5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【蟲、蟲、蟲、蟲、蟲・・・】江戸川乱歩第六夜

1 : ◆8vysj/UILk :05/01/27 22:25:40 ID:MBBO8pRy
■過去ログ
江戸川乱歩 決して語られる事のないB級の旅・・・
http://book.2ch.net/mystery/kako/961/961087799.html
【うつし世は夢】江戸川乱歩【その弐】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1046530152/l50
【幻影の城主】 江戸川乱歩 第三夜
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1071280073/l50
【幻影の】江戸川乱歩【スレッド】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1082638999/l50
【夜の夢こそまこと】江戸川乱歩第四夜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1093006200/l50


●重要なお知らせ

当スレにはネタバレ及び間違いだらけの「論考」を繰り返すコテハンが居ついています。
ネタバレの危険が高い彼のレスを目にしたくないという方には、
2ちゃんねる専用ブラウザの導入をオススメします。
そしてブラウザのあぼ〜ん機能・NGワード機能を使い、
  書斎魔神
をNGワードに設定しましょう。

2ちゃんねる専用ブラウザに関するサイト monazilla.org(w
http://www.monazilla.org/

2 :名無しのオプ:05/01/27 22:28:48 ID:MBBO8pRy
 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 || ○荒らしは放置が一番キライ。荒らしは常に誰かの反応を待っています。
 || ○放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います。
 ||  ノセられてレスしたらその時点であなたの負け。
 || ○反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです。荒らしにエサを
 ||  与えないで下さい。                  Λ_Λ
 || ○枯死するまで孤独に暴れさせておいて   \ (゚ー゚*) キホン。
 ||  ゴミが溜まったら削除が一番です。       ⊂⊂ |
 ||___ ∧ ∧__∧ ∧__ ∧ ∧_      | ̄ ̄ ̄ ̄|
      (  ∧ ∧__ (   ∧ ∧__(   ∧ ∧     ̄ ̄ ̄
    〜(_(  ∧ ∧_ (  ∧ ∧_ (  ∧ ∧  は〜い、先生。
      〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
        〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ


3 :名無しのオプ:05/01/27 22:29:12 ID:Xu/jXjGO
乙 ちゃんと六になっててヨカタ

4 :名無しのオプ:05/01/27 22:31:59 ID:23WH2zly
新スレ乙です。
やっぱ漢数字がええわな。

5 :名無しのオプ:05/01/27 22:32:17 ID:1QsE4F2x
おお立てていただいて感謝です

6 :名無しのオプ:05/01/27 22:39:00 ID:O/weqdXl
スレ立て乙。第六夜というのがいいですね。

そういや、実相寺が撮った「屋根裏」が成人指定版でやっとDVD化されるそうで。
「D坂」「挿絵〜」も一緒に出してくり〜 バムダイさんよ〜。

7 :名無しのオプ:05/01/27 22:43:10 ID:i8PsISPu
「恐怖奇形人間」こそ正しく乱歩テイストの映像化だと思うんだが…
DVD化…は無理だろね…

8 :名無しのオプ:05/01/27 22:47:28 ID:txvwP4uG
恐怖奇形人間は珍作だろうが傑作だとは思わない。むしろ駄作。
ゲテモノ料理を旨いとは思わないが一生に一度は喰っておきたい。そんな感じでしょう。

9 :名無しのオプ:05/01/27 23:03:55 ID:jtdpMDX5
>>1スレ立て乙!
でも、どうせならスレタイの蟲の数も六個にして欲しかったね。

俺は個人的には「虫」はそんなに成功作だとは思わない。
「蟲、蟲、蟲、、、、、、、、」の虫は視覚的効果から言えば
蛆虫ということになるが、実際は腐敗菌だからね。
そのあたりに齟齬を感じる。

10 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/01/27 23:09:39 ID:aumcmpvt
日活版「屋根裏の散歩者」は最高につまらない作品であった。
ロマンポルノの日活だけにエロがあからさまに描かれ過ぎている。
乱歩作品の魅力は独自の隠微さにこそあるのだ。
意外に原作に忠実で面白く見ることが出来たのは松竹の「陰獣」。
あおい輝彦が力演。

11 :名無しのオプ:05/01/27 23:24:15 ID:npt9diLM
>>7
「恐怖奇形人間」はビデオ化自粛作品ということで幻あつかいされてるけど
確かに映画としては破綻が多く、それほど有難がられる作品じゃないと思うな。
「なかなか観られない乱歩映画」という評判だけが一人歩きしている。

ベースは「孤島の鬼」で、そこに「パノラマ島〜」や「人間椅子」など
乱歩小説のいいとこ取りを闇鍋でゴッタ煮したようなやつで。
ただ、突き抜けた馬鹿馬鹿しさはあるので、そういう部分で楽しめることは楽しめる。

12 :名無しのオプ:05/01/27 23:43:24 ID:jtdpMDX5
例え珍作だと言われても、というかそう言われると余計に見たくなるな。
「恐怖奇形人間」
去年池袋で上映された時は観れなかったから。
話のネタに一回は観てみたい。

13 :名無しのオプ:05/01/28 00:04:44 ID:AS53TOH1
つーか、笑いだけを目的で来てる客がウザい。
傑作か駄作かの判断以前にそういう色眼鏡でさんざん語られているから、
傑作と称する評価も駄作と称する評価もまったく信用されない。

まあ一連の石井輝男の作品の位置づけからいって、そこそこに
面白いものだとは思うけどね。

14 :名無しのオプ:05/01/28 00:10:10 ID:bct1+fws
>つーか、笑いだけを目的で来てる客がウザい。

同意。ラストで大笑いしてた客3人、殴ってやろうかと思った。一人じゃ声たてて笑えないくせに。

15 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/01/28 20:04:13 ID:GgYPi76f
前述したとおり、「乱歩文学」という言葉は存在しない。
今は流行らないが、日本文学全集に大乱歩の名が挙がることはないし、
岩波文庫に乱歩作品の収録は無く、新潮文庫にも短編集が1冊あるのみ。
(ただしこの短編集は傑作揃いのためもあってロングセラー)
ドイツならホフマン、「毒草」あたりを見るとフランスならモーパッサン、
エゲレスならキプリング(印度を舞台にした現地人に対する差別感溢れる一連の
怪奇談を想起されたし)に相当する作家かと思う。
ストーリー・テリングの巧さでは彼らを凌駕する力量の持主だが、
「ミステリ」というものにこだわったゆえに、現在の評価になってしまっている。
まあ、大乱歩自身に後悔は無かろう。

16 :名無しのオプ:05/01/28 21:49:33 ID:TIJGcu/z
さすがにモーパッサンに結びつけるのは強引すぎるだろw
普通にE・A・ポーやホーソーン、サキの短編集を上げりゃいいものを。

ちなみに筑摩書房の「ちくま日本文学全集」には乱歩の短編集が一冊ある。

17 :名無しのオプ:05/01/28 21:55:22 ID:2DbEvr5y
>>16
スレの汚染を広げないためにも、「あの物体」へのレスは下記のスレで。


【インテリジェンス】ミステリ板住人被害者の集い45【マシーン】
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1106573507/l50
【書く技術】書斎魔神ファンクラブ3【考える技術】
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/bobby/1103084216/l50
書斎魔神・アホアホ語録格納庫 その1
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1102853762/l50

18 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/01/28 22:21:08 ID:rj8YI74l
「毒草」「算盤が恋を語る話」等、乱歩は軽い人生コントのような話も書いている。
これはポーでもサキでもなくモーパッサンが一番近い。
「文学」である最低条件を「まず人間が描けていること」とすれば、
奇怪・異様な人間像をビビッドに描き続けた大乱歩の評価は難しいものがある。
仮に大乱歩の興味が「日常周辺」に向けられ、それに材を取った作を書き続けていたと
すれば、大谷崎に匹敵する「文豪」として評価されたかもしれぬ。
純文学主体の文学全集からはスルーされ、岩波文庫からは完全スルー、
文豪の代表作は網羅している新潮文庫への収録は短編集1冊のみ。
残念ながら、現代日本における乱歩の評価は、「文学」ではなく「読物」という認識
である。

19 :名無しのオプ:05/01/28 22:34:06 ID:Gku9Rq6+
>>18
貴兄の講義は大変ためになり、様々な所で参考にさせて頂いております。

20 :名無しのオプ:05/01/29 10:20:59 ID:6C1F/6oJ
test

21 :名無しのオプ:05/01/29 10:21:24 ID:/F4/aMgT
test

22 :名無しのオプ:05/01/29 10:34:33 ID:6C1F/6oJ
>>18 私も乱歩のこの手の作品は嫌いではありませんが。「木馬は廻る」とかね。
ただ、乱歩が純文学の権威に組み込まれなくても構わないのでは。乱歩と同時代の
純文学作家なんてもう、ほとんど読まれてないでしょう。人間を書いているのかも
しれないけど、はっきり言って魅力がなく貧弱な世界だからと思う。乱歩の真骨頂
は、やはり「パノラマ」であり、「蟲」であり「影男」「畸形の天女」であり。
自分の夢を微に入り細に入り描くことができる、こんな稀有な作家はいないでしょう。
異様であるが故の普遍性があるって言うか、、、
 

23 :名無しのオプ:05/01/29 10:39:01 ID:4JvulqNq
>>22
>>20は何のテストですか?

24 :名無しのオプ:05/01/29 10:44:50 ID:G+bvTqMG
>>23
ジエンの為

25 :名無しのオプ:05/01/29 11:36:25 ID:9FNzxxxC
  |\     
  |  \ 
 、、、  _∧ ∧∧  
 ▽ (_` | (゚Д゚ )  パッパカパ-    (´´
      | Ю⊂)_√ヽ        (´⌒(´
     (  ̄ ∪ )^)ノ ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
       @ ̄ ̄@  ≡  (´⌒(´⌒;;
         ドドドドォーーーーーッ    (´⌒;

26 :名無しのオプ:05/01/29 13:28:19 ID:6C1F/6oJ
>>23 いやあ、PCの線が抜けかけていたもんで、、それはそうと、なんかスレが
分離してますが、、競馬板の競馬/競馬2みたいなものなのですか?


27 :名無しのオプ:05/01/29 13:56:17 ID:WHRoi70B
>>26
君にはあっちのスレのほうが似合うみたいだよ

28 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/01/29 14:03:39 ID:X1nKFShQ
新潮文庫に漱石、?外、芥川、太宰、志賀、川端、谷崎、三島に匹敵する品揃えを
期待したいのが本心。乱歩はそれだけの作家だと思う。
短編集1冊のみはあまりに寂し過ぎる感がある。

29 :名無しのオプ:05/01/29 14:35:41 ID:7OK98fmR
>>28
こちらのスレをご利用願います

30 :名無しのオプ:05/01/29 14:36:22 ID:7OK98fmR
>>28
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1106832270/
スレ立ての責任取ってくださいね

31 :名無しのオプ:05/01/29 18:41:17 ID:mWThljr5
>>2

32 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/01/29 21:54:22 ID:TuMsXuSS
映像向きでもあるのか、乱歩には映像化作品にも面白いものが多い。
しかし映像という特性ゆえか、乱歩作品のエロ、グロ、怪奇、猟奇が強調されることが
多く、同様に乱歩作品の特色を成す知的なゲーム性、ユーモア等は無視・軽視されがち
なのが残念だ。
乱歩作品を映像でしか知らない者は、乱歩という作家の一面しか見ていないと言えよう。

33 :名無しのオプ:05/01/29 23:01:50 ID:6C1F/6oJ
>>32 はげ同。大正ロマン的なエログロを強調するか、逆に時代を現代に移し変えて
ちぐはぐになっているか。昨年の失敗ドラマ「乱歩R」でもおかまっぽいお笑い芸人
の明智と、大滝修治のよいよい爺さんが小林少年?ほんとやめて欲しい。またNHK
の夏木陽助が出た30年くらい前のドラマシリーズも、明智はまあいいとして、小林少年が
確か佐藤蛾次郎、ヒッピーみたいないでたち。やはり明智は天知茂になっちゃうんだな。
これに比べ正史の場合は、金田一はファッッションも特徴的だし、もともと世間
と隔絶された田舎が舞台なことが多く、映像化しやすいと思う。スレ違いですが
正史の「蝶々」は全然期待しなかったが面白かった。あれはクロフツの「樽」
のパロディですか?う〜ん、乱歩にはクロフツ的要素は見当たらないからな〜〜

34 :名無しのオプ:05/01/30 01:03:05 ID:eud+uP66
>>33
君にはあっちのスレのほうが似合うみたいだよ

35 :名無しのオプ:05/01/30 01:10:18 ID:+GJvlhLk
>>33
大正ロマンと昭和初期のエログロを混同してるあたり勉強不足。

36 :名無しのオプ:05/01/30 01:21:27 ID:BK3uVgkM
>>33
>正史の「蝶々」(中略)あれはクロフツの「樽」のパロディですか?

パロディの意味知ってる?

37 :名無しのオプ:05/01/30 04:54:18 ID:OsFAVcyF
>>2

38 :名無しのオプ:05/01/30 11:53:04 ID:vTlqWt7R
屋根裏の散歩者アントニー
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1106981072/

39 :名無しのオプ:05/01/30 14:19:26 ID:1t93eWZ9
>>34-36
ここで考察していますので、以後よろしく。
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1102853762/604-605

40 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/01/30 18:42:58 ID:cs6ZaBnR
ヨコセイの「蝶々殺人事件」は、クロフツ風、カー風、クリスティ風等々、
トリックてんこ盛りにして、フェアプレーな記述がなされた傑作本格ミステリである。
思うに、並び賞されることが多い大乱歩と横溝御大だが、各人の長編最高傑作が
蝶々と孤島の鬼だとすれば、この2作を見る限りではかなり特質が異なる作家だった
ことがわかる。

NHKのテレビシリーズ「明智探偵事務所」は、時代に合わせて当時の若者の社会風俗等が取り入れられているとは言え、制作局の関係もあって、等猟奇、エロ、グロ等が
抑えられ、珍しく乱歩作品が持つ知的ゲーム性、理知性が前面に出ており、これはこれで
楽しめるものがあった。つまりNHK流乱歩ワールドである。

41 :名無しのオプ:05/01/30 19:11:59 ID:IuPEHLm2
しかし「八つ墓村」を読んでいてあまりにも「孤島の鬼」なのに
驚いてしまう。何が似てるって、あまりにも主人公に都合よく話が
進みすぎているために、これは真犯人が言い訳のためにデッチあげた
叙述トリックなのじゃないか?と思わせる点だ。

「孤島」の彼も相当なもんだが、「八つ墓」の主人公も全体も終盤に
差し掛かってきたところでいきなり実は財産目当てだったことを
読者に打ち明ける図々しい奴だし、問い詰められると泣きすがって
誤魔化す。なによりそれまで痴呆ぶっていた子供子供した情婦wが
突然金にしっかりした大人の女になるなどということがありえようか?
みんな!これは犯罪者の記録だぞ!つかまえろ!

42 :名無しのオプ:05/01/30 19:13:07 ID:kEQsxv4C
あんとにーおもしろすぎ

43 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/01/30 20:13:41 ID:EE2NO3V6
結局、「蝶々殺人事件」のような作品を書けなかったことにより、
乱歩は明智探偵談に代表される独自の怪奇探偵冒険小説へと傾斜していった次第。
本格ミステリ(特に長編)では、乱歩はヨコセイに遠く及ばない。
しかし、この事が独自の乱歩ワールドを形成する因になったわけである。

44 :名無しのオプ:05/01/30 20:15:39 ID:DMtcxbr2
やはり書斎さんのレスで活気付くよね。

45 :名無しのオプ:05/01/30 20:40:29 ID:tME1dEZk
40 名前:書斎魔神 ◆qGkOQLdVas [] 投稿日:05/01/30 18:42:58 ID:cs6ZaBnR
41 名前:名無しのオプ[] 投稿日:05/01/30 19:11:59 ID:IuPEHLm2

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1102681395/
376 名前:書斎魔神 ◆qGkOQLdVas [] 投稿日:05/01/30 18:44:39 ID:cs6ZaBnR
377 名前:名無しのオプ[] 投稿日:05/01/30 18:54:36 ID:IuPEHLm2

46 :名無しのオプ:05/01/30 21:39:01 ID:1t93eWZ9
>>45
その手の話題は下記のスレへ。ちなみにご指摘の点も既に告知済み。

【インテリジェンス】ミステリ板住人被害者の集い45【マシーン】
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1106573507/479

47 :名無しのオプ:05/01/31 00:50:40 ID:GXE/lxzk
http://www.geocities.jp/anasimizu/zasiki.html
女性版芋虫 

実際にこのような話はあったのだろうか?

48 :名無しのオプ:05/01/31 01:22:47 ID:MqlyJ6IQ
>>47
「だるま娘」で検索してみ。
猟奇な君の期待にはそぐわないかもしれないが勉強にはなるよ。

49 :名無しのオプ:05/01/31 01:29:08 ID:YH0ajrij
ってか宣伝だろ。

50 :名無しのオプ:05/01/31 01:29:20 ID:vV/HP65I
ポエジーが全くないよね。何かを昇華というか結晶させる能力が。
ま、ミステリー全般に言えることなんだけど。

51 :名無しのオプ:05/01/31 03:18:39 ID:vZba/1Ls
>>47
手塚治虫の「奇子」を思い出した

52 :名無しのオプ:05/01/31 08:28:27 ID:wZjODDVC
>>33 パロディは明らかに不適切でした。「下敷きにする」「向こうを張る」
に訂正いたします。NHKのシリーズをおぼえてらしゃるとは、、、私は消防でしたが
毎週楽しみでした。もう映像ソースは残ってないだろうな。

53 :名無しのオプ:05/01/31 17:06:56 ID:9OKkevsB
以下自演

54 :名無しのオプ:05/02/01 15:10:41 ID:aw3ROiHa


55 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

56 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/01 21:50:42 ID:uOMEmnjI
>>55
未読でしたが読んで見ます。ホント勉強になるなー。

57 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/01 22:31:09 ID:nIh9Q9G/
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1106832270/
自分で立てたスレッドには最後まで責任を持ちましょう

58 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/01 22:50:49 ID:OVzZ9uJU
55 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/02/01 19:58:14 ID:u2H8UjoQ
怪奇・幻想・猟奇・エロ・グロ、一般に乱歩作品から想起するであろう要素が皆無、
かと言って最初期短編のような謎解きミステリでもない。
それにもかかわらず、一読巻を置かせぬ面白さを持つ作品が「ペテン師と空気男」だ。
プラクティカル・ジョークをメーンテーマとしているが、
(ネタバレを含む1行を削除)
現代にも十分に通じるシニカルな結末が効いている。
あまり話題に挙らないのは、未読者が多いせいだろうが、一般に良く知られた
乱歩の魅力とは異なる独自のユーモアに彩られた洒落た一面も鑑賞されたし。


59 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/02/02 21:11:02 ID:xaB/JY4W
角川文庫では、成人向きでは最後の明智探偵談(怪奇冒険探偵小説)となった「影男」
と最後の成人向き長編「ぺてん師と空気男」がカップリングされていた。
プロの間では前者は不評、後者はそれなりに好評と対照的な反応。
読者にとっては、いずれも乱歩作品中では特異なものであり、うっかり買ってしまった
乱歩初学者はとまどいを憶えたであろうかと思う。
通好みのカップリングではあるが、売れ行きは良くなかったのではないか。

60 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/03 23:49:53 ID:c3BPZb46
孤島の鬼って映画化されてるの?諸戸とか見てみたいわぁ(*´д`)

61 : ◆6DTJ2KSVUs :05/02/04 00:03:34 ID:rPr1BgFD
今日(というかもう昨日)発売の週刊文春、
小林信彦のコラムは、「編集者としての江戸川乱歩」でした。

62 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/04 00:16:06 ID:XC1ov2+b
小林信彦は当然のことながら、今義経に出ている美輪明宏って
少年(←?)時代に乱歩に会ってるんだということを思い出して
すげーなと思った。

63 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/04 08:31:31 ID:XvVZyY0X
乱歩って後進の才能を発掘するのに優れていたらしいよ。例えば星新一や
大薮春彦、筒井康隆なんかも乱歩と関連していたらしい(ウロ覚えだけどね)。
またまたスレ違いだが、筒井の初期の作品て、爆発的な才能に溢れてたね。
「トラブル」「火星のツァラトストラ」とか。方向性は違うが乱歩の後継者と思われた。

64 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/04 09:29:26 ID:zcRZ3BlZ
つまり幻影城二代目城主と。

65 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/04 21:52:30 ID:TNRRwIOS
孤島の鬼を知ったのは筋肉少女帯からだった……

66 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/02/04 22:23:11 ID:/2uzvubY
70年代に小林信彦が乱歩作品の中で最終的に読み継がれてゆくのは少年探偵団シリーズ
ではないかと予想していたが、これは外れた感がある。
やはり乱歩作品で根強い人気があるのは、短編と長編怪奇探偵小説だったようだ。

乱歩が編集者や先人として助力した作家は多いが、作風的に見て意外なのは、
やはり大藪春彦だろう。
「…『野獣死すべし』はスピレイン風の痛快作、ハードボイルドぎらいの読者にも、
160枚を一気に読ませるこの面白さには、異論がないだろうと思う」
(昭和33年『宝石』7月号)
と長編デビュー作を絶賛している。
乱歩邸に招かれた大藪氏が、応接間で大鼾をかいて寝込んでしまったのも有名なエピだ。

67 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/05 04:56:26 ID:RaIz0qdv
>>63
筒井は乱歩について
「弟子でこそ無いものの影響は受けているし、何よりも世に出してくれた大恩人」
て書いてた。

68 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/05 22:29:29 ID:tQ/X2Jxm
>>66 私も『野獣死すべし』は傑作だと思うな。クライムノベルとしても、また
戦後の傷跡が癒えない時代の「早稲田の露文」(大薮氏自身は確か教育だが)
的な味わいのある青春小説?としても。犯行現場での硝煙の匂い。雨に濡れてアジトに
帰りつき、コップにトリスを注いで3杯も立続けに呷るところなど、デティール
の描写が実に冴えている。ただ彼自身、銃や車が大好きで、小説にはあまり熱が
こもっていなかったかもしれませんね。後期の作品は文章も粗いし、ややマンネリ。
あ、全くスレ違いですね。すみません。


69 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/05 22:34:46 ID:PQ3HUdxl
大藪スレあるからそっちに書けばいいのに。

70 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/05 23:02:05 ID:RaIz0qdv
どのみちこのスレの人らはスルーっていうカタカナが読めないからどうでもいい

71 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/05 23:24:04 ID:2f1LxbPj
>>69-70
だからキチガイの自演には乗せられるなと何度言ったら(ry

72 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/06 09:21:19 ID:OhJAg9fm
今更ながら「盲獣vs一寸法師」を見た。
1つ思ったのは、「出演者に演技指導する時間は無かったのか?」ということ。
あまりにも大根すぎて・・・
あ、盲獣と水木蘭子は良かったよ。

73 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/06 10:32:13 ID:BQ8plRsB
>>72
>1つ思ったのは、「出演者に演技指導する時間は無かったのか?」ということ。

劇場版の「デビルマン」よりはまし。スレ違いすまん w


74 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/06 12:42:17 ID:33KtPY3L
スレ違い以前に比較対照がアイドル映画じゃ全く反論にもなってないんですが

75 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/06 13:03:07 ID:BQ8plRsB
反論・・? (´,_ゝ`)プッ

76 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/06 13:05:11 ID:33KtPY3L
すまん。反論じゃなくて煽りだったな。

77 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/06 15:54:16 ID:3l730oka
>>76
おまいは頭悪そうだから、これ以上しゃべるな

78 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/06 19:55:59 ID:nQj7zvIi
で、デビルマンがどうかしたって?

79 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/06 20:59:06 ID:Hc5YOEcM
キチガイ(もしくは単なるバカ)が一人いるとスレは荒れ放題だなw

80 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/06 23:14:05 ID:M6OxrTj5
>>79

81 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/06 23:42:49 ID:W/4lW79D
そいつは大変だ

82 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/07 00:04:25 ID:bxwRO9KY
明智小五郎が、「気違いの世界の論理」とか何とか言っていたのは(メール欄)だったっけ?

83 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/07 08:55:46 ID:bNnv2K1s
馬鹿と議論をしてはならない。
傍から見ていると、どちらが馬鹿なのか見分けがつかなくなるからだ。

84 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/08 20:04:24 ID:fyjuDLwa
光文社の文庫、修正されまくりだな〜。。。

『そして、○○○○○○と思い‥‥』
こんな感じじゃ〜その修正部分が気になって仕方ない。

85 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/02/08 22:26:15 ID:FoO5nqUq
結構、多彩な作品を書いている大乱歩だが、怪談入門というエッセイまであるものの、
意外に書いていないのが怪談。典型的な作は成人向き作品の遺作となった短編「指」のみ。
時代小説もありそうで無い、合作「大江戸怪物団」の第一回「箱根山中の妖怪」のみ。
ヨコセイの「髑髏検校」のような伝奇小説や捕物帳を書いて欲しかった気もするが、
「隠れ蓑願望」などと言いながらも、ドストエフスキーの熱心な愛読者でもあった
大乱歩の興味は、犯罪等の怪異な出来事を通して隠された人間の本性を描くことに
あったのかもしれぬ。
さすれば、現代小説というスタイルを取った方が適する感がある。

86 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/09 14:11:25 ID:8+tpJ7mg
修正だらけなのか

87 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/09 19:26:15 ID:uULv3n3r
>>84
底本の平凡社全集がそうなんだが

88 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/02/09 21:53:38 ID:oRSRgeNV
光文社文庫「蜘蛛男」は「獣人」の章はカットされていない。
この点は、まあ良し。

89 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/09 23:45:57 ID:pdi1Lzr8
書斎さんガンガレ!ガンガレ!ガーンガ、イエイ

90 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/10 12:35:00 ID:NjRczTlW
いやあ、日本が勝ってよかったですね。乱歩は時代劇に見られる勧善懲悪の単純な人間像
に飽き足り無さを持ってたんでしょうね。『蟲』の柾木愛蔵は時代劇の極悪人
ではけして無く、ドストエフスキー/太宰的な近代的自我の持ち主でしょう。
正史は無類のプロット巧者だから、筋立てで読ませていく時代劇はぴったり。人形佐七
でしたっけ。そう言えば昨日、某書店の春陽堂文庫のコーナーを見てみたんですが
時代劇小説って結構あるんですね。それに島田一男、邦光史郎とか版を重ねてるってのは
驚いた。

91 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/10 19:24:47 ID:N7vFlcFs
私は>88に認められたときも喜ばなかったように、
>90にきらわれたときも別に無理とは思わなかった


92 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/02/10 23:43:22 ID:6V7sXthU
確かに、乱歩の倒叙スタイルの作品(「心理試験」「屋根裏の散歩者」等)には
大好きなドストエフスキーの「罪と罰」を意識している風がある。


93 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/11 00:33:29 ID:qeSfM3+Y
なにを今さらW

94 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/11 02:59:47 ID:aWkPRiH9
さんざん本人が言ってますよね。

95 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/11 10:36:16 ID:YAmUW2WT
書斎魔神さんって物知りだよな
いつも感心しちゃうよ


96 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/11 12:36:13 ID:3upX5/sH
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1108082002/
恐怖王専用スレが立ったぞ!みんなで応援しよう

97 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/11 12:50:02 ID:xwmJbCTP
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1027424253/532

98 :訂正:05/02/11 12:50:44 ID:xwmJbCTP
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1027424253/537

99 :ネタバレスレ議論&投票中@ローカルルールスレ:05/02/15 23:32:07 ID:UolhNIsO
人間馬は鳴りを潜めているか

100 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/17 02:46:04 ID:CF8RxXzg
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20050216k0000e040114000c.html

そいうものなのかねえ

101 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/17 22:00:38 ID:hSPTyP8d
全ての乱歩作品の中で
「魔術師」の花園洋子さんほど、痛い思いをして殺された人はいない・・
という理解は正しいだろうか。

102 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/17 22:25:57 ID:Tfrtnq6o
花園洋子は可哀想だった。一族でもなんでもないのに一番残酷な殺され方をしている。
これが不快なので魔術師は嫌いな作品だ。

103 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 01:59:18 ID:YUpBpKZI
人間豹に殺された人も結構痛いと思う

104 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 10:15:03 ID:5uKJpJYB
ちょっと待ったあ!!!花園洋子は『恐怖王』ではありますまいか。
腕を斬られたりピアノの中に押し込められたりしたはずだが、、
記憶違いなら済まぬ。

105 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 11:26:31 ID:mdi/ou/0
>101
あの件については文代も明らかに共犯だな。

106 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 18:35:52 ID:ZOX+A6Vk
「盲獣」ってミステリーですか?

107 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 18:44:33 ID:d0AywXLa
倒叙物の一種だろう>「盲獣」

108 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 19:32:56 ID:as00Sz4Z
推理がないからただのグロ小説

109 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/02/18 20:16:25 ID:mrDRdb3s
「魔術師」は花園洋子、「恐怖王」は花園京子である。
「魔術師」は、明智探偵談としては(つまり怪奇探偵冒険小説としては)面白い作だが、
「暗黒星」は全く話題にならないな。
明智探偵談中、唯一「館もの」のテーストを持つ作。

110 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/02/18 20:59:47 ID:mrDRdb3s
「盲獣」は、異常犯罪者の心理を主眼としたクライム・ノヴェル。
広義に把握すればミステリと言えなくもない。
内容的には、グロ小説というのも当たっているが、
さしずめ「盲獣」「闇に蠢く」「虫」は乱歩三大グロ作品ということになろう。


111 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/18 23:18:53 ID:sZzf8ada
>105
文代はあの件は無意識だったから許してやれ

痛さでいえば「妖虫」で最初に一寸だめし五分だめしに 殺された女優は
あれも相当痛かったんだろう・・

112 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/02/19 12:28:51 ID:wgCT47Z1
「一寸法師」の小松も悲惨。
明智の俺様ルールによる解決も納得が行かない面もある。
お前はデタラメな2ちゃんねらーかと(w

113 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 21:26:17 ID:+r60+hvG
>>109 訂正サンクス。「暗黒星」は心惹かれるのは題名だけ。館ものとしては(翻案ものだが)
「三角館」に遠く及ばず。それに、動機設定もどこかの長篇の二番煎じ、本格ものとしての
「フェアプレイ」についても疑問だし、、同じ不出来な作品ならいっそ「恐怖王」の方が
乱歩テイストに充ちていて面白い、、ですね。

114 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 21:29:29 ID:5zr1XjpM
誰か知ってる人がいれば教えて欲しいんだが、メル欄に何も
書かれていないレス番をあぼーん設定できる専用ブラウザってない?

115 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 22:51:40 ID:Cw9y9uTA
すいません、ネタバレなのか微妙でどこに聞いたらいいのか
わからないのですが
「○○さんが○○になった方法の種明かしってされてないですよね?
なんであれってああなったんですか?」
みたいなネタってここで聞いていいのでしょうか?

116 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/19 23:01:27 ID:kY4Ygqrs
いいけどメイル欄使ってくださいね

117 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/20 00:41:36 ID:+ean0SOR
ではメール欄で
「魔法人形」で紅子さんという方が登場しましたよね
あの人どういう原理で

118 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/20 01:36:47 ID:6WLLv1Se
NHKラジオ第一で江戸川乱歩歌唱の城ヶ島の雨放送中!

下手くそだ!

119 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/02/20 17:25:02 ID:tn+Nc3pB
>NHKラジオ第一で江戸川乱歩歌唱の城ヶ島の雨放送中!
ラジオ深夜便か。残念、聴き損なった。
一時台が落語か講談の時は、聴くかタイマー録音していることが多いのだが。

オリジナルではないとは言え、「三角館の恐怖」は作品の出来は「暗黒星」より
はるかに上だ。なんと乱歩には珍しい「読者への挑戦」付き。
クローズド・サークルではない館もので、築地の大川沿いに建つ洋館が舞台。
本作は翻案もののためか、トリックもそれなりに実現性が考慮されている感があるが、
乱歩考案のトリック・アイデア等には、実現性を全く考慮していないものも多い。
「人間椅子」しかり「鏡地獄」しかり。

120 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/22 02:46:56 ID:VgCjM/YH
http://www.tv-asahi.co.jp/dwide/

あーやだ。ものすごくやだ。

121 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/23 17:14:17 ID:s2n1qYPY
( ・∀・ ) ス
(・∀・ ) パ
(∀・  ) イ
(・   ) ラ
(    ) ル
(   ・) ネ
(  ・∀) ニ
( ・∀・) チ
( ・∀・ ) リ
(・∀・ ) |
(∀・  ) ン
(・   ) 
(    ) 
(   ・) 
(  ・∀) 
( ・∀・) 
( ・∀・ ) 
(・∀・ ) 
(∀・  )

122 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/26 21:12:09 ID:9QUSVX+L
おい!テレ朝でヘンなドラマやってるぞ

123 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/02/26 22:10:09 ID:I5+quYGI
ツマンネ

小林君は犬かよ

124 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/03/02 19:09:05 ID:ezGBMXGc
さらばだ明智君

125 :ルール変更議論中@ローカルルールスレ:05/03/03 01:08:10 ID:DV64txJA
乱歩でエグイと思う作品教えてください。

126 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/03 17:05:20 ID:yxq4DZbd

一般人と乱歩オタの見分け方
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1095229510/l50

127 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/04 11:02:00 ID:4v52DTm9
>>125
「盲獣」 エグさ一等賞 相当な好き者でも不快になる変態作品 
「虫」  終盤近くの怒涛の狂いっぷり
「白日夢」吐きそうになった

128 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/04 19:06:12 ID:ZyvFktY5
「白日夢」は北町一郎だろ

129 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/04 21:11:30 ID:K/uHKZSM
乱歩のグロ路線だと、「闇に蠢く」を落とせない。
まさに一読一嘔吐とでも言うべき作だ。

130 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/06 00:25:28 ID:v2IU2/JQ
闇に蠢く今読んでるけどだんだんグロイ方向になってきた…

131 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/06 14:32:14 ID:VwisRaBo
孤島の鬼を読み終えた。なんつ−か、その雰囲気から抜け出せない感じ。
自分は男なんだが、諸戸と蓑浦の同性愛的なシ−ンに変な気持ち、ドキドキ感を抱いてしまった。
俺は変態なんだろうか・・・・。

132 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/06 15:33:17 ID:m1GR+e2q
「孤島の鬼」は、大乱歩が本気(?)で書いているので、異常性愛が全然厭らしい感じ
がせずに、自然にストーリーに溶け込んでいる。最後の一行は、泣ける感じさえする。
普通なら気色悪くてもよいくらいなのだが。


133 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/07 09:40:36 ID:hfewA5b/
い−も−む−し−ご〜ろごろ。

134 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 17:48:07 ID:fclx/dV1
吸血鬼が怖かった・・・・・。火葬場のとか、本当に吐きそうだった。

135 :変更投票開始@ローカルルールスレ:05/03/09 19:50:14 ID:DEUgBXsn
いもむし ごろごろ ひょうたんぽっくりこ ぽっくりこのぽっくりこ
い〜そい〜じゃだめよ〜あ〜わて〜ちゃだ〜めよ〜
前見て横見てぽっくりぽっくり周れ

いもむし ごろごろ ひょうたんぽっくりこ ぽっくりこのぽっくりこ
は〜なれ〜ちゃだめよ〜こ〜ろげちゃだ〜めよ〜
仲良く続いてぽっくりぽっくり進め

136 :名無しのオプ:05/03/10 22:20:27 ID:j3IrjtHz
ここ人が少ねーなー。ageるぞ。

137 :名無しのオプ:05/03/11 01:12:01 ID:ia0+4nhv
面白い話おしえてけろ

138 :名無しのオプ:05/03/11 01:12:52 ID:hS0Awy64
「ふしぎな人」が出ました

139 :名無しのオプ:05/03/11 13:20:38 ID:4E/gegD+
陰獣はまだでないのかな?

