5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【多重人格ML事件】若桜木虔34【失筆中】

1 :名無しのオプ:2005/10/02(日) 16:35:52 ID:GaRElUit
前スレ
【悦痴】若桜木虔33【それが公魚クオリティー】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1122127982/

2 :名無しのオプ:2005/10/02(日) 16:36:34 ID:GaRElUit
[関連ウェブサイト情報」

若桜木虔のホームページ
http://members.jcom.home.ne.jp/wakasaki/index.htm
筆客商売のホームページ
http://members.jcom.home.ne.jp/sakka/index.htm
先生の攻撃対象松井計のホームページ
http://members.goo.ne.jp/home/fundorogoshi
大野優凛子のホームページ
http://www.aoikuni.com/book
先生に忠告をしてくれる奇特なえとう乱星のホームページ「乱星舎」
http://www.interq.or.jp/red/ran/
先生が掲示板に登場。青山智樹のホームページ
http://www.din.or.jp/~aoyama/
「新本陣」共同執筆者矢島誠のホームページ
http://www2.plala.or.jp/m-yajima
先生の本書評も載るよ。鈴木輝一郎のホームページ
http://www3.famille.ne.jp/~kiichiro/
お弟子さんがいっぱい入会。もうすぐ先生の手に落ちるか日本推理作家協会
http://www.mystery.or.jp/
こっそり先生を批判。元弟子市川創士郎のホームページ
http://member.nifty.ne.jp/s_ichikawa/FREE.htm
先生と訴訟中。瑞納みほのホームページ
http://www.geocities.jp/mmizuno_jaide/
先生が選考委員、観光地ミステリー文学賞は審査料3000円也。他諸々
http://e-bookland.net/

3 :名無しのオプ:2005/10/02(日) 16:37:04 ID:GaRElUit
過去ログその1

若桜木虔、森博嗣を痛罵! (1)
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/996/996141399.html
■若桜木虔その2 臍で茶がーく探偵団■
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/997/997776355.html
■2チャンネル族は水平線馬鹿!若桜木虔その3■
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/999/999705518.html
物好きな“2ちゃんねる・ウォッチャー”若桜木虔 (4)
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/1000/10003/1000340670.html
"僕は見てない!!親方の愉快な日記"若桜木虔その5
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/1002/10023/1002330658.html
志が低い!!と言われて二十余年 若桜木虔 その6
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/1005/10051/1005115002.html
■文春5位?(プ 読者不在の濫作 若桜木虔 その7■
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/1013/10138/1013859591.html
■架空告訴作家!? ビバ学歴 若桜木虔 その8■
http://book.2ch.net/mystery/kako/1017/10178/1017815062.html
■出版業界の不可触賎民 若桜木虔 その9■
http://book.2ch.net/mystery/kako/1020/10206/1020622845.html
若桜木虔と仲間たちをみんなで嫉妬しよう! その10
http://book.2ch.net/mystery/kako/1021/10219/1021916045.html

4 :名無しのオプ:2005/10/02(日) 16:38:03 ID:GaRElUit
若桜木虔と仲間たちの自滅をそっと見守ろう第11巻
http://book.2ch.net/mystery/kako/1025/10252/1025233064.html
【美談?!】似たもの師弟・若桜木虔&大野優凛子12章
http://book.2ch.net/mystery/kako/1026/10269/1026949859.html
師弟で電波合戦!若桜木虔vs大野優凛子その13
http://book.2ch.net/mystery/kako/1028/10283/1028351714.html
相模原電波まつり・若桜木虔と大野優凛子 その14
http://book.2ch.net/mystery/kako/1030/10303/1030372881.html
若桜木虔を語る その15
http://book.2ch.net/mystery/kako/1031/10311/1031109622.html
若桜木虔の人間性が垣間見えるスレ第16弾
http://book.2ch.net/mystery/kako/1032/10320/1032092779.html
若桜木虔と法律を学ぶスレ第17弾
http://book.2ch.net/mystery/kako/1035/10352/1035260792.html
  空白期間<きいっちゃんスレに居候>
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1031897823/353-
【祝デビュー!】大野優凛子と若桜木一派を語るスレ (18)
http://book.2ch.net/mystery/kako/1045/10450/1045024545.html
【祝市長と懇談!】2chでマスターする若桜木一派★19
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1047049516/
若桜木一派の自慢話を聞くスレ★20
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1053356943/

5 :名無しのオプ:2005/10/02(日) 16:39:03 ID:GaRElUit
過去ログその3

【今日も】若桜木虔との交換日記その21【平和】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1057455301/
若桜木虔その22(笑)
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1062515872/
若桜木虔(と霧島那智)その23
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1075453678/
若桜木虔(と霧島那智)その24
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1081910706/
【罵倒】若桜木虔(と霧島那智・他)その25【逃亡】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1086362205/
離婚届片手にセクハラ!若桜木敬虔26
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1094021840/
セクハラしたかもしれない人 若桜木虔 27
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1095780997/
【転車男】若桜木虔28【あんまり捗らず】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1099720395/
【文春9位】若桜木虔29【組織票】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1104667397/
【名村烈文学賞】若桜木虔30【二千円】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1109275004/l50
タバスコシャワーでメフィスト賞 若桜木虔31
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1113567013/
もうそろそろ止めてもいいか? 若桜木虔32
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1118239577/

6 :名無しのオプ:2005/10/02(日) 16:40:31 ID:GaRElUit
目ん玉飛び出るほどストロングスタイル。事件一覧(1)

・名村烈は若桜木虔。
【若桜木先生大喧嘩&トラブル一覧】
■東大卓球部事件
[どういうわけか自分と弟子の問題を東大卓球部に持ち込み、OB会除名]
■対大日本印刷戦
[上記の事件で、内容証明を発送。おお揉めになる]
■ケイブン社事件
[メディアミックスと称してミステリの企画を持ち込む。テレビ、映画
漫画化も決まっており、それと連動する、と。結局、本だけ出る。注・
マネージャーの犯行ということになっている]
■対白泉社戦
[志が低い、といわれたことに端を発するパソ通でのバトル。その後、
白泉社への恫喝内容証明に進展。推協や会員のジュブナイル作家まで
迷惑を被る]
■筒井康隆事件
[対白泉社戦の援護射撃を筒井氏に手紙にて依頼。徳間のパーテイで
大問題になる]
■ジュブナイル作家大泣き事件
[小学館のパーティで、呼ばれてない若桜木がくるとの噂が広がり、
女性ジュブナイル作家達が泣き出し始め、パーティが大混乱する]
■対秋月達郎戦
[秋月氏が、若桜木の作品は盗作だといった、と若桜木、インネン
を付ける]
■対矢島誠戦
[星野彗理名義で合作中、若桜木が作中に『府中の矢島一家』という
のを登場させたことをきっかけに大喧嘩になる]
■小山祥子事件
[メーリングリストの崩壊]

7 :名無しのオプ:2005/10/02(日) 16:50:54 ID:GaRElUit
目ん玉飛び出るほどストロングスタイル。事件一覧(2)

■対三枝貴代戦
[三枝を100ミスに引き込もうとするも、一行開け論争が起こり、関係は崩壊。
その後、若桜木先生はその論争を推理作家協会会報に持ち込む]
■対幻冬舎戦
[幻冬舎が自分を殴るといっている、等の妄想を抱き、日記で攻撃するとともに、
メール、手紙を発送。さらには芝田氏が土下座しなければ見城氏に手紙を書くと宣言]
■弟子断筆事件
[1998年頃、若桜木氏の弟子(女性)が某出版社で単独の仕事をすることになった。こ
の弟子は、若桜木氏もその才能を認めており、実際に原稿も途中までは順調に書き進ん
でいたらしい。が、彼女の原稿を見た氏の相棒のM.Mが「私には彼女のような文は書
けない」と言って以後、若桜木氏は手のひらを返したように、この弟子の原稿に一切O
Kを出さなくなった。氏を信じていた女性は随分と頑張ったらしいが、どうやってもO
Kが出ないため精根尽き果てたのか、ついに執筆そのものをやめてしまった]
■週刊文春ミステリベスト10事件
[週刊文春恒例の年間ミステリベストテンに、推協会員の弟子票、及び知人に頼み込ん
だ組織票を大量に投入。「新本陣殺人事件」を意図的に第五位にランクさせる。ほかの
同種のベストテンではまったく票が入らなかった作品だったため、日本中の顰蹙を買う]
■松井計氏夫妻に給料支払いを偽装、税務申告事件
[松井計氏、及び松井夫人に支払ってもいない給料を払ったことにし、それを必要経費と
して計上、税務申告。松井氏には支払い明細まで発送。それを知った当時の点心会主力メ
ンバー矢島誠氏、秋月達郎氏ら激怒。先生は、松井氏が了承しているから問題なしと回答。
松井氏、了承の事実なし。この事件が、松井氏の霧島那智脱退の引き金になる]
■週刊文春ミステリベスト10事件’04
[週刊文春恒例の年間ミステリベストテンに、推協会員の弟子票、及び知人に頼み込ん
だ組織票を大量に投入。2002年の「新本陣殺人事件」の反省の色無し。なんと第九位
に「寝台特急出雲・大井川の殺人交差」がランクイン!なお若桜木虔は元弟子の大野
優凛子の作品に一位票(5点)を投ずるも、大野は若桜木に五位票(1点)しか投じなか
った]

8 :名無しのオプ:2005/10/02(日) 17:23:14 ID:pSfEKWoj
乙!

9 :名無しのオプ:2005/10/02(日) 18:31:57 ID:iPsO8mUG
乙です!

10 :名無しのオプ:2005/10/02(日) 20:15:19 ID:6Br/R+JG
>>1乙!

しかし二年前ぐらい前は粗製乱造とはいえ、稼ぎはよかったのに
今では別名を使って新人賞落選か……。あの頃はおれはひそかに
張本2号(某番組で喝と叫びまくる野球解説者より)と呼んでいて
今度は誰にぶちかますのかと期待していたのになあ
落ちぶれたもんだね。東京を離れたのが運の尽きだったんだろうか

11 :名無しのオプ:2005/10/02(日) 23:19:03 ID:hclauZEy
糟糠の妻を捨てようとしたから
罰が当たったんだよ
もし、ミホが承諾したら
妻君に何と切り出すつもりだったのかなあ

12 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 00:32:38 ID:mLZgv+75
そうなったら、女房には切り出せなかったんだと思うよ。
しょせんは小心で自尊心だけ肥大化したあほだからね。

13 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 00:34:35 ID:C9PTtKY4
新スレ乙。センセも小粒になったなぁ

14 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 01:08:15 ID:1xrb7T11
ちょ、まだ前スレ埋まってないつーの。

15 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 01:51:30 ID:LJIdpuT5
これも貼っておこう

若桜木虔……町田教室、公募ガイド、ミステリ、推協
名村 烈……架空戦記(元)、時代小説(元)、ヲタクエロ→けんちゃんの従弟
榛名高雄……架空戦記(元)、時代小説(元)→けんちゃんの遠縁
霧島那智……架空戦記、時代小説→一人抜け、二人抜け、みんなと喧嘩して孤立の後、消滅。


16 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 08:10:17 ID:dzg76rX0
ところで、この人の小説って面白いの?

17 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 09:10:03 ID:qns3w8nO
生き様が面白いことに関してはみんな太鼓判

18 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 12:23:16 ID:mLZgv+75
見てるだけの人にとっては面白い生き様だけど、
関わられちゃった人にとっては、これほど迷惑な
生き様もないよ。

19 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 17:25:58 ID:YPMKxuVD
架空戦記ファンのHPでこの叩かれよう。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~yuh/kak/kakkiri.html

20 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 17:43:34 ID:mLZgv+75
文春が今年、またバカ関連書籍がランクインするなら、
腹を固めてきちんとする、といきまいております。
中には、
「何度も何度もバカにしやがって。絶対タダでは済ませない」
といきまいている編集者もいます。

21 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 18:44:41 ID:DdINXuG5
>>20
キタ━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━!!

今年は名村烈でベスト10入り目指すも失敗

しかし、それは文春が名村烈の票を無効にしたため

従兄弟として公魚烈火のごとく激怒

文春名村が公魚の別名義だと暴露

証拠を見せよと噛み付く公魚

作家名鑑、関係者証言などで逆襲。さらにメフィスト賞落選が紙面を飾る

リアルタバスコシャワーになった公魚

みたいな展開を希望

22 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 21:20:16 ID:mLZgv+75
職業作家の生涯執筆量は?
Q.作家として生活していくためには、七十まで生きると仮定して、生涯でどれぐらいの
量を書かなければいけませんか?

A.書き損じて書き直したり、推敲して没にしたり、といった原稿まで考慮しなければな
りませんから、400字詰めで50万枚〜100万枚といった見当だろうと思います。
(ゲスト回答:若桜木虔)

23 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 21:23:47 ID:mLZgv+75
描写の巧い作家は?
Q.〈説明〉と〈描写〉についての質問です。北上次郎さんが、
「退屈な小説は、主人公から脇役まで登場した途端に、それがどういう人物であるのか、
生い立ちから性格までたちまち見えてしまって発見がないもの。
 巷にあふれている小説の大半は、〈描写〉より〈説明〉を中心にしているのだ。あるいは、
〈描写〉を指向しても力量不足のために結果として〈説明〉に堕ちてしまう」
と解説されていました。
 プロ作家の人は皆、〈描写〉は巧いものだと思っておりました。そこで、〈説明〉と(描写)
の違いが分かって、完成度の高い作家(作品)をご存知であれば、教えてください。
 また、アフォリズムというのは、〈説明〉になるのでしょうが、どういうふうに作品の中で使
えばいいのでしょうか? 例えば、その対象の〈描写〉の前か後ならば、前なのでしょうか?

A.プロが皆、描写が巧いなどというのは大いなる勘違いです。
 描写には心理描写、風景描写、性格描写、体感描写など様々なものがあり、その全てが巧みな
どという作家は存在しません。ある描写は巧いが他は全然ダメという作家もいますし、出来不出
来の波が激しくて、ある作品では「巧い!」と唸らせるけれども、別の作品で「何、これ?」な
どと落胆させてしまう作家もいます。
 各項目が10点で、トータル100点だとして、70点以上ならプロになれる――そんなよう
なものだと思っていてください。
 私は、篠田真由美さんの桜井京介シリーズなどは描写と説明の融合が巧いように思いますが、
それでも出来不出来の波は存在します。
(ここから延々ある病的なアマゾンへのリンクは略)
↑志水辰夫さんの『あした蜉蝣の旅』なども良いと思います。ただ、雑誌連載時よりも単行本化
した時に後半を付け加えていて、その部分が蛇足のような気がしないでもありません。志水さん
も非常に上手な人です。
 アフォリズムに関しては、こういう短いQ&Aでお答えできるような問題ではありません。数
多くの作品を読んで体得してください、としか言いようがありません。
(ゲスト回答:若桜木虔)

24 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 21:26:01 ID:mLZgv+75
神様視点について

Q.視点について質問です。主人公の目に映ったこと、耳に聞こえたこと、肌で感じたこと意外は
神様視点とされますが、主人公の知らない知識を書き込むのは、やはり神様視点になってしまうの
でしょうか? 例えば、海外や地方都市の歴史や成り立ちなどです。
 それと、A子(一人称に近い三人称の視点)という登場人物がいて、Bと会話をしていたとします。
(例)お前とは別れる、とBは言った。A子の顔がみるみる真っ赤に染まっていき、頬が引き攣りだ
した。これは、主人公(A)は自分の顔を見られないのに、どのような様子なのかを書いても、神様
視点とは取られませんか? 実際、ティーンズ向けの小説を読んだ時に書かれています。

A.主人公の知らない海外や地方都市の歴史や成り立ちなどは、当然、神様視点ですから、書き方に
工夫の必要があります。例えば、それを熟知している人物にセリフで喋らせる。高田崇史さんがQE
Dシリーズでこの手法を採っていますから、参考にしてみてください。
(例によって、リンク略)
↑などです。これらは全て講談社文庫に収録されています。
 それから質問例は明らかに神様視点です。ティーンズ向けの小説の書き手には、そういう基本を知らない未熟な人が多いので、半人前扱いされて大人向けの小説の編集さんから相手にされないわけです。要注意です。
(ゲスト回答:若桜木虔)

25 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 21:35:18 ID:f0w9PRR3
また、随分たくさんきたな

26 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 22:14:50 ID:gDo3iGYg
うほっ。どっから食い付けばいいのか迷うw

27 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 23:17:33 ID:iOGSj5Vv
光原百合『遠い約束』読了。短編集。
この人の書く短編は、味があって非常に良い。ただ、この作品に関しては、初期のもの
だけに構成に難がある。時系列が狂いすぎ。

柄刀一『火の神の熱い夏』読了。
この人の作品にしては凡作。構成を失敗。〆切に追われて書き飛ばしたような印象。

名村烈


28 :名無しのオプ:2005/10/03(月) 23:26:47 ID:6mEBPnU/
>>20
豪快にやって事件になってほしい
事情を知らなかった人にも公魚が正当に評価される日がくるわけだ

29 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 00:14:04 ID:ylNY2om+
アホ(゚∀゚)リズム!!

30 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 00:54:53 ID:xa+EL8e3
>>10
ただ、最近はミステリーは売れてないからねぇ。
というか、小説全体が売れてない。
というか、本そのものが売れてない。


31 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 02:47:40 ID:67Jh+VYX
なんだか筆客のメンバー減ってないか?
新たな内乱でも起きたか!?

32 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 03:28:06 ID:eoTNhVoj
いわゆる(沈没秒読みの)船から、(勘のよい)鼠が逃げ出していく風景ジャマイカ?
とか思ったり・・・

33 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 04:44:25 ID:I0TLbcj7
作家というか売文家。

34 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 06:55:09 ID:pK0TLdUM
生涯で50万枚〜100万枚書くってのもなあ。
仮に20歳でデビューして、70歳まで書いたら50年だろ、
最低の50万枚を書いたとして、1年で1万枚を書くことになる。
書き直しや没で半分しか使えないとしても、5000枚分も出版されるのかよ。
1年で10冊近く出版する(しかも毎年)のは売文家だけだと思うんだけどな。

35 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 07:07:45 ID:b3p0Qi+B
これはもう白髪三千丈の世界ですな。

36 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 09:56:11 ID:VfyJ0vDU
そっか。いま筆客の数を見たよ
オオノが「いち、抜ーけた」で
エロの渡辺が続いて抜けたんだね。
というか、名村名義でエロ話の仕事をするセンセイが
渡辺に仕事を回さなくなったからじゃないのかな。
センセイがミホに払った分を回収するまではせっせと
エロを書くだろうから。
貧すれば鈍すの例えどおり、いやだねえ


37 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 10:02:37 ID:jDKuHayx
バカ先生は時系列がバラバラな作品にはついていけない様でつね。
自己流速読のせいかな。タランティーノの映画見た感想を聞いてみたい。


38 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 11:19:22 ID:+iKg3Ujr
>>23
この質問は、艦隊スペックや旅館の料金の羅列でページ数を稼ぐセンセイへのあてこすりですか?

39 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 11:41:36 ID:eYNFtGWn
>>36
>というか、名村名義でエロ話の仕事をするセンセイが
>渡辺に仕事を回さなくなったからじゃないのかな。
違うね。
名村はエロ本流の編集者を握ってないから、「仕事を廻す」ほどの
力はない。自分だけで精一杯。
それに渡辺はエロ本流。
>センセイがミホに払った分を回収するまではせっせと
>エロを書くだろうから。
>貧すれば鈍すの例えどおり、いやだねえ
エロを書くのが「貧すれば鈍す」行為だとお前が言いたいのなら、
何度か死んでこい。
エロはそんなに甘いもんじゃないぞ。それは名村自身、身に染みてるだろう。

40 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 13:03:14 ID:67Jh+VYX
>>39
> エロはそんなに甘いもんじゃないぞ。
ここは同意。まったくだ。
> それは名村自身、身に染みてるだろう。
これはない。名村も公魚も作品の質を考えるなんてやったことないんじゃないか?
時給換算で升目を埋めるのが仕事で、内容は二の次だろ。

41 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 13:04:41 ID:BS82qIjo
>>34
吉川英治文庫(講談社)、全161巻かそれ以上
横溝正史(角川文庫)、たぶん90冊近く(一部欠番があるので)
松本清張全集(文藝春秋)ハードカバー全65巻

多作=悪と決めつけちゃいけない。
もっとも先生がこの概念を作ったのも事実。
一番得したのは綾辻・法月ら新本格一派かも。

42 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 13:41:41 ID:eYNFtGWn
>>40
>これはない。名村も公魚も作品の質を考えるなんてやったことないんじゃないか?
いやいや、出来の事ではないです。
「たかがエロ」と思って書き飛ばしても、全然売れないから、その数字の悪さ
を見て、エロも甘くない事を身に染みてるだろうと言う事です。

43 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 13:55:13 ID:R+Nc6del
センセイはそんな内省的な人間じゃない

44 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 14:11:27 ID:P+ymUPV9
あ、渡辺抜けたんだ。
「某匿名巨大掲示板で、粗製濫造とか言われてるけど、渡辺名義で書いてるのは自分が実質出してる
ものの半分くらいなんだけど(ちょっと意訳)」とか公言してるけど、渡辺名義でのあれくらいのペースなら、
ちゃんと面白いもの書いてたら粗製濫造なんて言われんよなぁ。

しかも、渡辺名義が実質半分なら、更に粗製濫造倍率ドン!なんだが。

45 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 14:30:30 ID:nEOrE6cy
エロ小説読むような奴に
俺の作品のよさなんてわかってたまるか
と思ってそう。

46 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 15:10:06 ID:lapH8wiV
>>45
なんか笑いのツボに嵌まって止まらない。
ブスが「男って馬鹿よね〜。あたしの魅力に気付かないなんて」言ってる感じかな。

47 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 15:24:08 ID:eYNFtGWn
まあ、顔はブスでも名器って場合があるからな。

48 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 15:30:02 ID:pK0TLdUM
>>41
別に多作が駄目だとは思ってないけどね。
松本清張流のプロダクション方式だって批判するつもりはないし。
ただ、先生の主張を素直に受け止めれば、
生涯で500冊出すペースじゃないと作家は生活できない、ってことになる。
そりゃ先生のスタイルはそうなのかもしれないけど、大多数の作家は全然違うだろ、と。
先生の誠意のない適当な回答はいつものことだけどさ。

49 :名無しのオプ:2005/10/04(火) 15:46:12 ID:VfyJ0vDU
公魚の悪い性質は
44の指摘のように
自分の力が大きいと言いふらす点だ。
大野の場合も、自分がたいはんトリックを伝授したと言いふらした、
大野がいやになる気持ちも分かる。

50 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 00:15:05 ID:FLmy1+Al
>>42
そこで「これは自分の考えが甘かった」と反省できればいいが、
どうもジャンル自体のせいにしてるような気がしてならない。
他のエロ作家だって大抵こんなもんだ、自分だけが売れてないわけじゃない、と。

51 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 13:56:22 ID:TCJ/3ogf
筆客商売を見たけど
縁者紹介のところにも
渡辺の名前は載せていないね。
大野のことは載っけているのに。
渡辺ってHP作ってなかったのかな、それにしても
筆客OBですと名前だけでも書いてやればいいのに。
片手落ちだよね。
当人の希望で載せてもらわなかったのかな。

52 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 15:54:46 ID:rDCaKXcm
>筆客OBですと名前だけでも書いてやればいいのに。
迷惑なだけだろ(触れられたくない過去)。


53 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 16:08:02 ID:MCimrb0G
全然名誉な事じゃないから、迷惑なだけだと思う。

54 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 17:36:41 ID:TCJ/3ogf
じゃあ、大野は迷惑じゃないから
縁者として載せてもらっているわけか。
彼女のインタヴュー記事を読んでても
「知り合いの編集者から
推理小説を書いてみないかと言われた」と
公魚のことは完全無視しているのにさ、変だね。
縁者欄にも載せないでと断ればいいのに。

55 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 17:56:02 ID:MCimrb0G
先生の方から、「頼むから名前だけでも残しておいてくれ」と
言われたのかもよ。
まあ、どっちにしても、どうでもいい話だ。
少なくとも、あそこに名前が出て、いいことなんか全然ないだろ?
それとも54は、そうは思ってないのかな?

56 :名無しのオプ:2005/10/05(水) 18:17:59 ID:/6Xfnahl
日本推理作家協会のサイト、久々に見た。
どこに出しても恥ずかしくない「作家」な方々がいる反面、公魚と関係者の面々が痛々しい。
代表作「まだありません」なんてやつが会員になるんじゃねえよw

57 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 01:56:03 ID:JJo8y9rq
>>20
>文春が今年、またバカ関連書籍がランクインするなら、
>腹を固めてきちんとする、といきまいております。

これって、つまり集計ルールは変えないって事?
でもって結果が芳しくないなら、やっと行動に移るって?
なんか緩いんですな。
結果見てから行動するってなら、前回の時にもうやるべきだったし、
今回からキチンとするっていうなら、そもそも推理作家協会からの集票やめるべきじゃねーのかな。
できればお祭りでそんなギスギスしたくないだろうし、付き合いや政治的配慮もあるんだろうけど、
そんなだと、またセンセイに付け込まれるような気がする。

58 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 02:23:29 ID:gk0CrXuT
>>57
ルール違反さえしなけりゃ何してもいいと思ってる連中なんだから、
集計ルールを変えるよりアイツらだけ特例で駄目ってことにした方が早い。

>そもそも推理作家協会からの集票やめるべきじゃねーのかな。
一部のDQN集団のためだけにそこまでしてやる必要ないじゃん。



59 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 04:11:58 ID:+8pnJbNn
>>57
推協全員からじゃなくて、選抜(と書いて若桜木一派追放と読む)した人間に票を与えればいいこと

60 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 06:54:39 ID:fUJ73BzJ
最終的な作品の評価を下すのは読者であるべきなのにね・・・

61 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 07:03:45 ID:Tmuv04Lf
まあ、でもここの住人としては、一派がまたやらかしてくれて文春がそれに対抗、
ぐちゃぐちゃの泥沼になることを期待してるんだがな。

62 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 07:35:50 ID:Xn784uPn
またやって恥かけばいい。

63 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 08:51:22 ID:N/4vXWC4
笠井潔『薔薇の女』読了。
失敗作。この人にしては珍しい。警察が阿呆・馬鹿・間抜けであるが故に成立するミステリーは、
全て失敗作か駄作である。

永峯清成『ハポンさんになった侍』読了。
話は面白い。しかし文章が、あまりにも下手。超弩級に下手。これでプロとは情けない。どこか
日本語学校に再入学しろと忠告したい。

沙藤一樹『不思議じゃない国のアリス』読了。短編集。
変な話。ぜんぜん勧められない。妙な雰囲気の短編を集めてるけれど、起承転結はなってないし、
文章も巧くない。何を言いたいのか、よく分からない。
よくこんなのを講談社の編集が通したなー、と呆れ、感心する。まあ、担当編集さんの趣味に合致
したとしか思えない。その担当さんが異動したら消え去る運命――だろうと思う。
名村烈

64 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 09:37:37 ID:CaBtWdeB
失うものがなにもない奴は強い

65 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 09:38:37 ID:Lx8EzQZh
でた! 超弩級!

66 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 09:56:07 ID:OZI40FpP
推協は作家を守る団体なんだから文春より公魚側につくのが道理
推協にクレームつけても無駄ってこった
文春は来年から選抜者に送ることにして
投票権を取られた会員たちが公魚一派を恨む展開に持ち込めばいい

67 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 10:09:53 ID:9JxODDHa
センセイ、リア鬼も読んでくれないかなあ。

68 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 10:11:35 ID:+OxShsC9
> 警察が阿呆・馬鹿・間抜けであるが故に成立するミステリーは、
> 全て失敗作か駄作である。

よく言うよw
あんたのミステリーだって警察が阿呆・馬鹿・間抜けなのに


69 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 10:37:32 ID:3uaKPWjj
>>66
>推協は作家を守る団体
正確に言えば、作家も何も守れない、ただのパーティ主催親睦団体。

70 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 10:50:11 ID:vTgFV+OU
センセの場合、警察がまず阿呆っぽいです。
アイドル刑事とか。

71 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 10:56:24 ID:hDeL8CU+
筆一本で勝負するのが作家だから
投票数を集めようと画策せずに
いいものを書いてメガヒットを出せば
自然とマスコミから注目されるという当然の理を
彼は分かっていない、つうか
正攻法ではやれないと彼本人が分かっているのでしょう。
東大出て一級公務員になればよかったのに、と彼を見ていて思います。


72 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 11:07:16 ID:xwegDFb5
何かの本で読んだ記憶があるんだけど、
先生は元から作家を志望してたわけじゃなくて、院生時代に手っ取り早く生活費を稼ぐため、
作品を書いて持ち込みを始めたんじゃなかったっけ?
どうして先生は公務員試験を受けたり、就職活動をしなかったんだろう。
その辺りの事情について、誰か詳しい人はいるかな?
先生のねじれた人格を理解するには、そのルーツに遡るのが早道だったりしてw

73 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 11:32:29 ID:O2MNmMPm
>>68
言ってることは正論だが、それが実作に反映していないのがセンセイらしいところだ。


74 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 11:49:49 ID:ThRsvjTI
センセイのヲチは最近はじめたので詳しくはないんですが、
ヤマトや999のノベライズなんて、ものすごい勢いで売れたろうから、
公務員なんて馬鹿馬鹿しくてやってられなかったんじゃないんですかね。

センセイサイトのプロフィールに、学生のまま結婚して庭付き一戸建て買ったとか書いてあるし。

などと思いつつ改めて著書リスト見てみた。
……1980年12月の、一月で12冊発行ってナンダコレ。

75 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 12:24:43 ID:lTIEzbFs
文化出版局がジャリ向け文庫創刊したとき、その創刊ラインナップを
全部、馬鹿にやらせたんですよ。で、このときも、約束した部数、印税と
もらったもんが違う、なんぞといって、超弩級の揉め事になったンす。

76 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 12:26:29 ID:hDeL8CU+
ストレートで東大だから頭はいいのでしょうが
小説は感性だから、センスが悪いと駄目ですよ、
ノベライズなら、うまくやれますよ。
ずっと誰かのノベライズしていたらいいのにね。
彼、分かっていると思う、自分にセンスがないから
那智なんて合作集団を作ったんだ。
作家は自分一人で書くのが普通でしょうに。ミホと組んだり
オオノと組んだり(「イートハーブの殺人華」って、どうなったの)

77 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 14:37:03 ID:lTIEzbFs
団塊の世代を中心とする、かつての受験戦争の弊害がこれだけ
如実に出た人はいないですよ。この人、東大ストレートでもね、
入試的な勉強はとても得意。だけど、思考力が大きく劣る。
この辺は、ずーっと日本の受験システムで指摘されてきたこと
ですよ。
その上、この人は、一般社会でぜんぜんもまれてないんで、その後の
成長もできなかった。結局、58になった今も、ずーっと受験勉強的思考、
行動しかできてないんですよ。

78 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 14:54:10 ID:hDeL8CU+
それは同感です。

バカアホ間抜けと口汚くののしるのを見ると
どういう育ちかと思う。自称、旧家の生まれなんでしょ?
「風と共に去りぬ」のメラニーを演じたオリビア某と親戚とか
どこかで自慢していたが
あれはどういうことかいな


79 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 14:58:53 ID:3uaKPWjj
>>77
同感です。
その上、利用出来る価値があるウチは、鈴木輝一郎とかモロモロが寄ってきてた
のに、文春事件を機に、さーっといなくなったものね。
人情紙風船とはまさにこの事。
そういう薄情なヤツとしか付き合えなかったし、
そういう友人関係でしかなかった。

80 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 15:55:26 ID:892AmveK
決して薄情じゃない友人もいる事はいたんだよな、乱★とか・・・

81 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 16:33:40 ID:FbIMHolQ
>>76
ノベライズやるのは勘弁してください。キャラが変に色気づいてしまいます。
999みたいなのはもうごめん…

82 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 18:32:46 ID:CaBtWdeB
馬鹿はオリビア・デハビランドと親戚なのか? 確か日本生まれだったとは思うが
親戚って・・・
>>77
東大ストレートだから勉強は出来ても、頭は悪いんだよな。

83 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 19:27:44 ID:GBiGBhcw
>勉強は出来ても、頭は悪いんだよな。

これに対して勉強が出来ない人間の戯言と切って捨てるのが若桜木クオリティ

84 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 21:15:07 ID:Lx8EzQZh
ていうか、40年前の東大は今と比較して
ずいぶんと入りやすかったって聞くけどな。

85 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 21:20:30 ID:hDeL8CU+
「大江健三郎賞」講談社が創設
講談社は4日、ノーベル文学賞作家の大江健三郎さん(70)が選考する
文学賞「大江健三郎賞」を創設すると発表した。
日本語で書かれた文学作品を対象とし、受賞作を英訳して海外で刊行する。
選考委員は大江さん1人。世界への発信を視野に入れた文学賞が誕生する。


大江も東大だよ


86 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 21:25:25 ID:O2MNmMPm
東大出の器用なミステリー作家というと、どうしても高木アキミツが比較対象になってしまうな。
「ノストラダムス大予言の秘密」とか、架空戦記ものまで書いてるんだよね。


87 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 21:53:57 ID:/A+/xGQp
>>86
高木は京大じゃなかったか?
それに、彼の架空戦記「連合艦隊ついに勝つ」は、傑作とはいえないけれど、
ブームとはまったく無縁な時代の作品で、ちょいと公魚と並べて論じるのは
気の毒。

88 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 22:34:54 ID:3uaKPWjj
だいたいが、高木彬光(この漢字でよかったっけ?)は
大家ではないか。
センセイと比べる事自体失敬だろ。

89 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 23:05:57 ID:QPtlorbB
東大卒のトンデモ系作家なら斎藤栄も忘れないでくれ。

90 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 23:22:20 ID:4w65hgtS
>よくこんなのを講談社の編集が通したなー、と呆れ、感心する。
>まあ、担当編集さんの趣味に合致したとしか思えない。
>その担当さんが異動したら消え去る運命――だろうと思う。

ああ、いまだメフィストの傷は癒えず。

91 :名無しのオプ:2005/10/06(木) 23:22:37 ID:d4fFSe++
斉藤栄って初期の作品しか知らないけど最近はトンデモ系なのか?

92 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 00:32:37 ID:gWV5put0
小説出版の所要期間と人数は?

Q.一冊の小説が世に出るまでの期間はどれくらいですか? また、どれくらいの人が関わっているの
でしょうか?

A.書き上がってから店頭に並ぶまで、最短で1週間です。これは時事ネタで、特に出版を急ぐ状況下
での話。活字を組む時間がないので、メール入稿もしくはFD入稿です。
 通常は脱稿・入稿から刊行まで2カ月〜3カ月。関与するのは編集者1人か、それに校正マンが1人、
加わって内容をチェックする程度。最近は考証ミスがある作品が目立つので、経費節約のために校正マ
ンを入れない場合が増えているようです。
 最長だと3年〜5年。これは、校正から何から厳密にやって「これは後々まで残る傑作にするぞ」と
編集部全体で気を入れる場合で、この場合には必ず校正マンが加わります。(ゲスト回答:若桜木虔)

93 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 00:33:57 ID:gWV5put0
エンターテインメント以外の現代的価値は?

Q.エンターテイメント小説が跳梁跋扈している現在ですが、そんな中、芥川龍之介の「羅生門」や
「河童」のように、問いを残す作品に価値はあるのでしょうか?

