5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

短い詩のスレッド

1 :名前はいらない:02/10/13 22:31 ID:y9YgJcF9
5行くらいの短い詩を書きましょう。
*「募集」スレと「すき」スレが1つになりました。

【前・過去スレ】
短い詩を募集   http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/981297947/l50
短い詩がすき。  http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/poem/1016987957/l50
短い詩がすき。2 http://book.2ch.net/test/read.cgi/poem/1020623163/l50

2 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :02/10/13 22:43 ID:3pBSv4Qa
募る想いを万能の蒸留器にかけて
ヒトカケラの言葉
貴方は 表現する錬金術師

3 :chacha ◆cha/xejyz2 :02/10/13 23:01 ID:YqBuZxDg
遙かなる夢路のはて、
新しき星へと辿りつく。
ここは芳しき花園か、
はたまた凍てつく氷河か。
とまれ旅はつづく…

4 :まーじ ◆W7.CkkM01U :02/10/13 23:12 ID:uOfYNezQ
怖い雨の日の 
はぐれた狼の
瞳の先の
血の匂い
凍える
きみの両手の
やわらかな残酷よ
衝動的な
end of drama
息絶える
イマージュの


5 :おうどう ◆eOMr.SWAN. :02/10/13 23:15 ID:sXJGC/GY
ユージーン ガソリン入れてくれ
吐く場所はどこだい?OK
ラクになった もう消えない
ところでキミの髪の毛さ
それだけで独立した愛になれるよ
ねぇ

6 :まーじ ◆W7.CkkM01U :02/10/13 23:22 ID:uOfYNezQ
向こう側の世界って
どこですか?
あっちの世界って?
いつまでたっても
僕は
向こう側

7 :名前はいらない:02/10/13 23:25 ID:Lu9Q2ynH
何処までも毅然と 白光の様に輝いているあんた

あつくて くるしくて ちかずいていけない

俺に足を与えてくれたのに 

皮では防げない 俺の黒霧

8 :まーじ ◆W7.CkkM01U :02/10/13 23:27 ID:uOfYNezQ
ほんとうの笑顔は
どこで手に入れられる?
真心で笑えるだろうか
生まれた時に
泣いていたのなら
せめて
死ぬ時には
笑いたい
キャハハ

9 :ももいろぱんだ:02/10/13 23:34 ID:X/8iR+Ld
きれい に さいた あたらしい いのち
きみ も ぼく も あなた も
……そして、みしらぬ だれか も
どうか しあわせ の たね と かなしみ の おり を
かたち に して ことば に して
あたらしい ゆうき を はぐくめます ように

10 :まーじ ◆W7.CkkM01U :02/10/13 23:34 ID:uOfYNezQ
文字にやさしさがあるって?
感情が
愛情が
漂っているって?
内面と外面は
表裏一体なんだ
そして
きみは
リアルのオレを
傷つけるんだね
無差別に

11 :まーじ ◆W7.CkkM01U :02/10/13 23:41 ID:uOfYNezQ
どうやって死んだら
いちばん楽なのかな?

「ほんとは 死ぬ気なんか ないくせに…」

そんなことは
自分でもわかっている
でも
きみがもし
おれを殺そうとしたら
おれは
ほんとに死ねただろう

12 :まーじ ◆W7.CkkM01U :02/10/13 23:46 ID:uOfYNezQ
あっちにいこう
つぎは
こっちをまがって
おくまでいって
とりあえず
あっちにいってみよう
つぎはどっちにいってみようか
ところで
ぼくは
どこにむかっているのだろうか

13 :chacha ◆cha/xejyz2 :02/10/13 23:59 ID:YqBuZxDg
さすらへば
月いと明かし
さやさやと
われにまとはる
夜の影たち
ささやけるかも

14 :ま。 ◆AHO/xpoMX2 :02/10/14 19:06 ID:JvKxmDmT
寒くて 凍えそうだけど
君が 包んでくれたから
あと少し 頑張れるよ

うん ありがとう

15 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/10/17 09:53 ID:xOjr+QcX
ひろげた五線譜に
クレヨンで絵を描こう
線を無視して自由におよぐ
楽しそうなおたまじゃくしの群れ
出来上がったラクガキは
とてもサイケで
不思議な音楽を残していった

16 :加速する猫:02/10/17 15:00 ID:5zKasTf5
何度も読んだ本を
何度も読み返して
何か見つかる気がして
僕はぐるぐる
いつか何か見つけたい

17 :名前はいらない:02/10/17 15:41 ID:UgeIUGkh
欲しいものは欲しいと言え
それで何か満たせ
感じるままに
忘れそうになったら
苦しんで
また欲しがれ

18 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/10/17 16:46 ID:7MabyiLI
齧りつく 知らない果実
奇妙な色だが 艶やかで
誘うように 揺れていたから
図鑑も見ないで 捥ぎ取って
種まで残さず 飲み込めば
僕が果実の種になる

19 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/10/17 17:10 ID:7MabyiLI
焦点を集めて
夜の闇を焼き焦がす
黒い空だから 簡単なはずさ
ぽっかり空いた穴に
何を埋め込もう?
とっておきのビー玉を
砕いて入れようか

20 :CONY ◆M/q817JYcQ :02/10/17 20:24 ID:NMZqByQA
悪魔に取りつかれたように
君に夢中だった
君以外何も見えない
僕の心は君模様
だけど今は
僕が悪魔になりそうだ

21 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/10/18 18:08 ID:aShFPxzm
最初の魔法 大事な魔法さ
名前の呪いで カテゴライズ
ぶれない様に 揺るがぬ様に
君が ただの君で在ることを刻む
もしも 名前を無くしたら
君自身が 君の名付け親
好きな名前を 魔法にしよう

22 :ドン亀 ◆YdTp8oxx7. :02/10/18 18:46 ID:AS3aWi2w
寒くて 凍えそうだけど
君が 包んでくれたから
あと少し 頑張れるよ

うんこ ありがとう

23 :ま。 ◆AHO/xpoMX2 :02/10/18 20:29 ID:dGli4ybs
>>22ドン亀さま。
あんまりいじめないでください(ノД`)゚・゚

24 :chacha ◆cha/xejyz2 :02/10/18 20:36 ID:/ATMhZU9
暮れなづむ
街を歩けば
香しき
薫りただよふ
遙かなる
夢にいざなひ

25 :名前はいらない:02/10/18 21:19 ID:a56V+xB+
右手が無い
左手で受ける

26 :豪腕ティクN ◆0.endsXPV6 :02/10/18 21:21 ID:exIwK8PZ
「部品」

電気の部品がとれた ああ ついてない
散歩が怖かった ああ ついてない
お金がない ああ ついてない
面接落ちた ああ ついてない
洋服のしみ ああ いっぱいついてる

27 :うたた寝死人 ◆WvShSU0mOg :02/10/18 22:43 ID:/0m0cmUM
[うたた監督作品第254作目]

5行にのせるには
セットは広く美術は張り切り   つまり映像は重く
5行を重くするには
役者はへぼく 脚本は救い無く   つまり内容は薄く
テーマがのたくる映画館 座席には監督ただ一人

28 :神由民@テスト勉強息抜き中 ◆6fGkSDZCMs :02/10/19 11:15 ID:eCDIlLz4
少しずつ 少しずつ
侵食されていく・・・
僕の心が
貴方の想いに

29 :スーパーキミドリ ◆9IkTYWANAk :02/10/19 19:33 ID:xtv/H3FU
懐かしい想いを捨てて
新しい街へと 旅立つ君に
私から、言葉を授けましょう

「腐ったヨーグルトは食べてはいけない」

30 :火尭烏 ◆lXZBPVO3GQ :02/10/19 19:41 ID:O7tCBTAm
不意に力を失って 膝からガクリと歳とって
杖をつかなきゃいけないな 手にとる木切れは細かった
下からボキリと抜け落ちて はずみに背骨も失って
そして私は地を舐める
干からびたのだ しかし
その大地には血の味が残った

31 :トロイの木馬:02/10/19 20:35 ID:ctszELC4
伸ばした両腕 
くうを描き 
まぎれる情景 
ゆれる混沌  

32 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :02/10/20 01:23 ID:DRdQTmXl
「アメリカン パラドックス」

自由の

自由による

自由の為の 支配

33 :BOO ◆x21dMcQiIA :02/10/20 01:30 ID:mFuwu537
銃撃戦はつづく表通り
抽象的な樟脳は香る
ペンライトに縮む瞳孔
くいしばっていた奥歯
錯乱と錯乱の間の視界
赤く鳴る鈴の音が救い

34 :うたた寝死人 ◆WvShSU0mOg :02/10/20 01:41 ID:Z4ZVUVOp
   [代価]

ガラスケースのすぐ向こう
手の平の温度が伝うところに
.置かれた宝石箱は
硬貨をいくら 積んでもさわれず
今つくえの上で開ければ
ことりと転がる 喪失感

35 :名前はいらない:02/10/20 03:02 ID:FS24Mj/l
言葉のきざはしをのぼったりおりたり
いつかいった道もいつか行くはずの道も
きざはしの小さな一段にしか過ぎない
という まぎれもない 真実
目隠しの 階段遊び

36 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/10/20 13:47 ID:9WUWsDXH
水面に落ちた枯葉たち
ゆっくり円を描いてる
餌かと思った 池の鯉
口を開いて呑みこめば
すこし寂しい 秋の味

37 :名前はいらない:02/10/21 02:10 ID:oH9opwh7
とても哀しくなった
だから
泣いてもいいですか?

問いかけた先は
鏡の中の「私」

38 :ま。 ◆AHO/xpoMX2 :02/10/22 16:58 ID:8sJZJHpe
生まれて触って生きて泣いて
怖くて目を開いて絶望して憤って
息して笑って裏切って苦しくて
信じて裏切られて悲しくて笑って
踏みにじって踏みにじられて踏みしめて
生きて生きて進んで逝く

39 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/10/22 17:20 ID:7tLme5iu
無駄だった 汗が
不意に輝く時
雪崩のように 壁が
打ち壊されてゆく
ブレイクスルー
もう一歩 進めることの喜び

40 :BOO ◆x21dMcQiIA :02/10/23 00:55 ID:bpBDpO0n
好きなものは消えてゆき
嫌いなものは増えつづける
そんな気はしませんか?
それは貴方が貴方ではないことの
証なのかもしれませんね

41 :qwertzqwerty ◆CRIJFCPTEE :02/10/23 02:04 ID:B5OSfUV9
自分の哲学が火事になった夜に
自分では出せない大声を心の中で出している
宝物はねこそぎ泥棒にあい
まとめたノートは砂時計に埋められてしまった


42 :藪鳩 ◆oUVabUhato :02/10/23 02:27 ID:JBEWkZIf
しぼんでゆく物をむりやりに膨張させていると
殺虫剤の臭いのするどう見てもホログラムの浮浪者に聞かれた
ホオズキみたいなお前さん ここいらは俺らのシマなんさって
駄目だ駄目だこんなんじゃ駄目だ


43 :名前はいらない:02/10/23 02:42 ID:SHqs+QGH
狂っているのでもなく、
理解の外にあるのでもなく、
ああ、でもきみにこう言うというと、
きみは余りに傷ついてしまうだろうが、
でも本当のことなんだ

きみは凡庸なんだ
きみは凡庸なんだ

44 :藪鳩 ◆oUVabUhato :02/10/23 02:44 ID:JBEWkZIf
が〜〜〜〜〜ん!!

45 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/10/23 18:25 ID:fxSjeFQw
指先でそっと
ちょっとだけ揺らす
ふらふらとヤジロベエ
一本足で踊る
倒れない君は
僕より強いのだね

46 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/10/24 15:39 ID:6hQqqtT5
ありふれた言葉で
飾らない想いで
ノックしたい
温かな部屋
その扉を
ただ

47 :ま。 ◆AHO/xpoMX2 :02/10/24 17:32 ID:GfqrOvOQ
「どこまでも」

平凡に沈み
狂気に憧れ
埋没した日常
嫌気がさすも
逸脱に怯え
平凡を愛す


48 :qwertzqwerty ◆CRIJFCPTEE :02/10/25 01:45 ID:tFO2LtSS
俺は、触った氷の様に冷たくなっている。
管状のかわいらしさに、付いて行ってしまう飼い犬が
遠く鳴くのを聞いている。

もう、投げる骨がない。


49 :霧都 ◆WISH/t.n/I :02/10/26 02:52 ID:pYogwnJz
前進あるのみ 前進あるのみ
過去を振り返る 自分を 叱る
未来を欲しがる 自分を 叱る
そしてまた 前へ前へと 進むばかり
まるでそれは呪いのようだ
解くことの叶わぬ 厭わしい呪いのようだ

50 :名前はいらない:02/10/26 10:24 ID:2HIXV5WC
かなしいときに冷蔵庫を覗いて
こうべをもがれた胴体だけの俺と奴らは眠る
感覚はない
好きにしてくれ
済んだことだ

51 :名前はいらない:02/10/27 02:47 ID:yl2RcQ+o
よく切れる
真実というナイフで
君を切り刻む
ねえ、君の赤い血が
花びらみたいに
僕らを染めているね

52 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/10/27 11:57 ID:e5hMT52u
何か
浮かんでやしないか
見上げる程の空の色
白く 青く 薄く
赤い風船でもあれば
完璧な空なのに

53 :火尭烏 ◆lXZBPVO3GQ :02/10/27 12:54 ID:wO49WqtN

君の一言があまりにも痛かったので

おれは怖くて、寝たまま死んでしまった。

54 :BOO ◆x21dMcQiIA :02/10/27 22:53 ID:ruaC+bca
記号と記号の間には何がある?
夜の匂いのするすき間がある
記号を結ぶ「強い力」がある
すり寄る生き物の体温がある

55 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/10/28 19:07 ID:aB60gw8b
灰色雲の群れ 引き連れ
夜陰に皓々 笑う月の気高さよ
星の光たち 畏怖するかのよう
従者のごとく 取り巻いてる
浮かぶ月 冷ややかに蒼く
明瞭たる影 足下に長し

56 :うにれもん ◆pbunil/dMM :02/10/28 20:05 ID:/lRpXqX3
僕らは浸食され増殖を繰り返す
そして
僕は増殖され浸食を繰り返す

57 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/10/29 20:03 ID:OSPkw2EK
闇色の画布にぽつり
滑りゆく光の軌跡
あんなにも高い所
同じ時を過ごす人が居る
ささやかな魔法のようだ
はぐれた星のようだ

58 :名前はいらない:02/10/30 21:33 ID:T5ANJ1c4
わたしはあなたを肯定します
猫や花火や緑の葉裏を透き通る光のように
世界中の美しいもの総てをそうするように
あなたを肯定します
凡そ総ての喜ばしいものと同じように
あなたを肯定します
だからあなたもわたしを肯定なさい
わたしを肯定しなさい
わたしを肯定しなさい

59 :名前はいらない:02/10/30 21:35 ID:zpASJjtn
わたしはあなたを肯定します。

60 :霧都 ◆WISH/t.n/I :02/10/31 03:17 ID:x8M9TyWt
現実か夢か
どちらなのか分からない
けど
間違いなくそれが
僕の頭痛の原因

61 :名前はいらない:02/10/31 08:47 ID:L0AdM6Jo
たった一杯の珈琲が人生を変える
そんなことだってないわけじゃない
もしそうだとしたら
あなたとの出会いが人生を変える
そんなことだってあってかまわない

62 :名前はいらない:02/11/02 01:24 ID:z52Oku2d
何処までいけばいいのだろう
死んでしまえば同じだと
割り切ることも出来ずに
疲れ切った足を
切り離すこともせずに
どこまで行くんだろうか

63 :うたた寝死人 ◆WvShSU0mOg :02/11/02 09:43 ID:Z+VvFQSQ
  [再開]

怠惰が群れで巣くった体に
真剣は信じ難い重量
しかしそれも じきに慣れる
先ずは振るう それからだ
筋肉痛を恐れる間は 無い

64 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/11/02 09:45 ID:y9Ty62cg
五時 まだ来ぬ夜明けに
強き風が葉を揺らし ざわめいている
月は 瞼を閉じるように欠け
立ち去りかねているようだ
五時 夜が朝を閉じ込めている
もうすぐ夜の薄皮が 剥がれそうな そんな時間

65 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/11/02 16:49 ID:1ReGKj+j
青灰色の雲
分厚い衝立のように
目に染みる暮色を
その身で覆い隠す
切れ切れに漏れる
切ない残光よ

66 :lll:02/11/03 01:00 ID:0WvNzFy/
ばかだ、あたし。
波間に消えたあの人に
ありがとうも言えないで……

67 :lll:02/11/03 01:08 ID:0WvNzFy/
そうしてかのじょは動かない
だれかにスイッチ切られたみたく
あとにはなにも残さない
でもそんなのってないだろう?


68 :chacha ◆cha/xejyz2 :02/11/03 09:04 ID:zza2jH90
大きな瞳が離れながら歪むとき
うつろな瞳の中心を点A
うるんだ瞳の中心を点Bとして
点Aと点Bを結ぶ線分の中点を点Mとする
点Mから線分ABに垂直に引いた直線と
うるおった紅い唇との交点を点Eとする
点Eと右耳との中点にある涙を点D
同じく点Eと左耳との中点にある涙を点Sとする
三角形SADの想いと直線MEの淋しさを計算せよ

69 :ま。 ◆AHO/xpoMX2 :02/11/05 01:16 ID:VPW0wC82
どうしようもない君と
どうもしない私
どうにもならない気持ち抱えて
どうにか毎日息してる
せめて明日は晴れるといいな

70 :うにれもん ◆pbunil/dMM :02/11/05 04:08 ID:U8RUGoeI
世界はたったひとつ
僕らはひとつとは限らない
世界にたったひとつ
僕らのひとつには違いない

71 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/11/06 09:09 ID:J7hCWNZI
振り返って見る景色が
優しいだけとは限らないから
駆り立てられるように
道を歩むだけ
新しい景色が
振り返りたくなる様なものだと信じて


72 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/11/10 18:58 ID:6wNQ5CnQ
溜め息をつく度に一つ また一つ
時計の針の兵隊 行進してく
笑い声をあげることで 一つ また一つ
古いビデオみたく ガタガタ巻き戻る時間
吐き出した吐息の重み 軽くならない心は何故だい
僕は笑うのさ 悪戯に笑うのさ

73 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/11/12 19:28 ID:lnHbicVS
鈍い灰色
不安定な色の雲が 人々の足どりを縛る
いっそ降り出してくれたら
新品の傘を持って 出かける気にもなるのに
泣き出すか 笑うかで迷う様は
まるで赤子のようだね

74 :名前はいらない:02/11/13 00:13 ID:3N6g3+1t
夢ばかり見る
目覚めはサイコウ
目覚めはサイアク
毎日繰り返してる
ほら、夢ばかり

75 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/11/14 01:35 ID:1tBclrrM
か細く壁を叩く祖母
こんなにも薄い壁なのに
彼女の声は届かないから
病と老いと 冬に向かう寒さとが
彼女の声を共謀して そっと盗んでいったんだろう
静寂の中 耳をそばだてる
陰鬱なる壁よ

76 :qwertzqwerty ◆CRIJFCPTEE :02/11/15 01:03 ID:PJCdc/5h
涙発電には 垂直感情がなく
とりすぎた反省塩分のせいで
不純赤目 未熟崖をよじのぼって
あらわれる老年兵士



77 :錆人 ◆fM2NOXdVR. :02/11/16 20:41 ID:YzsTxWIZ
あんまりにも君は 高くに居るもんだから
泣き出した君に ハンカチも渡せやしない
いつだって君は 急に泣き出すんだ
ハンカチの無い そんな日に限って
空よ そこの居心地はどうだい?
空よ もっと近くにこないか?
空よ

・・・いつも長くて申し訳ない。

78 :BOO ◆x21dMcQiIA :02/11/17 00:04 ID:fE5j2h+B
普通の「愛」はいらない
鍵括弧でとじてしまう
カスケードシャワー浴びた
側頭葉のせいかもね

79 :qwertzqwerty ◆CRIJFCPTEE :02/11/18 13:28 ID:9vsDu0Qk
テリトリーを侵して尚 滑らかな媚薬の罠
帰らなくなった妹に カップ焼きそばで乾杯
もう喧嘩することもない


80 :ちょめたろう ◆KyUpmG9.1. :02/11/18 15:19 ID:vVQZFSxe
そこに山があるから登るだけ。
そこに花があるから摘んだだけ。
そこに女がいたから犯っただけ。

ちょろんぼ!!


81 :ちょめたろう ◆KyUpmG9.1. :02/11/18 15:22 ID:vVQZFSxe
あー 今日も無駄にすごしてしまったよ。。
あー なんてもったいない。
あー なんで俺はこんなに だめなやつなんだ

と真剣な自分で いーじゃない。

82 :ちょめたろう ◆KyUpmG9.1. :02/11/18 15:26 ID:vVQZFSxe
くやし涙は
一滴の大河

かざり涙は
若女の色気

83 :ちょめたろう ◆KyUpmG9.1. :02/11/18 15:30 ID:vVQZFSxe
なるなるなるほどナルシスト
俺はナルシストだったのね。

ぬるいコトバを吐き溜めた
俺の心はあったかい

84 :名前はいらない:02/11/19 10:56 ID:lC/tzcts
嫌いになってしまえることは幸せだろうか
好きになることと比べたらどれくらい?
救われない想い 救いのない恋
嫌いになることも出来ないままの恋
好きを続けることも辛いだけの恋

85 ::02/11/24 02:37 ID:DAXsmhBE
遊戯には終わりをと 弔鐘が告げる
雨に濡れたる 黒きベールの下で
寡婦が冷え切った 痰を吐いていた
陳腐な祈りの言葉より それは 想いの塊のようで
憎まれた彼に 羨望せずにはいられなかった
雨は美しく 流れ落ちる

86 :スティルメイデン:02/11/24 02:44 ID:yR4vDhz9
吐き捨てられた猫の声
黄色い円を背景に

名も無い草の小さな腕に
雫の欠片がしがみついた

彼ら無色の冒涜者

87 :Y:02/11/24 03:43 ID:DAXsmhBE
犇めき合う石が
互いを削り合うから

尖っていた先端が
温く丸まってゆく

ばらばらの欠片でも良いんだ
僕は尖っている事を嗜好する石だ

88 :ま。 ◆AHO/xpoMX2 :02/11/24 16:14 ID:f+8F0Def
云いたかった
云えなかった
云わなかった
云えばよかった
何も変わらなかった
変えたくなかった
無情に流れて
しまいたかった

89 :名前はいらない:02/11/26 21:15 ID:iOPYHYcY
声が
はるか
遠く とおく

響く

耳を
ふさいだ

消える
まぼろしに
手を振る


もう何も残らない

90 :霧都 ◆WISH/t.n/I :02/11/29 03:23 ID:r7u8RlCd
積み重ねられる 想いの 確かさと不確かさ
道のりは いつまでも続くのに 心が 進まないままだ
いつ、僕は大人になれるだろう?
本当の終わりが来る前に手に入れたいと
真摯に 思うだけの 悪徳

91 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/03 10:26 ID:T3pWN1Lq
ま、悪いことは言いません。あんたら2チャンネラーに代表される
下界の凡人連中には、ベートーヴェンの晩年の弦楽四重奏がちょうどよいです
から、そのあたりをお聴きなさい。
間違えても、ぼくやドビュッシーの作品は聴かないように。
豚・に・真珠・でございましょう、ファッハッハッハッ・・・・・
で、ぼくのホームページK.OKADAワールド
(URL;http://debu1957.hp.infoseek.co.jp/)には
あんたら2チャネラーには似合わない私の傑作の音楽がついていますので、
ぜーーーーーったいに来ないで下さいね。


92 :ま。 ◆AHO/xpoMX2 :02/12/03 16:49 ID:8Su54Cbw
はらはらと 零れる涙
大地を濡らし 沁みこんで
ここにいたのよと 消えてゆく

それは少しだけ湿っぽくて
あたたかい日差し
うららかな春の足音と
遠ざかる 冬の鼓動


93 :霧都 ◆WISH/t.n/I :02/12/04 00:40 ID:mpG/5agW
小さな呟きも
積もればいつか
大きな蟠りに転化するから
耐えるばかりがきっと
美徳ではないのだね

94 :ま。 ◆AHO/xpoMX2 :02/12/09 01:15 ID:Dnlv+0JP
想いは声に
声は肺に
染み込み
息づき続ける
生きるという連鎖

95 :岡田克彦 ◆ikGay75MZI :02/12/10 16:12 ID:g+cUCgs4



お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。
お・だ・ま・り、あたしを誰だと思ってるの? おそれ多くも、あ・た・し・よ。


96 :名前はいらない:02/12/13 09:44 ID:7OdwD7DN
保守

97 :名前はいらない:02/12/17 02:03 ID:dxaVuZTN
見えなくて
掴めなくて
眩しくて
寂しい

どこまでも遠い心

98 :吾輩は名無しである:02/12/17 18:21 ID:wvwDt/Og
無理せずに
自然に
普通に
シンプルに

99 :qwertzqwerty ◆CRIJFCPTEE :02/12/19 15:07 ID:TxF7QKdx
採算のとれない魔と飛抹
答えに届くように右手を向け
筋を伸ばし 筋を伸ばし 空の淵に
届きそうになった
なった 犬が鳴く

100 :再度逃避中:02/12/20 02:44 ID:VYWIFbgf
分身の術を会得して
俺を6人に増やして
ノルマを6つに振り分けて…

それぞれ何もせずに眠りそうで激しく駄目だ そうじゃない

101 :chacha ◆cha/xejyz2 :02/12/27 15:31 ID:0dTE6hqG
苦労ーン人間が誕生したらすぃ
思い出もクロンして
泣き言はコロン(殺ん)して
いっしょにおしゃべりできたら
愉しいかもしれない…

102 :qwertzqwerty ◆CRIJFCPTEE :03/01/01 02:27 ID:BCo8X5LM
歌と踊りのエンターテイメントに群がる 嫌悪の族
で、祖父は死んだよ みっともないよ涙腺
白いカーテンの裏側で
ミキシングにいそしむ男を見る


103 :ま。 ◆AHO/xpoMX2 :03/01/04 20:03 ID:gppLnnrT
両足を踏ん張らせても
両手を広げても
抱きとめられなくても
悲しいなんて思うより速く
生まれるより前に
流れてしまえば
後悔など
落胆など
しなくてすむのに

104 :夜中 ◆HF2bLNrQhI :03/01/05 12:36 ID:HNE/RBri
手探りでだって
どこまでもいける

こんな俺でも

どこまでもいけるさ

105 :夜中 ◆HF2bLNrQhI :03/01/05 12:37 ID:HNE/RBri
ごめん。あげてもうた!

106 :名前はいらない:03/01/06 17:13 ID:ro4iRbu0
あしたはこなくていい
だけど
そのてのひらに
ふれたい

その希望だけで今も生きている

107 :名前はいらない:03/01/11 02:25 ID:BquvIkIT
女王様のために生涯つくす
届かない存在なのを知っていて



108 :名前はいらない:03/01/14 02:27 ID:Z327sc9k
趣味でする範囲の誘導が
なぜか、なぜか繋がらないんだ
新規お客様というか
新規書き込みに期待しているのに
ねえ、何故書いてくれないの?

109 :山崎渉:03/01/19 13:42 ID:33JLtwpT
(^^)

110 :qwertzqwerty ◆CRIJFCPTEE :03/01/20 00:30 ID:qNOE9vP7
歩道橋の下がインスピレーションの村
『厚化粧に美学はないぜ』
村に逃げる 泥と雨のミクスチュアに
笑って さげすむ声もでない
明日は晴れるといいなあ


111 :chacha ◆cha/xejyz2 :03/01/20 20:36 ID:U0vJcKKv
ぬかるみの畦道を歩くと
雨上がりの唄がきこえる
 ちゃっぷ ちっぷ
 ちゃっぷ ちっぷ
春が遠くないことを告げる

112 :名前はいらない:03/01/21 14:56 ID:ngLq6MjX
空に向かって手を伸ばしても
あの雲と光 掴めないけど
掴めないから無いなんて
そんなことは 無いだろう?

113 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/01/24 20:35 ID:jD5O+mZS

貴方が愛しい と
くり返し くり返し
それは 無限に繰り返される 奇跡の様に
或いは この世で最も忌むべき呪詛の様に
それは 想われる人の心のまま

114 :qwertzqwerty ◆CRIJFCPTEE :03/01/27 00:11 ID:xE11tdwM
まだ手足があり 明日の試験に背中を追いやられている
下腹部にまじないをかけ 自動車の欲しさに睡魔を搾る
前に出る感覚だ


115 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/02/07 23:59 ID:qfNiepey
「波の無い大海原は」

涙の海を泳ぎきって
静かな小島に 打ち揚げられて
僕はついに辿り着いた
渡る風は 憂いを拭い
星は残らず 降り注ぎ
遍く祈りに 応えるだろう


116 :chacha ◆cha/xejyz2 :03/03/01 09:49 ID:jyjYKLxG
あんなにも 春をまっていた
おそらくは きょう逝(たびだ)つと
しらぬまま おだやかな笑み
ゆめ見るように ほころんでいる
白いゆりのかげ ゆらゆら揺れて

117 :chacha ◆cha/xejyz2 :03/03/02 21:41 ID:eb16gNic
自転車が歩いてく
ひとりとぼとぼ歩いている
自転車だってたまには歩く
淋しいけれど歩いていく
歩いてないと倒れるし
走る気にはなれないし

118 :名前はいらない:03/03/06 04:33 ID:cyzSVfle
落とすことの出来ない色を
抱えてるのは僕だけではない
君だけでもない
ただそれぞれの色が
それぞれに違うだけだ
そんなことが慰めに
なるわけでは、ないけれど

119 :空樹:03/03/10 18:22 ID:0a2oPEUK
僕の先を行く人が
僕の行く道に罠をしかける
僕はいつもそれにひっかかるのだけれど
僕はなおも歩きつづける
その度僕は僕を感じる

120 :chacha ◆cha/xejyz2 :03/03/12 09:45 ID:fVYbttxN
「3月の笛」

雨がくっきりと拭った
夜空に傾きの月
どこかで生まれた赤ん坊
土の中でまどろみの夢
ねこが寝言をいいながら
丸くなる部屋の片隅
風が奏でるフーガ
笛の音は春を告げる

121 :misoduke:03/03/16 23:55 ID:Y/nPaVAp
「うつろに」

若き新緑とともに歩くのなら
そこらにでも摘みに行くのがいい
あからさまに赤く尽きた私は
小腹の足しにもなりません
旅へというなら是非ともですが
しばらくここで 松の木のした


122 :mizuni:03/03/17 00:06 ID:Ipjta3Ha
「しめやがれ」

脱げ 大らかに
そしてみなおせ。
トランクスはにゃまいきだ
ブリーフなんて筋肉質過ぎるんだよ
漢ならアレだろ?