140 :名無しのオプ:05/03/11 18:52:59 ID:koj5bTu1
結局この今出てる全集って、「修羅桜」も、「奇憚」も収録されてないのか。


141 :名無しのオプ:05/03/11 19:52:10 ID:7XWSDzJW
「奇憚」なんて講談社文庫にも収録されてませんが

142 :名無しのオプ:05/03/11 21:20:37 ID:ePZk1d2L
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ン!!

143 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/11 22:35:40 ID:4HNEX4c9
「吸血鬼」も面白いが、「一寸法師」「蜘蛛男」「魔術師」「人間豹」「黒蜥蜴」等
と比較すると、今ひとつ登場人物のキャラ立ちが弱い感がある。
本格ミステリとは異なり、活劇はキャラ勝負という部分も大きい。
余談ながら、横溝御大が記すところによれば、
民法の大家我妻栄先生(ダットサン民法で有名)は畔柳博士のようなタイプだったそうな。

144 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

145 :名無しのオプ:05/03/12 05:47:07 ID:Nb+YZFCa
修羅桜は陣出作品になっちゃってるからな

146 :名無しのオプ:05/03/12 16:16:44 ID:HiPonj9X
>>144
ネタバレ(・A・)イクナイ

147 :名無しのオプ:05/03/12 18:40:17 ID:lAXYuRYe
東京国立博物館で「踊るサテュロス」を見てきた。
展示室のパネルコーナーに、サテュロスの等身大の腹から上部分の複製(樹脂製)と、
1/2の全身像の複製(同じく樹脂製)があった。
手で触ることで芸術の一端に触れてほしいということだそうだが。




「盲獣」を思い出した。

148 :名無しのオプ:05/03/12 18:50:10 ID:73/X6dn/
>>147
触ってみた?

149 :名無しのオプ:05/03/12 18:52:48 ID:lAXYuRYe
>>148
もちろん。
感極まって涙を流すまではしなかったけどw

150 :名無しのオプ:05/03/12 20:25:42 ID:yz9xU3gw
>>149
ザーメンでも流したか?

151 :149:05/03/12 21:00:13 ID:DPQ867SW
>>150
まあ、そんなところだ。あんた鋭いな

152 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/12 21:31:02 ID:fntOqk85
大乱歩スレらしい良い意味での変態的なレスが増えて来たのは
喜ばしいものがある。
しかし、大乱歩という人、個人的にはサド、マゾどちらの嗜好への興味がより強かったのだろうか?
「芋虫」など読むと迷うところだ。



153 :149 ◆.UJdW/CIkQ :05/03/12 21:32:38 ID:HXcDXlqH
>>151
またお前か。

154 :名無しのオプ:05/03/12 23:13:37 ID:73/X6dn/
>>152

サドじゃん?

155 :名無しのオプ:05/03/13 00:08:47 ID:auE8M/af
はいはい放置

156 :名無しのオプ:05/03/13 10:48:38 ID:RVTJFByJ
創元推理文庫の乱歩を買うより乱歩全集を買った方がいいのかな?
全集の方が乱歩の作品が全部載ってる?

157 :名無しのオプ:05/03/13 13:51:55 ID:5Opa56Dh
創元なら、発表当時の挿絵が入っている。
俺はあまり挿絵とか気にしないタイプだし、創元全集は、かれこれ十年近くも
経つのに、全部出る気配がない。光文社はほぼ全部の作品を収録していく予定
みたいだから、こちらを揃えたが良いかと。

158 :名無しのオプ:05/03/13 14:13:01 ID:RVTJFByJ
>>157
ありがとう!まあ、自分は何冊か創元を揃えてしまったんだが、全集もがんばってゲトしてみるよ。

159 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/13 18:03:32 ID:G/cgL3C/
ジュブナイル込みの光文社の編集は感心しないものがある。
大乱歩の作は出版社にこだわらずに作品ごとにコレクトするべし。
それに講談社の乱歩文庫刊行時にも思ったのだが、
リレー小説は乱歩担当部分だけでは作品としての意味をなさない。



160 :名無しのオプ:05/03/13 18:12:23 ID:f02BmSxn
乱歩の文章なら、子供向けだろうがリレー小説の断片だろうが読みたいって
コアなファンがけっこういるんだよ。

161 :名無しのオプ:05/03/13 18:46:27 ID:1ZTJkvRZ
そうだな。
貼雑年譜みたいなのが人気を集めるほどの作家なんだから。
つか、出版社側が勝手にジャンル分けしてピックアップしてちゃあ、
もはや全集とは呼べんだろ。むしろ光文社の姿勢こそ正しいと思う。

162 :名無しのオプ:05/03/13 18:49:09 ID:f02BmSxn
ちなみに俺はコアなファンではないので、良作がセレクトされた
東京創元社のシリーズで充分だけど。

163 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/13 20:37:25 ID:URSFtn0F
ジュブナイルだけで巻を編むべし。
抱き合わせで売ろうという意図が見え見えなのはいただけない。
文庫は広くファンを獲得するツールでもあることを自覚されたし。

164 :名無しのオプ:05/03/13 20:51:10 ID:nXTh2/2F
「全集」っていう言葉の意味を根本的にわかってない奴が約一名いるようだな

165 :名無しのオプ:05/03/13 21:25:06 ID:nwpy6kEx
>>164
まあ少年探偵団物と他の物とを同じ巻に纏めるな、という言い方をしていないのだから、
「全集から少年探偵団物を追い出せ」という意味で言っているのだろうな。

166 :名無しのオプ:05/03/13 21:26:14 ID:LLdVfFqk
春陽堂の全集ってどう?
俺はそれで全巻揃えてるんだが

167 :名無しのオプ:05/03/13 21:43:34 ID:3g37PP2p
ジュブナイルだけで巻を作れない理由をご存じないようだな。

今回はポプラ社との協定でジュブナイルが表題作になる本は
極力作らないことになってる。だからジュブナイルだけの編成は
できないんだよ。

168 :名無しのオプ:05/03/13 22:00:20 ID:TNfAqKVU
バカにマジレスしなくてもいいよ

169 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/13 22:32:19 ID:gD6tEr2P
正常なファンレベルであれば春陽で十分。
大乱歩の特色のひとつであるエログロ等が禁じ手となっているジュブナイルは、
別物として纏めるのが正解。
ポプラ社と光文社との関係云々は商業上の件に過ぎず、「あるべき姿」とは無関係と
言える。

170 :名無しのオプ:05/03/13 22:40:27 ID:1ZTJkvRZ
そう思うなら光文社に堂々と意見しろや。
こんなところでコチョコチョ言ってるだけなのはヘタレの証。

171 :名無しのオプ:05/03/13 22:47:25 ID:nwpy6kEx
>>166
過去ログ読めば分かるけど、春陽文庫は勝手な漢字仮名遣いを変えている。
それから『蜘蛛男』の「獣人」の章みたいに、一部抜き落とされている部分もある。

172 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/13 23:15:09 ID:gD6tEr2P
>春陽文庫は勝手な漢字仮名遣いを変えている。
>それから『蜘蛛男』の「獣人」の章みたいに、一部抜き落とされている部分もある。
いずれもガイシュツな件ではあるが、
ファンレベルなら漢字仮名遣いの違い程度は問題無し。
「蜘蛛男」のみ他社購入で問題無しであろう。
これが作品ごとにコレクトするべしとの意味である。
既に春陽版を所持している場合は、「獣人」の章のみ他社のものでカバーしておけば
よかろう。
いずれにしろ、光文社のジュブナイルと成人向き作品が混成した全集の作りは問題が
多く、全集の決定版としてロングセラー化することはあり得ないであろう。

173 :名無しのオプ:05/03/13 23:29:11 ID:nwpy6kEx
>>166
一部抜けが「蜘蛛男」だけだと思っているうえ、
他人からの指摘がなければそういう部分の忠告もせず、
「春陽で十分」で誤魔化そうとしているいい加減な人物がいるので
注意してください。

174 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/13 23:46:39 ID:+WW25VlV
>一部抜けが「蜘蛛男」だけだと思っているうえ、
>他人からの指摘がなければそういう部分の忠告もせず
そういうお前も具体的な事実(「蜘蛛男」以外の作品の問題点)を何ら
書いていない摩訶不思議さ。

講談社の乱歩文庫がロングセラー化すると良かったのかもしれぬが、
先に指摘したリレー小説の扱い等問題は残る。
リレー小説は春陽でということになるか。

175 :名無しのオプ:05/03/14 00:01:05 ID:5O5FPTFa
>>166
トップコテハンと威張るくせに自分のいい加減なレスを棚に上げ、
出鱈目な「指導」をした相手に対して謝罪一つせず、
ただただ他人を批判することしか出来ない厚顔無恥な人物に注意して下さいね。

俺自身は「春陽文庫はどうよ?」という質問に対し、不備があるという点を伝え、
その不備の一例を挙げればいいだけですが、
「他社のものでカバーしておけばよかろう」と言い出した人物の場合は、
「蜘蛛男」以外の作品の問題点を挙げなければいけませんよね。
どれをカバーするべきかを忠告するために。

176 :名無しのオプ:05/03/14 02:36:21 ID:vxPS57+P
俺は乱歩全集大体持ってるけど、春陽のは、削除部分があろうが、結構好き。
最後に発表年がついてるので、それも便利だし。
講談社の乱歩全集は別に集めなくても光文社があるし、光文社版には、
「猟奇の果」の、もう一つの結末が入っているところが、かなり価値高し。
他の全集では、これは入ってない。挿絵が好きなら創元でもいいのでは。


177 :名無しのオプ:05/03/14 07:56:08 ID:k9+oWeD5
>>175
>「他社のものでカバーしておけばよかろう」と言い出した人物の場合は、
>「蜘蛛男」以外の作品の問題点を挙げなければいけませんよね。
>どれをカバーするべきかを忠告するために。

どうせ全部なんか読んでねえだろうからできねえだろうよ。
外面だけの分類好きのくせに、そういう努力はいっさいしないのが
誰かさんのやり方。

178 :名無しのオプ:05/03/14 11:10:34 ID:AigHVnUK
ごまめのはぎしりが続いているな。
大物は大勢に影響のない些細事にはこだわらないことを心しておけ。

179 :名無しのオプ:05/03/14 12:33:56 ID:TWerj0sa
都合の悪いことはぜんぶ「些末事」あつかいかよ。発言の根幹の部分じゃねーか。

あっ、元の発言自体が些末だったということか。なら納得w

180 :名無しのオプ:05/03/14 17:09:30 ID:fCtRjVQM
『闇に蠢く』で野崎三郎が聞いた子守歌のような歌声は
結局メル欄だったのでしょうか?

181 :名無しのオプ:05/03/14 19:39:06 ID:67Sf92gs
>大物は大勢に影響のない些細事にはこだわらないことを心しておけ。

同意。
要するに書斎の論考は大勢に影響のない些細事ってことですね。

182 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/14 22:07:24 ID:pBZ/4Vs+
このスレには物事の理屈がわからない奴が粘着しているな。
「春陽版は「蜘蛛男」以外にも問題あり」と主張した者が、
挙証責任を果たすのは当然のことである。

かっては主要作品は角川でという手もあったのだがこれは入手難。
懐古趣味以外では大乱歩のジュブナイルは大人が読んで面白いものではないので、
これが頁の相当数を占める光文社文庫は駄目出し。
正常なファンの場合、現状では、やはりリレー小説を含めて見れば春陽メーンでコレクト
という方向になる。

183 :名無しのオプ:05/03/14 22:14:56 ID:TWerj0sa
ごちゃごちゃと言い訳を並べるな。見苦しい。

>「蜘蛛男」のみ他社購入で問題無しであろう。

お前は、春陽文庫版は「蜘蛛男」以外のテキストには問題ない、と断言している。

訂正・謝罪をしていないところを見ると、これがお前の意見と理解するしかないな。


もう一度だけチャンスをやる。

訂正・謝罪をしなくて、本 当 に い い んだな?

184 :名無しのオプ:05/03/14 22:31:55 ID:5Y1xohZU
169 名前:書斎魔神 ◆qGkOQLdVas 投稿日:05/03/13 22:32:19 ID:gD6tEr2P
正常なファンレベルであれば春陽で十分。

172 名前:書斎魔神 ◆qGkOQLdVas 投稿日:05/03/13 23:15:09 ID:gD6tEr2P
「蜘蛛男」のみ他社購入で問題無しであろう。


「春陽で十分」なのに「他社購入」しなけばならないという、
矛盾した言動しかできないコテハンが(ry
どうせ後出しでゴチャゴチャ言い出すだろう、根性の腐った(ry

185 :名無しのオプ:05/03/14 22:34:51 ID:EwbPX86v
>>183-184
正常なファンなら相手にするなよ・・・

186 :名無しのオプ:05/03/14 23:10:54 ID:lzCWnGca
                               ∧_∧←他のみんな
                               ( ^∀^)     ∧_∧
                              /    \    ( ^o^  )
________               __| |     | |_  /    ヽ、
||\          .\             ||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
||\\          \           .||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
||.  \\          \          ||. . (    )     ~\_____ノ|  ∧_∧
    \\         書斎魔神(;゚;ё;゚;´) .  _/   ヽ          \|  (゚ー゚* )
      \\           \ ./    ヽ.  |     ヽ          \ /    ヽ、
       \\          / .   | |  |    |ヽ、二⌒)       / .|   | |
         \\       .(⌒\|__./ ./  .|    ヽ \∧_∧    (⌒\|__./ ./
          \\       ~\_____ノ|   ヽ、.___.(    )      ~\_____ノ|  ∧_∧
            \\          \|          _/   ヽ          \|   (´∇` )
             \\           \        |     ヽ          \ /    ヽ、
               \\           \       |    |ヽ、二⌒)       / .|    | |
                \\           \.     |    ヽ \\       (⌒\|__./ ./

187 :名無しのオプ:05/03/14 23:52:05 ID:KV+iTKc3
ま、俺は正常のファンなら光文社文庫を薦めるけどね。
ちょっと乱歩を読んでみたいってのならまだしも、コレクト(笑)と
なれば特にね。
光文社文庫は、全集でありそのメーン(笑)のコンセプトは「出来る限り
刊行年順に収録」って所だと思う。ファンなれば全巻刊行が終わった後
1巻から順で読めばの初期の本格物から始って休筆を
挟んで、通俗物、少年向け、随筆と大乱歩(笑)の足跡を辿るのには
ぴったりだと思う。年代ごちゃまぜで収録の春陽は、続けて
読んでてとても違和感がある。
あと、ジュブナイルは大人が読んで面白いものではないのであれば
後期の乱歩の通俗物も果たして、大人が読んで楽しめるものだろうか?
恐怖王だの人間豹だのw
勿論、乱歩ファンであれば、B級テイストを楽しめると思うし
それならば、ジュブナイルを読んでも青銅の魔人が街を闊歩する
B級テイストを十分堪能できるんじゃないかな?

188 :名無しのオプ:05/03/15 00:03:55 ID:8lda2oZm
乱歩の評価すべき仕事は、通俗に走る前の短篇と、
戦後の評論と、ジュブナイルだと言っている人もいるから
別にまとめて全集に入っていてもいいんじゃないの?

189 :名無しのオプ:05/03/15 00:11:22 ID:daNnxLXH
>創元推理文庫の乱歩を買うより乱歩全集を買った方がいいのかな?
>全集の方が乱歩の作品が全部載ってる?

っていう156の発言がそもそもなんだから、「全部載ってる」のは創元や春陽ではなく、全集ってことで
解決じゃないの?
まあ全集もいくつかあるので、現行の光文社で行くか講談社の全集か推理文庫か・・・ってことで意見
は別れましょうけど。一応俺は講談社の江戸川乱歩推理文庫を推奨だけど、入手難は相変わらずか
な。

190 :名無しのオプ:05/03/15 00:25:49 ID:WF+BHCOD
>>189
一応ぜんぶ買ったけど、推理文庫はテキスト選択がいい加減でお勧めできないよ。

これから買うなら、光文社の全集を集めて、「奇譚」など推理文庫版にしかない巻を
古本でさがすのがベスト。

191 :名無しのオプ:05/03/15 00:28:52 ID:kpMPfhz5
講談社の江戸川乱歩推理文庫のカバー絵を見ていたくせに、
FFしている時、キャラデザが同じ天野善孝だということに気付かなかった…

192 :名無しのオプ:05/03/15 00:33:30 ID:MsQGRXtT
>>186
俺は仲間はずれじゃない!!!孤高のコテハンなのだ!!
トップはかくあるべし!!

193 :名無しのオプ:05/03/15 00:36:54 ID:3mknmUqj
>>191
講談社の江戸川乱歩推理文庫のカバー絵を見ていたくせに、
タイムボカンを見ている時、キャラデザが同じ天野善孝だということに気付かなかった… 。
…みなしごハッチも天野ではなかったかな?


194 :名無しのオプ:05/03/15 00:40:36 ID:daNnxLXH
>>190
テキストに拘るならそうかもしれないが・・・
光文社版にしかないものもあるし、両方併用が確かにいいのかもしれないわね。

195 :名無しのオプ:05/03/15 00:59:12 ID:WF+BHCOD
>>194
両方のリストを対照して確認してみた。江戸川乱歩推理文庫の1-57巻までに収められている分は
光文社文庫版にもすべて入っている。なおかつ、光文社にしか入っていない作品がこれだけある。

空中紳士 まほうやしき ふしぎな人 かいじん二十めんそう(たのしい二年生版)
かいじん二十めんそう(たのしい一年生版) 秘中の秘 魔王殺人事件 怪人と少年探偵

で、校訂は断然、光文社文庫版の方がいい。ということで、やはり光文社文庫30巻を買ったうえで
江戸川乱歩推理文庫の58-65巻を集めるのがベストですよ。古書価が一番高い65巻は資料のみ
だから、要らないといえばいらないし。

58『乱歩随想』
59『奇譚・獏の言葉』
60『うつし世は夢』
61『蔵の中から』
62『幻影城通信』
63『子不語随筆』
64『書簡・対談・座談』
65『乱歩年譜著作目録集成』
特別補巻『貼雑年譜』

196 :名無しのオプ:05/03/15 15:02:18 ID:HIjUn2jf
書斎馬人ちゃんもさぁ

「みんなスマソ。漏れが間違ってたよ orz
やっぱり今、大乱歩をコレクトするなら光文社+講談社で補完が
ベストだね。春陽じゃ全て揃わないし、態々「蜘蛛男」だけ他のを
買うなんてアホな事しなくて済むしね!
これからは、トップコテハンの名を返上して、もっと頑張ってみるよ」

ぐらい言わないのかね。まぁ無理だろうけど。
つーか、子供の頃に、間違った事をしちゃった時はごめんなさい
しちゃいなさいって教わらなかったのかぁ。かーちゃんにw
また、どーせしょうもない人の揚げ足取り発言を繰り返すんだろうな。
なんだか、虚しいよ。


197 :名無しのオプ:05/03/15 18:37:36 ID:EAb4sVMd
>空中紳士 まほうやしき ふしぎな人 かいじん二十めんそう(たのしい二年生版)
>かいじん二十めんそう(たのしい一年生版) 秘中の秘 魔王殺人事件 怪人と少年探偵

さすがに↑のようなのまで読みたいとは思わんなあ・・・
乱歩作ならとにかく揃えたいという病的なマニア向けだね。


198 :名無しのオプ:05/03/15 20:42:25 ID:GPGmKrMj
空中紳士は春陽文庫から出てたしね

199 :名無しのオプ:05/03/15 21:24:15 ID:sU/fm3PQ
>>197
>乱歩作ならとにかく揃えたいという病的なマニア向けだね。

むしろ乱歩作品を読みつくした人向けかと。

200 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/15 22:09:39 ID:1RwIUynD
正常なファンと重症乱歩ヲタが峻別されないまま議論が混迷しているという感がある。
妥当な結論から記せば、春陽文庫を完全クリアしておけば、正常なファンなら十分である。
「蜘蛛男」のように章ごとカットされたようなケースがある場合に、
もし気になるのであれば、他社のバージョンでカバーしておけばよろしい。
ヲタとは異なり、ファンは出来が悪いワンパターンのジュブナイル作品やエッセイを
隈なく読みたいなどとは考えないのである。

201 :名無しのオプ:05/03/15 22:16:26 ID:daNnxLXH
>>197
だからそもそもの質問は「全部載ってる」ものはなにか、ってことなんだからw
病的(ってのもすごい言葉だな)かどうかとか読みたい読みたくないは今はさて
おいて考えるべきかと。

ということで>>195のようなパターンならば「全部載ってる」に現状一番近い形が
のぞめるということでしょうか。

202 :名無しのオプ:05/03/15 22:28:00 ID:sU/fm3PQ
>>201
一部削除されていると知っていて、それを読む気にはなりませんよね。
普通のファンならば、完全版を読みたいと考えるものですし。
いやファンじゃなくても、他に無いのならばともかく、抄録本なんか読む気にはなりませんよ。
「お前にはこの程度で充分だ」なんてバカにされているようで。

それに作家のエッセイなんか面白いですよね。
講談社文庫はそれが充実していてすごく良かった。

203 :名無しのオプ:05/03/15 22:29:34 ID:sU/fm3PQ
>>202
「講談社江戸川乱歩推理文庫」でした。

204 :名無しのオプ:05/03/15 23:35:10 ID:Zz0JZzXL
何故ここまできて

>妥当な結論から記せば、春陽文庫を完全クリアしておけば、正常なファンなら十分である。

みたいな結論に達するのであろうか?理解不能である。
正常なファンであれば、春陽には手を出さず光文社文庫の全集を完全クリアしておけば
十分である。更に拘るのであれば、>>195に挙がっている光文社文庫未収録のを
揃えるのが現状ベストである。
春陽文庫を完全クリアして後、カットの有無をしらべて新たに他社のバージョンでカバー
するなんてマヌケな事は一切不要である。
まだファンって程でもなく、乱歩をちょっと読みたいなってのであれば、その代表作を
春陽なり創元なりなんでもいいので、古本屋で見つけて読まれるのをお勧めする。

205 :名無しのオプ:05/03/15 23:43:00 ID:daNnxLXH
まあ、ほかの探偵小説の作家に比べて選択肢があるだけいいよね。
全集のない人とかあっても選択の余地のほとんどない人ばっかり
だもの。

206 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/15 23:46:33 ID:xxRcHoWW
またファンとヲタを混同して、光文社文庫マンセーの方向へ誤導しようとしている奴が
いるな。これでは味噌も糞も一緒と言うに等しい。
光文社文庫は、結果的にジュブナイルを大のオトナに買わせようとしている点を
持ってしても、完全スルーするべきものである。
文庫は広くファン層を拡大するための有力なツールであることに留意しておくこと。
そもそも病的なまでにノーカットにこだわるのもヲタ特有の症状なのである。
この方針を貫徹するには、海外作品は原書オンリーということになる罠。

207 :名無しのオプ:05/03/15 23:58:58 ID:sU/fm3PQ
何かジュブナイルを躍起になって否定したり、
完全版にこだわる奴は「ヲタ」だと標榜して無理矢理不完全なものを押し付けたりする
異常な方が一名いますね。


こういう人は「正常なファン」には見えないのは俺だけですか?>>all

208 :名無しのオプ:05/03/16 00:04:46 ID:uujg5szE
要するに自分が春陽文庫で読んで、それ以外のテキストを手にしたことがないから
こういう頓珍漢なことを言いつづけるんでしょうな。

209 :名無しのオプ:05/03/16 00:09:42 ID:uQx0C/GY
いや、「全部載ってる」のは、という質問に対して的外れな回答をしてしまった手前、
ジュブナイルや小説以外の評論類、さらには削除された章などを読まれては知識
人ぶって発言した俺様が困るということなんだってば。

ほっておきましょう。

210 :名無しのオプ:05/03/16 00:10:32 ID:Zz0Bra0g
何故、光文社文庫なのかといえば、講談社の全集が入手困難になり
乱歩の全集を揃えたいと思っていた御仁も多かった折に、現行で
乱歩全集を出しているというその光文社と編者には乱歩ファンとしては
エールを送りたい。
自分の意見を否定されてくない一心なだけの狂人の戯言には注意
されたいものである。
というか、光文社文庫の全集をジュブナイルを大のオトナに買わせよう
としている点として捉えてる点には正直絶句である。全集という物を
まったく理解していないのでしょうなぁ。

211 :名無しのオプ:05/03/16 00:17:42 ID:sjZ/I6vm
乱歩全集についての目安

1.現状では光文社文庫版全集がベスト。特に校訂が信用できる。
  春陽文庫は漢字仮名遣いを勝手に変えていたり、一部削除された作品もある。

2.講談社江戸川乱歩推理文庫は前作品切れのうえ、校訂に信用がおけない。
  しかし随筆など、ここでしか読めないものもあるため、58-65巻を集めるのが良い。

3.よってこれから買い集める人、校訂等にこだわりを持つ人は光文社のものをお勧めする。

212 :名無しのオプ:05/03/16 00:18:25 ID:ab/9eQ3j
>>209の意見通りにほっといて、先に進もうぜ。
もうこの話題は打ち止めということでいいだろ?

213 :名無しのオプ:05/03/16 00:52:40 ID:vY7/pOFQ
>>207
いちいち相手にしているお前も正常じゃないように見えますが

214 :名無しのオプ:05/03/16 00:55:58 ID:uujg5szE
まあ、今後は今までどおり完全スルーということで。

215 :名無しのオプ:05/03/16 01:10:14 ID:vY7/pOFQ
完全スルーといっても毎度相手にする人がいるわけで。
いつかのカースレと似た状況だなぁ。結局>>204あたりのレスは自演なのかね。

216 :名無しのオプ:05/03/16 01:14:31 ID:uujg5szE
しつこいよ

217 :名無しのオプ:05/03/16 01:23:25 ID:xP99BEeF
>>216の反応を見るとこの人も完全スルーなんて出来ない人なんだろうなぁと思う

218 :名無しのオプ:05/03/16 02:26:25 ID:ab/9eQ3j
かーるく話題でも振るかw
ttp://www.kobunsha.com/company/shiryokan.html
光文社も全集出しているぐらいだから、ここに行けば乱歩の初版本とか見られるのかしら?
つか、行ったことのある人います?

219 :名無しのオプ:05/03/16 02:45:01 ID:xP99BEeF
>>218
俺が行った時は乱歩の初版本のような貴重本は閉架にあって
手にとれるのは戦後の単行本や戦前探偵雑誌の合本ばかりだった。

220 :名無しのオプ:05/03/16 09:57:33 ID:LuKqlyeU
ごくふつーのファンは春陽で十分という見解には激しく同意。
間口を狭める考え方は結局マニアの自己満足でしかないんだから。

221 :名無しのオプ:05/03/16 10:10:17 ID:/ufSxbLr
>>219
他に目玉というか、見るべきものありました?

222 :名無しのオプ:05/03/16 13:54:50 ID:MsfgoV0o
文庫版少年探偵団全26巻ってもう売ってますか?
昨日書店のレジで広告しおりを見掛けたので、
気になったので帰宅後ググってみてもひっかからない。

223 :名無しのオプ:05/03/16 20:05:57 ID:i0T/1CSX
>>221
正直ないと思う。何故か受付で高木彬光とかの同人誌売ってたな。

224 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/16 22:24:03 ID:+yD7XXd0
>「全部載ってる」のは、という質問
スタートはこの質問ではない。事実関係を歪曲するヲタには、
まさに何をか言わんやである。
>166 :名無しのオプ:05/03/13 21:26:14 ID:LLdVfFqk
>春陽堂の全集ってどう?
>俺はそれで全巻揃えてるんだが
このレスに対して、
>169 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/13 22:32:19 ID:gD6tEr2P
>正常なファンレベルであれば春陽で十分。
>大乱歩の特色のひとつであるエログロ等が禁じ手となっているジュブナイルは、
>別物として纏めるのが正解。
>ポプラ社と光文社との関係云々は商業上の件に過ぎず、「あるべき姿」とは無関係と
>言える。

まるで世の中の乱歩読者にはヲタしか存在しないかのような、このスレのヲタ自身の
物言いには、まさに慄然とするものがある。

225 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/16 22:35:10 ID:+yD7XXd0
文庫版というよりは新書版の乱歩ジュブナイルは既に店頭に並んでいる。(実地確認済み)
ルパンシリーズも同様。

226 :名無しのオプ:05/03/16 22:42:46 ID:uQx0C/GY
>>223
というか販売物目当てで行くところかも知れん

227 : :05/03/16 23:49:33 ID:AQEczfVw
通常のファン向けかあ。
江戸川乱歩傑作選と、創元の江戸川乱歩集を軸に、
面白そうと思った作品は春陽で買うのを進める。

光文社の全集は確かにたくさん乗ってるけど、
良い作品をピンポイントで買えない。
いっぱい読めるけど、良い作品が入っている巻は、
変な作品も入っているわけで。

228 :名無しのオプ:05/03/16 23:54:13 ID:LuKqlyeU
春陽で問題なしということでスレの総意が得られたね。

229 :名無しのオプ:05/03/16 23:56:26 ID:Zz0Bra0g
ベタな釣り、煽り、自演にはお腹いっぱいでつ

230 :名無しのオプ:05/03/17 00:01:30 ID:4bLFar0Y
>>229
無知は放置が鉄則。

231 :名無しのオプ:05/03/17 00:31:09 ID:mPmAoFvv
あんまりかまうとそのうちネタバレ始めるし

232 :名無しのオプ:05/03/17 01:25:45 ID:5zwR3oPk
春陽は好きなのでこの流れ微妙。
電話受付の女性は親切だし、メールでの問い合わせでも返信早いし、
今まで乱歩作品を絶版にせずにずっと販売し続けてきたのも春陽堂。
講談社や光文社じゃこうはいかない。
漢字を勝手に仮名に開いちゃうとか「!」だらけの粗筋とか、いかにも
戦前から戦後にかけての大衆小説出版社のいい加減さというか、
そんなところも含めて春陽堂が好きなんです。なんといっても
乱歩の処女出版を手がけたところなんだしね。

233 :名無しのオプ:05/03/17 02:05:36 ID:1NtiltcR
>>232
貴方がどうのとは言わんが、そうういのは強度のマニア・オタの発想だよねw
少なくとも一般の人に勧められるようなことではない。
もう、この話はいいですよね?

>>223
世田谷文学館のノリを多少なりとも期待していたのだが・・・。
しょせん光文社か、ふーっ。

234 :名無しのオプ:05/03/17 03:31:17 ID:5zwR3oPk
>>233
このスレでマニア的な発言するなってか?
別に一般の人に勧めてるわけじゃなくて個人的な思い入れを書いてるんだからいいだろ。

235 :名無しのオプ:05/03/17 05:57:50 ID:4bLFar0Y
個人的な考えは問題なし。
それを唯一の解釈だとして他人にまで押し付けたら問題。
別に>>232は、他人にまで「これこそが正しい」なんて言ってはいないし、
いいんじゃないのかな?

236 :名無しのオプ:05/03/17 07:44:50 ID:eBXu1hmW
>201
ああ、だめだ・・・・・
魔神が突っ込む前に訂正しておいてください・・・・

237 :名無しのオプ:05/03/17 08:24:21 ID:mPmAoFvv
もうこれ以上粘着にかまうな

238 :名無しのオプ:05/03/17 09:57:26 ID:uIa/m1Zd
乱歩オタが選ぶ乱歩作品ベスト1ってなんだ?おまいらの好きな作品とその理由を挙げてくれ。ネタばれにキヲツケロ!

