
異界やらアニバーサリーやら、毎回思い出すのもたいへん。


27 :21:05/01/31 23:32:00 ID:gm6AH+33
>23、24
「蜂工場」は新潮文庫でしたっけ。人に貸しっぱなしだわ。
ミステリアス・プレスの「共鳴」と単行本で出た「秘密」、
復刊期待してます、無理っぽいけど。

>1
私ももう設定忘れてますw
どっかにまとめサイト作ってくれてる親切な人いませんかね。

最近、モダンホラーの新作が少ない気がするんですが、気のせいでしょうか。

28 :名無しのオプ:05/01/31 23:51:58 ID:yqV3PsLt
>>27
重箱スマソ
蜂工場は集英社文庫です。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4087601412/qid%3D1107182648/249-3773313-1741955
先日220円ほどで買ったのですが、それを見つけていなかったら↑買いかけてた・・・

以前、扶桑社から刊行予定だったルース・レンデルの短編集はいつ発売するのだろう(´・ω・`)

29 :22:05/02/02 00:17:55 ID:LQMG0jTG
>>25
ついでに「蜂工場」も新刊で買って放置してます、ハイ。

30 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/05 14:56:45 ID:mPWmn8S3
age

31 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/05 15:12:46 ID:lLHPitPc
新刊紹介の
国内編スレッドって
存在しないんですか?


32 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/05 15:13:58 ID:xW9tWBrd
☆★新鮮情報!国内版新刊スレ!★☆
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/973201661/

33 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/09 15:08:17 ID:tCOa6SVx
age

34 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/09 19:39:24 ID:cuMQ2yQR
悪党パーカーシリーズ。
何冊か文庫であるけど、全部復刊してちょ。


35 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/09 19:43:44 ID:+3bsah2p
>>34
早川版の復刊希望投票
ttp://www.fukkan.com/vote.php3?no=317
角川版の復刊希望投票
ttp://www.fukkan.com/vote.php3?no=3252

36 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/09 20:34:58 ID:j+76wTh/
>>34
今月のウエストレイクの「我が輩はカモである」って前にミステリアスプレスで
出てなかったっけ?
どうも最近覚えが悪くって。

37 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/09 20:39:55 ID:zL6VZTv5
>>36
ミステリアスプレスででていたのがミステリ文庫で再刊されてるようだね。
ミス・メルヴィルものもそうだし。

38 :1:05/02/10 23:41:13 ID:UmZjY5hC
翻訳ものが全然出ないので、ずいぶん国産読んだ・・。

早川書房単行新刊、
「ダブルプレー」ロバート・B・パーカー、買いました。
ノンシリーズ、ボディガードと昔の大リーグ黒人スターの話。
相変わらずのパーカー節&人物造型です。

あと文庫で、
「シティ・オブ・ボーンズ」マイクル・コナリー、
ボッシュシリーズ、未読の方、どぞ。

「悪党パーカー/電子の要塞」リチャード・スターク、
「我輩はカモである」ドナルド・E・ウェストレイク、も出てました。

文春文庫新刊は、
「ウィスキー・サワーは殺しの香り」J・A・コンラスを買い、
「悪徳警官はくたばらない」デイヴィッド・ローゼンフェルトはスルー。
弁護士奇策は面白かったっけか?


39 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/11 02:35:03 ID:nTQoX2TI
1さん、読書量、読みの早さ、毎回感心してます
おかげで本代の潤沢でない当方としてはその中から利用させてもらうわけで、

「漂う殺人鬼」ピーター・ラヴゼイを買いました ラヴィゼイはやはりいいですね。
始末屋ジャック 見えない敵も良さそうですね。マイクル・コナリーも読みたいし。
とにかくいつも情報いただくだけで申し訳ない。ゴメン。



40 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/12 21:52:06 ID:9X3MZCC3
>>38
前スレで、「弁護士奇策」はヌルい、と仰っていたような。
実際、同感でした。

41 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/13 16:32:17 ID:loHMXQC2
デイヴィッド・ローゼンフェルト、大傑作ってわけじゃないが、なかなか好きなシリーズ。
シェルドン・シーゲルとか好きな人なら楽しめるんじゃないかな。
どっちも詰めが甘いところが惜しい、ってとこまで似ているが。

最近のだと「悪魔の赤毛」がややヌルかったかな。ストーリーはいいけど展開がね。
タネンボームはだんだん良くなってきた。

42 :1:05/02/14 22:19:46 ID:3eE/8Vgf
講談社文庫新刊出ました。

「耽溺者」ルッカ.G 、アティカスシリーズ番外編、
鼻ピアスおねーちゃんブリジット主演。
毎回悲鳴を上げて起きるエリカが、可愛い。

「レッドライト」上下、TJパーカー、
「ブルータワー」は正直つまらなかった。いまいちダルいパーカー、
そのうち化けてくれるだろう、と期待をこめて、今回も買いました。

文春文庫の、
「ウィスキー・サワーは殺しの香り」J・A・コンラス、は、
ユーモア、サスペンス、両方狙ってどちらも中途半端。
最後まで読んだのは、相棒のデブ刑事が、まあよかったから・・。

43 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/15 02:55:53 ID:dJzPjWn8
1さんが読んだ国産ものもちょっときになる。。。

44 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/15 15:01:14 ID:RYi9sKnJ
レッドライト読みました。素晴らしいです。
ブルーアワーも大好きだけれど、これはもっと好き。
裏に書いてあった、静かに胸に迫る人間ドラマ、って、そのままの感じ。

でも、若いときだったら、私もだるいって思ってたかも。
少し年とったからこそわかる感動なのかな。

45 :1:05/02/15 16:30:13 ID:tYmkDoBb
>>44
若くないのに・・。

静かに胸に迫る人間ドラマ→静か過ぎないか・・。
わからないのでとても悲しい。

とりあえず、順序逆だったが、
出てるシリーズは、三部全部読みました。

パーカーも、ゴダード、クックと共に、
苦手の小箱入りか・・。

46 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/16 07:20:49 ID:9wyX6ajN
>1さん
でも、静かに耳を澄まさないと聞こえてこない音ってあるでしょう?
そんな感じかな。
ゴダードも好きです。特に最初のころはよく泣かされました。

47 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 20:09:07 ID:De8xgBWY
>>34
激しく同意します。


48 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 20:18:25 ID:ENXRuc4M
「耽溺者」講談社文庫、紙質変わったなぁ。とてもいいよぉ〜。

49 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 21:02:19 ID:56wtO55L
↑ 紙質? 内容?



50 :1:05/02/18 21:51:10 ID:qcfCp0Gv
ヴィレッジブックス新刊、
「ER襲撃」グレッグ・ハーウィッツ、まあまあ。
病棟封鎖24時間は面白かったがなあ・・。パーマーか。
集英社文庫新刊、
「ダ・ヴィンチ・レガシー」ルイス・パーデュー、
orz orz orz orz orz orz orz orz 、
もうダ・ヴィンチものは、ずえっ〜〜〜たい買わん。



51 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 10:59:48 ID:IpjPqaRB
>48
講談社の海外文庫はまれにあの紙を使うけど、
全体の文庫があれに変更になったわけじゃないよ。
前も、デミルの『王者のゲーム』があの紙だった。
大長編だとあの紙になるのかな。
若干、普段の紙より本の厚みが薄くなるから。
反面、講談社文庫は時々、普段の紙より厚めのものを使って、
本の厚みの割に頁数が少ない時もあるw

個人的にはあまり劣化しなさそうな、あのつるつるの紙が好きだな。
普段の紙は黄変が激しいから嫌い。

52 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/21 16:08:45 ID:Wdb2QGd5
P・D・ジェイムズ 「殺人展示室」 ハヤカワ・ポケミス

購入しましたっ!読んだらご報告させていただきます。
P・D・ジェイムズ、82歳になってたんで驚きです。
健康で長生きして欲しいっす。

53 :パーカー信者:05/02/22 22:30:49 ID:dP57IC5T
インフルエンザで布団にいる間を使って積ん読だった本を消化

「魔法」(クリストファー・プリースト/ハヤカワ文庫)
はあああ!? 高熱のせいかなにがなにやら
ラストのへんでEver17 -the out of infinity- って
ゲームを思い出した
(でもスッキリ感はEver17の方が上)

「酔いどれに悪人なし」(ケン・ブルーワン/ハヤカワ文庫)
独特の箇条書き(?)が印象的
人があっさり死にすぎで病身にはこたえました

勝手に周囲が情報を持ってきてくれたり突っ走ってくれたり
人捜しに動いてくれたりすることが大杉!
主人公はストーリーの語り手以外にあまり役立ってないような…
でもラストシーンはよかった

54 :1:05/02/27 19:49:20 ID:hqY2ev5H
>>高熱のインフルエンザ時によく本読めるな〜。
 ぼくも二日ほど風邪で寝込みましたが、旅行記とか、エッセイとか、
 拾い読みくらい。

で、読む本がないので、
集英社文庫の「ジェイン・オースティンの事件簿
このペン貸します」ローラ・レバイン、買いました。

女性作家ユーモアミステリは、むずかしな〜。
ふっきれ加減というか、露悪趣味加減というか、

ジャネット・イヴァノビッチを超えるもんは、当分出ないだろうな〜。
ユーモアといい、キャラ造型といい、ふっきれ加減といい、
文句なく当代一。


55 :読後感:05/02/27 20:05:49 ID:DB2xYjqr
>>54
それ読みたい!

でもイウ゛ァノウ゛ィッチが引き合いにでるのは…?
歴史モノじゃないの?

56 :1:05/02/27 20:16:25 ID:hqY2ev5H
作家のジェイン・オースティンより「i」が多いんだよ。
猫飼ってる太り気味の代筆屋おねーさんの話し。
もちろんハーレ系ロマンスもあり。わかる人には、すぐに犯人もわかる。
わたくし、出てきた瞬間にわかった・・・。

57 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/28 16:36:36 ID:o63mGmQy
PD「殺人展示室」

今までの作品と比較すると、テーマがたくさん出てきたように思う。
老い、過去、近親相姦 etc ・・
でも「人間って、生きるって何よ!?」ということを突きつけられることに変化なし。
オモタ.━━━.゚+.(・∀・)゚+.゚━━━イニャ!!
ラスト1ページまで、違った意味で気が抜けない。

58 :1:05/03/03 21:34:17 ID:dPBizEYW
扶桑新刊
「死を招く料理店」ベルンハルト・ヤウマンを買い、_| ̄|○ ・・。
で、
「星の運命」ミカエラ・ロスナー迷ったすえ買わず・・迷うなよ。
表紙なんとかしれ・・。

新潮文庫新刊、
「復讐の子」パトリック・レドモンド 、
「起爆国境」トム・クランシー 、どちらも買わず。

結局あれだな、二見が文庫化した、
「処刑宣告」ブロック、マット・スカダーもの、
が唯一救い、ちゅうことだな。


59 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/05 08:21:11 ID:PUbXj442
ヤウマンめっさ面白いじゃないッすか

60 :1:05/03/06 00:11:27 ID:aeAUnww7
をじさんは、あの多重構造についていけなかったんよ。
スマソ。

61 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/06 11:18:25 ID:67rKkTXI
「星の運命」の表紙はひどいよな。
表紙によっては、買ってみようかという気になるのに。
何をねらった表紙なんだ、あれ。

62 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/07 21:45:39 ID:5HOVXgEq
表紙といえばウィリス「ドゥームズデイ・ブック」文庫版の表紙を何とかしろ<ハヤカワ
傑作なのにあの表紙じゃ一般人は買ってくれないぞ

63 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/08 20:46:28 ID:+5Hhehtc
表紙といえば明日出る「長い日曜日」文庫版の表紙は映画のポスターと
同じデザインのようなので、他のジャプリゾ作品と同じ仕様で統一して
くれることを期待していた身にとっては残念。

64 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 00:31:41 ID:gC4vU9p4
>>62
禿同!!なんだあの表紙は・・・

65 :1:05/03/13 11:50:45 ID:NjkmAc7L
ご無沙汰しております。
しばらく海外で、帰ってきたら本屋巡りがたいへん。

で、文春文庫新刊、
「カジノを罠にかけろ」ジェイムズ・スウェイン、
正統派ギャンブルコンゲーム小説で面白かったです。
シリーズで、訳出してくれれば、嬉しい。

「クライム・ウェイヴ」ジェイムズ・エルロイは買わず。

早川文庫は、
「死刑劇場」ロバート・ハイルブラン、
ハインラインかと思ったよ・・。購入まだ未読。

「突然の災禍」ロバート・B・パーカー、
ザンスーの元夫が出てくるシリーズ文庫化。
「ボトムズ」ジョー・R・ランズデール、
ノスタルジック長篇、まあ手堅いです。

創元推理文庫
「ブラッドタイド」メルヴィン・バージェス、
散々迷ったすえ買わず・・どうかな?

66 :名無しのオプ:05/03/13 16:14:12 ID:p380ibVh
>>65
1さん、いつもありがとう。1さんが新刊情報くれるので、最近はダヴィンチ買わなくなりましたw
ランズデールの「ボトムズ」、文庫化したんですね。買いに行かねば!

67 :1:05/03/15 12:32:54 ID:U8YW93+j
創元推理文庫
「ブラッドタイド」メルヴィン・バージェス、買いました。
もっと面白くなったと思うが、まあまあ。

講談社文庫新刊は、
「モンスター 臨床心理医アレックス」ケラーマン、を買い、
それにしても高いな、出版社放浪のアレックスシリーズ。

「悠久の窓」上下ゴダード、は買わず。
しかしこれはすごい、という意見があれば買います。
再々再々チャレンジも辞さず。


68 :1:05/03/15 15:33:48 ID:U8YW93+j

すみません、高いのは「ブラッドタイド」の方でした。
モンスターは厚さを考えれば妥当かな。

69 :名無しのオプ:05/03/15 20:38:32 ID:RIvhnckJ
『モンスター』、買うかどうするか悩むなあ。
このシリーズ、どんどん質が落ちてつまらなくなっているから。
アレックスには、初期の普通の精神科医に戻って欲しいものだ。
国際謀略に巻き込まれたりせずに。

70 :名無しのオプ:05/03/15 21:40:05 ID:A62yu5ug
「クライム・ウェイヴ」はエルロイ好きでないとちょっとつらいかも
「ボトムズ」はまずまず



71 :1:05/03/15 22:39:09 ID:U8YW93+j
>>69
おすすめ。今読了しましたが、初期の探索型サイコスリラーテイストで、
長いが、さらりと読み通せた。最近では一番の出来かも。

奥さんの新作もきぼん。

72 :名無しのオプ:05/03/17 23:03:13 ID:DOAc8sEn
新刊というには亀ですが。
デアンドリア「ホッグ連続殺人」読了。(ハヤカワ名作セレクション)

面白かった。最後の一行が鮮やかに決まってる!
(メール欄1)の謎とその答えから、その関係性が謎につつまれていた
連続殺人事件をつなぐキーワード(最後の一行がこれ)が明らかになり
真犯人に到達する展開にカタルシス有り。
勘のいい読者なら(メール欄2)が俎上にのせられる辺りで犯人の正体だけでなく
事件の全体像もピンとくるかも。自分はテンで駄目だったがw
雑多な事件関係者達、一見紋切り型にざっくり描かれているのだが
ちょっとした描写の中にも、それぞれの背景を想像させるものがあって
ドラマの面でも気に入った。

73 :名無しのオプ:05/03/18 00:26:13 ID:MGSuWbzk
ランズデールの「ボトムズ」読んでます。まだまだ序盤ですが、かなりいい感じ。
先を読むのが楽しみです。ミス・マギーの料理がおいしそうで、(;´Д`)ハァハァ

74 :名無しのオプ:05/03/19 06:59:46 ID:WY3pG8rC
「悠久の窓」読了。ゴダードはやっぱり面白い。
相変わらずの多重の罠、欺瞞、謎でぐいぐい読まされる。
ただ、初期の慟哭がすっかり影を潜めてしまったのは残念。

75 :1:05/03/19 15:26:00 ID:5hGbrwNh
う〜む読み本の払底している今日この頃、
買うべきか・・。「悠久の窓」。

集英社文庫新刊
「過去からの殺意」ヴァル・マクダーミド、
ノンシリーズ、青春小説とか銘打ってるが、
ちょとタイクツでした。

76 :名無しのオプ:05/03/19 20:40:03 ID:aOdI5BwN
1さんへ
「過去からの殺意」って、去年の「このミス」で集英社が今年の
隠し玉にあげていたものですか?
少年時代と現代とが交差するパターンということで期待していたのだが・・
キングの「IT」とか、レヘインの「ミステックリバー」が好きなもので

77 :1:05/03/19 23:21:12 ID:5hGbrwNh
>>76
なるほど!
そうか、確かにあの路線だ・・。
どっかで読んだような気がしたんだ・・。

どうも前半が冗長なような。

78 :名無しのオプ:05/03/20 22:18:21 ID:jKcH/KQU
むーやっぱり「過去からの殺意」なのか・・・
楽しみにしてたのに残念
それでも一応、読んでみるかな

今年はこれといったのがまだ出ないなぁ

79 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 07:59:12 ID:qgAAex5R
「悠久の窓」気になるな
ゴダードはお気に入りの作家なんだけど、最近評判が悪くて悲しい
いっとき翻訳がいっぱい出て、みんな飽きちゃったのかな
リオノーラとか千尋の闇みたいな感じきぼんぬ

80 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 10:35:10 ID:IXZJ0YgE
あの値段をなんとかしてくれ。
分厚い紙、間引きした本文で2巻にせずにさあ。
合計700頁あるけど、もっと減らせるでしょ。
上下巻2冊とはいえ、文庫の一作品として1960円は、いくらなんでもな。

81 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 17:21:38 ID:qgAAex5R
本は高くなったねぇ
本が売れない
単価を高くする
ますます売れない
どんどん高くする
どんどん売れなくなる
orz

82 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 22:11:04 ID:WmDSeVka
>>81
確かに高いね
薄っぺらい文庫で500円とかなめてるのかと・・・
最近、図書館を利用するようになったよ
置き場所にも困らないし。
気に入った本は買いなおしてるけどね
ねこが好き

83 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 23:37:28 ID:+2kFBBej
漏れも「悠久の窓」読了しますた。
傑作じゃないけどそこそこ楽しめた。
マイゴダード評価は
惜別>千尋>>今海>>秘伝言>>>>石に
で、「窓」は「海」の右か左かってとこかな。

84 :名無しのオプ:2005/03/23(水) 23:25:22 ID:ezwk0HeV
漏れの評価
千尋>暗闇≧リオノーラ>さよなら>惜別>一瞬>永遠>
閉じられた>今海>蒼穹>鉄>>>日輪、秘められた、石、悠久

85 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 00:28:13 ID:KkiVxgGB
俺は断然「リオノーラ」

理由は・・・特に無い

86 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 15:24:49 ID:fh8axKcf
> 84
「悠久」読んだが結構良かった。今海よりダメって事はないだろう。
漏れの評価
千尋=リオノーラ>闇絵=蒼穹>>さよなら=鉄絆=永遠=悠久>
惜別=一瞬=石>環=今海=伝言>日輪

87 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 21:09:35 ID:UevXIMDm
「過去からの殺意」めちゃくちゃ面白いじゃん。
あの前半を冗長というのはちょっと信じられん。
読みごたえは今年一番。まあ、人それぞれだが。

「モンスター」は最近のひどさからは脱したが、小児臨床心理医
としてのアイデンティティはどこへ行った?という感じは相変わらず。

「死刑劇場」は並のリーガルサスペンス。まずまず。

88 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 22:14:08 ID:z6pPgRu6
よーしおいらも「過去からの殺意」読んでみよう

89 :1:2005/03/24(木) 23:11:58 ID:uYfcPCud
申し訳ない・・最近根気がないかも。

で、ハヤカワの文庫、
「夜明けのメイジー」ジャクリーン・ウィンスピア、
「ポンペイの四日間」ロバート・ハリス、買いました。

「夜明けのメイジー」は、なんというか曰く言い難いジャンル。
よくわからないながらも読み進む・・。


90 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 23:31:50 ID:kfi1SWFC
ゴダード話に便乗。っても古いのしか読んでないのでアレだが

永遠>闇絵>さよなら>>>リオノーラ>>>惜別>千尋>
>蒼穹>環>>>>>今海

91 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 00:21:23 ID:mg9MNYvC
>>89
「夜明けのメイジー」の表紙、すごいね。ハーレクインみたい。
これを手に取るのはちょっと辛いかも。なんでわざわざこういう表紙にするのかな?

92 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 00:38:10 ID:gaXxRSlC
平積み売り場で異彩を放ってた

93 :1:2005/03/26(土) 21:12:24 ID:RntkbRFx
「夜明けのメイジー」、
ちょっと前に読んだ韓流小説「チャングム」に似てた。
癒し系というジャンル分けもどうかと思うが・・。

で、新潮文庫は翻訳ミステリなし、
扶桑ミステリも、ちょっと前の新潮文庫「新聖書出版作戦?」だっけの、
再版、ウォーレスの「イエスの・・、忘れました」、だけ。

目下、読み本払底・・なんか教えて!

94 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 00:05:18 ID:/vaH+sfo
角川文庫も、映画とドラマのノベライズだけ。
かつてはウエストレイクやバーバラ・ヴァインやアンドリュー・クラヴァン、
最近でもデニス・レヘインをばんばん出してた出版社が、見る影もないよ・・・
ダ・ビンチ・コードで儲けて、あとの海外作品は知らんぷりか。がっかりだ。

95 :1:2005/03/27(日) 14:13:37 ID:TPEcBrAJ
読みたい本や、シリーズ続編を(できれば翻訳者指定で)、
出版社に伝えるサイトでもあればいいのに・・、と思う今日この頃。

身銭切って、翻訳本買いまくっている自分としては、
もちっと、はずれ少なくして、と切なる願い・・。

96 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 14:26:01 ID:DmnNhhi8
「ポンペイの四日間」はなかなか面白かったな。ミステリじゃないけれども。
「アルハンゲリスクの亡霊」がつまらなかったので、あまり期待していなかったのだが、嬉しい誤算。

97 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 14:52:44 ID:vMTFSyy6
角川文庫の「CSI」ノベライズを買ってみた

98 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 15:11:33 ID:plY5nzIL
ポケミスの「ベスト・アメリカン・ミステリ/ハーレム・ノクターン」買った人いますか?
おもしろそうだけど、どうなんだろう。

99 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 16:09:53 ID:tAaeGfOZ
角川は買える時に買っておかないとすぐ絶版になるしな。

100 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 16:49:38 ID:K+1YFiOm
>>98
今、読んでる。と言ってもまだ最初の5篇くらいまでだけど。
自分的には、なかなかいい感じです。
それなりのお値段なんで、購入の際は自己責任でお願いします。

ところでアスペクトから出たフィリップ・K・ディック賞の何とかって本
買った人います?

101 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 17:07:17 ID:7D6kEywG
SF板の方にはいた
自分は英語の方を注文した

102 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 17:25:55 ID:plY5nzIL
>>100
自己責任、了解しました。確かにちょっと高い…けど、クックやランズデールにひかれるので、
やっぱり買うことにします。レスありがとね。

103 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 18:21:22 ID:PN5skqGY
最近、翻訳物の出版が少ないと思ったら、売り上げが悪いかららしいですね。
イヴァノヴィッチと、オコンネルはそのうち(すぐではないですが)
新刊が出るという噂を業界の方から聞きました。

104 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 20:36:09 ID:3T40Grhw
新刊のような扱いで、昔売り出してたのが再販されてたりしますよね?
自分の勘違いかな?と思ったんだけど。
ハヤカワミステリ文庫、アーロン・エルキンズのシリーズとか。

105 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 20:55:48 ID:plY5nzIL
ミステリアス・プレス文庫がなくなって、それがハヤカワ・ミステリとして再販されてるみたい。
ロス・トーマスの「黄昏にマックの店で」とかを復活再販してほしい。

106 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 22:19:14 ID:K+1YFiOm
>>101
サンクス。
SF板ざっと見てきたけどスレがわからんかった…。
気になってる本なんだけどこれまた高いからなぁ。
思い切って買ってみるか。

107 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 22:22:20 ID:7D6kEywG
>>106
購入したといってただけで感想あがってないよ。紛らわしいこと言ってしまって申し訳ない。

108 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 22:44:59 ID:aPdhYhV2
>>91
ハーレクインはあんな表紙じゃないよ。

恥ずかしいのに変わりはないが。

109 :1:2005/03/27(日) 23:06:30 ID:TPEcBrAJ
河童津田。

本にはカバーをしない主義なので、
電車の中で読むのが恥ずかしい・・。

ハヤカワの方々は、そんなことを考えもしないのだろうか。

110 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 11:23:57 ID:octeNSjx
>>96
「ポンペイ」、よさそうですね。
自分も「アルハンゲリスク〜」には失望したくちなので心配でしたが、
読んでみようと思います。
「ファーザーランド」が無茶苦茶面白かっただけに、期待。

111 :パーカー信者:皇紀2665/04/01(金) 00:28:10 ID:hzsSUF3j
>>100
横からすんませんが、パーカーの短編てどんな話が
載ってますか?

信者の癖にタイトルで思い出せん自分がナサケないですが…
野球選手の出てくるやつ?

112 :100じゃないけど:ミステリー暦165/04/01(金) 05:21:13 ID:9KOPOFu2
>>111
「ハーレム・ノクターン」

長編「ダブルプレー」の元になったモノ。8ページ。

113 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/01(金) 12:25:54 ID:+4fLpWOx
ミステリー暦165って・・・何が基準なんだろ

114 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/01(金) 12:33:29 ID:3QMDBTet
モルグ街の殺人(1841)を元年にしたのかな

115 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/01(金) 17:08:48 ID:zaD6XZRM
「暦表記変更申請スレッド」
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1112283994/l50
によると、↓らしい。

413 :動け動けウゴウゴ2ちゃんねる :2ちゃんねる07/04/01(金) 02:42:52 ID:x33Ez9Ow0
>>396
お疲れ様です。

ついでに

ミステリー http://book3.2ch.net/mystery/

BBS_YMD_OFFSET=-1840
BBS_YMD_NAME=ミステリー歴

理由:世界最初のミステリーといわれる「モルグ街の殺人」(1841年出版)にちなんで。

116 :パーカー信者:ミステリー暦165/04/01(金) 21:07:36 ID:BkVLV8T8
ハヤカワの「幻想と怪奇」を続けて2冊読みました
……ってこれ持ってるやん自分!
買う前に気づけ orz

>>112
ありがとうございます!
ミステリマガジンに載ってたやつっすね

他のも既読のやつがけっこうあるけど
あんだけ載って1900円はお得な気がするから
買ってみようかな…

117 :1:ミステリー暦165/04/01(金) 21:13:55 ID:EQlVIiVA
>>112
驚くほど短いすよね。

読む本がないので、
ハヤカワの
「アグレッサー・シックス」ウィル・マッカーシイ、
「ホミニッド」ロバート・J・ソウヤー、
上の方で話題のアスペクトの、
「オルタード・カーボン」リチャード・モーガン、
など乱れ読み・・。

オルタード・カーボン、ディックの電気羊風で、なかなか。
でも最近のSFの「周知の事実の設定」つーのが、
もうひとつ、よくわからんのよ。

エヴァンゲリオン世代にはなんの抵抗もないのか?


118 :名無しのオプ:ミステリー暦165年,2005/04/02(土) 19:00:34 ID:sAwHPjBs
すみません、ハーレクインってどういう意味ですか?辞書とか調べても意味分かりません

119 :名無しのオプ:ミステリー暦165年,2005/04/02(土) 19:43:28 ID:qWfjhmVh
本屋に行って三文判売ってるようなくるくる回る展示棚?にささってる本をみてくれ

120 :名無しのオプ:ミステリー暦165年,2005/04/02(土) 21:00:52 ID:wNEfL7Q3
ハーレクインて、出版社の社名だよね。
公式サイトを見たら、こんなQAがあったよ。

Qハーレクイン社の名前の由来を教えてください。
Aシリーズロマンスのブランド名でもあり、社名でもある「ハーレクイン」。
それは中世ヨーロッパで活躍した道化役者のことです。たくさんの恋物語を
語って聞かせた「ハーレクイン」たち。ハーレクインというシリーズ名、
そして社名は、その役割にちなんで名づけられました。
また、会社のマークである四つの菱形は、道化役者がいつも身につけている衣装の
ダイヤ柄に由来しています。

121 :名無しのオプ:ミステリー暦165年,2005/04/02(土) 21:58:25 ID:sAwHPjBs
う〜ん・・・結局一言でいうとなんですか?

122 :名無しのオプ:2005/04/03(日) 07:42:05 ID:GzihdqLY
>>121
量産型ゴシックロマンス

123 :121:2005/04/03(日) 19:56:27 ID:sOlsFtBw
こういう事ですか?
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1084456549/

124 :1:2005/04/04(月) 23:51:34 ID:8KCoYo/w
あまりにも読む本がないので、血迷って、
「デセプション・ポイント」買いそうになり、
辛くも踏み止まりました・・。
平積みし過ぎだっちゅうの。

125 :名無しのオプ:2005/04/06(水) 15:38:36 ID:EeFJujNl
97さんと同じく私もCSI読みました
さすがノベライズだけあって、
まるで映像を見てるかのような親切な書き方です。
ヘビーなミステリ(?)ファンには受けないかもしれませんが
テレビ(昔テレビ東京でやってた)で見てた私としては
なかなか楽しめました



126 :1:2005/04/08(金) 21:20:41 ID:xGeUvDII
文春文庫新刊、
「百番目の男」ジャック・カーリイ、
ハヤカワ文庫新刊、
「紐と十字架」イアン・ランキン リーバス登場篇、
買いました。

百番目の男は、翻訳がこなれていないのか、どうものれない、
まだ半分、ランキンは、いつも通り、ロールパンとミルクの件が、
面白かった・・。

「デセプション・ポイント」、実は読んだんですが・・、
どうしても、ラドラムをさらにもっと冴えなくした謀略スリラー、
としか思えん。間違ってる?



127 :名無しのオプ:2005/04/10(日) 18:19:25 ID:gdErhhoG
読んだんかい

128 :名無しのオプ:2005/04/10(日) 18:54:58 ID:xqKUgRTz
講談社から出るジェームズ・パタースン「闇に薔薇」は久々のアレックス・クロスものだな。
しかし、4、5を飛ばしていきなりシリーズ6作目なのはおそらく映画化決定の影響なのか。
とはいえ、肩が凝らずに読めるシリーズなので楽しみにしてる。

129 :名無しのオプ:2005/04/12(火) 18:39:57 ID:zKkIqmt2
「夜明けのメイジー」読みました。1さんがチャングムに似てると書かれてましたが、女性の地位の低かった時代の女性の出世物語ととらえればそうなのかな。優しさと哀しみに満ちたいいお話でした。

130 :1:2005/04/15(金) 17:32:36 ID:cMruA018
講談社文庫新刊、
128氏ご推奨の、
「闇に薔薇」 ジェームズ・パターソン、
パーカー信者氏が、食べものが美味しそうだと述べておられたシリーズ続編、
「ヴェネツィア刑事はランチに帰宅する」ダナ・レオン、
買いました。
ヴェネツィアは、相変わらず食べ物追い読み〜。
アレックスシリーズのパターソンも、軽快。

あっさり読み終わり、当面ハヤカワの新刊待ち。

131 :名無しのオプ:2005/04/16(土) 21:41:42 ID:glSSTKqD
イアン・ランキン『紐と十字架』読了。
後期の作品と比べるとストーリーはかなりシンプル。
軍隊時代の件とか、家族の話とか、ジル・テンプラーとの出会いとか
基本設定が語られているのが興味深かった。
シボーンがいなくてちょっと寂しい(´・ω・`)

132 :名無しのオプ:2005/04/17(日) 02:18:19 ID:7sGum8/K
>>131
あ。買いに行かないと。

133 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 13:55:56 ID:3FlfjIu7
「雨の午後の降霊術」復刊か。いいね創元。

134 :1:2005/04/18(月) 18:51:03 ID:71Ggi699
「闇に薔薇」のラス落ちについて一言言いたいがやめとこう。

135 :パーカー信者:2005/04/20(水) 01:25:41 ID:wj3MnjtA
リオーダンの「殺意の教壇」(「教壇」と「凶弾」をかけてるの?)
がまあまあ面白かったので、既刊ぶんを探してるけど、
小学館文庫自体が本屋にあまり冊数置いて無いすよ〜
主人公ナヴァーの上司(女性)がかっこええ!

>>134
読んだっすよ  >闇に薔薇
ニヤニヤする作者の顔が思い浮かびました

>>130で発売知ったので
「ヴェネツィア刑事はランチに帰宅する」購入、読み中
相変わらず食べ物は美味しそう……

136 :1:2005/04/22(金) 01:20:44 ID:ZFM3Oeu9
>>135
「闇に薔薇」・・あれは認められないす。残念・・。

で、ハヤカワ文庫新刊、
「セビーリャの冷たい目」上下、 
(「リスボンの小さな死」の地味め)ロバート・ウィルスン買い、

集英社文庫の、ハーレのように見えてはハーレじゃないかも、
「死のアニバーサリー」上下エイミー・ガットマン、
「最後の真実」リズ・アレン、
両方買い・・、まずった、ハーレだったかもしれん。


137 :読後感:2005/04/22(金) 03:11:03 ID:fH8fEyFk
>>135
お、リオーダン出たのか。読まねば。
一作目が一番いいよ。

138 :名無しのオプ:2005/04/22(金) 12:57:28 ID:Qc2e37Dq
「ダヴィンチ・コード」が成功したせいで「二匹目のドジョウ」みたいな本が
沢山出てきた・・・正直鬱陶しい。

139 :1:2005/04/26(火) 21:31:18 ID:7X6R87pl
新潮文庫新刊
「白骨」G・M・フォード、
コーソと刺青ねーちゃんシリーズ、
抜群に面白そうなネタにもかかわらず、相変わらずだるめ。
それでも前二作よりは、よかったす。

SFだけど、ハヤカワ文庫の、
「タフの方舟 禍つ星」ジョージ・R・R・マーティン、
が面白かった・・。

140 :パーカー信者:2005/04/28(木) 20:18:59 ID:aksKWGSB
「百番目の男」(ジャック・カーリイ/文春文庫)読了

主人公が熱血ぎみで突っ走り過ぎるきらいはあるものの
押さえの相棒コミで気に入りました〜
登場人物が皆(憎まれ役や犯人さえも!)精一杯生きてる感じが好感大。

安楽椅子探偵役が某名作と必ず比較されるだろーなあってのと、
翻訳がイマイチ(主人公の相棒が駄洒落?好きらしいが
もう一つ伝わってこないあたりとか)なのが気の毒といやあ気の毒。

犯人は途中でたいていの人が予想つきそうな感じだけど
個人的には当たり。続刊希望〜

あ、ラストの台詞を言ったのは誰? 主人公? それとも相手?

>>137
結局近所の本屋全部まわっても見つからないです…
アマゾン頼みかな……

>>139
フィーヴァードリームの人でしたっけ? >ジョージ・R・R・マーティン

141 :1:2005/04/29(金) 00:59:52 ID:24nhGw+J
>>140
最近では、七王国の玉座の人=ジョージ・R・R・マーティン

で、扶桑ミステリ
「雪原決死行」ジョン・ギルストラップ、
「核の砂漠」アンドリュー・スティーヴンスン、
「北朝鮮〜」
迷った末、どれも買わず。

GWは読む本無し・・。


142 :1:2005/04/29(金) 21:38:12 ID:24nhGw+J

「北朝鮮最終決戦」ハンフリー・ホークスリー、
二見書房でした。
小説としての面白みはあまりないけど、
イギリス人が、日本、中国、ロシア、パキスタン、インド、
韓国などをどう見てるか、よ〜くわかる。
特派員だけあって、ソウルの地名などそれは正確。


143 :名無しのオプ:2005/05/10(火) 07:51:08 ID:PojRt/4j
あげ

144 :名無しのオプ:2005/05/10(火) 19:27:31 ID:ZdZKB5Qe
文春から出てるチャンクオ風雲録て面白いですか?