A.どんな小説であれ(小説でなくても)それを読む読者にとっては価値があるから代価を払って購
入するわけです。詰め将棋や詰め碁、パズルの本は、それを楽しみにしている人にとっては価値があ
ります。
 低俗なエロ小説やアダルト・ビデオでさえ、それ以外にストレス発散の方法を知らない人にとって
は価値があるでしょう。全く逆に、難解な哲学問答を好む人だっているわけで、出版して売れるので
あれば、それは価値があると言えると思います。要は「漱石・鴎外・龍之介の時代よりも文字に対す
るニーズは多様化してきている」としか言いようがないのではないでしょうか。
(ゲスト回答:若桜木虔)

94 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 00:35:47 ID:gWV5put0
んー……
編集者、校閲、装丁家、印刷所の人、製本業者……いろんな人が絡んで、
一冊の本になると俺は思ってたんだがな。

95 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 01:40:18 ID:b3pSy3Q3
>それ以外にストレス発散の方法を知らない人

エロ小説売って飯の種にしておいて、またえらい言い様ですな。
こんな顧客を馬鹿にした目で見てるから、ブタの餌みたいな駄作売って平然としてられるんだろうな。

96 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 05:54:18 ID:2+MsWskA
>>92

俺は校正をやってる人間だが、校正者を校正マンと呼んでしまう人間に
ロクなのはおらんというのが定説になってます。
しかしまあ校正がひとりかゼロかって、すごいな。そういうところでしか
本を出してないんだろうけど。
俺がつきあってる会社の多くは、初校ふたり再校ふたりで計4回は校正かけている。
もちろん場合によっては三校をとることもある。

書き上がって店頭まで1週間って……小説の話じゃないんですかセンセイ。
活字を組む時間がないって……いつの話ですか。FD入稿はそんなに特殊なことじゃないですよ。

なんかもう、センセイの世界の狭さが如実にあらわれている回答ですなあw


97 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 11:01:24 ID:DaNFAh5J
3〜5年というのもちょっと想像し難いが・・・
編集部が出す気が無くて、原稿預かってから刊行に時間がかかるというのは考えられるけど、
出す気マンマンでそんな時間がかかったケースなんかあるんか?

98 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 11:31:06 ID:ps2NcG9f
改稿に次ぐ改稿で、時間がかかってしまった例はたくさんあるぞ。

99 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 13:26:37 ID:E5SQG+FI
>>74-75

1. アンドロイドジュディ / 文化出版局, 1980.12 (ポケットメイツ)
2. 1年B組新八先生. 新八先生初登場 / 文化出版局, 1980.12 (ポケットメイツ)
3. 宇宙戦艦ムサシ / 文化出版局, 1980.12 (ポケットメイツ)
4. キャプテン / 文化出版局, 1980.12 (ポケットメイツ)
5. サイボーグ009. part 1 / 文化出版局, 1980.12 (ポケットメイツ)
6. サイボーグ009. part 2 / 文化出版局, 1980.12 (ポケットメイツ)
7. 死者のデビュー曲 / 文化出版局, 1980.12 (ポケットメイツ)
8. タイムトラベル3501 / 文化出版局, 1980.12 (ポケットメイツ)
9. 日本タイム・パトロール / 文化出版局, 1980.12 (ポケットメイツ)
10. ムーの白鯨. 1 / 文化出版局, 1980.12 (ポケットメイツ)
11. ムーの白鯨. 2 / 文化出版局, 1980.12 (ポケットメイツ)
12. 燃えろアーサー / 文化出版局, 1980.12 (ポケットメイツ)

100 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 14:18:37 ID:idnic+Nu
25年前の記録を出すなんて
あなた、公魚さん?

101 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 14:21:55 ID:gWV5put0
筆客商売出会い茶屋より
>一廉ならぬお世話になっております。
ひとかどならぬ?
どう考えても「一方ならぬ――」の間違いでしょ。
作家を名乗り、人にモノの書きかたを教えるのなら、日本語くらいはきちんとしないと。

102 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 16:17:05 ID:DY8QNN0a
10月7日25:39〜
爆笑問題のススメ
『ゲスト・大沢存昌 日本推理作家協会のススメ』


103 :名無しのオプ:2005/10/07(金) 16:28:56 ID:PXfz/+/e

>大沢存昌

 それは珍しい人が出るね。初めて聞いた。是非見なければ。


104 :名無し草:2005/10/07(金) 23:59:57 ID:omTMvuTQ
東大出のミステリ作家と来れば
まずは佐野洋(ファンだ)、次に
海渡英祐(けっこう好きだった)
なんて自分は古いんだろな

105 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 00:47:45 ID:mlp8MN4S
酔狂の中から、文春が「選抜」した人材のみに投票権与えれば済む事。

106 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 00:51:30 ID:mlp8MN4S
あ、それから先生メフィスト賞応募したのか?結果楽しみ。

107 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 00:57:14 ID:nvMSzv5Q
また応募したの?
ガセじゃないの

108 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 00:58:41 ID:mlp8MN4S
>>107
いや、俺ずいぶん、ここオチしてなかったんで。半年以上、もっとかな。
「また」ってことはやっぱり応募したんだ。

109 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 05:49:04 ID:hcgMUTkc
>>104
先生も自著の帯の推薦文を佐野洋に依頼してみたらいいのにね。
大学の先輩なんだから。
大学の後輩の、瀬名秀明じゃなくって、さ。


110 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 06:49:28 ID:T+k2hpdl
>>109
瀬名は高校の後輩だろ?

111 :名無しのオプ:2005/10/08(土) 11:37:03 ID:nvMSzv5Q
オオノのラジオ番組が始まるね
八月の遍路なんちゃらの本からはまだ
次が出ないのかな。
大手に掛け合うのはやめて
筆客時代の版元で
師匠路線をたどって駄作を書き続けるのかな。


112 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 12:19:28 ID:QYcDxsmZ
太田忠司『まぼろし曲馬団』『まぼろし曲馬団の逆襲』『大怪樹』読了。
新宿少年探偵団シリーズ。徹底した与太話。
太田さんに「与太話ですねえ」という話をしたら「講談社の第3は与太話の好きなところなんで。
次も与太話をやる予定で編集部と打ち合わせ中」とのことでした。
講談社の第3は、つまりメフィスト賞の担当セクションですから、メフィスト賞狙いの人には参考
になるかも……って、あの受賞作の大半が与太話なのは、読めばわかりますけどね。
名村烈


113 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 12:23:27 ID:QYcDxsmZ
何度か重複する内容になりますが、私の知っている範囲で。私はエンターテイン
メントのことしか知りません。純文学方面はわかりませんので、念のため。
私たち下読みに応募原稿が回ってくる時は、編集部から選考基準が示されます。
面白さ優先なのか、完成度を優先なのか、オリジナリティを優先なのか、奇想天
外さを優先なのか、といったことです。
特に指示がなければ「目新しさ」つまり過去に前例がないこと――に最大ウェート
を置いて選考します。
その場合、目新しくさえあれば、たとえ竜頭蛇尾であろうとも高得点になります。
蛇尾どころか、竜頭にミミズの尻尾だろうと高得点になる――というのは、今年度
の江戸川乱歩賞の受賞作を読んだ人なら、わかるでしょう。

純文学とエンターテインメントの違いがわからない、という人へ。
これは、ものすごくハッキリしてます。純文学を扱っている編集部の取り扱う作品が
純文学で、エンターテインメントを扱っている編集部の取り扱う作品がエンターテイ
ンメントです。作品の中身で線引きは、できません。
鐸木能光さんが、すばる文学賞(純文学)に応募したら、エンターテインメントの小説
すばる新人賞を授賞された、などという妙な実例があるくらい、作品内容の境界線は
曖昧です。
例えば講談社なら群像編集部が純文学セクションで、小説現代がエンターテインメン
ト・セクション。
名村烈


114 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 14:33:37 ID:PCDDD2NY
与太話ねぇー

115 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 14:56:35 ID:4vz6iRy5
すっかり
若桜木の一回り若い従兄弟という設定を忘れちゃってるね

116 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 15:01:22 ID:3oJdl21m
まあ、実際にソコで書いてる人の意見なら参考にしていいんじゃなかろうか。(冗談まじりだとしても)
すくなくとも、メフィスト賞で下段扱いの人の知ったような口よりは。

117 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 15:19:31 ID:yoOztFy/
>>115
なんか吸収合併した感じだな。

118 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 16:27:29 ID:/4jXuutM
>>113
今年の乱歩賞受賞作って、「天使のナイフ」のこと?
>その場合、目新しくさえあれば、
少年の犯罪と少年法が題材として目新しい?
ダメだよ、ブクオフでしか本を買って読んでいないくせにしったかぶっちゃ(w

119 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 16:35:54 ID:C+jfGRUa
>>115
先生の場合、まずは本当に会話したのかどうかが怪しいわけだが。

120 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 16:36:29 ID:C+jfGRUa
ウハ……>>115じゃなくて>>116だよorz

121 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 18:10:00 ID:3oJdl21m
>>112のセンセイの投稿って何時のものなんでしょう。

太田忠司氏のサイトみてきたら、10月8日付の日記で、
>鮎川哲也賞&ミステリーズ!新人賞授賞式出席のため上京しました。
となってるから、もしかするとそこで遭遇してるのかも。
呼ばれてもいないパーティに突撃するのはセンセイの得意技だしさ。

あ、でもそれって「若桜木」センセイの技でしたっけ?

122 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 18:49:34 ID:J+8LLVSk
自分の作品がバカ詐欺なんかから、「与太話ですねえ」って言われて気持ちがいいとは思えないが。

123 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 19:07:25 ID:xZzmaRNg
まだ読んでないが天使のナイフって評判いいのにな。
先生の中では駄目なのか。

124 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 19:57:39 ID:aAwFACgr
>>113
>鐸木能光さんが、すばる文学賞(純文学)に応募したら
狭い自分の知り合いを引き合いに出す典型。

125 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 20:35:42 ID:O3dKlZ0Q
>>122
>よたばなし 【与太話】

>でたらめな話。ばか話。

どうせ文句が出たら、「小説というものは与太話を面白く描くものだから作品を貶したわけじゃない」とか言い訳するんだろうな。
講談社を貶したい意図は見え見えだけどねぇ。

126 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 20:39:53 ID:OXlgvxkB
この人って“小説”に対する愛は無さそうだなぁ・・・

127 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 20:54:25 ID:AO/mOTM/
「目新しさ」とかセンセイが言っても、もはや「トリックが被ってない」ぐらいの意味にしかとれないなぁ。

128 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 21:34:24 ID:4tFf1F7d
>>126
あるわけないだろう、何言ってるんだ君は

129 :126:2005/10/10(月) 22:03:34 ID:OXlgvxkB
>>128
やっぱそうかw

ところで、なんで作家志望のMLで現役作家がのさばっているのだろう・・・

130 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 22:54:19 ID:rcz+p23f
それは俺も思った。
たぶん「ここなら俺は尊敬される」とか思ったんじゃね?

131 :名無しのオプ:2005/10/10(月) 23:49:54 ID:4vz6iRy5
うんちくを垂れることができるからさ
それにしても、筆客からオオノが抜けて新刊が出ていないじゃん

132 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 02:07:21 ID:492G0bS4
そういや、ここまでスレが伸びてるのにまとめサイトがないってのも珍しいな。
これも先生の人望のなせるところか。

133 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 03:20:00 ID:DKx40f2a
うんちくも間違いだらけだけどな

134 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 08:14:45 ID:5ZkBHrwv
 ****さん
> (苦笑)実は私埼玉県民なんですよ。
だったら、埼玉県警にすれば? 採用試験、警視庁なら絶対に受からないヤツが
埼玉県警なら合格するので、かなり偏差値が違います。警官志望の後輩の面倒を
見たことがあるので知ってます。
たぶん大学受験に喩えると、東大と日大くらい偏差値が違う。いや、東大と国士舘
くらい違うかも。埼玉県警は首都圏の警官志望者の“滑り止め”です。

> それは、その時点で被害者宅に居ない者であってもされることなのでしょうか?
警視庁なら、やるでしょうね。大阪府警も。神奈川県警は警視庁より落ちますが、
ライバル意識が凄いんで、多分やるでしょう。
埼玉県警は、ライバル意識を持つにはレベルが低すぎるんで、やらない可能性あり。


> ええと……それでは、都内でなければどうなりますか?
警官が駆けつけるまでの時間ですか? 確か最長が岩手県警で10分だったかと。
これは岩手県警本部に行って通信指令室の室長の警視に訊きました。「岩手県は
広いんで30分くらいかかるでしょうね?」と訊いたら、ムッとされて「10分で行きま
す」と答えてくれました(笑)。
要は動員できる警官数と交番からの距離の問題です。真っ先に交番の警官がバイ
クか自転車で走るんで。

> あー、私の友人なんか昼間に普通の格好して歩いてたら職務質問受けたそうで
>すよ。私と同じ学年の17歳なのですが、職務質問てどういう基準で声をかけてるんで
>しょうね。
身なりと挙動がおかしいと警官の目に映れば、食らいます。試しに、やってみてくださ
い。私は3回くらい受けてます。わざと受けるのも勉強です。



135 :134続き:2005/10/11(火) 08:16:37 ID:5ZkBHrwv
尾崎諒馬『死者の微笑』読了。横溝正史賞佳作受賞第1作。
傑作と言うより、怪作。全編800枚を通して、ほとんど死生観がテーマ。三重に仕掛け
たドンデン返しと、ちょっとミスマッチな印象。
これだけ凝ると売れない気がする。コアなファンは付くかも知れないが、専業作家の道
は厳しそう。

島田荘司『Pの密室』読了。
面白い、島田さんらしい作品。ただ、仕掛けがアンフェアだから、傑作と呼ぶには今3つ。
名村烈


136 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 08:37:11 ID:oRDii9B+
>>134
友人、後輩・・・人脈の広さが先生の人望を証明しているようですね。

137 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 10:08:18 ID:Wwt6jpDj
>>135
今3つって、どんな日本語だよ

138 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 12:02:20 ID:o2whNaj1
>身なりと挙動がおかしいと警官の目に映れば、食らいます。
 と書いた後直ぐ
>私は3回くらい受けてます。
 というのは墓穴でしょう。わざとなんてフォローになってないつうの。

139 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 15:16:29 ID:oRDii9B+
先生の場合、身なりや挙動よりも言動がおかしい。

140 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 15:58:52 ID:xdcEhaF8
わずかに経歴のかぶるだけの、まったく面識の無い人に唐突に連絡して、
社交辞令が返ってくれば「親しくつきあっている友人」
無視されたら、「掲示板のエロ業者をほっとく助平な人物」「図星をさされたらしく返答がない」などと罵倒。
この常人にはとても真似出来ない行動力が、人望と人脈の源なんでしょうなぁ。

岩手県警でムッとされたって話も、いつぞやの色弱関係者の掲示板での時みたいな失礼な聞きかたしたんじゃねーの?

141 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 16:25:48 ID:5ZkBHrwv
佐神良『セーラーガール・イン・ブラッド』読了。カッパワン受賞作。
40年前にアメリカで大流行した終末SFに西村寿行の鴉の話を足して2で割ったようなストーリー。
アクション劇画をノベライズしたような話。文章は下手ではないが。まあ、平凡な作品。
名村烈


142 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 17:09:33 ID:VDZIBI0i
色弱関係者の掲示板での時って
どういうことなの。詳しく書いてよ。

すっかり若桜木日記がとまって
名村だけの書き込み活動してるんだね

143 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 19:40:54 ID:hgpGvD6N
そういやあセンセイ、カッパ・ワンにも出しているんだっけ。
メフィの時みたいに、結果が出るまで、
受賞作をけなさなければ、やってられない精神状態なんですね。

144 :名無しのオプ:2005/10/11(火) 20:53:27 ID:4MHBLlwi
けなしたところで受賞できないのはわかってるんだから、おとなしくしてればいいのになぁ。

145 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 01:55:12 ID:OKax9/nE
カッパ・ワンでもなんでも
彼は「受賞作家」になりたいわけでしょう。
急に賞に目覚めたのですねえ〜
ミホさんやオオノさんにコケにされたからかな。

146 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 02:07:42 ID:/spzciUH
ずいぶん前からだよ。日本ミステリ大賞新人賞にも応募してるし。
時代小説大賞にも応募したはずだ。

147 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 05:30:48 ID:FAsFAi0C
そのたびに箸にも棒にもかからなくて精神を病んでいくわけだ

148 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 10:07:39 ID:OKax9/nE
うわ、そうだったの。
君は詳しいけど
どういう関係?
146は元弟子さんかしら

149 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 12:01:56 ID:Idg2elFG
敗因は節操の無さ

150 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 16:53:16 ID:RY4D9r22
>>148
自分から得意げに書いてたはずだけど

151 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 17:06:18 ID:WigcoQ6L
北山猛邦『ギロチン城殺人事件』読了。メフィスト賞受賞第3作。
思想性ゼロ、リアリティ完全ゼロの無内容ゲーム小説。ただトリックのみ。
そのトリックは、今までで最もマトモか。講談社第3の好みの典型的作品かも。
名村烈


152 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 17:25:41 ID:rs6HHLvd
>>151
作品を評価するのに編集部の好みなんか関係ないだろ、と思ってしまいますな。
しかも、あからさまに揶揄してるつもりみたいだし。
散々言われてるが、本当にメフィを落とされたのが気に障ったんだねえ。

153 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 17:39:46 ID:/spzciUH
第3じゃなくて、文3だよ。ほかにも学1とかあんだから。

154 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 17:51:21 ID:wge4FXJJ
>>151
その書き方からすると、物理トリックに目がいってて肝心の叙述トリックに気がついてなさそうだなw
北山スレでも混乱してる奴多かったし。

155 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 18:44:05 ID:Hr34AMk1
センセイの読み方だと、重大な点がいろいろ
見過ごされてそうだな。

156 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 18:58:53 ID:15esmcmd
>>142
> 色弱関係者の掲示板で時ってどういうことなの。
前スレの、746-757参照。

それにしても編集部の好みが判ってるなら、
自分の作品がそれとは全く相容れないタイプである事ぐらいわかりそうなもんなのに、
なんであんなにも自信満々だったんだろう。

もしかすると企画持込んだ先で言われた、「メフィスト賞でも取っていればともかく」ってのを、
「この企画ならメフィスト賞とれますから、まずは取っておいてください」と脳内変換でもした?

157 :名無しのオプ:2005/10/12(水) 20:41:29 ID:lJrUmFHf
ほんとにもう、自分の意見が通らなくてヒス起こしてる子供のようだな

158 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 08:25:11 ID:InyCESIr
香住泰『錯覚都市』読了。小説推理新人賞受賞作の短編集。
時系列の狂いが気になるが、オチの付け方が巧い。
と思って読んでいたら、オチの付け方がワンパターンで、後半になったら読めてきて、飽きた。
オチのパターンを増やさないと、売れっ子になるには厳しい印象。
名村烈


159 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 09:06:12 ID:LGvVFkCv
売れっ子でもない人がこういうこと書くの、虚しくないのかな。
それとも先生はやっぱり自分を売れっ子だと思ってるんだろうか。
なんか、読んでて「先生は史上最強の(作家にとっての)反面教師」だと思えてきた。

160 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 16:07:36 ID:LoSIBkv/
ポブラ社小説大賞が賞金2000万円
名村烈文学賞が賞金2000円

161 :名無しのオプ:2005/10/13(木) 16:40:36 ID:JRBLkYM9
名村も公魚も金にうるさいからな。
そういえば公魚は盆暮れ正月花見と事あるごとに鵜を集めて会合をやるってきいたけど
やっぱり鵜は高額の参加費を徴収されるのか?

162 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 02:44:10 ID:WPWQMdBl
それにしても
解せないのは
筆客サイトに大野はOBとして名前が残り
渡辺は消去されたこと。
渡辺が喧嘩別れしたのかなと思ったが
それはないよね、だって
大野のほうが、文春投票で1点お情け点数つけたり
純文学から推理小説に転向したのは編集者のアドバイスと
さんざんなめた行動しまくっているから。
いまだに大野のことは特別弟子なのかな

163 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 03:10:45 ID:/ZO/aZh4
どーだろうな。女として未練があるんじゃないか?

164 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 08:12:50 ID:EMtbkMMn
篠田秀幸『人形村の殺人』読了。
凡作。駄作との中間点ぐらい。
この作者は、要所要所に馬鹿と間抜けを配置することで事件を難事件にしようと
する悪癖がある。おまけに、この作品は根幹の事件の動機を解明しないまま終
わっている。
傑作もあるが、駄作との差があまりに大きい。おそらく自分の創作法の欠点を自
覚していないんだろう。自覚できるまで、専業作家にはなれないと思う。
名村烈


165 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 09:39:59 ID:u7t5V08O
今の先生の唯一の心の拠り所は専業作家であることだけか。

166 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 10:24:26 ID:kBJGBLsb
しかし、いつも思うんだが、センセイの文章は下品だなあ。
文体といい、選択する単語といい、下品すぎ。
文章には人格が出るとはいうが、プロでここまでというのもなあ。

167 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 10:30:35 ID:ZaeiYbSi
なんか病気で死期がせまってるとか、そういうことないのか・・・

168 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 10:36:34 ID:WPWQMdBl
二人の愛弟子に去られたことがショックなんではないか


169 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 11:08:15 ID:fpm94NzH
先生、みぽーは新撰組の絶版本がアマゾンで19000円の値がついたと
言って喜んでますよw 自分のサイトでは何故だか20000円に水増しして
宣伝してるけど。そういうとこってさすが先生の愛弟子ですね。元がつくけど。

170 :名無しのオプ:2005/10/14(金) 21:22:41 ID:fpm94NzH
先生、文藝賞も中学生ですよ。

171 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 01:07:49 ID:w9CfuCFq
センセイの読者層はキヨスク中心だから
170のような情報は彼にはあまり関係ないと思うよ
この受賞者だって、若桜木なんて歯牙にもかけないでしょうし
名村のエロを知ったら引くでしょうから

172 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 08:22:27 ID:f5nT7fX3
このスレ、数年ぶりに来てみたんだけど、そういやセンセイが歴史を変えるとか豪語してた
ダイソーの100円ミステリについてはどうなったの?

173 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 08:46:13 ID:sfoL7aEL
>172
ダイソーではまだ売ってます。
ただ新刊が出た兆しはなし。

174 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 16:22:13 ID:E+833pC4
なんでセンセイって篠田秀幸を目の敵にしてるっつうか
集中的に読み込んでるんだろ。今のミステリシーンから
すこし外れてる作家だし、注目する意味はない気がするんだが……
カッパワンでもメフィでもないし。つまらないつまらない言いながら
読んでるんですけど。

推理:かつて親交があり、著者謹呈本が手元にたくさんある。

175 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 17:02:41 ID:6ot7PBeN
>174
映画化されたり、ドラマ化されたりしてるから、手っ取り早く盗めないか読んでるか、
でなきゃ、映画化されたりドラマ化されて腹が立つからけなしてやりたくて読んでいる。

176 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 17:14:09 ID:sfoL7aEL
>>174
ブクオフの100円均一セールで大量ゲット

177 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 17:14:41 ID:pILc9ROi
遠い親戚なんじゃないの?
それか、幼稚園か小学校の後輩とか。

178 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 18:11:01 ID:6ot7PBeN
ヲチャの突撃?
-----------------------------------------------------------
**です。
入会そうそうたいへん恐縮なのですが、以前からとても気になっていることがありまして。
どなたかぜひご教授ください。
「公募ガイド」に以前(今もでしょうか?)「作家養成講座」というのがありまして、その中で若桜
木ケン氏が、視点の問題について以下のように書いておられました。
「この作品の場合七十枚程度の短編なのだから、あくまでも主人公の視点で最初から最後
まで押し通さなくてはならない・・云々・・」
この“視点”について私は小説執筆中に、いつも迷ってしまうんです。作品が一人称の場合
は問題ありませんが、三人称の場合、さまざまな登場人物たちの視点で描くわけですよね。
で、いろいろな本を確認してみたのですが、短編でも数行ごとに視点が変わっているものも
ありますし、長編の場合、場面が変わるごとに視点が変化していたり、あるいは一人の視点
で通してあったり。
また、場面ごとでなく数行ごとに視点が変わっているものもあり、判断がむずかしくて・・・。
例一・有吉佐和子の「恍惚の人」などはさまざまな登場人物たちの視点で描かれています。
例二・瀬名秀明の「パラサイトイブ」などは場面ごとの変化。
例三・(作者名が出てきません。年のせいかボケがはいってて・・)「スカーレット」などは主人
公のみの視点で話が進んでいきます。
※とっさの思いつきで書きましたので、例が適当でないかもしれません。お手持ちの本類で
ご確認いただけますか?
(三人称で描く場合の)この視点のおき方というのには、何か法則とか、暗黙の了解とかがあ
るのでしょうか?
どなたかご存知の方、ぜひぜひ教えていただきたいのです。また「自分の場合はこうしてい
る・・」というような個人的なご意見でもけっこうです。よろしくお願いします。参加早々たいへ
んあつかましくてすみません。


179 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 18:12:56 ID:6ot7PBeN
そして、回答。質問のメールから13分後です。ネットに張り付いてるんでつね。
-----------------------------------------------
 **さん
>「公募ガイド」に以前(今もでしょうか?)「作家養成講座」というのがありまして、その
>中で若桜木ケン氏が、視点の問題について以下のように書いておられました。
 私の従兄であります。まだ、しつこく連載中です(笑)。

>いろいろな本を確認してみたのですが、短編でも数行ごとに視点が変わっている
>ものもあり
 新人賞の応募作だと、それでたいてい落とされます。プロになってからなら許され
ることでも、新人賞の応募作だとダメ、というのは、けっこう多いです。なので、デビュ
ー前の人は、受賞作だけ参考にするのが正解です。

>例二・瀬名秀明の「パラサイトイブ」などは場面ごとの変化。
 瀬名さんは従兄の後輩で、何度か会ったことがあります。長編の場合、場面ごとに
主人公(視点)が切り替わるのはOKですが、人数が多すぎると、やはり撥ねられます。
 目安は100枚につき1人。つまり、400枚なら視点を置くのがOKな人物は4人まで。
これも、あくまでも応募作に関して、です。デビュー後の作品だったら、もうちょい多くて
も編集さんがOKするでしょう。
名村烈


180 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 18:39:56 ID:w9CfuCFq
ああ〜いまだに
従兄弟というその神経

181 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 19:30:39 ID:pILc9ROi
>>179
> 目安は100枚につき1人。つまり、400枚なら視点を置くのがOKな人物は4人まで。
>これも、あくまでも応募作に関して、です。デビュー後の作品だったら、もうちょい多くて
>も編集さんがOKするでしょう。
なんじゃ、この目安ってのは。

182 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 19:53:15 ID:5W0+GR9F
>デビュー前の人は、受賞作だけ参考にするのが正解です。

とするならば、受賞作以外を読んで難癖つけてる投稿なんかは意味無いですね。

183 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 20:31:17 ID:pILc9ROi
>>182
おれはいいんだが、お前らワナビーはダメだって論法でしょう。

184 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 21:45:04 ID:mUycefmv
センセイ、馬鹿を晒しているという実感が、いつの頃からからすでにないのか・・・。
というより、元より欠如していたのか、それとも自分をごまかし続けるためには必要なことなのか・・・('A`)

185 :名無しのオプ:2005/10/15(土) 21:58:43 ID:7Sb5irQX
>>174
篠田秀幸は関西の国立大卒→市役所勤め→高校教師に転職→講談社ノベルスでデビューして兼業作家
という経歴で、作家同士の交流はあまりしていないらしい。

>>176が正解じゃないかな?

186 :名無しのオプ:2005/10/16(日) 17:42:09 ID:EwULn+R7
>デビュー前の人は、受賞作だけ参考にするのが正解です。
じゃあ、参考にしたくても、名村や馬鹿詐欺の作品は参考にならないと。
こう言いたい訳だな。

187 :名無しのオプ:2005/10/16(日) 19:03:16 ID:OLk32nve
 ********さんに横レスです。
>>この“視点”について私は小説執筆中に、いつも迷ってしまうんです。
>>作品が一人称の場合は問題ありませんが、三人称の場合、さまざまな登場人物たちの視点で描くわけですよね。
 視点が増えれば増えるほど、反比例で得点が低くなって、予選落ちする危険性が大です。

> 読者が付いてこれるならオーケーって認識でいいんじゃないでしょうか。
これは、デビュー後なら、読者がつきさえすれば何でもアリですが、応募時は選考委員と編集さんが相手で、読者が
相手じゃないですからねえ。

> まあ、新人賞応募の時はリスク回避の方向で
> ちなみに、三人称でも登場人物の一人(要するに主人公)だけを描写しつづける手法が一般的という噂
単独視点で押し通すか、2人の人物の交互視点で行くか、どっちかですね。3人だと、もうアウトと思ったほうが良い
です。
名村烈


188 :名無しのオプ:2005/10/16(日) 20:20:06 ID:tbF6TXP5
名村なんて架空人格に質問するほうも、それに答える若桜木も阿呆だ。
双方ともに出版業界には必要ないよ。

189 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 08:48:00 ID:ohjCkWuv
確かに多視点過ぎる作品は読みにくいけど、なんで先生はここまで神経質なんだろう?

190 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 10:55:18 ID:Xm6Na7Yx
ワンパターンの手法にとらわれているから
彼はカッパに出そうがメフィに出そうが受賞しないでしょうよ。
がちがちに固まった東大人間の悪い見本じゃないのかな
受験戦争なら勝ち進めたろうけど。

191 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 11:56:12 ID:BYjI/YLb
>>189
「読みやすい」以外にウリがないから、強迫観念になっているんでは。

192 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 12:45:56 ID:Xm6Na7Yx
時系列時系列って馬鹿の一つ覚えしてさ

セカチューだって過去にもどる話じゃんか

193 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 12:51:51 ID:XIOQ9jLz
ああ、だからセンセイは人称を意識して変えた叙述トリックとかが
理解できなかったり評価が低かったりするのか!

叙述トリックに引っ掛かっても、視点を混乱させるな!とか怒ってそうだなあ・・・。

194 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 14:32:41 ID:DtzKmeAD
自己流速読の悪影響だと思う。
速読やる人に聞くと、「速読できる本が良い本」
なんだそうだ。自分だけをものさしにしちゃ
いかんよな、やっぱり。

195 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 14:58:38 ID:wTkQ08ss
まあ、少し譲って、センセイの言うことを認めるとしても、それは
出張や通勤の時の読み捨てノベルならアリってことだろうね。
小説としての文章表現とかを考え始めると、センセイの「教え」は
邪魔になる。
だから、カルチャースクールで初めて小説と言うものを書き出した
レベルのヒト専用のセンセイということでしかない。

196 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 15:25:36 ID:39BrsMBr
↑そうか!
 先生の言ってる小説とはノベルスのことで
 ノベルスとして良いわるいをを判断しているんだ。
 だから取り上げる作品にも偏りがあり
 メフィストはノベルスの賞だと思ってるから
 訳の分からん難癖をつけるのだな。
 メフィストにはトラミスで応募したと思われ。

197 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 16:22:01 ID:wTkQ08ss
センセイは、『ノベルス』以上のものは書いた事ないモノね。
書いた事ないモノについて正しく指導は出来ないよね。

しかし……そう言ってしまうと『ノベルス』への故無き差別になるな。
『ノベルス』の体裁でも優れた作品は多いものね。
だから、『読み捨てノベルス』というランクを設けたいと思うが、どうか?

198 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 16:28:22 ID:n2jtTPsf
>>197
つ【ダイソー100円ミステリ】

199 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 17:18:15 ID:39BrsMBr
>>197
 確かにそうだけど、ノベルスに書いているからって
京極や泡坂や森を(清涼院は・・・)ノベルス作家とは言わないしなあ。
ノベルス作家と言えば、ニュアンスで普通の作家ではないと分かるからねえ。

200 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 17:31:10 ID:n2jtTPsf
>>199
森はノベルス作家だけど普通に

201 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 17:43:25 ID:39BrsMBr
いや森はハードカバーも出してたろ(確か)?

202 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 17:43:35 ID:X0w52Pm9
ノベルスとか作家とかいう以前に公魚名村は「駄文書き」でしかないから。
読むのに時間がかかる便所の落書きですよ。

203 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 17:51:02 ID:j+3PE3Mp
心理描写の適正比率はある?

Q.私の小説において、地の文の心理描写の比率がどうしても大きくなってしまいます。風景描写などは、
ちゃんとしているとは思いますが、どうしても心理描写で進めてしまっているみたいなのです。それにより、
物語は停滞はしておりませんが、これは個性としてすむ程度なのでしょうか。地の文の6割以上は心理描写
をしています。
 ただ、ここまで心理描写をしてしまうと、読者が想像する場所が少なくなってしまい、問題あるように思
えるのです。もし、適度な比率というものがあるのでしたら、教えていただけたら幸いです。

A.特にそのような比率は存在しません。8割を心理描写に割いている作家もいます。単独視点の一人称で
押し通す作品ほど、心理描写の占める割合は大きくなるのが普通です。物語のスムーズな流れさえ阻害しな
ければ、心理描写の多いほうがキャラも立って高得点になるかと思います。
(ゲスト回答:若桜木虔)

204 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 18:26:58 ID:OK/W+9CY
>>194速読してたら、時系列を入れ替えて書かれてる作品なんかは、読みづらいんですかね?
それとも、公魚流に限ってのことなんですかね? 僕は速読はできんが。

205 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 18:43:32 ID:ohjCkWuv
速読は読書とは言わん。

にしても、先生はMLに新入りが入るとすかさず自己紹介するね。
決まり文句は「一応、専業です」。

206 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 19:15:29 ID:5y0lSOuN
センセェ、今月の講談社文庫に注目〜!
高梨なる新人作家が、旅情ミステリーで講談社・光文社・双葉社・幻冬舎、四社合同連続文庫刊行
でデビューだってさ!
同じトラミス書いているのに、ずいぶんと違うもんだね!(w


207 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 19:21:06 ID:W6vGmd6O
上遠野浩平『殺竜事件』読了。
文章=下手。キャラ設定=下手。物語世界=凡庸。
ラストのドンデン返し=秀逸。
要するに良いのはラストだけ。これじゃあ、ライトノベル出身の作家は馬鹿にされる。
いくら売れたって、大人物の世界では相手にされない。

芦辺拓『名探偵Z』読了。短編&ショートショート集。
呆れるばかりの与太話。なかなか、ここまでの与太は書けない。
キャラ作りは抱腹絶倒するくらい巧い。上遠野浩平とは力量に雲泥の開きがある。
名村烈

208 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 19:23:54 ID:W6vGmd6O
***さん、よろしく
ttp://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031595412&Action_id=121&Sza_id=A0
↑こういうのを書いてる、売れない物書きです。一応、専業です。
この作品の後編は、来週の発売予定です。
まるで売れてないので、私も、依頼原稿の合間を縫ってあっちこっち応募してます。

今年は6編(いずれも長編)をあっちこっちに応募して結果待ちです。
今も応募作を書いているところ。
名村烈

********
リンク先は、「スピカのプリンセス」前編。以前、1つだけ感想がコピペされていたが、
他に誰か読んだヤシはいない?

209 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 19:39:56 ID:XIOQ9jLz
>>207
すげえな。
「ブギーポップ」の上遠野浩平に向かって、キャラ設定が下手なんて言う馬鹿始めて見たぞ。
そんで自分がこっそり書いてる物といえば、>>208のようなエロラノベかよ。
クズすぎるな。

210 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 19:51:12 ID:Xm6Na7Yx
アマゾンからコピーペーストした↓

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
名村 烈
昭和41年静岡県生まれの東京育ち。『屍魔の襲う夜』(大陸書房刊)で作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

昭和22年生まれなのにねえ

211 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 19:55:51 ID:BYjI/YLb
>>210
鯖が怒りそうだ。

212 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 20:10:26 ID:EYlHFfSn
>>206
義則喬という人がペンネーム変えて再デビューみたいなことを
どっかのブログで見たが。
本人が、「ペンネーム変わります」みたいなことをいってたぞ。
それとも、別名義なのかな?

213 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 20:30:57 ID:5y0lSOuN
>>212
206です。スイマセン、不勉強でした。
ググってきたところ、義則喬氏の筆名変更再デビューでした。
この人、サンミスで佳作を獲って、2004年に今回出す旅情シリーズものを一度
すでに双葉社で出しているんですね。
でも、デビュー後名前を変えて再デビューという意味では、センセイと同じわけ
ですよね。いや、扱いが随分と違うものですね〜。

214 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 20:30:59 ID:X0w52Pm9
>>212
実は霧島那智方式だった、ってオチ希望。
それでも誰かさんよりは格段に優秀なわけですが。

215 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 20:42:34 ID:Xm6Na7Yx
鯖って?