ちなみに俺は、「吸血鬼」かな。エロイ雰囲気が最高だった。犯人にビックリしたしな。

239 :名無しのオプ:05/03/17 10:42:52 ID:eBXu1hmW
>207
鏡地獄かな。
まさしく日本のポー、というかんじ。

240 :名無しのオプ:05/03/17 11:23:58 ID:ePh7zKPS
>>234
これから乱歩を読もうという人に適した勧め方を根拠もなしにマニア的と決め付ける一方で
あなたのようなマニア的な楽しみ方を「唯一の解釈」として初心者に押し付ける荒らしがいる
のですよ。>>232は荒らしを増長させないように釘をさしただけで、あなたのことをどうこうと
いうのではないと思うよ。

241 :名無しのオプ:05/03/17 11:24:52 ID:ePh7zKPS
ゴメンね。

×>>232は荒らしを増長させないように
>>233は荒らしを増長させないように

242 :名無しのオプ:05/03/17 19:57:26 ID:oeo4m08T
俺が選ぶ乱歩のベスト作品は、月並みすぎて悪いけど、「陰獣」です。
「アクロイド殺し」や「三つの棺」よりも、素晴らしいと思います。
今でもこんなミステリは、ないんでないかい?

243 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/17 20:55:02 ID:oRhjvg5t
文庫が広いファン層開拓のためのツールである点は相変わらず無視されているな。
旗色が悪いと見ると、>>240のように馴れ合いの方向に持ち込んでごまかそうとする
有様だ。
さて、上記の観点から見ると、ジュブナイルが頁数の大半を占める巻が、
ファン層開拓にとって不適切なのは言うまでもない。
ジュブナイルと抱き合わせた成人向き作品が、乱歩を読んでみようという多くの人の
目に触れないままスルーされてしまう恐れ大である。

244 :名無しのオプ:05/03/17 21:01:43 ID:ePh7zKPS
>>242
どれか一つというのはキツイけれど、「石榴」かなあ。

「陰獣」もそうだけど、本格ミステリ作家としての乱歩と怪奇作家としての乱歩が
うまく融合している作品が好き。

245 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/17 21:27:23 ID:oRhjvg5t
初期の短編と通俗長編を同列で比較出来ないし、これはオリジナルの通俗長編と
翻案ものの場合も同様かと思うが、長編・中編と短編に分けて、あえてマイベスト3
を記すと、
・長編・中編
1 黒蜥蜴
2 影男
3 三角館の恐怖

・ 短編
1 芋虫
2 鏡地獄
3 屋根裏の散歩者

246 :名無しのオプ:05/03/17 21:48:47 ID:clMbeMhL
>>240
各文庫の長所短所は出揃ったのだから、
あとは個人個人で判断して買え、でお終いですね。

ちなみに俺は光文社版買っています。
講談社文庫版を揃え損なって、結局各社の本をつぎはぎで集めるハメになった恨みを晴らしていますw

247 :名無しのオプ:05/03/17 21:49:18 ID:+Xobxy4a
とりあえず集計しとく?

吸血鬼 1票
鏡地獄 1票
陰獣 1票
石榴 1票

なかなかいいね。どれも好きだ

248 :名無しのオプ:05/03/17 21:56:06 ID:nb5XnGf7

ただ、春陽だと少年探偵団シリーズが読めないんだよなあ。

249 :名無しのオプ:05/03/17 22:02:40 ID:qrbOyz2Z
少年探偵団シリーズはポプラ社のハードカバーで集めるのが通

250 :名無しのオプ:05/03/17 22:06:14 ID:BcGzv1KL
>>247
書斎さんをシカトするな!!

251 :名無しのオプ:05/03/17 22:11:09 ID:ZlbFi9PR
触覚芸術っていうのがエロいので「盲獣」に一票

252 :名無しのオプ:05/03/17 22:28:48 ID:3UsL89qp
>>250
貴方には見えるのですか・・・?そのローカルあぼーんの中が・・・?

253 :名無しのオプ:05/03/17 22:58:47 ID:mPmAoFvv
ベスト3となると難しいな。
○孤島の鬼
○怪人二十面相
は確実なんだが。とりあえず
○陰獣
にしとくか。陳腐だ・・・orz

254 :名無しのオプ:05/03/17 23:03:13 ID:ePh7zKPS
>>253
ベスト1ですぜ。一つ選んで>>247に加えれ。

255 :名無しのオプ:05/03/17 23:43:19 ID:BcGzv1KL
集計には書斎さんのもちゃんとカウントしろよ!

256 :名無しのオプ:05/03/17 23:52:08 ID:+Xobxy4a
折角だから、理由も入れとくか。>>253氏は陰獣で集計

吸血鬼 1票 「エロイ雰囲気が最高。犯人にビックリ」
鏡地獄 1票 「まさしく日本のポー」
陰獣 2票 「今でもこんなミステリは、ないんでないかい?」
石榴 1票 「本格ミステリ作家と怪奇作家の乱歩がうまく融合」
盲獣 1票「触覚芸術っていうのがエロい」

257 :名無しのオプ:05/03/17 23:57:41 ID:SwmNMFdO
よくもまあこんなこと考えたなあ、ということで「二銭銅貨」に一票。
暗号そのものより、人の行動の解釈の面白さが秀逸でしたね。

258 :名無しのオプ:05/03/18 00:12:31 ID:nURyiWQe
微妙なところだけど「蟲」。
最後の方で焦ってる主人公がおもしろかった。
現代のオタクみたいな焦り方が。

259 :名無しのオプ:05/03/18 00:18:19 ID:P2XNlHGj
私が乱歩の作品に求めるものは、curiosityとsentimentalismです。
『芋虫』か『押絵と旅する男』のどちらか迷うのですが、
ここはcriosityに優っている『芋虫』に一票。

260 :名無しのオプ:05/03/18 00:49:12 ID:6Q+8ba7P
個人的に「パノラマ島奇談」がもの凄く好き。

異常且つ幻想的、それでいて妙に切ない。

261 :名無しのオプ :05/03/18 00:59:34 ID:kgc983cx
自分も孤島の鬼かな
「これすごい!」って作品は他のなんだけど
初めて読んだ時の微妙な印象が忘れられない

262 :名無しのオプ:05/03/18 00:59:59 ID:E7fiKxsb
孤島の鬼。あの独特のエロティシズムがイイ。
魔術師もいいなあ・・・。事件が終わったと思ったら、まだ事件は
終わってなかくて、最後のどんでん返しがよかった。文代さんにも萌えたな。

乱歩怪奇長編のベスト1は「孤島の鬼」
明智モノベスト1は「魔術師」かな。
・・・一つに絞るのは難しいね・・・。

263 :名無しのオプ:05/03/18 01:16:49 ID:E7fiKxsb
陰獣   2票 「今でもこんなミステリは、ないんでないかい?」
孤島の鬼 2票「微妙な印象・独特のエロティシズム」
吸血鬼  1票 「エロイ雰囲気が最高。犯人にビックリ」
鏡地獄  1票 「まさしく日本のポー」
石榴   1票 「本格ミステリ作家と怪奇作家の乱歩がうまく融合」
盲獣   1票「触覚芸術っていうのがエロい」
二銭銅貨  1票「人の行動の解釈の面白さ」
闇に蠢く  1票「最後の方で焦る主人公が面白い。」
芋虫    1票「criosity]
パノラマ島奇談 1票「異常且つ幻想的。それでいて切ない」
黒蜥蜴    1票

264 :名無しのオプ:05/03/18 01:54:44 ID:EQp3Es+B
見事なぐらいバラバラだなw

265 :名無しのオプ:05/03/18 03:07:51 ID:7Icb0JN5
今、まったく同じような状況で恋をしているので「木馬は廻る」に1票。

266 :名無しのオプ:05/03/18 10:05:51 ID:FfHL0zQr
>>265 あなた、楽隊のラッパ吹き?
 〜♪ 此処は御国の何百里〜〜ってが。

267 :名無しのオプ:05/03/18 18:45:23 ID:Szsk716L
乱歩最後の短編であり、ラストの気味悪さが何とも言えないという点で「指」

268 :名無しのオプ:05/03/18 18:59:56 ID:DlpGwqz7
そんなの人それぞれなんだから、意味ねえ集計だな。
ランク付けやベストを決めたがる所はお前らも魔神と変わらんな。
乱歩ヲタは根が同じってことか

269 :名無しのオプ:05/03/18 19:52:47 ID:XCXUC5S7
ランクを付けたりベストを決めようなどと言ってる椰子がどこにいるんだよw

住人が理由を添えてベスト作品を発表しあって、それを読んで楽しんでいるだけ。

だいたい「乱歩オタは根が同じ」って、読んでもいないやつと同じである訳が(ry

270 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/18 22:01:31 ID:hXvRhAjz
今回は個人的に好きな作という観点からのセレクトゆえ、
問題視すべきではないのかもしれぬが、「石榴」が挙っているのはどうかなあ、
と思う。確かに面白い作ではあるが、崖上でのクライマックスの急展開は、
「おい、おい…」という感じがするのだ。怪人二十面相の作者らしくはあるが。
同様に地味な作だが、戦前の浅草情緒溢れる「木馬は廻る」が好きというレス
は心情的にはわかるものがある。

271 :名無しのオプ:05/03/19 01:03:57 ID:mn0SD2vR
「幽霊塔」に一票。

272 :名無しのオプ:05/03/19 10:45:49 ID:+VEd0ySd
『貼雑年譜』

273 :名無しのオプ:05/03/19 12:12:56 ID:OA57ltHz
孤島の鬼

あの秀ちゃんと吉ちゃんの「不具者故に〜略す」ってところ
何度「略さないで書いてくれよー!乱歩ー!」と思った事か(笑)

274 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :05/03/19 22:13:13 ID:EVxL+YRk
>「不具者故に〜略す」
最初読んだ時は乱歩の自主規制?
とも思ったが、「闇に蠢く」あたりを見るとそうでもないようだ。
「孤島・・」の場合は、あえてぼかして書かないことにより読者の
想像に委ね、逆に作品に凄味を持たせる効果を狙ったのか。

275 :名無しのオプ:05/03/19 22:42:41 ID:SKS5CR+4
吸血鬼読了
面白かったけど1つ非常に気になった点が(メール欄)

276 :名無しのオプ:05/03/19 23:06:38 ID:xNXbXf+v
>>275
前スレより

489 名前:板ルール変更議論中@自治スレ[] 投稿日:04/11/16 08:19:41 ID:Jmra/fJg
472ですが、「吸血鬼」はおかしいよ〜。女子校生風に言うと「こんなの、
ありえな〜い」っていうほどのプロットの破綻。連載していくうちに忘れたのかな。
ところで「魔術師」「蜘蛛男」「吸血鬼」は独特の延長戦構造が面白いな。
(この程度ならネタバレにならんでしょう)それにしてもしつこくつけ回す
変質犯罪者に被害者の女性が倒錯した愛着を持つ、ってあることなんだろうか。
ストックホルム症候群的な?

491 名前:板ルール変更議論中@自治スレ[sage] 投稿日:04/11/16 20:45:35 ID:uobSHTwa
>>489
たしかに(メール欄)どうするつもりだったんだろうと思った。

496 名前:489[] 投稿日:04/11/17 20:38:56 ID:6rBMDL3Q
>>491 よう言った!ネタバレと思い、言えなかったのを君は分ってくれた!
消防の頃からの胸のつかえが取れたぞ!登場人物も少ないし、冒険活劇の
要素があるも総じて単調、頂けない長篇No.1はこれだあ。(でも好きだけど)

277 :名無しのオプ:05/03/20 00:29:25 ID:sIR6D+uk
>>275

俺もそう思ってた・・。まあ、面白いけどさ・・・・。

278 :名無しのオプ:05/03/20 00:32:20 ID:ClwpfWdr
通俗物なんていきあたりばったりで書いてたから矛盾はいっぱいあるよ。
吸血鬼は新聞小説で一回一回が短いから最初のとこなんてすっかり忘れてたんだろう。

279 :名無しのオプ:05/03/20 06:37:51 ID:rRNDSIFb
だいたい犯人のことを作中で吸血鬼と呼んでいないw

280 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 05:16:19 ID:W5r3Vqmd
>>279
その謎は創元推理文庫版を読んで解けた。
連載開始前の「作者の言葉」で犯人のたとえとして用いられていたのだ。
なら本編でも使ってよ。

281 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 13:16:26 ID:Zj0jW63H
その奥ゆかしさがいいんじゃないか

282 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/03/21(月) 14:20:22 ID:BG+Erah0
「吸血鬼」という作品の場合、
タイトルに関する説明が無い点を「奥ゆかしい」という表現することは当たっていない。
説明し過ぎはつまらないので作品全体を通じて読者に読み取らせるという技巧のひとつ
かと思う
ポプラ社のジュブナイルでは、まえがきでタイトルに関する説明あり。

283 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 15:22:18 ID:RitmrHDn
>説明し過ぎはつまらないので作品全体を通じて読者に読み取らせるという技巧のひとつ
>かと思う

そういうのを奥ゆかしいって言うんだよ

284 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 15:26:51 ID:1mRvMiEK
>>283
荒らしを相手にする貴方も荒らしと認定されてしまいますよ。
これからは放置してね。

285 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 16:35:14 ID:Tl357b5X
魔神って別に荒らしだとは思わないのだが。そんな過敏になんなくとも一つの
意見としてそれはそれでいいんじゃねーの?
過疎スレなんだしさ。

286 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 16:53:13 ID:I54T557H
コテハンで、偉そうな文体、そのわりには時々誤ったことを言う、
そのあたりが叩かれる原因じゃないかな>魔神

287 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 17:10:41 ID:/HX0iERc
オレも最初は好意的だったが、何かの発言をフォローしてやったら、
それに突っ込まれたw(しかも内容出鱈目)
要は自分の書きたいことだけ書いて、回りの空気が読めてないんですな。


288 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/03/21(月) 17:26:13 ID:2KblLQN/
>>283
しっかりと辞書を確認しておくこと。
>>287
>オレも最初は好意的だったが、何かの発言をフォローしてやったら、
>それに突っ込まれたw(しかも内容出鱈目)
曖昧にいい加減な事を書かずに具体例を提示せよ。
根拠を示さないコテハン叩きは、荒らしだと自覚しておけ。


289 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 17:50:22 ID:xeB3A4oG
メール欄ルールを無視してネタバレしまくる時点で荒らしだろ。
わざわざ最後の台詞とか文章をコピペしたりするし。

290 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 18:05:18 ID:cszjFDD4
単にうざいとか、間違いだらけの書き込みをするというだけなら、これほど嫌われたりしません。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1071729734/268
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1071729734/274
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1071729734/278

自分はミス板のLRなんて守る気はないので、既成事実化のために匿名で無差別にネタバレ荒らしをやると
ハッキリと宣言するような輩だから、荒らし認定されているわけです。

というわけで、これ以上荒らしに構わずスルーでお願いします。>all

291 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 18:14:42 ID:Jbe/UDkl
>>290
俺は荒らしとは思わん。本人が言っているように最悪板外での
コテハン叩き苛めは、重大なガイドライン違反。
自分の方が「荒らし」であることを自覚せよ!

292 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 19:03:14 ID:Pj9xhASV
↑???

293 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 19:27:23 ID:4aZk1QKa
書斎の自演にいちいち反応すんなよ。

294 :コテハン ◆FwvXHqX4vg :2005/03/21(月) 19:30:59 ID:BP4TjR2e
>>291
コテハンを使う奴には、間違いの指摘や暴言に対する抗議をしてはいけないわけかw
お前みたいなキチガイは出て行け。

295 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/03/21(月) 19:45:29 ID:oxuTSSX4
しかし、2ちゃんでの「吸血鬼」人気は意外な感もある。
まあ、「影男」もオフィシャルな場での好意的な評価は目にしたことはないがな。
こういう乱歩作品の中でスルーされがちな作、低評価な作に光を当てるのも、
面白いものはある。

296 :名無しのオプ:2005/03/21(月) 21:06:25 ID:TWreYcd/
さて、話を初期化して、
>>283-284
ま、この場合は奥ゆかしいというより「いいかげん」なのだろうねw
やっつけ仕事かどうかは判らないけど、「これ、やっつけちゃうんか?」というのは他にあるのかな?

297 :名無しのオプ:2005/03/22(火) 07:54:58 ID:wi7EAcLf
「吸血鬼」というタイトルにはある意味でセクシャルな要素が含まれている
と思うよ。それはこの作品のラストシーンの異様な味わいとも呼応してると思う。

298 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/03/22(火) 20:38:28 ID:48hStWHJ
>奥ゆかしいというより「いいかげん」なのだろうねw
「奥ゆかしい」と「いいかげん」では全然意味が違うぞ(w
乱歩のやっつけ仕事と言えば、第一番に挙って来るのは、何と言っても「恐怖王」だ。
いかにマエストロの作品とはいえ、このような作が封印もされずに流通し続けているのは、
「なんと恐ろしいことでしょう」としか言い様がない。
俺はパート1スレで本作を叩いたが、見方によっては、マエストロの手になる愚作は半端
ではないとも言える。

299 :名無しのオプ:2005/03/23(水) 17:05:29 ID:Ux11ZqTe
(*´д`)ハァハァ
http://jggj.net/tiger

300 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 15:58:56 ID:OapDBEG7
吸血鬼は大して好きじゃねえな。「恐怖王」はあの駄作っぷりが笑える。


301 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 19:55:45 ID:e2JlIBnS
吸血鬼のかわりに吸乳餓鬼がいましたが何か?

302 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 21:21:34 ID:SrxoD7tQ
人間椅子

303 :名無しのオプ:2005/03/24(木) 22:22:00 ID:46GTze+M
皆さんの思うエグイ作品教えてください

304 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/03/24(木) 23:00:46 ID:6bvOrvcJ
前述したとおり「闇に蠢く」「盲獣」「虫」。これが乱歩三大グロ作かと思う。
傑作パノラマ島なんかも結構グロい部分はあるし、「蜘蛛男」に代表される通俗長編も同様
だが、前者のような妖美が無く、後者のようなスリリングな探偵談にあらず、
グロに徹している感あり。

305 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 00:32:45 ID:vhcJZFuk
盲獣。

306 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 00:38:13 ID:2Yu1ZFKe
最近、魔神さん来ないなあと思ってたら、
魔神さんをあぼーんしてたんだった。
あはははは

307 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 00:41:21 ID:cmnFrzRM
「闇に蠢く」「盲獣」「虫」
犯罪小説としても全部ストーリーが破綻してるし、
登場人物にはまったく思い入れできないし、
グロ描写も漫画的だし、三作とも単なる愚作。
読む価値なし。


308 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 07:29:09 ID:PrlK6IC+
>>306-307
放置しろよ・・・

309 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/03/25(金) 21:06:03 ID:HWXWS3nV
グロい作をということで先の3作を挙げたが、「闇に蠢く」「盲獣」「虫」を
大乱歩自身もこれらを代表作と言われたら嫌な顔をするであろう。
しかし、この3作を低評価するようでは乱歩ヲタではない。
確かに、世評も高い「パノラマ島奇談」や「押絵と旅する男」等は、
綺麗にまとまった傑作であるが、偏った傾向の作、駄作・凡作にこそ
マエストロ乱歩の力量・魅力を見て取れるのである。
フリークスを偏愛した大乱歩らしく、その作品としてフリークス的なものの方に
独自の魅力が溢れている感がある。
「一寸法師」「人間豹」「化人幻戯」「妖虫」「影男」等々、あの「恐怖王」まで含めて
駄作・凡作と言われる評価が低い作品群の魅力を見直してみるのも面白い。

310 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 21:33:39 ID:wNJb4Ni7
>>309
>駄作・凡作と言われる評価が低い作品群の魅力を見直してみるのも

ぜひやってみてよ。魔神くらいしかそういうことやる奴いないじゃん。
期待してる。

311 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/03/25(金) 22:11:20 ID:HWXWS3nV
>>310
お前も頑張れ。
「影男」に関しては過去ログ参照かな。

312 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 22:53:47 ID:gSlSCyr/
「書斎」だけじゃなく「魔神」もNGwordに加えますね

313 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 22:58:42 ID:cHWXHwUA
今日、図書館で
講談社の江戸川乱歩全集
っていう本をパラパラめくってみたんだけど、
挿絵が物凄い不気味だった・・・
小学生が読んだらトラウマになりそう

314 :名無しのオプ:2005/03/25(金) 23:00:11 ID:gSlSCyr/
>>313
過去に何度も話題になってます

315 :名無しのオプ:2005/03/26(土) 00:46:03 ID:y84Z59PC
地獄の道化師に1票

316 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 14:58:49 ID:vgEJP2FH
「猟奇的な彼女」って邦題の韓国のラブストーリー映画があるが
てっきり、浅草の見せ物見物や他人の秘密の覗き見が趣味だったり
屋根裏を徘徊したりするような彼女を期待したのに残念・・・

317 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 15:50:07 ID:75Y4eBqj
「芋虫」はグロの中にも、美しい描写があるよね。目とか。
ラストも詩的でイイ。読後、グロがそれほど印象に残らないのもそのためか?
小学校ん時、少年探偵団シリーズはまって全部(47冊だっけか?)読んだが、
話の筋はほとんど覚えてない。やはり“雰囲気”がいい。乱歩は。


318 : :2005/03/27(日) 15:53:42 ID:FdUF5t+t
>>317
そんなあなたに京極夏彦の魍魎のハコをお勧めいたします。

319 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/03/27(日) 16:22:28 ID:KsTUku3u
「地獄の道化師」はあまり話題に挙らないが、コンパクトにまとまった明智探偵団と
して楽しめるものがある。紙芝居的なジュブナイルの面白さを逆に成人向き作品に
持ち込んだ雰囲気だ。二階堂氏お気に入りの作なのは良く知られたところ。
逆にしばしば話題に挙る「芋虫」は、エログロでありながら本質はラブストーリー。
締めも決まっており、グロい印象だけが残らない佳作である。

320 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 16:29:57 ID:65alMi9x
エグイ作品

盲獣 1票
地獄の道化師 1票
芋虫 1票


321 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 16:35:41 ID:g3/YsTRt
「地獄の道化師」なんてタイトルを大人向けの長編に付けるセンスは、さすが乱歩と言うか
おおらかな時代だったんだと思う。今ならそんなタイトル失笑ものだから。
でもまあ、たしかに「人狼城の恐怖」なんてタイトル今どきつける作家もいるけど。


322 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 16:39:47 ID:exuZ+ood
白昼夢に1票

323 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 17:35:29 ID:vgEJP2FH
>>321
子供向けリライト版を卒業して、大人向けを読み出した頃

「赤い妖虫」→「妖虫」
「死の十字路」→「十字路」

だから、おそらく

「地獄の道化師」→「道化師」
「恐怖の魔人王」→「魔人王」

だと思ってた頃がある。

324 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 17:41:18 ID:p77HJJuF
「孤島の鬼」に一票。同性愛が結構最後まで絡んでくるのが面白い。

325 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 20:57:07 ID:x3LWuYnw
踊る一寸法師に一票。

326 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 21:11:11 ID:lx968kG+
「防空壕」かな?
結末がエグイというか不快だった。

327 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 21:18:03 ID:Hu4wv8cI
大嫌いなのは「月と手袋」
手がかりがないから犯人の会話を盗聴するというという最低な解決法。
「心理試験」から推理を抜いたような駄作。

328 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/03/27(日) 22:49:53 ID:wOmHyyPD
「白昼夢」は妙にリアル感がある怪奇幻想談、「防空壕」はよりリアル感が強い戦中奇談
とでも称すべき作。
異なる意味合いにおいて、いずれもグロい作ではある(「防空壕」の方は精神的グロとでも称すべき作)
綺麗にまとまった傑作だが、やはりグロさでは前期三作には及ばないものがある。

329 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 23:23:49 ID:/5wfmkZe
>>326
「蟲」に一票。
中身のグロさは人それぞれとしても、言葉だけでグロさを表現したのは世界でも乱歩一人だろう。
眩暈を起こさせる言葉の羅列の恐ろしさに脱帽した次第です。

330 :名無しのオプ:2005/03/27(日) 23:29:41 ID:KakAS1L8
>>329
>言葉だけでグロさを表現したのは世界でも乱歩一人だろう
もっといろんな作家の本を読まれることをお薦めする

331 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 11:53:54 ID:ocUG47AL
>>330
例えば誰?

332 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 12:15:46 ID:Y3LWK5Eu
俺も「踊る一寸法師」だな。
エグさを最初に感じた作品。

333 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 19:16:55 ID:UOifYhva
>>331
Sado
G. M. Lewis
Mirbeau


334 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 20:16:27 ID:1i14kom1
>>333
ふーん、原文では読んだことないな、というかサドしか知らんw
329の文章の書き方が悪かったので訂正しますよ。
文字そのものを使い、文字列の羅列という視覚的効果でグロさを表現したのは乱歩が初めてではないだろうか?
漢字でなければ相当にむずかしい手法のはずだからね。

335 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 20:40:57 ID:/YB8tDb1
>>334にとっては文字とは日本語であり、文字列の羅列とは日本語で書かれた文章のみを指してるらしい。

江戸文学にもグロいのはありますよ

336 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 20:47:45 ID:Ra8D1TVK
3333333333333333333

337 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 20:48:22 ID:ISKWSFrR
というか「蟲蟲蟲蟲蟲・・・・・」なんて文字列が連なっていたところで
まったくグロくも何ともないのだが。

338 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 20:49:55 ID:/YB8tDb1
あ、>>334の「文字列の羅列」ってそういう意味か。
萎え。

339 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 21:21:43 ID:wCJhxNjg
犯人の動機が復讐という話が多いね
しかも復讐資金貯めたり手下や組織を作り上げるためだけに半生かけて
事業起こして表面では社会的に成功してる奴までいて執念が半端じゃない

340 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/03/28(月) 22:41:38 ID:r4oBRLHm
「月と手袋」は、確かに再読するとトリック等にバカバカしさを感じてしまうが、
乱歩十八番の怪奇とエログロを排したにもかかわらずスリリングに仕上がっている作
ではある。名探偵明智小吾郎という存在を実に巧く使っている。
シリアスな雰囲気ながら乱歩的な児戯をどこまで許容出来るかにより、
この作を楽しめる度合いが左右されよう。

サドは渋澤役で読んだが、「悪徳の栄え」などあそこまでやってしまうと、
エログロ、凄惨さ、鬼気迫る迫力等ではなく、むしろ逆に浮世離れした乾いたユーモア
さえ漂うものがある。
乱歩作品と共通する児戯も感じるが、大乱歩の読書に関して記したエッセイには
サドの名前が見当たらないのは不思議ではある。

341 :名無しのオプ:2005/03/28(月) 22:45:04 ID:AXGK/j2L
おれも踊る一寸法師はエグイと思った。
グロイ描写より汚い描写が印象にのこった。 

342 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/03/29(火) 22:32:31 ID:2MmTnRyx
大乱歩の興味はサドマゾよりも男色にあったのか、
この手の傾向の文学作品は愛読しているようである。
千鳥には、さほど興を惹かれなかったのかジュリエットをヒントにしたと
思われるようなヒロインも乱歩作品の中には見当たらない。

「踊る一寸法師」は怪奇とグロの作。
一枚の残酷絵を思わすようなラストが鮮烈な印象を残すが、
乱歩作品の中では、さほど際立った出来栄えではない。
後に長編「一寸法師」でメーンキャラ流用を行なった点などを見ると、
乱歩自身はお気に入りの作だったのであろう。

343 :名無しのオプ:2005/03/29(火) 22:37:19 ID:xNxP9sgg
そもそも「法師」ってお坊さんのことだよなあ・・
なんてネタばれなタイトルなんだ>「一寸法師」 w

344 :名無しのオプ:2005/03/29(火) 23:36:55 ID:j9CXUSUz
>>343
ほうし [法師]
[1] 1 僧.
[2] (尾) 他の語に付いて人の意を表わす. ▼影〜

ここでいう「一寸法師」は「一寸しかない人」転じて小児くらいの大きさしかない大人の奇形児を指す。

そもそもお前の書き込み自体がネタバレなんだが。馬か?

345 :名無しのオプ:2005/03/30(水) 00:37:15 ID:vnmEgaol
ネタバレって言ってもメインのネタをバラしてるわけじゃなし、
そもそも、バレて詰まらなくなるような作品でもなし(始めからつまらない)
そう目くじら立てなさんな。

346 :名無しのオプ:2005/03/30(水) 00:53:15 ID:bEgNmN9l
>>345
つまらないかどうかはお前が判断することじゃないだろ。
削除依頼出して来い。

347 :名無しのオプ:2005/03/30(水) 01:04:14 ID:vnmEgaol
うむ。つまらないかどうかは主観だから言い過ぎたかもしれないが、
>>343を書いたのは俺じゃないよ。

348 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 22:58:06 ID:xzAinDD7
だれか乱歩話を振れ!

あげ

349 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 22:58:35 ID:xzAinDD7
失敗あげ

350 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 23:12:36 ID:Cg6FTG0K
パチンコトーク日経3/30朝刊の掲載作品は江戸川散歩さん(54歳・自営業)の作品。
ttp://www.heiwanet.co.jp/


351 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 23:15:45 ID:2YdiP3hd
>>350
「はいからさんが通る」に江戸川端散歩というキャラが出ていたのを思い出した。

352 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 23:17:30 ID:JhJZWIOR
江戸川散歩って名前、20年以上前から新聞の投書欄で見かけたな

353 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 23:43:32 ID:qK/1ggpP
>>348
妖星人Rについて熱く語ってください

354 :名無しのオプ:皇紀2665/04/01(金) 01:29:38 ID:GxyzCtsZ
明智のパロディといえば、「イボ痔小五郎とこややし少年」だがry

355 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/01(金) 08:02:01 ID:CeTa3b+E
おまえら何でポーのポップフロッグについて言及しないんだ?


356 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/01(金) 18:55:51 ID:rkTKqCyz
>>355
乱歩自身がすでに言及してるから

357 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/01(金) 19:42:34 ID:CeTa3b+E
すみませんでした。

358 :名無しのオプ:ミステリー暦165年,2005/04/02(土) 22:52:57 ID:KCEiFHhw
魔術師読んでるんですが、「早業」のトコの現金な明智が面白いんですけど。
このテンポって当時
ギャグのテンポだったんだろうか。

359 :名無しのオプ:ミステリー暦165年,2005/04/02(土) 23:15:58 ID:lm2TgDdi
意味がよくわかんないんだけど

360 :名無しのオプ:2005/04/05(火) 11:41:39 ID:Y2dJrA19
早業と言えば「三角館の恐怖」に止めを刺す。ネタバレぎりぎりではあるが
第一の殺人のトリックは早業にあった。しかし、「館もの」で早業トリックを
やるのは無理があるのでは?廊下や階段で誰かとぶつかって、「何、走ってるの?」
で終わり。そうそう、廊下を走ってはいけませんからね、、、

361 :名無しのオプ:2005/04/05(火) 19:54:15 ID:0WnG+1Uz
書斎魔神を叩く時がピークに盛り上がってるスレ

362 :名無しのオプ:2005/04/05(火) 20:25:15 ID:GEvH6lHA
スカーレットの二人に言え

363 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/04/05(火) 20:57:36 ID:yUA6No03
>「館もの」で早業トリックを やるのは無理があるのでは?
>廊下や階段で誰かとぶつかって、「何、走ってるの?」 で終わり。
言いたいことはわかるが、館の広さに比べて住人が少なく、死角になるような隠れ場所が
いくらでもあるということなのではないか。
実際、昔の洋館は廊下の隅に人ひとり潜んでいてもわからないようなスケールがあった。

364 :名無しのオプ:2005/04/06(水) 02:59:07 ID:lROOpJwm
>>362
キャプテン・スカーレットとスカーレット・オハラにか?

365 :名無しのオプ:2005/04/06(水) 12:47:49 ID:7Bt/ZjmI
恐怖奇形人間を観たい
DVD出しておくれ

366 :名無しのオプ:2005/04/06(水) 19:39:38 ID:HS6i4FIZ
やあ!魔人さん、久々に暇な病理医です。「三角館」は動機も近代的で?自然だし
サスペンス色が強く、出色の出来ですが、あの第一の殺人の動きはちょっと生理的
に無理かな〜って感じですね。犯人以外の人間がみんな止まっていないと、あんな
上手くいくかな〜。三角館はけっこう狭く庶民的な造りですよね、それからラスト近くの
「地下室の防御フォーメーション」あれはわざとああゆう部屋割りにして犯人にわなをかけたんでしょうね。
でも、あの配置自体がネタバレか、、あ、でも読者への挑戦はもう、終わっているか、、
けっこう突っ込み所がある作品です。

367 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/04/06(水) 21:47:00 ID:t+nC/OmO
>>365
ビデオ・DVD化自粛作品と聞く。残念!
ちなみに同じ石井輝男監督の「明治・大正・昭和 猟奇女犯罪史」も同様。

>>366
先生!(AA略)
後ほどゆるりと三角館の話題などしましょう。

368 :名無しのオプ:2005/04/06(水) 23:54:37 ID:EXalYeLe
つまらんと言われている恐怖王すらハラハラドキドキゾクゾクしながら読めた俺はあほ?ちなみに、一番面白かったのは、白髪鬼 です。

369 :名無しのオプ:2005/04/07(木) 06:33:51 ID:gptC7yhB
三角館にしろ白髪鬼にしろ翻訳物だからな・・・・

370 :名無しのオプ:2005/04/07(木) 11:40:50 ID:xxrBI4aC
美人を褒め上げるときの乱歩の無邪気さがオモシロイ!
しかし20代後半〜30過ぎるとボロクソにこき下ろし
また無邪気だなぁと関心したりする。

371 :名無しのオプ:2005/04/07(木) 16:29:53 ID:lnVDLf2X
光文社の全集欲しいけど高いな。。。
ブックオフには無いし。

372 :名無しのオプ:2005/04/07(木) 19:35:03 ID:Q5vc2Tzu
光文社の全集は発売ペースの月一で買のがいいかんじ。楽しみも長持ちするし。

373 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/04/07(木) 21:58:19 ID:bPlOGE2n
>一番面白かったのは、白髪鬼 です。
これは「有り」な感想だな。
ミステリとは言い難い作だが、物悲しささえ漂うラストは忘れ難いものがある。

確かに、第一の殺人はアクロバティックに過ぎる感もあるが…
三角館とは、「建物の敷地はほとんど正方形で、面積は二百坪余りだが、
その敷地の四分の三を建物で占め、しかも本式の三階建て、地下室と屋根部屋を加えると
五階に及ぶ堂々たる西洋館である。」
約200坪×3/4=約150坪(建坪) 
これが1階部分の総面積とほぼ同様として2分割したとしても約75坪。
細かい間取りにもよるが、かなりの広さはあるように思う。

374 :名無しのオプ:2005/04/07(木) 23:03:32 ID:Kw19Ydpq
今日は「人間豹」を買った俺。
評判がよくない作品だが、これはこれで楽しみだ。

375 :名無しのオプ:2005/04/07(木) 23:04:29 ID:yMpcx92a
>>374
ここはチラシの裏じゃありませんよ

376 :名無しのオプ:2005/04/07(木) 23:09:29 ID:VjXHaK4v
なんだか微妙にスレの雰囲気が悪くなってきましたが、
定期的に来る台風みたいなものなので、静かにして
通り過ぎるのを待ちましょう

377 :名無しのオプ:2005/04/08(金) 00:24:22 ID:nX2+4Sy5
>>375
変な揚げ足取るなよ、誰だって初めて読む作品はいくらでもあるでしょうが。
それよりは「おっ、語れる仲間が一人増えたな」の方が建設的&前向きだと思うな。

>>374
乱歩のタイトルのつけ方は、見世物小屋を思い出させる。
「大イタチでござい!」という口上に魅せられて入ると、大きな板に血がついている。
だまされたと思うけど、別な口上がかかるとまた見ちゃうんだよね。
でも楽しいし、なーんか満足しちゃう。
もしかして、そういうのも含めて乱歩の魅力なのかもね。

378 :名無しのオプ:2005/04/08(金) 01:41:18 ID:U5w7tjj3
書店で「魔術師」が平積みされていたので購入、一気に読んだ。

すごい。

これは、愛するものに裏切られた男の物語だ。
その手腕から「魔術師」と呼ばれた主人公は、自分を裏切ったものに対して復讐を実行していく。
その方法も、結して一気呵成に行なわれるものではなく、
長い年月にわたって何度も実行されてゆく。
特に鮮やかなのが、昭和33年の三連敗四連勝だ。

…あれ?





