5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

京極夏彦総合スレッド 第四拾〜面霊気〜

1 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:48:04 ID:MkxkmrBn
京極夏彦総合スレッド 第四拾〜面霊気〜
関連リンク:
●大極宮(公式情報)
ttp://www.osawa-office.co.jp/

●e-NOVELS ttp://www.so-net.ne.jp/e-novels/nov/k009/listk009.html
「百器徒然袋/第5番 雲外鏡」(360円<第一回のみ無料)
「百鬼夜行/第拾弐夜 大首」(158円)

前スレ
京極夏彦総合スレッド 第参拾玖 〜雲外鏡〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1158363164/

2 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:49:29 ID:P5purEpG
2

3 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:51:12 ID:MkxkmrBn
行年リスト&今後の予定
 ●が書き下ろし、○が連載をまとめたもの。

94年 ●姑獲鳥
95年 ●魍魎 ●狂骨
96年 ●鉄鼠 ●絡新婦
97年 ●伊右衛門
98年 ○支度 ●始末
99年 ○陰 ○雨 ○巷説
00年 ○どすこい
01年 ○雲 ○続巷説 ●ルガル
02年 ●小平次
03年 ●陰摩羅鬼 ○後巷説 ○豆腐
04年 ○風
06年 ●邪魅
今後の予定
 ・前巷説百物語
 ・インクブス×スクブス(ルー=ガルー続編)
 ・八犬伝
 ・本朝妖怪盛衰記 豆腐小僧双六道中

4 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:54:29 ID:MkxkmrBn
■帯

タイトル:表紙にかかるところ
     :背表紙にかかるところ

夏:古本屋にして憑物落とし!京極堂 遂に登場
  :この世に不思議なことなどなにもない。

匣:日本推理作家協会賞受賞作 京極堂、匣の中へ。
  :匣の中には綺麗な娘がぴったりはいってゐた。

夢:未定稿・割愛部分を含む、400枚以上加筆の決定版! 京極堂、夢を解く。
  :私はそのうち、すっかり骨だけになる。

檻:シリーズ最大の難事件!京極堂、結界に囚わる。
  :──檻だ。そう感じた。そこで世俗は終わっていた。

理:理に巣食うは最強の敵──。京極堂、桜の森に佇つ。
  :あなたが──蜘蛛だったのですね。

支:宴の支度は整いました──。京極堂、挑発される。
度:その私こそが──私から逃げて行ったのだろう。

始:宴の始末をお願いします──。京極堂、覚悟を決める。
末:百鬼夜行だ。これは百鬼夜行だ。

瑕:凄い!京極小説。あの「夏」の衝撃が甦る。未体験の京極ワールド。
  :(作者名)

雫:京極小説最新刊
  連続する毒殺事件にあの男は……?
 :(講談社オーディオブック版「姑獲鳥の夏」広告

5 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:55:16 ID:MkxkmrBn
FAQ:京極堂シリーズはどれから読めば良いの?

執筆順に読むのが吉だが
どうしても順番を変えたいなら、以下の点をご参考に。

・ウブメを飛ばして魍魎を先に読んでも、特にネタバレはない。
・狂骨では魍魎の犯人がネタバレ
・鉄鼠はウブメを読んでいなければ理解しにくいネタ多し。関係者の重複も大
 必然的にウブメのネタばれになっている。
・絡新婦は魍魎の事件と関連あり。魍魎を読んでいないとわからないネタあり。
 こちらも魍魎のネタバレあり
・塗仏はそれまでの五作のオールスターキャスト。当然ネタバレもあれば前作とつながるエピソードも多い。
・オンモラキはウブメさえ読んでいればオケーかも。
・百鬼夜行〜陰〜は塗仏まで読んでから読まないと意味不明。
 特に魍魎と絡新婦のネタバレあり
・百器徒然袋〜雨〜は塗仏の後日談あり。一部ネタバレ。
・今昔続百鬼〜雲〜はネタバレはないからいつでもどぞ。
・百器徒然袋〜風〜は雨と絡新婦のネタバレあり。

6 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:55:49 ID:MkxkmrBn
未HTML化のスレは「にくちゃんねる」で読めます
ttp://makimo.to/2ch/
京極夏彦総合スレッド 第参拾七 〜山颪〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1152968521/
京極夏彦総合スレッド 第参拾六 〜瓶長〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1148106439/
京極夏彦総合スレッド 第参拾伍 〜鳴釡〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1142772704/
京極夏彦総合スレッド 第参拾四 〜川赤子〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1137558151/
京極夏彦総合スレッド 第参拾参.伍 〜毛倡妓〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1133438980/
京極夏彦総合スレッド 第参拾参 〜襟立衣〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1128971547/
京極夏彦総合スレッド 第参拾〜煙々羅〜【超漢字】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1116037519/
京極夏彦総合スレッド 第参拾弐 〜火間虫入道〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1124198394/
京極夏彦総合スレッド 第参拾壱 〜倩兮女〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1121185589/
京極夏彦総合スレッド 第参拾 〜煙々羅〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1116233046/
京極夏彦総合スレッド 第弐拾玖 ~鬼一口~【超漢字】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1110150379/
京極夏彦総合スレッド 第弐拾捌 〜目目連〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1101843356/
京極夏彦総合スレッド 第弐拾漆 〜文車妖妃〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1094654567/
京極夏彦総合スレッド 第弐拾陸 〜小袖の手〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1091803381/
京極夏彦総合スレッド 第弐拾伍 〜おとろし〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1088857363/

7 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 22:57:27 ID:MkxkmrBn
京極夏彦総合スレッド 第弐拾肆 〜しょうけら〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1086287097/
京極夏彦総合スレッド 第弐拾参 〜わいら〜
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1081084070/
京極夏彦総合スレッド 第弐拾弐 〜ひょうすべ〜 
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1077648036/
京極夏彦総合スレッド 第弐拾壱 〜うわん〜 
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1075675876/
京極夏彦総合スレッド 第弐拾 〜ぬっぺぼう〜 
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1074168936/
京極夏彦総合スレッド 第拾玖 〜邪魅〜 
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1070108751/
京極夏彦総合スレッド 第拾捌 〜陰摩羅鬼〜 
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1067097313/
京極夏彦総合スレッド 第拾漆 〜塗仏〜 
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1067097313/
京極夏彦総合スレッド 第拾陸 〜絡新婦〜 
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1062260066/
京極夏彦総合スレッド 第拾伍 〜鉄鼠〜 
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1061475158/
京極夏彦総合スレッド 第壱四 〜狂骨〜 
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1060680951/
京極夏彦総合スレッド 第拾参 〜魍魎〜 
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1059998666/
京極夏彦総合スレッド 第拾弐 〜姑獲鳥〜 
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1057827401/

8 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:02:04 ID:MkxkmrBn
京極夏彦総合スレッド 第拾壱〜瑕〜
http://book.2ch.net/mystery/kako/1056/10561/1056125648.html
京極夏彦統合スレッド 第拾〜雲(蜘蛛)〜
http://book.2ch.net/mystery/kako/1053/10533/1053303676.html
京極夏彦統合スレッド 第玖〜雨〜
http://book.2ch.net/mystery/kako/1051/10512/1051280493.html
京極夏彦統合スレッド 第捌〜陰〜
http://book.2ch.net/mystery/kako/1045/10453/1045385320.html
京極夏彦統合スレッド 第漆〜宴 始末〜
http://book.2ch.net/mystery/kako/1038/10382/1038287206.html
京極夏彦統合スレッド 第陸 〜宴 支度〜
http://book.2ch.net/mystery/kako/1032/10322/1032274442.html
京極夏彦統合スレッド 第伍 〜理〜
http://book.2ch.net/mystery/kako/1025/10251/1025185232.html
京極夏彦統合スレッド 第肆 〜檻〜
http://book.2ch.net/mystery/kako/1016/10167/1016753192.html
京極夏彦統一スレッド 第参 〜夢〜
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/1007/10072/1007253499.html
京極夏彦統一スレッド〜第弐匣〜
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/999/999746682.html
京極夏彦統一スレッド
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/988/988467159.html
京極小説ここがダメ!
http://mentai.2ch.net/mystery/kako/950/950175903.html

9 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:05:07 ID:MkxkmrBn
ごめん修正忘れてた…
京極夏彦総合スレッド 第参拾七 〜山颪〜
× http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1152968521/

http://book3.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1152968551/

10 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:05:57 ID:MyweZfzR
>>1乙。

次スレのサブタイは早くも邪魅なのか…
その次はどうするんだろうねw

11 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:14:23 ID:nYylXKru
>>1乙です

邪魅の感想語りあいは何日何時から解禁?

日付変わったらおk?
地方や離島地域に行きわたるまでダメ?

12 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:36:52 ID:l3aqYhn9
ここでスレ立てて語るのはどうだろう。
簡単にレスのURL指定が出来るネタバレ掲示板もあったはずなのに
見付からない…
ttp://f17.aaa.livedoor.jp/~miggypop/netabare/index.php

13 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:38:26 ID:sESgyxoC
シリーズ完結なの?

14 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:46:46 ID:XUo8XNSr
>>12
過疎ってるけどこれかな?
ttp://jbbs.livedoor.jp/movie/2947/

15 :名無しのオプ:2006/09/26(火) 23:49:14 ID:GozGuHpd
一週間後位なら大体が読み終わるんじゃないか?
まあ前スレでもぼちぼちバレしてる奴は居たが。
「バレはメ欄に」とかあるが、携帯だと意味無いんだよなぁ…。

>>10邪魅はもう既出だぞ。
スレタイ>巷説シリーズは?



16 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 00:09:49 ID:eWDoici4
埼玉某市のツ○ヤでさっき新刊買った。
解説本つくって聞いたんですけど?と店員さんに確認したら、
「そういうものはつかないですね、店頭に並んでるものだけなんで」と返答されたので
予約だけなのかorツ○ヤではつかないのか、とあきらめて買ってきたのだが、
前スレでツ○ヤでもついたという人がいてショック。
しかもレシートも店の不要ボックスに捨てちゃった(癖)ので、後日救済配布があっても無理で二重にショック。
Tカードで買い物履歴なんて残ったりは…しないかorz

17 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 00:14:11 ID:Taiew58n
たいしたもんじゃないんだし
予約特典でも売り物でもないんだし
誰かアップしてあげたら?(俺はスキャナないから無理だが)
じゃないと転売するアホとか出そうだし

18 :前スレ987:2006/09/27(水) 00:19:36 ID:Pwuc/sWJ
前スレ >>996,998,999

特装版の背表紙について教えて頂きありがとうございます。
背表紙は同じテイストで揃えたいけど特装版の方が装丁は好みなんですよね。
あー、悩みます。

19 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 00:26:01 ID:eWDoici4
>>17
そんなもん?
つくかつかないか結構話題になってたから気になってたけど
たいしたものじゃないなら諦めようかな。
一応全巻そろえてるもんで、欲しかったなーと。

20 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 00:28:57 ID:luNg7Zdg
>>12 >>14
あとは、ここにもあるな。
2ちゃん互換で携帯、専ブラもOK。

ttp://yy10.kakiko.com/mystery2ch/

しかし、どこも過疎っている…

21 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 00:37:28 ID:J/Y5rATR
雫待ちに蜘蛛を読み返した。

今更だが、茜の父親が呉仁吉だとすると、
呉氏は真佐子に惚れていた。しかし、手が出せなかったと、葬式を眺めている時に言っている事が嘘になる。
嘘をついているような書かれ方じゃないと思ったのだけれど。それとも、茜みたいに嘘吐きなのか?

大体、それじゃ使用人の耕作と同じ考えを起こさなかったのが不思議だ。
・・父親だと知っていたから、蜘蛛の仕掛けに使わなかったのかもしれないが。
京極堂は知っているようだから、既に登場した人物・・と見せかけて、
後のシリーズに登場するかもしれないとも思うし。

長文スマソ。

22 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 00:38:28 ID:/7egOviq
>>16
東京寄りの埼玉なら、池袋とかの「ご自由にお取り下さい」状態の本屋でもらっていいと思う

埼玉のどこかにもそういうとこないかな?
今までの販売実績で配布割り当てが決まってるらしいので、とにかく大きな本屋なら
買わなくても貰ってっていいとこあるんじゃないかな

年表が便利ってくらいで、解説自体はそんなに細かくないけどね>作品解説書

23 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 00:46:19 ID:J/Y5rATR
書き忘れた。
茜の父親は柴田家の人間だと知って、だから柴田家の嫁の座を狙ったんじゃないかと思う。と、
言いたかっただけ。
国の為にやって来た志が高い志願者、ってのが茜の事なのかなー。
ノシ

24 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 00:48:21 ID:jcbzVaKh
前半は視点がよく変わる所為かどうにも胡乱でのめり込めなかったが
榎木津が出張る頃には凡その事がわかるようになってるのね
それなりに面白くはあったけど
陰摩羅鬼と同じで憑物落しは若干力不足に感じてしまった


25 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 00:58:22 ID:UCLhBcZm
茜だけが織作の一族の女なんだろ
父親が一族の誰かでさ
そうでなきゃ、絡新婦じゃないし。

26 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:08:36 ID:O22ZD5yh
肉彦の夏
肉彦の匣
肉彦の夢
肉彦の檻
肉彦の理
肉彦の支度します
肉彦の瑕
肉彦の雫

27 :名無しのオブ:2006/09/27(水) 01:14:07 ID:TcufBgyL
邪魅読了。益田や中禅寺が榎木津を気遣うのは
ともかく、関口も古くからの友として、榎木津の助けに
なろうとしたのは見直した。
自分的には、オンモラキより、出来が上。

28 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:17:28 ID:0fnX2OZn
サブタイは雲と巷説シリーズの妖怪が終ったらいらないな
数字も読みにくいから正直普通のにして欲しいし

29 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:22:56 ID:CXcakAH5
「雫」読了

読んでる間はとてもおもしろかったが
前作の鳥の城のような異世界にトリップする感じが味わえなかったのが残念
あと読後感のよさっていうか、余韻も前作のほうがあったと思う
でもまあ一気に読ませるのは凄いな

30 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:28:18 ID:ggbLCgDk
>>24
三大憑き物落としの魍魎 狂骨 絡新婦の牙城はやはりなかなか崩せないんだろう
今回のはようするに事件を順を追って解説しただけだから、京極堂の持ち味の伝奇的・科(化)学的脱線やカタルシスが無い
あと、これだけ殺人を作中で何度も取り扱っておきながら人を殺すことについての京極堂の見解が聞けなかったのが残念でならない
あと、関口の作品批評を京極堂に語らせたところは面白かったが、なっちはやっぱりオンモラキの評判気にしてたのかと勘ぐってしまった

しかし○○の語りは愚鈍かつ無茶苦茶な行動原理で、読者をイライラさせるのが上手いなと思った

31 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:29:59 ID:GExMnYiA
ついさっき読了。
この世には不思議なことなどなにもないって今回言った?
明日仕事で若干焦って読んだせいか記憶にない。

32 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:31:57 ID:+tu/oC6K
>>31
715ページ

33 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:35:04 ID:blpwhpbL
京極堂が榎木津に言わせたくなかった言葉ってメル欄?

34 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:39:49 ID:BcQyNj/+
大磯なら虎御前の石を出せ
平塚は上品な町でもなんでもなく ピンサロと競馬場と魚河岸と七夕の町だ
そして雑貨屋 もろ知り合いの店っぽくて厭だ
中途半端に地元住民の叫び

35 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:44:26 ID:C9A/3iaF
>>34
平塚駅前の「ペニーズ」行った。
姉妹店に「ア〜イヤン」とかもあったな。

36 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:48:58 ID:4GXOmkNd
>>34
へー、今ぐぐったら平塚って昭和23年から20年間も競馬の開催権持ってたんだな。
勉強になったよ。thx。

37 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:52:37 ID:eKhMQLo9
こんな終わり方は納得いかん!!!!


でも、これならまた3年、待つよ、俺
この作品読めて、よかった

38 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:52:59 ID:xyAMEbLq
ジャミの出来はどうでしたか?オンモラキレベルなら買いませんが。ヌリボトケ以上なら買います。

39 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:53:38 ID:4FLEiTjr
>>33
漏れは違うと思う。

40 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:55:35 ID:FX1ryzHU
邪魅読んだ。


切ねぇ…………。




41 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 01:58:14 ID:+tu/oC6K
>>33
俺も違うと思う。
あの一言はいわば榎木津にしかできない「憑物落し」

42 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 02:39:31 ID:4FLEiTjr
榎木津にもう少しまともな行動力があればな…。

43 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 03:09:57 ID:7gN1sLvZ
>>38
オンモラキは憑き物落とし的に大好きというこのスレ的に
は割と少数派に属する人間なので、あまり参考にならんかもしれんが。

話としては、ジャミの方がオンモラキよりレベルは高いと思う。
ただ、ラストの憑き物落としの面白さは、オンモラキの方が上かな。
今回の話は関口視点ではなく、事件としてもおどろおどろしさが足りないため、
人に取り憑いた何かが落ちていくときのカタルシスを全く感じない。



44 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 03:27:15 ID:Jnkg5hNH
講談社なんで発売日に届くように送ってくれないんだよ・・・
タワレコやHMVを見習えーー

45 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 03:55:29 ID:QAEuAL+J
邪魅面白かった。オンモより自分は好き。
今回憑物落しをしたのは京極堂ではなく榎木津なんだなと思ったよ。

46 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 04:09:01 ID:o1i/6ChQ
今ようやく読み終えた
雷鳴ってたのに気付かない程集中した本は久しぶり

47 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 05:00:46 ID:sfm0y25k
あっ、やっと出たぁ。 明日買ってこよ。

48 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 05:10:30 ID:nBlnpAzj
邪魅はねぇ……

「ルー=ガルー」マンガ化あげ


49 :瑕発見:2006/09/27(水) 06:13:17 ID:+tu/oC6K
「邪魅」の中で榎木津は益田をしきりに「ナキヤマ」と呼んでいるが、
この呼び方は、時系列上それより後になるはずの「面霊気」で
初めて使われたことになっている。

50 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 06:30:25 ID:YHpEnJC9
いいかげんにネタバレやめれ >絡新婦

51 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 08:17:52 ID:3qs1lygh
ウブメもモウリョウも読みましたが、うんちでした。

52 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 09:33:25 ID:nvH8k9xc
俺も今買ってきた。これから読むんだけど……
つーか>>16と同じく冊子くれなかったよ!どうしよう!

53 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 09:50:43 ID:bSNElsnl
解説冊子欲しさに本買ったのに
BOOK倶楽部に注文しましたw
ここならもらえるよね?

54 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 09:50:47 ID:Ifh8NmCO
BOOK倶楽部から邪魅キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

55 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 11:10:13 ID:8nDaH1c/
邪魅、途中で登場人物の名前がマイナーチェンジしてたよね。
最後にまた戻ったけど。
ちゃんと校正しろよー。

56 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 11:28:19 ID:XGkOZah9
>55
えーまた誤植あんの?
陰摩羅鬼もありまくりだったし。
重版かかってから買おう。

しかし、校正は誰がしてんだ…

57 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 11:44:13 ID:5X087oUW
なべタンハァハァ

58 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 12:08:18 ID:G8FxqnZb
なんだか榎木津がいよいよウザくなってきたよ

59 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 12:08:41 ID:nmL6g0v5
講談社から到着。
現物の厚さを見ると、毎度の事ながら読み始めるのに勇気がいるな。
一気読みしたい=まる一日は間違いなく潰れる

60 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 12:11:15 ID:ZEjenBmH
福岡で手に入れた人います?

61 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 12:16:29 ID:p8n4EqjW
広島の淳久は解説書封入の上、
パッキンしてあるw

62 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 12:19:42 ID:c4ok994V
本の厚みはどうよオンモラキくらい?

63 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 12:31:04 ID:sMhWbCVb
>>62
今手元に無いけど鉄鼠くらいの厚みだった

関口、榎木津、益田の株が個人的に上がった
○○の語りは途中から飛ばしたくなる程、苛ついたけど上手いな

64 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 12:35:15 ID:7gN1sLvZ
p333にて秋彦に萌えた。

65 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 12:52:12 ID:KUYESelh
近所の本屋で購入
解説書もらえなかった・・・

買った人全員にもらえるものじゃないのか?

66 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:05:03 ID:YGvCu2qx
広島のフタバ図書も解説書挟んでビニールに入ってたよ

67 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:08:01 ID:eHb7+xtU
朝日新聞朝刊に広告載ってるね

68 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:18:46 ID:Ouggsm1M
ジャミたった今読みおわった。








ぶっさんってww
キャッツアイ見に行きたくなった。

69 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:20:22 ID:Y9hOmL8o
ぶっさんは陰魔羅鬼から

70 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:21:48 ID:CptUR3DB
昨日、横浜の有隣堂本店で買った。
小冊子はレジで渡される。
忘れることもあるかもしれないから、
くれなかったら請求しれ。

71 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:24:50 ID:h4fCRZOA
今回、石燕の画を前にして京極が邪魅の解説をする、ってシーンあった?
読み飛ばしたのかな

72 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:26:37 ID:Ouggsm1M
>>69
……前作読んでたのに気付かなかったorz
ちょっと憑物落とされてくる

73 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:39:42 ID:NigQv0lu
>>55
> 邪魅、途中で登場人物の名前がマイナーチェンジしてたよね。
> 最後にまた戻ったけど。
> ちゃんと校正しろよー。


真相はどちらなんでしょうか?

74 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:43:27 ID:YC9Hl7XO
 昨日東京市部のツ○ヤで買ったら解説書無かった、と書いた者です。

 今日もう一度同じ店に行ったら、まさに届いたばかりの解説書を店員さんが
仕分けしている所に遭遇。
 「昨日は無いって言われたのですけれど…」
 と聞いたら、すぐに渡してくれました。レシートもお財布に入ったままだっ
たので、出そうとしたらいいですって言われました。店員さんが言うには、
今日解説書が届いたばかりで、昨日は出版社に聞いても回答を得られなかった
そうです。

 輸送の関係なのか、会社のルートの関係なのかわかりませんが、解説書をも
らえなかった方は、もう一度同じ書店に足を運んでみたら届いているかもしれ
ませんね。

 解説書はあらすじ等は今更ながら…と思う人も多いでしょうが、年表や人物
相関図もあって、わかりやすくまとまっているからファン必携品ではあると思
います。

75 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:45:55 ID:4MLqmwbX
邪魅読みつつ、ここの196〜以降読むと面白い
ttp://www.globetown.net/~kyouju/kyouju51.html

76 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:47:09 ID:dYT36hWw
発売日前に解説書が山積みなってたとこあり、
本体と解説書が同梱されてるとこあり、
解禁日以降に店に入ってきたとこありいろいろなんだな。

77 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 13:57:05 ID:bSNElsnl
>>76
くれないとこもあるぞw

78 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 14:04:33 ID:CptUR3DB
次回京極堂作品は「*の碑(ぬえのいしぶみ)」。

79 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 14:09:18 ID:ax2uWorW
インタビューでもあればよかったけど解説書はいらなかったな
骨愛蔵の豆本が15夜って('A`)
大首の他いくつ欠番してるんだ…


80 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 14:17:46 ID:FX1ryzHU
>>71
今回邪魅の説明は関口がちょろりとした程度……な筈だ。

81 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 14:19:39 ID:pEV4biFc
京極堂キャラクターいい加減金属疲労起こしてるんじゃね。
京極堂がなんか論破した気になっていい気になってる厨にしか
見えなくなってきた。

82 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 14:26:45 ID:a21+0YMk
>>81が穿った見方しか出来んようになってるだけ

83 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 14:31:21 ID:+uwdyScr
ヨコハマの有●堂は、解説書も普通に平積みされてた。
ので2冊もらった。
でも本買ったらまたついてきたんだけど。


84 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 14:42:08 ID:EuV+Fy8v
解説書もらえない人は
書店から講談社に問い合わせてもらう。
家の近所の書店は、手違いで解説書届いてなかった。
後日、連絡くれるとの事。

85 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 14:42:45 ID:nPlfMEM0
京極堂とか榎木津辺りのキャラが年々オーバーになりすぎていってるのは事実だし

86 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 14:42:56 ID:kPYbV28f
買ったとき解説書なくて、やっぱ大きな書店に行かなきゃダメなんだとがっかり。
さっき解説書届きました〜とわざわざ電話してきてくれたよ!
ありがとう、地元の書店。

87 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 14:47:15 ID:VYElxfhK
買ってきた記念柿子
解説書のこと聞くの忘れてたが普通に袋に入ってた

88 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 14:56:20 ID:n2cXUdrH
ジャミとは別郵送っぽいな>>解説書
>>74
とりあえずおめ。

89 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 15:02:34 ID:a21+0YMk
つか講談社からジャミこねー

90 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 15:16:57 ID:ak9+ausY
腐女子大激怒じゃん

91 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 15:18:03 ID:ak9+ausY
すまん。>>90は誤爆。気にしないでくれ

92 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 15:57:51 ID:bV6pjiL2
ネタバレ話はまだダメなのかー
京極の写真が映画のセットの前で笑ったよ

93 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 16:05:45 ID:HetFVNkM
邪魅、10ページくらい読み進んだ。

オンモラキは引きこもりだったけど、今度はセカイ系がテーマかw
個人の実存=「セカイ」なんて、いいかげん食傷気味だよ。

94 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 16:15:48 ID:bV6pjiL2
最後まで読んでからまた来てね

95 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 16:17:42 ID:CptUR3DB
>>93
昨日買ってきたが未読。
中心で愛を叫んだりはしないだろうな。

96 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 16:34:13 ID:SINpO9tV
>>92
ネタバレスレ立ってたから削除されるまでそこにいけば〜

97 :93:2006/09/27(水) 16:34:52 ID:HetFVNkM
>>94

厳密ではないが、構造としては女郎蜘蛛と同じ倒叙だろ。
つまり最初にテーマがくる。

98 :93:2006/09/27(水) 16:36:54 ID:HetFVNkM
>>94

ちなみにセカイ系の定義は知ってるのかい?


99 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 16:43:50 ID:JlbE7NSq
邪魅読んだ。


つまんねえ・・・・・・自分にとっては塗仏以下。
薀蓄が少ない、憑き物落しのカタルシスがない、事件がすく読める・・・
3年待ったのになあ。
でも次回作、鵺の碑に懲りずに期待しとく。

100 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 16:45:37 ID:JlbE7NSq
空鳥の碑か。漢字が出ない

101 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 16:54:57 ID:c4ok994V
>>100おめ
空鳥 の 石卑

102 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:01:49 ID:/QGoqyvH
鵺ってのはいろんな事件が一つになってるとかなのかなぁ

103 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:06:08 ID:Y9hOmL8o
いよいよ京都かな?

104 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:10:28 ID:hJk+F4IZ
「セカイ系」というより「世間系」。

105 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:17:31 ID:frT0n9u1
おおおおおおおおおおおお!ゲットォォォ!

106 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:22:28 ID:pEV4biFc
最近は妖怪話が薄くなってる気がす

107 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:34:18 ID:SYgnE6N4
益田の鞭の設定おかしくないですか?
徒然雨の390ページで鞭をみた関口としか思えない人物が「なんだそれは」
と口にしているのですが…
一緒に馬場に行ってるのに忘れたはないでしょうし

108 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:35:54 ID:w+DHms0U
まだ買えてないけど今回はキャラたちはヌリボトケみたいに一緒にいるのか?
それともオンモラキみたいにあっちの場所こっちの場所って別れてるのか?

109 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:42:28 ID:PgyVreZy
邪魅読了!
>>106
妖怪質量は減ってるよね。美味しそうな衒学的なところも。
でも面白かった!




