5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

江戸川乱歩って凄いんですか?

1 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 20:50:03 ID:8jbX+AYc
もう死んでる人だったのでしょうか?

2 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 20:58:34 ID:u4hqyfB0
2ゲットした僕の方がはるかに凄いですよ。

3 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 21:03:55 ID:8jbX+AYc
そうですかすこい名前ですよね本名なのでしょうかおしえてkだし

4 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 21:09:48 ID:8jbX+AYc
× そうですかすこい名前ですよね本名なのでしょうかおしえてkだし

○ そうですか凄い名前ですよね本名なのでしょうか教えてください

5 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 21:25:11 ID:uUlw4Zwa
みんなが嘘を書き込むかもしれない2chよりも、
Wikipediaで調べた方がいいですよ。

6 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 22:30:35 ID:THoSsNGS
とりあえず日本のミステリ界は乱歩好みの作品のみが翻訳され、書かれ続けてきたといっても全く過言じゃないよ
少なくとも2000年前後まではね 偉大というか弊害だったというか 俺は偉大と思うけど

7 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 23:24:08 ID:oCt/jQPt
>>3
>本名なのでしょうか

本名です。

8 :名無しのオプ:2006/11/19(日) 23:39:07 ID:1Dd4fUHF
江戸川といえば、コナンという時代になってるな

9 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 00:21:03 ID:65u/JV+R
>>3

本名では無い。
エドガー・アラン・ポーからとったペンネーム。
と、マジレス。

10 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 02:16:19 ID:Em/loagk
本名は『平井太郎』
と つづいてマジレス

11 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 03:52:49 ID:vpL4Wwpc
偉い先生のようで安心しました
洋平に教えてほしかったので教えてあげます


12 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 03:58:10 ID:9ZMnKDOK
な…なに?このスレなに??

13 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 04:46:24 ID:6Y/Eb/oW
意味がわからんのだが誰か>>11解読を

14 :11:2006/11/20(月) 04:55:17 ID:vpL4Wwpc
すいませn
説明が足りませんでした
洋平は友人です
彼に聞かれてたなまれたので
ここで聞きました

15 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 06:13:34 ID:rSWrwzFJ
タイプミスが多い君のアレだが、洋平は一度死んだほうがいいんじゃないの?

16 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 07:35:16 ID:BWnr9PW1
>1

誰か1の答え知ってる奴洋平の為にも教えてやれよ

17 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 07:59:17 ID:nV24a+Dz
二階堂黎人のほうが偉大だと傭兵に教えてあげて

18 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 08:05:29 ID:bXJPmaCQ
>>17
> 二階堂黎人のほうが偉大だと傭兵に教えてあげて

っていうか、二階堂黎人(本名「二階のトイレ」)の掲示板に、
江戸川乱歩ってヤツが今も書き込んでいるよ。













あ、「エド河原・んぽ」ってヤツだった。


19 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 11:50:47 ID:JEldwHA0
厨房は2chするなよ


20 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 13:46:36 ID:seYWJmiC
江戸川珍歩

21 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 19:11:12 ID:i5iNkM1B
もうほうらしいな

22 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 22:55:37 ID:VnxDFiDF
二元論でしか物事を見れない現代人は悲しい

23 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 23:41:51 ID:arbJ3RNy
蔵の中で蝋燭の灯りだけで怪奇な名作を次々書いた。

というのはガセ

24 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 23:46:57 ID:6jZRe07H
乱歩=フルトヴェングラー
横溝=カラヤン
鮎川=クレンペラー
ってとこかな

25 :名無しのオプ:2006/11/20(月) 23:59:59 ID:Hkw4fq0Y
江戸川乱歩と同じ高校卒業しました。第一回生だって
病弱で学校はよくサボり、理系教科が全くダメでクラスでも成績ドベのほうだったらしいよ

26 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 03:41:07 ID:nZjdHX+8
あれ?早稲田でトップの成績だったって聴いたことあるけど…
大学に行って出来が良くなったのかな。

