5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

酒の詩集

1 :のんだくれ:04/06/13 21:23 ID:3yYk1qm7
此の世のうさを晴らすなら
ひとくち呑んで話そうや
愚痴の一言云いたけりゃ
酔って呑まれて愚痴零せ
愚痴もひとりじゃ淋しだけ
一言聞いて下さいな
酒もそろそろ醒める頃

55 :のんだくれ:05/01/09 18:59:55 ID:OAQy6FbS
>>52->>54arigatonenn. akeome.kotoyoronn.

久々に日本酒なんぞ呑んでみた
生まれ故郷の日本酒は十四代が美味いとか
だけど今回御年始に越乃寒梅貰いけり。
どんな味かとひと口をビールグラスに注いだら
なんとまろやか美味しいね。
甘口なれどツンと来ず。一升瓶もすぐ空に。
いわずと知れた、のみすぎじゃ〜。
私ホントは、辛党で。でも一度は呑んでみてね。


56 :名前はいらない:05/01/29 23:01:03 ID:v1f2dRNc
今日はビールがぶ飲み記念日。
記念カキコ。


57 :のんだくれ:05/01/30 10:43:55 ID:24ThOtkb
そう。 冬の夜道を
凍えそうな頬を晒して 歩く私
背を丸め 足取りさえも 千鳥足
空見上げれば 寒々とした月。
冷え込む身体を 引き摺りながら
家路へ向かう 夜の2時
周りを歩く人も無く 唯黙々と
歩く私。 ふと見れば
きらきらと輝く物が降る
そう。 それは白い宝石
雪の結晶 ダイヤモンドダスト
ああ、 その輝きは 心の灯り
忘れかけてた温もり
麗しき 心の賛歌
褒め称える 言葉も知らず
唯々 感激に咽ぶ夜。




58 :のんだくれ:05/02/12 20:33:14 ID:botyM9Ga
グラスは一つの筈なのに
カウンターには二つ有る
中身も安い水割りが
並々並々と注がれて
手にとりゃどちらも同じもん
二杯も頼んだ筈もない
酔っ払っちゃいないって
未だ座ったばかりだもん
ん?でも何か雰囲気ちがうなあ。
「あの〜すいません。その席
私達の席なんですけど。」
若い恋人同士らしき二人ずれ
そりゃそうだわな。…
隣の店と間違えちゃったよ。
こりゃ。失礼。
てなこと、あんたらもないかい。



59 :名前はいらない:05/02/17 17:11:45 ID:3t2cop6H


60 :名前はいらない:05/02/17 17:27:49 ID:y6HCJ7yJ
てす

61 :名前はいらない:05/02/18 23:54:10 ID:lUyu4Sxu
tonn

62 :のんだくれ:05/02/19 08:34:03 ID:r6IOGEWO
 来るべき未来には
 淋しく生きる人ばかり
 行き交う顔にも
 影があり
 光りを求めず
 闇へと向かう列ばかり。

 俺なんかまだいいさ。
 ネオン灯りを求めては
 彷徨い続けて居るもんな。
 

63 :名前はいらない:05/02/27 20:34:43 ID:sQtoGQ9S
テーブルの上には一壜の雲
グラスには氷山

葡萄のような粒らな瞳で
わたしを見上げる犬
前肢を組んで
鼻をカーペットの地面につける

冷えてきたね
そうだね
でも暖かいね
そうだね

ベッドには月影
空っぽの白いシーツ

きみにあいたい
きみにあいたくない

64 :のんだくれ:05/03/13 10:16:25 ID:MWrMJ+v4
  ネオン

夜のネオンは 心の灯り・・・。

ドアを開ければ
世界が変わる
人も心も
会話で変わる

カウンターには
人様々で
夜の挨拶
おはようさんと
軽く声掛け
席を取る

ママは一言
いつものやつね。
軽く頷き
煙草を出せば
直ぐにマッチの
火が灯る

さあ始まるよ
ママと私の探り合い

夜のネオンは 心の灯り・・・。

65 :わに ◆Wani6uvhK. :05/03/14 20:46:16 ID:duJLHyFI
割れた酒瓶片手にとって
泣いて片付けた余震の夜
転がる樽に零れた麹
泥水になった僕らの夢