145 :名無しのオプ:2005/05/10(火) 21:10:19 ID:PvuNQRWY
ニール・ケアリー7月新刊クル━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

ttp://e6.wingmailer.com/wingmailer/backnumber.cgi?id=E434
ttp://www.tsogen.co.jp/wadai/0505_02.html

146 :名無しのオプ:2005/05/10(火) 23:06:49 ID:f5tK0gBv
おお、ニールようやく出るのか〜。何年ぶり?長かったなぁ。

147 :名無しのオプ:2005/05/11(水) 01:50:40 ID:3A0Wj4/T
アンディ・マクナブの「ラスト・ライト」読了。
“ニック・ストーン”シリーズの第4作。
今回はパナマの覇権を巡る陰謀に巻き込まれます。
毎度命懸けで戦っているのに、この主人公報われないなあ。

ジェームズ・パターソン「闇に薔薇」、自分も読んだ。
確かにオチは少々反則っぽい。続きに期待してみる。
それと第4作と第5作を早く翻訳してくれ。
シリーズものは順番通りに読みたいんだよ!

ニール・ケアリーの新刊はすごく嬉しいが…
フロスト警部はまだ?

148 :1:2005/05/13(金) 01:21:26 ID:jKTf8ViV
ごぶさた。
ニール・ケアリー楽しみだす。

で、
文春文庫は翻訳ミステリ新刊なし。

ハヤカワは、
「天空の秘宝」ウィリアム・C・ディーツ、SFじゃんか、を買い、
「酔いどれ故郷にかえる」ケン・ブルーウン早ええな続刊、
「呪い!」再刊 アーロン・エルキンズ 、
「危険のP」スー・グラフトン 、をスルー。

講談社文庫は、
「ニューヨーク大聖堂」上下 デミル、
「ホステージ」ロバート・クレイス、
両方買い・・でも読んでる時間が・・。

149 :名無しのオプ:2005/05/13(金) 14:23:50 ID:RByDskbs
デミル買って来たけど80年の旧作なんですね。
ちょっと不安・・・

150 :1:2005/05/13(金) 16:36:24 ID:jKTf8ViV
「ホステージ」上下ロバート・クレイス、
テンポがよく、なかなか面白かったす。
確かに映画向きの題材かもな。

講談社文庫のIN・POCKETが翻訳ミステリの特集をしていて、
その中に、
「神の名のもとに」
「死せるものすべてに」
「骨」
「夜より暗き闇」
など、自分的にも超A級おすすめが並んでいたので、
読みながら大きく頷いたとです。

立ち読みしてみてね。

151 :名無しのオプ:2005/05/13(金) 22:12:30 ID:Yg9PDJM6
ニール・ケアリーの新刊、嬉しすぎ!(出版社は待たせすぎ!!)

152 :1:2005/05/17(火) 22:17:18 ID:JeddrILX
「ニューヨーク大聖堂」上下 デミル、
疾走感がなくもたもた・・。それは長く感じました。
白石さんの所為じゃないだろ。

今年もそろそろ、すげえ、というのを出してよ。

153 :名無しのオプ:2005/05/17(火) 23:45:59 ID:HTfPWoav
ニール早く読みたい。

154 :1:2005/05/20(金) 00:44:16 ID:sMs2mYZl
ヴィレッジブック新刊、
「チョコ猫で町は大騒ぎ」ジョアンナ・カール、
チョコチップのジョアンフレール新刊と間違えて買っちまっただ。
ぬるい、ぬるすぎる・・。

「死影」マイケル・マーシャルも買ったが、
スティーヴン・キングが恐怖に震えた驚愕のラスト・・、
なんのこっちゃ。




155 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 15:58:53 ID:6HZpgl0M
>154
帯のキングが絶賛で面白かったためしがないYO!

156 :1:2005/05/21(土) 12:03:14 ID:+6Hbxna8
たぶん、キングも、こんなんでいいのか・・、
と恐怖に震えたんだんだと・・。

もういいかげん誰々絶賛とかやめないかなあ。
絶賛したひとまで信用なくなる気がする。

新刊情報はありません、スマソ。

157 :名無しのオプ:2005/05/23(月) 19:46:24 ID:p1nPGGKI
だいぶ前に話題となっていたジェームズ・パタースン『闇に薔薇』読了。
シリーズモノらしいが、初読み。だからかどうか知らんが、ラストの
あれは・・・・だった。シリーズを追い続けてる人にとっては意外性が
あるのかな・・? 誰か教えてください。

ま、二部作らしいので次作も買うぐらいにはおもしろい。

158 :1:2005/05/26(木) 21:50:18 ID:bVlyiWnW
ハヤカワ文庫新刊、
「タフの方舟2 天の果実」ジョージ・R・R・マーティン、と、
「ロデオ・ダンス・ナイト」ジェイムズ・ハイム、買いました。
「ロデオ・ダンス・ナイト」、
いまいちよくわからないながらも、読み進む。
テキサス風土もの、哀愁、お笑いあり。

159 :1:2005/05/28(土) 12:53:24 ID:XIugxy4A
新潮文庫新刊
「オデッセイの脅威を暴け」上下クライブ・カッスラー、買いました。
ピットもの17作目。突然現れた息子と娘も大活躍さ。
このシリーズ、QD弾頭やタイタニックは、そりゃ面白い、
と読んだもんだ・・。今もレベルはそう変わってないようにも思える。
面白い小説が増えたのか、それとも自分が歳を取ったのか。

文庫化の、
「最後の審判」上下 リチャード・ノース・パタースン、
も未読の方はどぞ。」

160 :名無しのオプ:2005/05/28(土) 16:41:02 ID:6Ad8BSRN
角川文庫新刊
マックス・アラン・コリンズ「CSI:科学捜査班 シン・シティ」が出ました。

161 :名無しのオプ:2005/05/28(土) 17:38:42 ID:BFLSjHt3
最後の審判文庫になったのか。
買わねば。

162 :1:2005/05/28(土) 22:15:14 ID:XIugxy4A
扶桑ミステリ新刊、
「秘宝・青銅の蛇を探せ」ティム・ラヘイ&グレッグ・ディナロ、
久々に、殺意を覚えるほど腹が立った・・。

インディジョーンズと007とラドラムとダヴィンチコードを混ぜて、
さらにさらにへたくそにした感じ・・。買う自分も悪い、と心から反省。

163 :名無しのオプ:2005/05/29(日) 00:05:04 ID:ZQ51w2/2
http://bitshop.hp.infoseek.co.jp/

164 :パーカー信者:2005/06/04(土) 22:42:47 ID:Qbg8NF/c
「ヴェネツィア刑事はランチに帰宅する」(ダナ・レオン/講談社文庫)
他の本に浮気したりしつつノロノロと読了

コネやら賄賂やら、イタリアって……って気になりますが
後味は良かった

食事もマジ美味そう。
ブルネッティ(←主人公)が外で買うブリオッシュさえ
読んでると食べたくなります

ブルネッティ、お前アレで太らないのか……

165 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 07:00:15 ID:PVC35+In
ヴェネツィア刑事ってどう読むんだろう。

ヴェネツィアけいじ
それとも
ヴェネツィアでか?

つまらないことが気になる。

166 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 17:34:00 ID:LuGZOG5b
来月デイーンクーンツの作品講談社文庫から出るみたいだけど、面白いかなどうかな、終わってる作家かも?


167 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 02:15:41 ID:M/6ZlH2C
>>166 正直クーンツは昔のパワーはないと思うけど、ひょっとしたら面白い
    かもって期待もあるんだよね。話変わって講談社文庫はジャック
    リーチャ−の続きを早く出せ。

168 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 02:26:05 ID:Yq3y6RfI
パターソンの「闇に薔薇」の続篇はいつ?
あんな終わり方あるか! 続き読ませろ!

169 :名無しのオプ:2005/06/09(木) 22:14:58 ID:V66yv+Dx
「鬼警部アイアンサイド」トンプスン ポケミス 
テンポ良く話が進むけれど、他のトンプスンの作品に比べると毒が薄い
所々に「らしさ」はあるが・・・
ポケミスじゃなくて文庫で出してくれ

170 :1:2005/06/10(金) 21:09:11 ID:ByKyCsEr
文春文庫新刊、
「カインの檻」ハーブ・チャップマン、買いました。
永遠の仔や模倣犯になぞらえるのもどうかと思うが、なかなか。
まだ半分くらいですが、今年一番の予感が・・。
しかし「レッドドラゴン」に似てる。
あれに似せて、なおかつ読ませる、と言うのも容易ではないのよ。



171 :パーカー信者:2005/06/11(土) 03:47:08 ID:7ag0inhW
「昏い部屋」(ミネット・ウォルターズ/創元推理文庫)読了
ハードカバーで読んでるんでオチを知った上で再読。
うーんやっぱ描写が嘘ついてないあたりうまいなあ〜
この厚さで1,260円はお得な気分

「雨の午後の降霊会」(マーク・マクシェイン/創元推理文庫)も読了
こういう、罠がゆるゆる閉まってくるみたいな気分に
なる話は好きじゃないので読んで後悔…

「ミニ・ミステリ100」(アシモフ編/ハヤカワミステリ文庫)も読了
3分冊版が実家にあるけど購入
どこからでもいつでも好きなだけ読めていい感じ〜
この厚さで1,260円はお得な気分(ってウォルターズと同じ価格だ)


あとは>>169さんの見てアイアンサイド読みたくなって
探してるけど見つからず…
仕方ないので同じポケミスの「ジュークボックス・キング」読んでます

172 :名無しのオプ:2005/06/11(土) 23:04:38 ID:iq6G7WX3
>>171
自分も『雨の午後の降霊会』を今日読みましたよ。
“誘拐ものミステリー”スレとかでも名前が出ていたんで、
文庫が出たのを機に飛びついたんだけど、ちと好みとは違っていた。
このパターンで終わったら嫌だなあと思っていたとおりの締め方で。
ただ、虚心に読めば楽しめる作品だとは思う。

「ミニ・ミステリ100」、3分冊の方を持っているんで買わなかったけど、
こちらには」都筑道夫の解説が付いてないのがほのかに残念というか。

とりあえず、積読の『昏い部屋』でも読みますね。
(『囁く谺』も『蛇の形』も買ったっきり読んでないから、原著の刊行順に読めて
ちょうどいいや)

173 :1:2005/06/12(日) 13:16:06 ID:O+NnNoWL
「カインの檻」ハーブ・チャップマン、素晴らしかった。

長尺を飽きさせずぐいぐい読ませる場面展開のうまさは抜群。
控えめな主人公二人の、いや三人かキャラクタ設定もうまく、
活劇部分の描写も驚くほどうまい。とても処女作とは思えん。

文句なく今のところ今年一番。心からおすすめします。


174 :名無しのオプ:2005/06/12(日) 17:24:59 ID:On7CD7VV
>>1の今までの読書遍歴の中からベスト3を教えて。
読むから。

175 :1:2005/06/12(日) 18:07:27 ID:O+NnNoWL
「レッドドラゴン」
「羊たちの沈黙」
「静寂の叫び」
「ボーンコレクター」
「ストーンシティ」
「カーラのゲーム」
「別れを告げにきた男」
「神の名のもとに」

・・いまさらあげるのも気恥ずかしいが、ミステリ好きで、
もし読んでなかったら、ほんとにもったいないと・・。

まだまだたくさんあり。
シリーズものは、出来不出来に関わらず偏愛。


176 :名無しのオプ:2005/06/12(日) 21:50:20 ID:q67UoEF1
「ストーンシティ」は面白かった
ジェフリー・ディーヴァーは俺はもうひとつだな
「別れを告げにきた男」 と「神の名のもとに」は読んでないな・・・


177 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 09:33:52 ID:dOUduwyU
「羊たちの沈黙」は当時、原書でも読んだけど
最後のフレーズがそのままタイトルになっていて
感動してしばらく余韻に浸っていたな〜

178 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 20:05:33 ID:8XhjGzGr
>>176
自分はディーヴァー好きだな。
とくに作風知らずに読んだ「静寂の叫び」はラストの展開に
唖然とした。それからは身構えて読むようになったから、
衝撃は減ったけど・・・



179 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 20:24:13 ID:LDgMxB8M
カーラのゲームは俺も好きだな

180 :1:2005/06/13(月) 20:59:13 ID:v5B11tRn
まだまだたくさん思い浮かぶんだけど、
とりあえず作品の持つ「力強さ」で選んでみました。

ディーヴァーは、「静寂・・」がつき抜けてて、ライムシリーズは、
比較的高値安定、それ以外は、まるで・・、とは言わないが・・。

「羊たちの沈黙」は素晴らしい出来で、叙情味も加味して、
誰にでも受け入れられる、と思う。
「レッドドラゴン」のすさまじい凄みには敵わないかな・・。

で、ハヤカワが復刊した、
「マラソンマン」フリードマン、読んでます。
なかなか面白い。映画はよく覚えてる。
ダスティン・ホフマンが、歯削られるやつ。


181 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 21:21:33 ID:zaixn3st
ゴールドマンだろ。
続編も是非復刊を。

182 :1:2005/06/13(月) 22:15:12 ID:v5B11tRn
>>181 
すばやいつっこみ、ありがと・・。
脚本家として有名なウィリアム・ゴールドマンね。

183 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 23:19:11 ID:Y8VHLjGq
今更だけど「過去からの殺意」ヴァル・マクダーミド読んだ。
結末はたいした事ないけど、物語が面白いのでお勧め。
集英社文庫は新刊が出てもあまり注目されないのでかわいそう。。。

184 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 23:56:32 ID:kevx10yW
俺はいまだに「鷲は舞い降りた」を手元に置いてヒマな時に読みかえしている。
もう20年くらい。これを超える物語を誰か書いてくれないかなあ。

若い人にもっと読んでもらいたい。

185 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 00:12:10 ID:rDDsYjmE
ヒギンズなら「脱出航路」「死に行く者への祈り」「地獄島の要塞」とかもいいね
その後の濫作で何度も本を叩きつけたのも懐かしい思い出・・・

186 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 00:19:07 ID:LH3Igge6
〉ラスカナイの要塞」

187 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 00:19:49 ID:LH3Igge6
ラスカナイの要塞や復讐者の帰還もよくないかと書こうとしたのだ

188 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 00:20:01 ID:U2asXWXQ
>>185 でもディロンシリーズはヒギンズ入門編としていいよね。知り合いでも
    ディロン経て「ヴァルハラ最終指令」読んで以来、ヒギンズ一筋って
    のいるし。

189 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 00:27:55 ID:o8NFY98a
結局、どっちがマルティン・ボルマンで、どっちがハインリヒ・シュトラッサーなんだ?

190 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 13:15:50 ID:PHVinPF9
「マラソンマン」の復刊、まじで嬉しい。
映画を観ていないのでなんとも言えないが、ドクがリーヴィのもとを直接訪れるシーンは驚いたなあ。

191 :1:2005/06/14(火) 16:35:14 ID:J8VGakmE
講談社文庫新刊、
「殺人小説家」デビット・ハンドラー、買いました。
ホーギーシリーズ最新刊、ルルも健在。まったり。

「真相」上下P・コーンウェル、は切り裂きジャック系ノンフィクション。
これだとスカーペッタものと勘違いして買うやつがいるかもな・・。

192 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 16:44:58 ID:wHFFAAM2
>190
「ブラザーズ」が続編だったとは知らなかった。買っときゃよかった。

193 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 11:08:45 ID:EkxoOVAa
「カインの檻」読み終わった。読後感、良し。

個人的にはここ最近では、かなり良い出来だけど
「ストーンシティ」「カーラのゲーム」「静寂の叫び」
には、さすがに及ばず

「ボーンコレクター」「神の名のもとに」に、並ぶといった感じです。
並んでんのはシリーズ物にか?って悪く取らないで下さい。。

以前、「フリーダムランド」で期待しすぎて失望した私ですが、
コレは1200円分の価値は充分ありました。

194 :1:2005/06/17(金) 12:23:18 ID:LXIgMz9F
>>193
最近不作なので、甘めだったかも・・、

でも、「ストーンシティ」「カーラのゲーム」「静寂の叫び」、
このへんに並ぶのは、うまくいって十年に一作。

買って間違いはないよね。


195 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 14:40:37 ID:tz1jaSDm
ストーンシティて刑務所の暗い話を上下で綿々綴る奴だろ。
それだけで読む気が失せる。

196 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 19:22:43 ID:oKTewToG
じゃあ刑務所の話を明るめに綿々と綴る「囚人同盟」でもどうぞ。

197 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 20:35:24 ID:tz1jaSDm
「別れを告げに来た男」はバカ妻の印象しかないな。


198 :1:2005/06/17(金) 22:38:28 ID:LXIgMz9F
>>195
え〜と敢えてまじレスすると、
「ストーンシティ」は、刑務所内の殺人を受刑者探偵が解く、
という図式ながら、出てくるキャラクターが全部が全部すさまじい。
ねちっこいまでに緻密なミッシェル・スミス畢竟の秀作。
ヒロイン?の可憐さもとにかく素晴らしいし、一読おすすめします。
ミッシェル・スミス、以降泣かず飛ばずだな〜。

で、ヴィレッジブックス新刊
「ファッジカップ・ケーキは怒っている」ジョアン・フルーク、
モシェシリーズ?最新刊。
出てくるお菓子、想像できないのが辛いよ。うまそうだが・・。


199 :名無しのオプ:2005/06/18(土) 11:18:42 ID:1/IOpu2l
コージーと思って手を出さずにいたジョアン・フルーク。
1さんが凝っていらっしゃるようなので、
まず「チョコチップ」を読んでみました。
意外と(失礼!)面白かった…。モシェと暮らしたい!
人物描写が目に浮かぶようなのも楽しいし。

ちなみに出てくるレシピはそのまんま作ったら日本人には
多分甘過ぎ、大量すぎ。クッキー1枚で300〜400kcalある
シロモノです。んでも美味しそうなんですけどね。
分量を減らして作ってみるのもまた楽しそう。

200 :名無しのオプ:2005/06/18(土) 13:01:35 ID:RC3OjJi4
200キタ━━━━⊂⌒っ´∀`)っ━━━━ !!


201 :名無しのオプ:2005/06/21(火) 21:18:09 ID:znK1dT9y
クライブ・カッスラー『オデッセイの脅威を暴け』読了。

今回はまたピットがなかなか出てこないので、登場シーンでは
ピットキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!  って感じ。
読了後の感想。良い最終回だった…。

え?まだ続くの?

映画『サハラ』は結構面白かった。

202 :名無しのオプ:2005/06/21(火) 21:45:29 ID:x0dIDB7i
>>201
同感。合格点あげていいと思う。映画の話ね。

ハヤカワノンフィクション「さもなくば喪服を」まだ出てないのかな?

203 :名無しのオプ:2005/06/25(土) 23:29:04 ID:jiF0kcV4
話題のパターソン「闇に薔薇」読了。
ラストは確かに驚くけど、やっぱりあれやっちゃいけないよなー、
とか思ったけど、要するにこのシリーズはアメコミなんだ、と考えたら納得いった。
カッコいいんだかマヌケなんだかよくわからないニックネームを持った悪役との
いつまでも終わらない闘い、というのはまるきりバットマンあたりと同じパターン
じゃないかと。
今回の「驚愕の展開」も、アメコミと見なせばお馴染みパターン。

204 :1:2005/06/26(日) 22:30:30 ID:yt9X6dkB
ご無沙汰です。

ハヤカワの、
「ハシシーユン暗殺集団」上下 テッド・ベル、
前作があまりにひどかったのでスルーし、
「女刑事の死 」ロス・トーマス、
再版そういえば面白かったよな・・、と思い、
新潮文庫新刊、
「悪夢の帆走」ジェイムズ・セイヤー、
レスキュー隊の部分は面白かったものの挫折・・。
で、目下読む本なし。


205 :1:2005/06/30(木) 18:59:25 ID:QxgOEcVG
扶桑の新刊、
「黒い夏」ジャック・ケッチャム、オフシーズン以来避けていた、
を買って、
二見ミステリ文庫新刊、
「英国占領」上下マリ・デイヴィス、第二次大戦ifもの,
も買って、
今月終了。

七月は、ウインズローの新刊、なにより楽しみ・・・。 

206 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 20:58:13 ID:i74ctgcc
「高く孤独な道を行け」積読でした。読まなきゃ。
ジャック・ケッチャム「ロード・キル」以来読んでないですが「けっちゃむスレ」は面白いね。
ヒラリー・ウォー「愚か者の祈り」とバラード「コカイン・ナイト」買いました。


207 :名無しのオプ:2005/07/01(金) 10:11:55 ID:I1fOf55L
>ヒラリー・ウォー「愚か者の祈り」
読み終えたら感想を聞かせて

208 :名無しのオプ:2005/07/05(火) 13:41:02 ID:uDn4l6VZ
薦めにしたがってストーン・シティ読んでるけど
吐気してきた…読み通せるかなぁ

209 :名無しのオプ:2005/07/05(火) 13:43:15 ID:XdXqVxXt
>>208
最後までトーンは一貫してるからそのつもりで

210 :名無しのオプ:2005/07/05(火) 14:43:34 ID:uDn4l6VZ
萎える忠告どうも…

211 :名無しのオプ:2005/07/05(火) 14:43:53 ID:uDn4l6VZ
萎える忠告どうも…

212 : ◆XpxzDki38. :2005/07/05(火) 23:46:13 ID:Irt1rSAx
>>203
言いえて妙。

213 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 01:13:46 ID:oVX+SUJH
下巻前半。
どっしりして寡黙な奴かと思ってたインディアンが
他の奴らに輪をかけたDQNだったw

214 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 12:57:07 ID:oVX+SUJH
読了。
特につまらなくはなかったけど…

215 :1:2005/07/06(水) 19:19:32 ID:/ttVNjdc
>>208=210=214?

教授とヒロイン?が、結局結ばれなかったことについて、
一言ないのか・・。

吐き気と言われれば、トマス・ハリスしかり、
ディーヴァーしかり、なんですが、
自分的には、ミステリを読む醍醐味を一番感じさせてくれる。

216 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 19:36:19 ID:oVX+SUJH
>>215
というか結ばれるなんてまずないと思ってたし。
そこまで行かないからいんじゃない?

217 :1:2005/07/08(金) 01:05:11 ID:MnVCY99I
>>216
ちゃんと読んでくれてありがと。

で、文春文庫新刊、
「月下の狙撃者 」W・K・クルーガー、買いました。
サイコ暗殺者VSボディガードもの、まだ少しだけどぬるめ。

創元はまだかな〜。

218 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 11:24:58 ID:jU7BWRCb
ミッチェル・スミスは「沸点の町」で、
主人公がやたらと物を食べるのが良い。
ミステリの主人公って酒ばかり飲んでて、
「気が付くと24時間で胃に入れたのは湿気たクラッカー
だけだった」とかいうのが多いけど、
沸点の主人公は朝からちゃんと食べるし、
オヤツには名物のドーナツなんか見つけて食べてる。
話は「ストーンシティ」と同じく息苦しいミステリなんだけど。
作者がくいしんぼうなのに違い無い。

新刊の話じゃなくてすみません。

219 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 11:53:57 ID:/+WPJ731
話が具体的でよい

220 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 17:09:50 ID:Tv1ATfnB
ミステリー作家の「エド・マクベイン」死去、78歳
2005.07.08
Webpostedat: 16:12 JST- CNN/AP

米コネティカット州ハートフォード──
犯罪捜査小説「87分署シリーズ」で知られる
米ミステリー作家のエバン・ハンターさんが
6日、喉頭(こうとう)がんのため
米コネティカット州ウエストンの自宅で死去した。
78歳だった。代理人が明らかにした。

221 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 17:47:50 ID:VFaS6noy
亡くなられましたか。
cop haterしか読んでないが

222 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 20:50:18 ID:/4MY2fSd
>>220
ΣΣ(゚д゚lll)ガガーン!!マジで!昔87分署シリーズ好きでよく読んだなぁ。合掌。

223 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 21:59:56 ID:okgLlOvV
>>220
マジか。ずっと読みたかったんだけど、
完結したら読もうと思ってたのに・・・・

224 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 22:15:38 ID:qe0btGdm
>>223
エド・マクは、「最後の原稿」は書き上げて金庫に保管してて、
「自分が死んだら出版してくれ」つってたはず。
どのみち、亡くならなきゃ完結しなかったってことで…いやとにかく合掌。

225 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 22:59:53 ID:b5tiCe2K
NHKのニュースでも流れたね

226 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 00:29:42 ID:w6x4Gcqf
>224
クリスティみたいだね<死後出版。
願わくば、内容が浮いていないと良いんだが…

227 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 11:44:04 ID:dWZSRIA+
献花一本
「キングの身代金」は面白かったなあ

228 :1:2005/07/09(土) 12:30:43 ID:9KZFPQAt
合掌。

これから読めなくなると悲しい反面、
自分が死んでからどんなに面白いやつが出るかと思うと・・。
いや、まだ、そんな歳じゃないんですけどね。

フランシス・・・。かな・・。

229 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 21:25:45 ID:lUrnS5I/
ウェストレイクとかローレンス・ブロックとかエルモア・レナードとかには長生きしてもらいたいね。
ウェストレイクといえば、ヴィレッジブックスから出る「弱気な死人」が楽しみ。
邦題見てもバリバリの新作なのか昔の作品なのかよく分からないけど。
しかしウェストレイクが早川でも文春でもなくヴィレッジブックスから出るというのは
一体どういう風の吹き回し?
とはいえ、木村仁郎以外の訳でウェストレイクが読めるのは素直に嬉しい。
「ダ・ヴィンチ・コード」は読んでないから分からないんだけど、越前敏弥の訳文ってどうなのかな?

230 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 21:58:50 ID:C1Ty71++
>>229
文春文庫から消えたマキャモンの「少年時代」もヴィレッジから出るんですね。
「少年時代」は名作なのに早々と文庫が絶版になってくやしかったのでうれしい。
ウェストレイクも好きな作家なので楽しみです。

231 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 14:41:01 ID:oRmHdzvm
>>184
今更ですが、184氏のレスを読み、興味を持ったので読んでみました、
「鷲は舞い降りた」・・・最高ですた!!解説で、「最初から完全版を、しかも
文庫で読むことのできるあなたはなんと幸せなことだろう」とあり、こりゃあさぞ
かし面白いんだろうなぁ、と思ったらほんとにおもしろかった。教えてくれて
ありがとう!
#ところでこれの続編ってどうなの?ちょっと心配なのですが。。

232 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 14:45:19 ID:enTfXusa
>>231
「鷲は飛びたった」・・・アレは無かったことにしようよ

233 :231:2005/07/11(月) 14:59:31 ID:oRmHdzvm
>>232
なになに、すごいの、やっぱり?タイトルがちょっとアレかなーと思ったので。


234 :1:2005/07/15(金) 01:20:43 ID:z7ueMq4s
講談社文庫新刊、
「サイレント・アイズ」上下ディーン・クーンツ、
「鉄槌」ポール・リンゼイ、
両方買いました。かばんが重かったこと。
リンゼイはノンシリーズ、すべりだしまあまあ。
クーンツは分厚い、高い、で、はずしたら目もあてられないが、
アカデミーの魔手から逃れたご祝儀。面白いといいな・・。

235 :1:2005/07/15(金) 22:06:48 ID:z7ueMq4s
「鉄槌」ポール・リンゼイ、
さりげなくよかったです。派手さはないが・・。
単発なのが残念。

236 :名無しのオプ:2005/07/15(金) 22:16:28 ID:iXBopI0n
a


237 :184:2005/07/16(土) 00:27:29 ID:muD4c2K/
>>231

面白く読めて良かったね。

もう一回映画版も見たいんだけどDVDが出て無いみたいなんだよね。
むか〜しテレビでみたっきり。
降下猟兵の軍装がけっこう正確だったみたいでマニアには評判良かったみたい。
小説の訳も落下傘兵じゃなく降下猟兵としてほしかったな〜。


238 :232:2005/07/16(土) 00:54:00 ID:4tKtHyba
>>237
『鷲は舞い降りた』 じゃなくて 『鷲は舞いおりた』 のDVDなら出てますよ
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HXOQ/250-6111325-7738622

239 :184:2005/07/16(土) 00:55:31 ID:muD4c2K/
あらっ!出てた。サンキュです。

240 :名無しのオプ:2005/07/16(土) 13:46:17 ID:OOPdQoD3
上下巻買って上巻読んでる途中で投げ出したくなったらどうするんですか?辛抱して最後迄読むんですか?

241 :名無しのオプ:2005/07/16(土) 14:39:56 ID:jHbbCR2d
若い頃は頑張って読んだけど、今は読みません。
自分的には上でつまらない本は、下でもつまらないのがほとんどなので。
年取って根気が無くなってきたのかも。最近短編ばっかり読んでるし。orz

242 :名無しのオプ:2005/07/16(土) 17:10:28 ID:ru4kVyF4
クィネルが死んだそうです。
ヴァチカンからの暗殺者好きだった…

243 :パーカー信者:2005/07/16(土) 18:09:07 ID:R142x7y4
>>242
ネタ!?

と思って検索したら本当だった

>AJ Quinnell passed away Sunday afternoon on the 10th July 2005

242さん疑ってすんません!
えええええクリーシィはもうあれっきりですか

6日にマクベイン、10日にクィネル…
ああマジですごいショックだ……

244 :名無しのオプ:2005/07/16(土) 18:22:12 ID:lkuH8e88
> 6日にマクベイン、10日にクィネル…
だが我々にはまだジャック・ヒギンズがいる!


・・・ああ、ゴメン

245 :名無しのオプ:2005/07/17(日) 15:44:50 ID:Ffh8W97/
>>243
ユルス

246 :名無しのオプ:2005/07/18(月) 23:23:15 ID:ykwpoYDT
来月は新潮文庫でスティーヴン・キングの
「ビュイック8」が出ますね!
楽しみ!

247 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 20:01:07 ID:A+Bg6FLw
A・J・クィネルがお亡くなりに・・・

248 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 21:32:58 ID:hUc/LO9x
とっくに既出だバカ

だってさ

249 :1:2005/07/22(金) 12:10:19 ID:BFwuUMFg
穏便にね・・。

早川文庫新刊、
「エルダ 混沌の〈市」上下 ジュード・フィッシャー買って、いまいち。
「沈黙」 ロバート・B・パーカー文庫化、できはいまひとつ。
「図書館の美女」ジェフ・アボット。するー。

マキャモンの「少年時代」も出てました。ヴィレッジブックス。

創元のウインズロー待ち、来週末かなあ。



250 :1:2005/07/22(金) 12:12:31 ID:BFwuUMFg
>>240
最近は、投げ出したくなったら、遠慮なく投げ出す。
我慢しても、報われることはほとんどありましぇん。

251 :240:2005/07/24(日) 22:21:59 ID:uPLYgP6h
クーンツの新作面白い、明日下巻買いに行こーと。

252 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 21:00:22 ID:0KTPuoUv
「シャドウ・ダイバー」面白いです。
めったに買わない単行本買って大正解。重いけどスラスラ読める。

マキャモンは「スワン・ソング」が少女漫画っぽくってダメでそれ以降読んでないけど、南部三部作?は面白いのかな。


253 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 21:06:29 ID:45+gC6f+
マキャモンの「少年時代」はいいよ!すんごくいい!
無理やり読めとは言わないが、まじお勧めです。

254 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 22:21:48 ID:EUWwxR2y
少年時代は俺もおすすめ。極上のファンタジー

255 :名無しのオプ:2005/07/28(木) 15:46:15 ID:afshqM+u
少年時代買ってきた。初マキャモン。

256 :名無しのオプ:2005/07/28(木) 19:20:50 ID:Ssruui18
少年時代買ってきた。2度目のマキャモン。




早速読むベと表紙を見たら・・・・・・・・下巻かよOTZ
この分厚さのせいか上下巻に分かれてるとは思わんかった
上巻買いに逝くか・・・

257 :名無しのオプ:2005/07/28(木) 21:06:56 ID:ZXEbyQR0
ぜひ読めと言われるとつい読んじゃう俺がきましたよ(前は鷲をすすめられて
大当たりだったので)

んじゃ読んでみるよ少年時代。アマゾンで今注文した。

258 :名無しのオプ:2005/07/29(金) 16:52:50 ID:KPxXtGtG
マキャモンと言えば去年くらいにミステリー・ウォークも復刊されてたっけ。
ズンドコ暗い青春を歩む話だったが結構好きだ。主人公の母親が特に。

259 :名無しのオプ:2005/07/30(土) 08:52:45 ID:PI/kHIow
「ウォータースライドをのぼれ」 ドン・ウィンズロウ (東京創元社)

とりあえず解説から読む。
ニールケアリー物は全5作だが5作目は外伝的要素が強い為
本作が事実上ラストだとの事。

なんか読むのがもったいない・・・

260 :パーカー信者:2005/08/01(月) 16:58:09 ID:u74my4AW
「サイレント・アイズ」上下巻(ディーン・クーンツ/講談社文庫)
読了

すみません、てっきり敵役はシャイニングみたいに
なんかに取り憑かれたのかとしばらく勘違いして
読んでました

ちょっと「黎明」っぽいですね

「少年時代」
ハードカバーもってるのに、持ち歩き用に買ってしまった

261 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 00:33:49 ID:SWUI5aOg
待て待てw

262 :1:2005/08/06(土) 00:45:26 ID:MwCyZ6RL
「ウォータースライドをのぼれ」ドン・ウィンズロウ、
ちびちび読みました。とりあえず・・薄い・・。

あとは、
扶桑のイザベラ・アジャンテの「神と野獣の都」買って、
文春文庫新刊の「凶器の貴公子」ボストン・テラン、買って、
両方未読。

しばらく国産読んでました。


263 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 01:41:59 ID:gD7Y2zH/
ちっ使えねえ1だ

264 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 01:48:54 ID:1+sCCCNN
>>262
イザベラ・アジャンテって、「エバ・ルーナ」や「精霊たちの家」のアジェンデだよね!
うわ、扶桑から文庫で出るのか。読むものできた、1さんありがと。

265 :1:2005/08/06(土) 12:04:11 ID:MwCyZ6RL
使えなくてスマソ。

イザベラ・アジャンテ、ジュブナイル風、
「精霊たちの家」はよかった。

今月は創元で、フェイ・ケラーマンと、S・J・ローザンがあるはず。
楽しみ〜。ビル・スミスの番ざんす。

で、クーンツなんですけど、なんだかクーンツがクーンツの真似して、
書いてる風・・。ジェフリー・アーチャーなんかでよく感じるやつ。
作風とは違うのよ。よくわからなかったらまたスマソ。


266 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 12:39:09 ID:osiNaIrM
自己模倣?

