5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ポエム大会3

1 :名前はいらない:04/08/26 23:05 ID:xkfBos45
詩・ポエム板住人による全員参加型ポエム大会です。
参加者はお題にそった作品を投稿してください。
10作品集まった時点で締め切ります。
審査は前回優勝者が行い、1作品が優勝作品として選ばれます。
審査で選ばれた優勝者は次回のお題を出します。
優勝者決定後48時間がたってもお題の発表がない場合
その前の優勝者が引き続きお題出しと審査を行います。

※10作品という限られた枠ですので一人一作品が望ましい
※投稿時、固定ハンドル・トリップ付きでもかまいません


2 :  ◆OgKORiAbeY :04/08/26 23:06 ID:qKU1JqWO


         /|
.        / .| ∩___∩
       /  | | ノ      ヽ
        |   |/  ●   ● |
        |  /|    ( _●_)  ミ クマー!
        | ./彡、   |∪|  、`\
        |/  /    ヽノ /´>  )
       \ .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(_/
        ヽ.|  ┃  ┃  |
           |  ┃  ┃  |             /
           |          |   / \  __ /|
           |    ┃    |   /   \       |
           ┷━━┻━━┷




3 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/08/26 23:07 ID:IhY11U/8
前スレに書き込もうとしたらできなかったので、こっちで。

>リーフ君
おめでとう。ごめん、読んでないけど。

>809
読んでくれてありがとう。
「嫌」というのはとても素直でわかりやすい評価基準で納得した。
夢のない喜びは夢心地だぜ!って叫んでも、「嫌」の一言には照れ笑いするしかない。

>誰か
次スレ立ててくんない?

4 :名前はいらない:04/08/26 23:13 ID:IhY11U/8
現在、投稿数ゼロ。
あと10作品募集中です。

お題は「隙間」

5 :名前はいらない:04/08/26 23:18 ID:FLzmziKr
クマっぶん殴ってやる

6 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/08/27 00:32 ID:8b+4lfpg
俺も前回スレ立てん時忘れてたが、
ほい

ポエム大会を開催する
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1082453373/

ポエム大会2
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1087278068/

7 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/08/27 00:34 ID:8b+4lfpg
前スレ857

>相手の心が分からないという事で
>諫言しようとすれば知らなければならないから

よくわからんけど(快∀楽)マアイイヤ
回答サンクス

>午前8時と午後8時って何?

朝と晩ですよ


8 :ねむい ◆yYGM98H44I :04/08/28 18:18 ID:ufxxPjwT
809さん読んでくれてどうもです。&リーフレインさんおめです。
ちょっと中途半端な詩でしたね(苦笑)ありがとうございましたm(_ _"m)

9 :soft ◆ZYsoftMCT2 :04/08/31 03:16 ID:rT3pw2Zn
age

10 :soft ◆ZYsoftMCT2 :04/08/31 03:17 ID:rT3pw2Zn
age

11 :ロボットン:04/08/31 15:28 ID:Z0qNZZpx
僕の名前はロボットン
頭に隙間が空いていて
とっても便利にできてるの
悪いできごと
悲しいできごと
みんな隙間からでてっちゃう
だからいっつも楽しい毎日
だけど博士は僕に言った
お前は悲しいやつだって
そしたら僕は悲しくなって
目の前まっかに
なっちゃって
博士が血だらけだったんだ
だけど今は悲しくないよ
悪いできごと
悲しいできごと
みんな隙間から出てっちゃう

12 :名前はいらない:04/08/31 15:58 ID:FOFMDZXO
詩・ポエム板住人による全員参加型ポエム大会です。
参加者はお題にそった作品を投稿してください。
10作品集まった時点で締め切ります。
審査は前回優勝者が行い、1作品が優勝作品として選ばれます。
審査で選ばれた優勝者は次回のお題を出します。
優勝者決定後48時間がたってもお題の発表がない場合
その前の優勝者が引き続きお題出しと審査を行います。

※10作品という限られた枠ですので一人一作品が望ましい
※投稿時、固定ハンドル・トリップ付きでもかまいません



13 :曾村益廊=通行人:04/08/31 16:38 ID:8s5TaTiw
『足長伯父さん』

亀が割れた日

足長伯父さんが死んだ

甲羅の隙間に遺産が挟んであった

14 :チンポコマン:04/08/31 16:41 ID:75YwJzVE
ドアの下の隙間
ゴキブリの進入口
僕の好物ゴキブリ
うまい うまい うまい

15 :名前はいらない:04/08/31 21:33 ID:IbB7tlSq
活字で知った誰かの思いの残る場所
故人がゆっくりと立ち上がる

川はゆるやかで
光はやさしくて
心はおだやかになる
車線が分けられた場所から
川が与えてくれる
安らぎとよぶのかもしれない

静かで哀しみもなく
思い遺す故人は
護ってくれているのだ



16 :名前はいらない:04/09/02 16:17 ID:NQULFbGz
あげ

17 :日雇いくん ◆HIyaTOiQcI :04/09/02 19:12 ID:dSJ9eLqK
「恋2」

すきとすきのあいだに
いつのまにか入り込んで
くっついちゃう
やっかいですね


18 :抑揚:04/09/03 04:52 ID:LzBz1Bi0
「部屋の誰かが帰るまで」

玄関を開けると意味深な18cmの空間が残された
入る事は出来ないが手を差し込む事は出来た
ドアに付随するポストからも手を入れる事は可能だが
それよりも少し深く手があちら側へと進む事が出来た
さっき向かいの車庫で居眠りをしていた猫なら
身体ごとあちらへと行けるのではないか
そうか彼らはこんな隙間から僕らが見れない世界を
幾つも見てきたのだろう
そして眠りながらその世界を反芻しているから
あんなに嬉しそうな顔をして眠りに着くのだろう
そう考えると僕もその世界を見たくなってきた
向かいの猫が幸せそうに眠るその傍で
うっすらと空いてる瞼を覗き込もうと決めて
玄関を静かに閉めて忍び足でドアから遠ざかる

19 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/09/04 14:00 ID:R33oi7E7
「ヒビ」

誰かさんの悪口で
心にヒビができた

そのヒビという名の隙間の中を
悲しみという名の風がふいた

胸の中のもやもやは風が運んだホコリ
背中の違和感はストレスのせい
ほこりの中のストレスという名の病原体に
僕は感染してしまった

ああ、寂しい

背中から湧き上がる怒りと
胸からあふれ出る悲しみ
あふれ出た感情は押さえされない
僕自身の手では

20 :ギャラ苦シィ ◆6l0Hq6/z.w :04/09/04 15:21 ID:mw8pbVbF
さて、あどけない子供は折れた枝のようなもの持って、
その地面に向かってぶすりと刺した。
そうして彼が生まれたのだ。彼の名を隙間という。
その日、空は晴れていた。
子供はしばらくその場で山を作ったりトンネルを通し遊んでいたようだが、
やがて、子供は自分を呼ぶ声に気付き、親の下へと駈けていった。
・・・夜が来た。
控え目の月光は彼の中を照らしてはくれない。
真っ暗な体で彼は悲しんだ。
朝が来て、更に日が真上に来た頃、昨日とは別の子供が来たらしい。
その日、空は曇っていた。
子供は昨日と同様に遊んでいたが、その頬に雨が滴り。
子供は家に帰っていった。
ざぁざぁと雨が降っている、おおきな池ができ、風が波をつくり。
そして、唐突に雨はやんだ。
―――空は赤く染まっている
何故か、昨日と同じはずの紅をみて。
彼は嫌な予感がした。
赤い空。
少しの雲。
――彼の真上の小さな、飛行機。
いつもと変わらぬ。日々の喧騒。
―飛行機から、堕ちる、黒の悪。
ゲンバクと云う、真っ白の略奪。
それはちょうど彼の真上、上空500mあたりでその身を炸裂。
悪辣な粒子と、悪戯なエネルギーで、一瞬に全てを殺した。
彼を生んだ子供も例外なく死んでいるだろう。
彼は今、大きく、巨大になった体でそう考えた。
ああ、予感は初めから生まれた時からしていたのだ。
変わらぬ日々に出来た罅(ヒビ)。
彼は、隙間から、跡へと名を変え、長らくそこに居座った。
子供はもう居ないが、今月光は彼を照らしてくれる。もう、寂しくは無い。

21 :名前はいらない:04/09/04 19:15 ID:1kHnrk+T
21

22 :名前はいらない:04/09/04 19:19 ID:jx7S3+vx
お題は「隙間」です。
「キス魔」じゃだめです。

あと2作品募集中!

23 :キリコ:04/09/04 22:28 ID:mM4N4cgQ
隙間ができたからって、埋めるものもないし、
間隔が開いたからって、埋めれるわけもないし、
時間ができたからって、埋めるものがないし、
嫌いになったからって、埋めるわけにもいかないし。

24 :名前はいらない:04/09/05 00:47 ID:3j8MJL2D
「磨耗」

君と僕との間にはいまや
隙間風のようなものが吹いているね
僕らが抱き合った夜の分だけ
きっとふたりの身体は磨り減ったんだ

君と僕との間にはもはや
抱き合っても埋まらない溝があるね
昔から嘘が下手だった僕らは
その心までぶつかり合って磨り減ったんだ

それにしても僕らは馬鹿だね
海の向こうでたくさんの子供が死んだ夜に
ただ快楽だけを貪ってる
愛だ心だ言ってても
所詮身体は獣でしかないのか

きっと二人で過ごす最後の夜だね
もう粉々に砕けてもいいからふたつの心を
思い切りぶつけてしまおうか
君の深い深い所で
僕のありったけを放ってしまおうか

君の身体に新しく宿る命が
二人の隙間を埋めてくれるかもしれないよ
もう一度二人の心を
あたためてくれるかもしれないよ

涙が出るほど僕は馬鹿だね

25 :名前はいらない:04/09/05 00:51 ID:u68xwiz3
十作品集まった!
ワクワク(・∀・)

26 :名前はいらない:04/09/05 00:52 ID:u68xwiz3
揚げ

27 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/09/05 12:49 ID:ypXTc7Xa
>>ロボットン ID:Z0qNZZpxさん
いやあ、アシモフのロボット3原則をインストールしてくだされ。
人口知能が生体脳を使用してるんですかね。ロボットのくせに
なかなか贅沢でありまするねえ。。。
ロボットンの存在としての哀しさをもう少し表現できると
いいですね。

>>13 『足長伯父さん』 曾村益廊=通行人さん
足長伯父さんー遺産
亀ー甲羅ー隙間
を死と割れるというイメージでくっつけた詩に見えます。
シュールな詩は好きなんですが、もう少しイメージの
飛躍が欲しいような気がします。ドキッとする部分が少ないです。

>>14 チンポコマン ID:75YwJzVEさん
ドアの隙間はたしかにゴキブリ好きかも。
すぐ後ろから出してしまうとこが残念です。

>>15 名前はいらない ID:75YwJzVEさん
隙間という題にどこにあてているのかどうも分かり難いのです。。
ですが、過去の人の思いが伝わってくるような
ゆかしい詩で、いいなあと思いました。

>>「恋2」日雇いくん さん
好きと隙で字違いですが、こういう駄洒落好きです。

28 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/09/05 13:05 ID:ypXTc7Xa
>>18 「部屋の誰かが帰るまで」 抑揚さん
無用心な家だと思ったのが、まず一番だったりします。
とあいえ、チェーン錠てなあ、人が中にいる時に掛けるので、
もしかして、家人いるんじゃないでしょうか?なんてことを
つらつらと考えておりました。
猫の視点を借りているところは秀逸です。

>>19「ヒビ」 てるあきさん
心の隙間が広がっていく様子がよくわかります。
>胸からあふれ出る悲しみ
>あふれ出た感情は押さえされない
ここのとこ、単語(あふれ出る、出た)が重なるの惜しいです。
あと、背中のストレスー怒りに変わる部分がちょと違和感です。
>ああ、寂しい
このストレートな一言が詩を引き締めていて、とても好きです。

>>20  ギャラ苦シィ ◆6l0Hq6/z.w さん
いいですね。原爆に拘ったところは、きっと作者さんの
拘りだと思います。。。
死というものが、本質的に無意味であることがよく伝わります。
最後の言葉が、”寂しくは無い”というところがとてもいい。
あえて言えば、”嫌な予感”の部分が邪魔です。もっときっぱり
無機質に書いてしまったほうが、最後の言葉につながりやすい
ような気がしました。

>>23 キリコ ID:mM4N4cgQさん
これも、恋の隙間ですね。人との間の隙間というのは
さほどに厄介なものです。
はやめにバンドエイドはって治してしまいなはれよ。。
大きな隙間にならないうちに。

29 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/09/05 13:16 ID:ypXTc7Xa
>>24 「磨耗」ID:3j8MJL2Dさん
男の人の、身勝手な願望というかなんというか。。。。
未練というか、なんというかやりきれない別れが伝わってきます。
不器用なもので、人間というのは、100%の赤裸々さには
そうそう耐えられるものではないようです。愛すればこその
正直さが逆に二人の間を裂いてしまう事、多いのかもしれません。


審査結果:
レイによって趣味でなんですが、死の無意味さを感じさせてくれた
>>20  ギャラ苦シィ ◆6l0Hq6/z.wさんを選ばせてください。
みなさんありがとうございました。

30 :曾村益廊=通行人:04/09/05 13:26 ID:5acUEGGk
リーフレイン
さん
評価ありがとう
ございました。

>>29の「レイによって…」のれいがカタカナになっているのはやはり、お名前にレイが入っているからですか?

31 :ギャラ苦シィ ◆6l0Hq6/z.w :04/09/05 14:50 ID:MdZEM+ql
わーい、評価どーもです。

では次のお題は「善」です。

難しげですがガンガッテください。

32 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/09/06 09:49 ID:4YwKqMMf
>>30
レイが例にならないのは変換のトップに名前が入っているからで、ご指摘のとおりです。w

33 :名前はいらない:04/09/07 00:16 ID:c4cdpEpH
すごくキツメのところを選ばれたんだなーと思いつつ

ギャラ苦シィさんおめでとうございます

リーフレインさん評価ありがとうございました

隙間は片側二車線の道路に隙間がありまして
そこから私と同業種の人が身を乗り出されたんです

時勢と申しましょうか休憩時によく先輩と
いろいろといろいろな亡くなった方の話をしていました
もう自己防衛なんだってくらい話します


34 :◆tr.t4dJfuU :04/09/07 03:54 ID:Z4oMY70Z



俺の散歩に景色はない

赤信号もなければ、青信号もない

葬式に、ご愁傷様も思わない

友人の結婚に、おめでとうとも思わない

野良犬の赤茶けた砂漠の向こうに、

死臭を放つ門が口を開いている

俺の散歩は足早で、

敷居を出たり入ったりするだけだ

人間の集まるところどころは水洗便所

淋しく流れていくだけだ



35 :曾村益廊=通行人:04/09/07 08:28 ID:mp68muve
『お姉さん』

激しめの腰使いで、

流し目で味噌うがい

そしてゲボ2連発

サッと背中を摩る

そのやさしさ

もう一度繰り返し

そしてまたゲボ2連発

またサッと背中を摩る

そのやさしさ

何度でも

シャンデリア

36 :┃━┏┃ポエムネ:04/09/07 09:55 ID:Yv0uCAlT
「ポエム」

いつも思う、

なぜ人間が馬鹿なのかと、

私欲に溺れるから?

人のために犠牲になるから?

そう、思う時がある

だから、

人は、生きていけるのかもしれない

だけど、

もしも、

人は1人で生きていくことになったら

人はどう思うだろうか?

人の事を考えず

私利私欲に動くだけだと

思う、

これは、間違いであったのだろうか?

37 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/09/08 15:55 ID:cBhcbXSd
「無限ループ」

善良な人々が、自らの善良さのために、
世界を壊し始めたので、
悪意ある人々は、苦笑を浮かべて、私利私欲のために、
世界を守ることにした。

誇りを捨てよ、と言われ、
自分の舌を切り取った。

とことんまで堕落してみろ、と叫び声が聞こえ、
少女であった身を豚の餌にした。

守るものに拘るな、と耳元でどなられて、
自分の子宮をえぐりとってみたのだ。

はて、我ながら、これでどうして生きているといえるのかと、
すんべらぼうになった自分をためすがえす眺めてみてから、
銃を手にとって、そんなことを言い出した奴を
殺してやろうと歩き出したのだった。

善良な人々が、自らの善良さのために、
世界を壊し始めたので、
悪意ある人々は、苦笑を浮かべて、私利私欲のために、
世界を守ることにしたわけだった。

38 :日雇いくん ◆HIyaTOiQcI :04/09/08 22:00 ID:M/UDA8AT
善と悪

どっちでもない場合
どうしたらいいんだろ
よくわかんない
わかりやすいからって
強引に分けないでください
どうかよろしく
お願いします





39 :名前はいらない:04/09/09 00:52 ID:UsD1eL2z
「私の本性」

私は今まで生きてきたなかで
どんなに小さな過ちさえも犯さなかったと
胸を張って言えます

いつでも他人に気を配り
彼らを尊重し
それでいて自分の責務は果たし
約束は必ず守り
人に裏切られたことはあっても
人を裏切ったことは一度もありません

もちろんそんな私にも
嫌いな人間はいます
あらゆる欲も人並みに揃っています
しかしそれを億尾にも出さず
これまで生きてきたのです

そんな私をあなたたちは
「偽善者」と呼ぶのですね

そんな私をあなたたちは
「半端者」と哂うのですね

40 :名前はいらない:04/09/09 15:00 ID:TT7WrQ40
急いでいるというのにだ

心に映るのは一瞬で
立ち止まれば現実に負けそうになる

マンションの周りに植えられた人工の
葉の間から一輪また一輪
向日葵になれなくて
飾られたかのように

酒が湧き万薬の草が生い茂る絶潤
旅に心は何を求めるのだろう

さぁ解き放て
走りながら眠って覚睡するのだ

41 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/09/10 08:53 ID:lCN/ZBWG
あと3っつらしいので、あげてみます。

42 :名前はいらない:04/09/10 17:49:47 ID:YtqK4+xy
なんかお題貰って頭捻ってる姿って落語家みたいでみっともない。
そんなん詩人じゃねー。

43 :◆Ui8SfUmIUc :04/09/10 18:32:28 ID:zaOno5Kq
>>42

ん、どした?かまってほしいのか?

44 :ギャラ苦シィ ◆6l0Hq6/z.w :04/09/12 16:14:13 ID:P5nPwLP+
あと3つです。

・・・こないね。

45 :名前はいらない:04/09/12 17:21:03 ID:rJVE48AJ
まだ間に合う?今行くよ!

46 :名前入らない:04/09/12 18:28:26 ID:g2925gIj
「神のレシピ」

例えば極めておおまかに
キリスト教の善を青い光、
仏教の善を緑の光、
イスラム教の善を赤い光、 としてみます。

それらを重ねてみると、あら不思議。白色光になりました!
この原理は加法混色と言って...え?なに、わからない?
じゃあ、今あなたが見ているディスプレイの白い所をルーペで見てごらん。
ルーペがなかったら隣の部屋のおじいちゃんの老眼鏡借りてきて、見てごらん。
ね?三色がうまく混ざって白になっているでしょう?

約60億人の善の概念に、完全なものは無い。
それらは必ずバイアスのかかった色付きの光である。
色は無限に有る。ひとつを選ぶ事など、できない。
しかしそれらを重ねれば重ねる程、明るさは増し、白色光に近づいてゆく。至高の光。
それが、もしこう言う事が許されるのならば、神である。と思う。

互いに譲れない所、許せない所、そこには色が付いている。
だからと言ってそれが悪だというのではない、それこそが完全な善の潜在である。
闇とは違うのだ。要はそれを自覚するかどうかだ。
世界に至高の光が溢れる為には、寛容を涵養することが肝要だと思う。まじで。

47 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/09/12 18:50:50 ID:17eJDDJv
「おおきなもの」

次の水が落ちるまで
その水ははじけるまで
そして硬い鉱石に変化をつけるまで

隅々にまでいきわたった私の意思は
やがてまた隅々にいきわたった彼の意思と
交わり、反発し、溶解し、混合し、冷えて、落ちて
次の水を待つ

私は原初から在た 彼も原初から在た

様々にうつりかわり
逆行して 順行して
年老い 若返り
生きて 死ぬ

私もまた彼であり
彼もまた私であり
右手を差し出せばおのずと
微笑めばまたおなじく
悲しみは抱き合って
くちづけは茫洋と

彼我なく出会えばどれほどよかったか

48 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/09/12 18:57:00 ID:17eJDDJv
投稿一覧 お題:善 審査:ギャラ苦シィ

>>34 善           北 ◆tr.t4dJfuU
>>35 『お姉さん』      曾村益廊=通行人
>>36 「ポエム」        ┃━┏┃ポエムネ
>>37 「無限ループ」    リーフレイン ◆LeafL/oiO.
>>38 善と悪        日雇いくん ◆HIyaTOiQcI
>>39 「私の本性」     ID:UsD1eL2z
>>40 無題(?)      ID:TT7WrQ40
>>46 「神のレシピ」    ID:g2925gIj
>>47 「おおきなもの」   快楽童子 ◆plhXCa4.HY

あと1作品ですよ

49 :名前はいらない:04/09/12 19:21:20 ID:JmSeVg2U
「月と善行(1/2)」

月を見ていた 善なる夜を
青の牧師が届けてくれた
赤と白とピンクのバッグ
それは大変に必要なもの
黒い狐のドールを纏い
横座りになりピアノにいたとこ
少し幼く弾くことだって
天才の粉で完成できるのに
きらめくパールやバロックの服を
毛嫌いするのは
手に負えないはずとの確信のせい?

恥じながらも逃げ睫伏せて見せ
しおらしい場所にそれを誘い込む

こころ悦ぶことは悪ですか
厳格な眼ではわからないもの
頬だけ触れるダンスもあるのに

50 :名前はいらない:04/09/12 19:21:52 ID:JmSeVg2U
「月と善行(2/2・終)」

腺を絡めて喜ぶ歌では
珍しさだけの未成年だもの
押込む儀式が天ではないもの

届けてくれたあなたのことが
それは大変に必要なもの
神も知らない奥ゆかしさを
月と一緒に誘いませんか

未だ知られない広すぎるここへ
月の照らしてるあなたのとこへ


51 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/09/12 19:30:28 ID:17eJDDJv
投稿一覧 お題:善 審査:ギャラ苦シィ

>>34   善           北 ◆tr.t4dJfuU
>>35   『お姉さん』      曾村益廊=通行人
>>36   「ポエム」        ┃━┏┃ポエムネ
>>37   「無限ループ」    リーフレイン ◆LeafL/oiO.
>>38   善と悪        日雇いくん ◆HIyaTOiQcI
>>39   「私の本性」     ID:UsD1eL2z
>>40   無題(?)      ID:TT7WrQ40
>>46   「神のレシピ」    ID:g2925gIj
>>47   「おおきなもの」   快楽童子 ◆plhXCa4.HY
>>49-50 「月と善行」     ID:JmSeVg2U

はい〜。そろいましたよ〜。

52 :通☆行人:04/09/12 20:58:45 ID:iMVuS7xC
シゲちゃん!好きよ。
シゲちゃん!好きよ。
シゲちゃん!好きよ。
シゲちゃん!好きよ。
シゲちゃん!好きよ。
シゲちゃん!好きよ。
シゲちゃん!好きよ。
シゲちゃん!好きよ。
シゲちゃん!好きよ。
シゲちゃん!好きよ。

シゲちゃんに投票しよう!

53 :名前はいらない:04/09/12 23:34:03 ID:NmnGi59y
ひむらさんどうしたの?おなか空いたの?

54 :曾村益廊:04/09/12 23:48:24 ID:CRYww/5n
>>53
あ、すいまGGGせんどうも。
なんか調子悪くッテ。
機カイの故ショウだト思ウんですよ。
GーGーシューマッハーハーハーハーハーハハハハハハハハHHHHHHHHHHHgggggggggg

55 :名前はいらない:04/09/13 22:08:34 ID:DPQm7hLy
>>34   善           北 ◆tr.t4dJfuU
徹底した抽象的表現がいい味出してますね。
個人的に大好きなんですが、・・・あれ、善はどこへ?
深読みすると、この世界観そのものが一種の善であるということでしょうか?

>>35   『お姉さん』      曾村益廊=通行人
はて、脈絡があるようで、まるでないような? 不思議な感じです。

>>36   「ポエム」        ┃━┏┃ポエムネ
人は群体として始めて人であるわけで、
一人で生きている時点でそれはもう人とは呼べないような。
その時、人として残るものが欲だけであるとしてそれ自体が善なのか、善など無いのか。
テーマが善であることでつい深読みしてしまいます。
・・・深読みしすぎかな?

>>37   「無限ループ」    リーフレイン ◆LeafL/oiO.
客観としての善意と悪意がどれほどにバカげたものか、実に明快な詩ですね。
善が逆転しようと、本人にとっては瑣末なことで。
客観としてどれだけ理不尽であろうと、そんなことすら瑣末であると。
おもしろい詩でした。

>>38   善と悪        日雇いくん ◆HIyaTOiQcI
見る視点によって、悪にも善にも見えるわけで、全てはやっぱり「どっちでもない」だろうか。
なんて考えしまいました。はて、無いことと有ることは紙一重ですねぇ。


56 :名前はいらない:04/09/13 22:48:05 ID:DPQm7hLy
>>39   「私の本性」     ID:UsD1eL2z
言葉も語呂も大好きです。世の中理不尽です。ええ理不尽ですとも。
とかく人の世は生きにくい。
むなしい善というのを、目いっぱい感じさせてくれました。

>>40   無題(?)      ID:TT7WrQ40
・・・・・・あれ?善は? 
と思いましたが、読みが足りないのかも。
矛盾であるかのような、風景はセンスを感じました。

>>46   「神のレシピ」    ID:g2925gIj
突拍子の無い論理展開が、どこか説得力を伴っていて。
何でかステキな感じですね。

>>47   「おおきなもの」   快楽童子 ◆plhXCa4.HY
これもまた極端に抽象的ですね。
やっぱり抽象的である分テーマが薄れてしまっている気がします。
う〜ん、難解です。

>>49-50 「月と善行」     ID:JmSeVg2U
終始幻想的な風景で、不思議な詩のパーツがいい味出してると思います。
ただ難解で、テーマが伝わりづらい気がします。
テーマあっての詩ですからね。

57 :名前はいらない:04/09/13 22:54:06 ID:DPQm7hLy
さて優勝は、ストレートな39名無しさんを選ばせてください。

それでは、次のお題どうぞー

58 :40:04/09/13 23:38:51 ID:6uaffbyA
ギャラ苦ッシイさん(だよな)ありがとうございました

39さんおめでとうございます

あれが善なんですが
だいたい私の詩は感じて貰えないみたいで
素直に私の力不足でしょう
今の目標 語彙を増やす事

59 :◆Ui8SfUmIUc :04/09/13 23:39:54 ID:xc2IBz5b
>>55

おつかれさまです。評価サンクスです。チャンプオメです。
善のテーマは、詩には意図として織り込んでません。
なぜなら、僕がこうして詩を投稿することも、あなたが詩を読んでくれることも、
もうすでにこれこそ善(アガトン)互いが善く接しようとする結果そして形だと思ったからです。


60 :ねむい ◆yYGM98H44I :04/09/14 00:29:28 ID:ZKPbiOut
>>57
評価お疲れ様です&チャンプに選んでいただきありがとうございます。
今回「私の本性」を名無しで投稿しました、ねむいと申します。
あまり捻らず、まっすぐに書きました。(それしかできない?)
少々後半に甘さが残るものになってしまいましたが、
私がこの文章を通して言いたかった事を汲んでくれたようで、感無量です。

>>29
ちなみに前回は「磨耗」を投稿しました。男の未練、そのままです(苦笑)
リーフレインさんコメントありがとうございました。(遅すぎ


えー、では次のお題は
「秘密」
でお願いします。
のんびり待ってますので、ごゆっくりどうぞ(笑)

61 :名前入らない ◆AblXjZGjFk :04/09/14 00:36:44 ID:aTgbsqw3
>>ギャラ苦シィさん
評価どうもです。初投稿ってか詩板に来て10日なのでびびってましたが
酷評されなくてよかったー。

>>39さん
おめでとうございます。予想どおりです。大変僭越ながら、感想を述べさせていただくと、
カミュの「転落」を濃縮したような、或いはインテリげんちゃんの夏休み、じゃない、悲哀
を感じさせるような、大衆の凶暴性を思わせるような、非常に力のある詩だと感銘を受けました。

あと、みなさん私のHNを覚えてください...

62 :◆Ui8SfUmIUc :04/09/14 03:13:53 ID:xCiu0OFR
秘密



ゴキブリが出た

僕は気が狂った

狂乱し、殺虫剤を

キャーキャーとふり続けた

嗅覚が脳を刺激した

この部屋は死臭に満ちていた

かたく封印された記憶

歴史書がひとりでにひらいた

写真のユダヤ人の悲しい瞳に

手はぶるぶると震え

足がガクガクとなった




63 :曾村益廊=通行人:04/09/14 09:02:14 ID:rtM2Eh25
ギャラ苦シィさん
評価ありがとうございます。


64 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/09/14 12:00:40 ID:se1wdK60
えっと、どうも評価ありがとうございました。
ねむいさん。おめでとございます。
この詩は
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1077811086/144
こいつの続編でして。。。よかったら読んでやってくだされ。

>>40氏へ
よーくわかりましたよん。小さい善を感じるために足を止めると、
電車に乗り遅れてしまうのですよね。。
私は、足を止めてしまいましたら、歩く事もできなくなってまいました。
心を柔軟に開いて、かつしっかりとした足取りで歩いていきたいものです。

65 :ボンボン ◆4glglmq0Ds :04/09/14 18:34:11 ID:ZCfHuCua
「架空」

君が知っている僕は嘘のボクで
ボクが演じているのも嘘の僕で 
君といるときの笑顔 
君といるその瞬間

全てを僕は演じている

君が知っている僕は嘘のボクで
ボクが演じているのも嘘の僕で 
誰にも言わない嘘の秘密



66 :マリー・ドナラキア ◆FQQgUBbgLg :04/09/14 21:11:58 ID:dnozBiOH
「女王の秘密」

ここだけの話
皆様だけに打ち明けますけれど
実はワタクシ
アレですのよ

木の上から空の上に落ちていくココナッツを捕まえて
その皮を青龍刀で剥こうとすれば水となって零れて消えるようなアレ
ソレを胸の奥の宝箱に秘めて
一千六百万ルーブリの首飾りでカムフラージュしているのです

お見せできるものならお見せしたいものですわ
でも何しろアレですから

コロンビアの奥地で発見された新種のコロンブスよりも
名古屋郊外で発見された新種のインド象よりも
TVのワイドショーで暴露されて賞味期限三ヶ月の間びっくりされる非人道的な人間の裏よりも
永遠に不滅のアレ
それがワタクシ

お手に取って
どうぞ眺めてくださいまし
味を知りたいなら嘗めてみてもよくってよ
どうせ辿り着けませんものアレには
インターネットで検索すればいっぱい出てきますけどね

「アレ」と入力してごらんなさいまし
無数に出てくる検索結果のアレのうち
すべてがワタクシのアレですわ

67 :マリー・ドナラキア ◆FQQgUBbgLg :04/09/14 21:12:32 ID:dnozBiOH
「女王の秘密(了)」

この世は秘密がなかったら白い絶望ですわ

宰相は平民の幼子の首をはねて風呂に浮かべ
近衛連隊長は農民の少女の皮でソファーを作らせていますけど
そんなワイドショーに暴かれるレベルの秘密など
ワタクシにいわせれば暇潰し

皆様は犬のつばさに触れたことがおあり?
きっと見たことはあるけれど
触れたことはないでしょうね
そんなワタクシのアレなのです

それでは皆様
ここまでお話しておいて悪いのですけれど
アレを明かすことはいたしません
ワタクシが明かすのは秘密だけ
アレを明かした途端、アレも秘密もなくなってしまいますから

今日ワタクシが打ち明けたことは
皆様だけのアレにしておいてくださいましね
ごきげんよう

                ほら早速、皆様のアタマの上にアレが!

68 :名前入らない ◆AblXjZGjFk :04/09/14 21:19:45 ID:aTgbsqw3
「秘密は秘密」

ねぇあなたの秘密を教えて。

えー。なんで。

だって知りたいもん。

なにを。

あなたのことを。

教えない。

教えて。

駄目。

じゃあ何を秘密にしているのか教えてよぅ。

君以外に好きな人がいること。でもこれ言ったら怖いから教えない。

そっか。

うん。

69 :名前はいらない:04/09/14 22:09:44 ID:VIT7QnFn
ちゃん。。。

70 :名前はいらない:04/09/15 01:44:14 ID:A8I5EZJe
「秘密」

お弁当の匂いの染みたノート
ぱらぱら漫画の教科書

いってきます
いってらっしゃい

歩いて歩いて歩いて

ひきずってるのは細長い影
かたむいた首の輪郭
お前だけでも早くお帰り

走り去る影見送りながら
私は制服くるまって
指の逆剥け噛み切った

お母さん
私学校に行ってないよ
どこにも行ってないよ

歩いて歩いて歩いて 
歩いて歩いて歩いて

影の無い子をみかけたら 
走る影をみかけたら
 
道をあけて 振り返らずに

71 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/09/17 01:01:32 ID:bm9Gpy1M
>>56
ギャラ苦シィさん評価ありがとうございました。「月と善行」を書いた者です。
テーマは物凄く難しく広く辛いもので、瞬間ですが悩みました。
そこで内容を善「行」に絞って、それから日ごろ自分の中で悩んでる
「善を善と思って行うことは、またそれすらも戒めるべきである」という
考え方へのアンチテーゼとして享楽的な風景を書いて見た試みです。
パーツはご覧の通り、楽しみや享楽的なもの、(自分の中で)善という奴に
日ごろ戒められている諸々を散りばめながらうたってみました。

ただ結果何というか・・・・(大抵専ブラのレス欄に直書きするんですが、)
今回に限り気合入れてメモ帳に書いてコピペしてしまったんですよね・・・・
そうしたら形がガチガチに硬くなってしまって、旨い下手は(つうか下手なんですが)
ともかく、「自分らしくない」感じになってしまいました。自分ではそこが大失敗作です。
どうもでした!

72 :名前はいらない:04/09/20 10:46:10 ID:QXwlu93Q
秘密は明かされる時を待つ

丹念に綿に包み、桐の箱に入れ、袱紗に包み
慎重にいずこにか隠した秘密は、
暴かれることを期待している。

秘密を隠した存在は、胸の動悸を抑えきれずに、
ちょうどかくれんぼで探してもらえるのを
息をころして待つように、
最後のカタルシスを待ち望む。

明かされることがなかった秘密ほど、
期待はずれなものはないのだ。

汚らしい秘密を隠す、
唾棄すべき秘密を隠す。

その心の裏で、いつかそれを誰かが探し当て、
なじり、この重みを降ろす日を待ち望み、
願わくば、その後に許されることを夢見るのだろう。


73 :わに ◆Wani6uvhK. :04/09/21 11:46:50 ID:TfhKgoFq
「ぼくのひみつ」

あさおきたらあった
おふとんのちず
ママにしられちゃいけない
ぼくのぼうけんがはじまる

いちばんうえのひきだしの
すべてをかくしちゃうおおきなタオル
ぼくはおもちゃのはこのうえにのって
そのおおものをひきずりだす
ごくひにんむはからくもせいこう

つぎははなうたまじりにごはんをつくる
てきのはいごをまわって
たどりつくせんめんじょがもくてきち
だっしゅするとおとでばれるから
こっそりとすすむ
せんたっきにパンツとパジャマほおりこんで
ごくひにんむかんりょう

ふりむいたらおとうとが
じっとみていたから
ひみつのにんむのぶかにする
ゆびきりげんまん
このことはママにはないしょだよ

74 :名前はいらない:04/09/22 13:24:08 ID:/pdCGr5J
遠くの椀に盛ながら後ろ姿で呼び掛ける
隙間無く箱に詰め白菜や大根の
手に掛かる重みしか知らないけれど
声に仕掛けを施して確かめる
約束通りドアを叩くと君の背が
奥から届くテレビの音が
妬けた心と頑張れで
うわぎを風に乗せながら走らせるんだ


75 :名前はいらない:04/09/22 20:04:11 ID:QMvxJOlH
「山爺の冒険」

爺下山する
麓の女子高
時限調査済
硝子切持参
手袋粘土も
更衣室潜入
秘密の花園
麗しの香り
鼻腔一杯♥
鬘を持参し
お下げ髪爺
爺は女学生
記念に一枚
携帯でアプ
山爺の帰還

約束の客が
「来週完成す」
「また来ます」

練り込む汗
焼上げの日
藝術の完成
「素晴らしい」
【桃の思ひ出】
深く吸い込む
土産の一枚




76 :名前はいらない:04/09/22 21:40:55 ID:QMvxJOlH
投稿一覧 タイトル改行なしの方、間違ってたらスマソ

>>62    秘密            北 ◆Ui8SfUmIUc
>>65    「架空」           ボンボン ◆4glglmq0Ds
>>66-67 「女王の秘密」       マリー・ドナラキア ◆FQQgUBbgLg
>>68    「秘密は秘密」       名前入らない ◆AblXjZGjFk
>>70    「秘密」            ID:A8I5EZJe
>>72   秘密は明かされる時を待つ ID:QXwlu93Q
>>73   「ぼくのひみつ」        わに ◆Wani6uvhK. 
>>74  (無題)           ID:/pdCGr5J
>>75 「山爺の冒険」        ID:QMvxJOlH

あと1作品ですよ。お題は「秘密」です。
 

77 :名前はいらない:04/09/22 21:54:29 ID:/s0AyqUR
あ、大切な一文抜け(;^^  審査員は ねむい ◆yYGM98H44I さんですよ。

78 :名前はいらない:04/09/24 01:42:52 ID:YSXGzLXd
溺死


あぁ誰か助けてくれよ
溺れそうなんだ死ぬかも知れない
まだ僕のくるぶし近くだけど時間の問題だ
言えばいいんだ言えばいいんだ でも言えない
お母さんは
困ったことがあったらなんでも相談して
というけどそれは大人が鈍感だからだ
血は水にして生ける糧
声は神に賭ける迷い橋

あぁなんたる失態!!
そんなことしてる間に膝まできました
言いたいんだ言いたくて溜まらない いやもうこんなに溜まってるよ!!
僕じゃない僕じゃない人が言えば僕じゃない
僕の頭の中から小さい僕がにゅっと出てきて
「ДГ#Θ゛<жЩ☆」 って!言ってくれればっ!!
満員電車の中で
腹痛に耐え切れずその場で大便をしてしまった人の話を聞いたことがあるけど
僕なら全員殺して誰も居ないことを確認して用をたす
今の僕ならそれが出来る状態まで来てしまっているんだ
あぁ口が勝手に 口が僕に嘘を付くよ
もう首まで来てしまっている早いがそんな気分だ

79 :名前はいらない:04/09/24 01:47:28 ID:7xlZMzRR
お題「秘密」


>>62    秘密            北 ◆Ui8SfUmIUc
>>65    「架空」           ボンボン ◆4glglmq0Ds
>>66-67 「女王の秘密」       マリー・ドナラキア ◆FQQgUBbgLg
>>68    「秘密は秘密」       名前入らない ◆AblXjZGjFk
>>70    「秘密」            ID:A8I5EZJe
>>72   秘密は明かされる時を待つ ID:QXwlu93Q
>>73   「ぼくのひみつ」        わに ◆Wani6uvhK. 
>>74  (無題)           ID:/pdCGr5J
>>75 「山爺の冒険」        ID:QMvxJOlH
>>78 「溺死」           ID:YSXGzLXd

10作品集まった模様。

ねむい ◆yYGM98H44I さん、審査おねがいします。

80 :名前はいらない:04/09/24 01:55:05 ID:YSXGzLXd
学校の先生が言っていた
悩みがあったら自分で苦しまずに友達に言ってみよう
とかは今の僕には効かない
どんな信頼のおけるパートナーにもそれはできない
これはもう遺伝子レベル級の問題なのだ

例えば自分がピストルを誰かに向けていたとして
アンタは好奇心で引き金を引きますかい?
秘密とは見えるものだ しかし避けることは出来ない
あっけないものだ
当てたほうも当たったほうも
****************
あぁ息が出来ないぶぶぶぶぶぶぶぶ
(ちょっと待て!言いたいんだ!言わせてくれ!)
(助けて!助けてください!言いますから!)

時既に遅し
辺りは暗い もうクライ

僕は秘密も底に沈んだ

81 :>>78:04/09/24 01:56:27 ID:YSXGzLXd
続き出し忘れました
ごめんなさい

82 :名前はいらない:04/09/24 02:15:43 ID:7xlZMzRR
すいません。こっちが早すぎました。
みつけてすぐに書き込んでしまった・・・・

改めて

お題「秘密」


>>62    秘密            北 ◆Ui8SfUmIUc
>>65    「架空」           ボンボン ◆4glglmq0Ds
>>66-67 「女王の秘密」       マリー・ドナラキア ◆FQQgUBbgLg
>>68    「秘密は秘密」       名前入らない ◆AblXjZGjFk
>>70    「秘密」            ID:A8I5EZJe
>>72   秘密は明かされる時を待つ ID:QXwlu93Q
>>73   「ぼくのひみつ」        わに ◆Wani6uvhK. 
>>74  (無題)           ID:/pdCGr5J
>>75 「山爺の冒険」        ID:QMvxJOlH
>>78-80「溺死」           ID:YSXGzLXd

10作品集まった模様。

ねむい ◆yYGM98H44I さん、審査おねがいします。


83 :78:04/09/24 02:25:35 ID:YSXGzLXd
>>79さん
いえいえ、筆遅で申し訳ないです。修正ありがとうございます。

84 :名前はいらない:04/09/25 00:42:44 ID:J7CGDogm
一応あげておこうかな。
最近ここも進みが穏やかだからな〜

85 :名前はいらない:04/09/25 01:03:09 ID:/RzhPjDO
なんでもあり板のきいろさんを応援してやってくれませんか?
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/mog2/1096020643/l50

86 : :04/09/25 01:32:11 ID:L8QaMrM1
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Momiji/4079/

87 :ねむい ◆yYGM98H44I :04/09/25 01:47:33 ID:bWzR+zUE
審査了解です〜。申し訳ないのですが、あと24時間ほど待ってください(涙)
寝ないとマズイ…。

88 :ねむい ◆yYGM98H44I :04/09/26 01:47:57 ID:DaAEQT8g
ではひとつずつ感想をば

>>62 「秘密」 北さん
作中のユダヤ〜のくだりは、前半の内容からアウシュビッツ強制収容所のガス室を連想してのものでしょうか。
日常の何気ない出来事を通して、人類の暗い歴史の1ページをたぐり寄せてしまう…いい発想ですね。
淡々とした文体で、表現もそれに合って簡素。無駄の無い詩。
1行ごとに行間を空けているのも味があっていいです。
もしも行間が空いてなかったらサラリと読み流してしまっていたと思います。見た目も大事ということで。
しかし、この内容以上のものは私には汲み取れませんでした。

>>65 「架空」 ボンボン ◆4glglmq0Dsさん
ある程度生きた人なら誰でも、“自分は自分を演じているようだ”…と一度は思ったことがあるでしょう。知らんけど(ぉ
たとえば、友人や恋人の前であんなに明るく振舞っていたのに、ひとりになった瞬間、
まるでさっきの自分が嘘のように気分が沈んでしまったり。こういったときに「あぁ、さっきまでの自分は嘘の自分なんだ」
と思ってしまうものです。しかし、この考えを突き詰めていくと、本当の自分がわからなくなっていきます。多分(ぉ
まあつまり作者はそういうようなことをこの詩を通して言いたかったのではないかなー?と私は思いました。
無難で、決して悪くないのですが、もう少し内容が欲しいところです。

>>66-67 「女王の秘密」 マリー・ドナラキア ◆FQQgUBbgLgさん
これ好きですねー、私的に。言葉の選び方が逸品。
>この世は秘密がなかったら白い絶望ですわ
↑ここが一番印象的。他の表現もいい。

89 :ねむい ◆yYGM98H44I :04/09/26 01:49:35 ID:DaAEQT8g
>>68 「秘密は秘密」 名前入らない ◆AblXjZGjFkさん
なるほど会話調に進めるときも行間空けたほうがいいですね。わかりやすい。
あくまで最初から最後まで淡々とした、A→B→A→Bのような会話だった場合ですが。
内容は、うん、ふたりとも可愛らしいですね。その分憎たらしいですね(いい意味で)
ふたりとも女の子みたい。
微笑ましい光景でいいのですが、この中身ですと、どうしても佳作どまりのような気がします。
あと、39に感想下さってありがとうございます。照れます(笑)

>>70 「秘密」 ID:A8I5EZJeさん
何故か妙にノスタルジックな世界観を感じるのですが、私だけでしょうか(苦笑)
影と本体(?)が切り離されるという…。また、表現もどこか不気味な感じがよく出ています。
しかし、やはり最初に感じるのはノスタルジー。
子供は秘密の塊ですよ。(何だイキナリ)
大人にも秘密はありますけれど、ちょっとその言葉のニュアンスは変わってきますね。やはり。

>>72 秘密は明かされる時を待つ ID:QXwlu93Qさん
うーむ、カッコいい。最後綺麗にまとまってますねー。私はいつも〆でミスるタイプなので、羨ましいです。
丁寧で、完成された文章。文章の力だけでその世界に引きずり込まれ、それでいて共感もできます。
しかし何故だろう、読後に残る余韻が薄いのです…。あまりにまとまりすぎているせいかな?
ズバっと切り捨てるような詩なのでそれでいいのかもしれませんが。

>>73 「ぼくのひみつ」 わに ◆Wani6uvhKさん
子供向けの絵本を読んでいるような気分になります。
子供って意外とこういうとき手際がいいものです。もちろん色々と穴を残しながら。
てか、おねしょって絶対バレますよね(苦笑)
子供の主観で、ひらがなを使うのは問題ないのですが、もう少し言葉を選んだほうがよかったかもしれません。
途中、子供があまりに冷静で、ちょっとだけ憎たらしく感じました。可愛らしさが今一歩かなぁ。
私がひねくれているからそう感じるだけかもしれませんが(汗)

90 :ねむい ◆yYGM98H44I :04/09/26 01:50:37 ID:DaAEQT8g
>>74 無題 ID:/pdCGr5Jさん
無念です。特にひとつひとつの表現がとても上手く、華があると思うのですが、
私の中でこの作品をひとつの形にすることができませんでした。解けない知恵の輪みたい。悔しいなぁ。
作者の感性の深遠さが際立った作品で、読み手である自分の感性の限界を感じましたね(苦笑)
こういった作品は心に残ります。

>>75 「山爺の冒険」 ID:QMvxJOlHさん
パッと見とタイトルで、真面目な詩かと思ったら、
はじめの3、4行で完全に裏切られたと実感しました(苦笑)
文体がやけに真面目っぽい分、そのギャップでも笑えます。
女装した爺なんて、一発でバレると思いますが…(笑)

>>78-80 「溺死」 ID:YSXGzLXdさん
終始口語調で、切羽詰った様子がよく表現されています。
この詩で一番のポイントは、
>そんなことしてる間に膝まできました
の一行だと(私は)思います。ここだけ微妙に言葉が丁寧。間違いなく確信犯。
主人公の焦る気持ちが滲み出た、これ以上ない表現でしょう。きっと。
それ以外の部分も、全体的に流れがあって好感が持てます。
>辺りは暗い もうクライ
ここでまっくら森の歌を思い出した私…。

91 :ねむい ◆yYGM98H44I :04/09/26 02:14:55 ID:DaAEQT8g
うーん、今回は自分の批評能力のなさを実感しました。

力作揃いで毎度毎度迷うのですが、
優勝は、

>>70 「秘密」 ID:A8I5EZJeさん

です。やけに私の原風景が刺激されました。何かを心に残してくれる詩だと思います。

作者様、次回のお題&審査よろしくお願いいたします。

92 :>>78:04/09/26 02:23:16 ID:N4+XKfTO
ねむいさん眠い中の評価お疲れ様でした。
いまさらですが最後の部分、ズッコケですw
〜僕は秘密"の"底に沈んだ
ですね。かっこ悪い
ありがとうございましたー

93 :名前はいらない:04/09/26 12:18:52 ID:YniHJKx7
早くお題くれ

94 :心霊写真:04/09/26 12:38:17 ID:hriTjDBh
確認遅れてすいません。

>>70「秘密」ID:A8I5EZJeを書きました。
ねむいさん審査お疲れ様でした。
寂しい不気味い雰囲気を感じてくれてありがとう。
ノスタルジックな世界観、う、嬉しいです。
子供は秘密だらけですよね。
どうも、ありがとうございます。             

次のお題・・・悩みましたが、響きが好きなこの言葉にします。
  
  「まぼろし(幻)」でよろしくです

審査楽しみにしてます ゥワーイ ヽ( ^ー^)ノ 初☆体験

95 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/09/26 13:19:20 ID:t8RlEOw+
バス停でもいい 散歩中でも
出来れば道路は二車線がいい
都合よく夜は少し疲れているので
両目の焦点はだんだんぼやけていって
ヘッドライトの光が闇の敷布に滲み始めるから

光は滑らかに流れ広がり
減速してカーブし失われ
信号灯さえが揺れ始める
その頃にはガードレールの折り目正しい領域が煩わしくなって
ぼくは身体をピーターパンへと縮めて光の中に踊り込む 純真無垢な三角笑顔に整形手術して

光たちがぼくの加入を喜んでくれている ぼくはいっとう元気に低空飛行
くるくるはゆらゆら くねくねはすいすい 時速40キロで

真面目に年をとったものだ
ぼくは現実をメルヘンに仕立てあげる方法すら身に付けてる
メルヘンもいまとなっては大事な逃げ道
でもみんないつ逃げたっていいことは知っているが
自分をピーターパンのようなガキに戻すのは本当は卑怯だ
大人になったら大人のまま背中を向けられる奴がやっぱり偉い 

だいたい身の丈180センチで毛穴が開いたひげ面が光の中を低空飛行したとすると
それはもうメルヘンでなく怪奇現象だ
道行く人は神仏に祈らざるを得ないだろう
大人だから自分のつまらない姿を知っているし空想の中でも他者の視点ぐらい持てる
空想癖だけど飛び越せるのはせいぜいガードレールぐらい 制限速度も越せない
何が言いたいのかも分からない気弱なぼくが 確実にいえることはひとつくらい

年を取らないことは地獄だ
ぼくはいま揺れる光を見ている そう実際に唱えてみたりしながら
ぼくが光を見る

96 :c:04/09/26 13:19:36 ID:93dO8vYa
わ〜い心霊さんおめでとうございます♪
楽しみですねえ

わたしは「山翁の冒険」を書いた者です。もう五文字しか浮かばない日で
「翁は女学生」が初めに沸いてからは後が止まらなかったんです、スミマセン。

後で「いもうとの秘密」というのが浮かんで、そっちはセン5スレに回しました。


清々しい気分です!

97 :名前はいらない:04/09/26 14:38:30 ID:0MbFpVn6
こんちわ

98 :歩笑 ◆hle/Qc8nRU :04/09/26 15:38:49 ID:kDie8WLP
【幻】

あの人に好きと伝えたい・・・

この気持ち、あなたに伝えたい

しかし、あなたは、みつからない

あなたは、幻なのだろうか・・・

この切ない気持ちをどうしよう・・・

あなたを求めて私は歩く、

私は、あなたを見つけて、伝えたい

この気持ちが本当である限り、あなたは、幻ではないと信じる

私の気持ちが幻ではないように・・・


初参加ですがよろしくお願いします。





99 :わに ◆Wani6uvhK. :04/09/26 18:42:14 ID:vhVH7W4N
ねむいさん審査お疲れ様でした〜
ホントに眠かったんですねw

>>70は心霊写真さんだったんですか
ホント雰囲気のよい詩で・・・・まさにノスタルジィ。
ご馳走食べた気分です。おめでとうございます。

100 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/09/26 18:46:01 ID:5FUKEIxm
>>87-88
タイムスタンプに笑った

101 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/09/26 18:47:59 ID:5FUKEIxm
うわ。100ゲトしてた(快 д 楽)


お邪魔しました
どうぞ


102 :名前はいらない:04/09/26 18:57:28 ID:UQidRnUP
>>101
IDが「ご父兄」もしくは「婦警」

103 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/09/27 03:10:18 ID:WI23vu1G
<ほとんど透明な光 救いの手がかり>

散らばる星の粉 拾う三匹の猫
輝きを分け合って 空に捨てられた今日を磨く
切り裂いた三日月 ほどけた夜の闇
朝にはほどけて カラスに戻るのを誰も知らない

目に映るもののその 全てを見ることができれば
目に映らぬ物も その何かを見せてくれるはずなのに

裏切った唇 咲いた首筋の花
痛いほど鮮やかな その赤を明日へ奪い去る
微笑む銀の指輪 凍える薬指
夜の内に帰らぬなら 揃って二本切り落とそうか

あの日君が言ったその 全てをわかることができれば
あの日君が隠した その何かも許せたかもしれないのに

均等な愛など無いから、せめて分け合って眠りたい。

104 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/09/27 03:38:03 ID:WI23vu1G
【訂正】
>ほどけた夜の闇
→ひるがえる夜の闇

105 :リーフレイン:04/09/27 10:44:06 ID:QOleV5tL
ほんの僅かな望みを映す夜

いぶし銀の男が一人、夜の街を歩いている。
薄汚れた路地を通り抜けぬけ、壁の薄い部屋へと帰る。
手にはコンビ二の袋を提げ、今日の食事となるおにぎりと
飲み物が入っていた。

たった一人で棲む部屋は、洗濯物がかけられ、ハンガーで
吊るした背広が目につく、片隅に積まれた布団がうら寂しい。
青い鳥はもういない、ほんの少しの事しか望んでいなかったのに、
青い鳥はもういない。

いぶし銀の鎧は薄く薄く削られ、中に仕舞う宝物もないままに
いまにも曲がりこんでしまいそうだった。

奇跡の一夜、月が心を2重に映し出す。
いぶし銀の男は、薔薇水晶の女に出会った。
疲れ果てた薔薇水晶は、ひびがはいり、今にも砕け落ちてしまいそうだった。
いぶし銀の鎧が、そっと水晶を包み込む。
男の滴りが、ひびを癒し薔薇水晶が光に満ちる。

僅かな望みしかないのだ。
ほんの僅かな望みを、手探りで探す男と女を
映し出す夜がある。

106 :じこ ◆CJtOCQtyn. :04/09/28 02:30:42 ID:tikZwmpG
「一瞬」

曲がり角 くねったあとが僕の家
いつものはずなのに いつかになってる
叫んで捨てよう マントの記憶

てめぇ 泥ぶつけられる
せっかく風呂入ったのに
てめぇ 泥ぶつけられる
所詮みんな猿

いつのまに みんなとどっか違うみたい
お金を貸したのに 返ってきた記憶が無い
空になった財布 燃やして捨てるよ

いてぇって 叫べねぇ
なんだちくしょう意味解んねぇ
てめぇ 解体作業される
しらねぇ てめぇはしらねぇ

107 :名前はいらない:04/09/28 02:35:10 ID:jIEY9DUL
>>106
君のセンス五段階+αで評価するよ [Part.14]
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1095088116/587

マルチポスト。対象外かな。

108 :じこ ◆CJtOCQtyn. :04/09/28 02:47:54 ID:tikZwmpG
マルチ駄目か。スマソ。対象外でお願いします。

109 :じこ ◆CJtOCQtyn. :04/09/28 02:59:01 ID:tikZwmpG
とりあえずこの詩でエントリーします。


「マーブルいちご」

存在価値とかそんなもん無い
存在してるかさえ解んない
他人がいない
自分の中に

あらま またやっちゃった
他人に迷惑かけるのだけの人生
もう悔しくも情けなくも無い

かなり確実に使って
いつか確実に終わって
そんでまた繰り返して
永遠に自意識過剰

なおらないなおらないなおそうとしないからなおらない
どうでもいいんだ自問自答
関係無いならほっといて
どうせあなたもアレでしょう

110 :名前入らない ◆AblXjZGjFk :04/09/28 04:32:57 ID:A56iW1nH
>>89ねむいさん
遅れましたが評価、お疲れ様でした。なにせ浮かんだ言葉をそのまま打ったもの
ですから...w お題が難しかったです。私が触発されないそれに限って皆さん
傑作ぞろい! なにか私の知らない秘密があるのですか?