絶対反発あるの承知で書くと、この人は評論家、批評家としてミステリを文学の一ジャンルに定着させた功績は大きい。
でも「ミステリ作家」としての実力は横溝や高木、鮎川には一歩遅れをとっていたと思う。
ジュブナイルはどれもおもしろく読んだけどさ…

27 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 10:11:58 ID:FpL6uuJd
真価を発揮したのは初期の短編のみ、大衆に迎合してエログロに徹し名声と富を
得るようになってからは抜け殻。後は余生。そして作家組合活動に

28 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 11:41:06 ID:MFqKvK1H
>>26
普通に誰もが思ってることじゃね?
初期短編以外はとても横溝とタメはれるレベルじゃないし
というか横溝クラスは世界でもほとんどいない 

29 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 19:46:55 ID:NtfEP+iY
少年探偵団を書いてくれたのはありがたい

30 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 19:53:42 ID:Yond+pYP
少年探偵団からミステリに入門する人って今でもいるのかな

31 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 21:21:28 ID:1W36w8yE
誰か悪霊の完全版書かないかなあ

32 :名無しのオプ:2006/11/21(火) 22:55:01 ID:s07RNQ5C
久しぶりに単発質問スレで噴いた。
洋平によろしく。

33 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 11:58:07 ID:ytZ7IgcX
>>30
数十年前はデフォだったがな

34 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 12:15:58 ID:Waf3elvx
>>30
最近の子供はマンガから入るんじゃないのか。
江戸川乱歩を江戸川コナンの名前の元になった人としか認識していなかったりとか。

35 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 17:39:00 ID:al+G65nv
貼雑年譜凄すぎ

36 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 22:18:42 ID:FQi7gxWi
>>26
具体的に、どういう点が一歩遅れをとっていたのか?

37 :名無しのオプ:2006/11/22(水) 22:28:07 ID:eNkthucD
脱いでも凄いよ

38 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 00:19:58 ID:KTWpqtnH
孤島の鬼って小説が好き。


39 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 03:23:56 ID:UTFj3p4Y
僕は呪いの指紋!

40 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 07:48:52 ID:mOukUrdX
子供の頃
子供向けに書きなおした魔術師や吸血鬼を読んで衝撃を受けた。
でもあれって乱歩が書きなおした訳じゃないらしいね。

41 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 08:19:25 ID:5IPZcYAm
鏡地獄、芋虫、踊る一寸法師あたりのおどろおどろしさが好きだ。

42 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 09:38:01 ID:xJ/KVLIK
赤い部屋がズドンときたなぁ

43 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 13:00:43 ID:MZN5qmhv
芋虫はすごいよ

44 :名無しのオプ:2006/11/23(木) 15:39:34 ID:siH28CQ1
>>37
帽子を?

45 :名無しのオプ:2006/11/24(金) 00:15:39 ID:l3TH4cAN
すごいのすごくないのって、すごくないのすごいって、
やっぱりすごいのやっぱりすごくないのって、
もうワカラン!


46 :名無しのオプ:2006/11/25(土) 23:09:00 ID:fZHaO5IB
すごいと思ったらすごい
すごいと思わなかったらすごくない

47 :名無しのオプ:2006/11/26(日) 20:23:19 ID:M6wiFhZj
少年探偵団はよく読んでました。
去年、芋虫読んでから苦手になった。
>41,43  ゴメンナサイ。

48 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 12:45:19 ID:Qo1TYR4b
乱歩はNGワード連発、言葉狩りのない時代の作家は縦横無尽に書けたんだろうな。

49 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 14:39:34 ID:iuyTNn+V
いまでも書こうと思えばかけるだろ
めくらって書いたら勝手に文字が消えるわけでもあるまいし


50 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 23:19:23 ID:etvhp4P+
伏せ字、削除だらけ
という戦前、戦中の版を読んでみたいな