一瞬、ディーン・R・クーンツがスティーヴン・クーンツの真似をしたのかって思った。

267 :名無しのオプ:2005/08/07(日) 01:43:37 ID:nvZPXSdo
スレの趣旨とは違うんで申し訳ないけど。
自分、そんなに速読でもないし、どうせ全部読めないからって理由で
このスレは月に何度かしか見ないことにしてました。しかも粗筋紹介も
ネタバレに思えて斜め読み。

こないだ書店で大好きなシリーズの第3作を見つけて喜んで買ったんだけど
なんと去年の4月刊行 orz
どうも第2作出たのを知らず、新作出版のニュースをチラリと見ただけで
第2作を買ってたみたい。過去スレ見たら、おひとりだけ新刊に触れてる。
これからはきちんとマメにチェックさせてもらおうと誓ったのでありました。


「霊峰の血」大変面白いです。

268 :名無しのオプ:2005/08/09(火) 23:21:14 ID:nPxmjUji
ヴィレッジ・ブックスの「少年時代」、表紙がすごくいい感じだね。
文庫で持ってるのに、つい欲しくなってしまった。

269 :名無しのオプ:2005/08/10(水) 00:06:22 ID:4ru8AnuR
age

270 :名無しのオプ:2005/08/10(水) 01:24:58 ID:+UiJ2ScD
トム・クランシー「国際テロ」
なんだか違うシリーズ読んでいる気がしてくる。
上巻だけですがまぁ面白いです。
カッスラーだと見せ場の二つ三つ出ているとこだがいまだに長いプロローグw


271 :1:2005/08/10(水) 12:15:28 ID:4ru8AnuR
「凶器の貴公子」ボストン・テラン、
テランどうも自分には読み辛い・・。

「国際テロ」自分も読みましたが、
長い割には、目新しいとこがなくて・・残念。

フェイ・ケラーマン、今月はないようだ。
代わってERミステリとか言うものが・・。

さて、きょうは講談社文庫新刊買ってくるざんす。

272 ::2005/08/12(金) 11:44:27 ID:uGXai7K6
講談社文庫新刊買ってきました。

「バブルズはご機嫌ななめ」サラ・ストロマイヤー、
プラムシリーズの悪しきコピー、・・作者自ら導師と・・
巧さがぜんぜん違うっちゅうねんえ。
細美遙子たん、溜まってるイヴァノヴィッチ、早く訳出してね。

「影の王国」アラン・ファースト、はこれから・・。

273 :1:2005/08/19(金) 20:21:00 ID:K7gjT8gI
最近翻訳ものの単行本買ってないなあ。

来月は、文春文庫で、ディーヴァーとクック、スレイド、
講談社でコナリー、創元で、マニングとケラーマン、
結構豪華じゃない?

274 :名無しのオプ:2005/08/25(木) 10:45:04 ID:geRnLL6g
ヴィレッジブックスでエリック・ガルシアの「鈎爪の収穫」出ましたね。
久々なので楽しみ!
ジョアン・フルークの「ファッジ・カップケーキは怒っている」も出てました。
こちらは早いペースで出るなあ…。

275 :1:2005/08/25(木) 23:43:50 ID:LfAX1AS3
早川文庫新刊、
「快楽通り12番地」マーサ・コンウェイと、
創元の、
「研修医エヴリンと夏の殺人鬼」レイア・ルース・ロビンソン、
買いました。どちらもだるい!だるすぎる・・。

フェイ・ケラーマンの例のシリーズ読み返していたんですが、
やはり面白い・・。

どこが違うんだろう、と考えこんだ昨日今日でした。

276 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 03:01:55 ID:tyEfoD9B
漫画・小説板
大杉と表示が出て見れない。
どうすればいいですか?

277 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 10:39:47 ID:RvVHkMRc
>>276
専用ブラウザを

278 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 12:41:49 ID:lZJ0aZY7
>>274
情報サンクス!

279 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 23:41:53 ID:r2yr6qth
>175
亀レスですみません。
オススメのうち下3行読んでいなかったので、そのうち入手しやすかった
「カーラのゲーム」を注文しました。
おとつい届いて、昨日、今日読んで・・・
うわわわわわわわあああああん。
いっぱい泣いてしまいましたよ。

発売当時見かけていたとしても、タイトルや帯では買わなかったと思うので、
紹介してくれた1さんに感謝、感謝です。
今まで知らないでもったいないことしてたなー。
みんなも読むよーに。

280 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 23:58:25 ID:2oahey7a
>>279
2ちゃんねるでは刊行当時からやたら評判いいんだよな。
正直感想はふつうだったから、絶対工作員がマンセーしてると思ってた。

新たな工作員の誕生か?


281 :名無しのオプ:2005/09/01(木) 13:00:54 ID:MfDAooAi
スティーブンスなら、「テロルの嵐」の方が好き

282 :名無しのオプ:2005/09/01(木) 13:01:54 ID:MfDAooAi
スティーブンスなら、「テロルの嵐」の方が好きだなあ

283 :名無しのオプ:2005/09/01(木) 21:51:52 ID:XFo+WPlZ
自分と意見の違うものは全部工作員扱いとは。

謀略系小説の読みすぎ。

284 :名無しのオプ:2005/09/01(木) 21:55:00 ID:1XLyBLu4
にちゃんねるは陰謀論者には居心地のいい場所だからある程度は仕方ない。

285 :1:2005/09/02(金) 00:21:42 ID:bLMQZJiR
誉めても貶しても新刊紹介、勘弁してちょ。

で、
創元
「春を待つ谷間で」S・J・ローザン、
新潮文庫新刊、
「回想のビュイック8」上下スティーヴン・キング 、
扶桑ミステリ新刊、
「究極のライフル」トレヴァー・スコット、
買いました。

キングはスタンドバイミー路線、ローザンはビルスミス編、
どちらも手堅く面白かったす。




286 :読後感:2005/09/02(金) 05:12:02 ID:aBd3/Qvy
「カーラのゲーム」読みたくなってきた

287 :1:2005/09/02(金) 16:30:03 ID:bLMQZJiR
「カーラのゲーム」、前半のボスニア内戦の部分は、
冒険小説屈指だと思ふ。後半の息切れは、認める。

で文春文庫新刊、
「獣たちの庭園」ジェフリー・ディーヴァー、 
「蜘蛛の巣のなかへ」トマス・H・クック、
「斬首人の復讐」マイケル・スレイド、
買いました。
これってかなり豪華なラインナップじゃない?

シリーズが進むにつれ、面白くなっていくマイケル・スレイド、
今作も好調。楽しみつつ読んでます。

288 :名無しのオプ:2005/09/02(金) 16:34:30 ID:fFVeGZHz
豪華ですな

289 :名無しのオプ:2005/09/03(土) 15:00:49 ID:GiaewPUL
まったくだ

290 :1:2005/09/04(日) 18:24:14 ID:TBoUcSUp
「斬首人の復讐」マイケル・スレイド、面白うございました。
カナダ騎馬警察サーガが面白すぎて、本筋が霞んじまうぜ・・。


291 :1:2005/09/05(月) 23:38:21 ID:gJpMDSCn
ディーヴァー、どうなの?
自分的には、「静寂」前、大化け前のにほひがくんくんして、
なかなか進まないんだけど・・。

292 :名無しのオプ:2005/09/06(火) 07:15:41 ID:nfWE2IBT
>1さん
リンカーン・ライムスレ↓ 414〜
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/974863579/l50

293 :1:2005/09/06(火) 09:28:39 ID:SRJJL8zX
>>292
ありがと・・。
評判いいのか・・、約一名だけど。
堪えて読み進むか。

294 :名無しのオプ:2005/09/07(水) 21:17:14 ID:JMx3Cb+J
堪えて読み進むか・・・スピーディーな展開じゃないのか!?

295 :1:2005/09/07(水) 21:31:02 ID:HtwoYCCE
・・ちっとも。

ジョン・ぺナムシリーズとどっこいどっこい。
やっぱりディーヴァーはふたりいると思ふ。



296 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 21:44:06 ID:R+lNw24Q
ディーヴァー・・・
頑張っても読み進まず。。。
長く険しいです、はい

297 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 22:49:33 ID:o78Ts/8U
黙って最後まで嫁一よ

298 :名無しのオプ:2005/09/12(月) 19:03:26 ID:tb0R0j5B
今月、新潮文庫から出版された海外ミステリー「絶壁の死角」著者/クリントン・マッキンジー
が何か面白いみたいですけど、どなたか読まれた人はいますか?もしいましたら感想を教えて下さい。
今度、読もうかどうか迷っています。あと最近出版された海外ミステリーでこれはお薦め!がありましたら、教えて下さい。

299 :1:2005/09/12(月) 21:06:25 ID:S+iAN14B
最近スルーの多い1が来ましたよ。
ディーヴァー最後まで読んだぞ、誉めてくれ。

さて「絶壁の死角」ですが、前作「コロラドの血戦」が、
面白そうな割りに、ひどくぬるかったので、スルーしました。

目下、創元の「逃れの町」フェイ・ケラーマンと、
講談社文庫のコナリーを待ち続けております。

今日はそんなとこで。

300 :名無しのオプ:2005/09/12(月) 21:23:17 ID:rpeF6VOU
コナリーってマイクルの方?
ジョンも来月出るみたいだけど。

301 :名無しのオプ:2005/09/12(月) 21:24:42 ID:xtmjlpfM
ディーヴァー新刊を読むのはそんなに苦行か
買わずにおこう

302 :1:2005/09/12(月) 23:33:05 ID:S+iAN14B
>>300
今月は、マイクルです。
おお! 来月、ジョン・コナリーも来るのか。
秋は、コナリー祭り・・。
「死せるものすべてに」のジョン・コナリーも期待大。

303 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 06:31:18 ID:drsNtIk9
ジェレミー・ドロンフィールドが来るみたいだね。

内容はミステリとはかけ離れているようだが。

304 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 18:31:20 ID:KX0GXghS
斬首人の復讐確かに面白いです、これに味をしめてブックオフで髑髏島の惨劇買ってきて
読んでます。

305 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 20:41:36 ID:xlih7LZy
俺はディーヴァー新刊そんなに苦行ではなかったw
確かにおもしろくはなかったけど投げ出すほどではなかった。

これからS・J・ローザン読むんだけどこれは外れないし楽しみ。

306 :名無しのオプ:2005/09/14(水) 07:33:06 ID:OhJNJmja
オレは面白かったよディーヴァー。
みんな趣味カライんじゃね?

307 :名無しのオプ:2005/09/15(木) 05:20:43 ID:C1p3QSX1
ローザンの魅力って何?

308 :名無しのオプ:2005/09/15(木) 11:50:41 ID:bN5OXfpw
「ぼくは死んでいる」フィリップ・ベッソン(ハヤカワミステリ文庫)

ただのホモ小説でした。
心理描写は面白いが。

309 :1:2005/09/16(金) 00:32:00 ID:DP6LBOxu
>>307
リディアのじらし・・。

>>304
暗黒大陸・・も読むとキャットが一段と可愛い。

講談社文庫新刊
「暗く聖なる夜」上下マイクル・コナリー、買いました。
ボッシュシリーズ最新刊、刑事引退して探偵になってるし。

310 :名無しのオプ:2005/09/16(金) 00:50:55 ID:NdUy8m94
文春文庫のクックの新作読みましたが、相変らず面白かったです。
「蜘蛛の巣のなかへ」です。

311 :名無しのオプ:2005/09/16(金) 01:44:10 ID:aGg1a4o8
>>308

題名だけだと「僕が死んだ朝」の続きに見えて、
ロバート・コーミアの新刊かと思った。

312 :名無しのオプ:2005/09/16(金) 23:44:00 ID:RP6oDqTr
「ダージリンは死を招く」ローラ・チャイルズ (ランダムハウス講談社文庫)

コージー好きなのですが、余りにも浅すぎる…。
シリーズ名が「お茶と探偵」らしいけど、ミステリと呼んでいいのか怪しいです。

313 :名無しのオプ:2005/09/17(土) 09:16:56 ID:YchBuJRa
ハーラン・コーベン新刊「ノー・セカンドチャンス」上下巻、購入。
ランダムハウス講談社文庫ってなんだろう。


「U.V.」セルジュ・ジョンクール(集英社文庫)読了。
もったいぶった描写にイライラすること請け合いです。
たいした話でもねーのに、ったく。


314 :名無しのオプ:2005/09/19(月) 14:27:55 ID:B40ZAFyA
斬首人の復讐、読了。
めちゃくちゃおもしろかったけど、訳おかしくね? 
ヘッドハンター、デキャピテイター、ヘッドシュリンカーっていう部タイトルが
「生首を狩ってみろ」「生首を斬ってみろ」「生首を喰ってみろ」になるって
へんだよー。

315 :名無しのオプ:2005/09/20(火) 01:55:13 ID:9bn17KHq
>>314
日本で出すのだからと、去年このミス国内1位とったあれをパロったんだろうな。
俺は目次見て爆笑したが。

316 :名無しのオプ:2005/09/20(火) 02:05:23 ID:o6U4bQk4
   ∧___∧   _____
  ( ´ ∀`)<俺のことか
  | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |  首  |
   ____ |

317 :名無しのオプ:2005/09/20(火) 15:46:32 ID:1+BPQpW6
>>316
お前に聞いてない

318 :313:2005/09/20(火) 22:55:58 ID:KKHGOiAG
コーベン新作読了。
読みやすく、面白い!
でも、一言だけ。
「レイチェルのアホ!!」

319 :名無しのオプ:2005/09/20(火) 23:21:47 ID:kRY8Pm8A
斬首人の復讐を読んだ後ではヘットハンターはネタバレですか?
やっとマイケル・スレイドの楽しさが判って来た今日この頃なのですが。


320 :名無しのオプ:2005/09/21(水) 00:33:23 ID:/uzK38Ox
>>319
「斬首人の復讐」の中で「ヘッドハンター」の内容の大部分が
(ダイジェストで)語られてしまっているので……。

あと、スレイドのスレはこちらにありますよ。↓
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/988008355/

321 :名無しのオプ:2005/09/27(火) 02:10:14 ID:B0E61Stq
ハーラン・コーベン「ノー・セカンドチャンス」買って来た
やけに上下が空いてると思ったら、一行の文字数が少ないみたいだ
上下で1530円は高過ぎるなぁと思ったが、前作の「唇を閉ざせ」が
600ページないのに上下で2000円越えてたから、ましになったのか?

322 :名無しのオプ:2005/09/27(火) 20:16:40 ID:AAUy+41J
エリック・ガルシア「鈎爪の収穫」読了。
相変わらずのバカミスで大爆笑。
「そんなんありかよ!」っていう突っ込み所満載でした。
でも著者あとがきでちょっとほろっとしちゃったよ。

しかし酒井昭伸訳って読みやすい。
考えたらハイペリオンシリーズだってあの大作・難作が
そこそこ読まれてるのも酒井訳あってのハナシなのかも。


323 :1:2005/09/27(火) 22:42:24 ID:44Kqun/M
創元のケラーマン待ってるうちに、
パソコンが新しくなりました。

新潮文庫新刊は、
「シャーロック・ホームズの息子」ブライアン・フリーマントル、
パスティーシュなのでスルー。
「覗く銃口」サイモン・カーニック、買って、雑なので不満残る。

マイクル・コナリーも不満だったぜ。


324 :名無しのオプ:2005/09/28(水) 03:31:23 ID:a+AMVmEr
>>320
ありがとうございます。

325 :名無しのオプ:2005/09/28(水) 14:27:19 ID:sj7uMjRz
1って結構選り好みがあるね。
誰かカバーしてくれないかな・・・。

326 :名無しのオプ:2005/09/28(水) 19:36:17 ID:qOw8RhUp
>>325
そうそう、1がつまんなさそうな感想書いてる本って結構面白いのが多いんだよね

327 :名無しのオプ:2005/09/28(水) 19:50:30 ID:QL4y/3Jn
>>326
だったらあなたがそう思った個々の本について「これはこう読めば結構面白いよ」とか
書いてくれればいいじゃないサ。別に1が全て請け負わなきゃならないってスレじゃ
ないんだからね。そんなふうに「多いんだよね」とかポツンと書かれても何の意味もない。
1の手短で端的な感想はとにかく参考になるよ。何を面白いと思うか何が好きかなんて
書き手それぞれの自由なんだからね。

328 :1:2005/09/28(水) 20:24:31 ID:PResFlP9
選り好みが多いのも認める。
人によっては面白い本、つまんなそうに書いているかもしれないことも認める。
根気がなくなって昔ほど手あたり次第読まなくなっていることも認める。

面白い本が大好きで、ただただ読み逃したくないばかりにはじめたスレなので、
そこんとこよろしく・・。

>>327 ありがと・・。

で、創元のケラーマンとヘニングまだあ?

329 :名無しのオプ:2005/09/29(木) 00:35:51 ID:tdqIQP98
>>327
自分の感想書くしかないしな。
嗜好が違うことがわかってれば充分なんじゃないの。

330 :名無しのオプ:2005/09/29(木) 02:30:16 ID:nUU3dJ3G
自分の好みだけで読んでると偏ってくるからな
嗜好の違う人のお薦めを教えてくれるのは、本当にありがたいよ

331 :名無しのオプ:2005/09/29(木) 16:05:02 ID:FaNfSpoT
>>326
そんな代表的な作品ってどれ?


332 :名無しのオプ:2005/09/29(木) 17:09:59 ID:1qzu9H1w
好きに読めばいいじゃない

333 :名無しのオプ:2005/09/29(木) 20:06:01 ID:KRP2afNy
1さんの趣味が偏ってるのがかえっていい味を出してると思うよ。
このスレ読んでる人で、それぞれ自分のお奨め新刊紹介すればいいんじゃない?
私は積ん読本が多いから、読み終わった時はもう新刊じゃなくなってる。役立たずでスマソ。

334 :名無しのオプ:2005/09/29(木) 20:22:32 ID:ECiv+Znx
誰に限らず気持ちがこもった感想はありがたいですね、はい
みんな違ってみんなイイ!!
趣向が違うのにホメる本が一緒だと、ミョ〜に楽しかったり
ま、マタ〜リいきましょかね

335 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 09:26:28 ID:csWmMZkP
1さんの速読にはいつも脱帽です。
今後も期待しています。

336 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 15:47:31 ID:cDk+w6z8
買ったものだけ書きゃいいのにわざわざ買わなかったものまで書いて
「パスティーシュだからスルー」とか理由にならん理由を書くのが
ムカつく

337 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 16:26:01 ID:7z6qVmpv
正直「こういう新刊が出ました〜」だけでいいんじゃないかな。
読後の感想はいらないと思う。まだ読んでない人だって居るんだし、
読もうと思ってた人がつい感想を目にしてしまい、読む気なくすってのも
ありそうだし。

ま「じゃこのスレ読むな」って云われりゃ御終いなんだけどw



338 :1:2005/09/30(金) 16:32:33 ID:FbJ7IGg8
なるほど・・。
それにしてもずいぶん人がいるんで驚きました。

自分では、偏ってるといわれるのは心外なんですが・・w。
読みやすさとエンターティメントの王道を言っていると。

出来のいい本は薦めたくなるし、ひどいやつは腹が立つ、
と言うことではだめですかね。

二見書房の新刊、
「ロシア軍侵攻」デイル・ブラウン、買って、今月はおしまい。
創元の新刊はとうとう出なかったなあ。

339 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 17:00:49 ID:cDk+w6z8
古典読まない
本格読まない
奇妙な味読まない
パスティーシュ読まない

このぐらいは偏ってるうちに入らないと

340 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 20:06:01 ID:7E1yhHz3
なんかこのスレに限らずさあ、
ここ1年個人サイトみたいなルールの押し付けが2ちゃん全体に見られるな。
そんだけ人が増えたってことか?ミス板とは無関係だと思ってたが。

ずっとROMってたが、少なくとも文句垂れてる奴より1のが価値がある。
1は文句言われるのが嫌なら余計なこと言わなければいい。
そうじゃなかったら、無視しろ。かまうだけ無駄。
あんたは十分参考になる情報出してくれてる。海外は情報得にくいだけに助かってる。

341 :コーベンファン:2005/09/30(金) 20:17:42 ID:UgGmKLBa
そうそう。
1よ、クサるな。

342 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 21:27:31 ID:I1npFBC6
1のおかげで何度か楽しい思いをしてる俺がきましたよ。
まったく340の言う通り。継続して感想を書き続けてくれる1はごちゃごちゃ
いうやつの100倍えらい。なんにしても実行しているやつはなんにもしてない奴
より偉いと思うぞ。気にせずマイペースでいってくれ、1よ。

343 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 21:36:45 ID:cDk+w6z8
個人ルールなんて誰も押し付けてませんが。
レス読んで言ってるのか?
とにかく1を弁護したいんだろうけど、言葉は正しく使いなよ。
感想書いてる1の方が100倍偉いとか筋違いもいいとこ。
養ってもらってるんだから親には一切文句言うなってのと同じ。
ブログじゃなく2ちゃんでやってる以上偏りをなくす努力を
するのは当然。でなきゃスレタイを変えるべき。

344 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 21:56:58 ID:7E1yhHz3
>>343
あんたの言ってることは否定してないよ。
むしろ賛成なくらいだ。だから俺も、

>1は文句言われるのが嫌なら余計なこと言わなければいい。
とレスしてる。

言いたかったのは1は新刊の情報だけ出せばいいとか、偏りがあるとかそういうのに対してだよ。
最初は>>339の言うように無駄なことを言ってつつかれることはする必要ない。
とレスしてたんだよ。でも、いちいち言わんでもいいかと思ってね。すまんね。

その上で言うと
>偏りをなくす努力
ってのは、1が選ぶ作品についてってこと?

345 :名無しのオプ:2005/09/30(金) 22:17:48 ID:Rfw+LaXA
流れを無視して書き込み。

マイクル・コナリー『暗く聖なる夜』読了。
個人的にはなかなか面白かった!
どんな圧力にも屈しない一匹狼ハリー・ボッシュ。
でも自分の人間関係では弱い面も見せるのがイイ。
第10作が待ち遠しい。

ブライアン・フリーマントル『シャーロック・ホームズの息子』も
即購入したけど、読むのはちょっと先になりそう。

346 :1:2005/09/30(金) 22:51:31 ID:FbJ7IGg8
「暗く聖なる夜」、コナリーにしては不満・・。
負傷した刑事の部分にだけコナリーのひりひりするような凄みがあった。
それにしても娘か・・。娘多いな、タフなデカには。

古典は大好きだし、本格も読むのだけれど、
いかんせん新刊が少なくて・・。
新刊情報だけじゃ、どうなのよ、と聞きたい自分もいて、
ごくごく簡単な感想書くようにしたんですが、
もう五年か六年になるか。

書き込みを見てると、みんな、まじめだなあ。
ちょと感動した。
応援?してくれた人も、ありがと!


347 :名無しのオプ:2005/10/01(土) 17:32:32 ID:QC02EFGp
こんどジェームズ・パターソン/〔著〕「闇に薔薇」を読もうと思っていますが、これって
主人公アレックス刑事のシリーズ物らしいですけど、やはり前作を読まないと、この本作は面白くないのでしょうか?
話しが繋がっているのでしょうかね?誰か読まれた方で分かる人がいましたら是非教えて下さい。
お願いします。この「闇に薔薇」だけでも単独で楽しめるのでしょうか?


348 :1:2005/10/01(土) 18:07:39 ID:3+Lh1ffc
「闇に薔薇」、単独でも大丈夫、と思うす。
順番とおり出てないし、繋がりもわからん。
でも今までで一番読みやすい、と。

で、やっとやっと・・創元の九月新刊、
「逃れの町」フェイ・ケラーマン、
「笑う男」ヘニング・マンケル、出ましたのよ。

ハリー・ケメルマンのラビシリーズが大好きだった自分には、
思い切りツボのデッカー&ラサルスシリーズ、ずいぶん待った。




349 :名無しのオプ:2005/10/01(土) 18:13:35 ID:Rj1k9Ue1
>>347
一応続篇があるのでそれが発売してから読むのが吉。
「闇の薔薇」のあのラストはなんだよッ
続篇が気になってしょーがねーよ・・・・

350 :名無しのオプ:2005/10/01(土) 18:52:40 ID:QC02EFGp
↑みなさん、ありがとうございます。参考になりました。続篇があるんですね。だったら、その続篇が出た後に
まとめて読んだほうがよさそうですね。でもその続篇はいつ頃出るのでしょう?

351 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 20:07:21 ID:GX8coqy7
このスレでオススメになってる本を探すために学校の図書館へ。
小一時間物色してると「鷲は舞い降りた」発見!!
意気揚々と帰宅して本を取り出すと「…飛び立った」

( Д)゚゚

どこで間違えたんだ…orz
コレは読まずに返却して、明日は確実に「舞い降りた」を借りてきます。

352 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 20:12:12 ID:ARK6SFtB
新刊じゃねーだろ

353 :1:2005/10/03(月) 23:43:59 ID:UVZYcJgI
「逃れの町」フェイ・ケラーマン、
「笑う男」ヘニング・マンケル、

どちらもしみじみよかったです。
シリーズ愛読者は読み逃しなきよう。
フェイ・ケラーマン、うまいなあ・・。

354 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 23:45:31 ID:TsAb86ZW
>>351
ガンバレヨー

355 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 23:53:44 ID:MzO1wCHT
ケラーマン夫はなにしてるんだろう
邦訳出てる?

356 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 01:26:10 ID:iFW9PM6p
>>346
だから嘘吐くなって…
論創社を始め各社から色々出てるじゃん
取り上げてるの一度も見たことないぞ
あんたにゃ感謝してる面もあるけどその言い訳癖何とかしろよ
素直に興味ないって言いなさい

357 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 02:27:18 ID:r+OwIPtE
>356
論創社のスレ見ればいいだろ。各社からいろいろ出てるとわかってるんだったら
自分でとりあげな。他人を嘘つき呼ばわりしといて「感謝してる面もある」とか
歯の浮くアリバイ付けんな。1が言い訳していようがいまいが、何に興味があって
何に興味がなかろうが、おまえが指図することじゃない。鼻クソの価値もない
おまえのその邪魔っけな駄レスのせいで、1が臍曲げるのを俺は何より危惧する。


358 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 02:58:44 ID:r+OwIPtE
>356
もう一つ。みんな身銭切って無償でやってる素人だってことを忘れんなよ。
出版社から本預けられて原稿料もらって書いてるプロの書評家だって、担当
本が多すぎるとかネをあげることがある。しがらみがあって好みじゃない本
誉めたり、どうでもいいことに百万言費やしたりしてるプロのレビューより、
純然たる趣味でやってる匿名読者の寸鉄の一言のほうを俺は百倍信用する。
たとえそれがどれだけ自分の好みに偏っていようともだ。

359 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 03:07:59 ID:iFW9PM6p
偏ってることよかそれを認めずにあれこれ言い訳することがムカつくの
まあ新刊紹介と銘打ってる以上は全ジャンルカバーしろと言いたいが


360 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 08:53:23 ID:Wqae8sAW
自分が読んだ新刊を紹介しあうスレだろ
なんで全ジャンル?取り上げて紹介しなきゃなんねーの

361 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 09:23:16 ID:pVWcmEbO
偏ってることを認める義務があるんですか?

362 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 12:06:02 ID:JzKqRqZn
そもそも>>1だけが情報提供するっていう趣旨のスレじゃないだろ。
なんで>>1をそんなに叩いてんの?
偏りがあるのは>>1に頼り過ぎた自分も含めた
このスレの住人全員のせいとも言えると思うだけど。

363 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 13:05:04 ID:I6ieTK7i
だから1は今まで通り偏った紹介をする、356はそれをフォローすればいいじゃないか。
っていうかそれほど言うならしてくれ。

364 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 18:35:49 ID:pVWcmEbO
「プリオンの迷宮」マルティン・ズーター(扶桑社ミステリー)
読んでる途中。たるい。
プリオンの話は真ん中あたりでようやく出てきた。

365 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 19:46:09 ID:Gurytqqw
356はこのスレで何か取り上げて紹介したことはあるわけ?

366 :パーカー信者:2005/10/04(火) 23:21:01 ID:7C5MEdwc
「本の雑誌」の翻訳ミステリー特集にひかれて買ってみたら
「ここ十年の絶対おすすめ翻訳ミステリー・ベスト10」の内
半分も読んでないことを発見

>>364
買おうかと思ってるんすけど、ぜひ読み終えたら
感想プリーズ
ロビン・クックみたいなカンジかと勝手に思ってたり

「蜘蛛の巣のなかへ 」(トマス・H・クック/文春文庫)
遅まきながら読了。
最後の一行でズガーン! とかいうんじゃないけど
ラスト近くではしみじみ泣いてしまった

367 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 08:56:16 ID:hxPvm9fL
自分はパーカー信者さんと趣味が一致しているみたいなので、
パーカー信者さんのお勧めの本は買っています。
スレッド1から見ていると、そのへんのことはわかりますね。

368 :364:2005/10/05(水) 15:09:22 ID:f31hPmO2
「プリオンの迷宮」読了
サスペンス皆無、アクションゼロ。
主人公が淡々と調査するだけ。プリオンは単なる小道具みたいなもん
で、医学サスペンスを期待したら痛い目に遭います。
最後に明らかになる事実は個人的には興味深いですが、これミステリ
じゃないよなー。
邦題はピントはずれすぎ。原題の方がストーリーに近いです(そうい
う話)。

369 :パーカー信者:2005/10/05(水) 20:37:11 ID:U/wEXyAn
>>368
ありがdっす!
原題を見ようとアマゾヌで表紙拡大して見てみたら
えーと、「完璧な友人」? …本屋でぱらぱら見て決めよう

現在はローザン読み中です

あとネタ振りに。>>366で書いた
本の雑誌のおすすめ翻訳ミステリーってのは
1.「ジョン・ランプリエールの辞書」
2.「クリスマスに少女は還る」
3.「わが心臓の痛み」
4.「ボトムズ」
5.「俺たちの日」
6.「悪鬼の檻」
7.「仏陀の鏡への道」
8.「バカなヤツらは皆殺し」
9.「さらば、愛しき鉤爪」
10.「トード島の騒動」
でした。自分は4冊しか読んでなかったっす…

370 :パーカー信者:2005/10/05(水) 20:58:26 ID:aKZp5kfq
連書きすんません
本の雑誌関連でもひとつ。
「翻訳ミステリー編集者匿名座談会」で

>C 一年以内に出さないとダメって感じですよね。
>某「このミス」一位作家にしても一作目はすごく売れて、
>二作目もかなり売れてたらしいんですけど、
>七、八年ぶりに出た三作目は一作目の十分の一だとか。

と言われてるのってどの作品のこと?
フロストかなとも思ったんすけど、そんなに間空いてない気がするし…

371 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 22:20:02 ID:cscs8TCs
え、フロストじゃないの?
自分もてっきりそうだと思ってた。
それともニールとか?

372 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 22:29:08 ID:u82ob6bJ
>>370
このミス海外1位
99年版 「フリッカー、あるいは映画の魔」
98年版 「フロスト日和」
97年版 「死の蔵書」
96年版 「女彫刻家」
95年版 「シンプル・プラン」

すごく売れた1作目が1位だとすると、7、8年よりさらに前だからこのあたり?
ダニングかなあと思いましたが、どうでしょ

373 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 22:46:49 ID:knbEVgKe
ダニングじゃない?

「死の蔵書」1996年
「幻の特装本」1997年
「失われし書庫」2004年
で条件にぴったりあってる。

374 :1:2005/10/06(木) 00:01:38 ID:HsXi4DAp
>>369
おつです。コピペでないとすると大変なご苦労・・。

ちなみに9/10、原書房の「バカなヤツらは」読んでないなあ。
ここ十年の絶対おすすめのベストワンが「ジョン・ランプリエールの辞書」か。
う〜〜む。

>>355
だんなは、講談社文庫で最近出た「モンスター」あり。
例のシリーズ。割と近作ではいい出来、と思ふ。

375 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 00:47:35 ID:3h3/LA1m
ランプリエールの辞書は必死こいて読んだなぁ
重かったよ……手が
ヒロインが実はホニャララしてたってのが驚きだった

376 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 00:52:46 ID:Lf+Vmd7G
ランプリエールの辞書面白いかい?
気軽には読み始められない厚さなんだがw
メタっぽいのかな

377 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 00:59:33 ID:MKKswVLS
なるほどね、ダニングだったか!>>372 乙です

でも、ダニングって「失われし書庫」の前に何か出てたよね。
自分は蔵書シリーズしか読んでないから分からないけど、
それはつまらなかったってこと?

378 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 00:25:36 ID:SLllm22u
>>377
うん、つまんなかった。かなり。蔵書シリーズとの落差が激しかったです。
修業時代かなんかに書いたものらしく、いかに苦労して書いたかって言い訳
じゃない前書きが10数ページついてたですよ。
忘れられないように速いサイクルで出すのも必要かもですが、あんまり玉石混淆でもねえ…。

「座談会」の
>> 一作目だけ出して、売りっぱなしで逃げるのが一番効率がいいって話になっちゃう
て発言、だからシリーズが途絶えがちなのかなあと…。

379 :1:2005/10/07(金) 22:20:26 ID:O4sGhnBJ
文春文庫新刊、
「顔のないテロリスト」ダニエル・シルヴァ、
「嘆きの橋」オレン・スタインハウアー、
両方買いました。かたやラドラムを凌ぐ、かたや往年のフリーマントル髣髴、
ちょっと・・、いやかなり不安。

で、早川の文庫新刊は、
「湖水に消える」ロバート・B・パーカー、ジェシーストーンもの、
「あの日、少女たちは赤ん坊を殺した」ローラ・リップマン、テスものじゃない、
で、 買ったのは、信じられないほど分厚い、
「啓示空間」アレステア・レナルズ、でSF・・。ほんとに厚いのよこれが。

380 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 22:38:21 ID:oSCyBmzq
>啓示空間
amazonで見たら1000ページ超えてるね。
こういうのって分冊したりしなかったりするのにどんな基準があるんだろう。

381 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 23:12:34 ID:wWa1e1Wl
読みかけのページで伏せて置いたりしたら、
そこで割れてしまいそうだなあ>1000ページ超

382 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 23:14:39 ID:8FgRAhXD
阿呆の早川のことだから京極にでも対抗したんじゃないか。
対抗の意味が間違ってるけど。

383 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 00:02:49 ID:e4UsMMpd
でもその方が安いからよし

384 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 04:11:15 ID:LibdsPiv
そういや、去年のこのミスの隠しだまでハヤカワが出していた、
「神々の指紋+ダヴィンチコード」って奴はいつ出るんだ。
トンデモ好きとしてはずっと楽しいにしてたのに。

385 :1:2005/10/08(土) 16:55:56 ID:k7FxzsVj
だれも内容を聞かない「啓示空間」で手間どっているうちに、
創元の新刊が出ました。

「サルバドールの復活」上下 ジェレミー・ドロンフィールド、
飛蝗の農場の・・。正統派ゴシックホラー、かと思って買ったら、
なにやら「半身」のにほひが。
よくわからないがとりあえず一位にしとくか本、と名付けました。
苦手な方なので、好きな方にはごめんね。


386 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 18:19:27 ID:Smcy7CgL
半身好きだから面白そう。

387 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 18:32:01 ID:3rtTKX+v
レズものってことか?

388 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 18:50:45 ID:aRHoYF5p
>よくわからないがとりあえず一位にしとくか本

ナイス!

389 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 19:39:29 ID:gy8j5OHA
>よくわからないがとりあえず一位にしとくか本
ワラタ。


390 :1:2005/10/08(土) 22:16:20 ID:k7FxzsVj
>>387
いえいえ、とにかく読み進んでも一向に方向性が見えてこない、
というか、もどかしい、というか、そんなの。

来月は、いよいよ「カーラのゲーム」のゴードン・スティーヴンズの新作、
「七月の暗殺者」発売らしいです。楽しみ楽しみ。
また月末ぎりぎりなんだろなあ。

391 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 13:02:08 ID:M/SwXXqm
飛蝗は面白かったけどね
てゆーか最初は勿論なにがなんだかわかんなかったが・・・

392 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 14:40:08 ID:fS/Cv3pv
なんかよくわかんないけど圧倒される小説

393 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 15:06:37 ID:s6YCn2QX
スティーブン・キングの日本人嫌いが今年も加速(推測)

394 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 15:17:59 ID:1E7oAV8Q
「ストーンシティ」
読み終わりますた。
まあまあでしたね。
ちんぽが何回もたったから元は取れたね。
次は「少年時代」Challengeっす。

395 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 19:40:19 ID:jD7JOfmW
新刊じゃない!