216 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 20:43:21 ID:jB38FM5q
>>207
>文章=下手。キャラ設定=下手。物語世界=凡庸。
自身の小説にもぴったり当てはまることに気付いてないのかね。
というか、ラストのどんでん返しすら無いのにw

217 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 21:06:28 ID:ohjCkWuv
>これじゃあ、ライトノベル出身の作家は馬鹿にされる。
>いくら売れたって、大人物の世界では相手にされない。
確かにラノベはピンキリかもしれんが、この言い方は卑屈すぎるだろ・・・
“売れている”上遠野に対する嫉妬?

218 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 21:10:08 ID:XoiMvzo7
>207-208
むう、殺竜事件のシリーズは、カドチンの作の中でも微妙だから……
でもセンセイの「トリックがかぶるのがいやだから読みまくる」っていう条件から、かなり遠い位置にある本だと思うんだが、何故今頃コレを?

>今年は6編(いずれも長編)をあっちこっちに応募して結果待ちです。
応募中宣言はあっても、決して結果が報告される事は無く。
永遠に結果待ちですな。


219 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 21:34:52 ID:aUFvqRG+
>218
>何故今頃コレを?
そりゃブックオフで(ry

220 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 22:09:55 ID:iTzyaBk/
センセイに本を送ってくれる作家の友達がいないんですねえ・・・。

221 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 22:35:59 ID:8ItfcA4E
>>220
脳内親友や脳内親族はたくさんいるんだけどな・・・

222 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 22:54:02 ID:Xm6Na7Yx
まえは一回り年下の従兄弟と言っていたが
これには、十九歳離れている従兄弟になっちゃってる
すぐに忘れてしまうんだね

223 :名無しのオプ:2005/10/17(月) 22:55:35 ID:Xm6Na7Yx
↑失礼した
僕が計算間違ったみたい
48年と読み間違えちゃったよ

224 :名無し草:2005/10/17(月) 23:10:55 ID:IKUYNJrw
昔、清水正二郎とか胡桃沢耕史とかって人が直木賞狙いで戦争小説(?)
を書いてめでたく受賞した(それに反対して選考委員をやめた人もいた
よーな・・・・)ことを思い出した。
年代的には今の先生より上だったかもー間違いだったらゴメン

225 : :2005/10/17(月) 23:25:55 ID:KjMcDu/e
>216

>というか、ラストのどんでん返しすら無いのにw
 甘いな。ベタベタのスカスカで頁を稼いだうえに、ラストに何のどんでん返しもない!
 これって、究極のどんでん返しだろう――誰でも驚くもんな、「マジかよ!」って。


226 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 07:48:33 ID:S1O9tE8s
先生への質問(ML)
-----------------------------------------------------
**です。

>名村さん、ポルノ関係は(少ししか)読んだことがないので、「エロ本・・」読ませていただきます。昔フランスの
>あるポルノ関係本(もちろん翻訳)を読んだとき、著者が大した筆力の持ち主でびっくりしたことがありました。
>「ポルノだからといってバカにできない」と鱗ポロポロでしたよ。
> <?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />
>そこで質問です。「食えないから仕方なく書く・・」というのはどういう心境ですか?
>一・才能の切り売りをしているようで虚しい。
>二・文筆業であることに変わりはない。他の職業よりはずっと楽しい。
>三・その他
>四・上記のミックス
>しつこいようですが、視点の問題、アドヴァイスに従ってこれから三百枚の原稿を書きなおさなくてはなりませ
>ん(完成してたのに)。ショックです・・。でも・・もし教えてもらってなくてもっとずっと後で分かったとしたら、もっ
>とずっとショックだったことでしょう。
>無知って怖い・・。

=======================================


227 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 07:50:16 ID:S1O9tE8s
上記に対してのせんせいのお返事w↓
==========================================================================
 **さん
>そこで質問です。「食えないから仕方なく書く・・」というのはどういう心境ですか?
 書きたい構想が山ほどあるのに、そっちの依頼は来ないし、生活費を稼ぎ出さなければならないので。
>一・才能の切り売りをしているようで虚しい。
 幾ら書いたって才能が枯渇することはないので、虚しくはないです。虚しいのは、小遣い稼ぎに下読みで箸
棒の阿呆原稿を読まなければならない時。
>二・文筆業であることに変わりはない。他の職業よりはずっと楽しい。
 食えなくてコンビニのフリーターやってる同業者もいますからねえ。それは悲しい。何であれ、書くのは楽し
いですよ。
 藤桂子『絶対悪』読了。
 巧いし、構想も面白いけれど、失敗作。
 主人公が警視庁捜査一課随一の腕利きの設定なのに、馬鹿で間抜け。その回りの刑事は、更に輪を掛け
て馬鹿。それによって成立しているミステリー。最近こういうキャラ失敗のミステリーが多すぎる。
名村烈



228 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 08:10:35 ID:cT4my9T5
センセイって本当に「馬鹿と間抜け、周りはさらに輪をかけて馬鹿」ってフレーズが大好きだよなー。
他に「抱腹絶倒」とか、もはやセイセイの文章以外では使われてるの見かけないし。
ある意味凄く特徴的な文章だから、署名がなくても簡単に見分けがつく。

229 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 09:03:38 ID:YsjkU9ih
>幾ら書いたって才能が枯渇することはないので、虚しくはないです

…枯渇する物が無いもんな。

230 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 09:53:48 ID:Z8wEV6Oh
>書きたい構想が山ほどあるのに、

まるで、そびえ立つクソだ!!

231 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 10:20:44 ID:5p0mRQ3K
シロウトさんに教えるのは視点。
既成作家の作品の評価は、馬鹿と間抜けばっかりでつまらない。
いつもおんなじじゃん。コピペか?

232 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 11:10:37 ID:r0fq3arv
>>230
公魚は文学賞を受賞せよ!
その日まではウジ虫だ!地球上で最下等の生命体だ。

233 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 11:14:50 ID:SQcWa/04
受賞できないから授賞するんだろ。

234 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 11:37:54 ID:bcgvrsfN
>>207
>これじゃあ、ライトノベル出身の作家は馬鹿にされる。
>いくら売れたって、大人物の世界では相手にされない。
子供向けの仕事から相手にされなくなった人間のいうかとかーーー!w
ちったぁマトモなノベライズ書いてからそういう事言えやコンチクショウ。

つうか、あのダメダメ感漂う「発表の児童ミステリー」をさらしながら、
よくもそんな事言えるよなぁ。

235 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 11:44:19 ID:yg2SKfdj
>>229
まぁ、センセーの才能の泉が枯渇することはないわな。
ただ出てくるものの質が悪いだけで。

236 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 11:58:56 ID:kE5HpIyk
おれはこの人は大嫌いだが、今回だけは同意する点が多い。

>書きたい構想が山ほどあるのに、そっちの依頼は来ない
>幾ら書いたって才能が枯渇することはないので、虚しくはないです。
>何であれ、書くのは楽しいですよ。

恵まれた場にありながら、ろくすっぽ書かないまま四十路になってしまった
京大新本格の連中に聞かせてやりたいね。どうせ蛙の面にしょんべんだろうけど。

237 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 13:02:36 ID:8Nhwiesr
オオノって何でもやるんだね。「アドバイザー」って、こういう場合は何なの


谷本蒲鉾店「かまぼこ占い」 新登場!あなたを幸せにする蒲鉾は?
(アドバイザー協力)

↑この蒲鉾店とはどういう関係?
師匠の本に出てくる何とか旅館みたいな形で
登場した縁とでアドバイザーになったとか?

238 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 13:10:36 ID:Ne3egJze
かまぼこ占いをでっち上げてるんじゃないの?

239 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 13:21:05 ID:5p0mRQ3K
かまぼこ占いをでっち上げてるんなら、先生の手法を完全にマスターしてんな。
センセイは昔、中一コースの占いコーナー作ってましたからね。

240 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 13:25:14 ID:fgOdV//Z
>これじゃあ、ライトノベル出身の作家は馬鹿にされる。
>いくら売れたって、大人物の世界では相手にされない。
そもそもライトノベルを描いている作家で、大人物に移行したいと望んでいる数がどれほどいる
ものなのか……。

絶対数で言ったら、確かに移行している人数は少ないとは思う。
でも昨今の、既存の大人物を描いている連中の売り上げが横ばい、あるいは下降線というのも
含めての、「ライトノベルから大人物に、出版社が一本釣りで引っ張り出している」流れに
センセイは気づいていないんだろうなぁ。
角川の野性時代しかり、今月の小説新潮なんて、ライトノベルの作家の対談がどーんと載って
いて、今後、大人物でも書くことが告知されているし、推理小説の牙城・創元推理社のライン
アップを見れば気づくこともあるだろうに。

やっぱり、ブックオフでしか本を買わないから、気づけないんだろうなー。
小説誌のチェックもしていないのに、よくぞ「賞の真相」みたいな嘘八百ほざけるなー。


241 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 13:28:41 ID:cuS7R1VN
馬鹿先生は最近直木賞受賞作家にコバルト出身者が多いことを知らんのか。

242 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 14:29:32 ID:S1O9tE8s
昔のライトノベル(ジュニアノベル、つまり、コバルト作家)には、自分が年を取って
いくにつれて、コバルトで使い潰されないうちに文芸書に移りたいっていうのが
確かにあったけど、今のライトノベル作家にはそんなこと考えている人はほとんど
いないだろうな。


243 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 15:44:22 ID:yg2SKfdj
>>242
ラノベ内での競争が激烈だからだろうねえ。
使い潰される以前に、書かせてもらうだけでかなり大変だろう。
最近のラノベがそういう場所になりつつあるから、大人物でも通用する
作家が出てきているわけだし。
センセイが書いてた頃みたいに、とりあえず書ければいいってわけでは
なくなっているわけだが。



244 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 15:54:38 ID:SQcWa/04
↑桜庭一樹

245 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 16:23:10 ID:552eoOQ2
ラノベがもっと早く現代なみに成熟していれば、
馬鹿詐欺が業界に涌いてくることもなかったかもしれない

246 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 18:25:44 ID:peR2rH5C
だからセンセイは、バブル社会の負の象徴、
日本の恥部と言えるかもしれない・・・

247 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 19:31:42 ID:36oy+6A4
いやでもさ、昔はジュブナイルというちゃんとしたジャンルがあったよね。
それがいつのまにか玉石混交になって(ここでセンセイ投下)、レベルが
下がって、漸く新たにラノベというジャンルとして成立したわけで。
ジュニア小説の質が著しく下がったときにセンセイがあのジャンルで
書いていたというのは、なんつーか、焼畑作家の面目躍如だよなw

248 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 20:43:49 ID:6q30zoSC
焼畑作家>エロの分野から出て行ってほしひ。ほそぼそとしたジャンルなのに〜。

249 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 21:20:01 ID:mW95D7Zz
>虚しいのは、小遣い稼ぎに下読みで箸棒の阿呆原稿を読まなければならない時。

そういや、センセイが下読み兼選考委員wやってる、有料文学賞の最終締め切りがあと二日ですな。
どうも月刊グランプリが与えられたような記述がサイト内には見当たらないんですが、
そんなんで年間グランプリの選考できるんでしょうか。

それともやっぱアレっすか、賞金なんて審査料で小遣いかせぐ為の釣り餌だから、
最初から払うつもりなんて無いですか。

250 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 21:53:51 ID:Ne3egJze
>>248
>焼畑作家>エロの分野から出て行ってほしひ。
心配するな。
エロ分野は読者が凄く厳しいから、焼き畑みたいな売れない作家&
ココロザシの低い作家はすぐに淘汰されて本がでなくなる。
エロは厳しいんだよ。

251 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 22:08:37 ID:y39O7ldb
必ず「エロ小説は厳しい業界だ」とかいう人が出てくるけどさ、
そんなら最初から志のないセンセイなんかに書かせんなよ。

252 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 22:38:50 ID:8Nhwiesr
筆客にいたエロ書いていた渡辺の行方はどうなったかな
乱☆さんと親しいように聞いたが

253 :名無しのオプ:2005/10/18(火) 23:02:15 ID:Ne3egJze
だって俺は編集じゃないから書かせない権限なんかないモノ。

254 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 00:11:57 ID:hcXkTE1x
>249
自分で書いて応募するんじゃないか?

255 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 00:18:35 ID:O4Bd4wDz
厚顔な罵倒と、
手がけたジャンルをことごとく疲弊させるのが
センセイの恐ろしくも偉大な才能。
エロ分野にももうすぐ崩壊の波が押し寄せるであろう。

256 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 00:42:58 ID:JQeFH/ZX
自分が感心するのは
落選した時のことを考えて
普通なら出したとは言わないものを
「まだ結果待ちが六つある」と名村名義で語っていることだ

257 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 01:17:01 ID:cZBNig5a
しかし、エロの保守本流は、バカ先生の本を1冊も出していない。
エロラノベを出した程度じゃ、エロに進出したとは言えんよ。

258 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 08:31:41 ID:DJUX2m7v
エロの場合、読み捨てトラベルミステリなんぞと違って
暇つぶしに流し読みなんて需要は無いよなぁ。

259 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 09:14:30 ID:cZBNig5a
>>258
いや。そうでもない。
キオスクにかなり並んでるところから見れば、読み捨てミステリと
同じ様な需要があると思われる。

260 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 09:50:49 ID:S8wGhaxD
そういやキオスクで痴漢もののフランス書院とか見かけた。
あんなもの置くから、おっさんがムラムラしちまって電車の中の痴漢が増えるんだよ。

261 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 10:47:28 ID:5xcz6Vzc
キオスクのフランス書院はけっこう需要があるよ。
知り合いの40代、50代に聞くと、出張の時はけっこう買うそうだ。

262 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 12:50:02 ID:6jnm/Mjl
>254
応募するのも自分、下読みするのも自分、本選考するのも自分、授与するのも自分、受賞するのも自分。

……すげえ!

263 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 16:13:07 ID:JQeFH/ZX
角川春樹が自分の作った俳句大賞で
自分の句を受賞させたという話
これもすげえぜい
角川と公魚を比較しちゃいかんかなあ

264 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 17:03:30 ID:52SVXcM+
角川社長の話や、ドクター中松の例とかは、まだ笑い話だと思うのですよ。
だれかが損してるわけじゃないっすから。
名村列文学賞をセンセイ自身が受賞とかしても同様です。

ただし、今回の自費出版会社主宰の賞でそれやっちゃうと、
「応募者から審査料として現金を徴収。そして賞金は主催者側のダミーが持ち逃げ」
という、非常に詐欺くさい形になっちゃうんじゃないかなと。

265 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 22:34:54 ID:EhyI+FOU
154 名前: 名無し物書き@推敲中? 投稿日: 2005/10/19(水) 22:33:42
>>153
公魚センセイとかいう人でしょ。
ライトノベル戦艦ものの大家。

やたら視点の統一とか持ち出す人。
はっきり言って小学生の作文レベルのことを後生大事に拝んでいる作家。

いまや人称や視点などフリーに書いていくのが小説の主流なのにね。
音楽にたとえれば、シンコペーションすら認められないのが公魚センセイ。

馬鹿すぎ!

266 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 22:54:35 ID:dggGAgYy
しかし考えてみれば、2ちゃんで34スレも立つなんてセンセイも幸せ者だよな。
凡百の作家なんかスレも立たないってのに・・・。

267 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 23:00:35 ID:NyFfKdMX
>>261
キヨスクで、そういう伝統的(?)なエロ小説の需要があるのはわかるんだけど、
エロラノベとなるとまた話が違うのでは。

268 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 23:19:27 ID:Hq5Kyupd
>>231
ミステリーのトリックは「アリバイは被害者のほうが用意した」という奴、も加えといてくれ。


269 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 23:21:00 ID:cZBNig5a
エロラノベも、読者凄くウルサイの。
だから、センセイみたいな焼き畑が書いても相手にされず、売れないから
続かないよ。
ジャンルを荒らす前に、追いだされる。

270 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 23:28:15 ID:no6/XVqb
だから入ってくる前にせき止めろって
SF協会?みたいに

271 :名無しのオプ:2005/10/19(水) 23:54:00 ID:QQdomwpL
 **********さん、はじめまして。
恩田陸さんですか。よく分からないけど巧い、という変わった作品を書く人ですよね。
恩田さんに会ったことはないですが。

ttp://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031611298&Action_id=121&Sza_id=LL
 ↑こういう与太話を書いてる売れない物書きです。これはまだ発売になっていない
(来週の発売予定)ので画像が出ていませんが。
今年になって6冊目の出版。これで打ち止めか、年内にもう1冊出るか、といったところ。

北村薫『空飛ぶ馬』読了。デビュー作の連作短編。
創元推理文庫だけれど、あんまりミステリー色は強くない。ただ、天才的に巧い。唸る。
どう読んでも女子大生の私小説。ところが、作者は中年のオッサンと来ている。作者名を
隠したら作者は女子大生としか思えない、という筆力が凄い。
デビュー作からこれだけ書ける人が存在するとは、全く、プロにもピンからキリまである。
名村烈


272 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 00:16:31 ID:lEAyXHZ5
>全く、プロにもピンからキリまである。

ホント、心の底から同意っすよ

273 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 00:19:33 ID:DXMlY4zQ
>271
これは、先生は女子大生がすきだ、という感想ですか?

274 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 00:51:28 ID:V9kttAHa
>>271
ホント、箸にも棒にもかからん感想だな。

275 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 01:34:54 ID:Q6KsWvY8
センセが新作の話題したことあったっけ?

276 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 07:58:17 ID:S8b+d1eV
>>275
たぶんない。
それにしてもデビュー当時、ミステリ界であれだけ騒がれた北村薫の「空飛ぶ馬」を、
当時ハードカバーで読むならともかく、今頃文庫で読んでるってなんだかなあ・・・。
普通のミステリ作家なら、自分の業界のベストテン作品ぐらい押さえておくんじゃないだろうか。

277 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 09:13:53 ID:UjM6dQOx
>どう読んでも女子大生の私小説。ところが、作者は中年のオッサンと来ている。
こんなことに感心してるということは、馬鹿詐欺という中年のオッサンは、若い女性が書けないということだな。
若桜木虔 妖精の罠 「美穂と百合は女子校のおニャン子」
なんて、おっさん臭いJKなんでしょうなあ。

278 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 09:32:26 ID:561RKNPd
>>276
10年以上前の作品を読んで、今のミステリ界はどうこうとぼやいたりね。
ブックオフの本読むより、本屋で各誌の書評欄を立ち読みした方がまだ恥かかずに済むんじゃないか?

279 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 09:38:20 ID:4jXH3x2S
よくも毎回毎回、新しい人がMLに来るたびに自著を紹介するなあ。
MLに前からいる人にとっちゃ、ウザーだろうな。新しくきた人に、「プロの作家さん!」とかって
思ってもらって、うまくいけばだまくらかして買わせるのが目的なんだろうが。

280 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 09:45:49 ID:WM+0SDbw
>>277
女子大生の別人格を創ろうとしているのかも。ちょっとワクテカw

281 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 10:22:23 ID:uyvRKnow
ほんと、だれか説教してやれよ。

282 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 10:44:30 ID:5Yagvskb
東大出たというプライドで生きている人だから
何をいっても無理ですよ

283 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 11:21:37 ID:hayvkaNW
>「美穂と百合は女子校のおニャン子」
 ここからして既にオヤジw


284 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 12:14:33 ID:5Yagvskb
ミズノミホと
オオノユリコを
かけたのかいな

285 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 12:31:32 ID:3D665ZI2
うわぁぁぁ。

そういや以前言ってたな。
「狙ってる女を主役にして活躍させて喜ばせる」って。

286 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 14:40:40 ID:Isl8FkR/
この人、古いミステリをブクオフ100円で読むばっかで
エロ小説なんかまったく読んでなさそう。
でも「おれってなんてエロい文章を書いてしまうんだ!」
としっかり勘違いだけはしてるんだよな、きっと。

出版社ごとつぶれてしまえ、と作家養成講座を持ってるオレには
念じる権利、あるよな?


287 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 15:48:05 ID:Isl8FkR/
読み返すと、頭のイタイ人の書き込み or センセイみたい。反省。

仕事に対してのいい加減なスタンスを公言するセンセイに
ちょっと腹がたっただけなんだ。ごめんね出版社のひと&センセ。

288 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 16:27:17 ID:G6dydwbD
>284-285
いや、その本のタイトルぐぐってみろ。
1987/03/20刊の作品だ。

289 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 16:41:25 ID:hayvkaNW
ただただ悪口を書き込まれるだけで、スレが34本も立つとは
武道板の石○スレ(ただただ悪口で45スレ)に匹敵する
2ちゃんねるの2大巨頭ですね。

290 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 16:52:46 ID:5Yagvskb
森博嗣批判から今日まで来たという凄さ。
彼の森博嗣に対する積年の恨みは
メフィスト以上の賞を取るまで晴れまいねえ

291 : :2005/10/20(木) 17:25:39 ID:y5OxsSVn
>290
>彼の森博嗣に対する積年の恨みは
>メフィスト以上の賞を取るまで晴れまいねえ
じゃあ、ずっと晴れねーじゃん。

292 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 18:54:32 ID:aH/tnKsI
>>279
そういえば、名指しで訊かれたワケでもないのに勝手に
独り善がりな返答を一方的に書き付けて場をしらけさせた
ことを他の参加者から注意されて、それに逆にかみついてた
いざこざはどうなったんだ?

293 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 20:23:10 ID:uRHfFz6M
>>292
都合の悪いことや些細なことは三歩も歩けば忘れるやつだから。

294 :名無しのオプ:2005/10/20(木) 20:45:30 ID:qdbn1nO3
きっとさ、小山の大将が好きなんだと思うよ。
「俺が指導してやるよ。お前らついてくれば作家になれるから、俺を師と仰げ!」みたいな感じ。
小説教室といい、公募ガイドといい、筆客商売のHPといい、このMLといい、
自分を師と仰いで尊敬してくれる取り巻きを作りたくてうずうずしてるのがミエミエ。

駄作を書き連ねることと、他の作家を罵倒すること以外では、公魚の活動は
自分を尊敬してくれる他人を作り出すことに費やされてると言っても過言じゃないと思う。
作品が売れないため尊敬されない心の穴を、そうやって埋めてるんだろうな。

尊敬されたくて尊敬されたくてたまらないのに、誰も尊敬してくれないから、
尊敬してくれる人を自ら作り出そうと、あちこちに顔を出して師匠面するんだ。
ある意味、可哀想な人だね。

295 :名無し草:2005/10/20(木) 22:53:27 ID:P+eo30Qi
北村薫をまだ読んでなかった(いや読んだけど忘れたのかも)って?
ヒェーーーーーッ、ほんとにミステリ作家(それも同年代の)なの?

296 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 00:19:47 ID:1CR06thd
いいか。
センセイはミステリー作家じゃないんだ。
ただのライターなんだよ。

297 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 00:41:35 ID:acABUUVd
ミホに去られてから
この人、運気が落ちたのでは?
大野も去ったけど、あれはどういう理由かな。
エロ書いていた渡辺も、OBにも名前無しで消えているし。

298 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 01:23:51 ID:o811LeBa
>>296
つうか、ライターの方が大成してたような気がするなぁ。
あの速筆とか、強引さとか、速読での情報収集とか。

299 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 01:37:37 ID:A3EX1Vgh
大成はしなかっただろう
使い捨てライターは人間関係で問題起こしたら仕事の場を失うだけ

300 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 02:03:20 ID:Z95YDMfl
杉村たいぞうの師匠になりたがってる大仁田みたいなものか。
芸人でも芸のないヤツほど、人に教えたがると小朝が言ってたな。

301 :名無しのオプ:2005/10/21(金) 13:37:57 ID:MQdqqTcM
>>299
 ダイソー100円ライター。

302 :名無しのオプ:2005/10/22(土) 08:49:15 ID:kJK60I+b
 平石貴樹『だれもがポオを愛していた』読了。
 これは傑作。純文学デビューでエンターテインメントに転向した?東大教授。

 高田崇史『試験に出るパズル』読了。短編集。
 変な小説集。面白いが……。

 氷川透『見えない人影』読了。
 駄作。まだ10作も書いてないのに、もうネタが尽きたか――という印象。
名村烈


 駄感想文。もう10年以上も書いてるのに、批評眼も素人以下か――という印象。

303 :名無しのオプ:2005/10/22(土) 09:01:55 ID:Xw/TYZc7
>>302
これってMLで晒してるの?
周囲に恥を晒してるようなもんだね。よくML読んでる人は我慢してるな。

304 :名無しのオプ:2005/10/22(土) 13:02:10 ID:6lc5gFoD
若桜木日記は七月から止まっちゃったね
ミホの暴露時点から
多少は恥ずかしさが芽生えたのかな。
日記をこまめに書く以上は
「今日は裁判所に行きました。だから
執筆の時間がありませんでした」などと書かないといけないからかな。
名村として活躍することに決めたのかしら

305 :名無しのオプ:2005/10/22(土) 17:26:13 ID:p0qDfAtE
>>302
東大教授というのが思い切り効いているようで。

306 :名無しのオプ:2005/10/22(土) 19:43:57 ID:S9cLCTUh
>>304
どこかで、和解条項に日記を書かないとか出されたんじゃね
と推論されてた
いまでも場所移しただけで変わらんけどナー

307 :名無しのオプ:2005/10/22(土) 20:26:46 ID:14gRBg2a
若桜木という作家は死んで、名村として新生したわけですな!

  ・・・でも、中身は前と同じ(゚∀゚)アヒャ

308 :名無しのオプ:2005/10/22(土) 21:50:53 ID:2cc7fg8E
これ、MLにあったの名村宛の返信だが、先生が一番喜びそうな反応だな。
 ↓
与太本なんてとんでもないです。
商業的に売り出されてるなんてすごいですね。
僕も書き始めは、欲望と幻想のみでした。
どんどんエンターテナーで勝負してください。
僕も名村さんみたいになれればいいな。


309 :名無しのオプ:2005/10/22(土) 23:52:55 ID:5GQtxrxK
>>308
すげー、このスレの住人からすれば釣りにしか見えないなw

310 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 00:47:08 ID:STXHDchT
だって彼はたくさん
中古パソコンもっているから
自作自演も充分に考えられるよ

311 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 05:09:06 ID:siAy4Iuv
MLの人はほとんど相手にしてないと思うよ、
一応プロだって事で質問したりする人はいるけど
皆取捨選択は心得てるからね

312 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 08:02:33 ID:v1tNBwj+
>>308
必死に縦読みを探す自分がいる。

313 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 08:34:21 ID:NEXrCLWy
月の夜さん
>ところで一つ質問なのですが、名村様の読書スピードはどのくらいなのでしょうか
>?
200P強の普通のノベルスや300Pくらいの文庫本(原稿用紙換算で400枚
くらい)で、1時間です。これは熟読の場合。
下読みだと、すっ飛ばして読むので、30分です。
だいたい名うての評論家クラスだと、このスピードは標準で、特に私だけが早いわ
けではないです。
このMLに頻繁に読書記録をUPしてますが、だいたい400枚くらいの長編を2
週間で書き上げる作業や下読みと並行に、なので、読書だけに専念すれば10倍は読
めます。

>それと、そのスピードまでもっていくのにどのくらいの時間を要しましたか?
わかりません。昔から読むのは早かったですから。1日に文庫本を25冊読破した
経験もあります。これは病気で倒れていた時。
速読のトレーニングは個人差が大きいです。パソコン・ソフトで訓練する場合、早
い人なら即日で速読できるようになり、まあ、長くても1週間。
しかし、絶対に修得できるわけでもなく、100人に1人くらいは上達しない人も
いるので。
だから最初は最も安いソフトで試してみるのが利口です。
ttp://www.pc-sokudoku.co.jp/form/order.html
 ↑の最も安いソフト。
この金額でも踏ん切りがつかない人は、お試しレッスンが1回1000円なので、
それを近所の教室で受けてソフトの中身を見れば良いと思います。近所になけれ
ば……賭けですね。

富樫倫太郎『陰陽寮』第7巻読了。
大風呂敷が果てしなく広がっていく。どうするつもりだろう、この作者?
作者が死ぬまでに話が終わらない気がする。
名村烈

314 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 08:35:23 ID:NEXrCLWy
す、スマソ。個人名を消し忘れたorz

315 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 10:28:17 ID:NqP5U8Ky
「従兄弟に速読法を習いました」くらい書いたらどうなのかねえ。
さすがにそこまで露骨な嘘は書けなかったのか
それともキャラを使い分けるのを忘れているのか。

316 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 10:34:36 ID:AxcZ0goZ
もう、キャラの使い分けなんてとっくに忘れてる。
つーか、頭にない感じだよね。

317 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 10:36:46 ID:z7ZeWrw1
ひょっとして霧島那智が全滅してることにも気付いていないんじゃないか?

318 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 10:48:40 ID:9JRCpVpq
>>312
文末を縦読みすると、拗ねたいな、と読める

319 :名無しのオプ:2005/10/23(日) 19:54:56 ID:z7ZeWrw1
うーむ

320 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 02:44:10 ID:LxdrTgVf
>>308 ワラタ
これ、作家になりたての新人に対してなら賛辞だけど、
数十年文筆業やってるセンセイに言っちゃ皮肉でしかないっしょ。

「あなたの名前見たことも聞いたこともなかったけど、
職業作家なんですか。へぇすごいですねぇ」

って言ってるんだから。

321 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 04:31:01 ID:laeb8h3U
こういうのどうかな?

名村さんへ

わかりやすく解説していただいてありがとうございます
かつて私は作家を目指していたことがありまして
さきほどのことで悩み、結局挫折してしまいました
ぎりぎり大学を卒業して今はしがないサラリーマン
のうのうとしてもいられない状況になりまして
バリバリに働いても報われない。そんな日々に疑問を抱いているんです
カッとなって同僚に暴言を吐いたり、色々しんどいんですよ
ただ、空しさを埋めるためにまた小説を書き初めてみました
レイモンド・チャンドラーみたいなハードボイルドを執筆してます

322 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 07:04:43 ID:1a64TnzV
分かり易い!

323 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 10:22:11 ID:V2ALKNBt
 城平京『名探偵に薔薇を』読了。鮎川哲也賞候補作。
 傑作。久々に遭遇した大傑作。
 惜しむらくはデビュー作なので、諸々の描写が荒く、生硬で、遊びがない。
 この1.5倍〜2倍くらいの分量にして、きっちりメリハリを描き込めば、すごく
評価が高くなったと思う。
 とてもじゃないが、私の凡庸な頭脳では、こんな込み入ったドンデン返しは書けま
せん。
名村烈


あ、珍しく褒めてる。
読んだことない作品なんだが内容的にはいかがなもん?

324 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 13:05:26 ID:Baan85Z/
まあまあ面白かったけど大傑作ってほどでもない
馬鹿詐欺に誉められるのもなんか微妙だろうなー


325 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 13:26:43 ID:0rcv92eX
>>321
傑作。久々に遭遇した大傑作。
とてもじゃないが、私の凡庸な頭脳では、こんな込み入った縦読みは書けません。


326 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 13:39:32 ID:TiPZWTkb
公魚センセイも
応募したら軽く取れると吹聴していたのに
落選したから
多少は謙虚になったのでしょう。
それにしても、まだ名村名義で六つも送っているって
戦果は如何なものかな


327 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 14:51:51 ID:tgmCQuGY
既成作家が何でいまさら新人賞に応募してるの?って
あそこでナムラーの相手してる人はなんで不思議に思わないんだろう?

328 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 15:23:59 ID:0y8qzvCq
>>327
答え:名村がいいネタだとみんなわかって相手しているから。

329 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 18:00:33 ID:0pFFw4kJ
>>328

「ねえママ、あのおじちゃんいい年こいてるのに昭和四十年代生まれだとか従兄が
 どうだとか、職業作家がどうだとかいろいろ言ってるけどほんとは」
「しっ、目を合わせちゃいけません!」

みたいな感じ?w


330 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 18:59:22 ID:uv8jbtgQ
神津慶次朗『鬼に捧げる夜想曲』読了。鮎川哲也賞受賞作。
下手糞。横溝正史『獄門島』『本陣殺人事件』のパロディ。
――と思って読んでいたら、尻上がりに良くなった。トリックが良い。これなら受
賞作に値する。
とはいえ、パロディ色が抜けず、エンディングは蛇足だし、動機は不自然だし、傑
作とは言い難い。
しかし、作者の年齢を見たら19歳だった。これは将来性を買っての授賞だったの
だと納得が行った。
通常は選考時に作者のデータは伏せられるのだが、これは編集部が選考委員に「こ
の作者は実は19歳なんですよ」とバラしたに違いない。何と言っても作者が若いの
は編集部にとっては魅力だから。
名村烈


331 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 19:28:29 ID:KKswK096
若さに嫉妬するのはなんか基本パターンだね

332 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 21:14:01 ID:5eR/zt3X
ストライクバック使いたいなら、プロヴォックとかオススメよん。

333 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 21:16:07 ID:5eR/zt3X
……誤爆するにも程がある。orz

334 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 21:23:50 ID:90KnXA49
なんかヘンなのがMLに出没しているなー
--------------------------------------
確か、選考委員にある意味親睦さえあれば、
選考に乗っかるらしいじゃないですか。
勿論、ある程度の筆力のある小説でないと
ダメだとは思いますが。
だから、ぼくはそんなものは関係なくエンタメできる
赤川次郎さんとか、このとびの名村さんとかのほうが
素敵に思えます。
わたくし、直木賞候補になりましたのよ。
芥川賞受賞しましたのよ。
っていうより、自分の書きたいものを書いて
みんなに見てもらう。
それが小説なんだと思います。
最初はみんな血を吐きながら文壇を作ったのに
今では、出版社が売り出したいものが賞をとる。
そんな時代なんです。
競馬でもそうですけど、レースを楽しみたいのか、
馬券を取りたいかの違いですね。
もちろん、レースを楽しめて馬券を取るのが最高ですけどね。
風門師でした。

335 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 21:24:39 ID:90KnXA49
↑ スンマソン.名前を伏字にし忘れた・・・ 逝ってきまつ・・・・

336 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 22:54:09 ID:YTIidBvw
>>334
あかん、本文読むまえに縦読みしてしまった。
なんか最近、ビョーキだな。

337 :名無しのオプ:2005/10/24(月) 23:09:52 ID:16dRmPcV
>>334
先生に対する皮肉にしか見えないんだが・・・
天然なのか?

338 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 03:05:00 ID:/vPRckAj
>>334
確認してきた。>>308書いた人と同じだ。
ここから乗り込んでる釣りなんじゃないだろうか、もしかして…

339 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 07:12:33 ID:mHXlzT8b
 カントリーロードさん
> 直木賞は純文学だと思っていたのに、エンターティメント性も必要なのかしら。
 それは大きな勘違いです。直木賞はエンターテインメントの最高峰です。
 エンターテインメントの新人賞のトップが江戸川乱歩賞ですが、藤原伊織が『テロ
リストのパラソル』で乱歩賞と直木賞をW受賞したでしょう。
 私も直木賞を目指します。遠い目標ですが。大手からハードカバーで出さないとノ
ミネートされない内部事情があるので。稀にソフトカバーでノミネートされるのは、
よほど強力なコネがあった場合のみ。
名村烈
===============================================================
みんな!とうとう先生が直木賞を目指すんだそうだ!

340 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 07:27:42 ID:GKhCB4eA
脳になんか湧いたんだろうな>直木賞
そんなことより、氷川透「見えない人影」って知らんかった。
氷川好きなのでさっそく探しに行こうっと。
こんなバカでもたまにはなにかの役に立つもんだな。
ありがとう、バカ先生。

341 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 07:39:00 ID:/vPRckAj
みんな、個人名は伏せような…
興奮する気持ちは解るが、読み直そうぜ

342 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 09:45:11 ID:8yhlMRKd
直木賞といえば白石なにがしが
高齢で受賞したように聞いたが。あれはどういうジャンルだったかな


343 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 10:02:33 ID:c6l430Wn
>>330
うーむ。
「19歳だと編集部がバラしたから受賞できた」ってなんだよ。その下品な妄想は。
俺別に神津なんて作家どうでもいいけどさ、
仮にも唯一の本格ミステリ専門賞を名乗る鮎川賞って、たぶんそういう賞じゃないだろ。
本当に下品な物言いしかできない人だな。
たとえセンセイが19歳で鮎川賞に応募しても、絶対に一次落ちだと思うぞ。

つーかなんでMLの他の読者は、こんな馬鹿で下品な発言に文句言わないの?
俺なら噛みついちまいそうだ・・・。

344 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 11:17:02 ID:8K68Bjof
>>342
白石一郎なら確かに受賞した(八回目にして)
最高齢&最多候補エントリーなら古川薫

けど直木賞がエンタメ系最高峰の賞なんて違うがな(知名度なら別)

345 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 11:21:21 ID:uUOmXyRy
>>343

>つーかなんでMLの他の読者は、こんな馬鹿で下品な発言に文句言わないの?