まぁ,卒業シーズンだしねぇ…

123 :battera:03/03/17 00:14 ID:Ipjta3Ha
「環」

巡るのなら それでいい
満天の星空は 松の木の下で。

やすらぎの無い胸の下にいるだけではしょうがない
望まんとする煌きの自身は 巡られることを望んでいる

どうにも 時は犯罪者などではなく
ただの 恐ろしい関係者だ

124 :simesaba:03/03/17 00:21 ID:Ipjta3Ha
「仮想して戻って」

月が 2個
天変地異ではないけれど
クレオパトラより遥かにとおく
詩人と称す方々の御眼
価値観が違うのか そうかにんげんでもなかったかもしれない
にやけては くびを振り これはぬるま湯 と
探求 旺盛 な 若者の 首をはねた

125 :tatutaage:03/03/17 00:29 ID:Ipjta3Ha
「おてこ」

私には 煩わしさほど 必須なようである
気が多い=浮気症候群 な私は
いつしか消えるように そよそよと身を闇の中へ

あの娘が望んだように 夜空に浮かんでいようとも
月の陰りも なんのその精神であろう
消えるなら消えようと さだめの如く呑み込んだ上の勘違いの 野郎

126 :ゴッツアンデス:03/03/17 00:34 ID:Ipjta3Ha
「落ちこぼった」

あすの私は
きっとわらえることだろう
滑稽なお墓をつくったり
ぺたしぺたしとちっちゃい隕石でもふらせるのだ
たえなき想いの 御笑いと おこぼれ

127 : ◆cha/xejyz2 :03/03/17 23:13 ID:LFMt22s5
「Silent Majority」

もの言わぬ人々―Silent Majority
深くしずかに思いはひろがる
マスコミには映らない
やみの底流

128 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/03/21 12:46 ID:v+Dc29SU

背中を丸めたラビの予見は

遠からず黒い空は

必ずやって来る その足音を忍ばせたまま

129 :名前はいらない:03/03/27 04:54 ID:NpYax/mu
「禁欲」

おーブラボー君の肢体は違法
拘束の身が一人かもねむ
散る桜を冬に想うニャンダフルデイズ
伊豆に三泊四日したい

130 :ウスイ:03/03/29 23:05 ID:4so+FOA+
答えることは出来ないよ
僕は望まれる答えを言うことは出来ない
ひどく曖昧な逃げ方かもしれないけれど
容易い嘘をつくことは出来ない

131 :名前はいらない:03/03/31 03:41 ID:4w14pOo9
せかいって
おもったよりひろい
そらって
おもったよりたかい

だから
ひとって
おもったよりつよい

132 :ニイヅカ ハル:03/03/31 04:57 ID:Vn7KIYCO
潮騒 潮風 潮の香り
夕焼 夕空 赤の刺激
足音 伏目 孤独の気質


133 :名前はいらない:03/03/31 06:26 ID:Wp1oPPn/
>>131 そうだなーヽ(´ー`)ノ

134 :てい:03/03/31 23:27 ID:c0UOBlqB
ああなんてきれいだ
なんてきれいな弾道なんだ
なんであんなにきれいな弾道が
なんで頭をうちぬくんだ

135 :BOO ◆x21dMcQiIA :03/04/05 00:45 ID:/WHYL7Vu
あなたにとって
月より大切なのものを
教えてください

136 :名前はいらない:03/04/05 00:54 ID:WDnl9zxM
ディスプレー前のキーボードに
うつ伏せに顔から今にも突っ込みそうな俺には
ひと欠けらのチョコレートが今は何よりも大事さ

137 :BOO ◆x21dMcQiIA :03/04/05 01:09 ID:/WHYL7Vu
降り注ぐ水滴よりもヒトに近いもの
今もきみを慰める融点≒体温の甘さ

138 :名前はいらない:03/04/05 01:30 ID:WDnl9zxM
雨の旋律を閉じ込めたオルゴールを
行くあてのないもう一人の空へ
彷徨う鳥の想いをこめて

139 :BOO ◆x21dMcQiIA :03/04/06 00:02 ID:dCMnSA2r
朝には降りやむとしても
窓を開け耳をすます
ttp://www0.thunder.ne.jp/cgi-bin/main.cgi?area=4&zoom=4

140 :名前はいらない:03/04/08 17:16 ID:h4IgbF3m
「それで?」と
問いつめた時

君は
君はただ 笑った

何故か、笑った

141 :qwertzqwerty ◆CRIJFCPTEE :03/04/10 01:23 ID:VizaujiX
アップルパイも漫画も 透過
帰らぬ人になると 分かって訣別
ロンリーガールへの
熱い想いが たぎった


142 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/04/12 23:44 ID:3biAqjvL

恵みを期待するなら 自ら創造せよと
荒野に 命を吹き込めば
灰交じりの風と油が顔を打つ



143 :山崎渉:03/04/20 02:10 ID:1+CNA/cT
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

144 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/04/25 00:39 ID:ZC1VO/KQ
きらりひらりと
滝を稚鮎が
きらりひらりと上りゆく

松風をふりきりここに見送らん

145 :名前はいらない:03/04/25 01:00 ID:6jgFd7rZ
human call my life, nothing but all regret
The other side you met,none to the end


146 :名前はいらない:03/04/26 01:41 ID:f95kZp6M
転んだ
もしくは

暗にされた 拒否

平気
痛くないふりは
得意

得意

147 :qwertzqwerty ◆CRIJFCPTEE :03/04/30 00:59 ID:sOPwq+A+
そう そんな橋もあったね と君
おいおい と俺は政党に偏って物事を決め
緑の多いこの町にも明日 爆弾が降る


148 :ウスイ ◆emethBMabc :03/04/30 17:41 ID:iZomwqek
もしあの時ああしていれば 違う言葉を言っていれば
今とは違った結果になっただろうかと
ありとあらゆる可能性が浮かんでは消えるんだ

仕方無かったなんて言い訳で 後悔しても元に戻すことは出来ないのに
どうにもならないから考えない訳にはいかなくて
誰も僕を責めないことが息苦しい
罪を償うなんてエゴではなく
ではこれからどう生きてゆけば良いのか

自分以外の誰に分かるはずも無いのに

149 :BOO ◆x21dMcQiIA :03/05/01 03:09 ID:zPsqFsJk
五百年振りに泣いてる彼女
理由を聞きたいような
聞きたくないような

150 : ◆L1Who.N/vo :03/05/02 02:22 ID:rfclomfw
痛い
居たい
いたい?

何の話よって
とぼけて、しまう

151 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/05/11 18:58 ID:NkGX/mO1

「花屋と男」

立ち並ぶ 花の奥に男が居る

男はうたかたの色彩の内(なか)を泳いでいる

蟲惑する芳香をすり抜け

一輪の蕾を手にして 涙した

男は その美しさに涙した

152 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/05/11 19:03 ID:NkGX/mO1

「墓所と女」

ヴェールが白い額を覆っている

貴方よ何故

空を映す瞳は 瞼に隔たれている
白日の内で 独り彼女は暗黒を宿して佇む

貴方よ何故


153 :qwertzqwerty ◆CRIJFCPTEE :03/05/14 00:42 ID:JkRw6JLS
滅入ったからここにいる のが分かる
誰の人生かと質問されて 答えられないのは
僕が乱暴?だから


154 :山崎渉:03/05/22 03:15 ID:R3rNNKvM
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

155 :山崎渉:03/05/28 11:10 ID:0k3PpwVO
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

156 :chacha ◆cha/xejyz2 :03/06/11 22:17 ID:6IJjosSG
なにもみえないけれど
とりあえずふぉしゅと
いってみるから…
なさけない
あい

157 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/06/18 00:31 ID:Me7p4EeU
断片人格がヒットする 僕の寂しがりな隙間に
其れを癒しと感じていいものか
おっと


158 :夜中 ◆HF2bLNrQhI :03/06/22 12:15 ID:Z032XDcs
↑結構好きかも。
リズムがいいね

159 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/06/23 22:56 ID:nwHQ55RM
>159 夜中様
どうもです。嬉しいッス

160 :名前はいらない:03/07/04 02:07 ID:hZcLsE4f
はらひりひゆる梅雨の午後

紫陽花かげろふ梅雨の午後

書きかけノートのしおれた先の

手前一寸君の頬

161 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/07/07 18:43 ID:ifTZKzC2

未だ覚めぬ夢の内で

さめざめ降り頻る雨の帳

貴女の頬伝う露払うため

少し震える唇当てた


162 :山崎 渉:03/07/12 12:18 ID:NWO/CALS

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

163 :山崎 渉:03/07/15 11:49 ID:7z6F/fGC

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

164 :なまえをいれてください:03/07/15 13:45 ID:clAHo4RQ
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

165 :名前はいらない:03/07/20 06:01 ID:xp2iSFqb
うすぎたない魂を
青いあぎとで咀嚼して
空にうずまくシロイ雲が
差し伸べる手を掴みなさい

遠い面差しの人が告げた言葉は どこまで落ちていくのだろうか

166 :山崎 渉:03/08/02 01:35 ID:GCypsXvY
(^^)

167 :蟲篭(ムシコ):03/08/08 23:59 ID:JET6u1o8


綺麗なだけの言葉をならべ 隠す唄を詠うあなたの心で宵を醒ます
 

168 :山崎 渉:03/08/15 13:51 ID:5TkIaFn9
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

169 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/08/22 23:18 ID:8aXhkk/G

移ろう季節(とき)が音をたてて
馳せる風 夏の終わり
ただ暮れて行くだけなのに
何故か儚い


170 :名前はいらない:03/08/30 05:50 ID:kALTNtJO
みんな
いなくなってく
私は
しがみついてる
決断の鋏を
差し込めないままでいる

171 :名前はいらない:03/08/30 22:59 ID:VPbLkFDd
わたしは何を考える
とかいってみんなかくしてく
みんな気付いていないんだ
そうだ きっとそうなんだ
だから だれもわかっちゃいない
つまりみんな かくしているんだ

んなばかな

172 :名前はいらない:03/08/31 21:36 ID:1fPBrAxF
オレンジぺこにがっかり そんな日も にがくないのか と尋ねたけれど

返ってくることだまが 意外にも すくなかった、

173 :名前はいらない:03/09/04 22:40 ID:O4lkJr7k
楽しかったあの話
悲しかったあの思い出
テレビがみんな教えてくれた
そして僕は、ばかになった


174 :名前はいらない:03/09/04 22:45 ID:O4lkJr7k
下を向いて歩こう
涙はきっと 出てくる筈さ

175 :名前はいらない:03/09/05 15:54 ID:BZjVk/aI
もし
自分のための軍があるなら指揮を取りたいけれど
自分ひとりの軍隊ではちょっと疲れる

だって
誰が僕にお茶を入れてくれるんだい?



176 :さぼてん:03/09/07 00:42 ID:XdBs1eZR
各駅停車のドアが閉じた
まだ僕は乗らない


177 :名前はいらない:03/09/07 01:39 ID:XhFXqaEk
>>176 巧いですねぇ… 淡い粉の舞う寒空を見る君は 睫に掛かりし白さにきづかず 待つに係りし白さに気付かず 白き心は溶ける事なく

178 :名前はいらない:03/09/07 01:43 ID:TqmYyd9C
なぜ死なねばならない?
なぜ生きねばならない?

179 :名前はいらない:03/09/07 16:50 ID:2r5QNmfp
人の命が儚いと誰が決めた
もう生き飽きた

180 :名前はいらない:03/09/07 17:20 ID:XBqiXQSr
役立たずの花
役立たずの嘘
役立たずの空
役立たずのぼくときみ

素晴らしいなぁ

181 :夜中 ◆HF2bLNrQhI :03/09/07 17:34 ID:ECzSH3Z5
手のひらがこんなに暖かいものだったなんて
忘れていた
お母さんの手と同じくらい
暖かいよ

182 :さぼてん:03/09/07 22:11 ID:XdBs1eZR
灰色の空
灰色の道
灰色のビル

生活に色を
心に花を

183 : ◆lgBat4gS6. :03/09/07 22:22 ID:7nq4JTNx
廃ビル
見ていると
切なくなる
なんでだろう
とてもとても
切なくなる

184 :さぼてん:03/09/07 22:29 ID:XdBs1eZR
そうさ僕はなんだってできる
ふかしたタバコの灰を落とす

185 :エリザベート:03/09/07 22:31 ID:ZnuuA1It
支配して頂戴
だって 自分で考えて行動する事に
疲れちゃったのだもの
体も心も時間も貴方にあげる
だから支配して


186 :さぼてん:03/09/07 22:54 ID:XdBs1eZR
高いビルを見上げたら
くびが疲れた
階段でこいつを
昇って行くのか

>>177さんくす


187 :名前はいらない:03/09/07 23:34 ID:kRFRDl8i
「人は、さよならを言うために生まれてきた」

って言ったら君、信じる?

188 :名前はいらない:03/09/08 01:17 ID:aVLXRQA5
何かを
ぷっつんと音たてて
ぶった切ってしまいたくなる

いつもどおりすぎることが
愛しくも憎くもあるから

189 :タカイ:03/09/08 08:48 ID:tPZUV2X0
僕にあり得た人生
けれどもう、そんな未練染みた妄想は切り捨てるべきだと幾度となく人に勧められもしたし
考えもした。甘美な夢の世界を保有し続ける事を選んだ僕は、少しずつ現実からかけ離れていった気がする。
己に厳しく生きろとか、仏道に携わる人なんて諭してるのを聞いたことあるけれど、そんな考えが苦しいからって理由で破棄して
逃げ出してからというもの、僕は腑抜けになっていった。今でもあり得た人生を夢見るんだけど
意中の女性に振られてから、どことなく目が覚めた気がする。そこから僕は逞しくなっていった。

190 :名前はいらない:03/09/08 18:24 ID:dZtqqDIi
夜景を見にいかないか?
ビルの10階 屋上には君と僕
ふたりを照らす 消えてしまいそうな光たちの中
君は下ばかり覗き込んでる
大丈夫 ひとりじゃないよ

191 :さぼてん:03/09/08 20:42 ID:2fZgtkRt
人目につくところで携帯をいじる
これで友達がいる者と証明できた
さあいまのうちに人間関係に磨きをかけて
あたらしい便利さに備えるのだ
待ち受け画面を開いては閉じる



192 :星影:03/09/08 20:46 ID:6q/P870T
君が眩しくて
目を細めたら
君は消えた
抱きしめたときの感触を残して

193 :さぼてん:03/09/09 23:13 ID:ntj8oPLd
きっと誰かに
撮られていると
酔って歩く
渋谷の病気

194 :名前はいらない:03/09/10 17:39 ID:fXw7CEP3
私はとても醜い人間です。

195 :さぼてん:03/09/12 18:36 ID:72c+HMIm
お金は便利だ
財布にスッポリ入る

196 :ようかんゑるゑる:03/09/12 20:43 ID:VlbsUelL
ちょびっとだけ、幽体離脱して、、
自分を抱きしめてあげたい。

197 :あんず風味:03/09/13 04:00 ID:xrKcAkT9
感情殺して
生きて
そこになにが残ると云うの

只わたしは
感情の殺し方も
生かし方も知らないから

この蓄積した渦に
飲まれて飲まれて
気づかないふりをしているだけ

198 :名前はいらない:03/09/13 04:22 ID:QNYN76Ni
>>197
思いが 静かに溶けて同化する日がくる
それがいつなのか、私もあなたも知らないけれど
溶けて ゆるやかに巡る過去になって
あなたや私を取り巻いてくれる そう信じている
今、抱えている痛みの慰めにはならないかもしれない
けれど、その痛みは決して無駄じゃないんだ
だから 泣かないで

199 :あんず風味:03/09/14 02:18 ID:8/11zSst
>>198
雨が降るとびしょぬれになり風邪を引く
風が吹けば高く高く飛ばされて
さっきいた地面がもう、見えない

僅かな雑音でも激しく波打つこころを
いつか‘いとしい’と思えるようになりたい

せめて傘を。パラシュートを。
それはあなたの言葉だったりする。

200 :あんず風味:03/09/14 02:37 ID:8/11zSst
いまはまだ駄目だから。
いまはまだ駄目だから。
もう少し時間をもらっていいですか。
そしたらあなたの前でも
ちゃんと笑える気がするのです。

201 :さぼてん:03/09/14 16:46 ID:BpQef+KU
屋上の
柵を乗り越え
一歩踏み込む
ハーハハハッ!
自由だ


202 :名前はいらない:03/09/14 16:51 ID:KNiuD3Su
お前の頭は不自由だけどな。

203 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/09/14 17:08 ID:XW3E1Th3
青い空が憎い
赤い日が憎い
白い雲が憎い
黒い闇が憎い
緑の草が憎い
黄の実が憎い
色のない心が憎い

204 :さぼてん:03/09/15 12:35 ID:wZHBKAzE
お酒をたくさん呑むと
妊娠する
ほら、もうこんなにお腹が…

205 :名前はいらない:03/09/15 13:03 ID:22PxYvNp
ビール腹!!

206 :名前はいらない:03/09/15 14:42 ID:dZQIUetM
歩いて
躓いて
転んだ

207 :名前はいらない:03/09/15 23:25 ID:sgfEZnoz
愛別離苦 怨憎会苦 求不得苦 五オン盛苦 これまで、これから

208 :鹿の子:03/09/15 23:44 ID:Xp50H6rI

空気の振動
音との融合

空気に溶け込み

自我損失、夢心地


209 :さぼてん:03/09/16 00:39 ID:wW7sFCIF
理想形
長い生に
短い死
ってか

210 :学生筆人 ◆EOH/N/.SEA :03/09/16 00:50 ID:GQLlc9Ul
風まかせ ただオイラ眠ってるだけ

いつの日か
あの雲の上で眠りたいって
夢を見てたり

211 :さぼてん:03/09/16 00:56 ID:wW7sFCIF
コンビニで買ったテロルチョコ
ぱくりとやったら爆発してさ
あごが吹っ飛び病院送り
もうごはんが食えないよ


212 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/09/16 00:59 ID:nmWLjsDJ
手を強く握る
にじむ血
なめると馬鹿の味がした

213 :名前はいらない:03/09/16 20:36 ID:QljlCWX6
のり弁タルつき。
プチブル気分。
明日も晴れるといいよね。

214 :さぼてん:03/09/16 23:04 ID:wW7sFCIF
 「リストカッター 葵」

はじめまして【ズッバァァッ!】
私は葵【ブシュゥうううッ…】
さ…ような…ら…【「う、うっわああ!誰か救急車ッ!」】

215 :さぼてん:03/09/16 23:31 ID:wW7sFCIF
知ってたかい?
こっぱづかしいの
こっぱは
こっぱみじんの
こっぱじゃないって

216 :名前はいらない:03/09/16 23:39 ID:y9wCAzkW
何処に
何が
あると
いうの
何も無い
何も無いわ

217 :ないないナイト:03/09/17 00:03 ID:3N+zoHfk
誰かが奏でた喜びの唄が

私に響いて 

何も残さず通り過ぎていく

218 :ギリシャ ◆E64Eywywh. :03/09/17 00:38 ID:vfaS/cHH
床を踏み抜きながら歩く

足が傷ついても構わない

大事なのは頭だ!

219 :名前はいらない:03/09/17 02:51 ID:bzjU6mki
いいな茲

220 :PEACE:03/09/17 23:13 ID:PAC6q2AI
生を羨まないから
死を拒まないから
ただ、願わくば甘き死を。


221 :名前はいらない:03/09/18 02:42 ID:2NqvdJyq
円筒状のコンクリートが青い空へと高くそびえている
私はその中心の黄土上で仰向けになっている
風は優しく易しく私を包み込む
うつ伏せになって土の吐息を吸い込んでみた
懐かしい香りがした


222 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/09/19 00:50 ID:eUYGj2tf

街のかがり火が
殊更 眩しく
虚(うつろ)で満たされた景色を覆い尽した

眩い 暗がりの内で
ひたすら影踏み繰り返すのは 長い行列


223 :さぼてん:03/09/22 18:02 ID:u4kHJWzp
ナンバーワンより
オンリーワンを目指せ

オンリーワンより
ONLY YOUだ

あhh 愛しているよ

224 :名前はいらない:03/09/22 18:23 ID:hO4y+c69
昨日の事でした。
ある夢を見ました。
スゲー怖い夢でした。
でもすぐ忘れました。

----日常と幻想----

225 :名前はいらない:03/09/22 18:49 ID:OA3kOehT
漠然と収める五行の中に
されど何を収めれば良いか?
土台五行に治まるような奴じゃない
されど五行でも多いのではないか?
そして終わるのが私なのだ。

226 :名前はいらない:03/09/22 19:06 ID:whco9+z0
犬食った
韓国人の気持ちがわかった
ロリ食った
2ちゃんねらーの気持ちがわかった
次は佐川君になりたい


227 :通行人:03/09/22 19:58 ID:UqspFhJS
>>226
『2.26事件』

君の詩を見ていると
心の根底が揺らぐ
心配事は何もなくなった
後は南アフリカの君の親友によろしく伝えておいてくれ。



228 :名無し:03/09/22 23:27 ID:fR6KDNkP
→↓\→ 昇龍拳・・・。
↓\→  波動拳・・・。
初めての技だった秋の午後。

229 :通行人:03/09/22 23:36 ID:lFJzkUTv
『予定』
オクラホマミキサーで粉々に砕いた母の遺骨
僕はカルシウムを取りたくて
フランチャイズ化する何て聞いてなかったよ
バイト先は書道具店
午後からデートだ。

230 :ずーめん閣下 ◆05iai4sDKU :03/09/23 17:50 ID:S6LYTIxr
うーん
こりゃたまらん

231 :名前はいらない:03/09/23 18:36 ID:/v2R1guX
世界中の凶器を集めろ 俺が預かってやる

232 :名前はいらない:03/09/23 23:12 ID:/cMZTi5e
愛し方や愛しさを忘れた事など無かったのに

233 :さぼてん:03/09/27 00:30 ID:5Vk52o+Q
はっきり言う
「アナリスト」と
「肛門」は
無関係だ


234 :名前はいらない:03/09/27 00:47 ID:G7nWnPf0
女子アナのアナルをアナライズするアナリスト

235 :さぼてん:03/09/27 01:58 ID:5Vk52o+Q
長い雨はもったいない
貯めこんだ空がしぼむ

晴れの日は無駄づかい
日光が点きっぱなし


>>234 分析結果==>アナル蕎麦は麺のコシが強くないとサルベージ不可能

236 :さぼてん:03/09/28 04:19 ID:vzLVi+Ss
『コモン・センス』が新曲だした
 みんな聴かなきゃ
 みんな憶えなきゃ
 みんな謡わなきゃ
 “おくれ”てしまうよ

237 :さぼてん:03/09/28 04:24 ID:vzLVi+Ss
「日常の A・I・U」

あいつ、いつも、うーん
あれ、 いつも、うま
あの、 いやあ、うかうか
あれだ。いいね。うれしい。

238 :さぼてん:03/09/28 04:51 ID:vzLVi+Ss
働く人々
歩く人々
振り返るな!
目が合ってしまう

239 :夜中 ◆HF2bLNrQhI :03/09/28 05:41 ID:acsLj1lR
まじわかんねぇ
まじわかんねぇ
まじわかんねぇ
女心

240 :名前はいらない:03/09/28 12:07 ID:KAB0C6bZ
遠距離ってダメダメだ
友達にもなれず
恋人にもなれず
真っ赤な他人を目指す今日
明日は、何を目指そうか

241 :さぼてん:03/09/28 20:33 ID:vzLVi+Ss
「忘却のうた」
 想ってはならない 考えてはならない
 忘れよう すべて 消して しまえ
 見えない 見えない 見ない 見ない
 ほら忘れるぞ 忘れた
 思ってはならない 考えてはならない

 

242 :名前はいらない:03/09/28 20:52 ID:vQt30poP
理解できない
理解できない
理解できない
男の子

243 :*´ー`).。оO〇(〜) ◆bnmjdO.VgI :03/09/28 22:55 ID:asdopIyy
まーなむなにぉ
らーぬみらりぇ

馬鹿は死ね


244 :名前はいらない:03/10/02 20:17 ID:OvKUIbJK
メールの一通一通が僕を一喜一憂させる
いつからこんなに弱くなったんだろう
君を好きになってから?…わからない
昔からそうだったの?…チガウ
何が原因?…ワカラナイただ寂しいだけなんだ
何が真実?…僕が君を好きだって事。君のことがワカラナイって事


245 :名前はいらない:03/10/03 21:35 ID:8VrGnSlj
朝を迎えて/
コーヒー・メーカーのスイッチをいれる/
夢はほとんど忘れてしまった/
歌を歌っていた男の/最後の唇の動きが/
どういう形だったか/どうしても思い出せない

246 :半裸厨:03/10/03 22:13 ID:BfziwU/R
下も脱ぎたい。
服から解放されたい。
お前らだってそう思っているはず。


247 :さぼてん:03/10/03 23:35 ID:ZxaYcR/x

人はわからないと言う
女心も男心も

俺も未だにわからない

解剖学をやって
ずいぶん経つ

248 :さぼてん:03/10/03 23:48 ID:ZxaYcR/x
ぼくの頭の中はホコリでいっぱい

どうかしてるぜ

世界が真っ白だ

249 :さぼてん:03/10/04 00:06 ID:1YNgOs/J
出る杭は 打つべし
出ない杭も 打つべし
打つべし 打つべし
みんな 打つべし

250 :さぼてん:03/10/04 00:16 ID:1YNgOs/J
「代用」
使えるもの 使えないもの
見落としてきた たくさんのもの
おまえはおまえの財産

251 :さぼてん:03/10/06 03:08 ID:lucsY/K0
「道」

路を歩んでいるのか 迷子ではありませんか
目的地があるのなら そこに向かう路は道
目的地を見失えば もう迷子

道を歩んでいるのか 迷子ではありませんか
いきたいと思っているが 道を歩いていない
なんとなくな目的だけど 路を歩いている

道を外れたものの路

252 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/10/17 20:58 ID:zVtbfeo9
「旅路」

放浪を余儀なくされた 文無しが
道なき路を歩み続け
不明瞭な標と未知なるその先を
何かの予感に導かれ 進んでゆく 旅路


253 :さぼてん:03/10/17 21:56 ID:LlA6CK3s
「教育論」

いかに石ころ自身に、自らが
大理石や、水晶だと思わせるかということ

ネジやボルトひとつひとつのために
全体の機械が存在すると感じさせること

しかし、ダイヤの原石であるとは思わせないこと

254 :さぼてん:03/10/24 00:37 ID:X/52JLEF
昔の俺は将来のことなんて
全然考えなかった

でも最近考えてみたよ

「将来」って一体
 なんだ?

255 :chacha ◆cha/xejyz2 :03/11/05 22:09 ID:sQ2c1Fxa
逢えない人と
癒えない言葉が
わたしのなかで
沸騰する

∂¢⊆¶∬‰ζΨ〇ヰΞΘξ

256 :うにれもん ◆pbunil/dMM :03/11/10 21:23 ID:/gzI8XRS
スートブつける
冬が来たんだねぇ
ぬくぬくしててる
足りる、もす、ふみふみ

257 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :03/11/11 00:03 ID:PDn1oSTp

時を持て余す者が 夢想するコト
未来を失った者が 見失うモノ

現在(いま)より その先
終末(おわり)より手前

258 :名前はいらない:04/01/11 23:42 ID:GuEXut2T
むくーり。

259 :chacha ◆cha/xejyz2 :04/01/14 21:12 ID:e1d8IZRw
月のかけらがふくよかな風をそよがせ
子守唄のやわらかい流れに足をひたしながら
ふるさとの甘酸っぱい蜜柑の香に眠れたら
夢のかなたのアルカディアよりも幸せだろう


260 :chacha ◆cha/xejyz2 :04/01/26 20:38 ID:sVSQ1iYg
しらばっくれて熱く
雪はしんしんと深く
最後のいのりも虚しく
心は緩やかにのたうつ

261 :名前はいらない:04/02/15 01:02 ID:NC5uXKvK
分ってる
解ってる
判ってる
でもわからない



262 :名前はいらない:04/03/13 02:03 ID:iQ5V4iO2
知らない雪
舞う踊り子
ひまわり散る
桜並木の虫
サーフィン失敗

263 :BOO ◆VoicePOLT6 :04/03/14 23:51 ID:K1OjPrUo
「夜と冬」(ii)

みんなの待つ冬は久しく来ない

 今年 冬は来たんだろうか?
 うん たしかに冬をみた

小さく小さくまとまって
夜とともに来ていた

264 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :04/03/18 08:33 ID:6vy22Fd2

言わなきゃいけないことがあって
伝えたくない気持ちがある
慎重に調えて並べてみる言葉


265 :万華鏡倉庫:04/03/25 03:43 ID:py2ndZby
塗料の剥げちょろけた時間を拾ってきて
修理してみる
古過ぎてまだ現在がない頃の時間
感心するほど単純
単純だけにまだ動く


266 :ポインセチア一本堂:04/04/08 19:13 ID:gTmMCshL
「フェイ 010」

フェイが本を読むときはいつも
フチなしレンズのメガネをかけている
けれども今日は忘れてしまったのか
拡大鏡で歪めた自分の顔を
ひとしきり暇そうに眺めていた

267 :mixi ◆7XpMn0FmvE :04/04/15 23:54 ID:BL9wKG6S
初めて会った頃の貴方は
なんだか妙に怖い人
でも今は
とってこ愛しい大切な人
来年も一緒にいたい貴方と

268 :mixi ◆7XpMn0FmvE :04/04/15 23:59 ID:BL9wKG6S
うひゃ。

269 :mixi ◆b4yd3yhS5. :04/04/16 00:16 ID:oWQuP6Y5
あなたのためになにができるのか指折り数えてみたけれど
ただただ凹むだけだった
好きというだけじゃなんにもならないんだね
でも
好き以外に何もない
臆病で弱虫なこの恋心を持て余してしまう春の夜更け

270 :名前はいらない:04/04/16 02:00 ID:p0zdGmHw
もう少し自分に自信があればうまくいけたかもしれない
これも人生か
何を求めてるの
迷い続ける毎日を終わりにしたい

271 :名前はいらない:04/04/16 02:03 ID:41EKTdNh
自分も他人も傷つけるエゴを払いたい
今は静かになりたい

272 :名前はいらない:04/04/16 02:29 ID:55942h2l
いつか必ずこの世界を去る
去らなきゃならないような気がした
世界を破壊しようとする私が破滅する前に

273 :名前はいらない:04/04/16 04:21 ID:FMoN6dmC
一緒に死にたいのはあなたなのに・・
帰りたい人は別
どうしてよ
つかれたわ

274 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/16 04:24 ID:TWihv4K2

さようならが
含み笑いをしながら
昨日の帳へ落ちてゆく

275 :名前はいらない:04/04/16 04:27 ID:yPQ4ugLk
キター!!!
北初降臨!!!

