5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世間で騒がれるほど良くはないと思う作品

1 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 14:23:12 ID:O2DIrZgu

スレタイ通りです。そういう作品をあげたり議論したりしましょ。

まずは自分から: 宮部みゆき『理由』

2 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 14:37:19 ID:cXNbJvvI
2です。

3 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 14:38:20 ID:8cT1VNd0
>>1
理由も書けよ







「理由」だけに( ´,_ゝ`)プッ

4 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 15:25:57 ID:bllo5IfR
リアル鬼ごっこ

5 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 15:29:55 ID:O2DIrZgu
>>3
動機がいまいち。他の方々の意見も聞きたい。

 >「理由」だけに( ´,_ゝ`)プッ

       ( ´,_ゝ`)プッ


6 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 15:43:55 ID:Q2ZHi3z3
白夜行 東野圭吾

7 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 15:44:32 ID:ja/JNipG
動機がいまいち。他の方々の意見も聞きたい。

 >「理由」だけに( ´,_ゝ`)プッ

       ( ´,_ゝ`)プッ

( ´,_ゝ`)プッ


8 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 15:47:27 ID:UhUaJ651
シドニィ・シェルダン『ゲームの達人』
映画のノベライズ全般

9 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 16:14:15 ID:o6uMFtMF
麻耶雄嵩のこの頃の作品。叙情性や品の良さがなくなったように思う。好きな人、ごめん。

10 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 17:06:03 ID:g5Tvmvzd
>>5
禿胴。あんな説明だけで「理由」というタイトルつけた作者の神経を疑う。

俺的にはやっぱ「生首に聞いてみろ」
あの作品、法月にしてはどう考えても手抜き作品としか思えないんだけどな。

11 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 20:38:06 ID:bZ88BscT
>>6
俺も白夜行。騒がれるほど良くないを越しておもんないの一言につきる。


12 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 22:07:14 ID:oFYuWQQU
テロリストのパラソル

なんでこれが直木賞?

13 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 22:30:37 ID:O2DIrZgu
>>10
 >あんな説明だけで「理由」というタイトルつけた作者の神経を疑う。
やっぱりそうだよね。

>>7
愛を込めてメル欄

14 :名無しのオプ:2005/03/31(木) 22:35:29 ID:O2DIrZgu
桐野夏生なんかは騒がれてるほどいいのだろうか。グロテスクを福田和也が
絶賛してたよね。まだ読んでないけど。

15 :名無しのオプ:皇紀2665/04/01(金) 00:51:18 ID:Kx946aAo
京極夏彦。
文章がくどい。無駄に長い気がする。

16 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/01(金) 10:51:23 ID:t1JVsP94
同じく京極。全体にわざとらしく古めかしい。二冊半で挫折した。

17 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/01(金) 16:10:07 ID:99peKppF
大山誠一郎「アルファベット・パズラーズ」
特に「Yの誘拐」はエンディングの意外性で絶賛されているが、
よくよく読んでみるとプロットの組み立て方がいい加減で、
どうも思いつきだけで書いてるんじゃ?と思わせるものがある。
ああいうミステリで読者を感心させたいのなら、もうちょっと犯人像の
造形に気を使わなきゃ駄目。

18 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/01(金) 19:55:10 ID:htzCzoex
古処誠二の「少年たちの密室」。
悪くはないがそんなに絶賛するほどでもないと思った。

19 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/01(金) 20:43:09 ID:DGGgr/la
北村薫、時と人3部作。
佳作ではあるが。

20 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/01(金) 20:58:04 ID:T1VBhc5i
殊能将之「ハサミ男」。
映画の方が原作を超えてしまった稀有な例、と俺は見る。
トリック全て捨て去って映像化した時点で映画の勝ち

21 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/01(金) 22:05:35 ID:nbrS7FSm
白夜行に一票。
これだけじゃ評価できないかもしれないと思い、一応幻夜も読んでみたが
全くの徒労だった。

22 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/01(金) 22:15:04 ID:5sNn5Y55
>>12
乱歩賞予選から最終選考まで高い評価という珍しい作品
でも読むと、話は良くできてるんだけど最後は犯人が言いたい放題
だもんな・・・。


23 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/01(金) 22:20:25 ID:t5z0z0zY
有栖川「マレー鉄道のなんとか」
殊能「キマイラの新しい城」

前者を賞に推したのは褒め殺しでイジメてるんじゃないか?とホンキで思う。

24 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 00:06:36 ID:JpxtQLK3
『ダヴィンチコード』
これこそが「売れてる物が良い物だとは限らない」という俗諺の具体例。

『理由』は前半が面白かっただけに後半のつまらなさが際立つ。
正直最初から200Pで止めるのが一番ドキドキできると思った。


25 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 00:32:21 ID:OGpKY71B
>>25
『ダヴィンチコード』を買うかどうか迷ってたんだけど、図書館で済まそう。

26 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 01:48:41 ID:JZcLU4sI
『ダ・ヴィンチ・コード』うちの区域の図書館、予約1500件入ってるよ…。
家族が買ってきたので読んだけど、普通に面白いと思った。
こんなベストセラーになるのは確かにおかしいと思うけど。

で、自分は貫井徳郎『慟哭』。
無理矢理感が強すぎ。トリックのためのミステリで半端に
社会問題を斬られると物語として楽しめない。

27 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 05:52:00 ID:KQczSypM
リアル鬼ごっこ

理由もクソもない。反論は許さん。

28 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 07:39:34 ID:aj8b1MGX
白夜行 何がウケてるのか分からん。話が重い。暗い。読むのが苦痛だった。 模倣犯 上に同じ。

29 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 08:07:46 ID:3vWFXU5P
>>28
白夜行が大した小説じゃないのは確かだけど、重くて暗いのが苦痛というのは完全に好みの問題かと

30 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 08:22:23 ID:32Cb9/Si
四日間の奇蹟

単純に楽しめない

31 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 09:44:49 ID:qcyYLLkl
>>27
反論するつもりはないが、スレタイ嫁。「良くはない」作品だぞ。
DQNの踏絵とも呼ばれる作品あげて何熱くなってんだ?

32 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 13:45:04 ID:OGpKY71B
リアル鬼ごっこってどういう話なんですか?
何でそんなに有名になったのですか?映画化されました?

33 :名無しのオプ:ミステリー暦165/04/02(土) 14:09:49 ID:m/ZfzGQx
頭痛が痛い

34 :名無しのオプ:2005/04/03(日) 01:04:36 ID:EBF4pK0k
ここで聞くより書店で立ち読みするなり
ぐぐるなりしろ。ウザイ。
釣られてスマソ。

35 :名無しのオプ:2005/04/04(月) 19:56:53 ID:I7Cbqqbv
立ち読みは…正直恥ずかしくないか?

36 :名無しのオプ:2005/04/05(火) 02:50:32 ID:uJK2pkb6
リアル鬼ごっこを立ち読みしてるとこ見られたらかなり恥ずかしいぞ。

37 :名無しのオプ:2005/04/05(火) 15:29:21 ID:dNRUoNvx
>>35-36
山田スレのスレタイに影響されすぎw
釣られてマジレスすると、

リア鬼の中身知ってるやつだったら、金出すの惜しいから立ち読みしてる
ってわかるだろうし、知らない相手なら別に恥ずかしいも糞もない。

つかいい加減この話題から離れろよ

38 :名無しのオプ:2005/04/06(水) 03:36:59 ID:q09LyJlg
ミス板の現在の看板は傑作。

39 :名無しのオプ:2005/04/10(日) 11:55:26 ID:hx71Jw5D
age

40 :名無しのオプ:2005/04/10(日) 13:09:04 ID:c+FiTZtP
世間というのはミステリ板住人だけの世間ってこと?

41 :名無しのオプ:2005/04/10(日) 17:56:51 ID:5M8A7iHP
>>40
つか、それって世間とはいわんだろ

42 :名無しのオプ:2005/04/10(日) 21:55:37 ID:98vCwtOR
ある程度の共通認識みたいなものはあるんじゃない?
山田君とかは論外としても。

43 :名無しのオプ:2005/04/12(火) 21:16:51 ID:bHM/C6zI
今、「火車」を読んでる途中なんだけど、なんか本間が好きになれない。

44 :名無しのオプ:2005/04/12(火) 21:20:11 ID:DpN1Ed1g
ハサミ男は本当につまらない。

45 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 01:22:10 ID:kb/GxI2V
ハサミ男は主人公がメル欄1と読者にあかされてから、作中で急にちやほやされ過ぎ。
腰砕けな印象だ。最後までメル欄2がいないと緊張感が抜けていく。


46 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 01:50:04 ID:ube4Nbla
オレは一人称が出た時点でアレだったんだが、メール欄っていうのがハァ?だったなぁ。
テレビ受けしそうな女子高生同士の会話とかなら分かるんだけどさ、赤の他人に対してもアレだもんw
せめて何か意味を持たせるのかと思いきや放置だったし。

47 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 03:00:56 ID:Ui7fwKm0
>>24-26
 ダヴィンチコード、私も今日読み終わった。キリスト教に関する
蘊蓄話の部分は興味深かったけど、「ミステリー」としてはどうな
のかなぁ。
 黒幕の終盤の行動に全く納得できなかったんだけど。あれで
ミステリー作品としての価値をブチ壊してしまったような気が。


48 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 12:17:19 ID:sWiACoOh
>41
麻耶雄嵩とか大山誠一郎とか山田君とか誰も知らないと思うけど

49 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 18:06:05 ID:v/QijqFr
>>48
そうはいってもミステリ読まん人の世間では話が進まないと思われ。
つか、ミステリ読みの中でもミス板住人はごく一部だろう、この過疎度から見ても。

50 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 20:16:12 ID:O0SDoUJg
心理状態が納得できないものは良くないよね。普通そういう状況でそんな風には
思わないでしょ、とかそんな行動しないでしょ、って感じのものが多すぎる気が
する。

51 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 20:31:12 ID:i4g/cW16
>>48
何十万部も売れてる山田君と麻耶雄嵩や大山誠一郎を一緒にしちゃいかん

52 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 22:31:05 ID:kb/GxI2V
ほんまや

53 :名無しのオプ:2005/04/13(水) 23:05:18 ID:Am6X6Pz9
宮部みゆきの「火車」、
もの凄く期待して読んだのだが、イマイチだった…。

あまり期待せずに読んだのなら楽しめたかもしれないんだが。

54 :名無しのオプ:2005/04/14(木) 01:13:51 ID:my1uc0EB
東野圭吾  「悪意」
もう1ひねりぐらいは欲しい。
先がよめてしまう。

55 :名無しのオプ:2005/04/14(木) 02:43:35 ID:SVAH48mg
>>53
 ミステリーというより、サスペンスじゃないかな、火車は。
作中の別れた亭主じゃないけど、借金苦のためとはいえ父の
死を懸命に願う妻っていうのは怖いよね (汗。

56 :名無しのオプ:2005/04/14(木) 11:10:06 ID:vMOr/weY
なるほど山田君ってあんな人だったのか。
読んでみたくなってきた。

57 :名無しのオプ:2005/04/14(木) 12:19:45 ID:+87aRuI3
柄頭一「ifの迷宮」
帯に「宮部みゆき大絶賛!」と書いてあったので買ってみたけどイマイチ…。

確かにそれぞれの事件の説明部分は面白かったんだけど、10数年後の世界にし
ては随分極端な感じを受けた。何か登場人物の台詞回しもぎこちなかったし。
何より、「案外犯人ってこいつなんじゃないの」とか思っていたらほんとに
そのとおりだったのがガッカリだった。

ストーリーと関係ない部分だが、読んでて一番気持ち悪かったのは、舞台に
なってる10数年後は、遺伝子操作なんかが発達した関係で、一般的な主婦も普
通に遺伝子関連の単語を口にするようになるって部分。みんながみんな「トリ
ヌクレオチド」だの「遺伝子の塩基配列」だのを得意げにウンチクたれたりし
ないだろうに。

58 :名無しのオプ:2005/04/14(木) 16:50:59 ID:K+pbooFj
いくらミステリーでも、細部にリアリティがないものは白けるよね。

59 :名無しのオプ:2005/04/14(木) 19:02:22 ID:pHejzVUQ
>>57
各婦人誌やベビー誌でそれらの単語が普通に使われたり、
みのもんたの番組で使われたりしてるんじゃないの?

今現在普通に使われてる健康系の成分やら効能のウンチクと
同じようなものでしょ。


60 :名無しのオプ:2005/04/14(木) 23:13:11 ID:AbyZPfiz
>>59
確かにエストロゲンだとかセラミドだとかイソフラボンだとか
L−カルニチンだとかフコイダンだとかアルギニンだとかスクワレンだとか
コエンザイムQ10だとか低分子ヒアルロン酸だとかアスタキサンチンだとか
カゼインホスホペプチドだとかトコサヘキサエン酸だとか不溶性食物繊維だとか
10年くらい前の人に言っても「ハア?」だろうね。

61 :名無しのオプ:2005/04/15(金) 05:09:26 ID:LlRCZ4LE
福井晴敏「終戦のローレライ」
渾身の力作なのはわかる。しかし気合が少々空回りしてる印象を覚えた。
WW2ものとして禁じ手キャラのも言うべきパウラと浅倉の存在が
ものすごく不自然。その違和感を最後まで払拭できなかった。
フリッツやその他のキャラもいい味出してはいるけど、どこか薄っぺらい。
全体的にもまとまり感がいまいちなくて書きたいこと詰め込んで
映画化という条件に縛られてるようにも思えた。

イージスには文句ないし、期待してたせいもあるんだろうけど
個人的には残念な作品。

62 :蝙蝠男:2005/04/15(金) 07:33:28 ID:ZVE3mQa9
>45
メル欄2は確かにそうかもしれないけど、メル欄1はけっこう早めにメール欄の伏線がある。

63 :名無しのオプ:2005/04/15(金) 12:52:09 ID:H4C/8etu
江戸川乱歩「パノラマ島奇談」
あんまりにもパノラマ島の情景描写が長すぎて気が抜けた

64 :名無しのオプ:2005/04/15(金) 13:11:50 ID:iKooHIpf
>>61
作品そのものは機動戦士ガンダムとか宇宙戦艦ヤマトの感じで読めば良い作品だと思う。
戦争文学とか言って感動してたおじさん評論家達には唖然としたが。
無知にもほどがあるってもんだ。

65 :名無しのオプ:2005/04/15(金) 15:05:55 ID:hFF0rnec
綾辻の「十角館」
多感な時期に読んだが全く感銘を受けなかった
本格好きなのにな
歴史的な意義は認める
「黒猫館」や「迷路館」のほうがイイ!

66 :名無しのオプ:2005/04/16(土) 02:15:10 ID:bviBMaw1
進歩裕一「ホワイトアウト」
全然面白くなかったんだけど・・・・・
ボーダーラインの方が良かったぞ

67 :名無しのオプ:2005/04/16(土) 08:54:53 ID:EBa+9mRB
>>65
ああ、なんとなくその感覚はわかるな・・・
謎の底が浅いというか、変な言い方だが
読者として読めばそれなりだけど、第三的に事件全体を俯瞰してみると
大したトリックじゃないというか・・・

単なるいいがかりかもしれないがそんな感じだ。

68 :67:2005/04/16(土) 08:55:52 ID:EBa+9mRB
第三的→第三者的
スマソ

69 :名無しのオプ:2005/04/16(土) 13:06:34 ID:T0eaoeBo
宮部の蒲生邸
四日間は本当に謎

70 :名無しのオプ:2005/04/16(土) 17:35:41 ID:60UJt7Td
宮部みゆきはわからないな…
親が買ってるから大体一通り読んだと思うけど
火車も理由も蒲生邸も模倣犯もクロスファイアもドリームなんたらも
「うん、なんか本読んだな」ってぐらいの感想しか無い。
ぼんくらはまあまあ面白かったなと思ったら
ファンの評価はかなり低いっぽいし。
有栖川も基本的には同じ様な読後感。近年は特に。
学生アリスの評価も双頭の悪魔があるからこそな気がする。

71 :名無しのオプ:2005/04/16(土) 23:09:10 ID:LAoYHDdz
白夜行

72 :名無しのオプ:2005/04/16(土) 23:12:04 ID:GXAMo7TL
うん、宮部みゆきはわからない。
逆に桐野夏生はいいと思う今日この頃。

73 :名無しのオプ:2005/04/16(土) 23:18:06 ID:kIlJmIFS
>>70
「月光ゲーム」がお気に入りという人も多い。
あのシリーズは本格としての高評価ももちろんあるけど
青春小説的な側面が結構受けてるんじゃないかな。


74 :名無しのオプ:2005/04/16(土) 23:24:58 ID:HYp4j9gg
>>67
そもそも叙述トリックは読者に対して仕掛けるものだから
君の感想はすごく正しい。

75 :名無しのオプ:2005/04/17(日) 00:23:39 ID:UxQeKN6K
>>70
>学生アリスの評価も双頭の悪魔があるからこそな気がする。
同意、双頭の悪魔は傑作だが、月光ゲーム、孤島パズルは並だと思う。
論理的といえば聞こえはいいが、証拠を消去法で考えれば数分で解答にたどり着く。
>73の>青春小説的な側面が結構受けてるんじゃないかな。
だけど、栗本のぼくらの時代、小峰元の一連のシリーズが遥かに青春小説だろう。
しかも彼らより古臭いし泥臭い。

76 :VDGG・PH:2005/04/17(日) 13:46:11 ID:wh8ekHHW
永遠の仔

そこまで誉めるほどのもんか?
『最後の2行に感動』
って、なんだこれ?
本気で言ってんのかな

77 :名無しのオプ:2005/04/18(月) 14:01:29 ID:6Xt1R36O
前にも出てたけど、貫井徳郎「慟哭」
「修羅の終わり」なんかもそうだが、何がしたいのかわからない。
変なことしなければ普通に面白いのに。
なんつーか、下手にうまく書けすぎてる分、余計に仕掛けの稚拙さが目立ってしまう。

まあ貫井の場合もともと読める文章書く上に、"変なこと"のレベルも段々上がってくるから
後の作品(特に「プリズム」以降)は普通以上に面白くなるのだが。


78 :45:2005/04/21(木) 17:13:55 ID:8YkdQoyc
>>62
そうだったか?サンクス。もう一回読んでみようかな。

79 :名無しのオプ:2005/04/29(金) 22:57:24 ID:NXaHPP3u
アゲトコウ

80 :名無しのオプ:2005/04/29(金) 23:10:51 ID:VoeedOCw
綾辻、俺には合わんかった。
森、同上。

81 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 18:05:40 ID:8Hvy5oMn
『黄泉がえり』
どこで感動したらイイのか、わかりませんデシタ。
『呪怨』
表紙カバーは、何となく・・恐い・・様な。
『黒い家』
保険屋サンて大変ナノネ━、と。
楽しく読みましたが。全然ヒビかない、自分の完成が厭。

82 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 19:10:23 ID:QVBz+Pyf
西尾維新
佐藤友哉
ついでに乙一

83 :名無しのオプ:2005/04/30(土) 19:52:04 ID:x6xfC2R1
「犯人に告ぐ」
第一章いらねーじゃん。回想シーンで短くまとめられたでしょう。

84 :名無しのオプ:2005/05/01(日) 15:36:32 ID:tRH49+9e
宮部みゆきって、面白くないことはないけど、読み返そうとは全く思わなく、
即ブクオフ行き 読み捨てキオスク系かな。

あとなんとかウオーターズって人の「半身」とかの時代物。
あれミステリとしては失格だと思うがなあ。
時代物としてはいいのかも知れないが。

85 :名無しのオプ:2005/05/01(日) 19:17:41 ID:+uvBHqk1
私も宮部みゆき。

86 :名無しのオプ:2005/05/01(日) 22:52:38 ID:aZhIXku+
宮部みゆき、「レベル7」「蒲生邸事件」なんかは好きだけど、「火車」はどうも・・・。
既出とは思うけど、あのラストが良かったと思う人とそうでない人がいますよね。
私は後者の方。
何か、犯人の口から色々話を聞いてみたかった。

87 :名無しのオプ:2005/05/01(日) 23:45:34 ID:H1lVEXB/
獄門島のよさがわからなかった。
あの例の言葉の件も下らないし、あのように殺す必然性もない気がする。

88 :名無しのオプ:2005/05/02(月) 14:10:12 ID:DZ3LqrnC
宮部は、引っ張りすぎだ。

パターン化していて、最近は、つまらない。

しかし、初めて、宮部を読む人には、オススメ。
http://blog.livedoor.jp/hirono55/

89 :名無しのオプ:2005/05/02(月) 14:56:26 ID:a9ZP3SeW
「生首に聞いてみろ」かな
そもそも法月の作風が俺に合わないだけかもしれんが

今は宮部の「模倣犯」読んでるけど
だるいのは前半だけなのか? まだ先が長いだけにずっとこれだとキツイ

90 :名無しのオプ:2005/05/02(月) 16:10:20 ID:DZb8Axo6
お、奇遇だね。

今は宮部の「火車」読んでるけど
だるいのは前半だけなのか? まだ先が長いだけにずっとこれだとキツイ

91 :名無しのオプ:2005/05/03(火) 00:10:56 ID:qykkdWwf
『火車』も『模倣犯』も、読後は「何とか読み終えた」という気分だったな。
半分くらいの長さににまとめて欲しかった。
個人的に宮部でお勧めは『本所深川ふしぎ草紙』と『幻色江戸ごよみ』。

92 :名無しのオプ:2005/05/03(火) 03:06:50 ID:hfMLRiCu
宮部みゆき『火車』
つまらなくて長い。ま、読まなきゃよかったんだけど。

93 :名無しのオプ:2005/05/03(火) 03:38:33 ID:iJUHiWeF
宮部は時代小説のほうがいいな。

94 :名無しのオプ:2005/05/03(火) 07:02:46 ID:A/1lTLIf
ハサミ男

95 :名無しのオプ:2005/05/03(火) 16:31:09 ID:7LK1GvC1
宮部は何と言っても「理由」だな。
ヤマがありそうで無い。そもそも推理小説かどうかも分からない。

96 :名無しのオプ:2005/05/03(火) 20:45:31 ID:t9+imquf
宮部はミステリーだと思って読むから違和感あるのかな
心理描写とか背景描写が無駄に長いよな、説明的過ぎるというか

97 :名無しのオプ:2005/05/03(火) 22:38:54 ID:WN0MFju2
理由、自分はそれなりに楽しんだけど
宮部は文体が柔らかいから理由のような堅い話向きでは無い気がする
短編で女性心理を書かせたら天下一品だけどな

98 :名無しのオプ:2005/05/03(火) 23:02:41 ID:DMZncGx1
宮部みゆきの財布のを読んだけど、
最後の方の滅茶苦茶さ、強引さがありえねぇー、と感じた。
それで、メジャーな作品を読まなかったのだけど、
このスレ見て、やっぱりか!と思った。

99 :名無しのオプ:2005/05/03(火) 23:10:08 ID:rgFnwi+z
宮部『長い長い殺人』
ご都合主義の似非推理小説なのに結構な数増刷されてた。

100 :名無しのオプ:2005/05/03(火) 23:11:29 ID:HEprHfHE
宮部だってバッドエンド多いぞ。
「火車」「スナーク狩り」「夢にも思わない」「クロスファイヤ」など。

101 :名無しのオプ:2005/05/03(火) 23:39:09 ID:HEprHfHE
>100
スレ間違えた。スマヌ。

102 :名無しのオプ:2005/05/14(土) 18:30:19 ID:dh1NE4b+
スレ違いかもしれないが、一昨年のこのミスに入ってたんで、霞流一の「デッド・ロブスター」
を読んだが、正直ちょっとこれは酷いと思った。バカミスにしても駄目すぎる。
最初のトリックとか島荘の超劣化コピーとしか思えないし、科学的にみた現実性のなさ
(というより自然科学的な素養の欠如か?)はすでにその方面では有名な倉知の某短編
とどっこい、というべきもの。
後の方で出てくる密室に至っては、「頭おかしいんじゃないの?」といいたく
なるような噴飯ものである。
もともと自分はバカミスに対してそれなりに寛容なほうだと思うが、この手の、笑わせる以前に
「ダメじゃん」としか感じられないようなものはバカミスの名に値しないと思う。


103 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 00:21:04 ID:uDJ1JnKg
リアル鬼ごっこ
自称サイコパスな中学生が書いた作文かと

104 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 04:34:06 ID:NCqJAec+
騒がれた理由が違うじゃん

105 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 08:01:20 ID:GXPykSo3
ミステリで一から十まで薀蓄で解決スンのやめてくれんかな。
火車。あと角川アンソロで(タイトル忘れた)
中学生が学校制度について長々と語るのもあった。
一般人はそんな変態なことしねえだろ。あほか、と思った。
しかもネタがすぐばれる。ミステリ? 俺が読んだのはミステリか?
火車は弁護士とおっさんが話し合ってる場面がただの質問大会。
破産なんてだらしない奴がやるんだ、とお思いでしょう?
とか妄想QアンドAがずっと続いてた。


106 :名無しのオプ:2005/05/15(日) 09:06:08 ID:OFPaAje5
伊坂がダメ。

オサレな文体だと思うし、
読めばそれなりに面白い(あくまで「それなり」)。

しかし伊坂を耽読している読者層のスノッブ感が受け付けない。

107 :名無しのオプ:2005/05/16(月) 21:12:20 ID:wasyv1C0
>>106
はあ?んなもん作品の質に関係ねーよ





というのは正論なんだけど、人間だもんな。
分かるよその気持ち

108 :名無しのオプ:2005/05/27(金) 12:32:32 ID:Z0kg4a+n
数年前から新本格系をまとめて読んだせいか、それ以外のを読んでも
何となく薄味で、物足りない感じがする。
恩田は面白くない事もないが、事件が起きているのかいないのか微妙。
宮部は自分にとってリーダビリティ不足。
加納朋子「螺旋階段のアリス」仁木とアリサの人物好感度もあり、静か
に読めたが、「最後にあかされるアリサの正体」って別に驚く程の物で
もないなあ。
だけど新本格の作家ももう息切れの様子。過激な暴力系も苦手。
皮肉のきき過ぎも飽きてきた。うーん、活路模索中。ただの自分の読書
状況になってしまった。
 PS,霞のバカミス、ワザトラに思えて中々笑えないよ。「ロブ」は未読だけど。
   「六地蔵」は割合面白かったかな。

109 :名無しのオプ:2005/05/27(金) 17:12:28 ID:h+njdev1
新本格はパンクみたいなもんだ。
一時期一気に勢いづいて、あとは惰性でずるずる続くだけ。

110 :名無しのオプ:2005/05/29(日) 20:50:37 ID:5twStyUm
挙げ出せばキリが無いんだけれど「火車」が結構挙がっているのは理解できる。

俺自身はあのラストが凄く好きだから評価しているけれど、そこまでの展開
は退屈って言う人の気持ちも理解できる。

人で言えば伊坂と福井。
伊坂は>>106も指摘しているけれどスノッブな感じがする。おしゃれで新しそう
でいてその実古臭い。そう思えてならない。

福井はガンダムとして読めばそれなりに面白いが「生理的」にどうしても
受付けないところがある。戦争とか軍事と言った重いテーマについて極めて
浅薄な知識で能書きを垂れているところがたまらなく嫌だ。
あれが戦争文学って言った奴(誰だ?)、脳みそ溶けてないか?