関わりたくないのでスルー。


346 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 15:04:21 ID:3xR/H2x4
 ***さま
>名村様のどの作品が一番素敵でしたか?
ttp://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031426881&Action_id=121&Sza_id=C0
↑自分的には、これです。当たらなかったと見えて、話が終わってないのに続編の依頼が入りません(笑)。

中町信『模倣の殺意』読了。35年前の乱歩賞候補作。
再読。現在の叙述トリックは、全てこの作品が起点になったと言って良い。
現在の時点で読むと大したことはないが、当時のミステリー界の状況で
『コロンブスの卵』と言える盲点を突いた点では歴史的な傑作。
名村烈


347 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 18:57:18 ID:dAZMe56j
>>343
>俺なら噛みついちまいそうだ・・・。

みんなウォッチャーなんだよ、きっと。

348 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 19:44:57 ID:eVgvaUcy
>>346
なぜ当たるように書かなかったのですか?
と問いつめてみたい。

349 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 20:40:12 ID:xNLYJ7K4
>>346
>名村様のどの作品が一番素敵でしたか?

こいつ絶対2ちゃんでのネタフリに話しふってるだろw

350 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 21:49:07 ID:ieUkwIug
つーか、直木賞って一度同人誌の作品が受賞したことなかったっけ?

351 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 22:28:44 ID:Y8kxlLvU
>>350
詳細希望

しかし、作家ワナビーの集まるMLで、直木賞を純文学の賞だと思ってる奴がいるとは。。

352 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 23:16:29 ID:tfS8n/OD
>>351
まぁ、「どうやって応募すればいいんでしょうか?」って香具師がいなかった
だけよしとしよう。

353 :名無しのオプ:2005/10/25(火) 23:19:18 ID:hCy3cnAk
>>351
ネタじゃないの?

354 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 03:25:47 ID:FXq3J0SR
>>349
だって、この質問ふっかけたのナムラーのリーダーだも。
一時期粘着してた人。

355 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 07:17:47 ID:mkkRiE8y
>>351
同人誌「近代説話」
寺内大吉「はぐれ念佛」第四十四回(昭和三十五年下半期)
伊藤桂一「螢の河」第四十六回(昭和三十六年下半期)
永井路子が「炎環」第五十二回(昭和三十九年下半期)
同人誌「VIKING」
津本 陽 「深重の海」第七十九回(昭和五十三年上半期)
過去にはもっとあったと思う。

356 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 07:41:33 ID:aJowfODg
昔ウルトラクイズで「直木賞と芥川賞。両方を受賞することは出来る。○か×か」
という問題が出題されたことがあるし、辻仁成は「今度は直木賞を目指してください」
と岡江久美子に言われたそうだ。素人の認識ってこんなもん。
プロ志望の奴とかがそう言うのは問題だが。

357 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 08:54:03 ID:Ghuqdv0p
本日の名村発言の一部。
------
×××さま
> 本人に聞きたいとしたら、どれが一番売れて、何部出版されて何回増刷したのか? ですね。
売れてない、って言ってるでしょうが。刷り部数は10000部。増刷経験ゼロ。
従兄は100刷を越えたのがありますけどね。伯父ともなると、いったい何刷りだか知りませんが、
600万部ってのがあるし。私は一族の落ちこぼれです。
名村烈
-------
*******さん
> 西尾維新なら勝てるかもしれない。
> どこかのインタビューで「調子が良い時は一日に二百枚書ける」って言ってたような気がするので
1日200枚だと、胡桃沢耕史・梶山季之さん――いずれも故人ですが――と同じですね。
従兄は1日150枚が最高ですが、1カ月トータル2800枚の記録を持ってます。

私は……月に1000枚がやっとです。
名村烈

358 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 09:00:36 ID:qd3VNASw
伯父って、だれだっけ?


359 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 09:05:47 ID:/1LJSHdn
脳内ヴァーチャルおじさんが多すぎて
誰が誰だかワケワカメですねw

360 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 09:35:37 ID:s1/Qh0JY
学術書だか参考書だったかと>伯父

361 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 09:51:51 ID:TH/qpjmZ
>名村様のどの作品が一番素敵でしたか?

の返信。

>例えば、赤川次郎が何で素敵かというと、
>何でもない私小説的な話がポップで落語的で
>落ちがしっかりしてるから。
>名村さんのどこが素敵かは、自分で見つけてください。
>僕としては、目指すもののひとつとして捉えさせて下さい。

362 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 11:13:25 ID:jt+6bpTe
名村の著者近影は一枚もないんか?

363 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 12:13:48 ID:XqEBFo0v
前に
「写真を見ろ」と名村がスレに書き込んでいたのだから
ダミーの写真を出すことは分かっているから見ても意味ないじゃん。
あの時は詳細を知る人が「新潮選書に若桜木の別名
名村」と書いていると指摘して
論争は終わったんじゃなかったかな。

364 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 12:31:27 ID:jt+6bpTe
そうか。初心者ですまぬ。
解説ありがとう。


365 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 12:41:37 ID:fCghG8Pl
誰かMLの参加者、センセイの書評の真似をして「新本陣殺人事件」の書評をMLに流してくれないかな・・・。
警察官は馬鹿と間抜け、トリックは思わず臍が茶を沸かすような超弩級に最低な出来で、
とても文春5位になる作品とは思えないとか何とか書いてさ。

別人の名村烈だと言い張ってるセンセイがどんな反応を示すか見てみたい。

366 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 13:25:15 ID:qd3VNASw
だけど、イトコの関係なんだから、普通に怒るんじゃないかな。

367 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 15:41:20 ID:Ghuqdv0p
松尾由美『ブラック・エンジェル』読了。
処女長編。あんまり感心しなかった。創元推理から出ているから、てっきりミステリー
だと思って読んだら、SFファンタジーだった。
可もなし不可もなし。こういうのが好きな人はいるかも知れないが、私の趣味ではない。
名村烈


368 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 16:23:15 ID:YLAhIbhY
新刊を読め、新刊を。
十年後くらいに「容疑者xの献身」褒めてたりしたら本当の馬鹿。

369 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 16:46:37 ID:qd3VNASw
こういう古本の読書感想文って、MLに流すべき内容なんでしょうか?
名村名義のHP作って、そこでやるべきじゃないの?
ああ、でも、センセイとしては、やりとりがしたいんでしょうね。
プロ作家として威張りたいから。

370 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 17:01:50 ID:odFxQxoI
>>362
> 名村の著者近影は一枚もないんか?
たぶんこれじゃん?

tp://www.mystery.or.jp/member_image/0396.jpg

371 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 17:34:53 ID:jt+6bpTe
>>370
d。つまりこのオサンが毎日MLで毒づいたり、
エロ書きなぐったり、架空戦記書き飛ばしたり
してるんですね。

372 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 17:37:03 ID:qd3VNASw
いや。
370の人物はセンセイじゃないと思う。
もしくはえらく若い時のものとか。
パーティであったセンセイは、こんな風格はなかったぞ。


373 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 17:38:52 ID:gaL2TC+W
はて、伯父も本人だったっけ? それとも、バーチャル伯父だっけ?

374 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 17:50:42 ID:jt+6bpTe
>>372
若い頃のセンセイじゃないんですかねえ。
霧島でみぽーと並んでる写真、こんな感じの顔だったから。

センセイの脳内設定は理解しづらいよ。
本人がワケワカメになるのも当然か。

375 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 18:09:55 ID:oZziaykn
既出かもしれんが、今日名村劣の著者紹介読んで笑った。
「大手証券会社に勤めるかたわら、ホラー小説を発表。(中略)
長期入院中に読んだ架空戦記小説の面白さを知り(こんなようなちょっと変な日本語だった)、書き始める」

「長期入院」ってところがミソだなw

376 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 19:28:53 ID:s1/Qh0JY
>373
伯父はリアルでどっかの先生(大学教授だっけ?)だと記憶している
サイトの日記の過去ログ漁れば出てくるはず

377 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 19:38:07 ID:sCuPFDKR
>370
っつーか、日本推理作家協会の公魚センセイのお写真ですな。(アドレス遡ってみるべし)
ナムラー氏の写真見たかったら、古本屋巡るしかないのかな?

378 :377:2005/10/26(水) 19:41:39 ID:sCuPFDKR
レス先間違えたorz

379 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 19:54:02 ID:fCghG8Pl
>>367
ML読んでる誰か、お前の趣味なんかどうでもいいって突っ込んでやれよ。

380 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 20:07:33 ID:szHGDQfz
いい加減しつこい>fCghG8Pl
だったら自分がML入って直接意見すれば?多分名村同様にMLメンバーからは
冷めた目で見られてスルーされるんだろうけど。

381 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 20:13:56 ID:fCghG8Pl
>>380
気に触ったなら済まない。
しかしこのMLには興味があるよ。実際読んでみたいな。
テンプレには入ってないけど、過去ログ探せば見つかるかい?

382 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 21:35:01 ID:9jpwkYF9
ダイソーでセンセーの本があったのでつい衝動買いしてしまった……
「W殺人の謎」とかいうやつ。
主役の男女の口調が似すぎていて、どっちのセリフだかマジでわからん。
もっと読者に気をつかってくれ!

383 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 21:51:03 ID:PVJSr9pN
>>382
おかしいね〜、一行開け論争では、目の不自由な方の事まで考えていた先生がw

384 :名無しのオプ:2005/10/26(水) 21:57:28 ID:0A9Czn7Y
>>381
http://groups.yahoo.co.jp/group/yumetaba/ ほれいってこい。期待してるぞ。

385 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 00:14:28 ID:ALB1xYjT
期待!

386 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 08:36:43 ID:7kf8Y1Hw
 **********さま
> 話が終わっていないにもかかわらず…というのは作家として悲しいことですね。
いや、これだけじゃないですがね。途中で打ち切りになった作品だらけですよ、私のは。

> んでも、続編をたのまれないよりもっと悲しいのって、書きたくもない続編を書くことなんですかね?
従兄は、こっちが多いですね。「いやになる」とか愚痴りながら書いてます。悲しいより、意欲が湧
いてこないとか、ネタが出て来ないとか、そういうことらしいです。
名村烈

387 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 08:39:30 ID:aJZ3up8n
>従兄は、こっちが多いですね。「いやになる」とか愚痴りながら書いてます。悲しいより、意欲が湧
>いてこないとか、ネタが出て来ないとか、そういうことらしいです。

なんか親会社からこき使われてる町工場の親父の愚痴みたいだな。

388 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 10:34:01 ID:AfnysohW
このスレには名村さん名義でセンセイ登場しなくなったけど
ああいう人だから見ているでしょ

名村になりきってみても
空しくならないものですか


389 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 17:25:09 ID:hrnMHbJ/
***さん
>売れない原因の考え方を再検討した方がいいかもね。あたしもいつもしてるし。
 売れない原因はツキがないからです。もう、はっきりしてます、それは。

>名村っちも文フリとかで手売りしてみたら、お客様の反応が直接見えて来るかもね。反省点は反省しないと商売に結びつかないわよ。
 手売りで10000部を? 冗談でしょう。この業界で15年もやってる人の言葉とは思えませんね。

>品質あっての信用だし。
 信用はありますよ。信用があるから、執筆依頼も来るし、下読み選考の依頼も来る。〆切を破ったことは1度もないし。書いてる作品の質が悪かったら下読みの依頼も来ませんて。
名村烈

390 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 17:37:12 ID:Loc5YT3+
本気で自信があるのか……。
うーむ……。

391 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 17:43:41 ID:+Sjhz2KR
なんか下請け業者の職人魂みたいなノリだな。
下読みの仕事なんかしないで執筆に没頭すりゃいいのに。

392 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 18:05:20 ID:p5KLjmMS
> >品質あっての信用だし。
>  信用はありますよ。信用があるから、執筆依頼も来るし、下読み選考の依頼も来る。〆切を破ったことは1度もないし。書いてる作品の質が悪かったら下読みの依頼も来ませんて。

〆切を破らないのは社会人として当たり前だ、ってのはさておき。
名村氏の場合は〆切を守ることにおいてのみ信用があるから依頼がくるんでしょ?
たぶん下読み選考なんて頼まれたことないんでしょ?
作品の質なんて考えたことないでしょ?
本当は10000部も刷ってもらってないんでしょ?
変な自信を捨てて橋のたもとで詩集を売るところからスタートすればいいんじゃない?

393 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 18:06:33 ID:+y4LFAqD
>手売りで10000部を? 冗談でしょう
発行部数と実売数が摩り替わってますがな。

394 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 18:19:31 ID:ieUZe1oe
質が良くて信用もされてりゃ下読みじゃなくて選考委員の依頼がくるだろw
ていうか>>389はもう名前伏せても意味がない希ガスw

で、>>381は結局口だけだったってことでFA?

395 :377:2005/10/27(木) 18:27:00 ID:jdR4wfoU
>392
>橋のたもとで詩集を売るところからスタートすればいいんじゃない?

新人として投稿すると箸棒作家でしかないって事は、センセイ自身の言
「何通も投稿している」「受賞していない」
からも証明されてしまっているので、その選択肢はない。

396 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 18:47:44 ID:mBJRXFPi
ツキがないだけって言い切るところがすごいな。
典型的な負け犬発言じゃん。

397 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 19:07:07 ID:7kf8Y1Hw
***さん
>> 売れない原因はツキがないからです。もう、はっきりしてます、それは。
> 何シロートみたいなこと言ってんですか。
> 仮にもプロならそんなこと言っちゃだめでしょ。
**さんこそ、何を言ってるんですか。仲間のプロは、みんな言ってますよ。売れるか売れないかは
ツキ次第――これは映像化されるか否か、ってことですが。内田康夫さんだって、そう言ってたし。
プロなんだから、全力投球して良い作品を書くのは当たり前。それが当たるか当たらないかは、運
が分ける。それ以外になし。

> 誰も手売りで一万部なんて言ってないって。
じゃあ、何部? 500部や1000部くらい売ったって、傾向は分かりませんて。手売りで同人誌を
1000部も売ったことありますけどね。そもそも同人誌を買ってくれるような購買層は一般読者層と
は違うんだから、10万部を目指そうと思ったら何の参考にもなりません。
1000部よりもっと多く手売りで売るのは尋常な労働じゃないですよ。そんなエネルギーはないです。

> 読者に対しての信用は?
第1の読者は編集さんですよ、私のような売れない物書きには。編集さんの信用さえ獲得しておけば、
取り敢えずは食いっぱぐれない。で、食いつないでおいて懸賞に応募してるんですよ。
読者に対しての信用なら、固定読者はいますけどね。常に低値安定で一定部数は売れるってことは、
読んでくれた人は次も買ってくれるってことで、中身を信用されてるってことだと思いますけどね。

> 最近名村っちってば発言にかわいげがなくてつまんなーい、
別に**さんに可愛がってもらわなくて良いです。編集さんなら可愛がられるように努力しますが。
名村烈

398 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 19:23:49 ID:/LpKGExG
なんつーか名村必死だなw
煽られて顔真っ赤にして書きこんでんだろうな。

あと「従兄」という単語がまた出てきているのは
>>315-316を読んだからかな?

399 :377:2005/10/27(木) 19:37:42 ID:jdR4wfoU
>読んでくれた人は次も買ってくれる
んだったら、シリーズ打ち切りとか無いだろ?

400 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 19:40:39 ID:nfIQrYvV
まあ売れた人間に面と向かってそういう話題振ったら
「運が良かったんですよ」と言うわな、普通。

401 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 19:46:14 ID:p5KLjmMS
内田康夫と面識があるのか名村氏。今度どんな人なのかきいてみよっと。

> > 誰も手売りで一万部なんて言ってないって。
> じゃあ、何部?

このへんが子供ですね。昭和四十年代生まれでこの子供っぷりは救いようがないですね。
きっとモニタにかじりついて泣きそうになりながらレスつけてるんでしょうね。
たぶんこのスレも常時監視してるんでしょうね。
そんなことしてる暇があるなら下読みとかいう架空業務に専念しろよと小一時間…


402 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 19:48:36 ID:hrnMHbJ/
いたいけな中学生がだまされている!
===================================================================
同意。感情的対応を見せる白石さんと、あくまでも冷静に交わす名村さんの対応。どちらが大人としての品格があるかは一人の中学生の眼から見ても良く分かります。

 挑発してみたり、軽蔑してみたりする前に、もっと生産的な議論をしましょう。

 それとも、生産的議論ができないほど国語力に欠乏していらっしゃって?<**さん

> ++++です。
>
> > 名村烈様
> >  ***です。なんかまた違う傾向のストレートなナムリズムが新鮮。
>
> いい加減、しんかい6500でもレンタルして
> マリアナ海溝の闇底で論争して頂けませんかね。



403 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 19:50:55 ID:ieUZe1oe
>同意。感情的対応を見せる**さんと、あくまでも冷静に交わす名村さんの対応。
>どちらが大人としての品格があるかは一人の中学生の眼から見ても良く分かります。

>挑発してみたり、軽蔑してみたりする前に、もっと生産的な議論をしましょう。

>それとも、生産的議論ができないほど国語力に欠乏していらっしゃって?<**さん



粘着んが中学生に怒られてた。ていうか、また面白いのが湧いてたね。
何だかもうあのML自体が巨大な釣堀に見えてきたよ。

404 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 19:51:47 ID:ieUZe1oe
オゥアーorz

405 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 20:11:26 ID:hrnMHbJ/
あ。でも、この中学生もあんまりかしこくないわ。
ってか、自分がちょっと実年齢の同世代のやつらよりもかしこいと思っているだけの
知ったかのようだね。

=====================================================
(略)
> やっぱり、色々読んでる人のほうが先いってるって。
> あ、このモチーフってあの小説使ってたから、やっぱ無理。
> とか、このプロットって使い古されてたんだとかね。
> うーん、ここで書くのもなんだけど、
> 殺人者の息子が殺人者になるってのは、随分古いです。

ですね。たしかに、昔そういう小説がありました。
氷点でしたったけ。

> ドラマでもそれ使わない事がないほどに。
> どうせ書くなら、首都圏に住めなくなった住人が、
> あまりの政府の弾圧に反抗して
> 首都防衛軍の裏に金をつかませて。
> やりたい放題、首都を制圧するくらいの
> 感覚がないと、面白くも何ともないです。

そうですね。労働組合執行委員長の息子で、公安から嫌がらせをうけて〜とか(w

> そういう風門師も、二世、三世問題には大変興味
> あります。海外でも日本人の二世、三世を話題にした
> 小説はかなりありますので。
> どの小説??ってきかれても、お答えできませんが。

 最近はやったのでは、金城一紀の「GO」とか。


406 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 20:22:14 ID:yoR7TZcg
馬鹿詐欺が目先の商売のために編集者だけを相手にして、
その向こうにいる金を払ってくれる読者を軽視して、
書き飛ばしの悪質なキオスク小説を(運の悪い読者に)掴ませてるだけのクソ野郎だってことは、
わかってる人はとっくに分かってるはずなんだけどな。
それでもこの中学生みたいな馬鹿が支えちまうのかねー。

さんざん言われてることだけどさ、作品の質っていう発想がカケラも出てこないのはすごいね。

407 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 20:42:00 ID:p5KLjmMS
この中学生くん、立派な鵜になれそうだね。行く末が楽しみだ。

408 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 21:27:01 ID:Loc5YT3+
この「中学生」は、釣り師でしょう。たぶん。
どっちが冷静かなんて一目了然じゃないですか。

409 :名無しのオプ:2005/10/27(木) 21:29:29 ID:+y4LFAqD
>挑発してみたり、軽蔑してみたりする前に、もっと生産的な議論をしましょう。
名村の、日記まがいの寸評にも言ってやれ。

410 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 00:47:13 ID:3hz5W0Ks
若桜木日記が移行しただけさ〜

あれほど奉ったミズノ嬢やオオノ嬢が消えて
日記を書く気分にならないんでしょ。


411 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 01:03:19 ID:B6AZm2cQ
やってる事も、2時間ドラマへの放言から古本への放言に変わっただけだしな。

412 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 07:16:56 ID:ZvAUjmjQ
センセがあまりにも売り上げとかそこらへんの生々しい話するもんだから
それでMLを退会しちゃった人もいるんだよね。
「作家にはなりたかったけど、そういう話ばかり聞きたかったんじゃなかった、
所詮私はそれだけの情熱しかなかったんでしょう」みたいなことを最後に書いてた気がする。

あすこのオーナーが「センセはもうイラネ」と愚痴ってたのは秘密。

413 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 07:49:13 ID:9Nn5nG2V
折原一『七つの棺』読了。
デビュー短編集の『五つの棺』に2つプラスした改訂版。
受賞してもおらず、持ち込んだわけでもないのに、落選作が他社の編集さんの
目に止まってデビューできたなんぞは、ツキ、幸運以外の何物でもない。
おまけに、これは阿呆馬鹿ミステリー。よくこれでデビューできたと感心する。
但し、中身は傑作である。折原さんと親しいからヨイショするわけじゃないけど。
折原さんのコネで某版元に持ち込んだけれど、返事は未だない。どうやら不採用
になったみたい。

**さん
メフィスト賞を狙うのなら、受賞作の共通項は「ぶっ飛んだ話」ですよ。あそこは、地
に足が着いた話は、あんまり好まれないです。
私も2作を応募して結果待ち。受賞してないのに何か言っても説得力はないですけ
どね。落選は落選で何か言ってくるのかな? 普通は連絡があるんですけどね。
名村烈


414 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 08:25:24 ID:JnyFKgQn
>落選は落選で何か言ってくるのかな? 普通は連絡があるんですけどね。
なもの親切に言ってくるのは鮎川哲也賞くらいのもの。

415 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 09:24:13 ID:73Q4WGGp
>受賞してもおらず、持ち込んだわけでもないのに、落選作が他社の編集さんの
>目に止まってデビューできたなんぞは、ツキ、幸運以外の何物でもない。

ここんところ、いいひがみっぷりですなあ。そりゃあ、運は良かったでしょうけどね…。

416 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 09:42:45 ID:garl0lS0
創元て、賞に落ちたものも結構発掘して出してるような・・・
そんな珍しい事かね。

417 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 10:23:29 ID:IXcga/QF
うんうん。藤岡真の「ゲッベルスの贈り物」は新潮ミステリー最終のひとつ前までいった作品だったはず。
(あ、でも、最初に出したのは角川か・・・)

418 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 11:13:34 ID:Hw1zkHY7
設定が本当なら従兄や伯父に推薦してもらえばいいじゃん
親戚に作家がいるってかなり好条件だろ

419 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 11:59:40 ID:OKb78Xk8
メフィストは誌上でコメントされてるのに
読んでないのかな。。

420 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 13:14:28 ID:MemQRUDb
>>419 
ブクオフとか行っていないようだし、ましてネット書店で買うなんてしていなそうだし、どうも
そんな気がする。
ただ、載っていた場合はアウト、ってことなんだけどね。

421 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 17:11:55 ID:pEdbyvII
あれ?先生って何か賞を取ってデブーしたの?

422 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 17:22:48 ID:+SsEXi+M
自己申告によると三つ取ってるんじゃなかったっけ。
だけどそれがデビューに繋がったかどうかは不明。

423 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 18:58:55 ID:3hz5W0Ks
無冠のまま何十年と生息してきたセンセイの凄さは
感心していいんじゃないか

424 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 19:04:13 ID:Wwntm7k/
>折原さんと親しいからヨイショするわけじゃないけど

本当に親しいのか? これって馬鹿詐欺じゃなくて名村だよな?
公魚と折原といえば文春組織票コンビだけどさー

425 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 19:27:03 ID:tOGbQYvD
7つの棺を持ち上げるなら、六とん辺りをどう思うか聞いてみたい

426 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 19:57:37 ID:9Nn5nG2V
 **さん
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person216.html#sakuhin_list_1
↑で直木三十五の作品は読めます。まだ『南国太平記』はUPされていませんね。

> そういえば、昨日読んだ巻末の討論会に「プロはどんなによくても採らない」ということが
>書いてありましたが…。だから、連絡がなかったのかもしれません。
不採用でも、普通は連絡があるんですが。今はアマプロ問わずのカッパワンのほうを書いています。

篠田真由美『琥珀の城の殺人』読了。処女作で鮎川哲也賞候補作。
登場人物が全て横文字名前で舞台もヨーロッパなので、つい読むのを後回しにしていた。
処女作で、これだけ巧いとは、つくづく感心する。ちょっと読点の打ち方が変だが。

最近の鮎川賞受賞作のレベルの低さから考えると、やはり受賞するか否かは競合作のレベル次第と
いう運不運が付きまとう。
やっぱり応募作は、一定レベルを超えたら、後は、運とツキです。一定レベルを超えていなければ、も
ちろん運もツキも無関係。
名村烈

427 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 20:05:42 ID:Wwntm7k/
>一定レベルを超えていなければ、もちろん運もツキも無関係。

そこまで分かってるくせになんで自分に適用して考えられないんだろう

428 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 20:11:52 ID:UWbb873e
センセイは本当に篠婆が好きですな。
同じにおいがするからでしょうか。

429 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 20:37:41 ID:ALo8edbh
ていうか、いまだにメフィの発表形態を知らないのか

430 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 20:53:41 ID:MemQRUDb
>不採用でも、普通は連絡があるんですが。
どこで「普通」?
乱歩賞を始めとする最終選考がある賞だと、落選者にも連絡が入るというのは、何名か体験者
から聞いたことがあるけど、それ以前に落選した場合で連絡が来るなんて聞いたことがない。
メフィスト賞に最終選考なんてシステムはないし、応募した人から聞いた限りでも落選連絡
なんて貰った人はいない。
それともナムラーはメフィスト賞応募を「持ち込み」と同じ物だと思って、経歴にプロ作家
と書けば、合否に拘わらず連絡が来るとでも思っているのかな?
でもなきゃ、「連絡が来ない=出来が悪くて落選したんじゃない」と思いたいからそういう
風に考えているとかね。

カッパワンって、光文社だよね?
ナムラーのおぢさんのワカサギ先生が、「光文社のパーティーでミステリーの長編書き下ろ
しの依頼が来た」って噴いてたよ、何年か前に。本は出てないけどね(w
賞なんて応募しないで、おぢさんに仕事紹介して貰ったら?

431 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 21:34:59 ID:/PuGTpaa
>>424
新津きよみ繋がりじゃない?
「組織票コンビ」はヤメレ

432 :名無しのオプ:2005/10/28(金) 23:17:32 ID:ZULy4tRE
MLの誰か名村に推協入りを薦めてくれないかなあ

433 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 00:46:43 ID:pisUb32J
メフィストの座談会読んでれば、作品毎の評価によって、
「この投稿者には連絡をとってみる必要がある」
とか言ってるの目にしてない訳ないよなぁ。

センセイ。あなたの作品は連絡するに値しない内容だったんですよ。(⊃д`)

434 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 01:29:29 ID:xQh2t85i
だからメフィは他社デビューお断りだっての。

435 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 01:59:45 ID:IvAReg09
某Blogのコメントより。

>ある種の物書き(描き)の人達の意識に共通してるのは
>「俺達は書いて(描いて)生活してるんだ、その権益を潰されたら死んでしまう。だから命>を>賭けてるんだ、必死なんだ!わかってよ」
>みたいな所がありますよね
>生活がかかってるのだから、人生がかかってるのだから大目に見てよ!といいますか
>そういう人達から見ると、生活に影響も無いのに批判・批評してくる人は“敵”に見えちゃうのかも
>人情としてそれも何となく解ります
>切迫して生活がかかってる人というのは、公正な論理よりも自分の利益追求のための論理を
>追求してしまいがちですね

436 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 08:01:22 ID:rekdN6Qh
折原一『丹波家の殺人』読了。
失敗作。考証ミスが2つ。読んでいて瞬時にトリックが分かったせいで、失敗作と感じるのかも知れない。
ミステリーの応募作は、選考委員にトリックを見抜かれたら、まずそれで落とされる。選考委員に見抜か
れるか否か、そこにも運不運が介在する。
名村烈


437 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 08:26:29 ID:APMiw5Vg
>選考委員に見抜かれるか否か、そこにも運不運が介在する。
それで、いつも運悪く選考委員に見抜かれてしまうと思いたいのですね、先生。

438 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 08:56:35 ID:Gsb8bmYs
そりゃあ
豪語したメフィが取れず
運という言葉で逃げるしかないじゃないか。
とにかく、公魚さんは
メフィ取ってからオオモノ言うといいよ

439 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 09:31:53 ID:APMiw5Vg
メフィが他社デビューを採らないことはとっくにご承知。
自分はそれを知らずに、コツコツと原稿を送り続け
「なんも連絡来ないなあ。変だなあ。運が悪いのかな」
とぼやいている。←というポーズをとっているのさ。
そもそもメフィなんか公魚とは一番相性の悪い賞だろうに。
乱歩、横溝、新潮、このミス、オール読物、小説推理と賞はいくらでもあるぞ。

440 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 09:36:09 ID:QmREti4+
先生の言うことにはいつも何分かの理はあるんだよなあ。
某プロレスミステリーも、選考委員が種本の存在を詳しく知っていたら、
授賞させていたかどうか怪しいし。
しかし、先生の作家としての余りの無能さが、その理さえ小面憎く感じさせるのさ。

441 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 09:37:37 ID:APMiw5Vg
受賞だろ。

442 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 10:18:22 ID:IQ0Wy9Mp
センセイが必死なのは、
やっぱどうなんだろ、
年を取って売り上げ以外の価値(要するに賞)が欲しくなったってこと?

443 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 10:20:50 ID:h1LcJjlO
なんか毎回「トリックが分かった、読めた」って騒いでるのな。

444 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 10:23:48 ID:UC5hSdn2
>>441確か
賞に応募して、合格し、賞を受ける側が、「受賞」
賞の運営側で、合格者に賞を授ける行為が「授賞」

445 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 10:58:19 ID:caAL9+HL
名村先生による公魚先生の著書の書評が読みたいですね

446 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 11:39:07 ID:Uo+iE7r9
>>442
>年を取って売り上げ以外の価値(要するに賞)が欲しくなったってこと?
先生自身、正直に書いてる。
「賞でも取らないと本が売れない」と。

447 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 11:40:33 ID:APMiw5Vg
>>444
>授賞させていた
誰に? 賞の事務局に?



448 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 12:15:36 ID:rekdN6Qh
麗羅『桜子は帰ってきたか』読了。サントリー・ミステリー大賞読者賞受賞作。
この作品は読みたくなかった。でも、このMLで推薦した以上、読まないわけにはいかない。
読みたくなかった理由は、泣くに決まっていたからだ。案の定、大泣きしてボロボロ涙を流し
ながら読む羽目になった。
構成には時系列などで難がある。しかし、全編を貫く死生観の重さが、そんな難点などは全
て吹っ飛ばしてしまう。
この作品はテレビ化されたにもかかわらず、売れなかったはず。私が持っているのも初版。
TV朝日系列の土曜ワイドの再放送で、ひょっとしたら放映があるかも知れないので、その時
は是非、ハンカチを片手に見てください。多岐川裕美と河原崎長一郎の主演でした。
どれほど読者を感動させる傑作を書こうが、売れないものは売れない。それはもう、運とツキ
があるか否かという以外の何物でもない。
読者を感動させる傑作を書けば売れて版を重ねる、などというのは、出版界を知らないド素
人の戯言に過ぎない。何でこんな素晴らしい作品を絶版にする、と言ってみたところで、売れ
なければ絶版にされる。その一方で西村京太郎や山村美紗の超弩級の駄作が版を重ねて
いる理由が、いったいツキ以外に何があるって言うんですか?
名村烈


449 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 12:25:17 ID:Uo+iE7r9
448の書き方だと、「運とツキ」論に説得力を感じるな。
たしかに、傑作必ずしもベストセラーではないし。

450 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 12:26:29 ID:APMiw5Vg
こいつは読んでもいない本をMLで推薦しているのか?
『桜子は帰ってきたか』の初版は1983年だぞ。まさか
二十二年も死蔵してたわけはないから、またブクオフで
見かけた本を適当に取り上げたんだな。賞を取ってもツキが
なけりゃ売れない、西村京太郎や山村美紗はツキがあるから
売れるといいたいわけか。
運が悪くて賞が取れず、ツキがないので売れない。

じゃあ、馬鹿詐欺はどうなんだと。100刷とか言ってたな
確か。ツキまくってるわけだよなあ、先生、あんたの従兄は。

451 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 13:08:11 ID:WSv5985Y
>>448
出た! 超弩級!

ド素人、ド新人も頼む!

452 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 13:23:35 ID:c33WYndy
実力とツキ、両方ないと厳しいってのはその通りですけどね。
そもそも実力が無ければツキもスッポンもあるかい。

453 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 13:42:41 ID:PMjeea7f
>  麗羅『桜子は帰ってきたか』読了。サントリー・ミステリー大賞読者賞受賞作。
>  この作品は読みたくなかった。でも、このMLで推薦した以上、読まないわけにはいかない。
>  読みたくなかった理由は、泣くに決まっていたからだ。案の定、大泣きしてボロボロ涙を流しながら読む羽目になった。
 推薦いただくためにわざわざ呼んでいただいてありがとうございます…。絶版だと見つけるのが難しくて。明日図書館
で見てみようと思いますけどね。
言論弾圧事件で絶版に追いかまれた本や共産党の戦前資料を置いている良心的な図書館ですので、たぶん置いてある
かと思います。
>  構成には時系列などで難がある。しかし、全編を貫く死生観の重さが、そんな難点などは全て吹っ飛ばしてしまう。
 構成難を吹っ飛ばすほどの哲学的基礎を築いている作品というのはなかなかないですね。この作品はすべてにおいて
奇抜であり、珍しいものみたいです。
>  この作品はテレビ化されたにもかかわらず、売れなかったはず。私が持っているのも初版。TV朝日系列の土曜ワイド
の再放送で、ひょっとしたら放映があるかも知れないので、その時は是非、ハンカチを片手に見てください。多岐川裕美と
河原崎長一郎の主演でした。
 う〜ん。よく思うんですけど、テレビの放送をライブラリ化して、金さえはらえばいつでも見ることができるようにならない
ですかね。


454 :続き:2005/10/29(土) 13:43:25 ID:PMjeea7f
>  どれほど読者を感動させる傑作を書こうが、売れないものは売れない。それはもう、運とツキがあるか否かという以外
の何物でもない。
 最近乱発している才能のない学生作家とか見るとそう思いますね。
 幸いなことに男子の中学生長編専門作家ていないみたいですので、その辺をねらっていきます。
>  読者を感動させる傑作を書けば売れて版を重ねる、などというのは、出版界を知らないド素人の戯言に過ぎない。
 ん〜。でも、素人のほうが状況を客観的に見れるケースはありますよね。
 何でこんな素晴らしい作品を絶版にする、と言ってみたところで、売れなければ絶版にされる。その一方で西村京太郎
や山村美紗の超弩級の駄作が版を重ねている理由が、いったいツキ以外に何があるって言うんですか?
 西村京太郎さん好きじゃないですね。以前西村京太郎さんトークのVTRみたことありましたけど、やたり自慢ばかりで…。
だいたい、小説にしたところで同じようなものを何度も書いているにすぎない。
 ん〜。たしかに、石原慎太郎や宮本輝のような人間がどうして文壇であそこまで威張り腐っているのかが分からない。
 石原慎太郎のような書けなくなった作家が文学について論じるのは、去勢したサルが過去の女を追い掛け回すのと同じ
ぐらいあほらしいし、宮本輝の説教くさい小説は、どうしてたかが学会員にんな説教されなきゃあかんのだ、と思う

455 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 13:45:06 ID:PMjeea7f
こいつ、例の中学2年生って名乗っているMLのヤシ。
ほんとに中2かなあ?言葉に若さがないっつ−か。品もないけど。中2の書く品のなさでは
ないような気ガス。
『桜子・・・』はアマゾンで簡単にUSEDが手に入りますよ。中学生くん。

456 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 14:10:59 ID:tC+5t1ZL
これ、もう一人人格が増えたんじゃないの?
>去勢したサルが過去の女を追い掛け回すのと同じぐらい
このへんがなんか臭い臭い

457 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 14:57:50 ID:OQUfEMhl
聞きかじったアカだの学会だの使いたがるあたりが中学生っぽいなとは思うけどw

458 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 15:21:32 ID:2vZ3ELQi
こんな中学生が書く小説を、読みたいとは思わん。

459 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 15:50:34 ID:APMiw5Vg
自称中二という馬鹿と、自称馬鹿詐欺の従弟という馬鹿が、石原慎太郎や宮本輝について
偉そうに批評してるMLに、マジで質問してくる奴なんているのか。

460 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 16:47:55 ID:Uo+iE7r9
>去勢したサルが過去の女を追い掛け回すのと同じ
この言い回しは、いくらオマセなガキだとしても、中学生は使わない。
そもそも、そういう発想がないはず。
センセイの新人格だと見た。

461 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 16:53:41 ID:a9TonF8B
>幸いなことに男子の中学生長編専門作家ていないみたいですので、その辺をねらっていきます
なんかここらへんも公魚の言いそうなことだな。

462 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 17:48:42 ID:iTcDyjq7
見れば見るほど新人格っぽいな
参加者には同一人物かどうか確認できるんじゃないの?