110 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:47:45 ID:PgyVreZy
>>108
どのキャラを指すかで、貴方への回答は変わると思います。
と、こういう類のレスを>>108さんにしたくなるような内容です。


111 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 17:59:34 ID:PgyVreZy
P771上段4行目で爆笑してしまったのは、私だけでしょうか?

112 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 18:10:06 ID:ggbLCgDk
むしろP780の下段最終行でキタコレと反応した人挙手ノ
西田さんはいつから雛見沢症候群になっていたんだろうか

113 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 18:46:53 ID:GExMnYiA
割り箸袋の由来が最後に明かされると信じていたのに。

114 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 19:12:53 ID:SYgnE6N4
冒頭の述懐は目欄の人で良いのでしょうか

115 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 19:26:44 ID:g7+iUmpj

全作品解説書見たけど、「百鬼夜行 第拾弐夜 大首」が載っていない
年表でもスルー
無かったことになってるのだろうか
それとも出版社が違う?

116 :nishida:2006/09/27(水) 19:27:20 ID:GajldyJA
メル欄じゃないの?
でも、わざと>>114とも取れるように書いてる気がする。

117 :116:2006/09/27(水) 19:27:54 ID:GajldyJA
メル欄のつもりが名前に書いてしまった…orz
ごめん…

118 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 19:32:33 ID:UCLhBcZm
疵が、夏と同じ事を繰り返した印象だったけど、
今回は皆が過去の事件に学んでいる感じで、よかった。
でも、事件に慣れていない人物はそうもいかなかったのかな。
匣で木場が刑事を辞めて暴走していたら・・
理で茜が辞退しなかったら・・
このような事になったんだろうか、と思った。


119 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 19:40:47 ID:J/Y5rATR
>>114だと、雫って何だろう?
>>116だと、どうして其処に?

>>114だと面白いけど、>>116の方が自然だと思う。
p12(最後)の彼が誰か解らない。

120 :116:2006/09/27(水) 20:02:18 ID:GajldyJA
>>119
場所のことなら、
(念のためメル欄)から砂浜を眺めてるだけじゃないのかな?と思った。
「磯に臨む場所に立ち」「空と海の下の貴女」を眺めてるとしか書いてないので
砂浜に降り立っているより(メル欄)から一連のラストシーンを見てたと思った方が
全体のスケール感もしっくりくるかなと。

121 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 20:16:56 ID:J/Y5rATR
>>120
納得した。それに、p12の彼も違和感無くなるね。
>>114は目薬か何かを、貰っていたのかと深読みしちゃってたよ。

122 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 20:31:59 ID:hJk+F4IZ
そんな複雑に考えなくても、NがKの後を追ってきた、でいいんじゃない?
あの状況で追っかけないほうが不自然。
Nの後ろにはCを始め部屋にいた全員が立っている、という構図。

123 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 20:32:36 ID:SYgnE6N4
>>120
ラストで砂浜に居たのが目欄の人とあの人だけだったので
冒頭の「砂浜に残された〜」 等から 目欄の人かなと思ったのですが
確かに>>116 のほうが自然ですね
>>120
の目欄から眺めていたのなら筋が通りますし

「彼」は鴉だとなんとなく解釈してます

124 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 20:35:15 ID:SYgnE6N4
冒頭の述懐は納得できたのですが、益田の鞭はどうしても「???」
です
京極さん忘れていたのかなぁ

125 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 20:35:31 ID:eWDoici4
>>16ですが、
駄目元で今日もう一度ツ○ヤに行って聞いてみたところ、
「解説書?ああ、ついてますよ」とにこやかに言われ、
昨日の夜聞いたら、そういうものはつかないと店員さんに言われたのでそのまま購入したのですが…と申し出たら
奥でちょっと相談した後、レシート無しで渡してもらえました。
今朝届いたので昨日はお渡し出来なかったようです、申し訳ありません、とのこと。
やはり別便だったんですね。
スキーリしたので続きを読みます!

126 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 20:37:34 ID:BOJCuae9
P6下段15行目が場所。 P11下段12行目が人。 P12上段ひとり取り残されたのが時間。

127 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 20:48:05 ID:GnpwDxkl
昨日近所2件で解説書もらえるかと思って2冊かって結局もらえなかった
が、今日その本屋いったらジャミが10冊くらい積んであってワキにご自由にお取りください状態で
あったから解説書だけ四冊もってきちゃったw(解説書たぶん7冊くらいしかなかった
あとで買った人足りなくなったらごめんねw

128 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 20:56:06 ID:3gaSjrtB
邪魅の綴じ部分が今までより深くてすごく読みにくくない?
普通に開くと右頁の最後2行くらいが読めなくて
右頁を右手で押さえてなおかつ左手で左頁を持ち上げないと読めないんだけど。
厚みのせいかと思ったけど他の作品は厚くてもちゃんと真ん中が開くので普通に読める。

129 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 21:11:26 ID:eHb7+xtU
解説書だけ貰ってきた
文庫版で集めてるから図書館待ち

130 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 21:17:14 ID:/BMh7rHp
相変わらず老刑事は良い味だしてるね

131 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 21:34:55 ID:BaRJKYw0
狂骨、鉄鼠とキツイ宗教ネタが続いて疲れたんだけど絡新婦以降もあんな感じなんですか?
うぶめとモウリョウは読みやすかったんだけどな

132 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 21:39:18 ID:WD2iAIzB
地域限定版どこもまだまだ余ってそうなので
買ってない方はよろしければと宣伝してみる地元民

133 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 21:55:43 ID:5So+EywT
地域限定版、今日の時点でまだ山積みだったよ

134 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:06:50 ID:5So+EywT
>107
鞭は返品したと言ってしまい、関口もそう信じてたから、
そのまま鞭の事なんか忘れちゃってたか、返品したのになんで持ってるの
不思議に思ったかどっちかなんじゃないかな。

135 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:13:11 ID:5X087oUW
レイプネタ萎える

136 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:21:35 ID:SYgnE6N4
>>134
それだと関口に対する益田の「大磯で入手しました」や
面霊気編での「榎木津さんが持てというので」
という発言が更に違和感を増すような

137 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:24:34 ID:+uwdyScr
>>128
良かった同じ人がいた。
厚さはそんなに変わらない筈なのに
どうしてこんなに開きにくいのかと思ってた
ずっとページを押さえつけてたから
読み終わった時手が痛かったもんなあ・・・

138 :名無しのオプ :2006/09/27(水) 22:27:24 ID:3EhVKA+H
空鳥は伊佐間屋が活躍するのだろうか。

139 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:33:47 ID:vvX2yoZK
鵺なのだから、「空鳥」ではなく「夜鳥」ではないのか。

140 :名無しさん:2006/09/27(水) 22:39:24 ID:a+D3h6fi
↑大鷹登場

141 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:40:09 ID:6RK/8E3Q
講談社が空鳥って漢字を使ってるんだから
女郎蜘蛛と絡新婦みたいなもの

142 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:49:27 ID:SYgnE6N4
? これですよね?

143 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:50:24 ID:vvX2yoZK
あ本当だ。ごめん。

144 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:50:42 ID:vSJFuwSz
次回予告が無いって言うからドキドキしたけど
既刊リストも無くなってたから単にデザイン変更だろうと思って安心した

冒頭の死刑の話は小林薫的にタイムリー

145 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:50:49 ID:SYgnE6N4
あれ
?になってしまった


146 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:51:40 ID:lObPx/VX
>>141
それを言うなら「石燕が使っているから」じゃね?

147 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:53:27 ID:g7+iUmpj
>>142
>>145

871 名前:名無しのオプ 投稿日:2006/09/25(月) 23:15:29 rs2Op6o3
>>848
この板はUNICODE使えない仕様になってるんで、
「空鳥」のヌエは表示させられないようだね、、
モナー板とかでなら出来るんだが
http://aa5.2ch.net/test/read.cgi/mona/1153141934/149

148 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:53:38 ID:SYgnE6N4
■『悪霊島』の"ぬえ"という漢字   誤:鵺
"ぬえ"の漢字は、原典では [空鳥] なのですが、PCでは文字コードがないため、漢字表示ができません。



149 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 22:57:47 ID:noEWKlxH
関口ってまだ新婚だったんだな

150 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 23:08:57 ID:3qs1lygh



こいつ漢字ヲタクのキチガイだろ。





151 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 23:10:43 ID:SYgnE6N4
>>147
成る程
有り難うございます

152 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 23:12:35 ID:YFnSyNIW
51 名前:名無しのオプ 投稿日:2006/09/27(水) 08:17:52 ID:3qs1lygh
ウブメもモウリョウも読みましたが、うんちでした。


150 名前:名無しのオプ New! 投稿日:2006/09/27(水) 23:08:57 ID:3qs1lygh



こいつ漢字ヲタクのキチガイだろ。

勉強に励んでね



153 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 23:18:55 ID:L3/pFWT1
さて、今朝届いた解説書も夕方には我が家のメモ帳になってしまったわけだが。
http://kjm.kir.jp/?p=56692
やられた…orz

154 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 23:22:36 ID:3qs1lygh
>>152
まだまだな・・・所詮、こいつの読者、期待はしとらんがなw


155 :名無しさん:2006/09/27(水) 23:22:55 ID:a+D3h6fi
邪魅読了後PV見直すと少しだけ面白さアップ
http://moura.jp/liter/kyogoku/

156 :名無しのオプ:2006/09/27(水) 23:39:11 ID:SiyFwcl5
福岡、入手しました。
店員のヤロー(女だったけど)、カバー掛けますかとも言わずにそのまま袋に入れやがったよ。
京極本を買う時の楽しみを奪うなよ馬鹿野郎(女だったけど)。

157 :田舎モノ:2006/09/28(木) 00:08:26 ID:dp4k6rCE
今朝楽天BOOKSからキタ━(゚∀゚)━!
解説書付きでした〜  ぜんぜん期待していなかっただけに。・゚・(ノ∀`)・゚・。
では、読み終わるまでしばしのお別れを・・・

158 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 00:12:29 ID:O5EsLCm1
>>157
それを言うなや、それだけの為に楽天ブックがパンクしそうな状態だぞ。
たぶん、いま注文してももう解説は付いてこないよ、残念だが。


159 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 00:27:54 ID:um/xyXb0
三鷹は解説書のかの字も見かけなかった。
店のおっさんがカバーかけますか?と聞くのでお願いしたら
リアルに10分以上かかって
もういいです…と言ったら、すごい勢いでおっさんが言い訳を並べ出したので
そん時はかなり萎えたけど、
でもおっさんは別に悪くないよね、こんな凶器出版する奴と
こんな凶器を開店ダッシュで買いに来る奴が悪いんだよね。

160 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 00:28:57 ID:H8UiUWgx
エノキヅは好きだけど、やっぱり最初のころの関口視点が神。
京極堂からけちょんけちょんにやり込められるシーンがなくなって寂しい。

161 :名無しさん:2006/09/28(木) 00:30:49 ID:QBf9U8JO
俺が買った店のレジは顕かに気が気かなそうな男子高校生だったから、
「カバーかけなくていいよ」と自分から言った。

162 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 00:36:44 ID:+++63T7T
名前の誤植どこ?気づかんまま終わったよ

163 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 00:38:12 ID:dtxdNrGh
bk1も解説書ついてた。
既に読み終わってちとさみしい。
次は何年後かな。

164 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 00:40:25 ID:H8UiUWgx
解説書ってペラpレラの冊子?

165 :名無しさん:2006/09/28(木) 00:49:21 ID:QBf9U8JO
>>164
そだね。
俺も付いてこなかったんで、今日別の店で確認したが、
勝手にも普通の文庫本程度厚さと想像してたんでビックリした。

内容的にも名前の様に各作品に詳細な解説を加えてるとかじゃなく
未読者が読んで問題ない範囲の情報を纏めてるだけっぽかったんで、
蒐集癖のない人にはあまり価値のないものかも。

166 :名無しのオプ :2006/09/28(木) 00:57:12 ID:D838No12
でも年表はちょっとうれしかった。

167 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 01:02:10 ID:PXo25G2L
大鷹が主役の「大首」の話が解説書から抜けてる件について

168 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 01:04:05 ID:eqLp3spZ
少々お尋ねしたい。

【社会】 警官、箱の中身見せぬ男性に職務質問50分→「違法だ」と弁護士会、人権救済申し立て…新潟★
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1159343893/

↑ここのスレや過去スレに魍魎の匣の一節らしき文が
何回か貼られたんだが、
(男は匣を持つてゐる〜何だか酷く男が羨ましくなつてしまつた。辺りまで)
そこを読んでもスレとどういう関係があるのかよくわからん。(箱つながりらしいが)

全部読めば意味が分かるだろうか?

169 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 01:05:50 ID:XW3ukPFs
うん
全部読まなくてもわかるよ
オスメメ

170 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 01:13:04 ID:P5G9yPjc
大首の主役って大鷹だったっけ!忘れてた。
女の人は何て名前だっけ。ファイル消えちゃったよ。

百鬼夜行 陽 は出ないのかな。
でも、もっと本編が進んでからじゃないとなあ。まだ出ていない人もいるし。

171 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 01:13:29 ID:eqLp3spZ
>>169
レスをありがとう。

172 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 01:28:45 ID:fNW6FHIy
ペラペラっていうよりはちょっとはある
まあしょせんオマケだからそんなに期待はするな

173 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 02:30:06 ID:n/xoJTq6
本日9/28は『魍魎の匣』において大局面をむかえた日。青木が大活躍した日。
‥てなことを「京極夏彦全作品解説書」を読みながら思う。
しかしこの解説書、ネタバレのオンパレードですな。
初心者が最初に読むには不適切すぎるネタバレ記述が随所にあったりして

174 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 03:03:51 ID:HYTlZF1H
確かに解説書は初心者にはネタばれしすぎ、既読者にはこんなもんかという程度かな

しかしジャミは京極らしい本で百器と比べて 
ああ本編だなと思ったけど、内容薄いなぁ 薀蓄も少ないし
たくさんの登場人物の個人の思惑と行動の描写が必要だから
それがほとんどで京極堂の解説とか妖怪とか少ないんだよな
同じ位の厚さのテッソに対し内容は十分の一程薄い
キャラ小説と化してる百器より五分の一程おもしろくない

京極のシリーズって毎回「誤解」が肝だと思うんだけど
結局同じパターンなので背景が薄いと読み返す気がなくなるなぁ
でも、ま、次回作も買います

175 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 03:06:24 ID:GtjO5ri0
またまともな映像化がムリポな内容だったな・・・

そういや函も映画化されるんだよな。京極シリーズって謳ってたし。
来年夏あたりですかね



176 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 03:10:59 ID:HYTlZF1H
↑どうでもいいけど、十分の一「程に」だな ○10% ×90% スマソ

177 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 03:14:20 ID:+++63T7T
ジャミを買った人がもらえる解説書なんだから、初心者を考慮する必要なんかないじゃん。

178 :俺、実は本屋なの:2006/09/28(木) 03:21:51 ID:n/xoJTq6
こんだけ長い(分厚い)シリーズの新刊を売る本屋としては、100%初心者向きの解説書が
適切だと思ってた次第で。でもま、>>177 確かにそうかもね。売れ残っても知らないけどw

179 :178:2006/09/28(木) 03:25:53 ID:n/xoJTq6
連投メンゴ。補足。ウチの書店では、平積みのジャミの横に「どうぞご自由に持っていって
ください」てな形で解説書を平積みしてます。他書店では一冊々々キチッと本に挟み込んで
販売してる模様。さて、どっちがいいのか検討してみます

180 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 03:29:29 ID:xWrAHZ8i
最終ページのあのロゴは馬場の名前だよね?
それを知ってて、事務所の名前をあれにしたってことか
メ欄キャラ愛なので、そっち関係は広く浅くであって欲しかった…

181 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 03:47:50 ID:RFxqgKof
対応は狂骨だったってこと?

182 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 03:50:16 ID:p67GZB6L
バカの大鷹篤志って講談社のバカの太田克史がモデルなのかね?
今回アンチ・セカイ系ってテーマだし


183 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:03:58 ID:thJHwSal
>>180
人形が鞭を持ってるし、馬場の看板って事かな。
気付かなかったよ。
>>181
邪魅は魍魎の類なのに?
死や海がそれらしいけど、
元刑事の暴走や、中々掴めない所、科学ネタは魍魎だとおもうがな。
次の妖怪が、何に対応するかによるな。
最後のページ、解らなかった事って何だろう。


184 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:12:37 ID:thJHwSal
メ欄は、P817で解らなかった事は何かと聞きたかった。
神は世界の中心じゃ・・ないのか。多信教なのか。
それこそ狂骨に対応する次回の課題かな。

185 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:17:53 ID:HYTlZF1H
>>180 ん?馬場の名前ってあったっけ?
   って読み返してみた 
看板が「横文字なのでよくわからない」のとこか?
馬場の名前くらいあいつらも調べてて普通だと思うんだがなぁ

>>182 明らかにひっかけているからなww

>>183 その前の榎木津の台詞にメ欄がかかっていると思った
    最後の榎木津の台詞から183のとり方でいいんじゃないか

186 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:22:43 ID:k7o82Ndl
うぶめか何かに薔薇十字探偵社って決まった経緯書いてありませんでしたか?
たしか京極堂にたまたま積んであった本から採った、と書かれていたと思いますよ

187 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:25:14 ID:HYTlZF1H
全ての問題はなっちがそれを覚えているか、なのだ…

188 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:27:44 ID:k7o82Ndl
ああ、書いてありました
うぶめの76p下段です

189 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:30:33 ID:HYTlZF1H
>>188
うむ、ノベルズ版か文庫版かハードカバー版か分冊文庫版かによるな
つか12年前なんだなぁ 産メの初版…

190 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:31:04 ID:xWrAHZ8i
>>186
それは把握してる
でも祖父の代からあったんだから、馬場のが事務所設立より先だよね?
すると、京極堂の読んでた本を見て馬場を思って、それにするかと
考えてつけたのかな、と。

191 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:34:27 ID:k7o82Ndl
>>189
私が確認したのはノベルズ版です




榎木津が探偵を始めようと決心したときに
たまたま居合わせた京極堂がこれまたたまたま読んでいた
欧羅巴の魔術のことを書いた翻訳本に、その名が出ていたというだけの理由で命名されたのである

積んであった訳ではありませんでした

192 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:35:56 ID:HYTlZF1H
むしろ経営者が馬場を改名した、という方がありそげ

193 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:36:45 ID:xWrAHZ8i
連投ごめん

>>185
奥付の1枚前のページに載ってるロゴのこと

194 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:40:15 ID:k7o82Ndl
「横文字なのでよくわからない」
ってどのページでしょうか

195 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:43:14 ID:HYTlZF1H
>>193 うん わかってるんだけど、本文にもあったのかなって思って見返してみた
ロゴはむしろ事務所のドアにあるヤツなのかと思ってたんだけど、馬場の名前曖昧だしなー

>>生真面目そうな君は頑張って読み返し給えよ
                                                          P418

つか3人しかいねぇww

196 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:48:56 ID:k7o82Ndl
>>195
有り難うございます

読み返そうとも思ったのですが、個人的に邪魅は読んでいて苦痛だったので
読み返すのは地獄過ぎでした

197 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:49:23 ID:xWrAHZ8i
>>195
失礼した。ID見てなかった…
192・195の意見を両方いただくよ
経営者にヽ(`Д´)ノウァァァンして眠れなかったが、お陰で復活した
dクス

198 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:51:01 ID:P5G9yPjc
何なら良かったんだ。いつなら遅くなかったんだ。気になる。



199 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 04:52:27 ID:P5G9yPjc
良し悪し、もとい善し悪しでも無いのか。失礼。

200 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 05:49:44 ID:RFxqgKof
いかさま屋が大鷹みたいな

201 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 07:05:33 ID:LkZXj9AI
作中で批評が批評されてるからな…

202 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 09:29:47 ID:Dn8/sw5Q
今日広告に出てたが既出?

単行本『愛蔵版 狂骨の夢』 9/30発売
 定価3360円 ISBN4-06-213627-9
 豆本『百鬼夜行第十五夜』を応募者全員サービス
 なんと書き下ろしですよ!
 *詳しくは本書の帯を御覧下さい
(全文コピー)

203 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 10:36:04 ID:ngBuKCUj
おはなっち。

陰摩羅鬼のあの刑事の思考には、本当に読んでいて苛苛しました。
この作品は、彼なくして語れませんね。思考も行動も影響も残像も。

204 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 10:42:56 ID:mDODGYT/
>>201
オンモラキへの批評に対する意思表示なんだろうな、あれ
蜘蛛の最初の語りと同じように

ところでセカイ系で太田克史っていうとファウストや空の境界へのアンチテーゼがやりたかったんだろうか?

205 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 10:50:33 ID:Un7E9mrT
読み始めた。
今のところタルイ。
○○と同じ展開で萎え。
これから面白くなるのかなあ?

206 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 11:22:05 ID:DFb5K8Y5
アレ誰か拾ったらどうすんだろね

207 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 11:28:44 ID:JKe6miJb
オワター 成る程、今回の章始めの語句はそれらで統一しましたか…
これまでにない読後感で嫌いじゃないし、ラストの彼の台詞も好きだな。
でもやっぱりオンモに引き続き感傷的というか…空鳥は妖怪的な不気味さに期待するよ。

208 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 11:31:27 ID:Uy1pn/3+
郷島のすっぽかされぶりワラタ

209 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 11:35:31 ID:JKe6miJb
続けてアレだが、確かに郷島…w 青木も中盤の勢いがパツンと切れたし
人物の風呂敷を広げっぱなしで物語を寸断するのも手法なのかねえ。

210 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 11:37:00 ID:WPZHoxjG
>>207
両方とも伯爵的なポジションのキャラがテンション下げてる気がしたよ
冷静すぎるんだな

211 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 11:47:56 ID:JKe6miJb
>>210
確かに、読みながら伯爵とやや被ってるなと思った。ある種の閉じた世界観とかもね
でもシリーズとして見れば次でテンション上がれば文句ないや。とりあえず再読してくる!

212 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 11:53:46 ID:Uy1pn/3+
個人的に事件終了後にいったん時間をおいて、
京極堂の座敷からエピローグが始まる姑獲鳥・魍魎・絡新婦のスタイルの方が、
余韻があって好きなんだがなぁ…。

213 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 12:01:03 ID:eNYKh24A
読了。

絡新婦+オンモラキ÷4が雫って感じ。
薀蓄が少ないし、憑き物落としのカタルシスはないし、
魅力的に思える新キャラがいないし、全体的に物足りない!


214 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 12:08:06 ID:WPZHoxjG
>>213
薔薇十字外伝って気がしないでもない

215 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 12:14:56 ID:Uy1pn/3+
>最終頁の紋章

今確認できないけど、単に映画の時に作った薔薇十字探偵社のマークじゃない?

216 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 12:38:32 ID:3MhIBkCu
紋章の画像うpしてみた まずかったら消します。
http://p.pita.st/?ubixzol5
映画のじゃないよね。

217 :93:2006/09/28(木) 12:44:54 ID:kerh7q/T
>>104

いや違うだろ、正確に言えば、メタ「セカイ」といったところだな。

33pの上段に「私にとって社会や世間はどうでもいい」云々という
ような記述があるが、社会や国家といった中間形態が抜け落ちて
ダイレクトに自我と世界がつながるのがセカイ系だ。

今は、ポスト「セカイ系」のパワーゲームへとパラダイムシフト
してるがな。


218 :93:2006/09/28(木) 12:46:10 ID:kerh7q/T
訂正

メタ「セカイ」→メタ{セカイ系」

219 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 12:53:34 ID:thJHwSal
大鷹はコントロールされず、自分でああしたって点は新しいと思った。

郷島の再登場に期待。
今の所、木場と被っているように思えたが。
「うはあ」は突っ込みどころかと。


220 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 12:58:42 ID:Uy1pn/3+
「うはぁ」の彼はまた、気鋭の学徒久禮旦雄君がモデルなのか?

221 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 13:10:08 ID:eU9azRjL
冒頭文の「貴女」がどんな人なのか期待してたんだけど読了後ポカーンだったよ。
魅力がまるでないのであのラストもしらけてしまった。
とりあえず山下さんお疲れさまです。


222 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 13:47:52 ID:eQj6jHkN
付録の説明書がかなり精密でびっくり。
京極堂周辺の人物をちょこっと紹介するぐらいかなと思ってた。


223 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 13:48:35 ID:B9pptyRW
大鷹にしろ関口にしろ
「この男がいかに馬鹿で愚鈍か」を描く時の筆の冴えには
毎度只ならぬものを感じてたのだが
そうかモデルがいるんだな w
太田 w

224 :名無しのオプ :2006/09/28(木) 14:22:04 ID:k3BVCtxH
関口がウブメの頃の割と常人だった感じに戻ってる気がした。

全体的には・・・蜘蛛の劣化版という感想。(あくまで個人的)
薀蓄取っ払うと2時間ドラマみたいなストーリーと動機だったなあ。

しかし木場って冷遇されてるなあ。
嫌いなキャラなら無理に出演させずにいっそ殉職させてしまえばいいのに。


225 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 14:27:39 ID:+++63T7T
エログロ近親相姦ネタで終わるパターン嫌いだから今回のよかったけどな。

226 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 14:35:43 ID:ZvtgpTXn
>>224
縄張りのあるおまわりさんは動かしにくんだろ

227 :名無しのオプ :2006/09/28(木) 14:42:37 ID:k3BVCtxH
>>226
あ、そうか。
今回青木が暴走(という程でもないが)してるから
木場までそうそう暴走させるわけにはいかないか。
今回は割とこじんまりした内容だったから(これも個人的)
青木と益田主役でちょうどよかったんだな。


228 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 14:46:50 ID:WZTNMPRD
前作よりは大分楽しめたけど
榎木津が大筋に絡むと一気に話が嘘臭く、というか漫画チックになるな…
1ミリも感情移入できないし言動に全く説得力がない

話自体も序盤〜中盤は普通に引き込まれたもののオチが安い、安すぎる
どこの昼ドラかと思ったよ

229 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 14:52:23 ID:ZvtgpTXn
まあ塗仏が頂点でそれ以後は犯人も事件も小粒になってるから

230 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 15:05:23 ID:ufqvx9XE
読者が普通に榎木津の言動に理解出来たら
「常人には到底理解出来ない」というような設定が生きてこないから
あいつもうサッパリ分かんねぇよ、という状態で良いんじゃないか。多分。

今回の榎木津は比較的テンション低めだったな。

231 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 15:07:45 ID:XNr5zsim
しかし、そのテンション低い榎木津というのが、
時々見せる「仮面」を脱いだ榎木津を彷彿とさせていいと思ったんだがな

232 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 15:25:55 ID:ngBuKCUj
個人が書かれない二人(陰陽師と探偵)が事件の中心というのは、塗仏と対を為して良いと感じたが、
言葉ありきの陰陽師に較べ、いかんせん探偵を中心にすると空虚さや物足りなさが増してしまう。
前の方にあったが、今作は、薔薇十字団外伝という位置づけで良いと思う。

233 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 15:32:23 ID:WZTNMPRD
>>230
「理解できない」ってそういう意味じゃないんだけどなあ
いかにもオタクな中学生が考えた万能キャラ的な中身の無さというか…
要は榎木津っていう人物像そのものに説得力が無い

まあそれを言うなら京極堂や他のキャラもそうなのかもしれないが
榎木津はあの特殊な能力設定のせいもあってか、また格別に浮いている

短編の主人公として飛び道具的に活躍させたり
本編の脇でスパイスとして使用する分には非常においしいキャラだけど、
メインに持ってくるならやはり、もうちょっと掘り下げてくれないと辛いと思う

234 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 15:34:33 ID:szhDRc7P
今回、榎木津がメインだったのかな?