111 :わに ◆Wani6uvhK. :04/09/28 20:33:55 ID:4yV0ozic
「嵐の後」

凹んだお腹に手をあてる
時々痛む後腹が幻を否定する
40週少しづつ膨れた希望の期間
数時間前までここにいた
自分とは違う生き物
隣で眠るまだ名前のないきみ

112 :イタチ小僧新参! ◆8rr1u/54T2 :04/09/28 21:36:43 ID:BZRlCFgC
「まーぼ豆腐」

ぼくはまーぼ豆腐がべつに好きでわない
だけどプロフィールには好きなもの=まーぼ豆腐と書いている
だって机の上に運んでこられたとろける舌みたいな一皿
豆板醤と豆腐の豆を感じさせない熱いせめぎあい
しょうがとニンニクの火花散らす接近戦
山椒がわざとらしく蓋をするのに失敗して
もぉ
たまらーん
好き
好き

温度のない月夜を歩いていたら
口の中を羽虫の味がてくてくと歩いていった

113 :名前はいらない:04/09/29 19:24:02 ID:y+lvJ/j0
お題「幻(まぼろし)」

現在7作投稿されています。

>>95      (無題)                    GON ◆rOo2fYBBKk
>>98      【幻】                      歩笑 ◆hle/Qc8nRU
>>103-104  <ほとんど透明な光 救いの手がかり> ねこいるか ◆/D0HAk633.
>>105     ほんの僅かな望みを映す夜        リーフレイン
>>109     「マーブルいちご」             じこ ◆CJtOCQtyn.
>>111     「嵐の後」                   わに ◆Wani6uvhK.
>>112     「まーぼ豆腐」                イタチ小僧新参! ◆8rr1u/54T2

あと3作 お待ちしています

114 :通行人:04/09/29 20:42:50 ID:o7kOoWar
「無題」

鉛のように重たい体の内部で砂鉄がザラザラ動き回っていやがる
雨か、雨のせいか、…安物の酒のせいかもしれない
それならそれでもかまやしない
よだれで濡れた藁半紙製の便箋が顔にくっ付いていた
いいニオイだ
重たい、酷く生ぬるくてぶよぶよした虻か何かの羽音が聞こえる
蛆が這っていた
外の雨が窓に叩き付けられそれが蛆に変わった
いや雨だ、外は雨なんだ、蛆は俺の部屋中に居た
テレビの上や階段の手すりや包丁の柄なんかに、至る所に、風呂場にも靴の中にさえ
胃と脳が直結した蛍光灯の先っぽみたいに、アンバランスに互いを支え合っている
救えない、救えなかった、救われないなこれじゃあ
行きなのか帰りなのかわからない電車に乗る時間になっても目が覚めなかった
そのかわりレンズは閉じたり開いたりしていて、何かしらを感光していた
その光は記憶になるのか記録になるのかどうでもいい記号に置き換えられて保存されている
暑さは殺し、俺の頭の中から重要な情報を消していた
俺は喉が乾いていた
喉ではなく肉体に必要な水分が乾いているような感じだ
意味がなかった
詩や小説と同じように、瞬間も意味はなく、連続した瞬間も同じで意味がない
蛆も、コーヒーも、木製家具も、新しいデザインも、ブルーの香水も、10本の指も、目も、美しい景色も
ただゆっくりと
深く深く息を吸って
そして吐いて
静かに息を引き取った
そのちょうど5分後に、世界で始めて水爆が落された

115 :名前はいらない:04/09/29 20:45:15 ID:gOv2ejhL
「ふたり(1/2)」

君には見えていたのだろうか、目の前のこの光景が。
順応の範囲を遥かに超える、それでも両の目はつぶれない。
底から溢れ返る眩しい光は、燃え立つ業火そのものであり、
あの時、僕らは帰れないことを、二人、目をつむり合っては、
固く固く、認め合った。

 「実体のないものが幻ならば、感じる全ては幻覚なのだと
 全く正直に、僕らは思った。現実というものに自信が持てない
 若いライオンのような僕ら二人に、超楽観論とも取れるその意味は
 何だか甘すぎてお手軽に思えたものだ。」
 これはあの頃の君の日記だ。

二つ、今はもう、それを
比べることなど、鑑みることなど、できなくなってしまったのだ。
平等に並べて見られる余裕も時間も、もうここにはないだろう。
手を出したまえ、君の足元は揺らいでいるな。
あると信じてた固い地面は、もうとっくに沈み、無くなっているな。
それでもまだ足底の神経は、君の重量などを
律儀に伝えてくれていたのかい。

 笑いを見せよう、僕の笑いはよく見えるかい。
 それこそ習ったろう、幻、だ。

116 :名前はいらない:04/09/29 20:45:37 ID:gOv2ejhL
「ふたり(2/2)」

僕のいる所は見えていたのか、その時僕を見ている君に。
立ってて君のその前にいると。
君に誓って言えたのかい。誰かに誓って言えたのかい。
飛沫を上げる軸の歪みは、いつどき脳に刺さったとしても
後悔するような痛みはなかった、だから変化は怖くないのだよ、
君の言う現実と、それ以外全ての語れることの、そうしてそれ以外のことの。
戻れないことなど怖くはないさ、だから君に、お別れは言わない。
今夜も過去だよ、そして今だ。こうして今夜も遭えた、じゃ、ない、か。

見えているだろうか、この現実が。
僕を通り、壊し、弾ける熱量は無限のものに君には見えるだろう。
あの時、僕は、君の所に。君は、僕の所に。
二度と帰れはしないことを
目をつむり合っては固く、固く、認め合ったね。

「実体のないものが幻ならば、感じる全ては幻覚なのだと
 全く正直に、僕らは思った。現実というものに自信が持てない
 若いライオンのような僕ら二人に、超楽観論とも取れるその意味は
 何だか甘すぎてお手軽に思えたものだ。」

甘すぎたのは、知らないだらけの僕たちだ。

さようなら。
あの時の君。
そして、永遠を誓った僕らの姿よ。

117 :通行人:04/09/29 20:46:24 ID:o7kOoWar
IDがW A Rだ。

118 :ぺぷちど:04/09/29 21:30:23 ID:NyBQAChA
幻を見た
祭のまぼろし
幻を聞いた
打ち上げ花火の夏の音
幻をかいだ
夕飯どきの暖かい匂い
幻の味
なつかしい駄菓子屋さんのあの味
幻にふれた
やわらかくここちよくつつみこむ あなたのぬくもり

119 :心霊写真:04/09/30 02:12:07 ID:Nygljvq/
集まってますね。審査員しまーす。
勝手な解釈しながら読みました。

>>95 :GON ◆rOo2fYBBKkさん

一気に読みました。
ピーターパンなら飛んでてもマボロシ。誰もが認めるメルヘン世界。
等身大の人間(大人)が飛んだりしてはとても怖いです。
現実逃避甚だしい主人公、空想世界に逃げ込んでいく様が良く解ります。

>真面目に年をとったものだ
 ぼくは現実をメルヘンに仕立てあげる方法すら身に付けてる
>空想癖だけど飛び越せるのはせいぜいガードレールぐらい 制限速度も越せない

そして本当は全部解ってる僕はゆっくりと現実世界に帰っていくような。
納得できるのに詩的な言葉が多くて良いです。淡々としてて。
主人公の表情の無い顔が浮かぶ最後、が特に好きな場面です。

>>98 :歩笑 ◆hle/Qc8nRUさん 「幻」

ぼんやりとした感じです。切ないんですよね。
切なさは伝わります。まだ見ぬ恋に憧れている感じでしょうか。
・・・がちょっとうるさいように思いました。

>>109 :じこ ◆CJtOCQtynさん 「マーブルいちご」

リズムが良いのですらすらーっと。
アレとは聞いた事あるようで無いような「マーブルイチゴ」でそれがまぼろし?とか、
コミュニケーション下手な主人公自体がまぼろしみたいなものって事?とか思いつつ。
雰囲気を感じてほしいのかな、と考えるのやめてみました。
軽快にシュール。ちょっとスカスカっぽく感じてしまいましたが。
あと「一瞬」、これもリズム良く読みました。

120 :心霊写真:04/09/30 02:20:27 ID:Nygljvq/
あ、順番間違えてしまいました。

>>103-104 :ねこいるか ◆/D0HAk633さん <ほとんど透明な光 救いの手がかり>

静かで淡白で狂気じみた未練。いや未練なのかあきらめなのか。
終わってしまった愛へのメッセージですか?残酷なのに何か優しいですね。
一行一行の言葉が美しいです。でも私的にはごちゃごちゃとしてしまい、
さっぱり読んじゃって、結果もにょもにょ。(私の頭が)
>均等な愛など無いから、せめて分け合って眠りたい
分け合うものはホトンド消えかかった愛し合った思い出かな。
愛し合ったと思えた瞬間。それはマボロシだったのか・・・と。切ないですね。

>>105 リーフレインさん  ほんの僅かな望みを映す夜

疲れた顔したサラリーマン。一人身の寂しさにも慣れすぎて
色んな事をあきらめてしまっている。そんな時奇跡が起きたのでしょうか。
倒れそうなかよわい(か弱く見えた)女をぼろぼろの背広で包む男。
月の光の下、ドラマチックな奇跡の一夜。

>僅かな望みしかないのだ。
 ほんの僅かな望みを、手探りで探す男と女を
 映し出す夜がある。

どこにでもあるような事が一人の人間にとっては、
祈るように幻想的な一瞬。そんな風景なんでしょうか。
そのマボロシが続けば良いと思って読んだのでした。

121 :心霊写真:04/09/30 02:24:29 ID:Nygljvq/
>>111 :わに ◆Wani6uvhKさん 「嵐の後」

綺麗にまとまってますね。生命の誕生。
産まれるまではマボロシみたいに思うのでしょうか。そして産んでそれを否定する。
隣で眠る赤ちゃんと凹んだ女のお腹。とてもリアルです。リアルだから、
出産をマボロシってテーマにするのはちょっと?と思ってしまう私でした。

>>112 :イタチ小僧新参! ◆8rr1u/54T2 さん 「まーぼ豆腐」

四川風の麻婆豆腐。でも何ですか?どこがマボロシ?
結局まーぼ豆腐(まーぼろし?)が好きなのに素直じゃない、人の話。
最後の二行は死人の徘徊ぽくてまさにまぼろし。
そして最後まで読んでから、出だし繰り返し読んだ所、
口に羽虫湧いたゾンビが歩きながら、まーぼ豆腐の事を考えてる場面浮かび、
ああ、それはマボロシですね、イタチさん、と思いました。

>>114「無題」通行人 さん

かっこいい!です。
>よだれで濡れた藁半紙製の便箋が顔にくっ付いていた いいニオイだ
>胃と脳が直結した蛍光灯の先っぽみたいに、アンバランスに互いを支え合っている
 救えない、救えなかった、救われないなこれじゃあ
>その光は記憶になるのか記録になるのかどうでもいい記号に置き換えられて保存されている
>詩や小説と同じように、瞬間も意味はなく、連続した瞬間も同じで意味がない
いちいちかっこいいです。
自己確認を繰り返しながら死んでいく男。
でも、それは狂った男のまぼろしのような日常的な事。て感じによみました。

最後がちょっといきなりスケールが・・・と思ったんですけど
振り返って読むと狂気の男ゆえの敏感さで死んだのかなーとも思いました。
水爆落ちる前触れ感じて自然死?地震感じるなまずのように。(なまずは死なないけど)
てか深読みしすぎました。かっこいい!だけで良いのかもです。

122 :心霊写真:04/09/30 02:35:59 ID:Nygljvq/
>>115‐116 名前はいらないさん 「ふたり」

葛藤の日々にお別れする唄でしょうか。
>実体のないものが幻ならば、感じる全ては幻覚なのだ
全部を逃げたら楽かもです。でも、そういう訳にはいかない。
知らないゆえの甘さなんですね。
>手を出したまえ、君の足元は揺らいでいるな。
 あると信じてた固い地面は、もうとっくに沈み、無くなっているな。
>笑いを見せよう、僕の笑いはよく見えるかい。
 それこそ習ったろう、幻、だ。

良いですね。かっこいいです。乾いてて怖くて。
だけどなぜか、最後の三行がありきたりに感じて、しまい、まし、た。

>>118 :ぺぷちどさん

まぼろしはそこいらにあるんですね。
あなたのぬくもりもマボロシなのですか?寂しいです。
でも マボロシかもなー。と思いました。

―――――――――――――――――――――――――――――
勘違い、思い込み読みしてたらごめんなさいです。

良いの多いんです。悩みました。何個か選べたら・・・。しかし、決めます。

優勝は>>95 :GON ◆rOo2fYBBKk さんです。

 溢れる言葉に。ピーターパン。

GON ◆rOo2fYBBKk さん、お題と審査お願いします。


123 :115-116:04/09/30 08:19:53 ID:8Uc/WJex
>>122
心霊写真さんありがとうございました。
うまくできなかった難点が幾つもある中で、その最後の3行についても
その通りです。あまり長くするのもどうかと思って一気にかたを
つけてしまったんですが、悩んだ所でした。内容は、強いて言うなら、
自分の青臭い部分をちょっと見てみた、みたいな感じです。
実際に書き手の中で結論が出ていないから、どうにもできなかったんですよねぇ。

GONさんおめでとうございます〜 次の審査よろしくお願い、しま、すw


124 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/09/30 10:05:37 ID:oPkYpHpQ
>呪霊写真
お疲れ。君の読んだ世界に同意します。
優勝作品わ俺もそれでキマリと思ってた。
まーぼ豆腐わ語呂あわせ。
それとマトリックス1で裏切り者役のハゲがステーキ食いながら
「うまい。でも、これも幻なんだよなぁ」と呟いていたのを思い出しながら書きました。
あと実際俺わマーボわ時と気分によって大好きになったりそうでもなくなったりするので。
あと最後二連わ俺の普通の日常感覚です。べつにクスリ入ってなくてもよくあることでしょ?
ゾンビが出てくるのわ映画の観すぎかゲームのやりすぎかもね。

125 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/09/30 10:12:35 ID:oPkYpHpQ
てカキコミした後鏡見て思った「俺ってゾンビかも」

126 :名前はいらない:04/09/30 11:49:48 ID:2p3GeOzc
イタチゾンビ・・・

127 :リーフレイン:04/09/30 11:56:11 ID:rYPbEc+Q
>>120 心霊写真さん
お疲れ様です、ありがとうございました。
(か弱く見えるオンナ には笑った)多分どんなにしたたかに見えても、
どんなにしっかりしてみえても、壊れてしまいそうな時はきっとあるし、
案外みんなぎりぎりで生きているんじゃないかと思います。男も女も。
それを和らげるのは人との触れ合いだけで、孤独な自由を謳歌し、称揚もされる
近代社会では人はもしかして遠い存在なのかもしれないと思うんです。
幻として書いた詩ですが、”ある”と確信も持って書いていたりします。

GONさんおめでとうございます。
「年をとらないことは地獄だ」同意ですです。
とあいえ、メルヘンの効用もありますよね。さとりの化け物にならないですむように。
>125
もしや自転車事故では?お大事に。

128 :通行人:04/09/30 12:28:27 ID:/16nBQYe
>心霊写真
審査お疲れ様でした。
そして評価ありがとうございました。
「かっこいい」その言葉を頂けて光栄です。
では。


129 :ぺぷちど:04/09/30 13:44:04 ID:Cpl6YdTW
GONサン
おめでとうございます(^0^)

ザンネン、お題が『まぼろし』ってことなので
感覚的な五感にからめて、
読む人の記憶をダイレクトに呼び醒ますものを
五つ集めてみたのだけど
言葉の押しが弱かったかも(^ー^)

人の心理のなんと複雑でややこしいこと
もっと単純で純粋で清潔な気持ちを揺り起こせる
そんな詩をつくれるようになれたなら、素敵だな(⌒o⌒)v
                       

130 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/09/30 20:59:12 ID:3rR2rQIA
皆さんお疲れ様&ありがとうございます。
梁山泊で投稿と批評を始めて、だんだんと詩板にハマッてきている状態のGONです。
良スレ見つけて早速投稿させていただきました。優勝めちゃ嬉しいです。

さて、それでは
次のお題は「風」でお願いします。

131 :じこ ◆CJtOCQtyn. :04/09/30 21:05:49 ID:cuzoJ6ZM
GONさん優勝おめでとうございます。
では早速

「風邪」

子供が車に轢かれた
運転手が悪い

子供が学校で苛められた
教師が悪い

子供が人を殺した
親が悪い

じゃあ子供って何だ?じゃあ子供って何だ?じゃあ子供って何だ?

132 :ぺぷちど:04/10/01 13:25:37 ID:w5mKFPLb
>>131
無垢で残酷なほど素直な人間が
成人する以前の形態

133 :ぺぷちど:04/10/01 17:21:34 ID:Oe2Iz8vH
改行箇所の訂正です(^▽^)
>>131
無垢で残酷なほど素直な、
人間が成人する前の形態。

134 :ぺぷちど:04/10/01 17:29:22 ID:Oe2Iz8vH
大人に成長しちゃうと、
残酷さだけが残って、
無垢なところも素直さも、無くなってしまうんだよねー。
大人ってなんなんだろうね?

135 :名前はいらない:04/10/01 18:08:12 ID:ckOz1V5g
君は恋人がいるから
すべてが穏やかで
だから気持ちを風にのせてみても
届きはしなくて

君に欠けているものを僕は持っていない
だだ君の彼はたくさんもっているんだ

君に気持ちが届かないこと
君のプラスになれないこと
すべてわかってるけどあきらめられない
何かの詩のように涙と一緒に流せたら…

いっそのこと
風に飛ばされて君のいない場所に
行ければいいのに…

136 :名前はいらない:04/10/01 18:10:23 ID:ckOz1V5g
さげるのわすれてました、すいません。

137 :名前はいらない:04/10/01 18:11:32 ID:U2gmDE2r
泣かないで

君に僕が居るから

運命のままに

みちびかれてゆく…



なんだこれ!!!w
age

138 :イタチ小僧新参! ◆8rr1u/54T2 :04/10/01 23:46:27 ID:GdIaNKZR
「 KAZE 」

寝ても覚めてもピンボールのことばかり考えている

ジョッキに注いだ生ビールの中心を
くり抜いてピンボール台にできないか

主にオートバイで峠を下りながら考えている
杉の並木をチェッカーに見立てて
弾き返され続けるムササビに笑う
景色はまったくそよがないのに
走ることで俺がそよぐ
俺は弾丸型のボールだ

何もいわずにただ筆を走らせている
白いノートの上の可愛い十七歳の
おさげ髪が少しもそよがないのは
シェルターで生きているからということに
ちっとも気づかないで彼女は
筆だけがそよぐ
間違いない
ラスベガスの絵柄を下書きしている

ハグして揺らせ


139 :イタチ小僧新参! ◆8rr1u/54T2 :04/10/01 23:46:57 ID:GdIaNKZR
女子高生がラスベガスの絵柄を下書きしている絵柄を背景に
発射された弾丸型の白いボールは
杉の並木のチェッカーで弾かれ続け
遂に生ビールのジョッキに落ちてくるぞ

捧げフリッパー

岬の突端に東屋を建て
俺はピンボールのことばかり考える
パソコンモニターに映し出されたピンボール台の
何ひとつそよがないガラスの向こうで
確実にボールがそよいでいる
満足だ
笑える
俺は笑える

海の向こうから灰色アメダスの臭いが確実に近づいてきている

                              (了)

140 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/10/02 08:07:19 ID:b8Ck1uI7
「台風一過」

空の色はいつもより澄んで
遠くの山の姿もはっきりと
強い風が僕の体に当たる
空吹く風よ
あの山まで届け!

青空雲は早く動き
終わりなき旅に急いでいる
秋の始まりの青空と
かき氷のような雲は
夏の落し物

いつもより空がきれい
見上げたくなる夕暮れ
丘の上から珍しく
きれいな富士が
オレンジキャンパスに
はっきりと写っていた

141 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/10/02 08:11:03 ID:b8Ck1uI7
秋の嵐は落としていった
素敵な宝物を
きれいな青空
燃えるオレンジ色
空を見上げるという感激と
そして僕の体に注ぐ
さわやかな心地よい風

142 :ぺぷちど:04/10/02 08:42:12 ID:fw9hJPGZ
>>141
おおお?!いい感じ
透明感がココロの底まで、…って審査のジャマしちゃうと
ズイマだね(^ー^)sageとこっと


143 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/10/02 09:28:00 ID:J2QCWtv7
「後ろからの風」

後ろから風が吹きつけてくる。
背中を押すように、吹いてくる。
早足で歩いていたのが小走りになってしまいそうだ。
速く、速くとせかしている。
遅れるな、遅れるなとしかりつけている。

後ろから風が吹きつけてくる。
足がからんで転んでしまいそうだ。
道端の花もよくみてみたいのに、
青い空も仰いでみたいのに、
そんな余裕はないのだと、吹いてくる。

寒い、コートの襟を立てて、前をかき合せる。
転ばないように、足元ばかりをみる。
後ろからの風が止まないのだ。
こけまろびながらも前へと走る。

もう、息ができない。目も霞む。
思わずしゃがみこんで頭をふせた。
風は暴風のように吹き付ける。
小さく、小さくなってもまだ吹き付けてくる。
おそるおそる後ろを覗き見てみると、
表情のない自分自身が扇風機を持って立っていた。

涙があふれた。

144 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/10/02 10:10:17 ID:J2QCWtv7
暗くなるといけない・・・次の詩は選考外です。(野分けあと)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

野分け後

すがしい空 晴れ晴れと高い



145 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/10/02 14:18:22 ID:IVpSvyMs
ただいま6作品なんですが、あのう・・・>>137審査対象なんでしょうか?マルチ?よく分からない。
すんません不慣れです。誰か対応アドバイスしてくだサイ。

146 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/10/02 14:27:01 ID:IVpSvyMs
agegome

147 :名前はいらない:04/10/02 16:28:14 ID:lIusq4Pn
「ジャパン」

風が
稲穂を
くり抜いて
降りてくる
ユー
エフ
オー

猫が
昼寝を
ひっくり返されて
もんどりうつ
ダブル
シー
オー

犬は
どの家にも
居なくて
ただ一台の
ジー
ティー
オー



148 :名前はいらない:04/10/02 16:29:07 ID:lIusq4Pn
「ジャパン(了)」

遥か三万歩のところにただ一軒の赤い屋根があって
その下には老夫婦がただ二人暮らしていて
軽トラックに乗り込んだ爺さんは作業服を着て
5分後にはおかしくなった若者のGTOとあわや衝突事故を起こすのだが
爺さんはジーテーオーとすら発音できない人だから
ぶつからなくてよかった
ユーエフオーにも会わなくてよかった
ただひとつ
爺さん専用のトイレには
ダブルシーの後に
オーと書かれていたのである

爺さん
しゃがみこむ
帽子を揺らす
藁の風
草一面の
ダブル
シー
オー

149 :心霊写真:04/10/02 17:14:39 ID:w5ZfU1+g
「ポストマン」

赤いポストはいつもの場所で立ち止まっている
つめこまれたカード達は白かった昔を思い出している

卒業文集に書いた将来の夢はあっけなくかない
夢がなくなった僕は七ならべよろしく淡々とした気持ちでいる
自分と言う人間の残りの時間をただ単にこなしてるようだ
どうして僕はポストマンに憧れたのか
誰かの手紙やカードを誰かにくばる事に意味が?

そこかしこに無言で立ち止まるポストからカードを集めバイクにまたがり
僕は時間を消費している 生産者では無く消費者だ

150 :心霊写真:04/10/02 17:15:37 ID:w5ZfU1+g
今朝からポツポツと降り始めた雨
空は黒い雲と突風を呼び出して大きな嵐へと変えていった

こんな日はバイクには乗れない 
僕らポストマンは各シェルターでカードの仕分けをしている
まるで本当に七ならべをしている気分だ

一人のポストマンが退屈さのあまり窓を開ける
高い泣き声のようなナイロン100パーセントの音
それと共に鋭い風が吹き込んで大量のカードが宙に舞う

カード達から浮き上がって飛び交う文字
『元気ですか 僕は元気です』
そんな台詞が目前に現れたと思えば
『愛しています 私はあなたに会いたい』
愛の言葉が耳先をかすめた 痛い 

手と手を取り合う会話のような言葉の渦 その中で僕は惚けたように立ち尽くす

顔面に吹き付けてくる風 それはミントのように冷たくスースーして
爽やかに僕の心底まで通って 無数の感嘆符と一緒に抜けていった
僕の感嘆符 その風に飛びながら楽しそうに行進していった

151 :心霊写真:04/10/02 17:17:36 ID:w5ZfU1+g
ぼんやりとしたまま僕は寝屋へと戻る 
七ならべも悪くないな

僕は久しぶりにプラスチック製のトランプを取り出し
カードを切っている パタパタと落ちるカード
ジョーカーが一枚だけ飛び出してテーブルの下に落ちた

拾われたジョーカー いつになく誇らしげな顔で呟いた
異端であり特別であり邪魔者の彼はいつだって不敵で
『意味の無い事なんて無いさ 捨てない切札を持つ限り』
唇くいっと一瞬動かし ニヤリと笑ったジョーカー

その時ひとりでに開いた窓から
あの風が呼ばれたように吹いてきた
ぼたぼたと僕の感嘆符を落としながら
きっと僕に返しに来たのだろう 
全身に通って抜けて クールミントなメンソール

宙に舞ったトランプ達は窓の外へそのまま飛んでいき
残された感嘆符はつまらなそうに整列してテーブルの上
ひんやりした僕はそれを指先でパチっと弾いてドミノ倒しを始めている

 舞い戻るジョーカー達の捨てゼリフ
 二枚のジョーカー高さの違う声を揃えて

『意味の無い事なんて無いさポストマン 捨てない切り札を持つ限り』

 おせっかいだな その切り札をこれから探すのさ ファック!


152 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/10/02 21:31:12 ID:I97MdrIx
ただ今8作品
後2作品で締め切りですよ

153 :名前はいらない:04/10/02 21:56:49 ID:JQbnCSFM
もと彼女をテーマにしたポエムや物語書いてるようだよ
これってDQNだよーーhttp://www.heavenly-blue.net/
アク禁もしてあるらしい
送られた手紙も画像として公開してある(汗)
それにしても・・・

154 :名前はいらない:04/10/02 21:58:00 ID:JQbnCSFM
画像の赤のTシャツの子! !
見たことある
そうだったのか・・・
DQNで凄いーーーーーーーーーーーーーーーーー

155 :名前はいらない:04/10/02 22:12:17 ID:JQbnCSFM
東京ラブ ストーリーみたいだったよ
ジュンってだれ?もと彼女をテーマにしたポエムや物語書いてるようだよ
これってDQNだよーーhttp://www.heavenly-blue.net/
アク禁もしてあるらしい
送られた手紙も画像として公開してある(汗)
それにしても・・・


156 :名前は忘れた#:04/10/02 22:43:15 ID:k98lFhla
相変わらずつまんね。

157 :名前は忘れた#:04/10/02 22:56:51 ID:k98lFhla
「もののけ」

もののけがやってくるぞ
暗闇からごそっと
あいつらの目はいつも俺たちをねらってる
もののけがやってくるぞ
家の軒下から
あいつらの腕は俺たちをねらってる

もののけがすぐそこまでやってきてるぞ
奴らは俺たちを食うきだ

158 :ねむい ◆yYGM98H44I :04/10/02 23:26:10 ID:mfGN7XX/
「風の恩恵」

風が持ち上げた女の子のスカート
ひらひらと揺れて波打つ裾から
覗く太腿 白い下着 ああ! ドキドキ!
今さら押さえても遅いよ ガール!

あぁ…まるでぼくのために風が吹いているかのようだ!!

ほのかに漂ってくるよ 女の子の香り
そのサラサラの黒髪がなびいて!
甘い匂い
そっと吸い込む
ああ! ドキドキ!
もっと満たしておくれよ ガール!

そう、まるでぼくのために君が存在するかのようにっ!!

159 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/10/03 09:31:53 ID:EcdBuJQ9
10作品集まりました


160 :名前はいらない:04/10/03 13:05:08 ID:zM8y/vQY
http://www.20megs.com/web/goppa/neat.html

161 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/10/03 14:44:43 ID:4fL6Mqg0
>>160
FLASH
PC無害 音でます注意
ちょっと青少年有害っぽい

162 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/10/03 16:36:59 ID:nSitDpXG
>>131 「風邪」
 子供が悪いことをしたら両親や教師を殴るのか。普通その子供を殴る。それが罪と罰というもの。
周囲の中で獲得する経験が個人の人格とその後の行動を作っていきますが、
だからといって罪の責任を周囲になすりつけては「いま悪い人間」が全て「悪かった周囲」に置き換えられてしまう。
そういったメッセージ性には非常に富んでいるんですが、優勝作品に推すにはまだ何か欲しい、と思いました。
メッセージ性だけが残されていて詩というよりコピーライティングに近い印象でした。
最終行のあとに「俺」や「僕」を登場させて、俺と子供の相関性の中から「人間の責任」や「人格と罪」について語らせたら素晴らしい詩になるのでは、と思いました。
内容はお題とまったく関係ないですが、題名の「風邪」は見事にはまっている。たつおくんが風邪を引いた。
親の管理のせいか、水をかけたよしおくんが悪いのか、そんなことを言っていたらそのうち「いいや雨が悪い」とまでなってしまう。
たつおくんが悪いんですよね。
>>135 無題
 魅力ってのは、基本的に自分にはないものを持ってる人に対して感じるもの。だから、
自らを醜いと思っているため男は女に「美しさ」を求めるし、女は弱いために男に「強さ」を求める。
でも、現実に自分の持たぬものを持つ相手の前に立つとき、人はどうしったて不安になります。
劣っている、という意識に支配され、口をつぐんでしまう。逃げたくなる。 そういう弱々した気持ちを、
風という言葉を使って表現できてていると思いました。ただ、「たゆたうような儚い恋心」と言えば聞こえはいいが、読者をどこにも導かない超個人的な詩でしかないかな、と。
>>137 無題
 どう考えても「風」とは関係ないが一応寸評をば。歌詞っぽい言葉を繋ぎ合わせている。
内容もいくない。「泣かないで僕が居るから」は女を守ろうってな宣言なのに、次の二行では運命に翻弄されるってのですか。

163 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/10/03 16:40:04 ID:nSitDpXG
>>138 「KAZE」
 イタチ氏らしい音の響きとイメージを大暴れさせた作品。常々思うが、書き手の生き生きした輪郭というか度胸を感じさせる。
三連目までの「ピンボール」「オートバイ」「むささび」のスピード感、つまり『動』。そして「生ビール」「笑う」「俺がそよぐ」の『快』の感覚。
四連目の無言の女子高生の「おさげ髪」「白いノート」「シェルター」という『静』。ひよることなく思いきった対比をぶちかましている。
「ハグして揺らせ」で主人公が生き生きと再登場し、次の連で前半三連を見事に受け切ってから、さらに展開していく。そして「満足だ/笑える」で決着。
主人公の生き様を納得させた。こりはうまい、と思いました。なぜかFLASHの「cat man」がまた見たくなった。
>>138 「台風一過」
 叙景詩。公園か丘に立って風景を見渡しているような感覚を読者に共有させる。それのために「僕」の存在を極力薄くしたのでしょう。
でも、詩は、スモッグを飛ばされた青空という『実物』には基本的には敵わない『言葉』でしかないため、それに匹敵するためには『うまい、とうならせる表現』
または『作者固有のすげえ視点、または価値観』が必要とされると思います。それが何だか足りない、と思いました。
>>143 「後ろからの風」
 リーフさんバンチキ聴きます?「ダイヤモンド」だったかな。その曲に喚起されたイメージを作者なりに解釈して、自分の詩に変換したのかな、と思いましたが、かなり見当違いな
ことを言っているかもしれませんスマソ。ずっと「風」を『社会に押し付けられる価値観』と思って、被害者に身を寄り添うような心境で読んでいた。
作者の上手な罠。本当に「やられた」と思って何度も読み返しました。


164 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/10/03 16:42:14 ID:nSitDpXG
>>147 「ジャパン」
 UFOとGTOとWCO? のどかな可笑しみを表現したかったのだと思うが、読解力不足のためよく分からなかったす。
猫とWCOが特に。あと、最初の三連から「遥か三万歩」離れてしまうことで、現場がどこかに混乱した。
>>149 「ポストマン」
 小説の語り口で詩的な世界を表現している。ところどころで珠玉の表現が光る。
しらけた主人公と、彼自身の感情、感動、または生きがいの話か。すごーくうまいと思う。表現力もある。
でも、一点だけ足りなかったのが、主人公が訪れてくる事件にずっと受身で、淡々としすぎていたこと。
ずっと彼を近しく感じられないまま最終連にまで行ってしまったため、「ファック!」でも彼とともに喜ぶことができなかった。
どこか数行でいいから普段の生活に対する本音など入っていたら、あと10回は気持ちよく読み返す作品になっていたと思います。
>>157 「もののけ」
 えーと、風は? なんかみんなの歌とか「平成狸合戦ぽんぽこ」の挿入歌なんかにでてきそうだ。
>>158 「風の恩恵」
 えーと、この変態w。個人的には好きですが、優勝作品に推すことはできません。僕まで変態扱いされるといけない。


165 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/10/03 16:43:51 ID:nSitDpXG
良作多し。最終的に「KAZE」「後ろからの風」で迷いに迷いました。
結果、リーフレイン氏の「後ろからの風」を選ばせていただきます。
理由は、「KAZE」の最終行で近づいてきている「灰色アメダス」ですが、
いくらググりなおしてもやはり「気象観測システム」でしかなく、作者の感性についていけない、とあきらめたためです。


166 :イタチ小僧新参! ◆8rr1u/54T2 :04/10/03 18:44:51 ID:8EbYTanS
>>165
うん、自分でもついていけないと思う。
そこ最初は「死の臭い」だったのが次に「すべてを灰色に食い尽くす台風」になって、
長すぎる!!と自分でキレて結局「灰色アメダス」になりました。
自分でも意味わからなかったけど、なんとなくハマってたのでそのままにした。
かっこいいでしょ?
あと、タイトルはピンボールゲームばっかり作るTVゲームメーカーの名前からとりました。

>>143
最後、コミカルながらぞっとした。扇風機ナイス。いいっす。

では、次のお題を出してくれやがれ。

167 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/10/03 20:27:44 ID:Pf3x8fZY
>>165
審査、講評ありがとうございました。へへへ、嬉しいですです。
イタチさんの詩読んでからだったんで、はっきりあきらめてまして、
参加することに意義があるなんちゃって書いたやつでした。。。
(そんな意義はあるのか????あるかも。。。いやしかし。。)
だます気はなくてですねええええ。あれは本音なんですよおおお。
ただ、最後まで読んで、諧謔の笑いと涙が伝わるといいなあと期待してました。
ラストの一行はそのために書きました。蛇足だろうか悩んだ一行でありますです。

>>166 ありがとーーー。灰色アメダス・・・ちょっとコミカルすぎたのであ?
いつもながら、かっこいいよーーー。

えっと、次の題ですね。”音”でお願いします。
でね、でね、その音に感情を乗せてくださいまし。
読むだけで、心に聞こえてくるような”音”をお待ちしております。
擬音語も使用OKです。  ゆっくり投稿おながいします(涙。。

168 :じこ ◆CJtOCQtyn. :04/10/04 00:49:45 ID:jk+GuwaG
「OTO」

歯を磨く 血が出る
牛乳飲む 下痢する
朝飯食べる 胃が痛む

今冷蔵庫がウワァーンって鳴った

酔っ払いが屁をこいた
隣にいる子供はただ無邪気に笑っている
子供たちは皆不感症 きっと何も感じることができないのだろう
ただ笑って ただ笑って ただ笑って ただ笑って

今冷蔵庫がウワァーンって鳴った

みんな気付いたフリをする
何も認めたくないから嘘をつく
だが俺は感じることが出来るぞ
この喪失感 虚無感 その実感

今冷蔵庫がウワァーンって鳴った
怖い
今冷蔵庫がウワァーンって鳴った
音が怖い
今冷蔵庫がウワァーンって鳴った
感情がうるさい
今冷蔵庫がウワァーンって鳴った
気になって寝れない

169 :心霊写真:04/10/04 00:57:12 ID:ehDuyUF5
失礼します。GONさんお疲れ様です。
今回書いてて楽しかったので言葉を参考にして練り直そうと思いました。
嬉しい言葉と、アドバイスありがとーございます☆
リーフさんおめ!どうしようもない感じが良かでした。切な痛いような。
しかし、ねむいさんの面白くて。何より楽しそう。ちょっと怖(ry

170 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/10/04 01:37:08 ID:cXWNf/Rs
>>166
僕も「音で選んだんかなあ」と思いました。
そして実際そうだと聞いて、やはりイタチさんは度胸詩人だ、と判断。

>>167
ラスト一行が麻薬的に魅力的だと。
評書くときに思ってたんだけど、
ただの「涙があふれた」という言葉は平凡なのに
上に数行乗っかるだけでこんなに衝撃波を出す言葉になるんだ、詩ってすごいなー、
て考えさせられました。

あと、詩以外のレスで変わった喋り方をするヤシだなーと思ってたら、リーフさん女性だったんですね。
板読み直して焦りました。すげえや。カッキー。

>>169
こちらこそありがとうございました。次回作もえらく期待しときます(重圧)。

皆さんどうもありがとうございました。
さて、次は「音」かあ。ゆっくり考えて、書けるようだったら投稿させてもらいますねー。




171 :ねむい ◆yYGM98H44I :04/10/04 13:27:13 ID:EfYcd1Eb
>GONさん
審査お疲れ様です。「変態」の称号ありがとうございました(笑)
ちなみにフィクションです。多分(ぉ
>心霊写真さん
私も楽しんで書けました。“お題”というものがあると、
普通には書けないようなものが思い浮かぶのでいいですねー。

172 ::04/10/05 22:14:46 ID:QlW1YFbL
ケータイをなくしたら
私から音が消えてしまった

背を向けて
キーボードを叩くパソコン中毒者
彼は振り返らない
いくら呼びかけても
不規則な雨音

隣の部屋で誰も見ていないTV
米倉涼子の笑顔が
何もおかしくないさまに歪んでいる
けっして私のほうを見ない
そこにいるのにいない女


173 ::04/10/05 22:15:08 ID:QlW1YFbL
水の底にハンドバッグと沈んで
きりのないハンカチをかきわけながら
ハンドバッグの底にある着信音を探している
私のケータイの着信音はただのベル
ありふれたベルだから誰にでも真似される
それでも私のベルは世界でただひとつだけ
特別なベルだから
誰も真似しかできない
私だけのベルだ
誰にも鳴らせない
鳴らされてたまるか
どこにあるの
鳴って
鳴って!

水の底まで聞こえていた雨音がふいに止んで
降り注いでくるおどけた彼のウインナーソーセージの指
ハンドバッグの底のvibration

               「心の中に着信音を鳴らす試み」

174 :名前はいらない:04/10/05 22:39:24 ID:8Pzjksey
なんかのさなぎ

ウォウウォウ〜
ウォウウォウウォ〜♪
♪メレンゲってなぁ〜に?メレンゲって何だYO〜?♪
(なんかのさなぎとかじゃない?)
♪こないだ最悪だったよ〜 焼鳥屋で
鳥雑炊頼んだら レバーばっかり入ってんだよ 俺レバー嫌いなんだYO〜
(それなんかのさなぎだったんじゃない?)
♪オレ去年は充電してたんだYO
まぁ おととしも充電してたけど♪
ウォウウォウ♪スパーク!!
(お前の傘の裏に張りついてんのなんかのさなぎじゃない!?)Ah〜〜〜〜♪ダバダダバダダドゥダダ!
♪Kiss me baby Kiss me baby
キキキ キスミーキスミーベイベー
ハアハア ほらキスミーよ はい早く ホラ♪寂しいんだよオレ すごい寂しいから ね?ホラ 早く大丈夫 ね いいから♪ちょっとでいいから ホント ね お願いします♪
Oh Yeah
Oh〜〜Oh〜〜♪
ともだち ずっと ともだち
ずっと ともだち いない
彼女もいない♪
ろくなもん食ってない♪
上野公園のハトの方がオレよりメシ食ってる♪
Oh Yeah!
青春って いつだったのか全然わからないぜ♪
わからないわからないのさ〜♪
ウォウウォウウォ〜♪ウォウォウォウォウウォウ
アンハハンハ〜〜イエ〜…


175 :名前はいらない:04/10/05 22:42:35 ID:Mr42Ujbt
>>174
ハマーは死ね

176 :名前はいらない:04/10/05 22:46:22 ID:8Pzjksey
>>175
そんなこと言うなYO!!

177 :名前はいらない:04/10/05 23:04:42 ID:Mr42Ujbt
>>176
キモいって。文房具以下のくせにでしゃばんな

178 :名前はいらない:04/10/05 23:11:59 ID:c4HJWWxV
>>177
でしゃばってきたのは貴方でしょ。

179 :ギャラ苦シィ:04/10/06 00:01:20 ID:vUxzO0r5
真空に鳴る音がある。
――例えば、地球と月の間。
2間の重力が軋みを上げる。
本来持ちえる、人の感覚器を超えた音。
宇宙に浮かぶその死体は、その「音」を羨望して、死してなお生きる。
――例えば、太陽のフレア。
吐き出される、膨大なエネルギーの裏側、堪えきれず「音」が鳴る。
宇宙に浮かぶ、その死体は肉塊と呼ぶに相応しい。
醜悪な体の死体が持つは、聴こえぬ「音」の渇愛しかない。
――例えば、それは宇宙の果て。
無と有の境、無限と有限の境。
矛盾に秩序が摩擦される、その瞬間に「音」が生まれる。
死体は果てまで、切望ゆえにひたすら漕いだ。
聴こえぬ音を聴くために、死んでいるにも拘らず。
――例えば、輝く銀河の対流。
圧縮された時の空間、ゆるりと流れる波は、その場に措いて「音」となる。
遠く輝く渦巻銀河。
死体は、とても長くそれを見ていた。
そして、時が経ったのか、結局音は何も聴こえず。
いつの間にか死体は8つに分かれた。
――例えば、人が死ぬ瞬間。
何もない真空では、抜け出る魂が拡散しない。
解き放たれた魂は、拡散せずに、破裂する。
死体は果てに着いた。と思った。
体は既に65分割。
しかし、死体は生きていた。
銀河のように渦を巻き、細胞一つ一つが恒星だという、まるで冗談のようだ。
その中心に黒より黒い、例えるならば、ブラックホール。
限界であった。生きてる限り魂はあるが、魂は不滅ではない。
死体は死にながら生きて、生きながら魂が先に滅んだ。
破裂。
その音が聴こえたのかは分からない。――死体は死んだ。

180 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/10/06 02:04:16 ID:y8rBjfsd
  [宣誓]

 理科室は厳粛で
 どこか他人行儀だったものだ
 悪ガキの冗談もいつの間にか秘めやかになって

 アルコールランプってやつがまずいけない
 試験管の繊細な光彩や
 丸底フラスコの不思議な存在感も

 白衣の担任は急に遠い大人になって
 少年たちは理科、と大きく書かれたノートを
 急いで広げた

 誰も時計なんか見やしなかった
 少年少女をひとりひとり主人公にする
 大事な手順 手指めいっぱいの儀式

 そして
 やがてぼくたちの班からも音がしたんだ

ポンッ・・・・

 利害なんてひとかけもない場所で
 ぼくたちの目を交わさせる音
 世界の小さな謎が解かれ その先のもっと大きな謎を知らせる音


181 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/10/06 02:04:41 ID:y8rBjfsd

 光は何かを照らし出した?
 いいやただそこでみんなと輝いた
 そこで全ては傲慢な無垢さで そこからくまなく世界を照射して

 見張られた目 交わされる目
 いのち それぞれの
 未来も それぞれの  そうやって

 そして そうだ 幾年月を経たいまも
 内奥に刻まれて燃え上がる音と光が
 ぼくにあの儀式を踏ませる

 この世界を見てゆきます
 この世界を見てゆきます

 そして水素燃焼のように笑います 
 または星がはじけるように
 誓って一生そうします

182 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/10/06 02:11:31 ID:y8rBjfsd
うわああああ最終連訂正したい! 書いちゃえ

「そして笑います 試験管の水素燃焼のように
 笑います または星がはじけるように
 誓って一生そうします           」

 推敲足りずスマソ

183 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/10/07 13:55:40 ID:0F1agA3u
<出来損ないの夕焼けと、完璧なメッセージと>

四時の道ばた誰かの声
ニ、三歩さきにホハバ合わせて
蹴飛ばす石ころあさってでも
転がりさえすりゃ
それってジャストタイミング

空が二つにはがれる瞬間
わたしの声はその片方

きみにもらったハート型
お守りでもアクセサリーでもなく
呼び方わかんなくて
そのまま“ハートのヤツ”って呼んでる
それってジャストネーミング

思いが一つに溶ける瞬間
あなたの声はそのすべて

心の まんなかに ある 空虚な石ころ 放つ


184 :名前はいらない:04/10/07 23:29:52 ID:4e34Wdfe
そとでは雪が降っている
足元がおぼつかないのに積もればいいと思っている

彼女は鵜飼の鵜で同じ世界に住む人に頼まれて
セルの中央にある液晶画面に向かっている
その黒い何かを見たくなかったので
ガラスに映るのを避け横顔を見ていた
彼女の聴覚障害に気づいたのは今さっきで
リーチが掛かれば体を硬くさせるが
リズムの変化で僕の方が早く分かる
何とか伝えたくて力を込めてみても
困り顔が正面にあるだけだった

鵜匠に玉をぶちまけて帰りたかったが
肩が触れるほど傍にいて
何にも出来ない自分がいて
ぼんやりと雪の降る音を考えていた




185 :名前はいらない:04/10/08 00:08:53 ID:8K0R0uR2
「歌姫」

今度生まれる時は花のように
 
願いは叶わず ずっと焦がれていられるのが救いか

花だった私は潰されながら
自分の汁の苦さに 
甘い匂いに酔っていた

私は歌う 歌う
あなたのジャズは覚えてしまっていた
花の時に聴いていた歌だから

摘み取られてあなたを愛し
戯れに潰されて 散る間も無かったの
指が汚れていたわあなた それを舐めとる舌が欲しかった 花びらのような

人間にはなれたものの男に産まれて
あなたの指を自然には 舐められやしないじゃないの

場末のバーで私は歌う あなたのジャズを 老いたあなたの前で

私を見つめるあなたの中で 私の中で 確かに響いたものがぽつん
居心地の良いぬかるみに置きざられ るーるるーるとハミングしてるよ
私は可哀想に思い泣いた 私を いいえあなたを 

私の誕生日は九月三十日で 花言葉は不老不死で
死なないと言う事は 生きていない と言う事か

出来るならあなたに抱きしめられて 
潰れた匂い嗅いで死んでしまいたい と歌うわ

186 :名前はいらない:04/10/08 00:46:03 ID:8K0R0uR2
185です。書き直したはずが直ってない方書き込んでいるっ。 
「私の誕生日は九月三十日で 花言葉は不老不死で」を
「私の誕生花は葉鶏頭で 花言葉は不老不死で」に。ごめんなさい!

187 :名前はいらない:04/10/08 03:08:07 ID:wp56NXOF
お題 音

現在8作品

>>168    「OTO」                 じこ ◆CJtOCQtyn.
>>172-173 「心の中に着信音を鳴らす試み」  名無し
>>174    「なんかのさなぎ」           名無し
>>179                          ギャラ苦シィ
>>180-182 [宣誓]                  GON ◆rOo2fYBBKk
>>183 <出来損ないの夕焼けと、完璧なメッセージと>ねこいるか ◆/D0HAk633.
>>184                          名無し
>>185-186 「歌姫」                  名無し

188 :「COLORFUL TIME」(1):04/10/08 09:00:43 ID:1sdYDUnk
「COLORFUL TIME」


こおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉんんんん。

彼がCの音を弾く

そこから 天国が、始まる!



189 :「COLORFUL TIME」(2・完):04/10/08 09:02:10 ID:1sdYDUnk
           *

ざっと開いた 幕

照らす闇に 浮かぶのは 彼

仲間が紡ぐ 音は カラフルに 色づけていく

一緒に 歌お 一緒に 笑お
客席のみんな 時を 同じに
歌は 呼吸と 一緒に 
そう 楽に 生きることと一緒 


こんな 昔の人が 作った音が 時を超えて
涙浮かぶよ どうして 同じ君と 違う僕で
君の 心が 分るよ 同じ波で 揺れてるから
リズムは 体で 歌詞は 心で 

ねえ 「いい」こと って 今他には ないよね
singin' swayin'  live in the Heaven

羽が生えた 君に kissをする

今日は 許してね

だってここは  綺麗な 天国だから

190 :名前はいらない:04/10/08 10:31:26 ID:FKa4G8ue
「スタートまでの」

ぽつりぽつりと雨音
くたびれたベランダを叩いて
やがて隣家のトタンへ移る
甲高い笑い声

あなたがいない
ひとりの朝も
あなたをおもって
しあわせでいるよ

ブロック塀の上を
じめつかせていた涙も
いまでは軽やかなステップ
裸足のダンス

ぽつりぽつりと雨音
やむまで楽しんで
やんだらあなたに会いに行こう
顔を上げて布団を飛び出そう

191 :名前はいらない:04/10/08 11:00:26 ID:wp56NXOF
10作品出揃いました

お題 音


>>168    「OTO」                 じこ ◆CJtOCQtyn.
>>172-173 「心の中に着信音を鳴らす試み」  名無し
>>174    「なんかのさなぎ」           名無し
>>179                          ギャラ苦シィ
>>180-182 [宣誓]                  GON ◆rOo2fYBBKk
>>183 <出来損ないの夕焼けと、完璧なメッセージと>ねこいるか ◆/D0HAk633.
>>184                          名無し
>>185-186 「歌姫」                  名無し
>>188-189 「COLORFUL TIME」         名無し
>>190     「スタートまでの」           名無し

リーフレインさんヨロシク

192 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/10/08 12:53:32 ID:zgETcp/x
いやあ、物凄くレベルが高いですね。うっとりしてしまいます。

>>172-173
「心の中に着信音を鳴らす試み」
まず、題を最後に持ってくるのがにくいね。種あかしを最初に
しちゃうと面白くないもんねえ。
水の中でこだまするような、ベルの音が印象的です。
携帯や、パソコンがコミュニケーションの手段として大きな位置にある
ってのがよくわかる。

>>174 「なんかのさなぎ」 ハマーさんなのかな?益村さんとこでよくみるような?
全体が自前の歌ですね。スキャットと音符を書くことで、明るい音楽が
聞こえてきそうな気がします。(内容は暗いねしかし、ひきこもりさんの寂しさが
テーマみたいだわ)音は歌そのもの。

>>179 ギャラ苦シィさん。「真空に鳴る音がある」
シュールです。そう、真空だから振動しないんだけど、絶対そこに音ってあるんですよね。宇宙の軋みを聞くようで圧倒されました。その音を聞く死体はきっと自分の死体です。
でも、これだけの音を聞けたら本望ですわ。。。
”ーーー例えば” という流れが、ちょっと気にかかる。詩でありながら、論文の羅列
のようで、詩情に浸るのを邪魔しているみたいです。

>>180 GON さん「宣誓」
前半の丁寧な理科室の実験授業の描写。ぽんっという水素の燃える音。
後半の、純粋で、善なる人間の誓い。実にGONさんらしいなと思います。
一瞬の感動を確かに切り出して、それを誓いへと昇華させるところがいい。
読後感がとても爽やかで、胸がしめつけられるような想いを感じます。

193 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/10/08 13:13:02 ID:zgETcp/x
>>183 ねこいるかさん 「出来損ないの夕焼けと、完璧なメッセージ」
リズムがいいなあ。いつもながら。
全体が一つの歌であり、同時に、「私の声」と「あなたの声」という音を強調。
出来損ないの夕焼けは、4時の空が二つにはがれる瞬間。
完璧なメッセージは、思いが一つに溶ける瞬間のあなたの声。
両者が合わさった解きに放たれる 心の真ん中にある空虚な石ころ。
いいですねえ。いいですねえ。
(転の、ハート型の連が、今一つ力不足かなあ?ジャストネーミングというごろ
あわせは中々秀逸だけども。)

>>184 ID:4e34Wdfe さん そとでは雪が降っている
ごめん、よくわかんないよ。
鵜飼の鵜であるってことは、誰かに支配されてるんだよね。
しかも聴覚障害である、メッセージが伝わらない相手だ。
リーチが掛かればということは、どうも接触してるのかな?
(なんとなく抱いてるのかなって想ってしまった。
パチンコかなとも想ったけれども)
ぼんやりと考えているのは、雪の降る音。
実際に聞こえてるわけじゃない。全体がこの実際に聞こえていない
イマジネーションの世界のようで、手ごたえが薄い。
聞こえない音を書きたかったのかもしれないですね。

>>185 歌姫
花が転生して、少年になった。惚れた男の記憶を持ってて、
彼の前で歌う。
うーーん。あっさり少女にしたほうがよかったんでないかな?
少年であることの実際が今ひとつみえない。、(つまり語り口が
花ー乙女のままだものだから、少年へ転生したことのリアルが
見えないのかもしれない)
音は、ジャズナンバー。花の乙女であった少年が歌う。
かすかに低くて艶っぽい声だろうと想う。細くて、美形だといいなあ。

194 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/10/08 13:17:10 ID:zgETcp/x
ごめん、体力切れ。また後書きますね。

195 :名前はいらない:04/10/08 15:35:40 ID:PuxMCe36
>174
ピューっと吹く!ジャガー 第5巻/集英社 の第90笛からの盗用です。
しかもこれほかのとこにもコピペしてました。
著作権侵害の共犯にならぬよう無視する方が得策でしょう。

196 :名前はいらない:04/10/08 17:41:42 ID:x2fBd6cS
              

197 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/10/08 20:12:42 ID:zgETcp/x
>>189 Colorful time
いやあ、独りぐらいは、音を直に書いてくれると
期待してましたよーーー。
ごおおおおおおおおおおおん  っていいなあああ。
舞台を表現したいってのはよくわかりました。
ちと力不足の感があります。

>>190 「スタートまでの」
雨音がだんだん変化してくのが、恋心とからめて
きれいに表現されています。
変化っていう点では一番でした。
最終連が、なんとなく陳腐に流れた。おしいです。

>>195
ジャンプですね。ありがとう。あの漫画は真面目に読んでないんで
気がつかなかったですよ。今はアイシールド21しか読んでない。
あ、ワンピースも読んでる。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
で。審査結果です。今回沢山の音聞かせてもらえて
ほくほくしました。。。
宇宙の軋みと、GONさんの誓いと、ねこいるかさんで迷ったんですが。。
今回は、詩の思想ではなくて、詩的表現を重視して、
リズムよく、音そのもののイメージを詩全体を使ってふくらませてくれた
ねこいるかさんを一番といたします。リズミカルで、明るくて、
どこかあったかくて、最後が心の真ん中にジャストミートでした。

>all
途中でへばってごめんなさい。。。

198 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/10/09 08:51:05 ID:yyJM64Dk
>>197
(´∀`)おはようさんです 
お、結果出てましたねリーフさんアリガトサンです。>>189を書きました。
締め切り間近だと何か参加したくなってしまうのですねん
だからと言って適当に書いたわけでないので許してください。

これはこんな作品ですが歌詞です。
曲調はできしーらんどじゃずで、頭の中は「ジャズやるべ!」。
スコア起こしてませんけど、メロディは頭ん中にはあります 
まりもの唄(前のお題です)もそうで・
最近家族に遠慮がなくなってきたので、
自宅ではいつも不思議なオリメロを口ずさむ
不思議な女と化しているワタクシです。

わーいねこいるかさん おめでとうございます 次回も楽しみです。

*最近目がちょぼちょぼするのでめっきり長文がだめになった・・・歳なのか
バイオリズムなのか・・・・うにゃうにゃ・・・




199 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/09 10:23:37 ID:4OdPYk9+
おはようサドンデス。リーフ君おつ。
「心の中に着信音を鳴らす試み」を書きました。女装は楽し。
で、ねこいるかってどこのどいつよ?
早く次のお題出してくれないと俺、消えちゃう。

200 :イタチ小娘。 ◆hC.A6xTFGw :04/10/09 10:31:41 ID:4OdPYk9+
おはようございます。
今回、「スタートまでの」を投稿しました。
あと二作品とかなってなかなか投稿ないと、どーにも書きたくなってしまいますね。f^_^;
でもだからといって適当に書いたわけではないですよ。
ラストの飛び出すロケットみたいな「私」が1番見せたかったんですけど、
いわれてみれば確かにちょっと陳腐に流れたかもですねー。オイオイ(ノ><)ノ
今度は1番もらえるよーに頑張ります。
リーフレインさん、読んでくれた皆様方、ありがとうございました。

201 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/10/09 11:02:53 ID:XIC2Fa6c
イタチ彼女が暗算ですか
歓迎です
リーフレインさんお疲れ様でした
ぼくの詩は説明くさくていけてないですね
飛ばねば
ねこいるかさんおめでとう。次のお題お願いしまーす。


202 :名前はいらない:04/10/09 11:13:36 ID:9Q23YABB
10作品集まるまできちんと待ったほうがいいと思う。
自分が待ち切れないからといって二重投稿してスレを進ませるのはよくない。

203 :心霊写真:04/10/09 13:40:32 ID:gP3EcE4u
失礼しまーす。リーフレインさん審査お疲れ様です。「歌姫」書きました。
美しいイメージで読んでくれてリーフさんらしいなとしみじみしました。
ちなみに花から転生したのは少年じゃなくてゲイバーにいるお笑い役の
骨太い野太い感じの男性が泣きながら歌ってるイメージで書きました。
歌声はぼえ〜って感じで(でも上手い)外見もおっさんで中身はオンナです。
って独りよがりで説明不足で全然伝わりませんよね。すみませんです(^ー^)/゛
イタチさんてばオニャノココトバ上手ねえ。
ねこいるかさん、おめでとーございます! 

204 :心霊写真:04/10/09 14:08:33 ID:gP3EcE4u
>>202ごめんなさい。考えながら直接書き込んでたので。。。
今のルールが曖昧な気がしました。一人一作品が望ましいってあるから。
なんなら今度は一人一作品をルールにすれば良いんじゃないかな。

205 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/10/09 16:57:56 ID:GRY7HN4e
>>200
アハハハ(´∀`)イタチっ子さん真似すんなよアハハハ

二重投稿?禁止事項ではなかったなら良いのではアハハハ

駄目だわたし今日壊れ方が変だ

206 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/10/09 17:07:19 ID:aMva6ahz
こんちわペッサリーニ。リーフ君堕つ(巨星)
ひさびさで優勝できて感激です(*@w@)ゞ
ありがとうこざいます>おめでとうall
思わず過去スレ読み直してたんだけど、こりゃやっぱ良スレだわ
毎回名作ぞろいで、普通に一時間くらい消し飛ぶw

>>199 >で、ねこいるかってどこのどいつよ?
この台詞1スレ目とまったく一緒じゃんかヨー!
いい加減おぼえやがれこんにゃろーめちくしょーめこの珍獣小僧が!
テメーなんか珍獣でしかも小僧だ!
珍獣の中の真の珍獣は、アレだ・・、ガッツ石松だ。
あと真の小僧はえなりかずき。
だからきっときみはガッツとえなりを足して二で割った味の二重投稿。
みんなほんのりほろよい気分。

207 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/10/09 17:16:53 ID:aMva6ahz
さーて、来週のぽえむさんは〜♪

「こんにちわ、チューヤです。よごれっちまったブリーフに、
今日も粘液ヴェットリです。そこで名案、パンツ履かなきゃイイ。」

そんなこんなで次回のお題は
<エーテル>
でお願いします。(*@ω@)ノよろー

208 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/09 17:24:17 ID:4OdPYk9+
>>205
アハハハ(´∀`)そんなこというとあてつけに十重投稿くらいしてきちゃうガキがいそうだよアハハハ
今回、リーフ君は俺の大ファンだしネカマしたかったしで
だから敢えて名無し投稿したんだけど、これからは必ず記名投稿します。
あと次スレには「原則として一人一投稿」と明記しておくべきっぽいね。
ところでその壊れ方、イタチ菌が感染ったんだよきっと。
アハハハ(´∀`)何度も真似してごめんよアハハハ

>>206
ごめん。本当にごめん。俺、「おめでとう」いうの忘れてたね。
おめでとう。でも真の小僧は藤井フミヤだよ。

>>GON氏
俺の愛する女はもっとプロ級っすよ。

209 :リーフレイン:04/10/09 18:10:58 ID:uHElOQMA
>>168 じこさん
ごめん、ごめん、評価書き忘れました。
冷蔵庫の音です。あれって、感に触るとものすごく触る。
無神経に寝てるやつがにくたらしくなる。
昔のいらいらを思い出して、いらいらしましたーーーー。
で、そのいらいらから、世界の虚無感と周りの無神経へと飛んでるんだけども、
ここはすこし説得力がないよに思います。
実はそんなわけで、優勝作品に選ばなかったのだ。。。。
評が遅れて申し訳なかったです。

>いたちさん。
2作品はーーーー私もいつも遠慮してるのにーーーーこすいじゃないのーーー。

>心霊写真さん
惜しい!!その設定を書きこしてれば、優勝間違いなし。
笑っちまいましたよーーーーー。そのイメージはすごい!!はまりですーー。

>GONさん
えっと、今回のは、前段の水素実験の描写が、後半の泣き笑いのような
真摯な誓いに対してテンションが低いような感じだったんですよ。
段差があるような感じ。。。

>ねこいるかさん
おめ。(巨星じゃないのよ。赤色矮星がいいなあ。。我侭)

>Cレールさん
家族の迷惑もかえりみず・・・・・w 歌えるのは一番でっせ!

210 :名前はいらない:04/10/09 19:14:18 ID:7BigxyER
もっとフェロモンはいかが?
http://shop.aesop.jp/

211 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/10/09 22:47:14 ID:/COuZB6z
その晩俺はエーテルを飲み干した。
もっと苦いのかと思っていたが案外しょっぱかった。
歯と歯の隙間に染みこんでいくようで明日歯医者に行こうと思った。
電話がなった。ガス屋からで明日からガスが止まるそうだ、困った。
なんかくらくらしてきた。くあらくあら。エーテッル効きすっぎ。本当にどうしようと思った。
えへらえへら。どうでもいいいいいや。ガスがないなら電気を使えばいいじゃないの。
そういや電気は昨日から止められていた。なんか醒めてきた。
ゲップでエーテルの匂いがする。ものすごく気持ち悪かった。

ウは歯は母は母は母ははははははははぐあっぐdgdぐあっぐあ
えーてるわ〜いす(↑)、えーてるわ〜いす(↓)
かかってこいよかかってこいよよよ、ボラ野郎かかってこここいよ
シュッ、シュッ、ほらこいよ。どうだ手も足も出ないだろ。シュッ、シュッ、イテッ。
うがぎゃははははははhっはっはあ、やかん沸騰してるよ!ぎゃはははっはっは!
…えーてるわ〜いすっと。やかん。やかん。あちぃぃぃぃぃ!!!
あっつぅぅぅぅぅぅぅぅうううううううううううマジ、マジ、、、っはぁ、はぁ、、、は


ボラオ(飼ってるボラの名前)、、、ごめんな、おまえ、手も足もないもんなぁ、、、
あ〜あ、きもちわるー、寝よかな、、、
(マニアックな着メロ)
はい、もしもし、ああどしたん?え、今、いや別になにもしてないよよよ
あ、いいよ、うん、どこここ?「松葉くずし」っね。OK。
誰来てんの?え!マまジ!?すぐいくすぐいくすぐいくすぐいく。酔ってねぇよ、あはは

…えーてるわ〜いす、えーてるわ〜いす、、、っと

212 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/10 23:07:54 ID:Y6BV5k7q
「エーテル」
この世は俺で出来ている
あの猫も俺
その鉛筆も俺
どの女も俺

目を上げるとマーガレット・キーンが描くような
切れ長のでかすぎる目をした女が
黒い毛皮の帽子を被って俺の向かいに座っていた
その女も俺だ

エーテルと名乗るその女はいった
「鉄郎、あれをご覧なさい」
ちなみにエーテルの被っている帽子の種類はトークというらしい
今、俺の愛する女が検索してくれた

俺の愛する女は俺で出来ていない

たちまち
崩れた世界でエーテルが
いおうとした台詞は
二度とかえらない

たちまち
イデアは虚線のアイデアル
プラトニックな愛は
また巡り戻る

あっ

この世はエーテルで出来ている
どの俺もエーテル

213 :名前はいらない:04/10/11 11:31:53 ID:JrJw6VcD
 超怖ぇから俺達は言葉を投げつけた
 超怖ぇから超考えて考えて考えた
 名前がつくと明かりがついたような気になれた
 明かりがつくと俺ら人間が主役みたいに思えた
 投げつけた名前は見当違いなことも多かった
 でもそれが分かったらまた投げればよかった
 最初のころはたいがい神のせいにすればよかった
 一国一台神がいりゃあだいぶん助かって
 雷も 疫病 日照り 単なる不幸も 
 けんか売りたい奴相手のいちゃもんにさえもなった
 神が嫌いな奴はほかに何かでっちあげた
 もっともらしく言っておけば誰も答えなんか分からねえ
 あとでばれるかもしれねえが
 みんな今言って欲しいんだろ?
 俺も今言いてえんだ
 なんか超この世怖ぇから今なんか言っておきたいんだ
 赤んぼみてえに泣き喚きたいがずっとそうしてるわけにもいかねぇ
 全部知ってるつもりになって
 知り合いみたいに「ああこいつはあいつだなイヨウ元気かよ」って肩たたいて
 実は赤の他人だったとしても口笛吹いてさっさと通り過ぎて
 そんであとちょっと経てば俺も死んで腐って空気になる
 空気になったら空へ空へと 高く高く遠く遠く空へ
 天国は怖くねぇから名前なんかねえんだろう
 俺は多分そこで
 ものすっげえ伸びを


214 :名前はいらない:04/10/12 00:54:58 ID:EtVcoFSL
「○○○ル、それは僕が見た光」

二回目のシャンプーが終わった
真っ赤なネオンが似合う古びたモーテル
その小さなバスルームに僕は居る
「ねえ まーだ?」
女の甘ったるい声 僕は今日初めてセックルする 
ヘーゼルって女 良い名前だと思わない?
ナッツみたいに高カロリーな身体の女 名前しか知らないけど
恋をした事が無い僕は恋なんて信じない ただ 女を知りたいだけ

男はぐいっと立ち上がる欲望を持つ
それは形となってパンツでは隠せない
女は女らしくスカートひるがえして ズルイよね

頭に水のシャワー 何かどっか熱いから
水はいつだって液体代表の自己主張でじっくりと染み込んでいく

目を瞑るとチッカチカした光 眼球の周りでクルックル踊った
目を開けると光は僕の目を離れ キラキラーと空中に光の道作りながら
バスのドアーを開けた 

ずぶ濡れの僕の真正面に丸い身体を投げ出してベッドで寝転ぶ女 
光は回転しながら女の太ももに吸い込まれて消えていく

暗がりの中、女はすっかり素っ裸 青白く発光している脂肪のカタマリ
サブカルな音楽を口ずさみながら 発光したまま上目づかいで僕を見た

眩しくてドアーを閉めた 染み込んだ水が毛穴から飛び散っていく
・・・女の名前は何だっけ?

僕は目を開けたまま 三回目のシャンプーを開始した

215 :◆Ui8SfUmIUc :04/10/12 02:05:38 ID:K6z84232
「大人になるということ」

満タンのエーテルを
燃やして走る

名神のバス停で
僕たちは解き放たれた

気のふれた野良犬のように
この車線を横切れば
ヨダレの痕も消えるだろう

金魚が泳げるほど
裕福なヒキガエル

ゲボ ゲボ ゲボ

少年がひき潰される
寂しい離別の舞う音です

エーテルは
とろける抱かれ虫

右脳が腫れて
見てはいけないものを見てしまう







216 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/10/12 07:58:04 ID:k+ZvIYPy
「エーテルガス」

痛くない。痛くない。
歯を抜いても痛くない。
だめになった腕をのこぎりで切り取っても痛くない。
足を切っても痛くない。
阿鼻叫喚の巣窟だった外科ー床屋の店が
静かになったんだ。

店の前の竿には、血でよごれた包帯が
赤と白のだんだら模様になってぐるぐる巻きに
かかってる。
洗えよな。そんな膿みのついたままで乾かすから
敗血症がおこるんだよ。

切断のショックで死んだ男が
恨みがましい目でエーテルガスのフラスコを見ている。
そうさ、お前は間に合わなかった。
残念だったな。
人生はそんなもんさ。
いいことも、自分のすぐ後から起こるんだ。

死神が歯噛みしてるのが聞こえる。
嬉しいじゃないか。
無慈悲で、確かな腕前の奴でさえ
悔しい想いを抱える日があるわけだ。

神様、もしおいでになるのなら、
さまよえる魂に安らぎをおあたえください。

217 :名前はいらない:04/10/12 13:45:07 ID:yGkGuRB1
「予言者はなく、ただ」

あなたの海を飲み干した

あなたの海はただここからのみ注ぎ出る
葉巻型のストロー
くちびるにはさんで 吸う
舌の付け根で 渦を巻かせて
胸の奥の 水面が揺らぎはじめる

十年続くであろう洪水を
身体の奥で受けとめる
それは次第に小さなせせらぎとなって
私の腹に マリンブルーの疵を残すだろう

俺の腹を蹴れ
あなたがそう覚悟を決めるまえに
私はあなたを食べるだろう
手始めに乳首を噛みきった

獣の貌をしたカモメたちの群れに
わなないて銃を構える
断崖の上に立つ人のかたちは
まだ男か 女か それとも

あなたの海が
私のなかで
新たな生命を育みはじめている


218 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/10/12 18:25:36 ID:sN9OAn3z
お題:エーテル 審査員:ねこいるか ◆/D0HAk633(エロ)

>>211 無題                   快楽童子 ◆plhXCa4.HY
>>212 「エーテル」              イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2
>>213 無題                   ID:JrJw6VcD
>>214 「○○○ル、それは僕が見た光」 ID:EtVcoFSL
>>215 「大人になるということ」       北 ◆Ui8SfUmIUc
>>216 「エーテルガス」            リーフレイン ◆LeafL/oiO.
>>217 「予言者はなく、ただ」        ID:yGkGuRB1

現在7エーテル あと3エーテル

219 :ぺぷちど:04/10/12 20:33:33 ID:d8HotHKC

エーテル、エーテル、エーテル
この世界は 残酷で惨たらしく 呼吸した胸を締め付ける
エーテル、エーテル、エーテル!
ボクは必死に呼吸する この残酷な世界に窒息してしまわないように
エーテル!エーテル!エーテル!!
透き通ったこの狂った世界で ボクは世界に満ちた純粋で清潔なエネルギーに絶叫した
          

220 :わに ◆Wani6uvhK. :04/10/12 21:07:29 ID:jLSqfIu7
「ひかり」

夢を見た
眩しい夢
痛みの合間の一瞬の間に

窓辺で服を脱ぐ
わたしのからだは
私のものではなく
神の意思がエーテルとなり
振動して光の波になり包む
皮膚を広がる波紋
カラダ中くまなくエーテルが触れる
大きな手のひらがさすっているように
私の中の生命を揺さぶる

腹部の波が強くなり
意識が戻る
腹部がはじけて
生臭い水が太ももをぬらす
光におけるエーテルは
私におけるこの腹部
羊水を失った子宮は
急激に強い痛みを訴えた
早く出たいという声を聞いた


221 :名前はいらない:04/10/12 21:36:35 ID:KgzbVQH2
[エーテル]
其れは満ちるもの
其れは存在するもの
其れは天空に存在する光の粒
其れはこの世界を護る儚き波

ただ其処に在り続け
幾千幾万幾億もの時を見つめ続け
未来でさえも変わらず存在するもの
世界に生きるモノの全てを…これらはありのままに享受した

弱くも決して染まらぬ揺るがぬ波は
守護者でもありあるいは神そのものでもあるだろう
過去現在未来永劫この世界の全てのモノを
消えてしまいそうな光の波動は…この世界に何を教えるだろう?
私達は…何を教わるだろう?