111 :名無しのオプ:2005/05/29(日) 21:01:56 ID:ZDGi1tND
殺戮にいたる病。
はっきし言ってキモイ。

112 :名無しのオプ:2005/05/29(日) 21:05:27 ID:1Cpt0AtA
伊坂は「オーデュポンの祈り」「陽気なギャング〜」「チルドレン」を読んだ。
読みやすいし、つまらなくはないけど、個人的には一回で読み捨ててしまうくらいの作品。

登場人部は多様だけど、それぞれが一言で説明できそうな感じ。
一種類の性質しか持ってないというか。
物語が始まる以前から生きて来たんだ、という存在感が無かった。

この先も読み続けるかどうかは……「重力ピエロ」を読んでから決めよう。

113 :名無しのオプ:2005/05/29(日) 21:19:30 ID:6sv9LnR8
福井は俺も駄目。
まあ『亡国のイージス』以外は読んでないから分からないが。
一言でいうと長すぎる。
半分の分量ならそれなりの傑作と思うのだが。

114 :名無しのオプ:2005/05/29(日) 21:36:25 ID:+VIXAXDA
伊坂は一時期ハマったんだが、飽きる。

115 :名無しのオプ:2005/05/30(月) 00:01:09 ID:0BlPbyUN
点と線

116 :名無しのオプ:2005/05/30(月) 00:01:53 ID:oRIiLeac
京極夏彦「陰摩羅鬼の瑕」
むりやり蘊蓄入れたりしてページ数を稼いでるような・・・
作者の意地を感じる。

117 :名無しのオプ:2005/05/30(月) 00:24:50 ID:bGqR4NvJ
四季 春〜冬

ごめんS&Mシリーズの頃はファンだったけどムリ
すぐ投げ捨てた

118 :名無しのオプ:2005/05/30(月) 18:19:30 ID:O8llghBp
もりひろし

119 :名無しのオプ:2005/05/30(月) 18:55:00 ID:rpBn51kW
うん。すべてがFになる。
これを誉めてた作家がどれだけいたか。

120 :名無しのオプ:2005/05/30(月) 20:05:26 ID:LSsfoQpk
http://www.sonypictures.com/movies/thegrudge/site/flash/main.swf

このフラッシュなんですか?

121 :名無しのオプ:2005/05/30(月) 21:46:08 ID:NjYwJMI4
何故このスレで訊いたんですか?

122 :名無しのオプ:2005/05/30(月) 23:14:26 ID:bb+kYAiP
世間で騒いじゃいないが、麻耶雄嵩。
本格ベストみたいなのでいつも評価高いけど、
本格の中でさえ、この人の作品ていいと思えないんだが。

123 :名無しのオプ:2005/05/30(月) 23:17:03 ID:jWJQQkSg
京極夏彦「姑獲鳥の夏」
あのトリックは駄目だろう・・・
あれがアリならどんな不可解状況でも作り出せそう

勿体ぶって明かされる動機も「ああそうですか」って感じ
で、それをパクッたのが浦賀の「頭蓋骨の中の楽園」

124 :名無しのオプ:2005/05/30(月) 23:44:24 ID:QgnRB9/d
すでに出てるけどダ・ヴィンチコード。
一年に一冊、本を読む人なら満足できると思うよ。

125 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 01:02:34 ID:sbgNV69J
森博嗣「スカイ・クロラ」
作者がオナニーしていた。

126 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 11:51:22 ID:B4kBVP3G
「扉は閉ざされたまま」
ネット書評家の“大傑作”という言葉はもう信じまいと思いました。

127 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 12:09:03 ID:db/bscya
書評家(笑)というものを信じてる人がいたのですか

128 :名無しのオプ:2005/05/31(火) 21:30:05 ID:XdUfJjzU
>126
禿同。あんな説得力のない動機に大傑作だなんて。
正胸級、馬鹿丸出し。

129 :名無しのオプ:2005/06/14(火) 00:05:19 ID:AlbdPDB/
長いお別れ

130 :名無しのオプ:2005/06/15(水) 01:45:06 ID:4pmvY5fm
宮部みゆき

「龍は眠る」
「クロスファイヤー」

131 :112:2005/06/17(金) 18:50:36 ID:CMemQWvD
「グラスホッパー」「重力ピエロ」読了。もういいや。
読んだ中では「オーデュポンの祈り」が一番楽しめた。

132 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 09:53:10 ID:xjB0TOK8
>>129
よく言った。長いお別れ、さむけ、ここらへんのHBはおもしろくない。

133 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 11:12:46 ID:dk9ET5lR
重力ピエロ
読みかけたけど、挫折した。十代の頃は
どんなつまらない本でも積読なんか絶対にしなかったんだけど。

とにかくこの主人公一家、気持ち悪いよ。

出来の良い次男坊が母親が強姦されて出来た子供だった。
で、そのことをオープンにして和気藹々と家族団らんしてるなんて
ありえないだろう。エロゲじゃないんだぜ。

ホント気色悪いよ。

134 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 13:18:13 ID:WSQZa+Bc
「終戦のローレライ」ってラノベだろ?

135 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 15:45:05 ID:Cg5GvCjE
>>131
「グラスホッパー」は俺もちょっと・・・
つか、どうみても、これってミステリじゃないだろ。

136 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 20:11:17 ID:z6Ome7nc
>>134
アニメのノヴェライゼーションだよ。

137 :名無しのオプ:2005/06/20(月) 22:44:52 ID:Gl4A/PEH
グラスホッパーは楽しめたけど、重力ピエロ一家は
確かに気持ち悪かったな。

138 :名無しのオプ:2005/06/21(火) 01:45:05 ID:jTFOVmXf
宮部みゆき全部
古処の「フラグメント」(少年たちの密室)
藤原伊織の「テロリストのパラソル」
乙一「暗いところで待ち合わせ」

一番期待してたのがテロリストのパラソル、W受賞とかいうからさ。
これなんで受賞できたの?って感じ。
フラグメントも悲惨な駄作だな・・・。

139 :名無しのオプ:2005/06/22(水) 01:30:52 ID:7Y2qo/C/
>>126
友達の様子がおかしいのに、あんな悠長に議論するわけ
ないよな。
あと、作者が自作の探偵をマンセーするのもたいがいにして欲しい。
読者は白けるだけ。
でもこれってそんなに評判良かったの?

140 :名無しのオプ:2005/06/22(水) 03:50:27 ID:muWaRM2D
トレント最後の事件
探偵がヘボい

141 :名無しのオプ:2005/06/24(金) 09:50:53 ID:en+t8FKs
長い家の殺人
タイトルから入ったら(´・ω・`)特に2回目の殺人現場

142 :名無しのオプ:2005/06/24(金) 17:13:40 ID:AG8ofYd7
家三部作はファンの間でも面白くないって評価じゃん

143 :名無しのオプ:2005/06/24(金) 22:15:01 ID:cbGkYd2f
原寮

「そして夜は甦る」「私が殺した少女」

なんか評判よさげのようですが、あんまり面白くなかった。

144 :名無しのオプ:2005/07/04(月) 13:18:38 ID:mXFP1Vj3
青の炎

普通の高校生が殺人を決意する話かと思ったら
主人公スーパー高校生じゃん。
バトルロワイヤルに参加してもけっこう後のほうまで生き残りそうな感じの。
「こんなに哀しい殺人者がいただろうか」とか煽られても全然。

145 :名無しのオプ:2005/07/06(水) 03:12:59 ID:9/qkpTI2
七回死んだ男 西澤保彦

作者があとがきで「拙作の中では世評が一番高」いと書いてるが
それはきっと登場人物の苗字が比較的読みやすいからだと思う。

146 :名無しのオプ:2005/07/09(土) 23:47:38 ID:pvySbxl8
>>145
>登場人物の苗字が比較的読みやすいから
それは確かにそうだが、「七回死んだ男」は傑作。

147 :吾輩は名無しである:2005/07/11(月) 11:48:38 ID:GO44uixy
o

148 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 11:50:41 ID:Uq/5sTlm
桐野夏生

激しくつまらん。なんであんな売れてるのか不思議

149 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 12:43:07 ID:mDNzbazq
乙一のGOTH。
主人公視点での「僕は昔から普通の人とは違っていた」という文章に違和感があった。
本当に普通じゃない人はそういう”自分が普通じゃない”という自覚はしないんじゃないかと
思った。
ついでに言うと叙述トリックにもかなり無理があるぞ。

150 :名無しのオプ:2005/07/11(月) 15:48:51 ID:+nqdg7DR
石黒耀「震災列島」
養老孟司が帯になんか書いてたので読んでみたけど、
自分の想像力の限界を感じた。

151 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 01:36:04 ID:iqiMryeo
>>112
陽気なギャング〜途中で読むの止めた
話と直接関係ないセリフがいちいち気に障る
グラスホッパーもそのような箇所が
政治家がどうとか銀行がどうとか・・・怖い

152 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 02:32:13 ID:V9Lz+mFr
京極・森は処女作を読了するので精一杯だった。
「姑獲鳥の夏」はミステリとして反則技炸裂なうえにやたら冗長。
「すべてがFになる」は無味乾燥な文章とトンデモ設定の食い合わせが悪く
キャラクターに魅力の欠片もない。

当時は世間の評価と自分の感覚のギャップに苦悩した。

153 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 04:07:35 ID:PxTRIUKc
>>149
オレも「GOTH」に一票。
「犬」でうわこいつやりおったと思った。
あと「記憶」のオチが分からなかった人はいるのだろうか・・・

154 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 04:08:17 ID:4UT0V0W6
受賞ものでひどいと思ったのはテロリストのパラソルとパラサイトイブ
つまらんもの読まされたあとに帯やあとがきのヨイショ文を読むと引き裂いてやりたくなるね


155 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 04:11:52 ID:PxTRIUKc
テロパラもそうだな。
終始意味が分からんかった。
もっと世界観を読者に分かりやすく提示して欲しかった。

156 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 12:22:07 ID:8GoE2ayd
テロリストのパラソルを読んで一言
…「作家の名前、ギャルゲーに出てきそう」
それ以上の感想が出てこなかった


157 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 12:42:43 ID:QfOFmKxQ
>>149
そう表現するしかないぐらい「自分は違うらしい」と感じざるを得ない経験を重ねてきた、
達観してしまった(そういう性格に設定されている)語り手が対読者視点からそう表現しているだけ。
「本人がそう言っているだけで本当は普通」というキャラクター設定にも解釈できるので、
どっちにしてもそれだけでは批判の根拠としては成立しない。
言い回し1つだけで批判するのは小説読解力が足りなさすぎるよ。

叙述トリックに無理があって評価されすぎてるという感想には同意。

158 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 12:46:35 ID:Ly6nOV3K
泡坂妻夫の「しあわせの書」
凄いとは思うが内容がつまらん

159 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 19:12:58 ID:k+B88LnA
俺は面白かった。
でも「生者と死者」では技巧>面白さ、がさらにアップして、
小説的にはつまらなくなってる。

160 :名無しのオプ:2005/07/13(水) 23:21:35 ID:BjVI+iZx
149じゃないが乙一の文章、読んでてなんか引っかかるんだよなぁ。
口語文で垢抜けない感じ。あとがきとかはともかく小説で
こういう文章だと違和感を覚える。読んでて妙にムズムズする。
そこが味って人もいるんだろうけど。

GOTHは読んでないけどZOOは騒がれるほどよくないと思った。

161 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 01:12:22 ID:sPx04WzO
ZOOって騒がれてんの?
GOTHよりはよかったと思う
どっかで聞いたような話ばっかりだけど

162 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 01:12:34 ID:2qniLnIk
ウブメの夏。無駄に長い。
オチに無理がありすぎ。
でも、大好きって言ってるやつの気持ちはわかる気がする。なんとなく。

163 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 02:00:33 ID:FdvRsHOQ
ウブメのオチってなんだっけ

164 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 07:37:08 ID:GwrKGSPU
記憶

165 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 09:39:30 ID:cj4p1mWB
エラリー・クイーンの本…ごめん。

166 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 11:44:42 ID:DSsY6eCx
>>163

167 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 15:22:22 ID:UIL42xI1
>>162
あれはそもそもクリスティの(メル欄)の末期的子孫だと思えば断然アリ。
どちらかといえば、「魍魎の匣」の方があり得ない。

168 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 16:18:02 ID:iVlT8oH2
生首に聞いてみろ、ハサミ男
 普通、つまらんわけではないけど

白夜行、壺中の天国、伊坂作品
 嗜好の問題なんだが、ミステリ部分が弱い
 俺はミステリが読みたいんだよ
 何でもかんでもミステリと言って売るのを止めてくれ


全般的に言える事だと思うが
期待しすぎて読むと駄目だよな

宮部の火車とか理由は未読で
こんだけ絶賛されてるんだし読んでみようか、と思ってたけど
このスレ見てもうしばらく未読で行こうと思いました

しかしこの判断が正解か不正解かは未読のままではわからないという罠

169 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 18:50:37 ID:L3C+P5O1
>>168
>白夜行、壺中の天国、伊坂作品
 嗜好の問題なんだが、ミステリ部分が弱い
 俺はミステリが読みたいんだよ
 何でもかんでもミステリと言って売るのを止めてくれ

禿同。四日間の奇蹟なんて、なんでこれがミステリなのか
どうしても理解できない。
SFでもミステリでもホラーでもない(何でも分類すれば良いって
もんじゃないが)。
強いて言えばモダンホラーのテイストに一番近いと思った。

170 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 19:58:47 ID:Xg2GoFOu
>>153
乙一のWeb日記をまとめた「小生物語」って本が出てるんだけど、「犬」と同じオチの
日記が書かれてたよ…。(あの本の内容は殆どネタ)

乙一の叙述ものって初期の(メル欄)とかの方が出来が良い気がするなあ。

171 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 21:40:43 ID:eB0tyUqb
「トレント最後の事件」は本当に何で名作と呼ばれるのかさっぱりわからない。
もしかすると、あのミステリとは全く無関係の最後のドンデン返しが賞賛されてるんだろうか?

172 :名無しのオプ:2005/07/14(木) 23:06:17 ID:8OvG8ya6
あれは創元がプッシュしてるだけ
古典では?なほう

173 :名無しのオプ:2005/07/15(金) 09:10:28 ID:1TtXaxSy
163
「関口には現実が見えていない」

174 :名無しのオプ:2005/07/15(金) 23:09:40 ID:7lpIQdvG
トレントは面白く読んだ記憶があるけどな。
いまの読者が見ると不満が残るのかね。
古典として不当に評価されてるのはむしろレドメインとかだと思う。

175 :名無しのオプ:2005/07/18(月) 00:01:24 ID:/kTeez7u
舞城

話は普通につまんない
売りの文体も読みにくいだけ
持ち上げてる奴らから「この良さがわかっちゃう俺の感性ってどう?」的な臭いがする

176 :名無しのオプ:2005/07/18(月) 03:55:14 ID:CQtUo0Fx
西尾維新

ごめん無理。

177 :名無しのオプ:2005/07/18(月) 21:37:42 ID:VrP7jgde
舞城に一票帯の文句の圧倒的文圧とかいうのがよくわからん

178 :名無しのオプ:2005/07/18(月) 22:41:18 ID:9xc1UqBS
>>175-177
なるべく作品名を挙げてくれ

179 :名無しのオプ:2005/07/18(月) 23:07:48 ID:RWt8U+A3
どこがどんなふうに駄目なのかも書いて欲しい

180 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 00:15:38 ID:cMEiToZS
作者名のときは「そいつの作品全般」ってことだべ

181 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 01:49:34 ID:8xoRrwd5
十角館

リアルタイムで読まなかったせいもあるが
21世紀の今読むと登場人物のセリフが何よりキモい
というか80年代は友人たちをああいう呼び方していたのか?

182 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 01:59:01 ID:3tIww2lF
>181
してないよ。だから当時からキモイって評判だった。
それを大人の言葉で言うと、「人間が書けていない」とか「リアリティが無い」とかになるわけ。

183 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 22:18:52 ID:yEN+hGm8
「カーラのゲーム」
海外物の紹介スレでやたら評判がいいけど
傑作というほどのもんじゃない

184 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 22:42:25 ID:DBuYJEOH
箱の中の失楽

単なる電波小説

185 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 23:22:23 ID:RgAvlNtj
宮部みゆきの時代小説はなかなかいいよ…
それよりも「世界の中心で愛を叫ぶ」が最悪だよ。薄っぺらなお涙ちょうだいだけは勘弁してほしい… とかいいながら、大崎善生がすきな俺って、ダメだね…

186 :名無しのオプ:2005/07/19(火) 23:29:48 ID:RgAvlNtj
>>185です。
ミステリーだよね。宮部のあまりの批判に勘違いしてたよ。たしかに、宮部みゆきはミステリーダメだよね。スレ違いしてスマソ

187 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 00:44:27 ID:VRJmbayJ
リアル鬼ごっこ

キチガイが描いたホラー小説

188 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 01:11:48 ID:AkwOSpxH
なめくじに聞いてみろ

評価がそんなに高くはないかも知らんが
コロコロレベルの話だった
消防の頃読みたかったかな

189 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 05:30:14 ID:lxVBKdFv
夜のピクニック



190 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 14:44:42 ID:Y8Vj0tt/
>>188
都筑道夫は20冊ぐらい読んだがぜんぶつまらん

191 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 19:11:22 ID:aUHqI5X7
>>190
10冊ぐらい読んだとこで見切ろうぜw

192 :名無しのオプ:2005/07/20(水) 22:05:14 ID:Kp0/7bmw
ぶっちぎりで白夜行。

193 :145:2005/07/21(木) 00:57:54 ID:3BMhUFJO
>>146
すまんかった。確かにあんたの言う通り、七回死んだ男は
傑作だった。>>145は全体の3分の1くらい読んだ時点での
感想なんだ。全部読み終えた今、あんたの正しさがわかる。
西澤らしい阿呆らしい小ネタもあるが(例えばメール蘭)、
それでも設定を活かしきったオチには脱帽するしかない。
個人的にはエピローグは蛇足でしかないと思うが、まあ
それも瑣末なことだ。
七回死んだ男は、瀬間で騒がれるほど良くはないと思ったら
やっぱり騒がれるほどのことはあると思い知らされた作品だった。

194 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 03:07:28 ID:EvitTWcS
バカモンw、ミステリを途中までで判断してどうする。

まあ、しっかり謝っているので許せるが。

195 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 03:31:02 ID:U/3mr3lG
途中で判断するのは良くないよね
けれどちょっとわかる気もする
反復落とし穴というメインの設定のせいで
似たような場面を何度も見せられるのは厳しいものが…
まぁ、話が動き出せばそうでもないんだが
最初の何ページかは厳しかった

ちなみに俺も「七回死んだ男」は傑作と思う

196 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 05:25:06 ID:RLdctQc0
瞬間移動死体の方はどうしようもなかったけどな。
同じようにトンデモで、ご都合主義なのにどうしてここまで
違うのか俺には説明できない。

197 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 15:40:47 ID:KPqw7A44
>>194
コズミックは途中で辞めれば、変だけど面白い作品として
好印象で終わりそうな気がする。

198 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 16:31:28 ID:dzaISUqg
>>197
「世間で騒がれるほどひどくはないと思う作品」ってことかw

199 :名無しのオプ:2005/07/21(木) 18:03:31 ID:E7w+V3Fp
最後まで読まなければいい作品、ってミステリとしては最悪だろw

200 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 00:17:13 ID:Bq8dFh01
リアル鬼子ごっこ…ミステリではないか藁

201 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 00:45:08 ID:4JVasnlp
>>195
ホントだ。密林の評価がムチャクチャ高いw
今度読んでみよう。

202 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 10:35:09 ID:G/yXn5vd
北村薫「スキップ」
主人公が記憶喪失のおばさんにしか見えなくて
気持ち悪くてしょうがなかった。

203 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 14:12:50 ID:RSSws1Kf
「七回死んだ男」というタイトルで
途中何があろうが、とにかく七回は死ぬのね
と思って読んだので…
うーむ。

204 :名無しのオプ:2005/07/22(金) 20:23:37 ID:7of/ABRU
「新宿鮫 毒猿」
この巻だけ浮いてないか?
派手なドンパチは似合わないと思うけど。

205 :名無しのオプ:2005/07/25(月) 02:57:55 ID:k5vPHZZ7
横山秀夫の。オヤジの泣き言はオヤジには共感するんだろうけど…
それ以外にも人はいるんだしさ。特にトラウマの扱い方ひどい。

206 :名無しのオプ:2005/07/27(水) 16:27:50 ID:ogyixW26
「クライマーズハイ」
全然面白くねー。俺がやってたのはこんな大変な仕事なんだよ
って自慢してるみたい。単なる自己満足のように思えた。
横山秀夫はかなり好きな作家なだけに、余計萎えた。

207 :名無しのオプ:2005/08/22(月) 22:16:48 ID:x5vY0wxC
井上夢人「ダレカガナカニイル・・・」
なんで最後にいきなりメル欄のか、わけが分からんかった

208 :名無しのオプ:2005/08/22(月) 22:30:01 ID:MqBvv9qP
虚無供物

キモヲタノリかよ

209 :名無しのオプ:2005/08/23(火) 08:06:51 ID:2nJC16rb
「ガラスのハンマー」
ミステリじゃないと思ったんだが。

210 :名無しのオプ:2005/08/24(水) 00:15:03 ID:86EJBO0f
ケメルマン「9マイルは遠すぎる」
バリンジャー「歯と爪」
バークリー「毒入りチョコレート事件」
セイヤーズ「ナインテーラーズ」
中井英夫「虚無への供物」

・・・・・・期待が大きかっただけに、ガッカリ感もひとしおでした。
ちょっと今年の夏休みのダメージはデカイ。
ショボーン(´・ω・`)

211 :名無しのオプ:2005/08/24(水) 00:37:24 ID:j1KfcPdz
>>210
ちなみにあなたが良いと思う作品は?

212 :210:2005/08/24(水) 01:12:05 ID:86EJBO0f
ここ1〜2ヶ月では他に「夜のフロスト」「天使の囀り」「どんどん橋落ちた」「裸の太陽」「縞模様の霊柩車」「魍魎の匣」読んだけど、面白かったよ。
ま、全部ブクオフで買ったんだけどさ。

213 :名無しのオプ:2005/08/25(木) 22:32:11 ID:BS0xKuJw
中井英夫「虚無への供物」
今日買って読んだんだが、これ最悪だな。

214 :名無しのオプ:2005/08/25(木) 22:38:05 ID:DIIoxGuG
>>213
自分は「虚無」が最愛のミステリーなんだけど、
そう言うひとの気持ちもわかる
蓼食う虫も好きずきな作品

215 :名無しのオプ:2005/08/25(木) 23:39:37 ID:cXzW1QcW
教育レベルが格段に引き下げられ、教科書の内容が簡素化した
ゆとり教育世代の最初の第一波がそろそろ二十歳。

我々が今まで認識していた『頭が悪い』の領域を遥かに凌駕する、
人智を超えたバカが大量に日本社会に放出されつつある。
朝鮮人の更に下を行く、劣化日本人の到来を心せよ。


216 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 00:06:02 ID:i1ZMMe2J
「ドグラ・マグラ」
自分は大好きなんだが、おれと同じようにおもしろがる人間がそんなに居るとは思えない、という意味で。

217 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 00:38:01 ID:H0a89Xqn
自分ほど変わった人間はいないだろう、と思ってる人は多いということだ
俺も変格三大ミステリ好きだし

218 :216:2005/08/26(金) 01:07:39 ID:vunHVtv1
あ、ちゃうちゃう。理解者はオレだけ、っていうやつじゃないんすよ。
ポール牧が指パッチンでふたたびテレビのゴールデンに出始めたときのような・・・
って喩えが分かりづらいな。
くだらないダジャレ聞いてププってウケたら、まわりのやつもウケてた、みたいな。
ちょっと違うかな?
カレーに酢かけてくってたら、隣りのやつが「それウマイよねー」って話しかけてきて
たまげるみたいな。。ウン、これが一番近い気がする。

219 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 08:14:42 ID:hG8eOjAW
>>218
たとえヘタすぎw
カレーにス入れる奴多いよん
まさに>>217

220 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 08:22:56 ID:eFHW2lSI
えええええ

221 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 08:34:59 ID:eFHW2lSI
>>218じゃないが、思わず驚いて書き込んでしまった。
そんなにカレーに酢入れる人多いかー?
それはアレじゃないか、>>219の周辺に多いだけじゃないのか。
そうだな例えるなら、大阪人にたこ焼き好きが多い感じというか
シチューをおかずにご飯食べるのが普通だと思って
友達に話したらビックリされたときの感じというか。

222 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 12:50:51 ID:6J10b0BM
ええええ! 私も驚いた(笑
私も酢カレーは好きだが、「これは世間的には悪食だよなあ」と思いつつ食べてる
確かに似てるかもね(笑<ドグラ

223 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 13:37:41 ID:av1UXUbH
隠し味としてカレーに酢とかいろんなもの入れるのってそんなに珍しくないよ。
カレー板とか見てみ。

224 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 14:42:32 ID:q0CUNIsy
隠し味じゃなくて、出来上がったカレーにふりかけるのでは

225 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 23:24:40 ID:wgv849fL
>>224 だな

226 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 23:35:01 ID:tKPoobar
カレーに砒素を入れた私はダメですか?