235 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 15:37:56 ID:nSOwDVRl
今回は百鬼夜行と百器徒然袋を足して長編にされたような
本編っぽくなさが妙な感じだった。

236 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 16:02:29 ID:k85dCphm
>>233
今まで散々「不思議なことはない」って言って
何でも現実的な解釈させてきたのに
榎木津メインにしちゃうとバランス悪いよね・・・
今までのこと実は記憶が見えるんじゃなくて
行動やらなにやらで人の考えや心理を読んで「記憶が見える」ってことにしてる
んだったら(一つ一つ「見えた」ってことになってた事柄が説明できるように作ってあるなら)
京極夏彦マジすげー・・・って思うのにな・・・
そうすりゃ京極堂の「憑き物落とし」みたいに説明がつくし

237 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 16:09:23 ID:MMs4EW0z
邪魅がもう発売してるって事を今日本屋に言って初めて知った
出るの早いなぁと思ったら陰摩羅鬼からもうすでに3年も経ってるんだな…

238 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 16:19:36 ID:6H7JF+0u
>>236
間接的に自分を褒めてるなw

239 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 16:21:31 ID:Vt4lJiSk
とりあえず邪買って140ページほど読みました。
関口君の書評とかどうでもいいです。
疲れました。
もう寝ます。


240 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 17:07:41 ID:mPEQ1ZCC
>>236
「不思議なことはない」ってのは
現実的に解釈できるってことなのかな???

241 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 17:12:12 ID:IX0aza+F
薀蓄が少ないので今回は比較的読みやすかったかも知れん。犯人も早い段階で分かるように書いているし。
絡新婦に似ているというレスもあるけど、ありゃモロに意識してるだろ。似てて当然。

242 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 17:14:04 ID:ZvtgpTXn
>>241
コントロールできてない場合って感じではある

243 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 17:26:29 ID:p45PNA3w
ジャミは犯人に全く同情出来なかった。方向性としては蜘蛛と同じなんだけどな。
面白い事は面白いが、オンモラキよりちょい上ぐらい。明らかに長いし。狂骨と同じぐらいで十分語れるよ、これ。

244 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 17:43:25 ID:XW3ukPFs
塗り仏で完結する予定だったの?
本編というよりも外伝みたいな作品が続いているけど

245 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 17:43:49 ID:GKidIM7i
デリシャス噴いたw

246 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 17:43:51 ID:ADoks8mh
ジャミは最終的な犯人がアフォすぎで萎え。
榎の能力はウブメでは必要不可欠だったけど
最近じゃ余計なもの以外の何物でもないな。
百器の榎木津はおもしろいが本編だと確かに浮いてる。


247 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 17:45:58 ID:Uy1pn/3+
全盛期の夏彦なら、巻頭および幕間の視点不明のポエムシーンで
もったいぶったフリを入れつつ、妖怪「邪魅」を構造的に解体しておいて、
ラストまで読むと実は【メール欄】の視点だったとわかる構成にしてた気がする。

ワンパターンかもしれないけど、このシリーズの読者って、
もうそういうワンパターンの毒素が身体に馴染んじゃった奴が多いだろうから、
物語のリズムを決める構造部分は無理して変えなくても良かったのに。

248 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 17:53:45 ID:yRWqQYZF
>>198
最後のあれはメル欄1って意味だと思った
あの場においてのメル欄2がどうのこうのって話ではないのかもしれん
とか考え出したらよくわからんくなってきた他の解釈した人の話も聞いてみたい

249 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 17:56:02 ID:z19O9YDa
元凶のせいで何か今までで一番読後感が悪かった
堂島並に開き直った悪人だった方がまだまし

250 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:02:45 ID:p45PNA3w
オンモラキまではタイトル最後の一文字がダブル・トリプルミーニングだったけど、ここ二作は何の含みもないよね。
妖怪の物語における役割も薄れてるし。読み解く面白みがまるで無くて歯ごたえが全然ない。

251 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:07:53 ID:64IYVz5Y
394ページって人物名間違ってるのか画家がテンパってるのかどっちなんだろう

252 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:13:19 ID:OoO7RDQu
次回作の榎木津はオンモラキであったような一時的に目が見えない、という設定ではなく、一時的に口がきけない、という設定にしてもらいたい。

253 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:24:08 ID:mDODGYT/
なんか、そうすると本当にただのヤバいひとになるんじゃ・・・

254 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:28:14 ID:XW3ukPFs
読み手が展開に慣れてきたから新鮮さがうすれた、っていうのもあるんじゃない?
初めて手にした京極本が邪魅の雫だったとしたら、結構面白いかも。

おんもらはアレだけど

255 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:33:18 ID:ZvtgpTXn
>>252
いきなり犯人殴って終わりじゃねえの

256 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:54:01 ID:onk6VPKU
邪魅は絡新婦の劣化版って意見が結構あるみたいだけど、
そう見えるのは今作の事件の構造が絡新婦と酷似していて、
でも首謀者というか元凶になった人物が茜のような傑出した策士ではなく、
単なる一般人だったって点に尽きると思う。

茜の場合、内心では止めたい止めたいと思いつつ思惑通りに事が運んでたけど、
今回の場合それがまったくの逆になってたってわけで。
一般人というより茜の駄目バージョンみたいな感じか。

読み物としては十二分に楽しめたけど、京極堂シリーズとして読むと
今回は物足りない部分は多いね確かに。
久しぶりに京極堂と関口のやりとりが読めたのは嬉しかったけど。
やっぱこの二人がいてこそのシリーズだからなあ。

257 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:56:10 ID:vmpTuOx3
圧倒的にスケールが足りないんだよな。
ノベルスで800ページもあるのに、こんな事件の構造じゃなんだか拍子抜けしてしまう。

258 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 18:57:20 ID:IX0aza+F
スケールはこの程度で良いよ。今までがでか過ぎた感がある。

259 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:02:59 ID:ZvtgpTXn
満州がちらつき出したときはまだでかい話かと思ったがな

260 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:07:05 ID:mAawADNd
やっぱり最後は、白と黒の世界で、寺院を真っ赤に燃やしちまうくれぇでねぇと駄目だわな。 ナーンテネ

261 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:07:13 ID:k7o82Ndl
絡新婦までは読み返しても面白いのですが
邪魅の雫は全く面白くないのが不思議です
先が知りたいとか、こう引くものがない気がする

262 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:10:07 ID:vmpTuOx3
なんか最初のモノローグから引きが弱いよね。
魍魎の匣の異様な雰囲気、鉄鼠の檻の凄然とした雰囲気、
絡新婦の理の幻想的な雰囲気、そういうのが全く無かった。

263 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:13:29 ID:ueHfkhkw
妖怪に魂まで飲み込まれかかっちゃうようなのが居ない
青木もオロカもあくまで捜査だし、関君は割と安定してるし

264 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:13:46 ID:Uy1pn/3+
しかし豪快なネタバレスレと化してるな。

だから実情にそぐわないローカルルールなんて作るなと言ったのに。

265 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:14:58 ID:IX0aza+F
犯人はヤス

266 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:15:59 ID:yRWqQYZF
>>256
はげどう

邪魅はオンモラキよりは読めたけど京極堂がオマケみたいに見えて物足りなかった
ラストもいまいちだし、他スレにも書いたけど百器徒然袋の本編読んだような感じがする

267 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:18:05 ID:9IOHwsy4
初期5作みたいな、なんか度を越えた話(上手くいえない)を
書くのは同じ作者でも難しいんだな、と思った。
でも良かった。満足。「登場人物に感情移入できない」のは
もともと目欄だから仕方ないんじゃないか。

268 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:19:13 ID:IX0aza+F
京極堂は実際オマケだったような気がするが。

269 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:21:18 ID:H8UiUWgx
もう二度と本編を拝めないのかな?
なっちゃんの中では本編も外伝もないのかもしれないけど、
私としては関口視点の初期を支持

270 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:25:19 ID:IX0aza+F
関君が主役を張ったのは、ウブメとオンモラキ位なものだよ。

271 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:26:18 ID:mAawADNd
>>267
「邪魅」の性質上、近親相姦、倒錯、妄怨、グロなどが
自動的に排除されてしまったのも度を越えない点かも。

と、自分もここで批判めいた事を書いてるけれど、それでも面白く読んだけどな。
まだ、一読しただけだからこんな意見がでるのかもしれない。
陰摩羅鬼の時だってそうだったから。


272 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:26:34 ID:vmpTuOx3
>>267
そのメ欄の話であることは分かるし、それについては文句無いけど
それならそれでちょっと長すぎるよ。上で誰かも言ってるけど狂骨レベルで十分。


273 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:27:24 ID:gb/Mv4+m
世間の中心で愛を叫んだ元カノ

274 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:28:20 ID:0tHzWz1U
雪絵さんが事件に関わる話が読んでみたいなと思ったが
それやっちゃうと関口くんが鬱病で起き上がれなくなっちゃうか

275 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:33:52 ID:ySut2Lwt
>>246
榎木津は元々、姑獲鳥で伏線を小出しにするためだけのキャラだったんだと思う。
鉄鼠ではあの人物を目の前にして余所見させるわ、陰摩羅鬼では目を見えなくさせるわと
シリーズを重ねるにつれ、扱いづらくなっているように見える。
そのうちレギュラーで誰か死ぬなら、榎木津のような気がするよ。

276 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:37:32 ID:Uy1pn/3+
空鳥は千鶴子の実家が絡んで来るんじゃね?

ぬえって京都っぽいの印象が強い。

277 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:41:04 ID:gb/Mv4+m
邪魅読んだヽ(´ー`)ノ
みんなが言ってるように、たしかに薔薇十字の外伝のちょっと分厚い版っていう感じではあったけど
塗仏で一度物語がピークに達して、今はまた助走段階だと思えば十分面白かった。
京極堂の関係ない話が実は本題の前フリとして必要不可欠なように、
オンモラキやコレがそのうちの話のパーツの一部だったりするんだろうかとか勝手にワクテカしてる。
オンモラキがあれだけ伯爵の話だったにもかかわらず動機が判明しようがフーンとしか思えなかったのが
短いながらも西田先生の話はこう、判るような気がしたので、それだけで十分だと思った。
大鷹は、あんな嫌なキャラ書かせたら上手いね。もう読みながらゲンナリ(褒め言葉)しちゃったよ。

>>270
オンモラキは物語的には関口主役じゃない気がする。
あれはもう徹頭徹尾伯爵が主役だったっていう印象しかない。
どっちかって言うと魍魎の久保サイドの話のほうがまだ関口の物語という気がした。

278 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 19:45:26 ID:Amjmp3Ub
関口のモデルと言われていた方がお亡くなりになってから、いまいち京極センセのテンションが…と思っているのは自分だけか

279 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 20:09:53 ID:yRWqQYZF
>>278
邪魅は関口の扱いが今までよりよくなってるような気がした

280 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 20:30:09 ID:JU9uJ+so
邪魅読了

非常に現代的な話だったのが、いままでと印象が異なる原因では?舞台設定を現代として読んでもそんなに違和感が無い。

作品中の時間が戦後の混乱期から抜けつつあることを考えると、今後の京極堂シリーズはドンドン雰囲気が変わってゆくのかもしれないし、テーマも現代的なものに変異してゆくのかもしれん。

281 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 20:31:08 ID:S+I98LY7
>>279 オンモもだけど、関口に優しくなったよな。塗り仏の時なんて関口…


282 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 20:33:02 ID:nqyOLOTi
ジャミと面霊気の間には何の事件もないんだよな?

283 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 20:35:42 ID:HkzQEfwm
>>245
同じくデリシャスワロタ。
もう一回あそこ読みたいんだけど
何nだったかな。

284 :283:2006/09/28(木) 20:37:59 ID:HkzQEfwm
自己解決。
656nだった。

285 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 20:38:27 ID:H+BvrVuA
オンモラとジャミで、関口を見直したよ
京極堂に痛い突っ込み入れられず、途中で自滅することもなく、
普通のテンションで会話できている関口って珍しくて、読み心地よかった

286 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 20:54:43 ID:ZvtgpTXn
榎さんは見える過去がどんどん近くなってる気がするな
相手が今見てる映像すら見えてるような

287 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 21:04:12 ID:tlpIo3Jk
ウブメ→塗仏が関口が壊れていくまでの物語と考えると、
オンモラキ→は関口が徐々に成長、というか出来上がっていく物語なのかもな。
案外シリーズの一面にはそういうテーマもあるかもしれないね。

>>261みたいな意見もあるけど、今回は事件の当事者被害者を除いた関係者のほとんどが、
個々のポジションでとても良い立ち回りを演じた様な感じがする。
益田しかり青木しかり関口もしかり山下しかり。端役で出た木場とかも、彼自身の持ち味を活かした貢献をしてたし、
事件そのものは陰鬱だけど、レギュラー、準レギュラーたちは見てて清清しい思いを感じた。

個人的に山下が再登場してくれたのが嬉しいね。今度は是非石井とのコンビも見てみたいもんだ。

288 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 21:16:04 ID:gb/Mv4+m
なあところでさあ、
江藤くんと真壁さんで『ときめきトゥナイト』を連想したのは俺だけか? 俺だけだったのか?

289 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 21:46:50 ID:qPFIQQni
赤木 宇津木 江藤 大鷹だったので、
石井さんも危ないと余計な心配をした。

290 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 21:50:11 ID:H+G3CGFe
ござるござる

291 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 21:52:04 ID:865s82hU
ふと疑問に思ったんだが、
メ欄に書いたことって、かなり危なくないか?w
死ぬだろw

292 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:02:07 ID:gb/Mv4+m
>>291
たかが一滴なんて広い海からしたらなんでもねえよゴミみたいなもんだよ・・・・・という話だから大丈夫なんでね?

293 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:06:56 ID:H+G3CGFe
おまけの年表見たけど塗仏からオンモまであまり日数経ってないのな、よく関口立ち直れたな

294 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:11:12 ID:ZvtgpTXn
関口は中禅寺が再構築したんじゃねえの

295 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:18:29 ID:GmacXAbq
>>288
それだ。読んでる間ずっと引っかかってたんだ、江藤と真壁。すっきりしたよありがとう。
三十路手前の同世代か…?

296 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:19:10 ID:KmJPseTt
>>261
同意。
今作は、500ページくらいまで、読み進めるのが面倒に感じた。
今までの作品でこんなこと無かったのに。
さすがに登場人物が集約されてくるシーンからは面白くなってきたが。

297 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:21:06 ID:/n90GI39
澤田と澤井が混在してるのも叙述トリックの一つだったっけ?

298 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:22:09 ID:cCWVLyAV
>>291
同じ事書こうと思って仕事から帰ってきたところ。
大磯は漁港だっつーに。

西田先生っつーとガサラキしか連想できん…orz

299 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:27:39 ID:GtjO5ri0
私は日本を貧しくしたい。
などと言ってスクレパーで目を潰す西田先生とか嫌です。

邪魅に比べればまだオンモラキーのほうが
憑き物落としは面白かった。薀蓄も。
大鷹っちがいなかったら駄作ですね邪魅。

300 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:42:32 ID:SeBNuUZR
>最後のエンブレム
今確認してるけど、どうも映画とは関係ないっぽ。
勘違いでした。すまん。

しかし、大鷹ウザイは基本同意だが、駄目野郎ながら決して悪い奴ではなかったし、
さすがに3作通して愛着側沸いたのか、再読時の【メール欄】は、何だかものすごく切なくなった。

301 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:49:31 ID:53uYLjYv
>>270
オンモラキの主人公は伯爵でしょ。
関口はあくまで語り手という感じ。

302 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:53:21 ID:gb/Mv4+m
オンモラキの伯爵は、あんまり青白い青白いってみんながいうから
デスラー総統のイメージで固定されてしまったよ。

303 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:55:52 ID:+++63T7T
郷嶋と木場のコンビの話が読みたい。
のりお&やすし、みたいなイメージ。

304 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 22:57:50 ID:m7dvox4q
>>303
むしろ絶対にくっつかないコンビだと思うぞ。
考え方とかがどう考えても水と油だろ。

305 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 23:12:02 ID:P5G9yPjc
>>298 299
次回作にて、自刃なんて嫌です。

>>248 はひそかに賛成。
感情や、善悪などの考え方は視えないだろうから、苛立っていたのかもね。

そういえば、榎木津は何が視えるのか、あやふやだ。 その人が過去に見たもの?
人の想像したものが視えているように話すこともあるような。推理したのか?

視えるようになった原因は爆弾で目をやられたからだっけ?、ウブメで京極堂が言ってたような。
実は、別の雫が原因だったりしても、驚かないぞもう。


306 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 23:19:56 ID:ZvtgpTXn
>>305
記憶だけど視覚情報に限定されたもの、だからやっぱり過去に見た風景か
記憶の中のどれを見るかは榎さんサイドでは選択できない筈なんだけど、
今現在活性化されてる(他人が思い出してる)場面が見えてるらしい描写と
他人が忘れている記憶の中から拾ってるらしい描写もあってよくわからない

307 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 23:33:59 ID:53uYLjYv
>>302
それは青いだww

308 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 23:47:12 ID:O5EsLCm1
>>158
てめえ、くだらんこと言うな。
いま注文しちまったじゃねえか。
解説書なかったらおまいに責任取ってもらうからな。


309 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 23:47:56 ID:O5EsLCm1
>>308
って、抗議されても、おいらはしらねw

310 :名無しのオプ:2006/09/28(木) 23:48:12 ID:kUspZTsY
amazonで注文した人
解説書付いてきました?

311 :名無しのオプ :2006/09/28(木) 23:49:23 ID:D838No12
色々いわれてるけど十分面白い小説だったと思う。
まあこのシリーズは京極作品のなかでも一番期待されてるシリーズと言うのもあるんだろうけどさ。

ただ個人的に好きな釣堀屋の出番がなかったのが辛い。
次回が狂骨の対となる話ならぜひ活躍して欲しいところだ。

312 :名無しさん:2006/09/28(木) 23:54:21 ID:SeBNuUZR
だが今回の木場を鑑みて欲しい。

313 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:01:56 ID:vmpTuOx3
最近気づいた。木場が出番多い作品と、プロローグで引き込まれた作品は
俺にとって良作が多いということに。

314 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:02:48 ID:GtjO5ri0
狂骨の対でイサマ、ということは

次で即身成仏するわけですねイサマ。

315 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:09:48 ID:BeorkRnA
木場の対で榎木津だったから
イサマの対でマチコサンですね

316 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:10:41 ID:O3BEcgV0
邪魅読破。福岡ジュンクで27日午前中に連絡来た。意外と早かった。
今回はスケール的には小さかったもののかなり面白かったと思うよ。
>287
に同意。ウブメ→ヌリボトケは関口がどんどん壊れてっちゃって、
オンモで立ち直ってそっから徐々に復活してく、みたいな印象を受けた。

主要キャラみんなが切なくなってるところがよかった。
これであの場に木場がいたらどんな反応だったろう。
今回超脇キャラだったけど、何というか木場の重みは増した。気がする。

今回の中禅寺の仏頂面にワロタwどんな顔だ、それ
解説書はジャミと一緒にビニールに入ってたけど、山嵐ってジャミ後だったんだなー
読み返さねば。
ちなみに大磯限定版を予約したら第二版で10月下旬に届くと言われたよ。





317 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:12:24 ID:6DJdWO3A
どこら辺が対になっていたのかよくわからん
ウブメ⇔オンモはなんとなくメ欄1てことで納得できなくもないが
モウリョウ⇔ジャミはなんだ?やっぱ
誰か説明してくれ

318 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:14:23 ID:6DJdWO3A
ごめん途中でかきこんでしまった

どこら辺が対になっていたのかよくわからん
ウブメ⇔オンモはなんとなくメ欄1てことで納得できなくもないが
モウリョウ⇔ジャミはなんだ?やっぱメ欄2っつうことなのか
でもそれは対とはいわないんじゃ・・・誰か説明してくれ


319 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:15:43 ID:BBhIx09W
読了。シリーズの中では小粒感があるかな? カタルシスがやや弱い気が。
でも京極堂もの長編の良いところは大ハズレが無いというか、
毎回きっちりある程度の水準を保ってるところだな、とも思った。

320 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:21:51 ID:jISiiMX+
諏訪とかのときも地元バージョンて出たの?

321 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:23:35 ID:qnIRlJBv
ウブメ⇔オンモラキはわかる。
ジャミは⇔モウリョウというよりは⇔ジョロウグモだとおもったんだが

322 :メ欄:2006/09/29(金) 00:33:59 ID:2K+pp1GU
絡新婦や狂骨っぽい所もあると思う。

>>317
美馬坂とウマ。 馬場と木場。
無理があるか。 
木場⇔大鷹 じゃないか。あとは同じく元刑事の益田。
木場もあのとき辞表を出したよね。

323 :名無しさん:2006/09/29(金) 00:36:26 ID:Fgk14bSV
ノベルス版百器徒然袋-風416頁より


鞭に関して益田の台詞
「も、持ち出しませんよ。ありゃそもそも榎木津さんのものじゃないですか。
僕の私物じゃなくて、ここに置いてある、薔薇十字探偵社の備品ですよ。
榎木津さんがお前に似合うから持っていろマスカマと云うから」


・・・うーん、齟齬だよなぁ。
夏彦って几帳面そうで、こういう部分は本当にザルだよな。

324 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:37:39 ID:Ow1fdZ0y
もう○○と対ってのは意識して書いてない気がするな
蜘蛛とは対になってるというよりも、似たもん書いちゃいましたって
感じがする

325 :名無しさん:2006/09/29(金) 00:40:09 ID:Fgk14bSV
「あの男に会わねばならない」のフレーズにぞくぞくした。

構造的には顕かに久保や雨宮とかぶってるべ。

326 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:42:33 ID:rvomRlay
姑獲鳥:陰摩羅鬼=密室モノ
魍魎:邪魅=連続殺人モノ
というテーマで対と考えるのは如何か。

327 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:43:21 ID:6DJdWO3A
>>315
鉄鼠はマチコンの話だと思ってたがまたマチコンが主役をはるのか

>>321
それを言うなら狂骨とジョロウグモっぽいと思ったけど
てっきり刊行順に対になってるものとばかり思い込んでたからなあ

>>322
なるほど確かにそういわれればそうだな(メ欄)
てことは事件そのものが対応してるように見えるのであって、
登場人物自体が対応しているっつうわけじゃないんだろうな
オンモラキがメ欄1だったから次はてっきり2なんだとばかり

328 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:49:16 ID:7KE5G0WQ
邪魅は登場人物が多いけど
人間が書き切れていないような…

女郎蜘蛛なんかも多かったけれど、一人一人存在感があったのになぁ
今回は紙みたいにぺらぺらで、印象が殆ど無い

329 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:50:26 ID:qnIRlJBv
>>323
414ページ
「じゃあ何か、それは探偵の必要経費で買ったということかい」
「もちろんですよ。こんなもん私物でもったって仕様がないでしょうに。
 こりゃ薔薇十字探偵社の備品です(略)」

といってるから、大磯で経費で買う→薔薇十字探偵社の備品として収める→榎木津にもってろといわれる
っていう順じゃないの?

330 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:50:41 ID:h0KMt9aW
『邪魅の雫』は『空鳥の碑』の伏線になってると予想。
『空鳥の碑』⇒『正体不明の人物が事績を後世に伝えるために刻んだ石』と解釈。
軍(D一味)が何かヤバイ物作ってた話。
といえば、今回の邪魅がそう云う話だったな…。

331 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:50:41 ID:7KE5G0WQ
>>323
鞭はおかしいですよねぇ
公式で弁明あるかな?

332 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:52:42 ID:X0DIBaK8
>>328
同意。大鷹以外は直ぐに忘れそうだ。
大鷹はあれだけねちっこく書かれたら忘れられないけど。

>>330
あんまり軍部ネタは引っ張って欲しくないなぁ・・・

333 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:53:34 ID:7KE5G0WQ
>>329
雨で初めて鞭が出てきますよね
そのとき関口巽(としか考えられない)が鞭を見て「なんだそれは」
と口にして居るんですよ
それに対して益田は「大磯で入手したんです」
いくら益田が一度返品したとウソを付いているからと言っても
この展開はどうにも無理があるんじゃないかなと

334 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:53:52 ID:EUPe2/el
姑獲鳥:陰摩羅鬼が「一人の女性を中心にした事件の物語」だとしたら、
魍魎:邪魅は「内面世界をテーマにした展開する事件の物語」と言えるだろうな。
魍魎の事件はそれぞれの当事者自身の内なる世界、価値観などが錯綜し絡み合う事によって発展していった事件で、
邪魅もまた、当事者たちそれぞれの思惑が絡み合い縺れ合うことで進行しつづけた事件といえる。

335 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:55:45 ID:X0DIBaK8
確かにハコという世界と雫という世間は対になってるようには思える。
ただ対のものとして認識すると、邪魅の雫の微妙さがより強く感じられてしまうが・・・

336 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 00:56:57 ID:7Z2f7Y4N
雫P414で、鞭は薔薇十字探偵社の備品と言ってるぞ。
探偵の必要経費で買ったから、らしい。

百鬼徒然袋を読んで新発見あった?
雨p98で探偵は歯止めが効かなくなったとか、
428で本島はナキヤマという呼び名が新しい呼び名だと思ってるようだ。とかかね。
雨の文庫版は未だだし、ラジオドラマもあるから、
辻褄が合わない場所があれば修正しそうだな。

337 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:00:48 ID:UM3f/q9z
冗長だけど面白かった。
この一文が邪魅の完全なるレビューだと思う。

キャラの変遷と立ち返りってのをやってくれたのは嬉しかったな。

338 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:01:10 ID:s7U/2u+n
西田新造が西尾維新で、
江藤徹也が佐藤友哉か。

339 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:01:53 ID:qnIRlJBv
>>328
視点の違いでは?
女郎蜘蛛の方は事件に巻き込まれる登場人物の視点ギリギリに近いところの感情表現描写で
読者も同じような巻き込まれた感を味あわせてたけど
今回は、大鷹描写なんかかなり顕著だが、かなり客観的な、
コイツは自分の世界との折り合いをこんなバカな方法でやってますよ、みたいな
ちょっと引いた構図で描いてると思う。
だからむしろ、「こいつ馬鹿じゃね?」とか「こいつ薄っぺらい感情だな」とか
今回の登場人物にはそういう感想に落ち着くのが近いような気がする。
来宮姉妹や宇津木実奈みたいなキャラではなく、馬鹿をメインに描写してるというか。

340 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:04:20 ID:qnIRlJBv
>>333
いや、それは知ってんだけど、
>>323の備品発言自体は別に矛盾じゃないじゃんっていってるんだよ。

341 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:09:21 ID:2K+pp1GU
魍魎≒邪魅に近寄ると、事件の正体がわからなくなる所、もかな。
魍魎とは境界、あってはならぬ物、迂闊に近づくと向こう側に引っ張られる、だっけ。 

邪魅にも当てはまるかなと。

P490あたりの暴走は、木場を思い出す。
あと、ストーカー男も、魍魎に出てきたと思う。

>>339
そういえばそうかも。

342 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:17:05 ID:WiTme1Au
なんか己の異常を弁えている分今回は関口がまともに見えたなw

343 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:19:40 ID:34V6kCnY
>338
大鷹はあからさまだけど、そこまで考えてやってたのかね。
もしそうならちょっと大人気ないなあ…

344 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:20:19 ID:6DJdWO3A
>>337
関口が前よりちょっと強く見えたのは嬉しかったが
京極堂がおまけだったのと榎木津の「キャラ」がますます激しくなった気がする
榎木津は百器で活躍するくらいが丁度いいんじゃねとすら思ってしまった

>>341
おお、なんかかなりしっくりくるな

345 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:24:24 ID:yK1yWYYQ
通り物の話はモウリョウ、ジャミで共通して出てきたものだよね。

鞭は経費で買ったので備品、関口は返品したものだと思ってた。

で、俺は納得してる。

346 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:46:18 ID:bdVXn7FE
個人的には関口が例によって忘れてただけ、でFA。

347 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:54:12 ID:qoSujpyE
榎木津は人気あるキャラだからね・・・
夏彦・・・何か見え隠れするよ

348 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 01:59:57 ID:xTtSfjSL
法律の専門用語である「善意の第三者」の誤用が気になってしょうがない。
もっと一般的な言い方に変えればいいのに、これで二回目だよ。

349 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 02:07:25 ID:2K+pp1GU
自分もちょっとそう思ってた。やっぱり誤用なのか。
善意の第三者
京極・・よかれと思っている第三者
法律・・何も知らない第三者

こうだっけ?わざとなんだか、知らないんだか。

350 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 02:39:00 ID:DwdZdxxD
p808上段6行目で


「今回割りと大人しめだった関君が最後の最後に発狂ぶっかけプレイクルー Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!??」

と勘繰った奴は日本に何人いるのだろうなぁ

351 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 02:40:59 ID:enz7Ymgr
>>434
内部対立でもあんのかな
佐藤は駄目だと思うが、セカイ系の筆頭であるところの奈須や西尾はそれなりの物を書いてると思うが


352 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 02:43:07 ID:BNwy7VVi
読了
いろんな視点から語られるので前半は混乱した
だけどこの混乱も意味があることに気がついた

見えない死体のある病院
少女生かす匣の中
即身仏のいる密教の寺
結界が張り巡らされた寺
黒い聖母が見守る学園/蜘蛛の巣のような屋敷
存在の消された村
鳥邸

今回はわかりやすい装置がなかったな

353 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 02:51:25 ID:tA3HzB+H
それなりに面白かったんだけど。
なんだか、物足りない・・・というよりがっかりした。あっさりしすぎていたというか。
もっとおどろおどろしさやカタルシスを妖怪シリーズに求めていたのかもしれないけれど。
冒頭は女郎蜘蛛を彷彿とさせてワクワクした。

354 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 02:51:59 ID:pujMEULB
>>352
言われて見れば確かに今回は印象に残る風景、舞台みたいなのが無かった

355 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 02:53:10 ID:Fgk14bSV
なんか意外と再読するごとに評価が上がりそうな気がするよ。

色々確認する為に、ぱらぱら飛ばし読みしてて思った。

356 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 02:53:21 ID:BNwy7VVi
がでてくるとばかり思ってたがそれはヌエにでてくるんだろうか?