失礼しました。
俺が読んだのは「魔術師 〜三原脩と西鉄ライオンズ〜」でした。

379 :名無しのオプ:2005/04/08(金) 08:54:19 ID:abqjvYYj
ああおもしれえ

380 :名無しのオプ:2005/04/08(金) 17:36:24 ID:cSER+e3f
ワラタ

381 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/04/08(金) 21:50:11 ID:LzC5GD7Z
乱歩は前口上に当たる語りが実に巧い。
香具師でも超一流になっていたと思われ。
大の浅草好きは有名だ。


382 :名無しのオプ:2005/04/08(金) 22:44:26 ID:BcSfoHwW
>>378
中日の与那嶺監督は・・・と完全にスレ違いでしたねw

383 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 08:04:01 ID:9SZhzbdf
江戸川乱歩は題名のセンスがずば抜けてるな。
宇宙怪人、電人M、夜光人間、悪魔人形、恐怖の魔人王、人間豹etc
ポプラ社のシリーズを子供の頃むさぼるように読んだよ。

384 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 12:10:53 ID:pGZI191/
>>383
ここはチラシの裏じゃありませんよ

385 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 12:47:30 ID:0QOI5Onz
では何の裏なのですか?
ハッ、もしや・・・!

386 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 13:13:33 ID:m2p8V/Hn
最近あっちこっちで自治厨気取りで突っかかっている奴がいるなあ。
誰とは言わんが、>>384みたいな奴の事ね。

387 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 13:22:21 ID:deR9w6up
誰とはいわんが、>>386みたいなのが荒れる原因を作ってるんだと思うよ。

388 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 14:02:59 ID:xO1qgWAm
>>386
自治厨どころか、ただの荒らしだから相手にするなよ。
ここのID見りゃ分るだろ。

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1113019996/2
2 名前: ^^^^┗─y▼・ェ・▼ ◆ExGQrDul2E 投稿日: 2005/04/09(土) 13:15:53 ID:pGZI191/

389 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 14:18:53 ID:GSF4wvx+
387も同一人物ですか

390 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 16:10:55 ID:XYEoy37Y
ID違うだろ

391 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 16:24:39 ID:nZy07OsA
正直>>383みたいな「定期的に書かれる」&「広がらない」話題はスレの無駄遣いだね。
そういわれるのが気に入らなきゃ煽りにレスしてないで>>383の話題つなげてやれよ。

392 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 16:51:16 ID:0QOI5Onz
えーっと、じゃあ及ばずながら。
↑にあがったタイトルは、怪しさの中に一抹の可笑しみがあって惹かれるね。
わるく言えば安っぽいんだけど、子供心にそれを分かってて、
なお手を出さずにはいられない。
怖いんだけど、ついて行きたくなる。不気味なんだけど、覗いてみたくなる。
子供だからこんなんでいいだろ、って侮られるんじゃなく、
実際はともかく、書いた乱歩本人もわくわくと楽しんだんじゃないかと想像してしまう。
ともあれ、めいっぱい面白がらせてもらったよ。

大人になってから初めて読む乱歩が「電人Q」や「恐怖の魔人王」ってのは、
まずほとんどないよね。
また大人になって初めて読んだのがそれだったら、ちょいとアレレ…だろうし。
だからきっと、「電人Q」は子供の特権なのさ。

393 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 16:56:48 ID:0QOI5Onz
つぅか、Qって何よ、漏れ…orz

394 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 16:58:17 ID:cQg0a+pX
メロリンQ

395 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 17:03:43 ID:EoKP10Lb
「恐怖の魔人王」ってのは乱歩がつけたタイトルじゃないのでは???
>>383は子供用リライトしか読んでないようだから仕方ないような気もするが

396 :名無しのオプ:2005/04/09(土) 17:09:40 ID:U/h7AxAH
NG野郎がいてもいなくてもトゲトゲしいスレだな、ここは。

397 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/04/09(土) 23:29:37 ID:1xc+YlfT
パート1スレだかにも書いたが、いくらジュブナイルとは言え「電人M」「鉄人Q」まで
ゆくと、付き合いきれないものがあった。
トンデモも「透明人間」「黄金豹」止まりにして欲しいものである。

398 :名無しのオプ:2005/04/10(日) 00:51:35 ID:OOVGUziN
クイズ知ってれQ

あと、うじきつよしのry、押坂忍のry

399 :名無しのオプ:2005/04/11(月) 23:18:05 ID:6W2kA/rK
偉大なる夢ってどんな話?

400 :名無しのオプ:2005/04/11(月) 23:35:05 ID:KiWwY0W0
>>399
戦争中に軍部の要請で書いた、秘密兵器かなんかを開発する話。
駄作らしいので俺は読んでない。

401 :名無しのオプ:2005/04/12(火) 00:15:41 ID:0CHYLKXn
最後に空襲に来た米軍をやっつけて
「明智先生、ばんざーい!」
「小林団長、ばんざーい!」

402 :名無しのオプ:2005/04/12(火) 11:29:09 ID:97k/5Gj1
ポケット小僧vs一寸法師

403 :元最悪板住人の告白:2005/04/12(火) 21:17:50 ID:rj2CaZaq
皆さん。僕はかって最悪板で書斎魔神さんを叩いていい気になっていました。
まんまと連中に乗せられ、書斎さんがとんでもない荒らしで叩くべきコテで
あるよう洗脳されていたと思います。
しかしある時、ふと虚心坦懐になって書斎さんのレスを読んで見ました。
めちゃ面白いじゃん。僕は圧倒されました。
幅広い知識に裏打ちされた論考、独特のリズム、英国的な上品なユーモアの
混じった文章。
今は最悪板住人こそ荒らしであり、書斎さんは打たれても打たれても我が道
を貫く求道者、殉教者であると断言できます。
皆さん。連中の策略に乗ってはなりません。真に良いものを見抜く目を養い
ましょう。


404 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 10:38:49 ID:tfAkaVtS
前の話にもどっちゃいますけど、ちくま書房からでている「江戸川乱歩全短編」ってどうなんですか?


405 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 13:28:37 ID:6z1KxaSv
>>404
短編が多数収録されております

406 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 14:10:59 ID:dIVFguGN
孤島の鬼
防空壕
幽霊塔 だっけ?翻案もので整形がどうのっての
これが自分のベスト3

407 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 15:32:48 ID:TEcyJt2t
>>405
多数というか、全部だよ。当たり前だけどw

408 :404:2005/04/13(水) 21:15:03 ID:QmQvcsPU
>>405
そうなんですかー、凄いですね。
参考になります。今度、いちど取り寄せてみようと思います。

409 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 21:24:57 ID:A3rNV6vV
ちくま文庫の「明治探偵冒険小説集1 黒岩涙香集」に
「幽霊塔」が入っていますね。

410 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 21:44:37 ID:8wc3t38c
涙香訳は文語体だから読みづらいよ。その分バツグンに面白いけど。

411 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/04/13(水) 21:55:17 ID:o9WC//s6
「幽霊塔」はそれほど優れた作品だろうか?
この点は「緑衣の鬼」も同様。
翻案ものなら、「三角館の恐怖」「幽鬼の塔」「白髪鬼」の方が、
面白くかつ乱歩らしさも発揮されていると思うが、一般的評価は逆のようである。

412 :名無しのオプ:2005/04/14(木) 21:12:50 ID:hmFkVYok
古本で乱歩R買ってしまった…orz
こんなに面白くなくできるなんてある意味奇跡

413 :名無しのオプ:2005/04/15(金) 14:07:49 ID:H4C/8etu
>>365
そんな貴方に恐怖奇形人間の予告編どうぞ
ttp://gazo05.chbox.jp/tokusatsu/src/1113298402451.wmv

414 :名無しのオプ:2005/04/15(金) 23:12:42 ID:Wv3UuXWa
すごい!
堪能しました。
どこにあったんですか、こんなのw

415 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 12:07:42 ID:jrY6Ye6w
今月の配本は「化人幻戯」ですね。乱歩晩年の本格ものとして良きにつけ悪しきにつけ
注目作。解説によるとトリックはやや陳腐で手垢がついた感とあります。ま、何と言っても
本格ものと言うよりも動機の意外性と強烈なエロスでみせる作品かな。テレ朝
の「美女シリーズ」でもTVコードぎりぎり、厨房だった私には十分役に立った、、
少年ものの「白い羽根の謎」と比較すると、結構笑える、、


416 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 15:03:49 ID:GMoBtv8r
乱歩全集であと出てないのって何ですか?

417 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 22:09:44 ID:gq7e8+SI
超初心者の質問なんですが…
乱歩作品を揃えていくのにおススメの文庫ってありますか?
自分は創元推理文庫と光文社しか知らないんですが、
創元のほうは揃えると背表紙が凄そうなんだけど字が読みづらいからなんとなくいやなんです。
やはり光文社でしょうか??

418 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 22:15:18 ID:lu4QyIpk
>>417
このスレの公式見解は>>211

419 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 22:23:56 ID:dhjvZ9Kd
乱歩作品を揃えていくのにおススメの文庫は
荒れる質問なので、以後このネタ禁止。

420 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/04/18(月) 22:28:15 ID:Qqz3hhck
「化人幻戯」に対する評価は、中島河太郎を筆頭にして総じて低い。
俺が知る限り、森村誠一が少年時代の読書経験を回顧すると共に
「本格推理小説の中で人間を描くことの難しさを、見事に克服した作品である。」
と評価しているのみである。
だが仮に乱歩作品でなければ、もう少し評価されたかもしれない作ではある。
マエストロの作品に対する評価基準は厳しいのである。
言わば、乱歩テーストの「レドメインズ」とでも評すべき作。

>>418は俺様ルールの押し付け(光文社の関係者か?)
大人が読んでも、到底面白いとは思えない多数のジュブナイルを
成人向き作品と抱き合わせ販売しているという欠点がスルーされている。
安易に公式見解という表現を用いている点にも何らかの意図を感じる。

421 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 22:33:07 ID:ZxcDyG3z
>>417
誘導尋問のような質問だな。ホントに超初心者?
俺は創元の方を薦める。挿し絵もついてるし、
よほどのマニアを目指すのでなければ、
創元に入ってるのさえ読めば、乱歩は充分だと個人的には思う。


422 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 22:55:19 ID:P6cC4bVJ
>>421
まあそうなんだが「揃える」の部分がなあ。
探偵小説全集収録のものが別個に刊行されるのか、ということも含めてどれだけの
作品が最終的に出るのかわからないし。

423 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 23:15:07 ID:zjEcJUTS
「揃える」というなら全集が一番でしょう。
となれば、光文社文庫ということに…
校訂も信用できるし。

424 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 00:22:21 ID:KEjfv7qo
変な奴もわいて来ていることだし、このネタはそのへんで。

425 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 00:59:00 ID:OqZGwQDz
俺は挿絵も見たいし校訂も気になるので創元と光文社両方揃えることにした

426 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 01:08:36 ID:F1fyjbbZ
柾木愛造って、何だか憎めないやつで応援したくなるんだな。

ところで物語の終盤、
胴忘れした愛造タンが「なんだっけ、なんだっけ」と
思い出そうとしてたことって結局何なんだろう?

愛造って名前の由来は、やっぱり「愛憎」。

427 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 01:35:09 ID:+J68M1bo
別に何かを思い出そうとしていたわけじゃないと思う。
どうしようもなく追い詰められたときなんかに意味もなく「なんだっけ、なんだっけ」
みたくつい言葉に出しちゃうときってあるよ。(俺には)

428 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 05:48:28 ID:jGCWdZec
>>427さんの正体
別スレの【乱歩オタ】

429 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 10:30:32 ID:PyVPQyxM
コンプリートとしては光文社文庫だけど、、分厚い文庫本って読み辛いよ。
電車の中や出張で読むのは春陽堂/創元社文庫だな。あと絶版になった?
講談社の長編全集(エンジ色の布製装丁)は雰囲気があっていいね、、
ジュベナイルならもちろんポプラ社!背表紙鉄仮面ヴァ−ジョン、、、

430 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 14:46:25 ID:hYEyVSji
ジュブナイルも光文社の全集で揃うからいいや。
つーかポプラ社なら乱歩が書いてない27巻以降のが読みてぇな


431 :417:2005/04/19(火) 21:47:28 ID:f+Nk7EeO
>>418
すみません、全然見てませんでした…
ありがとうございます。

>>419
さっさと退散しますです。
ご迷惑をおかけしました。。。

>>421
実は一冊光文社文庫の『月と手袋』を持っており、
それで揃えていこうと思っていたりしたので、誰かにそれでいいと肯定して欲しくて
誘導尋問のような書き方になってしまった感は否めないです。。
新本格厨ですが乱歩に関しては小学生のときジュブナイルを読んだだけの初心者です。
(『月と手袋』も綾辻のエッセイがあるので買ったのですね…)
創元はやはり古い版のためか活字のギザギザ感(?)がどうにも読みにくくて…
しかし確かに挿絵と並べたときの背表紙の壮観さで迷うポイントでもあり…

>>429
あぁ厚いと読みづらいですよね…
鞄に入れてもかさばるし重くて腕が疲れました…
思い起こせば春陽堂からも出ていました(喜国さんの『本棚探偵の冒険』で知りました)。
たしか春陽堂は活字の組み方が同一シリーズなのに
いきなり上下二段組になったりするとかなんとか…
自宅で細々と読みましょうか…

皆様どうもありがとうございました。

432 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/04/19(火) 21:48:50 ID:bqrotX7E
過去ログをチェックすると、乱歩作品に関してどの社のものを推すかは千差万別である。
スレの公式見解などといった放言まで飛び出す一連の光文社文庫マンセー・レスには、
何かあると思わざるを得ない。
文庫本の寿命も短期化している昨今、一定期間中に売り切らなければならないというのは
わかるが、新書と言えばカッパ・ノベルス、カッパ・ブックスという時代があったことを
思うと、残念な気がする。
そもそも真の乱歩オタなら、ジュブナイルなら挿絵付きのポプラ社版を推すはずであり、
乱歩オタかつミスオタであるならば、リレー小説は乱歩担当部分のみを読んで納得する
はずもない。春陽文庫入手が不可欠となろう。

433 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 22:01:59 ID:jju3TEA2
この話題が一番盛り上がる……

434 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 22:28:53 ID:5dvkKMsi
昔あった角川の切り絵の表紙のやつを集めとけばよかった・・

435 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 22:54:23 ID:T1s2OUS/
>>419
別に話題にしても構わないと思うが?
どうせ例の蠅はどんな話題にもしつこくたかってくるのだから、
「害虫の相手はしないように」で充分でしょう。

436 :名無しのオプ:2005/04/19(火) 23:24:10 ID:Hxraph4E
とは言っても乱歩スレは、まだまだ害虫の相手したがるヤツが
多いからなぁ。自演っぽいけど。
カースレの見事なスルーっぷりにはいつも感心してるんだけど
乱歩スレもあんな風になって欲しいなぁと切に思うw


437 :名無しのオプ:2005/04/20(水) 02:05:24 ID:UvqtPPIQ
ttp://www.yomiuri.co.jp/book/news/20050419bk04.htm

438 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/04/20(水) 21:25:56 ID:Mu+39RxL
俺は常に乱歩ネタを書いているだけであって、
まあ、乱歩スレにとっての害虫は、コテハン叩きのみに熱心な>>435-436だな。

今な無き角川文庫の表紙は宮田雅之画伯の手になるものだ。
なんとも言えない独自の風情がある。

439 :名無しのオプ:2005/04/21(木) 00:30:45 ID:kiKnEnKv
まあ俺は光文社文庫版全集で集め直しているわけだが。
講談社の時は金が無かったから、エッセイ関係優先で買っていたし。
今度の全集で小説関係を揃えれば丁度いい。

440 :名無しのオプ:2005/04/21(木) 01:09:18 ID:jyvPKxiK
推理文庫全部持っていてなおかつ光文社文庫も全部買ってる俺は
超勝ち組かばかかどっちか

441 :名無しのオプ:2005/04/21(木) 01:17:28 ID:3sgcsDD1
はいすごいすごい

442 :名無しのオプ:2005/04/21(木) 16:09:25 ID:WXIxUtfd
「透明あぼーんしないなんて、かわいそうな目開きさんたち」

443 :名無しのオプ:2005/04/21(木) 17:22:03 ID:Ofi7NLxN
書斎魔神さん味があって好きだなあ。
どうでも良い一行レスよりよっぽど読ませるよ。

444 :名無しのオプ:2005/04/21(木) 19:09:55 ID:YYS/0szs
黒蜥蜴ってボクっ子?

445 :名無しのオプ:2005/04/22(金) 01:13:07 ID:+iu210/2
>>440
いっそ春陽と新潮と角川ホラーと創元推理文庫も全部お買いなさい。
ついでに戦前版新潮文庫と旧角川文庫版も揃えたなら、
君を神と認定しよう。


そんな俺は各社バラバラで集めたので、現在光文社文庫で揃えようとしているのだが。

446 :名無しのオプ:2005/04/22(金) 01:14:59 ID:KcrxWTh1
もう、やめようぜ、この話題・・・

447 :名無しのオプ:2005/04/22(金) 01:21:31 ID:2qO8DQKH
じゃ、次のネタは「一寸法師」と「踊る一寸法師」の関連性について

448 :名無しのオプ:2005/04/22(金) 01:44:48 ID:TUwPhGMt
一寸法師の正体はクイーン家のジューナ

449 :名無しのオプ:2005/04/23(土) 06:10:25 ID:7/6bjr1Y
また停滞

450 :名無しのオプ:2005/04/23(土) 09:16:18 ID:xA74RvH/
ミス板ではこの程度の停滞は普通。

451 :名無しのオプ:2005/04/23(土) 12:04:43 ID:EZ1owgHz
ポプラ社のハードカバーのやつ、
あの表紙うらの青い面、街明かりと二十面相のコラボが印象的だった。
小学生ん時見て、痺れた。今なお心躍る挿絵。
今もう図書館(書庫)か、銀行の本棚にしかない。
しばらく前までは、ず〜っと刷ってたのになぁ…。
ヤフオクの手垢つきじゃなくて、新品のはもう手に入らないんかな?
ミドルになり、やっと揃えるだけの財力ができたのになぁ…
文庫じゃなぁ…。
そう、乱歩は昔、イヤってほど読んだし、新たに読むってより、
本棚に揃えてノスタルジーに浸りつつ、たまに、おもむろに一冊手に取り、
駄菓子をつまむよーに軽〜く…てっ感じをしたいだけだが。
熱心なファンの方は怒るかもしれないが。
乱歩、確かに好きだが、当時はドラマも古谷一行の金田一とか、乱歩のヤツとかばかり。
そんな環境で育っただけで、格別、乱歩贔屓ってわけじゃないが、かなり影響は受けた、
そんなクチなんで勘弁。

どっかに新品売ってねぇかな…。

452 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/04/23(土) 19:18:35 ID:VUzYkxww
>駄菓子をつまむよーに軽〜く…てっ感じをしたいだけだが。
ジュブナイルについては、この感覚わかるものがあるが、
成人向き作品は、こんなお気楽な感じは無いな。
特に「虫」「盲獣」「闇に蠢く」等は、モノを食いながら読むにはこれほど不適当な
作品はない。
通俗長編は、煎餅食いながら読んでもいいが、思わず物語に惹き込まれてしまい、
食うのを忘れさせるものがある。
観客のポップコーンを食べる手を止めさせるのが、優れたエンタメ映画であり、
クリエイターは万事これを理想とするべしとされるが、
(これはプロレスもサーカスも全ての見世物に共通する)
大乱歩が優れたエンターテナーである証と言えよう。

453 :名無しのオプ:2005/04/24(日) 17:58:09 ID:fAmUvTD9
>>452
まあねえ。そりゃ少年探偵モノとは別格よ。
ストーリー、一気に読ませる部類のだからね。
「虫」なんか乱歩で一番好きよ。グロでエロで汁で幻想的でさ。
しかしそれでも、2回目以降は“パイの実喰いながら”ってトコだったなァ。
今となっちゃ、少年探偵モノに求めるのは「読む」とゆーより、
懐かしい世界観に「浸る」ってトコだね。あの怪し楽しい世界に。

454 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/04/24(日) 19:47:18 ID:LNUj18Fw
>パイの実
まさか、あの源氏パイでは?
しかし「虫」をモノ食いながら読むとはいい度胸だな。


455 :名無しのオプ:2005/04/24(日) 20:23:10 ID:kxtLfUHW
「虫」「盲獣」「闇に蠢く」 なんてグロでも何でもない。
いくら気味の悪い描写をしても、読者の精神的に訴えて来るものが何もなければダメだ、
と言う好例のような珍作。発表当時も知的な人はあの作品を失笑したはず。


456 :名無しのオプ:2005/04/24(日) 20:33:04 ID:sFZLZD/1
乱歩で精神的に訴えてくる作品ってあるの?

457 :名無しのオプ:2005/04/24(日) 21:02:01 ID:BhWbhzVV
自演ウゼー

458 :名無しのオプ:2005/04/24(日) 22:44:10 ID:NUWIGake
てか、NGにいちいち反応するな

459 :名無しのオプ:2005/04/24(日) 23:28:28 ID:fAmUvTD9
だから、乱歩はグロも含め“軽い読み物”でしかないってコトでしょ。

460 :名無しのオプ:2005/04/25(月) 05:04:36 ID:bFxT1MfJ
挿絵がカラーな出版社はありますか?

今、創元推理文庫で読んでいるんですけど、
子供の頃読破したポプラ社が思い出深くて、
ああいう、わかりやすい絵というか、
イメージがしやすい挿絵のものが読みたい。。


461 :名無しのオプ:2005/04/25(月) 13:38:36 ID:G++05F1u
書斎さんへの叩き苛め行為は直ちにやめよ!!!!!!!!!

462 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/04/25(月) 21:01:08 ID:rergrfuD
>>455
イマジネーション不足の感あり。
>>461
逝け

463 :名無しのオプ:2005/04/26(火) 06:27:47 ID:dRcXPBXK
まあ、かりかりしないで、こういうニュースでも見てちょ。

郵政記念日の式典で怪人二十面相が1日局長 名張郵便局
http://www.iga-younet.co.jp/news/synthesis/2005/04/050421.html

464 :名無しのオプ:2005/04/26(火) 07:00:15 ID:PI1iUWoR
>>463
二十面相、いい奴だなw

465 :名無しのオプ:2005/04/26(火) 12:02:06 ID:d+piK6Q7
>>463
捕縛したまえよ明智くん!チャンスだよ!!
つーか何で芭蕉生誕記念事業で二十面相に住民票が発行されるんだ?

466 :名無しのオプ:2005/04/26(火) 19:03:58 ID:7yK+ARqi
ワロタw

467 :名無しのオプ:2005/04/26(火) 23:01:34 ID:O2UDmJla
>>465
そうか一人の芭蕉とは二十面相のことだったのか!

468 :名無しのオプ:2005/04/28(木) 22:59:53 ID:rccFrU4m
恩田って結局何者だったの?ただの人間と豹の混血?

469 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/04/28(木) 23:10:53 ID:QRowV2iS
>>468
ネタばれやめれ

470 :468:2005/04/28(木) 23:49:28 ID:Ir9eQeyv
>>469
も、申し訳ありません。以後気を付けます。

471 :468:2005/04/29(金) 12:50:30 ID:sSRMcOWg
>>469
スマンメール欄に書いとくべきだった。それよりも・・・
>>470
お前誰だよwwwwww

472 :名無しのオプ:2005/04/29(金) 14:02:30 ID:vK3Enpox
おい、本当に>>468のようなネタなのか?
ネタバレという以前に、いくらなんでもそれじゃ酷過ぎるだろ。
読み進めていってそんなネタだったら本を投げつけたくなるぞ。
カスを掴まされないために馬鹿げたネタはどんどんバラしてくれ。

473 :名無しのオプ:2005/04/29(金) 15:05:56 ID:kKF7rfTV
恐怖王って結局何者だったの?ただの人間とゴリラの混血?

474 :名無しのオプ:2005/04/29(金) 17:56:54 ID:9d3b2OJk
放置しておけば良かったのに、どこかのシッタカバカが余計なこと書くから・・・

475 :名無しのオプ:2005/04/29(金) 19:00:20 ID:1xmc5jPw
>>474
どうせいつもの自演だろ。生ゴミを相手にするなよ。

476 :名無しのオプ:2005/04/29(金) 19:03:34 ID:1xmc5jPw
と思ったら違うのか?


>>471
あんたがレスしている469はネタバレの常習犯だ。>>1を参照のこと。
そして470は常習犯の自演だ。奴のいつもの手口だ。
どちらにせよ、今後一切相手にするなよ。

477 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 08:37:23 ID:GuB5qV3e
全集の陰獣って出てますか?

478 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 18:15:36 ID:mGJrPTRS
>>477
うろ覚えだけど光文社のはまだだったような気がする。
話変わるけど乱歩Rの小説っておもしろいの?ドラマ見てないから内容がわかんないんだが。

479 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 18:22:46 ID:FfCACSrP
芋虫って話終盤まで「うわ胸糞わりーなあ」とか思ってたけど
最後で泣いた

480 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 18:37:40 ID:mH9rdWGs
>>479
あれは「ユルス」ではなくて「コロス」だという説もある。

481 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 18:54:56 ID:nYSsKzXd
w

482 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 20:20:02 ID:LwNfbiOs
今、島田検定見てたけど、
全てが鏡張りの部屋って、(メ欄)だよな。

483 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/04/30(土) 22:20:12 ID:WQxTscpy
>>482
「鏡地獄」と書く分にはネタばれではない。
なぜなら、物語は「鏡地獄」の存在を前提としてから展開してゆくからである。

484 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 23:49:21 ID:k3qFW5Jp
>>479
あれは「ユルス」ではなくて「ワロス」だという説もある。

485 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

486 :名無しのオプ:2005/05/01(日) 02:02:53 ID:TBdtbtdZ
乱歩Rはドラマも糞だったが小説は更につまらん。すべってる。

487 :名無しのオプ:2005/05/01(日) 09:46:26 ID:XUWtFOO6
このまえTSUTAYA行ったら乱歩のDVD全集がズラ〜っとレンタルで並んでいた。


全くレンタルされていなかった...

488 :名無しのオプ:2005/05/01(日) 09:57:34 ID:daewQjKq
>>486
把握した

489 :名無しのオプ:2005/05/02(月) 15:14:58 ID:TdBis9M6
全集でたまたま読んだ『防空壕』にはワロタ

490 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/05/02(月) 22:57:47 ID:oJeVgdvp
>>489
なぜだ?

491 :名無しのオプ:2005/05/02(月) 23:37:54 ID:IFAuN1jC
古本屋で、新潮文庫の乱歩傑作選の表紙がエグいやつ見つけたんだが、珍しいもの?

492 :名無しのオプ:2005/05/03(火) 18:29:33 ID:Yz2GZu5y
男子学生のアパート郵便受けに503万円…京都

 3日午前11時ごろ、京都市上京区内のアパート1階の私立大1年男子学生(18)宅で、
玄関扉の郵便受けに茶封筒入りの現金503万円が入っているのを学生が見つけ、
近くの交番に届けた。

 西陣署の調べでは、すべて1万円札で、新券と旧券が交ざっている。
約100万円ずつ紙の帯や輪ゴムでくくられ、A判サイズの封筒に入っていたという。

 学生によると、2日午後7時ごろ、郵便受けに何も入っていなかったといい、
学生は「全く心当たりがない」と困惑している。

 同署管内で多額現金の遺失物届けは出ておらず、拾得物として保管している。


↑こういうニュースを見ると不謹慎ですが「心理試験」を連想してしまうのは、
自分だけでしょうか?

493 :名無しのオプ:2005/05/03(火) 20:02:31 ID:+vJlAqGV
郵便受け、封筒、輪ゴム、窃盗。ここらへんがキーワードかな?


494 :名無しのオプ:2005/05/09(月) 08:34:28 ID:dExgkk1J
あげ

495 :名無しのオプ:2005/05/11(水) 18:16:33 ID:UwXjZ/uC
全く公開の様子をみせない映画[乱歩地獄]について。

496 :名無しのオプ:2005/05/12(木) 01:23:54 ID:Qy1e7l3z
ねえねえ今月って乱歩全集の配本無し?
光文社のサイトいっても、新刊のところに載ってないよ〜ん

497 :名無しのオプ:2005/05/12(木) 12:07:26 ID:AzJNA5at
>>495
http://www.albatros-film.com/movie/rampo.html
緒川たまきがあんなことになっちゃうのか…ガクガク((((゚Д゚;))))ブルブル

498 :名無しのオプ:2005/05/12(木) 13:01:09 ID:fJ1/3B/K
[蟲]よさげなかんじだ。期待しているよ。
田舎だからDVD発売まで待つしかないけど…

499 :名無しのオプ:2005/05/12(木) 16:54:09 ID:WKVh8Wcp
光文社 文庫 編集の関係で今月配本無し


500 :名無しのオプ:2005/05/12(木) 18:09:19 ID:lf3D8wut
ってことで次は6月14日

501 :名無しのオプ:2005/05/12(木) 18:28:02 ID:Ne7nv5wX
光文社のなんて買ってないし。

502 :名無しのオプ:2005/05/12(木) 23:28:28 ID:MZTNneTL
>>501
ごめん

503 :名無しのオプ:2005/05/13(金) 05:26:13 ID:Qxd6wrkC
>>499
ということは年内完結はなくなっちゃったってことかな?
今自宅に22冊の既刊が並んでいるのだが、厚さを測ったら60.5pあった。
完結時は80pに届きそうだ。


504 :名無しのオプ:2005/05/13(金) 06:35:48 ID:XlsZf9Ig
次は何が出る?

505 :名無しのオプ:2005/05/13(金) 06:48:35 ID:D65NNJdB
06/14  わが夢と真実  江戸川乱歩

506 :名無しのオプ:2005/05/14(土) 20:56:27 ID:sxfV34ab
>>497

>まがまがしく、かつ美しい世界。ディープでポップでお洒落な乱歩がここに登場!

乱歩の世界観とはズレてるような気が…。

「芋虫」や「蟲」がポップでお洒落に描かれたら泣くぞ。


507 :名無しのオプ:2005/05/14(土) 21:56:44 ID:c4UC+ID0
乱歩なんか一冊も読んだことがないような奴がコピー書いたんだろうな

508 :名無しのオプ:2005/05/14(土) 22:07:40 ID:/UFX8zBM
>>506
「芋虫」や「蟲」をポップでお洒落に解釈したっていいじゃん。
どうせ娯楽作品だろ。
乱歩の世界観とやらを勝手に構築する妙な思い入れをもった信者の方を泣くよ。

509 :名無しのオプ:2005/05/14(土) 22:12:37 ID:c4UC+ID0
何言ってんの?