463 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 19:01:31 ID:gW+gZgpL
MLで自演?
2ちゃんねら以下だろそれw

464 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 19:17:13 ID:UqwdIBGT
>その一方で西村京太郎や山村美紗の超弩級の駄作が版を重ねて いる理由

そりゃ、ネームバリューのせいでしょ。
ある程度以上のレベルのものを、コンスタントに何年も出しつづけてれば、
普通読者に「信用」されるものです。

そりゃハズレも出す時もあるけど、少なくとも「スペック羅列でページ数かせぐ」とか、
「想定読者を馬鹿にした書き飛ばし」なんてしてないっすよ。どちらも。

465 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 19:33:57 ID:rekdN6Qh
******さん
> ライトノベルは表紙のイラストで売り上げが大きく左右されると聞きます。
> そっちの世界にもそういう傾向があるのでは?
ライトノベルに限らず、カバーや挿絵でヒット、という例は確かに存在します。が、
そういう人気のある画家は、人気作家以上に少数ですし、書き手はイラストレー
ター・画家・装幀家に注文を付けることができません。
自分のコネで引っ張っていった場合は別ですが、大多数は編集部で決めるので、
そういう人気画家と組ませてもらえるか否かは結局のところ運です。
出来上がってきた自分の作品の見本の表紙を見て「ツイてねえなあ!」と嘆くこと
なんぞは、しょっちゅうですよ。

MLで話題に出した手前、これまた仕方なく(笑)直木三十五『南国太平記』を読み
始めましたよ。二段組で小さな活字で500P以上あるので、読破するまでに時間を
食いそうです。カッパワンの応募原稿も大詰めに入ってきたし。
名村烈


466 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 20:09:09 ID:c33WYndy
すると義経のアレなんぞは、ラッキーの極みだな。
文章のほうがそのラッキーを台無しにしちゃってるけど。

467 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 20:11:26 ID:Gsb8bmYs
あいかわらず
超弩級という言葉が好きですねえ
名村なのに

468 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 20:19:23 ID:vm6vPOn5
>>467
絵師の方が「なんだよこの悦痴とかいう馬鹿な造語!」
とか言って編集部と喧嘩になって、干されたりしたらそれこそ不幸の極み

469 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 20:24:00 ID:0kmMHC9d
ここまで大人の男が、恥も外聞もかなぐり捨てて生きられるものなんですね…

470 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 21:06:45 ID:3NvwSarx
>>450
昔ドラマで見たのをたまたまブックオフで見かけたんじゃまいか?

471 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 21:11:44 ID:YNWq5u87
>>464
西村も山村も(とくに前者)初期はいいものを書いてたし、
西村には馬鹿詐欺がなりたくてもなれなかった賞荒らしというキャリアもあるわな。
最近の作品が「おれと同じぐらい適当なのに売れてる」と嫉妬する前に、
そういう立場を得る力がなかった自分を責めるべきなんじゃないのかね。

472 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 22:59:48 ID:E4Qp8WpH
先生にラノベ系イラストの善し悪しが分かるのかねえ。
叶精作みたいな作風がサイコーだと思ってるんじゃないの?

473 :名無しのオプ:2005/10/29(土) 23:55:32 ID:Q7Yzo4jV
なんだよ。金土と書き込みなしか? 先生の名誉のためにもそういうわけにはいかないからage

474 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 00:54:13 ID:YxzVoEsz
大変だよ、センセイ
ラジオの中で
元弟子のオオノ嬢が
「三年前の『消えた甲子園』がドラマになるかも」って明るいニュアンスで
話していたよ
センセイって彼女に利用されただけね
縁の下の力持ちでしたね。

475 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 01:03:39 ID:NMF45p+h
>>474
ラジオいいなーw
大野はほんとに根性(大変なところは他人に丸投げ)だけで
なんとか作家やってるな。
才能やら書き方云々じゃなく、営業の仕方等業界での生き残り方
って勉強をした、先生への師事は間違ってなかったねw

476 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 09:56:59 ID:OAIppGsg
中学2年生くん、やはり先生の別人格かも・・・。
中2くんの「村上春樹のカバーデザインは村上自身がやった」とかいう口調が
先生そっくりで・・・。先生と中2くんのML上の会話は、自問自答状態。

477 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 10:08:01 ID:lMFW4L7M
別人格作るんなら、小説家らしく、もっと芸をみせればいいのに。
それができないところが、センセイの小説家としての限界を
はっきり示してますね。


478 ::2005/10/30(日) 11:02:25 ID:rRnktxln
まんまスレタイ通りの展開で、うちとしても驚いてる

479 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 11:34:09 ID:MpbrQ8OI
霧島那智が一人になっちまったんで、別人格で補おうとしてんじゃねえのか。
最も「減った」という認識はあっても「全員抜けた」とは気付いていないかも。

480 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 11:58:55 ID:MpbrQ8OI
>>465
蘇部健一が羽住都に表紙描かせてるのはどうしてですか、先生。

まあ、出版のスケジュールが羽住都のスケジュールで決まるらしいが。

481 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 13:41:52 ID:eapQhsie
>出来上がってきた自分の作品の見本の表紙を見て「ツイてねえなあ!」と嘆くこと
>なんぞは、しょっちゅうですよ。

これはつまり、
「せっかく綺麗なイラストなのに、センセイなんかの表紙描かされるなんてツイてねえなあ!」
って事ですか?

482 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 13:59:16 ID:EJ+naiku
今レス見てきたけど、あれはセンセイじゃないんじゃないかなぁ。
センセイには、あそこまで「利口そうに振舞う」だけの技量は無いと思う。

483 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 14:54:43 ID:lMFW4L7M
でも、明らかに「中学2年生」じゃないでしょ。
老成というのでもない、こういうひねすぎたガキは、人工的過ぎます。

484 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 15:14:15 ID:vSgIbZhO
弟子の1人とか、周辺人物とかってセンはないですかね。
一時期このスレにも、口調が似てきてる人がいたような。

485 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 15:36:54 ID:tYN6Alxu
>>484
そっちの方が面白いけど
ヲチャーの釣り、っていうのが一番妥当なセンじゃないかな。


486 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 15:52:33 ID:LEMBUxjg
あげ

487 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 16:30:23 ID:lMFW4L7M
>>485
あ。そうか。
その線が有力かな。

488 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 16:57:50 ID:L+Aaei61
>出来上がってきた自分の作品の見本の表紙を見て「ツイてねえなあ!」
>と嘆くことなんぞは、しょっちゅうですよ。

名村ってそんなに本出してたっけ

489 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 17:49:29 ID:e/qVTu4z
みぽーの取り巻きの日記に、以下のような記述あり。

>そういえば姫の裁判、勝訴!の報告も、まだだったし……

とはいえ、こいつも電波出しまくりで脳内変換が得意っぽいから、
鵜呑みにはできないが。

490 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 18:42:50 ID:YxzVoEsz
家一件分、取り戻せたってことなんだね
ああしてプロポーズ状況まで書かれたんじゃ、男は急いで
消してもらおうとして示談に乗るだろうし。
随分、智恵がある取り巻きがいたんですな

491 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 20:11:24 ID:XsQHNT5A
>随分、智恵がある取り巻きがいたんですな
アレに対してのものすごい嫌味だw

492 :名無しのオプ:2005/10/30(日) 21:53:32 ID:BTi5AzCT
悪巧みと嫌がらせに長けている、てことじゃね?

493 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 00:14:13 ID:Ui8JGYw0
>>432

昔MLで話題になってたとオモ。

494 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 06:49:43 ID:ZQSrtvdF
>同意。感情的対応を見せる××さんと、あくまでも冷静に交わす名村さんの対応。どちらが大人としての品格があるかは一人の中学生の眼から見ても良く分かります。

ってのにワロスww

495 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 08:39:52 ID:NF0NicmM
直木三十五『南国太平記』読了。
いやー、面白かったが……えらい疲れた。いったい何枚あるんだか。二千枚ぐらいありそう。とにかく長い。
前回、なぜ吉川英治『宮本武蔵』は残って『南国太平記』は忘れられたのか――と書いたけれども、やはり
運とツキとしか考えられない。
読後感としては、死生観にしても政治思想にしても『南国太平記』のほうが『宮本武蔵』を上回る。
直木が39歳〜40歳にかけて毎日新聞に連載した小説だから、新聞連載特有の欠点というものは確かに
存在する。文章にも乱れがある。それでもなお『宮本武蔵』より良いと思う。
売れなかった原因として1つだけ思い至るのは、幕末の薩摩が舞台になっているので、幕末の薩摩藩内の
人間関係が常識として分かっていないと人物が頭に入って来ないかも知れない、ということだ。
やはり直木はエンターテインメントの天才であって、直木三十五賞(これが直木賞の正式名称)がエンターテ
インメントの賞の最高峰に位置するのは当然と思える。

同時に、カッパワンの応募作も書き上げました。今日、発送します。次は乱歩賞の応募作を書こうかな、と……。
1月末が〆切だから、たぶん間に合うと思うし。
名村烈


496 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 09:12:44 ID:+DXgzT1k
普段通り書き飛ばしてるな。
過去、先生と同じような執筆期間で受賞した作品ってあるんだろうか?

497 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 10:04:28 ID:QEs+TlJm
出版社からしたら中途半端に業界慣れした奴なんて嫌だろうに。

498 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 11:56:21 ID:7PeG/xzg
えらいしつこく運とツキを繰り返してるなw

499 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 11:59:47 ID:mINIDUeq
>運とツキとしか考えられない
そういう結論を自分で出したなら、これ以上MLに参加する必要はまったく無い
という根本的な問題にはまったく気付かないんだな。
まあ最初から自分がプロだと威張りたくて参加してるからだけど。

500 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 13:19:13 ID:As2n25/g
だから自分は才能も筆力も構想力もあるんだけど、運が悪くてツキもないから
こんなMLに出入りして才能を浪費してやってるんだ、と言いたいのでしょう。

501 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 14:09:24 ID:IAGzWDRT
>運とツキとしか考えられない

でも、実力さえあればその限りではない、
とも言ってるんだな。ワロウスww

502 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 16:17:31 ID:As2n25/g
>>501
と、言うことは、「おれには運もツキも実力もない」と言ってることになる訳ですよね。
自分から墓穴掘ってどうする気だろう、センセイ。

503 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 16:37:09 ID:QEs+TlJm
運とツキって区別する必要あんのか?
そりゃ運も必要だろう。みんなわかってるよ。
ただし、仮にも専業で食ってるやつの言う言葉じゃねえなw

504 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 17:00:37 ID:As2n25/g
>>503
>仮にも専業で食ってるやつの言う言葉じゃねえなw
ソレはかなり違う。
新刊のタイミングとか予期せぬ事件で新刊が注目されるとか
いろいろあるから、運とかツキってのは厳然としてあるのは間違いない。

505 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 17:09:08 ID:cLTQ0VMt
> いろいろあるから、運とかツキってのは厳然としてあるのは間違いない。

確かにそうだが実力がまるでない公魚名村がそんなこといっても始まらない。

506 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 17:15:04 ID:QEs+TlJm
売れないのをツキがないせいにするのはみっともないぉ・・・

507 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 17:17:31 ID:1rYeUZJS
サンプル数が多くなるほど、運の要素は少なくなる。
例えば一回勝負の麻雀なら運の比重が大きいけど、
回数をこなすごとに実力の差が現れてくるよね。

デビューしたての新人ならともかく、
結構な数書いてきていまだに評価されないってのは、運じゃ片付けられんだろう。

508 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 17:31:54 ID:dmJWzGDd
センセイの所にも幸運の女神は何度か尋ねてきてるんだけど、
センセイってば全部焼いて喰っちゃったから、何も残ってないんだよね。

土地が肥沃だった頃に焼畑農法で散々かせいでたのに、
いざ土地が痩せて質が問われるようになったら運がどうのとか言ったって説得力なんかあるかい。

509 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 18:30:22 ID:kzVIOXtc
というか、センセイは運とツキだけで食ってる気もしないではない。

510 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 18:33:28 ID:s/V4mqvh
運もツキもあったろうに。
まだラノベのレベルが低いころに業界に入ってデビューさせてもらったし、
上手く鵜がたくさん集まって鵜飼いになれたし、仮想戦記が流行ったころに
クビ突っ込んでたくさん書かせてもらったろう。
自分で先に唾つけたジャンルで生き残れないっていうのは、単に実力不足な
だけだがに。

511 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 19:24:36 ID:NF0NicmM
みぽーの裁判結果が、取り巻きの日記で公開。

>裁判には無事に勝ったので、友人一同、安心しとりますが。
>受けた損害を賠償して貰おうとしたら、相手にお金がないから貰えなかったんだって。
>ヽ(`д´)ノヽ(`д´)ノヽ(`д´)ノ
>確かに、ない相手からは、取れない。

これを勝ったというのか? 示談か和解で、事実上の負けじゃなかろうか?

512 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 19:42:39 ID:1rYeUZJS
リーマンなら給料差し押さえとかできるけど、作家の場合どうなんですかね。

513 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 19:53:32 ID:cLTQ0VMt
>>512
著作権差し押さえとか?
金になりそうな著作がひとつもない相手だからねえ…w

514 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 19:57:11 ID:XPjQGjVx
入ってくる原稿料をいったい何に使ってるんだ?
子どもはもう独立してるんだろ。戦記とか、らのエロとか
名村でけっこう出版してんでしょ。賠償金くらいさあ……

515 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 20:06:10 ID:7PeG/xzg
もしかして、公魚は本を出していないから金が無くて払えんという為に
名村という別人格を作ったのか?
常識的に考えれば無意味なことだけど、馬鹿に常識は通用しないからなあ。

516 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 20:09:25 ID:uOrHXyG8
それって法律的に許されるのか?

517 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 20:32:10 ID:QEs+TlJm
警察は阿呆と馬鹿しかいませんので

518 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 20:38:50 ID:As2n25/g
お前ら、大丈夫か?
ワカサギでもナムラでも、同一人物に入金されてるなら、それを差し押さえればいい。
著作権をいただくと言う手もあるが、そんなもの一文にもならない。
ならば、新刊の印税を差し押さえればいいだけの話。
そして、裁判は裁判所がするのであって警察は関係ない。

離婚訴訟なんかで慰謝料や養育費を払う条件で調停が出来たりするが、
相手に金がないと払えない。強制執行はまた別の話になるので、
泣き寝入りするケースが凄く多い。
こういう場合は、金がない場合は相模原の家をとるとか、沼津の家をとるとか、
そう言う項目を入れとかなきゃ。
ミポー側の弁護士が極めて無能だったんじゃないの?

519 :518:2005/10/31(月) 20:41:07 ID:As2n25/g
ま、センセイが先に手を回して、相模原の家の権利は奥さん名義にしておいたり、
沼津の家はまだご尊父がご健在だから名義はご尊父のもので、
センセイにはなんの財産もないと言う状態かもしれないが。
ならばやっぱり、印税差し押さえしかない。

520 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 20:43:32 ID:7PeG/xzg
>ワカサギでもナムラでも、同一人物に入金されてるなら、それを差し押さえればいい。
>著作権をいただくと言う手もあるが、そんなもの一文にもならない。
>ならば、新刊の印税を差し押さえればいいだけの話。

おれもそう思ったから無意味って書いたんだけどさ、馬鹿詐欺は何考えるかわからないから。

521 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 20:49:38 ID:WI/HYAQf
空気読めてない518

522 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 21:15:32 ID:ySIDnpMd
なんか、純文学風のプロットを投稿してきているはずの中学2年生君まで
メフィスト賞狙いなんですけど・・・。しかも、いつもの粘着君に対して、「いつもお世話になっている人」なんて
なむら先生を崇めているんですけど・・・。漏れには益々、先生の別人格な気がしてきたよ・・・。

523 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 21:56:55 ID:QEs+TlJm
先生を崇める中学生・・・
あれだな、ゴーマニズム宣言に影響を受けて天下国家を語りだす中学生に似ている。

524 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 22:10:41 ID:P4psfPxM
この中学生、恋愛にも忙しいとか言ってるけど。
仮に「中学生」が真実だとしても、女には相手されそうもないなぁw

525 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 22:27:34 ID:QEs+TlJm
この中学生(仮)充実してていいなぁ。頭もいいし、知識も豊富、恋愛、文学その他諸々・・・
思春期的な悩みとか無いのかな?

526 :名無しのオプ:2005/10/31(月) 23:47:16 ID:R/NAFrpp
中学生のカキコをざぁーと見てみたけど凄いね。

>石原慎太郎のような書けなくなった作家が文学について論じるのは、去勢したサルが過去の女を追い掛け回すのと同じぐらいあほらしいし、

>ま、小学館はせいぜい「世界の中心で〜」で満足してなさい、ってこった

>最近乱発している才能のない学生作家とか見るとそう思いますね。
>幸いなことに男子の中学生長編専門作家ていないみたいですので、その辺をねらっていきます。
↑のような下品な罵声も面白いけど、

>(文学における共産主義というのは)つまり、弱者に焦点を当てたり、社会的な悪を告発する小説、文学のことです。

>宮本輝の説教くさい小説は、どうしてたかが学会員にんな説教されなきゃあかんのだ、と思う。

>言論弾圧事件で絶版に追いかまれた本や共産党の戦前資料を置いている良心的な図書館ですので、たぶん置いてあるかと思います。

>(ニューヨークタイムスいわく、日本の民主主義は北朝鮮・中国よりも劣悪なものであるということ。確かにワイドショーの皇室特集を見ていると、北朝鮮とさして変わらない印象をうけます。)

>創価学会は、創価大卒や高卒の幹部が多くいますけど、共産党の幹部は東大か旧帝大、もしくは立命館です。また、支持層も共産党は教師をはじめとする知識人、いっぽう創価学会は下層階級が多いように見受けられます。
↑共産党(主義)への偏愛と、創価に対するやたらと差別的な発言も興味深いw(俺はどっちも嫌いだが)

品の無さはよく似てるけど、センセイは政治的な発言はほとんどないから、やっぱり同一人物ではないでしょ。
センセイにここまでキャラを使い分けるような技量が無いのは実証されてるし。

527 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 00:12:03 ID:XMZfj3wp
判決取れたのなら
彼が出している版元に通達して
版権を押さえたらいいんだよ
強制執行かけたらいいよ
手ぬるい弁護士が居たもんだね

528 :518:2005/11/01(火) 00:17:41 ID:xgO3PzVs
だから、版権を押さえるより印税を押さえろっての!

529 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 00:20:17 ID:rUtuj1hP
それよりアホごとばかり書き込む公魚のPCを押収してくれ

530 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 00:31:16 ID:5RTiNgPV
中学生のメルアドをぐぐると、彼(ないし彼女)がネットに
こぼした痕跡をいろいろ拾える。
どうやらセンセイの新人格ではないようだな。
ハルキかぶれの2ちゃんねら厨房のようだ。
おそらく共産主義関係のスレとか覗いてるんだろ。
このスレに気づく日がくるだろうか。

531 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 00:33:27 ID:URxXWamh
先生の書き込みの時間に注目してみるのも一興だね。
なんつう暇人w

532 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 01:05:52 ID:xgeOpmbA
センセのメールのヘッダと中学生のメールのヘッダを解析していた。
もし自演だとしたら面白いのでw
で、例の中学生のメールのヘッダを見ると

X-Mailer: Yahoo Groups Message Poster
X-Yahoo-Profile: mynarunami
となっている。

でぐぐったら
ttp://www.google.com/search?client=opera&rls=ja&q=mynarunami&sourceid=opera&ie=utf-8&oe=utf-8

ttp://www.google.com/search?client=opera&rls=ja&q=http://d.hatena.ne.jp/nicenaru/&sourceid=opera&ie=utf-8&oe=utf-8
で、どうもマジで中学生らしいんだね。しかも2chねらだぜ?暖かく見守ってあげようよw


ちなみにセンセのは
X-Mailer: Microsoft Outlook Express 6.00.2900.2180
X-Yahoo-Profile: namuralets

ちなみにセンセのML[06206]等のヘッダには
Message-ID: <002c01c5d9a4$d7c91270$21a0fea9@wakasaki>
References: <20051024210651.F294.HINKAW@chan.ne.jp> <002801c5d908$7eb11f30$21a0fea9@wakasaki> <20051025153846.DE8C.HINKAW@chan.ne.jp>
とあるわけだね。
( ´,_ゝ`)

533 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 01:37:26 ID:URxXWamh
中学生のブログ見たけど「小一時間問い詰めたい」って懐かしいネタだなw
しっかし、この子は頭がいいのか悪いのかわからないのぉ・・・

534 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 01:39:37 ID:qRYSAH0m
かなり愉快な脳みその持ち主のようだね。
ただ、ひとつだけわからんのが、どうしてコイツ
みたいなタイプがエロ小説書いてる人間のことを
尊敬するんだろうか?

535 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 01:53:57 ID:xgeOpmbA
たぶん一応あそこではほぼ唯一のプロ作家ということで目が曇っちゃってるんじゃない?
ほんとに力量がある人間はオフラインで忙しくてオンラインで群れてる暇なんかないだろうにね。

536 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 02:22:41 ID:mLsEr5HE
<002801c5d908$7eb11f30$21a0fea9@wakasaki>

何かもうこれみた瞬間に悲しすぎて泣きそうになったよ俺は

537 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 02:38:59 ID:URxXWamh
>>534
頭はいいが、バランス感覚が致命的という点で似ている気がする。

538 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 02:56:44 ID:rJkcYRcv
>>537
なまじ人より頭が良かったがために異常にプライドが肥大して自分の欠点が見えなくなっている、というのがより的確な希ガス

539 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 03:50:01 ID:ZctROvU9
ようするに類友か

540 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 06:08:11 ID:lNc6/rJ0
将来は、東大農学部→架空戦記作家かな。

541 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 10:38:59 ID:xgO3PzVs
こういうタイプは「頭がいい」んじゃないだろう?
早熟気味でイビツなやつでしかない。
いろんなことを聞き齧ってるが、理解出来ているとは思えないし。
しょせんは厨房だ。

542 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 11:05:26 ID:5RTiNgPV
厨房が使っているアカウント「mynarunami」から
アナグラムで「namura」が拾えるのは偶然の一致かw

543 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 11:32:38 ID:QQk04vCG
>>541
同意。そういう奴に限って現実で浮いてたりする気が。
実際そういう人間いるよな…
頭はいい(勉強が出来る、知識はあるという意味で)が
実際に人と接するときの態度が問題だったり、知識ひけらかして悦に浸ってたり
場の空気が全く読めなかったりな。

あれ、自分の知り合いの事なのに、気がつけばセンセイが連想できちゃうのはどうして。

544 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 12:38:45 ID:ZPN78GYA
>>542
残った文字がY山中、N夏野、M瑞納、I市川
というのも偶然の一致かw

545 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 13:10:18 ID:0pbbarh4
>>542>>544
おまえら、キバヤシさんとかいう人がスカウトに来てるぞw

546 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 13:44:02 ID:XMZfj3wp
そう言やぁ「消えた甲子園」のとき
センセイが水面下でドラマ化の斡旋に走り回ったとか噂で聞いていた。
立ち消えになった以降も
オオノ女史は面識の出来たその人と連絡取り続けて
今回のドラマ化の話が現実味を帯びてきたんじゃないのかな。
センセイの弟子では一番センセイの色を受け継いだ人だ。
センセイよりトリックの技巧がうまいし、師匠を凌駕した時点で
「私の師匠」という欄を外したんだな、なかなかやるな。

547 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 18:08:12 ID:3up+Qppq
>>543

典型的な知識厨に見えるよな

548 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 19:04:07 ID:jJCyrUG6
以前に、大沢在昌が雑誌の対談でこんなことを語っていたのだが、

「自分はバケツの水(才能)が残ってると思って続けても、いつかはかならず
『終わったね』っていわれるときが来る。それは、自身の作品では判断できない。
逆に他人のを読んで、それがウケる理由が自分で判断できれば、まだ大丈夫だ、と。
こんなのドコがいいんだ?って作品が凄く評価されてたりすると、かなり不安になるね」

これが、最上の意味での「売文家(プロフェッショナル)」の発想だよ。
センセイは、もうちょっと自分に対して不安になっていただきたいw


549 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 20:03:56 ID:UISch+62
この間の太臓もてサーガってマンガのセリフだが
説得力ってのは何を言ったかって事より
誰がいったかって事の方が大事だよな

550 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 22:21:12 ID:URxXWamh
「東大」が先生のアイデンティティを支える最後の柱なんだろうな・・・

551 :名無しのオプ:2005/11/01(火) 23:31:17 ID:UbZaoLlV
なんかラブひなっぽいな、そこだけ見ると。


552 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 00:15:09 ID:nLblXb0h
視点の統一にこだわり続ける先生は小説界のシーラカンス

553 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 02:31:41 ID:MF+6y4VO
統一視点じゃないと速読が難しいからじゃないか。

554 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 03:15:55 ID:CUw9Q3Cg
>逆に他人のを読んで、それがウケる理由が自分で判断できれば、まだ大丈夫だ、と。
>こんなのドコがいいんだ?って作品が凄く評価されてたりすると、かなり不安になるね」

センセイの場合「俺の鑑識眼は間違ってない!周りが変だ」で終わるからねえ

555 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 09:13:04 ID:r/eCWUrC
自分に理解できないものは、ぜんぶバカなもの。
官僚の発想だねえ。小説家の発想ではない。

556 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 09:47:50 ID:pQhhJdZu
馬鹿詐欺にコメディを読ませて「阿保馬鹿ミステリー」と言わせてみたい

557 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 10:12:27 ID:C+eBSL9/
誰かMLに若桜木の本のレビューでも投稿したら?
「こんなの名村さんに言わせれば阿呆馬鹿ミステリーですよ!そうですよね名村さん!」

558 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 10:18:40 ID:hVd1V+U8
それ面白い。

559 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 10:34:00 ID:C+eBSL9/
にしても自慢話の尽きない人だと思う、ホント。

>あれまあ、韮高ですか。どこの学校だろうと思ってたら、後輩だったとは。一応、県の東部ではトップの進学校ですからね。
>韮高の近所に住んでる又従兄弟に訊いてみよう←これも東大の工学部出で、伊豆の国市の教育長だったはず。韮高OB。

んなこと誰も聞いてNEEEEEだろww
それよりも伊豆の教育長にまで出世した親戚に対して多少なりともコンプレックスを抱いてほしいものだ。

560 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 11:53:56 ID:p1fctWEw
センセイは小泉純一郎とも何らかの繋がりを持っているはず。
又従兄弟の先輩の義理の兄の〜とか

561 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 12:01:41 ID:nLblXb0h
最近は学区がゆるくなってきて、三島や駿東郡の子供らが
みんな沼津東に行っちゃうので、韮山のレベルが下がりまくり。

562 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 12:37:53 ID:C+eBSL9/
>>560
又従兄弟の先輩の弟の友だちが小泉純一郎の親戚なので今度聞いてみます。

563 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 12:57:01 ID:W+aKf9qu
誰と親戚か威張っても仕方ないね
「公魚と親戚です」と胸張って言われる人におなりよ


564 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 14:27:58 ID:MF+6y4VO
腹違いの妹が嫁に行った先の先妻の息子

565 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 14:33:26 ID:ioAtzBwM
ほう。イトコ殿とは出身校の設定が違うのか。感心感心

566 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 16:46:48 ID:TLew2wyG
静高卒、韮高卒で
いまはトラミス作家か・・・

567 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 18:08:31 ID:+SjG1myd
伊豆の国市の教育長とやらが本当だったら、今それどころじゃないんじゃないのか?

568 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 18:29:07 ID:CUw9Q3Cg
センセの批評ってどこか的はずれ(というか粗探し?)のような気がするのは気のせいかね


> 「しいっ、噛みつきゃあしませんよ」
 毛虫は噛みつきませんが、刺しますよ。刺されたら、えらい腫れますが、そういう経験がないのでは?

> 「いいじゃない、べつに害があるわけじゃなし」
 放置しておいたら、木の葉を食われて丸裸になりますが、あれは害とは言わないのでしょうか? それに、後のほうを読むと蛾が大発生している様子。となれば、庭が青々しているのは変。ほどんど葉を食われて、なくなってしまっているはず。

 ショートショートという観点で見たら、オチが読めてしまうので意外性が欠けます。ショートショートはオチが全てですが。
名村烈

569 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 19:27:10 ID:hZ0kOJ2u
MLに投稿するんだったら感情的にさせないように注意
前にそれで除名食らった人がいるから
読書好きっていうことでアピールして、関係ない奴とかもレビューしたりして周到にやらないとw

570 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 20:11:28 ID:KIdXQ0vl
>一連のメフィスト賞受賞作は、思想性がほとんどないか、ゼロです。

現在のミステリシーンに一石を投じるとか、すべてを笑いのめすとか、
既成の思想を異化して、笑いに転ずる……とか、そういうのも立派な
思想だと思うがな。
少なくとも、文3にはある程度の思想がなきゃ、あんなもんは立ち上げ
ませんよ。 

571 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 20:38:45 ID:p1fctWEw
なんかここ数日のML香ばしくね?
電波と電波が共鳴しあってセンセイのイタさもはげしく増幅中。

572 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 21:02:08 ID:F28xBCu+
別に先生の気分を損ねたからって、あそこは先生の立ち上げたMLじゃないんだから、除名にはならんだろ。

573 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 21:10:37 ID:JNtWY5+f
それは正しい。可愛い恋人を作るには頭が良くなければいけないけれども、
東大は頭が悪くても入れます。知識量さえあれば。


以上はセンセイの発言。思春期の中学生に嘘を教えちゃいけないよ。
ま、センセイと中学生の言ってる「頭の良さ」とは別の利口さなら必要だろうけどね。

574 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 21:11:01 ID:6QE+P/bh
> 観光地ミステリー文学賞は応募作はありましたが年間のグランプリ月間賞に該当する作品は出ませんでした。
> 同文学賞はさらに1年間継続して募集します。

( ゚Д゚)<審査料は取りますが賞金は出しません

ってセンセイ、自分がメフィスト落ちたからってそりゃないんじゃない?

575 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 21:47:29 ID:DXl/lCQU
観光地ミステリー文学の思想って何なんですかね。

576 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 21:48:13 ID:KIdXQ0vl
審査料を取る文学賞に、マトモなものがあったためしはないですよね。

577 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 21:49:58 ID:5zZN0hxV
年間のグランプリ月間賞ってなんですか。名前の意味がよくわかりません。

578 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 22:37:30 ID:ioAtzBwM
>566
そのうち清水東出身の新キャラが出たりして(w

579 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 23:07:39 ID:Ip9Fj5qw
エロ小説を書いている先生はエリート一族の唯一の汚点、と。

580 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 23:12:13 ID:Ip9Fj5qw
MLより・・・

>あ、私の一族は、全然アガりません。試験だろうと、スポーツの大会だろうと、
>大勢の聴衆を前にした演台だろうと。「アガるとは、どういう状態になることなのか分からない」
>と言っている従姉妹もいます。その従姉妹は同時通訳で世界中を飛び回ってますが。「恥ずかしいとは、
>どういう感覚なのか分からない」と言っている又従姉妹もいます(笑)。

図太い神経は一族伝来のものかw
それにしても相変わらずの(聞かれてもいないのに)家族自慢乙。

581 :名無しのオプ:2005/11/02(水) 23:19:25 ID:KIdXQ0vl
>「恥ずかしいとは、どういう感覚なのか分からない」

大笑いしたよ。これが本当なら血は争うないな。まさに若桜木がそうじゃないか。
しかしな、若桜木一族には「恥」の意識はないが、「恨」の意識は凄いわな。
となると、民族的特性は……。

582 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 00:02:05 ID:co9ev9ee
でもさセンセイ。
実名を出さない限り
同時通訳のいとこがいるかも恥ずかしさが欠如しているまたいとこが居ると
書いたところで
証明されないじゃないか。同時通訳のいとことやらの名前を書けよ

583 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 00:07:58 ID:1KhL5V+f
さすがに実名は無理でしょ。実在するか否かは先生のみぞ知るw

ぶっちゃけ子供みたいな自慢話ばかりだけど、まともに聞いてる奴っているのかな?
例の中学生は本気っぽくて心配だが・・・

584 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 09:31:06 ID:AnOfLei8
「恥ずかしいとは、どういう感覚なのか分からない」
というマタイトコはキチガイですか。


585 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 09:41:24 ID:yS5q3Kf0
ああそうか、恥の感覚がないからセンセイってこうなんだな。
MLで周囲から冷笑されてることにも気づかない。

586 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 13:48:37 ID:hz1K33P6
「恥ずかしいとは、どういう感覚なのか分からない」
つまり破廉恥だと言いたいのか。
名村、国語の偏差値低そう。

587 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 14:03:41 ID:vFNiBUds
中学生がセンセイの作品を手にしてしまった時、どのようなリアクションをとるかが今から楽しみでなりません。

1. 急にセンセイに冷たくなる。
2A. 自身の感性を曲げて、まだセンセイに擦り寄る。
2B. 悦痴、タバスコシャワーに感動してますますファンに。
3. ジャンルが違うからマダ読んでませんと白を切る。

588 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 14:28:21 ID:yR7iZdsv
久方ぶりバカルチョか。
1に10万ヌマーズ

589 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 15:15:15 ID:chUzS0ed
んじゃ、俺は
2Bに5900ミポ

590 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 15:58:59 ID:/duy8DVp
哲学だのマルクス主義だのにかぶれると、まともな価値判断が出来なくなるだろうからなあ。
先生本人が思ってもいない形で作品を拡大解釈してくれたりしてw
この作品のくだらなさこそが、商業主義で腐敗した文学界への挑戦だ!とか。

591 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 16:00:38 ID:T5vVqIJA
あの中学生結構打算高そうだからな。
3と言っておいてプロ作家wとの繋がりを保つ、に2万タバスコ。

592 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 16:23:05 ID:AnOfLei8
中身はクソオヤジらしいから、2A。

593 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 16:49:18 ID:pzM3WaVn
>>590
>哲学だのマルクス主義だのにかぶれると、まともな価値判断が出来なくなるだろうからなあ
そうそう。実際の社会経験が薄いガキの頃から、論理だけで自分を固めようとすると、現実の自分との距離感がとれなくなる気がする。

つ推薦図書
浅羽通明「教養論ノート」
勢古浩爾「思想なんかいらない生活」
宮台真司「終わりなき日常を生きろ」
小林よしのり「脱正義論」

共産主義にのめりこむよりは↑を読んだ方が大分マシ

594 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 17:02:43 ID:1KhL5V+f
そもそも俺は「若桜木」という作家のことは知らなくて、MLで大暴れしている「名村烈」という人物の痛々しさに驚愕し(これで現役作家かよ!?と)、
検索しているうちにここに辿り着いたのだが、あの中学生もそのうちここに辿り着かないかな・・・?