396 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 20:27:56 ID:k2+eVGF1
彼は過去からやって来たんだよ

397 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 23:44:06 ID:ykA7B44g
>>1さん
「啓示空間」でググってもあまり情報がないので、
よろしければネタバレにならない程度に内容をお願いします。
短編集?という話もあるようなんですが、千頁の短編集ってのは
ありえないようなので連作モノなのかな?
漢字四文字なところはイーガンの「万物理論」のイメージと
ダブるんですが…。

398 :1:2005/10/11(火) 00:14:39 ID:yLafsoIH
>>397
「ハイペリオン」を期待して読んだんですが、
あれだけの傑作は、そうはない・・。

どう書いたらネタバレになるかもわからないんですがw、
流行りの(いつからだ?)超古代文明、ハイパーナノテク、
巨大宇宙船などなど、最近のSFネタテンコ盛り長編。
読んでも読んでも終わらん・・。
もちっと物語性、叙情性があったらなあ、と。

それにつけても、ハイペリオン四部作の凄さよ。
あれがあれば、当分SFはいらんかも。

399 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 00:50:06 ID:0fBQq9+2
>>397
もう既読かもしれないけど、一応。

今日読んだSF/FT/HRの感想 4冊目より
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/sf/1120281850/319

400 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 10:32:01 ID:jpIdhpsu
>>1さん、>>399さん、ありがとうございます。
1さん
早読みの1さんもさすがに千頁あったら
読んでも読んでも終わらないですよね。
でも厚物(?)好きなんでとりあえず読んでみます。

399さん
SF板にこんなスレあったんですね。早速ブクマクします。
他の気になっていた本の紹介もあって役に立ちました。


401 :パーカー信者:2005/10/12(水) 18:30:25 ID:5vQuD6H6
遅レスですが>>370にレス下さった方々ありがとうございます
ダニングかー、盲点でした

「春を待つ谷間で」(S.J.ローザン/創元推理文庫)読了
事件自体は俗っぽいしけっこう荒事のシーンもあるのに、
舞台のせいかビルの性格のせいか全体的に静かな印象…

ふだんは衝動的に動かないのに、ピアノ触られてむっかり来る
ビルがいいなあ〜

あと新刊じゃないけどルッカの「耽溺者」も続けて読了
 面 白 い !
友人を救うために頑なに突っ走る主人公の姿と
「ジャンキー」という言葉の重さに胸が苦しくなるけど
一気に読んでしまった
中盤からのある意味意外な展開も個人的には○
ゲームの「鉄拳」とか出てくるのにちょっと笑ってしまった

もしシリーズ既刊未読でも、翻訳者の後書き読めば
準備OKなのでぜひぜひ。(北上次郎氏の解説は
ちょっとネタバレっぽいので先に読まないが吉)

402 :1:2005/10/14(金) 04:37:30 ID:6DQRJDS7
講談社文庫新刊出ました。
「奇怪な果実」上下ジョン・コナリー、
「凍れる森」C.J.ボックス、

死せるものすべてにのコナリー、二作目も同じシリーズ、
ゲイの殺し屋コンビも健在。前半やや冗長。

403 :1:2005/10/14(金) 12:29:16 ID:6DQRJDS7
「奇怪な果実」ジョン・コナリー、
渾身の盛り込みすぎ前作に比べると、だいぶ内向きというか、
散らかってる、というか。面白いことには変わりないが・・。
上下巻あっという間に一気読み。
メイン州バンゴアとか、いわくありげな土地柄も出てくるし。
もうシリーズ五作出てるそうなので、早く訳出して欲しいな。

404 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 22:28:28 ID:oVttfiLE
このミスにランクインしそうなのはどれかねえ

405 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 02:19:41 ID:Tdf4QAWp
デイヴィッド・アンブローズ「偶然のラビリンス」を読んだ。
バカミスと話題になった「迷宮の暗殺者」と同じで、やっぱり後半が驚き。
どうしてこう全然違う方向へ話が転換するんだろう。
ただ元のネタ(某映画)にすぐ思い当たるのが、「迷宮〜」と比べてマイナス。

406 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 22:10:47 ID:XPxCdLPs
フリーマントル「シャーロック・ホームズの息子」、読みますた
「最後の挨拶」的な陰謀を暴く話なんで、腹の探りあいみたいなに終始…
息子のやつ、人が死んでも現場行って捜査しねえんじゃよー
そういう作家だからといえばそうなんですが、パスティーシュとしてはちょい不満
訳者あとがきによるとすでに第2作もあるそうです

それにしても
>>「いつだ?」
>>「いつそれが起ころうとするのかということは、わたしが知らない多くの事柄のひとつです」
という翻訳はどーかなあと

407 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 16:47:44 ID:SQmOdHdQ
いまさらながら「逃れの町」購入
平積みになってたのでなんの気なしに取ったら
重い…重すぎる…重量が…
でも内容は値段に違わず。出す価値有り
今回は食事のシーンが少なかったかな


408 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 21:40:40 ID:OAeZBtBy
「顔のないテロリスト」の帯は何ですか?
久しぶりに腹の立つコピーでしたよ。

409 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 11:03:17 ID:R+kO7Xtl
「ピップスキーク!」講談社文庫。
最初のページから全くノレない。一章で挫折。
同時に読み出したコーニッツ「燃える警官」(昔のヤツを再読)は
すいすい読めるのに...。

410 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 13:18:38 ID:sMXxDXxp
凍れる森 講談社文庫
さくさく読めた。
ミステリーよりもアメリカの理想の父親像が見所だろうか。
デビュー作である前作の3年後で子供たちが大きくなっていた。
子供のために奔走するところは良かった。

411 :1:2005/10/20(木) 23:20:20 ID:yJgIvo9e
>>410
前作より収束してたというか、楽しく読めました。
鷹飼いのにいちゃんレギュラにして欲しかったな・・。

で、早川書房の単行本、
「カリフォルニア・ガール」T・ジェファーソン・パーカー買い、
ヴィレッジブックスの、
「パンドラの呪い」上下ジャック・ダブラル、
「黒い地図」ピーター・スピーゲルマン、買いました。
 黒い地図期待してたけど、主人公はともかく、文章がだるめ。


412 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 23:23:41 ID:lws6MWao
「文学刑事サーズデイ・ネクスト」がいつのまにか文庫になってたんだね!うれしい!
まだ読み始めたばかりだけど、おもしろくなりそうな予感でわくわく。

413 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 00:14:29 ID:0bMV7QF7
1よ、今年のベストテンよろ
このミススレでも海外予想はまるでないからさ

414 :つちのこ:2005/10/21(金) 08:43:48 ID:nG2GNcDE
候補

「最後の一壜」  スタンリイ・エリン
「死の笑話集」  レジナルド・ヒル
「殺人展示室」 P・D・ジェイムズ
「デセプション・ポイント」   ダン・ブラウン
「ウォータースライドをのぼれ」  ドン・ウィンズロウ
「鉄槌」  ポール・リンゼイ
「闇に薔薇」  ジェームズ・パターソン
「紐と十字架 」 イアン・ランキン
「黒い夏」  ジャック・ケッチャム
「カーテンの陰の死」  ポール・アルテ
「耽溺者(ジャンキー)」  グレッグ・ルッカ
「骨と髪」 レオ・ブルース
「アレン警部登場」  ナイオ・マーシュ
「輝く断片」  シオドア・スタージョン
「殺人者の街角」「検屍官の領分 」  マージェリー・アリンガム
「大尉のいのしし狩り」 デイヴィッド・イーリイ
「獣たちの庭園」  ジェフリー・ディーヴァー
「暗く聖なる夜 」  マイクル・コナリー
「愚か者の祈り」  ヒラリー・ウォー
「オルタード・カーボン」  リチャード・モーガン
「空高く」  マイケル・ギルバート
「忙しい蜜月旅行」  ドロシイ・L・セイヤーズ
「おれの中の殺し屋 」  ジム・トンプスン
「ストップ・プレス」 マイクル・イネス 




415 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 10:56:20 ID:3qpia4GA
「おれの中の殺し屋 」  ジム・トンプスン
これって「内なる殺人者」の復刊じゃなかったっけ

416 :つちのこ:2005/10/21(金) 11:33:40 ID:nG2GNcDE
>これって「内なる殺人者」の復刊じゃなかったっけ

このミスは復刊でも新訳だと対象に入るらしいので入れた。

417 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 12:14:51 ID:BeniE0DH
でもここ、文庫しか読んでないからな…

418 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 21:43:35 ID:T3gxZazB
獣たちの庭園(;´Д`)ハァハァ

419 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 22:19:42 ID:8hMPRSfM
トンプソンはノベライズだけど鬼警部アイアンサイドもあるな
リンカーンライムシリーズのファンの票が入・・・りませんね

420 :1:2005/10/21(金) 23:56:32 ID:bJEiiMF+
>>414
読んでないのかなり多し・・(;´Д⊂)
逆に読まなきゃよかったやつもあり。デセxxxxxxx。

早川文庫の新刊
「骨の島」アーロン・エルキンズ 、新刊なのよ再版ではない、と
「ブラッド・プライス―血の召喚― 」タニア・ハフ、表紙何とかしてください、
買いました。


421 :つちのこ:2005/10/22(土) 10:46:06 ID:QXO7CPE0
「死の笑話集」 はレジナルド・ヒル・ブランドで候補には入れた。
でも、個人的には20位に入らないと思うというか、
入って欲しくないというか、できるものなら入るの阻止したいというか。

「死の笑話集」は前作「死者との対話」の後日談的内容も含んでる。
でも後日談の決着のメ欄的な付け方はないと思うんだけどなー。



422 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 23:22:26 ID:8SpFlJMx
聖骸布血盟の感想、だれかよろ

423 :1:2005/10/25(火) 16:20:53 ID:CjmtE4WF
「骨の島」アーロン・エルキンズ、安心して読みました。
予定調和というか、手堅いというか、よくある話しですが。

で、角川文庫の新刊、
「復讐の血族」ジャック・ヒギンズ、買いました。
壮大で面白そうな話なんだけど、角川版のヒギンズは底が浅い、
というか淡白、というか、雑というかで、全然物足りないす。
初期の丹念な書き込みはどこいった?

424 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 16:49:22 ID:dQFQ30KZ
ディロンがらみじゃなきゃ買う
単発がいい

425 :1:2005/10/25(火) 20:55:22 ID:CjmtE4WF
ディロンがらみだす。

426 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 00:08:23 ID:d2XzKsNM
はい消えたー

427 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 07:57:07 ID:tP9ftd4p
>422
聖骸布血盟・・・
飛行機の中等で、ぼーっとしながらぱ〜っと読むとかならドゾ。
ダ・ヴィンチ〜よりびっくりもせず、雰囲気も匂わず。
面白くないわけじゃないけどオススメし難い本かな。

428 :1:2005/10/27(木) 21:27:05 ID:mha75b0Q
二見ミステリ新刊
「すべてが罠」上下 グレン・ミード、買いました。
グレン・ミード、「雪の狼」以外はなかなか当たらないが・・。

新潮文庫は、
「サイレントゲーム」パタースン、文庫化、と、
アラン・フォルサム、スルー、でした。

429 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 15:03:38 ID:Jg0ByYvC
ヘニング・マンケル「笑う男」読了。
前作は風呂敷広げすぎ感があったけど、本作はヴァランダーと仲間の話
に戻り、強引な感じもなくなって、楽しく読めました。

このミスでも10〜20くらいならアリじゃないかと。

430 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 18:45:14 ID:mx0dkoM5
扶桑社ミステリー新刊
パトリック・クエンティン『悪女パズル』たったいま読了。
シンプルだがよくまとまった佳作。
解説を読んで探偵夫婦の先に待っている事態にちょっと萎える。

431 :1:2005/10/29(土) 18:49:19 ID:yfUbcx40
>>429
最後は、ささやかなダイハードww。
 
扶桑ミステリは、
「始末屋ジャック幽霊屋敷の秘密」上下F・P・ウィルソン、
シリーズ6作目、そろそろ世界が滅びる頃じゃないかい。
一巡して。スピード感がなくまだるっこしい。

ウォーレスは、文春タイトル換え再版。
もういいかげんやめてくれ!

432 :1:2005/10/29(土) 18:50:26 ID:yfUbcx40
あらあら・・。
「悪女パズル」も買えばよかったのね。

433 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 19:51:49 ID:4bomEHLc
>>430
俺も以前エッセイで読んでるから手が出しにくい

434 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 23:12:20 ID:C6ZCsUGZ
>>430
解説にどう書いてるのか知らないが、最後の作品の後にゲストで出てる
『わが子は殺人者』にちゃんとなかのいい夫婦として登場してたはず。
途中では仲が悪くなるらしいけどね。

435 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 23:15:24 ID:Fbn1ApQX
>>430
ネタバレしているのでしょうか?
「俳優パズル」「呪われた週末」「女郎ぐも」などと一緒に
読み進めていこうと思っているので。

436 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 23:22:57 ID:4bomEHLc
>>343
マジ?なら読めるな
つか離婚しなかったのか
パパイラスの船長に騙された?

437 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 12:52:44 ID:6AonFpyN
『悪女パズル』読了。これかで昼飯食える。
解説でも書いているように妙な伏線がいろいろあって面白かった。
>>435
ネタバレはしてなかったです。これまでのシリーズの夫婦関係のおさらいがあったくらい。

438 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 13:18:50 ID:ysqhQN71
先日2回目のブルマを着用しての外出をしましたのでご報告します。

10月12日(水) 午後6時半 ○○市営体育館

上は前回と同じグレーのTシャツ、下はスクールユニのブルマ(濃紺無地・サイズM)を直履き。
ブルマの上に短パンを着用して家を出て近所の公園まで徒歩で移動。
そこで短パンを脱ぎ、Tシャツをブルマの中に入れてブルマが丸見えの状態にする。
公園から徒歩3分ほどの市営体育館に移動。
体育館には外側に階段があり、それを昇ると建物をグルリと一周するように囲んでいる2階のバルコニーに行ける。そこにはまず人が来ないのでバルコニーを目指す。
バルコニーを順調に歩き建物北西部の角を曲がったところ、制服姿の女子高生3人がタバコを吸っているのに遭遇する。
心臓が飛び出しそうなほど驚いたが、今更引き返すのもワザとらしいので意を決して彼女達の脇を通り抜ける。
3人はコソコソと何かを囁きあっている。
彼女達の側を通り抜けた瞬間、一人が話しかけてきた。

女子高生A「ねー、お兄さんがはいてるの、それもしかしてブルマ?」
私は開き直って答えた。
私「うん、そーだよ」
3人は「キャー やだー」と声を出して笑った。友達と一緒で安心なのか彼女達は私のことをキモチ悪いというより面白いと感じているらしい。
女子高生A「ブルマって女の子がはくもんだよー 男の人が履くなんて絶対ヘン!」
女子高生B「どーしてそんなのはいてるのー?」
私「動きやすいから好きなんだよ」
女子高生3人「ギャハハー!!」
私「よくブルマなんて知ってるね」
女子高生A「だって体育の時にはいてるもん」
私「へ? 今はブルマなんてはかないんじゃないの?」


439 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 16:43:05 ID:eBKTU2Fm
超亀レススマソ。
「カーラのゲーム」読みまつた。
3Pのとこが一番ドキドキしまつた。
以上

440 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 09:58:48 ID:ElCrOnbR
>>439
3「ページ」めのところだと思って、冒頭からそんなに
盛り上がるトコあったっけ?と思ってしまった。

441 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 15:29:10 ID:R/ILhplL
カーラのゲームってロールプレイング的ですよね

442 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 00:54:04 ID:n9X6c7Ux
カーラのゲーム益々読みたくなってきた

443 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 01:12:22 ID:4sLQ18Ba
スマイリーシリーズかと思った

444 :パーカー信者:2005/11/06(日) 03:53:16 ID:mpFSOTUX
「サルバドールの復活」(ジェイミー・ドロンフィールド/創元推理文庫)

友人の葬式で久しぶりに出会った大学時代の女友達。
ダートムーアに建つ城館、捕らわれた(?)女性たち、
助けの騎士になれるんだかならないんだかよくわからん
ヘタレ小説家とヒッピーもどきのカップル他。

いや面白かった。「黒衣の女」とか「たたり」みたいに
なるのかと思ってたら、思いの外展開が
トンデモぽかったりして(誉めてるつもりです)。

難をいえば、時間線ごちゃごちゃに一気に多数のエピソードが
提示されるので、読んでてもなかなか先が見えなくて、
先にラストを読みたくなる誘惑に耐えるのが大変でした…
(結局ぶっ通しで読んでしまった)

飛蝗より、自分はこっちが好き。

445 :1:2005/11/08(火) 16:33:01 ID:cQFls1rY
早川の文庫新刊、
「メランコリー・ベイビー」ロバート・B・パーカー、買いました。
サニー・ランドル・シリーズ、ザンスーも出まくりざんす。

文春文庫は、翻訳ものないようだ・・。

446 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 13:46:09 ID:p2BDQkQs
>>414
「空高く」はどことなく牧歌的で面白かったですよ。
ヴィレッジミステリっていうのか、ミス・マープルとかあんなのが好きな人にはオススメ

447 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 01:29:21 ID:MuyMdecm
>>444
サルバドール、疲れた〜
でも面白かった。色んなとこに連れて行かれた気分

448 :名無しのオプ:2005/11/12(土) 20:47:10 ID:Wigw3mEq
::|     /ヽ
::|    イヽ .ト、
::|.  /   |.| ヽ.         
::|. /     |.|  ヽ        
::|-〈  __   ||  `l_       
::||ヾ||〈  ̄`i ||r‐'''''i| | 地球人も、落ちたものだな…
::|.|:::|| `--イ |ゝ-イ
::|.ヾ/.::.    |  ./   
::|  ';:::::┌===┐./    
::| _〉ヾ ヾ二ソ./
::| 。 ゝ::::::::`---´:ト。
::|:ヽ 。ヽ:::::::::::::::::ノ 。 `|:⌒`。
::|:::ヽ 。ヾ::::::/  。  ノ:::i   `。
::|:::::::| 。 |:::|  。 /:::::::|ヾ:::::::::〉
::|::::::::| . 。 (●) 。 |:::::::::::|、  ::::〈

449 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 11:57:42 ID:Q0UqTHUs
このミススレによると
リッチー、スタージョン、マレル、ウッドハウスなどが
上位に来てるらしいよ
ここの住人にはあまり縁が無さそうな感じだが…

450 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 18:51:17 ID:FOFQigjq
講談社文庫新刊「汚れた翼」ジャン・バークを買った。
「骨」はおもしろかったのでこれにも期待。

451 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 20:46:33 ID:a5eCapX0
ちょっと古いけど…
「黒い地図」ヴィレッジ文庫

ウォール街が舞台で探偵が云々、なんて
どこかで読んだような話かな?と思ったら…
思いがけずオモロイ!
初めてトゥローやグリシャムを読んだ時を思い出したです
(いや、彼等程のめり込む感じはないんだけど)
購入時、それ程期待してなかったので、得した気分
続きがある様子なので、楽しみ

452 :1:2005/11/18(金) 00:36:12 ID:+BcZTFFo
講談社文庫新刊、
「汚れた翼 上下」ジャン・バーク、
「魔力の女」 グレッグ・アイルズ、買いました。
バークは「骨」以来とても快調、
アイルズも「24時間」以来とても読みやすくなったのですが、
今作はちょっと変わった感じ。

講談社翻訳ミステリベストで、「カインの檻」押してる人少なくてがっかり。
コナリー、コーンウェルは、ま、しょうがないにしても・・。

来月は、創元で、キャロル・オコンネルの最高傑作とされるやつが出るらしい。
楽しみ。
講談社文庫は、またまた年末高齢のスカーペッタあり。

453 :1:2005/11/18(金) 01:03:56 ID:+BcZTFFo
あと創元推理文庫の1344円、
「よい子はみんな天国へ」ジェシー・ハンター、も買いました。
タイトルが何気に怖い・・。

ゴードン・スティーブンスの新刊は月末。


454 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 23:37:26 ID:+bfs/vsX
ゴードン・スティーブンスの新刊、今日入手しました。

455 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 01:42:00 ID:Uxrla56D
>>454
上下巻とも945円たぁ強気だね。分厚いの?

456 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 08:07:35 ID:Ejjy7DhS
>>455
上巻382ページ、下巻379ページです。


457 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 17:34:16 ID:9cNeTTjB
売ってたねー。
買わなかったけど。
早くレポレポ汁>>1

458 :1:2005/11/24(木) 16:44:10 ID:7Ea4C8Fy
横浜は、やっといましがた店頭に並んだとこやんか。

で、創元推理文庫新刊、
「七月の暗殺者」上下ゴードン・スティーブンス、

一冊にまとめて1200円くらいにしといておくれでないかい。
出だし緊迫感あり、なかなか。

459 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 20:16:44 ID:tgHZVK0J
おい>>1、マレルの新作は読んだのか?

460 :1:2005/11/25(金) 00:07:48 ID:DX4XOLAP
「七月の暗殺者」上下ゴードン・スティーブンス読了。

「カーラのゲーム」の方が数段上か・・。

いかんせん1993年著、アイルランド情勢もかなり古いし、
ダイアナは生きてるし・・。二人の女主人公のイメージ分散もマイナス。

辛口になりましたが、アイルランド紛争の背景描写や、
緻密なストーリー展開はさすが。

ただ丁寧に書いている分、パワーがなくなったような気が・・。

冒険小説愛読者諸氏、読んで感想きぼ〜ん。

461 :名無しのオプ:2005/11/25(金) 21:06:58 ID:+MrAg2jy
>>460
ミッチェル・スミスと同じカテゴリに入れとくか。

つ「ゴードン・スティーブンス」

462 :1:2005/11/25(金) 23:29:29 ID:DX4XOLAP
そんなに傑作は連発できない、ちゅうことで。
そうしてみると、高水準のシリーズものを続けてるヤツラはすげえ、
ということに・・。

そういうわけで、早川の単行本、
「獣と肉」イアン・ランキン、リーバス最新作、
と文庫、
「レイジング・アトランティス」トマス・グレニーアス、買いました。

463 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 08:52:36 ID:VJLZLsB6
今度ジャン・クリストフ・グランジェの新刊出るんだってね

464 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 18:03:16 ID:Fckst+jv
スティーブンキングの最新作のレポよろ>>1

465 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 18:15:52 ID:G16dUFB4
>>464
『ダーク・タワー』のこと?
新作じゃないよ。新訳だけど。
角川文庫(1998)→新潮文庫

466 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 18:58:32 ID:Fckst+jv
>>465
まじで!orz
でも感想よろ

467 :1:2005/11/26(土) 19:39:55 ID:8u8DQio6
>>463
渋いなあんた・・、「狼の帝国」だね。

中途半端な「レイジング・アトランティス」を読み終わったあと、
・・地球の薄皮のような表皮が動くことをはじめて知ったぜ、こわっ・・
「獣と肉」・・、だんだんハードになっていくな、おい。


468 :名無しのオプ:2005/11/27(日) 14:47:54 ID:Oo4tdZMP
>>467
グランジェだけじゃなくて最近フランスミステリ(アルテ、オベールなど)に注目してる。
グランジェの自作またグロいのかな?

469 :1:2005/11/29(火) 21:47:52 ID:GaRT53xa
「獣と肉」は、満足。

扶桑ミステリ新刊、
「闇のアンティーク」サルヴァトーレ・ウォーカー、
買って、絵画美術ミステリ好きとしては大いに失望。出来の悪いロマンス風。

新潮文庫の、
「侵入社員」上下ジョゼフ・フィンダー、は気がのらず・・。
・・もしかして新入社員の洒落でつか?
「ダークタワーTガンスリンガー」スティーヴン・キング、は
大きい方で読みました。


470 :パーカー信者:2005/12/01(木) 17:23:30 ID:WegbOl0N
INポケのベストでロックンロール・ウイドーがかなり
いい線いってて嬉しかったっすよ〜

「奇怪な果実」(ジョン・コナリー/講談社文庫)
いやー人が死ぬ死ぬ死ぬ。
相変わらず話は面白いのに訳でひっかかるところ多々。

>なんらかの理由で、殺人者はあまり強くない犠牲者を
>見つける必要性を感じるところまできて、殺人がやむ」

↑(下巻、146頁)はサイコキラーが一時殺人をやめる説明
なんだけど、ぱっと読みでわっかりにくいなーと…

「殺人者は、なんらかの理由で犠牲者を見つける必要性を
あまり強く感じないところまできて、殺人がやむ」

って意味なんすよねたぶん?(もしかして作者が悪文なのか)

あとこの訳者、女性がみんな一人称「あたし」で語尾に必ず
「〜よ」「〜だわ」とかつけるのやめて欲しい。
女性らしい喋りにしようとするあまり逆にワザとらしく
なってるし、全員同じにきこえる……

前作で気になった、どいつもこいつも二人称が判で押したように
「おたく」なのは一部改善されててありがたい〜

471 :名無しのオプ:2005/12/02(金) 18:57:01 ID:vmarwMI7
>なんらかの理由で、殺人者はあまり強くない犠牲者を
>見つける必要性を感じるところまできて、殺人がやむ」

この2行を解読するだけで、頭痛くなってきた…

472 :名無しのオプ:2005/12/02(金) 20:26:05 ID:3jY9X89K
強い人間ばかりを殺すのを目的としてきたシリアルキラーが
(自分の肉体の怪我等の理由で)あまり強くない
犠牲者を見つける必要がでてくるが、そうなると
本来の目的が達成できなくなるので殺人をやめちゃった

というストーリーが思い浮かんだが、きっとそういう話じゃないよな

473 :名無しのオプ:2005/12/03(土) 02:05:14 ID:hMTGkTmV
>>470
私も>>472のように解釈した。
まだ読んでないから何とも言えないけど、わかりにくい訳文だなあ。

474 :名無しのオプ:2005/12/03(土) 17:30:04 ID:PNre+zrn
こんなときはエキサイト先生に頼むのです

The murderer comes to the place where the necessity for finding a victim so not strong is felt,
and the homicide stops for some reason or other.

殺人者はしたがって、犠牲者が強くないのがわかることへの必要性が感じられて、
殺人がなんらかの理由で止まる場所に来ます。


475 :名無しのオプ:2005/12/03(土) 18:48:34 ID:QWQliA2D
わかりにくい訳文って言われる場所に来たこともあるけど、
本来的なとこによる原文の文それ自体がやさしくないこともないだろ。

476 :名無しのオプ:2005/12/03(土) 19:03:04 ID:0K5h9Ndr
こうやって元の文を持ち出せる人が書き込んでたりするところがここの長所だなあ

477 :名無しのオプ:2005/12/03(土) 22:23:23 ID:ZevetVAs
原文だと作者が言わんとすることが一発で分かった。

478 :パーカー信者:2005/12/04(日) 00:53:36 ID:Np4rwRPn
>>474さんの挙げてくれたのが原文なら、
別に元が悪文てわけではないような〜

風景とか細かく書き込む作家だし(雪が降った時の
描写とかカコイイ)話もせっかく面白いのに、訳文で
再三気持ちが削がれるので非常ーーーに勿体ないです。

479 :名無しのオプ:2005/12/04(日) 08:58:49 ID:JF07VSba
このスレに来て、元の意味もわかったのでまあいいか…
気を取り直して、新しい本の紹介お願いします。

480 :名無しのオプ:2005/12/04(日) 19:56:11 ID:tYEDDXBJ
>>474の英文はエキサイト先生の和英訳だよw

481 :名無しのオプ:2005/12/04(日) 20:00:47 ID:/OddZnfj
そういうことですかい

482 :名無しのオプ:2005/12/05(月) 01:20:05 ID:KQTLVHLH
書店に行って原文チェックしてこようかな?
>>478
その訳文が、大体どの辺に出てくるのか教えてください

483 :名無しのオプ:2005/12/05(月) 01:42:39 ID:JzuEXSf9
「黒い夏」 ジャック・ケッチャム すごく面白かったよ。つちのこさん、ありがと。

484 :名無しのオプ:2005/12/06(火) 02:14:27 ID:Ea7cW4E9
483ですが、ここの1さん、いつもスレッドでの紹介本参考にしてます。
お礼が遅くなりましたがこれからもよろしく。

485 :1:2005/12/06(火) 20:12:37 ID:tp/AXZu0
文春文庫新刊
「クリスマス・プレゼント」ジェフリー・ディーヴァー、
短編集、短編だと「・・どんでん返しのためにすべてがある・・」のがさらに際立って、
つまんない、正直な話・・。 
「無意識の証人」ジャンリーコ・カロフィーリオ、はさらっと立ち読み。


486 :1:2005/12/09(金) 00:44:55 ID:aj0/YweZ
早川書房の新刊
「冷たい銃声」ロバート・B・パーカー、スペンサーもの新作。
「悪党」のあいつが出てくるまでは、すばらしく血沸き肉踊る感じ、
後半は????? わざとなのかパーカー・・。

光文社文庫、珍しく、
「夜明けのフロスト」R・D・ウィングフィールドほか、
買いました。短中篇集。

「このミス」が出てましたが、読んでないのばかりで、
コメントする資格なし、と思いました。スマソ。

487 :名無しのオプ:2005/12/10(土) 12:19:34 ID:UGgHxzYR
>>486
>「このミス」が出てましたが、読んでないのばかりで

このスレ住人的には・・ってか海外ファン的にきついBEST10でしたね。
入ると思ってたクックやサルバドール、カインの檻やウォータースライドなんかが
そろって21位以下になってるし・・

クライムマシン/ジャックリッチーって誰よ?

488 :1:2005/12/10(土) 13:28:41 ID:opgP1ru3
>>487
ジャックリッチー、小林信彦さんや、EQを知っている人には、
懐かしい名前なのですが・・。
短編は抜群にうまい、とは思うのですが・・、今かよ、とも思います。

創元の新刊
「狼の帝国」ジャン=クリストフ・グランジェ、出てました。
買いました。まだ未読・・。

「魔術師の夜」キャロル・オコンネル、待ってるぞ・・。
たとえ上下巻に分かれ、値段が高くとも・・。


489 :名無しのオプ:2005/12/10(土) 17:23:32 ID:WTzcQAiG
ジャック・リッチーはヘンリー・スレッサーと
同系統の作家だと思っているのですがどうでしょう?

490 :名無しのオプ:2005/12/10(土) 18:20:16 ID:vBzZb46s
それでよいと重いまつ

491 :名無しのオプ:2005/12/11(日) 12:49:06 ID:ROme3G7w
あんたら文庫しか読まないからね…www
プwww

492 :名無しのオプ:2005/12/11(日) 13:05:03 ID:p/uj2JFT
このミス、個人的には面白いとここで誉めた
「暗く聖なる夜」が上位でちょっと嬉しい。
「ウォータースライド」は3作目までが良すぎたな。
単体では悪くないけど、前作までと比較すると
評価が落ちるのは仕方ない。
3作目までが好きな人ほど辛い評価になりそう。

「無頼の掟」「百番目の男」「最後の一壜」、
買ってあるけど、ずっと積んだままにしてたな。
そのまま忘れるところだった。そろそろ読んでみるか。

493 :名無しのオプ:2005/12/11(日) 15:57:11 ID:9tcWBVaT
クライム・マシーン
今朝の読売で逢坂剛が書評してた

494 :名無しのオプ:2005/12/11(日) 17:08:38 ID:LpQJb/5f
>>493の概要
p://www1.speednet.ne.jp/~ed-fuji/today.html
(明日になると消えます)

495 :名無しのオプ:2005/12/11(日) 20:51:45 ID:D+8ucIaS
>>487
あんたただの古典嫌いじゃん

勝手に自分が多数派みたいに語るなよ

496 :パーカー信者:2005/12/16(金) 03:10:37 ID:tCkmXkiH
「翼のある子供たち」(ジェイムズ・パターソン/ランダムハウス講談社文庫)
読了

この作者ってほんとにいろんな出版社から出るっすね…
タイトルそのまんまな話でした。
児童書かライトノベルっぽい表紙にしたらもっと売れたり
しないかなあ〜

いまいち人間に翼のついてる絵が想像できないんすけど、
文章からすると翼を折りたたんだ中間に手がついてる?
天使みたいに羽が独立してるんじゃなくて、
翼が腕も兼ねてるってか始祖鳥みたいな感じ?

ヒロイン二人(獣医と翼のある女の子)がとにかく前向き、
頑張る頑張る。特に女の子は宮崎駿ヒロイン系。
彼女が飛ぶ描写はほんとうーーに気持ちよさそうでうらやましい…

展開にムリっぽいとこもあるけどスパっと読めて
カラッと爽快になれます。

497 :パーカー信者:2005/12/16(金) 03:38:37 ID:zLyUrG3u
すいません、>>496表記はパターソンじゃなくてパタースン

パターソン表記は闇に薔薇でした

498 :名無しのオプ:2005/12/17(土) 16:30:19 ID:vjAcVBqV
ドンマイパーカー信者君。
やまない雨はないんやで。

499 :名無しのオプ:2005/12/17(土) 17:16:45 ID:Zl0u3ML0
夜明け前が一番暗いんやでパーカー信者君。

500 :1:2005/12/18(日) 23:43:34 ID:eNwCO0Z+
今年も新刊、残り少なになってきました。

ランダムハウス講談社の文庫
「廃墟ホテル」デイヴィッド・マレル、
ネタ的には洞窟探検的ゴチックホラーで、好みなんだけど淡白。

ヴィレッジブックス新刊は、
「シュガー・クッキーが凍えている」ジョアン・フルーク、
半分はレシピ、殺人事件はこんなのありか???
「素顔なき女豹」マーク・バーネル、枕元に積読。

創元推理文庫は、オコちゃんまだ・・、で、
「夢なき街の狩人」W・L・リプリー、自然派タフガイもの。
荒いけどまあまあ。

「大聖堂」ケン・フォレット、が聞いたこともないような文庫から、
再版されてました。
上中下でお正月休み楽しめます。







501 :名無しのオプ:2005/12/19(月) 00:50:08 ID:3Q94kji/
>>500
お、シュガークッキー出たのか
いつも楽しみにしている。ミステリとしてではないけどw

502 :名無しのオプ:2005/12/20(火) 10:52:50 ID:flHP2/w4
クイズ番組の司会のおじさんが絶賛してたんで
「大聖堂」読みたかったのに、新潮文庫から消えたと思いきや…トンクス!!!