510 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/05/14(土) 22:16:45 ID:AKLqWwIN
>わが夢と真実
俺は東京創元社の復刻版でゲットした。
「私の本棚」「私の読書遍歴」など、マエストロ乱歩の読書傾向を覗えるエッセイ等が
収録され、他にも乱歩ファンなら興味深い内容が多い。

511 :名無しのオプ:2005/05/14(土) 22:36:53 ID:ycou7HH1
>>508に同意。
>乱歩なんか一冊も読んだことがないような奴がコピー書いたんだろうな
これは痛すぎる。


512 :名無しのオプ:2005/05/14(土) 22:41:47 ID:7McrE7A0
『恐怖奇形人間』なんか乱歩大号泣作品だなw

513 :名無しのオプ:2005/05/14(土) 23:05:39 ID:VjKmeXwI
>>508
ファンスレで「信者」なんて書くなよ…

514 :名無しのオプ:2005/05/14(土) 23:12:26 ID:eoywKvrx
508のレスが一番遺体

515 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 00:17:21 ID:5UH6Ff2g
いや、思いいれ云々以前に、一般論として、
原作から離れ過ぎた映画化はあまり好きじゃない。

有名小説の名前を宣伝に利用しときながら、
原作と似ても似付かぬものを作るのは、
一種の詐欺じゃないかと。

そんなに別のを作りたきゃ
他人のフンドシで相撲を取らずに、
自分の名前で売ればいいはずなんだが。


516 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 00:26:30 ID:Zlc/925j
原作に忠実に映像化しなきゃならないという決まりがあるわけでも無し、
原作にインスパイアされた映画監督なりプロデューサーが、
それをいかに料理するかこそ腕の見せ所だろう。
それを、有名小説の名を宣伝に利用してる、と取るのはあまりにひねくれた見方。

517 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 00:27:03 ID:HGgKrzE+
>>515
土曜ワイドの乱歩ものも嫌いですか?
TSUTAYAにDVDが入荷してたから借りてきた。
「鏡地獄の美女」の原作が"影男"ってのはフェイントだ。

518 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 00:28:08 ID:HGgKrzE+
>>516
中にはとても「インスパイア」とはいえない代物もありますけどね。
「乱歩地獄」については観てみないことには判らないけど。

519 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 00:36:19 ID:5UH6Ff2g
>>516
小説-映画間だとそう思えるかも知れないけど、
小説-小説間、映画-映画間だと、
他の作品にインスパイアされた上で全く別のものを作ってみるのが、
普通なわけで。


520 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 06:36:27 ID:yzuz2Xwb
最近の少女監禁事件とか見ると、乱歩的事件って現実に起こると単なる胸糞悪い性犯罪でしかないね。
当たり前だがフィクションはフィクションだ。

521 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 08:04:00 ID:Iwm8UcpJ
乱歩的事件だとは思わないけどな

522 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 08:19:19 ID:yzuz2Xwb
そうなんだよ。
乱歩的事件は現実に起きると乱歩的ではなくなってしまう。
だからフィクションはフィクション。

523 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 10:15:34 ID:7aYw31be
>>510
おやおやw
作家のエッセーは信用できないんだろ?

それにしても、「わが夢と真実」ならば、講談社文庫版の全集を買わなかったのか?
あれほど大量に評論・エッセーが出版されていたのに、ずうっと後になってから東京創元社版を買うとはねぇw
まあこれだけでも「にわか乱歩ファン」だということがわかるけどなw

524 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 10:25:09 ID:/75TgDdo
>>523のコピペ元w
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1114923326/878

525 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/05/15(日) 11:36:36 ID:v0rAy7aM
現代の映像作家には、乱歩作品に限ったことではないが、原作のビッグネームに
頼らずにオリジナルでやれと言いたい。
特に乱歩の映像化作品には、原作のビッグネームに寄り掛った駄作が多い。

526 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 12:24:51 ID:5UH6Ff2g
>>520-522
よく言われる事だけど、乱歩小説の猟奇趣味は単なる「お化け屋敷的」な「恐いもの見たさ」。
乱歩自身に恐がらせて楽しませる余裕があるから、面白い。

それに対して夢野久作の小説は、本格的猟奇小説。
実際の猟奇事件に近いところがある。
漏れは、読んでて吐きそう。


527 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 12:49:14 ID:t7Opdj6I
「実際の猟奇事件に近い」内容を小説で読んだとしても吐き気がするとまではいかないけど。
「蟲」は実際の猟奇事件に近いかもね。
夢野久作は怪奇ロマン的な内容の作品がより印象に残ってるせいか
「本格的猟奇小説」といわれてもピンとこない。「いなか の じけん」が該当するんだろうけど
あれは意図して実際にありそうな猟奇事件を描いたものだから。

528 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 13:22:19 ID:GMutDUoF
落語ってもうないの?

529 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/05/15(日) 20:52:20 ID:jNcvjTvA
夢野作品には、リアルな猟奇よりエグ過ぎるゆえの幻想性といったものを感じる。
これは乱歩作品の場合も同様であり、一寸法師、蜘蛛男等の通俗長篇には、
全くリアルな猟奇性は感じられない(言わば、大人の紙芝居)
作品の出来栄え、意図とは別に、何事もやり過ぎると現実離れしてしまうのである。

530 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 23:51:36 ID:NDj2qBir
講釈師伯竜の肖像画とか写真って残ってないのかな。

531 :名無しのオプ:2005/05/16(月) 09:12:47 ID:IlpW54wX
まあ、なんだ。『蟲』マニアの私としては、映像化は嬉しい限り。しかし短編
映画の時間で、意を尽くせるかはかなり疑問だ。本来ならば月九ドラマ、1クール
11回くらいが必要と思うが。木下芙蓉役に緒川たまきはぴったり。芙蓉襲撃のシーン
はきれいに撮れると思うが、問題はその後だな。どう処理するか。
まあ、「なんだ、これは」と期待外れになる可能性が高いとは思うが、、、


532 :名無しのオプ:2005/05/16(月) 09:30:24 ID:6ITtqSpf
11回は長すぎだろw

533 :名無しのオプ:2005/05/16(月) 11:44:48 ID:IlpW54wX
第1回 再会 第2回 魅惑のサロメ 第3回 柾木の狂恋 第4回 池内正太郎
第5回 破滅(タクシーの中で柾木、嘲笑される)第6回 覗き地獄 第7回 自動車教習
第8回 芙蓉襲撃 第9回 ふたりだけの世界 第10回 蟲蟲蟲蟲、、、
最終回90分スペシャル 柾木愛造 愛に死す、、ざっとサブタイトルを付けるとこんな感じ。
第8回、第9回は瞬間視聴率40%超えは、間違いない。第7回も盛り上がるぞ!

534 :名無しのオプ:2005/05/16(月) 11:49:53 ID:CfyG5ImF
浅野もキモい役上手いから期待してる

535 :名無しのオプ:2005/05/16(月) 12:50:18 ID:WSzx3XTP
>>533
一人で盛り上がっているとこ悪いんだけど…つまんねえよ

536 :名無しのオプ:2005/05/16(月) 12:56:20 ID:6ITtqSpf
いや、俺は爆笑したぞw

537 :名無しのオプ:2005/05/16(月) 16:01:46 ID:eGvrAa9N
「虫」なんて作品自体がつまねーよ。

538 :名無しのオプ:2005/05/16(月) 17:37:12 ID:ijK7AsVX
たしかに。

539 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/05/16(月) 23:53:51 ID:I5hxIu67
木下芙蓉は、草刈民代がいい。
柾木愛造が殺してまで我が物にしたい程の気位の高さを感じさせるタレントでない
と駄目でしょ。
一応、年齢に眼をつぶれば、プリマである彼女にはそれを感じさせるものがある。

540 :名無しのオプ:2005/05/17(火) 02:39:44 ID:kmUoxxve
>>530
>>講釈師伯竜の肖像画とか写真って残ってないのかな。


講談社文庫大衆文学館『明智小五郎全集』の口絵に写真が載ってます。

541 :名無しのオプ:2005/05/17(火) 08:28:13 ID:rQRfUe8v
殺してまで我が物にしたいって哀れな心理だな・・・
耽美と醜はほぼ同一・・・いまさらだね
>>513
ファンと信者の違いって何じゃろう?ふと思った。

542 :名無しのオプ:2005/05/17(火) 10:36:06 ID:kgHgd+lI
尊称と蔑称。指しているものはほぼ同じ。

543 :541:2005/05/17(火) 21:19:36 ID:rQRfUe8v
成る程。どうも有難う。

544 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/05/17(火) 22:57:07 ID:sZegQXhv
大乱歩作品の場合には「ファンと信者」というよりは「ファンとヲタ」という区分の方
がふさわしい感がある。
ファンが乱歩作品に関しての冷静な判断力を保っているのに対して、
ヲタは盲目的な偏愛、乱歩なら何でもいい状態か。
大乱歩には、昔からこの手のヲタも多いが、他を持って代え難い独自な特異ゆえ、
わかる気もする。



545 :名無しのオプ:2005/05/17(火) 23:41:18 ID:T/M/l+Rx
>>542
まあ少なくとも他人を「信者」とか「オタク」とか呼ぶような奴に、
まともな奴はいませんな。

546 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 00:37:31 ID:2dRVIFbr
横溝精子×江戸川卵子

547 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 18:24:26 ID:tuJTkA1E
乱歩の「鉄塔の怪人」読んだけど、なかなか笑えるね
特に怪人がカブトムシのきぐるみ着るシーンとかw

548 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 19:07:54 ID:2yL79Iff
鉄塔の怪人ば読み終わったとだけど、これって、二十面相の動機が書かれてないたい。
どういうこと?密室に二十面相がカブト虫の格好で逃げ込んだところがおもろかった。

549 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 19:17:22 ID:VFGGt9wM
確かに少年探偵団シリーズもそこまで来ると二十面相の動機なんか
どうでもよくなってるわな。

550 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 20:34:58 ID:XTzdRU52
そのあたりはひたすら明智と少年探偵団の連中をギャフンと言わせる
ことに徹してるし

551 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 21:11:29 ID:xbitar5V
ギャフンと言わせるだけのためにカブトムシになる二十面相って・・・

552 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 22:02:49 ID:SKEeRjEM
カブトムシの着ぐるみ被る二十面相を実写で見てみたいぞ(笑)

553 :名無しのオプ:2005/05/18(水) 22:11:30 ID:VlJ8zn+h
俺はむしろ夜光人間が見たい。

明智の推理どおりの方法で変装したw

554 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/05/18(水) 23:24:14 ID:HACMcFIe
>>545のようなことを書いているからヲタは馬鹿にされてしまうのだな。
もっと乱歩ヲタであることを広言し、自負心を持つべきである。
「偏愛も愛のうち」なのである。何ら恥ずべき点はない。
乱歩作品を隠しながら読んでいた時代は、とうに終わったのである。

555 :名無しのオプ:2005/05/19(木) 11:35:33 ID:RWpRMMMv
それにしても何でカブトムシなんだろうなw
まあ、ゴキブリよりはマシかもしれんがw

556 :名無しのオプ:2005/05/19(木) 12:36:45 ID:VXs7dd3d
ちょうちょやとんぼだと本当にお笑いになるからな

557 :名無しのオプ:2005/05/19(木) 17:08:05 ID:FdyFrkwo
>>555
子供にムシキングがブームだから。

558 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 00:09:55 ID:sphbuRPY
カブトムシといえばタイムボカン1号。

559 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 01:11:12 ID:VdgSX0ZF
ちょうちょに変装するファンシーな二十面相萌。

560 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 01:14:14 ID:Hw30u5qT
二十面相に拉致されて犯される小林少年萌え

561 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 02:41:36 ID:auddUWMA
少年物の話題はここでね☆
    ↓
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/987015385/

562 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 07:57:15 ID:Da9QgP5w
>>554
生きてたんですね。最近見ないんで微妙に心配でした。
自分は以前乱歩ヲタでしたが、飽きちまいました。すんませんです。
けど、ほとんど全ての作品もってますんで、一般の人よりはヲタに入るんでしょうね。
小林少年には、乱歩の少年愛趣味的要素が強いと思いますが、大人になって読むと、
より強くそれを感じました。同性愛やら少年愛やら、昔の作家はすごいなあ。不木は
美少年趣味があったんだっけ?

563 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 09:45:02 ID:MzmZ1+g7
乱歩作品が好きなんて、絶対にまともな人ではないと思う。
変な癖のある、ひねくれた性格が似合うと思う。

別にけなしているわけでなく、そういう方がしっくりくると思う。

564 :名無しのオプ:2005/05/20(金) 10:36:55 ID:eX7o9BWb
自分の場合に限って言うと、性格も日常もあまりに平平凡凡なので、
そうでないものへの憧れもあって、乱歩が好きだ。

565 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/05/20(金) 23:27:33 ID:AwrUUfAQ
誰だ?病理の先生か?
乱歩作品は個性が強過ぎるので、相当数を読むと厭きるというよりは、
鼻について手にとる気がしなくなる時期がある。
ある程度の時間を置くと、また無性に読みたくなる次第。

566 :名無しのオプ:2005/05/21(土) 10:26:52 ID:SgdUpsGl
お呼びになりましたか?
私的には、消防3-4年の頃のポプラ社シリーズ体験から乱歩にはまりましたが、
消防5-6年で幼稚に思われ、クイーンとかヴァンダイン、カー、クリスティを
読んでました。乱歩の揺り戻し?があったのは高2くらいで、『蟲』の最後の
空白の2日間を見たくて、文学部ではなく医学部に、、
爾来乱歩は飽きませんね。『影男』『パノラマ島』『白髪鬼』中途から斜読みしても
楽しい。『恐怖王』でさえ楽しい。馴染めなかったのは『緑衣の鬼』『幽霊塔』くらいかな?


567 :名無しのオプ:2005/05/21(土) 11:16:22 ID:jwOYRNFU
理想郷というか楽園のようなものが出てくる作品が幾つかあるけど
(パノラマ島奇談、影男、蜘蛛男、大暗室、地獄風景)
この中での最新作品は影男だっけ。楽園描写がかなり緻密と言うか
念入りになっていて乱歩のこだわりを感じる・・

568 :名無しのオプ:2005/05/21(土) 11:36:15 ID:ft6KeXbC
>最新作品

つと、まだまだ期待できるのか?<乱歩

569 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/05/21(土) 14:31:21 ID:2JJCZwsW
パノラマ島奇談、大暗室、影男等は、乱歩風の悪夢的なユートピアが描かれている作だ
と言い得る。
しかし、移し世ではなく夜の夢に人生の真実を見ていた大乱歩ではあるが、
「ユートピア」=「どこでもない場所」ということを良く理解していたのも大乱歩自身
であったようだ。怪奇と幻想の世界にどっぷりと浸かってしまう夢野久作と異なり、
どこか現実に対して自覚的なのである。
この意識が一番明確に出ているのが「防空壕」という作品かと思う。
やはり、どこかプロの編集者としてのクールな眼も常に感じられる乱歩作品である。

570 :名無しのオプ:2005/05/21(土) 17:47:08 ID:d3e0hYtH
火星の運河とかもか。

571 :名無しのオプ:2005/05/21(土) 23:51:10 ID:Bea70It6
>>567
当人以外には「楽園」に見えない「楽園」が多いけど。
そういう意味では(メール欄)もそう。

まぁ細かく言えば一応ネタばれなんで、
本文には書かないけど。


572 :名無しのオプ:2005/05/22(日) 10:53:58 ID:bmlJ96c3
女体を組み合わせた山とか・・排泄のとき難儀だな

573 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/05/22(日) 15:02:34 ID:UYqfNtt0
大乱歩描くところの「ユートピア」や「パラダイス」は、
パノラマ島や地下の大暗室等の大仕掛けなものだけではない。
それは、鏡地獄であり、遠眼鏡の中の風景であり、防空壕の中でさえある。
例えば、郷田三郎にとって、下宿の埃っぽい屋根裏はある意味で彼だけの「小宇宙」
であり十二分に「ユートピア」足り得るのである。

574 :名無しのオプ:2005/05/22(日) 23:24:53 ID:6usVa4YW
楽園じゃないけど「宇宙怪人」の月世界とか…

575 :名無しのオプ:2005/05/23(月) 04:38:21 ID:J2eO/4IG
>>572
山風センセの「柳生忍法帳」に女体部屋出てきたな。
その手のエログロは山風作品には結構出てくるけど、乱歩の楽園と違い小道具の一種だね。

576 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/05/23(月) 22:18:27 ID:kWfTnfuH
「赤い部屋」は、話術による乱歩風犯罪パラダイスが楽し気に描かれた作だが、
ラストには小説の趣向だけにとどまらない大乱歩のクールな視点を
覗い見ることが出来る。(視点を生かすための趣向という逆の見方も出来よう)
ちなみに「赤い部屋」と同趣向の大谷崎の「途上」と比較すると、
ミステリのエキスパートである大乱歩のネタの見せ方の巧さを感じる。
ただし、大谷崎のミステリに対する強い興趣が伝わって来る「途上」という作も
面白くはある。

577 :名無しのオプ:2005/05/29(日) 15:51:19 ID:yZcrArei
角川ホラー文庫って表紙もダサイし表紙とってもダサイし萎えるな。

578 :名無しのオプ:2005/05/29(日) 19:06:27 ID:6IYRmD+c
資金繰りがついたので光文社文庫を買える…

579 :名無しのオプ:2005/05/29(日) 20:00:08 ID:jD28qtf4
女房、質に入れてでも買え!

580 :名無しのオプ:2005/05/29(日) 20:50:18 ID:1WWuMr14
池袋のサンシャイン60ビルで古本市やってた。
ポプラ社のやつが何冊か出てたよ。’98年版のとかだけど。

581 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/05/30(月) 21:07:00 ID:tnG4WbWT
>女房、質に入れてでも買え!
女房を質に入れず、自分が押し入れに入ると恐ろしいことになるかも(w


582 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 13:39:58 ID:Sw5hrRtB
>>579
乱歩だけに「旦那を長持に入れてでも買え!」だな。

583 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 13:52:16 ID:BXACSWNt
オセイ

584 :579:2005/05/31(火) 23:17:57 ID:r3snwguT
>>582
うまいね、どうもw

585 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 23:47:43 ID:GVhQVl21
光文社はクソ。
抱き合わせ販売だし、校訂なんて余計なもんが付いてるし。
タカが娯楽探偵小説に校訂、アホちゃうか。

586 :名無しのオプ:2005/06/01(水) 06:31:35 ID:DTl4dold
人間椅子ってバンドは好きだけど乱歩の方はあんまり面白くないと思う

587 :名無しのオプ:2005/06/01(水) 18:38:22 ID:cQrAr19R
>>582
じゃあ、
「片思いの女を土蔵に入れてでも買え!」
「恋人とその子供を棺桶に入れてでも買え!」
「友人の女房を壁に塗り込めてでも買え!」
「元女房を墓場に入れてでも買え!」
「鏡や椅子に自分から入っていってでも買え!」
もありだな。

588 :名無しのオプ:2005/06/01(水) 19:55:00 ID:mzjmeEpy
小林少年の尻に入れたい!

589 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/01(水) 21:26:47 ID:vgn0PCMg
乱歩スレらしい狂的な雰囲気になって来たな(w
大乱歩のスレが、クールに淡々と進行するってのもおかしいよな。

590 :名無しのオプ:2005/06/01(水) 21:50:19 ID:qEx5oepJ
>>587
「二少年図を質に入れてでも…」
「張雑年譜をry)」
「大学時代渉猟した同性愛本をry)」


591 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/02(木) 22:33:17 ID:3cjexEte
「人間椅子」「鏡地獄」「お勢登場」…
これらの傑作群や土蔵で執筆していたという伝説を思えば、
大乱歩は閉所恐怖症の傾向は無かったようである。
しかし、もしこの気があれば、閉所恐怖症ネタで鬼気迫るような傑作を書いていた
のではなかろうか。
なお、小林信彦氏によれば高所恐怖症気味ではあったらしい。
東京タワー取材はスルーしたそうだ。

592 :名無しのオプ:2005/06/02(木) 23:17:12 ID:43ABHeY8
フフフ、明智君、残念だったねえ

593 :名無しのオプ:2005/06/03(金) 17:12:47 ID:sizX65Fu
乱歩全集って陰獣が最後なのかな

594 :名無しのオプ:2005/06/03(金) 21:17:08 ID:Ei0EsoNZ
光文社から全集が出されたのを機に乱歩入門しようと思って
ずっと陰獣を待ってるんだが、中々でない。



595 :名無しのオプ:2005/06/03(金) 22:08:57 ID:Z07d1UoM
陰獣を読む前に屋根裏の散歩者は読んどいた方が
いいと思うが。欲をいえば、D坂とかいろいろ

596 :名無しのオプ:2005/06/03(金) 22:09:50 ID:ND9ZYcJX
別の会社の版じゃだめなの?

597 :名無しのオプ:2005/06/03(金) 22:18:10 ID:YgcMXdbV
光文社の工作員がいるから

598 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/03(金) 23:31:51 ID:N0FadxNB
乱歩入門段階なら、新潮文庫の「江戸川乱歩傑作選」で十分。
この本は入門以上のものがある、タイトルに恥ないどえらい傑作揃いである。
乱歩嫌いにも最低限この1冊だけは読んで欲しいものである。

俺もこのスレに光文社関係の人間が出入りしているように思う。
2ちゃんねるの商業利用は感心しないな。

599 :594:2005/06/04(土) 00:18:56 ID:VcHznusc
いや、単に最初に買ったのが光文社の孤島の鬼と、屋根裏の散歩者
だったから、かぶりとかも考えると同じ文庫のほうがいいかと。
ちなみに他は黄金仮面とパノラマと魔術師を購入しました。


600 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 00:52:04 ID:x9iMGtj7
早く読みたいんなら何文庫でも構わないと思うが。
単に同じ文庫で揃えたいというつまらない理由ならご勝手にと言うしかない。

601 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 01:06:37 ID:ta2MaIHT
>単に同じ文庫で揃えたいというつまらない理由なら

詰まらなくもないだろう。
なに突っかかってるんだよ。

602 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 01:16:45 ID:WAnFE5kz
同じ文庫で揃えたいという欲求は読書家なら誰だって少しはあると思う。
ただ>>594はチラシの裏に書いておくだけでいいとも思う。

603 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 02:12:31 ID:9dkApBBe
>同じ文庫で揃えたいという欲求は読書家なら誰だって少しはあると思う。
ごめん、俺全然無いや……
本棚は作者別に並べているのに色どころかサイズもバラバラ。

604 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 02:17:45 ID:BkK9Ftmt
なんか光文社以外の出版社の社員も混じっている悪寒・・・

605 :594:2005/06/04(土) 02:58:52 ID:bELsIxnJ
ここは乱歩通が集うスレだったんですね。
どうやら場違いだったようで、失礼しました。

606 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 03:59:55 ID:sxf6YNFB
だから好きなの買えばいいだけだって

607 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 04:16:32 ID:JwMbyoFL
オレも2年前から毎月光文社の買い続けているひとりなのだが、
ここでネガティブ意見出たのはついに先月空いちゃったから?
編集の人もし見てるのならあと8冊がんばってください。

608 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 09:26:18 ID:nmxyYAWm
ここで光文社文庫の全集にイチャモンつけているのは約1名だけです。

609 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/04(土) 13:09:28 ID:Q0NSQJQr
根拠が無い思い込みが強い>>608こそ、「何者」?

結局、リレー小説は春陽文庫で乱歩担当部分以外をカバーする必要がある。

610 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 13:11:31 ID:d4F4oTW7
NG野郎=光文社以外の出版社の社員


611 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 14:35:56 ID:sxf6YNFB
俺も個人的には初心者には光文社はあんまりお勧めしないな
あれは読むための本じゃなく、集めるための本、要するにコレクター向きだよ
まあ人に指図する気まではないけど

612 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 15:15:30 ID:kocmuhU2
確かに光文社のは読んでみたくなって買うのにはちょっと高いな。注釈も解説もエッセイも面白いから好きだけど。

613 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 15:30:06 ID:h6zg501E
確かに光文社文庫版は、
ある程度読んできて、これを機会に揃えてしまおうと考えている人間向けだと思う。

だからといって光文社を薦める人間を「社員だ」ときめつけるのはどうだろうね、根拠もないのに。

614 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/04(土) 19:20:42 ID:5Bn2GeX2
2ちゃんねるの商業利用は、しばしば問題になっているし、
過去ログを読めばわかるとおり、「光文社文庫を推すのがスレの統一見解」とか
「光文社文庫批判は1人のみ」とか、妙なレスが見受けられるのも事実だ。
光文社社員とまでは言わないが、「疑惑」を招くのは致し方なかろう。
前にも書いたことがあるが、文庫には普及版たる役割、つまり乱歩ヲタやファン
以外の広い読者獲得のためのツールという役割も大きいので、やはり光文社文庫の
マニアックな作りには賛同出来ない。

615 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 20:44:41 ID:ZChRnQMk
>>613
同意。
光文社文庫は現状で最も入手いやすい全集なんだし、これを推薦する人が多くてもおかしくはないでしょう。
なのにいちいちそれに突っかかっていったり、あげくに社員認定している人もいるようですがw

社員認定したければ下種の勘繰りなんかやめて、せめてゲートキーパーくらいの証拠を見つけてからにしてほしいですね。

616 :名無しのオプ:2005/06/04(土) 21:19:09 ID:wY/Tpuxf
>>613>>615
まあまあ・・・w
変に突っかかってる奴はいますが、お気になさらずに。
そういうのは無視しましょう。

ちなみに俺は>>597は冗談のつもりで言ったんだと思いますよ。
まさか本気でそう考えるような馬鹿はいないでしょうw


617 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 01:17:30 ID:WpHtvu5r
山村正夫の「湯殿山麓呪い村」の映画を見たんだが、犯人の設定、動機、密室トリックが
そのまま乱歩の[メル欄]で驚いた。原作もそのまんまなのだろうか。

618 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 04:28:11 ID:zqr0zcBS
[メル欄]に書いても。。。ほとんどの2ちゃんブラウザは[メル欄]のテキストが
そのまま名前の横に表示されているのであんまり意味がない

619 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 06:16:52 ID:WGweZb4k
>>618
Live2ch を使っていますが、default のスキンの場合、defaultフォルダにあるRes.htm と NewRes.htmを
notepad か何かで開いて、<font size="2" color=#8080FF> &MAIL</font> を削除すれば、とりあえず、
大丈夫かと思います。

620 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 13:31:34 ID:cvn6Xn7o
いきなりネタバレはメル欄というミス板のルールを全否定されてもw

621 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 13:57:14 ID:AJWcvdgY
メール欄以外でのネタバレ禁止という板ルールがうんたらかんたら…
なんて言いだす人が出てきそうですなw
もしそういう話題をしたいのならば、下記スレでして下され。


ミステリー板のローカルルール その6
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1112880963/l50

622 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/05(日) 18:06:37 ID:VI8bh4xx
光文社文庫を推す者が多いと断定してはばからない>>615も十分に「疑惑」の渦中
にはある(w
それこそ発信先の確認でもしたのだろうか?

623 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 19:02:09 ID:uFjURNx5
光文社社員じゃないですが、乱歩が純粋に読みたいっていう人がいるんなら、
光文社全集でも何の問題もないでしょうね。角川ホラーでも、春陽文庫でも、
どんな形態の文庫であろうが、内容は変わりないんだし、乱歩の魅力に
とりつかれるかどうかは、本人次第。

624 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 19:26:25 ID:VpGSR73h
617のメル欄は、何が書いてあるかまったく予想できないところが問題。

625 :初代スレで見つけたレス:2005/06/05(日) 19:46:03 ID:ytQNuLBq
 江戸川乱歩 決して語られる事のないB級の旅・・・
 http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/961087799/
 20 名前:加護@あいぼん[] 投稿日:2000/06/22(木) 02:59
 (前略)
 山村正夫さんの「湯殿山麓呪い村」がトリックや犯人の動機が
 【617のメル欄】と全く同じなのに推理作家協会賞を受賞できたのを
 不思議に思ってるんですけど、推理作家の人は乱歩とかは読ま
 れないんでしょうか(笑)

ただし「湯殿山麓呪い村」が受賞したのは推理作家協会賞ではなく角川小説賞。

626 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 19:58:38 ID:UliVFOnh
>推理作家の人は乱歩とかは読まれないんでしょうか(笑)
代表的な短編くらいは読んでるだろうが、通俗長編などまず読まないだろうな。
そんな無駄な読書してたら作家になれんよ。


627 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 22:31:11 ID:p9gDBkMp
>>626
はいはい、っとw


628 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 16:29:30 ID:Fj5I8b6c
この作家の名前をよく目にするので読んでみようと思うのですが、
これだけは読んでおけっていう、代表作かお奨めの作品を教えてください

629 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 17:02:05 ID:Or9mMAMx
>>628
魔神を呼ぶ呪文ですか?

630 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 19:51:43 ID:ZG+BAEdf
>>629
ワロタw

631 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/06(月) 22:42:37 ID:5IG8Yy/k
森村誠一は「化人幻戯」を愛読していたそうだ。
以後も、新本格ブーム時にデビューした作家までは、通俗長篇も含めて乱歩を
愛読した世代かと思う。

632 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 22:53:57 ID:GZ5PaUO9
>>628
長編の代表作は「孤島の鬼」
短編は、初期に傑作が多いので選び難いが取り敢えず
明智の登場作って事で「D坂の殺人事件」を推しとく

とマジレスw


633 :名無しのオプ:2005/06/06(月) 23:35:15 ID:QTC0TlV/
>>632
自作自演に付き合うなんて、アンタ人がいいねえw

634 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 10:46:24 ID:uw3zsZpJ
うちの近所の本屋には光文社以外に乱歩の小説は売ってないわけだが・・・(笑)

635 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 12:52:42 ID:mDQPxzFV
光文社の社員も2ch宣伝活動か?

636 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 12:58:56 ID:mjqls/4y
孤島の鬼 小学六年ではじめてみて最高に恐怖したなぁ

637 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 17:45:29 ID:XGTqB+rR
ガキ向け作品読みたいならポプラ社のでいいじゃん。童心に帰れて。
光文社のはもったいぶってて白けないか?

638 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 18:01:03 ID:5h3xdEa+
孤島の鬼 小学六年ではじめてみて伏字部分で(ry

639 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 19:44:24 ID:jB8DPfMF
>>637
光文社のやつで「サーカスの怪人」読み返したけど、
文庫で子供向けのやつ読むのがあんなにキツいとはおもわんかった。

子供向けのものには子供向けのスタイル(大きい活字、挿絵)があるのであって、
子供向けのものを大人向けのスタイルで読むのはツラい。


640 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 19:56:47 ID:0hpSvHrR
ポプラ社のは近所の図書館の児童書コーナー行けば大体揃ってる。
皆が最初に読んだのはこれが多かっただろうし、
最近は文庫版(新書版?)とかも出てるし、気楽に乱歩作品楽しむにはいいと思います。

641 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 20:34:27 ID:5h3xdEa+
別にジュヴナイルを文庫で読むことに抵抗はない。
乱歩じゃないが、朝日ソノラマ文庫に違和感はなかったし。

642 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/07(火) 21:21:43 ID:L8oDYxJB
「孤島の鬼」と「江戸川乱歩傑作選」(新潮文庫)を読んで、
「乱歩作品は嫌いだ、面白くない」ということなら、では御自由にと言うしかない。
流行作家だった時代があるとは言え、大乱歩の作風は人により好悪が分れるところ
であり、それくらい個性が強い作家なのである。

643 :名無しのオプ:2005/06/07(火) 22:48:30 ID:CT1YHceJ
>>641
イメージの問題だろ。
最初から文庫だったらキツイとは思わなかったかもね。

644 :名無しのオプ:2005/06/08(水) 11:36:17 ID:hIfVGsUM
>>643 いや〜ジュベナイルはポプラ社のハードカバーだろう。
    表紙、見開きのカラー挿絵、文中の白黒挿絵、背表紙、
    すべてが一体になった総合芸術だと思うよ。それに生理的にも持ちやすくめくりやすい。

645 :名無しのオプ:2005/06/08(水) 15:54:54 ID:sy+uWG9o
ジュベナイルは確かにそれでよいが、ジュブナイルはもっと汎用性が広いと思うよw

646 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/08(水) 23:13:55 ID:PoVof0k5
日曜夜のタモリのラジオ番組(ニッポン放送でナイターのオフシーズンにオンエア)に
ポプラ社の社長が出演(録音)したことがあるが、少年探偵団シリーズの話題は皆無、
ずっこけ三人組の話題ばかりであった。
確かに国産のメジャーなジュブナイル(シリーズもの)が、限られていた時代とは
異なり、今見ると古臭い感は否めないものがある。

647 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 19:18:47 ID:wnM64gI+
魔神さんはAMラジオ好きですね。なんか、可笑しいね。ひょっとして、太田幸次
が出ていた、三沢高ー松山商の甲子園決勝の死闘なんかを聴いていたりして。
ポプラ社ものでも、表紙が妙にアバンギャルド?になった今の現在のヴァージョン
は頂けないな、、ところで「孤島の鬼」「白髪鬼」「盲獣」「パノラマ島」あたりも
是非ジュベナイル化して欲しい。「一寸法師」「人間豹」が有るんだから、、

648 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 20:27:23 ID:fXgUkayd
ポプラ社の社員だからって、乱歩やルパンに興味があるとは限らないどころか
むしろ逆だってのはポプラ社スレで出ていたと思うが。


649 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 21:10:42 ID:8xiC4E5H
マニアっていうかヲタみたいな人間は出版社でも使い物にならないよね。
商品に対してドライで醒めた目で見れるような人間じゃないと仕事はできない。

650 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 22:01:34 ID:6EguIL2t
仕事した経験のない引きこもり中年の書くことだ。
ほっといてやれ。

651 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/10(金) 22:27:51 ID:KkhGCnam
>「孤島の鬼」「白髪鬼」「盲獣」「パノラマ島」
乱歩のジュブナイル新刊が出る御時世とは思えないが、
内容的に可能なのは「白髪鬼」くらいだと思う。
フリークス集団、鎌倉ハム、美女の山等を除いたあの3作は有り得ないでしょう。

>>648は外した意見である。
一社員=編集者と社長の発言を同一次元で語ることは出来ない。
社長の発言=社の見解と受け取られるのが通常ゆえ、少年探偵団シリーズに一言も
触れないという事は、社長の個人的見解は別として、商品としてその程度の位置付け
という表明と受け取られても仕方無いのである。

652 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 22:39:40 ID:vkzUvaXB
じゃあ読売新聞社や、昔の角川書店の社員の人は気の毒ですね。

653 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 23:07:59 ID:MhPYTAoq
>>651
ところで、ポプラ社の社長がラヂオに出たのはいつの事?
最近はソフトカバー版乱歩を新聞一面使って広告だしたりとか、
乱歩売る気まんまんに感じるけど。

ズッコケの話をしたのはズッコケがついに完結したからでは?