595 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 18:38:49 ID:AnOfLei8
あの「中学生」(おれは中身はオヤジだと信じているが)は、とっくに
ここを読んでるんじゃないか?しかも書き込みも常連で。

596 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 19:58:50 ID:/g94epAa
ないない。あの厨房くささ満載のホムペ見たらわかる。
あんな手の込んだ釣りしたら尊敬する。

597 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 23:40:22 ID:chUzS0ed
そのホムペさらしてくれない?

598 :名無しのオプ:2005/11/03(木) 23:46:19 ID:1KhL5V+f
ログ調べなさいって・・・

599 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 07:42:53 ID:ZtYQAjAd
乾くるみの「イニシエーションラブ」の感想聞きたいな。
静岡在住のミステリ作家の地位を持ってかれちまったんだもんなあ。

600 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 10:36:01 ID:2lR64IEv
この人、くるみさんもだけど
ミズノ、オオノと、女性陣に
足元をすくわれ
やられっぱなしだね。脇が甘い。
オオノは地方では大物になりつつある

601 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 10:45:07 ID:zwA4mZOg
地方で、だろ。
そんなの意味ない。

602 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 10:54:12 ID:2lR64IEv
別にオオノのシンパじゃないけどね〜
彼も地方在住作家、しかもキャリアだけは長い
彼女は三年前にミステリ作家となって
今はラジオ番組持ってるから、もと師匠より
誰が見てもやり手でしょ


603 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 11:02:13 ID:40/Wg67d
>>600
足下をすくうも何も、「くるみさん」はセンセーとは一面識もない、ナムラーに
とっては嫉妬と羨望の的のメフィスト賞受賞作家。
それに今更書くのも無粋だけど、くるみさんの性別は男。

604 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 12:23:56 ID:q5QtcgRI
くるみさんは控えめな方で、ラジオやテレビ(SBS)の出演の話も断って
執筆に専念している――なんて話を聞いたら、またもや名村、嫉妬と羨望。

605 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 13:54:28 ID:B3vkJDlt
以前、矢島誠について
若桜木軍団からの脱退説
が流れたが、観光地ミステリー
文学賞で若桜木とともに選考委員
やったり、筆客の夏野百合と
クイズ本出したりしてる。
結局オウム信者のような偽装脱退なわけだな。
ところでセンセは何故自作を
軍団員の東映プロデューサーこと
秋月達郎に映像化してくれるよう頼まないんだろ。

606 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 14:41:55 ID:9eBsLqrK
ちょっと待て。乾くるみは男でなかったか?

607 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 15:11:34 ID:q5QtcgRI
>>606
 603を見よ

608 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 17:16:05 ID:9eBsLqrK
orz

609 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 21:15:48 ID:XnqhzdNX
名村「俺の親戚一同はな、すごい教養人なんだぞ!(モニターの向こう側は苦笑の嵐)」
   「講談社、怖くなかったら俺の本出版させてみろコラ!」

(ナレーション)この強行アピールに現場監督、長州力が激怒!MLは混乱に包まれた!

長州力「てめえなにコノヤロー、調子のいいことぬかしてんじゃねえぞコラ!」
公魚「この水平線馬鹿がコラ!」
長州力「調子のいいことぬかしてんじゃねえぞコラ!何が出版だ、この野郎!」
公魚「企画は山のようにあるぞ」
長州力「ナニコラ!」
公魚「おい、書いてやろうやんけ」
長州力「ナニコラ!」
公魚「出版依頼持って来いって」
長州力「やるならやってみろコラ!」
公魚「超弩級の大馬鹿野郎め!」
長州力「この野郎テメエとっとと死ね!(ここで突然左にいたサヨ厨に向かって)テメエも死ねコラ!」
サヨ厨「どわぁぐ・・」
長州力「この野郎なぁにが・・お前だって今までこんな状態にしといてコラ!ふざけんな」
サヨ厨「名村さんは凄い作家なんです!石原や宮本みたいなクズとは違うんです!」
長州力「じゃぁやらしてみろコラ!やらしてみろコラ!」
サヨ厨「ただ運がないだけなんです!」
長州力「こんな状況の中でテメエ、なにができるんだ」
名村「おまえは講談社に気遣ってんだろオラ」
長州力「言っとくけどなあ、テメエらもっとしんどい思いさせてやるからな!覚悟しとけコラ!」
名村「うるせえコラ、しんどい思いしてきてんだオレらは!」
長州力「やらしてみろコラ」
サヨ厨「メールで励ましてみます!」
長州力「(帰ろうとする。が、振り向きざま)調子こいてんじゃねぇぞこの野郎!」

610 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 21:31:35 ID:ZtYQAjAd
思い切りつまらん。本人が発狂して書いたとしか思えん。

611 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 22:24:00 ID:dH6Npn64
>>610
まあまあ、>>609も頑張ってるんだから、生暖かく見守ってあげようよ。

612 :名無しのオプ:2005/11/04(金) 23:36:15 ID:A9Q8sxxh
>>609さん、キレてない?

613 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 10:12:08 ID:MbJdpsLJ
>>612
キレてないっすよ。
俺のことキレさせたら大したもんっすよ。

614 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 10:34:28 ID:TSA8nqCL
じゃあ単純に、609のネタはツマらないと言うことだ。

615 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 11:31:53 ID:RdDwGxz9
なあに、先生に比べたら!

616 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 12:30:30 ID:76/iJnOC
 ******さん
> 純文学でも、歴史小説でも、エンタメでも、女の色気は必要ですね。
> しかし、こればかりは、自分の体験がないと書けない。
> 特に性描写はむずかしい。
> 小説家は、恋愛体験が豊富でないと、なれませんねえ。
そんなことはないです。知り合いに、童貞なのにエロ小説を書いているヤツがいま
す。プロですよ、もちろん。かなり過激なSEXシーンを書いています。要は想像力
の問題で、そいつは「経験がないから、かえって妄想を逞しくして書ける」と言って
ます。
体験がないと書けないってことになると、殺人経験がないと殺人事件ミステリーは
書けないし、毒薬を味わったことがないと毒薬ミステリーは書けないわけで。
まあ、毒薬を味わったことがなくて書いてるから山村美紗のミステリーは間違いだ
らけなわけで、口紅に青酸カリを仕込んで毒殺するとか、箸の先端に青酸カリを塗布
しておいて毒殺するとか、そんな不可能なことを書いたりするわけですが。

谺健二『恋霊館事件』読了。鮎川賞受賞作家。
「震災の町・神戸で起こる怪事件と、そこで必死に生きる人々の姿を描ききる傑作本
格推理」のキャッチコピー。
「傑作本格推理」以前の部分は、そのとおり。震災後の神戸の生々しい様子がよくわ
かる。
私立探偵が主人公だが、阿呆馬鹿ミステリー以外で、これほど馬鹿で間抜けで頭の
悪い探偵は見たことない。どっちらけになるくらい頭が悪い。とうてい傑作とは言い
難い。
名村烈

617 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 12:39:52 ID:uqGexcZr
ふと思ったんだけど、センセイが傑作って思った作品って何だろう
なんかそういう記述あった?

618 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 15:07:02 ID:l128gCIZ
>>617
>>302>>448

619 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 18:24:51 ID:VWLteJzK
>体験がないと書けないってことになると、殺人経験がないと殺人事件ミステリーは
>書けないし、毒薬を味わったことがないと毒薬ミステリーは書けないわけで。

従弟の方がまったく同じことを小説家養成講座とかいう本で書いてましたなあ


620 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 19:34:50 ID:TSA8nqCL
受け売りと言うことで、どうか一つ、収めていただけないかと。

621 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 19:36:06 ID:P1ZcmNLO
女の色気と言われてエロ小説で返すのか。
視野が狭すぎるよセンセイ。

622 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 21:52:29 ID:n0I8z1xo
世間では評価されているのかもしれないが、読み巧者である自分の目から見れば欠点がどうしても目に付いてしまう。
ということが言いたくて、本の紹介を載せているのだろうか。
どことなく篠婆に近いところがある。

623 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 22:01:30 ID:Wlk3l8vt
センセイのいってることも、時には、何分かの理はあるんだよ。(素行は別にして)
ただ、自分の描いてるものが、アレだからねえ。
「目」と「手」が乖離してることに、ほんとに、気づいてないのかね。
どっかで気づいてるからこそ、ここまで下品に、過剰になるのかな、という気も。

624 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 23:22:41 ID:fQS9R6Wd
阿呆、馬鹿、間抜け、頭が悪い、と言葉を尽くして罵るときの虔ちゃんは、
勃起しているような気がしてならない。


625 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 23:25:35 ID:aOpiJibj
>>624
>阿呆、馬鹿、間抜け、頭が悪い、と言葉を尽くして

言葉を尽くしてって、センセイは他人の作品を罵倒するとき、
そのボキャブラリーしか用いない気が・・・

626 :名無しのオプ:2005/11/05(土) 23:30:13 ID:A87RJxwt
>>616の前半に関してはセンセイの言ってることはほとんど正論だと思うけど、
>知り合いに、童貞なのにエロ小説を書いているヤツがいま す。
いい年なんだからもうちょいマシな表現はないんか?

627 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 00:26:43 ID:QXoZ8vvv
>>616の前半と、「まあ、」から続く後半は論旨が繋がってないじゃんか。
これ読むと、山村美沙は青酸カリを舐めたことがないから間違ったことを
書いている、という話になってる。
そういや、センセーは青酸カリを舐めたことがあると自慢してたね。経験が
何も実を結ばないいい例だよね。

628 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 00:34:44 ID:7UGIdNiA
毒薬を舐めたことがある人だけがミステリーを書く資格があるってのは、ある意味小説の力を馬鹿にしてるだろ。
たとえ体験したことがないことでも、いかに読者を納得させられるように書くかが作者の力量なのであって、
毒の効果がたとえ間違っていたとしても、物語世界で破綻なく読者が納得できれば、それで正しいのだと思う。

629 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 01:41:39 ID:hjI6oBs+
「ミステリーはこう書く」に弟子たちがそれぞれ
書いていたが
あれはミステリー書く時に役立ったよ
弟子の名前は出ていないが

630 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 01:43:28 ID:xLngdFed
センセイはもっと、他人の作品を真摯に分析したほうがいいですね。
だって、ポジション的には、それこそ山村美紗とかの、読み捨てノベルス系でしょう。
ハードカバー系に行きたいのなら、そういうふうに文章を変えないと。
ほんとうの「焼畑商法」「売文家」なら、逆にそういう方向に進めるのに、
なんか知らないけど、自分の文章にへんな自信もっちゃって。
小説界の現状をみろ! ちゃんと! あんたが思うようにはなってないの!

631 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 09:54:30 ID:hjI6oBs+
ノベルスは
一本50万くらいだよ
だから
小説作法の講師もしないとやっていけないのが現実じゃないの。
「椅子取りゲームしているのだから本当のことは教えない」と
言っている人に教わる人々も間抜けた話だがなあ


632 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 10:37:53 ID:rvbg7KgR ?
>>572
あそこは一応文芸の話をするMLだから、明らかに話題からそれて個人攻撃するような事があるとねぇ。

正論で返す分にはぜんぜん問題ないと思う。

633 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 11:25:52 ID:LuOymb2v
>>631
>ノベルスは
>一本50万くらいだよ
そうか?
本体価格が500円を超えてるんだから、初版1万なら源泉を引かれても50万は
超えるだろ?
え?
初版1万も刷ってないの?

634 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 13:14:23 ID:mLCMMhLX
>>633
刷ってません。昔は初版3万ぐらいもふつうだったんだけどね。
今は8千が基本で、実績が悪いと5〜7千スタートもあり。


635 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 13:38:52 ID:HqOkkYsX
センセ、こんなのもやってるのね。
ttp://www.7andy.jp/books/detail?accd=08236515
これで示談金払えるんじゃないの?
それにしても、他のカレンダーには、有名どこの画家やイラストレーター以外
名前なんか出てないのに、
こんなのにも作者として自分の名前を出したがる根性に乾杯。
本業がライター、じゃなかった作家なら、気恥ずかしくて名前なんか出せないとおもうのだが。
ひょっとして、有名に違いない自分の名前出したほうが売れると思ってる?

636 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 13:42:40 ID:HqOkkYsX
>>627
私もそう思った。あんな短い文章くらい、筋道通してくれないと
何が言いたいのかわからん。

637 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 14:08:24 ID:4pU9A04A
>635
別画像付き。
ttp://shop.genesis-ec.com/search/item.asp?shopcd=17123&item=ECL366

眼科の医学博士なんかだと出てくる説得力が、バカ先生だとまったく無いなw
騙されて買うひと居るのかな。企画そのものはいいから出版社もちゃんとした
人のお墨付きで販売すればいいのに。
バカ先生も実力が伴わないんだから、企画屋に徹すればよいんだろうけど、
前に出たいという自尊心がそれを許さないのかねえ。


638 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 16:06:38 ID:pCOfoSKT
********さん
> 三島由紀夫は駄目です。
> 割腹自殺は、きちがい沙汰です。
> 石原さんは、政治家になっちゃったから、これも駄目です。
政治家になったから駄目なんじゃなくて、作家として駄目になったから政治家に
なったんですよ。それは、彼の作品と発表年度を見比べれば分かります。三島もそう
で、作品が駄目になり始めてから右傾化していった……と私は見てます。
あ、田中康夫もその口ですね。作家として駄目になったから政治家になった。

> 12歳の子のことはよく知りませんが、商業主義の話題作りなのは、名村さんの方が
>よくご存知でしょう。
まあ、綿矢りさにしても同じですけどね。もうじき潰れるのが目に見えてる。篠原
一も行き詰まって盗作に走りましたね。
話題作りなら、正反対の『信長の棺』の加藤廣さんは、どうです? この間は読売
の「顔」に載りましたね。組閣の日だったかな。一昨日、一緒に食事して、ご高説を
拝聴してきましたが。
人生が分かってからでないと小説は書けない、って論法を持ち出すと、私としては
サラリーマンは定年退職して以降でないと書けないんじゃないかと思いますがね。
それから、サラリーマン経験のない作家、主婦作家などは、どういう解釈になるん
ですか、********さんとしては?
名村烈

639 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 16:45:58 ID:B0hbXrlI
公魚ごときに三島が分かるかよ(笑)

640 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 17:24:47 ID:Mw8582Wc
>>篠原 一も行き詰まって盗作に走りましたね。

だれか行き詰ってエロ小説に走る人もいますからねえ
とかツッコンでくれんかのう

641 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 17:56:06 ID:LuOymb2v
盗作は悪事だが、エロ小説を書くのは悪事ではないぞ。

642 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 18:56:44 ID:9KQCExzR
先生のメンタリティで三島作品に共感することなんて無理でしょ。

643 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 19:37:37 ID:VbjbZD6Z
>>641
あるいは名作を印刷されるかもしれなかった紙の
可能性を摘んだという大罪。

644 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 20:44:31 ID:vvJwh5uS
ほんと綿矢が憎らしいんだなw

645 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 21:09:53 ID:K/Chooag
ごあいさつ
加藤 廣
 はじめまして。
  この度入会させて戴きました加藤廣(かとうひろし)と申します。今後ともよろしくお願いいたします。
  また、推薦の労をとてくださった若桜木、山前両先生に、この場をお借りして厚くお礼申し上げます。
  作家としてのデビュー作は、歴史ミステリーを扱った『信長の棺』(日本経済新聞)です。
  「そろそろサラリーマンの足を洗わねば」と考えていた五十歳頃考えついた構想を、二十年かけて、こ
つこつと史料集めし、三年かかりでまとめた作品ですから、考えれば気の遠くなるような道程でした。
(以下略)

646 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 21:12:59 ID:9KQCExzR
>私の人生計画は、紅い三島由紀夫として文壇にデビューした後、
>紅い小林よしのりとして若者を扇動し、紅い石原慎太郎として政治家になって
>(これは僕の夢というより、親戚の夢です。革新政党関係が多いので)
>60あたりになったら引退して、老後は紅いマザー・テレサとして
>弱い人々と共同生活をしながら死にたいと思っています。

ワロス。

647 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 21:18:10 ID:zopNBM/S
センセイ筋でなくても普通に入会できただろうになぁ>加藤氏
きいっちゃんみたいに文春アンケートで醜態を晒さなければいいが。

648 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 21:24:10 ID:IRbiSws0
ワカサギにしかメリットないなこの推薦は

649 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 21:35:00 ID:hjI6oBs+
加藤さんは
オオノに続く公魚推薦の
入会者なの!

650 :名無しのオプ:2005/11/06(日) 22:06:16 ID:2UNs+FyN
話題の作家にすりよって自分の権力を強めつつ
裏では別名義でけなしまくるのか。 最低だな、こいつ。

651 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 00:48:27 ID:oVaUp477
権力ったって〜

どんな威光があるんだよ

652 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 01:49:11 ID:XUg7xnrS
本人にだけ解る威光。

653 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 02:19:45 ID:RU6Lm2AR
あの文章で文春9位とか、権力というよりもはや暴力。

654 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 04:07:40 ID:wqhwWn8c
>>644
綿矢に嫉妬しない作家はプロ失格と言った編集者がいた。もっともだと思う
だからといって、公魚がプロ失格じゃないという訳ではないけど

655 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 12:02:50 ID:lrOyMmAL
シットの意味が違うんじゃないか?


656 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 13:59:55 ID:AlbyYvaL
shitか。

657 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 16:31:10 ID:1NpDa+zl
よくわからないな。
綿谷に嫉妬しない作家がプロ失格ってなんで? どういう意味?
賞狙いの作家の方が少ないだろ。
センセイはそりゃ嫉妬するに決まっているけども。

658 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 16:45:30 ID:iyJXVfGp
ここで一番問題なのは、おそらくバカ先生は綿矢を読んでいないだろうということだ。

659 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 17:47:49 ID:0qnCXAZ9
>>658
読んだって、どうせ馬鹿と間抜けばかりが出てくる小説って感想しか出てこないから無意味。

660 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 17:52:56 ID:oVaUp477
過去の日記に「モーニング娘みたいだ」と持ち上げたと書いていたけど
いつから憎しみに変わったのか〜
自分がメフィスト落選して賞というものに無縁と分かった時からでしょうか。
見苦しいな

661 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 17:53:18 ID:enXFBSQ6
>政治家になったから駄目なんじゃなくて、作家として駄目になったから政治家に なったんですよ。

とっくの昔に作家として駄目になってるセンセイにも、是非どこか別な業種へ進出していただきたいところ。

662 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 19:03:22 ID:AOpD5bCo
センセが断筆しても誰も惜しまないよな。

663 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 19:13:47 ID:FLwIYd8q
> 是非どこか別な業種へ進出していただきたいところ。

ホームレスなんてオススメだと思うが。寂しくなったら野外で雑文でも書けばいいんだよ。
運がよければゲントウシャあたりが出版してくれるんじゃない?


664 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 19:23:34 ID:OFRfz1A+
篠原一も読んでないというか、騒ぎになるまで名前も知らなかったんじゃないか。
ありゃ別に行き詰まってって感じじゃないからな。もともとあんなんだ。

665 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 19:39:10 ID:V19lX7BE
あのML、どんどん変な方向に進んでいくね。

赤狂いのマセガキが持論(つーか周囲の大人の受け売りなんだろうなぁ)を振りかざし、
先生たちは小説家とは何ぞやで不毛な議論を繰り広げ、
MLとして唯一積極的な活動である同人誌云々に関しては放置気味・・・

666 :名無しのオプ:2005/11/07(月) 23:51:58 ID:pRB2sLKM
先生って沖縄のことは日本と認めていなかったのかw

667 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 00:01:40 ID:H2szs/kt
先生が嫉妬すべきは、綿矢ではなく「リアル鬼ごっこ」の作者じゃないのか

668 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 00:01:48 ID:wYsSGYgq
小説はそんなに好きでもないけど、小説家にはなっていたい、って感じだね。
小説家にこだわらなければ、いまより稼げる気がするんだが。
とりあえず意味は通じる文章を、早く書く能力はあるんだからさ。

669 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 00:21:10 ID:YqJYlDa+
論理的には妙な文章だけど、小説は論理をあまり求めないからな。
ミステリーは除くけど。

670 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 09:09:03 ID:irlhtpCq
霧島那智という流れ作業の集団を作ったときから
変だなあと見ていた。だって、作家ってふつうは
一人で書くものでしょうに。二人でやっている例外もなくはないが
たいていは一匹狼で書くものだろう。 誰だって名誉は独り占めしたいもんだ。
彼のトラベルミステリーも内田康夫の真似みたいで面白くない中身だし
編集者なら良かったと思うよ。
バカ、アホ、間抜け、超ど級、と毎回人をののしっても
「出せばすぐとれる」と言っていたメフィストも
取れないんじゃ笑われるだけだよ



671 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 09:28:12 ID:dtxyMSN4
>>670
違います。メフィストに引っかからなかったのは運とツキが無かったからです。

672 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 09:36:13 ID:ju+01Yq5
まだやってたのか。すごいなおまえら。
きっと一生箱の中から出られないし出る気もないんだろうな。
それもある意味、幸せな人生か。

673 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 09:39:15 ID:Yk1vIPvt
本人北━━━(゚∀゚≡゚∀゚)━━━━!!!!

674 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 09:41:44 ID:XBlq6uN9
>>670前4行について。
公魚と関係あるのかどうかは知らんが、
木谷恭介ってミステリ作家が、自分の弟子筋にあたるらしい若い者と組んで、旅物ミステリの企画をやってる。
書くのは若い方がして、自分は監修か何かの立場で参加(本人何してんだろ?プロット作成?)。
で、商品(新書サイズ)は木谷恭介の名前で出版、と。
・・・・・・それぞれの取り分って、どうなってんだろうか?うまくいってんのかな?

まあ後期クィーンもこうだったらしいから、一概にどうこうは言えんが。

675 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 09:47:47 ID:ju+01Yq5
本人と思ってるのか思いたいのかわからんけど、そう書き込めるのがすごいよなあ。
仕事はあるかい?お疲れ様。

676 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 10:03:00 ID:irlhtpCq
そうだな
公魚も大野と組んで
そういうやり方をしたかったんじゃないのかな
ただ、大野が江戸川乱歩の二次選考まで進めたのは自分がかなり
手を入れたからとか言いふらし、黒子に徹した態度じゃなかったから
大野も逃げたんだと、解析しているんだがね。
いずれにせよ、一人でトリック考えて一人で書くものですよ
、能力があるなら

677 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 10:10:29 ID:ju+01Yq5
ああ、懐かしい文体だねえ。あいかわらずageてるし、あなたが一番すごいね。
ものの哀れとでもいうのかね、こういうのも風情があっていいねえ。
さて、酒でも飲んで寝るとするか。

678 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 10:55:41 ID:irlhtpCq
age
sage
どうでもいい話。
あんたも昼間から酒なんざ
いい身分だね

679 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 11:04:01 ID:rDywi4Z8
>>675
仕事はあるかいって、相も変わらずここにいる人々が作家志望だと思ってるの?
すごい妄想だな。MLの参加者にも陰で馬鹿にされてるとも知らず。

680 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 11:18:02 ID:JQ9/5x1Y
やめたくても、センセイが定期的に燃料くべてくれるもんだから、目を離せないんだよ!
メフィスト賞玉砕をリアルタイムで観賞できた時には、感動すらした。

681 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 11:36:31 ID:v6PFc70T
私はこの時期、今年の文春ミステリーベスト10で、バカ先生がどう出るか、
それに対して文春および推協がどの様な対応するか、そしてそれに対する
バカ先生の反応がどうなるかの攻防を考えると楽しみで楽しみでWw
そろそろ選考の時期だと思うので関係者の方々ここは一つ是非リークお願いします!




682 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 12:09:31 ID:YqJYlDa+
>>670
>作家ってふつうは
>一人で書くものでしょうに。二人でやっている例外もなくはないが
>たいていは一匹狼で書くものだろう。
純文学ならまだしも、エンターテインメントなら、面白ければ、何人で書いても
いいんじゃないの?
一人で書いてもツマらないものよりも、さ。


683 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 12:30:04 ID:9q7KeihH
http://www.asahi.com/national/update/1108/TKY200511080178.html
けんちゃんがまた、なんか言いそうだなあ……。

684 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 13:25:57 ID:u65+YeBk
ことミステリに関しては複数人で書くのは少数だがレアではないな
質・量共に

685 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 13:36:07 ID:9q7KeihH
最終選考に残りました

Q.今年行われた某ミステリー新人賞(賞金500万円)で最終選考まで残った者です。
仕事をしながら三年間、書き続け、今回、初めて最終選考(いままで恋愛小説ばかり書い
ていて全て一次予選すら通過せず)に残り喜んでいたのですが、応募作のレベルが低かっ
たのか、今年は受賞作なしという結果になりました。今回、落選した作品の扱いについて
お伺いいたします。
@低レベルの中で最終選考に残った作品など目もくれず、次回作品に集中したほうが良い
でしょうか?
Aそれとも、選考委員たちのコメントを参考に書き直し、どこかへ持ち込むか、他の新人
賞に応募したほうが良いのでしょうか?
 また、次回作品ですが、B今回、落選した賞に再チャレンジすべきか、Cそれとも同時
期に行われる別の賞にトライすべきでしょうか?


686 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 13:37:05 ID:9q7KeihH
A.おめでとうございます。たぶん貴方は、その版元とコネが築けます。
 ベストは、落選作を改稿して、賞を主催している同じ版元に持ち込む。NOと言われたら、
ミステリー系の他社に候補作である旨を言って持ち込む。こういう経緯を辿って刊行された
作品は多いので、脈はあります。
 また、次回作品も同じ賞を狙うことです。版元では間違いなく貴方の名前を覚えています
から、予選免除になる可能性があります。いずれにせよ改稿作の持ち込み時に電話をしなけ
ればなりませんから、その時点で貴方には担当編集者が付くはずです。ですから、改稿と次
回作とを並行作業で進めましょう。
(ゲスト回答:若桜木虔)

687 :若桜木虔:2005/11/08(火) 13:49:01 ID:4xpRYWwf
>>683
漫画「金田一少年の事件簿」は島田荘司氏「占星術殺人事件」のトリックを流用したが、
断り書きを付記した上で現在も版を重ねている。盗作でも何でも売れていれば許されるのが
現在の出版事情。飛鳥井氏にそこまでの権勢がなかったのだから絶版は致し方ない(笑)

688 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 13:52:42 ID:VfsCZrHz
( ゚Д゚)<受賞作なしでもコネ作れるから皆応募すれ。
(観光地ミステリー文学賞審査委員兼下読み)

689 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 14:20:39 ID:zWe47Lvn
>>685 
この書き方じゃ、光文社の日本ミステリー文学新人賞の最終候補作の一人だって、
すぐ判るんだが……。
そういえば、大野ユリ子タンも、この賞の最終に残ったんだよね。
でもけっきょく、光文社からは一冊も出ていない。



690 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 14:22:09 ID:CbSaR8OH
>>687
ただ、あの断り書きって断り書きなだけで許可を取ったわけ
じゃないし、ある意味「本作は島田荘司氏にインスパイヤされて
作られたものですが島田荘司氏の著作になんら制限をくわえる
ものではありません」と言ってるも同然だったようなw

691 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 14:32:41 ID:A5nN6Pav
>>686
この回答、「おめでとうございます」で始めるのはおかしいんじゃないの。
最終候補に残った段階ならともかく。
「それは残念でした。ですが」の方が適当だと思う。
回答者のポジションを的確に表現した答えですね。

692 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 14:45:24 ID:EaTaenkO
 ××さん
>この前の靖国参拝は日本がアジア各国から孤立する原因となりました。
 この認識は間違っていると思いますよ。アジアに、いったい何カ国がありますか?
 その内で靖国参拝に抗議してきた国は? 日本と国境問題でトラブっている国だけ
でしょう。竹島とか尖閣とか琉球諸島とか。いちゃもんを付けておいて国境問題で事
を有利に運ぼうという魂胆が見え見えです。
 太平洋戦争において日本の侵略を受けた国々という観点でパーセンテージを見て
も、靖国参拝に抗議してきた国は圧倒的少数です。どこが孤立ですか?
名村烈


センセイの発言の中で初めて同意できる意見だ。
問題を領土問題のみに還元するのがやや短絡的だが

693 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 15:02:02 ID:YqJYlDa+
センセイも692も国際情勢に疎いな。
日本が頼みにするアメリカ様も、靖国参拝については「積極的に同意しかねる」
状態なんだよ。
それに、日本の近隣諸国はみんな抗議してるんだし。

日本から離れた国は、靖国問題を知らない可能性が高い。
日本人は海外の情勢を知りたがるが、他の国ではさほどでもない。

センセイは、小泉的ウヨだったんだね。

694 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 15:16:27 ID:s39ttIFT
抜けもしないエロ駄文を書き飛ばす小泉的ウヨ

どーでもいいが、慰謝料くらい払ってやれば

695 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 15:54:01 ID:U60pn/cG
靖国がどうだろうが興味はないが、これでセンセイと中学生がガチンコに突入するなら面白そうだぁよ。
MLメンバーにはたまったもんじゃないだろうが。
(あ、これを機にセンセイ中学生共に除名しちゃえばいいのか)

つーか、元々火葬戦記作家と左巻き学生じゃ相性いいわけないもんなぁ。


696 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 16:22:04 ID:mCAWSM5y
×火葬戦記作家
○箸棒ライター

697 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 17:07:47 ID:YqJYlDa+
推理作家協会報11月号に先生の投稿が。
「ミス。ミステリーの責任は誰に?」というのがそれ。
以下のような間違いを列記している。
・幼稚園の「保母」
・懐石料理と会席料理
・フランス語のリエゾン
・快速艇のスピード
・切断された電話線はすぐに直せる
・妊娠期間の数え方
・斜めに落下した時の加速度
可否の判断はみなさまにお任せします。
いずれ協会のサイトに載るでしょう。

698 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 17:19:29 ID:U4KRxucg
推理作家協会報なんて誰が読んでんだ?

699 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 17:49:58 ID:pip4JLDL
>>698
ネットに載ってて、毎月何人か、会員の作家がエッセイを書いてるから、
アクセスは多いんじゃないだろうか。


700 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 19:34:48 ID:nPtmVo8V
名村さん。
僕は音楽の方が専門だからあえて言うんだけど、プライドは捨てなさい。
いくら強がり言っても、空しいのは自分自身でしょう。
中途半端なプロは、プライドを持っちゃうから、人の言うことを聞かずに大成できないんです。
音楽ではね・・・。
名村さんは、社会に貢献した経験があるのですか?
青少年に有害な図書を、ばら撒いているんでしょう。
コンプレックスが強いんでしょう。
だから、早目に病院に行きなさい。

だんだん気の毒になってきた。
--------------------------------------------
 著書の1冊もないヤツが、何を下らないゴタクを言ってるんですか。文壇のこと何もわからないくせに。それとも何か纏まった著作があるんですか。
名村烈



この展開をまってましたw

701 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 19:37:38 ID:UKQ+uQhh
相手はどんな人なの?
なんかどっちも言ってることが痛いんだが。
MLにはろくな奴がおらんのかw

702 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 19:48:36 ID:HPHAj4tH
音楽が専門つーのはうまいね。センセイ完全に押されてる。
「だんだん気の毒になってきた。」つーのは>>700の感想?

703 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 19:57:56 ID:YqJYlDa+
音楽の専門家サンに期待します。

704 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 20:08:17 ID:v6PFc70T
ヤツ呼ばわりとは豪快にボロ出しまくってまつね。
今までもこのMLの参加者の殆どである「著書の1冊もない人を見下してたってのが、
丸解りだw

705 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 20:20:39 ID:YqJYlDa+
文壇っていうけど、センセイは『文壇』というマボロシをいまだに信じていて、
しかも、その中に入りたくても入れないじゃないですか。

706 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 20:31:47 ID:mP/Xksqu
一般人なんで業界のことはさっぱりですけど、とりあえず自分の思ってる文壇の中に
先生は入ってないよ(´・ω・`)

707 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 20:33:58 ID:22p5qaaO
なんかML管理人と裏で個人メールやりとりしてる
らしいところがきたねぇな。
手回して邪魔者消すつもりか?

708 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 20:45:20 ID:za+7G5Sh
野坂昭如の「文壇」でも読めばいいのに……

709 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 20:52:11 ID:arjW8n+b
お山の大将をカミングアウトしちゃったわけですね。

710 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 20:55:11 ID:za+7G5Sh
そしてまた亡くなった人の名前を出す、と。
やれやれ……。

いい年して、情けないねえ。

711 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 21:19:06 ID:za+7G5Sh
そしてまた亡くなった人の名前を出す、と。
やれやれ……。

いい年して、情けないねえ。

712 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 21:24:09 ID:za+7G5Sh
そしてまた亡くなった人の名前を出す、と。
やれやれ……。

いい年して、情けないねえ。

713 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 21:29:36 ID:za+7G5Sh
二重カキコすんまそん

714 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 21:36:13 ID:IEA3QyU7
>>707

え? そうなの? どこどこ?


715 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 22:17:10 ID:aqP883LX
>>713
「二」重じゃないw

716 :692:2005/11/08(火) 22:25:25 ID:IijRe8s1
>確かに病院行け。は、言っちゃいけない言葉だと思います。けどだからって喧嘩売ってる。って捕らえるのは、餓鬼だと思います。
 そうかも知れない。しかし、文壇てのは餓鬼みたいな精神状態のヤツばかりですからね。いつ食えなくなるか分からない殺伐とした精神状態の中で仕事してるから、やたらと喧嘩っ早くなる。裁判沙汰なんか、しょっちゅうだし。
 作家同士の喧嘩は年中だし、編集者なんか「ぶっ殺したろうか!」って思うこともしばしばですよ。
 売られた喧嘩は買う、売られなくても買うのが物書きの世界で。いや、それで何人、友達をなくしたか、ってくらい喧嘩してます。
 正直なところ、来年の生活の目途が立ってないんですよ、私は。今年の春、砧大蔵って作家仲間が「もう書けない」って首をくくりましたけどね。後を追うかも知れない。
 自分の実力に自信はある。実力がなけりゃ、新人賞の下読みの依頼は来ませんからね。でも、どうやって仕事を取る? 確実に仕事を取る方法は、もう20年近く飯を食ってきて、今もって分かりませんよ。
名村烈

せっかく「荒らしは放置しよう」と忠告してくれた人を華麗にスルーして、自分の喧嘩っ早さを正当化してますw
確かに煽ってる奴も痛い(釣りだろうけど)けど、自分の精神の幼さをここまで一般化できるセンセイもスゴイな。
面白くなってきた

>>693
反論したいことはあるけど、スレ違いになるんでやめとく。
ただセンセイは良くも悪くも(概ね悪い意味で)ノンポリでしょ。


717 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 22:38:01 ID:rc9BQccQ
下読みってあんまり「作家」の仕事じゃないんだけどね・・・
「ライター」にはよく回ってくるけど。

718 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 22:59:57 ID:lx1oqY6j
素人がバイトですらやれることが作家の実力として認められるのか。

719 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 23:07:12 ID:YqJYlDa+
>>716
>そうかも知れない。しかし、文壇てのは餓鬼みたいな精神状態のヤツばかりですからね。いつ食えなくなるか分からない殺伐とした精神状態の中で仕事してるから、やたらと喧嘩っ早くなる。裁判沙汰なんか、しょっちゅうだし。
> 作家同士の喧嘩は年中だし、編集者なんか「ぶっ殺したろうか!」って思うこともしばしばですよ。
> 売られた喧嘩は買う、売られなくても買うのが物書きの世界で。いや、それで何人、友達をなくしたか、ってくらい喧嘩してます。
これって、アンタ個人の話だろ。
特に『裁判』とか。
ブンダンの中では決して裁判沙汰は横行してないけど。

720 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 23:07:31 ID:Qmgr7Tgq
>裁判沙汰なんか、しょっちゅうだし。

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――


センセイ、今日はサービス満点ですな。

721 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 23:17:05 ID:YqJYlDa+
なんか、往年の新宿ゴールデン街の熱気みたいな事を書いてるけど、
酔っ払いが密集してるんじゃあるまいし、売られない喧嘩を買ってるほど
ヒマな奴はいない。
火の粉が自分に振りかぶってきたらなんとかするしかないけど、
他人のことは基本的に放っておくよ。
凄くズレてて、そのズレ方が気味が悪い。
仕事がなくて追い詰められてるんじゃないか?センセイ。

722 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 23:24:17 ID:mP/Xksqu
>そうかも知れない。しかし、文壇てのは餓鬼みたいな精神状態のヤツばかりですからね

なんで自分を基準に考えるの?このオヂサン

723 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 23:26:08 ID:rc9BQccQ
作家同士、特にミステリ作家同士で裁判沙汰になった事件って、
横溝乱歩の時代から数えてもどのくらいあるだろね・・・
借金だとかギャラだとか、ビジネスライクな裁判はせざるを得ないかもしれないけど、
ケンカの延長で裁判沙汰になったなんて話は聞いた事が無い。

724 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 23:43:29 ID:YqJYlDa+
ああそうか。
センセイって、自分の周辺の人間関係を「文壇」と称してるんですよ。
だから「作家同士喧嘩ばかりしてる」とか「裁判沙汰は日常茶飯事」
みたいなことを書くんですよ。
本来の「文壇」はセンセイの世界から遠いところにあるのにね。

725 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 23:56:12 ID:iK7+ew4f
なぁ、誰かそのMLで名村と公魚のこと問い詰めてくれよ。
人のこと口汚くののしるこのおっさんはなにが望みでわざわざ20歳も若い名村名乗ってるんだよ。
出身校からなにやら何まで作り上げた名村で偉そうに振舞われてそこの参加者はよく平気だな。



726 :名無しのオプ:2005/11/08(火) 23:58:39 ID:Qmgr7Tgq
>20年近く飯を食ってきて、
いまだに名村キャラをやってる所とか、

>後を追うかも知れない
突如メンヘル気取りとか、

なんかもう、密度濃すぎ。ああぁ……もう、大好きだ。

727 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 00:40:07 ID:Gc93TXov
あれ? 名村って長期にわたる休筆期間があったんじゃなかったっけ。
それを「20年近く飯を食ってきて」って言っちゃっていいの?
名村の設定忘れちゃったんで、突っ込みどころ間違ってるかもしれないが。

728 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 01:33:08 ID:RPU+ESog
設定で30台じゃなかったっけ?
とすると10台でデビューか。
すごいなあ

729 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 02:20:08 ID:AvKZ+bum
架空文壇と称してほしいなあ。

730 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 05:24:07 ID:kOZAjcjB
>>692
先生の政治的見解を見たのは始めてだけど、あまりにも常識的すぎてびっくりした。
普段の言動からすれば、もっと電波ゆんゆんなものが飛び出してくるかと思ったのにw

731 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 07:57:52 ID:1Q0Qv1Ay
名村さんは30代でしょ、それにこの20年間全然仕事してないんだから文壇で飯食えてないでしょ、
ってプログで誰か突っ込んでみたら、センセイはどんな反応示すかなあ?