227 :名無しのオプ:2005/08/26(金) 23:41:11 ID:nGa7WN55
自分で食べる分にはいいんじゃないの

228 :名無しのオプ:2005/08/29(月) 18:56:17 ID:4CX8GKuD
スティーブンキング「IT」
正直ね、全然面白く無かったですよ。「これから面白くなるぞ!」
って思わせられるとこが10回ぐらいあって(そこは評価するべきなのかな)
結局最後まで読んじゃったけど、一度も面白く感じませんでしたよ。
なにあれ、最後の方はやっつけ仕事じゃん。何がどうなってITに勝ったのか
全くわからなかったし。意味無くグロい性描写もイラネ。イライラするだけ。
っつーか長すぎ。2巻くらいにまとめられるでしょあれは。
ザ・スタンドはムチャクチャ面白かったのに、とんだ地雷踏まされたよ。

229 :名無しのオプ:2005/08/29(月) 20:09:21 ID:z/Kv6VcR
映画も前半は面白かったなあ>IT

230 :名無しのオプ:2005/08/31(水) 09:52:00 ID:twGOo7F5
>>228
 スタンドは、NHK で放送していた海外ドラマを見ただけだけど、後半の超能力バトル戦 ?
になってガッカリした記憶がある。
 リアルっぽい、細菌兵器で死滅した後の世界でのドラマにはできなかったんだろうか。
…って、それをキングに求めるのは筋違いなのかな、そもそも。

231 :名無しのオプ:2005/09/01(木) 05:10:12 ID:VdtxBzfS
>199
人狼城はまさしくそんな作品だなw
最後まで読んではいけない

232 :名無しのオプ:2005/09/08(木) 23:25:09 ID:C/oIp1FQ
>>203

七回死んだじゃん

233 :名無しのオプ:2005/09/09(金) 12:14:01 ID:O2de5Zjd
Yの悲劇
黄色い部屋

僧正殺人事件
黒死館殺人事件

冗長で退屈だと思う。
古典だという理由だけで評価されすぎ。

234 :名無しのオプ:2005/09/09(金) 14:49:50 ID:nVoEYrOQ
>>233
昔から古典ということで評価されてるってだけで、今さらだれも騒いじゃねえっての。
それを今日的な視点で評価してどうするつもりよ?











つか、釣り?

235 :名無しのオプ:2005/09/09(金) 15:55:29 ID:RWaLHXUx
期待して読んだからなのか、虚無への供物。

結構挙げられてる、理由。
だらだら、いろんな角度から書いているだけのような。
火車は普通に面白かった。

236 :名無しのオプ:2005/09/09(金) 18:59:31 ID:zOb6+iMw
時計館の殺人
犯人が(メル欄)の時点で破綻してる
登場人物も無駄に多い


237 :名無しのオプ:2005/09/09(金) 19:15:45 ID:VkIunACw
綾辻って論理派だと勝手に思ってたらどんでん返し派だった

238 :名無しのオプ:2005/09/09(金) 19:22:07 ID:z6g7TPjy
ミステリ初心者が読むには実にいい作家だがな>綾辻

239 :名無しのオプ:2005/09/09(金) 19:22:32 ID:RWaLHXUx
別に世間で騒がれちゃいないが、人形館にはむかついたもんだ。

240 :名無しのオプ:2005/09/09(金) 20:25:22 ID:EFIEtT5v
>>236
時計館ってそんな話なのか
面白そうだから読んでみよ

241 :名無しのオプ:2005/09/09(金) 22:17:38 ID:z6g7TPjy
メル欄見たのかよ

242 :名無しのオプ:2005/09/09(金) 22:59:06 ID:5jrrsC1B
>>240は変わり者だな


243 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 18:44:50 ID:LHu1lqak
人形館の殺人
これに限らず、綾辻の作品で精神関係のものを扱った作品は、自分的にイマイチ。
あとは、グレイヴディッガー
無駄にスピード感ありすぎ。

244 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 18:46:37 ID:KyRo/3pt
 エロゲーが一種の昇華作用を果たし、性犯罪が減っているという主張がある。
「昇華」というのはジグムント・フロイトの造語で、社会に受け入れられない衝動や欲望を
社会的に望ましいものに振り向けるという意味である。人体を切り裂きたいという欲求を
持つ者は外科医になり、暴力衝動を持つ者は、その衝動をスポーツや軍隊、法の執行に
振り向ける、というわけである。

しかし、ゲームをすることは昇華にはならない。

娯楽産業は社会的に受容できる方向を目指してエネルギーの捌け口を提供している訳ではない。
それどころか、部屋に座ってエロゲーをプレイする際には、ろくにエネルギーなど費やされやしないのだ。

昇華ではないし、それどころか無害な娯楽ですらない。強姦シミュレータの操作とは結局の所、
古典的条件付け、オペラント条件付け、社会的学習であり、そして…
何とその全てが反社会的な方向を目指している。

エロゲーは、ベトナム戦で兵士の発砲率を第二次大戦時の15%から90%以上に高めたのと
同じフォーマットで性犯罪をパッケージ化しているのだ。

               Dave Grossman 「戦争における人殺しの心理学」より

245 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/10(土) 19:21:12 ID:eTTFXc1g
>>244
選挙に行こう まで読んだ

246 :ルナマリア:2005/09/11(日) 12:17:39 ID:H9KxfJ9Q
>>245名無しさんまで読ませていただきました。

247 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 14:33:07 ID:XA0v7VWO
(日)まで読んだ

248 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 21:29:17 ID:u4wrOYqt
ロートレック・・・
こんなんありかよ?


249 :名無しのオプ:2005/09/12(月) 00:02:29 ID:x528fjsw
>188
 同感。
 『殺人狂時代』ってタイトルで岡本喜八監督で映画化されているけど
映画の方が主人公のキャラクターに深みがあって面白かった。

 原作の主人公は、ただのスーパーマンなんだもの。


250 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 07:52:44 ID:el7NSqCZ
綾辻って叙述トリック下手クソだよな
読んでてすぐネタバレするし、後で説明くさいってか、説明がくどい

251 :名無しのオプ:2005/09/13(火) 08:33:01 ID:IRuaahNZ
初心者のうちに読まないからだ

252 :sage:2005/09/13(火) 15:28:03 ID:euFVxwei
ミステリ・オペラ

発想が虚無と一緒。
謎解き部分が大雑把すぎ。
キャラクターが、作中での豹変ぶりも含めて類型的すぎ。
言いたいことはわかる気がするけど、全ての要素がたいした相殺効果だった。自分には。

253 :名無しのオプ:2005/09/14(水) 01:03:08 ID:IYy6t8KL
ダ・ウ゛ィンチコード。

途中まではおもろいけど結末がどうも…

254 :ルナマリア:2005/09/14(水) 01:05:50 ID:giAep56U
恩田陸「ユージニア」
わけわかめ。熱いわねぇ。と連発されてもねぇ。

255 :名無しのオプ:2005/09/14(水) 15:33:11 ID:P7FQiNnF
>>254
お前それ一章しか読んでないだろ。わけわかめって久しぶりに聞いたぞ。

256 :名無しのオプ:2005/09/16(金) 00:25:18 ID:/LJ4hgi6
貫井徳郎「慟哭」、「神の2つの顔」

貫井の宗教に対する薄っぺらで浅はかな知識と
極端に主観的かつ偏った視点に終始いらつきながら読破した

というか後者は別に騒がれてないか
貫井はこの2冊しか読んでない

257 :名無しのオプ:2005/09/16(金) 00:37:36 ID:/LJ4hgi6
あと既出だけど宮部の長編
短編はすごく好きなんだけど
賛否両論あるけど少年の描写もあれはあれで好きだし

258 :名無しのオプ:2005/09/16(金) 01:58:32 ID:lRafDTE+
恩田陸の「三月は深き紅の淵を」

1〜3章まではよかったんだけど、4章が最悪。全部ぶちこわし。

259 :名無しのオプ:2005/09/16(金) 11:44:55 ID:ILXwFyFu
>>256
君学会員だろ。

260 :名無しのオプ:2005/09/16(金) 12:59:28 ID:2hWtb964
>>258
1から3まで良かったんなら別にいいじゃん。
全部繋がってるわけじゃないんだし。

261 :名無しのオプ:2005/09/17(土) 12:40:24 ID:Qu0hQVj7
>>259
君貫井だろ

262 :名無しのオプ:2005/09/17(土) 19:51:03 ID:i6AJV8oC

カレーに酢なんて、心の底から初めて聞いた


263 :名無しのオプ:2005/09/17(土) 23:22:51 ID:KerLLZBD
虚無への供物

面白くないことはないが戦後ミステリの最高傑作とか言われると…

264 :名無しのオプ:2005/09/19(月) 01:47:23 ID:hOsxIfjT
東野圭吾全般

面白くないというわけではない。
ただ、どんでん返しがあってもあまりやられた感を感じない。あっさりって感じがする。
何気なく親とそんな話をしたら「この人のは浅いよね。」と
自分が言いたかったことをうまく表現した。

売れてるしミステリ板での評価も高いし、単に好みが合わないだけなんだろうけど。

265 :名無しのオプ:2005/09/20(火) 01:10:47 ID:opURqJEa
>>264
「秘密」とかあっち路線は概ね同意。
でも本格好きなら「名探偵の掟」は外せない。

「どちらかが彼女を殺した」は評価高いけど、今だによく分かってない。
今度文庫読もう……。

266 :名無しのオプ:2005/09/20(火) 01:16:19 ID:tKKBxEPh
「どちらかが彼女を殺した」って評価高いのか?
オレは「私が彼を殺した」とセットで駄作だと思ってるけど。

267 :名無しのオプ:2005/09/20(火) 01:54:42 ID:Eo1w1osE
「イチローはゴロばっかでホームラン打てないしょうもないバッター」
と言ってるのと同じ感じがしないでもない

268 :名無しのオプ:2005/09/20(火) 02:26:51 ID:cf3EW1ch
>>266 評価は高いだろ。ま、駄作というのは同意だが。

269 :名無しのオプ:2005/09/21(水) 01:46:04 ID:CZlHWZsB
>>264
よくわかってるじゃん。もう読まないほうがいいぞ。

270 :名無しのオプ:2005/09/21(水) 08:44:03 ID:l4C76kSa
本人クセー

271 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 04:07:06 ID:Ogw5HAlG
「どちらか」は面白かったけど「私が」は微妙。
前者は警察に追われる主人公が真犯人を探す、ってな構成が主軸に肉付けされて面白さを支えてた。
後者はそういうのが何か薄い。

個人的な意見だけどね。

272 :無名草子さん:2005/10/08(土) 13:35:13 ID:q2vEoOGx
そうですか

273 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 00:56:07 ID:fJs/XT23
西尾作品、乙一作品

274 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 01:00:58 ID:tHJAiQYj
いや、そんな至極まっとうな意見を書かれても

275 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 02:58:34 ID:7/e53FMB
世間で騒がれてるかどうかはさておき島荘の御手洗シリーズは
京極の京極シリーズのせいでかすんでしまった。
現代人には探偵としての在り方が御手洗より京極の方が共感出来る。


276 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 03:21:46 ID:xf3faSQk
高村薫作品。
なんかバカには読めません。な感がウリな割に読み終わった後

なんだったんだかなぁ。

という気になるのは俺がバカだからか?

277 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 03:22:06 ID:tHJAiQYj
>>275
かすんでないと思う。
そもそもその二人の作家は活躍した時期が全然違うし。

278 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 03:28:21 ID:77tnO2rV
ただ単にファミコンのゲームになったから有名なだけかもしれないけど
「弟切草」にはびっくりした。
小学生の作文のような文体、これって笑うところ?と考え込んでしまう無意味なギャグ。
正気の沙汰ではないと思った。

あんなんでいくら稼げたのだろう?なんか羨ましい。

279 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 04:58:25 ID:0lH3hYZu
>>277
そうかな。御手洗シリーズの占星術から異邦の騎士くらいまではよかったんだ
けど後半明らかに作品に勢いが無くなった。作者がもうこのシリーズに飽きている
んじゃないかと作品を通して伝わってくる。ちょうどそういう時期に京極が登場した
から>>275のように感じたのかもしれない。あと誤解の無いように言っておくけど
京極ヲタじゃないよ。京極も京極シリーズに飽きるときが必ず来るだろうから


280 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 05:13:46 ID:NdYML9Q1
京極は鉄鼠の檻で飽きたぽ

281 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 05:46:11 ID:pY9AYK17
>>279
もうすでに飽きてるだろうな

282 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 15:39:32 ID:x4fvsGWL
>>279
塗仏以降は惰性と商売で続けてるだけな気がす

283 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 20:04:13 ID:HiOPavns
西澤保彦

七回死んだ男

どっかのスレで評価が高かったな。やはりちゃねらーの趣味はいまいちって感じだった。


284 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 22:27:57 ID:tHJAiQYj
ちゃねらーってひと括りにするのはどうかと。
どのスレか知らんがそういうのが好きな人が集まるスレなんだろうし。

285 :名無しのオプ:2005/10/09(日) 22:52:53 ID:Dem/CtsR
2chにレスしてる時点で283もちゃねらーだろうに。
自分だけは違う、特別だって思ってるように見える。
「私はめったに2chには来ないから〜」とか言い出すのだろうか。

286 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 03:21:59 ID:CH2beZAo
>>278
弟切草はゲームが先じゃね?ゴンゲー。

287 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 21:21:12 ID:DSci/3GC
いまさらですが
「黒い仏」どうしても許せない。

この時間にこの場所にいては
被害者を殺害することは絶対に不可能な
アリバイのある人間が
どうやって犯行に及べたか。(メル欄)
・・・・ちょっとまて。いいのかそれは。
本格って背表紙にあるけど
こういうのまで本格に入れるの?

クトゥルー神話使う日本人作家って多くが
こういう無茶苦茶やるから参る。

288 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 22:57:23 ID:/JquFrBQ
>>287
いいんだよあれは。
「本格」というフレーズ自体がトリックなんだから。

289 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 23:06:55 ID:xSNrJPwk
「本格」という言葉には上質っぽいイメージもあるから出版社はコピーとして使いたがる
まあ大森望の推薦文みたいなもんだな

290 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 23:21:25 ID:gYEFauMi
上質かどうかは知らないけど、集客力はあるんだろうな
これだけ定義がはっきりしないにも関わらず
本格とあれば、自分が求めてる本格かもと手を伸ばす人居るだろう

そう、俺のように('A`)

291 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 23:44:13 ID:f0jz7VXG
「頼子のために」

一般から評価されてるかは知らんが

292 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 00:30:05 ID:J7CY2HH6
小野不由美の屍鬼 一巻しか読んでないけど

293 :145:2005/10/14(金) 01:36:25 ID:GT4cwdEO
>>292
賢明なあなたに乾杯

294 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 02:11:41 ID:4hW7CFMa
>>292
全部読んだけど全く同感です

295 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 03:14:54 ID:1pQS7wyW
オレは好きよ。屍鬼。

296 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 07:38:36 ID:ib0jiRb5
>>287
「黒い仏」は「名探偵の掟」の(メール欄)みたいなもんじゃないのかな
長編でやるような話じゃないけど

297 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 15:09:38 ID:MllyjyUs
『黒い仏』は『美濃牛』が丸々一冊伏線になってんだよ、牛にだってそんなような奴ってか現象出てきたべ、やんわりとだけど。
仏で展開が一気に躍進したと思えば許せる範囲だと思うがな。

298 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 15:25:13 ID:RaxcCZdS
てゆうか黒い仏って世間的にも賛否両論で
(自称マニアは「これを受け入れられないやつは馬鹿」とか言ってるけど)
別に傑作認定されてないじゃん

299 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 15:39:17 ID:MllyjyUs
俺、マニアじゃないけど、これ受け入れないやつってか認めないやつバカとは思わんけど、頭固いってか、前作もう一回読んでみろって言いたい。何で『美濃牛』読んだ時点で文句言わんのだ?と言いたい。
牛でいきなり殊能が仏みたいなオチつけたら、アフォかと思うが、少なくとも牛で既にそんなの出してるからな、おまいら。
仏に繋げるために狙ってやったなら殊能は間違いなくシテヤッタリだと思ってるんだろうな。

300 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 18:52:02 ID:56QiaTuR
みんながみんな作家の作品を発行順に読むと思ってる人も頭が固いと思う

301 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 19:31:45 ID:MllyjyUs
バカだなぁ発行順なんて意味ないんだよ(´・ω・`)

302 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 19:46:40 ID:MllyjyUs
>>300
読み返してみたら言葉足りなかったみたいな。つまり石動シリーズはああいう世界観なのに、仏から先に読んで文句を言うやつには一作目から読めと、これならいいか?シリーズモノを最初から読まなくて文句言うやつはいないと思ったんでな(´・ω・`)

303 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 20:10:42 ID:56QiaTuR
>>302
それならいいか。
まあオレみたいにシリーズものだと知らずに読んだ人もいるだろうけど。
その原因として「ハサミ男」が石動シリーズではないことや、
石動シリーズ第1作と目される「美濃牛」のあらすじに「石動戯作」の
名前が出てこない点が挙げられる。
だからオレは石動戯作は「黒い仏」で初登場だと思ってた。
ちなみに「美濃牛」は未だに読んでないんで悪しからず。

304 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 21:13:23 ID:MllyjyUs
>>303
ああ本当だ!今確認した。石動の名前が書いてない;こりゃ出てるか分からないハズだ。読まない人がいてもおかしくない。これは確認不足だった。素直に謝りますスマソm(__)m

次からは未読の場合も考慮して↓

つ【美濃牛】

これでいきますm(__)m

305 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 22:31:34 ID:l/yu1vNX
今更だが、カレーに酢はやったことないが、カレーにマヨネーズはたっぷりかけるよ。
てことで俺は「わらうイエモン」

306 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 22:54:10 ID:bjwJ2Pfp
姑獲鳥の夏

あのオチがありならなんでもありじゃんよ……

307 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 23:50:22 ID:AEPvLgZe
「白夜行」「火車」は読み進めるのが苦痛だった。
おいらの感性の問題かと思っていたが同じ意見の人がいて安心したよ。



308 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 00:08:06 ID:dNkc9mP4
オレは「火車」は読むのが苦痛だったが「白夜行」は一気に読んでしまった。

309 :307:2005/10/15(土) 00:45:36 ID:nC1D2v9Y
あと「半落ち」は一気に読めたけどあのオチ弱くね。
あくまでも世間評価の割にはってことだけど。

310 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 00:48:55 ID:AyUWm8/O
犯人に告ぐ
役不足の意味を間違えてるばかりか、役者不足って・・・プロとしてどうかと
おかげでさめた

311 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 02:02:37 ID:a6+SyjVU
京極はミステリとして読むと違う、
あれはホラーのほうがいいんじゃないか?

312 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 02:31:23 ID:6rnUKQUi
二階堂黎人の短編
タイトルは忘れたが「純金をエビスビールの缶にした」のや
「宇宙人に先輩が襲われた」のとか入ってるヤツ。
最初のは気づかないのに無理があるしアトのは(メル欄)に同じく無理が。

ブックオフで105円だったからいいけどさ

313 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 02:36:23 ID:HvJ38h0Y
>311
京極堂はスーパーナチュラルな要素がなくて
実はすべての事件が論理的に解決してるからホラーというよりミステリ寄り

妖怪シリーズって言っても実際に妖怪が出て来て人殺したりしないでしょ

314 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 02:55:40 ID:irnT4jE3
>>309
こないだ文庫で出たの読んだばかりで同感。
さらにやっと直木賞で問題になってた理由を調べて、大嫌いな林真理子、の言い分は正しい、と。
話自体成り立たなくなるし。
それ以前に、理由がリアリティ感じられなくて弱い。
いくら特別な感情でも、大の大人がフツーそんな当ても定かでないこと考えて黙らないだろ、と。
事情に詳しければ余計、都合よく次の、なんて見込めないとわかるはず。
いかにも作った、みたいな話に、なぜ泣けるかな、と。
腐すつもりもないんだけどね、なーんだそれって感じだったもんで。

315 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 04:08:01 ID:VbVcRkl2
その「、」の入れ方は何かトリックでもあるのかい?

316 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 04:54:56 ID:ckwNMpPk
「大嫌いな林真理子、の言い分は正しい、と。」
と、>>314が、言った。
「その「、」の、入れ方は、何かトリックでも、あるのかい?」
と、>>315が、コーヒーを飲みながら、たずねた。

317 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 07:27:48 ID:XVFxEbG5
>>310
どこにそんな箇所があったかまったく記憶にないが、「役不足」と「役者不足」ではまったく意味が逆だぞ。

318 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 07:58:24 ID:nC1D2v9Y
>>314 直木賞で問題って全然知らんやった。
で、ぐぐってみたらすでに論争済みなのね。すまん。
制度問題はともかく、このケースで沈黙する動機が弱すぎ。
五十一歳云々は二日間の行動を話しても問題ないわけだし。

319 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 13:16:07 ID:QBxJHkwJ
でも林が指摘した点って、実際にバンクの委員会だかで検討されて現実になったんじゃなかったっけ?
だからあの作品は未来を予測していたともいえる、とかってこのミスで擁護されてたような気がする。
まあどっちにしろオレはこの作品大好きだ。

320 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 13:50:26 ID:OvbYrm3x
モロではないにしても結構ネタに肉薄してきてね?


>>317
誰かの本で、役不足と役者不足(俺は正確に把握してないけど)を
登場人物Aが誤用して、他の登場人物Bがその誤用を指摘して
意味通じてりゃいいんだよ、とか暴論吐いてたな

321 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 14:23:49 ID:omVFtMMZ
言葉間違えても呟きだったら登場人物が誤認していたとかいえばいいしな

322 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 15:38:10 ID:vAGKvCTJ
赤松健「ねぎま」
ラブひなの方が萌えましたからwwwwwwwwwwwwwwwwww


323 :名無しのオプ:2005/10/16(日) 10:39:48 ID:WIMYvSmJ
「半落ち」の最大の弱点は冗長すぎることだろう。
最初の2人くらいまでは面白かったがあとはダレた。
あんなにダラダラ引っ張るネタではない。
俺はあれ以降、横山読んでいない。

324 :ルナマリア:2005/10/16(日) 12:29:30 ID:xAFbuUi7
半落ちは著者が自分に酔いながら書いたからダメになったと思う。「あぁ。いい話書いてるな。」って。

325 :名無しのオプ:2005/10/16(日) 13:19:41 ID:ZEvWkwrN
みんなで必死でつなげて満塁にしたけど押し出し四球で勝っちゃった感じだよな


326 :名無しのオプ:2005/10/16(日) 14:41:19 ID:mNihRRo6
横山著なら動機の方がゾクゾクした。

327 :名無しのオプ:2005/10/16(日) 14:43:45 ID:yqZaxfNm
押し出し四球より振り逃げのような…


328 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 00:19:06 ID:Ax/rDUMv
>>326
「動機」でゾクゾクしちゃう読解力ってうらやましいな
 あれでゾクゾクするんじゃ、なに読んでもゾクゾク知っちゃうんじゃね?

 選ぶ手間が省けていいなw

329 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 00:34:33 ID:LcyUmF4D
>>328
わざわざそんな事を書き込むお前もアタマ悪そうだが

330 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 03:33:55 ID:P5ZKTihy
すべてはFになる
つまらなかった覚えはないが、評価されてるわりには…と思った

331 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 03:36:35 ID:P5ZKTihy
ごめん
はじゃなくてが


332 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 09:58:08 ID:DpzCepsY
「いやお前なんぼなんでも誰か一人ぐらいは気付くだろ」って感じだった>F

333 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 00:13:41 ID:oLNSCGY/
ていうかメル欄で犯人分かったよ

334 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 00:17:57 ID:oLNSCGY/
あそこは嘘でもいいからメル欄と書くべきだったと思う

335 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 01:58:59 ID:kZp9wD25
おれは何故か、有限と微小のパンしか読んでないぜー

336 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 02:49:13 ID:+MLuzvzE
ついでに有限どんな話か教えてクレヨ。
俺F読んで冷たい密室途中で投げたんだがシリーズの結末だけ気になる。


337 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 22:10:34 ID:3+PJZ7S2
>>336
実はシリーズは今でも続いてるので、有限の結末を知ってもたいした意味は無い。

338 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 05:01:03 ID:SnGTqT0c
Fはどう考えてもバカミスの範疇なのに
正統派とか理系とか言われてるのが納得いかん。
確かに文章が無味乾燥でギャグもなくてキャラ立ってないから
他のバカミス系みたいに軟派な感じはしないけど……

339 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 04:03:07 ID:VsyBvC2o
正統派ではないと思うけど、まさしく理系アタマから生まれたって感じ。

340 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 22:27:17 ID:FZA1nuFR
理系の人間から言わせてもらうと何が理系ミステリなのかよく分からん

341 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 22:47:38 ID:PVvQJGak
Fだったったか冷たい密室と博士たちだったかの解説には
「犀川とか萌絵とか超リアル!俺理系出身だけど
俺のまわりこんなやつばっかだったよ!理系じゃねえやつにはわかんないかな〜(意訳)」
みたいなことが書いてあった。

342 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 23:07:41 ID:AjjdLdYs
作者もバカなら解説する奴もバカか

343 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 23:45:14 ID:lber2k7P
どこの世界に友達同士で貴女と呼び合う女子大生がいるんだよ。

344 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 23:52:33 ID:cLkfWbf3
内容じゃなくて工学部の助教授が書いてるから理系ミステリなんでしょ

だから木々高太郎や大下宇陀児や由良三郎も理系ミステリなんだよ、たぶん

345 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 00:00:37 ID:XV/qRlfO
はい終了

346 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 00:41:23 ID:tkgfgoJA
森「ミステリィファンというのは
ミステリィの9割が嫌いな人たちのことです」


347 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 02:43:14 ID:fWVzIHey
OSとかコンピュータ内部処理に詳しければFはバカミスとは思うわな。
ただ全く同じトリックでも、もっときちんとしたミステリにできたのではないかと思うな。

348 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 02:20:44 ID:VQzP7RbZ
完全文系の俺から見ればFは理系と言われて普通に納得できるんだが。

俺ウンコ?

349 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 13:29:24 ID:1BwUUwow
それはしょうがないんじゃない?
例えばBJによろしくが医療関係者にしたら突っ込みどころ満載でも
何も知らない一般人は面白く読んでるわけだし

350 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 19:24:09 ID:EkIzZh2q
リアルとリアリティは別物だと、昔の俺が言ってました

351 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 20:23:52 ID:0NfqJzWk
今の俺はちがうの?

