5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

かまいたちの夜-2ch編-

1 :香山たちの夜:2005/06/04(土) 13:10:28 ID:zYyVUG0G
ゲーム「かまいたちの夜」のように選択肢で話を進めていくスレです。
レスする時は最後に選択肢をつけ、次の人はその選択肢の中から選び話を進めてください。基本的に話は主人公の透目線です。
「かまいたちの夜」ということなので殺人事件も必要ですがまぁ最初は焦らず設定をしっかり決めてから話を進めて行きましょう。
キャラはゲームに登場したキャラを使ってください。
ゲームのキャラ… http://www.chunsoft.co.jp/game/kamaps/character.html
         http://www.chunsoft.co.jp/game/kama2/chara.html


2 :香山たちの夜:2005/06/04(土) 13:12:52 ID:zYyVUG0G
ぼくの名前は矢島透。大学で知り合った小林真理に猛アタックの末、あと少しで恋人というところまできたが、もう一押し足りずまだ恋人同士とは呼べない。
そして僕は真理を旅行に誘うことに成功した!
今回のデートの行き先などは

A僕が全て決めることとになっている。
B真里が決めてくれることになっている。

3 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 00:46:09 ID:Taz4U9ZP
(関連スレ)
サウンドノベル総合スレッド(90年代ゲーム板)
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/game90/1117893827/l50

【街】サウンドノベルの音楽【かまいたちの夜】(ゲーム音楽板)
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamemusic/1115439701/l50


4 :香山たちの夜:2005/06/05(日) 17:34:56 ID:KGZWr71G
>>2-3はなかったことに

ぼくの名前は矢島透。大学で知り合った小林真理に猛アタックの末、あと少しで恋人というところまできたが、もう一押し足りずまだ恋人同士とは呼べない。
そして僕は真理を旅行に誘うことに成功した! そして今ぼくは、待ち合わせの場所で真里を待っている。

「真里遅いなあ・・・あ!」
「ごめ〜ん透!待った?」
「全然待ってないよ。ぼくもいま来たところ」
「そっか。じゃあ行こっか」
今回のデートの行き先などは

A僕が全て決めることとになっている。
B真里が決めてくれることになっている。

5 :香山たちの夜:2005/06/05(日) 18:36:31 ID:KGZWr71G
A僕が全て決めることとになっている。

この日のために1ヶ月も前からいろいろなところを調べてきた。このデートを最高のものにするために。
「それで、今日はどこに行くの?」
僕はおもむろに言った。

A「2ちゃん島だよ」
B「ペンション『かまいたち』だよ」
C「レストランだよ」
D「温泉だよ」

6 :名無しのオプ:2005/06/05(日) 22:29:12 ID:p9gDBkMp
A「2ちゃん島だよ」

そうか、それはよかったなと、ひろゆきが締めた。
−ジ・エンド−


B「ペンション『かまいたち』だよ」

残念、ガマイタチが正解ですたと管理人に突っ込まれて帰宅を命じられた。
−ジ・エンド−

C「レストランだよ」

全員食中毒で終了。
−ジ・エンド−

D「温泉だよ」

全員湯あたりで死亡。
−ジ・エンド−

7 :香山たちの夜:2005/06/08(水) 17:05:44 ID:z/gkcxEW
>>6はなかったことに

C「レストランだよ」
僕はそういった。前に下見までして力を入れて探したレストランだ。
「ほんとう?あたしもそんな気がしてたの」
と、真理は微笑みながら言った。
ああ、僕はなんて幸せ者なんだ……。僕は目に涙を浮かべながら思った。
「ほら、泣いてないで行きましょ、透。今日はどこのレストランに連れていってくれるの?」
僕は、鼻をすすって言った。

A「座微微町にある一流レストランだよ」

B「それは着くまでのお楽しみ」


8 :名無しのオプ:2005/06/08(水) 20:17:14 ID:3lx28Imt
A「座微微町にある一流レストランだよ」

「そこのお勧め料理はなに?」
「キミの活け造り」
−ジ・エンド−

B「それは着くまでのお楽しみ」

「着いたらどうするの?」
「キミが死ぬだけさ」
−ジ・エンド−

9 :名無しのオプ:2005/06/09(木) 03:56:44 ID:yW1NxEy5
さいっこうにわかりにくい

10 :香山たちの夜:2005/06/09(木) 17:33:20 ID:mtU6YTkZ
>>7-9はなかったことに

>>5から

A「2ちゃん島だよ」

僕は自信満々に言い放った。
この日のために、寝る間も惜しんでネットで調べまくったのだ。
「2ちゃん島?」
真理は首を傾げている。
「聞いたことのない名前ね。どんなところなの?」
僕はネットに書いてあった文章を思い出しながら言った。
「そりゃあ…」

