5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世間で騒がれるほど良くはないと思う作品 その2

1 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 17:21:39 ID:0skyamwo
前スレ
世間で騒がれるほど良くはないと思う作品
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1112246592/

まずは定番の「白夜行」

2 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 21:48:07 ID:WNZxRqSb
>>1

十角館

小学生の時に小野不由美の本を好きで読んでて
中学生の時に島田荘司の本を好きで読んでて
高校生の時に
小野さんの旦那さんも小説家なんだーへー島荘が推薦したんだーへー
と読んでみたんだけど全然おもしろくなかった。
でも友達はイイ!イイ!言うので借りてもう一つ別の
なんとか館の殺人も読んだけど
合わなかった。

相性が悪かったのかなあ

3 :名無しのオプ:2006/07/24(月) 21:58:44 ID:flCRsytC
欽ちゃん球団

4 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 03:14:52 ID:8yC5n/ku
東野圭吾の名探偵の掟だな

5 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 03:31:08 ID:aTIN5wGU
>>1

                    ,===,====、
                   _.||___|_____||_
..                 /   /||___|^ l
..               (><; )//.||...  |口| |ω゚ミ
.             ./(^(^ .//||...||   |口| |c  )
...               /   //  ||...||   |口| ||し      新スレです
.......       (*‘ω‘* ) //.....   ||...||   |口| ||        楽しく使ってね
         /(^(^ //  ....  .||...||   |口| ||        仲良く使ってね
 ""    :::'' |/   |/ '' "  :::  ⌒  :: ⌒⌒⌒ :: ""  `
 :: ,, ::::: ,, ; ̄ ̄ ̄  "、 :::: " ,, , :::   " :: " ::::  "


6 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 03:45:17 ID:uhaZ8oQO
東野「放課後」
賞取ってたからわざわざ読んだのに
ってかあの動機はいったい・・・


7 :名無しのオプ:2006/07/25(火) 23:41:56 ID:8BJXYPfC
放課後はあの動機目当てで読む本です

8 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 00:28:13 ID:DQdnHNn9
ま、駄作には違いないな。

9 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 10:22:10 ID:MrNMp5UE
東野圭吾/秘密 
期待し過ぎた。

10 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 12:05:52 ID:SAfc25vp
東野の初期はだいたい駄作

11 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 12:54:14 ID:hSSHSyl9
ネタバレ

12 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 14:12:36 ID:DQdnHNn9
オイラも東野圭吾で一発「天空の蜂」
緊迫感を削ぐ無駄に長い会話、やたらと説明くさい地の文、
まるで原発関連のレポートを読まされている気分だった。
ストーリー自体はさすが東野といえる内容だっただけに残念。
東野が固執する平易な文体はクライシス・サスペンスもの、
とくにアクションシーンには向かないような気がする。

13 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 14:38:27 ID:/vTnGesV
京極夏彦全作品

14 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 16:19:20 ID:UbokvsiU
西尾作品
ミステリだと思って買った俺が悪かったのかも知れんが

15 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 17:13:58 ID:WoI5WjWY
アンチとかメタには、帯にはっきりと書いてもらいたいな。
普通のミステリと思って読んじまった日にゃ・・・

16 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 17:43:14 ID:8MZgAJgC
見た目で普通にラノベだと思って読んだんで割と平気だった>西尾
ハマりはしなかったけど。
(つーか一応一通りは読んだけど、二冊目から既に惰性で読んでた)

まあそりゃミステリだと思って読んじゃったら…自分も泣いてただろうか。
どのジャンルに属するかに関わらず、過大評価されすぎだとは思う。

あ、ラノベってジャンルを馬鹿にしてるわけではないので念の為。

17 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 17:54:09 ID:P8LGhKhd
>>2
同意
館シリーズの中ではダントツで評価が高いようだけど
俺の中では下から2番目か3番目

18 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 22:23:01 ID:UOsTQ7xn
>ハマりはしなかったけど。
>(つーか一応一通りは読んだけど、二冊目から既に惰性で読んでた)



19 :名無しのオプ:2006/07/26(水) 22:37:41 ID:8/gSezvR
>>15
最近のは表紙で分かるけどな

20 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 12:22:04 ID:E34l47Ze
十角館が評価されてる理由は分かるけど
先の展開が気になったりしなくて、いまいちだった。期待しすぎたってのもあるけど。

21 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 13:53:19 ID:caR3m+oD
十角って作品の内容自体は評価されてないだろ。
評価されたのはその歴史的意義でしょ。

22 :名無しのオプ:2006/07/28(金) 23:56:31 ID:axwu1HIM
>>21
それは極論
内容も十分評価されてる
著者の筆力に対する批判等も根強いのは確かだが

23 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 01:20:26 ID:IWyvtZlh
>>21のレスにデジャヴを感じる
前スレだっけか

24 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 17:13:24 ID:POa8Pkkf
以下のレスは俺なんだが、>>21さんは俺と同じサークル出身じゃないかなw


735 名前: 名無しのオプ Mail: 投稿日: 06/03/28 (火) 00:20:35 ID: b+iqt/st
十角館は純粋に作品自体の評価が高くはないだろう。
歴史的意義だがなんだかでみんな読む訳でしょ。

25 :名無しのオプ:2006/07/29(土) 17:53:39 ID:hch7s5Du
>>991 (´^??^?)

26 :名無しのオプ:2006/07/30(日) 14:32:16 ID:R/gzZ2LD
東野は駄作が無いってよく言うけど。

回廊邸の殺人。
11文字の殺人。

の二つは普通に駄作だと思う。内容を読了した瞬間に忘却した。

27 :名無しのオプ:2006/07/30(日) 16:51:16 ID:xrOZLEYu
>>26
言うか?そんなこと初めて聞いた。

28 :名無しのオプ:2006/07/30(日) 17:55:15 ID:qfmWxKHd
その二つはそもそも世間で騒がれて無いだろ。

29 :名無しのオプ:2006/07/30(日) 18:14:50 ID:R/gzZ2LD
いやいや、「全部が面白い」とか「駄作が無い」ってのは、明らかにファンが盲目になってる言いたいだけ。
個人的には東野も宮部も駄作が結構ある。

ブレイブスト―リ―とかさ。

30 :名無しのオプ:2006/07/30(日) 21:57:45 ID:986XIubL
あんだけの量かいて駄作がないわけねーよ

31 :名無しのオプ:2006/07/30(日) 23:00:47 ID:fQ7TTARY
>>27
言わないよな
以前東野スレに常駐してたけど、そこでさえ聞いたことないような
「色んなジャンルに手出してるけど、どのジャンルでもそこそこ読める作品が多い」という程度だと思う

32 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 00:36:09 ID:2y2XzNB2
>色んなジャンルに手出してる

東野って時代モノとか書いてたっけ?

33 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 01:46:42 ID:il3nDFg7
全てのジャンルとは言ってないだろう

34 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 15:53:09 ID:DmjMQKlM
東野って初期は普通に低評価だと思う。
評価高くなったのは1996年に「このミス」で1位とってからじゃん?



35 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 15:53:59 ID:DmjMQKlM
>>31
>以前東野スレに常駐してたけど

おいおい、2chで生きているのかよ。
そんなもん根拠にするなよ。

36 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 22:23:40 ID:GDqtOwPo
おまいはどっちの立場なんだ?

37 :名無しのオプ:2006/07/31(月) 22:46:22 ID:YEAuvMOU
>>35
んじゃどこで「東野は駄作がない」なんて言われてるんだ?
君の方こそ証明すべきでは

38 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 00:02:32 ID:A46IH22Y
>>34
1996年に一位とってねーし

39 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 00:22:03 ID:l9ujlAn1
>>34
評価は高かったが多作がゆえ票が割れてた

40 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 00:25:06 ID:HvpSRaUh
突っ込みどころ満載なヤツだな

41 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 02:12:55 ID:XvZr8yyV
>>34
東野がこのミス一位とったのは去年が初めてだ。容疑者x。

42 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 21:59:59 ID:Oxv7jBxw
>>37
>んじゃどこで「東野は駄作がない」なんて言われてるんだ?
>君の方こそ証明すべきでは

私はそんな事(「駄作が無い」)いってないんだが。

根拠として「2chでスレに常駐していた」をあげることを批判したまでで

43 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 22:01:05 ID:Oxv7jBxw
>>41
作家別1位だって。掟、悪意、どちらかが、天空の峰などで。
「東野が1位」といったんだよ。「東の作品が1位」でなく。


44 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 22:01:38 ID:Oxv7jBxw
>>38
自分の持ってるこのミス1996読み返してみ。

45 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 22:02:51 ID:Oxv7jBxw
>>40
詳しく。具体的にどこがつっこみどころか指摘してください。
満載というからには3点4点あるんでしょう。

46 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 22:07:50 ID:53UChAJ1
プライド高いねえ

47 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 22:11:48 ID:Oxv7jBxw
まあ、>>34かいたときに、「作家別1位」とかこうとしたんだが、
変換が「作歌別」としかでなかった上、
「作家東野」の評価をしている文脈に忠実にすべきとおもい、
ただ「1位とった」とした。

ソースとするなら、
2ch東野スレでなく、
(理由:匿名であてにならない+元々その作家のファンが集まりやすい)
まずは売り上げ、各紙のランキング、そしてネット上でcgiでやってるようなランキングでしょ。
(2chでも集計スレッドなら幾分マシ)

俺は大学サークル内での評判を頼りにするけどね。





48 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 22:12:36 ID:Oxv7jBxw
>>46
具体論無し。白旗ですか。

49 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 22:43:52 ID:HvpSRaUh
>>45
誰もお前のことだなんて言ってないが?
自覚でもあるのか?

50 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 23:15:06 ID:fXL4xxp2
こりゃ凄い天然物がいたもんだ。

51 :名無しのオプ:2006/08/01(火) 23:18:12 ID:Oxv7jBxw
>>49
では、私は 「私の投稿の中で」具体的につっこみどころを指摘しろ  なんていったのかしら?



52 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 00:13:27 ID:rpEK0JWX
最近は夏に大学生も沸くのか。

>俺は大学サークル内での評判を頼りにするけどね。

かわんない。2chも友人も所詮有象無象の情報群に過ぎない。
並べられた現象として考えたら価値は同列。
それとエラソーに人の言葉の指摘するなら「このミス『作家別』一位」って書けよ。


53 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 02:20:49 ID:KK85ypET
わざと誤解させるような書き方して他人の知識を試してるんだろうよ

54 :名無しのオプ:2006/08/02(水) 10:29:31 ID:9apM5xd9
あんた東野スレでも粘着してた人じゃない?
誰が何と言おうと自分の意見が正しいって、かなり粘着してたね

55 :名無しのオプ:2006/08/03(木) 22:50:12 ID:E/qC1Isn
作品で1位となれば京極はとってない、泡坂はとってる
泡坂>京極ってことになる

作家としての人気を語るなら、「作家別1位」って不自然な解釈ではないと思うが。


56 :名無しのオプ:2006/08/07(月) 02:38:05 ID:Ke+7Kjgq
>>52
「2chが駄目」なんじゃなく、
「作家スレで常駐していた」(>>31)ことが頼りにならんといってるんだろ。

作家スレなら、そもそもその作家に肯定的な投稿が多くなるのは当然な上、
誰がどれだけかかる発言をしているかわからない。

集計スレならましと書いてあるだろ。
あるいは固定HNのみのスレとか(んなもんないだろうが)

仮に君の主張が真でも
いずれにせよ>>31の「常駐していた」が根拠にならない事に変わりはない。




57 :名無しのオプ:2006/08/07(月) 21:19:57 ID:5w4UciSY
阿呆な上にしつこい

58 :名無しのオプ:2006/08/07(月) 22:29:25 ID:nWA2ZAJI
あのー自分>>31なんですけど、
「東野スレでも聞いたことない」ってのは根拠だなんだって堅苦しい話ではなく、
特に深い考えなどなしに付け加えたんですよ
久々にここ見てもの凄い食いつかれようなんでびっくりしました
別に東野スレを絶対的なものとみなすつもりなど更々ないんで、
この辺でこの話は終わりにしてくれませんかね?