352 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 12:01:43 ID:CWKctLcA
>>350
鈴木裕もそんなこと言ってたな 昔

353 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 17:39:16 ID:tIBgav09
十角館の殺人 評判の割りに「その程度?」って感じがした

354 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 20:46:26 ID:MQcl1SUy
白夜行否定してる奴って基地害だろ

355 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 20:57:15 ID:+6WYJvAz
>>350
リアルでもないしリアリティも無い場合はどうした物か…

「すべてがFになる」は、
事件発生直後にあの場にいる人間(それなりに皆詳しいはず)が
誰一人として原因に思い当たらない って時点で異常だよ

…と、ついこないだ境界値越えでシステム止めちゃったプログラマーが言ってみる


356 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 21:26:20 ID:GyPGFv4T
>>341
それ、解説だけでなく森ファンからもそう言われたぞ。

357 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 21:52:18 ID:k9BDuWj4
>>354
ここは人のレスにケチをつけるスレじゃない


358 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 02:43:27 ID:ZgxCR+DY
東野圭吾のある雪のなんとか。
読みやすくて話はなかなか面白かったけど…。

359 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 10:37:05 ID:LB9K+XRP
あやつじの「殺人鬼」
グロイグロイ言われてる割にはさほどでもなかった。
こんな俺って…

360 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 15:17:09 ID:kj6M/Hr4
倉知淳の星降り山荘・・・
見事に騙されたけど、ただそれだけ、みたいな。
ミステリとしてはいいのかもしれないけど
あとに残るものがなにもないような気がしないでもない

361 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 15:28:15 ID:2IBbWRNH
>359
同意。
安心汁。

362 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 16:12:14 ID:N3AQLsoh
>>360
世間の評価もそんなものじゃない?

363 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 18:33:56 ID:PIJ9QsW9
>>360
後に何も残さないのが美しい本格の条件

364 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 21:17:19 ID:4EUc0M+S
>360
俺も本格ミステリとしてのああ騙されたという楽しみ方はできなかった。
騙されたけどあっそうという感じだった。

365 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 23:42:57 ID:Kmq8X5Fx
叙述トリックって、ひっかけクイズですからねえ。
騙されて面白いってのは殆ど無くて、「フフフ、見破ったぜ」で面白がらせるジャンル
じゃないのかなあ。
だから、「どれだけ読者に気づかせてあげられるか」が作者の力の入れどころって
気がします。

366 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 23:47:50 ID:dIQniJIb
はいはい

367 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 00:44:54 ID:SqtoZS4K
恩田作品全般 本屋さんて見る目ないね

368 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 00:52:43 ID:IqoEXLBu
本屋さんは商売だから売れる本を置く、とだけ言っておくか

369 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 00:58:53 ID:EdBJfNCH
売りたい本として夜ピクに本屋大賞をあげたからでしょ

370 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 01:21:23 ID:IqoEXLBu
「全般」って書くからさ
いや別にいいんだけど

371 :イラストに騙された名無しさん:2005/11/03(木) 12:23:59 ID:CyvkJWfI
o

372 :無名草子さん:2005/11/06(日) 22:43:59 ID:B74zfQC5
ありがとうございます

373 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 00:32:26 ID:YBkHp1Sv
オナニーが勃起したお

374 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 01:56:47 ID:m6GeTkzD
笠井潔の矢吹駆シリーズ

本質直観で事件の推理などできない。ウンチクがでたらめ。

375 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 07:53:18 ID:s1vmr2Uy
このスレで紹介されてる本、期待せずに読むせいか、面白い。
面白いよ〜、とすすめあうスレで読む本は期待はずれになる。

376 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 16:02:56 ID:3EVQ3B3l
葉桜の季節に君を想うということ

爽やかなタイトルとは裏腹に(メール欄)とは…


377 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 20:11:18 ID:l1EJw9Ty
あれはそれがテーマなんだからしょうがないじゃん。
途中でそれに気付いちゃったら他に何もないのと、
主人公の探偵時代のエピソードが、ミスリードのためだけに
挿入されたような感じで、面白くないのにけっこう長いのがアレだけど。

378 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 02:24:06 ID:TdqwNJZZ
>>10
のりづきにしては?
あんなろーとるどーでもいいじゃん。
かいてるのもすげえつまらねえし。


379 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 02:29:05 ID:TdqwNJZZ
>>264
わしもおなじいけん。なんかものたりん。
好みの問題ではなっとくできんもんがある。やっぱなんかたりないとおもう。


380 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 19:44:20 ID:+IS6nZMH
>>377
(メール欄)を知ってると結構早い段階で気づいてしまうんだよね。
興味がない人は知らないものというのがミソなのだろうけど。
現に知らない連れは最後のオチにびっくりしてた。
こういうのがトリックにかかわってくる作品は読者による評価のブレが大きいと思う。

381 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 19:48:07 ID:qb0yYbly
葉桜〜はメル欄1のオレにはすっかり騙されたよ
メル欄2とはずっと思ってたけど

382 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 11:37:07 ID:DhPk8MYQ
さんざん既出だけど、「姑獲鳥の夏」

関口の妄想でページ稼いで、あの落ちに本を壁に投げつけたくなった

383 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 19:34:55 ID:PRxglBbN
>>382
禿堂。雰囲気小説であってミステリではない。

既出だが森博嗣。
文章のクセもキャラマンセーも鼻につくが、何よりもトリックしょぼすぎ(一部除く)。
特にVシリーズ以降は仕掛けのために書いてるとしか思えん。

384 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 19:51:43 ID:xGVD70Gt
封印再度の
とんちクイズみたいな密室のオチと
箱と鍵の謎がおもいっきり力技なのと
異様な真相を「すごい執念だね」の一言で片付けたのはまいった

385 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 23:14:24 ID:SKe0tZyj
森は密室物に対して悪意があるとしか思えん

386 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 00:20:02 ID:T7JdDTQG
ウブメより黒猫の三角の
「家政婦のおばちゃんに犯人が見えなかった理由」のほうがよっぽどヒドイ

387 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 00:44:42 ID:3VlkStPL
しかし副業で合計700万部か…

388 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 02:39:49 ID:hwIFU8Rt
そんな売れてんだ
赤川次郎(初期除)みたいなもんか

389 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 08:15:46 ID:p898olB2
>箱と鍵の謎がおもいっきり力技なのと
あれは実現可能らしいぞ。 ファンでその方面の専門の人が実際に試したことが
あるらしい。

390 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 12:54:39 ID:3nqqagLU
>>383
うわぁぁん。同志がいてすごくうれしいっす!

俺のまわり、なぜか絶賛&好きな奴が多くて。

391 :名無しのオプ:2005/11/12(土) 20:35:39 ID:eezyBhvC
>>383
一部の除くというあたりが正当に評価していて好感が持てる。

392 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 07:21:39 ID:Sd5Tc8W2
世間で騒がれるほど読む気が失くなる。

393 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 12:45:21 ID:SzWmV/ak
ナイス捻くれ者
でも俺も

394 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 18:13:39 ID:2VuOt41c
セカチュー。 珍しく原作より映画の方が面白い作品でした。

395 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 18:35:14 ID:2VuOt41c
すみませんミス板でしたねここ…

396 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 18:36:59 ID:ovuvXPxU
ミス板だけにミスったわけか

397 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 20:13:57 ID:7KpwuUAc
テリーよ、そりゃないぜ

398 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 21:40:03 ID:JJmrDGo3
そしてよくスレタイ及び>>1を読むと「ミステリー限定」とは
どこにも書かれていないという叙述トリック

399 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 21:42:26 ID:TsKReTRW
板違いだし

400 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 02:31:24 ID:jJ5pmVvd
十角館の殺人 なんか薄い。なんでこんなに評価されてるのかわからん。

401 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 02:42:38 ID:l5E12Z1K
>>400
それに関しては「人間が書けてない」と言っておけばいいみたいです

402 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 03:24:59 ID:Jwr/kTWb
トリック的にもかなり無茶だよな、あれ。

403 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 03:57:49 ID:Jz3eZZra
宮部みゆき「火車」
なんか風呂敷広げるだけ広げておいて、最後で茶濁されて
逃げられた感じ
しっかりストーリーとして決着つけて欲しかった

十角館は人間が書けてないとかはどうでもいいんだけど
トリックとか動機とかアル中死因とか変なのてんこ盛りだよな
作家系アダナはサブイボ立つだけの寒い設定だし
良くも悪くもベッタベタな作品だな

404 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 06:29:47 ID:LSsoTCWb
岸田るり子「密室の鎮魂歌(レクイエム)」
一応鮎川賞を受賞しているし、書評もいいみたいだけど、
そんなにいいかな?

冒頭あたりの事件が起こる発端になっているところが、
アガサ・クリスティの「鏡は横にひび割れて」の事件の発端に
なっている肝心のところとよく似てる。
作者のプロフィールの影響を受けた作家のリストに
アガサ・クリステイを一番にあげているし、
影響を受けたというよりネタをいただいたとしか思えないんだけど。

405 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 06:40:29 ID:kPHrYazg
またネガティブなスレを…

406 :& ◆xOS3wf.pJg :2005/11/15(火) 06:42:51 ID:K5Oa7d2n
十角館の作者のスレでネガティブな意見を言うと
有無を言わずアラシ認定される。
恋は盲目かあ…。

407 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 07:25:56 ID:eGkggMZe
山田悠介全部。
俺の近所の本屋では新刊が出るたびに週間ランキングの上位にランクインされている。
別の本屋では既刊を平積みにして一種のコーナーを作っている。
こういうの見るたびに俺がおかしいのかな? って不安になる・・・

408 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 07:36:58 ID:es7SOCRB
>>404
島田スレに削除願いだしておけよ。

409 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 18:15:38 ID:89a7DdHK
>>407
山田スレ行ってみな
2chでの評価がわかる

410 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 20:02:32 ID:M+Ovoiqu
「生ける屍の死」
なんでこんな評価されてんのか・・・このミス10年のベスト1がこれかよ

411 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 03:53:08 ID:V8Geoqlx
時代性も鑑みての選考だよ

412 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 18:10:46 ID:m1p1/BUr
怒られるかも知れないけど
OUT……

最後ぐだぐだやん。

413 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 18:38:45 ID:1idFKUKO
>>412
こらっ!

414 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 18:42:33 ID:7TWI5DJY
>>412
  ( ^ω^) …
  (⊃⊂)



  (^ω^)⊃ アウアウ!!!
  (⊃ )
 /   ヽ

415 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 12:44:43 ID:oBW+RHMF
r

416 :ルナマリア:2005/11/18(金) 18:08:05 ID:rPMZniES
>>412OUTは純文学として見なきゃだめですよ。

417 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 22:02:54 ID:eje3ksXj
OUTが純文学ってw

418 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 03:11:43 ID:ihqqO8U8
綾辻行人 森博嗣 恩田陸 の作品はだいたい世間で騒がれるほど良くはない

419 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 08:52:17 ID:fSTc4yJk
綾辻はまず世間で騒がれてなくね?

420 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 09:02:05 ID:eU1Ql96q
>>410
下手にランキングが高いのが良くないよね。
「ベスト1」という肩書きに期待させられて読んでガッカリ・・・という点では
「Yの悲劇」と双璧

421 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 09:30:10 ID:CZxqDJmF
恩田のネバーランド

「トーマの心臓」のオマージュというより明らかにパクリやん

422 :クニミツ:2005/11/19(土) 10:09:49 ID:aAqoX+hG
すまん、王道だが、ルブランの「怪盗紳士」第一幕

423 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 12:49:40 ID:4Z9gI17p
綾辻ならダントツで「霧越邸」
あのオチ、バカにしてんのか!

基本的には好きな作家だけどね。

424 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 17:11:35 ID:8XyzzTmu
恩田陸の作品ほとんど。

425 :名無しのオプ:2005/11/20(日) 01:23:48 ID:fQzFY/zG
「世間で騒がれる≒売れてる」だよね。
森は累計700万部らしいけど、
他のメジャー作家はどれくらいなんだろ?


426 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 14:08:36 ID:icz7y8qQ
森はそんなに売れてるかなあ?
年割りでも100万部前後売れてるのなら長者番付に乗ってもよさそうなモノだが

427 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 14:25:22 ID:x5CITSt/
逆にあんだけ本だしてそんなもんかって感じがしないでもない

428 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 15:21:19 ID:kcHoQBtm
ジャンルが違うんだから、比べても仕方ないんだろうけど。
漫画をよく読む俺としては、森で700万部かよ。と思ってしまう。

429 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 15:25:21 ID:Qd4PdZMr
姑獲鳥の夏 俺がいままで読んだ密室ものの中で一番ひどいトリックだった


430 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 23:05:34 ID:ai94MAmq
叩かれるの覚悟で聞きたいんだけど「Yの悲劇」ってどこが面白いの?
いや、マジ煽りとかじゃなくて。

431 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 23:16:16 ID:5lFuUAav
>>430
「あそこの有名ラーメン店は美味しくなかった」と言う人に
「バカだなあ、あのラーメンはここが美味しいんだよ」なんて説明してもナンセンスだろう。
自分の感性を信じて下さい。

432 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 23:35:00 ID:PNNi7p+a
>>430
「Yの悲劇」
今となっては犯人がぜんぜん意外でないし、中盤○○○の○○○が発見されるまでがとても退屈。
でも「Yの悲劇」とクイーンをあくまでカリスマとしたい人たちが信念のように崇めているから

・・・かな?

大体おれはクイーン自体がクリスティーやカーをAクラスとすると、Bクラスの作家だと思うんだが。

433 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 00:00:13 ID:G6VpkERM
古典は読むタイミングってものがあると思う
この新本格が出てるような今では特に
Yとかエジプト十字架とか小学生の頃読んですげー興奮したし
あとカーはB級作家じゃなきゃ落ち着かないw

434 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 00:35:32 ID:5KK/5q5E
XもYも中学生のときに読んだけど、大して期待していなかった「X」は面白かったのに、
「さあ、いよいよ史上最高傑作を読むぞ!」と大いに期待して読んだ「Y」にはガックリ…

瀬戸川猛資もいっていたように、あまり持ち上げないほうが「Yの悲劇」のためになると思う。

435 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 00:50:13 ID:Bq7oYwU4
サンクス。
確かに面白い作品ではあると思うのよ。
調合性の取れた論理展開に成る程と思える犯人。
でも肝心の犯人の動機の描写がすっぽりと欠落してるから最後?と思った。
純粋なフーダニットの古典としてだけなら文句はないんだけど犯人が犯人だけに動機にワクテカしつつ「もう一ひねりはあるだろう」
と思って読んでたらポイと放り投げられて肩透かし食らった感じつーか。

で、まぁ俺個人としては消化不良な作品だったけど2chやらなんやら含めマンセー意見しか耳にしないから純粋に疑問に思って。
引き続きご意見ヨロシク。

436 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 01:11:18 ID:+G3ytTpD
とりあえず「整合性」な



Yみたいな方向性の「意外な犯人」は、現在ではいくらでも捻りの効いた
作例がある。
ロジックを云々するなら、Xの方が見事だと思う。

437 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 01:33:43 ID:5KK/5q5E
そもそもクイーン作品での犯人指摘までの過程が論理的というよりもこじつけにしか見え
ないので、クイーンが日本であれだけ持ち上げられる理由がわからない。

近年の欧米のオールタイム傑作選その他を見ても、ドイル、クリスティー、セイヤーズが
合計20票前後集めているのに、クイーンは2、3票程度。それも「災厄の町」以前は全く
無視、というのは妥当な評価だと思うのだが…

438 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 02:01:20 ID:8eCaGZ14
ギリシア棺の謎なんてシンプルで良かったけどなあ
オランダ靴はガチガチすぎて面白くないけど

439 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 02:12:12 ID:b+wAlb2c
欧米ではXが、日本ではYが受けがいいとか何かで読んだ気がする

440 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 17:41:48 ID:UY78J/CH
今更なんですが、ついさっき、友人にすすめられて森さんの「すべてがFになる」読み終わりました。とてもつまらなかったです。
あと綾辻さんの「十角館の殺人」もとてもつまらなかったです。

最近読んだ本の中では、乙一さんの「暗黒童話」という本がミステリー要素を含んでいて面白いと思いました。
上の2作品をつまらないと感じた人におすすめします。逆に上の二つが面白いと感じた人には受けが悪いと思います。

XとYはどちらかと言えばYの方が面白いと思います。



441 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 17:55:20 ID:MhQrXohw
小学生の日記だな

442 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 19:43:40 ID:xI9zOSWG
東野圭吾「秘密」に感動する人が多いのも理解に苦しむ。
娘の人生を横取りするような形になったのにひたすら大はしゃぎしている
妻に「これでいいのか???」と思わずにいられなかったが・・・
「女はちゃっかり、したたか」という教訓話としてならわかるけど。

443 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 22:07:12 ID:vZG/CaHY
俺も綾辻と森は駄目だな。文章が味気なさ過ぎる。

444 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 00:00:05 ID:e/Piyxex
俺は森と乙一は好きだが、
綾辻は駄目だ。
別にラノベファンではないのだが…

445 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 00:19:19 ID:2LT4qBtX
「すべてがFになる」は冒頭からしゃらくさくてたまらん。
キャラクターがどいつもこいつも肌に合わなくて
最後まで読むのがひたすら苦痛だった。

446 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 09:44:33 ID:jznbXPwy
>>440
私はその三つ全部だめ

447 :440:2005/11/24(木) 17:23:11 ID:wuIe8m5S
>>446
やっぱり好みは人それぞれって事ですかね。

なにかおすすめの作品があったら教えてもらえないでしょうか?
できれば、世間で騒がれていない割によかった作品でお願いします。
微妙にスレ違いで申し訳ないですort…

448 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 18:04:30 ID:LmW7t+VM
こちらのスレを参考にしてみては

世間で評価が低いけど面白いって思ってる作品
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1054298682/l50#tag326

449 :440:2005/11/24(木) 19:22:06 ID:wuIe8m5S
>>448
ご丁寧にどうもありがとうございます。

ただ、その板ですすめられているものはどちらかと言うと好みでない、というか
むしろ、「世間で騒がれるほど良くはないと思う作品」にあてはまるものが多いですね。あくまで僕個人の意見です

個人的には、やっぱり、この板の人たちが面白いと思う作品を聞いてみたいですね。趣味が合いそうなので。

はっちゃけると、宮部みゆきさんと綾辻さんと森さんは僕は苦手ですね。面白さがわかりません
あと、東野圭吾さんのは「秘密」しか読んでませんが普通につまらないと思いました。



450 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 19:38:18 ID:e3uPaHLa
はっきり言って、体質がミステリに合わないんじゃあるまいか?

451 :440:2005/11/24(木) 19:59:59 ID:wuIe8m5S
>>450
ですかねぇ…よく言われます、それ。
好きなんですけどね、ミステリ



452 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 20:59:57 ID:95INJMWN
>>440
ひょっとしてラノベ好き?だとしたら何か納得できる。

453 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 21:28:40 ID:XavUAJ7X
摩耶雄高「夏と冬のソナタ」
話自体が理解不能だし、
ラスト辺りが個人的に好かんかった。

454 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 21:40:46 ID:NwdjD6LO
「夏と冬のソナタ」を“傑作か問題作か評価の分かれる一作”
と紹介してるのを見たことがあるけど、単に“傑作か駄作”
あるいは“評価の分かれる問題作”の間違いだろって思ったな。

455 :440:2005/11/24(木) 21:42:11 ID:wuIe8m5S
>>452
うーんと、ラノベって挿絵が入ってるやつですよね?
絵本とかはたまに読みますけどラノベは読まないですね。
ただ上でおすすめした「暗黒童話」を書いた作者の乙一さんは
確かラノベも書いてますよね?

違ったかな?…
っていうか、もしかして「暗黒童話」ってラノベでしたっけ?

ひたすらスレ違いでスイマセンort


456 :名無しのオプ:2005/11/25(金) 00:01:08 ID:ZG8O3RPb
>>455
乙一だけじゃ判断つかないな〜、他に楽しいと思った本教えて。

457 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 04:42:02 ID:0EFUldfZ
百夜行って東野の最高傑作っていわれているんよね。
東野って色々面白い作品書いてるからその最高傑作
といえばさぞかし、って期待して読んだんだけど全然面白くないんで
半分ぐらい読んだところで放置。
このスレでも期待はずれの声が多いし。
で、この作品が特別に評価されている理由ってなに?
最後まで読めばわかるの?

458 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 08:25:26 ID:zxrUK1k0
東野スレで聞けよ

459 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 09:32:23 ID:BeyoYJPl
>>457
馬鹿すぎ
最後まで読んでから言えって

460 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 10:42:43 ID:IhcNG46J
俺も白夜行はいまいち。トリックが弱すぎる。

461 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 13:55:32 ID:o5/HJ3SP
白夜行のおまけで手紙を一緒に借りてきたのに
何度も読み返したのは手紙の方だった
白夜行は何か心に残るものがなかったな

462 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 14:59:33 ID:XnoeZhlq
白夜行のトリックってどれよ?

463 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 16:14:07 ID:C9g1Q9tT
白夜行はミステリーじゃないよな。サスペンス?

464 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 17:08:49 ID:vwJLsoBH
黄色い部屋の秘密 キドリントンから消えた娘

釣といわれようとなんだろうといいたかった・・・
どっちもただの間抜け話じゃねえかぁぁぁぁ!!!!

うう・・ごめんよう・・まわりは皆名作だの傑作だのいってばかりで・・・
黄色い部屋を読んだのは小学生の時。そのとき生まれてはじめて本を叩きつけた。
それから海外ミステリが読めなくなり、十数年を経たある日姉からすすめられたのがキドリントン。
・・・馬鹿にしやがって・・・うう、ごめんよう。誰かに聞いてほしかったんだようorz

465 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 17:22:07 ID:jyqctE5b
白夜行を百夜行と誤変換する人って結構いるんだよね。
457とか。

466 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 18:28:35 ID:JD3TNOkH
白夜行はミステリーでもサスペンスでもないよ

467 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 18:42:25 ID:AWjzJNWU
↓じゃあ何なのかときいてあげて下さい

468 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 18:47:30 ID:UHkpxy/M
>>466
ぢゃあなに、板違いって事?

469 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 19:00:34 ID:XnoeZhlq
まあトリックがどうこう言う作品じゃないことだけは確かだな

470 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 19:31:29 ID:ITbnfxbE
ピカレスクものかな

471 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 19:43:02 ID:ypfNE0FO
>464
わかる、わかるぞ! 特に黄色い部屋の謎!

472 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 20:22:51 ID:JD3TNOkH
>>468
どっちかっていうとハードボイルド

473 :>442:2005/11/26(土) 22:33:26 ID:04dcvJP1
「秘密」は自身に娘がいるかどうかで違ってくると思う。
他の作品で娘や子供や家族やで思い入れが変わるようなものはなかった。

474 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 22:34:03 ID:pAMzoVIm
黄色い部屋は半分の分量ならいいと思った。
続編への引きがウザい。

475 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 22:43:39 ID:04dcvJP1
>好みは人それぞれ
それぞれの人の生活環境に好みの作品も左右されるだろうね。
自分は南大阪人だから黒川博行大好き。

476 :名無しのオプ:2005/11/26(土) 23:46:07 ID:QyoW0NY4
じゃ東大阪人は東野圭吾が好き

477 :464:2005/11/27(日) 00:05:54 ID:auVenKxT
>>471
あああ!!!!
わかってくれる人がいるぅぅぅ!!!
うう、カキコしてよかったよう。

478 :名無しのオプ:2005/11/27(日) 00:37:48 ID:M9dKKFhR
>>477
テンション高いなw

黄色い部屋は、読んだ後どうしても色々腑に落ちなくて
自分がなにかすごい誤読をしてるんだと思ってた。

479 :名無しのオプ:2005/11/27(日) 01:44:50 ID:T/hCsxaI
いちかわたくじの作品全般




480 :名無しのオプ:2005/11/27(日) 01:56:25 ID:LJUp3N/7
白夜行は半分読んでダメだったら
最後まで読んでもダメだと思う。

481 :名無しのオプ:2005/11/27(日) 03:40:54 ID:luWRKfF/
結局、白夜行は、ミステリーファン一般には
そこがどう最高傑作なの?
技巧を凝らしたというから未読のオレは
てっきり叙述トリックものと思い込んでいたのだが・・・

482 :名無しのオプ:2005/11/27(日) 04:34:15 ID:Da6cDGrh
面白さを説明してくれとかやめてくんない?

483 :442:2005/11/27(日) 08:35:58 ID:NoIQzj6Q
>>473
娘はいるんだけど、
主人公の妻の行動がひたすら不愉快だったなあ。
夫がもはや第2の人生を歩むことは困難な頃になってから解放してあげてもねえ・・・

もしかして実はムカついていた夫への復讐譚??>>「秘密」

484 :名無しのオプ:2005/11/27(日) 10:07:59 ID:UiJAFAaA
ハリーポッター

485 :名無しのオプ:2005/11/27(日) 15:17:05 ID:QUsgEBdt
有栖学生三部作、十角館、青の炎、テロリストのパラソル。

てか有栖は、ハードカバーだったから本編読む前に蛭子よしかず似の著者近影を見たから、
そのまま「月光ゲーム」でキャラに投影して笑ってしまた。
だって、蛭子能収が鼻血垂らしながら必死で走るんだぞ? 
しかも名前はアリス。それで「僕の愛した女性を思い浮かべよう」とか言ってんの。

まぁでも有栖は好みの問題だと思った。恋愛絡みは嫌いだから。双頭は良かったけど

486 :名無しのオプ:2005/11/28(月) 01:23:36 ID:XshDr/7i
>>485
有栖学生は青春の淡さがエッセンスになって雰囲気を作ってるからなぁ。
確かにそこが気にくわない人は気にくわないかもな。
俺は大好きですけど。
ていうか双頭はもう完璧ですけど。
作家有栖は嫌いですけど。

487 :名無しのオプ:2005/11/28(月) 08:19:02 ID:d/khMTgd
双頭は過去20年のこのミスベストなんてやったら10位くらいには入るんじゃない?