503 :名無しのオプ:2005/12/20(火) 10:57:06 ID:SMD9HJ2b
ソフトバンクPC以外の書籍もやるようになったのか

504 :1:2005/12/20(火) 17:31:07 ID:QV3S9dJm
今日は特にご報告することもないのですが・・、

講談社文庫、平積みの女王、
「神の手」上下パトリシア・コーンウェル、買いました。
クリスマスでぶが暴走族になってました・・。

505 :名無しのオプ:2005/12/20(火) 20:41:25 ID:Txfy+JFH
>>503
ケン・フォレントの「大聖堂」か。
参入してくれるのは良いけど、腰据えてやる気はあるのかな。
版権買取 → 即絶版 のコンボが怖い・・・。

506 :名無しのオプ:2005/12/20(火) 21:43:02 ID:BmxiJO99
>>505
新潮社が版権を手放したとは限らないよ。
複数の会社が版権を持っている場合もあるから、
何か売れそうなきっかけがあれば、
また再販をかける可能性もあるような。
ともあれ、現時点で新潮社が絶版のまま放置しているなら、
一時的にせよ、復刊されるのはありがたい。
過去の名作、話題作などが出るといいなあ。

507 :名無しのオプ:2005/12/20(火) 22:08:33 ID:xpVwdoQ5
「大聖堂」は文句なしの傑作。
基本的にはミステリだけど、3種の物語が渾然としている。
僧職の世界のドロドロ、建築職人が大建築へ挑むモノ作り、領主たちの政治闘争。
この3つが同時進行で、しかも関連し合っている。
一読を。

508 :名無しのオプ:2005/12/20(火) 23:09:56 ID:SMD9HJ2b
じゃあ読んでみるかな

509 :名無しのオプ:2005/12/21(水) 14:19:19 ID:uFy/TbVm
一時期年末になるとケン・フォレットの新刊が出てましたよね。
年末年始の休みに読むのにいい分量だったので、出る度に買ってました。


510 :名無しのオプ:2005/12/21(水) 19:20:50 ID:w0nzYI83
俺も悩んでたけれど、年末年始はせっかくの休みだし「大聖堂」を買うかねえ

511 :名無しのオプ:2005/12/22(木) 00:17:39 ID:gyeWar9m
「堕天使の報復」の続編がヴィレッジブックスから出てるとは思わなかった。
でも続きモノなのに出版社が違うってのはなんだかな・・
似た様なので新潮「高度6万フィートの毒殺」 徳間「臓器ハンター」ってのも
あったけど。



512 :名無しのオプ:2005/12/22(木) 00:46:35 ID:5YZNOydp
続き物で出版社が違うなんて昔からよくあるけど

513 :1:2005/12/23(金) 00:04:20 ID:dnR0cbfe
創元推理文庫新刊、
「魔術師の夜」上下 キャロル・オコンネル、出てました。
相変わらず面白いな〜。ちびちび大事に読もう。

新潮文庫新刊は、
「クルスク大戦車戦」上下 デイヴィッド・L・ロビンズ、を買い、
あとは、サンドラ・ブラウンとキングのダークタワーの続き・・。



514 :書斎魔神 ◆vkHTV4M25U :2005/12/23(金) 00:19:46 ID:7om3NdpH
パイパンシャラポワとSEXしてーなー。
俺「ケツの穴にも入れていい?」
シャラポワ「ダブルOK」
みたいな


515 :名無しのオプ:2005/12/23(金) 23:22:55 ID:PHh8Rt58
『大聖堂』、書店で見たらおもしろそうだったので英語の方を注文してみた

516 :名無しのオプ:2005/12/24(土) 00:43:48 ID:01YQf8FM
ここでみて「大聖堂」買ってみました。
まだ読みはじめだけど、おもしろい。ぐいぐい引き込まれる。
集中しすぎて電車乗り過ごしちゃって遅刻しそうになった。

517 :名無しのオプ:2005/12/24(土) 01:19:12 ID:jhUiwPlY
いま密かに大聖堂ブームなのか?
むむぅ、乗り遅れてるかも…

そんな自分は「告白」(ハヤカワ文庫 ドメニック・スタインズベリー著)に
かな〜りの勢いで意気消沈…
続く「神の手」で微妙にボーゼン中
…だけどマロリーとお菓子のハンナが残っているので、ま、いっか
てなクリスマス・イヴです

518 :名無しのオプ:2005/12/24(土) 09:53:49 ID:A39KBD79
俺も「大聖堂」買ってきたよ。
・・・新潮版をブックオフで。

519 :1:2005/12/24(土) 12:53:32 ID:iOsK5Qub
「大聖堂」、復活おめ。

>>517
お菓子のハンナでさらに呆然は必死かと・・。
つーか、ストーリーいらんだろ。悪口じゃないのよ。

年内、扶桑でなんか買うもんあるかどうか。

520 :名無しのオプ:2005/12/24(土) 13:30:46 ID:J3Q+OfF3
「トリプル」「針の眼」ぐらいの時にはまって読んでました
その後の作品では「大聖堂」がベストですか?
5.6作読んだと思うんだけど「大聖堂」は読んでません

521 :つちのこ:2005/12/24(土) 15:10:44 ID:FG8zgbwN
「クリムゾン・リバー」「コウノトリの道」のジャン=クリストフ・グランジェの新作が出たっ♪
「狼の帝国」 こんなのを待ってたんだよ、これぞミステリ!という読み応え。

平凡で(でも安全)幸せな(でも単調)なはずの日常生活に亀裂が入って悪夢が忍び寄ってくる。
「夫の顔をしばしば忘れてしまう」不思議な記憶障害に苦しむアンナ、
同時期パリでは若い女性が顔を潰された死体で発見される連続殺人進行中。
一見何の関りも無さそうな二つの事件がやがて・・・・・・・。

「クリムゾン・リバー」を読んで「コウノトリの道」はちょっともの足りなかった人、
「コウノトリの道」を読んで「クリムゾン・リヴァー」はちょっと外されたって思った人、
「狼の帝国」はどちらの人も「これだよ、これだっ!」って思えるよ、きっと。



522 :名無しのオプ:2005/12/24(土) 16:10:36 ID:nxiAVGIb
ここで聞くのはスレ違いかもしれないけど、海外物に詳しい人が
多そうなのでお邪魔しまス。

マイケル・スレイドを読む順番ですが、
「ヘッド・ハンター」「カット・スロート」「グール」
「髑髏島の惨劇」「暗黒大陸の悪霊」「斬首人の復讐」の順番で
よいのでしょうか。田舎なもんで、店頭で確認できません・・(´・ω・`)

523 :名無しのオプ:2005/12/24(土) 16:13:47 ID:OLchzqhJ
>>522
・(´・ω・`) まで読んだ。


524 :名無しのオプ:2005/12/24(土) 16:26:21 ID:nxiAVGIb
すいません、スレイドのスレ見落としてました。
そっちで聞きなおします。

525 :名無しのオプ:2005/12/24(土) 19:47:33 ID:T/7l9gZd
あのさ、おれも君たちの大嫌いな在日だが。在日3世。
別に嫌われようが何されようがこっちはどうでもいいよw

日本という国における「楽して稼げる職業」は在日・帰化人が握ってるし(笑)
金あるから在日でも日本人女とやりまくり。さらにはレイプしても全然バレないw
あと数年で日本の参政権も取得できるし(爆)

俺達はもうお前達みたいに毎日毎日職業とか将来とか金の心配なんかしなくていいんだよw
バックに総連や創価学会がついてるし、働かなくても行政から月20万の金入ってくるしねw
今俺達が考えてるのはもっと大きいこと。
いかにしてこの日本という国をボコボコにいじめ抜いてやるか、ってこと。

つまり、日本の中に、俺たち朝鮮人、韓国人の血を増やして在日を増やす。
んで日本人を少数派にしてその日本人をいじめたおす。んでこの国を乗っ取る。
今はもうその最終段階に入ってるわけ。
平和ボケした危機感ゼロのお間抜け日本人は気づいてないがw

例えば韓国ブーム。あれは在日が作ったって知ってる?
あれだけ大規模なブームを作れるくらい、もう日本の中で在日の力は最強なんだよ。

自分達を地獄に導いてるとも知らずに毎日毎日テレビで韓国をヨイショしてくれる日本人w
韓国ブームのお陰で在日や韓国人へのマイナスイメージがプラスイメージになった。
そして日本人が韓国人や在日と結婚する数も圧倒的に多くなった。
つまりもうあと30年で日本は完全に在日主体の社会になるよ。

たった100万人に満たない在日に使われる1億人の日本人w
お前ら糞日本人に一生地獄の生活を見せてやるよw

どう?ムカムカする?(爆)
でもせいぜい今みたいに2ちゃんで数十人ぐらいがチョン死ねって言うぐらいだろうね(爆)


526 :名無しのオプ:2005/12/26(月) 16:04:36 ID:NqKDss3Z
「幸運は誰に?」(カール・ハイアセン)が扶桑社ミステリで出てました。
カバーデザインが喜国雅彦なので、文庫サイズのコミックかとスルーするところでした。

527 :名無しのオプ:2005/12/26(月) 16:58:52 ID:rP+VUZMD
大聖堂のpaperbackあり得ないほど字が小さいな
これはまいった

528 :名無しのオプ:2005/12/30(金) 22:31:28 ID:UWkJWj4s
今日、「神の手」を読了しまいた。
つい、今度こそ・・と思って買ってしまうのですが、またもや・・・
あああああああああああああああああああああああああああああああ。
キャロル・オコンネルでくちなおしだあ

529 :名無しのオプ:2005/12/31(土) 17:59:45 ID:jB+FxrgA

…ダメな友達、そんなことは長年の付き合いで…
…わかってるんだけどっ!!うがぁ`(・。・")/ だよなぁ
でも、全部承知で受け止めて欲しい、そんなコーンウェル
読み終わったらキミも大人の仲間入り

530 :名無しのオプ:2006/01/01(日) 11:56:19 ID:6cNPIhoK
あけましておめでとう。
大晦日の買い物ついでに本屋によって「魔術師の夜」買ってきた。
元旦はテレビがつまらないので読書中。

531 :名無しのオプ:2006/01/01(日) 18:09:35 ID:8I5FUPD7
おけおめでございます。

イアン・ランキン『獣と肉』(早川書房)、今頃読んだけど面白かった!
“リーバス”警部シリーズ第15作目だけど、まだまだパワーがあるね。
リーバスはもうかなり高齢だけど、ハードな反骨精神は相変わらず。
シボーンも頑張ってるし、続きが楽しみ。

しかし登場人物紹介のところ、「ジル・テンプラー…リーバスの同僚」に
なっていて、シボーン・クラーク部長刑事の名前がどこにもないぞ!
いや、単純な誤植なんだろうけど…。
もう“リーバス&シボーン”シリーズと言ってもいいぐらいの
重要キャラクターなんだから、間違えないでおくれよ。

532 : 【中吉】 【658円】 :2006/01/01(日) 19:41:18 ID:6cNPIhoK
せっかくなのでおみくじ。
今年も良い本にめぐり合えますように。

533 : 【小吉】 【1723円】 :2006/01/01(日) 21:30:53 ID:qBijOUwx
じゃあ自分も引いてみよ。
ここで『大聖堂』の復刊を知って買うことが出来て良かった。
これから読むつもり。

534 :名無しのオプ:2006/01/03(火) 11:48:13 ID:Oc3dl9Lm
楽天からのお年玉で本買おう!

楽天新規会員になる↓
http://www.rakuten.co.jp/myrakuten/help/ 300P

既に会員の方は↓から
001P http://furima.rakuten.co.jp/link/?49828
005P https://clickpoint.rakuten.co.jp/?cp=3Y4N807501c26201~b490f5f3b69bbe05401a261d
050P https://clickpoint.rakuten.co.jp/?cp=6IfCb055b1a272e22oatfo2sah0ibd7acmeaa081%7Eb580e80e097b
050P http://clickpoint.rakuten.co.jp/?cp=3IcSc025d1623179emda4i5l~2b7eae75b1f8cd4785ff
300P https://clickpoint.rakuten.co.jp/?cp=4IeC60a5c122b1040rfe6g8ifsct3p0o2ian8t~84ce3d3aea4ee
500P https://clickpoint.rakuten.co.jp/?cp=3IfC20a5d1225015cAaS9AbHcIe5c070~ab374a45c4265452
500P https://clickpoint.rakuten.co.jp/?cp=2IbC70f5e1b2f0011A4NfA458080~b963e1937ee8c93b0c
携帯
500P http://m.rakuten.co.jp/ev/book/info/2005/1221.phtml

535 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 17:51:03 ID:3h6fethL
age

536 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 21:32:06 ID:Ur5Jpten
「針の目」(新品)が見つからないw
アマゾンでも中古しかなさそうだし・・・
ソフトバンククリエイティブとか珍しい文庫が大聖堂出したばっかりだから
この際にハンマーオブエデン以前のケンフォレットの本を再販してくんないかな


537 :パーカー信者:2006/01/10(火) 21:04:49 ID:C33lbnV2
「メランコリー・ベイビー」(ロバート・B・パーカー/ハヤカワミステリ文庫)読了

奥村さんでこのシリーズ安定? このまま続けて欲しい

今回はスペンサーものの登場人物が頻出。
ホントーーーに作者はスーザンが好きなんだなあー

依頼人は嫌がってるのに、真実知るよう押しつけなくっても、とか、
レストランで、横に他の客が居るのに犬を座席に座らせて
テーブルでモノ食べさせるのはやっぱりどうよとか思わない
でもない(ママ・ウォンの店みたいなとこならともかく)けど…
サニー版「初秋」っぽい?

実は事件よりもこれからのサニーが気になる作品でした
あと表紙がビミョウに怖ー。

今年も良い本に巡りあえますように
まずはハイアセン買ってウキウキっす

538 :名無しのオプ:2006/01/12(木) 17:58:55 ID:I4q3ru6f
ここみて大聖堂買ったんだけど、都合1800項を感じさせない面白さだったよ。
507氏に感謝。
…ただ上巻最後のアレは…出先で読了して次の日まで中巻が読めなかったせいで
かなりヘコんだ。

539 :名無しのオプ:2006/01/12(木) 18:15:43 ID:NOS9l52x
コナリーの「堕天使は地獄へ飛ぶ」、ようやく文庫化か・・・。
遅いぞ扶桑社。

540 :名無しのオプ:2006/01/14(土) 17:15:08 ID:SdmEMAyg
ロバート・ゴダード『最期の喝采』、ゲット。


541 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 01:41:51 ID:edLHcKTT
グレッグ・ルッカのアティカスシリーズ、「逸脱者」買いました。
翻訳者が変わっちゃってるんですが、どうなんでしょう…
読まれた方いらしたら、印象教えてください

542 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 13:02:34 ID:GfM16Chk
このスレを思い出して思わず大聖堂買っちゃった
ボリュームあるなあ

543 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 23:39:16 ID:xnYZqHjG
私も507さんの書き込みを見て「大聖堂」読みました。
久しぶりにのめり込んで夢中になって読んだ本でした。
このスレ見てなかったら出会わなかったかもしれないので、2ちゃんしてて良かったと思ったのも久しぶりでした。


544 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 22:02:34 ID:i+HMz4mI
遺脱者、上巻の途中迄読んでますが面白いです、前回の女凄腕暗殺者に加えもうひとり
凄腕暗殺者が登場するみたい。でもこの本上下巻で発行しなくても1冊でまとめられる厚さ
ですよねえ。

545 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 22:04:08 ID:1T+ecZod
版権が高いんだろ、きっと。ルッカ如きで・・・という気もするが。

546 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 22:09:07 ID:n2Xu9aZz
フォレットなら「トリプル」もお勧めですよ

547 :1:2006/01/17(火) 21:58:26 ID:kjVeyElM
あけまして、プロキシ規制でぜんぜん書き込めませんでした。

グレッグ・ルッカの「逸脱者」面白かったです。
翻訳が少し柔になった感じもするが・・。

548 :1:2006/01/17(火) 22:05:07 ID:kjVeyElM
わ〜い、復活!

その間に、
早川書房の
「スコーピオンズ・ゲート」リチャード・A・クラーク
「高い砦 」デズモンド・バグリイ
「フェアリイ・ランド」ポール・J・マコーリイ
講談社文庫の、
「逸脱者上下」グレッグ・ルッカ
「最期の喝采」ロバート・ゴダード
文春文庫の、
「隣りのマフィア」トニーノ・ブナキスタ、
とかなり少なめ・・。

「スコーピオンズ・ゲート」はひどかった。


549 :名無しのオプ:2006/01/18(水) 00:18:01 ID:b+KWD6bw
ひさしぶり

550 :名無しのオプ:2006/01/18(水) 22:13:55 ID:5vHmRzKf
544さん、547さん
「逸脱者」の印象教えてくださってありがとうございます。
面白いけどヤワな訳文になってるのかー…

551 :名無しのオプ:2006/01/19(木) 14:22:26 ID:j6gguVRL
1さん、ことよろ

552 :1:2006/01/20(金) 21:23:33 ID:7UJj91H+
年明け、「逸脱者」以外これというのを読んでないす。
「最期の喝采」は未読。

で、ヴィレッジブックス新刊、
「聖ヴァレンタインの劫火」ジョン・リカーズ、
ボストン探偵もの、だるい。

ランダムハウス講談社文庫
「アイルランドの柩」エリン・ハート、死体履歴+本格?
「幽霊探偵からのメッセージ」アリス・キンバリー
どちらもページがなかなか進まず。

単行本も読まねば、と思いつつなかなか。

553 :名無しのオプ:2006/01/20(金) 21:34:27 ID:QCW49XU9
>>548
バグリイは何故今かとは思わないの?

554 :1:2006/01/20(金) 23:29:56 ID:7UJj91H+
>>553
矢野徹さんの訳、以前に読んだ覚えがあり。
いま読み返してみると、思ってたよりかなり淡白・・。

なぜいま再版か、はわかりしぇん。映画化?

555 :名無しのオプ:2006/01/22(日) 11:45:58 ID:M5rX4vLt
高い砦は今まで読んだ小説の中でベスト1です私

556 :名無しのオプ:2006/01/22(日) 11:52:40 ID:M5rX4vLt
追記・・・こんな事書くと底の浅い読書歴なんて言われるんだなあ。

557 :名無しのオプ:2006/01/22(日) 14:34:59 ID:gRS1OLdM
>>556
人の読書暦についてケチつける人の方が厨房っぽいと思ってるよ


558 :名無しのオプ:2006/01/22(日) 15:06:25 ID:FyXBHPgY
>>555
俺も冒険小説内じゃバグリイがベスト。
ブックオフ行くと必ずバグリイないかチェックしてるよ。
なかなか無いんだよね。

559 :名無しのオプ:2006/01/23(月) 00:00:24 ID:wW9yehZh
>>555
俺は黄金の手紙だなぁ。しかし本当にないよね、バグリイ。


560 :名無しのオプ:2006/01/23(月) 00:04:26 ID:MF++uAWD
えっ、そうなのか。
こないだブックオフ行ったら
バグリイやらアリステア・マクリーンやら色々あったのだが。
バグリイは単行本もあったな。

561 :1:2006/01/24(火) 22:41:28 ID:icOVfiJn
J・イヴァノヴィッチのプラムシリーズ、
9作目、来月やっとやっと訳出。売れてるはずなんだがなあ・・。
なんでこんなに待たせるのや?

562 :1:2006/01/27(金) 16:35:10 ID:Pbek8R1b
早川書房の単行本、
「シティ・オブ・タイニー・ライツ」パトリック・ニート、未読、
「レッド・ダイヤモンド・チェイス」チャールズ・ベノー 、
・・旅行冒険小説、旅行ものとしても冒険ものとしても、いまさん。

二見書房文庫
「奪回指令」ジョゼフ・ガーバー、面白そうだったんだがなあ・・、
途中からだるくなりました。

新潮文庫新刊、
「シャドウ・ゲーム 」ジョン・クリード、
シリウスファイルはひどかったが・・、これは割とまとも。





563 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 17:41:58 ID:HX/d4k/C
1よ、親友に社会復帰の目処が立って良かったな

564 :名無しのオプ:2006/01/27(金) 23:55:51 ID:9L4GOX+Y
先生小谷まお子口説いたんだろうか?

565 :名無しのオプ:2006/01/28(土) 00:06:38 ID:0PCmrrNc
ランダムハウス文庫、続々と微妙なところを出してくるね。


566 :名無しのオプ:2006/01/28(土) 01:02:03 ID:0LOjRedB
ランダムハウスか・・・。
幽霊探偵シリーズだっけ? 章毎にハードボイルドの一文が載ってるやつ。あれ、面白いの?

567 :名無しのオプ:2006/01/28(土) 13:29:50 ID:0PCmrrNc
アイルランドの柩も気になってる。
けど怖くて手を出せないorz

568 :名無しのオプ:2006/01/28(土) 18:41:51 ID:0LOjRedB
ということで1さんよろしく。

569 :名無しのオプ:2006/01/28(土) 18:56:45 ID:8B0VG893
1ばっかりに頼るんじゃねえぞゴゥラ

570 :1:2006/01/28(土) 22:51:52 ID:NAWbUS4F
「アイルランドの柩」地味好みの方には、まあおすすめ。
内容的には、アイルランド風俗という意味でなかなか目新しいです。

で扶桑ミステリ新刊
「エンジェルズ・フライト」上下 マイクル・コナリー、
堕天使・・改題、未読の方ぜひぜひ。うらやましいいぞ。

「影の爆殺魔」上下 テッド・デッカー、は買いました。
読んでる最ちゅ。

571 :名無しのオプ:2006/01/28(土) 23:35:16 ID:98s0qGLr
>>569
IDを意識した書き込みと見た

572 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 15:53:56 ID:xGG5M8/P
age

573 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 19:41:25 ID:V/Gvwh2r
幽霊探偵、読み始めました・・・まだ30ページくらいですが


574 :名無しのオプ:2006/02/03(金) 22:51:15 ID:d8OtXkn7
「エンジェルズ・フライト」読み終わった。
いや〜、面白かった。「トランクミュージック」はあれれ?って感じだったけど。持ち直したな。
これが文庫になるまで、これ以降のボッシュシリーズも読まないようにしてたから、
やっと「夜より暗き闇」以降のボッシュシリーズが読めるよ。嬉しい。

575 :名無しのオプ:2006/02/07(火) 07:53:52 ID:Zz1gxVCw
大聖堂読んだ。...最高おもしろかったyup!!
>>507の言った通りの内容ですた。ここ見てなかったら読んでなかったよ。
紹介してくれたみなさんTHX

576 :名無しのオプ:2006/02/07(火) 13:51:10 ID:FQZLobfn
ヒラリー・ウォー「ながい眠り」新訳版を読んだ。
手堅い出来だね。読んで損はないと思う。
なんでわざわざカレンダーを付けるのかと思ってたけど、あれがあった方が確かに話が分かり易い。

577 :パーカー信者:2006/02/07(火) 19:18:31 ID:kN5l1bdU
「幸運は誰に?」(カール・ハイアセン/扶桑社ミステリー文庫)

めちゃくちゃ登場人物は多いし
場面も舞台もどんどん移り変わるし
どいつもこいつも変な奴ばっかりなのに、
最後に一気に集束してくのは相変わらずスゴーー

女性キャラが皆格好良かった。(変なとこもあるけど)
特にアンバー。密かにヒロインよりカコイイと思う。

しかし生きながらに**や****に
喰われるのはマジ勘弁……
フロリダ湾って恐ろしいっすね

578 :名無しのオプ:2006/02/09(木) 16:27:41 ID:c4/qRBL4
扶桑社ミステリ「オックスフォード連続殺人」
アルゼンチンの本格ミステリらしい。
最近は「死を招くトラットリア」といい「悪女パズル」といい
扶桑社も本格でいいのだしてくるね。

579 :パーカー信者:2006/02/09(木) 23:57:22 ID:mbhnIckR
テレビ神奈川でやってるUC(アンダーカバー)てドラマ、
OPでエグゼクティブプロデューサーだかディレクターだかの
肩書でドン・ウィンズロウの名前が出るんすけど
これってあのドン・ウィンズロウ?

>>578
本屋でにらめっこして、本格とかメタミステリ系だったら嫌だ…と
回避してしまったけど、もし読んだら感想キボンです >オックスフォード

580 :名無しのオプ:2006/02/10(金) 01:07:20 ID:U4hdW2v2
>>579
UCではドン・ウィンスローだし、綴り同じ別人じゃね?
と思ってチラッと調べたら、同一人物かもしれず。
ドラマ・映画等のスタッフ・俳優が一覧できるサイト↓
http://us.imdb.com/name/nm0972454/#writer

UCのクリエーター・ライター、そしてThe Death and Life of Bobby Z
ボビーZの気怠く優雅な人生(原作)になってますよ。びっくり。

581 :パーカー信者:2006/02/10(金) 01:37:39 ID:48MB4pVW
このドラマのタイトルを見て真っ先に某ゲームを思い出した自分

>>580
本 当 だーー!
ありがdです

番組公式サイト(日本語)ではスタッフとか
ロクにわからず、ファンサイトでもウィンズロウの事は
触れてないし…と悩んでたら即教えてもらって感激
さすがこのスレきいてよかった

582 :1:2006/02/10(金) 13:30:11 ID:EAP/lKa8
自分も見てるす、テレビ神奈川のUC、
あと「ローズマリー」も・・。

文春文庫新刊
「ファニーマネー」ジェイムズ・スウェイン、
前作「カジノを罠にかけろ」面白かったので買いました。
旅行とかに持っていくのに最適、優秀佳作。

早川は、文庫で
「シブミ」やら「暗い森」アーロン・エルキンズやら出てました。
未読の方どぞ。



583 :名無しのオプ:2006/02/10(金) 13:35:09 ID:AJioqtc/
俺もアレックスのお色気路線を期待してUC観てるが…

パーカー信者も本格嫌いなのか
誰か補填コテが欲しいところだ

584 :本格原理主義者:2006/02/10(金) 22:01:41 ID:PDGrgT7m
>>583
OK
明日買って来るわ

585 :名無しのオプ:2006/02/10(金) 23:31:42 ID:AJioqtc/
キター!!!!

>>584
期待してるぞ!頑張ってくれ!

586 :名無しのオプ:2006/02/11(土) 17:20:48 ID:qTAbFDhf
待ち時間つぶしに「暗い森」を買いました。
初スケルトン探偵です。

587 :名無しのオプ:2006/02/11(土) 22:07:33 ID:mCe+9KWA
「狼の帝国」創元推理文庫、買った。
前半の謎を追いかけるところは、おもしろかったが、後半は
アクション中心の冒険ノベルになってしまい、がっかりした。
陽電子・・・、が出るところはアシモフを思い出した。
現代フランスの暗部を描いていて、フランスのイメージが変わって
しまった。トルコの人たちが可哀想だ。

洗練された海野十三か?アクション満載の松本清張?
ひどい殺され方をした死体の描写には、ちょっとひくかも。

588 :名無しのオプ:2006/02/12(日) 22:57:10 ID:PlupqFil
>>586
「暗い森」は瀬戸川猛資が褒めてたから読んでみたけど、事件の背景が
トンデモすぎてちょっと・・・と言う感じでした。いや、面白いんです
けどね。どちらかといえば「古い骨」の方が好き。

>>587
自分も「狼の帝国」は今ひとつ乗れませんでした。
主要登場人物を突き放しすぎ。トルコ人のイメージ悪すぎ。
感動の大きさでは「クリムゾン・リバー」に軍配を上げたいです。

589 :586:2006/02/12(日) 23:39:03 ID:nUheI3z+
>>588
今日読んだけど言いたいことはよくわかったよ>暗い森
確かに・・・そうだね。
古い骨、呪い!というのを今日新たに買ってきたのでそっちを読んで判断します。

590 :本格原理主義者:2006/02/13(月) 16:01:56 ID:HNlgVp+z
「オックスフォード連続殺人」ギジェルモ・マルティネス

読了。
むう・・・ネタバレせずに感想書くのが非常に難しい。
なぜなら(メール欄)。

アルゼンチン作家というが舞台は題名通りイギリスのオックスフォード
アルゼンチン人でワトスン役の"わたし"が研究のため奨学生としてイギリスに来ているという設定
よってアルゼンチン度(?)は薄い
数学を扱っているがメインは論理学なので数学苦手な人でも問題はない
ただし数学主に論理学を知ってる人はさらに楽しめることは間違いない
雰囲気は結構新本格ぽい(綾辻や麻耶だったとしてもおかしくない雰囲気)
ミステリというよりはミステリ風味数学小説かな(作者もミステリ作家というわけではないらしい)
ミステリとしては7点ぐらいかな
アルゼンチンのミステリ事情が気になる・・・

591 :名無しのオプ:2006/02/13(月) 16:29:06 ID:PLHxdcqD
>>590
乙!

これからも出来るだけ頑張ってくれい

592 :名無しのオプ:2006/02/14(火) 20:53:09 ID:GHsJfxMj
1氏よ影の爆殺魔の読後感は如何に?

593 :1:2006/02/14(火) 21:15:15 ID:EqqplqR1
>>592
思いがけなさ?はあるもののへたくそ・・。
実もふたもないコメントでスマソ。

で、講談社文庫新刊、
「警鐘」上下 リー・チャイルド、
ジャック・リーチャーもの、いまだキャラがつかめないものの、
最後まできちんと読める。これ結構な誉め言葉す、正直な話。

「天使の鬱屈」アンドリュー・テイラー、はスルー。
面白かったら教えてねん。

594 :名無しのオプ:2006/02/14(火) 21:39:58 ID:GHsJfxMj
1氏よ有難う、買うの止めとくわ

595 :名無しのオプ:2006/02/15(水) 19:34:22 ID:YRnkaJhb
幽霊探偵読んでた人、感想教えて!

596 :パーカー信者:2006/02/17(金) 00:39:06 ID:NqFegMRU
「アイルランドの柩」(エリン・ハート/ランダムハウス講談社文庫)読了

事件の解決よりも、某登場人物の犯罪が微罪ながら激ムカツク
なにげにお前が一番罪作りじゃないか! と思ってしまった

でも泥炭から発見された赤毛女性の首、数年前に
行方しれずになったままの母子、と昔の事件が
起きあがって来るような話好きとしてはまあ満足。陰惨な感じもイイ

探偵役のひとりが解剖学者なこともあって、ちょっと
「古い骨」っぽい?

解決がばたばたっとご都合主義なとこもあるけど
泥炭掘り、パブでのセッション、円塔、等々アイルランド関連の
ターム続出なのでそちらに興味のある方はどうぞー
ちなみに表紙のハイクロスは内容と関係ないですw

>>590
本格は基本的に守備範囲外(オックスフォードを
読んだとしても、そのメール欄も知らないこと確実)
なので興味深いっす
これからもぜひ感想よろしく

597 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 21:53:53 ID:z/jpaxKg
読んだ方、感想教えて下さい。
キャロル・オコンネル「魔術師の夜」
ものすご〜い大事にチョビチョビ読んだら…
よくわからなくなってしまいました…
自分の期待に押しつぶされた感じです

598 :1:2006/02/18(土) 22:37:44 ID:zhpjLjEx
>>597
同〜じ・・。ネタ的には抜群に面白そうで、キャラも抜群、
しかし結局まとまらず冗長の感あり。
オコちゃんだけに採点辛し。

ヴィレッジブックスの
「深海の雷鳴」ジョー・バフ、買って読了。



599 :名無しのオプ:2006/02/18(土) 23:21:19 ID:z/jpaxKg

早々にありがとうございます
やっぱそうですか…
際立ったキャラ、雰囲気ありまくりなのになぁ、と

お礼に何かオモロイ本を…と思ったのですが
とりあえず今、ホームズ読み返し中てコトで
すみません!失礼いたします

600 :本格原理主義者:2006/02/20(月) 21:54:25 ID:sXlq9+d2
「魔王の足跡」ノーマン・ベロウ

最初の事件が起きるまでは、ヤッベーこれ傑作バンザーイバンザーイ古典バンザーイ、
とか思ってんだが、読了後にはそれなりの評価に落ち着いた
トリック自体はシンプルで素晴らしいんだけど物語性がいまいちというところ
探偵役も含め登場人物が機械的で、怪奇性もカーなんかと比べるとさらっとして、おどろおどろしさがない
あと犯人が必死でがんばって不可能状況を作り上げるっていうのが個人的にどうも気に入らない
前半9点後半6点平均7点

601 :名無しのオプ:2006/02/23(木) 12:22:23 ID:uALqvs1w
>>600
クラシック新刊スレにもどうぞ

602 :1:2006/02/23(木) 21:44:59 ID:2foXOkFI
早川書房文庫新刊
「漂流爆弾」リーアム・キャラナン、
こっ、これわ・・!? どこをどう読んでもおもろない。ひど・・。
「手紙と秘密」キャロリン・G・ハート、購入も未読。

今月は、あと新潮のフリーマントルと、創元のT・J・マグレガー 、
扶桑のイヴァノビッチ待ちだす。

603 :名無しのオプ:2006/02/24(金) 22:22:03 ID:U/R+tXfB
漂流爆弾か・・・・読みたくなる題名なのに

604 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 16:55:11 ID:fVaFlV0s
>>603
ほんとだね。
俺が書こうかなw

605 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 20:04:57 ID:jdimSd5I
邦題センスあるな>漂流爆弾
えびボクサー並に思わず釣られそうになるw

606 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 00:48:21 ID:WqUbW1r3
何か『血液魚雷』とトーンが似ている気が‥。
早川書房つながりですかね。

607 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 12:54:53 ID:dfHziV8U
>>603
漂流、って単語は響きいいしな。
超音速漂流もセンス良い邦題だった。

608 :1:2006/02/28(火) 16:45:36 ID:uYYaRCrZ
>> とりあえず読んでみそ・・、603〜606。

で、
創元推理文庫、
「蜘蛛の誘い」T・J・マグレガー、
新潮文庫、
「知りすぎた女」フリーマントル、

買って読了。どちらも単発。
十分楽しめたのは間違いないが、気分的にいまいち。
類型的とでも言おうか、この手の話しに少し飽き気味なのかも。
片や法律事務所的スリラー、片や破滅型スリラー。

お楽しみは、扶桑ミステリの新刊、
「九死に一生ハンター稼業」J・イヴァノビッチ、
プラムシリーズ九作目。いまから。






609 :マイロン:2006/03/04(土) 19:29:40 ID:x6qhHSGD
ハーラン・コーベン「イノセント」(ランダムハウス講談社文庫)
話いじりすぎ。彼のノンシリーズ5作品の中では一番緊迫感に欠ける。

610 :名無しのオプ:2006/03/05(日) 00:01:54 ID:YTiosWSx
>609

まじっすか?
いま買いたてのホヤホヤですわ…
でも読むです。。ぐっすん

あ、あとがきにマイロン・ボライターの新作の件があって
かな〜り嬉しいニュースでしたです

611 :名無しのオプ:2006/03/05(日) 13:04:30 ID:ElVwAZur
最近のノンシリーズと同じく、悪夢系のストーリーでしょうか?

612 :名無しのオプ:2006/03/05(日) 18:53:06 ID:myzrQB/o
>610
マイロンの新作、ほんとに?
嬉しい。もう、書かないんだと諦めてた。

613 :名無しのオプ:2006/03/05(日) 22:16:58 ID:YTiosWSx
>マイロンの新作

詳細は書いてないんだけど
「春に Promise Me が出版予定」とのこと。
邦訳は先になるだろうけど待ち遠しいね

614 :名無しのオプ:2006/03/06(月) 01:13:44 ID:xnYTGNsf
早川書房.トレヴェニアンの『シブミ』が【大きな文字で読みやすい新訳】で発売されるそうですが。そういう形で出版(ほぼ復刊)する場合、どの作品を出すかという基準はどこにあるんでしょうか。
自分はあちこち書店を探しましたが見付からず、昨年地元の書店から注文しましたが、結局手元に来たのは97年印刷の版でした。
人気作品なら重版もそれなりにするでしょうし、新しい版が書店にも出回っていて当然でしょうが。
どうも微妙に納得いかないような…

615 :名無しのオプ:2006/03/06(月) 16:42:26 ID:AuGzRUDx
なるほど

616 :名無しのオプ:2006/03/07(火) 00:36:33 ID:ucBw5WiJ
>>614
「シブミ」の新版が出たのは先月2月だよ。昨年注文したって新版がくるわけない。

617 :本格原理主義者:2006/03/07(火) 22:23:50 ID:retqLIAB
その頃はまだトレヴァニンも生きてたかもな

618 :1:2006/03/08(水) 19:22:25 ID:F/TKUD0P
「シブミ」は新訳すか?
買って読み直してみたんですが、菊池光氏訳で、
前読んだときとほとんど同じだったような・・。
相変わらず淡白な印象、ストーリー自体も。

ランダムハウス講談社は一日出で、翻訳払底の日々ありがたい。

「琥珀蒐集クラブ」スティーブ・ベリー、
やたら人を殺すトレジャーハンターがよくわからん。
ダン・ブラウン絶賛には引いたけど、まああんたよりまし・・。

ハーラン・コーベンは、新書で読んだような気がして躊躇。


619 :名無しのオプ:2006/03/09(木) 16:02:41 ID:XTamodkK
>>618
新書って?
「イノセント」は初訳ですが。
もしかして、新書タイプのノベルス並につまらない気がする、と
言いたいのかァッッ?!w


グリーンの「ヒューマン・ファクター」が、待ち遠しい。

620 :1:2006/03/10(金) 00:05:33 ID:tnEbURQC
むか〜し、ランダムハウス講談社新書版で出してたの。
コーベンも何作か訳出されてたような・・。

早川の文庫新刊
「ファンダンゴは踊れない」クリス・ハスラム、
ファンキーとか言うレベルじゃないだろ。文章そのものが読みにくいだろ。
買って帰る電車の中で廃棄。
あと新装版で二冊。
「炎のなかの絵」ジョン・コリア
「血は冷たく流れる」ロバート・ブロック。

621 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 00:35:05 ID:Scwsyxee
>>620
短編を書かせたら抜群に巧いさっ作家なのですが
なぜ今という気がします。

622 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 05:34:35 ID:al7i51wB
1がつまらんと言う本はどれも独特の味があってけっこう面白いんだけどなあ

623 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 07:25:59 ID:8uXglnuo
それなら>>622も新刊紹介してくれればうれしい

624 :1:2006/03/10(金) 10:17:37 ID:tnEbURQC
>>622
その場合、独特の味を好むかたは、
「つまらん」と書いたのを選んで、読んでくれい。
最近、ストーリー性や読み易さ重視になっているかもしれん。

で、文春文庫新刊、
「隠密部隊ファントム・フォース上下」ジェイムズ・H・コッブ、
情緒的軍事スリラー久しぶりの新作。敵方はきわめて類型的。



625 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 16:00:39 ID:PqoPtktz
エリザベス・フェラーズの新刊は誰も買っていませんかそうですか

626 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 17:20:19 ID:Scwsyxee
>>625
クラシック新刊スレに行けば?