復興めざせ。某日本酒メーカー。

66 :のんだくれ:05/03/15 21:05:30 ID:cXHYw2eB
ちょっぴり頬が紅色に
染まるあなたの横顔を
私は黙ってみてるだけ
笑顔の絶えぬその姿
少しの酒で直ぐ笑う
そんなあなたが
とても好き。

桜の花の咲く頃は
浮かれてなんかいられない。
だってぽかぽか この陽気
心のなかも この肌も
何故かほんのり桜いろ
こがれてなんかいられない。
だけどちょっぴり恋きぶん
あの爽やかなあの人が
私の心を離さない 
あなたの頬も桜いろ。

67 :わに ◆Wani6uvhK. :05/03/17 13:10:47 ID:YGx9HX/m
夜風を酌んで
さくらいろになる
花見酒
私を杯にして
あなたは静かに酔う

68 :星屑:05/03/20 09:22:08 ID:kUQ2loQD
僅かなる
その時々は帰らざる
時の流れは
酒酔ふごとし
身も漫ろなり。

69 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/03/23(水) 00:09:23 ID:orRPgwfQ
お酒を飲んだ後に
ふたりでベッドに潜り込もう
飲み干したカクテルみたいな
淡い青色の視界
深く、深く、潜水して
太古の海におぼれよう
皮膚の境目がなくなるほどに
互いのカラダを弄って
ふたりで溺れてしまおう

70 :のんだくれ:2005/03/26(土) 08:09:03 ID:jD195t5g
甲羅の黒き亀に乗り
海底深く潜りたり
其処は眩しき竜宮の
優しき乙女舞ひたれば
時を忘れて過ごしたる
スカイブルーの杯を
喉元深く飲み干せば
夢の心地に酔いしれり
目覚むるまでの儚さや
乙姫何処夢何処…。

(わにさんは情熱的な面もあるんでつね。)

71 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/03/26(土) 23:40:40 ID:fedn8nIu
深い雪の道片手にウィスキー
吐息が暖かい悴む指先に酒気を塗す
遠くで鳴る踏み切りの音
ミルクの中を泳ぎながら
酔うこともできずにいた
音は雪に飲まれてしまって静寂
きっとここには一人きり
たぶん相棒は片手の酒だけ

(酔っ払って迫ると酒臭いと拒否されますw)

72 :のんだくれ:2005/04/03(日) 08:55:46 ID:jRfDBHBx
4月の色は桜色

貴女の頬も桜色
恋をするのもこの季節

花は心を和ませる
愛でて一杯如何です?

花は散るもの果てるもの
短き定めに身をまかせ
人の心に残るもの

四月の色は花の色。

73 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/04/20(水) 14:16:39 ID:2fC1j48b
杯に降り立つ花びら桜の精飲み干し仰ぐ大樹と月夜

74 :星屑ぅ:2005/05/07(土) 19:03:27 ID:d5ovLIjZ
乙女の夢って知ってます?。

最近はカクテル流行り
焼酎にイチゴシロップ
ちと垂らしレモン汁入れ
シェークする
シャンパングラスに注いだら
炭酸水で満たします。
後はお好みフルーツ
飾ってさあどうぞ。
トマトジュースも合いますよ。


75 :のんだくれ:2005/05/23(月) 21:11:49 ID:xjqJWb0k
何故だろう水割りの味忘れたの
昔なら上品ぶってハイボール。
炭酸水の薄味を好みで割って
呑んだっけ。
何時の頃だか忘れたが
水割りブームがやって来て
猫も杓子も水割りで
何のことないハイボール
炭酸水が無いだけで
水道水でも構わない。
そんな手軽さうけたのか
何処のバーでも水割りさ
だけど今では一部だけ
みんな焼酎呑んでいる。
オン・ザ・ロックにストレート
寒い冬ならホットでも
なんて云ってた時も有り。
淋しい時代になっちゃった。