51 :名無しのオプ:2006/11/27(月) 23:43:44 ID:Ll6LX5fx
芋虫なんて全然おもんなかった。読みづらかっただけ

52 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 02:53:11 ID:IXPPyPk3
そういう感性の人は何を読んでも無駄

53 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 05:31:13 ID:q1yOcNi0
>>50
角川ホラー文庫の「火星の運河」に「悪夢」の伏字版が載ってる。
横に数字が打ってあって、文末に伏せた文章が1はこれ、2はこれって書いてある。
51が言ってるのはこれのことだと思う。

54 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 09:41:42 ID:a89Iw9Qq
光文社全集の解題見ればどこが伏字かはわかるんじゃね

55 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 11:37:57 ID:nPT3t/fK
削除部分が太字になっているやつがあったな。
創元推理の全集だったかな。

56 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 13:12:20 ID:VgFVV8HX
乱歩は凄いか凄くないかと言えば、もちろん凄い。
しかし、じゃあ「凄い」って何なんだ?と言われると言葉が見つからない。
乱歩はそんな作家だよな。

57 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 13:24:42 ID:8WZjfAdE
>>6が全て
乱歩がいなけりゃ全く違ったミステリが書かれる国になってたことは間違いないほどの影響力

58 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 13:36:50 ID:VgFVV8HX
6みたいなことについて言えば、
今は海外の古典ミステリを乱歩の価値観を頼りにして読む必要はないし、
むしろその呪縛から解き放たれることに意味がある。
現在においては弊害の方がかなり大きいね。

つまり乱歩は真に偉大だけども、その役割は歴史的に見て終わった。
死んで相当経つのに、まだこんなことを書かなきゃいけないくらい
影響力が大きかったわけだけども・・・。

59 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 16:35:24 ID:5WAwtnsv
>>51
乱歩読みづらい人っているんだ。
めちゃくちゃ読みやすいと思ってたのは、ジュブナイル版を読んで育ったためなのか。

60 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 17:24:34 ID:a89Iw9Qq
だから51は伏字の話だろ

61 :51:2006/11/28(火) 20:23:21 ID:d9V23jlT
>>59
流れ的にも伏字の話だよ。レスアンカーつけなかったのが悪かったのかな。
それともマジで>>52は伏字好きか?
>>60
フォローありがと。

62 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 20:31:51 ID:9Cjead8Y
でも乱歩が「宝石」を設立してなかったら?

63 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 21:18:43 ID:d9V23jlT
伏字の芋虫は「悪夢」てタイトルだったと思う。仮名遣いも古く個人的には読みにくかった。
伏字については「なんでここ伏字に?別にどうって事ないシーンじゃん」ってのを強く感じた。
しかしページ開くと、伏字と挿絵のマッチが何となく不気味な感じもしたのも確かだな。
何の本に載ってたかが、ちょっと思い出せん。(もうひとつの乱歩スレに書いた方がよかったかな)
>>62
乱歩は後進の育成にも大きく貢献したんだよな。「宝石」は借金してまで続けたんじゃなかったっけ?

64 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 21:57:22 ID:qdBDucvr
末期のかなり傾いていたときに、私財を投入し支援はしていたが、それでも
原稿料の遅配なんか当たり前で乱歩に頼まれてやむなく書いた作家たちかわいそす


65 :名無しのオプ:2006/11/28(火) 22:07:06 ID:bGhu9Lm6
ランに持ち上げてもらったんならしかたないよな

66 :名無し四十面相:2006/11/28(火) 23:44:31 ID:/8MUa+8m
やはり
蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲蟲
でしょう。

今の当用漢字ではこの恐怖あじわえないよ。

67 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 07:58:26 ID:h3ooNNOB
>>51
読みづらかったという内容の文を頭にもってくれば、流れで通るが
アンカー付けないであの文章だと誤解されて当然かと。

68 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 10:54:21 ID:/lZpqj3N
>芋虫なんて全然おもんなかった。