276 :◆Ui8SfUmIUc :04/04/16 04:30 ID:TWihv4K2
>>275
初じゃないが。

277 :名前はいらない:04/04/16 04:37 ID:yPQ4ugLk
フフフ(・∀・)

278 :名前はいらない:04/04/16 08:24 ID:bT+Mfk7x
自分のエゴがひとり歩き
見失わないで
君は大丈夫
歯車は正常
もうしばらく
落ち着いた時間

279 :名前はいらない:04/04/16 16:46 ID:3+CjZRsn
日の光を受けて
自然とひとつになろう
ジメジメした気持ちも乾かして
前を見たい

280 :mixi ◆8smixiK.U. :04/04/18 02:00 ID:9V0b7BQn
この恋は最後の恋
そう決めたから貴方を愛し抜く
いずれ壊れてしまうものだとしても
それがわかっていたとしても
願わずにはいられない
この恋が最後の恋
蜃気楼のようなこの願い

281 :名前はいらない:04/04/18 02:12 ID:J8V35t6x
続いてくおれ
我慢してるあんた
あたらしい朝が来た
おれは待ってる
あんたは寝てるね

282 :名前はいらない:04/04/18 02:29 ID:GdxQXN2a
動けない
手や脚があるのに
私はどうにも動けないのね

どうしてかしら
考える頭があるのに
答えというのは見つからない

全てを見通す目があれば
私も少しは動けるかしら
手も脚も動くのに
一歩も前に進めない

全てを理解する頭があれば
答えというのも見えるかしら
頭は朦朧として
私はなんだか 少し眠い


283 :mixi ◆8smixiK.U. :04/04/18 02:30 ID:9V0b7BQn
眠り続けるのは狼
起きて働く蟻の兵隊
空に羽ばたく雀の子
世界の週末を夢見る支配者
この世は歪な破片でつくられた1000ピースのパズルのようなもの

284 :名前はいらない:04/04/18 02:36 ID:GdxQXN2a
ああ 夢というものが 本当にあるのなら
私の体も心もすべてうきうきとして
この夜の空の闇の果てに
溶け込んでしまうのかしら

285 :名前はいらない:04/04/18 15:06 ID:ZqKqxc2z
人と違った事をして
好かれる人と嫌われる人
人と同じ事をして
喜ばれる人と飽きられる人
何もしないでも
いつかは頼られる人と忘れられる人
違いはセンス かもし出す雰囲気 その生きざま


286 :mixi ◆8smixiK.U. :04/04/19 02:04 ID:qZCam33x
おやすみの詩

ねぇ 愛しい人 貴方は今日も眠れないの?
今ごろオーディオに向かってせっせと編集作業かな
大好きだよ 愛しい人
貴方の上に安らかな眠りの精が降りてくるようにと
祈りながら眠りに就こう
せめて心で貴方を抱きしめて 眠りに就こう




おやすみ 大好きなあなた

287 :mixi ◆jlGacse6Qk :04/04/19 02:18 ID:qZCam33x
もうちょっとおきてよう
あなたのぷれぜんとためしたいから

288 :名前はいらない:04/04/20 17:25 ID:wU8mC7F9
       ´゙:..`.゙:‐'゙`.゙ヾ:゚`.゙:`.゙:`.゙:`.゙:`.ヾ゙: ゚`.゙: ゚''.`.゙:..`.゙:;゚.`.゙:`
    ´.: ,.゚ `.゙::、`___:;.:.:.:゚..____゙:`.゙::゚゙:::_ ヾ''. ''. ヾ''.`:.;:.;:..゙ヾ:゚.゚`.゙:.゙゙:`
   ´,..`.゙::: '゙.`::.゚| |゚、. / /.゙:.゙::く\゙::_ `.゙.゙/^>'゙:'.`.゙;.;;゚.;.;;゚.;.;;゚..゙:`
  ´: ゚..: ''.`゚.,:. :.、| |:/ /`.゙`.゙`.゙:..\ \:/ /'゚ ''.`.゙:_;. ''..:.;.;;゚..:`
 ´;: .゚.: ,:. :、.',: '゙ .|   く''.`.゙::_`.゙:`.゙:;.`.\ /`..゙:`.ヾ゙:`.゙:;.`.:.:.゙:`
 ´;: ゚...: ,:. ゚ ''.: '゙゙|  |.\ \.、.:',.'..゙.:.゙.:゙ :.|  |`.゚゙:'.ヾ`.゙:;.゚`.゙:.`.゙`
 `;: ...: ヾ'.`.゙,:. ''|____|.゙..゚\/''.`.゙.:゙.: :.゚、.:|____|' :.゚ヾ、.,:. :゚.、:,:..、゚ .;`
 `: .゚..: ,゚: '゙. ゚゚ ''.`.゙:.:.、゚`゙:`.ヾ ゙:`.'.`.゙.:',.: .::_.:''`゙゚ .::_''゚`゙.: ''.`.: .`
 `: ゚''.`.゙:゚`.゙:..`.゙:‐'ヾ゙`.゙:゚`.゙:`ヾ゚Д゚.ヾ゙`.゙:`.゙: ゚`.゙: ゚''.`.゙:゚`.゙`.:`
   `゙:゚`.゙:..`.゙:‐'゙Copyright 1989.4.20 AsahiShimbun.`


「KYって 誰だ」 と君が言ったから
四月二十日は 珊瑚記念日


289 :名前はいらない:04/04/20 17:27 ID:NsWKM/8F


不平等な世界の平等

290 :名前はいらない:04/04/20 17:31 ID:NsWKM/8F
梅雨

人間の内面を映し出したよう

291 :名前はいらない:04/04/20 17:32 ID:NsWKM/8F

あの人に笑顔が戻ったとき

292 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :04/04/20 21:15 ID:coVGgItU
街の閉塞した ある光景

影踏み 早足 いないいない
吐息で禁煙  振り向く死体

それは 
街に生息している ある典型的な光景

293 :名前はいらない:04/04/21 12:31 ID:YET6N70H
詩なんて
ただ言葉を飾って
綺麗なものに見せようとするだけ
本当は
酷く醜い創作物なだけ

失礼しましたー(逃走

294 :名前はいらない:04/04/21 23:39 ID:Y0cnxeTH
例えれば
墓に切花 飾るとき
買ったそのまま 挿すよりも
あれこれ悩み こうかな?と
長さや向きを 整える
たとえ見る人 いない花でも

295 :mixi ◆8smixiK.U. :04/04/23 02:33 ID:/u480NnG
誰かのお墓に備えられたお花は
誰の心を慰めるもの?
誰の心を癒すもの?
誰も人がいなくても さわさわと春風にそよぐ
誰かが優しく撫でているように さわさわと そよぐ
誰かの哀しみを感じているように さわさわと そよぐ

296 :名前はいらない:04/04/23 17:30 ID:rXucsMYH
灰色の中に光が見えた
外はなんて明るいんだろう

297 :mixi ◆8smixiK.U. :04/04/24 00:14 ID:jizDefGC
手を伸ばして掴める物は極僅か
求めても求めても手に入らないものばかり
でもね
何もてにはいらない負け犬のような人生でも
あなたを強く想う気持ちは手に入れたから
この想いだけを抱きしめて叫ぶように生きてゆく

298 :名前はいらない:04/04/24 02:53 ID:+zXjMTsM
ひび割れた氷に 女がそっと息を吹く
鮮やかな曲線を有する零下の女神は
その妖艶な笑みを絶やすことなく
あたり全てを凍らせる
ひび割れた氷は グシャグシャになって とうとう割れた

299 :わに:04/04/24 04:37 ID:UNo6FxSf
目覚めたときに
君がいて
瞳だけでおはようの挨拶をしたら
もう ひとりぼっちの夜なんて
すごせそうにない

300 :名前はいらない:04/04/24 12:12 ID:K2GJDlb/
300げと〜

301 :名前はいらない:04/04/24 13:56 ID:QazZcJYB
優しい花はもういない
黒雲の空と混じる心
せめてもの水は流れる

302 :mixi ◆8smixiK.U. :04/04/25 00:52 ID:x81blJf2
大切なことなのに
時々忘れそうになるよ
不用意なことできないね
好きなものは両手でしっかり抱きしめておこう
片手じゃ
逃げられちゃいそう

303 :ゆか:04/04/25 01:04 ID:9BfYDsj1
大好き、自分に
大好き。ぁなたに
大好き!逢った事のなぃぁなた達に

304 :名前はいらない:04/04/25 14:47 ID:CjmCKlHD
私が死んだら、世界は変わるのだろうか?
きっと何も無かったように時間は進む。

そんな小さな私。
小さな私に出来ることを、
今 精一杯にやろうと思います。


305 :蘇利古道士:04/04/25 18:18 ID:HZLLLrvO
徐々に力がぬけていき
静かに、走馬灯が回りだす
目の前は朧げにうすれ
しだいに自分の存在がとけていく

そんな中
思い出すのは、あの日の事

306 :ちむに:04/04/25 18:44 ID:jKiZSmvE
睦みあって 絡まって 溶け合って
火塊になって落ちて
地球の底でぺしゃんこになりたい

307 :名前はいらない:04/04/25 19:31 ID:TZO0bEzZ
時計の針は右回り
お前のつむじは左回り

右に急旋回する時代

愚かな民が右回り

安らかにお眠りなさい
過ちは二度と繰り返しますから

308 :ちむに:04/04/26 16:00 ID:Cr3R0Yzp
あくびをしたら 涙が出た
体外に出せるほどの水分が
まだあったとも思えないが

君の部屋に置いてきたお茶は
捨てられちゃうの かな ?

309 :蘇利古道士:04/04/27 00:00 ID:rc238bmC
流れていた

ある時代では
金が流れていた

ある時代では
死体が流れていた

ある時代では
情報が流れていた

しかし
今では、流れは止まり
キラキラ光る星座に成りつつある。

310 :ゅぁぃ:04/04/28 16:20 ID:QO3lpbLi

 
 

 だったら

 なんだって言うの?


311 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :04/04/28 17:08 ID:86iOlzOv

何でも無い事
もう見飽きてしまったコト
聞き飽きてしまった言葉
新解釈を待ち望む世界

そんなに疲弊する前に 逆立ちをしてごらん
空に立って 大地を仰いでごらん
ほんの少しの真新しさが 僕らを全く作り変えてしまう


まあ 僕には無理な事だけど



312 :詩の虜姫:04/04/28 17:15 ID:5F2rjCoR
もう嫌なのかも・・・ 嫌なのかも・・・・・
    いや・・・        もう限界なんだと思う
 うそつきな自分  偽りの感情  隠された心
       サ ラ ケ ダ シ タ イ

313 :名前はいらない:04/04/28 18:01 ID:4S/vRwop
>>310 馬鹿だねー

314 :ちむに:04/04/29 00:16 ID:TU0ferL3
蓋を開けて 氷を含んで ひらひらコップを振りながら
歌えない口で素敵に歌う
サイタ サイタ キレイナウタガ
ナランダ ナランダ キレイナウタガ
どの歌歌う 好きなのどうぞ

315 :蘇利古道士:04/04/29 14:39 ID:imULUL7s
あの木まで10メートル
今日の温度は25度
現在の心地よさ85パーセント
ただいまの風向・南南西の風
今の時刻10時17分

そして、君への思い計測不能

316 :もん:04/04/29 14:50 ID:E9pGIZ53
時を重ねる
腐るままに
風化するままに
何も聞こえず
何も見ず
何も感じず
神殿の上で
ただ笑っている


317 :蘇利古道士:04/04/29 22:21 ID:imULUL7s
我慢しなくては:我慢でいいのか?
約束したのだ:関係ないな
俺はいつでも:お前はいつも
ルールーを守る:無意味を守る
それで良いのだ:ほんとに良いか?
お前はだれだ:おまえの「負」ぞよ
俺はやるのだ:そいつは無理だ
さっさと消えろ!:そいつも無理だ

       何故だ!
        :
  俺が消えれば、お前も消える


318 :名前はいらない:04/04/29 22:30 ID:zF22ljQF
かむっちまった悲しみに 今日もカスがたまり積もる
かむっちまった悲しみに 今日も手術費が泡になる
かむっちまった悲しみに 例えば人の皮衣
かむっちまった悲しみは 果てて萎えてちぢこまる

319 :名前はいらない:04/04/29 22:49 ID:vjjkvr4U
>>317 気に入った!

320 :名前はいらない:04/04/30 01:14 ID:AVV2Wdbh
>>318
うまい!
子持ち?

321 :ネル:04/04/30 02:00 ID:XG1eWXzA
真夜中に
猫背の貴方を
見つけたわ
そんなにその娘
可愛いの
プンプンプン

322 :名前はいらない:04/04/30 17:39 ID:LgjMyrWw
私の心を救ってほしい
永遠の自由を手にいれたい
私は愛することも愛されることもできずにいる
外に出よう
私を解放させて

323 :そそそそ:04/05/01 15:15 ID:CELaUbK3
僕の色が重なってる
食べては吐いてる女の子
どこかから飛んできたバネ
小さい人が撃たれてる
狼が尾いてくる
天使がつまらなそうに見てる

324 :名前はいらない:04/05/01 19:31 ID:mFGxC/ls
月経仮面のおじさんは
生理の味方よ
善い人よ
疾風のように現われて

疾風のように
去って行く
月経仮面は誰でしょう
月経仮面は誰でしょう

月経仮面のおじさんは
少女の味方よ
善い人よ
生理が突然始まって
困った少女にナプキン
配って去って行く
月経仮面は善い人よ
月経仮面は誰でしょう
月経仮面は誰でしょう

325 :名前はいらない:04/05/01 23:26 ID:BB0ohJew
目にしたモノと記憶の照合
意識の外で刻みつけられるモノが
時間と暦をつくりだすヒトの歴史

326 :蘇利古道士:04/05/02 14:45 ID:8V6oG4wR
雨上がりのアスファルト
街灯の光がはじく
涼しい風が頬をすべる
自転車は海辺を走っている
時は変形を繰り返し、やがて消える
自分の中にある、苦しみ、煩いはは消えうせ
何かが解けたようであった
気がつけば
目の前には、曙色の水平線が広がっていた

327 :名前はいらない:04/05/02 23:36 ID:T/Pch75j
あいしてる
そう誰かに言われてみたい
やさしい声をかけて
誰かわたしを救いだして

328 :産婆:04/05/02 23:44 ID:0iZ4dgkG
おまえはもう(生まれた時から)死んでいる。

329 :名前はいらない:04/05/02 23:45 ID:+FzdeI2k
ちりぢりになった光を
扉の内側に閉じ込めて
君は一体何をそんなに
飾り窓から漏れる光は
優しい輝きを帯びているのに

330 :脳内妄想:04/05/02 23:48 ID:0iZ4dgkG
もともと世界に色は無い。
世界には音も無い。
世界には言葉も無い。

君の脳内妄想が勝手に色をつけているだけ。

331 :名前はいらない:04/05/02 23:58 ID:T/Pch75j
暖かな春
若葉茂る日々
日の光を求めて
背伸びしましょう

332 :名前はいらない:04/05/03 00:13 ID:vsweGHMS
君と出会ったことを忘れよう
妄想の中に生きることを捨てて
何事もなかったように

333 :名前はいらない:04/05/03 00:28 ID:xrpQl9fB
たとえ妄想でもあなたとわたしは
同じきおくを共有するために出会ったのよ

334 :名前はいらない:04/05/03 01:02 ID:S6ZnNl1w
記憶はきれいなまま残したい
ネットの中ですら
あなたを見つけることは
ないだろう

335 :名前はいらない:04/05/03 02:26 ID:7f9GYQDq
夢から覚めるのがこわい
大丈夫
すぐに良くなるからさ
ここで自分を押さえる

336 :名前はいらない:04/05/03 02:29 ID:rWSnGCXR
盲目の世界から抜け出す
少し寂しい
ほんの数分の我慢だよ
またもとに戻るから
前を見よう

337 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/05/03 03:13 ID:2IhXbjvS
腰を痛めた母の
茶色い下着

338 :名前はいらない:04/05/03 03:17 ID:tTeLBlKx
誰かにぶつけたい
ただひとこと
あいしてる

339 :名前はいらない:04/05/03 03:21 ID:tTeLBlKx
嫉妬はすべてを破壊する
押さえきれない自分を哀しむ

340 :名前はいらない:04/05/03 03:23 ID:B1jg9l5n
夜 信号が止まった
平らな道路に
地球の風が吹いた


341 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/05/03 03:25 ID:2IhXbjvS
その地平線は
僕には遠すぎて
心臓だけが高鳴っていました

342 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/05/03 03:28 ID:2IhXbjvS
両手で抱え込まれたような気がして
なんだか目を開けたくありませんでした

343 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/05/03 03:35 ID:2IhXbjvS
通り過ぎた廊下の窓に
僕が居残ってる気がしたから

344 :名前はいらない:04/05/03 04:08 ID:cHZiX6+O
光を求める花は
いつまでも輝きを見せてくれる
水を求める花は
いつまでも潤いを持ち続ける

345 :蘇利古道士:04/05/03 14:16 ID:JPH1lpRU
春風に
身体を吹かれ
気がついた
寒きところは
恋の節穴

346 :名前はいらない:04/05/03 15:10 ID:Llo19Piv
カラッポのこころ
何か埋めたい
今は夢を見続けたい

347 :名前はいらない:04/05/03 23:10 ID:hI2asequ
宗教のほとんどは
妄想から生まれたものだ
個人の妄想にからみつく金とエゴが
人の心を撫でようとしている

348 :名前はいらない:04/05/03 23:26 ID:K0mQMQCJ
弱い私のこころは
どこに向かうのか
暗闇の中を
いつも歩き続けて

349 :蘇利古道士:04/05/04 00:01 ID:7yt1JXO1
繰り返す人の業
黄泉にきえる者たち
陰と陽は打ち解ける
因果は無限の螺旋城




350 :名前はいらない:04/05/04 00:07 ID:Z3ToPN9d
至福の時間
おやすみの時間
寂しい時間
子守歌でもいかが

351 :名前はいらない:04/05/04 00:16 ID:4WSSVeKN
健全な魂に宿る不健全な魂
おお、神よ、人生は地獄である

352 :名前はいらない:04/05/04 00:20 ID:yMomtHpY
抱きしめたい衝動に駆られるのは
あなたが好きだからとは限らないのです
はりついた猜疑心は
触れ合った部分から溶けてゆけるのでしょうか

353 :名前はいらない:04/05/04 00:26 ID:h6wKOoMO
寂しさとむなしさで
私の涙は枯れていく
わたしは何を求めているのだろう

354 :波留架 ◆ncndw0d4cw :04/05/04 02:39 ID:RQcyrhJC
[悲しみ]


飛べない鳥の羽は
いらないモノですか…?



355 :名前はいらない:04/05/04 02:48 ID:rKwQaAzM
ツキナミだけど

意識は飛んでいけるさ
何処までも

356 :名前はいらない:04/05/04 06:10 ID:AV/PWcvY
ゲームを知っていれば
簡単な話だ
書き換えようとする奴の石だけを
除ければ良い

357 :神無月尊:04/05/04 09:50 ID:q9bQj4O2
明日になる前にきっと僕は居なくなる
僕の中では明日がいいけど
みんなは明後日がいいって
4日後でもいいな…
こうして僕はまだ死ねないで居る

358 :蘇利古道士:04/05/04 14:22 ID:7yt1JXO1
廃墟となったこの街に
陀羅尼がこの世を支配する
文明開化は地鎮め
光り輝くあの日々は
今や下水の染みとなり
人の未来は宵の華

359 :名前はいらない:04/05/04 14:51 ID:5DTLL+P6
「ミュージカル」

少し曲のテンポが速すぎたかな。
毎夜、演出家の僕は夢を見ながら汗を流す。
僕の夢を観に来てください。

360 :名前はいらない:04/05/05 23:40 ID:i40lxRcD
こんにちは こんにちは こんにちは こんにちは
こんにちは こんにちは こんにちは こんにちは

361 :mixi ◆8smixiK.U. :04/05/06 00:54 ID:APAeRxJC
も 一度 還ろう
も 一度 あの頃へ
大好き だった

なら 今は?

それなら

も 一度 還ろう
あの日へ

362 :名前はいらない:04/05/07 02:16 ID:0f1YAxmt
月の下で
月だけのひかりに
つつまれたい
静かな世界

363 :名前はいらない:04/05/07 18:41 ID:mbXsWtqE
ガラステーブルの上
二つコーヒーカップが並んでる
君が入れたコーヒー 熱くて飲み干せずにいる
替わりに呑みこんだ言葉 今も言えずにいる
僕が入れたコーヒー 君はいつも苦いという
その影に潜む本音を 探ってしまうんだ


364 :名前はいらない:04/05/07 22:24 ID:SmssBfWU
わかばが育つ
ひかりをあびて
まっすぐ伸びる
水もひかりも吸い込んで

365 :mixi ◆8smixiK.U. :04/05/08 00:10 ID:6BxQnj+G
あなたのいない日がはじまる

ワガママはいわない

もう泣かない

ピーマン残したりもしない

でも神さまは知らん顔

明日から あなたのいない日が始まる

366 :mixi ◆8smixiK.U. :04/05/08 00:22 ID:6BxQnj+G
「 餓鬼 」

憎しみを食べていきてゆこう
心の中で私はあなたを何度も殺したけれど
所詮妄想は妄想だから
心の中の あなたの死体を貪っていきてゆこう
百万回繰り返せば リアルになるかも


367 :名前はいらない:04/05/08 00:47 ID:WRqBffnJ
私はあなたにその場しのぎしか言えない
それでもやっぱり

あなたには笑顔でいて欲しい
あなたにはたぶん笑顔が似合う

泣いてもいいけれど
泣き疲れたら又、笑顔を見せて

368 :名前はいらない:04/05/08 02:12 ID:FwspJH0K
夜明けの来ない朝はない
スズメがわたしを起こしにやってくる
朝ですよ

369 :名前はいらない:04/05/08 02:17 ID:dnNb/cXm
おひさまに会いに行こう
手を伸ばして
ひかりをもらおう
わたしのこころも晴れそうさ

370 :蘇利古道士:04/05/08 18:58 ID:MrRqeUdp
革命が起きたこの街に
今日も空から灰色の情報が降る
聖なる網は事実を原料に虚構を生産
その網に絡まり書き変えられた人々は、それを神とした

始まったのである
神の時代が
そして神は、全人類にこう伝えた
 我は始点にして終点であり進化の原因にして全滅の原因である。
この後に待ち受けるものは、全世界の相転移である

371 :ほげげ:04/05/08 20:38 ID:E9NmQx+Y
空は澄み切ってる
みんなふさぎこんげる
太陽が笑ってる
畑は乾いてる


372 :akasaki:04/05/08 21:45 ID:8fOAeg7u
アスファルトを焦がすようなHEAD LIGHT
闇のなか、眩しく、激しく、
THAT'S GALE A MOMENT !!!!

373 :akasaki:04/05/08 21:56 ID:8fOAeg7u
胸が苦しくてふと空を見上げてみる。
だけど、雲がかぶさっちまって
星の見えない夜。
BLUE DAY is RAINEY DAY !!
YOKOHAMA BLUE LIGHT LAGOON !!

374 :mixi ◆8smixiK.U. :04/05/08 23:05 ID:bRb21KSN
あなたでなきゃダメなの
いつだって心は求めてる
しつこいほどに
てのひらのなかには不確かな感情
ルールのない欲望
ようしゃのない劣情
ねむれない夜のこの身体の熱さ もう。。。

375 :名前はいらない:04/05/09 11:35 ID:/pDm+jYq
心の平和を取り戻すように
静かな風へと耳を傾け
遠い異国から聴こえる優しいあの歌を

力強く 窓辺から背伸びをして
陽を浴びて 
この静止しない空の雲たちを見つめる

草原と広大な大地にどこまでも
わたしの歌は続く

376 :名無し:04/05/09 20:57 ID:4dWzHmGa
あなたの犯した過ちを許しましょう
現在過去納得行かないことは山のようにあるけれど
私はあなたを許しましょう
しかし、未来・・・
私に植えられた疑いの種は生きている
できるだけ早く刈り取りください
根をはってしまうまえに

377 :ゆう:04/05/09 20:59 ID:FPCV0cGD
孤独を感じない日なんて無い。

孤独を必用とする日なんて無い。

378 :焼売:04/05/09 21:07 ID:bcZErDPU
うんこしただろ

うんこするなって言ったのに

379 :名前はいらない:04/05/09 21:14 ID:7cAjhfaw
草花が生きるのを拒むと
私の肌は異常なまでの涙を流すのだ
ささくれた爪さえも知るというのに
なぜ春は抜け殻を残すのか

380 :名前はいらない:04/05/09 21:22 ID:avkk+c6K
溢れだすのは 
いつもなみだで
つっかえてるのは
いつも言葉で


381 :名前はいらない:04/05/09 21:56 ID:DAHsmfkz
涙がながれ出る
かなしいこと
むなしいこと
いろんなこと

382 :名前はいらない:04/05/10 00:07 ID:JWlQRR0C
白い土砂降りで
必死で貴方を探したのに
貴方だけは涙が出るほど晴れていた

383 :mixi ◆8smixiK.U. :04/05/10 23:38 ID:SfKxj3Z0
あなたに届けたいものがあるの
だけどあなたは はるか遠く
心はこんなにも近いのに
身体は はるか遠く


384 :ブランドン:04/05/11 03:25 ID:W61Q7GFI
窓をあけて
ぼんやり外のけしきを
見るのが好きだ
こんな時のぼくの横顔を
誰かが見ていた
すごくはずかしかった

385 :(-_-) ◆vWQM9TGaEc :04/05/11 10:06 ID:IyDOTyQn
正しさに触れたら
キミの事を思い出すよ
バカなくらい真面目な顔の
ひたむきな姿勢も
素敵な汗も
太陽のような笑顔も

386 :楽団:04/05/11 19:32 ID:mfs3Q8W3
「ジェミー」

今日も愉快に僕の一日がはじまる
隣の家の子供たちが朝からうるさい
でもそれは それはね
とても幸せなことのようにも思えるんだ
今すぐこの場で手拍子して踊りたい
トランクケースもってどこにでも旅に出たい
楽しい仲間たちと時間を忘れて
素敵な一日をどうぞ


387 :mixi ◆8smixiK.U. :04/05/12 20:31 ID:ca7WEye2
あなたを待つ夜

終わりにしたいのかもしれない
これ以上つらくならないように
哀しい恋は二度としないと決めたはずなのに
求めてしまうバカな女
今日もまたあなたからの電話を待ちわびて

388 :(T_T):04/05/12 21:23 ID:F+pAMTQm
素敵です!私の心をよんだのね。
あぁ泣けてくる・・・

389 :名前はいらない:04/05/13 09:55 ID:HUTgXE6L
未来に生きよう
過去は本の中
一番知りたいことは書いてない
ぜんぶ捨てたい気分だよ
人の心をしばってる スクラップ

 



390 :名前はいらない:04/05/13 13:35 ID:3coq1TRL
今苦しくても 人間を全部けなさないで
だって人間の歴史は終わってない 
まだ生まれてない人たちまでダメだっていうつもり?
過去のデータだけではわからないよ
人間の未来は演算できないよ
地球に生命が生まれたのは奇蹟じゃなかったの?
だったら未来にも奇蹟はあるでしょう
私たちがみんな死んだ後に奇蹟が起きたなら
みんなの人生は意味がある



391 ::04/05/13 18:37 ID:sOQsaalb
迂回していけば楽しいよ。
でも、
見失わないようにしてね。
自分を。

392 :名前はいらない:04/05/13 22:04 ID:kIcNkZn2
私はいつも寂しかった。
寂しくて。寂しくて。
ただ寂しかった。

393 :名前はいらない:04/05/14 02:33 ID:wQgL7/Mt
カゴの鳥は
外に飛び立つ
あなたのそばから

カゴから抜けでても
鳥はあなたに
ほほえみ続けてる

394 :名前はいらない:04/05/14 20:13 ID:pxHTA4ox
心のニュートラルってあるのかな
漫画で胸にサラシ巻いてる女の子は
苦しそうだな 心も肺もおっぱいも
裸で深呼吸したら回復するよな 心以外は
野生と理性 どっちも必要なんだね
心のとおっぱいを癒すために





395 :名前はいらない:04/05/14 21:16 ID:pxHTA4ox
心と体は結びついてるんだってね
怪我の痛みが神経で伝えられる
心の痛みは必要なのかな 
体の神経は痛みも快感も伝える
心もそうだ 喜怒哀楽がある
ダイエットの秘訣は 心の体操
自慰は 心も癒してる、かな



396 :名前はいらない:04/05/15 10:38 ID:CiQ5O5FS
らーめんたべたの
ぱんだちゃん
がっきゅうぶんこは
いわないよ
おんなじくらすのりっちゃんは
きのうのよるから
こうさつしたい

397 :mixi ◆8smixiK.U. :04/05/15 12:17 ID:grD0hwXX
あなたのいない休日 

ぼんやりと
ゆっくりと
何をしていいのかわからない時間が
ただ 流れてゆく
ほんの少しだけ 怖い

398 :名前はいらない:04/05/15 13:39 ID:bSgfsZ+Q
夏が来るまでもう待てない
とりとりとり
枝にぶらさがりたいもの
白いまぶたの奥で
一円玉の目玉 銀色に光るよ
とりとりとり

399 :mixi ◆8smixiK.U. :04/05/16 04:09 ID:xLJMtrdt
ほわほわと夢心地
あなたを想う 夜の月
ティンカーベルが飛び交う夜空
雨の向こうに 夜の月
遠く離れるこころだけ
妙にぽっかり浮かんでる

400 :名前はいらない:04/05/16 09:56 ID:TNdaWmXu
強い風が街を駆け抜ける 春の陽気がウソみたいに
帽子もカツラも飛ばされまくり
お嬢様の顔はひどい事に
女の子たちは風に背を向け中腰に
周りの男たちは目にゴミが
犬のしっこは飼い主に
風に向かって飛ぶスズメ そのままの向きで徐々に後退
風流とは何か 教えてくれる 春の珍事


401 :名前はいらない:04/05/16 18:50 ID:GGyXNZhI
車を運転していると
急に理由なき恐怖感に襲われる
助手席で話している人の言っていることが頭に入らなくなる
気が遠くなる
心臓が速く脈打つ
腹部は緊張し
呼吸がとっても浅くなる
太陽がまぶしすぎて
まともに前を見ることもできない
脳が破裂しそうだ
脳内の血管がブチ切れそうだ
帰ったら寝よう
ぐっすり寝よう

402 :星野:04/05/16 19:36 ID:TDMTWv2H
うつむき加減な僕の隣で
一生懸命君が語った夢のまた夢
おかしな嘘も織り交ぜて
身振り手振りも景色に映える
夕暮れ時は君といるよと塞いだ心が呟いた

403 :名前はいらない:04/05/17 01:06 ID:Kx1Rlb26
あなたからもらった言葉
あなたからもらった笑顔
あなたからもらった優しさ
あなたからもらった安らぎ

あなたからもらったものは消えないのに
今ここに あなたがいないのは
あたしが素直になれなかったから

404 :名前はいらない:04/05/17 21:23 ID:iwVrGsfj
「落とし穴」

どうやらここは穴の中
狭くて暗い穴の中
どうやらここは穴の中
自分が掘った落とし穴

誰かに助けて欲しいけど
声も届かぬ深い穴

人恋しさに涙で溺れて
息も出来ない落とし穴

405 :名前はいらない:04/05/17 22:59 ID:l6vx9mau
ああまったく
朝から会社になんか行ってられっか
電車の中で勉強してる君の気が知れん
今日は一日休みだ休み
この車両は今日一日俺にハイジャックされたのだ
だまってついてくれば悪いようにはしない
草むらかけて風わけて
空の下でぐだぐだと
一日かけてすいすいと
初夏の香りを味わうのさ
さあ今日だけは君のもの

406 :名前はいらない:04/05/19 00:00 ID:mnyIal+n
もう不毛の地を耕すのはやめよう
不思議なんだよ
目の前の霧が晴れて
ふつふつと生きる力が湧いてくるような
そんな感じなんだ

いつかどこかで逢ったら
お互いの健闘を喜び合える
そうあれたらいいね

407 :リベリオン:04/05/19 01:10 ID:L/xNsze3
一枚の花びらが散って
ひらひら ひらひら と落ちた
白い羽根に見えた

408 :夏空:04/05/21 20:08 ID:XZRQhaC4
今は無きディズニーランドに行きたい気持ち
何もかもが色褪せ
わたしはわたしを失う

409 :名前はいらない:04/05/22 21:46 ID:wUnQLiv+
あの空は近かった
あの自由も
そう信じて疑わなかった
あの夏の日

410 :mixi ◆8smixiK.U. :04/05/23 23:33 ID:ZP8i7aCA
目を閉じて
形だけ想いだす
こころは覚えているはずだから
躯(カラダ)に刻みついたあの感情
目を閉じて
形だけ想いだす
僕たちの刺々しいあの感情

411 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :04/05/24 00:05 ID:JD/2jRM9

各々の偶像
数え切れない教義の山
様々な価値を伝道する 識者たちの
偉大で不毛なこの行為



412 :藪鳩 ◆l/lqH.nIfg :04/05/24 00:21 ID:JhQB8g1J
 「キッシュ」
けっして
 ゆいません
わたしは
 ちぎれてしまいたい
心をすりぬけてゆくのは
 世の中の全て

413 :名前はいらない:04/05/24 01:27 ID:xqQQ+Jej
心を入れるには 言葉の容量は小さすぎるから
本当の想いを削って削って 小さくしてから言葉に詰める
大きすぎる心を収めようとして 言葉が壊れてしまわぬように
けれども 研ぎ澄まされた想いの
思いもよらない 鋭利なエッジが
時として 相手を傷つけてしまう
その心の 穏やかなるに関わらず


414 :名前はいらない:04/05/24 02:40 ID:xmLYlymT
「鳥」

君はあれか 鶏か
全速力だ五メートル
その先にあるギロチンを
「怖くないぜ」と笑ってくぐる
意味の無さが怖いの、私
震える人間横目に見つめ
「よっこいしょ。」と鳩が飛ぶ