654 :名無しのオプ:2005/06/10(金) 23:21:17 ID:6YKijuF9
続きはコチラでお願いします。

【偶然】ミステリ板住人被害者の集い56【またもな反論】
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1117684860/


俺もこのスレでマジレスでしたいだ。
なんでそんな我慢強いられるワカランが、ここは我慢のしどころ。

655 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/10(金) 23:32:10 ID:KkhGCnam
>>652
面白い爺さんだとは思うが、ナベツネの言動が、人々の讀賣新聞を見る眼に
影響を与えているのは事実だし、角川春樹が横溝作品を良く売れる商品とのみ
認識していたのも事実かと思う。
ただし、セールス面には熱心で、ブーム時には横溝御大と角川社長(当時)の
サシのテレビ対談まであったほどだ。

>>653
2004年「タモリの週刊ダイナマイク」(毎週日曜夜7時〜9時)10月〜12月
のどこかでオンエアされている。
録音のためインタビュアーは、タモリではなく堂尾弘子アナ(フリー)。
ずっこけ三人組シリーズは社長が絶賛。
会社紹介の意味で、ポプラ社の歴史を語るくだりもあったが、少年探偵団シリーズは
スルー状態。ミステリ板の住人としては納得がいかない面があった。

656 :名無しのオプ:2005/06/12(日) 01:09:21 ID:Gw7MDBId
今月の光文社は?


657 :名無しのオプ:2005/06/12(日) 02:10:18 ID:ufeNvAlS
政木です。
今日も池内光太郎と木下芙蓉は隣の部屋で……
さて次回は

「のぞき屋愛造」
「愛造 免許を取った日」
「愛造 物忘れをする」

の3本です。来月も見てね〜

658 :名無しのオプ:2005/06/12(日) 13:32:19 ID:oPHTTmYE
>今月の光文社は?


ひさびさ、分厚いねー

659 :小林少女:2005/06/12(日) 18:33:56 ID:Qgme4AhP
パノラマ島キタンの発想は こんなところから得たそうです

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/2362/GOUKAN.htm

660 :名無しのオプ:2005/06/12(日) 18:58:43 ID:Qv9ffsp8
嫌韓ウザイ。ハン板池。


661 :名無しのオプ:2005/06/12(日) 21:44:35 ID:/5sosBph
「蟲」のどこが良いんだか?
誰かの表現を借りれば、変態心理の上っ面をなぞっただけの
「最高につまらない作である。」

662 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 15:38:51 ID:FS7+SYyd
>>657
もしかして、サザエさんのエンディングか?
最後に柾木とじゃんけん勝負!!てが。

663 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 17:01:11 ID:FS7+SYyd
>>661
ついでに言うと、「蟲」は所謂変態性欲の話じゃ無いと思うぞ。現象としては
屍体嗜好癖ってことになるんだが、芙蓉を絞殺したのはそうしなければ自分の所有に
出来なかったからで、屍体が目的じゃないよね。柾木の芙蓉に対する思いは
当初はノーマルでむしろいじらしい位だ。それがちょうどポイントを切り替えた
如く異常に加速していくのは、タクシー手繋ぎ〜嘲笑事件以来だよね、、
つまり、結構普遍性な心理を扱った「悲恋物語」とわしは思っている。


664 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/13(月) 22:21:58 ID:NoPb0Nwe
「虫」は大乱歩自身も「いくらなんでも、こんな奴現実にはいないよな」と思って書いて
いたのではないか。
しかし、現在時点で読んで見ると、オタや2ちゃんねらーの存在等もあり、
かえってリアリティがある点も面白い。

665 :名無しのオプ:2005/06/13(月) 22:48:25 ID:25iAdgHg
「蟲」って「若きウェルテルの悩み」が元ネタなんだろうか。
まぁ、ヒロインが友人の許嫁って所が共通してるだけだけど。

「罪と罰」→「心理試験」の例もあるし。


666 :野々宮あい子:2005/06/14(火) 01:17:52 ID:zg+OZBPW
天知茂の明智小吾郎が一番似合ってるなんて言ってる人原作読んだの?
明智はもっと線が細くて自己顕示欲の強い嫌な奴でしょう?
女の趣味も悪いし。私的には文代<妙子だな。
その文代も歳とったら嫌になって二十面相に引き取ってもらって姪を
はべらかしてるけど文代の旧姓は花崎でなく玉村です。

667 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 13:44:09 ID:ojkT+Toq
>>666
文代が嫌になったのは歳とったからじゃなくて、人間豹恩田にマ〇コガバガバにされたからだよ

恩田でかそうだもんな

668 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 14:19:16 ID:N0ClYHYB
つか、小林少年(複数)のケツの穴が一番いいわけだが…

669 :和田ぎん子:2005/06/14(火) 15:01:26 ID:6Gg4gdAk
>667 屈折してないね?明智と文代の間には肉体関係はないでしょう?
私は高校時代遠藤(K)、文代、明智(先生)で「こころ」のパロデイを
書いた事がある。語り手は小林少年。
テストで先生はお嬢さんにKを盗られたくなかったと書いたら×をつけた教師。
これだから日教組は困るぜ!

670 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 15:27:41 ID:ojkT+Toq
>>669
それ諸戸道雄じゃんか

671 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 16:14:34 ID:B5grAIrT
腐女子か・・・

672 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 20:00:13 ID:EfowzX7R
腐女子か・・・

673 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 20:45:38 ID:XV7v+v/z
近所のコンビニに光文社文庫の第30巻がおいてあった
今までそんなこと一度もなかったのにこの巻に限りいきなり・・・
なにがあったんだろうか

674 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/14(火) 21:58:02 ID:vwPK3aab
>>665
大乱歩は思い出深い作品のひとつとして、「ウィルヘルム・マイスター」を挙げている。
ウェルテルも当然読んでいたであろう。

675 :名無しのオプ:2005/06/15(水) 07:41:00 ID:J86XoLnX
昨日のぷっすまに出てた無人島、パノラマ島かと思った

676 :名無しのオプ:2005/06/15(水) 18:37:24 ID:6zgHRuRQ
>>666
先生の奥さんの姉さんの娘って触れ込みだが玉村さんちは男ばっかし、あれってホントに姪か?

677 :名無しのオプ:2005/06/17(金) 19:20:44 ID:qRKrpF0a
光文社の「十字路」で何ページかは忘れたが「花田」が「半田」になってた

678 :ナターシャ:2005/06/18(土) 00:10:28 ID:K1gJ9dLd
>>659
  ↑
江戸川乱歩の「罪と罰」ですね  それこそ参考になりました

679 :名無しのオプ:2005/06/19(日) 03:15:56 ID:8QxaUQFe
>>673
今月の全集最終巻は今までで一番厚かったよね。
だから目立って見つけたのであって、今までも毎月置いてあったのに気付かなかったのでは?

680 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/19(日) 12:20:26 ID:hJAPeC6N
いろいろと欠点が多い光文社文庫版乱歩全集だが、
最新刊の「わが夢と真実」は、東京創元社版が入手難である現在では買いである。
大乱歩のエッセイ中で肩が凝らない読み易いものが集成されており、
興味深い話題(読書歴、趣味の話題等)も多い。

681 :名無しのオプ:2005/06/19(日) 13:56:38 ID:xdizsfQ0
化人幻戯で手淫した人は白状しなさい

682 :名無しのオプ:2005/06/19(日) 14:13:22 ID:0wzCpF3C
>>681
孤島の鬼なら・・・w

683 :名無しのオプ:2005/06/19(日) 16:43:38 ID:zSkx1cR6
>682
おまいさんの性別にもよるかもしれんが、あえて聞く

もちろん秀ちゃんがネタだろ?
まさかもろt…

684 :682・男:2005/06/19(日) 17:53:03 ID:UXg+Fbig
>>683
そのまさかだったりして。んなわけないw
初めて読んだのは小学生の時だけどね。
今思うとすべて理解してたわけではないんだけどさ、
あの雑記帳の告白は異常に興奮したなあ。


685 :名無しのオプ:2005/06/19(日) 18:11:26 ID:DltXSjrh
>>681
お風呂場、、、ハァハァですか。
>>680
異常に分厚くてめくりにくい以外は、決定版とも言える充実ぶりですね。
特に乱歩が初恋を語るくだりは、幼いフェティシズムの発露が柾木愛造と相通じる
ものがある、、

686 :名無しのオプ:2005/06/19(日) 18:51:39 ID:VS3qmuce
感がある、じゃないんだw

687 :名無しのオプ:2005/06/19(日) 19:20:33 ID:FZEsm/jg
「睡り人形」なら読んでて勃起したことがある

688 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/19(日) 19:47:08 ID:wXcr6CHw
>>687
スレ違い。
だが、大乱歩的世界を木々高太郎流に書くと「睡り人形」。
川端康成流に書いたのが「眠れる美女」でしょ。

689 :名無しのオプ:2005/06/22(水) 10:40:07 ID:xFLyDptn
>>687
「眠り人間」のコンラート・ファイトを見て…

690 :名無しのオプ:2005/06/22(水) 23:58:24 ID:nagvxWBX
>>書斎魔神 ◆qGkOQLdVas

ヒマなら、このスレッドのまとめサイト作ってよ。
それぞれの作品に対するみんなのレスを拾っていってさ。
最終的には、乱歩作品の批評の集大成サイトにしようや。
一番詳しいコテハンだろ?
やってくれないか?

691 :無名草子さん:2005/06/23(木) 11:37:31 ID:lad8ABSL
u

692 :名無しのオプ:2005/06/24(金) 01:01:19 ID:7N5BahVO
書斎魔神逃げた?

693 :乱歩ビギナー:2005/06/24(金) 02:45:23 ID:Ea85aPpj
ポプラ社の少年探偵物(とくに魔術師以降)を読んで気に入り、
大人の文庫本を最近読み漁りだした。
大人向けの方がエロく、いかがわしいからと思ったからで、
「全裸で陳列された美女の死体」的なくだりは萌えまくり!
でも蟲と盲獣は引いたよ。ちょっとヤバすぎ!

694 :乱歩ビギナー:2005/06/24(金) 02:46:31 ID:Ea85aPpj
蜘蛛男と悪魔の紋章は似てるね、どっちも好きだけど


695 :名無しのオプ:2005/06/24(金) 03:14:32 ID:fQTNao+I
よく考えると、怪人20面相って、子供にやられた腹いせにねちねちと復習するストーカーだと思うが...
それもえらく金をかける

696 :名無しのオプ:2005/06/24(金) 12:25:03 ID:regijHR0
>子供にやられた腹いせにねちねちと復習するストーカーだと思うが...

今だったらそっちの方が問題になりそうだな

697 :名無しのオプ:2005/06/24(金) 13:45:10 ID:+WBXY+3b
でも、怖がらせるだけで危害は加えないから、
遊んでくれるいいオジサンに過ぎないな。>二十面相。

698 :名無しのオプ:2005/06/24(金) 14:24:05 ID:0hLecD/d
マイケル・ジャクソンみたいな例もあるしな

699 :名無しのオプ:2005/06/24(金) 16:55:40 ID:qikpUHci
二十面相は小林少年を拉致監禁して肛門を陵辱してるよ

700 :名無しのオプ:2005/06/25(土) 00:08:01 ID:t0QQgxw6
初めて、人間椅子を読んだとき、オチを読み終えたとき、本を床に叩き付けました。いや、一本とられたという意味で。
同じネタが、作家忘れましたが、人肉ソーセージ工場でも使われていたな

701 :名無しのオプ:2005/06/25(土) 00:28:26 ID:Qn7R/8V9
>>700
「楠田匡介の悪党ぶり」の中の一編だったような気がする。
でもこの手のどんでん返しは戦前の短編にはありがち。

702 :書斎魔術師:2005/06/25(土) 01:08:57 ID:Qkp9BXte
書斎魔神改め、書斎魔術師です。皆さん、どうぞよろしく。

703 :名無しのオプ:2005/06/25(土) 01:31:12 ID:g0+8vAiM
きもちのいい素敵な夜ですね。

704 :名無しのオプ:2005/06/25(土) 02:05:13 ID:aWbFDtmM
阪神勝ったからね


705 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/25(土) 09:35:42 ID:kZ6DSoV0
>>693
ここまで来たら「闇に蠢く」も読むべし(*食前はなるべく避けるがよろし)
既にミステリとは言えず、いわゆる悪書と言われても仕方がない類の作だが、
一読する価値は十分にあり。
>>694
ネタばれじゃ。

706 :名無しのオプ:2005/06/25(土) 11:45:26 ID:L5Roaxmb
やっぱカバーは旧角川のが一番いいわ

707 :名無しのオプ:2005/06/25(土) 11:51:53 ID:YhhSX/B/
高橋葉介のは酷かった

708 :名無しのオプ:2005/06/25(土) 11:57:00 ID:gWSc+GQg
>>書斎魔神

>>690

709 :名無しのオプ:2005/06/25(土) 13:15:31 ID:WlvMIltQ
暇そうだもんな
>>690

710 :名無しのオプ:2005/06/25(土) 19:19:40 ID:Eqa2K/VD
>>707
漏れは天野喜孝が駄目だった・・・。

711 :名無しのオプ:2005/06/26(日) 02:08:42 ID:cfJIvVyl
〇田〇〇〇に先祖を書かれとる。なんでも先祖は藤堂藩の側室で、殿様に洗濯のとき水をかけたのが縁らしい。

712 :名無しのオプ:2005/06/26(日) 19:56:19 ID:0967NSxk
角川ホラーの表紙うんこ

713 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/27(月) 20:53:25 ID:eSJkgBu/
角川文庫の宮田雅之氏のカバー、俺も好みだったのだが、絶版になって久しいせいか、
今では新古書店等でも見かけなくなって来た。

714 :名無しのオプ:2005/06/27(月) 20:58:33 ID:nW3QSKC7
>>713
まとめサイトマダー?

715 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/27(月) 21:37:37 ID:eSJkgBu/
>>714
他板住人だね?
参考までに、君が好きな乱歩作品の表紙を教えてくれ(ジュブナイル含む)

716 :名無しのオプ:2005/06/27(月) 21:40:02 ID:kXGEtHQj
他板住人だと思うならなんで表紙を聞くのだろう?
アホか?

717 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 21:28:07 ID:mVce0ccx
関係ないかもしんないけど、
有栖川有栖の密室大図鑑のD坂の絵。
店の並びが全然違うね。

718 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/28(火) 22:04:40 ID:+ar+s3k7
>>716
アホか?
他板住人は乱歩を読まないとでも言うのか?
仮に乱歩に興味が無いのにもかかわらず、このスレにいるとしたら、
ID:nW3QSKC7→荒らし目的と断定しても差し支えなかろう。

719 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 22:11:09 ID:7fIbFsYX
>他板住人は乱歩を読まないとでも言うのか?

だったら何で他板住人などど区別する必要があるのだろう?
そもそも他板住人だとする論拠はどこにあるのだろう?
アホか?

いやアホなことはとっくに知ってるがw

720 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 22:35:33 ID:Dav9hFn2
>>719
相手がアホだとわかっているなら、これ以上相手にしないでくれ。

721 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 22:49:17 ID:HmSJxGV/
きゃはは  なんか、おもちろ〜い

722 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 23:29:23 ID:RP2OLXni
書斎はとりあえず、早くまとめサイト作ってこいよ。
そしたら相手してやるから。w

723 :名無しのオプ:2005/06/28(火) 23:36:29 ID:Z6OcTrMK
アホな荒らしはスルーで

724 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/29(水) 21:55:58 ID:qZoGVkMK
餌への食い付きを見ると、やはり荒らし目的の他板住人が乱入しているようだな。

たまには、天知茂の明智シリーズを見たい気もするが、確認出来る限りでは
首都圏における再放送の予定は無い。(夏向きのシリーズだと思うのだが…)
初期作(70年代)は、今ではさすがにあざと過ぎるか。


725 :名無しのオプ:2005/06/29(水) 22:12:06 ID:Zf+0ewZ1
荒らしに餌をまく書斎も同類だな

726 :名無しのオプ:2005/06/29(水) 22:21:34 ID:Qv9812R2
アホな荒らしはスルーで

727 :名無しのオプ:2005/06/29(水) 22:41:36 ID:5eTdpn9f
>>724
荒らしは無視って、マターリやっていこうよ。

728 :名無しのオプ:2005/06/29(水) 22:49:31 ID:92J5xT9U
つまんね

729 :名無しのオプ:2005/06/29(水) 23:12:41 ID:k+Q18Rh7
みえみえ

730 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 00:25:05 ID:6FvA3SPR
誰が荒しでも構わないし、他板住人でも問題無し。
書きこみたいヤツが書きこめば、それで良し。
ただ、そいつが乱歩好きで、俺と話が合えば嬉しいよ。

書斎魔人はNGワードにしてるけどな。

731 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 00:42:12 ID:5lfR3UyH
>>730
他板住人も何も、
ミス板だけにしかレスしない奴って、何人いるんだろう。
おれ自身常駐板(というより常駐スレの存在する板)は10板くらいはあるし。
その他たまに顔出す板を入れたら・・・

732 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 09:14:58 ID:0qV0qWuf
他板住民なんて区別すること自体無意味

733 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 20:22:38 ID:yX+EF2Bt
おまいら乱歩地獄の蟲、浅野の背景がえらいことになってますよ

734 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/06/30(木) 21:10:36 ID:hZ8GyVe7
ある程度レスすることを前提として(ROM専は除く)、
常駐板→当該板住人
たまに行く板→他板住人
これが通常の理解かと思う。
例えば、俺の場合だと常駐と言えるのはミステリ板のみかな。
常駐していないため、荒れても痛痒を感じないせいか、
他板住人が荒れの要因になることが多いので、十二分な警戒と注意を要する。

735 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 21:32:06 ID:X7bm/jIe
>>734
そのとおり。貴方を目の敵にしている某板住人は特に警戒すべしだな。

736 :名無しのオプ:2005/06/30(木) 21:53:49 ID:xRC0i5mb
やっぱりあれは蟲か。
ユーモアって気になるなぁ・・・。

737 :名無しのオプ:2005/07/01(金) 01:08:47 ID:HOl0IT4Z
>736
497のページの真ん中の写真のこと?
あれって火星の運河じゃないの?

738 :名無しのオプ:2005/07/01(金) 18:09:20 ID:dvhJjUAl
何だかよくわからん画像だな。
公開秋って決まったのね。

739 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 06:02:23 ID:qDYPdKaV
最近読みだした新参モノですが
二十面相シリーズで一番面白いのて何?
なんかどれ読んでもイマイチのめり込めないんだよね…


740 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 06:54:41 ID:jbUm+SI/
書斎さんが答えてくれるよきっと

741 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 08:22:23 ID:ifLjxEgg
>>739
「怪人二十面相」「少年探偵団」「妖怪博士」の3つを読んで
おもしろいと思えなければ、あとはどれを読んでも同じ

742 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/02(土) 12:49:44 ID:XpY4dr6s
少年探偵団シリーズは1冊だけ読むなら「青銅の魔人」を推す。
これが面白かったら、初期3作を読んでみると良い。
しかし、自分は二十面相と青銅は面白く読んだが、少年と妖怪はさほどでも
なかったな。「宇宙怪人」「透明人間」「黄金豹」この辺が気に入った。
ある種けれん味がある作ばかりではあるが。

743 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 15:40:57 ID:kG6K1IDz
ぶっちゃけ、二十面相シリーズって子供が読むものか
或いは、子供の頃に読んでた大人がノスタルジーに惹かれて
読むモンじゃね?
大人になってから乱歩の大人物読み始めてから二十面相シリーズ
読むのは確かにツライと思う。
オススメなんて無いよなぁ。>>741の言うとおり、内容なんて
大同小異だしw

744 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/02(土) 21:28:47 ID:9IHj2R/Y
>>743は他板住人か?
まず、>>741のコンテクストが読めていない。
>>741は、初期3作を推したうえで、他の作品は同工異曲だという趣旨を
書いているのである。
(「青銅の魔人」は「少年探偵団」の物語パターンだが、より完成度が高い。
ゆえに、自分はこれを推すものである)
まあ、ジュブナイルの童話を愛読する者もいる例にも見られるとおり、
面白いか否かは、個人の嗜好の問題であろう。
あの乱歩ジュブナイルの独自の世界を許容し、浸り切れるかどうかだな。

745 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 21:43:57 ID:18q9gt2E
他板住人がどうしたというのだろう?

> 77 名前:ミステリ板住人 ◆0FE6khB7i2 本日の投稿:2005/07/02(土) 21:15:16 ID:EjxjW6/s
> 遂に総合スレ終了。
> 自分は、他板住人ゆえ野次馬根性(面白半分でどうでもいいというか)で見ていたが、

746 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 21:46:16 ID:ZbFTycR7
今の子供は少年探偵団もの読んでも面白くないと思う。
マンガ・アニメなどからミステリー好きになった小学生は、
たぶん、ラノベミステリーもの→講談社ノベルス系って読み進んでくだろうし。
乱歩少年ものは大人のノスタルジックな読み物だね。

747 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 21:47:23 ID:ZbFTycR7
要するに乱歩は古すぎるってこと。

748 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/02(土) 21:49:43 ID:9IHj2R/Y
>今の子供は少年探偵団もの読んでも面白くないと思う。
同意する。多くの学校図書館から姿を消していた時期もあるしな。
前にラジオの件を書いたが、ポプラ社もかってほどにはセールスに力を入れていない
ように見える。


749 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 21:53:55 ID:nwM0Tts6
いや、10年前オレが小学生だったとき結構乱歩は図書室で人気だったよ。
まだ時代を越えた面白さは通用すると思う。
本読むやつがさらに減ってるだけで。まあ今の子どもはゲームや塾が忙しいからな。
俺のときはまだスーファミくらいしかなかったが

750 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 22:05:03 ID:q6Gv7/LF
>>746
いやー、あながちそうでもないよ。
小学生の家の子どもも、名探偵コナンからミステリに入ったけど、
気がついたらドイルやポー読み始めて、乱歩に来てた。
面白いと思えば、子どもは何でも読むさ。

751 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 22:09:05 ID:J0SDm4cw
>ポー読み始めて、乱歩に来てた
普通逆だろw

752 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/02(土) 22:14:27 ID:9IHj2R/Y
コナンや金田一少年好きは、
新本格の作家(アーヤ、アリス、禿人等)の読者になる例がある。
大乱歩の場合は、意外や、絶滅種である文学好きに好まれ、
文学板でもスレが認知された数少ないミステリ作家でもある。



753 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 22:17:06 ID:ftWVHAJP
>>749
中3だけど、読書族の間では結構はやっている。

754 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/02(土) 22:32:48 ID:9IHj2R/Y
>読書族の間では結構はやっている。
やっぱりな。昔から芥川や太宰を読んでいる奴らも大乱歩を読んでいた。
勿論、谷崎、川端、三島の読者は読んでいる者多数。




755 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 23:24:46 ID:q6Gv7/LF
>>751
どうして先にポーに至ったのかは俺にも分からん。w
短編でも読んだかな?


乱歩の二次創作というか、題材にしたものを読みたいと思っているんだが、お勧めはあるかな。
作家たちの乱歩の捉え方が見えて、面白く感じる。
最近読んだのは、恩田陸の「新D坂殺人事件」。
でも、乱歩作品の解釈はともかく、本ちゃんのトリックがイマイチとオモタ。

756 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 23:31:42 ID:J0SDm4cw
乱歩幻想譜とか

757 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 23:33:22 ID:18q9gt2E
>>755
北村想「怪人二十面相・伝」はどうかな?

758 :名無しのオプ:2005/07/02(土) 23:44:45 ID:olO2MgJa
「乱歩の幻影」
http://www.bk1.co.jp/Sakuhin.asp?ProductID=1698632

759 :名無しのオプ:2005/07/03(日) 00:33:27 ID:0N8228Fd
乱歩幻想譜ってこれか
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4195674913/qid=1120315625/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/249-6617379-7219535
しかしこの評者、乱歩をよほど高尚なものと思い込んでるらしく笑える↓

>乱歩的世界をエログロといった道具立てで表現しつつ、しかも中身は空っぽという駄作。
>有名な乱歩の放浪癖を題材に、行く先々で彼の作品に基づいた奇怪なものにぶち当
たるという構成だが、作者の嗜好と思われる執拗な糞尿の描写など、
戦前のジャーナリズムと同レベルかそれ以下の乱歩把握にはまったく呆れかえる。
>
>もちろん論理や謎といったものはほとんど存在せず、
ただただ自称「幻想譜」が垂れ流されるのみである。
>ただしこのような俗悪な乱歩把握こそが、戦前ジャーナリズムの常識的見解であったことを確認し、
探偵小説への偏見に思いを馳せるという点では意味があるかもしれない。

760 :名無しのオプ:2005/07/03(日) 00:35:24 ID:PPPFKAkT
>>757
んー、あれは(ネタばれの為削除)が面白いから
ファン必見だし、好きだけど、
ノスタルジーに誘われるどころか
ノスタルジーを壊されるからなぁ…。


>>755
漏れがノスタルジーに誘われたのは、

山田貴敏の「怪人二十面相」とか、
小原愼司の「二十面相の娘」かな。

いずれも漫画だけど。


761 :名無しのオプ:2005/07/03(日) 01:33:58 ID:P+khbL6G
>>756
斎藤 栄にはあんまり良い思い出がないけど、>>759のレビューが面白いですね。
興味そそられました。

>>757
その作家事体、読んだことないです。
レビューちょこちょこ読むと、面白そうですね。

>>758
リンクまで張ってもらってすみません。
単純に乱歩のパロディでなく、乱歩作品(だけじゃなさそうですが)をモチーフに再構成された本かな?
まさに読みたいと思っていた本。
amazonで予約しました。ありがとうございます。
届くの楽しみ。

>>759
乱歩自身にどういう評価がついて回っていたのかに関する知識がほとんどないから、
そういうレビューも読むのも面白いもんです。多謝。

>>760
漫画も好きですよ。でも、ノスタルジーを特に求めてるのでもないので、>>757も読んでみようかと思います。
漫画は、最近久保田眞二の「ホームズ」読みました。
明智小五郎の父親が、ホームズと一時期過ごしていたという設定で事件の思い出を語っていくのですが、
ホームズやモリアーティたちの顔がグラナダ版の役者そっくりでちょっとノスタルジーですた。

762 :名無しのオプ:2005/07/03(日) 01:38:19 ID:P+khbL6G
しばらくは、「乱歩の幻影」を楽しみに過ごそうかと。

>>756-760
ありがとございました。

763 :名無しのオプ:2005/07/03(日) 02:04:38 ID:C1w+pVva
ここで取り上げるとものすごく叩かれそうだけど、
川田武『乱歩邸土蔵伝奇』(光文社文庫)
「えっ、乱歩と龍馬が×××!? 時空を超えたミステリー!」という帯の付いた本がある。
とんでも本だけど、これはこれで、面白いと思った。

764 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/03(日) 15:26:54 ID:1W19cQ4m
乱歩作品のパスティーシュ、パロディ等は数あるが、
どれも大乱歩が書く世界とは微妙に(かなりか・・)異なる。
むしろ、少し前に出た本だが、乱歩の代表作のネタを精神病理学的視点で
アナライズした「屋根裏に誰かいるんですよ 都市伝説の精神病理」(河出書房新社)
といった研究書の方が、乱歩的世界を描いて興味深いものがある。

765 :名無しのオプ:2005/07/05(火) 18:58:22 ID:EOAjQkX9
内川清一郎の一寸法師見た。
一寸法師が子供に饅頭やるシーンが可愛かったな。

766 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 22:21:13 ID:rDeNrYrl
つーかさ、>>497の乱歩地獄

「今秋、シネセゾン渋谷にてロードショー!」って書いてあるんだけど
↑このシネセゾン渋谷ってとこでしかやらないってことか?
全国放映しないってことなのかママンorz


767 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 22:26:04 ID:BM/KQ2Nv
それをいうなら「全国上映」だろ

768 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 22:55:47 ID:O/DSKcaF
>しかしこの評者、乱歩をよほど高尚なものと思い込んでるらしく笑える

ゲス野郎が。

769 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 23:03:31 ID:dhN00mHN
乱歩地獄今日のおは朝で見た。

露出なすぎてマイナー映画だと思ってたけど
普通に全国でもおかしくないキャストだよな。

770 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 23:22:33 ID:wMcb2wLX
>>768
も、もしかして乱歩を高尚な文学と思ってるんですか??

771 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 23:50:46 ID:M1NFAMFy
>>770
弄らないほうが良いと思います。

772 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 23:54:21 ID:cZOhq2fh
ちょっと思ったのだが、「隠れ蓑願望」があった乱歩=「蓑浦」だったりしないか?
「蓑浦=ミノウラ=蓑の裏」って感じで。蓑浦っていう名字って何回か出てくるよな?
「孤島の鬼」の蓑浦なんか特に、もしかして乱歩自身だったりしないか・・・?
「乱歩打ち明け話」を今日読んで思った。

773 :名無しのオプ:2005/07/07(木) 01:11:20 ID:ZiKYlpz6
もんた

774 :名無しのオプ:2005/07/07(木) 11:17:15 ID:glel9HyD
高尚だろうがそうでなかろうがどうでもいい
乱歩は乱歩

775 :名無しのオプ:2005/07/07(木) 21:13:51 ID:biNkGcig
このスレに生息する痛い人

・乱歩は高尚文学
・乱歩にジャンルなんて無い。あえて言うなら「乱歩」ってジャンル
・書(ry


776 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 02:02:54 ID:YixvpHiF
>>775
プラス「このスレに生息する痛い人」を分類する人

777 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 13:52:58 ID:/Mbrn91W
分類魔と言えば

778 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/08(金) 22:51:11 ID:9YVY8HSs
>あえて言うなら「乱歩」ってジャンル
俺もこのスタンスを取る。
確かに、「乱歩を隠れて読んだ時代」「女性読者皆無に近い時代」も存在はしたが、
現時点では、ミステリというジャンルあるいは幻想文学というジャンルを超越した
「存在」でしょ。今も批判者はいるが、「はい、はい、みゆきでも読んでいてね」
と余裕で受け流せる。それほど巨大な存在(一人一ジャンル)ということだな。

779 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 23:05:18 ID:Eq6wGdF1
>>772 いやいや、強引すぎね?とはいえ、うろ覚えなので、もいっかい読んでくる。

780 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 23:07:48 ID:sOtfV2OH
>>778
タッチじゃいけませんか

781 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 23:09:13 ID:Eq6wGdF1
レス番が飛んでるってことは、>>778はアイツかwww

782 :名無しのオプ:2005/07/08(金) 23:27:41 ID:mSYGXBMt
このスレでは書斎魔神が一番まともなこと言ってるな。
他のレスはほとんど子供の書き込みのようだ。

783 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 00:16:08 ID:gV2A5sha
おまえの書き込みもな

784 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 02:11:36 ID:kjFioA4c
自演か釣りなんだからやめとけ

785 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 02:37:36 ID:5mwVc4LG
ほんとに、書斎のレスだけピックアップして読むと、
見事な乱歩論になってることが分かるよ。
他の奴、特に一行レスみたいなのは全くつまらない。

786 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 02:48:46 ID:Im9j+QiR
俺がこのスレに求めているのは、議論でも論考でもない。
そんなものは、そばにいる友達や知り合いと顔を合わせながらやればいいと思ってる。

俺は、そういう人達とはできないゆるーい話をこのスレでしたいなあ。マターリと。

787 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/09(土) 12:20:16 ID:xCcMwRw9
>>786
>俺は、そういう人達とはできないゆるーい話をこのスレでしたいなあ。マターリと。
そういう事は自分のブログかホムペでやってくれや。
ここは2ちゃんだし、過激な論が交わされるのが唯一の売りである。
「ブログに押され気味で、2ちゃんはつまらなくなった」という声も多いが、
怪しく、妖しい大乱歩の世界は、まさに2ちゃんで語るにふさわしいと言い得る。
このスレを見て、「昨日の晩、椅子の中に入ろうとして壊してしまい、
カアちゃんにしばかれました」とか、「喘息の持病があるにもかかわらず、屋根裏を歩き
回ってみました。今日は咳が止まらず寝込んでいます。アンラッキー!ウイッキー!」
こういう乱歩ワールドのパロディを地で行くような連中が続々と登場して来ないものかと
期待している。

788 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 13:08:35 ID:kjFioA4c
まぁ俺は、2chでの議論や論考も好きだけど
ロクに乱歩読んでない、知識不足、明らかな発言の間違えを認めない
都合が悪くなると自演、傲慢etc...ってそんな糞コテが
邪魔する限り、ここで乱歩に関する議論や論考は無理だと思う。

つか、なんで2chの乱歩スレでコテハンで語る必要があるのだろうか?
コテハンで発言したければ、それこそ乱歩系の掲示板で語りあうべきでしょ
乱歩って、それ専用の掲示板が存在しないようなマイナーな作家じゃないし。
ま、普通の掲示板だと、お得意の自演すると掲示板の管理人にバレるから
って理由でしてるんだろうけどね。


789 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 15:09:44 ID:0bj7Dn4s
>>788
相手にするなよ。
バカを相手にするほど無駄なことはないぜ。

790 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 16:24:22 ID:V+Xg3B6b
>ここは2ちゃんだし、過激な論が交わされるのが唯一の売りである。

>>そういう事は自分のブログかホムペでやってくれや。


791 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 19:00:22 ID:lT/Gp2mD
なんでこのスレはマターリしないんだろう

792 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 19:08:14 ID:tV+WC2t6
ヒント:自演

793 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 20:00:00 ID:8ZlkWcsn

 || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 || ○荒らしは放置が一番キライ。荒らしは常に誰かの反応を待っています。
 || ○放置された荒らしは煽りや自作自演であなたのレスを誘います。
 ||  ノセられてレスしたらその時点であなたの負け。
 || ○反撃は荒らしの滋養にして栄養であり最も喜ぶことです。荒らしにエサを
 ||  与えないで下さい。                  Λ_Λ
 || ○枯死するまで孤独に暴れさせておいて   \ (゚ー゚*) キホン。
 ||  ゴミが溜まったら削除が一番です。       ⊂⊂ |
 ||___ ∧ ∧__∧ ∧__ ∧ ∧_      | ̄ ̄ ̄ ̄|
      (  ∧ ∧__ (   ∧ ∧__(   ∧ ∧     ̄ ̄ ̄
    〜(_(  ∧ ∧_ (  ∧ ∧_ (  ∧ ∧  は〜い、先生。
      〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
        〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ


794 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 20:03:07 ID:8ZlkWcsn
●重要なお知らせ

当スレにはネタバレを繰り返すコテハンが居ついています。
ネタバレの危険が高い彼のレスを目にしたくないという方には、
2ちゃんねる専用ブラウザの導入をオススメします。
そしてブラウザのあぼ〜ん機能・NGワード機能を使い、
  書斎魔神
をNGワードに設定しましょう。



もう次からここらテンプレな
あと自演じゃないならかまうなよ
そんなに荒れるの楽しいか、かまう人よ?