59 :名無しのオプ:2006/08/09(水) 23:19:30 ID:mMjSEGEF
んじゃ本題に戻ろうか

60 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 20:59:13 ID:bECxeaw8
>>31
>以前東野スレに常駐してたけど、そこでさえ聞いたことないような

2chを崇め過ぎ

61 :名無しのオプ:2006/08/13(日) 22:04:58 ID:lqXtPze8
どんだけ粘着なんだ

62 :名無しのオプ:2006/08/15(火) 00:39:25 ID:R0E5ZRmU
としかいえない

63 :名無しのオプ:2006/08/16(水) 12:51:35 ID:20x/L+WD
白夜行に一票

64 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 18:06:23 ID:y4KbZA7s
ネットにしか情報源が無い事をつかれて必死な人がいます。

65 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 18:17:28 ID:aucqHqUL
俺宮部があんまり…
筋は面白いんだろうけど
文体がまだるっこしい
理由火車模倣犯長い〜と
有名作は読んだつもりだが

66 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 18:57:16 ID:2aup6U6t
>>64
必死なのは君1人だと思うよ

67 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 19:27:36 ID:E5OaRwLp
いい加減相手するのやめれ
サークル自慢したいだけの厨(大学生らしいが)だろ

68 :名無しのオプ:2006/08/17(木) 21:31:40 ID:SyTWnMxL
>>65
同感。文体が受け付けなくてなかなか読み進めない…

69 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 00:14:16 ID:IrKQL6/l
村上春樹がまったく面白いと感じないんだが。
周囲の評価に推されていろいろ読んでみたけど…
あの、意味不明なわりにかっこつけすぎな文章には
不快感しか覚えなかった。
奴及び奴の作品を絶賛してる連中は宇宙人だと思う。

こんな俺って異端?
俺が宇宙人なのかな。

70 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 00:53:19 ID:Hfgc1GSV
すべてがFになる
生首に聞いてみろ
緋色の研究

一番つまらんかったのは白夜行

緋色は新潮文庫で読んだんだが、他で読んでもこんな
感じだよな?創元のヴァン・ダインとかロスまく
とかは普通に読めたんだが、これは読めんかった…

71 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 00:54:28 ID:l38W/eJq
こちらへどうぞ
【一般書籍】 村上春樹のよさが分からない
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1130395532/l50

72 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 01:12:33 ID:IrKQL6/l
>>71
ありがとう。安心した。
どうやら俺は宇宙人ではないようだ。

73 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 01:14:28 ID:7jK2fx04
山田悠介作品全部

本を読んでねぇ馬鹿がありがたがって読んでるの見るともうね。

74 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 02:06:09 ID:5UuWM0v4
>>65
>>68
やっぱそうだよな
火車と模倣犯しか読んでないが、あの文章に加えて展開がぬるくて退屈だった

75 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 06:13:32 ID:Oo+tW8rZ
>>66
ほら、あんのじょー

>>65
初期作品は「今なら検索すればすぐわかるじゃん」というような謎が多い。
例えば火車の大阪球場。

>>69
とりあえずノルウェイの森に関していえば、
純文学を読んでいるふりしながらポルノを読めるのが魅力なんだとおもう。


76 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 13:40:55 ID:cBqkucL0
火車ってけっこう昔の作品で
あのころインターネッツはなかったか一般的でなかったか
だったと思う。

77 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 16:01:34 ID:Oo+tW8rZ
もちろん、ネットは無かったよ。ついでにレベル7も今ならgoogleですぐ解決しそう。

78 :名無しのオプ:2006/08/18(金) 18:38:16 ID:paMQV+Nu
>75
たしかに村上春樹はどこが面白いのかオレもわからないけど
「ノルウェイの森」についてはポルノじゃなくて、現代版「こころ」だと思うよ。
スレ違いだったな、スマン。

79 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 15:10:51 ID:abY/y3eN
こいつの情報源もネットじゃねーかw

80 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 18:04:16 ID:K/x+Qp9W
ワロス
サークル入ってる人の批評はレベル高いな

81 :名無しのオプ:2006/08/19(土) 18:07:17 ID:48cLwXKc
ミステリにも性描写目当ての読者の支持で売れてる作品は多いでしょ。
アカデミー出版のあれなんてそうなんじゃないの?

>>79
痛いところつかれた悲しさ。

82 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 00:47:42 ID:DYt2kf/V
なんか盛り上がってるNE

83 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 00:59:10 ID:HyOjBlpW
頭弱い人が多いのかこのスレ

84 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 01:00:37 ID:NGrplQxr
有栖川有栖が面白いという作品がことごとく面白くない件

85 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 01:10:58 ID:2M18FGmc
四日間の奇跡

むだに長いし、なかなか何も起きなくて退屈だし、恋愛の相手が見た目ヨウジョだし、おもしろくなかった!

86 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 03:48:21 ID:KCBlOOuS
>>84
鍵の掛かった部屋の、隣にある部屋から波動で殺した、
なんてトリックを使った作品を褒めるような奴だからな

87 :名無しのオプ:2006/08/25(金) 04:33:45 ID:koBk0ZsG
「どちらかが彼女を殺した」かなあ。
フーダニットものだからかもしれないけど
容疑者両方に殺意があり、なおかつ両者とも殺害を試みた時点で
もうどっちが犯人でもよかった(主人公も言ってるけど)。
読者的には、トリックを看破し犯人を当てることで
初めて動機や他の事象を推測できるって形のが面白いと思うのですが。

88 :名無しのオプ:2006/08/30(水) 23:10:24 ID:MV56aqmA
白夜行を批判すると「お前の読解力が無いだけ」
って言われるのは何でだろう?

89 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 00:31:13 ID:3Q2iUUQG
>>88
読解力というより予備知識がいるね。 知識が無いと絶対読解し来きれない。

結局同和問題だから、あれ。 西日本の人じゃないとそんなの知らないでしょ、普通。

90 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 01:35:32 ID:svF47MAl
違うだろw

91 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 04:10:52 ID:EUH1DPGb
ファンじゃないから明言するけど、
「白夜行」って凡作じゃん。
ストーリーは似た展開の繰り返しだし、
文体はスカスカで中身がないし。
ま『読みやすい』というのは認めるけどね。
でも、ただそれだけって感じ。

92 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 20:22:57 ID:3Q2iUUQG
>>90
ほら、君も読めてない人の例。

>>91
もともとそれは言われてた事だけどね。うまさはあるが感動は無いと。

93 :名無しのオプ:2006/08/31(木) 21:39:43 ID:rHbkB/z5
「火車」
無駄に長い。あの内容なら半分に圧縮できるはず。

94 :名無し物書き@推敲中?:2006/09/04(月) 13:21:11 ID:5KFMUSwU
AVアイドルから素人中出し・ハメ撮り動画、熟女・SMなどの
マニア系動画まで、無修正アダルト動画ファイルの宝庫、
動画ファイルナビEX!無料動画サンプル充実の動画サイトをジャンル別に
徹底解剖します!
http://light.kakiko.com/wasabi/atena.htm


95 :名無しのオプ:2006/09/04(月) 16:21:48 ID:3jIBL2fJ
>>93
宮部作品全般に言える事だな。
レベル7、模倣犯はもっとひどい。

96 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 00:15:38 ID:APgrkGV+
「理由」もね

97 :名無しのオプ:2006/09/05(火) 02:06:12 ID:LSVq9rSc
理由は登場人物が多いわりに短いと思うけど。
で、登場人物の多さが売りな訳で、そこは削れない。

98 :名無しのオプ:2006/09/17(日) 23:28:03 ID:tNnXTi+t
館シリーズ

99 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 01:29:18 ID:cBM+UYVg
シリル・ヘアーの「法の悲劇」
開始二ページで読むのやめた 訳が悪過ぎ

100 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 08:11:21 ID:cZEI2adE
京極堂シリーズは姑獲鳥と魍魎しか読んでませんが、
話が長いだけでつまらん、と思う私は変ですか?

101 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 09:06:22 ID:xtJYRnLA
>>100
あの薀蓄が楽しめないとそうなるだろうね。
映画で観て改めて感じたけど姑獲鳥ってむちゃくちゃな話だよな。

102 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 10:44:50 ID:HWBkwGaa
俺も白夜行は何が良いのかわからん。

103 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 11:02:21 ID:yVgFL2BK
>>102
お前の読解力が無いだけ。
「白夜行」の良さがわからないヤツに、
読書を趣味とする資格はない。


104 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 11:05:45 ID:aZ8hQDjr
趣味に資格の時代キタ━━(゚∀゚)━━!

105 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 11:08:25 ID:jBYErgVl
>>103
>>88

106 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 11:11:09 ID:l6hN0mNC
>>100
登場人物のやり取りを楽しむ訳よ。

107 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 11:12:06 ID:dIWJuE2e
>>102
山田悠介

108 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 11:20:26 ID:PyxnzlpX
「白夜行」はドラマが酷かったからなぁ
ドラマ観てから読むと評価が著しく落ちる本っていうのも珍しいかも

109 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 13:26:49 ID:l6hN0mNC
ドラマがひどかったからこそ原作がよく見えやすいと思うんだが

110 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 21:29:51 ID:utewZ/GT
お前ら当然、付き合ってるんだよね?亮司、おまっwww尽くしすぎwww
という話の流れで、最後のページで叩き落されるところにグッと来るんだけどね。
そういった意味では、白夜行並の感動を求めたばっかりに、幻夜には幻滅。

111 :名無しのオプ:2006/09/18(月) 23:26:40 ID:W6VcB2Qr
ドラマ先に観て、その後原作読んだオレの友達は、ドラマのほうがよかったといってました。

112 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 00:55:48 ID:WeYHwgDJ
いいんじゃないか。感想なんて人それぞれだ。

113 :名無しのオプ:2006/09/19(火) 02:31:20 ID:B2pxRhEK
ユキホがもうちょっと綺麗な女優だったらなー

114 :名無しのオプ:2006/09/22(金) 16:06:10 ID:JkZavBZZ
>>113
はげどう

115 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 09:20:23 ID:JZFdg9p0
「白夜行」は感情移入ってやつをとことん拒否してみせた、一種の実験作だからねぇ。
それを読書の楽しみにしてる人たちには「なんだこれ」ってなものでしょ。

116 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 15:14:56 ID:CnT47Bex
白夜行を否定すると・・・
・「お前の読解力が無いだけ。」
・「白夜行の良さがわからないヤツに、
 読書を趣味とする資格はない。」

特に二個目はすごいなw

117 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 17:04:40 ID:eiatnDDr
白夜行未読なんだけど、あの表紙だと読む気にならん

118 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 17:11:04 ID:DbB58JDH
白夜行は背表紙のあらすじ読んだだけでオチが分かった。「美少女」「心を失った人間の悲劇」「大阪」だもんな。

119 :名無しのオプ:2006/09/24(日) 21:43:29 ID:dGtt1t4m
>>116
なんでここでほえてるの?

120 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 02:05:10 ID:Q20SXi/D
そろそろ白夜行の良さを教えて頂きたい。
あと葉桜は最低レベル。


121 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 02:56:13 ID:/1/lVqry
葉桜は冒頭のセックス描写と、
ラストの種あかし告白がくどい。

でも、話はよくできてるんじゃない?

122 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 12:52:47 ID:H2LzXbWB
>>120

>そろそろ白夜行の良さを教えて頂きたい。

誰もが大絶賛する小説の良さがなんで理解できないの?
「表現が紋切り型」とか「人物造形が稚拙」とか、
そんな言い尽くされた批判はかんべんしてくれよ。
東野の代名詞でもある「平易な文体」は、
いまや最高の表現技術と評価されているんだから。






123 :名無しのオプ:2006/09/25(月) 20:37:37 ID:6NHWc/RV
はいはいクマクマ。
>誰もが大絶賛する小説の良さがなんで理解できないの?
出来ないからこのスレにいるんです。君はダヴィンチでも読んでろ。

>「表現が紋切り型」とか「人物造形が稚拙」とか、
>そんな言い尽くされた批判はかんべんしてくれよ。
言い尽くされた、ってことは現にそう思う人がいるんだよな。
俺も東野の文体は乾いてて基本的に好きでは無い。

>東野の代名詞でもある「平易な文体」は、
>いまや最高の表現技術と評価されているんだから。
誰がそう評価しているのかくあしく。

124 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 00:33:05 ID:HJV4Jylc
>>120
最初と最後をつなげるとしっかり本格物になっている。
主人公二人の鉄の結束ぶりを描き方が見事。
それでいて、2人の接点が描かれない。
うまい! ってかんじ。技術的なすごさですね。


125 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 00:45:06 ID:tI/5q79p
「白夜行」は人の体系に例えると、
贅肉を可能な限り削ぎ落とした筋肉質なBODY。
蘊蓄系とか無駄に丁寧な描写が好きな人には
あんまり向かないんじゃないかな?
まぁ、東野の場合は読者が読みやすいように、
わざと解りやすい表現を多用してるって本人言ってるし、
合わないと思ったら他の作歌を読めばいいだけの話じゃないの?

126 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 00:47:52 ID:tI/5q79p
やべ、変換ミス
指摘されるまえに・・・

×作歌
○作家

127 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 08:54:57 ID:9b0r0430
合わない作家がいるのはしょうがないことだし、
逆に自分の好きな作家を「合わない」と他人から言われても
そんなに落胆しないことでしょうな。

128 :120:2006/09/27(水) 00:12:41 ID:lnR5NGPf
レスありがとう
白夜行は同じ展開の繰り返しでラストに辿り着いた頃には疲れて感動がなかった。
世間の評価が高いし再読しようかとも思う。
あと東野自体は好きなので。


129 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 02:16:15 ID:WQj9Y/FP
別に無理して理解しようとしなくても、、
再読するエネルギーで他の本読む方が有意義

130 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:41:23 ID:TyNJ9Qrt
>>125

>まぁ、東野の場合は読者が読みやすいように、
>わざと解りやすい表現を多用してるって本人言ってるし

この文章を読むと「その気になりゃ精緻な文章だって書けるんだぜ」という
ニュアンスが感じ取れるけど、こういう見栄っぱり(傲慢?)なところが
とくに東野ファンでない人たちにはカチンとくるのかもしれないね。
「だったら文章で唸らせる作品をひとつでも書いてみろ」って具合に。
東野は稀代のストーリーテラーではある。けど文章は決してうまくない。
それが俺の評価。いちおう東野作品は全作読破しているけど、
「なんでこんな文章が書けるんだ」と感心させられたことは一度もない。








131 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:33:01 ID:xyAMEbLq
はいはいw

132 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 20:03:40 ID:wMNSbtML
ここは東野アンチと宮部アンチスレということでいいですか?