415 :Y.S ◆sasa/38Fnw :04/05/24 11:49 ID:lSuHbUAZ

最近空を見ていない

416 :名前はいらない:04/05/24 14:37 ID:8ZZhNc1n
CDデッキを中心に
地球は回る
もうスピードで回る

417 :名前はいらない:04/05/24 16:11 ID:xmLYlymT
「さようならの国」

肩にあるちくちくとした産毛
上唇で確かめながら
もう一度すがりついてみた

「所在無いね」と君は言う
・・・こんなに近くにいるというのに。

きつく睨んだ鏡の向こう
さようならの国が僕を手招く

418 :蘇利古道士:04/05/24 16:12 ID:MS/2J7pi
春が始まりなら
秋は終わりである
変わらないと思っていたこの光景は
まるで別世界
戻れるのなら、戻りたい


419 :名前はいらない:04/05/24 16:47 ID:xmLYlymT
向かいの座席で携帯見つめて笑う女
恋でもしてるか笑う女

左に座るは眼鏡の親父
きらきらした目でメールを打ってる

うきうき パチパチ どきどき ピロリーン

楽しめれば良いね 楽しめばね 楽しめれば ね、ね、ねねね

どうせこの世は
       全部空想エクスタシー


420 :名前はいらない:04/05/24 17:01 ID:Vd10QVcl
世界の終わり世界の終わり世界の終わり世界の終わり
世界の終わり待つのさ世界の終わり

421 :安条北都:04/05/24 18:23 ID:dt5IBgxp
覚えているのは
かわいそうなハンプティダンプティの物語
口ずさむのは
死んでしまったロビンへの鎮魂歌

なおすのがこわすのと同じくらい
簡単だったらいいのにとか
そんなことばかり考えて
後悔も先にたたない

全てもとには戻らないと知りながら
昨日も今日も
果てしない夢をみている

422 :名前はいらない:04/05/24 21:11 ID:8ZZhNc1n
三ヶ月前の傷
コップが割れたときの傷
もう痛くはないけれど
まだちょっとつながったとこが赤い
きっと心もそう

423 :mixi ◆8smixiK.U. :04/05/26 18:26 ID:Fun5y4vT
>>417
それ読んで、なんか、泣いてしまいますた…


424 :名前はいらない:04/05/26 22:52 ID:OqDBlgJw
>423

ありがとう
つぶやいてみた モニターに
泣かないで
ささやいてみた あなただけ

慰めて あげたい だけど

行き場を無くした両の腕
何回目かの宙を抱く
           417


425 :名前はいらない:04/05/30 02:39 ID:67eUOpWy
思い出がないと君がいうので
とかげのしっぽを千切ろうと思った
石を掴んだ手の平と心がジンジンしていた
千切れた破片が思い起こさせるものは
泣いた記憶かもしれなくても

426 :chacha ◆cha/xejyz2 :04/05/30 08:48 ID:h0WPTQ9T
なくし物があるって
泣かなくてもいい
すべて流れゆくまま
いつかは消えるさだめ


427 :蘇利古道士:04/05/30 15:37 ID:yc3H0qRi
夏来る
浅間の社は
色盛り
境内を行く
風は舞いる

428 :夏空:04/05/30 15:56 ID:EyIrf7UU
君をたたえる言葉が 君の心を蝕むのなら
僕は君を評価しない 君は君であればいい

君に優しくする人たちが 君を不安にさせるなら
僕は君に触れはしない 君はそっとしてればいい

君が君を責め立てて 君に破滅を迫るなら
僕はそれを阻止したい 君は苦悩を語ればいい

429 :mixi ◆8smixiK.U. :04/05/31 23:42 ID:ry2diYJy
あなたのいない夜がきた
寂しいわけではないけれど
なんだか妙に
からっぽの気持ち

430 :ksenos:04/06/01 00:22 ID:kCXHB8zY
何時間も幾日も
川にささって
ルアーの先を見つめつづけた
小説家は
やがて一本の杭になった

その川は
わたしがフライを投げたすべての川でもあった

431 :cレール:04/06/01 01:29 ID:ttcn8oEv
>>427 ああ。神社の詩、いいですねー。

「風脚」

ざわざわりと
玉の砂利から吹き上げる
怪異の風に 遊ぶや天狗





432 :ぐび:04/06/02 01:29 ID:NXHImGQs
この涙この吐息この台詞
全部
君のせい
君がそんな目で僕を誘うから

433 :chimney:04/06/03 19:48 ID:M8SZLV5K
熱かぜに 散乱した色えのぐ
幼い手の内に 一片の塊
開いた目で
何を見ていた
閉じた目で
誰を見ていた

434 :蘇利古道士:04/06/03 21:28 ID:x8CstIXw
何もかも
全てはおまえの
ためなのに
嫁へと消え行く
我が娘
今までの
思いを知らぬか
忘れたか

435 :高句麗 ◆OIZKOUKURI :04/06/03 21:28 ID:9nHx7ljr
それは10年前だった

436 :名前はいらない:04/06/03 21:54 ID:tSXHhfJt
>>434 マジ、泣きそうになった!

437 :高句麗 ◆OIZKOUKURI :04/06/03 21:54 ID:9nHx7ljr
おれのはどうか!

438 :ぐび:04/06/03 21:59 ID:A+bxhn1U
宗教に似たこの想いは
ただただ神を信仰する如く
溢れて止みません

私だけの神様が
永遠に
光を与えて下さいますように

他の神を持つ事を
禁じて下さいますように

439 :高句麗 ◆OIZKOUKURI :04/06/03 22:01 ID:9nHx7ljr
>>438
マジなキソになった!

440 ::04/06/03 22:02 ID:vkV+gJJm
>>434
ヨメは死ぬことと一緒か・・・嫌いだなあこういうの。おしつけがましい。

441 :高句麗 ◆OIZKOUKURI :04/06/03 22:08 ID:9nHx7ljr
棚おれもそう思ったぜ!

442 :名前はいらない:04/06/03 22:42 ID:tSXHhfJt
そうか?どこか、さみしく、しかし娘の幸せを喜んでいるような、そんな気がする。

443 :高句麗 ◆OIZKOUKURI :04/06/03 22:43 ID:9nHx7ljr
何を一とるんだお前は

444 :cレール@いい加減寝ようよ自分:04/06/03 23:34 ID:vkV+gJJm
蘇利古道士さん誉めたりけなしたりゴメンです
もうおべっかが言えない体調になってキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
すみません もうしばらくこの板でひろひろ してます 足蹴にしないでねん。


445 : д゚)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/06/04 03:29 ID:L6JldPTs
瞬至の光、その根源。
100の螺旋が辿り付く彼方。
続く雨音と添い寝するように・・
ゆっくりと消えるそれを見つめる。
そして沈黙が絶叫する。
吐き出す様な思いのままに

446 : д゚)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/06/04 05:18 ID:S5mxnMQ6
おまえの幸せを
俺も嬉しく思うと言って
電話は終わりました。
目眩がする程の沈黙の後
相手から切ったのです。

447 :mixi ◆8smixiK.U. :04/06/05 00:07 ID:iv176/ef
一度だけ深呼吸

すべてを吐き出して
リセット

今日は終わった
明日が始まった

もう一度だけ深呼吸

新しい一日に深呼吸

448 :mixi ◆8smixiK.U. :04/06/05 00:19 ID:iv176/ef
あなたのつらさをもっともっと理解したい
でも「あなた」と「わたし」は別の人
どこまで深く潜っても届かない 届かない
だからせめて一緒にいさせて
心も身体も抱きしめさせて
深く沈んだ感情はどうすることもできないけれど
人の「ぬくもり」を教えてあげるから

449 :夏空:04/06/06 03:41 ID:B3psbK/H
不器用な友を 思いやる気持ちは
進学校へ通い 一流大学へ通い 一流企業へと就職するにつれ
鋭く研ぎ澄まされた 鋭利な陰険さとなる

不器用な友は 不登校になった
不器用な友は 引きこもった
不器用な友は 精神を病んだ
不器用な友は 自殺した

同じ穴の狢とたむろする 君の人脈の中に もはや友の姿はない
列車が止まるたび 慣れた態度で 遅刻の報告をする

450 :舞雨。:04/06/07 06:47 ID:eh062Aa3
意識の奥の向こう側 自分だけの世界
現在から僕を連れ出す あの日の景色
このままあなたまで 連れて行ってくれればいいのに
戻らないという現実が 心に雨を舞わせるだけ

451 :名前はいらない:04/06/08 23:12 ID:AYj2fn5w
「着メロ」


お気に入りの曲をダウンロード
着信音に設定

よく考えたらいつもマナーだ
意味ねーや 止めよ

452 :公務員試験板の住人:04/06/09 02:56 ID:ueJTM95o
眠れません 眠れません
あなたの事を考えると
目がさえて 何も手につかなくなって 上手く息が出来ません
早く教えて下さい
試験結果

453 :マルコ:04/06/09 07:41 ID:TKZoDzkK
おはよう、地球。
おはよう、日本。
おはよう、ウサギ。
おはよう、PC。
おやすみ、社会。

454 :蘇利古道士:04/06/10 22:11 ID:PGS3Jb8s
まさか!
そんな・・・
あんた、死んでたのか

455 :華夜:04/06/10 22:46 ID:CJjc2xsq
暗い水面下で貴方の事を祈っていました
死んで下さい苦しんで下さい泣いて喚いて堕ちて下さい
出来るなら私を心から愛して下さいいっそ私を嫌って下さい
私は貴方を憎んでいるさ恨んでいるさ好きで居たいのさ愛して居たいのさ
祈りも願いも声も思いも貴方に届く事は永遠に無いのだろうけど

456 :2800:04/06/11 09:19 ID:0n+5lU2p
誘導されてここにたどり着きました。
しばらくお邪魔します。

無題
悪い夢を見た後の寝起きのような感覚
突然、現実に引き戻されて
ボーっとしながら言葉も出ない
冷や汗だか涙だかわからない
時間が経ち自分を取り戻すと
やっと君との別れを受け入れられた
相変わらず今年も夏が来る

457 :2800:04/06/11 09:42 ID:0n+5lU2p

無題
腹に力を入れて生活してみた
無駄な肉は落ちて引き締まっている
気を抜いて生活していると
無駄なものばかり手に入れて
そんなものに覆い隠され真実が見えなくなるよ


458 : д゚)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/06/11 17:15 ID:Yn2zO504
青い槍を持った戦士
草原に立つ
風にふかれる草と共に
ひとりきり

459 :夏空:04/06/12 00:04 ID:J+cuw3nx
安心しろ
君は命を狙われている
君が願っているように
いつか誰かに殺されるんだ
それは事故かもしれないし
それは事件かもしれない
ただ君はそれを待っている
そうやって君は待っている
焦ってはいけない
もっとリラックスして
その時が来るのを
リラックスして待ちたまえ

460 :春蟹:04/06/12 23:32 ID:2FxI9jC0
枯れてしまいたい花が咲いていた

風が茎をゆらして

それでも小鳥は鳴かなくて

どす黒い雨にその花は泣いた


枯れてしまいたい花は実を結ぶ

死にたくないミツバチに思いを寄せてしまったから


ちいさなちいさなその種に

枯れてしまいたい花は初めてほほえんだ


甘いかおりの涙がしたたり

虫たちはただ親子を食んだ

461 :名前はいらない:04/06/13 01:37 ID:sw7l9fZa
好きな事を
何も考えずに
ただ好きなだけ楽しむ
一見すごく単純に見えて
本当はすごく重要な事
そんな夢のようなコトを
こんな私が望むのは
罪以外の何でもない

そう思った。

462 :名前はいらない:04/06/13 20:42 ID:cXI/yLtG
うなずき続ける不理解
覆される誠実
嘘を包んだ笑顔

463 :名前はいらない:04/06/13 20:52 ID:p3mV3MrA

目の前を車が通り過ぎていく
赤、青、黄色、白、白、黒
気づくと僕の頭は色を認識していた
そんな僕の目の前にタクシーが止まった
僕は口がきけなくなってた


464 :名前はいらない:04/06/13 20:54 ID:EgOgJiro
「ターザンオトコ」

ア〜アア〜
ア〜アア〜
俺はターザンだ悪いか殺すぞいえそういうつもりじゃ・・・すみませんでしたごめんなさいゆるして下さい


465 :名前はいらない:04/06/14 01:32 ID:Zkn++/5h
無意味な自問自答
答えなど何処にも無く
其処に行き付く事を拒む
そうであってほしかった
肯定なんてなかった
否定してしまえば楽になれる
無意味な自問自答

466 :2800:04/06/14 09:06 ID:sYUG0yBP

無題
一日って案外長いもんだね
心をスポンジのようにしていると
いろんなことが吸収できる

467 :cレール:04/06/15 08:31 ID:kXmBcxN9
飲み干せ!

とりあえずダメだと思ったら
飲み干せ!

人間には消化するちからが
あるんだよ

ほら!
さあ!

468 :春蟹:04/06/15 14:38 ID:6GKQNvaO
にゃーんと鳴いた朝は

人々の毛づくろいをしながら

僕に虹をみせてくれた


走ったから

僕が不手際だから

引っかかれた


雨が降った

血液の流れを

爪あとに泣く

469 :chimney:04/06/16 04:06 ID:YFOBkEfR
大事なのは
少しの寛容さと
適度な嫉妬心と
個人的な優しさ

そうすればもう 強引な貴方に私はべた惚れ

470 :mixi ◆8smixiK.U. :04/06/17 01:08 ID:trHnPMO/
まだ浅い今日の日
目がさめるまでしばしのお別れ
もう一度あなたにあうのは6時間後
それまでゆっくりと闇を広げ続けてね
おやすみ 
その闇が 愛しい彼を包み込みますように
安らかな眠りが 訪れますように

471 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :04/06/19 00:19 ID:XxPTvFYu

優しさを信じない僕が
この悪寒を取り除く術を知り得ないように

優しさに包まれて幸せな君の
その汗ばんだ悪臭が絶えることも無い



472 :chimney:04/06/19 03:48 ID:+WiizBRw
空っぽなお祈り
とめどない懺悔

日々囁く悪意は
善意に押し込まれ

弾けるのは虚ろなサボンだけ

473 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/06/19 21:43 ID:fsEr48nC
>>471
頭に残る言葉ですね。
独白的な感じが好きです。

474 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/06/19 22:03 ID:fsEr48nC
夢想して楽しんでいる、つもりの空間に
信じられない程ゆっくりと
それが侵食してくる
君は実は、しっかりそれを意識の端で認識していて
どうしようか迷って
少しイライラして
結局は黒猫を部屋からそっと追い出した。

475 :名前はいらない:04/06/21 04:07 ID:FHLlJuix
らーめんたべたの
ぱんだちゃん
がっきゅうぶんこは
いわないよ
おんなじくらすのりっちゃんは
きのうのよるから
こうさつしたい


476 :名前はいらない:04/06/21 16:48 ID:aWmsCRHl
らーめんたべたの
ぱんだちゃん
がっきゅうぶんこは
いわないよ
おんなじくらすのりっちゃんは
きのうのよるから
こうさつしたい

477 :わに ◆Wani6uvhK. :04/06/21 19:17 ID:WsshQQN9
こけももを漬け込んだ
深紅のお酒を
遠い昔の夢で割って
初めての恋をつまみに
遅くまで飲んだから
今日は二日酔い

478 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :04/06/22 20:35 ID:vMxFYPMy
>>473
ありがとうございます。実は6月になって風邪を患った哀れな知人をモチーフにして
いるんですが、そう考えながら読むと、なんだか言葉の切れ味がよろしくない気がする今日この頃です…

479 :名前はいらない:04/06/23 14:54 ID:Emyp8gyj
「5行くらい」 の詩のスレッドだよ・・・・長いよ・・・・

480 :名前はいらない:04/06/23 17:44 ID:JpnqPAEj
age

481 :糞猫@変型中 ◆sbeGYb7ycc :04/06/23 18:25 ID:heNUWBKQ
泣き虫でんでんむし
硬い殻に引きこもり
アメガフルノハマダデスカ?

よわ虫でんでんむし
お部屋の窓からこっそりと
アメガフルノハマダデスカ?

ココロのねじれた部屋の隅
私は雨待つカタツムリ

日あたる明るい公園で
笑うみんなの輪に入り
一緒に楽しく笑いたい

雨降り暗い公園で
長靴つかる水溜り
一人で揺らす赤い傘

アジサイ色の坑鬱剤
ナミダで飲んだカタツムリ


アメガヤムノハマダデスカ?


482 :糞猫@変型中 ◆sbeGYb7ycc :04/06/23 18:34 ID:heNUWBKQ
誤爆じゃ。。。。

483 :2800 ◆2.V.h.8.e. :04/06/24 12:52 ID:gDe8nOpB
『本音』

いくらきれいごと言ったって
にんげん追い詰められたとき
汚い言葉を吐いたり
腹ん中にある本音ってやつが出ちゃう
きっと真っ黒だ 僕の腹

484 :わに ◆Wani6uvhK. :04/06/25 04:44 ID:X9z+aOBM
コンタクトが落ちるぐらい泣いた
マスカラも落ちて涙が真っ黒になって
鏡の中の不細工な自分を見て
やっと笑えた

485 :夏空:04/06/26 01:57 ID:xyei1PSV
静かなる悲鳴は
誰の耳にも届かない

486 :わに ◆Wani6uvhK. :04/06/26 19:59 ID:WFOSUVO3
明日の朝 顔を洗うときに
やっと気付いてくれるのだろうか
薬指にそっとはめたシルバーリング
君へ僕の苗字をプレゼント

487 :mixi ◆8smixiK.U. :04/06/27 23:59 ID:fMnTfcRg
>>486
ステキすぎる!!


488 :mixi ◆8smixiK.U. :04/06/28 00:01 ID:zwrcRRYS
あの恐怖を忘れない
あの喪失感も忘れない
二度となくさない
大切なものは抱きしめたまま
二度と離さない

489 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/06/28 12:50 ID:s0grF1tu
今・・
下の子供が「あたしを捜してるのはだれ〜」と・・
世の中にはそこかしこに名言が溢れてる
そうじゃないか?

490 :mixi ◆8smixiK.U. :04/06/30 01:27 ID:+r8YWtlO
久しぶりに口内を噛んだ
じんわりと広がる血の味
鉄の錆の味
痛みとその味がわたしが生きている証拠


491 :mixi ◆8smixiK.U. :04/07/03 00:44 ID:DzhbgepP
小さい犬みたいにあなたを待っている
ただいま代わりに「なでなで」
お利巧にしてたご褒美は「ぎゅっ」
それだけが欲しくて
小さな犬みたいに あなたの帰りを待っている

492 :mixi ◆8smixiK.U. :04/07/11 10:52 ID:cT/rM293
あれ?夕べ書き込んだのが消えてる。。。。。(´・ω・`) 

493 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 15:49 ID:GPziCKH3
結局勝てないでいる
下を俯いている
見下している
力には勝てないでいる
上を見ずに、戦わずに負けている

494 :名前はいらない:04/07/11 23:17 ID:7lKrTprB
当選確実
出たとしても
カメラが映すは田中真紀子
直紀の大きな顔は
殆ど欠けてる

495 :ねむい ◆yYGM98H44I :04/07/13 05:04 ID:kn7jDrOs
チチンプイプイ痛いの痛いの飛んでいけ
懐かしい呪文が聞こえてきた
ぼくもいつかお父さんになったなら
子供にいっぱい教えてあげよう
アブラカタブラも教えてあげよう

496 :mixi ◆8smixiK.U. :04/07/14 00:11 ID:IJh6xfeE
すぐに泣いてしまうのは 弱いから?
涙が溢れてきてしまうのは 脆いから?
涙で思考力は麻痺寸前
本当は抱きしめて欲しいよ
いますぐに
抱きしめて欲しいよ
涙は あなたへのサイン
伝えたいことが言葉にならないから 溢れる熱さで伝えたいの

497 :テル:04/07/14 00:57 ID:BXNJk8J2
叩き壊した扉
飛び散った木片を掴んで
静かに振り下ろした
この体に流れる血は
こんなに青いのか?

498 :名前はいらない:04/07/14 01:59 ID:SIz3Tj+L
熱い。
寒い。
熱い。
寒い。
熱い。
寒い。
ああああああああああ。
ああああああああああああああああ。
あああああああああああああああああああああああああ。

499 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/07/15 06:20 ID:mTbtQcfz
昼過ぎて気だるい 身を横たえ僕は見ている・・
優しい記憶が音なく降る午後
どうしようか迷う
この指先ひとつ動かせば それがきっかけになって
君の町に行けるのかなって思う
どうしようもないかなと思う
知らない町でバスを降りたら
もう一度 
最初に君がいた町の その晴れた・・
君のいる町の空を見上げたい

500 :chacha ◆cha/xejyz2 :04/07/15 07:47 ID:zH7GGnJN
しらじらと朝の陽光
かさかさと街の雑踏
今日もまた君は
500ゲトをしてしまうのか

501 :GON:04/07/15 11:48 ID:jBO9ogtM
きっとこれからも
言葉をつかっていくから多分
余計に叫びを忘れてはいけないと思う

502 :名前はいらない:04/07/15 14:36 ID:d3BtXIuY
風鈴の音が耳障りで目を覚ました
クーラーが効かないから
アイスノンで額を冷やす
僕の脳天でとろける煩悩
トロトロ
トロトロ

503 :名前はいらない:04/07/15 19:01 ID:JT7Pdz+w
差し込む夏日から逃れようと
身をよじって布団の角へ
これ以上逃げ場は無いけど
ゼッテ−外には、出るもんか!


504 :わに ◆Wani6uvhK. :04/07/16 11:04 ID:CZYGM/+k
最低と罵る私の唇
キスで塞いで
身体の自由がキカナクナル
心の自由がキカナクナル



>>487mixiさんありがとう

505 :わに ◆Wani6uvhK. :04/07/16 15:08 ID:CZYGM/+k
雨で濡れた買ったばかりのミュール
足のネイルも凝ったのに
あたしの目にはぼやけて映る
偽りも続けていれば本当になると思っていたのに

506 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/07/16 20:09 ID:M6/DeNp0
「なつのそなちね」

ちゃぷちゃぷと あしをつけながら
きみとふたりで。

ぼくたち きっとけっこんしようよねえ
きゃーははときみはわらった。

こいがまちがって 
くいついてきたのよう。

なみだがわいて しぶったら
なんだかぽろりとこぼれた。

507 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/07/17 08:50 ID:tCH7Dcxu
その知性と
冬の晴れた日のような
影のある優しさに惹かれました

「おまえは いつか自殺するだろうと思うよw」
「えw なんでよ?」 

なんであのとき 一緒に暮らそうって言えなかったのかな?
今でもメッセをたまに上げてみたりする。
そして言い様の無い・・
純粋な意味での後悔に浸っている


508 :春蟹:04/07/17 11:10 ID:kAETXXm8
できるものなら最初の一歩をすきなだけ踏み出したまえ
光陰は矢のようではなく兎と並行する亀のよう
朽ちきった木にも命が
内在してると信じていたまえ

どの靴を履くか迷うくらいなら
足を切り落として這いたまえ

509 :わに ◆Wani6uvhK. :04/07/17 19:30 ID:uIl2zfka
あたしの身体の中でうねる
ちいさなうみ
波はおおなみこなみ
奥まで泳いで
あたたかい太陽のもとまで
あなたを乗せて


510 :mixi ◆8smixiK.U. :04/07/19 01:11 ID:zk0Rkq3r
うねる感情の波
溺れて 溺れて 涙 溢れて
誰かに抱きしめてもらえなきゃ生きていけないような夜も
独りきり
目を閉じれば目の前は 暗く沈む夜の海


511 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/07/19 05:45 ID:wqGT//z1
ひなたのにほい
忘れてたのに
あいつの脱ぎ捨ててある
シャツを拾いあげたら思い出したんだ 
無常の感覚に襲われて
優しくも 悲しくもあった

512 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/07/19 11:07 ID:qvMYmaSz
写真を見せてくれるのはいいけど
薬指のそれを外し忘れているぜ?
「綺麗じゃないか」って
言って欲しかったのかな 可愛いバカが
君はすごく楽しそうに 
写真の中で笑ってた
今日の朝・・
誰と海に行って来たのかな?



513 :mixi ◆8smixiK.U. :04/07/19 13:59 ID:zk0Rkq3r
わたしが徹底的にダメな人間だと思い知らせてくれてありがとう


514 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/07/19 19:11 ID:qvMYmaSz
何が在ったのか知らないけど
それが君の静かな叫びなんだね

でも君は知らないでいる 
君の左の踝に
小さな神が(詩神が
内在しているのを
それだけで素敵じゃないか?

 

515 :名前はいらない:04/07/20 03:58 ID:qHUbwwvX
>>508
完全にどっかの歌詞のつぎはぎ
使い古しは(゚听)イラネ

516 :mixi ◆8smixiK.U. :04/07/20 20:07 ID:kaCJhIG1
左の脇腹には死ぬまで消えない傷と秘密を
左の踝には小さな神を
その存在を確めて
いつだって 忘れない
忘れそうになったなら しがみついてでも思い出す
世界中にたった一人の 他の誰でもない わたしのために

517 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/07/21 05:37 ID:TdO9NYZV
うあ、嬉しい
リレーしてくれてありがとう >>516

518 :mixi ◆8smixiK.U. :04/07/22 19:18 ID:Ox8N8sT+
いやいやいやいや(ry
こちらこそ、嬉しかったです。>>514
514の詩の雰囲気を崩してなければ良いんですが…

519 :mixi ◆8smixiK.U. :04/07/22 20:45 ID:Ox8N8sT+
あなたの匂いを想い出そうとしても
想い出せない
あなたのシャツの匂いを嗅いだだけで
あなたは想い出せるのに


520 :mixi ◆8smixiK.U. :04/07/22 20:52 ID:Ox8N8sT+
ゆっくりと動くから
臆病な分だけ忍び足で
ゆっくりと動くから
急かさないで
転んだ時の痛さは 自分にしかわからないから

521 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/07/28 05:54 ID:Kr1+WxVs
おまえは三国ヶ丘の病院で
病室の窓から その格子越しに
いま何を見てるのか
パンみたいな変な匂い 昼の病院の廊下
その奥のほう 引き扉のむこう側に
おまえのからだは隠されて
みえなくなっている

景色が少しづつ変っていく町も知らない
友達の生とか死とかも知らない
おまえの世界は 停止したままだね

522 :名前はいらない:04/07/28 09:03 ID:/bBo8xb8
5行くらいの短い詩でつ

523 :mixi ◆8smixiK.U. :04/07/28 21:10 ID:bK2piUa4
「星空に一番近い七夕」

そんな売り文句に誘われて梅田の空中庭園で迎えた七夕
両脇にはカップルがやまほど
目の前に広がる夜景は宝石のように美しいけれど
人が溢れるこのビルの上は煩悩の塊
世界一煩悩にまみれたこのビルが星空に一番近いなんて笑えるけれど
確実に あなたに一番近い七夕ではあったわけだ


524 :mixi ◆8smixiK.U. :04/07/28 21:39 ID:bK2piUa4
手を伸ばして届くところにいて欲しい
不安は恐怖を呼び 恐怖はパニックを呼ぶから
手を伸ばして届くところにいて欲しい
目を閉じて想いだすあなたの顔が 目が開いた時にいないのはあまりにも寂しいから

あなたのその両の手を伸ばして抱きしめて
孤独から 哀しみから 不安から 救い出して欲しいから

525 :mixi ◆8smixiK.U. :04/07/28 21:53 ID:bK2piUa4
深呼吸する
空に広がる景色を深呼吸
夕暮れの哀しい朱(アカ)さえ
わたしを構成する一部になる


526 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/07/29 07:04 ID:s0fVMxgs
>>522

ご・・ごめんなさいでつ

527 :名前はいらない:04/07/29 19:19 ID:CUFKeUej
つばさよ
あれが
山形の灯だ

528 :わに ◆Wani6uvhK. :04/07/31 13:17 ID:ltmPOGCX
あたしの肌はアナタだけのものだから焦らずに触れて
あたしは目を閉じてアナタにすべてを委ねるからゆっくり触れて

529 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/08/01 05:55 ID:Yn4k2U8j
嫌な音がくり返し外から聞こえる
少し不安な気持ちになるけど 今はとても静かだ
これは 毎日必ず世界に訪れる 新しい夜だ
蒸し暑く 空気は重く停滞し・・・・あ
こっちに来て見てみなよ?
あの青い発光が見えるたび ほら 虫が死んでいるんだよ

530 :mixi ◆8smixiK.U. :04/08/02 20:28 ID:FHJDIVx4
「 甘い時間 」

砂糖をたっぷり入れて煮詰められたような あの甘い時間
濃密な空気が漂う の甘い時間
今日この夜に想い出す切ない あの甘い時間
どうか 次に会う時まで 忘れないで
そしてもう一度 あの続きを
どうか

531 :mixi ◆8smixiK.U. :04/08/02 20:51 ID:FHJDIVx4
愛しい と こころが
恋しい と からだが
叫ぶように 囁く
抱きしめて欲しい ぎゅっと
胸が 痛いから

532 :名前はいらない:04/08/07 16:52 ID:3R9WTBl6
また逃げ出すの?

嫌なことから、自分が不利になることから

たまには逃げ出さずに嫌なことにも取り込んでみようよ。

きっと、いつもと違う自分を見つけることができるから。

きっと、新しい道が開けるから・・・

533 :ウイルスメール:04/08/07 16:57 ID:KselOEmB
何を怯えてる?
死は逃げでは無いのよ?
さぁ開きなさい己の扉を
あなたはこのままではいけない
何かを変えなくてはならない
たとえその先に光が無くとも
さぁ…お行きなさい

534 :名前はいらない:04/08/07 19:59 ID:tLI/G12B
>>532-533
キモい上にワンパターン

535 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/08/08 05:25 ID:CtzPzwjk
>>534
5行くらいの短い詩でつ

536 :書いてやったぞゴルァ:04/08/11 14:00 ID:LhixhGKA
今日も息を刺す叩く なまえと聞かれたらライマー
海を飛び越えてダッシュするライマー
字余りを見せないピンポンダッシュ
フォロースルーはスルーじゃねえ
先を見なきゃやってられない奴らなのさ

537 :mixi ◆8smixiK.U. :04/08/11 18:24 ID:BXGC9dWO
乗り間違えた電車の中
だけど ふたりでいればそんな時も 小旅行気分
ほら 見て 川の向こうに 空にのびる虹が見えるよ
乗り間違えなきゃ気付かなかった奇跡だって あるよ
ちょっとした縁で出会ったふたりだもん
ちょっとした間違いだって 楽しんでいこうね

538 :mixi ◆8smixiK.U. :04/08/12 01:25 ID:x3YT2bA2
今夜は怖いものがたくさんあるよ
臆病なこの心
抱きしめて欲しいけど伝えられない
お願いお願い
このココロ理解して抱きしめて叱って受け入れて甘えさせて
今夜は怖いものだらけだから

539 :亡骸 ◆sxiieHZdXM :04/08/12 13:48 ID:hnmxnmMf
聞こえているのに 通り抜けていく

見えているのに すり抜けていく
姿
立ち止まっている人は居ないのかな


540 :亡骸 ◆sxiieHZdXM :04/08/13 11:54 ID:iNbRuHIT
目に見えている
世界
がすべて幻想とするなら
実際の
世界
をどう構築するのだろう

541 :mixi ◆8smixiK.U. :04/08/13 19:26 ID:HQIHfF8M
澄ますなら耳よりも心
わたしの感情的な泣き言は一時的に不安定になった精神の表れでしかないから
心の奥底にそっと眠る感情は
森の奥深くに在る清らかな泉の底に隠された宝石のようなもの
木の葉が落ちて広がる波紋じゃなくて
その底にあるあなたを想う気持ちをに心を傾けて

542 :mixi ◆8smixiK.U. :04/08/13 22:45 ID:HQIHfF8M
空高く舞う鳥に願いを込めて
どうか あの人に想いを伝えて と
電話でもメールでも伝え切れないこの想いだから
どうか この胸の痛みを あの人に伝えて と
溢れる涙の熱さまで 伝えて

543 :亡骸 ◆sxiieHZdXM :04/08/14 01:11 ID:UHjL4uOp
鏡は触れられる物
心は触れられない物
心は脳にある
触れられるのはお医者さんだけ
宝石に触れたいけれど
普通の人からじゃ見えなくて触れれなくて


544 :亡骸 ◆sxiieHZdXM :04/08/14 01:18 ID:UHjL4uOp
脳に触れるとヒト数時間後には死ぬ
ヒトの心に触れるっていうことは
自分と他の誰かの脳をお互いに触りあうくらい
命がけのことなのかもしれない

545 :mixi ◆8smixiK.U. :04/08/14 01:57 ID:/uiqVPm3
「 情け 」

そっと触れてください
硝子細工のよふなこの心
その腕(カイナ)で抱きしめてください
貴方を想ふだけでそれが打ち震えるのです
もしそれが嫌だと言ふのなら
いっそ精一杯の力を込めて握りつぶして下さい

546 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/08/14 10:01 ID:Ioe2y70o
「故郷 -先生-」

降ってくるのを待ちましょうよ
今はまだ暑いようです
だからあの軒下にでも腰かけて ええ・・
もう少し話しましょうよ
さあ いいじゃありませんか

547 :名前はいらない:04/08/14 13:06 ID:fws1ClYW
何となく感想など。
<亡骸さん>
詩を書き始めたばかりなのかな?
まだまだ拙い感じがしますね。
でも、独特の視点と考え方が、可能性の広さを感じさせます。
<mixiさん>
相変わらずの直球の詩。
ストレートで嘘のないあなたの素直な詩のファンも多いはず。
でも思い切っていつもと違うのにチャレンジしてみては?
mixiさんの視点で尚且つ違った雰囲気の詩を読んでみたな。
これからも精進してください。
<|∀・)ノさん>
人を優しさで見守り、包み込むような大きな詩が素敵ですね。
どこかノスタルジックな感じも素敵です。
ただ、ちょっと自己足に走り過ぎて判りにくい箇所もチラホラ。
読み手の立場にたって一度見直ししてみるといいかも。



548 :名前はいらない:04/08/14 14:32 ID:3HH5QWZ2
↑あまりにも特徴のある文体でワラタ


549 :雅@トリップ忘れた:04/08/14 17:32 ID:fws1ClYW
特徴ありますか?
何だか嬉しいナ♪
そのうち審査員として復活しますね!