627 :1:2006/03/12(日) 00:28:32 ID:G7Re6hJ4
東京創元社と言えば、新刊
「アルアル島の大事件」クリストファー・ムーア、買いました。
このタイトルはなんか意図的なもんすか?
「悪魔を飼っていた男」は、香港返還の年に香港で読んだ〜。

「トーテム[完全版]上下」デイヴィッド・マレル、
買いにいったんですが、まだ・・。

628 :名無しのオプ:2006/03/12(日) 03:15:24 ID:ed75W7nF
(・∀・)アルアル!

629 :名無しのオプ:2006/03/12(日) 14:41:18 ID:9rAt+mi8
D・マレルの「トーテム」、大昔に文庫で読んだけど、
あれって[不完全版]だったんですかい。ショック…。

630 :名無しのオプ:2006/03/12(日) 17:07:45 ID:x/dGQju3
トーテムって狼男が出てくるホラー?マレルと言えばブラックプリンスと石
の結社が好き、暗殺者を養成する訓練の描写が新鮮だったんだが・・・・



631 :名無しのオプ:2006/03/12(日) 17:50:39 ID:gRIg+eJG
「ステルス艦カニンガム」のシリーズ、どうしても女性艦長ってのが違和感
あって乗れないんだよな・・  この手の話は殺伐と話が進み最後でスカッと
ってのが定石だと思ってるんで妙な潤いは要らんw

632 :1:2006/03/12(日) 20:48:05 ID:G7Re6hJ4
>>631
同じく・・。
今回も、かなりハーレ入ってるのが気にいらん。

「トーテム」どうしても思い出せないので、読み返して見ようと。
蛍も、苦悩のオレンジも読んでる。


633 :パーカー信者:2006/03/14(火) 00:57:15 ID:RGtSQ3IA
トーテム改めて出してくれるのは嬉しい。
苦悩のオレンジと廃墟ホテルを読んだっけ…

「サム・ホーソーンの事件簿 IV」(エドワード・D・ホック/創元推理文庫)
読了。着々と出ますなー

短編集なので、毎巻電車の中でじわじわ読むのが習慣。
これってジャンルは本格に入るんだろうけど、これは読める…
ただ自分はトリック重視じゃないんで、本格がすごく好きな人は
もしかして読むとがっかりするかも

ノースモントってよくよく不可能犯罪ばっかし起こる街っすね
(レンズ保安官が気の毒)と思いつつ、ノースモントという街を
舞台にした時代小説というか、確実に話の中で時が経っていくのが好き。

大恐慌が過ぎかけて、もうすぐ第二次世界大戦?
ボーナストラックはベン・スノウものでした。

634 :1:2006/03/19(日) 21:23:46 ID:fUgqk7mi
最近どうも本が面白くなくて不満・・。

講談社文庫
「マーダー・プラン」上下ジョナサン・ケラーマン、
「死体絵画」アストリット・パプロッタ、

どちらも???
特にケラーマン、嫁に負けとるぞ、完全に。

他にもソフトバンク文庫のホラーやら、
たくさん買ったけど・・。

アルアル島はあれでよかったのか・・。


635 :名無しのオプ:2006/03/20(月) 10:04:47 ID:ohfZlG5e
おはようございます
マーダー・プラン(上)を読み途中
訳がいまいちのような気が…
いつもの北澤さんと違う?と思ったら北澤さん…うーむ
1さんの言う通り、嫁に負けてるぞー!

636 :1:2006/03/20(月) 19:24:34 ID:naTMRW5v
ソフトバンク文庫
「ヴァイオレット・アイ」スティーヴン・ウッドワース、
クーンツ味。霊媒系サイコスリラー。
死んだ女の子がチョコレートを食べたがるシーンで、ほろっ。


637 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 16:27:51 ID:MnK2h02+
文春で絶賛された
「あなたに不利な証拠として」ローリー・リン ドラモンド
はどうでした?

638 :1:2006/03/23(木) 18:34:29 ID:55M8rNWz
>>637
ポケ・ミスの・・。
買ったけど短編集だし、創元の「トーテム[完全版]上下」デイヴィッド・マレル、
読み中なので。
トーテム、こんな話しだったか?
どうも違うもん読んでたようだ。

639 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 19:19:39 ID:5lCUoffD
1は短編集が嫌いなのか
本格と言いあんまりニュートラルじゃないんだね
脇を固める名無しに期待

640 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 21:47:46 ID:MG7GzWdU
>トーテム
以前出版されたのはマレルの書いた原稿を読んだ編集者が長すぎるとして、圧縮させたバージョン。
本国で出たそれを日本でも出版した。
今回の完全版はその圧縮前のもの。

641 :1:2006/03/23(木) 21:52:46 ID:55M8rNWz
>>640
ありがと。早川のホラーで出てたやつかな。
ダンシモンズとかと。

>>639
本格も結構読むし、短編集も読むけど、
いつの間にか、ここに感想を書かなくなったす。
遠〜い昔、本格のこと書いて、マニアの方に手ひどくやられたトラウマか。


642 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 13:40:38 ID:2bOM12qG
ヒストリアン /エリザベス・コストヴァ著

パリパリの新刊じゃないけど、現在読み中
吸血鬼のながぁ〜いオハナシ…?
設定場所、テーマ、登場人物、時代背景etc
結構好みなのにイマイチ乗り切れない…
最近自分の好みがわからにゃい(´・ω・`)
誰か読んだ方いますか?
感想キボン!!(`・ω・´)

あ、ミステリーじゃないのか?

643 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 14:26:05 ID:u0EqNWvX
ヒストリアンは買った。
しかし、100ページほどで挫折。
642と同じく好みの題材なんだけど、おもしろくなかった。

644 :1:2006/03/26(日) 15:22:04 ID:RngIokT+
ヒストリアン、ナイトウオッチ、トラヴェラーで、
三大やめとこか翻訳本、と名付けました。重い・・。

早川の復刻
「パンドラ抹殺文書」マイケル・バー=ゾウハー、
読み直したんですが、こんなに古風だったか・・。
007見たい。

645 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 16:24:34 ID:+yhUc8Ym
>>637
ちょっと取っつきにくそうですが、意外とサクサク読み進めます。

ただ必ずしも気持ちの良いオチがついているわけではないので、
そういう中途半端な閉め方がイヤって人はダメかも。
あと、どの作品も女性が主人公なので、そういうのが苦手な人もダメでしょうね。
警察官という職業に就いた女性たちの人生の一部をゆっくりと辿る、感じの作品集です。

次作は長編らしいんですが、多分出版されたら読みます。

646 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 18:20:05 ID:rzWBEfs0
ヒストリアン読了

久しぶりに頑張って(`・ω・´)読んだ
他人にはオススメできないにゃ…
のほほんな私には、吸血鬼とか他民族の侵略に対する
純粋で単純なる恐怖感がないんだわ…

つーことで次にいきます!!
感想教えてくれた人、ありがとう!

647 :1:2006/03/28(火) 21:42:11 ID:toD4O04i
早川書房の
「愛しき女は死せり」リチャード・エイリアス、買って今月はおしまい。
新潮はキングのみ、扶桑は二冊いまのとこスルー。

レムが死んでショック。
高校時代、ソラリス読んでえらく感動したもんだ。
自分がすご〜く頭がよくなったような気がしたW。
でも、一番好きなのは原型とも言うべき、「砂漠の惑星」。



648 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 16:17:27 ID:5nOjfg1q
レムは「枯草熱」が好きでした。無理矢理こじつければ、ミステリと呼べなくもない?

創元のフレッド・ヴァルガス「青いチョークの男」購入。あとで読みます。

649 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 20:48:18 ID:hFbTuVCo
>>648
「枯草熱」はミステリでいいと思う。
『サンリオSF文庫』なんてレーベルに収録されてたけど…
↑とか「キングとジョーカー」あたりは、普通に創元あたりに
入ってても違和感なかったのになー。

650 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 14:23:19 ID:lFFoRbKH
「トーテム」 
アクションホラーとは思わなかったんで嬉しい誤算。
でもこの手の小説って最近少ないのが残念・・


651 :パーカー信者:2006/03/30(木) 22:37:26 ID:yDkNlEsA
「11の物語」(パトリシア・ハイスミス/ハヤカワミステリ文庫)読了。

どれもこれも不愉快かつ怖い話ばっかの短編集。
面白かったけど、アンソロジー好きだと1/3くらいは
既読の作品なのが良し悪し?

なんとなく展開はぼんやり読めるんだけど、妙にねじれた方向へ
決着するというか、読んだ後登場人物のその後を考えると
背筋が寒くなるような話ばかり…

冒頭、グレアム・グリーンの「序」が内容をうまーく表してるので
そこだけ本屋さんで読んでしっくりきそうなら買って吉かと思うです

652 :名無しのオプ:2006/03/31(金) 01:25:42 ID:eC9CnRNE
「青チョークの男」読了
短いながらも、ひねりが巧く加えてあって面白い。
冷静に考えたらかなり無理があるトリックだが。
第一の殺人と第二の殺人の間の中だるみが惜しいかな。
主人公のキャラは気に入りました。

653 :1:2006/04/02(日) 23:52:26 ID:A2LH/yi/
早川のポケミス新刊、
「花崗岩の街」スチュアート・マクブライド、
久々に面白かったす。
スコットランド警察小説、サイコスリラー的要素もあり、
時節柄その手の嫌悪感催す方にはオススメできないが、
しょぼくれたシリーズもの独特の魅力あり。
イアン・ランキンのリーバスものと似ているようでちょと違う。

654 :1:2006/04/05(水) 00:01:57 ID:6p+27k2x
矢野浩三郎氏死去合掌。
「大聖堂」ほか面白い本をありがとうございました。

きょう本屋で、中学生らしき女の子二人連れが、
「この本、すげえ面白かった・・」と言ってたので見たら、
「ダヴィンチコード」文庫版だった・・。いやね、それだけ・・。

655 :名無しのオプ:2006/04/05(水) 02:08:07 ID:LWUnOc/X
↑(・∀・)ププッ 思わず和んだ瞬間でしたね
以前「この本、マジ泣ける〜、マジ読んでみ!」と女子高生
指差したのは、飯島愛・プラトニックセッ…
((((;゜Д゜)))))

656 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 21:24:01 ID:CU+leeGk
ダン・ブラウンの処女作「パズル・パレス」。
評判聞くにかなりトンデモな内容らしいから
誰か地雷踏んでくれないかなー。

657 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 22:52:16 ID:i3WQkVMl
1さんに期待だな

658 :1:2006/04/08(土) 00:16:42 ID:olAKm5qx
わたしゃ「デセプション・・」も「天使・・」も、
買ったんやでえ。もうごめん。
他に面白い本、いくらでもあるやんか・・。
万が一、ディーヴァー化したら誰か教えてくれ。

659 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 00:20:51 ID:cw31j3HK
>きょう本屋で、中学生らしき女の子二人連れが、
「この本、すげえ面白かった・・」と言ってたので見たら、
「ダヴィンチコード」文庫版だった・・。いやね、それだけ・・。

こないだブックオフで物色していたら、主婦2人組が
「『夜のナントカ』っていうのが面白かったのよー」
「えー、なんていう作家?」
「イーディー・ホック」

まさかホックを探してるおばさんと遭遇するとは
思わなかった
しかも「怪盗ニック」でも「ホーソーン」
でもなくなぜかノンシリーズというのが・・・

ブックオフであったちょっといい話(?)

660 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 22:34:32 ID:5m2WELut
>>658
それでも買うのがお前の義務だろ
つべこべ言わず血を吐きながら悲しいマラソンを続けろ

661 :1:2006/04/09(日) 00:24:52 ID:w36StxTy
「血を吐きながら続ける悲しいマラソン」・・
何のセリフだか思い出せなくて、名作あれやこれや、
思い浮かべてみたが・・、

・・・・もしかして、ウルトラセブン?

662 :名無しのオプ:2006/04/09(日) 00:41:30 ID:bfvwT/xM
つまり、
ダン・ブラウン=核兵器
犠牲になった可哀想な読者=ギエロン星獣
ということだね。

663 :パーカー信者:2006/04/10(月) 23:51:36 ID:o8x/K6fQ
「ダ・ヴィンチ・コード」(ダン・ブラウン/角川文庫)
文庫版を待って読了。

「ソニエール」でピンと来る人はその時点である程度
先が読めるので面白さ半減(このネーミングは失敗だと思う)

敵も味方も出てきた瞬間にどちらの陣営か判断つくし、
黒幕もこいつか? と思ったらそのまんま

暗号も無理矢理英語で解くあたりに大笑い(いちおう
作中に言い訳はある)。パスワードも、なんでその単語を
最初から試さない!? と思ってしまうことしばしば

全て事実といいつつ微妙に取り上げた資料の内容紹介が
間違ってたりするあたりミステリー版「神々の指紋」て印象

でも確かに映画化にはものすごく向いてる気がする

664 :名無しのオプ:2006/04/11(火) 11:49:08 ID:plHcSROs
パーカー信者がイイこと言った!!
その勢いでパズルパレスもヨロ!w

665 :パーカー信者:2006/04/11(火) 21:02:18 ID:2jRi6jDY
工工エエエ(´д`;)エエエ工工

スーパーハカーものって必ずハズレって印象が
あるんすけど……

666 :パーカー信者:2006/04/11(火) 21:14:12 ID:2jRi6jDY
おっと、最初書き込もうと思ってた内容を忘れるとこでした

「青チョークの男」(フレッド・ヴァルガス/創元推理文庫)読了
面白かった! 主な感想は>>652氏に同じく

ボケてんだか鋭いんだかわからない警察署長(主人公)
高名な海洋学者なのに尾行ぐせのある女性
気分屋で毒舌家な全盲の美青年
聡明で子煩悩なのに飲んだくれな部下の刑事
主人公を愛しているのに漂泊の旅を続ける元カノ

等々、どことなく奇妙な登場人物しか出てこない上に
ぽつりぽつりとした短い地の文が積み重なって
不思議な感じのする話でした(訳者の手腕もあると思う)

しかし、フレッドって女性の名前なんすね……

667 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 22:37:45 ID:95wb8rli
「あなたに不利な証拠〜」読了。純文学ですなあ。低レベルの。
ミステリとしても低レベル。うじうじ女性警官の悩みを聞かされてもね。
それと二人称を使う技や過去と現在を交互に語る技、使ってるけど意味
ないなあ。読みづらいだけだ。エンタメならエンタメでもっとドラマを
作ってほしい。純文学なら、買わないから。(図書館に依頼します)
書評家に踊らされた俺が悪いが、IやKの書評は
もう参考にはしたくない。最近、裏切られ続けてるから。


668 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 00:01:23 ID:mfaFXsje
ウホッ

669 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 13:57:00 ID:x4MaDQFo
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
俺様用しおり
  ∧_∧   
 ( ・∀・)< 今日はここまで読んだ      
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


670 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 20:01:45 ID:+lgWYmXA
>>667
ぐは、昨日届いたのにぃ。。。w

671 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 20:39:33 ID:YSkUeRA0
>>670
667です。ごめん、あまりの持ち上げようと内容のギャップに
ちょいと腹が立って。でも生と死を見つめたオーソドックスな小説と
いった面もあります。ミステリとしては……だけど。いい小説(新作)
は年に一冊程度ですよね。やっぱり。ちなみに、去年のベストはミリオンダラー
ベイビーでした。あれだけ高評価するなら、その水準を期待してたんだけど。

672 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 20:50:23 ID:hRGKDOMu
ミリオンダラーベイビーてミステリーなのか?





あな不利が詰まらんのは同意だけど

673 :名無しのオプ:2006/04/16(日) 20:55:22 ID:YSkUeRA0
>>672
671です。ミステリじゃないですよね。
拳闘界を舞台にしたハードボイルド短編集として読んでました。


674 :名無しのオプ:2006/04/17(月) 00:03:20 ID:qSgM/laB
本スレでも反応うすいのでこちらにも張らせていただきます。

249 名前:名無しのオプ[] 投稿日:2006/03/08(水) 10:35:48 ID:VBpWrSpJ
コールド・ブルー・ブラッド(仮) D・ハンドラー 北沢あかね
講談社文庫 4月14日発売 ISBNコード:4062753804

オンライン書店 本やタウン:文庫近刊情報
ttp://www.honya-town.co.jp/hst/HT/kinkan/bunko/02_b.html

タイトルはブルー・ブラッドです。
ホーギーシリーズ終わっちゃったけど、こちらもミステリー。

675 :1:2006/04/21(金) 12:17:35 ID:o4vJiYoj
ご無沙汰しております。

その間、
文春文庫
「荒ぶる血」ジェイムズ・カルロス・ブレイク、
講談社文庫
「ブルー・ブラッド」 デイヴィッド・ハンドラー、
集英社文庫
「殺しの仮面」ヴァル・マクダーミド、
と読みました。また、文庫ばかり、と言われそうだあ。

ハンドラーの新シリーズは安全パイ、楽しんで終わりまで読めました。
うまい人はうまい、ちゅうことやね。
マクダーミドもおなじく。サスペンス色が減った分、警察ものらしく、
渋く安定。
ブレイクは荒ぶり過ぎ、と思いました。

676 :名無しのオプ:2006/04/21(金) 18:04:23 ID:172ATcMs
「破壊計画〈コルジセプス〉」
なんかロバート・ラドラム風味のタイトルだな・・・

677 :1:2006/04/21(金) 18:50:15 ID:o4vJiYoj
↑ そうそれ・・。
早川の文庫新刊、
「破壊計画コルジセプス」デイヴィッド・ダン、
今日買いました。「氷上のサバイバル戦」は割と面白かった。
ラドラムよりはいいと思うが・・。

「影と陰」イアン・ランキン、も文庫化。
未読の方どぞ。





678 :名無しのオプ:2006/04/21(金) 20:01:37 ID:ng003OLM
「私たちが孤児だった頃」カズオ・イシグロ
が文庫になってますね
こーゆーのはミステリ板じゃだめかしら?

679 :パーカー信者:2006/04/21(金) 21:10:07 ID:0slX5enX
>>678
面白かったすか?
日の名残りはしみじみした良い話でした

680 :676:2006/04/22(土) 01:37:04 ID:3R1A7Z/A
「氷雪のサバイバル戦」は題名がアレながら最近あんまり見かけない
「苛烈な状況下のプロ同士の追撃戦」が堪能出来たんで結構好き。
「破壊計画〜」もそんなテイストだったらいいんだけど。
一昔前は「冒険小説」といえば「早川書房」って感じだったのに、最近は
コレってのが無いような気がするから頑張って欲しいな・・とは思う。



681 :1:2006/04/24(月) 21:10:31 ID:uCoPy/xN
すみません、ランキンは文庫化ではなくて、
リーバスシリーズ二作目の文庫新刊でした。
で、買いました。まだなんとなく練れてない感じだ・・。

682 :名無しのオプ:2006/04/28(金) 16:00:00 ID:ccyfjEX+
クリスマス・プレゼント
ジェフリー・ディーヴァー読んだ。
ディーヴァーってトヨタから金もらってるのかと思うほど、これでもかとレクサス出してきますねw

あ、感想になってない。。。
長編待ちということで勘弁。

683 :1:2006/04/28(金) 18:44:11 ID:nHITFmQ1
GW、何読もうか考えながら乱れ買い・・。
もうキリスト系は勘弁してくれ、と思いつつ、
「私が愛した狼女」とかいうのを買っちまったよ。
角川のイエスものも、扶桑のも買わない。

GWは、国産読んで過ごす。

684 :名無しのオプ:2006/04/28(金) 20:05:49 ID:atLeuvwf
1のくせに国内物なんて読むなよ
そんな時間お前にはない

685 :1:2006/04/28(金) 21:08:23 ID:nHITFmQ1
ほいじゃ、なんか面白いやつ、教えてちょ。

686 :名無しのオプ:2006/04/28(金) 21:19:27 ID:atLeuvwf
スルーしたやつを読め

687 :名無しのオプ:2006/04/29(土) 01:31:21 ID:QmtjPm3i
>>683
  ( ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /


( ゚ д ゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

688 :1:2006/04/29(土) 08:07:20 ID:VuEN3F5c
冷たいのね・・

689 :名無しのオプ:2006/04/29(土) 08:33:12 ID:0gJZwKQD
>>688
ジョナサン・キャロルの「蜂の巣にキス」(創元文庫)を読み始めたけど、なかなかいいよ。

690 :名無しのオプ:2006/04/29(土) 12:41:20 ID:gZUZmuQF
最近ほんと興味わくのないね

691 :名無しのオプ:2006/04/29(土) 12:46:09 ID:BeQP4lJD
>>683
1さん、ほいじゃ、キリスト系でオススメのってある?
ハヤカワや扶桑社からも結構出てるけど。

692 :名無しのオプ:2006/05/01(月) 22:16:11 ID:GsVajYTz
イアン・ランキン、リーバス警部シリーズ第2作「影と陰」読了。
後のシリーズと違って、まだプロットは単純。
こき使われるブライアン・ホームズ刑事とリーバス、ちょっとギスギス。
やっぱり後期のシボーン&リーバス・コンビの掛け合いがいいなあ。
でもクライマックスでのリーバスはカッコイイ。

693 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 02:24:29 ID:uNekxQhP
あれ?

694 :1:2006/05/12(金) 12:27:08 ID:gp7pHSPd
ちょっと仕事で遠くへ・・。
ネット環境のないとこも多いのよん。

で、
帰ってきて文春文庫新刊、
「邪神創世記」スティーヴ・オルテンと、
「七番目のユニコーン」ケリー・ジョーンズ。

邪神系はこんな話しだったか・・・。
クーンツとマッキャモン合わせたような。

ユニコーンはハ^レ・・。


695 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 22:07:13 ID:S6ka46H2
おお!邪神創世記を!
1さま!
これって前に出た同じ作者の「蛇神ナントカ」ってのの
続編なのでしょうか。アマで見ても、文春のHPでも
はっきりしない…。近くの実店舗には置いてなかったし。

696 :1:2006/05/12(金) 22:33:35 ID:gp7pHSPd
>>695
完全続編・・へんな言い方ですまん。

似たような話を、バーカーかマッキャモンで、
読んだような気がしてならない。

697 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 09:11:33 ID:YX3lbsFy
カズオ・イシグロの新刊はある意味、学園ミステリ。
星5つ。

698 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 12:05:51 ID:S2zpojBT
>>697
このスレでカズオ・イシグロの感想に出会うとは思わなかった。
あらすじ見て気になってたんだけど、やはりミステリっぽい要素があるんだね。
さっそく買ってこよう。

699 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 12:36:45 ID:KjeNbWNi
ビル・ネイピア『聖なる暗号』(ハヤカワ文庫)【8点】

イングランドの古書店オーナーのブレイクはあるとき町の名門から
ある手記の翻訳を依頼される。16世紀のものと思われるその手記は、
あるスコットランド人の少年が新大陸への航海に参加した記録。
それを奪おうとする謎の集団。宗教もからむ手記の秘密とは。

作者は天文学者で、航海団の秘密もその知識が生かされているが、
ちょっと定形な現代パート。手記パートは少年オーグルヴィーの
冒険談が生き生きと語られ、おもしろい。+1点して8点。


700 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 12:47:12 ID:OevLQTjJ
>>1
ありがとうございます!
続編なら読まねば〜。オルテンはMEGも面白かったです。

なんか遺跡に何ぞあって、宇宙やら地球の危機が…、
というのはもはや定番ですからねえ。
「南極に…」というのも流行りらしく、ちょっと前に
「レイジングアトランティス」「暗号解読」ってのを
間をおかず読んだら混線しそうになりました。

701 :名無しのオプ:2006/05/15(月) 20:19:45 ID:dmSitkIJ
『死と踊る乙女〈上・下〉』 スティーヴン・ブース著/宮脇裕子訳

ついに『黒い犬』の《ベン・クーパー&ダイアン・フライ》が帰って来る!
やっとですね。僕的には首をなが〜くして待っておりました。
7月刊行予定(ちょっと先だが)ファンの方々、楽しみにしていて下さい!


702 :1:2006/05/16(火) 22:50:53 ID:Sb0SIkyn
講談社文庫新刊の、
「血と肉を分けた者」ジョン・ハーヴェイ、

なんだか予感が・・。まだほんの少しだけど・・。
持ったまま、またしばらく海外す。

703 :名無しのオプ:2006/05/16(火) 23:26:21 ID:4AgDUPxA
オベールの新刊どうですか?
前作の続きらしいんですが。

704 :名無しのオプ:2006/05/17(水) 15:31:52 ID:j5v0cmoz
いてらさい

705 :名無しのオプ:2006/05/18(木) 01:02:48 ID:2EUKtkyU
>703さん
耳寄りな情報をありがとうございます!
主人公コンビの微妙な人間関係が面白かった記憶があるけど、
再読しなきゃ。

706 :名無しのオプ:2006/05/21(日) 23:19:31 ID:WtWf+nft
>>697
「わたしを離さないで」
おもしろかったよ。今年読んだ本で一番面白かった。
ミステリ好きが読んでも面白いと思う。、
ものすごく緻密に作りこんであってぐいぐいと引き込まれた。

707 :名無しのオプ:2006/05/22(月) 14:34:22 ID:0NohlNR+
ハンドラーの「ブルー・ブラッド」 読みました。
主人公が二人とも好感の持てるキャラで、読んでいて楽しかった。

読んだ方いらしたらお聞きしたいんですけど、
しょっちゅう「マジ」「マジ」言っていて、違和感ありませんでしたか?
英語でもそんな感じなのかなぁ。


708 :名無しのオプ:2006/05/23(火) 21:05:31 ID:+o7sj9zL
以前のシリーズでもしょっちゅう使われていたのでもう慣れたけど、読み始めの頃は違和感ありましたね。
原書は読んだことないけれど、訳者のセンスに因るところも大きいのかもしれません。

ちなみに前シリーズの主人公であるホーギーとその愛犬ルルも、非常に愛着の沸くキャラです。
手に入りづらいかもしれないけれど、興味がわいたら『真夜中のミュ−ジシャン』から読んでみてください(゚∀゚

709 :1:2006/05/24(水) 12:19:42 ID:jWHAzAKs
「血と肉を分けた者」ジョン・ハーヴェイ、
よかったす。
今のところ今年一番・・。

クックやゴダートが、駄目な自分としては、
とても不思議な気がしました。
それに、かなりぬるい、と言うか、柔な部分もありましたが。
巧い、という感じではなく・・、う〜ん、やっぱり巧いのかも。
心に応える部分が多かったです。

710 :名無しのオプ:2006/05/24(水) 16:49:08 ID:AloKoUQV
証拠は眠る. 著者, オースティン・フリーマン/著 原書房

あんまり面白かったのでカキコ。

711 :1:2006/05/25(木) 16:42:05 ID:SYKDFJJz
久しぶりの本屋で乱れ買い。

↑おすすめの「証拠は眠る」ソーンダーク博士もの、
集英社文庫
「聖なる少女たちの祈り」上下リチャード・モンタナリ、
早川文庫
「火星縦断」ジェフリー・A・ランディス、
「グルメ探偵、特別料理を盗む」ピーター・キング、
角川文庫
「レイヤー・ケーキ」J・J・コノリー、

再版と文庫化の↓も未読の方どぞ。
「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」ジョン・ル・カレ、
「七王国の玉座 1」

感想は今週末に〜




712 :名無しのオプ:2006/05/25(木) 18:32:54 ID:eve7jXrA
1が初めて本格&ハードカバーに手を出したので記念角栄

713 :1:2006/05/26(金) 23:34:16 ID:ZCiFcrhv
SFだけど、早川文庫
「火星縦断」ジェフリー・A・ランディス、
よかったす。読みやすくてシンプル。
十分本を読む楽しみを味あわせてもらいました。
昔風の火星小説。

集英社文庫
「聖なる少女たちの祈り」上下リチャード・モンタナリ、
も、ボクシングやる女刑事がよかった。
サイコスリラーですが、読後感は悪くない。シリーズ化されそう。

挫折感なしに、順調に読破ちゅ。

714 :パーカー信者:2006/05/27(土) 22:45:40 ID:YyBZnbkG
「クリスマス・プレゼント」(ジェフリー・ディーヴァー/文春文庫)
適度にどんでん、さくっと読めてどっから読んでも面白い、
短編集としてはお手本みたいな本でした
この人は短編でも人物造形が上手いすね…

表紙と各編冒頭掲載のイラストも雰囲気あってて好き

「蜂の巣にキス」(ジョナサン・キャロル/創元推理文庫)
やっとやっと日本語で読める日が……!
過去の殺人、ということでクックっぽいかと思ったら
だんだん日常が壊れていく感じは正にキャロル節でした

「フラッシュ」(カール・ハイアセン/理論社)
「Hoot」に続いて子供向けだけど、相変わらず
はっちゃけたキャラとマイアミLoveと
マイアミの自然を壊す輩への憎しみは
やっぱりかっちりハイアセン

今回は家族の再生の物語としても読めるす
最後の場面はマジ泣きしそうに…

715 :名無しのオプ:2006/05/27(土) 23:58:31 ID:uV3P/t3w
1さん

「グルメ探偵、特別料理を盗む」 ピーター・キング
読んだら良いかどうか教えてね。

716 :名無しのオプ:2006/05/28(日) 06:00:15 ID:lvirpyBc
>>689
ジョナサンキャロルはSF板に専用スレがありますよ
蜂の巣〜はミステリー風だけど、本格好きな人には物足りないと思われ


717 :1:2006/05/28(日) 20:02:01 ID:APe/OR1m
早川文庫
「グルメ探偵、特別料理を盗む」ピーター・キング,読了。
グルメとミステリの薀蓄は面白かったものの、
ミステリとしてはあまりにぬるすぎ。
スタウトの名作「料理長が多すぎる」には及ぶべくもないす。
比べるほうもどうかと思うが・・。



718 :名無しのオプ:2006/05/28(日) 20:46:38 ID:B+5NQASC
1さん、ありがと。
グルメ探偵、パスしようっと。
1さんの本の評価は私にとって、
今までハズレたことないから。



719 :1:2006/05/30(火) 19:37:12 ID:v/u7juHz
創元の
「死ぬまでお買物」エレイン・ヴィエッツ、面白かったす。
イヴァノヴィッチ系女性ユーモアミステリ。
派生系をよく見かけるが、ほとんどだめ! これはいいできでした。

「ジョン・ランプリエールの辞書」上下ローレンス・ノーフォーク、
も文庫化。未読のかたどぞ。

「証拠は眠る」、面白かったですが、
単行、この値段ではちょっと物足りない。
分厚く、くどいくらい細かい人物描写もの、読みすぎか・・。

「レイヤー・ケーキ」J・J・コノリー、
はつまんない。




720 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 21:14:47 ID:/H01U50X
>>1が本格を認めたときいて飛んできました

721 :1:2006/05/30(火) 21:21:52 ID:v/u7juHz
わたしゃ小学五年のときにクロフツの「樽」を読んで、
えかく感銘を受けた男だよ。

722 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 22:21:51 ID:/H01U50X
えかくじゃなぁ…

723 :名無しのオプ:2006/05/31(水) 00:29:57 ID:Nw5efq3p
1さんって男性だったんだ…
びっくり

724 :名無しのオプ:2006/06/01(木) 02:23:43 ID:e5somCLG
1さんて速読ですよねー。凄いなー。
最近、中国の小説が面白い。
ミステリーといえなくもない
内容からしてここに書き込んでも
いいかな?「十面埋伏」上・下  新風舎


725 :名無しのオプ:2006/06/02(金) 18:01:48 ID:Fezm6KL6
>>724
武侠もの?

726 :1:2006/06/02(金) 18:27:57 ID:ft8aYIyt
>>724
「凶犯」とともに読んだす。
張平、なかなか。

社会犯罪現代劇、とでも言うか・・。

武侠ものと言えば、自分、金庸の熱烈なファンで、
香港まで、改訂版新刊買いに行ったことが。
しかし官語、広東語共に、読みこなせるまでの実力はなかったすorz



727 :名無しのオプ:2006/06/03(土) 02:04:29 ID:jo2Vys9T
>>725
武侠ものって言うのかー。知らなかった。
やっぱり1さんは読んでいらしたかー。




728 :名無しのオプ:2006/06/03(土) 10:01:49 ID:nQxBRutq
727がなんとなく誤解しているように思える件

そう言えば、古龍の新刊が出てたな
新書サイズだったが高かった
武侠ものって総じて高いよな

729 :名無しのオプ:2006/06/03(土) 15:42:52 ID:jo2Vys9T
>>728

730 :名無しのオプ:2006/06/03(土) 15:43:37 ID:jo2Vys9T
>>728

731 :名無しのオプ:2006/06/03(土) 15:44:53 ID:jo2Vys9T
ごめんなさい、まちがえちゃった。

732 :1:2006/06/09(金) 20:31:49 ID:JmgIZtvW
古龍の新刊、二冊読んだけど盛り上がりに欠ける気がす。
徳間から文庫化された「神G剣侠」をどぞ。

で、文春文庫新刊
「コブラヴィル」上下 カーステン・ストラウド、

「ブラックウォーター・トランジット」いまいち、
「キューバ海峡」まあまあ、で、
今作はなかなかの出来す。締まってる。
いまや世界の敵はアルカイダのみか・・。

早川からは先日亡くなったレムの「砂漠の惑星」が再版。
ミステリ好きにも最適、未読のかた是非どうぞ。
今読んでも本当にすばらしいす。

 

733 :名無しのオプ:2006/06/09(金) 21:33:19 ID:EDOt/kgJ
まず射雕英雄伝からだろ>神雕

734 :1:2006/06/09(金) 22:20:48 ID:JmgIZtvW
>>733
文庫化が羨ましくて、つい・・。
おっしゃる通り。

735 :1:2006/06/16(金) 22:59:37 ID:zu4b+3JX
こんばんわ。

早川書房の
「ママは悪魔ハンター」ジュリー・ケナー、
「永遠の沈黙」 M・ベイデン&L・ケニー、
講談社文庫の
「エミリーの不在 上下」ピーター・ロビンスン、

など読んでおりました。



736 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 13:16:29 ID:Ka6yS0Lg
発売半年たっちゃったけど。

ジェフリー・ディーヴァー
『クリスマス・プレゼント』(文春文庫)【8.5点】

どんでん返し連発の16篇。原題は「Twisted」(ひねり)。
いかにも強引にこじつけたという作品も若干あるが、
たいていは小説として成立させて上手く伏線を小説に流し込んでいる技量に
脱帽。「どんでん返し」を謳っておいて読者にやはり驚かせるの人物造形も
上手い。表題作はリンカーン・ライム主役の番外篇。

印象に残った作品は「見解」「三角関係」「釣り日和」「ひざまずく兵士」。


737 :名無しのオプ:2006/06/21(水) 12:08:33 ID:BKr7WqB+
「イノセント」読んでわからなかったのですが、
主人公が(メル欄)は何をしていたのですか?