最初カバー裏を見て既刊リストと次回作予告がなかったからちょっとあせった

357 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 02:57:36 ID:3+u7QpsG
大仁田って名の登場人物が出てきた。
正直、あの男の顔が思い出されて、興醒めした。。

358 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 03:00:22 ID:WiTme1Au
俺最初マスカマの偽名とばかり思って読んでたw

359 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 03:03:28 ID:BNwy7VVi
今回の作品を横溝作品でたとえると
「本陣」「獄門」「犬神」「手毬唄」「八ツ墓」と読んできていろいろ飛ばして「白と黒」を読んだって感じかな


360 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 03:52:28 ID:VOk5rsy4
江藤って今回初登場だよね?
今回出てきた人の中でかなり異質に感じたけど、
なんか雨みたいな形で補足があったりするのかね。

361 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 03:53:16 ID:xx+oCXdy
前半分読んだところなんだけど、今回の作品の魍魎との類似点て
「それぞれ独立した事件が偶然積み重なって、連続した1つの大きな事件だと誤解する」
じゃないのかな、と思って読んでる。

362 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 04:21:20 ID:5DZZA3eF
山も谷も無く淡々と読み終えてしまった感じ。
シリーズ中オチは最悪じゃないだろうか。

363 :イチゴジャミ:2006/09/29(金) 04:25:46 ID:6pehwVHl
だんだんあらぬ方向へ逝ってるなァ

364 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 04:40:56 ID:hyKkeZuF
>>278-279
要するに、関口を酷く描写してからかっても
笑ってくれる本人がもういないので張り合いがなくなってしまったのでは。
作者は「作品と実在の人物は関係ない」と否定するだろうが

365 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 05:02:23 ID:X9+IaBE/
冒頭とかの文章読んでる?
なんか最近あれ読むのおっくうでいきなり本編に入ってしまう

366 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 05:30:38 ID:N5WhmWi2
モラキーは読んだ
読んだ時点で誰が犯人になるかわかってしまったので
ジャミでは読まずに本編にいったんだが
読んでも問題なかったな。犯人わかっても何の驚きもなかったし。

367 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 05:53:52 ID:Z6tlpJBw
・陸軍十二研がらみ
・連続してない事件が連続して見える
・犯人がメインキャラの過去の想い人
・犯人は嘘を吐いただけだがそれが最悪の事態を招いた
あたりが魍魎との類似点かと


368 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 06:48:56 ID:Wybj6peN
殺人語り

369 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 07:16:47 ID:QSJbZn3m
魍魎と対って話は初めて聞いたんだが
もし魍魎の犯人を京極堂が祓ったとすると邪魅みたいなやり方になったのかなと
ああでもあの人は祓えないかな…

370 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 08:27:24 ID:X0DIBaK8
キャラものとしては面白くて益田や青木ファンとしては楽しかったが
これを本線とは認めたくないな。ロクに憑き物落として無いし。
薔薇十字団番外編と見れば無駄に長いことを除けばアリかもしれんが。

371 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 08:40:48 ID:XnTHRam3
鋭い人って、どのあたりで今回の事件の真相わかっちゃうもんなの?

372 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 08:56:23 ID:QSJbZn3m
ああ、魍魎と比較するなら
自分の狭い世界に他人を取り込んでいくのと
自分の世界を拡張して他人をとりこんでいく違いって見方もあるのかな

373 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 08:59:11 ID:X0DIBaK8
>>371
真相は分からないけど、真犯人は直ぐ分からない?
あと事件の細部はともかく構造も検討がつくと思う。
どっちも同じような前例があるかだろうけど。

374 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 09:48:32 ID:yCHlNN0k
>>371
鋭くないけど真ん中へんで何となく分かってしまった。
青木がメ欄1の話をきいて、2の名前が出てきて
3の名前が出てきたあたりでもう繋がりが見えるよね。
で、該当しそうな奴はひとりしかいなかったから。
憑き物落としのときに実は違うんだって驚かせてほしかった。

375 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 09:49:05 ID:npLE1eyx
メ欄がどんなだったかの描写がほとんど無いからかなあ。
最終的な犯人に同情もできないし共感もできないし唐突な気がする。
哀れさも伝わらない。
まーそこまで書くと恋愛小説になっちゃうのか。
榎木津が絡むととたんにリアリティがなくなるんだよなあ。

376 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 10:20:02 ID:X0DIBaK8
>>375
結局エノさんと因縁を持つ人間を中心に据えちゃった時点で、
ラストはあんな感じになるしかなかったんだと思うよ。
このシリーズはラストの余韻も良いものが多いだけに(陰摩羅鬼の瑕だって最後は良かった)
今回非常に消化不良で萎えた。

377 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 10:22:45 ID:AmO8yag2
>>371
そもそも最終的には万人に犯人が分かるように書かれているんだから、
早めに気づいた所で大した差異は無いよ。

378 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 10:37:22 ID:5Wzp88su
>>376
オレもラストだけが気に入らないな
それ以外は良かったんだけどあの終わり方がね
結局読者の中で話が始まったばかりだったんだよね


379 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 10:37:48 ID:M9cpcRjF
魍魎と雫が対って、そのまんま、妖怪が類似してるからでは。
久保達は魍魎に出会ってしまった。
今回の加害者達は邪魅の雫を手に入れてしまった。

380 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 10:42:20 ID:eK3skopT
『東海道五十三次 巻の八 〜大磯宿〜 薔薇十字下僕団 探偵の過去に憂鬱になりぬること』

っていう外伝作品と思う事にした。

381 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 10:52:41 ID:cd1XbFvv
BOOK倶楽部から届いたわけだが(解説書同梱
他でも買っちゃってた

さてこの三冊のジャミをどうしよう・・・

382 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 10:57:28 ID:N5WhmWi2
読書用
保存用


383 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 11:04:12 ID:Ikec+uOy
読書用
筋トレ用(2冊)

384 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 11:11:00 ID:BNwy7VVi
>>371
正直なこというとメール欄1が黒幕かと思っていたのでこういう結末は想像していなかった
今回中禅寺が出ばってきたのはメール欄2がかかわってたからで
中禅寺がでてこなくても真相はいずれ青木が辿り着くことはできたと思う
邪魅はどうも「支度」編のような気がしてならない

385 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 11:21:05 ID:f3jGdDh4
>>371
目欄がきっかけで疑い始めた感じ。
名前と人物の照応が何度も出てたし。

386 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 11:23:21 ID:npLE1eyx
>>384のメ欄1がまた黒幕でしたとか言うオチじゃないだろうなと
ビクビクしてたので出なくて良かった。
彼をラスボスっぽく出されるとなんか萎える。

387 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 11:23:57 ID:Nh7jdhgF
の結末に肩透かしを食らった。こんだけ結末引っ張っといてそりゃねーよ。

388 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 11:27:21 ID:X0DIBaK8
>>387
確かに。
最近のこのシリーズは、クドさが目立っちゃってるよね。
はったりが効いてない。

389 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 11:36:37 ID:6DJdWO3A
>>375-376
はげどう
ジョロウグモは後味があまり良くないのに話はオチ含めて面白くて
そのさじ加減が好きだったんだが今回のは同じ後味の悪さでも何かが違ったような。

メ欄がラスボスっぽくされるのは萎えるがこいつの視点で進む話を読んでみたい

390 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 11:43:01 ID:aLF3rMA4
途中の某所での世間話みたいな推測憶測祭りと
あきらかに最善の策ではないのにさもありなんと唆してるかのようなガラスの仮面女
にはいらいらして読むのやめようと思ったがそのパンチがあとあと効いたな。
最後はなんだかやりきれない感がどっと来て疲れた。
ずっと言動にお前らバカかとむかついたがなんが犯罪者側カワイソス( ´・ω・)
特に一番最後に殺された人アワレ。

ぶつぎれ的な余韻より、やっぱりウブメ系の日常に帰ってくる的な終わりがいいな。
女男女男と交互に来て、やはり女が罪はなくとも主犯格なのかと相変わらず装置が上手いなと思った。

391 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 11:57:25 ID:uvvnBAg+
>>384
自分は「まとめ」っつう印象を受けた。
消化しきれんで気持ち悪い感じはするんだけどねぇ。

今回は、こう、真ん中辺りからページをいきなり開いて、そこから物語を読み始めたような感覚に陥った。


392 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 12:11:50 ID:bNuM5aLz
読後感が最悪だった。
オンモはつまらなくても登場人物はみんな好ましかったのに。

今度は関口視点で関口エピローグの話が読みたいなあ。

393 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 12:17:16 ID:aLF3rMA4
結局それぞれの加害者の動機や行動理念が自己完結されて
それぞれがそれぞれでまとまっていて、短編物語のように進んだから
まとまりがなく見えるのかも。
実際繋がっていたのは嘘をついていた女と毒だけだし。
そもそも舞台装置が、毒さえあればいや毒を中心として
人と場所とものを変えたら誰にでも当てはまりそうな、やってしまいそうな単純な事件だったからね。
落とす憑き物はよこしまな心(雫)に魅入られた死んでしまった人たち一人一人に
とりついたまま間に合わなかったわけで、生き残ったのが一人しかいなかった。
だから本屋の出番がおまけ見たく見えるんだろうね。

394 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 12:46:00 ID:aJ90ZJch
殺されて仕舞いましたよ

って、なんか好き。

395 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 13:26:11 ID:IwcrHfVK
京極、春くらいにも大極宮で評論に関して書いてたし、なんか嫌なことでもあったんかな。
今回の京極堂のうんちくは夏彦の愚痴が透けて見えたからつまらんかった。

あと、水木作品でももうりょうの絵でジャミの名前ででてきたりしてるし
まぁ関係あるっちゃーあるんだろう。

396 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 13:33:02 ID:h9Kxxk/S
今回の犯人は嫌なやつだった
また例によって次回作で吊られたりするのかな

397 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 13:43:24 ID:my2+w9y9
雪ちゃん出番マダー?

398 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 13:44:17 ID:LDPsrvh9
ぶっちゃけ
妖怪の邪魅、影ウスー
京極堂は邪魅スルー

本編仕様の妖怪にしては可哀相なあつかいだよね
彼奴についての蘊蓄が欲しかったですな〜

399 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 13:47:00 ID:aJ1umPg1
100P読了したが陰摩羅鬼に続いて読むのが苦痛。

400 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 13:49:42 ID:my2+w9y9
オンモラキスキーって少ないのか
むしろ可也きにいってるのだがそれは俺が
伯爵スキーだからか

401 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 13:52:17 ID:hdP8l3Mk
塗仏、陰摩羅鬼、邪魅は妖怪自体にデータが無さすぎるんじゃねえかな

402 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 13:59:48 ID:iC3yN5vE
邪魅、目欄で思いっきり使ったから影薄いのかね

403 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:01:37 ID:h9Kxxk/S
豆腐でも漫画的に見える悪のオーラみたいな扱いでキャラ薄かったような

404 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:02:16 ID:X0DIBaK8
>>395
同意。もうちょっと上手く書いてくれないと、愚痴にしか見えないよな。
おかげで京極堂が性根悪く感じられたし。
>>401
じゃあそれを選ぶなっちゅー話じゃね?
妖怪をモチーフとして中心に置くのが、京極堂シリーズの面白さだと思うのだけれど。

405 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:05:11 ID:h9Kxxk/S
リンゴの話は笑えたけど

406 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:11:40 ID:L2NFOBhR
むかぁ〜しむかし、あるところに、大馬鹿がおりましたとさ。

407 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:14:24 ID:h9Kxxk/S
江藤や大鷹的駄目要素は自分にもある気がするので
馬鹿馬鹿書かれると憂鬱になるw

408 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:16:22 ID:L2NFOBhR
>>407
最初の馬鹿の仕組み描写は、俺のことかぁー!と思ったよ。

409 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:18:26 ID:buiI1MD5
感想1
読み物としては相変わらず面白かった。
ミステリとしては論外。

感想2
ミステリとしては論外。
読み物としては相変わらず面白かった。

410 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:24:08 ID:Wybj6peN
読み物としてもどうなんだ?
大鷹や江藤の思考描写?がくどい
正直な感想として

『同人じゃないんだから・・・』

411 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:25:47 ID:m3UP/gPz
もしかしたら、邪魅に出てきた関やエノさんや本屋って偽物じゃね?

412 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:26:53 ID:0eojUts0
くどい描写も彼等を表すには適しているのだろうが
何度も挟まれると鬱陶しい

413 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:28:02 ID:my2+w9y9
苛苛する感覚を書かせたらうまいなぁとか素直に思ったw

414 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 14:34:24 ID:BNwy7VVi
>>411
いつもの榎木津、いつもの関口じゃないように思えるが
実は姑獲鳥の榎木津、関口に近いと思った

このミスとかの順位はもう気にして書いてないよね


415 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 15:03:22 ID:xmxvwoEY
…たまにはカストリ記者の事も思い出して下さい。

416 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 15:08:44 ID:PIaHWTeQ
空鳥こそ鳥口じゃないのか。鳥だし。
邪魅の舞台が海だったし、雫の奪い合いも狂骨っぽかったな。
碑のネタはどんなのになるんだろ。檻に近い部分もありそう。
山下が禿げたのは檻のラスト? ひょっとしたら坊主かと思ってしまった。


大鷹の視点こそ、魍魎らしいと思う。

417 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 15:11:08 ID:fuzNFsqw
長いのが長所で芸で本人も自覚してそうしてるのだからそこを云々しても
意味ないけどやっぱ長い。どうしても水増し感は否めない

418 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 15:11:50 ID:VW2UOvJj
たまにこういう関口も悪くないなと思った
山下結構好きだから再登場してくれてよかったし、郷島もなかなか良い
でも、セカイ系関連(大鷹・西田含めて)のところは読んでて正直かなりだるかったな
何度も何度も同じこと言われてもなあ
京極堂の関口評もメタセカイ系のつもりだとは思うけど、
>>395の書いてる通り、なんか自己弁護くさくて嫌だった
あと、このラストは俺的には正直無いわ
フラストレーションがたまる

419 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 15:19:32 ID:0J5wQAao
にゃんこだ!

420 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 15:45:22 ID:RbPIGKCt
今日の夕飯は全力魚祭りにする

421 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 15:46:34 ID:L2NFOBhR
爆裂伊豆だ!

422 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 15:49:40 ID:eK3skopT
おいこの尻鮪!

お前ら下僕どもがうざい、いらない、邪魔くさいと好き勝手云うから
肉麻呂が探偵の高笑いを封印してしまい、なんだかとっても物足りないじゃないかっ!

423 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 15:57:11 ID:0eojUts0
ケケケ

424 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 16:00:56 ID:bILssSla
逃亡犯が名前を変えて別人になりすます、というのをくり返すのならともかく、
メ欄は無理がありすぎやしないか?

425 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 16:10:48 ID:AmO8yag2
絡新婦の茜みたいに、次巻で意味も無く殺されそうな気がするんだが

426 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 17:03:48 ID:X0DIBaK8
>>425
かなり小物だしな。

427 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 17:12:35 ID:LVb75HYk
前作に続いて憑物がついてくれなかった・・・

428 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 18:02:26 ID:Eg2TtH+o
やっとうちの田舎にも並んでたんで買ってきた。
オマケ本が便利すぎるー。

429 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 18:27:00 ID:O3BEcgV0
素朴なギモン。
今出川ってエノの縁談が縁談が、って言ってるけど、
総一郎って結婚してるのか?

430 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 18:42:55 ID:yP4gqmhg
今回ラスボスが全然魅力的じゃなかったのがきつかったな。
多羅尾伴内みたいな早変わりするくせに、動機は私利私欲のためだし
その癖悪になりきれてないし、腹も据わってないし。
金と権力を持ってる厨二病ってやっかいだなーって感じ。
まあ、次回作も読むけど。

>>429
本書に記述はなかったような気はするけど、年齢的にしてるんじゃ?
子供もいそうだよな。

431 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 18:45:45 ID:Nj27jbh3
あっと驚く展開でもなければ、悪役に魅力もなく。
個人的には途中までの経過はワクワクしながら読んでただけに、
ラストのつまんなさがどうしても納得いかない・・・。

432 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 18:49:55 ID:eccdz+B0
大極宮みて応募した人いる?

433 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 18:54:55 ID:m4SexW6H
自分が女だからかもしれないけど、ラスボスが立ち直りつつあるMを「許せなかった」
と思うのは何となく共感できたな。

434 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 18:56:47 ID:0S0BbeqH
オンモオンモと皆が言うけど
読んだはずなのにひとつも内容が思い出せない。
誰か3行で思い出させてくれ

435 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 18:58:17 ID:qnIRlJBv
>>433
ああ、それは同意。
ラスボスの3人のそれぞれの気持ちはわかるわかるという感じで共感できた。

436 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 18:59:22 ID:qnIRlJBv
>>434
鳥ばっかりの家で
伯爵が住んでて
嫁さんが死ぬ。

437 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 19:09:07 ID:0S0BbeqH
>>436 ああ、そういえば剥製がいっぱいあったような…
それ以外やっぱり思いだせんw 
ついでに本を納めた場所も思いだせんw しかしトンクス

438 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 19:18:38 ID:5DZZA3eF
好き避け、ツンデレ、ボーダー女って回りに迷惑かけてばっかりでうぜぇな、と。

京極堂の妹って今回何しに出てきたのかさっぱりわからん。
ファンサービスみたいなものか?

439 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 19:27:57 ID:5oE7MoJL
さて、これから読もうと思うが新書、文庫、分割文庫。どれが良い。

440 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 19:36:23 ID:aLF3rMA4
敦子は、益田の内面描写のためじゃない?

今回は最初から探偵の話で中心にすわっていつも見たく暴れればもっと早く解決した。
ただ、本屋も言ってた通り榎木津も人だからセンチメンタルなときもあるんだろう。
探偵が振り回されたら構造的に魍魎とかぶったけどそういうキャラじゃないしな。
普段い比べればかなりらしくなく、右往左往はしてただけども。
足りない部分は、益田・青木が振り回されてたな。

441 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 19:37:43 ID:JiN1vu7q
結局榎さんは今でも好きなの?

442 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 19:38:04 ID:RbPIGKCt
そういえば、京極堂の情報提供者はメ欄でおk?

443 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 19:46:46 ID:HBEuP2dN
>>400
俺好きだよ。
塗仏よりも好きだな。

444 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 19:50:14 ID:a1D+EfEg
ジャミで木下大暴れするかと思ったのに。

445 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 19:52:59 ID:bLSXLrwh
木下?

446 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 19:56:00 ID:HBEuP2dN
なんか前のかきこみが目欄に残ってしまった。orz

ところで「セカイ系」って何?
哲学・思想用語にそんなのあったっけ。
西田や江藤の思い込みのことなら幼児的万能感かな、と思ったんだが。

447 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 19:56:11 ID:RbPIGKCt
>>444
そんなに暴走デカばっかはイヤだww

448 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 19:58:18 ID:a1D+EfEg
そう、木下。ひょっとして毛じょうろうの方がジャミの後なのかな?

449 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:11:40 ID:h9Kxxk/S
本編終わったから小冊子見たけど
オンモラキのストーリー95%くらい晒されててワラタ

450 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:13:35 ID:Zm91R98C
>>446
自分が認識している範囲=世界と考えるラノベとかによくあるやつだろ

451 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:22:54 ID:0S0BbeqH
>>449 ああ、オンモようやくちゃんと思い出せた
変態の話だったな

452 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:24:04 ID:HBEuP2dN
>>450
d
ラノベって読んだことないから。
アニメっぽい表紙が付いてるヤツでしょ。

そんなせま〜い認識で書かれた本が「よくある」のか

453 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:29:39 ID:0S0BbeqH
>>452 まぁ読んで来い
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AB%E3%82%A4%E7%B3%BB

454 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:29:40 ID:9OD7+UtQ
いやラノベ論はそれ用の板でやればいいから

455 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:30:44 ID:h9Kxxk/S
西尾維新とか浦賀和宏とか舞城王太郎とか空の境界とかか

456 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:35:28 ID:HBEuP2dN
>>453
読んだ。
やっぱり未熟だと思う。半径3メートルしか見えてない人が書いたような…。

ジャミの西田は確かにそんな人物だな。

457 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:49:58 ID:aLF3rMA4
>>456
そんなふうにバカにするけど、人生半径三メートルでも事足りるし
それすら煩わしくてしんどい人だっているんだと思うぞ。
できる範囲でできるだけのことを頑張ってる人間と
さも広大な世界を持っていると過信して勘違いしてる人では評価も違うんだろうけどな。

458 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 20:58:49 ID:87tnXv1S
ジャミ買ってきた。
もったいなくて、中々読み出すことができない。
やっぱ、最高の酒を味わいながら、じっくり読もう。

459 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:03:41 ID:9OD7+UtQ
魍魎の人は他人の不幸話を集めるのが好きだったらしいから
他人はあんたの世界の背景じゃないって言われちゃった今回の人とは
ちがうのかな

460 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:15:02 ID:bLSXLrwh
>>458
死にたくなるよ

461 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:20:36 ID:Wybj6peN
読了後
先行事件の構成や関係者を持ち出すことによって
匣との対感を浮き彫りにすることだけは成功してたのかな?
中禅寺理論を丸呑みすれば

462 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:23:02 ID:HBEuP2dN
>>457
俺は広大な世界を持っているわけでもなんでもないよ。
自分の力でできることはわずかだと思ってるから、
自分の能力を超えた出来事に対しては傍観するか流されるのみだ。

個人の行動が世界の救済に直結する(しうる)なんて世界観、
おこがましいにもほどがある、

そうおもったからあしざまに言ったけれども。

463 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:26:43 ID:5qcKAxp3
>>446

セカイ系っていうのは、あれだ。
佐良直美の「世界は二人のために」の世界観だ。

464 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:27:57 ID:IdfOqcE7
ねんがんのとくそうばんをてにいれた!

465 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:28:57 ID:qnIRlJBv
>>441
男の恋愛は名前を付けて保存だが、女の恋愛は上書き保存、
というような格言(?)があるが、
どちらかといえば名前を付けて保存タイプなんじゃないかな、と思った。

466 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:30:08 ID:JiN1vu7q
答えがもらえないのでもう一度訊かせてほしいのですが、
榎さんは今でも彼女が好きなんでしょうか?
いまいち読んでも分からない…

467 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:31:31 ID:Wybj6peN
ふ〜たりの〜ため〜♪
せ〜かいはある〜の〜♪

セカイ系を『世界の中心で愛を叫ぶ?』系だと思ってレス読んでた俺は・・・・おやじ?

468 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:31:47 ID:N3OdcO0k
雨宮君が出るってのは、やっぱりデマだったんだね……
彼は今どうしているんだろう

469 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:33:04 ID:JiN1vu7q
書き込み中に答えが…すみません。
やっぱりそうなのかな。
榎さんは一人の女には固執できなさそうだ…。

470 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:33:42 ID:aLF3rMA4
>>466
もう遅い。

ここから察してやれ。

471 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:34:18 ID:qnIRlJBv
>>462
多分、解説読んだだけでわかった気になるよりは、
近所のツタヤにでも走って
『エヴァ』と『ウテナ』を借りてみてきたほうが手っ取り早いんではないかと。

ってか、セカイ系にFFなんてはいってんだな。まあたしかにFF7なんかは近いんだろうが・・・。

472 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:35:11 ID:H/izpKKK
>>466
何故お知りになりたいのでしょう?
書かれていないなら「ない」のです。


473 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:40:35 ID:9OD7+UtQ
榎さんが覚えてたってだけでも察しろよ

474 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:42:03 ID:7Z2f7Y4N
>>442
のメ欄はどのあたり?
探偵というか神が、世界の一部でしか無いと悟った話
ならよかったのに。
そういえば狂骨もいろんな神の話だったっけ。


475 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:42:21 ID:3eVIH8px
私はラスボスの動機のセコさが結構好き。
話に厚みはないけど、すらすら読め面白かった、所詮読み物さ。

476 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:42:42 ID:GEdkPbeK
>>448
毛のほうは邪魅の前で木下は立ち直ってるということであってほしい。
もうこれ以上ダメになる刑事を見たくないw


477 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:42:46 ID:qnIRlJBv
まあ、深く突っ込むのもヤボな話ではあるな。

478 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:44:28 ID:Wybj6peN
行間を読んだり紙背を探ったりする行為は「あり」なんじゃないの?
そして読者は『どんな読み方をしても間違いではない』って思ったんだけど?

479 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:45:56 ID:H/izpKKK
>>476
捕まえる方から捕まる方に絶対なると思う。じゃないと毛の話の意味がない。

480 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:47:29 ID:HBEuP2dN
>>471
エヴァはリアルタイムで見たよ。
映画まで行ってしまったorz

何ぐじぐじ言ってんだこいつらと思った。

スレチごめん

481 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:50:22 ID:RbPIGKCt
>>474
最後の謎解きのところ
面倒見のいいメ欄だから、442でFAかなと思った

夕飯、魚祭りしてきたノシ

482 :スレチは承知:2006/09/29(金) 21:51:03 ID:Wybj6peN
持てるのは『社会』までで
『世界』はただそこに在るだけって考え
あんたはどう思う?