222 :名前はいらない:04/10/12 21:37:00 ID:O3n2dW8S
父と母と弟と車のなかで
休みの日は家族みんなで
母と父はメールに夢中で
心を貸し出し中なんだ

ガラス張りのビルが青くて
まるで空が降りて来たみたい
そこから白い馬が玉をくわえて
母父と書かれた二つの玉をぽとり
目の前に落としてこう言うんだ
五年後に中を覗いて御覧なさい
弟も見ていいと身を乗り出したら
信号が青に変わるのが見えたので
眠った振りで次の信号を待っているんだ


223 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/10/12 22:08:18 ID:sN9OAn3z
お題:エーテル 審査員:ねこいるか ◆/D0HAk633(エロ)

>211 無題                  快楽童子 ◆plhXCa4.HY
>212 「エーテル」              イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2
>213 無題                   ID:JrJw6VcD
>214 「○○○ル、それは僕が見た光」  ID:EtVcoFSL
>215 「大人になるということ」       北 ◆Ui8SfUmIUc
>216 「エーテルガス」            リーフレイン ◆LeafL/oiO.
>217 「予言者はなく、ただ」        ID:yGkGuRB1
>219 無題                  ぺぷちど
>220 「ひかり」                わに ◆Wani6uvhK.
>221 [エーテル]               ID:KgzbVQH2

以上10エーテル

>222
(快エ楽)つエーテル

224 :名前はいらない:04/10/13 01:19:55 ID:FNzDV2Y1
すんません>>213書いたものですが、「名前はいらない」内容に掛かってます。お題なり。
エーテルってエチルエーテル以外に、紀元前に言われた第五元素とか19世紀のエセ物理学で仮想された「存在しないけど名はあるもの」でもありますよね。
そっち側についての詩なんでそこんとこもろこし


225 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/10/13 01:47:56 ID:thV46aOf
昨日の深夜から漁業に出かけててね
やっとね、今帰ってきたんだけどね イカがものっそいウマかった
40杯くらいゲトしたからまだまだ食いきれんぜうぇっへー
でも気力体力エンプティー
進行遅らせるようで申し訳ないんだけど、審査等は明日の昼以降にさせていただきます
実際は、一通りは読んだんだけど どれも目を見張る出来栄えで
ちょっと、それぞれちゃんと批評つけてこっからひとつを選ぶってのはタイヘンだわさ
つうことで今夜はおやすみなさい (*@ω@)ノシ

226 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/10/13 15:05:54 ID:thV46aOf
やり場のないアオリイカをバイトにオミヤゲようと思ったけどやめといた。
あぁ・・ 眠いけどちょっとうつろながらにどんどんやってきますねー
>>211 無題                  快楽童子 ◆plhXCa4.HY
おもろい。その一言でケリのつく感想。笑えるって意味でおもしろくするのは難しいことなのに。
特にボラ野郎イイ。松葉くずしもイイ。こんな気楽におもろいエーテル好きだな。
>>212 「エーテル」              イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2
>この世は俺で出来ている >俺の愛する女は俺で出来ていない
すごく大胆でインパクトある切り込み方だ。
さらに流れるような軽やかな構成で、途中まで引き込まれてく。
けど最後が消化不良じゃないかな。
「あっ」の部分を丁寧に熟成させて具体的に形成できればよかったのに。
鋭いくせにぶっきらぼうなエーテル
>>213 無題                   ID:JrJw6VcD
うん これに関しては無題でいいとおもう。
ユーモアあるしゃべり口調なのに、しっかりと内容が練りこまれてて、
言葉の選び方と全体の構成に無駄がないと思うのです。
「名前をつける」という行為はすこし哲学的な方向なんだろうけれど、
肩の力のぬけたのびのびとしたエーテルで読みやすく、おもしろかった。
ただこれも締めくくりが中途半端な印象を受けました。

227 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/10/13 15:28:13 ID:thV46aOf
>>214 「○○○ル、それは僕が見た光」  ID:EtVcoFSL
>水はいつだって液体代表の自己主張でじっくりと染み込んでいく
すごくセンス溢れる言い回しだと思います。なかなかにエーテルを感じさせられた。
これ以降の描写もたいへん美しい。とにかく、輝いてるんだよね なんやかんやどれも
それらのことごとくを鮮明にとらえれてる視線に、読んでいて重なれるくらいに、
どの描写もことごとく輝いてるエーテル。うまい。
シャンプーに何か深い意味はあったのかな?時間の経過を感じさせる役割だけでも充分だけど、
最初と最後そろえてて、なんだか思わせぶりで気になった。
>>215 「大人になるということ」       北 ◆Ui8SfUmIUc
これまでのとはまた違った印象。今回難しいお題出したとおもってたんだけど、
自分なりのテーマを自分の言葉として書ききれててすごい。具体的な表現でなく、
「大人になるということ」のイメージをやわらかく漂わせてる感じ。
>エーテルはとろける抱かれ虫 から最後までが個性的。
狂ってしまうかのような、歪んでしまうかのような、「成長」
虫なら最後飛べればいいのに。

228 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/10/13 15:50:32 ID:thV46aOf
>>216 「エーテルガス」            リーフレイン ◆LeafL/oiO.
場所と人物は連想できたけど、内容どこにあるかが見えにくくてよくわからんかった。
>人生はそんなもんさ。いいことも、自分のすぐ後から起こるんだ。
このあたりもっと鮮明にほしい。
全体的にどんよりとしたエーテル 神様いたら救ってあげて
>>217 「予言者はなく、ただ」        ID:yGkGuRB1
衝撃的。性とそれらの行為をこんなにもみずみずしく描けるなんて(1〜3連)
4連目ちょっと難解だけど、それでも全体が完成しきってる印象。
5連目は胎内での受精までを描いてるのかな?
しかも普通なら女性をよく海として例えるところを、あなた(男性)の海って
表現するなんて、ちょっと尋常じゃないセンスしてると思う。
 この生命はわたしとあなたとでできている

229 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/10/13 16:05:24 ID:thV46aOf
>>219 無題                  ぺぷちど
こ、これは、、、モロかな?
サティが青林檎を刺しちゃうんだよね?
違ったらゴメンよ。
>>220 「ひかり」                わに ◆Wani6uvhK.
これも「女性」という表現がすごく鮮明で、すごく完成度が高い。
光とは神の意思であり、生物にとって不変の理であり、命である、エーテルだ。
世界は光で溢れているといわんばかりの美しさがよかったです。
>>221 [エーテル]               ID:KgzbVQH2
書き方がストレート。でも衝動的すぎると思う。
うんうん なるほどね てわかりやすいけど、潔くも押し付けがましい表現。
? で締めくくられてもー・・・

230 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/10/13 16:16:52 ID:thV46aOf
☆優勝☆ >>217 「予言者はなく、ただ」        ID:yGkGuRB1

ほんと力作ぞろいでしたね。
岩井俊二の「リリイシュシュのすべて」を読んだばかりでなんとなく出したお題だったんだけど、
どれも個性的なアプローチの仕方でおもしろかった。
中でも妊娠ていう具体的な事柄に集約されてて良かったし、表現はピカイチだったと思います。
次のお題よろしくです。

あと>>214も大好きだ。すごく移入できる。うまい。

231 :しいな まほろ ◆tYbIWmaS5o :04/10/13 17:15:12 ID:BH20/ufG
217でした。

>>230
ありがとです。嬉しいです。でもちょっとびっくり。
私としては>>213>>214がよかったです。


次のテーマは「赤」。


ゆっくりでいいですか?

232 :わに ◆Wani6uvhK. :04/10/13 20:43:57 ID:Xq2TMFy8
ねこいるかさんお疲れ様です
批評ありがとうございました。
褒めていただいて光栄です。かなり嬉しいです。
(漁業もお疲れ様。イカいいな〜。たべたい。)

しいなさんおめでとうです!!
私もこれが一番って思いました。上品なえろ。
っていうかこの作品よまなきゃ自分の詩も書けなかったですね。

こんなにレベルが高いところに参加出来て幸せです。
みんなうますぎです。私も特に>>214気になりました。

233 :名前はいらない:04/10/13 22:38:52 ID:KHArZ+Rn
[旅人]
彼は潤いを探していた
白き太陽と赤き月と黒い星々が彼を倒錯し翻弄し卑下するまっただなか
身を縛る鎖を断ち切る術をを知るため
くたびれた足が引きずる様は後悔にも見える

彼は潤いを探していた
赤き砂漠で熱風の洗礼に苛まれながら
心の寄れるオアシスを信じて
指の間から流れ落ちる赤い砂は希望にも見える

彼は潤いを探していた
赤い仮面をした女に嘲笑されながら
その女が仮面を外すのを期待し
追いかけて走る姿は崇拝にも似る

彼は潤いを探していた
紅い血と赤い錆に覆われた閉鎖空間で
終わりの来る時間と未知に恐怖し
うずくまり耐える姿は苦悩にも似る

彼は潤いを探していた
旅が続くたびに彼は渇望する
踏み出した足は戻れず行過ぎた思いは儚く
亡者のごとく行進する赤に彩られた彼の旅

234 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/10/13 23:36:58 ID:A21KHt9W
えろいるか(快∀楽)オツ えちぃな まほろ(快∀楽)オメ

235 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/10/14 00:11:59 ID:TjWEGloz
まほろさんやったんかー
最近あんまりみかけないけど、素敵なエーテルありがd

>>234どもども(江口)

236 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/10/14 00:15:33 ID:TjWEGloz
>>232
どいたしまてん
イカ超うまいのなんの 丸ごと茹でたり、酢味噌で和えたり。酒に合うのなんのって!

さぁ 新しいお題は「赤」
張り切ってドウゾ〜

237 :心霊写真:04/10/14 00:41:55 ID:vQMb/Tdk
失礼します。ねこいるかさんお疲れ様でした。
>>214「○○○ル、それは僕が見た光」(青雲風味)書きました。
まず題が決まってそれからはルをつけていくのに結構夢中で。
シャンプーは、時間経過の役割もあります。(てか言われて気付きました。成る程!)
手触りとか感触とかの日常的に解る感じ、どっかに入れたいから、かもです、多分。
感情移入してくれて嬉しいです!どうも、ありがとうです。良い題でした。
しいなまほろさん優勝おめでとうございます。

>>231しいなさん、>>232わにさん、
よかったとか気になったとか、これまた嬉しかったです。どうもでした。

238 :◆Ui8SfUmIUc :04/10/14 01:02:18 ID:JNZYE2JI
>ねこいるかさん

自分の言葉で書いていると評されたことは、
金メダルに相当する名誉です。

ありがとうございました。

239 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/10/14 01:32:54 ID:yZeTek7B
213書きました。しいなまほろさんおめでとうです
初めて「俺」で詩を書いた。ストレートにいけていいですね。


240 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/10/14 07:37:00 ID:tva83Bxn
>ねこいるかさん、おつかれさまです。ありがとうございました。
しいなまほろさん おめでとうございます。
(今回は書き手がさまよえる幽霊のつもりで書いていました。
神の加護が欲しいのは、自分自身へもですねい。。精進しますーーー。)

241 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/14 13:20:58 ID:RM81OmyV
「Everybody」




     俺が破裂したらば、赤いぜ






242 :湯姉耕二:04/10/15 01:51:27 ID:pqnhWTU3
『今日も誰かの悲しみを』

朧な月が寒々しく見える夜
微かな風が絶えず草の穂を撫で
遠く獣の遠吠えが煩いほどに響く

意識が丘の上に座すひとりの少女を捉える
白く薄手の布を纏い空を見上げるその目は
昔の私に・・・そして今の私にも似ていた

穢れたものを見たことのない純粋さと
あらゆる恐怖を知り尽くした悲しみ

風に長い髪がなびいた
突然に・・・少女は涙を流した
その血の涙は一筋の流れになり
およそ白という色の中で最も白いその頬を濡らした

あなたは誰の悲しみを思い泣いているのか
やはりあなたは天使であったのか

ただその赤だけが目に焼き付いて離れなかった

243 :名前はいらない:04/10/15 16:09:26 ID:BNkMKgvX
「ダンス」

罪重ねる右手を左手がつねりましょう
先走る右足を左足が蹴りましょう

落ちていく赤々と丸い夕日
地面とぶつかり擦れて火花を散らす
地鳴りあげて焦げていく灰色の道

太陽の悲鳴けたたましく
勢いつけて流れ来る赤い汁

その先で待ってございます

ダンダカダカ打 ダンダカダカ打

裸足踏み鳴らし
削れる踵に現われし骨
白いヒールに姿変え
流れる血は赤い水溜り
ぴしゃぴしゃ と合いの手加え

痺れる右手を左手で支えながら
蹴られた右足は青くなりながら

まだ足りないのでございます
赤が足りないのでございましょう

右足は折れ曲がり黄色へと変わってゆく

しかしオレンジじゃあ駄目なんです
僕はムラサキが好きなのですから

244 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/10/16 08:02:53 ID:d66do0I1
「宝石」

僕には無理でした
どっかの大泥棒みたいに
あなたの赤い宝石を盗むことなど
僕にそんな力はないのになげいています
あなたの口元の
赤くやわらかい宝石を

245 :ぺぷちど:04/10/16 11:01:32 ID:kFCT3NY9
>>244
ビンゴ!直撃!!(^ー^)
やるね!かっこいいよ。
同じもので、アグレッシブな攻撃的なパターンも造ってみてよ。
直にそうんな欲求と感情をストレートにど真ん中ズドンとさ、
スピードのある直球勝負でさ(⌒o⌒)v


246 :ぺぷちど:04/10/16 11:04:07 ID:kFCT3NY9
しまった、
大会のスレだった…。

247 :告知です:04/10/16 21:16:00 ID:fsmWGFUT
現在、詩・ポエム板では
ローカルルールの投票を投票所板で行っています
あさってまで受け付けております
皆様の清き一票を

詩・ポエム板ローカルルール投票
http://ex5.2ch.net/test/read.cgi/vote/1097851672/


248 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/10/17 20:37:33 ID:0jGrOj97
保守

249 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/10/17 21:13:23 ID:AiVd3gXG
「赤いコートの男が街角で待っていた」
赤いコートを着た男が一人
厚手のダッフルコート、
痩せたからだに少し大きめ。
胸の中で鳩がクックルーと笑った。
クックルー、クックルー
笑い出しそうな足取りで、
会社帰りのおにいさん、よく似合いますね。
2羽目の鳩がクックルーと笑う。

宵の街を鳩がよちよち
帽子屋で、黒い帽子
狐狩り用のつばのついた丸帽子。
赤いコートの男に被せる。
クックルー、クックルー

赤い花のコサージュ
黒いコートの女の髪に飾る
ビロードの深紅の椿
クックルー、クックルー

銀杏の木の葉が黄色くなった
はらはらと風に舞う
街灯の光にゆらゆら映る
夜の月

2羽の鳩がくるくる踊る
大声で歌う賛美歌
赤いコートの大きな右ポケットに入った
二つの手のひら
2羽の鳩がクックルーと笑った。

250 :名無しさん@ゆずアイス:04/10/17 22:51:03 ID:Wd+cWldI
「赤 硝子細工の日常1」

小4の冬に
引っ越してきたあの子には
お母さんがいないみたいで
後で聞いた話には
どこかの男と遠い町に逃げたらしい

お母さんはあの子と、
仲良くしちゃだめって言ったけど
どうしても気になって
お気に入りのリリィちゃんを
青い目のリリィちゃんを
あの子にあげたら
次の日、リリィちゃんはゴミ捨て場に
それは丁寧に捨ててあって
やっぱりあの子と
仲良くなんてするんじゃなかった
もう絶対、遊ばないって思った

251 :名無しさん@ゆずアイス:04/10/17 22:53:48 ID:Wd+cWldI
「赤 硝子細工の日常2」

高校生になって
あの娘のつけてた口紅は
みんなと同じよな
可愛いのじゃなくて
毒々しくて
いやらしくて

高2の夏休み明けには
あの娘は学校をやめたらしくて
後で聞くには
どこかの男と遠い町に逃げたらしい

それを聞いた夜、
あたしの家の夕飯は
すき焼きで
家族4人で
黙々と
すき焼きを食べて

あたしはずっと
その
彼女の
毒々しくて
いやらしくて
時に
綺麗な
赤を
思い出していた

252 :名前はいらない:04/10/18 00:47:18 ID:J7OHwqsL
 「遠い血」
もらいもののワインを開けようとして指を切った
人差し指の第二関節で血は止まらず
遠かった指がいまは赤く染まっている 血の赤だ

そのままコルク抜きに力を入れると血は傷口から行儀よく流れて垂れて
板敷きに落ちて獣の目のように以前の主人を見上げた
音楽は変わらず緩やかに続いている ぼくは指を舐めながらワインを注ぐ

痛みがやってくるがそれは古い曲の通奏低音のよう
すると主旋律はぼくのとりとめない感情と思考ということになる
どちらにせよ青年にとって音楽は日々の装飾品 ソファで酔ったように耳を澄ますための

当たり前のことをこんなにも遠くして ぼくは何遍も音楽を聴き 
何杯もワインを飲んできたんだ
血の味は小さな膝小僧を垂れていたものと変わらないでいるのに

ぼくは確かにあの頃から旅立っている
街の中へ 立場の中へと 
膝を抱えた少年をこんなにも置いてきぼりにして 遠い地へと


253 :わに ◆Wani6uvhK. :04/10/18 02:36:15 ID:FXaIssOh
「指が唇に触れる意味」

その唇は動くけど言葉はそこからは出てこない
きみは手で言葉をつむぎだす
いまどきの子が早口で喋るみたいな
手のマシンガントーク
悲しい話はこの世の終わり見たいな顔して
楽しい話は宝くじで当たったかのような顔をして
くるくる変わる表情を見て僕は楽しむ
そして時々
その白くて細い指が
声を発しない唇に触れる

指につられて盗み見た唇
柔らかそうな艶のあるその部分は
音が出ないのにおしゃべりで
僕の目は吸い付いたまま離れない
人差し指が唇を滑る
僕はその意味を知っている
鮮やかに脳裏に浮かび上がる
きみによく似合う色


254 :名前はいらない:04/10/18 11:21:47 ID:y28eLHp8
「おはよう」

横にならずに 夜と過ごした
逃げることの 叶わぬ生界
ここからどこにも 出てはいけない
こころはどこにも 出ては行けない

寒さを感じれば 自分を抱え
息があること それだけを思う
誰もここを ノックしないで
誰もここに 電話をしないで

やがて山と空の 隙間から
染みのように 広がってくる
トマトみたいな 朝の色だ
腫れた瞼 爛れた涙

たぶん それと 同じ熱だと
頬に 感じながら体を起こした

おはよう おはよう 
悲しいけれど 
これは朝だよ

誰かが笑い 起き出して来る
誰かが微笑む そんな朝だ

疲れきったこの体にも 
熱はまだ少しはあるみたいだ

おはよう おはよう
みんな おはよう

255 :名前はいらない:04/10/18 12:24:34 ID:lr20xnF9
ごめんなさい、失礼する
私のパラサイトよさようなら

真っ黒なドレスを捲ったら真っ赤なTシャツが現れた
世界は爆ぜている
ぴーんときたの、なんちゃって
ユリイカさざなみ偽造して
机の上を転がるビー球コトンと落ちた

なんて青いんだ
誰が言ったかな、どっかの宇宙飛行士だったか
静観する、ごくろうだ
私の赤は見せられない
あなたにだって見せられない、消えうせろ

混線した地面におみ足付けず
イスに揺られてホーホケキョ
いつまでも待ってやる、なんでもやってやる
世界が爆ぜ尽きたとき
私はドレスを脱いで立ち上がる

256 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/10/18 20:54:56 ID:AX3TeXzh
お題:赤 審査員: しいな まほろ ◆tYbIWmaS5o

>>233    [旅人]                     ID:KHArZ+Rn
>>241    「Everybody」                イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2
>>242    『今日も誰かの悲しみを』         湯姉耕二
>>243    「ダンス」                   ID:BNkMKgvX
>>244    「宝石」                    てるあき ◆DDfwggPC..
>>249    「赤いコートの男が街角で待っていた」 リーフレイン ◆LeafL/oiO.
>>250-251 「赤 硝子細工の日常1」          名無しさん@ゆずアイス
>>252    「遠い血」                   ID:J7OHwqsL
>>253    「指が唇に触れる意味」           わに ◆Wani6uvhK.
>>254    「おはよう」                  ID:y28eLHp8

(快∀楽)つ残念>255

10作品でそろい。ま、ゆっくりやりなされ。

257 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/10/19 17:18:14 ID:ZZRvJ/q1
投稿終了上げ

258 :233:04/10/19 20:18:59 ID:J5g5xlUI
投稿終了か…今回の評価に期待するかな…

259 :保守:04/10/20 15:35:50 ID:3xOVDn3t
保守します

260 :名前はいらない:04/10/20 19:03:47 ID:PTqj6oO8
>>258 おっ自信作なのですな? 評価楽しみですね

261 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/20 19:19:35 ID:Uo1+9wtG
「逃げたのか?」

緑の色がただ渦を巻く
ペロペロキャンディーの疑惑
立ち上がるイメージの感情を切り払え、剣
萌えよ、剣!
北斗の、剣!

しかし
逃げたのか?
という悪党の名前は
登録商標に立ち昇る、ギャル
尻を拭いて、ギャル!
気持ちよくして、ギャル!

誰もが破裂しうる身体をもち
誰もが破裂しちゃう期待に内蔵の花開かすから
狂って襲いかかるまでには消せ、ゾンビ
下がり眉毛の、ゾンビ!
眉間にシワの、ゾンビ!

ゾンビ語「ニ@@タノカノカ【ユリハマユリハマ…」

打ち明けて、YOU ARE MY HEART!



262 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/20 19:53:11 ID:Uo1+9wtG
>>261
【訂正】
最終連、一行目の前に

強い横綱がぼくを攻めるから

を挿入。

お願いします。

263 :名前はいらない:04/10/20 20:04:52 ID:PTqj6oO8
>>262 強い横綱がぼくを攻めて挿入ですか大変ですね

264 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/10/21 13:19:41 ID:jfzet1ga
間に合わなかったけど、せっかくだから書いときますね。 さらっ と

<PM5:30>
ずっとすれちがうばかりで
けっしてふれあえない二人は
いっつもシマシマの上渡る
君はこちらへ
僕はあちらへ

この信号がいつまでも赤なら
二人いつまでも
みつめあえるのに
あの夕陽がいつまでも
沈まずずっと赤ければ
ぼくらふれあえるかもしれないのに

PM5:32
横断歩道は今日もモノクロ

265 :名前はいらない:04/10/21 14:44:01 ID:tdFhdIMk
人間関係なんて投射と詐称の相対的逃避原理

266 :名前はいらない:04/10/21 14:44:42 ID:tdFhdIMk
Love & Peace 愛と平和消滅 自由という名の爆裂都市

267 :名前はいらない:04/10/21 14:45:53 ID:tdFhdIMk
群生活なんてただの傷の舐めあい
人間理解し会えることなど永遠に無い
君と僕との間に永遠などというもの存在しない

恋愛なんて体だけ
恋愛なんて体だけ

268 :名前はいらない:04/10/21 14:46:49 ID:fxblBLDu
ふとももなめたい
ふとももなめたい
ふとももなめたい

269 :名前はいらない:04/10/22 00:53:25 ID:wZIkqm7G
しいなさーん 48時間経ちましたが

270 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/10/22 08:55:54 ID:Y5mn90Ik
俺は48分間たちました。

271 : :04/10/22 19:13:02 ID:bGN7WDb2
>>270
48分も勃ちっぱとは凄い持続力ですね。
僕なんてそんな時間我慢できませんよ

272 :233:04/10/23 00:00:25 ID:hyDTqdlx
保守

273 :しいな まほろ ◆tYbIWmaS5o :04/10/23 22:29:42 ID:v8smr+Jx
>>233赤は潤いのない色?火星?赤ばかりの世界?
うーんよくわかりませんでした。

>>241ちょっと笑いました。かっこいいような、かっこわるいような。
短いですね。詩というようりキャッチコピーかも。

>>242まとまってますよね。赤を生かすための白がきれい。
ちょっときれいすぎて生身に染みないかも。テレビの中の出来事みたい。

>>243すごいです。壊れた世界。ダンス。踵から白い骨が出るあたりぞくり。
赤を中心にオレンジやムラサキに展開するのも動きがあっていいです。
勢いはすごいと思いました。

>>244赤い宝石?アメリカ映画のクリシェみたい。
その大泥棒みたいにキザになられすぎるのも引くけど、詩で嘆くより、もうちょっと。
がんばって!

>>249かわいいです。町の名物おじさんみたい。鳩はちょっとこわい。
黒いコートの女がいきなり出てきたり、混乱するところは多いかも。
頭の中でうまく位置関係を組み立てられなかった。

>>253卑猥だ。こころの危ない動きがでも優しくて、あたたかくて。
この世の終わりとか宝くじとかの表現は意味が別方向に行っちゃってるような気が...。
うっすら血の色透ける唇というよりまっかっかな口紅を思い浮かべました。

>>254トマトみたいな、朝焼け。なんだか酸っぱくジューシーな感情を感じます。
かなしい詩。孤独な詩。孤独との折り合いをつけられず、おはよう。
世界に対しておはようを投げる。ラヴを投げる。投げても、帰ってくるのはトマト。

274 :しいな まほろ ◆tYbIWmaS5o :04/10/23 22:30:33 ID:v8smr+Jx
やっと書けたー!

アクセス規制にやられてました。
遅くなって本当にごめんなさい。

275 :しいな まほろ ◆tYbIWmaS5o :04/10/23 22:33:26 ID:v8smr+Jx
私が特に気に入ったのは次の二作品でした。

>>250-251「赤 硝子細工の日常1」名無しさん@ゆずアイスさん
すき焼きがいい味出してますよー。ここで視点が自分の日常にばしっと戻るんですよね。
黙々と食べる。すき焼き色の家族の光景。あったかいけど地味。あったかいけど黙々。
それとはかけ離れたように見える彼女をそこに対比する。なんか見える。
比較人類文化学?でもないけど。昔、あげた人形を捨てた彼女が憎い。きらい。
でも彼女になりたい。軽蔑する彼女の赤に憧れる。自分のなかにあるそんなもの。
彼女に価値を見出してるのか、彼女に今あるつまらない価値の破壊を夢見てるのか。
でも日常は硝子細工のようには見えませんでした。すごくそれは硬い。
タイトルが、そういうわけで、ちょっと。

>>252「遠い血」ID:J7OHwqsLさん
はじめ「遠かった指」で躓きました。4連目からことばがぐっと近づいてきた。
すごくよそよそしい自分のからだ。離れると野良になる自分の血。
痛い指なのに力を入れる。ワインの栓を抜く。少年には無理な、大人の。
音楽はなにもすることがない時間を塗りつぶすために発明された?
青年は音楽を聴く、ただ楽しくなれればよかった少年とは違うやり方で。
戻れないんだ。けど。何も変わってはいないんだ。同じように同じく赤い血が流れる。
からだじゃないもの、ことばでつくったもの、さるが山に登るための契約書。
どうして?さみしいから。たいくつだから。それとも、からだが?
結局、近くへ立ち戻ろうとして、こうやって、遠くなっている。
夢の続きを見ようと考えた途端に夢はむこうのほうへ遠ざかるよう。
ここについて語っている。ここからは遠い地。そこに私はいる。
血の赤が、からだの赤が、生の赤が、私にここからのことばを綴らせた。

おもしろいのは>>250、いい作品だと思うのは>>252
どっちも優勝にしたいところ。でも敢えてどっちかに絞ります。うーん。

早いもの勝ちで>>250

ゆずあいすさん、お願いします。

276 :233:04/10/24 00:54:39 ID:L0MftawI
しいな まほろさん評価ありがとうございました。
ヤッパオレダミダ_l ̄l○
なんか異常に分かりにくいし何言ってるかわからんし…

277 :名前はいらない:04/10/24 01:27:12 ID:PLIoXj4k
今回は間に合わなかったから次こそ…

278 :わに ◆Wani6uvhK. :04/10/24 03:18:39 ID:mSV5Hhvt
しいなさんありがとうございました。
自分でも表現がアレだとは思ったんですけど思いつかなかったっす・・・
だめだめでございます。

ゆずアイスさんおめでとうございます
毒ゝしい赤、でも色っぽい赤ですね〜負けました。

279 :名前はいらない:04/10/24 06:38:13 ID:dGvA6/WR
いま帰ってきた
252「遠い血」書いてみました
んん、落ちたかぁ
「遠かった指」ってのは、よく五指をニギニギしてみるんす。なんか「自分の指、自分の身体」って実感がすぐ消えるから。
そゆとき自分の内容と自分の輪郭が一致していた幼少時代てのを思い出すもんだから、そっから生まれた詩です。
ん?さるが「山から降りる」ための契約書じゃないすか?
まあでも伝わってるぽいから嬉しいス
んじゃまた頑張りマス

280 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/10/24 06:38:58 ID:dGvA6/WR
279GONでした

281 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/10/24 06:52:15 ID:aQoxANps
きざすぎてorz
失敗しますた







梁山泊と小このすれの優勝者って
最近一緒になってませんか

282 :名無しさん@ゆずアイス:04/10/25 21:09:30 ID:jHBBt/J3
しいなまほろさんありがとうございます。
確かに題名はピンと来ない感じがしますね…
悔やまれます。
さて、次のお題は
「手紙」でお願いします。

283 :おでん食べたい:04/10/25 22:24:51 ID:MZRk22lr
手紙むつかしいお題ですな

「手紙」
見よe-mailのディスプレイに表示されるを。

それは人の気持ちを書付しものなるが、その顔までは顕わさざりきものなり。
世界に羽ばたきし君の近況を、伝えくれるものなりしが。
一度だけ遠きメソポタミアの地より届きし肉筆の手紙に
君が満面の笑みを見ゆるものなり。
ああ君は今、天使ガブリエルの御許に昇りしか。
悠久なる黄金のユーフラテスの流れに君が思い出を馳せるものなり。

見よe-mailのディスプレイに表示されるを。

284 :ねむい ◆yYGM98H44I :04/10/25 23:09:43 ID:9snINoTB
「出せない手紙」

机の中で眠っている
ぼくの想い
いつか誰かに届くことはあるのでしょうか?

思いつくままに吐き出した
あけすけな言葉
ぼくが死んでもそれは残るのでしょうか?

「自分の言うことに責任を持ちなさい」
子供の頃そう言われた
なんて難しいことなんだろう
ぼくの言葉は
大人になった今でも無責任なままだ

誰かに届くようにと大声で叫んだ
右から入って左から抜けた
誰にも聞こえないように憎まれ口を叩いた
すぐにみんなに広まった

こんな世界だから…
ぼくは今日も
この手紙を出すことができない

285 :名前はいらない:04/10/26 00:12:58 ID:IiROWuNk
お父さんお母さん元気ですか
って書き始めて早1年

便箋は机の上で今も眠っている
いつになったら門出を迎えるのか

286 :名前はいらない:04/10/26 00:19:23 ID:IiROWuNk
真っ白な手紙にインクがにじまないように
言葉を発しなければ人の心を掴むことは出来ない


287 :イタチ小僧安産! ◆8rr1u/54T2 :04/10/26 00:23:01 ID:8mTIA7Hq
「紙飛行機(1/1)」

どこかの小学生が
知らない誰かへ手紙を出した
受け取った女子大生が
片想いの先輩に手紙を出した
受け取ったお父さんが
隣のチワワに手紙を出した
受け取った飼い主のおばさんが
韓国の芸能人に手紙を出した
受け取ったマネージャーが
日本国の総理大臣に手紙を突き返した
受け取ったマスコミが
ゴミ箱に手紙を捨てた
受け取ったゴキブリが
韓国行きの船に乗ろうとするネズミへ手紙を出した
受け取ったネズミが
ぼくに手紙をくれた
どうでもいいことしか書かれていなかったので
ぼくは手紙をそこで止めた

受け取れなかった あなたたちには
このどうでもよさは わからないだろう
おなじくらい ぼくにはわからない
小学生が どれほどの気持で 最初の手紙を書いたか
小学生の前に 小学生に手紙を出した 誰かがいたのか

どうでもいい
用事のない手紙なんて

一方的にぼくを愛する手紙なんて


288 :イタチ小僧安産! ◆8rr1u/54T2 :04/10/26 00:24:25 ID:8mTIA7Hq
「紙飛行機(2/2)」

ぼくが誰かに恋したら
だから手紙なんて書かないんだ
世界中を旅した切手が貼ってあっても
きみにはただの 次への紙飛行機

ぼくときみが愛しあっても
だから手紙なんていらないんだ
世界中を旅した切手が貼ってあっても
ぼくにはただの 遠い紙飛行機

289 :名前はいらない:04/10/26 00:25:53 ID:6pwAzJpW
「寝る前に」


布団に横になると
奥歯に何か挟まっていた

ああ、まただ

ゆっくりと取り出す
手紙だ
涎でべとべとになっているが
これは確かに、手紙だ
今日も誰かに出し忘れたようだ

宛先は何処でもいい
こんな手紙は開けなくていい
枕元に積み重ねておいて
燃えるゴミの日にまとめて出そう

290 :名前はいらない:04/10/26 00:29:20 ID:Cvy41946
真ん中から縦に引き裂く
固い手触りの白い封筒
中からのぞく便箋は意外に柔らかで
臓物のように引き出され 風に四散した

こんな夢を見せたのは何だ

地球に突き刺さる六十三億かける二の垂線が
一歩 一歩 動くたび
造られる誰かへの手紙の殻
言葉は宙に舞い散り 地に吹き溜まり
あたりかまわす囁きかける 叫ぶ

わたしがかいたてがみのかずは
わたしにとどいたてがみのかずだけ

わたしがかいたてがみのかずは
だれかのとどかぬいのりのかずだけ

想像する いつか自分の身が紙のように引き千切られて
噴き出したしろい詰め物を風が吹き上げ 撒き散らし
道の上に 町の上にそれがばらまかれるさまを

手紙を書いたのだ

291 :名前はいらない:04/10/26 00:32:36 ID:Cvy41946
↑あたりかまわ「ず」です ごめんなさい

292 :イタチ小僧安産! ◆8rr1u/54T2 :04/10/26 00:38:13 ID:8mTIA7Hq
>>291
しっかり確認してから投稿しろバカ!!

ちなみに俺の「1/2」が「1/1」になっちゃってるのは愛嬌だ!!

293 :名前はいらない:04/10/26 01:59:39 ID:DPcdDdGl
「頭痛」

一目惚れだった 仲良くなる前にそこぬけに惚れてしまった
なのに卒業です 愛しの君 告白も出来ず友達にもなれぬまま 

式当日 都合の良い高熱にうなされ 君の横顔 遠慮無く直視する

最後ですか 再度見つめる横の顔 眉毛長いですなー
振り返る君 五秒間目が合った後 クスリと笑われた ぼっ

高い天井 しばし見つめて 校歌 歌って 
君の健在なる第二ボタン チラリ確認して

頬のほてりと襲う頭痛にようやく身を任せ
体育館の硬い床近づきしこたま頭打ち付け
担任に担がれた所で私の卒業式は終わった

一週間経って手紙を書いた

元気ですか 私は元気です 
君が好きでした 第二ボタン 下さい。

三日後に返事が来た

第二ボタンは・・・失くしちゃったんだ
代わりにこれを貰ってください。ところで頭は大丈夫なのかい?

飾り気の無い便箋には 銀のエンゼルが四枚入っていた

失恋ですか何ですか 悲しいのか嬉しいのか ずるいずるいじゃないか

ぼりぼりと チョコボール買占め食べている 私の頭、痛いまま

294 :名前はいらない:04/10/26 02:11:12 ID:DPcdDdGl
しいなさん色々お疲れ様でした。
「ダンス」書いたものです。評どうもでした。
ゆずアイスさんおめ!審査がんばってください。では。

↑これを先に書き込むはずが。。。

295 :名前はいらない:04/10/26 10:18:36 ID:/GqWwTQR
 「先生」


先生の詩は秋空に一生敵いません
詩とは言葉であって秋空ではないから
でも先生が見上げるときこの秋空は先生の秋空なので
先生はいいです


先生の日々は君たちのそれとは違います
でも先生はたまたま君たちの先生であるため
たまにはちょっとずつお裾分けをしてもらえて
先生はうれしい


君たちの行く道の長く険しく
見上げる空の
優しいことを誇ります
 


草々



296 :名前はいらない:04/10/26 21:03:17 ID:F4qru8sr
「戸口を押さえている君に」

終りのないエスキースは 
ノートと消しゴムを徐々に黒くした。

私の頭も真っ黒になった頃
私は椅子を蹴飛ばし 
部屋の隅で 体育座りになって顔を埋め
そしてこの場をやり過ごすことさえ放棄する。

ああ 完全主義者であるが故
この体たらくを体たらくとして伝えることも
私の主義が拒んでしまう。

何日も降り続けていた雨が 今朝止んだ。
それは気持ちのよい雨上がりの朝のこと
私のインコが 籠から逃げ出した。
昼頃にそのインコは眺めのよい木の上で
カラスの餌になったという。

有るがままに力を振り絞ったインコ。
その鳥は 起こるべき摂理に従い昇華された。

私の汗で濡れている真っ白な手紙。
もう恐れるまい。

297 :名前はいらない:04/10/27 23:24:38 ID:d53W8ZVc
僕の手紙は
一生君に届かない
だって
あの日に
全部捨てたから

298 :名無しさん@ゆずアイス:04/10/28 22:55:18 ID:z3HzVPuy
10作品集まったみたいなので
ぼちぼち批評を始めたいと思います。

>283
詩の中で「手紙」の手紙の役割は果たしていたと思います。
ただ詩の流れとしてはもう少しゆったりしたものが
好ましいのではないのか、と思います。
主観ですが詩の流れが坦々としていて
少し読み取りにくく感じました。

>284
始めと終わりの繋がりが見つけにくく
聞き覚えのある言葉のなかにも深みを感じました。
机の中で眠る手紙にはどんなエピソードがあるのか
知りたいところです。

299 :名無しさん@ゆずアイス:04/10/28 23:13:35 ID:z3HzVPuy
>285
短い中にも色々な苦悩が見えました。
就職難だとか結婚だとかそんなもので
ショートストーリーを作ってみたりしましたが…
なんだか世知辛い世の中です。

>266
その通りなんですが、詩が短く余計なモノがないタメ
「そうですね」で終わってしまいそうな感じ。
もうちょっと言葉で飾って欲しかった。

300 :名無しさん@ゆずアイス:04/10/29 20:22:34 ID:lrjOG8zH
>287-288
とても好みな詩でした。
手紙が、手紙が、手紙が、の下りは
大きなかぶを思い出しました。
なんだかふわっとする温かい詩かと思えば
「僕はいらない」と突き放されてしまったのも
意外性があって素晴らしかったです。
だけど(1/2)で終わってもよかったかな。
(1/2)最後の印象が強くて本当の最後がぱちぱちしてしまったかも。

>289
独自の世界観がぽやぽやと描かれていましたね。奥歯に挟まった手紙

飲み込んでしまった言葉
という風に受け取りましたが、
とてもしっくりくる表現でした。

301 :名無しさん@ゆずアイス:04/10/29 20:44:42 ID:lrjOG8zH
>290
第六連~最終連はなんだか恐かったです。
と、いうのはやはりそれだけ説得力のある連だったのですが…
なんだか心を殴られた気持ちで終わったのが印象的。
ただ何を言いたいのかはわかりませんでした。

>293
少女漫画チックな手紙をポロリと想像したら
なんだか切なかったです。笑
自分の身に置き換えてみたところ、
なんとも言い知れぬやりきれない気持ちになりました。
だけど
失恋ですか そうですか
の場面は強がりながら聞き流すその子の
姿を思いました。

302 :名無しさん@ゆずアイス:04/10/29 21:11:26 ID:lrjOG8zH
>295
うぁー…この詩好きだぁ。
草々で結ぶのもすごく風情がある。
英文の直訳みたいな書き方。
それが逆に草々とのギャップを生んで、
一つ、新たな感動を生みました。

>296
そのまま物語が作れちゃいそうなくらい、
背景がしっかりしてるのに
「私」がぼんやりした完璧主義者だというのが
ミソですね。
ちょうど遠近法で大きさが同じになって
ピントが合った感じ。

>297
少し遅かったですね…
優勝候補には入りませんが感想のみ。
手紙というお題そのまんまな感じ。
だけどどこかで聞いた言葉を繋ぎ合わせた感が。
新人歌手の歌詞の中にありそうな感じ。

303 :名無しさん@ゆずアイス:04/10/29 21:17:12 ID:lrjOG8zH
ということで、今回の優勝者は
>295さんに決定します。
また、諸事情で審査が遅れた事をお詫び申し上げます。
すみませんでした。

304 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/10/30 01:15:44 ID:f4+K50gC
>>295投下しました。ゆずアイスさんお疲れ様。嬉しいです。
「誰に、何を、送りたいのかな」とぼんやり考えて、教師時代の生徒たちを想って書きました。だからほんとは「嬉しかった」なんですけど。

お次は『実』でお願いします。

305 :もじゃ王:04/10/30 01:48:04 ID:zp3tz9ON
『実』

ちょっとそこの娘 ほんとすごいね!

実は気にしてる あのライン!

こっち向いてよ やっぱやめとこ!

どこもかしこも ぱっちん ぷっちん!

弾けたその実 それが若さ!

306 :名前はいらない:04/10/30 16:26:34 ID:eehON8ZJ
「野グソ」

野グソは
黒い実だよ

ひとつぶ
つまんだよ

だぁれも見てないのに
小鳥が見てた

307 :290:04/10/30 16:48:00 ID:JJ0pPQe2
ゆずアイスさん、評価ありがとうございました。

「言いたいことはたくさんあるが上手く言えねー」

「面倒だ解剖して脳細胞を解析してくれコノヤロー」
といった感じの内容でした。
表現力を鍛えることにします。

308 :不思議な実:04/10/31 05:11:16 ID:9g3+S9l1

種4個、芽3本、実2個 がとりあえずその部屋にはあったんど

んで その部屋には目があってな、一番真ん中の芽を見てたんど 

むろん 花を咲かせるためだどかでえ 

んで その部屋には鼻もあってな、一番真ん中の花の匂いをかんでたんと

むろん それは花ではなく、芽が実になった匂いだったんだけんどなあ

で、何が言いたいかってと その部屋が1つの花 だったてことだあ

え? 意味分からん? まぁ、おらもちょっとよく分からんさあ

でも確かなことは これからおらは 1つの実を作らなきゃなんないてことだあ 

だから君は おらが実を口から吐き出す音でも聞いててくれえ

あ、あのなあ、それはこの詩全体が その音ってことだあ ふふふう 






309 :ネル:04/10/31 05:23:24 ID:7ocFFNFO
「果実」

雄蕊と雌蕊重なり合って
大切なあなたが生まれたの
そんなに事は解ってる
私が知りたいのは
愛が生まれる瞬間
それを知りたいの
果実が実る前に
悩と心が揺れ騒いだ切ない気持ち
実に種を吹き込んだ瞬間
どう感じたか
大切な事を大切に感じた魂
愛を知りたくて問い続けるの
甘い果実が生まれる前…


310 :名前はいらない:04/11/01 02:30:32 ID:s/pxNzTs
>>308 すみません。誤字がありました。

[訂正] 4行目の 匂いをかんでたんど → 匂いをかいでたんど
   

311 :名前はいらない:04/11/01 11:15:57 ID:45szv1qm
「実の虚ろ」(1)

うららかな陽が差す昼下がりのことでした
小川のわきの土手の上に
りんごの木がやさしい木陰をつくっておりました

そばには見捨てられ崩れた木の小屋があるだけで
聞こえるのは熟した実が時折ぽとりと落ちる音だけです

りんごの枝は重く垂れ下がり
木陰をおおっておりました
木の下には疲れ果てた旅人が
今しがた最後の息をしたのです

木陰には崩れた実が幾つも落ちておりました
湿った土に半分埋まって
赤く張りつめた皮も静かに土の色に近くなり

312 :名前はいらない:04/11/01 11:17:09 ID:45szv1qm
(2)

ちらちらと差す木漏れ日が
りんごと旅人の半ば開いた目とを通ります
こんな色あせたものたちも
その短いあいだには 美しい色を浮かべるのです

りんごは死にゆくところです
そして生まれるところです
木の下で同じように横たわる旅人の
かつてのなげきも苦しみも
りんごは知ることがありません

小虻の羽音が聞こえてきます
木陰にたちこめる血と硝煙の匂いよりも
熟したりんごの香りは甘い 甘い

遠くでとどろくような低い音がしました
やがてそれをも静けさがのみこんでゆきました
秋の陽はかげることなく
土手に茂る草や花を
あざやかに照らしておりました

313 :名前はいらない:04/11/02 02:29:17 ID:TY4FIEuT
「空っぽの実」

風に吹かれて揺れている

真っ赤に熟した筈なのに

何時になれば落ちるのか

己の意味を忘れた実

落ちることもこれ以上熟すことも無く

ただ揺れている

中身の無い実ほどよく揺れる

後はただ腐るだけ








314 :名前はいらない:04/11/02 08:14:47 ID:qsmFynHo
銀杏の実が落ちた

銀杏の実が落ちる
ぼた ぼた とおちてくる

銀杏の黄色く軟らかく、臭い実は
きっと汚らしい欲望が詰まっているんだろう

ほんの少し、心を覗くと
ぼろぼろと 零れ出てくる
理不尽な欲望は
あの 臭くてぐしゅぐしゅの果実が
よく似合う

ぼた ぼた と地面に落ちるざまも
よく似合う

黄色くなった葉と一緒に
気にもかけない様々な足に踏まれ
車に挽かれ
猫がしっこをけていく

あの汚らしい欲の奥に
堅い殻に包まれたぎんなんがある

315 :名前はいらない:04/11/02 08:19:02 ID:qsmFynHo
しっこをかけていく

の間違いです。ごめんなさい。

316 :名前はいらない:04/11/02 23:07:15 ID:zKZcAhmK
子供たちが色を塗ったものだから
かばんを持ったおっちゃんが五月蠅くて
季節なんだと知るんだけど
誰の為巡って来るんだろう

足があったら何処かに行って
ひっそりと過ごしたい
あんたらを食べて
揺れながら過ごしたい

根の深さは分からないけど
猫が糞して砂かけていった
あの場所に


317 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/11/03 01:41:22 ID:nX3ESBmf
「中空ワールド」

おれ実はたばこのけむり
冬のトイレの小便のけむりに
つられて立ち昇るだれかのけむり
窓から出かけて白い空
青く染める日ゆめみて
しかし足繋ぐプーさんのスリッパ
ドアを開けたら母さんの修羅場

眉を深刻の字に刻んで母さんの話を
聞くフリをしても母さんはおれに気づかず
乱れ髪の母さんがベッドに臥した(俺)にまくしたてるのは
(俺)が浮気をしたとかしないとかの眠たくなる話

母さん
親愛なる母さん
(俺)が浮気するわけないじゃないか
だって(俺)は母さんの息子で
だって(俺)は母さんの持ち物で
母さんは赤っぽいムームーを着たハワイアンおばさんで
おばさんは実は砂浜の白い一粒
いつか青い海になる日ゆめみて
しかし尻繋ぎ止める韓流ドラマ
ヨン様(俺)映れば独りで暮らし出す一粒

おれ実はたばこのけむり
隣でたばこ吸ってる女の吐き出すことば
組み立てたい分子組み立てられない愚痴のかたち
俺の吐き出すことばとせめてもの紫煙で
中空でかたまりになれ

318 :名前はいらない:04/11/03 02:09:14 ID:pvW8OQJf
「静かな砂浜」

打ち上げられた二つの果物は
塩水で甘くなったカラダを食べあっていた

 ねえ 見て
 二枚貝が深く潜っていくわ砂の中

 いつか花咲いて赤い甘い実をつけたいんじゃない

 そうかしら
 どこまでもどこまでも潜っていきたいだけだわ

蝶番の無い巻貝は鳥のついばむ音聞いてた

鳥は聞いていた巻貝に耳をあて死んだ子供のさえずりに似た音

巻貝の中隠れていた小さなやどかりはこもった恐怖で気が狂っていった

 しずかな砂浜だね 波音一つしないのね

すっかり種になった二つの果物は
向き合ってさようならして深く深く潜っていきました

319 :ギャラ苦シィ  「事情聴取」⇔「桃臭大量殺人事件考」:04/11/03 18:45:55 ID:LCfFHHPk
 「――僕の中には実が成っていた」
実は熟れ過ぎており、吐き気がするほどの甘い臭いと、今にも滴るような腐汁を湛えている。
 「僕はその実に集(たか)ってくる虫を殺しました」
その実は木に生っていた。
幹は野太く、逞しさを四方に散らす枝がある。葉は少ない。
その枝の先に実が成っている。
実の真下、腐汁と甘さに蝕まれた地面がある。
 「僕は其処に這い蹲る蟻を踏み潰しました」
実は1つではなかった。
規則性も無く、雑多に展ばされた枝の一つ一つに実が成っている。
その実は黄色く、それでいて強い桃の香りを漂わせる。
それは、甘い香りだけで窒息しそうな程に濃厚。
 「その強すぎる香りに幾多の生物が何もしなくとも死に絶えました」
不可思議は無い。非常識でもない。不自然でもない。極当たり前なことだった。
しかし、虚構を世界は許さない。
理不尽で、不平不満に満ち、不条理で、憤りに満ち、断定的で、矛盾に満ちた、
この世界が許さない。

――無差別連続殺人犯は8月30日に行われた強制家宅捜査により、犯行を示す証拠が次々と発見、その場で検挙された。
容疑者の国籍、名前、親、職業、全てが不明。
この事情聴取によって判ったのは、
日本語を流暢に扱うこと。
言動が支離滅裂で、”正常”でないこと。
また、容疑を大筋で認める”らしい”こと。
殺人方法については、残虐で、そうでなければ、外傷の全く無い窒息死かのどちらか。
通常、その残虐性から、死刑もしくは終身刑かと思われたが、精神を患っていることから、この点については論争を呼んだ。
しかし、後日FBIが身柄の引渡しを要求、日本政府はこれに応じ、その後音沙汰為し。その上、事情聴取その他この事件に関する記録の一切を破棄を命じられ、これにも従った。
かくして、国際単位となり謎めきを増した、一連の出来事は各国のSF、オカルトファンを色めき立たさせたが、結局は例に漏れず事件は次第に下火となっていった。
なお、潰され激しく損傷した遺体、殴り殺したと思われる遺体、窒息死体、その共通点として死臭を覆うほどの強い桃の香りを纏っていたことをここに記す。
もしも事情聴取の資料があれば、真相に辿り着けたかも知れないことを考えると、記録の破棄が悔まれる。

320 :ギャラ苦シィ:04/11/03 18:46:49 ID:LCfFHHPk
これで十個そろったかな?

321 :ギャラ苦シィ:04/11/03 18:51:03 ID:LCfFHHPk
× もしも事情聴取の資料があれば
○ もしも事情聴取の詳しい資料があれば

訂正、ぐわぁ。

322 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/11/05 01:05:41 ID:qHaBYLAC
寸評いきます。ちょっと厳しめかもですすいません。

>>308
いかにも話下手そうな主人公の言葉遣いを使うことによって
逆に真理を「真理然として」表そうと狙ったんだと思うが、成功していない。
「え? 意味分からん?」などと読者のそばに降り立つことなくつっきった方がよかった気がする。

>>309
手厳しく言うと陳腐。それっぽさを意識したのか言葉がうまく踊れていない気がする。
でも途中の「果実が〜」からの数行はこころに残る。恋心の比喩だろうか。それとも性向の?
女性らしさがあるが男性にもあっさり理解可能な世界に留まっている気がしてもったいない。

>>311-312
落ちた実から死を、死から再生を。その対比の中でさらに自然界と人間社会を並べて眺めている。
遠い田園の静かな事件ではなく、そして旅人とはただ旅人ではなく、
この詩は現代社会で我々が生活し、よく知るものを示唆している。最終連が心に訴えかける。

>>313
恐らく作者が我慢のならない誰かを批判した詩だろう、ぐらいしか分からなかった。

>>314
潔癖症気味の目線で欲望を批判している。欲望の一面をあげつらって憤慨している。
理由付けや思想の片鱗はない。代わりの何かを称えるわけでもない。ただ怒っていて、自分は違うと言っている。
いや、自分に怒っているのか? どちらにせよ、>313と同じく思春期っぽい詩だな、と思う。


323 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/11/05 01:07:59 ID:qHaBYLAC
>>316
なんとなく、魅かれた。なんとなくだけど。
主人公の立ち位置は分からない。なんかの実なのかと思ったが違うようだし。
秋っぽさはあるが、うるさくをわざわざ漢字で書くのはちょっと。旧暦でも五月は秋じゃないし。
でも、なんとなく魅かれた。

>>317
NEET詩。消える個人。こんなん書くんだ。眉を深刻の字に、とかでユーモアを出しながら、
「どうでもよいわなぁこの日常」感をつれづれと書いている様子。
でもうだうだじゃなく、最後にちゃんと輪郭を出す。こうゆうのは気持ちよいです。

>>318
いい。きれえ。が、親切じゃない。
美しくて奥行きがあって残酷でっていう世界が浮かびそうになるたび、
えっと鳥が何をついばむんだろ、とか、最後に潜るのは海かな?砂かな?とか素に戻らされる。
「砂に別々に潜ってくに決まってんだろが」と思うかもしれないが、独特の世界を表現した詩に文脈なんかない。
そういうのこそ逆に読者のイメージを意識してほしい。

>>319
一行目と四行目がちょっと。ミスでなく喩へ移行したとしても、急すぎだ。
FBIが隠してUMAっぽくなったのはちょっと陳腐さがでて残念。
以上のいちゃもんをよけたら、あとはすげえいい詩だと思う。
世界があって世界観も見え隠れしてる。
一連目の最後の「しかし、虚構を世界は許さない」カックいっすね。

審査です。
「実のうつろ」とイタチさんと「静かな砂浜」とギャラ苦シィさんで迷って、
自分の好みでイタチさんとギャラ苦シィさんが残って迷って、

で、イタチさんにします。 
なんか煙草吸いながら迷ってたら自然に。近しさをかんじて。

324 :名前はいらない:04/11/05 03:54:02 ID:IRHgkdWZ
GONさんお疲れ様です。>>318書いたものです。
うお。参考になるっ。ありがとうございます。

ゆずアイスさんお疲れ様でした。遅れてスミマセン。
>>293書きました。実は半分実話で。それは切ないチョコレイトの味でした。
イタチさんおめでとおございます。

325 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/05 10:48:40 ID:y4WAyEVi
GONさん、お疲れさまです。
いたちさんおめでと。。。

えっと、銀杏書きました。思春期じゃないっです。w
最後の2行がメインなんですーーーー。(涙
銀杏の実、殻ごと炒ると、美味なのよ。料亭が、高価買取してくれる
農産物なのよーーー。貴重品なのよーーー。
(こう書けばよかったか・・・・)

いたちさん、題下さい。題下さい、題下さい。(たまには、仕返し)

326 :& ◆Q.vuz5cmx. :04/11/05 11:57:13 ID:Xde3lMjW
くわえたまま僕のことを見てはならない

327 :ネル:04/11/05 15:25:38 ID:+bxFl274
いたち様、おめでとうございます!!
果実を書いたネルです。
久々の投稿です。
GON様、評価して頂きましてありがとうございました。
o(^-^)o
人の心に残る詩(文章)は難しいですね(^-^;
感性とはそれぞれ違い、重なり合う点を生み出す瞬間が私の中にもあると良いのですが…(~-~;)
今からも精進いたします。さてぇ、次のお題を楽しみにしてます。

328 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/11/05 20:57:33 ID:P3HAEt2A
お待たせいたしました。

それでは次のお題は「思い出」でお願いします。
尚、今回に限りまして、投稿の際、タイトルの横に
「その作品を誰の声で朗読してほしいか」を書いてください。

(例)
「或るやんちゃ坊主の思い出」(菅野美穂の声で)

俺の知らない人の声でも結構です。
俺の知らない人だからといって減点することはありません。
誰の声で朗読してほしいかの記入がない投稿は無効とします。
それではどうぞ。


>GON氏
おつかれ。読んでくれてありがとう。
煙草をふかしながら選んだらっての笑った。
元教師っすか。えぇ。梁山泊の「夏厨」とか読む限りではもっとぐっと若(略

329 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/11/05 21:53:02 ID:vrbZu/SD
そこをもっとこう頑張って言い切ることはできなかったのだろうか(にがw
まだ20代すよ
次は朗読付きかぁ オモシロそうすね

330 :名前はいらない:04/11/05 22:41:23 ID:WpOYwV8v
「実のうつろ」書きました。
思うところあって手がぷるぷるしたりしながら書きましたが、
込めたかった意図を汲んで頂けて驚きつつ嬉しかったです。
GONさんに読んで頂けて良かったです。評価ありがとうございました。
イタチ小僧さん、おめでとうございます。

331 :鼻水と宿命:04/11/05 22:45:24 ID:X98qrHaq
止まらない鼻水、終わらない宿命。

花が咲き乱れ、新しい時が始まった時、俺はすでにお前と戦っていた。

真夏の太陽が照りつけ、夜の冷え込みが強くなったとき、俺はお前に負けた。

葉にたくさんの色が付いたとき、俺はお前に負けたくなかった。

空が灰色に染まり、聖夜の歌を歌うとき、俺はお前を負かした。

止まらない鼻水、終わらない宿命。

いつまでも、いつまでも。

332 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/11/05 23:27:16 ID:oIwYmePO
「レッド」(ピッコロ大魔王の声で)

色鮮やかなスカーフをとりだす
おれにはマントくらいの大きさだが
それでいい
おれは変身する
レッドへ

とぉぉぉりゃぁぁぁぁあああ
ふん!むん!ぬわ!!
くそ!後ろをとられた!!!!
なにを!はなせっくそっ
んんんんん、、、そうだ!
必殺!ひじエルボー!!
なに!?ぐあ!ひじエルボーがきかない、、、
ぐ、やばい、このままでは、、、、
部屋の入り口からかあさんの顔が半分みえた

おれはテレビのリモコンを探すふりをした
絶対かあさんはにやにやしてるから振り返りたくない
しかたなくチャンネルをいじってた
かあさんはでていった
なんかいい匂いがしてきた


333 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/11/06 00:26:31 ID:O3j50DZB
「バイバイ」  (いしだ壱成、『未成年』のオープニングぽく)

友人の大抵は就職して
またそのうちの幾人かは結婚もした
その現実とぼくの思い出のなかの彼らをつき合わせると 
何だか妙な気持ちだが
まあ 当たり前といえば当たり前でもある
残りの友人は就職してないのだから当然無職で
金がねえぞと笑いながらも
毎日マージャンを打ったり ザコ寝したり 酔いつぶれたり
大学時代とあまり変わらないようだ
彼らが就職している友人たちより晴れやかなのは やっぱり時世というやつだろう
堕胎してからその子のための翳をしょいこんじまった女もいれば
原宿でワンマンライブを成功させた永遠の少年みたいな奴もいる
太った奴もいて
禁煙した奴もいる

ぼくを振った女はぼくから女を寝取った男といまも付き合っているらしい
ぼくはといえば3年経ってもまだその女が好き
ただの馬鹿だ
いまは真夜中に音楽を聴きながらタイプを打っている
いつかこういうことを仕事にできればいいと思いながら

未来とは 遥か遠くに続く道 遠すぎて先は見えない
道は いつしか分岐し または合流する
ぼくらは そこで出会い 別れる
けれど全ての道はやがて同じ場所に行き着く
てくてくと同じ幸福へ歩んでたんだな
ひとりひとり 違うものを持っていて
ひとりひとり 違うものを求めながら
だからなお愛しい


334 :◆Ui8SfUmIUc :04/11/06 03:36:36 ID:RwxAhG7O
「ブタのしっぽ」

時間が棒を持って誘導するから後に続いて行進したんだ。

そしてこの頃の地球は半球だった。

崖ップチでは時間が、「行け行け!」とおらぶから、みんなケツを追われて、ドドドと落ちていってしまって、
得体の知れない化けものに食われていた。

ブタの歩いた地上は糞まみれだった。蛆がどろどろとわいた糞の布団の上で、

SEX!SEX!SEX! ヘイヘイヘイ!強烈な悪臭の中、、SEX!SEX!

やりまくったブタはどんどん迫り来る。

そんな中、この行列の最後のブタのことを、たまたま考えていたインポのブタがいた。

それは俺たちが、いったいどこからやって来たのだろうということを、
ブヒブヒ考えていたらしい。

そして現在、もうあのブタはとっくの昔に死んでしまっていない。
けれど最後のブタはいまだ現れないでいる。

当然、俺の歩いたこの道も糞まみれだ。振り返るのもはっきり言って辛い。
けれど雌ブタにせがまれて、がんばって振り返ってみる、とカワイイ真珠のようなコブタが見えた。

かなりうれしかった。俺は思わず鼻をピクピクさせた。
そもそもあのブタは俺だったのだ!   *ジャニファーコネリーに日本語で読んでもらいたい。


335 :心霊写真:04/11/06 04:03:08 ID:Yg32Bzm6
「小さな頃」

いつも通り 目覚めると誰もいなかった
いつも通り 置いていかれた僕は 
いつも通り リカちゃん家の金魚を潰して遊んでいた

悪い事だってわかってるよ
お菓子の缶のペイズリー模様までお化けに見えるから

いつも通りを大手を振って
いつも通りを練り歩く
いつも通り 万引きのスリルを楽もう

いつも通りをぐんぐん走りぬけ
いつも通りのどんづまりには
いつも通り 怒り顔の姉さんが居た


(昔のカツオの声でお願いします)

336 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/06 07:44:00 ID:YLmR2caF
「追憶」 1 (大森ナレーターの声で)

父の家には、一部屋抜群に居心地のよい部屋があった
庭に張り出すようにして建てられた翼で
東と南に庭が見える。西側は敷地の境だったが、
そちらの壁はコンクリートの打ちっぱなしに
ガラスブロックが点々と埋められ、外は見えないが
眩しくない程度に光が入るようになっている。
東側は大きくとられた掃きだし窓で、庭に続くデッキに
出られ、南側は、腰高までずっと本棚になった
大きな出窓になっていた。

12畳ほどの室内は、磨いた床の上に丸いラグが敷かれ、
大きめのクッションが数個。
人が横たわれるほどのソファが一つと小さめのテーブルが一つ
父の使うマッサージ椅子が一つ置かれていた。

父は、この部屋で音楽を聞きながら本を読むのを好んでいた。
子供であった私たちも、暇をみつけては飼い猫よろしく
部屋の片隅に座り込んで本を読んだり、昼寝をしたりした。

337 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/06 07:44:54 ID:YLmR2caF
追憶 2

毛の長いムートンの敷物は、白かった色が黄ばんでいた
父の姉の部屋として作られたというその空間は
母には苦手の場所で、どこか別の女性の感性が漂う。
窓辺の本棚にはSFと純文学に占領され
宝の山のようにも思っていた。
ここに篭もるのを好んだ父は、もしかして母からの休息が
いや、生活そのものからの休息を欲していたのかもしれない。
母もまた、父のそういう嗜好を理解していたのだと思う。

大きく開かれた窓から見える庭は、
田舎風の丈の低い雑木と藤棚でできていた。
母屋の端正な日本庭園とは築山で視線をさえぎり、
外界とは竹林で隔離され、
独りでぼんやりしているときには一層
この世にたったひとり存在しているような気がしたものだった。

338 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/06 07:45:42 ID:YLmR2caF
追憶 3

寂しいという想いと、清々しいという想いが
奇妙に同居する空間で、
人というものが、人に対して
いかに暖かく、いかに酷いかを
心の奥で感じ取ることができる場所だったのだと思う。

時折、窓からの風景が、
目に食い入るように鮮烈に見える日があった。

庭の奥に植えられた、背の高い山桜から
はらはらと雪が降るように、花びらが散る、
四季咲きの雲南萩の花が、風に吹かれて踊り狂う、
いたずらに撒き散らしたおしろいばなの種が
大きな株となり、幾場所も花盛りになる。

涙を流したいのに流せないでいる時ほど
風景は視界を圧倒し、
鮮明な輪郭が浮かび上がり、
時間の経過すら、ゆっくりと意識された。

幸せな場所を持っていたのだとつくづく想う。

339 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/06 07:48:25 ID:YLmR2caF
追憶 4(終了)

記憶は、もしかして財産なのかもしれないと想う。

今、こうして、あの場所へ

自在に還ることができるのだから。


ここにある手は、今 存在している。
ここにある頭は、今 ものを考えている。
ここにある私は、今 この瞬間を生きている。

どうか、今を失うことがないように
何に祈るべきなのか解らないけれども、
祈る。

誓いたい。
生きていることを、今、ここに生きていることを。
そしてあなたが生きていることを。

340 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/11/06 10:11:05 ID:YBnA9z9E
あ、ごめん!
ピッコロは二代目の方ね!