795 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 21:37:16 ID:Im9j+QiR
書斎魔神 ◆qGkOQLdVas
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
乱歩スレに住みつく唯一のコテハン。
ネタバレを含めた持論を主張し続けるため、NGワードに指定対象人物にされる。
議論が好きで、人の発言にレスすることも多いが、
傲慢な態度と自分の発言の間違いを認めないことから、
他の住人からは嫌われている。
また、彼を極端に擁護するものもおり、自演が疑われてもいる。
そのため彼の発言をスルーできない住人のレスがつくと、すぐに荒れる結果となる。
よほどのことが無ければ、NGワードを推奨。



これぐらい書斎魔人について書いておけば、みんなNGワードに指定してくれるかな?

796 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 21:50:44 ID:5mwVc4LG
書斎をNGにしたら、このスレ、読む価値のないただのクソスレになっちゃうよ。

797 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 22:46:25 ID:ers6Oa1K
>>795
ちょっと改訂。


書斎魔神 ◆qGkOQLdVas とは?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
乱歩スレに住みつく唯一のコテハン。
ネタバレを含めた持論を主張し続けるため、NGワードに指定対象人物にされる。
議論をふっかけることが好きで、人の発言にレスすることも多い。
しかしその態度は傲慢で、他者の意見を絶対に受け入れずに相手を誹謗・嘲笑し、
自分の発言については明白な間違いさえも絶対に認めないことから、
他の住人からは忌み嫌われている。
また、彼を極端に擁護するものもいるが、
彼らは例外なくそれ以外の住人を罵倒し、スレに沿った話題をしようとはしない。
そのことから、書斎魔神の自演が疑われてもいる。
そのため彼の発言をスルーできない住人のレスがつくと、すぐに荒れる結果となる。
よほどのことが無ければ、NGワードを推奨。
NG設定しない場合でも、彼のレスは完全無視が望ましい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

798 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 23:29:28 ID:5mwVc4LG
そんなことより、書斎より面白いこと書けばいいだけの話だよ。
じゃないと単なる負け惜しみにしか見えない。

799 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 00:49:08 ID:TSULTYYt
もういいから、乱歩の魅力について語ろうぜ
「見世物小屋」「お化け屋敷」が乱歩の本質だと思うんだけど、どうだ?

800 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 08:04:16 ID:B6/k1krH
議論をふっかけると書いてあるけど、このスレ見る限り書斎魔人のレスはただの独り言にしか見えなくてカワイソスwww
でも、書斎魔人のレス読んで、ふーんと思うこともあるんよんね。
どこが間違ってるのか分からないので、誰か教えてほしい。
乱歩初心者だから、分からんのよね。当時の事情とか、歴史とかも知らんことばかりだし。

書斎魔人って人の人間性は脇に置いといて、
言ってることはどれぐらい合ってて、どれぐらい間違ってるの?

凄い勢いで嫌われてるという空気しか読めんw

801 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 08:15:55 ID:B6/k1krH
>>799
俺の場合、乱歩の小説読むと「いろんな想像してる童貞」という感じがしてならないので、人にはそう表現してる。
なんちゅーか、溜まりに溜まった童貞の不安感や期待感が、どろどろとあふれ出てきたような。
言葉にするの難しいな。
まあ、見世物小屋やお化け屋敷に入る前の気持ちにも似てるかも。

問題は、乱歩を読むことが、セックスの変わりにならないということで。

802 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 08:22:45 ID:B6/k1krH
荒れるようなら、>>800は無視してね。

803 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 10:02:21 ID:53tz0fY2
>>800
本人は「論考」と自称しているが、少なくとも「論考」と呼ぶに値しない。
議論については、以前議論しようとした人もいたが、知識が及ばず返答出来ない内容だったり、誤りを指摘されたり
すると逆ギレして相手をバカ呼ばわりする。
結果このスレだけではなくほとんどのスレのスレタイで放置推奨されるに至る。
過去には他板にこの板の荒らし依頼をしたこともある。
心ある人が忠告しても「コテハンを叩くな」「荒らしは過去のことだ」などど名無しで返答するのみ。
要するに嫌われるているのは当然それだけの理由があるということ。

結論:初心者が読んで百害あって一利なし。ましてレスつけたりすれば不快な思いをするだけ。

804 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/10(日) 13:08:25 ID:mKJctY+w
>「見世物小屋」「お化け屋敷」が乱歩の本質
これはよく指摘される点だし、松本清張氏あたりもこのように把握していたようだ。
ただし、代表作・傑作と言われる作品の中にも、これに該当しないものが相当数ある
ことに留意しておく必要がある。
例えば、初期短編の「二銭銅貨」「心理試験」等は、まさに日常に潜むスリルを主眼に
したものであるし、ラストに世相に対するシニカルな視点さえ感じさせる
後期の長編「ペテン師と空気男」の洒脱さは秀逸である。
つまり、かなり懐が深い作家なのである。

805 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 14:07:50 ID:n9ceRtDd
>書斎魔人のレス読んで、ふーんと思うこともあるんよんね。

奴のレスの中身は、大抵はどこかの本やサイトからのパクリだからね。
完全に間違いだというわけじゃない。
だけどオリジナルの部分は、事実を無視したり勝手な思い込みをしたりで出鱈目だらけ。
過去に奴に反論し、その「論考」の根拠を訊いた人もいたが、
奴はそれに対して「反論する根拠を示せ」と逆に訊き返した。
で、例えばエッセーや研究本のたぐいを挙げれば「頭から信用するのはどうか」という、
それこそ根拠のない言いがかりで無視し、「反論はないようだ、やっぱり俺が正しい」と言い出す始末。

そして奴の説の根拠はと言えば、「エッセー等に書かれていないのは、都合の悪いことをしていた証拠だからだ」
などというシロモノだから大笑い。

まあこんな自分勝手なトンデモ論法繰返しているから皆に嫌われる理由の1つなわけですよ。

806 :無知の実例:2005/07/10(日) 15:35:18 ID:sKL9BO4M
589 名前:書斎魔神 ◆qGkOQLdVas [] 投稿日:04/08/02 20:31 ID:TI7Cnkt1
グロ度・ダーク度のグレードの高さなら、1に「闇に蠢く」、2に「盲獣」である。
短編なら長編「一寸法師」の原型になった「踊る一寸法師」などもお薦めだ。

590 名前:名無しのオプ[] 投稿日:04/08/02 21:44 ID:zv+WjBJW
「一寸法師」と「踊る一寸法師」は全然関係なかろう。
むしろ「踊る一寸法師」の原型はポーの「ちんば蛙」

アッ釣られたか! シマッタ!

591 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/02 21:54 ID:jwHItV4B
素の知識が釣りレベルの人なのよ

592 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/02 22:00 ID:E3iN8Og+
マジで名探偵論争を知らなかった奴だからなw

599 名前:書斎魔神 ◆qGkOQLdVas [] 投稿日:04/08/03 20:28 ID:BxipUwOP
>「一寸法師」と「踊る一寸法師」は全然関係なかろう。
執筆年代から考えてもこれは違う。
松村善雄氏曰く(「乱歩おじさん」より)、
「踊る一寸法師」は長編「一寸法師」からは独立した掌編とのこと。
(従って、物語上の関連は無い)
乱歩曰く、「ホップ・フロッグ」の味を狙ったものとのことだが、
松村氏は、大蘇芳年の残酷絵の味といったほうが適切と書いている。

600 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/03 21:26 ID:KodwHE6W
間違いを糊塗するために、更に間違いを並べ立てる
無知の哀しさに溢れたレスだなw

807 :無知の実例:2005/07/10(日) 15:37:02 ID:sKL9BO4M
601 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/03 23:37 ID:iKLbJ3J8
よくワカランけど>>599は何が間違いなの??

602 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/03 23:41 ID:KBoOMcHU
独立の意味を勘違いしてるってことと、松村氏の意見を何故か鵜呑みにしてるってことだろう

603 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/03 23:47 ID:KodwHE6W
ご丁寧に松村氏の名前まで間違えているw

鵜呑み・受け売りはいつものことだから、いまさら驚かないがな。

604 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/03 23:49 ID:CYpa9grw
>>589>>599
自分で言ってて、なに他人事のように否定してんのかわからん
馬には影武者でもいるのか?

605 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/04 00:01 ID:WZ5am/kr
>>604
松村氏は「タイトルは似ているけれども無関係な作品だ」という意味で

>「踊る一寸法師」は長篇「一寸法師」からは独立した掌編である。

と書いているのに、読解力に乏しい馬は、これを

「踊る一寸法師」は長篇「一寸法師」 か ら 独立した掌編である。

と理解してしまった模様。

606 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/04 00:05 ID:wLcoxRBB
>>605
本当に読んでいるなら、絶対にそんな勘違いする筈もないのだけどねw

808 :無知の実例:2005/07/10(日) 15:39:17 ID:sKL9BO4M
607 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/04 00:25 ID:TEUa3yA9
その程度の読解力じゃ本読むのも苦痛だろうな。
理解できない部分を脳内補完した結果こうなってしまうか
読書自体を放棄してネットで情報集めるだけのシッタカ厨に
なってしまうのも無理はない。と同情してみる。

608 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/04 02:23 ID:WZ5am/kr
馬がほとんど本を読んでいないのは、発言を見れば一目瞭然。

よく言うセリフ「昔は角川文庫からこの人の本がたくさん出ていた」が端的に示すように
馬人がそれなりにミステリを読んでいたのは、まさに角川文庫が精力的に国産ミステリ
を収録していた七〇年代後半のことで、その後は何にも読んでいないんだろうな。

新本格以降の国産ミステリの動静についての知識は皆無。文庫しか読んでいなかった
から、七〇年代でも文庫化されなかった「名探偵論争」なんかはご存知ない。読んでる
本についても、三十年近く前のおぼろな記憶に頼っていい加減なことばかり書き散らす。

そのくせ自分の読書量が多いと勘違いしているもんだから、救いようがない。

611 名前:書斎魔神 ◆qGkOQLdVas [] 投稿日:04/08/05 00:18 ID:GdSeE/1Q
短編「踊る一寸法師」は、「新青年」大正15年1月号に掲載。
「一寸法師」は、同年12月から翌年2月にかけて「朝日新聞」に連載されたものである。
時系列的に見ても両作が無関係と考える方がナンセンスである。
物語としての関連性は無いものの(後者は前者を単純に長編化したものというわけではない)
一寸法師というフリークスをメーンキャラにした作という意味では、両作は同じネタで書かれていると言っても差し支えない。
後者は、前者に登場するメーンキャラ向きの長編として構想されたわけである。
急遽の新聞連載のため、乱歩は先に発表したお気に入りの短編のメーンキャラを流用した次第。
松村氏が微妙な表現をしているのは、この辺の事情によるものであろう。
「一寸法師」は評判も良く、決して悪い作品ではないのだが、自己嫌悪に陥るほど
乱歩自身の評価が低いのは、同年におけるメーンキャラの流用という点にもあったかと思う。

809 :無知の実例:2005/07/10(日) 15:40:24 ID:sKL9BO4M
612 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/05 00:31 ID:joLTIdBS
いつもながら無様な言い訳ごくろうさん。
で、次は自演で「あんた物知りだね」と自己レスかな?

613 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/05 00:49 ID:DTUnL3Nr
読んでないのが丸判りだなw

614 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/05 00:58 ID:4N7M8ne9
読まないからスクロールも大変なんですよ 書斎さん!

615 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/05 01:00 ID:P9hdY38M
松村喜雄も大変だな

616 名前:名無しのオプ[] 投稿日:04/08/05 11:32 ID:J/QBBZiB
馬人、明らかに読んでねえ!(ゲキワラ)
発表年月が近いから無関係じゃないって、いったいどういう理屈なんだ!(ワラワラ)
馬はバカだから知らんだろうが、乱歩は人気絶頂期には三作を同時連載してたことだってあるんだぜ!
そんな場合は、その三作全部が関係しとるの?

そりゃどちらも一寸法師が登場するのは事実だが、キャラ設定が全然違うだろ!(まあ読んでないから知らないのだろうが)
短編「踊る〜」の一寸法師は弱者(サーカスのいじめられ者)、長編「一寸帽子」の方は蜘蛛男系の典型的悪役キャラじゃないか!!!

全 然 同 じ ネ タ じ ゃ ね え ! ! !

まあ読んでない奴に向かって何言っても空しいがなw

617 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/05 18:12 ID:DTUnL3Nr
こうなると馬は間違っていることが分っていても、自説を念仏みたいに繰り返す
しか手がなくなる。事実を指摘した書き込みはすべて無視。現物を読め、という
忠告も無視。読まなければ脳内ではかろうじて負けを認めなくて済むからなw

810 :無知の実例:2005/07/10(日) 15:44:51 ID:sKL9BO4M
618 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/05 18:45 ID:m7oql0CV
>>616
キャラ設定(虐められ役と悪役)が違うから、同じネタじゃない
無関係って主張もなんか違う気がするけどな。
馬人曰くの人気作家だった乱歩が連載に追われ
ネタに困って同じ「一寸法師」というフリークスネタで、長編「一寸帽子」
をはじめてしまい、安易なキャラ使い回し(キャラ設定を変えたとはいえ)に
後年、自己嫌悪に陥ったってのが事実なら(ワシは乱歩詳しく無いんで事実か
どうか知らん)あながち両作品がまったく無関係とは言い難い気がするが
どうよ?

620 名前:書斎魔神 ◆qGkOQLdVas [] 投稿日:04/08/05 19:54 ID:14NEou9m
>短編「踊る〜」の一寸法師は弱者(サーカスのいじめられ者)、長編「一寸帽子」の方は
>蜘蛛男の典型的悪役キャラじゃないか!!!
上記レス作成者の読解力の無さに唖然とさせられた。
「踊る…」の一寸法師は、ラストでわかるとおり、最終的に弱者という位置付けをされては
いない。長編に登場する一寸法師は、短編のキャラの一部分を強調したものであり、
「踊る一寸法師」のラストが「一寸法師」のOPに繋がって来るのである。
両作品を比較すると、後者も悪い作というわけではないが、
やはり乱歩は、前者のような怪奇幻想短編でこそ、その持ち味を十二分に発揮する人だと
わかる。
後者には、物語にもキャラにも前者のような狂気に近いような凄味までは感じられない。

621 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/05 20:31 ID:DTUnL3Nr
>ネタに困って同じ「一寸法師」というフリークスネタで、長編「一寸帽子」
>をはじめてしまい、安易なキャラ使い回し(キャラ設定を変えたとはいえ)に
>後年、自己嫌悪に陥ったってのが事実なら(ワシは乱歩詳しく無いんで事実か
>どうか知らん)あながち両作品がまったく無関係とは言い難い気がするが
>どうよ?

事実ではないから、お前さん・・・じゃなかった、馬が嘲われている訳なんだよw

811 :無知の実例:2005/07/10(日) 15:58:34 ID:sKL9BO4M
631 名前:書斎魔神 ◆qGkOQLdVas [] 投稿日:04/08/06 20:06 ID:9jqD6t8+
>事実ではないから、お前さん・・・
喪前は大乱歩本人なのか、と問い詰めたい。軽率な発言は差し控えろ!

今思うと、「一寸法師」のような内容の作品が、新聞小説(しかも大朝日)というのは
信じられないようなことだが、繰り返し書いたとおり、
出来栄えそのものは悪い作品ではないとはいえ、
一年程度でのメーンキャラ使い回しは、いかに大乱歩とはいえ感心しないものもある。
そこまでして朝日に書きたかったのだろうか。

芋虫は自分としては角川文庫を推す。

632 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:04/08/06 20:24 ID:7MMOyxyM
>>事実ではないから、お前さん・・・
>喪前は大乱歩本人なのか、と問い詰めたい。軽率な発言は差し控えろ!

乱歩本人ならずとも両作品をちゃんと読んでいる読者であれば、その内容に繋がりが
まったくないこと、ましてや「メーンキャラの使い回し」などという評言が「事実ではない」
ことは容易に知れる。

話題となっている作品を読みもせず、軽率な発言を繰り返す阿呆馬人は逝ってよし!

812 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 16:06:02 ID:gpBg3vvD



漏前等、書斎にかまっててもしかたないだろ…。


以下何もなかったように再開↓。


813 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/10(日) 19:51:51 ID:mO60WSe+
荒らしはスルーが原則なのだろうが、調子に乗って荒らし放題にならぬように、
釘を刺しておこう。
>>805
>奴のレスの中身は、大抵はどこかの本やサイトからのパクリだからね。
どのレスのどの部分が剽窃に該当するのか具体的に論証してみろ。
出来なければコテハン叩き目的の荒らしと断定する。
併せて正式な謝罪を要求しておく。

コピぺ荒らしの引用に出て来る「キャラ流用問題」は、一読すれば自明なとおり、
「一寸法師」において「踊る一寸法師」のキャラが流用されていないという具体的
な論証は何もなされていない事がわかる。
この場合、大乱歩自身はキャラ流用問題の当事者(=容疑者的存在)であり、
そのエッセイ等における言を鵜呑みにしてはならないのは、至極、常識的な事と言い得る。
作品の出来そのものは別問題として、とりわけオリジナリティが重視されるミステリ
というジャンルにおいて、マエストロ乱歩が短期でメーンキャラを使い回した
という事実は記憶にとどめておくべきであろう。

814 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 20:10:02 ID:98Zs82Tv
>>812
同意。
以後荒らしの書斎はスルーします。

にしても光文社の全集が既刊分さえなかなか揃わない・・・
買いたい本が他にもあるから、つい後回しにしちまうんだよなあ。

815 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 20:16:40 ID:B6/k1krH
>>806-811
それ読む限り、書斎魔人のレス、内容薄いねー。
読まずに、頭の中で補間して発言してるんだろうなってのが、よく分かるなw
過去ログ引っ張ってきてくれてありがとう。久しぶりに笑えました。

>>805
トンデモ論を喋るのは、素人なら問題ないだろうけど、
事実関係の把握の仕方がどこまで正確なのかを知りたかったんす。
>>806-811のおかげでだいぶ分かりました。ありがと。

>>813
反論のための反論は意味がないんよ。
悪い意味でなく、ディベートの仕方学んだほうがいいよ。
2ch以外の掲示板かチャット紹介しようか?
乱歩を軸に、明治を読み解こうとしてる学者や、
乱歩に傾倒してる若い作家のたまごとか、
ただ乱歩が好きで、魅力を語り合いたい学生とかいろいろいるけど。
君みたいな人は、嫌われてない場所で、もう一度やり直したほうがいいと思うなあ。
そこでどうなるかは、君次第だけど。

816 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/10(日) 20:24:18 ID:mO60WSe+
>>815
>反論のための反論は意味がないんよ。
>悪い意味でなく、ディベートの仕方学んだほうがいいよ。
笑った。君は2ちゃん向きではない。
君こそ退場するにはふさわしいかと思う。

ところで、乱歩初学者だそうだが、「一寸法師」も「踊る一寸法師」も読了
しているんだろうな?
えっ、どうよ(藁


817 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 20:24:41 ID:B6/k1krH
少なくとも、相手の発言を荒らしとしか取れない書斎魔人は、
匿名掲示板で話をすることはできないと思うんよね。

ちゃんと持論を闘わせたいなら、その旨一言だけレスでしおくれ。
それ以上は荒れそうだからいいや。


これ以上書斎魔人について書くのは控えるね。スレ汚し失礼。
>>805,806 ありがと。

818 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 20:37:49 ID:r3XLcQCV
805です。荒らし目的で書斎魔神さんを馬鹿にしたこと深くお詫び申し上げます。
ホント済みませんでした。

819 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/10(日) 20:39:54 ID:mO60WSe+
>>817
>乱歩初学者だそうだが、「一寸法師」も「踊る一寸法師」も読了
>しているんだろうな?
まず、この質問への回答をすること。

>ちゃんと持論を闘わせたいなら、その旨一言だけレスでしおくれ。
おい、おい。誤字は御愛敬としても、日本語になってないぜよ(w

自分は、スレ活性化のためのバトルトークには、いつでも応じる準備がある。
他人のレスを剽窃と断定しながら、その根拠を明記しない以上、荒らし目的と
断定されても致し方ないと考える。

820 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 20:54:34 ID:53tz0fY2
>どのレスのどの部分が剽窃に該当するのか具体的に論証してみろ。
>出来なければコテハン叩き目的の荒らしと断定する。

ハイ、書斎の相手をするとこういうレスと>>818みたいな騙りが現れるといういい見本でした。


以後はまたスルーに戻しましょう>ALL
本人も荒らしはスルーって言ってるしねw

821 :805 ◆g05fzRq5TM :2005/07/10(日) 20:58:29 ID:98Zs82Tv
はい卑怯者お得意の騙りが出没しましたので、トリップ出しておきます。

822 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 23:31:10 ID:IwuNscPF
江戸川乱歩のPNの由来は推理小説の元祖と呼ばれている“エドガ・ア・ランポー”だって知ってたかな?

823 :名無しのオプ:2005/07/10(日) 23:40:09 ID:rBUNwade
おいおい・・

824 :明智小五郎:2005/07/10(日) 23:56:27 ID:Um4huMdN
書斎君、つまらない揚げ足取り・誹謗中傷に負けず、頑張ってくれたまえ

825 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 00:40:37 ID:VFaTZERo
一応最後に。
誰かさんの思い込みにどうしても反論したいという人はこのスレへどうぞ。


書斎魔神・アホアホ語録格納庫 その3
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1115991431/l50


以後スルー


826 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 02:15:26 ID:3Lv2dcN/
こっちに書くと、彼に荒らされそうだったので

http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1115991431/l50

のスレの>>569-570に次スレのテンプレ張っておきました。
夏厨対策…というか、新参者に対して彼のことを詳しく説明しておいたほうがいいかな、と。

暇があれば確認して、修正していただけると嬉しいです。


http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1115991431/569-570

827 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 17:44:14 ID:pJAgpmev
今まで乱歩全集の帯捨ててたんだけど
本屋さんで綺麗に並んでるの見ると禿しく後悔するorz
誰か帯だけ売ってくれ

828 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 21:23:10 ID:8HZG9mvD
まだ間に合う。
まだ帯つきのは本屋に並んでいる。

829 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/11(月) 22:31:49 ID:zKxKzEym
70年代と90年代後半(世紀末)は、「乱歩日和」とでもいうか、
乱歩を読みたくなる雰囲気だったのだが、バブルもあった80年代や
不況の恒常化によりある種の落ち着きさえ出て来た21世紀には、
どうも乱歩という感じがしない。
いつの時代にも安定した人気はあるものの、広く乱歩作品が人気を呼ぶ時代性なども
考えてみたく思う。

830 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 23:07:08 ID:dq6wxs3f
>>827
帯付のをもう一度買って、
帯だけはずして素早く返品、これ最強。
つか、漏れの知り合いが実際にやってた。
買った日時が刻印されたレシートをなくさないのがコツ

831 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 23:10:14 ID:iiGNnouZ
そうかなあ。
サブカル方面(漫画・演劇・映画・音楽など)では80年代から乱歩的なものがモチーフになってる
ものが増え始めた気がするし、
アカデミックな方面から乱歩に言及されだしたのもその頃からじゃないか。
80年代末〜90年代初期の新本格ブームもそういう一環だろうし。
そして現在、乱歩はブームじゃなくてここで言われてるように「ジャンル」として確立してる気がする。

832 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 23:14:51 ID:1ubashQG
>>830
悪魔や

833 :明智小五郎:2005/07/11(月) 23:18:30 ID:/xAVVBVD
書斎君以外の書き込みは、帯がどうしたとか、
下らないことばかりで、相変わらず低レベルだねえ。

834 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 23:59:09 ID:hPEajgHa
帯とか箱とか大切に扱わない本屋とかたまにあるからな。
そういう店ではどんどんやるべし。>>830

835 :明智小五郎:2005/07/12(火) 01:17:29 ID:CbgBk7Mf
書斎君はいつも堂々と本を盗んでいくというのに、
他の書き込みは返品を奨励するような下劣なものばかり。
少しは書斎君を見習いたまえ。

836 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 01:30:35 ID:0/2S/U8J
俺、本の帯って嫌いなんだよね。
せっかく装丁が良くても、帯が邪魔してるの見ると萎える。
「〜絶賛!!」っていう文句見ると、うるせぇ馬鹿、とも思ってしまう。
本を読んで知的な遊びをしたいのに、帯がそれを邪魔する感じ。
帯の商業的な臭いが嫌いだ。


そんな俺は本屋。
乱歩売れないッス。

837 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 01:51:43 ID:/0x8dnvW
帯の有無で古書価は馬鹿みたいに違うらしいからね。
でも、そこまでのこだわりは、もはやマニア・コレクター・ヲタクの領域で、
普通の読書好きには無縁の世界だよね。

838 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 17:22:34 ID:APt90RwM
乱歩全集の帯はイイな。綺麗だし。

839 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 18:23:55 ID:hQ9yu3eY
相変わらず光文社マンセー坊が湧いてるな…

840 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 20:07:21 ID:yX3bJ54I
紀田順一郎・東雅夫編『日本怪奇小説傑作集』全3巻
(創元推理文庫より2005年7月より隔月配本予定/カバーデザイン=間村俊一)
第一集には、乱歩作品として鏡地獄が収録された。

怪談の季節となりました。

841 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/12(火) 21:14:01 ID:X8lQ+03Y
乱歩作品のミステリ以外のサブカルチャー方面への影響、アカデミックな分析等は、
乱歩作品そのものの需要とは別問題という感がある。
また、新本格の作家には、鮎を信奉する作家は多いが、意外に乱歩の影響を語る者は
少ない。(アーヤなどは内容的に乱歩ジュブナイルの影響が色濃いように思うのだが)
70年代には、春陽文庫があったにもかかわらず、講談社の選集(ソフトカバー)が
良く売れたりもしたが、今はもう乱歩を単行本で「売る」のは無理でしょう。
「ジャンル」として確立されたことにより、かえって高く「売る」のは難しくなって
しまった。

842 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 22:58:04 ID:xYiRtWx9
がんばれ!書斎魔人さん!

843 :明智小五郎:2005/07/12(火) 23:07:07 ID:fHgFmvEq
書斎君のパクリ論考も随分磨きがかかっているようだね。
他の者達も彼を見習い、どんどん剽窃をするように。

844 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 23:14:08 ID:ZBwx4kIx
つまんね

845 :名無しのオプ:2005/07/12(火) 23:38:30 ID:G8XKOuJQ
書斎魔神って誰?

846 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 00:43:20 ID:6icHfKtq
> 新本格の作家には、鮎を信奉する作家は多いが
同時代で生きてたからだろ。

847 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 02:06:24 ID:YdyNmppJ
思い込みにどうしても反論したいという人は下記スレにてお願いします

書斎魔神・アホアホ語録格納庫 その3
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1115991431/l50




848 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 15:08:12 ID:kDF4jnYE
自演は困りますが、ファンの方はどうぞ。熱く語りましょう!

書斎魔神ファンクラブ
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/bobby/1113998897/l50

849 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 18:08:51 ID:1TZuqtPi

気にいらないレスは蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲。

これが1番。
書斎も、書斎嫌いなやつも、もう少し大人になろうぜ

850 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 20:08:36 ID:JU7AEsAX
前々から思っていたのだけれど、乙一という作家の
「優子」という作品・・・
あれは盗作にならないのだろうか。
物語全般に加え、登場人物像もあからさまに
江戸川乱歩の「人でなしの恋」を連想してしまうのだが。

最も小説の場合、元ネタに対し、どこか一箇所でも
ひねりがあれば盗作にならないと聞いたことはあるけれど。
それにしても・・・出版に当たって問題にならなかったのだろうか。

851 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 21:14:56 ID:44wRXw3J
そうなの?
今度読んでみよ

852 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/13(水) 21:51:11 ID:b2t3G6J9
新本格の作家も含めて、日本の本格ミステリ作家が理想とするのは、
論理中心の鮎作品なのだと思う。
乱歩は本格ミステリの作家とは言えないし、その作風は唯一無二、目指そうとしても
無理という感も強い。

853 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 22:08:15 ID:anan5Hbe
ポスト新本格になると、ミステリーとしての本格トリックよりも、
「妖しげな雰囲気」重視になってるね。
京極なんかがきっかけかね。
ホラーブームとも相まって乱歩的価値観の復活興隆じゃないかな。

854 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 22:20:10 ID:anan5Hbe
つまり昔で言う所の「変格」的になってきてるということね。

855 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 00:09:28 ID:15Ef4EZF
>>851
乱歩好きなら「優子」は一読の価値アリだと思う。
乙一という作家はデビューが早く(確か16だか17)
デビュー後、第一作目が件の「優子」なんだけれども
初めて読んだ時は「良いのか?」と思ったもん。
オチこそ違えど、後はまんま。
ネットで書評サイトを巡ってみたけれど、盗作か否かと
問題にしているサイトは殆どなかった。
こんなの良くある話なのかもしれないけれど、それにしてもなあ・・・。
もしも訴えられたら勝ち目はあるんだろうか
そう思ってしまうほど。

856 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 00:18:16 ID:Wd8mKecD
文章自体の盗用は間違いなくダメだろうけど、アイデアの場合
難しいよね。

857 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 00:37:46 ID:Up5i5Gr7
人形愛って主題自体、古くからあるもので、別に乱歩の独創って訳では全然ないし・・・

858 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 00:45:17 ID:R8RGmgsO
読書家でミステリー系の人でも、ちゃんと乱歩作品を読んでいるのかあやしい。
他の娯楽が盛んな現代、相対的な読書人口&読書量は減っているのだろうし、
盗用まで認識できる人はこれからもどんどん減っていくのではないか?
乱歩を読破するのはかなり大変だと思うし、魅力的な作品は乱歩だけでもない。
ただオレが死んだ後も何十年後も人々に読まれ続けるであろう普遍的な魅力の作風だとは思う。
「優子」は埋もれてしまう運命にあるが、「人でなしの恋」は今後も読者数を増やす運命だと思う。


859 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 01:03:43 ID:C4WRFhMA
>>853
ポストってか新本格からしてそんな気がする。

860 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 01:18:41 ID:15Ef4EZF
>>857
もちろん、「人形愛」という題目を扱っただけならば
盗作だなんて言葉は持ち出さないよ。
「優子」は、話の筋、登場人物の関連図までも「人でなしの恋」を
彷彿としてしまうからさ。
主人公の少女が、仕えている「旦那様」
(「人でなし〜」では夫婦の関係だったけれど)と
「生き人形」との妖しい関係に疑念を抱き、徐々にその
疑惑を深め、いつかそれを決定的なものにし、結果
妬みと恐怖心からその人形を燃やしてしまう描写まであるし。
まあ、「優子」では、その後、どんでん返しがあるのだけれど。
「乱歩作品への敬意=オマージュ」で済む事なのかなあ。
「オマージュ」と「盗作」の定義の違いって何なんだろ。

861 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 01:54:36 ID:C4WRFhMA
盗作は元作品を知って貰われては困る。
オマージュは元作品を知っていて貰わないと困る。

862 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/14(木) 20:49:41 ID:EJTn34tL
怪談の長い伝統を持つ日本では、そもそも論理重視の「本格」よりは、
怪奇や猟奇を強調して物語で読ませる「変格」の方が、読者に広く受け入れられ易い
土壌があったと言える。
本格ミステリのマエストロ横溝正史作品を見ても、本格ミステリと言い得る内容の
ものは一部にとどまり、サスペンス・ミステリに分類されるものが大半である。
だが、今度「犬神家の一族」という話を書くと横溝御大から聞いた時の
「犬神などというものは嫌いだ」との趣旨の発言(結局、大乱歩が思い浮べた内容に
誤解があったようだが)でわかるとおり、ジュブナイルを除いた乱歩作品には、
超自然的な怪奇を強調した作は意外に少ない。
この点では、妖怪小説とも称される京極作品は、大乱歩のストレートな継承者とは
言い難いものがある。

ミステリの定番である暗号ネタに真正面から挑んだ「二銭銅貨」、
本格ミステリの禁じ手とも言われたエロを巧みに導入した「D坂の殺人事件」、
これもまた禁じ手であった心理試験を逆手に取った傑作の同名作品。
倒叙トリックねたオンパレードの「赤い部屋」、幻想小説「押絵と旅する男」、
怪奇小説「指」…短編だけ見ても乱歩作品は、内容的に実に多彩なものがある。

863 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 20:54:36 ID:Et9UikL5
思い込みにどうしても反論したいという人は下記スレにてお願いします

書斎魔神・アホアホ語録格納庫 その3
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1115991431/l50

864 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 22:23:09 ID:uIccGv17
>>863
思い込みじゃないよ、当たっている。
思いっきり剽窃だからねw
横溝作品批評は的外れだけど、思い込みとは違うね。

865 :名無しのオプ:2005/07/15(金) 00:25:04 ID:GxsQkXYh
乱歩好きな方で、上記の「優子」を未読でしたら
是非読んでみてほしい。
どう思うか、他の方の感想が聞きたいです。

866 :名無しのオプ:2005/07/15(金) 02:27:01 ID:9SM5NsIh
>>865
オマージュの形を借りた叙述トリックだと思ってた。
読者にオチを予想させておいて、最後に捻りを加えて驚かそうという趣向でいいんじゃないのかな。
さしたる捻りでなく、むしろありきたりなのがダメダメでしたがね。

867 :名無しのオプ:2005/07/15(金) 03:28:52 ID:GxsQkXYh
レスありがとうございます。
やはり「オマージュ」で済む問題なのか…。
ひねりを利かせれば「盗作」にならないというのも
微妙なところだなあ。
(元ネタを丸ごと写し取った場合に限らず
 一部拝借しただけでも「盗作」に当てはまるらしいので)
乱歩好きが「優子」を読んだ場合
「元ネタを知っているがゆえにニヤリ」派と
私のように「盗作なのでは?」と良からぬ気持ちに
なってしまう派とに分かれるような気がする。
ネット上でこの事が議論されていたり問題として
取り上げられていないところを見ると>866さんのような方が
多いのでしょうね。

868 :名無しのオプ:2005/07/15(金) 04:41:55 ID:GxsQkXYh
連続すみません。
他に乱歩作品を基本に取り入れた現代小説ってあります?