483 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:53:19 ID:GEdkPbeK
>>479
毛を読み返したら昭和28年8月のことと書いてあった。
邪魅は第一の事件が8月20日に起こってるから
時系列的には毛→邪魅みたいだけど
木下なんて別にスポットライト当てんでもいいようなキャラだし
後々には毛の話が生かされるのかもね。

484 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:55:12 ID:9PH/IYqo
私的結論、
「三十女の青春恋物語〜人だって死ぬさ〜」
だっていかにも青臭かった。特に締め方。

益田と青木が今回でランクアップ(成長)した訳だが取り残された鳥口が心配。
空鳥でいたぶられるかな。
「うへえ」をいう余裕だけは残して欲しい。

485 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 21:55:49 ID:ce3j97fo
京極堂が語った事件の半分くらいは「事実」ではなくて、「憶測」ですよね?不確定な要素から事件を語った京極堂はいつもと異なる憑き物落しをした心境の変化は、榎木津との友情から?

まあ、事件解決が目的ではないからそれでいいのか。

486 :466:2006/09/29(金) 21:57:33 ID:JiN1vu7q
レスありがとうございます。
確かに京極夏彦自身本にない部分は読者の想像で〜
といっているので、自分の中で過去の人だったということにしておこう。
いろいろな意見ありがとうございました。

487 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:02:04 ID:7Z2f7Y4N
蜘蛛の憑物落しも、物語形式じゃなかったっけ。

榎木津と付き合ってた人は、彼の目の事を知っているんだな。
戦前から視えていたって事か。

488 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:04:24 ID:OP/oaKd5
ある条件で導き出されたページの最初の一文字がアナグラムになってて
それをある条件で入れ替えると「いまでもすき」になってるから探してごらん。

で、見つかるまで帰って来なくて良いから。

489 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:04:25 ID:mbYWXxZC
>>487
元々そういう体質だったけど、焼夷弾くらってますます視えるようになったんだっけか?

490 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:05:42 ID:Wybj6peN
最終的に憑き物を落せたのは
mail欄って対比?

491 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:06:53 ID:H/izpKKK
>>483
ひょっとしたら鈴木みたいに全く別シリーズに出てくるのかもなあ。
煙好きもそう。

492 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:08:15 ID:WiTme1Au
>>487
探偵として活躍しているの知ってたから、どこかで情報仕入れてたんじゃないの?

それよりも、思いを断ちきれていない相手、しかもエノのマジ面マジ目と対峙する事のほうが嫌だったって気持ちのほうが強いんじゃ

493 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:10:10 ID:9OD7+UtQ
目のことを知っててつきあうってすごいよな
全部バレるんだぜ?

494 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:10:18 ID:GEdkPbeK
榎木津は降旗の夢を子供の頃に夢じゃないと指摘してたから
子供の頃からすでに視えてたんじゃね?

495 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:10:21 ID:RbPIGKCt
>>490
メ欄には、何も憑いてないんじゃないか?
憑き物落とし(今回は謎解きと呼びたいw)にも出席してないし

496 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:11:26 ID:RAHM971U
>>489
焼夷弾違うw
照明弾、照明弾

497 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:14:20 ID:Wybj6peN
>>495
落せた→落すことができる立場にいた
なら?

498 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:14:48 ID:ce3j97fo
>>494
指摘はしていない。ネタバレになるので、書かないけど、よく読めば書いてある。

499 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:14:49 ID:HBEuP2dN
>>495
憑き物を落とした人、ということじゃないかな。

500 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:15:10 ID:mbYWXxZC
>>496
……orz
トンクス。焼夷弾くらったら死んじゃうよな。

501 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:17:40 ID:1lfEqB6M
うーんジャミが四冊になってしまった。。。
こういうのいくら発売直後の人気?シリーズでもブクオフもっていったら二束三文にしかなんないよなあ

502 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:17:41 ID:9OD7+UtQ
「彼は子供の頃から視力が弱く、稀にそれがみえたらしい。

だそうだよ

503 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:19:04 ID:RbPIGKCt
>>497、499
あ、そういう意味か、ゴメン
落とすほうの人だね
ついでに、益田も落とされてるw

504 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:20:06 ID:pZCUyPjW
子供の頃にはすでに目が悪かったから稀には視えていて、
戦争中にくらった照明弾で致命的に視力が下がり、
その分他人の記憶のほうがよく視えるようになったと
姑獲鳥にあったはず。

505 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:20:25 ID:aLF3rMA4
>>485
落とすべき憑き物つきの人がほとんど死んでるからな…。
出ばらなくても自然と解決に向かったと思う。
探偵にお前が諸悪の根元だと言わせたくないから来ただけだろうな。
友情というか借りを返したというか。
あと思った以上に人が死んだのと、長野県警の人に頼まれたからだろうな。

>>495
違うぞ、最終的に落としきった人ってことじゃね?
ウブメでは関口君に祓わせてたみたいに。
一番すっきりするためには、○○だけにしかできない憑き物落としもあるのだろう。
それが男女の色恋なら尚のこと陰陽師の領分ではないのでは。

506 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:23:20 ID:LVb75HYk
長い前振りに乗れないと辛いな・・・
水晶のピラミッドとかアトポスとか思い出した

507 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:23:39 ID:WiTme1Au
あー、判っているみたなセリフあったなスマン

508 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:26:32 ID:7Z2f7Y4N
木下の話だけど、雫の中にも髪の長い女は居たような。
赤木だか澤井と一緒に居た女。関係あるのかな。

P808の関口に匣を思い出した。
まだ治ってないな。

話は逸れるが、
ウブメで、ヌエとは違うのか?って話がなかったっけ。
オンモラキに、牌の話があったけど、碑とは関係ないんだろうか。
いや、前に書いてあると蘊蓄がカットされるのかと思って。

509 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:32:10 ID:RbPIGKCt
>>508
そこで柴くん再登場ですよ
碑から怪しげな石を連想して、多々良沼上コンビもありか

510 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:34:22 ID:mbYWXxZC
前に誰かが言ってたような気もするけど、
確か京都にあるんだよね、鵺の碑。
次の舞台は関西に移るのかな。

511 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:36:30 ID:O3BEcgV0
>>488
そうだとしても結局>>470のとおり
「もう遅い」んだからそのとおりじゃない?
しかし初めてそういうエノの昔話を出すんだったら
もうちょっと掘り下げて欲しかった。
結局フツーの女だったし、どこをどうしてそうなったのか知りたかった。
だってメ欄くらいだし。


512 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:38:51 ID:0zjLMtJq
しかも戦後も彼女の様子探ってたんだよね。

513 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:52:01 ID:2K+pp1GU
この作品の登場人物としてはキャラが弱い印象かもしれんが、
榎木津が知らないことを次々と言い当て、破天荒な言動に、

気持ち悪がらないだけ凄いと思う。実際他の女性とは付き合いが続かなかった訳だし。
(榎木津が振られ続けたんだよね? 隠していた訳だし。)

益田たちだって、京極堂が性格や能力を説明してくれなかったら、どう思ったか解らない気もするし。

514 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 22:55:50 ID:7Z2f7Y4N
>>513
榎木津を京極堂の説明無しに理解できるなんて只者じゃない、と。
陽子の煮え切らない態度に比べて、はっきりしていて理解しやすかったけどな。

515 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:00:26 ID:qnIRlJBv
京極の説明があっても、目の能力云々をさておいても、
下僕として仕えるんじゃなく恋人としてあの性格に付き合うのは
女の方からするといろんな意味で辛いと思うぞ。

516 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:02:55 ID:VSIGUMhy
普通の女よ。綺麗で危なくてほっとけない――普通の女

517 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:03:44 ID:2K+pp1GU
下僕じゃなくて対等になろうとしたらああなったんじゃないか。
勝ち負けを考えず、素直になればよかったのに。

益田に身の程を知れって言ったのはそういう意味にもなるのかな。

518 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:06:48 ID:qnIRlJBv
でも、対等になろうと思うような性格だから
榎木津の性格を他の三日で別れた女たちとは違って受け入れられたんじゃないかとも思う。

519 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:06:53 ID:lclXehkw
>>516
醒めない夢でも見続けててください。

どうでもいいことだが「榎木津君」って君付けの呼び方は新鮮だった。

520 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:07:31 ID:h9Kxxk/S
>>516
ジュリアかよ

521 :名無しさん:2006/09/29(金) 23:08:52 ID:OP/oaKd5
>>516
ゴールジュ乙

522 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:09:33 ID:IgO0fRZH
最後のページの会話は切ないなあと思った。

523 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:11:45 ID:iivTPmuv
京極堂は知っていても気味悪がらず、
木場は言っても気にしないでいてくれる。
関口に至っては気が付きもしないw
友達に受け入れてくれるヤツがいるから余計に、
女性にも受け入れてくれる人が現われるかも知れないと
期待してしまうんだろう。

でも照明弾喰らったせいで相手の過去が
以前に増して見えるようになった事で、
もう彼女と深く付き合う事は出来ないと
思ったんだろうな。
それでもしばらくは諦めきれなかったんだ。
その後もお互いに想い合ってたとは知らないで。

という風に補完すりゃいいのか?

524 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:19:11 ID:aLF3rMA4
>>511
善し悪しや勝ち負け、対等になりたいじゃなくて、
榎さんにとっては見てくれや容姿だけじゃなく榎さん自身が好きだというならそれで良かったんだろうよ。
自分の中の榎木津に見合う自分になるまでと遠慮する前に一緒にいたけりゃいればいい。
あいたければあいに行けばよい、そんな当たり前で単純なことができなかったのに
へんに嫉妬して小細工しちゃったから「もう遅い」なんだとオモタ。
宏美はただ探偵の世界にいるだけじゃなくて関君風に言うなら
榎木津に選ばれた特別な鞄になりたかったのが、余計な壁を産んだように思うよ。

525 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:19:48 ID:hJVztNmg
流れ豚切りで申し訳ないんだが、今出川欣一はp40では従兄でp664では
小父貴になってるのはどうしてなんだろう。
母の弟の子供を、仮にうんと年上だとしても「小父貴」呼ばわりなんて
するものかな。
…不思議だ。

526 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:24:25 ID:4FPT1p+A
なんで京極スレでカウボーイビバップネタが
すぐ通じるんだろう

527 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:27:27 ID:h9Kxxk/S
蟲師のギンコとかスパイクとか片目が特殊な人マニアが多いのだ(嘘)

528 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:28:38 ID:Wybj6peN
じゃあ>>525は『は?』をどう解釈したの?

529 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:28:57 ID:RbPIGKCt
>>525
年の離れた従兄を「小父貴」なのは、特に変に思わなかったな
あの時代のことだし、別に今使ってもおかしくないと思う
榎さんは兄がいるから、従兄の「兄さん」と呼ぶのも違和感あるんじゃない?

530 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:29:57 ID:Wybj6peN
確かにハーロックは好きだ

531 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:36:09 ID:2K+pp1GU
>>524
最後まで言い訳を考えて、
逢いたかったとか、久しぶりとか、せめてこんにちはとか、言えなかったもんな。
対等になるまでと強がって。
素直になればいいって解ってないし。
自分が悲しくても、空は空で海は海でしかなかった事が悲しかったように思えるし。

>>526
ちょっと上でときめきトゥナイトやガサラキの話が出た事にも驚いた。皆詳しいな。

532 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:39:19 ID:RbPIGKCt
じゃあスレの皆、おやすみノシ
明日は「おやスみ」って言う

533 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:44:34 ID:h9Kxxk/S
おーやすみ

534 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:56:17 ID:Gmj0IUxi
>>448
木下は徒然袋の五徳猫で青木と一緒に立派に刑事やってたから
もしおかしな事になって行くとしたら邪魅よりも後の話になるのでは

怖くて忘れていたかった毛の話を思い出してしまったじゃないかヽ(`Д´;)ノ

535 :名無しのオプ:2006/09/29(金) 23:58:59 ID:O3BEcgV0
言っても詮無いことだとは思うけど、もしあの人が最初から素直だったなら、
生きていると知ったときに会いに行ってたのなら、
二人の結果は当然ながら違ったんだろうね。
エノさんだってずっと好きだった訳だし。
そう考えると、ほんと今回は切ない話だ。
言われた方も辛いけど、ずっと想ってたのにこんな形で
自分からあんな言葉を言ったエノだって相当辛いと思うし。
やりきれないよね。

536 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:00:21 ID:oDVBEGBn
そういや関口君の鞄の例えは良かったな
今回の関口君にはストレートに共感できる

537 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:06:03 ID:2K+pp1GU
なぜ榎木津は写真を京極堂から返してもらわなかったんだろう。
会いにこないから忘れていると思っていたのかな。

写真という点で木場と榎木津は対比されているんだな。
木場が手帳に写真をはさむとどうなるか知っていたの、笑った。
まだ持っているんだろうか。


538 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:07:14 ID:9ChS1L23
邪魅、仕事休んで読んでしまった。
社会人になって3年、初めてとった有給が京極とは我ながら orz
なんせ新刊リアルタイムは初めてなもんで。
妖怪薀蓄なしは残念なんだが俺も関口センセイの鞄論が気に入ったので
まー休みとった甲斐はあったと思う。

539 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:07:41 ID:cqhuoGvV
読了。面白かった。
他の誰の話よりも、関口の話で泣いた。
青木と山下も良かったなあ。榎さんと関口の絡みもちょっと切なくて良かった。

540 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:34:09 ID:4vzLHFmz
読み返してみれば、今回関口の読みってことごとく的を射てるよ。
益田に対しても何気に強気だし、
熱い男ぶりを披露するし・・・。


どうしたんだ関口!?

541 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:41:29 ID:rWQXYM+a
500ページ目くらいだが、もうなんかとことん大鷹が鬱陶しい
最後にはこの鬱陶しさも何か理由があるのが分かるのか
久しぶりに心底読んでて苛々するキャラだ

542 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:45:30 ID:nZJgh6zs
いつもとちがって次回作のタイトルがなかったのが気になる

543 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:47:38 ID:mkl2qj9G
>>540
そんな展開がまっさっしっくっ、セカイ系……

544 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:48:24 ID:vQeg41Uo
>>542
中にあるよ。奥付の前のほう

545 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:48:38 ID:mkl2qj9G
>>542
ついに講談社と喧嘩別れで、次から別版元だからでしょう。

P820みれ。狂骨の相方の名前が書いてあるぞ。

546 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:49:29 ID:5qpbX2ID
読了。
物語としては勿論、言葉遊び要素や、関口が人間的に成長してるとか、
大鷹の描写の凝りようとか、ホント一気に読ませるなよな。

面白いのは面白いんだが、無駄な薀蓄や描写が増えたなー、と。

拝み屋の本領も発揮されてないし、憑き物も詳しく語られてない。
探偵の活躍も今回がそういう話だから仕方ないかもしれんが、女郎蜘蛛みたいなヒーローぶりないしな。

強姦ネタは言葉が悪いが安直というか結末が切ない分、他になんか小説内装置なかったんかいと悔しい。

547 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:52:42 ID:pI9W8iRU
>>542
ヒント→作品一覧はどこに載ってある?

548 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:53:50 ID:5S5mx/3x
京極堂の妖怪話と、出馬を決心する場面さえ端折られたのが厳しいなあ。
メインではないとはいえ、蜘蛛の関口と同レベルの出番削除だぞこれ…
次は京極堂無しで憑き物落としかな?w

549 :名無しさん:2006/09/30(土) 00:57:55 ID:ypHQEt+/
蜘蛛の関口の扱い方はむしろ好き。

最後の最後にあの文体を読んで「やっぱこれだわ・・・」と脳汁出た。

550 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 00:59:26 ID:4M4JtHkL
>>540
関口君は不安定な駄目人間だけども、
基本的には自分が異質なのだと知っていて、その上で社会とそれなりに折り合いがつけられる
わきまえた人間なのだと思う。
そうやって無理矢理こさえてる社会との折り合いという橋が、
ウブメで足下から全部壊れてその世界を京極堂が再構築したわけだけど
宴でせっかく戻りかけてたものがまた粉々に壊されかけたと。
まだ傷や綻びはあってぐらぐらしたり引っ張られたりするわけだ。
今回、まともに見えるのは伯爵のおかげか横溝先生のおかげか知らないが
異質な自分と社会に対する折り合いがましになったそのせいと思われる。

551 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:02:00 ID:mkl2qj9G
>>548
かといって、榎さんの出番が多いわけでもなし。

552 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:03:11 ID:T6njUtw7
鵺の碑って京都にあるんだな。
木場と木下は鉄鼠の時みたいに邪魅の裏で次作の準備してるのかと思ったのに。
京都と言えば太秦だよな。ってことは秦家(羽田家?)関連か…。
そういや雲外鏡で神無月がいってた如何わしい貿易商って誰だ?登場したっけ?
あと大鷹は殺される時「有難うございますは?」って言いたかったのかな?
変に恩着せがましくないかね。

553 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:03:43 ID:nZJgh6zs
>>544
>>545
>>548
トンクス
時期としては昭和28年の秋ごろかな
ヤマアラシ前にもう一話あるはずだ



554 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:04:12 ID:vCVvLgVh
「邪魅」読了。オチはアレだけど途中までは面白かったし結構満足。
やっぱこのシリーズはあちこちで事件がおきて、それぞれに関係者がいて、
それらがじわじわとつながってきて、
京極堂の憑き物落しですべてが一つになる、ってながれが醍醐味だと思うし。

「陰摩羅鬼」は実質伯爵の邸だけで完結しちゃったのがだめなんだろうし。
トリックだの仕掛けだのに気がついても、それでも憑き物落しの場面は
ゾクゾクくる。そのためには世界・・・否、世間はできるだけ広がってるほうが、
登場人物が多いほうが面白くなる。




555 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:09:12 ID:09jsT9FR
同じく読了。オチはイマイチだけどまずまず面白かったのは
1にも2にも大鷹の存在に尽きるだろうな今回は。

556 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:09:32 ID:30tQeedH
なんか物足りないと思ったら、妖しい美少女が足りない。

557 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:10:05 ID:09jsT9FR
>>556
小百合をもっと描写して欲しかったよな

558 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:11:53 ID:qf8JeZt+
>>541
邪魅を最後まで読んでも大鷹の壊れっぷりの理由は出てこないよ
どうしてあんなに壊れたかは、やっぱり大首を読まないとわからないと思う
大首では、大鷹は己の愚かさに悩むというか、もう少し自省的な部分があった様に描かれてる
俺は「あれのせいでここまで壊れたんだ」としか思わなかった



559 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:12:24 ID:+lptgtlZ
>>556
強姦成分だけは特濃だったがなw

560 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:20:52 ID:NqbIlcDM
このミスだと20位内にはギリギリ入るかもしれんが
10位には絶対入らないだろう。
ぐらいの面白さだった。

まぁしかたがないところだが、
なかなかウブメ〜クモあたりのレベルは難しいか。


561 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:21:06 ID:MuPnJmxT
戦前は木場や川新と色街なんかに繰り出したり、芸者置屋にひと月も
泊まり込んでみたりしてたにもかかわらず、一般人相手にはこの体たらく、
榎さん実は限り無く素人童貞……

562 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:22:16 ID:4M4JtHkL
顔もキャラもよくわからん深窓の令嬢が卑劣感にレイブされましたじゃね…。
本来なら小百合や美菜に焦点をあててモノローグを書くところだが
ストーリー展開上画家と大鷹と江藤に全部もっていかれたw

キャラや所在がよく分からなくても蛙の形をした嬰児がたくさん的なものと比べると
下劣なのにありがちでインパクトが薄いかもね。

563 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:25:00 ID:MNXTtrLM
大首読んだことないから、水を怖がる女のくだりが気になる
eノベルスとやらでダウンロード販売してるけど一冊の本で出るのはいつになることやら

564 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:28:42 ID:2AfSagAg
関口、益田コンビや刑事たちの動きのあるシーンは良かったけど
モノローグ的なところは正直だるかった。

565 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:32:23 ID:n6g4w0DB
読了してこのスレに帰ってきたが、ネタバレの嵐だな。避難してて良かった…。
今作はあれだな、レギュラーキャラがどいつもこいつも頼もしかったな。
特に印象に残ったのは関口。エノさん気遣うシーンとかすげぇ人の変わりっぷり。

566 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:35:26 ID:09jsT9FR
ぶっちゃけ画家のキャラ弱くね?
「悪い人じゃないけど可哀想」ってだけで
大鷹や江藤ほど強烈でもないしありがちだし
モノローグがかったるいのも画家のシーンなんだよな。
冒頭の石井さんとのシーンだけは良かった。

567 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:38:05 ID:ndk4Tivb
関口の鞄論は良かった、というか今回の話は関口がとても良かった
全体はつまらなくなかったがさんざ既出だけど終わり方が後味悪くてうへえ

568 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:38:42 ID:oErGqZOE
やっぱなにか物足りなさを感じてるんだな皆。


569 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:52:55 ID:kDN2lp1p
短編というか、連作(いくつかの短編を最後の短編でまとめてみせる形)にしたら
読みやすかったような
それでもこの厚さはいらん、この内容ならこの半分で

570 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:54:02 ID:SfJ4h9FV
そりゃあラスボスが織作の娘の10分の1も腹も括っていない
ただの人だもん。

571 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 01:56:05 ID:kVu72Vyj
別に京極作品じゃなくてもいい内容だった気がする。

572 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:03:30 ID:e3FJz+AT
肝心の憑き物に魅力がないから落としてもカタルシスがない。
箱や蜘蛛の時の登場人物全員次々に憑き物が落ちていく感じは震えたね。

573 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:03:40 ID:8rJ8rRRh
どうにも落ち着かなかったので雨・風と再読したらちょっとすっきりしたよ

574 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:04:53 ID:4M4JtHkL
腹くくって、榎木津に会いに行くか誰かに相談してれば
事件はもっと早くに死人も出ずに解決しただろう。
そしたら話にならないw

575 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:08:11 ID:nZJgh6zs
拝み屋の登場が唐突すぎたな
今回は謎解きはしたけど憑き物落としはあまりしてないよな

576 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:19:53 ID:d1TwW9+6
べ、べつに榎木津君のことなんか気にしてないんだからねっ…!

577 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:24:45 ID:AVW9iBaT
関くんもだが、益田もなんとなく見直しました。
…今まで相当自分の中で印象悪かったんだな益田。

578 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:25:51 ID:n6g4w0DB
なんか普通のミステリって感じだったな。事件そのものも犯人も。
京極作品特有の空気が薄い感じの作品。

579 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:28:01 ID:kDN2lp1p
>574
そしたらエノさんは実菜に責任とってしまいそうでない?
(相談のタイミングは一回目のレイプ事件があったとき、あたりが妥当だよね?)
それは、もっとも避けたい結末だったのだろう

580 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:32:04 ID:HNGTXq9q
たしかに物足りないっていうのはあるけど、
ウブメにせよ狂骨にせよジョロウグモにせよのような、渦中の人物主観じゃなく
もうちょっと外側から事件を見てみたいな、と思っていたんで
あんまり続けられるとあれだが、一回はやってほしいと思ってたものが見れたんで満足。

京極堂視点からだと、今回の俺らのような「ああ、だいたい事件の全貌がわかってきた」感を
関口なり益山なり青木なりの話を聞いてるときに
いつも思ってるのかねえ。

581 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:42:43 ID:GowsF/kJ
>579
責任取っても3日で三くだり半つきつけられそうだから問題無し。

582 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:47:54 ID:kDN2lp1p
>581
実際実菜が立ち直ってきて、縁談を再び望むようになったのが気に入らなかったって言ってるじゃん

583 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 02:50:13 ID:kqezI/lk
こいつの作品、辞書引かずに読み切れる香具師いるのか?

584 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 03:02:18 ID:09jsT9FR
>>583なんで?
難読漢字には読み仮名も、意味の説明も大抵は本文中についてるだろう?

585 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 03:21:52 ID:4PVAqImS
ジャミ読む前にオンモラキ読み返してたから、
伯爵に比べて画家が小物過ぎに感じた。

山下さんに萌えた。

586 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 03:22:00 ID:DRgxjezz
邪魅やっと読み終わった
なにやら少し評判悪いようだけど、個人的には満足。
上でも誰か言ってたけど、今回の感想は
「冗長だけど面白かった」かな。俗っぽい犯人も、人間らしくて良かったと思う
そんなわけで、ラスト2ページは感慨深かったし
馬場と探偵社の名前の関連に気付いた時は、素直に感動した。
あの榎さんがなぁ・・・としみじみ

ウブメでの描写に矛盾があるようだけど、まぁ気にしない方向性でw
今回の鞭の描写と同じように、京極先生のウッカリだと思っておく

587 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 03:53:30 ID:TpQWWGUg
シンプルに面白かったしこれが京極作品じゃなければ
みんな「面白かった」と素直に言えたんじゃないかなあ…とか無意味な妄想を。

よくも悪くも「世間的」な作品。
テーマもそうじゃん。


僕は完全に普通のミステリとして読んでしまいました。







京極作品じゃなかったら何が何だかわからん気がする。というかシリーズ物だし
面白くない=素直じゃない このスレ見てるのかな



ところで京極って講談社とどう揉めてるんだろう?
揉めてなきゃ発売日独断発表とかやらんよなwww



588 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 04:00:04 ID:rNBTdX5c
邪魅読了。
オンモラキが物足りなかったと感じたせいかもしれないが、
今回はわりと満足。
でも腰の重い京極堂が、熱心に請われた描写が少ないのに
登場してきたのはちょっと唐突に感じたかな。
知らないところで手紙一通で頼まれててもなあ。

589 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 04:01:13 ID:darYgq9n
rosen kreuzのマークは神崎が榎木津を好きで好きでたまらなくて榎木津と釣り合いだくてぱくったんだろうな。

590 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 05:07:41 ID:kpMKF99Q
文庫版の姑獲鳥上を今読んでる。京極堂の考えが延々と続いているのがシンドイ。
またほとんど理解できないからストレス溜まる。まー俺が馬鹿だからなんだけどwww
この哲学めいた物がストーリーに関係してくるのだろうが・・
もういい加減お前の話はうざい止めてくれ早くストーリ進めろ!!!と
思っているところです。

591 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 05:23:39 ID:tCs1FG4H
>>589
ぱくったて記述はどこ?