341 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/11/06 14:53:18 ID:tRo5eTHI


思い出……
なんとやさしく感じる言葉だろうか
でも日記帳は灰色のページだらけ
破かれた跡と
涙でできた染み

赤く血の着いた日付の欄
暗い内容のなかで
ひとつピンクのページがあった

ため息をついた

342 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/11/06 15:08:31 ID:Q3X89rzR
>>341
タイトルが抜けていましたが

「日記帳」

というタイトルでおねがいします

343 :勘蔵 ◆Hh5DW.bUFE :04/11/06 20:29:50 ID:jPZXnLLW
「美恵子の思い出」1/3(川崎麻世の朗読で)

美恵子 もう浮気チェックはやめろ 俺の携帯
受信着信履歴を速攻チェックするのはよせ 
俺の財布の中から領収書を取り出し 飲食人数を
チェックするのはよせ 高速代の領収書から
入り口通過時間を把握するのはやめれ 
ガソリン代の領収書から走行距離を割り出すのはやめるんだ
そんなことしてどうする 浮気浮気うるさいよ 
俺がそんなにモテルとでも思っているのか 
役所つとめの万年係長が そんなにモテルとでも思っているのか
俺は お前の言うとおり 仕事が終わればすぐに 
お前のところに帰っていくだろ
仕事帰り ジュンクで立ち読みして 
ドトールでブレンド一杯飲みながら タバコふかすのもやめた 
西口の豊田屋で 味噌煮込みとマス酒からはじめて 
さばの塩焼きと焼きトン盛り合わせ 
最後は薩摩揚げを食ったあと 
光麺か えるびすを ハシゴするのもやめた 
そんな ささやかな 至福の時を 全部捨てて 
金曜日だというのに
夕方7時15分に帰っているんだぞ 
それで浮気?どこで?携帯チェック?なぜ?意味あんの?


344 :勘蔵 ◆Hh5DW.bUFE :04/11/06 20:31:22 ID:jPZXnLLW
「美恵子の思い出」2/3(川崎麻世の朗読で)

最初のころは愛情の裏返しとも思い 
少しは微笑ましくも感じたが どうもちがうな
お前は 浮気がありえない男の 浮気チェックをすることによって 
いったい何を得ようとしているのか 
実は俺様に浮気をしてほしいんとちゃうか? 
風俗にでもいってほしいのか 
キャバ嬢のニナリッチでもつけて 
帰ってほしいのか あ? おい
しかし俺も やめろと文句は言うくせに 
けっして やめさせる具体的な手段を 
講じようとしない できない
やめろと文句を言うほど ますます浮気チェックは厳しくなり 
俺はお前の術策に まんまと はまっていく 
お前は 浮気チェックをすることによって 
俺を 俺自身を 
乗っ取ろうとしているんだろ 


345 :勘蔵 ◆Hh5DW.bUFE :04/11/06 20:33:25 ID:jPZXnLLW
「美恵子の思い出」3/3(川崎麻世の朗読で)

俺の下半身はとうの昔に乗っ取られた 
首より下は2ケ月前に乗っ取られた
左脳は先月末占領され お前の小旗が立っている 
右脳も既に4分の3は お前の支配地と化している  
お前は今 俺の海馬を支配しようとたくらんでいるな
息を吸うにも お前の許認可が必要になる
だが いくらお前でも 海馬だけは絶対にやれん 
もう別れよう 別れてくれと言おう
俺達うまくいかないんだよ
いや 少なくとも 俺はもうへとへとだ 
別れよう 別れてくれ 俺ははっきりと お前に言うよ
でも 最後に1回 Hしてから 言うことにしよう


346 :名前はいらない:04/11/06 21:28:40 ID:18uubtOm
>>342 てか、てるあきさんタイトルより朗読者書かんと
イタチンのことだからほんとに審査しないんじゃないか?

俺的には(東京弁だがどことなくイントネーションがまだおかしいつぶやきシロー)
に読ませたい

347 :名前はいらない:04/11/06 23:09:17 ID:QQYxa8Qe
「ラストダンジョン/大仏な思い出」1 (ジェームズ・キャメロンの声で)

 ▽『画面の中』

動より静 
熱情より哀愁を伴う曲調
大仏の手にある巻物
ラスボスまで永遠と続く迷路

やることは主に2種類
フルーツ5個と巻物3個を入手すること
そしてラスボスを倒すこと
そんな使命を持って
俺は大仏の口から吐き出される
ラストダンジョンの始まりだ


 ▼『画面の外』

隣の和室には
下着姿でだらしなく寝ている女が1人

 おこす
→しらべる         ピッ

※「もにもにもに…。
  むむむ…、
  どうやらうなされているようだ。」
 
きっと俺が大仏に食われる夢でも
見てるんだろう


348 :名前はいらない:04/11/06 23:12:13 ID:QQYxa8Qe
「ラストダンジョン/大仏な思い出」2
 
 ▽『画面の中』

巻物1つを不可抗力で入手
だがのんびりしている暇はない
右へ曲がれ 左へ曲がれ 
悪魔かお前は 指示する看板

アイテムすべてが揃った瞬間(早いな!)
トンボ大量発生
エグすぎる難易度
駄目だ やる気がなくなってきた
もう寝るから おやすみ

地平線の夢でも見るから おやすみ

 ▼『夢』

夢の中で俺は
何か得たいの知れぬ怪物に話しかけられた

※「おっほっほ
  詩的言語とは何でしょう、答えなさい愚か者よ。
  それからね、おっほっほ
  詩と小説の違いとはもごもごもご…。」

怪物はもごもご言いながらいきなり襲い掛かってきた

349 :名前はいらない:04/11/06 23:14:37 ID:QQYxa8Qe
「ラストダンジョン/大仏な思い出」3
  
テレテレテレテレテレ♪ 

テレレレレ〜♪

※「ラスボスが現れた

  どうする?    
 
 ▼『コマンド』
            
 「 こうげき じゅもん ぼうぎょ  どうぐ
   さくせん にげる  食われる  あい  


  ん〜〜〜(悩)
 

   ・
   ・
   ・
 (2分後)
   ・
   ・

   ピッ




350 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/11/07 00:11:17 ID:XYYuuHRv
【現在の投稿作品】
>>332
>>333
>>334
>>335
>>336-339
>>343-345
>>347-349
現在7作品。

>>331>>341はルール違反につき無効とします。

あと3作品募集中。

351 :名前はいらない:04/11/07 00:45:24 ID:t3WHjr1i
「故郷」 (声:塩沢兼人)

決まっている
夜だ
プラスチックの匂い
赤く点滅する横断歩道
星は見えない
佇む

352 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/11/07 07:01:46 ID:gM5Xq06E
>>346
わすれてました


じゃあ お笑い芸人のヒロシさんの朗読で

353 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/11/07 08:23:52 ID:A36rcCKF
>>352
了解です。

現在九作品。
あと一作品募集中あげ。

354 :名前はいらない:04/11/07 09:27:43 ID:+cb0EOPH
「白犬」(声:岸田今日子)

まだ消えない 渦巻きの日々
ぼくを おいて みんなは行った
元気でよ 頑張っててよ
涙を流して みんなは行った
迎えにくるから きっと きっと

あれから10日 
怖い空の音 冷たい雨の匂い
遠くで仲間の 啼く声がする

はやく はやく 迎えに来て
ごはん って もうせがまないから
おさんぽ って わがまましないから

冷たい空の ずっと向こうに 
ぼくより 大きい 白い尾がある
ぼくのことを 見てる気がする

はやく はやく 迎えに来て
ぼくは いい子で待ってるから
ご褒美ちょうだい いっぱい誉めて

白い犬に 白い風が もうじき やってきます。

355 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/11/07 15:04:09 ID:m+aoISNQ
しめきりでつ
イタチさん審査おながいします

356 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/11/07 23:52:55 ID:XYYuuHRv
まず最初に、朗読者を書いてもらった理由を。
1、投稿なんだか落書きなんだかわからない書き込みの防止になると思った。
2、他人の声を意識してもらうことで、どーでもいい「俺のかけがえのない思い出」
みたいな作品が投稿されることの防止になると思った。
3、ただ単純におもしろそうだと思った。
投稿された作品を見る限り、俺の目論見は見事に成功した。さすが、俺。

では各作品への寸評から。はっきりいって、いい作品揃いで嬉しくなった。
>>332 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY 「レッド」
大抵の男には共通の懐かしい光景を描いただけといえばだけだが、しかし暖かい。
俺も男の子だった頃の身体に戻っちまった。
そこから見る景色、畳がやたらと広くて暖かかったなぁ。
俺は兄ちゃんよりヒーローになろうとして、兄ちゃんより多くアクションしたっけ。
かあさんのにやにやとの関係も微笑ましく、ピッコロ大魔王の声でこれを読むのもよい。

>>333 :GON ◆rOo2fYBBKk「バイバイ」
過去を描いているようでいて、過去も含めた未来へのベクトルを描いているのね。
登場するものがすべて別の方向を向きながらも同じ方向へ向かっているのを俯瞰するような視点。
そしてGON氏独特のノスタルジックな若、い感性がある。
しかしいつものキレのあるフレーズが登場してこないように思え、期待はずれではあった。
いしだ壱成にちょっと気をとられすぎたんじゃないかな?という感じ。

>>334:北 ◆Ui8SfUmIUc「ブタのしっぽ」
頭の中で詩世界を構築する行為に快感が伴うって感じだ。
とにかくおもしろい。最初のブタと最後のブタとか、半球の地球とか。
ユングの「人類共通の無意識」みたいな感じで「ブタ類共通の思い出」、ブタ史。
「ドナドナ」みたいな人間勝手な悲壮感など微塵もなく、ただブタどもは糞の上を歩いていく。
そして途中から「俺」が現れるのもいい。ここで大きなブタ史から個ブタへと視点が移る。
しかし最後でわけがわからなくなった。
最初のブタ=俺だったってことか?ジェニファー・コネリーは最高だが。

357 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/11/08 00:24:48 ID:WHRlr46b
>>335:心霊写真「小さな頃」
「いつも通り」の閉塞したスピード感に乗せて一気に読ませる。
二連目までは暗い、リアルな質感。子供の世界ならではの類のリアルだ。
三連目でワルガキへになって外へと飛び出していく。このへんからちょっとマンガの質感へ。
そして最後にサザエさんが登場する! 「こらっ! カツオーっ!」
しかし怒り顔の姉さんが温かいね。

>>336-339:リーフレイン ◆LeafL/oiO.「追憶」
一冊の小説を読み終えたような充実感がある。
実際、これは散文だ。散文じゃん。詩じゃないじゃん。
しかしこれが散文なら最後に出てくる「あなた」が説明不足なんだよね。
詩だからこそ、この「あなた」が暗喩として生きてくる。
「あなた」を読み解く快感。そしてそれを与えてくれる材料は詩作品の中に揃っている。
俺好みの読み方でいくと、「あなた」は現在の「私」にとって
過去の「父」における「母」にあたる存在。
父は母からの自由を、生活からの休息を得るために、
あるいはかけがえのない「孤独」を守るためにその部屋を好んだのだろう。
しかしそれは短絡的に「母を嫌いだ」ということを意味するわけではない。
「孤独」と「愛」のバランス。これ大事よねっ、と。
おそらく「私」は父に似て、孤独をかけがえないものと思う人なのだろう。
でも、だけど、最後に「あなた」が出てくる。これが、いい。
力作だ。しかし、力作なら、てにをはにも気をつかってほしい。
>窓辺の本棚にはSFと純文学に占領され
とか、
>もしかして母からの休息が/いや、生活そのものからの休息を
とか、
文法をぐにゃぐにゃ曲げるのが詩だとでも思っているのなら、そんなのいやだ。

358 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/11/08 00:52:25 ID:WHRlr46b
>>341 :てるあき ◆DDfwggPC.. 「日記帳」
広く共感されうるような内容が、広く読み解かれうるような暗喩で描かれている。
そんな中で「ピンク」だけが、それぞれの読者で大きくイメージの違いそうな暗喩と
なっている。何も文句をつけるべきところはない。いい作品だと思う。

>>343-345:勘蔵 ◆Hh5DW.bUFE 「美恵子の思い出」
実感の篭りまくった独りコント風。そして川崎マヨの声がはまりすぎる。
だんだんと侵略されていく過程が笑える。海馬だけは死守するところも即物的でいい。
えーと、海馬って脳の「命令を出す部位」だっけ? それともタツノオトシゴ? ばかでごめん。
しかしあんまり「思い出」ではないよなぁ。
どうせならラストは脳の中の思い出を司る部分VS美恵子、みたいにすれば。

>>347:名前はいらない 「ラストダンジョン/大仏な思い出」
ザッピングみたいな感じ。「大仏」はたいしてシュールでもなく、ゲーム内のオブジェ。
暗喩っぽいけど結構ほったらかし。
なんだか共感できるし、声は知らないけどキャメロン監督をもってきたのもおもしろい。
でもなぁ、最後、ショボショボなのはいいけど、ショボショボ「すぎ」ないか。

>>351:名前はいらない 「故郷」
いい、ような気はする。思いの中にある故郷。都会の孤独。
しかし塩沢兼人ってもいろんな声出すよね。
いまいちイメージがほったらかし。

>>354:名前はいらない 「白犬」
うん、岸田今日子だ。聞こえた。白い風がぴゅぅっと通ってった。
4連目がなんだかいい。でも全体からするとここ、わけわかんないだけで終わっちゃった。
白い犬に白い風にひとりぼっち、って材料的にはよさげなのに、
なんだか料理が雑で美味しく食えなかったって感じだ。
岸田今日子に流されすぎた感も。

359 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/11/08 00:58:57 ID:WHRlr46b
で、結果。

今回はダントツでリーフレイン氏かな。
てにをはには文句いいたいけど力作だった。
大森ナレーターに流されずに自分の声で書ききったこともよかった。
大森ナレーターの声をリーフレイン色に染めたね。

それではリーフレイン氏、お願いします、次のお題を、次のお題を、次のお題を。

360 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/11/08 01:55:48 ID:haqTCRAG
イタチ(快∀楽)オツ
リーフ(快∀楽)オメ

今回すーっと書けました。

361 :心霊写真:04/11/08 02:51:24 ID:9qz31Ji1
イタチさんお疲れ様。
題のセンスが良くって面白かったです。
リーフさんおめでとーう☆

362 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/08 11:56:41 ID:pUEbi5Si
>いたちさん
ありがとーーーーーーー。 もしかして、”ただ長いだけの駄文”って
いわれるかもしれないと、どきどきしてたら、誉めてもらえて嬉しいです。(感涙
(てにをはーーーw。へへへ、本棚の部分は推敲もれです。ゴメ。も一つは
確信犯なんだけども、嫌悪感を持ったなら、作戦ミスです。精進します。)
ナレーションを具体的に意識するというのは、新鮮な気持ちでした。
言われるように、大森ナレーターの声と、細くてすこしかすれた女性の声が
ダブルで頭の中に響いていて、詩が進むにつれ、女性の声だけに変わっていました。
自分の詩ながら、実際に朗読されたみたいで、すごくいいですね。

>(心霊写真さん、快楽童子さん ありがと)

次のお題です。次のお題です。次のお題です。

 ”喜び” 

で、今回に限って 2chレス空間を一つのキャンバスにしたてて、詩を演出
してみてください。アスキーアートも使用可。ただし、リンクはって他からの
持ち込みは禁止します。あくまでレス空間内部だけの材料で。
通常は、文字列による詩作内容がなによりも大事ですが、今回に限り、飾りを含めて
評価対象にいたします。配分は半々。
作品の大きさは斟酌しません。1レスでも数レスでも同様に評価。
(意味なく大きくしないように。)
掲示板ならではの作品をお待ちしています。

363 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/08 12:10:33 ID:pUEbi5Si
>>354
(きっと新潟中越地震の被害風景じゃないでしょうか?)


364 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/11/08 17:34:00 ID:8Qjago8t
>>359
オツカレチャーン

評価ありがとうございます
ピンクのページは幸せの思い出という意味ですが
どうぞご自由に妄想してください

365 :c:04/11/08 18:34:29 ID:X7GlwJGV
ああ〜また集まってないな〜どーれ、駆け込んでやるぜ!とか思っていたら・・・
ずっと前の投稿をすっかり忘れてました、ひや〜しいなまほろさんスミマセン・・・

>>273 しいなまほろさん >>254を書きました
>>358 イタチさん >>354を書きました
お二方とも丁寧に読んでくださりありがとうございましたんm(_ _)m

自己かいせつ

>>273しいなさん オトナを自負するワタクシとしては(ぷ
           珍しい青青した詩です。赤い色は焼けて酸味の色です。
           逃げても逃げられないのが現実で自分な訳です。そしてそれは
           誰も知らなくていい訳です。
>>358小僧さん  声はクリア派か演技派かで一瞬迷い、えいやっとムーミン谷に。
           岸田さんにこだわりはなかったんですけどね。前に他スレで書いた
           ターミナル(ケア)の詩も「わかんない」って言われたんだけど、
           社会的な内容を書く場合はどうしても解説が要るのは宿命かも、ですね。 
           万人向きのようでいて、全く逆なのがこういう内容だと思います。

>>363 リーフさん おめでとサン♪(そのとおりですよ)(思い出とは哀しいものです)
     (でも早く思い出になって欲しいと思います)
           

 


366 :勘蔵 ◆Hh5DW.bUFE :04/11/08 23:46:46 ID:7QCkeASH
>イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 さん

評価お疲れ様でした。ありがとうございます。


367 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/11/09 00:26:44 ID:QfguMc3l
イタチさんお疲れ様です。
採点でもいつものやんちゃっぷりが発(ry 僕も(ry いしだ壱成は後d(ry
とにかくたn(ry じか(ry ま(ry




リーフさんオメです。お二方の詩はいっつも楽しみにしとります。

368 :ネル:04/11/09 03:12:57 ID:aOrzmqWw
馴染んでる
今、いない共鳴者
このまま、ずっと
今のままでいたいね
その中の私でいられますように…(^人^)

369 :◆Ui8SfUmIUc :04/11/09 15:29:25 ID:bvCqTqZb
>いたち

さんくすです

>リーフ オメ

370 :名前はいらない:04/11/09 19:25:44 ID:tf+MIIWG

                 
                ○

----------------------------------------------------------------


           itci nitci ga owari
masu



 中空に 手を 広げ たかった
          
                  (ぼくは生まれた
                   路端に転がる石のように当たり前に
                   ぼくは生まれた)
 
             tentci somari 

  光が 消えていく 
  うたいながら 消えて いく       (今は歩かなくていい
                        もう何も見えないから)

明日のことは考えない
        
    oyasumi nasai           (母さん)

371 :名前はいらない:04/11/09 20:53:23 ID:tf+MIIWG
>370 タイトル「日暮れ」でお願いします。

ずれる…何故だろう


372 :名前はいらない:04/11/09 21:10:46 ID:ACnHOTWT
               ☆                ☆ ささやかな             ☆

     ☆                ☆
                                                           ☆
                           ★                              
夜の帳がおり                ☆                           ★

                    一日の業を成し終える
                                               ☆

         ☆                             微笑みながら蒲団に抱きついて眠る
  

      吾子のかお                     
                     口ずさむ、静かな子守唄 
                                                          ★
    ☆

隣に眠る、父もまた、       ☆                  その子と同じ姿であどけなく眠り

               この光景を今日与えてもらった全てに
     ☆                                       祈りを捧ぐ

                ★




                                                ☆


                                      主よ 人の望みの喜びを

373 :名前はいらない:04/11/09 22:45:28 ID:YmAjxpmH
億の生存競争を勝ち抜き
数多の命を食し
     生きる   ,,  -‐'''''''''‐- 、
     生かされている:::::::::::::::::::::::`ヽ、
そして 生かしている::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
    <、:::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、:`、
      ゝ::;:::::::::::::::::::ヽ、::::::::::::、::::::::::::::、`:、ヽ 塩が 西瓜の甘みを増すように
     /::::::::`,ゝ、::::、、::、:::ヽ:;,==、、、::、::::::::`:ト\
     {::::::::::::ヽ `ヽ、ヽ、ミY ヽ::':;} .}::`::、::::::l___  薄氷の下に
      '、::::::::::::ヽ-_ _\ ヽヽ `'´ .l::::::::::::::l:::::i_    ぼやけて映る
      ヽ::i::::::::ミ、{´、':ヽ、     lハ::::::::l \;;:i______
        ヽ\:::ヽ、 `'´ l__  .ノ  ' }::::::}, -'憤怒を {
          `l:::::ヽ、  ´ ''   /.l:::/, -−‐ー‐‐''-、  悲哀を
           '、:::::::::7 ‐- - ...ノ ノ'"    ::::::::悦楽を
            ヽ、:;l    ,   '´      :::::::::::::::::::`:
              ヽl  / /        :::::::::::::::::::::::::
    , '´ ヽ、        /__/__...     躊躇いも 遠慮もなく
  /     \    ., ' ,'´         ...:::::::::::::::::::::::::突き破り 踏みしめ

374 :名前はいらない:04/11/09 22:45:59 ID:YmAjxpmH
 /        ヽ、,,/ /        .......:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
. {           \ ''' ̄ ̄`ヽ、  .....::::::::::::::::::::::::::::残さず 貪り食らう
. '       、::   , '´       >、:::::::::::::::::::::::::::::::::::;:':::::::::::::
 ',       ヽ:: '´      , <´  ヽ、::::::::::::::::::::::::;:'::全ては 歓喜 をより味わう為に:
  ',    , '´        ィ´、 `'ーtー-`ヽ、:::::::::/::::::::::::::::::::::
  ', ,  '´        '  .', .`ヽ、/ヽ、 ....`ヽ- '::::::::::::::::::::::::
  /        ,... '´    ',   ´   `t  ........:::::::::::::::::::::::::: 生かしている
       , - '''}::::::       ',      {  ........:::::::::::::::::::::::::::::: 生かされている
      ''´   .l:::::::::      ',     ,ノ .......::::::::::::::::::そして 生きる
    ',      l:::::::::::      'iヽ,, -'´ ........:::::::::::::::::::::::::::::::::::
.    ',      l:::::::::::::      l \  .........::::::::::::::::::::::::::::::::::その喜びを 噛み締める為に
    '      l::::::::::::::      l  ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    '     .{::::::::::::::::     .}    ヽ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(>373-374)

375 :名前はいらない:04/11/09 23:17:09 ID:QfguMc3l

    を  ク                   し  て   
     −        リ            滞        い
   タ            ッ        停            て
                               し て
  ン      女        ク     は    迫     い    未
      い    が               逼        て
エ   な              す  代   は    い て   金   来
             裸                て      融
   い   る           れ 時   営   っ      は    は
      い     に                 ま    行    
   て   て   な      ば      経      詰 き      閉
         っ                              
    せ           自         て            ざ
      が       分              い       さ 
         脱  が                   て  れ
    っ   た
     な        僕
   に            ら
                        違う    ―――――――――――    違うね
  八      た        は
      っ    の
十   か              本    太陽見上げれば僕のピースは自然に空を指して伸びる    
             だ
   た               当
        か   ろ                 ―――――――――――          
   見      う       に
          
    が           こ       僕のピースは自然に空を差し伸びる
       の       ん
         も  な

376 :名前はいらない:04/11/09 23:22:53 ID:QfguMc3l
>>375 「まるでスネオヘアーのように、空を」

377 :名前はいらない:04/11/09 23:36:17 ID:1hHHMAui
奇抜に頼ることは技量に自信が無いのと同じことなんだけどな。

378 :名前はいらない:04/11/10 00:06:33 ID:60dXz81n
・・・すいません。

379 :名前はいらない:04/11/10 00:11:14 ID:60dXz81n
あれID変わってら。>376=>378
へこむなあ ○| ̄|_

380 :名前はいらない:04/11/10 00:28:53 ID:Bk9ps3Xm
まぁ気にスンナ。それが必要不可欠であればいい

381 :「かあさん」:04/11/10 02:47:39 ID:h97oxZWH
             ∩___∩
               | ノ      ヽ かあさん おなかが すいたよ
            /  ●   ● |  
             |    ( _●_)  ミ おっぱい くれよ かあさん
           /彡、__ |∪|. ∠__
         ./  .___)ヽノ ___)_
        / , ´         ,    ~  ̄、"ー 、
        |_/          / ,r       ヽ ノ
       , ´           / /    ○   i"  
    ,/   ,|           / / _i⌒      |
   と,-‐ ´ ̄          / / (⊂ ●      |
 (´__   、       / /    ̄!,__,u○   |
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""


382 :名前はいらない:04/11/10 06:00:15 ID:nWigDqnU
http://www.geocities.jp/karna_fruit/
…詩。

383 :名前はいらない:04/11/11 10:37:13 ID:kt+WTZtV

やはりこのお題はキツイか
ミンナガンガレ

384 :名前はいらない:04/11/11 13:00:38 ID:Gk7e1jG5
あんまし書く気がおきません。

385 :名前はいらない:04/11/11 13:03:11 ID:nWVybJIH
>>377

>>362の募集要項を夜目。

386 :377:04/11/11 13:56:16 ID:+v1kY1BL
>>385
うん、つまりさ、マンネリっていうか、単に詩を読むだけというのに退屈したんかい
っていうか、とにかく、いたずらに変化を求めるのもどうかと思っただけの話

387 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/11/12 19:22:41 ID:1ecKq4L9
「岩」


  ただ海原に


                        投げ出されている岩 ・


                ・
    ・       
あくび
             かもめ

                         ・   *    かに


                  ・



 退屈に
  退屈に
   退屈に



ぼくは思わず屁をこいた
                             誰もいないので


                   ・

388 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/11/12 19:23:14 ID:1ecKq4L9
ああー
この岩
朗読できないじゃん


                                  とおくひのひかり


 宇宙が舞い降りたって
 地球が変わったって
 ヒトが進化したって
 この岩は退屈なままなんだ




      ・


        ・


 ただふたつ並んだ岩に喜びを見出すのみだった



                         ◎ ◎

XY
と呟く
整列された岩

389 :喜び:04/11/12 20:47:04 ID:wNA/dMFd
▲▼▲▼▲★★▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲★▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲★▲▼
▼▲▼▲★★▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲★▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲★▲▼▲
▲▼▲▼▲★★▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲★▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
▲▼▲▼▲★★▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲★▲▼▲
▼▲▼▲★★▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲★▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲★▲▼▲▼▲▼▲▼▲
▼▲▼▲▼▲▼▲★★▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲★★★      一日の終わりに
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲★★★▲▼▲▼▲▼▲   どことなく満足を覚える日
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲    何があったわけでもなく
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲★★★          ごく普通の日がごく普通に過ぎた日
▼▲▼▲▼▲★★★★▼▲▼▲★▲▼▲▼▲▼▲▼▲★★         
▲▼▲▼▲▼▲▼▲★▲▼▲▼▲▼▲▼▲                 ただ、心が温かいと感じる日  
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲                何にとはなく感謝ができることを
▲▼▲▼▲▼▲▼▲★▲▼▲▼▲▼▲▼▲                 この上もなく嬉しく想う。
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲                        
▲▼★★▲▼▲▼▲▼▲▼▲▲▼▲    恥ずかしがらずに、”ありがとう”と     
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲★★★★       言える喜びを        
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲            この上もなく尊く想う。 
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼
▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲             ☆☆☆☆☆。 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
|

390 :ギャラ苦シィ:04/11/12 21:51:01 ID:6fixfJ9z
或る日、僕の前から     或る日、俺の前に
喜びだけが消えた。     喜びというものがあった。
視界に見えるのは、     それが判ったのは、その視界に、
真っ白な空の十字。     十字架を象ったような”喜び”が認識できたからだろう。
そう、この”世界”で、     きっと、本来喜びなんて無かったこの世界に何処か他の世界から
喜びだけが何処かへ     抜け出てしまったのだろう。



喜びが無くなった世界    十字架で出来た喜びの権化に人は喜びを持って迎え入れた。
喜びを得た哀しい世界    喜びを知れば、自らの哀しみに悲観することも無いと言うのに。
どっちが喜ばしいことか   しかし人は屈強にも、哀しさも、喜びも、平等に受け入れた。
いまや僕には分らない    俺はそんなものを認めない。
しかし、僕には街から     永久の時間を過ごしたこの世界を、”哀しみ”などと吐き捨てる喜びなど、
生気が失せている事を    生きてきた全てを徒労なことだとだと切り捨てる喜びなど。
俺は哀しいと想ったのか   世界を裏切ったことと、自身を否定することと同意義であろう?
やはり、分らないのだ。    それとも、”喜び”を前にはそんな理屈さえ霞んでしまうのだろうか。
僕はを知りたいと思う。    俺は答えを欲す。喜びの存在意義を、罪悪でしかないその”喜び”の。
知って益にならなくとも    知ったことが例え世界を滅ぼそうとも。
だから僕は十字の空白    だから俺は十字架を模す罪悪
に                 に
手を伸ばし切望し渇望し   求道し、要求し、手を伸ばした。
その手を握り返す手が    その手を握り返す手が、そこにあった。
瞬間、ありとあらゆる、別世界の情報を強引に知らされた。
接続は一瞬の出来事     全ては一瞬の内に起こり、そして終った。
俺は今、ここに居る。     ここには喜びが在り、たくさんの喜びの顔が僕を見ていた。
これが俺が望んだのか    何が起こったのかわからない。混乱した頭で。
どこか納得したような     ただ、喜びを自覚した。
そんな気持ちがした。     そして、幻想を呟いた。
       「―きっと、在るべき場所に戻ったのだろう。」

391 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/11/13 08:01:31 ID:giDiV8ZW
幸せと不幸は交互に来る
海原の波のように

                 ☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



自然は誰も動かせない
運命もそう簡単には動かない
誰も波を消すことはできない

時に大波は人をも苦しめる
しかし時には大波をも楽しむ
サーファーのような
そんな心も大事かもしれない
幸せまでの辛抱

392 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/11/13 08:02:48 ID:giDiV8ZW
>>391
タイトルは

海原に生きる




393 :名前はいらない:04/11/13 13:38:45 ID:PrURyLrW
あと、一つかな?

394 ::04/11/13 21:20:04 ID:Pzq5OFV9
「希望」





























      そんなもん、知らん。                                                                                                  

395 :竜神:04/11/13 22:01:31 ID:/ETUNRnT
この大空の下

ちっぽけな僕

僕も君のように大きく輝きたいけど

なにより光が小さすぎる

この大空の下

僕はなにを始めればいいのか

夢がほしい

そんな時肩を貸してくれた君 

夢が広がる

あの大空

小鳥の鳴く音

さあすすもう

一歩前へ

歩き出して

きっと叶うから

396 :竜神:04/11/13 22:02:13 ID:/ETUNRnT
タイトルは「進みだす夢」で。

397 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/13 22:27:47 ID:i2H/Mikt
えっと、揃ったみたいですね。>>396さん、これはどうも題を理解してない
ような気がするので、今回は番外とさせてもらいます。
ちょっと週末はタイミングが悪くて、大変申し訳ないですが、暫くお待ちください。。
慣れないお題にチャレンジくださってありがとうございました。

398 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/15 11:16:31 ID:1O0XkopN
>>368 ネルさん
最初の投稿は勇気がいりますよね。。。
この背景(顔文字)の点数は 5点です。勇気を買って、5点増して10点。

詩の内容:
今、傍らにはいない、共鳴者と離れていても共鳴している。
そのハモッている状態がすきで、ハモッていられる自分でありたいと望む。
今、喜びのハーモニーを奏でている最中。

かな?
ハーモニーそのものの描写がもう少しほしいです。

>>370 ななしのID:tf+MIIWGさん " 日暮れ”

このAAは沈む夕日。 単純な構図ですが、雰囲気が出ています。
ずれるのは、実は行の後ろにブランクが入っていて、折り返して
しまうのと、行の先頭のブランクが省略されてしまいがちだからみたいです。
一度、ぎこなび、か Aぼーん あたりで、表示させてみるといいですねい。
独白部分と、詩の本体部分、ローマ字表記による段の区切りと三つの空間区分を
したいみたいですが、意図が効果的に出てない、もう少し緻密な計算を。。
背景の点数   15点

詩の内容:
”今は歩かなくていい、もう何も見えないから”
この部分が焦点がぼけていて、意図を感じにくいです。
一日の終わりのどことなくアンニョイな気分と、母への想い(これもどういう方向の想いか
今ひとつ感じにくい)
人生への悲観的な気分とが混じり合って憂鬱を表現しているみたいな気がするんだけども、曖昧。


399 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/15 11:30:04 ID:1O0XkopN
>>373 ID:YmAjxpmHさん
2コマ続きの綺麗なAAです。職人さんでしょうか。
ですがーーーどうも詩のエネルギーに満ちた内容に比べて、
やけに牧歌的な少女の姿でーーーいや、対比を表したかった
としても、どうも選択がーーーーー
というわけで 背景   25点。

詩の内容
物凄くバイタリティに満ちた内容です、生の喜びというよりも
生のエネルギーそのもの。。
躊躇もなにもない若さかもしれません。
やや表現がステレオタイプに流れ、共感を得にくい。
この爆発的とも言えるエネルギーの源は何なんだろうかと
思ってしまいました。

>>375 ID:QfguMc3lさん 「まるでスネオヘアーのように、空を」
螺旋を描いて表現された不満。
直線的な希望と喜び。(性的な暗喩も含めてかな)
表現と内容が一致していて、両者が互いに補っていい感じです。
背景(というよりこれは表現形態)   30点

詩の内容
螺旋で描かれている不満がなんとなくインパクトが少ないです。
本音からきた不満じゃあないような気がします。螺旋になっているから
やっと、曖昧でもやもやとした不満というのが伝わりますが、
ただ文字列だったら、裏の感情がほとんど共感できない。
直線部分の展開はいいですねえ
なんか、正直で、素直な部分が感じられます。


400 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/15 11:50:12 ID:1O0XkopN
>>381 ID:h97oxZWH 「かあさん」
AAなくして成立しないという点で、副題を十分満たしています。
が、いかんせん、お題の 「喜び」 はどこにいったのかな?????w
AAの選択ミス。だけども、詩と連動しているという点を評価して、10点。
詩の内容:ノーコメント。。

>>387-388 いたち小僧さん 「岩」
空白を上手に生かして、退屈で、散漫な様子がわかります。
読んでいるだけで、すかすかした気のぬけた気分が伝わってくる。。w
表現形態  使った材料は少ないけれども、詩が必要とする背景を
十分に表現しているという点で、35点

”退屈な喜び”とでもいうのでしょうか?
案外この何も起こらない、散漫なのんびりした感じこそは、
天国の雰囲気かもしれませんね。
最後の整列した岩のxyという呟きが、ため息のようで含蓄が深いです。

>>390 ギャラ苦シィさん 「―きっと、在るべき場所に戻ったのだろう。」
空白の十字架で区切られた二つの世界が、邂逅する瞬間。。
空白を上手に使って、対比されるべき詩世界が二つ構築されています。
この空間表現は、必要不可欠といえるほどの必然性がある。。
しかも、密な文字列が、それぞれの世界の確かさみたいなものを伝えている。
表現形態  45点

詩の内容:
>喜びを知れば 
これ、喜びを知らなければ のミスじゃないかとおもたけどもまあ、それは置いといて。
喜びがなくなったら、もっと嫌なんじゃないかと思ったりしました。
もともとの概念を覚えてているわけだから。。
”ある概念がなくなる”詩世界というのは、かなり新鮮で、吃驚しました。

401 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/15 11:56:52 ID:1O0XkopN
>>391 てるあきさん 「海原に生きる」
波線の波と、星ですね。
これも、単純だけれども効果的なチャームポイントです。
とはいえ、あまりにも単純なので、日暮れと同点。
表現:15点

内容。サーファーみたいなというところが、ああ、サーファーなんだ
と思ってしまいました。喜びを待つ時間です。
この忍耐もみようによっては喜びの時間かもしれないなあと思いました。

>>394 Sさん「希望」
表現:ユーモア感を評価して、20点
しかし、一回限りですね。これは・・・。

詩の内容。ノーコメント


402 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/15 12:05:28 ID:1O0XkopN
お詫びと説明。
実はですねえ、 >>372>>389 は、審査員の作で、合わせて一つです。
ごめんなさい、あまりに、投稿が少ないので、名なしで書いてしまいました。。
(自分も書いてみたかったっつう話もありますです。)
そんなわけでこの作品は審査外ですが、反省をこめて、黒がきつくて見づらい。
行をばらばらに書く必然性も無かった。
というのと、詩の内容が浅すぎるという点がありましたです。
AA表現に拘るあまり、詩がおろそかになってまいました。。。
これは全体にもかなり言えるみたいですね。反省します。

優勝は >>390  ギャラ苦シィ  さん。
いたちさんとちょこっと悩んだんですが、AA表現としてリードしていた上に、
密な内容を評価しました。
週末で、審査が遅れて大変申し訳ありませんでした。
みなさん、ケッタイな副題にお付き合いいただき、ありがとうございました。

ではお願いいたします。

403 :名前はいらない:04/11/15 23:46:10 ID:rqP1H5LU
結果出たよage

404 :名前はいらない:04/11/16 02:45:29 ID:0HcwvuP8
>>372は感動作だったので、びっくりだな。
リフレーンさんって、もしかして、プロの方。
ひょっとして、銀さんとか。w

405 :ネル:04/11/16 05:01:46 ID:hVE2trAk
ギャラ苦シイ様
おめでとうございます♪

リフレーン様お疲れ様でした。
前回の私の詩はここのスレ、住人様達と私みたいなイメージで作りました。
お題が難し過ぎて、あっさりと仕上げてしまいました。手短な言葉で素直に書いたつもりです。ただ、今読み返すとやはりインパクトに欠けるような…。
これからも精進致しますので宜しくお願いします。
o(^-^)o

ギャラ苦シイー様
次のお題を楽しみにしております。宜しくお願いします♪(^O^)/

406 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/11/16 06:46:54 ID:x022WAQ3
ギャラクシィさん有償おめでとうございます
リーフさん審査乙

今回のう【ry の作者注

今回の比喩ですが「なぜサーファーか」
台風の起こす大波をあえて楽しみにしている
人もいるという話でどっかで聞いたので

不幸のどん底もいつかは笑い話になるということです
不幸を悲しむな
むしろ楽しめ
今回の主題です

407 ::04/11/16 07:55:28 ID:gHmZ2p3o
あ、これ解説とか書いていいんだ…
「ユーモア」?んなわきゃーない。
「希望なんつーもんはこの程度の中身だろ?」
単純にそれだけのモンです。
三分で作ったから、点が入っただけでビックリ☆

はーい不真面目でーす。

408 :ギャラ苦シィ:04/11/16 18:40:17 ID:V//Q932x
リーフさん評価乙です。
遅くなって申し訳ない。

早速ですが、次の話題は「戦争」です。
         ノ                ___l,,,,,,,,,,,,___
           |           _,,,..-='''''~~~____::::::::::: ̄~~'''ュ
        |    _,,,...-='''''~~~:::::::::::::::::_,,-‐、ノノ、〉::::::::::::::_,.=''
       _,,,|..-='''''~~~:::::::::::::::::::::::::::::r''''~,="ツ, 、_〈__,,..= ''''~
 _,,,...-='''''~~~:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ~''~,ィ'~(i~  乂
(~::::::::::::::::::::::::::::r=~ _,,,_ :::::::::::::::::::    '  ̄ノ   ヽ
 ~''''''''''''''''''''''~(:::::(("~ヽ~ヽ :::::::::       ..:r   )
         ):::::ヾ、  l|_、_ :::::::        r`ー'f
         (:::::::::::`l、  _,-、         /  ヽ
         ヽ:::::::::::ゝ,,_ ノ         '  ,イノ  
          `i::::      :::l          .〈 〈  <ついでに10行以上書かないとクビ切り落としてクソ流し込むぞ!
           \     :::l          ヽ1  
            \    ::ヘ       ノ    ソ  
              \   :::ヘ    /    f   
               \      _,,..=ー---‐''
ハートマン軍曹のお告げにより、10行以下の作品は評価対象外のようです。
何卒、ご配慮を。

分かったかウジ虫ども!

409 :イノセンス:04/11/16 23:02:59 ID:VEZJ6kSc
戦うことに疲れた戦士は剣を地に置くといい
誰かがそれを責めるなら「見るものは見てきた」そう言えばいい
癒すことに精一杯な天使は
羽を休ませて
疲れた戦士がそれを拒むなら
「お前も剣なんて捨てたらいい」
そう笑うんだ
彷徨うことさえできなくなった魂は
天使の休めた羽を借りればいい
想いを託して天使が微笑んだら
「天使になって返しにくるよ」
誇ったように
願うことしか出来ない僕たちは
願うことを続けよう
闇に呑まれていく中で
光の願いがそれを止める記憶にはきっとこう刻まれる

戦うものにも
癒すものにも
彷徨うものにも
願いは届いている

そうやって僕たちは今日も願う

光輝くだろう明日の日に

410 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/16 23:42:50 ID:WMkddxYJ
”何故、この戦いを回避できないのだろうか?”

発端は資源の奪い合いだった。
遊牧の民が、遊牧する地を囲い込まなければいけなくなった時、
占有をめぐって、牙を剥いた。
ロレンスが約束した権利は,狭間に棲む民の力の前に崩れ去り、
様々な色合いを持つ、一つとない宝石をめぐって
争いが続けられたのだ。

あの地の戦いには、
地下に眠る黒い果実が、火を注ぐ。
巨体になった武装した象に戦いを挑むため、
原理に忠実なる白蟻が、武器を持った。
白蟻の駆除のため、象がのしっのしっと歩く。
黒い果実を視界にいれながら、長い鼻を振り回す。
何故、家屋まで解体せねばならぬのか?
不器用を装う狡猾な計算なのか、
一体誰ための計算なのか、
世知がらい、だけども品のない野良犬が、
毛皮に染みがつかないように、
慎重について回る姿が見苦しく、くやし涙が頬をつたう。

玉虫色をした思想が外を彩る戦いは
どんな戦いよりも痛ましく、見苦しい。
”テロとの戦い”という言葉は
どんな戦争の大義名分にも劣らずに、思想的なのだ。
”八紘一宇”という言葉を思い出さずにはいられない。
一体、あの大戦で、何を学んだのだろうか?
どうして、警鐘を鳴らせないのだろうか?
すでに、この手は赤く染まりつつあるというのに。

411 :リーフレイン ◆LeafL/oiO. :04/11/16 23:44:52 ID:WMkddxYJ
訂正。
一つとないーーー>二つとない  (ごめんなさいね、恥ずかしいですわ)

412 :僕らの戦争:04/11/17 01:35:59 ID:GdEPIQMN
この国ではある一定の年になると戦争に参加させられる
満足に戦い方も教えられずに何処の戦線に行くかを尋ねられる
戦いたくないと言うよりめんどくさい 今までは遊べと言われて・・
突然に争いの中 押し込まれてく 両親(オヤ)の小言・文句聞いて焦り募る

立派な戦士になる為に 一流の戦場を選ばなきゃいけない

いやがおうでも僕らを襲い来る 成長と言う名のタイムリミット
逃げ惑う事も出来ず迷い込み 教官の言葉に答えを探す

とうとう僕らも一定の年になって戦場を選べと言われた
ヤらないとヤられる世界 誰かを倒し次の戦線行くよう勧められる
戦うことなしで安心な生活は得られない 今の時代では
仕方なく争いの中
弾き出されて 夢も理想も届かずに諦めて・・

立派な社会の歯車に 一流の生活を求めたゴールには・・?

いやがおうでも進路を決めなけりゃ周りの流れに残されていく
劣等生の僕にはこんな詞を担任に見せることしか出来ない・・

内申書の向こうに輝かしい未来があるなんて思えないよね

413 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/11/17 03:41:17 ID:zIu9S+Xj
<ふたりの戦争>
飛び出したドアで泣きやんで
追いかけたきみが転んだ
逃げ出した僕の靴音は
マシンガンみたく鳴り響いた

きっと僕らの戦争は
勝っても負けてもキスをする

鳴き出した踏み切りで追いつかれ
息きらした僕が笑った
捕まえたきみのてのひらは
爆弾みたく鳴り響いた

きっと僕らの戦争は
勝っても負けてもキスをする
銃弾が貫いてミサイルを撃ち合っても
傷だらけんなってキスをする

月は平等に世界を照らして
冬は平等に寒かった
背中合わせに照らされて
冷たい影が伸びる

あした僕らの戦争は
勝っても負けてもキスをする
だから今日はおやすみ
ぜんぶごめんなさい

414 ::04/11/17 04:02:20 ID:tXg3S4wG
殺して
殺して
殺して
殺して殺して
殺して

殺して
殺して殺して殺して
殺して殺して
殺して
殺された。

今も戦争は続く。

415 :名前はいらない:04/11/17 05:28:23 ID:GaxyIZKi
「心」
今夜初めて人を憎んだ
信じる心が強いと
裏切られた時
凄い憎悪の波が涙と共に溢れでた
生きて行く人生の中では
単純な程、短い時
それがゆっくりと複雑に心を揺るがす事を
それと同時に勝者になりたがる私がいた
これから私に何も無い可愛い子犬をどうやって泣かすかが問題だ
そうやって、少しづつ戦争が始まって行くのだろう
「バーン!!」
心の中の銃声が聞こえてきた
火薬の煙が目に染みていた

416 :名前はいらない:04/11/17 17:21:39 ID:t/Afninw
「テンツクテン」

テンツクテン テンツクテン
リズムを取りながら、少年が歩く

町は黒い瓦礫に覆われて
テンツクテン テンツクテン
何かが燃える匂いが漂う
誰かの断末魔が聞こえる
テンツクテン
穴ぼこだらけの道に躓き
テンツクテン
折り重なった死体を飛び越え
テンツクテン

丘に登ると海が見える
正午の太陽が照りつける
なんて静かなんだ
テンツクテン

おもちゃの兵隊が転がっていた
さあ続け
テンツクテン テンツクテン
少年はステップを踏み
テンツクテン
ほら次の町が見えてきた
ここも多分町だった
テンツクテン テンツクテン テンツクテン

少年が駆ける

417 :D.C.:04/11/17 17:30:12 ID:r6Kjv9QY

そして戦争があった
また戦争があった
神々は恋をして
夜空の星となり
ふたたび戦争があった
こぼれた種子から
双葉は雲をあおぎ
また戦争があった
大樹は実を結び
ついばむ小鳥は
立つ前に糞をひり
またも戦争があった
下草は枯葉に埋れ
土に還る虫は黙し
重い靴が踏み固め
さらに戦争があった
新しい神が現れ
心躍る歌が流れ

418 :[YOU and I]:04/11/17 22:02:17 ID:QfVRj0mb

友愛はたしかにいつかひとを生かすけど
いつもの人殺しの理由だって通り一遍友愛の欠如
じゃあひとがひとをひっきりなしに生かしたり殺したりするのは
そもそもすべてそいつのせいなんだ 

いつか友愛だけの時代がやってくるつもりで
歌を歌うひとがある 国を紐とくひとがいる
だけどちびたちの夢に微笑んでやるのも同じひと
彼らは自分の叶わぬ夢を 誰に笑ってもらいたいのか 

ちびたちを見ればよく分かる
たとえばこの日に太郎くんは
あんなに甘えんぼの寂しがりで
おにごっこやヒーローにあんなに顔を赤くして

お母さんが太郎くんに頬ずりしてたったのひとつの宝というのなら
ひとを生かすことも殺すことも本当はたったのひとつの宝
ぼくたちは母鳥みたいにずっとそいつを抱きしめてきた
名前もつけず 理解はしないまま


419 :[YOU and I]:04/11/17 22:02:57 ID:QfVRj0mb
ずうっと 変わらないのさ
それはきっとこの日に向く上がないとつまらないから
この日に誰かと笑いあわないと
そして誰かをやっつけないとつまらないから

ほら 
友愛教が今日もニュースに出ている
誰かを排斥したと 
合法的になるべく殺さずに排斥したと
 
太郎くんがそれを見ている

「僕は、誰々が好きだと言うだけ誰それを憎まなくてはならない
 僕は、ろうろうと歌を歌い上げるたび誰かの歌を噛み千切り、投げ捨てる」

420 :ムプ:04/11/17 22:19:37 ID:VHJ584e4
焼きそばがボソボソだっただけで
それ以外は 味も 香りも楽しめたでしょう?
アナタは"歯ざわり"や"食感"という単語を並べ
ワタシのプライドを蹴落としてくる
罵声という名のウエポンで

戦争は始まっている
この屋内型多目的空間を装った厳戒地区で
発端はどうあれアナタを許すわけにはいかない

エプロンの下に何も着てないのは
30分前のアナタのリクエスト
平和だったわね さっきまでは

ちょっぴり恥ずかしいけど
このままアナタにハイキックかますわ
アナタのプライドと前歯が折れたら
ボソボソの焼きそばを
ワタシがあーんしてあげる

それが二人の終戦記念日☆

421 :名前はいらない:04/11/17 23:01:18 ID:lY+1az1y
80キロはある水素ボンベを担いで
20メートルの高さにあるH鋼を歩く
そんな話を僕たちは目を輝かせて聞いている
無鉄砲と逞しい体に憧れているのだ

落ちれば死ぬのだろうと
落ちてゆく姿のない無感覚の死体
だけどそれは誰のものなのか分からなくて
僕たちに話してくれる小さな体が
血に力がある事を示してくれなければ
この体さえ忘れそうになり
目の下に撥ねるペンキにイライラしていた

恐れるものなどない筈の人でさえ
人は怖いものであるらしい
命令で人が怖くなくなるのでしょうか
命とはなんでしょうか

422 :名前はいらない:04/11/17 23:05:50 ID:cLjtPs9r
11作品集まってるようですね・・

423 :名前はいらない:04/11/17 23:10:36 ID:lY+1az1y
あーまた11番目だった

424 :名前はいらない:04/11/19 22:48:24 ID:Tr23Yzng
これって今どんな状況?
採点する人がいないとかって話?

425 :名前はいらない:04/11/19 23:01:05 ID:w4iz/Irz
>>424
ギャラ苦シィさんの、手がすくの待ってる。

426 :名前はいらない:04/11/20 11:56:29 ID:oimo7nHt
>>409 イノセンスさん (これ名前だよね?)
キレイな詩ですね。
抽象的な例を示した後で、我々の事を見返す。
希望を感じさせる詩でした。
ただ、動機のようなものをもっとはっきりさせていた方が良かったかもしれません。

>>410 リーフレインさん
時事ネタですね。
直接的な表現を直力避けて、その事が不思議な世界観を良く出しています。
その表現方法もキレイです。
ただ、オチが弱いような気がします、あと抽象的すぎて戦争の理不尽さ、なんかが感じずらいかもしれません。

>>412 ■ 僕らの戦争 ■
見事に騙されました
「何処の戦線に行くかを尋ねられる」ってところで?と思いましたが、これで合っていたのですね。
真実の背景をあえて伏せて、展開する詩。見事です。
ただ、もっと情動を表現した方が説得力に足ると思いました。

>>413 ねこいるかさん
歌の歌詞のような、リズムあるかっこいい詩でした。
場面場面の情状も良く表現できていました。
ただ、自分の読解力の無さ故かもしれませんが、ストーリーが掴みづらいと思いました。
文脈をしっかり確立させれば解決するかと思います。

>>414 Sさん
アイデアは分かりますが、表現としては希薄すぎ。
奇抜さだけでは手抜きと思われかねません。
というか、文章を書いてくれないと評価が難しすぎる…

427 :ギャラ苦シィ ↑名前入れるの忘れてた・・・:04/11/20 12:50:05 ID:oimo7nHt
>>415 「心」
憎んでいるという激情が良く表現できています。
最後の一節なんかは技巧をこらされていて、巧いと感じました。
ただ、背景が不明瞭で、その為に情動の端端に違和感を感じました。
もう少し、その方面に気を使ってみては?

>>416 「テンツクテン」
奇妙な擬音表現が冴える詩ですね。
焦土と化した海沿いの町を、その擬音の性か陽気に表現されています。
ただ、せっかく登場させた「少年」が活かされて無いように思えます。
あと、根本的なことですがツンツクテンはすこし違和感が・・・

>>417 D.C.さん
神秘的な世界観の詩でした。
ただ、ストーリーが分かりづらい、というか無い?
流れみたいなものがないと、ちょっと読んでいて退屈ですので。
もう少し、構想を練ってもらいたいです。

>>418 [YOU and I]
意味合い深い詩でした。
欠落も充足もその要素が同じなら、その二つの意味に隔たりは無いという奇抜な発想なのでしょう。
まず充足の意義を見せ希望を提示し、逆もまた然りというオチはおもしろかったです。
ただ、世界観の全体像が見えきれず、ぼんやりとした印象になってしまったのは残念。

>>420  ムプさん (名前だよね?)
ユーモアに溢れた詩だと思いました。
ただ、普通すぎるとおもいました。
普通であることを悪いことではないと思いますが、テーマとかメッセージが欲しいトコロ。
それとも、もしや戦争の暗い印象へのアイロニー?

428 :ギャラ苦シィ:04/11/20 13:32:01 ID:oimo7nHt
>>421 ID:lY+1az1y
着眼点や表現力はとてもいいと思います。しかし言ってしまうと「もう一息」。
説得力は一言にこもるものでなく、その過程だと思います。
過程が不明瞭だと、伝えたいテーマも伝えれません。
文脈を意識して、相手にどうしたら伝わるかを念頭において書くときっといいものができると思います。
二度目ですが「もう一息」


評価遅れてしまって申し訳ありません。
今回のお題は結構滞り無く揃ったようで。
さて、優勝者ですが、気に入ってる作品が多すぎて困ってます。
候補としては、>>409>>413>>418、なのですが、
個人的な趣味で>>409>>418
そして、早い者勝ちで>>409のイノセンスさん、とさせて頂きます。

イノセンスさんおめでとう!
…ところで名前で良いんだよね?
タイトルだったらすみません・・・

429 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/11/20 14:40:21 ID:3KvebaAG
[YOU and I]書きました
また、早い者勝ちにやられたよ・・・
イノセンスさんおめでと 格好いい詩ですね

430 :D.C.:04/11/20 16:03:30 ID:8V9AZYd2
イノセンスさん、おめでとうございます
ギャラ苦シィさん、ありがとうございました
「D.C.」かきましたD.C.ですw
「D.C.」はタイトルで「ダ・カーポ(最初からくり返す)」という音楽記号でした
戦争はいかにもすてきな歌のように現れてはくり返されるのだろう…というような
うむむ精進しますです

431 :421:04/11/20 17:56:44 ID:wWVoRy+i
イノセンスさん おめでとうございます
ギャラ苦シィさん ありがとうございました

タイトルを入れ忘れていました
死と暴力です
伝えたい事もこれです

大戦後復員された方が愚連隊に虐げられていた事と
こんな事してたら死ぬんじゃないかと思った時の
現実感の無い死を思い出しながら書いていたのですが
最後は時間切れでママよは過程が足りなかったのかな

祭り的な暴力は死と結びつかず
静かなところでりんりんと鳴る命の鈴
戦地に赴かない大多数の女性と
戦う姿が想像される男性とでは
戦争に対する想いは違うんだろうか
をふと思った



432 :ムプ:04/11/20 19:12:25 ID:qkLqX2W+
イノセンスさんコングラッチュレイション!
僕もタイトルがありませんでしたね。
タイトルは「愛と憎悪のハイキック」でお願いします。
裸にエプロンでハイキックする描写を伝えたかったのが原点で、あとは家庭内に潜む小さな争いについてをテーマにしてみました。
戦争というお題を敢えて重く受け止めず、日常に埋め込んでみたかったんですが、表現力の欠如のため力不足に終わったカンジですかね…。日々精進しますわ。

433 :リーフレイン:04/11/20 19:18:23 ID:kDYbahH4
イノセンスさん おめでとうございます
ギャラ苦シィさん ありがとうございました

戦争っていうと、今はこれしか書けなくて・・・。
実体験があるわけではないし、本当はもっと声を大にして、
ブっ○反対って言いたい気がします。
コ○の××ーーー!!!(伏字だらけにしてしまう、度胸のなさ)


434 :イノセンス:04/11/20 22:11:28 ID:6QBtbpCZ
ま、まさか、、、俺が選ばれるなんて、、、ゆ、夢にも思ってなかった。。。
ギャラ苦シィさん、評価していただきありがとうございます。イノセンスは名前です 笑
その詩に名は付けておりませんm(_ _)m
皆さん、祝いのお言葉ありがとうございます。
自分は詩というものを書き始めてまだ一週間足らずなんですι
鬼束ちひろさんの詩に憧れて詩を書き始めました。
あんな素晴らしい綺麗な詩が書けたらなぁ、と。>>409は人生で二つ目の詩です。テーマの「戦争」を見た瞬間に思い浮んだのが、「戦士」、「天使」、「魂」、「願い」だった。
あとは自然にそれを繋ぐ言葉がでできてくれました。
テーマが「戦争」で思い浮かんだのが「戦士」かぁ、、、わかりやすいなぁ 笑
何はともあれ未熟であろう俺の詩がギャラ苦シィさんの目に止まって良かったです。
最近趣味の一つとして詩を取り入れてみたんですが詩っていいですね。
詩を書いてるときはとても気持ちがいいです。
そしてもう一度、ギャラ苦シィさん本当にありがとうございました。そしてお疲れさまです。

さて長々した文章ですいませんでした。次のテーマを発表します。
次のテーマは「雪」でお願いします。
このありきたりなテーマでどこまで独自の世界観を詩に出してくれるかが楽しみです。
書く分には初心者な俺ですが詩はたくさん見てきたんで、それなりの評価はできると思います。
それでは、宜しくお願いします。


435 :名前はいらない:04/11/21 01:16:22 ID:zV+FqufF
月の光に照らされ
音もなく舞い降りる
それは私の想いにもにて
そっとあなたの手に触れた瞬間
微かな冷たさだけを残して消える



436 ::04/11/21 05:01:43 ID:3EN0DjlL
はらはらと 舞い落ちる 雪の
風に流され 消えてゆく先
そんなものを 未来だとでも言うのか。

木の葉にしがみ付いた 白い 雪が
地に堕ちて 泥になる雪を 嗤う
そんなものを 世界だとでも言うのか。

雪が降る。
明日には真っ白な景色が出来るだろう。
醜い色を塗り潰す様に。

こんなものを 人生だとでも言うのか。

437 :鉄塔と雪とビートルズと虎が好きな訳:04/11/21 11:20:07 ID:+QLS4Vyq

ロケットは宇宙に刺さってペニスみたいに迷子になりましたが
鉄塔は今日の雨を喜んでいます
今日の雨を受けることを喜んでいて雨雲の向こうの太陽を喜んでいます

鉄塔の勝ち


アイスクリームは食われて人間の心を楽しませますが
雪は食って全てを白く静かにします
庭木を屋根屋根を音という音を食い、雨戸を開けた人間の心さえ食って足跡の糞をします

雪の勝ち


あらゆるバンドはビートルズが作った道を歩きますが
ビートルズは野っ原に道を作って歩きました
コピーバンドにしたって「おじさんは昔こういうのが好きだったんだよ」とごちてるに過ぎません

ビートルズの勝ち



学者は原子レベルまでものを分解して学会に発表していますが
僕は虎を見たら「虎だ!」と叫びます
僕の爺さんやそのまた爺さんといっしょに「虎だ!」と叫びます

僕たちと虎の勝ち


438 :名前はいらない:04/11/21 12:44:52 ID:iSWJeZcX
 深                             
 海   どう みえる?             .
 に                 .
 降   .      綺麗? 屍骸?
 る
 雪 
     どれが正しい なんて
      問題じゃ ない

     自分だけが 感じれば
        それで いい・・ 

       降り注ぐ雪
      自分が感じれば
      感じたものだけ
        雪として 受け入れればいい
         .感じなければ
     そのまま 降るに任せればいい


439 :名前はいらない:04/11/21 13:59:18 ID:AZkK4la9
[恋人]

ああ…忘れていた
俺は君を忘れないはずなのにいつのまにか忘れちまった
華奢で儚くてため息にしかならないから
いつも君を待っていたのに

灰と黒と赤に塗れた町という概念に
全て白に戻す君は畏敬の念をこめられていた
神の贈り物…そんなフレーズまでついた
季節が巡れば君はいつしか姿を消したのに

俺は…子供が喜ぶ下で命を支える君がとても愛しい
その化粧を変えようとも、その下を守り抜く
白き恋人よ…今年も俺に会いにきてくれ
人々の幸せを際立たせるためにも


440 :影人 ◆imMT98fwIY :04/11/21 16:36:15 ID:AQ5SKqSB
Please forget me.
今から世界に別れを告げる
私のたった1つの願い。

ねぇ、聞いて?
私から貴方への、最期のお願い。

Please forget me.