869 :名無しのオプ:2005/07/15(金) 08:47:18 ID:BjH5t0Yn
二階堂の地獄の奇術師なんかは、暗黒星って感じですよね

870 :名無しのオプ:2005/07/15(金) 13:21:24 ID:tPRnNUxX
>>868
ごめん、基本に取り入れたというと違うかもしれないけど、アヤツ
ジユキトの「フリークス」なんかは、
やや乱歩ネタと言えると思う。
うん。
だめだ、こういうのって結構むずかしいモ
ンだな……

871 :名無しのオプ:2005/07/15(金) 14:19:56 ID:F+1ThVNk
きっと一生懸命考えたんだろうな。1時間くらいかけてw

872 :名無しのオプ:2005/07/15(金) 17:15:28 ID:muCy3CqL
光文社文庫版全集23巻「怪人と少年探偵」購入。

でもこれずっと刊行予定では22巻ってことになってたよね。
なぜ急に変更になったんだろ

873 :名無しのオプ:2005/07/15(金) 19:08:06 ID:Yi5KA7nJ
>>872
予定を越えた評論収録のあおりで、分量調整したからじゃないかな。
本来なら、25巻の「鬼の言葉」に入るはずだった、「探偵小説の謎」が
「怪人と少年探偵」に併録されているし、22巻にも何点か入るみたい。

参考までに、刊行予定のチラシでは

第22巻 怪人と少年探偵
   鉄人Q 仮面の恐怖王 電人M 怪人と少年探偵
第23巻 ぺてん師と空気男
   ぺてん師と空気男 指 おれは二十面相だ 妖星人R 超人ニコラ

実際の収録内容は、ほぼ22巻と23巻の標題を交換したような感じだよね。

874 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/15(金) 21:07:48 ID:ivkXujkh
「地獄の奇術師」は、やはり「暗黒星」よりは「地獄の道化師」のイメージに
もとづくものである。
小品ながら「地獄の…」を愛読する乱歩ファンは意外に多い。
アーヤの新作「暗黒館の殺人」には、設定、語り口等に乱歩ジュブナイルの影響が
覗われる。この傾向は館シリーズの中でも本作において顕著である。

875 :名無しのオプ:2005/07/15(金) 21:24:38 ID:mAa4K8QW
反論はこっち。
書斎魔神・アホアホ語録格納庫 その3
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1115991431/l50

876 :名無しのオプ:2005/07/16(土) 21:38:00 ID:OjgQOxnf
>868
芦辺拓「怪人対名探偵」


877 :名無しのオプ:2005/07/17(日) 10:36:56 ID:4IwGaOB2
| ┃彡     , -.―――--.、
    | ┃彡    ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;ヽ  
    | ┃    .i;}'       "ミ;;;;:} 
    | ┃    |} ,,..、_、  , _,,,..  |;;;:| 
    | ┃彡   |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|
    | ┃    |  ー' | ` -     ト'{
    | ┃   .「|   イ_i _ >、     }〉}  _________
    | ┃彡  `{| _;;iill|||;|||llii;;,>.!-'  /スターリンが
バンッ!! | ┃     |    ='"     |  <  午前10時半を回ったことを
    | ┃      i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {  \ おしらせします。
    | ┃    丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ  \
    | ┃ 彡'" ̄ヽ  \、_;;,..-" _,i`ー-  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | ┃     ヽ、oヽ/ \  /o/  |   
                 ☆


878 :名無しのオプ:2005/07/17(日) 19:24:14 ID:a+lmLPTU
868です。
レス下さった方々ありがとうございました。
是非探して読んでみますね。楽しみだな。

879 :名無しのオプ:2005/07/18(月) 23:10:58 ID:5b+/u/BY
人いないな〜・・・・
魔神でもいいから誰か来てよ。

880 :名無しのオプ:2005/07/18(月) 23:14:12 ID:Vw3cEc0h
ジュブナイル読んだ事なかったけど「新宝島」意外と面白かった。
一気に読めたかんじ。

881 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 01:10:20 ID:RWt80bRg
>>868
嵐山光三郎「活字の人さらい」

882 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 19:31:46 ID:r8pISnf9
ttp://www.st.rim.or.jp/~hajima/yanaka/spot/rampo.html

谷中にある喫茶店
(というよりミルクホールという表現の方が似合いそう)
「乱歩°」に行ったことある方いますか?
何年も前に雑誌で見て「おお!」と思ったものの
実際のお店は図らずもショボく(失礼;)
そのまま通り過ぎてしまったが。
「D坂より308歩」という看板は粋だったけれど。
今思えば中へ入ってみれば良かったな〜。

「乱歩の世界」に漂う「大正ロマン」の雰囲気を
味わえる町並みや骨董店、当時のミルクホールを
そのまま受け継いでいる喫茶店、あるいは
ミルクホールを意識したような
古き良き作りの喫茶店巡りが大好きだ。

883 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 21:44:51 ID:1QJskO0L
>>882
2回ほど行った。名刺がいい感じなので貰ってくるといい。

884 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/19(火) 22:15:24 ID:PIhbSNG0
淡路町駅近くに「ミルクホール」というラーメン屋があった。
ほうれん草が入っている点を除いて、典型的な醤油味の東京ラーメン。
大乱歩は、ラーメンの屋台を引っ張っていたこともあるので、
余談ながら、一応、書いておく。

885 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 23:30:32 ID:NMtcMX2y
ほうれん草?バカ言っちゃいけないよ。
栄屋ミルクホールだろ?あそこのラーメンに入ってるのは小松菜。


まいっちゃうなぁ。インチキばっかり垂れ流す人は。

886 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 23:56:08 ID:OdUv0KR6
東京ラーメンの定義なんぞないが、ホウレン草が入っているラーメンは何ぼでもあるぞ?
よくナルトが例に出されるけど、入ってない東京ラーメンもまたたくさんある。

まいっちゃうなぁ、東京モンでもなくインチキばっかり垂れ流す人は。
・・・あ、ごめん、東京モンでなくてもそれぐらい常識レベルで分かるか。

887 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 00:01:02 ID:3lNLj8A1
つまらん事に突っかかるなよ
揚げ足取りはみっともない

888 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 00:18:21 ID:0qdYbInX
それほど嫌われてるんだろ、自覚しろよWWW

889 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 08:48:10 ID:fwsIVnwk
そろそろ、今回のトラブルについて『自己正当化の嵐』が始まるだろうね。
こいつの言い分って、まったく主張するに当たらないのに、
鬼の首をとったように言うからなー。
そういうところか半島気質というか。

890 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 10:53:14 ID:lgWfpmnC
>>書斎魔神
このスレは、乱歩スレですので、
何か言いたいことがあるなら、下記スレでお願い致します
下記スレなら、妄想オッケーです

書斎魔神・アホアホ語録格納庫 その3
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1115991431/l50

891 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/20(水) 21:53:59 ID:yo2l0zom
ラーメンねたに食いついたのは、他板住人だな。
まあ、このレベルってことだ(w
ちなみに、ミルクホールでは、ほうれん草がトッピングされていた時代があり、
典型と言い得る東京ラーメンのトッピングに洋野菜はあり得ない。

新潮文庫「江戸川乱歩傑作選」収録作品を見ると、
「二銭銅貨」「芋虫」「ニ廃人」「D坂の殺人事件」「心理試験」「赤い部屋」
「屋根裏の散歩者」「人間椅子」「鏡地獄」の全9篇。
なぜ、人によっては乱歩の短編最高傑作とも言われる「押絵と旅する男」が無いのか。
「ニ廃人」も悪い作品ではないが、これに代えて「押絵…」をセレクトすれば、
決定的な乱歩傑作集となり得たのにである。
しかし、押絵はミステリにあらず完全なファンタジーであることを考慮すれば、
この並びで良いような気もするのである。

892 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 21:59:05 ID:2D7dVgno
ええと…西洋ホウレン草の品種の違いと小松菜の由来を知らない50歳が出没するスレはここですか?

893 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/20(水) 22:34:16 ID:yo2l0zom
ラーメンねたにしか反応出来ないアホな他板住人が乱入しているのも
このスレだろうか?(w

さて、「ニ廃人」を「押絵と旅する男」に入れ替えると、
後は、新潮文庫の乱歩傑作選の並びが、ほぼそのまま乱歩短編オールタイムベストと
なるが(やはり乱歩の傑作短編は初期に集中しているようだ)、切りが良いベスト10
となると、もう1作欲しいところだ。
個人的には、「踊る一寸法師」「防空壕」「月と手袋」あたりが候補。

894 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 22:44:06 ID:Jm/GBCQM
>>892
はいはい、放置放置

895 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 22:50:09 ID:YxJjHj6l
>>872-873がいまだに気になるな。
873にるとおりならば、だ。刊行の発表があった当初にいわれた「小説以外の収録点数が
少ない」というのも補われていくということであろうか?

896 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 01:53:54 ID:771fi9JK
陰獣
踊る一寸法師
芋虫
パノラマ島奇談
鏡地獄

闇に蠢く
人でなしの恋

はい、共通点は

897 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 02:12:14 ID:AIS8t0Zb
作者が江戸川乱歩

それから半角カナウザイからやめろよ

898 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 02:14:59 ID:aymG68iG
>>896
それ、本をちゃんと読んでない書斎みたいな奴には分からないだろう

899 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 02:45:45 ID:BVNkcmJp
一応全部読んだ事あるけど「共通点」は分からん。

900 : ◆08GmyRnMY. :2005/07/21(木) 10:00:53 ID:2DiTYAkU
>>898
書斎って誰?
ミステリー板でラーメンの話をする他板住人のこと?

901 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 10:32:53 ID:TU6hv3mp
明智が出ないとか超くだらない落ちだったりして

902 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 11:13:10 ID:5n6lxPTL
>>900
シーッ。基地は放置すれ。

903 : ◆08GmyRnMY. :2005/07/21(木) 11:14:16 ID:2DiTYAkU
>>902
すまん…

904 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/21(木) 22:12:56 ID:MaKy4iGm
大乱歩の母校でもあるワセダ・ミステリ・クラブの創設者仁賀克雄氏、
信頼出来る論者のひとりだと思うが、
彼氏は、短編のベスト作品を、本格推理と怪奇幻想に分けてセレクトしている。
本格推理 「二銭銅貨」「D坂の殺人事件」「心理試験」「ニ廃人」「屋根裏の散歩者」
     「双生児」
怪奇幻想 「人間椅子」「火星の運河」「押絵と旅する男」「人でなしの恋」「白昼夢」
     「芋虫」「目羅博士」「赤い部屋」「鏡地獄」
(二見文庫「江戸川乱歩99の謎」より)

新潮文庫の傑作選にも収録された「ニ廃人」だが、ミステリずれした読者には、
オチが見えてしまうのが難か。あえてセレクトするには、どうかといったところがある。
また、「赤い部屋」を怪奇幻想のジャンルに分類しているのは、雰囲気はともかくとして、
内容的には倒叙トリック総覧の感があり、妥当な判断ではない。
仁賀氏には、長編のベストから「黒蜥蜴」を外すなど、解せない部分もあるのだ。

905 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 23:08:16 ID:U0RYg/NH
リアル屋根裏の散歩者キタ━━(━(━(-( ( (゚∀゚) ) )-)━)━) ━━ !!!!!

906 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 03:06:59 ID:beGgUjr7
日本語の添削したいなあ・・・、頭の悪さが滲み出て吐き気がする。

907 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 03:14:24 ID:qjbIksn1
今年は乱歩が亡くなって40年目だね。10年後の50周忌は色んな特集とか、
イベントとか組まれるといいな。

908 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 03:28:04 ID:3ThEkPC1
>>906
書斎魔神・アホアホ語録格納庫 その3
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1115991431/l50

909 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 10:22:55 ID:FG1jwGCu
50周忌は、青空文庫に作品が並ぶといいな。

910 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 15:14:32 ID:GtkbAs9d
>905
これ?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050721-00000073-nnp-kyu

911 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 15:38:52 ID:ad2hLqMW
乱歩面白そうだな
読んでみようかな

912 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 15:52:49 ID:3ThEkPC1
書斎魔神が>>911に新潮の傑作選を薦めるに百ランポ。

毎回同じことしか書けないなら、もう来なくていいのに。

913 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 16:24:53 ID:N6VJ6s8H
↑しつこい
光文社全集でも薦めてろ

914 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 22:33:00 ID:49+XOeRw
亀ですが乙一の優子読みました。
アレはアレでおもしろかったよ。オチもエグかった。

915 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 23:13:23 ID:ad2hLqMW
乱歩地獄楽しみ

916 :名無しのオプ:2005/07/23(土) 03:55:01 ID:YuZ0CydS
魔神が来なかった夜は寂しいな。。。

917 :名無しのオプ:2005/07/23(土) 09:37:27 ID:V8hQvgHu
んなこたぁない

918 :名無しのオプ:2005/07/23(土) 20:16:33 ID:V1WK0dQd
ttp://news.goo.ne.jp/news/fuji/geino/20050723/320050723013.html
明智先生!(ノД`)

919 :名無しのオプ:2005/07/24(日) 00:15:33 ID:YBgloMq0
今夜も魔神が来なかった。どうしたんだろう、寂しいな。

920 :名無しのオプ:2005/07/24(日) 23:28:10 ID:YBgloMq0
今夜も魔神は来ないのか。。。。

921 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 12:16:24 ID:hoA+cPMa
少年ものの「青銅の魔人」を読んでみたが存外盛り上がりにかけてガックリ。
「怪人二十面相」みたいにエピソードを積み重ねていく重層構造ではなく、
ストーリーにコクが無い。さらに二十面相の愉快犯的動機はいつものことだが
この犯人設定はないでしょう。ただ金属=ゴムの相互変換は、のちの「電人M」
につながるものあり。電人Mは乱歩SFの傑作。いかにもな火星人に、いかにもな
ロボット。こちらは動機設定もSFらしくおおいに納得。少年ものだからこそ、
自然さが大事だと思われます。

922 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 19:16:50 ID:Nts1GAp4
>>912
みたいなやつって最近多いよね。
自分ではきちんと意見できないのに人の批判だけするってやつ。
批判するなら自分なりの考えを主張した上で批判しろよ。
それができないのなら書き込まないでくれ。
魔神氏がどういう本質を持ったコテハンなのかは知らないが、
少なくともこのスレでは自分なりに乱歩についてのレスしているとオレは思う。

923 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 19:38:06 ID:SVvjajOP
>>922
ひとつの意見として拝聴するが、
魔神がどういう本質を持ったコテハンかについても知って欲しい。


924 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 20:01:42 ID:OXLFiZPP
>>922
>それができないのなら書き込まないでくれ。

アンタ何様?
魔神様?

925 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 20:16:13 ID:XGD2T5zi
魔神さーん。
今日こそ来てー!

926 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 20:38:22 ID:J1c17hzr
高飛車な態度で人を不快にする書斎魔神など来て欲しくない。

支持者を装った自演のカキコミが目に余るので、
以前「ID出した上で支持者は集まれ」の告知をしたが
誰一人集まらなかった。


一方、アンチ書斎派は多い。
「書斎魔神は荒らしか」、「アク禁にすべきか」二設のアンケートを
以前、投票所で行なった。その結果は圧倒的大多数が
書斎魔神批判の意見であった。

927 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 20:51:54 ID:lmzjgWN8
>>926 同意します。来て欲しくない。
書斎魔神が荒らしである以上、>>919>>920>>925も荒らし。



928 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 20:54:11 ID:XGD2T5zi
魔神ファンを、自演と決めつけるのはいかがなものか?
ここ数日魔神の書き込みがないから寂しいだけだし。

929 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 21:52:42 ID:FSKlTdDP
他のスレには来てるから、自分で探すといいよ。
ファンならねwww

まあ、剽窃でしか語れないアホは放っておいて、
>>928自身の乱歩へのこだわりや思い出でも話してもらおうか。
論考でもいいけどねw

930 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 21:56:28 ID:FSKlTdDP
>>928にしろ、>>922にしろ、書斎魔神本人というより、
ただの便乗してる愉快犯ってところなのかな?

どうでもいいけど、一応乱歩作品には目を通してから来てもらいたいもんだ。

ていどひくい

931 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 22:46:01 ID:XGD2T5zi
論考というほど凄いことは書けないけど、
俺は乱歩の創作者としての意義は大正時代までで終わってると思うんだ。
それ以降の通俗長編・子供物は、もうまともな小説としては読めない。
名作といわれる『孤島の鬼』も雰囲気はすごく良いんだけど、それだけだ。
物語としては破綻してる。
そう「雰囲気」。これこそが乱歩の本質で、この独特の雰囲気こそが乱歩が愛好される理由だろう。
最後は、セルフパロディのような子供物ばかり書いていたのは、乱歩自身、
小説家としての限界を分かっていたからだと思う。
あと、乱歩の意義といえば、探偵小説界の大ボスとして、海外物を紹介したこ
と、
いろんな才能を世に出したこと、かな。

932 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 22:48:16 ID:Nts1GAp4
オレは魔神氏ではないし、便乗愉快犯などでもない。
別に魔神氏のファンでもない。
このレスも含め>>930の言う通り「ていどひくい」よ。
もちろん930自身もその程度のことしかレスできないのだから「ていどひくい」よね。

933 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/25(月) 23:28:47 ID:f1KQubei
>電人Mは乱歩SFの傑作
まあ、釣りのジョークなんだろうな。
大乱歩は本格的なSFと言い得る作品は書いていないし、
だいいち「電人M」はSFではない。せいぜい、へっぽこSFミステリと
言ったところか。
好き嫌いは別として、「青銅の魔人」が「二十面相偽装もの」の原型を成すものであり、
以後、このバリエーションが多いのは事実である。

>セルフパロディ
成人向きでこの極致を成すのが「影男」という作かと思う。
同時に乱歩作品カタログの趣さえある作だが、前述したとおり、
2ちゃん以外での評価は芳しいものではない。

934 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 00:41:56 ID:qikyIG8t
自演カキコのヒント:ageカキコ

935 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 00:43:57 ID:qikyIG8t
ヒント:age

936 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 00:54:49 ID:02NlVtGu
あー、そろそろ次スレのこと考えなくちゃな。

937 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 01:04:27 ID:69rrn4i/
「ユルス」

938 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 03:09:19 ID:FrT5+t72
まあここは魔神スレじゃないわけだし

939 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 08:29:11 ID:2VRwZjqM
>>931
ぼかぁ、乱歩の少年もの、通俗長編、好きだね〜本格ミステリとしては正史には
到底適わんが、あのワンパターンとも言える展開。随所に見られる「乱歩的」な
detailと質感。やっぱ、乱歩の前に乱歩無く、、乱歩の後に、、なんだねえ。
戦後作品では、あまり触れられることがないが、「十字路」がいいね。本格倒叙
で強烈なサスペンス。あの路線をもう少し見たかった。

940 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 11:29:40 ID:ugKEu2Xy
何で乱歩は乱歩的作風を表現できたのだろうか?
食べているものとか、日頃読んでいるものの影響なのだろうか?
現代日本人ではもはや彼を凌駕する様な作家は現れ得ないのか?

941 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 11:41:45 ID:6JBBDmrA
>>940
歌舞伎と草双紙をじっくり調べてみたまえ。
乱歩的作風がいかに日本人の体質に根ざしたものかわかるから。
横溝正史がまさにそうなんだが、乱歩にはさらに甘いノスタルジーが加わる。
こうなると無敵だね。

942 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 14:02:17 ID:XlKJI43p
rann

943 :名無しのオプ:2005/07/26(火) 15:07:17 ID:XlKJI43p
>910
歌舞伎と草双紙と言ったっていろいろあるからねぇ。
あんたほんとにモノ判って言ってるの?
仮面を被った魔神さん。

南北の芝居、芳年・芳幾の無残絵(絵金を入れても良い)、フランスの復讐小説などを髣髴させる読本
など、文化文政以後日本人が大好きになったものをベースにした通俗小説群は、
やはり底の見えやすい浅はかなもので(あえてそれに乗る、という楽しみ方もありますが・・・)、
むしろ乱歩の関西人的な商売人の気質が生み出した精緻なリサーチの結果であり、
乱歩的作風、とはファンとして言いたくない気持ちがあります。

本当にOne and oniy である『乱歩的作風』というのは、
岸田劉生の言う、いわゆる 「デロリ」 とした世界であり、
大正〜昭和初期の文化で皆が漠然と感じる、一種独特の雰囲気であると思います。
鏡地獄しかり、人でなしの恋しかり・・・



944 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/26(火) 21:03:02 ID:cnr86C+6
「十字路」は確かに面白いが、共作だし、あのテーストの継続を乱歩に求めても無理
である。古井戸への死体運搬シーンは、まさに乱歩的な悪夢の世界が展開され、
息を呑むばかりの迫力に富むが、全体的なプロットは渡辺の手になるものと見て
間違いない。

945 :名無しのオプ:2005/07/27(水) 05:26:17 ID:7KPbOrmf
十字路のラストって、いかにも二時間ドラマって感じですよね〜

946 :名無しのオプ:2005/07/27(水) 06:50:24 ID:mQtkF/Qk
もう相手にする気にもならんな

947 :名無しのオプ:2005/07/28(木) 22:59:14 ID:JJD+XdRo
人が居ないスレでは書斎が一切レスしないのも変な話だな。
やっぱり構って欲しいだけだったか。


つか、命日なのに、レスつかんのか。終わったな、このスレも。

948 :名無しのオプ:2005/07/28(木) 23:12:52 ID:xJbKFHsL
嫌奈良見なければいいだけなのに

949 :名無しのオプ:2005/07/29(金) 00:48:45 ID:P9QqP2o6
乱歩地獄予告編うPだそうです

950 :名無しのオプ:2005/07/29(金) 22:43:00 ID:lfRZMqvH
まぁ見る前から言うのもなんだが、浅野だの成宮だの
出してる時点で、オシャレサブカル系狙いな訳で。
自分にとっては、まったく期待できない訳で。

アルバトロスなんだから、ちっと期待してたんだけどなぁ。
アメリにヒットで調子乗ってるのかねw


951 :名無しのオプ:2005/07/29(金) 23:00:54 ID:MAO35uYx
自分がダサいキモヲタだからと言ってオシャレ系を僻まないように

952 :名無しのオプ:2005/07/30(土) 00:15:04 ID:6fjkCJ5q
乱歩って基本的にはダサ系だと思うけど。
変に勘違いしちゃってるのが多いけど。
オサレなのが好きなヤツは押絵でも100回読んでろよw

953 :名無しのオプ:2005/07/30(土) 01:57:15 ID:WqG+F7kR
乱歩は児童向けミステリーだと思ってたよ。

954 :名無しのオプ:2005/07/30(土) 02:14:29 ID:s7yHh+J3
年譜とかにサラッと書いてあるけど
夜鳴き蕎麦をやってる乱歩とかってどうも想像しにくいな

955 :名無しのオプ:2005/07/30(土) 02:20:08 ID:+ciSOu68
つか、蕎麦食いにいって乱歩が出てきて日にはw

956 :名無しのオプ:2005/07/30(土) 02:26:14 ID:eUi1Ovso
どうせ顔の判別もできねえんだろw

957 :名無しのオプ:2005/07/30(土) 11:13:14 ID:TasTjakO
当時の人はわからんかっただろうな

958 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/07/30(土) 22:01:50 ID:HwYkfdjW
古本屋のオヤジなら風貌的にも違和感無いけどな大乱歩。

959 :名無しのオプ:2005/07/30(土) 22:04:15 ID:eUi1Ovso
はいってくるな

960 :名無しのオプ:2005/07/30(土) 22:18:12 ID:ypcHP0Dl
ねえ、冷肉ってなーに?

961 :名無しのオプ:2005/07/30(土) 23:49:44 ID:6fjkCJ5q
れい‐にく【冷肉】

焼いたあとで冷やして食べる肉。コールドミート。「―料理」

962 :名無しのオプ:2005/07/31(日) 00:02:06 ID:ZXWL2tFB
そうだったんだ〜 長年の謎が解けたわ〜ありがとん♪
なんか、美味しそうだね

963 :名無しのオプ:2005/07/31(日) 04:08:35 ID:iWi4yE+L
冷シャブ食いてぇなぁ。やくみ葱たくさんかけた紅葉おろし味ポンで。

964 :名無しのオプ:2005/07/31(日) 07:57:29 ID:Pt+IJft/
小林君が二十面相に御馳走してもらう、オートミール…食べてみたい

965 :名無しのオプ:2005/07/31(日) 20:51:52 ID:DX/sjZp2
クゥエーカーのを良く食べるのだが、
オートミールって嘔吐物みたいな見映えだ。
嘔吐見入る。

でも砂糖と牛乳でドロドロにして食べるととてもおいしい。

966 :名無しのオプ:2005/07/31(日) 22:33:19 ID:wikImk5e
これか
http://www.oatmeal.jp/oatmeal/oatmeal.html

あんまりうまそうじゃないな。

967 :名無しのオプ:2005/08/01(月) 10:41:01 ID:Aipcq6PX
(´・ω・`)ショボーン残念ですが携帯から見れないっす

968 :名無しのオプ:2005/08/02(火) 21:47:12 ID:26zL90L7
人間豹と少年探偵
http://item.rakuten.co.jp/amiami/bok-0253/

テラカッコヨス

969 :名無しのオプ:2005/08/02(火) 22:01:43 ID:JfM21wCP
人間豹ってこんなんか?

970 :名無しのオプ:2005/08/05(金) 22:07:16 ID:7nHiS0ML
人来ないなあ。
魔神も夏休みなのかなあ。

971 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/08/05(金) 22:37:12 ID:HObn6wxK
映画「RANPO」は、奥山問題のせいかビデオ化されていない。
シネブックまで出版された「恐怖奇形人間」も直前でビデオ化自粛作品入りし、
70年代の少年誌で漫画化された「芋虫」等も現在読むのは困難な状態である。
制作局の関係もあって対照的なテーストを持つ70年代のテレビシリーズ2本(東京12チャンネルとNHK)も再放送やビデオ化される可能性は無い。
理由は種々あれど、大乱歩作品には封印が付き物のようである。

972 :名無しのオプ:2005/08/05(金) 22:59:36 ID:NOLRTBv9
あの、出てますけど・・・

RAMPO<奥山バージョン>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005EDYS/syokora0b-22/249-0620762-6966733

もし、間違った情報を書き込んでしまった場合は怒らないから
屁理屈こねないで

「間違ってすいませんでした」

と書いてくださいね。

973 :名無しのオプ:2005/08/05(金) 23:28:53 ID:7nHiS0ML
現在絶版状態になってるものを「出てます」と挙げられてもな。
ここの人ってほんと魔神の揚げ足取りが好きだね。

974 :名無しのオプ:2005/08/05(金) 23:33:13 ID:fjR2lGkg
二回線の人、「封印」とか大げさなこと言ってるけど、なんのこたあねえ
封印もなんもされてないってことだよ。絶版云々は無関係。「出版でき
る環境はある」ってことだよ。わからないかなあ。
わかんないよね、二回線の人じゃあ・・・

975 :名無しのオプ:2005/08/05(金) 23:35:57 ID:HimrFKcT
「ビデオ化されたが絶版である」(レンタル・中古屋などで見つかる可能性がある)
「ビデオ化されていない」(存在しない)

この二つはまったく意味が異なっており、揚げ足とりなどという低い次元でのレスではない。

根源的な間違いの指摘だよ。

976 :972:2005/08/05(金) 23:44:09 ID:NOLRTBv9
>>973
あーゴメン。指ゴメン。摘の仕方がまずかったね。
>>975も書かれてる通り「出てます」じゃなくて、
「ビデオ化されていないと書かれてますがビデオ化されてます」
ですね。これで宜しいですか?

977 :972:2005/08/05(金) 23:45:16 ID:NOLRTBv9
×あーゴメン。指ゴメン。摘の仕方がまずかったね。
○ あーゴメン。指摘の仕方がまずかったね。


978 :名無しのオプ:2005/08/05(金) 23:53:22 ID:7nHiS0ML
魔神が来ると停滞していたスレが活気づくから良いね。

979 :名無しのオプ:2005/08/05(金) 23:55:14 ID:vT4OkvnA
無知なマジンを住民の皆様が指導
その意味では活気づいたかな?

980 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 01:41:51 ID:0/WptiOu
次スレです。

【わが夢と真実】 江戸川乱歩 第七夜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1123259862/l50


981 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 02:12:27 ID:mwvyb8pj
>>971
>映画「RANPO」は、奥山問題のせいかビデオ化されていない。

こんな断定的な文体で書くから悪い

982 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 03:06:42 ID:0nkxpbmb
なんでNGワードに出来ないかなあ、厨房どもは……

983 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/08/06(土) 09:15:52 ID:s0qsg4H9
言うまでもなく、「RANPO」は両バージョン共に現在では商品化されていないわけである。
(既に書籍関係板の話題ではないが)
コテハン叩きに血道をあげるのも結構だが(w、もっと建設的な議論を展開して
欲しいものだ。

984 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 09:44:08 ID:KJma89e+
すり替え(ワラ


>ビデオ化されていない。

>現在では商品化されていない

985 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 09:50:46 ID:1Lv047fY
誰でも間違いはあるものです。間違いは素直に認めて貰わないと
まともな議論なんてできないよ。

ついでに言えば「RANPO」じゃなくて「RAMPO」。まぁこの辺は揚げ足取り
なんでどうでもいいですけどねぇ


986 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 10:13:56 ID:/QS0iVKY
結局魔人氏が書き込んだことにレスしているだけだよね。このスレ。

オレも含め、自分から内容のあるレスできる人がいないってことだよね。

987 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 10:17:40 ID:KJma89e+
それこそ新作のドラマや映画が出てこない限り、
内容のあるレスなんかいまさら期待できるものでもないだろ

988 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 10:19:01 ID:/QS0iVKY
でも間違えたことを素直に詫びるのも礼儀だと思いますよ。
人の信用とはそういう小さなことの積み重ねで実績となるのだし。

989 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 10:59:17 ID:PWRZe6Fy
「ビデオ化されていない」と「現在では商品化されていない」の意味の違い。
こういった基本的な点はしっかりと押さえておけ。

某悪名コテハンも、こうほざいていることだしな。


> 395 名前:書斎魔神 ◆qGkOQLdVas 本日の投稿:2005/08/06(土) 09:14:06 ID:s0qsg4H9
> 「絶版」と「在庫切れ」の意味の違い。こういった基本的な点はしっかりと押さえておけ。

990 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 11:01:48 ID:lXOLoeVs
謝りゃすむ問題なのに、いい年こいてそんなこともわからないんだな

991 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 12:03:29 ID:N3hxsCQP
だからいつまでたってもミステリ板の嫌われ者。
学習能力ゼロ。

992 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 12:09:45 ID:xxWZBPxf
電車とか乗ってるとよくいますね
他人には文句言うくせに、自分が人に迷惑かけても絶対あやまらないじじい

993 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 12:42:45 ID:syeUOyl7
謝罪はともかく、
「ビデオ化されていたとは知らなかった」
の一言でさえ書けないというのは痛いね。
これで他人がちょっと間違えると、即座に罵倒するんだからなあ。

994 :書斎魔神 ◆qGkOQLdVas :2005/08/06(土) 13:24:09 ID:3k3n2/xq
さすがにうんざりしてくるが、映像作品における商品化の具体的かつ代表的な
ものがビデオ化であるわけで、商品化=ビデオ化(今後はDVD化のみか)
ということになる。
乱歩作品には縁が無い他板住人の荒らし目的の乱入もあるとは思うが、
本件に関する建設的な議論とは、奥山問題に関する裏情報(ねたも含む)のリーク、
今後の両バージョンのDVD化の可能性等あたりについて語ることかと思う。

>>993
罵倒は2ちゃん名物。枕詞のようなもんでしょ。まあ、気にするな。
どうしても嫌なら他のBBS逝けや。

995 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 13:37:36 ID:chvgM5Na
全然言い訳になっていない

>さすがにうんざりしてくるが、

うんざりしているのはこっち。もうオマエ出てこなくていいよ

996 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 14:57:48 ID:N3hxsCQP
>罵倒は2ちゃん名物。枕詞のようなもんでしょ。まあ、気にするな。

本人から罵倒の許可が出ましたよ。
まさか自分だけは「コテハンだから」罵倒は禁止なんて卑怯なことは言わないよな。
そこまで腐ってないよな?

997 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 14:59:46 ID:46nKPM+9
>>994
誰も言ってくれないだろうから私から言わせてもらいます。
ただでさえあなたを不快に思っている人がいて、
971で明らかに嘘を騙る行為をして指摘されているのに何故訂正しないのか理解できない。
固定ハンドルネームでするべき行為ではないと思う。ネチケットが足りない。
建設的議論とはそういうことがちゃんとしていないと成り立たないと思うよ。

998 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 15:06:15 ID:N3hxsCQP
もうこの板には来るな卑怯者>書斎

999 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 15:22:44 ID:2X3G6D8d
また嫌われ者が人に嫌われることをしたんですね

1000 :名無しのオプ:2005/08/06(土) 15:24:40 ID:zyD8lPwB
1000なら書斎はこの板から消滅

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

255 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)