いや、俺は本当は公魚って小説家なんだって正体を現すかなあ。

732 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 07:59:26 ID:SqmnPuiU
ついに怒られちゃいましたね・・・w

733 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 08:32:21 ID:lUJwP5jx
先生MLで一週間の謹慎処分。小学生かこの人はwwww

734 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 08:41:30 ID:SqmnPuiU
人間って面白っ!

735 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 08:51:32 ID:fbD0hzxp
え?
センセイが謹慎処分を食らったの?
ばかみたい。

736 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 08:51:50 ID:ocEQ9h7t
怒られた、とか、謹慎処分、って何? 何?
よかったら教えて。

737 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 09:09:10 ID:fbD0hzxp
>>736
過去ログを読むって事、知らないの?
流れで「例のMLでの『716に引用された発言』のせいで管理人に怒られた」
って判らないかな。
もしこの解釈が間違ってたら大変申し訳ないが。

それはそうと、センセイはもう、「どうせみんなナムラはワカサギの別名だと
知ってるんだから、いちいち成りすまさなくてもイイだろ」
と開き直っていると思うのですが。


738 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 09:53:13 ID:JfazFpU2
なんか嫌みなやつだねお前

739 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 10:13:35 ID:fbD0hzxp
お前にお前呼ばわりされる理由はない。

740 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 10:16:59 ID:P4S9scfK
ただの推測でそこまで偉そうにいえるとは、お前シャーロック・ホームズだな

741 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 10:28:33 ID:WzOl1zZI
>>737
それはもちろんわかっていて、
実際にどう怒られたか興味があると読み取るのが自然だと思われるが・・・

742 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 10:37:26 ID:fbD0hzxp
>>741
そうか?
『怒られた、とか、謹慎処分、って何? 何?』
って言う文章から、そこまで読み取れるか?
単純に何も知らないから教えて教えてっていう教えて君じゃないのか?


743 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 11:06:18 ID:ocEQ9h7t
735は、どうしても俺を謹慎処分にしたいらしい。。。

読み取りの難しい、誤解を与えるような書き込みですいませんでした。
謹慎します。


744 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 11:08:42 ID:ocEQ9h7t
>>741
ありがとうございました。

745 :735:2005/11/09(水) 11:37:24 ID:fbD0hzxp
>>743
あ。
そう言う誤解が発生していたのですか。
すみません。
「ばかみたい」と言う発言の対象は貴殿ではなく、ワカサギセンセイです。
この点に関して、お詫びいたします。

746 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 12:55:15 ID:oL0h2K84
名村さん ゑ

××です。

管理人として、名村さんにお願いがあります。


----------------------------------------
 1週間の発言の自粛を求む

あなたと○○(煽ってた奴)さん、△△(中学生)さんの間で行われた政治・思想・宗教に関する発
言は、
周囲に非常に不愉快な思いを振りまき、感情的な軋轢を生みました。
この事態を受け、管理人コミュニケーショントラブル防止規定に則り、
管理人はこれらの会話を「注意水準」に達したと判断しました。
しかし、あなたの発言のログを見る限り、
あなた個人が礼節を欠いたとはいえないと僕は判断しました。
よって、あなたに対して政治・思想・宗教に関する発言の禁止を要求はしません。

管理人の警告後も○○さん、△△さんと政治・思想・宗教に関する会話を
続け、
あなたは周囲に非常に不愉快な思いを振りまく原因になりました。
これに関しては、既にあなたは謝罪しています。

その後の○○さんからの名誉毀損発言に対するあなたの返答もまた、
周囲に不愉快な印象を与えました。
これについてもあなたは既に謝罪の意を表しています。
また、これに関しては、あなたの反応を責めるわけにもいかない気がします。


747 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 12:55:56 ID:oL0h2K84
(746の続き)
それでも、
謝罪されるたびに、その後、挑発的な○○さんの発言に対する返答を続
け、
再び謝罪せざるをえなくなる事態を名村さんが招いてきた責任を、
管理人は指摘せざるをえません。

よって、この重苦しい空気に対する冷却期間として、
名村さんに、今後1週間の発言の自粛を求めます。


1週間後、あなたの読書記録が再開されることを期待しています。


以上     管理人 ××

ハゲシクワロタ
ちなみに中学生は警告のみで処分なし。
例の煽り君には、1政治発言の禁止2名村への謝罪3中傷文の削除4.2週間の謹慎。さらにこれらが守れない場合強制除名処分という最も重い処分。

まあ妥当な処置だろうね。

748 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 13:21:23 ID:0udJ9I/5
>>746-747

わはは。それで、ナムラーせんせいはちゃんと「自粛」してますか?


749 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 13:49:46 ID:6VmPelda
コレで馬鹿詐欺日記の方が更新されたら笑うな
1週間限定なら尚更

750 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 14:02:57 ID:Ls08I+f8
読書記録の再開って、管理人は本当に望んでいるのか?www

751 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 14:17:26 ID:Gc93TXov
1週間の間が空くことで、名村がMLへの興味が失せることを
期待してるんだったりして。<管理人
だとしたら、甘いよw

752 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 14:39:09 ID:k6SI5wZ4
「読書記録」って言う言い方がすでに馬鹿にして(ry

753 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 14:50:14 ID:WzOl1zZI
人並みの羞恥心があれば、「記録」の意味する皮肉に気づくはずだが
なんせ羞恥心が無いと公言してるくらいだしねえ・・・

754 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 15:56:32 ID:RajNnBg2
そうか、やはり皆おれの素晴しい読書記録を楽しみにしてたか。
とか思うんだろうな。

755 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 17:10:03 ID:JL9toIQV
センセイの感想テンプレ

『○○』×× 読了。警察が間抜けなだけの駄作。

『○○』×× 読了。アホバカミステリー。

『○○』×× 読了。文句なしの傑作。作者は――大学の教授。

756 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 17:38:56 ID:7qHEK7tP
一週間は面白そうなこともなさそうだし、
今のうちに次スレのタイトルとかテンプレを練り直してはどうか?w

【裁判負けた】若桜木虔35【金も仕事もありません】

757 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 17:55:54 ID:jhEgR1Mz
予備校講師より好きだからという選り好みで文筆業してるだけなのに、なにが「>後を追うかも知れない」なのか。
故人の名前まで引き合いに出して、ふざけてんのかこの人。

758 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 18:19:59 ID:W0/G190F
センセイ一週間はこのスレに入り浸るんじゃないか

759 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 18:43:33 ID:fbD0hzxp
しかし、MLの管理人さんの文章も読みずらいっすね。

760 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 20:26:07 ID:9/rKPf8r
>あなた個人が礼節を欠いたとはいえないと僕は判断しました。
とか書いちゃう人だからな〜、管理人。
結局のところ「一応作家」には残っていてほしいのかな。
残らせていいことなんかひとつもないと思うけど。

761 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 20:55:26 ID:Yr0oz9Hi
管理者の注意に対する厨の発言

>分かりました。では、自主的に一週間の謹慎をし、自分を見つめなおしないとおもいます。

見つめなおさねーのかよw

762 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 21:36:42 ID:sWfoPD+o
>>760
つ社交辞令

763 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 21:50:15 ID:0bgX9+0q
センセイとしてはもうこんなMLに用があるかと席を立って

764 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 21:52:52 ID:7qHEK7tP
おおざっぱに訳すると
「除名にすると騒ぐだろうから居させてやる。とりあえず一週間黙ってろ」
ってことらしいよ。

765 :名無し草:2005/11/09(水) 22:52:08 ID:xeUPNJds
砧さんって亡くなってたんだね、半年以上も前に・・・
知らんかった。迷わず成仏してください、アーメン

766 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 23:13:39 ID:Ca2jK0CY
何が嫌いって、霧島那智っていうネーミングが大嫌い
うわ〜書いててトリハダがたつ・・・

767 :名無しのオプ:2005/11/09(水) 23:24:28 ID:hA01wNN1
若桜木事件簿に、「ML謹慎事件」を追加しないといけなくなっちゃったですね。

768 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 00:22:30 ID:ammxQR+h
つうか、ふだんから「バカ、アホ」と他人の作品にケチつけて喧嘩売ってるくせに、
自分がチョットなにか言われたらコレだもんなぁ。

本当に駄目な人。


769 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 01:25:53 ID:a70nbHXh
まあまあ、とりあえず先生も謝っていることですし・・・

 ○○さん
 申し訳ありませんでした。15日いっぱいまで発言を控えたいと思います。
名村烈


770 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 03:24:18 ID:hCWAPy4o
オタ系ニュースサイトに「ライトノベル出版の現状」なるトピックが立ち、サイト管理者は
「こんなひどい状況なのか」となげいていた。
リンクをたどったらセンセイの目安箱だった……今日びの若い子はセンセイの武勇伝を知らないのね。

771 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 03:28:05 ID:0VVUzQDU
え?このスレ立った時も知ってる人ほとんどいなかったよね

772 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 04:22:44 ID:kaOgdXBx
>>767
■ML謹慎事件
名村名義で、以前日記に書いてた書評活動をする。
公魚とは二十才年下の従兄弟設定だが、的外れな批判や超ド級の駄作など公魚節全開。
中学生と思われる左翼思想の持ち主が加わってMLは荒れる。
管理人は中学生と公魚に一週間の書き込み自粛を要請(つづく)

773 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 07:19:36 ID:kaOgdXBx
>>771
知っててそれで何なんだという程度の人でしょ(昔も今も)
一般書籍板で悪評の椎名誠や芸スポや、野球の元木氏ねみたいな一般人の知名度はないし
泡沫候補なのに目ん玉飛び出る言動で2ちゃん内では有名な又吉イエスに近い

774 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 09:17:08 ID:Bp8iIDNm
名村自分のHPアップして言いたいこと言やいいのに。

775 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 09:23:35 ID:YgBrV18w
>>774
誰も見ない

776 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 09:24:31 ID:i+oIfUYq
俺らが見るw

777 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 11:57:44 ID:eq931u2g
ぜひ名村ブログを開設してもらいたい。
毎日コメ欄に書き込んであげるのにw

778 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 12:01:01 ID:IkNsD3qo
>>777
いくらなんでもそれはやらんだろうなあ。
結果は目に見えてるもの。

779 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 12:27:07 ID:oN0q8hrk
>>744
大荒れになって面白いだろうなあ。

780 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 15:17:47 ID:yD5PUWB5
>>772
中学生は注意されたのみで謹慎処分はされてませんよ。
あとML内での電波ぶりも記録しときたい
↓こんな感じでどうでしょう?

■ML謹慎事件
作家志望者の集まるMLに名村烈名義(公魚とは二十歳年下の従兄弟という設定)で参加。
別人格設定ながら、新しい参加者が来る度に自著の宣伝をしたり、自分に聞かれたわけでもない質問に対してキレたりと、相変わらずの電波ぶりを発揮する。
また以前日記で行っていた書評活動をして、阿呆馬鹿間抜け・超ド級の駄作など公魚節全開。
そこに、中学生と思われる左翼思想の持ち主と公魚を煽るために現れたと思われる釣り師が加わって三つ巴の論争となり、MLは荒れる。
一般参加者の「政治思想の話はよそで「荒らしは放置しましょう」といった注意にも耳を貸さず、「文壇では売られた喧嘩は買うのが普通だ」などと意味不明なことを言い出す始末。
ついに管理人から一週間の書き込み自粛を勧告される。

781 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 15:23:23 ID:0HjnHqEs
「売られた喧嘩は買う、売られなくても買う」の方がさらに電波っぽくて良いかと。

782 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 15:36:15 ID:yD5PUWB5
>>781
いいですね。

■ML謹慎事件
作家志望者の集まるMLに名村烈名義(公魚とは二十歳年下の従兄弟という設定)で参加。
別人格設定ながら、新しい参加者が来る度に自著の宣伝をしたり、自分に聞かれたわけでもない質問に対してキレたりと、相変わらずの電波ぶりを発揮する。
また以前日記で行っていた書評活動をして、阿呆馬鹿間抜け・超ド級の駄作など公魚節全開。
そこに、中学生と思われる左翼思想の持ち主と公魚を煽るために現れたと思われる釣り師が加わって三つ巴の論争となり、MLは荒れる。
一般参加者の「政治思想の話はよそで「荒らしは放置しましょう」といった注意にも耳を貸さず、「売られた喧嘩は買う、売られなくても買う」などと意味不明なことを言い出す始末。
ついに管理人から一週間の書き込み自粛を勧告される。

あと個人的にはコレもテンプレに加えたい↓

私の好きな作家は、篠田真由美、笠井潔、芦辺拓、平石貴樹、加納朋子、光原百
合、伊坂幸太郎、志水辰夫、山田風太郎、隆慶一郎、諸田玲子、多田容子、奥泉光な
ど。古いところでは直木三十五も。
 個人的に好きなのは、折原一・新津きよみ夫妻、太田忠司、加納一朗、加藤廣、菅
谷充、鳴海風、辻真先など(作品を読んだことのない人もいます。念のため)
名村烈



783 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 15:52:15 ID:r85o2N+n
【本を買うのは】若桜木虔35【ブックオフだけ】

784 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 16:18:59 ID:a0bOE0mG
>>782
名前を挙げられた作家が気の毒だと思う。

785 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 16:34:52 ID:4ABMVU7W
『プロ作家養成塾』ってどうよ

786 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 16:52:44 ID:oN0q8hrk
喧嘩上等名村強烈

787 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 17:27:39 ID:0bwIGf7P
> 785

> だいたいプロで食えている人数が、日本全体で200人くらいしかいませんからね。
>作家業自体が椅子取りゲームみたいなもんなので、本当のノウハウを明かすのは、
>自分で自分の首を絞めるようなもんで、馬鹿のやることです。

だそうです。
MLの名村氏発言の転載から抜粋。

788 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 18:47:08 ID:a0bOE0mG
その200人にご自分はカウントしてらっしゃるんでしょうか。
つーか、そんなこと言うなら作家ワナビーのMLになんか居つくなよってなもんですが。

789 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 19:16:17 ID:IkNsD3qo
専業で食えているのは200人以上はいる。
たぶん最低でも400人。いや、2000人はいるんじゃないかな。
エロを含めれば。

790 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 20:54:12 ID:Bp8iIDNm
>本当のノウハウを明かすのは
お前そんなもん知ってんのかw

791 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 21:06:54 ID:M04iOPcy
なんで公魚はあのMLに入ったんだろうと思っていたが、
昨年MLが出した同人雑誌で筆客が紹介されていたからかもしれないと
最近思った。

792 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 21:37:36 ID:2q1r37Dz
しばらくご無沙汰してましたが、スレもセンセも健在でなにより(w

以前誰かが書いていた(ような気がする)けど、
センセの益体もない小説よりも、よっぽど面白いエンタメだね。
例が古くて申し訳ないが、氷室冴子の「少女小説家は死なない」のノリで、
小説化してみたら面白そうだ。

末尾に、「この作品はフィクションです。ていうかそういうことにしておいてください」
とでも付け加えればもう(´∇`)ケッサク。

793 :名無しのオプ:2005/11/10(木) 21:55:22 ID:qBMGT3Pw
>>783
それも100円コーナー限定。

794 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 15:11:51 ID:YQSAvm39
私がバカ先生に言いたいことを米澤穂信が代弁してくれてます。

ttp://www.pandreamium.net/nowadays/051110.html

795 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 16:21:27 ID:R3CPV4Ur
言いたいことは分かるけど、ほとんどの人は作家の成長なんて見ないし、最初の印象で決まる。
こいつはダメだと一度公言したらずっとダメ。
というか見向きもしない。
業界に詳しいセンセイだから、精進なんてばかばかしくてやってられないのかもよ。

796 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 16:23:51 ID:GcuscUW0
>>794
よい文章ですねえ。馬鹿詐欺に是非とも読ませたいですねえ。

【本当にプロなの?】若桜木虔35【つまらないよ?】

797 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 16:43:27 ID:cDZ/ojFQ
【MLで鶏口牛後】若桜木虔35【でも謹慎処分】

798 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 17:17:00 ID:sub/yMW+
中伊豆・黄金崎 紅葉狩の殺人
若桜木虔
新書判 230ページ
2005年12月19日 発売予定
定価 880円 (税込)
ISBN 4-408-60349-X
老舗旅館の女将が運転していた車の上に、突然首のない死体が降ってきた。奇怪な事件の解明に、おなじみなつみと南のコンビが大活躍!


799 :名無し草:2005/11/11(金) 22:07:25 ID:rxgId12f
そっか、まずはめでたいね
で、誰か読んで感想書いてくれる?

800 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 22:09:49 ID:2m6yG85h
12月19日だぞ。

801 :名無しのオプ:2005/11/11(金) 23:06:01 ID:Vd/vf2uU
どなたか人柱になって、また名文鑑賞会をしてほすぃ

802 :名無しのオプ:2005/11/12(土) 03:41:59 ID:XInCvwTc
http://gedo-style.com/g/?v=36374&n=1&d=d.jpg

803 :訂正してください:2005/11/12(土) 10:23:25 ID:x5gruIIL
MLを荒らし、謹慎させられたのは従弟の名村烈です。訂正してください。
                             若桜木虔

804 :名無しのオプ:2005/11/12(土) 11:03:47 ID:Dfe2DRnm
先生は、「ナムラはワカサギの別名」であると明記した、
新潮社の例の本の存在を認めないらしいですね。

805 :名無しのオプ:2005/11/12(土) 11:08:14 ID:XInCvwTc
>>803
http://gedo-style.com/g/?v=36459&n=1&d=d.jpg

806 :名無しのオプ:2005/11/13(日) 03:33:48 ID:yW5XvC7+
それで >798 の印税はミポーの所にいくのかいかないのか。

807 :名無しのオプ:2005/11/13(日) 13:51:28 ID:9v0ybs4v
>>798
なんだかコナンと金田一(少年のほう)を足して2で割ったような事件の始まり方だな

808 :名無しのオプ:2005/11/13(日) 15:32:43 ID:KlQtAm7N
ガキの本ってことか。

809 :名無しのオプ:2005/11/13(日) 16:45:17 ID:bbedVVPV
>>794 のラーメン屋の例えで思った。
メフィストその他に投稿するセンセイの姿は、
「カップラーメン速作り名人が料理コンテストに参加する」ような、
そんな可笑しさに例えることができるんじゃなかろうか。

810 :名無しのオプ:2005/11/13(日) 18:12:01 ID:DXo8sopk
中途半端な中華屋にて、常連とおぼしき客が
「冷やし中華はじめました」の張り紙を見て店主に
聞いたのさ、「なぁ冷やし中華と冷麺ってどう違うの?」
すると店主は言った「言い方が違うだけで中身は一緒」

「冷やし中華が考案されたのは日本で、冷麺は韓国の
料理だ」などと山岡士郎的なつっこみをガマンしつつ、
それ以来その店にはいかないようになったな。

公魚の、さもミステリのスペシャリストであるかのような
発言を見るたびにあの店主を思い出す。

811 :名無しのオプ:2005/11/13(日) 23:35:22 ID:4SZVpH7G
>809-810

おまいらの譬えの適切さに脱帽

812 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 00:43:19 ID:O3J+LLMS
しかしセンセイのMLでの電波な大活躍がないと、このスレもなんだか空気が抜けたようだな・・・。

813 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 11:14:53 ID:fthEJya4
12/2南海放送テレビ「おかえりBOOKS・本を抱えて」 出演
12/7松山財務事務所にて講演
12/13砥部中学校にて講演


814 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 11:51:40 ID:pIzl/cfM
>>785
センセイが選考委員をしている観光地ミステリー文学賞では、
作品毎に講評が付き、応募者はそれを読んで修正再応募することが可能になっています。
それが一年間続きました。
しかし、結局年間グランプリはもとより、月間グランプリも優秀作も、佳作すら出ることはありませんでした。

その辺の事情をふまえ、センセイの指導者としての力量をよく考慮したうえで購入を検討すべきでしょう。
まあ、名村氏によれば運とつきが総てらしいので、なにを「養成」するのかってところでしょうが。

815 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 12:12:50 ID:dCG3Y5g+
>>814
>しかし、結局年間グランプリはもとより、月間グランプリも優秀作も、佳作すら出ることはありませんでした。
グランプリの賞金を出すのが惜しいし、指導して応募させ続ければ、
「応募料」が儲かる。
指導者の力量を問うのはもちろんだけど、もっと巧妙な「収奪の仕組み」も
考えないと。

816 :名無しのオプ:2005/11/14(月) 21:24:23 ID:xGtsik88
被害額がそれほど大きくなければ、とられた奴も泣き寝入りだからね。
詐欺としてはよい手段だよなw

817 :名無し草:2005/11/14(月) 22:35:52 ID:Nistg2kX
>813
はいばい、わかったから
どうしてそこまで大野さんにこだわるわけ?

818 :NEWS:2005/11/15(火) 07:35:07 ID:es7SOCRB
観光地ミステリー文学賞主催者を逮捕 詐欺の疑い
警視庁は、観光地を主題としたミステリー賞を主催し、賞金を出すとして審査料を
集めていた、沼津市在住の自称作家、若桜木虔容疑者(56)今朝逮捕した。応募者の
複数名から、年間グランプリはもとより、月間グランプリも優秀作も、佳作すら出ていないと
告発があり、捜査を進めていた。

819 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 10:46:10 ID:yoW4skE9
お約束で

http://gedo-style.com/g/?v=38486&n=1&d=d.jpg

820 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 15:39:30 ID:JEILGlB2
クリステル、かわいいなぁ……

821 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 16:04:35 ID:vKrDpl1e
>>818
作家で確定申告をここ最近しているなら自称とは言われないような気が。
なんか売れない俳優が10万程度の年収でも確定申告をするのはそれが目的だってどっかのテレビか本で見た。
しとかないと無職扱いだったり、事件起こしたら自称俳優って言われるからだとか。

822 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 16:08:47 ID:em83zDjC
ま、ネタにマジレスするのも……。

823 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 18:47:04 ID:IMRkm+uh
>いつ食えなくなるか分からない殺伐とした精神状態の中で仕事してるから、やたらと喧嘩っ早くなる。
>裁判沙汰なんか、しょっちゅうだし。

センセイの場合は喧嘩じゃなくてセクハラじゃなかったか?


824 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 19:01:54 ID:ur+x/37y
いよいよ明日ML解禁か、やっとセンセイの楽しい文章が読めるんだ。
読者としてMLで流される「新作」が楽しみだなあ。

825 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 21:19:25 ID:JEILGlB2
日がかわったとたん、嫌がらせのように大量の読書感想文を送りつけてくるであろう
公魚名村が作家扱いされる時代がくるのでしょうか……

826 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 22:06:27 ID:a3s666IF
そういや馬鹿は昔
「作家ワナビーの2チャンネル族が私のことを嫉妬して悪く言ってる」
とか言ってたけど今や自分が偽名まで使って作家ワナビーの中にいるんだよなw

827 :名無しのオプ:2005/11/15(火) 22:58:12 ID:em83zDjC
あ。たしかに。そりゃそうだなあ。

828 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 09:07:11 ID:b0MntAU5
閉門蟄居謹慎中に読んだ本は、以下のとおり。9冊。
水木楊『パナマ運河奪還』
東川篤哉『学ばない探偵たちの学園』
黒田研二『闇匣』
山田正紀『阿弥陀パズル』『妖鳥』『螺旋』
二階堂黎人『密室殺人大百科』下巻
恩田陸『不安な童話』『六番目の小夜子』(改稿版)
感想は以下のとおり。
『パナマ運河奪還』……オーソドックスなハイジャックもの。巧いが定跡どおりに展開して
定跡どおりに終わる。
『学ばない探偵たちの学園』……ユーモア・ミステリーとしては巧いが、まるで動機にリア
リティがない。だいたい、新本格の連中は真面目に動機を考えない。「こんなんで人を殺
すかよ?」という動機で殺人事件が起きる。ちっとは勉強しろよな。
『闇匣』……読後感が良くない。『スパイ大作戦』でIMFに騙される側の人間を主人公にし
て書いたような話。構成は、まずまず巧い。
『阿弥陀パズル』……トリックが秀逸。途中で見抜けたが、これを見抜ける人は、あんまり
いないだろう。
『妖鳥』『螺旋』……どっちもバカ長い話。傑作まで今一歩クラスの作品。鮎川賞の選考委
員だけのことはある。鮎川賞狙いの人には参考になりそう。
『密室殺人大百科』下巻……上巻よりは出来が良い。いずれにせよ密室殺人もののミス
テリーを書こうという人には、この講談社文庫の上下巻は必携だろう。
『不安な童話』……傑作と思ったが、ラスト部分の構成で失敗した感がある。
『六番目の小夜子』……いずれにせよ恩田さんの感性は天才的で凄いが、この処女作は
視点が乱れ飛び過ぎる。改稿版でも欠点が修正されていない。これでは受賞に届かない
だろう。
名村烈


829 :ブクオフ命:2005/11/16(水) 09:58:09 ID:/6lSW3WW
古本ばっか。ひょっとして、図書館というものを知らないのかw

830 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 10:06:19 ID:1C23hm9i
しかしな、若いもんが集まってる作家志望者のMLで罵言を撒き散らし、
その果てに若いもんから一週間の閉門蟄居謹慎を命じられ、
それがあけたら、「やったー、終わったよー」とばかりに、大量の読後
感想をアップする……って、57にもなったオッサンがやることか?
まったく、中高生レベルじゃんか。

831 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 10:07:13 ID:1C23hm9i
すまん。58だったな。

832 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 10:19:43 ID:aSvP0k0M
>828
チャリで行ける範囲に図書館が無いんだろう

単にコレクターのケがある可能性も有るがな

833 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 10:31:18 ID:1C23hm9i
中古本のブックオフ、ネット販売参入へ
ttp://www.asahi.com/business/update/1116/089.html

やったなあ、センセイ。

834 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 11:07:12 ID:VaH5fp2E
住人たちの予想通りに書評大量投稿する先生にクソワロス

835 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 11:44:43 ID:SDEOTjq1
こうして一挙に沢山の感想を並べるとバカ先生の心の卑しさがよく伝わってくるなあ。
小説そのものにまったく愛を無いことがよくわかる。
作家になりたい人達にはこうなっちゃいけないよ、という良い見本だと思う。

836 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 11:58:08 ID:iHsvmzQw
ダイジェスト版になって完全に読書記録に成り下がったな。

837 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 12:44:38 ID:CZXO67RU
だいたい名村劣設定に従えば、名村はエロ小説家なんだから、ミステリは門外漢のはずだろ。
名村の正体を知らないML読者がいたとして(いればの話だが)、名村って人は
どうしてエロじゃなくミステリばかり書評してんだって不思議に思わないのかなあ?

838 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 13:42:49 ID:UGOfDpnx
>>837
いやいや、色んな年齢層が参加しているであろう
MLで(女性だっているだろうし)エロ小説の批評なんて
やれんだろう。
……って、批評こそやってないものの、作品紹介は
やってるんだっけ?

839 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 13:50:55 ID:tnNtR3B+
>伊豆長岡→韮山→函南→三島→沼津と自転車で走り、途中ブックオフのハシゴで40冊ばかり購入して帰宅。ようやく函南付近の道に迷わなくなった。
静岡ってそんなに図書館ないのか?


840 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 13:58:45 ID:R9VOVeTJ
図書館問題に対する先生のスタンスってどんなのだっけ?
その辺りの事情が影響してたり。
いや、そこまでデリケートに考えられるタイプじゃないか・・・。

841 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 13:59:42 ID:hnnBInW1
今更だけど坂本はなんで「知力だろうが体力だろうが建築力だろうが、力があれば……」
なんて設定にしたんだろう?
明らかに扱い切れてないし。

閃武学園なんてネーミングも武道のことしか考えてなかったとしか思えん。

842 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 14:00:31 ID:hnnBInW1
超誤爆スマン……

843 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 14:10:22 ID:1C23hm9i
会話に英単語を挟むのはマイナス評価?
Q.今、私はアメリカを舞台とする小説を書いています。「ここはアメリカだ」ということを強調するために、
会話文にところどころ英単語を用いています。「ありがと」を「thanks」、「くそっ!」を「Sit!」のように。
しかし、これは「読みにくい」とか「文章が軽率だ」といったマイナス評価の対象になりますか?

A.文体の巧拙で賞の選考において結果を大きく左右されることは、ほとんどありません。問題はストーリー展
開の面白さとオリジナリティが確保されているか否か、です。読みにくい・軽率――等の印象を与えた場合には、
受賞後に出版までの間に改稿を指示されることになるだけです。(ゲスト回答:若桜木虔)

844 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 14:12:30 ID:1C23hm9i
選考委員の選考と編集部選考の違いは?
Q.編集部が審査する某出版社の小説賞に応募し、B評価のコメントシートをもらった者です。私は小説を書き出してから間もないため、
自分の実力と作品の評価を知りたいがための応募でした。その編集部の批評は、なるほどと頷けましたので、それに沿った内容で改稿中
です。そこで質問ですが、今後の応募先を検討するにあたって、お偉い先生方が審査員を務める新人賞と編集部が審査する小説賞の違いと、
メリット、デメリットを教えて下さい。
A.メリット・デメリットという点に関しては、差はなかろうと思います。自分が向いていると考えるほうにチャレンジしてください。
違いは、以下のようなところだろうと思います。
(1)選考委員による選考……とにかくオリジナリティ(前例がないこと)が最優先。オリジナリティが光っていれば、多少は完成度に難
があっても授賞する。逆に、過去に類似作品が存在したら問答無用で落とされる。パロディも駄目。
(2)編集部による選考……とにかく、面白さが最優先。面白ければオリジナリティに難があっても(過去に類似作品が存在しても)授賞
する。パロディもOK。(ゲスト回答:若桜木虔)

845 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 15:30:27 ID:ioWS8jjX
飛び入りのものです
803に関して詳しく教えて

846 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 15:37:22 ID:SDEOTjq1
>845

>746
>782

847 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 15:59:36 ID:ioWS8jjX
845です、見ました
よく分かりました。公魚はいつもトラブルを巻き起こす人ですね
関わりたくない人、
名村イコール公魚なんて
みんな知っているよ。



848 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 16:18:05 ID:aSvP0k0M
ネタをネ(ry

849 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 16:56:19 ID:b0MntAU5
*****さん
> 名村さん、空白期間はちょっと寂しかったです。
> おかえりなさい。
どうどうも、です。何でしたっけ、死体の処理法についてUPされてましたね。
まあ、本格ミステリーでは、胸くその悪くなるような死体の処理法が、これで
もか、というくらい出て来ていますが。
ところで、尊敬していた知人が事故死してしまって、ちょっとショックです。
新聞にも大々的に出ましたが、卓球の世界チャンピオンだった長谷川信彦
さん。全日本も10回、優勝してますが。飾らない人柄で。
あの軽いピンポン球が、世界チャンピオンが打つと、こんなにも重くなるんだ、
というのがショックでした。受けたら、ラケットが飛びましたからね、手から
弾かれて。うっかり肌に当たろうもんなら、そこが紫色の痣になります。
従兄が親しいんで、一緒に行った時に、ちょっと教わったんですが。
名村烈

850 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 17:12:45 ID:VXKdQUPd
おい名村、従兄がいると便利だなぁ。
優秀な従兄さんから仕事まわしてもらえば?

851 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 17:20:06 ID:Ze9TftHG
>>837−838

やってほしーなーエロ書評。
どうせそんなに読んでないんだろうけど、
あの人がどんなふうに評論wするのか見てみたい。
無理だろうけどな(笑)

852 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 17:32:06 ID:5F4xvyH/
故人なら「『名村』なんて知らん」と言わないしな。
最悪。

853 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 17:52:27 ID:yY7bzLc0
女の人相手だろうが、女子高生相手だろうが、中学生相手だろうが、
MLに「はじめまして」でメールを出せば、「こんなエロ本書いてます」って
紹介してるから、もしもエロ本読んでるなら読書感想文だって書くんじゃね?
書かないところを見ると、結局、自分はエロ本なんて読まなくてもかけると
思ってちっとも勉強するつもりもないと思われ。

854 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 18:51:32 ID:CZXO67RU
すげぇな、復帰そうそう公魚節全開。相も変わらずの知人自慢から入るあたり、
まったく読者を飽きさせない人だ。
惜しむらくはこの天性のエンターテイナーとしての素質が本業に生かせれば、
売れっ子作家として大成できただろうにな…。

855 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 18:58:51 ID:Y/5uFoXz
人に配慮してエロな感想は控える…
なんて先生じゃないやい

856 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 19:08:47 ID:sqbWLCiK
エロの書評なんてやるわけないじゃん。
読んでないんだから。
架空戦記書いてるときだってそのジャンル読んでなかったし。
ミステリばっか読んでるのは、センセイが今色気出してるジャンルだから
だけど、一応隅っこで書いてるトラミス系は全然読んでない。

857 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 19:09:37 ID:uGSlMKTY
>従兄が親しいんで従兄が親しいんで、一緒に行った時に、ちょっと教わったんですが。

この一行なんて、このスレ住人の為に書かれたとしか思えん。

858 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 19:26:18 ID:/6lSW3WW
しかし、死ぬほど繰り返しておるが
予選落ちした作家に、なんで入選方を
訊くの? んでもって偉そうに答えるの?