738 :名無しのオプ:2006/06/29(木) 00:17:57 ID:qtBeXSTO
リチャード・マシスンの新刊まだー?(扶桑社文庫)

739 :名無しのオプ:2006/06/29(木) 01:10:58 ID:pHJiHvkz
七月下旬だからまだ。

740 :1:2006/06/29(木) 18:12:08 ID:UrCmP0rZ
早川の、
「魂よ眠れ」ジョージ・P・ペレケーノス、を読み、
新潮、扶桑をスルーして、今月もおしまい。

来月は、創元のドン・ウィンズロウ、
ケアリー・シリーズ完結篇楽しみす。




741 :名無しのオプ:2006/06/29(木) 19:50:00 ID:qAKKNKba
ウィンズロウスレで、8月に延びたと書いてありましたよ‥。
東京創元社のサイトでも、8月になってるなぁ。
しかも価格が未定になってしまった。
当初発表された価格だと、激薄な作品っぽかったけど、変わるのか。
もしかして、水増し????

742 :1:2006/06/29(木) 21:39:42 ID:UrCmP0rZ
がっかり・・

743 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 23:40:01 ID:Ny3Dv+Gw
「魂よ眠れ」ジョージ・P・ペレケーノス
「わたしを離さないで」カズオ・イシグロ 早川書房
「失われた男」ジム・トンプソン 扶桑社ミステリー等を購入。
トンプソンは好きじゃないのに何故か読んでしまう。
1さんはペレケーノスをもう読んだのかな。

744 :1:2006/07/07(金) 12:33:52 ID:9Ai4fHsA
読みました。
XXXを殺してしまったのは痛いす。
銃密売人がかっこいい。

今月の早川、
ダン・シモンズのSF新作が楽しみす。
ハイペリオンクラスだといいなあ。

745 :名無しのオプ:2006/07/10(月) 22:53:06 ID:/hIErkO6
           i::::::::/'" ̄ ̄ヾi
           |:::::::| ,,,,,_  ,,,,,,| 
           |r-==( 。);( 。)   
           ( ヽ  :::__)..:: }
        ,____/ヽ  ー== ;  ほほう それでそれで?
     r'"ヽ   t、   \___ !
    / 、、i    ヽ__,,/
    / ヽノ  j ,   j |ヽ 
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /
    |      "'ー‐‐---''

746 :1:2006/07/16(日) 22:53:45 ID:6bKQlW7h
お暑うございます。

文春文庫
「暁への疾走」ロブ・ライアン、
ヒギンズと言うよりも、ケン・フォレットか・・。
もちっと巧かったらなあ。

講談社文庫
「神の足跡(上下)」グレッグ・アイルズ、
このところ快調だったが、また「神の狩人」クラスに堕ちたか、残念。

でも、小学館文庫の
「九龍城の闇」スティーヴン キャネル、
よりはまし・・。
なんか日本語が変じゃね?翻訳が悪いのか?



『伝説の株必勝法〔文庫版〕』
林 康史
定価:500円(税込)

『ケータイ占い〔文庫版〕』
荻原 加夏美/田山 琢朗
定価:440円(税込)






747 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 00:30:58 ID:vxfRZDSU
>>746
なんですか? 後ろの2冊は・・・・・

748 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 00:41:40 ID:jSuoyV/h
>>746
おまえ1冊っちゃら、わい2冊っちゃるけんね

749 :1:2006/07/17(月) 14:21:11 ID:mNDwvN/c
???
なぞ・・。

750 :1:2006/07/26(水) 10:08:29 ID:GCjMK322
早川書房の
「イリアム」ダン・シモンズ、
「 カズムシティ」アレステア・レナルズ、
二大激厚本を抱えこんでしまったので、
なかなか身動きが・・。
SFだけど。






751 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 11:35:55 ID:A9gJECfo
1よ、シモンズにもう「ハイペリオン」クラスを求めるのは酷だ。
キングが「IT」を超えられないように
マキャモンが「少年時代」を超えられないように

752 :1:2006/07/26(水) 18:39:05 ID:GCjMK322
>>751
なるへそ・・。
しかしシモンズは、ハイアベレージヒッターだからなあ。
「イリアム」は、まだ少しだけれど、叙情的に少し弱いかも。

「 カズムシティ」アレステア・レナルズ、
は前のやつより読みやすかった。

753 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 10:28:54 ID:t7P+Or2K
シモンズ・キング・マキャモン・クーンツみんな高齢だよね
彼らの後継者は出てきてるの?

754 :また帝京:2006/07/27(木) 16:42:31 ID:g3j9S6T1
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060727i204.htm
DVDなど万引き→中古店に売却…大学生ら5人逮捕

東京都内の家電量販店でDVDやCDのソフトを万引きし、売りさばいたとして、警視庁少年事件課は27日、
駒沢大学生(20)(犯行当時19歳)と帝京大学生(19)など少年4人の計5人を窃盗の疑いで逮捕したと発表した。
少年グループは昨年10月〜今年4月、世田谷区や三鷹市など計7店舗で、40回以上の万引きを繰り返し、
DVDなどを売って計約120万円を得たと供述しており、同課で余罪を調べている。
調べによると、少年グループは今年2月5日午前10時ごろ、立川市曙町の「ビックカメラ立川店」で、
DVDとCD計10枚(3万8656円相当)を盗むなどした疑い。盗んだDVDなどはそのまま近くの中古品販売店などで売りさばいた。
少年たちは調布市内の中学校の同級生仲間などだった。


低狂を廃校にすれば日本の犯罪発生率は今の半分以下になるでしょうw

低狂の犯罪行為一覧(抜粋)
○薬学部の学生が女性に後から抱きつき胸を揉む
○単位を取れなかった腹いせに理工学部の学生が教員をリンチ
○陰惨なイジメで校舎から飛び降り自殺
○暴走族、麻薬、食堂放火、万引き
○盗聴
○集団レイプ
○薬害エイズ
○守衛にスパイクシューズのまま跳び蹴り
○暴力団を雇って組合員を銃撃
○入学詐欺
○運動部の監督が部費を横領
○トイレで中学生にわいせつ行為
その他多数
帝京大学過去の犯罪特集
http://choco.2ch.net/news/kako/1015/10154/1015445145.html

755 :1:2006/07/27(木) 23:56:51 ID:3ek1Fht0
今日は創元推理文庫の日・・それにしても高くないか・・。

「死と踊る乙女」上下 スティーヴン・ブース、
「 褐色の街角」マルコス・M・ビジャトーロ、
「ラット・シティの銃声」カート・コルバート、どれも1000円超。

シモンズが終わってから、と言うことで。
新潮文庫は、トルーマン・カポーティの伝記のみ買ったす。


756 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 00:38:40 ID:8GKxtrA1
「カズムシティ」の嫌がらせとしか思えない分厚さは何とかならんのかw
鞄に入らん文庫ほど始末に負えん物はないぞ・・・

「狼男の逆襲」ベタなモンスターモノかな?と思いきやなかなか派手で
面白かった。以前に出た「惨殺の月夜」もそうだが、扶桑社って割と
アクションホラー出してくれてるから好き。

757 :1:2006/07/28(金) 08:46:11 ID:FBYsm+r4
「カズムシティ」と「イリアム」買った日は腕が抜けそうなほど、
かばんが重かったす。

八月は、講談社文庫のマイクル コナリーと、
創元のウインズローが、楽しみ楽しみ。

758 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 09:47:48 ID:di4M7PP0
始末屋ジャックシリーズ新刊、出たねえ。
親父さんが活躍するらしいんで楽しみ。

759 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 14:15:46 ID:NtNuVNhQ
もりもりっと「イリアム」読了。手が疲れた。
読み進むにつれて明かされるナゾに感嘆しつつも、
更なるナゾも次々と。結局近々出るであろう(希望)
下巻にあたる「オリュンポス」を待つしかないのかー。

760 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 16:47:51 ID:ws4Kdl6l
キング「ドランのキャデラック」まだ途中だけど粒揃いで面白い
もうキングの長編は読む気力がなくなってきたが短編集なら楽しめる

761 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 00:47:42 ID:pA3MCQ/p
「始末屋ジャック」ってまだ続いてたんだねぇ・・ 
アクションホラーは好きなんだけど、何故だかポール・ウィルソン物は
スルーしてしまう。読まず嫌いは駄目だって分かってるんだけどな・・

「抹殺部隊インクレメント」 
お馴染みクリス・ライアンが放つ戦闘アクション。訳者もいつもの伏見さんで
安心の出来。しかしクリス・ライアンって早川からしか本出さないけど、独占
契約でもしてるのか?

762 :1:2006/08/02(水) 11:51:37 ID:Qy5ZNm2/
同じく「イリアム」読了。
次のがでるまでわからんことだらけ・・。

で勢い駆って扶桑の
「始末屋ジャック深淵からの脅威」上下F・ポール・ウィルスン、
久々テンポがあって面白かったす。
「奇術師の密室」リチャード・マシスン、も。




763 :名無しのオプ:2006/08/03(木) 20:18:00 ID:5EsaNkfF
「カズムシティ」って面白いの?
前作があるみたいだけど、やっぱり続けて読んだ方がいいですか?

いやー、田舎の本屋で、いつもは品揃えしょぼなんだけど、
カズムシティが2冊もあって、びっくり。


764 :1:2006/08/03(木) 23:58:02 ID:iHLq3VpX
「カズムシティ」独立でおっけー。
前作の「啓示空間」よりずっと読みやすいけど、
読んでも読んでも終わらん。

で、
文春文庫の
「ダーティ・サリー」マイケル・サイモン、
買いました。ぬるめのノワール。

創元のストラウブとウインズローはまだかいな。

765 :763:2006/08/09(水) 20:27:19 ID:OKhCA4fQ
1さん、ありがとうございます。
カズムシティ買ってみました。
ねぶたも終わったし、読むぞー。


766 :1:2006/08/10(木) 12:13:17 ID:YBcKQ9LD
お暑うございます。

スペンサー好きの人は、
文庫化された「ポットショットの銃弾」読んでね〜。

きょうは講談社のコナリー出てるかなあ。

767 :1:2006/08/10(木) 23:26:14 ID:YBcKQ9LD
コナリー出てなかった・・。

代わりに創元の、
「砂漠で溺れるわけにはいかない」ドン・ウィンズロウ、
出てました。うすっ。

768 :名無しのオプ:2006/08/10(木) 23:33:43 ID:mPeHvPDn
コナリー出てたよ。
買わなかったけど。

769 :1:2006/08/11(金) 17:18:45 ID:8dW8+Hc0
買ってきました。
講談社文庫
「天使と罪の街」上下マイクル・コナリー、
XXXを殺してしまったか・・。もう競演はないのね。
イーストウッドに演られたくないのか、コナリー。

前作よりいい出来と思ふ。まだ半分ですが。

770 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 00:08:32 ID:tKae7/sW
本屋に走ったら、ちょうど入荷したところだった>コナリー
読んでる途中だけど、やっぱいいよ。
コナリーに屑なし。

771 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 18:00:23 ID:yeHjVNFy
1さんへお願い。

>XXXを殺してしまったのは痛いす。
>XXXを殺してしまったか・・。もう競演はないのね。

こういう書き方はやめて頂けないでしょうか。
伏せ字にしてあっても、シリーズをずっと読んでいるファンには丸分かり。
うっかりここを見てしまった俺が悪いのかもしれないけど、
ネタバレにしては、最悪クラス。
読書の楽しみを奪われてしまって、ホントに泣けてくる。

あなたに悪気があるとは思わないし、XXXと書けば
ネタバレにならないと思っているのでしょうけど…。

ネタバレされたくなかったら2ちゃん見むなという意見も
あると思うので強くは言えませんが。
一応「お願い」しておきます。

772 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 18:28:54 ID:eGG8khTl
>>771
> XXXを殺してしまったか・・。もう競演はないのね。

これはネタバレじゃないですよ。
文庫の裏表紙にも書いてあることだから。

773 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 19:25:16 ID:yeHjVNFy
>>772
書籍のあらすじ解説もネタバレ気味というか、
ストーリーを先までバラしているものが多いので、
私は文庫の裏表紙もなるべく読まないようにしてます。
「文庫の裏表紙に書いてあればネタバレじゃない」と言われると、
個人的にはちょっと疑問もあるのですが…、
まあ、それは私の勝手で、他人に文句を言うことではないですね。
すいませんでした。

774 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 20:15:26 ID:dJLXECka
>>773さんのように感じること、私もあります。


775 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 20:56:22 ID:jBoGe9R3
帯でネタばらししてたのもあった。
「チャーム・スクール」とか。

776 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 23:01:46 ID:YMnInF/c
ネタバレは良くないという主旨には賛同するが
帯や裏表紙に記載してある情報まで含めるのは一般的ではないと思う

777 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 23:22:54 ID:iIlLAgKn
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|         な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ            おれも何を言われたのかかわからなかった…
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人         頭がどうにかなりそうだった…
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...        イ 



778 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 01:11:54 ID:N+sijomF
チャームスクールの帯にネタバレなんてあったっけ?
スレの流れからして教えてくださいとも言いにくい...
気になるので本屋で確認してくるか(´・ω・`)

779 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 02:42:16 ID:q2Xxs2fr
>>778

今はどうか知らないけれど、文庫で出たときは帯に
「メール欄」が書かれていた。

780 :名無しのオプ:2006/08/14(月) 12:03:33 ID:kIgA0wOH
ドン・ウィンズロウ「砂漠で溺れるわけにはいかない」読了。
薄いからさくっと読めてしまった。
後日談の後日談という感じで中身も薄い印象。
これ単体で考えれば、軽く楽しめる内容ではあるけれど、
やはり「シリーズ最終作」としては、かなり物足りないかも。
とりあえず邦訳完結はめでたい。

781 :1:2006/08/14(月) 23:22:44 ID:baDTSuJR
ごめんなさい。気をつけます。

書評にもあったし、そういう前提?の新作なので、
油断しました。

「読書の楽しみを奪われてしまって」・・は
返す言葉もありません、本当に申し訳ないす。
しばらく自粛・・。

でもでも面白いから、ぜひどうぞ。

782 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 03:36:01 ID:rVk1dGBz
新刊情報がそろそろかなと思ったら。
コナリーの新作出たんですね。早速購入します。

ネタバレって思うの人それぞれ感じ方でも違う思うけど
コナリー他数名の作家以外は解説も帯も参考にして、ピンときたら購入する。

その前にここで1さんのお薦めをチェックします。
数年にわたりこのスレで確かな1さんの眼力を信頼して失敗はなかったので。

まぁ私は本を読んでから映画を観る方が好きなので論外かも。

783 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 10:55:57 ID:5v5BZkie
>>773
文庫の裏表紙は見ないようにしてるのに、このスレは見るんですね。
自分と同じだわ。

784 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 18:28:25 ID:Ti0H6OwO
ドナルド・E・ウェストレイクの「バッド・ニュース」読了しました。
おひさしぶりの泥棒ドートマンダー・シリーズ!
色々と運が悪いドートマンダーはあいかわらず愉快。
今回はドートマンダーたちに出会うことで厄介な状況になる連中も。
ドートマンダーと仲間たち、普段から漫才やってるようなノリですが、
ここぞという時にさりげなく見せる「プロ」の腕前がカッコいい。
シリーズの未訳分も邦訳出してくれないかなあ。

785 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 21:46:20 ID:szXRgQ+R
「風の影」カルロス・ルス・サフォン 上・下 集英社文庫

1945年のバルセロナ。
霧深い夏の朝、ダニエル少年は父親に連れて行かれた
「忘れられた本の墓場」で出遭った『風の影』に深く感動する。
謎の作家フリアン・カラックスの隠された過去の探求は、
内戦に傷ついた都市の記憶を甦らせるとともに、
愛と憎悪に満ちた物語の中で少年の精神を成長させる…。


すっげえ面白え。ここ2,3年読んだなかでもダントツでした。
上・下でボリュームあるけど2日で読んじゃったよ…。

786 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 22:06:45 ID:4tb9kkrl
『天使と罪の街』、『砂漠で溺れるわけにはいかない』
『始末屋ジャック 深淵からの脅威』、『バッド・ニュース』
などを買ってきました。どれから読もうかなー。
『風の影』も面白そうだな。買おうかな。

とりあえず『天使と罪の街』読む前に、『ザ・ポエット』再読しよう。

787 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 15:27:04 ID:qSljpSuu
「風の影」面白そうだね。
http://bunko.shueisha.co.jp/kaze/
宣伝に力入れてるのか入れてないのか微妙な感じ。
でも、こういうの見ると、もっと読みたくなったりして結構ミーハーかも。

788 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 15:41:10 ID:O1winXYJ
1さん
週明け謹慎解除ヨロ

789 :名無しのオプ:2006/08/20(日) 16:52:11 ID:lvmlBuHB
『砂漠で溺れるわけにはいかない』読了。
まあ、物足りないといえば物足りないけど、
個人的にはこのシリーズは第3作目で完結したような印象。
「オマケ」のボーナストラックみたいなもんとしては
それなりに楽しめたよ。完結おめでとー。


マイクル・コナリー『天使と罪の街』、面白かった!
叙情的なドラマ部分やミステリー度は薄味だったけど、
強敵との対決ストーリーとしてはなかなか楽しめた。
シリーズがこれだけ長く続いてアベレージ高いのは評価できる。
「ハリー・ボッシュ」シリーズ全部読んでおいた方がいいのは当然として
予備知識として
『ザ・ポエット』は必読。
『わが心臓の痛み』も読んでおく方がいい。
小ネタを理解するには
『バッドラック・ムーン』
映画『ブラッド・ワーク』
短編『空の青(シエロ・アズール)』
なんかもチェックしておくと楽しめる。

790 :名無しのオプ:2006/08/21(月) 00:01:15 ID:euKtVIjb
「風の影」書店に小冊子があって最初ちょっと読めた。
S・キング絶賛っていうのが怪しいもんだけど
>>785さん、信じて読んでみるかな
始末屋ジャックの新作出たので積読してた「異界への扉」から読書中
先は長いな

791 :名無しのオプ:2006/08/24(木) 07:42:36 ID:q9DicLsE
風の影を200ページ程読んで他の本読み始めた俺ってw
ダニエルがだんだん探偵みたいになっていくのが萎えた

792 :名無しのオプ:2006/08/24(木) 20:02:40 ID:nPf7MMG5
ウエストレイクの『バッド・ニュース』読んだ。
まあいつも通りといえばいつも通り。
特に驚く展開もないけど、このユルユル感は結構好きだ。
悪党パーカー・シリーズの邦訳は止まっちゃったのかな?

今日はペレケーノスの『ドラマ・シティ』を購入。
単発ものらしいけど、ちょっと期待してみる。

793 :名無しのオプ:2006/08/24(木) 22:26:33 ID:rrDTF5PF
おれも785を信用してアマゾンで風の影注文したよ。最初発送予定2〜3日だったの
が突然24時間以内発送可能になったのは担当者がここ見ててあわてて発注したの
か?w

794 :1:2006/08/25(金) 00:15:49 ID:K8S98sJ/
>>791 ・・・同意、
謹慎解除明け、盛り上がってるとこなんかすまんが・・。

今日は、早川文庫の
「ドラマ・シティ」ジョージ・P・ペレケーノス 、と、
創元の
「ヘルファイア・クラブ」上下ピーター・ストラウブ、 を買い、

「7ワンダーズ」上下 マシュー・ライリーを横目で見る。
なんであんなにすかすかなの? あんなにページ稼がなくてもいいだろ。



795 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 00:33:00 ID:o3Ujj7UD
>>1
おかえり。

796 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 07:17:25 ID:RpS9jyqc
「7ワンダーズ」
ヤングアダルトなのかな…。

797 :1:2006/08/25(金) 16:43:28 ID:K8S98sJ/
どうも最近迷いが・・昔だったら躊躇いなく全部買ってたが。

「さよならを告げた夜」マイクル・コリータ、早川単行本。
やっぱり21歳だなあ、人物造型が物足りなさ過ぎる、文庫でなら納得だけど。

で、
「南海のトレジャーハント」パトリック・ウッドロウ、
「数学的にありえない 上下」アダム・ファウアー 文春単行本、
と買うべきか迷い、結局、
「エラントリス 鎖された都の物語」ブランドン・サンダースン、
早川文庫ファンタジー、を買いましたとさ。

どうもダヴィンチ系のにほひのする翻訳新刊が多いような気がする。
いえ決して・・悪口です。






798 :1:2006/08/25(金) 21:51:53 ID:K8S98sJ/
「ドラマ・シティ」ジョージ・P・ペレケーノス、読了。
よかった・・。ペレケーノス、巧かった。
小説を読む楽しみを存分に味あわせてもらいました。

799 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 20:04:26 ID:DKYJa9w5
ペレケーノスいいですよね。
最近「友と別れた冬」から一気読みしましたが
ハズレなかったです。

800 :名無しのオプ:2006/08/26(土) 21:22:07 ID:dkeVa4Nm
今月のミステリ・マガジンはペレケーノス特集。
短篇3つに著作リスト、解説などあり。
ファンならチェックしておくと吉。

801 :名無しのオプ:2006/08/27(日) 10:28:03 ID:CkkWcd8q
>>800
ミステリ・マガジン10月号買った。
ウエストレイクのドートマンダー物短編も載ってたね。
ペレケーノス、ニック・ステファノス・シリーズの未訳の3作目読みてー。
他のペレケーノス作品どんどん訳されているのに、
なんでこれは邦訳出してくれないんだろう。頼むよ早川さん。

802 :1:2006/08/29(火) 20:58:29 ID:jXQC0FEH
「ヘルファイア・クラブ」ピーター・ストラウブ、
サラ・ヲーターズみたい。個人的にはいまいち。

で、新潮文庫新刊、
「血の協会 上下」マイケル・グルーバー、
買ったんですけど、これがなかなかいい・・。
一作目の「夜の回帰線」、どう読んだんだっけか。

803 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 00:04:04 ID:aeNoXcjg
>>1さん、>>800さん、ペレケーノスの情報ありがとう。
ミステリーマガジンは教えてもらわなかったら、
知らないまま悔しい思いをするところだった。感謝します。



804 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 01:48:44 ID:Fgtuogi4
ミスマガで連載のヘイクタルボットの奴はちゃんと本になるんですかね

805 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 16:16:23 ID:Dfdcrivq
おお、あったあった。


806 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 17:54:26 ID:KXFePvmZ
>>804
今年産まれた子どもがランドセル背負う頃には出るだろう

807 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 20:36:46 ID:bxvXDAfY
>>806
有り得るから怖い
創元のドイル短編集とかどうなったんだ?2以降出てないのかな
ラブクラフト全集とか何年かかってんだ

808 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 20:54:30 ID:BKbQUPoe
「バッドニュース」読み終えた〜
少し切れが無くなってきてる気がする
フロストまあだ?

809 :名無しのオプ:2006/09/03(日) 21:18:07 ID:bokjt5p+
最近 ロビン・クックの新作が出ないなぁ。。。


810 :1:2006/09/03(日) 22:20:57 ID:hMZV5Mgl
「7ワンダーズ」も「数学的に〜」も「ラビリンス」も、
買わんぞ。
何読めばいいんだ・・、教えてちょ。

在庫は、創元の
「殺人者の放物線」アンドレア・H・ジャップ、のみ。

811 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 02:20:46 ID:EoG/s9bP
「ハマースミスのうじ虫」読んでみてちょ。

812 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 05:08:26 ID:ZHK0maOG
>>811
ハマースミスのうじ虫買ってきて二時間で読み終わりました。
普通に面白いね。メ欄にそっくりな話と筋書きとテンポだったので、やはりイギリスミステリなんだなあと。
主人公の設定が犯罪者コレクターという点もミステリ好きなら引かれる設定で、序盤は少しスローな展開ながら、
中盤からは一気に読める。何かこれ感想が書きずらい作品だなw
メ欄の作品が好きな人は買い。スローテンポなイギリス古典ミステリが苦手な人には若干読みにくいかもしれないです。

813 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 09:35:22 ID:X3dNfx84
そうか、よかったthx 実は今読み始めてるとこw
驚かせてもらえそうかな。昔出てたやつらしいが

814 :1:2006/09/05(火) 18:09:53 ID:olU/2KM9
「ハマースミスのうじ虫」 ワインと食べ物が美味そうだった・・。
どういう読み方やねん。

で、文春文庫新刊
「真夜中の青い彼方」ジョナサン・キング、
地味系ハードボイルド、期待したけど、主人公が地味すぎる。

「緋色の迷宮」トマス・H・クック、
「倒錯の罠」ヴィルジニ・ブラック、買って未読。


815 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 20:55:59 ID:gvXYROEm
ドラマ・シティ読み終わった。。。よかったー。教えてくれてTHX.
次って何から読むのがおすすめ?友と別れた冬は尼に注文したのですが。

816 :1:2006/09/05(火) 21:20:44 ID:olU/2KM9
ペレケーノスは、完全カタルシス型と、えっ?これで終わりかい型と、
あるよね〜。でも、はずれはほとんどない。

ワシントン・サーガから読んでみそ。
「俺たちの日」から。


817 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 22:12:19 ID:gvXYROEm
>>816
THX.注文しますた。2日以内に発送。友と別れた冬とどっちが先にくるか。。。


818 :名無しのオプ:2006/09/08(金) 16:00:10 ID:VtmTi4+8
ドラマ・シティ俺も読んだ。
非常に好みの話だった。
ワシントンDC舞台の話って読んだこと無かったかも。

819 :1:2006/09/08(金) 17:48:31 ID:QNkkb0dK
>>818
ペレケーノス、ほとんどワシントン舞台じゃけん。

早川が、
「シャッター・アイランド」デニス・ルヘイン文庫化。
まだの方どぞ。袋とじはなし。

「断崖の骨」アーロン・エルキンズ、買いました。ぬるめ。






820 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 15:05:51 ID:hsHN22J/
遅まきながらトンプスン「失われた男」読みました。
今年読んだ中ではこれが一番かな。

821 :名無しのオプ:2006/09/10(日) 23:36:07 ID:is76K3y6
「断崖の骨」アーロン・エルキンズって新作?


822 :名無しのオプ:2006/09/11(月) 00:35:14 ID:kDGZqpAK
★★★★★★★★★★★★★★★学校法人ではない隔離壁★★★★★★★★★★★★★★★

大阪経済法科、帝京、帝京平成、帝京科学、東和、第一経済、第一工業、第一薬科

以上は一般に日本八大悪徳大学と呼ばれ、その醜悪ぶりは日本随一である。
そして上記の八大学は文科省の規定を破り、高校生を不正な手段で集め、文科省に
見捨てられている。(助成金をもらえない)
具体例を挙げれば帝京は推薦で定員の8割以上を入学させている。(文科省の規定によると
推薦では5割までしか入れてはいけない)今でもかなり偏差値は低いが普通の大学と
同じように帝京が推薦枠を5割にしたら現在の偏差値より10は少なくとも低くなるだろう。
つまり上辺だけ格好をつけている汚い大学というわけだが、入学者の質の悪さは当然、
日本最低ランクの奴等がウジャウジャいることになる。
次に大阪経済法科は定員の3倍以上の入学者(もちろん全て超ドキュン)を
入れて文科省の規定を破り、見捨てられている。最近ではすでに馬鹿の入学者も
集まらなくなってきたようで、帝京とともに廃校は時間の問題と言って良い状態。
まあ、集めているとは言ってもどこにも入れない究極のドキュンしか集まっていないが。
つまりものすごく頭の悪い高校生を集めて金を稼いでいる営利団体だな。
東和、第一経済なども同じようなことで文科省から無視されているザマ。
しかもこれらの大学は実質倍率を公表しなかったりデタラメな数値を公表したりしている。
教育内容や施設・設備はとんでもなく劣悪なのにも関わらず、学費の高さは全国トップレベル。
間違ってもこの八つの大学にだけは入学してはいけない。

★★★★★★★★★★★★★★★学校法人ではない隔離壁★★★★★★★★★★★★★★★

ちなみに東和大学は廃校が決定。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060824-00000018-mai-soci
残りの7校も廃校は時間の問題だろう。

823 :1:2006/09/11(月) 09:29:07 ID:cWFREFEm
>>821
むかしミステリアスプレスで出た再版だす。

824 :821:2006/09/11(月) 23:04:32 ID:na+bFPHk
>>1
あー、だよね。そうだよね。
だとは思ったんだけど、ひょっとしたら、なんて夢みちゃった・・。
どうもありがとう。


825 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 06:43:43 ID:hMSlKSZP
「緋色の迷宮」トマス・H・クック読了。
あいかわらず、読後心に残るものが重いよw


826 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 18:59:48 ID:X4QQDc1g
みんな、どんどん書き込んでよ。
このスレの情報のみに頼って本を選んでるんですから。


827 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 19:59:33 ID:vuo6EJ/U
『ドラマ・シティ』読了。ペレケーノスはいつも通り面白かった。
で、読了後に裏表紙のあらすじ紹介を読んでみた。
(ネタバレ防止の為、読む前にはなるべく見ないようにしてる)
全体の4分の3あたりでの展開までバラしてますな。
しかも「撃たれ」って、撃たれてないだろ!嘘書くなよ。

828 :1:2006/09/12(火) 20:15:51 ID:AMPQbItI
読みたくなるような翻訳新刊が、
なかなか出ないから仕方ないす。

ダヴィンチ派生形か、ハーレご一党か、すかすか内容なしか、
そんなんばっかり。

読んでない名作翻訳のたくさんあるひと、羨ましす。


829 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 20:48:26 ID:iXDT9U9C
毒杯の囀りとかいいんじゃないかと。
ttp://www.tsogen.co.jp/np/detail.do?goods_id=3609

830 :名無しのオプ:2006/09/12(火) 22:36:49 ID:jIXf0H1T
ここ参考にして失敗したこともあるけどね

831 :パーカー信者:2006/09/13(水) 17:48:22 ID:xJAHZZs/
「風の影」(カルロス・ルイス・サフォン/集英社文庫)
発売日に買って積読だったのをやっと読了。

主人公がわずかな著作を残して消えた作家について調べはじめる、
というとこでキャロルの「死者の書」みたいな話かと思ったら
こちらはスペイン内戦前後をめぐる大河ドラマみたいな話でした。

主人公がヘタレで大変いい感じ。
悪役がキャラ立ちまくりで読んでて胃が痛くなった…

シングシング刑務所って表記は珍しい?

「幽霊探偵からのメッセージ」(アリス・キンバリー/ランダムハウス文庫)
幽霊が探偵役で、生きてる人間がワトソン役というのは
ありがちだけど、幽霊が地縛霊なのでその場所から
離れられないのと、舞台がミステリ専門店なのが異色。

書店主の息子がスペンサーという名前なので、
当然我らがスペンサーにも言及されます。
読む本にサッカーの「穴」を選ぶあたり
こっちのスペンサーも有望だ〜

832 :パーカー信者:2006/09/13(水) 17:49:55 ID:xJAHZZs/
連投すんません

「ドランのキャデラック」「いかしたバンドのいる街で」
(S・キング/文春文庫)
相変わらず不快(誉めてます)な話ばっかり…

チャタリー・ティースがどんなおもちゃか見たくて
検索してみたら本来の名前はYakity-Yak talking teethってん
ですね。ううっ趣味悪い…

「黒い玉」(トーマス・オーウェン/創元推理文庫)
割とわかりやすく不気味な話がメイン。

「隠し部屋を考察して」(エリック・マコーマック/創元推理文庫)
妙な話ばっかり。
熱出てる時に読んだのでよけい妙な感じだった。

「憑かれた鏡 エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談」
(エドワード・ゴーリー編/河出書房新社)
「猿の手」はじめオールタイムベストというか、あまり目新しい話はないです…
ゴーリーの挿絵を見たい人向き。

833 :名無しのオプ:2006/09/15(金) 09:38:44 ID:p/MrvLK3
三橋暁が絶賛してたな>さよならを告げた夜

834 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 19:17:16 ID:QTtf76NS
講談社文庫ネルソンデミルのナイトフォールはどうだった1さん

835 :1:2006/09/17(日) 21:26:59 ID:3OpKeCsd
>>834
コーリーもの、デミルどうもまどろっこしくていかん。
って、書かないつもりだったのに・・。

ついでに何読んでるかというと、ヴィレッジブックスの新刊、
「天使が震える夜明け」P.J.トレーシー。
あまり触れないでくれ。


836 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 22:26:35 ID:Y9FQ7B4/
書かないつもりって何だよ

さぼんなや

837 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 22:38:08 ID:7yCfUZai
>>1
「天使が震える夜明け」のレポよろ

838 :1:2006/09/17(日) 23:27:52 ID:3OpKeCsd
デミルとかクックとかゴダードとか、
(小さな声で)最近の本格とか、本当につまらなかったのか、
自分の読み力がなかったのか、よくわからんのよ。
だから読んでも書かないこと多し。

839 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 09:00:45 ID:iR+TvRcv
>>837
「天使が震える夜明け」ってカバーから推測するにロマンスっぽいけど。
ミステリorサスペンス色が強い作品なのかな。

840 :1:2006/09/18(月) 15:46:06 ID:2aB2hBPe
「天使が震える夜明け」、ハーレロマンス風かと思ったけど、
割とまともなサイコスリラー。筋立て散漫で、ご都合主義ではあるけれど、
最後までちゃんと読んだから。
母娘コンビ、男のキャラ立てはへたくそす。


841 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 16:35:56 ID:Ne6g7/TG
暇な方、無料ネットゲーム「罪と罰」でもしませんか?
ゲームの内容は、ある国に所属して、その国の人達と協力し合って、他国と戦争し、統一するというものです。
今、人数が少なくて困ってます。携帯からのプレイも可能です。
ふるってご参加下さい。

http://cgi.miyukinet.ne.jp/~lukaland/cgi-bin/
index.cgi?


842 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 00:44:38 ID:fwl9Evag
>>838
>デミルとかクックとかゴダードとか

それって俺の3大フェバリットなんだけれど。。。
ストーリーテラーとしては、この3人ずば抜けてると思うんだけどなあ。
クックとゴダードの暗さは好き嫌いあるとして
デミルは「将軍の娘」や「王者のゲーム」もダメ?

843 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 02:06:06 ID:cfx2Hfym
よくゴダードスレで言われてるのは暗さよりも展開がマンネリってこと。

844 :名無しのオプ:2006/09/21(木) 12:13:04 ID:FCd3hwAN
1氏はクックとかゴダード苦手だからなw

845 :1:2006/09/22(金) 00:03:25 ID:PblNJCLf
お恥ずかしいス。
でも、ほとんど毎作読んでるかんね。

846 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 17:31:15 ID:IZDY/I6u
じゃ1氏の代わりに
 ナイトフォール(上)/ネルソンデミル
   講談社文庫 520ページ 1,100円


高すぎだよ!




847 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:05:36 ID:CnT47Bex
さて今週はおまちかねリンカーンライムシリーズの新作が発売、たのしみ。

848 :1:2006/09/24(日) 22:51:39 ID:kYAahxV+
文春でつね。
こりゃ早川の文庫、
「アークエンジェル・プロトコル」ライダ・モアハウス、
なんか読んでるばやいじゃないわな。
でも、文庫化された、
「黒と青」上下 イアン・ランキン、
リーバスものは読みなさいよ、あんたたち。



849 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 13:05:37 ID:4mdtPfqh
>>846

この週末に読みました。あのラストはないよなぁ。
時間経過を気にしていなかったので、やられました。

850 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 14:14:13 ID:h7RP1wsG ?2BP(0)
ナイトフォールをグーグルマップで地図と航空写真を確かめながら読んだらおもしろかった。


851 :パーカー信者:2006/09/26(火) 00:58:27 ID:+yV2qI+n
浅羽莢子さん逝去ってマジすか!?

ミステリーにしろファンタジーにしろ、この人の訳した本は
まずハズレがないのでありがたかったのに…

スレ違いだけど消防時代に大ハマりした
「火吹山の魔法使い」(手書きでマップ作った)も
この人の訳だったと知ったのは後になってからでした

852 :1:2006/09/26(火) 16:49:20 ID:Oo+iR3E8
18日に亡くなられたそうです。乳がんとか。
ジョナサン・キャロル、最近ずいぶん出てたのに。
ご冥福をお祈りいたします。

853 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:57:58 ID:yAKaFiGY
菊池光氏も亡くなってたんですね。
今号の「ミステリマガジン」で知りました。合掌。

854 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 23:08:40 ID:DB22viZC
>>853
…え、マジ?