133 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 01:50:16 ID:OdK2gRyt
容疑者Xの献身は面白かった。
探偵ガリレオも面白かった。
白夜行はつまらなかった。
東野は好きだが、白夜行を擁護する奴が嫌い。

皆様が読みやすいようにわざと乾いた文体で書いてみました^^

134 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 02:28:46 ID:QJG8C7FK
恩田陸の小夜子に嫌悪感を感じた。
世間で騒がれてないけどw

135 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 11:38:12 ID:dQQCPUR5
ミステリではないが
恩田なら夜のピクニック

高校生の恋愛トークをえんえんと、
支持者はああいう会話好きなの?

136 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 12:37:16 ID:bC5ukp8i
GOTH

137 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 12:44:16 ID:jm1lQrjU
恩田ファンは腐女子が多いだろうからな

138 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 14:23:24 ID:9QJpXLGf
夜のピクニック的なのは寂しい青春を送った人というか青春という幻想を
そもそも送れなかった人達が愛憎半ばしながら絶賛しちゃうんだと思う。
こういう喪われたモラトリアムものはとりあえず受けるよね。
でもこれを、直球ど真ん中でしかも長編で書ききれるのが凄いかとおもう。
おれは憎が増さっちゃってきらい

あと伊坂幸太郎全般がなぜか全くダメ みんなほめるけど

139 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:13:11 ID:yRWqQYZF
レベル7
今は騒がれてるかどうか知らんが買った当時はそこそこ面白いって言われてたけど
やたら退屈な本だったそのせいか宮部の他作品も読む気になれん

140 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:57:21 ID:hap8KUXN
恩田陸はドミノだけは面白かった

141 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:58:38 ID:QJG8C7FK
ドミノ面白いか?街のパクリなのに解説で絶賛されてた覚えがある

142 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 20:42:05 ID:DBbCNQIx
ここは他人の意見にいちゃもんつけるスレじゃねえんだ。
作家それぞれのスレに帰りな。

143 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:48:58 ID:ZSO/QK8e
>>138を読んで
夜のピクニック読んでみようと思った。

144 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:28:49 ID:9YXeojcz
東野で読んだことあるのは、放課後、秘密、天空の蜂、鳥人計画、白夜行、容疑者xの献身…。
一番好きなのは、鳥人計画。
個人的には、塀の向こうの純文学の世界に落っこちそうな作品は嫌い。
そう思っているミスファンって結構多いと思う。
塀の向こうのバスミスの世界に落ちそうでギリギリ留まっている作品を読むのが
一般的ミスファンの幸せかも?


145 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 05:44:08 ID:G0u8ypa1
村上春樹全般

146 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 16:20:25 ID:5oWymUJF
>>144
スレ違い

147 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:02:39 ID:iOrAJinO
有栖川有栖の月光ゲーム、孤島パズル、双頭の悪魔。

148 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:25:38 ID:G0u8ypa1
双頭以外は世間で評価されていない。

149 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 23:54:54 ID:wWVLUqqT
孤島が一番好きだな。月光は弁護しようがない

150 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 12:00:10 ID:iPL6Sh+N
とてつもない理由で殺人を犯したスレッドで人気有りそう<月光

151 :名無しのオプ:2006/10/06(金) 23:45:10 ID:D/TvMO6n
宮部の作品はほとんどそうだな
なんであんな人気あるんかよくわからん

152 :名無しのオプ:2006/10/14(土) 09:37:34 ID:fPi0Ut9X
宮部は数冊読んで悪くなかったから
世間の評価も納得してたけど、ある1冊があまりにつまらなくて
以来、他のも読む気なくした…

153 :名無しのオプ:2006/10/19(木) 15:32:43 ID:AQr329ln
アシモフ
『黒後家蜘蛛の会』

『会心の笑み』

評価が高いから楽しみにしていたが・・
つまらん

154 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 00:18:55 ID:MF6ViBmP
日本人にはありがちすぎる落ちだからね

155 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 01:07:59 ID:9hqBG6gb
西尾のクビキリ読んだが、マジツマンネ。これほどキモくてウザイ小説は初めて

156 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 02:03:06 ID:n3jB07zK
>>153
黒後家は言葉オチとか多いからな
日本語で読んでもフーンとしか思えない


157 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 15:59:32 ID:YVZNej00
東野圭吾「赤い指」
なんかなぁ、社会問題を扱ってるわりには、
響いてくるものがないんだよね。
東野特有の軽い文体が問題なのか?
読み易いのは認めるよ。でもせっかく
重いテーマを取り上げたんなら、
もっと胸に迫ってくる書き方をしてほしい。
どこかのスレで『東野は「白夜行」がピーク』
という書き込みを見たけどまったく同感。
直木賞を射止めて落ちぶれた先人のように、
東野もこのまま劣化してしまうのか? すごく心配。

158 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 16:30:50 ID:xvo3EqSJ
そして誰もいなくなったは言うほど面白くなかった。

159 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 16:35:55 ID:AM7vX65u
949:愛里 2006/10/21 12:32:24 V2wSQXvr0
サマフェスで中原杏にあったら、殺す。 マジで。
*+・中原杏・+*
http://comic6.2ch.net/test/read.cgi/gcomic/1117953402/

160 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 18:07:40 ID:VQLfMfjl
少し上のレスでも話題に上がっていたが、恩田陸全般が
普通につまらん。初期の「球形〜」「不安〜」あたりは
結構面白かったが、それ以降はかなり失速。近作の方が
遥かにつまらんのに本屋大賞って何?って思ったなあ。
読んで喜んでいるのは若い女子なんだろな。

161 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 21:27:42 ID:QdHo+bSl
>>160
同感

162 :名無しのオプ:2006/10/21(土) 21:55:51 ID:7oEY5onm
長いお別れ。
とにかく、長すぎて疲れた。犯人も半分ぐらいのところ
で、ほぼ推測できたし。
さらば愛しき女よや、大いなる眠りの方が、ムダがなく良い。
チャンドラー好きだが、これだけは、駄目だった。




163 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 00:28:30 ID:kXsu8NJJ
連城さんの
『戻り川心中』
って何故 あんなに評価が高いかが判りません。
私のレベルが低いからですか?
あ〜そうですか

164 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 09:42:11 ID:4r4U3ll0
恩田陸にはホンと同感。
黒後家も邦訳読んで高評価するのはおかしい。

お前らって本当、商業批評に侵されてないイイやつらだな。

165 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 16:07:48 ID:YNeCZPNO
>>162
犯人が誰だ? という種類の作品では無いだろう。
何故あの長さに成るのか、については原りょうの解説をどーぞ。

166 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 17:17:22 ID:MWy4au6/
「ライオンハート」 期待が大きかったせいかもうひとつだった。
前レスの白夜行、
この小説は確かに賛否両論問題になる要素が大。
主人公2人の関係が、最後まで明かされずに終わるため、想像の域を脱しない、読み手次第で内容が180度変わってしまう珍しい作りになっている。
だから主人公2人の関係を自分なりに良く捉えた人は面白く思い、悲観的に感じた人にはつまらない小説になる。
私としては、東野さんが思い描いた2人の関係を是非とも聞いてみたいという衝動が強い。
謎解きをしないで終わる探偵小説の如く、ストレスを残す異色な傑作。

167 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 20:27:36 ID:2A7fyMpq
このスレって東野作品けなすと必ずといっていいほど
擁護する儲がでてくるな

168 :名無しのオプ:2006/10/22(日) 22:57:06 ID:9F+O8jwi
だから期待がさらに上がって
結局このスレに返ってくる


169 :名無しのオプ:2006/10/23(月) 10:33:27 ID:kinObR7r
服部真澄全般

こっけいすぎね
アニメみたい

170 :名無しのオプ:2006/10/24(火) 21:00:47 ID:WcT+UAcx
麻耶雄嵩全般

あれは、ミステリーなのか?
叙情的作風にもなりきれてないし
第一読みにくい

171 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 15:15:32 ID:D+/tk+Ql
綾辻も読みにくいなぁ、左翼かぶれみたいで

172 :名無しのオプ:2006/10/25(水) 23:32:34 ID:ZT2nBBCj
>>170
ミステリーかどうかは議論の余地あるかもしれないけど、
叙情的な部分ってあったっけ?

173 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 01:09:41 ID:YfcGFBcv
>>165
遅レスになってしまった。レスがついてるとは思わなかったので。
犯人が誰かは、たとえ、ハードボイルドであっても重要。
謎で、読者を引っ張っていけない作品はミステリーとはいえない。
「プレイバック」と並んで、「長いお別れ」は、チャンドラーの
悪い部分が如実に表れた作品だと思う。
「プレイバック」には、有名な「タフでなければ・・」というしゃれた
セリフがあるが、「長いお別れ」にはそれもない。
この作品がきっかけで、チャンドラーを読むのをやめて、ロスマクや
ハンセン、リューインなどのより現代的なハードボイルドを読むように
なった。
チャンドラーはよくも悪くも、ハードボイルドの古典だと思う。
探偵役マーロウの価値観のぶれないところが、昔は魅力だったが、
いまは、そこがものたりない。

174 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 09:20:02 ID:M2p1BwFH
三時間後にセックスするからチンポ立たしときなさいよ

必ずよ

175 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 12:33:45 ID:PFfTqH5N
マーロウモノは長いお別れしか読んでないが
確かに評判いいわりに…って微妙な感じだった
読んでる最中はともかく、後には何も残らないというか

176 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 13:51:57 ID:lcjfkqWk
ラストが唐突なわりにオチが読めているからね
あれは雰囲気を楽しむもんでないかい?

177 :名無しのオプ:2006/10/28(土) 21:20:38 ID:9s2qMKrP
>>170
世間で評価されてない

>>175
男の友情っていがいとえがかれないから、
読者の方がさほうをみにつけてないのかも

178 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 02:56:47 ID:/sK5DfFa
偽のデュー警部
時の娘
キドリントンから消えた娘

179 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 03:00:57 ID:14ik+8T2
宮部作品全般だな。
まあ人の嗜好なんてそれぞれ違うんだから、儲もアンチもいて当たり前だが。

180 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 11:06:45 ID:soEdSGX+
チャンドラーを謎解き目当てで読む人って初めて見た。
しかし雰囲気を楽しむにしても、
あの水っぽさが現代の読者にウケるかどうかなんとも微妙だが。

181 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 13:25:44 ID:bNvF0LYf
ファンが多いのはわかっているけど、自分はつまらなかったから
このスレに書き込んでいるのに東野厨は
「人それぞれ〜」とわかりきった理屈を書き込む。
死ね。

182 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 21:24:49 ID:v8L6ZYQ+
星降り山荘
トリックを明かされた後もふ〜んというかんじで
何の感動もなかった
読んでる間も退屈だったし

183 :名無しのオプ:2006/10/29(日) 21:58:28 ID:5y1blMQy
俺は「七十五羽の烏」ではそれ思ったな。
都筑道夫は全部そんな感じだけど。
「星降り山荘」の方は楽しめた。

184 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 00:02:01 ID:QCZtYOHe
>>182
オレも星降り山荘つまんなかった。
あれ推理小説としての面白みが感じられなかった。
結構誉められてたから読んでみたのにぃ。

185 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 00:17:25 ID:bPwRQFxr
京極夏彦の「姑獲鳥の夏」
魍魎はめっちゃいいんだがこっちはイマイチ

186 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 02:21:01 ID:5rz41SOm
麻耶の蛍

確かに意外ではあったけど別に大して驚けないというか
不必要にくっつけたトリックって感じで楽しめなかった

187 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 10:47:23 ID:yW6ZIH0W
セカチュー

188 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 20:10:31 ID:BgvK90yg
池袋ウエストゲートパーク

ドラマの方が現実味あった

189 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 21:11:38 ID:iXkgDSXo
村上春樹のアフターダーク
文庫化されたけど、作品自体は春樹ブランドだけな気がする。

190 :名無しのオプ:2006/10/30(月) 21:19:54 ID:PrZbbOD1
>>189
板違い

191 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 00:45:36 ID:nPRtwDlh
↓↓
http://c-others.2ch.net/test/-/sf/1159442120/i
↑↑

192 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 01:34:53 ID:mzomXS0A
ミヤベミユキとハセセイシュウ
共通点
@落ちが無い(ラストまで読んでも驚きも納得も、いや…謎すら無い)
A複線が無い
B小学生の作文並に文章力が無い
C独創性が無い
D魅力的なキャラも出てこない

何故売れっ子作家なのかが一番のミステリー

193 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 02:01:47 ID:aATqW+ij
>>192
馳は読んだことないからわからんが、宮部に関してBとDは当てはまらんと思うよ。

194 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 02:57:52 ID:86spAhuH
>>178
キドリントンは微妙かも
フランス語のくだり等無理が多い
ウッドストックの方が良く出来てる

他は好きだなー


>>176
>ラストが唐突なわりにオチが読めている

意味が分からない

195 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 10:18:48 ID:gc/jVr7Y
>192
小説家の批判をするなら日本語くらいは覚えようね。

×複線
○伏線

196 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 15:28:02 ID:pUnQEasK
「空飛ぶ馬」北村薫
事件と直接関係無い部分は読んでてイライラした。
それぞれの短編のオチも感心するものは1つもなかった。
日常の謎を扱った短編で秀逸な作品はほかにもっとあると
思うのだが。

197 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 22:09:28 ID:pMviaYfK
北村薫 の作品には存在理由を疑うものもある。
こいつのファンは不思議。理解できない。


198 :名無しのオプ:2006/11/01(水) 23:56:17 ID:86spAhuH
「北村薫が好き」と言える自分が好きなんだろう。
アメリ支持者と似たのり。

199 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 00:01:06 ID:6Mu4Nb2m
北村薫ファン自体が存在価値ないから
理解できないのは問題ない。

200 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 01:21:24 ID:n6gm8AIW
「半落ち」
そこそこ面白かったが、そこまで泣ける話か?と不思議に思った。
年とればわかるのかね?