貴方が涙を流すことがないように。


441 :ムプ:04/11/21 18:01:26 ID:nv8Kid7U
「コミュニケーション・スノウボム」

シャコシャコ鈍い音を立て
田舎の祖母みたいな緊張感で歩み寄ってくる君
吐く息が黄ばんでいるね
芳醇なエシャロットの香り
不完全な満面の笑み

たまらずに僕は
足下の まだ固まりきらない雪を素手で掻き集めた
そして間髪入れずにそのまま彼女を抱きしめた
僕の両手は彼女の首筋
やがて君の背中に流れ落ちる雪っていうか土色の水

コミュニケーション・スノウボム
キンキンに冷えたのを日頃の思いとともに
フラストレーション・スノウボム
うぎゃって声 スゴい低温で
僕は激しくムセ返る

愛があるなら構わないって君の顔
原型をとどめてなくて
どっかいっちゃえばいいのにって気分さ

明日の今頃は雪も止んでるさ
そう それは春の訪れ
僕は君を卒業する

442 :名前はいらない:04/11/21 20:34:39 ID:ez1CkL/4
「雪」

さらさらと、闇の中から雪が歌い降りてまいります。
くりん、くりんと、まわり舞いながら、
静寂を作り出していくようでありまする。

けふの雪は、
六角形、花弁を重ねた、六角形でありました。
六花の結晶が、少しづつその複雑さを増しながら、
ゆっくりと音のない歌を歌っておりまする。

椿の葉が、白く染まりおり、
暗い道がうっすらと色づいてまいりまする。

薄いコートの前をかきあわせ、
しんしんと足元から冷え込んでくる夜の道で、
仰いで立ちすくんでおりました。

冷たい、暖かい、静かな花が、
少しこの身を洗い流してくださるようにも
思われました。



443 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/11/21 21:23:05 ID:dF0oUuTM
「劣等」

黄色いハートマークを作って
君のおしりがゆれた
聖なる夜に聖なる水
そして柔らかい雪をとって
笑いながら股間をふきとる
その時の顔をみていると
僕はなんだか負けたような気がして
僕よりもそれがいいとささやいて
とんでもない姿のまま銀世界につっぷしてしまいそうで
でも僕はポケットに入れた手が出せなくて
君の股間であそんでいるそれをじっとながめてた

444 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/11/21 21:29:14 ID:dF0oUuTM
お題「雪」 審査員:イノセンス

>>435 無題                   ID:zV+FqufF
>>436 無題                  S(もしくは題が「S」で作者がID:zV+FqufF)
>>437 鉄塔と雪とビートルズと虎が好きな訳
                          ID:+QLS4Vyq
>>438 深海に降る雪(?)         ID:iSWJeZcX
>>439 [恋人]                 ID:AZkK4la9
>>440 無題                  影人 ◆imMT98fwIY
>>441 「コミュニケーション・スノウボム」 ムプ
>>442 「雪」                  ID:ez1CkL/4
>>443 「劣等」                快楽童子 ◆plhXCa4.HY

あと1作品

445 :名前はいらない:04/11/21 21:32:22 ID:a1P5Xj1T
「 重 さ 」

最初は汚れかなと眺めていたのだけれど

何かと勘違いしたのか小蠅がとまっていて

少し息を吹きかけてみると

僕を覗き込むような仕草をしたので

強く吹いてみた

さんざん街中を走り回って

きまって最後は防波堤で海を見て

寒さで顔を赤くばかりしていた頃

降る雪を踏み天まで昇れたら

そこにいる人の顔を見れたなら

僕は愉快な気分になったので

そっと新聞の傍を離れた



446 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/11/21 21:40:27 ID:dF0oUuTM
お題「雪」 審査員:イノセンス

>>435 無題                   ID:zV+FqufF
>>436 無題                  S(もしくは題が「S」で作者がID:zV+FqufF)
>>437 鉄塔と雪とビートルズと虎が好きな訳
                          ID:+QLS4Vyq
>>438 深海に降る雪(?)         ID:iSWJeZcX
>>439 [恋人]                 ID:AZkK4la9
>>440 無題                  影人 ◆imMT98fwIY
>>441 「コミュニケーション・スノウボム」 ムプ
>>442 「雪」                  ID:ez1CkL/4
>>443 「劣等」                快楽童子 ◆plhXCa4.HY
>>445 「 重 さ 」              ID:a1P5Xj1T

(快∀楽) シューリョー

447 :イノセンス:04/11/22 01:09:51 ID:4MljoSpK
>>435
月光かがやく雪の夜の情景がとても綺麗です。
だけど私の想いと雪の比喩された部分の説明がもう少しほしかった。
短い詩だというせいなのか内容がはっきりせず何を伝えたいのか分かりません。
一言で言うと決定力不足。綺麗な詩なのにもったいない詩でした。
>>436
雪の末がかっこよく描かれている(そのままですが)かっこいい詩でした。
だけど一連一連の決め手の言葉(未来、世界、人生)は少し飛躍しすぎなのでは?と思います。
もう少し分かりやすく決めても良いのではないでしょうか。
それと真っ白な雪が醜い色を塗りつぶしてくれているのに最後の否定の文はおかしいと思います。最後の部分がそれを肯定するような文だと詩全体が展開されおもしろくなるんじゃないかな?と思いました。

雪の末と何かが掛かっていたとしたらすいません。
それは俺の読解力のなさで理解できませんでした。
>>437
詩の題から興味を湧かされました。
とてもおもしろい。
それが最初にでてきた感想です。
2連目で、雪の「食う」をこんなに上手く表現できるなんて、、、すごい表現力とセンスですね。
ただ詩全体を通して意味を持たしてほしかったのとテーマの雪をもっと目立たせてほしかった。
この2点がひっかかりました。

448 :イノセンス:04/11/22 01:13:48 ID:4MljoSpK
>>438
リズム良く飾らない文で読みやすい詩でした。
ただ伝えたいものははっきりしているんですが、雪という言葉の意味が曖昧。
そのせいで別に雪を使わなくても、、、という詩になってる気がします。雪にもっと意味を持たしてほしかったです。
>>439
雪を恋人にたとえたんですね。
主人公の雪への美しく、だけどどこか寂しげな想いがしみじみ伝わってきました。
個人的な意見で申し訳ないんですが表現力はあるのに言葉のセンスが悪いように感じます。内容が良いので言葉次第ではより詩になりそう。
あと最後の「俺は〜、、、〜抜く」までが練りすぎてよくわからなかった。
>>440
雪はどこへ…?
>>441
ありきたりな言葉を使わずまったくの自分スタイルな詩ですね。
独特な詩、好きです。
独特なのはいいけどただ比喩がこりすぎではないかな?と思いました。
少し分かりづらいです。内容は展開がうまくできていておもしろかったです。
>>442
詩というより日記って感じですね。
微妙な古文調がちょっと気に入らない。
折角わかりやすく表現してるのにその古文調がわかりづらくしてるかも。。
あと音のない歌っていうのがイマイチよくわかりません。
最後の締めの部分では「思われ

449 :イノセンス:04/11/22 01:18:58 ID:4MljoSpK
>>442(訂正)
詩というより日記って感じですね。
微妙な古文調がちょっと気に入らない。
折角わかりやすく表現してるのにその古文調がわかりづらくしてるかも。。
あと音のない歌っていうのがイマイチよくわかりません。
最後の締めの部分では「思われました」では何か自信なさげ。
最後はやっぱりはっきり締めたいね。
>>443
なんかちょっとエロティックな詩ですね。。
15の俺には刺激が強すぎ、、、冗談ですW

自然な展開で詰まる部分がなかった。
一つ一つの文が深読みしないとなかなか意味が見えてきませんね〜。
どこか可愛らしさのある僕の気持ちがよく理解できました。
>>445
心暖まる落ち着いた詩ですね。
一回読むだけでこの詩の良さが感じ取れました。ゆっくり流れるような展開もすごくいいです。
頭に思い浮かんだ情景をそのまま素直に表したって感じ。
こういう自然体な詩を今まで読んだことがあまりないので俺にとっては貴重な詩でした。

450 :イノセンス:04/11/22 01:26:38 ID:4MljoSpK
やっぱり未熟すぎるよ、俺は。皆さんの詩の真髄を半分も理解できてないではないか。自分の読解力の無さが改めてわかりました。未熟故のこの未熟な評価。。皆様どうか許してください。。

さぁ結果です。
>>437>>445で迷ってたんですがやはり俺に自然体という新鮮さを教えてくれた>>445の方の詩に決定させてもらいました。おめでとうございます!!>>445の方に拍手〜

451 ::04/11/22 01:53:57 ID:ftJE4YnD
…醜いものを見ないで済む人生、
あんたはそんな生き方がしたいのかい?

ま、いいや。

>>445さん、おめでと。

452 :快楽童子 ◆plhXCa4.HY :04/11/22 02:11:33 ID:BPnQ5H6e
イノセンス審査オツ
ID:a1P5Xj1Tオメ

(快∀楽)エロティック!!!!
15歳にしちゃあいい文章かくな

453 :名前はいらない:04/11/22 05:51:30 ID:guW84W2J
醜いってのは、あれか。
女をメタメタにし、血どろの裸にして
それでアレする。ってかんじか?
部屋がゴキブリだらけだけど
アレするってかんじか?

うん。醜い。ははは

454 ::04/11/22 05:59:33 ID:BB770TAI
それだよ。

455 :名前はいらない:04/11/22 10:19:47 ID:Rxfe3V7A
でもSの詩は文章に形良さげに収まってるだけで、綺麗とか醜いとかその他の意味もあるとは思わないな。
というか、「〜なのに」の形で詩を終わらせるという、読者に詩の意味を考えてもらう形にしているよね。
結果的に何を思っているのか、呆れているのか悲しんでいるのか憤っているのか、
それを書かないことで印象的に終わらせることを優先した詩では、読む人とSの本意にすれ違いがあって当然。
それなのに後から読者の感想(イノセンスさんの審査だな)に文句を付けるようなことをするのは、詩の未熟さを説明しているようなもんだよ。


…とまぁ、横から口出すのはスレ汚しか。

456 :イノセンス:04/11/22 10:30:00 ID:4MljoSpK
>>452
わーい\(・∀・)ノ誉めてもらったーありがとーございます!
>>451
やはり不満がでたか、、、。
思ったことをただ書いただけなんです。
まだ初心者なんでこれから書くにせよ読むにせよ日々精進していきたいと思ってます。
すいませんでした。
とりあえず>>445さんおめでとう!ってことで。

457 :ID:ez1CkL/4:04/11/22 12:12:24 ID:jpp8fRF+
>>456 イノセンスさん
評価オツカレさまです、ありがとう。
>>445さん、おめでとうございます。

458 :445:04/11/22 12:48:03 ID:RELoWN12
イノセンスさんありがとう
祝福くださった皆様もございます

前頭葉が痒くなるくらい考えて出来たものから後付けで意味が湧いてきて
そらで云えるわけでもないのに何かに触発され蘇った自分の詩に腫れがひいてゆく
ポンプで感じたい自然体の僕が最近つとに関心ある
「寸借り」で次のテーマはお願いします

459 :名前はいらない:04/11/22 13:05:11 ID:Rxfe3V7A
大会に参加させてもらおうと思ったけれど、「寸借り」が分からず断念…
ご、ごめんなさい、どのような意味かだけ教えてもらえませんか?
手近な辞書には載っていなくて。


聞いた瞬間にストーリーが浮かばなかった時点で、詩を書くのは諦めるべきかもしれないけれど

460 :名前はいらない:04/11/22 13:24:29 ID:FCvN3Ozd
「すんしゃく(寸借)」で載ってませんか

461 :名前はいらない:04/11/22 14:59:09 ID:Rxfe3V7A
あぁ、寸借。
それなら分かりますが、寸借りという言い方もあるのは知りませんでした。
語彙の貧弱さでどうもご迷惑をおかけしました。

462 :名前はいらない:04/11/22 15:04:23 ID:RELoWN12
誰か知らないけどありがとう「寸借」でお願いします
嫌世

463 :ぺぷちど:04/11/22 15:21:21 ID:epcFhItO
…寸借


 

464 :439:04/11/22 18:28:56 ID:OCwhCTgW
あ、やっぱ駄目だったか
なんか言葉足らずでもっと上手い言葉を捜したかったけど
参加したい欲で先走った俺OTL

>>445さんおめでとうございます
貴方の詩の表現パクらせていただきます

>>456イノセンスさん
最後連は雪って子供たちに踏みつけられるけど、その下で草の種とか花の種とかあるんだな
と、思って「守り抜く」何を?種=次世代の命 みたいな考えで…
やっぱ表現て難しいわ…
次回ガンガル

465 :名前はいらない:04/11/22 22:46:54 ID:RVK/m5DJ
誰か、「散歩」ってな題で詩をかいてくみてくれないか?

466 :名前はいらない:04/11/22 22:58:09 ID:/4cFMfIo
>>465
お題を出せるのは優勝者だけの特権ぢゃて
さあ、あなたも優勝目指して詩を書くぢゃ
そして御題を出せるようになるぢゃよ

467 :名前はいらない:04/11/22 23:39:02 ID:0+LBSmcD
でも散歩というお題で書いちゃった私がいる・・・
そんなわけで初披露

散歩

ごきげんよう
今日も塀越しに吠えてくる犬と挨拶
嫌われていようが挨拶
ウ〜ッと唸るように返ってくる
私が小学校の時はよく遊んでいたのにね

ごきげんよう
今日もバイクに乗ってる新聞配達のお兄さんと挨拶
嫌われていようが挨拶
ごきげんようとぎこちなく返ってくる
私が中学校の時はよく勉強を教えてもらってたのにね

ごきげんよう
今日も門越しに知らない人と挨拶
嫌われていようが挨拶
ごきげんようとすんなり返ってくる

ごきげんよう
今日は昔の友達に挨拶
嫌われていようと挨拶
昔の友達はおはようと返してきた
私は咄嗟におはようと言い直した
少し友達と話した後
いつもの散歩道で挨拶をしながら帰路に着く
出掛けに見たリキに挨拶をした
おはよう
リキはわんと返事をした

468 :gon ◆rOo2fYBBKk :04/11/23 01:44:03 ID:a+gXT/WZ
437書きました・・・
いつだって決めてに欠ける詩を書く詩人もいいじゃない



469 :蜘蛛の巣のむこうの城の むこうの夕日:04/11/23 01:53:17 ID:a+gXT/WZ


あれは誰のお城ですか
僕らは何を手に入れましたか
ぜんぶ地球の上で静かに
静かに日の光浴びて

僕らは線を引いた気ですか
この身もすぐに滅ぶのに
ぜんぶ地球の上で静かに
静かに日の光 静かに

病原菌はひどすぎますか
でももらった体細胞で暴れまわる
ぜんぶ地球の
ぜんぶ地球の僕ら

さてと 疲れた
悲しい疲れ
愛しい疲れ
一寸お先に失礼しますよ 酔い心地のまま

返しましょう
帰しましょう
蜘蛛が巣を返すように
捕われた虫と帰るように

咲きましょう
枯れましょう
僕ら太陽と地球の間の草木
ぜんぶ草木ゆえ静かに

470 :ァゲハ:04/11/23 11:09:28 ID:tP/H6z46
人は誰もが強がっている
心の奥底では苦しんでいる
自分は何の為に生きているのか
分からない時だってある
だから涙ばかり出て
笑顔を忘れる
素直になれば良いのに
なれないのが人間
何を考えているのか
分からないのが人間
けれど誰もがみなある宝物を探している
眩しくて
とても大きなものを
だから誰もがみな旅に出る
ただしこの旅には条件がある
笑い方を忘れてしまった者は失格
自分を必要としている人必ず出会う事
時には涙が出るだろう
でもそれを乗り越えなきゃ道は開かない
涙一粒一粒拾いながら
自分探しの旅へ

471 :名前はいらない:04/11/23 11:27:33 ID:ZX/o04Ws
         <フライングしちゃ駄目
    ∧_∧        ∧_∧
   ( ・∀・)      ( ゚  。)
   ( ⊃━⊃━━━━(  ━━=⇒ 
  / /〉 〉       | | |ブス
 (__)(__)      (__)_)

472 :名前はいらない:04/11/23 11:34:27 ID:ESu5qCqe
>>458

473 :名前はいらない:04/11/23 14:33:19 ID:ZX/o04Ws
ごめんぽ

474 :D.C.:04/11/23 16:26:21 ID:CmgTpQY3
「寸借」

太陽のぬくもりを借りた大地で
夜がきて軒を借りて眠った
大空は巨大な請求書に見えたが
踏み倒して眠りつづけた

風のはばたきを借りた帆船で
朝がきて商売をしに行った
みかじめ料はしぶしぶ支払ったが
風は何も言わなかった

いま誰かのぬくもりを借りた傍らで
孵らない卵を抱いて待っている
いつかどこかで孵ったわが子に
大きな何かを請求される日を


475 :リーフレイン:04/11/23 19:24:34 ID:7K3idsKk
”逢瀬唄”

一夜かぎりのちぎりをかわし、借りる枕とかりそめの腕
なんぞ、未練がありましょうかと、嘯く口元、紅が濃い

滲む涙を見せもせず、震える声を笑いで隠す
知って知らぬは、判った仲の、見て見ぬふりの優しさよ

雪が降る降る、しんしんと、もれる音さえ、消す雪に
束の間のなさけをあずけおく

いつか雪の降る夜に、きっと戻してくれましょう
雪をも溶かす想いの丈を、雪にあずけたこの時を

今宵ひと時、静寂の、雪の花にと成り果てて、
雪にまかせて、借りる腕(かいな)よ。



476 :名前はいらない:04/11/23 21:31:02 ID:VfsvhoD6
あなたの胸を 借りて泣いた夜

暖かな安心感と
ほの暗い優越感と
卑怯な後ろめたさを知った

あなたの鼓動の速さを感じて
私の早鐘のような鼓動を隠して

ほんの一時 涙と共に
軒下だけを借りた夜

母屋には入れないとわかっているから
せめて・・・ せめて・・・
今だけは 軒下だけでも 貸してください

477 :甲太:04/11/24 03:18:27 ID:B/Cs0RGx
少し借りるよ、と言いおきはしたが、
その声は誰もいない教室に響いただけで
余計に後ろめたい気分になってしまった

少し借りるよ
誰かの辞書
少し借りるよ
誰かのティッシュ
少し借りるよ
誰かが置き忘れたらしい二百円

後ろめたいから 返しに来なかったらごめん


なくなっても気付かないよね、と最初から言い訳をして、
そういえば去年はここに座っていたな
懐かしがる顔をして誰もいない教室を出た

478 :ネル:04/11/24 15:00:44 ID:qUewvYos
あなたの愛を借りた
あなたの夢を借りた
あなたの苦しみを借りた
あなたの命を借りた
あなたの喜びを借りた
あなたの魂も借りた

あなたからは
数え切れないぐらい
たくさんのものを借りて
もう返す事が出来ない
でも、でもね
御礼だけは言えるんだよ
あなたの子供で良かった
この木漏れ日の中から
大きな愛を感じてます
ありがとう
ありがとう
お母さん

479 :名前はいらない:04/11/24 15:09:38 ID:qC09pRGU
温かいあなたの心を
私は言葉で表せない

懐かしい香りの
古びた田舎で
たった一人
あなたの優しさ
思い出し
涙ぐむ

そんな刹那さ・・・


480 : ◆L4LyBSss3w :04/11/24 18:49:17 ID:X/ZxkGgT
抗生物質の飲み過ぎで吐き気が強い
太陽も空も黄色く濁った午後

どこかの馬鹿が道の端でご高説を垂れる
「貴方の生命は神様からの借り物です」
ふざけんな俺の命にケチつけてんのか糞め

缶コーヒー流し込んだらまた胃が痛む
まだ糞野郎の演説が耳に障る

答えて見やがれ俺は何の為生きてんだよ
痛い苦しい面倒くせぇこんな人生をよ
わざわざ借りてまで生きるかっつーんだ

俺のもんだ。俺の命は。
だからクソうっとーしくても頑張ってんだ。
空き缶握り潰して立ち上がる。

しゃーねぇ、もーちょい生きますかね。

481 :445:04/11/24 19:26:24 ID:jfbmhUFq
467は寸借するって事で10作品揃ったみたいなので締め切りです
不服のある方は申し出て誰かより裁定があれば
一番早いそれに従います

>>467 ID:0+LBSmcD さん 「無題」
テーマを出してから寸借に勇気が必要だと思わされました
この詩を勇気かと問われたら脳天気と答えたい
なじゃらかんすって感じで挨拶してくる人がいるんだけど
「ごきげんよう」なのかもしれない 朝に「こんばんわ」と返してる
英語でGood luck 年上の人には使いにくいかな




482 :名前はいらない:04/11/24 22:04:36 ID:jfbmhUFq
>>469 「蜘蛛の巣のむこうの城の むこうの夕日」

寸借でなく貸与とゆう感じなんだけど
スペースの後のむこうは無劫で夕日は永遠かな

>>470 「ァゲハ」

辞書で調べると上端でしょうか
僕が関心事だった寸借はこれです
寸借の連打をくらっていたのですが
困っているのか試しているのか分からない
そうなると必要とされるは喜捨
現代の托鉢は歩き疲れてしまって

>>474 D.C.さん 「寸借」

だろだろ期待されたいくせに
踏み倒しやがる
でも御免よ期待されたくない人間なんで
思いもよらなかったよ

>>475 「あなたの胸を 借りて泣いた夜」

内容でしょうか調子でしょうか潔いですね
なんか取引のようで 男と女は…



483 :名前はいらない:04/11/24 22:41:43 ID:jfbmhUFq
>>476 「あなたの胸を 借りて泣いた夜」

感じて隠したのが借りた夜なんだろうか
今はいつなんだろう
何故分からないんだろう
卑怯な後ろめたさなんてしょっちゅうです

>>477 甲太さん

なんだ仲間を発見
二百円あったら百円は置いておけば
それにしても2に反応する異常な私

>>478 ネルさん

借りたら利息も考えろ
返す事も出来ないで
誠意をみせつけてやりましょう

>>479 ID:qC09pRGUさん

思いだしがいらない気がする
もちろん言葉では







484 :名前はいらない:04/11/24 22:42:30 ID:jfbmhUFq
>>480 ◆L4LyBSss3w さん

握りつぶした空き缶そこらに捨てただろ
そうゆうのを許してくれない人の事どう思います
それとも分別された場所にちゃんと捨てましたか

優勝は>>474 D.C.さん の 「寸借」です

485 :リーフレイン:04/11/25 10:02:23 ID:iF46voi8
>>484
お疲れ様でした、評価ありがとうございます。。あれは都都逸唄でして。
(かなり崩しがあるんですが)三味線爪弾きながら唄ってみてくださいまし。。

D.Cさん。おめでとう。。

486 :参加していない馬鹿ですが:04/11/25 14:03:31 ID:mbG9NxrV
D.C.さんのが出てきたときから、
まとまりと、無駄に広げた言葉でお題通りにしあげているってのがすごい。
他の多くは「寸借」をただたんに「借りる」と解釈し、
お題の意味から少しそれたことを詩にするのでは、ないだろうかと予想していたし(念のため誇張するけど、「予想」ね。
これ以上の意味をもっているものは、出ないだろうなと,,,,

優勝おめでとう。

487 :甲太:04/11/25 15:17:27 ID:nlPjsTER
D.C.さんオメー。
私は寸借というと「寸借詐欺」が浮かぶなぁ。ちょっと借りて返さない、な感じ。
それで二百円パクる詩になるのもアレだけど(w、私はそうゆうことしませんよー。
仲間ってどうゆう意味なんだろうorz

次のお題待ってます。

488 :D.C.:04/11/25 22:29:41 ID:SHiQzT1e
おそくなってすみません、D.C.です

>445さん
選んでくださってありがとうございます、嬉しいです
お題と評たのしかったです
>485 リーフレインさん、光栄です
>486 参加していない…さん、ううう恐縮です、ありがとうございます
>487 甲太さん、私も「寸借詐欺」がいの一番に思い浮かびました

ええええと迷ったのですが、次のお題は「トイレ」(類語OKです)でお願いいたします
楽しみにしております、よろしくおねがいします

489 :名前はいらない:04/11/26 00:29:00 ID:IJvo5PJj


君が毎日のように抱える不安や悩みは
体に溜めていては時に死に至らしめるほどの凶器と化す
だから君は溜め込んだものを排泄し
また新しく抱え始めるべきだ

だけど、排泄は皆には知られたくない事だったから
「情けない」「馬鹿みたい」「恥ずかしい」
そんなことを言われるようになったから
君は一人でずっと溜め込むようになった

ねぇ。頼むからぶちまけてくれ
どんなに汚くてドロドロした悪臭のする悩みでも
きっと俺は受けきってみせるから
君の気持ちを汲み取ってあげたいんだ

それでまた悩みをぶちまけたいときは
いつでも駆け寄って来たらいいんだ
君が安堵の表情を後で浮かべられるなら
俺は君の全ての『負』を受け取ろう

490 : ◆L4LyBSss3w :04/11/26 01:15:05 ID:YObuoF+n
今日もいいうんこが出た。

飯食って、うんこして、寝て起きて。

今日もいいうんこが出た。

幸せの意味なんか考えない。

今日もいいうんこが出た。

犬と比べられても構わない。

きょうもいいうんこが出た。

他の生き方なんて知らない。

きょうもいいうんこが出た。

俺は幸せ者だろ?

491 :愛国:04/11/26 12:59:26 ID:27syBZod
「公衆便所の最下位生活者」

ぬかるみの中 はしる草の根 
犬猫鳩鴨雑魚虫カエルヤモリらは僕とは都の仲 
糞にしてポンプで流れ 愛混めサラバ
八つ裂きのタイルに 娘が跳ね返る
電灯に落ちているコンビニ弁当

ああ高校,,,,
我は誇り高きだからなのでこんな所で糞してこうしている 
ああ憎い

都の者が来て激怒した我は一言物申すと相手は激怒し攻撃した。我、応戦
片目が見えない、右目耄碌してしまう

住人は我を迫害、ぎくしゃくと全てが軋轢している。

いつ報復があってもおかしくない。

背中を虫が這い気持ちよくなる、緊張も相まり、興奮 
昨日拾った人妻熟女プレイ情報を熟読し死んだ猫の肛門を使用し達す。しまりが良い

便所に水、電気が止められ、我は便器に溜まっている水を飲むほか無かった。

耳から緑色の液が出た。吐いてしまう 涙が出た。

鼻がもげた思いがしてきて 何回もそこらじゅうに吐く。

顔を覆い隠し便所から出た。


492 :名前はいらない:04/11/26 15:33:03 ID:HHi3jt3V
"乳飲み子"

生まれて間もない乳飲み子の
かあいいうんちは
黄な粉色

かおりもどこか穀物の
乾いた麦か、もろこしか

生まれて間もない乳飲み子は
未だ汚れを身に受けず
母がこしたか、自然のみわざか、
きれいなかあいいうんちです。

いつかこの子もたくさんの
林檎やパンや肉を食べ
血肉となしてゆきましょう
うんちも臭くなりましょう

493 :名前はいらない:04/11/26 17:07:35 ID:Ark6Sb5q
「移動式」

新幹線の席で少しはみ出して
丸くて両側の髪に支えられた夕焼けを見つけた
その下で海に映る太陽のような地肌があって
育ち損ねたハナビラが女神を待っていた

なんでこんなにもこのトンネルは長いのだろう
冷や汗を感じながら
現われ微笑んでくれるのを待っていた

そこここから煙が上がり
僕もポケットを探った
何も起こらなかったな
冷や汗のなか震える手は握って欲しいのだろうか
力いっぱい火を点ける

494 :海のキノコ ◆l02XQ/WEBI :04/11/26 18:51:59 ID:0/UqbyaQ
「プロフェッショナル・ビジネス」

トイレなんていらないって言ってるでしょ?
そこらへんの草っぱらでもお釣りがくるぐらいだわ

「じゃぁ、うしろ向いてるね」って
あんた自分の立場分かってんの?
今「前ぐらい隠したら?」って言った?
冗談じゃない!
あんたがあたしのしてるとこ見ておかないで
一体誰が見てくれるってのよ

他の二人も突っ立ってないで早く準備を始めたらどう?
元を辿ればあんたらが発足人
あたしはあんたらの醜い下心に便乗してあげただけ
それなのにまったく とんだチキンども

さぁチャッチャと収めてちょうだい
こんな格好 ずっとしてたら風邪ひくわ
あんたはライト あんたはマイク そんであんたがこのカメラ

あたしはAV女優
トイレなんていらないわ

495 :名前はいらない:04/11/26 20:50:57 ID:a4ecBVxe
「孤独」

おおきな おならをこき

ゆかいな はいべんのおとであたまをみたす

こんなじかんが

ぼくにはひつようだ

496 :作品じゃないよ。:04/11/29 06:31:45 ID:8of+vAsd
みんなウンコねたは嫌いなんだな(笑)

497 :名前はいらない:04/11/29 06:32:24 ID:KRO0fLLG
お題:トイレ  選者:不肖D.C.

>489 「君が毎日のように…」 ID:IJvo5PJjさん
>490 「今日もいいうんこが…」◆L4LyBSss3wさん
>491 「公衆便所の最下位生活者」 愛国さん
>492  "乳飲み子" ID:HHi3jt3Vさん
>493 「移動式」 ID:Ark6Sb5qさん
>494 「プロフェッショナル・ビジネス」 海のキノコ ◆l02XQ/WEBIさん
>495 「孤独」 ID:a4ecBVxeさん

現在7作品、のこり3作品を募集中です

便所に厠、雪隠、野ぐ○、パウダールームからおまる、溲瓶、猫砂、NASAの糞便回収袋まで
その他諸々「トイレ」についてあなたの思うところをポエムにしてください。お待ちしています

498 :D.C.:04/11/29 06:33:59 ID:KRO0fLLG
(ありゃりゃ間違った)よろしくおねがいします

499 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/11/29 08:42:54 ID:te67lrAd
<ウンコポエム>
うん子 ああ僕のうん子
出会った日からふたりの距離はどんどん縮まっていったね
うん子 きみは僕だけのうん子だよ
初めて触れ合ったあの感触今も忘れないよ
うんこ ああほんとうに愛しい
きみのことを考えると僕の胸はこんなにもいっぱいになって苦しくて
うんまぁいいやうん子のことはどうでも。
みんなでいろんなうんこのこと考えようよ
ジェットうんことかどう?ジェットで飛ぶやつでしかもうんこ
あ、それでそれで陸海空のうんこで軍隊作ろうぜ
おれジェット担当するからおまえとおまえは
ミラージュとポセイドンのうんこ担当な
敵とかも考えてさ、それでさ、チョー盛り上がんの。3話目くらいから。
ヒロインとかうんこまみれで。
あ!そこでうん子出そうぜうん子!

500 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/11/29 08:43:36 ID:te67lrAd
500GET&つづき

501 :ねこいるか ◆/D0HAk633. :04/11/29 08:45:11 ID:te67lrAd
いやうんこは出さないって、うん子だよ。
いやだからうんこ出すとかは放送できないから。
何?うんこ包むの!?あぁ包装はできるけどそうじゃなくって
とにかくかけがえがないんだよ。
僕らは毎朝出会い、そして別れる・・・
そこには生と死があり、人それぞれの一日がある。
あるいはそれは昼だったり、夜だったり、便秘だったり、下痢だったり
とりとめがないし、臭くもあれば汚いとも感じる。
でもね、僕は思うんだ。
どれも自分たちにとってかけがのないうん子なんだな、って。
そうやって生み出していくことが、生きるってことなんだな、って。
それはみな茶色く茶色く輝いているんだ。
まぁ、僕はどっちかっていうと好きじゃないけどね。
あややはうんこしない
M・A・J・I・D・E → ・A・<ヨォ ヒサシブリ〜ッ>・J・

502 :イタチ小僧只今! ◆8rr1u/54T2 :04/11/29 10:45:08 ID:zuxqWpAc
「トイレの中で(はじまり)」

俺は無限の宇宙という名の個室に
美しい女にはけっして聞かせたことのない屁の彗星を飛ばす
音のない
時間も停まる
神の領域で創造する試作音

ああ
ネコノミトリヤ

攻めたててくる
原始少年たち
恐竜並の黒うんこ
首長くそそり立つ

女の肛門の内側で
ギョウチュウの群れと戦い
勝利を収めた医師団よ
その勇気をいまの俺にくれ

俺は新しい音を聞くのがこわい
どんな音がするかは楽しみだけど
作りそこねるのがこわい
それでいつもうんこをこらえてきた


503 :イタチ小僧只今! ◆8rr1u/54T2 :04/11/29 10:45:57 ID:zuxqWpAc
「トイレの中で(おわり)」

しかし円環の時空を膨張させるブリゲロビッチ
一瞬はちきれるかに見えた無限の宇宙は
冷却され
元の巨大さに戻る
勝ったのだろうか、俺は
しかし、一体、何に

おお
イヌダニトリヤ

俺は無限の宇宙という名の個室から
大都会という美女の尻に卵を産みつける時の音を夢みる



504 :「ちぃちゃんの手トイレ」:04/11/29 20:41:38 ID:d/Q4pORD
どうしても零してしまうおじいちゃん
あなたのために私は
零さない器をつくりたいの

でも私には
新しい器を作る技術がない
朝も昼も真夜中も
あなたについていてあげられる時間も体もない

あァあ
ためいきで
あなたのお尻も乾かせない

手料理なら
作れるようにはなったけど
手トイレは作れない
ふつつかな私

介護用の値段の高い
便座と手すりを買っただけ
あなたは顔中で笑ってくれたけど
おばあちゃんは助かるって喜んでくれたけど

せめてもと私は
あなたのトイレの入り口に
手作りのカーテンを吊るした
幼い日の私を真似た
女の子の顔がいっぱいついた

ちぃちゃんの顔だよ
零しても笑っててあげる

505 :D.C.:04/11/30 13:12:50 ID:zkYzE8oE
ありがとうございます、またおそくなってすみません

>489 「君が毎日のように…」 ID:IJvo5PJjさん
「君の気持ちを汲み取ってあげたい」というフレーズから片思いの詩とよみました
心が便秘な女の子に、便器の男の子が救いの手をさしのべているようです
負の感情も含めた彼女のぜんぶ”を受け止めようとする態度が
まっすぐに恋する少年らしくてすてきです
便器ゆえに思いが通じない切なさなどを描いてもよかったかも、とおもいました

>490「今日もいいうんこが…」◆L4LyBSss3wさん
うんこを見ることは、自分自身を確認することのようです
腹いっぱい食べ、ぐっすり眠り、らくらくと排便する…
このありがたさをトイレでしみじみと噛みしめる人は、
ストレスが全くないか、またはありすぎるかのどちらかでしょう
ラストの自問から「うんこでもほめないとやってられない」ほどの強いストレスを感じました

>491「公衆便所の最下位生活者」 愛国さん
ホームレスの詩かとおもいましたがちがうようです
「娘」を排せつ(出産?)するまえに食べたコンビニ弁当は拾ったのでしょうか買ったのでしょうか
トイレは「誇りをズタズタにすることで、最後の誇りを保つ場所」とみえます
この主人公はそのためにトイレに立てこもったのでしょう
しかしそれが果たしきれなかったので「顔を覆い隠し」て出てきたのだとおもいました


506 :D.C.:04/11/30 13:13:17 ID:zkYzE8oE
>492"乳飲み子" ID:HHi3jt3Vさん
初めてのおむつがえを体験した父の詠嘆でしょうか
わが子の生長を祈るおもいと、母なる自然に対する畏敬の念が伝わってきます
しかしお題の「トイレ」がでてきません、それがざんねんです
オムツでもオマルでもよいので「トイレ」を登場させてほしかったです

>493 「移動式」 ID:Ark6Sb5qさん
むずかしい詩です
最初の二連は新幹線に乗っている人間の大腸から出ようとするうんこの語りでしょうか
ところが三連目で煙や火がでてきてわからなくなりまいました
「ポケット」そして「僕」はだれなのでしょうか…
それでも三連目の三行目と最終行はなんとなく心ひかれました

>494 「プロフェッショナル・ビジネス」 海のキノコ ◆l02XQ/WEBIさん
野外レイプもの、それとも放尿ものでもなさそうです
女優さんもプロならスタッフさんもプロだとおもうので
現実にはこういうシーンはなさそうな気がしますがどうでしょう
素人さん同士が初めてのAV撮影に挑戦して互いにナーバスに…という状況でしょうか
とすると、トイレは「建前を表現するアイテム」だとおもいました


507 :D.C.:04/11/30 13:16:50 ID:zkYzE8oE
>495 「孤独」 ID:a4ecBVxeさん
トイレという空間は本来の自分を見いだす場所のようです
せまくしかくい個室では自分のおおきさが身にしみます
居酒屋などで、みんなで騒いでいた時の自分と、ひとり中座して用をたす自分は
同一人物とは信じがたいとおもったことはありませんか
ゼロな自分をあらためて確認するおちついた自分、をかんじました

>499 <ウンコポエム> ねこいるか ◆/D0HAk633さん
「ウンコの話はしない」とくり返すことで
とてもウンコの話をしよう…という詩のようです
作者は「うんこ」と「うん子」を故意にとりちがえることで
お題の「トイレ」を巧妙に避けようとしてみせます
後半のうんこ賛美はもっと大仰で深刻なほうが
ラスト3行がより効果的だったのでは…とおもいました

>502「トイレの中で(はじまり)」
>503「トイレの中で(おわり)」 イタチ小僧只今! ◆8rr1u/54T2さん
これもむずかしい詩です
便秘もちの男が待ちかねた腸の収縮に歓喜しているのでしょうか
狭くて広い宇宙に響きわたる放屁(排せつ)音(の幻想)のつよさに
「うつくしい女にぜひそれを見せたいのだ」という秘められた情熱をかんじました
「恐竜」には少年じみた照れがかんじられます


508 :D.C.:04/11/30 13:18:15 ID:zkYzE8oE
>504 「ちぃちゃんの手トイレ」 ID:d/Q4pORDさん
「手トイレ」というオリジナルなことばから
身体の自由がきかなくなった祖父を思うきもちが伝わってきます
欲をいえば「零す」以外のおじいちゃんの姿もほしかった
最終行の「…てあげる」は、おじいちゃんの尊厳を少々そこねていて、
せっかくの思いやりにきずをつけているようにおもいました

このお題をだしたときに描いていたイメージは「考える人」でした
それに近いものをくださったのは490、495、502・503だとおもいました
中でも495はいちばんイメージに近かったのですが、
思いがけず金かくしのすそ野を行進する恐竜のイメージが浮かんだ
イタチ小僧只今! ◆8rr1u/54T2さんの
「トイレの中で(はじまり)」「トイレの中で(おわり)」を優勝作品としたいとおもいます

(書きづらいお題だったようですみませんでした
 また、読みちがえなどあるとおもいます、どうぞおゆるしください)ありがとうございました


509 :リーフレイン:04/11/30 19:20:27 ID:Alh4Le1Y
>DCさん
乳のみ子書きました。。ごめんなさい、題を間違えてまして、
トイレじゃなくて○○○だとばっかし・・・・どこで間違えたのかすみません。
トイレトレーニングで書けばよかった・・・。
いたちさんおめでと。シュールかつ豪快。

510 :イタチ小僧只今! ◆8rr1u/54T2 :04/11/30 21:19:57 ID:0HH9K6gI
俺もお題「トイレ」だとはわかりつつ、
途中からお題「う○こ」になってたぽい。ねこいるかもきっとそうだ。
作品は>>495の詩想に肉をつけたパクリです。
あと、便秘の時にいきなりうんこ出るので、その時の恐怖が。

それでは次のお題を出させていただきます。
えーと。
ちょっと考えるさせて。

511 :イタチ小僧只今! ◆8rr1u/54T2 :04/11/30 21:52:37 ID:0HH9K6gI
ごめん。火サス見てた。

次のお題は「中学校の教科書に載ってたらおもしろそうな詩」で。
その際、タイトルの横とかに中学何年の教科書かを書いてください。

例:「火サスの謎」(中二)

*学年の指定のない作品は無効とさせていただきます。

「中学校の教科書に載ってそうな詩」ではないので、ご注意を。
それでは、どうぞ。

512 :D.C.:04/11/30 22:43:56 ID:zkYzE8oE
 すいません、またおじゃまします

 >509
 うううそれは多分わたしが488で「類語OK」と書いたせいもあるとおもいます
 こちらこそごめんなさい
 (トイレトレーニングで愛息のうんちと別れる母のうれしさと寂しさと…とかいいですね!)

 >510
 うおおおおやはりそうですか!
 >495 ID:a4ecBVxeさん! わたしの心のプロト優勝作品はあなたですから!

513 :マタギ:04/12/01 09:18:41 ID:dJk9pSlP
サイゴンから僅かな時間
貴方がそばに居たなら良いな
響く「王がこの地に至る歌」
はるか北方の獣の皮を纏う者の為に

サイゴンから僅かな時間
貴方のそばに居れたら良いな
彼方には「神の在りし森」
ネズミの様な奴が誓う忠誠

俺と空をくっつけてくれ
君の愛する人の為に
俺と空をくっつけてくれ
君の望みが叶うんだぜ

俺の愛が降り注ぐんだ
君をびしょびしょに濡らして
俺の愛が降り注ぐんだ
望む物をすべてあげられる様になる




514 :513:04/12/01 09:25:20 ID:dJk9pSlP
お題の存在も知らず訳分からんの書きました
すいません。

515 :リーフレイン:04/12/01 10:06:38 ID:k3Orui8Y
「印度童話集より」

旅人が2人の鬼に会った。死体を巡って争っている。
一人の鬼が、旅人の手をもぎとった。
もう一人が死骸の手をとって、旅人につけてくれた。
先の鬼が、足をもぎとった。
やはり足をつけてくれた。
もう片方、の、手、足、腹と続き、しまいに頭をもぎとっていった。
鬼がやはり死骸の頭をつけてくれた。
旅人は、自分が誰だかわからなくなって、
坊さんに尋ねた。
「あんたの体がなくなったのは、今に始まったことじゃないのです。
人は自分にとらわれて色々苦しみますが、自分なんてものはもともとないのですよ。」
    ーーーーーーーーーー

授業中にSF読んで、本で殴られ、ついでにその本破られたけど、
先生は神様じゃないから、我慢できない事もあるんだ。
職員室までお詫びに行った。
鞄の中には、自分で作った致死量のニコチン抽出液の壜。
とっくの昔に女になってて、
ツンドラ地帯な頭ン中、皮膚の外はぬるいお湯。
尊敬してます、お父さん、お母さん。
今日も寝る場所がある。ご飯がある。
成績はキープして、
秘密は決して明かしません。
思いっきり痛めつけたら、壊れるかな?
案外壊れないもん。
泣けない、泣きたい、涙が出ない。
神様、今日頑張ったら、何かいいことありますか?

516 :リーフレイン:04/12/01 10:15:49 ID:k3Orui8Y
あ。しまった。。中学二年でお願いします。

517 :493:04/12/01 12:57:41 ID:tpasWIER
D.C.さん評価ありがとうございます
イタチ小僧さんおめでとうございます

仕事柄トイレで苦労する事が多いので
トイレを味方だと思えないのです
切迫した状況は全て敵です
って全然説明になってないや

518 :民衆-農村私立男子中学1年産業革命について抜粋-:04/12/02 03:48:55 ID:JkjvGKSL
ボールをとりにいくんだ命令だ
反抗的になるのは勘違いだ
神さまへの反旗だ
完全など変態
抹殺すべき殺し
アンタはばかか
君は天気
あたいはカンボジア
観光地には帽子が必要
歓迎してくれる民衆
この国の株主だから と民衆
いいね いいね違う君は天気なんだ
いいわあいいわあ違うあたいはカンボジアなんだ
帽子にはなれません
カスタネットで終業式 あしたはいよいよ夏休み その次は閑古鳥が鳴いている

519 : ◆L4LyBSss3w :04/12/02 05:05:06 ID:iEmxB0AH
「いぬ」(中二/道徳)

なんかな、言葉で言われても嘘っぽいやん?
せやから、犬みたいにすんねん。

首も顔も唇も舐めまわすんよ。
いっぱい、いっぱい、撫でてもらうん。
胸もおなかも舐めるんよ。
んで、おんなじ位舐めてもらうん。

遠吠えみたく声、出るねん。
んでな、もっともっと舐めたなるねん。

大事なとこやさかい、一生懸命に咥えるんよ。
大きいなったら、もっと舐めんねん。

犬みたいに、すんねん。
犬みたいに、されんねん。
遠吠えみたいに鳴くねんで。

あとでな、頭ぎゅってされんねん。
ええやろ?

520 :名前はいらない:04/12/02 16:16:00 ID:CIMKrWeF
『スネグローチカ 雪娘』(中学3年)

白皙茶髪カール気味
頬づえついて 物憂げに
カロリーメイト かじりつつ
カフカの小説 ぱらぱらめくる
指ばら色の ひとの名は
スネグローチカ 雪娘

彼女の織り成す 言の葉で
紡ぎ出される サロンでは
招かれる人 隔てなく
嗚呼蝶々も 幸せだ
芋虫だって 幸せだ
心有る人 皆来たれ
翼生やした 言葉を口に
えまい浮かべる ひとの名は
スネグローチカ 雪娘

しかし 私が招かれることは絶えてなかろう
一度「気持ち悪い」という烙印を押された少年は
二度と深みから抜け出すことはできませんので
注意しましょう

スネグローチカ 雪娘
もしあなたが年老いたときに
まだ心があったならば
私の塚に
一輪の冬菊を供えてくだされば
それで結構です

521 :D.C.:04/12/02 18:26:37 ID:YNrwRNdb
「わたしは大人」(中学3年「社会」)

大人になって本当によかった
泳げないのにプールに入らなくていいし
忘れ物をしてもうまくごまかせるし
食玩はおとな買いするし
親もしんだから自由に生きている
でもおめでとう
いつかはあなたも大人になる
ぜったいに大人になれる
だからがんばって生きのびてください

522 :D.C.:04/12/02 18:47:38 ID:YNrwRNdb
     >517
     うむむなるほど安全圏しかみてなかった自分に気づきました、ありがとう
     (でも上の詩も安全圏か…)

     >517 すみません

523 :「キリギリスとアリ」(中三):04/12/02 22:35:25 ID:rHpzm/v2
世界が俺の触覚にのしかかってきた!
かなりの重さだぜ モホロビチッチ
鼻唄混じりで踊り狂うキリギリスは
今日も羽を震わせて チョン・ギ〜 ス チョン・ギ〜 


て… そこのアリ達止まりなさい!
君達は何を探してるんだ!?
…何ィイイイイ!?
四つ葉のクローバーを探しているだとぉおおお!?
素敵だ
では君達の努力に答えて俺は海の向こうに散らばる過去と未来をひっぱりだして
ぐるぐるのサンドイッチを ぐるぐるぐるぐる
そう、それは見ているだけの満足な音楽で誰が何と言おうと絶対 バイオリンの音色!

シャララララ〜♪ シャララララ〜♪
そんな音楽を奏でていたらね、       シャララララ〜♪
朝が夜になって夜が夜になって夏が冬になって夜が冬になって冬が冬になって
つまり、その 
俺はいつの間にか アリになっていた
 
あ、 お〜い待ってくれよーーー 
あ、 ドアを閉めないでってばーーー  て、
ガタン!
アアアアアアアアアアアアアーーー! ドンドンドンッ
家に入れておくれよ 外は寒いよ 凍えちゃうよ! お腹すいたよ! ドンドンドンッ
俺にあったかいドンドンドンッシチューを飲ませてくれたら掃除でも洗濯でも何でもす
るからあああああああああああああああドンドンああああああドンドンドンあああああ
あああああドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンッ 
ガチャッ
アリ「あら、お帰りなさいあなた。 まぁ、何というアルコールの臭いなのかしら!」

524 :名前はいらない:04/12/03 12:18:53 ID:5QJCEnz1
地球は丸くないから「社会」小学5年生

三丁目の駄菓子屋のくじをひく 
紐の先はきっとあなたに繋がっている

ひっぱってもひっぱってもあなたは出てこないわ
店番のお爺さんにもう3000円は払っているわ
いつから時間性になったのかしら
お爺さん曰く「タクシーと同じ事だよ」って
でもタクシーは距離でしょう?
「だから君と愛しい彼との距離じゃないか」って

なるほどねぇ

ひっぱってもひっぱってもあなたが出てこないわ
それなのにもうひっぱる事も出来ないわ
いいえお金がなくなったんじゃないのよ
そりゃもう30000円は払っているのだけれど
何かにつかえてるのよ 力を込めてひっぱっても 何かにつかえてるのよ 
って横を見たら頬を赤らめたお爺さん やおらに服を脱ぎだしたわ 
くたびれた身体にはぐるぐる紐が巻かれていたわ
その紐の先は私が握っていたわ
 
さっきからお爺さんが震えていたのは歳のせいじゃなかったのね
私の瞳を見ながらお爺さんの目がキラキラキラキラ光っているわ
「アトランティスはあるとですよ」って

なるほどねぇ

※駄菓子屋→昭和の時代のお菓子専門店。
※やおら→ゆっくりと動作を始めるさま。おもむろに。
※アトランティス→本書99ページ「そこかしこにある王国」参照

525 :名前はいらない:04/12/03 12:45:34 ID:Ys2fMu1q
「中2正月くらいに思え」

猿が月を担いでる
まず
信じろ−信じろう
そして
思え思え猿を
無心ってやつを

僕は月が満ちたころ大人になりました
引いてゆく潮に残された砂浜で
輝きたいのです
君たちもキット好きになるでしょう

君たちに何も望んでいないのです
ただ猿に憧れて欲しいのであります

526 :和風サイキックス ◆yr48AeVLWw :04/12/04 00:37:43 ID:xt7DAZue
初めて書かせていただきます。
「いろいろな唄」
朝が来て目覚めてみたよ
今日も1日が始まるぞ
そうだ何か唄おうか「元気の出る唄」を
でも残念な事に僕はまだ「悲しい唄」しか知らなかった

昼になってちょっとたった位かな
そうだまた何か唄おうか「盛り上がる唄」が
いいと思ったけど残念「悲しい唄」しか知らないよ

いつになったら全部覚えられるのかなぁ
悲しい唄はどうやって記憶から消せるのかな

夕方になって君は一人
沈む夕日に目を凝らしていた
「相談に乗って欲しいんだけど」・・・・・

夜になって僕は一人
呪文のように唄を唄う
「元気の出る唄」「盛り上がる唄」「悲しい唄」
それを全部ひっくるめて作ったのがこの唄
「最愛の人に捧げる唄」

527 :名前はいらない:04/12/04 01:54:34 ID:0YfjF7Z+
現在の応募数って…7?8?10?
(条件を満たしているのは7、「小学生」も含めるなら8、応募総数は10)

528 :名前はいらない:04/12/04 02:07:13 ID:lfHnDqHy
524です。ごめんなさい。中学生か。よく読んでなかった。
じゃあ中学一年生で「社会」にして下さいって事で、イタチ小僧さん無理?
無理ならスルーって事で。


529 :只の参加希望者ですが。:04/12/04 03:01:52 ID:0YfjF7Z+
「教科」はルールに無かった気が…
まだ参加できるのかな?

530 :名前はいらない:04/12/04 04:44:41 ID:PB8eoQ5t
あと2作品募集かな?
>>529さんはとりあえず書いとくと良いかと

531 :すんますすまへん:04/12/04 09:13:28 ID:sgyIQpkf
何もいらないだろ
きにしなくていいから
そっとその手を伸ばして

時には白くそびえ立つあの崖の様に

そこには何があった
一体何が見えた

涙渇れガラガラ何も見えませぬ聞こえませぬ

ああぁ〜
あの日僕が殺してしまったんだね
君君君そこの誰か

good bye
good bye
good


532 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/12/04 09:52:30 ID:FTqtPs/g
あと一作品のようですね。募集中。

>>526
申し訳ありませんが無効とさせていただきます。

533 :名前はいらない:04/12/04 17:08:33 ID:sv0p58PT
『あなたと、わたしと/国語〜中二』

あなたとわたしは、まるで同じ生き物
二重まぶたも、痩せた身体も、ハスキー声も

目が見えないのも、あなたと同じ?
わたしに見えるものは、あなたにも見える

二人は共に、別々なの
同じ世界に住んでいるけど
見えてるものは、本当は違う

さようなら
わたしも、あなたも

さようなら
あなたと、わたしと

534 :イタチ小僧只今! ◆8rr1u/54T2 :04/12/04 20:16:15 ID:ch+m5CW6
ごめん。よく見たら>>531無効。

あと一作品募集中です。

535 :イタチ小僧只今! ◆8rr1u/54T2 :04/12/04 20:18:03 ID:ch+m5CW6
残り一作品募集中。

今回のお題は「中学校の教科書に載ってたらおもしろそうな詩」です。
その際、タイトルの横とかに中学何年の教科書かを書いてください。

例:「火サスの謎」(中二)

*学年の指定のない作品は無効とさせていただきます。

「中学校の教科書に載ってそうな詩」ではないので、ご注意を。


536 :名前はいらない:04/12/04 20:22:26 ID:n7Z3Ro9+
「所詮この世は階層世界」(中学3年/社会)

籠に乗る人 担ぐ人 そのまた草鞋を作る人
草鞋を作る人に蔑まれて唾を吐きかけられるトロい人
自衛するためにトロい数人でグループを作る人
その中で最も低脳だからグループ内でつまはじきにされる人

あとは図書館の隅で一人で縮こまっていると良いでしょう
でも大丈夫 高校へ行ったら 友達できるよ
嘘だけど

537 :名前はいらない:04/12/04 20:43:32 ID:n7Z3Ro9+
>>535
審査中?しかしあなたも暇な人だよね。

538 :名前はいらない:04/12/06 06:27:51 ID:xmc6wMUS
まーだー?
  ∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゚・⌒) ヒマだからチャーハン作るよ!!
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J

539 :イタチ小僧 ◆8rr1u/54T2 :04/12/06 09:18:29 ID:mdF36CR9
お、10作品出揃いましたね。
今夜まで待って。

>>537
お前程にはヒマじゃないよ。

>>538
こぼさんように。

540 :名前はいらない:04/12/06 15:14:08 ID:64CyaOZV
    ∧,,∧    オソカッタヨ…
   ( ´・ω・)
  c(,_U_U      ・゚・。・ ゚・。・゚・ 。・゚・
     ━ヽニニフ

541 :イタチ小僧(教科書選定委員長) ◆8rr1u/54T2 :04/12/07 18:43:41 ID:hxlvADr6
昨夜は重かったね。スレを開くことすら出来なかったよ。
てことで、お待たせしました。>>540

>>515
前半はよく聞くような寓話。こういうこと誰でも考えたことあるだろうな。
後半もよく聞くような現代のエゴ話。よくあるHPにUPされてる詩みたい。
で、両方ともよく聞くようながらおもしろい上に、
前半と後半との対比が現代的ダイナミズムを醸し出していてうんにゃらくんにゃら。
説教的な前半にも関わらず生徒の日常と隣り合っている感覚が教科書向きだと思いました。

>>518
いいっすね。生徒の頭ん中もこれぐらい自由にしてやりたいものです。
自由というのは制限の中にあるからこそ意味があるようでいてないのだという教育ですね。
世界史の先公も怒り出しそうなパワーがあります。おもしろいです。

>>519
関西弁のねっとりした語調が作品によく合っとるな。
生徒の劣情を煽る名詩だと思いますわ。
俺もなんだか犬みたいにやりとうなってきた。
愛を表現するには言葉やなくて態度で示せゆう道徳教育でんな。
最後の「ええやろ」がエサでんな。この詩を教科書載せたったら心の愛ばっかになりますやろな!

ほな、続きはまた後で。

542 :イタチ小僧(教科書選定委員長) ◆8rr1u/54T2 :04/12/07 21:15:17 ID:hxlvADr6
>>520
ムードたっぷりな定型の前半に対して後半いきなりテンポがつまらなくなるのが現代を表している。
三連目の教訓は夢見がちな少年に諦観を与え新たな自分探しの旅へ導く教育的効果をもっている。
「えまい」とか「スネグローチカ」とかは知的好奇心を誘う。
堅苦しい勉強用のテキストっぽさとカロリーメイトに代表される親しみやすさとを兼ね揃えている。
惜しむらくは二連目が冗長に感じられることだ。前半は「彫琢」という言葉を教えるためのテキストに徹してほしかった。

>>521
あくまでも中学生の視点に立って大人になってよかったところを挙げているのがおもしろい。
教科まで明記するように頼んだ覚えはないけどなるほどこれが国語の教科書用だったら即却下だったところだ。
社会だからこそこういう「先輩からのことば」形式でも採用されうるのだよな。
このテキストを使って教えられるのは「モラトリウム」なんだろうかな、やっぱ。

>>523
これを中学校の教科書に載せようとする意図がわからない。
強引に載せたとしてもおもしろいとは思わない。ただ「不似合い」というだけだ。
週間ポストとか週間現代とかに似合いそうな詩だ。おもしろくはないだろうけど。

>>524
俺的にはかなりツボにはまった。特にアトランティスの台詞とその言い回しがよすぎ。
既成観念を突き崩していくような文学パワーもある。
しかしこれは中一じゃないねぇ。小五でもないだろぉ。
高二だったら高得点をつけました。なんとなく。

543 :イタチ小僧(教科書選定委員長) ◆8rr1u/54T2 :04/12/07 21:15:43 ID:hxlvADr6
あ。火サスが始まった。>>511からもう一週間経つのかぁ。早いなぁ。

>>525
アンチな感じの道徳・説教系。いいたいことはなんとなくわかります。
猿ですね。無心なんですね。うん、でも意味わからんです。省略多すぎて。

>>533
僕と君は同じじゃないってもう気が付かなくちゃね?
でも前半と後半とでいってることが違う時点で中学生は混乱するでしょう。
これも省略が多い。中学生なんて何も知らない白紙なんですからって程には白紙じゃないんだから
もっとえーとあのなんだ(略

>>536
うん、現実を甘い夢抜きで厳しく教えてやるのはいいことです。
特にこれから新しい学校社会へ移って行く三年生に教えることには意義がありますね。
でもどうせなら小学校六年生でこれは教えたい。中学校でいじめが爆発的に増えるためには。
2ちゃんねらー詩人らしいいい作品だと思います。教科書に載せるのもおもしろそう。

544 :イタチ小僧(教科書選定委員長) ◆8rr1u/54T2 :04/12/07 21:19:16 ID:hxlvADr6
で、結果。

おもしろい作品が多くて楽しめますた。
>>515,>>518,>>519,>>520,>>524で悩んだ末、

>>520の「スネグローチカ雪娘」に決定。
決め手は教科書テキストらしさと教科書テキストらしくなさとのバランスが
よかったことでした。キモい男子生徒はさぞかし正しく傷つくことでしょう。
では、おめでとうございまーす&次のお題をお願いしまーす。

545 :リーフレイン:04/12/07 21:41:24 ID:EzMFlcRN
>>544
おつかれさんです。面白い題ありがとーーー。つい説教臭くなっちゃうのは
やっぱしおばさんなせいだと思いますーーーー。

>>520 さん おめでとーございますー。コンカイ面白い詩多かった、、、

546 :イタチ小僧(偽関西人) ◆8rr1u/54T2 :04/12/08 09:00:15 ID:Df9WedMe
>>520について補足

バランスでいえばリーフ氏の作品とか、他にもいいのはあった。
その中でもスネグローチカを選んだのは単語や詩形など教材となるポイントが多かったことと、
何よりも「萌え」の要素である。
授業中にスネグローチカに萌える男子生徒を見て
女子生徒はキモがることだろう。
そこに女子生徒たちが生スネグローチカとして現出するのだ。
って自分で書いててよくわからん。

>>545のみならず
「自分ならこれを優勝にしたかったなー」ってのあったら教えて。
そういうの聞くの楽しい俺。

547 :リーフレイン:04/12/08 09:48:33 ID:/h3Lw+ft
>>546
やっぱ、アトランティスかなあ。。私が女性だもんだから、雪娘よかしっくり、
くるし、なんってっても大らかな明るさがいい。
絶対に教科書に載せたらやばいっつったら、犬だと思う。。あれは絶対やばい。
つい試してみたくなるバカヤローがぼこぼこ出てきそうな気がする。
だけど面白いんだよね。インパクトありあり。
(北さんとこの下ネタスレで、下ネタポエムの大会でもやったら、一等賞になりそうな
作品だよね。)

548 :イタチ小僧(一般人) ◆8rr1u/54T2 :04/12/08 11:08:22 ID:Df9WedMe
>>547
実は最終選考に残った五作品ならどれにしてもいい感じだったんだよねぇ。
残りの五作品にしても結構おもしろかった。
一作ほど酷評しちゃったけど、あれはあれで、読んでる時は飛躍をおもしろがってる自分がいた。
ただ、教科書に載ってたらおもしろそうだとは全然思わなかったから酷評しちゃった。
アトランティスは俺もツボにはまったねぇ。
でもあれはやっぱ高校教科書向けだよ。ある程度のほぐされるための頭の固さが要る。

ところでリーフ氏って女性だったのか!!知ってたけど。

549 :525:04/12/08 12:45:13 ID:T2cj6RJv
520さんおめでとうございます
イタチ小僧さん評価ありがとうございました

中学時代の性は驚きばかりで今は淋しくて
533は誤読ではないかと思うのですが
イタチさんて回帰に否定的な人だと思ってたんだけど
月を支えている猿はロケットの飛行士に成りたい少年が言っていた
コマーシャルを観て普遍性があるかと使ってみました


550 :520:04/12/08 18:55:41 ID:C0Ubnos/
いやあ、どうも。僥倖ですね。

この詩に於けるスネグローチカは、私の黒い記憶の上澄みを結晶化させた女性像です。
言うなればグレートヘンやベアトリーチェの様なものです。
しかし私の心像である彼女も、私に対して軽蔑の視線しか送ってくれませんが。

というわけです。
こういう恥ずかしいことを書くから私は気持ち悪いと言われるんですね。
あしからず。

551 :520:04/12/08 19:06:33 ID:C0Ubnos/
では次のお題を出しましょう。

次のお題は「歴史上の人物や事跡」です。

無名な人物を取り上げる場合や、詩の中の表現だけでは
何について作詩しているのかが分からないような場合は、
簡単な解説を付けておいて下さい。

なかなか難しいお題だろうと思います。
急に人が来なくなって寂しいスレッドになるかも知れませんね。
10作品揃うのに一週間くらいかかるでしょうか。

552 :519 ◆L4LyBSss3w :04/12/08 19:33:35 ID:5HgWXhcx
               ゚・ 。  ・。
               。・゚・⌒)
  −=≡    _  o━ヽニニフ )) 「いぬ」書いたよ!
 −=≡   ( ゚∀゚)彡。・゚。・⌒)
−=≡   ⊂   o━ヽニニフ ))  私なら>>515選んだよ!
 −=≡   ( ⌒)  
  −=≡  c し' ポケットに剃刀持ってたから他人事じゃなかったよ!

553 :リーフレイン:04/12/08 20:55:22 ID:/h3Lw+ft
>>552
アリガトーー。チュウガクノ トキニ アノドウワヲ シッテタラ ヨカタト オモッタカラ カイタノヨン。

554 :心霊写真:04/12/08 23:30:46 ID:Kfc25YIn
お、何か嬉しいな。穴だらけやし駄目かな思てました。
>>524「地球は丸いから」(もうアトランティスで良い)書きました。
リーフさんありがとーう。あなたは、おばちゃんで無く、
『女の侍』って感じがします。静かにカッコイイ感じ。
>ある程度のほぐされるための頭の固さが要る。
そうかも。イタチさんお疲れ様ー。高2か。。。
私はやっぱり「スネグローチカ 雪娘」好き。
言葉の響き→スネグローチカ←すでに気持ち良い。作者さんにはぜひ、
姉妹詩として、「オテサーネク 切り株娘」を作っていただきたいでっす。

555 :D.C.:04/12/09 00:47:11 ID:swIX4Hsx
こんばんは、520さん、おめでとうございます
イタチ小僧さん、審査ありがとうございました
(512すみませんでした、おふざけがすぎたと反省しました)
不肖D.C.のお気に入りは>>519「いぬ」でした
てらてら頭の住職が本堂で水くみ小女をかき口説く様が目に浮かびました
(それを詰め襟と襞スカートの昭和な生徒2名が縁側から覗く中学生日記)

556 :てるあき ◆DDfwggPC.. :04/12/09 07:05:35 ID:VQmtmMZE
「本能寺」(信長)

寺は燃える
赤に囲まれて
過去の過ちを省みる
やや残酷な
自分の仕打ち

裏切られて当たり前だね
家臣への褒美も少なくて
(あ、ケチ)
ここまであがるために
何度も人を殺めた

もう、人を苦しめるぐらいなら
もう、止めたほうがいいかな
あきらめたくない
でもやめよう
自分が悪いから

557 :名前はいらない:04/12/09 11:51:51 ID:55fzSrHs
「レッグズダイヤモンド」 たぶん

ストリートミュージシャンの観衆を抜け出し
狭い階段を駆け上がった扉の向こう
カウンターの隣から話しかけてくる
男の背中で踊る竜と穏やかな話しぶり

俺はソープランドでも冷たくされるんだ

ひとりだけ方向違いのカバン持ち
辿り着けない曲がり角で憧れていた
オパーニオンをルチアノをかみ砕き
バラキで煙草の火を消した
グラスに残ったひとつの氷

明日のいいことを予感しながら
外に出ると微かにメロディーが流れた
あーと思ったがそこからは憶えていない

*アメリカのギャングスターです
何度も何度も撃たれたのに何度も死なず
それしか知らないのに書いてしまった

よい子はこんな人に憧れてはいけません
会社に入れば社内営業が重要なんですから


558 : ◆L4LyBSss3w :04/12/09 18:37:51 ID:ZVs1CZLI
『極私的Hiroshima』

駅前から路電に乗ってだいたい10分
紙屋町で降りたらアーケードを通ってく
賑やかなサンモール前を抜けてもう少し歩いて
そしたら突然ぽかん、と何も無い場所に出る
有るのはガラクタみたいな建物が一つ。

それが地獄の在った場所。

初めて知ったのは小学校の時だったかな
しばらくは御飯も食べられなかったけど
次の日曜日には忘れてた。

もうすぐ語り部達も皆この世を去って
残るのは私みたいに忘れっぽい人間ばかり
きっと、繰り返す。きっと。

この季節は寒いけど空だけはとても高い
ずっと見上げてたのに何も落ちてこなかった
なんでかな。

パルコで買う服があるからアーケードを戻ってく
途中の横断歩道で行き交う人が一瞬幽霊に見えた
吐き気を噛み殺してすぐに忘れた。

559 :イタチ小僧(マゾヒスト) ◆8rr1u/54T2 :04/12/10 13:19:03 ID:mQQYaGvp
ありがとう>ALL

&投稿期間あげ

560 :名前はいらない:04/12/12 02:58:20 ID:cjfAKBwv
アルキメデス(風呂上りの数学者)

捧げ持つ金の冠の象徴する権威など
問題にならぬ秘密をそのインク染みた手は掴んだ
地面に描かれた稚拙な円から
その指は世界の仕組みをなぞりだす

あなたの知った天の下の全ては
美しいまでに明らかで
いとしいまでに謎のままだ
しかしあなたが生きるその世界は
同時に愚かしい混沌に所有されている

あなたは知らされずして知っている 人は数字のように美しくはなれぬのだと

紙の上に展開された
誰も見たことのない数々の構造体
すぐに城壁の上にその洗練された姿は立ち上がり
炎と轟音と粉塵の中で 人を守り 人を殺め
壊し 壊し そして壊された

設計図は黒く焼け焦げて埃と共に舞うだろう
瓦礫の中にかつての秩序はどこにもないだろう

床一面の図形の上に
突っ伏して倒れた人間に言葉はもうない
一瞬だけ静寂が降り立つ そこにすべては完成したかのように
やがて響くのは殺戮者たちのときの声

しかし世界のなりたちは
依然その血ぬれた指に握られたままだ

561 :名前はいらない:04/12/12 21:07:16 ID:/FaSaHqZ
   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒( ´・ω・)   あと6作品ぼしゅー中だよ。
     `ヽ_っ⌒/⌒c  一回ageとくよ。
        ⌒ ⌒   

562 :D.C.:04/12/15 20:32:51 ID:YNSxzUBO
「岩のテラスで」

閉ざされてみてわかった
きみがいない世界は暗いが
せいぜい楽しむ振りをしよう
踊る踊る踊る踊る
この光らない光がみえるか
覗き見させたい誘惑
こじあけたい力
かしこい鶏がときを告げる
もう放し飼いだ

*天の岩戸
天照大神が天の岩戸に隠れて世界は闇になったが、
天宇受賣命が踊って戸を開けさせた。そのとき鶏が
鳴いたため伊勢神宮では鶏が放し飼いされている

563 :名前はいらない:04/12/16 11:08:24 ID:yqXsXk4L
「これぞ人生」

食費は一日50円以内
たまの外食もない
おやつもなし
子供ももちろん作らない
娯楽禁止
笑うこと禁止
夜は8時に就寝
朝は四時起床
新聞配達毎日欠かさなければ健康
朝日の有り難さに幸せ感じて
それから会社
課長止まりでいい
あまり真面目に仕事をやりすぎない
ストレスがたまらないように
病院禁止
老後になってみればほら
10億円貯まっているだろ
そんなの持っててももったいないから
赤十字に寄附して
あとは死ぬだけ

(昨日のニュースで見た全財産約10億円を寄附した田口氏をネタに勝手に創作しました。)

564 :世界史:04/12/16 22:42:55 ID:qjGGWJw3
 歴史の成績はいつも最悪だった
「ムカシ ムカシ  大勢の武器を持った人たちだドコドコの道を通ってソコソコへ行きました」
「マタ ソノコロ  ドコドコでは織物をみんなで集まってやるようにもなりました」
「アレでした」
「そしてさらにアレでした」
 
 過去だろ? 遠くの過去だろう?