伏せ字のある無しに関わらずこう言いきれちゃうところが悲しいな。

69 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 14:39:17 ID:4RS2t2N5
>>51=>>61
脳内会話しておいて逆切れ口調の瞬間を見たw

70 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 16:09:26 ID:sO/69O88
小学校の頃だか…少年探偵団にはまって
なにを血迷ったか乱歩傑作集をお小遣いで買った
人間椅子やら芋虫やら刺激の強い作品ばかりで少々トラウマになった
芋虫と世にも奇妙な物語のテーマソングはいまだに苦手…

71 :名無しのオプ:2006/11/29(水) 23:05:55 ID:FFB3Cz2h
そこで苦手になるか、深みにはまるか、が分かれ目だな

72 :京極夏彦:2006/12/01(金) 00:21:56 ID:xWfvVKvV
夏の犯人

梗子

箱の犯人

新鋭作家(変な宗教を立てた人の息子)

骨の犯人

朱美(しかし、実はイサマ屋と会った朱美とは別人の方)
彼女は人の顔を識別できない

檻の犯人

仁秀(百歳を超える高齢)

理の犯人

織作茜(次作の宴で死ぬ)

宴の犯人

堂島静軒(関口が村で会った郷土史家。京極堂の上司)

瑕の犯人

由良昴允(死の概念を勘違いしていて妻を結婚初夜に殺し続けている

73 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 00:00:42 ID:SrIPP2yY
孤島の鬼って何で児童向けが出版されなかったんだろう。

74 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 00:28:52 ID:AFXoeAh3
>>73
ホモっぽさをどうにかすることができなかったからとか?
高階良子の「ドクターGの島」みたいに主人公を女にするというのも(あれは「なかよし」みたいな少女漫画だからだが)
無理だったのかな。

75 :名無しのオプ:2006/12/06(水) 02:27:58 ID:SrIPP2yY
>>74
いづれ同性愛をテーマにした児童文学が世に出てくると思うが
孤島の鬼の場合は確かに主人公を女性にするとか兄弟の愛情にして
リライトしても良かったと思う。
確か「大暗室」という小説も危ない内容だったと思うが
上手くジュベナイル化されていたと思う。
技巧のある代作者にかかれば「パノラマ島」でも
優れたジュベナイル作品することは可能かも。

76 :名無しのオプ:2006/12/08(金) 23:52:00 ID:YSoDmNzx
「江戸川乱歩傑作選」読んでからすごい面白いと思ったけど、少年探偵団は一巻読んだときに奈津川四郎と同じことしてしまった

77 :名無しのオプ:2006/12/09(土) 00:42:42 ID:IgvCIxAL
喜国死ねよ。

78 :怪人名無面相:2006/12/09(土) 01:15:51 ID:daV3a3bO
少年探偵団シリーズはいいけど(トリックはすぐにバレそうなものばかりだが・・。)
大人向けはキツイ。
死体からしてヤバイし、犯人は大抵エロい。
でも尊敬してます。

79 :名無しのオプ:2006/12/17(日) 08:28:49 ID:11NNBaAh
on

80 :名無しのオプ:2006/12/24(日) 08:34:51 ID:y4AZfhCM
きもスレ上げ

81 :名無しのオプ:2006/12/24(日) 08:52:01 ID:9SfEDCuD
創元の「江戸川乱歩集」という短編集あたりが入門者にはいいかもしれん。
「心理実験」「人間椅子」「パノラマ島奇譚」あたりが読みやすいし面白い。

82 :名無しのオプ:2007/01/03(水) 19:08:13 ID:sQ5kcW4q
>>81
あれは確かに乱歩入門編にはいい本だと思う。
短編や中編の美味しい所がキッチリ入ってるし、
巻末の解説もなかなか面白いし。

83 :モンゴルイタリア人12世:2007/01/03(水) 21:37:25 ID:ECStOI6+
小4で「赤い部屋」読んでぞっとした・・

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)