201 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 09:30:13 ID:mbrR0hCB
俺もわからんかったなー
文章が大げさすぎてあの真相では興ざめした

202 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 10:05:15 ID:RlwD0KfL
ここに来て、アンチ宮部が多いことを知り、ちょっとうれしい。
描写が、なんかねちょっとした感じがして、好きになれない。
「火車」「理由」なぜああまで絶賛されるのか・・・。
北村薫も、なんか抵抗ある(なんかばかりで、表現力のなさありありですが)。
でも、円紫シリーズは、少女の成長物語として、結構好きかも。
綾辻行人も、私にはわからない。
十角館も?だったが、一度、楽屋落ちみたいなのを読んで、こいつはばかかと思った。
「姑獲鳥の夏」もねえ、読んでる間はそれなりにおもしろかったけど、
オチはともかく、登場人物の超能力?の扱いがアンフェアな気がした。
「半落ち」も、調べていく過程は面白かったけど、ねえ。
横山さんって、ちょっと大げさに感動させすぎ。
あと文春の評価見て読んでがっかりしたのは「脳男」かな。
ちなみに「白夜行」は好きです(すんません)。
全体に緊張の糸が切れず、読み終わってずしっと来た印象だったけどなあ。
まあ、東野ファンではありますが、一番好きなのは加賀刑事物かな。


203 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 11:36:14 ID:mbrR0hCB
昨日買って、帰りの電車、行きの電車で既に読み終えた『手紙』
展開読める(兄の事で幸福がどんどん手から離れる)だけに前半たるいよ

204 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 14:20:58 ID:TLwscsqT
>>202
とりあえず、他の作家はけなして東野は持ち上げる
スレタイの読めない儲はここに来るな

205 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 19:56:35 ID:YG2fHPbg
白夜行は驚異的につまらなかったです…
ただ長いだけの小説って印象を受けました。

206 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 20:07:55 ID:mjgh98Ui
名探偵の掟は、死ぬほどつまらんかった・・・。

207 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 20:54:23 ID:Te7NJ/sg
ゴメンよ、ファンの人

・「模倣犯」
・「白夜行」
・綿谷りさ全部
・「海辺のカフカ」

上二つは読む前に期待しすぎてたせいで前評判が無ければ普通に読めたもの。
が、他は全部駄目だった。

208 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 20:55:56 ID:H+HaIiKL
実は「名探偵の掟」だけは面白かった。東野作品。
だけど、最後まで犯人を書かなかったのもあったな。
読者をなめてんのか、気取ってんだか。

209 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 21:40:58 ID:UNjsBSw/
手紙
殺人の門
白夜行
俺の中の東野駄作三部作


210 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 23:00:15 ID:g19/asXz
一応はスレに沿った事書いてるのに>>202がやたらとムカつく理由を誰か推理してくれ。

211 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 23:20:40 ID:GgpdYpI6
最後の三行のせいだろw

212 :202:2006/11/02(木) 23:24:49 ID:RlwD0KfL
げっ、すいません。

213 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 23:36:00 ID:YG2fHPbg
釣りだったのか…?
それとも、恥ずかしいから釣りってことにしたのか?

214 :名無しのオプ:2006/11/02(木) 23:42:59 ID:fkA1hi4H
最後の三行がなければ「じゃあお前は何がいいと思ってんだよ」と突っ込みを入れるところだった

215 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 01:25:16 ID:MT9+BZWA
東野の「手紙」、連載で読んでたんだけど。
いつミステリなりサスペンスなりになるんだー!!と思いながら読んでた。
最終回は、え、これで終わり?みたいな。

同じ枠でやってた西村京太郎のも色々脱力させられたが、
「手紙」よりはそっちの方がマシだった。

216 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 01:36:33 ID:VIulItT6
>>209
ほかにももっとひどいのあるって。
白夜行は最初と最後だけは読めるから駄作top3入りは難しい。
コンパニオン殺人事件とか最初から最後までひどいのあるもん。

217 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 16:16:49 ID:wESplpIt
閑話休題。村上春樹がたまに出るのはスレタイだけ見てきた人か?
次スレはタイに「in ミステリ板」とか付けませう。

218 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 17:56:08 ID:ochVAks5
>>208
むしろ読者に期待しすぎたんでは。
犯人は誰なんですか!?って電話が殺到したらしいし。

219 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 21:00:44 ID:W/A2GUdq
赤川次郎関連。
うちの親が好きで集めているのだが
なんだか、冴えない中年男に気の強い女子高生が惚れて押しかけ女房になるパターンが
ちらほら見えて、作者のロリコン願望が垣間見えるような気がする。現実に考えてこんなのは
援助交際以外ないだろ、と…

220 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 22:29:08 ID:bMexptlA
麻耶雄嵩

221 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 22:33:06 ID:ngiTnCJ9
お前らがお勧めの作品全部だ。ケケケ

222 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 23:35:25 ID:mnktGhPB
>>217
間違ってないじゃん

223 :名無しのオプ:2006/11/03(金) 23:41:52 ID:dfl4h6J2
>>222
村上春樹がミステリ作家だとは、知らなかったよ?
ノーベル文学賞に一番近い日本人がミステリ作家ならある意味凄い。

麻耶雄嵩  って言うか世間で騒がれてもいないのにが
2ちゃんにいる麻耶信者がミス板の『お勧め』に書き込みしているだけじゃないかと
最近思う。

224 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 13:44:03 ID:0KEqJQ0W
光原百合が、どうしても…
文章、妙な比喩ばっかり多くて、読んでいて変な疲れが残る。

225 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 14:29:29 ID:WsABZxOp
世界の中心で愛を叫ぶ
あれを読んだ時間を返してくれ。

226 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 15:54:01 ID:N1FA8qPu
>>225
板違い

227 :くろ:2006/11/04(土) 16:42:31 ID:CkX1W6ry
「99%の誘拐」
西澤保彦さんの解説もほめすぎな気がする

228 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 18:10:33 ID:64QV2SI8
>>223
麻耶作品は割りと好きなのが多いけど、麻耶儲はマジでイタイと思う。
麻耶スレで少しでも疑問呈しなんてしたら、集中砲火だ。

229 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 18:21:57 ID:SzzaUUgE
赤川次郎出まくりか?と思ったら意外にそうでもなかったな。

あの人の作風は没個性(良く言って透明感がある)が魅力なのかも知れないけど、
国民的大ベストセラーになるほどのものじゃないだろうと。
>>219も言ってるけどヒロインの描写の仕方が総じてなんか違和感がある。

230 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 18:31:59 ID:pBi9WL5Q
麻耶信者はマジで痛い
一番ヤバいんじゃないか
全員狂信的だもの
どんな作品も傑作と思ってるし

231 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 18:59:17 ID:xmX8i3mv
西村京太郎作品全般

文章もストーリーもクセがなくて読みやすいけど、秀才であって天才ではない。
外れはないが当たりもないという印象。
悪い作家じゃないけど、売り上げほどの作家ではない。

232 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 19:04:07 ID:4jN5K39e
>>208
犯人を書かないのってなんて作品?

233 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 19:40:21 ID:pBi9WL5Q
>>232
どちら加賀彼女を殺した

234 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 20:06:13 ID:IqEa2M5N
>>230
狂信的じゃないファンにはいづらいから住人が偏ってそう見えるだけだよ。

235 :名無しのオプ:2006/11/04(土) 20:19:19 ID:W+oN1YUQ
西村京太郎。
登場する女性が、「・・・ですわ」と話すのが気になって仕方ありません。
鎌倉に住む家元夫人とかならともかく、若いキャリアウーマンも皆「そんなことありませんわ」
なぜ編集者は、あの「わ」を取れと言ってやらないのだろう。
今時「・・・ですわ」なんて、脂ぎった不動産屋のオヤジが
「駅から5分、新築、フローリングで家賃5万!そりゃ無理ですわ」
なんてときしか使わないと思うのだが。

236 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 00:31:42 ID:EXYLmd7n
白夜行はミステリーじゃないと思います。
それにあまり面白くありませんでした。

237 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 07:33:33 ID:hKttuqBq
最初と最後だけミステリー
で、そこの部分だけ面白かった

238 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 20:16:53 ID:WY6F4sey
オマエあちこちで「百夜行面白くない」ってのに対して
「最初と最後だけはいいよ」って庇って廻ってるだろ。

239 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 21:18:34 ID:hKttuqBq
2chに依存し過ぎじゃね?
あんた、あっちこっちのスレ延々監視してるの?

ドラマの雪穂役がもうちょっと綺麗な女優なら、、と書いた事ならある。

240 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 22:17:19 ID:sz7mAmm7
どっちが依存してんだか

241 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 23:50:14 ID:hKttuqBq
はい、そうですか
ま、その点はどうでもいい。

とにかく

>オマエあちこちで「百夜行面白くない」ってのに対して
「最初と最後だけはいいよ」って庇って廻ってるだろ

は言いがかり。

242 :名無しのオプ:2006/11/05(日) 23:59:29 ID:xnm2JnZb
ここはミス板の中二病患者憩いの場なんだから
擁護厨は出てくるんじゃねーよ

243 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 00:25:49 ID:IrEqJ3Hm
お前ら50レスくらいの周期で白夜行出してきて盛り上がるの
そろそろやめないか?

244 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 00:26:13 ID:gQCoKztF
擁護しているつもりはまったくないんだが、
そううけとってしまう君は擁護したいんだろうか?