550 :名前はいらない:04/08/14 17:44 ID:unVk8409
打ち上げ花火が終わった
私本当の花火が見たいからと
彼女が浴衣の袖から出した線香花火
そう言う彼女はエイリアン
ここはひとつどうしてやろうか

551 :わに ◆Wani6uvhK. :04/08/15 20:43 ID:dMRAdiv2
あなたの猛毒が体をめぐって
私の頭の芯が痺れているみたい
その余韻にとろけそうになる甘味なそれは
もっとおねだりしたくなる習慣性の毒物だ

552 :亡骸 ◆sxiieHZdXM :04/08/16 15:28 ID:ac06HsHs
>>544
タイトル付け忘れてましたので書きます。
「ささいな言葉」

553 :mixi ◆8smixiK.U. :04/08/17 01:17 ID:SvwS6Ugl
「 ダイエット 」

ああ お腹が減った
今日は甘いもんは一つだって口にしてないよ
お土産にもらった大好きなひよこ饅頭ですら隣の人の胃袋へ
こういう時は禁断症状が出る前にあなたのキスが欲しいな
桃のコンポートよりも甘いとろけるようなあなたのキスが
ダイエット特別期間中ということで増量サービスしてもらえないかな
チュッ♥ って

554 :mixi ◆8smixiK.U. :04/08/17 01:18 ID:SvwS6Ugl
あああああああああああああああああ
柄にも無いものを書きました(反省中)。


555 :名前はいらない:04/08/17 22:12 ID:32ZOdJ5K
振り返ったその時、翻るマントの赤がやけにちらついたせいで
崩れそうな足取りを追うのは容易いようで遠く
問いの形にひらいた口は呼び水と夏に灼かれた
そういえば何処をどう来たのだっけ…
今、うちへ帰れる自信が無い


556 :わに ◆Wani6uvhK. :04/08/17 22:20 ID:7KJjtiV6
雨の日に傘持ってあなたを迎えに行くべきか
玄関で悩んでいるうちに雨が上がっていたりする
だから迷わず逢いに行こう大きな傘一本もって
二人肩よせて仲良く歩く雨の日も好きかも

557 :亡骸 ◆sxiieHZdXM :04/08/20 02:38 ID:nJKaZ1uG
「死の瞬間」

人間が人形になる時なのか
肉は肉のまま
脳は脳のまま
筋も系も経も覚も
ただの自律停止ではないのか

558 :亡骸 ◆sxiieHZdXM :04/08/20 02:49 ID:bpX6+uFv
「生の瞬間」

狭く短い肉の道
自然光でまぶしい視界
笑いながら凝視してくるよくわからない生き物ら
不味いにおいに呼吸がむかつく
少し寝る

559 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/08/20 08:56 ID:mCfyMWOm

「虚無とか愛とか大きなことを」

まーるくまるく まろまろ まーろく
ひとまず並べて 眺めましょう
二三十年で語るには
何もかにもが 早すぎる

560 :名前はいらない:04/08/20 11:00 ID:YCKYYcmD
会えないなら
会えるような約束をしないで
心が期待してしまう
裏切られた絶望は哀しみに
あなたに逢いたいだけなのに

561 :名前はいらない:04/08/20 11:55 ID:YCKYYcmD
久しぶりに重なった二人の休日
映画を観ようか ドライブに行こうか それとも資料で散らかった貴方の部屋の大掃除をしようか
いろいろ考えていたのにね
いつものドタキャンとわかってはいるけれど

寂しいよ

562 :わに ◆Wani6uvhK. :04/08/22 13:42 ID:OHhQzAgW
あなたがカレー食べたいといったから
朝から牛すじを煮込んで作った牛すじカレー
私がジャガイモ嫌いだからいも抜きカレー

563 :茅野:04/08/23 01:28 ID:tiLfoiZV
暑いからスイカを買った
涼しくなったら梨を買う
寒くなったらミカンだな
君と食べるんだ
イチゴもさくらんぼも
君と

大丈夫 次の年には
スイカじゃなくて桃にするから
涼しくなったら
柿にしよう

564 :mixi ◆8smixiK.U. :04/08/23 22:43 ID:dT77BDhB
>>562
その詩、すごく温かくてほわんとしてて、すごく好きっぽいです。

>>563
その詩もすごくイイ。
そうやってずっとずっと続いていく関係ってステキかも…って想いました。

565 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/08/24 11:10 ID:ABYs2Xcf
ホントは今頃 北上あたりで
はしゃいでるはず
だったんだけどなぁ
なぁんでまだここにいんだろ
おまえ有給無いなんて知らなかったし
言えよな そういう事はやく

・・水族館でも行こうか〜


566 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/08/24 16:08 ID:ABYs2Xcf
「夏の午後」

大きな古いタンスに寄り掛かり
静かな部屋でアイスを食べながら
夕方 君が犬を散歩させるその一瞬を待っている
畳の部屋では妹が寝てる
足に少しだけかかった薄いタオルケットは水色
時計の秒針の音、そとの世界とこの部屋
突然すべてに違和感を感じて
その後哲学的なリビドーを小さな悪魔が溜め込んだ





567 :mixi ◆8smixiK.U. :04/08/24 20:04 ID:eu11kyPh
うわー。
「夏の午後」って凄く好きぽい。


568 :mixi ◆8smixiK.U. :04/08/24 21:03 ID:eu11kyPh
やらなくちゃいけないことが山積みだけど
ついつい後回しにしてしまう
あとで泣きながらやらなくちゃいけないとわかっていても
ついつい…
人生って長い長い夏休みみたいだね
宿題の期限はもうすぐだよ

569 :名前はいらない:04/08/25 20:16 ID:xPWtRD8E
ここがこんな風になるなんて思ってもいなかった
貴方が触れたから濡れていることに気付く

570 :名前はいらない:04/08/25 23:16 ID:aE+6m8iU
帰りたくない
帰りたくない
帰りたくない
帰りたくない
何度言ったら解るのさ
月がとっても 青いから

571 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/08/26 13:06 ID:Uul6u+V4
>>567
なんかw 早口&棒読みぽい のでワラタ

でもうれしいです、ありがとう

572 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/08/27 18:27 ID:uACqUPs/
「未来予想図 妄想編」

あ、帰ってきた。

僕は子供の右手を握り道に立って待ってる
遠く向こうから仕事帰りのあいつがこっちに向かって歩いてくる
子供は嬉しさをこらえきれず僕の手をもどかしそうに振りほどいて
走っていくんだ、そうとも。
僕は嬉しさを隠して軽く笑顔を作ると思う
奥さんは本当に笑って手を振るんだ 小走りに5.6歩走ったりなんかして

573 ::04/08/27 18:55 ID:BDn/MhoR
主夫?

574 :mixi ◆8smixiK.U. :04/08/28 23:57 ID:B481c10T
独りきり帰る夜道
葛藤と不安と切なさと涙
あなたに抱きしめて欲しいと切望する心
だけど  強くなりたいから
強くならなくちゃいけないから
独りきり溢れる心を抱えて独り夜道を行く
心に浮かぶのは あなた

575 :名前はいらない:04/08/29 01:07 ID:9J2Sp89K
食う物 住む所 聴くものの違いであれば
線を引けるほど明らか
あくまで似るというのであれば 鏡で御覧なさい
自分と隣のひとを


576 :わに ◆Wani6uvhK. :04/08/29 20:42 ID:vXLaPzmF
貴方の帰りを待つときは心肺で胸がばくばく波打つ
貴方が帰ってくると心拍数が跳ね上がって早鐘のよう
あたしの心臓は貴方のせいで人より働き者みたいだよ


mixiさんいつもありがとう。
|∀・)ノ さんの「未来予想図 妄想編」はいいなあ〜・・・


577 :わに ◆Wani6uvhK. :04/09/01 02:27 ID:5MZuMfV8
カラダの関節の内側にキスされた
鎖骨と肋骨にキスされた
きみのキスするマニアックなところは
なぜか必ず私のつぼなのだ

578 :名前はいらない:04/09/02 07:09 ID:3fXLDuBy
他人の存命が救いとなり希望となり誇りとなり目の上のたんこぶとなった日
イデアを投擲する
競技、伝達、受け渡し
どれをも目的としない放物線

579 :名前はいらない:04/09/05 13:21 ID:eJxDvlHv
もうすぐ動きだす電車
もう心はあなたの元へ
力いっぱい抱きしめて
溢れそうな気持ちごと
定刻通り発車する列車
心だけ少しフライング


580 :名前はいらない:04/09/05 13:46 ID:eJxDvlHv
約束の時間約束の場所
だけどあなたは来ない
電話して出た寝ぼけ声
仕方ない家まで行くね
寝起きにピッタリのジュースと
おはようのkissを持って

581 :名前はいらない:04/09/08 05:02 ID:g8+RN9od
馬鹿げたことを
「馬鹿げている」と言う為に
私は産まれたんじゃない
馬鹿げて見える事柄から
本当をよりわける為に
私は世界と向き合っている

582 :mixi ◆8smixiK.U. :04/09/08 18:34 ID:q+4OgYbb
今日は久しぶりに独りきり
この寂しさは開放感かな
それとも負け惜しみかな
会いたい気持ちは山ほど
口に出せない意地っ張り

583 :mixi ◆8smixiK.U. :04/09/08 19:30 ID:q+4OgYbb
揺れたのは大地
記憶の片隅から甦る9年前のあの日
今自分が立っている場所の脆さを痛感する
逆らえない抗えない自然の脅威
僕達はいつだって崖っぷちに立っている
母なる大地の怒りに怯えながら 今日も

584 :mixi ◆8smixiK.U. :04/09/08 19:36 ID:q+4OgYbb
もしもこのままあえなくなったら
あなたはどれだけ私を覚えていてくれるでしょうか
何度涙を流してくれるでしょうか
自分という存在の軽さを痛感し
ひとり 泣きたくなる夜
せめて 一生消えない傷を残してから消えたい

585 :mixi ◆8smixiK.U. :04/09/08 20:35 ID:q+4OgYbb
もう二度と貴方の声が聞けなくても
終わりにしない この想いは
涸れ果てるまで泣き続けても哀しみは終わらない
私の隣に二度と貴方は戻らない
出会わなければ良かったと想っても もう遅い
今夜もひとり 鳴らない電話を抱えて眠ろう

586 :mixi ◆8smixiK.U. :04/09/09 01:39 ID:AWXBOnLX
小さな揺れ それだけで湧き上がる不安
明日ここに私が戻れるのか それすらも判らない
だけど 今私はここにいる ここで好きな詩を詠んでいる
明日ここに私が戻れなくても 今の私はここに生きているから
湧き上がる不安が消えないように 私の存在も消えたりしない

587 :mixi ◆8smixiK.U. :04/09/09 01:41 ID:AWXBOnLX
「 ありがとう 」

抱きしめてくれて ありがとう
遠く離れていても 細い電話線を通じて
柔らかい貴方の息遣いが聞こえた
あなたの優しさを感じた
あなたは私の大きなハンカチだからくるんっと包まって眠らせて
不安はまだ消えないけど 安らぎを与えてくれたね

588 :mixi ◆8smixiK.U. :04/09/10 02:23 ID:OIX6IlM4
「 愛おしさを星に変えて 」

瞳を閉じてあなたのことを考える
それだけで熱くなる胸 溢れそうになる涙
好きという言葉には余りあるこの想い
上手く言葉が見つからないから伝えられないけれど
いつかあなたが見上げた空に輝く星の瞬きの合間に
わたしのこの胸の熱さをそっと届けるから

589 :名前はいらない:04/09/10 13:59 ID:S1wNQsog
髪を切りすぎたと恥ずかしそうに顔を伏せる君は
まるで
ほんの少し元気を無くした薔薇のよう


590 :  :04/09/10 14:06 ID:beAzm9h9
「ジャブジャブ」
キック 全力でかけぬけろ
新しい板をケリ くだけ!!!
ズガガガ!!! おっしゃあ!!!

591 :名前はいらない:04/09/11 09:33:15 ID:7iN35maE
日焼けしてチョコレートみたいな腕をした女が
焦りながらバッグの中を掻き回しながら
財布を探していたよ
空から道路へすぅーっと滑るように白い車が走ってた
くるんっとした、かわゆいしっぽふりふり
不安げな瞳で僕を見上げたいぬ
女に引っ張られて角を曲がって見えなくなった

592 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/09/11 09:53:22 ID:rfoW+cGP
「シネマティック」

あんな所で 君と 遭うとは
あんな映画を 見にくる 君とは
あんな感じで 普通に声を 

かけてくるとは 思わなかったな

593 :わに ◆Wani6uvhK. :04/09/11 18:28:07 ID:ohaNuJYT
シーツのしわ
あなたの重み
枕が頬に触れ
体中歓喜した
はじめての夜

594 :名前はいらない:04/09/11 19:28:18 ID:q5nrY1GI
いつものように
当たり前に
進んでいくあいつ等

鉛色の世の中に
筆を一本


595 :◆vkn9fRJn.s :04/09/12 15:38:30 ID:TtetkZAe
朝までずっと僕の隣には君
幸せが形を成したかのようなその存在
今は離れているけれど
今夜もまた抱きしめる
会えない時間の切なさな分だけ強く 強く

596 :架倶師:04/09/12 16:24:52 ID:zmJOzhwb
貴方に理解できますか?

597 :わに ◆Wani6uvhK. :04/09/12 22:27:07 ID:8z1Na2o4
氷みたいなあたしのカラダ溶かしてくれたのは
あなたがした たった一回の目の覚めるようなキス

598 :mixi ◆8smixiK.U. :04/09/14 02:27:37 ID:/b5qWRQV
ほんの一日あなたに会わないだけで
あなたに伝えたいことが山ほどできてしまう
そのほとんどは本当につまらないことで
実際それを全部あなたに伝えたところであなたは困ってしまうだろうけど
わたしのすべての日常をあなたに
わたしのすべての感情をあなたに

599 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/09/18 18:59:13 ID:r3vN1gSD
音が見える「共感覚」の話しをしてくれた
曲を出しあって見えてくるイメージを言い合った
子供のときに空想していたお互いの妄想話を共有して
そのあと少し沈黙が流れ 将来の話しになった

彼氏と幸せになりたいと言いやがる

それなら僕はそろそろ帰らなきゃ
用事があるのを思い出したから・・
人通りの混雑が空の色を隠していた
その日雨だった


600 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/09/20 10:33:24 ID:gcDI7jA3
>>596
誰の何に対してなんだろう・・

しかもその言葉を見てから  貴方に理解できますか? 
が頭の中でくるくると(((( ;゚д゚)))アワワワワ


601 :わに ◆Wani6uvhK. :04/09/21 11:58:03 ID:TfhKgoFq
貴方に理解できますか?貴方に理解できますか?貴方に理解できますか?
抱いているときでさえも私を見ていないあなたを見ているわたしのきもち
体の表面は熱く燃えて火照っているのに頭の芯だけ冷えているこのカンジ


私も気になったのでそこから妄想で書いてみました。

602 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/09/21 15:56:17 ID:4Ye/H8BR
弧天の月 不動の寂
三条の薄雲音無く流れ
高きには尚高く雲流れ
吾身と共に君が街
漂いて また遷ろいて
旅程の疲れも癒えるなら
さて参ろうぞ雲 君が街

603 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/09/21 16:21:48 ID:4Ye/H8BR
んがぁぁ わにさんも囚われてるしw
恐るべし>>596

>>601
愛したいと離れて思い
会ってしまえば喰い尽くす
これが男と言ってみても
貴方に理解できますか?




604 :名前はいらない:04/09/22 18:08:27 ID:nRWro68p
「理解」
シナプスの接点
君と僕との境界
隔てることで深まっていく
揺られすぎて
漏れ出る頼り無き糸

605 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/09/22 20:56:23 ID:QMvxJOlH
「霧の実界」

「離さないよ」と言う夢で
貴方は鞄をそっと下ろした
ああ次の時間など
もう気に病まないで
確かに失う恐怖であれど
若さに怯える不安であれど
全てがここで終わるのだから

606 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/09/23 00:33:07 ID:FzcC996P
雪が音も無く落ちるしきりを見つめ
世界が白く消える中で眩む光に
あたなは今日与えた聖典の言葉
  「見守りなさい」と口を微かに
幸福は消えてしまい全能を得ました
白の世界で唯一
あなたが去った後の小さな靴のかたち
そのハート形の嫌悪を
誰かがしばし見詰める

607 :わに ◆Wani6uvhK. :04/09/23 10:59:12 ID:1q4hw7WA
どうせ性も違うんだからお互いに相容れないだろうけれども
あなたの下で熱いため息洩らして あなたの体温感じて
他の誰にも見せたことない表情を見せられること
喜ぶべきなのかもしれない喜ぶべきなのかもしれない



|∀・)ノさんの>>603は私の詩の背中合わせの詩ですね〜
その二つを見ながら上のようなのを書いてしまいました。


608 :コトバ:04/09/23 19:18:33 ID:sJgEE+A3
「希望の言葉」

運命という逃げ道に走ったのはいつだったか
いつ、信じていた夢に裏切られたのか
それとも俺が夢を裏切ったのか
まだだ、まだ終わっていない
小さな言葉さえ信じれれば
もう一度だけ現実を見つけられるだろう

609 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/09/26 01:19:03 ID:F9oELL4U
ここからも見えるぞ ほら
あの霞んで見える山の麓に小屋がある
あそこに一人で住んでいるよ
日なたで座っているのが好きな男なんだ
他に何も知らないからな

昨夜は女連れてバカ騒ぎしたけど
こういうの聞くと死にたくなるだろ?


610 :mixi ◆8smixiK.U. :04/09/27 22:05:26 ID:1NEp5p0b
星影にそっと投げKiss

俯いた卑屈な心
哀しい夜は泣いてばかりだけど
それを抱き留めてくれる人がいるから
顔だけは上を向けて
その先にある星空に願いを込めて
明日貴方に送るkissの練習を
そっと

611 :mixi ◆8smixiK.U. :04/09/29 02:24:58 ID:80z4J/HW
「 右腕に切ない傷跡 」

チリチリと痛む この右腕
傷口から ばい菌が入って体中にまわってしまえばいい
そしたら もう二度と痛みに耐える必要もない
君が放ったその刃は 僕の利き腕に減り込んだまま抜けやしない
もがけばもがくほど 深く深く突き刺さり 僕を責めるんだ
今夜も 僕を 責めるんだ

612 :mixi ◆8smixiK.U. :04/09/30 00:25:05 ID:Ozn84a/G
「 雨音のドライブ 」

降り続く雨の中 ふたり ドライブしたことがあったね
雨はは大嫌いだけど 雨の日のドライブは大好き

密閉された空間 ふたりだけの空気

そんな感じがするから 大好き


613 :わに ◆Wani6uvhK. :04/10/02 23:53:04 ID:HYHa7IJ+
手のひらサイズの可愛い恋人
黒い瞳をくるくるさせて
わたしにちいさなちいさなキスをした

614 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/10/04 20:45:25 ID:CGTXnUxT
深く静かな呼吸の波
仄暗い部屋でこころの海は凪ぎ
ふたりでひとつの鼓動を刻む
ただわたしは
いつか去り往く君を思うと
束の間の安息にも完全には浸りきれないで
悔しさと失う事への予感で苛立つ

そんなときが来るとすれば
たとえ準備が出来ないままでも
わたしは運命の神にさえ
抗おうとするかもしれません

615 :わに ◆Wani6uvhK. :04/10/04 20:56:51 ID:aMRQ2c1a
手をつないで目をつぶる
息もつけないジェットコースター
二人っきりで空を飛んでるみたい
隣できみは気絶寸前だけど

616 :名前はいらない:04/10/05 20:00:14 ID:LjH+nhWV
「戦争反対」
「軍隊イラナイ」
反戦スタイル

海の向こうのミサイルを
あなたのスタイルは
止めてくれますか?

617 :oaf:04/10/05 23:04:30 ID:Vx96VHcq
誕生日
おめでとうという言葉より
伝えたい事があります

あなたをこの世に降ろしてくれた神様に
感謝いたします

618 :mixi ◆8smixiK.U. :04/10/06 20:16:09 ID:WpPTPqwb
「 砂の城 」

我慢すればいいと想ってたんだ ずっと
自分が我慢すれば何でも上手くいくと想ってたんだ
他人の笑顔をみて幸せな気持ちになるって想ってたんだ

だけど 他人の幸せは所詮他人の幸せでしかなく
自分の掌のなかで儚く壊れていく砂のお城のようなものだって気付いたんだ
僕の幸せは僕だけのもの 誰も与えてはくれないんだと やっと 気付いたんだ

今日からは僕は自分の為だけに生きて行くよ

619 :mixi ◆8smixiK.U. :04/10/06 20:29:53 ID:WpPTPqwb
「 届かない声の分だけ 」

愛しさをすべて言葉にすることって難しいね
愛情が深ければ深いほど 伝え難いなんて矛盾してるけど
百万の言葉を紡いでも伝えられないのなら
百万回のキスをあなたにしよう
届かない分の愛情を想いを込めた百万回のキスを
唇が腫れあがるまで続けるから 覚悟してネ

620 :mixi ◆8smixiK.U. :04/10/06 21:15:22 ID:WpPTPqwb
見なかったことにしてススもう
目を閉じればあっという間だよ
今日をやりすごせばいいだけ
明日はいずれ今日になるから
見なかったことにしてネムろう
布団を被って震えてネムろう

621 :名前はいらない:04/10/08 02:49:24 ID:QMqBu4xG
眠れない言い訳

622 :わに ◆Wani6uvhK. :04/10/08 13:14:12 ID:2hS+KQKH
生きる意味を深く考えるからこそ
命が重いと分かっているからこそ
自ら死を選ぶ

ビールは苦くてまずいけど
気付くと飲み干してしまうようなそんな感じ

623 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/10/12 09:18:50 ID:+eA4GY9H
「生きること」

生きることって 食べるとおんなじ
食べ終わったら それでお終い

永遠に

食べ続けるって あり得ないのかな
始まったらさあ 普通は終わるね
ご馳走様って だからお終い

悲しいのかな 君はそんなに
悲しくないよ 食べるとおんなじ
お腹が空いたら また食べればいい

食べたいばかりの おでぶさん。

624 :名前はいらない:04/10/12 15:33:09 ID:l4aKEG2P
理解することなんて出来ない
愛なんて形のない不確かなもの
信じた瞬間に
愛した瞬間に
きっと嘘のように消えてしまう
少しの余韻を残して
私を絶望させる

625 :名前はいらない:04/10/12 15:36:48 ID:DQik/aaj
他人の好意を付け入る隙があると認識する
悪いやつ
甘い言葉は毒
彼の目的はお金
愛したのは昔の話
愛したのは昔の彼

626 :名前はいらない:04/10/12 16:45:24 ID:t8qgee1D
どんなにあなたを想っても
あなたはあたしを想ってくれない

どんなにあなたを愛しても
あなたはあたしを愛してくれない

そんなあたしでも
せめてあなたを 想わせて 愛させて

627 :名前はいらない:04/10/12 16:47:39 ID:DQik/aaj
奥様のところへお帰りなさい
あなたを一番愛してくれる人
あなたを一番大事にしてくれる人
生涯幸せに

好奇心を出す前に信号確認忘れずにね
あなたが死なないでよかった

628 :わに ◆Wani6uvhK. :04/10/13 20:59:05 ID:Xq2TMFy8
ローズ

香る その隠しきれない僕の妄想
抱きしめて ずっと はなさないと
花を抱いて 君を抱いているつもり
狂ってしまった 僕にあるのは
君の記憶 忘れたくない幸せな気持ち
体の奥底に しまっていても
僕の壊れた心から 漏洩してくる
孤独であっても 寂しさを知らず
手首を切っても 痛みを感じない
君のもとへ いくためなら

629 :わに ◆Wani6uvhK. :04/10/13 21:01:42 ID:Xq2TMFy8

・・・誤爆です。
長くなったから別のところに書き込もうと思ったのに
すいません

630 :bessa:04/10/14 00:18:04 ID:MQ9YRXpQ
「背中だけ」

すぐ傍らを人が行く
背中だけ
また次が来る
背中だけ

背中だけの群れの中で群れないで歩く

631 :のぼ:04/10/14 02:02:55 ID:3V9gzU3r
「お前の為なら・・・」

確かに寂しい時
悩んでる時・・・
すぐに電話してくれる

でもね、最近君の気持ちがわからない
重たく感じるよ

それは私のワガママなの?

632 :ラム:04/10/14 02:06:01 ID:3V9gzU3r
ストレスがたまり過ぎたら

疲れたら

空を見よう

星が綺麗だよ



633 :bessa:04/10/14 23:13:39 ID:CDk+XZF6
「ハエを眺める」

いつか俺が叩いたハエ
あのとき、お前は逃げていったけど
ある日おまえが、くたばっていた
俺の一撃がジワジワと効いて
お前をこんな風にさせたのか
ハエに自然死は似合わない
そう考えることにしよう
もう干からびてしまったお前を捨てられず
また眺めている秋の夜なのだよ

634 :わに ◆Wani6uvhK. :04/10/15 00:53:31 ID:ttT5J5Ry
ずっとそこに居たね 薄い壁一枚隔てて会ったことない君
喋ったことないのにどうしてこんなに愛しのか
最初は感じなかったその存在がいまは大きく膨らんではじけてしまう
10ヶ月の沈黙を破って君は私に伝えるだろう
初めての空気を胸いっぱいに吸って 泣き叫べ 私の息子よ

635 :mixi ◆8smixiK.U. :04/10/15 04:38:39 ID:iEkD9M/D
一睡も出来ない明け方

このまま朝焼けをみたいな
もうすぐ新聞屋さんがやってくるよ
世の中が動き始めようとしているから
このまま寝ないで朝焼けを見よう
一人の夜は寂しいけれど一人の朝は怖くないから

636 :bessa:04/10/15 22:19:54 ID:x+0GsmD+
「陰気で正統な愉しみ」

お前の高慢な自尊心
働かないので太っていく
ブヨブヨの肉体で
女を喜ばすことも出来ない
お前の分も働いて
俺の肉体は健康美にあふれていく
だからお前の分まで
女を喜ばす羽目になるのだ



637 :名前はいらない:04/10/15 23:42:10 ID:ajK4zT93
ゆめみて笑った
おいかけて笑った
てをつないで笑った
ぼくときみとで笑った
笑った世界の中で笑った


638 :名前はいらない:04/10/16 00:20:56 ID:SNO/31NN
宇宙が歪む
そのせいで僕は歯が痛い

639 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/10/16 05:59:48 ID:yoGvkrl0
今日はとても晴れています。
空が海だったらと空想して
しばらく楽しい気持ちに浸っています。
空の海に自分が青の色彩のひとつとして
淡くとけこんで 
そのうちに消えてしまえたら
泣けるほどしあわせ

640 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/10/17 22:12:18 ID:HPSmA2AH
おともなくゆっくり
大きく弧を描いたとり
やがてそれもきえてしまい
いまここはなにもない
からっぽのそら
はぁ〜
なんてしずかな・・





641 :mixi ◆8smixiK.U. :04/10/20 00:24:24 ID:nI1mus0h
「 柔らかい唇の魔法 」

あなたに逢えない時間の寂しさは
枯れることのない清流のように次々と湧き出てくる
その癒されることない寂しさは
そっと触れた指先に掻き消され
口付けの瞬間 溢れそうな愛しさの涙に還元される


642 :mixi ◆8smixiK.U. :04/10/20 00:26:57 ID:nI1mus0h
もう 抱きしめるほかにどんな手段も知らなかった
愛しいから抱きしめるのは当たり前のことで
誰よりも誰よりも大切なあなたを抱きしめないことのほうが不自然だった
いつだって空は見上げる度に色を変えて移り変わる季節を表現するけれど
わたしたちは自分の気持ちを表現するための手段をあまりもっていなくて
言葉にすると嘘くさくなったり妙にダサく感じたりするから
それならと思って力をこめて抱きしめることしかできなかった


643 :わに ◆Wani6uvhK. :04/10/20 11:03:18 ID:llTr4sAi
君の上に乗って戯れている時に限って邪魔する電話
無視してもう喋らないだって唇はキスで忙しいから

644 :mixi ◆8smixiK.U. :04/10/20 19:32:20 ID:nI1mus0h
「 雨上がり 」

大型の台風が去った後
風はまだ強いけれどどこか爽やかで
明日の晴天を約束するかのような虹が掛かる
明日こそ君に会いに行こう
そんな実現しそうも無い決意を容易にさせてしまえるような空だった

==============

どれだけ頑張ってもわにさんの濃密でエロティックな表現力は身につかないのは何故…orz



645 :亡骸 ◆sxiieHZdXM :04/10/20 21:47:37 ID:5fcybJMi
君はとってもあったかい。
なかもそともぜんぶ。

646 :亡骸 ◆sxiieHZdXM :04/10/20 21:55:59 ID:5fcybJMi
やわらかいプリンが好き。ふんわりチーズケーキも好き。
でももっともっとやらかいきみがいちばん。

647 :mixi ◆8smixiK.U. :04/10/20 21:58:55 ID:nI1mus0h
そっと繋がった細い線
遠く離れたあなたと私を結んでいる


648 :わに ◆Wani6uvhK. :04/10/21 19:30:47 ID:D7/KeiOW
僕は冒険するまだ誰も侵したことない地を
暗くて湿っていて暖かくて包み込んでくれるトコロを
たとえ君が悲鳴を上げても血を流しても


>>644mixiさんありがとうございます。でもそれは単に私の頭の中がエロなだけでしょう

649 :mixi ◆8smixiK.U. :04/10/24 03:47:57 ID:mzteL2xN
『永遠』の意味を知りたくて
そっと手を伸ばしてみた
触れたのは貴方
優しさで包み込む
ああ このまま死んでもいい
そう想うこの心が 『永遠』

650 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/10/24 19:08:12 ID:H+7sounB
つばさ持つ者おまえは
孤独の空ひとりで
寄り添う事知らない
あまりにも広くて
自分だけと悟ると
振り返る事できずに
自由という孤独を
泣く事もできずに
見極めるひとりで
ここはそう何もない
からっぽのそら

651 :mixi ◆8smixiK.U. :04/10/25 02:50:37 ID:GDlN70ab
抱きしめたい愛しさと失ってしまう恐怖は背中あわせ
いつだって貴方の中に そして 私の中に存在する

貴方が想うほど強くない私だから
私が想うほど弱くない貴方だから



652 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/10/25 09:02:07 ID:np/3Dzq/
「あいらぶゆう」

結局 結局 わたし わたし わたし

あなたが 好き なのよ わたし わたし わたし

愛してるのよ わたし わたし わたし

寝ても 醒めても わたしの ことばかり


     あら

653 :ぺぷちど:04/10/25 10:08:24 ID:yMwyilYy

空が明るみ世界がはじまる
午前中の空・光・風・ねぼけた生命たちの気配
昇る太陽に世界がはじまる



654 :ぺぷちど:04/10/25 10:54:42 ID:88UHIIz/

毎朝、世界は生まれ変わっている
このちっぽけなボクも生まれ変われる
今、この繰り返しの毎日から脱出だ!