488 :名無しのオプ:2005/11/28(月) 14:52:12 ID:y+CK3I7U
それはないな

489 :名無しのオプ:2005/11/28(月) 23:33:27 ID:vwloZvww
本格に限定したら10位内には入っていいかも。
俺は月光ゲームがいちばん好きだけど。

490 :名無し物書き@推敲中?:2005/12/14(水) 13:14:09 ID:6Ju5uoad
g

491 :名無しのオプ:2005/12/14(水) 19:56:46 ID:0n8N9C3Y
上がってるスレを開いて物書き@推敲中だとマジ腹立つ。
毎度毎度毎度毎度、上げついでに何か書けや。

492 :名無しのオプ:2005/12/14(水) 20:43:12 ID:mBQvdrPd
とりあえず、このミス、本ミスにダブルランクインの「ニッポン硬貨」に1票。
あんなの喜ぶの真性のクイーンヲタだけだろう。
ほとんどミステリの体裁をなしてないとさえ言えると思う。

493 :名無しのオプ:2005/12/15(木) 01:05:49 ID:QJqN1rrL
私も森サン苦手です。
上の方に書いてあったキャラクターが肌に合わないってのに同意です。
最後まで違和感アリアリでストーリーに集中できません。

494 :名無しのオプ:2005/12/15(木) 01:49:38 ID:AMbVrrmJ
鏡の中は日曜日

まったく理解できない、なにが凄いの?

495 :名無しのオプ:2005/12/15(木) 01:52:29 ID:Y6NZAfxP
名前が挙がるといちいち擁護にまわる有栖厨は痛い

496 :名無しのオプ:2005/12/16(金) 02:52:30 ID:/0gzuPsq
激しく遅レスだが気になったので
>>483
貴女が娘と入れ替わって、娘の代わりに人生送ることになったとして、
対外的には親子でも精神的には元の夫婦であろうと思っていたのに、
旦那の方が「夫婦ではなく親子として接していこう」と考えたら、どうするかって話

主人公の妻の外面的行動だけでなく、
何故そういう行動をしたのかという内面まで考える人には、感動的作品だったと思う。(別に批判じゃないけど)


497 :名無しのオプ:2005/12/16(金) 03:11:11 ID:OH7BGe9S
>496
夫が妻を妻として扱ってないのに(外面娘だから仕方ないが)
妻にだけ「妻としてのアイディンティティを意地でも保て」
と言ってるも同然の意見が良く出るので
何か496の意見にほっとした。

498 :名無しのオプ:2005/12/17(土) 18:27:48 ID:Mt6P3lFM
自分はクイーンと有栖川が好きなので、余計に、双方の「国名シリーズ」が、評判ほど良くはない気がする。
クイーンの「ニッポン〜」とか有栖川の「マレー〜」とかがっかり。タイトルだけで点稼いでる感じは受けなくもない。

あとは森博嗣。理系理系騒ぎすぎ。周りみんなが「理系じゃないとオチがわからない」っていうのがウザかったし、
世間でも理系理系うるさくて、「文系型読書人」に対してイヤミ言ってんのか?と思った。
読んでみると機械的トリックが多いだけで別に「理系」と強調する部分がわからん。
完全文系の私のヒガミだよ、と言われればそれまでなのだが。

499 :名無しのオプ:2005/12/17(土) 20:40:53 ID:IomkVuc2
そんなあなたに「超理系殺人事件」

500 :名無しのオプ:2005/12/17(土) 22:47:14 ID:/S4Mr8uC
>>498
クイーンの「日本」は国名シリーズで最低評価作じゃねーか。
というか、日本以外では国名ですらない。
オランダ、エジプト、ギリシアあたりも駄作だと言い切るなら
クイーンスレで徹底的に議論しようじゃないか。

森に関しては今時理系云々言ってる奴は単なる
コンプレックスの固まりだとしか思えん。
「周り」や「世間」ではなく、自分がどんな感想を持ったかが重要なんだよ。

501 :名無しのオプ:2005/12/17(土) 23:09:16 ID:23ii/Qni
>>498
「ニッポン〜」は正確には国名シリーズではないのだが・・・
まあ「スペイン〜」や「アメリカ〜」はともかく
それ以外は評価してもらいたいね。ミステリ読みとしては。

502 :498:2005/12/18(日) 00:29:03 ID:t8ivZoEv
>>500>>501
書き方が悪かった。と言うか言葉が足りなかった。スマン
そう、クイーンの「ニッポン〜」は原題が違うんだろ確か。
で、自分としては、「国名シリーズ」ってくくってあるけど、10作全部が全部
最高に評価される作品ではないだろう、と言いたかった。
自分は、国名シリーズに関しては、まさに>501さんと同じ評価です。胸高鳴らせてスペインとアメリカ
読んで、読後 (´・ω・`)だったから……

森に関しては(全部読んでないんだけど)、SMシリーズは「全てがFになる」「笑わない数学者」以外は
あまり面白いとは思わなかった。特に「有限と微小のパン」は 読了するのが苦痛ですらあった。
Vシリーズは「黒猫の三角」が面白いという評判を聞いて、胸高鳴らせて読んで、 (´・ω・`)だった。
新シリーズに至っては題名しか知らない。
だから、作品数はすごいと思うけど、質的には巷の評判ほど優れているのかな?と思ってしまう。
あと、彼の短編集(第1第2短編集)は自分には合わなかった。なんであんな長編を書ける人が
短編集になるとあんなになっちゃったのか知りたい。

503 :名無しのオプ:2005/12/18(日) 01:19:56 ID:RMjszCah
森博嗣に関して言えば、
彼の作品がミステリィとして優れているという評価は
ほとんどないと思う。
売れてる理由はちょっとしたトリビア(力学・数学・大学内部)と
彼の嗜好(70年代少女漫画)がうまくマッチしたんじゃないかな。

504 :名無しのオプ:2005/12/18(日) 03:55:00 ID:v/vx+cTo
『日本樫鳥』は原題は『The Door Between』で『日本〜』と訳されてるのは日本だけ。
『The Door〜』も前は違うタイトルだったけど何かの理由で今のタイトルに変わった。

超うろ覚えだから間違ってたら指摘、補足ヨロ

505 :名無しのオプ:2005/12/18(日) 08:40:30 ID:loLt+loy
>>504
もともとの雑誌掲載時のタイトルは“Japanese Fan Mystery”だったが、たしか対日戦争の余波で
タイトルが変更されたのでは。
そう考えると、国名シリーズの1作に数えても別におかしくはなさそうな感じなんだが

506 :名無しのオプ:2005/12/18(日) 10:08:48 ID:1Bwu4F04
>>505
確かそんな話も何処かで読んだな。
でも、内容に「日本」は余り関係なかった様な・・・

507 :名無しのオプ:2005/12/18(日) 10:45:50 ID:Awpe+LYU
>>505
と、いう説が長い間言われてきたが、それが真っ赤な嘘っだったことが
EQパーフェクトガイドのコラムで、近年明らかになっているよ。

コスモポリタンのバックナンバーには、確かに『The Door Between』という
タイトルで記載されていることが確認されている。

この間違いの原因として、
1.「中間の扉」と書かれた悪筆の手書き文字の資料を、誰かが「日本の」扇と読み間違った
2.予告か広告にでも、「日本愛好家の謎(ジャパニーズ・ファン・ミステリー)」というキャッチが
あって、それを勘違いした人がいた
というような仮説が取り上げられていた。

だから、この作品を国名シリーズだと思っているのは、世界中で日本人だけなんだよ。
だいたい、「中途の家」で国名シリーズ終了宣言ともとれるやり取りをJ.J.マック名義で
前書きとして載せているのに、その次に書かれたこの作品がまた国名シリーズだなんて、
そんな変なことはないって。



508 :名無しのオプ:2005/12/18(日) 16:18:29 ID:V2IjnqpB
>>507
なるほど〜。完全なデタラメだったわけですか。
とすると、今後正しいタイトルに改められて国名シリーズから外される
可能性もあるかも。
「靴に棲む老婆」の例もあることですし。

509 :名無しのオプ:2005/12/19(月) 00:25:55 ID:MM1NeVYK
え? すると正規国名シリーズは9冊ってこと?
やけに中途半端だな

510 :名無しのオプ:2005/12/19(月) 02:04:31 ID:FpRG3LdR
うん?つまり『The Door Between』に改題された訳ではなくて最初からそうだったって事?

511 :名無しのオプ:2005/12/19(月) 16:45:28 ID:hQ2zYAXi
「中途の家」を(メル欄)と考えて国名シリーズと同列に見なす、という意見があるらしい、
と、クイーンの長編の日本語版の解説で見たような気がする。
どの程度浸透している意見なのかはわからないけど。もしかしたら解説者が勝手に
そう思ってるだけかもしれないし、日本だけに通用する考えかもしれないけど。

そうしたら『The Door Between』を入れなくても国名シリーズ10作にはなるな。

512 :名無しのオプ:2005/12/19(月) 19:02:21 ID:1S8wY3VL
ドッペルゲンガー宮

キモい…

513 :名無しのオプ:2005/12/19(月) 22:16:37 ID:FrNhHgG4
まあ、「中途の家」は国名シリーズに入れるにせよ入れないにせよ傑作だと思うが。

514 :名無しのオプ:2005/12/19(月) 22:21:38 ID:NR8KJR3z
「新卒の家」とかもあればいいのに

515 :名無しのオプ:2005/12/20(火) 19:03:23 ID:npI3YEnL
>>512
もともと世間でキモイと評判の作品

516 :名無しのオプ:2005/12/20(火) 23:22:25 ID:qi66JPK+
>>514

517 :名無しのオプ:2005/12/20(火) 23:47:43 ID:5SVhjrUo
派遣の家

518 :名無しのオプ:2005/12/21(水) 07:40:07 ID:Tmh3ZTaw
ニートの家

519 :名無しのオプ:2005/12/21(水) 23:40:56 ID:sAiazICG
偽造の家

520 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/02(月) 14:34:59 ID:6fVolJ6L
失楽園

521 :名無しのオプ:2006/01/02(月) 22:28:54 ID:k6jkPxz/
白夜行ってなんか、ドラマの台本読んでるみたいだったと思ってたらドラマになるし。
わざわざ小説として読むもんじゃないと思った。

522 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 01:50:33 ID:Fjadp+7z
白夜行は主人公二人の物語なのに、物語の視点が脇役から見たものなので感情移入できない。
ってか、この作品のヒロインてただ利己的なだけの奴なのに、なぜ作中であんなにもてはやされるのか。

523 :名無しのオプ:2006/01/05(木) 03:09:32 ID:PZmF8wN8
レイプされた過去があるから

524 :名無しのオプ:2006/01/06(金) 00:40:19 ID:dh5s7Mw4
「葉桜の季節に君を思うということ」

まあ、確かに驚くには驚いたけど
ネタバレしてから読み返してもかなり無理ある気がする……

それからヒロインが最悪。

525 :名無しのオプ:2006/01/06(金) 15:44:49 ID:nCh6Cn4X
女なんてあんなもんだよ

526 :名無しのオプ:2006/01/07(土) 03:56:34 ID:w7Wm8I8W
葉桜はラスト付近の文章が凡庸過ぎて好かん
ああいう落ちにするならば、もう少しマシな書き方があるだろうに、と思ってしまう

527 :名無しのオプ:2006/01/07(土) 13:51:26 ID:NncYGAgs
葉桜はあのオチと事件自体にほとんど関連性もないのが納得いかない(あのオチじゃなくても成立する)

528 :名無しのオプ:2006/01/08(日) 01:48:01 ID:xDb6XYaj
>>525
まだ女に夢見ていたい年頃なんだ、そんなこと言うな

529 :名無しのオプ:2006/01/08(日) 14:39:47 ID:1vab+aQ3
騙されて悔しかったんだろ

530 :524:2006/01/09(月) 01:02:25 ID:axxm6xpB
騙されても悔しくない話もある。
俺はああいうタイプの話には9割の確率で騙される読者だが
葉桜も悔しくはなかった。
ただなんとなくスカッとしなかっただけで。

そんであのヒロインがな……ほんとにな……
主人公はなんであんなんがいいんだろう。

531 :名無しのオプ:2006/01/09(月) 12:42:04 ID:SKQIK1U1
テロリストのパラソルは
なんかスティーブン・セガールの映画のシナリオみたいだった

532 :名無しのオプ:2006/01/13(金) 09:20:17 ID:H8oCqL3x
>>530

>>主人公はなんであんなんがいいんだろう。

女については初心者モードを卒業してるから。

533 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 12:25:26 ID:cZ2BQn7+
リリーの「東京タワー」
ご都合主義な気がします。思いつくままに書いたとしか思えない。
途中で読むの辞めちゃった(>_<)
石持の「扉は....」
動機がねぇ...なんでこれが「このミス」に!?

534 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 13:23:58 ID:xIO5FW0g
>>533
東京タワーってミステリだったの?なら読んでみようかな

535 :名無しのオプ:2006/01/15(日) 18:00:09 ID:N2o8Xzka
>533 俺もそう思う。なんで「このミス」で2位なんだ?
1位の「容疑者X・・」は納得の作品だけど・・・
しかしさ,「扉・・」にも「容疑者X・・」にも共通して言えるのが
犯人と探偵役の2人が旧知の仲だってこと。
そして,お互いが相手の思考や行動を絶対的に確信していて
相手の言葉や思考のほつれを突っつきあって物語が進むって感じだ。
思うんだけど 何年ぶりに会った人間って変わってるもんだろ?

そこにこだわってしまった俺は うまく物語世界に入れなかった。
「昔のあなたはこうじゃなかった・・だからそれは嘘だ。」って言われてもなぁ

536 :名無しのオプ:2006/01/16(月) 03:19:21 ID:LQQPb5ex
「扉は……」

主人公と探偵役、2人して理屈っぽいにも程がある。
あんなに深読みばっかしてたら疲れそう。

537 :名無しのオプ:2006/01/18(水) 00:16:48 ID:4eWuKOQK
これからこのスレに「容疑者Xの献身」が多く登場することになるんだろうな

538 :名無し物書き@推敲中?:2006/01/29(日) 11:39:32 ID:tT+W/Dzw
t

539 :名無しのオプ:2006/01/29(日) 14:55:50 ID:wuhp6xkJ
姑獲鳥の夏
妖怪云々は面白いが、女性の描写とか動機とかが三流ポルノ小説じゃんと思た
主人公の浅はかさにorz
期待が大きかった分ちょっと後悔

540 :名無しのオプ:2006/01/29(日) 16:41:59 ID:c4/EhEJJ
すべてがFになる

ファンによるとなんか最高傑作らしいんですが…どこが?

541 :名無しのオプ:2006/01/29(日) 19:28:57 ID:cDYYzVaA
理系の文章力と文系の頭脳が見事に融合した傑作ですよ。

542 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 01:18:13 ID:2cHpgbY5
最高ケッ作じゃないか

543 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 14:56:38 ID:Mzjy3rQ0
>>540
ほかの森作品読んでみれば納得できると思うよ。

544 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 18:21:27 ID:m+qmZ1zV
>>543
他のも読んだけど全然納得いきませんが何か?
だいいち作者自身、最高傑作というのを否定するようなコメント
書いてたと思うけどな。

545 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 18:40:37 ID:2B55BOO7
>>544
おまいの思う森の最高傑作はなに?

546 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 19:31:13 ID:m+qmZ1zV
>>545
最高傑作と聞かれると困るが…そんな傑作とかあったっけ。

すべてがFになるで森ファンになった人とは好みが違うんだと思う。
それくらいすべFの良さがさっぱりわからん。
いかにもあざとい感じがして好きになれない。
森の作品はどれもそういうあざとさが感じられるが、すべFは特に強くそう感じる。

547 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 19:49:55 ID:m+qmZ1zV
ついでに、森ので比較的好きなのは
笑わない数学者、封印再度、夏のレプリカ、月は幽咽のデバイス
あたりかなぁ。
中でも月は〜はかなり好きなのになぜか森ファンの評価は低いんだよねぇ。
もう一つの可能性がちょっと面白い。
それとも気付いててあの評価なんだろうか?
Amazonのレビュー見る限り、あんまり気付いていなさそうだったけど。

548 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 19:59:10 ID:WH3n4dRY
ここはあんたの趣味を書き散らすスレじゃないんだが

549 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 20:03:32 ID:m+qmZ1zV
>>548
ああごめん、>>545で聞かれたからレスしたんだけど
スレ違いだった。申し訳ない。

とりあえずすべFが最高傑作っていうのは個人的に納得いかんってことで。

550 :名無しのオプ:2006/01/30(月) 20:13:02 ID:xgAD1wqo
占星術殺人事件はトリックに途中で気がついたせいかもしれないけど
あんまりいいと思わなかった。
某漫画でパクられててワロタw

551 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 00:04:32 ID:vWli6giO
半落ち

552 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 00:09:08 ID:M+NFQnEZ
斜め屋敷・・・御手洗さんが出てくるまでがつらかった・・・

553 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 01:47:53 ID:d6awOxhI
>>543
他のも…

554 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 02:08:18 ID:HC34Tys/
森の中じゃFが一番マシってことなんだよな?
そのFですら受け付けなかったからそれ以降全然読んでないけど

555 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 02:21:59 ID:qBMy+s8e
どうでもいいけど森の最高傑作扱いされてるのって
「今はもうない」じゃないの?

556 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 08:42:05 ID:e2LadWoo
有栖川有栖がつまらなくてしょうがない。しかしそのつまらなさをどう説明していいかわからない。

557 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 09:10:04 ID:GLVLbCM7
>>554
むしろF以降の方が受け入れやすいかも。
Fは俺の周りで読んだ奴みんなツマランって言ってて
世間で評価が高いことすら知らなかったw

>>555
F信者根強いよ

558 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 15:31:09 ID:Br3rUPIL
アラビアの夜の種族

ごめんなさい。私が馬鹿で読み切れませんでした。


559 :名無しのオプ:2006/01/31(火) 21:01:07 ID:fPWHaC3l
森作品は全部読んでるけど、
どれが抜きん出て良いとか思ったことはないなぁ。
文系卒なので、理系・研究ウンチクが好きで読んでるだけ。
キャラには魅力を感じないし、トリックはグダグダだし、
警察組織の書き方は壊滅的…。

で、どれも同じだから、1つあげるとなると、
最初に世に出た「F」になる。

560 :名無しのオプ:2006/02/01(水) 00:04:04 ID:S4gG5cBo
301 通行人さん@無名タレント New! 2005/10/14(金) 20:33:26 ID:p+imeYdv
昨日、西麻布の某グラブバーで、
世界の中心で東大目指してツバサ広げてた女優さんのN・Mさんを見ました。
服装は、ベージュっぽい色(ゴールド?)のフリルのトップスに、
上にピンクのベロアっぽい光沢のある生地のパーカを羽織ってました。
ボトムはたしかインディゴっぽい色のデニムミニでした。
なんか、最初入ってきたときに同年代くらいの男の人二人連れてて、
三人で入ってきたんですが、Nさんがすごく背が高くて目立ってました。
私以外にも彼女に気付いていた人いると思うのに、
彼女は見せびらかすみたいに片方の男の人の腰に手をまわして顔寄せあって話してて
(店の中はうるさかったから、顔を近づけないと話せないのはわかるんですが)
そのまま抱き合うみたいにして、奥のVIPルームに入っていきました。
もう一人の人も、歩きながらNさんの肩に手をやったりしてて、かなり仲のいい感じでした。
男の人は、抱き合ってた方の人はモスグリーンのジャケットに黒いパンツで、
結構背の高い人でした。
もう一人の人は、服装はあまり覚えていないんですが、
サングラスしててアゴのところだけ髭があったのは覚えてます。
そのあと、3人はVIPルームに入っていったので、中の様子はよくわからないんですが、
トイレに行くとき前を通ったときに、カーテンから覗いたときには、
(そのお店のVIPルームは、バーカウンターからトイレへ向かうときにちょうどVIPの前を通れるんです)
彼女はやっぱり背が高いほうの男の人にくっついて腕を組んで座ったまま、
煙草吸ってました。
煙草吸うイメージとかなかったので、かなりびっくりしました。
あの様子だったら、お酒も飲んでたと思うんですけど、
彼女ってもう成人してるんでしょうか?
この間までドラマで高校生の役やってたし、未成年のイメージがあったからかなり驚きました。
こういうレポ(?)って初めてするので、わかりにくかったらすみません。
あまりにびっくりしたので、どうしても誰かに言いたくなって、
ここに書き込んでしまいました。

561 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 22:02:46 ID:5XtwmkQ7
上でも何件か挙がってるけど「白夜行」
ドラマ化で話題なんで読んでみたけど俺には合わなかったみたい

562 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 22:48:16 ID:nCILhEdT
>>555
>どうでもいいけど森の最高傑作扱いされてるのって
>「今はもうない」じゃないの?

森読者じゃないと意味わからん作品だけどな・・
つか、萌の家族構成を知ってる読者が前提になってるよな

でも、オレもこいつがいちばん好き(・∀・)


563 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 22:52:16 ID:4YAFgjBF
ダ・ビンチコード

564 :名無しのオプ:2006/02/02(木) 23:21:39 ID:EmQ4OJBl
>>563
別物みたいだなw

565 :名無しのオプ:2006/02/03(金) 22:00:50 ID:9Ch9Aj8u
やっぱ占星術かなぁ
いや、当時はすごかったんだろうけど、今読んだら速攻でトリック分かるし

566 :名無しのオプ:2006/02/03(金) 22:11:35 ID:eq6Rbzt7
金田一を先に読んだのか

567 :565:2006/02/04(土) 00:34:06 ID:3IKR5Ogt
いや、全然知らなかった
金田一がパクったらしいから、そういう聞き方はよくされるけど
一番最初の手紙の部分が終わった時点ですぐ分かったよ


568 :名無しのオプ:2006/02/04(土) 03:18:09 ID:5gtupYbM
トリックの予想が当たったから面白くなかったという感想しか持てないやつは
トリックパズル集でも読んでなってこった

569 :名無しのオプ:2006/02/04(土) 10:46:31 ID:1Y6LK3Wm
それでも本格なんだからトリックは最重要だろ
少なくとも一発の大ネタだけの作品(占星術)で、そのネタが丸分かりなんて恥ずかしすぎ

570 :名無しのオプ:2006/02/04(土) 12:09:41 ID:uURbFRdy
そこで斜め屋敷ですよ

571 :名無しのオプ:2006/02/04(土) 17:20:32 ID:r79WjVzB
要するにトリック分かったからほめてもらいたいだけじゃねーの

572 :名無しのオプ:2006/02/04(土) 17:44:40 ID:KSPjwj2r
トリックが分かったからつまらないという人に過剰に反応する人は、
自分が分からなかったから悔しいのでしょうね。

573 :名無しのオプ:2006/02/04(土) 18:59:11 ID:7orfbU40
必ずこういうこと言うやついるけど、
自分の予想なんて当らないほうが(上をいかれたほうが)面白いのに
何言ってんの?と思う。

574 :名無しのオプ:2006/02/04(土) 21:10:16 ID:T1kg7lI7
ぶっちゃけ占星術より金田一のパクったやつの方が面白かった

575 :名無しのオプ:2006/02/04(土) 23:14:18 ID:r79WjVzB
>>573
別に悔しくもなんともないよな
記憶消去して何回でも騙されたいくらいだ
まあそろそろ「島田信者必死だな」とか言うヤツが出てきそうなのでやめるけど

576 :名無しのオプ:2006/02/05(日) 03:29:43 ID:dmi8gNOw
>>573>>572に対する反論にはなっていると思うけど、
予想が当たらないほうが面白いから、当たったらつまらないと思うのもありなんじゃない。
というか、人がどういう理由で面白いと感じようがつまらないと感じようが勝手であって、いちいち注文付けられる筋合いはないでしょう。

577 :名無しのオプ:2006/02/05(日) 03:49:32 ID:8VAdR+h8
そう思うなら自分の日記にでも書いていればいい。
人の目に触れるところに書いておいて
俺の好きに言わせろ意見するなは通らない。

578 :名無しのオプ:2006/02/05(日) 05:00:50 ID:jpTjDDqR
>>577
そうかあ? 俺はつまらないと感じたものを面白く感じることはできないしその逆も無理。
トリックがバレバレだからつまらなかったと公の場で書いたところで、なぜそれを批判したがる連中が出てくるのか分からないね。

579 :578:2006/02/05(日) 05:07:46 ID:jpTjDDqR
ちなみに俺は『占星術』のトリックが分かってつまらなかったと書き込んでいる人とは別人。
(俺はわからなくてすごいトリックに感動した。)
でも俺は>>565とか>>574とかの感想を見てもなんとも思わないよ。人の感想などそれぞれじゃん。
「トリックが分かったからつまらなかった」も別にいいんじゃないですかってこと。

580 :名無しのオプ:2006/02/05(日) 05:30:48 ID:scucdtn+
感想の多様性を認めろって言うなら
それにいろんなレスがつくのも認めろよ。

581 :578:2006/02/05(日) 06:25:39 ID:jpTjDDqR
>>580
少なくとも>>568>>571は感想の多様性を認めていないように思えたから、
上のように書いただけ。

582 :名無しのオプ:2006/02/05(日) 06:52:39 ID:scucdtn+
そいつらが感想の多様性を認めてようが認めていまいが関係ないんだよ。
人それぞれってのが自分の考え方だっていうなら流すべきだし、
「他人の意見が気に入らないからレスした」ってことなら
根本の部分ではお前もそいつらも変らないということじゃん。

583 :578:2006/02/05(日) 07:08:44 ID:jpTjDDqR
>>582
あなたは「本の感想」と「その感想に対するレス」をごっちゃにしていると思われ。
俺は、「本の感想」は人それぞれでしょうと書いている。「その感想に対するレス」が人それぞれなど書いていない。
このスレは「世間で騒がれるほど良くはないと思う作品」なんだから、
そりゃ自分と合わない感想も書き込まれるでしょう。
それに対してつまらない理由で批判する人はもっと「感想の多様性」を認めましょうと言っているんです。

584 :名無しのオプ:2006/02/05(日) 07:17:11 ID:scucdtn+
感想に対するレスってのはけっきょく「感想の感想」じゃないか。
一方の感想だけ自由でこっちの感想は駄目ってのはおかしい。
そういう風にしたいなら、次は自分でスレを立ててきっちりとルールを定めろとしか言えない。

585 :578:2006/02/05(日) 07:51:15 ID:jpTjDDqR
>>584
・・・う〜ん、わかった。ID:scucdtn+が正しい。感想はどんなレベルであれ自由であるべき。そのとおり。

その上で「感想の感想の感想」として、
「「トリックが分かったからつまらなかった」も別にいいんじゃないですか」とは言えるはず。

586 :名無しのオプ:2006/02/05(日) 13:30:00 ID:Fvsd/o17
模倣犯かな

587 :名無しのオプ:2006/02/05(日) 13:50:35 ID:XLfLbaFd
映画は会心のできだったよねw

588 :名無しのオプ:2006/02/05(日) 17:09:31 ID:sSS7EQJd
北村薫の「ターン」

589 :名無しのオプ:2006/02/05(日) 19:57:55 ID:p3NOqjiM
小説じゃなく良いなら清涼院流水「コズミック」

590 :名無しのオプ:2006/02/05(日) 21:43:49 ID:ipYG2168
北村薫は「盤上の敵」もイマイチだったな。まあ壁に投げるってほどじゃ
なかったけど。
50ページの短編クラスのネタを思いっきり水増しして長編にしたって
感じで、冗長さがいかんともしがたかった。

591 :名無しのオプ:2006/02/05(日) 23:40:26 ID:/kjWdOjj
岸田るり子「密室の鎮魂歌」
鮎川賞受賞したけど、おもしろくない
一部アガサ・クリスティの真似してるし
話題にもなってないか

592 :名無しのオプ:2006/02/06(月) 02:21:23 ID:ZEx6gQjZ
盤上の敵はヒロインの回想シーンが気色悪くてたまらんかった。

593 :名無しのオプ:2006/02/06(月) 20:30:45 ID:ERw1Mkvk
北村薫ってやけに評価高いみたいだけど
どれもこれも気持ち悪くて受け付けない

594 :名無しのオプ:2006/02/07(火) 01:33:42 ID:hGd/9374
東野圭吾作品 商業主義的直木賞反対!