>>237を反対解釈すると
「ちゅうばんはつまらん:

245 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 01:58:33 ID:X+OeTVwD
中盤以外はそんなにおもしろいんですか〜o(^-^)o
ぜひ読んでみますね〜♪

246 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 08:42:10 ID:GqbgMHrg
>>244
そういうスレじゃないんだから適当なとこで引けよ

247 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 17:01:25 ID:KO+fwRyv
容疑者Xの献身

248 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 20:28:20 ID:l7cdFhWh
「オランダ靴の秘密」「十三号独房の問題」「アクロイド殺し」
「予告殺人」「黒後家蜘蛛の会」「僧正殺人事件」
「十角館の殺人」「獄門島」「バイバイ、エンジェル」
「すべてがFになる」「ハサミ男」「リラ荘殺人事件」
あたりかなあ。考えればまだありそうだけど…

249 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 23:11:32 ID:ptXC6p1w
ウブメの夏
十角館の殺人

250 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 23:13:09 ID:66v8YVOb
>>223
村上春樹はミステリ風味の作品が混ざってるよ。
「羊をめぐる冒険」「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」
「ダンスダンスダンス」あたりか。まぁ、あくまでもミステリ風味だが。

251 :名無しのオプ:2006/11/06(月) 23:56:42 ID:NMdQUfw3
容疑者Xの献身

どの辺が面白いのかサッパリわからなかった

252 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 00:01:12 ID:gQCoKztF
>>248
世間で騒がれてない作品が多いな。
特に、ヴァンダインは評価しない事で見解が固まっている@本国アメリカ

>>249
十角は普通に批判轟々でしょ。最後の2人、どっちが犯人でも良いって。

253 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 12:23:00 ID:FzxmFJnf
一般的には 非難轟々 だと思うよ。
細かいことだけど。

254 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 12:46:26 ID:23rB/qdZ
252はなんとなくネタバレのようn(ry

255 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 14:02:24 ID:jdDRmBYS
「私が殺した少女」原ォ
あの動機のリアリティのなさはない

256 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 14:02:32 ID:In1+z016
確かにネタバレ以外なにものでもないな

257 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 14:03:43 ID:jdDRmBYS
時計館の殺人
タイトルだけで想像がつくトリックだった
犯人も意外性なし

258 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 15:46:12 ID:FopOjrvx
>>255
同感。
原りょう自体は好きだけど、あの動機はないね。
心情と行為に矛盾がありすぎ。

259 :名無しのオプ:2006/11/07(火) 20:38:24 ID:4+PBNGB6
クイーン『Xの悲劇』
第一の殺人と第二の殺人についての謎解きは警察気づけよって思った。
『古畑任三郎』
確かに面白い話もあるけどどうでもいい話も結構あるし、なんであそこまで人気あるのかよくわからない。

260 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 08:33:37 ID:GdS2z22Z
『古畑〜』はドラマとして人気あるけど、ミステリとして評価はされて無いだろ
今まで犯人役なんて断ってたであろう豪華俳優陣が、毎回出てくるのがウリな訳で、謎や事件じたいはあんまり注目されない
三谷氏のあて書きを楽しむぐらいかな
謎解きしたい人には物足りないのも頷ける
『金田一少年〜』を本格だと思っているガキもいるが、コレは論外

261 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 12:04:49 ID:geJpt7WF
デスノート

262 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 15:53:52 ID:CLSkLfFr
>>260
金田一孫がどう本格で無いか詳しく。

263 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 16:07:26 ID:ZZy+rtUY
俺もなぜ金田一少年が本格じゃないのか知りたい
パクリばっかで糞だけど、本格の範疇に入るんじゃないの

264 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 17:13:02 ID:pMoq2wyT
ガキが沸いてきたぜオイw

265 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 17:43:43 ID:oEF56G24
>>260
二階堂乙

266 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 18:20:24 ID:rDfBdNVa
>>260
フーダニット、ホワイダニットを前面に押し出してるのが「本格」というなら金田一も本格だろ。
パクリ問題はおいとくけどな。

267 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 19:05:12 ID:pvpoGyAa
「金田一少年の〜」は賛否両論あるだろうが、
これをきっかけにミステリ読者が増えた功績は認めてもいいんじゃね?
ってゆうか>>260が金田一は本格じゃないって思うのは勝手だけど、
その意見を他人に押し付けるのはやめてほしい。

268 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 19:28:22 ID:DVc90G2x
>『金田一少年〜』を本格だと思っているガキもいるが、コレは論外
この決め付け方、書斎そっくり。

269 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 19:37:55 ID:oEF56G24
聞かれても答えないし

270 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 19:47:35 ID:Fdw5fdqj
>>260 のコメントが論外と思いました

271 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 20:18:51 ID:oEF56G24
>>264は形勢を見誤ったな
早まった決断をさぞ悔やんでいることだろう

272 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 21:15:18 ID:pMoq2wyT
別に悔やんでないがw
多勢でなきゃ何も言えないようなガキじゃないんでね。

273 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 21:19:21 ID:1JdkCL0h
本格かそうじゃないかは
作品の稚拙さとかは関係ないよな。
金田一少年が本格じゃなきゃなによって感じだな。
社会派だとでもいうのか?

274 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 21:36:43 ID:oEF56G24
日付変更を待って逃げ切る腹積もりとみた

275 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 21:57:51 ID:GdS2z22Z
ほんとに興奮してるガキが居るな
あれだけパクりまくってるモノを他の本格作品と並べて論ずるに値しないってこと…ガキにはわかんないんだろうな
そこまで『金田一少年〜』が好きなら、誰か本格作家か本格好き相手に、「僕が好きな本格物は『金田一少年〜』です!他にお勧めの作品ありますか」って言ってみな
心の広い人なら面白い本格物教えてくれるかも
俺はガキのお守りする気無いし、もうほっとくけど

276 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 22:08:09 ID:Ppzt1KN2
今語ってるのは、本格として論ずるに値するかどうか、とか、本格としてレベルが高いか、ではなく金田一少年は本格か、だろ。
誰も金田一を褒めてるわけじゃあない。

277 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 22:10:04 ID:ZZy+rtUY
トリックをパクってる事とその作品が本格であるかどうか、は別個の問題でしょ。
それに、金田一少年が本格だと主張している人=金田一少年のファン
ってわけでもないと思うけど。嫌いな作品でも、それが本格だと思ったら
本格だと主張するだけだよ。

278 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 22:16:28 ID:CLSkLfFr
ファビョって論点すり替えるなって。
別に俺は逃げとかどうでもよくてあなたが何故金田一を本格で無いと言い切れるか聞きたいだけ。

>あれだけパクりまくってるモノを他の本格作品と並べて論ずるに値しないってこと
パクリ=ジャンルとして不成立って理論的におかしくね?
ガキの俺には金田一も作品自体は一応フーダニットに見えるので間違ってるならどう「本格じゃない」のかを聞きたいんだよ。

>そこまで『金田一少年〜』が好きなら、誰か本格作家か本格好き相手に、「僕が好きな本格物は『金田一少年〜』です!他にお勧めの作品ありますか」って言ってみな
感情的なレスで煙に巻こうとするな。
金田一がパクリまくってるのは俺も知ってるし気にいらない。
俺やおそらく他の人間も聞きたいのは論理的視点での話だ。

279 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 22:19:17 ID:uZf72M5O
そろそろふぁびょった奴の勝利宣言かw

280 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 22:36:12 ID:GdS2z22Z
ガキは興奮すると益々論点がずれてくな
誰かが『金田一少年〜』は本格じゃないって言ったのか?
作品として、本格だとか本格じゃないとか言った覚えはない
それ以前のモノだから論外だとは言った
『金田一少年〜』が本格かどうかなんて、語りたい奴が勝手に語ればいいけど、日本語の意味も理解できないガキに、あたかも議論の相手みたいにまとわりつかれるのは迷惑
ソロソロ頭を冷やしてスレタイ通りの話題に戻りな

281 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 22:48:50 ID:3ThACrLd
乗りかかった船、ID:GdS2z22Zの考える「作品」および、
その内に含まれる「本格」という日本語の意味に興味があるな

282 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 23:00:50 ID:oEF56G24
>>280
>>260を見る限り「論外」にかかっているのは
「金田一」ではなく「ガキ」の方だと思うのだが

283 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 23:05:08 ID:oEF56G24
あ、でも、「金田一」にかかると取れないこともないか…

ただいずれにしても本格かどうかは言えるはずだよな?

284 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 23:13:52 ID:gjw/VJhh
>>280
おまえ「ガキ」って単語好きだなw

285 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 23:18:39 ID:CLSkLfFr
興奮したガキは理論どころか日本語もできないですかそうですか。
そういった言葉遊びで優位性を示すような程度の低い事はするなよ。
極端な感情論はいらないとそれこそ日本語で>>278に書いたんだが。

>作品として、本格だとか本格じゃないとか言った覚えはない
>それ以前のモノだから論外だとは言った
それ以前ってどれ以前よ?
>>282指摘してるが>>260はどっちにしても「金田一は本格では無い」としか読めないんだが。
総意としてあんたは「金田一が本格の土俵に上がるなぞおこがましい」ってことだろ?
俺は「じゃあどういう理由で土俵に上がれないのか」って散々聞いてるんだが。

言葉遊びやってないであんたがみなの質問に答えてくれたらお望みどおり通常の流れに戻るよ。

286 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 23:21:28 ID:Ppzt1KN2
>>260
>>『金田一少年〜』を本格だと思っているガキ
これはよほど恣意的に読まない限り自分は金田一少年を本格だと思っていない、と受け止められますが。
>>275
そこまで『金田一〜』が好きなら
それまでのレスの内容からこのような意味を汲み取るのは、とても他人の日本語能力を馬鹿にするほどの人のやることとは思えません。


まあ確かにスレの流れはそろそろ戻した方がいいかもね。

287 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 23:33:25 ID:pvpoGyAa
ID:GdS2z22Zは中二病だろ?
まともに相手するだけ無駄だよ

288 :名無しのオプ:2006/11/08(水) 23:40:56 ID:dekCR+n5
オレ的には二階堂が本格なら金田一少年も本格

289 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 00:27:44 ID:s/h/dCuu
「これは本格ではない。理由は論ずるまでも無い。」
「これを支持するのは無理解な子供だけである。本格では無いのは常識なのだ」
「もともと誰も本格ではないとは言ってない、程度の低い本格と言ったんだ」
「そもそも本格かどうかなど述べてない。言葉尻を捕らえるな。」
「っていうか普段の流れを乱すような議論を望んでいたのではない。」


「続きはスキーに行った時にヨロシクwww」
って言えばこの話題終わるんじゃね?

290 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 00:37:45 ID:jBUS/CZB
論外なのは仕方ないでしょ・・・パクりなんだし。
ビートルズのコピーバンドを「本格ロックグループ」とは言わないでしょうに。

291 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 00:43:28 ID:Gpl7BLNU
しかしロックグループではある。程度は低いかもしれないが

292 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 00:47:09 ID:3Brl5yjA
日付変更を利用してやんわりと緩和を試みる>>290

293 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 00:51:36 ID:WanmrHA5
>>260=>>275=>>280(=>>290?)の主張は、

パクリ部分が多い創作物は「作品」とは認められず、それ以外のまともな
「作品」と同列に論じられるべきではない。
「本格(ミステリ)」とはオリジナルである「(ミステリ)作品」
のジャンルとして用いられるべき形容であって、「作品」以前の創作物である
『金田一少年の事件簿』は「本格」ではなく論じられるに値しない。

ということだな。よしよし。お前定義は分かったのでもう興味は失せた。

294 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 00:52:04 ID:3Brl5yjA
というか結局最後まで「作品の質」と「ジャンル分け」が
別の問題だと理解できなかったみたいだね

2ちゃんて時々こういう想定外にお馬鹿な人がいるんだよね

295 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 00:55:43 ID:Gpl7BLNU
カーの劣化パクリである二階堂や加賀美をどう評価しているのかは聞いてみたかった
まさか本格だとは言わないよな

296 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 01:04:48 ID:3Brl5yjA
>>264=272が他スレでここの陰口叩いてスルーされてたw

297 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 01:09:58 ID:hOelX3s7
kws・・・別にどうでもいいかw

298 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 01:43:44 ID:rKQd/EEn
金田一=金田一少年という図式がちょっと悲しい今日このごろ

299 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 01:52:11 ID:nFJOwbLF
>>275
>ほんとに興奮してるガキが居るな
>俺はガキのお守りする気無いし、もうほっとくけど

必死こいて金田一少年を批判するオッサンも十分はずかしいよ
老いた両親が泣いてるぞ

300 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 02:54:03 ID:5QkrLdYb
>>260
おいおい、金田一少年なんかどうでもよいが、古畑はミステリーとは呼ばないだろ。
ミステリーの定義を知ってるのかい?と訊いてみたい気がするな。

301 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 03:21:05 ID:Gpl7BLNU
>>300
( ゚д゚)ポカーン

302 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 07:24:03 ID:jMUUW/8k
おお二階堂先生だ!!

303 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 09:58:21 ID:jBUS/CZB
>>293
そういうことですね。
定義が違うので押し付け合いは無益でしょう。
ついでに言うと、私は前日の>>260の人じゃありませんよ。

同じように当て推量で言ってみると、ID:3Brl5yjA=ID:oEF56G24 でしょ?
大した根拠で反駁できてた訳でもないでしょうに、
お仲間がたくさん出てきて、他人の尻馬に乗れて良かったですね。
でもわざわざアンチスレまで行っての勝利宣言はみっともないですよ。

あと、批判イコール二階堂って言うのは揶揄にしても馬鹿みたいなので
やめた方がいいと思いますが。

304 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 10:21:02 ID:jqDFqEeP
二階堂は批判じゃなくて言いがかりが基本の人だしな。

305 :302:2006/11/09(木) 10:39:48 ID:jMUUW/8k
>>303
 え? 漏のこと? 内容に即して書いてるんだが、分からないか?

306 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 11:59:53 ID:DFJNRUrd
いやいや、303に対して本人指摘を牽制するための姑息な書き込みだよ。
>ミステリーの定義を知ってるのかい?と訊いてみたい気がするな。
なんて偉そうなこと書く奴は、そうおらんだろうに。

307 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 12:13:25 ID:RsO561dW
とりあえず>>300の「ミステリーの定義」を聞いてみたいな
それと二階堂と加賀美を本格と思うかどうかも

308 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 18:37:20 ID:s/h/dCuu
俺には古畑は問倒述型のミステリに見えるけどね。
昨日の彼は電波撒くだけ撒いて消えたし是非根拠を。

>>303
本当に何人かの人が>>260=馬鹿=二階堂、
なんてつまらない連想ゲームだけで書き込んでると思ってるの?