  水割り

76 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/06/08(水) 13:20:44 ID:b8SRryBK
あなたの前でしか酔わない

だって

それが口実だから

77 :のんだくれ:2005/06/08(水) 23:09:48 ID:bYXRAy26
梅酒の梅のシワの取り方。

ホワイト・リカー3合に
シガロン5g掻き混ぜて
2週間程漬けとけば
綺麗な梅の実出来上がり。
でも梅の皺は取れても、
顔の皺は取れませんから。・・・アシカラズ。

78 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/06/12(日) 12:18:00 ID:I9zac9nS
しりませんでした!
今年はつるつるお肌の梅ちゃん入り梅酒が造れそうです。

あと、氷砂糖の代わりに蜂蜜にしてみようかなと思ってます

79 :のんだくれ:2005/06/12(日) 23:38:12 ID:T89jHh7e
   蜂蜜酒(ミード)

古代ロマンの味がする
黄金色の蜂蜜酒
世界最古の酒と言う
北欧神話のなかでさえ
自然に出来た酒の味
祝いの席には必ずと
云っていい程でるお酒
ドイツミードは甘味無し
アメリカ産はちと甘し
中国産は梅酒風
日本産も甘味あり。
ハニーワインと申します。
フルーツ添えて
フルーツミード(メロメル)
呼び名色々有るけれど
あなたのお好みどんな味?

80 :のんだくれ:2005/06/19(日) 07:12:37 ID:YjDp+W/6
詩人をお酒に喩えたら

燃え上がるような情熱書き綴る
そんなあなたはブランデー
輝いた光を放ち黄金の
威厳を持ったウイスキー
何物にも何色にも
染まぬあなたはジンの味
完熟の蕩けるような
渋味を持ったあなたはワインかな
爽やかな高貴なムード持つあなた
矢張りシャンパン賑やかに
強烈な刺激の強い透明な
あなたの味はウォッカね
様々な味と香りをミックスし
色も素敵なカクテルさん
いろんなお酒の詩人さん。えとせとら。


81 :soft ◆soft/e/9Do :2005/06/26(日) 01:02:01 ID:uCA26xcs ?##
『ビールにおける学習』

夜中のTVの競馬で
当然のごとく私の予想した馬は
名前すら聞いた事のない馬達の塊に沈む

そうして私は 一人でビールを飲むのだ

ビールとは
黄色い液体である
小便ではない

アルコールを含む酒である
気分がよくなる

よくなる?

82 :soft ◆soft/e/9Do :2005/06/26(日) 01:02:55 ID:uCA26xcs ?##
兎に角も私はよくビールを飲むのだ
なぜ?なぜ? 
知るか そんな事

雨は降りしきる 
しかしビールは降ってこない
しかしビールは年間雨量のように売れ
そしてビールは年間雨量のように人々に飲まれていく

もしもビールが雨なら まあいい

呑まれていく

「ビールをコップにつぐ時にゃ コップは斜めにしなきゃなぁ
素人じゃないんだから 泡が出すぎるだろ?」

いや 違う
ゆっくりと 間を持って 注いでいけば 同じじゃないか
僕達だってそうだろう

ビールにおける学習

83 :のんだくれ:2005/06/26(日) 21:58:51 ID:iPCtCm6U
ビールの適温知ってます?。

我慢できないこの暑さ
こんな時には冷たいビール
ぐいとひと息飲みたいね。
適当な夏場のビールの
適温は4〜6度が飲みごろね。
4度以下では泡も出ず。
参考に冬場の温度も覚えてね。
飲み頃の冬の温度は12〜13度。
春秋は10度位が一番ね。