A「天国のようなところさ!」
天使の暖かい歓迎に胸踊らせた。

B「地獄のようなところさ…」
悪魔の悲惨な歓迎にびくびくした。

C「行ってみないと分からないよ」
ネットなんてアテにならない…。
そんな批判的な気持ちを抱いた。


11 :香山たちの夜:2005/06/10(金) 22:04:33 ID:nPy1mAnf
C「行ってみないと分からないよ」
ネットなんてアテにならない…。
そんな批判的な気持ちを抱いた。

「とにかく時間が無いから急ごう」
僕たちは港まで向かった。

港に着いた。後5分で出航するという時間だった「危なかったわね」
「そうだね。これ逃したらあと2時間ごだからね」
そんな話をしながら船に向かった。
と、その時、何かが僕を押した。倒れそうになって体勢を立て直しながら前を見ると、人が走って船に入っていくのが見えた。
ぶつかったらしい。「謝らないなんて常識知らずな人よね」まったくだ。
ふと下を見ると何かが落ちている。あの人が落としたようだ。拾ってみると、それはライターのようだった。
謝らなかった罰だ。僕はそう思いながらそれをポケットに入れた。
そして駆け足で船に乗り、出航...

30分後、ザビビ島に着いた。港の外は木だらけでその森の中に一筋だけ道があった。僕たちはその道を歩いた。
さらに30分後、ペンション「座微微」に到着した。時間は2時半だ。チェックインを済ませ、僕たちは部屋に向かった。
「暇だから談話室にでも行きましょ」荷物を置きながら真理は言った。

A「そうだね」確かに暇だったので同意した。
B「二人で話そうよ。」せっかくのデートなのに人が大勢いるところに行くなんて御免だ。

12 :香山たちの夜:2005/06/11(土) 15:12:29 ID:WPd1xxmd
A「そうだね」確かに暇だったので同意した。

一旦、各々の部屋に入り荷物を置くと2人で談話室に向かった。
談話室には関西弁のおじさんとその連れらしい派手な女、
若い夫婦らしき男女がソファに腰掛け会話をしていた。

「いやあ、あんたら東京から来たんかいな?わて等はみての通り大阪からやぁ!あ、わて香山っちゅーねん。よろしゅうな。」
「あたしは夏美。言っとくけど、アタシ等愛人関係ちゃうからね〜。これでも夫婦なんよ」
関西弁夫婦が言い終えると若い夫婦が話し始めた。
「俺は久保田俊夫と言います。俺等も新婚で海外旅行は無理なのでココに…」
「ほんと、海外が行けないのは残念だわ!あ、私は妻のみどりと申します。宜しく」

4人は自己紹介をして盛り上がっている。
会話のタイミングを見計らって僕と真理は間に入っていった。

「僕たちも今日ココに泊まります矢島透って言います。宜しくお願いします」
「私は彼の友達のの小林真理です。宜しくおねがいします」
4人も返事をしてくれ、上手く4人と打ち解け会話をしていると新しい客がやって来た。
大柄のヒゲ面、少し怖い感じの男性客だ。

A僕は真里に「何か強面な男が1人で泊まるって怪しいね」とふった。
B僕はみんなに「あの人1人みたいだけど、誰かの知り合いですか?」と聞いた。
C僕はその客に「1人で泊まるんですか?」とたずねた。
D僕はペンション・モナーのオーナーに「あの人何ていう名前ですか?」とたずねた。

13 :香山たちの夜:2005/06/12(日) 21:21:24 ID:W/RWaW7m
A僕は真里に「何か強面な男が一人で泊まるって怪しいね」とふった。

しかし
「あらそう?何か仁侠映画の見過ぎじゃない?」
と素っ気なく返されてしまった。
男は美樹本と名乗った後、会話の輪にも入ろうとせずむっつりと黙りこくったまま、皆が囲んでいるテーブルから少し離れた小さなもう一つのテーブルの椅子に腰掛けると煙草をくゆらせ始めた。
「う〜ん、さっきの透の話じゃないけど、何だかミステリアスね。」
真里が僕の耳元で囁いた。
僕は・・・

A真理は年上のああいうタイプが好きなのか。
僕の心の中で何かがメラメラと燃えていた。

B「確かに・・・。」僕もそう呟く。
レジャーに来たにしては余り楽しそうじゃなさそうだし、何をしに来たんだろう。
勿論考え過ぎなのはよく分かっている。
だが、そんな疑問が僕の頭をよぎったのだ。

14 :誘導選択肢:2005/06/13(月) 09:53:02 ID:DK/oAwAP
A
そして僕は漸く気付いた。
「重複スレじゃないか!」

2ちゃんだけのかまいたちの夜 PART2
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1086859860/l50

僕は仕方なくリンク先で続けることにした。(続く)


僕は漸く気付いた。
「重複スレじゃないか!」

http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1116132353/

僕は仕方なくリンク先に削除依頼を出した。(終了)


9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)