592 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 05:45:01 ID:OfokDtaV
流れ豚切るけど、
百鬼夜行陰の書き下ろしを読み返したら
あれは子供欲しい欲しくないで軽く夫婦喧嘩した関が
そのまま川に行ってなにやら幻覚とか見て(?)そのままうわなにdけおk;mdw

で、その足で京極堂のとこ行く話しだったんだよな。それで雑司ヶ谷に繋がる。
なんつーか、あんな精神状態だったんならあの数日後にあんなんなって当たり前だな
既にあの時関は壊れていた

593 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 06:22:35 ID:ZiOAteDu
>>590
慣れないとフラストレーション溜まるよな、あの蘊蓄はww
でもその長々とした京極堂の語りがこのシリーズの醍醐味な訳で、
その内快感になってくる。マゾなのか俺。

594 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 06:33:32 ID:TpQWWGUg
ながながとしたうんちくも後半で物語に巧く関わってくるのが
面白いんだよな
でも邪魅の書評愚痴はなあー

595 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 06:39:49 ID:cFvwztYj
子供の頃木下が遊んでいたモノを考えたら全シリーズ中憑き物落しが必要なのは奴だと思う。

596 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 08:01:09 ID:AscPmArZ
>>595
俺もそう思う
頼むから落としてもらってくれ…

597 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 08:17:41 ID:jTxi1P50
うはあ地元なのにどこがご当地ミステリなのかわかんなかったですよぅ。

598 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 08:40:02 ID:OfokDtaV
>>595-596
はっはっはっ何を言ってるんだね
不思議なことなどこの世には何もないのだよ
幽霊はそこにいる、見えもするさ。だが実在はしない。

599 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 08:48:51 ID:dUbHWKa8
>>597
それだ。薄味と装置なしと感じる原因は。
平塚・大磯の舞台描写なさすぎ

600 :名無しさん:2006/09/30(土) 09:05:08 ID:dbDvxg8t
いや、何気に毎回土地描写は少ないんだけどね。
つか、陰魔羅鬼の白樺湖描写の無さは異常。

前にも書いたが、もっと実在の場所描写をガンガン入れてもらいたいよ。

601 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 09:17:02 ID:LFZos0iB
書評愚痴、読みながら寝てしまったよ(´・ω・`)
いや、忙しくて徹夜して疲れてたのに楽しみで無理やり読んでたから
どこかきりのいいとこで寝なきゃなーとは思ってたんだが。

ところでえらく現代風の名前だなーと思った>実菜・美咲

602 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 09:22:17 ID:LFZos0iB
連レススマソ
>>600
土地描写もだけど、今回はイマイチ光景が自分の中に浮かんでこなかった。
オンモは白樺湖の風景は浮かばないとはいえ
パッと伯爵邸のイメージが浮かんで来るんだけど。

603 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 09:26:58 ID:AZkaFgqk
毎回、伊豆の事件が、この前の長野のとかいわれても絵がうかばんよね

604 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 09:39:50 ID:6b8qyzAF
200頁読み進むも描写や会話が細かすぎて展開が遅い。


605 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 09:50:08 ID:BUdj+Jmi
赤木と澤井の顔が俺の中で終始福本伸行絵だったから困る。

606 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 09:59:14 ID:jTxi1P50
福本伸行絵の小百合は嫌だな。

607 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 10:05:49 ID:xTPiR4JS
魍魎とのつながりの一つは、みっしりと詰まっている、ことかな
左下一行残すだけまで書いて、右上で節が変わる
今までもこうだったっけ?

608 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 10:09:17 ID:tCs1FG4H
舞台描写が少ないのは仕方ないんじゃない?
当時と今じゃだいぶ変わっただろうし

わざわざ特装版を作らされた意味は・・・・・

609 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 10:29:34 ID:O8AiKQ/Z
邪魅終わったんで雨読み返したらなんとなく満ち足りた気分に
嘘か真か知らんけど吉備の釜の薀蓄とかあるからかしらん

610 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 10:33:28 ID:fqHTlAZr
豆腐頭不足だぁぁ!
しかし「木」だらけだ

611 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 10:37:32 ID:w9CjasKv
ジャミ、名前がこんがらがった・・・。
澤井・澤福とか。「青木が赤木の」なんて描写はギャグかと。
画家先生は川新と同名だし、オンモラギには美菜って名前の前妻がいたような。
名前かぶってるのは何かの伏線・・・じゃ、ないよな〜。

612 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 10:44:17 ID:f0fmabHN
山下と川上なんて何かの合言葉のようだ

613 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 10:48:07 ID:IAeJPNye

ブランクが長すぎて腕が落ちたか京極よ!

614 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 10:58:44 ID:O8AiKQ/Z
最近はライトな作風が続いてたからね

615 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 11:17:30 ID:9DPHXEXr
まるで関係ないけど、「〜島(嶋)」って苗字が多いですね。

616 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 11:17:37 ID:tCs1FG4H
ヘヴィなラノベ作家→京極肉彦

617 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 11:44:49 ID:ZiOAteDu
文字通り重い。

618 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 11:57:16 ID:ZiOAteDu
連投スマソ。
登場人物の名前って考えるの結構面倒らしいしな。色々かぶってても仕方ないのかもしれん。
今回出てきた里美って人も、多分降旗の彼女とは別人だよね。よくある名前だし。

619 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 12:12:53 ID:alxsvnVk
さてと、ツーリングを兼ねて平塚市まで片道200キロの旅に出るとするか
地域限定版まだありゃいいが

620 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 12:30:38 ID:FJMXNi9t
最初の方のシリーズを読んでいた頃は
警視庁の刑事に木場、青木、木下と全員木がついているのは
夏彦が何か遊んでいるのかなと思っていた事があった

>>595-596 確かに
木下はあの憑き物に憑かれているせいで
殺人を扱う一課の捜査にまで影響を出している訳だから
あのまま放っておくのはどう考えてもまずい気がする
邪魅の後はまた警視庁で青木とコンビを組んでいる様なので
そのうち問題が表面化してくるのでは

もしかすると毛倡妓は新たなお姉ちゃんの骸を自分自身で処理したことから
「セルフ憑き物落とし完了」というオチだったのかもしれんが

621 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 13:09:22 ID:vsMRIc4a
>>620
次が「碑」だとすると、木下にライトがあたっても変じゃないかも。

622 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 13:49:40 ID:wOe0DuI+
榎木津が活躍しないと暗くてつまんないな〜。
次回作では大活躍を期待。

623 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 14:32:02 ID:/2FEH8k5
邪魅読んだ。
鵺マダー?

624 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 14:32:43 ID:g7nVIol/
>>622ラジオドラマでも聞いて満たされればいいじゃない

625 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 14:41:15 ID:O8AiKQ/Z
今回の犯人の態度にヤキモキしたけど
考えてみたら大佐や蜘蛛並の策士でもそれはそれで嫌だな

626 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 15:40:16 ID:8J8CSlzF
追儺式、やらないか

627 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 16:01:17 ID:5N3bZ9al
魍魎で女優に片思いしている木場を小馬鹿にしていた榎と
邪魅で10年前の彼女ひきずってる榎が上手く繋がらねえ。

628 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 16:13:44 ID:AlPBVqPP
ん〜、なんか、最後まで読めるか不安になってきた。

629 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:01:31 ID:fh0hL0k+
人は笑うが、自分はまた別という素敵脳の持ち主だから大丈夫です

630 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:02:36 ID:Zu0+NBoJ
昭和初期の金額っていまいちぴんとこない。
ほうき3百円てえらいボッタクリに感じた。

631 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:13:56 ID:0j1ywxb1
読了

魅力も迫力も賢さも何もかも足りない、蜘蛛のできそこないが犯人か
それだけに、真相告白〜ラストの心情は生々しいくらいよくわかる
いつもの顔が登場する時のキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!感はシリーズ一だった
前作の京極堂・榎木津に対する「わかってるなら早く言えよ、つか止めろよ」感もない
京極堂の薀蓄を理解するのに苦労する楽しみがないのは残念
しかしリアルタイム購入は邪魅が初だし、待機から読了まで楽しめた。鵺マダー?

632 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:24:52 ID:X9vYMf9t
ん〜?そういう設定だからしょうがないけど、
あんなラスボスの動向を榎が10年も気にする?
ラストの台詞が「誰だっけオマエ?」のほうが榎らしいし、
ボスもふっきれそうだ。

633 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:33:47 ID:fh0hL0k+
それだと駄作になりそうだ

634 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:41:43 ID:9X5V5Rv3
>>632
いつもかぶっている「榎木津」という面の下の顔が見え隠れした
のがよかったと思うのだが。

635 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:49:14 ID:9cV65DiG
つーか、ラスボスの動向を10年もこっそりこそこそ探っていたとは
ちと思えんなあ……向うも有限会社とはいえ一応企業体の長なんだし、
実家の家業考えれば何がしかの情報は入ってきそうな気がする。

そもそもこそこそということ自体らしくないし。それが素と言われたら
なんか激しく失望しそうだ。がっかりだよ!

636 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 17:49:49 ID:HNGTXq9q
普段はすぐ側にいる人間の名前すら覚えないのに
一番肝心なときにはちゃんと久遠寺、益田と名前を呼ぶ榎木津だからな。
相手が懸命に生きてるなら特に再開を試みるわけでもなく
それでよかったんだろうが、
道を間違ったから正しに来た、というようなところじゃないか。

637 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:03:17 ID:wSYhzS1F
そうだよね。
最近自分の周りで起こる不穏な気配を察知して調べたら
昔の彼女がどうも噛んでるらしいと気づいたから動いたんだろうし
別に10年も気にし続けたわけじゃないと思う。

それよりちゃんと青木君、益田と呼んだときはドキッとした。


638 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:06:34 ID:wSYhzS1F
うわageてしまった。ごめん

639 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:13:52 ID:d1TwW9+6
青木や益田ですら名前を呼んで貰えたというのにまったく鳥口ときたら…

青木って今回はじめて榎木津に個として認識された気がする。
今までは木場にくっついてるコケシ、
もしくは3バカの1人と思われてたんじゃないかと。

640 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:21:22 ID:Vx9O3Ueq
榎木津萌の腐女子が元カノを貶めたくて必死に見えるw

641 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:30:47 ID:majCX6nj
10年間気にし続けていた訳ではないだろうけど、
心のどこかにずっとあった人だとは思う。
敵でも下僕でもどうでもいい人でもないし。

大切な人だったのに、嫌いと言う事になってしまったのは
どちらにとってもとても悲しい事だよね。

642 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:32:07 ID:PnA5a5/Z
ラスボスがエノに会いに行かなかったのは
澤井にやられちゃったから?

643 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:46:28 ID:w3sFr2bf
実際にハーフ顔で慶應出たあとトヨタ本社にはいったナイスガイがいたけど、あんまりモテてなかった。
あんまりカッコイイとモテないね。性格も朗らかなんだけど。
エノさんとそやつがかぶる

644 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:50:07 ID:tCs1FG4H
>>643
名倉顔のくせにハーフ顔とかwwwww
鏡に聞いてみなよwww割れるからwwwww

645 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:53:21 ID:w3sFr2bf
いや、なんかそういったバタくさい顔じゃなくて誰が見ても整った顔してたよ。昔の郷ひろみっぽい。

エノキヅくさい

646 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 18:55:32 ID:rDLzx7ER
榎木津は超マジなときだけ本名を呼ぶ。
塗仏でも一回だけ中善寺って言ったよね。
関口はオンモラキだったかな?

647 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:03:55 ID:w3sFr2bf
わざと馬鹿にするためにヘンなあだ名つけてるんじゃないの?
エノさんが子供好きなのがいい。天骨の匂いをかぐのが榎木津らしくてイイ。



648 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:05:34 ID:cFvwztYj
関口はウブメでもあったね。一番来たのは鉄鼠の久遠寺さんと言った時。

649 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:12:30 ID:rDLzx7ER
鉄鼠のときの「久遠寺さん」は単なる当てずっぽうかと思ってたけど
今にしてみるとあれもマジモード発動だったんだな。

650 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:16:33 ID:Ew0xlDCp
郷 ひ ろ み

651 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:20:40 ID:w3sFr2bf
私の中で榎木津は、阿倍寛より郷ひろみの10代の頃+エドワード・ファーロングのイメージ。

京極堂はなっちゃん本人。ピザ前の

652 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:25:57 ID:EbOOZD8B
赤木がフラスコをもって殺しに行くって書いてあるけど変だよね?
だって江藤がもってちゃったんだから。
あと本物の原田さんっていうあたりが無理矢理っぽい。
だって西田さんなら展覧会などで本物に会う可能性高いし。
京極道が妙に明るいし、邪魅についての語りもなくて、
期待していた妖怪もののミステリィとしてはうーんって感じ。

653 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:27:04 ID:xnUmRC48
自分の妹みたいな女の子に劇薬渡すか普通?無責任すぎねえか?

654 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:27:43 ID:dwN5G3mE
げっ!初版なのに大極宮通信が挟み込まれていない!

655 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:31:54 ID:SstQUC2n
>>648
「鉄鼠」以降と薔薇十字の榎木津って好きじゃないんだけど、あれは来たねぇ。

656 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:37:06 ID:nZJgh6zs
木下は実は堂島のスパイ

657 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:40:38 ID:dOz6lhjM
>>656
Ω ΩΩ<な、なんだ(ry

658 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 19:41:11 ID:K3dDLP6z
>>557
むしろあやめをバッチリ描写してくれれば(ry

>>598-599
当時東海道線を「国電」と呼んだんだろうか
湘南電車って呼び方をしたのは知ってるけどね
確か小田原あたりの出身だったはずの益田がそう呼んでいるのに
違和感を感じた
細かいところで違和感あるんだよなぁ
メ欄1、海岸に崖があるあたりから推察して蒼浪閣近辺?
というか全体的な雰囲気からしてあの辺しかないか。舞台は。

659 :名無しさん:2006/09/30(土) 20:02:10 ID:rxu5iJjQ
吉田茂邸の近くって書いてあるべ。

地元じゃないんで、蒼浪閣との距離感はつかめてないけど。

660 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 20:06:11 ID:tCs1FG4H
いつも違う名前を呼ぶのはエノさんの優しさなんだよね?

661 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 20:38:59 ID:w9CjasKv
>>652
もし「赤木がフラスコ持って殺しに行く」という根拠がP760の「赤木さんはフラスコを持って
来てしまった」という京極堂の台詞のことなら、これは平塚のアパートにかかるのではなく、
「赤木さんは〈メル欄〉フラスコを持〈ち去〉って来てしまった」という意味だと思う。

他に赤木がフラスコ持って殺しに行ったという描写があったならごめんなさい。
私自身がこの台詞で似たような勘違いしたもんで・・・・。

662 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 21:34:13 ID:0+tJHUg4
>>651
ここまで同じこと考えてた人が世の中にいたなんてちょっと怖いw

最後に榎木津がラスボスをフルネームで呼んだため、結局付き合ってる時はなんて呼んでたかわかんないな
まぁあの名前をまともに呼ばない榎木津が姓名共に正確に言ったことには大いなる意味があるんだろうけど
しかし二人の歳の差が4、5歳で出征前に付き合ってたんなら、二十歳越えた帝大生の榎木津と十代の彼女は
どこでどうやって知り合って付き合うことになったのか、そこんとこきちんと書いて欲しかったなぁ
そしたら最後のシーンの感動度というか感情移入度も変わったと思うんだけど
ま、そこまで書いたら恋愛小説になってしまうか

663 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 21:39:31 ID:MAdlNrGq
邪魅の薀蓄は、魍魎の時にしたからなかったのかなぁ

664 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 21:41:38 ID:fz4dcYpB
「猫目堂のお潤」と木場修のからみがなかった・・・
つまらん・・・

665 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 21:43:42 ID:Dj7Qp/dp
>>662
恋愛当時のエピソードが描かれていたら、恋愛小説になってしまうか以前に、更にページ数が分厚くなって軽く1000ページ突破しそうだ…

666 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 21:47:10 ID:5HOpz5gj
>662
旧制高校時代から、よく女学生にきゃあきゃあ言われていたらしいので
積極派の娘さんたちがアタックして交際にこぎつけることも多々あったんじゃないか

個人的には「関口と雪絵さんがどこでどう出会って結婚するに至ったか」のほうが謎だ

667 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 21:51:59 ID:53TKeRCq
そんな200ページもかけて榎木津恋物語を書かれてもイヤだw

668 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 21:53:40 ID:PC1oLb4s
家政婦・お手伝いキャラが増えて、そのうち組合ができそうだ

669 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 21:55:20 ID:2qz49PoU
セッちゃんの方が好きだー!

670 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 21:59:47 ID:OacZaNvY
木下が忘れられてなくてよかった。毛倡妓読み返しちゃったよ。
やっぱり禍々しくていいな。百鬼夜行はもう書かないんだろうか。

どこに書いてあったか思い出せないんだけど(確か初期の三作のどこか)
榎木津の友人に閨房事に命を懸ける奴がいるとかいうくだりがあった。
そいつが出てくるのをずーっと待ってるんだけど登場予定はないのかな。
塗仏に出てきた司のことではないよね?
なっちはエロネタを頻繁にとりあげる割に主な登場人物が皆そっち方面は
あっさり淡白だから、どういう描写をされるのか気になる。

671 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:07:00 ID:HNGTXq9q
>>666
一番の謎は中禅寺と千鶴子さんの馴れ初めだ。

672 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:08:11 ID:/2FEH8k5
おまいらネタバレしすぎ。

673 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:10:19 ID:LpER5nqG
>>652
お酒の入ったフラスコと雫の入った瓶を混同してない?

674 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:12:06 ID:2qz49PoU
>>670
狂骨で伊佐間が朱美に言ってた人だね。

675 :名無しのオプ :2006/09/30(土) 22:20:21 ID:PoKCdwlP
読み終わった。
オンモラキよりは内容薄かったように思うけど
面白かった。
特装版で読んだから手が汚れた・・・

>>659
吉田茂邸から滄楼閣までは徒歩15分位。チャリなら5分位かな。
近く・・・かな?
でも自然滄楼閣の脇の小道を想像して読んでいた。
滄楼閣は今年で長い歴史を閉じるのでそれも出来なくなるけど。

676 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:27:36 ID:tTojgxy1
>>675
特装版で手が汚れる?なんで?

関口がなんで恋愛結婚できたのかは確かに気になる。
雪絵さんは子供ほしがってるんだし、
川赤子の頃より大分今回の関口まともだし
子供生まれたりしないんだろうか。そんな話は書かなそうだが…

677 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:33:23 ID:2AfSagAg
今回は珍しく本当に仲のいい姉妹が出てくるじゃんと思ったら
実の姉妹ではないものの姉妹のように仲のよかった二人が
あーでこーでそーですか。

678 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:36:17 ID:W/J7goHa
時系列としては邪魅の直後がヤマアラシなのだが、

何事もなかったかのようにヤマアラシ探している探偵にワロス。

679 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:46:56 ID:53TKeRCq
ゆっきーは、きっと十二研が造り出したオートマトンなんだよ。
関口の監視のために造られた。

680 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:50:01 ID:zBs3HJRX
そこまで関口の恋愛を疑うのかw

681 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:52:27 ID:NUZdaRl+
>>627
引きずっているというより、学徒出陣以降も
女性とお付き合い三日目にして振られることの繰り返しかと・・・
美菜さんや美弥子さんでも無理か?やっぱ宏美さんスゴスw

682 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:53:07 ID:n6g4w0DB
下世話な疑問だが夜の方はどうしてるんだろうな。

683 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:53:33 ID:sNNaxbU1
全員相手はD製作

684 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:54:22 ID:7ZLu1MA8
>>678
この事件があったからこそいつも以上にハイテンションだったとも
とれるけどね。

685 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:57:06 ID:d1TwW9+6
>>671
何か家同士の繋がりがあるっぽい。
敦子は千鶴子の実家に預けられてたらしいし。

686 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 22:57:13 ID:5HOpz5gj
監視のためと称して、生活費を経費で賄ってるんじゃないだろうなw

中禅寺と千鶴子さんは、敦子が子供のころ預けられていたのが千鶴子さんの実家だから
元々家族ぐるみで交流があったんだと思う

687 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:00:09 ID:8J8CSlzF
>>678
五徳猫にもあるが大磯の事件の後は歯止めがきかなくなってたらしいし

688 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:10:59 ID:KnjYt5q1
健忘さんに噴いた。
俺の中では猿按摩に次ぐ。

689 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:12:36 ID:rLO8bZrt
途中で混乱してきたんだけど…澤田って澤井のことだよね?

690 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:14:06 ID:DjfMN+2j
学生時代にぼけ封じの神社に連れて行かれた〜ってのもあったな。
どこのことだろう? ご利益はなかったみたいだが。

691 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:16:55 ID:LBrk6FGk
大仁田の「うはあ」を読んで偽名使ってる鳥口かと思っていたが、読了後に鳥口は「うへえ」だったと思い出し、作者の意図してないところで勝手に騙されてた自分がアホっぽい。

ところで、榎木津視点の叙述って今まで無いみたいだけど、これからも京極堂とこの人は内面的な心理描写は無いのかな〜

692 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:19:20 ID:abODUBKL
>>630
今、絡新婦読んでたら、益田曰く、天麩羅蕎麦50円だそうです。文庫P849

693 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:19:32 ID:DjfMN+2j
榎木津はハコでなかったっけ?
京極は無理っしょ。されたら萎える。

694 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:19:39 ID:ORn4EAqk
魍魎に榎木津視点なかったっけ?かなりまともだったような覚えが。

695 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:24:47 ID:cppZtX48
>>670
えっ、司のことだとばかり思ってたんだが。
釜んときに益田が使った強姦ネタも司から聞いたっぽいことが書いてあったし

696 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:26:40 ID:abODUBKL
>>691
陰陽師と探偵は最後まで書かれないでしょう。
たま〜に「あれはあれで大変だ」と言い合うぐらいで丁度良い。

697 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:35:40 ID:5HOpz5gj
増岡弁護士が依頼にきたとこだね<匣の榎木津視点

そういや邪魅で増岡登場すると勝手に思ってた
対になるキャラは今出川なんだろうか

698 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:37:54 ID:T6njUtw7
だから、匣であったってば。
ノベ300n

699 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:39:58 ID:LBrk6FGk
>>696
やっぱり、憑き物がつかない人は心理描写しないですかね。


700 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:41:05 ID:u+V3WNdf
みんな関口の恋愛結婚に疑問を呈しているが
見合いはもっと有り得なくないか?

701 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:51:53 ID:nZUQi9r7
さて、次は2年後には出してくれ・・・。


702 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:52:28 ID:sqBwO/Zr
>>700
学者の端くれだったはずだし、三文文士よりは挙動不審でも大丈夫じゃないか。

703 :名無しのオプ:2006/09/30(土) 23:54:24 ID:DjfMN+2j
関口よりも、そこら辺によくいる、DV夫やら偉そうにふんぞり返ってるのやらと
結婚してる人のほうがよっぽど謎だけどな。
関口は駄目人間だけど魅力的だ。

704 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 00:01:24 ID:SgELY+tV
雪絵が十八、九の頃に出会ったってことは、関口も未だ学生だったのかな?
関が学徒出陣したのいつだっけ…

705 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 00:05:24 ID:GkF8XqOn
てかオマケ冊子の年表すごいことになってるなw

706 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 00:08:04 ID:EwPD9v6y
今回榎木津が暴れなかったのは百器で思う存分暴れたからか
また薔薇十字シリーズかかないかな?

707 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 00:08:35 ID:sucZQLP5
本当は敦子が好きで好きでたまらない秋彦君が
ちょっとの衝動で涼子に手を出してしまうような危険人物・関口の
性欲から妹を守るために与えたいわば生贄が雪絵さん。
自分は代用として妹によく似た女性を娶っている。
やばい探偵の人格は操作によって徹底的に破壊。
青木は人格操作の挙句降格人事。
鳥口は現在会社が存続の危機に立たされている。
益田は探偵の助手という過酷なポジションにぶちこまれている。
いさまは人格を希釈化されてしまっている。
木場はそもそも女性とうまく付き合えないのでとりあえず安心。
全ては兄のゆがんだ鉄壁のガードのせい。

708 :670:2006/10/01(日) 00:10:22 ID:dOjIS+7k
>>674
ありがとう!どこだったのか気になってたんだよ。


709 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 00:21:22 ID:rd4LjjjD
やっと読了。なんか疲れた。
特装版カバー裏の地図に自分の家が入っていてちょっと感動。

710 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 00:29:47 ID:1oC9Ziyt
>>707
神崎士郎か天道総司って所だな

711 :名無しさん:2006/10/01(日) 00:35:56 ID:NkzQ7YT3
>>707
久遠寺嘉親「娘よりも年下じゃがの、儂はあんたの事が好きじゃ」
中禅寺敦子「先生――。

712 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 01:05:28 ID:3qHYZASW
ところで元カノは10年前の写真が24〜25くらいに見えるが
馬場の管理人は現在28〜29くらいかと言っている。
一体いくつだ。

713 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 01:27:35 ID:yBgLgzUV
>>712
榎木津と同じ年ぐらい?
自分は30代前半かと思って読んでた

714 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 01:36:50 ID:AhbCuF8H
某「暗黒館」よりもたるかった。シリーズも長く続いて、愛着のあるキャラがたくさんいるのに、
どこの誰ともわからん奴のわけわからん繰り言を延々としかも何人分も読まされるっつーのは
キツい。
「早く、知ってるキャラ出せよ!」みたいな。
せめて、繰り言の部分が面白ければいいんだけど、数人で似たようなこと言ってるから飽きる。
特別な毒以外の部分では今までの話に比べて事件そのものが平凡すぎる。

今回良かった点は、やはり関が初期の関っぽかったところ。ちゃんと益田にまっとうなこと言って
るし。

ラスボスがしょぼいのも何だかなぁって感じ。私は前レスにあった、ラスボスの「実奈が立ち直って
縁談のこと考え直すようになっていったのが許せなかった」あたりは逆に、理解できなかった。
女の嫉妬、という点ではわかるんだけど、仮にも神崎家をしょって立つ立場の女性、榎木津と対等で
あろうとした女性が、たかがチンピラ一人に脅されて、「別に頼んでないのに、彼の見合い相手を
強姦して、ついでに私をゆするんです」って、どんだけ都合いいんだよお前。結局のところ、誘い受け
しておいて「だって頼んでないのに」って保身に走ってるだけで。いたいけな女学生に毒押しつける
あたりが最悪。

そんなに好きなら、他の女、しかも知り合いで仲の良い相手が陵辱されるのをボーッと見てないで、
榎木津に会いに行けや。自分で何とかしろ、自分で。好きだけど、実際つきあうのは辛い、でも他の
女のものになるのはイヤ――思うだけなら勝手だが、思うだけにしとけ。そんなわけで、大鷹よりも
ラスボスに苛ついた。

715 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 01:47:44 ID:jh405W04
ここってネタバレスレ?

716 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 01:51:38 ID:NnSuujSe
違うけどもう止まらないよ。
ネタバレスレは別にあるんだがなぁ。

717 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 01:53:32 ID:yONHiOoQ
ネタバレかそうじゃないか、判断もできない>>714みたいな池沼が集うスレ。

718 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 01:56:08 ID:bKoZgWJF
現行ローカルルールではネタバレの定義はされてないから
犯人の名前を伏せてればネタバレじゃないと思ってる人と
詳しいこと書いたらネタバレだと思ってる人とでは一生かみ合わないと思うよ

719 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 01:56:50 ID:5KoLHCR4
>>1からずっと読んできて、>>714だけにネタばれの罪を
おっかぶせるのは、酷なのではw

720 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 01:57:40 ID:NnSuujSe
いや、この流れはもう犯人の名前がどうとかいう問題か?

721 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 02:02:38 ID:u8uJN/H1
藤村のおっさんカコエエ。
でも青木も本庁に戻るし再登場はなさげだな。

722 :名無しさん:2006/10/01(日) 02:02:39 ID:NkzQ7YT3
ローカルルール板に怒鳴り込むといいよ。

あそこに巣くう馬鹿どもがシッカリと機能してたはずのネタバレスレを
禁止に追い込んだ所為で今のこの状況につながってる。

723 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 02:14:49 ID:GkF8XqOn
榎なんかのどこらへんが好きだったのかがさっぱり理解できなかった
元カノだった過去の執着だけであそこまでやるのはちょっとトホホ
納得いかなかったのでキョトンとしちゃったよw
憑物落としも今回イマイチ・・



724 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 03:06:06 ID:Z/tO2OmB
読了。
妖怪(ジャミ)の蘊蓄が無かったのが残念
京極堂もちょい役って感じで物足りなさを感じたなあ…


725 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 03:23:20 ID:lGBxMduZ
読了したのでようやくここを覗けた。
で、なんか期待持たされすぎだったんじゃないかなって思った
講談社が邪なことをしたせいで、こんな微妙な感想ばかりが並んで…って好意的すぎか?
普通に小説としておもしろかったし、これまで以上にサービス行き届いてるなって思ったけど
ここでは少数派みたいだ。

726 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 03:40:38 ID:aP8eXfS/
読み終わったよ
関口が出るとほっとする
世界の中心とか言われると寒い
あと、首謀者のバカ女死ね!