 てことはつまり、
 もうこれ全部遠くの嘘だろ?

 一人の大嘘つきが百万の民をだまくらかして南海孤島のデッキチェアーでほくそ笑んでいるのか
 全員顔が影の七人委員会がニビイロの円卓で「新しい過去」のため、喧々諤々、侃々諤々してるのか
 偉大なる催眠術の才能をもった意識不明の少女の夢の中でぼくら
 物質はない なべて世界は「それが『ある』と思っている精神」

 ああ うん こっち  ぜったいこっち

 そうさぼくらに地球が丸いって信じるゆわれもなく
 ぼくがぼくだって証拠もない
 空が青いっていうならこれが青なんだろうときみがとなりでうなづくヌクモリ

 そういう世界でぼくらそうだねとりあえず歩こう
 とりあえず歩こうともさ
 
 そうさ
 月なら丸いぜ
 ぼく昨日見たもの

 だけど君よ、 君のヌクモリよ

 あれは欠けるぜ

565 :名前はいらない:04/12/17 09:23:11 ID:R8l+lSGB
(無題)

井戸の底で闇を見上げると
白髪のマリー・アントワネットが銀色の糸につかまって
ゆっくり降りてくるところだった

中空で糸が光っている

くるくるとよじれてはほどけるのだろう
糸を掴んだ女もまた
握った両手を中心に
ゆるやかに回転している

目を凝らすが
彼女を吊り下げた糸の片端の
光る世界は全く見えない
この井戸から空は見えないのだ

斜めになってゆっくりと回転が止まる
よく見ると黄ばんだドレスの裾や袖へは幾たりも
広い井戸の壁面からか
黒い糸が繋がっている

裾が広がり 腕を広げ 片手は糸を握ったままで
白髪のマリー・アントワネットはしばし虚空に停止した
大きな蝶の標本のようで
星座に繋がれたヘラのようでもある

女がつかまる銀の糸は
彼女の息子が紡いでいるのだという


566 :ゆうこ:04/12/17 18:23:40 ID:yhmFD4sf
時間

私達は時間という大きな空間に住んでいる
その世界はとても早い

過去には戻れないから未来がある
未来があるから過去は戻れない
今は今しかない

「後悔したくない」といって流れに逆らい
そして

人生がおわる

567 :名前はいらない:04/12/17 19:27:27 ID:cKgdWAh2
・・・お題変わってない?

568 :わに ◆Wani6uvhK. :04/12/18 06:01:46 ID:VCi22Iat
「七歩のまめ」
        (曹植)

いちばん上のお兄さんまめは
ちょっとしおれて茶色がかって
にばんめのお兄さんまめは
いちばんでっかい
ぼくのまめはちぃさめで
おとうとまめは
きれいな色
おんなじさやえんどう
おんなじさやの中
おおきさも色もちがったけれど
みんなおんなじ
ぱくりとたべられちゃった
ぼくらは歴史のおっきな胃袋のなかに

569 :名前はいらない:04/12/18 07:56:04 ID:IlHY4x/r
10作品出揃ったですよー。

570 :テラポット:04/12/18 13:46:14 ID:tBsRzlr/
リビドーの横溢を止められない超自我のセキュリティーホール
のなせること。秘密の交換と気前のいいキスの大群。卑猥な音、
多層な匂い、すかすかの罪悪感、輪郭の鈍い生と死、スリル、死の本能、
一回性の生への復讐、永遠への希求・憧悦び、超越、知性の鍛錬、地獄への侮蔑。
いろいろ混ざり合い、かたちとなって終わるとも知れない行進。
                      そして無窮の彼方をぶっ飛ばせ。



571 :名前はいらない:04/12/19 04:42:23 ID:84prz1Km
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |   只今審査中… |
 |________|
    ∧∧ ||
    ( ゚д゚)||
    / づΦ

572 :520:04/12/20 17:48:37 ID:Fmt0EOfQ
遅れました。

>>556 「本能寺」
優柔不断で弱気な信長が描かれております。
なかなか斬新な解釈の信長像です。
しかし、表現が平易すぎて印象が弱弱しく感じられます。
もっと文語的な表現を多く使えば、文章も引き締まり、駄洒落も引き立つでしょう。
駄洒落の感性に私と相通じるものを感じますので、この作者さんとは仲良くしたいものです。
よろしく。

>>557 「レッグズダイヤモンド」
都会的で洒落た感性を持つ無法者の生活が描かれております。
怜悧な悪人というよりは、やさぐれたはぐれ者といった感じが一貫して出ています。
哀愁を帯びると共に間抜けでもある人物像が感じ取られます。

>>558 『極私的Hiroshima』
個人的な視点から広島が描写されております。
そっけない語り口でありながら、随所に感情の細やかさや感性の豊かさが
出ているように思われます。なんとなく厭世的で厭人的な雰囲気も感じられます。

>>560 アルキメデス(風呂上りの数学者)
学聖アルキメデスの惜しむべき最期が悲劇的に描かれております。
第三者の視点から、感情的にではなく理知的に坦々と描写を成していることは、
数学者を描くことに相応しいと言えるでしょう。
坦々とした語り口によって、激しい情景でありながら静謐さを感じさせる詩となっています。

>>562 「岩のテラスで」
テラスはアマテラスにひっかけた駄洒落でしょうか。
もしそうだとだとしたら、もっと駄洒落を前面に押し出した方が面白い、と私は思います。
最後の「もう放し飼いだ」という言葉がそれまでの流れからして唐突であると感じられます。

573 :520:04/12/20 17:51:53 ID:Fmt0EOfQ
>>563 「これぞ人生」
克己の心と中庸を守る心を併せ持つ人物像が描かれております。
ここに描かれた人物は一種の傑物と言えるでしょう。
また、偉大たりえる素質を備えている人物とも言えるでしょう。
しかし、表現が平坦すぎて盛り上がりに欠けると思います。

>>564 「世界史」
無味乾燥な事物よりもヌクモリを大事にしたいということでしょうか。
最後の「あれは欠けるぜ」という表現の解釈に迷うところです。
月が欠けることに絡めて、「君のヌクモリ」もいつかは欠けるということを
暗に表しているのでしょうか。
そうだとすると詩の内に於ける一貫性に欠けると思います。

>>565 (無題)
マリー・アントワネットを使って独特の世界を作り出しております。
かなり暗めの、耽美的な雰囲気が感じられます。
『サロメ』やポーの詩に通じるものがあると思います。

>>566 時間
小さなものである人生と、極大の時間との対比が描写されております。
どちらかと言うと悲観的な人生観が表されているようですが、詩が短くて
印象がはっきりしないように思われます。
また、「歴史上の人物や事跡」というお題との関連性が弱いようにも思われます。

574 :520:04/12/20 17:52:28 ID:Fmt0EOfQ
>>568 「七歩のまめ」
まめを使って曹操の子供たちが描写されております。
兄弟間の確執も盛衰も、遠い昔のこととなれば何もなかったのと同じようなことになる、
という東洋的な無常観が感じられます。
「世は一場の春の夢」といった風情です。
病弱な曹熊がちぃさめで、詩才に優れた曹植がきれいな色であった方が
しっくりくると私は思います。

>>570 テラポット
変わった言葉の組み合わせで強い印象を与える事に成功しております。
しかし、「歴史上の人物や事跡」というお題との関連性が弱いように思われます。

575 :520:04/12/20 17:54:44 ID:Fmt0EOfQ
>>558 >>560 >>564 >>565で迷いましたが、
今回の優勝は>>565の (無題) とします。
歴史上の人物を使いながら独特で一種異様な世界を作り出す工夫が
為されていたことが面白かった点と、
暗めで美しい雰囲気が私の好みと合致した点によって、この作品を優勝作としました。
では、565さん、次のお題をお願いします。

だいぶ私の趣味を重視した評価でした。
皆さんも今回の詩についてどうぞご自由に感想を述べられたり、
評価なさったりして下さい。

576 :558 ◆L4LyBSss3w :04/12/20 19:19:52 ID:+yyvdoEI
  ∧ ∧ ∧ ∧
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)  558です。
   / つ つ   個人的には>>564大好き。
 〜(_⌒ヽ    <あれは欠けるぜ>うわカッコイイ♪
     )ノ`Jззз

577 :ぺぷちど:04/12/20 19:37:27 ID:4OceIOU7
ボクも
>>564好き

578 :皆さんgomennnasai:04/12/20 19:39:59 ID:l957ZSJf
>>565
好き

579 :565:04/12/20 21:26:12 ID:K5d+58sw
565です、520さんありがとうございます。
合致する人に読んで貰えて良かったです。
578さんもありがとうです。

浮かんだ光景をそのまま詩にしてしまったので、込めた自分の意図が薄いのが反省ですが、
書いてて「これはこういう意味なんだ、そうだ」って、夢解きみたいになりました。
「一晩で白髪に…」のエピソードはベル薔薇の影響で日本のみで広がったらしいとか
昨日のテレビ番組で言っていて一寸がっかりしました。

次のお題は「問いかけ」でお願いします。
内容に「問いかけ」があれば、形式は何でも良いです。

580 :皆さんgomennnasai:04/12/20 21:36:12 ID:l957ZSJf
「思い出」

町から外れた 大きな茂み、
鉛みたいな緑色
そこを書き分け進んでいくと
小さな古びた小さな砂浜 
そこにあるのが僕の家 
いつものリズムで完結してる
四角い一つの額縁世界

そこでは全部が理想的
二つの線が重なり合って
夕日が海に丸みを描くと
いつものリズムで僕は着く

家にかえると お出迎え  
暗い明かりに 浮かんできっちり
大きな灰色魔法の箱

箱は重くて頑丈で、鉛でできているらしい
僕が家に帰ってくるといつの間にやらそこに居た
四角い家で、四角い箱が、不思議な言葉で、不思議な会話
不思議な理想を語る箱 僕の問い掛け答えておくれ
とても不思議な魔法の箱 
古びた、思い、心臓を持つ箱


581 :名前はいらない:04/12/20 21:48:09 ID:kBODsClr
Gon す。おひさしですすんません。
就職して一ヶ月、やっとネット見れる余裕が出てきた
564書きました。てか一から書く時間はなくて高校時代のやつのリライトですが

梁山泊はムリめなんでこっちの方にちらちら書いていきます
564を気に入っていただけた方ありがとう。これからも頑張ります
よろしくです では

582 :わに ◆Wani6uvhK. :04/12/20 21:54:51 ID:GVgu/EvY
>520さんお疲れ様でした&ありがとうございました
>病弱な曹熊がちぃさめで、詩才に優れた曹植がきれいな色
自分でも迷ったところでした。
でも自分をきれいな色ってのはどうよって考えちゃいましたよ。
それにしても七歩詩からかけ離れたものになっちゃったなぁ・・・

>>565さんおめでとうございます
マリーアントワネットの白髪。あたしもTVでみてちょっとがっかりw
最後のところの
>女がつかまる銀の糸は
>彼女の息子が紡いでいるのだという
のところにぐっと来るものがありました。
彼女は子供を大変可愛がったというしね

>>558 『極私的Hiroshima』
これがかなり好みでした
日常の中に存在する歴史。過去が積み重ねられて
いま、この場所が存在するんだなぁ
たとえ忘れ去られても、事実は消えないんだろうなぁ

583 :名前はいらない:04/12/20 22:11:12 ID:Lyy7rAgr

なにかが僕に問いかける。
僕が君に問いかける。
なにかが全てに問いかける。
それが君と僕の輪郭。

584 :あなたへ 1:04/12/21 01:29:30 ID:fWxAti7k

あなたは

うずくまる人を諭しますか
うずくまる人を見ていますか
上手にうずくまる方法は
見ている人だけが見ていませんか


コミュニケーション

手を差し伸べられても
振り払うのはそういう挨拶ですか


585 :あなたへ 2:04/12/21 01:30:57 ID:fWxAti7k

SEXとRPG

出来るだけ大きい人が良かったのですか
上に乗っても重いって言わない人ですか
でもそんな人は一握りで大体が顔を歪めましたか
上付きでも下付きでも無く身体の真ん中を突き抜けているあなたですが
MでありSでもあったから大体が両極端に現れるあなたな訳ですが
一緒に現れた時はそれはもう無敵ですね 下でわたしは取り残される程でした
あ、これは違うなと思った時には 大体もう遅かったのです
あ、これは違っているなと思った時には 大体もう終わっていたのです
始まりはいつも雨って傘を持つのはめんどくさいからやんぴって事ですか
もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対ってややこしくてかなわんって事ですか
魔法をいっぱい覚えたかったのですが
あなたが持っているのはパルプンテだけで
怖くて使った試しが無かったのですね
それに使おうにもMPは足りなかったし
寝ても覚めてもMPもHPも最低値のままで
一生レベルなんてあがらないのでしょう
とっくに愛想つかした勇者を残して
賢者の石を全員が持っていた遊び人だけのパーティですか
全然死なないけど全然終わらなかったのですね
痛い事を復習しても慣れるだけで次は次はと待ちわびるだけで
おかげで呆れたモンスター達はさっさと逃げてくれましたが
気づいた時にはリンダキューブアゲインになっていましたね
モンスターが歩いて逃げるのが目に見えて判りやすかったのですが
やっぱりゲームは終わらなかったのですか
そうですね 
もうわたしが何を言ってるのかさっぱり判らなくなった所で
やっと向いていないとあなたは悟ったのですね
そしてSEXとRPGはやめてしまったって事ですか


586 :あなたへ 3(終わり):04/12/21 01:32:16 ID:fWxAti7k

エレベーター

数を数えるあなたの背中を刻むわたしです
ドアは壁になりたがっているので
そろそろ止めませんか
落ちる事を決めませんか

心中

あなたは結局
ドットの瞳が見たかったのですか
瞳孔縮まる 生あるショック死ですか
何にも無いから 遺書でも書くんですか

心配無用 死後解脱

あなたも

わたしも?



587 :批評人@mike:04/12/21 07:44:42 ID:T29leDC5
この変化に誰が気付くというのか
どこまでも不変の
砂荒らしの 直線上の
世界は何処にあるというのか
血のように鮮やかな
鮮やかな湖の底

余りにも
乾いていたので木々は髪の毛の様
中心の場所には 潰れた森の青
もう1002匹目の ワタリガラスの羽を
ちゃんと精密機械のように 編み込んだ
私の為の 冬越しの服

一滴ほどのこころのすみを
銃身は走り去り
すこしの間話をしようかと
氷のような沈んだ声で
ゆっくりと問いかけたて
なにやらめんどうくさそうにさえ見え
すこしの間ならと答えて
黄色の草原を思い出す 消えかけた暖炉の側で



 題名:遠くの早いささやき

588 :批評人@mike:04/12/21 07:47:27 ID:T29leDC5
※訂正
問いかけたて→問いかけて
です 

589 :リーフレイン:04/12/21 20:21:33 ID:ALGkd+L4
「あこちゃん」

なんで、空は青いの?
なんで、大人は嘘つくのに、「嘘はいけません」って言うの?
なんで、セックスって口に出したらいけないの?
なんで、風が吹くの?

ねえ、あこちゃん。
空が青いのは、光の屈折率の関係で、青という色はほとんど屈折しないから、
空気の粒にあたっても、曲がらないで色が残るんだよ。
でもそんな説明より、「青がきれいだから」がいいな。

ねえ、あこちゃん。
嘘はね、つかないと困るときがあるからつくんだけど、
いつついていいか、が判るまでは、「嘘はいけない」んだよ。
でもそんな説明より、「嘘がなかったら面白くないだろ」でいいよね。

ねえ、あこちゃん。
セックスって口に出すと、秘密がなくなっちゃって、楽しくないんだ。
でも、そういうことを、お兄さんに聞くと危ないよ。

地球が生きているから、風が吹く。
風が吹いて、雨が降る。
天と地がゆるやかに手を差し伸べて、
あこちゃんが生まれたんだ。
窓開けてごらん。はだしで歩こうよ。

590 : ◆L4LyBSss3w :04/12/21 23:19:09 ID:foT5p38A
『Coffee Break』

何か、って何だよ。
何かいい事、って何だよ。

相変わらず痛む胃袋に
ブラックの缶コーヒーを流し込む
ふ、と吐いた息で眼鏡が真っ白になった。

自分の欲しいものが見えない
だから努力なんて出来ない
空から幸せが降って来るのを待つだけの人生。

鎮痛剤もコーヒーで飲み込んだ
どうでもいい、どうせ時間潰しだから
膝の裏側を抜ける風が冷たい。

笑うんだ。笑うんだ。笑うんだ。笑うんだ…
呪文みたいに言い聞かせて
今日も戻ってく。

何か、いいこと、無いかな。

591 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/12/21 23:26:30 ID:soI12yHp
 「あらゆる過去の空」

 いちいちのことをさせる
 積み重なった私のいのち


 お前は雪に埋まって溶けた長靴か
 涙に重ねた兄の叱責か 手の平か

 教室の腹痛の孤独
 雲か 母の口紅か

 あの冬の空が私をしてそうさせしむと願いたい
 この字面を引っ掻くのがあのお前であればいい

592 :名前はいらない:04/12/21 23:58:29 ID:V4tlewYb
聞く 問う 尋ねる 質す 伺う 照らす
どう言い換えて 君が投げようとしても

まず受けようよ 跳ね返さずに
目の奥に届き 喉に落ちてから
唾(つばき)と混ぜ合わせ じっくり噛んだかい
そこに立ってる 声や 顔や 無数の 情報
どういう味かな 噛んでみてから
どういう意味か 思って投げたかい

知りたい欲に 溺れちゃいけない
ゆっくりもらった物を見ようとしなけりゃ
その先のことは誰にも見えない 

わたしはあなたのはなしがききたい
わたしはあなたのはなしがききたい

ぶつけあうのは楽しいピンポン だけど

わたしはあなたのはなしがききたい
わたしはあなたのはなしがききたい

目で鼻で聞くよ君の話を 類似はありえぬ君の存在を

わたしはあなたのはなしがききたい
わたしはあなたのはなしがききたい

がちゃがちゃな欲で君を理解したくない 

わたしはあなたのはなしがききたい
それ以上のことは必要ないから


593 :名前はいらない:04/12/23 21:35:00 ID:iZTQRywC
「リャンメチオ」

ルコック ラコック リャンメチオ〜
赤と緑と黄金と銀に
きらめく光がリャンメチオ(両目蝶)

職質受けてもリャンメチオ〜
きらきら飛んでるリャンメチオ〜

友がなくてもリャンメチオ〜
緑に光るリャンメチオ〜

職がなくてもリャンメチオ〜
ルコック ラコック リャンメチオ〜

問いかけ:薄汚れたモニターに向かい続け
     目は歪み 脳は毒されました
     前はあんなに清浄な空気の中にいたのに
     なぜ誰も私をあそこに連れ戻してくれないのでしょう

でも脳内では両目蝶が飛んでるから

そ れ で い い や

ルコック ラコック リャンメチオ〜
赤と緑と黄金と銀に
きらめく光がリャンメチオ(両目蝶)

594 :名前はいらない:04/12/24 11:41:56 ID:d3LoQ5qa
あと、一個。

595 :名前はいらない:04/12/27 01:33:13 ID:Ht+9cKRK
【カタチ】

いびつな、貴方のかたちが愛おしい
だから私に受け入れさせて下さい。

貴方のかたちは歪んでいて鋭い
求められる度、私は苦痛の声を噛み殺す
天国の様な痛み。

百万の言葉でも心は伝わらないから
キスでも抱き合ってもやっぱり伝わらないから
だから貴方の持て余した棘を全部
私に突き刺してください。
傷だけでも残してください。

貴方が満足して眠れたならその寝顔に訊ねます

どこまでも堕ちていいですか?


596 :名前はいらない:04/12/27 05:29:21 ID:eZvpI4l7
.         審査開始ですー。
      ∧∧
     (*゚ー゚)   _
     (|   ⊃(|__|/ コンカイケッサクゾロイ…
      |  |        * 
 ,,,,   ...∪∪   ,,,,   ヽ|〃   ,,,

597 :名前はいらない:04/12/27 06:34:22 ID:j/zPKwhn
みんな下手。書きたいこと書きたいように書けばいいってもんじゃない。はっきりいってみんな、キモイ

598 :名前はいらない:04/12/27 07:01:45 ID:H60pFxDo
>>597
煽り…にしては言葉に威力が無いね。おもちゃの刀で切りつけてくる幼稚園児みたいだ。
他人の神経を逆撫で出来る位の国語力を身に着けたら、再チャレンジだね。

599 :名前はいらない:04/12/27 07:39:20 ID:j/zPKwhn
…ごめんなさい。
誤解です。あおる気なんて全くないです…。本当にごめんなさい…。僕のせいでわざわざ意味の無いご指摘を頂いて…。本当に罪悪感にまみれています…。だから、僕も恐れ多くも指摘させていただきます…。
あなたも鈍感な感性を磨いてから出直した方がよろしいかと…。
不快に思ったらごめんなさいっ!

600 :チョコ! ◆sugulu85W6 :04/12/27 08:15:40 ID:lfOtDsle
600!^^

601 :名前はいらない:04/12/27 12:05:46 ID:ZBeoxcQH
「ぬるぽでガッ」

僕がぬるぽと言うと、君はガッしてくれたね。
僕はスレの住人、君の心にぬるぽしたら
君は僕の心にガッしてください。
それが僕達の愛のカタチ、愛の言葉ぬるぽでガッ。

ありがとう、スレの住人でいさせてくれて
僕のぬるぽに答えてくれて。

でも僕は今度からガッする方になるから
君がぬるぽと言ってください。
僕はガッと言いますから。

ぬるぽ

ガッ

602 :565:04/12/27 22:10:07 ID:1NGUeLlc
お待たせしました、審査します。レベルが高くて読んでいて楽しかったです。

>>580
絵本の文章のような詩ですね。うたうような言い回しが面白い。
最後の掛詞はひらがな表記の方がどちらとも取れて良いように思います。
描こうとしている世界は伝わってくるのですが、全体的にうすぼんやりして言いたい部分が見えません。
家とか箱とか、重要なものの描き方が漠然としている、「不思議」「理想的」などの
やはり漠然とした言い回しを多用していることから来るのかもしれません。

>>583
「問いかけ」という現象を通して君と僕とを輪郭線で描いてみせる。
短い詩でしか出せない鋭さが欲しい。二行目までは良いのですが、
三行目で急に「全て」に流れたのが惜しいです。ここで焦点がぶれたように思います。

>>584-586
すれ違い。失望。終末の予感。
軽妙な口調で次々にたたみかけられる問いが問われる者の空虚を明らかにしていく。
それでありながら問いは親密で、エンパセティックであり続ける。
「あなた」と「わたし」の距離感が魅力的です。遠く近く。
SEXとRPG、壁に鳴りたがるエレベーターのドアなんかのモチーフも良い。
一連目の3,4行目がよくわかりませんでした。

>>587
うーむ難解。ちゃんと読めてなかったらごめんなさい。
高速で通過しながら眺める景色のような早送りのフィルムのような、
切れ切れで鮮やかな印象。色をたくさん使っているのだけれど、
浮かんで来るのが全て絵の具のような原色で深みが感じられませんでした。
底にいて水が鮮やかな色をしている湖はかなり浅いですよな。
乾ききった森を潰しても青色が出るのでしょうか。
アンビバレントな感じを狙っているのかもと思えてきましたが。
表現がもう一つ具体的だと世界をイメージしやすいと思います。
冬越しの服のくだりの寒々した感じがよかった。

603 :565:04/12/27 22:12:35 ID:1NGUeLlc
>>589
今日外を歩きながら「ねえあこちゃん」とかつぶやいてました。確かにお兄ちゃんに訊いては危ない。
子どもは知ることを望み、大人は味気ない知識よりも世界をそのまま享受することを望むのでしょうか。
彼女は語り手が与えたい答えには満足しないでしょう、そして答える方もそれを知っているのでしょう。
いつか彼女が空の色が光の屈折率で説明できてしまうことを知るだろうとわかっているから、
今は一緒に窓を開けてはだしで歩きたい。大人の視点の答えの詩。いい詩だと思います。
これはあくまで個人的な感想というか趣味の話になるのですが、答え手があまりにも大人で、
あこちゃんの視点で見るとやはり釈然としないものがあり、(特に一問目と二問目)
答え手にはあこちゃんの疑問にもう少し同じ立場で共感して欲しかったです。

>>590
寒風とコーヒーの熱さの対比が効果的で、簡潔でありながら感覚が生きて伝わる。
短いコーヒーブレイクの間だけの、目標の見えない人生への不安とぼやき、
諦めと続けなければならないこと、最終行の小さい望み。この詩はとてもリアル。
出だしと終わり方が良いです。「時間潰しだから」が何を指すのかわかりかねました。

>>591
沁みる詩。音が美しくて、こっそり何度も読みあげました。特に出だしの二行。
生きている。過去のものを大切に持っていられるのは今の自分にそれだけの強さがあるから。
簡潔な中に人の根幹に関わるようなものが感じられます。
他人に答えを託すのではない、自分の一部と対話するような問いかけ。

>>592
とても真摯にお題に取り組んだ詩だと思います。
「問う」ということの意味を人と人との関係性の上で深くとらえた上でのまっすぐな問いかけ。
二連目の、五感による「無数の情報」を、もう少し流れるように配置できたらより良かったように思います。
「見る」「味わう」「聞く」などによる情報が、あちこち前後して感じにくい。
二、三連目は言葉が少し多くだぶついた印象があります。
後半のひらがなによる反復とそれに挿入される一行ずつの強いメッセージが効果的です。
「がちゃがちゃな欲で〜」のくだり良いです。

604 :565:04/12/27 22:13:15 ID:1NGUeLlc
>>593
イレギュラーな言語は感覚に直接訴えかけるものがあって面白いですね。ひらひらしてる。
閉塞された自分との対比によって、きらきらと飛ぶ両目蝶が宝石のように煌びやかに感じられます。
ビジュアルなイメージとしては今回の作品群で一番目立つ。
問いかけから「それでいいや」に至るまでの間が短くて問いがすかさず引っ込められてしまい、
詩の冒頭から最後の連に至るプロセスが小さくまとまってしまった感じがします。「起承(転)結」って。

>>595
問いというよりは決意というか意思の詩なのかな。答えは必要ない。
恋愛において、相手の持つ不条理をも一身に受け入れようとする女性。
「堕ちる」のここにおいての意味が今ひとつ伝わってこなかったように思います。


審査ですが、良い詩が多くて悩みました。
「こんな詩が読みたかった」「こんな詩が書きたい」「こんなのあるのか」
とか色々思わされつつ、とても楽しんで読みました。
気を入れて読みましたが主観が多分に入ってしまったり読めてないところがあったり
すると思うので、他の方も感想や批評をどうかご自由に。

際立っていたように思われるのが
>>584-586, >>589,>>590, >>591, >>592, >>593で、
個人的趣味、お題との関連、言葉の持つ力などから、
優勝は>>591 GONさんの「あらゆる過去の空」です。
次のお題どうぞよろしくお願いします。

605 :592=cレール ◆n/ANJuS0Pg :04/12/27 22:21:45 ID:nRHIRMNI
>>565さん 審査ありがとう、お疲れ様でした。久々に参加した者です。
いつもの癖でぶっつけ書いてしまって、稚拙な内容でした、ごめんなさいm(_ _)m
GONさんおめでとうです:次はROMだと思いますがいつもここのお題や審査を楽しみにしてます。

606 :名前はいらない:04/12/27 22:44:36 ID:1NGUeLlc
書くことが多くてきりがなかったので書いてませんが、
cレールさんのは個人的に「こういうの来ないかな」って待ってた詩でした。
自己完結でない問いの詩が読みたかったのです。ありがとうございます。

607 :590 ◆L4LyBSss3w :04/12/27 23:23:04 ID:VjWXmhcP
   || ̄ ∧∧    590です。
   ||_ (    ) )) …またいい人止まりでした(泣)
    \ ⊂   )  でも>>591さん優勝には納得。 

608 :GON ◆rOo2fYBBKk :04/12/28 22:32:00 ID:8xDK6/rY

到着。明日も仕事・・・。
でも年末年始はゆっくり頑張って審査しますんで。
>565さんありがとうございました。真摯な姿勢で受け止めてもらえて嬉しい。

では、次のお題です。
"始まり" で。ほいでは始めましょう
 


609 :心霊写真:04/12/29 02:58:02 ID:CoDFCbMO
>>584-586書きました。
>>565さん、お疲れさまでっす。だらだらとしたのをしっかりと読んでくれてありがとう。
うれしかったです。三行目と四行目はそのまんまのつもりでした。
GONさん、おめでとうございました☆

610 :てるあき ◆DDfwggPC.. :05/01/05 07:18:47 ID:IbB82YiP
「スタートライン」

ゆっくり音を立てながら
上り列車は走り出す
ちょっと苦しい満員列車で
大人びた空気を味わっていた

やっと僕はつり革に
手が届くようになったけど
それで十字けんすいするほど
ガキじゃないと思っている

つり革につかまりながら
少し背伸びをしてた
少し胸を張っている
僕に気づいた

でも僕らはスタートラインに
まだ足を踏み入れていない
大人が走っているのを見ながら
僕らは準備体操をしている
親と同じ目線になったけど
僕はまだ子どもです

611 :リーフレイン:05/01/06 10:22:30 ID:8kLHLPlT
「慟哭」

我慢しろと、命令。
納得できるものもあれば、理不尽と思うものもあり、
頑丈な机の上に、石を重ねておくように、心をきしませてゆく。
”重いんだ”と、言ってもよい場所で言葉を重ね、
重さのなにがしが、幻想であることを知る。
重さのなにがしが、喜びでもあることを知る。
人と人の中で、人だけでは抱えきれない思いの重さを
人ではないなにかの名のもとに、祈り、慟哭し、訴え、
やがて、昇華にいたるのだろうか。

あるがままにあり、為せることを為し、
見えるものを見て、聞けることを聞く。
足らぬことを嘆き、足ることを嬉しく想う。
歩ける処を歩き、触れ得るものに、触れる。
世界は気配に溢れ、光に充ち、
そして、言葉がある。

人が人である哀しみと穢れと喜びの中で
人として生きる。


612 :名前はいらない:05/01/07 22:57:30 ID:jyMbhfsi
「始まり 厨川十二重郎はこう言った」

「おめでとう」パチパチ
「おめでとう」パチパチ
成人式の式場でかわされる適当で無遠慮な祝福の言葉と拍手の音を聴きながら
厨川十二重郎はかく考えていた
「所詮この世は階層世界・・・生き馬の目を刳り抜いて地面に叩き付けた後
 踏みにじって唾を吐きかけて嘲笑うようなこの娑婆において
 こいつらの祝福の言葉を当てにしてよいものか・・・?」と
すると脳内で声が響き渡る
「いや これからが試練の始まりでしかない
 徳を以て凡下を教えに服させるための」と

然り!然り然り然り然り然り 七度まで然りと言えり
畢竟彼らの説く「夢」は単なる欲望の獲得争いでしかなく
その争いの過程で多くの者は精神的に重篤な障害を受けてパンツ一丁で徘徊する様になり
彼らの説く「友情」は相手をどのようにうまく利用するかの駆け引きの技術でしかなく
冷酷な比較考量によっていつでも破棄され得 後に流血を見るものであった

この無慈悲な此岸の論理に対するに
反抗は死 融和も死 無視も死である
されば己の内より滲み出る聖性により一挙手一投足を教えと一致させ
その行いによって周囲を洗脳し攻撃性を緩和させて自らの身を守るより他は無い
絶えざる周囲への洗脳とそれによる攻撃の回避・・・
この決意と共に厨川十二重郎の殉難の旅が始まる

613 :名前はいらない:05/01/07 23:15:22 ID:20DGijd2
「僕がずっと同じでないなら」

始まっているの?僕は 始めているの?僕は

誰かが見つけて僕が始まる
どこからか繋がって続いている
いつからか僕になりいつからか別になる
どこからが僕?どこまでが僕?

合わせた鏡を見てたみたいだ
ずっと僕は同じみたいに
思っていたけれど違うんだよね
ずっと昔からこうではなかった
どこからかいつの間にか
こういう僕になってしまった

閉じられた部屋の中から
君を見てると思っていたんだ
月の溢れる夜空も同じ
夢の繰り返しと思っていたんだ

 僕がずっと同じでないならこの空間も変わっていくはず
 遠い鏡の向こうに覗いた小さな顔は誰のもの?

始まっているの?僕は 始めているの?僕は

やがて夜空が変わっていくなら
終わることも恐れずにいよう
どこからか繋がって続いて来たなら
どこへともなく続いていくはず

僕を大事に・・・僕だった全てを大事に・・・僕から変わる何かを大事に・・・暖かいかな・・・そういうことって・・・

614 :名前はいらない:05/01/08 01:05:21 ID:8LVoA8HX
<僕の国境線>
待ち続けてる肌
曲がりくねっても
ちぢこまっても
冬の国境線が
夏の国境線を越えることはない

正月に会うおじさんは、ごつごつした手でグラスを傾けて
髭のまわりを泡だらけにして
それを可笑しな仕草でジージャンの袖で拭い
カッコよく「ベイベー」って言ってた
一月のはじめはいつも、違う国のニオイがしてた

駅から伸びる道は、雨の日だけ着るレインコートみたいに
てんでしっくりこないし 馴染まない
手袋の感覚も ずっと馴染まないまま空気に触れずにいたそこは
冬の国境線
空気をうまく誤魔化して、真空の中を走る音
そこは冬の国境線
だれもが、なににも触れ得ぬ遊び

僕の国境線は僕を孤独にしてった
きっとだれかの国境線は だれかを孤独にしてってる
僕の笑顔は僕の笑顔を貶めようとしている
肌は待ち続けてる

615 :名前はいらない:05/01/08 07:00:18 ID:FLnUFOBj
応募あげ

616 :名前はいらない:05/01/08 07:00:41 ID:FLnUFOBj
あ、しまた

617 :ねむい ◆yYGM98H44I :05/01/09 03:10:56 ID:4zmR2eFC
「旅立ち」

それは真っ白なキャンバスを前にして
描きたいものが定まらず呆然と立ち尽くす感じに似ている

途方もなく広がる風景に圧倒されて
漠然と思い描いていた儚い幻想はあっけなく消え去る

何とかなりそうな 気がしていた だけだったこと
上手くやれるだろうと 思っていた だけだったこと
この世界には想像以上に多くのものがあることを知る


そして、一歩を踏み出す。


それは真っ白なキャンバスと向き合って
迷いながらも思い切り一筆目を入れてしまう感じに似ている

少しだけ減ってしまった可能性を惜しみながらも
何かに急かされるように次の一筆、次の一筆を記していく

果てしなく続く 気がしていた だけだったこと
色々なことができると 思っていた だけだったこと
手が届くものは想像以上に少ないということを知る

まるで何かと戦うように次の一筆、次の一筆を記していく

旅立ちは人生のはじまりに似ている

618 :名前はいらない:05/01/10 17:45:32 ID:w8Y51iAJ
「回り出す」

ザワザワと軽薄な音が響いている。
引きつった顔がひとつ、照らされる。
それは誰かが望んだ訳ではない。
しかし、彼らの視線が望んでいる事はひとつ。
何も考えてはいけない
何かを見つめることすら許されない
ただ、孤独であれ
ピンと張りつめた空気が告げている。
ゆっくりと息を吸い込む。
微かな昂ぶりが、どこまでも広がっていく。
そう、僕は物言わぬ道化でなければいけない。
見つめる先は、ただ一点
この空間にふさわしいカタルシスを!
ゆらめきを鼓動に変え、
指先を燐と輝かせて、
狂い出しそうな感情は透明なエネルギーに昇華させればいい。
静寂が、
ざわめきが、
一つに変わったその瞬間―――ー


アコーディオンが、回り出す。


619 :618:05/01/10 17:46:55 ID:w8Y51iAJ
スマソ、タブ使ってからスペース全部消えてしまった。
もう一度書き直し。

620 :名前はいらない:05/01/10 17:47:52 ID:w8Y51iAJ
「回り出す」

ザワザワと軽薄な音が響いている。
引きつった顔がひとつ、照らされる。
それは誰かが望んだ訳ではない。
しかし、彼らの視線が望んでいる事はひとつ。
    何も考えてはいけない
    何かを見つめることすら許されない
    ただ、孤独であれ
ピンと張りつめた空気が告げている。
ゆっくりと息を吸い込む。
微かな昂ぶりが、どこまでも広がっていく。
そう、僕は物言わぬ道化でなければいけない。
    見つめる先は、ただ一点
    この空間にふさわしいカタルシスを!
ゆらめきを鼓動に変え、
指先を燐と輝かせて、
狂い出しそうな感情は透明なエネルギーに昇華させればいい。
    静寂が、
    ざわめきが、
    一つに変わったその瞬間―――ー


    アコーディオンが、回り出す。


621 :名前はいらない:05/01/11 04:09:30 ID:t6xwktgy
「ステップ」

貧乏ゆすりがステップになって
意志と逆らってころがりはじめた

動きたくても動けなかった
一つところの二の足踏み
なのに下手なステップがいまや止まらない
まだどこにも行く準備はできてないのに

薄暗い部屋の中は余計なものだらけだ
だってここはダンスホールじゃない
ダンボールに足を突っ込み
本を蹴飛ばし 写真を踏んづけ
12345678
カウントが早まる 埃が舞う
椅子が蹴られて倒れた

足に振られて 肩が手が
うずくまっていたいのに!
埃が 目に入る
電気コードが巻きついてくる
たまらず腕で顔を覆って
振り払った

なんて事だろう その拍子にカーテンを開いてしまったのだ

622 :名前はいらない:05/01/11 04:10:00 ID:t6xwktgy
気がつけば 相変わらず足はたたらを踏みながら
朝の路上によろめき出ていた
逆光と冷えた空気が目と鼻に刺さる
先に歩き始めた人たちの背中が遠くに見える
鞄も靴も持って来てない
転んで擦りむいた膝が痛むけれど
ああ 行くしかない

何かに放り捨てられて救われて
貧乏ゆすりがステップになって
ころがりはじめた

623 : ◆L4LyBSss3w :05/01/11 06:56:18 ID:P8wWw0vs
【はじまりの日】

そのひとは花に埋もれて眠るみたいに横たわっていた
私にはそれが何なのか理解出来ずに
ただ、着心地の悪いブラウスがきしきし鳴るのを気にしていた。

「焼き上がりまであと二時間」
どこかの子供が笑いながら叫ぶ
不意に息苦しくなって、表の空気を吸いに抜け出した。

駐車場の金網に背中を預けて
昨日と違う筈の何かを、確かに変わった筈の何かを探すけど、
見付からなくて苛立って指をぎゅっと組んでしまうけど、
指が真っ白になってもまだ見付からなくて

ぼうっとした頭で誰かに曳かれていく
白い墨になった折鶴と花と骨が目の前にあった
これなら解る、少しだけ安心した。

おもちゃみたいな壺にひとつまみの骨。
バカみたいに軽々しい、これが人生のまとめなんだね。
なんとなく笑ってしまった。

泣ける訳が無かった。

624 :名前はいらない:05/01/12 22:50:24 ID:LiHxWyV0
あとひとつ。

625 :2/2:05/01/13 23:16:51 ID:gSPcew6p

「永久動力式回転木馬のうた」

おはようございます
おはようございます
誰に言うともなく呟いて
目覚まし時計を凝視
ミニコンポから流れる朝っぽい歌
ああ 一日が始まってしまう

満員電車は慣れっこになれない
ケツを撫で回すいつものオヤジ
fu k o f
三白眼で呟いて
駅を出たらそこはもう某社本社
ああ お仕事が始まってしまう

化粧がのらない だからどうした
彼氏が冷たい だからどうした
お局が見てる
地味なあの人が見てる
同意せず笑う
ああ オツキアイが始まってしまう

626 :2/2:05/01/13 23:18:23 ID:gSPcew6p

ぬるい嘘でお断りしたら
おうちへ直行
ただいまとは言うだけ言えども
玄関には自分の靴だけ
脱却できないコンビニ弁当
ああ 夜が始まってしまう

林立するビールの缶
スイッチ一つで嫌いなタレント消し去って
もぐりこむ 居心地のいい世界
目覚まし音楽はセット済
くらやみの部屋で自分だけが浮き上がる
ああ 本当の夜が始まってしまう


夢を見た あれは
小さい頃乗った回転木馬
そうだ わたしは夜の遊園地で
誰もいない遊園地で
回り続け
ひたすらに回り続け
終わりもない
始まりもない
きっとそれが本当
本当なのだけれど ああ
回る 永久運動
しかし それでも やっぱり

明日は始まってしまう


627 :名前はいらない:05/01/14 00:32:35 ID:sZW1Ku0p
これで10作品。
判定はいかに!?

628 :名前はいらない:05/01/15 05:39:00 ID:ApYNWs1x
>293>243>318
ところでこの名無しさんはまだここにいるのだろうか。
かなり好きなんだけれど。

629 :名前はいらない:05/01/15 08:27:50 ID:bEdNcaoz
153 :名前はいらない :04/10/02 21:56:49 ID:JQbnCSFM
もと彼女をテーマにしたポエムや物語書いてるようだよ
これってDQNだよーーhttp://www.heavenly-blue.net/
アク禁もしてあるらしい
送られた手紙も画像として公開してある(汗)
それにしても・・・

読んだら、病気ネタで騙された物語でした。
架空病気で相手の気を引き、いろいろと送らせていたみたい。

よくある、架空病気で金品を取る手口
それを物語りにしてた。

630 :名前はいらない:05/01/15 08:36:30 ID:bEdNcaoz
ほかの書き込みも見受けられる

病気ネタで騙された被害者をあるヤシはネット上で
「騙されていたのは自分が悪い、このムジナ野郎が」
「ガタガタ言いやがって、たかが四万円だろが」
とネット上で被害者をさかなでする書き込みがされていた。
病気ネタで人を騙すのは人間のクズ
それを「騙されていたのは自分が悪い、このムジナ野郎が」
とヤシ「すみひこ」全国の被害者を馬鹿にした発言は許しがたい。2ちゃんねるで叩かれて当たり前。
病気を相談され一生懸命アドバイスや助けていたそんな心優しい管理人のホムペでした。http://www.heavenly-blue.net/
大阪淀川区警察が相手に直接問い合わせ。
病気は架空だと判明したとようです。一年前の一歩間違えば事件になる病気ネタでした。

631 :名前はいらない:05/01/15 08:39:31 ID:bEdNcaoz
病気ネタで騙された被害者をあるヤシはネット上で
「騙されていたのは自分が悪い、このムジナ野郎が」
「ガタガタ言いやがって、たかが四万円だろが」
とネット上で被害者をさかなでする書き込みがされていた。

これはドメインを持つ「おおすみ すみひこ」と言う人物。
被害者のみなさんも許せないはず。いまだに2ちゃんねるにいるもよう。


632 :名のるほどの者じゃござんせん:05/01/15 15:25:02 ID:9lq756f5
http://www.progoo.com/rental/normal_bbs/bbs.php?pid=22048
エロとかなんでもポエムだよ。
みんなも一度は除いて見て、、、、、

633 :名前はいらない:05/01/17 00:02:10 ID:HDWQ5T9v
>>628 私の詩じゃないですかっ。嬉しい。。。いや、いますよ。
名無しだけど一応名前もあります。ありがとうございます。

634 :てるあき ◆DDfwggPC.. :05/01/19 06:46:09 ID:9RjQd0J8
しんさまだ

635 :名前はいらない:05/01/19 18:20:59 ID:G7NLScoY
よんさまだ

636 :名前はいらない:05/01/20 03:02:54 ID:QvDamGYF
  γ⌒ヽ  
  (:::::::::::::::)    審査待ちだよぅ
  (´・ω・`) 。  
  / (ミつ⌒゚。゚´.
. (,,,,,,,,(_。⌒_)´ iニi、
       ``´   (_・_・)
⌒´`  ⌒⌒`⌒

637 : ◆L4LyBSss3w :05/01/21 16:26:07 ID:6Fma6RmC
やっとmopera規制から脱出です。(プロバイダー換え)
審査は待ち遠しいですが、それよりも、
自身で納得のいく評価を優先して下さいませ。
他人の言葉はスルーの方向で。

まぁ、のんびり待ってます(笑)ノシ

638 :GON ◆rOo2fYBBKk :05/01/22 17:17:52 ID:HMFPT/TN
審査です。遅くなってすいません。
610 :てるあき ◆DDfwggPC.. 「スタートライン」
1〜3段目は雰囲気があっていい。電車とつり革と、大人たちと一人の少年の風景が浮かぶ。
が、それでわくわくする分よけいに強く、最終連で肩透かしを食らったように感じた。
電車のなかで感じた作者の本心なのかもしれないが、何かの答えを出しているわけでなく
状況を語っているだけのため読者はどこにも連れて行かれず、「だからなに?」とだけ
思ってしまう。そこが残念だった。

611 :リーフレイン「慟哭」
「現時点」を受け入れるための厳しい客観視と、そこから「未来」を見渡しての宣言文、のような
一人の人間として煮詰まって垂れていた頭を、いきなりカッと上げてガッと言い切って踏み出すような?
ちゃんと人生相手にして作者なりの解答を短文の中で唱えきろうとしてるため、相反性とかも受け入れて
禅みたいに宗教的な感触。音の響きに対しての感受性がある人みたいだから、なおさら余計に。
負から正を拾い正から負を受けとめ、結局プラスマイナス云々よりも「我有」的な自分を先に見るってのに
すごく共感した。けど、これは詩なんだろうかなんなんだろうか。最初にごくごく些細な日常の描写かなんかがあって、
それを「我慢しろと、命令」で受けるような読者のための仕掛けが欲しかった。

612 :名前はいらない 「始まり 厨川十二重郎はこう言った」
なんだろう厨川十二重郎って。架空の人だと思うけど。人同士はただ自分のメリットのみを目指した末にしか
この世界では喜びや笑いというものを享受できないという前提の元にある文章。そんな視点の厨川さんの、育ちが気になる。
そして厨川氏だけが、教え、徳、つまりあるべき人の姿を知っているってことか?
「反抗は死 融和も死 無視も死である」がちょっと乱暴。
自分の人生を殉難の旅に仕立て上げている厨川さん(20)にオツカレの乾杯を。


639 :GON ◆rOo2fYBBKk :05/01/22 17:18:31 ID:HMFPT/TN
613 :名前はいらない 「僕がずっと同じでないなら」
「誰かが見つけて」ってことだが、この「僕」の多重性ってのは社会性と本性との葛藤あたりから始まってるんだろうか。
成長も重なってるのかな。過去見て現在見て自分の姿を改めて見て、それから未来を見て、てのがリーフレインさんのと似ている。
こちらは儚く揺らぐ少年の詩だけど。でも正直もっと表現して欲しい、と思う。
「閉じられた部屋」とか「夜空」とか「終わることも恐れず」とか、「思春期詩辞典」でもあるのか、と。

614 :名前はいらない <僕の国境線>
決して交わらない、けど、追う、みたいなのがよかった。おじさんという装置との対比も、最終連の三行の切ねえ感じと、
「肌は待ち続けてる」での締めも、救いを感じていい。でも三連目だけがなんだか弱いというか、頷きづらい。残念。

617 :ねむい ◆yYGM98H44I 「旅立ち」
ちょっとちぐはぐだった。「・・だけだったこと」の二つの連は、表現はうまくていいなと思ったが、どこかでそれを受けていない。
最後の一行も「そして、一歩を踏み出す」より弱い。というかむしろよく分からない。厳しく書いたが、とにかく言葉のセンスはいいのに
うまく選べていないのでは、という乱暴な印象を受けたということ。

620 :名前はいらない「回り出す」
うん、下のがいいですね。「始まり」ってお題からみると一番始まる感がある。
ちょっと難癖つけるようなんだが、「それは誰かが望んだ訳ではない。しかし、彼らの視線が望んでいる事はひとつ。」は、彼が舞台に
立つことを彼以外の誰も望んだわけではなかったのだ、ってことだろうか。で、「彼ら」は観客でいいのかな。
あと、「この空間にふさわしいカタルシス」って今カタルシスが必要な空間なんだろうか。
「静寂が、ざわめきが、一つに変わったその瞬間―――ー」の一つって静寂だろうか、とか、ところどころ読みづらい。


640 :GON ◆rOo2fYBBKk :05/01/22 17:19:21 ID:HMFPT/TN
621 :名前はいらない 「ステップ」
何の説明もないが、とにかくなんかが始まる感じを表してるんだろう、と分かる。
普通意思ばかりに目がいって格好いい言葉を遣いたくなるところなのに、これはまず身体ってところがやるなあ、と感じた。
なんか電車男を読みたくなった。

623 : ◆L4LyBSss3w【はじまりの日】
むちゃくちゃうまい。が、救いがない。「これが人生のまとめなんだね」がこの詩を決めるポイント部分だと自分は感じた。
ここがこんな救いのない言葉でなくってもっと違う何かだったら、暗いながらも優勝に押さないわけにはいかなかったと思う。
だいたいまとめはないでしょう。お題は「始まり」でしょう。まあ不思議と始まりも何だか感じさせるんだが。
とにかく今回多くの人が暗い。新年にあたって「始まり」を選んだ俺の気持ちは虚しく宙を掻きまくりなわけだが、どうだ。

625 :2/2「永久動力式回転木馬のうた」
だから救いがないって。俺の言う始まりと違うって思うんです。
淡々と退屈な生活を並べていくが、「おはようございます おはようございます」
「ああ 夜が始まってしまう」「ああ 本当の夜が始まってしまう」と、回転木馬の連でちゃんと詩にしている。
が、好みではないです。きっと誰も。そこからポンと抜け出る答えが、
読者が感じるためにもこの女性の人生にとっても必要と思うんです。



641 :GON ◆rOo2fYBBKk :05/01/22 17:26:00 ID:HMFPT/TN
優勝は621の名無しさんの「ステップ」です。
身体の躍動感と主人公の感情のギャップが面白かった。
あと明るくて救いがある点、ユーモアを感じられる点もよかった。
それでは。遅くなってスイマセンでした。

642 :623 ◆L4LyBSss3w :05/01/22 18:43:13 ID:6Sur6oiC
       623、です。
  ∧,,,∧ 
 (´・ω・`) …なんか、また恒例の「いいひと」止まりです(泣)
 / つとl´ 自分なら、>>611で決まり!だったかも。
 しー-J
       >>621さんに、おめでとー♪  

643 :てるあき ◆DDfwggPC.. :05/01/22 20:46:29 ID:dVuC6S1I
結果発表 キタ──(゜∀゜)──

644 :リーフレイン:05/01/22 21:29:27 ID:ljFK9n51
>>641 GONさん
お疲れ様です。あのメンドクサイ詩をがっつり読み取ってもらえて嬉しいです。
具体的な描写を抜いたのは、下手に書くと、メンヘラ調になってしまいそう
だったんで。。。いやあ、力不足で申し訳ないです。
題で期待してたのは新年と就職を寿ぐような、明るい始まりの詩だろうなあ
と思いつつ。重いのを投稿してしまってすみません。
詩かどうか?って疑問は・・・まあどうなんでしょうかね?私にも解かりません。

>>621さん、おめでとうございます。 (オダイドウゾ)

645 :621:05/01/22 23:38:54 ID:w9D21LWe
GONさん、審査お疲れ様でした、ありがとうございました。
うわ凄く嬉しいです。
卒論提出二日前で一章しか出来てなくてパニックしながら書いた詩でした。
ととと兎に角書かなくちゃ、ってようやく手が動き出した感じで。
確かに何がしかの状況説明が必要だったとも思います。
電車男読んでみます。話に聞く程度ですが親近感覚えます。

次のお題は「かえる」でお願いします。
動詞でも名詞でも両方でもよいです。

646 :621:05/01/22 23:51:42 ID:w9D21LWe
すみません、やはり基本的には動詞の意味でお願いします。
ただただ蛙の生態なのは無しの方向で。

647 :名前はいらない:05/01/23 02:48:21 ID:GPLFtvND
そう言われると蛙を書きたくなる罠。

648 :BLUE HAWAII ◆jvBtlIEUc6 :05/01/23 08:16:22 ID:3UaYVIEW
「我に返る」

久しぶりに我に返ると
見たこともない風景が広がっていた

ここはどこ?

私は何をしようとしていたのだろう
帰り道さえ思い出せない

どうやら随分と間の悪い時に
我に返ってしまったようだな

仕方がない
熱りが冷めるまでしばらくの間
我を忘れることにしようか

649 :(1):05/01/23 13:29:03 ID:NI6Zvjq0
つり革につかまった私の前で


窓によって暴かれている中年の後頭部にも本当は詩があって
ただ私にそれが見えないだけかもしれない
若者と若者のあいだにさらされていることも知らずに
座ることができたのをただ単純に喜んでいるようなその短く太い手足や
ねじれた襟にばらまかれたふけにも

八時半の根岸線の車内
二十年前の私ならこの時間なにをしていたんだっけ?
四十年前の夜、この中年はなにを考えていたのだろう
電車に乗る用事を持つようになった大人たちはみな俯いたまま携帯をいじくり
または深刻そうに目を閉じている
無表情に漫画本のページを繰り
またはイヤホンの世界に閉じこもっている
月収やバイト代と、そこから裂かれた定期券や切符
それらを等しく抱えて
きっともう誰も夜を怖がらず きっともう誰も算数に怯えず
しかしそれでもなぜか並んだ顔たちはどれもどれも沈んでしまっているように映る


650 :(2):05/01/23 13:30:02 ID:NI6Zvjq0

目の前の中年だけが ときどき目を上げる
携帯も漫画本も持たずに私の右膝あたりをたっぷりと見たあと
ふいに顔を上げて何かを睨むように見つめる
私はさりげなさを装いつつも、何度もその視線の先を追わされる
彼の視線は中吊り広告やスカート姿のOLを捕まえたわけでもないのに
まるで何かを捕まえたようにして私の右膝に戻ってくる
私はもう一度振り向き、もう一度彼の顔を眺めてから
手ぶらのまま仕方なく彼の後頭部の映った窓へと戻る

厚いまぶたの中年 目の前のに座った太ったサラリーマン ハゲで無精ひげのおっさん
そんなあなたの後頭部にも詩が隠されているように
この車内には私に聴こえない音楽があって
私に見えない絵画があるのか
理解できない歴史ロマンや読めない小説まであなたは示唆するというのか
そしてそれらを全て看過していることにも気付かず
私は、あのときの少年は、いまやただ中年の後頭部を中年の後頭部として眺めるだけ
感想も 感情も持たずに
まるで普通のサラリーマンのように

あなたはどこかに帰り
またどこかに行って
そして車内でふいに視線を上げるのだろう
そこには本当は音楽も詩もないのだとしても
やはりあなたはまた視線を上げるのだろう
本当は狭まってなんかいなかった全ての可能性のため
そしてそれがどこかのサラリーマンの救いになりうることも知らず
それがいつかの少年たちが迎えた朝に繋がっていることも知らずに


651 :名前はいらない:05/01/23 14:20:32 ID:C9kDj8hk

二時間待てば買えるというダイエーのお菓子売り場の
デコレーションケーキに目を奪われる
すでに脳の中ではいわゆる薬では治らない様な
中毒症状が起こっている
目には砂糖を待ちわびる蟻がたかっている
二時間も待つことに意味があるケーキなのだろうか?
あっちには、甘ーい甘ーいクレープがあるぞ〜?
と、ダイエーの宣伝部長が語りかけた

蟻は宣伝部長との接触で、狂い始めた。
その瞬間
『ポトッ。』
と私の眼球が蟻達の暴走で落ちた

客は店からとうざかっていく
これで、デコレーションケーキが買える

さて、目を失ってまで待つことに意味があるケーキなのだろうか?

652 :イノセンス:05/01/23 14:25:25 ID:QJrQ299/
あの星の夜にあなたは泥だらけになって
嬉しそうに虫かごを持って帰って来たね
捕まえたのは蝶のサナギその奇妙なカタチに驚いて
泣いてしまったことを今でも恥ずかしく思うよ

毎日毎日あなたはサナギのいるカゴばかり見て
私の相手はしてくれなかった
それを嫌に思った私は、サナギの虫かごを持って泣きながら家を出たんだよね
サナギに「なんであんたばっかり…ばか…!」だなんてヤキモチ言ってさ結局夜になったら怖くなって
家に戻ったんだけど。。勿論サナギも一緒にね
あなたは泣いていた
サナギじゃなくて私を心配して
その時私はそっとサナギに謝った
「ばかとか言ってごめん…」

翌朝私はあなたにたたき起こされ虫かごを見た私は目が醒めた
だってサナギの背中が割れて動いてたんだもん
「こいつとうとう孵るんだよ!」
あなたは目を輝かせてそう言った
平静を装っていた私は内心ドキドキだった
「もう、そんなことで起こさないでよ」だなんて言いながら

ついにその時はやってきた
サナギから孵った蝶は
まるで原石がダイヤモンドになるくらいの変わり様だった
「すっげぇ…」
あなたは私の手をそっと握りしめ
私もそれに応えた
その時は好きな人同士

653 :イノセンス:05/01/23 14:32:50 ID:QJrQ299/
誤爆失礼
続きから

好きな人同士やるそれではなく
感動を分けあうものだった
私は虫かごの扉をそっと開けた
蝶は私達の上をくるくる回って窓の外へと旅立った
少し寂しい感覚もあったけれど
「さようなら」
私とあなたは口を揃えてそう言ったね

あれから、もう15年もたつんだね…
でもね、サナギが蝶に孵るあの素晴らしい瞬間をあなとの思い出が詰まったあの時を
私は絶対忘れない


654 :「ここに一脚の椅子がある」:05/01/23 14:53:37 ID:lvoRbBPU

磨き上げられた焦げ茶色のチーク材で、
複雑な透かし模様が背の中央部分に彫られている。
唐草模様に縁取られ、
後ろからも前からも楽しめるようにと、
同じ輪郭の中に、前は薔薇が、後ろには鳥が浮かび上がる。
背の登頂部は、金箔の型押しがなされ、
家紋と思われる盾に獅子と旗と組みあさった2本の槍が見える。
緩やかなカーブを描く座面。
猫足の優雅な脚部が、しなやかな媚を醸し出す。

鯨の骨のフープで大きく膨らませたずっしりと重いドレスが座り、
華奢なブーツが置かれ、レース襟の少年がよじ登る。
気の抜けたバロック音楽が響き、睦言がささやかれ、
いくつもの手によって磨かれる。
カードルームの煙草の香り、酒の雫、
凋落。
束の間の影のように重みをゆだね、消えていく人間。

巧みなる手によって形を成し、数脚が揃いであったであろうこの椅子も、
海を越え、異国の部屋に一脚だけがたどりつく。
そこここに傷がつき、チークの色もだんだらに褪せ、
複雑であるが故に、埃をかぶりやすい彫り物も
角が落ち、塵をためていく。押印の金箔も既に色はない。
今は白い猫がその上で眠り、
やがて、土へと還る。

655 :批評人@mike:05/01/23 18:42:01 ID:rcVHbHDy
冷蔵庫の中のような家で目覚めて思う
澄みきった森を行こうか
   人の形をした針葉樹の影はねっとりとついてくるし
何か用?
   「そもそも用があるのなら私はお前についていった
    りしないし、用が無いのならやっぱり私は居ない
    のだ」
それは全くその通りで、なんだかんだ言っても影は影
それにしても足あとは雪の上に残るものだ

今日もおごそかな森の中の停車場には数人の足の生えた生き物たちが
息を殺して待っている
うるさい影はこう言った
   「彼らが何を待っていようとも、汽車はけっして辿
    りつかないだろう、彼らが到着を望んでいる間は
    !」
それは全くその通りで、私は蒼い森の中の停車場に汽車がやってきたのを見たことが無い、でも少し黙っててほしい

吹きぬける青い梟、こんな昼間にどうしたの?
大きな目をした火成リスが遊んでる
常緑樹の影は黙ってる
   「意外な事かもしれないが、語る事が出来ない事柄に
    関しては、語る事が出来ぬのだ」
それは全くその通りで、私は澄みきった森に来ただけだった

森のはずれで、常緑樹の影とは別れた
   「私がいないと樹がかわいそうだ」
とか言って
ああ、帰る前に飲み水の為の雪を汲んでおかなければ

656 : ◆L4LyBSss3w :05/01/23 19:27:37 ID:ivhodPS7
【カエルが引っ繰り返って水に還る(ウケ狙い)】

眠りに落ちる寸前、不思議と思い出す光景がある。
片足だけをびくびくと動かしながら流れてゆく、蛙の白い腹。

今よりも少しだけ幼い頃

ワンピース越しに背中をじりじりと炙られながら
用水路のカエルに向かって小石を投げていた。

夏の、永いながい午後

幾つ目の石だったろうか
こつ、と明らかに硬い音がして
裏返しになった蛙が水の上でゆっくり回った。

びくん、びくんと片足だけを動かしながら
木の葉やゴミに混じって流されてゆく
ぬめった白い腹をしばらく眼で追いかけて

突然、痛い程に胸が打ち始めた。
首筋に背中に汗をやたらと感じた。
ただ、怖くて。こわくて。

泣きながら家までの路を走った、記憶。


眠りに就く寸前、時折思い出す光景が有る。
その度、私は電気を消した部屋で小さく震えながら
まだ折り合えない感情を押さえ込む。

いつか、私の番が、来る。

657 :名前はいらない:05/01/23 20:58:12 ID:v3cH26ID
今回レベル高いと思ったのは漏れだけ?
出場やめとこWWW

658 :名前はいらない:05/01/23 22:41:58 ID:NI6Zvjq0
高いね

659 :名前はいらない:05/01/23 22:48:10 ID:HWVVu7JH
確かに

660 :名前はいらない:05/01/24 01:52:16 ID:GKkrtngj
 「不安ナ帰り道」

 帰り道、
 ダイヤモンド
 を檸檬の箱に詰め込ん
 で耳が短すぎる兎にプレゼントしたけど
 耳が長すぎる兎は私なのだ
 君は誰?(誰でしょう?)
 私たちの踊り狂う闇の檸檬汁は(ざわざわざわ)
 この躯の表皮を食い破る噴き出しまくるのわ足の裏まで届くの。
 私は誰?(女性の狂喜する泣き声は忘れて)
 ヒヒ
 なぁオマエの長すぎる耳を澄ませたろヒヒヒヒボクの中のオマエが
 オマエ自身を食べちゃう味ってニョロンて蛇みたいなんだね、君は蛇だ。
 短すぎて短すぎる短すぎるるるるる(もう帰りたくて仕方ないだろ?)
 オマエを踏みつけたい衝動を抑えて新しい靴を差し出すボクは暗闇で。
 さぁ、それを履いてあの蒼い虹へとはやく帰れ、て
 もうタイムリミットが近づいてる、後ろからゾクゾクゾク と 
 どうした? オマエはなんだかとても遅い 追いつかれるぞ
 逃げろ はやく 帰れ はやく ヒヒヒヒヒ
 帰れるもんならな


661 :名前はいらない:05/01/24 03:06:12 ID:Bp8RYiZT
                      \ │/
                      ─ ○─
                      / | \
           あと2作品ぼしゅーだよぅ。
     ∧_∧  今回レベル高いよぅ。
    ( ´・ω・`)    ___  __
 ̄Y ̄ U  U ̄ ̄ ̄L  o」 ̄[_ | ̄ ̄Y ̄
  ||   U~U     |__|   [_|   ||
  ||   ゚            °°    ||
  ||      。   ゚            .||
  ||   ゚             ゚     ||

662 :c:05/01/24 08:55:59 ID:+BkWd4SC
>>639
GONさん評お疲れ&ありがとうございます。以下ダラダラ自己解説ですm(_ _)m

>社会性と本性 そういうことですね、はじまり=世界のはじまり=自己のはじまりで、 
泣いても吼えても全ては自分にはじまり自分に終わってしまうのです。
若くても老いてもずっと続いていく「じゃあ世界に相対している自分はナンダ?」みたいな問いと言うか。
でもそのはじまる自分は相対する相手=世界=二人称があって
初めて自分があります。「汝あるが故我あり」なのです。

思春期的と言われればそうかも知れません。想定していたのはもっと若い辺り
(自己と他者にきづいた5〜6歳ころ)ですけどね(えっいつの間にか、何か自分っているよ!みたいな)。
第二次性徴が入ってしまうと訳が分からなくなりますし、不思議を不思議のままで哲学するのもこの頃で。
少年ぽさを感じてそこを突っ込むべき、と言われれば、「少年詩」ではないので男女差や性の臭いは
全く除外したかったということで、この辺で勘弁してくださいまし。   

拙いものを読んでいただいて、本当にどうもでした。

663 :c:05/01/24 08:56:31 ID:+BkWd4SC
う、>>613を書いたものです。どもども・・・。

664 :名前はいらない:05/01/24 17:48:25 ID:24f9hfwq
turaidesu.
imatukisoidekannkokusennmonnnomanngakissanikiterukedo,
hitokotomohanasazutadaoremokannkokujinnninarikiroutogannbattemasu.
nannkasojyougabarerutomazuikara.
teyu-kakonakyayokattaikanijibunngaamakattaka.
konokonihakonokonosekaigaatteima,hajimetefumikonnderundayona.
orosokadenasakenakutehazukasiikoregaibunnkadeseikatusuruttekotonanokana.
hetasitara.....toriaezu,orehananiyattenndayotteyuukibunndekokorga
sihaisareteiru.toriaezuhitorigotodemoiinodekonomamapasokonnutttetada,
jikanngasugiteittehosiikana.honntojibunnnoategahazureta.sakibasirisugi.
honntokoukaisiteiru.imakokorokara,saisyuubinisoutougakkurikitesimaisugite
gyakunihayakutatinaorukotogadekisou.toriaezuturaisikanojyonimomeiwaku
kaketesimatteirunogaimahazukasii.turaituraiturai,nanntokakonobahaheionnni,
ikanaitotyottomazuikanatoomou.kokodetaranannkasugoikimazui.moukaeresoudakara
konohennde,kiriageyoukana.