309 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 20:03:36 ID:IfVfofUU
>>240
どういう論法だ?
>>238のような他スレでの投稿について噛み付いてくる行為は2chに依存しているからこそ可能だろ?
対し、>>239のように「そんなのしらねー」と返す事が何故依存していることになるんd?

310 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 22:08:35 ID:3Brl5yjA
>>303
>>293>>260の舌足らずな罵倒レベルの発言を
最大限友好的に解釈した上でのものだと思うが

それをまるで最初から>>260>>293の様に明確に主張しているかの様な
前提に立って「押し付け合いは無益」もないもんだ

大体反駁も何も>>260が言いっぱなしで説明責任を果たさず
ひたすら逃げてたってだけだろ
議論にすらなってないんだよ
第三者ぶって総括したいならちゃんとレス読みなよ

311 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 22:14:21 ID:3Brl5yjA
もっと言うなら仮に>>260の主張が>>293の通りだったとしても
そんなもんただの俺ルールに過ぎないし
社会通念上通用するものじゃないだろ
それを「押し付け合い」とあたかも対等の考え方の様に表現する
貴方に違和感を覚えるな

語調は違うが>>260の擁護に思える

312 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 22:18:50 ID:RsO561dW
そこそこ善人っぽい>>293が池沼である>>260の難癖を好意的に解釈してくれた。
池沼の>>260はそれに便乗して「そういうことです」と言ってるだけ。

>>303は頭が悪そうなんでいうけどさ、
あんたが当て推量を言うのなら、ほかの人はそれ以上の説得力をもって
「おまえが>>260じゃねえの?」って言えるんだよ。おまえが二階堂をフォローする理由も見えないしな。
おまえが二階堂本人ならみんな納得するんだろうが、もちろん根拠はないので「一応」断言はしない。

313 :名無しのオプ:2006/11/09(木) 22:25:20 ID:3VrgEihq
ひさしぶりにきたら、なにこの混沌。

314 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 00:17:38 ID:7ZzqG95+
この展開は『十角館』より面白い

315 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 00:17:45 ID:zxzob9GE
わかりやすい自演・・・

316 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 02:17:06 ID:1YPTNt9e
安価の嵐だな

317 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 02:44:46 ID:tVXKYe+Y
金田一少年っていくつか事件あるけど
全部が全部ぱくりなん?

318 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 03:21:09 ID:Vya87mek
金田一少年の事件簿の元ネタスレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1162216885/

319 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 11:45:58 ID:0Vn/Jwvc
>>318
さんくす

320 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 15:22:43 ID:v3OsQ+15
もう少し縺れてくれ
そうなればこのスレ自体がフーダニット化するw

321 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 20:35:17 ID:dG/x2bKX
カオスすぎる…

322 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 21:56:51 ID:xygddTUd
このカオスは白夜行擁護厨の仕業とみたw

323 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 23:02:36 ID:zxzob9GE
あぁ、そういや東野儲と似てるかもな。
そういうスレなんだから、貶されてもスルーすりゃいいものを・・・。

324 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 23:35:10 ID:wuabrveF
誰を批判してるんだ?

325 :名無しのオプ:2006/11/10(金) 23:38:41 ID:zxzob9GE
ん?
自分の好きな作家や作品の名前が出ると、
脊髄反射するやつ。

326 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 00:12:15 ID:BfgzuyqL
それには>>260を批判してた人も含まれるの?

327 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 00:55:20 ID:P+trWL/d
個々で判断してください。

328 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 01:03:36 ID:BfgzuyqL
何で答えられないの?
>>260だから?

329 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 01:46:24 ID:TqeQ9+YB
オマエ病気だろ。

330 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 01:47:59 ID:6891O5nx
スルー汁

331 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 02:09:55 ID:BfgzuyqL
>>260を批判してる人を>>325みたいに解釈することこそ病気だ

332 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 02:39:39 ID:wqoswcpU
本人だからだろw

333 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 02:45:51 ID:D+Ty4dgB
>>325からはリアル厨房の匂いがする

334 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 02:46:34 ID:BfgzuyqL
かもね
>>303とも似てるけど

335 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 02:48:54 ID:SonEdU7u
やたら粘着してる方もどっちもどっちだな

336 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 18:10:09 ID:P35Xaxlu
ということでスレ本来の話題に戻りましょう。

やっぱり「獄門島」かな…
「Yの悲劇」もそうだがあれがずっと日本の本格ミステリで1位だったてのがわからんなあ。

337 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 19:59:23 ID:aPSt9uGz
横溝で言えば、俺は「八つ墓村」だな。

338 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 20:13:14 ID:w9bqoxQi
たーたーりーじゃー と、頭にろうそく差して刀持ってる男
八つ墓村ってこれだよな。映画の方だけど。

339 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 20:34:14 ID:wDNvLTeP
頭に蝋燭差しても走ったらすぐに消えそうだが。
もとはL型ライトだったけな。

340 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 23:12:13 ID:BGbGrJBu
高木彬光「人形はなぜ殺される」

341 :名無しのオプ:2006/11/11(土) 23:36:14 ID:hGPDaN7z
「黒死館殺人事件」
「虚無への供物」
「匣の中の失楽」

どれも面白いと思えなかった。ただ俺の頭が悪いだけだろうけど

「ドグラ・マグラ」は好き

342 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 00:30:34 ID:zfFGPBOz
癖があるから仕様がないよね
本読むのに頭悪いとかなんとか関係ないって

343 :名無しのオプ:2006/11/13(月) 01:03:04 ID:cz3Hx6Wj
頭の善し悪しは本読むには関係ある
小説読むには関係ない

344 :名無しのオプ:2006/11/14(火) 16:32:04 ID:sVsD+OKo
最近読んだ本だと乙一の『GOTH』と、
ボアロー&ナルスジャックの『めまい』だな。
『めまい』の評判の殆どは映画のものだけどw

345 :名無しのオプ:2006/11/15(水) 01:29:47 ID:dvpNJfsH
めまいはあのぐるぐる映像あってのもんだけどな
大体どのぐらいの人がボアロー&ナルスジャックを知ってるのか・・・
復刊しまくれ

346 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 22:46:39 ID:5s4027f7
>>345「復刊してくれ」じゃなく「復刊しまくれ」という言葉を選ぶのがおもろいw

>>336
>あれがずっと日本の本格ミステリで1位だったてのがわからんなあ
海外ミステリのベストをアンケートなどで取る時、
「うわあんまり読んでないから選べぬ、でも選べないの格好悪い、ええい無難に『Y』にしとけ」
って人が多かった為。
というような考察を、以前どこかで読んだ。

347 :名無しのオプ:2006/11/16(木) 22:51:12 ID:nNSa/zIQ
母集団が大きすぎて読んでる人の票は割れるんだよ
けっきょく、あまり読んでない人が有名どころを入れるせいでそうなってしまう

348 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 01:31:04 ID:C7ooR5iJ
海外ミステリといえば『そして誰もいなくなった』は
世評ほど面白いとは思わなかったな。

ちなみに俺が読んだ早川ミステリ文庫版では
明らかにアンフェアな記述があるので、
その時は「つまらないし、本格としても微妙」と思った。
後になってその記述は実は誤訳だということがわかったけど、
(現行のクリスティー文庫では直されてるらしい)
誤訳の存在を知らずに俺が読んだのとと同じ翻訳を読んだ上で
「本格ミステリの傑作」と持ち上げてる人はどうかと思う。

349 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 03:27:38 ID:HHYs6LPJ
メール欄に誤訳部分の詳細キボンヌ

350 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 08:03:47 ID:QwjQ+VdP
『ダビンチコード』

351 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 08:29:35 ID:gKTSs+H8
>>349
ttp://www.inscript.co.jp/wakashima/Mystery/w2%20Christie.htm

352 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 16:00:53 ID:FonjcsA7
秘密。東野は他にいい作品がある。



353 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 16:18:27 ID:C7ooR5iJ
>>349
>>351のリンク先の記事
(『そして誰も〜』『アクロイド殺し』のネタバレあり。注意)
で指摘されてる所と、【メール欄】の記述。

354 :名無しのオプ:2006/11/17(金) 16:27:51 ID:n5r0rBhm
同じ奴?

54 名前:名無しのオプ [↓] :2006/08/02(水) 10:29:31 ID:9apM5xd9
あんた東野スレでも粘着してた人じゃない?
誰が何と言おうと自分の意見が正しいって、かなり粘着してたね

238 名前:名無しのオプ [↓] :2006/11/05(日) 20:16:53 ID:WY6F4sey
オマエあちこちで「百夜行面白くない」ってのに対して
「最初と最後だけはいいよ」って庇って廻ってるだろ

355 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 03:25:21 ID:m4WxC8SH
乱歩の芋虫
なんか単なるちょっといい話かななんて思ったり
想像力ないだけかな

356 :這いずって井戸落下:2006/11/18(土) 11:07:22 ID:OXJhise/
「ジョニーは戦場へ行った」の百倍後味のいい話だと思う。
つーか、よくあの格好でメル欄できたなあ。地虫十兵衛かお前は。

357 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 11:08:16 ID:OXJhise/
悪い書き込みボタン押した瞬間に気づいた・・・マジすまん。

358 :名無しのオプ:2006/11/18(土) 19:01:37 ID:FSwuBOSO
>>347
いざ自分が投票者になると迷いすぎて無難な作品というかミステリ読み始めの頃の作品に
投票するんじゃないかな

359 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 00:31:13 ID:yaPGumLD
『女には向かない職業』

メール欄の他、
イギリスに多い変態趣味ネタ に引いた

360 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 01:02:33 ID:htscEdSb
白夜行。
分厚いだけじゃねーか。

361 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 00:39:27 ID:dL8aJlZK
時計館の殺人つまらね

362 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 08:34:51 ID:hKLXw1Nw
>>361
同感。メイントリックはバレバレだし。
綾辻のトリックは読める、っていうか一時代前の作家なのかな。

363 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 08:57:49 ID:hKwgE1r6
一時代前の作家なのはいわずもがなだと思うが

364 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 19:27:22 ID:Km7G7ndG
時計館はあんまり面白くないな。
十角のほうが好きかな。

365 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 23:21:24 ID:ysQzAo7F
>>361
トリックに必然性がなかったりトリックが分かったらショボくなるミステリが多い中で、
時計館はトリックが話に有効に働いていたと思う、と擁護してみる
バレバレなのは擁護できないが

366 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 23:44:35 ID:9xrXlQqk
館シリーズでは人形と黒猫が好きだ

367 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 01:30:40 ID:ZYaUe+Jc
僕は迷路ちゃん

368 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 17:27:16 ID:Vqn2QrTT
同じく迷路館支持

369 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 17:52:16 ID:1XPjxI1e
それは「良くはないと思う作品」としての支持?

とりあえず「マレー鉄道」かなあ。有栖川氏の国名シリーズはすべてつまらない。
有栖川氏、「日本のクイーン」名乗るのもうやめろよ。

370 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 21:50:43 ID:4M9Wwauw
有栖川はやっつけ仕事が多すぎ

371 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 23:57:11 ID:WGeJHmj5
マレー鉄道は、「お話」としては嫌いじゃないけど、んな簡単にくっつくかい!みたいな。
元々トリックとかあんまり気にしなくて、ミステリでも何でも
「お話」として楽しめればいいや、ってタチなんだけど、アレは力抜けたなあ。
何か賞貰ってたよね。作者や選者なんかには悪いが本気で意外だった。

372 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 00:00:20 ID:WGeJHmj5
もしかしたらこのくらいでもネタバレになるだろうか。
もしそうならごめん。

373 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 00:08:33 ID:TuVBJgXV
>>371
あれは本格ミステリ作家クラブの会長に対する功労賞と過去の実績に対する授賞。

374 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 00:19:41 ID:Eyx3lXqC
あ、ありがとう。
ああ、そう云うもんだったのか。
納得してしまうのも失礼な気がしないでもないが納得w

375 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 11:17:04 ID:iTDSC5tq
>>360
関西の闇の部分の知識がないと面白く読めないらしい。

376 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 16:12:18 ID:yz7Hnxl9
表紙の写真は部落

377 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 21:28:18 ID:4MV5EN/Y
フセってそーなんだ…で、どっちが?雪穂?