なに云ったって喉をごろごろ
鳴らしながらグイグイ呑むが
一番さ。


84 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/06/30(木) 17:00:49 ID:xvnt+j08
申告が遅くなりましたが

【2004年度】詩板年間傑作選を選ぼう
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1117714560/l50
で>45で推薦させていただきました。のんだくれさん。

85 :わに ◆Wani6uvhK. :2005/06/30(木) 17:02:10 ID:xvnt+j08
>84

× で>45で推薦
○ で>45を推薦

すいません。

86 :のんだくれ:2005/06/30(木) 19:29:49 ID:dpN9a2dd
>>84さん。私の拙い詩を推薦頂き、恐縮して居ります。
真に有難う御座います。わにさんには本当に感謝
致して居ります。

87 :名前はいらない:2005/07/01(金) 20:48:10 ID:UqMhOM0f
オマル・ハイヤームの「ルバイヤート」を読もう。

88 :のんだくれ:2005/07/02(土) 19:09:05 ID:M4UuRu9S
>>87sann.
訳詩もいいですけど訳詩者の感性により詩の内容も
随分と違うものになってしまいますね。訳詩の場合
どうしてもその作者よりも訳詩者の文字使いの方に
目がいってしまいますね。

89 :のんだくれ:2005/07/30(土) 22:09:22 ID:fimQnSYj
  濁り酒(どぶろく)

白く濁った酒をのむ
濁ったままの人生を
見ているようにぐいと呑む
こんな人生じゃなかったに
そんな思いでぐいと呑む
誰も解っちゃくれないと
愚痴をいいつつぐいと呑む

濁ったままの人生を
悔んだままで生きてきて
唯ひたすらにぐいと呑む
呑んだ分だけ酔いまわり
俺の身体も又濁る
濁った身体をもてあまし
あすの事など忘れてる

ぐいぐいぐいと・・・

90 :のんだくれ:2005/08/14(日) 20:35:58 ID:ZkPhF76x
かんがへて飲みはじめたる一合の二合の酒の夏のゆうぐれ 牧水

(独酌)

孤独な心を酒で慰め
ひとり淋しく酒を注ぐ
屋台の酒はおやじに愚痴を
吐いて捨ててもおやじの顔は
いつもにっこり笑うだけ
家でゆっくり呑む酒は
相手も居ずに無言酒
ちょっと酔いなど廻るなら
鼻歌などもでるだろう
今日の生き様考えて
明日の行方も知りもせず
唯黙々と呑む酒は
寂しい味のひとり酒

91 :のんだくれ:2005/10/02(日) 10:14:21 ID:CL5qaGwQ
過去の旅人

時を語らぬ旅人は
過去をも捨てた世捨て人
寂れた場末の片隅で
過去のしがらみ捨てるよに
ひとくち呑んで口含み
舌でまろめて飲み干せば
昔の想い走馬灯

時を語らぬ旅人は
眉間に皺を寄せたまま
黙ってグラス呷るだけ
過去を重ねた我が身さへ
切ないように身を崩し
明日への望み断ち切って
淋しく今日も呑んでいる

時を語らぬ旅人は
若い時代もあったろに
何時しか歳も重ねては
遠い昔をなつかしむ
儚い夢を追った日を
悔んで今日も飲み干せば
過去の想いは消えてゆく

92 :名前はいらない:2005/11/13(日) 00:19:32 ID:qeEDg0hz
age

93 : ◆Wani6uvhK. :2005/12/07(水) 19:47:03 ID:aBT/drzq
すごくすごくおちこんだときに
黒糖焼酎お湯割り
焼き色の綺麗なカップで飲む