727 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 04:03:51 ID:TwScO17X
やっと読み終わった。
読みながら、海辺だし、加害者が次々乗り移るから鬼太郎で観た牛鬼の方がしっくり来るんじゃないかと思ったけど、
何とも邪魅の雫な話だった。

毒の蘊蓄はもっと来るかと思ったけど、そうでもなかったのね。
まああれ以上語ったらとんでもない厚さになりそうだけど。

728 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 04:37:46 ID:AyuXpHRT
次作予想。

碑から連想されるのは、犯行現場になんらかのサインを残す連続殺人。
碑なのだから犯行現場に残すのはオブジェではなくメッセージ。

鵺が鳴くと人が死ぬと言われている。人が死ぬのは夜。場所は邪魅のような広域ではなく、限定された建物の中。
関口、木場あたりが鳴き声を聞いて駆けつけると人が死んでいてメッセージが残されている。

鵺は4匹の生物を混ぜ合わせた合成生物である。よって、ひとつの殺人事件が複数の犯人によってなされる。
殺した者とメッセージを残す者が違う、または、登場人物の悲鳴を鵺の鳴き声に喩え、
発見者が無意識に事件の片棒を担いでしまう―――といったようなカラクリが施されている。

狂骨と対になることも考慮すると、精神医学のネタを持ってきて多重人格の人格交代による犯行、
ということも考えられるが、それは既出であるから、
多重人格者の犯行に見せかけて実は複数犯、という構成がとられる。

狂骨の東密に対し、台密が事件に絡んでくる。
おそらく、犯行現場に残されるメッセージから、台密の歴史を紐解いていくことになるだろう。

729 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 04:50:12 ID:eZt+jrtM
ageてまで恥ずかしい妄想をお披露目したかったのか…

730 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 04:57:53 ID:ruWwywOd
ハゲト氏が邪魅読了したようですね
これ、多分認めたくないんだろうな…と思ってしまったw

731 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 05:02:05 ID:w5fZnq9A
邪魅読んでたら昔読んだ赤川次郎の『毒(ポイズン)』を思い出した。
これ以外の毒殺ミステリーを読んだことないからかもしれんが、ちょっと被ってる感じがしたなぁ

732 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 05:33:02 ID:ehqDR6to
>>723
同意。あの書き方では
その辺の腐女子なんかと一緒で単に顔に惚れただけとしか思えない。

毎度毎度、榎木津の外見描写が入るたびに「はいはい美形美形」と軽く流したくなる。
もっと他の部分で魅力を感じさせて欲しい。
今回に限って言えば、大鷹のが断然魅力的なキャラクターだったように思う。

733 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 05:55:19 ID:8+gRxSSJ
今回のエノは他の魅力を感じさせてくれたぞなもし

734 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 09:46:47 ID:CR6GHJ8Q
榎木津にとってなんであの女だけ交際が長続きしたのか分からなかったな
言い訳だらけで嘘吐きの小者

735 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 10:18:17 ID:tcvvDYPy
これ以上もなく好意的に考えれば昔はともかく今になって、見合いの話を
知ってから馬鹿になった。

が、その肝心の昔がどんなだったか全然わからんので説得力無し。

736 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 10:33:28 ID:Ejzq2tRt
>>734
見てくれ以外も好きになったのが、彼女だけなんでしょうな。

なんつーか、匿名でぐだぐだ云う2ちゃんは世間なんだな、とおもった。

737 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 10:40:35 ID:nEwnlFEP
>736
>見てくれ以外も好きになったのが、彼女だけなんでしょうな。

そういう描写があって少しでも掘り下げられてればねえ…
ラスボスの人間性がまったくわからんままであのラストやられても…

738 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 10:45:11 ID:na9GQBRm
ラストはちょっとイイ話風味なのが腹立つよな。


739 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 10:46:39 ID:Ejzq2tRt
>>737
いやいや、途中にありましたやん。
榎さんは、言い訳をしない、憐憫をしない、逃げない、あほくさいとかなんとか。厭な人間の条件ばかり、思い出ばかりを語ってましたやん。
あの人に出会ってしまったから、どうしても、彼と比較して、どいつもこいつも、いいわけばかりだ、と。

自分が引っかかったのは、ミマサカさんのことがちっともでてこないところかなー。対の研究のようにおもうのだが。

740 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 10:54:30 ID:PMcKzHq4
邪魅読みました。当たり損ねの内野安打という感じで
最近なかなかクリーンヒットが無いですなぁ。

741 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 10:55:42 ID:n2JXTzSU
作中でどういう女性だったとか語られても鬱陶しい

742 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 11:09:51 ID:CR6GHJ8Q
あの女の薄っぺらさのせいで京極堂の話も響かないな

743 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 11:10:43 ID:dmYHNLCq
>>736
そんなことないでしょ。
見てくれ家柄等考慮せず、言動が殆どキチガイに近くても、
意外と優しくて悪い奴じゃないなんて、付き合った女なら半数くらいはわかるはず。
他にも分かってくれる人なんていっぱいいるだろうに、あの女だけ長続きしたってことは
榎木津にとって特別だったってことじゃないの?
なんでとか、どこが、なんて本人しかわからないし、考えるだけ野暮。

744 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 11:30:53 ID:E5DxYPxq
なんか百器で「益田と馬の鞭」という絵面を出したかったがために、
その鞭を持つに至った経緯であるはずの邪魅では、かえってとってつけたような
感じになってるような。

745 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 11:31:32 ID:nEwnlFEP
>>739
書き方がまずかったかもスマン。おれが言いたかったのは
言い訳しない等の「ラスボスの榎木津像の捉え方」の描写ではなくて、
なんていうかなあ、「ラスボス自身」があまり掘り下げられてないと感じたのよ。
だからあのラストもなんだかなあという感じでさ。
>彼と比較して、どいつもこいつも、いいわけばかりだ
じゃあおまえ(ラスボス)はどーなんだよ!と突っ込みたくなってしまうんだよ。
グダグダ考えずに榎木津に会いにでも行けばよかったのに…と。

746 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 11:48:26 ID:GEZNAf2d
それができなかったのがラスボスのいけなかったところ という
結び方はともかくも、ラスボス像掘り下げ不足は確かにあるかなあ。
ラスボス視点のエノとの話 とか途中に入れてたら・・・でもそうしたら
思いっきり犯人バレそうだけど

747 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 11:49:07 ID:11abVGNP
2ch的世間大衆の話は鳴釜でもしてるね

748 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 11:54:16 ID:/bbfcLq1
>>746
オレは京極は犯人バレても全然構わないから
そっちの方が良かった
でも確かに今まではそう書かれてたよね
新しいことにチャレンジしたってことかな

749 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 11:57:21 ID:sObaDGkb
いっそあんなセコい嘘つきまくるんじゃなくて、本気で敵対する気満々の
ガチバトルで、負けても我が人生に一辺の悔いなし!!手加減抜きで戦ってくれて
有難うみたいな話だったらウケたのに。

750 :名無しさん:2006/10/01(日) 12:00:22 ID:gD3LFKb/
「全力大磯だ!」とか言いながら、一人浜辺でぽつんと待ってる榎木津って何なの?

751 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:03:13 ID:rNHpsq7S
そのうち短編か何かで補完しないかね
腐女子が怒るか

752 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:07:17 ID:GEZNAf2d
ラスボス生きてるし、多分逮捕もされてない?茜みたいな感じ
だったらまた出る可能性もあるしね

753 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:08:46 ID:dmYHNLCq
え、またアレに出てきて欲しいと思ってるクチ?

腐女子じゃなくても、あの女と榎木津が付き合うなり結婚なりして、
雪絵や千鶴子ポジションに収まったら即全巻叩き売る。

754 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:10:06 ID:rNHpsq7S
なあに、そのうち入浴中に襲われて吊るされるさ

755 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:12:30 ID:NnSuujSe
榎木津とできるのは美弥子さんかと思ってたよ。

756 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:14:42 ID:dOjIS+7k
まーイタい女だったということで。もう二度と登場しなければいいや。

中禅寺兄妹の初対面エピソードが読みたい。あの兄妹謎過ぎる。
鵺の碑が京都にあるということなので次回語られはしないかと期待。

757 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:17:12 ID:rNHpsq7S
美弥子さん引っ張るかと思ったけど一発キャラだったな
ラーメンどんぶり子の方が出番が多い

758 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:17:36 ID:8Ckwhl5W
明らかに誰かに殺意があるということがわかっている相手に
凶器を渡すのって殺人幇助には当たらないの?

759 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:18:10 ID:IiKS5Ywe
ここまで読んでふと思たんだが、
ラスボスに対する温度の差(許せないとかまあ理解できるとか)って
リアルでの恋愛経験の差なんだろうね。
若いんだなー皆……。

760 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:23:08 ID:U+JlQ8K2
とりあえず次回殺されそうってのは真っ先に思った>ラスボス

761 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:23:10 ID:QCp3PsMO
>>759
意味不明

762 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:29:21 ID:RXhhPzDN
成熟した大人の>>759が己の恋愛経験談を披露するスレはここですか?

763 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:30:42 ID:dmYHNLCq
とられたくない、って気持ちは理解は殆どの人ができるんじゃない?
ただ、妹的存在に始末を押し付けたり、
男どもに言い訳ばっかりといいながらお前というやつは…みたいなのはさすがに呆れる。

茜のしたことの方が外道で理解しづらいけど許せるのはなんでかね。
つか、未だに何で殺されたのかよくわからん。

764 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:32:08 ID:ALlKWiN1
幇助にあたりそうな事例は、今までけっこうあったかと。
現場の警官がそういう判断を知らないから、
逮捕されずよって起訴もされない気がする。
この時代の警察ってああだったのかな。
最初の石井との話で法律の話が出たから、これからに期待。
でも、被害者の心が救われる訳じゃないがなー。

765 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:34:17 ID:dmYHNLCq
今までで断トツに不幸な人かも>秀美

766 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:35:01 ID:5ZdSSAbx
>763
茜タンは言い訳しなかったよ!だから許せるよ!

767 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:35:37 ID:GEZNAf2d
ていうか大仁田とあやめは何だったの?

768 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:36:47 ID:1oC9Ziyt
ようはスレの腐女子率が高いって事か。

しかしあれだけ魅力のないヘタレだ凡人だ言われてる今回の黒幕も
カタログスペックだけなら歴代ヒロイン中最強の厨設定スーパーウーマン
なんだけどなぁ。それでアレだもんなぁ。何故なんだろう。

769 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:39:41 ID:rNHpsq7S
>>767
あいつらキャラが濃いからまた出そうだな

770 :名無しさん:2006/10/01(日) 12:46:41 ID:gD3LFKb/
だからまた身の回りの人物だろ。

「うはあ」はおそらく参考文献のページで謝辞を書かれてる学徒。

771 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:50:26 ID:QSRk3rWN
>768
きっと厨設定同士ウマがあったんだよ。
お互い、神出鬼没に登場しあってたんじゃないのか。

772 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:53:41 ID:HiMlq85E
今回の人は最後に罰を受けたから、まあいいんじゃないか。
茜は、京極堂が許そうと思うくらい可哀相だったからな・・

内面描写をしてしまうと、理解は容易になるけど、
人間的に小さく思えてしまうのは仕方が無いかと。
自分は何を考えてるか解らない陽子や茜よりはすっきりしたなあ。


773 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:54:36 ID:TDIOOfpV
>>771

「うははははは!」

「おほほほほほ!」

774 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 12:57:53 ID:QbFo8gKR
話がいつもにまして冗長すぎて辛かったわ
知らない作家の本だったら確実に途中で挫折してた

これで妖怪シリーズは終りなのか…


775 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 13:19:28 ID:jh405W04
このスレの流れって、榎木津に彼女がいたと知って狂った腐女子が
「糞だ糞だ」といってるって事か?

776 :名無しさん:2006/10/01(日) 13:28:31 ID:gD3LFKb/
そういうのもいるだろうが全てではないでしょ。

777 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 13:34:04 ID:/bbfcLq1
榎さんと彼女の話が少ないってことだろ

778 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 13:36:59 ID:7GPlWILI
嫉妬に狂うほどの情報量も描写もないのでそれはないんじゃね?
むしろそれが不満だ

779 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 13:41:30 ID:L0k3EbzV
言い訳ばかりとやたら人を蔑む癖に、自分の事になると願って無かったとか
嘘ついただけだとか言うのがラスボスじゃあなあ

犠牲になった人達が莫迦かもしれないけど人の良いのばっかだったんで凄く後味悪い

780 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 13:57:01 ID:+TMXB7eL
腐女子に大好評のラスボスでしたね

781 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:01:58 ID:dmYHNLCq
やっぱ今回の見所は、大鷹の莫迦描写かね。もう耳が痛くて。
でも、あれって誰視点だったのかな。
今までは誰かしら視点であって、神の視点って出てこなかった気がするけど。
だから余計に私怨っぽくみえるなァ。

782 :名無しさん:2006/10/01(日) 14:04:13 ID:gD3LFKb/
まぁどうでもいいレッテル貼りでアホを括ってこき下ろすのも書いてる本人は楽しいかもしれんが、
話が矮小化するだけだから腐女子談義はこのへんにして、作品本体の話に戻ろうぜ。

783 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:13:58 ID:TGkudVFB
>>587

悪いこと言わんから、もう少し勉強しろ

784 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:15:38 ID:DkMAS9qY
今までの中で一番「普通のミステリ」として読めた気がする

785 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:22:28 ID:TGkudVFB
>>783
そういや、間テクスト性に言及した箇所もあったな。

デリダか、あるいはマクルーハンか。

786 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:22:42 ID:MHIKTPI/
ページ増やすなり減らすなりして犯人の描写がもっと欲しかったよ。

今回は張り巡らされた伏線が収束していくさまが弱い。
面白いとは思うけどやっぱ過去作と比較してしまう

787 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:26:27 ID:GkF8XqOn
山下社長が今回あまりうざくなくて良かった☆


788 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:27:30 ID:Ejzq2tRt
>>773
挿絵:島本和彦

789 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:27:59 ID:GkF8XqOn
でもさ普通のミステリなら京極堂はいらないよね
なんか割に合わなかった気もする

790 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:29:00 ID:bKoZgWJF
今回はラスボスも含め
全員世界=自分だと思っていたが
実は所詮自分なんて世界の一部にすぎないんですよって話、
いうなれば茜(=ラスボス)や伯爵(=画家)なんかも
世間にかかると興味本位の噂の対象でしかありませんって話だったわけで
小さい人間に見えなきゃいけなかったんじゃないかと。

多分、人物描写やらを今までの作品のように来宮姉妹や宇津木実奈を中心に
悲劇的に描いていたらラスボスの存在感が増してここで物足りないっていってる人も
それなりに満足するような物量になるとおもうんだろうけど、
そういうのを否定してるというか、それじゃあダメだというのが今回の話だったとおもうんだけれども。

791 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:30:29 ID:TGkudVFB
京極のテクストは多層的だよね。
別にナイーブに読むのを悪いとは言わないけど。

792 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:33:04 ID:TGkudVFB
>全員世界=自分だと思っていたが
>実は所詮自分なんて世界の一部にすぎないんですよって話、

それがセカイ系なんだよ

793 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:34:16 ID:Ejzq2tRt
>>790
自分の大きさを、主観で最大限に展開するのがセカイ系ですがな。

794 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:36:39 ID:GB6HxPRU
邪魅は塗仏、陰摩羅鬼より面白い?

795 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:37:41 ID:GEZNAf2d
最後の終わり方は、正しいかどうかや、強いかどうかじゃなく、
結局は個人には好きか嫌いかっていうことでしか判断はできないんだっていうこと
なのか?

796 :792:2006/10/01(日) 14:38:15 ID:TGkudVFB
>>790

これは煽りじゃないんで、
よかったら、手始めに「京極夏彦の世界」とか読んでみたら?

その中の斉藤環の批評から入るとわかり易いよ。

797 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:38:31 ID:Ejzq2tRt
>>794
重い。

798 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:40:05 ID:GEZNAf2d
言葉足りなかった、つまり個人単位で絶対的な評価はできない、
自分は世界の1人に過ぎないのだけど、自分は世界に手出しはできない、
自分の周りにあるものしか見えないのは当然のこと という解釈でしょうか

799 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:40:24 ID:bKoZgWJF
>>796
ごめん、イマイチなにがいいたいのかよくわからない。

800 :792:2006/10/01(日) 14:40:59 ID:TGkudVFB
それから「世間」がシリーズを通底するテーマ
だってのは当たってるよ。

801 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:41:05 ID:Ejzq2tRt
>>795
んでもって、噺そのものも、好き嫌いが分かれるように、と。
ツマンネならそれでおk、なんじゃないっすかね…… 邪魅の説明はないし。

802 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:41:19 ID:GkF8XqOn
私は榎にはイラついたが、京極堂の憑物落しが良かったのと、
関口視点があったのと、伯爵好きなのでオンモラのほうが好き

803 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:42:04 ID:1lWZbg8Q
ラスボスのしょぼさは狙いの内(利用されてた側と内面変わらないじゃんみたいな)
だと思うんだけど、元々大物に見えなかったからなあ。
動機とかアウトラインは早い段階から想像ついちゃうし。
操ってる側はすごく邪悪で、どんな陰謀が渦巻いてるのかと思ったら実は…になってない。

ラストシーンは結構好きだな。
彼女の世界は榎木津が好きって以外に何も確かなものがなかったから
あの一言で壊れてしまうんだろうなと。

804 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:42:58 ID:Ejzq2tRt
>>798
そこで思考を終えるのが大多数の人。
セカイ系住人は「だから、俺の世界はこれなんだ! 俺が死んだら世界も終わる。お前も氏ね」と展開するわけですな。
うぶめの最初、あじゃりの骨壷のハナシとおなじですなー。

805 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:44:30 ID:JN7omexM
邪魅がつまらなかったといってるやつはたいてい大鷹クラスの人間。

806 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:44:30 ID:Ejzq2tRt
>>800
同意同意。
世間を作るのは言葉だからとか何とか。

807 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:45:05 ID:dmYHNLCq
>>798
当然のこと、だけれどもそう言い切っちゃうと、
世の中っていう概念お化けが立ち行かなくなる気がするなあ。
でも中禅寺はその立場貫いてるから、夏彦はそう云いたかったのかな。

808 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:47:54 ID:Ejzq2tRt
>>807
そ、それは……

中禅寺の言葉は、作者、京極屋と同じ、だなんて、妄想(?)が前提なわけで……

809 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:51:36 ID:CKwZxHmv
新作は会話が無駄に長い。
良く言えば、人物描写が細かくなったと言えるが・・・・

810 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:52:11 ID:dmYHNLCq
ああ、すまん。
そう云いたかったを、そういう話が書きたかったってことで読んでくれ。
普段は書き手=作者っていうのも考えないようにしてるんだけどな。

811 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 14:57:34 ID:Ejzq2tRt
>>809
うーん、以前、なんだったかな? メディアで京極が

「長い時間待たせるんだから、ちょっとでも多く読めるほうがいいだろうし、長くなると(ry」

と云ってたような記憶が。マニーのひと補完宜しく、ってところでうっちゃっておく。

そりゃ、版組みまでしたら時間かかるだろうに……

812 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 15:00:33 ID:HiMlq85E
「京極夏彦の世界」みたいな評論も感想文にすぎない、という話じゃなかったのか。
そう思いたいのならそう思えば良い、というか。

813 :名無しさん:2006/10/01(日) 15:13:20 ID:gD3LFKb/
「通俗娯楽小説」を謳うなら、最初はとんでもなく強大に見えていた犯人が
中禅寺の語りによって、とんでもなく卑小な存在に解体されていく展開の方が受けるわな。

最初から卑小に描く意味なんかない。
どうせならDくらい割り切って描いたほうが良かった。

814 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 15:25:23 ID:dmYHNLCq
ドウジマンは嫌だなあ。あれが出るとヒーローものみたいになるじゃないか。
クモ以降犯人がアフォばっかりでなんだかなあ。

815 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 15:31:50 ID:rNHpsq7S
dv

816 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 15:32:25 ID:rNHpsq7S
>>773
挿絵 安永航一郎

817 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 15:39:10 ID:7GPlWILI
>>814

ビキビキ(#^ω^)俺の伯爵たんをアフォだと・・・・・・・・・?

818 :792:2006/10/01(日) 15:41:21 ID:TGkudVFB
>>812
あくまで批評やアカデミズムへの入り口として
適書じゃないかって話だよ

819 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 15:46:01 ID:dmYHNLCq
>>817
あっ、伯爵は除く……というか、除きたいな。
世界は狭かったかもしれないけれど、
自分にとって辛くても、受け止めて広げようとする姿勢は好ましかった。
西田と比較されるけど伯爵とは根っこが違うよな。

820 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 15:46:03 ID:ZLscc160
しかし刑事が多かった。

奇っ怪な舞台装置が欲しかったところだけど、でもテーマ的にはどこにもありそうな所じゃないといけなかったのかもな。

821 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 15:48:03 ID:+c2FUA/g
今まで次回作のタイトルがどっかにあった気がするんだけど
今回みつからない

もしかしておわり?

822 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 15:49:04 ID:xoKGKuEF
>>821
おじいちゃんおでこ、おでこ

823 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 15:49:09 ID:+c2FUA/g
ってかいたけど、「次回」で検索したら既に散々ガイシュツだったw
すまん。

終わりかと思ってちょーどきどきした

824 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 15:50:46 ID:WerbsIqq
関口や榎木津のキャラが初期の頃のキャラに若干修正されてるのがよかった
オンモラキん時は関口まじでウザかったけど、今回は関口にも素直に好感が持てた

それにしても、あざといぐらいに陸軍の彼の存在をちらつかせてたな
ぼちぼち終章に向けて伏線張り始めたのかな
塗仏のラストで、榎木津が「化け物め」と言った記憶は、731部隊での人体実験の記憶なんかな

825 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 15:52:36 ID:GkF8XqOn
オンモラは関口よりむしろエノのほうが百倍うざかったよ

826 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:04:42 ID:xFtQZO+B
今読み終わった
なんだかんだいって面白かったよ

827 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:05:57 ID:bKoZgWJF
オンモラキはむしろ関口君のまともっぷりにびっくりしたよ

828 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:06:51 ID:xFtQZO+B
あと>>759には共感
10年前に別れた恋人にもし会ったらと考えたら
最後のシーンで泣けた

829 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:07:51 ID:T90lz/gp
発売日に書店に行ったら「田舎だから2,3日遅れて入荷します」と言われ、
発売4日後に行ったら「スイマセン今売り切れなんです」と言われました。
予約しなかったのがいけなかったのかorz
でも解説書はこんなにいらんだろってくらい置いてありました。

830 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:08:35 ID:WerbsIqq
薔薇十字探偵社から名前を頂いて、馬場にrozen kreutzって付けたんだよな?

831 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:11:59 ID:xFtQZO+B
>>829
都内の本屋にはこれでもかというくらい山積みにされてたが
解説書とはなんだ!?そんなもんなかったぞ・・?

832 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:13:01 ID:xFtQZO+B
そうか、予約特典だったのか・・
知らんかった
連投スマソ

833 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:21:11 ID:GkF8XqOn
冊子なら予約で買ってなくても買った店に言ったらもらえるよ。
一応レシートも持ってってみれば?

834 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:24:12 ID:xFtQZO+B
マジでか・・
レシートではなく・・数冊買って領収書を貰ったので・・
あぁぁああああああああ

835 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:27:36 ID:GkF8XqOn
だいじょうぶ。昔本屋でバイトしたことあるけど
特典冊子みたいなのは絶対あまってるはずだから。
レジに積んであったりもするよ
ただ使えない店員だと、冊子くださいって言っても
え?って顔されるかもだけど

836 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:29:00 ID:xFtQZO+B
d
じゃあ明日にでも勇気を出していってみる・・(´・ω・`)

837 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:30:31 ID:+c2FUA/g
冊子、私が買った本屋ではじゃみに挟んであった

838 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:32:39 ID:GkF8XqOn
挟んであるところもあったよね
店それぞれっぽい
私講談ブックで予約して冊子持ってるけど、
駅前の本屋のレジ前に積んであるの2冊とってきたしw
そんな持ってても意味ないけど・・

839 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:34:21 ID:SkznhFT3
予約可能になって即日予約したのが昨日amazonから届いてたのだ。
全作品解説書という小冊子もついてきてたぞ。
今から読む。読了までさようなら。

840 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:36:18 ID:xFtQZO+B
>>837
私のとこは大極宮通信が挟まれているだけだった・・
つかそんな冊子があること事前にしってたらレジで聞いたんだどなぁ
くっそう

841 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:57:31 ID:Rnlk57oR
発売日から2日経って楽天ブックスで買ったら大極宮通信と解説書がはさんであった

842 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 16:58:45 ID:M/GRld22
やっと読了。
でも途中ページ下部がちゃんと切れてなくて綴じ込み付録のような状態に。
これは書店に言えば交換してくれるの?それとも出版社?
すげー読むの大変だった…(上から必死にのぞく)

843 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:00:15 ID:rNHpsq7S
本屋でいいんじゃない?

844 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:02:39 ID:y1mW7vVN
後日エノさんに会って記憶を見られても大丈夫なように
自分では手を下さなかっただけでしょ。

845 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:09:38 ID:M/GRld22
>>843
レシート無いんだけど大丈夫かな?

846 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:13:42 ID:lLqITh00
>>845
解説書はチラシ扱いらしいから大丈夫なんでないの。うちの近くの店はどうぞご自由にって状態だった。

847 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:18:19 ID:GkF8XqOn
本の不良品も換えてくれるよ。
レシートあったほうがいいけど、聞いてみれば?
普通は交換してくれるよ


848 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:25:22 ID:dgLYMbu1
話ぶった切ってすいません。
講談社ノベルズの装丁で、どうしても気になることが2つあります。
1.「絡新婦の理」の第1刷の背表紙の定価の表記は
「定価:本体1456円※消費税が別に加算されます。」
「定価1500円(本体1456円)」
のどちらか?
2・「塗仏の宴 宴の支度」の』第1刷の背表紙の定価の表記は
「定価:本体1200円※消費税が別に加算されます。」
になっているのか?

どうか持ってる人教えてプリーズ。


849 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:27:27 ID:M/GRld22
>>847
ありがと。
一応駄目元で確認してみる。
本屋が駄目なら出版社に送ればいいんだよね?

850 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:38:48 ID:6XihcQ0c
松金あやめと大仁田のコンビは百器徒然袋で再登場しそうな気がする

851 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:39:13 ID:WerbsIqq
確実に使いまわすだろうな

852 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:41:21 ID:5m2feH2S
あの女って性根の腐ったただの僻みババアだよな
しかも他人からはいい人と思ってもらいたいと言う最低な奴

853 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:47:24 ID:WerbsIqq
山下社長のせりふは良かったよなw
なぜかとても腹が立つんだが、これは私が疲れているからなのか?って

854 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 17:56:10 ID:wr9oG8Xk
なぜかとても腹が立ったんだが、これは読むのに疲れていたせいだなきっと。

855 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 18:00:38 ID:dKyan/mr
特装版買ってきたけどそれ専用の読者アンケートが付いてるんだね
評判良かったら次回作でもやるつもりなんだろか

856 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 18:05:34 ID:8+gRxSSJ
馬場の名前ってどこに出てきたの?