595 :名無しのオプ:2006/02/07(火) 15:00:29 ID:CoO51Q68
テロリストのパラソルと白夜行。
 
両者ともひどすぎ。腹が立ってきた。

596 :名無しのオプ:2006/02/07(火) 15:35:37 ID:C5w6aeLn
>>595
テロリストのパラソルは読んだ事ないが、
白夜行のどこらへんが面白いのかが分からない…
あれは酷い、ただのエロ小説だろ。

597 :名無しのオプ:2006/02/07(火) 17:27:18 ID:FuNcApGT
ただのエロ小説とか言うとほとんどエロシーンないのにエロ期待するからやめれ。
白夜行、ミステリーではないな、少なくとも。

598 :名無しのオプ:2006/02/08(水) 00:31:57 ID:oqQivYpv
とりあえず「火車」
薦めてくれた人が大絶賛だったけど
あれ?で終わってしまった。

599 :名無しのオプ:2006/02/08(水) 12:06:35 ID:vLxM3FSl
>>598
あれは俺も終わり方「だけ」が面白かった。
社会派は合わないんだなと切に感じたわ。

600 :名無しのオプ:2006/02/08(水) 12:22:22 ID:CMlwxWag
雫井しゅうすけ「犯人に告ぐ」
このミスにもランクインしたし
ネット上の書評も絶賛してるのが
多かったけど、ワシはこれだめだ
無駄に長い気がする
90年代の派手な女性を
「ワンレン・ボディコン」って言葉
で表現するところも苦手
小説の善し悪しは人によって
違うよね

601 :名無しのオプ:2006/02/10(金) 12:34:57 ID:BAZFh9UW
123456

602 :名無しのオプ:2006/02/11(土) 05:01:31 ID:z31BG9hn
>>589
ここで上がるものは基本的に、
「良」いと「騒がれ」ていないと駄目だと思うのです。
つまり――

603 :名無しのオプ:2006/02/11(土) 17:36:56 ID:ti7xO9/v
そして誰もいなくなった なんか訳のせいか異様に読むのが苦痛だった

604 :名無しのオプ:2006/02/12(日) 01:15:43 ID:lmfi6TU9
>>603
P.D.ジェイムズでも読んで鍛えるといい

605 :名無しのオプ:2006/02/13(月) 20:01:42 ID:UDLl6fxk
このスレはとても臭いです。

606 :名無しのオプ:2006/02/13(月) 21:06:41 ID:LLK0qw1x
>>605はスレのにおいを嗅げるらしい。

607 :605:2006/02/13(月) 23:19:15 ID:UDLl6fxk
住人臭過ぎっ

608 :名無しのオプ:2006/02/14(火) 01:50:27 ID:dkyTZ2QD
腐った残飯並みの>>605よりはまだまし。

609 :名無しのオプ:2006/02/14(火) 02:29:39 ID:a8qGuu+r
北村薫は総合的には好きだが
彼の書くヒロインは微妙に気持ち悪い。

宮部みゆきの書く少年の気持ち悪さに似ている。

610 :605:2006/02/14(火) 21:34:43 ID:yesNUfC0
まさか俺が何いいたいのか判んないのか?

611 :名無しのオプ:2006/02/14(火) 21:50:56 ID:N44HDfBk
お前の言いたいことなんかわかるかよw

612 :名無しのオプ:2006/02/15(水) 00:21:20 ID:mDJRrFCT
自分で思ってるほど良くはない>>605の頭

613 :605:2006/02/15(水) 20:24:27 ID:MvUIh5/B
>>612
おまえみたいなのが、大量にいるスレだといってるんだよ。

614 :名無しのオプ:2006/02/15(水) 20:50:59 ID:MODgPyMH
マルタの鷹
何がいいのか全然判らなかった。
単にハードボイルドが合わないだけなのかもしれないけど。

615 :名無しのオプ:2006/02/15(水) 22:29:17 ID:nAblTUZH
テロパラ人気ないねぇ。
芥川賞と直木賞ってのがハードル上げちゃってるのかな。
これハードボイルド?
俺ハードボイルド興味ないしこれそれっぽいからヌルーし続けてっけど

616 :名無しのオプ:2006/02/15(水) 23:13:06 ID:5qEaqeZA
>>615
テロパラは乱歩賞と直木賞

617 :名無しのオプ:2006/02/16(木) 00:47:08 ID:1xOo/6Yl
>>615
傷が浅いうちに後付け釣り宣言しとけ。

618 :名無しのオプ:2006/02/16(木) 17:12:47 ID:XAjz+uzt
あ、素で間違いた。
乱歩賞じゃん。芥川賞なワケねーじゃん。
ウンコー

619 :名無しのオプ:2006/02/17(金) 03:58:12 ID:8gJymc/b
松本清張全般。
いや、なんか「偶然〜」ってパターンが多すぎるような。

620 :名無しのオプ:2006/02/19(日) 21:09:42 ID:nzFF6vGr
>>614
長いお別れとさむけ読んで駄目だったら、
ハードボイルドが合わないのかも。

621 :名無しのオプ:2006/02/24(金) 18:02:43 ID:Eygc/KLw
クリスティ全般。今読み返すとかなり退屈

622 :名無しのオプ:2006/02/24(金) 18:09:53 ID:MOR/apny
>>621
何となく分かる
女のおしゃべりがつまらないのに通じるものがあるかも

623 :名無しのオプ:2006/02/24(金) 18:40:48 ID:AEwRYpuF
とりあえず読んでみた。
ダ・ヴィンチ・コード。
きっと何かあるに違いないと一気に読んだが、
読み終わった時には何も感想が残らなかった…
へーそう、って感じ。

624 :名無しのオプ:2006/02/24(金) 20:50:58 ID:z88FMwMZ
虚無への供物!

625 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 09:58:48 ID:iP8eY7N2
虚無への供物は、まだいい。

ドグラ・マグラ!

626 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 13:51:15 ID:bHEQTTC3
だれがなんといっても白夜行はくそだ

627 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 15:13:18 ID:at3GnLoJ
自分も火車は評判いいから読んでみたけれど、肩透かしを喰らったような
気がしてならない……。単に社会派が苦手なだけか、自分がガキだからか。

スレ違いかもしれないけれど、「模倣犯」も似たような雰囲気の作品なの?

628 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 15:34:00 ID:rnAkFpNy
>>627
社会派といえば社会派だけど、火車と違ってさまざまな視点
からも語られてて、バラエティ豊富な(火車と比べて)作品。
倒叙もはいってて、けっこう面白かった。まあ、スレタイどおりだったけど。

629 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 16:24:28 ID:wcW9ftYJ
模倣犯、理由、レベル7

630 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 16:35:41 ID:PRzj953d
東野宮部

631 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 17:41:31 ID:RZXABam8
伊坂と恩田も付け加えてね

632 :名無しのオプ:2006/02/25(土) 19:42:45 ID:2xvpn/rp
樽!

633 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 02:24:03 ID:+3mJd+xT
「容疑者Xの献身」
普通に面白いが、評価高すぎ。

634 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 11:53:03 ID:btG4n4Em
準急ながら!

635 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 14:21:59 ID:k06diwRL
私も容疑者Xの献身。
あんまり引っ張るから、もんのすごいトリックがあるんだ!って思ってたら、
は?そんな程度かよ。みたいな。
すぐに読めて面白かったけどね。


636 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 15:12:44 ID:RbM9huXL
東野圭吾は面白くなかったな。変身と、あと1冊何か読んだが。
石田衣良も池袋ウエストゲートパークと続編読んだが実につまらなかった。ドラマの方が全然面白かった。
伊坂幸太郎は陽気なギャングは面白かったが、死神の精度は小手先で書いてる感じだった。
乙一はGOTH読んだが何一つ印象に残ってない。
舞城王太郎の空飛んだりする現実離れした話が俺にはよくわからない。

637 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 16:23:08 ID:LYz7tMwu
書店で、おすすめ!とかって本がことごとくだめだった。
読む本なくなったら、そういうのしか手にとらなくなったんだけど。
99%の誘拐とか、元々誘拐物が苦手なだけに面白くなかった。
メドゥサ鏡をごらんもダメ。黒い家もダメ。
書店のお薦めよりは、ここでのお薦めに期待してたのになぁ。
だから、東野の容疑者Xの献身も手が出ない。
ここでも評判良くないから余計に。

638 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 16:26:25 ID:q8sVm7j8
>>637
期待が高くなるからつまらなく感じるのかもね

639 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 17:05:19 ID:ypn9QizU
ある程度本を読んでれば自分の好きな傾向とか分かってくるだろ

640 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 19:01:00 ID:q7RVDtgk
読む本無くなったつー事は好きな人のはほぼ読了してるって事ジャマイカ?
京極ぐらい分厚いのにツマランかったら泣きそうになる。

あ、『鉄鼠の檻』、登場人物が誰が誰やらサッパリわからん

641 :637:2006/02/26(日) 19:24:14 ID:LYz7tMwu
>638さん
そうなんですよねぇ・・・
>639さん
いやもう、好きな傾向は新作待つばかりで。
なんかお薦めないですか?と聞いてばっかりなんですわ。

642 :名無しのオプ:2006/02/26(日) 20:27:00 ID:s25sTAzY
>>640テッソの檻は京極の最高傑作だと思う。ぜひとも真剣に読んでくれ。

643 :名無しのオプ:2006/02/27(月) 00:12:13 ID:j6uyf28b
>>637
このスレの趣旨を考えれば
「ここで評判良くない」のは当然かと

644 :名無しのオプ:2006/02/27(月) 13:23:11 ID:uF177Lt0
>>642
む、そうか。
どいつもこいつも坊主でそいつらがバカスカ殺されて読み終わったらなんだか禅宗に詳しくなってた。
って俺は損してるのか?
魍魎は前評判通り楽しめた。つーか最高。
狂骨はまたウブメと同じ話かよ、と思ったけどまぁまぁ。
そして鉄鼠。
そこから止まってる。蜘蛛買ってそろそろ一年経つな。

645 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 03:56:40 ID:Gr4jYzEP
蜘蛛くらいでやめとけ。宴は長くて話が錯綜しててついていけんかった

646 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 11:31:46 ID:QwdplKkA
藤原伊織の「テロリストのパラソル」

素人の投稿作品といった感じ

647 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 12:10:46 ID:qxqAGRTJ
>646
乱歩賞最大の面白さ・発行部数に対して
凄い自信だね

648 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 13:37:50 ID:Q63N3pU0
>>646
乱歩賞作品は全部素人の投稿作品じゃねーかよw


649 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 14:18:38 ID:Urm/r8ok
ちょっと違う。一般公募ってだけですでにデビューしてる作家も応募できる。
実際、藤原はダックスフントのワープって言う作品でなんかの賞をとってたし
桐野も別のペンネームでコバルト文庫で本を出してた。

650 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 16:03:50 ID:hrSh11lv
>>647
発行部数はともかく、面白さはキミの主観でしょ。

651 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 17:04:48 ID:N0FrhcDg
すべてがFになる
探偵役の犀川がムカつく 頭いいのがそんなに偉いんか( ゚Д゚)ゴルァ

652 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 20:17:36 ID:Y2P/YuOz
スレ違いかもしれんが、直近でおもしろかった作品も
あげてもらうと参考になる気がする。

653 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 21:37:26 ID:Jt+7M5+q
>>651
そういうキャラだから。


654 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 21:45:11 ID:TKB9af3T
すべてがFになるの登場人物ってわざとムカつかせるように
狙って作ってあるんだろアレw
酷すぎ。

655 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 23:49:59 ID:iMzihdZ+
丁度すべてがFになるを読み終わったからいうけど、
正直犀川助教授に嫉妬した。

な ん で 萌 絵 と く っ つ か な い ん だ ?

656 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 23:56:05 ID:4NlgYZB4
>>655
萌絵の性格がムカつくからじゃないか?
まぁ美人で性格がよくて金持ちで権力もあるっつー無敵さだけどな

657 :名無しのオプ:2006/02/28(火) 23:59:12 ID:hrSh11lv
>>655
そりゃあ第1作目だからでしょ。おれも7作目くらいまでしか読んでないから
最後どうなるかは知らんけど。

658 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 11:30:45 ID:fYNX6tWR
ラッシュライフ。

659 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 15:51:14 ID:zterx9do
不連続殺人事件
当時、とても挑戦的な売り出し方をしてたらしいけど。
トリックも動機も特別驚くものではなかった。
登場人物のキャラがたってるだけだった。
虚無のほうが演出が面白いわ。

660 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 17:05:28 ID:NIshxbgb
テロリストのパラソル 掛け合いが作りすぎててキモい トリックしょぼい
大体の宮部作品    読了時に読み終わった開放感しか得られない¥
四日間の奇跡     そのレベルで東野のテーマパクらないで下さい

 

661 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 20:31:44 ID:Zj4AyJMa
>>659
同意。
時代を考えても特筆すべき作品ではないね。
トリックしょぼい。インパクトも薄い。
トリックの為に登場人物を奇人変人の集まりにしたんだろうけど活かしきれてない。

後ドグマグ。三度目の挑戦で読了したけど素直にやめときゃよかった。
なんだよ、キチガイ地獄って。なめてんの?
オチになんかあるはず!って思ってたがなんも無かった。

662 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 21:03:40 ID:nkew6WBM
東野圭吾作品(但し「容疑者Xの献身」はまだ読んでないのでなんともいえないけど)

ギャグ系と称する「黒笑小説」「超・殺人事件」は全然ツマンネ
評価の高い「白夜行」は単なる嫌な女の話でこれもツマンネ
「片思い」も、感想は性同一障害のひとは大変ですねくらいなもんだし

なんで出す本出す本ベストセラーなのか理解不能
歌野晶午のほうが断然好きだな

663 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 22:30:04 ID:BW56EwzW
「黒い仏」  殊能将之
 犯人は、有り余る能力を使いこなしていない、という点で、「ドラえもん」の
のび太なみの間抜けさんですね。

664 :名無しのオプ:2006/03/01(水) 23:39:00 ID:OwvXJJnm
黒い仏って別に騒がれてない気が・・・
まあある意味騒がれてるけどw

665 :名無しのオプ:2006/03/02(木) 04:40:18 ID:FBlIOQrN
黒い仏は別に反則ってほどのものでもないと思う・・・

666 :名無しのオプ:2006/03/02(木) 11:18:27 ID:Z63MHf5x
>>663
ドラえもんだと、一番ポテンシャルが凄いのは、
のび太とスネ夫だよな。
落ちこぼれとチビってところに夢を感じる。

667 :名無しのオプ:2006/03/02(木) 23:35:32 ID:jgWHO4RO
黒い仏は何がムカつくって内容より文庫の解説がムカつく。

なんだ?あの人を見下した態度。
「この作品を楽しめない人は狭量でオツムが弱い」
とさ。
何様だよ、アンタ。

668 :名無しのオプ:2006/03/02(木) 23:44:15 ID:j8c3qVew
>>667
ノベルズ版しか持ってないや、解説誰?

669 :名無しのオプ:2006/03/02(木) 23:56:18 ID:rcYOwnPJ
興味があったんでシュノーのサイトを見てみたら
豊崎ババアだった

670 :名無しのオプ:2006/03/03(金) 00:13:58 ID:4Y4xGpBN
>>668
豊崎由美って人。
調べるついでにもっかい解説読んだが本当にムカつく。
俺は前評判も聞いてて作品そのものは割りと楽しめたんだがこいつのせいで読後感悪い。
解説部分だけ引きちぎってやろうかな。

671 :名無しのオプ:2006/03/03(金) 00:16:05 ID:c9b1WPVE
>>669-670
わざわざありがとう、なんかやたら吼える人ね。
書評ならいいけど解説でそういうのはないわなあ……


672 :名無しのオプ:2006/03/03(金) 00:27:50 ID:699jR5Pi
>>670
ホチキスで綴じるヨロシ。

673 :名無しのオプ:2006/03/03(金) 01:00:15 ID:BKvxYyIm
豊崎由美の芸風なんで本気で怒ったら負けだよ
スルーしようスルー

674 :名無しのオプ:2006/03/03(金) 01:17:45 ID:xtbx81rz
俺は豊崎が解説してたらその本読むのやめる。佐藤亜紀とかは手に取ってみたが解説があいつだったから買うの辞めた。

675 :名無しのオプ:2006/03/03(金) 04:22:54 ID:vLF/bTVP
オレ豊崎の書評本「そんなに読んでどうするの?」買ったよ。
やっぱ口調とか文体とかはかんに触るけど、純粋にガイドブックとしてならけっこう参考になる。

676 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 01:08:51 ID:T2mo4wBW
斜め屋敷読んだがどこらへんが評価されてるんだ…
トリックも例のごとくって感じだし、ストーリーや登場人物、動機に至る背景なんかは
他の御手洗モノに比べて劣るし。

677 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 17:39:16 ID:88fmJ95I
ドグラマグラ  全然精神に影響ない

678 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 18:36:01 ID:SwO5KfTo
乾くるみ
『イニシエーションラブ』帯で「叙述トリック使ってますから注意深く読んでくださいねー」と言ってるようなもん。
途中でトリックがわかるしオチも読める。


679 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 19:06:33 ID:mt1TpUOC
>>676
館ヲタなら斜め屋敷立体見取り図でご飯10杯はいける

680 :名無しのオプ:2006/03/08(水) 23:56:35 ID:SI5fNqUC
ワロス

681 :名無しのオプ:2006/03/09(木) 00:29:27 ID:FT3hmK5Z
>>677
ちなみに犯人はわかってるの?

682 :名無しのオプ:2006/03/09(木) 03:20:06 ID:YlL4V385
宮部みゆき全部  

読んでるときはそれなりに面白いけど
毎回、読み終わったあと「良かった図書館でタダで読めて
金出して買うほどじゃないしね」と思う。

683 :名無しのオプ:2006/03/09(木) 09:27:49 ID:LksXUdDS
宮部みゆきってなんかあの文体が合わなくて読んでて苦痛。
話もたいして面白くないし。
何より本人が痛(ry

684 :名無しのオプ:2006/03/09(木) 13:57:39 ID:3VCmqUKi
ミステリーじゃないかもしれんけど、西崎憲「世界の果ての庭」
5つのショートストーリーがバラバラになって交互に語られていく。
何が言いたかったのかさっぱりわからんかった。

騒がれてはいないけど、一応ファンタジーノベル大賞。もっといいのはなかったんかい。

685 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 11:27:42 ID:azKByIhD
小野不由美の屍鬼
クライマックスの屍鬼退治のシーンはは良かったがそれまでが長すぎる

686 :名無しのオプ:2006/03/10(金) 21:56:18 ID:P+B/Ht33

「黒後家蜘蛛の会」アシモフ

 英語圏の人間ならともかく、邦訳で読んでいる奴が名作として挙げるのは
おかしい。米国の政治、地理、風俗、常識を知らないと、謎解きの解答をき
いても、「なるほど!」という感じではなく、「へー、そうなの」という感
じ。
 ミステリーの意外性を楽しむという点で考えるなら、2流の本だと思う。



687 :名無しのオプ:2006/03/11(土) 00:20:13 ID:RNUF72CR
赤川次郎
西村京太郎
東野圭吾
宮部みゆき
恩田陸

688 :名無しのオプ:2006/03/20(月) 18:35:38 ID:ekvGeoK2
宮部みゆき

女性キャラが好きになれない。読んでてもかんにさわる。


689 :名無しのオプ:2006/03/20(月) 20:23:03 ID:U0tXhlOh
>>686
それを言うならYの悲劇なんか英語じゃないとメイントリック理解できんしな。

690 :名無しのオプ:2006/03/20(月) 22:34:12 ID:6pS4qIMg
恩田陸の「六番目の小夜子」

数年前、また読書初心者の頃に評判を聞いて読んでみたが、あまりのくだらなさに
読後体調が悪くなった。
今でも「恩田陸」と聞くだけで思い出しては気分が悪くなる。
他にも沢山本出てるし、評判もいいから読もうかな、と思うんだけど、とにかく
この本のせいで手が出ない。
本当に面白くなかった。
一体どこがいいんだ??????

691 :名無しのオプ:2006/03/21(火) 00:05:56 ID:Mvvcvzf5
>>690
俺も一冊しか読んだことないんだけどなんか投げっぱしって感じがするわこのひとの作品

692 :名無しのオプ:2006/03/21(火) 02:23:12 ID:dkM2u7g5
北村薫の「盤上〜」
文章は確かに巧いけど、だから何?って印象。
感動はなかった。

落語家が出てくる短編集は面白いけど、中二病の「私」がウザい。
あの子がいなきゃ好きな作家なんだが

693 :名無しのオプ:2006/03/21(火) 05:15:33 ID:SzE1C8qp
>>683
宮部みゆき、話は確かに面白くないけど、性格は良さげだけどなあ

東野圭吾の最近の作品全部
この人、普通に「謎解き」を書かせたら天下一品だと思ってた
最近のは変に動機に凝ったり社会批判に走っててツマンネ
悪いけどそういう才能はないと思うよ

694 :名無しのオプ:2006/03/21(火) 07:00:31 ID:vhDjeCAL
>>690
恩田はいつも途中で落ちを放棄する
全作品そんな感じなのであきらめれ

695 :名無しのオプ:2006/03/21(火) 14:11:26 ID:k9DIbqtO
>>693
>最近のは変に動機に凝ったり社会批判に走っててツマンネ
>悪いけどそういう才能はないと思うよ

いや、並レベル以上の力量はあると思うよ。
文章から深みは伝わってこないけど。


696 :690:2006/03/21(火) 16:55:38 ID:r50y1Uiq
>>694
>全作品そんな感じなのであきらめれ

やはりそうなのか。いや、一冊だけ読んだそれだけで評価を決めてしまっているのは
よくないかなあとずっと気にしてはいたんだ。
ありがとう、もう読まんわw

しかし、世間的な評価は高いんだよな。
個人的には森とかみたいなキャラ萌え系も割と平気な方なんだがなあ。

697 :名無しのオプ:2006/03/21(火) 17:00:54 ID:eZRkDPKJ
おそらく恩田陸に本格ミステリを求めていたのだろう…
自分とはジャンルが合わなかったと考えた方が良いと思われ


698 :名無しのオプ:2006/03/21(火) 17:24:54 ID:r50y1Uiq
>>697
「このミス」上位にランクインするみたいな作品がけっこう好きなんだが。
本格じゃなくても福井とか舞城とかは好きだ。

恩田も結構しょっちゅう「このミス」に入っているから、やはり最近の作品は
違うのか??とずっと思ってそれが気になっていた。
スレ汚しスマン。そろそろ消える。

699 :名無しのオプ:2006/03/21(火) 19:59:27 ID:vhDjeCAL
「六番目の小夜子」はまだ、特別な人間や突然の殺人がない分まとまってるから一般受けしてる方だな。
他の作品はもっと人を選ぶと思う。
まあ、何で人気があるのか納得いかないだろうなあ。

「突然、謎の転校生がやってきた」←ここがメイン
この発想が必要w
どういう受け方をしているか納得いかないと気持ち悪いかと思ったので。

700 :名無しのオプ:2006/03/21(火) 20:27:34 ID:eZRkDPKJ
>>698
恩田陸が合わない人がいるってのも読んでてわかるよ(自分も得意でないかも)。
謎解きでなく謎そのものがメインの作品が多いとゆうか(うまく言えませんが)。幻想小説的な趣もあるし。ミステリとして読むと……となるのかも。
このミスには福井も入り、福井があわない人もいるわけで。
悪気はないのでまた気楽に書けば良いと思うよ。

のぞく前山田くらい(何故か売れてるとゆう面で)を想像してたんでw

701 :名無しのオプ:2006/03/22(水) 01:44:10 ID:4LgnO4BU
恩田陸の作品はぎりぎりのラインだよね。大好きと大嫌いが紙一重。
麻耶雄高とか伊坂幸太郎なんかもそうだね。


702 :名無しのオプ:2006/03/22(水) 19:04:59 ID:xdPirme0
恩田は普通に売れてるだろ。
麻耶はマニア受けしかしてないからちょっと違う。

703 :名無しのオプ:2006/03/22(水) 20:52:09 ID:SqK4npeq
恩田の文はなんかキモい

704 :名無しのオプ:2006/03/22(水) 22:58:10 ID:qjV8zwQl
前にも書いたが、恩田の作品は提示される謎は魅力的だからつい読んでしまう。
だが、解決がしょぼいのでいつもガッカリさせられる。

705 :名無しのオプ:2006/03/22(水) 23:49:18 ID:otB5mPDG
恩田作品は古き良きSFの雰囲気があって好きというのは結構聞く。
ただ2ちゃんでは聞いたことないが。

706 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 00:04:57 ID:vMVxSuXH
>>705
雰囲気は確かに結構いいんだけどな……

707 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 00:58:32 ID:HsW9h9FL
>>704
しょぼいっていうかその謎を広げるだけ広げてほったらかしってのが多いな。
そこがいいっていう人もいるけど。

708 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 03:30:16 ID:GuannPi/
謎を広げることがメインで、それについて語ることはむしろ蛇足だから
恩田の場合

709 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 08:03:25 ID:+jQvCMvn
蛇足っていうか考えてないw

710 :名無しのオプ:2006/03/23(木) 20:14:34 ID:UoMIHQ5a
>>704
禿同!
読後感がいつもがっかり
プロローグはいいんだけど、途中で書くのに飽きたのか?って聞きたくなる。

711 :名無しのオプ:2006/03/24(金) 23:57:55 ID:yZUpFMDX
ここまで楽しく読ませて頂いた感想
「賞を取ったからといって面白いとは限らない」
「このミステリーはすごいの選考は信じられない」
「既出が多くてあまり参考にならんなw」

これからも頑張ります。

712 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 00:00:53 ID:5K8Em0Cf
逆にここでボロカス言われてるのを読んでから
その作品を手に取ると「期待以上のミステリ」になってイイ!かも。

713 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 01:10:25 ID:/iKQZPHw
白夜行の何処が面白いのか分からない俺は
  病  気  で  す  か  ?