それはちょっとショックだ……(いや浅羽さん死去がショックじゃないって
わけじゃないが)
ディック・フランシスとR・B・パーカー読者としては……。

855 :1:2006/09/27(水) 23:38:59 ID:RCWE7UH3
え〜〜〜ほんとっすか。大ショック・・。
菊池訳、毀誉褒貶はあったけれど、
本当にたくさんの名作を読ませていただき、
ミステリを読む楽しさを、心から味あわせていただきました。
合掌。

どうすんだこれから・・。
特にスペンサー。

それにしてもなぜニュースにならん。

856 :パーカー信者:2006/09/27(水) 23:50:51 ID:fxuwz3iB
>>852
浅羽さんがいなかったらシャンディ教授もピーター卿も
知らなかったかもしれないと思うと…

クーパーの改訳はどうなるのかなあ

>>853
ええっマジ!!? ショック…

スペンサーの翻訳はサニーものやってる
奥村さんが続けるんすかね…

857 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 09:32:05 ID:ad8+CEz1
「数学的にありえない」
SF風味のB級サスペンスアクション・・・。
サクサク読めるけど、高い金出してハードカバー上下巻買うほどのものではない。

858 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 21:52:22 ID:5I76Iwh6
>>857
ありがd
このスレ文庫派が多いので参考になります

859 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 23:27:09 ID:1olPYxKG
エルロイの新刊が文春文庫で出ますが短編集なのでしょうか?

860 :1:2006/09/28(木) 23:40:52 ID:dnGxSgMQ
菊池光さん、六月に86歳でお亡くなりになったそうです。
ミステリマガジン買ってきた。

本人の希望とは言え、心から哀悼の意を表したい読者、
本当にたくさんいることでしょう。

競馬シリーズもありがと、スペンサーもありがと、
ヒギンズも、ルカレも、トマス・ハリスも、
みんなみんなありがとう・・。

「12番目のカード」ジェフリー・ディーヴァー、
買ってきました。面白いす。まだ半分。

861 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 02:19:25 ID:RLkHIDbq
「美しき罠」(ビル・バリンジャー;ハヤカワポケットミステリ)

うー文庫版で出してほしかった・・・。でも買っちゃうけど。

862 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 19:48:24 ID:dp2OZEwG
>>859
楽しみ
http://www.bunshun.co.jp/book_db/html/7/70/53/4167705370.shtml

デミルのナイトフォールを読み終わった。
続編が今年11月にアメリカで発売される。


863 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:24:20 ID:rcMlHGxE
ナイトフォール、250ページも読んだのにほとんど話が進まないからギブアップしちゃった。

864 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:23:58 ID:cOPLmeuZ
>>862
ありがとうございます。
現代を舞台にした中篇集とは楽しみです!

865 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 14:58:52 ID:xajEGF/F
デミルじゃなくてドミルと呼ぶバビロンファンはおらんのか

866 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:39:22 ID:ENmmMLOH
>>863
下巻になってからがおもしろい。
最後は言わないでおこう。
>>865
ゴールドコーストから読み始めたからデミルがなじみがよくて。

867 :1:2006/09/30(土) 22:07:52 ID:kNcuL4r8
今日は創元乱れ買い。
「ルシタニアの夜」上下ロバート・ライス、
「毒杯の囀り」ポール・ドハティー、
「ニコチン・ウォーズ」クリストファー・バックリー、
「移動都市」フィリップ・リーヴ、
本格も買いましたです。読み始めは 「移動都市」。
「ルシタニアの夜」に期待大。

868 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 00:33:07 ID:4I6lOLjl
>本格も買いましたです。

うむうむ、良い心がけじゃ。
三手教えて遣わす。

869 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 08:33:37 ID:t6HmgKUD
「ニコチン・ウォーズ」文庫化かー。
ブラックユーモア小説としては、なかなかのものだった記憶が。

870 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 11:23:36 ID:tm2BgsYn
どうしても探せないので教えて下さい
>>847-848で出てますが、リンカーンライムの新作はなんという題名なのでしょうか?
近所の本屋で「?」と言われてしまい、検索しても探せないのです…

871 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 13:29:01 ID:FlR+zuLD
>>870
「12番目のカード」でしょうか?

872 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 13:29:20 ID:qiq0svHL
ちゃんとAmazonとか使って作者名で探した?
つttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4163252908/

873 :870:2006/10/02(月) 14:46:11 ID:tm2BgsYn
>>871-872さん
早速のお返事ありがとうございました
…文庫本ばかり探してました。単行本だったんですね
大変失礼いたしました。

874 :870:2006/10/02(月) 15:05:55 ID:tm2BgsYn
げ…ageてしまいました
重ね重ねすいません。

875 :1:2006/10/03(火) 21:42:59 ID:3z5f0CpL
文春の単行本、
「12番目のカード」ジェフリー・ディーヴァー、
安全パイ。転瞬もおだやか、人物造型も名人芸。
十分楽しませてもらいました。
文句はないんですが、なんと言うか、
ひりひりするものがないやね。

ディーヴァーの読書趣味は、自分とよく似てる、と思いました。
上には上がある、ということか・・。

合間に、ランダムハウス講談社の文庫、
「死者の季節」上下 デヴィット・ヒューソン、
期待したけどぜんぜん・・。
「名探偵のコーヒーのいれ方」クレオ・コイル、
思いっきりぬるめながら、まあ最後まで。コーヒー好きにはオススメ。
幽霊探偵〜の人の別ペンネームだからね。


876 :名無しのオプ:2006/10/03(火) 21:48:29 ID:ZDsEBIOt
移動都市、ルシタニアの夜、毒杯の囀りを読んだ人、感想教えてください

877 :1:2006/10/03(火) 22:48:20 ID:3z5f0CpL
>>876
はいはい。

「移動都市」は面白かったす。SFだけど・・。
ダンシモンズの影響ありか。シリーズ続きが楽しみ。
設定が、よくあるようで斬新。

「ルシタニアの夜」は、恐ろしく地味だけど、
読み続んでいるので、うまいのかも。まだ半分。

「毒杯の囀り」まだ積読です。すまん。



878 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 00:30:03 ID:olq/GNAQ
>>877
ありがとう。
移動都市と名探偵のコーヒーのいれ方を買うよ。



879 :名無しのオプ:2006/10/04(水) 16:45:41 ID:OTBkKf+y
ルシタニア 面白そうだけどどうだろう
手をだそうかなー

880 :名無しのオプ:2006/10/05(木) 19:20:51 ID:QUW+r+Jc
>>876
もう背中の後押しはされたみたいだけど、
「移動都市」読んだから一応書いとく。
アニメの例だと「ラピュタ」とか
「(不思議の海の)ナディア」みたいな
いわくありげな素性のヒロインをキーキャラに、
少年主人公が共に追いつ追われつされる
海外SFジュブナイルテイストの
冒険活劇かな。ヒロインが不美少女というのが異色か。
適度に面白いと思う。


881 :1:2006/10/06(金) 00:04:01 ID:ZIe0cvIa
なるほど・・。

自分は、都市と都市が食い合う、という奇抜な?設定が面白かったす。
食われた都市に住んでた人はどうなるのかなあ、とか。

ジュブナイルらしいね、やっぱり。
かなり残酷シーンもあるが。

「毒杯の囀り」、ディケンズ風テイストが面白かったです。
大英帝国風俗が・・。本格としてはどうなのかよくわからん。

882 :名無しのオプ:2006/10/08(日) 13:53:29 ID:UNzYrVLx
ポール・ドハティー『毒杯の囀り』(創元文庫)【7点】

14世紀イングランドを舞台とした歴史ミステリー。
毒殺された貿易商、その下手人らしき執事の自殺事件に修道士アセルスタンが挑む。

1さんも言ってるけど、当時の都市風俗(しかし不潔だなー)とかおもしろい。
ミステリーとしても最初の毒殺トリックなどはまあまあ。
しかしせっかく「ナイチンゲール・ギャラリー」とか魅力的な舞台設定したんだから、
調査の過程と結果をもっと書き込んで、不可能趣向とかミスリーディングにも
力を入れてほしかったなあ。

あと、推理の途中にも関わらず飲んだくれる検死官と、未亡人に迷う修道士に
ややイラついた。イングランド史もたいして絡んでこないので当時の歴史を
知らなくても大丈夫。続篇にも期待。

883 :名無しのオプ:2006/10/09(月) 19:15:17 ID:rY+wuVuB
ジェイムズ・サリス「ドライブ」(ハヤカワミステリ文庫)
シンプルで淡々とした展開でしたが充分面白かったです。

884 : ◆UxijYmHuz2 :2006/10/13(金) 17:36:36 ID:brc/U/f0
ランダムハウスのデヴィッド・ヒューソン「死者の季節」
読んだ人いませんかね?ランダムハウスは微妙なものが多くて
迷っているんだけど。

885 :1:2006/10/13(金) 21:21:49 ID:Ig7NIvY6
講談社文庫新刊、
「マイアミ弁護士 ソロモン&ロード」上下ポール・ルパイン、
細美遙子さんの訳なので買いました。
どうもパンチの効いてないプラムもののようだ。
甥がすごくいい味だしてるが・・。


886 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 00:29:46 ID:tjbzbecN
未読ですが、チェックしてたら柏艪舎からのリンジーの新刊を見つけました。
デイヴィッド・リンジー『沈黙のルール』

前作『夜の色』も楽しんだので、これもちょっと期待してます。

887 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 12:57:36 ID:peLhcYyh
ヒューマンファクターまだかなまだかな〜

888 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 15:36:26 ID:NJ6KPV+p
>>887
一昨日辺りから書店に並んでたぜ

889 :パーカー信者:2006/10/17(火) 02:05:57 ID:CM6yRBFW
「メイプル・ストリートの家」(S.キング/文春文庫)
表題作品に大爆笑。こんなのってアリか!ww

「血染めのエッグ・コージイ事件」
(ジェームズ・アンダーソン/扶桑社文庫)
ずっと読んでみたかった作品ですがうーん。ヒロインは好き。

「死者の季節」(デヴィッド・ヒューソン/ランダムハウス文庫)
ランダムハウス文庫の本文の紙が
触りごこちが気持ちよさ過ぎる件について

価格以外は納得の出来でした。
(この厚さなら上下分けないで欲しい…)

神視点のせいで、読者だけわかってる事柄が
思わせぶりに頻出するため、それが苛々する人には
向かないかも。

主人公の若さは必然の理由があるし、
成長物語にもなってるし、脇役も好き。
個人的には主人公の上司が気に入り。

素直に次作を読んでみたいと思いました。
できればもちょっと安価で。

890 :パーカー信者:2006/10/17(火) 04:50:29 ID:tPerVlJh
「毒杯の囀り」(ポール・ドハティー/創元推理文庫)
面白かった!

>>889投稿してからベッドで読み始めたら止まらなくなって
さっき読み終えました、今日の仕事に差し支える……

トリックと犯人自体はかなり早い時点で気づく人も
多いと思うんすけど、人物と風物の描写がなかなか〜

テンポのある訳文と、本文に出てくるアイテムを
ちりばめた表紙も素晴らしい。

この訳者と表紙絵作者のコンビでぜひ続編を!

891 :名無しのオプ:2006/10/18(水) 02:40:09 ID:ca9NreKc
モルグ街の殺人が新訳で出たみたいなんですが、読まれた方はいますか?

892 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 23:09:00 ID:inR9FlsC
ミステリじゃないけど「グレート・ギャツビー」も
宮脇孝雄氏の新訳で出るようなので楽しみ。
光文社古典新訳文庫。

893 :1:2006/10/19(木) 23:21:46 ID:jrH2uQTm
今日は
集英社文庫新刊、
「容疑者」上下 マイケル・ロボサム、
ヴィレッジブックス新刊、
「復讐病棟」マイケル・パーマー、
「ピーチコブラー・パイは嘘をつく」ジョアン・フルーク、
仕入れました。
また文庫ばかりと言われそうだ・・。




894 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 23:49:13 ID:L8fS2OYX
>>893
いっつも文庫ばかりでつね(;^ω^)

895 :名無しのオプ:2006/10/20(金) 10:43:38 ID:kK8LBqJs
トム・ホランド「ルビコン」読んだ人いないかな〜
すごく気になるんですが

896 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 02:40:38 ID:XxUdYNWp
1さんルシタニアどうでした?

897 :1:2006/10/22(日) 09:05:27 ID:QSKu/hBZ
>>896
終わりまでちゃんと読みました。
地味でした。男&女コンビの在り方があまり好きくない感じ。
しかしシリーズが出たら読むと思う。微妙なとこ。

どうもピーチコブラーがよくわからない。
日本でも食べられる?



898 :896:2006/10/25(水) 00:41:00 ID:IZ7vO1Ig
1さんありがとう!

899 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 18:11:17 ID:GWgYQ90C
>>1さん
ピーチコブラ−はピーチパイみたいなものです。
国内では食べられるところは少ないかも…。
個人でやってるカフェとかだったらあるかもだけど。

りんごで作ったアップルコブラ−ならレッドロブスターとか、
ハードロックカフェなど米系ファミレスで食べられるみたい。
お試しあれ、つかハンナシリーズ出てたのですね。楽しみ。



900 :1:2006/10/25(水) 21:02:07 ID:fmQemJ+l
>>899
ありがとございます。
お菓子シリーズ美味しそうなんだけど、
いまいち想像力がついてかない。
今作はモシェが大活躍・・。

で、
新訳の「ヒューマンファクター」読み直し。
現代エスピオナージュのプロトタイプやね。
宇野重吉さんだっけの訳の方が好き。
でも読みやすくなったかも。

901 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 21:24:00 ID:ZTg7pML9
利泰じゃないか?

重吉は俳優ですがな

902 :1:2006/10/26(木) 20:02:18 ID:ZKbXOoMW
早速のつっこみ、ありがとございます。
スル〜されたらどうしよ、と。

で、
早川の文庫、
「死人は二度と目覚めない」ロン・ファウスト、
と、
楽しみにしてた創元のケルトミステリ、
「蜘蛛の巣」上・下ピーター・トレメイン、
買ってきました。

「死人は二度と目覚めない」、よく路線がわからんな。


903 :名無しのオプ:2006/10/27(金) 23:11:05 ID:0Q38fvLR
しょうもない題名やな、誰が考えたんやろ

904 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 00:45:24 ID:/EyXFwWH
『狂嵐の銃弾』デイヴィッド・J・スカウ(扶桑社ミステリー)

「衝撃の結末に備えよ!」って・・・いくらなんでもそれはないだろw
無理ありすぎ。妙にオフビートな作品全体の雰囲気はわりと好きだが。
著者は「スプラッタ・パンクの先導者」とか。解説読むと13年ぶりの
長編がこれらしいから相当ヘンw

905 :1:2006/10/28(土) 09:25:59 ID:pnfiXaW3
「蜘蛛の巣」不満だ〜。
シリーズ一作目から出すべきではないか。
それと上下に分けず、一冊で出せや。内容が薄く感じる。
風俗的には興味しんしん。

906 :1:2006/11/09(木) 16:38:27 ID:Ow/2LdsR
ご無沙汰しております。
ずいぶん間があいたな〜。

その間、
扶桑社文庫「チベットの薔薇」、
旅行記としてはまあまあ。ちょっと古い感じは否めないす。
で今日は、
早川書房の単行本、例のシリーズの第二部、
「剣嵐の大地 1」ジョージ・R・R・マーティン
文庫の、
「オフィサー・ダウン」テリーザ・シュヴィーゲル、
買ってきました。

文春文庫は、
「エンプティ―・チェア 上下」ジェフリー・ディーヴァー、
文庫化、未読の方どぞ。





907 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 20:22:10 ID:YJbH2Drd
例のシリーズは第三部ですな。

908 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 20:49:13 ID:CZpymL73
エンプティーチェアはラストのどんでん返しという点ではシリーズNO1と見るが

909 :1:2006/11/09(木) 21:35:35 ID:Ow/2LdsR
>>907
第三部でした。すみません。
つーか、読み始めても、いままでのストーリー思い出すの、
容易なことじゃないですだ。

「オフィサー・ダウン」はだめ。あまりに散漫すぎるす。

「エンプティーチェア」ライムシリーズの中ではかなり上の方、
と自分も思いますです。

910 :1:2006/11/10(金) 23:04:38 ID:Tw3+vAm4
小学館文庫新刊の、
「剥がされた皮膚」クリス・シムズ、
が結構面白くさくさくと読んだんですけど、
題名もう少し考えろよな・・。
イギリス風俗系警察シリーズもの。

それにしても、早川の「オフィサー・ダウン」と比べて、
似たような警察ものでありながら、片や途中でうんざりし、
片やいつの間にか最後まですらっと読んでしまう、
この違いは、なんだろ。







911 :1:2006/11/14(火) 22:08:53 ID:4IUnnbVI
講談社文庫の、
「震える熱帯」ボブ・モリス、買ってきました。
原題のバハマラマのほうがよかったんじゃ?
ハイアセンぽい感じもありんすが、だいぶ荒っぽいす。
南国系タフガイサスペンス。

読む本なくなった・・。


912 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 22:26:04 ID:Z/QGid3h
1のぼやきを見ると軽くイラッと来るよな
選り好み激しい癖にさも読み尽したみたいに言いやがって

913 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 23:22:49 ID:inl48YY+
1をNGに指定してんだけどさ、出来れば馬みたいに
ちゃんとしたコテハンにしてくれないかな

914 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 23:44:16 ID:Lw9sh2rJ
自分は1さんのレビューは役に立つから読んでるけど、
確かにコテハンかトリップつけてくれると
NG指定が可能なので無用な争いは避けられると思う

ということで、できればご一考ください >1

915 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 00:00:15 ID:pKnPiJFL
別に俺は1を否定してるわけじゃない
ただもう少し成長してほしいわけ
荒らしと同一視するのは流石に失礼だ

916 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 00:02:05 ID:pKnPiJFL
あ、913ね

917 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 12:41:06 ID:Joc+T5jK
>>912

【混沌】このミステリーがすごい!2007【中盤戦】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1152947547/l50

直前に読んでたスレで見た「Z/QGid3h」がいて驚いた。

個人的には、1さんのレビューは楽しみにしてる。
他の媒体の書評やなんかと組み合わせると、
かなり取りこぼしがなくなるし、有り難い。

>>912
選り好みが激しいと噛みついたからには、
毎月、お前が選り好みせずにレビューしてくれるんだよな?

918 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 15:30:50 ID:CG9FLEBr
ああ、
このミススレの難しい面々のひとりか。
納得w

919 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 16:10:11 ID:pKnPiJFL
>>917
何で俺がそんなことせにゃならん?

ここは1が大層な看板を掲げて自発的に海外新刊のガイドを
かって出てるスレだろ?
こっちから是非にとお願いしたわけじゃない
それだけの自身があってやる以上は極力先入観を減らして
万編なく読んで紹介してもらうことを期待するのは当然だろ
実際読んでつまらなかったと書くなら分かるが
はなから読まないでいてそれで読むものがないとかぼやかれるのは勘弁

920 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 16:13:01 ID:pKnPiJFL
今気付いた

>>916の訂正

あ、912ね

921 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 16:22:15 ID:tqYqCA6/
時々こういうの来るよな

922 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 17:38:51 ID:RsQ6USTj
「期待するのは当然」って、何様だっつーの

で、誰か『世界同時中継!朝まで生テロリスト?』読んだ人いない?

923 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 17:54:41 ID:5ICn8ida
>>914に同意
実際、初代スレの>>1なだけで、このスレの>>1でもないし
そろそろコテハンか鳥(トリップ)つけてもいいんじゃないかな。

みんな「1」で慣れちゃってるからコテハン変わると戸惑うかもだし、
せめて鳥つけたらどうかと。

なによりコテハンか鳥があると、読みたくない人
(専ブラも使わずに、つっかかりたくてつっかかってる人は
仕方ないけど)は自分であぼーんできるから、
少しは要らぬ雑音が減ると思う。

自分としては1さんの書き込みで買いたかった本が出てるの
わかったりするのでありがたいから、このスレからいなくならないで欲しいです。

>>922
なにそのすごいタイトルwww

924 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 17:59:28 ID:4+MAK6Oy
面倒くさい人、けっこう多いなぁ

925 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 18:18:09 ID:pKnPiJFL
>>922
選り好みがあるのならスレタイを変えるべき
そうじゃないなら選り好みを止めるようにしてもらわないと
当然のことだろ?

何様とかいう意識がまずズレてる
好きでやってんだから1は
ただただ有難がってる奴は可笑しい

926 :1:2006/11/15(水) 18:52:46 ID:fmPUxx69
すごい勢いでスレが伸びてるので、
すわ、面白本の情報か、と思いきや・・。

2000年の2月にスレ立てしたときは、
周りに、翻訳ミステリ好きがいなくて、
ここで同好の士とわいわい言い合うのは、
ほんとに楽しかったす。

掲示板のあり方とかルールとか、よくわかんなかったので、
読み返すと、自分でもカチンとくるような無神経な書き方も多い。
面白かったと思えば、興奮そのまま書いてしまうし、
つまらないと、これまた身もふたもない書き方してしまう。

今まで、ずいぶんたくさんの面白本を紹介していただいて、
自分としてはこのスレに本当に感謝しております。

当初の主旨としては、とりこぼしのないよう、
新刊の面白いやつを紹介しあうスレだったような?


927 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 19:07:57 ID:pKnPiJFL
そうだったのか…

そういう経緯であったのなら俺も少し言い過ぎたかも知れない

928 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 19:12:15 ID:4+MAK6Oy
>>927
途中からでもスレ読んでれば普通はわかる

929 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 21:14:51 ID:coVFHNm9
>>927
批判する時は全スレ読んでからにしゅる

930 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 22:34:21 ID:eH0AohBQ
仲良くやってくれ、みんな。おれはここで紹介されたものを買っているのだ。
参考になるのだよ。。。。

931 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 23:38:02 ID:fnCAzi3p
どなたか
「眼を開く」マイクル・Z・リューイン
読まれた方いらっしゃいませんか?

932 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 14:17:27 ID:dBwQj7EU
>>931
「眼を開く」読みました。
これまでシリーズを読んできた人にはお勧めしますが、
単体の作品としては、今ひとつかと。

933 :1:2006/11/18(土) 21:10:42 ID:weAZavGS
創元推理文庫新刊、
「 天を映す早瀬」S・J・ローザン、買いました。
香港が舞台のリディア視点。
香港マニアとしては細部が物足りなかったのですが、
できはまあまあ。ビル視点の方が、叙情的だと思ふ。
それからちょっと高いとも思ふ・・。



934 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 16:10:04 ID:Bb6dpVbt
930さんに同じ。


935 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 00:26:17 ID:a6w+e6UO
ローザン出ていたのか。買ってこよう。

936 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 04:50:53 ID:ZTBw20BB
俺中国人嫌いなんだ

937 :931:2006/11/21(火) 12:47:48 ID:7cClYWh2
>>932

情報ありがとうございます。
シリーズは未読なのですが、
とりあえず、挑戦してみます!

938 :お邪魔:2006/11/22(水) 20:04:57 ID:8n3vR8pG
「世界同時中継! 朝まで生テロリスト」っつうすごいタイトルの本、読みました。浅いようで深い。深いようで浅い。タイトルですが、原題の「72人のヴァージン」のままのほうがよかったのでは? そそられる。 

939 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 10:18:15 ID:Dq2zWIsK
ソニーマガジンから出ている「傷跡」が新聞で絶賛されていましたが
読んだ方いますか。感想お願いします。

940 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 12:08:12 ID:tCWi2weQ
クリスマスまでにフロストは出ますか?

941 :1:2006/11/24(金) 12:13:40 ID:Y+Hy+5af
「傷跡」本屋に行くたびに手にとるのですが、
ハーレの匂ひがして、買えません。いかんなあ。

早川の文庫新刊、
「血まみれの鷲」クレイグ・ラッセル、面白かったす。
疾走感はないが、なかなか重厚。
ドイツ風俗系サイコスリラー警察小説。



942 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 12:43:50 ID:89cA1PXk
鳥くらい付けろよ

943 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 20:19:44 ID:QHWDPbtm
申し訳ありません。適当なスレがミステリ板に無いので、こちらに書かせてください。

各作家のナンバー1を決めよう!スレにて、ジョン・ダニング作品投票中。

締切りは、平成18年11月28日(火)、〜12:00まで。1人1票でよろしくご参加を。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1154275629/l50

投票したい作品を<<作品名>>のように<< >>括って投票するのがローカル・ルールになってます。


944 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 10:32:33 ID:N/xilhc/
そういえば、海外の作品って
コージーか、刑事ものが多くない?

海外の作品で学園もののシリーズってある?

945 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 14:29:36 ID:xm/jqwBv
>>941
『傷跡』買ったけど面白くなかった
パトリシアコーンウェルとかああいう緻密な科学捜査物とか読んでたら著者が素人だなと感じる
序盤に矛盾してるところがあったり、会話が意味不明だったり
まあ読みたいなら読めば良いと思う

946 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 16:27:58 ID:655b05eM
マット・スカダーシリーズの新作「すべて死に行く」が楽しみだ。
前作ではスカダーと犯人がニアミスばかりで対決しない上に、
ラストがあまりにも(メル欄)の二番煎じだったので
今度こそきっちり決着をつけてくれることを望む。

947 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 17:33:49 ID:9i7nRCLX
>>946
何ですかそれ?
ちょっと興味あるんで一作目教えてください

948 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 22:59:04 ID:W0yc/4yR
>>947
ローレンス・ブロックで検索すればズラズラと出て来ますよ。
一作目はどれだっけか。
翻訳は前後しているので、どなたか親切な方お願い。

949 :1:2006/11/26(日) 23:21:41 ID:mTPMrolp
>>946
なるほど・・。
「死への祈り」が文庫で出て、続編らしき「すべて死にゆく」が、
すぐその後単行で出ると言うわけですな。

マット・スカダーシリーズ、「過去からの弔鐘」から読むのたいへんだ。
30年前位からだし。
アル中になってから読んでもいいかも。

新潮文庫の
「極東細菌テロを爆砕せよ」上下、クライブ・カッスラー、
読んでがっくり。じゃ買うなよ、と言われればそれまでですが。
親子で、親子の、似たような話しばかり書くなよ。


950 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 00:05:34 ID:LWfFBPaV
やっぱり2ちゃんでコテ使ってるやつってどっかおかしいんだろな。
1をNGにするのって他のスレ見るとき不便だったりするんだけど
き○がいのレス読むのって不快だからあぼーんしよう。

951 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 23:16:16 ID:Nv8x9ewl
このスレは1さんの感想書き込みでなりたってるんだから、
1さんの書き込みが嫌ならこのスレに来ない様にすればいいだけだと思うんだが…

952 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 23:45:18 ID:sJTe5kfJ
更に言うとわざわざ報告しなくてもいいよ

953 :1:2006/11/28(火) 09:55:57 ID:AwNjRMi+
>>950
NGでもなんでも勝手にしろよ。
ここはおれの書き込みでもってるようなもんだろが。

新刊の紹介も出来ない貧乏人はだまってROMってろ!

954 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 10:34:16 ID:bYVzgGNN
何様のつもりだよ
お前だけのスレじゃねーだろ

955 :萌えっこの割れ目 ◆qL92aICohU :2006/11/28(火) 10:50:45 ID:lwbLSZWl
ミステリ板らしくもうちょいまともな会話しろよ。

956 :1:2006/11/28(火) 11:22:21 ID:AwNjRMi+
うるせーよ。
身銭を切ってこのスレに貢献してきたのに何でおれが叩かれなきゃいけないんだ?
トリップをつけないくらいで基地外あつかいまでしやがって、ふざけんな!

957 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 11:27:06 ID:yE0Fbg11
トリップないとこんな風に騙られるから気をつけてってことでしょう。

958 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 11:28:07 ID:bYVzgGNN
身銭をきってって
誰も頼んでねーし

959 :1:2006/11/28(火) 12:33:24 ID:yefT3Yt+
扶桑ミステリの新刊、
「キングとジョーカー」ピーター・ディッキンソン、
買って今月はおしまい。

来月は、早川書房から、久々のフランシス、楽しみ楽しみ。
あと「すべて死にゆく」、スカダーものも。

956、953は自分じゃないですが、
こんなこと書いてもしょうがないか・・。

960 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 14:00:05 ID:5J6KAKs4
まあこれだけ言われても結局人の話(トリ付け)聞かないのはうざいかも。
文句言うなら自分も新刊紹介してけ。

961 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 14:14:59 ID:XWMZUeDo
>>1

956、953に騙される人間も少ないでしょう

962 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 15:07:36 ID:HszJYICC
馬鹿は放置で

963 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 18:27:44 ID:Xbad8Qlz
>>959
1さん乙。誰も騙されてないから、気にすんな。
「キングとジョーカー」読んだら感想よろしく。

964 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 18:45:33 ID:rxDipnnC
1さんのお薦め本を読んで後悔したことないな〜
このスレでの情報をとってもあてにしているし。
これからもよろしくね。

>久々のフランシス、
ディック・フランシスのこと?
もう読めないかと思ってました。

965 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 23:01:50 ID:RHBTy/Pt
「シャーキーズ・マシーン」や「真実の行方」のウィリアム・ディールが
亡くなったようです。

「真実の行方」の第3弾、翻訳されないのかな…。

966 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 23:09:13 ID:T1MCg2CQ
>>964
ジャパンカップに行ったらレープロにフランシスの寄稿分があって
略歴に新作『再起』早川から12月刊行予定だそうな

967 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 23:57:59 ID:ZR1sWnsd
>>965
ええええーっ。
冒険小説スレでディール作品を懐かしく思っていた所なのに。
私も『邪悪の貌』の続きが気になって気になって‥でも昔すぎて忘れてしまいそう。

968 :天使が震える夜明け:2006/11/29(水) 00:57:40 ID:nW0TCVLq
本業はまずいらしいけど―

最近はソニ―・マガジンズオンリ―

969 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 08:51:45 ID:14AyHMZ/
ディール「フーリガン」文庫化してくれぇぇ

970 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 10:27:24 ID:/C/U3acx
ディールネタはこっちでやった方が良いですよね。
私もつい反応しちゃったんだけど。
【海外】スレタテするまでも無い海外作家たち【総合】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1100956341/l50

971 :1:2006/11/29(水) 14:28:11 ID:RTQVI8XO
>>963
「キングとジョーカー」読みました。
正直、いまいち・・。レズ話とかいらん、
訳が古いせいか、だるかったし・・。
ラストはまるで、安っぽいサスペンスドラマ。
復刊する価値、あったのかな。

なんでこれが、1万円以上もしたのか・・、わからん。

972 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 15:47:53 ID:Ry2CEinx
「キングとジョーカー」はなぁ・・・
正直ストーリーにすごいどんでん返しとか
そういうのを期待したら結構肩透かしに終わる。
喜劇活劇みたいな部分を楽しめないと、
ダメだろうなあ・・・。訳文が読みづらいのは
首肯する。はっきりいってタルい。


973 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 17:19:49 ID:LaPkl1QK
>>966
ありがとう

974 :1:2006/11/29(水) 17:47:28 ID:RTQVI8XO
949の訂正、スカダーは、最初からアル中だった・・。
正しくは、お酒を飲まなくなってから、
作品で言うと「聖なる酒場の挽歌」以降、
特に、「墓場への切符」「倒錯の舞踏」「獣たちの墓」はお薦め。

フランシス、シッド・ハレー物らしい。
楽しみだけど、老いぼれてないといいけど・・。

975 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 18:30:33 ID:uiPYnFap
>>974
「墓場への切符」は本当にオススメ、酒瓶を手に葛藤するスカダー。
胸にグッときました。
ローレンス・ブロックは、短編集もバツグンに良いですよね。

976 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 18:40:11 ID:PVQH5I0Y
>>971
たるくていまいちでしたか、乙です。勢いで買わなくてよかった。

977 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 21:48:15 ID:9U/4cPAX
>>949
俺は「八百万の死にざま」と「墓場への切符」でしびれて
いっきに20冊ぐらい読んだぜw
初期の長編は正統派ハードボイルドでさくさく読めるし
酒をやめてから5冊ぐらいが特に面白かった
エレインと結婚したところぐらいからは抜け殻になって来たな



978 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 22:12:32 ID:AVLqQqND
「八百万の死にざま」は俺もしびれた
「長いお別れ」と同じくらい好きだ
以降のスカダー作品は2作くらいしか読んでないや

979 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 23:40:48 ID:uiPYnFap
タイトルと内容の絡みが巧いと思うんですよね、ブロック作品は。
『暗闇にひと突き』とか、短編集の『バランスが肝心』とか。

980 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 23:57:09 ID:QXUBUnWK
ロッタの赤い犬シリ−ズと、ヴイレッジ・ブックス 

981 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 03:32:47 ID:vq4RJQcy
ベストセラーしかわからないくせに
玄人好みの小説をけなすなよw

982 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 11:05:30 ID:GDWIRJ0z
玄人なら、評者の好みも考慮に入れて参考にすればいい
ちょっとこのスレ読んでれば、評者の好みくらいわかるから

「数学的にありえない」も1には不評だったし
喜劇活劇みたいな部分を楽しめないと
良さのわからない本が1には不評なのは前々から

素人に玄人好みの本読ませたって、どうせ良さはわからない
1にけなされたからと読まない人は、たとえ読んでも1と同じ感想だろう

1の他に玄人好みの本のわかるコテハンがこのスレにいればいいのだけれど、
いないのは別に1の責任じゃなし、自分がその役買って出る気もないし
買ってでる気にある玄人が今はいないんだから、1を責めてもしょうがない





983 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 18:17:23 ID:jQ03H2GR
そうだね。
自分も、少なくともちゃんと読んで、ある程度具体性のある
コメントをしている限り1に文句はないな

984 :名無しのオプ:2006/12/01(金) 02:53:29 ID:UrljImAJ
私などからすると1さんは充分すぎる玄人の評者です。

どうせなら不満より、ご推奨本を紹介して。
どんな玄人向けの本を読んでいるの?知りたいです。


中々、読書が進まない私は
本の山から気になっていた一冊、
トレヴェニアン、ワイオミングの惨劇。読んでます。
新刊でなくて申し訳ないけど。感想はじわじわと盛り上がってます。
今までのトレヴィニアンを期待していたからちょっと驚いてます。

私も「八百万の死にざま」はしびれました。

985 :名無しのオプ:2006/12/01(金) 09:33:45 ID:pl6WLoMJ
トレヴェニアン、5・6年前にがんばって原書で読んだけど、面白かったよ。
以前のしっとりとした作風から「活劇」に変わっていたけど。

986 :名無しのオプ:2006/12/01(金) 23:19:57 ID:UrljImAJ
>>985
ぴったりの表現ですね、「活劇」は。納得した〜

987 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 01:32:21 ID:4pczBfbD
>>972
イギリス的ユーモアって奴だよね
あと王室のこと分からんと色々難しいな
天皇家に直してやればいいのにw

988 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 08:51:29 ID:q5QZLmT8
だれか 次スレ たのむ(↓を1に貼り付けてくれればおk)

前スレ:新刊紹介スレッド(海外篇)part4
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1105700507/

新刊紹介スレッド(海外篇)
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/950/950622254.html
新刊紹介スレッド(海外篇)part2
http://book.2ch.net/mystery/kako/992/992423574.html
新刊紹介スレッド(海外篇)part3
http://makimo.to/2ch/book3_mystery/1053/1053900585.html

989 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 10:26:58 ID:gctlFkZg
次スレたてました。
ttp://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1165022733/l50


990 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 10:30:24 ID:q5QZLmT8
>>989
thx!

早めにレスが30までいかないとdat落ちの危険があるから
ここ見た人はなんでもいいから適当に新スレに書き込んでくれ

270 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)