857 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 18:09:24 ID:Oac71n2h
ラストシーンで狂骨思い出して、ただいま再読中。
朱美はいい女だ。

858 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 18:09:49 ID:WerbsIqq
>>856
作品一覧の左のページの紋章だそうらしい

859 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 18:13:04 ID:EGsFz+Kc
姑獲鳥よんだ。
理屈っぽくてトリックないし
コズミックみたいでがっかりした。
全部こんな感じ?
なんかオススメくれ。


860 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 18:13:54 ID:78DzT7Jc
ラスボスは言い訳ばっかしてる連中と自分が似てたから(心の中で)罵倒してたんじゃないの?
あれ自分に対しても言ってたんだと思ってたわ。

861 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 18:21:15 ID:8+gRxSSJ
>>858
ってことは
確定じゃないってこと?

862 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 18:31:07 ID:xFtQZO+B
>>859
最初に読んだのがウブメでその感想ってことは
あなたには京極作品が合わないのかもよ
オススメなんて人によって違うし

863 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 18:37:27 ID:ividiX1n
>>838
笑ってるけどさ、あなたが取った分、他の人が手に入れられないんだよね。

864 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 18:50:32 ID:xoKGKuEF
>>859
まあ感性の問題で感想は人それぞれなんだけど
トリックはあったんじゃねえかな

865 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 18:53:44 ID:Z/tO2OmB
馬場ってなんだっけ?
やべ…もう忘れてるし

866 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:10:44 ID:y1mW7vVN
>>865
益田が鞭を買ったところ

867 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:12:28 ID:EGsFz+Kc
密室のか?最初は屁理屈で二回目はトリックじゃないじゃん

868 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:17:17 ID:+UlVuLDV
郷嶋さん随分あっさり終わりすぎだ。
遠からず再登場しそうだけど。
あとは立ち直った気高く美しい秀美に期待だな。


869 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:19:56 ID:WerbsIqq
郷嶋はたぶん陸軍の男と絡めて再登場するんじゃないかな


870 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:22:21 ID:QbFo8gKR
殴られても蹴られてもずっと薄笑いで謎のストーキングを続ける男ってのに興味あったのに

ウソかよ

871 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:23:00 ID:8+gRxSSJ
青木が公安にひっぱられるなんてことは・・・・
情報源バレたからないかな?
バレたからこそあるかな?

872 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:23:18 ID:Z/tO2OmB
>>866
サンクス

873 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:39:00 ID:9B6MxgQS
つか冊子みて風でてることを知ったー!!
ちょーほしー

874 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:42:12 ID:9B6MxgQS
>>867
このシリーズはトリックを楽しむんじゃなくて伏線や京極の薀蓄を楽しむもんだよ。
ミステリっていわれてるけど、ラノベに近い気がする

875 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:44:23 ID:szvCt0W+
解説書、明らかに本の入荷数を上回るだろう数が積んであったんだがな職場近くの本屋。
そもそも解説書だけ発売前日から積んであったし。
だからおまけというより無料配付の宣伝用かと思っていた。
本屋によって違うんかね。

876 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:47:49 ID:bKoZgWJF
うちは発売日に一冊一冊キッチリ雑誌の付録みたいに輪ゴムではさんであった。
それが京極作品新刊だから平積みで。
はじめはそんなもん挟んであると気付かず買ったんだが、
買い逃しせずにすんだことをこのスレ読んで気が付いてからは
本屋よく頑張った、と思うようになった。

877 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:49:26 ID:do01jRb7
今回の裏ボス、やっぱり共感できないし腹が立つ
陽子みたいに自分が馬鹿なのを自覚した上で、嘘を重ねざるをえなかったわけでもないし
民江みたいにどうしようもなく追い詰められていたわけでもない
(個人的に涼子と鈴は別枠、茜は別格)
別に警察に通報しなくても、親しい間柄の秀美には忠告なりなんなりできたのに嫉妬で放置
何だそれ、と思った

あと小百合パート欲しかったな
理の美由紀視点みたいな感じで、姉の事件前後から殺されるまでの

878 :名無しさん:2006/10/01(日) 19:53:25 ID:gD3LFKb/
>>874
なんでそこでラノベなんだ?
そりゃジャンルじゃなくてカテゴリーだろ。

例に挙げるなら普通に「冒険小説」でいいじゃん。

879 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 19:57:21 ID:EwPD9v6y
>>877
魍魎でえらくへこんだのでやめてください(><)

880 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:01:17 ID:RuXFtjhl
>>743
付き合った女性もそれなりにいたようだが、どれも3日ともたなかったと書いてあるぞw
唯一長続きしたのが今回の犯人。
出征のためとは言え1ヶ月だけだけど。

881 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:02:41 ID:inVbj++c
>>875
今までの講談社京極本の販売実績によって配布数が決まると聞いたよ

それだと大きい本屋有利だよな
実際どうなんだろうな

882 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:07:27 ID:pk+O0EXr
榎木津がどこに魅力を感じたんだかさっぱりわからんとこがイマイチ乗り切れない理由かも。
自分を好きになってくれれば誰でも良かったわけでもあるまいに。
時が色々変えてしまったにしても、そこいら変がわからないから、大ボスにも、榎木津にも共感できない。
こんな女のせいで酷い目にあったお嬢さん達のこと考えると物凄く後味悪い。

883 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:09:00 ID:rNHpsq7S
ネット配信の以外はみんな読んだけど
うぶめを最初読んだときは俺だってナンダソリャと思ったさ
とりあえず二作目のハコ読んで合わないなら縁が無かったということで

884 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:14:07 ID:WerbsIqq
ああそうか、絡新婦までは、犯人に魅力があったんだなあ
塗仏は特殊だから省くとして、ここ2作は犯人に魅力があまり無いのが、
読後にピンとこない原因なのかもしれん
今までは、犯人にも感情を移入して読んでたんよな

885 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:18:33 ID:6hSZGRiu
>>884
理解は厳しいが、伯爵は魅力的だったけどな。

886 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:18:43 ID:JBl9Ts0m
ようやっと読了。
感想:レイプマンがんばりすぎ。

887 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:20:25 ID:WerbsIqq
>>885
そうだね
失言だった
魅力的だけど感情移入しにくいキャラだっただけだね

888 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:20:37 ID:jqJOx9RX
ところで塗り仏の評判うんこみたいだが個人的にはどうにもこうにもああゆうベタな展開が好きだから困る
Dが京極堂をこてんぱんにやり込めるところを見てみたいがまあそんな事は一生なかろう
ジャミは関口益田青木の株があがったのに対し大鷹江藤西田トリオが可哀想だった

889 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:23:51 ID:WerbsIqq
>>888
俺もなんだよなあ
結局ベタな勧善懲悪が好きなんだろうな
Dがどんな事件を仕掛けてきて京極がDとどう対峙すんのか今から楽しみだ

890 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:34:42 ID:sQDCIBSj
塗仏はポプラの少年探偵団シリーズみたいなもんだと思ったら
急に面白く感じた

891 :名無しさん:2006/10/01(日) 20:36:50 ID:gD3LFKb/
>>890
敦ちゃんも気道会に追われてる時に、お地蔵様の振りをしてやり過ごせば良かったのにね。

892 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:40:13 ID:RuXFtjhl
自分も伯爵は好きだ。
だから評判の善し悪しとは関係ないと思う。

893 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:42:04 ID:9ofqXfOg
>>889
でもそれが来るとシリーズ終わりの様な気がするのだが……
塗仏何だかんだ言っても好き。京極切れたし。

894 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:43:23 ID:xFtQZO+B
自分は全シリーズともみんな好きなので
勿論好きの中に順位はあるが
どれがよくてどれが悪いってのはないかなぁー
だから、人によって本当に色んな感想があるなぁと思って
ここ見てると面白い

895 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:45:16 ID:9ofqXfOg
ちなみに邪魅は俺はなんつうか、切ないと感じた。
裏ボスの評判の悪さも納得するが、ああいう風な奴だからこそ……と思ってしまって。

作者に踊らされてる?

896 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:45:21 ID:bKoZgWJF
おらぁオンモラキは伯爵の青白い顔ってののビジュアルがデスラー総統だと思った瞬間
奴に魅力を感じなくなってしまったよ。ヘンな連想するもんじゃないなl|li_| ̄|○il|li

897 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:52:15 ID:8+gRxSSJ
壮大な陰謀に思えるような事件にしてくれてれば・・・
ラスボスがあんなでも納得できてたかもね

898 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:55:29 ID:pk+O0EXr
ここで、伯爵=アルフィーの高見沢ってのを見て以来、
そうとしか思えなくなりましたw
でも伯爵は好き。

899 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 20:59:43 ID:9ofqXfOg
>>898
ちょ、鳥の剥製吹いたw

900 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:01:10 ID:GkF8XqOn
今回ラスボスの憑物を落としたのが榎だったから
微妙だったのかな
京極堂は西田さんは落としたけど


901 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:02:10 ID:Ebl5trCM
ところで冒頭の語りはセカイ系を丹念に否定してるが、「それ」こそがセカイ系のような気がしてならない。
と感じたのはオレだけだろうか…。

オンモラキの鬼神のことを考えない事もまた鬼神を信じているに通じるという理論みたいだが。

902 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:02:55 ID:rNHpsq7S
自分の中では伯爵のイメージはワラキアの夜だった

903 :名無しさん:2006/10/01(日) 21:03:48 ID:gD3LFKb/
>>900
それいったら姑獲鳥は関口の「母さん」だし、魍魎は木場の「悪党御用じゃ」だが、
その所為で魅力半減って事はなく、むしろ作品としての完成度は上がってると思うが。

904 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:06:24 ID:IU8sIqqK
章の始めの一文字がすべて
「殺」「死」「亡」だと気づいたのは
15章あたりだった

905 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:08:18 ID:9B6MxgQS
>>898
みんな同じこと思うんだなぁw

でも私の中の伯爵は高見沢をさらに20歳歳くわせて総白髪にしたイメージだけど

906 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:12:33 ID:WerbsIqq
俺ん中の伯爵は、萩原流行を華奢にして上品にした感じだったんだけど、異端っぽいな・・・
泣いてるような困ってるような表情ってのが・・・

907 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:15:37 ID:RuXFtjhl
伯爵は鹿賀丈史のイメージでした。

908 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:17:03 ID:ppmWWK5S
再読終了。
いろいろ再発見もあって面白かった。
ヌエマダー?

ところでP776の上段8行目とP812の下段部分は矛盾してこないか?
後者は結構重要なシーンだと思うのだが。
なっちどうなのなっち。

909 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:17:21 ID:bKoZgWJF
ていうか、今回は落とさなきゃなんないような憑かれたメ欄1は皆メ欄2し、
唯一生きてる西田はメ欄3ではメ欄4しなかったから
いつもより憑き物落とし量がすくないってのも、
まあそうだろうなあと。

910 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:20:49 ID:O4/HOCYo
伯爵…市村正規かな、なんとなく。

911 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:24:00 ID:jh405W04
関君の描写が巻を追うごとに酷くなっていってるんだが。
今じゃシャツはよれよれ、前かがみで肩はナナメに。茫洋とした顔。

912 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:25:04 ID:9B6MxgQS
まえよりマトモな気がするけどな
油症で猿で毛深くて汗っかきで姿勢が悪くて云々
いわれてたのに

913 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:26:18 ID:y1mW7vVN
高見沢俊彦 1954年4月17日 52歳

伯爵のイメージはしゃべらないカールスモーキー石井

914 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:33:35 ID:5m2feH2S
今回は榎木津が「関くん」と呼んでるのが良かった

915 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:34:31 ID:yRQPtRM1
自分の中では伯爵のイメージは細川俊之

916 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:37:51 ID:3zhn7e5H
自分の伯爵のイメージは 榊太郎(43)

917 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:39:38 ID:xFtQZO+B
自分の中では真面目な藤村俊二

918 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:40:48 ID:Ejzq2tRt
伯爵のイメージは瞬きしない阿部寛

919 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:41:41 ID:oUkCuLgj
今ようやっと邪魅入手したんですが、
近所の本屋で予約したら特典ついてなかったー!
都内でまだ入手できるところありますか?

920 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 21:59:51 ID:jqJOx9RX
しかし榎木津のモデルが一般人てよく考えると凄いよな
てっきり白洲次郎と青山二郎足して割ったのかと思ってた
あんな性格の奴がこの世に居るのか・・・

921 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 22:02:29 ID:JBl9Ts0m
全体的に無理のある展開が多かったような気がする。

922 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 22:14:51 ID:+UlVuLDV
中禅寺と榎木津は作者の分身プラス理想がないまぜになった存在だと思ってる。

923 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 22:23:01 ID:rG9gKdBl
読み終わった。余裕で及第点。
で、思ったこと
これ映像化できるのかな?
京極堂のじゃみに関する語りが欲しかったなぁ。

うん、いい休日でした。

924 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 22:26:25 ID:5m2feH2S
姑獲鳥の1年後が邪魅ってなんて濃密な時間経過なんだろう

925 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 22:30:38 ID:d2Tr0L1M
>>924
そう考えると、関口じゃなくても普通の人間なら心身疲れきってズタボロになっても不思議じゃないよなw

926 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 22:49:11 ID:fShv2egy
榎木津のモデルは躁病の北杜夫とか阿川弘之とか。

927 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 22:54:09 ID:bKoZgWJF
>>925
益田とか途中参加のわりには百器で引っ張りまわされてるからかなりキてそう。

928 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 23:13:21 ID:n2JXTzSU
下僕はあれで喜んでるんだからいいんだよ

929 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 23:25:50 ID:bKoZgWJF
下僕カワイソスw

930 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 23:30:50 ID:WBqhJsqF
読み終わったけど京極堂の薀蓄とか雑談が後になってじっかり効いてくる。
というのが快感のひとつだった気がするが、今回は薄かったなあ。
最後の語りも語りというより問題の解説みたいだった。

関口が愚鈍愚図愚暗なだけの人間じゃない点に、
「そうだよこういう関口が見たかったんだよ」という嬉しさはあった。
榎さんもこんかいは破天荒なだけの人間じゃなかったし。
その割に京極堂がいつもより影が薄かったが。

事件は犯人だけはすぐに分かるようにヒント用意してるが、
経過を当てた人は中々いないだろうな

931 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 23:32:35 ID:RcnywhIG
ある登場人物の名前が間違ったまま突き進む章があるってmixiに書いてあったけど、どこ?

932 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 23:38:35 ID:CdEabzhI
木場が干されてる件

933 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 23:44:29 ID:CdEabzhI
>>874
ミステリ=トリックじゃないでしょ
例えばエルロイはトリックはないけど緻密なプロットで読ませるミステリでしょ

934 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 23:45:06 ID:jqJOx9RX
動く京極を見てみたいが大阪東京て

935 :名無しさん:2006/10/01(日) 23:48:47 ID:gD3LFKb/
>>931
澤井>澤田らしいが面倒なんで確認してない。

936 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 23:54:20 ID:bp/G4c9v
>>931,935
ついでで悪いですが確認出来ずにモヤモヤするので・・・
澤福店主の名字って作中で記述されてましたか?


937 :名無しのオプ:2006/10/01(日) 23:58:19 ID:DkMAS9qY
p460やp750で突然澤井が澤田になる


938 :名無しさん:2006/10/02(月) 00:00:07 ID:gD3LFKb/
>>936
なんで俺なのかはわからんが
ご指名喰らったので面倒だが確認した。

63頁上段1行目に「開放された江藤は店に戻り、主の澤村喜助に報告した」

面倒だなぁ。

939 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:05:04 ID:Ykggvfvy
澤井が本当なの?
これは単純に京極さんのミスなのか?
2版では直るのかなぁ?

940 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:05:10 ID:D7iy/BLO
初期は民俗学お勉強ミステリって感じだったのが好きだったのに
だんだんそういうのが薄れてる

941 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:05:42 ID:yxDK1Hlc
今回記憶に残ったのは健忘さんとロイヤルバカオロカデリシャスだけだ

942 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:06:09 ID:7xlH85CJ
>>930
構造だけ見ると我孫子武丸の某作品と同じかも
にしてもオンモといいジャミといいヒント出し過ぎ感が

943 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:11:51 ID:D35io4Uz
文体も含めウブメの冒頭50ページが一番好きな漏れには
薄味過ぎるよ、残念。

944 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:13:20 ID:AtTyuyhX
それにしても、だ。澤井と澤田もそうだがオンモラキの時にも
榎木津礼次郎が頻発していた。伊佐間の下の名前も一成だったり一也だったり、
京極本人の不注意もあるだろうが、版元の校閲部は何やってんだと。
版下データそのまま印刷所回してんのか。

945 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:16:43 ID:yxDK1Hlc
>>944
京極が組版恐ろしく気にする人だから、
校閲せんとデータのまま流してる可能性もあるかもしれない。
と可能性はあると言ったけどいくらなんでもそんなことはないと思うw
ただ単にダメなだけなのだろう

946 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:19:40 ID:Ykggvfvy
あれ?榎さんの漢字ってなんだっけ?
礼二郎だっけか
あれ?

947 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:20:12 ID:YSG+NUlB
今、文冊塗仏・始末の上読んでるんだが

緒崎ウゼェ・・・('A`)
殺されないかなコイツ・・・

948 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:20:26 ID:VJMDspF1
見開きで文章完結なんてことに神経使うより、
人物の名前間違わないぐらいのことに気をつけられないのかなぁとは思う。
まぁ校閲の仕事ではあるんだけど。

「榎木津礼次郎」って文庫では直ってるの?

949 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:31:32 ID:k7NJ10na
>874
日常の謎系とかもお前の中ではラノベなのかと。
本格だけがミステリじゃないよ。

950 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:34:47 ID:Ykggvfvy
しかし、京極の新作がを読み終えるたび、
必ずといっていいほどウブメから全部読み直したくなるw
今からよむかー

951 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:42:18 ID:Fxcs/kfy
読み返すのって、精々箱と鉄鼠くらいだけどな。
しかし京極シリーズの女性は乱暴されてる割合が高いな

952 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:42:41 ID:X6p97Nxt
>>945
校閲には通さないっていう噂は聞いた。
真偽のほどは分からないが。

953 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:44:25 ID:X6p97Nxt
というか、版下まで作って完全データ入力なら、
版元ってもういらないんじゃないか?と毎度思う。
自分たちの事務所を発行元にすればいいのに。

954 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:44:51 ID:6RjPr3b/
正直またレイプかと思った

955 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:52:44 ID:SCZ+5Sts
レイプ被害か近親相姦のどっちかがないと物足りないどころの騒ぎじゃない。

956 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:53:00 ID:7Xhk82EM
>953
それなんて同人誌www

957 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:53:22 ID:GjAKnUiw
ミステリのさがとはいえ死体山盛りな上に
レイポ多すぎて食傷気味ですよ。。。

958 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:55:53 ID:Akl5KLom
>816
やばいその画でふたりのイメージが固まりそうだ
榎さんなにげに安永節似合うかも

959 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:56:09 ID:uN4tG/m3
>>944
最近の出版社は怠慢ですよ
校正なんてまったくやらないですね
作家から受け取ったデータをただ配置するだけですよって毒舌
誰かから聞いたなぁ

960 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:57:15 ID:M8J4LsYq
>>955
その両方ともないのってオンモくらい?

961 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 00:58:42 ID:Fxcs/kfy
坊主話と骨話は暴行は無かった気がする

962 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 01:00:15 ID:XNLvLXgC
>>961
骨はあったんじゃね?

963 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 01:01:57 ID:OXAPTJhT
>>959
手書き原稿を見ながら活字を拾っていた時代から、
ほとんどの原稿がテキストデータになった。
それだけ、校正だって随分と楽になったはず。
少なくとも、原稿とゲラつき合わせて誤字脱字を見る作業はなくなったはず。
その分、校閲に力を注げばいいのに。
昔と違って、今の編集ってそんなに仕事できないの?

964 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 01:04:48 ID:SCZ+5Sts
安永航一郎もいいが、榎木津はあ〜るの鳥坂先輩みたいなイメージがある。


テッソの鈴は全て和姦扱いでおけ?

965 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 01:08:53 ID:dk5hriG7
ttp://www.apple.com/jp/pro/design/kyogoku/index1.html
ttp://www.apple.com/jp/pro/archive/kyogoku/
この辺ご参考に。出版社との校正のやり取りはあるみたいだけど
インデザ使って工期短縮したぶん、校正の密度が下がってしまった
気がするなあ。

966 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 01:12:40 ID:tBMk79Mj
>>940
ここでは塗仏の評判良くないが、俺は塗仏にでてくる妖怪薀蓄は結構好きだ。

今回はセカイ系を否定しようとして逆にセカイ系になってる(解釈は勝手だが)のもさることながら、
関口の眩暈並に京極堂が急に出張ってきたのに違和感あったな。
もう何回も出てるけど、シリアスな百器徒然と言うのがしっくり来る。

967 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 01:17:03 ID:Fxcs/kfy
そもそもセカイ系って何だ?「認識が世界を変える」って小説の事か?
カテゴライズできるような代物なのか?

968 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 01:18:07 ID:d6i2dyyd
京極が東野圭吾、大沢在昌らと共に週間プレイボーイでこち亀の小説版を連載、
って情報はもう出てる?
ソースは先週のジャンプ。


969 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 01:19:21 ID:B8yNdf6f
>>961-962
両方にあった気がする
檻は未遂かな?英生と・・・・・

970 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 01:22:36 ID:SCZ+5Sts
別にセカイ系を完全否定にかかってるってわけでもなかったような。
各自一人一人がセカイ系やってるみたいだけど、外側から見たらショボイセカイですよ、ってのも
セカイ系が存在すること自体は受け入れてるが上で、さてどうするってな話のことなんだし。


971 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 01:22:42 ID:6RjPr3b/
198頁下段の
―――仕方がないんです。
は、どんな意味だったのかなあ。
その時の事情から逆算すると、不自然にも思えるのだけど。

というか、入れ替わりはもう一捻りあるかと思ってた。

972 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 01:32:19 ID:7u2C54qi
坊主話は菅野が女の子犯してなかった?

973 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 01:41:56 ID:/7eaPn1K
君たち、次スレのことも考えたまえよ

974 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 02:02:39 ID:SCZ+5Sts
>>973
あれは和姦。

>>980で立てるというのでひとつ。

975 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 02:18:27 ID:yxDK1Hlc
>>963
できるかできないか別にして、死ぬほどチェックするけどな。
自分の場合。まあジャンルが違うが

976 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 02:24:48 ID:a5RE+zOX
>>948
てか、いくらいくら注意しても、誤字は避けられない。
それこそ神懸かった集中力が必要。
うちの教授も何冊か本だしてて、本人も数十回見直して、出版社の方でも校閲しまくっても、
誤字は無くならないらしいぜ。
まあ、今回は大杉・酷すぎだとおもうが。

977 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 02:36:18 ID:R9maL0W/
誤字があってこその初版の価値だハハハ

978 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 02:43:18 ID:Eb/cfZ4v
今の京極の担当は誰なんだ

979 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 07:55:57 ID:zkji0nd1
画商がミナになってるページもあったぞ
担当ちゃんと校正汁

980 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 08:04:07 ID:B8yNdf6f
なるほど・・・
ただでさえ混乱しがちな名前交換や偽名
それぞれを似た名前にして校正を難しく・・・・

やっぱ和解したわけじゃなかったのか・・・
つか肉彦ガキすぎるだろ
迷惑するのはテメーのファンだぞ

981 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 08:09:17 ID:B8yNdf6f
携帯から+スキルなし
スマンが>>985氏に新スレ頼みます

982 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 09:14:34 ID:3O6DPJ6Y
>>874
>このシリーズはトリックを楽しむんじゃなくて伏線や京極の薀蓄を楽しむもんだよ。
ミステリっていわれてるけど、ラノベに近い気がする


亀レスだが、ミステリじゃなかったら何でラノベになるんだ。
叙述トリックって言葉もあるしミステリだろ。

983 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 09:49:38 ID:zkji0nd1
キャラが立ってる=ラノベ

984 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 10:09:09 ID:j86LcEzu
キャラの個性だけでストーリーが進んでいるようなのがラノベというイメージがある

985 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 10:42:57 ID:GjAKnUiw
>>979
>画商がミナ
あぁ、気のせいじゃなかったんだ。。。
読んでて混乱してきて楽しめなかったんだよ
K談は高給だけど働いてない印象だからなぁ

986 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 10:48:46 ID:MrqT/z3i
一歩引いて冷静になれよ。

ライノトノベルってのはメインとなる対象年齢で「カテゴリー」分けした際の呼び名、
つまりティーン向け小説って事だろ。

あくまでも対象年齢ごとにカテゴライズしてるだけだから、
当然その中でさらに、ミステリー・SF・冒険小説みたいな「ジャンル」にも分けられる。

キャラが立ってるとかどうとかは二次的な事だ。

987 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 10:49:43 ID:IWqHwvYM
やっと半分、400ページ読み終わった。
長い。読むのつかれた。
ここまでのストーリーなら200ページあれば充分では?

988 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 10:52:13 ID:6RjPr3b/
ラノベっぽいというのはよくわかる気がする

989 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 10:56:32 ID:3O6DPJ6Y
つまり京極夏彦さんは京極堂シリーズにおいてはティーン向けラノベの中の
ミステリを書いてらっしゃるということですか?

990 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 10:58:22 ID:UrJJr0/G
ラストであの家にひょっこり関口が来たから、
関口小説の批評をしたのがあの画家かと思った。全然違ったけど。

991 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 10:59:01 ID:JFb8Krfw
読了。大鷹の内面描写が自分と似すぎでつらかった。
絶対アスペルガ−仲間だorz

992 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 11:20:59 ID:mRDbExeE
やっと読了
今回の京極堂、ちょっと映画よりの性格な気がする
いつもよりさばけているというか…

993 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 11:22:26 ID:G/5aO0d4
>>983
だとしたら、探偵の魅力的な人物造型と本格的なトリックを重視する本格ミステリ・新本格ミステリ
は全部ラノベじゃねえかw

994 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 11:23:21 ID:zkji0nd1
大鷹ほど言動がショートカットしてはいないけど
要領の悪さやヌボーッとしたかんじは自分みたいでつらいw

最近N速のニートやら何やらの記事読んでたら自分も発達障害かアスペルガーじゃないかと思えてきた

995 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 12:00:25 ID:vi0VZhRj
今回は大鷹が怖かった
メル欄のあたりが特にキター
他はそんなに感情を乱されなかったな。
オンモラキの方が読んでいて酔えた。

996 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 12:05:01 ID:cgu6L0Jy
友人ではないけど知人のあいつを殺したいとかいう独白の
ところで、京極が関口君のことを言ってるかと思ってワクワクした。

997 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 12:44:19 ID:vi0VZhRj
榎木津のバイオレンス巨編じゃないけど急遽変えたのかな
あと鞭の件が探偵小説に書いてあったのと違う気がする

998 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 13:00:03 ID:CC2Pn4Cx
鞭の表記が微妙におかしかったよね
関口が忘れて聞いたとしても、益田の答え方もヘンだし
もしくはまた別の鞭を買ったとか・・うーんなんだろうね?

999 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 13:35:25 ID:6RjPr3b/
>>995
あれは誉められるのを予想してたからでしょう

1000 :名無しのオプ:2006/10/02(月) 13:53:28 ID:EpeAcRk5
邪なことをすると━━1000get

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

227 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)