714 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 01:16:07 ID:CW/5gCiN
>>713
素直に「つまらなかった」って書けばいいんだよ
万人に受け入れられるものなどこの世にはないんだし

715 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 01:17:27 ID:10iRQo+R
そんな書き方をしなくても白夜行は
このスレ内でダントツなぐらい挙がってますよ

716 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 01:18:14 ID:10iRQo+R
>>715>>713宛てね

717 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 01:18:25 ID:DTBE1qUV
病気です。精神科に診てもらいましょう。

718 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 02:35:26 ID:gtHHuVab
白夜行の魅力?は何となくわかるけど個人的に受け入れがたい

719 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 13:18:01 ID:Ap6t5jl+
生ける屍の死

ミステリとしての魅力はない

720 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 13:45:32 ID:dbRUAbOS
山田悠介作品

721 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 13:56:52 ID:6MjZII6Y
山田悠介は酷すぎると騒がれているのでは

722 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 14:27:29 ID:Agdd/Dsv
それはここと出版界だけでしょ。普通に世間では十分人気があるよ。

723 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 16:39:28 ID:6v75UhB8
文体はスルー出来るが、あの売り上げには驚く

724 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 21:32:29 ID:Ap6t5jl+
えー、そんな作家知らなかった。
ミステリーサークル所属ですけど。

725 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 22:22:07 ID:Lc7uQ6PD
既出だけど、四日間の奇蹟。最後の感動するはずのシーンが一番萎えた。アレでトドメを刺された感じ。
恩田陸のユージニアは、自分の理解能力のなさのせいかもしれないが、意味不だった。久代とか、結局何者だったの?って感じ。

726 :名無しのオプ:2006/03/25(土) 22:40:21 ID:Agdd/Dsv
>>725
ユージニアはね、完全に理解しようとするんじゃなく
雰囲気を楽しむものなんですよ。

727 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 01:35:23 ID:P/elsH5r
山田悠介は漫画の原作者かなんかになった方がイイとおも
発想はそんなに悪くないが文章力が無さすぎる

728 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 02:51:18 ID:kpU7DNcb
あー、そっちのがずっとよさそう。
漫画化されてる作品あるけど、どーなのよ?>鬼ごっことか

729 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 06:48:12 ID:nLUS7R4I
ちょっとスレの求めるレスとは違うのだが
俺が一番最初に読んだミステリは「十角館の殺人」だった。

それは高校でミステリ好きな友人に「推理小説でおもしろいのってなに?」と
たずねたら「全然それ系読んだ事ないならオススメのがある」って言われて読み始めた。

「犯人とトリックを見事当てられたらジュースおごってやる」と言われて
一週間くらい何度も「こいつが犯人だろ」とか正解を探して盛り上がったな。
友人からヒントもらったりしながら考えたけど、どうしてもわからずに結局は降参して
真相が明らかになるまで読み進めた。

ミステリ初体験としては見事なまでにトリックにハマって「これかぁ!」って感じで
見事にだまされて、最高の気分だった。

だが、それ以降似たような作品があまり楽しめなくなった。
「十角館の殺人」は友人との賭けも熱くなれたし、本当におもしろかったんだけど。
一人で読んで、一人で考えてもつまらない……。

730 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 19:05:26 ID:sWtqtRvM
それで?

731 :名無しのオプ:2006/03/26(日) 23:51:17 ID:JdmaNYWB
>>729
つ「日記帳」

732 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 00:22:35 ID:kRqDyGSt
十角館って、ニックネームの方なら一番怪しい奴が犯人だよな。

733 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 21:52:31 ID:HvzzNtn+
世間かどうかは微妙だけど、この板の「やられた!」スレで出てたので
東野の
「仮面山荘殺人事件」と「ある閉ざされた雪の山荘で」

なんつーか・・・薄い。

734 :名無しのオプ:2006/03/27(月) 22:22:52 ID:GoyrABHx
「リング」
アイディアはいいけどさ、文章は山田よりマシなレベル。

735 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 00:20:35 ID:b+iqt/st
十角館は純粋に作品自体の評価が高くはないだろう。
歴史的意義だがなんだかでみんな読む訳でしょ。



736 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 00:42:36 ID:g+NsgxlH
まあ十角館はあの叙述をやりたいがためだけの小説だからな

737 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 00:49:09 ID:fR/nY7xP
>>735
それは本末転倒のような
作品自体が一定の評価を受けたからこそ歴史的な価値も生まれたのだろうし

738 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 00:58:57 ID:TmHtNh//
>>733
まったくそのとおりで、未読の方、片方しか読んでない方は覚悟されることです。

739 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 01:15:08 ID:fR/nY7xP
つーか「マジでやられた!」スレはやられるかどうかが全てなので
内容の濃さまでは評価に加味されていないかと

740 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 10:39:21 ID:/ku8EWku
やられもしなかったってことではないかと

741 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 13:54:23 ID:kCKpCToB
京極の「狂骨の夢」
タイトルも表紙もよかったし2作目の魍魎が最高だったんで
結構期待してたのもあり拍子抜け。最後までぼんやりしたまま話が進んだ感じ。
でも最後の所、髑髏を海に投げるのかと思ったら(メル欄)
いい感じに予想を裏切られた。

742 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 15:19:08 ID:9unkNRgI
狂骨は初期の京極の中では普通に世間評価は低めだよ
塗仏以降に比べたらはるかに面白いけど

743 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 16:27:58 ID:b+iqt/st
>>737
>作品自体が一定の評価

これが「(世間で騒がれるほど)高い評価」と同義?


744 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 16:29:49 ID:b+iqt/st
>>742
塗仏以降駄目は同意だが、
直木賞のあれは初期のクオリティが復活してたとおもわない?

745 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 16:44:25 ID:fR/nY7xP
>>743
少なくともみんながみんな「歴史的価値だけ」で読んでいるわけではないと思う
作品自体の評価も普通に高い
「世間で騒がれるほど」高い評価なのかどうかは主観的なものでしょう

746 :745:2006/03/28(火) 16:49:34 ID:fR/nY7xP
>>743
ああ、君が「十角館は歴史的価値だけだ。作品としてはつまらない」と思うのは自由だよ。
ただ作品として評価してる人も結構いるということだよ。

>歴史的意義だがなんだかでみんな読む訳でしょ

ここの「みんな」にひっかかっただけなんで

747 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 18:23:48 ID:b+iqt/st
うちのサークルで10角自体を肯定する人っていないんだよなー。

「みんな」って数学的命題の「全て」じゃないよ。


748 :名無しのオプ:2006/03/28(火) 21:05:07 ID:po+LcwmS
ま、十角とか骨とか“今頃"語る時点で(ry


749 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 01:35:18 ID:lac6pIG/
鮎川の解説は非難囂々

750 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 01:41:27 ID:+D2ZgxiE
“今頃"

751 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 01:58:05 ID:AOIHcDu5
みんながみんな綾辻や京極から入るわけじゃないからな〜w
すでに十角あたりは古典に片足突っ込んでるかもしれんが。

752 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 10:41:07 ID:lac6pIG/
>>751
>みんながみんな綾辻や京極から入る

そんな内容の投稿あったか?

753 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 10:43:11 ID:lac6pIG/
>>748
スレタイ読んだ?
で、その2作品より古い作品がいくらもあがっている。

754 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 18:09:29 ID:RuUdC/47
つまらない本は、最後まで読まない。
故に本来の評価はできない。
評価とは、本を最後まで読んだ人間のみに許される

という考え方。

しかし、「つまらない」という判断が評価とも言えるし・・・。

755 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 18:54:22 ID:g3IWwEi8
既出だけど。
恩田陸「光の帝国」
読むことが趣味というより作業。恩田作品に初挑戦して、二度と読むかと思った。
森博嗣「全てがFになる」
文章力が最低ラインを越えてない。ラノベ以下。
ミステリじゃなければ(スレ違いだけど)村上春樹。
感情移入が不可能。

756 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 19:22:14 ID:67qOrMsS
森博嗣って毎回買おうと思いつつタイトルで引いちゃって
まだ読んだことないんだけど、けっこうここじゃ名前あがってるね。
今度こそ読んでみようかな…

俺が騒がれるほど良くない、と思ったのは白夜行かなぁ。
友達に勧められて読んでみたものの、感想聞かれて返答に困った。

757 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 21:46:47 ID:TI+Txo/Q
>>756
ここで名前挙がってて読もうというのは如何なもんか。

758 :名無しのオプ:2006/03/29(水) 23:28:16 ID:uCKbMAdP
森、文章力もないと思うし「コーヒーメーカ」等の無駄なこだわりがウザい。

759 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 01:48:24 ID:Aavu/0ve
ミステリ作家で森が格別文章が下手だとは思わんけどな。
新本格勃興期に出た有象無象は話にならん位読めないのも多いし。
森よりもはるかに文章が巧いのって誰が挙げられる?

760 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 02:19:03 ID:QnSy70tI
ここで京極とかいったら荒れたりするかな

761 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 03:05:07 ID:UM3oIoi+
京極>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>森だろ。文章力だけなら。ていうか比べるのも失礼なくらい差がある。あくまで文章力だけならだけど。

762 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 03:50:33 ID:fAU3BLzd
ここで散々言われている東野も宮部も、森と比べたら普通に上手い。
「   」○○は言った。「   」
と、二人で喋っているときすら、ひたすら説明する森の文章はだるい。分かリきっていることをひたすら書くから。
描写も人物の主観が伝わってくるとはお世辞にも言えない。比喩も上手くない。
つまり森は下手。
あと、森の名前が出ると必ず上がるね。西尾と京極。

763 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 10:57:06 ID:FtStldjd
法月倫太郎の三部作 

文章下手 冗長過ぎ

764 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 18:41:16 ID:6KM36rE5
世間で騒がれていると、過剰に期待して本を手に取る己の愚かさを呪う


765 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 18:58:12 ID:S3fGnW6p
>>762
西尾って世間では妙に高い評価うけてるけど、文章力は低いの?
ラノベ(なんかどうかはしらんが)は読んだことがないからあっちの住人たちが
どれほどのクオリティなのか全く想像がつかん。

766 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 19:54:38 ID:0fX99Unh
>>765
高い評価ではない

767 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 21:50:03 ID:pTmKdUya
>>765
ギャルゲーの文章だよ。言葉遊びとキャラ萌え。ツッコミ。
とりあえず一冊読んでみそ。オタ感覚があれば、合うかもしれない。

768 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 21:58:15 ID:mmbHHE1k
東野→「  」○○はいった。
西村京太郎→「  」と、○○は、いった。

769 :名無しのオプ:2006/03/30(木) 23:09:39 ID:/q0nUbLe
戻り川心中
そんなに感動的な作品かな。

770 :名無しのオプ:2006/03/31(金) 02:40:35 ID:A6cuYxSx
>>767
ひぐらしのなく頃をプレイして文章の寒さに鳥肌立ったんだがそんな感じと解釈しておk?

771 :名無しのオプ:2006/03/31(金) 02:46:36 ID:4Ho+6cVs
>>769
桔梗の宿には感動した。

772 :名無しのオプ:2006/03/31(金) 11:34:36 ID:A4iTc8i8
西尾維新のアレってミステリ扱いなの?ラノベ扱いなの?
なんかミス板でよく面白いって聞くんだが

773 :名無しのオプ:2006/03/31(金) 14:03:38 ID:sKYjZOkp
>>770
基本的に同レベルだが、西尾の方がプロなだけマシです

774 :名無し物書き@推敲中?:2006/03/32(土) 11:58:17 ID:3gZfrjgn
取り直したいと

775 :名無しのオプ:2006/03/32(土) 12:56:53 ID:C7TxlgR6
森は文章うまいだろ。
あのレベルの文章はほとんどないんじゃないか?
ただ、長編より短篇のほうが良作多い希ガス。
北村、舞城は両極端だけど文章はうまいな。

漏れは「慟哭」がいまひとつ楽しめなかった……。

776 :名無しのオプ:2006/03/32(土) 14:01:21 ID:v5UYbK2I
>>1
理由、宮部で一番好きだけどなー。
ただ宮部ファンの中ではさほど評価高くない。
売れっ子作家の作品としては、特に世間で騒がれてもいない気がします。


777 :名無しのオプ:2006/03/32(土) 18:06:22 ID:6yJfpEqr
>>775
どこがどう上手いのか詳しく。

778 :名無しのオプ:2006/03/32(土) 22:52:54 ID:iHq+xUda
森の文章は読みやすさと言う点では下手だけど、技巧面で見ればわりと面白い。
捻った表現や比喩も多いから、そういうのが好きな人には受けるだろうし。
嫌いな人は徹底的に嫌うだろうけど。
技巧面で言えば、例えば「捩れ屋敷の利鈍」の屋敷の描写は多分その極致で、
ああいう描写が出来るミステリ作家はまずいない。SFに近いのかも。

779 :名無しのオプ:2006/03/32(土) 23:04:13 ID:fGpEAk+w
>>776
一応、直木賞受賞作なんだけど・・・・

780 :名無しのオプ:2006/04/02(日) 03:56:11 ID:TUxCN786
>>779
776はそれをふまえてこその発言だが。
宮部作品の人気投票すると10番以内にもはいらんよ。
君も「一応」とそえてるし。

781 :名無しのオプ:2006/04/02(日) 04:14:22 ID:kAfW/1F9
>>778
丁寧なレスありがとう。
しかし俺としては「微笑む」や「煙草に火をつけた」など同じ言葉が執拗に使われる森は、やっぱり駄目だ。
本人もホームページで「文章より絵の方が自信ある」とか言っているし。
本人談はどうでもいいな……。

782 :741:2006/04/02(日) 16:33:37 ID:5D8fRfkS
>>742>>744
反応豚クス
骨以降は読んでなかったからとりあえず鉄鼠を手にとってみます
一応ここのスレを見る限り、鉄鼠・蜘蛛・巷説は安全圏ぽいので

783 :名無しのオプ:2006/04/03(月) 18:04:40 ID:pe3thf0l
>>781
俺も森の文章は駄目。読む気が失せる。

>>782
蜘蛛とか魍魎とか鉄鼠は面白いと思ったが
陰摩羅鬼は読み終わった途端踏んづけた。

784 :名無しのオプ:2006/04/03(月) 23:30:45 ID:OKFp3g4+
白夜行つまんないって人多いけど
原作読む前に先ドラマ見たせいか、ドラマは悪くなかった印象がある。

あと古典的な名作のほとんどは今読むと味気ないのはしかたない。 
点と線、そして誰も、とか。あと探偵小説って言われてたもの全般。

785 :名無しのオプ:2006/04/03(月) 23:40:36 ID:AuXqmGaF
>>784
ドラマ云々で信用ゼロ
原作ほんとに読んだかも疑問だ

786 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 00:46:29 ID:JiXr+CFy
http://blue.ap.teacup.com/nonsensenoise/

某シナリオライターのブログ
連載小説等もあり、多少は楽しめる、か?

787 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 07:18:45 ID:6I0jXhES
理系畑の森と東野はやっぱり文章云々で売ってない気がするけど…
両者そんなには気にならないけどね。
寧ろ島田荘司、西澤保彦、倉知淳・・何と言ってもハサミ男の殊能さん
殊能がどうこうよりハサミ男がもの凄く読みにくかった。再読も億劫。
そして話題本だったらしいけど、ハサミ男微妙。それから綾辻行人。
館は暗黒館以外全部読破してるんですけど、どうもダメ。ただ偶に読みたくなるのが館物。。

788 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 10:29:16 ID:F6RcaTLP
俺も暗黒以外読んでるけど、
最後に読んだ黒猫が10年前。

綾辻=館シリーズ なんてすっかり忘れてたよ。

館で評価高めた作家なのにね。

789 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 12:57:42 ID:xuOfpS5j
>>787
倉知の下手さはガチ

790 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 17:37:58 ID:Pje9gMUu
殊能の方が読みやすいと感じた俺もいるわけですよ

791 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 18:40:42 ID:56TyZyC8
>>787
東野と森は比べるまでもなく、森が下手だと思うが。
綾辻は上手いっつーか読みやすい。

792 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 18:50:53 ID:2fUClBq5
文章力は単発スレ立てて隔離した方がよくね?
話がループしまくりだ

793 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 20:18:50 ID:hdWpHz8K
鬼貫警部が面白くなかった…

794 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 22:03:18 ID:56TyZyC8
>>792
そうだね。文章力はなるべく無視して、内容について語った方がスレとして面白いかもしれないな。

795 :名無しのオプ:2006/04/04(火) 22:09:20 ID:5He2g85X
すでに↓のスレがあるしな
【ヘタウマ】ミステリ作家の文章part2【ウマヘタ】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1043153095/l50

796 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 14:19:29 ID:84TjGJ3m
なんか葉桜も容疑者Xも扉も
出てくるヒロイン格の女にイラついてダメだった…

純粋にミステリとしての面白さも、面白いことは面白いけど
期待していたほどじゃなかった。
自分がスレてきたんだろうか。

797 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 14:40:35 ID:End6G2Z2
「容疑者X」のヒロインはともかく、
「扉は〜」のヒロインは頭が気違いだとしか思えない。

798 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 14:41:11 ID:End6G2Z2
○気違い
×頭が気違い

799 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 14:53:36 ID:XEwQ5ziE
>>796>>797
むしろ感情移入を拒むからストーリーに集中できるんじゃないか?
いっさい描写をしないのも本格系作家ならではの巧妙な作戦だと思う。
ただ「扉は〜」のヒロイン評については、まったくもって同感。
続編を書く噂があるけど、あの女は不幸のドン底に突き落とされてほしい。

800 :796:2006/04/07(金) 15:46:24 ID:84TjGJ3m
>>799
感情移入できないだけなら問題ないんだけど
見ててイライラしてくるような言動されるとダメだなー自分は。
徹底的な悪女だったらそれはそれでいいんだが。

801 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 18:06:10 ID:gED5IBqW
読んでイライラと言えば萌絵が最凶

802 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 18:15:00 ID:N5CKBO2c
虚構の人物にイライラさせられてる時点で作者の勝ちな気がする。

803 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 21:19:00 ID:J7IfVedD
>>802
もっと気持ちよく負けたいわけよ

804 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 21:52:54 ID:XvQNAA8H
萌絵のコーヒーを飲む描写に必ず猫舌がどうとか入るんだが、
どのくらいの温度に冷ましてから飲むんだろう?
毎回気になるんだが

805 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 21:54:29 ID:XvQNAA8H
誤爆した・・・

806 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 23:18:28 ID:mYiiTgjA
天使のナイフ、チーム・バチスタの栄光

絶賛されて満場一致くらいの勢いで賞を取った作品だが
それほど騒ぐほどのもんなのか、と思う。
楽しませてはもらったんだが。


何か賞をとった作品を読むとガッカリする場合多いかも。

807 :名無しのオプ:2006/04/07(金) 23:38:35 ID:h2YZV7uw
古川日出男「アラビアの夜の種族」かな。

文体とか演出とか普通にクオリティ高い作品だったから、個人的な感想なんだけど、
とにかく読みにくかった。てかこの作品、書評家のみなさん誉めすぎよ。

808 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 09:51:14 ID:rHGe+HZG
七回死んだ男
結末は好きなんだけど、途中がダルい。
普通に面白いが、評判ほど良くは感じなかった。
それにしても"メル欄" あの能力も糞もないと思うのだが、
構わず続行されるのな。

809 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 12:08:57 ID:GnsI85gm
西澤は全てだるい。

810 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 16:52:49 ID:D43y3iIf
そうかなー。推理面では都筑道夫のねちっこい作風を受け継ぎながら、
小説としてははるかに面白く仕立て上げられてて好きだけどな

811 :名無しのオプ:2006/04/08(土) 16:56:17 ID:GnsI85gm
プロットは好きだけど、
そのためだけの手続きのような文章でだるい。

812 :名無しのオプ:2006/04/12(水) 22:22:41 ID:RaLeFXW2
赤川次郎全般

813 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 04:19:41 ID:LCJAoJZG
世間で騒がれる うん、たしかに>>812

814 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 07:06:03 ID:HB6OsCq1
赤川次郎って今でも世間的な認知度高いのかな。

http://books.yahoo.co.jp/ranking/general/all/new_novels/weekly/index.html
↑とかでは内田康夫や西村京太郎の本はよく見かけるけど
赤川次郎はあんまり見ないような。単にタイミングが悪いだけかな。

815 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 07:08:55 ID:HB6OsCq1
古いランキング見たら赤川次郎も登場してた。
今でも売れてるんだね。

816 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 07:32:36 ID:Ws48a0s7
>>812
「全般」とは言ってほしくない。
初期の頃は傑作、佳作揃いだ。

817 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 12:29:34 ID:bedZrGVW
まぁネタ切れだろうな、あれくらい量産してれば仕方ないと思うけど。
動機がレイプの復讐、とかが多くなって後味悪くなった。

818 :名無しのオプ:2006/04/13(木) 14:00:04 ID:LCJAoJZG
初期から、売春組織とか、鬼畜なネタはおおかったよ。

819 :名無しのオプ:2006/04/14(金) 05:53:48 ID:Pupog0Th
宮部みゆきの
火車とレベル7。
どっちもサスペンスなのにあくびが出た。
ちなみに魔術と模倣犯は好きだ。他のも大抵好きだ。
だけど火車とレベルはすかん。

赤川は、ファンの香具師が三毛猫を絶賛してたから読んだけど、つまんなかった。
てきとうに手にとった他の赤川作品の方が良かったな。

820 :名無しのオプ:2006/04/14(金) 11:11:24 ID:3LGc+9NX
>>818
レイプと売春は違うでしょ

>>819
三毛猫が全部いいわけじゃないからねえ
推理・騎士道・追跡、短編で運動会くらいじゃないかな、佳作は。
マリオネットは騙されたと思って読んでみて

821 :名無しのオプ:2006/04/14(金) 21:28:37 ID:egLXI2kc
つーか赤川の本って主人公の名前「紀子」が大杉
なんか思い入れでもあんのか?

822 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 10:23:12 ID:5fwG4D/6
家庭の事情で苗字が変わってるけど全て同一人物です

823 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 14:21:07 ID:x5eB7htV
>>822
とんでもねえトリックw

824 :名無しのオプ:2006/04/15(土) 15:45:25 ID:KtJSI+JL
>>820
鬼畜って意味では同じじゃない?

825 :名無しのオプ:2006/04/22(土) 23:20:02 ID:NQCXj5Ef
飯嶋和一「始祖鳥記」
無駄なエピソード多くないか?塩屋編とか・・・・・
さらに登場人物紹介が終わったと思ったら、また別の人物の視点から同じ人物の
紹介が始まる。全体的にしつこい。

826 :名無しのオプ:2006/04/23(日) 03:31:29 ID:YksM8tB3
そんなに騒がれてないけど、北村薫「ニッポン硬貨の謎」。
作中のクイーン論が突出して面白いけど、本編のストーリーはアンソロジーネタの
水増しにしか思えなかった。

クイーン論で一冊立てとけばよかったのに。

827 :名無しのオプ:2006/04/23(日) 15:21:17 ID:yP7mcIdS
>>821
石井隆の名美みたいなもんか。

828 :名無しのオプ:2006/04/23(日) 15:25:37 ID:yP7mcIdS
そういや小津安二郎も後期には紀子という登場人物が多かった。
連投すまん。

829 :名無しのオプ:2006/04/26(水) 01:23:48 ID:/axYH8Db
生首、頼子、赤い悪夢

この作家、
みーんな駄目だ

830 :名無しのオプ:2006/04/26(水) 10:55:42 ID:I5pPwhVq
長坂秀佳「弟切草」
文章ひどすぎ(擬音語満載)。展開くそったれ(オチがありえん)。
と思ってコヤツのスレを覗いたら、全く人気が無かった……。
誰か信者いないのー、長坂信者ー。

831 :名無しのオプ:2006/04/26(水) 23:02:43 ID:wEN2yStI
乱歩賞史上最低との噂も高い人だからね

832 :名無しのオプ:2006/04/26(水) 23:24:58 ID:cFm82w2e
長坂が原案・脚本のゲームソフト「街」なら大好きだよ

833 :名無しのオプ:2006/04/27(木) 14:49:19 ID:5AlqNtSR
特撮ヲタに人気あるんじゃない?

834 :名無しのオプ:2006/04/30(日) 18:36:38 ID:msxODxiG
ふむ。擁護もされないとはね。
俺も消防のとき「弟切草」には戦慄を覚えたもんだ。
読む力や語彙が増えたので、楽しめなくなった。
というより、BGMと効果音と画像の力だったのね……。

835 :無名草子さん:2006/05/10(水) 13:50:12 ID:d6LRGQLq
鬼貫警部

836 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 14:23:25 ID:tAQnmyhC
ミステリー全部

837 :名無しのオプ:2006/05/10(水) 15:20:06 ID:rpDVb8aX
筒井康隆

838 :名無しのオプ:2006/05/11(木) 17:33:52 ID:U+I4lsHQ
西尾維新作品

839 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 02:11:31 ID:TLr481r5
>>838
騒がれてませんっみたいな。

840 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 05:41:47 ID:TzrQAwkF
>>838
ライトノベル好きに受けるのは分かるけど
書評サイトとかを回るとミステリ好きにも結構評価してる人いるんだよなあ。
「俺はこういう新しいものも認める」みたいな寛容さをアピールしたいのかと邪推してしまう。

841 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 09:36:15 ID:Tf9jx3/M
>>840
ラノベ好き要素が少なからずあるミステリ好きなんじゃね?
たとえばこいつ
つ「木下さくら」

842 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 22:12:15 ID:lCQwjDaj
森とか最近の新本格読むのはラノベ好きが好きな印象がある

843 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 22:25:59 ID:fmEs9020
ラノベでもなんでもちゃんとリーダビリティがあればいいよ。
今をときめく米澤穂信もラノベ出なんだし。
誰とは言わんがまともに読めないような作品を出すのはやめてくれ。

844 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 22:55:26 ID:PfO8S6Ol
このスレで名前を伏せるのはらしくないぞw
言え! 言っちゃえ!