378 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 12:02:27 ID:7g+VUc+T
ジャミ

379 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 01:29:48 ID:AyO/cCtC
釣られスギ
その話題はもはや都市伝説。作中にはそんな事書いて無い

380 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 04:16:22 ID:T4BISari
作中に無いからこそ>>375のような問題が出て来るんじゃんw

381 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 11:04:18 ID:NAN7sKbi
ジャミ、騒がれてるのはあくまで「3年ぶりの新刊」ということだけで、
内容や完成度は全然話題にされてないような気がする。

382 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 12:51:26 ID:ek9RpPmG
Yの悲劇

古臭い
オチが嫌い
あと

383 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 22:22:41 ID:RtVtTMz/
古臭いのは仕方ないんじゃ…

384 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 02:41:33 ID:0gqqO8F0
逆に最近作読んでも「これは○○と同じ仕掛けの亜流だな 新味がない」って
斬って捨てちゃうこともあるのでどっちもどっちかな

385 :名無しのオプ:2006/11/30(木) 17:49:10 ID:a6D+5Vdw
黒衣の女

期待してただけに実際の内容との落差にガッカリ。
でも内容だけじゃなく訳も酷かったと思った。
やたらと挿絵あったし、子供向けだったのか…


386 :名無しのオプ:2006/12/02(土) 01:34:13 ID:4pczBfbD
新本格→古典の流れになっちゃうとキツイのかもな

387 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 02:37:50 ID:qI9Fly5L
桐野夏生全般。なんか盲目オタばっかで気味が悪い。
文章雑だしプロットもひどい。女のドロドロも昼ドラ
的な紋切り型の描写だし。

でも桐野を批判するとどんなスレでも絶対に叩かれると言う不思議。

388 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 02:39:26 ID:noA6QnNe
僕は叩きませんよ

389 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 02:48:13 ID:Zw7Hc06v
東野圭吾全般。なんか盲目オタばっかで気味が悪い。
文章雑だしプロットもひどい。男女のドロドロも昼ドラ
的な紋切り型の描写だし。

でも東野を批判するとどんなスレでも絶対に叩かれると言う不思議。


390 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 03:51:27 ID:qpfOOFXm
東野スレではあんまり叩かれないよ

391 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 01:29:23 ID:isqFwthS
東野圭吾と桐野夏生は盲目ヲタの数が半端じゃないからな。
どっちもどうせ後世には残らない程度の流行作家なのに。

392 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 01:34:14 ID:vjwf57AZ
「あなたに不利な証拠として」

393 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 02:09:07 ID:+ZfkQhbw
その本、まずは高い

394 :名無しのオプ:2006/12/11(月) 04:18:12 ID:TEXYWr1U
岡嶋二人のチョコレートゲーム

395 :名無しのオプ:2006/12/13(水) 01:57:09 ID:3TtCn2MU
虚無への供物

なんかオチがしょぼかった。内容的には面白かったけど、奇書ってほどか?
あれだけ話を無駄にだらだら引っ張りまくっておいてラストアレかよ。

396 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 11:29:07 ID:7rgi/IU4
深津絵里、仲村トオルのドラマ版は面白かった<虚無

397 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 21:48:46 ID:YsVOasYM
>>396
しらねー。いつの間に?

398 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 22:53:32 ID:7rgi/IU4
1996年1月に放送だよ。4,5回シリーズだった。
再放送は何度かあったんだろうか。

399 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 23:07:59 ID:tJFyFlxU
東野圭吾の「秘密」

ラスト、結婚相手があの男の理由って
投げっぱなしで絡ませられなかったキャラを無理矢理はめ込んだ以外の何なんだ?
それでいて美しいでしょ〜って押しつける感じが凄まじく露骨。

400 :名無しのオプ:2006/12/15(金) 23:32:20 ID:s805kxS4
400GetBackers

401 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 02:42:03 ID:+GGfTJto
「99%の誘拐」

402 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 06:39:20 ID:qwG6MCdk
>>399
映画版のラストの方が評判がいい
映画全体の評判は散々だが

403 :名無しのオプ:2006/12/16(土) 20:40:11 ID:NEZY/xie
「OUT」「柔らかな頬」「グロテスク」

ストーリーは単純なくせに無駄に長い。おまけにラストはグダグダで
投げっぱなし。桐野夏生っていっつもそう。
前半はそこそこ面白いのにいつも後半で失速して適当に終わる。ちゃんと
プロット練れよww

404 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 02:47:43 ID:X6INmdrL
全然騒がれてないけど、朝日に連載してる吉田修一『悪人』
面白くない。本人も失敗したと思ってるんじゃない?

今までどおり今時のお店の名前がジャンジャン出てくる恋愛物でも書きなよ。

405 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 02:48:44 ID:X6INmdrL
ごめん。まだ終わってないのにね。
ほんとゴメン・・・。

406 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 17:16:16 ID:xy0Xr6Pl
あるムーブメントの先駆け的な作品を持ち出して「ツマンネ」というのは
フェアでないような気がする。
映像技術が未発展だった時代のSF映画見て「ショボいね」って言ってるのと同じじゃない?


407 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 17:42:32 ID:Ld4pPWXw
「無知ほど古典を持ち出す」

408 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 19:47:04 ID:ngYBfXTP
>あるムーブメントの先駆け的な作品を持ち出して「ツマンネ」というのは
>フェアでないような気がする。
確かにそうだな。
「点と線」「高層の死角」「蒸発」「アルキメデスは手を汚さない」は
当時は衝撃的だったんだろうが、今読んだら、何これ? という感じだもんな。
逆にトリックに頼らず、人間心理を描いたミステリは定番になるのかも?
「占星術」や「十角館」は衝撃的であるがゆえに古びることがあっても、
「白夜行」は生き続ける?

409 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 03:09:55 ID:pVAeQbTR
>>403
俺も「OUT」読んで思った、もっとまとめればおもしろいのに

410 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 23:19:02 ID:jsevBb8w
>>408
確かに。『そして誰も〜』『獄門島』とか『血の収穫』とかも今読むと
そんなでもないしな。
特に本格系の作品はどうしてもアイディア勝負で文学性は必然的に薄まるから
後追いが大量発生すると古びやすいもんな。

>>409
『Out』『グロテスク』『柔らかな頬』はストーリーや設定のシンプルさの
割りに、あの長さはないよな・・・。
どれも文庫で上下巻になってるけど、ぶっちゃけ上巻分のながさにまとめた方が
絶対良いはず。結局いつもグダグダのまま収束せず消化不良で終わるから、いい加減
うんざりしてきた。

411 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 23:32:20 ID:oZaz0wnB
屍鬼。
黒祀の島は面白かったけど。

412 :名無しのオプ:2006/12/18(月) 23:58:55 ID:Bmv1sKPA
桐野の長編は後半失速するよな
読みながら『書くの飽きてきてんな〜』って感じする

413 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 01:26:18 ID:m398DkE0
>>412
桐野長編は早めに風呂敷たためばいいのに、無理に話を長くして引っ張るから
終盤は目も当てられなくなるな。

陳腐な言い方だけど、ジャンプ連載漫画の打ち切りみたいな終わりかたするんだよな。

414 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 10:19:27 ID:SGe930ua
桐野サン、初期のミロ物はおもしろかったのにな。
この数年のは、ちょいとついて行けません。
それこそ、世間の評判は高いけどね。

415 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 12:14:45 ID:BM3IzTGx
>>403
アウトは映画の方が好きかな
間寛平はミスキャストだが、すぐ死んでくれたのが○
原作はあのやくざとのセックス描写がうざい

416 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 16:47:07 ID:rjxdUA3V
>>391
盲目ヲタが多いから後々まで残るんじゃない?
今でも名が残ってる作家もそうだと思うけど。

417 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 17:13:13 ID:gQyVqAdP
オレは柔らかな頬は途中で挫折したけど、グロテスクは
最後まで読めた。あれは一章ずつ別々の視点からの話
だったからかも。たしかに最終章はちょっと蛇足気味かな。
ミロシリーズは外伝の「水の眠り灰の夢」(だっけ?オヤジ
の方の話)が一番いいと思う。

418 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 18:38:10 ID:SGe930ua
「水の眠り灰の夢」は私も好き。
本来のミロものの新作が読めたらうれしいのだけど・・・。

419 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 20:57:24 ID:ZRcsM5BS
桐野本人は「蛇足だと評される部分こそ私の書きたいところ」とか言っていたな(『阿部和重対談集』にて)

420 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 21:11:51 ID:m398DkE0
>>419
ちょっと苦しいな・・。作者が書きたいところだろうが蛇足は蛇足だからな。


421 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 22:06:16 ID:X4wz7bQv
東野は盲目オタがつく前の作品が最終的には歴史に残るよ。ガチの玄人受け作家だったから。
ベストセラーになってからの作品は忘れられると思うが。

422 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 22:10:00 ID:ChS9lIgt
いやむしろオタがつく前の作品の方が忘れられてしまうのでは。
最終的には「白夜行」の人とか言われてそうな悪寒。

423 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 22:37:42 ID:4fbbu6X8
みんな桐野に対しては批判が一貫してんな。
オレは普通にグロテスクのプロットとか凄いと思ったんだが。

424 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 22:41:23 ID:gUqR2Cpo
圭吾は変わっちまったのサ・・・
老害純一と文壇バーの女を奪い合ってからなッ!!

425 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 22:44:02 ID:X4wz7bQv
奪い合ってねえよ。老害が一方的に粘着しただけだよw

426 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 22:44:33 ID:m398DkE0
>>423
そうか。桐野はプロット構成力よりも、瞬発的な勢いの人ってイメージがある。
バランスや整合性よりもその場のインパクト重視みたいな・・・。
好き嫌いは人それぞれだけど。

427 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 23:00:54 ID:1T99JKJY
>>421
マイノリティだったからイコール玄人受け、とは必ずしもならないよ。
売れ線を書いてから玄人からも受けがいいという場合も往々にしてある。
もっとも、彼ら玄人は売れた作品を支持するのは自分の「自称玄人としてのプライド」が許さないらしいけどね。
どんなによい作品でも、素人や特に読書家でもない人間が支持したものは評価しないというのが玄人の中でも不文律だからね。

428 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 23:10:20 ID:X4wz7bQv
>>427
おまえは玄人に偏見持ちすぎ。ろくでもないマニアと玄人を混同してる、つーかろくでもない「自称玄人」ばっかり見て毒されすぎ。
にわかのネット書評家じゃあるまいし、ほんとの玄人はそんなつまらんことはしないよ。
たとえば大沢や東野は受けてない頃から玄人受け「だけ」はしてた。そして今でもアンケートでは上位にくる。

429 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 23:23:56 ID:QBeFVagb
東野なら『名探偵の掟』だな。
どの短編も「ああ、パロディだね」って感じだけで終わってる。
もう一捻り二捻りして欲しいところ。

430 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 23:27:35 ID:UKkpkv/4
グロテスクは、元ネタそのものが人の心の闇を惹きつけてたからな・・・

431 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 23:30:56 ID:i2qQ4k3G
宮部が一位だと大衆受けって言われるし、平山が一位だと内輪向けって言われる。なんか大変だね

432 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 23:31:35 ID:1T99JKJY
>>428
そう思う人間がいるから、最初の行に「必ずしもならない」って入れたんだよ。
玄人うけしてれば直ぐに売れるもんだよ。それこそ書評できるのは玄人だろう?書評が良ければ素人は飛びつく。
いまでこそブログやらで素人やら何やらが簡単に全世界に自分の考え、感想、書評なんかを載せることは出来るがね。
売れた今になって「玄人からは受けてた」って後出しされてもねえ。
勿論玄人素人問わず、彼らを十分評価していた人間はいただろうがね。

433 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 23:48:04 ID:i2qQ4k3G
それって書評家と玄人を同一視してないか。一般読者でも玄人は玄人だよ。目の肥えたマニアといってもいいが

434 :名無しのオプ:2006/12/19(火) 23:53:06 ID:1T99JKJY
>>433
一般読者をどうやって素人玄人と分けられるの?

435 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 00:01:22 ID:j5EJTj5h
>>434
とりあえずおれは目の肥えたマニアを玄人と呼ぶ。見る目のない書評家は玄人とは呼ばない。職業で区分してるわけじゃないよ。
ていうか、あなたも「自称玄人」って表現を使ってるよね? てことは書評家かどうかでは区別してないってことじゃないの?

436 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 00:57:37 ID:ArnfYixU
>>431
リアリティがあればミステリ性に欠けると言い
ミステリ性があればリアリティがないと言う

437 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 00:58:38 ID:vILuz2wz
桐野って言われてるほど人の心の闇とか女のドロドロとかの描写が上手いと思えない。
なんか悪意とか差別の描き方が大味な印象を受けるんだよね。
善良な人間がつい心に抱いてしまう悪意とか差別意識とかじゃなくて、登場人物もほぼ
まんま露骨に悪意や差別をあらわしまくる「悪意垂れ流しマシーン」みたいなんだよ。
『グロテスク』なんて特にそう。

レクター役を演じたアンソニー・ホプキンズが言ってたんだけど、「人間の暗黒を描く
ためにはまずしっかりと善意や良心を描かなくてはいけない。そうしたものとの対比に
よって心の闇の恐ろしさがより実感される」ってのは本当にその通りだと思う。
桐野作品に出てくるような悪意垂れ流しマシーン女よりも、善意を持ちながらも同時に
自分の中の悪意や差別意識に苦しまざるを得ない人間の方が、よほど身につまされて怖い。

438 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 01:13:07 ID:huL3pJIJ
東野の作品全部。
なんでこんなんが直木賞で我らが島田荘司大先生が無冠なの

439 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 01:14:07 ID:K+G7X6Q7
>>419
むしろ「蛇足とかいわれる部分こそが私の小説の最重要構成要素なのに」
とかいう感じニュアンスだったと記憶している。
原本が手許にないんできおくちがいだったらごめん。

440 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 01:50:44 ID:B/niB2gE
最近ただの東野アンチのたまり場になってないか。>>438って全部読んだんだ? すごいねえ

441 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 02:19:43 ID:6ye0xSrP
>>438
否定的な割に全部読んでいるのが皮肉

442 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 02:32:46 ID:B/niB2gE
島田も候補にはなったんだけどねえ

443 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 03:38:57 ID:iyu0Lpii
「犬坊里美の冒険」が来年の直木賞を受賞しようとは、この時点では誰も知る由もなかったのだった。

444 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 13:23:56 ID:rxFmGOqI
相変わらず東野オタは痛いな

445 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 20:09:26 ID:r28b5GMx
島田は92年に推理作家協会賞の候補を辞退してから、直木賞も辞退しているはず。

446 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 21:01:38 ID:dmycOCL/
>>445
過去に直木賞を辞退したのは横山秀夫と飯嶋和一だけなんじゃなかったっけ。

447 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 21:05:39 ID:ArnfYixU
島田が直木賞候補辞退?
そんな話聞いたことない。
どの作品でのこと?