665 :グランドシーサー:05/01/24 22:55:02 ID:MrfqHyDT
>>651です。
名前付けときます

666 :まっすぐ棒(1):05/01/25 00:28:40 ID:BXxcrbP+

ひねりん棒であるが故に大体がひねくれているわけである
トングに挟まれてトレーに乗せられるひねりん棒である
ひねくれた私の憧れはまっすぐになる事である
ひねりん棒の宿命としてまっすぐにはなれない運命である
しかし近頃まっすぐなひねくれ棒、つまり、
まっすぐ棒なるものが現れたのだ 私は見たのだ
まっすぐにさっくりと焼きあがる輪郭をもうもうと立ち上がる
オーブンの蒸気に激しくむせながらも、私は見たのだ
だからこうして話すのだ なのに他のどのひねりん棒も半信半疑なのだ
まっすぐ棒が何であるか証明出来る何かを聞き手は求める
まっすぐ棒でしょ?まっすぐ棒だね、では毎回終わらず次回に持ち越す紙芝居
まっすぐ棒の存在を証明するのは意外に難しい
絶妙のタイミングで焼きあがるまっすぐ棒は多発する物では無い
まっすぐ棒とは元来見えるものにしか見えないものなのかもしれない
見えないものが見えると言うと嘘つきと言われる事となる
見えないものについて語る時は語り相手を間違えてはいけない
間違った私が悪いのだ

667 :まっすぐ棒(2):05/01/25 00:29:46 ID:BXxcrbP+

終始無言で木などと向かい合い、
枯れ始めた葉っぱをそっと啄ばんでは
にっこりと微笑んでいる小鳥などになれれば良かった

しかし焼き菓子なので小鳥などに啄ばまれるのは自分である

何だかずいぶんひねくれている気がするが元来こういう焼け具合で。
と 本当はいつもより多目にねじれてこんがりと焼きあがってみました
生菓子の焼き菓子なので出来れば本日中に召し上がって頂きたい所存です


「いらっしゃいませ〜。ひねりん棒三つで450円となります。」

「すいません、この端っこのひねりん棒なんですけれど、
 もう少しまっすぐなひねりん棒と取り替える事は出来ますか?」


668 :名前はいらない:05/01/25 11:20:02 ID:pLb7PpS5
 (⌒)               '⌒)
   ヽ.  ,、 ─‐ ''ニZZ丶、   /´
     /´ ̄  、、、 、 ヽk-、‘
    / ,イ //∧ l ハヽヽヽ}⊥}_
  r‐イ / / ハ {_{ 川_ナT廾ノ、ヽヽ`ヽ  10作品集まった…のかな?
  ヾァ{ { {_{´ヽヽ   (゚:) )j! `K´   !
  / ハヽ.ハ( (゚:)     ''' レヘ ヽ  }  判断は>>621さんにおまかせ。
  ソヽイ^iヽ_ゝ.'''   ,.  ノ侈 i ノ
  { l !   `ー‐-rへ(´    V∨
  ヽ ヽヽ   _,ノ{ヽ ヨiヽ、_
   \ハト f\   {. } 「ノ   /}
        l  ` ー仁二}‐ '´  l

669 :名前はいらない:05/01/25 13:35:55 ID:t4VkaXo7
..

670 :621:05/01/25 20:06:42 ID:T0gEQ/Ib
>>668
なんかいつもお疲れ様です。

はい、ではこれで10作品集まったとします。
すみませんがいますこしお待ちください。

671 :名前はいらない:05/01/29 10:41:42 ID:QrRxzL74
結果やいかに

672 :621:05/02/01 15:25:39 ID:fdTnIOFm
大変お待たせしました。
遅くなって本当に申し訳ありません。

>>648
別人格に乗っ取られた人のモノローグ?
ディテールが無さ過ぎて,
この詩で作者が表現しようとしていることがよく判りませんでした。
面白い場面だとは思うのでここからどう発展させるかかも知れない。

>>649-650
本当に何の変哲もない人物の「ふいに目をあげる」
小さな仕草を仕掛けにして少年の日へと詩の世界を広げている。
電車の中という場面が良いです。
我々が生きてまた詩があるということが持ちうる意味を示唆している。
一行で世界が展開する書き出しや最終連に言葉の強さが感じられて印象的です。
2,3連目の列車内の光景描写がとても丁寧で、反面、
少し固くて冗長な印象があります。
2連目で思い起こされる少年時代が、それに比べると曖昧で少しイメージしにくい。
中年男の姿から主人公が何を感じたのかが、もう少しあったら
よりその辺が生気を持っただろうと思いました。

>>651
「買える」か、これは想定してなかった。
言葉の選択で遊んでますが、詩はしっかり作品になってます。
日常から非日常へ、主人公の脳と目という最重要フィルターが
何かに感染する事によって世界そのものが不条理なテーストを帯びる。
その中で「甘さ」が効果的な役割を果たしてます。
「遠ざかる」が「とうざかる」と表記されたのは故意でしょうか?
最後の、これまで描いてきたものを否定するような問いは下手をすると
興ざめになりそうですが、これは主人公の判断基準が異様で面白かったです。

673 :621:05/02/01 15:26:37 ID:fdTnIOFm
>>652-653
思い出を優しく叙述している詩。
サナギの羽化と少年少女の成長が重なって読める。
結びが最終連の三行だけなのは少し寂しいと思いました。
この思い出が主人公にとってどんな意味を持つのか、もう少し掘り下げてみたいです。
サナギが孵る瞬間とかももう少しはっきり見たかった。蝶何色だったんだろうとか。

>>654
使われている言葉自体から雰囲気や佇まいが伝わってきました。不思議。
すでに消えた人間や時代のよすがとしての半永久性を持つ椅子、
同時にそれ自体が土に還る過程にあるところの椅子。
細部まで描写がすごく丁寧で椅子が実際に目に見えるし匂いがします。
凋落のくだりのイメージ力はすごいとしか。
後半部分で椅子が今ある「ここ」異国の部屋に関する描写があると、
二連目との対比がさらに出来、白い猫も引き立つように思います。

>>655
これは綺麗ですね。
作者の内部にある世界というか森に連れて行かれたような感じを受けます。
この森の中でだけ話しかけてくる影は、主人公自身の切れ端であるようにも思えます。
その言葉は主人公自身のものでしかない。
影の言葉を「それは全くそのとおりで」という主人公が受ける、
閉鎖された言葉のやりとりが魅力的です。
くだけた話し言葉と文学的な書き言葉との混在も、
ここでは不安定で不思議な世界を引き立てています。

674 :621:05/02/01 15:27:42 ID:fdTnIOFm
>>656
やった蛙が来た。
最初にあんなことを言いましたが、こういう使い方はむしろ期待していました。
今回良い意味で遊んでいる作品が多くて嬉しいです。
罪のない遊びの中で出会ってしまった、死と己のうちにある残酷さ。
これだけだとよくある話なのですが、最終行の独白で主人公の恐怖が迫ってくる。
描写は物足りなくはないですがわりとシンプルかなと思いました。

>>660
四方八方(+内側)から責め立てられるような不安。
あまりまとまりはないけれど焦燥・不安が伝わる。
耳の長い・短い・檸檬(これは読んでて唾出ました)・闇などの
モチーフが良い感じなのですが、最後に話しかけてくる声に
それを効果的に背負わせることが出来たらもっと良かったと思います。
「ヒヒ」で区切られた二つのまとまりにもっと重なるものがあればとも。

>>664
切に帰りたい人の詩だったのでこれを作品と見なしました。
リアリティーはかなりのもの(寡聞にして知りませんが
このような漫画喫茶があるとすれば)。
書き手の焦りや後悔が切々と伝わります。まとめ方にもう一工夫あればとも。
ただ、読み辛過ぎて読む義務があるという理由以外で読むことが出来ませんでした。
資料と詩の差かな。いかにドラマティックな現実であろうとも
一度噛み砕いて作品にするからこそ詩なのだと。
私だったらスペースを入れたり短くしたりすると思います。

>>667
唯一まっすぐ棒を見たひねりん棒は、その実どのひねりん棒よりもひねくれていたと。
ひねりん棒の視点から人間の視点に行った上での、
力が抜けるような結末が良いです。意味不明ながら本人にとっては深刻な思索、
理性的な語り口なのにユーモラスなところが面白いです。一つ150円か。食べたい。

675 :621:05/02/01 15:28:22 ID:fdTnIOFm
審査です。色々に取れる言葉がお題だったので、
それぞれ異なるイメージを引き出していて大変面白かったです。
レベルは拮抗していると感じたのですが、作り出したイメージの世界を
完成させている作品として、優勝は
>>656さんの【カエルが引っ繰り返って水に還る(ウケ狙い)】です。
遅くなって申し訳ありませんでした。もうしません。

676 :BLUE HAWAII ◆jvBtlIEUc6 :05/02/01 17:21:46 ID:qeiQvCJh
>>672
審査お疲れ様です。そして評価ありがとうございました。
まだまだ修行が足りませんでしたな・・・精進します。
>>656さん優勝おめでとうございます。


677 :グランドシーサー:05/02/01 18:18:23 ID:xNiRxplJ
>>672
評価ありがとうございます。
こんな下らない作品にもしっかりと審査してくれたことに感謝します。
>>656
おめでとうございます!

678 :イノセンス:05/02/01 19:50:06 ID:NFLMIUua
>>673
評価ありがとうございますm(_ _)m
そしてオツカレサマです☆
>>656
おめでとうございます!

679 :リーフレイン:05/02/01 22:19:16 ID:jfmnbAQh
>>673
お疲れ様でした。評価ありがとうございます。「。。。。椅子」です。

>>656
おめでとーー。
いやあ、蛙読んだときに、「今回レベル高いぜーー」って思ったら、レベル高いね
って書き込みが続いて笑っちゃいました。いやみんなおんなじこと考えてる。

680 :GON ◆rOo2fYBBKk :05/02/01 22:44:37 ID:3yphX2Md
>>621
審査お疲れ様です。今回「つり革につかまった私の前で」。
いやあいい読みしますね。参考にして精進します。
>>656
おめでッとう!!俺もこれっぽいなと思ってた。いい詩でした。
お題よろしくお願いします

681 :656 ◆L4LyBSss3w :05/02/01 23:57:10 ID:4/rrhq4Y
               …え、まじでスか?!
    _, ._         えらい事になってもーた…。
  ( ゚ Д゚)   ガシャ
  ( つ O. __       「吊り革」と「椅子」と「針葉樹」押し退けて?
  と_)_) (__()、;.o:。  うわああぁ…心臓バクバクするぅ。
          ゚*・:.。
               でも、頑張ります。
           次回のテーマ【DS/Domination-Submission】
           意味は各自ご検索下さい。…心の準備もしてね(笑)
                  …では、お願いします。     

682 :わに ◆Wani6uvhK. :05/02/02 11:38:17 ID:6UxPBsU8
「あたしのくちびる」

耳元で重低音
あたしのカラダをスピーカーにして
ふるわせたなら
髪の毛の一本一本も睫の先も
足の赤いペディキュアも
貴方の捕虜になる

貴方は知らせる
あたしの女である部分が
いかにはしたなく涎垂しているかを
貴方を欲するコトバを零す
もうひとつのあたしのくちびる

鏡の前で足を開かされて
あたしは真実を突きつけられる
そむけた顔は正される
目の前にあるのは
餌を目の前にした獣の姿
赤い舌をちらりと見せて
モノ欲しそうな顔をしている

貴方は耳元で辱めの言葉を言う
ふるえるあたしは
拒否することなど考えもせずに
その言葉を繰り返させられている
壊れたレコーダー

683 :批評人@mike:05/02/02 23:19:10 ID:mITzWb6E
>>673
評価ありがとうございました
好評価だったので嬉しいっす
優勝者の方おめでとうございます☆

684 :「輪唱曲」1/2:05/02/03 08:59:14 ID:QcAqwmbQ
ーある書簡

**、
この手紙を書くかどうか迷っていた。
あの日の君はおかしかった。僕はあの乱れた君を思い出す。
気が狂いそうになる。
君は今日も平気な顔をして、隣で授業を受けている。
あの日、君の唇はぬめぬめと光り、目が、
ああ、あの目が、哀願するようでもあり、怯えるようでも
ありながら、執拗にせがむあの目が
僕の中の始原の記憶を呼び覚ます。

あの日、君は「あたしは、お便所なの」と、か細い声でささやいた。
僕は、そんなことはないのだと言いたい。
だが、誰か知らない男の下で、白くあえいでいる君を考えると、
気がおかしくなりそうだ。
その男をけりだしてやりたいと思うのか、
いや、僕がその男になりたい。
思うままに、君を殴りつけ、「違うだろう!」と言う。
血が染み出るまで、全身を吸いだしてやろう。
「痛い」と泣き出すまで、さいなんでやろう。
君はそれを望んでいた、あの日。
僕も望む。

軽蔑の目も欲しいのか? まったく際限のない欲望だな。
無垢を装った貪欲な牝犬だ。
ひらひらと骨をみせびらかしてやろう。

お前は犬だ。

685 :「輪唱曲」2/2:05/02/03 09:00:34 ID:QcAqwmbQ
ー独白

彼女から、離れるべきなのだと理性は思う。
奴隷は彼女ではなく僕だ。
執拗な要求を求めるのは、あの懇願する卑屈な目であり、
僕はその暴力的ともいえる力に拮抗する支配を彼女に与える。
より醜悪で、より刺激的で、より甘美な支配を
僕のなにものかをこそげ落としながら搾り出し、歓喜する。
彼女は、支配を求めることで僕を支配する。


干からびた猿の頭が、からんからんと転がっていく。



686 :名前はいらない:05/02/04 03:25:17 ID:DmkbW032
>>674さんお疲れ様です。>>667のものです。
ひねりん棒、あんましおいしくないかもです。
>>656さんおめでとー。面白い題ですねって事で投下。


「遺言」

遺影をみつめる少年が泣いていた
母の仄かな
仄かな笑顔の残像を瞳に焼き付けて

一人残された彼は帰る家を背中に
留まる所を知らぬ浮力でゆらゆらと歩いた
くらげになった少年は見事なる無神論者
溢れる涙を拭った両の手の平が合掌していく

かあさま
 
自由になる日を下さると言うなら
死んでも良い日を僕に下さい




687 :ネットサーファー@~の國:05/02/04 21:23:55 ID:lmDJ899f
「意思」

赤い夕焼けの差す部屋
辺りには瓦礫が散らばり
嵐の後でただ立ち尽くす
私に悪魔はこう囁いた

「お前がこの惨状の原因」だと
「お前は皆に迷惑」だと

それでも私は思い続けられた。
誰も周りにはいなかったけど
風を吹かせたのはお前だと、
私は最善を尽くして防ごうとしたと。

だけど、結果、私は迷わされた
ふと自分の頭に過ぎった自分の考えに

「私は正義を利用しているだけ」。
「私は正しいことをした」と言った後に何故か浮かんだ。

ただ自分は願ったということだけだった。
欲しい物、成りたい物があったというだけ。
だけど、それだけの事が恐ろしかった。
正しいことと自分の意思が渾然とした。

私はそれを受け入れられず
自分が間違えていることを証明しようとした。
だから、悪いことを続けた。
だけど、後に残ったのは分からないことと認めたくないことだけだった。

688 :抑揚 ◆RockBVWNVE :05/02/04 22:07:48 ID:zDZYDn6M
「少女少年」

私も幼いけれど隣の男の子も幼い匂いがする

私が声を掛けたら
紅く染めた頬を隠すように俯いて
家の中へと隠れてしまった

ある日
下校中の男の子を待ち伏せてみた
驚いた顔をしたのは一瞬で
すぐに頬を染めたいつもの顔をしていた

「私の事が好きなの?」
あまりの紅潮ぶりに冷やかし半分に聞いてみた
男の子は勢いよく首を横に振り
逃げるように私の横を通り過ぎようとした

私は男の子の手を掴んで耳元に唇を寄せた
「私が好きでも、あなたは私が好きじゃない?」
男の子は遠い言い回しを理解したように
少しの間を置いて最初の驚きの表情を見せた

そしてまた俯いた
男の子の手は汗ばんでいた
私は繋いだだけだった手に指を絡めた

男の子は「ふっ」と吐息交じりの荒い息をして受け入れた
「私の事が好きなの?」
二度目の問いに男の子はそれが横なのか縦なのか
分からないくらい弱々しく首を振った
けれど男の子の幼さはもう何処にも見当たらなかった

689 :名前はいらない:05/02/05 20:44:14 ID:RLI031E0
      ∧∧  
    /,,(,,゚Д゚)  <いま5作品来てるよー。
   //\ ̄ ̄ ̄\ 丁度折り返しだよー。
  // ※.\___\
 \\※ ※ ※ ※ ※ヽ
   \`ー──────ヽ

690 :芹那:05/02/06 07:50:29 ID:2fv5iW69
人の醜さ 深く知れど
その命のなんと素晴らしきことか

僕はもうすぐ居なくなるだろうけれど

この世に生まれて来なければ
知ることの出来なかった事がたくさんある

人の醜さ深く知れば その醜さに惹かれてく

人の心の奥底は こんなに暗く複雑で

人の醜さ強く惹かれれば
人に優しく出来るのだ

僕の命はとても短いものだったけれど
それでもこの世に生まれて来なければ
知る事の無かったものがある

良くも悪くも人を知り 人の奥深さを知った

美しいだけの人間(ヒト)ならば
こんなに惹かれることは無かっただろう

人の醜さ深く知り
その命が素晴らしいことを知る

例え短い人生でも
この世に生まれて来たことを

僕は神に感謝する

691 :ねむい ◆yYGM98H44I :05/02/11 04:19:19 ID:2b9RzGsg
>>639
大変遅くなりましたが、GONさん批評ありがとうございましたm(_ _"m)
チャンプの方おめでとうございます。

GONさんご指摘の通り、かなり全体的にツギハギ感が漂っていますね…。
あのときは全く言葉が思い浮かびませんでした。
もう少し何とかできたんじゃないか、と、今になって思います(苦笑)

692 :リーフレイン:05/02/11 10:29:42 ID:mIvxlakA
「さぁ、俺の銃口を咥えたものから、凍える星の数だけ、 話をはじめろ! 」


涎を垂らして、せがむの、
お願い、お願い、お願い。

恐怖と自己嫌悪の苦くて甘い味が
鉄臭い香りと一緒になって、口一杯に広がるの。
ブランコを漕いでいたら、一周しちゃった。



知っていること、感じていること、そっと箱にしまい込み、
ただ畏怖だけを抜き出しておいた。

触感。

693 :ねむい ◆yYGM98H44I :05/02/11 18:03:01 ID:2b9RzGsg
「時間」

日がな一日 海を見て過ごした
夕暮れ時 何て穏やかな時間
愛しさのあまり
涙が出るほどに

西日がまぶしい 一日の終わりに
こんな時が あとどれだけ残っているのか、なんて
考えてしまうよ
気を抜くたびに

時間が 僕を縛り付けてる
過ぎた時も 迫る時も
好きなことだけができたあの頃には
戻れないのさ

夕暮れ時 何て穏やかな時間
波音だけが いつまでも残っていた
耳の奥に

僕は どんな時も愛してる
過ぎる時も 迫る時も
つながっているから寂しくなんてないよ
強がりだけれど

好きなことだけをしてたあの頃には
戻らないのさ

694 :名前はいらない:05/02/11 20:09:01 ID:x0YwRPYB
あなたの顔面偏差値教えます 純情板 Part46
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/pure/1108023210/

695 :名前はいらない:05/02/13 10:02:38 ID:Yhx1/YOv
「核(さね)」

傅(かしず)くふりで そっと跨(またが)る
あなたを措(お)いた Submission
懼(おそ)れるような 高みにいたのは
楽で不遜な生き方そのもの
 
 あなたが漕いで 綯い交ぜにして
 分け入ることの その意味を知って
 自然の流れを 辿って来ないで
 射し込むことに 力を注いで

わたしの奥を 揺さぶることが 
被虐(ひぎゃく)であると 言われるならば
さあ 怯えずに Domination
これがわたしの 主であるのだから

 わたしと奥の 核(さね)を開いて
 通じることの その意味を知って
 脳まで昇り 泣きじゃくり跳ねた
 印は何処(いつ)にも 刻んで刻んで

 懊悩の澱(おり)を かき混ぜ溶かせ
 炎を吐き出し その実(み)を燃やせ

Narakaに下る 眩暈がしても
溢れるものは疑わなくていい

苦界の海から 浮かび上がるのは
芯だけになった こころの真根(さね)たち

696 :名前はいらない:05/02/14 17:21:03 ID:ffuB1tet
     ○⌒\
     ミ'""""'ミ       あとひとつ募集してるよぅ。
    ./(´・ω・`)   
   //\ ̄ ̄旦~     …今回のテーマはアブないよぅ。
  // ※.\___\
 \\※ ※ ※ ※ ※ヽ
   \`ー──────ヽ
    ────────

697 :新月てるあき ◆aglqL.ViKQ :05/02/14 18:41:02 ID:4fmrx8Vz
「マリオネット・ロボット」

僕ひとりじゃ何もできないから
僕ひとりだと心配だから
「うん」としかいえない

なにをされてもNoといえず
ただじっとしてる
反抗したら君がいなくなってしまいそうだから

僕はプログラム通りにしかできないから
誰かがいないとただの鉄くず
命令は僕のプログラムを動かすリモコン

平凡な人生の中
道しるべと電気ショックが欲しいから
僕はあなたのアイボでいる

壊れない程度に扱って
いつまでも一緒にいたいから

698 :名前はいらない:05/02/14 18:48:39 ID:oS059ZFP
     ∧∧
    (*゚ー゚)      10作品集まったよぅ。
     / つ/ ̄ ̄/
  日〜(_| ̄| ̄ ̄ ̄|  審査開始ですよぅ。
       ̄ ̄ ̄ ̄

699 :新月てるあき ◆aglqL.ViKQ :05/02/16 16:33:38 ID:AoCrbvkF
けっかまだー?

700 :名前はいらない:05/02/16 17:31:44 ID:vqIl/biz
700ゲト
結果まだー?

701 :名前はいらない:05/02/16 18:50:12 ID:aA+fKKFL
テーマ【DS/Domination-Submission】
審査員:656 ◆L4LyBSss3w 氏

投稿作品
>682 わに ◆Wani6uvhK.:「あたしのくちびる」
>684-685 ID:QcAqwmbQ:「輪唱曲」
>686 ID:DmkbW032: 「遺言」
>687 ネットサーファー@~の國 :「意思」
>688 抑揚 ◆RockBVWNVE :「少女少年」
>690 ID:2fv5iW69:「芹那」
>692 リーフレイン :「さぁ、俺の銃口を咥えたものから、凍える星の数だけ、 話をはじめろ! 」
>693 ねむい ◆yYGM98H44I :「時間」
>695 ID:Yhx1/YOv:「核(さね)」
>697 :新月てるあき ◆aglqL.ViKQ :「マリオネット・ロボット」

以上。10作品。

702 : ◆L4LyBSss3w :05/02/16 19:23:14 ID:pIrVG4fJ
済みません済みませんもう少し待って下さい寝てないんです…。

703 : ◆L4LyBSss3w :05/02/17 00:52:47 ID:hdD3UXIX
どうも、です。大変お待たせして申し訳有りませんでした。

最初に、とても個人的な考えなのですが、言わせて下さい。
自分は、詩の「普遍的な評価」について疑問を持っています。
詩の解釈はとことん個人に属するもので、評価とは「最大公約数」でしか有り得ない、と。

そして、残念な事に、私の解釈には歪みが多く、公約数に沿う事も沿わせる事も難しいのです。

ですから。ここからの言葉は批評などでは有りません。私、◆L4LyBSss3wの独断です。
全て、「私にとって」の評価でしか無いことを理解して下されば幸いです。

>>682 わに ◆Wani6uvhK.さん:「あたしのくちびる」
…いきなりド真ん中直球で来ますか。無茶な題に、輪をかけて強烈なカウンターですねぇ。
なんと言うか、一本筋金入りの淫猥さが実用的でジンジン来ます。

>>684-685 ID:QcAqwmbQさん:「輪唱曲」
猿の頭!こんな血と膿を搾り出す様なことばに載せるとは…吐き気がする程凄い。
犬と猿の、理性と欲の、支配と支配の輪唱。こんな詩、書きたいなぁ。

>>686 ID:DmkbW032さん:「遺言」
支配の幸福と依存はいつでも紙一重、って意味で重くのしかかる言葉です。
いや、正直、愛なんてのも依存の一種なのかなぁ、とか考えてしまったり。

>>687 ネットサーファー@~の國さん :「意思」
…何を見ているの?キーワードが少な過ぎて、姿が捉えられないまま、です。
こーいうの、酷く勿体無い。切れ目が無くてお菓子の袋が開けられない気分になるよ。

>>688 抑揚 ◆RockBVWNVE さん:「少女少年」
うわ、オンナノコだ、これ。何処から切り取ってきたの?って程リアルな匂いがするよ。
そんで、一歩先んじて女に、メスに、母になるんだよ。笑顔に騙されてみます?


704 : ◆L4LyBSss3w :05/02/17 01:04:46 ID:hdD3UXIX
>>690 ID:2fv5iW69さん:「芹那」
そうかDSは醜いかぁ。それはさておき「死」の扱いに多少抵抗を感じなくもなし。
死は、絶対だから。反論のしようも無い。それに頼った構成はある種反則やん、て思ったり。

>>692 リーフレインさん :「さぁ、俺の銃口を咥えたものから、凍える星の数だけ、 話をはじめろ! 」
来たよ怪物が。性的隠喩に見せ掛けて、実はもっとヒドい事書くなんて。詩的鬼畜でしょ(笑)
表現に合わせて言葉のスタイルまで自由に扱えるのかぁ。もう…一言も出ません。

>>693 ねむい ◆yYGM98H44I さん:「時間」
「〜のさ」って語尾に違和感が。地域によるのかな?書き言葉だけの表現な気がする。
でも、こうやって思いを馳せる時間は…必要だよ。押し潰される前に。

>>695 ID:Yhx1/YOvさん:「核(さね)」
「詞」を読むには、詩とは別の脳を使うのですね。訓練不足の審査員で済みません…。
この言葉を「詩」に変換出来たなら、どえらくエロくて深いモノが出てくるのになぁ。

>>697 :新月てるあき ◆aglqL.ViKQさん:「マリオネット・ロボット」
核になる単語がどれも噛み砕かれて無い、って感じが。丸ごと野菜のシチューですね。
あと、意思の放棄と服従は似て非なるものだよ、とか偉そうに言ってみたり。


印象深かったのは>>682>>684-685>>688>>692>>695の5作品です。

で、もう完全に個人的趣味で682 わに ◆Wani6uvhK.さん:「あたしのくちびる」を選ばせて頂きます。
あえて理由を挙げるなら、一番匂いが強かったから…じゃ、駄目かなぁ。


はあぁ〜、プレッシャーで死ぬ思いでした。出来れば、皆様なら誰を選ぶのか聞かせて欲しいです。
それでは、わに ◆Wani6uvhK.さん、次お願いします!

705 :名前はいらない:05/02/17 02:07:58 ID:Fey7+NTc
輪唱曲がすきです・・

706 :名前はいらない:05/02/17 02:43:14 ID:NRwwVbS5
>>705
同意。

707 :リーフレイン:05/02/17 08:28:40 ID:Ka9ZsD3i
>◆L4LyBSss3w さん。審査オツカレ様でした。 
評ありがとうございます。凄いお題でしたね。
わにさん、おめでとうーーー。 エロかったよう。

えっと、大変申し訳ないです。。お詫び申し上げます、実は
二重投稿してました。この題、個人的にツボでして。。すみません、すみません、すみません。。
つい出来心で許してください。。(一人一作品が望ましいって書いてあるのに。。)
抑揚さんの、少年少女がよかったですーー。 

>705,706さん、アリガトウゴザイマス。。

708 : ◆L4LyBSss3w :05/02/17 11:04:33 ID:fpdwxxJ9
…やっぱり。輪唱だよね?

709 :リーフレイン:05/02/17 19:49:42 ID:UjRQjFKh
>>708 (聞カレテルノカナ???)
ハイ、輪唱カキマシタ。。。ゴメナサイ。。。

710 : ◆L4LyBSss3w :05/02/17 20:26:51 ID:sjAJ2+Qp
>>709
うわわわっ責めてないです御免なさい!スッキリしたかっただけなんです!
あと「怪物」は賛辞のつもりだったんです…済みません。もう土下座でも何でも。 orz

711 :リーフレイン:05/02/17 20:39:48 ID:UjRQjFKh
>>710
イエイエ、掟ヤブリハ、コチラノ ホウデ。。。シカシ、美味シイ「お題」デシタ。。アリガトデス。

D/Sの本のレビューを見てたんですが、もろ異常な性の依存関係を扱ってますね。
多分この本(アメリカで話題になったみたいですが)が題のもとだと思ったんで、
広義の 支配ー服従 にしないで意味を絞ったんですが、正解だったですか?
ポエム大会ならではの題だと思いました。実験的でいいですねい。

712 :名前はいらない:05/02/17 21:39:12 ID:L8SzO1fK
>>711
たぶん正解。これ見てみ?
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/sm/1099305752/253

713 :リーフレイン:05/02/17 21:44:28 ID:Ka9ZsD3i
>>712
こらっ、そいうの貼ったらあかん。こっそり楽しむもんでっせ。知ってても。。

714 :わに ◆Wani6uvhK. :05/02/17 22:06:40 ID:3LKfiA8g
え。。。。。。。。。。。。。。私っすか?

この題は早い者勝ちで過激なものを書いてやろうと思って書いたんです。
そうしたら後から後からどきどきするようないい詩がいっぱい出てきたから
絶対無理だと思っていたよぅ
うれしすぎです、◆L4LyBSss3w さん。ありがとう。
アナタの好みに合うのが書けたのが勝因でしょうか?
そして、審査オツカレ様でした
私ならリーフレインさんの「さぁ、俺の銃口を咥えたものから、凍える星の数だけ、 話をはじめろ! 」 のほう、すきだなぁ
抑揚さんの「少女少年」とまよってそうだ。私なら。


715 :わに ◆Wani6uvhK. :05/02/17 22:10:01 ID:3LKfiA8g
では次の御題です。
(この台詞言ってみたかったです〜)

「妊娠」でお願いします。

最初に言っておきますが、批評が下手なんで
ごめんなさい。。。。

716 :名前はいらない:05/02/19 00:59:30 ID:Ht1X5oPF
>>712さん。
…あの。
私は、自分の性癖を恥ずべきものとは思っていません。
ですが、わざとリンクを貼ってまで暴露されると、やっぱり痛いです。痛いんです。

変な嗜好の人間は目障りでしたか?御免なさい。
名無しのROMに戻ります…。

717 :心霊写真:05/02/19 01:34:30 ID:eguQm7OA
わにさんおめでとうー♪
>>716気にするなぃ!目障りじゃないやい。私は好きです。
あ、「遺言」書きました。お疲れ&どうもです。
きっと皆エロエロで来るだろうと思ってそうじゃなくしました。
えーと、てるあきさんのが結構好きだったな。リーフさんのも良かった。

718 :名前はいらない:05/02/19 08:43:29 ID:9n2AlPMd
貼ったのは心霊、お前なの?

719 :リーフレイン:05/02/19 10:02:18 ID:qbOaontH
     /`i  /~ヽ
   ,,/  "''"'` "`;,        
  (ヽ;" ´ ∀ ` * ,;/)  ポィン
  `ミ         "ミ           ポィン
  ミ          ミ     ハ、_,ハ、
   彡        ミ     ;'´∀`* ';
   (⌒";',,,.,(⌒";'彡      ミc c ,;彡
    `'"'   `"''        `゛''''"
            ヽ     /     ヽ
              ヽ  /        ヽ γ⌒ヽ
               Y          Y    ヽ 無問題だよう。。

720 :名前はいらない:05/02/19 10:16:03 ID:naUSJB/d
「排便されたたまご、血まみれのゼリー」

ノブオは母をしらない
ただのデブだと思っている
この頃歩くのもしんどそうなメル
庭に繋がれたまま後ろから貫かれた

妊婦さんをお相撲さんと呼びながら
二人連れで硬い道を歩く
この頃走るのをやめて地を這うメル
ノブオは心配でごはんを減らした

夢うつつ春の朝
うかつな父は仕事に出掛け
メルは出産のための食事をとった

ノブオは母をしらない
国道の音が遠い
葉擦れの音が近い
メルのつっぱった皮

なぜこんなにも苦しまねばならないのだとも考えず
メルは内部から破壊された


721 :名前はいらない:05/02/19 16:55:26 ID:CQTEhE7Q
SM嬢うざい

722 :新月てるあき ◆aglqL.ViKQ :05/02/19 19:24:25 ID:6iDVnUqx
>>717
ありがとうございます
そういってもらえると




歌うたっちゃうよ

723 :わに ◆Wani6uvhK. :05/02/19 20:06:53 ID:jkBz0ocN
おめでとうカキコありがとうです。
初めてでうれしいんだよぅ゚(゚´Д`゚)゚。

>>716さま
自分も変といえばかなり変なので気にしません^^

>>722
歌いたまえw

724 :名前はいらない:05/02/20 03:24:57 ID:Qs4GJsNn
「I Was Born,Mother」

150グラムが透明の中で
母親に感謝をした
垂れた頭を更に垂れて
産んでくれて有難う
濁った味を吸った記憶
澱んだ赤を泳いだ記憶
それちょっと
さっき
臍の緒ちょんぎられた
錆びた鋏で捩切られた
産まれて初めて
聞いた騒音で
inグラス
.andスチール
真冬の塵箱は再びの子宮
右手には吸いダコ
愛して欲しかったぶん
硬く、痛く
また
吸い付いたら
底に着いて
足音は消えてった
待てるだけ待とうと思う
夏に産まれなおされる期待

725 :心霊写真:05/02/20 12:55:28 ID:fcOxlhqd
>>718ちゃいます。貼ってないです。
今見直したら誤解されてもしょうがないかな。。。
説明不足な文書いてすみません。>>719ものすご可愛い。

ではでは、お題は「妊娠」だそうで〜♪

726 :名前はいらない:05/02/20 17:14:56 ID:YKFzgYU6
【正しい子供の作り方】

はいっ!では今日は
「 新 鮮 な 男 女 を 使 っ た 子 供 」
を作ってみましょう

∬材料∬
  男 1・女 1・愛 ∞・あまり人目につかない場所(できるだけ暖かく清潔な方がよい)

∬手順∬
  まずはお互いの気持ちを確認しあいましょう。
  どちらかに嫌気や気の迷いがあった場合は速やかに行為はやめて
  二人で暖かいスープでも飲みに行くことをお勧めします。
  では、お互い体を清めて熱いキスから始めてください。
  片手で照明をだんだん暗くし片手では…(ry ←自主規制
  くんずほぐれず上にしたり下にしたり(ry ←自主規制
  最後にお互いの気持ちを開放してしまいしょう。
  行為後はアフターケアとして男は優しい言葉をかけるのを忘れてはいけません。
  あとはじっくり10ヶ月愛を育んでいただければ大丈夫。 
  元気な子供ができるといいですね。
  10ヵ月後をお楽しみに〜♪
  
∬注意事項∬
  お互い気持ちが良いだけで行為を続けてらっしゃる方が多い昨今、その行為で
  子供が出来るというリスクも含まれております。
  責任もとれないのに続けるということだけは絶対にお止めください。
  ということだけを申し添えしておきます。
  全ては自己責任ということです。

では、来週は新鮮なOLと清潔感のある上司を使った正しい不倫関係を作ってみたいと思います。。。



727 :リーフレイン:05/02/20 22:12:09 ID:bGpshsrM
満月

ふわふわの、たよりないお月様が
身体の中で光っていてね、
そっとしとかないといけないの。

ゆりかごみたいに、そおっとそっと、
揺らさないよに、そおっとそっと。

ふわふわの、たよりないお月様の
優しい光が
つぶれてしまわないよにね、

そおっとそっと、
寝返り打つの。


728 :名前はいらない:05/02/24 02:29:58 ID:WsElWREI
 ο     。    ゚  ο
  ,ヘ、 ,.:-一;:、ο     もうすぐ春だよぅ。
_,.-';:  ミ;;:;,. _,.;:゙ミ '^ー、 ο    。
    ,r( ´・ω・) ,.*。\,r'!  ο
.,。   ツィー=ニ彡'   ,.。 _j あと6作品募集してるよぅ。
   〜'l  つとノ  '" {-'
    ,.;:;u‐―u' ,.。* ._,.-!
-=、,r'        ,r='i:,ィ'
 ,.*。    ,__,.-=':トー'
ヘ_,、   /;;::-一'
‐-、`-'iニレ'^'

729 :名前はいらない:05/02/24 13:48:01 ID:4cjDXuCB
【ポエム大会ルール】

「妊娠」をテーマに自由に詩をご投稿ください。
どなたでも参加できます。
ただし投稿された作品は批評されちゃいますので、
その点を御了承のうえ投稿してくださいね。


730 :「ににんがしん」:05/02/24 14:06:35 ID:4cjDXuCB
いんにがにん
ににんがしん
できちゃったのは
さんにがろく
さんにがろくでも
ろくでもなし
うまれたあさには ねこくわえ
ほうられたあさには いぬくわえ
もどるとこなく もどりたい
ままのおかなに もどりたい
にんにんにん
ににんがしん
いんいんいん
いんにがにん
ひとりはにがい
ふたりはしんどい
さんにんでけたら
ろくでもなし
ろくでもないのは
むだわいな
むはすうじのろく
むはなんにもなし
ありがとありがと
かぶとむし
ありがとありがと
ねこじゃらし
ありがとありがと
どせいのわ
なんにもなしの
ににんがしん
うちゅうでばくしょう
ににんがしん

731 :名前はいらない:05/02/24 22:54:58 ID:iNf7wi1y

[ごめんね]

生まれてきてごめんねmama
そんなに私のためだけに思い悩まないで

生まれてきてごめんねmama
思い出と一緒に洗い流してくれればよかったのに

生まれてきてごめんねmama
でもmamaの手を握りたかったんだ

生まれてきてごめんねmama
怨まないでお願いウラマナイデ…

mama…mama…mama…
愛してもらえなくてごめんね

732 :。゜゜(´□`。)°゜。 ◆Rockhebo/o :05/02/25 15:43:56 ID:O26sHQzD
「いーじーらいだぁ」

乗せてっての軽い言葉に
乗ってけよと軽い返事
行き先はちょっとそこまで
一時間のドライブだった

未来の女が怒り出す
降ろしてと喚きながら
男は素直に頷けないけれど
内心降りてもらったほうが助かるとほくそえんだ

男の家族という車に乗った女
いつの間にか後部座席には子供が一人
それに気付いた男と女
子供を降ろして
男は女を降ろして
また違う街で違う女を乗せて

繰り返す日々さイージーライダー

733 :名前はいらない:05/02/26 10:41:46 ID:j8Avj97e
「呪詛」

幾度目かの出血。
立ち上がるのも億劫な鈍い、重い痛みに
こんな器官要らないもう要らない
繰り返し呪詛のことばを呟いて。

処置室は青白く不吉な匂いがした

まな板の上の肉塊は効率的に刻まれるだけ

ふ、と懐かしい歌を思い出す。
『想い続ければ、願いは叶う。』
こんな願いだけが。


ぽたん、ぽたんと落ちていく点滴の向こう側で
誰かが懸命に何かを説明している
興味も無いから白い天井の模様を追いかけていた

掌を不意に握られた。
涙目で笑おうとする看護婦さんと目が合った。
『よかったね、まだ、子供出来るんだよ』
言葉が胸に落ちていくまで、暫く時間が過ぎる。


どうしてかな。
嗚咽する自分に戸惑っていた。

734 :名前はいらない:05/02/26 12:19:31 ID:Q7LMOOjZ
「サンシャイン」

これって何てかシステムの不備ね 寝ても起きても世界は回る
morning sickness と言われてるもの 夕から夜に出がちな不具合

隣のスーパーの揚げ物の匂い バスの車内の誰かの匂い
「病気じゃないから」そう言われても あぁあぁ体重何%減ったっけ?

 あたしの指輪はくるくる回り (たぶん)君は日に日にすくすく育つ
 「我慢」で済むなら医学は要らない 「気のせい」で済むならこんなに痩せない

朝の光は生きてることを 涙ぐましく感じさせてくれる
出血起きても慌てず騒がず ババさんの電話も適度に流して

今はただ遠い爆発の日のこと ぼんやり思っているだけ、だけど
輝いたお日さまのよう 眩しい季節に笑えるように

 (時を過ごす、時を稼ぐ、日の回るのを、じっと数える)

 あたしの指輪はくるくる回り (たぶん)君は日に日にすくすく育つ
 簡単に出ない「母子管理カード」 電話と忍耐と仕事と生活と体調の間で揺れてく

 280個のお日さまを待てば 明るい日差しに出会える
 誰もそんな風に言いはしないけど 君は笑ってる気がする
 はしゃぐ年齢はとうに過ぎたけど そのくらい思い込んだって、罰は当たらないよね
 
 サンシャイン

735 :名前はいらない:05/02/27 03:24:11 ID:iwFm8mpY
   .∧∧
   (,,゚Д゚) <あと1作品だよー。
   ( O┬O
≡ ◎-ヽJ┴◎ …今回の男女比が知りたいよぅ。


736 :宇田川:05/02/27 09:34:57 ID:E1bk3EB5
あなたの隠れた作詞の才能を確かめませんか。
作詞投稿でCDデビュー・有線放送デビューも夢ではありません。
決めるのはあなた・HPを覗くのもあなた 一歩を踏み込んで見てわ

http://homepage3.nifty.com/EndouMusicOffice/index.html

737 :曾村益廊:05/02/27 11:51:32 ID:szRdFTql
『梅は咲いたが、桜はまだか』

期が熟すのを待って、
折り入って相談があるのですが、と問いかけてくる娘
全裸でちんぽの先にティッシュがついたままの姿で俺は、
なんでしょう?、と真顔で答える
もしわたしが、妊娠しましたら、わたしを嫁に貰ってくださいますか?
と娘は言い出すので、私は、
掛布のバットで思いっきり、女の頭を撥ね飛ばしたのでございます
やはりセクースの後のひと振りは、公式戦の時と違い、又一段と格別ですなあ…、と、
軒先きでムスタングを磨いているせむしの下男、冊太郎に話し掛けてみることにしたのですが、
冊太郎ときたら、私の言葉などには一切耳を貸さず、汗だくでマスタングを磨いていますのでわたくし、
少々どころか相当頭にキまして、娘の白くてかわいい桃尻の下からコルト・ガバメントを取り出し、
すかさず作太郎の頭目がけてぶっ放したのでございます
それはまさに、世にも美しい絶景で、勢いよく飛び散る咲く太郎の頭蓋骨と肉塊が、
軒先きに花々しく散り、美しい血の雨を、黒光りするムスタングの上に、ビシャビシャと降らせたのでございました
それから彼の娘がせむしの赤ん坊を生んだのは、ちょうど10ヶ月後の事でございます



738 :曾村益廊:05/02/27 11:55:44 ID:szRdFTql
『梅は咲いたが、桜はまだか』(すいません、訂正お願いできますか?)

期が熟すのを待って、
折り入って相談があるのですが、と問いかけてくる娘
全裸でちんぽの先にティッシュがついたままの姿で俺は、
なんでしょう?、と真顔で答える
もしわたしが、妊娠しましたら、わたしを嫁に貰ってくださいますか?
と娘は言い出すので、私は、
掛布のバットで思いっきり、女の頭を撥ね飛ばしたのでございます
やはりセクースの後のひと振りは、公式戦の時と違い、又一段と格別ですなあノ、と、
軒先きでムスタングを磨いているせむしの下男、冊太郎に話し掛けてみることにしたのですが、
冊太郎ときたら、私の言葉などには一切耳を貸さず、汗だくでマスタングを磨いていますのでわたくし、
少々どころか相当頭にキまして、娘の白くてかわいい桃尻の下からコルト・ガバメントを取り出し、
すかさず作太郎の頭目がけてぶっ放したのでございます
それはまさに、世にも神々しい絶景で、勢いよく飛び散る咲く太郎の頭蓋骨と肉塊が、
軒先きに花々しく散り、
美しい血の雨を黒光りするムスタングの上に、ビシャビシャと降らせたのでございました

それから彼の娘が、せむしの赤ん坊を生んだのは、ちょうど10ヶ月後の事でございます

739 :「ごめんライダーのうた(1/2)」:05/02/27 12:13:29 ID:7UtSybpB

にん

しん

とう!


改造人間 本郷猛子は 変身腹帯に 風を集めることにより
正義のヒーロー ごめんライダーに 変身した上 妊娠することができるのだ
悪の組織 「堕ろそっかー」と戦うため ゆけ! ゆけ! ライダー
涙を流して ごめんの言葉を振り撒いて 今日も走るのだ
何に謝るのか 誰に謝るのか 誰も知らない ライダー自身も知らない
しかし謝れ 妊娠するたびに お前は謝れ わけもわからず謝れ 謝るのだ!

==================

迫る 堕ろそっかー
ソドムの軍団
処女なのに受胎しちゃった猛子さん
自分の平和を守るため

ヒッ! ヒッ! フー!
敵は強い


740 :「ごめんライダーのうた(2/2)」:05/02/27 12:14:32 ID:7UtSybpB

ライダー キック!ゲームで胎教♪
ライダー ジャンプ!したら流産しちゃうからダメー☆

今日もなんとなく謝るぞ
ごめんライダー

==================

変身するたび 妊娠し 一体何人産めば 気が済むのか
少子化問題の味方 地球環境問題の敵 謝れライダー! 今日も謝れ!

741 :名前はいらない:05/02/27 13:03:53 ID:t8k6Unut
      ._     _, ,_
 ┌─┴┴─(つ,,`Д´)<審査開始でございますー!
 │ 終了!  |ヽ   つ
 └─┬┬─┘(  ノ  …11作目の判断は、わにさんにお任せ。
     ││     `(ノ)

742 :わに ◆Wani6uvhK. :05/02/28 00:38:09 ID:KhXCngCN
遅くなりました〜〜。
謹んで批評をさせていただきます。
批評へたくそなんで、謝っておきます。ごめんなさい。

>>720 「排便されたたまご、血まみれのゼリー」
不思議な詩です。妊娠の受精から出産まで起承転結で書かれており、要らない部分は極力減らされたスリムな作品だと思います。
そのためかメルがノブオの母なのか妻なのか何なのか、読む人によってさまざまな想像できる作品になっています(私にはそう見えます)
4節目が綺麗で、さらに痛みという言葉を使っていないのに陣痛を表現できておりすごい表現力だと思いました。
欠点を挙げるとしたら万人には共感しにくいんじゃないかというくらいでしょう

>>724 「I Was Born,Mother」
早産児が保育器からの世界を描いているんでしょうか。小さな瞳めいいっぱい開いてはじめての世界。
でも透明な箱をまた子宮代わりにして夏まですごさなければならない。妊娠期間継続、ってことかな。
>垂れた頭を更に垂れて
この表現が可愛い。みんなそう思うんだろうね。生まれたときは。そしてちょっとの寂しさと。
早産児と結構接する機会の多い私はこれを読んで少し泣いてしまった。すごくイメージがわいた。
でもほかの人はどう思うんだろう。わかりにくいんだろうか?

>>726 【正しい子供の作り方】
おもしろい。でももったいない。自主規制、この部分にこそ詩的な表現盛りだくさんでエロティックにできたのに。
でもそうしたら軽い感じの全体のバランスが取れなくなっちゃうのかなぁ?
>元気な子供ができるといいですね。 10ヵ月後をお楽しみに〜♪
このへんの無責任さがいいね。オチも来週は・・・って来週も気になるよ〜〜
欠点としては詩的っつーか漫画的な気がします。好きだけど。

743 :わに ◆Wani6uvhK. :05/02/28 00:39:17 ID:KhXCngCN

>>272 満月
満月ってのは昔から妊娠・妊婦を暗に指す言葉であるし、
月の満ち欠けと妊娠・出産の不思議な因果関係もある。なぜか満月の日は出産が多いしね。
そんなことから,目の付け所からしてウマい。
そして詩は綺麗。その一言に尽きるかも。
余計な装飾などせずにストレートな母性愛を書いたように感じる。
お腹の中で漂う胎児にとてもやさしく語りかけているみたい。
母親にしかかけない詩かも知れない

>>730 「ににんがしん」
最初に読んで「マザーグースみたい」っておもった。面白い。
全編ひらがななのも効果的。数を数えながらろくでなしだとか無駄だとか
微妙にブラックなのもマザーグースっぽい。
マザーグースも意味不明だけど、これも意味としては、よくわからない。
そこがいいんだろうけど、やっぱりわからないw
宇宙で爆笑かぁ・・・・土星の輪かぁ・・・・もう少し一本に繫がるようなものが欲しかった。
(それとも私にわからないだけでつながりがあるんだろうか・・・わからない・・・)

>>731 [ごめんね]
う〜ん切ないなぁ。コドモが母親にごめんというのは、、、
虐待されている子はこういう風に思うんだろうなぁ。
どんな風に言われても暴力をふられてもママの手を握りたかったんだろうなぁ。
愛してもらえないのはコドモのせいじゃないのにあやまっちゃうんだろうなぁ
ただ、詩としてはこういう風な題材は結構多くって個性を出すのは難しいともう。
実は私も似たような詩を書いたことがあるんで・・・
綺麗にまとまっているし、表現もわかりやすいんだけども、もう少し個性的な部分が欲しかったかな。

744 :わに ◆Wani6uvhK. :05/02/28 00:41:04 ID:KhXCngCN
>>743
あ、訂正。
満月のレス番号>>727です。

745 :わに ◆Wani6uvhK. :05/02/28 00:41:36 ID:KhXCngCN

>>734 「サンシャイン」
わかりやすい表現。イメージがわきやすい。妊娠経験なくってもつわりのときや初期の不安が手にとるようにわかる。
つわりってシステムの不備って感じだよね。ただの気持ち悪さじゃなくってどこかが故障しているって感じ。
ホルモンのせいか泣いたり、変に感動したり。母親がくるくると気分を変えている間にも物言わぬ胎児は日に日に大きくなってゆく。
自己主張なんてちっともせずに。勝手に成長しているんだ。そんな母をどんな風に思って眺めているんだろうw
>280個のお日さまを待てば 明るい日差しに出会える
ここのところがいいです。出産することは自分が妊娠から開放されるとともにお日様みたいなBabyにあえることだからね。
とってもあかるい。前向きになれる詩だと思う。

>>738 『梅は咲いたが、桜はまだか』
雰囲気がいいです。文体と内容の絶妙なバランスとか。結構血みどろなんだけど文体でマイルドにされています。
イメージがわきやすいくらいわかりやすい言葉を使っていてそれでいてかなり不可解な世界。
読みながら、ふふふって笑ってしまいました。
なんとなく宮沢賢治がえろいのを書いたらこんな風になるんじゃないかなと妄想してしまいました。なんとなくだけど。

>>739 「ごめんライダーのうた」
これは11個目だから残念だけどルールで選べないです。
でも、面白かった。悪の組織「堕ろそっかー」いいね〜。でもなんで謝るんだろう?ごめんライダー。
あ、仮面をもじっただけなのか?wあはははは。ちから抜けちゃったよw
「処女なのに受胎しちゃった猛子さん 自分の平和を守るため 」
正義の味方なのかなんなのか、よくわからないけど、面白かったです。


746 :わに ◆Wani6uvhK. :05/02/28 00:51:53 ID:KhXCngCN
で、
困りました。この中から一篇の詩を選ばなきゃならないってことに。
迷いに迷いましたが個人的趣味で
>>734「サンシャイン」にしたいと思います。

読後感がよく、明るい感じ。文章もとってもわかりやすい。
すっと言葉が頭に入ってくるようで、そんなところが気に入りました。
妊娠期の女性の内面が手に取るようにわかりました。
これで男の人が書いてたらびっくりしますよw
>>735さんじゃないけど男女比、知りたいですね〜w)

では「サンシャイン」の作者の方、次の御題をお願いいたします〜

747 :ごめんライダー:05/02/28 02:52:36 ID:owzL2hWP
書いてるうちに先に投稿され戦う前から敗北してしまった猛子でございます。
対象外なのに評価ありがとうございました。
仮面ライダーのOPテーマ、あるいは仮面ノリダーのうたを
知らない人には伝わらない詩だよなと自己嫌悪に
陥りかけてただけに嬉しかったです。
サンシャインの作者様おめでとう。
個人的には>>724が好きですね。哀しい。
150グラムは早産どころではなく幼生レベル。
錆びた鋏でちょん切られて、ビーカーの底で意識は潰えてしまったのでしょうか。
最近ゴミ箱に捨てられた胎児のニュースがあったけど、アレかもな。
最後の「期待」があまりにも哀しく虚しく、涙が出ちゃった(ノ_・。)

748 :732:05/02/28 05:36:11 ID:Pib4dcmU
あ、あれ・・・?声が・・・遅れて・・・聞こえて・・・こない・・・。

749 :733 ◆L4LyBSss3w :05/02/28 05:56:43 ID:aFojOqQ1
        やっぱり、戻って来ちゃいました。
   ∧∧l||l …って、批評スルーされてるー?!
  ../⌒ヽ) 
〜(__)   気を取り直して…>>730が好きです。
''" ""''"" "  
   わにさん、お疲れ様でした。(あ、ちなみに自分は♀です)
   >>734さん、おめでとう!次は貴方が苦しむ番だ!Fight! 


750 :抑揚@732:05/02/28 06:15:48 ID:Pib4dcmU
>>733
    〃〃∩  _, ,_
     ⊂⌒( つД´) < いやぁ兄弟!仲良くスルーされたんで
       `ヽ_ ノ ⊂ノ      「パニスルー」というタッグ組んで、
                     スレストッパースレで神にならないか?
              ジタバタ
       ∩
     ⊂⌒(  _, ,_) < ウソだよぉ
       `ヽ_つ ⊂ノ
              ヒック...ヒック..

     ⊂⌒(  _, ,_) 
       `ヽ_つ ⊂ノ  ワニサン・・・

>>739が好きだ、次回は早めになw

751 :わに ◆Wani6uvhK. :05/02/28 07:00:24 ID:Ra+iULpi
わ〜〜〜〜〜〜〜〜
ごめんなさい〜〜〜〜〜〜〜

メモ帳からコピーしてきて
移す際に消えてしまった模様・・・・・・(><。)
ご、ごめんなさい〜〜〜〜〜〜
モトがないので思い出しながら今此処で批評さしてください〜〜〜〜

752 :わに ◆Wani6uvhK. :05/02/28 07:09:57 ID:Ra+iULpi
>>732 「いーじーらいだぁ」
すらすらと読める、わかりやすい作品。これは子供を作らせては女を捨てていく男のはなしなのかな?
結婚なんて騙しあい、最初はこんな軽い気持ちで最後はこんなじゃなかったって喚くんだ。
子供を降ろすってのは文字通り堕胎を意味しているのでしょか?
軽いスナック菓子のような食感なのに実は深さがうかがえるかも。
ただ、なかなか妊娠とイメージが結びにくいかなぁ。。。。私がそう感じるだけかもしんないんで申し訳ないんですけど。

とりあえず、なんにせよ、
。゜゜(´□`。)°゜。 ◆Rockhebo/o さんごめんなさ〜い。

753 :わに ◆Wani6uvhK. :05/02/28 07:34:35 ID:Ra+iULpi
>>733 「呪詛」
わかりやすい文章でイメージがわきやすいです。綺麗にまとまっているし、無駄がない。
流産後の女の人なのかな。私にはとても若い女の人な感じがしました。まだ未成年の。
>こんな器官要らないもう要らない
この一文が泣ける。そんなに自分を責めないで。でも、そう思っちゃうんだよね?
ものすごく共感できる詩だと思います。経験なくっても。
こういう詩は感情だけが先走って状況説明が不足しやすいことが多いんだけど、
点滴のくだりなど詩のイメージをうまく膨らませていて「さすが」と唸りました。

なんにせよ、まったくもって733 ◆L4LyBSss3w さん、ごめんなさい〜〜〜

ヴヴ〜〜〜これにしようか迷ってた位なのに
寝る前にもう一度投稿したものを再確認が必要です。。。。
はじめては緊張しやすいですから〜(いいわけ)

抑揚さん、733 ◆L4LyBSss3w さん(前回選んでもらったっつーのに)ごめんなさい〜
本当にいくら謝ってももーしわけなくって
・・・・・切腹。

754 : ◆L4LyBSss3w :05/02/28 07:48:58 ID:ed3IcI+m
>>753
問題無し、ですよー。批評、ありがとです。
それに、抑揚さんと「パニスルー(#)A`)人('A(#)」結成出来ましたし(笑)

755 :抑揚 ◆Rockhebo/o :05/02/28 08:06:50 ID:Pib4dcmU
>>732
エヘェ、評価してもらったぁ〜ルン(((*´ε` *)(* ´З`*)))ルン

>>733
(*´・д・)(・д・`*)エー、パニスルゥ?評価してもらったから解散です・・・
短い付き合いだったなブラザー!