あったかいのと
微かなだるさ
刺激が喉を通ってゆく

すごくすごくおちこんでて
だけどどうしようもないとき
ほのかに甘い黒糖の
幸福感を呑み込む

94 :名前はいらない:2006/04/09(日) 19:42:01 ID:Lkm7qheI
やけ酒なんて つまらない
ひとりぼっちの 寒い酒

95 :名前はいらない:2006/05/20(土) 02:27:40 ID:db3+jHJu
とおじも

96 :名前はいらない:2006/05/22(月) 00:10:08 ID:gZyrku6x

あなたを想えば
想うほど
お酒が強くなってる

あなたのお酒と
わたくしのお酒

似てない?
お酒を飲んで
出会ったわけではないのに
なんでこんなになっちゃったんだろorz

97 :X.O.:2006/06/06(火) 06:18:06 ID:6gaNEXEl
「それから」

冷蔵庫を開けて凍らせた檸檬一つ
切る指に力こめながら  たこわさのことを考えている

こんなふうに夜がきて
こんなふうな私がいて
ぁれからのことが懐かしくて
これからのことを考えている

チーズケーキ割り箸でつまみながらなんだかふぅーって
とけていくような気がした


98 : ◆notePDkbPQ :2006/07/25(火) 23:50:45 ID:T+9SnCu3
「酒」

今日は平日なのに 会社の寄り合いで飲んで来ました
飲むのが弱い人も 男性も女性も 辞めたひとも 
皆いらっしゃいまして 結構で何よりでございます
わたしは振られた人 彼女のことを純情なじぶんを
どうすることもなく 終わってしまって居りましたから
ちじこまった暮らしを 一時でも忘れることが出来て嬉しゅうございます
酔い酔い酔い 酔っ払いでございます 
いつもは酔っても 辛いものでございますが
今日は辛くとも 自分を吐き出す努力は有りました 精一杯の努力でございます
酔いどれています ポエムなど 書いてみます
酔い酔い酔い 一人の夜に綴ってみます さあごろうじろ
ふーむいい酒でした なんでも有りのいい酒です
今日ばかりは御勘弁を ウィークデー 早起きしなければいかんでのですが
酔ってみたのです 酔いたかったのです ごめんなさい
今日くらいは 明るい酔っ払い アルコール混じり酔っ払い
もう少しで眠りましょう
あとはもう シャワーを浴びるだけ ああ眠い

99 :名前はいらない:2006/07/28(金) 21:49:19 ID:LubIFpxj
じょうすい

100 :名前はいらない:2006/08/10(木) 20:49:11 ID:Fln9kSGC
栄光の23get

101 :のんだくれ:2006/11/05(日) 11:47:47 ID:cOwh2eos
 隅々に隅々に秋の暮れ。
 
ほったらかしの人生が此処にもあった。
訝しげに眺めるスレの儚さよ。
何時しか又このスレも消え逝く運命。
涙して見送りなんて大嫌い。
グラスにたっぷりのビ〜ルを注いで
ぐいぐい飲み干しやっぱり乾杯。
さよならなんて大嫌い。
逢えなくたって「又逢おう!」
其れが人生一番の別れの言葉。
辻褄なんて合わないさ。
言葉なんてのは心の奥のどっからか
出てくりゃいいのさ。それだけさ。


102 :のんだくれ:2006/11/26(日) 20:17:47 ID:T9mXBMzo
カルピスは初恋の味真白なり。

喉の渇きの一杯は
甘酸っぱさが身に染みる。
二日酔いには此れが効く。
水で割るより炭酸で氷浮かべて
お飲みなさい。

カルピス程にいろんな色に
合うものは無い。
カルピス・ソーダにポート・ワインを
浮かせても綺麗な色が出せますよ。

後は好みでジン、ウイスキー、ブランデー
日本酒、お好みのカクテルどうぞ。


103 :のんだくれ:2006/12/31(日) 09:13:46 ID:D4D2cAgJ
生かされて、感謝して年の暮れ。

皆さん、良いお年を。

104 :名前はいらない:2006/12/31(日) 22:30:10 ID:fgbXRMu4
のんだくれさんも良いお年を!

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)