655 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/10/25 14:13:33 ID:Z49gXa7m
朝の太陽 硬くて冷たい空気
人が吐く息は白く煙の様に
イヤホンを手放さない中学生達
猛スピードで交差していく車
唯一に時間を超越してゆるやかな曲線を描くのは
小学生の視線の先に見えるもの
差し込んでくる朝の光 痛々しい陽光
誰も空を見上げる事が出来ない

656 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/10/25 14:14:18 ID:Z49gXa7m
私はその日、夜から仕事で
あなたは朝から病院に行ったまま。
頼んだ用事が果たされたのかもわからず
あなたの携帯は、ここで定期的に鳴っていて目障り
外では平日だというのに
誰か子供が遊んでいる声がして・・


657 :いが:04/10/25 16:24:22 ID:Q/gkiJLK
苦い情の関係 交われば しょうもないことになる
僕の情熱 怒ること 音にのること つまり馬鹿の熱を発して
どうでもよくなれば 時折思い出し胸糞わるくなる
生きていると ええ加減な事を一貫し カンツウすることを誓わざるおえない 
だから将来を祈願しろ覚悟しろ はは人の道だ

658 :mixi ◆8smixiK.U. :04/10/25 19:00:50 ID:GDlN70ab

欲張りな小鹿は湖の底へ
ぶくぶくと沈んでしまっても
存在そのものが消えた訳じゃない


659 :mixi ◆8smixiK.U. :04/10/26 00:25:46 ID:qC6k2t6U
抱きしめて欲しい
消えてしまいそうで 怖いから
ここに居ていいんだよと 抱きしめて欲しい
拒絶されるのは 哀しいから


660 :mixi ◆8smixiK.U. :04/10/26 16:15:34 ID:qC6k2t6U
紡ぎだす言葉を知らず
心はぽつんと置いてけぼり
空家になったままの薬指
上の空で口ずさむ貴方の歌
降り続く雨に打たれて想い出だけ抱きしめて消えてしまえれば
幸せ

661 :mixi ◆8smixiK.U. :04/10/29 03:06:26 ID:BSampnAb
遥か遠く浮かぶ月
耳を澄ませば荒ぶ風
心の侭に求めても
永久の光はほの暗く
深い闇に溶けてゆく


662 :名前はいらない:04/11/08 14:52:44 ID:oxeg6Lxp
涙ぐんだ君の色は 淡いブルー
両手で抱きしめても 水のよに 風のよに 擦り抜けてくよ

傷つけるつもりなんてなかったんだ

僕の言葉も君を擦り抜けてくね
大切な人ほど 傷付けてしまう 矛盾


663 :名前はいらない:04/11/09 23:48:17 ID:aCTvLvuO
アドレッセンス通過後の中央線 am3:00


664 :名前はいらない:04/11/09 23:49:08 ID:aCTvLvuO
インディゴ屯田兵

665 :わに ◆Wani6uvhK. :04/11/10 01:03:32 ID:t4fgsb4K
チャリンコで携帯片手に川原まで
同じ空見てあなたと話す
遠くにいても月は同じ
あたし達はつながっている


666 :名前はいらない:04/11/15 18:47:40 ID:igTnAzvx
ユークリッド幾何にベラマドンナ。
多次元的の最良近似式に対して、いくつも いくつもの。
ひいては 度重なる仏頂面にさえも。
エネルギーの分配性
ひいては 小麦の収穫のあり方が 他人との境界線だという事



667 :名前はいらない:04/11/16 08:46:15 ID:MFJ0vlYH
我が心よ
悲しみを増すな
沈黙の限りに
星達の声を聞け

668 :QQQ:04/11/18 14:32:51 ID:UaaALaVQ
信じてるアタシを信じてないアナタと
信じてたいアタシ
甘すぎる唇は 慣れないアタシには少し贅沢
陶酔しきれないのを許してね
信じられないのは自分自身だから

669 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/11/20 12:44:46 ID:sS0mLBaw
湯気がたっているスープを眺めて
やがて冷めていくのを予感している
おとなしくすわったまま
何も考えられないでいるままに
時間が過ぎていきます


670 :名前はいらない:04/11/24 04:55:12 ID:udsOo07k
遠く 
遠くに見える 
蒼く霞んだ山も
鮮やかな葉が 
集まった 
美しい山なんだろうか

671 :名前はいらない:04/11/24 05:22:42 ID:KB/Hz6/s
日々生活の戯言を
文字にし打ち込む姿奇なり
人の悪魔が見え隠れ
顔も分からぬ隣人と
心の隙間を埋める( ´∀`)

672 ::04/11/24 09:49:46 ID:Q8yo76ev
貴方がいないと生きていけない
貴方がいないと死んでしまうの
  ただ愛しいだけだから
  どうか私を殺さないで

673 :mixi ◆8smixiK.U. :04/11/25 19:52:32 ID:EBX4BMrY
君が立つ眠りの淵に
小さな花を咲かせよう
いつまでも一緒に居られるわけじゃないから
寂しさをほんの少しでも紛らわすように
次に遭うまでの約束の分だけ
小さな花を咲かせよう

674 :名前はいらない:04/11/26 01:02:46 ID:8kWOy+Hw
はたりと目が覚めて
しんしんと耳が痛いのは
まったくの一人だと気付いたから
夜の間もあなたを求めて
耳を澄ましすぎていたせいね

675 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/11/29 17:49:57 ID:VKOM9wRP
この願い叶うなら もう
生きる意味とか馬鹿な事を考えずに
心の不在を受け入れたままに
毎日の繰り返しを生きてもいいと思う。
愛という陳腐な言葉に
どうしても詩人が抗えないように
あなたへの思いが
わたしを支配してしまいました。
「大丈夫? 元気ですか?」

676 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/11/29 17:58:47 ID:VKOM9wRP
記憶とか思いとか
あと優しさみたいな色彩が
微かに滲んで見えてくる
この夕方という魔力を
僕は眩暈に似た感覚で
受け入れていました
それは小学4年の頃の話です。

677 :mixi ◆8smixiK.U. :04/11/29 18:34:12 ID:AYqXvSIB
わんっな休日

寝不足もあったり ストレスもあったり
そんなこんなで気がつけば 夢の中
美味しい晩ご飯の後 あなたのとなりでぐーすかぴー
夢うつつのはっきりしない頭で願うは
このまま どうか 誰も起こさないで と
わんこのように眠り続け 目がさめたらあなたに頭を撫でてもらうの
そういう なんでもない すごく幸せな休日

678 :名前はいらない:04/11/29 19:52:41 ID:mMEq+KKI
いえ いえのやね そら

いえのやね き そら

き き そら

そら えーてる ねおん

679 :mixi ◆8smixiK.U. :04/11/30 02:17:17 ID:DhTf0rxu
思う存分抱きしめあった後
それでも満たされていない自分に気付く
渇望する心がもとめるものは
二人完全に重なり合うハートじゃなく
高まりあう鼓動のような熱い熱情
優しさだけで満たされるほど 子供じゃない

680 :mixi ◆8smixiK.U. :04/11/30 21:29:50 ID:DhTf0rxu
食べても食べてもお腹いっぱいにならない
吐きながらでも食べなくちゃ
胃も身体もボロボロで心も悲鳴をあげているけど
助けて助けてと心で叫ぶだけで何もできない弱虫
泣きながらでも食べ続けて
いっそ もう このまま死んじゃえばいいのに
嘘つきで弱虫な豚

681 :mixi ◆8smixiK.U. :04/11/30 22:06:38 ID:DhTf0rxu
「 夜光虫 」

真っ暗な中誘われるように
その中はステキな商品で溢れているから
甘いものは私を裏切らずに優しく包み込んでくれる
抱きしめて欲しい回数分だけ甘いものを
泣きたい分だけ甘いものを
24時間いつだって手に入れられるから

682 :もん:04/12/01 00:31:10 ID:eUGBsUz4
物語は
その日からはじまる

にまんすうせんにちの人生の中で
その日を

時間と空間を越えて
イメージする

眼窩の奥にある光

握ったり放したりしたもの
呑み込んだり吐き出したりしたもの
覚えたり忘れたりしたもの

メッテルニヒとギゾー

ガリア戦記の出だし


683 :mixi ◆8smixiK.U. :04/12/01 01:10:21 ID:JTQ3ApAd
「 繋ぐ線 」

抱きしめてと強く願っても
切らないでと泣きながら思っても
電話の向こうには伝わらない
言葉にしなきゃ伝わらない
そんな当たり前のことを
今更ながら情けないほど思い知らされた


684 :mixi ◆8smixiK.U. :04/12/02 23:33:54 ID:w+JsfXSr
あなたの目が誰かを見ていて
あなたの心がどこかに行っている

それだけで 不安になる弱い心
自信なんて永遠にもてそうもない

私程度の人間に
あなたを繋ぎとめておくのは 無理なのかもしれない

685 :名前はいらない:04/12/03 01:09:41 ID:EVthBUlN
きみがわらった
ぼくもわらった

でも寂しくて。

さよなら は もうすぐ


きみはわらった。

686 :わに ◆Wani6uvhK. :04/12/03 15:15:17 ID:VLk8mj04
紅茶に入れた渦巻くミルク
指でなぞってくちづけた
熱いのと冷たいのの中間のキス

687 :mixi ◆8smixiK.U. :04/12/07 02:09:34 ID:0ClSO/8v
恐ろしいくらい強大なものと闘ってるの
誰にも見えない場所で 誰もが きっと
自分だけがツラいんじゃないと言い聞かせても
みんなの笑顔の下までは 見抜けなくて
孤独な闘いは 終わらない 終わらない 終わらない
傷だらけの身体も涙もぜんぶ ワタシヒトリ抱えてる

688 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/12/10 20:30:08 ID:vLQ2TImb
浸される満ちる 銀の水に
良い薫りのする 草が生えてる
目覚めても伏せる 瞼の奥で
澄み切った水が 善い重みで揺れる

689 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/12/14 18:27:49 ID:B7k95EAo
風が頭上で 留まるみたいだ
山にはまるで何もない イヤ 草木が命が全てがあるのだ
布切れ一枚纏わなければ ここには立ってることもできない
随分随分中途半端な 生き物になってしまったものだ


690 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/12/14 18:31:04 ID:B7k95EAo
吐かなくてもいいし 吐いてもいいし
とにかく とにかく 気分不良だ
苦痛に意味を 見つける趣味無し
マゾッ子さんとは 縁遠くいたい

691 :名前はいらない:04/12/14 22:46:06 ID:+dl++yJ3
愛してるの言葉も
抱き締める腕も
その瞳も唇も指も
突き刺すように痛いよ
冷たくて苦しいよ
あたしじゃ駄目なくせに


692 :mixi ◆8smixiK.U. :04/12/15 00:02:15 ID:OMIu6YXQ
>>691
泣きました。

693 :mixi ◆mixi/mst3w :04/12/21 22:45:18 ID:IXCk1Nsv
少しずつ過ごしてきた時間のなかで
少しずつ積み上げてきた想い出
それとともに生まれてくる微かな自信
淡い雪のようにたよりないものだけど
やがてこの不安な心一面を真っ白に染め上げるはず
怖くないとは言わないけれど
もうツラくはないよ

694 :泣き虫の侍:04/12/22 08:39:56 ID:PCGRu7E1
「きらきら」
きらきらな世界きれいだなぁ
でも
まぶしすぎて目が痛いから
僕は時々
闇の中でやすむんだ

695 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/12/22 20:07:53 ID:quzK9Rzz
薄茶色の袋、コンビニ弁当の喰いかけ
ゴミ箱の割り箸
君はよたよたと、流しに近寄り
くもったガラスのコップで水道の水を飲む。
だから地獄は至るところに点在する。


696 :mixi ◆mixi/mst3w :04/12/23 04:58:25 ID:NUKK0t4N
こわくてこわくてこわくてこわくて
いきているのすらこわくて
じぶんがここにいていいのかどうかもわからなくて
ないてもないてもないてもないても
だれもたすけてくれなくて
かんたんにみつかるこたえにないてすがりたいよる

697 :大人でも子供でもない子:04/12/23 20:52:58 ID:psObtLNC
あたし振られたの
その時、はじめて知った世界は
白でも、黒でもない
無色の世界だったんだ


はじめて投稿します。
詩は読むのは好きですが、書くことは苦手なあたしですが、アドバイスできればお願いします!!


698 :水溜り:04/12/23 21:01:47 ID:gRXqp0mC
暗い世界で 私は一人
何も聞こえなくて 何も見えなくて
でも確かに聞こえる 命の鼓動
生きてると言う実感 血が巡る
さあ動き出そう 地面を踏みしめて
生きてる事に 感謝をして

699 :名前はいらない:04/12/23 21:04:59 ID:mrMqw0KS
情欲

信じることが出来ない 
だから愛してしまう
繰り返される飛び降りの実験
あとには疼きと痛みだけがのこる

700 :レキシントン:04/12/23 21:36:28 ID:o4qTYcg6
あなたに素朴な疑問をひとつ。

私は抱き着いてるの?
それとも手をつないでいるだけなの?

それが私にはわからない



701 :名前はいらない:04/12/23 21:48:18 ID:mrMqw0KS
サラリーマンロック

歯軋りしながら
        表情の反復
刻め 表情筋のビート!
           給料査定にも響き渡れ!

702 :水鏡の住人:04/12/23 21:55:19 ID:ARocbvFo
触らないで?
抱きしめないで
見ないで・・・・

でも私を放さないで?
こんな我侭きいてくれますか?

703 :名前はいらない:04/12/23 22:05:05 ID:mrMqw0KS
夕焼け
風で揺れるカーテン
ぼんやりと窓辺から
景色を見ていると
口きくよりも饒舌に
僕の思い出はしゃべりだす

704 :名前はいらない:04/12/23 22:08:57 ID:mrMqw0KS
夕焼け
車の中一人 帰り道
近所の鬱蒼とした神社
商店街の静寂
録音したテープ
ザラツキがある音
思い出の揺らぎ
全部が息づいてくる

705 :名前はいらない:04/12/23 22:11:15 ID:mrMqw0KS
夕焼け
車の中一人 帰り道
近所の鬱蒼とした神社
商店街の静寂
録音したテープ
ザラツキがある音
思い出の揺らぎ
全部が息づいてきて
胸を締め付ける




706 :名前はいらない:04/12/23 22:13:29 ID:Gyqaqy+L
染みの様に
こびりついた
貴方の残像
温もりだけ
あたしに残して
居なくなった
傷のように
深く刻まれた
貴方の横顔

707 :水鏡の住人:04/12/23 22:30:07 ID:ARocbvFo
貴方と一緒に居られる時間
それが私にはとっても幸せな瞬間

でも貴方は私を見てない。
私は貴方と同じ空間に居る事で
幸せを感じているのに

貴方の目は
いつも違う女性を追っている

ねぇ・・・私じゃダメなの?


ヤバイ・・・ちょぃ長

708 :名前はいらない:04/12/23 22:50:12 ID:ZLhVv/dd
熱をなくした星は石

そこの公園の石と
な〜んも変わんない

たくさんの願い事なんて
忘れた

見上げることだけ
覚えた



709 :りょ〜ま:04/12/23 22:56:30 ID:inlIblh0
ちょっぴりエロい中学生のテキストサイト
「りょ〜まのバカんなサイト」
ttp://ryouma5656.fc2web.com/baka.html どうかよろしく!


710 :名前はいらない:04/12/24 05:35:21 ID:Eps+w2B8
誰か、〜〜〜に入る詩を考えてくれorz

安らぎの灯が
聖なる夜に優しく揺れて
〜〜〜を灯し出す
奇跡の鐘が
星降る夜に静かに響き
幸福の調べを奏で出す


711 :『最後のしりとり』:04/12/24 05:40:20 ID:B6FSo4jf
雨が

街灯の

軒下に

似たもの同士たち

血を流して

天井

上を向いたら

雷鳴がぴかっと光り

りんごがひとつ

つぶやく

黒い肌の少女の胸に

人間がひとりだけ

決して忘れないから

712 :名前はいらない:04/12/24 10:15:30 ID:a1QOHJLK
>>710
白い街路樹

713 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/12/24 14:22:48 ID:7lV5m3rf
よくわからないね
あれだけ好きだったのに
人の気持って変わるものだよね
ちょっと外に出て散歩したら
オレンジ色をした空が
ゆっくり消えていく途中だった
風は冷たかった。
それがでも、気持ち良かった。


714 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/12/25 09:27:22 ID:+dbjgXe4
「sweets.」

もったいないからちょびっと残す
朝の楽しみそれがいい
あとは晩のお楽しみ
お楽しみ


715 :珊瑚:04/12/25 17:48:41 ID:jT6G4Y+T
粉のような男    それがあなた    虫食い果実     それがあなた    いつか星になって私を一人にする     

716 :30代男性:04/12/25 20:28:22 ID:kU+DbhqR
去年まで2人で過したX’mas
今年は一人増えるはずだったのに
私を残して逝ってしまった
そんな私にプレゼント
昨夜の夢で
二人に逢えた

717 :名前はいらない:04/12/25 20:34:06 ID:062LkglP

関連スレ:

詩の何がイイのかわからん。意味なし
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1103970560/



718 :名前はいらない:04/12/25 20:51:43 ID:062LkglP

>>716
言わんとしていることはわかる。
でも普通に書けよ。その方が楽だし、いちいち解釈すんのめんどい。


719 :30代男性:04/12/25 21:15:38 ID:kU+DbhqR
普通に書くと長くなってしまいますし、
うまく気持ちを書けるかわかりません。(文章下手でスイマセン。)
だた、逝ってしまった彼女と、
出会う事が出来なかった子に、
夢でも逢えたのが嬉しかった。

720 :名前はいらない:04/12/25 21:20:08 ID:062LkglP

>>719
> だた、逝ってしまった彼女と、
> 出会う事が出来なかった子に、
> 夢でも逢えたのが嬉しかった。

君の記憶がその人。
記憶を鮮明に保てば、君はいつでも彼女に会うことができるぞ。



721 :30代男性:04/12/25 21:47:32 ID:mLeAYVz9
でも、時折、鮮明さを欠く事がありました。
それが人の性なのか、私の記憶力が悪いのか解りませんが、
ここ暫く夢でも逢えなくて、歯がゆく思ってました。
悲しみは、本人の意思と関係なく薄らいできました。(時には嵐の様な悲しみに襲われますが)
でも、彼女の存在は、私の中で、私が生きている限り消えない(消してはいけない)のだと、
強く想う事ができました。
720さん、ありがとうございました〜。

722 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/12/26 20:38:48 ID:xiE5vBNU
きょうで6年目だね
来年はもう2人で過ごせないね
白い百合が地面に落ちて
茶色と白の綺麗なマーブル模様になった
別れ話しは静かな会話
本当に思うよ
この庭で話せてよかった

723 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/12/26 20:58:55 ID:xiE5vBNU
おまえはアホか!
うるさい、なら自分で作れ!
いや・・まて俺がわるかった
うん、いいよべつに気にしてないから
ただ私の事アホとかいわないで、それだけ。

724 :わに ◆Wani6uvhK. :04/12/26 21:14:49 ID:m+C9kcWM
茶の花のように白い花弁を詰まれて捨てられて

土にまみれて踏まれていても空は青い

あたしのかわりに茶の葉のように艶やかでいて

あたしはあなたをみあげているから



>>30代男性サマの話は虎舞竜のロードみたいと思いました。
なんでもないようなことがぁ〜幸せだぁたと思う〜♪
(わには音痴です)

725 :30代男性:04/12/26 22:30:15 ID:wZXh3AV1
前はあの歌好きだったのに

今はとても歌えない

サビの部分でもないのに

涙が視界を曇らせる



虎舞竜の歌の女性が
何で亡くなったのか覚えてませんが
事情を知る知人から同じような事言われました。
本当に、本当に、たわいもない小さな事が
幸せだったんだと想いました。

726 :mixi ◆mixi/mst3w :04/12/27 01:06:22 ID:MKJYyM2M
冷え冷えと広がる星空を見上げ
わかるのはオリオン座だけなんだと 微笑った
幾度となく繰り返し見たあなたの横顔が
星の光に蒼く染められ ほんの少し遠く見えたのは
あなたから離れたくないと思ったからか
離れるのが怖いと思ったからか


727 :mixi ◆mixi/mst3w :04/12/27 01:15:06 ID:MKJYyM2M
「 犯人 」

あなたを思い出す時は
あなたの表情じゃなく まず その黒い瞳が浮かぶ
私を見護る優しいその瞳
それだけで湧き上がる愛しさに負けそうになって
泣きそうになっちゃうよ
涙もろい私をさらに悪化させたのは あなたのその瞳だったんだね

728 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/12/27 20:04:41 ID:AqMuMxm+
-願い-

ねえ 小さく 小さく 産まれて来て
そのまま 小さく 輝いて 死んでいけたらいいね
それ以上の 喜びって ないと 思わない?

729 :名前はいらない:04/12/29 16:26:10 ID:yYVK+YoZ
利かない足を引きずって
世界の終わりのような色をした
夕日に向かって歩くのです
ああ 僕は何処へ行くのだろう

730 :大人でも子供でもない子:04/12/29 22:17:16 ID:KMrRIB1V
時々、「なんで動くんだろ」って思う
手や足、目の動き
動くものすべてが不思議に思える時がある
なんで動くのかって怖くなる
だってただの『モノ』にすぎないから
でも、そんなことを考えている時間はほんの一瞬だけ


これ詩じゃないよね。。。どうやったら詩になるのか。。。

731 :名前はいらない:04/12/29 23:06:38 ID:Ncsk2kd1
それにも増して
愚劣な自分は
幼き頃から住み慣れてきた
この浅どろの中で
一生涯のんびり過ごすのが
性分に合っているのでしょう。

732 :わに ◆Wani6uvhK. :04/12/30 00:12:33 ID:ZEUfsgc4
おなかの中の異物が大きく盛り上がって腹の皮を波立たせ
知らないイキモノが私の胎内に寄生している
いつまで経っても終わらない吐き気はそれを拒否しているのか
いまはたった手のひらぐらいでしかないというのに
私のすべてを支配している

733 :排卵日:04/12/30 00:30:59 ID:aWPVNOim
鼻毛を抜いた時にあふれる涙と
今、君の頬を伝う涙は
きっと違うものであると信じたい。

734 :名前はいらない:04/12/30 05:15:28 ID:R3vEwiEL
百層にも連なる言葉で
百層にも連なる日本刀のごとく
百層にも連なるヨットに誘ったら
百層にも連なる下心が
百層にも連なる余計な手出しで
百層にも連なる片思いは
百層にも連なる儚さをもって
百層にも連なる幕を閉じた


735 :名前はいらない:04/12/30 20:23:51 ID:kqgcmtkE
おなかいっぱい貴方を食べて
おなかいっぱいあなたを頬張る
でも
愛は別腹。もっと、ちょうだい

736 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/12/30 20:29:02 ID:vrkOILUY
>>730

詩なんて小難しい定義なんてないと思います。
思う事や感じる事、それから見た事。
そんなものすべては詩なんじゃないですかね?


737 :名前はいらない:04/12/30 23:08:39 ID:R3vEwiEL
>>736なるほどー
僕は質問者じゃないけど参考になります


738 :不思議草:04/12/30 23:24:39 ID:z4upyblx
僕のそばで寄り添い眠る
人形みたいな
あどけない寝顔
ぎゅっと抱きしめ眠る森の美女

*・。☆*・。・。☆*・。・。☆*・。・。☆*・。
なんかもの凄い変な詩?ですよね?
自分で書いてることが纏まらないんですよ・・・。

739 :名前はいらない:04/12/31 05:05:25 ID:2P19w6Bk
生温いミルクティー
更けゆく土曜日の夜
虚ろに何かを待つ目
来ないと知りながら
日曜日の太陽はさて
何色に輝くのだらう
オリオンが笑ってる


740 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :04/12/31 21:47:01 ID:Yzx9EcR1
はらはらと落ちる葉
はらはらと落ちる
真昼の光にくらくら
ここがどこなのか
忘れる程に綺麗で

741 :せんべい:05/01/02 20:03:33 ID:EXGqEZMR
神様は暇つぶしで人を創った
だとしたら きっと戦争も神様の暇つぶしなんだね
戦争に飽きたら何をするんだろう
どんな形で人を弄ぶのだろうか

神は暗澹をも創り出す

742 :mixi ◆mixi/mst3w :05/01/03 02:40:18 ID:eMuLX94/
見えないくらい遠くに その心が在るような気がする
同じ言語を喋っているのに 理解しあえない
かみ合わない会話は いくら続けても無駄だね
でも あなたを簡単に諦められるほど賢くも無い豚だから
また泣きながら あなたに縋り付いてしまうの
恋を終わらせるのは簡単だけど その勇気すら持てない臆病者

743 :ねむねむ ◆aOLjRoi1zs :05/01/03 05:28:58 ID:i5McHDMz
私の中に空き家が在ります
ずっと誰も住んで居なかったので
少々荒れてはおりますが

あの人の気付いてくれなかった
あの人の居場所でした

今、誂え直しますので
どうか住まわって下さい

人気のない空き家は
ただ
朽ちて行くだけですので

744 :名前はいらない:05/01/03 14:54:52 ID:PBIlSfKh
顔をくしゃくしゃにして 沿道から声援を送る君の姿
その視線の先には 僕とは違う燃えるような眼をしたランナーの姿
腰につけてるお守りは 君があげたものなの?
あいつがあんなに輝いているのは 君のおかげなの?
嗚呼 テレビなんてつけるんじゃなかった

745 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :05/01/03 15:54:08 ID:J3w6WMO9
『犬を頼むよ?』
と言われて僕は「うん」と返事をした。
『いってきます』
と言われて私は「はい」と返事をした。
悲しい、悲しくて涙が止まらない。
生きるのがとか、そんなんじゃなくて
そういうんじゃなくて。

746 :不思議草:05/01/04 23:41:25 ID:7HKCB3xn
透明に輝き落ちてゆく
ひと時の命と知りながら
僕の儚い思いは届かず・・・

747 :名前はいらない:05/01/04 23:50:12 ID:ghLam86W
おやすみ おやすみ
おやすみ ヒトラー
おやすみ 小泉
眠れ 眠れ どうせ また起きる
俺が起きているうちは眠れ

748 :名前はいらない:05/01/04 23:53:36 ID:ghLam86W
壊れた夢を集めてもどこにもいけねえ
欠損部分をあつめりゃ 夢になる
抜け出せねえじゃ、ねーかよおおおおおおおおおおおおおおおおお
うわあああああああああああああああああああああああああああああ



749 :名前はいらない:05/01/04 23:56:23 ID:ghLam86W
モにゅ?藍色の空気 骨 月 目立つから
沈め 沈めば愛してやる
沈んだものは愛される プランクトンに愛される

750 :名前はいらない:05/01/04 23:59:37 ID:ghLam86W
所有権を主張します イデア
お前の所有権を主張します
俺好みに 飾りつけされてください
手持ちの衣装はマヨネーズしかないけど
権利だけは主張します
逆らうと出るとこでますよ?
民主主義はうんざりです 

751 :名前はいらない:05/01/05 00:02:56 ID:LLabof99
ああいとしの君 
空は君がいるからアルコール
山は君がいるから 税金逃れ
俺は君がいるから 泥遊び
せめて獣に奪われないよう 純潔を守ってくれ
イデ雄くん

752 :名前はいらない:05/01/05 00:28:41 ID:LLabof99
お前何しゃべってんのかわかんねーんだよ
はやってんのかよその言葉
もういい しゃべるな 
目が曇る 絵がかけない
じっとしてれば視姦してやる
全力で転がしてやる
俺は野獣だ ガラス玉の野獣だ


753 :名前はいらない:05/01/05 00:32:56 ID:LLabof99
肥大する 桃が虫に食い荒らされて声が出ないの
だれか 柘榴の口紅を返して バラの唾液を返して
ゲロゲロゲロゲロ もう 食べられない
正露丸はどこ 炭素C 私もC 世界中とC
ゲロゲロゲロ

754 :名前はいらない:05/01/05 00:38:04 ID:LLabof99
やあどうし短小 失礼 どうしたんだいC子さん
君がゲロゲロしてると 俺までもらいゲロじゃないか
もういっそCをやめてみなよ
世界の終わりが君を飲み込んで 俺も君に飲み込まれて
それでハッピーエンドじゃないか
ゲロゲロ そうはいかないわ 短小さん
私は公衆便所ですもの
またの名をイデア

755 :名前はいらない:05/01/05 01:32:30 ID:LLabof99
ありきたりを愛してしまうありきたりを愛してしまう
そんな俺は有象無象 ありきたりなんだろう
駆逐艦ありきたり 俺はイージス艦で対抗したいけど
感情のテポドン 逃げ場はない
ああ愛してるものがありきたり 前代未聞のありきたり

756 :名前はいらない:05/01/05 02:25:44 ID:LLabof99
ぬっぽこぺっぽこ朝になれ
立て立て立て立て 立つんだ
やれたて ほらたて とにかくたて
もういい 座れ

757 :名前はいらない:05/01/05 06:01:46 ID:dsUZCFEs
なぜだろう、肩の震えがとまらない。
なんだろう、僕を震えさせるのは
どうしてか、寒いのにとても熱く感じる。
どんなだろう、このとても熱いものは。
それは心底から沸き出で、消極的な僕を鬼神に変える。

【問題です。それは何だと思いますか?】

758 :名前はいらない:05/01/05 14:52:43 ID:O/3rJkiH
>>757 鬼神…って事は憤怒とか?