448 :名無しのオプ:2006/12/20(水) 22:27:42 ID:j4arLyKB
>>444
アンチの捨て台詞乙wwww

449 :名無しのオプ:2006/12/21(木) 01:32:37 ID:Ha9s9Rea
>>444
この程度で痛いなんて言ってちゃ北村薫スレッドなんて覗いた日には(ry

450 :名無しのオプ:2006/12/21(木) 11:08:27 ID:p19Syejl
Wikiには、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E7%94%B0%E8%8D%98%E5%8F%B8
>1984年『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』で、1985年『夏、19歳の肖像』で直木賞候補にあがる
>(いずれも、本人が辞退。直木賞は、受賞者の辞退を避けるため、
>候補にのぼった時点で受賞する気があるか否かを当該作家に尋ねる)
とあるな。>島荘の直木賞辞退問題
しかし、『夏、19歳の肖像』の文庫本の解説には、直木賞選考委員の「落選の理由」コメントが
載っているし…。どういうことなのか、いまいちわかんね。


451 :名無しのオプ:2006/12/21(木) 17:11:14 ID:B4KInniL
確か候補になったけど賞は取れなかったので
「賞くれないなら候補にならない!」ってきれたんだろ
後輩がどんどん賞とっていったのに自分が取れなかったのがくやしかったらしいよ

452 :名無しのオプ:2006/12/21(木) 23:11:19 ID:koF3oT6c
北村薫の円紫師匠と私シリーズ。
作者の理想像の私が露骨すぎて気持ち悪い。
たんに私の私小説に、とって付けたような謎が出てくるだけで日常の謎っていうのか

453 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 01:00:53 ID:uhUGG3kN
北村ファンがファビョルからやめれ…

454 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 01:45:57 ID:PoskAlbM
島田荘司は二度直木賞候補になった後、92年に協会賞を辞退した。そのとき、
「以後、一切の賞の候補になることを辞退する」と述べたようだ。したがって、
直木賞を辞退というのは、候補にしてもいいかという打診があったのに対して
拒否したのか、本人の意志を汲んで、文春の選考チームがあえて外したということなのか、
そこらは不明。…そもそも本人の意志と関係なく、候補にならなかったのかもしれないが。

455 :名無しのオプ:2006/12/22(金) 02:02:07 ID:Tpe/rqcG
「Yの悲劇」
「獄門島」

456 :名無しのオプ:2006/12/24(日) 01:02:39 ID:K9cqzKsP
八つ墓村

あんまり面白くない。これ本当に横溝作品で5本の指に入るの?
犯人モロばれだし内容の半分くらいは鍾乳洞うろうろしてるだけ。
一体どこに楽しみを見出せばいいんだ?

457 :名無しのオプ:2006/12/24(日) 02:39:54 ID:Cgd8i3yA
八つ墓村は閉鎖的な村に放り込まれた主人公が村人たちに追い回されるところが楽しい
また、冒険探検もの的な面白さもあると思う
むしろ他の村因習的作品の方が都会っ子の俺には理解できなくて詰まらん


458 :名無しのオプ:2006/12/25(月) 00:47:41 ID:BEnkLFcR
柴田よしきや桐野夏生の作品

何か内容の大半が登場人物の不幸自慢および自己弁護の
オンパレードでドン引きする。
特に桐野は「下品な描写=人間の闇を描く」と勘違いしてるんじゃないか。

459 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 20:27:11 ID:U1OEsBFK
幻の女

これ本当に歴代ミステリー10位常連なのか?まあ、そこそこ面白かったし
楽しめはしたけど、評価高すぎないか?
オチもしょぼいし、後世へのエポックメイキング的な要素も薄いし、何で
こんなにあがめられてるのか不思議。

460 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 20:48:41 ID:iur2GyQn
乱歩が絶賛したからじゃね

461 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 21:16:08 ID:U1OEsBFK
評論家は乱歩に追従したってことで理解できるが、読者からの評価も
馬鹿高いのは何でかなと・・。もちろん好みは人それぞれだが、幻の女
が多様な読者の好みの最大公約数的な位置にあるのが不思議なんだよなあ。

462 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 21:47:44 ID:wxagOyrJ
>>459
当時としては斬新だったし、乱歩のお墨付きだし、古典の一冊扱い?
可もなく不可もなく無難なのもあるのかも。>最大公約数的

アイリッシュ/ウールリッチなら短編や喪服のランデヴーとかのがファンには
人気な気がするけど、取っ掛かりに薦めるならやっぱり幻の女かなと思う。
自分もウールリッチファンだけど、幻の女の評価が高すぎるのは納得する。

463 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 21:53:48 ID:wxagOyrJ
あと、出だしの「夜は若く、彼も若かったが〜」ってフレーズが
有名なのもあるかも。

464 :名無しのオプ:2006/12/28(木) 21:56:37 ID:qnxU7X2s
そもそもこれが明らかにミステリというカテゴリに入ってること自体
エラーだとは思うが、

畠山恵の「しゃばけ」シリーズ

漫画からの劣化パクリだらけ。しかもシリーズ進むごとにどんどん
手抜き・辻褄ボロボロプロットで書き飛ばし。話にならん……。

465 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 19:59:31 ID:HyxJq2IA
死の接吻

これそんなにいいか?前半はそこそこ面白いけど、後半に来て失速してる。
第3章は全くひねりの無い展開だし。ハイスミスを見習えヤ〜

466 :名無しのオプ:2006/12/30(土) 20:36:12 ID:dtm865nk
マークスの山

467 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 13:58:54 ID:tzsna+Dk
>>456でガイシュツだが、俺も横溝正史の八つ墓村。
読んだ後に稲垣金田一のドラマ見て、ドラマで充分だと思った。
八十八人も死人出したのに金田一を名探偵として認めるのはどうもな。

468 :名無しのオプ:2006/12/31(日) 18:43:50 ID:7Wx2ghpZ
八つ墓てそんな流水ばりに死人出たっけ?

469 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 15:15:15 ID:u5KHirvS
>>452
同意。あれをミステリで売るならいろんなものがミステリってことになる

470 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 16:39:08 ID:7yBc/8oA
>>464
うん、畠中恵な。

>>468
犯人(メル欄1)が直接手を下しただけでも八人。
おまけにラストで鍾乳洞が落盤、暴動を起こした村人がかなり死んで、犯人を含め合計八十八人が死んだ。

471 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 16:46:35 ID:jCn5iB2E
マークスの山もレディージョーカーもひたすら長くて読むのに疲れただけだった。

472 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 17:17:35 ID:Xo8YLZqW
>>470
訂正アリガトン 素で気づかんかったorz

473 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 21:56:11 ID:8+qe7FOZ
「新宿鮫」はスッゲー糞だった

474 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 21:57:24 ID:35OW2P4T
>>471
マークスの山ってそんなに長いか?海外ミステリーならあの程度は標準的じゃない?
ディーヴァーや桐野夏生のなんて内容スカスカなくせにマークスの山以上に長いぞ。


475 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 22:45:46 ID:RdrVx+ps
高村薫のは心象風景とか心理描写が長いからね。
読書になれていない人には長く感じるかもね。

476 :名無しのオプ:2007/01/01(月) 23:30:05 ID:licyqK4F
つまらなくて、退屈だから余計に長く感じるんだろうな。

477 :ホットカルピス(;´Д`)ハアハア ◆PDG4DGZXd2 :2007/01/02(火) 06:43:44 ID:OyHddZ5l
(;´Д`)ハアハア 金田一耕助は名探偵じゃねーよ

ただのバカだよ



478 :ホットカルピス(;´Д`)ハアハア ◆PDG4DGZXd2 :2007/01/02(火) 06:47:39 ID:OyHddZ5l
(;´Д`)ハアハア 金田一耕助を名探偵とか言った あの漫画の責任なんだぜ・・・・・?!

あの孫は 金田一耕助みたいな凡人とは比べ物にならんほど

頭のいい天才だからな

金田一耕助とかで面白いのは ああいう おどろおどろしてる
雰囲気や人間描写だろ



479 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 06:53:07 ID:adqfj/aw
伊坂幸太郎嫌いです。
ビートルズ、ボブディランなどのあざとい使い方がとても嫌です。そういうアイコン使いで作品のイメージを操作してる気がする。
村上春樹のポップな部分だけ、いただきました、みたいな。
実際内容も表現も安っぽくないかい?重力ピエロなんて、クライマックスでアウ゛ェマリアが流れるんだぞ。

480 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 20:10:07 ID:4/KEbvVL
>>480
伊坂の作品自体はそんなに嫌いじゃないが、作品中にたびたび死刑制度マンセー
を入れるのが鼻につく。
しかもロジカルな理由じゃなくてほんとにただの感情論的なマンセーだし。

481 :名無しのオプ:2007/01/02(火) 23:37:34 ID:4wkZGgYC
今になって初めて占星術殺人事件読んだけど正直微妙・・・。
トリックは金田一・六とん他で知っていたにもかかわらずやっぱり
すごいと思ったけど、その他はぐだぐだじゃない?
中盤なんて冗長という他ないし、最初の殺人もあんなしょぼい
結論ならわざわざ密室にしないほうが良かったんじゃ・・・
まあ乱歩賞応募作だから長編にしたのはやむをえないんだけど、
中篇くらいにしとけばそれこそ名作になりえていたような。

482 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 02:59:43 ID:yYIeM/Dl
>>413
打ち切り見たいな終わり方といえば恩田の作品もそう感じるんだよな

483 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 19:45:11 ID:OtBJpQP7

やまだ ゆうすけ

全てが駄目
金払ったのが無駄だった
文法がもう間違っている


484 :名無しのオプ:2007/01/04(木) 01:34:37 ID:3+CUV5dl
「幻の女」

まあまあ、って印象…

485 :名無しのオプ:2007/01/05(金) 02:17:05 ID:Ml9Zo7Kh
幻の女は乱歩のエピソードを聞いて最初の一文を読むまでが名作

486 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 01:22:45 ID:URdEPrhV
チャンドラーの『高い窓』

別に作品そのものが悪いわけではなく、訳文が最悪。日本語変だよ・・。

487 :名無しのオプ:2007/01/06(土) 01:30:21 ID:uRB5OCMC
高い窓って駄作扱いだろう

488 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 18:40:07 ID:64D/AiPv
>>483
読んでる途中で捨てた小説は「リアル鬼ごっこ」だけだな…

489 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 20:55:12 ID:QEmnTKyB
女には向かない職業

ふーんって感じ。どこがいいんだかさっぱり。

490 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 21:13:33 ID:XESXtQdJ
>>489
ミステリとしては決定的な欠陥あるしね

でも、コーデリアの「葬式にさえ来なかったじゃないの!」にはホロリと来る

491 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 22:06:37 ID:QEmnTKyB
>>490
どんな欠陥だっけ?

てか『皮膚の下の頭蓋骨』は面白いの?

492 :名無しのオプ:2007/01/08(月) 22:38:40 ID:nmJIrRmZ
「陽気なギャングが地球を回す」
キャラは立ってると思うが、話に膨らみが無いから大して
盛り上がらなかった。期待し過ぎたといえばそれまでなんだが・・・

493 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 13:04:07 ID:/QLV4DX0
ホラー系はくだらない

494 :名無しのオプ:2007/01/09(火) 15:22:16 ID:lflF2ThU
>>491
PDジェイムズのじゃ不自然な死体が面白かったよ
正直コーデリアものはあんまり…

495 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 02:43:43 ID:UkiL71sK
「すべてがF〜」
オーバーフローネタだと一目瞭然。そこへの持っていき方が不自然。


496 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 13:09:09 ID:6lv/3bbw
>>495
ちょうど今読んでるところだ

497 :名無しのオプ:2007/01/10(水) 13:19:20 ID:2TJA6rcI
>>483
山田の著作は作者のマヌケっぷりを楽しむためにありますからw

>>489
いしいひさいちのマンガとどちらが面白いか読み比べしませうw

105 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)