845 :名無しのオプ:2006/05/12(金) 23:50:20 ID:nSfGhuXa
ラノベはノリが寒くてどうにも読めない
漫画にしろよ漫画に、と言いたくなる そしたら読むから

846 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 21:22:06 ID:l1qmfK5d
それ言っちゃったらミステリーも
ノリ寒いの多いんだからさ。

847 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 22:25:40 ID:U/Bu+mBZ
>842
オレ、その人の作品はSMシリーズしか読んだこと無いけど、あれってラノベじゃなかったの?
赤川次郎とかそういうのといっしょで、中高生くらいのコが読むもんでしょ

848 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 23:09:22 ID:G46kwkUk
>>847
お前はラノベをほとんど、いや、まったく読んだことないなさては
世の本当のラノベはお前の想像を絶するくらい軽いと思うぞ
まあ、森が中高生の読み物ってのは同意するが

849 :名無しのオプ:2006/05/13(土) 23:54:55 ID:ovffHQL5
>>848
すいません、上二行を日本語でお願いします

850 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 08:03:58 ID:Q+FopqwT
自分は「Yの悲劇」を小学校低学年向けのジュブナイル版で読んだから今いちだった

851 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 15:29:50 ID:KMSjyJMi
>>850
文研出版のジュブナイルは面白かったような記憶が。
あのシリーズは表紙と挿絵が肝だけど。

852 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 16:24:54 ID:nxZ0Ki1m
「マルタの鷹」をジュブナイル版で読んだ時、ラストシーンが格好良くて書かれて感動したけど、
大人になって創元版を読んでぶっとんだ。

853 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 19:54:20 ID:aRxxe9LZ
リアル鬼ごっこ

854 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 20:11:33 ID:M10ea0ti
>>853
それはギャグで言っているんですか?

855 :名無しのオプ:2006/05/14(日) 21:24:37 ID:3+3zYBbt
>>854
お前みたいな少し頭がいいやつがいるから、リアル鬼ごっこが売れちゃうんだよ。

856 :名無しのオプ:2006/05/15(月) 11:35:26 ID:smOrkac4
十角館、鏡の中は日曜日

857 :名無しのオプ:2006/05/15(月) 13:25:14 ID:NF+8gLh3
>>856
俳句にしちゃ季語が足りないな

858 :名無しのオプ:2006/05/15(月) 17:58:58 ID:JA1gQz7T
川柳だろ

859 :名無しのオプ:2006/05/16(火) 20:16:08 ID:BpwSxMXG
森博嗣全般
会話文の脈絡の無さはリアリティと名づけるより、
ヨミニクティ

860 :名無しのオプ:2006/05/20(土) 11:45:51 ID:BElBVJig
>>847
おお!赤川次郎だったのか!
一冊で決めてはいけないと、何冊も読んだがまるで面白くない。
肌が合わないものもあると思って納得することにしたが、
評判の良さが謎だった。
ありがとう!すっきりした!今日はいい天気だ!


861 :名無しのオプ:2006/05/20(土) 14:31:30 ID:3eEr3oWi
はしゃぎすぎだろ

862 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 01:17:54 ID:zzgHlnyz
ダヴィンチ・コード

がっかりだよ・・・


863 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 01:52:19 ID:8Oh3PS54
桜塚やっくん

864 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 15:34:49 ID:JRBbrEWD
エンタの神様


865 :名無しのオプ:2006/05/29(月) 22:22:23 ID:uZC0h04x
>>862
確かに「ダヴィンチ・コード」は非キリスト教国の人間にとっては衝撃的でもなんでもない。
普通の歴史薀蓄ミステリとしては楽しめたが、こんなに大騒ぎするほどのものでもなかろう。

866 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 14:09:47 ID:yM8vxdXd
横溝正史全般
美少年の描写がオタクっぽく、キモいです。

867 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 22:36:59 ID:ow5TzWLG
>>829
俺も長篇3つ読んだが、新しくなるにつれてつまらなくなっていく・・・

868 :名無しのオプ:2006/05/30(火) 23:57:22 ID:JUMdX3Uz
「8の殺人」
あそこらの新本格作家の処女作は「荒いけどすげぇ」と思うものが多いが、
それなりに落ち着いている上に、ヒント多すぎてトリックが両方まる分かりだったので驚きゼロ。
数作目に出したならともかく、一作目でこれは良い方向にも悪い方向にもインパクト無さ過ぎ。

869 :名無しのオプ:2006/05/31(水) 08:36:47 ID:7WYIHp5R
福井 晴敏と 天童 荒太
感性が子供っぽい。日本社会のだめさについてグダグダ書いててそれがウザイ
初期作品からだんだん劣化していって、プロットがワンパターンになっている
トラウマをかかえたガキが、汚いおとな社会に反抗して暴走というのも共通

870 :名無しのオプ:2006/05/31(水) 23:45:15 ID:Somo9K+K
赤川次郎 初期は良かったって話を言う奴が良くいるがそれは読んだのが10代の時とかで美化されてるんだろうと思う。

871 :名無しのオプ:2006/06/01(木) 00:19:24 ID:dRLqgOxT
>>870
それわかる。
子供に読ませようと思ってブクオフで初期作品買い込んだんで
とりあえず自分も読んでみたが、何が面白かったんだかわからない。
あの頃は夢中で買い漁ってたもんだが。

872 :名無しのオプ:2006/06/01(木) 14:09:14 ID:iRtNYGCm
異人たちの館 折原一

折原の最高傑作という評判で読んだが、ぱっとしない。
叙述の驚きはまったくなく、まとめかたがうまいなと感じただけ。
これを絶賛するアマゾンレビューやブログのレビューに疑問を感じた。

873 :名無しのオプ:2006/06/01(木) 21:36:20 ID:aj8Wjl5l
白夜行 東野圭吾

時間と金の無駄。

874 :名無しのオプ:2006/06/01(木) 21:50:58 ID:ZiU0+0oD
オレは面白く読んだけどな、白夜行。
東野ヲタが傑作と騒ぐほど評価はしてないが。

875 :名無しのオプ:2006/06/02(金) 15:57:27 ID:tpPB7bGv
最近のパトリシアコーンウェル


876 :名無しのオプ:2006/06/03(土) 19:47:30 ID:a+GZUDw2
また百夜行出てる。アレそんなに面白くないのか?

877 :名無しのオプ:2006/06/03(土) 20:57:18 ID:+UZ+Wb4+
売れた数が多いから。後信者が誉めすぎってのもある。

878 :名無しのオプ:2006/06/04(日) 01:06:12 ID:EjHqC+bX

殺戮にいたる病
ハサミ男

879 :名無しのオプ:2006/06/04(日) 01:35:54 ID:G2zUx5wr
>>876
俺は東野信者だが、白夜行はベスト10にすら入らないぞ。
個人的感想としては《ちょっと面白い》ぐらいだ。

880 :名無しのオプ:2006/06/04(日) 17:26:47 ID:4yO5nq4L
じゃあベスト5くらいを選出してくれんか?
個人的なもんで構わないから。
数冊読んで面白かったのは「ある閉ざされた雪の山荘で」ぐらいだ。

881 :名無しのオプ:2006/06/05(月) 01:25:37 ID:E9M7KSaT
ロートレック荘事件

882 :名無しのオプ:2006/06/05(月) 02:25:51 ID:ZxJhp+Vn
>>880
名探偵の掟
学生街の殺人
放課後

883 :名無しのオプ:2006/06/05(月) 22:29:18 ID:lsi+caXa
ダヴィンチコード
無宗教なんで別にどうでもいいです

884 :879:2006/06/07(水) 18:57:09 ID:cbgivvxV
>>880
東野前スレにも書いたが。
秘密
どちらかが彼女を殺した
さまよう刃(文庫落ちはまだ)
トキオ
五位がある閉ざされた。
全部が好きなんじゃくて、俺の場合感動系&サスペンス派だな。
パラレルとかは東野に求めていない作風だった。
単純に物語に惹きこまれたいなら、「殺人の門」とかも良さげ。
……でもまだ三十冊しか読んでないにわかファンだから……。


885 :名無しのオプ:2006/06/07(水) 19:25:30 ID:pRzWg32c
>>884
サンクス。
そういえば「どちらか〜」も面白かったな。
東野はトリック重視は面白いんだけど感動系はダメだ。

886 :名無しのオプ:2006/06/07(水) 22:25:58 ID:lFyNIoNJ
>>885
同感。東野の感動系はどうもウソ臭い。
ていうか底が浅くて中盤で飽きる。

887 :名無しのオプ:2006/06/09(金) 12:53:41 ID:tVNfzBfv
トリックはいいと思っても、描写がうすいのでイマイチ・・・と思ってしまう。
個人的に、だけど。
島荘とか二階堂とか、無駄にドロドロしてるのが好きなせいだけどw

888 :名無しのオプ:2006/06/11(日) 11:06:26 ID:tq3oEPmH
ローリー・リン・ドラモンドの『あなたに不利な証拠として』。
ミステリーじゃないじゃん、これ。
「読みながら何度も心が震えた」とか言っているイケガミに踊らされてかっちまったけど。
ポケ・ミスでこんなものだすなよ。詐欺だよ、詐欺。


889 :名無しのオプ:2006/06/11(日) 12:01:10 ID:WAVZnwv9
コズミック

メフィスト賞与えた選考委員死ね!

890 :名無しのオプ:2006/06/11(日) 14:59:21 ID:5sXGUmjw
最近の朱川湊人。

「花まんま」で直木賞受賞したのはいいんだけど、
昭和30年代モノばかりなのがなぁ・・・。
それなりには楽しめるんだけど、マイノリティ(在日・赤線など)に対する視点があまりにも類型的。
薄っぺらな感傷のみで語るなと言いたい。

891 :名無しのオプ:2006/06/12(月) 00:01:55 ID:lI1X1Wm2
赤川作品の初期作品はそれなりに面白いと思うよ。俺も最近手に取ったんだが。
初期の単発作品は読んでて「この人、ミステリ好きなんだな」って感じるし。
一般受けは悪かったらしいから方向転換したんだろうけど。

あとミス板で名を挙げるべき作家ではないが、個人的には浅田次郎の株が下がり続けている。

892 :名無しのオプ:2006/06/12(月) 19:42:44 ID:GLrl+0p9
>>889
コズミックが騒がれたのは「良い」からじゃないお
あと、このときの編集者はちゃんと分かっててメフィスト賞与えてるから

893 :名無しのオプ:2006/06/13(火) 19:33:17 ID:hyhgbmkl
コズミックはむしろ「世間で叩かれているほど悪くはない作品」だと思う。

894 :名無しのオプ:2006/06/14(水) 10:02:52 ID:xt9wbQBD
清涼院、わざと行を揃えるのとかやめれば、読みやすい文章だと思う。
単純、という意味じゃなくて、流れがいいというか。

895 :名無しのオプ:2006/06/14(水) 22:22:00 ID:FxQNzG07
「月光ゲーム」

会って一日二日の大学生が、ファーストネームやニックネームで呼び合うというのが、
どうにもしっくりこなくて、そこばっかり気になってしまった。
ミステリとしては、たいへんよくできていると思ったんだけど。


896 :sage:2006/06/16(金) 15:54:11 ID:onMYd6Eu
「向日葵の咲かない夏」。なんでこれが、本格ミステリ大賞の候補作なの。ただのホラーじゃん、できの悪い。

897 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 16:16:01 ID:76wQdeSN
エリザベス・ジョージの「ふさわしき復讐」

騒がれちゃいないだろうけど、「大御所P.D.ジェイムズやルース・レンデルと並べて話題にされてる」っていうんで。
どんだけすげえ作品か、と思ったがとても二人には及ばない。昼ドラのよう。
そのくせ、無駄に長い。風呂に沈めてやろうかと思った。


898 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 16:45:44 ID:vVRASqEB
>>895
当時はともかく、
いまはいきなりタメ口きく失礼なやつ多いからな。
そして先輩は変なイントネーションで、
「ファーストネーム」さん。

899 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 16:51:11 ID:2cgG6U7q
『扉は閉ざされたまま』石持浅海

くだらない。
倒叙の頭脳戦には文章力とキャラクターの魅力が不可欠ということを知っているのかこの作者は。
“小説”のお勉強して出直してこい。
言うまでもなく、肝心のトリック・動機もプー。

デスノート以下。

900 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 19:27:17 ID:mR+OCojI
西尾維新
何故あれが売れる? 表紙?

901 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 19:45:44 ID:IqzGTG5l
漫画が売れるのと同じようなもん

902 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 20:34:13 ID:cO2i69cw
麻耶 とかいう人の作品
プロット・人物描写・伏線の張り方・トリック(トリックにすらなってない)
全て中学生レベル。

6 冊 分 の 金 返 せ

903 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 20:46:41 ID:VIzsyIhq
なんで1冊目で気付かない

904 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 20:59:01 ID:cO2i69cw
>>903
この板での書評?にだまくらかされて・・・。
何時か凄い作品にめぐり合えると思ったからです。

なんの根拠もない、妄信的な信者達の書き込みだということを
解った時には、6冊読破していたのです。

905 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 21:13:40 ID:VIzsyIhq
図書館で借りとけよ
まあ麻耶は仕方ないな
万人受けするミステリじゃないし

906 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 21:48:21 ID:OP8rPbnj
麻耶は1冊読んで「自分には合わねーなこりゃ」と思ったクチだけど
それでもこの板見てると他の読みたくなってくるもんな〜
なんとなく気持ちはわかる。

907 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 22:58:19 ID:uc67rHL1
他人の感性はあまりあてにはならないという極当たり前な事実を
実感する為の学費だったと思うしかないな

908 :名無しのオプ:2006/06/16(金) 23:40:45 ID:n0Dosyto
自分と合わない作家の本を六冊も購入し続ける
忍耐力はすごい。嫌味じゃなく。
俺なら一作で投げる。

909 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 00:24:15 ID:GOcjq5yL
>>902
あんなの書ける中学生がいたら将来すごいことになるけどな
まあ、良さも理解できず他人の意見に流されたまま買い続けたお前の負け

910 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 00:37:54 ID:NcMJUJJv
>>905>>906>>907>>908
ご意見痛み入ります。
教訓にいたします。

自分の好きな作家が、新刊を中々出さないので
似た系統と思いつい手を出してしまいました。

>>909
五月蝿い! 麻耶 信者が。
良さが無いから書き込んでいるんだ。

911 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 01:10:32 ID:GOcjq5yL
どこにも良さがなかったら評論家にも評価されないし、信者も沸かない。
だから良さがないと思うのはあなたの読みが浅いだけ。
ちなみに、その好きな作家さんは誰ですか?

912 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 01:50:11 ID:jn23M+/g
やはり麻耶信者は新本格の中でも特に性質が悪いな

913 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 02:27:50 ID:vyZSSq5X
確かに902はボロクソに言い過ぎかもしれんが
「ああ、合わなかったのか」「趣味が違うんだな」ぐらいで流しときゃいいのに

914 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 02:37:23 ID:1BJyzslQ
まあ、2ちゃんで信者に騙されたとか騒ぐ奴に
まともな奴がいたためしは無いからな。
麻耶の本は未読なんで知らんけどw

915 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 02:50:09 ID:9tZSM8zF
オレつまんねー本はつまんなかったって誰の本だろうと書きこむし
それに反論もつくけど、麻耶の本がつまんなかったって書いた時は
反論の種類が違ってまさに信者って感じで鬱陶しかったな。

916 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 03:45:05 ID:m9ckL2h7
何でなんだろうね。
「メタなんて言葉で収まりきらないこの破壊力がわからんのか!?阿呆め!」
って感じ?
俺麻耶好きだから>>902みたいにボロクソ言われるとやっぱり悲しいけど
クセ強いから当然このスレでは名前挙がりやすいと思うわ。

917 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 04:30:44 ID:Jdll0oUt
GOcjq5yLみたいなのには流石に辟易する

918 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 10:22:23 ID:NcMJUJJv
このスレにレスしている皆さんは、自分の中で新しい作家の作品を
選択する時は、何を基準にしていますか?

自分自身は、出版社の書評はあまり信憑性がないような気がするので
利害関係の無い2C等の書き込みを参考にしています。
(公平性のありそうなスレを選んでいたつもり)


919 :名無しのオプ:2006/06/17(土) 20:27:51 ID:IT6KNTg4
そして誰もいなくなった 十角館読んだあとではしょぼく思える

920 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 00:42:22 ID:r13HZdNa
そりゃあ時代が違うからなあ
読む順番間違えたとしか言いようがない

921 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 04:35:17 ID:vRfKkhfX
アガサクリスティーは超有名作より中堅ぐらい有名の作品が面白い


922 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 12:12:03 ID:Mb81u5Ge
スコット・トゥロー「推定無罪」

“独創的なトリック!”とか“驚天動地の結末!”とか騒がれすぎ。
メル欄のことだよね・・・・?たいしたことねー

923 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 12:21:49 ID:tT2iJ3HF
そんなトリック読んだことないぞ

924 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 15:40:10 ID:Y12RDH8p
トリックよりも文章とか人間描写とかが良かったな。まあ新本格しか読まない奴にはつまらんだろうな

925 :名無しのオプ:2006/06/18(日) 17:05:55 ID:bGGlQT2T
>>918
古本屋でアンソロジー買うか、図書館で借りてみる
本で失敗すると、無性に悔しくなるタイプなのでw
床本の処理にも困るし。

926 :名無しのオプ:2006/06/20(火) 01:17:29 ID:V4E18uWZ


927 :名無しのオプ:2006/06/21(水) 23:04:56 ID:FoiZ9EfC
d

928 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 22:49:23 ID:XQP9aDXy
k

929 :名無しのオプ:2006/06/23(金) 23:59:23 ID:TfuD9Biw
クビキリサイクル

930 :名無しのオプ:2006/06/27(火) 23:58:58 ID:aOCm6u6i
 

931 :名無しのオプ:2006/06/28(水) 00:00:09 ID:aOCm6u6i
 

932 :名無しのオプ:2006/06/28(水) 23:26:28 ID:ocLRsbX5
 

933 :名無しのオプ:2006/06/28(水) 23:28:49 ID:ocLRsbX5
 

934 :カカー:2006/06/28(水) 23:44:53 ID:hiUvkarx
カカー

935 :名無しのオプ:2006/06/28(水) 23:53:13 ID:ocLRsbX5


936 :名無しのオプ:2006/06/28(水) 23:54:16 ID:ocLRsbX5


937 :名無しのオプ:2006/06/29(木) 18:15:39 ID:Xy6ESQCT
 

938 :名無しのオプ:2006/06/29(木) 18:17:25 ID:Xy6ESQCT
 

939 :カカー:2006/06/29(木) 19:16:15 ID:I9Jlvn7M
カカー

940 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 23:57:00 ID:QnGvrc4x


941 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 23:57:35 ID:QnGvrc4x


942 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 23:58:41 ID:QnGvrc4x


943 :名無しのオプ:2006/06/30(金) 23:59:40 ID:QnGvrc4x


944 :名無しのオプ:2006/07/01(土) 00:00:27 ID:QnGvrc4x


945 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 01:17:50 ID:5m3t0/5h


946 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 01:19:55 ID:5m3t0/5h


947 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 01:52:13 ID:O7nKtgu7
>>926-946
なんで荒らしてるの?

948 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 23:16:34 ID:5m3t0/5h


949 :名無しのオプ:2006/07/04(火) 23:45:40 ID:hKk793R/
埋めてんじゃないの?そろそろdat落ちするころ。

950 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 01:31:24 ID:UWnbyjiv
あと30くらいか

951 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 01:32:27 ID:UWnbyjiv
まあ、あまり人来てないスレみたいだし、しょうがないか

952 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 01:45:23 ID:3brL99Na
いやいや、この板にすれば結構人来てるほうでしょ。
埋めても次スレ立つと思うよ。

953 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 20:25:51 ID:HW+1c8Zx
1つのスレが平気で2年もつからな、この板。

954 :名無しのオプ:2006/07/05(水) 21:13:22 ID:g5FGNWLG
>>953
6年もちますよ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/949998277/

955 :名無しのオプ:2006/07/07(金) 23:24:21 ID:KkEqFq1N
980超えるころに次スレだな。
次スレの需要があるかは疑問だが。

956 :名無しのオプ:2006/07/08(土) 23:59:07 ID:R/3P4lG4
f

957 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 08:43:13 ID:1v965lhV
オレも白夜行に一票。なにアレ?


958 :名無しのオプ:2006/07/09(日) 23:48:45 ID:77+SARXt


959 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 01:13:26 ID:dPRze1/M
もののけ姫

960 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 21:32:17 ID:tVb7QVrN
それだったら、千と千尋の方がいまいちだった

961 :名無しのオプ:2006/07/11(火) 22:44:17 ID:OlakLwpA
宮部みゆき
「あやし」
いまいちよくわからなかった。

962 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 04:03:15 ID:b2qeQQR9
模倣犯って面白いのか?

今までの宮部より格段に読みにくいんだが……
なんか全然話に入れない。
放置してあるがせっかく買ったのに読まないなんてもったいない。
そのジレンマで今悩んでる。

963 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 10:17:44 ID:4cZ5Lb34
麻耶 「夏と冬の奏鳴曲」

他の作品は好きだし、それなりに傑作だと思うけど、これだけはダメだ。
本スレとかで「あれはカタルシスじゃなくてカタストロフィを楽しむものなんだよ!」
てなこと言ってるヤツは中二病なのか?と思う。

964 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 23:12:58 ID:PR5NcLmJ
舞城王太郎作品
書評サイトなんかじゃ「好き嫌いはっきりわかれると思う」と前置きしてるくせに
最終的にみんな「俺は好き」という不思議な作家。
たぶんつまんないって言うと謎の結社に暗殺されるんじゃないかな。

965 :名無しのオプ:2006/07/12(水) 23:53:42 ID:FDgikNZG
作家名じゃなくて
ちゃんと作品をあげるべきかと

966 :名無しのオプ:2006/07/17(月) 17:59:04 ID:6OvkvzS/
グリーン家殺人事件を読了
(自分に限らず現代のミステリ読者なら)早くから犯人の目星がついちゃうだろうに、
見当はずれの事ばかり話してるヴァンスと警察の描写に付き合うのは苦痛でした。
クレイグ・ライス作品の後に読んだのも良くなかったかも



967 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 00:41:49 ID:Fd339e3z
w

968 :名無しのオプ:2006/07/22(土) 12:02:06 ID:ETlM3ZcG
>>966
ヴァンダインは今は評価しないということで見解一致しているようだ@USA
日本でも不人気と思うけどな。かろうじてビショップ殺人事件が読まれてる程度。

969 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 04:14:50 ID:XiBYfYCB
ベンスンとか,一応教養として読んだけど,もう二度と読みたくはないな
ヴァン・ダインで再読したいと思えるのはケンネルだけだ。個人的に

970 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 21:42:08 ID:r0VqxTcu
まぁ古典ミステリだからな
今読んでもあまり面白くないのはしょうがない

971 :名無しのオプ:2006/07/23(日) 21:44:49 ID:WJLdHJFB
涼宮ハルヒの憂鬱
ってミステリじゃないけどいいのか……?

972 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 00:04:50 ID:M7Fc+4/u
誰か新スレたてました?

973 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 17:19:37 ID:f6u25Wz3
>>964
よっぽどアレじゃないと、「嫌い」な物について書く気が起きないんじゃないのかね、一般的に。

974 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 17:22:10 ID:0skyamwo
次スレ
世間で騒がれるほど良くはないと思う作品 その2
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1153729299/

975 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 18:42:51 ID:gX2/UvhL
「好き嫌いはっきりわかれると思う」と書くのは大体好きな奴。
もちろん例外もあるが、一般的には。

976 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 23:04:23 ID:imZsmlfM
>>968
へー、それ聞いてちょっと安心。
でもミステリって、時代とともに読者が学習していくから、古典は辛いものがあるよね。

977 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 23:51:10 ID:Z2gy3YZO
>>975
「好き嫌いはっきりわかれると思う」と書くのはこれ最高なんだけど君たちには理解できないよねー的な
見下しの心が存在している。

978 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 01:52:47 ID:PiEzxbVt
>>977
必ずしもそうではないんじゃないかな。たとえば、ホラーやオカルトの傾向があったりする場合とか、
そういうのが嫌いな人に親切に警告しているのかもしれない。


979 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 03:25:32 ID:iCkihyqb
「お前が嫌いなだけであって、作品として劣っている訳ではない」
っていう予防線でもあるからな。

980 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 13:22:46 ID:laEujade
「好き嫌いはっきりわかれると思うが、少なくともオレはダメだった」
という言い方もあるな。

>>981は好き嫌い分かれると思うけど、俺は好き。

981 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 16:47:32 ID:5WqBuJTd
リアル鬼ごっこ

982 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 17:06:02 ID:vTl6KdQ7
じゃあ私もリアル鬼ごっこ

983 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 17:09:51 ID:KslZi2my
好き嫌い分かれると思うけど、俺は嫌い>リアル鬼ごっこ

984 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 22:13:33 ID:tRN1zUWE
読んだことないけど、映画化されるらしいから>リアル鬼ごっこ


985 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 08:16:56 ID:i7Qj9GD9
なんだこの流れ・・・














リアル鬼ごっこ

986 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 12:05:13 ID:SAfc25vp
冷やし中華が食べたいので
リアル鬼ごっこ

987 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 16:08:07 ID:neYu4/V/
この板でリアル鬼ごっこが好きと言う>>980はずいぶんチャレンジャーだな。
オレは嫌いだよ>リアル鬼ごっこ


988 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 19:17:36 ID:Q06S2cNg
便秘気味なんで
リアル鬼ごっこ

989 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 19:26:02 ID:lZlzlzjT
みんなスレタイよく読めよ。
リアル鬼ごっこは「作品」と呼んでいいのか?

990 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 22:23:54 ID:8yl5xA+U
マイナス−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−プラス
                  ↑世間の評価

世間の評価より下じゃない勝手いうのをあげるんだよな。
なんか他にも言いたいことがあったはずだけど、>>989のID見てたら忘れた。


991 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 22:34:36 ID:DbR1l0AD
確かに作品とは言えないwwwwwwww

992 :名無しのオプ:2006/07/27(木) 07:26:12 ID:A/05DjZW
文章酷いよね。後で後悔するような。

200 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)