859 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 19:42:21 ID:V2tduTH+
名村先生の下読みの実績と、人徳でしょうな。



・・・もしくは、分かっててからかっているだけ( ´∀`)

860 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 22:20:26 ID:U+mYeSsg
その辺は運とツキでカバー。

861 :名無しのオプ:2005/11/16(水) 23:05:11 ID:1kO3IsN4
センセイのやり方こそ、職業作家として長くやってゆく方法でなく、
とりあえず本を出せればいいや、という方法だと思うんだけどw

862 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 00:08:35 ID:x2G2XT5S
*****さん
> う〜む、中東に原爆を落とす事を考えていた時もあるらしいけど。
朝鮮戦争の時に、トルーマンがソ連軍に原爆を落とそうとしましたね。で、周囲が躍起になって止めた。
第3次世界大戦に間違いなくなりますからね。

恩田陸『月の裏側』読了。
はっきり言って、がっかりした。つまらなかった。50年くらい前にアメリカで流行したエイリアン&インベー
ダーSFのパクり。
解説の山田正紀が傑作だと書いているのは「よいしょ」としか思えない。山田正紀は本来がSF畑の人間
だから、50年前のアメリカSFは絶対に読んでいる。そうなら傑作という評価になるわけがない。
恩田陸は天才だと思ったが、こんな古いSFネタをパクるようじゃ、早くも才能が尽きたか――と思ってしま
った。
でも、年齢的に恩田陸は50年前のアメリカのSF群を読んでいない可能性もある。つまり、パクったんじゃ
なくて偶然に似たような話を書いてしまった、という可能性は否定できない。版元が幻冬舎だし、これが早
川ならSF狂の編集さんが山ほどいるから指摘しただろうけど。
50年前のSF群を読まなかった人が『月の裏側』を読んだら、たぶん新鮮で面白くて、傑作だと思うかも知
れない。
名村烈


863 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 00:28:15 ID:vXjSnkiT
そうなんだ、813のいうように
センセイの愛弟子だった大野女史は中学校で講演するのか。
で、

デビューは自費出版でした〜と正直に語るのかな
推理小説に転向したのは編集さんのアドバイスと言うんだろうな。
誰か、「大野先生は
若桜木さんの門下生でしたか」と聞いてくれないかな。

864 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 01:24:17 ID:jBXVETx1
>>862
朝鮮戦争のときに原爆投下を提言したのは総司令のマッカーサーでは。
トルーマンは反対する側でマッカーサーを解任したはず。

あと、『月の裏側』はジャック・フィニィ「盗まれた街」のオマージュ作品だった
ように記憶してる(オレは未読だが)。

865 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 01:31:20 ID:NM0E2Fak
いや、完全にオマージュでしょ。
「月の裏側」に限らず、他の多くの作品も良質なオマージュになってるし。
SF狂の編集者であればあるほど、その遊び心を評価するんじゃない?
まさか先生は「俺だけが元ネタに気付いてるんだ!」と思ってるのかねえ。

866 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 01:49:09 ID:BfGiNrfm
まあ馬鹿は幻冬舎が嫌いだからなあw

867 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 06:22:04 ID:1NhBLjup
好きでも、どうしようもないが。

868 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 08:14:54 ID:6Cf9kk4H
月の裏側』, ジャック・フィニイ 『盗まれた街』 (早川書房). 「柳川でジャック・
フィニイの『盗まれた街』をやろうというそれだけの思いつきで書いた。」 (小説TRIPPER
01年冬季号 「恩田陸の世界 極私的自作解説」より)

ググれば1分で出てくる情報を確認もせず自説を等々と語るバカ先生。
流石恥知らずを自認するだけのことはあるな・・・・・

869 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 08:27:55 ID:x2G2XT5S
真梨幸子『孤虫症』読了。第32回メフィスト賞受賞作。
ただのエロ小説だった。エロ小説を叙述ミステリーのトリックで味付けしたもの。
その叙述トリックも、どうってことない、ありふれたもの。
こんなのをハードカバーで出す講談社第3編集部の気が知れない。要するに読
んだ編集さんと波長が合ったのだろう。そういう意味じゃ作者にツキがあった。
結論――読む価値なし。
名村烈


870 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 08:52:23 ID:XwTSXZs8
>>843
>しかし、これは「読みにくい」とか「文章が軽率だ」といったマイナス評価の対象になりますか?
こういうときは軽率じゃなくて軽薄って言わないか?
日本語的には正しいか知らんが

871 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 09:00:41 ID:wes1wQwU
>>869
>>講談社第3編集部の気が知れない

叩きが始まりましたね! そういえば
応募原稿を落とされたところを叩くのは
従弟の方も熱心でしたねw

872 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 09:08:12 ID:7AmUoMhQ
はいはい運とツキ運とツキ

873 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 09:12:13 ID:n5vrnC8m
>>871
名村は「設定上」ミステリなど一作も書いたことがないラノベエロ作家なのであって、
ミステリについて偉そうに語ることなど本来できないと思うんだけどね。
それに名村はエロ作家なんだから、>>869のようなことを偉そうに言うなら
エロは自分のジャンルなんだから、一作自分で傑作をものにしてみればいいのにね。

874 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 09:16:43 ID:vqPz8f0j
すっぱいブドウ式に斬って捨てるのって、賞の傾向と対策を練る姿勢としては最悪じゃね?
自分のわからないものにこそ、ヒントがあるもんなんだが・・・

875 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 09:19:58 ID:vkX6KDQG
864が正しい。
先生はイッチョカミのクセして森羅万象何でも知ってるフリをしたい
バカでしかない。

876 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 09:20:30 ID:n5vrnC8m
しかし1週間このスレは火が消えたようだったのに、センセイが戻ってくると一転、大盛況だな。

877 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 10:11:40 ID:XwTSXZs8
 夢束の皆さん&管理人さんへ
 本日で「刑期満了」のはずですので、閉門蟄居謹慎から復帰させていただきます。閉門中に個人メールを下さった方、ありがとうございます。

> みなさんはじめまして。冷羅といいます。
 よろしくお願いします。サントリー・ミステリー大賞『桜子は帰ってきたか』の麗羅さんのご親戚でしょうか?
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031313773&Action_id=121&Sza_id=C0
↑こういう下らない時代劇なんぞを書いている売れない物書きです。
 yorozeさんも初めまして。
 読書量だけは、まあ、多いほうだと思います。本代は年間で200万ぐらい使ってます。松本清張さんや司馬遼太郎さんより本代は2桁も少ないです。そんなに買えないもん、貧乏だし。自分の家がなくて居候だし。
 小説に関して言えば年間400冊ぐらいです、読んでるのは。
名村烈


殆ど100円本なんだから400冊なら4万円ですむはずじゃん。一冊平均1000円としても40万円。
残り150万以上も小説以外の本に金かけてるのか?

あといくらなんでも、松本清張や司馬遼太郎が年間1億円も使ってたなんてありえんと思うが。

>本日で「刑期満了」のはずですので、閉門蟄居謹慎から復帰させていただきます。
反省野色梨

878 : :2005/11/17(木) 11:27:05 ID:cQHWXuue
>あといくらなんでも、松本清張や司馬遼太郎が年間1億円も使ってたなんてありえんと思うが。

いくだろ、司馬遼なんて古書をトラック積みしなきゃならないほど買ったという逸話があるし。
ただ、センセみたいに現存作家の本じゃなく、歴史の資料(史料ってやつね)を買ってだから、
比較対象にするのがおこがましい。

879 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 12:45:47 ID:fln4bHVQ
金額で比較するんだものなあ。

880 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 12:47:58 ID:/fYYKS/B
旺盛な創作意欲を満たすための材料として古書を購入していた人と、
下らない書評をネットで垂れ流して自己満足するために購入していた人を、
比較すること自体がおかしい。

881 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 12:52:16 ID:5qBkS0ai
200万……ペソ?
っていうか、来年からの暮らしが心配で自殺まで考えてるような話はどこいったんだよ。

>自分の家がなくて居候だし。
 _, ,_
( ゚∀゚)


882 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 13:19:21 ID:X+qJ9ZwA
従兄のところに寄宿しているという設定なのか?

883 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 13:38:49 ID:xeRLUaBf
>>873
そうだそうだ。つまらんエロしか書けやしないくせに、
エロを見下した物言いが、とっても腹立ちますよ。

884 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 14:44:40 ID:fln4bHVQ
MLで愚痴る。その馬鹿に質問する。
インチキなそろばん塾で、CPを
語っているような

885 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 14:59:30 ID:GYPwaqzc
名村居候はバカ日記にも記述があったはず。
「居候の名村をこき使わねば・・・」とか何とか。

886 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 15:43:23 ID:7N32rfwc
エロしか実績ないのにミステリを知り尽くしたかのような書評をするのはなぜですか?
どうしてエロの書評をされないのですか?
なにゆえ発言禁止されていたのか理解できてますか?
きさまの読書感想文を楽しみに読んでいる人が何割いると思ってますか?

みたいなことをだれか質問してちょ。

887 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 15:55:58 ID:8BpTlBjm
>>886
文学賞だって、恋愛小説や不倫小説を書いてる人がミステリ作品を選考したりするんだし、それは仕方ないよ
むしろ、無知だし関心もないから他ジャンルの作品に良いところを見いだせない
猫に小判というやつだ

888 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 16:36:13 ID:x2G2XT5S
相村英輔『不確定性原理殺人事件』読了。
トリックも、まずまずだし、面白いが、話自体が貧乏くさくて華がない。こういう
のを書いていたら売れねえだろう……と思わせる作品。
名村烈


889 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 17:41:20 ID:feFNYMZm
>>886
個人攻撃はML的にいくないんだと思う。
管理人が長々と書いてた中身にそんな事があったような。

890 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 18:25:36 ID:7AmUoMhQ
ま、ウォッチするには面白いからいーじゃんww

891 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 18:42:41 ID:8BpTlBjm
新なっちのスレが伸びてる
元祖なっちとしてはここらで燃料投下がほしいところ

892 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 20:54:06 ID:XwTSXZs8
>>889
名村さんが書かれる感想文にはミステリー(特に新本格系)作品が多いようですが、
先生自身にミステリの著作ってありましたっけ?

という感じでやんわりと皮肉れば良い

893 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 21:15:11 ID:XOtr/4SL
>>892
「私自身の著作ではありませんが、文春の年間ベストテン入りした傑作、
新本陣殺人事件という傑作を従兄弟が書いています。傑作を書き続ける従兄弟の薫陶を受け、
私もいつか従兄弟のような歴史に残る傑作を書きたいと思っています。」 ぐらいの
恥知らずな返答をセンセイなら返しそうだが。

894 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 21:23:54 ID:1NhBLjup
ヲイヲイ、「ぐらいの」かよ。
一瞬、殺意を催したぜ。

895 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 22:09:18 ID:7AmUoMhQ
名村さん、ここは作家志望のMLなので私的な書評活動は他所でやっていただけませんか?

とストレートに出てみるとか。

896 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 22:17:52 ID:h1rJX18J
886とか895とか、そう言うなら自分で聞いてこいって
参加制限のあるMLじゃないんだし、Yahooなんて捨て垢いくつも作れるじゃんか

897 :名無しのオプ:2005/11/17(木) 23:08:53 ID:9N33wGe4
>859
いや。先生が今やってる下読みって、公魚が絡んでる金取って審査するあれだけでしょ?
いわゆる、文芸誌で募集している下読み人の中に先生は入ってないよ。
エロ文芸誌でやってるというんなら、それは知らんが。
昔はコバルトとかでもやってたのかもしれないけど、今はもう先生に頼んでも
まともに選考しないのは編集部もわかってるもの。

898 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 01:30:43 ID:QdNkCbWo
>>896
いや、遠巻きに見てるのが一番面白いってww
下手に喧嘩売るとまた粘着騒動謹慎処分スレションボリですよ。

899 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 14:23:22 ID:w2x8H+qJ
>自分の実力に自信はある。実力がなけりゃ、新人賞の下読みの依頼は来ませんからね。

新人時代のバイトとかならともかく、「実力があるので下読みの依頼が来てる作家」って誰かいるの?

900 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 14:50:09 ID:13Ye3f/w
実力はあるが「ウン」と「ツキ」がないので下読みの仕事しか来ない。


901 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 14:55:28 ID:H92vis4s
下読みは一種の「作業」なので、作家としての実力なんて関係ないですよ。
注文どおり、機械的にふるいにかけるだけであって、下読み個人の感性なんざ期待されてない。

実力とやらを期待されてる場合は、下読みじゃなく選考委員の依頼とか・・・
いやそれ以前に本業の原稿依頼が来るでしょう。

902 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 15:02:15 ID:BquLIbbV
センセイは実に低レベルな自信がまんまんのようで、読んでる方がげっそりしますね。
センセイはかなり狂ってきてるんじゃなかろうか。

903 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 15:27:04 ID:YQ9iFA3N
名村の設定って、実力があるから下読みの仕事が来るんだっけ?
それとも喰うに困って下読みやってるんだったっけ?

904 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 15:31:24 ID:Id2n5U7s
>>869
>こんなのをハードカバーで出す講談社第3編集部の気が知れない。要するに読
>んだ編集さんと波長が合ったのだろう。そういう意味じゃ作者にツキがあった。

そもそもメフィスト賞って、どの賞でも受賞できるような作品ではなくて、たった一人
でも編集者が良いと思って推した=波長があった作品が受賞する賞なんだが。

905 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 17:04:50 ID:OgAL26Vf
>>869

この人が「読む価値なし」と評価下したものは、
つまり、読んだほうがいいということなのかな?
気になってきた。

906 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 19:24:07 ID:9Rrc3S+3
*****さん、○○○さん、初めまして。よろしくお願いします。
>好きな小説家は川上弘美、吉行淳之介、川端康成、村山由佳、斉藤洋
純文系ですねえ。川端以外、読んでないです。村山由佳さんは会って名刺も交換し
ましたが、作品は読んでないです。持ってますが。
やっぱり、仕事柄、エンターテインメントが最優先になるし、ホラーとハードボイ
ルドは書かないので、エンターテインメントでも、そっちは後回しになりますねえ。
恋愛ものも後回し。
昨日は打ち合わせを兼ねて久々に上京して、ブックオフ巡りをやりました。なぜ
か、全ての店舗で私の作品が5冊〜10冊くらい100円コーナーに出ていました。
版元が売れ残りを処分したのかも(笑)。
名村烈

----
相変わらず、マメに挨拶する先生w

907 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 19:37:04 ID:Pyci6gVp
>純文学系ですねえ。

斉藤洋は、児童文学なのでは…

908 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 19:39:40 ID:BASvcn1P
設定変えて名村という別の人となって書き込んでも
「ブックオフ」が出てくるのが
いかにも
貧乏たらしい人だこと。

909 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 19:45:40 ID:fJ5/YRyB
>ホラーとハードボイルドは書かないので、

デビュー作の屍魔がどうしたこうしたってのはホラーじゃないの?

910 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 20:02:10 ID:7ArUbqlh
「そのマメさをどうして本業にいかさないのですか?」

911 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 20:05:51 ID:ZHUDJ9Uo
復刊ドット・コムの復刊リクエスト投票(ちなみにリクエスト数は7票)に書いてある内容は

>屍魔が襲う夜
>清純派アイドル歌手の投身自殺をきっかけに奇怪な連続殺人事件が始まった!
>狙われたのは彼女の所属する事務所のアイドルタレントや関係者たち。
>しかもアイドルの顔はそぎ落とされ、遺体も持ち去られてしまったのだ!?
>殺人の濡れ衣を着せられたスタントマン甲賀峻(実は甲賀忍者の末裔)は、
>卓絶した体術を駆使して事件を追求する。その彼を襲ってきたのは何と…?
>書き下ろし ホラー・ミステリーの傑作!

だそうだ。「書かない」じゃなくて「依頼が無い」だろ?
日本語は正しく使えよバカ先生。


912 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 20:11:52 ID:ws2fSouI
>>905
ブックオフで買った駄作を駄作と言ってるだけのこともある。
どっちにしても参考にはならんってことだ。

913 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 20:12:38 ID:IxSK6RC/
>全ての店舗で私の作品が5冊〜10冊くらい100円コーナーに出ていました。

これはどう考えても霧島那智名義の本だよなあ。
センセイ、設定は守らないと作家として致命的でっせ。

914 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 20:21:33 ID:QmUiZwQo
本当に『名村』が、村山由佳と会って名刺交換したのかよ。
村山本人に確かめることできたらなあ。

915 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 20:34:21 ID:Gf1Zhg+Z
>>912
なるほど。
ブックオフで売っているのは、駄作ってことですね。
なら、センセイのお作も……人のこと言えないんじゃ…。

916 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 21:28:26 ID:qtWYMRY3
「名村」の本がそうそうブクオフに並んでるもんかね……。

ブクオフに並んでるからって駄作とは限らんが、
名村がそこから駄作を買ってコメントしてるんじゃないかってことね。

917 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 21:36:55 ID:3xC3AtwZ
ブックオフで毎年本代に200万使うって、2万冊本を買うってことか。
センセイ幾らなんでもホラ吹きすぎ・・・

918 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 21:48:53 ID:vBwhtsmX
名村氏は、その実力を高く評価されてますから!(公魚センセイに)
下読みの仕事も依頼されまくりですよ!!(公魚センセイから)


919 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 22:02:51 ID:n+cxXknf
ブックオフで自分の本が沢山並んでたって、つまりそれだけ売れてると遠回しに自慢したいわけだな。
しかし明らさまに自慢すると顰蹙を買うので、版元の在庫処分かな?みたいな一文も付け加えたと。
…こうやって分析するとすげえ嫌らしい文章だな。腐った性恨が透けて見えるよ。

920 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 23:05:32 ID:H0ysXjc5
第三編集部ってなんじゃろ?
文三のことかのう。


921 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 23:10:55 ID:fJ5/YRyB
文3のことみたいですね。

922 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 23:29:38 ID:fJ5/YRyB
少しは反省したようだナ

>あと、毎年恒例の「週刊文春」のミステリーベスト10。ぼくがあげたのはこんな具合。
>1)東野圭吾『黒笑小説』
>2)佐々木譲『うたう警官』
>3)田中啓文『笑酔亭梅寿謎解噺』
>4)東川篤哉『交換殺人には向かない夜』
>5)松村比呂美『女たちの殺意』



923 :名無しのオプ:2005/11/18(金) 23:35:40 ID:PkTFE0U9
「名村」名義(つまり実際は投票してない)でだろ?「若桜木」名義で自分に入れてないと
誰がいえよう。

924 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 00:02:04 ID:H92vis4s
黒笑ってミステリだっけ?

925 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 00:42:44 ID:zMPmyrFl
>>920
正式名称は文芸図書第三編集部。
だから第三編集部でもまちがってはいない。
ただ、雑誌メフィストの座談会で編集部が「文三」と自称しているよ。

926 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 00:42:54 ID:BkGJWQBe
>922-923
え……もしかして名村名義の発言で、ミステリーベスト10に投票したって言っちゃったの?
いくら馬鹿センセイでも、まさかそんな。

927 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 00:49:12 ID:wQsWnndL
MLでの発言ではない。
公魚HPにも書いてない。
どっかの掲示板あたりから拾ってきたのかな?

928 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 01:37:06 ID:CaQD53vr
>922

これ、キイっちゃんのスレからの引用で、公魚とは直接関係ないじゃない
まぎわらしい書き方だな

929 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 02:27:43 ID:SPtEw1oY
>>925

文芸図書第三出版部

じゃなかったっけ?

930 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 03:12:07 ID:C0PSIwad
>>929
その通り。いま名刺を見て確認したw
>>925とはちょっと違うが、自称でなく業界全体でも文三と呼ぶのが
一般的だろうね。

931 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 08:24:48 ID:Z11wW+Eg
名村には駄作を嗅ぎ分ける能力があるようだ。
駄作を求めてブクオフにいき、MLでこき下ろして
溜飲を下げる。その能力を買われて下読み屋。
あはれ哀しい人生だね。

932 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 08:28:12 ID:6IWiNcfZ
>922
なんだキチ先生の投票か。でもキチ先生、第一次文春事件(新本陣殺人事件)の時、
バカ先生に入れてバッシングされてから投票自粛してたんじゃなかったけ?
今回から臆面もなく復活?なんだかなあ。

933 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 10:15:50 ID:41IdyY8e
**さん
>やはり、ジャンルが別のものだと〔読書歴が長い人にその傾向がありますが〕読ま
なくなってしまうんでしょうね。
プロとしてやっていると、アイディアのバッティングを回避するのが最優先なの
で、どうしても自分に関係のあるジャンルからで、例えば横山秀夫など、全て買って
いるのに、まだ1冊も読んでいません。

>僕も早く打ち合わせが出来るぐらいの身分になりたいですね。
打ち合わせで上京するのは売れていない証拠で、売れてきたら、ド田舎でも編集さ
んが来てくれます。何年でそうなれるかは「運」です(笑)。
 
>僕も古本屋で捜してみます。
ブックオフで出回っているのは全て戦記か時代劇です。
名村烈

934 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 10:17:38 ID:41IdyY8e
>レオナルド・ダ・ビンチが師匠に筆を折らせたという話しは有名ですが。しかし、
>私はそれほど文章がうまいとは思いません。
上手いですよ。プロでも、貴方より下手なヤツは山ほどいる、というレベルで上手
い。でも、名文ではない。名文と言われるようになるのは、まだ果てしない修行が必
要です。
スポーツなら国体レベル。いくら修行してもオリンピックに行けるとは限らな
い……。

>僕の世代から見れば、当然の感情ですから深い共感は覚えますけど、斬新だとは思
>いません。
当然でしょうね。綿矢りさの場合、河出書房の編集者の干渉が大きすぎる。

>第一章だけみて、何が言いたいのかわかるなら超能力者です。もしそんな作品があ
>るなら世界の傑作です。
いや、私は逆だと思う。第1章で分かったら、その後を読む必要はない。最後の1
行で、やっと分かった、というような作品が傑作だと思う。もちろん、そのラストの
1行まで引きずっていく文章力とストーリー・テリングの能力がなければいけない。
名村烈

935 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 10:18:04 ID:41IdyY8e
*******さん
>メフィストでエロって言ったら『Jの神話』に決まってるでしょ(爆)
 乾くるみ『Jの神話』は、あまりの文章の下手さに呆れて、読み通せなかった作品
です。
誰か忍耐力のある人は『Jの神話』に「そして」と「そうして」が幾つあるか勘定
してみてください。たぶん3000個以上あると思う。『Jの神話』じゃなくて「そ
しての神話」にすべき超弩級の悪文本。
名村烈


936 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 10:23:24 ID:vkssh8TX
誰か忍耐力のある人は「超弩級」が幾つあるか勘定してみてください。


937 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 11:22:30 ID:yCo0FGRQ
超弩級の忍耐力と運とツキを要する作業ですね・・・

938 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 11:41:41 ID:bTUUo6du
馬鹿と間抜けばかりが頑張る、超弩級のアホ馬鹿作業になっちゃうよ。

939 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 12:00:28 ID:41IdyY8e
**さん
>片山恭一さんとかあれほど売れっ子ですけど、いまだ8時間かけて東京に通われてい
>るという話をしていましたね…。
それは多分、東京でないと資料が手に入らないからでしょう。小学館・集英社なら
交通費にホテルまで用意してくれるし。

>あ! でも、村上春樹さんなんかはど田舎の家まで編集者が来てくれるってエッセ
>イに書いてました。
売れっ子は、そっちが普通です。

>ところで、そのときの交通費って自費負担ですか?
貧乏人ほど自己負担。金持ちになればなるほど版元負担(笑)。

浅暮三文『殺しも鯖もMで始まる』読了。
まずまず面白かった。しかし、このトリックは成立していないと思う。実行不可能
なはず。
名村烈

940 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 12:29:18 ID:6IWiNcfZ
他のML参加者も打ち合わせの費用の心配している暇があったら
とりあえず書けよ、と思う。バカ先生集中力乱して足引っ張っているな・・・
・・・・・はっ!もしかしてそれがMLに参加している目的!?

941 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 12:47:59 ID:ruHpeVSh
>>940
大丈夫、大概生温く構ってるかスルーしてるだけだから。

942 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 16:25:55 ID:066zOW50
一生懸命働くと、みぽにお金を返さないといけないので
セーブしてるとか。

943 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 17:14:15 ID:41IdyY8e
**さん
>名文への修行は、プロになった後でも間に合いますかね?
自分が名文を書けないので、私には分かりません。ある一定ラインを超えたら、後
は天性の感性の問題のような気がしています。

>国体にいければ十分ですかね。
文体的には、名文じゃなくても傑作は書けるでしょう。外国作品は翻訳でしか読め
ないから名文か否かは分からないし、原書で読んでも、やはりネイティブでないと名
文なのか駄文なのかはピンと来ないんじゃないでしょうか。
名村烈

-----------
**さん
>ようは資料を集める必要がある作品か、ない作品かの違いなんですかね…。
物凄い売れっ子になると、資料収集まで外注しますから。
松本清張さんと司馬遼太郎さんは某古書店の店主に依頼していて、その店主が掻き
集めてトラックで運んでいました。だから、年間の資料代が5億とか10億になるわ
けで。
どうせ税金に持って行かれるなら必要経費で落としてしまおう、って気にもなるで
しょう。作家の場合には資料代の必要経費は青天井の無制限で認められますから。全
収入の3割と勘違いしている人がいますが、無制限です。
名村烈

944 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 17:58:12 ID:d3Pv6B8q
……おいおい名村さん、読書感想文の内容がまんまセンセイの
引き写しになってるぞ。

945 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 19:41:57 ID:3EF8DTko
松本清張や司馬遼太郎の年間の資料代が5億、10億ってマジか?

946 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 21:40:52 ID:cjack2pr
んなわけないだろう。神話の類だよ。

947 :名無しのオプ:2005/11/19(土) 23:12:44 ID:RUNmm33d
>天性の感性
韻を踏んだ名文ですね!

948 :名無しのオプ:2005/11/20(日) 06:07:29 ID:65wufd6X
 **さん
>○○です。
>名村さん。
>僕は音楽の方が専門だからあえて言うんだけど、プライドは捨てなさい。
>いくら強がり言っても、空しいのは自分自身でしょう。
>中途半端なプロは、プライドを持っちゃうから、人の言うことを聞かずに大成でき
ないんです。
>音楽ではね・・・。
>名村さんは、社会に貢献した経験があるのですか?
>青少年に有害な図書を、ばら撒いているんでしょう。
>コンプレックスが強いんでしょう。
>だから、早目に病院に行きなさい。
>だんだん気の毒になってきた。
>旅しちゃてるらしいし、ま〜いいとして別話題にしようよ!
 この話題を蒸し返した理由は何でしょうか? また私を怒らせようという挑発です
か?
名村烈

949 :名無しのオプ:2005/11/20(日) 08:49:43 ID:7Z3GstOH
この煽りはあんまり巧くないな。
もっと巧妙に先生をノセて落とす手があるだろうに。

950 :名無しのオプ:2005/11/20(日) 08:59:40 ID:w34b5bqS
そうそう。縦読み造るとかさあ。

951 :名無しのオプ:2005/11/20(日) 09:56:07 ID:kQSRhXuk
性懲りも無く喧嘩を買おうとする先生に萌え。

952 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 18:17:30 ID:fcEWrLyq
名村さんの「伯父様」が亡くなられたそうですね。
ご冥福をお祈りします。

953 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 18:19:51 ID:Vh+doo0L
じゃあ公魚も名村もしばらくはおとなしくしてるだろ。

954 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 19:06:50 ID:oGnoE1CP
 今朝、伯父が亡くなりましたので、しばらくMLから離れます。
名村烈

これは公魚先生のお父様と読み替えて宜しいか?

955 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 20:45:13 ID:P6Fpau/s
嘘をくりかえした挙句、実父の死に関してまでも嘘を垂れ流すわけか。哀れだね。

956 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 21:36:03 ID:avHw8hvH
まあ言いたいことは色々あるが素直にご冥福をお祈りして動きがあるまで放置。
合掌。

957 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 23:45:51 ID:ERglgo07
お父様のご冥福は、むろん、心からお祈りするが、
センセイも今回で両親ともに亡くなられたわけだから、
これを機に、少し大人になって欲しいわな。

958 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 23:46:20 ID:S5RQAW3v
次スレタイ案
【喧嘩上等】若桜木虔35【名村烈】

959 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 23:46:57 ID:SceXQD2a
自分の父親が死んだのに「伯父が」って嘘を書ける腐りきった神経が信じられない
仕事が忙しくなってきたからとでも言えばよさそうなもんなのに

960 :名無しのオプ:2005/11/21(月) 23:50:19 ID:SceXQD2a
ていうか、父ならともかく伯父が死んだからってMLから離れる理由にはならんだろう
こんな寒い嘘でだませると思ってるのか? いや、思ってるんだろうな・・・

961 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 00:07:13 ID:ngGeH9eQ
うそをつかないにしても、だからって別に本当のことをいう必要もない。
状況が落ち着くまで、黙って離れれりゃいいだけなのに・・・
MLは自分がいなきゃ回らないとでも思ってんのかよ。

962 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 00:36:53 ID:vChg2IN8
いや、「ご冥福をお祈りいたします」というメールが殺到wするのを
期待しているだけではないか。

963 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 00:38:33 ID:jh5e9SxI
喪中の家に唾吐くような真似は止めとこう
さすがにセンセイと大差無くなっちゃうからさ

964 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 00:51:15 ID:b7NoQ0Vy
最初、身内の不幸を言い訳にでもして消えてしまうのかと思ったけど
図太いセンセイの事、それはありえないか…
てかそんな事に身内を使うんなら本気でヤバイ罠。流石にそこまでではないと思っておくよ。

以前謹慎食らったときに「書評期待してます」的な返事をもらってたみたいだから
それを間に受けてるんじゃないかと推測。

965 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 01:12:10 ID:+uKeMVIY
じゃあ、今のうちにスレタイでも考えとくか。
【ML謹慎】若桜木虔35【ブックオフ】

966 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 09:44:59 ID:6+V/IiNX
新聞に死亡広告を載せるかね。載ったら住所も割れると思うのだが。

967 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 10:31:18 ID:UZfovFd/
お亡くなりになった人がらみのネタはやめようぜ。
当面は次スレタイトルを考えるのがいいと思われ。

【悪いのは運だけ】若桜木虔35【名村もあるでよ】



968 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 12:19:59 ID:1wBIMsx1
【超弩級の】若桜木虔35【運とツキ】

969 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 12:30:34 ID:52eAQnGB
【近親自慢ばっかり】若桜木虔35【でも自分は謹慎】

970 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 13:15:04 ID:b7NoQ0Vy
>>969を言葉遊びしてみた
【近親自慢】若桜木虔35【自爆謹慎】

971 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 13:31:23 ID:nTmvEwir
韻を踏んで
【近親自慢】 【謹慎欺瞞】

972 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 13:35:49 ID:UpZw73++
971、うまいっ!

973 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 16:30:28 ID:D1w3JLJW
【近親ばれたし】若桜木虔35【謹慎されたし】

974 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 17:33:41 ID:OHuhGRtp
>966
後で静岡新聞チェックしてみるわ

975 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 18:33:53 ID:1wBIMsx1
>>971
文句なしの名文。
971は実力はありますよ。実力があるからこそスレ立ての依頼が来る。

976 :名無しのオプ:2005/11/22(火) 20:04:56 ID:9c+8fWW2
>>975
凄い。センセーが書いたかと思えるほど似ている。

977 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 09:54:25 ID:XAyb1ed0
書いたんじゃねえの。

978 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 10:23:10 ID:8GbJbR+u
>>971
採用しました
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1132708930/


979 :名無しのオプ:2005/11/23(水) 14:26:22 ID:3CSx3NhS
埋め。そういえばバカ先生のお母上が無くなられた時は弟子が各方面に電話連絡しまくった
という話だが今回はどうなのかな?

980 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 12:17:00 ID:9CHNdT10
埋めとくか

981 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 12:19:52 ID:Qday2RaK
そうだな。

982 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 15:44:25 ID:KGRXJCeq
ume

983 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 15:55:06 ID:lMFB99ym
おまいら、炒飯作るときは先に卵とご飯混ぜといて、炒めたときに一粒一粒をバラッとしたい派?
それとも卵とご飯を別に炒めて、卵をふっくら仕上げたい派?

 まあ、埋めレスだからどうでもいいんだが。

984 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 16:08:32 ID:IPFq0/Qu
>>983
いつもチャーハンの素の袋に書いてある作り方に従ってるだけだから、
そんな小難しいことい言われても分かりません><

985 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 16:08:40 ID:DwJb33a+
>>983
冷凍買ってきてレンジでチン派

986 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 16:15:22 ID:LmW7t+VM
>>983
家では炒飯作らない派

987 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 16:22:32 ID:lMFB99ym
>>984-986
回答ありがとう。有意義でした。

さて、あと13レスです。みなさん、よろ。

988 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 16:27:34 ID:0rRLvuLi
>>983
おれは溶き卵を先に入れて、その後すぐにご飯を入れて炒める。
強火で短時間で仕上げると、ご飯もぱらっとするし玉子もふっくら。

989 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 16:33:11 ID:LmW7t+VM
良スレになってきたようなw

990 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 16:35:49 ID:+RJt/EXM
従兄の親戚の友人が中国で修行をしてきた方なので
今度おいしい炒飯の作り方をきいておきます。

名村劣

991 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 16:37:57 ID:KYKIttUv
卵ご飯で炒飯作ると黄色い炒飯になる。
女は「カワイイー」とかいって喜ぶぞ。

992 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 16:38:57 ID:lMFB99ym
>>988
理想はそこだよね。俺はガスコンロの火力じゃ弱い気がするので、卵だけ半熟状態で取り出し、
具・ご飯の順番で炒め、最後に卵を戻してる。

>>989
^^

>>990
そうきたかw

993 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 16:51:25 ID:r4lk/k9E
ガスコンロだとどうしてもべちゃっとするから
卵かけご飯でぱらっとさせる

994 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 17:10:49 ID:0rRLvuLi
強火対応のコンロも増えてるんだけどな。
それと、チタンの中華鍋は熱伝導効率がいいから、中火でも
普通のフライパンより強火に近くなる。
逆に炒め過ぎに注意しなきゃいけなくなるんだけど。
それと、長ねぎの青い部分を具にして炒めると、専門店で食う
中華みたいな香りがついて、本格的に「感じる」ぞ。
お試しアレ。

995 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 18:25:37 ID:lMFB99ym
>>991
>>993
俺はやっぱり卵ふわっとが好きだからやらないけど、確かにその方法はご飯のバラけ加減とか
上手くいくんだよね〜。火力や鍋の性能を補えるいい方法だと思う。

>>994
やっぱりチタンっていいのか! 炒飯は火力が命だもんな。お高いのと揚げ物に使えないのが
難点だよね。

ところで俺は変わり炒飯として、角切りベーコンを具に使ったりする(薄切りでも可だが)。
油を控えめにして、ベーコンから出る油でまかなう感じ。ベーコンから出る旨みのある油がご飯に
回っていい感じです。ベーコンもしっかり焼いてカリッと仕上げるとベスト。
人によっては重いかもしれないが、興味ある人は一度試してみて。

996 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 18:38:22 ID:r4lk/k9E
卵かけご飯とは別でフライパンに卵を落とせばいいんジャマイカ
ぱらっとご飯+ふわっと卵

997 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 18:49:09 ID:0rRLvuLi
>>995
おお。角切りベーコン!
やった事ないけど、美味そうですね。試してみます。
ベーコンの脂でご飯や他の具も炒められると美味しいよね。

ところで、東急ハンズではチタンの中華鍋を安く売ってたけど。揚げ物にも
使ったし……いけなかったの?
中華鍋は何にでも使えるから凄く便利。
>>996
最後に炒めたご飯と卵を合体させて一緒に炒めないと、炒飯にならないとおもうけど。
映画「タンポポ」に出てきたオムライスみたいな感じというか、炒めご飯に
いり卵がトッピングされたものになるんじゃないか?

998 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 20:01:42 ID:KGRXJCeq
3

999 :983:2005/11/24(木) 20:10:13 ID:I8e9OByZ
2

PC変わりました。

>>996
 けっこう、目から鱗だった^^ 卵の量がポイントだな〜。一度試してみようかな。

>>997
 角切りベーコンはうまいッス。口に合うといいね。
 チタンは高温になるので炒め物はいいんだけど、揚げ物は油断すると油が高温になりすぎるから、
マジ気をつけなよ。

 ところで……近くにハンズないorz でもこまめに探せば安いのあるかもね。情報サンクス。

 こうたって、平和にスレが終わるのも悪くないな〜。

1000 :名無しのオプ:2005/11/24(木) 20:12:43 ID:tO93gSdE
次スレは美味しいペペロンチーノについて語ろうか

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

281 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)