心に焼き付く恋慕の哀歌
定めに涙す薄暮の恋華
咲き誇る華は
散りゆくからこそ美しい

759 : ◆lXZBPVO3GQ :05/01/05 15:38:31 ID:PgBZmjx8
pcp

760 :名前はいらない:05/01/05 16:28:37 ID:FnP4DrpH
潜在能力判定機能って知ってる?
名前欄に【天地川海岸山崎渉航谷気岩】と書き込めば
【518】とか【4803】とか記録が出ます。

761 :757:05/01/05 17:48:40 ID:dsUZCFEs
>>758
そうです憤怒です。とくに義憤です。

762 :排卵日:05/01/05 20:32:49 ID:l44D6QMk
キャットフード
食べた
ドッグフード
やめた

763 :名前はいらない:05/01/05 20:47:55 ID:wFeI/U2L
人間の
感性が悪いので
いつまでも
言葉は完成しません

764 :わに ◆Wani6uvhK. :05/01/08 16:49:48 ID:4a589X4D
[ベビー]

ゆりかごゆらゆら揺られて
あたしは子供に還る
ミルク差し出されて咥えて
可愛いベビーはしゃぶる
生まれたままの姿になって
思い切り甘える
感情のまま声を上げて
あなたの腕の中にいる

765 :名前はいらない:05/01/08 23:18:35 ID:4b5Fa/4F
正解と
電波と
妄想であれば
正解と
電波が欲しい

妄想が正解を生む事は無く
電波が妄想とイコールになる事も無い
どこからもそのような振動音を聴いたことがないから

当たらずとも行き場無く飛び交う
都市伝説
脳内麻薬の分泌にやさしい
電波

766 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :05/01/10 22:33:37 ID:zg8t/NgJ
薬が癒してくれる束の間の休日に喫煙室で
吸殻を探してマッチでまた火をつける。
これが地獄でないとすれば、間違いなく天国の風景だ。


767 :QQQ ◆HfD2XMemw6 :05/01/13 13:37:15 ID:uH4evA9P
お香の煙が四散していく
アタシの意識も煙に乗って
ふうわり流れアナタのもとへ
鼻先掠める濁流のよう
たどり着く頃 もう希薄

768 :蘇利古道士:05/01/13 18:29:22 ID:m9BAh34f
文明を捨て知性を捨て、食物連鎖の一滴となるか
このまま文明の流れとなるか
それが問題だ

769 :ミハマ製作所:05/01/13 19:49:34 ID:8aVRvH/p


金のアメ玉こんにちは

山手の坂を転がってここまできたんだね
少しの間ここで休んでいくといい

金のアメ玉さようなら


むこうで誰かとこんにちは

770 :mixi ◆mixi/mst3w :05/01/14 17:57:41 ID:e4k+FvK0
ふたり帰るのはいつも深夜
夜に溶け込みそうな黒いコートを着たあなたと
対照的な白いコートの私
寂しさが車の中をグレーに染めても
二人の距離は遠ざからないよね

771 ::05/01/15 00:13:21 ID:dm6I8bAG
僕ゎ君を忘れられない…

この目が君を覚えている…
この心が君を覚えている…

本当ゎ君を忘れたくないんだ…
夢の中でいい…もう一度君に会いたいんだ。

772 :黒い猫の目 ◆sbeGYb7ycc :05/01/15 00:21:55 ID:w+PJ5cZA
種火が煙を吐きながら
先端からフィルターへと下ってゆく
ボクの肺ではタールの海が水位をあげながら
がん細胞を刺激する。
消極的自殺志願者は
今日も自販に税金をおとす。

773 :寂法師:05/01/15 00:26:33 ID:6PzsnvVw
『魔法修行者』

乱麻の世にも 飄々と
玖山公は 世を渡る
頼れるものは 飯綱法
妖しの業を 積む行者

魔法の成就 それもよし
信ずるに足る 物も無き
夢幻の 世ならばこそ

774 :他スレ394:05/01/15 04:53:19 ID:oeg4J4he
迷惑掛けないで人間やってられる程熱量少ないんだよ!!
人の役に立って、俺が生きてて有り難いって思われたいんだよ!!
熱烈だよ!猛烈だよ!冷めて賢く生きるより暑く愚かでいたいんだ!!



775 :名前はいらない:05/01/15 08:11:55 ID:JnrUGpHi
詩は美しいだろ
詩は美しいだろ
詩は美しいだろ
詩は美しいだろ
詩は美しいだろ
詩は美しいだろ
詩は美しいだろ
僕の 
詩は美しいだろ?

君の
詩はいったいなんだったんだ?

僕の詩は美しいだろ
僕の詩は美しいだろ
君の
詩が美しいなら
それは 暴力 だろ


「熱量」の行方

776 :mixi ◆mixi/mst3w :05/01/16 03:41:31 ID:KmSkYUpK
わたしはそんな存在じゃない

純粋さを求めないで
この世の矛盾のすべてを内包していきているのだから
強さを求めないで
この世に存在する美しいものも醜いものもすべて受け入れてゆくから
すぐに泣き出すようなわたしだからといって
「わたし」を簡単に決めたりしないで
あなたに見えているわたしだけがわたしじゃないから

777 :mixi ◆mixi/mst3w :05/01/16 03:51:29 ID:KmSkYUpK
「 恋うる午後 」

ブラックコーヒーを飲みながら
「あの時ああなっていればこうなっていただろうね」
なんて簡単に言うけれど
そうならなかったから 今 あなたはここにいて わたしとおしゃべりをしている
まっすぐにここまでやって来たようにみえるけど
本当は たくさんの選択肢の中から私に逢う道だけを選んで来てくれたんじゃないのかな
なんて 心の中で勝手に思ってミルクティーをかき混ぜる午後

778 :名前はいらない:05/01/17 17:53:34 ID:1bXi9g4H
麻縄で縛られなくても貴方の呪縛から逃れられない
携帯の待ち受けが先月生まれた息子だと知っていても
その携帯に逢いたいのメールを送るあたしがいる
抱き合ってもこちらを決して向くことのない横顔ばかりみてる

779 :名前はいらない:05/01/17 19:47:02 ID:qtGiXgQ4,
夕日がいつもと違って見えるのは 隣に君がいるから
口べたな僕のため 太陽が気を利をかせてくれたかな
やわらかな温もりが 夕焼けの空まで広がって
街の空気がいつもよりちょっと澄んでいた
こんな綺麗な気持ち めったに感じるモノじゃないから
あふれるまえに 君の手を握って 心の中に染みこませるよ 

780 :名前はいらない:05/01/18 02:42:25 ID:8R46YFcg
ここにいちゃいけないと
私は私を断罪する
ここにいるしかないと
私は私に受容する
今日の自分を示すふりこ
どちら側に傾くかなんて
フーコーも知り得ない

781 :名前はいらない:05/01/18 18:02:01 ID:rBcqmvFr

本心に対して抵抗するカラダ
僕がうまく動けないリユウ
君が思うほど大人じゃない
尊敬とかそんなものとは程遠いよ
ねぇ?でもこれだけが真実
君が好き


782 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :05/01/19 16:27:26 ID:N9mdqF9n
「本季節」

雪はもっと止まなくていい
雨はもっと降らなくていい
ああ ああ どうしてくれよう
しまってもしまっても飛び出していた本の謎
プリンエルをすくって食べた子どもの頃の留守番の思い出。

783 :名前はいらない:05/01/19 18:50:43 ID:PIE7/9QS
伏した瞳に宿る睫毛の影
不在の中に咲いた一輪の

784 :黒い猫の目 ◆sbeGYb7ycc :05/01/19 19:04:52 ID:WZWQh3Th
境界線の曖昧な
日陰に咲いた睡蓮の白は
少し冷たい空気に滲んで
朝霧となりました。



785 :黒い猫の目 ◆sbeGYb7ycc :05/01/20 05:24:39 ID:knP0uV3L
残ったのは透明な花びらだけ

786 :mixi ◆mixi/mst3w :05/01/20 05:44:30 ID:ciwHpNkM
あなたの中にある小さな嘘
あなたの中にある小さな秘密
それは私の不安を芽吹かせる
泣いても泣いても消えない不安は
いっそ 壊してしまえば消えるのでしょうか

いつもどおりにふるまうわたしの中に芽生えた
あなたの秘密をしっているという秘密
あなたの嘘に気づかないふりをする嘘。

787 :mixi ◆mixi/mst3w :05/01/20 06:09:24 ID:ciwHpNkM
「 ピーピング・トムの受けた罰 」

あふれ出る涙のせいで華やいだ世界は色を失い
口から漏れる嗚咽のせいで鳥たちの歌声すら聞こえず
胸の奥にある清らかな泉は汚染され魚は死に絶えた
弱虫のわたしはそれを責めることも認めることもできず
ただ腐り果ててゆく二人の楽園の行く末を見守ることすらできず
背中を向けて逃げることしかできなかった

楽園を壊したのはあなた
そして わたし

788 :mixi ◆mixi/mst3w :05/01/20 06:10:28 ID:ciwHpNkM
信用してはいけない 信頼してはいけない 裏切られた時に傷つくから



裏切られてから 知った


789 :mixi ◆mixi/mst3w :05/01/20 06:13:36 ID:ciwHpNkM
「 嘘から生まれる幸せなぞ在りはしない 」

その嘘は
私を悲しませないための優しい嘘?
それとも
自分を良くみせたいための自己保身?

どちらでもいい
嘘は嘘でしかないから
傷つくことしかできないよ


790 :名前はいらない:05/01/20 07:00:08 ID:qEVHlgQY
ここにいる事も楽しんでいた
何も言わなければ
なりたくは無い
お前は型を持って近寄るな



791 :.:05/01/20 20:36:47 ID:f9Ji5lai
あたしを見つめる
あなたの彩瞳
素敵
そのまぶた縫い付けましょう
あたし裁縫得意だから


792 :.:05/01/20 20:44:01 ID:f9Ji5lai

フフフ 
バカなひとたち
呪いのかかったたべものを
いずれ死んでしまうとも知らず
たべつづけるしかないなんて


793 :名前はいらない:05/01/20 21:32:49 ID:H5LY9tE8
いつも隣にいるはずの君がいない。
心にぽっかり穴があいた感じ
その穴から色々なものが流れ出す。
それはまるで、河のようにとめどなく流れ
それはまるで、海のように限りなくたまっていく。
それはまるで、宇宙のように限度をしらず
それはまるで、ヒトのようにちっぽけでした。

794 :.:05/01/23 22:53:24 ID:uYKSU8N8



それは意外に透き通り
かすかに甘い味がする
胃腔の中で溢れ出で
わたしを内から溺れさす

795 :名前はいらない:05/01/24 02:21:49 ID:LE0tn4rG
うんこを食べてみたい
そこには敗北があるから
敗北を手に入れたら
やさしい大人になれるから

796 :chimney:05/02/01 01:06:47 ID:+5f7Il09
ふむ。
如何に君が汚くあろうと

身の内まで汚くすることは
なかなかに難きことであろう。

797 :mixi ◆mixi/mst3w :05/02/01 16:27:53 ID:92xqZSM/
こんなにもダメな私を
両腕で抱きしめてくれたんだね
何もできないから
せめて まっすぐに
強く 想いを伝えよう

798 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :05/02/04 07:33:37 ID:+3l4EYLf
何食べようか?

おなかすいてないや

えー何か食べたの?

うん・・

なんでよーばか


799 :名前はいらない:05/02/05 21:30:36 ID:u7ZWWnDq
キスした

30過ぎての

初体験

800 :名前はいらない:05/02/05 21:31:40 ID:u7ZWWnDq
まだ

ドキドキしてる



801 :霞菫:05/02/05 21:45:08 ID:SKxcDt5o
ありがとう。

気付けなくてゴメンなさい。

きみたちが、大好きです。

私の友人達へ

802 :名前はいらない:05/02/05 22:00:30 ID:YWNksBe8
カタペルの屋敷跡
白い洋館
帰らぬ貴方
待つ私
いつまで待てばいいのかな…

803 :名前はいらない:05/02/06 02:37:31 ID:fRaZVSDJ
生まれた人は皆
頭を撫でられ
愛される資格を
持っているから

804 :名前はいらない:05/02/06 10:41:46 ID:zlF+e1P/
ああ
ああああ
あああああ
ああああああ
ああ

805 :chimney:05/02/06 18:08:56 ID:iFkCAxh8
いろいろと色色と
浮かんでは消えて描いては消して
見分けるのは困難 選び取るのは困難
前を向いていれば 道の先は見えるはずなのに

806 :mixi ◆mixi/mst3w :05/02/07 18:51:54 ID:eZmV3L6y
自分の心の弱さを思い知った
こんなにも些細なことで傷ついてしまう弱さを
それをあなたにぶつけてしまうのはあなたにその弱さを知って貰いたいのと痛みを共有して欲しいのと両方で
それを拒否されたことでさらに傷ついてしまうのは悪循環なのはわかっているけれど
「それならもうこの話はやめよう」という形の拒絶は結構痛いから
自分の心を強くもちたいと心の底から思います

807 :.:05/02/07 20:31:16 ID:Id94sVsc
猫を蹴っとばそう
と思ったら
石だった
小指



808 :mixi ◆mixi/mst3w :05/02/11 02:26:01 ID:JYZ+OosF
あなたのためにできることだと思ったの
お弁当つくったりパソコンのことお勉強してみたり
でも 結局災いの種にしかならなかったね
何もしなきゃよかった
後悔して泣いてばかりいるよ
何もしなきゃよかった
あなたのために私ができる数少ないことだとおもったのにね

809 :名前はいらない:05/02/12 15:04:33 ID:qXVFsyB/
尻尾の残跡のところが
地球の奥まで張り付いて
僕はどこへも旅立てず

810 :名前はいらない:05/02/12 15:11:08 ID:qXVFsyB/
雪解け水のせせら流るる音と
氷柱からぺた、と雫が垂れる音
音が香りになるでしょう
透明な春の到来です

811 :名前はいらない:05/02/12 15:19:59 ID:qXVFsyB/
心象スケッチ
ほぼそこに辿りつき収まる

詩の生命は暗示にして単なる事象の説明には非ず。
わかるが、びろうどばっかうっさい

812 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :05/02/13 14:29:02 ID:BBOpl/OR
コーンコーンと欲望の形を彫ってゆきます
格好付けは本意じゃないのです
端正な石を刻んでゆけば
端正な形に仕上がると思うのです
元がどんなに汚くて見られるものでもないのだとしても

813 :わに ◆Wani6uvhK. :05/02/15 02:38:37 ID:35HdgVbj
寒い夜だからあなたの腕の中にもぐりこんでその腕を布団代わりに眠ります
時々キスを繰り返しながら鼓動が子守唄になって今日もあなたの夢を見ます
外が雪でよかったあたしたちの秘密の恋も覆い隠してしまうからしんしんと

814 :名前はいらない:05/02/19 04:37:11 ID:IhcQYKTu
いじめられっこの吉田君
ぽつりぽつりと涙をながす
幽霊部員の飯田君
ぽつりぽつりと涙をながす
東京都の秒針を進める毎日

815 :.:05/02/26 19:00:19 ID:R6y3kDTk

近ごろ卵が高いから
あまり食べずにとっておいたら
冷蔵庫の中で孵ったヒヨコが
生まれた途端に凍え死んだ

ああやっぱり
早く食べちゃった方がよかったかな



816 :.:05/03/01 16:11:21 ID:XvzZgBhS

僕の持ってるこの鍵は
誰かの心を開くだろう
でもその人の持つ鍵は
僕の扉のものだろうか

もしもそうではなかったら
僕の幸福はどこにあるのか

817 :.:05/03/01 21:31:40 ID:XvzZgBhS

どこかの国の馬鹿どもが
月に行ったとほざいてるらしい
そんなわけは無いじゃないか
人に踏みつけられたものが
あんなに輝くわけがない



818 :虚無点:05/03/01 21:38:50 ID:P+hQUePd
好きな色は限りない透明  宇宙空間の真空の様な透明

819 :.:05/03/02 17:52:47 ID:4/cbRgHI

世界は誰のものでもないとか
みんなで仲良くしようとか
そんなの関係ないことさ
かってに世界を切り取ろう
ぼくらはみんな
ピカピカのはさみだ!


820 :霞菫:05/03/02 18:19:53 ID:CgRGnZgA
冷静なつもりの私が
平常心喪うぐらい
好き
冷静であろうとする 化けの皮剥がれて
なんて みっともないんだろうか
何でもない人間が時折私の本心を指摘する
どきり、と撥ねる心臓
君は笑って流す
落胆と安堵が共に押し寄せて
少しだけ悲しい安心を噛み締める


821 :名前はいらない:05/03/03 00:52:08 ID:hIfynrFZ

名前をいただきます

この狭い集合体の中わたしをしらしめるために
同じ名前はいりません
わたしを間違えてしまうから

名前をいただきます

822 :.:05/03/04 03:04:10 ID:x+1cq9Vd

   おうい

               おうい


暗黒の中
虚しく響くおれの呼び声
誰もいない、ここはどこだ?
まさかおれは
この世で最後の人間なのか
いや、
それとも



823 :名前はいらない:05/03/10 12:00:14 ID:Hq6RNEvT
こんなことをしていたら
貴方のお財布は少しずつ寂しくなっていくでしょう
大した金額じゃないはずだから
そんなに悪いと思ってないけど(w
辿り着いたならお疲れ様
明日からまた頑張ってね

824 :mixi ◆mixi/mst3w :05/03/15 19:59:34 ID:XcZ+uFBU
ずるずると 堕落する
あなたの隣にいるだけで
ずるずると 堕ちてゆく

輝かしい未来なんていらない
このまどろみさえ守れたら
明日 死んで地獄に堕ちても
善い

825 :わに ◆Wani6uvhK. :05/03/17 13:07:27 ID:YGx9HX/m
千の夜を泳いで私は紅に染まる
私は此れから泡になるけれども
あなたはきっと忘れないで
お伽ばなしの結末はいつも冷たい海の底

826 :名前はいらない:05/03/17 17:41:55 ID:aHD/X2JK
うまく笑えなくてもいいんだよ
うまく話せなくてもいいんだよ
ただね、
あなたがドアを開けてくれたことが

うれしかったから

827 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :05/03/18 10:27:51 ID:q+z/HUb3
「春風」

両脇を過ぎるシナリオは嵐 

土の匂いども 飛び立つ鳥ども 

あたしを乱す諸々のものに

嬉しい顔など見せたくもない

828 :tef:05/03/19 09:04:32 ID:wKCbcC4H
椅子に座って上を向いて、見えるのは天井

ずっとそうしてると少し眩暈がして、

椅子を傾け床を傷つけて、見えるのは天井

ただ遠くを見てるだけ

829 :名前はいらない:2005/03/21(月) 15:57:45 ID:m6xxhTDQ
娼婦アローナと愛猫ダミアン
窓枠に肘掛け雨空を見つめる
ああ 明日も雨ならば
誰かがわたしを買ってくれるかしら
震えがとまらない指先
ダミアンはなかない
唖だから

830 :名前はいらない:2005/03/24(木) 00:47:48 ID:p9IB+o3M
本当に見たいならその水鏡覗けばいい
恐かったからでしょう
人の描いた複製のほうを選んだのは

なぜ
なぜ

覗き込む勇気のなかった自分を簡単に忘れられるの?

水鏡かそれとも複製か
その第一の判断には私は関わっておりませぬ
それはあくまで貴方の判断私に何が選べたと?
なのにそれを認めたくないのですね

貴方は最後だけやってきて
第十だけ見せて責める
これはお前がやったのだと

そうやって被害者になってみせる
弱いというより
卑怯です

もうわからない

831 :mixi ◆mixi/mst3w :2005/04/08(金) 20:33:18 ID:0f8ykzgt
ぎゅって抱きしめる幸せ

あまえてね
あまえててね
たたかってるあなたもすきだけど
こねこみたいにおおあくびするあなたもすきだから

ぎゅって抱きしめた温もり
もうちょっと二人を楽しもうよ

832 :名前はいらない:2005/04/14(木) 22:49:02 ID:nYIhUi01
道さえなければ
進みたいと願うことも
進めなくて泣くことも
戻れなくて後悔することも無かっただろう

833 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/04/28(木) 03:42:56 ID:kogc800O
生きていてよかったと
弾力のある皮膚を感じながら
眠る夜に思うんだ
当たり前の体温が嬉しい

834 :mixi ◆mixi/mst3w :2005/04/28(木) 14:32:11 ID:GdJqkB57
怖かったけど そうするしかないから
とりあえずそうしてみた
その日世界で一番幸せだった友達から受け取ったブーケを両手に抱え
爆発しそうな心臓を感じながら
あなたの耳元で そっと

まだまだ先は長いけど
永遠にふたりで生きていく約束だけ先に言葉にしてみた


835 :mixi ◆mixi/mst3w :2005/04/30(土) 03:43:52 ID:CEu2NhOk
手をつないだり抱き合ったりしただけで
ほら もう一時間がすぎちゃったよ
ふたりでいられる時間はあとどれくらいだろう
会えることの嬉しさと離れることの寂しさが入り混じるこの感情を
唇の熱さを添えて伝えるから 受け止めてね


836 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2005/05/03(火) 01:17:32 ID:1+ir6Prx
失われたと思ったものはその実
確固として存在し成長し
勝手に逸れていた僕に
異なる草食獣の顔でまみえては
蹄を舐めることだけ許可をする

837 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/05/09(月) 03:11:21 ID:iUCAl0Fn
この世で一番欲しいものをありがとう
腕の中で眠る薔薇の頬黒い長い睫
柔らかな塊が動き出す
きみが唇突き出して求めるものを
小さな掌いっぱい広げて掴もうとするものを
できる限り与えたいと思う
うまれてきてくれてありがとうありがとう

838 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :2005/05/16(月) 15:33:58 ID:ruls6mjW
「桜(無人村にて)」

人の去った村は時間(とき)が止まって
今はもう誰も住んでいない母屋の庭先
立ち去る人が最期に植えた一本の
桜の若木に薄桃色の花
暖かい陽の光がこぼれる中
それは、はらはらと優しくふりそそぎ
やがて淡い緑色の葉を付け
小さな季節はこの庭の隅で輪廻する



839 :名前はいらない:2005/05/17(火) 23:27:03 ID:n/tpR/Oi
とおりすぎてゆく
わたしのまえを わたしのあとを
わたしのしたを わたしのうえを
わたしのよこを わたしのわきを
すごいはやさで とおりすぎてゆく

さいごまでのこるのは わたしだけ

840 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/05/21(土) 23:32:18 ID:sBsJZzZJ
山古志の崩れた山肌 浦柄の通れない道路
小千谷の歪んだ道路 うちの壊れた柱
でも祖父母は笑っている 美味しいご飯をつくって待っている
内緒で造った濁酒と割れなかった15年物の梅酒と一緒に

841 :うたた寝死人 ◆utatasFSi. :2005/05/30(月) 16:02:20 ID:TrmKfJF3
 「宇宙最強の男」

弟を殴り親父を殴り母を打ち
隣のジジイをけり犬をけり猫オトし
雀と燕にアッパーカット
ライオンのヒゲ抜き象に膝かっくん
火星人と金星人をのして
宇宙最強の証明とはいやはや骨の折れるものだ

842 :QQQ ◆HfD2XMemw6 :2005/06/01(水) 23:22:12 ID:pun4mpHQ
ふと見上げた空はこんなに大きかったっけ
ふと振り返った自分はいつからこんなだった?

あの日に見た空と何も変わらないのに
あの日にいた僕と何も変わらないはずなのに

空に不変を求める僕 不変ではいられない僕

舞い上がるイメージよ もっと高く もっと高く
わからなくなるまで衝き抜けて

843 :mixi:2005/06/02(木) 03:26:49 ID:vp7Su4Zd
一時的な昂ぶりは感情の荒波
攫われれば激流のなか 安穏の日々は遠く
妖精が囁く花園の奥を夢見る僕らは
そぼ降る雨に打たれ決意する
堪えよ涙 見据えよ未来 そしてニルヴァーナへ

844 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/06/02(木) 11:00:47 ID:xb40x+in
憂鬱な午前中の仕事中何もない白い画面の中で
見えたのは私たちが昨日白いシーツの中で行ったこと
白昼夢で赤面した顔を上司に注意された

845 :mixi:2005/06/04(土) 04:14:06 ID:bEfyF5pt
両手で自分をぎゅって抱きしめてみたら
あなたの匂いがあふれてきたよ
それを 体中に感じながら
今日の続きの明日を夢想する


846 :|∀・)ノ ◆xFSmZdQFQI :2005/06/09(木) 03:19:50 ID:0vVJdER4
僕は遠く遠く高い空を飛ぶ鳥を見た それはあまりにも高い場所にあって
もはや羽ばたくこともなく 静止画のように止まって見えた
そんな僕を含めた風景が音楽になって それは「空気」の中に粒子みたく放流された
おまえは僕の過去と現在と未来を 今日 何気なく普通に
「呼吸」していたかもしれないね


だらだら長いものを無理矢理改行しないで5行にしましたw
反則ですねw

847 :mixi:2005/06/10(金) 04:41:05 ID:EO5TIwRn
ふたりで伝え合う悦び

指先で 声で 唇で 
耳元で 体温で 体中で

あなたから私に
私からあなたに

昇るのも堕ちるのも 『ふたり』

848 :名前はいらない:2005/07/02(土) 01:14:58 ID:eKx2zWPt
かんがえなくてもいきをして
かんがえなくてもまばたきをするように

かんがえなくてもいいことのように
このわたしをひきちぎれ

849 :時代の鐘声 ◆JY/BELL1.I :2005/07/11(月) 23:36:16 ID:pwqM6RxV
スレのみなさま、詩の大会の開催のお知らせです。
【一連詩】では5行以内の詩を募集しています。
こちらのスレの方にはうってつけの種目だと思います。
ぜひ、ご参加を!


 ★ 詩の祭典 ポエリンピック 開催のお知らせ ★

各種目に対して投稿された詩を一般投票で金・銀・銅メダルを決定する大会です。
種目は次の5つ! 【無制限】【無常識】【一連詩】【言葉遊び】【電脳詩】

投稿も投票も誰でもできます。
投稿は指定された日時に詩を投稿するだけ!
投票も指定された日時に投票するだけ!
当日の参加を待ってます!

投稿期間 8月 6日(土)〜11日(木)
投票期間 8月11日(木)〜13日(土)

各種目の説明、詳しい日程、投稿場所はまとめサイトにて!

ポエリンピック まとめサイト
http://poelympic.hp.infoseek.co.jp/

掲示板
【詩の祭典】 企 画 ス レ 【詩板革命】
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1115813080/



850 :mixi:2005/07/19(火) 01:15:23 ID:LBCV2IJ6
抱き合った証拠は
乱れたシーツだけ
眠れない夜に
そっと抱きしめる
微かに
貴方の残した香りがする

851 :名前はいらない:2005/07/20(水) 19:07:33 ID:hqb2WJT0
胸がいたいのは
君が残した
刺が眠っているから

852 :toir:2005/07/20(水) 20:53:51 ID:khLF93aI
『うちも・・・』
誰かがこんなこと言ったけど、きっとうれしかった。
(意味不

853 :なうり:2005/07/20(水) 22:29:26 ID:8j250nO0
パンチ 猫パンチ
こんなんじゃ だれも堪えない
あたしが消えちゃうから
それでも 腕を振り上げてみた

854 :名前はいらない:2005/07/22(金) 11:36:00 ID:29Za1CLb
僕以外の人がいて
みんなが呼吸をしているから
この世界は正常に動いている

僕は深呼吸した

855 :ストレンジャー:2005/07/24(日) 04:39:18 ID:O3Xt7hzB
『自嘲』

ポットの中の戯言は
ぬるくカップに注がれて
唇寄せれば溜息一つ
口に含めば熱が染む

856 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/07/30(土) 20:58:10 ID:+w3idHD3
なみだながして
ついでに鼻水も
あしたのあさまで泣き続ける
ついでに夜まで泣き続ける
いいんだ。泣けばすっきりするから。


なつあつい・・・・

857 :名前はいらない:2005/08/24(水) 18:06:41 ID:e9cRHa9V
しんどかったら逃げてもいいよ
今めちゃしんどいよ僕わ
キミに楽しい恋してほしい
消えるわ・・も

858 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :2005/09/06(火) 00:47:42 ID:Lq5fi16E

何かに赦されたかった
ただ願望を口につく事を

気の進まない配慮を帳消しにして
ただ望むままに
望みたいだけなんだ


859 :chacha ◆cha/xejyz2 :2005/11/13(日) 17:20:44 ID:SBfJC3Jr
みかん
じっかん
かいかん
いいよかん
しまいにドカン

フォーshu

860 :名前はいらない:2005/11/13(日) 22:59:13 ID:Cm6OtRK9
黒髪で眼鏡の少女が
往来で
唇を男に差し出していた
大げさに顔をそらし
ニヤリと笑ってみる
それが私にできる
私への唯一の抵抗だった


861 :名前はいらない:2005/11/19(土) 23:12:55 ID:tdLJ97Bx
欲望

壊れたおもちゃは急にいとおしくなり、なおるとどうでもよくなる
綺麗な物も美しい物も感動する物も全て欲望の塊だ
だとすると、汚いは美しい


862 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/10(土) 03:54:42 ID:FLKcQa4r
海面は波が荒くて巻き込まれそうになるからと
人魚姫は海底に引きこもることにした
このお話は何も起きずに朽ちてゆくだけ

863 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/10(土) 03:57:47 ID:FLKcQa4r
出したばかりのおこた しわしわのみかん 
あまざけ ばぁちゃんの声 ゆうげの湯気
外の雪 降り続き おそらがまっしろだね
おこたの中 オレンジ色の光り 汗ばんだ頬
おとうとと目が合って おおはしゃぎしてた

864 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/13(火) 22:05:36 ID:CP7M0ScO
誰にも見られずに
ただここに存在を残したい
穏やかな海のそこで
胎児のように眠っていたい
ただそれだけを望む

865 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/13(火) 22:07:07 ID:CP7M0ScO
人が持っているから美味しそうに見えるけれど
きっとそれはあたしのおいしいものじゃないの
奪ってみて、一口食べてみるまで気がつかなかったの
ごめんね。

866 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/13(火) 22:38:29 ID:CP7M0ScO
甘酒できたかな おおきな かめを覗き込んで
くんくんくん あまい すっぱい 匂いをかいだ
しろくて あったかくなる てづくりののみもの
ふゆの 匂いと 味がしました

867 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/13(火) 23:00:09 ID:CP7M0ScO
どうせ壊れてしまうものだから いつか朽ちてゆくから
だから いとおしく感じているのかも知れない
あなたは、わたしを大切に扱い 優しく触れる
絹の下着を着けて 熟れるのを待っている
爪を切ってもらいながら 壊れてしまう日を待っている

868 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/15(木) 13:36:26 ID:DUXGeBaM
あなたという液体36.5℃奥はもっとあたたかいの
あたしは中心を目指して潜水をしたもっともっと深くまで
だけどどうしても息が続かなくて水面に顔を出してしまう
あなたという海はとてもとても深くて広いからなのでしょう

869 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/16(金) 11:47:09 ID:gzpTvFNM
お互いのつま先がキスをして
それからあたしは踵を上げて背伸びして
あなたの制服のおなか辺りをそっと引っ張る
そうしたらあなたはほんの少しかがんで
お互いの眼鏡のフレームをキスさせた

870 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/16(金) 11:52:23 ID:gzpTvFNM
大根がアスファルトの隙間から生える今日この頃
近所のおじさんもおばさんも子供もフラフラしてる若者もお水のおネェちゃんも
つながることののない人々が一つのコトで一体感をもてました
大根を盗むとしたらそれはみんなのつながりを盗むということなのです
あるの隙間に生まれた猫が盗まれたとしたら
きっとそのつながりも盗んでいったことになるのかなぁ

871 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/16(金) 16:13:43 ID:gzpTvFNM
オレンジ色のマニキュアを塗りながら
明日はこんな幸せな色の一日になるように
祈っているんだ
きっと揮発した祈りが天に届くと思うから

872 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/19(月) 23:12:16 ID:38xjtFcC
魔女のとんがった靴をこっそり履いてみて
悪戯で魔法の箒にまたがった

空は風が強くて寒いだけでした
今度は真っ黒いアゲハチョウのマントも
借りたいと思います

873 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/25(日) 22:31:49 ID:goNZ9jdc
( ・∀・)イソイデモイイコトナイヨ
ソレデモアセッテハシリダシチャウンダ(・∀・ )三三三三3
(・∀・∀・)キミノコト、シンジテナイワケジャナイ
( ・∀・)(・∀・ )スキナヒトハイツダッテ、キレイニミエルカラ
(゚Д゚)サキニイッテシマワナイカ、フアンニナル

874 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/25(日) 23:10:34 ID:goNZ9jdc
今年も何もなかったね
来年も何かいいことあるかな

875 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/26(月) 23:11:11 ID:lySv2Ys+
さむいさむい部屋のベッドで雪に埋もれたスノーマン
掬い出して救い出してその奥に眠っているのがあたし
ハロゲンヒーターオイルヒーターあなたの掌あなたの舌
あなたのカラダに触れたなら雪解けやってくる春なのでしょう

876 :中村 八分:2005/12/31(土) 13:01:21 ID:/8kM8NXe
都会で見えた初日の出
私は子供のようにはしゃがなくなってしまった
跳んで足がついた時には 隠されてしまった
未だ日の出は来ないのだ 
日が出たことを誰かに話してほしくて たまらないというのに

877 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/31(土) 14:32:36 ID:itlnCXOM
ヴィレッチヴァンガードで待ち合わせて
手をつないでマニアックなマンガ本かって
階段下りて古着屋さんとBEAMSを覗いたら
ラフォーレの前で手をつないで古町を散歩する
制服のスカート翻して白いマフラー泳がせて
僕らは短い時をすごした

878 :名前はいらない:2006/01/03(火) 22:28:44 ID:MtkKcvNx
切れ目なく
流れてゆく時間に
つけられたしるし

足跡は消えても
爪跡は生々しい

879 : ◆Wani6uvhK. :2006/01/06(金) 19:30:27 ID:u2xlZAIZ
やる気のない初日の出にび色の雲の下
蜘蛛の舌が這うようなゴム長靴の中の湿った靴下
ナカの湿ったやる気のないあたしにゴムが擦れて
鈍色の空を指差して言ったんだ「初日の出」

880 :mixi:2006/01/11(水) 00:53:33 ID:Hmnplk2v
低く垂れ込める雪雲
凍りつく吐息
空っぽの胸の中
抱きしめて欲しかったのは
貴方だから
ぎゅっと

881 : ◆Wani6uvhK. :2006/01/17(火) 05:12:07 ID:gdCs8l/k
マスタードつけたレタス、ウィンナー巻いて 
しゃきっ、かりりっ。歯に当たる弾力、ぷちり。
あたりの舌の上に広がる、熱、油。じわり。
咀嚼、そしてあたしの中に呑み込まれてゆく、肉。

882 : ◆Wani6uvhK. :2006/01/20(金) 04:43:03 ID:GEGx0B70
呑み込んで白濁、混ざり合って透明
伝い落ちる不要になった幸せのカス
それは終了のホイッスル
埋め込まれた弾丸が作り出す傷
ティッシュが拭き取る空虚と孤独

883 : ◆Wani6uvhK. :2006/01/22(日) 01:13:50 ID:IWrTr6un
どうしようもない幸福の夢
覚めたくない、醒めたくない、冷めたくない。
ぬるま湯の中で泳ぎきるまでこのままで。
あと、5分、寝かせてほしい。
そっと目覚まし時計を止めた。

884 : ◆Wani6uvhK. :2006/01/22(日) 01:26:13 ID:IWrTr6un
発芽した命 蝕んでゆく体
果てしない嘔吐 瘠せてゆく頬
青白い顔 膨らんだ気がする腹部
無理やり口に詰め込んで摂取する栄養
何度吐き出しても それでも育ってゆく寄生虫

885 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :2006/01/24(火) 01:24:08 ID:4d2MR4dT

雑踏に混じっている悪意から離れて
人恋しさに耐え
倦怠感に蝕まれて
自由と孤独をはき違えている




886 : ◆Wani6uvhK. :2006/01/25(水) 15:19:18 ID:d7m5GE0z
X線を浴びて 流れ出た寄生虫
鮮血と腹痛を伴う排泄
床を汚して どこへ帰ろうとしたのか
最後に一度痙攣して 息絶えた

887 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :2006/01/26(木) 17:09:19 ID:l18DpRyn

何処へいったの?
どこへ行ったの?