さぁ来い次のお題!
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
 ⊂彡

756 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :05/02/28 09:32:04 ID:hm9490Gr
>>734
ハハハ、ごめんなさい、cレールです。
(前回も名無しで書いてましたん。。歌詞ぽいのが私です。何か詩って最近書けなくてホントごめんなさい。)
優勝嬉しい・楽しい・・・・ですよ ウフフフウレシイワ〜゚..。*・゜(n‘∀‘)η゚・。・゜゚・*~☆。

そうですわにタン、これは妊娠初期を書きたかったのです。ありがとうございます。
妊娠というと特に知らない人は「出産」の時をイメージされやすいし、
そういう作品が多いかなと思ったので、それはやめようと。お題は「妊娠」ですから。
で、産後1ヶ月〜辺りもそうだけど、初期、大事じゃないですか(ぶっちゃけ同業系の話になって恐縮ですが)。

もっともデリケートで子も母も不安定、すっごく大事な時期なのに一見妊娠中と分からないので
周囲のサポートも受けにくい・・・ でも、「妊娠」の本髄はここにあるんス!みたいにちょっと
(妊婦さんじゃなくて子どももシステムも含めた)「妊娠の生理さん」の気持ちになって見ました。


------------------------------------------------------------------

 さて、お題です。おっぱいおっぱい言ってる方もいますし、妊娠の次ということで 「乳」をお願いしましょう。

 解釈はご自由にどうぞです。評は独断と好み、いかにcレールが「乳」を感じるかで決定させていただくと
 思いますので、 ご了承くださいまし。ではではm(_ _)m


757 :曾村益廊:05/02/28 09:41:52 ID:HW+RWGde
>745
わにさん、批評有難うございます&おつかれさま。
そしてcレールさん優勝おめでとう。
ではまた。

758 :リーフレイン:05/02/28 11:15:03 ID:aFI1AMAD
>わにさん
お疲れさまでした、評ありがとうございます。。
通常は、あんなにそっとしとかないで動いていいんだけど、
切迫流産、入院治療だったんでああいう感じになりました。。。
(トイレも行けないのよね、ベッドから降りてはいけない。。。)
美しく読んでもらってありがとう。。。

>cレールさんおめでとーーー。妊娠初期ってどきどきしますよう。
しかしこのとこ【Q禁】にしたいような題が。。。いやあたしが言うなって話もあるが。。w

759 :ネル:05/02/28 15:12:05 ID:Z86/IN6X
cレールさま
おめでとうございます☆彡
今度のお題は『乳』ですね♪久々に私も参加させて下さいね!よろしく どーぞ♪

760 :モコモコ:05/02/28 16:38:49 ID:Q/FKoKpN
「性」


僕の理性を揺さ振る
秘められたその場所

欲を生んで
幸せに導く曲線

神秘的で
奇妙な魅了のある白い
君の隠された部分


遺伝子が求めている
恋しい

本能が捜している
愛しい

僕が何かが
何処かが
求めている
君の胸

761 :名前はいらない:05/02/28 17:28:05 ID:owzL2hWP
「種子」

なぜ俺はこんなにも
乳が揉みたいのか、考える
ヴァギナに
ペニスを挿し入れたいというのなら、わかる
生殖を為したいというのなら、話はわかるのだ
しかし乳は、
避妊具をつけることもなく愛撫できる乳は、
乳は、母の胸であるか
なにも考えるな
そこに顔を埋めて
甘い雪の覆う森に、白いチョークの質感の枝が
無数の線となって、渡る
ぱたぼたと、クリーム状と粉末状のあいだにある雪が
滴る、墜ちる、底辺を叩く、俺は心臓を殴られる
白いその手にえぐられて、
掬い出されたものは、ふやけた猿
猿の頭だ
頭だけが、離れて飛んで
鉛色の空へ、飛んで消える
残された俺は、錆びた血が汚した雪の上に斃れて、
唇を寄せて、雪に挿し込み、
雪の下にある固い芽を啄む夢をみる
もう乳のことしか全身にない、
実りを忘れた種子だ
下へ、下へと潜りながら
誰の乳ということもなく、
乳というイメージに
全身を冒されている

762 :七瀬 刹那 ◆7IEehKLOVE :05/02/28 20:39:37 ID:sffcht9m
わにさん評価ありがとうございました&お疲れ様でした。

【正しい子供の作り方】書きました(;´Д`)
久しぶりの参加なので、自分が通常書くものとは
逸脱したものを書こうとした挑戦的作品でした。
評価の通り、詩じゃないなと感じながら・・・
お題ともそれている感じがするし・・・

今回の作品の中では>>733が好きでした
評価スルーされていたのには思わず( ´,_ゝ`)プッ

Cレールさん゜・:,。★\('ー'*)♪才×〒"├¬♪(*'ー')/★,。・:・゜
次のお題は乳ですか(・∀・)
また、違う作風で参加できそう♪

あっ!もう始まってる ダッシュ!ε≡≡ヘ( ´∀`)ノイソゲ〜

763 :ネル:05/03/01 01:23:24 ID:hrPpgXT+
溜め息をつく
無駄になった
私の鮮血が動き出す
今度こそは…
何もかもを流し出す
乳房が痛い
溜め息をつく
新しい魂を育てる日が
いつ来るのかと…
また一つ
溜め息をつく



764 :1/2:05/03/02 04:53:56 ID:GmBfYg3I
「紅いミルク」

紅茶を入れる陶磁器の
中で揺れている
誰もいない山奥の洋館の
テーブルで湯気を昇らせている
紅いミルク
僕の唇を待っていた
ここで 幾万年の昔から

飲むための口と
吐くための口とを 僕はもっている
黒い森で歌を吐きながら
長すぎる辞世の歌を吐きながら
ここへ 辿り着いた



765 :2/2:05/03/02 04:54:53 ID:GmBfYg3I

母乳は 黒い血だ
煙草で 縮み
酒で 濁り
油で 固くなってしまう
僕は黒いミルクで育てられた記憶をもつ

飲むための口を 僕は封印されていた

お前に出会って黄泉返ったのだ

Primitive薫る陶磁器に
唇を寄せる
死よりも甘いPoisonに
身を浸す
紅いミルク
きっとお前には
誰でもよかったのだ


766 :徳太郎 ◆VoA9SPxmjs :05/03/03 11:49:34 ID:LPdVTLM3
「フェティッシュ」

悪意を孕み尖っている
お前のバストに釘づけ
シャワーの前の獣臭さ
お前のバストに釘づけ

ヒップはダメ
ウェストはNG
顔もダメ
お前のバストに釘づけ

手の平サイズを転がして
小指サイズを味わって
黒い女豹の洞穴で悶える
具合はノーマル

電気を消して
天然太陽の下を二人で歩こう
くだらないもの探してまわってさ
意味のないもの見つけて笑ってさ

そのうちにはお互い
一人で歩くんだ
意味のあるもの必死で探して
「お前のそこに噛みつきたい!」

また洞穴に連れ込んで
お前のバストに口づけ
シャワーの後の乳首の雫
お前のバストに釘づけ

767 :リーフレイン:05/03/03 13:31:23 ID:S+k6wV1R
「濃くて、クリーム色で、泡立っている」

薄暗い牛舎の中、
足から朝の霜が冷えびえと上がってくる
牛臭い。
藁と牛糞のどこか香ばしい匂い
手の平に張り付きそうに冷たい
アルミのバケツ 座り慣れた箱
たっぷりした牝牛の腹、指に余る乳首

乳を搾る。

ほとばしる乳
白い湯気が立ち上る。

ぬっくりした 濃い乳は今日の奇跡だ。



768 :名前はいらない:05/03/03 19:39:06 ID:dSU02RIC
                 ∩
             ( ゚∀゚)彡 
            ⊂ ⊂彡 <あと4作品だよ!
             (つ ノ
              (ノ
     \      ☆
             |     ☆
          (⌒ ⌒ヽ   /
    \  (´⌒  ⌒  ⌒ヾ   /

769 :名前はいらない:05/03/03 20:15:25 ID:ZHIpZg6l
白と呼ばれた 母の産物を口に含む前に

カルシウムのことだとか
ギリシャ神話の牛のことだとか
今日の朝ごはんの評価だとか
これをどうにかしたのがあのしょっぱい固形物なんだとか
どっかのCMでカタカナの酸がこれに入ってると叫んだとか
昨日もらったチョコレートのこととか

考えたかもしれない

残り香だけしか覚えていないけれど。

770 :名前はいらない:05/03/03 21:17:10 ID:nSa0806i
『おっぱい!おっぱい!』

チュニックの胸元を引っ張って、じっと奥を覗き込む。
おっぱい、と言い切るには大きさと柔らかさが足りない膨らみ。
もっとこう、たゆん、とした乳であれば。

夕飯の買い物先ですれ違ったのは
部活帰りか何か、騒がしいオトコノコの集団
胸の前に大きな膨らみを手振りで示す

結局みんなオッパイが無邪気に好きなんだよね
苦々しく思いながら乳製品コーナーで立ち止まる
迷信なのは知ってるけど、500ccの牛乳パックをカゴに放り込んだ。

誘惑、したい。たった、ひとり。

ほんの一瞬、胆の底から獣が覗いたけど
たゆたゆするオッパイは、残念ながら此処には無いよ。
ちょっと泣きそうな気分を逸らしながら歩く。

腕立てでも始めようかなぁ。


771 :わに ◆Wani6uvhK. :05/03/03 23:50:42 ID:0inSl/TG
「回帰」

外はしんしん雪が降る
呼びかけると母はうたた寝
ボロ布団は腰まで掛けて
胸元の着物ははだけて
幼い弟が彼の食事をしている
ぱちぱち囲炉裏の音と
弟の吸啜音だけが聞こえる
そのほかの音はきっと
雪が吸い込んでしまったんだろう
目を閉じても眠れない
確かにお腹はすいてはいるけれど
何かに誘われて
空いている片方に唇を近づける
母の甘さが鼻腔を香った
消えた記憶が蘇りそうになり
僕は動きを止めた
そのとき弟も口を離して
僕と目が合い にぃっと笑った

彼だけが僕の秘密の目撃者

772 :名前はいらない:05/03/04 12:02:24 ID:iG96c2i9

あと一作品募集hage



773 :Clr)IAWg:05/03/04 18:55:23 ID:KZ3ueAlf

退屈な毎日を彩る君の声
笑い合っていたい二人在る限り

疲れて帰宅して布団にもぐりこみ
今日を終えて眠る僕の鼻先にキス

そんな君抱きしめておっぱいを触る
柔らかい喜びが手の平に溢れる
嗚呼 嗚呼 嗚呼

短い夜を終えて差し込んで来る光
朝なのに僕の手は君に甘えてる

母のように包んでくれるおっぱいを求め
嗚呼 嗚呼 そんな幸せ

たったそれだけの脹らみ
 だけど愛しい君の胸
ずっと触れていたいよ
 そんな愛しい君の胸
やっと見つけた居場所さ
 僕の愛しい君の胸

嗚呼 嗚呼 そんな幸せ

774 :Clr)IAWg:05/03/04 19:07:18 ID:q+mhc61x
まとめ

>>760 「性」                     モコモコ
>>761 「種子」                    ID:owzL2hWP
>>763 無題                     ネル
>>764-765 「紅いミルク」             ID:GmBfYg3I
>>766 「フェティッシュ」               徳太郎 ◆VoA9SPxmjs
>>767 「濃くて、クリーム色で、泡立っている」 リーフレイン
>>769 無題                     ID:ZHIpZg6l
>>770 『おっぱい!おっぱい!』         ID:nSa0806i
>>771 「回帰」                    わに ◆Wani6uvhK.
>>773 無題                     Clr)IAWg

775 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :05/03/05 09:49:43 ID:jyU8U0SH
あい。。。。。。ちょっと待ってね。。。。。。。。。

776 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :05/03/05 11:00:29 ID:jyU8U0SH
お待たせしました。好き嫌いということで感覚的な感想を中心に行かせていただきます。
評の長短と好き嫌いには関連はありませんのでよろしくお願いいたします。

>>760 「モコモコ」ID:Q/FkoKpNさま
ストレートに「乳房」です。優しい表現です。短めの作りの中で「曲線」の言葉が光ってる。
今年は胸元の切れ込みが深くなるようですし、あまり「秘められた場所」という気はしなかったりするのですが。
求めてるのが不特定ではなく「君の胸」という所がいい。題の「性」は他でも良かった?

>>761 「種子」ID:owzL2hWPさま
揉みたいんですね、乳房とは揉みたいもののようですね。紛れも無き生殖器の一部としての魅力。
冬と雪と語られた乳房はひんやりして冷たい。「甘い雪〜」から4行描写がすごく好みです。
「猿」はたぶん作者さん個人の思い入れや独特のイメージなのでしょう。
ところで、乳を愛すことに何故後ろめたさを?甘く少し哀しい乳房。

>>763 無題 ネルさま
まさに「妊娠」の続編ですね。鮮血のガッカリ感分かります。シンプルで作りは非常に好み。
前後を色々想像してしまうので、ぜひ連作で読ませていただきたい作品です。

>>764「紅いミルク」 ID:GmBfYg3Iさま
開始の連を初め細々うまさを感じます。「吐く口飲む口」などまず自分では思いつかないし、
うまいとは思うものの何となく読んでて落ち着かなかったです。
流れるなら流す、固めるなら固める、全体の方向性が分かりにくかったと言いますか。
色について、黒には説得力を感じたものの、「紅い」訳が知りたいな、とか。
最後2行辺りと「僕」と「お前」の呼称のバランスに違和感とか。
この詩では「吸う」のではなく「飲む」わけなのですが、どうしてもそこに吸い付く行為よりも「乳」との距離を感じる。
求めているようなことを書きながら、その距離はどうしてなんだ、とか。
読む側の問題が多分にあるとは思うのですができれば教えて下さい。


777 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :05/03/05 11:03:32 ID:jyU8U0SH
>>766 「フェティッシュ」徳太郎 ◆VoA9SPxmjs さま
攻撃的な性愛の対象としての「乳」。しかしあくまでふわり、あるいはふるり、と存在しているだけの
それには衝動をぶつけようにも方法がない、実にもどかしい対象ですね。
強く揉む、噛む、これしかない。そう考えると、乳は主体ではなく、所詮何かの代用品なのでしょうか。
日頃乳で何かが始まったり収まったりするように自分達は思わされてる節があるが、
たぶん乳だけでは何も始まらないのだ。そんな感想を抱きました。

>>767 「濃くて、クリーム色で、泡立っている」 リーフレイン
うまそー!牛の乳は大きいです。大きいというかもう、他の生き物と比較してはいけません。
絞りたての生乳のあの黄色いうまさは何にも例えられないものです。
朝という目覚めの匂いと清冽な空気の中で、大変に幸せな時間。乳汁の恵み。

「ぬっくり」がまたうまそー!

>>769 無題    ID:ZHIpZg6lさま
牛乳(?)を含む一瞬の思考で短くも効き目のある面白い作品でした。CMのコピーのようです。
飲料としての「乳」はこちらもそうですが、割と爽やか系が多かったように思います。
カタカナの酸とは何でしょう?無知な私に教えて下さいませ。

>>770 『おっぱい!おっぱい!』ID:nSa0806iさん
身体性としての乳房=バストは、日常、いかに自分をカッコ良く見せるか、服をカッコ良く着るかのツールです。
基本は男に見せるも女に見せるもなくて、自分が「いい!」と思えるバストなら最高。そんなものだと思うのですが、
時に乳房に無邪気に喜ぶ男性を見ると、乳房がいいなら自分って何?と寂しくなるのも事実。
グラマラスになりたい〜と思って太る試み、やったことがあります。
結果手に入れたのは、バストと・・・・足の肉割れですが。


>>771 「回帰」 わに ◆Wani6uvhK.さま
乳=やはり母ちゃんですね。生まれてしまって一番母と繋がれる行為がおっぱいを吸うことですもの、
小学生くらいまでは恋しくて当たり前。精通を迎えるまでは揉ませてあげたいですね。
冬大好きです、冬の幸せ。雪国で暮らす母子の安らかな時間が流れる素敵な風景を見せていただきました。

778 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :05/03/05 11:24:10 ID:jyU8U0SH
>>773 無題  Clr)IAWgさま
触るだけより、触ってしかも触られる喜びを知ってる方が実は幸せです。
そう言う意味で女の方が幸せ、などと思ったりするのですが。ええと、閑話休題。

これも日常的な安らぎを感じます。男性性から書かれてますがあくまでここにあるのは愛と優しさ。
性的に愛でる対象としてとらえた作品は、他にも幾つか投稿していただきましたが、
乳にこれほどセックスアピールを感じるのは人間だけですよね。
全体にボリュームのなる人種ならともかく、細くて体の薄い日本人の乳でも、小さくても、「乳」として愛されている。
こちらを読んで改めて「乳って何だろう」と不思議さを感じさせていただきました。

--------------------------------------------------------------------------------

さて、今回は「乳」のお題の元に、ご投稿ありがとうございました。

>>769 無題   ID:ZHIpZg6l さま を今回の優勝に選びたいと思います。

理由:
「乳」という生っぽい、生物くさい、人間くさい、人によって様々な思い入れの強いであろう
お題の中で今回印象が際立っていました。
詩と言っても色々な方向があるのだと思うのですが、内容詩というか(?)、
ある方向の詩は元々生っぽいもので、そこが時々書いてても読んでてもイヤンなるものなのですが、
もし白い紙面に「乳」とシンプルに題を入れて、多数に読んでもらいたいと思うなら・・・・と選んだのはこちらです。

もしかしたらちゃらっとお書きになったものだったりするのかも知れませんが、
読後感は際立っていました。

 すみません最後に一行感想〜
 黄色く、濃く、流れるであろう乳。生きてて、むさぼり、忘れるであろう乳。乳は、固定のものであってはいけない。

みなさまどうもありがとうございました。ではまた板のどこかで・・・・。

779 :cレール ◆n/ANJuS0Pg :05/03/05 11:25:42 ID:jyU8U0SH
むむ、、そしてリーフレインさまに敬称が抜けていたことを深くお詫び申し上げますm(_ _)m いつも何かやってしまう・・スミマセン。

780 :761:05/03/05 13:12:34 ID:29ifDahN
ありがとうございました。
いいたいことはすべて詩の中にこめたので解説などはいたしませんが、
>紛れもなく生殖器としての乳
を描いた覚えは当方ございませんぜ。
逆に紛れもなく生殖器ではないのに性的衝動を誘う謎の乳を描いたつもりで。
誤読は読者の権利。文句をいうつもりなどございませんが、
なぜ俺の描いた非・生殖器としての乳を生殖器としての乳と読み違えられたねか、不思議です。

ちなみに前回は「ににんがしん」で参加いたしました某古参コテです。
今回の作品ではわにさんのが一番好きですね。
なんだか自分の原風景を垣間見てしまった。

781 :リーフレイン:05/03/05 13:22:38 ID:+28DJmgz
cレールさん、ありがとうございました。。北海道の牛はお元気でしょうか?
近所に乳やがありまして、毎朝乳をもらいにいきます。沸かして飲んでいます。(うちはど田舎)

「種子」が好きです。

(さま はやめてくだされ。。。。。。おねがいしますーーー)

782 :リーフレイン:05/03/05 13:24:31 ID:+28DJmgz
ID:ZHIpZg6l さん、おめでとうございます。なんかさらっとしてて良かったです。

お題どうぞーーー。

783 :c:05/03/05 17:03:26 ID:r8lvdzn/
>>780
> >紛れもなく生殖器としての乳
> を描いた覚えは当方ございませんぜ。

アイタタ・・・ごめんなさい、失礼しました。早くに書いた分だったので推敲もれです。
>生殖器と同等の吸引力を備えた乳 に訂正してください。
そもそも生殖器でないし。

ご指摘どうもでした。

>>781
子どもの頃、十勝方面にいたことがありまして。牛もいいけど、ヤギの乳もうまかったですねー。
現在はそういういい目に会ったことがないです。紙パック飲料は何もかも紙の味がします。
今は衛生上の問題で、まず酪農家も生乳なんて飲ませてくれないのではないでしょうか。

 他に誤読もあるでしょうが、明らかな勘違いモノはできれば教えてください。 >all

784 :770 ◆L4LyBSss3w :05/03/05 20:11:20 ID:b6TNL6Aa
       .∧∧     …770です。嫌いな言葉は『貧乳』です。
シンサキターΣ( ゜Д゜)   で、そのまんま書いちゃいました。駄目ダメだぁ。
     / ̄ ̄ ̄/ヽ
   /___/ ミ /)   cレールさん、審査お疲れ様でした。
  / ※ ※ ※ ※ (__()、;.o:。
  (ー―――――_,ノ   ゜*・:.。でもって、ID:ZHIpZg6lさん、おめでとう!


785 :Alnite ◆m3UVuKrnck :05/03/05 21:54:11 ID:SluXES03
>>769
えー。皆さんこんばんは。今回優勝させていただきましたAlniteです。
昼に起床して、携帯でこのスレ見て、嬉しさに奇声を上げその後しばらく気が動転していました。
私の作品が選ばれるとは夢にも思わなかったのです。詩板初入選です。
選んでくださったCレール様をはじめ、読んで下さった全ての方に感謝いたします。
余談ですが、このスレではナナシにしたのに
とある詩板スレで同一日に書き込むというドジをしています。
暇で暇で仕方のない方はお探しください。きっとすぐ見つかります。

入選作品はかなり「まんま」です。
朝、寝ぼけた頭でコップの中の牛乳を飲み干す。この時の思考を描いた作品です。
主人公はうろ覚えの知識や記憶が反芻しているうちに飲んでしまったわけです。
牛乳の中に含まれるカタカナの酸は脂肪酸のことです。
牛乳に含まれる例では「グリセリンエステル」と言います。
但し、前述の通りぼやぼやとしていますので、
その関係で上記を正確に思い出しているわけではなかったりします。
それでは次のお題を出させていただきます。

☆次のお題は「優しさ」です。

頬をひっぱたく優しさもありますし、抱きしめる優しさもあるでしょう。
私の好み、といってしまうと其処までなんですが、
一番優しさが響いた詩を選びたいと思います。
・・・こんな私が優勝決めなんてやっていいのだろうかと、私自身不安だらけですが、
どうぞよろしくお願いいたします。

786 :わらじ◇TbiC6+N:05/03/05 23:10:19 ID:kc9m5imP
苦しすぎたんだ
幼すぎるんだ
狂う頭
埋没するふね
滑稽で
スポットあびる
全てしずめ

787 :わに ◆Wani6uvhK. :05/03/05 23:23:19 ID:PhmzrkPI
cレールさん批評ありがとうございます。
乳といえばか〜ちゃんしか思い浮かばないもので〜
「僕」は林太郎「弟」は惣次郎と名前まで考えたのに生かせませんでしたw

わたしにはリーフレインさんの乳がいちばんおいしそうでした。

ID:ZHIpZg6l さん〜おめでとうございます。
「白と呼ばれた 母の産物を口に含む前に 」が題名だと思ってました〜
毎朝の牛乳みたいな清清しいおいしさと習慣性があるなぁと思いました。

788 :◆Ui8SfUmIUc :05/03/06 04:37:13 ID:kwiNNnee
「カマキリ」1

初めて妊婦と風呂に入ったのは4度目の母親でした。触ってみたいと思えなかったのは父親のことを思ってからのこと。
しかしながら何故そのような情事に浸かることになったのかというと、今から思うにそれは四度目の母親という女の独占欲というある種のサディズムからではなかったのではないかと思います。
湯気の記憶には「一緒にお風呂入ろっかぁ?」という言葉が、シャワーのようにこだましています。

わたしは13歳のころ、コウノトリに別れを告げ、女のキャベツから赤ん坊が産まれてくるということを知りました。それは同時にお母さんの仕事がもうひとつ増えたということでもありました。
そしてその仕事の重要さが、給食の時間にも、鬼ごっこをしているときもつきまといました。生き生きすればするほど、その重みはわたしを抑え苦しめました。
そのような盛んなとき、「一緒にお風呂入ろっかぁ?」と聞かれたのであります。

男の子のは陰毛の生える時期、初めて元服の儀を予感し意識します。わたしの陰毛をはじめて見たのもこの4度目の母親であります。
しかし実際はわたしの視線は泳いでいましたので、4度目の母親の視線を確認していません、が形式的に言えばそういうことになります。
「まぁ、かわいいちんちんねとか、大きくしちゃ駄目よ・・。とかそういう話しにならなかったのは、出張に出ていた父親の霊魂が風呂場にいたからではないかと思われます。

女の特徴には、とにかく見られたいという意識の強さがあります。またこの見られたいという意識がない女は、女を忘れた女で、もしそんな女がいるのなら会ってみたいっ!!!
男と女の友情が成り立たない原因のひとつがこれにあります。それは男もお洒落をしますが、その動機の根本に見られたいというより、見られるからという意識の方が
強いからだと思います。逆に女は見られるからというより、見られたいという意識の方が強いように思うのです。

男は精神的に実は受身である。







789 :◆Ui8SfUmIUc :05/03/06 04:37:58 ID:kwiNNnee
「カマキリ」2
ところが白む狭い風呂場の中では、観察する(見る)と観察される(見られる)という意識が瞬時に入れ替わっていたように思います。
もしもわたしの「見たい」と「4度目の母の「見たい」という意識が一瞬でも衝突していれば、わたしはその場で親子どんを食っていたことでしょう。
なぜ食べなくて済んだのか?一速触発の場面を回避できたのか?なぜわたしたちは父親を殺さずに済んだのか?

父親は命乞いをしていたという仮説を立てますと、父親は常に孤独であるということが説明できます。孤独とは人と人の隙間の淋しい林です。けっして一人きりの部屋には孤独は存在しません。
孤独を感じるのは他者を意識するときでありますので、一人きりの部屋に喩えられる孤独という代物は権力の象徴ではなく権力への憧れの象徴であります。
ですので父親は家族を思い働けば働くほど、そしてまた父親を意識すればするほどに、孤独に陥るというわけです。実際父親は家族思いでした。

家族思いの父親の怒りが神の怒りであるということがおわかりになるでしょう?「地震雷火事親父」という言葉はここから発足しているのです。

神の怒りは優しさであるか?実際に風呂場に父親の霊魂が居たとしたならば父親は物凄い集中力と俊敏さで4度目の母とわたしの視線を遮っていたことになります。
そのすさまじい気迫はたしかに風呂場に桃色の緊迫感として漂っていました。もしも父親の霊魂が実際にそのような行動をしていたとなると、
父親は自分自身で自らの命を救ったことになります。最上の優しさとは自分を守ることであります。
わたしが今でもあの風呂場で起こった事件を思い出すと、メスカマキリおすカマキリを食べてしまいます。

父親は4度目の母親とわたしからいったい何を守ったのか?


790 :◆Ui8SfUmIUc :05/03/06 04:39:17 ID:kwiNNnee
あ、すみません。カマキリは2で完結しました。次の方どうぞ。

791 :わらじ◇TbiC6+N:05/03/06 11:43:05 ID:v6mWqUnQ
北 ◆Ui8SfUmIUc さん、大丈夫?

792 :名前はいらない:05/03/06 12:07:16 ID:cRRY5swO
「優しさのある場所」

優しさは売り物じゃないから
僕は残酷な物語を作って売ろう

世界中の人々が幸せになんてならなくて
民を虐げる王様だけが幸せになって
努力する人達は皆足を切り落とされて
子供達は泣いたりせずに真顔で
そうやって一度きりの人生たちが過ぎていく

積み重なるのは戦争だけで
戦争はやり尽くされて
遂には王様の国だけになって
シャボン玉が音もなく弾けて
やることのなくなった王様は
やっぱり幸せになんかならなくて

誰も涙なんか流さなくて
楽隊は音を奏でることをやめて
夜空には星が輝いて
森は意味なくざわざわ揺れて
そんな一日が五千回続いて
五万回続いて
五十万回続いて
もはや物語じゃなくなって
誰も読む人がいなくなった時に
僕は初めて
小鳥の歌声で目覚める一人の少女を書こう

彼女が世界に微笑むことから始まる長い物語を
書こう

793 :抑揚@1/2 ◆YKYOuybkho :05/03/06 12:39:21 ID:SIAofcrA
「きっと大丈夫」

綿と布と糸と僕が戯れている
目の前のそれらは
綿を布が覆い布を糸が留める
たったそれだけで
君は出来上がっている
センチメンタルな夜に
僕は君を棚から膝へと呼び寄せる

そして君に命を吹き込む

物言わぬと他人は言うかも知れないけれど
僕には聞こえてくるいつも明るい君の声
置物に過ぎないとも言うかも知れないけれど
僕には見えている僕の膝をトントンとしてくれてる
そんな君の仕草が

いつか夢の中で君に会えた

ぎこちなく口元を動かしながら喋りかけてくれて
君の住む世界を案内してくれた
友達が住むという高い木の上に建てられた小屋
いつも魚獲りをしているという小さな小川
最近始めたと言って嬉しそうに聞かせてくれたウクレレみたいな楽器
その楽器に合わせて歌う大勢の君の友達

何気なく聴いていた僕の胸が高鳴った

794 :抑揚@2/2 ◆RockEZURAU :05/03/06 12:39:54 ID:SIAofcrA
僕は君がこんなに楽しそうな情景を見た事がなかった
君を膝に招く度につい愚痴をこぼしてしまっていたから
膝の上の君はただただ僕を慰めてくれているだけだった
君は今までどう思っていたのだろう
そう考えると申し訳なくて涙がこぼれてきた

歌い終えてそんな僕を見つけた君は
トコトコと歩み寄ってきて僕のズボンをつまんで言った

夢から覚めたらまたいつものお話の続きを聞かせて

その台詞を聞き終えると同時にベッドの上で目を覚ました
棚の上にいつもと同じ笑顔を浮かべた君が座っていた
僕は君を棚から膝へと呼び寄せた
そして僕は何故かももたろうをゆっくりと話始めた
話を終えても君は何も言わず膝の上でジッとしていた

ありがとう
僕の中の悪い人は君が退治してくれたんだ

それだけを告げて君を定位置の棚に座らせて
僕は夢の中で君が歌った歌をくちずさんでいた

795 :◆Ui8SfUmIUc :05/03/06 17:49:57 ID:kvsdT0ZQ
>>791
やぁ、はじめまして。他スレでなんどかお会いしてますがこうして
会話をするのははじめてですねー。
俺は機嫌もいいし、めっちゃ元気ですよ。

796 :sakura b:05/03/06 18:47:39 ID:mql1Ouyq
映像による詩集。完全無修正版。
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=l&board=552018869&tid=a1za49qhggqtrbclbfbf8x3aba47a4dea47a4ga4a6a1db&sid=552018869&mid=1

797 :わらじ◇TbiC6+N:05/03/06 22:25:32 ID:v6mWqUnQ
「花瓶」

生き生きとしている人からあなたへ
生き生きさがわからないあなたへ
どこか放り出された花瓶が
音をたてて崩れ落ちても
それも運命と思いつつ
本当には何もできていないのか
目的の方向違えばそうなれど
何者にもなれず
何者にかはなれ
皮肉な花はそっと
花瓶を奪うのだろうか


798 :徳太郎 ◆VoA9SPxmjs :05/03/07 11:31:40 ID:ctcbU5N5
「フェイド・イン」

光のような優しさに包まれて
あなたの顔を見た
すべてを許す微笑みに
今は甘えていよう

膝を抱えて冷たい床で濡れていた
昨日までの日々を
繰り返しもがき頷垂れていた
水の底での日々を
今なら受け入れられると思う
強さも弱さも噛み締めて

あんなに強いと信じた自分が
水の中で溶けてゆく
氷のようだった自分が
水になって溶けてゆく

溶けきる前に上を向こう
水面があるなら辿り着こう
もう一人じゃないと信じられるから
太陽に手を伸ばすんだ

すべてを白く染めてゆく光の中で
あなたに笑顔を返した
空へ導く微笑みに
明日は新しい僕になる

799 :わらじ◇TbiC6+N:05/03/07 12:38:38 ID:ghxMXbZ3
>>795
北さんそういや、こんにちは
ご機嫌ってどれくらいご機嫌ですかぁ?
これからもたまに、話してください〜〜
>>797 は北さんの返事見ないで書いちゃった

800 :抑揚 ◆Rockhebo/o :05/03/07 15:43:00 ID:/cifriOz
>>795,799
雑談でやれカス共

800get

801 :リーフレイン:05/03/07 19:48:45 ID:no/3nOAE
「ピエタ」

死したイエスを、膝に抱えるマリアの貌に
微かな笑みが浮かぶ。

「母よ、汝の子のために嘆くなかれ」

白い眼差しの奥に涙を隠し、
この子のために微笑みを浮かべる。





802 :◆Ui8SfUmIUc :05/03/07 19:56:10 ID:+Ntb8fU3
>>799
また話しましょう。
こちらこそよろしく^^

803 :名前はいらない:05/03/08 01:30:56 ID:1CbpJWQ9
とかく分かった事は どこかヤミありの人
ふむふむなるほど 悲しいね 多くは長くなるだろう
しかしまあ 大丈夫だよ 保障はできないが
不思議なところだ 浮き世な感じ

804 :名前はいらない:05/03/08 12:13:51 ID:R+tgK3WJ
『バス停』

心が、ぱきっ、と折れてしまって逃げ出したあの日
電車のシートで我に返ってポケットを探ったけど、何処かに泊まれるお金さえ無かった
よく知らない駅で降りて、ただ、ただ、歩く。

コンビニを渡り歩いて、なんとか真夜中まで時間を潰す
誰とも触れたくないから、体を売るのは思い留まっていた
体が千切れてぽたぽた流れそうな疲労。
やっと見付けたバス停のベンチに、自分を抱くような姿勢で体を投げ出して。

どろどろに疲れ切って、かえって眠れないままずっと空を仰いでた

耳が痛くなるくらい、静かな、よる。
こんなに、こんなに、月が明るくて大きい。

ひとつ、大きく深く息を吐いて、生まれて初めて自分の為に泣けた気がする。


結局、誰も何も変わったものなんか無くて、綱渡りみたいな日々が戻っただけ
それでも、前よりは少しだけ頑張れる、と思う。

夜が暗くて、月が明るいことを忘れずにいられるあいだは。

805 :ネル:05/03/08 13:08:08 ID:5DqJ5NeG
真夜中に響く工事の音
ドドドドドォー
キィーキィーキィー
ドドドドドォー
キィーキィーキィー
ゴトン…
眠らない、眠れない
イビキをかいた貴方の傍をそっと摺り抜けた
水道の音
キィー
ゆっくりとコップに水を注ぐ
シャァー
キュッ…ポタン…ポタン…
今、生まれたばかりのような冷たい水が喉を流れる
ゴク ゴク ゴク…
そして布団に潜り込み
そっと貴方に近付く私
静かに瞳を閉じたなら
ドドドドドォー
キィーキィーキィー
ドドドドドォー
キィーキィーキィー
ゴトン…
貴方のイビキは優しさの裏返しかしら
そっと 鼻を摘んであげた

806 :名前はいらない:05/03/08 13:39:14 ID:BDbcCumY
http://web1.nazca.co.jp/hp/rara/

807 :わらじ◇TbiC6+N:05/03/08 15:29:11 ID:1CbpJWQ9
>>802
北 ◆Ui8SfUmIUc さん、
▼△▼△ 休憩雑談 35 △▼△▼ で話そうね〜

808 :名前はいらない:05/03/08 15:47:55 ID:DIFey+8y
  「熱気球と乗客」

羽毛布団に包まった君を引きずり出して
禅寺に放りこむ
痛かろう 寝れんだろう

2日たって帰ってきた君は
また羽毛布団にもぐりこむ
今度はいつまでたっても起きないもんだから
諦めて私も同じ布団にもぐりこむ

私はいつも通りの生活を忘れないように
6時に目覚ましをセットした
それでも彼は寝てるまま

夜になったら布団にもぐる

809 :わらじ◇TbiC6+N:05/03/08 15:52:47 ID:1CbpJWQ9
「言葉」
言の葉 ことこと くるくる ことこと と
さらさら そよそよ 流れては
誰かに届けて かわっていくね
季節はかわりゆくけれど 僕はここにいるからね
きっとそう たまには置いていかれても
キレイな星に なったとしても

810 :林檎:05/03/08 21:30:53 ID:YUAd60sf
二人の思い・・・。
私は目覚めた。昨日のことで頭がいっぱい。
あの時、あなたは何を思ったの?
私はあの時、輝く星たちに言った。
私は彼とこのままいっしょにいたかった。
時間が止まればいいのに・・・ってずっと思ってたよ。
でも時間は早くすぎてゆく。私の思いも届かずに。
何でなの?何で私の思いは届かなかったの?
まだ彼の思いは聞いてないのに。聞きたかった。
私はずっとあなたのことが好きだった。
この思いはずっと消えないから。。。

811 :リーフレイン:05/03/08 22:10:51 ID:svymR6Ln
あれ、12作品になっちゃったかな?

812 :名前はいらない:05/03/09 01:38:58 ID:D/bUkOci
Spireとかいう題名で、最後が
「遠く幼いあの日々よ 逃げることを憶えた僕に 生きる力を与えてくれ」と終わる詩(?)知ってる人いませんか?
作者はla-***とかいうフランスとかのほうの人だと思うのですが。

813 :名前はいらない:05/03/09 09:12:04 ID:wVpeAJdN
809、810は失格ですね、残念ながら。
それではAlniteさん審査よろしく〜。

814 :Alnite ◆m3UVuKrnck :05/03/09 20:21:15 ID:qow/LWuE
>>811 >>813
了解しましたー。審査を開始致します。
いろいろ予定が重なっておりまして。遅くなったらごめんなさいね。

815 :c:05/03/10 17:22:52 ID:R5k1Msls
シリアルポリポリしながらROMっております。カルビー高いけど一番ウマー。

816 :Alnite ◆m3UVuKrnck :05/03/10 22:44:48 ID:fdvYlTA5
やっとです・・・一回データ消えたもので・・・
では順次行きます。明らかに変な部分があったらご指摘ください。

>>786
過去形現在形未来形のリズムが良いと思いました。
埋没する船もしずめようとする、この深さはやっぱり短いからなのでしょうか。

>>788-789
一番読み応えがある作品でした。
時々入る詩的な雰囲気が読み手の思考を促す良い形になっております。
各章の最終行が敬体ではなく常体になるというのも、またぐっと引き寄せられました。
優しさを守りとすることはもはやマンネリと化していますが、もしかすると親子丼を食べそうになってしまうほどの性的エネルギーをもっ

てこれを描くのは斬新でしょう。
カマキリは余計というか無理矢理だったかも知れません。
ところでこの詩、カギ括弧がちゃんと閉じてなかったりして多少読みにくいのですが、わざとでしょうか?

>>792
優しさを最初に書き起こし、それを逆説的に描いた作品でした。
周りを掘り下げることによって生まれる風景。思わせぶりなタイトル。
私は何故かこの詩から、何処かの閑散とした遊園地を思い浮かべてしまいました。
「僕」が残酷な物語を売っているのはきっと誰も居ないところで、誰かに買って欲しいとは思っていないのでしょう。
私の勝手な想像ですが。閑話休題。
王様の理不尽さ一辺倒にならないのがこの詩の味だと思います。
最終段落を二つに分けたのはテクニックですね。
もうちょっとだけ簡潔に書くときゅっと締まっていい感じです。全体の印象はいい感じなのですが、どうもだらだらしている気がします。

817 :Alnite ◆m3UVuKrnck :05/03/10 22:45:29 ID:fdvYlTA5
>>793-794
優しさのありのままを描いています。
こういう優しさの描き方のほうが案外と少なかったのが私としては意外でした。
かなり読みやすく、これだったら優しさというものを教えるときにも使えると思います。
温かく、何度も読み返したいと思える作品でした。
心残りなのは「小さな小川」という表現。これは頭痛が痛いと一緒なのです。
あと、ももたろうは少し邪魔でした。

>>797
あえて言うならば、そっと奪う行為が優しさなのでしょうか。それにしてもやっぱり足りないです。先を行きすぎですね。
一枚の風景画を見ている気分になりました。最初と最後の対応が綺麗です。

>>798
方向性は大変に良いと思います。
こういう詩は感情的過ぎて受け入れられないことが多いように思えるのですが、私は感情的でもいいのではないかと思います。
氷は通常水に浮くものだったと思います。水底には本来ありえないのです。
しかし文中では「氷のような」としか出ていないので単なる象徴としての氷として読むことも可能です。
全体としての印象が際立っていますが、こういった細かいところで砂利を噛んだような気持ちになってしまいます。
優しさと希望と、このコントラストはマンネリの中にも光を見ます。

>>801
美術館に行ったような気持ちになりました。
タイトルからしてきっと美術館的なものを狙っていたのでしょうけれども。
死した子供のために微笑を浮かべるマリアの優しさがとても響いています。
詩というよりも、洒落た美術館の宣伝文句でしょうね。

818 :Alnite ◆m3UVuKrnck :05/03/10 22:48:21 ID:fdvYlTA5
>>804
自分に対する優しさを描いた作品でした。
他の作品とは違い現実的な感じがします。
このもう少し先まで描ききって、初めて完成する詩だと思いました。

>>805
情景描写ならどの作品にも負けていません。
イビキをする「貴方」に対する、鼻を摘んだ「私」の騒がしく静かな夜が描かれています。
水道の音をポタンポタンまで描けるのはなかなか良いと思います。
けれどもやっぱりそれだけです。擬音語を使いドラマチックに演出してはおりますが。

>>808
布団が優しさの象徴なのでしょうか。これだけでは足りないですね。タイトルと中身を見比べて混乱しました。
君から彼へ、二人称から三人称への転換がされておりますが、コレはどんな意味でしょうか。
布団へともぐる仕草を描きたかった・・・のでしょうか?

□ ● ▽ ★

それでは優勝作品の発表にうつります。
>>792 「優しさのある場所」 ID:cRRY5swO さんを今回の優勝とさせていただきます。
理由:あまりスマートとはいえない詩の中にも、スケールの大きな優しさの形を見事に描けています。

総評としては、惜しい作品が多いです。推敲不足というか、もう一度読み返せばいいのに・・・という作品が多かったように思えます。

最後に一言。題はきちんと読みましょう。心当たりのある皆さん。

819 :792:05/03/11 00:43:49 ID:J8nW/Vkj
ごちです。Alnite氏、乙&ありがとうございました。
ちなみに前回は「種子」、前々回は「ににんがしん」で参加しました。
今回の作品群の中では自分のが一番好きでした(爆笑)。

さてそれでは僭越ながら次回の審査を務めさせて頂きます。

820 :◆Ui8SfUmIUc :05/03/11 00:47:07 ID:V4DboHyB
>>816
ありがとう。
わざとじゃないです。

821 :792:05/03/11 00:52:44 ID:J8nW/Vkj
今回のお題は「恋」で、お願いします。

「恋」から生まれた作品をどしどしご投稿ください。
どなたでもご自由に参加できます。
10作品集まり次第投稿受付終了。
不肖私が審査を行い、優勝作品を決定します。
優勝作品の作者の方には次の審査をお願いするルールになっています。

それではどんどん投稿恋やオルァ↓

822 :名前はいらない:05/03/11 01:40:31 ID:ukEqaftf

「鼠と蒲公英」

可愛い君は僕のもの
黄色く揺れて子守唄

そーら ま とーる 
 しーる た もーる

眠って起きたらふわふわの
僕のあこがれ白いタテガミ
 
 そーら ま とーる 
しーる た もーる

灰色あなたに願いを一つ
私をどうか遠く飛ばせて
命をかけて空に飛ばせて

そーら ま とーる 
 しーる た もーる

残り少ない君を見るうち 
僕の目玉が溶けてしまった

 1 2 3

3つ数えて息吹きかけて 
めくらのままで空に飛ばせて



823 :◆Ui8SfUmIUc :05/03/11 02:03:30 ID:V4DboHyB
March
 

恋人よ、出ておゆき

鳥のように大空を旅し、

落ちついたセピア色の太陽が昇る町で、

しっとりとした街角の梢で、

かわいらしい雛を育てておくれ。

君からの便りもなく、待つこともなく、

恋人の記憶が薄らいでゆくにつれて、

あの日、君に贈った宝石が、

キラキラと煌めいてゆくのを感じる 。


824 :ネル:05/03/11 03:57:59 ID:llViZyXy
散らかした部屋
音だけが流れてる
淡いグラスにそそぐ
私の気持ち
届くのかしら
私には不似合いなシャンパン飲むの
切なさの裏返し
そっと 白い薬を混ぜて
恋の媚薬になりすまし
届かぬ想い届けたい
少しだけ休憩するの
愛を勉強したいから
少しだけ
安らぎ知りたい私の恋
切なさと裏返し
愛を育てられない
テレビの音だけが鳴り響
忘れない
忘れないの
白い媚薬とあなたの笑顔
愛してた
愛してるの
恋は終わったの
恋はもう終わったの


825 :黒猫 ◆Vdq0nXu54Y :05/03/11 05:02:37 ID:HQNoSHlV
この想いは叶わない
どれだけ嘆いたろう、どれだけ叫んだろう
胸を突き破る程の想い、――俺には重い
この長い人生、お前に恋したまま生きていくのか

この想いは叶わない
どれだけ嘆いても、どれだけ叫んでも
黎明は来ない、この夜は明けない
心が痛いけれど、私は何も出来ないまま、ずっと

この、想いは
きっと何があっても叶わない

桜花の日、舞い散る花弁に心を奪われたな
青葉の日、砂浜で熱い砂に驚いたね
紅葉の日、山の頂で見下ろした景色は凄かった
雪花の日、寒い寒いって言いながら、必死に雪だるま作ってた

隣にお前が居たら
――私は此処に居るよ
隣に貴方が居たら
――俺は此処に居るさ

相思相愛、なのに

二重人格者、叶わない夢


ふたり、てをつないで――

826 :黒猫 ◆Vdq0nXu54Y :05/03/11 05:10:08 ID:HQNoSHlV
OK題名忘れた('A`)
「叶わぬ恋」で御座いますorz

827 :モコモコ:05/03/11 13:48:35 ID:wwrfVxFI
「壁」

どんな風にも耐えてきたのに
今はこの扉開ける事すら怖い

でもここから
探っても
見つめても
何も変わらないから

思いきってこの厚い壁
壊してみた


思っていたより
ずっと陽射しは暖かくて
風は私を優しく包む

一歩だけ前に進んで
さっきよりずっと好きになった

828 :余所板者:05/03/11 18:38:29 ID:d/N2yQGv
同じ言葉
同じ表情
同じタイミング
でも同じじゃない
あらゆる言葉
あらゆる表情
あらゆるタイミング
でも当てはまらない
あなたの
その言葉
その表情
そのタイミング
それで
男は単純になる
女は無敵になる
経験しないとわからないこと
感じないとわからないこと
あらゆる言葉で語り尽くされて尚・・・
汝の名は ・・ 也や

829 :徳太郎 ◆VoA9SPxmjs :05/03/12 10:15:55 ID:6d0WkBhu
「わしの恋」

恋なんて
青少年のするものと
きめつけていたのにな
止められぬわしの念い(おもい)

相手は高領の花
のさらに上にある天国の花
老人ホームに慰労に来た天使
みんなのアイドル19歳

遂に言葉もかけられなんだ
間近で微笑まれ
笑い返すことさえできなんだ
桃色の唇

ああわしが60歳若ければ
きっとあんたを掠えたのにな
なんて妄想
白い寝台に走馬灯

今時の恋のしかたは知らん
だからわしはただあんたを見つめていよう
テレビの中であんたが微笑むたび
わしは華やかに天国を念える

ふぁんきーに逝ける気がする
あんたのお陰さ
ありがとう

830 :名前はいらない:05/03/12 10:48:06 ID:UPJ2l/dc
「本気」

晴れ渡った日は夕立も綺麗
現実と空想が入り混じった妙な空
ふざけていたと思えば急に切ない顔をする
君のそっくりな午後6時

公園のベンチ 駅のホーム 家のソファ
いつも君は座るとき 私を左に置きたがる
「何故?」と聞いたときに君は残酷な冗談を吐いた
「この心臓は君の隣にいたいらしいんだ」

何度叫んで伝えてみても
何度黙って待ってみても
独占欲はその細い首元を通り抜け
空白として残っただけ

「素敵なコードだね」
ギターを弾く私を茶化す
この恋の唄が"本気"だって事
本当は知っている癖に

この異様な寂しさはいつもあるわけじゃなく
熱さ 冷たさ ぬるさ
君の体温を私の物にできない因果が
浮き彫りにされた時にだけ覚えるの


もう私で遊ぶのはいい加減やめて
でも君に
いっそ消えてしまえば良いなんて
嘘でも言えないの

831 :名前はいらない:05/03/12 11:11:33 ID:3iHBogOz
【脈】

初めてのSEXはドキドキした。
でも、ファーストキスの時にはもっと胸がバクバクした。
何度も何日も躊躇って
告白をする寸前は膝が笑って座り込みそうだった。

いつしか脈は静かになる

相手を替えて繰り返す劣化コピー。
コンビニで買った激辛スナックにも劣る弱々しい刺激。
性欲だけが私を他人に繋ぎ止める。

いつしか脈は静かになる

恋の果てに辿り付いたのは涅槃原則
煩悩が無意味に風化する境地
何という


いつしか脈は止まる。

832 :名前はいらない:05/03/12 19:29:22 ID:08HfZ2n7
吸い込まれるような漆黒
輝くような純白
深い深い蒼
萌える緑
鮮やかな真紅
すべての色は褪せ煤ける
世界にただひとつのその色の為に
あなただけに色がついている感覚
艶やかな鮮やかな色彩
それゆえに僕はあなたを見つけた

833 :名前はいらない:05/03/12 19:55:58 ID:YNDIFJ1K
10作品揃いましたね。
なので、受け付け終了。評価お願いします。

834 :830:05/03/12 21:15:16 ID:UPJ2l/dc
訂正です。
君のそっくりな午後6時
     ↓
君"に"そっくりな午後6時

すみませんでした;

835 :某審査人 ◆.TWjtWpExs :05/03/13 09:11:26 ID:50mypj8g
では審査を務めさせていただきます。
とはいえ今はちょっと都合が悪く、
時間がかかりそうなのでしばらく遊んでお待ちください。

836 :名前はいらない:05/03/14 01:31:19 ID:18LNYj2h
ポエム大会の皆様今晩は。
この度、糞コテ「しんしん」なる馬鹿が
長らく海底に沈んでいた地下スレ

詩的にレスをつなげて物語を作ろう
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1078684283/

をageやがりました。
これはこの海底での自由を楽しんでいた住人に対する著しい権利侵害であり、
空気を読まないとんでもない行動です。
徹底糾弾します。


837 :名前はいらない:05/03/14 23:11:23 ID:1aOB30Ie
遊ぶの飽きた〜

838 :審査人 ◆.TWjtWpExs :05/03/15 09:54:12 ID:4vuToSsn
審査遅れております。申し訳ない。
なかなか暇がないもんで。
今日中には結果を出せる予定です。

>>837
もうちょっとだけ遊んでお待ちください。

839 :名前はいらない:05/03/15 19:09:06 ID:UWVuen2/
   /     /     /      /  /  / /
/     /     /     /     /   /   
                 ,.、 ,.、    /   /      
    /    /      欄二、ヽ    / /  
  /    /   /   ((´・ω・`)) …雨だから遊べないよ…。
               / ~~:~~~〈   /  
       /    /  ノ   : _,,..ゝ   /
    /    /     (,,..,)二i_,  /    /

840 :名前はいらない:05/03/15 23:40:09 ID:OeG7RJvj
夜遊びイクナイ(`ロ´;)
ので、遊べんない(´Д`;)

841 :審査人 ◆.TWjtWpExs :05/03/15 23:46:23 ID:WNymf4q9
お待たせしました。
簡単ですが、寸評から。

>>822
鼠と蒲公英というカップリングが程よく卑小だなぁ。
ダダっぽいオノマトペのリフレインもよく効いています。
短い中に物語が十分に展開されていて、模範的な「詩」という感じ。

>>823
モノローグですね。歌詞っぽくも感じます。
これも模範的なそういう類の詩という感じ。
ただそのポエジーがありふれた自動的なテイストで、
その点で前の作品よりも見た目落ちるかな、と。
タイトルはいいなぁ。

>>824
堂々巡りの想いですね。
女性らしさ全開でちょっとドキドキします。
艶っぽいなぁ。

>>825
自分の中のもう一人の自分への恋。
着想はとてもおもしろいと思います。
想いのみをただ綴って詩の形式に必然性もある。
ただ、もうちょっとだけ、内容に表現が追いついてほしいと思いました。

>>827
まさに恋ですね。もじもじしちゃう。
誰でも共感できて、リアルタイムで共感できれば力にもなると思います。
ただそれだけに、どこにでもある詩といえばいえるかな。

842 :審査人 ◆.TWjtWpExs :05/03/15 23:46:55 ID:WNymf4q9
>>828
文学の問題ですね。
それを実証するには確かに恋はもってこいの題材だなぁ。
最後は謎めいている、というより意味不明でした。

>>829
これも着想はいい。
でも、その着想を広げきれていないかな、と。
作者が老人の気持ちになりきれないがための発想の停滞かも。

>>830
よく出来ていますね。
若い女性に人気のあの小説家を思い出してしまいました。
もうちょっとシェイプアップすれば女の子アーティストの書く歌詞みたいとも。

>>831
うん。こういうシビアな視点からの恋も来ると思ってた。
いつしか脈は…の繰り返しが破壊的な美しさです。
四次元的な構図も見事だなぁ。

>>832
色で恋の相手を表しましたか。
それと対象になる世界の、褪せていくさまざまな色。
短く、過不足なく、的確だと思いますが、おもしろ味は薄いかなぁ。

843 :審査人 ◆.TWjtWpExs :05/03/15 23:57:26 ID:WNymf4q9
優勝は>>822の「鼠と蒲公英」で。

いかにも詩らしい詩として固まっているのは不満ですが、
適度に卑小な登場人物による憧れと束縛と自由への飛翔の物語は
バランスがよく、寓話としてもよく出来ています。
本当はこういうどっかで見たような詩を選ぶのは不本意なんですが。
>>825>>829>>831にもっとパワーがあれば。

なんだかけなしてしまったようにとられるかもしれませんが、
方向性が好みじゃないというだけで、>>822は間違いなく今回の作品群の中で
完成度は一番だったと思います。

それでは「鼠と蒲公英」の作者の方、次のお題の提出と審査のほう、よろしくお願いいたします。

844 :◆Ui8SfUmIUc :05/03/16 00:53:48 ID:zNVuc5Bw
>>823
ありがとうございます。
一見独白的(モノローグ)なんだけど、
実は恋人から結婚して子供ができたよという
書いてないけど中堅夫婦の対話が(ダイアローグ)が
暗喩してあったんですわ。

845 :◆Ui8SfUmIUc :05/03/16 00:56:26 ID:zNVuc5Bw
あ、>>842でした。スマソ

846 :831 ◆L4LyBSss3w :05/03/16 01:32:27 ID:ELQKd2Z1
             831書きました。批評有難うです。
       /⌒\  …私の好みは>>827。私もこーいうの書きたかったよ。
      (;;;______,,,)
      (´・ω・`)   >>822さん、おめでとー!お題、お願いしますー。
    (((  (__ ,,,丿

847 :黒猫 ◆Vdq0nXu54Y :05/03/16 01:47:18 ID:BkTsnuuY
済まんな、毒男なんでパワー無いんだ('A`)
まあ詩なんて書いた事ないんで許しとくれよおっかさん。

みんなおっかれさん('A`)b

848 :心霊写真:05/03/16 02:39:19 ID:NwIXghCD
こんばんは心霊の写真です。
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  )  
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i  (いや、流石の兄弟だろう。。。)
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  KSS  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

・・・>>822ですがまさか優勝してるとは。。。
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  )  
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i   俺は>>829が結構好きだったぞ。。。
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  MYS  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

・・・凝った題が思いつきません。
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  )  
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i   (某スレのネタばかり考えてるから)
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  SOS  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

と言う事で、審査人 ◆.TWjtWpExsさん審査おつかれ&どうもありがとうです。
完成度が高いと言われて驚きです。けっこう穴が多いの書くんですよ。。。
次のお題は『涙』(なみだ)でお願いします。ありきたりな題かもですが、あなた方の色んな涙を
詩に変換して読ませてくださいな。批評と言うのは余りした事無いのですが読むのは大好きなんで、
ぜひぜひ頑張ってポエムってよろしくです。期待して待ってます。

849 :◆Ui8SfUmIUc :05/03/16 02:41:15 ID:zNVuc5Bw
すまん上げてもた。ごめーんなさい

850 :心霊写真:05/03/16 02:51:25 ID:NwIXghCD
北さん大丈夫、大丈夫。きっとハイジ君は大丈夫。
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  )  
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i  って心霊写真が言う事じゃないけど。。。
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  KDD  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

ここのスレの事ですか?
ここならあげても問題無いっすよ^^

涙ポエム募集中ですので〜。

851 :◆Ui8SfUmIUc :05/03/16 02:56:29 ID:zNVuc5Bw
そっかぁ     ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  )  
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i  うれしいな大丈夫。あんたはどうなん?
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/ てめこ  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃


852 :心霊写真:05/03/16 03:05:23 ID:NwIXghCD
・・・?私は大丈夫大丈夫。
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  )  
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i   (北さんが大丈夫かな。。。)
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  ???  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

ってポエ大進行係(誰?)にいいかげん怒られそうなので寝ますよね。もやしみ。

853 :◆Ui8SfUmIUc :05/03/16 03:11:30 ID:zNVuc5Bw
・・・?私は大丈夫大丈夫。
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  )  
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i   (北さんが大丈夫かな。。。)
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/  ???  / .| .|____
    \/____/ (u ⊃

おれは「いつもギンギンだぜー。こんど心霊写真撮ってくれー
おやすみーなんかわからんけどファイトー

854 :徳太郎 ◆VoA9SPxmjs :05/03/16 09:51:54 ID:JRQK4qVC
「ナミダでドミノ」

ボクはすぐに泣いちゃうけど
 ほっといてくれていいよ
  ひとりでドミノ
   今夜は倒すから

ナミダで作ったボクのドミノ
 あんまり軽くない音たてて
  ひとりの部屋を
   ただまわりつづける

ごめんね
 星の輝きで
  ごまかしたつもりの本当の涙が
   どうしようもなくまたたいてしまうよ

    ごめんね
     悪いのはボク
      ただの甘えん坊
       本当はただのナミダ見せたがり屋
                       ノ
                     ☆

ボクはいつも泣いちゃうけど
 ほっといてくれていいよ
  ドミノで遊ぶ
   すぐに笑うから

855 :830:05/03/16 09:53:55 ID:7Mr3r7Ba
審査お疲れ様です!ありがとうございました。
>>822さん優勝おめでとうございます!

856 :名前はいらない:05/03/16 10:22:27 ID:PiThyA2M
揺らめく水面のように
眩しすぎる事象が
ぼやけてにじむ
耐えず揺れ動く
ココロの振り子
大きく振り過ぎて
ちぎれて飛んでいかないように
外壁にあたらないように
そっと優しく包む
潤いと緩和を与える
水の防護幕


857 :名前はいらない:05/03/16 11:12:10 ID:G+OkIf+O
一人涙を流すかわりに
小さなアイスをたくさん作った

何か痛みを感じる度に
それを含んで口を満たした

甘い 甘い 小さな塊

でも 慣れてしまえば
ただ感じるのは冷たさだけ

 ヌクモリがホシイ

そんな想いもfreezeする

858 ::05/03/16 13:29:48 ID:pp974MPH
大っ嫌いだ。
二人はとてもわがままで協調性なんて全く無い
僕の事なんかほったらかしで しょっちゅう喧嘩ばかり
居なくなってむしろすっきりした位だ。

ある日僕は夢を見たんだ。
笑顔がちょっぴり似合っててどこか短気な母さんが
いつものように食卓で、どうでも良いことばかり話してるんだ。
ちょうど食事が済んだころ
つけっぱなしのテレビでは遠い異国の料理紹介が始まって
今度みんなで旅行にでも行こうなって
父さんがゆっくりと言ったんだ。
違和感なんか全く無くて。
小さな僕は本当に旅行に行ける様な気がしてたんだ。
そこで世界は暗くなったんだ。

そしてそっと目を開ける。
なぜか僕は泣いていた。
どうして涙が流れるのだろう?
大っ嫌いな人達の事を夢見たから憤ったの? それとも・・・・?

859 :名前はいらない:05/03/16 13:46:24 ID:D6+A9oxv
   |_|                   |l
┌─┴─‐┐          ─◇
│| ̄ ̄ ̄|│              /
│|___|│       ♪
└───‐┘            今回も展開が速いよぅ。
       ♪   __)
 〃⌒`⌒ヽ   r´  `ヽ ♪   あと6作品募集してるよぅ。
 i ((`')从ノ〜 リ ノノ人,,)〜
 i,,ゝ´Д`)i   ノ从*゚ヮ゚ノ  __   __
 ⊂ )_! つ¶.    .(  つ¶ /\_\..|[l O |
  く/L_ゝ    く/_|_|_ヾゝ\/__/ |┌┐|
  (,/ i,ノ      し(_)  __ll__  . |└┘|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

860 :薄雲 さらら:05/03/16 18:13:19 ID:jDx5S/nM
「想い」
1%の希望はのこしてくべきなのだ
そうかい?君にはそれ以上の希望があるね
じゃあ競争しようか
どんなふうに?
そんな破片もとんがっている
持つとしても今には重すぎるのだ
漆黒というには暗すぎる
ぴかぴかの光りには遠すぎる
どんな言葉がにあうのだろうか
空を見上げて
不思議な顔する人が通り過ぎ
自分の想いを停止させた
自分がどこにいるのか
なにものなのか
わからなくなった
そんなに日常はすばらしくはない
そうも想う

861 :名前はいらない:05/03/16 19:25:38 ID:D31/6Bss
【常夜灯】

右の後頭部あたりから自分を覗く自分が居る
矛盾に満ちた感情などに身を委ねるのは愚者だと
美しく清潔な論理だけを崇拝せよと
何時も、いつも囁き続ける。

街中で、人目も憚らずに身体を弄り合うカップルを見付けた
発情に任せて求め合う、これが愛の本性
分析が済んだら興味は無いのですぐ忘れる。

明かりを消して、
常夜灯の深い橙色だけになった部屋。
突然、フラッシュバックの様に昼間の光景が体を貫く。
そう、あんな風に胸を。唇を。脚を。誰かに。頸を。誰でも。あんな、あんな風に。
ネジを巻き過ぎて壊れた玩具みたいに
到達まで休まず自分を弄り続けた。


そして何時もの様に私は泣く。
自分に肉体が有ることの悔しさに悶えながら。

862 :名前はいらない:05/03/16 20:12:50 ID:Ojyfqe3y
容量が限界寸前だよぅ。次スレッド、立てる?

863 :モコモコ:05/03/16 20:27:12 ID:zxz9loE5
口下手な私が
涙みせる度
あなたは
眉の間にしわを集める

でも違うんだ
きっと私自身が
涙で出来ていて

この身削り
もどかしくて
言い表せない思いを
伝えようとしているの

そんな気持ち知らないあなたは
苦い笑み浮かべて私を
「ナキムシ」と呼ぶ

それでもいつか
気付いて欲しい

切ない程甘い
涙の味に

864 :薄雲 さらら:05/03/16 21:14:01 ID:jDx5S/nM
君ならきっとこう言うだろうと
一人で自問自答している
でもそれだけでは虚しいんだよ
何日も過ぎるなかで
いろいろな事を考えながら生き
少しずつヒトの意見と
自問自答に他者の意見を
きっとそういうだろうなどと遊んで過ごしている
でもそれもきっと
水のしずくが落ちるように
そっと記憶の池と同化し
消えてしまうのではないかと
どうでもいいものになるのではと
きっとそうおもうだろう
時間だけは誰も待ってくれないのだ

865 :名前はいらない:05/03/16 21:19:16 ID:Ojyfqe3y
ごめん。マジで容量ぎりぎりだよぅ。勝手だけどスレ立てるよ?

866 :名前はいらない:05/03/16 21:26:35 ID:Ojyfqe3y
続きはこっちに書いて下さいませ。

ポエム大会4
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1110975873/

もうお腹一杯で書けないのでした。

867 :名前はいらない:05/03/18 18:34:37 ID:tXRnZz9E
正直こわいあなたは
どんな感情で何を見ているの
ただ自分にとってそれは
よかったねと感じていって
ほろほろとした想いと共に
風に流されそうです
なのにあなたは
あなたも地に足つかず
そよそよと
タンポポの綿毛流してる

868 :名前はいらない:05/03/18 18:40:33 ID:tXRnZz9E
ギスギスとした想いも
もろいものに見えるだけ
形あるものが取り繕うけど
ホントはもろいだけ
それでも弱いから翻弄されて
小さく儚い命よりはかなく見えるだけ
はかなくてはかなくて
かなしくてかなしくて
それでもつよくいつかははかなく散るだけ
ただそれだけ
あやういだけ
ちいさくておおきくなりすぎる生き物なだけ

869 :名前はいらない:05/03/18 23:49:20 ID:LBFmhcvU
                 __.. -‐− ─ - 、
             ,. ‐'´         , ′ \
              /´、  _ fli''T¬−ト、     \
           /  /lハ、|ll i lii 、 、 \     >
              l  / li l|ミll| l lli |li i ヽヽ__∠、 
          l  /l ll l|lミヘl l |li. Nl l l ヽソハ ト、
            |__/l l ll llヘ ト、k什エlTトll 〈:ムl;〉 l:リ<はい、おしまいですよー?
              {N、ト、lK「{ト、ヾ Y'下;jリ ハ{:{ l l:|
            〃ト、!、ヽ,ネで゙Y´ヽ_`ブイ八ハ:〉l、j:j
              {:{. ヽl:ト、ソヾニ"丶_,   /ソノl ,ハ い、_r':ニヽ、
            ヾ='イ:レ',ハ'く`> 、_∠イ:_/仆、ヽ.ヾ==": : ヘ
            /j:jl{l,ハノ:i′{: :lff(⊇{:{ノ^ヽヽ 〉 }: : : : : :ヽ
             /ハ. ぃヽ.:,ハ{  l,: :l:l:l〇l:lヽ: :ハ ソ ,ハ : : : : : : 〉
           {{ ヽ} 〉/{: :|  |: :川 : :川 ){,イ ノー' ; : : : : :/
              ノイ〈、: : j, j: :川〇川 : :| {{し: : ; : : : /   ____
              {{{ \.:{ {__川_:_:川 : :j |: : : : ; : : / /        ̄\
                  ヾ  _,rヘ.         ̄ ´レ' ; ' : ://            /
                r_f'^、ヽ 〉、_ ___>、_ 、 〈; ´; ': ;グ / ノ _ _   /
           /  ̄ 7`ー^´ 厂/      `〈/; ' 7( ∨/ ̄ : :\  \f
          /    /     // ,  ,     Y∠. : ::〉 \へ<_ : : : :\  l
         ,//      l  //ノ /      ,' : : : : :}   \ヽ. \:_: : :ヽト-- 、
        //      l  /〃  l     /: : : : : ;ハ     \丶ヘ : : : : : : \  \
       //        l //     l    /: : : : : :/ l      \、ヽ: : : : : : : :ヽ.  \


502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)