かつてと今を隔てる 繰り抜かれたカタチを求める声
たとえ戯れでも 
あの感情に顔と名前を与えてしまったから


888 :みずき ◆8A4oVaRg.6 :2006/01/26(木) 17:44:54 ID:8f5lRJNr
空を見上げて何を思う?
たそがれをしていないで
神がいるならば
願いをしてみて

889 : ◆Wani6uvhK. :2006/01/27(金) 12:15:31 ID:qS1Mk+1P
法律に触れていなくても人々を不快にしたこと
だけどそれに彼らは気がついていない。
相変わらず自分が潤うための偽称を繰り返し
装飾を施して大きな張りぼてを作る
いつか、崩れてしまうまで高速で金儲けをしながら。

890 : ◆Wani6uvhK. :2006/01/27(金) 13:58:39 ID:qS1Mk+1P
河が広くなるほど緩やかになる
河は下流に行くほど広がってゆく
わたしたちは広くて緩やかな河になった
のんびりと海を目指す

891 :mixi:2006/01/28(土) 04:08:17 ID:hIy8W4wO
空の役割

雲を運ぶ
風を起こす
心を清める
私を慰める

892 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :2006/02/06(月) 00:11:59 ID:eFuR6+Mb

僕は哀しい生き物だから と
言い放って消えてみても
数時間で連絡がとれてしまう
悲しい世界だ


893 : ◆Wani6uvhK. :2006/02/08(水) 15:49:14 ID:Wgy3m8rd
私のおなかの中に流し込まれるソース
狂ってしまいそうな夜まだ正気を保ち続ける
誰かが私を狂気と呼んでもここに意識はある
留めているのは貴方の腕とKissがあるから

894 : ◆Wani6uvhK. :2006/02/08(水) 18:37:46 ID:Wgy3m8rd
甘い大地 うずもれる欲望
きっと貴方は 胎児になった
わたしのなかで まるぅくなって
まなこを閉じて 休息をしている

895 : ◆Wani6uvhK. :2006/02/08(水) 19:05:10 ID:Wgy3m8rd
やわらかい体に憧れて
空まで手を伸ばしたら
ものすごい伸びる、伸びる
沈んでしまいそうな太陽を
ちょっと待てよとつかめちゃうくらいに、ね。

896 :名前はいらない:2006/02/10(金) 20:31:21 ID:pZpCdhFO
喜びを飲めば吐き出し
怒りを食べれば胃もたれ
哀しみより悲しみが食べたい私に
楽しい食事はあるのだろうか

897 :ゆーり:2006/02/23(木) 19:50:22 ID:OfpXN+gh
伝えてはいけない
この気持ち

知ってほししくない
この事実

あなたにだけは・・・・

ごめんなさい

あなたは悪くないの
全て私が悪いの


・・ごめんなさい・・・

898 :ゆーり:2006/02/23(木) 19:58:46 ID:OfpXN+gh
まるで全てはおとぎ話のように
一瞬で
恋に堕ちた

899 :ゆーり:2006/02/23(木) 20:00:58 ID:OfpXN+gh
たまには空でも見上げてみようよ。
ほら
世界はいつまでも続いてるってことが
わかるでしょ?

900 :名前はいらない:2006/02/23(木) 21:29:07 ID:ThGiu4sB
彼は友達を食べました。凍える雪の中、友達が先に眠ってしまいました。彼は友達を食べて生き残りました。人々は彼を鬼だと言いました。しかしだれも彼を裁くことはできないのです。

901 :名前はいらない:2006/02/23(木) 21:53:43 ID:g2py8lmL
「踏み切り」

私の向かう先 踏み切り有り
私立ち止まる 踏み切りの前

カンカンカンカン 電車通る

私通る 踏み切りの先
電車の中 踏み切りの話したろうか
電車の中たくさんの人 私は一人

902 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2006/02/24(金) 14:39:23 ID:W4IdZQn5
すべすべとしたリネンに頬うずめ
乳白色の朝に溶けてる
そしてもうすぐ微笑んで起きる
体の中に可愛いエネルギー
くるんくる くるんくる にこにこ にこにこ

903 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2006/02/24(金) 21:23:45 ID:eC8hnAYd
今日と言う日もきっとどこかに
君は花粉を散らして来てる
春の気配と雪解け水では
感作を止めることはできない

904 : ◆Wani6uvhK. :2006/02/24(金) 21:47:03 ID:B6jpb+J7
くるくる くるくる
氷の上のお姫様
しりもちついた
くるくるどすん
くるくるどすん

905 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2006/02/25(土) 21:54:49 ID:vl1Eh4+T
今日もくしゃみどこかでくしゃみ
君と仲良くできなくなった
君は溢れ出す異国(とつくに)の花
強い心根は美しいのに

906 :名前はいらない:2006/02/26(日) 08:26:20 ID:92zY3o4g
逆行する電波時計

東へ沈む太陽

延びていく蝋燭

もう あの日の僕には戻れない

907 :名前はいらない:2006/02/26(日) 22:01:58 ID:R52heQDy
好き・・・
これがあたしの精一杯の言葉です。

908 :名前はいらない:2006/02/26(日) 22:35:13 ID:UsWPN70W
扉のノブを回す前に彼女はこちらを振り返った

909 :名前はいらない:2006/02/27(月) 21:33:51 ID:YlGUD2w6
霧霞の彼方

双頭の鷲が飛立つ時

幾万本の茨の棘に抱かれ

七対の黒い太陽は血を流す


910 :名前はいらない:2006/02/27(月) 21:56:18 ID:9zlV41OQ

『日々を過ごす』

例えば
僕がいなくたっても
明日は変わらずやって来るもの
どうせ月がキレイなら
眺めてる方がずっといい



911 :名前はいらない:2006/02/27(月) 22:00:26 ID:OeUbgouu
寂しさは過去の罪に諦めた
忘れる事が解放への糸口ならば
僕は忘れてしまった方がいいのだろうか

あの日の苦しそうな声とか
かき乱されるような電話の向こうの嗚咽とか

最後に捨てられてった
絶望と憎悪の言葉とか

912 :すぱこらいだー ◆2LEFd5iAoc :2006/02/27(月) 22:07:09 ID:3eYSZL2l
貴方に
付けられた
フカイキズ

一生治らない

913 :名前はいらない:2006/02/28(火) 14:54:54 ID:N2a3lDHv
何にもない 何にもない
孤独な世界にたった独り 取り残されたあたし
そうして今も 誰かの手を待っている

914 :名前はいらない:2006/02/28(火) 16:37:08 ID:zGpmHGgR
手にしたいものなんて
全部指の間からすり抜けて行く
あたしが欲しいものは全部、
全部指の間からすり抜けて
手の届かないあの星屑になる



915 :シオン ◆poetsyov/2 :2006/02/28(火) 20:56:50 ID:dFaq+4Ta
失うことを畏れて
握り締めていた
拳のままじゃ
何もつかめないのに
この手を開く鍵はどこ?

916 :CRYer:2006/03/03(金) 22:13:50 ID://Io+lQJ
オレの言葉があまりに無力だから
何かかわりに輝くものを目の前に並べれば
君たちにオレの中で散っていく夢の花を
伝えられるだろうか・・・
曇り空の遠く遠く空の下から・・・。

917 :CRYer:2006/03/07(火) 23:23:55 ID:BWMfDB3c
そうか
空と海は繋がっているのか
ならば
オレは落ちていく
暗い海の底に
空を飛ぶため・・・

918 :名前はいらない:2006/03/15(水) 11:21:20 ID:sSo521Tn
いくつも地上におろされる
細くうすい 金色の道
だれが歩くためか どこへ行くためか
朝 雲のわずかなすきまから

919 :名前はいらない:2006/03/17(金) 19:29:51 ID:7oz0YFeW
光が眩しすぎるから
闇に引っ張られもする
生も死も善も悪も
全て忘れて
虚無の深淵に眠りたい


920 : ◆Wani6uvhK. :2006/03/18(土) 13:40:16 ID:U9X14OjG
真っ白な道を辿り いつかたどり着く日を夢見て
赤い川を泳いで 緑の小屋で寄り道をして
青い山を乗り越えてやってきた 目指したどこか
目を閉じて呼吸をする そこは真っ黒な世界

921 : ◆Wani6uvhK. :2006/03/18(土) 13:44:26 ID:U9X14OjG
しゃきしゃきレタスと真っ赤なトマトのサンドウィッチと
ミルクティーと オレンジ一個で朝ごはん
土曜日の昼下がり 今日は病状安定
ゆっくり咀嚼して 喉を通ってゆく おいしい。。。
天気は上々 今日の買い物は少し遠くまで 行こうと思う

922 : ◆Wani6uvhK. :2006/03/28(火) 15:38:02 ID:k152cXa3
金平糖の棘みたいと君が言う
舌で転がすととけてまぁるくなるよ
君の舌に甘さをのこして

923 :雪山:2006/03/28(火) 15:43:12 ID:Gg/0Awfp

上を見た
見上げた先には
蒼い蒼い空が広がっていて
ふと
空が近く思えて
手を伸ばして
掴もうとした
こんなにも近いと思っていた空が
こんなにも遠い
届きそうな距離なのに

まるで

君と僕の距離みたいで

924 :名前はいらない:2006/03/29(水) 02:25:38 ID:0Vsyg7mW
ストローでつぶす
柔らかい 柔らかい 柔らか
 
流れるまだそれ ここに あるよう

見えません 髪がじゃまするので
見えません? 灰色の鉄塔と 降る銀の 


925 :名前はいらない:2006/03/30(木) 09:14:29 ID:ZNHCU1LY
雨が降った
風が吹いた
傘は折れ
どこまでも続く灰色の空をただ睨んだ
その時僕は忘れていたんだ
当たり前に巡り来る太陽の暖かさを

926 :名前はいらない:2006/03/31(金) 10:03:01 ID:3v4vsNA8
斡旋先
に眠る銀

嬉々とした
頭を垂れる
元老中
の首が覗く
風景

いまも囁いているのだ

927 :おしゃま猫:2006/03/32(土) 00:01:37 ID:BpkxNF1F
>>925
すごい良い詩ですね!
良かったですb

928 :名前はいらない:2006/03/32(土) 17:31:10 ID:hllsIkkE
>>927
うわぁwありがとうございますww
まさか誉めて頂けるなんて…嬉しいなぁ(*´д`)
宜しくですw

929 : ◆Wani6uvhK. :2006/04/07(金) 23:06:27 ID:EEU+baU/
壊れたおもちゃ箱の中に見つけた
あの日から忘れたことのないモノ
ライナスの毛布 柔らかな夢
眠りに落ちる瞬間に見えたあの空

930 : ◆Wani6uvhK. :2006/04/11(火) 12:26:25 ID:QgeB+YHH
失ったもの はじめて気付く大切さ
小さいときに抱いていたギンガムチェックのテディベア
いつまでもどこまでも探し続けている
そこにいたのは 何も知らない無垢な私

931 : ◆Wani6uvhK. :2006/04/11(火) 12:29:39 ID:QgeB+YHH
瞼の裏側にウォーターカラー
いつもよりマスカラを濃くつけて
涙を零すようなへまはしないように

下は向かないで前に進もう

932 :M ◆8k0qigwfMc :2006/04/14(金) 20:21:44 ID:iiwsDQcG
ヒャダルコ
という言葉に
デカダンス
を感じる
と言っていたあいつは
天才
なのか?

933 :名前はいらない:2006/04/14(金) 21:20:39 ID:WV9Gw/3z
血の道歩き剣を取れ
火の馬駆って星になれ
人間一人に重すぎる
世界一つに軽すぎる

934 :名前はいらない:2006/04/15(土) 09:56:45 ID:ZiU8D/yZ
桜が散る 桜が散る
風に散る

ちがうよ
あれは飛び降り自殺

935 :M ◆8k0qigwfMc :2006/04/15(土) 15:41:38 ID:smHC79zU
イオナズンは
ポップアートだ
あいつは
言った
理解
できない

936 :名前はいらない:2006/04/17(月) 20:01:06 ID:srQdaY7M
普通で在ることを難しいと思っていた
私はいつも特別で在りたかったから

そして気が付いた事
私が特別で在りたかったのは
私が普通であるからだ



937 :名前はいらない:2006/04/17(月) 20:30:14 ID:VFIkG0fB
汁物言わず。言う者知らず。

938 : ◆Wani6uvhK. :2006/05/03(水) 00:44:00 ID:AmI7lDOA
背中がちくちく痛いときはこれから天使になるんだと思った。
いつまでも空が飛べないまま病室で囚われの姫
傷跡はそれでも誇れるものの一つでここのすべては大切なもの
なのにさらに広い空を夢見てしまうのはなぜだろう行ったこともないのに

939 : ◆Wani6uvhK. :2006/05/06(土) 18:41:56 ID:E6CLcysV
覗き込んだラムネのビー玉大きく見える気になるにきび
彼は突然喋りだしてこんなことを言ったんだ
「これから君のつらい気持ちを僕が食べてしまうからそのあと僕を潰しておくれ」
にきびを潰すと痕になる体質のわたしは彼が潰れないように
そっとクレアラシルを塗ってみた。つらい気持ちはゆっくりのんびり消えていった

940 : ◆Wani6uvhK. :2006/05/06(土) 18:47:16 ID:E6CLcysV
大切なものほど壊してしまいたかった
放課後の教室のあの瞬間も帰り道に見たあの夕日も
ずっとずっと続いてほしかったものはいつかなくなってしまうから
自分の手で終わりにしたかっただけなのに
壊れてしまったあとにいつも後悔してしまうのはなんでだろう。

941 : ◆Wani6uvhK. :2006/05/17(水) 21:49:20 ID:N5CWwuOu
どこまでも遠くに行きたかったのはきっと幼かったからで
誰かに守られている安心感があったからこそ走ることができた
何の庇護もなくなってしまったときから足が固まったまま
自由っていうのはゆるい縄で制限された中でこそ自由なんだって思った

942 : ◆Wani6uvhK. :2006/05/17(水) 22:21:11 ID:N5CWwuOu
機屋の娘として生まれたのに
着付けのひとつも出来ません
きることのない着物ばかりが
箪笥の肥やしになっています
祖母が内職してた絞りの着物
隣のうちから聞こえる機の音
絹の肌ざわりが私の故郷です

943 :名前はいらない:2006/05/18(木) 10:49:57 ID:vHMOIcDh
こんどの週末会いに行くよ 長い距離を超えて 
僕らは恋をした 冷たい雪の中  
ポケットにすべりこんだ 君の手は暖かい 
 

944 :矢倉 ◆tHQfQPPPks :2006/05/18(木) 22:49:56 ID:vZCoozU6
今人生の温度が高い
こんなに高くなったのは何年ぶりのことだろうか
いつまでこの温度が続くのだろうか
ほっとけばすぐ冷めてしまう「それ」は
心の中を今日も熱く沸騰させた

945 :名前はいらない:2006/05/19(金) 00:36:15 ID:ItWS/TDH
    -=´-ァ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::/ |:::li:::: ::::. ::::ヽ.
      /::::::::::::: :::::::::::: ::::;/変態:|,,!:::iヶ;::::::::::::ヽ    
     ,.':::;:::::::::: .::::::::.:::;∠''''''"  l:ノフ仁メ、!::::::::::、:ヽ    
  .  /:::;ィ::::::::::: :::::::::,、イー'゙i`   ,'/ "iーケ`i::::::::::;:`iヾ   僕の気持ちはいつも君に届かない・・・
    '/ノ;:::::::::::::::::::::| "´ ̄  .::::/ヽ` ̄ ノ:::::;ノ:::ト、!    それは梅雨の雲が・・・僕の心を多い尽くしてるからかな・・・
    ィ-イ:::::::::::::::::;、l ////       '  /,:イ´::ノ:! '|    多分・・・きっと梅雨が明けたなら・・・
      !::::ハ::::i´!| ヾ     _,:.‐.‐ュ、  ノ;:::/`'      僕の気持ちが届くと信じている・・・
      V ヽ:ヽソ、        ̄    クイ/       その時までに・・・僕の心がつぶれてしまわないように・・・
         ノ,ィ;::::::::ヽ、       /ィ_' ´        雲の隙間のお星様に祈っています・・・
          _,.`=',  ` ` 'ー-‐''l/"7'         
        く{"   '´!       /'〉 }          
         ヾ.、    l     ,. /" ,.'-------- 、..___
          ヾ、  r'ゝ、,,./ /'/            ̄`ヽ、


946 :名前はいらない:2006/05/19(金) 00:40:06 ID:ItWS/TDH
    -=´-ァ::::::::: ::::::::::::::::::::::::::/ |:::li:::: ::::. ::::ヽ.
      /::::::::::::: :::::::::::: ::::;/変態:|,,!:::iヶ;::::::::::::ヽ    
     ,.':::;:::::::::: .::::::::.:::;∠''''''"  l:ノフ仁メ、!::::::::::、:ヽ    
  .  /:::;ィ::::::::::: :::::::::,、イー'゙i`   ,'/ "iーケ`i::::::::::;:`iヾ   僕の想いは最後まで君に届かなかった・・・
    '/ノ;:::::::::::::::::::::| "´ ̄  .::::/ヽ` ̄ ノ:::::;ノ:::ト、!    どうして届かなかったんだろう・・・
    ィ-イ:::::::::::::::::;、l ////       '  /,:イ´::ノ:! '|   最近・・・僕はいつも星を見ながら考える・・・
      !::::ハ::::i´!| ヾ     _,:.‐.‐ュ、  ノ;:::/`'      その時いつも思うのは・・・鳥のような翼がないからだ・・・
      V ヽ:ヽソ、        ̄    クイ/       神様・・・どうか僕に翼をください・・・
         ノ,ィ;::::::::ヽ、       /ィ_' ´        そして僕の大切な人たちへ・・・
          _,.`=',  ` ` 'ー-‐''l/"7'         僕の想いが届くことを祈っています・・・
        く{"   '´!       /'〉 }
         ヾ.、    l     ,. /" ,.'-------- 、..___
          ヾ、  r'ゝ、,,./ /'/            ̄`ヽ、

947 : ◆Wani6uvhK. :2006/05/19(金) 14:02:46 ID:Imt2oo6s
つもりつもったゆめのなかの埃
めかくし鬼さんこっちへおいで
たのしいおはなしはここまでだよ
いま消えたのはやさしいこころ
手のひらがひんやりと肩を叩くよ

948 :宮坂-即興-純:2006/05/20(土) 17:07:54 ID:75W/nvNP
「きな粉」

音たてて崩れた  女の靴の踵
砂粒のように粉々に と言ったら
きな粉って言ってよきな粉って だって。
私のヒールを勝手に詩にするのはよして
ごめん、分かった  と言いつつも。
私は腹の内で答えてやった

おお、美しい君よ!
 君はなにゆえにわたくしが君から詩情を見い出そうとするのを咎めるかぁぁ!!
ざまぁざまぁ。

949 : ◆Wani6uvhK. :2006/05/26(金) 23:56:23 ID:kIYT4ojy
目覚める直前の夢がファンタジーで、
常識から外れれば外れるほど現実に対応しきれない。
ぼんやりした記憶の中で本物はどれなのか探している
夜明け。

950 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :2006/06/08(木) 12:52:00 ID:OpLOEIcV
>>838 |∀・)ノ ◆xFSmZdQFQIさま
スレ違い失礼します。
詩板本 2冊目スレッドにて2005年分の投稿作品による作品集を企画しています。
桜(無人村にて) を是非掲載いたしたく。掲載許可をいただけますでしょうか?

951 :名前はいらない:2006/06/15(木) 00:51:49 ID:oENgI73X
わに

952 :名前はいらない:2006/06/15(木) 16:19:33 ID:xIcBEOnc
遙かなる夢路のはて、新しき星へと辿りつく

953 :名前はいらない:2006/06/15(木) 22:05:57 ID:K+pmACuA
ナイフそのものが犯行を起こした
被害を受けたのはシルクの布で
その目撃者は監視カメラ
事件を最初に口にする郵便受け
その隙間を埋めるようにして
人という人が遅れて配置に着く
慌ただしくも平和な一日


954 :山羊:2006/06/15(木) 23:29:38 ID:DzujCWNx
無茶な手術で父を殺された
ああまさしく殺された遺族の
礼儀正しい記者会見
刑務所にいれろ!と叫んでもかまわないのに
報復を!と
息巻き喚いてもかまわないのに
俺たちは彼らの怒りを許す
俺たちは俺たちの父と母の為に
怒りを許す

955 : ◆Wani6uvhK. :2006/06/17(土) 18:14:53 ID:yg1go5IY
>>951
お呼びでしょうか、御用事でしょうか、何事でしょうか
このごろなかなか顔を出さずに申し訳ございません。
それともわたくしのことではなかったのでしょうか
それなら申し訳ございません。申し訳ございません。

956 :名前はいらない:2006/06/18(日) 06:13:18 ID:rFfFlhqs
祈りにクツを履かせてあげる
もう少し大きくなったら
クツひもの結び方を教えてあげようね

車には気を付けて
ケンカなんかするんじゃないぞ
みんなと仲良くするんだぞ
それじゃ、行ってらっしゃい



957 :名前はいらない:2006/06/19(月) 11:41:04 ID:tJt48mzc
ここは芳しき花園か、はたまた凍てつく氷河か

958 :宮坂純 ◆Q.YLOO/tn6 :2006/06/30(金) 01:41:56 ID:Ri49Nk+g
「きな粉・2」

きな粉だって随分詩的じゃないかねぇ君い
思わせ振りな名称 もとの形状
大豆は多くのための血肉に 粉をひくという行為―睨まれた
だが心の中で私は おお君は何故ゆえ(中略)ざまあざまぁ。

959 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2006/07/15(土) 23:29:51 ID:1Bg/cNNG
きなこを黄色い粉って黄な粉って
書くのって少し粉っっぽい

でもその由来は大豆だと忘れず
豆乳 豆腐 納豆 イソマルトオリゴ糖らと
確実に だぶらないように献立を練る

960 :名前はいらない:2006/07/21(金) 15:14:04 ID:WpCAbKaD
こなき爺いは
黄な粉を投げる
そんな気がした

砂かけばばあが
砂をかけているところを
見たことはない


961 :朱鈴:2006/07/21(金) 16:20:05 ID:LFX2vn5h
強いって何だろう?
強い人って誰だろう?
力を持つ人?知恵を持つ人?それとも心の強さとか?
基準がないから正解も無いけど…正解はたぶんこれだ。
“強い人なんてものは存在しない”

962 :名前はいらない:2006/07/21(金) 17:07:32 ID:Qgr5X9jQ
通勤にバス
今朝は雨降りで私が傘
お腹の赤ちゃんと

963 :◆LOVExQ8Sgc :2006/07/24(月) 03:16:38 ID:LJFig5OC
隣のあなたの寝言

『姫 愛してるよ。大好き』はっきりした寝言
びっくりして、慌てて『うん』って返事したの
返事した後で少し笑っちゃった私。
切なさと愛しさが溢れて来てあなたの寝顔を見つめてた。

964 :名前はいらない:2006/07/24(月) 20:39:40 ID:PQMZrJkE
鳥が海に落ちるように
魚が陸に上がるように
歯を食いしばって
自分を痛めつける気持ちが
あなたに分かりますか?
あなたなんかに分かりますか?
鳥に聞いて下さい
魚に聞いて下さい
苦しいのかと
辛いのかと
そしたらどちらも
血の涙を流し
いつまでも
雨を降らすでしょう

965 :名前はいらない:2006/07/26(水) 08:26:54 ID:SopeY5Ca
毒入りのジュースの缶
転げ落ちて
サイレン鳴り響く夏の午後

966 :chacha ◆cha/xejyz2 :2006/07/26(水) 13:30:10 ID:RhwRcueZ
次スレ立てたyo!

短い詩のスレッド 2
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1153888117/


967 : ◆Wani6uvhK. :2006/07/27(木) 05:09:01 ID:/QMPsgjP
秘められた頭蓋骨のその中に閉じ込められた
密室の中で繰り広げられている思考の渦が
のんびりと全身を毒して行き黒い色に染め上げる
へんに優しい声を出して能面のような笑顔を見せて
やわらかくて傷つきやすい部分だけを攻撃するこの世界

968 :名前はいらない:2006/08/17(木) 03:11:12 ID:iwTcX+76
「月」

形を変えても
見えなくても
空には確かにあるから
歩いてゆける

969 : ◆Wani6uvhK. :2006/08/17(木) 20:28:56 ID:Im25No9p
夜風が昼間のほてりを冷まし
風鈴がちりん、と音を冷やす
いつもとおんなじ夏の夜
寝る前に泳いだ蚊帳の緑色
あしたもきっと焼ける日差し
見てた夢の続きは星祭

970 ::2006/08/18(金) 01:19:47 ID:PWnZmqOa
ひとり散り行く花の中
君と会ったのもココだった
同じ花の庭園で

君は妖精のようだった
春にだけ来る妖精そのもの
君はフラリと姿を見せて
僕の心を持っていく

春だけ見せるその姿
僕等に春を知らせてくれる

971 : ◆Wani6uvhK. :2006/08/19(土) 11:15:07 ID:UZkDE5aA
この夏の気温は高すぎて私はきっと沸騰してしまう
太陽の攻撃かわして目的地まではたどり着けない
見えるはずのないものが見えてきた蜃気楼
夏の空気を泳ぎきるなんて私にはとても出来そうにない

972 : ◆Wani6uvhK. :2006/08/25(金) 19:33:58 ID:af8/wh4e
ほおずきが色づき始めて
あさがおの種がカラカラ音を立てて
浴衣の裾を秋風が通り抜けたから
もう夏とは別れなんだと思った

973 : ◆Wani6uvhK. :2006/08/30(水) 20:03:15 ID:3fTLB0zG
烏の影に導かれて夕方の三日月にのぼる
秋の空は高すぎて指先が届きそうで届かない
烏はわたしを置いていってしまう
黒の影は小さくなり最後に点となった
薄っぺらな三日月を見上げる

974 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2006/09/08(金) 00:43:32 ID:Da63l6bl
「秋雨上がり」

くるっくる・ちびくまの手
山の明かりを見つめてる
しばっしば・またたきして
お星が降ったんだねと指す

975 : ◆Wani6uvhK. :2006/09/08(金) 22:34:22 ID:tJ/k2ldp
夜は終わる。明星が瞬く。世界が変わる。
冷えた空気に陽が射して暗闇が過去に変わる瞬間。
僕らはコーヒーの湯気を立てて闇とお別れをした。
さようなら。さようなら。さようなら。

976 : ◆Wani6uvhK. :2006/09/24(日) 13:47:13 ID:Fwd0LDJl
「ぬくもり」

てのひら
ほほ
うでのなか

くちびる


977 : ◆Wani6uvhK. :2006/09/24(日) 13:47:48 ID:Fwd0LDJl
おかあさんがてをひいてもらったかえりみり
うるさかったセミのこえはもうきこえない
ちかくのスーパーでチョコレートをかってもらったら
にのみやさんちのポチのあたまをなでるために
かどをひとつはやめにまがってとおまわり
えみちゃんがてをふっているよ
ろぼっとをこわしたことはゆるしてあげようね
うちはすぐそこ げんかんまでかげがのびた

978 : ◆Wani6uvhK. :2006/09/24(日) 14:55:11 ID:Fwd0LDJl
半そでのシャツを取り込んで
長袖のシャツを引っ張り出す
天気良好洗濯日和
足元の猫と遊びながら高い空を見る
風が涼しくって、気持ちがいいね

979 :名前はいらない:2006/09/25(月) 00:25:14 ID:RE0mZdVG
(≧▽≦)

980 :青の羊 ◆pNGtbbWniA :2006/09/26(火) 03:00:36 ID:4FIMZMjh
多くを求めるほど 裏切られる
何一つ求めなければ 独りに苦しむ
そこそこを求めて ほどほどにしとくと
中   途   半   端 
といつも罵られる    Otz

981 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :2006/09/27(水) 15:28:28 ID:OHN+HXh8
ああ、風が吹くよ。



食べたいもの、たまには食べよ。

216 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★